青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「号~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~ 史~ ~右 右~ ~右手 右手~
号~
司令~ 吃驚~ 各々~ 各地~ 各自~ ~合 合~ 合い~ 合う~ ~合せ

「号~」 6048, 60ppm, 1907位

▼ 号~ (1294, 21.4%)

14 ために 8 中に 7 ように, 甲板に, 船長 6 場合は 5 ことを, 乗組員が, 乗組員は, 少女の, 方へ, 舷側に 4 あとを, 姿は, 姿を, 巻頭に, 自動車に, 船長が, 行方は, 諸雑誌, 雑録欄に

3 [26件] ことが, なかに, ような, 上に, 下に, 中へ, 乗組員の, 人々は, 口絵に, 後に, 方に, 消息は, 由来を, 甲板の, 発行を, 秘密を, 紙上に, 船橋に, 船長に, 船長の, 船長は, 遺留品を, 部屋の, 雑誌に, 雑誌の, 顔形と

2 [85件] ことについて, ことは, そばへ, ための, ところへ, はうね, エンジナーに, カンヴァスに, タンク機関車が, 七, 上でも, 中から, 中で, 中央公論に, 事務長は, 二, 二番館に, 作品の, 便りを, 列車は, 同人の, 唯一の, 場合に, 大きさ, 始祖, 姿が, 実際の, 小説の, 小説は, 巨体が, 平助などは, 広告に, 廃船と, 形は, 後を, 怪火, 捜査に, 改装を, 方が, 方で, 最後, 最後の, 最後を, 正体を, 沈んで, 清掃と, 無電室に, 甲板で, 甲板を, 甲板上に, 画布が, 積荷を, 筏, 編輯を, 胴の, 自動車は, 自画像を, 船上に, 船体が, 船体に, 船体は, 船内に, 船員に, 船員の, 船員や, 船客と, 船室に, 艇長だ, 裏口に, 設計者である, 話を, 誌上で, 誌上へ, 車輪に, 連中は, 連中も, 運転手は, 部屋を, 雑誌を, 雑録に, 難破者らが, 電臓は, 顔形が, 顔形に, 風景画を

1 [931件 抜粋] あらくれ, うえでの, うえに, うしろから, うしろの, おかね, お婆さんが, お礼に, こときょうこの, ことだ, ことである, ことです, ことについては, この欄, ごとく, ごとく多く, しめ飾りでは, すがた, その列車, その雑誌, それとは, つぶやきに, ともの, なかは, なんと変りはてた, はめ絵当選の, は家珍, は間違っ, ふなば, ほば, もとへ, ものの, やって来るの, やつ, ゆくえを, ようであった, アンテナに, カブトムシに, カブトムシは, カンバスに, カンバスを, キールを, スケッチマップ及び, ストーコオを, スペイン戦線からの, スミス船長は, ダンセラーで, テーゼ中, トップに, バスに, ビックフォード艦長を, フィリップスの, ブルウス船長が, プロペラ設計に, ボーシン中山弥志馬が, ボートが, ボートは, マイクロフォンを, マークな, ヤードに, ロケットが, ローズ色ずくめの, 一, 一つを, 一同を, 一員として, 一水兵が, 三, 三区域に, 三台に, 上から, 上での, 上へ, 上海隊を, 上野耕三氏による, 下より, 不安定という, 世話を, 中では, 中味を, 中央公論誌上に, 中学生に, 主人と, 主砲六門は, 乗りおさめだ, 乗員と, 乗組員たちであった, 乗組員たちには, 乗組員だった, 乗組員に対して, 乗組員十名が, 乙, 事さ, 事件内容と, 事務長を, 事務長クーパーだった, 事務長テイイは, 事故調査会でも, 二つの, 二個の, 二十四斤砲では, 二室に, 二番と, 二隻が, 五名の, 人, 人々が, 人が, 人たちは, 今と, 仕事に, 仕事は, 他に, 他の, 件を, 位置に, 何かの, 作りだした防ぎよう, 使命は, 例によって, 信吉の, 修理は, 倉光君の, 倶利伽羅谷の, 働きも, 優良な, 入口の, 入選画を, 全体は, 全身不随と, 八, 共通な, 内容と, 冒険を, 出し方, 出る度び, 分も, 分化が, 切符の, 別冊週刊朝日にでも, 制定を, 前に, 前へ, 前方に, 創作に, 力作で, 募集句に, 化けて, 北氷洋航海中に, 区域である, 十三条に, 半分も, 危機を, 原稾, 原稿整理と, 厳然たる姿, 友人金成白, 反撃は, 口に, 口中の, 召波句集小, 司令官の, 吃水線は, 合評会記事で, 名の, 名まで, 吐く煙りが, 命令で, 四, 地と, 坑が, 執筆者の, 報告する, 報告に, 塩谷氏の, 墜落を, 声が, 変形には, 変調は, 大あばれ, 大作を, 太平洋出現は, 太陽に, 失踪こそ, 奥深くに, 女たちに, 女性改造に, 好意を, 妾として, 姿である, 姿ばかりを, 婦人公論であった, 婦人雑誌を, 子供ぐらいが, 宅へ, 安否を, 定数台帳を, 客に, 客引き, 室の, 室内に, 家で, 家を, 寄贈雑誌大小十六種の, 寝台は, 寺田寅彦追悼号に, 小舎には, 小説に, 小説新潮に, 小論に, 少年たちが, 屍体の, 山頂座礁事件から, 左前方に, 左舷には, 巻頭言, 帆檣が, 幻影も, 広告面に, 店の, 廻転窓の, 当事者として, 影だけが, 後について, 後方海面へ, 御飯という, 必死の, 思案の, 性格について, 性能試験を, 恐ろしい計画, 恐龍, 患者さんが, 悪霊, 惨状, 意味を, 戯曲, 扉へ, 手斧などを, 手斧は, 抜刷を, 持主か, 指揮権を, 指揮者と, 捜査の, 捜索や, 探偵創作の, 探照灯を, 搭乗者が, 搭載貨物の, 撃沈も, 操縦室の, 操縦者は, 改良を, 改造に, 救助信号の, 救援作業の, 救援隊を, 数は, 文字もしくは, 文芸時評において, 斉藤さんだらう, 断末魔を, 新日本地図, 方々に, 方にも, 方を, 日本文の, 昇降口を, 時も, 時評だの, 普通考へ, 暖い, 書いたものすべて, 最低速度は, 最期, 本づく, 本誌, 本誌の, 条下引く, 東海道の, 栞にも, 桝に, 槍が, 権威も, 横腹の, 機械関係の, 機関は, 機関助手で, 檻だ, 次の, 正体は, 死体な, 残骸と, 残骸の, 残骸を, 水兵は, 水夫たちは, 水夫一名と, 決着を, 泡の, 注意を, 活字が, 活字に, 浮力に対する, 浮揚作業である, 浴室に, 消息までもが, 消息を, 消息欄に, 清とか, 火夫の, 火災は, 炊夫を, 為に, 無気味な, 無礼に, 無電は, 無電報告, 無電技師フィリップスが, 煙が, 特等室に, 狼煙を, 献金を, 生き残り船員が, 生残り, 田中英光氏, 由来, 由来である, 甲板からも, 甲板は, 甲板や, 画布へ, 番号を, 病室に, 発刊と共に, 発刊を, 発明者ブラウン博士が, 発狂事件に, 発見について, 白き船室, 百合の, 皆川よ, 真上に, 着せし岸, 破片でもと, 社説及び, 私の, 秘密工場だ, 種々な, 積荷用の, 空間停止の, 空間浮標が, 立派な, 竜骨を, 箱の, 粗末ななぐり描き, 終りに, 絵を, 綱を, 編輯で, 編輯後記には, 繋留索が, 耐圧力, 背中に, 自分の, 自動車が, 自動車と, 自画像に, 舞姫評中に, 航海日誌ミッション, 航海記録, 航海記録とも, 舳は, 舵を, 舷側を, 船主兼船長で, 船体と, 船体らしい, 船員たちだ, 船員たちも, 船員だ, 船員どもに, 船員を, 船員数名だけ, 船客にも, 船室で, 船室も, 船影は, 船橋で, 船腹に, 船艙が, 船跡の, 船長では, 船長などに, 船長や, 船長カッ, 船長リンドボーン大佐は, 船首と, 船首は, 艇壁からは, 艇長である, 艇長に, 艇長は, 艇長辻中佐の, 艦側から, 艦橋に, 艦隊の, 艫綱を, 若者たちも, 茂さんが, 荷を, 蔵経書院蔵にも, 行くさきざき, 行動こそ, 行動を, 行方については, 行方も, 行方不明に, 行方不明に関する, 衣装に, 表紙を, 被害状況と, 裏を, 裏表紙に, 襲来する, 視界から, 言うよう, 記念に, 訪問を, 設計図を, 註文で, 評論に, 話で, 誌上に, 読後感, 警報を, 財宝を, 貨物列車だ, 賓客と, 贈物を, 赤線の, 踏切まで, 身の, 身許を, 軍服も, 辺を, 辻中佐を, 通信じゃ, 通信室とも, 速度は, 逮捕に, 進路には, 遅れたの, 運命に, 運転手に, 遭難である, 遭難について, 遭難も, 遭難事件に, 遭難現地を, 選択によって, 遺物な, 部分ばかりを, 配達された, 野心は, 金貨, 金貨百万弗を, 針路は, 錨索を, 鍵では, 長崎入港の, 間に, 間部さんに, 附近に, 附近を, 陰謀を, 隅に, 雄姿, 雑誌や, 難破に, 難関を, 電燈が, 電臓とやらは, 電車に, 青鬼, 頁を, 頻繁なる, 題目に, 顔型の, 顔形とは, 風景と共に, 風景カンバスに, 飛行場であった, 食堂で, 高笑いが, 高級船員らしい, 高級船員を, 魚釣大会は, 黒人の

▼ 号~ (667, 11.0%)

4 やみだ 3 いるか, だれだ, どうした, 静かに

2 [18件] これを, すでに廃船, それを, どうし, にたにたと, もと外輪船, よろこんだ, わしの, エンジンを, 他の, 博士の, 女王号の, 急に, 手を, 海上を, 警部を, 起ち上がって, 返事を

1 [615件 抜粋] あったん, あと形なく, あのうつくしい, あの事件, あの大, あの時サハラ沙漠, あの月世界探険隊長, あの猛獣, あの谷博士, あまりにも, あまり用心, あわれ生新しい, いくらか速度, いぜんとは, いつから, いつの間にかこんど, いまその, いまどう, いまどの, いまは, いまや奇妙, いま大西洋の, いよいよ巨体, うそを, おそるべき共産党員, おどろくべき精鋭, おどろくやら, お福, かたい雪, かんかんに, がくがくと, がまんを, きみたちの, ぐんぐんと, こうして待っ, こっちが, このうえ何, この亙り, この仕事, この冒険, この南下, この数寄屋橋, この暴風雨, この病院, この航空船, この部屋, これからどんな, これからサイゴン, これから極力ノーマ号, これによって, ごうじょうにだまりかえっています, さっきまで, さっとお, しばらくうなっ, しめ飾りだけで, すくなくとも時速二十四五万キロメートル, すぐ様, すっかり空, ずっとおくれ, そちらへ, そのうるわしい, そのかべの, そのとき, その一隻, その強力, その折, その滑かな一面, それから, それからのち, それからギネタ, それが, それぞれ時機を, そんなに軽く, たしかにわが, ただひとり, ただ一個, たった一人, ちゃんと知っ, ちょっと興味, ついにこの, ついに地球, つい興, つかつかと, とたんにぐっと傾いた, とつぜん艦首, とんでもない, どういうわけ, どうしたろう, どうしてもこの, どうなった, どこに, どこにも, どこへ, どこへとも, どんどんノーマ号, どんどん先, どんどん新, どんなこと, なにを, なに者だ, にげるつもり, にやりと笑う, はじめから, はなや, ばくだいなる, ばりばりと, ひさかたぶり, ひとりごとを, ふと思いたった, ふり返っ, ぶじに, ぷりぷり怒っ, ほろびたりけり, まえに, まず丁寧, まず安心, またし, またたくま, また速力, まだそ, まだわし, まだ檣柱, まっぷたつに, まつしぐら, まもなく応答, まるで夢, まるで彼岸会, まんまと船長, みずから長い, めちゃめちゃに, めりめりと, もうすこしで, もう半分以上, もう宝, もう波間, もう飛行, もとの, やくそくどおり, やっと危険, やはり前, やむなく彼ひとり, ゆだ, よてい, よほどの, よほど向う, われらが, アイスランド島の, アムンセン一行を, アラスカの, エバン船長の, オテル・エルミタアジュの, カビエンも, ギリギリの, クイーン・メリー号と, グロリア号の, サハラ沙漠で, ストライキの, ソ連船かい, ソ連船な, ツエペリン, トン数八千八十六トンに, ノールウェーの, ピストルを, ポコちゃんから, マスクの, ムツソリニである, メバルの, メリー号遭難の, ラウドスピーカーに, ラスキン大尉の, ロケットを, ロシュフォールへ, ローマで, 一つことを, 一と, 一万一千七十三トンに, 一万一千五百四十六トンの, 一乗客たる, 一九一五年の, 一人の, 一体そんな, 一号よりも, 一向前, 一度何処, 一旦沖, 一路問題の, 一路飛行島に, 七月二日の, 三四郎が, 三角岳研究所で, 不幸に, 不時の, 中を, 中国から, 中流に, 乗り上げて, 九四三〇号で, 予定が, 事件直前において, 二ポイントだけ, 二人の, 二十七八日の, 二十隻の, 二階建の, 二馬身出遅れた, 五千トンばかりの, 五月二日に, 人間の, 人間以上である, 人類と, 今いず, 今も, 今や大, 今や最高速力, 今や洋上, 今朝早く, 仏領インドシナ某, 伊太利船だ, 休む暇, 伝わらず, 何か, 何の, 何ら荒れ, 何日頃できるでしょう, 依然として大西洋, 俄然緊張, 修理完了ただちに, 倉田さん, 倫敦へ, 僕の, 先に, 先生が, 全力を, 全財産, 全速力で, 六つの, 六十パアセントの, 其に, 其神を, 再びエンジン, 再び水面, 再び空, 初めて船首, 前回と, 創作欄保守です, 助かるに, 北極海から, 北極頂点の, 十二月一日無事芝浦埠頭に, 十二月二十五日前後に, 千部を, 午前中に, 卓上の, 南方から, 単に一二三, 博士だけは, 博士を, 印度人であった, 即ち師, 原子爆弾と, 原子爆弾によって, 厳重な, 去る九月アイルランド, 取巻, 叫ぶ, 同月二十五日に, 君か, 四千人に, 四百メートルの, 困って, 坦庵字は, 壁に, 声まで, 売切れ, 夜明けと共に, 大いばり, 大きいだけに, 大切である, 大型の, 大声に, 大宇宙, 大檣帆, 大洋の, 大湫と, 大砲を, 大西洋で, 大陸の, 大陸を, 大難航, 大颶風, 失敗し, 失敗の, 女体に, 姿を, 宇宙艇の, 安全に, 完全に, 完成に, 定刻の, 実はこの, 射ち止めたと, 小蓮, 少し悪, 少し言葉, 屋久島海上に, 山形屋と, 岩壁を, 左舷の, 已に錨, 帆を, 師平田鉄胤の, 常夏追悼号に, 平洲, 幸いの, 幾棟も, 弦を, 当時の, 当時賑かな, 彼の, 彼らしくもなく口ごもった, 後奈良天皇の, 後続の, 微塵と, 快速を, 怪物に, 恐らく私, 恐竜の, 恙なく, 息の根を, 愛山また, 懐疑的な, 我が意, 我国の, 戦争小説号として, 手摩乳云々, 払石である, 探しまわった, 放免された, 故障の, 救貧監督官について, 敦賀浦塩間の, 文孝堂と, 既に長い, 日録には, 旦那殺しの, 明かに, 昨夜スカパフロー港の, 昨日の, 時々うなずい, 時速平均十三ノットの, 最地階, 最後は, 最新鋭, 有って, 朝鮮近海で, 未だに消えた, 未だ何, 未練無く, 本艇よりも, 杏塢晩に, 東京の, 東京駅を, 果して不, 格納庫から, 桟橋に, 梧堂と, 梧陰又, 椅子に, 横たおし, 樺色の, 機山と, 機械人間たちを, 機関に, 此処の, 武蔵野平野の, 残夢別に, 毅然と, 毎火曜日ここ, 気が, 気も, 水びたしに, 沈んだの, 沈黙した, 沖合に, 法規を, 波浪と, 洛南である, 流星の, 浪に, 海舟であった, 深夜の, 湾内に, 満足したらしい, 漸く本隊, 濠洲へ, 火の, 火焔放射器には, 火薬を, 烏角先生とも, 無事だった, 無理だ, 無線を, 燈火が, 父の, 牛の, 特種病室で, 特輯で, 現在この, 現場へ, 瓦全の, 男体であり, 発狂でも, 発送し, 目を, 眉を, 真正面に, 眼が, 眼に, 着水しなけれ, 矢の, 社会と, 私の, 私自身と, 穂を, 空中を, 空中分解する, 空中分解でも, 空中爆発でも, 突如と, 窓から, 立ちあがって, 立って, 立斎通称は, 竹里又, 笑って, 第一号, 第一回, 篁翁小竹の, 粉砕気化しなかった, 粛々と, 約二昼夜, 索船によって, 絶えず一様, 翌一九四一年七月, 翌二十七日, 考えた, 聿庵である, 脚摩乳我妻号は, 腕時計を, 腹を, 航海中失われた, 航行の, 船艙いっぱいに, 船長と, 船首を, 荒海に, 蘭軒を, 血まなこに, 襲い掛る死, 見えませんでしたか, 記憶を, 誓って, 読んで, 調べれば, 謎の, 護衛され, 護衛艦隊に, 谷博士が, 谷博士の, 象頭人身の, 貨物船である, 赤刷りで, 軍艦とは, 載せてないから, 近づいた, 退屈な, 造船工廠の, 遂に姿, 遂に宙, 遠くへは, 遭難現場附近に, 銀座における, 開拓資金として, 間もなく火星, 隅田川第, 雑誌が, 雲従であった, 雷首通称は, 電気の, 静か過ぎる, 非常の, 顔を, 顛覆も, 風上に, 飛んで, 養堂として, 鬼の, 鳳雛と, 黙庵が, SOSを

▼ 号~ (583, 9.6%)

19 乗って 13 して 7 出て, 発表した 6 発表された 5 のって, 出た, 掲載された, 発表 4 なって, 書いた, 載せて, 載って 3 掲載せられた, 於て, 書いて

2 [30件] その飼育法, なつて, なれ, のせた, のったの, よべり, 乗つて, 乗り組んで, 乗り込む, 乗船し, 乞食を, 先生の, 其の筆記, 出した, 出会って, 向けて, 小説を, 志賀直哉は, 掲げて, 書いたの, 最後の, 発表し, 相違ない, 私は, 細川護立侯の, 臨時調査会を, 至るホトトギス掲載, 越して, 載せさせて, 近づいて

1 [426件] あきれて, あったモダーニズム・エンド・ローマンス, あって, あなたの, あらわれた, あるらいてう, ある博士, ある大竹中将, ある測量出張員, ある碧梧桐, ある虚子選句, あれ無, いい場所, いるより, いる仲間, いる火夫弘保君, いろ, うまくはまるだろう, おいついて, おくりかえして, おさまるといふ, おしかけた, かいた, かく小説, くらべると, けいさいされた, この意味, さからわないよう, したため, したもの, したらどう, した伊予, しては, しても, しろと, すくいあげられたの, すくわれてからの, するつもり, するといふ, すれちがったはず, そっくりでした, そなえて, そのルナビゥム, その図説, その運命, そんなこと, たいしなぜ, たいし法規, たかって, たくさんの, たすけられたん, ちがいない, ちがいなかった, ついて, つづく主力艦隊, てむかっても, とどけたん, とびこんだか, とびのって, なった, なった記念, なつた, なにか書く, ならできるとも, なりました, なりやい, なり赤ん坊, なること, なるの, なる術, なれと, なれという, なんの, のこって, のせた随筆, のせられて, のせること, のせる為, のった, のった吉田満氏, のった文芸時評, のった石原純博士, のった長編小説, のりこみ品川, のりこんで, のり込んで, はいりこんだの, はなはだ人相, また百枚, まとめて, むかって, むけて, もどって, よいもの, わかった, わかるでしょう, わたし自身を, アンドレ, インバイさせ, インバイを, ジョージ, ピヂン・ジャパニーズが, ブラウニングを, ルナアルの, ローゼン氏が, 一九四九年を, 一八九六年十二月十七日イングランドの, 七八倍する, 七十万刷ります, 三十枚かく, 上等へ, 与えたという, 世話を, 中国の, 中篇物を, 乗っかって, 乗て, 乗りかえて, 乗りこむ人々, 乗りこんで, 乗り南極海, 乗り合わせて, 乗り込み英京ロンドン, 乗り込んだの, 乗り込んだ博物学者, 乗り込んで, 乗合わせた, 乗組みこの, 乗組む児玉法学士, 乗組んだ者, 乗組んで, 乗船した, 乗艦せる, 乗込みマニラ出帆, 乗込んで, 九里丸君が, 人間が, 代って, 伝えられたが, 似た大きな, 住んで, 佐々木嘯虎君の, 何か, 何の, 何枚かきました, 余が, 作家ばかりの, 作家ローベルト・ムージルの, 作家論を, 作用した, 使いに, 依田学海の, 侵され切った竹三郎, 停ま, 働きかけたる巨大, 入る, 入室し, 八頁ばかり, 出かけること, 出し置いた, 出し置いた通り, 出たやう, 出た日夏耿之介氏, 出た法政騒動談, 出た西周, 出た里見, 出世し, 出会ったの, 出頭した, 分からなかった, 分載された, 列挙せられた, 初めて小説, 別に不完全, 利根川の, 加えられた最高, 勝野金政なる, 包まれた, 十五枚ぐらいの, 千葉亀雄氏が, 南日君の, 博士を, 及ぼす影響, 及んだ, 及んだ雑誌, 反対する, 反省を, 収めた寛, 取りか, 口を, 合わせて, 同じこの性質, 同じ題, 同乗した, 名乗るの, 向かって, 君が, 君の, 吹きつけ船, 味噌を, 呼び掛けようと, 唯研創立当時の, 国王や, 執筆し, 執筆する, 執筆を, 報告され, 売ったの, 大河内博士が, 天麩羅と, 奏風氏が, 嫌疑が, 子供が, 学生時代に, 安成貞雄君が, 寄稿した, 小作人への, 小品を, 小詩, 小説が, 就て, 居ります, 屈服する, 届こうとして, 屡乗, 島崎蓊助が, 左の, 帰り一同, 帰ること, 平野謙氏の, 延ばして, 引続き天神さま, 強いられた, 当るので, 彼の, 彼は, 往くを, 御掲載, 志賀直哉氏の, 感じない訳, 感想を, 投じた小説, 投じて, 投ず, 投乗す, 押しかけて, 挙げた, 挿入せる, 捕へられ船長, 捕まって, 接近し, 掲げた, 掲げられぬ, 掲載され, 掲載されある, 掲載される, 掲載する, 掲載せん, 提出の, 搭し, 搭乗する, 撃沈された, 改めた感情, 故羽柴, 故障が, 救れ, 救われたこと, 救助された, 教えなければ, 散々悪口を, 文学博士津田左右吉の, 斎藤緑雨君の, 於ける, 於ける直木三十五, 旧伝, 昇格され, 曰く, 曰萬葉集は, 曳航させた, 書いたから, 書いた表現主義, 書いた通り, 書きましたが, 書くこと, 書くもの, 村山知義さんの, 松谷久男氏の, 林忠彦の, 栗字が, 桂川中良の, 梶井が, 極めて簡単, 横づけ, 横光さんの, 横附け, 橋川正君の, 次の, 残されたの, 残って, 水兵一人乗っ, 泥古, 洋上で, 浮揚を, 深谷氏も, 清貧の, 渉って, 湯浅芳子が, 滝川政次郎氏の, 火野葦平の, 無線電話を, 片岡鉄兵氏が, 猪木氏の, 獅子文六辰野隆福田恆存の, 現れた勝本清一郎氏, 現れた土田杏村氏, 現代学生気質とも, 用いて, 用い大将, 男は, 発表され, 発表される, 発表せられた, 発表せる, 登載された, 相違ありません, 眠るほどの, 眼を, 知れたもの, 石川啄木の, 私への, 移つたかといふ, 移りて, 移り午前十時アデン港, 移乗, 移乗し, 種々の, 積みかえ騙討ち同様, 積み込まれた, 積み込んだ私達, 積載し, 積込んで, 立ち戻って, 答を, 篠原蔵人の, 約八千枚, 紹介された, 紹介した, 給水する, 羽後平鹿郡の, 聞けば, 臆面も, 至っては, 至る三十六種, 至る袋綴, 艫を, 荒木巍氏の, 荒木郁子さんに, 蔵原惟人さんの, 藤森成吉が, 藤田喜衛君の, 藤田進一郎氏が, 蘭, 行きついたの, 行き昼食, 記された奥州, 訣別を, 訳載され, 詩三篇を, 詳しく述べる, 詳悉し, 誘拐せられ, 説明し, 謫天情僊の, 負けませんねえ, 貯えて, 賭けた, 起こった悪疫, 起りつつ, 較べて, 載するところ, 載せた, 載せたと, 載せたという, 載せた予, 載せまた, 載せられたの, 載せられ何処, 載せる小説, 載ったあなた, 載ったエーモニエ, 載ってから, 載ってる百名近く, 載つたもの, 載つて, 載り次いで, 載るし, 輸送指揮官ショーマレー海軍中佐新, 追いついたという, 追いつくん, 追い抜かれた二十七日, 追い抜かれて, 追い抜かれなければ, 追い残された日, 逃げ込みおる形跡, 通信し, 連絡させた, 連載, 運送させた, 過ぎん, 達せしめたり, 遭遇せず, 重大な, 鉄水母の, 長野の, 間に, 関係の, 除村吉太郎氏を, 随筆を, 露伴の, 青森県の, 須磨子は, 駕し, 高山青, 高野六郎博士が, 高野君の, 高頭君の

▼ 号~ (562, 9.3%)

9 もって 6 つけて, 出して 5 見て, 見ると 4 出した, 手に, 発行した, 記念する, 読んで 3 受けて, 見よ

2 [31件] のせたロケット, もらって, よんで, 二〇円と, 二天と, 仮に一〇円, 何円と, 倒して, 凍雲とい, 出したの, 出したので, 出すから, 助けに, 呉れるなら退職, 呼立てる, 岩居といふ, 持って, 操縦し, 東の, 注射し, 海上に, 用いて, 発刊, 発行し, 発行せよう, 筆太に, 見たの, 見ても, 貰って, 追うて, 開いて

1 [443件] あけて, あずかって, あのよう, いただいて, うけまた, うしなって, うす桃色, うち倒し, うち沈めた, うばったとは, おくられたとき, おこらせ現場, おそった, おそって, おどかすよう, お読み, かいた, かえして, かえりみて, かきかけたが, かき続けた, かこって, かたじけの, きみに, きめたとき, こしらえたの, ことほぎて, このまま, このズック, この一群, この航空船, こんなところ, さぐること, さしては, さらに沖合, しずかに, して, しめきるの, しるしたる名紙, じっと見下ろし, すっかり空, ぜひ見せ, そっとおろし, そのほう, そのまま取っ, その荷船, その著述, ただ遊ばせ, ちゃんと終刊号, つくりたりと, つけた一人, つけようじゃ, つけようと, つけられて, つけると, つつんだ, つつんで, つれて, とって, とらえたの, とりまく偵察機, とり今, とる迄, どうしても固辞, どうする, どう思っ, ながめて, なして, なつかしく眺め, にせ者, にっこり微笑ませ, ぬすんだ一味, ねらって, のせて, はじめ多くの, はなれること, ば名乗っ, ひっくりかえしたの, ひっくりかえして, また出せる, まって, まん中に, みなさまは, もたなかった変り者, もつ皮肉屋, もらう, もらう人, やったって, やといたいの, やとうから, ゆずって, よますよう, よんだ, ノーマ号の, ハノイで, マル三という, ローラクし, 一度も, 一時間も, 一清と, 一秒も, 与えて, 与え金, 世の中へ, 中に, 中心として, 二三冊合本し, 二千部ほど, 五十銭出し, 人諸, 今いただき読みました, 今編輯し, 付けた家々, 付けて, 仲氏と, 伝えて, 何枚ついでに, 作りたいと, 使うが, 使った, 使って, 使わずに, 保続, 倒しさえ, 倒すには, 借りて, 借りる, 入れた料理仕出屋, 入港させる, 全部焼い, 円通大師と, 冒す, 冒すなどと, 出したいと, 出したが, 出した綜合雑誌, 出しますから, 出すこと, 出すと, 出すという, 出すなど, 出すに, 出すについてと, 出すので, 出す時, 出せり, 出そうと, 出そうという, 出版する, 刊行する, 前進させ, 北雷と, 十字舎三九と, 十枚つ, 千足とも, 占領した, 去って, 去り旧, 取つた, 取り巻いて, 取る準備, 取戻したこと, 古, 名乗った昔, 名乗ること, 名字と, 名字の, 吸い寄せたの, 呼びだすよう, 呼んで, 唱うること, 唱え候者これ, 嘉陵と, 地名として, 売却する, 変えて, 変えない傾き, 夢梅という, 大西洋上に, 奪って, 始め僚艦, 始め其後, 守る敵機, 宗和または, 宝田寿来に, 家に, 対象に, 専ら用, 山頂にまで, 帝都上空に, 帯びたの, 幾枚一〇号を, 廃し, 廃した, 引きあげて, 引出させて, 引張って, 征服すべき, 後に, 得た, 得たの, 得たらしい, 得た不, 得て, 得るため, 得るに, 得んと, 忘却し, 念誦し, 愚陀仏と, 懸居, 戴くこと, 手がけようとして, 手古摺って, 手渡しつつ, 抑留し, 拝見し, 持ちたい口, 持ったもの, 持つた者, 持つて, 指して, 挿み, 捜査する, 捜索の, 捨てわざわざ, 授かり夫以来天台宗, 授けて, 授けられたの, 授け奉ると, 探した, 提供する, 携えて, 携へ, 攻撃し, 攻撃し始めた, 放流した, 救いに, 敢て, 数えた, 新領, 映画に, 春と共に, 春秋花園とも, 暁嵐と, 暴力によって, 曳綱で, 書いたの, 書いては, 書かなければ, 書きつけたもの, 書きて, 書き上げて, 最後と, 木々氏の, 松声と, 楕円の, 樵耕蛙船と, 残夢または, 残月という, 殺すか, 水鏡先生と, 水鏡先生という, 水際へ, 求めて, 江漢漁史と, 汲む, 汲む云々, 泉処と, 浅瀬に, 浦賀に, 浮きあがらせた黒地, 海上へ, 海南と, 海底に, 深々と, 添え用いよほど, 減らした, 火薬船だ, 焼払い乗組員, 煩わさずとも, 父から, 犠牲に, 狙って, 獲得した, 珍, 現場へ, 瑞雲と, 用いず必ず, 用いたこと, 用いられて, 用い三けた四けた, 用い給うたの, 用ひ, 用ゆる, 申して, 発するに, 発行, 発行しました, 発行す, 発表した, 発表する, 発見する, 盆迄に, 相手に, 眺め始めた, 知らない, 砲撃せられよ, 砲撃でも, 破壊する, 社楽斎という, 神サマと, 祥雲と, 私達に, 称して, 空爆した, 突きとめるの, 立てたもの, 立て各々, 簡斎と, 米水と, 終刊として, 緑雨と, 編輯した, 署し, 考えて, 聞かれた時, 聯想し, 胖庵と, 臥龍先生と, 臨検し, 艤装し, 荏野翁または, 蘭林という, 蟾州とも, 袖干, 製造し, 襲いだと, 襲いだの, 襲いだもの, 襲撃した, 襲用し, 見うしなっちゃ, 見かけた唯一, 見た, 見たか, 見たこと, 見たと, 見た時はじめ, 見た船, 見つけた時, 見つけて, 見つけますと, 見つけること, 見つけ出して, 見ようという, 見るより, 見れば, 見倒して, 見山と, 見送った後, 観山という, 角屋と, 解放し, 記すの, 記念し, 記憶する, 訪い船長モルガン氏, 訪ねてから, 訪へ, 訪問し, 許された名家, 許されること, 許して, 詳に, 読みて, 読み我鬼先生, 読む, 読む私, 調べて, 象山と, 負うて, 貰ってから, 買い三浦周行, 買い嘉七, 買う, 買うて, 買ってから, 貸して, 賜は, 賜わった役公小角, 贈った式, 贈られたお祝い, 贈られたの, 迎える隊形, 迎へた雑誌, 追いかけること, 追い越してから, 追って漕ぎ出した, 追つて, 追て, 追ふ, 追跡する, 追風で, 退船, 退艦, 送って, 送り出したの, 逃げ出したこと, 逐いて, 逐って, 逐ふて, 連れて, 遊行上人から, 運転し, 遙かに, 選んだ, 選んだ理由, 重ねたと, 重ねるにつれ, 重山と, 鋤雲と, 錨から, 鑑籍から, 開いたが, 附けねば, 附け例えば, 限りとして, 雁伍と, 雑炊子と, 雪斎と, 静山と, 題材に, 飾らせて, 駆って, 高い山頂, 高圧電気によって, 高山頂き, 鳳雛先生とも, 鴎所と, 鹿鳴, 麦雨と, 鼓村と

▼ 号~ (365, 6.0%)

10 ある 3 あつた

2 [17件] あって, いきなり宙吊り, なければ, ロンドンに, 一団の, 二〇〇円に, 出て, 出来て, 復航で, 恐竜に, 横浜を, 火薬船だ, 発狂した, 発着所へ, 見つかったって, 谷博士を, 遭難した

1 [318件] ああいう, あそこで, あった, あったかも, あったと, あつたらしい, あのとおり粉砕気化, あのよう, あの事件当時, あやしまれて, あらわれたの, ありましたか, あり嘯台余響, あるの, あるらしく自分, あるん, あれば, いったん救援艇, いつもより, いなかったが, いよいよ怪船, おびただしい電波妨害用, おみやげに, かえってきた, かりにどこ, かれら, ききかえした, ききとれない程, ここで, ここまで, こっちへ, この亙り, この夏, この島, この飛行機, これからどんな, これからなに, さいしょに, すこし表紙, すっかり空, するどい音, そなえて, そのいちじるしき, そのつかれきった, その翌, その附近, それに, それを, そんな不法, ただの, だまって, だれにでも, ちょうどオリオン号, つけて, できた, できて, とうとう海賊ども, とうとう見つかった, とつぜん大砲, とどいた, どうして遭難, どこへ, どんなにすごい, ない, なおもひらひらと, なかなか出ない, なくして, なにを, なんだって, のぼりはじめたという, はいりこんだの, はからずも一つ, はまりこんで, はやっとるそう, ひそかに, ひとりで, ひょいと過失的, ほしい, ほとんど外形, ぼくらの, ぼくを, まきちらしたらしい電波妨害用, まだ不着, まだ入港, まっすぐに, まるで襤褸貨物船, むやみに, もしふたたび海上, もてずに, ものの, もらえるという, もりもりと, やったの, やって来る, ゆくえ知れなくなった, よたよたと, よほど困った, わかったわけ, わたしたちの, われらの, ケエプ・タウンに, サルに, サルの, スパイでは, ソ連船であり, ダアバンを, チリーの, テレスコープを, ニューヨーク郊外の, バルセロナを, バルチック海中の, パンフレットの, ヒマラヤ山脈中に, フランス本国の, フル, ブリストルに, プカプカ浮ん, ヘルナー山頂に, ヘルメズ岬の, マタ・アリに, マロン博士一行みたいな, ロアール川に, ロンドン着を, 一体何, 一冊のっ, 一冊入っ, 一隻ある, 万有引力との, 三人の, 不安定である, 不時着で, 不時着を, 世界一周飛行へ, 乗り切れない筈, 予期した, 二冊ひろがっ, 二十三浬一五の, 二着馬を, 今どこに, 今日来た, 以前から, 仲間に, 低い声, 何かを, 何よりも, 何を, 何故六〇六号, 入港し, 入港した, 全く輪田, 全速, 処女航海で, 出た, 出たの, 出た後廃刊, 出ないうち, 出ました, 出られなくするという, 出る, 出ること, 出ると, 出る事, 出同時に, 出来たと, 出来た時, 出来ねば, 出来上, 出発し, 刊行された, 刷りあ, 前方の, 創刊された, 動かしはじめたの, 包んで, 化けて, 北極海から, 博士の, 厳粛に, 古来いかなる, 只一つ勇敢, 同じ方向, 君たちが, 吹飛ばされたと, 呼びとめた, 国民食を, 土佐の, 坐礁五奉行の, 増そうと, 売りきれ三月号, 多数の, 大いそぎ, 大きく出遅れ, 大暴風雨, 大洋へ, 大西洋に, 大西洋へ, 失踪した, 奇怪にも, 奇蹟的に, 姙娠した, 安全に, 実に奇妙, 宣伝長イレネ女史の, 小窓, 居たの, 居りその後, 岸少尉の, 市場に, 年四回な, 弘く, 彼の, 彼女の, 往航で, 待たれたほど, 後に, 忽ちわたくし, 急いで, 急停船, 怪人集団の, 悲壮なる, 悲痛な, 愈いよ, 意外にも, 投錨した, 拓本十巻ヲ, 持ちだした椅子, 持って, 探検に, 掲載した, 救助した, 敗残の, 既に十二月, 日本を, 日比谷の, 春狐である, 昭和七年二月二十七日九州の, 暴風雨の, 書いて, 最初で, 最後に, 本国から, 本船に, 来た, 来る, 来ると, 果たして殺人女輪田夏子, 横たおし, 機械の, 歓呼の, 武装を, 氷山との, 決してローリング, 沈黙を, 活躍した, 浮きあがりますよ, 海に, 海上に, 海上へ, 消息を, 漂着した, 潜水艦と, 火星に, 火星の, 無事に, 特殊命令を, 現れた, 現場に, 現場へ, 発刊される, 発売禁止に, 発狂し, 百万弗の, 皮肉な, 着いたの, 着いて, 私たちの, 私の, 秘められて, 秘密を, 空間に, 突如ニューヨーク沖, 突然火, 答えた, 納められて, 終ると, 絶えて, 羽田を, 航海に, 船脚を, 茶山の, 行方不明に, 西方へ, 言った, 記入した, 註して, 誰にでも, 買いたかったの, 赤絵号を, 走りだしてから, 輪田夏子だ, 近づきつ, 追い出されその, 違って, 遭難し, 釈放される, 重力平衡圏で, 金属箔のかべを, 金星探検の, 長い沈黙, 長崎に, 陸兵を, 難破状態で, 非常な, 音も, 頒けて, 風俗壊乱として, 馬の, 黒い煙

▼ 号~ (266, 4.4%)

11 の女 7 の前 6 の中, の扉 5 の少女, の患者 4 である, の令嬢 3 から出, に足, の窓, へ入っ

2 [16件] であった, で眼, で精神分裂症患者, にゐる, に入院, に居た, に帰っ, に泊っ, のベッド, の出来事, の男, の窓口, の鍵, の附添看護婦, は, へとびこんだ

1 [174件] およびその, からです, から一号室, から先方, から残り, から魂, があった, がもう, が二階, が空いてる, だ, だと, だな, で, であると, でございます, でございますよ, でその, でちょっと, でという風, ではお, ではない, ではまた, では絶え, で一所懸命, で今日, で会う, で同じ, で御座います, で描き, で撫でまわし, で自殺, で艶子, で行われた, で西村, で見た, で誰か人, で起った, との境, との間, とベローワ, と建築事務所, と石垣建築事務所, にいる, における第, にて米国帰り, にはいりました, にはその, には安来節, には我国, には無論, には面白い, にもっ, にも分宿, に一夜, に住ん, に入った, に入る, に入れられ, に入れられた, に切に, に同棲, に宿, に居られる, に居る, に帰る, に平穏, に引き返し, に引返し, に御, に投宿, に昨夜誰, に案内, に残し, に残っ, に泊った, に泊る, に現れ, に監禁, に約, に纏め, に置い, に行く, に警察, に近づい, に這入りました, に這入る, に閉じ, に閉じ籠っ, に間違い, に陣取る, に電話, のお, のほぼ, のまん中, のみなさあん, のガリバルジ君, のタタキ, のテイラア, のドア, の上, の事務所, の人形, の信吉, の八十歳, の内, の出口, の別室, の卓上電話器, の外, の大森君, の女給, の如き, の娘, の少女モヨ子, の悲劇, の情婦, の戸, の戸口, の所, の方, の有様, の様子, の標札, の止宿人, の殺人事件, の狂美少女, の空き部屋, の第, の粘土, の美少女, の自殺, の蓄音器, の表, の角, の鉄格子, の障子, はたった, はどの, は丁度, は五階, は到頭, は宮城, へ, へいっ, へお願い, へそれ, への伝信, へはいっ, へはいる, へぶちこむ, へ上っ, へ入った, へ午後三時, へ姿, へ押し掛け, へ朝飯, へ案内, へ社長, へ続く, へ這入っ, へ通される, へ電話, をいきなり, をお, をお尋ね, を借りた, を八時, を出, を千鳥, を占める, を泊らない, を見下せる, を警察

▼ 号~ (130, 2.1%)

18 ている 14 ていた 4 てゐた 3 ております 2 て, てその, てゐる, て俳諧, て国, て大, て狂歌

1 [77件] そうな, たり, たりした, たり一方, てい, ていつ, ています, ており, てかなり, てこんな, てさらに, てしきりに, てしまつたの, てそれ, てまた, ても構わない, てゐたらしい, て一日ぐう, て一日ぐうぐう寐, て七万五千, て三十万, て五千, て京都, て他, て何, て信貴山, て俳句, て儒, て八十万, て千山万水楼, て吠え, て品物, て国務, て地獄, て坦坦翁, て天下, て天道, て寧一山, て寺内, て強がった, て当時八百里, て彼等, て撥鬢奴小説, て文学談, て日本橋, て旭日将軍, て更に, て書家, て曹操みずから五十万騎, て死ん, て毎晩竹刀, て深更猥, て無, て狂歌狂句, て狂詩集, て猿女君, て甚意気, て画, て白人会, て白溝河, て百万, て相当, て真言, て短歌, て石, て福面女, て立山, て細川藩, て薬用, て襄陽, て課長殿, て跡つぎ, て逆上, て長安, て飲薬, て鷺流名誉, 人は

▼ 号~ (129, 2.1%)

2 いえば, いっしょに, ちがって, どれ位い, 云うの, 云ふ, 平靖号とが, 書いて, 番号の, 第三号

1 [109件] あったうち, いうので, いうほどの, いふので, いへば, しあるいは, しその, したが, したの, したので, した寺, して, しまた, しるした船尾, しるして, し探偵小説界最初, し插画, し虎, す, すれちがったはず, その乗組員, その腹, たしかにすれちがう, どんな関係, なすこと, なすべき程, なったの, なりそう, なる, ばたばたと, まづ順調, よく似た, よばれたカブトムシ, ハーミーズ号の, パリ大学滞在中の, フィルネルの, 一緒に, 三十一年四月号とに, 三号との, 三号とは, 三号は, 三月号とに, 並んで, 並行し, 乗員たちを, 二十五号の, 二号だけを, 云うのに, 云うカンバス, 云うボロボロ, 云う名, 云う天地, 云う蓋, 云つた, 交互に, 他の, 伝国の, 其機関長とに, 分かれそれぞれ, 切符を, 別れてから, 十一号とに, 十号とを, 同じ形式, 同じ方向, 同じ運命, 同居し, 同年の, 名のる, 名を, 名乗って, 名乗との, 呼ばれた, 呼んで, 命名されました, 四十八号, 四号の, 四月号だけ, 地球との, 定って, 察する, 思えば, 怪星ガンとは, 暮らして, 書いた二枚, 書かれた部屋, 書し頭, 札の, 決まって, 洋上で, 番号札を, 相並ん, 知ってからは, 移ったもの, 競走し, 第七号, 第二号, 第五号, 船名が, 衝突し, 衝突沈没した, 言う店, 記した小さい, 議題を, 通称との, 運命を, 銘打ったもの, 関係の, 電話で

▼ 号から~ (123, 2.0%)

4 持って 3 第五号 2 とって, 一人の, 七月号にわたって, 三号まで, 何号まで, 八号まで, 掲載され始めた, 第十号

1 [100件] あがったので, こぼれ落ちたもの, こんな手違い, さが, すこし放れた, すでに十七人, ずっとつづい, ずっと二三ヵ月, その詩, その誌上, ちゃんと揃っ, であった, でございます, ですが, で終回, のせられはじめまして, はなれて, ほうりだされたの, まっさ, ヒラリと, ボートを, レヴィウの, 一つの, 一つ前, 一九〇五年分までが, 三〇八号室までの, 三号までの, 三月号まで, 中田君が, 九カ月に, 二キロメートルの, 五号まで, 京伝馬琴種彦らの, 依頼された, 僕は, 全部を, 再び句作, 出て, 出ること, 切抜いた, 初めて第, 前後十号にわたって, 十三号へ, 十三号までの, 十回に, 原稿を, 取捨選択し, 同年の, 命令を, 四十八号に, 地球へ, 埠頭へ, 報告が, 墜された, 外へ, 姿を, 小説を, 岸へ, 巻頭を, 引つづき日本帝国主義侵略戦争反対, 引続い, 形の, 彼等が, 慾が, 探照燈, 推すと, 改めて私, 救助信号が, 新聞を, 早速ケエプ・タウン海事局, 明瞭に, 暫く休む, 最後の, 毎号一篇ずつ, 毎月発禁つづきである, 注意の, 流れ出した英国士官, 海中に, 発せられたので, 百〇八号に, 私が, 第三号, 純粋に, 翌年正月号までの, 翌年発行が, 脱出し, 荷物を, 視ると, 詩を, 誰かが, 謄写版と, 返事が, 連載した, 連載を, 連載中である, 野菜その他をもって, 銭形平次は, 長崎の, 降りたわけ, 順当に

▼ 号~ (111, 1.8%)

5 の乗組員 3 の乗組員たち 2 が爆発, と二号艇, のうえ, のなか, の内部, の姿, の爆発, の艇長ゲーナー少佐

1 [87件] からふきでる, からもやってきた, から信号, から外, から来た, がおかしい, がまぶしい, がテッド博士, が出発, が奇怪, が特別, が画面いっぱい, が雲, すぐ出発, だ, だけでなく, であったが, である, ですか, とおなじ, とそれから, とに乗っ, とは射出機, と第, どうした, にちかづい, にのっ, にのりうつる, にのりこん, にはぎっしり, には佐伯船長, には山岸中尉, には望月大尉, には櫂, には誰, に乗組ん, に乗組んだ, のいたましい, のこと, のそば, のところ, のほう, のまわり, の不時着, の中, の乗組員三十名, の人たち, の全員, の出発準備, の勇士たち, の尾部, の底, の映像, の望月大尉たち, の椿事, の漂流者たち, の火災, の無, の爆破, の血, の連中, の遭難現場, の面々, はここ, はたった今, はひさしぶり, はまた, はみるみる, はもう, は予備隊, は刻々, は左上, は波間, は無事, は無数, は自然爆発, へ, へのりこんだ, へ戻し, へ漕ぎよせろ, もこの, や二号艇, をすくう, を包ん, を半分, を救い出そう, を爆破

▼ 号~ (102, 1.7%)

2 あつた, 幸山船長と, 廃刊した, 横浜に, 潰れて, 私は, 菊ちゃんが, 逢曳き

1 [86件] あらうか, い, おなじみに, お別れ, お話しました, がんばること, こ, これは, さらに詳細, すごいほど, すでに横浜, その誤謬, つぶれるから, つぶれるだろうという, はじめてもたらされた, もござりません, やっとこういう, アパ, アメリカへ, エストニアの, ジャン, ネヴァ河へ, バスは, ペナンへ, マーニン夫人て, ロンドンへ, 上田などの, 上陸した, 不慮の, 人は, 今ここに, 例年より, 先生は, 写真入りで, 処女作, 北極横断飛行に, 十一人と, 呉井嬢次と, 呼びかけその, 字が, 室内の, 廃刊する, 救出する, 日本に, 来たこと, 来て, 次の, 正当にも, 死んだ人たち, 気楽に, 永遠の, 江戸藩邸の, 池田寿夫は, 渡米する, 為替に, 燻って, 片上天弦前田木城水野葉舟吉江孤雁ら合評の, 特輯された, 画布と, 畠中尚志という, 発表, 発表した, 碾臼の, 神経痛だつた, 私の, 窓ぎわでは, 米国に, 終わって, 終わりますから, 組まれたもの, 網が, 繁ちゃんが, 能楽の, 航海する, 芥川竜之介氏の, 藤村が, 見ると, 言つた, 語られて, 読んだ, 豪州航行の, 赤堀又次郎氏は, 軽井沢に, 述べて, 鄭重に, 離陸せる

▼ 号~ (71, 1.2%)

3 ある 2 一所に

1 [66件] あって, ある程度は, いまや右舷, おかしなまわり, おそらくはそんな, こうなったら, このうち, この時, こんどこそ, こんどという, さすがに, その後を, その日, その時先生, その通り, そば杖を, ついにこの, ついにつまらない, ついに最後, つくらず女, つづけたらよかろ, できて, とうとう仕上げず, どうやら怪星ガン, ひきつづき発禁, ぶじアメリカ, また顔色, まだ博士, みな金だった, もちろんその, もらえる資格, やっぱり宇宙, やはり災害, サイゴン港を, ランプを, 兎に, 出来たかも, 分ってるし, 到着しました, 前に, 前述の, 博士も, 原子爆弾の, 同じよう, 哀たちまち, 四月号も, 売りきれたと, 始めるつもり, 完全に, 平靖号も, 広く出羽地方, 文字からは, 既に日本, 本来の, 機械人間を, 此の, 此処で, 水圧嵐に, 深刻な, 百台ほど, 秀子なら, 続いて, 行方不明に, 際どい急, 頭を, 顔色を

▼ 号~ (69, 1.1%)

3 つかいに 2 いって, 乗りこむ, 全部残りなく, 載せた, 連れて, 遊びに

1 [54件] かえっていく, ずかずかはいっ, たどり着いた時, つけろ, でかけて, にげこんでや, のこるといった, のりつけた一行, もどって, やって, やってきた使者, やりたがらなかったん, 三十枚ほどの, 乗った全部, 乗りうつる, 乗りつけたの, 乗り込んだとき, 二つの, 出かけて, 出かけ荷役, 出した拙文, 出して, 出掛けた事務長, 原稿を, 又十枚, 四枚書く, 届けた空間浮標, 帰ると, 帰ろうじゃ, 引き上げる時, 戻りそこで, 掛けて, 書いて, 書かされること, 朝飯を, 本篇三を, 案内し, 派遣され, 漕ぎつけた, 漕ぎ寄せて, 漕ぎ戻った, 無電を, 無電連絡を, 牽いて, 短い評論, 行かせて, 行く, 行った, 走り出した, 返して, 這いあがるべく努力, 連絡を, 録した, 面当

▼ 号~ (68, 1.1%)

8 の留さん 4 に乗っ, の水夫, の舳先, の船長

2 [22件] かということ, から動かなかった, から聞え, が, に移った, の, のぶっ, のエンジさん, のエンジンどころ, の中, の仁公, の側, の平井エンジ, の者, の見習い水夫, の音, はごく, は荷物専用, へゆき着いた, へ戻っ, を待ちかね, を貰っ

▼ 号という~ (67, 1.1%)

8 のは 7 のが 2 のです, のを, ものを, ように, 大きさ, 船名を

1 [40件] ことそれから, その名, のか, のも, ものが, ものに, カン, ロケットに, 七千噸級の, 三毛の, 三輪自動車が, 具合に, 切符は, 切符を, 区域は, 千二百トンばかりの, 名, 名を, 名高い種馬, 噴射艇は, 大作を, 天地へ, 室に, 小ざっぱりした, 当時での, 日本海軍が, 時限爆弾は, 札が, 檻の, 百五十屯の, 百十五トンの, 相当大きな, 米を, 自動車に, 船に, 船の, 軍艦の, 軍艦まで, 部屋番号が, 電臓は

▼ 号活字~ (67, 1.1%)

32 で印刷, を使

1 [60件] か何, がれいれいしく, が眼, くらいある, ぐらいの赤, ぐらいはぼんやり, しか読めない, であった, でぎっしり, でさえ判読, でたちまち, でたった, ででも出た, ではあった, でわずか, で一行, で二三行, で何だか, で大々的, で如何にも, で小さく, で岡本誠夫, で新聞, で日英同盟, で書かれた, で次, で組まれ, で記, で記載, で読み, などを以て漱石, にあり, に並べ立て, に匹敵, に組んだ, の一、人, の一行二行, の三行批評家, の四六版, の広告, の弘教書院蔵, の投書, の標題, の申訳的報道, の説明, の長文電報, の間, はだいぶ, はほとんど, は一面, ほどの小さい, もて数行, より小さい, をもっ, を入れ, を受持っ, を思切つて使つた, を盛ん, を組み交える, 総振り仮名付き

▼ 号には~ (51, 0.8%)

1 [51件] あらゆる面, ある特別, いって, お猫さん, こんな事, ちとおどろかされる, ゆだ, わしの, ホテル, ローザ・アイケルバーガーの, 一七四八年以降の, 三笠宮崇仁親王と, 二百三十人の, 二隻の, 付録として, 伝わらずかえって, 伝わらなかったの, 何も, 出会わないの, 利, 前号から, 前檣, 吉屋信子の, 同志小林の, 四つの, 妙に, 婦人参政権運動について, 小林多喜二という, 小沢清という, 岡本かの子が, 急性結節で, 意外に, 数人の, 是非お願いいたします, 時の, 林の, 横光さんの, 比木喬君の, 特別の, 畏敬する, 百万に, 硯友社員では, 私の, 突発事故が, 編輯長は, 花袋の, 莫大な, 観柳書屋, 諸君の, 面白いもの, 食糧問題労働問題法律上の

▼ 号した~ (39, 0.6%)

2 のが, のです, のも, 人である

1 [31件] かどう, がいくら, がお供, が志摩景元, が東, ことが, ことについては, ことを, と, とすれ, とのこと, と見える, には笑, には面白い, のださうである, のだった, ので人, のは, 一派の, 上総介忠常なども, 予は, 人で, 兼元も, 同郷の, 女が, 常に馬, 後で, 新聞記者の, 新詩社, 方が, 滝本昭乗なども

▼ 号~ (30, 0.5%)

72 ぜ, ッ

1 [19件] かで潰れ, かに, からこうして, からその, から卯年, から可笑しい, がいつ, がちゃんと, がもう, そうだ, つてありますまい, つて好い, といっ, とかと噂, と断定, と書き立てた, な, ね, ナ

▼ 号ガス~ (30, 0.5%)

3 のため, のピストル 2 のすばらしい, の原液, の製造

1 [18件] でまいらない, というの, と名, のかたまり, のききめ, の中, の偉力, の煙, はたくさん用意, もさっぱり, をあび, をうんと, をこれから, をよほど, を火星人, を爆弾, を発射, を砲弾

▼ 号まで~ (26, 0.4%)

2 安全

1 [24件] あったの, あり一室中, だしたの, つくった, である, でつまり八人, ならべて, ナンバーを, 三マイル運搬する, 与えられた臣下, 出した頃, 出して, 出すに, 出た, 印を, 各号, 続きましたすると, 続けて, 総高幾干, 編輯した, 編輯済ませました, 貴様に, 集まれという, 香蝶楼と

▼ 号事件~ (25, 0.4%)

1 [25件] から続い, については原子爆弾説, にて少々, によってあの, に関して強硬, に関係, のこと, のとき, の名誉, の大立者, の拭っ, の発見者, の米国調査隊, の糺明, の起った, の鍵, は, はまことに, は不注意, は比較的, も先刻, よりもっと, をきつ, をさらに, を頭

▼ 号として~ (23, 0.4%)

2 これを

1 [21件] おった習慣, 三篇の, 不適当, 以外は, 保護を, 出たの, 出版され, 出版した, 即ち日かげ者, 右の, 定まったもの, 廃刊に, 復讐禁止令が, 用いられ唐人, 編集された, 翌年遣唐使の, 行いたいらしかった, 詩集勿忘草を, 豊洲花亭醒翁詩癡又, 適当の, 顕要の

▼ 号病室~ (18, 0.3%)

2 へ入室

1 [16件] であつ, で一人, で弟, と一ヶ月交替, にいる, には私, にもう, に於ける, に監禁, に駆け付けまし, の寝台, の廊下, の扉, の横, は屋根, へのこのこ

▼ 号では~ (17, 0.3%)

2 なかった

1 [15件] あのストウン, とても現, ないよう, なくもっと, エマソンの, ボーヴェエに, ラングスドルフ艦長以下が, 万事軍艦式に, 九人と, 年老, 怪人ガスコの, 水谷八重子の, 穀物条令が, 肝心の, 飲料水などを

▼ 号~ (17, 0.3%)

1 [17件] が視凝, の前, の家, の耳, はその, はただ, ははっと, は一人, は何, は後, は慄, は手, は来た, は渋谷, は片方, を膝, を認める

▼ 号~ (16, 0.3%)

1 [16件] あるいは二月号, その次あたり, どれかが, 三号か, 三号かに, 二号か, 五号でした, 何かで, 八号の, 十一月号に, 十号くらい, 四月号の, 知らないが, 第五号, 第十一号, 続いたの

▼ 号より~ (16, 0.3%)

2 ずっと大きな

1 [14件] すくいを, もっと強靱, ヴィクトリア号に, 九四三〇号と, 二十五号まで, 取ったもの, 四十二年七月一日発行の, 四百四十五号まで, 大正四年三月発行の, 数時間先だってダアバンを, 購読致し, 連載し, 連載の, 遙かに

▼ 号~ (15, 0.2%)

2 三号第, 二号第

1 [11件] ○頁, 一回は, 三〇頁に, 三号に, 二十九ぺージに, 二号, 五潜水艦な, 八潜水艦の, 四十六番二十六番に, 四号この, 四号という

▼ 号への~ (12, 0.2%)

2 大作など 1 使者と, 使者を, 入口を, 原稿の, 原稿書き溜りに, 執筆を, 感情, 接近を, 放射能燃料の, 随筆を

▼ 号~ (12, 0.2%)

1 [12件] したる, しなかば咆哮, しながら, す, すべしである, する, するが, は休む, は渡場, をし, を代表, を発した

▼ 号法廷~ (12, 0.2%)

1 [12件] でちょっとした, ではもう, で或, で証人, で開かれる, に参集, に召集, に同伴, に立つ, の前, の弁護士, の被告人

▼ 号~ (12, 0.2%)

6 を鳴らし 1 がしきりに, がはげしく, が鳴った, が鳴る, の音, をしきりに

▼ 号じゃ~ (11, 0.2%)

4 ないか 1 ありませんの, ずいぶたくさん人, ないかしら, ないですか, ないわ, まあそう申し, 無いよ

▼ 号~ (11, 0.2%)

4 のだ 2 のである, んです 1 のでございまし, のでしょう, んだ

▼ 号~ (11, 0.2%)

2 のカンバス, のカンヴァス 1 に区切った, の, の半身像, の緑青色, の製作, 法廷に, 金庫を

▼ 号潜水艦~ (11, 0.2%)

1 [11件] が横須賀軍港, が風雨, が飛行島, との連絡, に出動, の五つ, はありったけ, はいまどこ, は一たい, は風雨, を呼ん

▼ 号です~ (10, 0.2%)

321 か, から, が一寸, って, ネ

▼ 号といふ~ (10, 0.2%)

2 里俗伊勢より 1 たつた一枚, ので, のを, ものに, やうな, やつを, 大飛行船, 飛行船を

▼ 号からの~ (9, 0.1%)

2 返事が 1 いやみ, テレビジョンが, 指令に, 救助文な, 無線は, 返事は, 返答が

▼ 号づけ~ (9, 0.1%)

1 て往々, て最初, て白馬義従, て虎, て金花, わが邦, 北天竺に, 生長する, 鈎を

▼ 号である~ (9, 0.1%)

1 かない, からし, から風流, がその, ことを, という, のは, 場合にも, 年増の

▼ 号において~ (9, 0.1%)

1 これが, 小林翁の, 少彦名命, 幸田露伴氏の, 征夷大将軍の, 述べた如く, 述べた通り, 述べて, 駆使部と

▼ 号にも~ (9, 0.1%)

1 博士たちが, 及ばずして, 平田君に, 拙作に関する, 書いたほど, 書くだらう, 簡単に, 言ひし如く, 述べたる如く極めて

▼ 号~ (9, 0.1%)

1 その他の, アンドレ・ジイドに, リュウリック号を, 二号の, 代替りは, 其の他, 名前が, 板橋街道や, 百五十号の

▼ 号~ (9, 0.1%)

2 に発表 1 で安泰, において紹介, に分, に居る, のスミス警部, の人, の全員

▼ 号としては~ (8, 0.1%)

1 ことごとく居住地, すこしぐらい, ずいぶんの, 不似合, 二カ月間に, 別にこれ, 適当の, 隆夫の

▼ 号について~ (8, 0.1%)

1 いうならば, どういう地位, ギンネコ号は, 情報を, 意外なる, 海上まで, 目的を, 調査を

▼ 号~ (8, 0.1%)

1 からその, から載せ, であるであろう, で止め, のもの, の横物, の活字, の画

▼ 号所載~ (8, 0.1%)

41 の三枝博音氏, の三浦環女史, の中條, の奈知夏樹氏

▼ 号船渠~ (7, 0.1%)

2 の扉船 1 で昨日油差し, に入渠船, の方, の海, の渠門

▼ 号からは~ (6, 0.1%)

2 なれて 1 なれ舳, フィリップスの, 又大いに, 小説を

▼ 号さん~ (6, 0.1%)

1 とどっち, と三号さん, なの, に紹介, の妹さん, や三号さん

▼ 号でした~ (6, 0.1%)

1 かお, か十二月号, が引用文, が復活版, ね, よ

▼ 号ドック~ (6, 0.1%)

1 とも全部, にも二号ドック, にも入渠船, に入渠中, の入渠船, を前

▼ 号三号~ (6, 0.1%)

1 とあった, と分かれ, と切符, までの価格, もでき, をかこっ

▼ 号列車~ (6, 0.1%)

1 が驀進, でロスアンゼルス, に乗っ, に乗った, の轍, は蒼味

▼ 号~ (6, 0.1%)

1 からこれ, に帰つて, に残し, に這入る, の独房, へ韃靼人

▼ 号とか~ (5, 0.1%)

1 何とかね, 八号の, 四十九号とかいう, 画像とか, 芸者屋稼業とか

▼ 号との~ (5, 0.1%)

1 いきさつ彼女の, 両方の, 分は, 距離が, 間に

▼ 号とは~ (5, 0.1%)

1 この人造人間, それぞれ角板と, 一体何, 米国から, 約三百メートル

▼ 号なる~ (5, 0.1%)

2 事通じ 1 ものが, ものを, ミヅチを

▼ 号に関する~ (5, 0.1%)

1 事実の, 手がかりは, 未発表, 概略の, 詳細を

▼ 号までの~ (5, 0.1%)

1 価格を, 十三隻に, 番号が, 透明人間だ, 間に

▼ 号四号~ (5, 0.1%)

1 に収めた, の設置, の連中, を持っ, を見よ

▼ 号~ (5, 0.1%)

1 ぐらいで, さ, じゃない, にはもう, の編輯当番

▼ 号ぐらいの~ (4, 0.1%)

1 人物が, 人物を, 大きさ, 画布を

▼ 号され~ (4, 0.1%)

1 てあなたこ, ていた, ている, ても眼

▼ 号だけ~ (4, 0.1%)

1 ございますから, だった, では, で第

▼ 号だった~ (4, 0.1%)

1 とすれ, な, 福島慶子さんの, 貴子と

▼ 号であった~ (4, 0.1%)

1 か誰, がその, ことは, と千谷さん

▼ 号とに~ (4, 0.1%)

1 ちょっと顔, またがって, 文壇諸家の, 私の

▼ 号によって~ (4, 0.1%)

1 あの音, 娘の, 少し異, 拾い上げられた

▼ 号にわたって~ (4, 0.1%)

2 連載された 1 吉井太郎君の, 掲載し

▼ 号~ (4, 0.1%)

1 のであった, のでした, 時は, 時妙くも彼は

▼ 号ほどの~ (4, 0.1%)

1 もので, 一枚の, 一見平凡, 半裸体

▼ 号までは~ (4, 0.1%)

1 つきとめたが, つきとめたよ, どうしても続けましょう, 無料で

▼ 号~ (4, 0.1%)

1 一ニ該当スル者ハ三十日未満ノ, 四, 秘密ハ当地ニ於テ今, 自動車デ

▼ 号一〇一~ (4, 0.1%)

1 が出航命令, というやつ, はこの, は爆雷

▼ 号二号三号~ (4, 0.1%)

1 とあった, と分かれ, と切符, までの価格

▼ 号以上~ (4, 0.1%)

2 にもなる, のもの

▼ 号以下~ (4, 0.1%)

1 この雑誌, どんなこと, は千二, も同じ

▼ 号~ (4, 0.1%)

2 の声 1 を行為, 起つ能わずと

▼ 号患者~ (4, 0.1%)

2 のため 1 はついに, は夜

▼ 号~ (4, 0.1%)

2 に応じ 1 で呼ばれる, などが赤インキ

▼ 号標題~ (4, 0.1%)

1 で報道, で成るべく, で身元不明, の

▼ 号雑誌~ (4, 0.1%)

1 と言われたくなく, にのせ, に出る, に終った

▼ 号飛行場~ (4, 0.1%)

1 から十台, に出る, を出発, を自動車

▼ 号たる~ (3, 0.0%)

1 ことを, 六月号だ, 昨年の

▼ 号だけが~ (3, 0.0%)

1 あのとおり, あのよう, あんなにひどく

▼ 号だの~ (3, 0.0%)

1 三号の, 会社を, 教授の

▼ 号でも~ (3, 0.0%)

1 いいの, 書いたが, 言うた様

▼ 号とが~ (3, 0.0%)

1 おしどりの, 特別の, 破壊されました

▼ 号とともに~ (3, 0.0%)

1 安全に, 汽船中の, 海底に

▼ 号などという~ (3, 0.0%)

1 ものは, 博物館的の, 無趣味な

▼ 号などは~ (3, 0.0%)

1 戴きたくも, 欲しくない, 男の

▼ 号などを~ (3, 0.0%)

1 考へたまだ, 見ると, 附けるの

▼ 号にて~ (3, 0.0%)

1 ロンドンまで, 廃刊, 逃走したる

▼ 号ばかりの~ (3, 0.0%)

1 小品だった, 油絵と, 自分の

▼ 号までに~ (3, 0.0%)

1 この辺, のったよう, 一と

▼ 号みたい~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 なもの

▼ 号を以て~ (3, 0.0%)

1 その職, 抛棄され, 通称と

▼ 号位い~ (3, 0.0%)

2 から百号 1 の処

▼ 号及び~ (3, 0.0%)

1 八年三号等の, 十年一号に, 四号

▼ 号~ (3, 0.0%)

1 がドレ位, が貴女, ですよ

▼ 号川崎船~ (3, 0.0%)

1 の引上げ, はウインチ, を捜索

▼ 号掲載~ (3, 0.0%)

1 の岩野清子氏, の無産階級, の貴

▼ 号船室~ (3, 0.0%)

1 でお, に寝た, に関して聞いた

▼ 号誌上~ (3, 0.0%)

1 で話した, にその, に掲載

▼ 号遭難~ (3, 0.0%)

1 の地点, の外, の真因

▼ 号~ (3, 0.0%)

1 が鳴つ, が鳴り出す, の音

▼ 号あたり~ (2, 0.0%)

1 っから, でボク

▼ 号おくれ~ (2, 0.0%)

1 と逐, 三号おくれ

▼ 号かに~ (2, 0.0%)

1 達して, 魚雷を

▼ 号からも~ (2, 0.0%)

1 なんの, 応電が

▼ 号くらい~ (2, 0.0%)

1 だったかと, なもの

▼ 号こちら~ (2, 0.0%)

1 は中村警部, へこい

▼ 号これ~ (2, 0.0%)

1 がソビエト政府, はまことに

▼ 号しける~ (2, 0.0%)

1 となん, に程なく

▼ 号すなわち~ (2, 0.0%)

1 四月三十日号から, 苗字を

▼ 号そこ~ (2, 0.0%)

1 が僕, には私

▼ 号だけを~ (2, 0.0%)

1 北原さんが, 蒐集せん

▼ 号だって~ (2, 0.0%)

2 そうだった

▼ 号つて~ (2, 0.0%)

1 いふもの, いふ名前

▼ 号づけた~ (2, 0.0%)

1 そうだ, 後考うる

▼ 号でさえ~ (2, 0.0%)

1 どんな目, 排水量は

▼ 号でだけは~ (2, 0.0%)

2 うその

▼ 号なども~ (2, 0.0%)

1 或いはその, 皆それを

▼ 号なれ~ (2, 0.0%)

2 ども字面

▼ 号による~ (2, 0.0%)

1 出航準備だ, 航海は

▼ 号に対して~ (2, 0.0%)

1 何を, 信号を

▼ 号に関しては~ (2, 0.0%)

1 あの人, ぜひ報告

▼ 号はね~ (2, 0.0%)

1 ジム, 女給さんが

▼ 号びものすごくも人~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 号び泣き~ (2, 0.0%)

1 くるしむ者, の余韻

▼ 号へも~ (2, 0.0%)

1 全速力で, 届くこと

▼ 号までが~ (2, 0.0%)

1 一冊に, 海面で

▼ 号までを~ (2, 0.0%)

1 発行し, 私は

▼ 号よりも~ (2, 0.0%)

1 いろんなこと, 何十メートルか

▼ 号らしい~ (2, 0.0%)

2 けどうせ

▼ 号~ (2, 0.0%)

2 少は

▼ 号をとなへ~ (2, 0.0%)

1 仏に, 夢中で

▼ 号をも~ (2, 0.0%)

1 目撃した, 見たこと

▼ 号をもって~ (2, 0.0%)

1 公布せられた, 露伴に

▼ 号~ (2, 0.0%)

2

▼ 号アルコール~ (2, 0.0%)

1 のドラム缶, を半分

▼ 号ダイヤ~ (2, 0.0%)

1 のこと, もそのまま

▼ 号バス~ (2, 0.0%)

1 をとりかこみ, をとりかこん

▼ 号バラック~ (2, 0.0%)

1 なんぞさ行く, の方

▼ 号一〇円~ (2, 0.0%)

2 から五〇円

▼ 号三〇〇円以下~ (2, 0.0%)

2 では売らない

▼ 号三月号~ (2, 0.0%)

1 とま, を通じて見る

▼ 号三百号~ (2, 0.0%)

2 とどれ位

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 室に, 誌の

▼ 号中央公論掲載~ (2, 0.0%)

2

▼ 号乗組~ (2, 0.0%)

1 の一等運転士, の水夫

▼ 号乗組員~ (2, 0.0%)

1 が奏する, として参加

▼ 号乾船渠~ (2, 0.0%)

1 に勤め, の扉門

▼ 号事件以来~ (2, 0.0%)

1 の特種, 多少人生

▼ 号二百号三百号~ (2, 0.0%)

2 とどれ位

▼ 号五〇円以下~ (2, 0.0%)

2 では決して

▼ 号以来~ (2, 0.0%)

1 の, 引続き本

▼ 号位いも~ (2, 0.0%)

2 あるの

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 のため総計, の和紙

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 であった, の半紙十二

▼ 号十五~ (2, 0.0%)

2 の布地

▼ 号哭し~ (2, 0.0%)

1 て其勢, て去った

▼ 号四頁~ (2, 0.0%)

1 に左, 及び本号

▼ 号国有林~ (2, 0.0%)

1 の中以外, の北

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 に分つ, の当時

▼ 号型船~ (2, 0.0%)

1 はかかる, をわが

▼ 号披露目~ (2, 0.0%)

1 と自前びろめと一緒, をし

▼ 号抵当~ (2, 0.0%)

1 で一万五千円, に入っ

▼ 号救助~ (2, 0.0%)

1 の命令, の感謝

▼ 号文字~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, もやや

▼ 号文書~ (2, 0.0%)

1 にあります, は実に

▼ 号~ (2, 0.0%)

2 御号

▼ 号機関車~ (2, 0.0%)

1 がその, はあの

▼ 号無線機~ (2, 0.0%)

1 が英米, では新聞通信

▼ 号監房~ (2, 0.0%)

1 だったが, の問題

▼ 号礼式~ (2, 0.0%)

1 を終った, を行う

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 の雑録欄, を彫らず

▼ 号船そのもの~ (2, 0.0%)

2 に特別

▼ 号船長~ (2, 0.0%)

2 の目撃

▼ 号艇二号艇~ (2, 0.0%)

1 が画面いっぱい, の出発準備

▼ 号艇長~ (2, 0.0%)

1 の山岸中尉, の望月大尉

▼ 号~ (2, 0.0%)

1 出して, 続いて

▼ 号颱風~ (2, 0.0%)

1 にやられた, の影響

▼1* [444件]

ありがとうございます, 号あるを見ず, 号あるいは傀儡である如く信じ, 号あれども葛飾北斎, 号いやこいつは, 号いらい御約束, 号おまえはいまどこ, 号かがしのびよって, 号かの絵画の, 号からといえば, 号からはという確約の, 号流に, 号と詠った, 号くることは, 号ぐらい知って, 号居りしが, 号けたがその, 号けて黄泉の, 号けるのであろう, 号こそワーナー博士調査団の, 号こそはそれ自身一つの, 号こと仮名中村文吉が五日横浜入港, 号この第四号, 号ごとそういう難所, 号ごと夢の国, 号うね, 号さして波をけ, 号しか出なかつた雑誌, 号しますがざっと, 号しめきるので私, 号その他の声名, 号それ自身まで同一, 号だけはきまつた, 号や手, 号ぢゃまあさう, 号ちやたび風邪には, 号づきの医師, 号づくさて攷, 号づけいるはこの, 号であって一々, 号であったではない, 号であり女の, 号であるらしいことを, 号でこそ四等運転士だった, 号でただけで, 号での平ノ, 号とかいう名前が, 号ときまつて, 号としてのヤマトに, 号としても古いもの, 号とどろほろぶ, 号ともあろうもの, 号とやら称して, 号とをかき出した, 号と共に和紙を, 号どうしたでしょうね, 号どうしても書けない書けないといふ, 号ないし八号の, 号なぞ慰斗つきの, 号なぞは殆ん, 号など僕の, 号などと洒落た名称, 号などに発表された, 号などの活字を, 号などをも一々くわしく, 号なになに石鹸仁丹自転車ソクリョク号つちやたび, 号なみと先方, 号ならたぶんこの, 号なんか持って, 号なんかが違って, 号なんて聞いたこと, 号における同志小林の, 号にかけてぼくは, 号にたいしてはいろいろと, 号にたいするエークス島民の, 号にだけはわかって, 号にと考えて, 号にとって最後の, 号になつて旦那から, 号にね近角常観という, 号によつて絵を, 号により望月艇が, 号によりましてこの時間, 号に対し只今連絡中でございます, 号に対する一般の, 号に際して本誌の, 号のてすりを, 号のねうちや, 号のみは条約に, 号のみを用いて, 号はがい骨, 号はぜいぜ, 号はつらつとしてたのもしい, 号ず義, 号ばかりして, 号ばかりを名字という, 号ばれたる国あり, 号ばんざーい, 号たちまち悪, 号びて仰反る満, 号びて樹を鳴, 号びどこが一番, 号びをたてて慄然とし, 号び雲走り怒濤澎湃, 号ぶべきか詈, 号へとことごとく向けられ, 号べど宮は, 号ほか数多の潜水艦, 号また三宅島に, 号までにわたって連載された, 号までも針路が, 号むかと思う, 号むきがちがう, 号やかましいぞッ, 号やらが額に, 号おまえの, 号よりとかBBBよりとかいう, 号よりの無電連絡は, 号よりは今の, 号を通じて見ると, 号んでいたこと, 号アルギュス号エコー号運送船ロアール号に輸送指揮官ショーマレー海軍中佐, 号イルティス号ほか数多の潜水艦, 号エコー号運送船ロアール号に輸送指揮官ショーマレー海軍中佐, 号カポレニヤを合唱, 号或ハ局ト呼ブ者, 号ケエプ・タウンを指し, 号ケテ屎ト云フモ可ナリ屁ト云フモ亦可, 号サンタバルバラ号はそれ, 号シテ家鬼ト敬イ四時牛馬ヲ屠, 号シ銘々私ニ持場ヲ定, 号ス其味ヒ佳ナラズト為サズ此類, 号ス則チ文ハ宮ノ御, 号テレビジョン機がなくなっ, 号トシテ登録スルコトヲ本会議ハ承認セリ, 号ナイス印万年筆スメル香油何とか歯みがき, 号ナルレシービングシツプデアル大概港ノ中, 号ニモウ一度会イ彼及ビ彼ノ背後ニアル心霊科学ト握手シ, 号ニ乗リ今ヤハワイ群島, 号ニ搭ジテあめりか, 号ニ移シ御帰国, 号ハーミーズ号をこの, 号ハ半旗ヲ掲ゲテ航行中ナル旨九時二十分無電ニ接セリ, 号ホルスタイン純血だと, 号ボートの一団, 号モカカル雑音ノ中, 号ラオコン号の側面, 号ラカッサニュの, 号ロケットの改良, 号ロボ以外に御前, 号ロード・レーリーアーあの牛乳屋, 号以テ勲等簿冊ニ記入ス, 号一〇一乗組の紅子, 号一〇一潜水艦は大胆不敵, 号一〇二は巧, 号一八頁に一部, 号一六三頁にその, 号一頁買って, 号七三頁を見よ, 号七号八号の三区域, 号三一一頁に掲げ置いた, 号三二五頁に述べたごとく, 号三十ぺージの一段, 号三十八頁に書い, 号三十部くらい売れたであろう, 号三号ドックとも全部, 号三号四号の設置, 号三室つづきで十留, 号三百十八号というもの, 号不時着以来はじめての, 号の拙作, 号主人殺しというの, 号したる, 号乗組三等機関兵ウィンクラー・クラフトがこれ, 号乗組二等水夫シン・サアキイこう地位, 号乗組当時我々の同僚, 号乗組生残者でありますが, 号乗組軍医長リンデンベルゲル軍医大尉の懇篤, 号乗艦第一報, 号九一頁に述べ置いた, 号九二頁に石田君, 号九年一号及び十年一号, 号九月下旬号十月下旬号の三冊, 号事件以降オランダの反, 号事件参考簿を見せ, 号二九二頁以下に長く, 号二十七号二十八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 号二十五周年記念特別号に, 号二十八の頭蓋骨, 号二十八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 号二十六号二十七号二十八号二十九号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 号二十四冊より成りたる, 号二千の人々, 号二号というよう, 号二号三号ドックとも全部, 号二月号三月号を通じて見る, 号二等室のベット, 号二等寝台車の上段, 号京水一号酔醒又号生酔道人, 号人事欄に次, 号人数を記せし, 号に従う, 号今日の語, 号に復職, 号付軍医正ヘンリー, 号付軍医ヘンリイ・モーブランの, 号以前に属する, 号以外ノ刑ニ該リ予審, 号以後ただの, 号以来俗法師の研究, 号以来毎号執筆して, 号休刊のさい, 号だかい, 号何号の支店, 号倉庫の中, 号入港艦長ギブソン氏と会食, 号全部宮本百合子と署名, 号八号の三区域, 号八年二号及び八年三号等, 号に留め置かれる, 号再び現われコゼット, 号凹巷で著者校者並, 号てこい, 号出したばかりのとき, 号出し損害かれこれ五百円, 号出帆の約, 号出発します, 号到来はつらつたる, 号制定の年代, 号の, 号前半の編輯, 号加亮あざ名が学究, 号医学博士の診察所, 号十一月号両誌, 号十八匹今日ツブシに到着, 号十月下旬号の三冊, 号南洋丸は今朝四時, 号印刷して, 号稾〆切の, 号台北着を僕, 号台風の詳細, 号同様にし, 号同誌に, 号名字ヲ知レバ鬼畜修羅, 号含有物がここ, 号して, 号呼涕泗して, 号呼疾走して, 号を扱い出した, 号哭したるがごとく, 号哭するばかりで, 号商法同年八月法律第五十九号商法施行条例同年十月法律第九十七号法例及第九十八号民法財産取得編人事編ハ其修正ヲ行フカ為メ明治二十九年十二月三十一日マテ其施行, 号問題をまったく, 号問題仲裁裁判が大, 号問題解決のため英国, 号四二頁に宮本君, 号四六版に復します, 号四千五百トンからの大船, 号四段抜きか何, 号四頁七行目の欠字, 号の坑口, 号型マホガニーの額縁, 号埋立地の荒, 号墜落のとき, 号墨汁一滴にある, 号について, 号多く例せ, 号大姉号をつけ, 号失踪でおもくるしかっ, 号失踪事件についてはもう, 号第二号, 号実験台の右, 号室ニ戻ッテベッドニ横タワル, 号室様への請求書, 号寄稿の事, 号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 号山辺道夫氏の, 号川崎の連中, 号幕僚と共に噴行艇, 号干支ある作, 号平林初之輔氏の, 号に十一月, 号幹線を外れる, 号座礁事件の真相, 号座談会の, 号廃止の頃, 号を用いる, 号応接室の洋間, 号感想欄には毎月それ, 号戦車の失敗以来, 号所舞楽人の家数多, 号所載中條の論文, 号所載井師が扉, 号所載出方名英光の, 号所載北村謙次郎の創作, 号所載大町周一郎君の, 号所載山岸外史の, 号所載川上喜久子氏の, 号所載斎藤美澄翁の駁文, 号所載木村房吉氏の, 号所載横光君の巻頭論文, 号所載甲賀三郎氏の, 号所載藤森淳三氏の文, 号所載谷尾さんの苦言, 号所載香畝生君の, 号抽斎の抽字, 号抽斎道純其字也, 号挿入の, 号捜索にしたがっ, 号捜索隊の人々, 号授与所に言, 号景, 号探索の旅, 号支店といふ工合, 号だ, 号教室のピヤノ, 号数声して, 号数順にぶらさげ, 号文化がほ, 号文芸面のため, 号斎藤真氏説に陸前, 号新橋堂より到着, 号新聞の切りぬき, 号と伝説三巻九号, 号日本女の隣, 号早々余りに悲劇的な, 号明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 号の名, 号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 号春琴明治十九年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 号書留内容証明郵便物として差出した, 号末尾における発表, 号札幌号の四頭, 号来禽堂から思いついた戯れであろう, 号東京へ直行, 号東京俳句界の中, 号東京湾沖に沈没, 号柴田常恵君記事を見よ, 号校正の為来訪, 号校正摺来る, 号の向島, 号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 号棗軒を一, 号機関長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 号歓迎の群衆, 号正月下旬に正月号, 号残り御贈り, 号はうわ, 号民主主義文学運動のため, 号江戸に入らん, 号沖縄記念号のため, 号沢山の次, 号沼井君の記文参照, 号洩れるべきはずの, 号活字さへ使, 号活字二段組でぎっしり, 号活字子の耳, 号浮標に繋留, 号漸く出でん, 号瀬沼茂樹の作品評, 号特別募集というの, 号独房の問題, 号琴台鵙屋春琴門人明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 号かにある, 号画布大の紙, 号番屋をズラ, 号病舎へ差し置きまし, 号病舎のかどまで来る, 号発兌以来一つも注目, 号発刊の直後, 号発声者は東京警備参謀塩原大尉, 号発射用意っ, 号発狂の謎, 号発行の翌日, 号発見さる, 号百三十六号こちらは中村警部, 号百五十万磅の, 号皆義を此木, 号監禁室に放りこまれた, 号目ぐらゐで菱山もやめた, 号矢野宗幹氏の説, 号碧子の俳句評釈, 号福浦始福浦苧福浦村福浦便福浦理福浦及び吉福浦, 号程の油絵が, 号種牡馬の検査合格, 号の話, 号を執っ, 号紙上に初めて, 号編輯に来る, 号も鴻書, 号聴音機をやけにぐるぐる, 号自身駆逐機隊から爆弾, 号艇ボートを仔細, 号艇上に指揮, 号艇内に見える, 号艇廻転楕円体ノ白雲内ニ, 号の碧水, 号英船に会す, 号菅虎雄方に候間, 号行方不明となる, 号表題の記事, 号製造の由来, 号見送り人の喚声, 号計器へ切り換えろ, 号記事はどれ, 号記念の会, 号記念号に梶井, 号記念紙に次, 号設計及び建造以上, 号許多を貰い受けた, 号詠帰頼春水の門人, 号誠に御一笑奉願候, 号論文の末, 号資料欄に納め, 号起きてるか, 号迄は続きましたが, 号迄も行かぬ二号雑誌, 号近く発行した研究雑誌, 号近松秋江尾崎士郎なって, 号通称は相似, 号運送船ロアール号に輸送指揮官ショーマレー海軍中佐, 号道路を越え, 号遠山勝男が親子, 号遭難前後の話, 号遭難現場にかえっ, 号遭難説に関する臨時ニュース放送, 号で自分, 号酔醒又号生酔道人, 号鉄道線路踏切において無惨, 号錨地へ停めた, 号附録をよん, 号限りお廃, 号限り退社す, 号限り雑誌を廃め, 号雑記二三行読んでも, 号雑録欄所載の武田君, 号雑録欄百七十二頁に於, 号難船の産物, 号題目の二版, 号食堂の大, 号の訣別詩, 号鵜飼信成氏の説, 号~四年十二月号に連載