青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地理~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球 地球~
地理~
地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主

「地理~」 1111, 12ppm, 9130位

▼ 地理~ (112, 10.1%)

3 よく知っ, 按じて, 明かに 2 心得て, 教えて, 教へる, 知って, 知らない私, 研究し, 見て, 調べて

1 [87件] あんじて, あんまり知らなかつた, くわしくたずねました, くわしく頭, しらべるところ, たずねたり, つぶさに考察, どう教え, なるべく頭, はじめとして, ほとんど知らなかった, やって, よく心得, よく見さだめ, よく説明, わが家の, 一向心得ない, 主として書いた, 二枚書い, 充分頭, 前以, 勉強する, 取調べそれ, 失い多岐, 尋ねて, 展開させた, 御承知, 心得ぬこと甚, 志し後, 忘れて, 感得する, 持ちます, 按じ各, 按じ而, 探って, 探査する, 教える人, 教える同時に, 教へて, 暁り, 書くこと, 書くといふ, 案じたが, 案ずるに, 案ずれば, 歌ふた, 目のあたり見る, 知つてゐる, 知らざる時, 知らない人, 知らぬ運転手, 知らねえ野山, 知りたが, 知るモスタア, 研究する, 示して, 穿鑿する, 習つたといふ, 考え右手, 聞いた, 聞いて, 表す習慣的, 言って, 話して, 話し逃げ出す時, 説くこと, 説くもの, 説く要は, 説明し, 説明する, 説明せる, 調べあげるかく, 調べず足尾, 調べたいから, 調べないでは, 調べなければ, 調べるの, 調べる仕事, 調べる或は, 調査し, 調査する, 踏んだ天恵, 辿ること, 述べる時, 随分覚え込んだ, 顧慮せず, 験べてから

▼ 地理~ (111, 10.0%)

4 説明にも 3 時間が, 時間に 2 教師の, 時間でした, 本の, 考証については

1 [93件] ことも, ことを, できるもの, ひろがりの, コロキウムは, ノオト・ブックの, ノオト・ブツクの, 一つの, 一部分も, 上で, 上に, 不案内だけでも, 事に, 事は, 五洲を, 便が, 先生から, 先生がね, 先生でも, 先生と, 先生は, 区域は, 區分に, 名に, 問題を, 多分を, 季題が, 学にも, 学は, 学問として, 学問に, 学科を, 学者だけの, 学者は, 學が, 學問などが, 實際と, 專家が, 小川先生の, 心得の, 思想と, 教授などは, 教授を, 教科書の, 教育は, 方が, 方は, 時間だ, 時間の, 書, 書などにも, 書によるに, 書を, 書一として, 本でも, 本など, 本には, 本にも, 案内役として, 準備また, 然らし, 理解が, 用事で, 異同なく, 知られざりし当時, 知識であった, 知識の, 知識は, 穿鑿の, 範囲を, 精確という, 素養の, 細精に, 編纂で, 要害とうてい, 見学を, 視察に, 覚えだの, 観念が, 観念を, 話を, 詳細ちょっと, 誌上, 説明が, 諳誦の, 諸現象, 超越この, 趣味を, 輪講会には, 部に, 関係から, 関係とは, 類が

▼ 地理~ (100, 9.0%)

4 にいえ, にみ 3 に見 2 な文化映画, な特色, な研究, にもまたは, に大陸, に歴史的, に近い, の位置

1 [73件] である, なこと, なもの, ならびに歴史的環境, な事実, な位置, な便利, な推測, な概念, な環境, な相互的影響, な眼, な知識, な言葉, な説明, な関係, な關係, に, にいう, にいっ, にはほんの, にはむしろ, には全く, には少し, には日本, には東南, には甚だ, には遠く, には非常, には鹿児島, にもいろ, にもひろがっ, にも各, にも大, にも奇妙, にも安土, にも完全, にも客観, にも文化史的, にも時間的, にも研究, にも近い, にも風俗史的, に不便, に不利益, に他, に優れた, に地形的, に報告, に変幻無比, に廣範圍, に接近, に改造, に整理, に斟酌, に日本, に有利, に特殊性, に秀, に考へ, に行け, に西寄り, に言え, に説明, に近接, に遠い, に遮断, に階級的, のこと, の土地, の大変化, の称呼, または歴史的

▼ 地理~ (89, 8.0%)

4 關する 3 於て, 精通し 2 出ます, 精しいので

1 [75件] あかるいと, あかるい土着, いたるまで, うといと, うとい必然, くわしいから, くわしいところ, くわしい者, して, たいへんく, なると, めぐまれた地点, 一か, 不案内な, 合うと, 合せようといふ, 合せんこと, 向って, 因りて, 委しいと, 属する季, 帰りましょう, 彼は, 慣れた加藤さん, 慣れないもの, 扱うため, 明い清岡, 明かな, 明るいこと, 明るいところ, 明るいの, 明るいもの, 明るい八十助, 明るい奴, 明るかった, 明るくこの, 明るくない, 晦いを, 暗いの, 暗い言葉, 暗き魏人, 暗くし, 暗くない, 注意する, 照らして, 當てて, 精しかった, 精しく陣団, 精通せられ, 置き換えて, 触れたに, 詳しい, 詳しいところ, 詳しい彼, 詳しい彼女, 詳しい知里, 詳しい者, 詳しかつ, 詳しく犬, 詳しく風俗習慣, 較べて, 迷う, 通じおるお, 通じた彼, 通じて, 通じないころ, 通じない叔母, 通ずること, 通暁し, 関したもの, 関した点, 関した特殊, 関した語, 關し, 關係ある

▼ 地理~ (43, 3.9%)

2 の編輯

1 [41件] から訳出, が一杯, さ, であ, ではひけ, で教, で教えられ, で讀んだ, とかいう位, となつ, とを本箱, なる山海経, には世界, には絶無, に委しく, に実際, に従った, に日本朝鮮, に残つて, に漏れたれ, に記され, のさし絵, のよう, のページ, の上, の中, の山岳高度表, の撰述, の棚, は, または窮理書一冊, や幾何学, をいくら, をひもとく, を城代, を奪い取り, を学ばざる, を根拠, を繙い, を見る, を見れ

▼ 地理~ (30, 2.7%)

3 歴史を 2 家の, 歴史などの, 隣邦との

1 [21件] マチガイ年号を, 中学校の, 人事動物植物に関する, 何かの, 動植物を, 北辺防備に, 博物や, 図画や, 天文の, 方角を, 歴史に, 歴史の, 気候や, 生活ぶりが, 築城を, 習字の, 設備の, 隣り近所, 風俗に, 風俗を, 風景を

▼ 地理~ (30, 2.7%)

2 の雑誌

1 [28件] および人種学, で普通, となる, とは日本国中, などの教授, にも気象学, に興味, に通じた, のほう, の中, の全面的批判, の学生, の方, の発達, の空隙, の芽生え, の観念, の講義, は考えられないであろう, は起稿当初, もまた, も現存世界海図, も省かれ, や人種学, や代数幾何, をよく, を好ん, を習った

▼ 地理~ (28, 2.5%)

4 の知識 2 の彷徨, の現象, の関係

1 [18件] から孔明, に見る, の一空名, の區分, の国境, の変革, の徑路, の心得万端, の新, の旅行, の概念, の横, の特異点, の考證, の調査, の距離そのもの, の面倒, 当然九州博多

▼ 地理~ (25, 2.3%)

3 歴史の 2 歴史が, 歴史とを

1 [18件] ロスコー家の, 云ふ, 人情は, 同じよう, 国語とで, 天皇一族の, 廓外廓内の, 情勢とを, 文法と, 方針に, 歴史という, 歴史といふ, 深い関係, 物理と, 科学の, 航海に, 英語と, 警察網に

▼ 地理~ (22, 2.0%)

3 歴史も

1 [19件] ほ, わかって, 不案内でございまし, 人情も, 取調べず彼所, 大きら, 少しは, 弁えない始末, 悪いから, 教わって, 書いて, 混沌と, 皆目わからぬ, 知らない, 習う, 能く, 覚えさせ交友, 調べずとく, 調べずに

▼ 地理~ (21, 1.9%)

1 [21件] あたかも自分, おそろしく秘密, ふだんから, まっくら, まるで知らなかった, よく知つて, わかつて, 一向に知らない, 不案内である, 山あり, 彼に, 手に, 暗いといった, 暗じ得, 猪鹿の, 皆目知らない, 知らでも, 知らぬし山道, 老人の, 自宅の, 詳細には

▼ 地理~ (14, 1.3%)

1 [14件] あり歴史, ある, それに, どこも, はっきり分る, わかるよう, 不案内であった, 全く不案内, 六点だった, 分って, 大変に, 実際に, 済んで, 詳しく判

▼ 地理には~ (14, 1.3%)

1 [14件] くわしかろう, ことごとく通じ, 友子同然見当が, 委しいもの, 定めしお, 慣れて, 明くない, 明るいつもり, 明るくまた, 比較的通じ, 精しかった, 精通し, 詳しかつ, 詳しかろう

▼ 地理学者~ (14, 1.3%)

1 [14件] が亜細亜, が東西, が西蔵, である, との恋愛, に呼ばれ, のボン, の多く, の描いた, の書いた, の若い, の説, や探険家, や歴史家ら

▼ 地理學者~ (13, 1.2%)

2 の研究

1 [11件] から聽, が支那, が有る, が經度線, でなくては, の, のイブン・コルダードベー, の一省, の間, は北半球, は多く

▼ 地理歴史~ (12, 1.1%)

2 の初歩, は勿論 1 というよう, などの勉強, につまびらか, の増刊, の智識, の諳記, の關係, 又はいずれ

▼ 地理的条件~ (11, 1.0%)

2 のため 1 から来る, が違い, と交通機関, につれ, にはかなり, にめぐまれたせゐは, の悪, は僕, 及び政治的事情

▼ 地理的関係~ (11, 1.0%)

1 [11件] から生ずる, がめぐまれ, がよく, が主, が原因, にあっ, にある, に深甚, のもと, もある, を忘れさし

▼ 地理~ (10, 0.9%)

3 いへば 1 はじめて盆地, 仙台へ, 教った, 知って, 知つてゐます, 習ったよう, 説明する

▼ 地理にも~ (9, 0.8%)

1 くわしい, 下情にも, 不明で, 事情にも, 充分通じ, 動物にも, 委敷様子から, 興味を, 詳しくない

▼ 地理学上~ (9, 0.8%)

1 たいへん興味深い, の大, の根拠, の知識, の素養, の著述, の雲仙岳, よし絶食, 名高い

▼ 地理学協会~ (9, 0.8%)

1 から派遣, が建てた, ではそれ, にあった, によるカメロン, の依頼, の紀行文庫, の雑誌, ほどの大

▼ 地理~ (8, 0.7%)

21 などに近く, には, に粤地, に載つた, の云, の顏師

▼ 地理~ (7, 0.6%)

1 があり, で申す, に云, に關, の一種, の大, の知識

▼ 地理的事情~ (7, 0.6%)

2 から許 1 とそれ, と印刷發達事情, に支配, のため, の下

▼ 地理的環境~ (7, 0.6%)

1 から引き離し, が文化, が文化形成, によってその, に或, のみからその, や人種的差別

▼ 地理学会~ (6, 0.5%)

1 で出版, には顧問, の夏期講演会, の経営, の誌上, の雑誌

▼ 地理学教授法~ (6, 0.5%)

2 を訳し 1 か, じゃない, の原稿, はやめた

▼ 地理~ (6, 0.5%)

2 で出版 1 で測量, の印, の測量方, の測量標

▼ 地理学的~ (5, 0.5%)

1 な史料, によほど, に古代東国, に説明, の名目

▼ 地理的位置~ (5, 0.5%)

1 が江戸城, によって説明, に付帯, や風土, 殊に天寶十二年

▼ 地理的分布~ (5, 0.5%)

1 に関わる, の一事, の大, の跡, の關係

▼ 地理風俗~ (5, 0.5%)

2 にまでわたつ 1 の事, を研究, 特に動植物

▼ 地理から~ (4, 0.4%)

1 すれば, 云ふと, 始めなければ, 来る恩恵

▼ 地理でも~ (4, 0.4%)

1 修身でも, 歴史でも, 都会人には, 非常に

▼ 地理的空名~ (4, 0.4%)

2 の上 1 に掣肘, の外

▼ 地理とを~ (3, 0.3%)

1 それぞれもう一度あらためて, 知らず知らずの, 終ったの

▼ 地理などを~ (3, 0.3%)

2 考察し 1 研究する

▼ 地理不案内~ (3, 0.3%)

1 からきたおち, なりとの, のため方角

▼ 地理学教室~ (3, 0.3%)

1 ではペンク, へ御, もしくは伯林

▼ 地理教授法~ (3, 0.3%)

1 の翻訳, の訳, を訳さなくっ

▼ 地理的事実~ (3, 0.3%)

1 など何, の示す, を顧みない

▼ 地理的關係~ (3, 0.3%)

1 で化物, によること非常, の然

▼ 地理~ (3, 0.3%)

1 において前, において少年百科辞典, の中等教員

▼ 地理錯誤~ (3, 0.3%)

2 の痕 1 である

▼ 地理風俗大系~ (3, 0.3%)

1 などをひまひま, にも, にも蟹田川

▼ 地理だけでも~ (2, 0.2%)

1 ひと通りは, 一通りは

▼ 地理だけは~ (2, 0.2%)

1 よく呑み込ん, 中学時代から

▼ 地理という~ (2, 0.2%)

1 ことが, ものの

▼ 地理とか~ (2, 0.2%)

1 数学とか, 歴史の

▼ 地理など~ (2, 0.2%)

1 いうもの, 学校にては

▼ 地理などには~ (2, 0.2%)

1 光秀の, 構は

▼ 地理なども~ (2, 0.2%)

1 よく探っ, 相当に

▼ 地理について~ (2, 0.2%)

1 お聞き申したい, 説明を

▼ 地理によって~ (2, 0.2%)

1 夜おそく, 支配される

▼ 地理に関する~ (2, 0.2%)

1 ことで, 絵図類を

▼ 地理より~ (2, 0.2%)

1 ここに, 律暦兵刑に

▼ 地理~ (2, 0.2%)

2

▼ 地理兵力~ (2, 0.2%)

2 の状態

▼ 地理学者たち~ (2, 0.2%)

1 の讃美, の讚美

▼ 地理教室~ (2, 0.2%)

1 と海洋博物館, の図書

▼ 地理歴史教授法~ (2, 0.2%)

1 の夏期講習会, の夏期講習會

▼ 地理歴史等~ (2, 0.2%)

1 の大概, の大略

▼ 地理發見時代~ (2, 0.2%)

1 とも云, を求むるなら

▼ 地理的境界~ (2, 0.2%)

1 というもの, に基く

▼ 地理的影響~ (2, 0.2%)

1 によるの, は明

▼ 地理的感化~ (2, 0.2%)

1 が必要, をうけ

▼ 地理的概念~ (2, 0.2%)

1 に対して私, を与える

▼ 地理的状況~ (2, 0.2%)

1 によつたもの, に基づく

▼ 地理的生産的政治的~ (2, 0.2%)

1 の差別, の特殊

▼ 地理的研究~ (2, 0.2%)

1 の如き, は此場合

▼ 地理的称呼~ (2, 0.2%)

1 に支那, に文化的意義

▼ 地理的考証~ (2, 0.2%)

1 から推し, を持つ

▼ 地理観察~ (2, 0.2%)

1 と時代観察, と言

▼1* [209件]

地理これだけのしなく, 地理さえ取調べずに, 地理さえも委しく知らず, 地理そのほかを, 地理その他で同地, 地理だけにくわしく弁じた, 地理だの歴史だの, 地理では習ったけれども, 地理とかいうものを, 地理とに局限せられ, 地理とはだいぶ違う, 地理なぞ無論知らない, 地理などがその極端, 地理などになると, 地理などの物質的な, 地理などは固より, 地理にかけては誰よりも, 地理にくらい東軍は, 地理についての説明を, 地理については地理の, 地理やらを説明し, 地理よりも実は地名, 地理をも知らぬ他国, 地理を以て説明すれ, 地理暗キ古代トハ云ヘド, 地理三十巻三号柴田常恵君記事を見よ, 地理上不合理であるが, 地理上合点が行かぬ, 地理上支那と東西相対, 地理上東北と同じ, 地理上東洋に屬, 地理上欧亜の区別, 地理上臺灣の南部, 地理乃至潮流, 地理事情の然, 地理云秋山は信越上三州, 地理人事動物植物といふ風, 地理人情にあかるい, 地理人情風俗にわたっ, 地理人物事件の順序, 地理全部を殆ど, 地理兵備などを見, 地理兵数機動の経路, 地理其の他の, 地理分布を土台, 地理分布種類などを自分, 地理動植物もしくは人事, 地理動物植物人事などの分類, 地理動物植物人事時候各二句宛, 地理化学等の数科, 地理來の, 地理古来の偉人, 地理古蹟名所の説明, 地理同人の藤田明君, 地理和歌は日本固有, 地理を見る, 地理土地共に同じ, 地理地形を書く, 地理地質の沿革, 地理天文のこと, 地理天文人事百般から森羅万象, 地理学そのものを表面, 地理学上中国の首都, 地理学上本邦の種族調査, 地理学上海洋学上最も暗黒未知, 地理学主義的自然主義となっ, 地理学人類学乃至総て, 地理学会出張員藤井宮崎の両, 地理学天文学経済学人身生理学西洋算術などがあった, 地理学新説の鼓吹者, 地理学曰ク天文学曰ク解剖学曰ク農学曰ク画学是皆関係, 地理学書でもまた, 地理学的基礎にたっ, 地理学的条件はまさに, 地理学的歴史を訪ねる, 地理学的研究のため, 地理学的神話と云う, 地理学研究盛んとなり, 地理学者ステツレル船長グレプニツキーとともにベーリング海峡, 地理学院を主幹, 地理學上の事項, 地理學土木工學建築學機械工學等地震學の理論並, 地理學地質學物理學等の應用, 地理學家の言たる, 地理學教室中に寄生, 地理學者イブン・コルダードベーのワクワク, 地理學者ダンテ時代の天文學, 地理學者中に唱, 地理宗教に関したる, 地理とある, 地理局出版の, 地理局刊行の, 地理局蒐集の, 地理山川をふところ紙, 地理平明である, 地理形况等を探る, 地理志料に遂佐, 地理情勢の明るい, 地理教授力のある, 地理教科書に教, 地理教育が行われる, 地理教育直接の目的, 地理教育者の大きな, 地理数字にくわしい, 地理数学の研修, 地理数学物理歴史語学の試験, 地理文学技術実業等各種専門に渉, 地理文学西洋音楽などが伝へられた, 地理星緯図讖および余, 地理書以後のマホメット教徒, 地理書地質書鑛物書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 地理書文法書蘭仏の小, 地理書歴史等は勿論, 地理書越しに小声, 地理の插画, 地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 地理案内者である, 地理に当時学士, 地理武芸十八般何流に拘らず, 地理歴史以外に変った, 地理歴史修身全く何でもかでも活字, 地理歴史化学のごとき, 地理歴史図画体操などがある, 地理歴史国情風俗等について殆, 地理歴史工業と云, 地理歴史恩讐の別, 地理歴史数学などの大体, 地理歴史文化風俗国情等一通りは訊きた, 地理歴史理科等の時間, 地理歴史生産および商業上, 地理歴史簿記法商法律経済学等に終り, 地理歴史考古学等の書物, 地理歴史語学数学医学農学化学または兵学, 地理殊に蒙古, 地理民情をよく, 地理気候地味にいたる, 地理気候風土がそれ, 地理水利を測り, 地理沿革誌に従え, 地理測量のエー・ジー・ワルフィルド, 地理物質的進歩及び當代, 地理現象などは果して, 地理環境習慣保守性等を持った, 地理産業といふやう, 地理的事実風俗習慣言語服装食いもの飲みものの細, 地理的事實を傳, 地理的事情その他の環境, 地理的人種的ならしめ大, 地理的伝説である, 地理的優位を占め, 地理的優越に於, 地理的分業と言, 地理的制限の上, 地理的区劃においていわゆる, 地理的名称さえ猶, 地理的唯物論にさえ遠く, 地理的国境と政治的体系, 地理的土壌ではなく, 地理的地位の關係, 地理的地域の称呼, 地理的地點を指したる, 地理的変化に因る, 地理的差異等々によって程度, 地理的形態やその, 地理的性格を与える, 地理的性質ということ, 地理的拡大だけで, 地理的教育直接の目標, 地理的条件生活条件のため, 地理的條件が峠, 地理的正確さを以て誌, 地理的歴史的社会的な具体的一存在, 地理的気候的変化が日本, 地理的気候的条件があっ, 地理的状態の損失, 地理的環境等を過度, 地理的発達によるの, 地理的空間は皆無, 地理的自然の支配, 地理的興味から見, 地理的要素である, 地理的観念がある, 地理的認識しか持つ, 地理的説明を聞いた, 地理的距離以外に大きい, 地理的遊戯を試み, 地理的配置が宜しい, 地理的関係上瑞典の影響, 地理的限界を有, 地理的風俗的に支那, 地理知識を具え, 地理研究の為, 地理科學法律哲學言語學などあらゆる, 地理究理化学等は技芸, 地理窮理化学等は形, 地理一章伊勢の, 地理経書史書兵法などにわたって次, 地理織田軍の兵質, 地理纂考には文明七年八月十五日野尻村, 地理見学に出掛けた, 地理観念の調節, 地理記載の一部分, 地理誌上に掲げる, 地理誌数書を閲し, 地理諳記唱歌や和歌俳句, 地理運輸水路機微な人心, 地理道程に至っ, 地理風俗旅館建場茶屋飲食店諸種の見聞, 地理風質の異