青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「在~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~
在~
~在る 在る~ ~地 地~ ~地上 地上~ 地下~ 地主~ ~地位 地位~

「在~」 1034, 11ppm, 9723位

▼ 在~ (255, 24.7%)

6 百姓の 4 者で 3 お百姓, 問題に, 親の, 觀念と, 農家の

2 [23件] ある財産家, ビューと, 人物と, 公郷村に, 助郷, 叔母に, 吉野村の, 同志, 君主に, 問題から, 多少, 多少によつ, 小峯といふ, 生まれで, 生れで, 生れである, 田舍へ, 者でございます, 者です, 農家に, 郷士の, 順八の, 養蟲園と

1 [184件] あのお, いけずな, お前の, お百姓さん, お鶴, さる料理旅館, では御座いません, ないという, ほうに, ま, ものが, もので, ものでございます, ものばかりの, ものを, やうで御座います, モデルが, 一例に, 一燈園という, 上に, 不可解を, 世界への, 中に, 中農の, 九兵衛という, 人々より, 人が, 人の, 人物である, 人物では, 人物の, 仁寿殿及び, 伴野という, 何宮さんまで, 何物も, 例でも, 倉沢という, 僧侶の, 八帖寺へ, 八斗島が, 出身で, 刀鍛冶不動坊祐貞方へ, 千頭家へ, 千頭津右衛門と, 原則に従って, 名主庄司忠兵衞の, 名物親仁, 問題は, 問題を, 土と, 土地でも, 土民で, 地と, 地ながら, 地名が, 大地主, 大林の, 大江の, 天狗山で, 女ばかりを, 女性にも, 嫁ぎ先, 安子島氏の, 実家で, 実家に, 家へ, 家内の, 富裕な, 寺院, 対象を, 小さい寺, 小ヶ谷村, 小村に, 小林という, 小金持, 岡野の, 島である, 嵯峨に, 川に, 川俟で, 左官の, 底を, 弥勒の, 御牢人時代, 意味です, 意識の, 戸狩村に, 所も, 新堀の, 方さ, 方へ, 方へでも, 時とは, 曾我村へ, 最後の, 本質に, 某家で, 某村, 栃倉重吉と, 梅田不動府中の, 樂しみに, 模寫である, 民馬を, 水右衞門といふ, 水呑百姓で, 津久根にも, 浄願寺に, 炭焼は, 爺, 爺さんお, 犬好きの, 理論と, 瑠璃色の, 生まれである, 生まれでございまし, 生国へ, 生家だ, 田舎に, 田舎の, 田舎道を, 癩村に, 百姓が, 百姓で, 百姓であった, 百姓に, 百姓ばかり, 百姓も, 百姓家では, 百姓家の, 百姓水右衞門を, 百姓甚五兵衞は, 百姓甚右衛門四十二歳で, 百姓百松に, 知人方に, 知己の, 程度, 穂積忠さんに, 突端へと, 米は, 米屋が, 紡績会社を, 羽根田村に, 老人たちも, 者が, 者だ, 者であった, 者の, 臨安府を, 興行中流行の, 船宿の, 良介に, 色彩濃い, 若者村相撲の, 茂林寺に, 草相撲上がりであった, 荒寺に, 藤千年の, 藤原という, 蜘蛛屋であろう, 西田天香という, 親元へ, 親類へ, 觀念が, 認識に, 諏訪の, 象に, 豪農の, 貧困時代に, 貸自動車屋, 赤岩村に, 農家, 郷里に, 里正の, 関村の, 陰陽石上野須原の, 陷落せざる, 青年で, 領域に, 風雅人で, 養源寺の, 養蟲園まで, 高尾までは, 高尾小, 高橋て

▼ 在~ (96, 9.3%)

6 の象徴 4 の位 2 が, との交, との共同, との聯關, と實在者, に對, の外, の間, をわが

1 [68件] がいかに, が存在, が定立, が實在者, が時間性, が時間的制限, が本, が眞, が神, である, であること, であるならば, でない以上, としての中心, としての主, としてはそれ, として實在, として生きる, として説かれる, として飽くまでも, との交はり, との交渉, との直接的, との關係交渉, と出, と異, と衝突, において滿足, にとつて, に出合, に到達, に歸屬, のうち, のそれ, の世界, の事, の交渉, の地位, の生, の直接性, の總體, の自己實, の觀念, の超, は主, は他, は他者, は客體的觀念的存在者, は實在者, は純, へと向, へと導く, へと還元, への希求, もない, も文化的活動, も永遠的實在者, をも離脱, を以つて自任, を俟つて, を殆ど, を直接, を離れ, を顯, 主體, 即ち人, 即ち實, 特に自然的實在者

▼ 在~ (74, 7.2%)

2 住んで, 對する, 強盗傷人の, 生れて

1 [66件] あこがれる羽ばたき, あった, あって, あつて, あり父, ある, ある母, いること, いる医者, いる老人, お寮, かくれて, ちっとばかり, なって, なりました, なれば, ひき籠って, やって来た, ゐる或, 万吉が, 乳母が, 二人が, 二瀬川という, 付御, 仮に住みけり, 伯父が, 住む六笠久史, 入ると, 友達が, 在る穀物商, 嫁し, 居られた, 居るの, 居る時, 巳之吉という, 帰省いたし, 引っ込んで, 息の根止めぬ, 戦地で, 早川と, 昔から, 昔からの, 暫く足, 桜場隼人は, 止まらんと, 歸れる, 江野村と, 沈潛する, 潜んで, 生れた女, 疎開中で, 知り人, 神原君の, 竜宮の, 等しい, 育った娘, 見つけた最後, 起つた事件, 起つた殺人事件, 過ぎるとも, 適用する, 關する, 附して, 隠れて, 隠退しよう, 隠遁し

▼ 在ては~ (71, 6.9%)

2 [13件] 之れ, 實に, 寧ろ牛刀割, 彼れ, 斯くの, 智力と, 歴史あ, 殆ん, 疑ひも, 絶えず其勢力, 議院政略も, 閑人の, 頗る困難

1 [45件] かくの, すなわちその, その花, それが, それ生じ, なお多く, 中には, 人民皮細工, 仮令よくその, 何時いかなる, 傍よりは, 内に, 單一なる, 国内に, 國内に, 大抵常に三片, 天下の, 学堂の, 學堂の, 実に内閣, 実に尋常, 專ら此理を, 差したる艱難, 徒らに, 恋則ち, 政党の, 政黨の, 新婚の, 時に数寸, 未聞を, 毛に, 決して怪しむ, 活用し得ざる, 濁流水増して, 父母を, 社会の, 社會の, 種々な, 竹類の, 純正化学は, 総裁は, 縉紳貴族皆之を, 總裁は, 葉脈は, 醫術醫藥に

▼ 在する~ (51, 4.9%)

7 主體 2 か否, ものと, ものは, 他者を, 神時を

1 [34件] ある事情, かのやう, ぞ聊か, ところの, と言, な, にあらず, ので, ものとして, ものの, もの自らの, 不幸無力な, 不純な, 世界の, 事物とが, 人ばかり, 他者そのものは, 他者と, 他者との, 他者に, 他者又は, 例が, 地物の, 場合論理的判断としては, 夢の, 惡夢である, 方々は, 物體を, 現象は, 精靈と, 絶對者と, 証言が, 邪悪の, 雲竜二刀が

▼ 在~ (51, 4.9%)

32 いたが, 中の

1 [44件] ござりまし, ごぜえます, ごぜえますだ, せう, そこに, だと, だろうから, であろうと, でございますな, でないか, なさらあ, なされて, なされますか, なすったんで, ね家, よほど料理, られるかな, ゐら, 三十歳くらゐ, 人の, 代官を, 兩親とも, 利いた風, 十五歳に, 単独で, 国の, 山家でございます, 待合わせ, 得たが, 手繰つて行つて, 生れた者, 産業組合の, 發布した, 百姓を, 的が, 粂蔵の, 遊ばした, 遊ばしたの, 遊ばしては, 遊ばしゃ遊ばしたで是非, 遊ばすお部屋, 遊ばすな, 遊ばすの, 長く勤めた

▼ 在~ (48, 4.6%)

2 存す篤麿一個, 彼れ, 曾て, 最も貴族院, 民心を, 法律を, 自ら主義政綱を

1 [34件] この技芸, よめるなれば, 三四嘆願すれ, 之に, 事の, 先導す, 免るべからざる, 其の意志, 其盛なる, 厥死活弁じ, 只平臥, 夜叉衆を, 大竹を, 大雨中, 存する也, 安藤の, 徐々に近傍, 応対歓晤はなはだ, 新夫, 最も才気峻峭, 最も才氣峻峭, 殊に花, 永納の, 池の, 然も, 独息子余り, 空腹にて, 聴受た, 茶菓を, 蘭学医の, 語部が, 身まからんずる, 里に, 震天動地の

▼ 在から~ (38, 3.7%)

3 出て 2 來た, 來て, 奉公に, 来て, 訪ねて

1 [25件] これを, 万才の, 三月前に, 京都に, 使でも, 來たとい, 出もどりの, 動的現象の, 去年の, 嚴原の, 嫁入っ, 宇宙の, 川越街道を, 明神下の, 来たといふ, 来たらしい屈託そう, 来た中村柊花君, 来た些, 来た水見舞, 江戸へ, 潰れ寺, 茂助の, 親父が, 認識において, 養子に

▼ 在~ (25, 2.4%)

1 [25件] たずねたらよう, つッ, 信ずるの, 全く輕蔑, 出かけましたが, 奨励せられた, 完全に, 察する外, 幽閉せ, 律しよう, 必要と, 思ふと, 成就しよう, 探索させました, 構成し, 無視し, 疑つた, 知らざるや, 研究せん, 行乞した, 訛つた, 認めこれ, 論定せん, 證明し, 進化的發展的に

▼ 在~ (20, 1.9%)

1 [20件] かけての, でかけて, はいった田舎, ひッ, 二三度妙な, 出た後, 切なくあく, 参って, 姿を, 帰って, 帰るの, 往って, 戻つて, 持って, 旅立ちした, 眞つ, 行って, 車を, 辿りついた, 近道で

▼ 在ます~ (15, 1.5%)

32 が何時 1 かと答え, かコリャ, か一寸, が裏, けれど姑, けれど実は, けれど都合, とたった, と言う, ね

▼ 在ません~ (15, 1.5%)

2 かと親し

1 [13件] いっそ不景気, かといった, から, か何れ, がと云い, がと言っ, がと言つて, けれど方々, けれど籍, けれど義姉, のです, ドウゾ御, 世の

▼ 在~ (14, 1.4%)

3 のです 2 のだ 1 さるから, ので, のでした, ので御座いました, のに違, んだらう, 光明, 光明の, 左右を

▼ 在~ (11, 1.1%)

5 しやる 2 しやらう, しやります 1 しやいま, しやいます

▼ 在なる~ (10, 1.0%)

3 ものは 2 ものが 1 ものに, ものの, ものも, 渋川の, 神變不可思議的大

▼ 在~ (9, 0.9%)

3 と云 1 から御, か知れ, と歟運動, のに早く, よ, ツたら

▼ 在ても~ (9, 0.9%)

2 猶或は 1 その職, やはり山ザクラ, 地方に, 夢の, 縦脈あり, 間断なく, 間斷なく

▼ 在なさる~ (9, 0.9%)

1 お母様に, かお母様, が私, そうです, に相違, のでございます, 事なら, 姿さえ, 時分から

▼ 在~ (9, 0.9%)

1 しなくとも, ただ直, 不動である, 伴藏の, 宇宙萬物の, 彼の, 御座いませんよ, 無からう, 間違つた想定に

▼ 在である~ (8, 0.8%)

1 お座所でござれ, か, かない, ところから, と考へ, カント氏の, 妄想では, 爲に

▼ 在です~ (7, 0.7%)

2 か, よ 1 から念, がある, モシお

▼ 在でに~ (7, 0.7%)

2 なります 1 ならぬ上, なりまして, なること, なるでしょうね, なる江戸

▼ 在~ (7, 0.7%)

1 いって, なつた, なる, 一致しない, 不在の, 云えば, 云っても

▼ 在~ (6, 0.6%)

1 あるとは, 惡魔で, 無と, 現代哲學の, 精神に, 認められないよう

▼ 在には~ (5, 0.5%)

1 不相応の, 必ず大, 珍らしい, 藤波金三郎の, 鯉幟を

▼ 在~ (5, 0.5%)

1 が意外, ときき, と聞き, の将兵, の秀吉公

▼ 在として~ (4, 0.4%)

1 取扱ふべき, 扱はれる, 此を, 現世に

▼ 在ずし~ (3, 0.3%)

2 て其の 1 て永遠

▼ 在でが~ (3, 0.3%)

1 すア, ないって, なかった

▼ 在での~ (3, 0.3%)

1 ようだ, 談話間が, 風変りな

▼ 在といふ~ (3, 0.3%)

1 あやし, のは, 事を

▼ 在との~ (3, 0.3%)

2 一致を 1 間に

▼ 在~ (3, 0.3%)

1 が行, すること, はすでに

▼ 在生中~ (3, 0.3%)

1 に此意味, はいろいろ, は母

▼ 在あそばす~ (2, 0.2%)

1 所は, 私の

▼ 在せぬ~ (2, 0.2%)

1 と言, 臨時に

▼ 在~ (2, 0.2%)

1 からと解き, のだ

▼ 在でた~ (2, 0.2%)

1 か, からじゃ

▼ 在でと~ (2, 0.2%)

1 みえる, 聞きましたが

▼ 在でなさる~ (2, 0.2%)

1 と思っ, のでございましょう

▼ 在では~ (2, 0.2%)

1 己達を, 数年の

▼ 在とか~ (2, 0.2%)

1 云ふ, 言って

▼ 在とも~ (2, 0.2%)

1 一文ズツ貰っ, 若異人

▼ 在なさらない~ (2, 0.2%)

1 と存じました, のでございます

▼ 在なら~ (2, 0.2%)

1 お母さんぐるみ引取って, ちょいと

▼ 在への~ (2, 0.2%)

1 涙ぐましいあこがれ, 隠退が

▼ 在ましたら~ (2, 0.2%)

1 どうぞお, 御世話

▼ 在まで~ (2, 0.2%)

1 帰るだけの, 自分の

▼ 在よりも~ (2, 0.2%)

1 広いくらい, 貧しき清き家

▼ 在を以て~ (2, 0.2%)

1 終始絶對的高遠完全, 語る以上

▼ 在~ (2, 0.2%)

1 候えば, 候を

▼ 在公郷村~ (2, 0.2%)

1 の方, の話

▼ 在~ (2, 0.2%)

1 のもの, の使用

▼ 在君論~ (2, 0.2%)

1 に反対, を主張

▼ 在~ (2, 0.2%)

1 な面白, にある

▼ 在遊ばす~ (2, 0.2%)

1 のでございましょう, のに私

▼ 在~ (2, 0.2%)

1 でございますか, と申し

▼1* [88件]

あそばしたのでございます, 在ける時故郷の, 在こそが私たちの, 在しけるが常に, 在しない証拠である, 在すらめとは, 在するなら應援を, 在する有る以上は, 在ださうだけれど今, 在だったかと思う, 在だろうが黒百合, 在つたらばと思ふ, 在であり乍ら文展に, 在でございましてたいへん, 在でございますか, 在でしかあり得ない, 在でしたか, 在でとは思うけれど, 在でとも存じやせんで, 在でないと実は, 在でなくなったのでございます, 在でもあるだろう, 在でられたとはさて, 在でられましたか, 在で御座いますよ, 在とは違ひ, 在ないから椿岳, 在ながらつまり洒落半分, 在なさらなければ, 在なさりますか分りません, 在なされますので, 在なすった間に, 在において把握する, 在についての理論から, 在にて養蟲園主人穴川甚蔵殿, 在にても都と, 在になつたのださうで御座います, 在にも心当りの, 在へでも行くと, 在ませるベツド, 在同様で, 在温泉津や, 在ゆる品物に, 在よりとらへ, 在をのみ意味する, 在なさいます, 在中島徳松氏の別荘, 在も無, 在佐也介之明介志, 在信仰と懐疑, 在側使人頻拭老眸, 在飽くまで読書, 在城春草木深, 在大平村松平靱負様御領分, 在大慶至極奉, 在御馳走がありすぎた, 在について含む, 在曽而馬関を龍, 在来りの一月送り, 在松林のこんもり, 在氷餅之湯, 在清野村が彼女, 在のとき, 在生中蔵前に移った, 在れの, 在とを峻別, 在是須弥山頂居, 在的法則の範囲, 在相当立派な, 在粂蔵の長男粂次郎, 在者そのものの本質的性格, 在者以上の純, 在者從つて充實したもの, 在者換言すれば, 在者相互の關係, 在者神の惠, 在者間の關係, 在舎中と変り, 在裏宿の七兵衛, 在から我々, 在長岡両教授等, 在の庄, 在陣之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 在陣之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 在陣高の知れたる, 在有事に, 在雪擁藍關馬不前, 在でげす