青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「土間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~土 土~ 土人~ ~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間
土間~
~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る 在る~ ~地 地~ ~地上 地上~ 地下~

「土間~」 2590, 28ppm, 4170位

▼ 土間~ (722, 27.9%)

39 立って 18 なって 13 降りて 11 下りて 9 入って, 立った, 落ちて 8 立ったまま 6 突っ立った, 置いて 5 倒れて, 突っ立っ, 足を 4 突立っ, 立つて, 筵を, 藁を 3 おりて, 入った, 叩きつけて, 坐り込んで, 立つと, 腰を, 轉が, 降りる, 降りると

2 [42件] あけた, ある下駄, ある下駄箱, いて, おりる, ころがって, して, た, つ, つづいて, とびおりて, ねて, はね降りました, ひざまずいて, むしろを, 一人の, 下駄が, 両膝, 出て, 叩きつけた, 坐り込, 寝るの, 投出せば, 放り出されると, 煉瓦で, 燕麦の, 突立った, 突立って, 背後むきに, 脱いで, 膝を, 落ちた, 落ちたるピストル, 藁火を, 行儀好く, 足音を, 蹴落された, 降り立った, 響いた, 風呂桶を, 飛び降りて, 飛び降りると

1 [452件] あおむけに, あぐらを, あったきたない, あった下駄, あった太い長い, あるげた箱, あるさ, ある何, ある大きい, ある履物, ある庭下駄, ある者, ある草履, いた, いたが, いたつや子, いたと, いた甚右衛門, いっぱいだった, いなかったりという, いる人達, うた, うち井戸の, うつして, うろうろし, おちて, おっことして, おとなしく並ん, おりたらそこ, おりた左膳, おりながら, おり立った, おり門口, おろした, おろして, おろす, お加久, かおを, かがみこんで, かがんで, かけた雑嚢, こぼれた湯, ころがして, ころがり落ちてから, ころげた, ころげ落ち彼, さいぜん, さまざまの, したたり, してやれば, しゃがんで, し半分, じかに畳, じかに食卓, すくんだきり, すわりこんで, ずらりと祝い酒, その死体, そふてゐる, それでも手, たたずんでけ, たてこもるほか, ためらって, ちいさいが, ちらちらと, つったって, つっ立って, つづいた三畳敷, つづく板縁, つと躍り出た, つみあげて, つんだ仙花紙, つんだ四斗樽, つツ, とびおりた, とんで, どしりと, なつて, なり左右, はいった, はいった時, はかまどの, はなやかな, ばたり, ひきさがらなかったらたぶん, ひきずり込まれて, ひざまずきて, ひざまずき一種, ひだを, ひっくくられて, ひっこもって, ひれ伏して, ぴょんと飛び下りる, ぶるぶる慄, べったりと, ぼんやり立っ, まだ草鞋, わらじを, アンペラを, ガンとおく, ゴソゴソ音を, チョビ安が, テーブルと, ドシンと, ノビて, バケツの, ムシロを, ランプを, 一ぱいの, 一杯たちこめた, 一足おろし, 一通の, 七釐が, 三四脚の, 下された様, 下して, 下りかけて, 下りた, 下りたり, 下りた時, 下りた蔵人, 下りては, 下りながら, 下り格子, 下り立ち竈, 下り立ち餅米, 下り立った, 下り立ったお, 下り立つと, 下り裏口, 下り馬屋, 下立ちハヤ, 下駄の, 下駄を, 両手を, 両足下り, 並べたる腰掛, 並べた椅子席, 並んで, 並んでる卓子, 乗出すばかり, 二つ三つ椅子が, 二人の, 五つ六つのが, 人かげが, 人の, 仰向けに, 休んで, 似合しからぬ, 位置よく, 例の, 倒れた, 入ったつれ, 入ったみほ子, 入ったらちょうど, 入つて, 入つて行, 入りこんで, 入ると, 入るや, 冷たい月, 出張った縁台, 切られた大きな, 割り込み今, 十八人で, 半ば織り, 半分埋められた, 卓子が, 卓子椅子を, 南瓜や, 反った新しい, 反響し, 叩きつけると, 向けて, 向って, 咽せる, 土下座を, 坐った見物, 坐って, 坐りこみ妻, 坐りこんだらしかった, 坐りながら, 坐り込みます, 坐り込むやう, 坐る, 垂らした脚, 垂れ片手, 垢光りする, 堆く積まれ, 墜ちて, 売品を, 変って, 変り鏡, 大提灯, 大胡坐, 寐ね, 寝かして, 寝込んで, 小卓, 小用し, 尻餅を, 尾さえ, 居たまいたる母上, 居らざるべからず, 居る稼ぎ人, 居並ぶ人影, 屋根だけ, 山野夫人の, 崩折れ, 崩折れた, 崩折れました, 平伏した, 幾十人と, 床が, 床几と, 座敷に, 引き込みゴトゴト音, 引寄せられた, 引据ゑられてすつかり, 徒らに, 微かな, 微に, 思わずハッと, 惜いかな, 懸けて, 成って, 手を, 払げられた, 投げる, 投げ出した, 投げ出して, 投げ捨てむっつり, 投げ込まれたまま幾年, 投げ込むうち, 投出したスタイル, 持ち出して, 持つて, 据えた乗物, 据えて, 据ゑた七輪の, 据ゑてある粉挽臼も, 掻き集めて, 揃つて居ります, 揃へた九か, 摘んだばかりの, 撒かれた麦, 放って, 散らばつて, 散りはた, 敷いたその, 敷いた薄縁, 敷いて, 敷かせその, 松の, 板の, 板を, 果して夫, 果実が, 栗が, 案内さす, 桟敷に, 棄てたその, 棒を, 榻を, 横に, 殆ん, 残して, 残りは, 殿の, 水浅黄色の, 浸込むよう, 消えて, 深さ一丈, 添うて, 測量の, 湧く, 満ちて, 滑り落ちて, 濡れて, 火花が, 炉が, 炉隅々に, 焔が, 焚きもの, 焚火を, 燃えた焚火, 片膝, 片足踏み込ん, 現われたの, 田舎びた五右衛門風呂, 白く山盛, 白キャラコの, 白木の, 白髪の, 益満か, 石ころで, 砕け散ったの, 破れ畳, 破れ畳二枚, 私が, 秋蠅が, 積みあげた, 積んだ二三十俵, 積んだ米俵, 積んで, 突いたなり, 突ったった, 突つ立つ, 突ツ立ち, 突伏し, 突立ち, 突立ちました, 突立つ, 突立つてし, 突立つて大きな, 突立つて居た, 竈が, 立たされて, 立たせたまま主人, 立たせて, 立ちすくみながら, 立ちた, 立ちたるまま, 立ちて, 立ちながら, 立ったまま小声, 立ったまま物, 立ったまま私, 立った三人, 立った物腰, 立った阿賀妻, 立った雪子, 立ってかの, 立ってから, 立つ, 立つたの, 立つたま, 立つた儘喫, 立つた夫, 立つ姿, 立てた, 立詰めだ, 築いたへっ, 米の, 粗末な, 縁台を, 置いた筈, 置かれた矢, 置かれて, 置きすてて, 老婆が, 脱いだ靴, 脱がれて, 脱ぎ捨てる駒下駄, 脱落しおりたる, 腰かけたまま, 腰かける客, 腰掛けた客たち, 腹ばいに, 臥せる小犬, 自轉車, 茣蓙を, 荒筵を, 莚を, 落した吸い殼, 落して, 落ちたが, 落ちてたからにゃ, 落ちる光斑, 落として, 落散る, 蓆を, 薪を, 藁ご, 行って, 裸で, 裸足で, 見える, 見出した時自分, 見知らぬ男, 誰一人ゐない, 護謨靴と, 貫かれて, 赤い紙, 跪きて, 跳ねおりた, 跼んで茶の間, 踏みこんで, 踏み込んだ, 踏入り, 踞って, 踞つて, 踞りました, 身なりの, 身を, 身体を, 転がったまま, 転がって, 転がり落ちて, 転がり落ちると, 転げたり, 転げ落ちた, 転って, 転つて, 轉つてゐる, 農具の, 近い一隅, 迷, 這い込んで, 這入つて, 這入ると, 通じて, 運びいれ扉, 運んで, 里芋が, 金魚が, 降りた, 降りたって, 降りたつたやう, 降りたつて, 降りた足音, 降りるところ, 降りる縁, 降り立ち竈, 隠して, 隱し, 集って, 雪を, 青味を, 静かに, 面したほう, 面した炉, 靴を, 頑張って, 額を, 顔も, 飛びおりた, 飛びおりて, 飛びこみそこ, 飛下り, 飛下り戸口, 飛降りて, 飼つてゐる, 馬沓や, 駆け戻ると, 駈けおりた, 駈足, 高粱を, 魚を, 鶏が, 麦藁を, 黄菊と

▼ 土間~ (663, 25.6%)

30 隅に 16 方へ 14 隅の 13 中へ 12 上に 8 隅で 7 真中に, 隅へ 6 ところへ, 方で, 方を, 隅から 5 ところに, 下駄を, 中に, 中を, 中央には, 床几に, 片隅に, 隅には 4 上で, 上へ, 中央に, 入口に, 奥から, 方から, 椅子に

3 [19件] うちへ, すみに, むしろに, 上の, 仕事場で, 入口で, 内へ, 土を, 外に, 奥の, 敷居の, 方が, 方に, 焚火の, 片隅の, 眞ん中に, 竈の, 隅を, 障子を

2 [47件] あたりを, うしろの, うちで, うちは, すみの, すみへ, まん中に, 一隅から, 一隅に, 三方に, 上は, 中で, 中の, 中は, 側に, 入口の, 処で, 処へ, 右手竈の, 外へ, 大部分, 天井に, 奥, 奥に, 客は, 左側の, 平次を, 広くなった, 戸を, 戸口に, 暗いところ, 暗がりを, 板を, 框に, 椅子席で, 片すみに, 片側は, 片隅から, 片隅は, 片隅を, 腰掛に, 草履を, 薄暗がりに, 藁に, 長卓の, 隅つこ, 障子が

1 [313件] あがり口, あること, ある家, うえの, うしろが, うちから, お客に, お客を, かぶりつきの, じめじめし, その口, その小屋, たたきに, つき当り, つづいた関西風, つづきに, ところで, どこかで, なかばで, へっついで, ほうで, ほうへ, ほかに, ままで, ままにて, ままの, まんなかに, まん中で, まん中では, まん中にや, まん中の, むこうに, むこうの, むしろから, もの音を, やうな, ような, ように, わきに, わらじを, クリミヤ戰爭が, ストーブには, テーブルで, ホールが, ホールヘ, ワラを, 一人分と, 一方から, 一方には, 一方は, 一番の, 一端に, 一等観覧席では, 一隅からは, 一隅で, 一隅には, 一隅の, 一隅を, 一面に, 七八分は, 七輪で, 三四を, 三疊で, 上から, 上がり框に, 上がり框の, 上につき, 上には, 上りが, 上り口に, 上り框まで, 上を, 下へ, 与吉は, 両側には, 中から, 中では, 中には, 中にも, 中ほどに, 中ほどより, 中まで, 中程へ, 丸い腰かけ, 二三あたりで, 二人も, 五に, 井戸端で, 人数表の, 仕事場つまり, 伏籠の, 何列目か, 俵の, 傘入に, 光景は, 入つて右, 入り口に, 入口から, 入口にばかり, 入口へ, 其方に, 内から, 内に, 内側を, 処から, 処に, 前に, 割座でも, 半分には, 卓で, 卓には, 卓へ, 卓子に, 取っつきに, 口から, 口まで, 古釘, 台所が, 台所で, 右から, 向うの, 向う隅には, 向かふの, 向こうが, 向ふ, 四と, 四方に, 囲炉裡の, 土が, 土くれ, 土に, 土ばかり, 土竈は, 地面が, 地面へ, 壁の, 壁際に, 壁面に, 外には, 外は, 外を, 大な, 大囲炉裏, 大地へ, 大柱, 大竈, 天井を, 奥が, 奥へ, 奥まで, 奥を, 女の, 女中にまで, 安テーブル, 客などは, 客の, 客席その, 客席の, 客席や, 宵闇の, 宿直室へ, 小さな建物, 履物を, 山内が, 崩れた一つ竈, 左右へ, 左手は, 広い仕事場, 広い処, 広い荒っぽい材組, 床几にかけて, 床几へ, 形部屋の, 後の, 戸が, 戸に, 戸口へ, 戸棚の, 所から, 所に, 扉を, 掃除を, 提灯の, 揚げ板を, 敷居に, 敷居を, 敷居外に, 敷石を, 文次と, 方について, 方には, 方の, 方ばかり, 暗い処, 暗い隅, 暗がりに, 暗くな, 暗さ, 暗闇の, 木卓の, 机で, 板の, 板縁の, 柱を, 栄三郎と, 栖に, 栖も, 框へ, 桑の, 棕櫚竹の, 棚に, 椅子にかけて, 榾薪に, 横の, 正面に, 水瓶を, 汚い木卓, 渡り板に, 湿け, 瀬戸物製の, 灰溜りに, 炉へ, 炉端の, 炉縁に, 炉辺まで, 煖炉に, 片が, 片すみから, 片方に, 片隅へ, 猫, 男衆が, 男衆に, 白い髯, 皺が, 直ぐ右側, 眞中に, 真ん中に, 真ン中に, 真中で, 真中の, 真暗な, 石ころを, 私の, 程よいところ, 空気に, 穿物へ, 突当りの, 窪みに, 竃の, 竈で, 竈に, 竈まわりまで, 端まで, 竿に, 篠竹を, 縁の, 縁台に, 縁台の, 腰掛けに, 腰掛の, 自転車の, 花簪と, 茶壺に, 草の, 草鞋へ, 荷物を, 莚の, 葭簀を, 蓄えの, 薄暗い中, 薄暗さ, 藁の, 藁家は, 血が, 表口を, 裏口から, 見える職人部屋, 見物や, 観客たった, 諸君に, 警官は, 赤犬の, 足半を, 足許を, 軒の, 近くに, 通庭に, 金へ, 鉢植が, 長い腰掛, 間数を, 閾を, 闇に, 陰気に, 隅々までが, 隅々を, 隅っこに, 隅では, 隅にでも, 隅まで, 隅や, 隅ッこに, 隅柱に, 階段を, 雨に, 雨戸を, 青蛙に, 飲み場, 鳥屋, 鳥屋の, 鶏に, 鷄の

▼ 土間~ (388, 15.0%)

28 入って 17 下りて, 降りて 16 おりて 13 はいって 7 はいると 6 入ると 5 這入って 4 おりた, 下りると 3 出て, 手を, 立って, 降りた

2 [26件] おりようと, ついと出る, はいった, 下りた余り, 下り立って, 下り蓑笠, 入った, 入るなり, 入れて, 半分ばかり, 向けて, 声を, 引っくり, 投落す, 眼を, 立つて, 草鞋を, 落ちる, 跳んで, 転げ落ちた, 這入つて, 降りると, 飛び下りて, 飛び込むと, 飛び降りて, 駈下りて

1 [207件] あがりこむと, おしこんで, おりそこ, おりたお, おりてから, おりる, おりるけ, おりると, おり裏庭, おり足, お入, かけおりました, かけこんだかと, かけて, かけ込む女客, かつぎ込んだの, がっくりと, きて, くッ, ころがった, ころがって, ころがり落ちた, ころげ落ち, ころりと, ころんと, しきりにこ, じいっと出た, じかにむしろ, ずかずかと, そっと入る, そっと這い降り, たちおりた, つくばった, ときどき舞い込ん, とびこんだチョビ安, とび降りその, とび降りて, ぬぎすてて, ぬっと入っ, はいりかけて, はいりこんで, はいろうとして, はい出す事, ひき摺り下し, ふみこんで, ぶらりとはいっ, へたへたと, ぺつたり坐りこん, ぼろ, ぽつ, また一名, むしろを, もんどり打っ, タタキ倒した, トランクを, 一群の, 下した書物, 下りた, 下りたが, 下りた以上, 下りながら, 下りにか, 下りようと, 下りようとして, 下りるもの, 下り兄弟, 下り庭, 下り立とうと, 下り草履, 下り関守氏, 並べた青い, 以上七人軒溝石へ, 仰向きに, 俯向きました, 倒れたま, 倒れて, 入つた, 入つた平次, 入つて, 入つて來, 入つて行, 入り名, 入り立ったまま卵, 入り込んで, 入り長崎, 入れられ茲, 出して, 出た, 出たが, 出た処, 列べて, 卸しつ, 叩きつけようと, 叩き出した早瀬, 吹いた時, 圧当て, 大きな盥, 大きな足, 姿を, 寿海老人の, 履物を, 崩れた, 引きすえたの, 引くり返るもの, 引っ立てて, 引っ返して, 引越させること, 当りの, 忍びやかに, 忍び出, 忍んで, 戻つて, 投げつけた, 投げ下ろした, 投出したの, 投出すの, 抛り出して, 招き入れた, 掃きおろして, 放りだされて, 早や, 曲角の, 来た容子, 格子へ, 棄て二三度水, 棒の, 歸つた, 水が, 水を, 流れ込んで, 焚き物, 焚火を, 牀机を, 片足を, 盥を, 真逆, 穿物を, 突き落とされた, 立つた, 竝べた, 筵を, 紙ごと投げこんでしまつた, 素足の, 置いた汁鍋, 置いて, 脱ぎ捨てて, 腰を, 腹を, 舞いこんで, 草鞋穿の, 荷を, 落した, 行って, 裸足の, 走り込むので, 足を, 跣足の, 跳ね下りようとして, 跳下り, 踏みこんだとき, 踏み入れたの, 蹲む, 蹴転がして, 転がされて, 転がして, 転がった物, 転がり落ちました, 転げ落ちたよう, 転げ落ちて, 転り落ち, 轉がり落ちました, 辷り出して, 辷り込む, 追い続いて, 逃げ出した, 這ひ込んだ, 這入ったよう, 這入る, 通ずる処, 連れこむと, 運び込みますと, 長ん, 降りかけた, 降りかけたには, 降りましたが, 降りようと, 降りる, 降り無言, 降り立った釘抜藤吉, 降り立つまで, 降り込んだ, 集まって, 集るほか, 青い影, 顏を, 飛びこんだチョビ安, 飛び下りた, 飛び込んで, 飛び降りた, 飛び降り四人, 飛下りて, 飛降りました, 首を, 駆け込んだ, 駈けおりて, 駈け下りた, 駈下り

▼ 土間~ (190, 7.3%)

6 見ると 5 通って 4 掃いて, 蹴るは 3 突き抜けて, 隔てて

2 [13件] とおって, はいって, へだてて, 下りた, 出て, 切って, 利用した, 吹きぬけて, 広く取つ, 抜けて, 掃除し, 歩いて, 靴で

1 [139件] あける音, あるき廻る, いかにも, うずめて, うろうろし, おり馬屋, かかえて, こちらへ, こめて, さがしたが, すかし見ながら, ずッ, そっと覗い, つっきった奥, とんとんとついた, ぬけ槇, のぞいては, のぞき込んで, のどかに, ひと通り見まわした, ぴたぴたと踏ん, ふみしめた, ぶらぶらし, へだてた表, みまわす, ゆきぬけた突き当り, よく見る, よろけて, よろよろで, わたって, コトコト, ドシンドシンと, 一杯に, 一跨ぎ, 三歩ばかりに, 上ったり, 上つた所に, 下りるか, 下りると, 中に, 中戸の, 中途で, 二円に, 仕切った二間, 仕切って, 伝って, 來た, 入った右手, 出ながら, 匐い, 取りたり, 叩きながら, 台所の, 嗅ぎまわって, 嗅ぎ廻る, 囲んで, 囲炉裡の, 埋めた觀客, 奥へ, 屋根の, 広々と, 広くとつ, 引摺られる, 彩って, 戸口へ, 打った, 抜けるの, 拔ける, 挟むだけ, 掃いたり, 掃こうと, 探り下駄, 敷いて, 横切つて, 横歩行き, 正面に, 歩かせ大急ぎ, 歩き廻った, 歩く男女, 歩み出した, 歩む, 歩行く, 汚して, 渡って, 潜り抜けて, 片づけに, 物色した, 眞つ, 礼拝所と, 約束の, 絶間なく, 茫と, 茶店に, 裏へ, 見たけれども, 見まして, 見まわした, 見るやう, 見下すと, 見入って, 見渡す様, 見附の, 覗きこんで, 覗き込んだ, 覗くて, 訪れた, 設けて, 調べて, 越して, 足先きで探り, 足騒い, 跨いで, 踏む下駄, 転げまわって, 透かして, 透すと, 這う, 這ひ, 這ひ廻る, 通ったら鳥屋, 通つてのれんを, 通つて中戸を, 通りぬけ, 通り抜けさせて, 通り抜けて, 通り越して, 通行させ, 過ぎて, 重く歩い, 長々と, 間に, 降りる, 降りると, 隔てた隣, 離れなかった, 雨戸に, 飛び出して, 駆け降りたの, 黝ずんだ

▼ 土間から~ (114, 4.4%)

4 出て, 外へ 3 上って, 表へ 2 もって, 一本の, 上がって, 上りが, 座敷へ, 庭へ, 框へ, 駕籠を

1 [84件] いきなり四畳, お駒, かけて, すぐ上る, すぐ二十畳, すぐ二階, すぐ框座敷, すぐ梯子段, すぐ登れる, そっと覗い, ちよいと, つづいて, つづく二畳, のぞいたかと, オズオズ覗い, オヅ, カタカタと, 一人の, 一束の, 一歩路地へ, 一通りかきのけられた, 上った, 上へ, 乾いた桑, 二三寸高い, 二人より, 五尺ばかりの, 低い框, 取り上げて, 吹き上げて, 声を, 大聲, 大道へ, 天秤棒を, 奥を, 家の, 庄吉を, 往来へ, 急な, 應接への, 戸外へ, 手繰り上げながら, 拾い上げた吸殻四個, 持ち出したの, 暗い村, 板の間に, 格子戸まで, 梯子が, 棧敷から, 極く低い, 楽屋の, 油障子の, 渡って, 漏れる, 炉べりまで, 炉端から, 爪立つて, 片足踏み出した, 白髪が, 直ぐに, 眼を, 窓を, 立ちあがった, 立ちのぼる, 續い, 美しい八郎潟, 脚を, 腰かけを, 自転車を, 舞臺へ, 表に, 裏二階の, 裏口に, 裏口まで, 裏口までを, 跳び出すと, 軒下へ, 軒先の, 通しに, 部屋の, 釜の, 障子を, 飛び出した, 黒光りした

▼ 土間~ (105, 4.1%)

3 土間の 2 こっそり飯, キャッチボールが, 大釜の, 米を, 自転車を

1 [92件] あっち向きに, あつた, あらあらしい声, お納戸色の, かまどの, その処分, その靴, ぞうりを, ただ動きまわる, つくりつけ, なかやを, なにやら言いわけめいた, もう一度振向い, もう大勢, やるか, コトコト何, 一つの, 一夜を, 下駄を, 中央には, 事務を, 代用食の, 以前には, 働いて, 其本を, 半は, 半分が, 卓が, 南側が, 南側と, 占めた, 向うの, 土器の, 地下足袋で, 坊やを, 声は, 夕餉働きを, 夜まで, 夫が, 寝かしてあつ, 小児の, 屍体を, 履物を, 引擦る, 感情の, 手拭を, 拾つた土で, 拾つて騷ぎに, 散髪を, 敷居に, 新井の, 旅帰りを, 木ぎれをけずっている諭吉に, 枯れ枝を, 機を, 正面の, 殘る, 母屋と, 泣いて, 湯を, 無遠慮な, 煙草を, 片側は, 白襦袢一枚の, 私に, 穴の, 突然, 竈が, 續け, 老婆が, 股火を, 腕を, 腰掛なんか, 自転車に, 草鞋を, 蓑を, 藁が, 被害者が, 褌を, 見物し, 請状を, 豆を, 豪勢に, 踏みならしながら, 雨やどり, 雪駄を, 靴の, 食べて, 飯ごとし, 飲らし, 髪を, 麥を

▼ 土間には~ (77, 3.0%)

5 いって 2 いると, 四つの, 四角な, 客は, 炉を

1 [62件] いつて, お風呂, こま, これ以外に, こわれた自転車, ごみごみした, そこの, ただテーブル, ちゃんと塩鮭, つけ物おけ, なるほど真白い, はたして浅井, まきやしば, まだ簡單, アラビアの, 一つの, 一ヶ所に, 一挺の, 一枚の, 七つか, 三つの, 二つ腰かけが, 二三脚の, 人が, 人影も, 仕切りも, 八九名の, 古びた床几, 土を, 土竈が, 坐るべき荒むしろ, 大勢女の, 大根を, 太い柱, 寒中蔬菜を, 小さいテーブル, 少年の, 彼女の, 打ち水を, 打水が, 放り出されて, 沢山の, 溝の, 炉が, 炭火が, 炭火も, 看守が, 真黒な, 竃の, 筵が, 糸車さえ, 腰掛が, 膝と, 荒筵が, 虎吉が, 西洋種の, 赤子を, 造麻呂が, 銘々の, 開墾地の, 開墾場の, 駒下駄が

▼ 土間~ (48, 1.9%)

8 あって 3 あつて, 通って

1 [34件] あった, ありまして, あり奥, ある, いやに, おも屋, ごった返す炉辺, つきぬけ土間, ひろく炉, まるきり死人, 一番安全だ, 上がり口に, 二側ないし, 京都風に, 冷く, 半分ほどは, 半町あります, 取って, 喰い込んで, 広くし, 広くなっ, 広くなる, 次第次第にがらんと, 次郎には, 狭いから, 竪に, 続いて, 裏口へ, 通つてゐ, 鍵形に, 門形角形に, 雪に, 食堂奥に, 黒くなり出し

▼ 土間~ (43, 1.7%)

2 一面の, 全部開放し

1 [39件] さながら穽穴, しずかであった, たちまち春, べとべとし, まるで小さな, もう三寸以上, 一時ごたごた, 一面に, 三坪ばかり, 二重の, 何の, 六畳から, 十畳ほどの, 命からがら身, 堅い漆喰, 小酒屋, 幅の, 広いの, 広くっても, 広く一方, 広く店全幅, 廂下りに, 廣く, 手入れ次第では, 暗いから, 月光の, 板張りで, 板張りであった, 殺気を, 畑に, 真中に, 脛の, 葡萄棚などに, 血の池お, 足の, 野と, 陰気に, 餅搗で, 馬鹿に

▼ 土間~ (24, 0.9%)

2 から, に立っ

1 [20件] から菅, から覗い, から這入っ, で, で立ち止まっ, にチョビ安, に押し並んだ, に立ちすくん, のほう, の優しい, の戸, の方, の柱, は子供, へお, へ足, へ踏みこんだ, らしい入口, をこっち, をのぞいた

▼ 土間~ (18, 0.7%)

2 あり座敷

1 [16件] あいて, かなりの, かなり広く, めずらしかった, 同一だって, 同一でございます, 小広う, 広くて, 拵へて, 桟敷も, 棧敷も, 流しもと, 研出した, 長方形であった, 高土間も, 黴が

▼ 土間~ (17, 0.7%)

1 [17件] いい煤びた大黒柱, いうより, いま申した, 二つの, 二室しか, 六畳一と, 土壁で, 壁が, 居間が, 座敷との, 戸の, 板の間に, 框の, 畳と, 納屋蔵の, 違って, 部屋の

▼ 土間では~ (12, 0.5%)

1 [12件] なかった, みんな大笑いし, ダンスが, 一斗も, 七輪に, 二十四五の, 大騒動, 左側の, 犬が, 老婆が, 色艶の, 餅つき明日の

▼ 土間にも~ (10, 0.4%)

2 座敷にも 1 いたたまれなかった, 一杯に, 外にも, 姿は, 店の, 成程, 立って, 門口にも

▼ 土間~ (10, 0.4%)

2 で小鳥 1 から薪, と薬鑵, にゆたか, に大, の榾, の鍋越し, へさらに, へしゃがみこん

▼ 土間~ (9, 0.3%)

1 二階を, 床の, 板の間には, 板敷などからも, 桟敷から, 桟敷が, 桟敷の, 箪笥と, 農事の

▼ 土間まで~ (8, 0.3%)

1 いっぱいに, たしかに拉し来っ, はいり込んで, 偃つた, 入って, 戻つて突ツ, 行って, 迎えて

▼ 土間にな~ (6, 0.2%)

3 つてゐ 2 つて居り 1 ッて

▼ 土間桟敷~ (6, 0.2%)

1 に五三人, に満ちた, に集れるあり, の見物, は勿論, もはや一ぱい

▼ 土間いっぱい~ (4, 0.2%)

2 の見物 1 に込み入っ, の見物たち

▼ 土間にて~ (4, 0.2%)

1 まん中に, 割きつつ, 奥の, 正面に

▼ 土間ぐち~ (3, 0.1%)

1 に近く一本, をちよい, を人影

▼ 土間つづき~ (3, 0.1%)

1 と云いたい, のきたない, の隅

▼ 土間でも~ (3, 0.1%)

1 床でも, 廊下でも, 茶屋に

▼ 土間へは~ (3, 0.1%)

1 いつた彼, 薪を, 降りないで

▼ 土間へも~ (3, 0.1%)

1 入って, 降りて, 鶏に

▼ 土間伝い~ (3, 0.1%)

1 に戸口, に次, に裏

▼ 土間~ (3, 0.1%)

1 につかまっ, に逃げ口, の壁

▼ 土間からは~ (2, 0.1%)

1 むく, 見えなかった仏壇

▼ 土間それ~ (2, 0.1%)

1 から六畳, に続い

▼ 土間づたいに~ (2, 0.1%)

1 広い囲炉裏ば, 長い腰掛け

▼ 土間での~ (2, 0.1%)

1 応待を, 立ち話も

▼ 土間との~ (2, 0.1%)

1 二つの, 界に

▼ 土間なる~ (2, 0.1%)

1 客の, 駒下駄の

▼ 土間より~ (2, 0.1%)

1 五斗張の, 立ったる半纏着

▼ 土間わき~ (2, 0.1%)

1 の壁, の部屋

▼ 土間一杯~ (2, 0.1%)

1 に脱ぎ散らされ, に身構え

▼ 土間一間~ (2, 0.1%)

1 の価, は仕事場

▼ 土間全体~ (2, 0.1%)

1 が広々, が連

▼ 土間左手半分~ (2, 0.1%)

1 は大, は大炉

▼ 土間続き~ (2, 0.1%)

1 で裏木戸, の便所

▼ 土間~ (2, 0.1%)

1 に菰, の精米機

▼ 土間障子~ (2, 0.1%)

1 には大きな, をはやく

▼1* [61件]

土間あがりばた, 土間ッぱいの, 土間いちめんにおびただしく, 土間いつぱいに, 土間何かに, 土間からでもしづやに, 土間ぐるみ五助の体, 土間じゃ七十を, 土間し畳, 土間だけの小店が, 土間づたいに裏の台所, 土間づたひの台所の方, 土間ですよ, 土間でない処は, 土間といつても差掛, 土間とがあるばかり, 土間とにこもって, 土間とを打ち抜いたところ, 土間ので又右衛門, 土間なんどいにしえの沼, 土間にかけて一面の, 土間はんぶんが六畳, 土間への入口と, 土間までは水が, 土間よりもアヌンチヤタアヌンチヤタと, 土間らしい月の, 土間をずつと奧へ, 土間を通してきらりと, 土間一ぱいに成つて, 土間一ツ隔てたそれ, 土間一面の血, 土間二十五匁が普通, 土間二坪に床, 土間の金高, 土間共十五坪の汚, 土間兼囲炉裏で左右, 土間まひと, 土間附の, 土間桟敷と, 土間土間につづい, 土間守人は気軽, 土間少し空きたる舞台, 土間廊下の外, 土間引船桟敷などいうべき, 土間は逸早く, 土間暖簾のうち, 土間桟敷一間に付い, 土間桟敷二三階ぎっしり一杯, 土間桟敷風寂びて, 土間炉部屋の近臣たち, 土間狭いから一眼, 土間穿の庭下駄, 土間貧しき卓子に, 土間貴顕のボックス, 土間の隣室, 土間路地へかけ, 土間近くにまでも押しよせ, 土間部屋は六帖, 土間附きのまことに, 土間雑多な履物, 土間RAJAHのよう