青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る 在る~ ~地 地~ ~地上
地上~
地下~ 地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方 地方~ ~地獄 地獄~ ~地球

「地上~」 3885, 42ppm, 2767位

▼ 地上~ (1429, 36.8%)

27 落ちて 11 倒れて, 出て 7 生きて, 立って, 足を 6 あって, 落ちた, 身を, 降りて 5 於て, 達して 4 ありて, かつきり, 倒れた, 及ぼす影響, 向って, 於いて, 横たわって, 残して

3 [20件] あつた, いるの, おりて, 一人の, 下りて, 二人と, 住む人間, 倒る, 倒れしむ, 印して, 存在する, 投げ出された, 描いた, 於けるよりも, 無知と, 生れて, 結びつけて, 置いて, 落下し, 長き影法師

2 [83件] あらはる, あらわれて, ある, あるすべて, あるの, いて, たおれた, ただ一人の, たれて, のたうち廻って, はみ出て, ひざまずいて, よびもどされて, 一の, 一個の, 一間あまり跳ね飛ばされた, 並べて, 人間の, 人類の, 仆れ, 伏して, 住んでは, 出ると, 出現し, 印せり, 叩きつける姿, 咲く浄, 在り得ず歴史的, 墜落し, 天国が, 存在し, 実在し, 射り付ける天気, 尻餅を, 帰って, 建って, 引下し, 待つもの, 投げつけて, 拡張せる, 散らばって, 散り布いた細か, 敷いて, 新しく墜落, 日本人より, 星が, 横はる, 横わっ, 残されて, 汎濫し, 淡紅色の, 現われること, 生を, 生活し, 発生した, 眼を, 砂利の, 示現しよう, 立つこと, 立て, 繁殖し, 置いた, 置く, 育つもの, 膝を, 花を, 落ちその, 落ちたの, 落ちたもの, 落ちる, 血を, 見出すのみ, 跪いて, 転落し, 転落した, 遊んで, 遍満した, 達する, 釘づけ, 降して, 降りた, 降り立って, 飛びつく

1 [1067件 抜粋] あがって, あった, あった隊長機, あつて, あり, ありし時, ありとあらゆる不可思議, あり得ないという, あり得なくなるから, あり得ようかと, あるいっさい, あるこの, あるは, あるよりも, ある一枚, ある微細, ある最も, ある間, あれほどの, いくつと, いたとき, いた生物, いづ, いられないここ, いるため, いる間, うごめく生命, うちたおされて, うちふしました, うつぶして, うつりて, うつ伏しに, おきながら, おけると, おちない先, おったころ, おびえあつまって, おりた, おりた翌日, おりました, おりると, おり大手, おり立って, おろされて, おろされる, おろされるの, おろし共犯者, おろすと, かくれて, からだを, くずれて, くっきり映っ, こうも, この味覚, ころがったの, ころげ落ちた, さしたの, さし立て, しゃがみ雄, すごしたかの, するどく竹, すんで, そそぎその, た, ただひとり, ただ自分一人, たちあがりました, たッ, ついらく, つかないよう, つくれる湖, つらなり, とぐろを, とどまってると, とどまるよりは, とどめるため, とびだしすばやく, とび出したか, とんで, どんな奇蹟, ないだらう, ないの, ながながと, なし給うよき, のこされたたつ, のこす痕跡, のぼっても, はげしくつきあたる, はげしくぶつかるでしょう, はっきりあう, はっきりした, はつきりした, ばつたり, ひいて, ひきずり下そうと, ひざまずき銃, ひっぱりしかも, ひつくりかへ, ひろがりて, ぴったりと, ふして, ぶちまけて, へたば, へばり着きたる, ぽつ, またおそろしい, また戦争以上, まろば, みるでしょう, むきだしに, もって, もんどりうっ, わずかに, ゐて, ゐない日, ゐる神, タタキ付け, タタキ出すべく, パッと, ヘタ這っ, 一人か, 一人も, 一尋の, 一点の, 一箇の, 上がって, 下りたの, 下りました, 下りると, 下りるを, 下り度, 下り立ちたり, 下る雲, 下ろした, 下ろすと, 不思議な, 乱堕する, 二个所は, 人の, 仰に, 伏しパンパンパン, 伏し将門, 伏す第, 休む所, 伴れ戻された, 伸び出せば, 住む, 住むならば, 住む者, 住んだ大, 体を, 何かを, 何物か, 何等の, 來るべき, 保たれるという, 俯ッ伏し, 倒して, 倒れたまま, 倒れようと, 倒れ伏, 倒れ赤手, 僵れ臥し, 光を, 光被する, 具体的に, 円なり, 再臨し, 出して, 出たの, 出た方, 出てよ, 出でては, 出られるまで, 出るか, 出るまでに, 別れた霊魂, 力なく, 動かず立って, 匐って, 印しながら, 印するよう, 及んで, 取り落し, 取残された人, 取落しました, 叩きつけて, 叩き落されそこ, 叩き落とした, 向けて, 向け切り, 呉は, 呼びおろして, 咲いて, 営まれて, 噛み合う, 図を, 圏の, 在つて坏土, 在りと, 在るものの, 坐った, 坐りなおした, 坐を, 垂れた, 執着し, 墜す, 墜ちて, 墜落した, 変貌を, 夥しく落ちる, 大平安, 天国を, 婆娑たり, 存在しなかった, 存在し得る, 存続する, 学校という, 學問の, 定着される, 実現されましょう, 実現し得られよう, 実現せし, 家建て, 寝かして, 寫つた, 尋ぬる, 小さい穴, 居なくなつ, 屈んで, 届くまでに, 屍體今さらす, 山の, 崩れ落ちるの, 市街が, 帯の, 平たくなっ, 平和が, 平和を, 広がるであろう, 座を, 延ばして, 建てること, 廻って, 引きおろすこと, 引きずらせ, 引きずりおろして, 引きずりながら, 引きを, 引き倒し己, 引き摺り引き摺り, 引く, 張り廻らし, 形を, 形成した, 彷徨はん身の, 待って, 愛が, 成王安在の, 戻って, 手を, 打ち伏せ, 打ち倒れ暗黒彼, 打ち斃, 承った秘密, 投げすてて, 投げだすが, 投げつける, 投げ付けられつづいて, 投げ出しました, 投げ捨てて, 投げ落される, 投じ棄てしめぬヂオーニソス, 抜け出るあの, 押しだした生, 押倒され, 拡がり沢山, 拡って, 指先を, 捨てられた煙草, 掘った井戸, 接吻しよう, 推し伏せられつ, 描いた諸行, 描き出したと, 搖れ立つて, 擴がり, 放てり, 放り出された人間, 教会を, 散らばった金貨, 散り落ち難い, 数個の, 数百万年も, 敷いた白砂, 斃され, 斃れた, 新しき風雲, 於ける人間, 於ける動物, 於ける最高, 於ける民衆, 於ける発達, 於てすら, 明, 明滅する, 映した, 映って, 暖か相な, 曝らされた, 書かれた文字, 最初に, 有限の, 本当に戦争, 来ないの, 来りやがて, 来る時, 柱を, 栖息し, 根雪を, 棲家も, 植物の, 構想された, 横たえて, 横たわったり, 樹木倒る, 此のよ, 歸つて來た, 死なしめしアテーネ, 残された琵琶, 残したか, 残った唯一, 殘れる, 氾濫する, 沈まうと, 注いで, 注ぎて, 洩れたこと, 活動を, 流れた, 浮かんで, 浮彫され, 湧き上る新鮮, 満ちると, 満ち満ちて, 滅びては, 漂わして, 激突した, 点々と, 物の, 独り立っ, 現すの, 現れたる魂, 現れた最大悪党, 現れる日, 現われてるもの, 現出させた, 現出する, 生えた後, 生え並んで, 生きること, 生じたあらゆる, 生み付けられて, 生れなかった時代, 生れ出でた一人, 生存し, 生活する, 生滅する, 生魂, 男の, 發散する, 直接の, 真に生き, 着いた, 督郵は, 石が, 神の, 積った, 積もった雪, 穴を, 突き出て, 突出された, 突放しペッ, 立ち上がった, 立った, 立った老母, 立つた時, 立つと, 立てその, 立てた所謂一本薄, 立てならべ棟木, 竹童の, 約四世紀, 累々と, 結ばれ聖さ, 綴つて住める, 縛られて, 繋いで, 織りなす, 置いただけ, 置いた結晶體, 置かれ杵, 置きそれから, 置き右, 置くとか, 美しい光線, 聖者あゆませた, 腹這いに, 臥さば, 自然が, 舞いあがり長蛇, 舞い立ち, 舞下った, 芽を, 草や, 落されて, 落したところ, 落ちきたりたりき, 落ちそれ, 落ちたところ, 落ちた涙, 落ちた番号札, 落ちるかと, 落ちると, 落ちるの, 落ちる際, 落ち付けると, 落ち帽子, 落つ, 落つるも, 落ぶれ, 落下した, 落付く, 落雷した, 蠢く黒影, 血みどろの, 行は, 行われる時, 覆して, 見えるその, 見つけ出したの, 見て, 見られなくなりました, 見ること, 見物人を, 詔命を, 論理的思考力の, 讃歌を, 赤く点々, 起こる颶風以上, 起れる歴史上, 足場を, 跣足で, 踵を, 躍る僕, 車より, 転々し, 転げおちました, 転って, 転倒す, 輪を, 近い一種, 近く掩いかぶさっ, 近づくにつれて, 追帰, 送った, 這い下りそれでも, 這ひ, 遊びに, 達しさうになつ, 達するもの, 遺し得て, 重り伏せ, 銃を, 長く引い, 長く横わるよう, 降ったと, 降つて, 降りたちつ, 降り来らんと, 降り濺, 降り立ったとき, 降るとき, 降る者, 陰惨な, 集まるは, 雪の, 露し, 露を, 靡いて, 頭は, 額を, 顕われ, 飛び下りた, 飛び下りると, 飛び降りると, 飴の, 麻の葉絞り, 黒物蜿蜒たり, 齎して

▼ 地上~ (886, 22.8%)

7 ものを 6 物を 5 あらゆるもの, もので, ものと, 人々の, 人間が, 人間の, 人類が, 樂園に 4 すべての, 人々は, 人と, 人類の, 生活に

3 [15件] ことを, ものは, 事を, 人間は, 人類は, 凡てを, 幸, 日影, 樂園, 樂園を, 生活は, 生活を, 男女, 総てを, 花を

2 [65件] あらゆる生物, あらゆる美術館, すべてを, どこにも, ねずみの, ものだ, ものとは, ものならぬ, ものに, 一切が, 一切の, 万物を, 事に, 事物の, 二人の, 人々が, 人として, 人の, 人類に, 何物にも, 唯一の, 大都市という, 大雪原, 家屋は, 巣を, 幸福の, 我々は, 放浪に, 文章の, 斎河に, 斎河を, 本隊へ, 極楽である, 楽園の, 楽園は, 楽園を, 樂園は, 民の, 灯の, 物又, 独楽を, 王よ, 王国が, 現実とは, 現実を, 生命を, 生活と, 生物を, 神, 秩序の, 空想の, 空気は, 罪と, 罪の, 群衆の, 群集は, 者聖シランパの, 舞を, 誰よりも, 諸王より, 遊星といふ, 部分を, 陰影, 風物から, 高さ

1 [638件 抜粋] あのすごい, あらゆる人々, あらゆる場所, あらゆる奇跡, あらゆる家屋, あらゆる幸福, あらゆる影, あらゆる方面, あらゆる権力, あらゆる生活, あらゆる能力, あらゆる赤ん坊, あらゆる音, ありとあらゆる草, ある地域, いかなる物, いくつかの, いつさいの, いとなみの, うすら寒さ, かおりを, かげを, きずなを, けしきが, ことなどには, ことは, ささやかな, さだめに, さまを, さわぎを, すべてが, それぞれに, たから, だれが, どこかに, どんなところ, どんな力も, どんな女性, なべての, ひとりが, ほかの, みどり逆に, ものです, ものとして, ものとも, ものとを, ものらしく, もの凡てが, やみに, ゆたかさに, わが影法師, われわれが, エロスによ, パン, パンと, パンという, パンの, ヒムカに, メトロポオルと, ローランサンの, 一切だ, 一微, 一方に, 一行を, 一部落の, 一隅に, 一點に, 七階に, 万象を, 三人は, 三千年が, 不安に, 不思議さと, 世を, 世間は, 両親の, 主張によって, 乱に, 乱賊である, 争覇を, 事とを, 事柄は, 事物に, 事物は, 人々と, 人々も, 人いかで, 人たちを, 人であった, 人は, 人みなの, 人を, 人影は, 人界に, 人目にて, 人達に, 人達の, 人間だ, 人間では, 人間と, 人間とは, 人間に, 人間にとっては, 人間には, 人間界に, 人間界の, 人間的苦しみをさえ, 人類と, 代物であっ, 住人でない, 何でも, 何ものも, 何人にも, 何処かに, 何処へ, 何物よりも, 何者をも, 佗びしいならわしがさいわいに, 信号灯の, 信徒, 修羅が, 偽雷, 光が, 光天を, 全民族, 全社会, 全面を, 公衆と, 兵士は, 冬の, 凡てが, 凡ては, 凹凸が, 出来事など, 出来事の, 分割に, 別離が, 到るところ, 到る処, 到る處, 力と, 力弱い, 動乱とが, 動乱の, 勝利を, 区域に, 十何人が, 友だちで, 叢には, 各階では, 同じ場所, 営みが, 営みに, 回転軸に, 国, 国は, 国家こそ, 国家を, 地所においては, 地獄, 地獄と, 執着から, 報いは, 場合とは, 場面で, 塵埃よりも, 声などが, 変化無限と, 変貌のみを, 多くの, 夢の, 夢を, 大さ, 大将軍の, 大悪魔, 大戦も, 大気の, 大氣, 大活劇, 大群集, 天使にも, 天国を, 太陽, 夫婦関係は, 奇蹟, 奇蹟である, 奮鬪世界に, 女たちと, 女であっ, 女に, 女の, 姿を, 媚態嬌姿, 子とは, 存在と, 存在といふ, 存在を, 存在物には, 宗教です, 宗教でなけれ, 宝でございます, 宝です, 宝とやらは, 宝について, 宝よ, 実現である, 害物だ, 家に対する, 富が, 小筥, 少年たちの, 展開に, 山山, 嵐を, 巣に対する, 工藝を, 平安の, 幸に, 幸を, 幸をのみ, 幸福と, 幸福という, 幸福は, 広茫, 庭では, 庭園と, 庶物を, 廣狹など, 建物だ, 建物だけ, 建物の, 形すらも, 形態に, 影は, 彼女を, 快楽は, 快楽を, 怪塔に, 怪鳥が, 恐怖の, 息吹きに, 悦は, 悩みを, 悩み一切を, 悪を, 悲しみに, 悲しみを, 悲惨事などには, 愛, 愛に, 愛を, 慾を, 我々に, 我等の, 或る, 或奥, 戦士は, 戦闘では, 所員の, 所有権を, 指揮を, 指揮所でも, 探照燈, 支配者ジュピターは, 支配者婆さんが, 教会地上の, 数十名の, 文化が, 斜面に, 断片に, 方へ, 施設が, 旅を, 旅人だった, 昆虫に, 明るい世界, 明るさ, 春, 時とは, 時刻で, 時間が, 暗い夜, 暗さ, 暗やみの, 最も困難, 最も高貴, 月世界さ, 有りたけ, 木の葉を, 杭に, 枝幹の, 森である, 植物, 植物が, 植物は, 業を, 楽を, 楽園だ, 楽園で, 楽園である, 楽園です, 楽園と, 楽園としての, 楽園美の, 榮耀を, 様子が, 様子は, 樂しみを, 樂園の, 権力を, 機械に, 權は, 歓びを, 正義が, 歴史は, 母に, 民である, 気圧の, 水の, 永滅は, 汚れを, 法悦を, 活劇ばかり, 活動の, 浄土を, 深い静寂, 温度よりも, 湿分, 濛気が, 瀾に, 火から, 火成岩中に, 灯を, 無政府的共産主義, 無数の, 無智, 熱や, 熱度漸く, 燒跡で, 物が, 物だけについても, 物にのみと, 物は, 物体の, 物体を, 物象が, 物象だけ, 物質的富においては, 特にすぐれた, 特権であった, 獄舎制度は, 獄舎制度並に, 王なる, 王国を, 珍味を, 理想国とかいう, 理想国瑞西, 理智を, 甚吾の, 生ある, 生よりも, 生命が, 生存権を, 生活, 生活から, 生活とか, 生活の, 生活環境の, 生物すべてを, 生物です, 生物は, 生首渦を, 産物である, 産物によって, 男女は, 畏縮せる, 白痴は, 白紙へ, 皆樣, 相です, 相として, 相を, 相貌は, 眺めが, 眺めの, 眼鏡を, 石塊や, 祈りを, 祓への, 神との, 神事における, 神学の, 神学を, 禍悪は, 秩序爲に, 種々に, 積雪が, 空に, 空より, 空気の, 範疇の, 約束モータルとしての, 紅葉は, 紅葉を, 終点的な, 緑の, 緑を, 緑草に, 罪禍を, 羈絆から, 美しい斑点, 美しさ, 美を, 美観にも, 群生動物に, 群集の, 考えを, 者で, 者である, 職業にまで, 肉の, 肉珊瑚サモア島の, 肉體的な, 自分の, 自然均等である, 自然界の, 花とを, 花の, 花へ, 花よりは, 苦労と, 草にも, 草や, 草木に, 草木を, 荒野原は, 萬物に, 萬物を, 落葉の, 虫が, 虫けら, 虫を, 虹, 蜃気楼, 衣に, 観測員の, 誇として, 誰も, 諸放射線, 變異すべて地氣より, 貞節だ, 財物に, 走獣, 足跡を, 距離は, 車に, 車の, 輿論である, 近代活動は, 迷ひ, 追放者と, 連中は, 運命を, 道の, 道は, 道路は, 遺物遺跡が, 部分部分に, 部屋で, 部屋に, 都市の, 酸鼻そのものの, 醜い幻, 重大な, 銀河の, 錬金術師也, 闇は, 陰影から, 隔てな, 雪に, 雪の, 雪も, 雪を, 雪即ち, 電気が, 電線を, 霜に, 霜頭を, 露を, 青葉が, 風に, 風景とは, 風景は, 風景を, 食を, 騒ぎは, 騒ぎを, 魔宮だ, 魔独楽に, 鷲に

▼ 地上~ (262, 6.7%)

7 離れて 3 歩いて, 照らして, 見て, 走って, 這って 2 のぞいて, 完全に, 徘徊する, 指さした, 指さしながら, 掩うて, 攻撃される, 眺めて, 蟻の, 離るる

1 [220件] あまりに明るく, いくら温め, うねって, うろうろさがしまわっ, お世話人, お星さま, かいさぐりぬ, かける, きょろきょろ見まわし始めた, これら躍る, ころが, さがして, さまよって, さまよわなければ, さらに二つ, しきりに見廻し, じっと見つめた, すって, すべり出す, たくさんの, つ, つかさどられた王さま, てらして, とびだしたわけ, ながめました, ながるる星, のたうちまわった, のたうって, のろのろと, はい回らねば, はうもの, はったと見る, はなれたかと, はなれた大鷲, ひときわ明るく, ふさぎ他人, ふた色に, ぶん廻り, もがきまわった, ゆく如く容易, わずかも, わびしいもの, コロコロと, 一変さしてる, 一生懸命さが, 人間の, 今数名の, 作りも, 修羅場に, 偵察し, 凝視し, 凝視し続けた, 出るとき, 出発以来さっぱり, 包んだ, 匍う, 匍ひ歩く, 匐っ, 半分は, 去ったとき, 去って, 去つた, 吹かれ吹かれ流され流され行く人生, 周遊し, 寝床に, 小蛇, 少しでも, 巡行し給う, 席捲し, 席捲する, 広く歩きまわり, 引っ張られて, 引摺った, 徘徊し, 息苦しくし, 悽惨に, 愛さんため, 戸板の, 打つて, 押し合い突き合いぶつかり合っ, 招来した, 指さして, 指した, 指差しながら, 掃きながら, 掘りかへ, 探しあぐねたよう, 探して, 探って, 掩うた霜が, 揺がすの, 摺りうごい, 撫で廻して, 支配し, 支配する, 放れて, 明るく染め, 昼間の, 暗くし, 曳船し, 染めあう混乱混色期, 楽しく豊か, 歩きながら, 歩くこと, 歩くには, 歩むいかに, 歩むもの, 歩むを, 歩めり彼, 死ぬ程, 流れて, 流れる風, 流れ行く, 流転し, 流転する, 海の, 清めるため, 測って, 源平両, 滑って, 滑つて藍色の, 滑りだしましたが, 滑走した, 漂うが, 漕ごうと, 煉獄と, 照らしながら, 照らす月代, 照りつけて, 熱心に, 爬虫類のみが, 物色し, 犠牲に, 獣の, 眺め, 眺めては, 睥睨し, 突き刺して, 立って, 紅白二つに, 統治する, 縦に, 考えると, 舐めて, 舐め廻して, 茜に, 蔽うと, 行きあるいは, 行くが, 行くの, 覆おうと, 覆つて, 見おろして, 見おろしながら, 見おろしました, 見おろしましたが, 見おろすよう, 見ずには, 見た, 見たいの, 見つめたでは, 見ました, 見まわした, 見やった, 見ると, 見れば, 見下した時, 見下して, 見下ろしたよう, 見下ろしました, 見廻って, 見詰めつつ, 見詰めて, 覗いて, 走ったり, 走らせ度, 走ること, 走るだけの, 走ると, 走る時, 走る車輪, 跂い行かしむ, 跳ね回り両手, 踏んで, 蹂躙する, 転がった, 転がって, 転がりはじめたの, 転がりまわって, 転がり廻り胸, 転げるもの, 転び走つた, 転ろげ, 辿って, 送られ行く人間, 透して, 這いまわりあるいは, 這い廻わり, 這うこと, 這うて, 通るべき順番, 遠くも, 遠く下, 避けて, 酸鼻に, 闊歩し, 離れた, 離れてから, 離れては, 離れない, 離れます, 離れんとして, 離れ他, 飛びまわる, 飛び歩くやう, 飛んで, 飛歩いて, 飾って, 飾る時分, 駆ける戦車

▼ 地上~ (222, 5.7%)

4 落ちて, 降りて 3 向けて, 眼を, 飛び下りた

2 [11件] のぼって, 仆れ, 倒れて, 出て, 吐いてから, 目を, 落ちたが, 落ちる, 転がった, 転がったの, 降って

1 [183件] うずくまったから, おりて, おり立つた, おろして, おろすこと, お降り遊ばされ, かえったらからだ, かけて, からだを, くず折れた, くだって, こぼれた, ころがされ茅野雄, ころがして, ころげ落ちると共に, こんもりと, ごつん, すわったまま, ちかづくと, とどかなくなったもの, とび降りて, はい上がった, はねかえしました, ひきもどされて, ひき下ろされて, ひくくたれさがっ, ひざまずいて, ひざまずくと, ひれ伏したが, ひれ伏して, ぶっ倒れた, ぶつ倒れ, へたばると, べったりと, まッ逆様, もちきたす, もって, もどらんとしても, ドッサリ堕つる睹て, ポンと, 上げること, 下りさらに, 下りた, 下りて, 下り立つと, 下り著く, 下ろさねば, 人間が, 仆れた, 俯向けに, 倒れた, 倒れたが, 倒れたでは, 倒れたまま, 出すという, 出た, 出たが, 出たとき, 出たらしい, 出られよう, 出るのに, 出る階段, 出れば, 出現しない, 匐ひ上がる, 卸した, 卸したその, 卸して, 反射してる, 取って, 叩きつけられたとたん, 叩き付けられて, 叩き倒されて, 叩き落とされて, 叩き落とし, 向けた, 向って, 向つて, 呼び戻されたの, 呼ぶため, 坐り込んで, 報告させた, 大小の, 姿を, 寝かされて, 小さい音, 差しつけるよう, 差置かれたところ, 帰って, 帰りつくの, 帰れるのに, 幸福の, 引きおろすため, 引き出し汝何者, 引返す様子, 引返せないん, 弾んで, 形よく, 御降誕, 我身を, 戻り望月艇, 戻ること, 打ち落すと, 投げだした, 投げ付けた, 投げ出されその, 投げ出されたよう, 投げ出して, 投げ出しました, 抛り出された時, 抛り出した, 抛り出し抜き合わせた醍醐弦四郎, 抜き出して, 抱きおろしました, 押し据えられ周囲, 持って, 振り落とされた, 捨て置いた主膳, 据える, 描いて, 描け, 支え揚ぐる, 放し落されたよう, 旗の, 映しながら, 曝して, 曲って, 来るまでの, 横たわると, 焦点を, 現われて, 登る為, 移すと, 積ってからの, 穴が, 突き其手, 突き立てたが, 突き落した, 細っこい影, 置いた, 置いてから, 置くと, 置くの, 膝行し, 自分の, 舞い下りて, 茫漠と, 落ちた, 落ちたと, 落ちたならば, 落ちると, 落として, 血溜りの, 跪いた, 跪座いた, 跳びおりた, 跳びまわって, 跳び降りた, 蹴戻した蹄, 身を, 転がし出された若い, 転がったが, 転げて, 転落した, 近づくに, 近づこうと, 迷い降り, 通じて, 運ばれた, 運ばれること, 運んでは, 達するまでの, 降したら大, 降して, 降らず世, 降り濺, 降り立った東屋氏, 降下姿勢を, 難なく取っ, 頭を, 飛びおりたの, 飛び下りたが, 飛んで

▼ 地上から~ (175, 4.5%)

6 姿を 5 消えて 3 消えた, 跡を 2 地下へ, 大地の, 失って, 影を, 永久に, 消え失せて, 消失し, 消滅し, 眺めるとき, 起つたこの大きな

1 [138件] いきなり早い, いくら呼出し, うちかえして, おおぞ, ざつと九尺ほどの, しめやかに, せり出しつつ, その姿, ちょっとばかり, では, とび出したあらゆる, なくな, なくなって, なくなるだらう, なくなるであろう, のばして, はかった高度五万五千メートルあたり, はかって, はるかに, ほんの少し, ぼかされて, まいあがっても, また人生, まっすぐに, もぎ取りわれ, もち上げられてる, 一メートルばかり, 一掃し, 一掃せん, 一斉に, 三メートル位も, 三階建である, 上まで, 不幸な, 丸屋根の, 二マイルも, 二三メートル上に, 二三尺の, 二十万キロメートル位の, 二十五メートルも, 五寸も, 五尺ばかりに, 五間も, 亡さね, 他の, 仰いで, 何か, 何十フィートも, 全滅されなく, 全然形, 八九尺も, 六十フィートの, 別の, 十五尺ばかりの, 十余丈の, 十尺も, 千メートルも, 去った, 去つた, 四五十尺も, 夢の, 大方一丈の, 天に, 天までの, 天上へと, 失うこと, 失して, 失ったこと, 奪われる日, 完全に, 平々凡々と, 引き上げる力, 引き離すため, 彼に, 得た最初, 応答の, 悟道を, 成層圏の, 払い去られるよう, 抹殺され, 抹殺しました, 抹殺すれ, 拾った, 持ち上がった, 持ち上げた, 掃いつくされて, 探照灯を, 放射され, 明かりを, 梯子が, 棟の, 森の, 浮き上って, 消えうせて, 消えたの, 消えない芽, 消え失せた, 消え失せた物語, 消え彼, 消滅しよう, 消滅する, 消滅するであらう, 測って, 滲透する, 発散する, 眺めると, 空に, 立ちのぼる水蒸気, 立ち上がった, 約五千メートル, 約六, 絶えは, 聞こえて, 舞上りました, 舞上る, 花束を, 若干の, 葬ろうという, 見ること, 見るの, 見離されて, 観測し, 貧乏な, 起き上らないの, 足を, 迎えに, 追詰められて, 逆さに, 這のぼっ, 連日しきりに, 除去する, 隔離する, 鞍の, 飛びだしてから, 飛び去り虚偽, 飛出して, 駆逐する, 鼓舞激励された

▼ 地上には~ (102, 2.6%)

2 そんなもの, 人間に, 無数の, 牧草が, 田畑も, 糸車が, 金色の, 雪が

1 [86件] あまり多く, あると, あるもの, ある種, いまさず祭り, かわいた砂, この日限り, これ等の, しっとりと, それにつれて, それは, そんなに多く, そんな美しい, たちまち乳白色, どこにも, どこを, ないの, なほ数尺の, まだなかなか届き, まだまだ沢山こんな, まだ全, まだ薄闇, まったく人, むやみに, もう僕ら, もう撃つ, もう穴倉, もはや一人, もはや徳操, もはや道徳, ろくなこと, わたしたちの, ヨーロッパ大戦の, 一人の, 一人俯向きに, 一日一刻と, 一点の, 一階しか, 一騎の, 二人の, 人が, 人の, 人体形成の, 何んにも, 何物も, 何者も, 初夏の, 到る所, 古い何物, 和歌子も, 善も, 季節の, 宇宙線が, 少しも, 嵐が, 幾らかの, 彼等の, 戦争の, 所在するらしい, 既に褐色, 日向ぼつこを, 明智や, 昼夜交代で, 時にしたがって, 月の, 木々の, 植物の, 無限に, 煙霧が, 聞き伝えて, 花さえ, 草が, 草の, 荒れ狂う火炎, 落ち葉の, 葉の, 薄の, 街燈の, 見えなかった, 輝かしい生活, 道も, 遠く応え合う, 降りられないわけ, 靄の, 風も, 麦が

▼ 地上~ (79, 2.0%)

2 おちおち畑

1 [77件] いうと, いま町が, うまくとけあわない, おこったこと, おなじみの, こすッ, これほど, これほども, こんどこそ, ただ一人の, たべる最後, ふたたび巴, われわれの, われわれよりも, ニイチェと, 一番沢山, 一番静寂な, 不死に, 争うものの, 人体には, 仰ぐ太陽, 僕の, 出遇, 反射され, 受けた一切, 吸って, 唯一の, 唸って, 地獄を, 恐ろしい苦しみ, 恐ろしくいろんな, 想像される, 想像も, 戦争を, 持ち得る生命, 捜し求めて, 接触する, 政治も, 敵機現る, 最もマヌケ野郎, 最も不名誉, 最も崇高, 最後の, 木の, 本当に偉大, 栄えるもの, 殺したこと, 毎日毎日新聞雑誌で, 毎晩, 演ぜられたこと, 火に, 焔え, 生を, 生活し, 癒や, 眠る方, 眺めるため, 私の, 秋の, 粉砕された, 縁を, 致しましょう, 蠢動してる, 行なわれ空中戦, 被つた魂, 見た思い, 見るよう, 観測出来る, 試験し, 起ると, 過ごされる余生, 遭遇した, 電波を, 音の, 餓えた蟻, 鳴いて, 鳴き半分は

▼ 地上~ (70, 1.8%)

5 砂の 2 もう夕闇

1 [63件] あかるくし, あまりにも, きっともう秋, この上, これまで, すぐ近く, すべて新緑である, それ故に, それ程でも, たそがれどきで, ただ乳白, たった一つ, つねにありのままな, とつぷり暮れ落ち, どこも, ない, ない呪咀, まだ世界, まっ暗な, まるで別, まるで汗腺, ボーッと, 一せいに, 一つ車輪の, 一歩一歩に, 一面の, 万物陰と, 五階も, 人間の, 全部公園と, 凡て軟か, 四十年以来互いに, 地下道の, 地震で, 夏でも, 大地震, 天上に, 寂として, 寛いだ幸せ, 少し暗く, 忽ち阿鼻叫喚, 急に, 明るい, 明るく明るい地上, 昼よりも, 染め分けられました, 極楽だ, 水を, 炎々と, 狭い碁盤, 獣の, 皆輝き, 硝煙に, 空よりも, 荒廃に, 血潮で, 赤き群衆, 闇で, 陽気で, 陽気で満ち, 雪の, 靜か, 風静かである

▼ 地上では~ (44, 1.1%)

2 稲を

1 [42件] お犬様, けっして一致, こんどは, こんなにも苦しい, すさまじい生存競爭, そうした風土, たびたび人類, だんだん見受け, ところどころで, どういう小さい, どうせ罪, どんなにさわい, ないか, なにを, まだ今様歌, もとより四海兄弟, われわれの, コロリという, 一個の, 不吉な, 人々は, 人間を, 例えば一千尺, 全ての, 再び見る, 娘と, 引ッ繰り返る, 望むこと, 次の, 決して致さぬなら, 満たされないもの, 生きられないから, 盛んに, 研究所の, 聞いた験し, 芸術の, 見られなかった深海, 見られぬ光景, 起こらぬの, 進退が, 靄の, 鳩の

▼ 地上~ (29, 0.7%)

4 なもの 2 な勢力, な存在

1 [21件] でそこ, でなくなりグレコ, ならぬ話, なるもの, なユウクリッド式, な不完全さ, な人間的, な印象, な対象, な幸福, な意識, な接触, な歓楽, な深く, な物思い, な神仙界, な美し, な聖ら, な自分, な苦しみ, のもの

▼ 地上における~ (26, 0.7%)

7 人間の

1 [19件] ありとあらゆる物音, こう二人, すべての, わが子孫, キリストの, ロシア正教の, 人間性の, 処女の, 分限が, 存在の, 小生の, 建設は, 教会の, 新生物, 火星兵団の, 神の, 素晴らしい生活, 義務を, 視野から

▼ 地上~ (25, 0.6%)

2 同じよう

1 [23件] あまり変らない, すれすれに, すれすれの, ちがって, なる, ほとんどかわり, 交通する, 交通の, 同じ空間, 地下, 地下とを, 地下の, 天国との, 天国とを, 天国を, 屋根と, 独立した, 空氣を, 結ばれた明るい, 結び合つてゐた, 自分と, 通信を, 連絡する

▼ 地上にも~ (20, 0.5%)

2 移されて, 空中にも

1 [16件] ある, しまだ, その文献, とびださず丁度, 亦た, 作らないこと, 作り出して, 及ばしめん, 多くの, 天上にも, 平気で, 所々倒れた, 椿の, 楽園が, 残留し, 行なわれるよう

▼ 地上~ (19, 0.5%)

1 [19件] あまりに明るく, あんなに小さく遠く, さむくなった, にわかに暗く, まだ荒涼, よく見える, 僅かしか, 十二階だ, 国境である, 地上として, 夜の, 形から, 悉く敵, 昼の, 毒瓦斯で, 甚だ閑寂, 見えなくなるまで, 静かに, 高天原と

▼ 地上生活~ (19, 0.5%)

3 の経験

1 [16件] が終り, そのままの, とその, に於, に於ける, のはかな, の悪用, の愉悦, の最後, の歴史, の残渣, は言わば, を始める, を短, を陰惨, 及び天上生活

▼ 地上より~ (18, 0.5%)

2 埋没せし, 抹殺せよ

1 [14件] する防禦戦闘, 三四尺婦人の, 三寸六分の, 天涯に, 心の, 拾ひ上げ, 斯くて, 槓杆用ゐ, 湧く忽ち, 現れたごとくに, 空の, 第二, 遥かに, 飛び立ち高く高く

▼ 地上において~ (17, 0.4%)

1 [17件] きた道具, この子, その弓弦, それが, 不死に, 人間が, 何を, 何者にも, 唯一の, 実現できる, 息を, 最高價値の, 犯さるるもの, 獲得されぬ, 神より, 絶えず見続け, 自分は

▼ 地上楽園~ (17, 0.4%)

2 たるばかり, である, に住みたい, の光景, は畢竟, もつまり 1 の凱旋行列, はさ, はそう, も時, を思い出し

▼ 地上への~ (11, 0.3%)

1 [11件] たった一つ, 出口な, 出口に, 出口の, 出口らしい, 出口即ち, 墜落飛行機以前に, 大きな愛情, 怒りだった, 自由の, 贈物である

▼ 地上からの~ (10, 0.3%)

1 太繩に, 完全弾薬は, 消滅を, 穴は, 蒸気の, 訪問者には, 送信に, 高さ, 高度は, 高度六十キロメートルから

▼ 地上との~ (10, 0.3%)

1 あいだに, 交通に, 交通接触を, 対立を, 無電通信を, 現象が, 通信が, 通信連絡を, 闇の, 闘いを

▼ 地上へと~ (10, 0.3%)

1 ついらく, スックと, スツクと, 垂れて, 墜落する, 矢の, 舞い落ちる, 落ちました, 蒼白い電光, 身を

▼ 地上からは~ (9, 0.2%)

1 まったく見えなくなっ, 半ば壊れ, 噴水の, 大変な, 懐中電灯が, 死に, 消ゆ, 火星人たちの, 真黒い煙

▼ 地上まで~ (8, 0.2%)

1 とどきませんでしたが, 下りて, 噴出せず, 墜ちきらない, 連れて, 達したの, 鉛管を, 降りて

▼ 地上へは~ (7, 0.2%)

1 倒れたが, 出ること, 命令された, 届かないから, 帰さないから, 現われない筈, 落ちないで

▼ 地上~ (7, 0.2%)

1 ある程度住み, いなごの, どことなく薄明るかっ, また美し, 寸土を, 薄暗かった, 騒がしいぞ

▼ 地上一切~ (6, 0.2%)

1 のもの, の人類, の怪奇現象, の物, の物体, の精神病学者

▼ 地上生活中~ (6, 0.2%)

1 には到底, には達せられぬ, によく, に信奉, に於ける, の自己

▼ 地上とは~ (5, 0.1%)

1 きれいに, ちがうん, 何等の, 定時連絡を, 身を

▼ 地上においては~ (5, 0.1%)

1 この至奧至妙, その途方, ない, 臣下が, 調練の

▼ 地上一面~ (5, 0.1%)

1 に散らば, に散り敷かれ, に生み付け, に真白, に立てた

▼ 地上到る~ (5, 0.1%)

4 処に 1 処の

▼ 地上天国~ (5, 0.1%)

1 たらしめようと, という壮麗, の樹立, をうちたてる, を建設

▼ 地上最初~ (5, 0.1%)

2 の生命 1 に出現, の宣言, の法王

▼ 地上でも~ (4, 0.1%)

1 あなたの, この気球, これほどの, 観測される

▼ 地上~ (4, 0.1%)

1 中空に, 樹から, 空には, 空中に

▼ 地上三尺~ (4, 0.1%)

1 とは飛び上る, ばかりに巣, ばかりのところ, ばかりの所

▼ 地上調査~ (4, 0.1%)

3 の方 1 ではいくら

▼ 地上にて~ (3, 0.1%)

1 既に默想, 望むも, 物を

▼ 地上めがけ~ (3, 0.1%)

1 てまいおり, て落ち, て飛び下りた

▼ 地上わずか~ (3, 0.1%)

1 に一メートル上, 十余年の, 離れて

▼ 地上一尺~ (3, 0.1%)

1 のところ, の大雪, ほどの白

▼ 地上五尺~ (3, 0.1%)

2 の高 1 のところ

▼ 地上及び~ (3, 0.1%)

1 地下に, 地下における, 海上の

▼ 地上~ (3, 0.1%)

1 がやって来た, が多忙, は大

▼ 地上地下~ (3, 0.1%)

1 には電車, の交通機関, 両生活

▼ 地上戦争~ (3, 0.1%)

1 のよう, の常識, の発達

▼ 地上指揮所~ (3, 0.1%)

1 にとどい, の前, の屋内

▼ 地上攻撃~ (3, 0.1%)

1 か, のこと, をやる

▼ 地上条件~ (3, 0.1%)

1 を通じての天候, を通じて作物, を通じて影響

▼ 地上~ (3, 0.1%)

1 とが全然, に対する天上界, の連絡

▼ 地上百尺~ (3, 0.1%)

1 ぐらい私, の上, の代わり

▼ 地上あらゆる~ (2, 0.1%)

1 女性に, 物が

▼ 地上じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないかね, ないの

▼ 地上とに~ (2, 0.1%)

2 かくも

▼ 地上とを~ (2, 0.1%)

2 同じもの

▼ 地上~ (2, 0.1%)

1 のか, のかも

▼ 地上なり~ (2, 0.1%)

1 天上なりに, 救援の

▼ 地上においてのみ~ (2, 0.1%)

2 教会は

▼ 地上にまで~ (2, 0.1%)

1 引きおろされたもの, 引き降ろされる

▼ 地上はるか~ (2, 0.1%)

1 に見え, の十字路

▼ 地上ばかりを~ (2, 0.1%)

1 伏目に, 歩いて

▼ 地上までは~ (2, 0.1%)

1 一丈ほども, 五メートルほどしか

▼ 地上よりも~ (2, 0.1%)

1 寒いという, 身に

▼ 地上を通じての~ (2, 0.1%)

1 資本家と, 階級戦そして

▼ 地上~ (2, 0.1%)

1 医ヤシタイノダ, 受ケタ魂

▼ 地上七メートル~ (2, 0.1%)

1 ほどのところ, もある

▼ 地上事務所~ (2, 0.1%)

1 から到着, と札幌

▼ 地上二三尺~ (2, 0.1%)

1 のところ, の高

▼ 地上二十億~ (2, 0.1%)

1 の生霊, の頭蓋骨

▼ 地上人間~ (2, 0.1%)

1 の, の億生

▼ 地上人類~ (2, 0.1%)

1 の恐るべき, の純正高潔

▼ 地上作戦~ (2, 0.1%)

1 でなく敵国中心, の場合

▼ 地上全体~ (2, 0.1%)

1 に大, のこと

▼ 地上勤務~ (2, 0.1%)

1 のもの, の兵士たち

▼ 地上唯一~ (2, 0.1%)

1 の人間磯屋平兵衛, の運命

▼ 地上最も~ (2, 0.1%)

1 熱しと, 風光明媚な

▼ 地上最大~ (2, 0.1%)

1 の怪奇的神秘, の恐怖

▼ 地上最高~ (2, 0.1%)

1 の名声, の歓楽

▼ 地上望遠鏡~ (2, 0.1%)

1 がそなえ, で口径

▼ 地上~ (2, 0.1%)

1 を信ずる, を極めて

▼ 地上測定~ (2, 0.1%)

1 の方, はもちろん

▼ 地上生活時代~ (2, 0.1%)

1 の意見, の淡い

▼ 地上~ (2, 0.1%)

1 三尺ばかりの, 百メートルか

▼ 地上部隊~ (2, 0.1%)

1 がすごい, 即ち高射砲

▼1* [188件]

地上いずれのところ, 地上いっぱいに十重, 地上いづこにも, 地上かと忘我の, 地上からもかすかに, 地上くまなくい, 地上ざつと三間あまり上はほんの, 地上すべての煩, 地上すべて荒廃に帰せしめ, 地上たかく突つ立つた, 地上だけが紫白の, 地上だけを見つめて, 地上ちかくになっ, 地上であったのです, 地上である限りは, 地上での測定は, 地上でよりも空中に, 地上といふものは, 地上として今日の, 地上などありそう, 地上ならぬ世界の, 地上なりし蝋燭は, 地上なんかにおられやしませんよ, 地上にあたって馬の, 地上においての生き方を, 地上にかへりしに, 地上にかがまったばかり, 地上にがくッと, 地上にさえその通り, 地上にすら人影ひとつ動く, 地上にだけである, 地上についていないという, 地上にては了解が, 地上にとっていかなる現象, 地上にばたんば, 地上にまでも引いて, 地上によこだ, 地上により不利に, 地上のみに行われつつ, 地上ばっかり見て, 地上ふりそ, 地上ほど興亡治乱の, 地上までの距離や, 地上までも垂れ下り闇, 地上ゆいいつの人間, 地上らしいい, 地上らしい実際です, 地上らしくなっている, 地上を通じてこの資本家階級, 地上ニ於テ尚我レ刄, 地上ニ遺物ノ散在スル所, 地上這ツテヰタラシイガ, 地上一つと信仰, 地上一センチのもの, 地上一フィート近く積った, 地上一メートルの点, 地上一万米もの上空, 地上一二フィートの場所, 地上一定の高, 地上一杯に白く, 地上一間半ぐらいのところ, 地上七フィートのところ, 地上七八寸のところ, 地上七十余尺の頂上, 地上七尺も跳び上がっ, 地上三フィートばかりのところ, 地上三メートルの高, 地上三十尺の円筒形, 地上三十尺あまりにそびえ, 地上三尺位のところ, 地上三百キロメートルの高空, 地上三百メートルにさがっ, 地上三百ヤードの瓦, 地上三間あまりのところ, 地上三階以上の室, 地上に山上, 地上二〇〇キロメートル以上の高, 地上二フィートの所, 地上二万五千メートルの高空, 地上二三十尺のところ, 地上二三寸のところ, 地上二十メートルの間近, 地上二十四階へ, 地上二千米まで位, 地上二尺位の処, 地上二間位は登っ, 地上五六メートルの上, 地上五六尺の所, 地上五十メートルの大, 地上五十尺の高, 地上五寸の空間, 地上五百米突の高, 地上として関心, 地上人類たちよ, 地上低く垂れ下がって, 地上何処にも見られまい, 地上何百メートルという高, 地上作業の兵, 地上僅か三万呎のヒマラヤ, 地上元素のそれ, 地上六フィートのところ, 地上六十呎もある, 地上六十呎寂寞とした, 地上六尺の所, 地上兵力に依る, 地上兵器としては極めて, 地上出発いらいちょうど十二時間, 地上出発以来の乗組員たち, 地上分布といふ考慮, 地上勤務兵の活動, 地上勤務部隊の隠れた, 地上十フィートの所, 地上十メートルほどの大きな, 地上十五尺ほどのところ, 地上十四五尺のところ, 地上十間の低い, 地上千万無数の狂人, 地上四階の, 地上地下生物は猫, 地上にまた, 地上大部の勢力, 地上大陸の大, 地上天上から九天, 地上如何なる凡人又は, 地上の寝床, 地上尺余の空, 地上山陵原隰墳衍, 地上平和の使命, 地上幾十尺かの空中, 地上建築と違う, 地上戰鬪の旗, 地上数メートルの間, 地上数十メートルの高, 地上数千米のところ, 地上数百ないし数千メートル, 地上數寸の深, 地上數尺の高, 地上標識が三分, 地上権ごと全部売って, 地上権一坪平均千円として二十六万円, 地上權ニ伴フ利益ヲ計上スルヲ得ズ, 地上權ヨリ利得ヲ計, 地上が溢れる, 地上水上の戦い, 地上汝等の諸, 地上深く全く泥土, 地上渾一の実現, 地上無数の精神病者, 地上照明のなか, 地上物体の原子, 地上特に歩兵の, 地上王国の建設, 地上現に大王の, 地上生き残りの信者, 地上生命の棄却, 地上生命財産は善用, 地上百メートルで開いた, 地上百六十八フィートの処, 地上百尺温度の一度, 地上百米の低空, 地上的世界の観念, 地上的制限を与えた, 地上的喜びへの合法則的, 地上的幸福も悲惨, 地上的愛の葛藤, 地上的本質がたあい, 地上社会のいきさつ, 地上練習も終っ, 地上でその, 地上観測の結果, 地上観測鏡の対眼レンズ, 地上の向い, 地上近いところで, 地上近くになる, 地上近く舞ひ舞, 地上遍く晦冥と, 地上かに舞う, 地上とを問わず, 地上間近く近寄りましたが, 地上防空隊へもそれぞれ戦闘命令, 地上附近で突如, 地上降り來つ, 地上陽下に燦, 地上は比較的, 地上随一の快, 地上離れて神支, 地上風雲に会っ, 地上高度によって第一声前半