青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~地 地~ ~地上 地上~ 地下~ 地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方
地方~
~地獄 地獄~ ~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~

「地方~」 9352, 101ppm, 1082位

▼ 地方~ (2558, 27.4%)

15 人の, 人は 14 人々は 13 人々が, 人が 12 小都市 11 事情を 10 豪族の 9 ように, 人々の 8 人民が, 人民は, 或る 7 ために, 住民は, 新聞に 6 ことを, 中学の, 人達が, 婦人の, 村, 特色を, 百姓の, 豪族として 5 ような, 人民の, 方言で, 方言を, 産物を, 町で, 言葉で, 農民の

4 [18件] ものは, 人たちが, 人たちは, 住民が, 住民の, 多い, 多くの, 大地主, 大学の, 小都会, 山の, 文化の, 町に, 豪族は, 農家の, 農民が, 農民は, 高等学校へ

3 [34件] あるの, ことが, ことだ, ものが, もので, ものである, アイヌは, 事情に, 事情にも, 人々には, 人々も, 人たちの, 人と, 人民を, 人間は, 原産で, 各新聞, 唄を, 土豪に, 地図を, 女にしか, 婦人は, 学校の, 富は, 年中行事を, 新聞の, 方が, 有志は, 秋祭, 若い人々, 言葉を, 農家で, 農村では, 風景の

2 [161件] ある支店詰, ことは, この種, その時代, それぞれの, それも, ものと, やうな, アイヌの, エタの, エタは, オサキの, 不作な, 世話を, 中学に, 事で, 事である, 事果て, 人々から, 人々に, 人々を, 人たちも, 人で, 人に, 人には, 人も, 人民に, 人民にとって, 人民も, 人狐の, 人達に, 今の, 伝説に, 伝説は, 信仰を, 公共團體の, 出来事を, 判事が, 動揺の, 古来の, 古譚詩, 史料に, 名, 名が, 名前を, 名物である, 呉服屋の, 問題では, 国々, 土語を, 地図が, 地図は, 地方色が, 地租十分の三を, 夏は, 夏時の, 外蒙, 多くは, 大洪水, 大社, 大豪族, 大震災に, 女学校を, 子供は, 学校へ, 家々の, 小さい停車場, 小停車場, 小学校の, 小村を, 少からぬ, 山が, 山に, 山中に, 山奥の, 山村には, 山水料理風習女性美に, 島民は, 役所では, 教会や, 教育会の, 文化も, 文学を, 文学青年なんか, 新聞には, 新聞へ, 方は, 方言, 方言が, 方言だ, 方言では, 方言でも, 方言のみが, 方言を以て, 旧家で, 旧家の, 旧族, 暖かい空気, 有志の, 末寺の, 某師団所在地, 様子を, 武家に, 民間に, 渓流へ, 炭坑労働者の, 物産の, 特殊な, 特色ある, 特色と, 犬神の, 産であります, 産である, 産物の, 田舎を, 男の, 町の, 百姓を, 百姓達の, 百姓達は, 盛場には, 社, 神, 神主, 神事官吏なる, 神社に, 神社の, 神社を, 空気の, 米を, 経済状況取調の, 義に, 者が, 能楽界の, 蝦夷が, 蝦夷の, 裕福な, 言語を, 訛が, 訛りが, 読者から, 読者を, 誰でもが, 諸離島, 豪家らしい, 豪族であった, 豪紳あり, 財政の, 農家では, 農村の, 農村へ, 郷土には, 都市に, 都會の, 野猟, 隅々まで, 集団農場へ, 雪と, 風と, 風俗を, 飢饉を

1 [1808件 抜粋] あちこちの, あるもの, ある地方, ある新聞, いくつかの, いろいろな, いわゆる冷害, いわゆる巫女, お医者さんたち, お祭に, かなり前, ことであろう, ことなど, ことゆえ檸檬や, これに, ごとくいかに, そういう信仰, その点放埒, それよりも, どこででも, なまりが, ふし, ほかに, また一国, ものか, ものとの, ものを, わかい女教師たち, アトモスフィアを, インテリゲンチヤたちも, エスキモー人が, オクナイ様の, オシラサマも, オバサンは, コトコト・ホトホトまたは, シシ踊りの, ジュウ湖に, チセイコロカムイは, トンネルを, ニュースを, ピオニェール新聞を, ブルジョア御用軍閥が, ミカリの, ヤキシメまた, 一つである, 一代議士は, 一国民学校長から, 一守護, 一帯にわたって, 一時代の, 一般の, 一般家庭では, 一部などで, 一部を, 一郷士に, 七日晒しは, 上流の, 不振を, 中では, 中地主の, 中学教員が, 中学生らしい, 中心に, 中流階級, 主なる, 乗合客の, 乱賊も, 事については, 事まで, 事實を, 事情も, 二倍も, 五通に, 人々にと, 人たちと共に, 人たちのみ, 人だ, 人では, 人のみ, 人らしく, 人口は, 人心が, 人望家でも, 人民と, 人気を, 人道主義的インテリゲンチアである, 人間と, 代官に, 会社や, 伝説が, 伝説の, 低山, 住民でさえ, 住民に, 余裕ある, 作法について, 例を, 俗として, 俗説に, 保健問題の, 信用と, 俳壇で, 健全なる, 党会議に, 全権力, 兵乱が, 兵營の, 冬を, 処置としては, 出張所に, 出版としては, 分け方, 別にといふ, 剰余生産物に, 力が, 動きと, 動植物を, 勢力が, 北辺に, 区裁判所の, 十一月とは, 博物を, 原生林が, 友達などに, 反動組織の, 叛兵と, 古い昔語り, 古への, 史蹟歩きを, 各組織, 同志らしい, 名である, 名士も, 名家板沢氏などでは, 名族の, 名物で, 名産が, 名称が, 名門と, 呪詛たる, 呼び物であった, 商人は, 問題としてのみ, 嗜好品として, 回春の, 団隊の, 国司郡司でも, 国民学校の, 国邑名の, 土地に, 土民は, 土豪劣紳にも, 地勢の, 地名, 地形地質等によ, 地方色は, 地理は, 地蔵遊びの, 城の, 塩は, 士官の, 変人物語を, 多かった, 多島海の, 大きい未, 大きな領主, 大名や, 大学に, 大小名等, 大百姓, 大都市周辺らしい, 大雨に, 大領主, 奥地では, 女である, 女学校では, 女性讀者の, 奴だ, 如きその, 如き私ども平素関西地方, 如く頑強, 娘の, 婦人などが, 子供たちは, 子供の, 子等は, 学校その他の, 學校へ, 守護および, 守護御家人輩が, 官吏に, 官憲と, 実家へ, 実際の, 宮方結盟を, 家の, 宿, 富士製紙会社に, 富農, 寺に, 専門の, 小さな評判, 小児死亡数は, 小君主, 小売商人などは, 小役人までが, 小県, 小都会楊州あたり, 小鳥の, 山々, 山々を, 山や, 山地には, 山奥等では, 山嶺が, 山村でも, 山林事務所管内では, 山脈縦走の, 岬を, 嶮山の, 川は, 工業として, 布教に, 常識外れも, 平坦な, 平家遺蹟は, 平野の, 広い点, 廣告料並びに, 弥勒歌で, 御夏飯, 徳望家で, 悪神等が, 情勢を, 惨状の, 慣習を, 或都會, 戸長の, 押領使田原藤太秀郷である, 採集会に, 支出が, 支部を, 政党幹事をも, 政治はなはだしく, 政治的地図の, 故郷に, 教区においては, 教育界の, 敵この, 文化という, 文化ボス文学ボスの, 文化的有志は, 文化運動と, 文献以外に, 文運を, 新甞, 新聞社員と, 新聞紙へ, 新聞記者を, 方の, 方術者は, 方言にて, 方言又は, 旅は, 旅館などでも, 日本人と, 日本食を, 旧い社, 旧家にまつわる, 春でした, 春蚕の, 景況を, 書信の, 最好季節, 有力紙十四社が, 有力者シューマン仏外相国民党右翼の, 有志にも, 有志者が, 有志者より, 服装を, 木枯が, 本屋へ, 村民の, 村落は, 某村, 梅干ほど, 森林から, 植物であっ, 植物を, 樺で, 正直者は, 武人は, 武家が, 歴史と, 歴史土俗に関する, 殊俗は, 民また, 民俗芸術との, 民情を, 民藝に, 民謠と, 民謡と, 民邪視と, 気候風土を, 気象台である, 水害の, 沖合まで, 河底部に, 沼沢地へ, 活火山に, 海は, 海水浴場の, 海部の, 深山には, 温泉では, 温泉地とある, 源平二氏の, 漂泊民にまで, 火山性性質を, 烏塚の, 無数の, 煖房具店を, 熱, 父兄に, 物の, 物産等の, 特徴を, 特殊部落として, 特状に, 特異性を, 特色は, 犬神である, 狐火火の玉などを, 現在における, 理解が, 生れであるらしかった, 生活の, 生産に, 産で, 産業発展を, 産物などを, 田楽, 田舎城である, 甲賀大原の, 町や, 町方の, 疲弊など, 発行としては, 百姓たちで, 百姓は, 監察官と, 直焼き, 看護婦会の, 眺めは, 知事の, 知人に, 知縣を, 石器時代遺跡より, 石炭会社の, 砂丘は, 磨崖石佛群の, 社の, 神が, 神人の, 神楽歌の, 神職の, 祭りが, 科學農業では, 稲の, 空気に, 立身一番の, 管領であった, 米に, 純真な, 素封の, 紳士として, 経営に, 経済事情を, 經濟生活に, 総督を, 縁故の, 縣官抔を, 總稱なる, 美しい夕方, 義と, 習慣から, 習慣と, 老舖, 者である, 耕作で, 背中当で, 能楽界一流どころの, 自国語で, 自然を, 與力何某は, 舊家で, 芝居小屋には, 苔の, 若いもの, 若い衆が, 若干の, 草分けとも, 荒廃状態は, 荒頽の, 著しい変化, 葦の, 蓑も, 衆が, 行政を, 被害を, 裏日本側とを, 西海岸を, 親戚知人で, 言葉つまり, 言語においては, 訛りで, 評判に, 誇りとして, 語である, 読者への, 諸侯に, 諸君は, 諸神社, 講演會に, 警察に, 譬へ, 豆腐は, 豪商紳士に, 豪族たるに, 豪族などの, 豪族を, 豪農で, 貢物の, 貧窮の, 貴族な, 資料を, 賦役として, 趣味が, 軍用地図を, 農地改革だの, 農家を, 農村に, 農林学校を, 農業者との, 農漁業に関する, 近世の, 迷子の, 通志府縣志等に, 進歩は, 過剰出生から, 過去を, 遠い古, 邦人達を, 郡司や, 郷土的の, 都会が, 都会農村から, 都督, 酋長マクインナは, 重任に, 重鎮としての, 野語で, 鉤曳の, 錫だの, 長官から, 長官と, 長者譚に, 開拓は, 開発を, 間切々, 關係官吏にも, 隅で, 離民を, 雪の, 電灯は, 震災は, 霧島の, 青年などは, 青年会が, 青年少女たちは, 青春男女には, 革命的鉄道従業員と, 領家の, 顕官の, 風俗が, 風景といふ, 風物が, 風習には, 風雪に, 食い詰め者, 飢饉が, 飢饉は, 馬を, 騒擾事件とか, 驛長は, 高山だけに, 高等学校などに, 高等學校へ, 鹿の子踊り, 黒人は

▼ 地方~ (1109, 11.9%)

22 於て 12 住んで 11 於ては 8 於いて 7 あっては 6 あって, いて, 産する, 行くと 5 よりて, 於いても, 生れた彼

4 [14件] あつて, ある, あるもの, よると, 住む人, 居て, 散在する, 於る, 来て, 棲んで, 残って, 特有な, 行はれ, 限られて

3 [14件] あっても, ないもの, なると, 伝わって, 依つて, 出て, 勢力を, 向かって, 多數, 大地震, 比べると, 流行する, 特有の, 行って

2 [60件] あった, あつた, あるその, あるの, あるよう, ある同門, ある大きな, いるもの, いる頃, よりては, マダ鉄道が, 今も, 住する, 住まって, 住居した, 依りまして, 出かけて, 分散し, 分散する, 割拠した, 割拠する, 在る, 多い, 多かった, 多くの, 對し, 居住する, 居据, 当る, 揚がった, 散在し, 於ける神社, 旅を, 根拠を, 残つて居る, 比して, 活動し, 派遣する, 流れて, 生れ育ち住む人々, 産しない, 當る, 発生した, 石器時代の, 移住し, 移住せざる, 結びつく生活伝統, 育った者, 育つた若い, 至るまで, 行っても, 行なわれて, 行はれた, 行われて, 見出せるの, 足を, 跨がる古い, 遊説し, 適して, 限つた

1 [792件 抜粋] あげし功績, あった奴国, あてはめること, あらゆる文芸, ありし夢, ありては, ありまた, あるか, あるが, あると, あるとの, あるので, あるを, あるレマタン川, ある不滅, ある人たち, ある伝説通り, ある天照, ある山林, ある平田, ある田楽, ある眠た, ある神社, ある筈, ある黄匪討伐軍本部, いたらしいが, いたらんか, いた時, いた領主, いは, いるくも猿, いるとき, いるので, いる息子, いる私, いる者, いる間, おかれその, おきそれ, おっては, おびただしい敗兵, おりましたもの, かけてだけ, かつては, きましたとき, きわめて多く, ことに劇, このごろ降りられました, この白山祠, これは, こんな広い, さかい, さすかさ, しましたところ, すむ作者, せよ実際, そう見えない, その婆さん, それぞれの, それぞれ同じ, それよりも, つきまとう主, つじ風, つづく丘陵地帯, できた取締役, どんな物, ない正確, ない高, なりそう, なりました, なるの, のがれ二本松, ばら撒かれる, ひけは, ひろがったの, ふたたび黄巾賊, ふりまこう, まぎれて, めずらしい洒落者, もたらしたの, よくある, よく有る, わたった, ゐて, アイヌが, アテすなわち, アヒリスの, ケナシコルウナルペ, コーヒーを, ジョヤという, ソヴェート政府国営の, ポンボ族が, 一ついや, 一つの, 一家を, 一日を, 一躍柳生流, 与えた影響, 中学校の, 主として盡力, 乏しい生活資料, 事業を, 五万余という, 五年間公務に, 亘って, 人口の, 人家を, 人望の, 今少しく, 付随する, 令し, 伝うる河童, 伝えたもの, 伝えられる話, 伝わったもの, 伝わってる民話, 伝播し, 伝播する, 伝染した, 伝統し, 位置を, 住って, 住みついてから, 住む, 住むその, 住む人々, 住む古来, 住む囘教韃靼人, 住む蕃人等, 住む野蛮人, 住んでる間, 何十万と, 使いし岡山, 依っては, 依りますと, 保養に, 倭王の, 偶然の, 傳わ, 傳播した, 働く人民, 僻在し, 充血し, 入つてハンブルグ辺り, 入つて教育, 入り込んで, 入る, 六人の, 共通な, 兼ねて, 凶歉が, 出かけたが, 出ては, 出來, 出張する, 出役往来, 出歩くと, 分れます, 分寺, 分布し, 分散させよう, 分裂し, 別れ行き都, 別種の, 到着せし, 前進した, 力を, 加はりし, 劣らぬ程, 勢力の, 勢威を, 北上し, 十七年も, 南下され, 参っては, 参りまして, 及ばざりしなり, 及ばない, 及ぶこと, 及ぶ唯, 及ぼす計画, 及んで, 叛乱しだし, 古今その, 古代から, 古墳等の, 名所的警察署が, 名高い出雲浦, 向けて, 向った, 唄わるるという, 四十件の, 四年の, 因って, 因て, 固有なる, 固着し, 土着した, 在っても, 在つた, 在りては, 在り暮し, 在住し, 地震海嘯火災が, 地頭と, 培って, 売りさばくこと, 外国人が, 多いが, 多いさ, 多いユリ, 多い平田門人, 多い炭鉱, 多い特有, 多い麻畑, 多くそれ, 多くまた, 多く冬, 多く奈良, 多く関東地, 多少新, 多数存在せる, 大なる, 大利潤, 大洪水, 大秦寺の, 大雪が, 天然を, 天然痘が, 女子に, 女酋, 如何に, 妖蛇の, 始めて, 学士は, 安ん, 官吏を, 定住し, 定着するなら, 寄舶する, 寇叛絶えざる, 尊王奉, 小さい団体, 尚存, 局限される, 居ったが, 居つた者, 居りし人, 居る父兄, 居る積り, 居住した, 属して, 崛踞し, 巡講せし, 工業を, 帰ってから, 帰つて後宗教的の, 帰るとき, 帰る時, 幾つかの, 広く流布, 広く行われ, 広まった状態, 廣がり居りし, 建設された, 弘く行わるる, 弘まつた, 強い, 当時たくさんの, 影響し, 徳を, 必然的に, 必要の, 急に, 悪感化, 感心な, 戦う者, 所領を, 扶植し, 拡つたのである, 持ち帰つた, 接続し, 掲示させた, 摩擦し, 支部を, 散らばって, 数多くありまし, 数年あるいは, 敵あり, 文化の, 新ソヴェト文化, 於いては, 於ける, 於ける他, 於ける名所旧蹟, 於ける国造, 於ける家々, 於ける家族制度, 於ける流刑囚, 於ける維新後, 於ける美しい, 於ける豪族, 於ける軍人, 於ても, 施した功績, 旅した, 旅する, 旅寝し, 旅行に, 既に集結, 日本画の, 昔から, 昔榮えて, 是に, 普及せられた, 景教碑の, 暮らしまして, 最も多い, 最も多し, 最大量の, 有るの, 有力な, 来はじめてから, 来りて, 来ると, 栄え得る技術, 根ざした信仰, 根城を, 桜井先生や, 棉の, 棲息せし, 植民地を, 極めて頻々, 樹てられた, 残るいわゆる, 殘つた古, 毎年キリスト受難劇が, 求むるは, 求めた, 汎く行われる, 汽車や, 河岸を, 波及拡大し, 活躍し, 派出し, 流るる川, 流布した, 流行した, 流行性感冒の, 淨音法興は, 深い地盤, 滯在し, 潜伏し, 潜入一六三八年仙台で, 無いもの, 熾んに, 特に文化, 特別な, 特有で, 独自的な, 猛威を, 王朝を, 王様などが, 現われるが, 生える木, 生じた傷痍, 生ずるのみ, 生ずる灌木, 生まれことに, 生れて, 産し相模, 由り人種, 由来俳諧の, 病院長を, 痕跡が, 盛行する, 眼を, 石の, 研究に, 砦を, 磁器が, 秀でて, 移しもって, 移りし事, 移るに, 移住いたした, 移住いたしました, 移住しました, 稀有な, 穢多, 立て籠って, 筑波山の, 精神病に, 紙が, 結びつけて, 結び着けるに, 絶えて, 縁の, 縁故の, 繋らず神, 耕作と, 聞えると, 聳ゆる, 脱し諸州, 至らば, 至るまでも, 至る程, 興る兆し, 舎営せりと, 色木の, 芽ざした, 荒廃の, 落ちて, 落ついて, 藁を, 蜂起した, 蝦夷住み, 蟠踞し, 蠢動し, 行きますと, 行きよく, 行く乗合馬車, 行つてて, 行は, 行わるるもの, 行わるる所謂シシ踊り, 行われおりたとえば, 行われた名, 行われる一つ, 見かける御札, 見られない, 見られる多く, 見られる日本, 見る紅雪, 親類を, 設くる, 認められたところ, 語り伝えられて, 貴方の, 賦課される, 赴いて, 起こって, 起ったいわゆる, 起った世, 起った事, 起った俳句団体, 起ると共に, 転住せし, 転地し, 転戦し, 近接した, 退いて, 送られたが, 送り出して, 送り屆, 逃亡し, 逃避した, 進出し, 遊ぶを, 遊んだ時, 遍歴らさして, 過去現在の, 達しベッサラビヤ, 適した土木匡救事業, 遺つて, 配布し, 配達され, 酷似する, 重きを, 鉄道が, 鉄道を, 長くいた, 長陣を, 關する, 防空演習が, 降下した, 限った事, 限つて出る, 限らず日本, 限らず田舎, 限らにゃ, 限られたもの, 限られ和賀, 限り租税, 陣を, 陣取って, 隠れも, 集結, 雪の, 露軍を, 非常に, 領地をも, 類似する, 飛んで, 駒ヶ岳の, 高瀬は, 魅力が, 鮓答師て, 黄巾賊の, 黄龍が

▼ 地方では~ (442, 4.7%)

7 一般に 4 これを 3 それを

2 [14件] この鳥, そこに, それが, よく韮, ハア今, 人の, 今でも, 例の, 俗に, 女の, 家屋は, 山男と, 非常に, 鰍の

1 [400件] あの年, あの紙, ありますが, あるが, あるけれども, ある季節, ある意味, あんまり言わない, いい伝え, いうを, いっこうに見ない, おくさん, おそらく絶えず現われ, お年玉の, かえってそうとは, かなり人望, かなり名誉, かなり通用, きりぎりすを, きわめて濃い, こうした悲惨, この乗っ, この夜鼠, この寒, この居合, この意味不明, この日, この期間, この死亡, この比率, この炭焼き, この草, この魚, この鯛, この鰍, これで, これに, しかも一般に, すしと, すでに佐々木君, すべてにわたり, そういう, その一番簡単, その効用, その十六日, その半数以下, その地, その後いつも, その程度, その藁製, その言葉, その類, その麻稈, それほど際立っ, たいてい六七年目, ただ二軒, だれ一人, ちご輪見た, とかくこんな, ところにより, どういうわけ, どこの, どんな厳冬, ないの, ない先年, ほとんど一日, またこの, またの名を, またツクオーコ, また上方地方, また棒, また赤ショウビン, まだ儀来, まだ全然人種, まだ幕府依存, まだ聞いた, まだ見出され, ままごとを, まれに, みんな寝ない, めずらしいこと, もうイナ, もう一つ俗, もう豆腐, やたらに, よほど不便, インディアンは, エタの, エタは, オクメナイ様と, オシラ神という, オヒナサマと, オヒラサマと, カイゴといふ, カミソリグサそれからまた, ゴギまたは, サスと, サワフタギという, ジャンを, スブト仙台も, タキと, タンポポの, チヨユミドリという, ツンヌキその他色々, デタチまたは, ドンドバナと, ネイル族は, ネム流し, ハスワ食い, ヒラメ九州では, ホドも, ヤモと, ユリバタ信州の, ラマでも, ヰロリ全体の, 一ばん古い, 一向に珍, 一帯に, 一律に, 一村挙つて此の, 一種の, 一般にこれ, 一般人の, 三十七銭から, 三月の, 上下共に, 上野を, 不定期的である, 不相変囲炉裡, 事実であり, 二三月頃が, 二月涅槃の, 二條にな, 人口は, 人口増加は, 人民は, 人間ばかり, 今は, 今も, 今一つ更に, 今日それ程, 仏蘭西語の, 他の, 代議士選挙の, 以前は, 会津の, 伝染性癩病を, 何の, 余り見かけません, 信じられて, 修験者などの, 倍加の, 停止的であった, 停車場で, 偶, 傷の, 先住民族の, 全く花, 八十年ぶりとかいう, 六十歳以上と, 其を, 出來, 出征兵士の, 出生率は, 切り取つた耳, 別に珍しく, 利根荒川河畔なる, 創世記神話が, 労働の, 労働賃金が, 十二支によって, 十二月から, 十二月末から, 十月十日を, 南瓜を, 厳重に, 取分けて, 取締役なる, 同じく藁葺, 同じ干支, 同様な, 四季に, 四月下旬と, 土が, 土人が, 土壌は, 地下の, 地震が, 埃及と, 基礎的な, 塩が, 増殖のみによる, 売買貸借で, 外国人が, 外法頭と, 多くこれを, 多收, 多量の, 大きな目標, 大人でも, 天気の, 天狗が, 奏任官には, 女の子も, 女児の, 女房を, 妖怪の, 姫神であった, 子供が, 子供たちが, 定期的に, 家系の, 専門家でさえ, 小児の, 山, 山の, 山人と, 山女魚釣りの, 山子, 山猿という, 山田の, 岐阜県の, 峠らしい, 島田五工氏なども, 幕府方の, 幕末頃までも, 年棚の, 彼は, 彼らの, 彼方を, 征服せられたる, 後世猪が, 御法度物だった, 必しも, 必ずしもそうで, 恐るべく併, 恐ろしいの, 慈悲心と, 成年式を, 既に忘れられ, 既に遠い, 日に, 日本一と, 旧暦四月蚕の, 早く秋祭り, 旱魃の, 明治に, 明治の, 明治三十九年の, 明治二十九年の, 昔から, 昔ながらの, 春から, 春秋の, 春蚕の, 是を, 時々か, 時々ユダヤ人虐殺, 時たまお目にかかる, 普通な, 普通の, 普通田打櫻と, 暮の, 更に下, 最も古い, 最初の, 最初沼津地方激震死傷數千云々といふ, 有名だった, 有害である, 有数の, 東風が, 桜は, 梅の, 梓川に, 植ゑてもよく育ちません, 椰子とか, 極めて普通, 極度に, 正月十五日の, 正月寺から, 武蔵の, 段々, 毎日買った, 気温が, 水なし, 水田反, 汝を, 江戸時代から, 決してそんな, 決して珍しい, 沖仲仕も, 沢入の, 河童の, 海への, 海賊の, 火山の, 焚付けの, 熊笹の, 牛の, 物価の, 狐の, 狗賓餅を, 狸狐と, 猿の, 獣を, 珍しい出来事, 現在でも, 甘草の, 甚だしく目立つ, 生き得られなくなるかも, 疎開者の, 痴情に, 瘧の, 白痴が, 皆十日を, 皆海岸にな, 盆釜と, 直ぐに, 石器時代に, 祇園囃子の, 祝言を, 神の, 福島, 福島県南部の, 私が, 私は, 秋に, 秩父などで, 秩父の, 移民と, 竈男と, 立派な, 第一, 篠原家の, 米に, 籾を, 結婚玉瑜を, 絶大の, 綿桃を, 耶蘇教徒たる, 自分で, 自分を, 至上の, 苗代の, 若い働く, 苦しまぎれに, 英國人や, 茨城県の, 茶の, 荒廃は, 蒲公英の, 藷焼酎の, 虎杖を, 蚕を, 蚤の, 蝙蝠は, 行つても, 西暦紀元前七〇〇〇ないし, 見あたらない此秋, 見かけぬ消防夫, 見ないむしろ, 見事な, 観測する, 認められなかったよう, 誰に, 販路は, 赤羅紗の, 身動きの, 農業は, 農業方法に, 農民が, 農民は, 農民を, 近代に, 近隣の, 遊歴算家なる, 道は, 酒と, 酒醤油醸造用の, 酔うて, 鉄筋コンクリート造りの, 鍛冶屋や, 陸中横川目の, 雪が, 雪を, 青いもの, 青年団の, 青蛙神と, 静岡地方と, 風が, 風呂敷は, 風波の, 餅, 首を, 馬の, 高山であっ, 鯉は, 鹿供養が, 麦も, 麦作を

▼ 地方~ (351, 3.8%)

11 旅行し 8 旅行した 6 占領し 5 巡回し, 旅し, 歩いて 4 廻って, 治めて 3 中心と

2 [19件] のぞいた以外, まわって, 対象と, 巡回する, 巡業し, 巡見した, 巡視し, 巡遊し, 支配する, 根拠と, 行脚の, 見て, 見ると, 通過する, 遊説し, 遊説したる, 限って, 限りなく, 除いては

1 [262件] あらし廻るので, あらわす標識, あるきまわって, おそった例, お歩き, かためとくに, こっそりと, さけて, さまよ, すっかりおおっ, その一つ, その位置, そんな人たち, つなぎあ, どう思う, なして, のみ特に, はじめ伊那松本辺から, はじめ山岳の, ひとつ守っ, ぶっ潰す, まわった, みる要, めぐりあるいた, めぐり古間木, やっつけつまり, やって, ウロ付い, カゲ, ゲルマン民族に対して, ジャンブ州と, ニーフェルハイム, ブルジョアジーは, 一周し, 一巡せし, 一掴みに, 一覧せん, 中心として, 中心に, 主と, 乱す原因, 了って, 二週間ぐらい, 今紫の, 代表し, 代表した, 住み移つた外, 何も, 併合し, 併合した, 侵害し, 兼ね相當, 加えられたに, 包含する, 十八段と, 占拠し, 占領した, 去るに, 又は氏, 受け持って, 史蹟歩きした, 合せて, 名のる, 含む政治的勢力, 含めた坂東一帯, 含んで, 問わず今や, 回って, 地質学者が, 奔走し, 始めとして, 始め東京近県, 嫌って, 守らせて, 守る心, 守備し, 完全に, 宣撫し終っ, 富ました, 富ましてやってるの, 巡らせたもう, 巡察する, 巡業した, 巡視いたし, 巡視された, 巡講せし, 巡遊した, 巡遊箏曲の, 巴峡と, 席巻する, 平げしめられた, 平らげて, 平和に, 平定した, 府県藩に, 府藩県に, 度外視する, 廻つた時は, 廻つて一旦, 廻つて居る, 廻つて歩い, 廻つて行く, 廻らせ大小, 廻らなければ, 廻ると, 引続き俘囚, 彈壓し, 彷徨いましたそう, 往来し, 征服し, 徘徊し, 徘徊する, 恢復しよう, 悉く平定, 悩ました, 悩まして, 想像する, 愛しじぶん, 愛して, 懷か, 所有する, 所望した, 指ししもの, 指して, 指すの, 指摘し得る, 探るの, 控えて, 撤退安全地帯に, 攪乱する, 支配し, 攻め取らせて, 救おうと, 散歩し, 散歩する, 文化の, 斥す様に, 方々釣っ, 旅する, 旅立ったの, 旅行する, 旅行せらるる, 旅行中亡友野口駿尾氏と, 暴掠し, 望んで, 材料と, 松林と, 根よく, 根城として, 根拠地として, 横切る列車, 横行する, 歩けば, 段々占領, 永い間, 求めて, 汽車で, 汽車の, 治めた蒙古, 注意し, 流れあるきしかも, 流れ渡って, 流浪し, 流浪した, 浮浪し, 浸害する丸山川, 渡り歩, 温床に, 満たすため, 漠然と越, 漫遊し, 潤す色彩, 焼払ったり, 特色づける, 現在よりも, 異にし, 目標としての, 眺めやれば, 瞞着し, 知らぬ自分, 知ること, 禍する, 秋山谷と, 称して, 究めて, 経めぐっ, 統轄し, 綏撫せし, 自分の, 興行し, 舞台に, 荒しき, 荒しまわった有名, 荒らして, 蔽いつくしその, 行く時, 行乞した, 行乞すべく, 行乞すべく出かけた, 行脚し, 衰微せしむ, 襲った, 襲った大, 襲ひ, 西洋と, 見ますと, 見ること, 見出すこと, 見分した, 見学に, 見学旅行した, 見物に, 視察し, 視察に, 觀光した, 討伐し, 訪れこれ, 訪れたパアク, 訪れると, 語る, 説明し, 講演に, 越えて, 越したの, 踏破した, 軍隊で, 追われ通して, 逃散し, 逍遙し, 逍遙つてゐる, 通じ仙臺山形地方, 通じ僅か, 通じ税制改革, 通った源氏方, 通って, 通りすぎて, 通りぬけられる, 通行する, 通過ぎ, 通過し, 遊歴し, 遊説する, 遊説なす, 遍歴し, 過ぎるという, 選んだの, 都會の, 金産地としての, 長期間荒した, 開拓し, 開拓した, 開教した, 開發され, 限りて, 除けば, 随分めぐり歩きました, 音楽旅行した, 領し, 領した, 領有する, 風靡した, 馬で

▼ 地方~ (338, 3.6%)

4 一帯に, 昔から 3 一般に, 太陽の

2 [14件] 人口が, 今も, 冬が, 冬に, 分けて, 古くから, 土地が, 多い, 多いの, 暖かで, 有名な, 知らず東京, 足利家の, 養蚕の

1 [296件] あまりスポルティフ, あやにくの, ありません, ある, あるか, いうも, いたって弘い, いつしかその, いまやみなぎる, おそらく大, おそらく有利, おもに破砕, お米, かくの, かつて, かなりスイス, かなり大雨, かみなりが, くわの, こっちが, ことに重要, このため, このスウェルドロフスキー, この号外, この比率, これと, これにも, これは, こんなにお山, さておき江戸, すべてが, すべて朝が, すべて片, せまかった, そういう状態, そうじゃ, そうである, そうひどく, そのご, その産物, その資料, それに, たくさんある, たった一度悪事, ちがうが, どこです, どこも, どれほどある, ないと, ない程, なお久しく, ひどい被害, ひどい飢饉, ほとんど彼, ほとんど晴天, ほとんど船, まさにその, まだある, まだ平定, まだ間々ある, まったく山間, まもなく彼ら, もう伊太利軍, もう空襲, もっと後, もと周防の, もと夷, もと悲歌慷慨, もと蝦夷, やがて毛利, やりい, ゆうべから, よく茶, アメリカなら, カガシとは, チベット語に, ベサール川と, ヨオロッパの, 一九〇ツェントネル, 一方は, 一旦事, 一旦水害, 一時盛んに, 一種の, 一躰は, 上總下總などの, 下に, 中国地方の, 乱賊の, 二三日うちに, 二度目の, 二月一日の, 云う迄も, 五月の, 京都と, 京都風に, 人が, 今でも, 今夜まで, 今月中は, 他の, 以前宮本武蔵を, 余程後, 依然荒れ, 信濃の, 元来筑豊炭田の, 全くの, 八年に, 六十年ぶりの, 共通な, 其余波を, 其整理された, 前世紀, 前記の, 努めて避け, 勿論エゾ, 勿論出羽, 化石から, 化石が, 北海道随一の, 十年ほど, 南部馬の, 印度支那並に, 即ち奧州, 即ち広州, 去年も, 古来, 古来野猫多く, 只今の, 右の, 各々自身, 同じ俘囚長, 同じ地方, 同じ日本, 同様に, 名古屋の, 土佐の, 土壌が, 地名から, 地方で, 地震が, 塩の, 夏の, 多くかの, 多くたとえ, 多くの, 多くは, 多く彼の, 大いに乱れた, 大人の, 大体において, 大変仏教が, 大変商売の, 大変本願寺派の, 大抵十一時で, 大抵屋根, 大搖れ, 大暴風雨, 大根を, 大雨だった, 大饑饉, 天下の, 天皇に, 完全に, 寂莫たる, 少くなかった, 尾州領である, 山が, 山そのものも, 山家だ, 山谷の, 山谷険難それを, 山間の, 山陰と, 嶮岨が, 川の, 常に都会, 幕末に, 広いが, 広く五十年, 当時筑摩県の, 我国の, 戦禍なく, 政宗の, 政治の, 政治犯罪者若く, 数日来最後の, 文化的殖民地めいた, 文物の, 新派の, 既に厳霜, 日々蜀の, 日が, 日本に, 日本中に, 日本中の, 旧将軍家, 旧暦で, 明かなもの, 明治の, 昔からの, 昨日今日が, 暑いから, 曹操にとって, 最大の, 最近非常な, 有史以後も, 有難くない, 服属した, 未だ全く國, 未開な, 本居宣長, 村, 東大寺の, 東海東山両道の, 東電の, 松の, 森林で, 概して濃く, 権力者の, 次の, 歴史の, 殊に神社, 殊に門徒眞宗, 残らず廻って, 比較的後, 水が, 水だらけで, 水害が, 水汲に, 水田が, 決して消尽, 河童の, 浄瑠璃の, 海で, 海の, 淡路源之, 渓谷である, 温暖である, 温泉郷が, 火山の, 煩いからな, 燈火管制で, 牛の, 牛酪収穫時に, 牢固たる, 牧畜が, 特に多い, 現在も, 甚しか, 男女同等であり, 當時は, 皆殆ん, 知らず東京横浜間, 知らず都会, 知らない, 神に, 神社の, 禹貢などから, 秋季中の, 秋田の, 稀な, 紹介され, 総じて魚米, 緯度は, 茅野や, 荒廃し, 落葉松等の, 藺の, 言葉そのものも, 警戒解除を, 豪族赤松の, 賑ふだらう, 近頃まで, 造酒屋の, 連年の, 遥かに, 避けて, 都会にも, 都会人が, 酒の, 釣りを, 雨の, 雨天続きで, 雪水を, 電力が, 電燈が, 霧が, 露領セミレチエンスカヤ州と, 面積は, 頭から, 風物に, 驚くほど, 鳥取, 麦よりも, 黄匪の

▼ 地方~ (335, 3.6%)

5 あつた 4 有名な 3 古くから, 行はれ 2 この草, 一番有名な, 一般に, 名の, 失敗し, 昔から, 産する, 目撃した, 見るよう, 開業し

1 [300件] あつて, あとの, あらう, いうこと, いうアマガク, いうケナシコルウナルペ, いうハチヤ, いうハンド甕, いう農神降り, いう追, いかなる大, いがみ合って, いは, いま人々の, いわゆるあゆ, いわゆる手伝, うたわれ居ります, おとら, お酌, かなりの, こういう風, こうした結果, この地方, この法, この種, この部落, これらを, ごり, さる智識階級, しかも同じ, すら人工牧草栽培養, その他の, その土地, その流派, それが, それぞれの, それほどの, ただ一個, だるまといふ, つくられて, どうにか食っ, なまって, ならば, なんの, はかないしづ, はからずも非常, はかる子, ふだん獲れる, みかけるかわりもの, もう出来た, もっと大, やって, よく土民, よく描かれた, わそぉゆう名称, わそれ, わ発音, イスラム教徒の, イトバスという, イラという, オキャクボッコまたは, オンボ, カピタンが, ケケコウロウとも, コムスという, ジャランボングサと, センバスズメ中国九州で, タンポポという, チョチョジそれから, トウナイと, ネダドと, バイタモヤとか, バンブチとも, ヒトヒ正月と, ベエタバイタなどと, マタギと, 一二を, 一人で, 一会社を, 一度は, 一念義を, 一般の, 三町の, 上等ものを, 不作の, 中央の, 中等教員を, 乞食正月または, 二月八日に, 今にその, 今後十年か, 代官など, 代表的な, 代言を, 伝へて, 住民の, 何か, 何一つ仕事, 作った外套, 作つた, 作られます, 使い切って, 使用され, 元代, 元來祀つて, 全盛を, 六十日を, 冬でも, 冬季の, 出る, 出来る最上, 出来る木綿, 出来る蓑, 出来る限り所謂欧米, 出来る鳥肉, 初めて発見, 判決の, 前世界, 勝手に, 十分芸道化した, 印刷された, 印刷された驚くべき, 厚板や, 参考に, 古來尤, 古来牛を, 可愛らしい娘, 合歓木を, 同じく神, 同じ字, 同宿した, 同棲し, 名医と, 名高いの, 名高い仏菩薩, 吹く雨風, 呼ばれた名称, 呼んで, 図書館監督を, 國を, 土地の, 地主に, 執行する, 夏の, 多少の, 大きくなる, 大地震, 天守閣を, 天然痘は, 天然真珠が, 天狗笑いまたは, 天秤棒を, 夫婦し, 妻が, 始終伊吹, 存在を, 孤獨の, 学術上天然植物帯を, 小さな入り海, 小作百姓を, 小学校新築落成式を, 小競合いが, 工夫について, 年々くり返された, 年切りという, 年取った人々, 広大な, 底を, 形を, 彫刻家の, 彼らの, 後に, 思索の, 怠けものを, 或る, 戦て, 所謂相当な, 手腕家との, 折紙づき, 押しも, 捕われて, 採集した, 採集せられた, 撃破され, 支那紙の, 政治的の, 方々から, 方言とか, 春さき雪の, 書いた, 最もおいしい, 最も上品, 最も進んだ, 最上等の, 最初の, 有名なる, 望まれるよう, 望み難い, 材料の, 根を, 楊姓を, 極く, 樹立され, 此の, 死んで, 水田の, 流行した, 浪費され, 海抜九千尺平均高度一万四五千尺富士山の, 海鼠を以て, 消費された, 淫売屋を, 清元の, 漁れたもの, 澤山の, 炉に, 牛を, 牧牛が, 物産奨励と, 特にポオト・ディスカヴァリ附近, 特に圧迫, 特に夕なぎ, 特別に, 特有の, 猪を, 猴群に, 珍重する, 現に行われ, 現時如意珠というは, 甚だ未開辺僻, 生まれた地理的伝説, 生れ七歳, 生活した, 産兒の, 産物は, 田に, 田舎奉行を, 申す火酒, 畫會などを, 発行され, 発行し, 発行する, 皮田を, 皮膚の, 着用し, 石に, 祠とか, 祭礼狂言を, 私の, 突然降る, 童話に, 算家として, 算法に, 節分の, 米搗きが, 結うたなり船, 結婚する, 絶滅に, 義勇兵が, 聖武天皇から, 育ったの, 育った小, 脆くも, 自慢の, 色々な, 茶飯と, 草刈り誤っ, 著しい事, 薨去せられた, 行ふ, 行われたという, 行われた供出, 補助金により, 西は, 見かけるとの, 見られる自在鉤, 見る普通, 見る極光, 規則的に, 言うこと, 言ひ伝へ, 謂ふ, 起きた盗難事件, 起りましたの, 軽サン, 通用し, 進んだの, 遭難され, 開かれましたが, 集めた貴重, 青年会が, 非常に, 頻りと, 風俗壊乱の, 饂飩屋が, 馬の, 馬極めて, 高松人は, 鶏を, 麁麻布の

▼ 地方~ (311, 3.3%)

12 行って 10 行くと 7 かけて 6 旅行し 5 旅行した 4 出張し, 旅行する, 来ると 3 ゆくと, 出張する, 旅し, 旅行を, 派遣された, 疎開し

2 [11件] かけては, 出かけて, 出て, 出稼ぎに, 向く, 来て, 潜行を, 行けば, 視察に, 逃げて, 逃げ込んで

1 [219件] いきますと, いくの, いく地底戦車, いって, いらつし, うつった, お出かけの, お持ち, お説教旁, かけての, かけても, かよう街道, きて, くると, さして, ついて, つなぐいくつ, とんだもの, どこからか, なり行つて, にげ出すつもり, のがれ出るには, はいって, はるばると, ひっ込んだまま, ふかくはいった, ぼつぼつ越境行為, みことも, もたらした時, やった, やつて, わたって, クドの, スキーを, タカ狩りに, 三ルーブリでも, 上陸した, 下り工匠, 乞食に, 交易に, 伝播せしなら, 住み換えて, 何し, 來る, 先き, 入って, 入りこんで, 入り込んで, 入港した, 兵を, 出かけたい徳山, 出かけるので, 出かける人, 出すつもり, 出すもの, 出たの, 出ます, 出られようもの, 出られるよう, 出ると, 出るもの, 出れば, 出向いて, 出向くこと, 出張しなけれ, 出張でも, 出征した, 出掛けたが, 出掛けたもの, 出掛けようとして, 出稼した, 出稽古を, 出立する, 分れて, 分散した, 參ります, 古墳見, 向う汽車, 向かって, 向わせその, 回って, 土着した, 土砂ぶりに, 売りに, 売るん, 売れた, 宣撫に, 就職し, 居着いて, 巡遊に, 帰されて, 帰って, 廻ったもの, 廻つていつた, 引込んで, 彼女が, 後退する, 忍び込んだとき, 志を, 急行し, 悪い者, 所用で, 拡まっ, 持ち来たされたもの, 持ち込んで, 指して, 撒いて, 支店を, 教師に, 教師にな, 数年武者修行に, 旅する, 旅に, 旅立つ日, 旅行に, 旅行中, 旅行中だ, 旅行致すべく, 晩年を, 朝日主催の, 来たついで, 来たとき, 来たら寄ろう, 来た所, 来るの, 栽培しよう, 栽培を, 検閲に, 毎年観光客が, 泊りがけで, 波及し, 洪水や, 流出した, 渡って, 渡り歩いて, 漂流し, 潜伏させ, 潜入し, 照会中である, 猛獣狩りに, 疎開させね, 疎開した, 疎開する, 皆這入つ, 相談が, 社員を, 租税を, 移して, 移りそこで, 移住させ, 移動し, 稽古かたがた一人で, 米を, 考古学上の, 舟を, 色の, 落ちて, 落ちねば, 落ちるはず, 行かう, 行かない工夫, 行かなければ, 行きたいの, 行きますと, 行きルクソル, 行き農民, 行くこと, 行くにつれて, 行く前, 行く場合, 行く時分, 行ったそう, 行ったらある新聞, 行っては, 行つてひどく, 行つて歸つて來ました, 行つて自分たちは, 行つて郷土人士の, 行乞に, 行商に, 視察旅行に, 話しかけるため, 講演に, 講演の, 赴任した, 越して, 足を, 軍を, 軍馬を, 転任する, 転任といふ, 転戦し, 転漕し, 輸出する, 迂回進撃し, 追放する, 送られて, 送り出される, 送り出して, 送り出すこと, 送るという, 送るの, 送る郵税, 逃げ出したあと, 逃げ込んだという, 逃げ隠れて, 逃げ集まって, 逃出した, 連れて, 遊歴し, 運ばれて, 運送し, 道草を, 遠足に, 釣遊を, 長らく出張, 飛んだ, 鰐狩りへ, 鶏を

▼ 地方から~ (284, 3.0%)

22 出て 5 上京し 4 上京する 3 出京, 来た連中, 来て, 東京に, 發掘された

2 [18件] すべての, ポット出の, 一人の, 九州にかけて, 入って, 北海道にかけて, 北海道南部は, 取立てた租税, 地方へと, 帰って, 来た人, 東では, 東京へ, 蒐集した, 都会に, 集つた, 集ると, 離れて

1 [202件] あの呪わしい, あらゆる異, いくらでも後詰, いろいろな, お出でに, かえって韶州, こういう種類, この東京, この首都, これを, して, ずっと巡り巡り, そのま, その附近, ちぎれて, です, でて, どうしよう, どんどん食料, はいりこんだもの, はこばれて, はじめて来た, はなはだしく供給, ぽつぽつと, またごく, まれに, みな納めさせ, みると, やってくるこの, やって来ると, アフガニスタンにかけての, インド及び, ポッと, モスクワ見物にも, 一つの, 一声高く, 上って, 上京した, 上洛する, 上野駅で, 五十人許り, 京師の, 京都への, 人物も, 他の, 仰いで, 休暇を, 伝はる唄を, 何か, 來て, 來る, 供給される, 俘囚の, 傳へられた, 先生に, 入営し, 兵庫, 凡て消え, 出た, 出たもの, 出た人, 出た友人, 出た和算家, 出た老, 出るもの, 出る土器, 出る土器石器類, 出る縞もの, 出土する, 加勢に, 労農通信員の, 勤王の, 北山城子にかけては, 北方の, 北海道までも, 北部の, 印度の, 参集した, 取寄せて, 取寄せるん, 古文書が, 吾, 商用で, 商用できた, 地方へ, 壱岐その他の, 売られて, 天龍川に, 宮廷へ, 富山県下を, 少しくこれ, 山繭で, 山襞を, 崑崙山脈の, 張済と, 彼らが, 得るもの, 御出, 徴用され, 徴発される, 思いも, 或る, 押し上った連中, 押し寄せた連中, 拾い上げて, 支那へ, 文化の, 新田与党の, 日當を, 最も暖かい, 最近転任の, 朝倉家の, 未教化, 来たといふ, 来たもの, 来たらしい大きな, 来た下女, 来た少年, 来た或, 来た語り手, 来る代議士, 来る学生, 来る客, 来る崇拝者渇仰者, 来る日本人, 来る色々, 来る若い, 東にばかり, 東の, 東京を, 東北地方へ, 東海道にかけては, 東海道方面へ, 武州下総国かけ, 江刺郡にかけて, 江戸吉原に, 沢山な, 沢山上つて来る, 流れこんで, 流れて, 流入する, 消えて, 淮陽へ, 渡って, 照会が, 特別に, 生まれて, 産出した, 産出する, 発して, 発掘した, 秋に, 移住し, 移入が, 立ち去るよう, 約二百七, 続々と, 続々やって来る, 縦横に, 美濃の, 群を, 至急粮米十万石, 良い物, 良馬を, 落ちて, 蝦夷が, 行つた旧, 衛生課長か, 見て, 見舞や, 訪ね来, 諏訪, 起った神聖, 起つて, 輸入され, 輸入された, 輸入し, 輸入の, 迎へる, 近きに, 近畿地方東半部へ, 逐電した, 進軍し, 遊覧客が, 運河によって, 遙ばる, 遠ざかり明治維新, 選出せられ, 選抜され, 郡県市都へと, 都へ, 野生の, 鉱毒被害の, 関東では, 阪神方面にまで, 集って, 集まった隊商たち, 雪解水を, 青龍が, 食料品飲料薪炭その他の, 食物衣服を, 高知県へ

▼ 地方には~ (239, 2.6%)

3 昔から

2 [12件] ことにそれ, これを, それぞれ特色の, なお蝦夷, まだ手法, 今でも, 今も, 存し, 後世に, 毒蛾が, 珍らしい, 稀な

1 [212件] あまり無い, ある, あるから, あるという, いかにお, いくたの, いわゆる, かかる厳重, かつてハチ, かなは, かならずこういう, かなり優勢, かわった幽霊, ことに多い, このごろ甲州に, この信徒, ごく古くからの, さして嶮峻, しばしばえたい, しばしば起る, すべて汽車が, そういうこと, そちこち, その人, その分院, その地方, その後長く, その機会, それほど百姓仲間, そんな不逞分子, たいてい貴族, たいへんな, たくさんの, ただ文語, ない, ないと, ない有利, なお傅士仁, なお黄巾, なかった, なほ多くの, ひろくは, べつに名, ほとんど数学, またウバケヤケヤ, またキツネノタイマツ, また土筆, また馬追鳥, まだ伝わっ, まだ残つて, まだ水平社, まだ沢山文化向上, まだ進出, めずらしいと, よい鎧師, アイヌ族が, アンテナを, エスキモーという, オートバイの, クニノキミ, ズウズウ音の, タッポまたは, トウガキ, ニイラが, ポプラが, ヤマト民族と, ヨバレッコもしくは, ワスレグサという, 一つの, 一匹も, 一種の, 一般怪談の, 三月四月は, 上黨人參といふ, 交通の, 人權乏しい, 仁木義長という, 今なお, 今北洪川西有穆山由利滴水橋本峩山新井日薩七里恒順などという, 今日まで, 仏教の, 他国に, 住居として, 住民が, 余りおもしろい, 保持せられ, 僅かに, 先年彼にとっては, 入内に, 兵法の, 其時だけ, 冬が, 切支丹信徒が, 副長官, 可なり, 各地に, 各県, 合の子なかなか, 名物の, 国司や, 地方の, 垣内という, 夙という, 多い, 多かった, 多かったらしい, 多くの, 多く播州三木城, 多く東北, 大陸が, 存在し, 存在しない, 実際色々, 家屋敷を, 密教が, 小児の, 小城土豪散在の, 少しも, 少なくとも世間, 尚お, 山に, 山の神が, 山羊が, 岩面に, 巣山留山明山の, 平安朝に, 幾多の, 当分ご, 彼らと, 往々に, 往々路傍, 往時各地に, 後世まで, 得られなくなって, 必ず多少の, 怖ろ, 意外に, 戦争は, 持久戦争が, 摂関家の, 放火などが, 政府へ, 方々に, 日本國中到る, 普及しなかった, 最も幼稚, 最後まで, 木工が, 未だ相応, 村落都邑の, 東風も, 森林沙漠などの, 極めて圧制的, 次の, 武蔵の, 歴史の, 殆ん, 殿さまの, 毒蛇や, 水田が, 決して大, 決戦戦争が, 沼湖水小さな, 洞穴で, 海底川底湖底抔に, 濁酒が, 無え, 無えん, 無論一人, 牛蒡種と, 特にエタ, 猪も, 珍らしからず, 田が, 痕を, 痕跡が, 瘠せた不毛, 白と, 白という, 盲人の, 石工が, 稀である, 稀でない, 立ち木の, 絶えてない, 育たないが, 能く, 臨濟の, 至るところ砂漠, 色々な, 芸術的色彩が, 草鞋が, 藩札といふ, 蝦夷が, 蟹田川といふ, 蟾蜍を, 行われなかった証拠, 見ること, 見当らないの, 赤松円心一族を, 足利一族の, 足利家の, 遠い遠い大昔, 金鉱が, 非常に, 風呂敷という, 馬は, 高さ五百メートル, 高等学校も, 鬼筋という, 鯰が, 鹿の子踊り或いは

▼ 地方~ (173, 1.8%)

9 ある, 多い 5 あるの 2 あると, その属する, 多いが, 多かった, 少なくない, 悪いという, 日光の, 水平線上に, 相当に

1 [132件] あった, あったそう, あって, あつた, ありましたし, あります, ありますと, ありまた, あり沖繩, あるから, あるが, あるので, あるよう, ある事, いくらも, かかる移民, かなり沢山ある, こづきあげた, これである, さかんに, さつま芋の, その以前, その供給, その身辺, その青空, だんだんと, どういふ, どの地方, どんな大きな災害, ひどく乾燥, ふつうに, まだある, まだ方々, むしろ本場, ゆたかな, よかろう, よく熟し, よく耕, よろしい, わが邦, ソヴェトの, 一個の, 一番に, 一番見たい, 不作な, 不景気に, 与える乏しい, 世に, 中央を, 主です, 今の, 今ようやく, 僻遠に, 優って, 内蒙, 出来て, 出現するであろう, 初めて平定, 北と, 北山時代からの, 却つて普通に, 可なり, 右の, 名付親である, 和算研究の, 器械的に, 地形上特に, 地殻の, 多いの, 多いやう, 多いよう, 多かつ, 多くなっ, 多く春山, 多く海底, 多分その, 大地震, 奈良の, 好きか, 少くなかった, 平穏にも, 広い, 広がって, 強震に, 急に, 恐れねば, 戦争の, 所謂地方主義に, 支那の, 文化上の, 日本の, 時に食物, 暖かい上, 暖流の, 最も濃厚, 最後の, 死の, 段々ある, 江戸時代の, 沢山ある, 注意に, 温帯に, 湿潤に, 無人機に, 無數, 特色ある, 珍らしい, 生産的だ, 産んだ名, 疲弊する, 百済人や, 皆国だ, 盛んで, 相応に, 第一, 筑摩県の, 篤胤研究者の, 繁昌する, 背景だ, 自ら鬼の, 裏で, 西域と, 見えかかるころ, 討伐の, 話した言葉, 豊作で, 越前, 重大であった, 非常に, 革命まで, 順次に, 風雨の

▼ 地方~ (131, 1.4%)

5 の中 3 の収斂誅求, の妻, の家 2 となる, に向, の事, の息子, の悪政, の虐政, をし

1 [103件] からは何かと, から内務省, が之, が娘, が敬礼, が春, が武力, が租税, が自己, が行政権, が行政權, が赴任, が間違っ, たる自分, でありますが, である, で世襲, としてこちら, としてそこ, としてその, として常に, として朝廷, として赴任, として赴任中, として遠い, とは見えた, と結托, と遊行女婦, などがよい, などは普通三年位, なども唐代, などをし, について下, にでもならない, になっ, になった, になつ, にのみ通用, には何ら, に内命, に向っ, に命じ, に対する処置法, に對, に服する, に管轄, に納める, に諭された, に転じ, に追いやられ, のこと, の主, の主張, の乱憲的行為, の亂憲的行爲, の仕事, の任命, の入用, の勢力, の報告, の変更任免, の奥さん, の如き, の娘, の婿, の手ごころ, の手柄, の日々, の更迭, の義, の職務, の職田, の若き, の落伍者, の言, の高等, は, はかえって, は例外, は前, は大いに, は教化不十分, は時に, は濫汚, は私慾, は誅求, ばかりで, へ訴え, もそれ, も何卒せめて, も君主一片, も随分, や臨時, をすれ, をその, をつとめ, をのみ味方, を信用, を召す, を戒飭, を督励, を説い, 迄も處分

▼ 地方~ (127, 1.4%)

5 なもの 4 な小 3 な特色 2 な, な勢力, な文化, な逸話, に分散, 又は國家的, 彩りこの

1 [101件] でこれ, とも云, と言, なそれから, なまた, なむつかしい, なるもの, なテムペラメント, な一時的, な一般的真実, な一英雄, な動き, な合戦, な味, な品物, な商業, な啓蒙, な変化, な存在, な小さな, な局面, な崇拝, な性格, な意味, な手工藝, な手機もの, な方言, な東京下町, な武将, な気質, な海陸風, な潜勢力たる, な特別, な特徴, な特異性, な眼界, な神, な称号, な端城, な色, な色彩, な趣き, な郷土, な郷土的, な関係, な雰囲気, な需要, にいえ, にいかに, にいろいろ, にこういう, にその, にたかく, にちがっ, には, にはあつ, にまたは, にもかぎられ, にもこの, にもしばしば, にも其形式, にも極めて, に他, に作法, に偏, に分業, に割拠, に区々, に又, に名望権威, に固い, に変っ, に変化, に意味, に時代的, に歪曲, に特殊, に特色, に独特, に異なる, に異同, に発達保存, に説明, に骨相体質, にFOEHN, のあるいは, のもの, の一騒擾, の勢力, の反感, の天才, の文學, の景色, の歌舞, の消息, の現象, の種々, の第, の風, へと次第に, 又は國家的偏見

▼ 地方~ (105, 1.1%)

5 というもの 3 に活きる, の価値, を出し 2 がない, が出, とその, に染まり, の存在

1 [81件] あるやり方, がよく, が伺はれる, が判然, が文芸作品, が曲がりなりにも, が窺える, が舞台, が見えた, だから, であります, という観念, といふもの, としては, との一致, との妥協, とも見るべき, とを以て類集, と反対, と抽象名詞, と見えない, など, などというもの, などといえ, にかかわらず, に代, に富む, に富んだ, に彩られ, に絶対, に遠し, のある, の事, の偏重, の出た, の尊重, の濃厚, の真実味, の紹介, の試験管, の趣味, の鮮, の鮮やかさ, はいろいろ, は別れ, は私, は芸術美, は金子洋文氏, もあまり, もなけれ, も何, や特長, や真剣, や風俗, よ, をあらわし, をも十分, をよく, をゑがいた畫, を出す, を出そう, を加へた, を加へた所, を可, を味, を帶びて, を感じさせられます, を持っ, を持った, を描き出す, を明確, を最も, を漁ろう, を現, を甦らす, を確保, を自分, を重んずる, を重んぜよ, を集めた, を顧ずし

▼ 地方~ (103, 1.1%)

24 ある 3 あるの, 多い 2 あります, あるが, 同じである

1 [67件] あつた, あらうが, ありました, ありまた, ありまたは, あり夏時, あり洗骨, あり狸, あるといふ, あるなれど, あるので, あるらしいが, ある中, ある位, いずれの, かつては, くまなく, この水害, この通り, ございます, ご承知, すでにある, すでに鎮定, ずっと俺たち黄巾党, ずっと北, ないで, ひどかった, ひろく越後, まさに名古屋県, また実に, また長崎, めずらしいと, クソも, トルコ国の, ワラビゼンマイウドタケノコフキアザミキノコの, 一つだ, 一つは, 不作だった, 他の, 但馬から, 何十年振りかの, 同じであった, 多いの, 多いよう, 多かった, 多くあるいは, 奴隷売買者の, 宮廷の, 少なくは, 山菜は, 応仁以後の, 旧自由党, 歩いたが, 混って, 澤山ある, 無之, 甚だ多く, 男の子である, 真に極めて人口稠密, 端々の, 見直しましょう, 関東には, 随分ある, 隠岐島などは, 隨分あつ, 風を, 食堂に

▼ 地方でも~ (88, 0.9%)

2 珍らしい

1 [86件] ありかつまた, ある村, いちばんびんぼうな, いろいろな, かつて旧, かなりの, ぐんぐん勢力, この聯詩, これを, そうであったらしい, その同じ仲間同志, なおもう一度, またどんな, また九州, また同様, まだこの, まだイタダキ, まだ時季, みな同, めったにない, もう当り前, もとは, アメリカでも, ハ行音を, パリでも, 中国筋でも, 九州地方でも, 人の, 今では, 仕方が, 伎芸と, 伯耆の, 何でも, 信じられて, 僧兵を, 六月の, 其界隈は, 千葉県などでは, 同樣, 名の, 夏期大学や, 多かれ少かれ不足, 多分その, 多分同様, 大きな石, 大塔, 大抵エタ頭を, 女学校が, 始まった, 子供の, 安定した, 実用には, 宮方が, 尤も海中に, 山の, 山地では, 岐阜県は, 彼らは, 彼岸花を, 彼等は, 得られるかも, 旧家であっ, 昔は, 有力の, 有数の, 次第に数学, 正月十六日の, 水恋鳥は, 特に質朴, 珍しい荒れであった, 用いない事, 男は, 盛んである, 知らない者, 箱根の, 自給的に, 良馬は, 若い人, 見た景色, 言うこと, 諸大家, 野薊を, 鉦太鼓を, 隠れは, 青蛙神と, 食わせもの

▼ 地方~ (83, 0.9%)

3 同様に 2 中央との, 同じよう, 関係の

1 [74件] いえど, いふべきで若し, ここの, これに, して, すこし違う, それぞれちがった, ちがって, なった, なると, のみならず肥後, のれんらくが, はいっても, はいトバスキー, まるで違っ, もとは, よく似, インドの, ウクライナ地方と, セクト的な, ラサ府の, 一つに, 中央といった, 云う名前, 云ふこ, 云ふも, 云へば, 交通が, 全国の, 出羽国との, 北オーストラリアとに, 北上する, 区別の, 千島樺太の, 同じく皮革, 同じであった, 同じやう, 同じ轍, 地方との, 境し, 大した相違, 大差が, 女なら, 妻沼地方に, 密接なる, 少しも, 少ない地方, 山村の, 思はれる, 時とが, 時代とに, 東北の, 比べて, 比べれば, 気候を, 江戸からの, 江戸との, 申しましたが, 異る, 私が, 称すべきもの, 羽後の, 蒲生の, 見て, 見ら, 言っても, 變る, 趣きを, 途中の, 部族により, 都会との, 長州大和と, 隣接した, 離しては

▼ 地方~ (83, 0.9%)

2 の心

1 [81件] あるいは都会人, がおのおの, が之, が使い直した, が古代, が多く, が東京, が稀, が郷土, が都, だ, である, で藤原, としては知悉, となっ, と交渉, と東京人, などが幾人, などに江戸, なら腹, にぴつたり, に取つ, に地方文学論, に対する斯, に弱み, に成り下がっ, に敵, に蹂躙, のそれ, のはたらき, の一人, の不心得, の人, の勇猛, の厄介者, の告訴状, の土地, の大, の天下, の失敗, の妻女, の心理, の思想, の想像以上, の最も, の植物, の歓迎, の気質, の癖, の眼, の立身, の純朴さ, の話, の都下, の陳情団, の額, の驚き, はこの, はその, はよく, は一般, は単に, は我々, は東京, は標準語, は皆これ, は舊藩主, は都会, は都会人, もまた, も老若男女, や東京, よりも非常, らしい実利的, らしい気持, らしい見物, を敵視, を迎え入れた, を都会, を魅了, 自體

▼ 地方にも~ (82, 0.9%)

1 [82件] あらわれて, ありここ, ありさ, ありと, ある, あると, ある由, いまは, かつては, これに, しばしば空襲警報, その例, その向背ふたつ, とりどりに, はやっては, まさる美しい, まだない, まったく無い, もつと, もと少数, よくある, オミサキツリという, ニョウに, ネンが, ユフを, 伝えられて, 伝わって, 似たる例, 何か, 其が, 其の経略, 出来るならば, 分散し, 又下級, 及し, 及んで, 反徒, 名が, 固より, 大きい炭坑区, 大きな古墳, 妻室が, 始めてエタ頭, 密教が, 小波瀾, 居るが, 平家崇拝と, 広がって, 当然戦波, 恐竜の, 拡がること, 拡つてゐる, 昔から, 最早長い, 有ったか, 来るという, 棲んで, 正月第, 流行し, 浮浪人の, 無いか, 無いとは, 田植時分の, 當然戰波は, 知れ渡った, 聞き及ぶ旨, 自然的に, 藩立, 行はれ, 行われたもの, 行われて, 表裏二態を, 見られます, 見られる, 諸侯の, 起こったこと, 起りつつ, 辞句が, 通じて, 都会にも, 頭を, 頻々と

▼ 地方文化~ (55, 0.6%)

3 新建設 2 ということ, のため, の確立, の諸

1 [44件] あなどるべからずだ, あなどるべからずナンマンダ, が一團ごと, が中央, が可, が寥々, が独立, が豊富, という言葉, といふ独自, とのひどく, とはいへ, と郷土愛, と都会文化, などといふ遠大, にとっては未来, にとって義務教育法案, に再生, に及ぼした, に對, に悪い, のうち, の一つ, の一助, の万人, の中, の中心的指導者, の価値, の全般的, の啓蒙, の未, の特異性, の発達, の研究, の粋, の貧困, の進歩, の重要性, はその, はそれ, への一つ, や貧しい, をもう一度, 新建設根本理念

▼ 地方新聞~ (47, 0.5%)

2 の綴込み

1 [45件] がそれ, が地方的, が混, が送られ, ではある, で伯父, で富家, で金持, などを読ん, には来る, にも出されました, にも転載, に対していま, に手, に紙, に親しむ, に長篇, のこと, のたば, のだけに天聲, のコンクール, の三面, の例, の出張所, の切拔, の名, の型, の夕刊, の愛読者, の戦地特派記者二人, の特ダネ, の社長, の続き物, の記者, の読者, の配達, はもう, は不正乗車, は活版, は男子一生, は青年, へ転載掲載料等, や官報, を浩, を見

▼ 地方において~ (46, 0.5%)

1 [46件] おいおいと, これから行われなけれ, これまでの, その地方, その差別, それぞれ世襲の, それより, ならぶもの, もっとも横暴, より一般的, ヤク馬羊山羊等の, 一定不変の, 中, 余程繁, 俵を, 八百比丘尼の, 出る土器, 同じ経過, 回復した, 土人の, 土葬または, 多く書を, 実行され, 実際に, 差迫って, 年に, 府県を, 政府の, 方術もしくは, 日本民族と, 時々これ, 最大の, 権力が, 次第に日本, 混同する, 漆喰と, 特にケット, 獅子頭に, 甚だしくそこ, 経過した, 自分の, 蒙昧人に, 行われその, 行われるならば, 行政司法の, 食物の

▼ 地方によって~ (41, 0.4%)

2 いろいろの, 少しずつ, 相違が, 種々の

1 [33件] あるいは茶筅, いろいろに, かなりな, それぞれ慣例も, どれほど相違, 一致しない, 与える恵慈, 六日の, 名は, 呼び名も, 呼び方, 多くの, 多少その, 多少の, 多少作り方, 多少趣き, 大変に, 存外に, 屋背の, 山爺の, 差別的観念に, 或いは山, 時節によって, 狼の, 異なった訛り, 相変らず, 相違は, 税品が, 種々なる, 種々に, 色々の, 訛りが, 違う

▼ 地方によっては~ (40, 0.4%)

3 これを 2 これらの

1 [35件] いちじるしい特徴, かなり高価, この鳥, すでにこの, すでに廃絶, その住地, その称, それを, まだ盛ん, まれに, よく言い草, 一つだけ, 一定の, 中取りと, 乞食の, 今も, 今以, 使われて, 十月入営だ, 実に変梃, 屋根葺き, 年限に, 必ずしもそうとのみは, 旧穢多, 早い遅いが, 普通の, 村毎に, 江戸時代に, 狸と, 瓢箪と, 皮あるいは, 盆棚の, 穢多, 葬式に, 養蚕の

▼ 地方地方~ (37, 0.4%)

1 [37件] からみな, が多い, でその, での一番, で小競合い, で方言, で特有, で祠, で算家, についていちいち, について研究, によってどれほど, によって相違, によって税品, によって訛り, により管狐, に偶然, に適した, のこうした, のちがい, の人, の名産, の国造, の帰, の御料, の文芸, の火の手, の特徴, の特産, の特色, の神, の神職, の祭り, の縁故, の読者, の領土人民, へひっ込んだ

▼ 地方における~ (35, 0.4%)

2 彼の, 文化の

1 [31件] えの, その植民地, イギリス城砦の, インディアンでは, オシラ神との, オシラ遊びの, マジナイの, 一つの, 一勞働部門の, 五条の, 人民自治の, 人種従って, 人馬継立ての, 古代民衆の, 古来の, 同じ系統, 地主と, 幕府への, 彼らの, 早池峰山発創口碑として, 水力を, 活動分子を, 特殊の, 現代生活の, 疫病の, 私の, 篤学篤行の, 街道付近の, 読者会という, 赤軍の, 重鎮であった

▼ 地方長官~ (35, 0.4%)

2 の威勢, の耳, はチベット

1 [29件] から代議士, が大分, が彈劾權, が来た, が私, さえもモーニングコート, でございますから, でした, というよう, となった, となつ, などとかへ御, なの, に對, に申請, に經典, に訓令, に訓示, の一門, の父, の父親, の間, はかんさん, は呉祐, は自分, は部下, へ向け, も感化, をし

▼ 地方~ (33, 0.4%)

2 の中

1 [31件] である, で喚い, で語られ, として何, ともつかない, なるもの, には地方語, には濁音, に依つ, に対する不, のまま, の歌, の民謠, の特殊, の特色魅力, の研究, の穿鑿, の重要性, の間, はこちら, は特殊, や過去, をあやつり, をはらん, をもつ, を主宰, を使つて会話, を有, を正, を絶滅, 少くも

▼ 地方によ~ (32, 0.3%)

20 つては

1 [12件] つてさういふ, つてまち, つてよほど, つて今も, つて副, つて多少, つて特産物が, つて變る, つて違う, つて違つて居た, つて違ふか時代によ, つて遲速は

▼ 地方~ (32, 0.3%)

1 [32件] その事業, または農業, セレベスブトンルソン諸, 九州地方には, 佐久, 信州などから, 加太越え, 北コーカサスの, 北海道などでは, 北海道の, 北陸からも, 北陸地方では, 十州や, 四国九州の, 大阪地方では, 存在せぬ, 寒地で, 寒帶地方では, 山麓の, 日光の, 東北の, 極地に, 樺太あたりから, 民族の, 沖縄の, 津軽海峡を, 田舎においてすら, 谿谷の, 郡部に, 部種族の, 長崎辺では, 阿波土佐などでは

▼ 地方~ (30, 0.3%)

2 との間, の心, を掩襲

1 [24件] が他, が知事, で暇, にのみ限っ, に囑望, のため, の怨嗟, の恥辱, の日常食, の有史書前, の望, の生活中, の眸, の風俗描写, は十六世紀, は新しい, へ臨む, までみなごろ, も豪族, をだまし, をも糾合, を苦しめ, を虫ケラ, 自體

▼ 地方特有~ (29, 0.3%)

1 [29件] な争乱, な吹雪, な土, な土質, な空ッ風, に流布, のもの, のやまぜ, のイスメラ, のブロヴアンサアル, の一種, の名物, の呼び, の妙, の宗教, の山鳥, の敦樸, の東北風, の焼酎, の煩雑, の玩具, の真白い, の落付, の語, の赤黒い, の領家片岩, の顔つき, の風景, らしいその

▼ 地方より~ (27, 0.3%)

2 出て

1 [25件] わざわざ支店, トムスク市に, ベーリング海峡を, モスク, 仕入れて, 供給を, 出で, 出でたり, 出でたる糸掛け石, 北上し, 取り蒐め, 吹く南, 府下へ, 東海道筋へ, 桁はずれに, 此地方に, 海外に, 直接に, 良馬を, 賑うし, 起こるならん, 輸入する, 長くつ, 雪ふみ分け, 高く抜いた

▼ 地方での~ (25, 0.3%)

2 降雪が

1 [23件] わるい風習, サワフタギも, 一二と, 一流の, 一番の, 事です, 大驛, 幸福な, 御歌に, 徳望家だ, 戦利品米三万五千俵をも, 最も忘れ, 最も誇る, 火攻めは, 状況を, 生活という, 生活は, 素封家である, 若旦那であり, 豪家で, 遊びといふ, 都会であった, 領土の

▼ 地方により~ (23, 0.2%)

3 時代によって 2 多少の

1 [18件] いろいろな, この虫馬, これから澱粉, また季節, また家, また部族, もんぺいと, ネッキとも, 世間の, 家風により, 時代により, 村によって, 此すでる, 求めるといふだけ, 狢とも, 種々雑多, 種類によって, 管狐とも

▼ 地方一帯~ (21, 0.2%)

1 [21件] に亙っ, に古, に楠, に河童, に珍, に空襲警報, のため, の地名, の戸籍, の民家, の民族, の水害, の農家, は夕闇, は多分, は彼, は赤土, は足利家, への見せしめ, を, を支配

▼ 地方との~ (20, 0.2%)

2 間に, 間の

1 [16件] あいだを, 一致が, 与えられた社会意識, 事情の, 二つある, 交通に, 区別いろいろ, 商業的経済上の, 対立といふ, 平均としては, 往來は, 有らゆる植物, 血種の, 連絡には, 連絡の, 連絡体制に対する

▼ 地方官吏~ (20, 0.2%)

2 の職

1 [18件] ありと, が権力, が決して, が細民, だった紀貫之, とみなす, と看做す, にし, の余生, の口, の直に, の策動, の誤解, は二町, も亦続々, をやめ, を罰し, を追い払い

▼ 地方~ (19, 0.2%)

2 といふ話

1 [17件] からこれ, からそば, からであります, から冬分, から地圖, から粟, がそこ, がそれでも, が私, という, ということ, という聯想, とか説く, とすこし, とちょうど, と思います, と知ったら

▼ 地方においては~ (19, 0.2%)

1 [19件] いかに地軸, この分量, その各地, それは, ラテン文明の, 両性間の, 住民が, 勿論山地, 反政府, 古来鹿の, 右の, 塩三斗鰒十八斤かつお三十五斤烏賊三十斤紫のり四十八斤あらめ二百六十斤等を, 増加は, 女子青年団処女会その他の, 彼らに対する, 文化の, 歴史家の, 私も, 約七〇

▼ 地方にて~ (19, 0.2%)

2 この戰

1 [17件] ロンドンと, 下女の, 元日に, 子供を, 山腹に, 申して, 知行五十石ずつ, 節分の, 縛に, 聞いたる事実談, 聞きしか地名, 聴く専ら, 蚕児の, 見ざる迷信, 野に, 銚子の, 除夜に

▼ 地方にまで~ (19, 0.2%)

2 わたって, 及んで

1 [15件] およんで, その意外, ゆきわたつた, わたる一つ, 一波万波を, 出掛け掠奪, 及ぼすところ, 告げるよう, 居住し, 浸透し, 知られた町人, 移し用いられる, 米を, 聞えて, 行った男

▼ 地方からの~ (18, 0.2%)

2 風が

1 [16件] この競争, ハーバード大学は, 上京者な, 出吟者で, 出品としては, 原料に, 唯一の, 商用の, 早馬や, 移住も, 補充が, 訴えに, 読者の, 買出し人が, 遊覧者も, 食糧輸送とう

▼ 地方への~ (18, 0.2%)

1 [18件] 交通が, 交通路を, 伝道の, 侵入第, 出張から, 出張を, 出発は, 品だ, 大飛躍, 巡幸が, 攻勢を, 旅を, 旅行を, 最近の, 物資の, 移住である, 自由輸送に対する, 輸送の

▼ 地方自治~ (17, 0.2%)

2 の一単位, の基礎

1 [13件] がはっきり, ということ, などの団体代表, に銭, に錢, のお, の中枢, の主, の事, の傾向, の利, の制, の母体

▼ 地方とは~ (16, 0.2%)

1 [16件] いは, それに, どう違っ, まったく歴史, 二倍も, 凡そ風景, 加減が, 實入りが, 思えない立派, 朝廷の, 比較に, 海を, 異り, 通信による, 違う, 違うん

▼ 地方まで~ (16, 0.2%)

2 悉く取られ, 旅を

1 [12件] えらい噂, この町, ゆかないうち, 傳道した, 出張ッて, 呑んで, 我々に, 泳ぎま, 無断興行を, 通用し, 達しそれ, 魚沼郡の

▼ 地方よりも~ (15, 0.2%)

1 [15件] とくに花崗岩系, または生活, まる一カ月半, 中央に, 人口が, 十銭高い, 古格を, 土地が, 多いの, 服装も, 流行病から, 積極的妨げの, 結婚率が, 過剰人口により, 都市において

▼ 地方~ (15, 0.2%)

3 の東京人

1 [12件] で父, のシモネエ, の代議士, の大将, の奥様, の女, の少年, の新進者, の武人, の無学, の采女, の駈出し

▼ 地方~ (15, 0.2%)

1 [15件] がこの, が列記, が知られなかった, としては米沢, には全く, はある, はこれから, はシシタマ, は二種, は大抵, は数多く, は沖縄諸島, またはその, もある, も非常

▼ 地方生活~ (15, 0.2%)

2 を題材

1 [13件] からの題材, と作家, には其必要, によつて, のあらゆる, のため, のなか, の問題, の真, の退屈さ, をいろいろ, を固く, を実感的

▼ 地方にては~ (14, 0.1%)

1 [14件] おもしろ半分, その原因, イルカの, オレンジコーヒーマンゴーその他の, クッロポックグルの, トイチクルと, トイチセクルと, 人の, 例の, 女子は, 敦盛様に, 狸もしくは, 瘧を, 蛇の

▼ 地方である~ (13, 0.1%)

2 ことを

1 [11件] から斯, から煙草, が殷代并び, ために, だけに天與, というそれ, と云う, 九州邊の, 伊尾木は, 南方の, 国府駒寄清里金古上郊の

▼ 地方においても~ (13, 0.1%)

1 [13件] かつては, その数, それと, たとい歴史, ばかげた迷信, もちろん普通, 同じ, 失われた幾許, 技術の, 百姓は, 著しい繁栄, 認められぬ処, 陰陽師

▼ 地方出身~ (13, 0.1%)

3 の人 2 の作家 1 の人々, の人たち, の友人, の時めく, の爺さん, の者, の若い, の陸軍大将一戸兵衛閣下

▼ 地方からも~ (12, 0.1%)

1 [12件] おすすめを, そうした大, だいぶ原稿, やって来るという, ヨーロッパ諸国からも, 出て, 出京, 壮丁が, 私と, 聞えて, 見物の, 輸入し

▼ 地方巡業~ (12, 0.1%)

2 の新 1 が頻繁, に出, に出た, に出る, に出発, に廻った, に際して彼等特有, の支配人, の際, をし

▼ 地方~ (12, 0.1%)

2 や国民性 1 から独立, といふ問題, と文学, の協調, の現れ, は日本的, は血液, は重要, や趣味性, を保持

▼ 地方~ (12, 0.1%)

1 [12件] に世界的, のよう, の一つ, の特種, の編輯, の編集, の記事, の記憶, の隅っこ, はまだ, をいじくりまわし, をみる

▼ 地方文化運動~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいくら, といふもの, のうち, の一つ, の促進, の具体的目標, の根本理念, の目的, の至難, はこれ, もその

▼ 地方武士~ (11, 0.1%)

1 [11件] から在国, など大体, にしろ, に及べる, に対する統率力, のあいだ, の反感, の子, の生活, の面々, まで手のひら

▼ 地方総督~ (11, 0.1%)

2 が赴任, の赴任 1 が任命, って奴, とは一体, に任命, の任命, の官房, を怖がってる

▼ 地方行政~ (11, 0.1%)

2 の問題, 及び司法制度 1 に対する自身, に當, に當ら, の基礎, の資料交換所, の顯著, を預る

▼ 地方としては~ (10, 0.1%)

1 これまで, これも, べつにとりたて, ワシントン大学が, 一時の, 大規模, 始めて, 此まで, 相当多い, 重く見られた

▼ 地方全体~ (10, 0.1%)

1 で幾人, に風葬, の名, の天産力, の守護神, の扁柏林, の神事, をジープ, を圧倒雄視, を富ました

▼ 地方豪族~ (10, 0.1%)

2 の娘, の根拠地 1 の切りくずし, の妻, の子, の施政ぶり, を取潰し, を頼り

▼ 地方都市~ (10, 0.1%)

1 が概ね, においてであっ, における編輯活動家たち, の一傾向, の兄, の増大, の歴史小説, の発達, や田舎, を通じ

▼ 地方人民~ (9, 0.1%)

1 が争つて, に応援, のため, の中, の反乱, の禍害, は今, を代表, を頼む

▼ 地方官会議~ (9, 0.1%)

1 からは帰県, という, に再び, に多少, の席上, の設置, の随行, の随行中文部省, を開いた

▼ 地方~ (9, 0.1%)

1 出張では, 役所から, 役所からの, 役所だ, 役所で, 役所での, 役所には, 役所よりの, 経営の

▼ 地方財政~ (9, 0.1%)

1 が半額, と中央財政, に響い, の, の合理化, の悪化, の負担, への転嫁, を合せ

▼ 地方ごと~ (8, 0.1%)

1 に一つ, に史籍, に変っ, に必ず少し, に自治, の変化, の差, の異同

▼ 地方などでは~ (8, 0.1%)

1 いざ知らず, どんな小石, 宮本とも, 家の, 座に, 彼らを, 牛が, 話が

▼ 地方全部~ (8, 0.1%)

1 が富み栄え, が破滅, とが互いに, に広まった, の外, を巡られ, を引き上げ, を通じて天然痘

▼ 地方的豪族~ (8, 0.1%)

1 いわゆる国造県主, がその, たる国造, であって, とても皇室, に臨まれる, のそれ, の領土

▼ 地方という~ (7, 0.1%)

2 のは 1 ものは, ような, 中に, 地方は, 感じが

▼ 地方などは~ (7, 0.1%)

1 ほとんど一様, 依然として古音, 千駄木西の, 原始人時代の, 山の, 数県にわたって, 近世以後の

▼ 地方なら~ (7, 0.1%)

1 そのパン種, ばあの, ば好い, ば曾, ば秀吉, ば稲, ば適当

▼ 地方にかけて~ (7, 0.1%)

1 これを, 九谷焼き研究の, 同じもの, 既に御稜威, 春の, 蔓延し, 蟠踞し

▼ 地方へは~ (7, 0.1%)

1 外国人の, 届き申さず, 悪いもの, 普及し得なかった, 盛んに, 移入されなかった, 通用しない

▼ 地方へも~ (7, 0.1%)

2 分散したらしい 1 たいてい遊び, 下江し, 廻って, 毎年同じ, 降ったの

▼ 地方~ (7, 0.1%)

1 から中央, でもこいつ, として一生, などし, のくずれである, の風習, を勤め

▼ 地方問題~ (7, 0.1%)

2 なりと, を以て終始 1 ではなし, といへ, を専ら

▼ 地方廻り~ (7, 0.1%)

1 でもし, でも為, に出掛ける, のオペラコミック, の歌舞伎芝居, もでき, をし

▼ 地方政治~ (7, 0.1%)

1 では苦労, に徳, に興味, の甚だしく, の頽廃, は紊乱, も藤原氏

▼ 地方教区~ (7, 0.1%)

1 では一般, では二三, では死亡率, で観られる, においては平均死亡率, においては結婚, において出生

▼ 地方有志~ (7, 0.1%)

1 だろう, なるもの, の声, の宴会, の賛助, の陳状, や山田友次郎

▼ 地方特に~ (7, 0.1%)

1 その離島, アイルランドにおいては, クラスノヤルスクの, ヰンダアミヤ附近ダアエントグラスミヤ等に, 住民の, 大都会, 西部諸島及び

▼ 地方でない~ (6, 0.1%)

5 限りは 1 ぐらいのこと

▼ 地方について~ (6, 0.1%)

1 いちいち結婚, いちいち説明, つぶさにその, 呼ばれた, 研究いたす, 述べて

▼ 地方にのみ~ (6, 0.1%)

1 主としてその, 知られて, 限らなかった, 限られた訛音, 限られて, 限られ時代

▼ 地方ばかり~ (6, 0.1%)

2 では 1 でなくアメリカその他世界, でなく広東地方, でなく諸国, 捜しまわったの

▼ 地方へと~ (6, 0.1%)

1 すすんで, 交通する, 動いて, 引揚げ, 普及し, 進んで

▼ 地方人士~ (6, 0.1%)

1 のみで, の一部, の向学心, の崇拜, の朴直勤勉, をし

▼ 地方公共團体~ (6, 0.1%)

2 の仕事 1 だけのこと, にもその, の議会, は國

▼ 地方及び~ (6, 0.1%)

1 その各, その国, モンゴリヤ地方へ, ヴォルガ河の, 四国西部の, 塞外地方の

▼ 地方官憲~ (6, 0.1%)

2 はよく 1 から事件, に命令, に送呈, は江伯兒

▼ 地方~ (6, 0.1%)

2 の學問 1 が一般史, を書いた, を書く, を沿革地理

▼ 地方教育官庁~ (6, 0.1%)

2 はその 1 が一会計年度内, にし, はかく, をし

▼ 地方武者~ (6, 0.1%)

1 がやがて, が出, の家, は一人, をみすみす, を煽動

▼ 地方的勢力~ (6, 0.1%)

1 が懐抱, が減殺, に過ぎない, の結集, または海中, も一度時

▼ 地方~ (6, 0.1%)

1 が負, の中, の増加, の癖, や一般税, や町村税

▼ 地方長官会議~ (6, 0.1%)

1 たる師団長会議, における岡田内閣小原法相, に於, の各省大臣, の節, までにやっと

▼ 地方青年~ (6, 0.1%)

1 に影響, の反感, の政談演説, の爲め, の理想, や婦女子

▼ 地方きっ~ (5, 0.1%)

1 ての旧家, ての熊, ての精農家, ての美人, ての財産家

▼ 地方だけの~ (5, 0.1%)

1 ことでなく, 事識れり, 特産では, 独特性その, 自慢と

▼ 地方とを~ (5, 0.1%)

2 一緒に 1 いっしょに, 問わずフランス, 除けば

▼ 地方~ (5, 0.1%)

3 のだ 1 のであります, のでその

▼ 地方などには~ (5, 0.1%)

1 この詞, こんな畑, もとは, 九月にかけて, 稀には

▼ 地方らしい~ (5, 0.1%)

1 味わい, 板屋根の, 空気を, 雰囲気, 面白いところ

▼ 地方を通じて~ (5, 0.1%)

1 かくも, その尊敬, ピットの, 同じ温度, 政府の

▼ 地方住民~ (5, 0.1%)

1 に対する比率, に対する都市住民, の懶惰, の移住, の負担

▼ 地方分散~ (5, 0.1%)

2 の傾向 1 である, の問題, の情勢

▼ 地方即ち~ (5, 0.1%)

1 アルペン風の, オルコン河の, 今の, 南部や, 昔時の

▼ 地方支部~ (5, 0.1%)

2 をこし 1 の文学的組織活動, はめいめい, は全国

▼ 地方的特色~ (5, 0.1%)

1 がそこ, が可, が表現, の最も, をもつ

▼ 地方訛り~ (5, 0.1%)

1 であ, で蛇足, のひどい, の嘆賞, をもっ

▼ 地方からは~ (4, 0.0%)

1 一つも, 四十万の, 回教治下の, 珊瑚珠宝石布類羅紗絹及び

▼ 地方じゃ~ (4, 0.0%)

1 ないかと, めん類を, 天ぷらうどんと, 村長だ

▼ 地方だけ~ (4, 0.0%)

2 では 1 でなく江北一帯, で辺鄙

▼ 地方だけに~ (4, 0.0%)

1 ちょっと反感, 限らなかったの, 電灯の, 頻々として

▼ 地方であった~ (4, 0.0%)

1 から毎日わたしたち, ことが, という例え, 様である

▼ 地方であり~ (4, 0.0%)

1 ながらどれくら, ながら村, 同時に中古以来, 時は

▼ 地方などで~ (4, 0.0%)

1 いうヅクナシ, よく起る, 晴れた夜屋根, 織物を

▼ 地方におけるよりも~ (4, 0.0%)

1 スペイン及び, 多産的である, 戦争による, 貴金属は

▼ 地方にばかり~ (4, 0.0%)

4 行く癖

▼ 地方による~ (4, 0.0%)

2 差など 1 ことで, 習俗や

▼ 地方に対する~ (4, 0.0%)

1 人口需要は, 人間を, 内外の, 曹操の

▼ 地方のみ~ (4, 0.0%)

1 でかく, ならずヨオロッパ, ならず他, ならず近隣

▼ 地方までも~ (4, 0.0%)

1 共通した, 国司の, 広く散布, 従軍した

▼ 地方事務所~ (4, 0.0%)

1 で開かれた, の社会教育委員, へ寄つて, や裁判所

▼ 地方事情~ (4, 0.0%)

1 というもの, にうとい, にくわしい, の説明

▼ 地方~ (4, 0.0%)

1 が分かる, ということ, にし, の懇談会

▼ 地方図書館~ (4, 0.0%)

1 のほとんど, の数, の設立, は著しき

▼ 地方地主~ (4, 0.0%)

1 となり, の歓心, の生活, や農村資本家

▼ 地方官階級~ (4, 0.0%)

2 の家 1 だと, の趣味

▼ 地方~ (4, 0.0%)

1 だ, であらざる, に依頼, をかくす

▼ 地方政府~ (4, 0.0%)

1 に対して物品, のゾンボン, の役人, 見たいなもの

▼ 地方文学論~ (4, 0.0%)

1 がさかん, なぞ束, に就, を私

▼ 地方村落~ (4, 0.0%)

1 では四〇分の一, では産児, に帰っ, や小さい

▼ 地方特殊~ (4, 0.0%)

2 の鳥 1 のもの, の迷信

▼ 地方産業~ (4, 0.0%)

1 が守られる, であると, として選ぶ, の振興

▼ 地方~ (4, 0.0%)

2 の小学校, の小学校時代

▼ 地方~ (4, 0.0%)

1 に申される, に随従, の強く, は精霊

▼ 地方~ (4, 0.0%)

2 一の 1 一と, 一という

▼ 地方自治體~ (4, 0.0%)

1 の方, の腐敗, の補助, はやう

▼ 地方色豊か~ (4, 0.0%)

1 だ, なお, なるもの, なモンペ二着

▼ 地方農村~ (4, 0.0%)

1 に散らばっ, に於, の盆踊, もまた

▼ 地方農民~ (4, 0.0%)

1 がすべて, の耐え難い, はここ, はそれ

▼ 地方あたり~ (3, 0.0%)

1 に思ひ比べる, へ国内植民, までが追

▼ 地方ある~ (3, 0.0%)

1 ひは, 時代の, 種類に

▼ 地方あるいは~ (3, 0.0%)

1 ブータンシッキムの, ラサでも, 軽井沢日光

▼ 地方その他~ (3, 0.0%)

1 にある, には守備隊, より古く

▼ 地方たる~ (3, 0.0%)

2 大和を 1 大和の

▼ 地方とともに~ (3, 0.0%)

1 ロシヤの, 最も惨, 炉を

▼ 地方などに~ (3, 0.0%)

1 寄るつもり, 残つてゐ, 行われて

▼ 地方などの~ (3, 0.0%)

1 織物の, 荒涼たる自然, 雪は

▼ 地方などへ~ (3, 0.0%)

1 出て, 流して, 疎開し

▼ 地方にまでも~ (3, 0.0%)

1 ある, いわゆる徹底的糾弾, 絵を

▼ 地方に関する~ (3, 0.0%)

1 一般的記事の, 記事が, 記行文としては

▼ 地方のみが~ (3, 0.0%)

2 今も 1 無事に

▼ 地方のみには~ (3, 0.0%)

1 まだ幾分寛大, サスという, 限りません関東

▼ 地方ほど~ (3, 0.0%)

1 その各戸, 中央の, 漆器が

▼ 地方また~ (3, 0.0%)

1 それぞれに, 東北の, 温帯地方に

▼ 地方ソヴェト~ (3, 0.0%)

1 から選ばれ, の役員, は南方

▼ 地方一円~ (3, 0.0%)

1 にあっ, の敵, は警戒管制

▼ 地方一般~ (3, 0.0%)

1 の人心, の歓迎, の無

▼ 地方主義~ (3, 0.0%)

1 にしろ, に陥る, の作家

▼ 地方人口~ (3, 0.0%)

1 に対する正確, に対する比率, の都市人口

▼ 地方切つて~ (3, 0.0%)

1 の大, の富豪, の有力者

▼ 地方固有~ (3, 0.0%)

1 のもの, の文化, の迷信物

▼ 地方官庁~ (3, 0.0%)

1 に於, の免許, または翼賛会支部

▼ 地方官級~ (3, 0.0%)

2 の家 1 の人

▼ 地方局長~ (3, 0.0%)

1 から御, の依頼, の方

▼ 地方巡遊中~ (3, 0.0%)

1 ときどき卜筮, にもたびたび, もときどき

▼ 地方或は~ (3, 0.0%)

1 廣東とかいふ, 或時代, 熱帯地方の

▼ 地方文化振興~ (3, 0.0%)

1 についてその, の意義, の際

▼ 地方旅行~ (3, 0.0%)

1 です, の注意, より帰宅

▼ 地方有力者~ (3, 0.0%)

1 に市兵衛, の名称, の認識

▼ 地方検事局~ (3, 0.0%)

1 に平田次席検事, の検事三四名, の猪俣検事正

▼ 地方武族~ (3, 0.0%)

1 の旗, もすくなく, も五百

▼ 地方現象~ (3, 0.0%)

1 がはっきり, とがある, に終らざる

▼ 地方生れ~ (3, 0.0%)

1 だ, の作家, の詩人

▼ 地方産商業家~ (3, 0.0%)

1 の中, の門弟知友, をより

▼ 地方用人~ (3, 0.0%)

2 を命ぜられた 1 なる倉沢義髄

▼ 地方的季節風~ (3, 0.0%)

1 が比較的, が相当, と名

▼ 地方的特性~ (3, 0.0%)

1 の支配, を涵養, を総括

▼ 地方紳士~ (3, 0.0%)

1 といふ印象, の言, もある

▼ 地方自治制~ (3, 0.0%)

1 と參政權, と国家的社会制, ヲ實施シテ參政權

▼ 地方興行~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, が当っ, が当った

▼ 地方~ (3, 0.0%)

1 であっただろう, ののし, を使つたの

▼ 地方読者~ (3, 0.0%)

1 が増した, はこういう, はブック・レヴュー

▼ 地方~ (3, 0.0%)

1 人民ヲ, 団体, 書類の

▼ 地方講演~ (3, 0.0%)

1 に出席, に出歩い, に廻る

▼ 地方議員~ (3, 0.0%)

1 の策謀, やなお, や郡長村長

▼ 地方遊歴~ (3, 0.0%)

2 に出かける 1 のため

▼ 地方~ (3, 0.0%)

1 だったかも, によつて, をもっ

▼ 地方および~ (2, 0.0%)

1 久米両, 京阪の

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 または信州地方, 神田の

▼ 地方ことに~ (2, 0.0%)

1 旧南部領, 都市において

▼ 地方さえも~ (2, 0.0%)

1 あるほど, 含んで

▼ 地方すなわち~ (2, 0.0%)

1 今の, 俗に

▼ 地方その~ (2, 0.0%)

1 イモシヨウチユウの, 未知の

▼ 地方そのもの~ (2, 0.0%)

1 に力, の文化的創造力

▼ 地方だけは~ (2, 0.0%)

1 昔に, 決して西部

▼ 地方つまり~ (2, 0.0%)

1 死んだ農奴, 赤石山脈の

▼ 地方であります~ (2, 0.0%)

1 から近畿地方, から非常

▼ 地方でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 名を

▼ 地方です~ (2, 0.0%)

1 から囲炉裏, が国主劉璋

▼ 地方とが~ (2, 0.0%)

1 あつた, あり其中間

▼ 地方として~ (2, 0.0%)

1 全国を, 南方アジアを

▼ 地方とも~ (2, 0.0%)

1 正しく世界的, 秩序の

▼ 地方などにも~ (2, 0.0%)

1 ある, シロコダンゴという

▼ 地方なる~ (2, 0.0%)

1 倭人国の, 所謂倭人の

▼ 地方においてさえ~ (2, 0.0%)

2 夜は

▼ 地方においての~ (2, 0.0%)

1 名聞また, 実際を

▼ 地方にかけては~ (2, 0.0%)

1 これを, 刺子着の

▼ 地方にたいして~ (2, 0.0%)

1 反抗した, 持つ意義

▼ 地方にだけ~ (2, 0.0%)

1 いるわけ, 見られるので

▼ 地方にても~ (2, 0.0%)

1 毎年盆には, 結婚の

▼ 地方にわたって~ (2, 0.0%)

1 大いに撫民, 行なわれて

▼ 地方に対し~ (2, 0.0%)

1 有効な, 都邑が

▼ 地方のみに~ (2, 0.0%)

1 於けるもの, 限らず全

▼ 地方へでも~ (2, 0.0%)

1 出かけようかと, 飛び出し兵部

▼ 地方または~ (2, 0.0%)

1 一党与, 奥羽や

▼ 地方までの~ (2, 0.0%)

1 あらゆる段階, かなり広い

▼ 地方よりは~ (2, 0.0%)

1 一倍強烈だった, 館界の

▼ 地方をも~ (2, 0.0%)

1 見いくら, 騒がして

▼ 地方を以て~ (2, 0.0%)

1 蝦夷の, 集まつた團體

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 在テ石器使用人民棲息, 罷越候ニ付

▼ 地方一帶~ (2, 0.0%)

1 にかけて私たち, に着眼

▼ 地方一部~ (2, 0.0%)

2 の農民

▼ 地方主義者~ (2, 0.0%)

1 のマウリス・バレエス, は國内

▼ 地方今戸町~ (2, 0.0%)

2 の低い

▼ 地方伝説~ (2, 0.0%)

1 に人情味, は無邪気

▼ 地方僻遠~ (2, 0.0%)

1 の地, の田舎

▼ 地方党員~ (2, 0.0%)

1 が続々, らしい老人

▼ 地方全滅~ (2, 0.0%)

1 などそして, の報

▼ 地方凶作~ (2, 0.0%)

1 の悲惨事, の惨状

▼ 地方出張~ (2, 0.0%)

1 の時間, の番頭たち

▼ 地方出身者~ (2, 0.0%)

1 の仕事, もそれぞれ

▼ 地方分権~ (2, 0.0%)

1 に基礎, の実施要請等

▼ 地方劇場~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の奈落

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 の伝え, もある

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 新聞社推薦の, 都市にも

▼ 地方唯一~ (2, 0.0%)

1 の名望家, の特約店

▼ 地方団体~ (2, 0.0%)

1 の医術, または研究倶楽部

▼ 地方土着~ (2, 0.0%)

1 の士人, の文学

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 地震という, 風水害が

▼ 地方奉行~ (2, 0.0%)

1 であった, として抜群

▼ 地方委員~ (2, 0.0%)

1 と地方図書館員, の手

▼ 地方委員会~ (2, 0.0%)

1 のキャップ, の組織部会

▼ 地方官公吏~ (2, 0.0%)

1 が斜二, の書上

▼ 地方山間~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 地方工藝~ (2, 0.0%)

1 ではない, の現状

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 が無数, はあり

▼ 地方意識~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, を認めなかつた

▼ 地方政党~ (2, 0.0%)

1 にも関係, の拡張

▼ 地方政客~ (2, 0.0%)

1 として名, の間

▼ 地方政界~ (2, 0.0%)

1 のお歴々, のボス

▼ 地方文化問題~ (2, 0.0%)

1 はさし迫つ, はすでに

▼ 地方文化建設~ (2, 0.0%)

1 の根本理念, の目的

▼ 地方方言~ (2, 0.0%)

1 で, の上

▼ 地方最高~ (2, 0.0%)

2 の巫女

▼ 地方特産~ (2, 0.0%)

1 の唐竹, の美容用

▼ 地方独得~ (2, 0.0%)

1 の文化, の踊り

▼ 地方独特~ (2, 0.0%)

1 に孤立, の景色

▼ 地方生活者~ (2, 0.0%)

1 が行李, の時代

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 でご, と封建的地主

▼ 地方發見~ (2, 0.0%)

1 の土偶中, の土器

▼ 地方的偏見~ (2, 0.0%)

1 から離脱, がつよい

▼ 地方的存在~ (2, 0.0%)

1 としてのみ生存, にしかすぎなかった

▼ 地方的工藝~ (2, 0.0%)

1 に依存, の存在

▼ 地方的性格~ (2, 0.0%)

1 で書かれた, はその

▼ 地方的性質~ (2, 0.0%)

1 を帶, を破った

▼ 地方的文化~ (2, 0.0%)

1 の中心, の確立

▼ 地方的言辞~ (2, 0.0%)

1 でかなりよく, はロモランタン

▼ 地方的風土~ (2, 0.0%)

1 とその間, や民情

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 おなじ事, 備えいると

▼ 地方福島県二本松町~ (2, 0.0%)

2 の近在

▼ 地方管理~ (2, 0.0%)

2 を地方

▼ 地方職業組合ソヴェト~ (2, 0.0%)

2 の劇場

▼ 地方若く~ (2, 0.0%)

1 は団体利害, は團體利害

▼ 地方行き~ (2, 0.0%)

1 の女優募集, の荷役

▼ 地方語変化~ (2, 0.0%)

1 についてすでに, の主要

▼ 地方警察~ (2, 0.0%)

1 と連絡, へではなく

▼ 地方議員選挙~ (2, 0.0%)

1 に際し地方官, の際

▼ 地方議員選擧~ (2, 0.0%)

1 に際し地方官, の際

▼ 地方財源~ (2, 0.0%)

1 としてテラ銭, の失われた

▼ 地方貴族~ (2, 0.0%)

1 の愛, の生活

▼ 地方贅沢気味~ (2, 0.0%)

1 のない, の無い

▼ 地方軍令部長~ (2, 0.0%)

2 を初め

▼ 地方鉄道~ (2, 0.0%)

1 に乗った, の起点

▼ 地方開発~ (2, 0.0%)

1 というもの, の沿革

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 にも風俗, の交通

▼ 地方限り~ (2, 0.0%)

1 の新語, の語り物

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 の火, をたどる

▼ 地方~ (2, 0.0%)

1 だ, でありながら

▼ 地方風俗~ (2, 0.0%)

1 としての充分, の都

▼1* [580件]

地方ありしは疑い, 地方知らないが, 地方かから恒久的な, 地方かぎりの趣味流行, 地方からだけというような, 地方からでも其処に, 地方からなんてやって来たもの, 地方からのみ出たもの, 地方かヘルソン県あたりなら, 地方くじだけになった, 地方こそよりよく人, 地方こそは特殊な, 地方ことに大阪商人, 地方しかない, 地方しかも仙台附近に, 地方そしてある程度で, 地方その他処々の山村, 地方それぞれの行政機構, 地方たとえば関東の, 地方だけかと思って, 地方だけで宮中の, 地方だけにしかないの, 地方だけには早くからそういう, 地方だってかなりある, 地方つて云つたつて, 地方であっていにしえ, 地方でありましてインド, 地方でありましょうが大体, 地方でてッぱ屋と, 地方ででもあったらこの, 地方でなければこんな, 地方でよりもくっきりと, 地方といふか一国といふか, 地方としての理想に, 地方とて竹に, 地方とても決して絶無で, 地方とで色々な, 地方とにおいて現代では, 地方とによって一種の, 地方なぞへ何, 地方なぞはてんで顧みられない, 地方など隈なく, 地方などでも龍田などは, 地方などもある, 地方などを彷徊した, 地方なまりをひき直した, 地方ならびに南アフリカ地方の, 地方なんかいきますと, 地方なんぞと来ては, 地方においてかのヤマト, 地方においてさえも中流や, 地方にだって美食に, 地方についてもいろいろ聞いた, 地方にとつては, 地方にのみいつでも, 地方にのみは巫女の, 地方にや適か, 地方にわたりてその存在, 地方にわたるよう工夫した, 地方に対して此に, 地方に対しては胸中故郷と, 地方のなもみの, 地方のみとは限りません, 地方のみはむしろやや怠慢, 地方はといふと, 地方ばかりのものでない, 地方ばかりを歩いて, 地方へなんぞ行って, 地方へまで思いを, 地方までが蝦夷に, 地方までは近世に, 地方まわりをし, 地方めいている, 地方もしくは階級を, 地方やら立ち枯れの, 地方ゆえ小春日和の日中, 地方らしく所謂仲人の, 地方わけて京都が, 地方をしか潤さない, 地方をば自然金の, 地方をまで捜して, 地方アイヌの一樣, 地方インテリゲンチアとしての推移, 地方ケルンとマンハイム間, 地方ジュナポオルの辺境, 地方ソヴェト文化部管理の下, 地方ソヴェト農村の階級的闘争, 地方ニテ發見サレシカト云フ事トヲ察知シ且ツ之ヲ以テ既知遺跡實踐, 地方ニュースなどは何, 地方ニ於テモ時代ヲ異, 地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事ヲ證スルノミ, 地方ネエザアランドデンマアクドイツ西北地方そしてある程度, 地方透明嵐気ガ燃エアガル, 地方プロレタリア作家同盟の大会, 地方ボスに場内整理, 地方ミシシッピイ河の両, 地方ロカフの激励, 地方横断セントシテ強力一人ヲ, 地方の城下市, 地方一たいはマラリア, 地方一つの町, 地方一団結の勢力, 地方一帯牛一匹一年六・六ツェントネル平均として協定標準, 地方一年間の大半, 地方一戸長としての半蔵なぞ, 地方一村落に由緒功労, 地方一様に同じ, 地方一流の発音, 地方一遍に文化, 地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 地方下級女官としてのろ, 地方に目方, 地方並びにロンドンの, 地方の一番, 地方中国四国九州にまで及び, 地方中央完備した組織, 地方中本山の長, 地方中部シベリアの密林, 地方主義地方英雄主義にならない, 地方主要炭坑の一, 地方九関東地方十二北陸地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 地方予算および電源開発法, 地方予選の花形, 地方事務所長粟野俊一氏等の人人, 地方事変も天正十三年, 地方事実が増加, 地方二万の信徒, 地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 地方五百里を以て封ぜん, 地方五紙に連載中, 地方交通の途, 地方人バルザックのいかにも, 地方人入り込みの場所, 地方人心の中点, 地方人特有な, 地方今戸界隈迄出かけた, 地方にもまだ, 地方代官所へ問いあわせ, 地方以北は再び, 地方以外歴史にも伝説, 地方伊那木曾地方は冬, 地方伝播など良い, 地方い特殊, 地方住居の日常, 地方住民中で最善, 地方住民種々異同有り, 地方作家といふ貼り紙, 地方例へば興安嶺の, 地方の出世, 地方係りと代官, 地方借受組合に送致, 地方偏重の傾向, 地方を抑止, 地方公共団体の経営, 地方公共團體の財政, 地方共通の周知, 地方其他二三の地方, 地方へ建てる, 地方内務省首脳部は内相, 地方出土とあ, 地方分散等により都市人口, 地方分権的体裁を示し, 地方切っての辣腕家, 地方刑罰条令が, 地方刑罰条例の濫発, 地方別懇談会とはうまく, 地方利益とか宗教団体, 地方到る処この, 地方制度の整理, 地方割拠の経済組織, 地方は弱まる, 地方労働委員長をし, 地方労働組合から四百人, 地方労働組合ソヴェトの名, 地方勤めになっ, 地方で神嘗祭, 地方北コーカサス地方が主, 地方北海道に米国軍, 地方北部ヴィルプール地方の婦人, 地方十七といふ状態, 地方十二ヶ国のエタ頭, 地方十二北陸地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 地方十津川北山川上の荘あたり, 地方十里踏出しても, 地方十里以内の地域, 地方定住の, 地方協議会署名にかかる, 地方博物館としての独得, 地方占領とフランス, 地方東國に, 地方又は輸出百合を, 地方取引先の信用, 地方古来特有の名物, 地方史的にみれ, 地方各地にある, 地方各州の文学的生産, 地方各所において鴉, 地方同門の四, 地方名うての靈山岩木山, 地方名士をのみ顧客, 地方名物の風, 地方吏たちは日頃, 地方向きではなくなる, 地方吟味税取立岡崎浜松の勘定方, 地方がある, 地方和賀稗貫紫波の三郡, 地方商家の善良, 地方問屋を営ん, 地方大社寺, 地方四九州地方十七といふ状態, 地方四五里四方は全く, 地方四箇の庄, 地方団協全協地区委員会, 地方図書館員とをし, 地方国語教育が方言, 地方團體の醫術, 地方土民たちは別れ, 地方土着生活と有機的, 地方土豪とはいえ, 地方土軍や足利勢, 地方在住の作家, 地方在住者をし, 地方地区の有力者, 地方城主の家中, 地方堕落の素因, 地方夏季中特有の優, 地方多きは昔, 地方大不繁昌の, 地方大名の虐政, 地方大学に在学中, 地方大小新聞紙は前者, 地方大工の例, 地方大本山の長, 地方大樟尤多しと, 地方大洋諸島に往来, 地方大衆人に過ぎなかった, 地方大震災当時と同様, 地方女性の仕事, 地方姐さん連が五人, 地方委員会書記なんぞぬき, 地方委員書記のジャールコフ, 地方娯楽にし, 地方学生への影響, 地方学者の傾向, 地方官これを拒み, 地方官どものやる, 地方官ハ地方の重任, 地方官上りの政党員, 地方官中の郡吏, 地方官叙任の儀式, 地方官庁所在地かね, 地方官廳も親子, 地方官憲民間団体等を総て統一指揮, 地方官新任の際, 地方官會議を開いた, 地方実業家のみ, 地方に向っ, 地方宣撫の効, 地方實業家のみ, 地方対中央と呼び直される, 地方専門の家尻切り, 地方小売店をし, 地方小学教師のため, 地方小役人等の威張る, 地方少年といったいかつい黒い, 地方も盛なり, 地方に於い, 地方局限文学としての国民文学, 地方居住者だから, 地方山林事務所と書いた, 地方山梨県北都留郡一帯は花崗岩, 地方岩代国の南部, 地方巡察の勅, 地方巡察景行天皇の熊襲親征, 地方巡幸の際, 地方巡廻中に人, 地方巡業一ヶ月の予定, 地方巡見の際, 地方巡講中数回妖怪屋敷に宿泊, 地方工業と私, 地方平均一頭宛の標準, 地方幼年学校の一秀才, 地方幾カ所の巡回興行, 地方幾百の新聞之, 地方に散在, 地方強震の号外, 地方当時の家屋建築費, 地方たり, 地方性上の典型, 地方恐らくは信濃地方より, 地方悉く花崗岩に, 地方情勢の険, 地方情況に對, 地方慰楽語と命, 地方る部族, 地方戦記よりもむしろ, 地方技術官の集合, 地方指導者が標準語, 地方支部ラップが生産, 地方支部婦人同盟員及び婦人サークル員諸君, 地方支部文学サークル協議会の報告, 地方改善部の依頼, 地方放送局のある, 地方政治的覚醒の著しい, 地方教育上今日の急務, 地方教育官庁これを定, 地方教育民間教育に従事, 地方文化再建のため, 地方文化刷新の指導理念, 地方文化動脈の聯立, 地方文化機構の整備強化, 地方文化的自得の表情, 地方文化研究のため, 地方文化闘争同盟の松岡, 地方文化黎明の先, 地方文壇の小さな, 地方文壇消息には武州行田, 地方文字で看板, 地方文学の発展, 地方文武各官, 地方新聞売子から買った, 地方新聞小説家としてはかなり, 地方新聞社の位置, 地方新興産業のため, 地方方言劇の現状, 地方旅行会見記をかい, 地方時務の多く, 地方時午前2時であった, 地方時午後8時半に空港, 地方普遍は組織, 地方暴風雨に襲, 地方書店には出なかった, 地方最初の女学校, 地方有力の篤志家, 地方有志者の間, 地方有数の石切り場, 地方条令と呼ぶ, 地方東半部へかけ, 地方染物屋は大乗気, 地方根生ひの, 地方梵語ならば, 地方検事は問題, 地方検事アンドリウスが次ぎ, 地方検事アンドリウスさんに直ぐ, 地方検事アンドリウス氏などが一時, 地方検事総長スワアート氏に会っ, 地方検察庁からのハガキ, 地方権力者と解する, 地方橋髪洗橋などいう, 地方歓迎者の名前, 地方歳入見積り額につき十一府県, 地方歴史上の參考, 地方歴遊の際, 地方んど, 地方殊に東京では, 地方の風習, 地方民家のあの, 地方民族劇の道化味, 地方民藝への紹介, 地方民藝品の数, 地方民謡を以て圧倒, 地方気象統計ニヨル記録ヲ破壊シ, 地方気質の露骨, 地方治水工事は僅か, 地方源氏の人々, 地方演説部に加, 地方漫遊の途次, 地方激震死傷數千云々といふ風, 地方版ともに写真入り, 地方版編輯記者も遂に, 地方物産を集め, 地方物資利用に依り, 地方独立単位にはじまりました, 地方現存の竪穴, 地方理財局長の奥さん, 地方生活環境これはむろん, 地方生活産業に結びついた, 地方田植しても, 地方町天満町あたりにあった, 地方町家に人となり青春, 地方町村を負う, 地方画家といふこと, 地方を造る, 地方畿内諸國, 地方発達のあと, 地方的カード階級に登録, 地方的不可解の一つ, 地方的事件でも限られた, 地方的事情から経済力, 地方的人望などはとうに, 地方的人物にすぎまい, 地方的伝承と, 地方的作家と勝手, 地方的信望も篤き, 地方的偏安的地理的人種的ならしめ大, 地方的傳播をなした, 地方的傳説が隨, 地方的分化とも見られる, 地方的分業が古から, 地方的分権の時代, 地方的利害と政治的関係, 地方的制限がある, 地方的前景の世界, 地方的動乱の波及, 地方的単位なくし, 地方的史料を調べ, 地方的君主の中, 地方的団結の精神, 地方的固有振動を発見, 地方的固着心あらざりき, 地方的國家的の自足, 地方的地区的有力者であること, 地方的変化の法則, 地方的変異種と見なし, 地方的大火のあった, 地方的小武族と見くびっ, 地方的差違を示し, 地方的市場を訪れる, 地方的影響を除いた, 地方的情実に基いた, 地方的感覚を与へらる, 地方的文化これ等が発達, 地方的時代的に同一, 地方的有力者に代表, 地方的本拠なる伯州大山寺, 地方的条件としてのツァーリズム, 地方的権威者を祝福, 地方的歴史的に可能, 地方的民族的特殊性として理解, 地方的流行であった, 地方的特徴としての純然, 地方的特産事業があり, 地方的生活形態がある, 地方的発音の異なる, 地方的範疇としての人民戦線, 地方的統一を実行, 地方的色彩を帯びた, 地方的色彩濃厚となり, 地方的言語の総体感, 地方的趣味なわけ, 地方的農村と中央的都会, 地方的野性のみを想像, 地方的関係もあらう, 地方的階級的職業的であって, 地方的雰囲気を身, 地方的音楽でないこと, 地方的風俗の中, 地方的鬪爭が一個, 地方監獄に送る, 地方目撃せる事物, 地方相互の間, 地方相手の卸業, 地方県城を預かっ, 地方社会に於, 地方神事に, 地方秋田県の仙北郡, 地方秩父地方において, 地方では鳥越街道, 地方移譲九年制の無料義務教育, 地方に見る, 地方といっ, 地方で, 地方等日本海岸に最も, 地方精神の悪弊, 地方紀行の部, 地方紛争の小, 地方組織の確乎, 地方経済の不振, 地方経済生活の大きな, 地方経済界を圧迫, 地方経済研究所長の山口弘道氏, 地方絵図をお, 地方総督庁に属する, 地方縄紋式石器時代遺蹟から多く発, 地方縣令で借金, 地方繁栄の外観, 地方美人か, 地方群盗の記事, 地方職業紹介事務局長にし, 地方職業組合ソビエト劇場現在のモスソビエト劇場, 地方職業組合ソヴェト劇場が責任, 地方育ちの青年, 地方脱走した連隊, 地方體とから, 地方自体の原野, 地方自治主義に基づかなく, 地方自治団体の財産, 地方自治會亦之ニ, 地方自治體その他職業又は階級等, 地方自由労働者組合東京製糖労働組合の組合長, 地方自身にある, 地方舞踊として鹿, 地方色そのものに無限, 地方色ゆたかな物語, 地方色的に利己的, 地方英雄主義にならない, 地方藩出の青年侍, 地方融資銀行に五割, 地方の新聞, 地方行乞の旅, 地方行商の薬, 地方行政區劃は郡, 地方行政団体が資金, 地方行政官は徒ら, 地方行政機関としては幕府直轄領, 地方行政税法選挙制度など研究, 地方行政部へ行った, 地方西は播磨あたり, 地方西北の風晴, 地方西瓜と共に瓜, 地方見知らない風景その, 地方見聞でしたから, 地方言語順列の中, 地方評議会となった, 地方に掲載, 地方認識に過ぎなかった, 地方語そのものが自, 地方語化するぐらゐの信念, 地方語学術用語悉くこれ, 地方課長から散々, 地方諏訪地方伊那木曾地方は冬, 地方諸侯はどういう, 地方警察官即ちドゥロビャージュキン巡査, 地方議会の代議員, 地方議員選挙干渉に就, 地方議員選擧干渉に就, 地方貝塚よりの發見物, 地方擔過重に, 地方財力の減失, 地方財政法であった, 地方貢獻は夙に, 地方販売網の実務上, 地方貴族官僚などにとつて, 地方貴族等は皆支那輸入, 地方資本の集積所, 地方赤軍の演習, 地方跋渉ニ在ルト共ニ, 地方はもちろん, 地方軍官が幇, 地方農山村に比べ, 地方農山漁村には力強い, 地方農村古代の行事, 地方農村工業振興費によって農村共同工場, 地方農村経済調査所の仕事, 地方農民新聞を手, 地方農民自身なの, 地方近くに働い, 地方近在の博徒, 地方近畿は一帯, 地方近畿あたりなどの小, 地方送りの荷造り, 地方通有の風, 地方通用の銀貨, 地方遊説の多い, 地方選挙区に籠城, 地方選挙参議院選挙が待っ, 地方選挙戦を眼前, 地方選擧區に籠城, 地方遺蹟踏査の御, 地方郊外など男ジョフスル, 地方郡区の人民, 地方郡役所へは達しおらず, 地方郷党の小, 地方郷党軍と完全, 地方郷土の名士, 地方配給機構の棚, 地方長官会議司法官会議諸種の学校長会議, 地方長官選挙にはじまる, 地方開業医の名誉, 地方関係の既成, 地方関東地方から近畿地方東半部, 地方とからみ合う, 地方なく巡りました, 地方随一の豪族中, 地方雑談やまた, 地方電力会社の合併, 地方電力業者達は曾, 地方領主の義, 地方風土としての自然, 地方飢饉地で出征兵士