青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地蔵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~地位 地位~ 地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球 地球~ 地理~
地蔵~
~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~

「地蔵~」 1460, 16ppm, 7152位

▼ 地蔵~ (252, 17.3%)

12 の前 4 にお, のお 3 だ, に日参, へ花供げろ, をお, を信心

2 [17件] が, が一体, だと, になっ, に向い, のよう, の台石, の方, の木像, の歌, の祠, の縁日, の肌, はどう, へお参り, へ参詣, へ線香

1 [183件] お大切, か, かと思いました, か金比羅様, があっ, がある, がい, がいはれる, がお, がおい, がかばつ, がこの, が並ん, が人肌, が倒れ, が出, が夜, が山伏, が建った, が御前, が慰め, が我, が欲しい, が毎朝, が気に入っ, が汝, が盃, が立っ, が立つ, が縁結び, が置い, が負われ, が賽の河原, が踊り出した, が隠れ, が馬, が馬上ゆたか, ござらっしゃるな, じゃない, だから, だそう, だの観音様, であったこと, でありました, であること, でございます, でしたが, でなくても, でも, で非常, というもの, という名高い, といへ, とかあの, とにお, との区別, ともあまり, と並ん, と大男, と獄卒, と相乗り, と首っ引き, などによく, なのよ, にお参り, になります, になる, にばかり気, にも手, に上げた, に乗り移っ, に似, に供えよう, に信心, に化け, に対する冒涜, に尋ねた, に祈り, に縄, に近い, に限られ, ね, のお守, のこと, のそば, の一人, の何, の供養, の周り, の坐っ, の堂守, の大慈大悲, の年齢, の影, の村, の様子, の横, の版木, の生れかわり, の申し子, の石, の背後, の話, の足許, の近く, の門前, の面影, の頭, の頸, の首, はいつぞや, はたちまちそう, は何時も, は功徳, は動いた, は動かない, は十七八, は堅い, は御, は必ず, は忍辱, は急, は昔, は甲府, は若く, は被られた, は黒木長者, ばかりがここ, へ, へお礼, へわたし, へ御, へ忍ん, へ行っ, へ詣る, もいい, もお前さん, もこの, もございます, もよく, も実印, も小屋, も木, も道, や馬頭観世音, を, をいじめ, をうしろ, をおぶった, をきざん, をたいへん, をなにか, をわたし, を刻ませる, を刻ん, を嗅い, を大切, を屋敷内, を峠, を打, を抱き起し, を拝まっし, を拝まつ, を拝みました, を拝もう, を拝ん, を拝んだ, を持て来た, を振返っ, を据えつける, を描い, を暖め, を横っちょ, を煙, を眺め, を祭っ, を立たせ, を立て, を立てさせ, を立てさせた, を背負っ, を釣り上げた, 実は延命地蔵尊

▼ 地蔵~ (186, 12.7%)

8 前に 3 お顔, ような, ように, 前へ, 前を, 姿を

2 [11件] お祭り, お絵, やうに, 台石の, 後向きに, 森の, 秘密を, 肩に, 背中に, 腹より, 踊りで

1 [138件] あたりへ, あたりを, あるまで, ある寺, いうこと, お堂, お水凹, お百度石, お集まり, かげに, かんけ, ことで, ことも, ことを, ごとくしかく, そばを, そりと, たたりを, とうとい微笑, ところから, どれかには, なぞも, ほうです, ほうも, まわりを, もっとも霊験, 一つが, 一つであろう, 一件を, 一変身である, 一枚も, 七人は, 上の, 両面とは, 並んだところ, 並んだ所, 予告と, 仏体が, 仕業だ, 仮の, 佇立むあたりは向町, 例が, 傍などに, 像が, 像で, 像には, 像を, 六が, 六と, 前には, 前まで, 勧化なる, 台座の, 吉凶判断を, 名に, 周りを, 問題は, 噂を, 因縁だ, 在家, 塚の, 境内には, 多くが, 夜遊びという, 姿が, 姿し, 屋根を, 庭へ, 彫刻を, 後ろ姿が, 御利益で, 御堂へ, 御方便で, 御衣の, 愛を, 感じです, 手が, 斎日に, 斜向い, 方へ, 月夜野で, 本望なれ, 来迎へ, 松五郎と, 森か, 森だ, 森と, 森に, 森は, 正体を, 燈籠, 由来が, 由来は, 申し子の, 目方の, 目鼻も, 眼に, 石像が, 祠の, 祭りを, 立つ処, 笑顔に, 縁日であった, 縁日の, 縁日を, 縁起である, 肌, 肌が, 肌に, 肌を, 背を, 胸に, 腹, 自惚野郎, 花を, 蒼古と, 話も, 話を, 足に, 足下などに, 踊りを, 踊るの, 道しるべから, 道行, 釜, 開帳を, 頂にも, 頭から, 頭なども, 頭を, 頭上に, 頭間の, 頸に, 顔に, 顔も, 顔や, 首から, 鼻を

▼ 地蔵さん~ (117, 8.0%)

7 の前 5 がいい 3 が婆, に 2 が祀っ, のこと, を川

1 [93件] から膝, がありました, がおれ, がそれ, がどう, がまた, が三, が二体, が今度, が合図, が引止め, が手のひら, が指図, が梁, が模写, が死んだ, が盗人, が草鞋, この頃, じゃア, だす, だろう, ちょっときく, で, であるが, である限り, で青田風, といっ, と一緒, と同じ, と呼ん, と親しみ, と言うた, にいろいろ, にお, には村人たち, には限られ, に上げる, に通じる, のお, のからだ, のやう, の供養, の意志, の手のひら, の立っ, の縁日, の縁起, の肩, の膝, の膝さ, の表情, の話, の足もと, の附近, の非常, の頭, の首, は, はいい, はいま, はこの, はそこ, はたしか, は何とも, は取ろう, は嘗て, は子供, は安置, は果して, は浮彫, は火除地蔵, は無一物, は矩形, は石, は適宜, は顔形, へあげる, もあたたかい, もきらひ, も何, も助かった, も名物, も水浴び, よだれくり進上, を中心, を大切, を寺, を崇拝, を持っ, を新た, を破壊, を祀ったげよ

▼ 地蔵さま~ (113, 7.7%)

5 のお 4 の前, の顔 3 を縛っ 2 と毘沙門さま, にしっかり, にも百合, の台石, の日, の縁日, の足もと, は, をおけ, を拝ん

1 [77件] かもしれない, がある, がお, がこの, がどうして, がやはり, が寂し, が我が, が映つた, が消え, が祭っ, が踊った, ですから, という御, とのう, ともお, ともご, と大, と待つ, にお, にけち, については伝説, には今, にもたれ, に恋し, に惚れ, に抱きついた, に縛られ, に縛り付けられ, に首, の, のあ, のあたり, のある, のおす, のおせつ, のお世話, のそば, のたんぽぽ, のほとり, のまわり, のよう, の一件, の作りかけ, の像, の尊像, の発見者, の目鼻, の絵姿, の罰, の近所, の首, はお, はちっとも, はむっくり, はもう, は僕, は冷たい, は年百年じゅう, は昔, は身動き, へもさくら一枝, へ生え, までが盆踊り, みて, も, もお正月, もさぞかし, もまこと, も踊らなくなった, も遣り切れません, を信仰, を拝む, を縛った, を背負っ, を門前, を青石

▼ 地蔵~ (103, 7.1%)

6 の前 2 のお, を信仰, を本尊

1 [91件] かの, があらわれ, が出来上る, が前, が嘉十郎, が大正十三年一月十五日, が安坐, が安置, が尾花, が立つ, が見える, その下, その背景, だけが特別, であった, であったという, でした, でもよける, と, とが, との間, どころかいま, などに参っ, などに参つて, などは御, にお辞儀, にささげられ, にしっかり, について起こった, には, にも一々, に上げました, に今, に似, に向かっ, に大した, に導かれ, に詣で, のある, のお祭り, のそば, の一体建立, の仏説, の側, の冷たい, の動いた, の参詣人, の台座, の向き, の坐像, の境内, の変位, の尊体, の御, の御堂, の意, の木像, の来迎, の涎掛, の申し子みたい, の祭典, の笈摺, の縁日, の道しるべ, の門, の額, はありがたい, は人, は冷たく, は境内, は昔ここ, は聖徳太子, ばかりであり, へもパラソル, へ縋りついた, をお手本, をきざむ, を与, を作らせ, を俄, を信じ, を古邸, を建立, を彫り, を画き習う, を祭る, を背中, を見し, を路傍, を身, 見る目

▼ 地蔵~ (78, 5.3%)

6 立って 4 ある 2 一番偉い, 祀られて

1 [64件] あった, あったん, あって, あらわれ出たという, ありましたが, あり毎夜かすか, あり金竜山, あるが, いつの間にか来, きな臭いよう, このあり, さびしく立っ, ちょこんと石, ついて, どこへか, ぽつんと立っ, まつられて, 一と, 一人を, 一番であった, 不意に, 並んで, 二ツ三ツ立っ, 仆れ, 代って, 代ること, 作られて, 倒れて, 六体, 六大, 化けて, 十七体ほど, 十四日から, 口を, 向きを, 命じるの, 和尚に, 外側に, 大そう, 女に, 好きだ, 安置され, 少年の, 建つという, 怒ったなどという, 手伝いに, 据えて, 有名である, 歩き出したやう, 泥土を, 無手と, 煙たいよう, 看護婦の, 祀って, 稲葉郡鏡島村に, 苔蒸し, 観音を, 赤い前垂, 踊る, 踊ると, 踊るという, 踊るなどは, 踊るなんて, 踊るの

▼ 地蔵菩薩~ (64, 4.4%)

5 のお 4 の御 3 の像, の守り袋, の愛, 祭れ 2 のお守り

1 [41件] がお, が待っ, さながらの, その台座, でも招来, で後, とそっくり, と同じ, と無量寿如来, と謂, と謂え, なら何と, に, にお, に助けられ, に鉦, のおす, のす, のよう, の化身, の宝前, の白い, の相, の祥, の立像, の笈摺, の金像, の霊場, の龕, はそのかみ, もお, らしい像, を, を以て終身, を信仰, を天狗, を念じ, を篤信, を餞別, 大菩薩, 祭れふァ

▼ 地蔵~ (60, 4.1%)

4 抱いて 3 見て 2 本宮と, 踊らせたの, 踊らせて

1 [47件] あつらえに, うしろに, お白洲, きざみながら, ぐらぐら踊らせ, こしらえる時, こしれえて, コツコツと, 一つ背負っ, 並べれば, 中心として, 中心としての, 何か, 作事小屋の, 刻んで, 動かすの, 動かす仕掛け, 勧められました, 勧進した, 奉じたところ, 始めては, 拝ませる事, 指さした, 新規に, 日本で, 流行らせたが, 祀ったと, 祀り吉凶, 祠って, 絶倒させる, 縛って, 縛り, 置いたよう, 背負ったよう, 脇へ, 行水させ, 見たい気, 見つけた, 見ると, 詠んだ句, 踊らせようと, 踊らせるの, 踊らせる事, 造って, 鎌倉の, 隅の, 願いました

▼ 地蔵~ (46, 3.2%)

2 仰向けに, 子供の

1 [42件] いつでも, このへん, しばられました, ただこれ地蔵, ただ外国, どうする, どこかへ, どれも, また繁昌, やはり薄暗い, 二十年ほど, 仆れ, 再び踊らなくなった, 刈田郡に, 十日経たない, 地蔵でも, 堂の, 堪らなそう, 始終踊っ, 安阿弥, 尊だ, 新らしく出来た, 日本製の, 昔から, 昔の, 時々に, 最初は, 死物なれ, 母の, 泥打地蔵と, 満足し, 濡れて, 田の, 相好が, 自分の, 若い衆に, 薄じ, 諸国に, 踊らないで, 農業に対して, 頭の, 飛脚の

▼ 地蔵~ (38, 2.6%)

8 いって 2 並んで

1 [28件] いいだしたので, いいほんとう, いっても, いわれます石, くりゃおしばやものだ, されて, にらみましたが, よぶところ, 一つの, 七人山伏との, 仇名した, 勝敵毘沙門天の, 同じやう, 同じよう, 名づくる, 名づけること, 名づけ花, 呼んで, 命名し, 念ずる, 生れ付た, 申しましては, 申しますの, 申し伝えるばかり, 称えて, 称して, 謂って, 通称する

▼ 地蔵~ (37, 2.5%)

2 女が, 縛り付けて

1 [33件] あって, あるとき何, ある時何, いろいろの, かしこくも, けちを, して, しては, なって, ひとしくこれ, よるとも, 似たなどは, 似たもの, 取っ付くという, 取り縋りに, 向って, 四日市伊勢の, 小便を, 振り掛けると, 捧げると, 最も多かっ, 比すれば, 甘酒や, 着せ申して, 縛り付けたもの, 言われて, 詣ずる, 賽し, 身代り地蔵信心を, 近い宿屋, 逢ったよう, 逢つた, 飛脚の

▼ 地蔵という~ (17, 1.2%)

4 のが 3 のも 2 のは, ものが 1 のには, ものを, 名前も, 所には, 異名が, 真黒な

▼ 地蔵~ (17, 1.2%)

2 であった

1 [15件] という尼僧, といった, といふの, と呼ぶ, と犬, に信仰, に転じ, の亡骸, の本性, の死体, はどうして, は例, は大柄, は日ごろ, は非常

▼ 地蔵行者~ (16, 1.1%)

6 の菊村宮内 1 が, があった, である, と卜斎, の変った, の心蓮, の愛, はそれ, は右, は小さい

▼ 地蔵~ (14, 1.0%)

2 の上

1 [12件] から鍬柄峠, だのやれ, でも下駄履き, とに登れ, と言う, と駒ヶ岳, の北麓, の大, の方, の東腹, の農牛, や更に

▼ 地蔵~ (13, 0.9%)

3 の眼 2 の下 1 が快活, になった, になつ, のお宮, の愛くるしい, の色, の顔, をよせる

▼ 地蔵~ (12, 0.8%)

2 ありました 1 この国, だんだんに, よく子供, 三四年の, 何べ, 六万体地蔵の, 凄いよう, 宝物の, 当座は, 気に

▼ 地蔵~ (12, 0.8%)

3 の年中行事 1 で路地, といっ, などに小さい, にあたっ, にはどこ, に筵, の作り物, の頃, を済まし

▼ 地蔵~ (7, 0.5%)

1 いきあったら婆さま, いたずらを, ござります, すっ, 次に山, 身に, 頭を

▼ 地蔵~ (7, 0.5%)

1 参ろうと, 参詣にでも, 心ばかりの, 行く道, 行った, 詣って, 賽銭上げ

▼ 地蔵などは~ (6, 0.4%)

1 あまりよく出, ある農夫, 一つは, 村の, 毎月二十四日の, 願いごとを

▼ 地蔵祭り~ (6, 0.4%)

1 とも, に畑, の盛り, の盛りもの, は以前, は村

▼ 地蔵とは~ (5, 0.3%)

1 おん名から, ご因縁, その名, 同じ一つ, 間に

▼ 地蔵~ (5, 0.3%)

1 眼と, 稲荷の, 観世音の, 閻魔の, 鬼の

▼ 地蔵路次~ (5, 0.3%)

2 の裏長屋, は名前 1 に引越し

▼ 地蔵鳳凰~ (5, 0.3%)

1 の三山, の兀立, の淡き, の諸山, を越え

▼ 地蔵~ (4, 0.3%)

1 からなあ, か異体, とかかけた, のと

▼ 地蔵とも~ (4, 0.3%)

1 また名まえ, また女人地蔵, 申しまして, 称えて

▼ 地蔵には~ (4, 0.3%)

1 今もっ, 廻り地蔵と, 泥を, 線香の

▼ 地蔵~ (4, 0.3%)

2 を越え 1 とに挟まれた, にかかっ

▼ 地蔵~ (4, 0.3%)

1 のお, をよみはじめた, を誦し, を読ん

▼ 地蔵~ (4, 0.3%)

1 としてこの, に刑部三郎, の地蔵, の日

▼ 地蔵遊び~ (4, 0.3%)

1 という珍しい, といったの, のこと, をし

▼ 地蔵~ (4, 0.3%)

1 の住職森徹信, の坊守さん, へ往, より西陣

▼ 地蔵たち~ (3, 0.2%)

1 の前, はいろんな, は何と

▼ 地蔵とか~ (3, 0.2%)

1 今日の, 柳の, 穴弘法とか

▼ 地蔵和讃~ (3, 0.2%)

1 などをも口, の口, の合方

▼ 地蔵~ (3, 0.2%)

3 菩薩おんかか

▼ 地蔵松原~ (3, 0.2%)

1 の入口, の向う, を連想

▼ 地蔵~ (3, 0.2%)

1 が好き, などいう, なども市中

▼ 地蔵路地~ (3, 0.2%)

1 の裏長屋, は, は名前

▼ 地蔵~ (3, 0.2%)

1 からもう, の上, は高尾

▼ 地蔵あばた~ (2, 0.1%)

1 の太, の頬

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

1 までご, まで大きな

▼ 地蔵さまたち~ (2, 0.1%)

1 のお, はうち

▼ 地蔵さん涎くり進上~ (2, 0.1%)

2 お饅頭進上

▼ 地蔵そっくり~ (2, 0.1%)

1 だろう, で顔

▼ 地蔵だろう~ (2, 0.1%)

1 か, という説

▼ 地蔵では~ (2, 0.1%)

1 ないが, ないこと

▼ 地蔵でも~ (2, 0.1%)

1 あるはず, 海上がりの

▼ 地蔵とを~ (2, 0.1%)

1 内神として, 安置し

▼ 地蔵なら~ (2, 0.1%)

2 何し

▼ 地蔵に対する~ (2, 0.1%)

1 ものは, 言葉で

▼ 地蔵みたい~ (2, 0.1%)

1 で顔色, な奴

▼ 地蔵サマ~ (2, 0.1%)

1 と多く, に願

▼ 地蔵ヶ池~ (2, 0.1%)

1 という小さな, へ飛ん

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

1 は結晶岩, を見た

▼ 地蔵信仰~ (2, 0.1%)

1 につながる, の時代

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

1 のほんの, を半輪

▼ 地蔵尊者~ (2, 0.1%)

1 の型, の欠けた

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

1 の遍歴者, を誦し

▼ 地蔵浄土~ (2, 0.1%)

1 その序, も東北

▼ 地蔵縛りし~ (2, 0.1%)

2 藤の

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 地蔵起し~ (2, 0.1%)

1 にし, にした

▼ 地蔵長屋~ (2, 0.1%)

1 の自分, を立っ

▼ 地蔵~ (2, 0.1%)

1 までが顧みる, をうなだれ

▼ 地蔵鳳凰白根~ (2, 0.1%)

1 の山, の連脈

▼1* [111件]

地蔵かしら見たいもの, 地蔵これも願掛け, 地蔵さま延命地蔵と申しまし, 地蔵さま後生です, 地蔵さま秋草のいろ, 地蔵さま阿弥陀さまといったよう, 地蔵さんここへき, 地蔵さん地蔵さん豆が転がっ, 地蔵さん地蔵さん豆さ転がって, 地蔵さん石では口, 地蔵さん自身が延命, 地蔵さん豆が転がっ, 地蔵さん豆さ転がって, 地蔵だけは焼け残った, 地蔵だって食意地が, 地蔵だの塩嘗地蔵だ, 地蔵って何だい, 地蔵であって毎晩鬼女, 地蔵であった石であった, 地蔵でありさう, 地蔵でございますので, 地蔵ですがこれ, 地蔵というはありませんが, 地蔵といったところで, 地蔵としてお祭り申しあげる, 地蔵との一件だ, 地蔵とばかりたちまち女, 地蔵のね, 地蔵などもてはやされしも, 地蔵などというのも, 地蔵などのちらほら立った, 地蔵なるが村内, 地蔵にて明過し, 地蔵にも同じ話, 地蔵のみこころに, 地蔵ばかり水ばかり, 地蔵へはどう参りましょう, 地蔵ほどの人間味も, 地蔵ましまして子ら, 地蔵または雨恋地蔵とも, 地蔵まゆにて目千両, 地蔵もしくはモロミ地蔵と, 地蔵地蔵よ, 地蔵より縞目を, 地蔵一つ動かす事, 地蔵一体建立をといわっし, 地蔵一名袈裟切地蔵というの, 地蔵一脈の間, 地蔵如菎蒻閻魔にさ, 地蔵中心の二十三日, 地蔵信心をする, 地蔵健在の事実, 地蔵が本堂脇, 地蔵六体の寄進者たち, 地蔵其等が, 地蔵前ときては場末, 地蔵十輪経にこの, 地蔵は地蔵, 地蔵古稀の春, 地蔵和讃空也上人御作とはじめて, 地蔵地蔵と念ずる, 地蔵の停留場, 地蔵の眉, 地蔵如来は地蔵菩薩, 地蔵如来幾つもの巾着, 地蔵寒風の松並木, 地蔵尊こどもらがあげる, 地蔵尊六体を彫, 地蔵尊冴えかへる, 地蔵尊参詣の旅, 地蔵尊口中一切の病, 地蔵尊庚申さんという石, 地蔵尊弁才天吉祥天及び北面, 地蔵尊虎ノ門の金毘羅, 地蔵尊道祖神のごとし, 地蔵尊顔へ烏, 地蔵尊鼻も耳, 地蔵の一端, 地蔵岳薬師岳白根山蔵王山熊野岳剣ノ山鋸山等の名称, 地蔵帽子で五, 地蔵施餓鬼の塔婆, 地蔵様以外のもの, 地蔵様町内のもの, 地蔵様開眼が済ん, 地蔵横丁お仮屋横丁, 地蔵という古い, 地蔵河原を渡渉, 地蔵いい地蔵, 地蔵眉墨を塗った, 地蔵眉毛が以前, 地蔵破れ三味線の化け, 地蔵の仏菩薩, 地蔵経一巻を声, 地蔵であった, 地蔵の上, 地蔵舞歌とはどう, 地蔵荒れ馬を, 地蔵荒山鍋割鈴ヶ岳と西, 地蔵菩薩像の幅, 地蔵菩薩発心因縁十王経という日本, 地蔵菩薩霊験記という足利時代, 地蔵薬師等の山々, 地蔵観音勢至文殊普賢虚空蔵などある, 地蔵踊地蔵物いい地蔵, 地蔵送りといっ, 地蔵鍋割鈴ヶ岳などいう, 地蔵というの, 地蔵飯食い地蔵尊ばかりであり, 地蔵鳳凰二山が見えた, 地蔵鳳凰国師金峰八ヶ岳蓼科の諸山, 地蔵鳳凰駒の三山