青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「命~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん 呼ん~ ~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸 呼吸~ ~命
命~
~命じ 命じ~ ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~ 和尚~ 和歌~ 咲~ ~咲い

「命~」 11010, 114ppm, 925位

▼ 命~ (3489, 31.7%)

85 うけて 65 助けて 62 受けて 42 かけて, 奉じて 21 捨てて 20 つないで 19 すてて 18 もって 17 賭けて 16 投げ出して 15 的に 14 救って, 狙ふ 13 おびて, 狙はれ 12 繋いで 11 下した, 帯びて, 捨てても, 捨てるの 10 取ること, 懸けて, 捨て 9 下して, 全うした, 取って, 奪って, 拝した 8 全うし, 受けた, 持って, 狙って

7 [12件] うけると, かけても, 助かつ, 奪る, 捨てること, 棒に, 狙つて居る, 粗末に, 落して, 賭けての, 賭して, 賭しても

6 [11件] うけた, おとして, すて, とって, 助けたの, 取るよう, 待って, 惜しんで, 救うため, 棄てて, 隕した

5 [19件] お助け, して, とられて, はつて, 取られて, 取るという, 取ろうと, 受くる, 失って, 奪られた, 奪られる, 承けて, 捨てなければ, 救ったの, 殞した, 犠牲に, 狙う者, 絶って, 賭けても

4 [32件] うけるや, お召し, くだした, さへ, すてずどうか, とったか, とりとめた, どうする, 亡う, 伝えて, 保つて, 助かった, 助けたこと, 助けるため, 取られると, 取られるよう, 大事に, 失うこと, 奪つたの, 守って, 得て, 投げ出しての, 捨てに, 捨てようと, 搾るまでの, 救ふ, 棄て, 殺めても, 発した, 自分の, 落したの, 貰いに

3 [65件] うくる, おとしたの, おとりに, かけての, かしこんで, ここに, さずけた, すてても, すてること, つなぐという, とったこと, とられるの, とりに, とるという, はって, はつた, まとに, もらいに, 与えて, 伝えた, 傳へ, 全うする, 出した, 削って, 助かったの, 助けられたこと, 助けられて, 助けるの, 取ったの, 取っても, 取つて, 取りに, 取止めようと, 受けたこと, 召して, 天に, 失いました, 失うとも, 失ったもの, 失はむ, 奪ふ, 待った, 待て, 忘れて, 惜しがる, 惜しむ卑怯者, 拝し, 捧げて, 救った, 棄てるの, 狙つたのは, 的の, 終って, 絶とうと, 縮めて, 縮めても, 縮めるよう, 繋ぐより, 聞くと, 落した者, 落しても, 落とすの, 蒙って, 誰が, 賭してまで

2 [189件] あげる, あずかって, いただくこと, うけたまわって, うけた時, うけた諸, うしなったの, おとした, おとすの, おとすよう, おとす者, お助け下さい, お呼びに, お断ち, かけつつ, かし給う, きいて, くれて, くれぬか, さ, さしあげて, さずけて, すてるほど, すりへらして, その中, そまつに, たすけて, ちぢめても, ちぢめると, つくづくと, つないだ, つなぐ, つなぐこと, つなぐだけ, とられたり, とられても, とりとめたの, とるほどの, とる事, なくして, なげ出して, はる人, ふくんで, もちたしかに, やる, 三年縮める, 下す, 与えるもの, 保つこと, 傷うたことが, 切りたき思い, 助かって, 助けた, 助けたいばかりに, 助けたご, 助けたさの, 助けたと, 助けた手柄, 助けやう, 助けよう, 助けられた恩義, 助けられないこと, 十分に, 危くする, 反省する, 取つた, 取られたの, 取られても, 取られようと, 取られること, 取られるところ, 取り止めた, 取り止めたの, 取り給, 取る, 取るが, 取るほどの, 取止めて, 受けた一人, 受け我名, 受け紛争和解, 召されること, 含んで, 吹き込んだ肉, 売って, 失うところ, 失うもの, 失った, 失ったという, 失ふとも, 奉じた, 奪うの, 奪った, 奪ったの, 奪つて, 奪はん, 奪り, 奪われたこと, 奪われて, 子の, 守らなければ, 完全に, 將軍と, 屈服せし, 張って, 張るって, 待ちて, 待つべし, 得るため, 思い浮べた, 打ち込む, 托して, 投げだして, 投げ出しても, 投げ出すつもり, 投げ出すと, 投出しますぜ, 拒んで, 拝します, 拾って, 拾つたと, 持ちて, 持つて, 持つ人間, 捨てての, 捨ててまで, 捨てる, 捨てるお, 捨てるつもり, 捨てる覚悟, 捨る, 掌で, 救うこと, 救おうと, 救ったん, 救ふために, 断つに, 春の, 果して, 果たしうれば, 棄てても, 欣んで, 殞す, 殺して, 無駄に, 照らし見よ, 狙う敵, 狙つてゐる, 狙は, 狙ふと, 相見まくおもほし, 絶たなければ, 絶った, 絶ったこと, 絶ったの, 絶つた, 絶つには, 絶つの, 縮めその, 縮めたいと, 縮めたの, 縮めた原因, 縮めようと, 織りて, 羽の, 耻の, 落したもの, 落した奴, 落しました, 落すかと, 落すやう, 落とすもの, 落とすよう, 蒙りこの, 蒙りて, 衒らる, 被りて, 請ひまつりき, 貰うとは, 貰って, 貴方に, 買ったよう, 賭けること, 賭しての, 返して, 鋭く感じ過ぎた, 長らえて, 非と, 頂かせて

1 [1904件 抜粋] あいつらから, あなたの, あやめて, い, いただいて, いっぺん投げ出す, うけお, うけたびたび, うけた両, うけた引田妙源, うけた甥, うけた部将たち, うけとりあえず, うけ伊賀, うけ某地, うしなうこと, うちこんで, うばうよう, おあずけ申し, おしまん, おそれる者, おとさせたという, おとされました, おとしたアニー・パイル, おとした人々, おとすとき, おとす悲劇, おびた吉野勅使, おび急遽, おめし, お下し, お助けいた, お助け下さる, お択び, お狙い, かけた大手柄, かけた関係上, かけるという, かけ義, かたに, からむかけ, きき, きざむの, くひとめ, くれても, くれるか, こうむり病中, こめて, さえ頼母, ささえる代, ささげて, さずける人選, しばらく保っ, すくわれて, すててと, すてます, すてるとき, すてるよう, すりへらすとは, そっくり投げ出し, その褒美, そんなもの, たすけたの, たずぬるに, たった今召され, たてるすなわち, だまし討ちに, ちぢめたん, ちぢめよとは, ちぢめるという, ちぢめ奉った大蛇, つかわした, つたえて, つないだこと, つなぎとめようという, つなぎ止めて, つなぐなり, つなぐわ, つなぐ空気, つなげるし, とったの, とどめようと, とられそこ, とられなかったの, とられるという, とられるよりも, とられる程, とりとめたといふ, とりとめて, とるか, とるのに, とるまでも, とる為, どうして引きとめる, なくした, なくする, なげすてて, なげ出さん, ねらう曲者, ねらって, のろって, はたし得て, ひそめたる楓, ひろって, ふくみ月形城謀叛, ふみ台, ほんとうの, まって, まとめて, みたもの, もたせること, もっと意義, もとの, もらおうとは, やりたいなどという, わざと怠らせ, ギセイに, 一つ拾った, 一枚の, 三分し, 下したは, 下し邸内, 下す辺, 下せば, 不意に, 与えに, 与える, 与へよと, 主膳へ, 乞うて, 二つ投げ出し, 五十歳と, 亡ひました, 人よ, 今後の, 代えるの, 仰ぎ待ちつる間, 仰ごうと, 伝えしめしも, 伝えたらしい, 伝え自己, 伝へ棠軒, 何んとも, 作り莽, 保たせて, 保ちて, 保ってるだけの, 保つ次第, 俟つ, 傳へられ, 僕が, 全うしたい, 全く物, 写し出して, 分けてでも, 刻まるるよう, 削る争い, 剰した, 助かったらば, 助かった文武兼備, 助かりたり, 助かりました, 助かり幾月, 助かるなどというは, 助かろう方便, 助けくれた恩, 助けたその, 助けたもう, 助けた喜び, 助けに, 助けようため彼ら, 助けられたその, 助けられたらしい, 助けられた恩, 助けられるなら俺, 助ける, 助けるに, 助ける為, 助けんとは, 助け度, 包む想像, 千々年と, 危ぶみ恐れて, 厭う我, 取ったも, 取った奴, 取つたの, 取らうと, 取らば, 取らるるもの, 取られたチブス, 取られないで, 取られよう, 取られるとまで, 取りっ放し, 取りとめたという, 取りとめて, 取り止むる, 取り留めた, 取り留めて, 取るぞと, 取るであろう, 取るなんて, 取る気, 取ろうって, 取ろう取ろうと, 取止め引續, 取返したの, 受けたが, 受けたま, 受けた夫, 受けた時, 受けてか, 受けまして, 受けると, 受け京, 受け大正十年三月下旬, 受け明朝払暁, 受け翌, 受取ると, 召さるるはず, 召します代り, 召びて天の, 君が, 吸へと, 吹きこんだあの, 吹ッ込まれ, 呪うて, 呼んで, 喪ふ, 図らずも, 圧し潰し, 堕すとか, 大前に, 失いし事大地微塵, 失い国民生活, 失う, 失うたからとて, 失うて, 失うばかし, 失う恐れ, 失ったこと, 失った大工, 失つ, 失は, 失ふこと, 失ふ覚悟, 失わなければ, 奉じたので, 奉じないの, 奉じる当然, 奉じ得なかつた爲, 奉じ諸王, 奉ずる列王, 奉ぜしを, 奪うこと, 奪うよう, 奪う深, 奪えとの, 奪ったあの, 奪った女, 奪つた繩, 奪はれたらしく, 奪ふも, 奪わねば, 奪われても, 奪わん, 始めと, 守らずして, 守るたたかいに, 安全に, 完うし, 害しことに, 封じて, 小枝, 岸へ, 差出すこちら, 帯びた人物, 帯ぶる, 幾つも, 延ばし参ゐら, 延べんと, 張つて一両あまりの, 待たずに, 待つこと, 待つまでも, 後妻に, 得るの, 御大事ニ, 忘れようと, 思いだして, 思ひもう一度, 怠るとき, 息づいて, 惜しいとは, 惜しと, 惜しまず叛乱兵, 惜しまないもの, 惜しまぬ子分, 惜しみまもること, 惜しむこと, 惜しむ男, 惜みし, 惜む心は, 愛しみ, 愛しむわ, 愛惜し, 慥と, 我から, 打ちこむの, 打込むまでに, 托した同, 托す思ひで, 承けた公使ロセス, 投げだしても, 投げても, 投げ出した, 投げ出しちゃ, 投げ出すは, 投出したほどの, 抛つたも, 押し切って, 拒み夫, 拒んだかは, 拙者に, 拯ふ, 拾い出そうと, 拾ったが, 拾った上, 拾つて逃げ, 持たず實朝, 持ちこたえるため, 持つたもの, 捧げうるもの, 捧げた生活, 捧げるところ, 捨つべし, 捨てさせるに, 捨てたこと, 捨てたるもの, 捨てては, 捨ても, 捨てるから, 捨てるにも, 捨てるよう, 捨てる捨てると, 捨て施, 捨給いたる, 授けては, 掛けた希望, 握って, 摺り減らしたの, 攘ふべし, 支へ, 救うか, 救う原因, 救えと, 救ったり, 救つた, 救つて遣りたい, 救ひし, 救わなければ, 救われた智馬, 断たせようと, 断ったそれ, 断つ, 断つまで, 断とうと迄, 斷つた不思議な, 早く絶つ, 最も真面目, 未練に, 東方の, 果すとは, 果たす日, 棄し, 棄てたばかりに, 棄てなけりゃあ, 棄てる人, 棄て見る如く聞えて, 歌島稲荷に, 死なさないの, 殞させた, 殺したいとも, 殺そうと, 気づかって, 永らへ, 洗って, 滅ぼそうと, 無暗に, 無視し, 燃やし切らず身體, 牛頭天王と, 犬や, 狙い恐ろしい, 狙うなどの, 狙う怪しき, 狙ったという, 狙つ, 狙つたのでした, 狙わないもの, 狙われるの, 生きのびて, 生むであろ, 生延びて, 用いないらしいの, 申受けさえ, 癒す能わずと, 発し今, 百持っ, 相見まく, 短くする, 磨り減らされて, 祀つたの, 祀ると, 神社へも, 祭ること, 称して, 籠むる道也先生は, 終えた, 終えるまで, 終ったの, 終や, 終らむばかりなりしを, 終ろうもの, 絶たんが, 絶ち冥王, 絶った川辺みさ子, 絶つて, 絶とうとさえ, 継いで, 縮めたか, 縮めたほどの, 縮めようかと, 縮める思い, 縮め奉ろうと, 繋いだところ, 繋ぎとめたの, 繋ぐという, 繋ぐ糧さ, 聞いて, 聞くだけ, 聴くごとしすなわち, 聽きし故, 自ら断つ, 致さねば, 苦めて, 落さずに, 落さねば, 落したが, 落したものの, 落した事件, 落した武芸者, 落すけれども, 落すどころか, 落すまい, 落すよう, 落す悲惨, 落す羽目, 落とさずに, 落として, 落とすところ, 蒙ったが, 蓄えて, 藥で, 蝕む病, 褒美に, 見つめて, 見張りし, 託すると, 訴え彼, 請けると, 請ふ, 護った, 護らん心掛け, 貪つて, 貰うから, 貰ったぞ, 貰わねば, 賭けたもの, 賭けた戦, 賭けなければ, 賭けるの, 賭った, 軽ういたす, 辛くも堪え, 近江の, 通じること, 造るべし命, 進呈する, 達観し, 遣らうと, 重んじその, 長らへる, 阿蘇の, 陥さずに, 青く保つ, 預かるもの, 預つて, 骨を

▼ 命~ (1348, 12.2%)

19 ままに 16 恩人だ 9 ある間, 親だ 8 綱と, 綱を 7 あるかぎり, ある限り, お二方, ま, 水と, 水を, 親, 親と, 親の 6 あるうち, やりとりを, 綱の 5 あらん限り, お三方, 恩人と, 親に, 長助

4 [11件] あるもの, お降し, ために, ないもの, ほども, 大恩人, 女の, 妹の, 毒だ, 親である, 遣り取りを

3 [31件] あらんかぎり, おいでに, つぎに, ないところ, ほうが, まに, もろきかな, やり取りを, ように, 下に, 力を, 助かるよう, 尊さ, 御名の, 御名代, 御所に, 恩人, 恩人じゃ, 恩人を, 方が, 最後の, 東征, 洗濯, 海宮行の, 物語は, 綱が, 綱親子が, 親という, 親は, 遣り取りの, 長助の

2 [78件] あさぼら, ありさま, ある限り馬鹿, うちに, お五方, お四方, ことは, ことを, ございます間, せう点, せと, ためと, つづく限り, ところへ, はかなさ, ひ, まにまに天, やり取りだ, やり取りなんざお前が, ような, 上に, 中に, 事を, 二つや, 人に, 代りに, 仰せられるには, 儘, 力な, 危いこ, 危険は, 危険を, 大事の, 子と, 子やしまじぬ, 孫の, 底から, 御子阿, 恩人とは, 恩人に, 恩人の, 惜しい人, 惜しからば, 惜しくない, 手に, 朝の, 末孫は, 松明に, 棄てどころ, 欲しい者, 水の, 法と, 源は, 瀬戸際だ, 瀬戸際に, 火は, 為に, 物語も, 直属の, 研究を, 神話が, 秋の, 種に, 系譜, 終わりに, 絃の, 綱は, 西征, 要らぬ奴, 親で, 親でございます, 變, 軍勢は, 遣り取り, 長さ, 靈場と, 音を, 預言

1 [880件 抜粋] あたえてとしての, あふれた小説, あぶない瀬戸際, あまりの, あやういところ, あやを, あらんかぎり二度, あらんかぎり反対, ありてこそ, あるよう, ある内, ある前, ある緑, ある限, ある限り私, あろう筈, いの, うしろ姿が, おしいやつ, おしい奴, おなく, お二人, お伴を, お供の, お命, お姿, お子, お指図, お授け, お死がい, お船, お顔, かぎり生きん, かぎり野驢を, かたみ, くぐり入られた草叢, くらげかな, ことに, ことばかり, こもった言葉, こもつたこの, ごとく腰, ごと言ひき, ご子孫, ご武勇, ご陵, さつ, しずかな絶えない, した, すべてを, せまるを, そのお, たしに, ただこの, ためには, ため味噌蔵に, つづくかぎり, つながれたで, つなと, とうとさ, ないこと, ないとこ, ない人間, ない作りもの, ない後, ない所, ない私, ない絹, ない黒い石ころ, なかに, なくなった人形, なくなるとき, なくなるまでは, なくなる様, にせの, はたとせの, ひびき終, ほうへ, ほとぼりの, ほどさえ, まさに消えん, まにまにいでませ, まにまにし, まにまに御馬, まにまに既に獻, まにまに獻らむ, まにまに違はじ, まま, ままいたします, ままなら, まま二人ほど, まま福太郎を, もう長く, もてあましだそう, もてあまし者, ものあり, もらひ手, やりとりの, やりとりらしい, やり取りぢや, やり取りも, わかれ目, コースから, パンなり, ヒノカワカミの, 一男と, 一筋に, 一部分な, 三分二は, 上り來ます, 中で, 中の, 久しからざるべき, 事蹟, 二人の, 二人よ, 二柱の, 亡ぶ際, 人と, 人とも, 今日か, 休息所な, 伝授で, 伝説は, 何人なるや, 佩いて, 佩かせる御, 価なる, 価を, 信仰は, 傍に, 儘汝の, 兄の, 兄弟分神たる, 充ちたもの, 光, 光り水気, 全額を, 内容を, 処へ, 出て, 出雲八重垣の, 剣を, 劒の, 力に, 力は, 功なり, 助かったこと, 助かったの, 助かりしは, 助かりたさ, 助かること, 助かるべき見込み, 助かる事, 助かる福, 十拳の, 占を, 占九星の, 危急な, 危険いや, 危険な, 危險な, 友綱, 取りやりさあ, 取り代え, 取り遣りを, 取遣をも, 名が, 名は, 名義は, 向う側に, 味も, 呼び戻しやう, 呼吸眼に, 哭き悲, 問題だ, 問題なぞ, 囁くは, 四人です, 四方の, 国作りの, 地を, 地殻を, 堅めなり, 報恩に, 場合には, 境に, 境遇殆ん, 大なる, 大刀を, 大国主神を, 大御政, 大食津媛を, 天降, 女を, 女須勢理毘売, 如くて, 如くに, 如し, 妹ヌバタノイリ姫の, 妹若, 妻に, 姿を, 威に, 子なりと, 子は, 子僕意富多多, 子孫, 子孫です, 子孫なり, 子建比良鳥, 子建沼河別の, 子彦屋主田心命, 季節は, 実効は, 宴に, 容姿に, 富み榮, 尊厳を, 小川, 尽きねえ中, 尽る, 居られる根の国, 居る夜見, 屬は, 常世は, 幹が, 座ます, 延びること, 弾じた, 形を, 役目は, 後と, 後也と, 後裔と, 御児, 御子が, 御子たち并はせ, 御子は, 御子孫, 御子木の, 御心, 御情思, 御歌, 御歌であろう, 御歌にも, 御歌も, 御祖, 御腹, 御身の上, 御身辺, 心棒を, 心配は, 必要は, 怪我は, 恩に, 恩を, 恩人これから, 恩人だった, 恩人です, 恩人という, 恩人といふ, 恩人な, 恩人扱ひ, 惜しいもの, 惜しい奴, 惜しい普通, 惜しからずや, 惜しさ, 惜しまれて, 我に, 戰ひ, 戸締りは, 手には, 捨てどころを, 捨どころ武士の, 据ゑられた千引きの, 掟に, 掴みあいである, 操を, 放つた矢, 故懲, 救い船は, 教に, 断片を, 方に, 方は, 方向舵, 旦夕に, 早く形付き, 春は, 時計の, 暗さ, 書を, 曾孫の, 最後まで, 有り無し, 有難さ, 木に, 末孫が, 末孫である, 末孫物部氏は, 本国であっ, 本能的な, 本質を, 杯中に, 枕の, 核心にな, 根の, 根まで, 棄て処, 棄て頃, 榮の, 樹下蔭, 次に大事, 欲しい欲張り, 歌も, 毒じゃ, 水から, 水だ, 水という, 水や, 油を, 治めて, 法を, 洗濯である, 洗濯に, 洗濯息の, 洗濯旅行日記目ざまし草に, 流れである, 流れに, 流れは, 流れをも, 浪費です, 消えんとき, 渦の, 渦卷の, 湿の, 源ででも, 源流が, 瀬戸ぎはなのですが, 瀬戸ぎわ, 瀬戸ぎわに, 瀬戸に, 瀬戸を, 瀬戸際だって, 瀬戸際という, 火に, 火も, 火花でした, 為めに, 無いところ, 焼けぼっくいが, 熱き味, 片々を, 狙は, 猛き, 玉を, 琉球の, 甕に, 生んだ御子, 生命の, 用心, 田植ゑ神事と, 申されますには, 申されるには, 男それを, 百分の一にも, 目の, 目無, 相場黄金を以て, 眠れるに, 眼の, 知らさむ, 短いの, 短い虫, 短かく, 短さ, 研究において, 研究五巻一号一六頁以下, 神宝比べの, 神話に, 神話の, 神靈が, 竹の, 答給わく, 箱でも, 糧ぞ, 糧にも, 糸引け, 系譜の, 納め時, 素という, 終らせかた, 終らむには, 終りである, 終りと, 終りを, 終るまで, 終わりにまで, 終わる月日, 結婚なされよう, 給へる, 絲を, 絶える時, 続かなくなること, 続く者, 綱いや, 綱だった, 綱でありまし, 綱です, 綱として, 綱渡りの, 綱闇米と, 総てを, 緒も, 縄が, 縮まる思い, 縮む御, 繋がるよう, 置所草葉の, 老人が, 者どもだろう, 者故, 脆さ, 脱出を, 自覚の, 船は, 色分けは, 花は, 芽を, 苦を, 落し方, 葉もぞ, 蔵は, 薨ぜら, 虞は, 衰え行く, 製造機械か, 親だろう, 親であった, 親です, 親とも, 親な, 親なり, 親にな, 親妾を, 親玉で, 親的クダを, 言葉に, 詐刀を, 話が, 話など, 話にも, 誓詞を, 説話とを, 象が, 貴さ, 贐に, 足跡が, 蹇し, 躬らつ, 逃げ出す隙, 造つた, 道である, 道を, 遣取を, 還りしな, 重きに, 重きは, 釣魚海神宮殿一尋和邇赤海鰤魚海津見, 鍔際にゃ, 鍵に, 鍵を, 長いしるし, 長い天人, 長きと, 長助さあ, 長助なる, 長助寿限無, 長短を, 闇に, 附会が, 降下を, 限りに, 限りはた, 限りを, 際ばかり, 霊泉なり, 霊薬ならぬ, 革むべ, 響きし, 預言それが, 顔を, 顳, 骨は, 髮の, 黄泉訪問から, 黄泉訪問の, 黥を

▼ 命~ (1033, 9.4%)

18 天の, 天下を 14 ないもの 13 助けて 9 それを 8 ない, ないぞ 7 天皇の 6 それから, ねえぞ 5 ありません, そこから, そのとき, 天に 4 伊勢の, 取らずとも, 吉備の, 惜しし, 無いもの, 私の, 血沼の

3 [13件] かしこまって, すぐに, それらの, どうせない, ないよ, なかった, もらった, 助かつ, 急いで, 惜しいと, 春の, 神の, 貰った

2 [74件] あっても, あらしゃった, あること, あるもの, あれど, いつの間にか互, おしくない, お助け, この王, こよい, これは, せまりぬ, そこに, その二人, その土地, とりとめた, どうなっ, ないかも, ないと, ないに, ないはず, ないん, なかったであろう, なくなります, なべて供, わしが, 一縷の, 中臣, 凡川内の, 刀を, 前の, 助かった, 助かったが, 助かるとにかく, 勝手に, 土形の, 大事だ, 大神の, 守の, 安いもの, 山邊の, 建が, 忌部の, 惜しいか, 惜しいに, 惜しいもの, 惜しくない, 惜しゅうござる, 意富の, 旦夕に, 東西の, 波の, 淡路の, 無い, 無いと, 無き物, 猿女の, 瞬く内, 短くて, 確かに, 絶えなん, 絶えんとして, 能登の, 茨田の, 要らねえから, 躊躇なく, 過ぎなむやちかぢかと眼, 鏡作の, 長からじ, 阿部の, 雨の, 非常に, 高天の, 高志の

1 [691件 抜粋] あずけて, あったかも, あったに, あったッ, あとで, あなたに, あらゆる経文論釈, ありゃしない, ありやしないよ, あるかも, あるはず, あるまい, あるまいと, あるまいという, あるめ, ある晩, ある病める牡牛, あんまり早く, いちばん上の, いつでも, いつなくなる, いつの間にやら, いつもそれ, いらないが, いらないほどに, いる, うきにも, うけたが, おおしくお, おおせに従って, おおせを, おことば, おこなわれない, おしいもの, おしいよ, おひきつれ, おれが, おれの, おんおば上に, おんおば上の, お乳, お佩き, お家の, お手, お父上, お答えに, お聞き, お行きがけ, お言いつけ, お預け申し, かならず亡ぶる, かねておおせつかっ, かように, かれら, きっと救う, きょう翌日に, こうおっしゃっ, ここ長く, こっちに, この信仰, この山の神, この濡れ燕, この長き, これから一たい, これこれこういう, これでも, こんなにし, ござるまい, ごぜいましねえ, ごちそうを, ご自分, さっそくお, さっそくその, しばらく考え, しまいには, すてる地獄, すでにお, すでに彼, すなわち許, すりへ, そいつは, そう仰せられた, そっとその, そのおかげ, そのからす, そのくし, そのし, そのため, そのひょう, そのままずんずん流れ, そのままな, そのまま媛, その傷, その兎, その刹那, その女, その子供, その方, その時, その歌, その水, その相模, その矢, その神, その者, その野, その際, そも何, それから例, それで, それでいよいよ, それで急い, それは, それよりも, それ切り也, それ程惜しい, そんなに自然, たいそうあ, たいへんに, たしかに暗, たすけて, たすける, たった一遍, たびたび消えはてよう, ついに, つきる, つくづくお, つまるところお, つゆ惜しい, とうとうその, とうとう大きな大きな, とうに今日, とって, ともかくも, とりとめたといふ, どうし, どうする, どうなった, どうも危ない, どう使う, どんな事, ないいっそ, ないお前, ないこう, ないぞよ, ないでしょうから, ないの, ないよう, なかったろう, なかったろうッ, なかつた筈, なきもの, なくなるが, なくなるぞ, ねえ, ねえに, ねえ奴, はじめてあいつ, ひとたまり, びっくりし, ふしぎに, まことに短い, まさに風前の灯, ますます図, まず無い, またの名は, またの名を, まだお, まだなにかの, まったくこの, まもなく水の上, まるでむぞうさ, みな帝の, みんなが, むきに, もう助かる, もう無い, もったいない, もとより女神, もはや風, やっと取り止めた, やっと救われた, ようやく取り止めた, よくよく惜しい, よく行われ, わが心一つ, わずかに, わたくしの, われわれの, イナセ彦の, カササの, サナケ山で, サルタ彦の, ポトホトか, ヤマトタケルの, 一しゅんに, 一つしか, 一に, 一刻の, 一寸後を, 一片の, 一般の, 三十歳と, 三日と, 上つ, 上毛野, 下田を, 不思議に, 不明だ, 与えられた命, 中の, 久しくあるまい, 久しく閉じたる, 久米の, 乱暴者の, 予測する, 二つあるまい, 二つと, 互いの, 亡いものと, 亡母, 人力も, 今は, 今もっ, 今晩にも, 今晩限り明日は, 今霎時, 伊弉諾尊が, 伊豆山へも, 伝達する, 何より大切, 何れも, 何時でも, 何百あ, 依然として惜しかっ, 保つまいと, 保証できない, 値打が, 倭建の, 僅に, 兄の, 兄貴大丈夫なり, 先の, 其一部の, 其呪術, 出雲の, 初の, 初めの, 到底これ, 刻々と, 前生から, 助かったし, 助かったとて, 助からない, 助からないもの, 助からなかったろうと, 助かりたいか, 助かりましたけれど, 助かるじゃ, 助かるぞと, 助かるのに, 助けちゃ, 助けられたが, 助けるぞ, 助け難し, 助った, 助るまい, 勝に, 勿論家財, 千位置戸を, 南部の, 危いかも, 危ない, 即ち士, 厳声は, 又お尋ね, 叔母の, 取らないが, 取らぬが, 取られるもの, 取りとめて, 取りとめなくては, 取り留めたという, 取り留め得なかろうという, 受身である, 只一つ, 只儲け, 命で, 和泉式部と, 困って, 土の, 地下の, 堪え得ないで, 塵ほども, 増しぬ, 夜の, 夢の, 大きな白い, 大丈夫と, 大丈夫なり, 大刀を, 大切でも, 大切な, 大和に, 大和の, 大気都比売命の, 大空から, 大空へ, 天でない, 天下の, 天照らす, 天運に, 失った人, 奉じかねる, 奉ずるけれども, 奪られ, 女と, 如何なるでありませう, 妣の, 媛が, 媛二人を, 嫋女の, 孫の, 守られぬ, 実に一縷, 宥し, 寿詞, 山佐知毘古として, 山幸彦として, 屹と, 岩長姫の, 平気で, 弟さまに, 弟宇迦斯が, 役に立たん, 彼から, 彼に, 後に, 御仏, 御国に, 心の, 忽ち危く, 思うよう, 恐らく伊勢大神宮, 恐ろしい疑獄, 惜く, 惜しい, 惜しかった, 惜しく八, 惜しく思われぬ, 惜しみたくないもの, 惜しみませんと, 惜しゅうございます, 懷から, 成善が, 或る, 抛っても, 捨てられん, 故郷の, 救はん, 教えられた通り, 敵の, 文も, 既に崩, 日と, 日頃の, 明日の, 明日も, 景行天皇よりも, 晴れ間をも, 更に還, 最大危険に, 最早だ, 有りませんよ, 朝廷の, 期せずし, 未詳だ, 来年中に, 果敢ないもの, 櫛名田媛を, 正しいと, 正二位勳五等, 正四位下, 此に, 此神自身は, 武門の, 死にません, 残つてゐる, 段々と, 水だ, 水を, 永か, 浮べるもの, 海でり, 海を, 海原を, 海幸彦として, 減って, 測り難し, 湛えて, 火の, 火産, 無いぜ, 無いだらう, 無いの, 無かったろう, 無かつ, 無くなって, 無事かも, 無事だった, 無事であった, 無事でも, 無常な, 熊野の, 父君の, 牛を, 物部氏の, 犠牲に, 猶耗, 猿女君の, 獨りおちゆき, 玉祖の, 珠運貰いたれ, 申し受けましたから, 畑の, 當時神歸せ, 発せられ皇帝曹丕, 百日の, 盗賊の, 目玉が, 真に一髪, 眼の, 知性と, 短いし, 短いん, 短かった, 短しと, 短しの, 神璽靈寶にも, 私が, 稻瀬毘古の, 穀物と, 窺見なさつた, 答へ, 終わった, 絶えた, 絶えたであろうぞ, 絶ったけれど, 続かないの, 繋げません貴女, 聲に, 膳の, 自己を, 興言の, 舒明天皇の, 艱生次第常人の, 芽を, 葉末の, 蒙って, 血に, 見る見るうち, 解らないけれど, 誰かに, 請け合ったと, 謀つて皇后樣は, 豊玉昆売の, 貰うぞ, 貰ったから, 貴とい, 貴方の, 赤い血溝, 赦して, 軽い忰, 辛く拾ひつ, 農業の, 逃れぬところ, 遂に助かった, 金ぢや, 針間の, 鏡作連の, 長いで, 長うし, 長き賜物, 長く天, 長く続かぬ, 長く豊, 長髓彦, 阿蘇君の, 雪が, 露ほども, 露みたいな, 飛ぶぞと, 食よりと, 食國の, 高くけだかいもの, 高千穂の, 高千穗, 高田を, 鳴門の, 黄泉の

▼ 命~ (986, 9.0%)

22 ないぞ 16 あぶない 11 危い 10 危ない 9 ない, ないと, 惜しくなった 8 危ないと 7 惜しい 6 あった, ねえぞ, 下った, 惜しいから 5 ないの, 助かったの, 助かつ, 大事だ, 惜しいか, 惜しいと, 惜しくて, 惜しくなっ, 惜しくば, 無い 4 ありません, あるの, くだって, こもって, ないかも, 大事か, 惜しかったら, 惜しかつ, 惜しくない, 惜しければ

3 [19件] ある, あるか, あるよう, あれば, あればこその, ないから, なくなって, なくなっても, なくなるの, 出雲の, 助かった, 助かって, 助かりました, 危ないかも, 危ないから, 御自身, 惜しいの, 惜しくな, 縮まる

2 [61件] あつて, あぶないぞ, あぶないと, あぶないの, あぶないので, あぶなくなる, ある限り, おしかったら, おしくない, くだった, これを, たまらない, つづかない, ないぞと, ないもの, ながすね, なくて, なくな, なくなるかも, なくなるという, なくなるよ, 一つ二つ飛ぶ, 下ったので, 下って, 二百円で, 仰せに, 仰せられるには, 何より大事, 兄君の, 出た, 助かっても, 助かりたいか, 助かるか, 助かるの, 危ない越中屋, 取戻せようもの, 大じゃの, 大事です, 天から, 天の, 天上で, 天皇の, 失せても, 尾張の, 岩戸の, 幾つあっ, 惜い, 惜しいとは, 惜しかった, 惜しくなる, 惜しくねえ, 旦夕に, 暗に沈む, 油の, 流れて, 無いぞ, 無事で, 狙はれ, 絶たれては, 自分の, 高天の

1 [592件 抜粋] あじわわれる, あったか, あったから, あったところ, あったとて, あったもの, あったら又, あって, あっての, あつた, あと一刻, あの巌壁, あぶないからなあ, あぶないぞよ, あぶないばかり, あぶないん, あぶない所, あぶない要, あぶなくなったら, あぶねえ, あぶねえぞ, あぶねえと, あぶねえん, あぶのうございますぜ, あらば, あります, ありませんぞ, ありません多分, ありゃまた, ありゃ儲け物, あるかぎり, あると, あるという, あるとか, あるならば, あるもの, ある間, あれほどに, あれ程に, あんなにけいべつ, いかにも短い, いまに, いよいよ終わった, いらぬならそこ, うがや, うしなわれた時, うらさびてうれたむ, おしいからさ, おしいと, おしいの, おしくなかった, おしくなった, おしさ, おつれ, おなくなり, おぼつかない御, お佩き, お待ち申し上げ, お答えに, お腹ちがいの, かかって, かわいそうな, ここで, この宇宙, この腕, これに, ございました, ございましたら, ござりましょう, さがった, さしあけたい, させて, すぐそれ, すでにない, そのイスケヨリ姫, その一, その侍女, その兎, その刀, その弟ヲケ, その御, その目, その老翁, その鉤, その間に, たいせつだと, ただならん, たちまち確実, たまるまい, たもてないの, ちぢまったん, ちぢまりましたぜ, ちぢまる, ちぢまるさかい, ちょうどぐうぐうおやすみになっているのをさいわいに, つづくかぎり, つながつて, つながりましたから, つなげる, つなげる方法, できて, とりとまったらしいこと, どういうよう, どうなるだろう, どのくらい, どれだけ, ないがな, ないこう, ないぞとは, ないって, ないといふ, ないよ, ない以上, ない危ないから, ない掟, なかった, なかったなら, なくなります, なくなりますからね, なくなりゃア種, なくなるかと, なくなること, なくなるぞ, なくなると, なくなるばかりさ, なくなるわけ, なければ, ねえから, はかないもの, はじめてタカチホ, ひどく危, ふきこまれたからと, ほ, ほしいと, まず, まず天下, みじかい数年, むざむざ落される, むつかしい, もうその, もう今日明日, もう旦夕, もたない, もっともっと大事, もてません, アシハラノナカツクニ, イザナミ, サルタ彦の, スサノヲの, チョウセンに, レールの, 一つなら, 一つ出現した, 一分二分ずつ, 一千万円で, 一日ごとに, 七つ八つあ, 万両積んだ, 三ツや, 三年ほど, 上帝の, 下ったの, 下つた, 下の, 下りました, 下り即日ふたり, 不用なら, 二つあっ, 二つある, 二年半の, 人間の, 今日まで, 伊達家に, 住吉屋七兵衛へ, 住所は, 何年ある, 保たないかも, 保たないん, 保たねえよう, 保たれて, 保たれようとは, 保つか, 保てないという, 傷ついて, 儒家の, 元来田の神で, 兄君ホデリの, 兄姫と, 先に, 入用なら, 八万年で, 六づかしい, 其を, 出たの, 出た事, 前後三十三兩で, 加わり栄養料理, 助かっただけ, 助かったと, 助かったばかり, 助かったもの, 助かったら, 助かったん, 助かった替り, 助からないと, 助からないもの, 助かりいまだに, 助かりたいから, 助かりたいと, 助かりたいの, 助かりたかったの, 助かりましたればこそ, 助かりました一旦, 助かります誠に, 助かりも, 助かり誠に, 助かり譬, 助かるかも, 助かること, 助かると, 助かるならまあ, 助かるよう, 助かるわけ, 助かる人, 助かる許, 助かれば, 助った, 助って, 助つたの, 助つて, 助る, 半島へ, 危いから, 危いと, 危いのです, 危いんです, 危ういと, 危かけん, 危くなる, 危ないぞ, 危ないつて, 危ないといふ, 危ないもの, 危ないッ, 危ないツ, 危ない何ん, 危ない時, 危ない皆んな, 危ねえ, 危険に, 取れない, 取止められるよう, 口から, 召しあげないで, 可愛いけれ, 吉宗の, 同じもの, 四千両と, 垂仁天皇の, 塩椎神の, 増すこれ, 増す人寿八万四千歳, 大きくおなり, 大きな目, 大事だったら, 大事だつたら, 大事ぢや, 大事でござる, 大事と, 大事な, 大御神に, 大神と, 大蛇を, 大言された, 大變, 天上の, 天下を, 天孫の, 天照らす, 天照大神を, 失くなって, 奪えると, 女伊迦賀色許賣, 女八坂の, 女御, 女活玉依, 妹佐波遲比賣, 妹内色許賣, 妹意祁都比賣, 姨小, 存するの, 宇宙の, 安価である, 宿ったばかりの, 宿る事, 少なくなっ, 岩に, 左の, 差し上げたいと, 己の, 市ノ瀬さんの, 帝位に, 延びたと, 延びて, 延益す, 引き明けた岩戸, 弟の, 弟沼羽田の, 当だ, 当藩, 彼にも, 待って, 徐々におとろえはじめ, 御崩御, 御座います, 御手, 御難儀, 御髮, 心配に, 必ずいい, 急に, 怪しいこと, 悲しまれ尊い, 惜いから, 惜くもない, 惜しいからと, 惜しいという, 惜しいなら, 惜しいには, 惜しいばかりに, 惜しいほどの, 惜しいもの, 惜しいもん, 惜しいや, 惜しいよ, 惜しい命, 惜しい川島家, 惜しい明るい世間, 惜しい死に, 惜しかったら行っ, 惜しくなく, 惜しくなったらしく, 惜しくなつた, 惜しくなるだろう, 惜しく戦争, 惜しけりゃあ, 惜しまれると, 惜しゅうご, 惜しゅうござりまする, 惜しゅうござる, 我が身に, 所望などと, 手足を, 持たない, 持てなくても, 捨てたくなったならば, 救われたお前さん, 救われたこと, 救われたの, 救われるなどという, 斉明天皇の, 斎部の, 日本国に, 昼の, 晉の, 暗示する, 更に長, 有る限り, 来たという, 東国経営の, 枯れるか, 栄え出すの, 次々の, 欲しいから, 欲しいと, 欲しいという, 欲しいとは, 欲しいなら, 欲しくば, 欲しけりゃなぜ, 欲しけりゃア有金, 欲しけれア金, 此すく, 武烈天皇として, 残つてゐた, 残つてゐる, 気づかはれて, 気遣われ出したと, 水に, 永久に, 河から, 法華を, 法華経を, 注ぎ入れられたやう, 海の, 海鼠に, 消えて, 消える, 湧いて, 潔白である, 無いと, 無いとな, 無いの, 無事だ, 無事な, 無意義だ, 無殘, 熊野の, 父平助の, 犠牲と, 犠牲に, 玉を, 現世を, 申されたこと, 申されますには, 男の, 発せられたこと, 的に, 皇后の, 盡きたら, 盡きなかつた, 盡きる, 真床襲衾, 真面目な, 眼には, 短いため, 短いと, 短かかった, 確実に, 祈りとか, 神を, 祭って, 種々と, 笛に, 答えて, 籠って, 紀伊の, 終るか, 終るとは, 終るまでに, 終る時, 経験した, 続いたもの, 続かぬが, 続かぬ何とか, 続かねえぜ, 続きません, 続くか, 続くまい, 綯いあわされて, 縮まったとも, 縮まつてる, 縮まるかと, 縮まるほど, 縮むわけ, 縮むん, 縮んで, 繋がると, 繋がれようという, 繋げて, 續かね, 胆吹山の, 自分を, 草を, 草創の, 莊重な, 薨去せられた, 藏前中を, 蛇の, 行きわたった, 行われた, 要らないわけ, 見付かって, 諸國, 諸方を, 謀反を, 賭けられて, 越の, 躍って, 野の, 釣道具を, 長かつ, 長くさえ, 長くない, 長く水, 長髄彦, 間人老を, 随うた如く, 離れると, 霊地を, 革まるたび, 韓国の, 顏がを, 風前の灯と, 飛ぶん, 飛んで, 驚いて, 高まる, 高木の, 黄金なら

▼ 命~ (734, 6.7%)

29 娶ひて 17 よりて 14 かかわること 13 別条は 12 依って 10 して 9 從ひ 8 向かって 6 かかわるよう, 別條は, 詔り, 賭けて 5 代えて, 応じて, 拘はること 4 かかわると, 係はる, 別條の, 別状は, 命じて, 科せて

3 [14件] したがって, そむいて, 代えても, 代へ, 仰せられるには, 別条が, 別状の, 従って, 従わなければ, 從は, 從ふ, 掛けて, 換えても, 服した

2 [55件] お尋ねに, お讓, かえて, かえてまで, かえてもと, かかわりますよ, かかわるかも, かかわるから, かかわるの, かかわるほど, かかわるほどの, かかわるん, かかわる大事, さしあげました, そむくこと, そむけば, なって, みつる珠の, 仰せにな, 別条の, 反く, 問ひた, 堪へかねて, 変わりは, 従いて, 従うこと, 從ふこ, 從へ, 応じたり, 應じ, 應ずる駿馬驅り去りぬ, 懸けて, 拘はる事, 拘はる毒, 拘わる事, 接するや, 換ふる, 替えても, 替へても, 服すること, 未練が, 浴せ申した, 生きたと, 糸目を, 背いて, 背きて, 背くこと, 背くもの, 讓り, 違う者, 関る, 関わること, 関係の, 關はる, 随い

1 [407件] あらざれば, あり命, おくだし, お代りくださる, お尋ねにな, お授け, お言いつけ, かえてと, かえてまでの, かえられないから, かえられぬ秘蔵, かかはる事, かかはる重大, かかるその, かかるよう, かかる商売, かかわったかも, かかわっちまうからの, かかわっちゃ, かかわりは, かかわります, かかわる, かかわるご, かかわるとの, かかわるもの, かかわる事, かかわる井戸, かかわる椿事, かかわる毒薬, かかわる程, かかわる花園, かけて, きまった今, きまつて, くいよって, くらべれば, こたえて, こたえましょう, こたえ各, こつそり策, この日, これ従う, これ從ふ, ござりまする, さからい紛れ紛れ, さしさわりは, さしつかい, さはるほど, さわるほど, さわるわけ, したが, したがうこと, したがう約束, したがえば, したがった二人, したがわず人民, したがわず身, したところ, すなお, するもの, そうこと, そこの, そのこと, その太刀, そむき召さるか, そむく, そむくか, そむくも, そむくもの, そむく天子, そむく気, そむく者, それでも間違だらけ, た, たが, たがうと, たって, たとえたいよう, だまされるどころか, つきささる鋭い, つぐもの, とどまらない絶対権, どういう意義, どうこうという, なったかと, なつて, ひとしいの, ひとりが, ふれる自分, べつじょうはありません, まかせて, まします, ます御, また膝, まつはる運命, まを, みちた言葉, やるべしやるべし, よったもの, よらねば, よりて一方, 一ト息入れた, 万一の, 与えし塩乾珠, 与へようとの, 九死の, 二つ返辞で, 二は, 仔細は, 代えたいほどに, 代えた労苦, 代ったそれで, 代って, 代はる児, 代るため, 代るやう, 代るよう, 代るわが身, 代る爲, 代わって, 代わり名, 代わり申すべし, 代わろうと, 仰せて, 仰せに, 仰せ言が, 任せましやう, 伏した, 伏しますまい, 何かの, 何だかくっきりあの, 依つて楽, 依つて黒白, 依り奉行水野筑後守, 依ること, 依る寄宿生, 係はるとか, 係るよう, 係わること, 係わるという, 係わるとか, 係わる事, 係わる大事, 候えば, 先立つて, 入らんと, 其兄を, 出たこと, 出るもの, 別れて, 別条なかろ, 別条なく, 別条はげえせんでした, 別状さえ, 別状ない, 別状なく, 別状無い, 則る生活, 勝りて, 千座の, 危険を, 反い, 反いた, 反くもの, 反けと, 反して, 反対する, 叛か, 各各佐知, 合はせ, 同じ, 告り, 命じたこと, 問われたこと, 因つて京都の, 因て, 因り, 因り憂, 因り此村大炊, 國を, 変った, 大御酒盞, 天つ, 天津奇護言を, 天皇霊が, 奉る時, 奥行が, 安んずるを, 少しも, 就いての, 就いても, 就て, 屈従せしむべし, 屈服した, 廻り合せたる, 影響する, 従いましたが, 従うしか, 従うしもべの, 従うと, 従うのみ, 従うべきか, 従うもの, 従うよう, 従うより, 従う事, 従う状, 従えと, 従えという, 従えば, 従が, 従った, 従ったが, 従つて煮物を, 従は, 従はん, 従ひ, 従わざりしを, 従わざるとき, 従わず朝, 従わない煙火師, 従わぬそして, 従わぬとき, 従わぬ者, 従わねば, 從うて, 從つて地獄の, 從つて手紙を, 從つて犬を, 從はずし, 從はせる, 從はむ, 從はんとのみ, 從ひぬ, 從ひわれ, 從へり, 從わ, 徹する畏怖, 応じなかったと, 応じぬ輩, 応じ和親開港, 応じ江州阪本, 恋を, 恨んで, 悔え, 悖りて, 懸けての, 懸けても, 打ち明けました, 拘はる, 拘はるか, 拘はるぜ, 拘はると, 拘はるといふ, 拘はるやう, 拘はる傷ぢ, 拘りましょう, 拘ること, 拘る大事, 拘る毒, 拘わるぜ, 拘わると, 拘わるという, 拘わるよう, 拘わる大事, 拘わる毒, 掛けても, 接した, 接した諸, 接して, 接せぬうち, 換えられるけ, 換えんこと, 教えて, 日を, 日根野備中は, 替えられない思い, 替て, 替へて, 替へる寳, 服さずに, 服さず楯, 服さなければ, 服したの, 服したもの, 服して, 服しても, 服しにんまり, 服し生涯, 服すだけの, 服すよう, 服する, 服するの, 服せざれば, 服従し, 服従した, 服従す, 服従する, 服従せざるごとき, 服從し, 服從する, 未練は, 東の, 柔順なる, 楯を, 此由を, 比較すれ, 気を, 決めて, 満ちそれ自体ニヒル, 溢れた力, 溢れて, 潘鳳は, 澤山の, 激しき情熱, 無関心, 犠牲を, 献上しました, 獻りました, 生るか, 用は, 用事は, 由つて渚に, 由りて, 申されるには, 申しましたこと, 申給う, 白した, 白し上げ, 百合からす, 目ざめて, 目覚めたとき, 目覚めたの, 相場は, 相場はねえと, 祷り漁, 空望みを, 答へ, 糸目は, 絲目は, 絲目を, 絶対服従いたす, 聴従する, 背いたこと, 背いたにより, 背いたの, 背いたので, 背かざるべきを, 背かん恐れ, 背き, 背きがたく, 背きその, 背くを, 背く者, 背けば, 背けるのみ, 背けるは, 背けるアダム, 自信が, 自分で, 著いて, 蘇えった, 蘇って, 號けて, 袋を, 見つめて, 見切りを, 見返したさうだが, 触るる無く, 詔科せ, 誨へて, 諂い著い, 請したま, 賭けても, 輿を, 迫って, 逆った, 通い命, 進めて, 進りき, 違うとき, 違は, 違ひ, 違ひまつらざりき, 違反なす, 遵わぬから, 醉ひし, 関わる位, 関わる品, 関わる大事, 関わろうという, 関係し, 関聯した, 關らう, 關係が, 限りの, 随うたが, 随って, 障り候, 障ること, 障る大事, 障る訳, 隨ひ, 集中し, 非りき, 頤使され, 類すること

▼ 命~ (349, 3.2%)

31 結婚し 9 伊耶那美の 7 お二方 5 言ふ, 釣替 3 あらば, あれば, かけがえに, まを, 引きか, 捨て物

2 [22件] いふ, かけがえの, する女, たのむの, たのむ妻, なって, ウヂの, オホサザキの, フトダマの, 一緒に, 五人の, 人間という, 兄弟と, 取り換, 大雀, 宇遲の, 申し上げます, 申すは, 知りて, 腕に, 貞操とを, 頼む人

1 [230件] あきらめて, あって, あっては, あっても, ある, あるの, あるので, あるは, あるべきところ, あるべき処, あるゆえ, いい数, いうと, いうならそれ, いっしょに, いっても, いつた, いつわり攘夷, いなひの, いまは, おっしゃる方, おっしゃる皇子, お二人, お前達は, お呼びに, お呼び申したい, かいたも, かけたわたし, きまって, こうして生きのび, このお, この三王, して, してでも, しばしば竝, しほぎ草, しまた, し凡河内, すがる板切の, すりかえられた小さな, するお, するの, するもの, する單純, する社会主義, する私, する秘密, する綺麗, する身, すれすれの, せざるもの, せば, せる入道清盛, せる貴公子, せる途中, そのすこやか, その嘲笑, その子, たたかわず法, たのむは, たのむもの, たのむ提灯, たのむ飲料水, つけました, つまりもちろん, つり替えに, どちらが, なったの, なつて, なりしが, なりぬれば, もう一方, アマツクメの, イザナミ, イホキノイリ彦の, オホヤマトタラシ彦クニオシビトの, オホヤマトネコ彦フトニの, タギシ彦の, トヨスキイリ姫の, ミマツ姫の, ヤマトタケルの, ワカタケキビツ彦の, ワカヒコタケキビツ彦の, 一しょに, 一つの, 三毛入野命を, 両方とも, 並んで, 二つならべ, 二三百両の, 二三百兩の, 二人が, 二人で, 二柱高千穗の, 二様に, 云うの, 云うもの, 云う貴い, 云ひ, 云ふも, 五躰を, 人間の, 伝えて, 体だけを, 倭建の, 健磐龍命とは, 其を, 其弟彦火火出見, 出して, 前後し, 力を, 十口坊と, 十口坊とは, 取りかえっこ, 取り換えっこの, 吊り替えと, 同じくらい, 同じに, 同じよう, 同じ方, 同じ神, 同体に, 同格の, 同神, 同資格, 命, 命との, 大久米命の, 大切に, 大国主命とは, 大雀命, 天津久米命という, 天秤にかけて, 妹ばかりは, 姫を, 媒妁とに, 媒酌とに, 宣告された, 察しゃんせ, 小碓命と, 島の, 年老いた命, 引き換えでは, 引き換へでは, 引換えで, 引換えに, 弟橘姫とを, 形式に, 御名は, 御名を, 心の, 思い候, 思い続けた日々, 思い詰めたるとき, 思ったねずみ, 思って, 思わなかったもの, 恋の, 惚れた女, 懸け替に, 懸命に, 掛け換え, 提携され, 暑さ, 書連け, 會津で, 栄華を, 死とが, 江戸の, 決めたらしいの, 決めようと, 浦島子と, 浦島子との, 甚七が, 生活と, 申しあげるよう, 申しあげるわけ, 申します, 申します者, 申し上げるの, 申し給ひき, 申す, 申す三人, 盤古の, 知って, 社会的奥行を, 神武天皇との, 神武天皇の, 稚日命, 立派に, 結婚され, 結婚しよう, 結婚なさいました, 結婚を, 考へて, 聞いただけに, 肉と, 自分の, 若建吉備津日子, 裸男とに, 見えた大病人, 覚悟は, 覚悟を, 覺悟を, 言は, 言われる愛情, 訓て, 評した方, 説明する, 謂は, 豊後や, 豊玉昆売と, 負はせる, 貴重な, 身を, 軍を, 過ぎむとも友, 道徳論者の, 野見宿禰と, 金とを, 釣換へ, 釣替えだ, 釣替えなら, 銅とを, 關係の, 須佐之, 頼む堤, 頼む宇宙艇, 頼む白刃, 頼む裸体画

▼ 命~ (253, 2.3%)

8 天の 5 天下を 3 何も, 危い, 名も, 延びる気

2 [12件] いらないとまで, いらないやう, ここで, また単純明確, 十口坊も, 常にあらぬ, 惜く, 歌垣に, 煙草の, 過ぎぬ間, 闇に, 音も

1 [204件] あった, あったの, あったもの, あとたった, あぶない, あぶないおれ, あぶないので, あぶないまでに, あぶなかろう, あやうい容態, あらんかと, ありますよう, ある, あるか, あるし, いかに惜しまれ, いくばくぞ, いざと, いつしよに, いつも変らずありたい, いらないこの, いらないと, いらないと迄, いらないよう, いらない人, いらぬ, いらぬと, いらぬとかいう, いらねえという, うけず帰って, お供の, お母上, けっきょく, ここに, これから王, これで, これには, さらって, しかく脆き, すてさせて, すてそう, そう長く, そまつに, そむき難い, それは, たすけ主家北畠, たまし, だし難けれ, ちぢむ思い, ついでに, ですね, とられかねない悪い, とりとめたん, ない, ないぞ, ないもの, ない筈, なくした, なくなって, なくなるの, ねえど, またず夜, みな天下を, みんなあなたの, むだには, もし生, もっともっと長く, もっともろく, やむをえずついに, わからんよう, カンキを, コスメ・テイツクを, トントいらぬ, ドンドンドンドン伸びる, 一年の, 七八ついる, 不定の, 亦溢れ, 人足の, 今夜限りだ, 今日が, 今日きりだ, 今日は, 今日を, 仕事も, 仰がず言語道断, 伸びそう, 來らず, 保ちが, 保証する, 信心が, 儚き夢, 入らぬとまで, 共に忘れ, 其のため, 分らないの, 助かつ, 助からない, 助かり丸多, 助かる, 助けて, 助け度さ, 危いから, 危いくらゐ, 危いと, 危ういところ, 危ういの, 危うくなり, 危かるべき, 危き場合なる, 危き目に, 危く見える, 危ない, 危ないよう, 危険な, 危険に, 又不, 取って, 取らるべき処, 取られる所, 名僧だ, 命の, 命ぶりで, 問題でない, 喜んで, 天照大神の, 失はなければ, 女も, 山の, 常世の, 延びそう, 延びるだろう, 延びるほどに, 延びるよう, 待たず直ぐ, 得体の, 忘れける時, 急に, 恨めしゅうございます, 惜しい, 惜しくない, 惜しくなかった, 惜しまず先駆, 惜しまんという, 惜むまじ, 慈悲善根を, 手を, 投げ出して, 捧げねば, 捨てぬもの, 操も, 断ちましたが, 旦夕に, 早や, 朝夕に, 欲しさ, 死ぬこと, 浜松藩の, 消えて, 消えゆく燈火, 無事だった, 無事にて, 生活も, 的に, 皆同一の, 目前に, 知らず雪, 知らぬげに, 知れないなんざ, 短くなり, 短く地体, 終りそう, 絶えずねらわれ, 絶え絶えに, 縮む思い, 縮む様, 老いなむ, 耳になど, 薄ん, 處女も, 血も, 要らないな, 要らない名, 要らない名誉, 要らなくな, 要らぬ神, 要らねえほんと, 見得, 貰おうかと, 貰ったぞ, 貴方に, 貴様に, 身分も, 軽しと, 軽ん, 金と, 長い退屈, 長くあら, 長くお, 長くない, 長くは, 随而滅絶仕, 魚籃観音の, 魚籃觀音の

▼ 命~ (111, 1.0%)

5 あつた 2 これが, 城中から, 小笠原森林部長丸山遠藤両, 李幕事が

1 [98件] あらかじめ選りすぐった, いかなること, いつも私, お迎い, きのうまでは, この世を, これは, ござります, すでに在京, せう, とうに沖あい, とくに阿波, ひまある, ふたりに, まいった, まもなく息, もしその, やって来た督戦部隊, やむなくお, やむなく大工棟梁, よんどころ, よんどころなく都, わが身は, インド, 上方へ, 京坂の, 伊那の, 何んの, 使いに, 僧所では, 入城し, 八月鎌倉を, 兵は, 内地から, 出向いたのに, 出向いた処, 出張した, 前髪を, 又土佐, 取壊されるまで, 古内志摩を, 各国公使へ, 名古屋へ, 囚人の, 大友左近将監は, 大阪に, 大阪及び, 宗徒の, 定禅, 宝亀六年に, 小鯛, 帯来は, 彼の, 彼は, 後から, 後見として, 御前で, 御陵衛士隊へ, 意気地を, 手出しが, 日本の, 昼飯を, 書類を, 木曾義仲を, 来たもの, 東洋に, 武蔵との, 死んだので, 江戸の, 済めば, 湯隆が, 濟めば, 碑林に, 私が, 私たちの, 筑紫へ, 紀州家へ, 給料などを, 臨江へ, 自裁, 萱生の, 薩摩に, 蟄居の, 裁かれたの, 西国外様の, 視察に, 証拠の, 転職させ, 近くの, 違背し, 遣って, 里見義介その, 金座で, 鋭く吠えたてた, 長崎奉行所が, 長持の, 開封東京まで, 高産靈の

▼ 命だけは~ (90, 0.8%)

22 助けて 5 お助け下さい 4 助かって 3 お助け下さいまし, 助かつ, 無事に 2 どうぞお

1 [48件] あるが, おとう, おゆるしおき希います, お助け, お助けください, お許しくださいまし, お許しを, しまいまで, とりとめたと, とりとめ肺炎, 一つ持っ, 一つ持つ, 不思議に, 免してやる, 助かったが, 助かったそう, 助かったものの, 助かりたいと, 助かりました, 助かりましたがね, 助かりましたといふ, 助かるかも, 助かるという, 助けよう, 助けられたといふ, 取らぬよう, 取りとめた, 取りとめましたが, 取り止めそう, 取り止めましたが, 取止めて, 取止める, 取止めるかも, 取留めて, 命ぜられた國, 堪忍し, 失わずに, 引きとめたいと, 必要である, 拾ったと, 持って, 持つて, 止りとめて, 残つてゐる, 無事だった, 無事でいる, 糸目を, 護らなければ

▼ 命次に~ (79, 0.7%)

3 弟比賣 2 円野比売命併せ, 右の, 弟比売命, 若木の

1 [68件] お生まれ, また麻呂古, タギツヒメの, 中日賣, 五百木の, 伊奢, 伊耶の, 伊賀帶日子の, 伊賀比賣, 倉の, 倭日子の, 倭根子の, 倭比賣, 倭飛羽矢若, 八坂の, 十市の, 千千都久和比賣の, 國片比賣, 圓野比賣, 墨江の, 多藝志比古, 大中津日子, 大倭帶日子國押人の, 大倭日子, 大倭根子日子賦斗邇の, 大山守, 大帶日子淤斯呂和氣, 大鞆和氣, 妹大原の, 妹石, 妹若, 寶の, 小石比賣, 小碓の, 岐須美美の, 左の, 師木津日子の, 建小, 弟日賣, 御毛沼, 御眞津比, 息長日子の, 息長眞若, 押別の, 日子刺肩別の, 日子番の, 朝廷別の, 橘の, 歌凝, 比古, 沼名木の, 生れましたの, 田井の, 男淺津間若子の, 眞若の, 神八井耳の, 神櫛の, 神沼河耳の, 稻氷の, 笠縫の, 若倭根子日子, 若御, 若日子建吉備津日子, 虚空津比賣, 豐, 輕の, 阿耶美都比, 鬘に

▼ 命には~ (58, 0.5%)

2 代えられません, 代へ, 別条が, 別條あるまい, 別條が, 別状は, 替えられない言わなきゃア, 糸目を

1 [42件] あんなひどい, お子さまが, かえられない, かえられないと, かえられませんわい, かかわるまい, さはらずや, つぎつぎに, とてもかなわない, もう強, 代えられない, 代えられん, 何んの, 別条ありません, 別条ない, 別条なく, 別条ねえで, 別條ありません, 別條ない, 別條なかつた, 別状あるまい, 別状が, 別状ございますまい, 別状ない, 別状無く, 勝つ事, 反け, 大名も, 差支えが, 後が, 従うべきもの, 従わなかったなどの, 思いやらるるよ, 換えられないからと, 換えられぬ, 易えられない, 替へられません, 決してそむい, 火焔の, 自分という, 間違いが, 障らねえからって

▼ 命にも~ (58, 0.5%)

3 代え難い 2 かえがたい, かかわるよう, 代へ, 換えがたい, 関る

1 [45件] あらねば, かえがたく, かえてね, かかわってるって, かかわるいそいで, かかわるほどの, かかわる大事, かかわる様, かかわる重大, せよまさかこんなに, そむかず入, 代えがたい, 代えたいほど, 応じて, 拘はること, 拘はるといふ, 拘はる大事, 拘りそう, 拘わる秘密, 換えられぬ, 換えられぬ様, 換え難い, 換ふる, 換へて, 替うる願, 替えがたい, 替へ, 服さず強硬, 石高にも, 著け, 譬う, 身上にも, 金にも, 関はり兼ねない, 関わった金, 関わること, 関わるほどの, 関わるもの, 関わるよう, 關は, 關はる, 關はること, 關り兼ねない, 障る処, 面目にも

▼ 命によって~ (50, 0.5%)

2 先ず鬼頭, 勝家の

1 [46件] お迎えに, これまで, その埋, その第, やむを得ずいただい, わしの, ウマを, スペイン人渡来の, フェライラと, 一種の, 不足分を, 伺いましたが, 出入り口に, 出張した, 南都を, 取払われたの, 口の, 司馬懿が, 各戸の, 唐紙を, 報道班の, 大和を, 大島村の, 宗麟の, 宗麟を, 家に, 小姓の, 居留地工事を, 当藩, 彼の, 思想が, 書かれた只一冊, 柴田軍の, 死ぬわけ, 河の, 洛中に, 渭水の, 片っ端から, 獄死を, 留学なされた, 発見した, 直ちに雑木林, 経営せられた, 藤吉郎の, 豊後に, 越前坂井の

▼ 命松丸~ (49, 0.4%)

2 がよく, は

1 [45件] からその, からふところ, がしゃべっ, がやった, がカユ碗, が帰っ, が炉部屋, が飼い馴らし, だけがいつ, とかいった, との関係, と台所, と雀, など敵, に行き会った, のことば, のよう, の姿, の童ぶり, の肩先, の背, の訴え, はいつか雀, はきれい, はその, はその間, はそれ, はなお, はやがて, は何, は尻, は庵, は引きとり, は正体, は生涯, は自分, は釜屋, へ向っ, へ諸方, もここ, もその, もそれ, も世間, も兼好, よ

▼ 命まで~ (47, 0.4%)

2 取ろうとは, 奪ら, 投げ出さうと, 投げ出して, 金で

1 [37件] お助け下さっ, かけた心, すてようと, なくして, なくする, なくなるみち, もと契った, もと打込ませる, もと深く, もと誓った, 助けられたこと, 十神は, 厭いは, 取られちゃ, 取られちや叶, 取り兼ねないから, 取るの, 取ろうと, 失う有様, 奪ったらもう, 奪って, 奪ろう, 強奪されかかっ, 打込んだ深間, 打込んで, 投げ出さなければ, 投げ出すこと, 投げ出すことぢ, 投げ出そうと, 捨てるに, 捨る, 救って, 早めに, 殿様に, 狙はれ, 賭けた仲, 賭けて

▼ 命~ (44, 0.4%)

42 といふ説

1 [38件] いわばわれらみな, いわば仙台, からあの, からこれから, からね, からわし, から生きてる, がまだ, がやり損じたら, この者達, これを, し一切, し母親, ぜ, つてこの, つて男だ, といい, といつわっ, といふ様, とこれ, としてある, として居ります, と八卦, と宣告, と心, と思っ, と私, と聞く, と説い, と諦め, なんて声, もの, もの一艘の, 命の, 最早これ, 第二, 翼だ, 面白く暮される

▼ 命よりも~ (44, 0.4%)

6 大切な 5 大事な, 大切に 2 たいせつな, たいせつに, 金の

1 [22件] いとおしかった, いとほし, お父さんの, だいじがって, だいじなもの, だいじな品物, だいじな操, 他坑, 大事に, 大切なたつた, 大切な光りでした, 尊し, 尊んだ仏舎利, 恥を, 愛しく思う, 愛し恋うた, 明かである, 貴いの, 重い, 金銭を, 長き賜物, 高く徳

▼ 命という~ (38, 0.3%)

4 ものは, ものを 3 のは, 女神に 2 お名, ものに, 神さまが

1 [18件] お二方, のに, ものが, ものです, ものと, ように, よりすぐった, アフロディテを, 人の, 兄が, 名を, 大力の, 強い人, 思想も, 物を, 神が, 言葉の, 豪傑だ

▼ 命にかけても~ (36, 0.3%)

2 お引受けいたします

1 [34件] おゆくえ, お嬢さんを, お望, お請合, きっとひきうける, きっと六波羅, この壺, この牢獄, ご期限, その罪, たいせつな, やって, やつて, 入らないという, 友情を, 取下げる, 口を, 大谷千尋を, 奪ひ取らう, 忍びない, 手は, 手放そうと, 焼き上げようと, 燕女を, 生かしては, 申し上げて, 相成りませぬ, 私は, 結婚する, 般若丸を, 誓いますが, 貞世を, 身は, 重任を

▼ 命により~ (35, 0.3%)

1 [35件] いつでも, こなたアカ, そうした憐れ, その扉, それを, ただいま出発, てかの, われは, アスビス神死人の, セミナリヨを, トロイアの, ヘーラクレース訪ひし, 京都へ, 京都衛戌講話に, 伊豆山権現に, 俊夫君と, 別紙学位記御, 十人の, 和蘭ライデン大, 多年怨みの, 妹の, 彼を, 明朝打ち, 最も学識, 本校を, 此婦を, 水神が, 猛火を, 直々の, 竊かに, 胚子より, 課せられた道徳的義務, 遷されて, 集団密入国を, 高山ダリヨが

▼ 命より~ (35, 0.3%)

7 大事な 5 大切な 3 大事の 2 大事に, 思兼の, 惜しい虎の子

1 [14件] お時計, なお愛嬌, われの, 前十柱の, 大事と, 大切がっ, 大切なる, 明らかな, 神棚の, 荷物が, 貴いと, 貴ぶ夷子社, 軽いと, 髪の

▼ 命ある~ (34, 0.3%)

2 ものの, ものは, 日, 醜き, 間と

1 [24件] かぎり守りたい, このひと時, のみ, ま, もので, ものと, ものには, ものの如く, 何物をも, 内こそ, 内は, 天上の, 毬藻が, 活思想とも, 物の, 者の, 花の, 身の, 限り, 限りの, 限りは, 限り人に, 限り修業である, 限り決して

▼ 命にかけて~ (31, 0.3%)

2 思って

1 [29件] いとおしい咲二, お護りいたし, お頼ん申した, この理外, さがして, しんから, ひたむきに, もうぬら, もと思う, 守って, 守り續けたが, 守り通した, 守る, 守護し, 引受ける, 御供仕ります, 御待申上參ら, 思うたの, 恋した, 恋を, 惚れた同士, 憧憬れ, 探して, 此処を, 確かか, 考えて, 起そうと, 長坂に, 隱し了せた

▼ 命から~ (30, 0.3%)

12 二番目の 2 二番目ぐらいに, 二番目という

1 [14件] して, 二代目である, 二代目の, 二番めに, 二番目, 二番目で, 二番目と, 二番目とまで, 二番目位大事な, 俄な, 出雲振, 分れたといふ, 新しい性命, 私の

▼ 命その~ (30, 0.3%)

2 兄の, 子が

1 [26件] 伊須氣余理比賣, 伺見た, 伺見給いし, 兄に, 兄火照の, 兄神八井耳の, 刀を, 初めの, 同母兄五瀬の, 太子を, 妻の, 姨倭比賣, 姨玉依, 婢を, 嫡后伊須氣余理比賣, 孃子の, 御佩, 御名を, 態を, 本形を, 歎を, 河上に, 童女を, 老夫, 鉤を, 鏡を

▼ 命をも~ (27, 0.2%)

3 遣る心

1 [24件] かけて, ちぢめるもの, もしカラタール氏, 取り留むる人, 受けて, 奪うて, 奪う毒薬, 延ばし且, 彼に, 惜しまぬもの, 惜しみません, 憎まざる者, 捧げさせようと, 捨てて, 捨ててこそ, 數へて, 殺す人, 絞らん汗, 絶って, 縮め家産, 聴かなかつた, 賭けるほど, 賭した風狂, 顧みざる爭

▼ 命あり~ (25, 0.2%)

2 と思ふ, 八重葎, 富貴天に, 舞ひ立ち光る

1 [17件] これぞ本書編輯着手, てこそ見る, てにわかに, ての物, てひと, て思ひいだす, て歌舞優樂, て現役, て英国, と, と曰えり, 価値ある, 叡智ある, 当に, 於斯彼言詞を, 追, 靈あり

▼ 命~ (25, 0.2%)

10 ひを 2 なら枉げて, ひした, をする 1 があ, する者, に, の仲裁, の願, ひなど, ひに, ひの, をし

▼ 命さえ~ (22, 0.2%)

6 あれば 3 助けて 2 助かりますれば

1 [11件] あぶなくなりかねない, おたすけくださる, 助かれば, 取らなきゃア, 呉て, 奪って, 屠る, 投げ出すよ, 捨てれば, 自分の, 貰って

▼ 命である~ (22, 0.2%)

2 と云, にすぎず

1 [18件] から, から舟, から誰, がどう, が故に, が此三つ, という, というやけ半分, と彼ら, と考えた, と考へた, と覚悟, と言, のが, 一円を, 御身体即, 死に, 畑の

▼ 命またの名~ (22, 0.2%)

1 [22件] はアマツヒコヒコホホデミ, はイヒヒ姫, はオキツシマ姫, はオホキビツ彦, はオホヘ姫, はカムヤマトイハレ彦, はサヨリビメ, はシタテル姫, はトヨミケヌ, はフタヂノイリ姫, はホムダワケ, はヤマトヲグナ, はワカクサカベ, は佐波遲比, は品陀和氣, は大, は大戸比, は布, は比, は神倭伊波禮毘古, は若, は飯日比

▼ 命までも~ (22, 0.2%)

2 狙われて

1 [20件] くれようとは, とるん, なくし, なげうって, 入れ上げる積り, 取って, 取られるよう, 取る意志, 失いかけたという, 失ったという, 失った清三, 奪ら, 己の, 捧げても, 捧げなければ, 犠牲に, 狙う鬼, 狙ひました, 落すよう, 譲りたい気

▼ 命~ (22, 0.2%)

14 ひを 2 ひの 1 ひした一揆側, ひしも, ひでした, ひといふ外, をした, をなされた

▼ 命でも~ (21, 0.2%)

2 とる気

1 [19件] あった, ありません, おいそれとは, ござらぬぞ, とり兼ねないよ, ない, ないから, なくしない, もしもまだ続い, 何でも, 反対か, 取られるかの, 奪ろう, 投げ出します, 捨てて, 絶たうと, 賭けますか, 身代でも, 首でも

▼ 命けて~ (20, 0.2%)

2 いた, よいもの

1 [16件] あるけれども, くれた, くれと, やれお, ゐたの, ゐる, ゐるの, 下すって, 宜しい名家, 彼れ, 悪魔降参石とか, 歳立といふ, 直に禁止, 置いた, 考察を, 遣ろうと

▼ 命なら~ (20, 0.2%)

1 [20件] いかにも棄ちょう, せめてあの, せめての, それだけでも, とその, と望ん, ばこの, ばこれ, ば其應援, ば御所, ば決して, めや, ん乎余は, カンキを, ナゼ生きた, 人の, 爲方が, 進で, 露ほども, 頭を

▼ 命なる~ (20, 0.2%)

1 [20件] かな, かな天道, かな寝, がまま, こと, ことを, なり航, まま七十余日お, もの自体が, をもって人業, 人の, 力なる, 哉, 哉だ, 哉です, 哉と, 哉ゆらりゆらりと, 哉私は, 歌, 間は

▼ 命なり~ (18, 0.2%)

2 ありのままなる, ひたひたと, 赤き陽

1 [12件] せば, である, わづか, 今に, 余は, 大己, 張り満, 張り滿つる, 後世疫病ある, 捨て, 散華の, 生死去来は

▼ 命~ (17, 0.2%)

2 しこみ磯

1 [15件] しかもかれ, しこみ出, しこみ旃陀羅, そちの, その御, それは, 兄義貞は, 其翌日燕軍霊壁の, 家を, 或は応報, 扨も, 泥烏須如来か, 狂気か, 総門内では, 間人連老か

▼ 命~ (17, 0.2%)

7 んだ 4 のだ 1 のかと, のでいま, のでそれ, んざ物の, んざ物の数でも, んです

▼ 命ばかりは~ (17, 0.2%)

6 助けて 5 お助け 1 お助けあれ, お助けくださいまし, 助けられたの, 命ばかりは, 御助け下さいまし, 欲いと

▼ 命旦夕~ (17, 0.2%)

3 に迫っ 2 の危急

1 [12件] そこで一粒, ではございますまい, と思わね, と思われた, と知る, にあり, にある, にせまっ, に迫った, に迫り, の牢中, を測られざる

▼ 命では~ (16, 0.1%)

2 ありません, ない

1 [12件] あつた, ありますが, ござるなれど, それは, ないが, ない今, なかった, なくその, 少しも, 相済まぬ, 相濟, 訣らぬ

▼ 命~ (16, 0.1%)

1 [16件] があらゆる, がお, が姉君, とやらの真似, と豐玉姫様, なの, にあらせられます, には何, には天津日継, に於かれまし, に随, のその, の尊い, の思召, をはじめ, を始め

▼ 命あっ~ (15, 0.1%)

9 ての物種 2 てのモノダネ, ての物 1 ての物ダネ, て七十九

▼ 命~ (14, 0.1%)

10 一方です 2 二方です 1 二方が, 助けくださりませ

▼ 命なんか~ (14, 0.1%)

2 ちっとも惜

1 [12件] いつでも, すてて, どうなっ, なんでも, なんとも思っ, 二つ三つ投げ出し, 問題じゃ, 忘れて, 惜く, 惜しくない, 狙はれる, 狙われるよう

▼ 命です~ (13, 0.1%)

2 から太刀, ぞ 1 か, からいっそ, からしかた, からイヤ, から力いっぱい, が, ぜ, よ, ワお

▼ 命といふ~ (13, 0.1%)

1 [13件] こととを, ことよりも, のが, のを, みことは, もの, ものが, ものは, 事に, 名を, 名高い坊さん, 妙齡の, 詞は

▼ 命との~ (13, 0.1%)

2 間に

1 [11件] お二方, つながりを, 事蹟, 交渉を, 実感が, 根本本, 爭鬪は, 真剣勝負の, 身の上に, 間の, 関係の

▼ 命とも~ (13, 0.1%)

2 考えて

1 [11件] いうべき白毫, いうべき衣裳類, いへる, お呼び申しました, 申さうず, 申すよう, 知らでや, 称えて, 綱とも, 考えられる三味, 考えるなんて

▼ 命~ (13, 0.1%)

4 の水 2 照らす大御神 1 つ久米, つ日繼, の下, の宇受賣, の浮橋, の石位, の香山

▼ 命掛け~ (13, 0.1%)

1 [13件] だ, で, であったから, で欲しい, で航海, と申し, に揉合, のよう, の事, の勇気, の勝負, の戰爭, の手段

▼ 命だけ~ (12, 0.1%)

32 あると 1 くい止めたが, たすかった身, たすけて, では, はぶじ, 助けて, 喰止めた

▼ 命とは~ (12, 0.1%)

2 いいながら 1 いえこれ, おとう, お二方, その名称何れ, たれの, 一体何であった, 二柱相副, 同じ神, 思いません, 考えて

▼ 命とを~ (12, 0.1%)

1 [12件] あれ, こめて, せよ穂積, むさぼるよう, もったマリア, 一しょに, 享けて, 取り返して, 呼んで, 引き換えに, 扱ったの, 眺めて

▼ 命一つ~ (12, 0.1%)

2 と三千五百石 1 が双方, さえ捧げまする, で船, で遁げ, はともかく, は兎, をかかえ, をやっと, を拾いました, 平太夫

▼ 命~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり, が有, が盡, この木, となる, にまかせ, に大きな, に拙く, の免れ, の存する, の終り, を憫

▼ 命~ (12, 0.1%)

3 の時 1 して, すれば, に侍し, に臨める, に迄る, のとき, のとき持, の期, へん

▼ 命~ (11, 0.1%)

1 [11件] 削リツツアルノデアル, 助ケオクコト, 受ク, 子致彦トシテ, 守リテシンイチヨ健在ナレ, 害セリ, 待ツ, 捨テ敵城へ, 救ヒクレタル医者ヲバ其婦人ハ一生嫌ヒ途上ニ会フモ道ヲ, 祝ヒマツレリ, 説クベカラズという

▼ 命惜し~ (11, 0.1%)

4 さに 1 けどせ, けど為, さの, とも思うまい, と悲し, など思う, の怨み

▼ 命にて~ (10, 0.1%)

1 かならず全部, そよぎて, 一人一人と, 夜中見廻り致し居る, 家に, 幾歳をか, 揚屋預け, 斉彬を, 春は, 西湖石の

▼ 命によ~ (10, 0.1%)

1 つたのである, つて, つてその, つてマドヴェイは, つて切支丹の, つて晉書を, つて最初に, つて此土地へ, つて若い, つて遂に

▼ 命もち~ (10, 0.1%)

2 て天 1 て, て僕, て問, て太子正勝吾勝勝速日天, て建, て御, て覺, て誨

▼ 命~ (10, 0.1%)

1 さ, ないか, また若から, スクナが, 子の, 忍熊王や, 慘澹たらず, 文化を, 法月弦之, 金を

▼ 命~ (10, 0.1%)

2 の声 1 て移り気, である, です, といふの, の事件, の場合, の大事, の負担

▼ 命賭け~ (10, 0.1%)

1 て己, て得た, でなければ, でもこれ, で刀, で男, で荒熊, の危ない, の恋, の発案権

▼ 命かぎり~ (9, 0.1%)

2 の悲鳴 1 ありけり, の力, の研究, の祈り, わが誠意, 咲いたもの, 戦うしか

▼ 命こそ~ (9, 0.1%)

1 かけがえの, じゃよ, 一人前一千九百円に, 人笑へにも, 仇なれ, 大事です, 奪われないが, 絶ゆとも, 臣ら一同の

▼ 命~ (9, 0.1%)

2 へも捨てる 1 へすてれ, へも要らない, へ助かれ, へ助けん, へ取らなき, へ差出せ, へ捨てる

▼ 命として~ (9, 0.1%)

1 つけ加えられて, 付け加えて, 埃芥の, 居る, 己も, 御岳口石和の, 思想に, 次の, 説話に

▼ 命ける~ (8, 0.1%)

2 つもりで, のです 1 ことは, ことも, ともなく, 事の

▼ 命だけを~ (8, 0.1%)

2 助けて 1 やっととりとめた, 取り止めて, 拾って, 拾つて長崎へ, 捨てるの, 貯めこむなんて

▼ 命に従い~ (8, 0.1%)

1 あるいは又内部, マリアと, 一番好いた, 五百の, 何時にても, 全国の, 朕は, 盗賊人殺しの

▼ 命に従って~ (8, 0.1%)

1 対面所に, 書くという, 次々に, 盗を, 目下の, 紅海に, 自転車に, 銅雀台の

▼ 命~ (8, 0.1%)

2 したま, りたまひ 1 く吾, しめして, しめて, りたま

▼ 命~ (7, 0.1%)

2 むるは 1 て各, 形容する, 智見ある, 真幸くあら, 風波を

▼ 命しらず~ (7, 0.1%)

1 のおら, の乱暴者, の侠, の猛者, の試験, を擁し, を擁する

▼ 命保身~ (7, 0.1%)

1 かい, ですな, と申す, のため, の神域, の神様, の至極

▼ 命~ (7, 0.1%)

1 がふところ, だよ, はそれ, は本気, もういい, もどうして, よ

▼ 命~ (7, 0.1%)

2 へたまはく, へ白 1 へて曰はく, へ歌, へ白さく

▼ 命長く~ (7, 0.1%)

2 坐せよと 1 お生き遊ばしませ, まさ, まさざるなり, 定時に, 幸多かれ

▼ 命あら~ (6, 0.1%)

2 ばまた 1 ばそれとも, ばと, ば慎行, ば断じて

▼ 命あれ~ (6, 0.1%)

21 ばこそコン, ば齢, や光り息づく, バ私四十歳に

▼ 命かけ~ (6, 0.1%)

1 ての意気込み, ての愛, ても偽, て堪忍, て愛惜みき, て芋虫

▼ 命~ (6, 0.1%)

2 せめては 1 たら宜, たら終, 方が, 月曜は

▼ 命これ~ (6, 0.1%)

1 したがうこの, に従わね, は出雲, を領し, 従うばかばかし, 聴かん

▼ 命じゃ~ (6, 0.1%)

1 そうな, ない繰返し繰返し, ねえか, わいの, 疫病神が, 石鹸玉泡沫夢幻の

▼ 命なりと~ (6, 0.1%)

1 いえこの, 云うに, 告げて, 諦める気持, 達しても, 達観し

▼ 命~ (6, 0.1%)

2 づ, づ天の 1 うけて, をさく

▼ 命また~ (6, 0.1%)

2 の御名 1 の妾, 上宮聖徳法王帝説の, 五百木の, 萬幡姫兒玉依

▼ 命を以て~ (6, 0.1%)

1 一日の, 史彬が, 多数の, 結婚を, 通常の, 黒部川の

▼ 命~ (6, 0.1%)

1 に依, 後也, 御子枳佐加比比賣, 日, 晝夜守護人而仕奉, 趣は

▼ 命~ (6, 0.1%)

1 三方は, 二方に, 佩かせる十拳剱, 佩の, 尊載, 手に

▼ 命限り~ (6, 0.1%)

1 にもがく, に丹生川平, に曠野, 働くが, 走って, 願いましたならば

▼ 命~ (6, 0.1%)

2 の予科 1 に御, の先生福本君, は此辺, を出

▼ 命~ (5, 0.0%)

1 は久米, は出雲, は大伴, は膳, を取らしめ

▼ 命さえも~ (5, 0.0%)

1 まだ残っ, 思うどおり, 意の, 犠牲に, 自分に

▼ 命する~ (5, 0.0%)

1 ことが, その立命たる, と同時に, ものであります, 事だ

▼ 命~ (5, 0.0%)

1 ある, とちから, 世の, 得給い, 獲たま

▼ 命であり~ (5, 0.0%)

1 ながらその, 力で, 姿である, 蔡大臣の, 財宝である

▼ 命なれ~ (5, 0.0%)

1 どもこの, ばいつ, ばいづれ, ばぜひ, ば臨終

▼ 命ほど~ (5, 0.0%)

1 はかないもの, わからないもの, 世にも憎い, 安いもの, 果敢ないもの

▼ 命までは~ (5, 0.0%)

1 取らないから, 取らぬ金, 取ると, 取ろうと, 奪られず

▼ 命召された~ (5, 0.0%)

4 あのお方 1 あの骸

▼ 命~ (5, 0.0%)

3 畏み 1 かしこみ, ツメ溜息他

▼ 命~ (4, 0.0%)

3 つての 1 貰ったから

▼ 命けら~ (4, 0.0%)

2 るればとて 1 る, るるに

▼ 命であった~ (4, 0.0%)

1 から望ん, が後に, というの, のか

▼ 命なき~ (4, 0.0%)

2 に前 1 に手, 存在

▼ 命など~ (4, 0.0%)

1 ある姫兒, うけたこと, 最もふさわしい, 狙う身の程知らず

▼ 命などを~ (4, 0.0%)

1 奪れ, 狙いそう, 狙う者, 狙ひさうな

▼ 命なりけり~ (4, 0.0%)

2 小夜の 1 さよの中山, 粒黒く

▼ 命に関する~ (4, 0.0%)

1 ものも, 出来ごとだった, 出来事である, 記事の

▼ 命までが~ (4, 0.0%)

1 あぶないほどの, いやに, ふいに, 危の

▼ 命~ (4, 0.0%)

2 依ツテ由比ヶ浜ニ棄テシム 1 依リ通牒, 負クノ大罪

▼ 命二柱~ (4, 0.0%)

1 となつ, にます, ませり, を留め

▼ 命~ (4, 0.0%)

1 は何, は何とも, は余りに, は助け

▼ 命召される~ (4, 0.0%)

3 と言 1 と言う

▼ 命~ (4, 0.0%)

2 と汝, に辱

▼ 命~ (4, 0.0%)

1 で彼処, で来ました, の分, の土壇場

▼ 命~ (4, 0.0%)

1 に横わる一, の聖火, の通っ, 尚絶エントスルニ至ル

▼ 命~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 がありました, の本場

▼ 命けられ~ (3, 0.0%)

1 しと思い居る, しと思ひ居る, て今

▼ 命けられた~ (3, 0.0%)

1 のかは, ものと, んです

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 えあれ, に背か, の木の実

▼ 命だに~ (3, 0.0%)

1 あらばと, 久しかれ荒き風, 死ぬには

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 やねえ, やもう, やらうて

▼ 命ながらえ~ (3, 0.0%)

1 て, て空蝉, 鮭川の

▼ 命なぞは~ (3, 0.0%)

2 如露亦 1 問題では

▼ 命などの~ (3, 0.0%)

2 名の 1 鳥であろう

▼ 命などは~ (3, 0.0%)

1 ちっとも惜しく, どうなっ, 惜しくもない

▼ 命なりとも~ (3, 0.0%)

1 夫人に, 臣として, 開国説を

▼ 命なんて~ (3, 0.0%)

1 なんとも思っ, 何時どんな, 虫けらに

▼ 命にかへて~ (3, 0.0%)

2 嘘とは 1 頼み入る

▼ 命による~ (3, 0.0%)

1 出兵の, 布告で, 貴族的な

▼ 命ひとつ~ (3, 0.0%)

1 ただいま, のなか, を賭けた

▼ 命への~ (3, 0.0%)

1 あきらめのみ, 目を, 讚歎が

▼ 命までもと~ (3, 0.0%)

1 打ちこんだプロ, 打ち込んで, 打込んで

▼ 命までを~ (3, 0.0%)

1 上卷と, 捧げるべき, 賭けて

▼ 命みづか~ (3, 0.0%)

1 らま, ら下りいでまし, ら大

▼ 命もと~ (3, 0.0%)

1 での仕事, での罐詰仕事, まつちまわあ

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 これで, むしろなく, 眠れるわれ

▼ 命をか~ (3, 0.0%)

1 くるほどぞ, ひたと凝視むる, ろんじて

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 たすかりたり, はかられず, 助カルカト尋ネタラ

▼ 命~ (3, 0.0%)

3 ちて

▼ 命入り~ (3, 0.0%)

1 來ませる, 来ますこと, 来ませる事

▼ 命助ける~ (3, 0.0%)

2 思て 1 術も

▼ 命取る~ (3, 0.0%)

1 か取られる, ぞオーッ, ような

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 く歡, 后に, 己貴命少

▼ 命布刀玉~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 命幾つ~ (3, 0.0%)

1 にも及ぶ, にも関わる, にも關

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 く国, く江戸, なくば

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 くば, くば御, まぬ

▼ 命惜しみ~ (3, 0.0%)

1 なんかする, なんぞする, の人

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 きて, きむ, くるとも

▼ 命短し~ (3, 0.0%)

1 で世, という, とて皆之

▼ 命神社~ (3, 0.0%)

1 である, といふもの, ともに名

▼ 命~ (3, 0.0%)

2 れ新た 1 れ徇

▼ 命~ (3, 0.0%)

2 を中心 1 に之

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 でお, で気, の御苦労

▼ 命~ (3, 0.0%)

1 というよう, をかざり, を飾り

▼ 命ありし~ (2, 0.0%)

1 はこの, 時我れ

▼ 命いたく~ (2, 0.0%)

1 嫉妬み, 嫉妬みし

▼ 命いと~ (2, 0.0%)

1 しむ青空, ほしあきらめられず

▼ 命いま~ (2, 0.0%)

2 を限り

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 ともかならず, ぼうて

▼ 命かよ~ (2, 0.0%)

2 ふ我

▼ 命ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 何とも思わずに, 助けて

▼ 命ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 もらったから, 片ぱし

▼ 命けた~ (2, 0.0%)

1 です, と思われるです

▼ 命けたの~ (2, 0.0%)

1 です, もほんの

▼ 命けたもの~ (2, 0.0%)

1 である, と思はれる

▼ 命けん~ (2, 0.0%)

1 という標準, といふ標準

▼ 命この~ (2, 0.0%)

1 子を, 神尾が

▼ 命こめ~ (2, 0.0%)

2 荒く彫り

▼ 命しか~ (2, 0.0%)

1 もち得なかったこと, 捨てるもの

▼ 命すでに~ (2, 0.0%)

1 して, 終わるとき

▼ 命すなわち~ (2, 0.0%)

1 ウガノミタマを, 皇后宝皇女

▼ 命ぞと~ (2, 0.0%)

2 力ある

▼ 命だけが~ (2, 0.0%)

1 どこかへ, 惜しい奴等

▼ 命だけでも~ (2, 0.0%)

2 無事だ

▼ 命だろう~ (2, 0.0%)

1 か, という説

▼ 命って~ (2, 0.0%)

1 くれ, みじかいでしょう

▼ 命つて殞~ (2, 0.0%)

2 ちる倫理

▼ 命つない~ (2, 0.0%)

1 でいる, でた

▼ 命つなぎ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの費用, の金

▼ 命つれなく~ (2, 0.0%)

1 さへ, もなお

▼ 命でした~ (2, 0.0%)

2 かね

▼ 命とかいう~ (2, 0.0%)

1 境地に, 意味と

▼ 命とが~ (2, 0.0%)

1 かの鏡, 保証された

▼ 命としての~ (2, 0.0%)

1 伝へも, 抵抗力強い

▼ 命とて~ (2, 0.0%)

1 あやうきこと明らか, 虚無だ

▼ 命とともに~ (2, 0.0%)

1 二ヵ所の, 受繼ぎし

▼ 命なく~ (2, 0.0%)

1 して, ただうち

▼ 命などが~ (2, 0.0%)

1 何の, 其處へ

▼ 命ならず~ (2, 0.0%)

1 やとられつ, 馬と

▼ 命なり息づく~ (2, 0.0%)

2 と芽ぶきそめぬ

▼ 命なんぞは~ (2, 0.0%)

1 安いもの, 惜しか

▼ 命にまで~ (2, 0.0%)

1 さわると, 拘はるやう

▼ 命に対して~ (2, 0.0%)

1 これは, 厳粛であり

▼ 命に対する~ (2, 0.0%)

1 たけみなかたの, 慎しみが

▼ 命のみ~ (2, 0.0%)

1 定めなき世, 長くて

▼ 命はを~ (2, 0.0%)

1 しから, しまね

▼ 命びろいをしたと~ (2, 0.0%)

1 よろこんで, 思えば

▼ 命びろいをして~ (2, 0.0%)

1 ちょうどあなた, 初めて事情

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 つらぬく良人, 試みるの

▼ 命ほしさ~ (2, 0.0%)

1 にむさぼるごとく, に呂宋兵衛

▼ 命みじかき~ (2, 0.0%)

2 いともろき

▼ 命みじかし~ (2, 0.0%)

2 とは云

▼ 命もの~ (2, 0.0%)

1 ですからな, ぶるなり

▼ 命よと~ (2, 0.0%)

1 いとほし, また継ぎ

▼ 命をは~ (2, 0.0%)

1 つて天下を, りつ

▼ 命をば~ (2, 0.0%)

1 助けよかし, 越の

▼ 命をを~ (2, 0.0%)

1 しみ, 終る美しく

▼ 命ジテ~ (2, 0.0%)

1 之ヲ徹シ, 続訳セシム

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 はどう, は助かった

▼ 命下し~ (2, 0.0%)

1 傍離れず, 諸神

▼ 命久米~ (2, 0.0%)

2 の直等

▼ 命以上~ (2, 0.0%)

1 にも此料理店, のもの

▼ 命以来~ (2, 0.0%)

1 といふ, の慣例

▼ 命仰見~ (2, 0.0%)

2 而悔之

▼ 命併せ~ (2, 0.0%)

2 て四柱

▼ 命保身これ~ (2, 0.0%)

1 が手ごろ, でなきや

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 へ來, へ衆迅速

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 けむと, ケテ下サイワタシオトナシク月

▼ 命助かり~ (2, 0.0%)

1 て行衛, 申候

▼ 命助け~ (2, 0.0%)

1 だ, 賠償受け

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 の語, を引い

▼ 命合わせ~ (2, 0.0%)

1 て五方, て五部族

▼ 命天児屋根~ (2, 0.0%)

2 の命太玉

▼ 命天太玉命~ (2, 0.0%)

1 などと申す, の副署

▼ 命天宮図~ (2, 0.0%)

1 という不思議, は人間

▼ 命天降り~ (2, 0.0%)

1 の段, まさむ

▼ 命太玉~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 に告, に詔給

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 に渡し, は命

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 のところ, 造るべき地

▼ 命尽き~ (2, 0.0%)

1 て死し, 曹操の

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 せて, はせて

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 ぶる学, 愈客

▼ 命彦狭知~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 命投げ出し~ (2, 0.0%)

1 てもお, 御奉公

▼ 命掛けなる~ (2, 0.0%)

2 密通の

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 に井, らしき命

▼ 命有っ~ (2, 0.0%)

2 ての物種

▼ 命~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 命松さん~ (2, 0.0%)

1 ほんとにおまえ, より三ツ四ツ年下

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 は中姫, は弟姫

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 しかし給わ, 然したま

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 の根拠, もないしは

▼ 命無く~ (2, 0.0%)

2 悦も

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 みさしなみ, み天離

▼ 命番匠~ (2, 0.0%)

2 の道闢

▼ 命短い~ (2, 0.0%)

2 蜉蝣の

▼ 命短く~ (2, 0.0%)

1 て, 色美しい

▼ 命秦誓~ (2, 0.0%)

1 の諸, をも除き

▼ 命終らん~ (2, 0.0%)

1 とする, と思ひし

▼ 命終る~ (2, 0.0%)

1 といい, 時に

▼ 命~ (2, 0.0%)

1 なり自由党, なり自由黨

▼ 命薄く~ (2, 0.0%)

1 刀下の, 時乖き

▼ 命薫す~ (2, 0.0%)

2

▼ 命詔給~ (2, 0.0%)

2 わく愛しき

▼ 命説明~ (2, 0.0%)

1 す, すれば

▼ 命豊か~ (2, 0.0%)

1 な民, な者

▼ 命財産~ (2, 0.0%)

1 があぶない, が支配

▼ 命賜邸於小川街而邸~ (2, 0.0%)

2 未竣重修之功

▼ 命返し~ (2, 0.0%)

2 てよこせ

▼ 命長き~ (2, 0.0%)

1 われを, を得べからず

▼ 命阿闍梨~ (2, 0.0%)

1 はひとりそっと, は不機嫌

▼1* [605件]

あつて今日, 命あやしと思し, 命あらせんため, 命ありきや鈴蘭, 命ありゃこそ花, 命あり論ずるに足らず, 命ある如く絶えず幽か, 命いかでかつぐべきやらん, 命いただいたのでご, 命いっさい落下死亡不思議やかなしみ, 命いつけたところでした, 命いのち銀露のよう, 命いよいよやって来たかと, 命い助けられ大恩, 命い取られては家, 命い継いで物, 命い継ごうなに指い切った, 命うけし陣門さして, 命うけた者とて, 命うしやげら, 命うめえものを, 命おこなわれず命令が, 命おしけれ山桜, 命おしむは往生, 命おとし二頭の, 命おとしし人を, 命おとどめくださるよう, 命お願いしなければ, 命かぎり戀して, 命かくしたまはば, 命かくしつれと詔, 命かくし給わば汝, 命かざりけも何, 命かと観念の, 命かも知れぬ悲惨, 命かやほたる飛ぶ, 命かや事も無く, 命がかむろぎ, 命がはいつて, 命きくものを, 命くべきものが, 命くらいは取られ兼ねない恐しい敵, 命くれば得三, 命ぐらゐ助ける方, 命ぐれえ助けて貰, 命けたりしお, 命けた事があつ, 命けた位です, 命けた名であるが, 命けた渾名で継子, 命けつ生ひ, 命けつ生い先の幸, 命けられるならばそれ, 命ければ味, 命こういうものが, 命ここに終る, 命こっちもただ, 命こらえていた, 命これ従がう, 命ごいをしなけれ, 命ごとき一毛じゃ, 命ささげて, 命させたとある, 命さだめなき身を, 命さびしみ新, 命さみしき香のみ, 命したのである, 命しょせん生きようとて, 命じゃによって定めて, 命とはこの, 命すぎなむ, 命すてるにくろふ, 命すべなき, 命すら救は, 命せつけ下され候こと一世の, 命せましちひさし, 命そだちて, 命そちは何, 命それを三つ, 命それから鹿鷲槲樹と, 命そんなに斬って, 命たちはしまいに, 命たち三人をお, 命たもたずと, 命たりとも毒薬調合, 命たるやそういう, 命だがもうのこり, 命だけじゃなくって, 命だけはと手を, 命だったから近所, 命だって自分が, 命だの南玉の, 命だ甘んじて死なう, 命ちらと見, 命がんと, 命つきて臥せる, 命つきぬその間に, 命つけて八蔵, 命つけられて内儀, 命つつがなく安房へ, 命つまらぬことで, 命づけられた感覚の, 命づけられることを, 命てだにあるならば, 命であったならその人, 命であれば逢いたがる, 命でいらっしゃるときある, 命でございましたのに, 命でござるぞ, 命でござれば致し方, 命でさえたやすく出来よう, 命でしたらあのよう, 命でなければならない, 命でもやつても, 命とか生とか, 命とかいふ境地に, 命とこがる, 命とこそはうちまもる, 命としてもよい, 命とで否応は, 命となつて神に, 命とに問ひ, 命とのみ思えり, 命とよ命は, 命とれとは物騒, 命と共に烽火番は, 命どころか父親の, 命なお長くた, 命ながき事疑うべからず, 命なしデー, 命などか歎か, 命などと申す方々, 命などはとないがしろに, 命などより淀屋の, 命なにを齷齪, 命なめりかくて, 命なり動くことも, 命なんかもゴミあくた, 命なんかよりもっと大きな, 命なんぞどうせ百年, 命なんで惜しむに, 命にかへる, 命にかけてといふ言葉が, 命にかけてのこと, 命にかけてもかばつて, 命にさえも値するよう, 命にしか命の, 命にたいして諸国いい, 命については極めて執着, 命にてはと傍痛く, 命にとって一度それ, 命にまではのしは, 命にもかへがたいと, 命によりとあって, 命に対しもったいないと, 命に対しても彼は, 命に関するというのであったなら, 命に関するほどにもあらざる由, 命ねがはじいつの, 命のうづの, 命のねえところ, 命のほど老たる人, 命はてしひとり旅こそ, 命はなおいらに, 命はね決して惜しく, 命ばかりでなく南方ぜんたい, 命ばかりといいたいくらいの, 命ひつけてあの, 命びろいしたと云う, 命びろいしたような態の旅人たち, 命びろいして夢心地といったところ, 命びろいの喜びを表わし, 命びろいは早いもの勝ち, 命びろいを喜び, 命びろいをしたことに気づいた, 命びろいをしたのだと知ると, 命びろいをしたよと云った, 命びろいをしたわけだがいい退屈しのぎ, 命びろいをしたッきり白旗の森, 命びろいをした植田良平やほか, 命びろいをした者が少く, 命びろいをした鄂煥は自軍, 命びろいをしてまア好かった, 命びろいをしましたと繰り返すその, 命びろひをしたのも不思議な運命, 命びろひをした祝賀会でもする, 命ぶりで卑怯, 命ほしさで, 命ほどに大事な, 命まかせて天地, 命まっとうして, 命までもといふ愛情の, 命までをもねらおうと, 命みじかし楽しまずして何, 命めでたくそれぞれ寄席の, 命もしくは木花開耶姫尊と, 命もだしがたく自分らの, 命もちませんでご, 命もとより死を, 命もろとも吹きとばされる, 命ゃあ貰ったぞ, 命やってくれ, 命やむなくその狂炎, 命やるから何, 命やるせなくいまつるみ, 命ゆえとすすまぬ, 命よりは大事な, 命よりゃ鉱石の, 命よんどころなくこの地, 命身に, 命をけづるやうにして築き上げた, 命をさえ縮めるほどの, 命をすら惜しまじを, 命をずつと延べること, 命をだに奉ずれば, 命をと叫びながら, 命をな憂ひ吾が, 命をまでもなげ出して, 命ををとし候者, 命と苦心, 命んでゐる, 命アカイアの手中, 命アチラデ助ケテ下サイ, 命カラガラ逃げて, 命カラガラ爆撃を逃げ, 命ガケデアナタヲ可愛ガルヨロシイ, 命ガ明イタカラ又, 命之ヲ射シム, 命ジタトシテモ彼女ノ飽クナキ肉体ハ理性, 命ジテ十九世紀ニ背クヲ禁ズル革命論ノ多, 命ジテ同居ヲ父ニ強ヒザル所以ハ, 命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込マセタ, 命ジテ此国ニ送リ, 命ジ從ハザルモノハ勞働ヲ課シテ賠償ニ充テシム, 命ジ月手当十二円ヲ給ス, 命という辞令, 命セバ唯一日ニして, 命セラレタルヤニ聞キシガたちしだれナル名ハ意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, 命トリの重症, 命ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, 命ノヤリトリ白刄クグリヨロズ退屈凌ギトナルベキ荒事ナラバ何ナリトモ御相談ニ応ズベク候間, 命ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラウチ中ノ奴ハ泣イテバカリイル, 命ハ竜神ニ祷リ, 命ヤ一露ヨリ軽シト雖モ任ハ万山ヨリ, 命ヨク之ヲ守リテ, 命ヲ発セズ猶一日, 命三つ合せて, 命三柱の神, 命とまして, 命上筒の男, 命上筒男命の三人, 命下しパイエーオーンに治癒, 命下し水師をさして, 命下し洗ひて, 命下すヘレノスパリス, 命下せ我に, 命下ったとき我が家へ, 命下る時アカイアの, 命不可同年而語不此之, 命不定なりとは, 命不手際のところ, 命不知火と申す, 命世記によるに倭姫命天照大神, 命中らなかつた所で, 命中り即死する, 命中るも, 命中筒の男, 命中筒男命上筒男命の三人, 命は賈家濟世老店, 命丹波国の伊賀, 命乞ひでもする, 命之大塔, 命事件で投閣騷, 命二つあるかの, 命二つ三つに關, 命二つ対へば寂し, 命二人がエウカシ, 命二人兄宇迦斯を召びて, 命二十世紀ノ第, 命二十二世の孫, 命二度とふたたびは日本, 命二柱議りたま, 命二神をし, 命の名, 命の命, 命今日日中に尽く, 命今日明日とも知らず, 命仕事だ, 命仕損じてはと小心, 命以下三人の神さま, 命以外にちやん, 命以後の各, 命以来女戸主を原則, 命伊弉冉尊に対して伊弉諾尊, 命伊斯許理度賣の, 命伊耶那美の命, 命休すべく日本の, 命休するも泰然, 命の身体, 命何とかお救い, 命余詩之, 命依さしたまへる, 命かになりぬ, 命保身これ天意であり人生, 命保身どころぢやない, 命保身天下は広大, 命保身天才はざら, 命保身当店は宇宙そのもの, 命保身深遠なるもの, 命候事は無, 命候事ニて候, 命候用物を相, 命に還り上ります, 命働くんだ, 命僕誅幾日経営畢徙居入秋初, 命欽を, 命兄比賣に, 命先言阿那迩夜志愛袁登, 命けく, 命全うして, 命八十を必, 命を持ち, 命其の次に生れました, 命其初のこと, 命其地より, 命其歎きを, 命内代等にかかる, 命出来るという観念, 命初めて高千, 命則以神祝祝之神祝, 命助かった心, 命助かりしは妙法蓮華経, 命助くる事相ならず, 命助けられても汝, 命助けんと置かん, 命助け度き一念, 命を奉じ, 命して, 命化而神常然, 命十口坊裸男の外, 命半日を出でず, 命し, 命危ふし母を焼く, 命即ち聖武天皇の, 命をよ亭主, 命取ってやろう, 命取らるる水とも, 命取られるまでに折檻, 命受けて髮, 命召させたまはむ, 命召し上げずてす, 命同じくは家, 命同様の役目, 命同様日の御子, 命を見ん, 命吾汝と作れりし, 命周章舟を出した, 命の綱, 命を酔った, 命哭きつつ求げ, 命哭き患いて天, 命はむとせしもこの湖, 命國平けに, 命にも土地, 命垂仁紀の狭, 命と云った, 命報終謝するを, 命けで戦争, 命墓場の薔薇, 命売れと言う, 命あるもの, 命多治比の柴垣, 命天ノワカヒコ等いずれも屍体, 命天下に響, 命天兒屋命天太玉命の副署, 命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 命天照大神を奉じ, 命天皇の命, 命太御幣と取り持ち, 命太玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 命太祝詞言祷ぎ, 命失うぞよ, 命失ってなる, 命失ひ息絶ゆる, 命しと, 命奉じてこ, 命奏して言さく, 命ふべし, 命奪わるるも同然, 命妹君はハヘイロド, 命妹妖二柱嫁き給いて, 命定め疱瘡は, 命寂びたり, 命寺院より出でし, 命封緘を貰う, 命尊し二日灸, 命尊戴夷狄攘斥之御, 命治田の, 命小碓の命, 命少女の装い, 命尽き縛に付く, 命尾張の連等, 命を暴露, 命と一緒, 命にし, 命ぶる, 命幾秋をか保つべき, 命引き率て堤, 命の名, 命弟建沼河耳の命, 命弟比賣の, 命強かった危ない, 命御子のため, 命必ず暴風の, 命思はず仰ぎ寢て, 命思はず仰ぎ寝て手, 命怪しと思ひ, 命悲しといは, 命惜しいとも思わぬ, 命惜しき者は, 命惜しくば靴, 命愛しく聴きほけぬ, 命懸で殿様に, 命懸で助けて下, 命或は太玉命と, 命才分の弾, 命打込んで御, 命抜きになっ, 命抱く春かな, 命拒みがたくて, 命拒めるや, 命持ちがたし, 命たしと, 命捨ての光物, 命捨撥にし, 命ふやと, 命數既に盡, 命文侯之命, 命斬り取り強盗は, 命施糜の屬, 命とする, 命や極まり, 命時代の御作, 命の谷間, 命更に還りま, 命之, 命有らん限は, 命の露, 命の巻, 命来世の生, 命東征の際, 命松いま持って, 命松お前も行く, 命松丸ときてはあの, 命松丸ひとりを留守, 命岡に, 命果敢なく止められて, 命の子, 命様竜神様又産土神様, 命樹上に墜ち, 命檍原で祓, 命櫛磐間の命二神, 命りて, 命ひたまひ, 命精進正念正, 命は念はずただ, 命此処で死ん, 命此子にあれ, 命此處で死ん, 命なむこと, 命死なずは, 命死なまし甲斐の, 命死にゆく時の, 命死ぬとも棄てまつらじ, 命死ぬべく思ひしが, 命死ぬべしまた見ざるべし, 命死んだ人プラス命は, 命殊にお信, 命の祟, 命比べものにはならぬ, 命比売神四柱の皇神等, 命水面でお, 命さに, 命永く殊に一青年學生, 命汝為然者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也, 命よりま, 命法吉鳥化而飛度靜坐此處, 命活きてこの, 命海中でお, 命海宮に到り, 命海鼠に謂, 命清淨律儀生活法を節制, 命遠理命, 命為如此登詔雖直猶其悪態, 命懈怠の, 命無駄矢を射る, 命熊野海で暴風, 命の祖, 命玉祖命の五人, 命申し給わく, 命申処の誓言則, 命畏まり候, 命留学荷蘭瘴烟万里同嘗艱難窓雪三冬具共研鑽, 命登城して, 命登美毘古が妹登美夜毘賣, 命皆書之正, 命御孫尊, 命目出度く浪人に, 命短からずと, 命石許理度売命玉祖命の五人, 命研究の頃, 命をうける, 命坐此處, 命だの司禄神, 命神八井耳命神沼河耳命と申す, 命神沼河耳命と申す, 命ごときを, 命私たちの人生そのもの, 命秦誓二篇而已合而讀之一爲孱弱, 命穆王實作自呂, 命に帰, 命笠紗の御前, 命の御, 命にし, 命細々長らえて, 命終せんとして雲, 命終わるのとき, 命たむ, 命絶えしかかの鳥, 命絶えず之を, 命絶ち四五日人の, 命縮めて上役人, 命としての用途, 命繋いで行く, 命きがたく, 命者當時歸神故天皇, 命かば, 命背き難くこわごわ, 命はあるだらう, 命自ら参出て, 命自分の命, 命を海, 命若うすにや, 命草薙の劒, 命華やかなる思想, 命落ちんと云い終っ, 命或は墨染, 命葬送の様, 命蒙りうまうまと三年前, 命薄うして, 命なの, 命の論, 命の比礼, 命袁祁の命二柱議, 命裸男の肩, 命覺束なし, 命したま, 命計りをと申させ, 命りは, 命の中, 命語らい給わく, 命語らひて詔, 命語りたまはく愛しき, 命が嘗め, 命謹んでおうけ, 命譯書時維嚴冬自灌冷水, 命寶を, 命費誓呂刑文侯之命秦誓五篇者, 命購政など, 命みづから, 命身自ら追い来ましき, 命き小, 命狙うとは, 命追放の条, 命通三丁目の井筒屋豊三郎, 命酒本館の倉庫下, 命重ねて説明, 命に百ポンド, 命金山毘売命二柱となつ, 命長からず, 命長かれとのみ願っ, 命長ければ人口, 命長し霊魂も, 命長子たる速瓶玉命の靈場, 命阿闍梨立出る, 命限り宇宙の神秘, 命限り根かぎり薙ぎ廻るから, 命霊びに若し, 命ほども惜, 命靈びに若し, 命頂戴ただいま参, 命頂戴只今参上はいい, 命願吾御子麻須羅神御子座者所亡弓箭出來願坐爾, 命ふ, 命館中学に転校, 命香取に坐す, 命駐め難し, 命駕我欲西好侶況相, 命騒ぎですから, 命高天原を逐, 命高志の國, 命高揚した自分, 命御鬘, 命黙し難く引, 命をお