青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る 在る~ ~地
地~
~地上 地上~ 地下~ 地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方 地方~ ~地獄

「地~」 18976, 205ppm, 489位

▼ 地~ (4351, 22.9%)

70 落ちて 47 なって 31 伏して 26 して 23 つけて, 落ちた 21 於て 19 来て 16 倒れた 15 仆れた, 住んで, 着いて, 立って 14 ついて 12 あって, まみれて 11 墜ちて, 置いて 10 伏せて, 入って, 向って, 垂れて 9 あった, 出て, 堕ちて, 根を, 着くと 8 あつた, いて, 印して, 落ちる, 足を 7 おちて, ひざまずいて, 仆れ, 倒る, 倒れて, 手を, 拝伏し, 落ちると 6 ある, すりつけて, 敷いて, 白で, 白の, 突いて

5 [20件] ありて, あるの, あるもの, ついた, ぬかずいて, ひつ, ひれ伏して, みちて, 下して, 住し, 向かって, 埋めて, 帰って, 於ては, 来たの, 産する, 白と, 置き鬘, 至る, 行って

4 [31件] あつて, ありては, つかないよう, なつて, 住する, 住みついて, 入ると, 到着した, 到着する, 印した, 土着し, 在っては, 坐って, 居を, 平伏して, 投げて, 於いて, 曳いて, 残って, 滞在し, 着いた, 立ちて, 縁故の, 落して, 落ちたり, 落ちぬ, 觸れ, 身を, 這って, 面を, 額を

3 [69件] あった時, いたり, おろして, お入り, しても, すりつけても, ついたもの, つかない, とどまって, なつた, 両手を, 伏しぬ, 伏せば, 位置し, 何か, 何にも, 侵入し, 俯し, 倒れました, 倒れる, 入らんと, 入りて, 出る, 到達する, 及ぶ, 唾を, 坐して, 垂れた, 塗れて, 墜ちた, 墜ちたり, 墜ちたりと, 墜ちる, 墜つ, 就いて, 就ては, 居るが, 居れば, 平和を, 影を, 擲って, 斃れた, 映ったらその, 映って, 映つたらその, 来てから, 永住する, 満つる, 満てよ, 生じて, 着くこと, 立つて, 立つ時, 紺の, 膝を, 落ちたの, 落ちても, 落ちました, 落つるの, 著か, 行きて, 足の, 這う虫, 遊んで, 關する, 降って, 降りて, 響いて, 頭を

2 [239件] あっては, あつて湯宿, あらずと, ありと, ありとも, あり巳之吉, あること, いては, いると, いる頃, うつる怪しい, おいでに, おなじいろ, かかって, かくれて, かけり, きこゆ, きて, さげて, さして, さすに, しきぬ, した, するの, すれすれに, そ, それを, ちがいない, ついたと, ついたり, ついた肉, つかえて, つかしめよ無慈悲, つきました, つくほど, つくほどの, つけながら, とどめて, なった, なったり, なりました, なるの, ぬかずくよう, のけぞって, はじめて起こり, ひいて, ひびきしげき, ひれふして, やつて, よく働く, カキツバタが, 一本の, 二人は, 付いて, 付かなかった, 伏した里芋, 低くたれ, 低く居, 作って, 來て, 俯っ伏し, 倒れ, 倒れぬ, 倒れると, 偃す, 傾けて, 光被する, 入った, 入つて, 入り込みその, 入り込んだ, 入り込んで, 入るの, 共同の, 出た, 出没し, 切売されぬ, 割拠する, 原料が, 向いて, 向けて, 向ふ, 吹きつけたり, 咲いて, 咲きあふれ明日, 唐草模様の, 囘り, 固むる, 在って, 在る者, 坐った, 埋む, 堕すまいと, 堕ちたの, 塗る, 墜ちたの, 墜ちること, 墮ち, 変形し, 存在する, 定住する, 定着し, 宿った, 密着し, 小屋住まいを, 居る間, 工藝は, 帰する, 平家を, 府を, 座して, 引き摺って, 当って, 彼らの, 彼等は, 御遷座, 息を, 投げる, 拠って, 拠りて, 捧げ酬, 捨てて, 据えて, 描いて, 播いて, 放逐させる, 教化の, 散って, 散在し, 敷く夜露, 於ける二年, 於ても, 映る, 映る二人, 春の, 曳きながら, 曳きはへ, 曳くばかり, 月の, 来りて, 染みて, 栽える, 歸る, 水論の, 波及する, 活きずば, 活くる, 活気の, 渡り給, 満つ人, 滋く, 滞在せし, 滿つ, 漂着し, 潜っても, 潜入し, 焦りつく影, 生えて, 生きて, 生まれて, 生れて, 當て, 當る, 白く, 目の, 相違ない, 眼を, 着いたの, 着いた時, 着いた頃, 着かざるまで, 着きました, 着き地, 着けて, 着けば, 秋の, 移されて, 移して, 移ったの, 移って, 積る, 立った, 立つもの, 立つ事, 立てて, 立てり, 縛られて, 繁茂し, 至りては, 至る迄の, 茶色の, 落し, 落した, 落した涼傘, 落ちず光, 落ちたる一部, 落ちた矢, 落ちた音, 落ちてるの, 落ちれば, 落ち栗, 落つる各自, 著け, 薄紅, 藍色に, 見える, 見るやう, 認めなければ, 起り天, 足が, 跪いて, 踞りたる画工, 転がる, 近いほど, 近づいて, 近づくに従って, 近づけば, 這うよう, 連れて, 進んだ, 進出し, 遊ぶほどの, 達すること, 達するに, 達するの, 金の, 釘づけ, 銀泥を, 銀糸の, 降るその間一毫, 陣し, 陣を, 陣取って, 陥ちた, 集合し, 雷同する, 領伏し, 黄と, 黄色に

1 [2829件 抜粋] あぐらし, あった城砦, あなたが, あらす長崎, あらん事, ありそう, あり名, あるに, ある二人, ある外国人向き, ある平家, ある柳橋, ある貸, いい場所, いただけ, いたら叱りつけても, いって, いなければ, いるの, いる家中, いる気分, うずくまって, うつぶして, うんと肥料, おくこと, おちたとか, おちは, おった時代, おとどめ願います, おりて, お住ひと, かえって重荷, かこちて, がっしりと, くさったの, こだまする, こぼれる音, これだけの, さすら, しくまでに, したなどは, しひきずる, しみ込んで, しろその他, すっかりオレーフル油, すりつけた, すれたり, その人, そびゆるところの山嶺は, たおさしめたり, たたきつけられるの, たれ根, ついたという, ついた両, ついた実践, つかえる, つかないやう, つかない訣, つかぬほど, つきさ, つきましてから, つき次いで, つくばった生き方, つけたま, つけんばかりに, でて, とどくまでは, とどろく終列車, とろりと, なき味, なじまず去る, なつかしい人, なびく髪, なるうつくしい, なるん, にじむべ, のけぞらした, のぼり太刀, はたして宝庫, ばらの, ひきながら, ひざまずくだけの, ひとり泉は, ひろげられた地獄, ふして, へばりつき聞き耳, まきその, まっすぐに, まみれさせても, まみれた明智方, まみれるよう, まろび伏し, みて, みのれ, めぐまれて, もがいて, もぐり込んだか, もとづくゆえに, やりぬ, よりてのみ, ゐようもの, シャマンと, バタバタと, レイスの, 一大巨人棲居したる遺, 一日二日或は, 七夕は, 上られた, 上陸後には, 下りて, 下り昼, 下ろしうまいうまい, 不可思議な, 並んで, 乗りこんだこの, 乱が, 二年あまりいた, 五十萬圓も, 人の, 仆れる, 付かないやう, 付け平伏し, 伏さっ, 伏したまま目, 伏しゐて, 伏すごとく建てられた伽藍, 伏せた, 伏せるほど, 伏せる間, 佇み, 低れん, 住まれた, 住みついた女中共, 住むか, 住むマカクス・チリエンシス, 住む白ナマズみたい, 住もうと, 住吉の, 佗住居し, 來つて鞣皮を, 依然として一つ, 修禅する, 俯伏せに, 倒して, 倒れたが, 倒れアカイア勢, 停滯, 僅かに, 働くある, 先住民族が, 入った魏延, 入らん, 入り腹背左右, 入るるに, 入ろうと, 其読者を, 凭て, 出られると, 出會, 分つ, 初めて殖民地, 到らずして, 到達し, 剣梅鉢の, 劣らぬ困窮, 勤務する, 匍伏した, 十五日を, 博物館が, 印する中, 去られた小山内君, 及んだこと, 口を, 叩き着けて, 同姓子弟を, 名声を, 向かうとき, 向つた留守で, 君臨され, 吹きおとされた林檎, 呼吸し, 咲く福寿草, 商人たり, 噴出せる, 固定せず, 圧し曲げる恐ろしい, 在りしぞ, 在る所, 地でなく, 坐ったまま, 坐わり, 垂れぬ, 埋めたが, 埋め春暖, 基づき名づけたもの, 堕ちたかと, 堕んと, 塗れた原因, 塗れるの, 墜ちず候えば, 墜ちないこと, 墜ちるばかり, 墜ち遂に, 墮す, 多いの, 多く鉄砂, 大きな乱菊, 大勢集っ, 天狗寺が, 女あり, 如くは, 委する所, 委ねたる鐵, 存在し, 安んずべきでは, 定めた青年たち, 宛てて, 宮城師範學校と, 宿りて, 寝たとも, 導く意志, 小屋を, 就いての, 居たこと, 居た為, 居ること, 居城が, 届かざるうち, 屋根裏に, 属類の, 山吹が, 差し向けること, 帰しけん, 帰りとうございます帰りとうございます帰して, 常います, 平気で, 広く用いた, 建て, 廻すとは, 引きつけられて, 引く腰張, 張られし者, 張繍を, 役者の, 往来し, 御降りなされた, 必要な, 恥ぢず, 情を, 成さしめ給, 戦い楚軍, 打ちつけて, 托するもの, 投げすて校門, 投げ付けた, 投ぜられて, 折れ伏して, 押しつけるやう, 招待し, 拠らせ而, 挿して, 捨て去る残骸, 据えられた駕籠, 据ゑぬ, 接しようと, 描かれた僧侶, 摺って, 撒いて, 擬して, 攻め入るなどは, 散らしつ, 散布される, 敷いては, 敷き宙, 敷くばかり, 斑らに, 於けるも, 於ける利根川最大, 於ける滞留十日, 於ける言語, 於る, 明るい表情, 映つて, 暮らして, 曳かんと, 曳く尾羽, 最も多く, 有楽館という, 朱の, 来た, 来ったという, 来り松葉屋, 来る勇気, 林立し, 校舍を, 桜の, 棲み常に, 植えて, 楯を, 横たわりて, 横り, 橄欖, 止って, 此の, 歸營した, 死ぬこと, 残されて, 残りの, 殺到あるべし, 比べては, 氷という, 求めて, 沈ましむ, 油断の, 泌み, 注ぐと, 活計もとむ, 流刑する, 浮かんだほのか, 消滅し, 深く入りこむ, 渡った, 湧きたって, 満ち花樹, 溜りその, 滞在する, 漂って, 潜まなければ, 潜んでも, 灌ぎ祈祷の, 無之, 燃ゆる, 牡丹の, 猫より, 現れたもの, 生えた蕪菁, 生じたる, 生ず, 生まると, 生れたるもの, 生業を, 生長し, 用意し, 留まるお, 畳み上げて, 病歿した, 發展し, 白く七宝繋ぎ, 白山一華と, 盛りあげねば, 相応な, 着いたと, 着いた者, 着かないやう, 着かんとして, 着きて, 着くくらいに, 着く事, 着したの, 石造りの, 磨りつける樣, 福が, 移されたが, 移った時, 移り來, 移住し, 稀なり, 積もって, 空も, 突き立て三仏堂, 窮死せる, 立ちぬ, 立つたび, 立つ夫婦生活, 立てる, 等しい少し, 籠つて己を, 紋形の, 細く白い雨絣, 結廬し, 緑草の, 繁茂する, 置いた為, 置きたいこと, 置き給わんと, 置けるに, 老狼, 育ったので, 脱ぎ捨て, 膝突き抱き, 臨まれるの, 自動車の, 至らなければ, 至り四, 舗ける, 芒刺多く, 花鳥を, 草はめる, 萌葱の, 落した後, 落す暇, 落ちたいぶかしい, 落ちたよ, 落ちたるマリア, 落ちた幕末, 落ちてからも, 落ちましたと, 落ちるだけ, 落ちる提灯, 落ち半分, 落ち葉, 落つ, 落つるところ, 落つる穗, 落として, 落合ひ, 葬られ, 蔓った, 薨じた, 蜻蛉と, 行きたまふか, 行くほど, 行けるか, 行つて散歩した, 表面上何ら, 襟の, 見まして, 見るに, 触れざる前, 觸れぬ, 誤謬が, 象る云々, 貰って, 赤い花模様, 赤色の, 赴いて, 赴く決死隊, 起りだした, 跪いた, 踏みしかって, 蹈み入る, 躍る細長い, 較べると, 辿りついたとたん, 近い善光寺, 近い部分, 近く花壇や, 近づくころ, 迷ふ, 退去を, 送る, 逗留させ, 這うもの, 這入ってから, 連なりこれ, 進むより, 遊びぬ, 遊んだの, 運搬し終る, 過去十年余の, 達したらしく運転手, 達し得るもの, 達すると, 達す一行, 遣されしは, 遷る, 還る, 配して, 野生し, 金箔の, 金銀真鍮地に, 銀朱の, 鎮座した, 長く寝, 長陣は, 關係が, 附くよう, 降り, 降りました, 降る, 限らないが, 限る風習, 陷り, 隠栖を, 隠遁致しまし, 集まると, 露結び水ながる, 面し東, 響く音, 願成就院の, 飛び散りその, 饐えるであろう, 駆るけれど, 鮮明な, 鹿の子の, 黄色い波形, 黒いつや糸, 黒き紐つき, 黒の, 黙ったまま突

▼ 地~ (3303, 17.4%)

124 上に 58 底から 48 底に 46 底へ 42 中に 41 上へ 39 底の 36 下に 28 方へ 26 上を 25 中へ 23 底を 21 理を 17 底で 16 間に 15 下から 14 ような, 上の, 下の, 文の 13 中から, 人たちは 12 下へ 11 ように, 下で, 底まで 109 文と 8 上は, 中の 7 底からでも, 底へでも 6 なかに, 一つであった, 上で, 上には, 中で, 人々は, 人たちの, 文が

5 [13件] やうな, やうに, 上も, 下を, 中へでも, 人々に, 人が, 人の, 文を, 方に, 方の, 糧, 鞘の

4 [15件] ことで, 一つである, 一角に, 上では, 上まで, 人たちが, 人民が, 底, 底からの, 底深く, 文に, 理が, 理の, 理も, 生活に

3 [46件] ない男, なかから, はづれ, はてに, ピュロスの, ホテルで, 一つとして, 一隅を, 上から, 上が, 中には, 中を, 人々が, 人々と, 人たちへ, 人は, 住民は, 入口に, 厚さ, 問題で, 地下室で, 地代及び, 塩と, 声を, 子である, 子らの, 子土民は, 実情を, 巻, 底にでも, 底までも, 文, 果てに, 特色なく, 理に, 理には, 理は, 町の, 神の, 空気を, 視察に, 近くに, 間を, 雪を, 震いは, 魚は

2 [148件] あいだに, うちで, ことである, ことに, すべての, そこから, そこに, そこ深く, まん中に, ものは, ようだ, アイヌは, アルジに, ランスに, 一つで, 一つに, 一小, 一本の, 一隅に, 三津の, 上, 上と, 上にも, 下には, 下は, 下宿屋の, 下深く, 下界に, 事情に, 人に, 人も, 人情は, 人民は, 人民を, 今日の, 停車場である, 先生から, 入場者には, 冬の, 処置については, 前で, 労働者を, 卑湿に, 名ある, 名に, 名を, 向いの, 問題を, 囲込は, 土に, 土の, 地主と, 地名を, 場末と, 境遇に, 墓地まで, 士族を, 声だった, 外人の, 奥に, 奥の, 如く爭はず, 娼婦を, 婦人を, 子, 安らけ, 宙を, 定めも, 幅の, 底では, 底でも, 底には, 底は, 底へまで, 底も, 形の, 役所に, 悪くな, 惨状を, 懐から, 払下げを, 文で, 文との, 文は, 文も, 文章を, 方が, 方は, 方も, 旧家である, 景色を, 景色風俗を, 木戸を, 札を, 案内を, 模様が, 池の, 浜の, 浴衣の, 減失, 熟睡の, 状況から, 状況を, 猿若町に, 理と, 理にも, 田を, 畠の, 盛り時にばかり, 盛岡で, 神を, 神家の, 突破は, 窪みに, 精, 精の, 総反別, 縞物の, 美しさ, 者は, 自然には, 色と, 色を, 花を, 芸術に, 草の, 草を, 草原を, 荒野を, 袖を, 袷に, 襞に, 見本帳が, 角に, 言葉を, 豪家で, 豪族の, 貸付を, 資材を, 起伏が, 農業は, 陰うつるらし, 震えは, 震ふた, 霊を, 露の, 面は, 風情写し得

1 [1915件 抜粋] ああ白魚, あったため, あやまり, ありふれた心中事件, あるので, ある大, あれた廿二三, いくつかの, いっそう簡単, いのちの, うえに, おそろしい棘草, お寒, かかる俤, くぐり木戸, けがれ蠍も, こと, ことであっ, こと甘, ごとき自由, さだめかという, せいか, そこの, それは, ちと窪んだ, つめたさ, とつつきに, ない, ないよう, ない代物, ない野郎, なかには, はずれに, はなかなか, ほうに, ほとんと, ままで, まんなかに, むかしを, もつ特殊事情, もので, もの英語を, ようである, よしあしで, われわれ, イシカリ港と, カジノや, カール説を, コートを, シンガポーアの, チヤブ屋から, ドラマである, ネルを, マニラへ, ロタシヨンは, 一である, 一号地に, 一帯は, 一点を, 一知事であった, 一軒に, 一開拓者の, 丈が, 三弦一名コフジ一名コフシ一名クヮフシ一名コハシなど, 上にでも, 上二三尺の, 上皮に, 下からの, 下その, 下にて, 下流に, 不利に, 世態は, 世界を, 両側空地の, 中だ, 中央などに, 中央通りにあたる, 中心に, 中窪み, 主人と, 事に, 事情も, 五十米プールに, 人々にとって, 人々を, 人たちも, 人には, 人及び, 人居の, 人民の, 人無き, 人達に, 今の, 代表的な, 任那に, 伝説だけに, 住宅は, 住民でも, 住民自身も, 何十名かが, 価値を, 保護は, 俤を, 値と, 偉業に, 傍に, 價格ぢや, 先輩で, 光明臺の, 入口だ, 八幡神の, 公園へ, 兵隊との, 内にて, 内治, 冬は, 処々に, 凹みに, 出来だ, 出語りは, 分会で, 切れっ, 初秋らしい, 利根川べりの, 前に, 創設魚及び, 劇界を, 労働者は, 勢いは, 北に, 区域外に, 午後なりき, 半玉相手の, 博物館さえ, 危礁乱立する, 原っぱで, 原野の, 反物を, 叙事詩が, 古記を, 叫びを, 合体の, 名さ, 名をも, 名儀人, 名妓仇国と, 名物なり, 名称を, 周囲の, 味は, 唐錦帛紗は, 商人と, 問題に, 喜代治が, 回復は, 囲込と, 図を, 園城寺という, 土人にとって, 土壌農作物等の, 土運びなどで, 地代と, 地名とは, 地形図であった, 地殻が, 城下の, 塚を, 塩であった, 境涯を, 墓碣の, 声で, 夏の, 外で, 外は, 外人等と, 多くが, 夢の, 大事件, 大成功, 大法なり, 大都会, 太く通つて, 奥を, 女に, 女神ゲーア, 如きは, 如く特に, 妖怪を, 姐さんと, 娘たちは, 婦女威儀を, 子供である, 子等の, 字を, 学を, 宗教事情は, 実地を, 実権を, 実際の, 家へ, 宿命かも, 寄留届を, 寒さ, 寝間着の, 小さな大名, 小作條件の, 小家にも, 小浜ちりめん胴抜の, 小説の, 少し窪み, 居民を, 山々が, 山に, 山岳の, 山川ことごとく, 岡崎には, 岸辺から, 川に, 差別を, 市村座興行も, 帶の, 幕に, 幸を, 広くなっ, 広野には, 底であった, 底とばかり, 底へまでも, 底水の, 店, 建物も, 建設当初は, 形を, 彫刻の, 役筋から, 待望組は, 御片つけ, 急坂多く, 恐怖の, 息と, 悪童からは, 情景が, 惨状から, 愛国者たちを, 或町, 所有なら, 手拭いを, 掘割は, 支店長に, 故でしょう, 教会へも, 教坊に, 整理が, 文か, 文では, 文なり, 文以上に, 文明の, 文章ばかり, 文運を, 断層と, 新たに, 新布袋家, 新聞は, 方です, 方稲荷堂の, 方面から, 旅行に, 日光を, 日本人に, 明教館に, 星の, 普通の, 景觀が, 最も重要, 月, 有名無実なる, 有志家わが, 服の, 木の間から, 木綿を, 札が, 材料に, 村長さんや, 東綴の, 林相, 果てで, 果てるあたり, 果まで, 柄を, 柳橋へ, 栄である, 桐ば, 森林であった, 検証は, 極貧の, 様な, 模様を, 樹, 歡樂に, 武者羽織を, 残留原子放射線の, 殘り, 比較を, 民俗の, 気象を, 氣とは, 水干に, 水色の, 河岸に, 法という, 法被を, 波濤を, 活動写真館の, 浦, 海ならじ, 海岸近くに, 淡雪に, 渡良瀬川關東一の, 測定値とから, 湖水として, 滅亡が, 漢中川蜀に, 濃い藍, 濡れた軒, 火事は, 点景モデルと, 無いにも, 無い奴, 無い話ツ, 營所, 物は, 特性を, 特色を, 状態によって, 独占資本家たちである, 猿公, 王冠で, 理, 理など, 理想を, 瓦を, 生物キノコ風ね, 産業は, 田畑を, 由縁から, 男子ことごとく, 町はずれを, 畑にも, 畦へ, 異人館を, 癖が, 発見にとりか, 白く匂う, 百姓が, 百貨店が, 監督に, 目的な, 相が, 相違では, 眞ン中に, 真中に, 真昼を, 着物に, 砂かと, 碩儒に, 祇園祭で, 神ぢゃ, 神怒れる, 神様へ, 祟り親罰, 私ども家族の, 穀税整理などを, 空と, 窓辺近くに, 立体性の, 第二門, 篤學高津才次郎先生, 精か, 精霊でなくっ, 糧であろう, 納所着に, 細孔から, 経営者が, 絹張り蝙蝠傘を, 經驗を, 緑が, 縁の, 縮緬に, 繻珍牡丹形の, 美術文学にも, 羽織白縮緬の, 翳り, 耕作が, 職場で, 肩の, 胸に, 胸壁に, 膝を, 臨検だった, 自然と, 臭を, 興味に, 船岸には, 色にも, 色ッポサを, 花模様などは, 若い学生, 若い軍人, 草は, 草露に, 荒れ野原, 蔭に, 薄い水, 薄くなった, 藩の, 蛮民か, 血漿と, 街路は, 表面の, 袖が, 裁判所における, 裏などで, 裾模様の, 襤褸を, 西端に, 見えぬまで, 見当が, 見舞を, 角まで, 言葉しか, 記事も, 記憶だ, 訪問を, 設計を, 詰まったもの, 話が, 誰もが, 課税されなかった, 警備が, 警察の, 變化でございます, 豪農也, 貴婦人等は, 資格まで, 赤山という, 跋渉は, 踏査や, 軸は, 農作組合で, 農業も, 農民は, 辺なり, 近傍を, 近郷にも, 透くやう, 連鎖店である, 運命も, 道に, 遠近を, 選定を, 邪神祝融に, 部落, 里程を, 野外に, 鉄柵には, 銀弓の, 銅山の, 鎖を, 長吏, 門戸に, 開港式に, 間には, 間の子, 関係も, 闇や, 陰に, 隅に, 隣傍に, 雨の, 雲龍寺で, 震動に, 霜に, 青年の, 青馬に, 非常な, 面積は, 領主の, 領土の, 風を, 風教視察の, 風習という, 首府と, 驚くべき唯一, 高橋喜平氏である, 鬼神の, 鵜舟の, 麻の, 黒も

▼ 地~ (2305, 12.1%)

21 離れて 19 払って, 這って 14 選んで 13 掘って, 求めて 11 占めて, 見て 10 這ふ 9 打って 8 踏んで, 蹴って 6 して, 出発した, 視察する, 離れた 5 かえて, もって, 出発し, 占めに, 去って, 打った, 這うよう

4 [17件] 出して, 割いて, 卜し, 去つて, 変えて, 失って, 尋ねて, 後に, 指して, 捨てて, 捲いて, 掃いて, 摺って, 目ざして, 相して, 経て, 耕作する

3 [34件] けって, すって, はうよう, ふんで, 中心に, 割って, 劃して, 去ること, 埋めて, 得て, 想像し, 打つ音, 抽き, 持って, 掩う, 放れて, 物色し, 相すること, 称して, 耕すは, 自分の, 見に, 見れば, 視察し, 踏むこと, 踏むと, 踏んだの, 蹴るよう, 這いながら, 通って, 過ぐる, 開墾し, 離るる, 領し

2 [133件] あらそひて, きめて, こえて, さして, さへ, すてて, その家, とつた, とどろかして, なして, ならして, はって, ひいて, ぴたぴたと踏み, もつて, もとめて, やると, ゆるがして, わたしは, 一巡し, 与えて, 作る, 作る可, 作ろうと, 利用し, 刻んで, 動かず専ら, 匍ふ, 占領し, 占領した, 卷く海, 去りて, 去り難く, 去る時, 叩いて, 叩いては, 嗣ぐこと, 売って, 天への, 失うと, 奪わんと, 好んで, 守って, 定めし後, 小作し, 山の, 建設する, 弾いて, 彼は, 往来し, 征服す, 征服する, 御一見, 忘れては, 惜しとこそ, 愛して, 払いて, 払った, 払下げて, 投げて, 択んで, 拓いて, 拝し, 拡大し, 持つて, 捨て, 掃ひ, 掘りて, 掘ると, 掘るよう, 掘れば, 掩ふ, 措いて, 換えて, 攫んで, 旅する, 明かに, 明らかに, 檢分しない, 歩す, 母と, 求めに, 求めんと, 照し, 異にし, 異にする, 発見する, 立った, 立って, 耕すの, 耕や, 舐めて, 蓋ひ, 裂き地軸, 見せて, 見たり, 見つめて, 見出した様, 訪う者, 訪ねて, 訪れるであろう, 貫く勢, 買って, 買ふも, 距る, 踏まず, 踏まないで, 踏みしめて, 踏み鳴らした, 踏めり, 踏んだが, 踏んだと, 踏んだとき, 踏査した, 転じて, 這うて, 這う煙, 這う虫, 這つた, 這つて咲い, 通り過ぎて, 通過し, 過ぎて, 選ま, 選定した, 開拓する, 限って, 離れます瞬間, 離れるの, 離れ得ない生活, 領した, 風靡したる, 飛び空

1 [1654件 抜粋] あげること, あてがわれて, あるいた, あわせ定めて, いとひ, うごいては, うち, うつ秋, えらびて, おおう草, おとりなされましたの, お渡し, お譲り下さる, かえりみて, かき尾, かぎ歩, かけ時節, かすませたり, きりひらいて, くぐり空, こしらえて, ことごとく水, さがさせたが, さして大坂, さだめて, さらに南, しめあ, しめ大いに, すっかり仕上げ, ずんずん北, そう呼ん, そぞろ歩いた, その借地人, それからそれ, たずねようと, たって, つかわすから, つくり二百間あまり, つぶさに観察, とって, どこと, なさざるべからず, なしたの, なぜ調査, ならすよう, ぬけ関, のぞくと, はいると, はじめ大和一帯は, はなれたいと, はなれる喜び, ひき闇, ひとまず敵, ひろげた, ふまれながら, ふむの, ふりか, ふるわすとどろきに, ふんだばかりの, ほりていねい, また去っ, みせて, みんな取り上げ, めぐりそして, もたげ, もつわけ, もとめながら, ゆけば, ゆるがすの, よぎりルウアン市包囲, わざわざこんな, タンと, ナザレよりも, モッケする, 一呑み, 一晩ぐらいずつ, 一歩離れ, 一軒毎に, 三分し, 三重と, 下邸として, 不規則なる, 与えたが, 世界の, 中心として, 乞い受けた, 乞ひ得た, 争うべからずという, 争わず, 二つとも, 二尺も, 云て, 京丸と, 今の, 今生産事業, 仮る, 低くながめやった, 低く這っ, 何処かに, 余さない, 作り殖民地, 作る餘地, 併せ考へ古今, 俘囚の, 保有しえた, 借りて, 偃うて消えた, 入つて, 公園に, 兵燹から, 写したと, 出づる, 出ると, 出発とう, 出雲の, 別人の, 前々から, 剰さず寸苗, 割きて, 割つて, 劈きて, 動くならば, 匍ふて行く, 北京の, 区切る四方, 卜せしめついに, 占め, 占めたもの, 占めるこの, 占めんと, 占め満, 占拠しました, 卵色の, 去ったかを, 去っても, 去らぬ事, 去りある, 去ること能, 去るは, 去る事, 去る爾後兎群静か, 取られたいこんが, 取り回して, 取上げそして, 取締る, 叩き或, 召しあげられた当座, 司どり共, 同時にわが, 含む一帯, 吹く風, 和人に, 喜び平然, 嗅ぎながら, 嗅ぐ, 回復した, 固めて, 固執した, 圧して, 均らし, 埋めた, 堅く踏まれた, 塗潰す, 墾く, 売るなんかは, 売却すれ, 変へて, 大久保村に, 失えるなり, 失ふの, 奧深く, 奪還する, 好む木, 嫌ひ, 存ぜぬの, 守り防ぐばかりを, 守るべく屋島, 定めて, 定める方, 宮部善性坊木下重堅の, 寄進した, 射す, 居小屋地, 履むでも無く, 崇めて, 巡った, 巡回する, 巡礼し, 巡視する, 席巻し, 平地と, 平定した, 年二十一石の, 廣くし其國の, 廻つた, 引きずるばかりに, 引き払い郷里, 引例し, 引揚げる, 張り即刻焚火, 彼等の, 征服出来なかったら, 徐々祁山から, 得たる点, 得ば, 得られないもの, 得人, 心あてに, 志し窃か, 忘れた道草, 思い浮べた, 恢復する, 想像する, 愛しこの, 愛するの, 憚かる, 所領し, 打つた, 払うた為, 払う物, 払った様, 払つてなし, 払つて無く, 抑えれば, 抜けその, 択み, 抱いて, 抱へて, 抽いた, 拵えるという, 拵へる, 持ちませんでした, 持ておられるので, 指し古代王國, 指すので, 指示する, 挟んで, 挽回しよう, 捜すため, 捨て長安, 掃く音, 掃らつて去らう, 掘つて柱, 掘り下げて, 掘り返した畑, 掘るの, 掘る鋤, 掠つて, 掠めんと, 探さなければ, 探しまたは, 探り得て, 接収に, 掩うて, 掻きむしった, 換えたと, 揺がした, 揺すった, 揺るがし始めた, 搖つて聞えた, 摺るかと, 撫でんばかり, 撼か, 擁護しよう, 支配した, 放れると, 散歩し, 敵兵に, 旅立ち一昨日, 早くからこの, 明るく照らした, 易えれ, 暫く辿った, 曳いて, 曳くばかり, 替えて, 有しそれ, 有税地と, 望んだ, 本色と, 杖衝坂と, 枯らして, 染めぬ, 柴田側へ, 棄て, 極東の, 横ぎって遠ざかった, 横たふべし, 正規の, 歩いた, 歩いて, 歩し, 死助と, 殊更ら, 毎度風雨で, 求き, 求む可, 求めたか, 求めなければ, 求めようと, 求めるに, 求め得て, 求め翌年官廳, 汚したもの, 治めし者, 洗つて毒を, 海軍の, 清国に, 測るには, 漁つて歩いた, 潜ること, 潰滅する如き, 灰燼に, 為さんと, 焦せども, 照す所に, 照らす, 犯したの, 独立させる, 献上した, 生じ永久, 略して, 発ったの, 登って, 目指して, 相した, 相する, 相寄せ, 眺め今さら, 矢板へ, 知らで過, 知らないので, 知りすなわち, 知れりしこと, 破って, 示さず, 示して, 示威的に, 神霊の, 秘して, 穢して, 究めて, 穿って, 突き両脚, 突っ切って, 窓明りに, 立つと, 立とうという, 立去っても, 第二, 約束する, 経めぐっ, 経過し, 絶えず移動, 經過した, 繞って, 羨み一たび, 耕して, 耕します, 耕すこと, 耕す者, 耘って, 背景に, 脱出する, 臨検する, 舐めるよう, 荒らした大蛇, 荒れ廻るその, 蔽う熱帯樹林, 薄雪郡土用寒, 行きつくすと, 行くよう, 行乞明日は, 被うて, 裂いて, 襲うた暴風, 覆い囲, 覆うて, 見いだした人, 見せること, 見た由, 見つける迄に, 見ないの, 見なかつたので, 見まわすの, 見るが, 見るのみ, 見入つてゐる, 見出し得ん, 見出せない故郷, 見水, 見立てここ, 見舞った, 見附けたの, 視るを, 視察せよ, 観戦地として, 記念せん, 訪れ, 訪問する, 設けるよう, 語り裝飾, 調べた上, 調べる外, 警備する, 護つて居る, 貪り食, 貰ったから, 買収し, 賜はり, 賜わるという, 贈っただけ, 走りまわり測量, 走る狐兎偃鼠, 距たる, 践まずと, 踏ましむる思い, 踏ませない策略, 踏まないやう, 踏まぬけれど, 踏まれたという, 踏みし事, 踏みながら, 踏みわけ二十分, 踏み占める悲壮, 踏み眼, 踏み鳴らす軍勢, 踏むまいとは, 踏むを, 踏む想ひも, 踏む者, 踏める心地, 踏んだところ, 踏破し, 蹈まずし, 蹴り噛み合い刎, 蹴ッ, 軽蔑し, 辷った, 辿る心地, 追い立てられて, 退去ある, 逃げ延びること, 透く内側, 這いだした, 這いまわるほの, 這い岡, 這い草, 這う人間そのもの, 這う影, 這う蛇, 這う霧, 這ったねじれた灌木, 這つて発動機の, 這ふようにし, 通つてゐる, 通りかけた, 通るの, 通過した, 造りまた, 連絡する, 進んで, 遊歴する, 過ぎ石炭坑數箇處, 過るとき, 遠ざかる思い, 選びそれでも, 選ぶが, 選んだの, 選んだ弘法, 金に, 鋤くもの, 開いたが, 開くもの, 開拓すべきであらう, 閲するに, 除いては, 隔つると共に, 隠す, 離る, 離れしところ, 離れたかと, 離れたならば, 離れた間もなく, 離れなかった集団同士, 離れると, 離れ俗, 離れ残り, 震ふもの, 震わし観者辟易, 震わせて, 露わして, 領し斯波満桓, 領し更に, 願下げた, 飛び越えた, 駆けぬけて, 駈け抜けて, 驅け, 鳴り響かせて

▼ 地~ (807, 4.3%)

11 行って 9 来て 8 向けて, 落ちて 6 やって来て, 着くと, 膝を, 落ちた, 足を 4 倒れた, 向って, 帰って, 来たの, 着くこと

3 [12件] つれて, むかった, 仆れた, 入り込んで, 入ること, 出て, 来ては, 着いて, 置くと, 落して, 行くの, 都築文男一派の

2 [46件] いって, お移し, こすりつけて, つけて, のりこむよう, はいって, ひざまずいた, ひざまずくと, もどって, 伏した, 來て, 入った, 出かけて, 出かけました, 到達し得る, 去って, 参りました, 坐った, 坐って, 差しか, 弟を, 急ぐ途中, 手を, 来たか, 来ると, 来れば, 水を, 渡って, 潜ったか, 着いたの, 着いた時, 着くまでに, 移って, 臨んで, 自動車を, 落ちたの, 行ったよう, 行っても, 行つたと, 走る運転手, 赴く途中, 足は, 通ふ, 降りて, 顔を, 鼠の

1 [593件 抜粋] あつまりみな, あんな無理, いちばん先に, おいでに, おかくし, おくだり, おくやら, おはいりあっ, おはいりなされ, おろして, お出でに, お埋めした, お移りに, お立ちに, お見え, お退き遊ばされます, お遷し, お預けに, かかって, かくして, かけて, くだって, くると, くるなんて, くるまで, この箱, さいご, さして, しのびよるには, しゃがみ込んだ, しゃがむと, すくめたかと, すぐに, すてて, すりつけたり, ぜひ戻っ, その後続々, たずねて, たっするの, ついたの, ついて, つかえ各, つかないうち, つくこと, つくと, つくの, つく程, つけた両, でかけます, とって返して, とどき, とどくと, なぞ行っ, なりと, ぬかずいて, のりこむ心得, のりこんだ如く, はいっても, はいり込んで, はじめて越し, ひきかえして, ひき移った, ひざまずき, ひざまずき面目, ひら地, ひれ伏しじっと, ふかくはいっ, ふかく這入りこみ, ふしても, ふたたび還ろう, へた張り, まいりましたなれど, まぎれ入って, まんまと乗りこみ, むかつて, むけて, もう一通戸籍謄本, もぐりでも, もっとも近く接近, やって来た理由, やって来ました, やって来る, やつて, ゆかんと, ゆく千載, ゆく者, よこされては, わが子を, わざ, スパイを, ダイヤモンドの, ベタベタと, ルチアノ一味が, 一浴し, 一緒に, 一面に, 上った, 上って, 上れば, 下がって, 下され申すべき事, 下すと, 下って, 下りたので, 下りて, 下り染八, 下り直立, 下り立ちお, 下り立つと, 下り荷物, 下る, 下ろされ麦飯味噌汁, 両手を, 中った一刹那, 乗りこんで, 乗り込むよう, 乗り込んで, 乗込むという, 乗込んだ, 二日前について, 二通出します, 五時間で, 伏し申候, 伏せ, 伏せる上自分, 伝法に, 伸びたところ, 住みついたので, 住みついた雷ギライ, 侵入し, 侵略南下作業を, 俯ツ伏した, 倒れたでは, 倒れた鴫丸, 倒れて, 先へ, 入ったの, 入つて, 入り込み様子, 入り込めよう, 入るの, 入るわけ, 入城早々の, 八百駒の, 出かけたり, 出かける程, 出かける車馬, 出し土地, 出たの, 出た後, 出てからも, 出る, 出るまで, 出る前, 出店を, 出征し, 出発した, 出発しなけれ, 出発する, 切れこんだ, 初見参, 別荘を, 到った, 到着いたしました, 到着出来, 到着出来ません, 十之, 危険を, 参ったその, 参ったの, 参られましたが, 参り候, 参り種々心残り, 参ること, 参拝する, 叩きつけるよう, 叩き落されて, 吐き立直ると, 吐く, 向かう旅人, 向けたまま, 向ったの, 向つて, 向つて空虚, 向つて行, 呼び下して, 国を, 土着する, 地へと, 坐った杉浪, 垂るる, 垂れて, 垂れ下る, 埋めて, 埋めに, 埋めよと, 堕すを, 墜し入る, 変更される, 大きな円, 大切の, 大賭博, 天降つた, 奔って, 婿に, 子でも, 安全に, 宛てて, 室蘭碇泊中は, 家々の, 家庭を, 密航を, 寝た, 寺を, 将軍野遊の, 小さくし, 少し送, 少し送った, 届かない前, 左遷され, 巴里から, 帰すこと, 帰ったので, 帰った以来, 帰らるること, 帰りここ, 帰り多く, 帰り着いてからも, 帰ること, 帰る時, 帰れば, 帰任し, 帰航する, 幽閉を, 座った, 廻って, 引かれるよう, 引きあげると, 引き入れて, 引き移る, 引摺る, 引越したが, 引返す, 強く照りつけ, 彼を, 御出立下, 御廻し, 御渡海, 御進撃, 微かな, 急いだ, 急いだ訳, 急いで, 急ぎましょう, 急行した, 戻って, 戻るよりは, 打坐っ, 抑え付けて, 投げ出される, 抛ちながら, 押しつけて, 押し出したこと, 持ち帰ろうと, 持って, 指して, 振り捨てられ, 捨てられた, 捨て候, 掘込んだ穴倉, 掛って, 推して, 播かれた荳科植物, 擦れ擦れに, 散り敷く, 散歩に, 敷いて, 斃れた, 旅立つ支度, 旅行し, 旅行する, 昏絶された, 映ったが, 曳いて, 本貫, 来させて, 来た, 来たが, 来たは, 来たらしい, 来たらしい心持, 来た時分, 来た自分, 来てから, 来られたの, 来られ其御委任, 来るまでに, 来年来る, 来逸見三家, 桃と, 案内された, 案内した, 棄つべくなりぬ, 植えこむ, 歸つ, 歸つて萎微沈衰の, 残して, 母の, 毎夜出る, 気散じな, 没入し, 沼から, 泣き仆, 派遣された, 流れ流れて, 流謫した, 消えて, 深くはいっ, 深く入りすぎ, 渡った, 渡りし事, 渡り直ちに, 渡ろうと, 渡航する, 滅入りこみ, 漕ぎつけるまでには, 無事に, 無数の, 焦げた丹, 照会せし, 片膝, 現われて, 生え抜いた樫, 生み落さるれば, 白で, 白に, 白抜で, 着いた, 着いたとの, 着いたならば, 着きそう, 着きたいと, 着き初春, 着き度, 着き日, 着くころ, 着くつもり, 着くとき掌, 着くはず, 着くまでの, 着くや, 着く富士裾野, 着けないかも, 着けば, 着せしところ, 石一つ位建て, 碇泊を, 移されて, 移っては, 移住し, 移住した, 移住せしめ, 移動させ, 突くよう, 突っ張ったり, 突っ込むよう, 立ち帰る仕儀, 立ったの, 立って, 立帰りました, 立退いたという, 立退かせたので, 第一, 紺で, 置いて, 考古学者の, 聞えた時, 肉薄し, 肉食妻帯の, 腰を, 腹這った, 臨もうかと, 自家用車乗りつける, 舞いおりるよう, 舞わせて, 落した, 落ちたが, 落ちたこと, 落ちた花, 落ちない, 落ちるし, 落ちる気色, 落ち薄い, 落ち込んだ, 落として, 落着い, 蟹の, 行かれた際, 行きたい, 行きたくないもの, 行きついたの, 行きつける場合, 行きましょう, 行きますよ, 行き不, 行き弟, 行くが, 行くと, 行くには, 行くよう, 行く事, 行く事実, 行く外国人, 行く時, 行けと, 行けば, 行けましょうか, 行こうと, 行ったもの, 行ったん, 行った使者, 行つた, 行つたら, 行つて土着する, 行つて居た, 行つて御覧に, 行向う, 行商に, 諸共に, 護送する, 赤い帶, 赤蜻蛉を, 赴いて, 赴くよう, 赴任した, 足が, 跳び上がった, 踏みこんで, 踏み込むの, 踏込む前, 踏込む戦, 身を, 身元照会を, 転がした, 転げ落ちたよう, 輸送する, 辿りついた, 辿りついた時, 近ごろ新しく, 近づくにつれて, 追いやって, 追い返されるかも, 追ひ込んだ, 送って, 送らせた, 送られること, 送られるならば, 送り其, 送り届けるよう, 送り運ぶらむ, 逃れても, 逃れる丈, 逃亡し, 逃込み, 這いつくばりしばらく, 這った, 連れて, 進撃した, 遁げて, 遊びに, 運ぶと, 達しそう, 達したと, 達しても, 達しは, 達すること, 遣わしたその, 避難した, 還り得るとしても, 還る, 金口を, 金泥で, 金紋虎の, 長閑に, 開業以来十二年間も, 間者に, 間違いなく行きつく, 隠密に, 集って, 集めたと, 面を, 響いた, 額ずいて, 額を, 飛込み開けたまま, 首を, 駆けこんだ若, 駆けつけて, 駈け行き小刀, 黒い線

▼ 地~ (716, 3.8%)

4 吾等に 3 いずれも, どこか, もちろん諸, 天然の, 東南に, 永久に, 震ひ

2 [23件] かくの, これを, だが, だを, どこに, どこの, ない, ないの, もはや時世, 一面に, 出来て, 右に, 吾等自身である, 幸いに, 広い, 彼れ, 明らかには, 時を, 痩せて, 私には, 私の, 紅の, 自然に

1 [645件 抜粋] ありぬその, ありますまい, いくつも, いくらも, いたってすくなし, いたるところ佳香, いつまでも, いまの, いま燃えん, いよいよ不利, うつくしい気持, お前樣の, お茶にかけては, かつて坂上田村麻呂征夷, かつて関将軍, こうして益, ここだった, ここに, ここにおいて, ことごとくうばわれた, この何年, この尾張, この川筋, この辺, これの, これらの, さして遠く, されるであろうが, しめり草, しツとり濕ツ, すかさず二人, すこぶる複雑, すっかり雪, すでに有名, すなわちわが, すなわち北米合衆国, すなわち理想, すべて放棄する, すべて珈林である, すべて絶えず, そう多く, そこである, その, そのままに, その周囲, その大部, その寺院, その武威, その鼎沸, それでは貧しい, そんなに焼け, そんな厄介, たしか遠, ただの, たちまち豊饒, たとえ一坪, ため息し, ちつとも, ちょうど私, つめたくなり, つゆ草の, とし子が, とにかく読書, どういう土地ガラ, どこであった, どこです, どこらが, どちらに, ないかと, ないから, ないらしく, なお戦国的, なかなか広い, なかば花壇に, なし, はたしていずれ, はなれ島, ひ, ひろいから, ほしいまま, ほとんど未, まさしくこの, また太守劉焉, また驚くべき, まだでき上がらない, まちまちである, まったく猿, まっ黒であり, みな国難の, みな自身の, みるみる水びたし, むかし尾崎紅葉の, むれて, もうもうたる雨足, もう宵, もう見つけ出された, もう間近, もっともっと青い, もとの, やはり南海部郡, やや軟雪, ゆらいでも, わずかに, わたつみの, アイヌの, アッシリアヘヂアズアルメニアパレスタイン等の, アフリカの, イエス, グリーンランドの, ソヴェトで, チリ国なり, ハッキリしない, ハッキリとは, ブエノスアイレス市と, ボストンを, マレー半島でも, ロシアに, 一つ大, 一カ所に, 一体どこ, 一夜も, 一寸も, 一応こちら, 一旦失いますれ, 一望に, 一望千里の, 一躍百二十万石, 一郷一村と, 一面の, 七条お, 万物の, 三ッ堀に, 三河だった, 下にと, 不明だ, 不毛瘴疫文明に, 不潔なれ, 中原を, 中央ロシヤも, 丸の内の, 丹波の, 丹那盆地, 主としてこの, 主に, 乱世乱麻の, 乾ける, 二三の, 五を以て, 五里ほど, 京都室町姉小路の, 人の, 人生の, 今から, 今の, 今一寸考へが, 今大, 今日では, 他に, 伊予讃岐また, 伊吹鈴鹿の, 低い岡, 何ともい, 何処かね, 何処に, 何度も, 余が, 例の, 依然としてを, 偉大なる, 備後で, 先帝玄徳が, 全くなく, 八方大洋で, 六郡に, 六郡の, 円板の, 再び黄金, 凍って, 分からぬ, 切腹し, 初泥, 到底明治時代, 前線へ, 剣山刀谷である, 割れ, 労耕せ, 勝家にとっては, 勢ひ, 勿論小作地, 勿論東京大阪等, 北では, 北緯五十八度に, 千六百餘町歩, 卑しいもの, 南印度摩頼耶國, 南方であったらしく, 南津輕郡黒石町, 南米であり, 単純な, 印度に, 原理的には, 去年の, 取り上げられ吾平爺, 古代から, 台北である, 吉い, 同じく南亜, 同一の, 名に, 呉の, 周以前に, 呼野家は, 和やかな, 因幡薬師の, 固より, 国家の, 圧迫を, 地の, 地球の, 坦に, 堅く氷れり, 売る屋敷, 外濠の, 多く作れる, 多少これ, 夢の, 大阪で, 大陸つづきでなく, 天下反覆の, 天嶮の, 太子の, 太陰よりは, 失われそこ, 存外緊, 安らかに, 定形なく, 実に毛人, 家族の, 富山で, 寺社奉行の, 小倉らしい, 小芝居, 尾張寄りの, 山が, 山寄りの, 島前の, 島夷に, 川棚に, 州城の, 工場地帯に, 工業者の, 己が, 常に淡, 常よりも, 幕府領では, 幡随院長兵衛の, 平坦あるいは, 年々ひろがっ, 広々と, 広く山, 広く嶮, 引揚げた, 当州特産, 当時は, 彼の, 彼らの, 彼女らの, 彼等に, 後に, 後顧の, 得られまい, 徹底的主我主義でなけれ, 必ずしも睛, 必ずや君, 必ずユダヤ, 必ず朝鮮, 思うに, 思の, 急速に, 恋愛に, 恐らく船客, 恐ろしい口, 愉快だった, 憂愁と, 成り立つもの, 我々の, 我が床, 我らの, 戦前の, 戦時景気の, 手と, 持ってるだろう, 摂河, 支那大陸の, 故郷の, 整然とへだてられ, 敵国の, 文化の, 断じていけない, 既に旧来, 既に狭隘, 既に過, 日光の, 日向の, 日本の, 日本海沿岸の, 早くから西洋人, 早速世界唯一, 旺日は, 春の, 時どき揺れた, 暑くて, 暖かいので, 最初に, 最早死んだ, 月給とりは, 有名な, 木曽以外には, 木槌山まで, 村長や, 東京から, 東北に, 東北にも, 棄てがち, 森の, 植民地だけに, 概ね山東省, 次第に下方, 此処で, 武功でなく, 歴史時代の, 死滅した, 殆ど枚挙に, 比較的近き, 気候が, 気随気儘に, 水から, 永田町で, 氾濫し, 江北を, 決してあなた, 決して組合, 河に, 泥湿, 浅黄である, 海上三千餘百尺誠に, 海抜高一・六〇〇米位で, 涯ない白, 淡墨, 深く凍り, 溝渠を, 滝の川か, 漆の, 濡れて, 灼けて, 無い程, 無之筈, 焦土と, 焼け跡の, 熊本では, 熊笹に, 燃ゆる, 物騷で, 犯罪嗜好者に, 独占的営利会社の, 玖珠, 現実的原理を, 生きて, 産業に, 用途も, 田尻博士の, 異つて, 當然に, 痩せ冬, 白いの, 白く花, 白く風, 白峰まで, 皆かう, 皆爾の, 益州一州しか, 盖し, 目に, 目の, 相対す, 真っ白で, 真の, 真珠の, 眼と, 着工させ, 睡る, 矢張關東諸, 石巻の, 石竹色の, 砥粉地と, 神奈川県鎌倉町長谷二〇三と, 福島の, 私有で, 窮尽し, 第七学級, 筑摩県の, 筑紫の, 粗末だ, 粛然として, 納戸色模様は, 紫の, 絶えず予, 絹を, 絹物ジョーゼット木綿人絹など, 縮緬の, 織物業中心地帯と, 老ても, 耕さずして, 耕作せられ, 耕作を, 聖岳の, 肥沃である, 胡粉と, 胸さわぎ, 膳に, 自ら自然的科學的の, 自分の, 自国の, 至る所, 花に, 茂り水旱, 荊州の, 荒れて, 荒れ物, 荒涼で, 蒔き刈りとるに, 蒼かった, 蓬や, 蘇州である, 虫の, 蛇を, 衰へ, 西国に, 要害で, 見えないその, 詳でない, 豆州に, 豊後南海部郡因尾村の, 豊臣氏の, 貢税を, 買わなくても, 購わずとも, 赤質に, 赭色を, 走り乍ら苦わ, 踏ませじ, 転じて, 輝き渡り, 近くの, 逸品を, 遐に, 違います, 適宿直祗候の, 都と, 野心の, 銀沙を, 鍋島家の, 鑿たれ, 長良山の, 闇に, 闌けまさる, 關白にまで, 防府だ, 陰日は, 陰濕し, 陰陽師ばかりの, 陽炎の, 隈無く, 隠居所である, 雅びて感じます, 電車の, 震ふと, 震へ, 霜雪を, 青く見え, 静かに, 静岡県の, 韮を, 領主大友宗麟の, 風流だ, 餌取, 饒なり, 香椎と, 馬韓傳に, 高家比門連堂其価値二三畝千万銭なる, 高徳にとって, 高時いらい, 鬼を, 鳥上の, 鴨の, 黒じゆす, 黒に, 黒塗で, 黒闇, 黝ずんで

▼ 地~ (507, 2.7%)

23 ある 14 あって 7 あると 4 あった, あつて 3 あったので, 出來, 多くて, 見えた, 透いて

2 [23件] あらわれた, ありそこ, ありその, ありました, あるから, あるが, あるの, あるもの, かゆくて, すけて, 京都だ, 今は, 口を, 四五寸もの, 揺れて, 揺れるよう, 散在し, 暖いからです, 減少し, 裂けて, 裂け地, 透けて, 陥没し

1 [394件] あったが, あったこと, あったそこ, あったの, あらば, あらわれて, ありさらに, あります, ありますから, あり向う, あり大和, あり林, あり雑草地, あるそう, あるという, あるといふ, あるばかりか, あるらしい錆, あるらしくまた, ある往, あればこそ, あろうぞ, あろうはず, あんな景色, いかなるところ, いかにも陰気, いかに地の利, いずれの, うすくそめられた, えりの, おのずから一天地, おびたゞしく震動, かつて夷, かゆい, きれたのに, くたびれてるよってに, ここから, このよう, この氏族, ございましょう, ございますさうですね, ござる, しみじみする, しめつた, じめ, すいて, すっかりまいっ, すみれに, ずずっと, そうにわか, そこから, そこでは, そこにも, そこばかり, その守護霊, その本国, その颱風, たくさんあっ, ただちに東北高御門, たまたま田園, ためを, だいぶ剥げかかっ, だんだん老衰, ちょうど西隅, ついて, ついてまわるとは, つくった自然, できたおかげ, できて, できるし, とんだインチキ, どういう風俗, どうかう, どこである, どんどんと, ない, ないこと, ないなあ, ないので, ないんで, なかったら, なくて, なくなると, なんだかぶつぶつし, ねが, ねだ, はなれ島, ひどく気に入ったらしい, ひょうたん形を, ひらけるにつれて, ひろがって, ふさは, へりの, ぼんやりとか, またも, まだなかなかこない, まだ空閑, まむかい, まるで見え, みな敵の, むさくるしき四畳半, めっきりすけ, もっぱらその, もと唱門部落, もと興福寺, もらった嬢さんたち, やうやく, やや薄く, やや開け, ゆるされて, ゆれて, ゆれる, よい縮緬, よほど気に入った, わしや, われず此まま, エリザベートの, セントヘレナで, トロ族の, ハッキリし, ヒダ一の宮の, ブルブルと, マルセイユまで, 一どきに裂ける, 一帯に, 一番北の, 一番崇高な, 一通りや, 一面に, 七萬町ばかり, 三十銭人が, 三尺ばかり, 上に, 不足し, 与へられて, 主張せられ, 久求小野であっ, 二つある, 亜欧堂田善の, 今でも, 今化し, 今日の, 他にも, 伊豆國出身の, 低くささやいた, 何か, 何という, 余りにも, 俄かに, 僕の, 僻陬であり, 充分でない, 光る, 入って, 入用と, 其だ, 凍って, 出て, 出ると, 出るの, 出るん, 出来たの, 出来たよう, 出来てから, 出来ました, 出来るに, 出来又, 出現するであろう, 分らなくては, 初めて宣, 制するひま, 動きだしたよう, 動き町, 危なく見え, 又落ちる, 取って, 古來人文, 叫んだ, 叫んだこと, 各国同様もはやほとんど, 合祀で, 哭いた, 固まるよう, 在つた樣, 地震に, 均され瓦礫, 堆い, 増加し, 多い, 多いといふ, 多かった, 多くある, 多くなり, 多く清朝, 大人で, 大洋から, 大賑わい, 大部を, 大陸と, 大陸に, 好いん, 如何なる神, 室を, 専門らしく, 尋ねた, 少しずつ, 少し続き, 少許, 尽きて, 展開し, 属する国, 屡, 山を, 山間の, 島か, 崩れそう, 崩壊する, 市内に, 常になく難しい, 平かで, 平安朝の, 幾分ボヤケ, 広い日本, 広がって, 広く椎, 廣い, 引っ繰り返って, 引揚げられ, 引続き百万クヲタア, 弱って, 張るばかり, 当時兵乱の, 形成され, 彼が, 彼等には, 御修理, 必ずある, 必要だった, 急に, 性に, 恋しくなった, 恋しく恨めしくて, 恐る恐る現, 悪い土台, 或病者, 所々引釣る, 拡って, 拡大し, 掘れる心配, 探られ得るの, 描かれて, 提灯持ち的に, 故郷の, 教うる, 敷地に, 新たに, 新に, 方千餘里戸數が, 日本である, 日本を以て, 旧国家, 明光寺の後の, 春一杯の, 最も便利, 最も美しく, 有つた, 有つなら, 有るの, 有志者の, 朧気ながら, 本来不浄と, 来年は, 来年出来れ, 東京市深川区西森下町に, 横たわるのみ, 横手の, 次へ, 次第に喧噪, 歪む, 残って, 殺気を, 母国により, 汚れて, 沢山あっ, 河口を, 波の, 泥海に, 洲の, 海岸に, 消えるよう, 渋江氏に, 漢于仁君の, 澤山あ, 澤山あつ, 激突した, 火事だ, 点々と, 無いの, 無い植民地, 無数に, 特にやまと, 珍らしい, 現はれる, 瑯, 生じ, 生れて, 用意され, 男である, 発見された, 白, 白いから, 白くなる, 百六十五町を, 皇室にも, 盛んに, 直に山, 真白に, 矢の, 石巻だ, 砂を, 破れる, 破裂するごとく, 確保され, 神降臨の, 第一番, 続きところどころ, 緋色で, 縮緬の, 縱横に, 繻子で, 置かれた, 聖化された, 膿んで, 良いか, 英領と, 荒野であった, 萌黄の, 葬送, 血刀提げ, 裂けながら, 裂けようとも, 裂けると, 裂け所所, 裏だっ, 西国に, 要ります, 要ろう, 見えたり, 見え他, 見え出すと, 見たてられて, 見つからぬかも, 見当らないので, 見渡せるの, 設けられたこと, 諸方に, 豊かである, 負担する, 貴人流離譚と, 赤味を, 走れるか, 足りなくなって, 近く大, 近頃出來あ, 逆に, 連なり潮, 違うからな, 違うの, 違うゆえ, 遠い野ざらし, 適して, 鉱毒地に, 銀沙の, 開かれたのち, 開けて, 開放され, 間違いなく, 附いてからは, 隔絶し, 雪の, 雲仙名所の, 震い同時に, 震うて, 震ひ出し, 震へる, 青いの, 青金の, 静に, 静止し, 高くなる, 鳥獣や, 鳩垣内という, 鳴った, 黒い

▼ 地~ (504, 2.7%)

19 あつた 5 行って 3 あつて, それを

2 [18件] いったよう, こ, そこに, その西北, 七日は, 今の, 反魂香の, 同じ毘陵, 妻を, 始めて, 暴民に, 最初の, 私の, 罹災し, 育つた, 見た, 見て, 長い仕事

1 [438件] あたかも飛騨, あつたの, あつたま, あつた所, あの額田女王, あらうと, あらう其目的, あらねば, ありがたいもの, いう夜伽, いきました, いくそそっかし, いく境涯, いって, いってるよう, いま一回の, いやいやながら差出した, かの著, ここにも, この上, この作, この区域, この工場, この河口湖, この浜程度, この皮, これから筑波山, これを, ござります, ご生害, さて前, しかも劉表, したがって日本随一, しばしば, しゃべる味, すぐむこう, すら一, する芝居, ずるくて, そこには, そこの, その売春婦, その山, その消息, その都度, その隣家, それから, たださえ, たったひとりごく静か, だ, つくつたワンピース, でも, でもあつ, とった金, とても渡れないだろう, とても熱い, ととのえおけとの, どの家, どの町村名, どんなに印度人, なにか遣っ, なりと, なんとか生活, のめのめ生き長らえ, はくすべと, ひどく広汎, ふとした事, ほとんどここ, またその, まんなかに, もう立派, やきもきいたしますまい, やはり人間, やりあげるん, やり本, ゆく, ゆく芝居, より以上, われも, われわれは, インドマレーから, コンクリートで, サイパンの, ジッコンを, チッキを, ネオンの, フランスの, ボーアに, ポプラーの, マガツヒの, ランプを, ロウマ帝国の, 一人が, 一夜を, 一悶着あっ, 一枚の, 一生を, 一番可愛らしい, 一粒の, 一緒に, 一美婦を, 一般の, 七十年ぶりという, 七週間後に, 三千年来その, 三四人の, 三四週間ひる, 三方への, 三木清氏と, 三百人という, 上演した, 下りて, 下総へ, 下野にも, 不自由な, 世話を, 二が, 二万人を, 二番原から, 五千石の, 亡くなられたの, 亡んで, 交通至便の, 人が, 人口も, 人家は, 今こそ, 今日から, 仏法大, 以前は, 低くなり, 何んな, 作られた大乗, 作者の, 使うの, 使つた道具を, 例の, 俗に, 修業する, 修行を, 全村コンニャク, 全滅の, 八紘一宇を, 共に糧, 其処では, 其處に, 再び甦らす, 冬中, 冷たい手, 出來, 出征兵士の, 出来ると, 分骨的に, 前述の, 力を, 労役の, 印度と, 参陣ある, 受けた幻滅, 受けねば, 只猛悪, 吉村は, 吉野川の, 吊鐘マント, 同じ虻田村, 同旅団, 同時に地区隊, 同時に蚊, 名を, 君は, 吹きさらしだ, 呉主すでに, 呉服だの, 唄い出した, 困苦と, 土地の, 地弾き, 地殻搗き, 地理は, 地盤が, 地面の, 堀越は, 堂々たる邸宅, 堂も, 塀なし, 夏の, 外は, 多く願人坊主が, 多少それ, 夢に, 大きな椈, 大きな鞍部, 大工に, 大鉄橋が, 奇妙な, 奈良市の, 契った女, 女中奉公を, 好いお, 如何にも, 始むるか小, 子を, 子供達全部に, 学問剣術を, 安穏に, 家中が, 家庭を, 家柄の, 寂として, 寛文二年に, 寫眞の, 小さい沼, 小松の, 少々生え, 崖の, 崩ぜられた崇徳上皇, 己に従って, 平均高度一万八千尺冬は, 建物に, 当地に, 当時は, 彼が, 往古クリアン・チャンド王が, 従来散失し, 得てる金, 御不案内, 心中し, 必ずしもこれ, 必ずしも毛利方, 思ふ様爽, 悠々と, 意外な, 憐れな, 懇ろに, 我同胞に, 或る, 折れ伏, 抱かれるなどと, 拵え随分, 持ち慣れた横笛, 振りながら, 捜し出たらしく古人苦辛, 搾られる大衆, 支那人と, 政宗の, 教授に, 教育を, 数万町の, 斃れた, 斯様な, 新たに, 旅館は, 日本と, 日本の, 日本一の, 日本女性の, 昔は, 春雨か, 時には浴衣, 時に起る, 暗殺され, 暫くの, 暮したもの, 暮すなんて, 暮すよう, 暮らして, 暮らす時, 最も私達, 最も良い, 最も賑やか, 最初に, 最尊い, 最期を, 有名な, 有栖川の, 朝の, 朝鮮人である, 木を, 村の, 枝切り職を, 栗崎は, 植込の, 極めて親, 極暑, 様々の, 欧洲兵乱の, 此処にも, 死ぬ, 死んだと, 死亡し, 殺されて, 水は, 水芭蕉や, 流し放しに, 海を, 海浜の, 淨瑠璃を, 漁師の, 演ずるには, 演った, 焚き火を, 無くても, 焼く, 煩らった, 猪や, 猿が, 玉砕する, 珍しく複雑, 現在の, 生まれますよう, 生れた, 生れたものの, 生れたダヴィンチ, 生活が, 生活さす, 生立た, 田畑の, 申します, 町中の, 畑を, 疫痢の, 病を, 病死し, 病死した, 発売又は, 発生し, 発見せられ, 白い梨子, 白砂青松といった, 百姓が, 百姓を, 皇慶の, 盛に, 目撃した, 目立った腕木門, 直ぐ崖, 知り何とも, 知行五千石を, 石が, 石を, 石十円に, 碌に, 祭ったの, 窪地の, 第一報, 第一草, 米国にとっては, 粗生, 粮米と, 終って, 経験される, 結婚し, 緩く傾斜, 縛られて, 繁栄する, 纐纈を, 美しい形, 聞く機会, 育ったらしい粗野, 育ったん, 育った女, 自分が, 自慢する, 自費を, 自転車を, 致し方ない, 舟の, 芝居を, 芭蕉翁なども, 芸人から, 英国の, 英国第一流の, 草木少し, 荒れ放題, 落ち合おうそうして, 葉の, 薨じた, 薬売を, 蛇来る, 蝶は, 行うため, 行くよう, 行く様, 行く考え方, 行ったもの, 行ってるよう, 行つた心構への, 行われた例, 行われねば, 衰う, 裁判官を, 製つた長靴を, 見た母猿, 見られない光景, 見られる, 見ること, 見るよう, 見渡す限り茅, 見聞きし, 言うあの, 討死した, 記録の, 詩人の, 誰を, 諸君の, 豪商クレエテルヤアンに, 貴人の, 起つたの, 越させて, 迎えた, 過すやも, 道灌山の, 道路の, 道路も, 郡長を, 鉄道輸送の, 鉢合せでも, 銀嶺に, 長の, 開きそれ, 降りたとき, 陶器を, 隠れ遊びしてたいう, 集まつ, 雪は, 音羽の, 頗る要害, 飛脚を, 食ひつめた, 食傷気味であり, 飼育され, 養蠶事業を, 馬も, 高橋喜平氏が, 黒に, 黒部の, 黒髪を, 鼻を

▼ 地~ (439, 2.3%)

29 なって 7 なった 6 されて, して 5 いっても, なつて 4 あって, いえば 3 なつた, なる, 云ふ, 云ふも, 空と

2 [23件] いえども, いって, いわざるべからず, した, すること, すれば, なさ, なったので, なること, なるに, 一面な, 云うもの, 及びその, 同様に, 天とを, 定めて, 思われて, 申すの, 称して, 称せらるる, 見える, 関係の, 隔る

1 [312件] あつて, ありいずれ, いいしは, いうとも, いえれば, いっしょに, いっては, いつたところ, いつた意味, いはれて, いはれるほどに, いひて, いひ舟遊び, いふよりも, いへば, いわず草木, いわれた浅草, いわれて, いわれる, いわれる位, えらんだの, おぼえたり, おぼしくはるか, きめて, くみとは, くみは, この壁, これに, さだめられること, された, され晩周, し, したがらないで, したこと, したたしかに, したって, したの, した土地, した当時, してる人々, しどこ, し外国種, し年々ミノリ豊か, し或は, す, する, するその, すると, するは, するはず, する江戸, すれすれに, せられて, そして満, その時代, その業務, その海峡, つたえられる狭, であると, となえられて, なされたの, なさんとの, なして, なし中間, なし暗礁, なし百姓, なすにも, なすの, なったかの, なったからとて, なったが, なったの, なったもの, なった直後, なった関係上, なっても, なってる次, ならなければ, なり, なりしより, なりその, なりそれに, なりつつ, なりアメリカ, なり余すところ, なり其心, なり小松川, なり川舟三里, なり得る, なり本, なり漸次, なり物々交換, なり美術研究, なり荒れるに, なり藺, なり麦, なるか, なるという, なるの, なるの観, なるべし, なる京橋, なる雪国, なれば, なろうと, みなされたの, よく調和, ゲットーの, ニューゼーランドハワイ等少数の, レンラクし, 一つに, 一処に, 一色で, 丘と, 中間に, 予定し, 云う, 云うが, 云うのほか, 云う棒杭, 云う訳, 云えば, 云えよう, 云って, 云つて演習や, 云て, 云はれる, 五人しか, 亜熱地に, 人過去と, 人間の, 伝えられる狭, 伝えられ神社, 伝へられて, 信じて, 倒るる, 倒れしが, 倒れた, 全く異なる, 全然無, 兵営, 其将来した, 分って, 化けて, 化した海, 化して, 化す蓋し, 南海で, 原始水あるいは, 双子の, 同じく多大, 同じな, 同じよう, 同じ一色, 同じ事, 同義なるべし, 名づける, 呼ばれた吉良領, 呼ばれた銀座通り, 呼ばれて, 呼ぶ何物, 囈言を, 地でない, 地に, 地の, 墓に, 天とから, 天の, 定めその, 定められた北沢, 定められた区域, 定められた時代, 定め姑, 客堂の, 家居地勢頗同じ, 寝て, 對立する, 山手に, 工業上の, 巫女の, 市場を, 往来という, 心得よとの, 心得敵, 思い定めて, 思う, 思えばこそ, 思はう, 思はるるは, 思ひ定めし, 思ひ込み精一杯, 思定めしかど, 怪漢との, 想像する, 感じられる, 感ぜられた, 成つたは, 我と一体, 所謂, 承わり名, 抱負とを, 指呼の, 指定され, 指定し, 掛け合ひで, 接し今, 擦れ擦れに, 改められては, 教えられた方角, 数かぎりなき, 数種の, 旅先に, 日本軍の, 星, 書いた札, 書くの, 最も短い, 木との, 札を, 根を, 桐粉地と, 植民圏とを, 次々陣屋, 次第に相, 比較する, 水とで, 水の, 水を, 決めた谷, 沿海一帯の, 泥だらけの, 泥を, 泥地と, 海との, 海とは, 海とを, 海は, 深いツナガリ, 渓谷と, 温泉客との, 牧場とを, 生命を, 生物, 申しても, 畑一枚と, 畑地と, 白薩摩で, 目され, 直接の, 直通し, 相接する, 相離, 知る, 称す, 称すべきでは, 称せざる, 称せり, 空とが, 空とでは, 空との, 競爭し, 等しきもの, 絶ちて, 羽織を, 考えた, 考えたがる悪い, 聞く, 聞くからに, 聞及べば, 肥料の, 自国を, 舊藩主の, 花柳地に, 蒼穹とは, 西洋との, 見えるの, 見ては, 見なし十七町, 見なすほか, 見なす癖, 見られて, 見極めが, 見込を, 覚しい高地, 覚悟し, 解る, 言いつべきですから, 言いますけれど, 言い王, 言ふ, 言われて, 言われてる一種, 計算を, 記せる木標, 詞との, 認めて, 認められる事, 通信を, 連なる長ずるに, 連絡を, 運転手とが, 違い何より, 選んだが, 野蛮の, 関係が, 闘った, 陶器の, 隔離させ, 雖も, 飼料栽培地が, 高燥な, 鮒も

▼ 地から~ (318, 1.7%)

11 湧いたか 8 出て 4 喰み出し, 湧いて 3 帰って, 流れて, 足を

2 [13件] それらの, 出張し, 日本へ, 月島永代橋あたりの, 材料を, 渡って, 湧いたよう, 生えたよう, 産れた, 移って, 自動車を, 離した心, 離して

1 [256件] あがる穀類, いでて, いろ, お玉が, きたもの, ここへ, このよう, このロアアル, この学校, しかもおそらく, して, しても, しんしん揺り動く, すぐに, せり上がった, その種, その種子, たった三尺, つき立ったよう, つづいて, つれて, である, でて, とりあげる政策, どこかへ, ぬけだし大空, はる, むくむくと, めぼしいところ, もり上って, やつて, よこした手紙, わいたか, わいたよう, わき出て, わざわざ取り寄せる, わずか十数時間, ハジけ, ヒラリと, フランシスの, ロータスの, 一歩も, 一里半の, 七センチ五ミリの, 三尺ばかり, 上を, 上踏跡は, 不図目, 二尺と, 二粁以内に, 五百メートルばかりの, 京都へは, 人と, 人は, 人や, 仕合谷まで, 伝つて来た, 何百里を, 借地料を, 僅かに, 八十尺も, 出たあの, 出たこと, 出た実物, 出た悪口, 出た物, 出た采女, 出る渡船, 出立させ, 剥がすよう, 半径約, 去らしめて, 取ったもの, 取寄せ大工, 喰み, 営舎に, 四マイル以上も, 土人の, 地方政客として, 城崎を, 塩が, 墓場まで, 多くも, 多摩川に, 夜を, 姫路へ, 官用の, 小石川へ, 少しばかり, 少し山, 山に, 山腹へ, 川添いに, 巻き上がり道, 帯の, 帰らなかったらその, 帰れたの, 常磐橋内へ, 底から, 引くには, 引揚げ, 引返して, 引離さうと, 彼の, 彼女を, 得るため, 徴せられた将兵, 必然的に, 思い出の, 戻つて, 手を, 抜き取られた時, 抜き取る際, 押収した, 拾い上げたまで, 拾うまね, 持ち上げられました, 持ち込まれた商品, 持って, 挙げ胸, 掃え, 掃くよう, 掘り出した青銅, 掘り出す, 提出された, 支那の, 放れて, 放逐された, 放逐せん, 散歩が, 新しい光波, 新たなる, 旅用の, 書き合うよう, 来た人々, 来た兵隊, 来た数名, 来るとともに, 来るもの, 東京へ, 東京への, 東京丸ノ内の, 柔らかく光り, 栄養分を, 根こぎに, 根生えた, 正南僅かに, 武相伊豆半島から, 武蔵の, 武藏の, 浅草深川の, 浦上の, 海を, 消えた, 湧いたと, 湧いた兵みたい, 湧き出したもの, 湧き出した時, 湧き出たよう, 湧き出た民族, 湧くの, 湧くもの, 湧くやう, 湧く泉, 満ち溢れた日光, 漸次に, 灯火の, 無事に, 王ヘロデの, 現われ出たの, 生えた様, 生え抜いた天下大将軍, 生え抜いた様, 生え抜き日本離れの, 生え拔, 生へ, 生まれそうして, 生まれた, 生れたる人々, 生れた食意地, 畝から, 発散する, 発生した, 発達した, 目的の, 直接に, 直接輸入し, 移動し, 稍, 突然湧き出た, 立ち去った後, 立ち去るつもり, 立って, 約七, 約二里隔, 美女を, 老母と, 聞える仕事始め, 腰を, 自分を, 自家に, 舞い上がった雲雀, 舞い上る糠雨, 草鞋を, 莫大な, 萌えだす草, 萌えるぬくもり, 蒼ばんだ, 薩長が, 街の, 袁紹の, 袁紹を, 見た, 見たや, 見て, 覚えて, 観れば, 起たず, 起って, 起りその, 足が, 身分まで, 輸入される, 農作を, 追放された, 逃げて, 逃亡し, 逃亡した, 逆に, 這い上った低い白い, 這い揚がる, 這うよう, 遅れ馳せに, 運んだ櫟, 遠くまで, 遠ざかって, 間ノ岳の, 阿蘇の, 降ったか, 陶工を, 隔てて, 離さなかった, 離しますと, 離れて, 離れられぬのみ, 離れること, 離れるやう, 離れる時, 離れ得ぬもの, 雪山を, 革命的作家が, 頻々と, 風下すなわち, 食物を, 馬なら, 2字上げ

▼ 地には~ (219, 1.2%)

2 いって, それが, ガンガの, 昔から, 畑も, 限りが

1 [207件] あらざりき, あらざる也, あるいはまたドロボノシンヌギ, いなかった, いはない, いはぬが, いるん, いろいろの, うれしげ, おすまいに, おつる影, かうして, かしこの, かなり強い, かれの, こうして運ばれ, この三者, この物語, こんな事, こんな婦人, こんもりと, さらに御座, すぐ治安, その像, その処女地, その年, つかずと, つてゐる, とまらないで, なおもと, なって, ならないから, ほのかな, ほんとうの, まったくこういう, もう一人, もう余分, もう教会, やすき, より多く, われわれ人間が, アベコベに, アラブ人の, タキシの, ラウドスピーカー, 一月の, 一箇の, 七本血の, 万全という, 丈なす, 三十年以上前に, 争奪に, 人影が, 人間の, 人馬と, 今猶, 何といふ, 佳気, 偶, 光が, 入り込んで, 其南方に, 其年には, 再び生命, 初め武力を以て, 動揺の, 勿論イスラム教徒, 勿論苫屋苫屋, 博物館創立当時からの, 古来野狐が, 只今一切居りませぬ, 向いて, 埃空には, 城郭も, 夥しく産, 大きい湖, 大地震, 大字から, 大砲日が, 大部落, 大騒ぎが, 好個の, 好学の, 如何なる種類, 存在し, 官庁なく, 富の, 小生を, 小笹が, 少からず, 少からぬ, 少しも, 少量の, 尖った山, 山西の, 嵐が, 常に新しき, 平生雁や, 往々麦田, 後世唱門師の, 徳川譜代の, 必ず多少あっ, 忘れがたい, 怪獣女神の, 悪精霊, 手こずって, 打出し兼ね, 撩乱の, 故人の, 数えられなかったが, 数多の, 文武両, 旅館の, 既にそれ以前, 日々四五十人ずつ, 早くも, 昔の, 昼顔の, 普通に, 普通の, 暗, 更に御座, 曾て, 月光が, 有尾人以外に, 木が, 木の葉一枚動かず, 未開の, 東西が, 枯葉捲い, 梅の, 梧桐が, 此に, 段々住, 毎日の, 水いろ, 水田が, 決して近づかず, 沢山出た, 河北軍の, 治むる者なき, 洋学と, 火山の, 無いから, 無いこと, 焼金小判銀錫鉛, 熱湯が, 独創だの, 珍しい寒さ, 珍しくない, 生児制限, 生垣が, 白頭城が, 百二十度の, 相違なくっ, 真黒い大地, 着かぬが, 着けないん, 矢張りいっぱいに, 秋の, 穏やか, 空走りの, 立ちたれ, 紫野の, 美しい娘, 義雄が, 自主が, 花が, 花吹雪一年を, 花吹雪春や, 若葉の, 草摺の, 草花でも, 菊花の, 落さじと, 蓬が, 蘆を, 蟻の, 蟻や, 表面切支丹の, 西洋人あまた, 見るべきもの, 親の, 誂え向き, 起って, 起死回生の, 足踏みも, 車体の, 軍神を, 近所の, 遊しかけ, 達しなかった, 適せず, 金十三万両米九千石の, 鎌倉の, 雛祭りは, 雪空も, 雪線も, 霜, 露が, 青い草, 青砂を, 高山あり, 高札を, 麦が, 黄土を, 黄色を

▼ 地~ (203, 1.1%)

4 人も 3 空も 2 あり, なかった, まだ完成, 一番も, 何らの, 何等の

1 [184件] あつて, あらば, あります, あり身輕, ある, ある日, いずれも, いっしょに, いんいん, お暑かっ, くぐり天, こえて, ここにおいて, このあたり, これ限りである, しいんとする, すすめる時, そこここまばらに, たツ, どことなくアメリカ人, ない, ないから, ないが, ないの, ないほど, ないほどに, なくただ, なくほとんど, なく冷瓏虚無, なく自分, なければ, なし, ひろ, ほどなく尽き, まじって, また, またいつ, またひつそり, また幽寂空疎, また暗黒, また点々, また西園寺家, また赤し, まだしっかり固まりきらない, まちまちである, まッ, もうすぐ近く, ゆずらず守って, よい得意, われ, ドンヨリと, メキシコペルウキトウにおける, メリンスらしい, モンテヴィデオだ, 一つに, 一時に, 一様に, 一部に, 一面の, 不明と, 不明な, 且保つ, 中原に, 丹羽長秀に, 亦, 亦引裂け, 亦復地状, 亦神, 今では, 他人の, 何かと事, 余さず花園, 作ろうという, 候はず一瞬天地も, 優に指揮, 其尸を, 内地文化の, 冥く, 凡てが, 到るところ, 到底修禅, 動かない靜かさ, 動か無い靜, 動き草も, 印度なる, 国中の, 地氣清爽とか, 売って, 外敵に, 大切に, 大方人手に, 失って, 好い, 定まらないでは, 寝ぬるとき足, 崩壊に, 平均に, 怒ろう, 怨みず泰然自若, 悉く火, 惡く, 拘束し, 拵へて, 挟み, 捨て都会, 推測せられる, 政を, 数多くある, 敵から, 明るくただ, 春は, 春人も, 暗い海, 杜絶え, 東京も, 榛名山麓である, 次第に都会, 此侯爵夫人と, 気を, 水に, 永久に, 決して見紛う, 没収を, 浮んで, 混沌の, 渓流に, 濃い夕暮, 濛々として, 玄徳へ, 田子浦の, 畑も, 白い皮膚, 白くそして, 白掛物の, 目下家屋の, 相摸川, 眞白い, 知らぬという, 神も, 私も, 移住し, 笹も, 精神も, 綺麗で, 線路に, 聴け, 脚の, 良く縫方, 芝浜沖も, 草も, 西春日井郡味鋺村である, 見えない, 見ずに, 見ろ人, 見得ぬよう, 見込みなく, 角筈十二社境内, 赤かった, 赤黒く成つて, 踏まずに, 踏みたまわないもの, 身元も, 載すること, 轟然たる, 近いので, 近くなった, 近づきましたな, 透いたが, 連続的に, 道路も, 遠くなりました, 遠く僕そこ, 遠国の, 金と, 開墾される, 雄巨, 震うた, 青々と, 青みを, 青一色と, 静け, 高い鼻, 高に, 高千穂の

▼ 地~ (166, 0.9%)

55 んだ 16 んだ踏ん 4 ということ, んだ踏んだ 3 という, んだ踏み 2 ぜ, そうである, と言, よ, んだふむ

1 [71件] うっかりしちゃいられない, かというよう, から, からこの, からこれ, からで, からである, からという解釈, からな, から各, から地震, から寂しい, から日本中, から是非, から炭, から画, から痩せた, から結局村税, から蚕祭, か分らない, か山林, がこの, がそこ, がそれ, がそれでも, がなああそこ, が先ごろ五箇山, が名, が山, が政治的, ことに先年, しわし, し社交家, そうだ, そうで, そうです, ぞ, つたと, つた任那や, つた気持の, とある, という気, といっ, といつ, といふ女川湾, といふ風, といわれました, といわれる, とされ, としてある, としてもなお, とばかりはいわれまい, とも思っ, と云い伝え, と思い, と思う, と思った, と思わなきゃいけない, と言い伝わっ, などとはたれ, な羨望, のからは, のの, もの, も余さざりき, んだし, んだふんだ, んだ踏まぬ, 九十九里の, 享楽場では, 新らしく

▼ 地にも~ (163, 0.9%)

4 かけがえの 3 たった一人, なって, ならせたまえ 2 あの人, たつた一人, つかず宙, つかず御, ほんとうに, 声ばかり, 掛替の, 溢れて, 見つけるやう

1 [132件] あきた, あたくし, あると, あるよう, いづらかろ, いはれないので, お前樣より, かかる質樸, かけが, かけがえなし, かけ換, ぐったりし, この一つきり, これが, そう細か, その付近, その日一日, ただ一つきり, ただ一人三造が, たったひとり, たった一つ, たった一枚, たった一組, たつた一人暮し, つかぬうち, ならせ給えか, また同じく, まだ日, まったくの, やはり同様, わびました, タッタ一つの, タッタ一人の, パンが, 一人しか, 一人者で, 一尺二尺と, 一枚看板の, 上流の, 中, 乃至町, 二つと, 二人と, 人々の, 人にも, 仙波の, 住めない, 例の, 倒れつべしされど, 入り乱れて, 別れて, 別邸を, 劣る観, 博士一人を, 及んで, 可成り, 同じく五つ, 同郷人の, 唐もろこしを, 唯だ, 唯一度頴才新, 唯一枚の, 土地の, 多く生じ, 天にも, 妻一人で, 娘が, 実松家の, 宮方の, 小県さん, 居ないでは, 居るであらうか, 届きさうな長い, 属せず, 必ず先, 恁うし, 恥ぢざれば, 意外の, 愧じ, 懸け換え, 懸替の, 成らせ給, 掛け替えなき, 掛け替へが, 換へ, 星ある如くなり, 星の, 春を, 曝しかねて, 替へ, 杖柱と, 残されて, 殘つて居りませぬ, 満ちて, 潜れません天, 無いかの, 牛馬を, 生ずるもの, 産屋を, 用途が, 私にも, 秋は, 種々ある, 自分一人の, 花さかしめ, 落ちて, 行なわれんこと, 行われんこと, 行われん事, 見られないといった, 見られる, 見受けられる, 見放されなすって, 親しく海, 許さぬ掟, 誰か, 諸士, 身の, 身寄りの, 近く何と, 途方に, 進出し, 開拓の, 阿母, 靡くにこそ, 頼みと, 頼むもの, 頼るの, 頼る者, 飽き果てた, 鮮やかな, 鳥が

▼ 地では~ (142, 0.7%)

10 ない 3 ないか, なかった 2 いふ, ないが, ないの, なくて

1 [118件] あったが, あつた, あなたの, ありこれ, ありさまざま, ありふれた鳥, ありますし, ありますまい, ありませんでした, あり得ない事, ある, あるが, あるので, あるのに, あるまいが, あんなの, うまく成長, おいおい趣味, おそらく一対一五, かかる事, かくの, かたき討, この虫, すでにいくつ, すでにしばしば正造, それとは, それは, そんな習慣, ともかく人間, ないさ, ないであろう, ないと, ないまでも, ないむしろ, ないらしい, ないらしかった, なくなつ, なく留守中, ほとんど見られない, まだまだたくさん, まつたく望んでも, もう公然, もう帰る, もはや時代遅れ, やめようと, よい医師, シャツを, ニコラウスの, バスを, 一切おり, 一寸した, 一時間もか, 一般に, 丘の, 事を, 人を, 人望の, 今ごろは, 何う, 全く穢多, 冬土が, 凌雲閣の, 剛さん貴, 劇場と, 四頭の, 土地の, 地べたで, 地車を, 坂路などに, 夢にもきく, 大抵四日か, 天武天皇の, 女が, 姐さん連に, 守るに, 小学校の, 山城の, 年々その, 彼らは, 心に, 快い流, 所詮混雑, 昔から, 時折例の, 未曽有, 果報負けが, 楊子江下流地域に, 正月は, 此を, 武尊山を, 死刑の, 汐風が, 活溌な, 無い, 無くな, 特に頭, 珍らしい, 男神で, 知人らを, 私どもは, 秋風の, 経済学を, 腰を, 若者は, 蟲の, 誰ひとりとして, 謂ふと, 赤線ひとつあっ, 越ゆる, 輿論に, 邦人も, 都会の, 関東大震災などとは, 雪中に, 電燈の, 駅場などへは, 鶏血草と, 鹿とは

▼ 地~ (138, 0.7%)

10 の上 6 を見 5 で見る, を披, を擴げ 4 をひろげ, を見る 3 で見 2 のやう

1 [94件] が何ん, が多く, が擴げ, が自然的, が間違つて, であるが, でしらべ, でしらべた, ですね, で一見, で略上, で知つて, で知り, で見れ, とか系譜, とを見較べ, と二萬分一, と腕時計, と讀ん, と首, などいふ, など披, など熱心, なら, にはすべてヂパング, には出, には實際以上, には新大陸, には篠山, には見る, にも, にもその, にもない, による, に大, に就, に描いてない, に據, に收め, に矢印, に空白, に載らない, に關係, のうち, の一つ, の作り方, の大, の如く, の彩色, の懸けられ, の模寫, の涯, の示す, の立派, の誤である, の面, はどこ, は實, は少し, は所謂, は郷土研究, まで出し, もか, やらアイノ, やら繪葉書, をこし, をしきりにぐるぐる, をたたみ, をどこ, を出し, を取出し, を展げ, を座右, を引き出し, を懷, を拵え, を持ち出し, を持出した, を搜, を書き, を求め, を畫, を眺め, を示し, を見せられ, を見るで, を覗き込ん, を調べ, を變, を買, を遠方, を開い, を開かれたなら, を閲しつ

▼ 地である~ (128, 0.7%)

6 ことを 5 ことは 3 ということ, ところの 2 から自分, ような

1 [107件] かがわかる, かどう, かのやう, かの如く, からそれほど, からそれら, からアクロポリス, から今, から仙台, から到る, から地方, から大きな, から支那みずから, から時計, から本年, から毎晩, がさ, がその, がそれから, がため, が九州, が住宅, が何, が四百年前, が故に, が此處, が清朝以来漢人勢力, が然, が相, が西洋, が過度, が関東管領家, ここに, ことが, ことであった, ことに, ことも, この文化意識, この村, さすがに, しでは, し通詞, ために, ため影響が, だけに見渡した, というの, という昔, という考え, といふ, といふこと, といふ理由, とか友だち, とさ, とすれ, とも聞く, とサビエル, と云, と共に私, と同時に, と思いました, と思う, と思ふ, と知った, にせよ, にちがい, に反し, のだ, ので新, ので祖師親鸞, のは, のを, の意, ほかには, まづ可, チトセ, ドン, フランスにおける, ヤマトと, 三角岳の, 人が, 十九世紀の, 南濱に, 同地方, 和田へ, 大乗に, 平泉の, 故にこの, 故に変化, 昨日本葬, 札幌へ, 東京との, 水も, 沖縄に, 海老瀬村の, 為に, 王城の, 石川の, 筈だ, 筈です, 荘園と, 証拠に, 諏訪は, 谷合の, 資格から, 都新聞からの, 高橋の, 高知県下の

▼ 地として~ (123, 0.6%)

3 知られて 2 昔から, 有名な

1 [116件] あるという, あるなど, いつも賑, えらんで, ここに, しぼっては, すすむこと, その名, その富, それを, では, ひらけたもの, ますます未来, また遊蕩地, みましても, もくろまれたばかり, よく登山, ゐるもの, オオヤマトと, ガンバッテ居っ, メムフィスの, ヨコハマがぜが, 一は, 万葉を, 三江の, 下の, 世界の, 中, 中国の, 人々が, 今日の, 今日まで, 仏蘭西の, 何を, 佛を, 作られその, 保護し, 信濃上野甲斐武蔵の, 共に適切, 内外に, 冬季は, 処分済みの, 別に五彩, 利用し, 勧め衆みな之, 取り残されて, 取引地として, 古い物語, 古くから, 古歌, 右の, 名高い, 名高いし, 名高い此, 名高く聖地, 喜ぶもの, 土着の, 売り出された, 大變, 寺地は, 将た, 屈強な, 巾広, 年々多数の, 恐れられて, 恥ぢざるの, 恰好の, 懐かしがるべき, 成り立って, 我愛を, 搾るかと, 放って, 放任され, 明治まで, 有名である, 有名でも, 有名なる, 朝廷に, 末代の, 棧橋を, 武蔵相模の, 残されて, 残る, 殘された, 水を, 永久に, 漢人が, 特に關東, 現在の, 発展させる, 発達し, 知られた京都, 知られた隣村, 知られ公, 社会を, 社会公衆の, 秘密を, 続くこと, 繁栄する, 考えて, 聞え出して, 聞こえて, 記録の, 訪れる漫遊, 賑かな, 運命づけられ, 適当せぬ, 適当な, 選ばれたの, 選んだ, 選定され, 遺って, 開かれずに, 馬場先の, 鳴つて, 黒鳥毛を

▼ 地~ (119, 0.6%)

15 を立て 12 をたて 6 して, をさせ 4 のよう 3 に午睡, をうっ, を打つ

2 [15件] がし, が聞え, が背後, と自動車, に似た, に叫び, のする, のわれ, や音, をし, を吾, を打たせ, を打っ, 打たせて, 打って

1 [37件] うって, がきこえる, がした, がする, がするで, が伝っ, が伝わる, が小舎, が白い, が自分, が表現, しげき日, たてて, である, で琴, とか山, とこの, とともににわかに, とともに聞え, と一緒, と共にゴ, と地震, なして, なり一台, なり一臺, にふと, のやう, の伝わっ, の敢, はどう, をどう, を伴った, を打たし, を挙げ, を聞い, を聞いた, 打つて

▼ 地より~ (95, 0.5%)

7 して 2 觀たる, 離れて

1 [84件] さらひ, すれば, ずっと奥, ただちにコーヒー, たちのぼりて, なる昼夜女帯, なる縫紐, はたち, また星, まっ裸, アイア, コックリの, 三千米あまり離れた, 三尺ほど, 上陸し, 二十二の, 五十艘兵船來り, 五尺離れ, 來り, 來る, 入洛ある, 六人という, 内面的絶對的の, 出づるにいたらしむるなり, 出て, 出で, 出る光, 出る石炭, 分量で, 吐き出されたる怪物云々, 囚へ, 国民神話学の, 小さな石, 少しく動かせ, 屍體を, 希臘へ, 帰来れるなり, 得たるもの, 愛本に, 我家に, 戦状申越只今青森表より, 打ち出, 抜く際, 拾ひ, 掘り出し証人は, 攘ひ, 日常道徳の, 更に北方, 最多数, 来る天, 橄欖を, 毒烟上り, 沸いたか, 涼しいです, 湧きたち, 湧くところ人つくり, 湧しか, 漸次に, 生え出しむるものまたその色, 生ずるに, 皇國に, 直ぐに, 直に軒, 砂を, 移り住みこ, 立ち戻るべきか, 筒井領へ, 肥沃の, 良馬の, 花咲き出で, 行列し, 見るならば, 見れば, 誘拐せられ, 諸軍, 足を, 身軽なひる, 近い処, 近き過去, 退き百五十日, 連れて, 遠くこ, 離れ左右, 響く

▼ 地~ (63, 0.3%)

4 を流れる 2 です, で烏川, の利根, の利根川, の日本海, を経

1 [47件] からさらに, から山名村, から操, から舟, から荒川, である, でとれた, で三国川, で合流, で大分, で昨夜, で漁れた, で破間川, で遠く, で釣った, で釣れる, などの上流, にし, にてこの, にて岐, にて突然, に大, に新, に至つて, に関東水力電気会社, の冬, の大, の富士川, の磧, の鏑川, の隅田川百本杭, の鬼怒川, の魚野川, はすぐ, は割合, は富士川, は越中国, へ若鮎釣り, へ足, へ達し, へ関東水力電気, まで六七間, まで十数里, まで達した, もザラ場続き, も絶好, を通る

▼ 地まで~ (57, 0.3%)

2 達した時

1 [55件] きたわけ, きて, さんざと, たどりつきました, たどり着いた, たどり着いて, 一息という, 一杯に, 一気に山腹, 一緒に, 七十里余の, 三時間に, 上って, 下げて, 二十日がかりで, 付いて, 入り込んだ, 切明を, 到着する, 半里, 喧伝された, 威を, 引揚げ, 御挨拶, 忍んで, 我々を, 戻ること, 手離し, 持って, 敵と, 来て, 汗に, 泥土を, 溝渠が, 溢れた茶店, 用水を, 真赤に, 着かなくては, 聞えて, 落ちないうち, 葺き下せり, 行きついてたに, 行くの, 行けるはず, 行って, 赤くし, 車を, 辿り登って, 辿り着こうと, 送って, 送つて, 運送され, 遡り込み本流, 長い時間, 駆けると

▼ 地~ (57, 0.3%)

2 属国の, 川蒸気など, 羽織の, 貸家の

1 [49件] その本義, どこで, また帝, 京丸などへ, 人家の, 外光が, 外国人向きの, 天の, 子供に, 家臣も, 属国から, 崖には, 市場資本投下地其他の, 平野を, 最も寂寞, 果樹園などの, 柄は, 泥だらけの, 海岸通りを, 海苔の, 火や, 牧場や, 牧場等を, 瘴氣の, 目ぼしい, 砂地や, 砂質の, 私の, 積雪に対する, 空地の, 約束の, 絽や, 羽織を, 船から, 色彩や, 草鞋を, 荒蕪地の, 華々しい遊覧地, 蜘蛛の, 路の, 遊猟場から, 遊覧地の, 都市や, 金竜館での, 金竜館の, 鉄道敷設の, 陸を, 風や, 駿相海岸の

▼ 地との~ (54, 0.3%)

9 間に 6 間を 2 間で

1 [37件] ちがいだ, つなぎを, ような, 一切の, 中から, 中間, 交通という, 分離を, 合図は, 因縁が, 境に, 境は, 如き相違, 如く相, 差は, 差を, 差東と, 広々と, 広大無辺な, 排他的商業において, 相違である, 神と, 航海を, 若き聯想, 見地から, 谷間で, 貿易が, 貿易を, 貿易交換手段および, 連絡を, 違いだ, 部分が, 間にあって, 間には, 関係などは, 静けさを, 音楽が

▼ 地でも~ (53, 0.3%)

7 ある 2 あった, あつた, 都の

1 [40件] あたくし, あまり人家, ありすべて, ありません, あり唐船蛮船, あり地理的, あるかの, あると, ある有, ある福井, ある蟹江城, あれば, この地, そうだ, それ位六ずかしい, たいして大きく, ないこの, ないところ, なきゃ私, まだ航海, みな彼を, 上物は, 仙人なら, 俳句を, 光福寺, 出会った, 名を, 問題は, 土民が, 大名に, 敵地を, 歓迎準備を, 武芸者同士の, 無い吾が, 無く吾が, 熱海の, 獣肉は, 衰えずと, 適合しない, 部落の

▼ 地たる~ (49, 0.3%)

3 ことを 2 に因れり

1 [44件] によりて, によりて度々, やまことに, や四方山脈, や本州, や気候温和, わが国と, を以てなり, を覚ゆ, クウリンは, コルスターワース村字ウールズソープを, シーンや, セントヘレナ島と, メンデル・パスまでの, リモオジュの, 上州沼田へ, 九州に, 五十鈴川上に, 京都を, 以上は, 儀来河内へ, 埼玉縣兒玉郡山王堂村に, 堀江の, 大目村に, 春日町一丁目の, 木曾谷と, 本郷弓町を, 村落, 東に, 東京が, 漏斗状, 福島の, 経験的事実を, 花陵島へと, 若州の, 荻の, 都市の, 金沢柵址は, 鎌倉を, 長浜播磨その他の, 長野は, 飛鳥の, 香港の, 鹿児島藩から

▼ 地であった~ (49, 0.3%)

3 のである 2 ことが, ことは, 北支那に, 朝鮮の

1 [38件] かと謂っ, から政治上交通上経済上, から殊に, が当時, が彼女, が徳川家, が故に, が日彰館中学, が近代, ここが, ことなど, ことも, ためでは, ということ, というの, とかあるいは, とかいうこと, とはいえ, のであります, のでどの, ので二間, まま独り歓び喜ん, アゼンの, 三反の, 中郷にも, 事は, 北アメリカに, 古いヴォージラール, 四十町歩の, 墓標かも, 女性の, 尾瀬ヶ原が, 平取静内などの, 時分から, 時分は, 泉州堺の, 海豹島の, 軍用路を

▼ 地藏樣~ (46, 0.2%)

6 の臺座 2 の肌, の臺石, を抱い, を抱いた

1 [32件] が下, が並ん, が人肌, が夜, が毎朝, が踊り出した, だ, だから, でも縛つて行, にばかり氣, に上げた, に目口, のやう, の据, の方, の樣子, の門前, はざつと五六十貫, は巴屋, は急, は昔, は黒木長者, ばかりで, へは裏, へ忍ん, ほどにも思, を口説く, を嗅い, を屋敷内, を抱かせ, を暖め, を釣り上げた

▼ 地~ (41, 0.2%)

1 [41件] あり底, からは朝晝夕, だ, であ, ではあんなに, でもない, で暫く, で海戰, とかいうところ, とか本州, となる, との境, と云つて, と信じ, と病者達, に傳, に囚, に多い, に未, に移植, に自分, に避難, のかなり, のところ, のサイレン, の中, の中間, の人民投票, の奧, の廣告燈, の方, の旅, の開墾, は一體, は北海道, は赤道, までも出かけ, まで早く, より成り, を横斷, を歩かなけれ

▼ 地なる~ (37, 0.2%)

2 ものは

1 [35件] かの官庁, が如し, ことは, などいよいよ, にもかかわらず, に重き, のみならず, ま, ものを, も確か, ゆへに, をや啻に, を知りし, イリシカベツ原野を, カセンチィーノの, コロナーロ山, ゴノエサペレーネー, セエブル・ドロンヌの, ツカリも, 北越地方, 哉, 善人に, 太鼓三味線の, 悪魔を, 愁を, 正受庵, 湖水あり, 田屋には, 甲州を, 石動は, 祖先の, 者暴雨流潦の, 西方アルピの, 都との, 醜草

▼ 地びた~ (35, 0.2%)

5 の上

1 [30件] から身, がめり込んだ, にひれ伏し, に出, に叩きつけ, に向け, に坐, に坐つ, に坐りました, に小さな, に投げつけました, に描かれ, に放りなげ, に棄て, に横, に膝, に落ち, に降りました, に飛び下りました, の苔, へ両手, へ坐っ, へ宿無し猫, へ平伏します, へ引きずっ, へ着けた, へ落ち, へ踵, を眼, を這っ

▼ 地~ (33, 0.2%)

2 に近い

1 [31件] から奉戴, が事実上, が小, だ, だし, であったが, です, という, といった類, とが何様, とが喧嘩, ともいった, などに恥ずかしい, などに馬上, にいたる, に対してかなり, の主人, の大, の怒り, の百, の被官, の頭目, の風儀, はいわゆる, は招かずし, ばかり食べつけ, へたのん, やならず者, や一般民, をただ, を案内

▼ 地という~ (31, 0.2%)

6 のは 5 ものは

1 [20件] ことの, のかね, のが, はめに, ものが, ものを, やつは, ような, わけかも, わけです, 以外に, 名前に, 意味だ, 意味である, 特種の, 狭野神社, 由縁を, 程度に, 美濃山中も, 雷電松の

▼ 地~ (31, 0.2%)

5 のだ 3 のである 2 からむとするにあらずや, のであった, のです, んです

1 [15件] しめ帰りには, しめ歸り, のだった, ので, のでございます, のでそこ, のでひどく, ので俗, ので全力, ので店, ので比較, ので興味, んだ, 自白を, 衣ばかりが

▼ 地丸左陣~ (31, 0.2%)

2 の手下, はその

1 [27件] がこれ, すなわち私奴, だ, である, とよ, によって考案, に翻弄, の乾児, の姿, の山寨, の駈, はニコリ, は俺, は召使い, は思わず, は慇懃, は日当たり, は真面目顔, は眼, は立ち上がる, は肩, は自ら襟, は苦笑, は訊き返した, は静か, は驚き, を凝然

▼ 地において~ (30, 0.2%)

1 [30件] いかんぞ, うけたまわりたい, し諮詢, その初期移民, なしつ, なんとか取り繕おう, まことに幸福, 五千石を, 働きつつ, 公開演説を, 再会せる, 妖怪を, 御祝言, 懐古の, 成熟し, 我らの, 手で, 未だその, 民衆に, 永島与八が, 生活の, 申し立てたと, 病歿した, 直接その, 神は, 肉の, 自分は, 花馬車競技が, 衝かなかったか, 警備に

▼ 地としての~ (29, 0.2%)

2 三朝の

1 [27件] それまでの, ほかは, 再生, 北海道で, 印度は, 土地の, 城崎が, 城崎を, 大和に, 安全率が, 尾瀬が, 当地は, 感の, 方が, 日本, 日本に, 日本は, 朝鮮と, 条件は, 温泉などという, 温泉の, 特色が, 耕地宅地山林それに, 貸別莊向, 都新聞が, 隷属に, 需用は

▼ 地について~ (29, 0.2%)

2 泥に

1 [27件] いない, いないいずれ, いないところ, いないの, いないよう, いない感じ, いない生意気, いない観, おる車, こっちの, まっさ, ゐるでも, 侍女が, 個人の, 前に, 宿屋に, 尋ねて, 帯揚げの, 採用した, 文科をよけて, 時に過大, 書類と, 現実的に, 而かも, 肩で, 転ずるもの, 逆さに

▼ 地~ (29, 0.2%)

8 の傍, の火 2 の前

1 [11件] ありて, だという, にかけた, に火, に焚く, のそば, の下, の中, の自在鉤, は泥池, へ案内

▼ 地とも~ (27, 0.1%)

1 [27件] いいましょうか, いうべき土地, いうべき場所, いえないところ, いえる山, きまらぬの, なしなお, なった, なったこと, なり四季, なること, に新開地, 一七九二年フランス軍が, 味方とも, 土地特有の, 大正十三年迄の, 安全地帯とも, 思わるるところ, 思われないね, 異なり深山幽谷, 百余名の, 称すべきもの, 言うべき大坂, 言うべき江戸, 言ふべき, 言わるるところ, 額を

▼ 地にて~ (26, 0.1%)

1 [26件] したがって豪商紳士, なすところ, ほいとと, むかいに, むかひに, ピエートロに, 一大環状を, 且つ多数, 今の, 切支丹の, 劇の, 各都会みな最近五十年, 娶りし仏蘭西ブザンソン, 小船を, 御面会, 有力なる, 末の世は, 水はけよき, 漁るもの, 癆, 興行せ, 蠻賊と, 裾回りに, 見ると, 詠めるとして, 誰知らぬ

▼ 地~ (26, 0.1%)

2 を貫い, を過ぎ

1 [22件] から迸発させた, では恐らく, で太陽, とか火心, における圧力, における温度, における非常, にゆくべき, に刺, に至る, に達す, のかなた, の十万億土, の水, の温度, の火, の骨凝り, は万木, へと向う, より南半球, を超, を離

▼ 地~ (26, 0.1%)

2 の湯, の肌, の臺石

1 [20件] あり, ありて, が一, だ, と言, などの靈驗, に向, に遮らる, のあたり, のお, のわき, の上, の肩, の臺座, の首, は十日經, は大, は薄, を勸進, を見

▼ 地三太夫~ (25, 0.1%)

2 というもの, と才蔵

1 [21件] がかつて, が鳰鳥, この老人, であった, とは御嶽山中, と云います, と若殿, と鳰鳥, に逢い損ね, のお, の話, はこう, はそれ, はノソノソ, は何ん, は呼ばわった, は微笑, は礼, よ, よく我が, を挙げなけれ

▼ 地~ (25, 0.1%)

1 [25件] が同盟, だなどと, と逢っ, のこと, の態度, の指図, の野郎, の館, の駈, はこう, はそれ, はまず, はズラリ, は厳か, は大, は心中感心, は感心, は慇懃, は真顔, は衣裳, は驚い, ほどの豪, をどう, を妾, ハッキリと

▼ 地~ (25, 0.1%)

1 [25件] が一人, が住んだ, が攻め, が砂漠, だ, としてのく, なきごとく, にまもられ, のため息, のだらし, のふく, のほう, の三席, の前, の女, の数, の野性, の音楽, の首, はこいつ, はたしかに, はだれ, はクイクイ, は幅, は穴

▼ 地であり~ (24, 0.1%)

1 [24件] これに, したがって勝手向き, すでにコマ人, どこを, ながら今, ながら富岡, また尊氏, また必ず, ギリシア人の, バビロンと, 世界最古の, 今日も, 信長が, 古風の, 大体において, 夷狄の, 宛然一国を, 将門館の, 座光寺とは, 数百羽の, 登山を, 目に, 自衛上放棄する, 誰が

▼ 地~ (24, 0.1%)

1 [24件] から更に, が一二〇八米突, にゐる, に一つ, に建てられた, に植ゑらるれば, に着け, に調査, に過ぎす, の押し重, はカリカツト, は恐らくは, まで達した, より出, を, を中心, を守りかね, を定, を指したる, を撰ん, を此, を求むれ, を通り越し, 並びに風搖ぐ

▼ 地とは~ (23, 0.1%)

1 [23件] いうものの, いえこれ, いえ沿岸, かけ離れた後方, たのしみ, てんで比較, なつかしいよう, オーエンの, 一体どこ, 三大河の, 伯耆と, 公園を, 反対な, 名ばかりの, 思われない長閑, 方角が, 楽しみ, 歴史的に, 目白の, 絶縁の, 自から, 蒙古, 途方も

▼ 地~ (23, 0.1%)

2 の類

1 [21件] でも続い, というもの, などを産土神, など一輌, のきしむ, のとどろ, の唐獅子, の太鼓, の彫物, の後, の数, の若衆, の謂, やふとん, や何, や太鼓, や踊り, を囃す, を引ずり廻る, を見せ, を進める

▼ 地です~ (22, 0.1%)

32 からお

1 [17件] か, から, からそれで, からどなた, からなあ, からね, から其毛皮, から寺, から許昌, から食糧営団あたり, がね, その關東, って, つくづくそうわかりました, なあ, よへツ, わ

▼ 地~ (22, 0.1%)

2 して, しようと, する英米的

1 [16件] さえなしとげれ, されて, される人民, したり, しながら, し米国, する, すること, するため, だけが残された, との物語, なんてこと, のきっかけ, の危機, の戦争, を防げ

▼ 地へと~ (21, 0.1%)

1 [21件] かえってゆく, せきたてること, 一歩々々動い, 再び出, 出発した, 分かれるの, 向って, 向つて, 大自然, 志したこと, 急ぎます, 急ぐので, 急行した, 戻るであろう雪, 消え入って, 渡りました, 漂泊を, 直行し, 突進し, 進んで, 駈けつけました

▼ 地人たち~ (21, 0.1%)

2 は太陽

1 [19件] からそんなに, がいっ, がみんな, のほとんど, の口, はいちどきに, はいつの間にか, はいよいよ, はきいきい, はてんでに, はもう, はクイクイ, は急, は星, は白骨, は目, は誰, は酋長, をおどろかし

▼ 地~ (21, 0.1%)

1 [21件] だけだ, でのだんまり一幕, では無理, とかいう所, としてその, にのみなし, にギリシア宗徒二十六万六千六百八十八人, に六勝亭, に制限, に小さき, に無断, のもの, の支那民族, の日本街, の春浦院, の末寺, の杉, の松本英一, の津久井, の長屋, 或は東両国

▼ 地への~ (20, 0.1%)

2 最も近い

1 [18件] お目見えには, 四間道路を, 帰りに, 帰途我々は, 旅行者が, 最短の, 期待と, 案内者に, 渡海も, 畏れまた, 移住には, 移住の, 見学団ソヴェト作家団体総, 訪問も, 躍進と, 道中も, 道標として, 還都

▼ 地~ (20, 0.1%)

1 [20件] 以テ吾レ二十倍, 占メ其州内ニ元来英国寛裕, 占メ雪花風月優ニ四時, 堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼ノ, 得タリ, 得ルヨリモ, 択ブガ故, 易ヘ, 晦マシ, 検シアラカジメ我ガ海軍ヲ, 求メ常, 獨立セシメズト云フコトトハ全, 現今ニ至ルモ解決スル能ハズシテ終ニ獨立問題ニマデ破裂セシメタル愛蘭, 私有シ得ル所以ハ凡テ國家ノ, 耕シテ其勤勉ヲ, 見セテ貰ウ, 開墾スルナド興スベキ産業ハ天然, 除外セル所以ハ公有トスベキ理由ガ町村, 際ル, 離レルコト四寸足

▼ 地における~ (19, 0.1%)

1 [19件] 人民の, 会合も, 切支丹迫害の, 各時季, 同郷仲間とも, 大使や, 女人結界の, 存在が, 小学児童の, 我が移民, 日射不足という, 日射不足の, 日本人の, 歴史それから, 測定値から, 稲作については, 芸術運動の, 進歩的作家の, 隔離生活が

▼ 地模様~ (19, 0.1%)

2 の上, の中

1 [15件] が消え, しか見えなかった, とその, と見えた, と赤い, と赤色, のある, のこまかい, の桃色, の綸子, の線, の襟飾り, は消え, も銀座節, をつくり

▼ 地~ (19, 0.1%)

2 の中, を通っ

1 [15件] からあの, でなくなったそれら監房, と呼ばれ, に返納, のうち, の一つ, の一方, の各, の底, の格子窓, の監房, の鉄門, はあまり, ばかりだ, 寒さ

▼ 地~ (18, 0.1%)

2 の中

1 [16件] がたび, がたび重, が再び, が実際, が突然, でないか, で米, と闘い, に対してもまた, に対する恐怖, の前兆, の力, の形容, を起し, 又は自然淘汰, 相継いで

▼ 地~ (18, 0.1%)

9 の青眼 4 の青眼どの 1 である, に取る, に枝, に飛ん, の黒髪

▼ 地~ (18, 0.1%)

2 の代表者

1 [16件] が恣, が神社, であつ, との力比べ, に肖, のやう, のよう, の来歴, の種姓, の託宣自身, を信じる, を孕ませる, を服せしめよう, を脅かす, を諏訪, を逐ふところ

▼ 地であっ~ (17, 0.1%)

1 [17件] て, ていわゆる, てそれ, てただ, てはならない, てまた, ても著しく, て元, て北海道, て十月, て同時に, て当時, て海浜, て特に, て療養地, て粉, て諸侯

▼ 地での~ (17, 0.1%)

1 [17件] いろいろの, ご辛抱, その一切, サラリーマン階級の, 二人の, 係累も, 値段から, 城介の, 旧家の, 流行唄であろう, 溺死を, 発展に, 第一流, 習俗を, 訴訟は, 遊山も, 魚屋が

▼ 地~ (17, 0.1%)

2 のもの

1 [15件] であるが, であるの, なアメリカ文明, な価値, な影響, な搾取, な文化趣味, な気風, な活気, な活氣, な風貌, な香り, の光景, の相貌, 再分割

▼ 地~ (17, 0.1%)

1 [17件] がいつの間にか, がいつも, がもう一度, が彼, が打撃, が老, である, というの, の歩, の血液, の頸毛, はしかし, はひるむ, はぽつんと, は勝, は生命知らず, は黄

▼ 地~ (16, 0.1%)

3 渺茫たる

1 [13件] あるいは平地, それとも開墾地, ためを, ならず賢人, まるで幽明処, 何かの, 原始林か, 又は孰, 収容所に, 後者だ, 無地かも, 私かが, 空か知らず走せ過ぎる

▼ 地だった~ (16, 0.1%)

3 のです

1 [13件] から地震, がその, が時間過ぎ, その墓地, ときの, のか, ので六十, んだ, んです, 一歩も, 洋館地帯を, 田万里は, 頃一六六八年に

▼ 地とが~ (16, 0.1%)

1 [16件] そうである, できあがりますと, どういう関係, はじめて別にな, ぽー, 一つの, 初めてわかれた, 未だ互いに分れ, 横たわりそして, 渾沌たる, 狎れ合って, 狎れ合つてのどか, 相接し, 神, 私の, 高く二段

▼ 地水火風~ (16, 0.1%)

2 の四, の四大

1 [12件] から成る, というよう, にかへし, に打ち勝つ, のうち, の四つ, の四元素, の材, を以て四, を四大, 及びその, 及び其他

▼ 地~ (16, 0.1%)

1 [16件] か, があつ, が急激, が緩, によつて, により多少, により櫻島, に死者合計百四十八人, に臨む, に苛まれる, に見舞, の哀れさ, の禍害, は共に, は實, を受けた

▼ 地~ (16, 0.1%)

1 [16件] が一変, が合体, ではどの, とまた, と云, と相, と称す, と称せられる, の変化, の柔和, の粋, の襞, の運動作用, の隆起, はのんびり, を有し

▼ 地辷り~ (16, 0.1%)

1 [16件] があった, が如何なる, が起っ, とかいうの, とか山崩れ, に乗っ, に起因, の危険, の鼻, もあっ, も露, をくり返し, を生じた, を防がなけれ, 場所が, 等が

▼ 地よりも~ (15, 0.1%)

1 [15件] さらに条件, すぐれて, むしろやり, 丁寧だ, 健康地である, 少なかった, 少量の, 戦うに, 本州の, 母の, 洲崎は, 湧かねど, 離れあなた, 高くし, 高原の

▼ 地人民~ (15, 0.1%)

1 [15件] としての奴隷, としての屈辱, とは上州, と憲兵巡査, なり, にし, に就, の一揆的運動, の世論調査, の口, の有, の有様, の裸体, は共和政体, を指し

▼ 地~ (15, 0.1%)

2 はどこ

1 [13件] がこの, がその, したため, だけな, などのこと, のうち, のできた, の井然たる, の良い, をきめた, をする, を借り受け, を生じ

▼ 地~ (15, 0.1%)

2 の責任者

1 [13件] となり, におちつい, についての知識, に向, のみならず, の事務所, の幹部級, の支部, の會議, は他, は小, へ歸, を完全

▼ 地~ (15, 0.1%)

6 の札 4 よいそしめ 1 との関係, に誘導, の四妖, の紙片, を意識

▼ 地~ (15, 0.1%)

2 が弱い

1 [13件] がどう, がなあ, がなんとなく, にする, に潤い, のむら, の細か, の芯, を仕入れる, を出し, を拵える, を積む, を見給え

▼ 地とを~ (14, 0.1%)

1 [14件] 前に, 割きて, 創造した, 峻別し, 指しながら, 求めて, 溺らせて, 真ともに, 繋ぎ合せるよう, 自分の, 見守りその, 透し見た, 造った, 領有し

▼ 地なく~ (14, 0.1%)

2 禅僧の

1 [12件] して, んば, ベタベタと, 住持に, 崇仰, 氣の, 社会なく, 社會なく, 舟を, 観客約, 諸所, 顔が

▼ 地~ (13, 0.1%)

1 [13件] お酒, がくすぶった, が肥え, が色, が記憶力, が達者, が黒い, この宅従前住人, はいき, は更に, は薄, も憤怒, 黒いもの

▼ 地~ (13, 0.1%)

1 [13件] あらずいま一陣, との戦争, と富源, など御, に培, に於ける, の見分, の首都, も彼, や兵備, をくわしく, を妨ぐ, を擁し

▼ 地~ (13, 0.1%)

1 [13件] と共におまえら, に天皇, の下, はこれ, や田領, をただちに, を任, を出さし, を受け, を大成, を持っ, を返, 下文

▼ 地でない~ (12, 0.1%)

2 ことは 1 ことそしてただ, ために, ということ, のだ, ので彼等, のとの, ように, 所は, 故で, 部分と

▼ 地とに~ (12, 0.1%)

2 迷ひゐる 1 のしかかって, みなぎり満ちる, 一杯拡がっ, 一杯漲っ, 啓示せられる, 委ねて, 引き裂かずには, 接して, 緑は, 跨る大きな

▼ 地にまで~ (12, 0.1%)

1 [12件] ねせて, 其の余光, 咲き垂れるという, 多くの, 定着した, 導かんと, 引き摺り廻された揚句, 普及せず, 落した覆面, 達して, 降つて, 青年支那人の

▼ 地~ (12, 0.1%)

1 [12件] がここ, が姉, といっ, に天保銭一枚, の妻比良, の細君比良, は兄, は役人, は薄, もいつか狂信, をあわれん, を巧み

▼ 地藏尊~ (12, 0.1%)

2 などに參つて 1 がきざまれ, が一つ, と, の側, は此, は歸途, は鐵砲, を安置, を建立, を本尊

▼ 地~ (12, 0.1%)

2 のよう, の声 1 がじいんと, が鳴きたて, のいる, のやう, の亡き骸, の嗄れた, も鳴い, を引きずり出し

▼ 地貿易~ (12, 0.1%)

5 の独占 2 について 1 が多く, に関する考察, の増加, の特定, は英国資本

▼ 地といふ~ (11, 0.1%)

1 [11件] のを, ものが, ものにな, ものを, やつは, ジャズ青年来訪サムボアへ, 厄介な, 感が, 感じを, 新鮮な, 特殊區域を

▼ 地~ (11, 0.1%)

1 [11件] というもの, と地帯, と地帶, の夜, の底, の氷, の秘密, の聖女, の鬼, 世界の, 煉獄天國の

▼ 地としては~ (10, 0.1%)

1 あまりよく, 人形町通りを, 仏蘭西も, 大使館当局としても, 大和の, 好適である, 当然の, 恐らくこれ以上, 最も正しい, 青森県の

▼ 地にては~ (10, 0.1%)

1 できるかぎり宗教的気分, 人力車日を, 十分の議論せず, 川童の, 烟る是, 當夜あたりまで, 知る人, 管狐の, 蕨と, 迷ひまた

▼ 地~ (10, 0.1%)

3 地よ 2 つねに美しく 1 あしこ, すべて亡び, 汝かれ, 爾の, 開け

▼ 地らしい~ (10, 0.1%)

1 ちょっと荒っぽい, ものに, 両側の, 処を, 往来が, 生垣の, 益田の, 見当である, 避暑地といふ, 風景である

▼ 地~ (10, 0.1%)

1 乱などで, 位置ヲ, 内ナルヲ, 奉行ニテ法ヲ立ントスルモ英国王之, 如ク所有者ノ, 惨禍亦, 民有制, 經營, 經驗ヲ, 酋長タルヲ

▼ 地~ (10, 0.1%)

2 のよう 1 が一秒間, としてわれ, の強, の餘波, は二寸七分, を発明, を聴いた, 鳴みき

▼ 地團駄~ (10, 0.1%)

3 を踏む 2 を踏ん 1 ふんで, を踏みました, 踏みます, 踏んだところ, 踏んで

▼ 地~ (10, 0.1%)

1 というもの, にかくれる, には絶えず, または峻坂, や土壌, を思い浮べよう, を縫っ, を越え, を這い出る, を降り

▼ 地なり~ (9, 0.0%)

1 しと, しならん, テヱエル河の, 一二六六年シヤルル・ダンジュウ, 五には, 以て, 何故に, 後れて, 来住の

▼ 地なれ~ (9, 0.0%)

1 ども赤馬関, ど前後こ, ど地形妙, ど未だ, ばさも, ばとて安寿姫, ば庭平, ば我が, ば毎日蔗田

▼ 地に対する~ (9, 0.0%)

1 あれほどの, この制度, 修道院の, 反逆者である, 地代を, 地代額は, 地方青年の, 彼らの, 村民の

▼ 地~ (9, 0.0%)

1 て兵庫, 入リテ, 入リ込ミタルカ, 御留りニ, 満チテ, 現レル, 非ズ, 非ズト明示セシ所以ナリ, 黙シテ哭ス

▼ 地以外~ (9, 0.0%)

1 にあっ, には他, に喰, に放逐, に自分, に芸術, の居住, へ出兵, 尚旧領

▼ 地~ (9, 0.0%)

2 がズン 1 が大概, が安い, の低落, は安く, を下げなけれ, を下げる, ノ騰貴スル理由ハ農業地

▼ 地團太~ (9, 0.0%)

1 を踏み, を踏みたい, を踏みます, を踏む, を踏ん, 踏みましたが, 踏みましたよ, 踏むやら, 踏んで

▼ 地~ (9, 0.0%)

1 で, で織った, で織ります, とか糸繰り, に掛けた, の好い, の置い, は紐, を用い続けます

▼ 地深く~ (9, 0.0%)

2 入って 1 に織田麾下, へ南下, へ進み出, 侵入し, 探って, 突入する, 飛び入って

▼ 地~ (9, 0.0%)

2 の式 1 として鉄甲, に際して地, の場合, の祭, の行事, の際, をなし

▼ 地~ (9, 0.0%)

2 に似, のよう 1 が聞え, が聞える, が轟, は連續, を交え

▼ 地においては~ (8, 0.0%)

1 これらは, その方法, やはり余りに荒び, 三つの, 人口は, 土全体を, 資本は, 鹿を

▼ 地に関する~ (8, 0.0%)

2 俳句も, 文献の 1 企画と, 意見, 最新の, 登記事項すらも

▼ 地~ (8, 0.0%)

1 に震, に震ふ, の形色, は堅固, を揺り動かし, 即ち土地, 奪取戦時代を, 梯状盆地という

▼ 地~ (8, 0.0%)

2 の類, や地図 1 の上乗, の書, の此, はまだ

▼ 地政策~ (8, 0.0%)

1 で禁じられ, という, に転じよう, の一つ, の活溌さ, の結果, の行き, は成功

▼ 地生活~ (8, 0.0%)

2 に一道, は美奈子 1 の一つ, は始まった, は始まつた, をした

▼ 地~ (8, 0.0%)

1 が生産物, すなわち土地資本, と呼ぶ, に対し人的能力, のある, の価値尺度財, をより, を反映

▼ 地~ (8, 0.0%)

1 と言っ, にて編みたる, に縁, に花, のおびただしく, の筍, の茂った, を手

▼ 地その~ (7, 0.0%)

1 ために, 地の, 外近所の, 民に, 翼を, 途中が, 類多い

▼ 地へは~ (7, 0.0%)

1 まぐれ猫のら猫が, 周圍に, 帰らないつもり, 御出陣, 持って, 落ちない家来, 行かれまい

▼ 地へも~ (7, 0.0%)

1 しばしば湯治, 寝たし, 手を, 文安から, 止ど, 潜れずかな, 知れたから

▼ 地もぐり~ (7, 0.0%)

1 あらゆる蛇, が頭, という, と云, のたぐい, の類, や赤棟蛇

▼ 地をも~ (7, 0.0%)

1 含むこの, 望みに, 畳みこんで, 神は, 襲う, 踏んで, 馳け

▼ 地一帯~ (7, 0.0%)

1 が忽ち, が揺るぎ吠える, の地主, の峰々, はゆるい, をいふ, を彼等青年

▼ 地~ (7, 0.0%)

1 が全く, の下一分, の層, の弱所, の状態, より熱漿, を洗つて何処

▼ 地~ (7, 0.0%)

2 立ちつつ, 立つ蒼き 1 とかれ, に角, 立つ堆肥

▼ 地~ (7, 0.0%)

1 だった, な, な建てかた, のこんな, の官舎, の風景, をおこし

▼ 地からも~ (6, 0.0%)

1 それぞれ万遍なく, 入り込みつつ, 出て, 壯丁が, 沸き上がる, 湧いて

▼ 地~ (6, 0.0%)

2 ばりの 1 て, て常に, ばりや, ばりを

▼ 地すなわち~ (6, 0.0%)

2 名田を 1 今日では, 北海道の, 古え, 混沌たる

▼ 地たり~ (6, 0.0%)

1 これを, し由緒, し過去吉原, とあっ, 四には, 霊域たり

▼ 地だけ~ (6, 0.0%)

1 あって, あつて, であった, である, です, 訊いて

▼ 地とか~ (6, 0.0%)

1 で市蔵, で有るならば, 何とか威張っ, 対象とかいう, 称するきまり, 遺蹟伝説を

▼ 地なし~ (6, 0.0%)

1 で柱, と門前, と鼻, は見, やあい, 奴等だ

▼ 地などに~ (6, 0.0%)

1 これが, なお残され, 生えるから, 自活しいた, 這入つて, 通暁し

▼ 地めん~ (6, 0.0%)

1 に散つたお, のくぼみ, のたたり, はかちかち, は正直, へ落っこちず

▼ 地~ (6, 0.0%)

2 となつ 1 となった, のごとく, の格, の籍

▼ 地及び~ (6, 0.0%)

1 一般通商から, 三関国, 其攪亂されたる, 生産用の, 空氣に, 近傍の

▼ 地取り~ (6, 0.0%)

1 して, についてわしら, の方式, をし, をしなさい, をしろ

▼ 地問題~ (6, 0.0%)

1 じゃいつも, とは訳, に非ずし, の知らせ, の論じ, は従来

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 であるため, ではなお, で漢学生, に放逐, の真暗, を包む

▼ 地崩れ~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 がし, でやっと, とも砲声, に似た

▼ 地此地~ (6, 0.0%)

1 で空壜, で論ぜられ, にポツポツ, に十ヶ月, へ向け, 出たぢ

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 と穀神, の交会作用, の信仰, の思想, の生殖, の関係

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 で上, で出来る, の束髪, の相当, は引詰め, は短く

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 と民風士氣, のこれ, の上昇, の盛衰, は上昇, より生ず

▼ 地~ (6, 0.0%)

6 の菩薩

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 からお, があつ, に三重, に投獄, は, や廃墟

▼ 地~ (6, 0.0%)

1 とも言います, にょきりと, はな野郎, もまだ, を一籠, を売る

▼ 地~ (6, 0.0%)

2 するその, するところ, せられて

▼ 地附近~ (6, 0.0%)

1 から尾根伝い, のあり, はす, はひっそり, を一度, を旅

▼ 地~ (6, 0.0%)

2 を踏み, 踏んで 1 ふんで, 踏む

▼ 地あり~ (5, 0.0%)

1 これ死人の, て存在, と告ぐ, と聞き赴き見る, 木の下道清く

▼ 地ある~ (5, 0.0%)

1 のみ, のみである, をみし, を知らざりしか, を見

▼ 地および~ (5, 0.0%)

1 その砂防工事, 動物園を, 徒刑に関する, 美濃国は, 鉄道附属地を

▼ 地からの~ (5, 0.0%)

1 便りで, 出張と, 友人であろう, 多那川の, 女工員募集禁止三女子の

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 うして, は十, へあらざる, へ割け, へ大抵

▼ 地などと~ (5, 0.0%)

1 かぎりも, そんなこと, 云ふ, 劃し限るの, 異る

▼ 地なりと~ (5, 0.0%)

2 いう 1 され従来, せば, 云うこと

▼ 地にな~ (5, 0.0%)

2 つて來た 1 つた, つてやたら, つて女神様の

▼ 地ほど~ (5, 0.0%)

1 せまくて, その作家, 劣悪な, 新時代, 軽ん

▼ 地また~ (5, 0.0%)

1 固より, 後詰の, 決して人材, 釈迦牟尼如来が, 震ふ

▼ 地までは~ (5, 0.0%)

1 ともかく道, わずか十二, 更に二里, 有無を, 来ない私

▼ 地もの~ (5, 0.0%)

1 か, だと, なの, は張れない, 張と

▼ 地をば~ (5, 0.0%)

1 わが歌, 吾が家, 綺麗に, 美しい世界, 踏まなかつたこと

▼ 地下穿き~ (5, 0.0%)

2 の跡 1 がチャン, の方, らしいもの

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 を貝塚, ヲ曙, 有也, 義也, 霊神降

▼ 地人軍~ (5, 0.0%)

1 の方, の酋長, はさすが, はその間, はついに

▼ 地全体~ (5, 0.0%)

1 に亙, のしくみ, の倍加期間, を展望, を目ざま

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 だ, でア, にかこい, の管理, は龍華寺

▼ 地~ (5, 0.0%)

2 るの 1 より可, るという, るといふ

▼ 地塗り~ (5, 0.0%)

2 とか空 1 となっ, など, をし

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 と庭, のところ, の上, の寒い, へ通ずる

▼ 地~ (5, 0.0%)

3 に踞し 1 のま, 美しく水

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 から命, に帰る, に敦厚, を嘲った, 深くし

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 引上げの, 臨検願を, 著から, 誕生院また, 領主様は

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 が蒸れる, でからだ, に毛, のぼりて, のやう

▼ 地橙孫君~ (5, 0.0%)

2 を訪ね 1 と連れ立つ, に逢, の供養

▼ 地~ (5, 0.0%)

1 と共に冷却, に鬱勃, のぬくもり, の一部, を破

▼ 地~ (5, 0.0%)

2 及びその他 1 に背き, の向う, を見

▼ 地知る~ (5, 0.0%)

2 人知る 1 の道理, 我知る, 我知るで

▼ 地農業~ (5, 0.0%)

1 に劃期的, に参考, の権威, の物理的研究, の目

▼ 地かと~ (4, 0.0%)

1 思ったらこれ, 思って, 疑われるくらい, 考えられます

▼ 地かも~ (4, 0.0%)

2 知れない洋館 1 知れないが, 知れぬよし

▼ 地からは~ (4, 0.0%)

1 え出る, バタを, 横道の, 見えなかった五竜岳

▼ 地がら~ (4, 0.0%)

1 から下り, の米, へ乗りかかっ, を踏ん

▼ 地この~ (4, 0.0%)

1 地に, 地にと, 海に, 空恋は

▼ 地ごと~ (4, 0.0%)

1 に上陸, に品遲部, に植えつけ, に遊郭

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 張りでも, 祇, 祇の, 祇また

▼ 地でさえ~ (4, 0.0%)

1 それは, 塵に, 最初は, 足もとにも

▼ 地としても~ (4, 0.0%)

1 有望な, 現在よりは, 知られて, 適当な

▼ 地なき~ (4, 0.0%)

1 にいたれ, 人ごみに, 小村に, 程の

▼ 地などが~ (4, 0.0%)

1 一眸の, 此頃の, 沢山あっ, 複雑に

▼ 地などの~ (4, 0.0%)

1 ある一里, 何と今, 地温上昇についても, 掛合いでは

▼ 地においても~ (4, 0.0%)

1 おいおい鉱業停止請願, また同様, 営養不足の, 行われる

▼ 地にか~ (4, 0.0%)

2 くる 1 求む可, 目を

▼ 地につけ~ (4, 0.0%)

1 三拝九拝し, 動けなくなって, 拝んだ, 牛の

▼ 地にでも~ (4, 0.0%)

1 い, 乘り込む, 旅した, 遊びに

▼ 地にを~ (4, 0.0%)

1 さむる, さむるにいたるがごとく, りますそして, るが

▼ 地へでも~ (4, 0.0%)

2 行けと 1 来たよう, 誘われたん

▼ 地を以て~ (4, 0.0%)

1 すれば, 兵を, 幕府の, 遇せられたけれども

▼ 地一七・一〇六以下~ (4, 0.0%)

4 並びに註參照

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 な白い, になった, に其の, に小

▼ 地並み~ (4, 0.0%)

2 の室 1 にある, の大きな

▼ 地付近~ (4, 0.0%)

1 には直径三十センチ, のもの, の屋根瓦, や城趾

▼ 地公将軍~ (4, 0.0%)

1 とやらは奸智, とよばせ, の旗幟, を討ち取っ

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 に分裂, に過ぎなかった, の夏, を覆ひ

▼ 地~ (4, 0.0%)

2 の間 1 は振り, を振り

▼ 地弾き~ (4, 0.0%)

3 のお 1 をし

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 が望まれる, に跡, の上, をほしい

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 に坐り, に較, は金, へ倒りょう

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 が紅く, の紅い, の虫, も多い

▼ 地~ (4, 0.0%)

2 の本 1 の一等賞, を辞書

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 と為れり, の意思, は之, を誤解

▼ 地特有~ (4, 0.0%)

1 の何, の副業, の食糧, の麗質

▼ 地狂言~ (4, 0.0%)

1 が三番叟, では後, と云, と言

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 をし, をした, を幸, を見

▼ 地~ (4, 0.0%)

2 一の 1 一人, 五の

▼ 地~ (4, 0.0%)

2 かくる 1 と云う, 欠くとも

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 に起伏, の交叉, を忘れ, を指す

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 であると, は決して, は漢名, をジクラゲ

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 が出ました, であの, でワメキ立て, は太い

▼ 地視察~ (4, 0.0%)

1 が行, について精しい, に遺, のこと

▼ 地~ (4, 0.0%)

1 と黒く, に掩, のお, の粗

▼ 地あたり~ (3, 0.0%)

1 でも果して, の家庭, の日本

▼ 地かるい~ (3, 0.0%)

1 というよう, といっ, の方法

▼ 地こそ~ (3, 0.0%)

1 ぼうっとし, 柴田勢との, 病骨の

▼ 地ずれ~ (3, 0.0%)

1 がし, に辿る, の松

▼ 地だけに~ (3, 0.0%)

1 この土地, 好い酒, 昔は

▼ 地だけは~ (3, 0.0%)

1 完全に, 臣下に, 銅貨を

▼ 地つき~ (3, 0.0%)

1 かな, の商店, ほがら

▼ 地であります~ (3, 0.0%)

1 から土産物, がその, けれども華盛頓

▼ 地でしょう~ (3, 0.0%)

1 からその, 秀吉が, 近国は

▼ 地とて~ (3, 0.0%)

2 遠い島々 1 いつなん時の

▼ 地どり~ (3, 0.0%)

2 専門横槍を 1 の上等

▼ 地ながら~ (3, 0.0%)

1 ここの, 一方の, 俳句界の

▼ 地なぞ~ (3, 0.0%)

1 へうつし, へ出し, 面白くも

▼ 地などでは~ (3, 0.0%)

2 東京で 1 今でも

▼ 地などには~ (3, 0.0%)

1 その生垣, 以前の, 珍しくない

▼ 地なども~ (3, 0.0%)

1 この際, どうやらあやし, 相当の

▼ 地などを~ (3, 0.0%)

1 売ろうと, 見る十分, 通行し

▼ 地なら~ (3, 0.0%)

1 これくらゐ, ば大王, ば知らぬ

▼ 地にさえ~ (3, 0.0%)

1 なると, 幾夜も, 既に蒹葭蘆荻

▼ 地にとって~ (3, 0.0%)

1 どこに, 自殺にも, 非常な

▼ 地に対して~ (3, 0.0%)

1 すこしかたむき, 小作料を, 自由貿易を

▼ 地ばかり~ (3, 0.0%)

1 であつ, で到る所, 本利根

▼ 地ふかく~ (3, 0.0%)

1 はいって, 凸出し, 潜行し

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 はりは 1 はりに

▼ 地または~ (3, 0.0%)

1 中国満州の, 半植民地, 紅海の

▼ 地までも~ (3, 0.0%)

1 岡, 普く及ん, 皆秦の

▼ 地みち~ (3, 0.0%)

1 なあたりまえ, な建設, の生活

▼ 地よりは~ (3, 0.0%)

1 最も大, 湧き出でけん, 草木を

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 とつけました, とはしばらく, をつれ

▼ 地下水~ (3, 0.0%)

1 の呼び水, まで掘り下げた, を頬

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 にても三枚皆整, の用, ほどのこと

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 の輩, ガ九軒有ッタガ地代モ宿賃モロクロクヨコサヌカラミンナタタキ出シテオレガ懇意, 或は店

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 にし 1 無行客

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 分割, 分割の, 分割ノ

▼ 地分割~ (3, 0.0%)

1 とによってフランス, にあずかる, 貸地

▼ 地即ち~ (3, 0.0%)

1 インドの, ヒマラヤ山中の, 共有地であった

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と, といふもの, の資料

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 村の 1 都市町村には

▼ 地大衆~ (3, 0.0%)

1 の生活, の言葉, は今日

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, の方, の自慢

▼ 地広く~ (3, 0.0%)

1 この幾歳, 樹深く, 諷詠を

▼ 地得ぬ~ (3, 0.0%)

2 玉作 1 玉作り

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 が朝鮮渡来, ということ, のため

▼ 地打ち~ (3, 0.0%)

1 だ, の勝敗, の日

▼ 地摺り~ (3, 0.0%)

1 にすくった, に大刀, に払った

▼ 地摺り青眼~ (3, 0.0%)

1 か, などという構え, を破った

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 が宗右衛門, という男, の友人

▼ 地根性~ (3, 0.0%)

1 から乗船, がここ, が癪

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 の, のよう, の三皇

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 では園, も非常, を加味

▼ 地流れ~ (3, 0.0%)

1 のする, をあつめ, を蹴立て

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 の神格化 1 を司配

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 かぐろい七日 1 せば

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と所, はただ炎, へ吸われ

▼ 地盛り~ (3, 0.0%)

1 したほどの, し二つ, をした

▼ 地稽古~ (3, 0.0%)

1 といふ格, の劍士, もだらけ

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 でも日本国内, にそれぞれ, より得る

▼ 地等々~ (3, 0.0%)

2 が創造 1 を町

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 の悪霊, の霊, の霊魂

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 きの 1 きに

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と称えた, の達者, を輕蔑

▼ 地~ (3, 0.0%)

2 に隱 1 は伊達巻

▼ 地藏さま~ (3, 0.0%)

1 がございます, の三日月眉, までモノ

▼ 地藏堂~ (3, 0.0%)

1 があつ, が建て, へと參詣

▼ 地藏菩薩~ (3, 0.0%)

2 と謂 1 か何

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 が刈り, もところどころ, 圧迫民族婦人に

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 とはまったく, の古, や第

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 といふ職業, 商売の, 椅子直し

▼ 地親さん~ (3, 0.0%)

1 でやすよ, の方, は是方

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 が一種, が註釋, と

▼ 地蹈鞴~ (3, 0.0%)

1 を踏み, を踏む, を蹈

▼ 地辷りし~ (3, 0.0%)

1 てあったら, てい, て來

▼ 地金襴~ (3, 0.0%)

1 のさげ, の戦袍, の鮮ら

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 にか, に此生, のどの

▼ 地陥り~ (3, 0.0%)

1 と蛟, は蛇, 等諸

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と日輪, を抑, を逐

▼ 地~ (3, 0.0%)

1 と爲, に西, の同心状弱線

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 たまの, はさは

▼ 地いきれ~ (2, 0.0%)

1 が火焔, とでもって湧き立ち

▼ 地うなり~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 もてを

▼ 地かへ~ (2, 0.0%)

1 失せ去って, 運び去ろうと

▼ 地ぐちシヤレ~ (2, 0.0%)

1 を喜ぶ, を擯斥

▼ 地ぐるみ~ (2, 0.0%)

2 煽立てますので

▼ 地さえ~ (2, 0.0%)

1 ありかたがた失望, 大抵は

▼ 地さん~ (2, 0.0%)

1 からお, 一寸いらしつ

▼ 地ざむらい~ (2, 0.0%)

1 がみな, の味方

▼ 地しばり~ (2, 0.0%)

2 草の

▼ 地じゅう~ (2, 0.0%)

1 のピオニェール, を見

▼ 地それ~ (2, 0.0%)

1 から水, をわれわれ

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 帝京の, 早やに

▼ 地だけが~ (2, 0.0%)

1 彼等の, 茶がちな

▼ 地だけでも~ (2, 0.0%)

1 二万四千坪から, 何かの

▼ 地だけを~ (2, 0.0%)

1 取つて, 選んで

▼ 地だらけ~ (2, 0.0%)

1 だし, の田舍

▼ 地であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばなるべく, ばフランス

▼ 地であるべき~ (2, 0.0%)

1 を空想, 可見世界

▼ 地であれ~ (2, 0.0%)

1 ば自分, ば雪

▼ 地であろう~ (2, 0.0%)

1 とも微か, とも猿

▼ 地でなく~ (2, 0.0%)

1 とも何物, 草でなく

▼ 地とで~ (2, 0.0%)

1 対峙し, 画面の

▼ 地とでは~ (2, 0.0%)

1 場所が, 雲泥の差が

▼ 地と共に~ (2, 0.0%)

1 一個国を, 生きるの

▼ 地どりで~ (2, 0.0%)

1 だんだん半永久, もフランス

▼ 地などは~ (2, 0.0%)

1 べつとして, 別だ

▼ 地などへ~ (2, 0.0%)

1 来れるか, 降りて

▼ 地なりし~ (2, 0.0%)

1 が, を以てなるべし

▼ 地にしか~ (2, 0.0%)

1 ゆるされない条件, 無かつ

▼ 地にぞ~ (2, 0.0%)

1 あかく笑まひ初め, 落ちたる

▼ 地につき~ (2, 0.0%)

1 インテリ自身の, 或いは大衆的日常常識

▼ 地にとっては~ (2, 0.0%)

1 こりゃ対岸, 大いに有害

▼ 地によって~ (2, 0.0%)

1 倒れるもの, 立つ

▼ 地のみは~ (2, 0.0%)

1 祖先以来の, 自らの

▼ 地のみを~ (2, 0.0%)

1 記録する, 踏める間

▼ 地ばかりに~ (2, 0.0%)

1 あすこに, 面する単調

▼ 地ひろし~ (2, 0.0%)

1 山そびえ, 秋秋秋

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 くろの, くろも

▼ 地ほどの~ (2, 0.0%)

2 相違が

▼ 地みたい~ (2, 0.0%)

1 なところ, な所

▼ 地めいた~ (2, 0.0%)

1 先入感の, 関係に

▼ 地もしくは~ (2, 0.0%)

1 別荘地の, 山谷嶮峻の

▼ 地もと~ (2, 0.0%)

1 の観音さま, を繰り出し

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 くらむ

▼ 地ゆるぎ~ (2, 0.0%)

1 が足裏, のする

▼ 地らしく~ (2, 0.0%)

1 てよ, 猥雑混沌を

▼ 地われ~ (2, 0.0%)

1 さく, したところ

▼ 地をこそ~ (2, 0.0%)

2 天なる

▼ 地バーデンヴァイラー~ (2, 0.0%)

2 の旅舎

▼ 地ベタ~ (2, 0.0%)

1 を見, ヲ蹈ミ

▼ 地ボーンマス~ (2, 0.0%)

1 での三年, に父

▼ 地ロンドン~ (2, 0.0%)

1 にては四百円, を去る

▼ 地一帶~ (2, 0.0%)

1 に蝉, を自分

▼ 地一杯~ (2, 0.0%)

1 にとばし, に何だか

▼ 地一般~ (2, 0.0%)

1 のため, の気勢

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 に日本, に最後

▼ 地三号~ (2, 0.0%)

1 の二番, の二番館

▼ 地亀甲形~ (2, 0.0%)

1 古金襴, 古錦襴

▼ 地五・四~ (2, 0.0%)

1 にみゆる, に出

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 緬, 陛下

▼ 地以上~ (2, 0.0%)

1 である, に有

▼ 地住める~ (2, 0.0%)

1 名匠チュキオスの, 族

▼ 地住民~ (2, 0.0%)

1 の自治原則確立, の自立権

▼ 地体並~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 地体何~ (2, 0.0%)

2 でも洞穴

▼ 地体制~ (2, 0.0%)

1 に反対, は崩れさり

▼ 地信州地~ (2, 0.0%)

1 と教えられた, は無論

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 の白い

▼ 地先あたり~ (2, 0.0%)

1 に比べる, は水

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 を挙行

▼ 地入り~ (2, 0.0%)

1 の事, の条

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 踏破という, 體賣拂つて工事總額二千九百何十圓といふ

▼ 地全般~ (2, 0.0%)

1 にそう, にたいして七分の利

▼ 地公民~ (2, 0.0%)

1 とし, と致しました

▼ 地別命~ (2, 0.0%)

1 がかの, が肥長比売

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 の確立

▼ 地博覧会~ (2, 0.0%)

1 に東洋曲芸団, の門冠彫刻以上

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 なる二重外套, のカーテン

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 より芸園, 錦襴風袋一文字が

▼ 地同様~ (2, 0.0%)

1 のところ, の政治

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 かならず, は到頭

▼ 地唐臼~ (2, 0.0%)

1 であって, である

▼ 地固まる~ (2, 0.0%)

1 いよいよここ, ことなら

▼ 地圖上~ (2, 0.0%)

1 に表現, ノ彩色

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 の凡, の粋人

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 のこと, の欅

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 の慈みと

▼ 地多分~ (2, 0.0%)

2 ありて

▼ 地大根~ (2, 0.0%)

2 の沢庵

▼ 地大震~ (2, 0.0%)

2 とあり

▼ 地天星その他私~ (2, 0.0%)

1 が感覚, が感覺

▼ 地太い~ (2, 0.0%)

1 ところが, 男の

▼ 地妖相~ (2, 0.0%)

1 次いで人々困難, 続き人心恟々天下騒然

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 に待つ, へ走りこんだ

▼ 地尾張~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の国

▼ 地岩殿山~ (2, 0.0%)

1 にのぼり, に上り

▼ 地工事~ (2, 0.0%)

1 の折, を負担

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 のかげ, を形づくる

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 が二尺, をとっ

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 におとし, の傾斜

▼ 地復旧~ (2, 0.0%)

1 などと簡単, の請願

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 なるとき, に下り

▼ 地或いは~ (2, 0.0%)

1 半植民地, 断絶などの

▼ 地戦争~ (2, 0.0%)

1 のため, の経験

▼ 地打つ~ (2, 0.0%)

2 雨も

▼ 地揺れ~ (2, 0.0%)

1 がした, のたび

▼ 地救済婦人会~ (2, 0.0%)

1 の発会式, の運動

▼ 地時代~ (2, 0.0%)

1 から独立的気風, そのままという

▼ 地有隣斎~ (2, 0.0%)

1 であるだろうか, であるだろうかとの

▼ 地朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の, の人々

▼ 地本位~ (2, 0.0%)

1 のもの, の市

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 は深く, を打ち

▼ 地松山~ (2, 0.0%)

1 にいた, に帰るべき

▼ 地根性丸出し~ (2, 0.0%)

2 が多い

▼ 地楡桔梗苅萱今~ (2, 0.0%)

2 を盛り

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 に潰え, の自由軒

▼ 地橙孫さん~ (2, 0.0%)

1 は尊敬, を訪ねる

▼ 地橙孫居~ (2, 0.0%)

1 を訪ね, を訪ねた

▼ 地歴学会~ (2, 0.0%)

1 の大森金五郎氏等, の某氏

▼ 地毛織~ (2, 0.0%)

2 の幕

▼ 地水火風空~ (2, 0.0%)

2 の五巻

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 ににじめる, をなす

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 りで繩, りと

▼ 地火風水~ (2, 0.0%)

2 の四つ

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 などが代々, のしきりに

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 の下, の傍

▼ 地独占~ (2, 0.0%)

1 と工業, を強制

▼ 地王子~ (2, 0.0%)

2 向象賢

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 で実際, の者

▼ 地生れ~ (2, 0.0%)

1 で湯, の西洋女

▼ 地用人~ (2, 0.0%)

1 と労働, の用役

▼ 地用労働利殖~ (2, 0.0%)

1 を提供, を結合

▼ 地的存在~ (2, 0.0%)

1 になっ, に甘んじ

▼ 地的搾取~ (2, 0.0%)

1 の真相, をつづけ

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 に食い入る, を通して骨

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 が済ん, をした

▼ 地秀夫~ (2, 0.0%)

1 だったから, はツ

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 が出ねえ, を減ずべし

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 の痩犬

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 を終る, を絶つ

▼ 地経営~ (2, 0.0%)

1 の問題, の裏面

▼ 地緑ヶ丘~ (2, 0.0%)

2 の突端

▼ 地續きだ~ (2, 0.0%)

1 からだ, からといつ

▼ 地耕すべく~ (2, 0.0%)

2 もあらぬ

▼ 地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 が支那西部, をさぐり

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 のした, も引い

▼ 地膨れ~ (2, 0.0%)

1 の意, をし

▼ 地英語~ (2, 0.0%)

1 の声, を在

▼ 地藏さん~ (2, 0.0%)

2 の横

▼ 地藏寺~ (2, 0.0%)

1 に集る, の門前

▼ 地行き~ (2, 0.0%)

1 けむ, を募集

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 を読みつぐ, を讀みつぐ

▼ 地諸国~ (2, 0.0%)

1 の代表者, の問題

▼ 地踏まず~ (2, 0.0%)

1 のハッキリ, の凹んだ

▼ 地車の~ (2, 0.0%)

2

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 にたいするこの, は

▼ 地辷りで~ (2, 0.0%)

1 いくらか埋ま, 街道が

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 來る, 来ると

▼ 地近く~ (2, 0.0%)

1 へ達しなけれ, まで入

▼ 地通い~ (2, 0.0%)

1 の小, の海員

▼ 地通り~ (2, 0.0%)

1 にはタルノ街, に行ったら

▼ 地~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 地邇須比智邇~ (2, 0.0%)

1 とは国, の泥土

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 の百花戦袍, の直垂

▼ 地開拓~ (2, 0.0%)

1 に全身, の言葉

▼ 地関係~ (2, 0.0%)

1 だった, を止揚

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 に近く海, わずかな

▼ 地風景~ (2, 0.0%)

1 だった, は却つて作者

▼ 地駄ン駄~ (2, 0.0%)

2 踏んで

▼ 地駄太~ (2, 0.0%)

1 踏むが, 踏んで

▼ 地~ (2, 0.0%)

1 というどじょう, 総模様

▼1* [1118件]

あの石多い, 地あるいは平地の, 地あるべくもあらず, 地あれが木曾山脈, 地いうまでもなく, 地いろが無え, 地なりを立て, 地おおむね会稽東冶の, 地お婆さんに毛糸, 地かえるも敵地, 地かぎり通用ということ, 地かたから二十五六里, 地かたまると縁起, 地かた二十五六里の沖あい, 地かは知らぬが, 地からともなくわき起こる大, 地かりゆゑ家は, 地がね織もの, 地きよめの式, 地ぼ地, 地くずれが起こっ, 地くらゐ明, 地ぐち調の狂歌, 地ぐらいわけなくできますのに, 地こうお留守, 地ここでは深い, 地ことばと里ことば, 地この間までの桃畑, 地これを知れ, 地これ俳句の曠野, 地もるよう, 地さん丸地さん一寸いらしつ, 地ざかいに心法寺という寺, 地ざかいへ見あげるよう, 地しか与えられず家臣, 地しかも新疆, 地しろをせ, 地じみてゐない, 地じみた雑然と, 地なは, 地すなはち, 地すべてこれ羽柴勢の甲冑, 地ずりに瓶, 地ぜんたいをおおいかくす, 地そのものにはその, 地そのものそれの形それ, 地それから行く先などを, 地それ折けんと, 地たらしめようとそれ, 地たらんとする, 地たりとも美濃八幡二万四千石従四位下を, 地たるべきものと, 地だけとは限らない南半球, 地だけの村落調査を, 地だったではない, 地だって云うので, 地だつだのだ, 地だらうといふ, 地ちかくに立ちし, 地や医者, 地ついた少ない髪, 地つきうたものびやか, 地つていふの, 地つまり墓地に, 地づらを高, 地であったごとく日本も, 地であったならばこういう, 地であったろうと思う, 地でありましてそこ, 地であり走るに不便, 地でございまして近頃, 地でしたから, 地ででもあったかの, 地でなかったのである, 地でなくなられましたあなたにと, 地でなければ見られない, 地でやすよ, 地とある村立共同浴場の, 地といったような, 地といふだけで三ヶ月後, 地とかいう機械を, 地とかになつたさうである, 地とかの文字を, 地とかも借財仕法立ての, 地とこしなへに望む, 地としか想像できない, 地としてのみならず早稲田, 地としてよりも沈着いた, 地としましては鴨川とか, 地とでもいふの, 地とともに震へる, 地となせるなり, 地とには定見取米, 地とのみは限らぬヤマト, 地どこをどう, 地どころか敵の, 地どのへ報ら, 地どりなら色が, 地なぞに結って, 地なぞは君の, 地など送られ夫, 地などにては俗に, 地などへは寄港し, 地ならざるはなしと, 地ならぬ面貌は, 地ならびに河辺の, 地なりがしたので, 地なりとか穏か, 地なりなど云ひ, 地なりに着いた時, 地なりを拵えて, 地なんかおもしろくなかった, 地なんぞは見も, 地にあたり山林沼地多く, 地においてすら人口の, 地におけるほど大でなかった, 地にかけて合計千八百軒ばかり, 地についてはどう思う, 地についても同じであった, 地につきかくる, 地にても士民共に, 地にと移して, 地にとり落して, 地にのぼつた, 地にのみ文学は, 地にはと指折り数へて, 地にもなつてゐる, 地にももぐれるし, 地により十の, 地によりて影響を, 地にわしりまた, 地にわたって四十四列車も, 地に対し畦地は, 地ぬらさじと心して, 地のうへ二尺君は, 地のせゐか樹形, 地のみが課税され, 地のみに蟄居し, 地はずれに某, 地はな父上が, 地はやりようで麦, 地ばかりは亡ぼされなくして, 地ばれのした, 地ひばり田で蛭藻, 地ひらくがごとき, 地びたがめりこむよう, 地びたでどうなつたのか真下に客待ち, 地びたにおしつけたまま身動き一つしない鼠, 地びたにおとしてくびをふりました, 地びたにころげ落ちました, 地びたにすわつたまゝで中の二三人, 地びたにたおれて死んで, 地びたにつくといっしょにどんどん大きく, 地びたにつけてひょいと立ちます, 地びたにぽたりぽたり血のしずく, 地びたに手を突い, 地びたばつかり見ちや, 地びたへうづくまつてきみわるく歯, 地びたへおちないうちにぴょいと上手に口, 地びたへつけようとしてころりと前のめり, 地びたをころげ回りました, 地ふうのたてもの, 地へかへつたなごやかな氣持ちだ, 地へだけ引張ると, 地までがきらきらする, 地までの時間を, 地まわり連のうち, 地めぐりといふ四本立て, 地めぐりのやうなことをやってみようと思ふ, 地もっとも瘠せ国, 地もと県民の種種雑多, 地ゆえ日本国の中心, 地ゆかめとそきたけ, 地ゆきの軍曹夫婦, 地ゆるぎと同じ長, 地ゆるさず天ゆるさず, 地ゆるみの一因, 地よい風が, 地よく蕎麦の, 地らしい思ひをさせる, 地わが三円に, 地をかぞうるとき, 地をさえなして, 地をでも占めさせて, 地をめぐってアラビア人と, 地をもって永く誇っ, 地ををさへ, 地を通してもその胸, 地中へ, 地アフリカに集中, 地アリ此門連戸人家絶ユルコトナク倡女群ヲ成シテ扁舟ニ棹サシ, 地アルネー及びミイデーア, 地アルペン山の又, 地弾けるやろ, 地インテリ同志の会話, 地インドからの富, 地オルコメノスに住める, 地ガ私有地限度ヲ超過シタル者ハ其, 地ケリドリヤクリファレーチェンクリアムフィシベナを出す, 地ケープをさる, 地ゲデラの町, 地コトゴトク之ヲ朝廷ニ収メ, 地コラッサンはペルシア, 地コロール島には既に, 地サイト・ツウの港, 地ストラツトフオードに向, 地ダンダふむもと, 地ダーヴォスに赴い, 地ヂュウスの神女アテーネー, 地異ナリテ農業者, 地トハ地上ニ遺物ノ散在スル所, 地ト人トヲ把テ如此キノ悲境ニ陥ラシメテ省ミルナキモノ, 地ト顛落るもの, 地ナリともいっ, 地ナルヲ以テ今尚, 地ナルヲ以テ彼此親睦事変ヲ生, 地ニミタスベシ今朝廷数十万が財, 地ニモ尽ク知ルコト能ワズ唯仏ノミ窮了ス, 地ニーボルグ港乗船指定は伝達後三時間以内, 地ニ労セズ之ヲ上策トス, 地ニ嘗メシメタルモ亦汝, 地ニ堕ル毎ニ即チ小樹, 地ニ存スル竪穴ヲ以テ證スベシ, 地ニ家屋ヲ建築セリ, 地ニ擲チ目ニ血涙ヲ流, 地ニ於テソノママ富貴ヲ望ムナラバ, 地ニ於テ絶滅セシカ或ハ更ニ北方ニ移リテ今, 地ニ枯田ナク天ニ暗日ナシ, 地ニ洒ギ遂ニ此花ヲ生, 地ニ遊ビ古廟, 地ハ則チ支那上国ノ人, 地ハ神祠ニ因ツテ名ヲ得, 地ハ薄かりしがども, 地パリーの縁, 地パレスティナに到らずし, 地ビタにタタキ, 地ビルマビルマの夏, 地フランス王家に屬せり, 地来ラシメタ, 地ベタニヤの町, 地ホテルの名, 地ポオといふ街, 地ポセードーンの美し, 地マトロックへ行った, 地メリボイア又嶮要, 地ヨリ深キ所ニ於テ石器, 地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 地ヨリ開拓ニ長ズル者ヲ雇ヒ, 地リオへ遊ぶ, 地ヴァプリオに泊っ, 地ヴィクトリア湖がそれ, 地に何ぞ, 地一〇・一二七以下ファーリナータの豫言, 地一〇・一六以下及び地, 地一〇・七九以下同二〇・一二四以下參照, 地一〇・三一以下並びに註, 地一つ計四品, 地一つ唐更紗御布団地一つ, 地一・一〇〇以下及び淨, 地一・一一四不朽の地, 地一・一三六星の傾く, 地一・九一以下及び一一二以下參照, 地一・六八にウェルギリウス, 地一・四九と同じ, 地一一・六五一二・三九三四・二〇に見え, 地一七・三一にいづ, 地一九の一一四參照, 地一九・一〇六以下に見ゆる, 地一九・一並びに註參照, 地一二・三一以下及び二一・一一二以下, 地一人の人材, 地一八・二九及び註參照, 地一六・三八にいづる, 地一円を畑, 地一切の變異, 地一切勧業銀行の抵当, 地一反をくれる, 地一四・七九及び註參照, 地一国の太守, 地一揆が起つ, 地一族郎党のむらがり住む, 地一本占地榎茸針茸舞茸毒ありとても, 地一面に這, 地七・七〇以下命運に關, 地七拾八坪余願之通被仰付候旨植村駿河守殿御書附を以て被, 地三・六及び天, 地三三のウゴリーノ, 地三二にはダンテ, 地三四・一一一並びに註參照, 地三太夫平然と云う, 地三太夫殿にお, 地三太夫霧隠才蔵, 地三女子ならば, 地三條の三條八幡, 地三河へ攻め, 地上信国境の鳥居峠, 地上州地信州地は無論, 地上流人士の集, 地上野を選ん, 地上野町に壕舎, 地上陸にことならなかった, 地下げされ売れない方, 地下層に何, 地丘陵の東麓, 地両所の冥罰, 地並びにいた, 地中国売笑婦だ, 地中央にむかひ, 地中心点であったから, 地丸左陣めの精神, 地丸左陣感心致した, 地丸左陣方でも大将自身出馬, 地丸左陣槍を小脇, 地丸左陣殿わざわざの, 地丸左陣殿我らが主君義明公, 地丸左陣殿松風は某, 地丸左陣首を傾げざる, 地丸殿のこと, 地主義がよく, 地乃至は鬆, 地久しくとか天地無窮, 地久庵の蒸籠, 地久而して, 地久面納曾利面の類, 地久須美荘園の故, 地その柳原, 地乾坤のその間, 地事件等十二の質問, 地の五二以下, 地二〇・一二七に昨夜圓, 地二〇・五五以下に詳し, 地二・九七並びに註參照, 地二・二八に, 地二一の九四, 地二一・一一二以下なるマラコダ, 地二七に見えし, 地二七・一一二以下にボンコンテ, 地二七・二五以下にグイード・ダ・モンテフェルトロ, 地二七・八五以下並びに註參照, 地二七・八八に, 地二三及び二四, 地二二・一〇三に見ゆる, 地二十カ町村中の老若, 地二十三世世々住持しきたる, 地二片をはしり, 地二畝六歩とを隣家, 地二百三十萬坪ほどが天鹽, 地云々といへるは, 地互に境を, 地互為中時各有, 地五十年祭なりとて商舗紅燈, 地五郎丸の袴, 地五郎八もよく, 地亡びて而, 地京都に旗幟, 地人三運の神機, 地人兵が手, 地人口の多寡, 地人斥候は酒, 地人民出京紛擾の情况, 地人等と併び, 地人間の悲しい, 地今日の境遇, 地仏蘭西パリーでしかも, 地仕立の洋装, 地の諸, 地令思遠擧之思遠饒力不能擧帝擬自取不空笑曰, 地以前にはロマンチスト, 地以前重工業の中心地以前, 地以求四因家以求五求之公, 地の上, 地ふ風音, 地伝いに公園, 地伯はじめ信徒の重立つ, 地体どこへ行ったのぞい, 地体どなたか様, 地体一軒家を買取った, 地体城中の人民, 地体夏に弱い, 地体自分でやる気, 地何處ぞ, 地作家の作品, 地併わせて十二万石, 地侍たちで力, 地侍二三の輩, 地侍共に見せ付け, 地侍半島のお, 地侍風の男, 地保護の必要, 地信濃小路猪熊の西, 地信濃福島の町中, 地俯仰思何窮正覚山前月尼連河上風跡残霊樹下塔聳宝林中堪喜千年後, 地個々に具体化, 地借りをし, 地無物充供給, 地という, 地僅かの坪数, 地價低下に因, 地價低落に因, 地價金が高い, 地より何, 地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 地先埼玉県熊谷市から群馬県太田町, 地先常陸国久慈と大津沖, 地先生が王道論, 地先生いかがでご, 地先祖の地, 地免租の処分, 地はボイルド, 地兎位なもの, 地入れがよう, 地入口と筆太, 地全体売払つて工事費総額二千九百何十円といふ巍然, 地全部は松本, 地全部買収地の真中, 地公道に於, 地六・一〇六以下並びに註參照, 地六・六四以下及び地, 地六・四九以下同七三, 地六南三北四東五西二とも申しやす, 地六百余坪を所有, 地の配列, 地兵営の喫煙室みたい, 地兵火の灰, 地其他のもの, 地其処の川, 地内火之見, 地内猿橋から上野原, 地再来重見亦因縁, 地冬期といえ, 地凍る霜の, 地処女地に潜む, 地凹む事大樽に, 地出張十三日帰京した, 地出羽へは行かず, 地出身の政党人, 地出願も泡, 地の強, 地別命肥長比売と婚, 地利人はいずれ, 地利以外の国籍, 地利潤とによって支持, 地利益が提供, 地到る處に, 地到着後の事業, 地を励行, 地券調べのよう, 地券面だけは仕事, 地券面本邸の外, 地に象どる, 地割小屋掛けが出来, 地劇団を永続, 地劉恢の邸宅, 地加茂川本能寺御所烏丸通堀川嵐山電車仁和寺の山, 地加須屋に着く, 地労働の条件, 地動き舎屋悉く破る, 地動波動したつて, 地動舍屋悉破則令四方俾祭地震神とある, 地化そうとした, 地北支那の一部, 地北方をさして, 地北海道の中点, 地北緯七十一度十一分に位し, 地北緯十七度暑気八十三度に当たる, 地北陽に費し, 地區域に入り, 地區委員會の書記, 地區的等差がある, 地區選出の委員, 地十四番館の路傍, 地十數の妓樓, 地植民地から, 地に延び, 地南河内からあの, 地南球到処, 地南瓜の花, 地南陽にあっ, 地占めて衆民統, 地占者等が夜, 地印度にひとり, 地参拝者もかなり, 地ハ大農法ヲ, 地又は領土の, 地及黒色毛繻子の緯糸並, 地帝国主義の, 地反別帳という帳簿, 地取って小規模, 地古くオクスフォード伯の, 地古びた一幅を, 地古代を眼前, 地古来より文人遊息, 地一瞬而尽也, 地史上唯一の証券, 地史学者じゃない, 地史的意義をもつ, 地樣に, 地同じ戦うにも, 地同調の真, 地吾が半生の, 地唱門師多く住す, 地唸りがし, 地商売繁昌の港, 地へ和洋, 地が一枚, 地囃子が水銀, 地四・一三參照グイードはウェルギリウス, 地固有の天然林, 地の現出, 地圖入りの歐洲戰爭記, 地圖太踏みたいほど, 地圖海外持出し事件, 地圖雜記帳鉛筆葉書位であまり, 地土壇を中心, 地で天盤, 地在住の日本人, 地地主の一番大, 地地温の上昇, 地均轆轤が素晴らしい, 地学教室に, 地埋めをし, 地である, 地城下の者, 地埼伏崎トモ記セリ是又福地崎ナルベシ, 地硬或, 地堅め地鎮の祭, 地に泥土, 地士世古慶十郎高麗陣に新宮城主堀内, 地士農商の言語なまり, 地売場へいそぎました, 地売家が一杯, 地外人から明治政府, 地外国商館のため, 地外國語其他の便宜上, 地外套カンガルー皮入のエナメル靴, 地多かった, 地多くなり国庫, 地多ければ制法, 地大きな野の, 地大和に於, 地大坂にあった, 地大崎領とは目睫, 地大昔はすべて一円, 地大水大火大風大空大これであります, 地大留の城主, 地大通りの真中, 地大部は江畑氏, 地を覆はむ, 地天中に在り, 地天泰という卦, 地天然の美, 地奈多の湯海, 地奪取のため, 地奪回を合言葉, 地然而如那般以追蠡樣説話也不可曉, 地妖しきりに, 地妖引きつづいて, 地姉川へ, 地始めて混沌の, 地委員会を婦人, 地婦人救済会と云, 地季盛がこの, 地学芸の淵叢, 地乃至理學化學, 地學協會の幹事, 地宇治から教師, 地に面伏, 地守備隊の軍曹, 地安喜県を後, 地宗右衛門町の富田屋, 地に告ぐる, 地官憲の力, 地官省のある, 地宛てにいたしました, 地ニ此ヲ, 地宣傳を試みられつ, 地の地, 地富源只硝石年年輸山幾千舟, 地寒村にし, 地寺部の城, 地将軍の旧, 地流れそんな, 地小倉占地一本占地榎茸針茸舞茸毒ありとても, 地小湊村を歩い, 地小谷城にいる, 地小野の里, 地小金ヶ原へ一夜, 地少く一, 地少なく苦患は, 地尽く日光黄菅と, 地を置い, 地居住は衛生上, 地屋上の歩哨, 地属国だましやすい, 地山茶多しと, 地山謙の主, 地山間わずかの, 地山高うして上求菩提, 地岡崎へ帰っ, 地峠武田耕雲斎の越えた, 地峯山とは今, 地の高, 地の転訛, 地崩れ水湧き出るを, 地崩れ水害起るとて, 地嶮人嶮のこと, 地の間, 地嶽谷のよう, 地左衛門を龍造寺山城守, 地市内の闘牛場, 地希くは屍を, 地帰りの寡婦, 地によるも水帳, 地帳則ち高, 地帶ゆゑ冷害に堪へる, 地常識から考えれ, 地広東縞の羽織, 地のショウウインドウ, 地の丸天井, 地建設事業を同じ, 地廻リノ悪輩共, 地の小屋, 地強奪が日本, 地弾きが歌女代に同情, 地弾きらしい年増の, 地彫り唐草彫り, 地往きて訪, 地御料牧場となれる, 地復旧請願書を作製, 地逝皮重, 地微塵よりも多し, 地徳望の士君子, 地心全体はガス状態, 地忍ヶ岡ト向ヶ岡トハ東西相対ス, 地忽然揺出一隻船来, 地思想に対してギリシア本土, 地瘠せて, 地性水質によること, 地性精神病研究にモザンビイク, 地を罰する, 地悲しみ日の色, 地惨状御見分願, 地想觀ならば, 地想觀水想觀などの觀行, 地愉快を写さずし, 地愛知郡本地村民の家, 地應用批評など, 地成金になった, 地我が本来の, 地或は野など, 地戸隠山の溪谷, 地所持で資産, 地所有者となり, 地所見に来, 地拍子の取り, 地拍子天狗の諸氏, 地拜借地返上のとき會, 地拡張時代をしめす, 地授受のため折柄開庁, 地排水工事費も含ん, 地もしない, 地揚げ土台の根つぎ, 地に来, 地搾取を包含, 地撤廃以前の乗物, 地擬人群像に集約, 地支配の請願, 地改め北海道の主, 地攻め入る口など, 地政方面を抜き, 地政策のより一般化, 地政策華やかなりし時代, 地の霊場, 地教授の經驗, 地教育問題の会議, 地散歩星城子居雲関亭, 地数万町歩ニ達シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, 地数十頃血に染み, 地数極深盤, 地数震動す, 地に攻められた, 地敵軍去十七日, 地敷きの織物, 地文化は勝れ, 地斑紋にいたっ, 地としてはお, 地新免無二斎, 地新大橋の辺, 地方向なの, 地方面をゆらりゆらりと, 地日出前約一時, 地日厚一丈盤古日長一丈, 地日向の南, 地日本の現時, 地旧領信濃に帰っ, 地れ我が家, 地是非とも船がかり, 地時代世帯を畳み, 地普通の名所, 地暑熱の地, 地と名付けられた, 地更に鯛の, 地て居住, 地モ甚ダシと, 地最も無事なるべし, 地最高の貴族エフィゲニウス家, 地有り青山四周, 地有れば泉, 地有名の銀行家ビショップ氏, 地有樹木并巨竹を産し, 地木場贔屓中より白縮緬, 地未だ其劫掠受けし, 地本郷千駄木町付近についても或は, 地杏坪先生をし, 地東端から英蘭銀行, 地松山町で蟻, 地板サビタ瘤の地袋, 地る處, 地なるべし, 地柄縞柄は分らぬ, 地某方より帰路, 地えに, 地桑港からオレゴン, 地のもの, 地植民地のすべて, 地植物園に下車, 地椰子樹の下, 地又萱, 地楡水引螢草うつぼ草, 地楡沙参野菊秋葵の諸, 地楡竜胆などが取, 地榎茸針茸舞茸毒ありとても, 地模様のかべ紙, 地模樣の綸子, 地横浜の千歳町, 地横領にあった, 地橙孫君徃訪不在ふと思ひつい, 地檢分をしない, 地くるとも, 地正治野津七左衛門の率いた, 地此以下を人, 地此所に眼, 地此處に來, 地武士が何, 地武生は柳, 地武蔵においていろいろ, 地歴教師ルグリ先生の処, 地歴程の記念, 地の陰, 地その全部, 地殆ど法王の記憶, 地に一層, 地段駄を踏んだらう, 地殷賑の地, 地殿かよい, 地殿是非ともおいで, 地に品, 地毎年一度水があがる, 地旧差為, 地毛布などの切れ端, 地民族を助け, 地民籍の奉還, 地気分がなくなった, 地気質だ, 地氣消ゆるに, 地氣清爽とか平和, 地水分を象徴, 地水師の卦, 地水火じゃ, 地水火風此の四つ, 地水縄取りの専門家, 地水風火の原, 地汚れの地, 地を容れざれ, 地江州国友村に隠れ, 地没収二十五万石取潰し, 地の両側, 地河岸につづき, 地沼澤多く沃野, 地波高島と身延, 地泣く児と, 地泰天の卦面, 地に左膳, 地浅草花川戸界隈も同じく, 地浜松の城下, 地海岸にそい, 地海水浴場までも活躍, 地海苔の意, 地淀河組の内, 地清潔で糞臭, 地減禄されること, 地渡りに何で, 地渡辺橋のほとり, 地温暖冬夏食生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 地湯浅村の村長, 地湿ながら日, 地湿りたれば茸, 地洲蒙, 地満天に木々, 地漸く繁華と, 地潜っている, 地潜行軍の池田隊, 地激しいほど機, 地激しく震ふ, 地火劫火敵火爆火手一つでも消しますでし, 地火水風の四つ, 地火炉という名, 地火神たること, 地太そう, 地風塵て, 地無からんと, 地焦れのひどい, 地の瓦, 地焼きにころがし, 地煙草ではありません, 地熊本には武蔵, 地熱海のごとき, 地燈光絃歌と共に水, 地をする, 地爆裂して, 地の墓, 地片側は黒色, 地であろうと, 地牢それらの鉄, 地牧場小さな流れ, 地特殊の神恩, 地の之, 地独り吾等の教育者, 地独り真の芸術家, 地狭き国にて, 地し, 地猶未だ王沢に, 地獲得の運動, 地獲得時代では世界中, 地玉子と百ポンド, 地王国である大, 地瓦川土材木などの問屋, 地生まれの男, 地生曹達白似霜, 地生活調査におもむかせ, 地生産物が豊富, 地田畑以外に必ず, 地田辺町と同, 地田辺附近で知人, 地由来文化なしいはん, 地甲府は上, 地界滄海下界の管理者, 地を, 地略的な攻究, 地最も多き, 地発掘の事, 地発見熱の反映, 地發掘の銅鏡二面, 地白上に紺, 地白地赤地黒総模様, 地白紋赤き丸三つ, 地白紋登りはしごの総帥旗, 地白骨温泉へ帰っ, 地百姓なんぞになりたがらねえ, 地的ハイカラーな日本娘, 地的享楽気分が土台, 地的価値には敬意, 地的労働賃金である男子労働賃金, 地的収奪の生活, 地的搾取国外においては暴力的, 地的条件は絶好, 地的気分が益々, 地的片言で二人, 地的真似をし, 地的臭気が充満, 地的要素を取り除き, 地赤す, 地と云い, 地皇山河上穀の霊, 地皇氏というもの, 地皮状態の變化, 地古在, 地目下熱帯圏内の夏季, 地引川と, 地始愁と, 地着きの豪族, 地着きのごろか何, 地石垣島の出身, 地砂漠にも等しい, 地研究員のお, 地砲兵の将校, 地磁氣が然, 地礼拝して, 地あらゆる神, 地福島の駅路, 地私民を国家, 地秋ヨリ冬ニカケテハ旅宿ハ戸ヲ釘ヅケニシテ里ニ, 地秩父地上州地信州地は無論, 地移封の目, 地移民地における芸術運動, 地私の, 地税案が実行, 地税金だけはかかっ, 地稲作坪苅御検見願, 地稲葉山へ近く, 地稼ぎの商売女, 地稲五百束と, 地空池を控え, 地突込んで聞き, 地にし, 地竜海竜と戦い敗死, 地まるよう, 地は山丹, 地管理の傍ら, 地管理人の地主, 地駆馳, 地篠村八幡では尊氏直筆, 地簡閲点呼参会願の手続き, 地籟天籟身に兼, 地糸錦の丸帯, 地系統の自由さ, 地紀州田辺近き堅田浦, 地組合で建てた, 地経営東北守備の根拠地, 地で織つた, 地在海中洲島之上, 地で, 地総督として全く, 地につつまれた, 地練習の爲め, 地縛り草が, 地縞柄なぞはその, 地縫裂スル処ヲ視, 地繋辭也如此只是上繋, 地と醜, 地美しい樹影擬古式の, 地羽二重の千羽鶴, 地老人はすでに, 地老松參差として千葉, 地者稼の冠たる, 地き地, 地肥後国葦北郡水俣から戸籍, 地育ちの夢想児, 地胆三種合わせた猛毒, 地能ク相適ヘリ唯無, 地脈東北より来, 地脹れをし, 地膨脹期のエリザベス朝, 地も塵糞, 地臨検といい, 地臨江亭に盛大, 地自分たちの郷土, 地の強い, 地臭くはある, 地臭そのものであろうが, 地はしむべく, 地舟津川から渡し, 地良円などが翌日, 地色形体音その他一切の外物, 地色形體音その他一切の外物, 地芝居に年々, 地芭蕉布地金剛地砂子地斑紋にいたっ, 地花月北の新地花月, 地花葵の定紋幕, 地と所作, 地も, 地苔滑らかに草深し, 地若しくは人類学的立脚地と, 地若松だが, 地茫々そして人漠々, 地草茅命僕誅幾日経営畢徙居入秋初, 地荘厳の廚子, 地である, 地萬字炭山へも行つて, 地葬火葬水葬風葬等が考へられ, 地薄くして, 地薬院附近ではこれ, 地藏ヶ嶽を仰ぎつ, 地藏ヶ嶽湖を壓, 地藏尊一躍して, 地藏尊鼻も耳, 地藏崎の白い, 地藏橋の方, 地藏眉の愛くるしい, 地藏鈴の三山, 地藏鍋割荒鈴を赤城, 地藏顏にも見ゆべけれ, 地は龍華寺, 地處等は日本政府, 地蟲はさみ蟲冬の住家, 地蠶蛾に二種, 地御勝手ご用達, 地行政警察権は当然, 地遠耳術, 地袁一族は名望, 地被害民の惨状, 地裂く曰くわが, 地裂くるとも今更, 地裂け赤蓮花を, 地裂山摧くとも, 地の低い, 地見たやうに, 地見学に出かけ, 地見慣れぬ空見慣れぬ, 地視察談及び予防法実施, 地觀測に立脚, 地解放を断行, 地はハッキリ, 地の多い, 地でいった, 地調査に由り, 地請願がにらまれた, 地諸君へダンピング, 地謡いに聞こえ, 地謡う節が, 地警衛の兵士, 地と等しく, 地貌学的ないし生物学的, 地貫籍の公民, 地貴族富民その他の非, 地買いたし, 地賃銀といわれる, 地に縫い, 地赤い隈に, 地赤地黒総模様, 地赤道に接す, 地走り踊がくる, 地の良し悪し, 地踏査を要する, 地踏菜とも地踏菰, 地踏菰とも書い, 地踏鞴を踏む, 地踏韜蹈みて, 地蹈鞴ふんだり首, 地となる, 地車平野の岸, 地帝道唯一, 地載せて四時順, 地の外, 地輪峠水輪峠空輪峠といふの, 地輪水輪また火風, 地轉封は免れません, 地辛い所である, 地農場という牛, 地農業労働者の搾取状態, 地農業用トラクター生産地だ, 地農業関係者の中, 地辷りあり恐ろしい地震, 地辷りなら地辷り, 地辷りやくねく, 地辺りまでやって来た, 地迄も同行と, 地來大いに, 地近辺の聯合, 地シスルノ礼ニ行ッテ, 地返上のとき會, 地追分駅路のある, 地流年, 地通る船舶も, 地通貨に関するその, 地遊覧地海水浴場までも活躍, 地道場の森, 地州相良の, 地遠く波の, 地選出の代議士某, 地避寒地となつ, 地に住ん, 地として彼, 地都会と異なり, 地野らとかはり, 地野渡で我々, 地金剛地砂子地斑紋にいたっ, 地鉄こまやかに剛, 地銀坑山ト曰ウハ瀘水甘南水, 地鎮めに, 地鎮式に祝詞, 地鎮曲といふ, 地鎮柱のぐるり, 地へに寒し, 地長崎に再び, 地開墾願の許可, 地間僕を愛し, 地という, 地として脈搏, 地にし, 地隷属国における婦人, 地集結が作戦, 地雷火を爆発, 地雷火ニて西洋火術ハ長州, 地電流の研究, 地霊克服を内容, 地霊自身の名, 地の中, 地青島と同じ, 地青年数名同伴近日菊の花, 地静閑にし, 地を踏ん, 地韜踏んで堪へ, 地を聞きすまし, 地響ガラス越しの蒼, 地響一つ聞えて, 地響荷車の軋り, 地領土の損得, 地頸部を越え, 地風來枯葉走, 地風雨しげく海上波, 地走の, 地食物の用, 地馬門に出た, 地馴しらしい優柔性を, 地駄婆駄とうろたえ廻った, 地駐屯の副官, 地驚き滔々たる, 地骨皮の別名, 地體上方の人ぢ, 地體荒削の, 地高きが故に, 地高燥本栖湖ニ至テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ, 地高蒔絵を施し, 地なら何程, 地麁くして青, 地黒奴多く居住, 地龍子なり