青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「在る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る
在る~
~地 地~ ~地上 地上~ 地下~ 地主~ ~地位 地位~ 地図~ ~地方

「在る~」 2916, 32ppm, 3727位

▼ 在る~ (385, 13.2%)

54 では 3733 である 19 です 14 だと 128 だから, だろう 7 ですから 6 だが 5 だという 4 かも知れない, だろうか, であります, であるが, よ 3 であった, であるから, は

2 [14件] かと思ふ, だけれど, であって, でございます, でした, でしょう, でしょうか, ですが, でなければ, ね, は氾濫, を発見, 日と, 時と

1 [125件] かい, かさえ伸子, かと尋問, かと注意, かね, かねと芥川, かまたは, かも分りません, かも知れぬ, かも知れません, から順に, かわからない, かを疑うでしょう, かイクラ, か不明, か其りや一とき, か知らぬ, か見えよう筈, か見当, か覚え, か解釋, がこの, がそれで, がぼく, がわるい, が一番, が多い, が後, が普通, が正しく, が済寧館, が立山山脈, が親切地獄, が解らない, じゃない, じゃなく, だぞ, だった, だつた, だとも, だよ, だらう, だらうが, だろうと, だろうという, だ今頃, だ余, だ夫, だ彼, だ秀子, だ築地, ぢや, であろうか, であろうかと, でございましょう, でしょうエ, でしょう本当に, でしょう苦痛, ですけれど, ですし, です元, です彼, でなく何物, でなく我々, でも, で御座いますね, とは全然, とは異なっ, と同じ, と違っ, と遠く, などは高, ならミスト, なら彼等, にも気がついた, に気がつく, に違い, に驚いた, はこ, は主屋, は何れ, は夏目漱石, は大海, は大空, は子, は実際, は小森村, は批判, は数々, は明らか, は春日重蔵, は珍, は薄村, は誤つ, ほんとにおしい, もまた, も同じ, も知らず, やら私, をあんた, をそれ, をズット以前, を一瞥, を常, を彼, を感じる, を死骸, を深く, を知った, を知らず, を私, を見, を見つけ, を見ぬ, を見る, 利太郎を, 思いを, 思を, 意味に, 戒を, 日であったなら, 日予が, 日高慢な, 時に, 詩に

▼ 在るもの~ (190, 6.5%)

12 では 9 はただ 43 だ, だから, である

2 [12件] か, が君, だが, であった, でなく作られるもの, と云, と考へ, なの, は凡て, は前, は唯, を知りたい

1 [132件] あり其命數, あり墨, かが決らない, かと思うであろう, かね, が, がその, がなくなる, が寧ろ, が真に, が近く, したがってそれ, じゃから, だったらどう, だと, だな, だろう, だろうか, だろうと, だ結婚, であつ, でありたとえ, であるかを, であろうか, ですな, でずいぶん, でなくきわめて, でひさしく, でも, で先日, で成立, で桂新免, で無い, とが等しき, として書い, として立, として行く, とす, と思っ, と最後, と考えなけれ, と考へる, と見, と見え, と見えまし, と観察, なら飯櫃, なるが, におちつく, には八重咲花, に彼, のよう, の中, の内, の最善, はあなた, はいまだ, はこう, はこの, はせいぜい, はそれ, はた, はみな, はみんな浅薄, はもはや, は一九五八米, は一重, は不安, は不義理, は何, は何もかも, は単なる, は卻, は吾, は失せね, は失つて, は寂寞, は小形, は山, は悉く, は改良, は概して, は権力, は母, は求める, は決して, は独立, は現, は現実, は理科, は皆, は皆罪, は眼, は神典, は私, は稍, は罪悪, は自分ら, は虚偽, は要するに, は越後, は電子, は高, は黒岳最大, への追随, をその, をそも, をただ, をも無い, をより, を中, を先生, を再現, を十五日以内, を味, を在る, を売り切っ, を失ふ, を思慕, を愛せよ, を指す, を擧, を発見, を知る, を見究めなけれ, を観照, を軽く, を透し, を録せしむ, 即ち神性, 悉く荒れはて, 無しと

▼ 在る~ (137, 4.7%)

5 思う, 思ふ 4 すれば, 野に 3 云ふ, 彼は, 思うの, 思って 2 いう, 云っても, 云ふと, 信じて, 同時に彼, 思うか, 思ふの, 私は, 自から

1 [89件] いうだけ, いうに, いうので, いふ, いふこと, いふよりも, いふを, いへば, いわれて, お松は, お清, きめられないよう, したならば, したら果して, する, するならゴッホ, ついにこにこ, なく暮れ, なく蹲, ひとしく, 世の, 云い得ると, 云い管, 云うこと, 云うまで, 云うまるで, 云ったので, 云つたと, 云は, 云へる, 云へるだらう, 云わねば, 仰し, 便利だ, 信ずるのみ, 個人としては, 励ましたの, 医者も, 即答する, 同樣, 吐かしおったけ, 大声で, 帰る機会, 思いますから, 思い込んで, 思うこと, 思うたですが, 思うよ, 思うん, 思った, 思ったが, 思ったこと, 思ふから, 思わずには, 思われます, 思われるの, 想はれた, 感じられたあの, 教えて, 書いて, 極めれば, 無いとは, 申さねば, 申しますが, 眼ざわりで不潔で, 知ったら私, 私も, 絶叫した, 翁が, 考えついて, 考えられて, 考えられるもの, 考へた, 考へられた, 聞く二三, 聞く髑髏, 聞けば, 藤六は, 見えその, 見えて, 見え白米, 見て, 解かれて, 解して, 言う, 語られ得るの, 謂っても, 謂は, 返事し

▼ 在ること~ (120, 4.1%)

4 を知る 3 を, を発見, を私 2 である, によつて, は在る, を感じた, を知らせ

1 [97件] があります, がひろ子自身, が今, が否定, が存在, が明瞭, が証せられ, が認められるであろう, が誰, が諒解, そして知っ, だけは確か, でしょう, でしょうその, では, で有, といひ, として私, として表現, とそして, と僕, と越後, なし, なのに, にした, になる, に何と, に気が付かない, に気付かない, の不思議さ, の否定, の幸福, の滑稽さ, の静か, はあえて, はいつ, はきまって, はとにかく, はない, は不幸, は僕, は入道, は出来ない, は分つ, は判然, は古今東西一致, は慥, は慧眼, は既に, は明らか, は有難い, は男児, は秀吉, は聞い, は自明, は解った, は認め, は面目, まざまざと, もグロ, も一向, も無い, をえ, をおん, をきかれ, をさ, をしばし, をす, をせめて, をどんなにくっきり, を僕, を宣言, を容, を忘れ, を忘れん, を悟らなけれ, を悦ぶ, を意識, を指す, を教え, を教示, を新聞, を日本, を明らか, を痛切, を知りなされた, を知れり, を示し, を示す, を要する, を見る, を認め, を誰, を遇, を避け, 有るが, 申す迄も

▼ 在る~ (68, 2.3%)

10 ままの 7 如し 5 ままに 2 如きを, 如くに, 故に治水

1 [40件] ごとくならずや, ごとし, それには, ため幾分, ままな, まま便き, まま受けいれ, ような, 亡兄二十七歳最後の, 前の, 午後六時以後は, 古くは, 如き人壽, 如き思ひを, 如き状, 如き痛苦, 如くその, 如く呼びかけるの, 如く成り居るなり, 如く或は, 如く深けるにつれて, 如く語るなり, 尾瀬ヶ原は, 愛の, 支那の, 故に慶ぶべき, 故に斯く, 故に止む, 故に此, 故に若し, 構築は, 煤けて, 爲に, 自分は, 自意識の, 行き道, 論理は, 途中の, 進化は, 適当な

▼ 在るよう~ (51, 1.7%)

12 な気 42 だ, だった, に思われます

1 [29件] じゃ, だが, である, でして, でも, で机, で睡られなかった, なところ, なまた, なもの, な大きな, な感覚, な立派, な美しい, な質素, にここ, にし, になった, になりました, には感じられない, には見えない, にも感じられます, に公表, に思われ, に敬慕, に見えた, に見える, に親し, に須雲村

▼ 在るところ~ (49, 1.7%)

10 のもの 2 の世界

1 [37件] から見, が村, だから, で形, なの, に在る, に在るべき, に至らん, のすべて, の一端, の仏教, の光, の地, の境, の大寺, の思惟, の瘴毒, の緯度, の職域, の華族, はこの, はどうもよく, は大体川砂, は氷柱, は物理, へ或は, まであやし, まではその, も面白い, をかの, をよく, を教え, を知らん, を知り, を見る, を認めしならん, を顧み

▼ 在る~ (46, 1.6%)

5 で長期 3 に行き 2 を知るべし

1 [36件] からも推知, から傾斜, がわからない, が分る, です其, で今夜, と同種, にし, には沢山, に厳, に在らしめ, に泊り込みました, に行き向え, に達し得ずし, の最う, の物, の經書, の者, は大抵, は山王, は浅草田圃, は海抜千四百六十米, は間道, へ案内, へ行く, も問わず, を以て観れ, を明かした, を睨めすえた, を茶山, を藥, を見るべし, を解, を解明, を通っ, 黙して

▼ 在る~ (44, 1.5%)

8 無いか 3 どうか, 無きかの 2 無いかの

1 [28件] おのずから考えるでしょう, それさえ, どうかを, どつち, まだわからない, わからないところ, ドウか, ハッキリ知らない, 一人は, 分らないので, 分らない所謂因縁, 判らない文壇, 判らない程, 在ろうと, 奈辺に, 女子に, 如きこれ類似, 如き一生, 或は多少, 探して, 政治は, 是れ, 沢山な, 無いかに, 無くても, 知らん, 見当が, 訳が

▼ 在るという~ (44, 1.5%)

4 ことは, ことを 2 ことが, ことの, ような, 事を

1 [28件] ことそして, ことで, ことと, ことに, ことに対してすら, ことも, こと以外には, のが, のです, のと, のは, わけでしょう, んだ, 事だけは, 事に, 事は, 事実を, 其の真相, 噂は, 報告で, 川端の, 平湯温泉まで, 思いは, 気持自分が, 現実を, 福地温泉と, 観点へ, 話じゃ

▼ 在る~ (38, 1.3%)

4 顧みざるもの 2 見て

1 [32件] もて人, 信ぜざらん, 倖い, 問ひぬ, 得べし父, 忍びて, 忘るる, 忘れたる如く, 忘れて, 忘却いたし, 思ふ, 思ふ毎, 怪ま, 意味する, 憶へる, 抜きて, 発見し, 知って, 知らん, 知り愛國, 知れり, 示して, 聞いて, 聞かぬ其の, 見しが, 見忽ち, 見返せば, 許されしかど, 謂はんやう無き, 金峰山塊と, 顧ざる, 駒ヶ岳塊東に

▼ 在る~ (37, 1.3%)

4 違いない 3 甲斐なき 2 あらざれど, 拘らず其の, 違無い, 非らざれ, 非らずして

1 [20件] あらずや, あられぬ三年, かかわらず気, きまつて, しても, しろわたしたち, 会ひ, 先んじて, 及んで, 堪へかねつつ, 於ては, 禿一人現じ, 越したこと, 逢ふ, 過ぎない, 違いありませぬ, 違い無い, 違ひなかつた, 非ざれ, 非ず

▼ 在る~ (37, 1.3%)

127 です 4 だが 2 じゃない, だろう, ですから 1 か, だけれど, だな, だなあ, だろうか, だろうと, ですか, ですって

▼ 在る~ (37, 1.3%)

2 を知っ

1 [35件] が当る, が第, だけれども, でございましょう, でございます, でしかも, で唯, と察しられる, に氣, は事実, は云, は本当に, また今, も音響, をその, をどうして, を信, を強調, を思う, を感ぜしめる, を教, を教え, を知った, を知つた機會, を知る, を自ら意識, を自覚, を被告, を覚った, 及び其黨員, 有り, 有り兩端, 無い事デマ, 無し, 畢竟偶合

▼ 在るので~ (34, 1.2%)

4 あつた 2 日本人は

1 [28件] あつて, お品, この女, せう苦痛, その葉, たとえば文庫, ついこれ, わざわざ此, ツイこの, ファラデーの, 其処から, 別段猟宮, 昇り降りの, 時々は, 此れ, 現世上の, 生活意欲とは, 監督が, 真の, 空気の, 能を, 若し氷, 蒸し暑く私, 表通の, 近所の, 遙かに, 遥かに, 離山の

▼ 在る~ (32, 1.1%)

1 [32件] が多い, こそ貴い, であり武蔵, では, で女, にご, にはあらず, には丁重, には愛せられ, に候, に對, のもっとも, の意, は, はあまりに, はカジケテ, は同じ, は大概他人, は富士隠し, は巧, は成敗共, は権現山, は此場合, は法律上, は積憂, は緑色, は衰亡, よろしく闕下, を指す, を指せるなら, 有りと, 有る無からん

▼ 在る~ (29, 1.0%)

2 まで行き着いた, を知っ

1 [25件] から動かし, じゃない, で紀貫之, と認められ, にこちら, にはきっと, には米, に伝, に居た, に通はん, に違い, の有, の運動, は, はこの, はさして, は旧, へほとんど, まで延び, まで連れ, を察し, を訪え, を述べ, 即ち畑下戸, 迄帰らなけれ

▼ 在る~ (27, 0.9%)

2 ひかり輝く, 確かに, 衆目の

1 [21件] さばかり打, ただ亡師, づの, もちろんの, 何人か, 全くお, 全く故, 同志同難, 善き人々, 土偶頭部の, 寂し, 弱兵, 当然なり, 当然の, 折衷的思想なり, 曩に, 特に能, 獸骨器の, 當然なりと, 疑が, 絶えざる戦闘

▼ 在る~ (27, 0.9%)

53 である, もない 2 の肉体, はない

1 [12件] がない, が無い, だからな, だった, です, なの, なん, の帳簿, はありません, は無い, もなし, よ

▼ 在る~ (24, 0.8%)

2 其卒業論文として, 文を, 此の先輩政治家と, 論なき

1 [16件] いうまでも, 余藩の, 其の側, 同国の, 否やを, 嘗て其友篠崎, 嘗て君, 地中に, 屡々遊里, 必せり, 恋しき無き, 恒に, 按摩法を, 既に都会, 沖天の, 襄屡

▼ 在る~ (21, 0.7%)

1 [21件] すら未だ, たのまれたならその, だった, と前, にあまり, には, には尚, には頗る, に神宮, の事, の外, の彼女, の飾り, はそれ, はもっぱら, は全く, は衰斃枯凋, ばかりで, ばかりでなく, もそう, より抜い

▼ 在るから~ (18, 0.6%)

4 である

1 [14件] ですか, 一口に, 仕方なし, 安心し, 愈々其名前, 意識する, 手を, 暖かくて, 最う何時, 此處から, 特別の, 誰かと, 随分身体, 高いところ

▼ 在る~ (16, 0.5%)

4 さう暮して

1 [12件] そう暮し, だけの費用, に彼等, に心構, に赤唐紙張, の開けた, はわれわれ, は凌ぎ得ない, は大御, は希望, は惑溺, 絶えず女

▼ 在るだけ~ (15, 0.5%)

5 では 2 である, 父に 1 だ, だが, だった, だつた, であるが, で全く

▼ 在るかと~ (14, 0.5%)

2 思うと

1 [12件] いうと, 云うが, 云うよう, 云えば, 云て, 云へば, 問うと, 喧嘩を, 思うて, 聞いた早く, 言う事, 詔らせ給うた

▼ 在るやう~ (14, 0.5%)

2 な気

1 [12件] だ, な戦争, な掲示板, な氣, な自己誇示, な芝居, な霜枯れ, にお, になる, に見え, に見える, に覺

▼ 在るかを~ (13, 0.4%)

1 [13件] はっきり感じた, よく知っ, 忘る, 思って, 探りながら, 探り出すこと, 檢覈し, 深く考へなけれ, 疑は, 知りたる上, 考えるいと, 自ら尋ね, 隅から

▼ 在るうち~ (12, 0.4%)

2 に早く 1 ご主君, にその, にひとめ, に充分, の難儀さ, は, はひと, は国許藩中, は心, は私

▼ 在るわけ~ (11, 0.4%)

2 だと, である, では 1 でしょう, です, ですが, でも, は無い

▼ 在る~ (10, 0.3%)

1 こそその, とか何, なお浅き, には顔, にまして, の, の一日, はつぶ漆, は一謀, は年

▼ 在るかの~ (9, 0.3%)

3 やうに 1 ごとく慎み信長, やうな, ようだった, ような, ように, 如く

▼ 在るこの~ (9, 0.3%)

1 一座の, 二方は, 屋敷さては, 微妙な, 有名な, 気の, 沢山な, 若い処女, 課題の

▼ 在るのみ~ (9, 0.3%)

2 なの, 大隈伯に 1 だた, では, なること, なるを, 此運用法を

▼ 在る~ (9, 0.3%)

1 がそれ, その上, たる道, である, とは思われず, に, には成るべく, や物, を掃い

▼ 在る~ (9, 0.3%)

1 その僞, に就い, の半面, はチャブ台代り, は地, をあらしめよう, をそのまま, を一つ, 捨て塲

▼ 在るといふ~ (8, 0.3%)

1 ことが, ことに少なから, やうな, 事に, 処に, 古寺に, 大いなる原理, 川端の

▼ 在るとも~ (8, 0.3%)

1 ないとも, 下総守殿通行の, 云い得ら, 思われるが, 無いとも, 知らずに, 解釋し得る, 言ひ得ない

▼ 在るには~ (8, 0.3%)

1 あったが, あまりに清らか, 在ったが, 在つて, 在るが, 在るよ, 在るん, 相違ない

▼ 在るばかり~ (8, 0.3%)

2 だと 1 だから, だった, で, でなく経営, でなし, らしい

▼ 在るその~ (7, 0.2%)

1 卑下した, 少年の, 庵は, 物よりも, 特徴を, 西洋手拭いを, 鶴見組が

▼ 在る~ (7, 0.2%)

2 きは, し 1 き処, き山, し吾人

▼ 在る~ (7, 0.2%)

1 で北葛岳, という意味, の中, の名前, の裾, を南, を静

▼ 在る~ (7, 0.2%)

2 がいい 1 に伴, の側, へと山, へサッサ, へ導

▼ 在る自分~ (7, 0.2%)

1 とでも思ったらしく, の孤影, の官舎, の室, の家, の生, は魅惑

▼ 在るとき~ (6, 0.2%)

2 の歴史的さん 1 に限っ, は支那, ふらと, 必ず胸

▼ 在るとは~ (6, 0.2%)

1 いい得るので, たれの, なんという, 云へ, 思えない恐怖, 識らず来

▼ 在るもん~ (6, 0.2%)

1 かなあ今, じゃない, じゃないでしょう, だ, だと, ですか

▼ 在るを以て~ (6, 0.2%)

1 その謠ふところ, なりと, 其の妻子, 寒くし, 自由党の, 自由黨の

▼ 在る以上~ (6, 0.2%)

1 に自分, は, はもっと, は决, は決して, やはり相当

▼ 在る~ (6, 0.2%)

1 なる林, ススキ山と, 岩窟の, 椿を, 窓から, 鏡に

▼ 在る大きな~ (6, 0.2%)

1 家で, 岩の, 拝石の, 新しい両手, 町で, 穴の

▼ 在る小さな~ (6, 0.2%)

1 土壁の, 家を, 新聞社に, 白木の, 茶テーブルの, 莊園を

▼ 在る~ (6, 0.2%)

2 が児, をなめる 1 の壁, を選んだ

▼ 在る限り~ (6, 0.2%)

1 に於, は, はまた, は一, は立派, も涯

▼ 在る~ (5, 0.2%)

1 かたは羨やましい, 位牌が, 手紙には, 茶の間に, 邸に

▼ 在るかも~ (5, 0.2%)

2 知れぬが 1 しれないの, 知れない, 知れませんからねえ

▼ 在るだけの~ (5, 0.2%)

1 ことを, 自己を, 蒸気喞筒は, 輝きほか自分を, 金で

▼ 在るかは~ (4, 0.1%)

1 姑く, 明瞭で, 知らず是, 計り知らない

▼ 在るとを~ (4, 0.1%)

2 問はず常に, 問はず絶えず

▼ 在るのに~ (4, 0.1%)

1 それが, ペンを, 何故あんな, 早く帰つて

▼ 在るまま~ (4, 0.1%)

2 に在った 1 に感じられ, の制

▼ 在るよりも~ (4, 0.1%)

1 もっと身近, 一層行儀, 大いにより, 無心な

▼ 在る世界~ (4, 0.1%)

1 から在るべき, の存在, の富源地, へかへつて

▼ 在る人々~ (4, 0.1%)

1 である, に取っ, の思う, の料理

▼ 在る人間~ (4, 0.1%)

1 に取, のこと, の情緒, の霊性

▼ 在る~ (4, 0.1%)

1 などは一軒, なので, の中, はそれ

▼ 在る心地~ (4, 0.1%)

1 がした, す, ぞする, はせざる

▼ 在る~ (4, 0.1%)

1 る富豪, る意味, る慈善病院, 者が

▼ 在る~ (4, 0.1%)

1 が私, だが, なその, に知佐木

▼ 在る無し~ (4, 0.1%)

1 によって決定, によつて, の高級車, は勿論

▼ 在る~ (4, 0.1%)

2 と母 1 が頑固, はこれら

▼ 在る~ (4, 0.1%)

2 の悩める 1 の感情, は他

▼ 在る~ (4, 0.1%)

1 なり, を忘れ, を望氣, 今や徳川

▼ 在る~ (4, 0.1%)

1 にその, は忠直卿乱行, は秋山伊織殿, より魔術

▼ 在るあの~ (3, 0.1%)

1 世界を, 小さい竜神, 銀座の

▼ 在るきり~ (3, 0.1%)

1 で他, で樹, の時

▼ 在るけれども~ (3, 0.1%)

1 いづれ遣隋以前, それが, 勿論南支那

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 うである, うな, 山ほど

▼ 在るそういう~ (3, 0.1%)

1 ことを, ところに, 社会感情の

▼ 在るにも~ (3, 0.1%)

1 あられず身, かかわらずその, 在られぬ椅子

▼ 在るものの~ (3, 0.1%)

1 匈, 美しさ, 詭激側仄の

▼ 在るやを~ (3, 0.1%)

2 怪ましめたるは 1 知らず但

▼ 在る一人~ (3, 0.1%)

1 として自ら影, の人間, の作家

▼ 在る一切~ (3, 0.1%)

1 の動物心理, の物, の記憶

▼ 在る二つ~ (3, 0.1%)

1 の地名, の扉, の薄

▼ 在る問題~ (3, 0.1%)

1 とむすびつく, の岩山, を自分

▼ 在る場所~ (3, 0.1%)

1 はすでに, へと案内, を聞い

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 などめッ, は富士, ふとそうした

▼ 在る大学~ (3, 0.1%)

1 からの帰途, の哲学博士, の耳鼻科

▼ 在る~ (3, 0.1%)

2 で突き出す 1 で歌会

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 い葉, 兎岳から, 隆起との

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 のす, の御, の眼

▼ 在る法師温泉~ (3, 0.1%)

2 まで行く 1 といふ

▼ 在る~ (3, 0.1%)

2 の名 1 にあつ

▼ 在る状態~ (3, 0.1%)

1 について, に凝る, の

▼ 在る狭い~ (3, 0.1%)

1 小川を, 横町へ, 横路地の

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 であります, は村, を四五町

▼ 在る~ (3, 0.1%)

1 では晨, は巴里, をひと

▼ 在るお寺~ (2, 0.1%)

1 に泊め, の離れ

▼ 在るかって~ (2, 0.1%)

1 仰言, 反対も

▼ 在るからこそ~ (2, 0.1%)

1 互の, 現代の

▼ 在るけれど~ (2, 0.1%)

1 田舍の, 田舎の

▼ 在るしかも~ (2, 0.1%)

1 どっさり在る, 官の

▼ 在るすべて~ (2, 0.1%)

1 がいきいき, の天幕

▼ 在るそう~ (2, 0.1%)

1 です, ですがね

▼ 在るため~ (2, 0.1%)

1 に根本中堂, に足音

▼ 在るとして~ (2, 0.1%)

1 また仮り, 又假

▼ 在るとに~ (2, 0.1%)

2 依りて

▼ 在るはず~ (2, 0.1%)

1 だが, です

▼ 在る~ (2, 0.1%)

2 かりにし

▼ 在るほど~ (2, 0.1%)

1 キタナイ, 精神病者の

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 その高, 予は

▼ 在るやら~ (2, 0.1%)

1 判らなかったけれど, 誰ぞの

▼ 在る一枚~ (2, 0.1%)

1 の效能書, は一八八六年

▼ 在る一軒~ (2, 0.1%)

1 の洋食屋, の饂飩屋

▼ 在る一軒家~ (2, 0.1%)

2 でその

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 に元結いも二本掛, へ落したら

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 から羨望仰視, は末代

▼ 在る丸沼~ (2, 0.1%)

1 という沼, といふ沼

▼ 在る今日~ (2, 0.1%)

1 となっ, に於

▼ 在る代り~ (2, 0.1%)

1 にはだます, に椅子

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 の處, まで訓練

▼ 在る低い~ (2, 0.1%)

1 小さな岩山, 竹の

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 の寝間, の居間

▼ 在る写真~ (2, 0.1%)

1 だの一覧表, に向っ

▼ 在る凡て~ (2, 0.1%)

1 のもの, は眩む

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 人民の, 益社と

▼ 在る吐酒石酸~ (2, 0.1%)

2 の瓶

▼ 在る唯一~ (2, 0.1%)

1 の仏教, の集落須山村

▼ 在る~ (2, 0.1%)

2 を移し

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 を大空, 例えばネパール

▼ 在る墓地~ (2, 0.1%)

1 にともすると時々, には加賀山

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 留美という, 雄蕊は

▼ 在る天然~ (2, 0.1%)

1 が好き, の曼陀羅

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 の二階, の間

▼ 在る姿~ (2, 0.1%)

1 が, と見る

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 とは思えない, の窓

▼ 在る寛ろぎ~ (2, 0.1%)

1 を覚えるであらう, を覚えるであろう

▼ 在る小さい~ (2, 0.1%)

1 世界だけを, 懐剣を

▼ 在る小屋~ (2, 0.1%)

1 に着いた, 程もある

▼ 在る尾根~ (2, 0.1%)

1 であったの, の上

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 で出来, の大きな

▼ 在る岩峰~ (2, 0.1%)

1 から正南, 及び二

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 で十四, の上

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 が見える, の西端

▼ 在る幸福~ (2, 0.1%)

1 と喜悦, や悦び

▼ 在る~ (2, 0.1%)

2 を歎

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 だ三人, も直に

▼ 在る微妙~ (2, 0.1%)

1 なちがい, な人間生活

▼ 在る必要~ (2, 0.1%)

1 がない, を持たない

▼ 在る思い~ (2, 0.1%)

2 がするであろう

▼ 在る思想~ (2, 0.1%)

1 は夫, は少い

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 であろうか, を以て扈随

▼ 在る数人~ (2, 0.1%)

1 をさえ持っ, を世話

▼ 在る日本~ (2, 0.1%)

1 の一切蔵経, の前途

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 を教, を教え

▼ 在る時間湯~ (2, 0.1%)

2 から例

▼ 在る~ (2, 0.1%)

2 の十六夜

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 から町, だとの

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 であって, のあたり

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 石油会社の, 鉱山まで

▼ 在る椅子~ (2, 0.1%)

1 もある, を銀之助

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 からの図, でそれ

▼ 在る波斯胡寺~ (2, 0.1%)

2 でこれ

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 が島温泉, の湧き出る

▼ 在る現代語~ (2, 0.1%)

2 を以て最上

▼ 在る球面~ (2, 0.1%)

2 の影

▼ 在る磁器~ (2, 0.1%)

2 を眺める

▼ 在る総て~ (2, 0.1%)

1 の物, の生徒

▼ 在る自分自身~ (2, 0.1%)

1 の現在, を彼

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 で佳く, は野

▼ 在る製板所~ (2, 0.1%)

2 の丸鋸

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 のわからない, はない

▼ 在る貴方がた~ (2, 0.1%)

2 を想い

▼ 在る赤煉瓦~ (2, 0.1%)

1 の天主教会, の正門

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 から次第に, を出

▼ 在る通り~ (2, 0.1%)

1 が泰造, をそのまま

▼ 在る過去~ (2, 0.1%)

1 の御, を現在

▼ 在る道具~ (2, 0.1%)

1 といへ, は皆

▼ 在る~ (2, 0.1%)

1 が減る, を懐中

▼ 在る長持~ (2, 0.1%)

1 と壁, を飛び

▼ 在る青ペンキ塗り~ (2, 0.1%)

2 の扉

▼ 在る高い~ (2, 0.1%)

1 崖の, 石段を

▼ 在る高倉神社~ (2, 0.1%)

1 の社記, は高倉宮以仁王

▼1* [817件]

在るあいだは大戦中, 在るあたりか又は, 在るあなたの過去, 在るあらゆる品々を, 在るありとあらゆるものが, 在るいきさつとは異, 在るおでん屋へ飲み, 在るおのおのの集団, 在るお互い疑心暗鬼の恐ろし, 在るお座敷がソレ, 在るお蔭で乃公, 在るお雛様を飾らない, 在るかいな, 在るかといふことは, 在るかに於て, 在るからにはその職権, 在るけがらわしさから, 在るけにヒネ生姜と, 在るで御座るが, 在ることお知らせしたくあなた, 在ること一日ならば, 在ること三年で内地, 在ること僅か九日その次, 在ること十三年の間, 在ること十年大正七年京都まで歸住, 在ること卅四日にし, 在ること四千三百二年なり而, 在ること四年にし, 在ること宛も受驗生, 在ること幾日なるを, 在ること彼壯大なる火山, 在ること旅行しつ, 在ること論者自身の明言, 在るしか在りよう, 在るじゃアねえか, 在るじゃあありませんか, 在るすこしばかりの凹地, 在るすなわち秋谷悪, 在るせいか家, 在るそいつを皆, 在るそういうこの土地らしい, 在るそのものの邪魔, 在るそんなものを, 在るならば, 在るだけでも先づカバン屋洋品店文房具も, 在るだけになって, 在るだけを充分吐尽, 在るやない, 在るって事が, 在るつもりでいた, 在るや, 在るといふだけのものとしては, 在るとか無いとか, 在るとき人は大空, 在るとき念仏が出来ない, 在るとき父母の教, 在るとき私は神, 在るとき築山奉盈, 在るところ偏頗生ずるは, 在るところ切支丹であろうと, 在るところ周圍はいくらか, 在るところ容易にその, 在るところ死とともにこの, 在るところ死者は死者, 在るとの由である, 在るどころでは, 在るなつかしさが, 在るなと証明する, 在るなどといろいろ挙げる, 在るなにものについてもこの, 在るなり三角内角の, 在るなりに処世の, 在るにぞお艶, 在るにたいして当然抱かず, 在る内祝言は, 在るの感がするであろう, 在るの間は未だ, 在るの間其愛妻とすら衾, 在るはてしなき軌道, 在るばかりに唯さう, 在るひとが我, 在るひとりの人間, 在るふたりの者, 在るほかの兵, 在るまちの駅, 在るえ, 在るものかんしやく持ちで, 在るもの一切合切いろとりどり, 在るやつでご, 在るゆえを以てその, 在るより美人よ, 在るらんやうにお, 在るわたくしの実家, 在るわたしとしては甚利己的, 在るをすら忘れて, 在るをも忘れし程, 在るんぢやなく, 在るアストラハン市で凱旋門, 在るアパートの勝手口, 在るウイスキイを注ぎ足し, 在るカールに面し, 在るキリであった, 在るシマンという川, 在るスガとは一体, 在るスキャンダルの坩堝, 在るセンチメンタルを前もって, 在るタッタ三室しかない, 在るダイナモの霊音, 在るダルバンガローへ導い, 在るヂパングは餘程歐洲, 在るツクジェという辺, 在るデパートに小ぢんまり, 在るトボー岩というの, 在るトランクを小楯, 在るドイツのスパイ機能, 在るニキビのかたまり, 在るノルマルな人, 在るフィルムへ電流, 在るホテルの七階, 在るボロボロの籐, 在るポストの下, 在るポプラの樹, 在るマヘボという蕃社, 在るマントルピースの上, 在るマンリーという霊峰, 在るメリンスの風呂敷包み, 在るモオタアと廻転, 在るラクソールの停車場, 在るラジオのアンテナ伝い, 在るラールンという村, 在るロゴスによつて, 在るヴァンサンヌ広場の上空, 在る一つの典型, 在る一ツの森, 在る一三二〇米の圏, 在る一升瓶はどうにも, 在る一大岩窟のなか, 在る一年にし, 在る一族の子弟, 在る一族御家人の影, 在る一構内に消え, 在る一番大きな容器, 在る一瞬に電光, 在る一系列の作品, 在る一花弁すなわち脣弁, 在る一部の傾向, 在る一間四方ばかりの板張り, 在る一隻の船, 在る万大社のルビナオイ, 在るに去年, 在る三ヶ寺からは正月年頭, 在る三個のカール, 在る三国界の黒岩山, 在る三峰川と藤沢川, 在る三角点への路, 在る三角点一八一一・一米の峰, 在る三越の青年寮, 在る上高地温泉に向うた, 在る下和田村というの, 在る下田港まで行く, 在る下駄を見廻した, 在る不安乃至は, 在る不思議な牽引, 在る不浄の金銭, 在る中ノ岳を上野界, 在る中央気象台の中屋技師, 在る中流階級すらもみな文明, 在る體は, 在る久美子の写真, 在る也夫れ国会, 在る事実は其為め, 在る二丈ばかりの崖, 在る二上山は即ち, 在る二人のいとし, 在る二俵の俵, 在る二十余年彼の一生, 在る二千三百十九米の三角点, 在る二千二百米の圏, 在る二千四百五米の隆起, 在る二階に出た, 在る五年にし, 在る五色ヶ原ほど変化, 在る人たちなの, 在る人事人事の中, 在る人形の箱, 在る人民今尚ほ存す, 在る人物を完全, 在る人造石の床, 在る今川の出城, 在る仏智を喚び起せ, 在る仕方は植物, 在る種族に, 在る仙人の国, 在る以上それをおしきっ, 在る以上職責上目前の犯罪, 在る以上陛下の赤子, 在る伏見殿御料松永庄の代官職, 在る但し薩州の, 在る位置は平均二千五百米, 在る佐久新聞社主催短歌会に出席, 在る佐久新聞社主催短歌會に出席, 在る佐保山の一部, 在るのもの, 在るを愛した, 在る何事をか見詰め, 在る何物にまれ, 在る何等の場合, 在る余地がない, 在る作品だってみんな卑俗, 在る作家的相異よりはまた, 在る作者や団体, 在る侘しいトタン屋根の, 在る俗称白馬の大池, 在る保子を現存, 在る信号所の地下室, 在る信長は悠々, 在るの記事, 在る倭種の國, 在る停車場熊が汽車見物, 在るの家, 在るの本丸, 在る先生たちの舎宅, 在る先輩との手紙, 在る光岳まで直径, 在る光景考えると, 在る兎岳を誤認, 在る入口の扉, 在る全校の生徒, 在る全部の桜, 在る全館の花, 在る八つ橋の古, 在る八尺位の海藻, 在る公学校で能高郡下小, 在る公衆電話までいっ, 在る六七年前の新聞, 在る其煙草入と紙入, 在る其許お許, 在る内地人や本島人, 在る内陣と向い合った, 在る円いものは, 在る円形の利刃, 在る処信仰の存する, 在る凸所として山, 在る刃物の傷, 在るすら右, 在る分署を襲撃, 在る切りであった, 在る刑務所を出る, 在る判官をおぶっ, 在る別棟の獄舎, 在る別殿に行かれた, 在る刺青とマリイ夫人, 在る前川に対する愛情, 在る劇場や俳優, 在る力現実の力, 在る効能書をたん, 在るは主従, 在る医者といふもの, 在る十文字峠といふの, 在る千七百六〇米の圏, 在る千九百二十米の圏, 在る千五百二十米の地点, 在る千五百米前後の部分, 在る千数百という人数, 在る危險の状態, 在る即ち現実的に, 在る友人を救う, 在る叔父の賀相, 在る叔父孫三郎信光と共に機先, 在るがチビ, 在る古代の仮面, 在る只圓翁の墓, 在る可能を見つけ出し, 在る右手の不完全, 在る同じ等高線の, 在る同君宅を訪ね, 在る名前は忘れた, 在る呉羽嬢の秘密休憩室, 在る味方の一城, 在る味野では秒速三二・七米, 在る咒文が出, 在る品物を取っ, 在る流離顛沛乞食たらしめる, 在る喜悦の涙, 在る噴火口よりし, 在る四阿へと入った, 在る練白粉を, 在る国境山脈の一峰, 在る国民の心, 在るの中, 在る土地におけるよりも遥か, 在る土橋へ廻っ, 在る土間へ入れられ, 在る在りかた社会への姿勢, 在る在り方を性格, 在る地上からは消, 在る地下室の小, 在る地名と符合, 在るの中, 在る堂宇としては実に, 在る場合は取り, 在る場合亭主とふたり, 在る塲所も教, 在るを算, 在る墓穴のよう, 在るの主, 在る外國の公使館, 在る外湯に這入, 在る多少の小道具, 在る多那川べりとは正反対, 在る大叔父や小, 在る大塩平八郎の洗心洞, 在る大巻の小屋, 在る大師堂の方, 在る大師崎は元, 在る大平山というの, 在る大戸厚田郷原などの村民, 在る大日如来のお, 在る大木性のもの, 在る大衆の中, 在る天体は鉄鉱, 在る天子山脈の最高峰毛無山, 在る天正頃琉球の日本町, 在る太い枝の, 在る太陽や草木, 在る夫婦の間, 在る女優の写真, 在る女化原の伝説, 在る女学校時代の友達, 在る女房どうして居る, 在る奴等が自分, 在る如くに解し, 在る妻君以外には決して, 在るの許, 在る姓名を読ん, 在る婦人はとても, 在る媒介物の内, 在るは親, 在る子女が監督者, 在る子房の中, 在る孔明の所, 在る宏壮な建築物, 在る宗廟とは歴代祖先, 在る官立学校へ通っ, 在る鼎の, 在る宝石や紙幣, 在る宝石山の麓, 在る客帳を開い, 在る宮下太吉の姉妹, 在る家中の家族, 在る家庭内の不倫, 在る宿屋も氣持, 在る宿根草で一, 在る宿直室のベッド, 在る密会の場所, 在る寓居に帰っ, 在る寧ろ其死に, 在る小ぢんまりした図書館, 在る小富士を噴出, 在る小川の暗渠, 在る小机も今日, 在る小村に着い, 在る小淵澤驛までゆき, 在る小町の父親小野良実, 在る小野子山の上, 在る小鳥が籠, 在る少数の人, 在る尖峰が竜頭山, 在る屍体解剖室内の暗夜, 在る層雲の上, 在る山地は三ヶ村共有, 在る山奥の町, 在る山治左ならびに山萵苣, 在る山菅も万葉学者, 在る山裾の石切場附近, 在る山都会に出, 在る岡山では三六・九米, 在る岩礁に四, 在る岩窟の中, 在ると磐, 在るも普く, 在る巨大な肘掛回転椅子, 在る差別であろうという, 在るは最う, 在る市立音響体操学校と言う, 在る布部村の, 在る常磐会寄宿舎に居た, 在る平たい花崗岩の, 在るに彼, 在る幽霊を家, 在る幾千万の心, 在る幾多の硫気孔, 在る広間であるお, 在る座敷を自分, 在る庭球場は直ぐ, 在る廣州の蒲姓, 在る建築物は帝室博物館, 在る張盤の前, 在る強烈な西洋文化, 在る大学専用の, 在る役人は絶無, 在る彼女の身体, 在る待合所で私, 在る従姉とある, 在る徹也よ, 在る心持で語る, 在る心理の微妙, 在る応接室で待っ, 在る怪奇な汽鑵, 在る患者控室の扉, 在る想いありと, 在ると此痛さそのもの, 在る愛して居る, 在る感じがする, 在る感情の程度, 在る慶喜のもと, 在る慾望とその, 在る成語を使った, 在るを通観, 在る所四囲みな彼, 在る所土もまた, 在る所心もまた, 在る所恋あり恋, 在る手力雄尊が天, 在る手綱を外し, 在る押紋を其原, 在る拙者は言句, 在る括約筋を引き締める, 在る探偵小説を探偵小説, 在る支那兵の腰, 在る政子の目, 在る故事來歴に關係, 在る教えに似, 在る教会にむかい, 在る教育家の事, 在るしれぬ亡者たち, 在る数限りないもの, 在るは菊池方, 在る料亭蓮中庵の角座敷, 在る料理店ゴールデン・ハマーの事務員, 在る新劇団に対し聊か, 在る新聞紙包みをここ, 在る旅館へ往く, 在る旗竿の処, 在る日崎山あたりではない, 在る日支両国民に一つ, 在る日月のあまりに, 在る日本軍の前哨, 在る明り取りの窓, 在る明治医学校でも実験用, 在る映像と他, 在るれも, 在る時人から頼まれたなら, 在る時佐史の博奕, 在る時作は自ら創造, 在る時正義や公正, 在る時計室へ上る, 在る時魂は極めて, 在る景勝の地, 在る晴天と共に, 在る曲玉及び其類品, 在る曲者は足痕, 在る書斎は開放, 在る書物古紙あるいは衣類, 在る最も愚かな, 在る平だの, 在るの空洞, 在る木挽山は奥廊下, 在る未だ二年に, 在る本箱から一冊, 在る本蓮寺などへ行っ, 在るに身, 在る東作の居室, 在る東沢岳の上, 在るや榎, 在る松原湖といふ小さな, 在る松林続きの岩山, 在るの隙間, 在る板橋の宿, 在る枕木とその, 在る枯木林の中, 在る枳殻垣の傍, 在る柏軒の日記, 在るの下, 在る校門を出発, 在る案内記の内容, 在る桜台に到着, 在る梁木を御, 在る植物の美, 在る極めて普通の, 在るの大木, 在るに見せ掛ける, 在る檜御殿と呼ばれた, 在る檜木村の瑞雲寺, 在る歌舞伎座を始め多く, 在る正学先生の如く, 在るの様, 在る武器で以, 在る殿宮視学官様のお, 在ると姪, 在る母堂と夫人, 在るにそれ, 在る毒薬で支那人, 在る毛無山で他, 在るではない, 在る水分は冬, 在る永き歳月の, 在る汚いバケツの, 在る汝等の同胞, 在る決定的なちがい, 在る泉岳という千二百米足らず, 在る注射器と茶色, 在る派出所へ連れ, 在る消防署の高い, 在るは深く暗い, 在る温味も力強, 在る湖水でその, 在る湯ヶ島の宿場, 在る源次の顔, 在る滝子山の横腹, 在る漁師町らしい場末, 在る演劇の好ましから, 在る澤山の元素, 在る濠割にも続い, 在るは青葉越し, 在る火山地震地球の地殻, 在る炎炎と熾つて, 在る炭層の隙間, 在る点景の白い, 在る煩悶を殺い, 在る熊見曾根の尖峰, 在る牧場へ庄吉, 在る物置の廃屋, 在る特有な在り方, 在る特等病室の前, 在る犬養木堂の邸, 在る独眼竜伊達政宗位だけだ, 在る独逸教会か西班牙教会, 在る獅子の刺繍, 在る玄徳は痛心, 在る王宮の中, 在るは悪, 在る現実の箇々, 在る理学研究所へ逃げ, 在る理智的の意識力, 在るの中, 在る生垣などは乱雑, 在る田野入山の裾, 在る由案内記に書い, 在る甲武信岳では無い, 在る町あたりでは時々, 在る画板の間, 在るがある, 在る畠境いの塵捨場, 在る番塔の構造樣式, 在る疲れ切った意識, 在る発電所の建物, 在る白い石と, 在る白樺の林, 在る白石山や又は, 在る白馬岳で海抜高距二千九百三十三米, 在る皇室附属の森林, 在る皇開山は笄山, 在る目的は決して, 在る目貫を一つ, 在る直島といふの, 在る直径五寸ほどの湧き, 在る真実が自分, 在る真実性をである, 在る真暗な小, 在る真鍮鋲の扉, 在る眼玉が一つ, 在る矛盾の本質, 在る短銃が気, 在る石地蔵の感じ, 在る石母田外記一人を見, 在る石神の御, 在る石老山の上, 在る石膏の壺, 在る石造の浴槽, 在る石鹸を溶い, 在る砥石を選んだ, 在る砲弾と炸裂, 在る菌塊で, 在る社会が思い描かれる, 在る社會學が私, 在る祖母の家, 在る祝詞の中, 在るとしてのキリスト教新教, 在る神子元島の燈臺, 在る神経の親方, 在る禪宗某派の學院, 在る禮記である, 在る秀吉に命じ, 在る私たちを見出した, 在る秘密戸が開い, 在るのもの, 在る種類のもの, 在る穀物倉に莚, 在る穀物商で妻, 在る穂高の社, 在ると同種, 在るの処, 在る立体のキュビズム, 在る立派なお, 在る竹中半兵衛重治に諮った, 在る二部を, 在ると, 在る籐椅子を指し, 在る粗末な木製, 在る精煉所に送っ, 在る精神病院の副, 在るの皿, 在る紅丸の甲板, 在る紅茶と菓子, 在るを以て頭, 在る紫檀の麻雀台, 在る細君の親戚, 在る細心な警戒, 在る統制的原理とか発見的原理, 在る絵葉書をおとなしく, 在る縁側へ下る, 在る織田信雄に稟議, 在るをはっきり, 在る美しい女を, 在る美沢のこと, 在る美術館が, 在る義尚将軍からし, 在る習いで其の, 在る尼僧それから, 在る者二十余万衆寡敵せず且臣病甚, 在る者共に命ずる, 在る唯其言語, 在る耳其教訓其訓誡を論ずる, 在る耳孟軻氏曰く伯夷の風, 在る聖母のよう, 在る肉片と其の, 在る脳髄の中心, 在る自宅の玄関, 在る自身の居り, 在る舞台芸術である, 在る航路標的所何とかいふつまり, 在る船長室のスグ, 在る良き紙もしくは, 在る色々な不完全さ, 在る芋明神社で次, 在る芝生の上, 在る花敷温泉から日帰り, 在る花街を榎小路, 在る芸術家の本性, 在る芸術的な或, 在るはどうしても, 在る若杉山の麓, 在るを片時, 在る苦苣苔に充てし, 在る英国領のラターク, 在る茶店の二階, 在る草原も池, 在る荷物を頭, 在る荷置場に達する, 在るの実, 在る菅沼は丸沼及大尻沼, 在る落着いた思慮, 在る落着きと同時に, 在るの中, 在る蕃坊の繁昌期, 在ると竹, 在る藁葺の草堂諸共, 在る蘆沢家へ帰っ, 在るを今日, 在る蛋白質の化学作用, 在るを吸う, 在る蝋人形がそのまま, 在る血潮の滴る, 在る行路死人とを一続き, 在る街同然知らないで, 在る衛風中の碩人, 在る被害地の今日, 在る装束の畳紙, 在る装甲車と駛, 在る補育院と稱, 在る西側の谷, 在る覚悟をもつ, 在る親しい幾人かの, 在る記念の浴衣, 在る記憶を探り出す, 在るである, 在るりで見上げると, 在る許嫁の良人, 在るの様, 在るか不義, 在る大名と, 在る諸君並に諸君, 在る警察本署を推し, 在るはない, 在るをケカツ谷, 在る豊後梅です, 在る負傷兵の種類, 在る貴下と私, 在るボート屋の, 在る賑やかであれば, 在る贈物に眼, 在る赤いポストの, 在る赤い薄っペラ, 在る赤城神社に詣で, 在る赤松円心の許, 在る赤湯温泉に達する, 在る起重機の斜線, 在る足利千寿王の翼下, 在る足跡を調べ, 在る車輛會社の專務取締役, 在る車輪のわ, 在る輪田夏子の墓, 在るだが, 在る辰崎は何れ, 在る農家は灰色, 在る辺りにまいります, 在る近くに結び付け, 在る近代の風景, 在るだけれど, 在る通り湯槽から頭, 在る通路を見る, 在る遊神湖という湖, 在る遊蕩的な悪魔, 在る遊里の見聞記, 在る運転手の名刺, 在る避雷針の根元, 在る那須野の雪, 在る部将白井与三左衛門から一武士, 在る部屋で会っ, 在る郷社へ参拝, 在るの祭仲, 在る酒屋の二階, 在る酒石酸の瓶, 在る釈迦牟尼仏の体, 在る里宮に通ずる, 在る重り愛する良人, 在る野津大佐は四十数名, 在るの一定割合, 在る金之介の上, 在る金博士の発明, 在る金箱に手, 在る金糞岳に発した, 在る針葉樹の大, 在る針金に前歯, 在る鉄塔の碍子, 在る鉄工のメーデー, 在る鉄板の響, 在る鉄柱の頂点, 在る鉄橋の弧線, 在る鉄筋の劇場, 在る鉄筋コンクリートの建築物, 在る鉄筋混凝土の家作, 在るの球, 在る銀鉱で儲けよう, 在る銃器室とて鉄砲, 在る銅山と山間, 在る鋼鉄の光, 在るはどつ, 在るの束, 在るというもの, 在る長方形の一区画, 在る長沢のこと, 在る間仕事に多大, 在る間平生その心掛, 在る間彼等をたすけぬ, 在る間永久に人間, 在る闘争への種々, 在る附近第一, 在る附近一帶の主, 在る限り人間は自然, 在る限り安全じゃ, 在る限り弘前は決して, 在る限り文学も不滅, 在る限り枕頭の商法, 在る限り私は心, 在る限り自他の關係, 在る限り重大な持続的, 在る隆造の実家, 在る隔膜を今一つ, 在る隙間を見付け, 在る障子の硝子面, 在る雀斑が一種, 在る雑誌の中, 在る離宮を観, 在る雷雲に反響, 在る電報を人, 在る電子のエネルギー變換, 在る電燈の光, 在る電球のスイッチ, 在る電話交換局に相当, 在る露路の所, 在る静かな裏町, 在る面桶に半分, 在る鞘苞中に二花, 在るも香, 在る音楽台に行き, 在る頃山中の禅寺, 在る須崎監獄の典獄, 在る頸骨の上, 在るです, 在るだとは, 在る風琴の周囲, 在る颯爽と牽引, 在る飄亭君に送った, 在るであって, 在る駅近くの踏切, 在る高原状の平地, 在る高山を往来, 在る鬼ヶ島の城門, 在る魚市場で役人, 在る鮮麗に磁気, 在る鵜烏を見れ, 在る黒岳を擁し, 在る黒田家の菩提所, 在る黒羅紗の頭巾, 在る鼻紙に透明