青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「土手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土 土~ 土人~ ~土地 土地~
土手~
~土産 土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る 在る~

「土手~」 1733, 19ppm, 6127位

▼ 土手~ (662, 38.2%)

53 上に 36 上を 18 方へ 17 上から, 上で 13 上の 10 上には, 上へ 9 下に 7 やうな, 上は, 下へ, 甚藏が, 陰に 6 やうに, ように, 下から, 下の, 草の 5 場, 篠の, 蔭に 4 ほうへ, ような, 下で, 下を, 柳の, 甚藏の, 茶屋で, 間に

3 [12件] 上まで, 下まで, 向うに, 向うへ, 斜面に, 松が, 松に, 甚藏に, 篠を, 腹を, 自然生を, 草に

2 [35件] うえで, うえに, うえを, かげに, すぐ下, ところに, 下には, 中に, 傾斜を, 処に, 向うからは, 向う側, 外に, 平松とか, 方から, 方に, 松の, 松は, 様に, 煮売屋, 甚藏は, 甚藏を, 空に, 窪みか柔らかい, 端へ, 腹に, 若草の, 蔭の, 蔭へ, 道哲の, 間を, 闇の, 闇を, 雪の, 雪間には

1 [261件] あたりで, あたりに, あたりを, あちら側に, ある待合, おでん屋を, おり口だった, お金の, かげから, かなたなる, かなたの, きれ目, こちらから, こっち側では, こわれたところ, さくらんぼ, したたるよう, すぐ内側, ずっと向こう, せいか, そばだ, そばに, つつじの, つづく限り老松, とこに, ところから, ところで, ところへ, ところも, ところを, はずれの, へりの, ほうに, まわりに, むこうから, もう一つ先, もう一つ向う, わいわい連, わきへ, サクラ肉屋も, 一とこちぎれた, 上いっぱい芋の, 上からは, 上が, 上でも, 上にも, 上へと, 上も, 上り口へ, 上下を, 上松の, 上櫻の, 下が, 下そこにも, 下は, 下へでも, 下三間ほどの, 下手の, 両方には, 並木の, 中から, 中さは, 中の, 中ツ腹へ, 中腹に, 中腹の, 中腹へ, 中腹まで, 中頃に, 人々は, 人足は, 低い草, 住人は, 何だ, 側の, 傾斜に, 傾斜面に, 先へ, 全部が, 兩側は, 兩側を, 内の, 内側は, 冷たいのに, 出來た, 切れめから, 切れ目に, 前に, 前後と, 前面には, 十三本を, 半腹, 反射に, 名物だ, 向うには, 向うは, 向うを, 向う側へ, 向こうで, 向こうへ, 向側は, 向越しに, 呑み屋で, 土と, 土に, 声に, 変な, 夕あらし, 外へ, 外を, 夜は, 夜泣松の, 家, 小林は, 小草, 小雨の, 小高い処, 少し変, 尽きるところ, 屈曲の, 崩れたところ, 左側を, 左手遥かに, 幅は, 広場が, 往來はが, 往來へ, 往來を, 往来に, 後の, 所に, 所へ, 所まで, 手前に, 投影の, 押問答はつ, 掘開いた所, 斜面を, 斬りかけの, 方と, 方へと, 方を, 方角から, 日あたりに, 暗がりを, 曼珠沙華さくし, 木の, 松はいふまでも, 松へは, 松も, 松並木だけが, 松並木は, 松原から, 松風を, 果には, 枯草に, 枯草日影, 桜に, 桜の, 桜を, 棘に, 榎の, 横からは, 横に, 横ッ腹へ, 横腹河原の, 樹木の, 櫻江北村鹿濱より, 泥濘へ, 混雑の, 無い平野, 燈火が, 片側から, 瓢箪塚は, 甚藏, 甚藏さんが, 甚藏さんに, 甚藏と, 甚藏という, 甚藏ばかり, 甚藏頭脳は, 生垣を, 田畝の, 畑から, 瘠せた篠, 白い蝶々, 相傘, 真上に, 真下と, 眺めが, 短い枯芝, 石垣の, 砂塵は, 私娼窟などでは, 穂すゝきがうつくし, 端の, 端まで, 築いて, 篠は, 篠笹の, 続きが, 綱七の, 縁には, 縁まで, 續く, 翠を, 背後に, 脇で, 色里へ, 芝と, 芝に, 芝の, 茶店の, 茶畑で, 草が, 草は, 草ばかし, 草へ, 草むらの, 草を, 草場に, 草藪の, 草路を, 葉が, 葉桜へ, 葉桜も, 蓬生た, 蔭から, 蔭などを, 蔭は, 蔭を, 薄に, 見えるへん, 見物と, 話を, 賑ひ, 蹴とばし屋, 近くで, 途中に, 通りを, 道の, 道は, 道も, 道哲に, 道幅が, 野鴨が, 金つばを, 長手を, 附近は, 降口, 陰とかに, 陰へ, 陰や, 雑木草藪岸には, 雑草を, 霞暮れんとして, 青草の, 青草を, 馬肉屋遂に, 髷切り, 鼻に

▼ 土手~ (247, 14.3%)

14 歩いて 6 越して 5 下りて 4 おりて 3 下へ, 下りた, 北へ, 築いて, 越えて, 降りて

2 [15件] のぼりて, 一散に, 下流の, 南へ, 右に, 埋めて, 廻って, 廻りいつの間にか, 掘る工事, 本所の, 池の, 滑り落ちたと, 走つた, 通ふ, 降りると

1 [170件] あるいて, あるき栴檀, うねうねと, うんうん言い, おりきったとき, おりるの, こしらえた, さっさと歩み去っ, すこし往く, すべりながら, すべり下りた, ずっとゆく, たどる杖, つたいおそ, つたつて歩い, つらねて, とおって, とぼとぼ引き返し, のぼった, のぼり始めました, ひた走りに, ふりむいた, ぶらついた, ぶらつき茶見世, ぶらぶら歩いた, むこうに, めぐらして, よろよろ歩い, フラリフラリと, ホロ醉ひ, 一散走りに, 一本道の, 一直線に, 上がった, 上ったが, 上って, 上つて橋を, 上つて行つて黒麦酒を, 上手の, 上流の, 下って, 下つて, 下りた処, 下りた水際, 下りながら, 下りること, 下りるにも, 中央に, 伝い川面, 倒したよう, 傳うて吹き上げる, 傳ひ, 元の, 八辻ヶ原へと, 内へ, 分厚の, 切つた, 切り崩しあるいは, 初めて通る, 匐う, 十二の, 南に, 取崩したの, 右へ, 吹く風, 夕日を, 大かた二丁ほど, 大門とやらへ, 太くし, 家路に, 寺島村へ, 巡らし一重, 左に, 左へ, 平次の, 引返しました, 往復する, 折曲っ, 持つ狭い, 指すらしかった, 掘って, 掘開いた所, 提灯が, 散歩し, 数町川下へ, 斜に, 望む処, 望んだ時, 東へ, 枕に, 楯に, 横に, 歩いたから, 歩いたこと, 歩かせ夕陽, 歩きながら, 歩し, 歸つて來た, 歸りつ, 水が, 洗いながら, 浸さぬよう, 渡る風, 畦伝いに, 白髯橋まで, 眞黒に, 眺めてを, 石原町の, 破って, 筋違御門の, 築いたり, 築き且つ, 築き出して, 米沢町に, 終夜歩い, 練つた, 若い女, 蔽う雑草, 蜆触れ来る, 行くこと, 行くこと纔, 行く姉弟, 行く影, 行く影そ, 行ったり, 見すぐ, 見せて, 見ると, 見晴らした南座敷, 見渡しながら, 越した, 越してね, 越し家, 越し竹藪, 越すくらい, 越すの, 踏んで, 辷り落ちて, 辿りながら, 追つかける, 送って, 透して, 這い上がって, 這い降りて, 通ったこと, 通ったの, 通って, 通らなくったって, 通りすぎる同じ, 通るの, 逢引の, 進んで, 遠く立ち去っ, 酒屋と, 降りた, 降り始めるの, 隔てたすぐ, 静かに, 飛び越えて, 飛び越えました, 馳け, 駆けて, 駆け上, 駆け登つた, 駆け降りて, 駆け降りようと, 駈けおりて, 駈けて, 駈け上がって, 騒がせた船

▼ 土手~ (177, 10.2%)

6 沿うて 5 腰を 3 のぼって, 登って

2 [14件] おりて, そうて, なって, むら躑躅が, 五六人の, 人力車の, 掛ると, 昇って, 沿って, 登るべからず, 立って, 立つて, 置いて, 足を

1 [132件] あがると, あがる松原, あるの, うつむきに, おいといて, かういふ詠嘆, かかるまでに, かすかに, くつ, こういう詠嘆, さしかかって, さしかかろうと, さわること, して, そって, たくさんある, たどりつくと, つく花見, つづく榎, つづく青々, とりついた比, とんと當, なった林, なった石垣, ならぶ, なりそれ, なりました, なること, ねて, のびのびと, のぼったん, のぼると, はせのぼった, ひきながら, ひざまずいて, ぶつかったの, へばりついたの, ぽつ, よじ上った, よじ上り木立, よりかかって, ゴロつい, 一人しか, 一列に, 上がった時, 上がって, 上がりました, 上がるの, 上がる時, 上って, 上ると, 並べ初めて, 付いて, 入れ車, 六七人の, 出づ, 出て, 出でしが, 到り永井病院, 到る間, 匍ひ, 参りて, 取っついて, 向かって, 向って, 喰ひ入る, 埋めて, 寝るよう, 居ては, 居ても, 居るんで, 差しか, 帰って, 帰りつくこと, 彼の, 待伏でも, 從い, 思案の, 成って, 成ると, 曼珠沙華が, 枯木が, 桜花の, 梟首場の, 残った松の木, 沢山あり, 沿いながら, 沿い別荘, 沿うた一丸, 沿ひ, 淡竹の, 添うた畑地, 添うて, 添つた長い, 添つて曲り迂つた, 渡る記事, 火見, 登つて行く, 着くと, 着けさせそつ, 積んだ煉瓦, 突當る, 繁茂した, 群る, 肩を, 肱枕を, 胸を, 腰かけて, 腰掛け桟俵, 若葉を, 蒲公英が, 蛍の, 行くまでに, 誘つたのは, 足跡でも, 身を, 近かった, 近くぬっと, 近く向方へ, 近く竭きる, 近づいた時鴉, 這ひ上る, 遊びに, 達するつもり, 遠ざかって, 邪魔も, 陣を, 隠れて, 隱れた, 飛びました, 駆け上, 駆け上がって

▼ 土手~ (95, 5.5%)

5 出た 4 出て 2 あがって, 上がって, 上ると, 出た時, 出で, 避難した

1 [74件] あがっては, あがりました, おどるよう, お上り, かかると, かけて, さしか, さしかかると, さしかかッ, そして夜, のぼると, ひたりと, フラ, 上が, 上がりました, 上った時, 上って, 上つた時には, 上りましょう, 上り土手, 上るが, 上る途端, 上ろうという, 出ちゃ, 出ますと, 出ようと, 出る, 出るまでの, 出る馬道, 出れば, 出死んだ吾妻一郎, 切れかかった処, 向かって, 向って, 寝るばかり, 差しかかると, 店を, 引っ返して, 往くには, 戻つて, 抜ける地下, 掛って, 掛り四丁, 掛り山, 敷いて, 来るまでは, 溢る, 白堊塗りの, 石垣を, 突き當つたつ, 筵圍ひし, 縋って, 腰を, 萎, 行きますと, 行って, 行つて葉ばかり, 行つて見, 誘ひ出させたり, 躍り出て, 途中, 這いあがる者, 這い上がって, 這い上ったから, 這ひ, 這上り, 通りかかりましたの, 連れて, 鉄砲を, 銃身を, 颯と雲, 飛んだ, 飛沫を, 駈け上り御

▼ 土手~ (68, 3.9%)

4 逢ひ 2 遮られて

1 [62件] あの白妙さん, あの花魁, おでん屋を, くぎられ人, こうしてあんたさん, ごぜえやす, ちょうちんを, ちらと, どうした, はしなくも新九郎, ばらして, ぶら, ゆくりなくも, カナリヤの, ガラツ八は, ゴリゴリと, マドンナを, 不意に, 五人の, 仙太郎に, 凧を, 別れかけたとき, 別れたムク犬, 千束町の, 取り囲んだ屋敷, 四五人の, 売る馬肉, 女の, 女を, 寝て, 往來の, 按摩を, 摘んだが, 摺れ違, 敢え, 斬られて, 斬られ損ない成田街道, 斬りかけたり, 新吉と, 時を, 横柄に, 殺した娘, 狐の, 町人用の, 知ってる人, 能く, 若旦那さまを, 荷足の, 菊屋の, 見掛けなかつたかい, 見送つて, 見通しである, 親方が, 話しながら, 賊に, 辻斬に, 逢つた顏といふ, 逢引する, 遊びに, 騒いで, 髮を, 鳴く蟋蟀

▼ 土手~ (55, 3.2%)

4 あって 2 つづいて, 来たなと, 眼界を, 築いて, 見える

1 [41件] あつて, ありその, あり土手, あるの, あるらしい, ある其の, うね, かれの, こい空気, こんなに凸凹, ずっと廻っ, できる, 不思議にも, 二重に, 出たり, 切れさうな, 危ねえ, 又一つ, 城趾の, 崩れたの, 市民の, 広々と, 急に, 掘り返されました, 新らしく築かれ, 新見附に, 猫間川の, 目先に, 砲列へ, 篠の, 続くの, 著しく低くなっ, 見え土手の, 見え橋詰, 足の, 迫って, 鈴鹿川で, 長く続い, 長く長く続く, 青々として, 高く樹木

▼ 土手から~ (40, 2.3%)

1 [40件] おりて, こちらへ, ころがり落ちて, すぐに, その耕地, たらたらと, どっと笑い声, まっすぐに, わざわざつけた, 一寸首を, 一番近い, 三山が, 二挺の, 仲町へそそつた, 古榎, 同じよう, 向ふ, 土くれ, 大門へと, 大門を, 屈んで, 川の, 川へ, 引て, 折れて, 折れ曲って, 摘んで, 水の, 浅草見附の, 田圃へ, 磧にかけて, 衣紋坂を, 見おろした, 見送つて, 轉が, 連つて居る, 降りて, 降りましたの, 飛び降りた者, 高く聳え

▼ 土手~ (36, 2.1%)

2 太古の

1 [34件] あまり用を, おそらくこの, かなりに, ここから, ここでは, この間からの, すぐそこ, ただ一帯, ところどころに, まだ川, ゆるい傾斜, チラチラと, 一面の, 二つに, 南北百六間三ツの, 右に, 地面から, 大きく迂回, 宵から, 恐らくこの, 春に, 春の, 朝の, 桜が, 皆石で, 花には, 花の, 行けども, 諸大名, 谷間の, 軈て水田, 辻斬の, 青芝の, 靜かで

▼ 土手には~ (34, 2.0%)

2 田芹蕗が, 篠が, 草の

1 [28件] さまざまの, その時分, ところどころ松原, ひつじやめ, やはり発戸河岸, ろくな酒, アンリ四世の, ガラス瓶の, 一個所の, 一間ほど, 両方の, 十間ほどの, 名の, 春は, 松が, 松の, 松並木が, 熊笹が, 神田川の, 竹が, 笹や, 緑樹が, 背の, 芝草が, 草が, 菫が, 薔薇の, 首縊りの

▼ 土手~ (30, 1.7%)

5 の細道 2 へ去る

1 [23件] から須崎町, である, に, にころがり落ち, になっ, に一本, に世帯, に差し, に私, に菰, のあたり, の元気, の合歓, の小さな, の小学校, の幼稚園, の蒲鉾小屋, の路傍, の道, を甲武, を行く, を通っ, を通り過ぎる

▼ 土手~ (26, 1.5%)

2 ホルステン土手を, 上の, 川との

1 [20件] いいたい一むら, いうよりも, その上, その下, その辺, それからその, なる, 一緒に, 上下相連なりて, 両国の, 並んで, 向かい合った位置, 土手との, 川原を, 柵とに, 桑畑との, 清冽な, 溝とが, 濠とが, 申すを

▼ 土手三番町~ (15, 0.9%)

2 であるが

1 [13件] に住, に移った, の一角, の事, の堀端寄, の家, の方, の犯人, の独逸語, へ曲り込んだ, をやがて, を過, 旧浸礼教会

▼ 土手~ (12, 0.7%)

2 月夜ふけ 1 ございます, なくなるべしと, のぼりきつ, はるかかな, 一杯の, 人も, 危ないそう, 松の木も, 樹木も, 青く一目

▼ 土手~ (12, 0.7%)

2 の桜並木 1 といふ城下, に下宿, に家, に相当, の住い, の古着商伊勢屋, の家, の府立, の府立女学校校長, の未決監

▼ 土手~ (10, 0.6%)

7 腹を 3 腹へ

▼ 土手伝い~ (10, 0.6%)

1 でなだれ, で参る, にある見すぼらしい, にまっすぐ, にダラ, に寺, に帰っ, に廻っ, に我家, に歩き

▼ 土手~ (10, 0.6%)

1 で芳子, で降り, で電燈, にまで出, に並んだ, に出た, に索麺屋, に達し, の売卜者, の歩道

▼ 土手まで~ (8, 0.5%)

1 いくと, 來て, 娘を, 来たの, 来て, 続いて, 行つたのも, 雪見だ

▼ 土手~ (8, 0.5%)

2 月に 1 三宅島の, 小さい丘, 昭和国道が, 畠や, 石垣へ, 草原に

▼ 土手向う~ (7, 0.4%)

1 から来たし, の仕置場, の山谷堀, の待乳山, の待乳山小学校, の田中町, は絹川

▼ 土手では~ (5, 0.3%)

1 なくて, シャベルで, 取逃がしたが, 摘草の, 糸経を

▼ 土手より~ (5, 0.3%)

1 今戸に, 停車場へ, 得たるもの, 掘り来りて, 遙に

▼ 土手~ (5, 0.3%)

2 の道路 1 に廂, の松籟, まで来なけれ

▼ 土手~ (5, 0.3%)

1 につく, に寝そべ, の上, へとびつい, 萌えて

▼ 土手~ (5, 0.3%)

1 はこんど, へ差しかかろう, をスタスタ, を家, を走っ

▼ 土手でも~ (4, 0.2%)

1 お目, ゴミためでも, 乗り越すよう, 歩いたり

▼ 土手とも~ (4, 0.2%)

1 いふ, お別れ, 云ふ, 云へば

▼ 土手にも~ (4, 0.2%)

1 しっとりと, ずっと新見附, 一重二重ある, 畦にも

▼ 土手~ (4, 0.2%)

1 でこの, で見つけた, にころがっ, に四

▼ 土手八丁~ (4, 0.2%)

1 で小夜衣, と言, の意味, もようやく

▼ 土手沿い~ (4, 0.2%)

1 に午込御門, に求める, の道, まで大塚花街

▼ 土手あたり~ (3, 0.2%)

1 で久濶, の淋しい, まで連れ

▼ 土手づたひに~ (3, 0.2%)

1 この犬たち, 夥しい提灯, 溯る葦

▼ 土手との~ (3, 0.2%)

1 続きであった, 間に, 間の

▼ 土手について~ (3, 0.2%)

1 いたもう一方, 右に, 河岸っ

▼ 土手のむ~ (3, 0.2%)

1 こうに, こうは, こう側

▼ 土手へと~ (3, 0.2%)

2 通じて 1 横切って

▼ 土手越し~ (3, 0.2%)

1 に一面, に別荘, に流す

▼ 土手~ (2, 0.1%)

1 両国橋で, 墓地か

▼ 土手くずれ~ (2, 0.1%)

1 で圧し, のため圧死

▼ 土手じゃ~ (2, 0.1%)

1 アねえか, 車の

▼ 土手~ (2, 0.1%)

1 からすぐ, たしかにあの

▼ 土手とで~ (2, 0.1%)

2 圍まれて

▼ 土手へは~ (2, 0.1%)

1 そんなに上りません, だれも

▼ 土手~ (2, 0.1%)

1 に綾瀬, ひに

▼ 土手普請~ (2, 0.1%)

1 の女子青年団, の真似

▼ 土手沿~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひの

▼ 土手片側~ (2, 0.1%)

1 は松, は鉾杉

▼1* [81件]

土手あらんや, 土手かげに二人, 土手からの眺望にも, 土手からは三宝が, 土手からもはっきり眺める, 土手がら外さ出はるなよ, 土手ぎわにしょんぼりと立って, 土手行く時, 土手その中で, 土手ぞいに左, 土手だって軍鶏ばかり, 土手や醫者, 土手づたいに二年でも三年, 土手づたひにしばしば盛子の所, 土手づたひにその方へ走, 土手づたひに日の降り, 土手であって必ずしも, 土手であるそれゆえにこそ, 土手ですよってあんな, 土手というところを, 土手といつてもこんなに, 土手とだけでできて, 土手とによる大きい空間, 土手とをながめるならば, 土手なんかをぶらぶら歩き廻りました, 土手にて一散に, 土手になつてゐた, 土手へさえ出れば, 土手べりを歩い, 土手までも小雨の, 土手むこう外ぼり, 土手ゆく梅見, 土手よりは短けれど, 土手わきまで引き返し, 土手をも同じよう, 土手ッぷちの草むら, 土手ッぷちで首を縊ろう, 土手ッ腹を機関銃, 土手ノワキノニ段田ヲ, 土手ペンキ塗りの住宅, 土手一番の評判娘, 土手一筋を越える, 土手三番町のは首, 土手三番町四番地に住ん, 土手三番町旧浸礼教会跡なる犯人, 土手三番町浸礼教会跡に隠れ, 土手三番町甲武の電車, 土手三番町観世宗家の伯父, 土手上手に土橋, 土手下り湿け, 土手作つて雨降つて, 土手に宵, 土手體に, 土手八丁そこを二人, 土手公園を歩み, 土手は籾倉, 土手向こうにちいさく, 土手囲いの中央, 土手で木場, 土手壊れや化け, 土手夜分は物騷, 土手子分の八五郎, 土手小さい丘原小径そういう, 土手の畦, 土手提げて来, 土手提灯の行き, 土手枕橋から向島, 土手ひの, 土手田畝道へかかっ, 土手町住吉町桶屋町銅屋町茶畑町代官町萱町百石町上鞘師町下鞘師町鉄砲町若党町小人町鷹匠町五十石町紺屋町などといふの, 土手番町へ訪ね, 土手登るべからずとあった, 土手石垣などで踏みすべり, 土手においてはか, 土手など市中, 土手といった, 土手の上, 土手や篠, 土手蜘蛛五月になる, 土手の湿, 土手通りを過ぎ