青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「合~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

右~ ~右手 右手~ 号~ 司令~ 吃驚~ 各々~ 各地~ 各自~ ~合
合~
合い~ 合う~ ~合せ 合せ~ 合っ~ 合った~ ~合わせ 合わせ~ ~合図 合図~

「合~」 13796, 137ppm, 777位

▼ 合~ (1415, 10.3%)

70 して, ない 43 なかつた 30 せた 26 ないの 25 せたやう 20 ないこと, なければ 1817 せに 15 したやう 14 ないもの 13 うと, ぬと 12 せの 11 した, せながら, ないと, ないので, ないやう 10 す, せたの, せたり 9 さない 8 ないで, ぬこと, ねば 7 ないん 6 うとも, すと, せたこと, せたもの, なかつたの, なくなつ, ぬ事 5 されて, すの, せは, せれば, ないから, ないぢ, なかつたが, ぬもの

4 [14件] さうと, すこと, す顔, せたが, せたので, せを, ないが, ないといふ, ないところ, ない事, なくて, なくな, ぬので, ぬ話

3 [27件] う, さつて, さなかつた, さなかつたので, された, したもの, するに, すれば, す樣, せ, せないやう, せなければ, せました, ないかも, ないそれ, ないよ, ない方, なかつたと, なかつたので, なかつたり, なくても, なくなる, なんだ, ぬ巾, ぬ處, ねえか, 能く

2 [53件] あっても, さすがに, さつたの, されぬ臆病至極, ざりしが, ざる所あり, ししみじみ, したので, したり, しては, しました, すことも, すぞ, すため, する事, する時, す場合, す面目, せし事, せずには, せた上, せた樣, せでおりん, せでも, せと, せますと, せるところ, ないし, ないだらう, ないなんて, ないほど, ない仕事, ない場合, ない非, なかつたから, なかつたよ, なきや, なくては, なくなつたら, ぬところ, ぬやう, ぬ夢, ぬ縮緬, ぬ言葉, ぬ言語, もう息, んな, 一名を, 日に, 有んめ, 無事に, 蘇川中の, 追風に

1 [559件 抜粋] あかく咲き極まっ, あなたお, あまりにも, ありません, あるじゃろう, あんめえ, あんめえて, いいなあ, いたしましたが, いつでも, うか, うつくしい撫子, うといふ, う村祭り, お嬢さんだ, きのうの, こっちで, このシナユリ一名白雪ユリ, この湖畔亭, この矛盾, これまでにも, ごく不得手, さいで, さうずけしき, さうぜ, さえて, さきかへ, さざる, さずて, さずに, させて, させ喉, させ縫入れ, さつたとき, さつたまま, さつた貝, さないで, さなかつたもの, さなかつたモウパツサン全集, さぬ時, さねど, さねども, さねば, さらうと, さりもぐもぐ, さり私, さるとも, されさては, されし身, されず笑顔ひとつ, されたが, されたとき, されたもん, された二葉亭四迷, された擦り切れた手, された絆創膏, されてはを, されない, されないうち, されぬ憶病至極, されますからな, されません, されるから, されること, されるに, されるの, され不吉, され以前, ざらむわざはを, ざりしとて, ざることと, ざるに, ざるものといふ, ざる以上, ざる恩人に, ざる理由, したため, したらしい, したら隠れた才能, したること, したれ, した丸太, した事, した五六人, した人, した人々, した人達, した婦人客, した客, した手拭, した折, した新聞, した時, した杯, した様, した樣, した男, した瞼, しちが, しつ, してね, しても, しなかったので, しながら, しにくい, しねえん, し氣儘, し脅, し自分, すあり自ら恃む, すです, すといふ, すとき, すところ, すに, すひま, すべきである, すべし, すもの, すもんだね, すやう, すること, する二人, する女髪結, する暇, する船人, すわけ, すを, す傾向, す可憐, す声, す己, す愛, す掌, す時, す暇さ, す未知, す杯の, す機会, す盥, す程, す筈, す習, す音, せが, せこの, せしさ, せし人これ, せずに, せたお客, せたくないから, せたさうだ, せたであらうか, せたといふ, せたとき, せたところ, せたは, せたま, せたる式紙一面, せたチャラピタ, せた両, せた中年者夫婦, せた兩手, せた刹那, せた四角, せた大きな, せた實, せた日本, せた時, せた村, せた東京, せた権七, せた次第, せた甥, せた程, せた結果, せた縁, せた老人夫婦, せた自分, せた草履, せた荷物列車, せた見るからに, せた轉任, せだつた, せちや, せぢ, せつ, せつこし, せつつ, せてあつ, せでホテル, せない, せないといふ, せなかつた, せなかつたし, せなさいましては, せなど, せなども, せにな, せぬ粗末, せましたの, せましたれど, せます, せますぢ, せませんが, せまた, せむ, せむとす, せやすらん, せられた総領事, せられての, せられモノ, せるさらり, せるため, せる上長官, せる奴, せる彼, せればい, せろ, せんばかりに, せアルプス, せ一体, せ三國屋, せ中, せ乍ら, せ何ん, せ何事, せ候, せ天下安泰, せ如何に, せ平凡, せ惠まれ, せ數個, せ村方立, せ珠数, せ珠數, せ町, せ畷, せ皆, せ目, せ綴ぢ, せ綿密, せ若し, せ諸, せ足, せ逐電, せ魚鳥, それその, それでも愼まし, そんな百合, たっぷり入る, ちっと困る, ちら, つと立ち停, つまらない, つんと横, で, でも, ないお, ないか, ないかね, ないけれど, ないさ, ないぞ, ないため, ないだけ, ないだらうと, ないでもよ, ないとか, ないとは, ないとも, ないともかく, ないばかりに, ないほどの, ないもどかし, ないもん, ないよと, ないらしい, ないわ, ないんで, ないガラツ八, ないセリフ, ない一面, ない三田, ない不自然, ない不遜, ない人達, ない位, ない傾向, ない処, ない同僚, ない同志, ない始末, ない心持, ない性質, ない憎惡, ない挨拶, ない数多い妻, ない殺し, ない点, ない物音, ない筈, ない結婚, ない莫迦, ない詩的要求, ない質問, ない鎧, ない頤, ない齒車, なかった, なかつたからと, なかつただけ, なかつただらうか, なかつたで, なかつたなら僕達, なかつたなんて, なかつたね, なかつたもの, なかつたらしく, なかつたら国府津, なかつたら夏, なかつたん, なかつた彼女, なかつた然し, なかつた相愛, なかツた, なくたつて, なくなりましたから, なくなり何処, なくなり意味, なくなるから, なくなるの, なくなるよ, なく見える, なさ, なさ過ぎる, なん, にっこり笑っ, ぬお伽噺, ぬかと, ぬから, ぬからで煩渇連飮, ぬかわからぬ戻つて來, ぬが, ぬだらう, ぬだらうと, ぬところ一處, ぬとて, ぬに, ぬねばり気, ぬの, ぬばかりに, ぬほどに, ぬほどの, ぬまでに, ぬもつと, ぬやら, ぬゆゑ皆, ぬよりは, ぬらしい, ぬわけ, ぬ不恰好, ぬ仕事ぢ, ぬ位, ぬ先方, ぬ出鱈目, ぬ南方, ぬ叔母, ぬ品, ぬ場合, ぬ夢にも, ぬ夫婦, ぬ姿, ぬ孫娘, ぬ弁解, ぬ徒然, ぬ態度, ぬ憾, ぬ新しい, ぬ時代, ぬ様, ぬ樣, ぬ樣子, ぬ次第, ぬ歌発句, ぬ気の毒さ, ぬ点, ぬ無茶苦茶, ぬ片, ぬ物体, ぬ眼玉はちよ, ぬ程, ぬ程慄, ぬ空疎, ぬ窮屈, ぬ者, ぬ諦めるより, ぬ都, ぬ間柄, ぬ風, ねえから, ねえからな, ねえこと, ねえだ, ねえつもり, ねえといふ, ねえ方, のんで, ひどく迷惑さ, ふぢ, まく, また鹿の子, もう咲いた, よく存申候, んけに, んので, んのでね, アネモネだ, キラキラ輝き, ササユリ, ソロモン王の, 一切受付けない, 一合の, 三銭である, 下に, 下手人なんか, 下手人は, 世界中にも, 佐々の, 何んにも, 何分だ, 僕の, 免れぬと, 六人, 内に, 出たり, 北海道辺に, 呆然と妻, 咲くまいに, 喘ぎうなだれ, 固唾を, 場合によって, 境の, 夜すがら海の, 大に, 如何に, 少く明ても, 己は, 床の, 御馳走過ぎる, 恋人同士に, 悲しく美しい物語, 憂ひ顔, 拔けて, 有ンめ, 未だ倒, 極めて円滑, 欠かさなかったと, 正面土俵の, 此の, 残たり, 決していた, 潔く袂, 無いぢやあ, 無え程, 無条件な, 独りこの, 玉といふ, 真ツ赤, 知るや, 私の, 笑つて居る, 粗いのに, 繰り返すかも, 美しいという, 美少年が, 花びらさえ, 茫然と, 薔薇は, 衝と, 見当らないよう, 谷間百合, 赤い芽, 這入りましょう清助さん, 遁れぬ, 都て, 野の, 野原や, 露と共に, 顏を, 顔色を, 飛んだ良い, 飯, 飯米, 飲めるかも, 飲りました, 首を, 首垂れ, 魂を, 默り込ん

▼ 合つて~ (1249, 9.1%)

113 ゐた 73 ゐる 70 ゐるの 29 ゐると 25 ゐたが 19 ゐること 18 ゐたの 17 坐つて 16 ゐて 14 ゐるので 13 ゐるやう, 居た 12 ゐるうち 11 ゐました 10 ゐるもの 9 居る, 居るの 8 ゐる二人, 立つて 7 坐つた, 居りました 6 ゐるといふ, ゐるん, をります, 居て 5 よかつ, ゐたこと, ゐるところ, ゐる中, 別れた, 居ります, 見ると 4 ゐるお, ゐるから, ゐるが, ゐるらしかつ, ゐる様子, ゐる樣子, ゐる間, 居たが, 居ると

3 [20件] しまつ, ゐたから, ゐたさ, ゐたので, ゐては, ゐなければ, ゐるぢ, ゐるつもり, ゐるのに, ゐる人, ゐる時, 出て, 出来て, 坐ると, 居るので, 居るやう, 居れば, 泣いて, 行く, 見るか

2 [50件] いつも何かと笑, お互, お互に, さうし, そろ, の一脚, はゐた, はゐない, は無遠慮, は腐れた, は袂, ふるへながら, みなければ, ると, ゐたし, ゐたと, ゐたといふ, ゐた事, ゐた時, ゐた眼, ゐます, ゐら, ゐるか, ゐるだけ, ゐるとき, ゐる人々, ゐる如き姿, ゐる職員室, 住んで, 働きました, 坐りながら, 寝るの, 居た例, 居るうち, 居るから, 居るところ, 居る女, 歩いた, 歩いてるの, 殊更に, 生きて, 腰かけて, 色々の, 行くやう, 行く事, 見えた, 見て, 見よう, 見る氣, 高くなつ

1 [493件] あの悲惨事, あやしい温味, あツちの障子, いつもの, いられるもの, うす綿, うまく続い, うようよとして, おかれた膳, おもくこの, およそ見当, おられた女, お出, お北, かうした環境, かく詩, かけた時, からの二人, から未, から渠, から瑠璃子, がたがた搖, こそ其愛情, この唄, この土地, この家, この小, この山の上, この物騷, こぼれる, さうなる, さて未来, さらにドーツ, しかしお, しかも少し, したこと, しんみりアトフキ, すわる, ずしりと, そして一種, そして提灯, そそそれから, その一人, その批評, その日, その梢, その猛烈, その養女, そろりそろりと, た, たうとう, たの, たのしげ, たわね, たん, ちらばり, ついて, でもゐる, とほり一ぺん, とんねるの, と云, どうにも處置, どつち, どんなこと, どんなもの, などゐる, はい, はいけない, はしやい, はならない, はびくびく, はゐなかつた, はゐる, は下さいません, は全く, は又, は呉れまい, は大変, は居ません, は晴やか, は泣く, は病弱, は眞白, は短い, は秘か, は笑つて, は酷く, ふら, ぶらぶら歩い, ほ, ほど, ましたね, またしばらく, まだ何処, まだ何處, まるく団つて繁つて, まるで音楽, みても, もう一歩, もおらん, もこの, もしくは掴み, もそつ, もつと, もはや白河, もむつつり, もゐた, もゐない, もゐよう, も下さいません, も二人きり, も仕様, も何, も口, も合, も好い, も居られない, も居られなくなりました, も屹度自分, も平気, も愛, も挨拶さ, も毒酒, やしない, やつて來まさア, やり直せば, やるの, やる軍歌行進, ゆかう, よ天神樣, らしつちや, るといふ, るよ, る女, る浮彫, る種類, ゐさ, ゐたお, ゐたけれど, ゐたけれども, ゐたこの, ゐたため, ゐたぢ, ゐたところが, ゐたばかり, ゐたひには, ゐたほど, ゐたもの, ゐたもん, ゐたやう, ゐたらいい, ゐたり, ゐたわけ, ゐたん, ゐた中, ゐた中央, ゐた二人, ゐた人, ゐた今, ゐた傍ら, ゐた兩者, ゐた勇治, ゐた北村悦三, ゐた彼女, ゐた後, ゐた愛情, ゐた日, ゐた時彼, ゐた晩, ゐた木下, ゐた柏岡伝七, ゐた男, ゐた男女, ゐた連中, ゐちやこ, ゐても, ゐない, ゐないといふ, ゐないところ, ゐないなと, ゐないの, ゐないふわふわ, ゐないよりや, ゐないわ, ゐない事實, ゐない人々, ゐない大人, ゐない愛, ゐない足音, ゐなかつたの, ゐなすつて, ゐますと, ゐますよ, ゐようと, ゐられるやう, ゐるかの, ゐるくせ, ゐるこの, ゐるし, ゐるそこ, ゐるその間, ゐるだけに, ゐるだらうと, ゐるで, ゐるでは, ゐるといふだけの, ゐるとか, ゐるとでも, ゐるね, ゐるのよ, ゐるばかりが, ゐるほど, ゐるまことに, ゐるらしいし, ゐるらしいシルエツト, ゐるらしい声, ゐるらしい男女, ゐるらしくその, ゐるらしく今日, ゐるわけ, ゐる丈, ゐる上, ゐる中年男, ゐる二つ, ゐる二三, ゐる五人, ゐる人だかり, ゐる人間, ゐる以上, ゐる仲, ゐる仲間, ゐる兄妹, ゐる光景たる, ゐる円, ゐる加茂川べり, ゐる國民, ゐる堀内隊長, ゐる場合, ゐる女二人成功, ゐる姿, ゐる客, ゐる彼女等, ゐる御用聞, ゐる微笑, ゐる恋人同士, ゐる感じ, ゐる感覺, ゐる支那女, ゐる故, ゐる散歩道, ゐる有様, ゐる枝原, ゐる模範的夫婦, ゐる横門, ゐる気味悪い, ゐる水兵達, ゐる浴場, ゐる滝尾, ゐる点, ゐる物凄い, ゐる生活神經, ゐる白い, ゐる社會, ゐる線, ゐる老人, ゐる者, ゐる膝, ゐる自分, ゐる自然, ゐる舞臺, ゐる船客達, ゐる若者達, ゐる藤澤行き, ゐる訳, ゐる豆, ゐる隅, ゐれば, 一向談話, 一旦消え, 丁度羅馬古代, 下さいますの, 下さらなかつたは, 並んで, 丸い圓, 主觀的, 乗ること, 互に倒れた, 互に押し退けよう, 互に沈默, 互に警醒, 代る代る飮ん, 仲よく半分づつ, 似たやう, 低い聲, 何とはなし, 倒された, 値切つて, 共斃, 出掛けて, 出来るだけ, 別れたなどと, 別れたん, 助けて, 勝つ神, 卑しい笑, 参りますつていふ意味, 又やめる, 同じやう, 同じ事, 吹き流れて, 呉れ, 呉れない, 呉れないか, 呉れないの, 呉れなかつた, 呉れませんか, 噴き出したといふ, 坐つたが, 坐つたとき, 坐つたの, 坐つたり, 坐つた方, 坐つた時, 坐つて二人, 坐つて後, 坐り, 坐り人, 坐り杉村, 坐るの, 大きい茅葺, 大きな三角, 大きな茅葺, 大方賑やか, 嬉しいやう, 嬉しさうに笑つて, 嬉しなきに, 実にも, 実に困つた, 寂しい微妙, 寒さ, 寝込む小僧等, 少しの, 居たから, 居たけれども, 居たこの, 居たその, 居ただが, 居たといふ, 居たの, 居たので, 居たり, 居たん, 居た人, 居た姉, 居た当時, 居た戀仇, 居た春園, 居た歴史, 居た為, 居た興世王, 居つたので, 居ないの, 居なければ, 居ますよ, 居られるもの, 居りますから, 居りません, 居るか, 居るかの, 居るが, 居ること, 居るさ, 居るそつ, 居るだけ, 居るぢ, 居るでは, 居るといふ, 居るとき, 居るもの, 居るらしく罵りわめく聲, 居る事, 居る人達, 居る兄嫁, 居る友達, 居る問題, 居る場合, 居る夫婦, 居る始末, 居る度合, 居る日, 居る時, 居る淋しい, 居る深川, 居る男, 居る處, 居る隙, 屈みましたつけ, 幼い自分, 建つて, 引つ返して, 待つて, 快い, 怒つたり, 思ひ, 思ふ存分, 恥ぢと, 恥づる気色, 悦に入るか, 慌て, 憎い憎いとは, 成るべく垂るみ, 手当り次第の, 打ち解け助け合つて彼等, 早く云, 暑かつ, 暮すやう, 最早寸毫, 本舞台, 来い, 来た, 来たが, 来たの, 来たので, 来て, 果ては, 根強い響, 楽しさ, 歩いて, 歩きつ, 歩き出したところ, 沈めて, 泣いたの, 泣き伏した, 流れて, 煩いものぢ, 燃え付いて, 疲れた鼾, 眠らなければ, 積み重ねられて, 立ちはだかつて, 立ち並んだ小さい, 立つ, 立つこと, 立つたとき, 立つた太田, 立つた姿, 立てられた二枚, 結構でした, 絶えず動い, 置いた二つ, 置かれて, 聞えて, 腰かけると, 自から, 臭い寢床, 臭い薬湯, 興じた, 若主人, 落ちて, 行かうぢ, 行かなかつた, 行かなければ, 行きました, 行き來, 行くの, 行くので, 行くもの, 行く形, 見たい慾徳, 見ないか, 見にや, 見ませうし, 見ようぢ, 話したもの, 語らふなどといふ, 起つて, 跼んでゐた, 踊りながら, 辛くも命, 逃げ出しました, 通り過ぎるの, 進んだ意味, 重い寒さ, 重ねて, 離す事, 面白くない, 面白く遊ばう, 颯と濃く, 飛んで, 食べる様, 鳴つた, 鳴り響いた, 黙つて

▼ 合~ (1225, 8.9%)

23 になつ, をし 14 の喧嘩 13 がある, へし 12 になつて 11 になり, のある, をした 9 がない, のない 7 度く 6 があつ, が惡, ながら, になる, の子, をする, 間に 5 さへ, の家, の手, の歌, をしよう, をやつ 4 の上, の人, の形, の者, はし, を恐れ

3 [21件] から口を, がなかつた, がはじまる, が出, が始まる, ながら歩い, ながら私達, になつた, に出し, に出す, のやう, の人間, の方, はありません, は御免, みたいな, を始め, を始めた, を演じた, 啀み, 笑ひ

2 [59件] があり, がうるさい, がつい, がつかん, が嫌ひで, が怖い, さう, て, て手, どうもあの, ながらしかも, ながらまた, ながら往来, にくいもの, になった, になつたん, に出される, のお, の事, の人々, の博士, の大, の大立廻り, の女, の幸福, の悪, の最中, の毒酒, の水車小屋, の無い, の状態, の眞, の許, はない, はねえ, は無, ばかりし, をさせられ, をしたら, をつける, をはじめた, を始める, を恐れた, を置い, を見る, 事件の, 味が, 喜平さんの, 噺を, 尊敬し, 度くない, 拔けの, 易き所以, 気を, 神有電車で, 自分の, 詐り合ふて, 間には, 鳥の

1 [792件 抜粋] あいも, あなたは, あのガサ声, あらためて彼, お互に, からだんだん, からビール瓶, から一人, から云つて, から人間, から出, から割込む, から大立廻り, から手, から既に, から眉, から話しかける, から餘計, があまり, がありました, がありません, があるせゐ, がお, がおます, がそこ, がたき紫, がつき, がなくなりました, がぬけ, がはじまらん, がみんな, がやられた, がチリンカラカラ, が一人, が付きました, が來, が又, が始まつ, が始まつたらしい, が平凡, が影, が恐ろし, が段々, が無, が理詰め, が生じ, が目立ちすぎる, が窺, が腹, が行司, が起り, が願, くらゐ, けむうむ, これでもか, これは, さうにも, さうもなかつた, すっかり終った, そこから, そこも, その或る, その緊密さ, その部分, それからカロリイヌ, それでもこつ, それによ, それの, だけは廣, ぢや, つつ座頭, てかく, てはなるまい, てゐ, て今宵, て光り, て十年一夢, て夜更け, て所, て早苗, て木, て果, て毬棒, て澄まん, て稽古, て終に, て與四郎, て転た, て雨, とにかく正午, ながらえ, ながらおん, ながらしばらく, ながらしぶしぶ, ながらそこ, ながらはじめて, ながらもその, ながらも全体, ながらやつぱりこちらへ, ながらペン, ながら並ん, ながら久しぶり, ながら二人, ながら互に, ながら何だか, ながら兄弟, ながら各自, ながら噂, ながら多く, ながら大工ども, ながら夫婦, ながら安らか, ながら左, ながら彼等, ながら息, ながら愚図, ながら故郷, ながら教師, ながら明神下, ながら昨日, ながら最も, ながら村, ながら村境, ながら格闘, ながら横, ながら次, ながら滑らか, ながら漸く, ながら疲らせる, ながら眼, ながら立つ, ながら自殺, ながら船燈, ながら見, ながら話す, ながら負けぬ, ながら足, ながら辿つた, ながら酒場, ながら飲む, ながら麦畑, ながら黄昏, などがいとも, などはいかにも, などはしない, などをし, などをやらない, なんかよせつ, なんぞは一度, にあ, にお, におちついた, にくいよ, にくくて, にけり, にし, につつ, にどうぞ, になつたの, になつた岸, になつた彼, になつて手先, になりました, になります, になるでせう, になれ, には大, にみ, にも使, によるのほか, に一つ, に乘つて, に位, に使つた, に俺, に出さう, に出た, に切れこん, に口, に容易, に對, に床几, に度, に従つて, に心中, に新しい, に時々, に正しく, に無, に爐棚, に終つた形, に脊, に腰かけたる, に血眼, に行つて, に要る, に誰, に變, に近世, に進む, に骨, のあつ, のうち, のこと, のございました, のとこ, のとれた, のぬけた, のま, のもの, のハイカラ中学生, のバア, の不即不離, の不手際さ, の人達, の仲, の仲裁, の作り花, の元, の兄弟喧嘩, の其処, の出来ない, の力, の加工, の去る, の反物, の名, の場合, の夢, の好い, の如く苦笑, の屋根, の席, の廣い, の待合, の心持, の患者達, の惡, の態, の文学化, の日程, の時, の木戸, の末握手, の様, の正座, の氣配, の爐邊, の理由, の田舎, の町役人, の相手, の真似, の範囲, の精神科医, の續, の聖母マリヤ, の職工, の良い, の色事, の行, の襖, の見た, の誰彼, の越前屋, の道平, の部分即, の醫者, の間, の間柄, の音, の馬鹿, はあの, はあるまい, はいかが, はこの, はございません, はしません, はしませんでした, はそれ, はなかつた, は一瞬, は何時, は出, は危ふく脱線, は合, は大袈裟, は少し, は怪我, は感じなかつた, は斷, は武家, は皆上, は益々, は知らぬ, は破れた, は長く, ばかりだ, ばかりを歩いた, ひたすら新年, ひとの, ぶつつかり, ぶらぶら歩き, まあともかくも, みたいで, むしむしし, やがては, やがて一列, やら陷, や形式, や近い, わが藩, わけても運動, をさせ, をさせる, をしく, をしなけれ, をしました, をつけた, をつけたら, をなさらなかつた, をはぢめ, をもつ, をやらす, をやる, を以て出発, を保つ, を始めて, を始めむとするに至り政友會, を始められ, を密か, を怖, を恐れる, を惧, を感じた, を持ち, を持つ, を昨日今日われ, を演ぜし, を研究, を続ける, を續, を聞かせたら, を聽, を覚える, を言, を辿り歩い, を通らなく, を開かう, を面倒, を願, スタイルも, ツて, ラヂオに, 一人も, 一人前四圓, 一流の, 一緒に, 上に, 下津は, 世帶にも, 中には, 之と, 乍らゆつくり話さう, 乍ら到頭, 乍ら家路へと, 乍ら無, 乍ら皆一齊に, 乍ら話し, 九十七八兩は, 事ぢや, 事を, 事件に, 二人三脚の, 二十二三には, 互に憎み, 互に見張り合つて, 互に重なり, 人の, 人間は, 今度は, 何かしらそこに, 何事かが, 佳いと, 候ひし, 先づ駒より, 兎角吉三郎, 全力を, 八九十までは, 八百屋には, 其の襷, 其れ, 凌ぎあひの行は, 助け合つてゐる, 助け合つて生活を, 助け合ふ, 又, 友達にな, 口々に, 呼吸に, 喫み直し, 噺だ, 噺は, 噺ばかり, 土地の, 外国人の, 夜の, 大トラ, 大気を, 娘お, 嫁の, 子供達は, 定食を, 家庭劇を, 寧ろ万豊, 局の, 山を, 廣間の, 式に, 形式で, 形式を, 微笑つて, 急ぎ足で, 悲痛の, 憎い人, 我を, 或は向, 或ひ, 扨て, 折角睡らう, 抱月自身, 拔けがした, 援け, 新しい演技理論, 新しい語, 方は, 日本橋の, 時として反撥, 更に掴み, 會はずに, 果は, 梢に, 槍飛ばし, 此處を, 氣輕な, 浅草へ, 涙を, 混り, 漢書所記の, 無数に, 煙草の, 牽制し, 現実の, 男たちは, 番町學校の, 百兩出す, 盆前, 相反對し, 真に人類, 眼で, 研究協議し, 砧村へ, 私を, 端坐した, 笑つてお, 終に同棲, 結びついてできあがつた, 綱を, 緊めつけ合ふ, 胸と, 胸に, 自働車, 船乘り, 若主人藤吉, 蕭條たる, 見張り合ふ, 診察に, 話は, 誓言互に, 談笑の, 識つてゐる, 足揃へて, 踏破く, 近頃は, 遊戲し, 酒も, 鋸で, 鍵などで, 間から, 間の, 間もなくアメリイ・ホチムスキイ, 難い, 難い人間, 電車の, 靠らせ, 順吉は, 顔を, 願ひます, 香と, 鳴き合つて生長する

▼ 合~ (1162, 8.4%)

65 花を 51 花の 33 花が 2719 酒を 13 スープへ 11 酒に 10 ような, ように, 水へ, 花に, 花は 9 中に, 中へ, 牛乳で, 牛乳を 8 やうに, 牛乳へ 7 やうな, 酒と 6 もので, 花束を, 谷 5 割で, 花も, 酒も 4 水を

3 [20件] あること, ために, ないこと, 匂ひ, 匂を, 根を, 水で, 水と, 牛乳とを, 病いに, 米も, 米入れ, 花でも, 花と, 花には, 花びらの, 配給に, 酒代で, 飯を, 香の

2 [78件] ある人, ある制度, うち六十二合は, うち残りました, おしきせ, お扶持, お文櫃, お酒, ことを, それを, ないもの, ないよう, ない顔, においは, においを, ぬけた所, ものです, クリームを, 中なる, 事が, 余も, 内に, 前に, 割合で, 句を, 壮観が, 奴を, 妙な, 寝酒を, 小豆を, 幕から, 形を, 方が, 方は, 星の, 晩酌を, 朝の, 束を, 根は, 椀を, 死んだ驚き, 死骸の, 死骸を, 汁に, 潮ざゐどよむ, 無いやう, 無い亭主, 父さんが, 父さんの, 父さんは, 父さんを, 白き畑, 空にけ, 空を, 米に, 米よ, 米を, 粉は, 美しさ, 肩に, 花であった, 花などが, 花などに, 花弁を, 芽の, 芽も, 芽を, 襖を, 話も, 赤い花, 造花を, 配給を, 酒は, 隣の, 飯は, 香が, 香に, 黒紙を

1 [574件 抜粋] あったもの, あった時, ありそう, あるところ, あるもの, あるよう, ある人間, ある光景, ある姿, ある子, ある幾軒, ある気, ある生活, ある相手, ある麦畑, いかに, いづみのひとしづく, うちに, うちを, うろこを, おつもりの, お召衣や, お湯で, お湯を, お礼としては, お米, お銚子, かかり合, かの三位一体, かをりの, かをり消え, くちびるは, ここに, ことから, ことであっ, ことの, ことは, こんなにまで, ごとわ, しろき畑, そのひと花, その大財産, その憂ひ, それは, でぶでぶ女に, ところが, ないくらい, ないせい, ないの, ない事, ない亭主, ない人足, ない例, ない処, ない口吻, ない孤独, ない孤獨, ない心持, ない時, ない會, ない朝, ない樣, ない樣子, ない淋しい顏, ない淋しい顔, ない程, ない處, ない行列, ない調子, ない返事, ない頼り, ない食卓, ない馬鹿馬鹿しさ, なか, なかに, におい, においが, ぬけたお, ねえこと, ひそやかな, ひとな, ひとに, ぷんぷん匂つて, ほど祈り入り参らせ, ものか, ものは, ものを, もんだ, やうで, ようだった, ようである, ようにも, よそほひ, わるい私, んだ, オーバアを, クリームと, クリームばかりへ, シャパロンが, シャンパンを, ジャガイモは, スープが, スープに, スープの, スープを, ソップと, ドアを, ミルク普通四銭を, 一つほどに, 一日も, 七面倒臭さ, 三つの, 上は, 上金三十五兩今宵中に, 下物で, 不幸一升は, 両句, 中には, 中の, 中折を, 主任の, 乾菓子か, 事などを, 事は, 事ばかり, 事負方所課を, 二合の, 二花紅白粧点す, 五つ紋の, 人で, 人の, 代が, 仲であった, 伏せた眼蓋, 伝説は, 使から, 価むかしの, 俤こそ, 俳諧に, 俳諧も, 倶楽部などを, 儀式を, 元気で, 児か, 入聟, 全け, 写実味も, 冷アい, 出來ない, 出口から, 分らざるを, 切米でなり, 別の, 別れも, 割りで, 割合である, 割当, 割当に, 努力で, 匂, 匂いが, 匂いは, 匂ひがして, 匂やかな, 午飯を, 原で, 反響が, 叢は, 叢を, 口が, 口拍子には, 句で, 句は, 合わない処, 合成酒が, 同じ魔物, 名が, 名の, 周りに, 周囲に, 品売切に, 品物じゃあ, 唇に, 喧嘩さえ, 喧嘩で, 喧嘩に, 国上埃及の, 国家機関で, 国家機関を, 園あり, 園で, 園の, 園生に, 域に, 場合ことに, 場所は, 塩も, 売物も, 外套を, 夜, 大接戦, 大輪が, 大輪の, 大飯を, 天麩羅, 太刀, 太刀音, 太刀音数声の, 奇現象を, 奈何に, 女給薫子の, 好いこと, 如きなほ滑稽, 如き胸, 如く堂々たる, 如く自然, 妃合爾合姫が, 姿に, 姿の, 娘の, 安ホテル, 安塗, 室, 家から, 家で, 家を, 宿座と, 寢酒を, 寺へと, 尊, 尊より, 小女房, 小屋よりも, 小糠は, 山の, 山野に, 岩の, 差し米だけでも, 巻に, 帯手桶を, 幽霊である, 広い奴, 床, 床を, 店へ, 店へは, 廊下で, 弟, 弟台察児半弓を, 強い和泉式部, 形に, 影に, 役人共は, 役人共大いに, 後良牧馬を以て, 徒で, 徒である, 怨みの, 怨霊其の, 息満つ, 感じが, 或学界通, 戦いを, 戸を, 手拭で, 折枝を, 抜けた様, 持駒でも, 指環を, 掛行燈, 搏音が, 斑点の, 料理や, 新しい湿った, 旅人夫婦は, 明るい光, 晩酌で, 晩酌に, 暗がりから, 月を, 朋友である, 末それを, 末年一ぱい金五十兩と, 枯れたの, 根かたを, 根が, 根だって, 根とは, 梅干和です, 椅子から, 様な, 様に, 樋竹の, 樣子を, 樹陰から, 機に, 武士も, 死体を, 比例を, 気分に, 水が, 水門から, 汁を, 沸湯を, 沸立っ, 油も, 洋袴を, 涼しさ, 游竜は, 濁酒が, 濃な, 火華を, 無いこと, 無い内, 無い困った, 無い気病, 無い氣病, 無い男, 無さ, 無さそう, 焼酎に, 爺神と共に, 牛乳だけが, 牛乳と, 牛乳に, 牛乳は, 牛乳も, 物干, 物語を, 球即ち, 球根と, 生えて, 畑からの, 疲れし球根, 病人を, 白湯でも, 白米どころか, 百金を, 目付へ, 着物を, 矛盾にのみ, 知事様の, 砌綱手殿が, 空腹に, 空間へ, 筋も, 範囲と, 米が, 米へ, 粒数七二五六, 精か, 精かも, 精の, 紅白もしくは, 紋章打つたる, 絵で, 絵と, 絵を, 繰り返しに, 義理も, 者が, 者だ, 者一同召連て, 者共の, 者共は, 者共一同, 者殘らず, 肩を, 背後に, 膝の, 自然の, 船に, 花いつも, 花かとも, 花そのまま, 花で, 花という, 花とが, 花とは, 花とを, 花なあ, 花なぞ, 花などの, 花なる, 花なんか, 花にも, 花に対して, 花のせ, 花のど, 花ひらく, 花より, 花よりも, 花わざと, 花アラーニアに, 花ノートル・ダーム寺院から, 花其の, 花弁の, 花弁や, 花形ありし, 花形あれ, 花形に, 花折り, 花持添へて, 花月の, 花朱し, 花束が, 花束がの, 花束の, 花模様や, 花環に, 花瓣や, 花盛リーイ行き, 花籠を, 花粉が, 花粉に, 花粉を, 花若しくは, 花誰ぞや, 花非常に, 花香が, 花香ただよっ, 花香と, 芽が, 芽ばかり, 芽よ, 芽出むと帰れり, 茎が, 茎の, 草ぶかに, 草鞋を, 葉に, 葉末に, 蕊だ, 蕊なら洗っ, 蕾の, 蕾ひそかに, 薫りに, 薬を, 藤井は, 蘂皆りんりん, 蜜はた, 衆は, 術なり, 襖が, 親爺は, 親許から, 解らん御方は, 言葉には, 記章を, 訳は, 話は, 調子には, 諸大名, 警部の, 谷間から, 豆なら, 豆一升, 赤葡萄酒へ, 趣領承, 路地へ, 路地へも, 身滅び, 近所の, 道化の, 配給で, 酒が, 酒さえ, 酒の, 酒肴を, 醉が, 鋤を, 錢を, 鎧の, 長いの, 長い芝居, 長い黒髪, 長さ, 間に, 間彼は, 陰翳をば, 隔ての, 障子は, 雄蕊の, 雑木林と, 露で, 露の, 露次口へ, 青龍刀を, 面白さ, 頭で, 類や, 食べ物で, 飯だ, 香いがどこからか, 香ばしいにおい, 香りこそ, 香料, 香花を, 高さ三十尺, 魔精と

▼ 合~ (790, 5.7%)

75 やうに 31 やうな 20 ことが 16 のを 15 のであつ 14 のは 13 ことを, のが, のだ 10 ことに, のも 7 のである 6 樣に, 音が 5 のだつた 4 ことの, のです, を茶道, 必要は, 様な, 樣な, 者も, 衣を 3 ことで, のか, ので, のであります, 事は, 事を, 方が, 時の, 電車の

2 [39件] ことである, ことにな, ごとに, だけで, であらう, でせう, な, なんて, に在り, のかと, のかも, のかを, のんイヤ, ばかりでなく, やうだ, やうにと, デモクラシー, 中に, 事も, 可き, 声が, 山家料理に, 所が, 所を, 日の, 木の, 様子も, 樣子も, 毎に, 物お, 男女の, 程度に, 竹群は, 筈が, 筈で, 聲が, 色も, 蹴爪には, 食物も

1 [399件] いろんな思想, うち俄に, うち家の, がい, がつ, がに, がゆゑ, がよく, が合, が樹, が永く, ことだらう, ことよりもよ, しかし小説修業者, すさまじさ, ぜ今週, そこん, そして僕達, そして實, そして爆発, そして笑, その動作, その握手, そは, それからかなり, それは, だけですんだ, だけでもと思はぬ, だけな, だけのこと, だけの幅, だけの話, だけはある, ぢや, で, なう, なかで, などといふこと, などとは思つて, なんていや, なんてなんだか, にいたる, にいよ, にすぎず, にはここ, にはよほど, にも一方, に以前, の, のがく, のだらう, のであった, のでありませう, のでございます, ので二人, ので他, ので双方, のに何時, のに国語, のに工合, のね, のみで, のみにて口, の意味, はずみに, ばかりで, ばかりに成りました, ひととかへ, ひとりの, べい, ほとり打ち, ほどさ, ほどになつ, ほどに立つ, ほどの気風, ほどの親しい, ほどよい, ほど語學, ほんの取留め, まで罵り, やうで, やうでした, やうでなく, やうにといふ, やう是非とも, やう蝋燭の, や俄, や瓜茄子, よりは幸福, わけで, を得, を知り, を見, サン・ミツセルの, タテマヘを, トタンに, フリを, 一人の, 一切の, 一番使ひ, 一群を, 不気味な, 世だけに, 中で, 中を, 中日は, 中村園田と, 乗物の, 争ひであ, 事が, 事がも, 事だ, 事ぢや, 事で, 事でした, 事でしたら, 事と, 事に, 事の, 事のみ, 事より, 事實を, 二つとして, 二つの, 二人にな, 二人肥つたのと, 二人言葉と, 人々の, 人々も, 人が, 人がを, 人も, 人や, 人を, 人物, 人間に, 今夜は, 仔馬は, 仕事ぢや, 仕込杖を, 代りに, 以外に, 以外には, 以外手の, 仲に, 位だ, 位でした, 位の, 位ゐ, 位ゐ曲り, 何の, 傾向が, 元氣, 兄の, 児女等の, 兒女等の, 入江は, 兩勇遂に, 兩將胸に, 八十樹の, 具合さ, 円を, 凄き音響, 劇場の, 動物的な, 十一月が, 協同の, 印章を, 友を, 友人にな, 友達が, 友達に, 可く, 合は, 嘴も, 在来の, 在留日本人達は, 場合だつた, 場所である, 声は, 外に, 大きな重い, 大なる, 女は, 女房も, 姿が, 姿と, 季節な, 実梅, 客の, 家か, 容子は, 寝台の, 寸分の, 対象として, 將に, 對手が, 小競合, 少女の, 尼や, 山の上の, 工夫を, 年では, 年占の, 幸福の, 式にもな, 弟さんだつた, 形で, 形に, 形欺騙虚偽の, 後には, 御様子, 心の, 心持にな, 心算か, 必要が, 必要の, 思ば, 思念や, 恋人たちの, 悦びと, 意は, 愛の, 愛情いと, 所, 所だ, 所まで, 所謂肝胆相照す, 手にも, 手頃の, 折から, 折も, 折を, 故樣子, 教員同志の, 方法と, 日取, 日時を, 映画の, 春の風一林, 時が, 時どんなに, 時にそれ, 時にな, 時には, 時ほど, 時中から, 時其の, 時分には, 時双方の, 景気よい, 有様である, 有様を, 木の葉に, 枝に, 様が, 様に, 様には, 樣だ, 樣にな, 樣子だつた, 樣子で, 樣物凄し, 樣義雄は, 樹林に, 橋渡しが, 機会が, 機会も, 機会を, 機會が, 機會は, 機會を, 正占, 正直者です, 此れ, 死の, 気に, 気持から, 気持が, 気持などは, 気色は, 気色を, 気配が, 気風が, 氣にも, 氣遣け, 浪相打てる, 溝の, 点から, 点が, 為に, 為めといふ, 爾時長者, 物音, 物音それに, 特殊の, 猛烈な, 現象を, 理由さへ, 瓦斯燈の, 生活が, 生活風景を, 用意を, 男は, 男女は, 相手が, 相棒が, 盾の, 瞬間な, 瞬間の, 石に, 研究は, 私は, 程で, 程互の, 程仲の, 程度で, 程度ならできます, 程顔を, 筈ださう, 筈である, 筈の, 筈は, 精神よりも, 約束の, 約束を, 結果を, 群の, 群集と, 義勇隊です, 義経記や, 習慣が, 者お, 聲, 聲喧しく, 能は, 自らの, 船が, 若い岡, 藤蔓を, 處こ, 計に, 話が, 話でも, 話に, 話ばかり, 諸, 譯には, 負擔, 資格が, 踊かな, 踏臺は, 身と, 身なれ, 身體から, 運が, 道が, 遠慮の, 邊にと, 邪魔を, 郤含に, 酒では, 酒蔵の, 鎧物の具引きかけ, 鐘の, 長椅子に, 門弟たちの, 間に, 間の, 間もなく足, 間柄に, 間頭の, 限り我は, 隙に, 電車に, 電車は, 電車表情を, 音あらゆる, 音さへ, 音し, 音それは, 音とは, 音に, 音に対する, 音は, 音までが, 音筋肉と, 響きが, 響踊り, 風が, 風も, 騷ぎだ, 髯の, 鶴の, 麻雀牌の, 黒馬と, 點が, 點も, 齒車の

▼ 合~ (298, 2.2%)

19 ない 7 あった, あるの 6 あると, なくて, 抜けて 4 ある, ぬけて, 咲いて 3 あるが, ないだろう

2 [21件] あったの, あつた, あつて, あります, ありませんわねえ, あるから, あるという, あるよう, あるん, おもかげ, ないからね, ないと, ないといふ, なくなつた, なんだ, もう一度出, 出來, 多い, 多いという, 大切だ, 無い

1 [187件] あったとの, あったとやら, あったら取って, あったり, あったろうと, あった晒し物, あって, あとへ, ありそう, ありましたが, ありますよ, ありません, ありませんから, ありませんでした, ありませんね, ありまた, ありやしない何, あり観る方, あり麻井, あるか, あるそう, あるでしょう, あるな, あるので, あるもの, あるわけ, あるッ, ある以上, あツ, いいから, いかって, いくらも, うなだれその, おありでしょう, お姫様やら, お手, お手伝いに, きた, きて, ぎつしりと花を, こんなに生え, ございましたそう, ございますわ, さの, したいの, すー, その王座, それも, たくさん咲く, ついて, ともにある, とれて, どうだ, ないじゃ, ないという, ないな, ないに, ないのね, ないん, なうて, なかった, なかつたもの, なかの, なく, なくそれだけ, なくなったの, なくなったよう, なくなり油断, なく二三日前, なく暫く, なさ, なさそう, ぬけたよう, はじまりそう, はじまりました, ひろいから, ふくまれて, ほんとに下手, まずくならない, まだ呑み込めなかった, むずかしい, ゐたので, ココア入りである, 一人で, 一番怪しい, 一銭六厘余の, 一錢だ, 下手人でなく, 二十四で, 二十四文白砂糖半斤五十二文駕籠賃, 云つた, 仲間は, 伝へた, 何ほど, 何んな, 何処に, 入りました, 凋んだの, 出て, 出来た, 出来にくく, 初まる, 加わって, 十分に, 厭でならぬ, 咲いたやう, 咲いたよう, 咲いてるだろう, 咲いてるわ, 咲き乱れて, 咲く大, 喰い足りないと, 四合にな, 四銭としても, 多いの, 始まったわ, 始まった上, 始まつたの, 始まり大, 始まり客, 始まるから, 始まる訳, 宜しく何れ, 富山に, 寸法合わず, 少ない, 崩れぬ限り, 幾株も, 強くなっ, 御座らぬ, 急ぎはいっ, 惡かつ, 手際よく, 抜けたせい, 抜けたの, 抜けたよう, 抜けたらしかった, 抜けた様, 抜けた調子, 抜けやしませんか, 抜けるが, 拔けて, 斯樣に, 有るから, 果してどうなる, 案じて, 次々に, 此家庭の, 歸る, 沢山生え, 湯へ, 無いが, 無いの, 無いので, 無え, 無かった, 無かつ, 無くて, 無くなるといふ, 狂えば, 狂人の, 生けて, 生じる, 申訳が, 異る, 相の, 着きましたよ, 私に, 私の, 綺麗で, 良い家, 街路に, 西の, 見える, 逆かさ, 逢引し, 連る, 違いますからね, 違う, 里帰りし, 長かつ, 闊く, 風に, 飯より, 飲めなかった, 髪を, 鼻の

▼ 合~ (292, 2.1%)

11 して, 注して 9 加えて 4 する 3 持って

2 [18件] いきなり洋卓, しては, しばらく見, し乍ら算盤, つくして, つけて, 主君の, 入れた, 取寄らる, 和名由里, 増した, 少しずつ, 得たりけむ, 沸かして, 見つけて, 見て, 買って, 飲むの

1 [218件] あなたと, あまり好ん, いたせば, いふに, いふ者に, うかべ肉色, うらあ, お秀, かぞえた頃, させられた挙句, した事, した後, しつつ, しないこと, しなくても, しました, しようもう, すごすと, すすった泉屋吉蔵, すること, するだろう飲んだら手前, するなぞ, するにも, するの, するよう, する事, する外, する心得, する時, する迄さ, する駈足, せさせ給, ただ藤紫, つけたに, つけたんでさ, つけなければ, つけようたッ, つけるため, つむ人, どこかで, なさん身構, なしお茶, なめたの, のんだ, はずした籠, はっきり感じさせる, はらい清め八荒, まき代地, まだここ, もつた, やった日, やる婚礼, よくし, よく混ぜる, よしと, わたしの, チビチビと, バターで, ヤマユリだ, ユリの, 一つ残らず, 一升の, 一向に心得ません, 一瞥すれ, 三杯半に, 与え頭, 二つに, 二合にといふ, 五合位な, 付けて, 付けなければ, 仰せつかるよう, 何とかし, 使わないで, 側近く, 傾けた, 傾けまする, 先へ, 免かれ, 入れさる, 入れたつて, 公の, 六合に, 兼ねて, 刺繍に, 剪る, 勧めた, 半分づつ呑む, 取り, 取り出して, 受け取つたからとて, 合点し, 吉之助潜に, 呈候, 嗅ぐ, 嘗めるよう, 埋め山芋, 外して, 外すと, 多分に, 夜湿りの, 失ふといふ, 始めて, 始めても, 始めるに, 始め石, 宜く考え, 家と, 帯びて, 形容する, 得たくて, 得白洲, 御覧なされ, 思ひ出す, 恍惚と, 恐れ, 恐れたと, 恐れて, 恐村中相談, 愛したよう, 愛して, 愛しながら, 感じた, 感じ朝, 手に, 折っては, 折らうと, 抱くよう, 拒むよう, 拵へる, 持ちその, 持つて, 排斥する, 採り尽して, 探し出したの, 推て, 摘んでるの, 撒こうという, 攫むと, 断って, 新に, 日本の, 書いて, 枝に, 栽培する, 桔梗に, 楽しみつつ, 気に, 水で, 求む, 求むかつて, 求めたと, 沸立たせ, 泡立てて, 注いで, 注します, 洗って, 活けるさんらん, 涼みが, 湯煮, 火にかけて, 為たいと, 照らして, 照徹する, 煮て, 爲し, 牛乳八合の, 牛乳六合で, 狐色に, 白水で, 盛んに, 直した, 眺めたり, 眺めました, 紙に, 絶って, 置く, 致すが, 致すまた, 見ずに, 見せて, 見たこと, 見てと, 見よ, 見よう, 見ようと, 見よ風, 見る, 見るであろう, 見ると, 見るとき, 見るの, 見る心地, 見定めるやう, 言わねえ事, 許しただけ, 語ろうとしても, 買い入れた, 買つて代, 賞めた, 贈られた, 超ゆる, 越えず女房, 越えて, 越えぬ樣, 通つて此處へ, 遂遣は, 過ぎ陸路襄陽, 邦産の, 鎮めに, 闇市に, 附けます事ゆえ, 附けろ, 預けこれ, 飮むためにそれだけの骨を, 飲み食いした者, 飽くまで眺めよう, 養女に

▼ 合から~ (267, 1.9%)

36 口を 9 出て 6 嘴を, 声を, 飛び出して 4 不意に 3 顔を, 飛出して

2 [14件] いつた, お京, どうと, 割込んだらう水島, 叫んだ, 変な, 富江の, 引取ります, 斬りかけた一刀, 水島の, 紫電一閃平次は, 話を, 變な, 飛出した野郎

1 [166件] あっと爪, お源, お照, お繼, さしとめた, さんざ憎まれ口, ずんと繰りだした, そっと騙かそう, そつと, その妻, その腕, その言葉尻, ちょっとその, とび出して, とび出してこよう, とるよう, とんで, なだれが, のぞまれる, ふと紛れ込む, ふんだくる取られた奴, むずと寄っ, むんずと万年屋, やって来て, やつて, ガラッ八, サッと吹い, ズイと, フイと, ブ, ワン, 一人を, 一合五勺の, 一本の, 下は, 下町に, 亀之, 二合半までの, 云い出した, 云った, 五六人の, 五千両を, 人の, 人造人間がわ, 今は, 今まで, 今日は, 余計な, 供の, 働くの, 入って, 冗談の, 冷かし気味に, 冷かすやう, 出たとき, 切つて掛かつ, 割こんで, 加わったもの, 半円形に, 叔父は, 取って, 取られて, 叫んだの, 合打ちを, 吹つける, 呼びかけました, 大勢の, 奇妙な, 如何にも人, 威嚇した, 宗像博士が, 小文治, 屡々口, 帆村が, 引き続き坐り込ん, 引っ奪くっ, 引取つた, 彼の, 急に, 手を, 拙い顔, 指出, 掛けられて, 掻つ, 攻めろ, 斬ッ, 新九郎を, 日本人も, 星が, 暗夜が, 来て, 根こぎに, 槍大刀を, 機関の, 泳ぐよう, 流れこんで, 流れて, 流込む, 浪人者本田劍之助に, 渡辺刑事が, 漂然と, 無遠慮に, 現れ出て, 現われ彼, 疳高い声, 白刃が, 白刄が, 白昼時ならぬ, 白煙が, 眺めたり, 眺めるやう, 知ったよう, 硝子窓へ, 突き崩し, 突崩した, 笑いながら, 答えた, 続けた, 繼立の, 老父の, 考えて, 胸を, 腰を, 萌黄の, 薄禿げた, 虎が, 蛇の, 蟒が, 裸の, 見ても, 覗いて, 覗込ん, 言う, 言つた, 言ひました, 訊ねた, 質問する, 近よって, 透かして, 透して, 運八の, 酒も, 鉛筆を, 関羽が, 雪の, 頓狂な, 頬冠りし, 頻に, 頻りに慰める, 顏を, 風が, 飛びだして, 飛び出した宗, 飛び出し私, 飛び出す, 飛出されちや癪, 飛出しざま, 飛出した国府老人, 飛出した薄, 飛出す薄, 飛込み様二人の, 飛込んだ十手, 首を, 駈けつけざま, 麻紐を, 龜藏が

▼ 合はせ~ (253, 1.8%)

26 てゐる 13 てゐた 7 てゐない 4 てみる, て自分 3 て, てゐ, てゐます, て拝む

2 [15件] ておく, ておけ, てその, てみ, てみた, てみます, て九羽, て來, て居る, て更に, て相談, て知れた, て笑つた, て見, て身

1 [157件] てあります, てある, ていつのまにか, てうまく, てお, ておい, ておいた, ておきたかつた, てかけあひさせた, てきた, てくれた, てぐつと引, てこの, てこれ, てご, てさ, てさぞや, てし, てしつくり組むだ, てそれで, てちらりと, てぢ, ててんでに, てともすれば, てどの, てにじり歩い, てはゐた, ては他人, ては姫, ては少し, てぴつたり體躯, てみよう, てもらへる, ても坊さん, ても木村, ても海, ても頭, てやつ, てゆける, てゐなかつた, てゐなかつたら, てゐなけれ, てゐられました, てゐるであらう, てゐるらし, てゐるらしい, てカストリ, てテレ, てデタラメ, てヒョロ, てブレスト, て一人, て一代, て一家五人, て一面, て上總屋, て九人, て九十五円, て互, て互に, て井げた, て今度, て低, て住居, て傾聴, て八人犇, て六人, て六里余, て其, て出, て切, て切り, て十六人, て同じ, て呆, て唄, て唄ひだ, て四人一匹, て坐らなけれ, て多く, て多少, て夜, て天, て如何にも, て子兵, て少し, て左, て幾度, て待つ, て心, て必ず, て或, て打, て拝み, て拝んだ, て接吻, て散, て日, て樂, て歌つて, て正面, て此方, て歴史, て泣く, て浴衣, て滿目, て演じる, て煙草入, て片側, て王者, て画, て皆, て相模屋, て看護, て眺める, て私たち, て稽古, て立ち上つ, て立ち上つた, て笑, て紅梅, て紅絹, て結ばれぬ, て縮かまる, て置い, て置いた, て義雄, て考へた, て聲, て能, て能登半島, て脈, て自動車, て自説, て花吉, て葬つたの, て西南東, て見る, て見れ, て諾, て起きた, て通過, て造つて, て遣る, て長襦袢, て面会, て鮮やか, よち, 作りしも, 大津絵などが, 竿竹にて, 給は, 給はず外には, 腕拱きつ, 葬つた日は, 鏡に, 鏡を

▼ 合~ (244, 1.8%)

9 して 6 於て 5 なって 4 なったの, なつた, なると

2 [15件] かぎる, けれどもすこし, なった, なるの, よく鎌倉, 割ったうえ燗, 及んだが, 平岡の, 成ったもの, 成て, 於ては, 淡いあこがれ, 縒つて根気よく, 縒つて根氣よく, 頭の

1 [182件] あらずして, あらずんば, ある, あるもの, いつた, おだやかな, おなりなす, およんだが, お糸さん, かこまれること, きて, きまつたいや, くでございますよ, さへ, さめぬと, したが, した位置, しつかりと, しても, すいた省線電車, すぎず, する方, その夫, それを, たとえた詩人, つづく大, なったばかり, なった人, なった大学生, なった或, なった時, なった洋菜屋, なった茶屋, なってから, なってはと, なつて, ならない慰藉, なりて, なります, なりますから, なりまんが, なりやすから, なり三合, なり候, なり相手, なること, なるめ, なれた女, なれば, なろうも, のぼらざれば, のんきさうな, はっきりと, へらさなければ, まひ降り, やる天, サモロブナ引退式が, ゼラチン四枚を, パンを, パン四分の一斤位バターを, 一つ空席が, 一条仄暗い, 一杯という, 乘り, 九助は, 二十五枚水へ, 云つた, 五枚の, 今は, 他の, 付きて, 伸びて, 似た花, 入って, 六七枚の, 出されつまり, 出されるの, 出して, 出しましたが, 出す, 出す限り, 出るの, 出行候留守中密か, 創を, 劣らんほどの, 半分ぐらいずつ, 及ばなくとも, 及びけるに, 及び受取次第文右衞門, 及ぶと, 及んだ, 及んで, 反映し, 叶ったという, 向つて眼, 在ながら, 坐りけれ, 塩四合を, 変動が, 多いと, 夜の, 夢中で, 大きい顔, 大きかった, 宛てられた手紙, 容易に, 寒い午後, 小さいき, 少しばかり, 山の, 席を, 年は, 廊下を, 引比候而は, 引返したり, 当たるもの, 御両名, 恥づ, 意識する, 感ぜられたから, 感動する, 成って, 成ぬ樣, 成ると, 成んなすつたので, 有之, 朝釣るべし, 来ただけ, 染めて, 比べ雲井, 水一升を, 沢山の, 流れて, 流れも, 浮かれて, 混んで, 渉り, 潜り込んで, 熟と, 片目に, 物を, 狹くし, 玉子一つ砂糖二杯と, 生きむ, 白米を, 皆呑気な, 瞠目した, 私が, 移つて行く, 突立っ, 第一, 縒って, 考も, 聽いた, 胡瓜の, 至って, 舟を, 色が, 芥子を, 若耶渓, 苦も, 行って, 計り出しその, 計り込むこと, 譬えた詩, 足らぬ濁り酒, 遍満したる, 過ぎなかった, 過ぎぬよう, 遣るもの, 適って, 醤油を, 醤油三勺ぐらい, 銭を, 銭十五銭宛持寄っ, 銭四十七銭, 降伏を, 非す, 頼んだ, 額は, 食卓に, 鰊の

▼ 合つた~ (241, 1.7%)

7 ことが 6 ことを, やうな, やうに 4 がその, ことで, ことも, わけで, んだ, んです 3 か知れない, ことは, であらう, のであつ, ものだ, ものである

2 [17件] かも知れなかつた, がそれ, が私, ことに, ことの, ところで, と云, ので二人共三膳, ばかりで, もの, ものか, ものだつた, もので, ものは, ものも, らしい, 見すぼらしい小路

1 [140件] かは頭, かまげ, からい, からである, からには馬券買, か分らない, がけふ, がさ, がため, がどす, が三人, が別に, が太平, が彼, が後日, が成るなら歩い, が或, が普段英語, が本人, が王羲之, が結局, が色々, が薙刀, が藤村君, が近づく, がS, きりで, ことそれから, ことである, ことでございます, さ, さうし, し将来結婚, そして心から, その顏, だけ, だけである, だらうか, といふ, といふもの, といふ間柄, といわぬ, とかいふの, とかいふ言葉, とか愛し, ときは, とき生理學的に, ところから, ところが津和野, ところの, としたら, とたんくるり, となる, ともしや, と云つて歸つて來, と思, と思はれる, と思ふ, と見え, と言, どうやらワダカマリ, どんなに惜しん, などといふ例, などといふ話, ならきつと, ならその, なりしばらく, なりで突き進ん, にし, に拘らず, ね, のちは, のでせう, のでその, ので久し振り, ので今日, ので急い, ので看守君, ので眞, ので風, はかない交渉, ばかりの信一郎, ばかりの問題, ばかりの女性, ばかりの犬, ばかりの自分, ひには, ほどよく, ままお, ままとうとう, ままどれ位の, まま何時まで, まま別れました, まま小川に, まま異, まま高価な, まま默然として, まもなく, もう一つ, ものが, ものさ, ものだけを, ものの, ものの私たち, ものを, やうです, よ, らしい下, 世にもふしぎ, 以上これを, 以上は, 何と人なつかしい, 例へば指先, 信じられぬ話, 全く遇, 可愛らしい実, 同一觀念, 向ふ, 如く誠吾, 寂しい氣持, 尤も至極, 幼い感傷, 或る, 或懐しみ, 某船長, 汚ならしい, 汚らしい家, 淡い影, 深い底, 深い緑色, 異樣, 程で, 程です, 美しさ, 若い大黒さん, 遠眺め, 長い鳶色, 青瓜, 黒い影, 黒い海水着

▼ 合~ (216, 1.6%)

22 ている 16 たりした, たりする 15 たりし 13 たま 11 ていた 9 てくれ 6 てくれる 4 てくれた, て下さい 3 てしまふ, てみる, て下さいません 2 たんぢや, ちやくれません, ちや居ません, てみた, てる

1 [81件] たままで, たらしかつ, たらしくピヨンピヨン, たらしく歸京後, たり, たりうまく, たりさ, たりさうかと, たりささやき交し, たりします, たりな, たりなんかし, たり一つ, たり下等, たり互に, たり何時何處, たり便利, たり合, たり小石川, たり年寄, たり弄り, たり急, たり惡口, たり慰め合, たり憂, たり憾みごと, たり或は, たり批評, たり斬り, たり煙草, たり爆ぜる, たり猪牙舟, たり男, たり相談, たり睨み合, たり碁, たり笑, たり罵り, たり肩, たり詩壇, たり認め, たり足踏, たり陥れ, たり雑談, たり離れ, たり音樂, たり頬, たり風, ちやいかんと, ちやいけない, ちやいけません, ちやどう, ちや全く, ちや叶は, ちや居られない, ちや居られねえ, ちや居られません, ちや行けない, ちや見つ, てい, ていただいた, ていただきたい, ていない, ています, ているだろう, てくれぬ, てくれません, てくれませんでした, てくれるだらう, てしまひました, てしまひます, てやる, てるだ, てるまあ, てる愛し, てる自分も, て下さいました, て下さる, て得る, て来る, て行け

▼ 合~ (205, 1.5%)

36 をし 18 をする 12 をした 4 のやう 3 すると, を交し

2 [13件] があつ, がある, して, だつたの, だつたのさ, である, でお, もなく, をされた, をなす, を工夫, を聽, を送つ

1 [103件] か何ん, があ, がか, が港, しか待つ, した, した上, した人間, しながら, しました, しようと, するかの, するやう, する間, だけは知つて, だつた, だつたもの, だよ, だ頼んだよ, でございますよ, です, でせう, でガラツ八, で下女, で呼出し, で呼出した, で彼方, で心得た, で路地, で踊, で錢形平次, とそれ, となつ, と思ひ込み, なぞには氣, なの, なら私, なり, なんかし, なんで, に, には何, によつて, に一應神田, に五人, に使つたの, に兩國橋, に内匠樣, に右, に呼寄せた, に寮, に寶掘り, に平次, に物, に猿屋町, に窓, に簔笠, に肥松, に舟, に良い, に表, に見付, に誘はれ, に順八さん, に龜澤町, のこと, の下, の後, の戸, の扉, の手拭, の歌, の矢, の繩, の落書, は, はどう, は女, は次ぎ, は矢, をいたせ, をかはし, をかはす, をきく, をしました, をなし, を交した, を受取つた昔, を呑, を定め, を店中, を待つ, を悟る, を知, を知つて, を知る, を與, を躊躇, を送, を送つた, を送りました, を送りませんでした, を送る

▼ 合する~ (204, 1.5%)

5 のである 4 ことある, ことを, ように 3 ことが, ところに, にあらず, ものと, 路が, 間も

2 [17件] がごとき, が如し, ということ, ときに, ときは, ところ急, のであった, のであろう, のは, のを, ものに, 処で, 処橋は, 地点に, 川である, 樣に, 自然の

1 [135件] あたりは, いわゆる予言者, かたに, かという, かどう, から何ら, かを説明, か合, か後陣, がごとくである, が如き, が如く, が故に, ことない, ことによりて, ことも, これを, そばをと, それの, ために, ところなし, ところの, ところ金吾中納言の, とその, と二百以上, と合せざる, と大, と宗三郎, と早く, と更に, など思い, にあらざれ, にあり, にいたれ, にいたれる, には諸種, に反し, に至りしなら, に非, に驚けり, のじゃ, のだ, のであり, のであります, のでしょう, のでその, のと, のみ, のみならず, のみを以て満足, の方便, はもちろん, は輔助的, ほとり道漸く, までの千曲川, もなお, ものあり, ものが, ものすなわち, ものだ, ものであり, ものである, ものの再び, ものは, ものを, もの及び, もの白井差から, もめづらし, やうで, やうに, や否, ようだ, を上手, を務め, を得ず, を恐れ, を表, を見る, 一渠あり, 一港湾と, 丈の, 三角洲に, 予定に, 事こそ, 事の, 事を, 二つの, 二の, 分類であります, 前道は, 力なり, 場に, 場合の, 外界の, 大きな峡流, 嫩江, 小川, 小川の, 峡の, 川口といふ, 所あり, 所多けれ, 手段である, 振舞いで, 支流を, 方式が, 時, 時は, 時葢と, 様に, 様命じた, 機を, 武力本来価値の, 沢の, 点は, 点を通して, 爲に, 神, 程に, 筈第, 結果ある, 者なり, 者見る, 處也, 赤谷川に, 路を, 道も, 部分だけが, 部分の, 鎌田の, 長良川の, 間柄を, 限りこれを, 面目も, 魚野川の

▼ 合~ (196, 1.4%)

7 ない 5 ありません 4 ないこと

2 [12件] ありませんや, いろいろある, ないあゝ, ないから, ない奴, なかった, なかつたの, なくな, まかうよ, 三合も, 何にも, 飲めばへどを

1 [156件] あって, あつた, あつて, あのお方, あまりない, ありますし, ありませんでした, ありや, あり樂, あるけれど, あるもん, あろうかと, あろうし, いりましねえから, この山獨特, この節, ございません, せざりし程, そんな色, ただ一方, つく事, ないああ, ないその, ないとは, ないや, ないん, ないロマンチスト, ない因果, ない己, ない幼稚, ない心, ない恐怖, ない意久地, ない感傷, ない末梢神経, ない樣子, ない気, ない気遅れ, ない理窟, ない私, ない話, なかつた, なかつたけれど, なくぐつすりと眠つて, なくすっと, なくなったと, なくなつた, なく何時, なく吹き飛ばされ, なく幻, なく彼, なく忘れ, なく恍惚, なく悦んだ, なく氷解, なく煙草, なく照子, なく生き伸び, なく紛れる, なく脱落, なく腰, なく袴, なく解り切つて, なく逆上, なく開く, なく陰気そのもの, なく離れる, なく鬱屈, ぬけて, ひろつたん, ひろつてるん, みな先生の, やるうち, よし, アカシヤも, チュウリップも, 丸く行かずし, 交じえずして, 交わさずに, 仕度候得ども何レ長崎よりか, 使えば, 借りが, 入るぐらいの, 入るべき黒塗り革製, 内も, 冬子も, 出た, 出たと, 出ないの, 出来ますし, 刀を, 初り, 叶はず真葛ヶ原で, 合わせるという, 同じさ, 呑めるものぢ, 呷ったそう, 喰つて来た, 増やして, 多い醤油, 失はれた日々, 好かんべ, 好くない, 岩に, 廣く, 思い出さずには, 悪くは, 情けなさ, 戟を, 戦った, 戦ったが, 抜けた, 拔けた, 拔ける, 有りゃあしないんだもの, 槍を, 残つてゐる, 水を, 水底に, 流したアゲク, 渡り合わずに, 無いよう, 無いん, 無かつ, 無くなったの, 無くなつ, 無くなるぢ, 由緒も, 男の, 直り漸く, 相手に, 相槌を, 稀に, 精気に, 義理も, 考えなければ, 考へねば, 胸に, 自から, 致さず候, 蕾で, 薔薇も, 買って, 近来めったに, 過ごした夜, 違いは, 間に合わず, 面倒なり, 食い切れない程, 食べて, 飮け, 飮けりや, 飮んだつ, 飲まぬうち, 飲みゃあ, 飲みゃ眼

▼ 合~ (194, 1.4%)

50 を打つ 30 を打った 23 を打っ 13 を打ち 10 をうった, を打つた 7 をうつ 6 を打ちました, を打ちます 3 をうっ 2 うって, さえうたなかった, をうち, を打てる, 打ちます, 打って

1 [24件] うちて, うった, うつて, が二階, ぐらいうつ, して, にこまっ, は打った, は打てなかった, もめったに, も打っ, も打てなかった, も打てる, をうちました, をうち出した, をうつた, を打たない, を打たなかった, を打ち続けた, を打ったら, を打て呉れた, を打とう, 打つて, 撃つは

▼ 合~ (155, 1.1%)

15 して 8 が行, の行 7 行ずと 6 をし 4 が行かない, だ, の行かぬ 3 が行かなかつた, が行きません, した 2 がいかなかった, がいかなかつた, がいつたら, が參, が行きました, しちや, だな, だツ, のゆかぬ, のゆく

1 [70件] いた, か, がゆかず, がゆかん, がゆきません, が出, が往く, が行きませんでした, が行く, が行った, が行つた, されては, しける與, しさ, したの, したので, したらしく二階, した地主, した平次, した連中, しながら, しました, し憤怒, し明日, するぢ, するの, すれば, そんな事, だ親分, つ, づいた, でお, できなかつたもの, ですね, で十網橋, で國境, で描い, で餘計, と乘, と二挺, と受止, と駕籠舁, どうせ情事, なさ, なり南山法藏吉藏, のいかない, のゆき, の出來, の參ら, の心, の母親承知, の自信, の色, の行かない, の行く, の行つた源太郎, の話, の語, は禁物, は行かなかった, をした, をする, 行ずシテ其猿島川, 行ずデモマア九助, 行ずモシ小僧どん其醫師, 行ず心, 行ず扨, 行ず段々, 行ず素より, 過ぎるぜ

▼ 合~ (131, 0.9%)

4 の手, 来る 2 が書いた, と相, の影

1 [117件] から店, が, があの, がこの, がまた, が一人留守番, が一般, が云, が何, が呼びかけた, が左, が教, が熱射病, が現れるだらう, が生活, が白状, が素晴, が見舞, が読ん, が誰, が踊っ, ぐらいであった, だつた, で, で華美, という, という白木, という言葉, とともに暮した, と一緒, などの方, にあて, にかけて永久, には無駄, にも決して, に対して涯, に気づかれなかつた, に笑, に紹介, に遇い, に食べさせ, の, のきはめ, のため, の五体, の入籍手続, の動作, の声, の姿, の実家, の家, の寢言, の小, の幻像, の復命, の愛称, の手紙, の死体, の気色, の気転, の特徴, の結婚, の耳, の臥したる, の芸, の言葉, の許, の部屋ぢ, は, はした, はとても, はキヤツプ, はソヴェト同盟, は一体, は不, は今, は凝, は勿体らしく, は声, は夕やけ, は夕暮時, は姉さん, は思ひ出したら, は急, は愛嬌, は感じた, は気づい, は片づけた, は画家, は笑, は網, は繰返した, は言葉, は象牙, は足許, は雪洞, は靴, へ, へともつかず, も婦警, やローラ, をつれ, を中心, を保護, を別室, を同時に, を廊下, を此処, を残し, を相手, を見た, を見つけ出す, を訪れる, を誘つて, を負, を責める, を追

▼ 合~ (129, 0.9%)

3

2 [14件] から上, から洩れ, である, に, にし, に在る, に相手, の太刀, の室, の小屋, の石室, の間, まで雪, を過ぎ

1 [98件] い来たの, かの岩室, かの石室, かの茶店, からは浅間神社奥宮, からぶよぶよ, から以上, から切断, から富士, から溢出そう, から王滝口頂上, か七合目, か九合目あたり, か八合目, が即ち, であった, であるが, では実際, で今, で前, で村山, となる, ともいうべき, と覚しい, と進む, にある, にいたれ, にかけた, にがっき, にしがみつい, についたろう, になる, にはこの, には此, に一人, に一泊, に噴火口, に寒中これら技手, に当っ, に来た, に至る, に達し, に降雪, のちよ, の中社, の中阪, の人, の外城, の小屋着, の小舎, の少し, の山腹, の景, の柵, の森林帯, の海拔九千尺, の等高線, の茗荷岳, の茗荷谷, の観測所, の附近, の鳥居, は実に, は山中, ばかりの麓, へあらわれた, へは決して, へほう, へ下りる, へ鳴り, ほどで足, ほどの処, ほどの所, ほどより上, または一合目辺, まで, までいく, までは常願寺川等, までは苦しい, までもむずかしい, までよじ登った, まで出る, まで登り, まで登る, まで登れ, まで行かれた, まで降雪, まで馬, や岳, よりまだ少し, より一旦, より頂上, らしくその, を, をのぼりつめ, をはなれ, をも過ぎ, を抓ん

▼ 合~ (103, 0.7%)

3 壜詰の 2 お若, なりて, なる, 云ふ, 台察児は, 戦ひ候者, 砂糖大

1 [86件] あり東西, いうとの, いえば, いふと, お米五合, きめて, くるか, すこしに, するの, その調和, それだけを, なくその, なったとも, なって, なつて, なつてる, なり, なり歌仙百韻, なると, はてしも, みづから, みれば, やらかそう, スウヰトピーなり, ユリ, 一升二合との, 三合の, 三種類に, 二人晃は, 云うは, 云うやつ, 云う愛妾, 互に楯, 今の, 刃を, 半々づつにでもして持つ, 半々の, 同様に, 名ま, 呼ばれあれ, 呼び大入島, 小匙一杯, 少しの, 山の, 峠に, 成吉思汗は, 手代の, 接戦の, 掬うよう, 書いて, 比べました, 混ぜて, 湯煮, 激しく撃ちあう, 濃い紅, 玉葱一つ西洋人参三つジャガ芋三つとを, 申すやらの, 登った, 登るほどに, 百日紅とが, 砂糖を, 砂糖三杯と, 砂糖三杯とを, 私の, 称するもの, 立てた計算, 糯米一合と, 考え新之助, 薔薇とが, 蝦夷菊との, 裏漉しに, 見いな, 見て, 言えよう, 言つては, 諦め自害, 豆腐二丁とを, 赤葡萄酒を, 赤葡萄酒一合を, 逢引し, 酒の, 野撫子とを, 銭六銭だった, 鋳掛屋風情の, 雲と, 鮨六つとで

▼ 合はせる~ (85, 0.6%)

6 やうに 3 ことが, ことも 2 ことに, つもりで, と不思議, と云, と何, のは, 機会が, 顏が, 顔も

1 [55件] おかげで, から小金, が大きな, が注意, くせが, ことである, ことにな, だけだつた, と, といふ建前, といふ風さ, とお, とどうも, とみごと, とボツリ, と三十人以上, と何時も, と北海道, と寸分, と彼, と後ろ頭, と思ふ, と朧, と水, と約束, につけ, に過ぎない, のが, ので, のであつ, のに女子の, のに左手, までに私, ものは, ものばかり, トタンに, 一座の, 事に, 事は, 事を, 人煙草の, 前に, 外は, 工風が, 必要も, 様な, 樣にな, 爲め, 相手が, 程なら, 積りで, 約束だ, 訳で, 調法者青黒い, 顏も

▼ 合さん~ (80, 0.6%)

4 はどんな 2 とお, とは同じ, に頼ん, の方, の毛糸, の眼, の肩, の話, はひどい, は私

1 [56件] かうして, からの手紙, かローラ, がおま, がかはいさうだ, が二階, が傍, が朝十一時頃来, その時, たとへ, だ, だけが相, で歌, とはたった, とはたつた, と海, と過す, どうかあなた, にこつ, にそれ, に倚, に度々, に托し, に訊く, に読ん, の, の万年筆, の傍, の勧め, の告げた, の好き, の姿, の居る, の後, の手, の手紙, の機嫌, の滑走, の眸, の脚, の響き, はお, はおま, はひとり, はもう, は別, は本, は本当によく, は氣分, は無事, は紙, は貴様, もう左樣, も力, をしつこく, をひどく可愛らしい

▼ 合~ (80, 0.6%)

2 い, どんなこと, はない, 七峯は, 殊に学校, 誰かが

1 [68件] あつた, あれは, いっぱいに, この言葉, ござりましょう, ちゃアん, な退, は余ります, は足り, は足りない, やって, よし半夜, サ, ドロドロ位, 一つ随分, 一百文白木綿一反で, 一百文白豆四升六合で, 三百六十五日札を, 互に涙, 五十銭一升で, 仕入れは, 他なら, 休刊, 充分腹蔵, 八十目あります, 別に土手下, 前から, 四銭の, 多すぎる, 大分御機嫌, 嫁付きまし, 客を, 家を, 居やう, 山本君は, 弁持と, 後は, 御座ります, 悲鳴が, 折れ合って, 此家へ, 歩に, 毎日顔を, 済むかも, 疲労し切った, 盲人が, 眼の, 知つてゐる, 神を, 私も, 私等が, 稀に, 翌朝頭の, 肉体的に, 腹いつ, 表向プッヽリ, 覆われて, 触れられること, 買われた品, 足りて, 透かすと, 酔へる, 重々御, 間に, 霧を, 飯炊きから, 馳走に, 黒の

▼ 合ふと~ (66, 0.5%)

9 いふこと 3 いふやう 2 いふの, か合, 見えて

1 [48件] あの獣, いきまく弱ったこと, いふなら普通, いふほどの, いふもの, いふん, いふ中, いふ事, いふ人間性, いふ偶然, いふ傾向, いふ具合, いふ状態, いふ程度の, かいひます, かいふ点, か合はん, こで, しようか, する, そこへ, たん挫け, は思つて, は思はん, は限らず, びつくりした, もなく, も又, カゴメ, スカートの, 一ぺんすれち, 与里は, 云ふ, 今度は, 又乳房, 土居中尉の, 奥田氏も, 女の, 思つてゐました, 思ふ, 火の見櫓に, 緩かな, 老爺は, 表つ, 言って, 言つてゐた, 言ふも, 鬱憤の

▼ 合つたの~ (58, 0.4%)

6 である 5 です 32 か, か一寸, だから, であるが, でした

1 [34件] かと云, かも知れない, がほぼ, が何より, が出, が初対面, が江の島, が運, ださうだ, だと, だよ, だらう, であらう, であり一緒, です或, では, で大, はその, はほんの, は北海道, は少し, は岸田, は支那人, は榊, は私, は谷川, は銀座, も恐らくは, も義雄, を微笑む, を思ひ出し, を押し開い, を珍し, を選りました

▼ 合~ (53, 0.4%)

122 ばい, 玉子の

1 [37件] ずの, たと, た人々, つて言へば, ない, ないこと, ない感じ, なくな, なければ, ねば, ば共鳴する, ば協同關係を, ば口を, ます, りけれど, りしかすがに, りと, スープ一合を, セリー酒を, 今の, 今日は, 入って, 入て, 味淋一割と, 四合の, 塩で, 大匙三杯, 大匙二杯, 来たとき, 枸櫞酸の, 水一合を, 相に, 砂糖が, 砂糖大, 粉砂糖大, 落ちて, 行つ

▼ 合~ (52, 0.4%)

32 の時

1 [47件] から失火, から關ヶ原, があつ, がはじまっ, が始つて, が起る, し再び, たる一八四八年六月, だぞと, であつ, でもし, でも始め, で討死, との演劇, とはいふ, な, なり是, に, に丹後田邊, に仕立て, に參加, に打ち敗れ, に敗け, に討死, に際して諸, のあつ, のあと, のお, のとき, の如き, の後木曾, の段, の永祿四年, の猿, の筋書通り, の絶え間, は上杉樣負軍, や桃太郎, をし, をした, をやつ, を交, を出した, を叙, を拜見, を書い, 敗れて

▼ 合ひで~ (46, 0.3%)

5 あつた 3 もある 2 はない, もし

1 [34件] いやその, お歸, お氣, お組, かうと, かの女, はなかつた, は若, も, もあつ, もあり, もした, もしたら, もする, もやつ, も何ん, も初め, も始め, も漁場, 上げたもの, 今以, 仕かた, 仕樣事, 別れました, 呑む之, 引出されて, 引張り出されると, 有つた, 決めた約束, 済して, 穢し合つて, 調べて, 踏みにじり低めて, 連ねて

▼ 合ひも~ (46, 0.3%)

5 ありません 2 ございません

1 [39件] あり少く, あるが, あるまい, い, この有, させて, させてはを, したの, して, しない, しなかつた, すまいし痛み, すれば, せずに, せず二人, せぬ気候, ない, ないから, ないくり, ないぢ, ないと, ないとは, ないない, ないので, ないやう, ないよ, ないんで, ない出来事, ない無気力, ない状態, ない野郎, なくな, なく名前, ならずさうかと, ろくにない, ろくに出来ない, 出来職工, 持てなくなつ, 死んで

▼ 合ふこ~ (44, 0.3%)

3 とはあるまい, ともある 2 とによつ, との容易, ともしなかつた

1 [32件] とか, とこそ芸術修業, とすらあつ, となく, となどある, とになつ, との不幸, との美し, とはなかつた, とは何と, とは出, とは出来, とは屡々, とは決して, とは男女, とは結局, とは避け, とは騙し, ともあつ, ともあれど, ともなく, とも出, とも分つた, とも叶はず, とも多, とも少く, とも無い, とも稀, と何故か, と漸, と甚, と非人情

▼ 合~ (43, 0.3%)

3 しません 2 しないか, 萱草や

1 [36件] あしねえ, あしません, い, いいんで, しなかつたらうに, しねえ, オレンヂの, カアネーションの, カーネイションや, カーネーションが, ミヤマオダマキや, 一升で, 一升の, 三合の, 二合は, 二合絞り取れねえ, 仲裁で, 何か, 何かで, 其他いろんな, 其他大抵の, 命惜しみなんぞ, 四葉塩釜や, 序破急は, 熱中を, 白菖や, 菖蒲の, 葵を, 薔薇が, 薔薇の, 薔薇を, 藝者屋が, 蜜柑の, 谷間の, 風を, 鳶尾や

▼ 合ふも~ (42, 0.3%)

7 のが 5 のは 4 のを 3 さこんな, のだ, のの 2 ので, のです

1 [13件] のか, のから, のぢ, のである, のでない, ので虫, のと, のに, の他, の夫婦同士, 亦一興, 句兄弟, 多少の

▼ 合目的性~ (39, 0.3%)

1 [39件] が全く, が場合, が実質的, が考へられる, である, でなければ, でもある, という一般者, として吾, との総合, のこの, のもつ, の凡, の反対物, の問題, の意味, の感情, の文学, はこの, はである, はなる, は主観, は例えば, は先驗的原理, は到底, は同じく, は因果性, は或, は自然, は論外, は限定的, も実用性, をカント, を一つ, を信じる, を如何, を有する, を而, を認める

▼ 合へる~ (38, 0.3%)

2 やいかに, やうな, やうに

1 [32件] かな, からいい, くらゐ, ことを, ぞ笑止, といふ, ところ, なからひなりし, ものぢや, を見れ, 中に, 乘客等を, 人々の, 人人に, 右左, 奧に, 年だ, 彼の, 旧友な, 機會は, 池子山の, 涯には, 男達も, 白髪頭の, 程の, 組み雀ぱぱと立ち, 美し睦び, 親和の, 酒色と, 間柄である, 電車の, 静けさぞ

▼ 合~ (38, 0.3%)

2 をラッパ, を二本, を十六本平げた時

1 [32件] がたった, がはいっ, が出, でお, と紙コップ, につめられ, に一杯, に酔, の乱雑, の喇叭, の大, の酒, は辞し, へ一本, をあて, をさげ, をそのまま, をとりだし, をもらい, をトンビ, を一つ, を一本, を二三本どこ, を傍, を入れ, を差した, を打ち振った, を抱え, を明け, を空, を買, を買ひも

▼ 合五勺~ (37, 0.3%)

4 のスープ 2 のその

1 [31件] あり, が単位, が我が, だと, であった, です, では, で日本アルプス, と香料, にし, になった, になつ, にも満たなかった, に煮詰めます, に芋, に辿り着いた, のこと, のそれ, の休み茶屋, の室, の水, はたっぷり, ほど二階, まで飲んだ, よむずかしい, を出外れる, を加え, を少し, を貰える, 減りの, 溶いて

▼ 合~ (35, 0.3%)

1 [35件] か夏, がそっと, が下手, が二三, が侍女二三, が舞台中央, だ, と侍女ら, と訳し, に附, のこと, の侍女, の前, の夏, の屍, の朝廷, の涕泣きが, の袖, の音, はひそか, は三年前, は中央, は冷, は呆然と, は懼, は昂然, は独り頷首, は道, は顔, は黙然と, へ笑いかける, をその, を引っ立て, を振り解い, を案内

▼ 合ばかり~ (33, 0.2%)

2 つけて, 取って, 少々櫛目, 飲んで

1 [25件] くれたから, それから蕎麦, です, でも, もらおうじゃあねえか, 一升の, 今日は, 僅か五合, 匂いを, 喚き合ったが, 強くなった, 打ち合いました, 掘つた, 槍を, 殘つてゐる, 注して, 用意し, 登ると, 米が, 買いに, 買って, 買は, 酒を, 飮んで, 飲み狐うどん

▼ 合はず~ (30, 0.2%)

2 に介抱

1 [28件] いろ, お互, かと云つて客, とする, とたけ, と言, に, にその, にた, に交錯, に千代松, に床, に廊下, に机, ば何, ば大方, 去りとて, 又女, 又自分, 戦きつ, 新助, 早速主人清兵衞, 明る日, 殊に御新造樣, 満ちし潮, 見ゆるは, 遂に腕力沙汰, 離れつ即

▼ 合すれ~ (29, 0.2%)

2 ば約

1 [27件] ばいかなる, ばいよ, ばおよそ, ばかなり, ばさき, ばすなわち, ばその, ばよい, ば一千萬噸以上, ば両人, ば供, ば先刻營業, ば全く, ば八十マイル, ば冷汗, ば出, ば四千里, ば因縁, ば地球, ば大, ば子部, ば実験者, ば樣子, ば漁夫, ば火, ば百六七十兩, ば立ち

▼ 合ひし~ (28, 0.2%)

4 てゐる 2 が門, は我, 身は

1 [18件] がし, がやがて, が年順, が是非, そのと, てもいい, てゐた, て帰, て来た, ながらも執筆, は慾, 中になど, 事々, 初秋の, 合は, 御算段, 心を, 時の

▼ 合~ (26, 0.2%)

1 [26件] からおとなしく, から一番景気, から伊達, から大変, から正面, から私, が, がそれ, その掏摸, それを, ぞ, つた, という往来, という様, といふ, と云った, と存じ, と思っ, と思つて, と感ぜられた, と考へ, と軽く, 三十年来の, 今其の, 百合の, 身体を

▼ 合ひます~ (26, 0.2%)

543 から 2

1 [12件] かえ, かしら, かどう, から細考, か知ら, か親分, がね, が三人, が平次, さかい安心, な, ね何とも

▼ 合~ (26, 0.2%)

1 [26件] ではさ, なもん, な割, な牛乳, に煮詰った, の割, の清酒, の酒, の酢, は, はあります, はいっ, は傾ける, は砂, へえ, ゐですか, を一升, 使わなければ, 入るだろう, 入るの, 取るの, 召し上りました, 引つ掛けて, 用いて, 飲むこと, 飲むに

▼ 合~ (25, 0.2%)

2 居て

1 [23件] おきます, お救, ゐて, ズリ抜る, 一畝程は, 乱合て, 何となくこの, 入我我入, 十二時の, 喧嘩を, 大小三岐に, 居ます, 居る者共, 恐れ侍りぬ, 挑みける此物音, 更に興, 朝敵藩の, 片寄んと, 白状致さぬ, 立つたの, 見れば, 親密しい, 誰でも

▼ 合~ (25, 0.2%)

7 の木 3 の花 2 の, の葉

1 [11件] あらじか, といふ木の葉, の下, の並木, の少女, の木かげ, の木の下, の老木, の花ほのか, の葉影, の處女

▼ 合爾合姫~ (25, 0.2%)

1 [25件] がそっと, が下手, が二三, が侍女二三, が舞台中央, だ, と侍女ら, の侍女, の前, の屍, の涕泣きが, の袖, はひそか, は中央, は冷, は呆然と, は懼, は昂然, は独り頷首, は顔, は黙然と, へ笑いかける, を引っ立て, を振り解い, を案内

▼ 合~ (25, 0.2%)

3 した 2 されて, したの

1 [18件] された人々, したもの, した大理石, した形跡, して, してやったらどう, すとて, するため, するなり, せられたから, せられて, との間, とは屍体, のこと, の地, の墓, を要求, 之墓

▼ 合目あたり~ (23, 0.2%)

2 から遂に

1 [21件] から上, から下, から先, から霧, がいい, だ, だったの, である, で午飯, で焚火, としか想えない, と向い合っ, につく, に古い, に崖, に明るい, の冴えた, まで上っ, まで行く, を横断, を辿っ

▼ 合はん~ (22, 0.2%)

3 でも

1 [19件] かと思うた, からい, からです, からね, ことになつ, ぞな, といふだけのこと, とかさ, とか無茶, として, とふん, ともせざりけれ, と再, と思ひ, と思ふ, と思ツ, どうせ直ぐ賣り飛ばす, ばかしにし, ばかりに寄り添う

▼ 合~ (22, 0.2%)

2 の中

1 [20件] で, で手毬, といふの, といふ名, といふ小さな, などはよほど, にやつ, に帰つて, に帰る, に棲むでゐた, に立寄つた, のこと, の庭, の方, の良寛, はいかにも, は寂しい, へのぼつ, を訪れ, 遠因呈一絶

▼ 合~ (20, 0.1%)

1 [20件] がどう, と小間使, のさめ, の全身, の口, の手先, の方, はそういった, は一層, は元, は叫ぼう, は変, は強いて, は思わず, は涙声, は激情, は男, は着, は隅, を中

▼ 合という~ (19, 0.1%)

2 のも, 名の

1 [15件] のは, のを, ものだ, ものの, もんです, ような, 一種の, 人は, 学者が, 小娘にぞ, 戯れの, 深い交情, 組を, 血が, 面扶持に

▼ 合~ (19, 0.1%)

2 んです, 弱々しさ

1 [15件] さ, さそうに, さの, のである, のです, ので佐助, んといふ, 事には, 事情の, 女を, 子だろう, 折から, 点は, 目に, 速度で

▼ 合ひだ~ (19, 0.1%)

32 つたが

1 [14件] から仕, から何, がこの, がやっつけな, が矢張り斯, して, つたさうで, つたので, とかで, と他, と聽, と言つて, ものお, 果して今日

▼ 合ふか~ (19, 0.1%)

3 どうか 2 のやう

1 [14件] がよく, たぞ, だが, と云, どうかあぶない, どうかは, どうかも, どうかやつ, どうかを, も分らなく, も知れない, も知れません, 知れないと, 見當

▼ 合ほど~ (19, 0.1%)

2 ございましたが, 入れて

1 [15件] せんべいを, つけ, つとめて呑みます, チャリンと, 入た, 入れたもの, 入れるが, 削って, 剥げ落ち, 戦ったが, 汲み出して, 注して, 炊いて, 風呂敷に, 飲んだ

▼ 合ヶ原~ (19, 0.1%)

4 のお

1 [15件] から遠く, では儂, では闘犬, で犬合せ, には大, に犬合せ, のこと以来, の日, の犬小屋, の遠, はその, へお, へ向っ, へ急ぎ, へ罷る

▼ 合ひません~ (18, 0.1%)

721 か, から次版, から私, けど車, し, ので, のは, ネ, 子刻

▼ 合~ (18, 0.1%)

3 して 2 でもた, に青年, を承諾 1 が一台, でへい, で乗切る, で帰る, なら行, に乗っ, の泥除, もする, をした

▼ 合ずつ~ (17, 0.1%)

2 牛乳を

1 [15件] やった者, やるん, 出すだけ, 半玉が, 売れば, 子供に, 手前の, 振る舞いましょう, 毎晩逆上薬を, 焚いて, 買いに, 酒を, 飲まして, 飲むという, 飲むの

▼ 合ちゃん~ (17, 0.1%)

2 お百合ちゃん

1 [15件] がつい, がつかっ, と云っ, のところ, の云った, の仕事, の書く, の番, の病気, の緩慢状態, の金, も幸福, をおんぶ, 大ヘバリ, 見せようと

▼ 合つた時~ (17, 0.1%)

1 [17件] があつ, そして先刻, だつた, にばかり役立つ, に二人, に双方, に神, の意氣込み, の有様, の話, は加藤, は女, は流石, は生き, は矢張り客, 初めて醍醐味, 御米

▼ 合つてる~ (17, 0.1%)

1 [17件] うちに, かい, からね, が夏場, さうだ, さうです, と, と何となく, なんていふ程度ぢ, ので, のを, もの, んだ, んです, 時ヒツと, 相手を, 私に

▼ 合とか~ (17, 0.1%)

4 三合とか

1 [13件] そういうもの, そう何度, また二合, チュリップとか, 云うこと, 六合てえ, 否定の, 小刻みに, 日に, 止揚とかいう, 止揚とかいふ, 肉何斤とか, 言ふ

▼ 合には~ (17, 0.1%)

1 [17件] いくら喰つて, この橋, そのうち長兄, それ以上の, どうなる, ぼくも, よけい沢山飛びます, 五つ花が, 十花が, 卓子の, 尤も悩んでる, 当番も, 東京に, 社会は, 種類が, 赤い珊瑚珠, 革命劇場中賑かな

▼ 合ひと~ (17, 0.1%)

2 いふこと, いふもの

1 [13件] いふの, いふわけ, かでありまし, か井戸, か義理, して, なつた高等学校, なりかつて, は思はない, やらで吉原, を感じ, 睨んだの, 見える

▼ 合ひました~ (17, 0.1%)

2 が平次, な, も決して, よ 1 から, がお, が主人, が人間, が何, が劍, ぜ, 様で, 樣で

▼ 合~ (17, 0.1%)

4 の瓢箪 2 の徳利

1 [11件] つて居る, と申します, のジョッキ, の三組, の大, の正宗, の空瓶, の透明, の酒壜, の醤油徳利, 程の

▼ 合~ (17, 0.1%)

2 を取り出し

1 [15件] が横, ともう, に酔, の口, の銀釜正宗, は帽子, を一本, を一本宛晩酌, を仕入れ, を倒, を提げ, を片手, を独り, を立てらし, を紐

▼ 合~ (17, 0.1%)

2 が一本, と三皿

1 [13件] から倒, があった, が置い, に取分け, の口, の湯気, を出し, を執る, を戴く, を摘み出し, を次郎どの, を片手, を銅壺

▼ 合でも~ (16, 0.1%)

2 飲めると

1 [14件] あると, ある人, して, するやう, ないが, はじまつて, 二合でも, 五勺でも, 喜んで, 四合入る, 始まるよう, 始めれば, 飲もうという, 香が

▼ 合はう~ (15, 0.1%)

4 と言 3 ぢや 2 と思つて 1 が合, としては離れ, としてゐる, とでもする, と云, ものなら

▼ 合以上~ (15, 0.1%)

2 はある

1 [13件] なみなみとあり, のめ, の割りあて, の旨, の酒, の附合, はうまく, は決して, は飲まない, ひろふんだ, 呑んでは, 食べます, 飲まないこと

▼ 合~ (14, 0.1%)

2 二合

1 [12件] お奉行, お若, 一合の, 三合ほどの, 二合かの, 二合の, 五合位を, 五合買て, 何かの, 兎も, 六合の, 我が

▼ 合ひさう~ (14, 0.1%)

6 もない 2 に近く 1 で, な大きな, な忠實, な男, に思はれぬ, もなく

▼ 合外套~ (14, 0.1%)

2 の襟, を着 1 で出た, で外, など, などというもの, にハンティング, のボタン, のポケット, も歩いてる, も渋い, をぬい

▼ 合~ (13, 0.1%)

1 [13件] それが, という, ともかくも, にいた, にふい, に笑っ, に雛妓, 大勢の, 少しも, 彼は, 殊に少い, 然る, 遙

▼ 合より~ (13, 0.1%)

2 口を

1 [11件] はたと少年, スロープ緩く, 二升は, 名を, 四合以上呑ん, 国民の, 少くしか, 差出ました横槍, 突っかける, 細君に, 顔を

▼ 合一勺~ (13, 0.1%)

7 のその 1 ぐらいの配給, だのそのうえ, との歴史的価値, と切支丹, の中, を確保

▼ 合入り~ (13, 0.1%)

1 [13件] とある, と称し, の万寿, の古, の土器, の大杯たてつけ, の徳利, の盞, の石油缶, の緑毛亀盃, の酒瓶, の銚子, や一升入り

▼ 合~ (13, 0.1%)

2 の方

1 [11件] といえ, としてある, と呼んだ, に先鞭, のはじまり, の出はじめた, の挿絵, の絵草紙, は歓迎, を思はせる, を指した

▼ 合~ (13, 0.1%)

2 の色, やトマト 1 そのままな, とや言, に似た, のうへ, のやう, のよう, の花粉, も薔薇, をあらわす

▼ 合衆國~ (13, 0.1%)

2 とは其人民永世不朽

1 [11件] が一六三八年, とか或は, に渡り, のため, のオレゴン州コロンビア河口, の大, の大統領, の汽船會社支店, は立國, 亦敏速, 亦濫任

▼ 合とは~ (12, 0.1%)

2 飲めないくせ 1 その地下, 中国の, 二種の, 今云う, 可成り, 合わせませんよ, 持ち物が, 甚だ迷惑, 車の, 限らない

▼ 合へば~ (12, 0.1%)

1 [12件] いいだらう, いいとして, お互に, かうした楽しい, さう, それでい, それで宜, 互の, 地方, 宜いが, 小判を, 構は

▼ 合~ (12, 0.1%)

2 は私 1 して, であ, とは対眼鏡, にいらっしゃった, になる, にも成らう, は苦い, をし, をしなけれ, を見つけた

▼ 合~ (12, 0.1%)

5 して 1 さするまでは, しいやいや既に, したもの, したるそして, すれば, の大, の氣分

▼ 合ない~ (11, 0.1%)

1 [11件] で箸, ところが, ので, ものであろう, ような, 兵二郎は, 感を, 本当の, 様に, 点が, 疲労ばかりが

▼ 合にな~ (11, 0.1%)

2 つて兄が, つて居た 1 つたのは, つた或, つても, つてゐたなら, つてゐたら, つて居ります, つて惡くない

▼ 合~ (11, 0.1%)

1 [11件] から私, は御, ばかりにて漸, 事あれ, 奴で, 徒然に, 所が, 處なりし, 許り, 話だ, 迄に慄

▼ 合ふまい~ (11, 0.1%)

2 がそんな 1 か, から何, が名誉, ぞ, とした, と伝へた, と思はれる, と思ひやられる, と思ふ

▼ 合~ (11, 0.1%)

2 様でございます 1 あれが, いま授業中な, とあの, と想起, と旦那, また雨, われとは, 二人とも, 様ご

▼ 合~ (11, 0.1%)

1 [11件] と名乗っ, に習合, の矢, の譚, 伝説が, 伝説を, 大臣だ, 大臣以来島の, 大臣軍に, 説経といふ, 説経は

▼ 合つて來~ (10, 0.1%)

2 た, るの 1 たさ, たに, たの, て樺太, ない, る事

▼ 合~ (10, 0.1%)

2 ている 1 たも, た二ツ, た結果, てい, ております, て娯, て行く, て走っ

▼ 合~ (10, 0.1%)

3 りの 1 でゆかれた, に二人乘つた舞子, の人力車, りでは, り一臺, をし, を一挺とつ

▼ 合~ (10, 0.1%)

1 がある, が無きゃ, ですよ, でもある, でも来, の万太, の平太郎さ, は外, は急, も無い

▼ 合~ (10, 0.1%)

1 が極まっ, で一杯, で何, で味, という用語例, と同, と書いた, なの, の中, を覚

▼ 合~ (10, 0.1%)

2 の名 1 という形, として, と見る, になり, の, の国語辞典, の服, の論文

▼ 合その~ (9, 0.1%)

2 ほか江次第二合延喜式日本紀文徳実録寛平御 1 あとで, ま, 声その, 床の, 用ゐ, 痕今に, 袖に

▼ 合って~ (9, 0.1%)

1 いたいたけ, 御膳を, 来た青年, 腰を, 蓮根の, 追いつ追われつ起きつ転びつさも, 道の, 顕微鏡の, 駄菓子屋に

▼ 合ひたる~ (9, 0.1%)

1 ものと, ものに, 住居の, 勞働なら, 寺の, 小住居, 後草案は, 楽しみを, 雑魚寝びと遊び倦きたる

▼ 合ふところ~ (9, 0.1%)

2 がある 1 あり, ただそれ, などてんで, までいけ, まで下げ, まで作者, を見

▼ 合~ (9, 0.1%)

3 助へ 1 助に, 助は, 助常道, 団扇等御, 如く相成居, 有

▼ 合乗り~ (9, 0.1%)

2 して 1 しそして, した自動車, でお, ではどちら, で先, で往かう, で蔵前通り

▼ 合~ (9, 0.1%)

1 すること, と哥老会, のため, の会員, の会員全部, の教理, の議事録, また一名銅銭会, や哥老会

▼ 合~ (9, 0.1%)

1 が上野, が巣鴨, が雑司谷, には七人, に刻まれ, を上野共同墓地, を巣鴨, を立つる, を谷中墓地

▼ 合抜け~ (9, 0.1%)

2 がし, がした, の体 1 のする, の顔, もした

▼ 合~ (9, 0.1%)

1 がつい, が居る, が新之助, とを牛頭, に可愛い, に必須, に頬ずり, はグレイ, は息

▼ 合だけ~ (8, 0.1%)

1 とること, なり, オカユだ, 寢酒を, 注文す, 置いて, 買って, 買ひ

▼ 合ばかりの~ (8, 0.1%)

1 んで, 塩を, 泡盛を, 玄米を, 米を, 酒を, 酒冷たく, 里芋とを

▼ 合ふて~ (8, 0.1%)

2 政治上の 1 は彼, まづわ, もの言つて二人居られる, も打ち勝つ, 其方さして, 天井より

▼ 合会頭~ (8, 0.1%)

4 たる故 1 たるを以て, としての賞, の職, の賞

▼ 合徳利~ (8, 0.1%)

1 がつけ, が置い, でもいっぱい, で三本, に風呂敷, も置い, を差出す, を持っ

▼ 合~ (8, 0.1%)

1 いただくわ, がさかん, の味噌汁, の球, をたずさえる, を持っ, を持った, を荷馬車

▼ 合~ (8, 0.1%)

1 がうち, でありましたから, と名, と申す, に対する恋ゆえ, の恋, は右門たち三人, を殺し

▼ 合目以上~ (8, 0.1%)

2 に降雪 1 が夏, が東京, には, に約, の富士, は無疵

▼ 合目辺~ (8, 0.1%)

1 で力, で陶器, と思われる, にたなびく, に下れ, に於, までもあった, をカッ

▼ 合つたら~ (7, 0.1%)

1 どうかと, どうだ, もうおし, 一緒について, 嘸楽しい床しい, 最後私たちはわ, 静かな

▼ 合つた二人~ (7, 0.1%)

1 でございます, のその, の仲, の顏, は一, は何ん, を助けたら

▼ 合つて夜~ (7, 0.1%)

2 の更ける 1 おそくまで, が白, の更, を明かし, を明かしたさうでした

▼ 合つて貰~ (7, 0.1%)

1 つたかい, つたら何, つてるし, ひて, ひやせうか, ひ一應弟佐野松, ふやう

▼ 合といふ~ (7, 0.1%)

1 のは, のを, ものを, 可愛らしいの, 大変可愛らしい, 娘が, 百合も

▼ 合とも~ (7, 0.1%)

2 戦わぬうち 1 太刀打ちせず, 存ぜず不躾, 戦わないうち, 戦わぬま, 言いたい

▼ 合にも~ (7, 0.1%)

1 ぼくは, 不合, 不浄の, 何にも, 及ばざらん, 経験した, 近い激しい戦い

▼ 合ひま~ (7, 0.1%)

2 へん 1 すめいけど, すめェ, で池, はり金盞花, へうまい

▼ 合ほどの~ (7, 0.1%)

1 価を, 定量を, 徳利を, 水を, 真新しい壁, 遠慮が, 酒を

▼ 合まで~ (7, 0.1%)

1 して, やってから, 勝負しろっ, 戟を, 戦った, 目に, 見ゆるかと

▼ 合ビン~ (7, 0.1%)

1 じゃない, で打ち興じ, に酒, をひ, をもっ, を手ジャク, を持ちあげ

▼ 合~ (7, 0.1%)

1 があっ, の後, の様子, はありません, はある, は一切, は多い

▼ 合爾合~ (7, 0.1%)

1 と成吉思汗, の死体, の肩, はつんと, はにっこり, は茫然, は首

▼ 合目的~ (7, 0.1%)

1 たらしめる可能, なこの, なもの, な生命, に応用, の問題, の知識

▼ 合目陶器師~ (7, 0.1%)

2 であった 1 だ, とは俺, と卜伝, と名, と邂逅

▼ 合長屋~ (7, 0.1%)

1 が協議, と近所, の奴等, の月番, の衆, の障子, へは百

▼ 合點行~ (7, 0.1%)

2 ざる儀, ぬと 1 ざりけり, ざれども, ねど

▼ 合あまり~ (6, 0.0%)

1 ですます, なん, の潰し麦, 戦ったが, 飲んで, 飲んでしまつたので

▼ 合つた事~ (6, 0.0%)

2 のある 1 でしたが, は一度, もあまり, も無い

▼ 合つた仕事~ (6, 0.0%)

2 があつ, も出来ない 1 をみつける, を見つけたい

▼ 合つた方~ (6, 0.0%)

1 から云, がい, が恰好, が愉快, が正月, の汚れた

▼ 合づち~ (6, 0.0%)

3 を打った 2 を打つ 1 を打つた

▼ 合である~ (6, 0.0%)

1 かと見, からそこ, が変化, と思われる, にせよ, 関係で

▼ 合では~ (6, 0.0%)

1 ありますけれども, ありません, あるし, そちが, ないから, なかった

▼ 合など~ (6, 0.0%)

2 いふなり 1 ありデンドロ, である, やつて, 開いて

▼ 合などの~ (6, 0.0%)

1 咲いて, 恙なかっ, 恙なかつた, 花が, 花ばかり, 草花を

▼ 合なら~ (6, 0.0%)

1 ばゼラチン四枚, ば二本, ば牛, む, 五両賭でなくっ, 五人前ぐらいに

▼ 合はせよう~ (6, 0.0%)

2 とした 1 とし, としてゐた, と約束, と考へまし

▼ 合ひです~ (6, 0.0%)

1 から四つ, がお, がね是非親分, の, よ, わ女

▼ 合ふから~ (6, 0.0%)

1 いいと, だ, だと, ですね, と板倉屋, 面白い

▼ 合ふため~ (6, 0.0%)

1 だと, であらう, にはこの, には万事, に探る, の便宜

▼ 合ふべき~ (6, 0.0%)

1 も今, 時ならず, 服裝した, 機會は, 自然な, 間なれ

▼ 合よりも~ (6, 0.0%)

1 ジャムよりも, 清くさわやか, 甘し, 自然の, 芳しく杜若, 野趣が

▼ 合八勺~ (6, 0.0%)

2 の米 1 ですと, ときめられ, として十月一日, まで騰りました

▼ 合~ (6, 0.0%)

2 のいかさま枡 1 だ, と贋金, の桝, を見つけた

▼ 合法則性~ (6, 0.0%)

1 が内在, に対応, に於, の記載的, への信頼, を持つ

▼ 合~ (6, 0.0%)

1 ないわゆる, なる二つ以上, な体系, な行為規範, にし, 及び個物的

▼ 合~ (6, 0.0%)

1 だ, といふの, として硫黄, とは参りますまい, を塗っ, を知つて

▼ 合配給~ (6, 0.0%)

2 などを公約, の公約 1 が先決問題, して

▼ 合飲ん~ (6, 0.0%)

1 でいる, でしまった, で三円五銭, で大きな, で家, で死ん

▼ 合くらい~ (5, 0.0%)

1 お酒, でもう, 買って, 酒だ, 飲んで

▼ 合しか~ (5, 0.0%)

1 ないから, ない行こう行こう, なかつたといふ, 量らないが, 量らないなんだか

▼ 合つて二人~ (5, 0.0%)

1 が一致, が樂, が百本杭, は暫く, は部屋

▼ 合つて私~ (5, 0.0%)

2 の心 1 に今夜, はた, は自身

▼ 合つて腰~ (5, 0.0%)

2 を掛けた 1 をおろした, をすゑ, を掛け

▼ 合づつ~ (5, 0.0%)

1 の晩酌, の牛乳, は取らなけれ, 御肴代金一朱, 頂いて

▼ 合との~ (5, 0.0%)

1 件について, 替えことで, 束を, 花束を, 花粉に

▼ 合ひな~ (5, 0.0%)

2 はれ 1 し, すつて, んだい

▼ 合ひらしい~ (5, 0.0%)

2 中年過ぎの 1 ひとりの, ものは, 白の

▼ 合ふた~ (5, 0.0%)

3 からには仕方 1 夏の, 靴は

▼ 合ふだらう~ (5, 0.0%)

1 かと, かなど, がネクタイ, と唐突, な

▼ 合ふん~ (5, 0.0%)

1 だが, です, でせう, で親分, なら向う

▼ 合ふんだ~ (5, 0.0%)

1 から, からな, からね, からネ日本, わ

▼ 合カギ~ (5, 0.0%)

1 も持てやしません, をこし, を持つ, を造らせた, を鋳造

▼ 合~ (5, 0.0%)

2 を突 1 すること, なれば, をつ

▼ 合余り~ (5, 0.0%)

1 の牛乳, も詰めたろう, を貰, を飲んだ, 戦っては

▼ 合子女史~ (5, 0.0%)

1 が背, の洋行譚, の顔, は大事, は見上げる

▼ 合注し~ (5, 0.0%)

3 て塩胡椒 1 て塩, て湯

▼ 合~ (5, 0.0%)

1 したもの, しても, すれば, をとばした, をふらし

▼ 合買っ~ (5, 0.0%)

1 てある, てくれた, て来, て鮭, とくんなさい

▼ 合部屋~ (5, 0.0%)

1 か何, だという, に膝, の早子, へ入院

▼ 合~ (5, 0.0%)

1 しに, て其後代錢, まなく, み澤田子, み褞袍

▼ 合かの~ (4, 0.0%)

1 どんぐりを, 団栗を, 地面を, 晩酌を

▼ 合ちやん~ (4, 0.0%)

1 が今, が既に, に聞い, の店

▼ 合つた仲~ (4, 0.0%)

1 だからネ, だと, でもない, なのにと

▼ 合つた汽車~ (4, 0.0%)

1 に乗つ, に乘, の中, の窓

▼ 合つた結果~ (4, 0.0%)

1 がなにか, が村松, は水源, 急いで

▼ 合つてそこ~ (4, 0.0%)

1 に穹窿形, の裂目, を立ち去り, を離れる

▼ 合つて話~ (4, 0.0%)

2 をする 1 がまとまる, をし

▼ 合です~ (4, 0.0%)

1 からつまり三等分, から今更, が夫婦, ね

▼ 合とを~ (4, 0.0%)

1 とりに, 両腕, 床の, 注して

▼ 合ぬけ~ (4, 0.0%)

2 がした 1 のきみ, のした

▼ 合ひきれない~ (4, 0.0%)

21 ところが, とでも

▼ 合ひまし~ (4, 0.0%)

1 てこの, てネ始終, て子, て宜

▼ 合ひ融け~ (4, 0.0%)

2 合つて私の 1 あつて, 合ひ

▼ 合ふてゐる~ (4, 0.0%)

1 うちに, と急, 光景を, 山々の

▼ 合へと~ (4, 0.0%)

1 云つた, 云ひ出した, 云ふ, 有仰る

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 しとぞ昔時唐土漢, 後眥, 此の, 氏秘魯國に

▼ 合トンビ~ (4, 0.0%)

1 の襟, をかけ, を初め, を着

▼ 合七勺~ (4, 0.0%)

1 で豆類, のその, の遅配欠配, の飯

▼ 合三合~ (4, 0.0%)

1 あゝ三合, かれ劣らずこれ, となつたの, と酒

▼ 合~ (4, 0.0%)

2 合を 1 申候, 申此鄙著二冊致呈上候

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 などに出掛ける, なら決して, にせん, の気転

▼ 合取っ~ (4, 0.0%)

3 て来 1 ても武士

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 して, し百戦, するに, の内

▼ 合圖一つ~ (4, 0.0%)

1 すると, でお, で呼, で飛出し

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 の御, の御陵, はまた, をお

▼ 合殿~ (4, 0.0%)

1 と許婚, の小, を失つた春日邦之助, を見染め

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 という貯水池, の流れ, の近く, へ行く

▼ 合~ (4, 0.0%)

2 の鳥越 1 とかいうよう, も遣りゃ

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 であった, といわれる, のひと, よ新人

▼ 合~ (4, 0.0%)

2 の床, の式

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 つたん, て来, ひに, ふまつたく

▼ 合買う~ (4, 0.0%)

2 ので 1 てきた, て戻る

▼ 合~ (4, 0.0%)

1 で来い, で果し合い, なんて大口, をやっ

▼ 合飲む~ (4, 0.0%)

2 ような 1 と可, と飲みすぎ

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 お前が, どこで, はせ

▼ 合ある~ (3, 0.0%)

1 ことを, と請合, ものと

▼ 合あれ~ (3, 0.0%)

1 ば砂糖, ば聟, ば養子

▼ 合いっこ~ (3, 0.0%)

1 が始, はない, をし

▼ 合いも~ (3, 0.0%)

2 して 1 するもの

▼ 合いや~ (3, 0.0%)

1 これで, 新刀試し辻斬の, 馬鹿げたしぐさ

▼ 合うた友だち~ (3, 0.0%)

1 とた, とただ, などと相

▼ 合うまい~ (3, 0.0%)

1 がそんな, がと云い, けれど此

▼ 合からでも~ (3, 0.0%)

2 思ひがけ 1 有ったろうか

▼ 合くら~ (3, 0.0%)

1 ゐづつ, ゐの, ゐやると

▼ 合ぐらい~ (3, 0.0%)

1 なら飲むこと, 入りそう, 這入る竹

▼ 合けれ~ (3, 0.0%)

1 ば扨, ば是, ば菊女

▼ 合こそ~ (3, 0.0%)

1 さかめ, なつかしけれ鬼, 望むところ

▼ 合ざる~ (3, 0.0%)

1 ものなら, を如何にも, 事多し

▼ 合した~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, のである, 時に

▼ 合じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないけれども, ないに, ア足りねえ

▼ 合ずつの~ (3, 0.0%)

1 割りあてが, 握り飯を, 米を

▼ 合それから~ (3, 0.0%)

1 城跡で, 玉蜀黍の, 風呂

▼ 合つけ~ (3, 0.0%)

1 てくれない, て下され, て寝た

▼ 合つた二つ~ (3, 0.0%)

1 の層, の心, の美しい

▼ 合つた人達~ (3, 0.0%)

1 だけでお, に會つて, の会

▼ 合つた人間~ (3, 0.0%)

1 は怪物, を見た, を調べ上げ

▼ 合つた仲間~ (3, 0.0%)

1 の大半, ばかりで出, もゐ

▼ 合つた友達~ (3, 0.0%)

1 で丑松, になつ, を訪ねる

▼ 合つた女~ (3, 0.0%)

1 で一旦, といふ女, のた

▼ 合つた室~ (3, 0.0%)

2 には無職 1 の仕切り壁

▼ 合つた席~ (3, 0.0%)

1 では無い, にかけてゐ, を陣取り

▼ 合つた彼女~ (3, 0.0%)

1 の眼, の袂, はもはや

▼ 合つた茅葺勝~ (3, 0.0%)

3 の家並

▼ 合つた間柄~ (3, 0.0%)

1 でもありました, といはね, の何年

▼ 合つてこれ~ (3, 0.0%)

1 でまア, はなか, は命拾

▼ 合つてそれ~ (3, 0.0%)

1 がお前さん, が三組, こそ久々

▼ 合つて一緒~ (3, 0.0%)

1 にもう一度, に仕事, に登校

▼ 合つて何~ (3, 0.0%)

1 か感, か話, か話し

▼ 合つて寢~ (3, 0.0%)

1 たの, ている, ましたが

▼ 合つて水~ (3, 0.0%)

1 にひたつ, をかけられ, を溜め

▼ 合として~ (3, 0.0%)

1 それを, 認めて, 願済に

▼ 合ながら~ (3, 0.0%)

1 炉の, 立ち上ろうと, 長助は

▼ 合などが~ (3, 0.0%)

1 個人的な, 誇り気に, 黄に

▼ 合にて~ (3, 0.0%)

1 いひ右, 遂に, 錦橋先生の

▼ 合はれない~ (3, 0.0%)

1 でせう, のだ, 梅雨半ばの

▼ 合はれる~ (3, 0.0%)

1 からである, ことだらう, のは

▼ 合はんの~ (3, 0.0%)

1 だ, ですから, で御座いませうから

▼ 合ひかねる~ (3, 0.0%)

1 こと来年は, ところも, ね

▼ 合ひから始まつ~ (3, 0.0%)

2 て夫 1 てそれ

▼ 合ひご~ (3, 0.0%)

1 つこも, つこを, とはあつ

▼ 合ひした~ (3, 0.0%)

1 のだ, のである, まひて

▼ 合ひであり~ (3, 0.0%)

1 東洞院では, 苦樂を, 衒学の

▼ 合ひも出來~ (3, 0.0%)

1 ず一族, たが, なくなつ

▼ 合ふとい~ (3, 0.0%)

1 ふところに, ふところにまで, ふところまで

▼ 合ふとし~ (3, 0.0%)

1 たら札, てローラ, て旅

▼ 合ふなら~ (3, 0.0%)

1 うんと用意, 俺ら沼波から, 笑ひ

▼ 合を以て~ (3, 0.0%)

1 居りしに, 此の, 此久八を

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 てお, にて打, ヨ

▼ 合ッ点~ (3, 0.0%)

21 が行かない

▼ 合乗俥~ (3, 0.0%)

1 というはその, というもの, の上

▼ 合二合~ (3, 0.0%)

1 と激しく, のクリーム, の切米

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 の辺, の釣瓶, 遠くし

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 の牛乳, も入り, 大きくなっ

▼ 合則性~ (3, 0.0%)

1 によって放っ, は社会的実践, への

▼ 合則的~ (3, 0.0%)

1 である, なもの, な構成

▼ 合加え~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て塩胡椒, て少し

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 で古道, のしし岩, を出外れ

▼ 合天井~ (3, 0.0%)

1 なる紅, になっ, の紫

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 つけて, のん, 飲んだと

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 公事足八人, 肴という, 触流

▼ 合持ったら~ (3, 0.0%)

1 という俗言, 官吏と, 聟に

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 が唱導, し燕兵数千, すなわち会戦地集結

▼ 合斬り結んだ~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 がそれ

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 と太刀, を合わせた, を捨

▼ 合歡花~ (3, 0.0%)

1 あらじか, をぼかした, 皆滿開

▼ 合~ (3, 0.0%)

2 の術 1 がつよい

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 に諜者, の洋服屋, の者

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 が順天中学, の設立者福田理軒, も大成学館

▼ 合~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 にとりあげ, に取り上げた, の頭

▼ 合~ (3, 0.0%)

2 を脱ぎ 1 の穴

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 ですね, になった, の

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 したこと, した如く, の事

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 と呼ぶべき, の中腹, の百合

▼ 合買い~ (3, 0.0%)

2 をする 1 に行こう

▼ 合~ (3, 0.0%)

3 の連

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 がそれぞれ, としておのおの別, は尋常

▼ 合~ (3, 0.0%)

1 ですが, の重箱, 程にうまい

▼ 合あまり頂戴~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 合あやめ~ (2, 0.0%)

2 下女お

▼ 合あり~ (2, 0.0%)

1 こは, て心嬉

▼ 合いま~ (2, 0.0%)

1 するゆえ, に観察

▼ 合うた~ (2, 0.0%)

1 がよい, が幸い

▼ 合うた者~ (2, 0.0%)

1 が実戦者, じゃ

▼ 合うてる~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 ひるおかゆ一杯, 若を

▼ 合かも~ (2, 0.0%)

1 しれぬ目印, 知れない

▼ 合かわす~ (2, 0.0%)

2 が相手

▼ 合けて~ (2, 0.0%)

1 くれましたが, 女給の

▼ 合ける~ (2, 0.0%)

1 が此後富右衞門, 事を

▼ 合ざれ~ (2, 0.0%)

1 ば四郎右衞門, ば狂氣

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, て更に

▼ 合すら~ (2, 0.0%)

1 しないという, せぬ支那人

▼ 合するらしく~ (2, 0.0%)

1 可なり, 想像されぬ

▼ 合する如く~ (2, 0.0%)

1 根本的に, 突然と

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 ようの, 事は

▼ 合だけの~ (2, 0.0%)

2 黄金を

▼ 合だった~ (2, 0.0%)

1 の, ので御

▼ 合ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 どっちが, 仲好く

▼ 合ちや~ (2, 0.0%)

1 んあんた, んお父さん

▼ 合つたう~ (2, 0.0%)

1 へでなら, へで向

▼ 合つた中~ (2, 0.0%)

1 に, に更に

▼ 合つた二枚貝~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 合つた人々~ (2, 0.0%)

1 だから, の影

▼ 合つた今井病院~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 合つた六軒長屋~ (2, 0.0%)

2 の取

▼ 合つた処~ (2, 0.0%)

1 にゴロロボフ, のや

▼ 合つた同士~ (2, 0.0%)

1 が明るみ, のこと

▼ 合つた壁~ (2, 0.0%)

1 と其両翼, の窪み

▼ 合つた山~ (2, 0.0%)

1 はくつきり, を越し

▼ 合つた手~ (2, 0.0%)

1 を放し, を放した

▼ 合つた樣~ (2, 0.0%)

1 なところ, にも見えた

▼ 合つた樣子~ (2, 0.0%)

1 でした, で御

▼ 合つた母~ (2, 0.0%)

1 の顔, を横取り

▼ 合つた気~ (2, 0.0%)

1 易さ, 障な

▼ 合つた男~ (2, 0.0%)

1 あの男, も少く

▼ 合つた目~ (2, 0.0%)

1 であつ, には兩人

▼ 合つた私~ (2, 0.0%)

1 が醫者, の気分

▼ 合つた親分子分~ (2, 0.0%)

1 で平次, は自分達

▼ 合つた話相手~ (2, 0.0%)

1 なの, を持たなかつた

▼ 合つた證據ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 合つた部屋~ (2, 0.0%)

1 にはいつ, の入口同志

▼ 合つた顔~ (2, 0.0%)

1 と顔, を見くらべ

▼ 合つた験し~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 合つてす~ (2, 0.0%)

1 つかり仲好し, や

▼ 合つてやつ~ (2, 0.0%)

1 と入廷, と各

▼ 合つてゆ~ (2, 0.0%)

1 つくりお茶, つくりその

▼ 合つて一~ (2, 0.0%)

2 しよに

▼ 合つて一軒~ (2, 0.0%)

1 の理髪床, の理髮床

▼ 合つて互~ (2, 0.0%)

1 ひに, を穴

▼ 合つて他人~ (2, 0.0%)

1 が見, 入らずの

▼ 合つて喧嘩~ (2, 0.0%)

1 をする, を始める

▼ 合つて天空~ (2, 0.0%)

2 に聳え

▼ 合つて女~ (2, 0.0%)

1 の思考, の思考情願

▼ 合つて座~ (2, 0.0%)

2 を占めた

▼ 合つて手~ (2, 0.0%)

1 を出し, を携

▼ 合つて枕~ (2, 0.0%)

2 に就いた

▼ 合つて死~ (2, 0.0%)

1 ぬるもの, のやう

▼ 合つて毎日~ (2, 0.0%)

1 やつて, を愉快

▼ 合つて目~ (2, 0.0%)

1 くばせして, に立つ

▼ 合つて竹山~ (2, 0.0%)

2 の下宿

▼ 合つて笑~ (2, 0.0%)

1 ひながら, ふ

▼ 合つて笑つた事菊池君~ (2, 0.0%)

2 が盃

▼ 合つて自分~ (2, 0.0%)

1 の番, を調弄つて

▼ 合つて舊~ (2, 0.0%)

1 い歌, い馴染

▼ 合つて表~ (2, 0.0%)

1 に出, へ駆け出し

▼ 合つて身~ (2, 0.0%)

1 を寄せ, を慄

▼ 合つて頭~ (2, 0.0%)

1 から顔, を下げた

▼ 合つて顔~ (2, 0.0%)

1 を見る, を見合

▼ 合つて食~ (2, 0.0%)

1 ふこと, ふ間柄

▼ 合つと~ (2, 0.0%)

1 くれ, りやそれで

▼ 合でした~ (2, 0.0%)

1 か, がそりゃ

▼ 合とっても~ (2, 0.0%)

2 三合飯

▼ 合とど~ (2, 0.0%)

2 仙太の

▼ 合とな~ (2, 0.0%)

1 せり, つたのである

▼ 合とまで~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 合なかつた~ (2, 0.0%)

1 のだ, のに

▼ 合なき~ (2, 0.0%)

1 時が, 顔し

▼ 合なさる~ (2, 0.0%)

1 といい, 人は

▼ 合などを~ (2, 0.0%)

2 はじめお家累代の

▼ 合なり~ (2, 0.0%)

1 一升なり, 勝手に

▼ 合なれ~ (2, 0.0%)

1 ばとてまだ, ば退き

▼ 合によ~ (2, 0.0%)

1 ぢて, つて此れ

▼ 合に際して~ (2, 0.0%)

1 彼等は, 生れた者

▼ 合ねば~ (2, 0.0%)

1 千太郎は, 懲らしめられた計

▼ 合はうで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 合はげしく~ (2, 0.0%)

1 わたりあうと, 渡りあって

▼ 合はむ~ (2, 0.0%)

1 として曾, 照り反さん

▼ 合はれ~ (2, 0.0%)

1 候ひけん, 誰からも

▼ 合はん事~ (2, 0.0%)

2 を云つた

▼ 合はん仕事~ (2, 0.0%)

2 やちう

▼ 合ばかりも~ (2, 0.0%)

1 捕れた, 焚き獨鈷

▼ 合ひか~ (2, 0.0%)

1 といふ, マヤカシだ

▼ 合ひくださらん~ (2, 0.0%)

2 かと云

▼ 合ひさうだ~ (2, 0.0%)

1 ぜ, よ

▼ 合ひさうな~ (2, 0.0%)

1 のを, ものに

▼ 合ひする~ (2, 0.0%)

1 ことを, 迄もない

▼ 合ひたい~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, ものである

▼ 合ひで迷惑~ (2, 0.0%)

1 されよう, だつたネ

▼ 合ひなき~ (2, 0.0%)

2 人を

▼ 合ひによつ~ (2, 0.0%)

1 てその, て進められ

▼ 合ひますまい~ (2, 0.0%)

1 けれど, どうです

▼ 合ひより~ (2, 0.0%)

1 はこの, も雑駁

▼ 合ふそ~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ 合ふつ~ (2, 0.0%)

1 てさ, もりで山名屋

▼ 合ふ寄る~ (2, 0.0%)

2 のおぼろ田

▼ 合ふ思ひ~ (2, 0.0%)

2 出の

▼ 合へり~ (2, 0.0%)

1 予も, 吉野行の

▼ 合ほどを~ (2, 0.0%)

1 入れて, 量と

▼ 合ます~ (2, 0.0%)

1 からジカ, に酒

▼ 合まだ~ (2, 0.0%)

1 十八に, 相互とも

▼ 合もったら~ (2, 0.0%)

2 養子に

▼ 合よりは~ (2, 0.0%)

1 遙かに, 遥かに

▼ 合らしく~ (2, 0.0%)

1 も薔薇, 酒を

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 程成, 音が

▼ 合わする~ (2, 0.0%)

1 が如く阿, が聞こ

▼ 合をも~ (2, 0.0%)

1 始めるよう, 落ち著い

▼ 合イガハルカラ~ (2, 0.0%)

1 大迷惑, 大迷惑ヲシタ

▼ 合ウ機会~ (2, 0.0%)

2 ヲ与

▼ 合シャツ~ (2, 0.0%)

1 は去年, やセル

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 てると, てゐた

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 五塊ヲ, 加入ヲスル人ヲ

▼ 合一つ~ (2, 0.0%)

1 である, 萎んだりと

▼ 合三勺~ (2, 0.0%)

1 の米, の配給

▼ 合三合猛烈~ (2, 0.0%)

2 な襲撃

▼ 合上戸~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのこと, のお

▼ 合二勺~ (2, 0.0%)

1 にて馬, の室

▼ 合二十四~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 合五合~ (2, 0.0%)

1 という血, とはて

▼ 合五銭~ (2, 0.0%)

1 ないし十銭, は撫子一包

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 の心, を押分

▼ 合以上並々~ (2, 0.0%)

1 とあ, とある

▼ 合何勺~ (2, 0.0%)

1 ときまっ, よりは多い

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 する因

▼ 合借り~ (2, 0.0%)

1 てちび, て返さなかつた

▼ 合借りる~ (2, 0.0%)

1 ほうれん草二把四銭なでしこ四銭木綿針五本で, 醤油が

▼ 合入る~ (2, 0.0%)

1 うつわを, ことは

▼ 合其の~ (2, 0.0%)

1 夜の, 家へ

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 を合せたらしい

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 まぜを, をあわせる

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 ぐらいあった, だけでもあなた

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にし, を注射

▼ 合十銭~ (2, 0.0%)

1 の立看板, の米

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 としてある, ものの淡彩

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 とお呼び, はご

▼ 合咲け~ (2, 0.0%)

2 ばお

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 で片口, を使っ

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にたった, に一本

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 の上, の真中

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 瑤台

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 芝居と, 虎杖水芭蕉夜衾草矢車草等の

▼ 合大きな~ (2, 0.0%)

1 ので, 郊外電車から

▼ 合大枝~ (2, 0.0%)

2 を訪

▼ 合太刀~ (2, 0.0%)

1 を合わす, を混

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にはあるいは, 主義者であった

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にゐる, 御清祥

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 右記六合などの

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 のさくら

▼ 合巻かず~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 合巻本~ (2, 0.0%)

1 をそこ, を読ん

▼ 合巻物~ (2, 0.0%)

1 でございます春馬作, を読ん

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 で高山植物, という草原

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 に在り, に直った

▼ 合延喜式日本紀文徳実録寛平~ (2, 0.0%)

2 御記

▼ 合引橋~ (2, 0.0%)

1 に移居, の泳ぎ場

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 の皿, の紫

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 芬陀利花院の

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 し, なしの

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にとりあげた, を肩

▼ 合戦った~ (2, 0.0%)

1 がそのうち, が尋常

▼ 合手古奈~ (2, 0.0%)

1 に躊躇, は決して

▼ 合打ち~ (2, 0.0%)

1 を覚悟, 合つた

▼ 合扶持~ (2, 0.0%)

1 なんかで, を授けられる

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 に四合, に四合飮

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 と猫

▼ 合枝夫人~ (2, 0.0%)

1 こそ恐しい, は継母

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 で取立てる, で米

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 を中, を手

▼ 合槌うた~ (2, 0.0%)

1 なくたっ, なくたつ

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 の片手, の空虚

▼ 合注い~ (2, 0.0%)

2 で水四合

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 るべく住居, 樣なる

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 けてくれ, をし

▼ 合~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 合猛烈~ (2, 0.0%)

2 な襲撃

▼ 合申さず~ (2, 0.0%)

1 右を, 餘り

▼ 合百師~ (2, 0.0%)

1 が私, にひつ

▼ 合目位~ (2, 0.0%)

1 から以下, だろうと

▼ 合砂糖~ (2, 0.0%)

1 が〇・八斤, 大匙一杯

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 され竜神, の強行

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 にて夢, の顕著

▼ 合紅茶~ (2, 0.0%)

1 ほぼ同, 同量

▼ 合総松の木~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 した抒情詩, である

▼ 合縱連衡~ (2, 0.0%)

1 の説客, は各人

▼ 合見る~ (2, 0.0%)

1 ものみな酔える, 間に

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 に格子戸造, の花簪

▼ 合討ち~ (2, 0.0%)

1 とはなろう, になる

▼ 合調~ (2, 0.0%)

1 するもの, せ灯

▼ 合買つて來~ (2, 0.0%)

2

▼ 合足らず~ (2, 0.0%)

1 に減つて, の硝子燗瓶

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 するに, に過ぎざるなり

▼ 合近く~ (2, 0.0%)

1 も入るでせう, も飲み

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 せしめその, と

▼ 合~ (2, 0.0%)

1 が必要, を持たぬ

▼ 合點參~ (2, 0.0%)

1 ず正, り申さす候此度

▼ 合點參ら~ (2, 0.0%)

1 す候, ず

▼1* [1535件]

あてといふこと, 合あの時間に, 合あまりこれは白船君, 合あまり功徳を戴いた, 合あまり金十銭ばかり戴いた, 合あるならけっこうじゃ, 合あわせた者が, 合あゝ三合, 合間に, 合いい心持の, 合いきを切っ, 合いしが是非, 合いじるしだ, 合いずれが劣る, 合いでせうつて言, 合いなんだい, 合いのじぶんに, 合うた一時とその, 合うた上になお, 合うた話をし, 合うち合った上, 合うめえやな, 合えり生田の, 合えりし梅屋の, 合おうはずが, 合おなじ東の, 合および各種勢力の, 合お金一文も恵んだ, 合お願い申しやす, 合かたの明る, 合かと漂つてゐた, 合かなんかを奮発する, 合からす羽の, 合からにゆつと, 合かれ劣らずこれ譲らず, 合ぎり国男空腹に堪えず, 合くみ交すと, 合くらいの飯を, 合くれる大バカモリうどん, 合ぐつと飮み干し, 合ぐらいには不自由なし, 合ぐらいも血を, 合ぐらいを毎晩欠かさず, 合ぐらゐに減らしてから, 合ぐらゐひろふ予定だつたの, 合ぐらゐも血を吐いた, 合けっして量を, 合けり又正面, 合ことばのやう, 合この境地が, 合これにて程よく, 合ごまめ一袋でめでたく, 合うび, 合さく小草, 合さすがに古豪趙, 合さまには及び, 合さんあなたが大事, 合さんあんたが鍵, 合さん俺が代らう, 合ざりしが漸く, 合しかとその晃, 合しないかまた, 合しなはんな, 合じるしを示さん, 合すぎなり, 合すなわち芭蕉翁の, 合するありて水源, 合すると突如張, 合するならば国家, 合ずつときまって居りまし, 合ず居たりしかば家主嘉右衞門, 合せいぜいでしょうが, 合そして帰へり, 合そのものではなく, 合その他から無期, 合その他季節の花, 合それも白米, 合それで到彼岸, 合それでも勝負が, 合それに時として黒ビール一本追加, 合それらのもの, 合たちは歓ばし, 合たちまち彼の, 合たてつづけに呷りました, 合たりなぐり合ったり, 合たる家根船へ, 合だきの銅, 合だけですまなかった, 合だけでもおそらく男性, 合だっ斬合だっ, 合だの撫子だ, 合だろうがな, 合ちゃんあんたが泣い, 合ちゃんこれお上り, 合ちゃんと仲よくして, 合ちゃんキットあれはなくさず, 合ちゃん丈は自由, 合ちゃん奈良漬がすき, 合や, 合つけた時甚だ, 合つたあげく相沢の馬, 合つたいかにも, 合つたお時さんと, 合つたお蔭でどうやら, 合つたぎごちない沈默, 合つたくらゐだから, 合つたこれこそそもそも, 合つたその間の印象, 合つたつて好き, 合つたつていふわけ, 合つたつて構はない, 合つたなと思ふ, 合つたぼくだから, 合つたりくづれたりするぼんやりした網細工のやう, 合つたわけぢやある, 合つたアナクロニズムを感じる, 合つたカナダ生れの女, 合つたクリストの気もち, 合つたコンシャアルつていふ男, 合つたザポロージェ人が答, 合つたリズムで運ん, 合つたローランドへの愛情, 合つた一人の老人, 合つた一室であつ, 合つた一瞬間に別, 合つた一種生々しい金属音, 合つた三つの室, 合つた上下の目蓋, 合つた上命に賭け, 合つた上獲物を何, 合つた久米の真似, 合つた乗客の顔, 合つた事柄は自分, 合つた二三の友人, 合つた二三首を拔, 合つた二匹のトカゲ一緒, 合つた二十年前を覚え, 合つた二川のため, 合つた二軒旅籠の峰, 合つた二頭が身動き, 合つた人の熊手, 合つた人人は溝ぎはに一, 合つた人通りのなか, 合つた他人同士のその, 合つた位です, 合つた例が無く, 合つた側の壁, 合つた催馬楽が出, 合つた僅な時間, 合つた儘威勢よく立ちあがりました, 合つた儘幾皿かの料理, 合つた儘生人形のやう, 合つた儘眼を明い, 合つた儘葛の葉を吹き返す, 合つた兄妹でありそこ, 合つた兩國第一, 合つた初夏の日曜, 合つた動搖する汽車, 合つた卓子であるが, 合つた南側の前庭, 合つた友人の上, 合つた句を評し, 合つた同志の友, 合つた向うに眺め, 合つた向側の建物, 合つた唐人の夫婦, 合つた囚徒だちは, 合つた四つの袖, 合つた四人の若い, 合つた四十五六の主人, 合つた土地つていふの, 合つた場合何が持ちあがる, 合つた場合勝は多く, 合つた壁側の本箱, 合つた夕雲のかげ, 合つた夫であるならば, 合つた奮みで, 合つた女の子に門並み刺青, 合つた女二人の話題, 合つた妙にアンニュイ, 合つた始まりであつ, 合つた実業家茂木氏の女, 合つた家であり又, 合つた寄宿舎の窓, 合つた寢室へはいつ, 合つた小萩とはまつたく, 合つた少女を認めた, 合つた山々には雲, 合つた山の根を根気, 合つた山脈が見え, 合つた峰のたたず, 合つた島の人, 合つた平次と八五郎, 合つた幹柱のやう, 合つた座席に腰かけ, 合つた影と影, 合つた彼方の森, 合つた後ろに親, 合つた怜悧な眼付, 合つた思いで胸, 合つた恋人同志が彼処, 合つた恋愛の囘想, 合つた悪党ばかり寄せ, 合つた悲劇と言, 合つた感じのする, 合つた態度になつたの, 合つた所に出た, 合つた手紙は書けません, 合つた斑の雲, 合つた新郎安里の腕, 合つた日のこと, 合つた旦那の熱い, 合つた昌作の手, 合つた昔の記憶, 合つた時彼女に最上, 合つた時彼等の姿, 合つた時手首に噛み付かれた, 合つた時洋行中の次男千里, 合つた晩のことさ, 合つた末にあの, 合つた末八五郎に縛られた, 合つた末徳次郎と二人, 合つた末最後に椎茸, 合つた末試みに猫, 合つた本所の御用聞, 合つた果てしもない, 合つた椅子に腰, 合つた楼閣の中, 合つた次第を聞い, 合つた正面のところ, 合つた歩兵大隊になつて, 合つた河口の趣, 合つた海原が, 合つた淺黄色の青侍, 合つた灰色無地の三つ揃い, 合つた爲めその時, 合つた特別サービスで却つて日常サービス, 合つた独身女と処女, 合つた生活をした, 合つた田端の線路わき, 合つた男女の人影, 合つた男女二人が話, 合つた男性と女性, 合つた當時の興奮, 合つた省線の中, 合つた眞實性が八五郎, 合つた眼鏡さへ懸けれ, 合つた知人や知合, 合つた石段をおり, 合つた稲の品種改良, 合つた空論を弄, 合つた精密をきはめた, 合つた絵かきの仕事, 合つた經驗もあり, 合つた總てを丁度, 合つた美奈子と瑠璃子, 合つた群衆の中, 合つた者がある, 合つた者共だが, 合つた自信のある語り, 合つた自我がなく, 合つた自由勞働者などの中, 合つた舎と舎, 合つた色と形, 合つた落付など均斉, 合つた葉が寒, 合つた葦原醜男に, 合つた蓮の葉, 合つた蔭に腰, 合つた藤井に途中, 合つた蜜窩の小室, 合つた袷の上, 合つた裾に消え込み, 合つた西側の壁, 合つた見物人の船, 合つた親分乾分は斯, 合つた親友なら別, 合つた観棚に小林萬吾, 合つた言葉である, 合つた詞を出す, 合つた試は猶, 合つた調子がやはり何となく, 合つた身ではなし, 合つた軽井沢の夏, 合つた連帯網を構成, 合つた道徳的な墮落, 合つた銀行家が居た, 合つた鑑賞の上, 合つた間である, 合つた関係でその, 合つた闊葉樹林に風, 合つた雑木林の心, 合つた青年の一人, 合つた顏の古い, 合つた髪が真直, 合つた齒を見せ, 合つつその人間, 合つづけさまに, 合つておまけに夢想, 合つてきりつと, 合つてきれいな緑, 合つてさうきめた, 合つてその間で人間, 合つてたよたよと, 合つてどこか意, 合つてのどかに戲, 合つてひとつのグループ, 合つてぺつたりしたものになつて來る, 合つてほかの人たち, 合つてみたいと思つて, 合つてみつ子の瞳, 合つてらあ, 合つてわれわれの明日, 合つてエミルは自分, 合つてコンミュニストとトレードユニオニスト, 合つてトンネルのやう, 合つてナアそれから了, 合つてパツパと費, 合つてムツとした, 合つてロシア語の稽古, 合つてヴェランダの方, 合つて一つの巨大, 合つて一二尺の眼前, 合つて一刻前の話, 合つて一寸も退け, 合つて一文の狂ひも, 合つて一日は一時間, 合つて一時に湧き返つた, 合つて一杯飮み乍ら, 合つて一番うるさくした, 合つて丈はくれた, 合つて三人とも西方, 合つて三年越し暮した事情, 合つて三田の方, 合つて三郎と云, 合つて上つて, 合つて下敷の子, 合つて不景気な飯, 合つて主人の息子, 合つて乳のあたり, 合つて了つたかのやう, 合つて事件の眞相, 合つて事毎に啀, 合つて二つの村, 合つて二人共怒つたま, 合つて五哩か六哩位, 合つて交互に朗らか, 合つて今では井筒屋, 合つて今日までも鎭, 合つて仕舞つた友達のこと, 合つて以来のこと, 合つて何方もその, 合つて何處かに集ま, 合つて修繕をし, 合つて倶に進まん, 合つて僅なもの, 合つて僅かな金, 合つて僕等は早坂新道, 合つて光とも匂ひと, 合つて兎に角, 合つて兩方とも拔, 合つて六月の薄闇, 合つて共に酒, 合つて其処に清い, 合つて其場を退いた, 合つて其日はいろいろ, 合つて其間に渦, 合つて冬もなほ, 合つて出來上つてゐた, 合つて切りと帽子, 合つて切磋琢磨すること, 合つて利根川の溪流, 合つて割合に長く, 合つて力まかせに銃床, 合つて勝負をする, 合つて北へ流れ, 合つて十圓の駄菓子, 合つて南へ内平野町, 合つて原因して, 合つて原庭の才三, 合つて各々一と間, 合つて同志と呼ぶ, 合つて向き合つたま, 合つて吻つと溜息, 合つて和睦した, 合つて喧ましい夢, 合つて國を樹, 合つて土藏がありました, 合つて土間へ轉, 合つて地味では, 合つて地平に近い, 合つて場所をとります, 合つて墓表を建立, 合つて外に出た, 合つて夜更けに別れ, 合つて大声で笑つた, 合つて大工が寢そべつ, 合つて奇怪な姿, 合つて妄動して, 合つて孑然と坐, 合つて安らかに眠つて, 合つて客扱ひが, 合つて家を立ち出た, 合つて家内の人も同じ, 合つて密集して, 合つて寒がつて, 合つて封建末期の快男児フイガロ貧雅郎, 合つて将棋を差し始める, 合つて小雨そば降る停電, 合つて少女を見た, 合つて山の手中の騷ぎだつたさうですよ, 合つて崖腹に巣, 合つて川崎宿の名物, 合つて帰つて来る, 合つて平次の家, 合つて年を過した, 合つて広瀬を引き止め, 合つて庭中を騒ぎ, 合つて役者の後姿, 合つて彼を戦かせ, 合つて彼らの口, 合つて彼等は帰化, 合つて往来へ出, 合つて待合はせ, 合つて徐々に流れ, 合つて微風か或は, 合つて急ぎ列を亂, 合つて恥晒をし, 合つて恰でハイデルベルヒ, 合つて悲しみには泣き, 合つて惣勢二十五人も得ましたらう, 合つて意地惡の限り, 合つて感激して, 合つて慘めに敗れた, 合つて所謂事務所の横暴, 合つて手柄を爭, 合つて手柄爭ひに, 合つて手近の山, 合つて技術上の交換, 合つて抑揚の鈍い, 合つて拵へ勝負, 合つて挨拶を交す, 合つて散々良い心持, 合つて散歩ながらに家, 合つて文六とおせい, 合つて文化といふもの, 合つて斜にさし込ん, 合つて斯うした, 合つて斷然その風體, 合つて日夜病床に附き切, 合つて日本人のよ, 合つて昔を物語る, 合つて時間の都合, 合つて晝飯を食つて, 合つて普賢菩薩を取戻さう, 合つて暖を取る, 合つて暫らく無言のエキスタシー, 合つて最上の一人, 合つて月の光, 合つて朝飯もそこ, 合つて木暗い坂道, 合つて村瀬の扉, 合つて来たり或, 合つて桜の木の下, 合つて棲紅に亂, 合つて椅子に腰かけた, 合つて椽の外, 合つて横になつ, 合つて横顔の赤い, 合つて歌聲まで風, 合つて此焔の風, 合つて殆んど, 合つて殆ど一の大きな, 合つて汁を出し, 合つて沒落した飯田町, 合つて注意して, 合つて洋服のあぐら, 合つて涙をこぼした, 合つて混沌としてゐた, 合つて渦を卷い, 合つて湖の半, 合つて満足すべきもの, 合つて溺死し後, 合つて滝縞になつ, 合つて濃霧のやう, 合つて炬燵に入, 合つて無聊を慰める, 合つて無言のまま前後左右, 合つて煖炉の側, 合つて爺さん婆さんが寢, 合つて牛の番, 合つて生れ出た説明, 合つて生活をし, 合つて生長するうち, 合つて田舍の投書家, 合つて疊の上, 合つて病院へ入れた, 合つて病魔の進入, 合つて皆な枕頭, 合つて盥の岸, 合つて直ぐにその, 合つて相手を殺し, 合つて相模藝者を總, 合つて相談した, 合つて看病でもし, 合つて看護に出る, 合つて眞直ぐに立ちのぼる, 合つて眞面目な顏, 合つて真夏の焼ける, 合つて真黒なびろう, 合つて眠つてゐたところ, 合つて眼に沁みる, 合つて私對弟等の或, 合つて稍広くなつた, 合つて稍廣くなつ, 合つて稽古を見, 合つて立身出世秀吉の遺言, 合つて笑つてゐた, 合つて米三君がそこ, 合つて細かな凹凸, 合つて結局に於い, 合つて綺麗に敗け, 合つて縫物を続け, 合つて纔に未だ, 合つて義經は非業, 合つて腕を組ん, 合つて腰掛に座, 合つて膚を破り, 合つて興奮した通り, 合つて英國の先帝陛下, 合つて莫逆の交, 合つて菊の花, 合つて薄やみの中, 合つて蚊帳に這入つた, 合つて蛭子社がある, 合つて蠅の同勢, 合つて蠢めいて, 合つて血を流し, 合つて行く手を鎖し, 合つて行つたに相違, 合つて行つてゐるでは, 合つて覗き込みます, 合つて親の許さぬ, 合つて親方の南左衞門, 合つて角力の勝負札, 合つて詩のやりとり, 合つて豐平川に於ける, 合つて貰つて財布の落ち, 合つて買ふといふ, 合つて路の上の空, 合つて跳ね合つたり, 合つて身動きも出, 合つて近江屋の内情, 合つて近頃はす, 合つて迫つて来るいろんな, 合つて迷惑が身, 合つて這ひ上る外, 合つて道をさ, 合つて道伴れを, 合つて酒などを酌み交す, 合つて野原に植ゑておいた木, 合つて金田鵜瀞島内岡などの姿, 合つて金藏へ風穴, 合つて釣に出掛, 合つて銭足らずで毎号屹, 合つて門口を這入つ, 合つて闇く青い宿命, 合つて陸へ揚げた, 合つて離別の言葉, 合つて電氣を起し, 合つて霊が握手, 合つて青木さんの境遇, 合つて静かに話, 合つて鞘當てをする, 合つて顏を見合せ, 合つて食後一時間位話をした, 合つて首を切られた, 合つて騷いでゐた, 合つて驅け出した, 合つて鬱憤を晴, 合つて鳥になつ, 合つて麓の方, 合つて默つて並ぶ, 合つて鼻を鳴らし, 合つとりさへ, 合つまり品質を, 合つむ君うる, 合づくですから平次, 合づちをうって行きすぎて, 合づつ一日に都合八合, 合づつ寢酒を召し上がります, 合づつ買ひに, 合づつ飮むのを樂しみ, 合づゝでも三合づゝでも白米を貰つて, 合づゝでも白米を貰つて, 合づゝよく煮て, 合てえ話だ, 合ては互に首肯き, 合ても澱み無く, 合てんがゆき申さぬ, 合であった赤瀬さんの, 合であり空飛ぶ, 合でありましたけれどその, 合でありますからその, 合であろうと思う, 合でがして, 合でないだろうか, 合でもと思って, 合とかいう女の子の, 合とかいふ娘が, 合とがあるよう, 合としものたまふ, 合とで掩は, 合とでもいいたい上品, 合とともに塩胡椒を, 合とによりて, 合どころか全然配給, 合ども死生知らずの雲助ども十七八人, 合なかった, 合なくてあの, 合なげに巻煙草, 合なさいましと傍若無人, 合なさけのくちづけ, 合なされよと無理, 合なぞない筈, 合なぞの自分で, 合なぞも目立たないやう, 合なでしこあれこれの花, 合なと菊な, 合なにかはくちづけ, 合ならねば窮民口, 合なりしが一二五一年グェルフィこれ, 合なる事情の, 合なんぞはなかった, 合なんて云うじゃ, 合なんといふもの, 合にく込んで, 合について必要な, 合につき米利堅粉六合即ち, 合にといふ風に, 合にのみ打ちか, 合によって電気分解させ, 合に関する議論は, 合ぬけした様子で, 合ば掃部, 合ねど鼻は, 合のび上って晃, 合のみこのへん, 合のみと思はぬも, 合のみを祈りながら, 合はくづれぬみなづき, 合はずして別れし, 合はずつまりは関西風, 合はずフイにさせちまった, 合はず七荷になる, 合はず上演には作者, 合はず了ひに, 合はず他の同人, 合はず伜の久太郎, 合はず何も知らず, 合はず佛國に留學, 合はず妙なもの, 合はず姑に苛, 合はず寢られぬ枕, 合はず常識の所見, 合はず日毎に痴呆人, 合はず末のほど覺束, 合はず煙管は出した, 合はず白痴の猪, 合はず石田を呼ん, 合はず笑つて, 合はず結局一人の淋しき, 合はず羊羮は洋行, 合はず脱脂綿に無, 合はず脳溢血の発作, 合はず貧窮身にせまる, 合はず隨分氣に入る, 合はず顫へをり, 合はせるだらうさう, 合はなそこに, 合はにほひて, 合はね谷間じ, 合はば幸福と, 合はれませぬ竹ちやんが, 合はんくらゐあるだ, 合はんぢやない, 合はん心もあらず, 合はん月の都, 合はん田圃でも作つてさ, 合はん考を云, 合はん話ぢやから, 合はん身勝手な話, 合ばかしあったでお, 合ばかしの濁酒が, 合ばかりずつのお酒, 合ばかりでせう, 合ばかりと干鯡, 合ばかりにして, 合ばかりは互に, 合ばかりをちしゃの, 合ばっかり一息に, 合ひある者で, 合ひいつとは知らず, 合ひかぶさりかかると水, 合ひからお骨折り, 合ひからみ合ひ, 合ひから出來る, 合ひか知り合ひでない, 合ひがまことに, 合ひきれねえぢや, 合ひこするんだ, 合ひこんがらかりそして煙草, 合ひさうでしたが時間, 合ひさせて氣, 合ひさせる面白さ, 合ひしせさす春とかも, 合ひすぎてゐては面白く, 合ひすがる九階草, 合ひすぎるほど合つて, 合ひたい樹明君は当面, 合ひたくないよ, 合ひたくねえよ, 合ひたりしが, 合ひたれども一匹, 合ひだらうと, 合ひだ拳固が飛ぶ, 合ひだ立ち合つて, 合ひだ遠出はならぬ, 合ひつかみ合ひ, 合ひつき合ひ, 合ひつこをし, 合ひつトロイア軍はイリオン, 合ひて子ら教へをり, 合ひであり討ち合ひである, 合ひであることを, 合ひでこないだ小拾圖, 合ひでそれ以上の何物, 合ひでだんじりと呼ん, 合ひでないか目上, 合ひでやつと入手, 合ひでガラツ八もつれて, 合ひで主婦の手, 合ひで乱戦が演ぜられ, 合ひで二人共ヘトヘトに疲れた, 合ひで伊八を殺し, 合ひで何か言ってる, 合ひで其處へ急造, 合ひで十手捕繩, 合ひで如才もありません, 合ひで娘に祟る, 合ひで子供の時分, 合ひで小池は逢, 合ひで横井樣が自分, 合ひで江戸へ一緒, 合ひで泉屋の養子, 合ひで滑らかなお, 合ひで病院中の人間, 合ひで眼がお, 合ひで老のさび声, 合ひで誰か僕, 合ひで變な野郎, 合ひで買ふじやない, 合ひで金槌が減る, 合ひで隨分遊びもいたします, 合ひで風邪などを引く, 合ひといふ奴がある, 合ひと何方が卑怯, 合ひと機嫌好く酒, 合ひと責任を感じる, 合ひどくしつくり, 合ひなく永劫の, 合ひなぐり合ひ, 合ひなさいよ, 合ひなのだもの, 合ひならずとも未来, 合ひなんかにはしない, 合ひな位にその, 合ひのむ程に, 合ひはげまし合ひ, 合ひはじめた一人だつた, 合ひはすはだ, 合ひませんでせう, 合ひませぬほどに手短, 合ひませんければなりません, 合ひむしり合ひ, 合ひもそこには生じ, 合ひもつれ合ひ, 合ひもなかつたのでせう, 合ひも向方にはある, 合ひも知つて居りますが, 合ひも肌が合, 合ひやしねえそれ, 合ひゆるぎのない, 合ひらしく八五郎は, 合ひわかり合つた結果が, 合ひ下されその時, 合ひ切れないと思つたの, 合ひ切れませんよ, 合ひ判らないとぐるぐる, 合ひ咬み合ひ, 合ひ囁き笑ひ, 合ひ坐つてゐる, 合ひ寝つ転がり臀を, 合ひ引つ掻き合つて膚を, 合ひ思ひ描くことによ, 合ひ折りに触れ, 合ひ抜けがした, 合ひ抜けする位くだらない, 合ひ招き合ひ, 合ひ挑み合ふ, 合ひ擦れ合つて寂しい, 合ひ殴り合ひ, 合ひ消えかけて最後, 合ひ犇めき微妙に, 合ひ申さず下拙僅, 合ひ知らず知らず呼吸の, 合ひ組んで転ぶ, 合ひ結びついてゐる, 合ひ絡み合ひ, 合ひ縺れ合つて一時に, 合ひ致しかねますからけふから, 合ひ見たいなものです, 合ひ触れ合つて一つの, 合ひ貫き合つてゐる, 合ひ蹴り飛し, 合ひ蹴りつひにあゝ, 合ひ躓き引つ返しまたは道づれ, 合ひ通じ合つてゐた, 合ひ過ぎるのが, 合ひ響かせ合つた, 合ひ頷きかはし, 合ひ頼りすぎるほど力, 合ひ駆けまはり, 合ひ騒ぎづら, 合びんを下げ, 合ふお話が, 合ふからあとで賣る, 合ふか何うか, 合ふか合ふまいか, 合ふか奈何かと冠せ, 合ふか引き合はぬかわからぬ, 合ふか心配でなりません, 合ふけしきがない, 合ふこなたには, 合ふさ離るさの, 合ふし作つて見たいもの, 合ふし脱脂綿其他の準備, 合ふじやありません, 合ふたものでも, 合ふたり叶ふたりの事, 合ふたる職人共ちらりほらり, 合ふた上からは, 合ふてゐても埒, 合ふてゐたが十三日, 合ふて坐つて居る, 合ふて居たらしく自分の, 合ふて画いてある, 合ふて睦み合ふて, 合ふて見ようではない, 合ふときの苦しみ, 合ふところ幼ななじみ, 合ふとすぐ格闘を, 合ふとすぐまるで親類か, 合ふとポツポツ語り出した龍, 合ふと今更新しいこと, 合ふと共に憎み合, 合ふと同時に孤独と, 合ふべからざるものを, 合ふべきだつたのだ, 合ふむ神に, 合ふもあれば姫, 合ふよりほか, 合ふように到着する筈, 合ふよ磁石見たいなもの, 合ふるまわれたお庇, 合ふわけはなし, 合ふんぢやなし, 合ふ如くであつた, 合ふ思へば, 合ふ見ればいとど, 合ふ逸らす目の, 合かしでも, 合ぶつかけて, 合ぷつりと切った胞衣, 合へども皆湯銭並の, 合へは全部手を, 合へよアロハ・オエを, 合へるかれとこれ, 合べき鑰を, 合べし然ら, 合ぺろりと酌ん, 合ほうね, 合ほかに罐詰, 合ほしいじゃない, 合ほどにして, 合ほどにも思って, 合かなは, 合まして生み, 合ませんから軽便法, 合また三十合いずれが, 合までにも及んだ, 合までは許さるべしシヨウチユウ, 合までをした, 合みたよう, 合みたいに垂れ, 合まで登った, 合めいた萱草の, 合め合せに一千兩, 合もたらしたのを, 合もっていく, 合もったいなかった, 合ものでそのかね合, 合もらいだめを, 合やあしない, 合やうに如才, 合やり朝は, 合やれるこれで, 合ゆすれてしら露ちり, 合ゆゑ湯山の餅, 合よと思うのよ, 合よろしくこのもやう, 合れたが六, 合れよ某し, 合わいなどがあった, 合わざ悪かろうに, 合わすりゃ九十六手それで, 合わなすぎた, 合わんでしばしば, 合わん仕事だよ, 合わん考を云い出した, 合わん風だの, 合をば見て, 合をもって船に, 合を通じて無理に, 合だ夜空, 合軋ミ合ウ音サエモ聞ク, 合イデモ始メテクレタラ面白イサ, 合イト見エテ仲, 合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ向ッテ進ンデイル, 合イニ参リマスト云ウト猶々怒, 合イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, 合イ笑イ合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, 合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, 合イ鍵ヲ求メル, 合故ニ, 合オーヴァをかけ, 合サレタク毎年三月下旬ヨリ十月下旬マデ旅費二三等何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, 合シャツ上下お送りします, 合シュッシュッと刀競り, 合シ十五里許ニシテ利根川ニ入ル, 合ズツの完全配給, 合ズボン下と銘仙紺がすり, 合セオイチ御料ヲムカエ取オノレカ妻トス太閤コノヨシ聞召柴田, 合セザル勞働ヲ課スルハ, 合セテ十五王子悉ク之ヲ滅ス也, 合セト云ウベキハ陰険ナ四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ, 合セノタメ至急庶務ヘオ出デ下, 合セ候間御朱印ナサレ候様ニト言上ノ処, 合セ右申所の姦吏, 合セ申スト等シク日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 合チャンポンにのんだ, 合ッぺに追い出された, 合ッタガ三度二三町追イ, 合ッテ有楽座, 合ッテイルノデアルガアノ耳ニアノ真珠ヲ下, 合ッテ鑑賞ヲ共, 合ッペの方, 合深ク念願シ, 合テ云々ト故ニ此国ニ来ラバ先ヅ其事件云々, 合ドウダンなどが栂, 合ハ其比威勢アラソイトモ云又信長公, 合バター中匙一杯玉葱の細かく, 合ヒュッテに入り, 合ビイルなら一本, 合マツチぐらゐな物が入, 合ヤドじゃねえ, 合ワサセテ脚気ノ検査ヲシテイルガ, 合ワシタリシテ黄色イ舌ヲ口腔デベロ, 合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 合ワセタヨウニ妻ガ立ッテ身支度ヲ始メタ様子デアルノガ, 合ワセナイデ互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, 合ワセレバ日ニ九時間カ十時間ハ寝ル, 合ワナイデ喧嘩バカリシテイタガヤハリ声ヲ挙ゲテ泣ク, 合ワナイ善ハ急ゲッテ云イマスカラネ, 合一也其の刹那, 合一升と買い, 合一升一升五合入の三組, 合一同の者共昨日, 合一度に三合以上, 合一本の花, 合七八銭はやむを得ない, 合七勺それが十日, 合七勺九秒を給せられた, 合七勺配給になる, 合七十合得物も砕ける, 合七合と登った, 合三五十間に成, 合三十銭位です, 合三合五合とはて, 合三合四合目にがっき, 合三合従前の通り, 合三四勺入りの徳利, 合三四十間ニなり両方, 合下されて万事, 合下りまで銀流し, 合は平家, 合世帯のよう, 合並びに布の, 合中遠山影に差昇る, 合久々にての對面, 合乗ほろかけてけれつ, 合乗り膝枕を色, 合乗制が出来た, 合乗如何ですと, 合乗用の俥, 合乗車といふは名, 合乘車の上, 合九助へ無, 合九勺である, 合食べて, 合事實の次第, 合事物の声, 合二三勺を一人前, 合二人では, 合二勺五才ずつ二千五百八十名, 合二勺位のクリーム, 合二十二人兵部侍郎廖平刑部侍郎金焦編修趙天泰, 合二十二銭おいしい中食, 合二十八銭もする, 合二十合彼の鎗, 合二十四銭が今日, 合二十銭の安, 合二合三合四合目にがっき, 合二本これは去年信州, 合二朶の花筒, 合二百円驚き慌てかつ, 合五六軒はおや, 合五六軒美人なきにし, 合五勺京都の小売相場, 合五勺位から皆無, 合五勺入りと三合入り, 合五勺西の方, 合五勺買へば十分二合, 合五勺配給のわれわれ, 合五十合七十合得物も砕ける, 合五月十日頃より留守, 合明日中は, 合今日は銭二銭米五合, 合仕事に出た, 合付きの参謀四五人, 合付けて来, 合付けさして陶然, 合代二十銭米を持っ, 合以上一日に五合以上, 合以上喰べさしちや, 合以下の掟, 合会会員全部が加わっ, 合会員があり, 合会哥老会興中会などの革命党, 合会頭出精仕候為, 合会頭是迄山田玄瑞, 合位それに準じ, 合位はいつた酒瓶を下げ, 合位入れ十分間ばかり弱火, 合何と彼の, 合余位の分量, 合併せられまた山, 合併せられたその海上, 合信氏の, 合候事なれバ, 合候宮島楊枝進申候薄物に候, 合候時計一面さし出し申候, 合候様同月十三日三十人扶持被下置, 合候通伏水ニ相待と申, 合傾けた上これから, 合僧羽織袴にて出, 合兄弟は呆然と, 合先ずバターで, 合先是にて一安堵, 合入ったらばその, 合入ってりゃあそんなに, 合入りぐらゐの口の大きな, 合入れるとして玉子, 合入一行の醉, 合入槇園君のは二合入, 合入裸男のは六合入, 合もできる, 合八九人薙伏られしかば, 合八十圓で買, 合八合となる, 合六勺あまりは違ふさかいな, 合六勺なんぼといふもの, 合六勺配給ということ, 合六十銭靴一足三十円という, 合六百三十六人内男三百二十五人, 合兼候由何共恐れ入, 合出せしに是, 合出たのを, 合出たらば砂糖, 合出來候はば御, 合分位に酔う, 合分配給すると, 合切結ぶ中以前の, 合したもの, 合の発展, 合則主義にとどまった, 合を掛けた, 合の一幕, 合して, 合北国一と聞えたる, 合といいます, 合十一銭水を倍加, 合十一銭飛魚二尾で五銭, 合十三銭は酒, 合十二時を合図, 合十二銭であり居ながらに, 合十五銭の散財, 合十五銭鰯十銭十四尾酒は幸, 合十八銭そして煙草, 合十句忽ち成る, 合十四文の酒, 合十銭位な白湯同様, 合十露盤おつ取, 合千島桔梗などが現われ, 合半日ノ出滝に滞在, 合占相たを, 合即ち合せて, 合近所の, 合双方とも馬, 合つて貰つて手酌で, 合取り寄せて茶碗, 合譜の, 合召上がつてお, 合召上つてお休み, 合可愛さの, 合台察児をはじめ一, 合合せ少しの, 合合ったのである, 合済者皆不, 合もなき, 合向日葵百日草晝顏亦花, 合は我, 合吟味したお新香, 合呑んで醉, 合呑んだ酒も, 合味噌五十目干鰯一升ずつ, 合味淋一合位な割, 合に加, 合唯一つ真白きが, 合問屋雄介宅を初め十軒餘押込道具疊建物, 合をし, 合四五錢のもの, 合四合と登る, 合四合皆天には霧, 合四合目にがっき, 合因縁だ, 合国一切恩沢を蒙った, 合圖ぐらゐは君にするだらう, 合圖ぢやありません, 合とも書いた, 合場さんとかいう人, 合墓上に留め, 合増えたことが, 合壜のかはゆ, 合壜二本を身近く引, 合売淫堕胎など資本主義社会, 合壹石八斗者右是者大藏一覽はんぎの衆, 合夏菊などの鉢物, 合大汁鍋の底, 合天井めまだ芝居, 合天竺葵の球根, 合妻冬子達は私達, 合姫萩姫紫苑姫菊の, 合子一人あとはとき, 合子宛に打った, 合子訪ひ来りしかば, 合子鶴見の旅亭, 合で戈, 合宛金毘羅さんは春秋共十錢宛, 合客たちだった, 合家内不如意に付九, 合宿銭はどこ, 合寄りに一つ, 合少し位しか, 合少女燃えに, 合屋村の鼓打權現, 合といふ名前, 合山崎町質渡世家持五兵衞并びに同, 合工面して, 合差違へ候, 合巻かきでは江戸, 合巻ものが本箱, 合巻二冊に分け, 合巻歌集である, 合巻物読本といった種類, 合巻読み物の世界, 合巻類には二三, 合にて幅九寸内外, 合帯一片なりや否や, 合平夏沢峠を通り, 合幾日何方にて出, 合度此段奉願候也, 合するに, 合廊下に出, 合式証書をお前, 合弐拾四銭大根一本五銭落ちついて, 合引っぱずして置い, 合引代りに遣, 合引橋手前木挽町の河岸通, 合引橋河岸通を歩み, 合弟子の山河内, 合当たりしか食べ, 合当り邦貨三銭であった, 合形更紗の派出, 合の鎗, 合従前の通り, 合得物も砕ける, 合御膳を二人前, 合御飯一合砂糖大匙一杯, 合の生れかわり, 合悩ましや, 合情死爲んとせし, 合の進行曲, 合物語りに, 合憎くと暗い, 合憎く甘い言を, 合戦ううち魏の, 合戰之時參御方抽其忠是併重御父子禮之, 合戰坂を上れ, 合戰屏風にある, 合戰最中の時, 合戰組わけの三たび, 合戰軍用金大橋文右衞門源清澄と書付, 合戰鴫と蛤, 合戴いた仁淀川橋土佐紙などが, 合戴きたいが精充満, 合所帯が発見, 合打合せのため, 合扨久藏言出けるに, 合折柄半四郎が持, 合がいたします, 合抜けしたやうに, 合に下らず, 合押平麦一合が私, 合拔けた體であつ, 合拝借してネ, 合拷問にし, 合振上げたる晃の, 合掘って行っ, 合掘ると, 合撃ち合ったとすれ, 合撒児を先頭, 合撫子などの造花, 合撫子石竹桔梗矢車草風露草金魚草月見草おいらん草孔雀草黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠水引鶏頭葉鶏頭白粉鳳仙花紫苑萩芒日まわり姫日まわり夏菊と秋, 合撫子花日おうぎ, 合撫子萩桔梗紫苑女郎花を吹く, 合目を, 合の割合, 合数株惜気もなく, 合文句よあっち, 合斬りむすんだが隙, 合於定福寺少分, 合日本の二十四銭, 合風流, 合早々上京可致旨安策より申越候, 合昨夜相勤置程に相, 合を斯, 合の手, 合智氏を娶つ, 合曹洪はかなわじ, 合せざりしと, 合期して泰助, 合期したれば管領, 合本物の女性美, 合の者共荷擔, 合は四邊, 合栄聖眷を膺, 合して, 合根もち米あずきあられとち餅, 合桝一パイの酒, 合棒発頭人と思われ, 合槌うつた, 合歡木のうれひか, 合歡雨中湯ヶ原ニ來ル, 合残っている, 合殺しは一向, 合母さんを呼ん, 合毬門より張世爵, 合がつよい, 合氣色もあらざれ, 合求めるそれから椹野河原, 合沸かしてその, 合泡立てて加えます, 合が自分, 合注げ二合温めよ, 合注しますがその, 合注すのです, 合流汗は馬背, 合浚いに連れ廻った, 合の中婆さん, 合淨瑠璃念佛漫遊唄中に一段, 合深く谷川を, 合渚づたひの翼の常夏, 合から先, 合渡して, 合渡川も呂久川, 合渡鏡島など長良川, 合温めよと怒りつ, 合満となり午後九時前後に, 合溜方面の貰い, 合の岸, 合火花を散らす, 合火華は鏘, 合もはいろう, 合炊ぐらいはは, 合点き合って兵士ら, 合点くものも, 合盡を, 合焼酎ならば, 合照応なりと, 合煮だし二合ぐらい, 合熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 合熱くだぞ, 合熱燗に誂, 合はイナコ, 合牛乳を一合, 合牡丹犠の花姫なほ, 合物船のこと, 合物見遊山などに耽り, 合を発する, 合玉子の黄身, 合の御座所, 合瓶一本と大きな, 合瓶二十余出来た, 合瓶四つに水, 合瓶左手にシユーマイ, 合瓶買いは買った, 合甘露の甘露, 合生得共活婦, 合生活に於, 合せし通り娘事先, 合申さず依て秀親八五郎歎, 合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 合白百合こそなつかしけれ, 合白花蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが陰森, 合百合にかこまれる, 合百師達や小僧, 合皆天には霧, 合まなく, 合盟一致した時, 合目ぐらゐのところを翔んでは, 合目ころから上, 合目の下あたりから鷲, 合目五合目と進む, 合目五合目あたりから先, 合目以上のと内院火口, 合目以後に在るなり, 合目小屋にて休み, 合目殿さてさて出し, 合目毎に石, 合目的性それをカント, 合目的觀の信仰, 合目等のもの, 合目虚無僧壇とよぶ, 合目辺りに雪, 合目近くまで即ち, 合目邊りから, 合目附近から暗く, 合と半四郎, 合省みななむ, 合砂糖二杯で煮, 合して, 合福住を出, 合はまた, 合や龍胆科, 合お対手, 合程で見事に, 合子百合白花蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが, 合空気が押さないだろう, 合突合つてカツキと四つ, 合立ち合っている, 合竹槍を携, 合して, 合糅混一せる状態, 合紅百合鳶尾草の花, 合紙がわりに信州, 合級授業で謄写版, 合紫蘇山椒枸杞の類時, 合細引にて縛め, 合結構の挨拶, 合絞り取れねえってえ, 合へ, 合総顔を埋める, 合罎ト内証で見せ, 合罎一本よそから取っ, 合置賊徒共へ同意内通致候者候, 合在候阿蘭陀通詞, 合考えると彼女, 合者皆推之以爲商禮此便是沒理會處と言つて, 合而讀之一爲孱弱, 合耳付一輪挿にマーガレツト, 合を捻じ, 合自動車はアワイ茶屋, 合色丹草など素人目, 合花二十の夏, 合花後も逢, 合花採集の旅, 合花模様の肱掛椅子, 合花葩にアイ, 合付いた苔, 合の, 合葬場の設備, 合葬庫式にし, 合葬陵だと, 合蒔きの畑, 合するでは, 合蕪半束魚の切身二つ三つ, 合薄紫の刷毛, 合薫物を甘, 合の花, 合を買, 合に太田樣, 合處女で死んだ, 合處未だ一向, 合虚言と云, 合衆國マサチュセツ州のケムブリッヂ, 合衆諸州ハ固ヨリ独立スルノ理, 合衣類は何尺, 合へ逃げだしました, 合見たいな仕掛, 合言上に及ん, 合りの, 合と署, 合を掛くる, 合を買っ, 合をし, 合神異, 合なすとて, 合調す者があった, 合調氣高き調和, 合議定案とする, 合した, 合讚したてまつる, 合などの種類, 合財嚢の口, 合買つて来た, 合買つて帰つた, 合の罠, 合の潔白, 合載されており, 合にて風雨, 合巨細に, 合迄に緊張した, 合近い酒を, 合途中も行乞, 合遁げ迷う, 合運會所乘惟聖賢能見其微孔子序五篇於書之終, 合過ぎてあたかも, 合過ぎたのだ, 合が太刀, 合部朝臣仰せを受け, 合部石布津守吉祥等に從, 合部連石布蝦夷を以て唐, 合に変っ, 合配給お菜をたっぷり, 合は良い, 合酒二合それで到, 合重兵衛というもの, 合野茨を除け, 合金属の銀灰, 合銅貨九銭の追加, 合銭三十銭渡して, 合銭十五銭の持寄りで, 合は二十錢ぐらゐは, 合をうった, 合鏡台抽斗のつげ, 合なし是, 合長くハネは, 合長崎ならば, 合閑中看, 合の等高線, 合附いたのを, 合附けて出しまする, 合つて来た, 合除虫菊がいい, 合し得べくあと二十日間, 合集刊行について快く, 合雑巾一枚づつ集めて, 合雲集するという, 合の中, 合青眼相手の眼, 合面倒とはなりけり, 合を買う, 合の関係, 合鞣して南, 合頂戴して, 合順番札にて差上, 合顔良の一喝, 合類すへし, 合類節用集といふ板本, 合食べますが白米二合, 合食べる大食の, 合と味噌汁, 合飯三杯おいしくいた, 合飲まなくては仕事, 合飲み蕎麦を, 合飲みほしてすぐ, 合飲み乾したかといふ目標, 合飲むなら二両賭を, 合飲めとかかった, 合飲んだのは, 合飲んだらすつかり, 合りの, 合香毒薬などというもの, 合體相成間敷哉に奉, 合のほつれ, 合を用意, 合鳥牝かけると, 合鳶尾草の花, 合というやつ, 合鶏みたいな阿魔, 合鶏卵を五個, 合麦酒なら一本, 合麺包すこし, 合點これも役得, 合點ツ半日經たない, 合點仔細有ば追, 合點何樣御尤も至極, 合點半不合點, 合點夫は何とも, 合點居たりし, 合點承知の濱, 合點然らば切首, 合點行ざるのみか我, 合點達磨不空は一向