青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「合せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

司令~ 吃驚~ 各々~ 各地~ 各自~ ~合 合~ 合い~ 合う~ ~合せ
合せ~
合っ~ 合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~ 合戦~ 合点~ 合理~ ~吉

「合せ~」 3657, 36ppm, 3205位

▼ 合せ~ (2210, 60.4%)

27 いた 24 見ると 19 いる 17 みると 15 ゐる 12 いるの 11 ゐた 9 笑つた 8 いない, 見ても 7 いなかった, ゐるの 6 ゐて 5 いたの, これを, ゐたが, 居ります, 居る, 拝んで, 笑いました, 笑う, 笑った, 踊って

4 [15件] いたが, いたので, いました, いるうち, みますと, ゐなかつた, ゐるやう, 何か, 拝みたいほど, 私を, 置いて, 自分の, 見て, 親の, 越前屋の

3 [28件] いて, いないこと, いないので, いると, いるに, おいて, おりません, しまいました, それから, それを, やって, やつた, ゐますから, ゐるが, 今の, 彼の, 後姿を, 念仏を, 持って, 村の, 歌ひ, 盤を, 笑い出した, 笑つたが, 笑ひました, 考えて, 考えると, 見た

2 [148件] ある, いたこと, いづれの, いないし, いないの, います, いるだけの, いるだろう, いるもの, いるもん, いるよう, いる時, おがん, おく, おけば, おりました, きて, くるの, くれ, くれたの, ぐらぐらする, さうし, しまったの, しまつ, その上, どこかに, みたり, みて, みましたが, みるに, ゐない, ゐないから, ゐないもの, ゐる癖, ゐれば, ポロポロと, ポンと, 一つに, 一巻と, 一心に湯, 一晩銀笛を, 一生懸命に, 丁子屋の, 三万余宇が, 三人居た, 二人は, 二十に, 五人の, 五六人の, 今は, 伏し拜, 何の, 作ったもの, 作りませうよ, 來た, 借りたる黒き, 八人の, 八月十七日の, 六つ踊る, 六人の, 十三里昔は, 十二三人それに, 半刻, 口の, 叫んだ, 呼んで, 唄う, 啄き嘗め, 喜んで, 嘘が, 大きい利, 大入道の, 大分来た, 大金を, 天女が, 安心した, 寝て, 小僧に, 少しでも, 居た, 居たの, 居つたが, 居るの, 平次の, 彼は, 微に, 思ひ切つたので, 感歎しました, 憂きが, 拜ま, 拝みたいよう, 拝みながら, 拝みますと, 拝む, 拝むと, 拝む真似, 拝んだ, 昨夜どこへも, 来た, 東京市内の, 柄に, 歌う, 歌った, 歌ひ次いだ, 歌ふ, 歩いて, 泣いて, 涙を, 煙草入も, 父親の, 生意氣, 痴川の, 発する音, 私の, 私は, 立つて, 笑って, 粉に, 縁として, 置いた, 置いたので, 翁屋の, 考へると, 背の, 至心に, 興味が, 苦笑する, 行くうち, 行くの, 行動し, 見せるの, 見ようと, 見れば, 解釈し, 話して, 話を, 読んで, 談合の, 踊り始める, 進藤勝之助は, 都合十三四人の, 銀笛を, 鋸を, 門番を, 頼んだ, 食べると, 首を, 馬の

1 [1550件 抜粋] あたしたちに, あった, あったもの, あとは, あやまった奴等, ある者, あわや身, いくうち, いく機敏, いたため, いたという, いたはず, いたらみなひと, いた三千ペセタ, いた五銭白銅, いた少, いた百円札, いた藤代, いた通り, いっしょに, いないみすぼらしい, いなかったが, いなければ, いましたっけ, いやでも, いら, いるがに股, いるだけ, いる両手, いる四十歳前後, いる様子, いる筈, いる遑, いる顔, うたいぬ, おいたが, おかぬと, おくれかのう, おどりはじめました, およそ何貫目, おられたかに, おります, おる品物, お政, お越しありたい, かくの, からかった, くれたから, くれたり, くれる, くれると, げらげら笑い, こつそり横道, この力瘤, この影, この細引, この道場, これは, ごらん下さい, さてスープ, しきりに尿, しばしばこの, しまった, しるき也, じいっと黙想, すらりと, そうしてじっと, そこはかとなく歩み候, そのとき, その儘彼女, その場, その女, その時代, その武士, その頃, それぐらい, それで頭, たくさんは, たっての頼み, ちょっと間, つくる, である, とう, どうか助け, どうとばかりに, どこからとも, なすと, なにしてる, につたり, はなはだ分り, ひと通りなになにの, ほつと, ほぼある, まかり出でて, また単に, みた, みたらなん, みながら, みるの, めでたく謡い, もつひぞ嫌つて, やったこと, やる, やるの, やろうかと, ゆくの, ゆっくりお, ようやく一匹ぶん, よろしからう, わしの, わたくしを, わびて, ゐたくなるやう, ゐたので, ゐたり, ゐた筈ぢ, ゐないこれ, ゐなかつたの, ゐるあの, ゐるし, ゐるといふだけ, ゐるのに, ゐるらしい不思議, ゐる小, ゐる次第, ゐる者, インデヤンの, キカン銃を, グングン伸び, ゲームに, サツクサツクと, スクエア, チョン, ドツと, ベシン皿か, マルセイユウズの, ミノの, 一つの, 一の, 一万以上に, 一人である, 一体と, 一円八十銭です, 一切下肥を, 一升ばかり, 一国と, 一心に祈願, 一方は, 一書体を, 一条の, 一町歩位しか, 一軒の, 丁寧に, 七人の, 七十二座あります, 七時間近くを, 七萬三千圓以上の, 万一まぐれ当り, 三万五千人真田勢僅かに, 三人は, 三十一町の, 三十余人を, 三十銭乃至, 三合これにて, 三四十人いた, 三百余頭の, 三輪の, 上下十九人, 下さるという, 下部一条の, 不義を, 不自由させる, 中から, 主水, 九個の, 九執, 予等が, 事毎に, 二人ニヤ, 二十三人定家は, 二十八万である, 二十四名逮捕, 二十章に, 二本だけ, 二百二十兩四郎右衞門へ, 互いに顔, 互ひ, 五人その, 五億圓以上の, 五十人ほど, 五千百二巻一巻平均六万字で, 五年で, 五番, 五通位出し, 人形の, 今まで, 今日の, 仏蘭西の, 仕立てられたもの, 以前よりも, 低い生垣越し, 低く歌, 何にか, 余念なく, 作つた廊門を, 作る, 俺を, 僅に, 僕を, 優に三十以上, 元気よく, 先々月己から, 全校の, 八五郎すっかり, 八十四ヵ所以上の, 八島相聯なる, 六人それに, 六十から, 六十尺ぐらいの, 六本お雛様の, 六首, 兵庫という, 其互に, 冒険を, 凜として, 出来上ったもの, 初めて完全, 判断される, 前奇隊五百四人, 創の, 助けて, 動きさて, 十一人が, 十一軒しか, 十七字の, 十三人, 十二名の, 十二点, 十二頭技藝すぐれし, 十人近い, 十八人集めまし, 十分間ほど, 千百人ぐらいしか, 半球の, 博士の, 參る, 口に, 古雅な, 叫びましたが, 合図の, 同じく戯曲作家, 同じ速度, 吠えた, 呉れる, 呪い過去現世未来, 味方の, 唄あんだ, 唄の, 善後処置の, 四つの, 四五個らしく, 四人残る, 四個を, 四千人以上に, 四段田圃が, 四百円を, 国民に, 在監者一同, 坐って, 坐り直せば, 塞ぎながら, 外へ, 多年の, 大いに六波羅, 大働き, 大抵それ, 大澤温泉に, 天井へ, 夫と, 奇抜ユニックな, 奥へ, 女の, 女神の, 妖しく尻, 完全な, 実政策, 家の, 富士の, 寸毫の, 小刻みに, 小町の, 小走りに, 尻を, 居たに, 居ない自分達, 居りますが, 居るとき偶然火, 居る作者, 居る娘, 屹つと, 巧に, 帰りました, 年来の, 床几なる, 延長二里に, 引き摺るよう, 形を, 彼奴を, 得る方, 御参会, 御幼君, 御舎弟様, 御題目を, 徳次は, 念じるしか, 思はず叫ぶ, 恐怖の, 恥も, 悪い梅干, 想像する, 感想を, 慰め祝勝, 戦ううち日本平定直前, 手ん, 手紙を, 投げこまれて, 拜むか, 拜むんだ, 拝まなければ, 拝みそれ, 拝みなど, 拝むだけで, 拝むよう, 拝んだなあ, 拝んだわ, 拾五円から, 掬って, 支離めつれつ, 故右大将家, 数百名に, 文化水準をも, 新子の, 日本を, 早くも, 春の, 時々いさめ, 曲者が, 更に又, 書いて, 會つてゐる, 服せしむ, 木莵入と, 村へ, 来たの, 来よう, 板の, 桶の, 槍を, 樫の, 次第にわかつ, 歌いながら, 歌うたは, 歌って, 歌ひ出す, 歌われたもの, 正しい新しい標準, 歩いた, 死物狂ひ, 殆ん, 段ものを, 毬を, 民主主義革命に, 気持の, 水嵩の, 永遠の, 江戸表にて, 法隆寺の, 泥浚を, 泪を, 流線型を, 浄瑠璃など, 清ちやんの, 満ち足りそして, 澁澤さんて, 灯を, 炭焼ガマの, 煮え上り, 父の, 犬に, 狂暴な, 獅子の, 玉に, 生徒の, 甲谷は, 発表する, 白川越え, 百五十兩出しけれ, 百圓からの, 盛岡に, 目白台の, 相撲を, 眉の, 眠るやう, 矢張同じ, 短歌二百五拾貳首長歌一篇, 礼拝し, 福地村と, 私も, 空間を, 立ち上ると, 竜之, 笑い出すという, 笑うほほほほ, 笑つてゐた, 笑ひ出した, 管や, 精進する, 納って, 細く加減, 絵画の, 綴った戸, 縄を, 縦に, 縮かまると, 繩を, 置いたの, 置き原書, 置け馬鹿, 考えたとき, 考えれば, 聊かの, 肩を, 胸で, 腰掛けて, 自分が, 自動車に対する, 船から, 芝居で, 苦笑し, 茂太郎の, 萬屋の, 葬つて, 行く, 行くのに, 行けない自分, 袋に, 西洋人らしい, 見たが, 見たり, 見ます, 見るから, 見るの, 見る必要, 見直したが, 言語に対する, 訪ひ, 語りだした, 誠に然うなれ, 調べたが, 談ずると, 謡いだした, 谷間の, 貰つた, 足を, 跡を, 跳びこんどるから, 踊つてゐる, 踊りました, 身には, 逐一に, 造った筆, 逡巡し, 進むに, 逼つ, 道人の, 避雷針から, 醗酵させた, 野を, 鉄扉の, 銅の, 鍋の, 長さ, 門を, 随喜する, 隣人も, 震い起って, 面喰つた樣子です, 音頭取りの, 頻りに何事, 額縁屋で, 風守の, 飛んで, 食へ, 馳せた, 駕籠の, 高々と, 高天原や, 鳴きつのる, 麻の, 黙らせた

▼ 合せ~ (168, 4.6%)

4 ものを 2 ために, もので, 仕方一つで, 品を, 如く, 寒さ, 御会, 紅葉おろし

1 [148件] あった日, うちに, お肴, かわりに, ことなり, しかたを, ついて, ない, ないもの, まま時が, まんなかの, やうな, カステラが, 上の, 不足くらい, 中勧進聖訓職人歌合せといふ, 中心として, 乾いた茅葉, 二人が, 二人の, 五両を, 休戦を, 会に, 位置などは, 使いが, 元の, 兎の, 共切れを, 其地方の, 判者, 刺戟と, 副産式, 力で, 北側の, 医薬では, 博士の, 原と, 原形である, 古くより, 古蓆, 右手の, 合奏と, 名を, 呼吸まで, 品で, 器に, 固有種子なる, 地名だけ, 域を, 場合にも, 声で, 変化が, 夜の, 夜無断で, 奇怪さ一番キレイな, 女房の, 好い日, 如き技巧, 安物の, 定規で, 宝丹を, 寒さ哉, 小料理ものを, 小遣いを, 屍体を, 工合が, 左右講師に, 席上から, 帰りがけの, 序戦を, 度が, 強度な, 形は, 形を, 影響よりも, 影響を, 御二方, 御出家様, 悪い子, 悪い男, 悪い花, 悪い門扉, 意では, 慣例と, 所に, 手術に, 披講よりは, 挨拶を, 文在し, 方が, 本格は, 板切で, 板切です, 様式を, 気分が, 法くらいは, 流行によ, 為に, 為難波を, 爲に, 片方の, 牌の, 生活を, 画を, 画家的教養なる, 番組など, 異式とも, 皮肉さに, 相も, 相談中であった, 硝子板が, 禁忌だ, 笑ひ, 符号も, 第一番, 第二因, 紙に, 結果に, 者で, 興隆に, 花瓶に, 芸当と, 荒稼ぎに, 蒸米を, 藁屑が, 衝立の, 衣類取り出し, 複雑微妙なる, 記録に, 誤魔化し物, 調べの, 講式や, 護身服を, 財産によって, 跡を, 返事を, 醸した群集心理, 銀子が, 銀子二枚を, 鑄型で, 鑄型を, 長屋の, 間に, 闘詩, 隙を, 隣室からも, 電報を, 食べものを

▼ 合せ~ (157, 4.3%)

10 して 8 なって 4 腰を 3 なった, なつた, なるの 2 します, なるという, やると, ゆらぐ音, 住んで, 居を, 端坐し

1 [112件] あの人, あるから, あるもの, かかろうと, かつ食い, きのうは, この畷, さうし, しかと負, した, したいため, したよう, しようと, しろ, する處, とりかかった, どっさりと, なかなかお, なったの, なった方, なってるから, なつて, ならぬやう, なられるらしくどこ, なりし処, なりました, なること, なると, なるもの, なる例, なる点, なれるかも, アスパラガスと, ドコか, ドスオマスナアなどといふ, 一千兩の, 下水溝が, 与えられたお前, 並んだ, 並んで, 乘つてゐた, 乘りたれ, 今度は, 今買っ, 伊達なこし, 住むこと, 余念が, 使うため, 使ふ, 促されて, 凭れあつ, 出たが, 出るやう, 同じ車, 名も, 向わされる宿命, 困る, 土に, 坐った, 坐る運命, 坐を, 埃は, 変化した, 大伴黒主が, 大骨, 女は, 存じます, 存じ奉ります, 孝行を, 寝ましょうけれども, 専心にな, 席を, 幾時間でも, 手懸りなく, 据えたので, 据ゑられて居る, 接して, 支度を, 新様, 於いて, 暮れて, 木洩れ, 来た, 来たので, 来た仕立屋, 森を, 横に, 次の, 没頭し, 洋卓を, 盛に, 真直に, 着いた姉妹, 私の, 稀に, 窮屈な, 立った, 立つて, 美人を, 耳が, 腰かけて, 腰掛けて, 臨んだ気安, 蛇首と, 行きましたが, 行って, 行て, 見え本, 負けた鶏, 負けては, 過ぎないらしく思われるので, 間劃り

▼ 合せ~ (98, 2.7%)

14 して 4 しようと, やつて 3 したの, しなければ, するつもり 2 つけて

1 [65件] あぶらやに, いたしますため, お待ちしよう, お燕ちゃん, くっ付けたの, こは, した, したい, したから, したがるところ, したこと, した時間, した訳, した際, してやる, しに, しましょう, しますから, し始めた, し白蓮問題, すまして, すまし時遷, する, するから, するが, するため, すると, するの, するほど, するみんなナマリ, せらるるところ, つけるため, つけ得るで, なさつて, なし懸命, はつと, ふくみ護良, やって, やり二月, やり待つ, やると, 仕遂げました, 作って, 作つてゐない, 催して, 出して, 卑下する, 取りに, 序曲と, 廻して, 待つ間, 忘れたやう, 期待しなけれ, 求めて, 沢山に, 盗まれて, 第一, 行い位取り, 行うと, 見られたので, 遂げて, 附ければ, 音も, 頼むよ, 顧みなくな

▼ 合せ~ (83, 2.3%)

4 ないの 3 ない, ないから, なかった, なかったであろう 2 つく様, つく樣, ないは, 悪くて

1 [59件] あったか, あつた, あり五日目, あるかと, あるだに, いくらかつく, いともよろしい, きかなくなる, これだけしか, して, しぶといに, ついたから, ついたと, つかない, つかぬからのう, つかん, つきかねる, つく, つくから, つくくらいにな, つくという, できるか, ないと, ないので, ないよう, ないらし, ないんでね, なくド, なく自分, むずかしいから, ゆるんで, 不足な, 乏しいもの, 來た, 催さるるの, 先ず人参, 先例を, 八百円しか, 六ヶしい, 出来て, 出来るかと, 向いて, 好かつたら土人, 惡る, 文壇の, 文藝春秋の, 断然多く, 早くない, 朝夕の, 来て, 歪んだ上, 殺到し, 民俗芸能の, 温かいから, 無かった, 無くなるから, 起ると, 遅いと, 頑固です

▼ 合せ~ (66, 1.8%)

2 を直し

1 [64件] からこと, からさしこん, からも穴, からシャツ, からチラ, から室内, から小さい, から思いがけなく, から浸み込む, から滲む, から燃える, から田舍風, から紙, から縦, から鼠, が, があった, がどちら, が何, が少し, が浮い, である, などに多少, など一分, にかかわらず, に下, に坐つ, に当る, に揃え, に毛, に置い, に胡麻竹打ち, に藁屑, に遺っ, の処, の畳, の透間, はぼーっと, は直ぐ, へいくつ, へジュー, へ丁寧, へ玉子, へ禁, まで漕ぎつける, もない, もばらばら, も中, も床, をとじ付け, をゆるやか, を伝わっ, を圧, を外す, を押え附け, を涙, を白い, を細く, を細目, を繕うた, を見, を見る, を透い, を離れない

▼ 合せながら~ (62, 1.7%)

2 ズルズルと, 云った, 彼は, 本人の, 首を

1 [52件] あるいた, お願いする, ぎらりと, この武者修業, しっぽの, すっかりオドオドし, する眞劒, その音色, それを, つひに, つぶやいた, なにかと, また云った, みんなの, もう決して還る, オズオズと, ジリジリと, スイ, 二の句を, 云つた, 低い声, 全体として, 出かけた, 叫んだ, 可憐し, 右方の, 唯一言, 土間へ, 子供に, 家中を, 小首を, 尤もらしい, 幾分細長い, 彼女は, 彼等は, 心静に, 忙しく足下, 慌しい先生, 打振った, 折折寢言の, 朱い, 机の, 気の, 着飾つた姉たち, 石子刑事が, 絶えず嬉し, 行進し, 袋を, 言うので, 話すの, 連れて, 降りて

▼ 合せても~ (46, 1.3%)

2 十枚ぐらい, 口を, 滅多に, 父は

1 [38件] いずまた, いないよう, いねえと, お互い軽く, この救貧税, これを, せいぜい百余り, その余沢, たがいに, だれも, やあと, ヒラリと, 一般に, 二三百に, 二人は, 二十歳より, 今日の, 似よりの, 出来るだけ, 十二人に, 吾妹子の, 失礼ながら, 島田には, 挨拶を, 敵うまい, 數から, 月五百法未満で, 瀬戸の, 物を, 男女の, 百戸位しか, 絶対的真理と, 蕗どのと, 要領を, 足りないほどの, 輕く, 返事が, 餅花

▼ 合せたり~ (43, 1.2%)

7 して 2 しました, するの, する始末, 或は弟子たち

1 [28件] こすったり, した, したの, しつつ, する, すること, すると, する方法, むだ話を, 上眼を, 同韻を, 垂れ下る, 姉が, 居合す, 帰順した, 形容詞を, 彩つ, 殺したり, 気が, 片手を, 珠数を, 目玉を, 繋ぎ合せ, 翅を, 聞き合せたり, 膝を, 身内の, 離したり

▼ 合せ~ (36, 1.0%)

2 つく筈

1 [34件] あとで, あるもの, お前が, かつて胸, これだけ, これつ, さすがに, せぬけれど, ついて, つきませんよ, つくまい, どうじゃ, ない, ないか, ないかしらと, ないから, なかつたが, 一命に, 上等の, 前例の, 勿論連歌, 四十銭で, 奇妙です, 女房歌合せと, 整理せられ, 文学発生の, 斯様いう, 月下氷人に, 歌合せの, 歌評から, 此一つの, 神事の, 見もの, 鋼鉄と

▼ 合せ~ (24, 0.7%)

6 事には 2 御方は, 目にばかり

1 [14件] のかも, ものと, ような, 事が, 事ばっか, 人だろう, 境涯を, 奥様としての, 女前の, 暮らし方でも, 来しかた, 煮え切らない景色, 目を, 要約が

▼ 合せては~ (22, 0.6%)

3 絲に 2 糸に, 自から

1 [15件] いないに, いなかった, いるが, したなめ, どうかと, ないの, ゐない女, キヤツキヤツと, 出掛けますが, 分解し, 小さい四肢, 恥かしくと, 猶更, 絶えず頭, 逢うて

▼ 合せ~ (21, 0.6%)

2 スレ鈎に

1 [19件] あつた, あられたらしいお, ありふれた料理, おちぶれて, せう, その婦たち, その時, 出来て, 加十は, 女の, 役不足は, 御在, 昨夜に, 望んでも, 総員残り, 芝居を, 裁判所の, 間違ひ, 隠して

▼ 合せ~ (19, 0.5%)

3 なかった

1 [16件] あったであろう, あったと, あったろう, いたしましょう, ございませぬで, しないで, しなければ, するという, つけて, ない, ないのでね, 伺って, 何にも, 元の, 気易く, 済みて

▼ 合せ~ (18, 0.5%)

1 [18件] いふ, その年, その手, なつた, 下見の, 同じ効果, 存じられます, 戴宗は, 挙るを, 称する, 称せられたもの, 立つ, 見えて, 観念し, 言ふ, 諦めなん三笠山, 謂つた姿である, 連歌とで

▼ 合せ~ (16, 0.4%)

3 が少なく 2 をし

1 [11件] から自然, が次第に, が段々, が緩く, で間違い, はいま, もできなかった, をすれ, を教, を見まし, 初めて拜見

▼ 合せ~ (13, 0.4%)

2

1 [11件] がお前, つたのです, といいます, という夜番, と云う, と云つて, と心, と皆, と諦め, と諦らめ, 物の

▼ 合せには~ (10, 0.3%)

1 あの子, あの時, これまで, たくさんだ, 其家の, 別に湯, 古く五位, 是非必要でした, 直々鳥合ヶ原の, 真珠の

▼ 合せ~ (10, 0.3%)

1 あるが, いいの, よいの, 三故に, 余も, 判つた, 十三故, 原因は, 立憲政友会の, 立憲政友會の

▼ 合せ剃刀~ (10, 0.3%)

1 かな, だ, で一, と睨んだ, は兇器以外, は思ひ, を使, を取上げ, を取上げました, を結

▼ 合せでも~ (9, 0.2%)

1 したの, したよう, した様, するかの, するらしく父, する様, 一騎と, 見るよう, 間に

▼ 合せ~ (8, 0.2%)

1 それから又, ても一向ピン, て帰った, て改めて, にその, に兩人共得心, に貴所方明店, よりいつ

▼ 合せその~ (8, 0.2%)

2 雀の 1 數字の, 気に, 滝つ瀬の, 縫い目に, 頬と, 頭字を

▼ 合せ~ (8, 0.2%)

1 が離れた, である, として生, の離れ, は離れ, をフレッシバター, を入れ, 宜しからず

▼ 合せてから~ (7, 0.2%)

1 これで, ほぼ一カ月余り, ようやく一応の, 千曲川は, 土間に, 屹度吉原といふ, 意外な

▼ 合せての~ (7, 0.2%)

2 事か 1 ことであろう, 八十七戸か, 惣治の, 頼みだ, 駆落ち

▼ 合せ~ (6, 0.2%)

1 中毒で, 向い合せに, 向ひ, 毎朝毎朝, 私には, 駿河守が

▼ 合せから~ (6, 0.2%)

1 なって, 刺戟を, 受けた影響, 条に, 歌合せに, 白兵戦に

▼ 合せ~ (6, 0.2%)

2 ふるに 1 うべきもの, うるに, うれば, ふべきなり

▼ 合せ~ (5, 0.1%)

3 へすれ 1 うらふべく候, へよく

▼ 合せする~ (5, 0.1%)

1 のが, のを, 面も, 顔は, 顔も

▼ 合せてを~ (5, 0.1%)

1 かしく存じ候右の, りさすが, りませうか, りませんが, るから

▼ 合せもの~ (5, 0.1%)

2 は離れ 1 には離れ, を聴きたい, 共

▼ 合せ~ (5, 0.1%)

2 をとたう 1 が仏語, が兜形, と答

▼ 合せそれ~ (4, 0.1%)

1 が同じ, はよく, を実行, を小谷狩

▼ 合せつつ~ (4, 0.1%)

1 呼んだの, 歌ひ出した, 私を, 見送れば

▼ 合せといふ~ (4, 0.1%)

1 のが, ものが, もので, ものは

▼ 合せ~ (4, 0.1%)

1 中興の, 日常瑣事の, 絵巻の, 聯句からばかり

▼ 合せ~ (4, 0.1%)

1 える者, ひたり, ふこと, へども次

▼ 合せさえ~ (3, 0.1%)

3 すれば

▼ 合せたる~ (3, 0.1%)

1 が予算, によつて, をアーチ

▼ 合せである~ (3, 0.1%)

1 ことは, ことを, とする

▼ 合せでは~ (3, 0.1%)

1 なかった, なかつたその, 何かに

▼ 合せという~ (3, 0.1%)

1 光景です, 奴は, 訳で

▼ 合せとして~ (3, 0.1%)

1 受け取ったり, 新領土, 第一

▼ 合せなどの~ (3, 0.1%)

1 催しの, 時さへ, 読み捨てや

▼ 合せにも~ (3, 0.1%)

1 さうし, なりは, 多い

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 から彼女, をクリーム色, を役者

▼ 合せやう~ (3, 0.1%)

1 といふ翼賛会, とした, もあらう

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 る, るるの, るるや

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 との兼用, に布, 唇を

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 がもう, をし, をしめ

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 が今日, の方, れが

▼ 合せ彼等~ (3, 0.1%)

2 の現実自体 1 の子分

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

1 にせよ, にて候, には木

▼ 合せ~ (3, 0.1%)

3 ひは

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

2 妾の

▼ 合せけれ~ (2, 0.1%)

1 ばすみやか, 共不知

▼ 合せすら~ (2, 0.1%)

1 ある, 行は

▼ 合せそう~ (2, 0.1%)

1 だと, にも見えなかった

▼ 合せだった~ (2, 0.1%)

1 という, のだ

▼ 合せだろう~ (2, 0.1%)

1 が不為合せ, が構わない

▼ 合せてでも~ (2, 0.1%)

1 ゐるかの, 自分の

▼ 合せなどに~ (2, 0.1%)

1 文壇意識を, 行こうと

▼ 合せにな~ (2, 0.1%)

1 つたのでございます, つて其上で

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 として合せず, と思ふ

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

2 あるは洋々

▼ 合せわが~ (2, 0.1%)

1 兄を, 松浦屋を

▼ 合せ乍ら~ (2, 0.1%)

1 こう聞いた, 曳いた

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 でも私, よりも倦む

▼ 合せ元栗橋~ (2, 0.1%)

1 にて掃部茂助藤兵衞, に於

▼ 合せ全部~ (2, 0.1%)

1 ですよ, をみんな

▼ 合せ大いに~ (2, 0.1%)

1 得るところ, 私は

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

2 うるに

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 により十二本, ふれば

▼ 合せ暖簾~ (2, 0.1%)

2 を分ける

▼ 合せ最後~ (2, 0.1%)

2 の手筈

▼ 合せ村方立~ (2, 0.1%)

2 退候

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

2 の浜

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

2 を致し

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 し方, の姉

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 になった, を開け

▼ 合せ越前屋~ (2, 0.1%)

1 の跡, の跡取り

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 にワザ, のう

▼ 合せ長い~ (2, 0.1%)

1 一本の, 間頭を

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 の中, を垂れ

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 を低く, を真直

▼ 合せ~ (2, 0.1%)

1 にし, を撫で

▼1* [300件]

合せあの夫婦を, 合せあるはずは, 合せうちどよむ, 合せお互い少し弱っ, 合せお願い致しましょう, 合せかがみだね人死, 合せかたはせまい, 合せかなり労れた, 合せかも知れないどうせ, 合せからは我々外交官には, 合せここに一筋, 合せこの女が, 合せざ筵を, 合せさうにして, 合せされし記事に, 合せさ貝どのには相, 合せざらしめん為, 合せしかも最もその, 合せしたが其日, 合せしたいが, 合せしむ馬のち暁り知り, 合せしものありし故, 合せしようね, 合せつかりもう, 合せすぐに長火鉢, 合せそうしてそれらの, 合せそこの同勢, 合せそれぞれ自村, 合せそろそろ京師にて, 合せだちゅうんで, 合せちぐはぐの座蒲団, 合せちょっと目礼し, 合せてかへすが, 合せてからの事であった, 合せててもなくトランク, 合せてと考へて, 合せてどどうする, 合せてなんて余計な, 合せてはといふ懸念から, 合せてははと神妙に, 合せてわーと, 合せてをがませたまひ, 合せであった事は, 合せであったらしいが高氏, 合せでございましょう花魁は, 合せでございませうイエたんとは, 合せですか因縁, 合せとかのごとく今, 合せとの関係も, 合せどおり船列の端, 合せながらも尚時々, 合せなどから歌合せも, 合せなどが以前にも, 合せなどよりも今の, 合せなどを中に, 合せなりに一先ず落ち, 合せなんぞと云うもの, 合せなんてえの, 合せにおける歌論の, 合せにくい顔を, 合せにでも来たん, 合せになんぞ善いこと, 合せによって生じる公理体系, 合せに従ってその日, 合せのみつつある時, 合せのむものであり, 合せはや二千に, 合せふつと涙ぐましくなつた, 合せぺこぺこと頭, 合せみたいなもの, 合せめごとに牡丹, 合せもみ合せ足, 合せやがて二人は, 合せやっと今夜は, 合せやや圓い, 合せやら自分たちは, 合せようとしてゐる, 合せカットしたり, 合せガタ馬車に搖, 合せこないですよ, 合せナムアミダブツと言, 合せフランの値上り, 合せ一旦日比谷公園まで, 合せ一枚もの就中飼鶏がぱっと, 合せ一番纖細な栗鼠, 合せ一緒に智慧, 合せ三四疋の猛犬, 合せ下手へ行く, 合せ世界到るところ, 合せ両々譲らず火, 合せ乍らストオヴの方, 合せ乍ら喉一杯の声, 合せ乍ら多勢の間, 合せ助歸國, 合せの下, 合せった竜, 合せ二人そろって, 合せ二役なので, 合せ亭主庄三郎に斯, 合せは石川県, 合せ今日は何, 合せを拝みつ, 合せの港, 合せて一卷, 合せなんか此境内, 合せへたる点尠, 合せ何やら小聲, 合せ何時まで斯, 合せ例へば防空訓練や, 合せに語調, 合せ修正し合って, 合せ候ところこの節, 合せ候一儀大半成就致し候え共, 合せ候者ども四十八人にて斯様, 合せ候處一向何, 合せを伏拝む, 合せの座敷, 合せ兄淡路守を逐, 合せ先生と許, 合せ八方手を尽し, 合せは, 合せ其子を救, 合せ其所より出奔, 合せ切れがする, 合せ前後より攻め立てた, 合せ勘当の事情, 合せ北見せん子の依怙地, 合せ十一二両に過ぎず, 合せ十兵衞が娘, 合せ十月二十八日の夜兩替町島屋治兵衞方, 合せ十貫に余る, 合せ升屋の身上, 合せ半ば顔を埋め, 合せふかるべき, 合せるべしと, 合せ申由被, 合せ右金兵衞の子分掃部茂助藤兵衞等三人, 合せ合せするの, 合せ呑むの概が, 合せ呼吸をはずませ, 合せ嗚咽しないばかり, 合せ国民全体がた, 合せ土地の鎭守白旗明神, 合せ境内でも後, 合せ多助に向い, 合せ大きな筆管を通して, 合せ夫婦はその, 合せ奮發したる茶代, 合せ女達は並ん, 合せに逢, 合せ姦夫と淫婦, 合せやは早く, 合せ婦女の身, 合せ宅兵衞を欺きし, 合せ宅兵衞殿を欺き, 合せ密かに目, 合せ将来に於い, 合せ猿三吉の, 合せ小柄な肩, 合せ少しの隙, 合せ少時言葉もあらざりし, 合せお残った, 合せ居り候を, 合せ帯博多のしん, 合せだ, 合せ年紀恥かしく思ひしとぞ, 合せ幾度か助, 合せ庄司家の跡, 合せに足首, 合せ役人の來, 合せ兄弟諸共一先盜み出し, 合せ必死相極め候面々は御, 合せ怖い者見た, 合せ我と我身を, 合せ所謂世話料受取り荷物運送, 合せ手紙で知らせ, 合せ掛り合を恐れ, 合せ掻合せするの, 合せ損つた程の僕, 合せ撥調べをし, 合せ散々に罷, 合せ散らし髪で猪口, 合せへ滑, 合せ旁巴里見物に続続, 合せ日表を編纂, 合せ早々に支度, 合せを夜中, 合せを得, 合せ晝夜番を致すべし, 合せ暫時默して, 合せ更けて遅く, 合せ有れども七十兩足, 合せ木蔭に抱き入れ, 合せ条件を持出し, 合せ松浦屋を破滅, 合せ果して然らば, 合せ橋本町へぞ急ぎ, 合せ橋際の柱, 合せ欧米文明国の事実, 合せ此処で初めて, 合せ此處で初めて, 合せ此難儀を救, 合せ歩み合せて見, 合せにもさき, 合せ殘らず辨償, 合せ母のをがます, 合せ母安を欺き賣, 合せ比べ合せ頭の, 合せれ重, 合せまたは漆, 合せ油土を丸めはじめる, 合せ流れの末, 合せ浴衣の上前, 合せから海, 合せ海中にはだかり立ち, 合せを垂れ, 合せ渡邊様を殺そう, 合せ烈戦五十余合に及ん, 合せ無く思うこと, 合せ無我夢中でメリイ, 合せ焼き居られしが, 合せ焼跡に小屋, 合せ煎じて飲む, 合せして, 合せを横ざま, 合せひざるを, 合せ甲斐ない痛み, 合せ申す顔が, 合せ疊三疊丁度座布團, 合せと紫つなぎ, 合せ白い麭汁それにしかも, 合せへのしかかる, 合せ目覚ましく働きて, 合せ樣宿所へ, 合せを伏せ, 合せぬ, 合せを押え, 合せ社会施設もまた, 合せ私自身の言葉, 合せ種々異見も仕, 合せ稻葉家の老臣稻葉勘解由, 合せ第一線に立つ, 合せ組み合せた読物に, 合せ絞殺し其儀, 合せり戻して, 合せ締むるこころか秋のをはり, 合せ編曲の基礎, 合せ繋ぎ懸けて, 合せ置き帯刀いたし, 合せ翌朝江戸へ赴きける, 合せ考え合せては, 合せ考えられて来る, 合せ考えることが, 合せ耐え兼てお, 合せを細り, 合せ脛巾も賤, 合せ自ら胡弓を弾き, 合せ自分で合点, 合せ自身に糸, 合せ船頭二人の力, 合せ花合せあるいは艶書合せ, 合せ若い帽子も, 合せ苦しき息の, 合せ苦心した蘭領印度, 合せ藤五郎兄弟を救, 合せ融會し合糅, 合せ行毎に頭韻, 合せの敵, 合せるを, 合せ読みこれを, 合せを暗まし, 合せを縮め, 合せ近く海に入る, 合せ連れの女, 合せ遂に彼を, 合せを天, 合せ都会生活の浮動的断面, 合せ都合のよい, 合せをなめ, 合せ金兵衞の子分等三人, 合せや鋸, 合せ銅鑼や金鼓, 合せ長刀で担う, 合せ限りもない, 合せ障子を開けた, 合せ雑役を使っ, 合せ雙方から一隊, 合せ露地入りをやり直す, 合せ青蓮の釘, 合せやかに, 合せ面上に涙, 合せ須利耶さまを拝む, 合せと顔, 合せ飯炊の宅兵衞, 合せ飲んでいます, 合せ餘儀なく御殿山, 合せも人手, 合せ高倉宮の令旨, 合せを濃く, 合せを並べ