青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地球~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地下~ 地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球
地球~
地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~

「地球~」 3391, 37ppm, 3166位

▼ 地球~ (1116, 32.9%)

57 上に 23 上で 22 表面に 18 上の 15 上では 11 人間を 10 大きさ 9 上には, 人間は, 表面を 8 上は 7 まわりを, 人間の, 形は 6 人間が, 人類が, 人類は, 周囲を, 外へ, 大部分, 方へ, 果に, 表面は 5 ことは, ことを, 六分の一を, 引力に, 形を, 自転の 4 ために, ようすを, ように, 上を, 人類の, 人類を, 円いこと, 外から, 表面から, 表面には

3 [28件] それに, それの, まはり, 上なら, 世界では, 中心に, 人間と, 人間に, 全人類, 公転という, 内部の, 内部は, 周りを, 周圍を, 回転の, 外に, 外には, 廻転椅子に, 引力が, 引力は, 引力を, 果の, 歴史を, 空気の, 端から, 重さ, 重力が, 面に

2 [63件] ありさま, うえで, うえに, ことが, ことばを, すべての, どこに, どこにも, はてまでも, ほうが, まわりの, 上から, 上と, 二重の, 人々は, 人に, 人口は, 人間には, 人類にとって, 代りに, 全表面, 全面に, 内部が, 内部を, 内部状態が, 円さ, 出来事は, 割れ目か, 北の, 半周の, 半廻転, 反対の, 反対側に, 堅い皮, 場合の, 大気中には, 姿が, 姿を, 小さいかと, 広さ, 引力と, 引力の, 怪談として, 最後の, 最期を, 果には, 果は, 此の, 生地は, 皮が, 磁気の, 空気を, 薄皮が, 表面が, 表面の, 裂け目が, 裏と, 距離が, 軌道は, 重力を, 間に, 面の, 顔を

1 [570件 抜粋] あらゆる生物, ある限り長生, いかなる部分, いきのこり人間, いちばん北の, いのちについて, いろんなところ, うえから, うえだけで, うえでは, うえなら, うえのどこかに, うえの人類を, うえを, うちに, うつくしさ, お医者さん, お客さんから, お客の, かけらでは, かすかな, かたち円し, が一個, が火星の, ことか, このするどい, こわれる日, ごとき有様, さいご, さわぎを, しわである, しわとしての, しわの, すみっこで尊い, そとにまで, そとの, そばまで, それから又, それと, それよりも, つぶれて, つよい大気, できたはじめ, どこかに, どこかの, どこかへ, どちら側が, どのへん, どの辺, どの隅, の千倍も, ほかに, ほかにも, ままだ, むきだしの, もちもの, ものとは, やうな, やつらを, ような, よく見える, より劣っ, われわれが, エネルギーハウスハルト, ラジオを, ラジオニュースを, ロケットでは, 一〇九倍も, 一角ヒロシマで, 一部が, 一部分を, 三〇分の一すなわち, 上が, 上じゃ, 上だけに, 上だけの, 上でです, 上での, 上とは, 上においての, 上にだって, 上にて, 上へ, 下に, 不思議を, 両極, 中が, 中には, 中まで, 中を, 中心という, 中心といふ, 中心なる, 中心なれ, 中心の, 中心は, 中心まで, 中心當時の, 丸いこと, 丸いという, 丸い事, 丸い形, 主人と, 主人公たる, 二倍ぐらいの, 五分ノ二しか, 人々にも, 人々の, 人々を, 人たちについて, 人民の, 人間たちばかり, 人間だ, 人間だって, 人間である, 人間とは, 人間なんか, 人間や, 人類では, 人類と, 人類に, 人類にも, 人類より, 人類よりは, 人類よりも, 代りの, 位置に関する, 位置も, 位置を, 住民にとっては, 何処の, 値段より, 傷口の, 元締では, 光という, 全貌図としては, 全質量, 全陸地, 全面北極南極を, 全面積, 六分の一の, 内側は, 内部から, 内部に, 内部には, 内部状態の, 円い形, 円みを, 円周を, 冷却が, 冷尽す, 凱歌を, 凸凹である, 出来ごとを, 分身に, 分配, 初期も, 別荘さ地球の, 別荘に, 到るところ, 創造者と, 力に, 力を, 力量の, 動物で, 動物なら, 北半球の, 北極と, 北端の, 北端まで, 北端を, 半を, 半分が, 半分より, 半分を, 半径の, 反対側から, 反対側からの, 反対側な, 反対側まで, 反対側よりも, 反対側を, 受取つて居る, 各人民, 各地における, 向う側から, 向側の, 周りの, 周囲と, 周囲の, 周径は, 周期的大, 呻きは, 命の, 哄笑, 四分の一の, 四分の一を, 四辺から, 回転, 回転に従って, 回転は, 回転周期は, 回転軸と, 囲り, 國國に, 土台の, 地と, 地下室では, 地下水を, 地殻に, 地殻の, 場合だ, 場合と, 場合に, 壊滅は, 外にでも, 外の, 外は, 外側に, 外殻を, 外部から, 外部だ, 夜に, 夜の, 夜明けだ, 夜明け時代既に, 大きな事, 大きな球, 大円周, 大半を, 大敗北, 大洋を, 天文台で, 奥を, 奥行きを, 如きは, 如く神に, 姿, 姿な, 姿第, 子である, 子供たちに, 子午線を, 存する限り, 存在から, 存在する, 存在の, 存続する, 学者が, 学者たちは, 学者は, 寝息の, 寵児さ, 小学生で, 屋棟と, 崩壊という, 崩壊前に, 平均の, 平均密度の, 年壽は, 年齢, 年齢を, 廻りを, 廻るの, 廻転か, 廻転が, 廻転する, 廻転と, 引力だ, 引力で, 引力とは, 引力には, 引力によって, 引力圏を, 引力圏外に, 強い圧力, 形, 形と, 形という, 形に, 形の, 形並びに, 形状国土の, 彼方側に, 征服者である, 心核は, 心核を, 恐怖, 情熱が, 意識とは, 支配権を, 数十倍も, 文明も, 方で, 方に, 方には, 方へは, 方を, 旅行にも, 昔は, 春の, 曲線の, 最も新, 最期が, 最端, 月と, 有るが, 有様を, 木とは, 末期, 末期は, 東と, 東側に, 東半球の, 東方に, 東最高の, 東西にわたって, 果から, 果てという, 果ての, 果てまで, 果において, 果にまで, 果へ, 果より, 森と, 森とは, 植物は, 極が, 極へも, 極地に, 極地は, 構造に, 正反對面, 正確な, 正面から, 正面へ, 歯の, 歴史が, 歴史の, 殆ど半ばを, 殻の, 比重は, 気候や, 気候風土に, 気圏の, 気圧に, 気象に, 氣にも, 水蒸気と, 氷河時代に, 氷雪の, 泥団たるを, 海底の, 海水との, 深海なら, 温度が, 温度と, 温度は, 温熱の, 満月の, 滅亡を, 濃い空気, 灼熱した, 災害を, 熱極という, 物理を, 物理学に, 猫の, 王者日本国民, 現実だ, 球體に, 生きものには, 生の, 生まんと, 生地, 生成から, 生気や, 生活として, 生滅二冊および, 生物で, 生物にとっては, 生物の, 生産物が, 異変現象である, 病人な, 皮の, 皮は, 目方までも, 直径一万三千粁を, 真上に, 真下に, 知識は, 石塊と, 破片は, 磁力に, 磁力を, 磁気を, 科学では, 空が, 空気が, 空気は, 端々に, 第一帶, 終りじゃあ, 終る最後, 組織又, 経緯を, 緯度と, 羈絆を, 者で, 背骨の, 胴体と, 胸の, 脊柱の, 腕に, 自殺の, 自然史, 自転と, 自転を, 自轉其他, 色んな隅々, 若かった, 若干倍大きい, 華族である, 表から, 表土の, 表面からも, 表面で, 表面であっ, 表面では, 表面においてすらも, 表面について, 表面近くから, 裏には, 裏の, 裏側では, 裏側の, 襞だ, 西と, 見おさめかと, 規律に, 話が, 話です, 話を, 諸君, 諸海洋, 資源では, 起源について, 距離は, 軌道と, 軌道をば, 軌道上の, 輪は, 近くに, 進む道, 進化に関する, 進化を, 進展から, 進行運動は, 運動し, 運動ひいては, 運命か, 運命という, 運命を, 運行が, 運転が, 運転山野河海の, 道と, 遺産を, 部分は, 重力, 重力とは, 重力に, 重力の, 重力は, 重力よりも, 重力圏外に, 重量の, 重量を, 鉱物を, 間には, 間を, 陰影が, 陰影の, 陸と, 陸や, 隅々から, 隅々にまでも, 雰囲気が, 青いもりあがり, 面では, 革命の, 頂上だ, 頂上に, 飾り物として, 骨と, 高い温度, 魚よりも, 齒の

▼ 地球~ (301, 8.9%)

9 の人類 7 にある, に存在 6 では 5 のあらゆる, の生物 4 のどこ, のナポレオン, の人間, の全 3 で最も, にその, のありとあらゆる, のすべて, の一点

2 [17件] からその, に全盛, に出現, に在る, に来, に考, のある, のいずれ, のこと, のどの, の何れ, の最も, の気温, の気象, の温度, の物体, の表面

1 [197件] からすべて, から喪失, から影, から消え, から絶滅, から見まもっ, ただ一つ, たった一つ, だけで通用, であまり, でいまだ, でその, でそれ, での文明, でまざまざ, でも温帯, でも赤道, で一番, で人間, で今, で何人, で信じられ, で光, で十キロ, で大きく, で知られ, で知られた, に, にあなた, にあばた, にあり得べき, にいつ, においてはなる, において地球人類, において知られ, におけるあらゆる, における人間, における日本国, における最も, における生命, における生物, における生物存在, における蚯蚓, におらなくなったら, にかつて, にこういう, にこんなに, にすくなく, にても北極, にできた, にどこ, になかっ, にはいかなる, にはじめて, にはたくさん, にはない, にはより, には世界, には人間同士, には今, には何万年何億年, には戦争, には本当, には東西南北, にも分かり, にユニイク, に一度, に今, に今日それぞれ, に伝えられ, に住, に住んでる, に八方, に出, に分布, に定住, に少く, に展開, に悲劇, に拡がっ, に支配, に散在, に新, に新しい, に於, に於ける, に既に, に春, に有史以来, に来た, に植民地, に殘, に氷河時代, に求める, に渡来, に溢れさせた, に無駄, に現れた, に現れなかった, に現われた, に生き返られる, に生じ, に生命, に生存, に生成, に発生, に続々, に繁盛, に群れつどい, に落下, に行き渡らず, に起っ, に起った, に起り, に近年異変, に降りそそい, の, のあらゆるいわゆる, のいかなる, のいろんな, のところどころ, のどう, のどっか, のどんな, のほとんど, のめ, の世界, の人, の人々, の人間歴史, の住人, の何処, の六倍, の凡て, の動物, の各国, の四隅, の国々, の土地, の地形風俗文化, の夥しい, の大國民, の天体望遠鏡, の奇観, の学問, の家家, の常識, の平均温度, の御馳走, の情勢, の意, の我々, の戦争, の振舞, の数々, の日暮, の暦数, の最上, の最高智能生物, の極微, の比較的, の津々浦々, の海面, の物理的条件, の珍味珍菓, の生命, の生存, の石器時代, の空気中, の統一, の絵画, の絶対多数者, の緯度, の誰, の諸, の諸国, の道徳, の部分部分, はどこ, へやってきた, へ出, へ来た, もっとも大きい, も時々, よりも六・六倍, より消滅, より驅逐, を横行, を照らす, を縦横, 並びに太陽系, 余り狭小, 最も堅固, 第一流, 至るところ, 至る処, 至る所

▼ 地球~ (274, 8.1%)

10 太陽の 7 発狂した 5 円いという 4 こなごなに, そのすぐ, 粉みじんに 3 モロー彗星と, モロー彗星に, 冷却し, 動いて, 太陽を, 粉々に

2 [13件] あやうい目, これまで, こわれて, 他の, 円いもの, 地軸を, 大きな球, 太陽から, 宇宙の, 崩壊する, 月に, 花園の, 見える

1 [196件] あまりに狭い, ありしたがって, あるなぞと, いくらか, いま丁度, いやでも, うだって, うまくあやうい目, おのれの, かりに山, きれぎれ, くだけて, ここに, このモロー彗星, この振子球, こひしく, こわれそうして, こわれるお, こわれること, こわれる前, こんなに近く, ささえるもの, さっぱり動かない, しっかりと, じっとし, その秩序安寧, そんなに速く, たいへんな, だんだん冷えかかっ, ちゃんとし, つくった古, できて, できてから, できるだけ, とうとうすっかり球, どうして磁気, どうなっ, どうなった, どこからも, どんなに崩壊, どんなに廻つて, どんなに規則正しく, なくなって, なくなっても, のっかって, はるかな, ひっぱるの, ひつそりとして, ぶち壊されても, また大きい, まだ上張, まだ新しかっ, まるい事実, まわること, むざむざと, もてば, やがてこわれる, やがてモロー彗星, より深み, スルスルと, 一つぐるり, 一つの, 一つ広い暗, 一と, 一個の, 一大要塞化する, 一度目を, 一廻りし, 一日に, 一皮むけたくらい, 一箇の, 三十年後には, 不斷, 中心だ, 丸いという, 丸いどころ, 二つに, 亡びるなら今私たち, 今の, 今日は, 位する現, 何の, 何んで, 入つて了, 全部大洋か, 公転自転と, 円いと, 円いといふ, 円くできてる, 冷えそれで, 冷えたもの, 冷えて, 冷えるからかも, 冷えるですな, 冷却する, 凸形に, 出来てから, 初めてもった, 刻々に, 割れは, 動かずに, 動くと, 動くの, 動くよう, 包まれべき当日, 又幾つ, 受けるひづみ, 古いほど, 古くなる, 同じオービット, 吸ひよせる, 問題と, 四回氷河期を, 圓いものだ, 地球外の, 外方に, 夜明けだ, 夜明けに, 大丈夫だ, 大方お, 天体として, 天界の, 始まつて, 存在した, 存続する, 完全な, 宿命的に, 崩壊し, 崩壊しなけれ, 建設されよう, 廻つてゐる, 廻つて陸も, 廻るに, 廿四時間で, 廿四時間毎に, 引っ張るの, 征服され, 急に, 急速度, 揺れうごいて, 攻撃を, 早く廻っ, 映つて, 果して新, 楕円形に, 死んで, 比較的新しい, 氷の, 浮んで, 消えて, 滅びても, 漸, 焦土と, 焼き尽くされないで, 煙の, 熱かった, 物体を, 現在の, 球形で, 球形を, 甚しく, 生まれて, 生れて, 痴呆な, 百万年は, 盗まれて, 真に円けれ, 破裂し, 秘めて, 空に, 空中に, 糸で, 縮まって, 自分で, 自転し, 自軸, 融けて, 行く所, 見えて, 見られなくなるの, 超大巨人, 軌道上の, 輝いて, 近き将来, 近く崩壊する, 近づいて, 通って, 造られた始め, 遂に粉みじん, 運行し, 金平糖で, 鋼鉄で, 隕石を, 青空の, 飛んで, 黄昏れ

▼ 地球~ (241, 7.1%)

5 太陽の, 宇宙の, 自分で 4 割れて 3 丸いもの, 廻って

2 [16件] ちゃんとし, どうなったでしょう, まわる, みんな呉れ, モロー彗星に, 何度何分廻転し, 円いと, 円いという, 円いもの, 地球だけの, 大きな毬, 完全に, 星の, 暖房装置の, 粉みじんに, 裂けて

1 [184件] あいかわらずきらきら, あいかわらずきらきらと, あと二三日したら, あと二三時間の, あやういところ, あるいは正しく, ある時期, いったん氷河, いつの間にかその, いつまでも, いつ幾億, いま私たちに, おどろくべき速度, おれたちの, かくも, かならずこわれる, かをる土の, この三十年, この戦争, この線, さう, さらにそれ, ずっと形, そのころ, そのため, その各部相結合, その圓錐状, その最後, その軸, その週暦, その雰囲気中, それらの, それ程までに, そんな風, だんだんに, ついに空中, どうなるであろう, どこかへ, どっちの, どん, ひらったい台, ふりかえると, また中空, まだ丸い, まぶしく太陽, まるいはず, まわるといった, まわるの, めぐりつつ, もう一, もちろん地軸, ウラゴーゴルの, エックス彗星と, ガラス状の, ハンモックの, モロー彗星の, リリパットの, リリパツトの, 一あり, 一体どうなった, 一秒間に, 三度ばかり, 三百六十五日五時餘を以て, 丸い, 丸くない, 久しい以前, 亀の, 二に, 二四時間に, 二重の, 人間が, 人間の, 今から, 今その, 今や第, 今や金属, 今われら人類だけによって, 今廻っ, 今日の, 今日も, 他の, 何と, 何となく水っぽく, 何の, 何んと, 余りに狭い, 光らなくなって, 全くものすごい, 全部この, 全部均等な, 八十億年の, 其の始め火, 円いの, 円い地球, 円かな, 円形じゃ, 円板の, 動く, 動くと, 動物の, 原子爆弾を, 周囲が, 四本の, 回って, 回転しない, 圓いか, 地球で, 地軸を, 多分こなごな, 大きいし, 大きくて, 大きな赤黒い, 大工事, 大空を, 太陽を, 太陽系に, 太陽系の, 小さくなった, 小鳥だ, 平気で, 平然として, 幾つかに, 幾つかの, 廻つて來てを, 廻転する, 廿四時間で, 彼の, 心棒も, 忽ち自殺者, 恒星や, 意外の, 早く廻ります, 昔しより, 昼夜回転し, 本当にきょう, 死である, 死滅しない, 永遠に, 消えは, 滅多に, 火に, 火星に, 生きて, 生まれてから, 生成せられ, 百度, 破滅に, 神々しい人間, 空っぽに, 空中に, 空気が, 空間を, 絶えず太陽, 美しく紫色, 老いさらばいその, 自分が, 自殺する, 自転し, 自転する, 自転せず, 自軸, 衝突から, 表面から, 裏返しにな, 裸に, 見る見る小さく, 諸天体, 蹌踉として, 近いし, 近所の, 退屈の, 速く走る, 遠いです, 遠からずし, 重い物體, 鋼鐵よりも, 鎖で, 陸と, 静かだった, 静かだつた, 静かに, 静止し, 靜止し, 頑石の

▼ 地球~ (238, 7.0%)

6 出発し 4 一周する 3 一周し, 離れて

2 [21件] あとに, くいつめた強盗団, ぐるりと, すっかり占領, その場所, ねらって, はなれて, まわって, やである, 一地球と, 創造し, 動かすと, 包囲し, 囘る, 後に, 手許に, 掘鑿せよ, 支配する, 血みどろに, 見て, 貫いて

1 [180件] うかがって, おおう妖雲, かすつて, くるしめようと, ぐるぐる歩い, けって, こわして, じぶんたち, すっかり自分, すつかり見る事, そこで何事, その資源庫, つくづくと, てっとり早く, とびまわって, とりまく大気, どうして引張った, はっきり見た, はなれたの, はなれ火星, ひつかき廻し, ひとまわりできる, ひと回りする, ひろく被う, まもったと, まもる日, まるい輪, みたす人間社会, めぐる電波, ガリレオの, ゴロ, モロー彗星から, 一と, 一まわりし, 一周したる, 一周するなり, 一周りする, 一回りする, 一廻りする, 一廻りも, 七巻きまく, 七巻き巻く, 上に, 上空から, 下瞰, 不動と, 中心と, 二人で, 五大洲と, 人体に, 人間の, 今日の, 偵察に, 再認識, 冷却す, 凌ぐよう, 出るとき, 出発した, 出発する, 出発せる, 分け合って, 分け合つて, 創造した, 動かすに, 動かすには, 動かないもの, 動かぬと, 包み一人, 包んだ空, 包んで, 半分ふきとばしち, 半分ふきとばしちまえ, 半周し, 卵だ, 去りさっと, 去ろうかという, 取り卷いて, 取り囲むあたかも, 取り巻かうと, 取り押, 吊つて, 周遊する, 四方から, 圧迫する, 基点に, 天界の, 太陽から, 孵化させよう, 左右し得る, 平面的に, 廻りながら, 廻るの, 引き寄せたか, 引き寄せたという, 征服する, 後に決然大, 想像する, 愛した証拠, 愛しドレ, 我々の, 投げ出したガリレオ, 抱き締めて, 抱く思い, 押して, 担うアトラス, 振ら提げて, 捨てるなんて, 掩い包んだ, 撤退した, 支へて, 支へる, 攻める場合, 放れて, 既に飛び出し, 横に, 横斷し, 治めて, 照らすと, 爆撃しよう, 爆砕し, 爆砕しよう, 爆砕する, 爆破し, 片手で, 狙うもの, 狙う者, 狭しと, 目撃する, 破滅せしめる, 粉々に, 粉砕する, 経めぐり, 綺麗に, 締めつけて, 縮めて, 耕し, 背負ふ, 胸に, 脱出する, 自分の, 荘厳に, 蔽うて, 表面から, 西と, 覆って, 見しによりて, 見たところ, 見たの, 見ますと, 見れば, 見下ろしたとき, 見守って, 見捨てて, 見棄てて, 規準に, 觀る, 調べるため, 論じた書物, 負ふ, 貫通する, 走って, 踏みにじるほど, 車に, 通ずる一直線上, 造る事, 運る, 運搬す, 遠く遠く, 遠く離れた, 鋼鐵と, 離れること, 離れること九十五万キロメートル, 離れるとき, 飛びさったの, 飛びだされたの, 飛び出しついに, 飛出したと, 飛出したん, 飛出し金星, 駈廻る男

▼ 地球~ (198, 5.8%)

16 衝突する 8 住んで 3 向つて, 近づくの 2 なければ, ひびが, ぶつかって, ゐるとき, 一番近い, 光と, 向って, 比べて, 生息する, 衝突し

1 [148件] あるの, あるもの, ある放射物質, ある樹脂, ある階段, いて, いま棲息し, おしよせその, お暇乞, かえったとばかり, かぶさる夜空, くらべると, して, しては, すみたいと, それだけの, だつて温室, だんだん近づい, とるべき形, ないすごい放射能物質, ない元素, ない貴重, ない資源, ない鉱物, なつた, のこして, のこって, ぶつかったらどんな, ぶつかった時, ぶつかるから, ぶつかるの, ぶつかる日, ぶつかる時, まいもどるの, むかへる半面, もっと近い, もどれますか, やってくれば, やって来たこと, やって来るなんて, よく似とる, わざわざ生れた, モロー彗星が, 一ばん近い, 一番よく, 一等近い, 二つの, 住む人間たち, 住む者ども, 倣つて作られた, 偉大な, 停って, 働きかけて, 内乱を, 到着した, 及ぼして, 及ぼす月, 向かって, 向けなければ, 呼びかけて, 始が, 存在し, 家族も, 届いたよう, 届く放射線, 属するよう, 帰れなくは, 帰還する, 愛想を, 戻るの, 戻れないかも, 手足の, 打ちこまれた蛇眼石, 押えつけられて, 拙劣な, 拡がるとき, 持ち帰れば, 授けて, 接触する, 接近した, 接近する, 撃ちこんで, 攻めて, 放射され, 散布し, 於ける資源不足, 於て, 最も接近, 最も近い, 最も近き, 最も近づく, 月が, 来るの, 棲む人類, 棲む人類たち, 棲んで, 棲息する, 止まって, 正面衝突する, 残って, 比べると, 特有な, 生れ合わした, 着陸し, 舞い下って, 行かないで, 衝突した, 衝突しなかった, 衝突すべく, 衝突するだろう, 衝突すれ, 衝突を, 表紙を, 襲いかかると, 襲来する, 見えて, 見とれて, 触接した, 資源が, 近いから, 近い宇宙空間, 近い星, 近くなっ, 近くならない, 近くなる, 近ければ, 近づいた, 近づいたと, 近づいた結果, 近づきつつ, 近づくか, 近づくと, 近づくとき, 迫りつつ, 追って, 通信した, 進入し, 達して, 達すること, 達するまでに, 達する光, 遠くなる, 重力が, 間近いところ, 降りこむ流星, 面した側, 面する部分, 面せざる部分

▼ 地球~ (135, 4.0%)

8 攻めて 5 戻って 4 引返すこと 3 向けて, 向って

2 [11件] おちて, つれて, むけて, もどって, 戻して, 戻るの, 来られたこと, 輝かしい夢, 近づいて, 連れて, 達するの

1 [90件] いくこと, いったこと, いって, おいでに, おしかけて, かえるつもり, くるについて, この星, でかけて, とつぜん姿, とどかなくなって, なにを, ぼくを, まいもどったん, もどります, もどること, もどるには, もどるにも, もどるの, もどれず博士一行, もどれなくなるわけ, もどれば, もどれるもの, もどれるん, やってきたん, やってこないとは, やって来たの, やって来ないとも, よこそうと, 亡命し, 他の, 伝えること, 向け帰還, 向つたらしい, 天下った生物, 届くよう, 帰して, 帰ったわけ, 帰らせて, 帰りたい一心, 帰りつくまで, 帰ること, 帰るため, 帰る一縷, 帰る事, 帰れないこと, 帰れないなんて, 帰れます, 帰れるうれし, 帰れるぞ, 帰ろうじゃ, 帰還した, 引きかえすと, 引きよせられるの, 引っ返すこと, 引張られて, 引返したいと, 急いだが, 戻せと, 戻ってから, 戻りましたが, 戻るだけの, 戻るとき, 戻るには, 戻れないという, 戻れないとは, 戻れないの, 投げかけた妖しい, 攻寄せて, 救援を, 来られたの, 案内する, 注意し, 派遣せられた, 渡航した, 無電連絡を, 着陸させ, 着陸した, 紛れこんで, 舞い戻って, 落ちるに, 行ったこと, 見えは, 送りつつ, 送る無線通信, 連れ込むこと, 遠征する, 降りて, 飛ばせた星, 飛びこんで

▼ 地球~ (107, 3.2%)

6 モロー彗星とが, 月の 5 同じよう, 太陽との 4 一緒に, 月との, 火星との 3 衝突する 2 モロー彗星との, モロー彗星の, 一所に, 同様に, 月が, 火星とは, 火星とを, 火星の, 衝突し

1 [52件] いっしょに, このガン星, して, すれば, そこに, その外, ちがい月, ガン星とは, モロー彗星が, モロー彗星も, 云う丸い, 云う者, 云ふ, 似た遊星, 全く同じ, 同じくする, 同じで, 同じに, 同じ回転速度, 同じ太陽, 同じ気圧, 同じ空気, 同じ速, 同じ重, 同様な, 名くる, 名づくる, 名づけられた電子, 地球人類とは, 地球人類に, 地球人類の, 太陽と, 宇宙艇との, 対面の, 彗星が, 新たな, 月と, 月とに, 月世界との, 木や, 正式に, 正面衝突するであろう, 気候も, 火星だけ, 称して, 称する弾性体, 箒星とが, 見ると, 觀ずる如し, 話を, 違ってるね, 違つてる

▼ 地球から~ (77, 2.3%)

2 とおざかって, 最も近い, 月までの, 見ると, 離れて

1 [67件] あまりとおく, ころげ墜ちるよう, ずいぶんとおくへ, とんで, どの位, はるばるおいで, はるばる来ました, みて, もうかなり遠く, 二三寸上を, 二十四万哩すなわち, 人工衛星が, 出て, 出る粒子, 十万光年の, 十二万キロも, 四千六百八十粁距った, 太陽への, 太陽まで, 太陽までの, 引上げろ, 影の, 持って, 撤退した, 放送され, 放送される, 月の, 月へ, 月を, 月世界までの, 来た蟻田博士, 来る者, 消されて, 火星へ, 火星を, 生えたもの, 發した, 社会主義を, 移民の, 絶滅されなけれ, 絶滅する, 脱出した, 著しい近距離, 行った青年たち, 見える方, 見える火星, 見たガン星, 見た時, 見た月, 見る人, 見る月, 見る満月, 言うと, 話して, 追っぱらえる, 追ひ, 送りまた, 逃げ出す奴, 遠いので, 遠くは, 遠去かっ, 離れること, 青々と, 非常に, 飛びだすばかりに, 駆け出せば, 鶏が

▼ 地球~ (41, 1.2%)

3 やっぱりその 2 太陽系中の

1 [36件] おしまひ, これと, さぞ走るだろう, その一つ, その軌道, それと, どこへ, どんどん小さく遠く, なかった, また同じく, また空間, めいわくな, やつぱりそのなかに浮ん, われらを, 亡び人類, 他の, 共に太陽, 其昔いつ, 初めには, 動くこと, 動くという, 同様である, 多くの, 太陽に, 太陽太陰と, 形は, 従って, 掌上の, 月も, 燃えて, 確かに, 終りである, 終わりさ, 自転し, 金星の, 随分お婆さん

▼ 地球全体~ (28, 0.8%)

2 を指

1 [26件] が一個, が二人, が平均, が得態, が雪, であと, とを比較, にあてはめられ, について云い得る, にひびかせ, に比べ, に等しく, の, の中, の動乱, の放射物質, の空, はこの, は緑, までが大きな, もこの, をとれ, を平均, を自分, を蔽いつくし, を金

▼ 地球~ (22, 0.6%)

2 に至ら, の敵, の生物

1 [16件] から来た, における力, にのがれ, に住ん, に放逐, に脱, の不快, の他, の大空, の宇宙, の宇宙旅行, の強力, の観測者, へも洩れ, よりの侵寇, よりの無断侵入者

▼ 地球以外~ (21, 0.6%)

5 の星 2 の他

1 [14件] からはじめて, から飛来, にある, には火星, のところ, のはるか, の不思議, の世界, の場所, の惑星, の棲息, の生物, の自然, の遊星

▼ 地球には~ (18, 0.5%)

1 [18件] この外ウラン, そういう物質, そのルナビゥム, それほど引きつけられず, そんなに人, ないもの, ない元素, ない金属, なかった, ウラニウム以上の, 万世の, 人間という, 何十という, 天使と, 月が, 東も, 水界と, 牛蒡一本生えまい

▼ 地球~ (15, 0.4%)

1 [15件] いうと, いえば, たった一つ, もっとも広い, もっとも進歩, わしを, 一番高い, 使用される, 星の, 男女が, 百五〇封度の, 着たとき, 見る満月, 見る缶詰, 解決が

▼ 地球との~ (15, 0.4%)

1 [15件] あいだに, へだたりは, 交通を, 横断を, 無理心中を, 無電連絡が, 衝突は, 距離が, 距離は, 距離を, 通信は, 運動について, 間には, 間の, 間を

▼ 地球~ (15, 0.4%)

2 火星の

1 [13件] その他この, その住民, 人間を, 土星などが, 地球人類の, 太陽が, 宇宙は, 月に対して, 月の, 火星が, 火星と, 火星などが, 統計の

▼ 地球からの~ (14, 0.4%)

2 距離は, 重力と 1 おびただしい通信, お客さんたちは, お客さんです, お客様を, ラジオが, 大切な, 引力と, 第一着, 通信や, 遠さ

▼ 地球物理学~ (13, 0.4%)

2 の問題

1 [11件] というもの, にはどうしても, にも興味, に関して恩賜賞, の一章, の権威, の研究所, の立場, の論文, の連続講義, はいわば

▼ 地球表面上~ (13, 0.4%)

2 は狂人

1 [11件] から絶滅, が校長先生, が狂人, に反映, に棲息, に残る, に現出, に生き, に発生, は古往今来ソックリ, は昔

▼ 地球という~ (12, 0.4%)

4 ものは 3 ものが 1 ものを, 名前が, 球体を, 窯の, 電子を

▼ 地球より~ (12, 0.4%)

2 何倍も, 大きな火事 1 もっと遙, 二百倍も, 太陽に, 數へて, 月界に, 百層倍も, 約四千万キロメートル, 遠ざかるに

▼ 地球人間~ (12, 0.4%)

1 [12件] がすて, である, ではなく, と同じ, に対して敵意, の探険隊, はこの, よりはずっと, よりもすぐれ, よりもはるか, より豪い, を完全

▼ 地球表面~ (11, 0.3%)

1 [11件] から一二キロメートル, から測った, における重力, に向っ, に通信網, に降っ, の七割以上, の全部, の普通, の温度, は

▼ 地球では~ (10, 0.3%)

1 ないと, まださっぱり研究, パンとか, 人口が, 今から, 今は, 大さわぎ, 想像も, 真の, 知られなかった瓦斯

▼ 地球とは~ (10, 0.3%)

1 いろいろな, きわめて近く, まるでち, まるで違う, 反対である, 同じ組, 思われない, 気候や, 較べもの, 隣組同志であります

▼ 地球内部~ (9, 0.3%)

1 から放出, から来る, が高温, には何ら, にまで偵察, の方向, の比重, の液体, は流動体

▼ 地球まで~ (7, 0.2%)

1 いった英雄, ひっかえすこと, 三回も, 光線が, 届いたとしても, 行かせること, 達するには

▼ 地球~ (7, 0.2%)

4 パンパンと 1 さつ, さやう, さようなら

▼ 地球物理~ (7, 0.2%)

1 なんかという御, に比べ, の問題, の方, の福富教授, の論文, は先生

▼ 地球~ (6, 0.2%)

2 よ, 全自然 1 という, とする

▼ 地球物理学的~ (6, 0.2%)

3 に見 1 にもまた, に解釈, の現象

▼ 地球物理学者~ (6, 0.2%)

1 にきく, の仕事, の注意, の目, の終焉, や地質学者

▼ 地球磁力~ (6, 0.2%)

2 の影響 1 の作用, の差, や気象, を肥料

▼ 地球自身~ (6, 0.2%)

1 が運動, と同じ, の回転, の熱, の進化, も一種

▼ 地球からは~ (5, 0.1%)

1 かすかながらも, なれさらに, なれて, 今日既に, 見えなかった月

▼ 地球そのもの~ (5, 0.1%)

1 がモロー彗星, だという, の爆砕, まで吹きとばされ, を爆弾

▼ 地球よりも~ (5, 0.1%)

1 ずっと空気, 前から, 大きい世界, 早く死滅, 比重が

▼ 地球人類~ (5, 0.1%)

1 だって同じ, とミミ族, と同等, と手, なん

▼ 地球~ (5, 0.1%)

2 體に 1 體が, 體の, 體を

▼ 地球磁気~ (5, 0.1%)

2 の原因, の根源 1 の影響

▼ 地球その~ (4, 0.1%)

1 地球に, 地球の, 物と, 物に

▼ 地球でも~ (4, 0.1%)

1 ない, ないん, 包まれさうな, 研究資料として

▼ 地球中心~ (4, 0.1%)

1 での気温, では, の温度, の説

▼ 地球全土~ (4, 0.1%)

1 はわれら地球人類, はわれわれ, を指導, を蔽っ

▼ 地球全面~ (4, 0.1%)

1 に現われる, に起り, を破滅, を蔽い

▼ 地球創成~ (4, 0.1%)

3 の面影 1 の跡

▼ 地球半径~ (4, 0.1%)

1 の一二〇〇倍, の七〇倍, の二〇倍, の五九倍

▼ 地球及び~ (4, 0.1%)

1 他の, 歴史の, 総ての, 金星については

▼ 地球軌道~ (4, 0.1%)

2 の直径 1 の半径, の反対

▼ 地球~ (4, 0.1%)

1 の人類, の住み, の大洋, よりみ

▼ 地球ぜんたい~ (3, 0.1%)

1 がほろぼされ, が星, を包むだろう

▼ 地球だけの~ (3, 0.1%)

2 面積でしか 1 諸条件

▼ 地球だって~ (3, 0.1%)

1 これから何百万何千万年, そうだ, 年中氷に

▼ 地球だの~ (3, 0.1%)

1 モロー彗星だ, 全自然, 火星だ

▼ 地球である~ (3, 0.1%)

1 とはもちろん, と昼, 電子が

▼ 地球とともに~ (3, 0.1%)

1 その形態, 人類も, 永遠である

▼ 地球~ (3, 0.1%)

1 のだ, んざあいけ, んだ

▼ 地球に対する~ (3, 0.1%)

2 位置は 1 太陽の

▼ 地球に関する~ (3, 0.1%)

1 いろいろな, ものが, 記載中に

▼ 地球はじまっ~ (3, 0.1%)

2 ていらい 1 て以来

▼ 地球への~ (3, 0.1%)

1 尊敬と, 来襲は, 来訪の

▼ 地球一面~ (3, 0.1%)

2 にあわただしい 1 のやう

▼ 地球全部~ (3, 0.1%)

1 にはびこる, を六七回, を征服

▼ 地球六分の一~ (3, 0.1%)

1 の地域, をしめる, を占める

▼ 地球~ (3, 0.1%)

1 にある, に含有, を目的

▼ 地球~ (3, 0.1%)

2 円周の 1 破滅の

▼ 地球~ (3, 0.1%)

2 ある七日 1 があり

▼ 地球物理学方面~ (3, 0.1%)

1 では北光, の仕事, の独創的

▼ 地球~ (3, 0.1%)

1 には載っ, を持っ, を持つ

▼ 地球生物~ (3, 0.1%)

1 という, にどんな, より段違い

▼ 地球~ (3, 0.1%)

3 力戦の

▼ 地球自由航路~ (3, 0.1%)

1 が開ける, てなん, というの

▼ 地球観測年~ (3, 0.1%)

1 のほう, の一つ, の仕事

▼ 地球だけ~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 地球とか~ (2, 0.1%)

1 月とかの, 月とかは

▼ 地球とが~ (2, 0.1%)

1 ぴたりと, やがて衝突

▼ 地球における~ (2, 0.1%)

1 サービスの, シベリヤみたいだ

▼ 地球にとっては~ (2, 0.1%)

1 いわゆる隣組, とうといもの

▼ 地球にも~ (2, 0.1%)

1 あつた, 人間という

▼ 地球に対して~ (2, 0.1%)

1 はじめて戦い, 少し軸

▼ 地球はじめて~ (2, 0.1%)

1 の人間らしい, 人間らしい憲法

▼ 地球へか~ (2, 0.1%)

2 へりたくなつ

▼ 地球へは~ (2, 0.1%)

1 戻ること, 戻れなくなったわ

▼ 地球までは~ (2, 0.1%)

1 もどれない故障ロケット, 遠すぎ

▼ 地球~ (2, 0.1%)

2 百十一倍

▼ 地球上どこ~ (2, 0.1%)

1 でも同じ, を探し

▼ 地球並びに~ (2, 0.1%)

1 太陽系中諸, 相互に対して

▼ 地球六分の五~ (2, 0.1%)

2 を占める

▼ 地球博物館~ (2, 0.1%)

1 というの, なんかちっとも

▼ 地球壊滅~ (2, 0.1%)

1 の全景, の日

▼ 地球太陽~ (2, 0.1%)

1 の自転, の軌道

▼ 地球征服~ (2, 0.1%)

1 は不, を実行

▼ 地球文明~ (2, 0.1%)

1 が飛散, の破壊者

▼ 地球最期~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 地球植物~ (2, 0.1%)

1 と地球人類, 殊に可動植物

▼ 地球物理学的現象~ (2, 0.1%)

1 であると, を人格化

▼ 地球物理学研究室~ (2, 0.1%)

1 は昨年, を作り

▼ 地球物理学者たち~ (2, 0.1%)

1 がここ, は戦争

▼ 地球物理学関係~ (2, 0.1%)

1 の人たち, の研究

▼ 地球癲癇~ (2, 0.1%)

1 だったの, の続き

▼ 地球脱出隊~ (2, 0.1%)

1 が次, を編成

▼ 地球行き~ (2, 0.1%)

1 のロケット, はどれ

▼ 地球~ (2, 0.1%)

1 をあやつっ, をおぼえた

▼ 地球防衛~ (2, 0.1%)

1 の旗印, はわれら世界人類

▼ 地球雰囲気~ (2, 0.1%)

1 から逸散, の場合

▼1* [159件]

地球あり何の, 地球いつぱいの, 地球およびすべての, 地球かに照らされてるん, 地球からも引張られ月, 地球ぐらいの星だった, 地球こそは夜空に, 地球この美しい国, 地球こわれますと人類, 地球ょうで, 地球その他の天体, 地球やない, 地球であったのだ, 地球であり人類なら, 地球ですか, 地球といふ大きな毬, 地球としては受動的, 地球とを俯瞰す, 地球などの未だ生れぬ, 地球なんかこわれて, 地球なんかは何んで, 地球なんて小さなもの, 地球において人類と, 地球についてもいえぬこと, 地球に対しあと一万メートルの, 地球のみに就て, 地球へかへつたら, 地球へも飛んで, 地球ほど度し難い不道徳, 地球までがあしらい切れるつまり, 地球までの距離は, 地球みたいに生物, 地球めがけて来襲, 地球よか歴史が, 地球をば噛つてゐる, 地球をめぐって日の, 地球を以て天體の, 地球ニ濶歩セシムル尚幾年カアル, 地球ホテルといふ, 地球ヲモ大ナリトセザルベキ大丈夫, 地球一めんはげしい雹, 地球一周が十二時間, 地球上いずれの方位, 地球上どちらを向い, 地球上一種特異の建設物, 地球上二つ以上の國, 地球上人の住み得る, 地球上人間社會ノ連絡, 地球上全体の民衆, 地球上層の風, 地球上幾億の翔ぼう, 地球上幾多の竹類, 地球上日本が優れた, 地球上未知の領域, 地球上殆んど, 地球上陸となく, 地球事件とは, 地球二十六分の一または陸地七分の一, 地球五分の一の地域, 地球人間陸と水等, 地球以上の高度, 地球には賑やか, 地球ひは, 地球住民ではそれ, 地球克服のため, 地球兵団は果して, 地球内部状態の研究資料, 地球冷えきつた, 地球出発以来その実験, 地球出発以来最初の難関, 地球出発後七日間は窓, 地球前史の風物, 地球北半ノ大, 地球半周行の間, 地球半球の横断様式図, 地球又は月の, 地球同様の遊星, 地球周囲の約, 地球を見, 地球地球上の諸, 地球地質学的な意味, 地球で三圓, 地球れる其, 地球大使に任, 地球太陰及び諸星, 地球太陰太陽及び諸, 地球って以来, 地球崩壊の警告講演, 地球帰還の用意万端, 地球平均密度は五・五二, 地球広しと雖, 地球で演出, 地球引力の逆理, 地球である, 地球成り地球壞れる, 地球或はその他如何なる, 地球攻撃がそこ, 地球攻略の心, 地球文化を植えつけ, 地球旅行をした, 地球既に老いて, 地球時間の本日七時五十五分, 地球歴史のある, 地球派遣軍の火星兵団, 地球火星となり, 地球火星木星土星それから天王星, 地球火星等の如き, 地球物理化学工学動物学植物学医学などの広い, 地球物理学上の近年, 地球物理学教室であった, 地球物理学的観測を行なう, 地球物理学研究連絡委員会でこの, 地球物理学連盟の方, 地球物理的にも比較的, 地球物理的現象の特異性, 地球物理研究所火山研究所その他が次々, 地球物理談話会もほんの, 地球物理輪講会は生真面目, 地球物理関係の論文, 地球特に地殻の, 地球生物会議をひらかせ, 地球生物史の研究, 地球の人間, 地球異変がいよいよ, 地球當體は甚だ, 地球発狂の次に, 地球発達しはじめた産業, 地球に荒っぽい, 地球的混沌の本質, 地球盗難か, 地球目がけてまるで, 地球直径の〇・三三, 地球研究はまだ, 地球磁力線に何ん, 地球磁場等の影響, 地球磁氣の研究, 地球面白い星, 地球終滅の図, 地球脱出ロケット隊が編成, 地球脱出用のロケット, 地球體の, 地球自らの爆砕, 地球自体を爆砕, 地球自爆の方法, 地球自転の速力, 地球表面上一瞬にし, 地球表面上眼も遥か, 地球訪問の火星人使節団, 地球説略などを用いた, 地球赤化を使命, 地球赤道を五周, 地球軌道楕円率の変化, 地球の惨敗, 地球遂に滅亡す, 地球遠征軍の隊長, 地球遠望に因み, 地球重力による物体落下, 地球の距離, 地球防衛軍は大