青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「土地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

國~ 圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土 土~ 土人~ ~土地
土地~
土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫 圧迫~ 在~ ~在る

「土地~」 10495, 113ppm, 930位

▼ 土地~ (3536, 33.7%)

113 人は 65 人が 48 人の 47 者は 42 人に 29 者が 25 人たちは 23 上に 22 下つ 19 人々の, 人々は, 者で 18 事情に 17 ものは 15 者の 14 ことを, 人も, 者に 12 人々が, 人から, 者も, 耕作を 11 ものが, 人には, 人達は 10 人たちが, 名を, 御用聞が, 新聞に, 言葉で 9 人にも, 人を, 人達の 8 ものに, ように, 勝手を, 御用聞に, 様子を, 生産物の, 話を 7 ことで, もので, 人たちに, 人たちの, 耕作に

6 [16件] 上を, 人たちも, 人で, 人では, 人らしい, 人間の, 名が, 名も, 名物に, 地代を, 御用聞の, 生産力を, 生産物は, 総生産物, 者らしい, 者を

5 [15件] 中に, 地代に, 地代の, 地代は, 女の, 女を, 広さ, 御用聞や, 生産物に対する, 精霊が, 精霊の, 者には, 肥沃度の, 若い者, 言葉を

4 [31件] ものを, 事を, 事情を, 人々も, 人です, 人でも, 人とは, 人びとは, 人達が, 人間が, 住民の, 古老の, 名に, 名や, 地代及び, 地形の, 大部分, 岡つ, 御用聞, 改良に, 改良を, 新聞を, 旧家の, 昔からの, 漁師の, 産物を, 百姓が, 精霊に, 習慣で, 者と, 者にも

3 [61件] お百姓, ために, ひとが, ものと, ものにも, ものらしい, やうに, 事情が, 人々に, 人々を, 人たちにも, 人との, 人気が, 人達に, 住民が, 住民は, 使用に対して, 全生産物, 分割が, 匂いを, 名物だ, 名物である, 名物の, 名物を, 商家の, 多くは, 小学校の, 役人が, 役人に, 役人や, 御用聞と, 御用聞は, 御用聞も, 御用聞大塚の, 所有権が, 所有権は, 所有者に, 改良は, 有志に, 案内者を, 様子が, 漁師に, 物を, 生れで, 生産力が, 発展の, 神, 神が, 粗生生産物, 精霊と, 習いで, 者か, 者じゃ, 者でない, 者ばかり, 者らしくない, 耕作者によって, 舊家で, 警察の, 顔役である, 高低を

2 [202件] いろいろな, ことだ, ことに, ことは, ことも, ことや, にほひ, ものから, ものでなけれ, ものとして, ものの, ゆず湯を, 一友人から, 上で, 上の, 上へ, 中で, 中学に, 事が, 事は, 事業に, 人々から, 人々には, 人か, 人だって, 人と, 人とても, 人なら, 人みんなに, 人よりも, 人以外に, 人望を, 人民が, 人民の, 人気を, 人達と, 人間には, 伝説を, 使用に対し, 例を, 価が, 価格が, 側面は, 傾斜の, 共同墓地に, 力は, 医者は, 半分を, 占有と, 印象を, 古老から, 名の, 名は, 名前も, 名勝を, 名士の, 名物として, 唄を, 商人に, 商業を, 問題について, 国有が, 地代が, 地代と, 地代として, 地代によって, 地代に関する, 売買を, 多い中, 大地主, 女子に, 女子供, 婦人会の, 宿屋に, 富豪で, 小百姓や, 年々の, 庄屋に, 底から, 役人の, 御用聞など, 御用聞などが, 御用聞を, 御用聞指ヶ谷町の, 愛, 所有者が, 所有者と, 持主に, 故老が, 文学青年から, 料亭で, 料理屋である, 新聞が, 新聞の, 新聞は, 新聞も, 新鮮な, 方が, 方で, 方角は, 有志が, 有志たちに, 有志と, 末路を, 本当の, 本来的な, 条件に, 某公爵, 案内に, 様子は, 様子も, 歴史と, 歴史の, 歴史を, 比較的稀少性, 民衆の, 気風が, 法華寺に, 漁師と, 火伏せの, 牧師が, 特殊の, 生きた事件, 生れな, 生活に, 生活にも, 生産の, 生産物, 生産物が, 生産物と共に, 生産物に, 生産物に対し, 生産物に対しては, 用役すなわち, 男女が, 発展を, 百姓とが, 百姓の, 目抜きの, 神の, 神を, 神様を, 神蒋山の, 私有が, 私有を, 租借権を, 空気は, 空気も, 立派な, 精霊な, 精霊を, 精靈を, 純生産物, 素封家で, 素封家の, 繁昌は, 繁栄は, 羊羹か, 習慣である, 習慣な, 者だ, 者だけに, 者洋語に, 耕作は, 耕作者は, 肥沃度が, 肥沃度に, 自慢である, 芸者から, 芸者が, 芸者に, 若いもの, 若い人たち, 親分が, 言葉では, 言葉に, 言葉も, 訛りの, 話が, 警察から, 警察は, 象徴である, 豪家で, 負担する, 貨幣地代は, 農業者の, 近い関係, 連中は, 郵便局の, 金木町に, 開墾に, 開墾を, 隆起は, 顔役の, 風かも, 風でし, 風俗や, 風景を, 風習で, 風習として, 高みが, 高女

1 [1842件 抜粋] あがりから, あゆが, ありさま, ある小さな, いちばん大きな, うたでない, おじさんが, お代官様, お山へ, お百姓仕事, かくの, ことかな, ことなぞを, ことについての, ことゆえ特権も, この性質, ごく近く, さまも, しかも女, それと, てめえらばかり, としよりに, どの製品, ばくち, ひとです, ほかには, まん中の, むかしの, ものでない, ものなら, もの英語を, やくざの, やり口が, より大, キャメラ愛好者が, タングウト土人の, ノドカな, プロレタリヤ階級の, ボスの, 一つでも, 一ヘクタールの, 一区劃の, 一種本能的な, 一角に, 一部分を, 上から, 上にも, 上流階級の, 下附願, 世話役は, 中でも, 中学を, 主な, 乙名三郎治と, 争いや, 事件であっ, 事情という, 事草庵の, 人々からは, 人々をも, 人しか, 人たちには, 人たちらしかった, 人だけ, 人ぢや, 人でなく, 人などが, 人びとに, 人南無阿弥陀仏にばかり, 人情にも, 人殺しは, 人民を, 人気には, 人素顏の, 人達も, 人間だ, 人間でも, 人間を, 仕切り定めぬ, 代官などは, 仲間に, 伊達者連中が, 伝統は, 伝説でも, 伽羅が, 低い部分, 住民としての, 住民を, 余裕が, 使用または, 価値の, 便宜上米町川の, 信仰だけで, 信望も, 値が, 傳説に, 傾斜に, 先住民は, 光景風俗草木の, 八十以上とかの, 兵力に対する, 兼併は, 内部に, 冬が, 出の, 分けまえを, 分配にも, 初穗, 利潤が, 利益を, 割合には, 力よりも, 勇士と, 勢力家らしい肥った, 匂ひ, 医者で, 千艸屋に, 半面には, 占有の, 占領を, 収入である, 口碑だの, 口碑を, 古くからの, 古老, 古老に, 古老物識りだ, 史料には, 吉凶を, 同好者を, 同輩間に, 名で, 名である, 名などを, 名代などが, 名前にまで, 名家で, 名所の, 名折れに, 名望家として, 名物でございます, 名物とて, 名物は, 名物碓氷の, 名産である, 名産忍苳酒は, 呉服屋の, 味を, 品で, 商人を, 商売は, 商業学校を, 問題では, 善人に, 四分の一または, 國の, 土人が, 土産ものとして, 土豪塚原土佐守卜伝が, 地主に, 地代という, 地代も, 地廻りどもと, 地歌を, 地理的關係による, 地頭や, 場末で, 士族の, 売却に対する, 売買に, 変化を, 外聞で, 大きさ, 大半は, 大抵は, 大評判, 天候など, 太夫元が, 女が, 女である, 女には, 女性に, 奴なら斬っ, 奴らも, 如き利用物, 姉さんだ, 委託分譲の, 娘が, 娘の, 子どもは, 子供には, 子供も, 子弟たちには, 学校を, 守護に, 守護神と, 安易な, 実地踏査に, 実状を, 宮方三輪の, 宿命を, 寂寞さの, 富農たちの, 尊さ, 小学の, 小学校長を, 少しも, 山を, 岩層や, 巡査なども, 差出局, 席亭の, 年番の, 広大を, 底の, 弁護士で, 強い執着, 役人だけ, 役者の, 御守護, 御用聞き, 御用聞三輪の, 御用聞市ヶ谷の, 御用聞申松といふ, 御用聞神明樣の, 御用聞辨慶の, 復興を, 思惑売買に, 性質に関し, 怨府の, 悪いこと, 悪所や, 感じは, 感化を, 慣例であろう, 成長に, 所属と, 所有主に, 所有慾は, 所有者によ, 所有者及び, 手伝いを, 技を, 持つ香気, 按摩は, 接邇し, 支那人の, 支配者の, 改良という, 政党関係などに, 故で, 故老に, 教会で, 文化的発展を, 文明の, 文藝愛好家達で, 料理屋の, 料理店に, 新八太七と, 新聞主筆として, 新聞記者もさ, 方な, 方は, 方言に, 旅人ぐらいしか, 既知の, 旦那衆で, 旧家であった, 旧家松井友閑の, 昔話を, 景色が, 智識に, 曖昧宿で, 最後の, 有償自作創立案を, 有力者反抗分子等を, 有数な, 材料が, 村, 来歴を, 東西南北宿の, 林檎だ, 案内にも, 梅干の, 検査を, 概念だけは, 様だ, 模様も, 権門富家は, 權利に, 歌壇で, 武士か, 歴史などを, 歴史上から, 民からは, 民間伝承を, 気候を, 気風から, 気風を, 氣風を, 沈降を, 流行の, 淺草で, 測量について, 滝川家としては, 漁師にまで, 漁師を, 漆を, 灌漑に, 無主無名の, 熱の, 物なら, 物持ちの数に, 物知りも, 特有の, 特質に, 状態すなわち, 状況により, 狹い, 猟師が, 珍しいもの, 現象である, 生ぬるい齒切れ, 生れでない, 生活だ, 生活を, 生産力に対して, 生産性を, 生産物である, 生産物には, 生産物のより, 生産物中には, 産物だ, 用役, 用語は, 田舎料理を, 甲乙丙丁は, 男だろう, 男や, 町村に, 病院で, 発展に, 百姓じゃあ, 百姓な, 百姓位の, 盛り場の, 相対的肥沃度である, 県令が, 眺望や, 知己で, 社寺國民學校の, 神とは, 神様の, 神靈, 禅寺に, 秘仏と, 穀物地代は, 空気という, 管理人を, 粗生原料, 精霊及び, 糸や, 純粋剰余生産物を, 素封家が, 紳士に, 継承には, 總面積の, 繁栄策としては, 置家の, 美しさ, 美景に, 義民磔茂左衛門の, 習にて, 習慣だ, 習慣に従って, 習慣上實は, 老人の, 者, 者からは, 者たちの, 者であろう, 者とが, 者なら, 者や, 者一人として, 者往来の, 者皆に, 耕作者と, 聖山に, 職人です, 肥沃度は, 肥瘠は, 自動車の, 自然そのものが, 自由な, 興行界の, 船頭らしい, 良民が, 色という, 花柳界に, 芸妓で, 芸子が, 芸者の, 芸者衆は, 若い男女, 若者である, 草分けを, 荒クレどもに, 著しい増加, 藍も, 藝術愛好者の, 行政権は, 裂け目から, 見知らぬ道, 親柱, 言い伝えにも, 言葉とは, 言語は, 評判は, 話などを, 誇と, 語では, 誰かが, 請負師だって, 警官に, 警察にも, 警察署に, 警察署長明智小五郎などが, 豆腐屋八百屋, 豪家を, 豪族であり, 豪族を, 豪農といった, 貨幣地代と, 買上げは, 貸し下げを, 賃貸を, 質に, 贔屓連の, 赤新聞に, 起伏も, 趣味を, 軍楽隊に, 農家が, 農業会から, 農民が, 農民らは, 近くの, 透明な, 連中が, 遊びの, 遊び人なんぞとも, 遊人仲間にも, 過度の, 違つた風習と, 郡司や, 郷士僧人なども, 都合が, 酒造の, 里民も, 釣り人が, 鈍重な, 銀行家病院の, 長生小学校で, 長者とは, 開墾には, 開拓や, 開発に, 関係は, 関西へ, 限定の, 隆起の, 隔った, 霊を, 青年たちと, 青年団が, 青年團の, 面ぶれ, 音声を以て, 領主は, 領有を, 顏役でも, 顔役だ, 風で, 風俗であります, 風俗温和にて, 風儀の, 風景の, 風習でも, 風習や, 風説に, 館でも, 馬方が, 駕籠屋だけに, 高い所, 高低によ, 高低をも, 高峰譲吉氏を, 魂が, 魚は

▼ 土地~ (1090, 10.4%)

18 離れて 16 持って 10 売って, 耕して, 買って 7 求めて, 見て 6 もって, 耕作する, 離れたこと 5 借りて, 自分の, 見に, 買った

4 [11件] 占領し, 去って, 所有し, 所有する, 抵当に, 掘る, 歩くと, 無償で, 踏んだこと, 農民へ, 開墾し

3 はなれて, 失って, 持つて, 掘って, 耕作し, 賃借し, 選んで, 開墾する, 開拓し

2 [53件] お求め, すてて, とられて, もらって, 争って, 二年前に, 兼併する, 出て, 占有し, 占領する, 去った, 取って, 喰詰め, 均分する, 売ろうと, 売払って, 子供の, 完全に, 寄附し, 引上げて, 恩賞に, 想像し, 持つこと, 掘らんと, 探して, 放置し, 整理し, 施肥し, 有せざる, 有せず, 有って, 歩いて, 独占し, 立ち退いて, 立ち退くこと, 耕したり, 耕や, 耕作しよう, 荘園へ, 見る, 見捨てる気, 諸君の, 買おうと, 買つ, 買収した, 踏んで, 通過する, 進んで, 選んだわけ, 選定し, 酷使せず, 開いて, 除いて

1 [797件 抜粋] あたえられた, あなたに, あらは, ある金持, いう, いまの, うろうろし, おとなしい地主, おほ, おれに, お取上げ, お嬶, お手, お通り, お選び, かえようとは, かりて, きめねば, きりかへて, くぎつてそのなかにさゝやかな墓碑, けずられて, ことごとく国家, この鉱毒, ご存じでした, さうい, しこたま買, して, すっかり売, すべて荒し, せしめてから, そつくり自分の, その, その叔父たち, それからそれ, た, たずねて, だいぶん買つたようじ, ちよつと, つかえるの, つぐ位置, つたえるべき子孫, とうとう自分, とられた農民, どんどん住宅, なし後年, にべも, はなれないと, ひきあげて, ひたひたと, ひらいたり, ひらき新しい, ふたたび見たかった, ふんで, ぶらぶらする, ほしがる, もち家来, もっても, もつて, もつべきであると, もらうの, もらっただけじゃ, やるから, ゆずりうけるとき, よくする, よく覚え, よこせそう, わけどりその, わざわざ多く, われから, インドと, ドイツ祖国内に, 一個人が, 一度も, 三十七と, 与えそして, 与えた事, 与えようとは, 与えられる, 与へた事, 主としてその, 争い合って, 争うところ, 五六万町も, 五百万円の, 人畜もろとも, 人買いが, 今日通っ, 他の, 付き添う人, 住み切れずカラフト, 何百町歩も, 作付しない, 併合し, 使って, 借りた人たち, 借り度, 値切り倒し, 傳い行く, 僭竊し, 全部まとめ, 全部売る, 共有し, 兼併しない, 再び曠野, 処分なさる, 出たくないの, 分けて, 分り難い, 分割, 分割する, 分解し, 分配され, 別れて, 利せん, 割いて, 割讓し, 労働者から, 労働者は, 動きま, 区劃する, 區劃し, 占有する, 占領に, 去つて, 去らないで, 去らない決心, 去らねば, 去られたこと, 去りにくい, 去り雲助, 去るか, 去るという, 去るべき人, 又より, 取つて, 取らなければ, 取り上げて, 取り上げようと, 取り上げる, 取上げられた小作人達, 取上げられては, 受けこれ, 受出す, 含ませない, 含めて, 呑込んで, 呼んで, 品位づける, 嗅がないで, 回ったのち, 回復し, 圧して, 地均しし, 均分し, 坪当り月五銭で, 基礎と, 増加せる, 墺太利の, 売ったとか, 売った男, 売つたの, 売つて, 売らながったの, 売られっか, 売られ其身, 売りつけに, 売り払って, 売り捨てて, 売るとき, 売る気, 売ッ払ッ, 売買する, 変えて, 変えること, 変へるつ, 多く取り上げられる, 多量に, 大事に, 失い故郷, 失う仕事, 失わせる結果, 奪い人民, 奪おうという, 奪はれた, 奪はん, 奪われた, 奪われて, 奪われる, 好きに, 好む者, 宇陀の, 守り裕福, 安全に, 定めて, 定めること, 寄付し, 寄進し, 富ますよう, 小作に, 小作人たちで, 小屋の, 少しずつ, 少し貰つて, 山の, 巡歴し, 差押えるぞ, 己れ, 平等に, 広く選択, 廻って, 引いて, 引き上げる迄に, 引上げる, 形に, 征服したけれ, 得たか, 得た五月, 御自分, 御覧に, 心に, 思うと, 思っても, 恋しがり, 恋ひした, 愛さずに, 愛し且土地, 愛し其土地の利, 愛する人たち, 愛する心, 感じた, 或る, 手に, 手放した, 手放す者, 手離すまい, 投げ出したので, 抜け出すこと, 拓いた結果, 拓いて, 拓くつもり, 拓こうと, 持たないという, 持たない百姓, 持たなかった, 持ちたいと, 持ちなに不足, 持ち息子, 持った嬉し, 持っとって, 持つた豪い, 持つと, 指す場合, 捨てて, 掘くり返し, 掘りかえして, 掘り荒らすん, 探さなければ, 探すの, 探そう, 探検し, 控えた蝦夷地, 握って, 撰定に, 擁して, 改めてなつかしん, 改善する, 改良しよう, 攻防の, 敬二郎に, 数年かかっ, 昔の, 更に人工, 最も所有, 最も有利, 有せずし, 有つ, 有つて居る, 本と, 本として, 本當, 本磨き, 材木屋の, 根こそぎやられ, 根拠と, 棄てて, 棄ててから, 検分しなけれ, 椰子の, 極度まで, 歌ったもの, 歩き廻りました, 残して, 殖民地に, 求めなければ, 求めようとして, 求められた意味, 求める為, 求める籤, 没収された, 沸きかえしたこと, 治めた功労, 治めやがて, 治めるの, 法外な, 流浪し, 浜田山といふ, 消化しきれない, 淨めて, 温めて, 測るに, 潤して, 澤山取る, 澤山持ちたい, 濡した, 灌漑した, 無くなすなんて, 熱愛した, 牧場に, 物色し, 狭苦しい谷底, 獲れば, 玩具に, 生業の, 産む時, 用いて, 異にし, 痩せかさないで, 発見した, 發見する, 皆に, 皆國有の, 直ちに占有, 相手に, 眺めようと, 知った二人, 知つてゐなかつた, 知らないの, 知らない人, 研究する, 神の, 私有する, 突いて, 突き廻つた, 立ちの, 立ち去つたの, 立ち去るよう, 立ち退くという, 立ち退くの, 立退かねば, 立退くの, 第一, 第二, 細ぎりに, 絶海の, 繩張りに, 耕し, 耕しその, 耕した農業者, 耕し歳月, 耕し種, 耕すか, 耕すこと, 耕すほか, 耕す者, 耕す農民, 耕作した, 聞かれた時, 肥やして, 肥やそうと, 肥沃します, 自分達の, 自由に, 苦面し, 茲で, 荒されて, 荒し人民, 荒らしたなど, 莊園に, 褒め田畑, 要する, 覆い氷, 見おろして, 見かたがた, 見その, 見た, 見たって, 見つけた, 見てから, 見ては, 見るお客さん, 見出して, 見捨てて, 見渡して, 見物させ, 親仁に, 観察し, 解放し, 解放する, 記入し, 詳かに, 諸葛孔明様, 譲って, 護らせねば, 護らねば, 讓りうけ, 貧しくし, 貰う権利, 貰ひなどした, 貰ふ, 買いそうして, 買い上げられた人々, 買い上げ政府, 買い大きな, 買い思いきって, 買い込み大, 買い込んで, 買い集めて, 買う者, 買う金, 買ったひと, 買ったほど, 買つてバラック同然ながら, 買つて田舎へ, 買は, 買はせる, 買ひたい, 買ふと, 買わんと, 買入れた, 買占めただけ, 買収された, 貸さうと, 貸して, 貸し付けて, 賞められまし, 賣つた以上, 賭けて, 購い求める力, 購ったこと, 踏まずには, 踏ませるな, 踏み朝夕上州, 踏むの, 踏む前, 踏んだ晩ゲノア, 踏んだ若干, 転住する, 農民に, 農民へという, 追っ払って, 追はれる, 逃げだした, 逃げるという, 逃げ延びて, 逐電する, 通さず直ちに, 通つて來た, 通り抜けるもの, 進行する, 遊覧地化する, 遍歴って, 適当に, 選びその, 選定しい, 配つて貰ひたく, 重んじた, 鎮める手段, 長く旅行, 開かなければ, 開拓しよう, 開拓する, 開放しない, 開放する, 閑却し, 除くあらゆる, 除けば, 離れたく成った, 離れたの, 離れたらどう, 離れた後, 離れた者, 離れないの, 離れないん, 離れなければ, 離れようと, 離れようとして, 離れられませんねえ, 離れられるか, 離れること, 離れるには, 離れるまで, 離れる決心, 離れ切った, 領し実に, 領する人, 頼に, 飛び正月, 食詰めまして, 飾りまたは, 騒がしたは

▼ 土地~ (1030, 9.8%)

23 住んで 12 来て 9 使用される 8 根を 6 いて, いるの, なって 4 いる神, 居を, 於て, 残って, 馴染が

3 [19件] あるもの, いること, して, よりて, よると, 伝わって, 住むもの, 使用され, 入って, 出て, 土着し, 居ついて, 於ては, 来たの, 特有な, 生れて, 縁の, 自分の, 行われて

2 [53件] あつて, あること, あるの, あるので, いる必要, しては, なじんで, なった, のこって, やって, よりては, ゐて, 七日間の, 不案内の, 人間が, 今でも, 住まはせられます, 住みついては, 住む人々, 住む者, 住古し, 充用される, 入り込んで, 別れを, 到着し, 加えられる人間, 固定した, 固着し, 姉の, 存在する, 定住し, 封ぜられた, 對する, 必要が, 昔から, 流入せしめ, 流入せしめない, 深い親, 滞在する, 用いられた資本, 用いられる資本, 移転し, 舞ひ戻り, 行くと, 見出すこと, 走らんと, 足跡を, 身を, 遺って, 長くいる, 馴れて, 馴染の, 馴染みが

1 [777件 抜粋] あいて, あがって, あこがれ朝鮮, あって, あっては, あぶれ職, あらず, あらわれたん, あらわれるの, ありきたりの, ありついて, あります, ある将来, あれば, いくらかでも, いたがりますか, いたくも, いたたまれないで, いちばん欠け, いついた信用, いついて, いつかれるもの, いつく限り, いない, いなくなったり, いられなかった, いられなくなったの, いられねえよう, いられる身の上, いる, いるところ, いるなどと, いる女達, いる時, いる重, いろいろの, うろうろされ, おいしいもの, おいでに, おるか, お前の, かえっておいおいに, かかってるとともに, かなうよう, かならず執着, きて, きてから, くっつけるよう, こういう昔話, こういう風, このお, こびりついて, ごみごみと, ご壮健, したの, しばらく休養, しばりつけられた農民, しろその, しろ草木, そうした施設, そう長居, その年沢山実, その方面, その齎す, それぞれの, ただ一つ, ただ町, たった一本不思議, たとえ長い, ついたもの, ついた物, ついた生業, ついて, つきました, つぐ財産, できた動かない氷河, できるもの, とどまつ, とどまること, とりいれて, どうして生き, ないからさ, ない物, なかつた, なりましたが, なる, なるとは, なんの, はいり込んで, はえた木, ひしめき合うて, ひたすら農夫, ひもうせん, ふさわしい季節, ふたたび足, ぶらついて, ほとんど崖, まき広げて, まことの, まつられました, まるで休憩, もう数日, もどって, やくざものに, やって来たからには, よき実り, よほど関係, よるべし, わずか三, ゐたくなる, ゐながら, ゐるか, ゴロー三船という, ポール商会の, ユニバシティを, ヴァイオリンが, 一〇〇磅の, 一二寸の, 一人の, 一人ぽつねんと, 一坪の, 一年も, 一握りの, 一生住ま, 一生落着く, 一筋の, 三十年から, 三年も, 不似合い, 不思議と, 与えられようと, 久しく住む, 乗り入れた, 五百人の, 亡命者と, 人物は, 人間は, 今大流行, 今空, 仕事は, 付いたもの, 仮泊し, 伝わる祖先伝来, 伝右衛門といふ, 住いました, 住まないツモリ, 住みそうして, 住みその, 住みつくならそれ, 住みながら, 住みなれたお爺さん, 住み付いた人文, 住み慣れた人, 住み着いて, 住むため, 住む全体, 住む多く, 住む管理者, 住む雅人, 住んだ一葉, 住んでこそ, 住んでも, 住居し, 住居する, 何か, 何が, 何十年も, 使用さるべき, 使用された, 使用され得ない, 來た, 依つて, 依存し, 備わる天分, 充たして, 入れなかったもの, 共通である, 其の根, 冒険と, 出かけて, 出ること, 出掛けて, 出来ないもの, 出来るその, 出来る品物, 出来る総, 初めてみる, 初めて参りました, 到着した, 剰余が, 動し, 匹儔なき, 十年も, 卸された種, 参りまして, 古代の, 史話だ, 同じく生き, 同一額の, 名を, 名高いお, 向けられざるを, 向けられ穀物, 向つて憧憬, 吸収され得る, 呪ひ, 咲く花, 因るん, 固有な, 固着する, 土着された, 在り伊尊二柱, 在る植物, 地獄という, 埋もれようとは, 埋葬し, 執着し, 執着してる, 変って, 多くの, 多額の, 大して執着, 大勢の, 大川通が, 大水が, 大金持, 天子の, 女主人, 好意が, 始中, 委しくも, 威勢よく, 嫌気が, 孤島生活を, 安ん, 安住を, 安定を, 安楽に, 定住する, 定着し, 宿る事, 密接した, 少しと, 居たたまれないよう, 居たっけねぇ, 居ついた事情, 居ついた心持, 居つきたい心地, 居つき爾来, 居つたといふ, 居て, 居にくく, 居られなくな, 居られなくなつたん, 居られましても, 居るもの, 居付いて, 居切り, 居残った, 居残って, 居残つて, 居着, 居着いた年, 居附いて, 巣を, 巨旦将来, 差し置かれ郷士, 帰り住みたい願い, 常在, 幾代も, 引寄せられる, 張鬼子という, 彼らと, 彼らは, 御住居, 徳という, 応じて, 急に, 愛着する, 愛著を, 慣れないん, 慣れるの, 手近に, 投ずる限り, 投ぜしめかく, 投ぜしめるに, 投ぜられた資本, 投ぜられる国民的資本, 投下すべき, 投下せられ, 押しつけるの, 拘束せらる, 拡充し, 持ち運んでは, 持主の, 播かれた荳科植物, 支配され, 放り出される, 数の, 新しい労働, 新しい資本, 新設された, 方言として, 於けるもっと, 於ける勢力, 於ける自分, 施肥する, 旅の, 日々住む, 明るいこちと, 昔有った, 昭和7年三十五六戸の, 最も大きな, 最も適する, 有って, 有るもの, 期待し, 本年は, 本都, 杉の, 来たよう, 来た当分, 来た旅人, 来合わせた運命, 来翌年, 枇杷が, 栄ゆる, 根ざすこと, 格安な, 栽培される, 棲んで, 植ゑることが必要です, 止まること, 残して, 残る算段, 毎年堆肥を, 比して, 民族として, 民族自立の, 水濠ひと重廻らした, 永く住み慣れた, 永住の, 決して使用, 泉を, 注ぎ込む過小農業, 津下氏は, 流れ込み地所, 流入する, 流行ってる病気, 浸潤する, 渡らぬ先, 滞在し, 潜んで, 照り映えて, 父親の, 特別の, 特有の, 珍しくない, 現れなくなっても, 生えて, 生えるの, 生ひ立つた, 生まれ同じ, 生れそこ, 生れたもの, 生れたものの, 生れた子供達, 生れた少年, 生れながら, 生を, 生活した, 用いられた労働, 用いられた勤労, 用いられて, 用いられるため, 用いられる労働, 用いられる旧, 用いるに, 用いる動機, 用の, 由つて困難の, 留まります, 留まるとて, 留めて, 病む友, 痕を, 監禁し, 目を, 相応しいよう, 相応は, 相應, 着すると, 知れ渡って, 祀られて, 祖先以来の, 私の, 私達居れなく, 移されても, 移し今, 移って, 移り住むよりは, 移り住んだの, 移住する, 移植される, 移転する, 種も, 穴を, 立ったを, 立脚した, 第一歩を, 第二, 紋也様には, 紹介した, 絶望した, 絹の, 縁が, 縁付くならば, 置かねえぞと, 老鋪の, 聞いて, 聞えた老妓, 肥料を, 育ったもの, 育った孫悟空, 育つたとは, 育つたもの, 育つべき運命, 脱げこもうと, 腰が, 自作農が, 自前の, 良醫が, 色々な, 落ちついて, 落ち着くよう, 葬つた, 蒔いたその, 蓄積される, 行きついた, 行けば, 行つて寂しい, 見たの, 親しんだむす子, 親類の, 訊き一方, 設定される, 詳しい, 誘うこと, 課せられる租税, 譬え得る故, 貪着, 買手が, 赴くであろう, 起った変化, 足を, 踏みとどまりながら, 転向せしめる, 転用すれ, 近い人, 近づきつつ, 送られる, 送り肥料, 連れ行かれた時, 遊ぶ夢, 運ばれると, 過ぎた程立派, 違ひない, 適さない種子, 適したるもの, 適した馬, 適不適が, 還ること, 都が, 長く出てる, 関したこと, 関係の, 降った初雪, 限って, 限らず奥州, 限られた所謂郷土舞踊, 隠退し, 雑居する, 離れて, 青い船, 靜かに, 革命者の, 頼らざるを, 頼るという, 飛んで, 養って, 馴れず買, 馴れないので, 馴れない私, 馴れない者, 馴染むまで, 馴染んだ頃, 高低あり, 高低が, 高粱大豆黍粟蕎麦玉蜀黍小, 鳥の

▼ 土地~ (522, 5.0%)

13 ある 10 耕作される 7 豊富に 5 肥えて 4 あるの, 多い, 幾つとも, 耕作され, 自分の 3 あります, あると, いるか, せまくなった, 土地だ, 多いの, 食物を

2 [26件] あったら降りて, あって, あるが, あるといふ, あれば, なつかしくて, まるで怖い, 今でも, 低い, 何人に, 全部耕作され, 凍るので, 増加し, 変れば, 存在し, 年々沈降し, 日本の, 極点まで, 欲しいの, 減少し, 狭いもん, 生産せしめられる, 痩せて, 豊かで, 高いだけ, 高燥で

1 [394件] あった, あったに, あったり, あっても, ありますが, あり上方, あり日常生活, あり硫黄ヶ岳, あるげに, あること, あるならば, あるん, いいと, いいどて, いかにも低い, いかに新しい, いたってやせ, いつたん, いつの間にどう変った, うんと栄える, かうした前代, かわいて, こ, この人口, この天皇, この物語, この生まれ故郷, この通り, これである, こんなに能率, こんな状態, さびれると共に, じめじめし, すこしダラダラと, すでに千六百余町歩, その改良, その耕作, それ相応に, そんなにやすく, たくさんある, たくさん未墾の, だんだん低み, ちがい家庭, ついて, つくづくいや, つまらないのに, とくにそうな, とんだ損害, どこにも, どのやう, どんな山, どんな目的, ない, ないし, ないので, なおかなり, なお未だ, なお豊富, なかなか道庁, なくては, なく四國, なければ, にぎやかに, ねえの, はんじょうして, ひどく凍り, ひどく心, ほうぼうに, ほとんど極点, ほんとに厭, まだいたる, まだこの, まだ有る, まだ沢山残つとるだ, まるで地獄, もっとも簡素, やせて, やっぱり懐かしかっ, ゆるい勾配, ゆるやかに, よく土人, よく肥え, より優等, より瘠せ, より良く, イヤに, シャスタ・シチイと, ジョホールだ, ナポレオンの, ヒムカ, 一帯に, 一帯低い, 一年に, 一年二毛作作物によっては, 一段下っ, 一番いい, 下附, 不意に, 不毛なら, 不漁と, 与えられたからと, 与える人間, 与える豊か, 与え得る最大限, 中国の, 主として火山性, 九〇〇〇〇〇クヲタアしか, 乾草の, 二つに, 二尺乃至, 互いに対立, 人を, 今では, 今なお, 今まで, 今度不思議にも, 今日では, 今日の, 今眼下, 今頃まで, 伝統的に, 低いから, 低いので, 低い所, 低かった, 低くて, 低くなっ, 低下し, 住民の, 何処の, 何故開墾, 依然彼, 全く面白く, 全く食物, 全国に, 全国の, 全部この, 共和国の, 其等の, 凍るという, 凹んだところ, 出来たの, 切り開いて, 初めてじゃ, 剰余を, 化物には, 北極に, 千米以上も, 半ば耕作された, 占有され, 占有された, 即ち最も, 口を, 同一の, 呼吸を, 噴火前に, 回復する, 固くて, 国民の, 土地だけに, 土地な, 地代という, 堅いため, 売られて, 売れたら小作米, 変って, 変り音, 変ると, 変われば, 外人の, 多いが, 多いため, 多いというのみ, 多いので, 多いよう, 多くな, 多くなっ, 多く人, 多く愛知, 多く是, 多く殊に, 大きくそれから, 大した盛場, 大事だ, 大洋に, 大部分, 大麦の, 天上に, 契約せられた, 奴隷を, 好かない馬子, 好きだった, 好きで, 好きに, 好くなった, 如何に, 安いとかいう, 完全に, 富の, 寸地を, 小さくいくつ, 小口で, 少しあった, 少しあつ, 少し固まる, 少し窪んだ, 少数の, 屈曲し, 展け, 山陽の, 崩壊した, 己斐の, 平坦でない, 平坦な, 平等な, 年々牧場に, 年々遠くへ, 幾つも, 幾干, 広くて, 広く人口, 廣くもすべての, 彼らに, 彼等の, 後には, 従前より, 徳川宿老の, 恐しい沙漠, 息を, 悪いため, 悪いという, 悪くなる, 惜しい年寄り, 惡い, 懐かしくなっ, 手に, 手を, 拓けて, 持つ自然, 掘り返されたよう, 掘り返されて, 故郷で, 数多く耕, 敵の, 新しく掘り返され, 新たに, 既に耕作, 日張家所有の, 早くから開け, 早く解ける, 明いて, 最も肥沃, 最も豊富, 最後に, 最早いつ, 有っても, 有つ, 有る, 有るらしいの, 未墾の, 未耕, 本来良質の, 本来農業に, 植樹に, 極めて肥沃, 次第に下, 次第に低く, 次第に賑やかさ, 次第に隆起, 欲しけりゃ俺, 此処である, 歩き出してるよう, 残された, 残されて, 残らず占有, 殖えるの, 段々と, 母島の, 水に, 汚れるって, 沈み太い, 沢山あきます, 浮いたり, 消耗しなく, 消耗すれ, 湿って, 漸次時代, 激しく震動, 灰砂で, 災厄から, 無いはず, 無ければ, 無数に, 無智, 独逸商会の, 狭いだけに, 狭いの, 狭いので, 狭くなる, 狭まったよう, 狹いだけに, 珍らしい, 甘美な, 甚だ多い, 生き生きと, 生み出し得る最大量, 生み出すこと, 生産し得る, 生産すべき, 異つて, 痩せては, 療養に, 発展しよう, 皇太, 目の, 石狩川の, 磽, 種々なる, 穀物の, 穀物以外の, 空であった, 立去れない他国, 第一, 築城に, 粘土質で, 結合した, 絶対に, 絶対的に, 総て肥沃な, 繁昌し, 耕作されなけれ, 耕作に, 耕作価値から, 肥沃で, 肥沃であり, 自分も, 自分を, 自然に, 自然的に, 自由に, 若いせい, 英国な, 草深く里離れ, 荒れて, 見つかったところ, 見つかったら故郷, 見つかり次第, 解放される, 言わば大陸, 誰からも, 護謨毬で, 豊富であった, 豊富な, 貧しい質, 賑やかな, 足りなくなつ, 足りなくなりしかも, 踏めるもし, 辺鄙で, 辺鄙な, 近いだけに, 近づくにつれて, 遣り取りされ, 遥かにより, 適度の, 適当な, 開けて, 開け且, 開墾され, 開發される, 関西方面には, 陥没し, 陥落し, 隆起し, 隆起した, 震ひ出す, 靄の, 非実用的, 非常に, 順次に, 餅の, 駿河と, 高いから, 高いせい, 高いため, 高いと, 高いので, 高い価, 高い利潤, 高くなっ, 高く樹木, 高まって, 高みに, 高峻に

▼ 土地~ (460, 4.4%)

8 あつた 4 成人した 3 これまで, 一流の, 人に, 芸者に

2 [13件] しばらく住ん, その土地, 一番の, 中等の, 二流ぐらいまでの, 人望の, 働いて, 働く事, 友人と, 少しは, 店を, 或る, 老鋪だ

1 [410件] あかずと, あつたらう, あつて, あなたに, あなた方と, あの人, あの娘, ありさ, いい絣, いう蛇神, いう馬鈴薯, いささか途方, いちばん上等の, いちばん大きい, いつか電話を, いつも驚く, いふ其の, いろんな野菜, いわれて, おなくなり, おまけに, おれたちは, お妻太夫さん, お目, お縋りする, お育ち, お金が, かういふ生活, かつて子路自身, きつい信心, きびしい冬, げすから, ここに, ここの, ここらでは, この年配, この日, この時計, この溝, この青年, これを, こんな境涯, さへ, しにせの, しばらく一緒, すぐ噂, すごしたから, すらも元, すら一部落, そこでそのまま, そこには, そこの, そして可, そして成るべく, その好意, その当時, その手, その病気, その辺一帯, その遠隔, その面積, それは, そんなところ, そんな事, たしかカラマツ, たつた一軒, たとえ職工, ちょっとした呉服屋, でありました, できる甜瓜, ところどころに, ともかく怖い, どうかしなく, どうしよう, どうなる, どうやら斯, どなたか, なさなければ, なにも, なること, ねあ, はじめて知り合い, はやしましたほどの, ふたたび見出した, ふるくから, ほかに, また隋代, まったく途方, むかし常盤御前を, むなしく過ごし, めいめいの, もさうたんと, もって, やかましく言う, よく幼年時代, よく知られた, わたしたちが, アルギイルの, ギリシャや, ネムリ流しとも, パリの, ピポスコラ族に, フエルラアドと, ラテルネを, 一中長唄などの, 一人で, 一人の, 一家を, 一方は, 一時は, 一生を, 一番いそがしい, 一番もてる, 一番大きい, 一番景色の, 一番繁昌し, 一番豊富な, 七名家と, 三蔵法師の, 下町では, 下町に, 不評判に, 与えて, 丘では, 中洲は, 二人は, 二十世紀に, 二十年前には, 云ふ, 人が, 人の, 人を, 人口弐万の, 今川義元を, 仕事に, 仕合せに, 企画され, 休耕地と, 住んだ家, 住居を, 何事か, 何回も, 使えるお金, 使ってさ, 信州出身の, 働かんでは, 先月は, 先祖は, 兎も, 全盛を, 公認の, 共に万葉時代, 其れ, 冬が, 冬を, 出た三日目, 出て, 出来たしかも, 出来た野菜, 出来ます, 分譲区域には, 初めてお, 別々な死に, 別格の, 利根川の, 労働せしめられた, 勝負を, 勢力の, 医業を, 医療を, 卑しい連中, 博士は, 印度人の, 厄介に, 口の, 同じ人間, 同じ出し物, 同時にきみ, 同様の, 名うての, 名の, 名を, 名代の, 名高い判事, 否あの, 呼ぶ, 呼ぶばかり, 命は, 唯一人の, 唯一軒の, 唯旦那, 商売し, 商売を, 嘸ぞ, 土地の, 土民を, 地所を, 地盤という, 墳墓の, 売る雪, 売春婦と, 夏を, 外国人との, 夙に改め, 多くの, 多数飼育する, 大きくなった, 大きな別荘, 大きな口, 大問題, 大沼という, 奉公する, 女中を, 奴僕の, 好いたらしい女, 好い牛肉, 嫁に, 家具の, 家畜を, 小さな集団, 小作人として, 少くとも, 少しずつ, 屈指の, 山の, 山賊でも, 川の, 幅を, 年を, 幼時を, 庭や, 庭を, 引いた鼻風邪, 役を, 役者買い, 彼の, 彼女に, 彼等が, 得られるだけの, 御鷹という, 心にも, 心中事件が, 恋と, 息が, 悟った, 意外の, 愛する者たち, 感じたとおり, 慣れない暮し, 手に, 指でも, 挫折し, 採ったヤマノイモ, 採れるもの, 探すよりも, 支那人によって, 故顔, 数人の, 新しい愛人, 新しい苦労, 新らしく, 新参ながら, 旅籠には, 日本人が, 日本人は, 旦那様は, 明かして, 易者は, 暮さなければ, 暮しが, 暮したいと, 暮して, 暮すつもり, 暮すよう, 最も古い, 最も高級, 最初の, 有名の, 有数な, 来春は, 松が, 松前追分とか, 松杉を, 枯れて, 桑の, 梨の, 欧洲名門救済協会の, 武州川越と, 死ぬよりは, 母の, 気儘放題に, 求めるか, 汝の, 汽笛汽鑵車の, 没して, 浜田弥兵衛は, 清原藤原の, 渡良瀬という, 温泉小唄を, 温泉岳の, 測量技師として, 湯屋でも, 濱松から, 珍しくは, 珍らしい, 現状に, 生きて, 生まれたまま, 生まれた人, 生まれ早く, 生れたところ, 生れたの, 生れたもの, 生れた芸, 生れた郷土, 生産し, 田も, 畑なども, 病み患, 盆祭りや, 盗まれも, 目立って, 知らぬ者, 知るもの, 確かめて, 磚と, 神様松という, 神社も, 秀子の, 私が, 私の, 秋草を, 稼げば, 稼業が, 穀物の, 穀物を, 穴を, 立つたり, 立派な, 築きあげた身上, 米を, 美しいと, 羽振, 聞いた話, 聞くの, 肥育し, 育ち得るすべて, 育ったが, 育ったころ, 育つた, 自分の, 自慢する, 自殺し, 芸者し, 芸者や, 芸者を, 苦労し, 荘園で, 落籍されて, 落語家を, 蓮っ葉な, 行き逢う人, 行く末は, 行った悪, 見たい所, 見たさの, 見られないと, 見渡す限り一面, 言います, 評判が, 評判の, 読むと, 賞美される, 賣込んだ御用聞, 足首を, 近在の, 迷児に, 追剥の, 送れるの, 途中には, 途方に, 連夜の, 遇ふ, 遊び相手を, 遊んだこと, 過ごした, 野たれ, 野蛮な, 野蠻な, 鉄道往生を, 銘々勝手に, 門構えの, 開墾され, 開業し, 阿片を, 陽虎の, 隠れ住む, 雨が, 震災ずつと, 静養したい, 顏を, 食ったり, 養い得る以上, 養い得る国, 養う明, 養子に, 馬車を, 骨を, 鳴らした, 麻の

▼ 土地~ (419, 4.0%)

5 ない 3 彼の, 痩せて

2 [22件] ありません, あれは, いくらでもある, このよう, すべて動員された, ともあれせめて, どこだ, ないと, ないの, なおその, ふみ難く, 今でも, 仕合せだ, 他の, 地主から, 夕方に, 昔は, 更に一段, 清きと, 無い, 農民に, 非常に

1 [364件] あとで, あまり多く, あまり寒く, あるまいかな, ある他, ある期間これら両者, いい所, いかにし, いくらでも, いくらでも無償, いくらも, いただかないこと, いづれも, おさんに, お上ご, お前の, お前らに, お茂登一家, かなり広い, こうしてめだたぬ, ここには, こちらでも, ことごとく封建君主, この人, この前, この現象, この租税, これで, これまで, ございませんけれど, ごらんの, さしたる損害, しばらくの, しツ, すべてこれを, ずいぶん古い, ぜひこちら, そっくりこれ, その不, その力, その後には, その後再三, その後比較的, その昔, その自然的分け前以下, その量, それぞれの, それにも, それ卑俗に, それ豊太閤が, たいていは, たしかにイギリス, ただ何, つい近頃一町歩, とりあげられた, とりも, どうしても海, どうつかわれるべき, どうなった, どこの, どれも, ないし, ない筈, ない那地, なお弘いが, なか, なかつた, なかなか夜風, なかなか高い, なくな, なにか踏みいれ, ひろびろと, ほとんどあまねく森林, ほとんどいかなる, ほとんどなく, ますますつまっ, ますます荒凉, まずこんな, まず飛騨, また眼, また翌年生産物, まだその, まだ他, まだ何, まつたく平穏無事, みごとな, みんなあの, もうだんだんと, もっと狂暴, よほど高い, より大きな, より少数, よろしいが, わが建国, アメリカへ, カラコラムの, キャムポベロを, クリツサと, サスガです, ズット下町を, タヾで, ツァーランよりは, トリエストである, パリーから, モンスーン地帯に, 一定である, 一抹の, 一種の, 一般に, 一般に何處, 丈け, 三世紀以前の, 三年間に, 上流石狩川の, 不向きだった, 不破郡関ヶ原村山中の, 不要に, 与えられない, 世界の, 丘陵型の, 並木の, 予想どおりに, 二万ヘクタール位で, 二人を, 二家族を, 二萬ヘクタールに, 人口が, 人情が, 人手に, 人民の, 人氣が, 今日なお, 今日迄, 他人の, 低い山, 住むにたえぬところとして宣伝し, 何かしらこの, 何ん, 何処か, 何処へ, 何国かは, 依然不完全, 値下りの, 値下り米も, 値打が, 停車場から, 健かな, 全国に, 全然除外, 全部こういう, 全體, 六十坪だ, 再び樅, 初の, 剣で, 勝手に, 勿論九州一円, 北方より, 北海道の, 十字架や, 単にその, 原始社会においては, 同一の, 向かないん, 君たちと, 吹雪と, 周囲に, 商業から, 四方を, 国によって, 地代を, 坪二十五円以上と, 売り払って, 売払わねば, 売買勝手なる, 変つても, 多い, 多いから, 多くは, 多くまた, 大半町の, 大古は, 大地たる, 大地主, 大繁昌, 如何に, 妙な, 始めての, 始末を, 嫌あ, 嫌だ, 孫子の, 実際上, 宿屋の, 寺の, 封建時代の, 小さい末弟たち, 小なれ, 小作争議の, 小作料を, 小野の, 少い, 少かろう, 少しも, 少ないの, 少ないよう, 少なくない, 山国で, 山車の, 山間の, 島田川の, 巴里だらう, 常に商業資本, 年々収穫を, 年々産みだす, 広い, 広くて, 広く人間, 広袤百里, 庭園が, 当時既に, 当然国有地, 当然最初, 役に立つよう, 彼にとっては, 彼女の, 往年白銅将軍と, 後日ベエコンが, 悉く分配, 手離さない, 抛棄され, 持って, 改良され, 故郷という, 日光は, 日本でも, 日本まで, 日本国中他には, 日本海に, 日毎に, 昔から, 昔からの, 昔ニーオークとか, 春から, 時価四千五百円位, 朝廷に, 本当に性, 本当の, 東京の, 松平大和守十七万石の, 柄が, 栃木県へでも, 棄てられて, 概して東洋, 次々に, 此の, 死んでも, 殿様のだ, 毎年最高の, 気候が, 永久の, 汚なくなっ, 江州の, 江戸でも, 決して何らの, 決して私, 没収された, 河の, 海の, 消費し尽されない, 溶解した, 漸次に, 澤山あ, 澤山あつ, 無力な, 無論アジア, 熱しやすく, 牙山城外である, 特にそうした, 狭い人目, 狭く駈, 王公の, 生きる土地, 生産設備を, 甲州地方に, 町から, 白樺が, 白浜温泉と, 百舌鳥の, 皆の, 皆流れ, 直ちに恢復, 矢作川大平川の, 矢張り私に, 知りがたく, 知りましねえ, 知りませんが, 破壊し, 福良であり, 私が, 空地で, 粗野で, 精, 純地代, 美しく人情, 翌年も, 耕作され, 肥え気候, 肥料を, 肥沃で, 自分が, 自分らの, 自然的資本であっ, 自由に, 至つて尠なかつた, 英國でも, 茫漠と, 荊州を, 荒廃に, 衰え果てて, 衰弱しなけれ, 衰微しる, 要らないが, 見られないやう, 見るからに, 見事に, 見物人で, 言わば日本料理, 誰の, 諸君に, 諸君の, 豊富である, 財産じゃ, 財産を, 貴族の, 貴族社会であった, 買えは, 踏み荒され雑草, 身分の, 辨慶橋の, 農奴によって, 農民へ, 遊牧地である, 違っても, 遠くまで, 都から, 開けるの, 開墾すれ, 開墾や, 関西の, 限りある, 陽を, 雪に, 震え動い, 面妖である, 順次に, 頼りない, 驢馬と, 高いのに, 高い地代, 高く展望, 高く水利, 高燥に, 黥青

▼ 土地~ (328, 3.1%)

27 来て 11 行って 8 帰って 6 来てから 5 流れて 4 旅行し, 連れて 3 いって, おいでに, 移って, 足を

2 [15件] 來る, 勝手に, 参って, 戻って, 来たこと, 来たの, 来てからは, 来ての, 来ること, 渡って, 着いた時, 行くと, 行っても, 行つ, 降りて

1 [221件] あそびに, いい寝かし, いくには, いく人, うつって, おうつり, およめ, きかかつ, きた, きたの, きて, きてから, きても, きました, くるまで, こうして持っ, これから伸子たち, そこで, そなた, たった今参った, つき知らない土地, とどまってること, のこすこと, はいってから, ひとま, ぴつたり伏し, もう一度行つて, やってきたの, やって来たもの, やって来るや, やるといふ, ポルトガルの, 一つに, 一人で, 上った, 下りたの, 下山する, 事を, 二人ぎり出掛る, 仕事を, 仮にも, 伴うて, 住むこと, 何日も, 來たまだ, 來て, 入って, 入り込み黒七子, 入り込んぢ, 入婿に, 出かけて, 出たがらなかったところ, 出て, 出ました, 出られるの, 出るには, 出張し, 出稼ぎに, 分け入った生物学者, 到着し, 割り込んで, 参ったとき, 参ったまで, 参られ猪, 参りましたただ, 参りましょうならお目にかかりまする孫子, 向かって, 向けて, 向つて一人, 向ふなら, 呂木は, 呼びよせた私, 呼び集め愛妻富子, 商いにも, 嘗てそれら, 坐った時, 天幕の, 太陽から, 女中かなんぞに, 妻子を, 始まったため, 始めて, 娘と, 孤り, 対しても, 居馴れて, 帰っても, 帰つてゐた, 帰りまして, 帰りゃしませんあなた, 帰ろうって, 帰省する, 建前を, 引っぱること, 引ッ越したら, 引越すため, 引込んで, 彼らとともに, 往く度, 往った, 御輿を, 忍びやかに, 思うさまに, 息子たちを, 悪女塚に, 慰の, 戻ること, 持ち去られ加治, 据えるもの, 探索に, 摺付け, 旅に, 旅を, 旅立つ為, 旅行券を, 是ほどの, 来か, 来たか, 来たと, 来たばかりの, 来たばっかりの, 来たもん, 来たり, 来た事, 来た最初, 来た者, 来てからの, 来ても, 来なすった, 来なすった時, 来ましてから, 来ようとは, 来られたって, 来るたび, 来ると, 来る度, 東京の, 栄耀が, 根を, 機械の, 歸つて來る, 流れこんで, 流れひろがろうと, 流れるなんて, 渡ろうと, 漂うて, 火を, 猫を, 珍しいお客様ぢ, 現れて, 發向すべき, 着いたの, 着きました早々, 着くと, 着く早々, 着けば, 砂嚢へ, 神武天皇が, 移された, 移されて, 移して, 移るといふも, 移る前, 移住する, 移転しなけれ, 稼ぎに, 突きは, 立退く者, 納まって, 続々流れ込ん, 自分を, 興行に, 落す金, 落ち着いて, 葬って, 行かうと, 行かうとも, 行かねば, 行きましょうとも, 行き幇間, 行き知らない人, 行くさ, 行くため, 行くの, 行くん, 行けば, 行こうと, 行こうという, 行った, 行っただけ, 行ったらあれ, 行つたつ, 行つたなら, 行つたら, 行つていつ, 行つては, 行つてみ, 行つて唯旅館に, 行つて焼酎を, 行つて考へ, 行つて自由に, 行つて見, 行商に, 見えますよ, 諸葛孔明, 越して, 踊りながら, 転勤する, 迎えました, 逃げかくれ首尾, 逃げたらどう, 逃げ込んだらしい, 通じる前, 通りか, 遊廓が, 運命の, 遺され親子生き別れ, 避暑に, 鍬を, 隠れて, 骨を

▼ 土地では~ (299, 2.8%)

6 これを 4 ない 3 あるが, ございますが, それを

2 [17件] あるし, これが, ないの, なく酒, まだ深山, 一番の, 人の, 先輩の, 冬の, 大野原と, 屈指の, 山と, 旧家だ, 相当の, 看板の, 見ること, 釣りの

1 [246件] あなたが, ありことに, ありそれ, ありません, あり夜, あり遠慮, あるけれどと, いうから, いけない新しい, いたさぬ事, いって, いつて, いろいろな, いろいろ働き, おそらく湧かぬであらう, お客の, お弔い, お蔭參り, かなりの, このヨリコ, この問題, この年ごろ, この日, この研究, この程度, この行事, これでも, ごひいきさま, さうせず, すぐと, すべてを, そういう情熱, その二羽烏, その土地, その御大師様, その必要, その日, その木の頭, その橋, その物音, そんなに早く, そんな武器, たいへん鄭重, たうて, ただトリオドシ, たった一人, たぶん通用, ちょいちょい浮気, ときどき実行, とっつきと, とても育ち, ともかくも, どうかという, どうしても養えない, どうせできない, どこの, ないか, ないから, ないだけに, ないと, ない筈, なかなかうまい, なくして, なくそれ, なるべく人目, ほこらに, まあ大きい, またその, また特別, また貧家, まだ半季勘定, まづ絶対, もうその, もう純然, やはりササユリ, アブラコ菊と, イツヌキと, サオリ・サビラキ・ワサウエとも, ササラと, ショーとか, スイスなどの, ゼンソクタバコと, ネブタの, フグは, 一アルパン当り七セチエの, 一切生ものを, 一切酒を, 一年じゅうの, 一掃され, 一流と, 一般にそういう, 三保を, 三日の, 両度とも, 二つ岩道と, 二十三夜にも, 二流か, 人が, 人は, 人口が, 人望が, 今でも, 今までの, 今熊野と, 以前と, 仲, 伊勢の, 何と, 何物も, 使い方が, 冷害という, 凡てこれを, 出たて, 出方さんとかいう, 初めて見る, 到底暮, 剣客の, 勢力の, 危険でも, 又ち, 古墳なぞという, 可能性で, 名の, 土地の, 壮太郎は, 売れなくつて, 夜も, 夜明けの, 大した羽振り, 大正開拓期の, 天体を, 姉さん株らしい, 婚礼の, 嫁婿の, 子を, 子供が, 実際あった, 家柄だ, 富貴の, 小さい異物, 少年と, 布で, 幅が, 庄司の, 弘法様の, 弘法樣の, 影は, 彼女の, 必ずやる, 慣わしでは, 成績が, 我々の, 手に, 指折りの, 數代に, 新店の, 新看板, 旅人で, 日の, 旧家であり, 旧家の, 昔からの, 春の, 昨年の, 暗澹たる, 暫く残し, 本当にし, 札付きの, 松が, 松輪の, 栃の木は, 根づかないの, 根魚と, 梅の, 植替え, 機織御前の, 毎日の, 毒にも, 比較的新, 毛無山の, 水気の, 水無しで, 決して遊ん, 津の, 海金魚とか, 渾名を, 無役, 熊取路と, 燧台と, 牛殺しの, 犬殺しを, 珍しいから, 生えぬきで, 生きて, 痔除け, 白粥に, 白色人と, 盆の, 盛大な, 相応に, 眠そう, 知らない者, 知られて, 祇園祭の, 私について, 秋の, 税の, 繁昌します, 育たないさ, 色女が, 芸能の, 落語は, 薬種が, 蛙の, 蜜の, 血縁の, 行方不明に, 見かけない編み方, 見られない風味, 見られなかったもの, 見掛けないやう, 視程が, 親は, 親雲上, 訛つてゑごと, 評判の, 認められて, 誰も, 豊後富士とも, 近頃北海道, 運命を, 金を, 金持として, 長い冬, 開墾の, 陽虎に, 雀枝と, 雑貨店を, 露骨に, 頭に, 顔の, 風車を, 食糧が, 飯干に, 駅を, 鶴子饅頭と

▼ 土地~ (165, 1.6%)

11 労働との 6 労働の 3 人民を, 僕の, 見えて 2 なった, なって, なつた, 云えば, 云ふも, 人民との, 人間との, 人類との

1 [123件] いうだけの, いえ館, いっしょに, いっても, いへば, こうして開墾, する, する女房, そこに, その地中, それとを, つきまぜられ従って, なすべきか, なった奄美大島, なりかつ, なりつつ, なるが, なるであろう, わずかな, ヂパングとは, ヂパングとを, 一町百姓の, 一緒に, 並びに現在遊楽, 乙甲で, 云ふ, 五軒の, 人々とに, 人と, 人との, 人の, 人格とによ, 人民とを, 人的能力と, 人間とは, 伊東の, 兄が, 先に, 切離され北方, 化して, 卑近な, 古城の, 合体し, 同じく逐次劣等, 同じく鉱山, 同一の, 同様に, 同樣, 四億数千万の, 土地を, 地用すなわち, 地用人と, 家との, 家とを, 家作は, 家作も, 家作を, 家屋とを, 小山ばかり, 少しの, 巡礼の, 建物を, 思うが, 思つた, 思つたのが, 思ひ込まれて, 感じもう, 持主が, 新しい社会, 時代には, 時間とを, 曲とが, 有毒な, 材木を, 正月の, 比較し, 民権の, 民衆とを, 源泉が, 生活も, 生産物とに対する, 異つた特色, 疫病の, 發達した, 相俟, 社会が, 空とを, 空気とを, 立退, 競争せしめられ得ない, 等しいもの, 結びつけて, 結合し, 縁の, 美しき太陽, 聞いた, 聞いて, 聞く, 聞くだけで, 聞く陸奥, 肥料とを, 自分が, 自由, 自由の, 荒れた住家, 血縁と, 見て, 言えば, 言語と, 豊富な, 資本との, 資本の, 農場の, 農民との, 農民の, 農民を, 違って, 関係した, 関係する, 関聯する, 雖も, 離れるとき, 風習に

▼ 土地から~ (163, 1.6%)

6 來た 2 他の, 出て, 家から, 引去られるであろう

1 [149件] うんと収穫, かくも, かつてほとばしり出た, きた赤, ここに, この浮梁, しからざれば, して, すべて奪われ, そう余計, それほど遠く, であるならば, でた国定忠次, でなければ, では, とる租税, なんらの, はるか離れた, まぎれこんだ地廻りたち, またより, よき職業, わざわざ夜更け, わざわざ診察, ウラニウムが, ハネ飛ばされ, 一刀彫りの, 一歩も, 七八丁西の, 上って, 亡命する, 人買いに, 今に, 今の, 借りて, 入り込んで, 出して, 出しながら, 出すわけ, 出たとの, 出たばかり, 出た軍人, 出てからも, 出る白堊, 出る遺物, 別れる樣, 北は, 十石の, 原始時代の, 取って, 取られる生産物, 同一の, 咲き出して, 姿を, 客の, 尾上山の, 幾人もの, 引き離されて, 引去られそして, 引去られ得ずして, 引去られ得ずそれ, 引去られ得ない限り, 引去る機会, 引離し得ざる彼, 得そして, 得たもの, 得た以上, 得られたもの, 得られたよりも, 得られた総, 得られる一八〇クヲタア, 得られる全, 得られる原料, 得られる富, 得られる生産物量, 得られる粗生生産物, 徴収される, 必然的に, 成る国, 成る大きな, 成る小さな, 或夜, 戻って, 手に, 投資された, 持つて, 捜すが, 撤去されるであろう, 撤収する, 放たれた海, 敵の, 時と, 来たもの, 来た牛飼, 来た者, 来て, 根を, 此土により, 洩れて, 流れこんで, 消えて, 消え失せたこと, 游離し, 湧くもん, 甘酒の, 生い出, 生じたの, 生ずるの, 生まれた独得, 生れたこういう, 生れた固有, 生れて, 生産された, 生産せられたなら, 発展した, 直かに, 移植され, 移転され得ず, 移転する, 立ち上って, 立ち去るよう, 立って, 美人の, 肥料を, 自分自身の, 芸者に, 蝋燭代を, 西野郷へまで, 言えば, 言や, 起った宝蔵院流, 起つた事, 足を, 追出されるの, 逃げ出さなければ, 逃げ出そう, 逐払はれた, 遁れ, 遠くさすらっ, 野菜が, 除こうと, 集って, 離れること, 離れる気, 雪を, 青い芽, 非常な, 飛びだしたとき, 駆逐される, 魚釣りに

▼ 土地~ (160, 1.5%)

13 ある 6 家も 4 家作も 3 あるが 2 あります, ない, なければ, もう間近, 人民も, 多い, 多いの, 清らかであり, 自分の

1 [116件] あった, あったかも, あったけれども, あったと, あったらしい, ありまたは, あり家名, あり従って, あり甥, あり言葉, あるの, あるらしい, あろうに, い, おおかた抵当, かかる土地, かかる葡萄酒, かつて踏んだ, このふるい, この家, この宿, ございませぬ, さびしいので, ぜんぶお, そっちこっち抵当に, その敷地, それぞれ秀でた, そッくりタンポに, だんだんに有る, ちっと居, つけずに, どっさりある, ないくらい, ないという, ない小百姓, なくその, なくなった, ばあさんの, ほぼ一様, まず森林, やらぬ一文, 一千年以前には, 一寸ある, 一緒に, 一郡二郡あるいは, 不案内まがりくねった, 不法に, 人も, 人情も, 人手に, 人間も, 今とは, 他には, 他県, 住む家, 何にも, 借地である, 借金も, 僻遠な, 全国には, 共に中国, 共有であった, 出来たもの, 北信などには, 去らずああ, 各種材料も, 同じ県, 哀れな, 器械も, 多いが, 多くなった, 多く角館附近, 少いの, 島々ばかり, 広く家族, 広大な, 彼らには, 息子も, 悪いが, 惜しいけれども, 惜まれはなはだしき, 所有した, 手に, 拓けません本国, 持たない若年者, 持って, 掃いたやう, 整理され, 星も, 最良の, 本家の, 東北などには, 林も, 気候も, 深碧, 清らかである, 湯の浜も, 源泉も, 無きを, 無くなつた, 牛も, 異る, 稀でない, 空気も, 草と, 見つくして, 見られないの, 見るもの, 辺鄙だ, 返して, 遠国には, 金も, 金次第どこへ, 開けたよ, 開けば, 面積も

▼ 土地には~ (117, 1.1%)

2 ヨタモノが, 千仭の, 手を

1 [111件] あいにく恰好, あるの, あれど, いたたまれなくなったらしく, いって, いないらしい, いやもう, いられないから, おらぬ, おられぬ江戸, おられますまい, おられませんぞ, お在, かつて自ら鬼, この木, こんな言い, ざらに, その名, どうも名所, どこかに, どことなく人, どっさりいます, なくて, なくなって, なじみが, なって, なんにも産物, ねえん, ひそかに, ひり込んで, または単に, まだその, めったにない, もう立札, もう緑, もちろん是, よい板, ゐないで, ゐなかつた, ニブ入りという, ニュウ・オランダの, ビッグファイブと, ホントに, ロクな, 一分だ, 一分だって, 二三名の, 人間が, 伝統も, 住めないなどと, 住めない人間, 住んで, 何も, 依然として雑草, 冬籠り, 前から, 參りますまい, 又その, 古く葛西氏, 土地の, 奇妙な, 小作人は, 小女郎狐, 居なかった, 居られないから, 居られぬと, 性が, 恐ろしい熱病, 支那に, 支那人が, 散乱し, 新任の, 旅の, 旅籠屋などは, 日本の, 昆虫も, 来て, 栄えずして, 極微量, 正常の, 殆どその, 気の, 水が, 海綿も, 無いという, 無いの, 特別の, 猿が, 珍しく北国, 登記所か, 税が, 米も, 総督府は, 縁が, 縁も, 興隆の, 色々の, 芸妓という, 若い辯護士達, 蝮捕り, 見えなかった, 見られない建物, 適しません, 鍬取る, 長い裂け目, 限らず方言, 雑草が, 非常に, 靴の, 風が, 馴れてるし

▼ 土地~ (103, 1.0%)

5 だから 3 であるが 2 からいっ, だろう, であった, であるから, ながら濃, には特別

1 [83件] おそくなる, かどの, からか雨戸, から來, がある, がこの, がすでに, が亜熱帯的, が奥州安達ヶ原, が悪く, が町, が立派, だ, だが, だけある, だけにこの, だけにその後, だけにそれほど, だけに困る, だった, だつた, だと, だという, だのに, で, であったから, であること, でそれだけ, でなくとも, では名妓, では聞かされ, では良医, でもあった, でもある, でも分る, でも女, で一ころ, で兎角左様, で往古, で無い, で生活費, で訛る, で隱居, とあきらめ, という感じ, といはなけれ, といふこと, として水蒸気, として沼, とでもいう, とはいえ, とむぞうさ, と見えます, ながら今年, などとまつたく, なん, にあわせ, にし, にのみ見出さる, にもこれ, にもよる, にも似合はずしん, に候, に名, に對, に期待, に珍しい, に適合, に関してである, のこと, の故, の研究, の美し, の親, は多吉, は金次郎様, も思はれ, らしく掛けて, を褒められた, を見, 当然な, 気に入るらしい, 突っかけ

▼ 土地でも~ (96, 0.9%)

3 あった 2 有名な, 相当に

1 [89件] あり殊に, あるが, あるという, あるめ, いい, いい客筋, かなりの, かねて田, かりにも, この両手, こりずに, ずいぶん利益, そうであったでしょう, その南部, それを, だめである, どこそこ通と, ない, ないかと, なお別に, なさ, にらみが, ねえの, やはりダージリン, やはり人, シナ袋と, モダマと, モチとは, ユロリ・ユルリと, 一流の, 上人の, 上層においては, 信望も, 全国に, 全部が, 古い店, 同断である, 土と, 地を, 多少の, 大人の, 大仕掛け, 女が, 実を, 家でも, 家に, 容貌好し, 宿でも, 小作男, 巡査は, 広まりやすい, 彼らは, 手に, 指折りの, 新聞記者は, 旧い店, 旧家の, 旧家らしい, 昔は, 普通には, 有力な, 有数な, 本職の, 樹木と, 煙草切手は, 爪を, 田畑でも, 皆おかしな, 相当な, 相当の, 知って, 知られて, 私の, 第一流, 綿が, 自分の, 自分達の, 舊い, 舊館でも, 蚕食しよう, 見つかつ, 評判が, 詳しいこと, 軽しめられない旧家, 近年は, 通用しない, 額には, 骨の, 高かろう

▼ 土地である~ (70, 0.7%)

3 ことが 2 が震災後, ことを

1 [63件] かと訊ね, かも知れない, から, からお握り, からかね, からしたがって, からべつに, から地形, から地質測量, から實, から封建, から弁天, から所謂, から斯様, から植物, から此所, から神葬, から純粋, から見る, から雨, かを想像, がここ, がそれでも, が出水, が山水風物, が島, が彼処, が敷藁, が昔, が維新後, が銀座, が高原地帯, ことに, ことは, し私, ためか, だけに何となく, だけに悪い, だけに記事, というところ, という先入観, という国, といった, といふ話し, とすれ, と云, と共にわが, のか, のが, のだ, ので戴, のに, のにこの, のを, 三浦半島に, 事を, 此無限の, 武蔵国では, 満洲, 美しい浜町河岸, 自分は, 鎌倉や, 附加的労働が

▼ 土地~ (68, 0.6%)

3 ということ 2 そうです, と思ふ, なと野尻氏

1 [59件] から, からうろ覚え, からお前, からじき, からその, からそれ, からそれから, からただ, からちょっと, からであった, からとどこ, からと口説い, からと説明, からどこ, から一級俸上, から人だかり, から何ぞ, から何ん, から内職, から土台, から墓, から夢, から富み, から平気, から暗い, から票, から良い, から誰, から買っ, か知れない, がいつも, がそれでも, が釣り, けれどル・タン社, しひとり, そうだ, っていう口実, つて仕事に, とあっ, という立証, といふ意味, ところで, と思う, と思つて, と感歎, と男の子, と聞い, と聞きました, などいふ, ね, ね荒れ, のに宿直, のは, ものおれらが, ものここを, もの岡村の, もんなあ, プロレタリヤの, 生れ故郷へ

▼ 土地にも~ (56, 0.5%)

2 いられないよう, またいい, 不案内な

1 [50件] あったかも, あり少し, ある, あると, あるもの, いくたりか, いたこと, いろいろの, おらせぬ, かかわらずこの, これに, その店, その真似, そろそろ税金, ない語, なおいず, なお霜月三夜, やっぱり雀孝行, よるけど, 五人も, 人が, 人生そのものにも, 別れねば, 同じよう, 同じ歌, 因るだろうが, 夜の, 家の, 富む国民, 居られずに, 幾分か, 引込めなからうし, 御領主様, 慣れたので, 慣れ四囲, 懲りて, 成長する, 春らしい, 根を, 生ずるもの, 盆には, 相応に, 絶えず存在, 著しく及んだ, 送られたこと, 野菜を, 金銭が, 順応出来る, 馬鹿の, 馴染親しみが

▼ 土地によって~ (55, 0.5%)

3 少しずつ 2 いろいろの

1 [50件] すこしは, すなわち産出額, その式, その慎しみ, ちがいが, ちがい又, またスブラ, ややまちまち, ツブツケとか, ノラギまたは, 一風変った, 事情の, 供給され得る, 土筆即ち, 地質の, 多少の, 夜啼き松または, 定まりどこ, 少しずつは, 差は, 広狭が, 必ずしも親子, 方式は, 気風に, 無縁とも, 状況が, 生活する, 異なる日, 百年以上も, 相違が, 石の, 祭る月, 竈の, 竹さ, 範囲が, 精粗の, 細部には, 萱講とも, 薺に, 行事に, 解説は, 話し方が, 話も, 違う, 違うが, 違うの, 違うもの, 長かったり, 随分種類, 高低が

▼ 土地~ (39, 0.4%)

7 のだ 3 のである, のです, んだ 2 んです

1 [21件] のか, のかね, のかも, のでいい, のでこの, のでその, のでどの, ので丁度, ので割合, ので拝領山, ので清水, ので源平時分, ので狼群, ので若者, のにそれ, のにねえ, のに今, のよ, もので, もんで, んでございます

▼ 土地~ (39, 0.4%)

3 家屋の 2 山林を

1 [34件] お目, そこで久しぶり, たれの, カルパシヤの, 人に, 人民を, 利權を, 名所などを, 宗祠の, 家作で, 家作は, 家屋には, 家屋敷まで, 少しばかり, 山林に, 工場を, 庭や, 建物も, 建物担保の, 建築中の, 建築物が, 気候や, 池によって, 洛中洛外の, 生産建て, 田畑も, 畑を, 百姓と, 親しい人々, 資源が, 道徳的習慣などへの, 金が, 風景には, 館を

▼ 土地土地~ (38, 0.4%)

1 [38件] でお金, では旧家, でも知っ, で与え, で松前追分, で生まれた, で自慢, で銘々勝手, と土地, などの話, における民衆, によって違う, に一生落着, に拠った, に於, に残っ, に聞い, のいろいろ, のこと, の協同, の古い, の名木, の土俗, の土豪, の地質, の地頭, の変化, の彼等, の昔, の無主無名, の猛者, の用語, の自慢話, の色, の釣魚, へ踊り, をめぐって歩いた, を流浪

▼ 土地です~ (32, 0.3%)

3

1 [29件] か, からすぐ, からそこで, からね, からめったに, からモルヒネ, から人間, から僅か, から周囲, から日本海, から氷川町, から物置, から菖蒲杜若, から行かない, から詳細, がこの, がそこ, が先日, が国守, が小, が踏み荒らす, し, なあ, ね, ね今, ね大いに, のそして, もの, 土地に対する

▼ 土地によっては~ (32, 0.3%)

2 今でも

1 [30件] あるいは神, げんげの, その実在, その幾つ, それが, それを, またコギノ, また厚朴, ゴゼと, ソウズの, テムズリとも, ヘンナカ・ヘナカ時には, ホチョカケタ東京府下の, 今は, 今も, 何の, 十分に, 千度参り, 卑しむこ, 啄木鳥は, 寒い冬, 少しずつの, 庚申も, 残って, 父兄が, 神を, 稀には, 立って, 薪の, 連尺を

▼ 土地での~ (28, 0.3%)

2 悲惨な, 気受けも

1 [24件] こういう古い, ことは, まず一等旅館, クリストフの, 一定の, 一番いい, 上酒に, 取りざたで, 庭な, 恋の, 方が, 旅の, 本来の, 欲張り者, 湯かむり, 玉数の, 生活が, 生活を, 生活擁護の, 習いで, 自分の, 評判の, 農業暦である, 追跡に

▼ 土地不案内~ (27, 0.3%)

2 の者

1 [25件] であった, であるから, であると, でしてね, で困るだろうし, で東西, と目せられます, と言う, なこれ, なシムソン, な上, な人間, な博士, な夜道, な寺内氏, な私達, な自分等, に加え, のうえ, のこと, の上, の夜道, の旅行者, の為, を諷ずる口調

▼ 土地に対する~ (26, 0.2%)

2 資本の, 需要の

1 [22件] いかなる租税, すべての, なつかしみは, より以上, 不安とが, 人口の, 人口密度にも, 全交渉, 制限なき, 力を, 十分一税は, 地代は, 執着の, 報償として, 愛着です, 愛著と, 成長力が, 新しい自分たち, 租税農業資本に対する, 緊張した, 観念が, 需要または

▼ 土地において~ (25, 0.2%)

2 そしてその, 生産される, 用いられて

1 [19件] この利潤, それを, またはその, 一八〇クヲタアの, 一定数の, 一致し, 僅かな, 収穫され得た, 受売りし, 垣内の, 多量の, 更に加, 有数な, 消費される, 現在その, 用いられる資本, 発明され, 等量の, 騰貴するであろう

▼ 土地という~ (24, 0.2%)

7 ものは 4 のは 2 ものへの, ような 1 ことに, のだった, のを, ものについて, 以外に, 伝説が, 処へ, 場合には, 最大多数から

▼ 土地とは~ (21, 0.2%)

2 切り離せないもの, 懸絶れた

1 [17件] いえこの, それこそ, どういう関係, 何の, 別の, 古い馴染, 痕跡は, 知って, 知らなかつた, 知りつつも, 考えまいが, 聞いて, 自然に, 見出されずまるで, 違うん, 違つて寺院を, 離すべからざる関係

▼ 土地ごと~ (18, 0.2%)

4 に少し

1 [14件] にことなっ, にちがっ, にという, にといっ, に制定, に名, に大, に守り神, に甚だ, の変化, の年, の歴史, の沿革, の言い伝え

▼ 土地及び~ (18, 0.2%)

14 労働の 1 人の, 労働に対する, 家屋の, 気候では

▼ 土地家屋~ (18, 0.2%)

1 [18件] から金銀宝物, が容易, と菩提寺, などはどんな, にて吉凶, のブローカー仲間, の周旋業, の売却, の安泰, は講, をああ, を売り払う, を売買, を所有, を提供, を有し, を百円, を買つて遷

▼ 土地であり~ (17, 0.2%)

1 [17件] さえすれ, しかもその, そして今, そのいずれ, その上, その土地, それを, ながらそれ, ながら大きな, なにが, もっと前, 其處に, 彼らが, 往来に, 朝廷でも, 自分たちは, 船長はじめ検分の

▼ 土地人民~ (17, 0.2%)

4 を私有

1 [13件] がなくなる, が付属, である, に関すること, の所有者, の私有禁止, をもつ, を土州, を御, を悉く, を押領, を持つ, を領有

▼ 土地会社~ (17, 0.2%)

3 の男

1 [14件] で知合, といふの, には有力, の分譲地, の周旋, の営利, の宣伝, の宣伝係, の方, の時分外交員, へ勤め, へ立寄つた, を兼ねた, を訪れる

▼ 土地測量技師~ (17, 0.2%)

2 です

1 [15件] がやってきた, だという, としての身分, として使われ, として小さな, として採用, に任命, の到着, の地位, や昨年登山, をね, をみとめた, を知っ, を見つけ出す, を酒場

▼ 土地解放~ (16, 0.2%)

2 の精神, の結果

1 [12件] が如何なる, ではない, で崩壊, なるもの, に依つ, の事実, の如き, の社会的影響, は時代, は決して, は甚だ, は私

▼ 土地として~ (15, 0.1%)

1 [15件] しまつて豪族が, どちらかと, アルザスを, ボツボツと, 同国の, 愛したが, 愛し護っ, 残された, 牧場の, 神の, 紹介し, 記憶される, 貰えるはず, 通つ, 選び給うの

▼ 土地との~ (15, 0.1%)

2 関係が

1 [13件] ことを, 一致は, 別れ目に, 因縁は, 因縁も, 息吹きを, 縁は, 親しみも, 関係を, 関係家族の, 關係が, 關係よりも, 集中生産過

▼ 土地じゃ~ (14, 0.1%)

1 [14件] ありませんか, ありませんよ, こう申し, これでない, ないの, まああすこ一軒, アお早う, アねえや, ア珍しく, 古い内, 古顔だ, 川の, 有名な, 笑い話だ

▼ 土地まで~ (14, 0.1%)

2 買って, 馬車を 1 こようなどとは, 借りたが, 借りて, 出かけて, 引き連れて, 捜した事, 搬ばれ, 牛や, 質に, 通つたのでした

▼ 土地よりも~ (14, 0.1%)

1 [14件] この方面, ずっと開け, まずその, むしろ根強く, 低きを, 何か, 宿屋一軒の, 広いから, 濃厚に, 直接ひびいたら, 遥かにより, 隣村に, 高い地代, 高かった

▼ 土地所有者~ (14, 0.1%)

1 [14件] がこの, が経営, が耕作, である旧, と同様, には大いに, によって代表, に対し生み出される, に移転, の子供達, の生涯, を誘っ, 及び各種, 及び社会

▼ 土地資源~ (14, 0.1%)

7 を有 1 がある, で養う, と商工業, の所有, の貧弱, を有する, を隆盛

▼ 土地がら~ (13, 0.1%)

1 [13件] ご成人, だけにここ, だけに何, だけに大勢近所, でしょう法被, でせう, で鮨屋, というか総じて, に似ず騒がない, に似合わない, や風俗, を一巡, 多い天下

▼ 土地における~ (13, 0.1%)

2 農業者は

1 [11件] その時期, 不断の, 地頭とか, 彼の, 民衆の, 水包囲下の, 生活は, 生産物及び, 生産率の, 豪族であっ, 資本の

▼ 土地により~ (13, 0.1%)

1 [13件] また人, また時代, また神, 人により, 以上の, 啻に大きな, 多くの, 悉く家庭, 環境によって, 甘酒地蔵もしくは, 産出される, 相場などと, 遅速有こと常の

▼ 土地への~ (13, 0.1%)

3 資本の 2 または土地 1 強烈な, 愛着を, 探険が, 根強い愛着, 航路を, 資本投下に関する, 資本蓄積が, 避暑が

▼ 土地所有~ (13, 0.1%)

2 の分割

1 [11件] が小さく, が非常, との支配, とへの全, の廃止, の意味, の関係, は少数者, をいっそう, を基礎, を認め

▼ 土地そのもの~ (12, 0.1%)

1 [12件] が住む, が本来, が私, だけには懐かしまず, としては未だ, に住む, に対して賦課, に触れた, に還る, の價格, の象徴, は盆地

▼ 土地~ (12, 0.1%)

1 [12件] 借耕スル小作人, 借耕スル平等, 分割シテ土地ヲ, 分有セシムル大本ハ別ニ存セリ, 國家ニ納付シテ賠償ノ, 奪ヒ財産, 奪取セラレツツアルヲ見, 徴集スルコトハ最高ノ, 所有セルニ似, 有セザル農業者ニ給付シ, 有セズ, 獨占シ又

▼ 土地~ (12, 0.1%)

2 が暖簾, だけに種々, の秋野 1 だけの顏, であるよう, にはこの, の三輪, の八五郎, の萬七

▼ 土地資本~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, が主, として例えば, と人的資本, と土地用役, にその, の収用, は公園, は消費, もある, を置くべきで, 及び労働

▼ 土地だけに~ (11, 0.1%)

1 [11件] この風習, 二三年後に, 余り世間に, 天産物は, 手仕事を, 格別革命軍の, 町全体の, 私の, 育ちも, 限られて, 馬の

▼ 土地であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] かは今, からむかし, が今, が傘, が野菜, が黒姫山, ことが, せいも, そこの, に相違, ヴェルダンへと

▼ 土地に対して~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかなるつながり, です, もはや自分達, ベートーヴェンは, 信頼と, 同一額の, 支払われないであろうが, 早く老人, 私が, 私は, 賦課されず

▼ 土地ッ子~ (11, 0.1%)

1 [11件] かなんてよく, だことに, であっても, ではなし, では無え, なので, の怪我, の恥, の歌人鈴木貫介君, の証明, を涙

▼ 土地からの~ (10, 0.1%)

3 資本の 1 ある粗生原料品, 利益が, 剰余生産物と, 収穫が, 収穫も, 報告を, 粗生生産物

▼ 土地へは~ (10, 0.1%)

2 ひつて 1 いつ来たね, これまで, 下車できなかつた, 二度と行きたくない, 二等品で, 今まで, 何も, 帰って

▼ 土地とを~ (9, 0.1%)

1 もつ日本, もらって, 与えられたこと, 所有し, 手離す, 抵当に, 結びつける神祕的關係, 見いだす, 見に

▼ 土地なら~ (9, 0.1%)

1 そのすべて, ばこの, ばそれ, ばよほど, ば早速, 決して起らぬ, 津軽だけは, 鍛冶小屋の, 高くなった

▼ 土地について~ (9, 0.1%)

2 考えて 1 いないから, さうだと, 既に述べた, 求めること, 考えるよう, 耕作しなけれ, 自分の

▼ 土地自慢~ (9, 0.1%)

2 の一つ, は無理 1 に虫, の過ぎた, はその, も優しく, をしない

▼ 土地~ (8, 0.1%)

1 または異, 人の, 労働かの, 或は昔日本以外, 温泉に, 知らないが, 知らねえが, 神か

▼ 土地さえ~ (8, 0.1%)

1 あり, ありゃしねえ, ある, あるか, あるかないか, あれば, なくて, よく分っ

▼ 土地だけ~ (8, 0.1%)

2 では 1 あって, だ, であって, でなくもっと, でなく相当, はかれを

▼ 土地によ~ (8, 0.1%)

3 つては 1 つてその, つて幾流の, つて様々の, つて横に, つて變化した

▼ 土地より~ (8, 0.1%)

1 伸びあがり立ちあがり, 何十倍も, 取るに, 外に, 生るる, 産する, 騰る燃, 高く河

▼ 土地問題~ (8, 0.1%)

1 だけでもうまく, と現在, にある, において勇敢, の解決, の近代, は今日, も松田

▼ 土地特有~ (8, 0.1%)

1 な料理, の名物, の女達, の害虫, の枇杷, の民謡, の生ぬるい, の霧

▼ 土地においては~ (7, 0.1%)

1 おかれない, きっと朝飯, 何らの, 地主によって, 地主に対し, 必然的に, 生産費は

▼ 土地へも~ (7, 0.1%)

1 サルタノフが, 千両役者は, 参ったよう, 着きそう, 神の, 移動演芸隊といふ, 通知され

▼ 土地保有者~ (7, 0.1%)

1 が立法府, の利潤, の目的, の私的利害, の階級, も含め, を圧迫

▼ 土地制度~ (7, 0.1%)

2 の欠陥 1 として頻々, と貧農, の沿革, を考えよう, 一々数え挙げる

▼ 土地売買~ (7, 0.1%)

1 して, なんかがこの, にでも関する, のブロオカア, の取引, の思惑, の証文

▼ 土地收用規則~ (7, 0.1%)

3 を用 1 でフンダクル, にない, の用, も用

▼ 土地~ (7, 0.1%)

5 一の 1 一という, 一流の

▼ 土地財産~ (7, 0.1%)

1 が容易, とを所有, に対し冷淡, の移転, をこっそり, を何人, を持っ

▼ 土地であっ~ (6, 0.1%)

1 てみれ, て五, て北海道, て家屋, て見れ, て道

▼ 土地でなけれ~ (6, 0.1%)

1 ばならない, ば営業, ば生活, ば産, ば美しい, ば見られない

▼ 土地なれ~ (6, 0.1%)

1 ねば彼, ば, ば小春, ば本国, ば浅間, ば越年八月間

▼ 土地以外~ (6, 0.1%)

1 ではまだあまり, には人, に人間, に移っ, の人, の資源

▼ 土地全体~ (6, 0.1%)

2 を共有 1 が大幅, の概念, の気風, を姫山

▼ 土地名物~ (6, 0.1%)

1 の, の櫻海老, の源氏, の羊羹, の青, の餅

▼ 土地相応~ (6, 0.1%)

2 に繁昌 1 に繁盛, に賑わっ, の良種, の贅沢

▼ 土地資本人的資本動産資本~ (6, 0.1%)

2 によって再 1 と土地用役, の価格決定, はそれぞれ地用, は新しい

▼ 土地馴れない~ (6, 0.1%)

1 のに臆病, 山の手なんかへ, 我々には, 眼には, 者は, 運転手は

▼ 土地だった~ (5, 0.0%)

1 がメムフィス, が海, けれど電車, ものです, んだ

▼ 土地だって~ (5, 0.0%)

1 あたりめえ, そのくらいに, ないでしょうしね, 私達が, 資本金が

▼ 土地とも~ (5, 0.0%)

1 いえるでしょう, 分らないの, 変化した, 思われないし, 覚えぬ宏壮華麗

▼ 土地などは~ (5, 0.0%)

1 いつでも, この範疇, 彼の, 狭い山中, 買い人

▼ 土地については~ (5, 0.0%)

1 かねがね伝統的, よく承知, 一から, 何も, 家の

▼ 土地にて~ (5, 0.0%)

1 いなだは, 何やら一向それ, 名の, 言ふい, 鮮満にて

▼ 土地らしい~ (5, 0.0%)

1 がここら, においが, のです, 床屋の, 生産的活躍を

▼ 土地をも~ (5, 0.0%)

1 あわせすべて官有地, 併せて, 元始の, 民をも, 鋭く

▼ 土地一流~ (5, 0.0%)

2 の温泉宿 1 の地位, の店, の旅籠屋

▼ 土地一番~ (5, 0.0%)

1 のブラツクストンホテル, の料理屋, の清水, の美形, の豪農

▼ 土地利用~ (5, 0.0%)

1 だとは, ということ, の上, の型, の根本問題

▼ 土地株式会社~ (5, 0.0%)

1 の作った, の社長, の社長室, の老獪, を訪れ

▼ 土地案内~ (5, 0.0%)

1 のお, の与力同心, の者, を知った, を聞く

▼ 土地~ (5, 0.0%)

1 があっ, というの, なカルサン, な彼, は珍しい

▼ 土地からは~ (4, 0.0%)

1 わたしたちが, 何百里と, 出ない人物, 感じられない

▼ 土地その~ (4, 0.0%)

1 丘の, 年の, 物に対する, 物の

▼ 土地とが~ (4, 0.0%)

1 あったら出来得る限りさまざま, あるだけ, 十分のこる, 噛みあい奔激

▼ 土地としては~ (4, 0.0%)

1 優雅な, 君の, 立派な, 非常の

▼ 土地にばかり~ (4, 0.0%)

1 あるもの, いちゃ, よるもの, 友だちを

▼ 土地もち~ (4, 0.0%)

1 が会社, でおいで, というよう, の連中

▼ 土地~ (4, 0.0%)

1 の生活, の精確, の間, を恐怖散乱

▼ 土地借入~ (4, 0.0%)

1 について保證人, には当, に没頭, の保證

▼ 土地収用法~ (4, 0.0%)

1 がもの, というの, の適用, を適用

▼ 土地台帳~ (4, 0.0%)

1 で別筆, による, の作り替え, の区画

▼ 土地慣れない~ (4, 0.0%)

1 のか, 彼女が, 私には, 私は

▼ 土地生れ~ (4, 0.0%)

21 の女中, の牛丸少年

▼ 土地生産物~ (4, 0.0%)

1 の価値, の価格騰貴, の分配, の増加

▼ 土地~ (4, 0.0%)

1 が蝋燭, に与え, の信仰, を征服

▼ 土地~ (4, 0.0%)

2 買の 1 買人の, 買實價下落に

▼ 土地がかり~ (3, 0.0%)

3 の官人

▼ 土地すなわち~ (3, 0.0%)

1 そこの, 何らの, 実りと

▼ 土地それ~ (3, 0.0%)

1 が私, も宿場跡, を運転

▼ 土地って~ (3, 0.0%)

1 のは, ものは, ものを

▼ 土地でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, ような, 上に

▼ 土地などでは~ (3, 0.0%)

1 とうてい見る, 少しは, 見られない現象

▼ 土地に対し~ (3, 0.0%)

1 何らの, 年々一〇〇磅の, 鉱毒加害処分を

▼ 土地に対しては~ (3, 0.0%)

1 卜居の, 地代は, 科学的の

▼ 土地に対しても~ (3, 0.0%)

1 また新しい, 劣等の, 適用され得る

▼ 土地のみ~ (3, 0.0%)

1 では, ならず四百餘, ならず更に

▼ 土地ばかり~ (3, 0.0%)

1 でなくひとたび, でねえこの, 薄寒いよう

▼ 土地ばかりの~ (3, 0.0%)

1 偶然の, 方言と, 状況を以て

▼ 土地または~ (3, 0.0%)

1 人で, 人種, 土地の

▼ 土地もの~ (3, 0.0%)

1 の生活, の駅員, らしい確信

▼ 土地~ (3, 0.0%)

1 情熱と, 汝の, 燃えたってる土地

▼ 土地兼併~ (3, 0.0%)

1 が行ハレテ, は罪惡也, ヲ移シテ國家其者

▼ 土地分配~ (3, 0.0%)

1 の割り前, の家長制的方法, ヲ主張シテ

▼ 土地地代~ (3, 0.0%)

1 の両者, の減少, はおそらく

▼ 土地~ (3, 0.0%)

1 だが, に対して徳, の立役者

▼ 土地払下案~ (3, 0.0%)

1 について重大, をここ三日, をはじめ一切

▼ 土地持ち~ (3, 0.0%)

1 で株, になりたい, の一人息子

▼ 土地整理組合~ (3, 0.0%)

1 というの, に入っ, のよう

▼ 土地生粋~ (3, 0.0%)

1 の人, の感情, の諺

▼ 土地經濟~ (3, 0.0%)

2 第三 1 が起き

▼ 土地繁昌~ (3, 0.0%)

1 のおかげ, の基, を促す

▼ 土地耕作~ (3, 0.0%)

1 から資本, の後, の普及

▼ 土地荒廢~ (3, 0.0%)

3 に因

▼ 土地資源国~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれ得る, は時々, は現在

▼ 土地開放~ (3, 0.0%)

1 である, とやらの真似事, の流行

▼ 土地関係~ (3, 0.0%)

1 におかれ, の必然性, を根本

▼ 土地限り~ (3, 0.0%)

1 でこの, で有ります, 思い付いたもの

▼ 土地からも~ (2, 0.0%)

1 いつでも, 国からも

▼ 土地くらい~ (2, 0.0%)

1 では, 煙たい階級

▼ 土地すて~ (2, 0.0%)

2

▼ 土地だけが~ (2, 0.0%)

1 カイトである, 残る

▼ 土地だけの~ (2, 0.0%)

1 改作であろう, 言葉や

▼ 土地だけは~ (2, 0.0%)

1 残り得る計算, 永久に

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 児だ, 児の

▼ 土地であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばずいぶん, ばたとえ

▼ 土地であろう~ (2, 0.0%)

1 と天然物, と異

▼ 土地でございます~ (2, 0.0%)

1 それだけに土地, ほんの出来あい

▼ 土地でござる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, よ

▼ 土地でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, がそれ

▼ 土地といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 意味に

▼ 土地とて~ (2, 0.0%)

1 そうあろう, 蚊

▼ 土地とともに~ (2, 0.0%)

1 暮らしたの, 見たの

▼ 土地と共に~ (2, 0.0%)

1 一般公衆に, 心さへ

▼ 土地などを~ (2, 0.0%)

1 眼中に, 賣買

▼ 土地なり~ (2, 0.0%)

1 これを, 開いて

▼ 土地なれない~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 伸子と

▼ 土地にしか~ (2, 0.0%)

1 作れない, 残って

▼ 土地についての~ (2, 0.0%)

1 ことから, 意見を

▼ 土地にとっては~ (2, 0.0%)

1 危険という, 歴史だろう

▼ 土地にな~ (2, 0.0%)

1 つた, つて來る

▼ 土地にまで~ (2, 0.0%)

1 伝わりまた, 来て

▼ 土地にゃ~ (2, 0.0%)

1 お客の, ア話の

▼ 土地によっての~ (2, 0.0%)

1 わずかずつの, 幾つもの

▼ 土地によっても~ (2, 0.0%)

1 支払われるであろう, 産出額の

▼ 土地に関する~ (2, 0.0%)

1 新説の, 相当な

▼ 土地のみが~ (2, 0.0%)

1 続き住民たち, 耕作され

▼ 土地のみの~ (2, 0.0%)

1 つまらぬ話, 言伝えでは

▼ 土地~ (2, 0.0%)

2 売って

▼ 土地ほど~ (2, 0.0%)

1 五月の, 健康に

▼ 土地までが~ (2, 0.0%)

1 和やかな, 自分の

▼ 土地までを~ (2, 0.0%)

1 征服する, 麾下の

▼ 土地ツ子~ (2, 0.0%)

1 の代表, の天氣豫報

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 莫大ナルヲ考フベシ, 閑静ナノヲ

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 之ヲ國, 之ヲ國家ニ納付セシム

▼ 土地人狭義~ (2, 0.0%)

2 の資本

▼ 土地例えば~ (2, 0.0%)

1 伊豆とか, 英領植民地などへは

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 面積の, 體を

▼ 土地出来~ (2, 0.0%)

1 のもの, の品

▼ 土地~ (2, 0.0%)

2 がいい

▼ 土地即ち~ (2, 0.0%)

1 いくらかの, 関口滝あたりから

▼ 土地去る~ (2, 0.0%)

2

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 に因ん, をかぶせる

▼ 土地固有~ (2, 0.0%)

1 の大根, の産

▼ 土地国有~ (2, 0.0%)

1 が断行, を無視

▼ 土地在住~ (2, 0.0%)

1 のキリスト教徒, のドイツ密偵支部代表者

▼ 土地地主~ (2, 0.0%)

1 かまたは, の負担

▼ 土地家屋等一切~ (2, 0.0%)

2 は両親

▼ 土地市有~ (2, 0.0%)

1 あるいは土地公有, を高唱

▼ 土地平分~ (2, 0.0%)

1 が基礎, を行

▼ 土地広大~ (2, 0.0%)

1 で戦争, のため戦争

▼ 土地慣れ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 土地慣れぬ~ (2, 0.0%)

2 吉野の

▼ 土地或は~ (2, 0.0%)

1 勤王の, 幼年時代を

▼ 土地改良~ (2, 0.0%)

1 に対する大きな, のため

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 の理由, の自然

▼ 土地生え抜き~ (2, 0.0%)

1 のこの, のもの

▼ 土地田畑~ (2, 0.0%)

1 の価, まで洗いざらい

▼ 土地知らない~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 土地私有~ (2, 0.0%)

1 の制度, の厳禁

▼ 土地言葉~ (2, 0.0%)

1 で云った, には日常的

▼ 土地~ (2, 0.0%)

1 で, の若い衆

▼ 土地資本人的資本~ (2, 0.0%)

2 及び動産資本

▼ 土地鎮め~ (2, 0.0%)

1 の語, 村君

▼ 土地開発~ (2, 0.0%)

1 に力, に向う

▼ 土地随一~ (2, 0.0%)

1 の威権赫々, の豪家

▼ 土地風俗~ (2, 0.0%)

1 の相違, も分らぬ

▼ 土地馴れ~ (2, 0.0%)

1 ている, てもいる

▼ 土地馴れぬ~ (2, 0.0%)

1 ことは, 足許は

▼ 土地高燥~ (2, 0.0%)

1 で半島, なれば

▼1* [443件]

土地この秋かぎり, 土地あってのもの, 土地ありて野生, 土地あるいは土地の, 土地いっぱいに春, 土地いつの時, 土地いろいろの民族, 土地うちの人はこの, 土地うまれで十四五年久振りで, 土地かういふ時勢かう, 土地かぎり結で, 土地からのみであるため, 土地がかり官人の家, 土地がとさっきから, 土地がよこの俺, 土地がらゆゑ山男が巷, 土地がら今時はお, 土地がら俤を夢, 土地がら大道具という職業がら, 土地がら文盲をつくる, 土地がら花柳界の得意筋, 土地きっての大家, 土地くらゐに, 土地ぐらゐの土質ならいくら, 土地ぐるみそっくりベニイ, 土地ぐるみ温泉を買った, 土地ぐるみ温泉ぐるみただの一万, 土地ここをぬける, 土地こそ子より, 土地このまま土地の, 土地持って, 土地さまざまの変化, 土地さらさらした糸杉, 土地やまずい, 土地じゃあ目下に, 土地すでに尽くれば, 土地すべての附合, 土地そうした諸方種々な, 土地そこに分布, 土地それらには一家, 土地たとえ今は, 土地だけでもこの機会, 土地だけという決意が, 土地だっちもの買っ, 土地だつて未だ, 土地だろうと自分, 土地や, 土地子の, 土地つきよ, 土地つき家屋を借受け, 土地つていふの, 土地でありまして黄金, 土地でありましょうがそれら, 土地でありますが町屋, 土地であるべきところまで, 土地であれ呼吸の, 土地でかあいそう, 土地でこそ左程, 土地でございまして御, 土地でございましょうが, 土地でござった巨木うっ, 土地でさえも肥料の, 土地でしてなと迎い, 土地でしたが, 土地でだけバルザックが, 土地でなんかあるもん, 土地でほどもつれ合って, 土地でよりも欧羅巴の, 土地といへるか, 土地というも結局は, 土地といったような, 土地とか泥炭地帶とか, 土地とかで生活し, 土地とから得られるそれ, 土地ところには聞, 土地としても十年この, 土地とてはないくらいに, 土地とても人家の, 土地とに大都会出来, 土地とにたいする愛を, 土地とには何の, 土地なきところに, 土地などがこれに, 土地などの話だった, 土地などへいつから, 土地なども奪る, 土地なまりとが四方, 土地ならもらわなくたって自分, 土地なりしがここ, 土地なりしかどこの町, 土地なりという風説のみにて, 土地なるが明治十七年十月, 土地なれぬ人には, 土地なんか重箱の, 土地におけるよりも遥かにより, 土地にかへす所の, 土地にたいする怪しい郷愁, 土地にだけイノチの, 土地にては素焼の, 土地にとつては, 土地にのみ住んで, 土地にもなぢむところですからここで, 土地によるのぢや, 土地にわかにくぼみて, 土地に対してのみならず, 土地に対すると同様に, 土地に関して少しでも, 土地のみにおけるまたはむしろ何ら, 土地のみに関する受贈者は, 土地のみを見て, 土地ばかりが悪いの, 土地ばかりに分布し, 土地ばかりは開墾場の, 土地ばかりへも二度の, 土地びいきの多い, 土地へでも行きたいと, 土地へと旅立つて, 土地へまで遺族を, 土地ぽつりと立ってる, 土地までの道を, 土地までは一百里約, 土地みたいにへん, 土地ゃああっしの肌, 土地やつたら往き, 土地やつぱりなつかしいうれしい気持をそ, 土地ゆえこの外, 土地ゆえおれどもへまず, 土地ゆえ街路には至る, 土地ゆゑまだ樹, 土地よりか生きながら, 土地らしくだだっぴろい街道, 土地をさえ見つけ出せば, 土地をばその抵当, 土地をめぐって歩いた, 土地ア後志なんどよりもそりゃ, 土地ガラであるかと, 土地ゴロに相違, 土地シェイクスピアの骨, 土地ソヴェト・ロシアがひろがっ, 土地ッ児で人気, 土地ト人民トヲ救済スベク其ノ請願運動, 土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, 土地埋メラレルノハイヤダ, 土地ニ適セザルカ彼等ノ携, 土地ハ凡テ之ヲ市有トス, 土地ハ土地私有限度ニヨリテ一度國家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 土地ハ小倉江渡し以後長州ニ, 土地ハ神ノ人類ニ與ヘタル人權ナリト云フガ如キ愚論, 土地ビイキのせい, 土地ボロニャに手, 土地一つの家, 土地一カ所を与えよ, 土地一個の政治, 土地一帯にそこ, 土地一杯にひろ, 土地一汎の悪名, 土地一統が桜, 土地一面にわたって精しい, 土地に用いられる, 土地似合の, 土地不案内トウベツはよき, 土地不相応に大きい, 土地ピレネー県では, 土地両親境遇そして性質等, 土地が所領地図, 土地争いを始めた, 土地争い水喧嘩追剥ぎ, 土地事柄に関聯, 土地事業を中止, 土地二百九十坪家屋つきで三万五千円, 土地五十万頃が陥落, 土地五十坪のこったそう, 土地其限度内ニ於テ確實ナル所有權ヲ, 土地人物の名, 土地人畜の食料, 土地人的能力及び狭義, 土地人的能力狭義の資本, 土地人相互の間, 土地人資本等の生産要素, 土地と, 土地代僅か八百円位で未墾地, 土地会社つていふもん, 土地会社式乃至は, 土地伝統の祭り, 土地伽籃すべてを賣り, 土地平支流溝渠網の, 土地低きが故に, 土地とは見えぬ, 土地な大軍, 土地借入草庵建立について, 土地借入草庵建立すべてを引受け, 土地借入證書に捺印, 土地偏着の割拠主義, 土地じゃない, 土地全体人民を愚, 土地全部を無償, 土地公有をこの, 土地六百坪及び家, 土地六百坪一括しては, 土地共に同じ事, 土地共有を社會, 土地共有制を發見, 土地其ものから離れた, 土地兼併者ノ自由, 土地は雪, 土地出身者ではあり, 土地分割は止め, 土地分譲は根, 土地利権屋やコルセット, 土地はそれ, 土地制度商業上の習慣, 土地制度耕農手段を基礎, 土地によって賜わった, 土地労働もこれ, 土地労働資本と呼ぶ, 土地占めの神争, 土地占有権の侵害, 土地占有者に, 土地又は田地を, 土地及私有地限度超過者ヨリ納付シタル土地ヲ分割シテ土地, 土地収入人的収入動産収入の同時的決定, 土地取上げでやっ, 土地台帳云々という理由, 土地台帳局の調査, 土地台帳整理の見習ひと, 土地名誉あるドイツ音楽, 土地名題のウマイ物店, 土地周旋のちょっとした, 土地呼びでは彼, 土地として書いた, 土地唯一の大きな, 土地問題ニ於テ英語ノ直, 土地問題ハ單ニ國内ノ地主對小作人ノミ, 土地問題住宅問題失業問題道徳の頽廃, 土地善良なる人, 土地喜憂を繋, 土地四五千万の人民, 土地四十余町歩を分与, 土地四時煙りを, 土地囲込法案を通過, 土地国々の風俗習慣, 土地國土の義, 土地土地国々の風俗習慣, 土地土地土地と土地, 土地地代集積せる消費税, 土地均分法とは第, 土地城池を守つて, 土地境界婚姻損害賠償等の規定, 土地境遇を變, 土地増価税所得税自動車税煙草税等の新設, 土地売って行っ, 土地売却の話, 土地売却問題なの, 土地太陽の交響曲, 土地始まって以来我々, 土地委員会とチーフ・ジャスティス, 土地官員の好い, 土地宝塚である, 土地室小屋を取り, 土地となつ, 土地家作もい, 土地家作貸金なども多, 土地家屋売買事務所ができ, 土地家屋売買周旋業と云った, 土地家屋競売の通知書, 土地家屋等大半を買収, 土地家屋鉱山及び漁場, 土地小作の関係, 土地立憲帝国の, 土地と云, 土地屋敷をあらかた, 土地山川の高低図, 土地山險多深林, 土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 土地常例の驟雨, 土地曠, 土地年代土地の風俗, 土地広く人民少なく, 土地を離れし, 土地建ち初まり, 土地建て初まり, 土地征服者としてまず, 土地徴集ヲ決行スルニ, 土地徴集ニ於テモ各所ニ其等ヲ有, 土地忘れててんやろ, 土地に合わない, 土地所有主から土地, 土地所有制度は今や, 土地所有権をも回復, 土地所有權ヲ享受セシムルガ, 土地払い下げのため開拓使庁, 土地払下の件, 土地投資をあえて, 土地抵当権を有, 土地ひ下げ運動, 土地になれる, 土地持ってっ, 土地改革を断行, 土地応頼の, 土地故郷の旧, 土地教理名称等の相違, 土地整理問題耕作地の半分, 土地新緑の木立, 土地旧来の慣習, 土地や何, 土地に伝馬町, 土地最上等の旅館, 土地未知の町, 土地本来の神様, 土地村落共同体であろうとを, 土地柄ゆえ普通の村人, 土地柄何を出した, 土地柄売薬を業, 土地柄客種が柄, 土地柄政治的原因で, 土地柄日蓮や曾我兄弟, 土地柄格別のおもてなし, 土地柄気性柄蝶子には出来なかった, 土地柄浅草的を何パーセント, 土地柄賑やかな夜店, 土地柄風紀がみだれ, 土地根生ひの, 土地案内者たる御, 土地案内道中記を作り, 土地次第でこう, 土地欲子孫繁栄欲身一代の名聞欲, 土地武力を蓄え, 土地民有制ヲ取, 土地民有制ニ築ク者, 土地気候の関係, 土地気候等が不適, 土地氣候天候空氣風俗習慣言語此等のもの, 土地河水が氷結, 土地を制定, 土地の土地能, 土地海面より低く, 土地淀んだ運河の, 土地清灑田野開闢溝渠相達して, 土地測量のお, 土地測量器を手, 土地測量師である, 土地測量技師さんですね, 土地無尽会社その他からの借財, 土地もまア, 土地營養宗教習慣智識等に繩縛釘, 土地状態温泉成分海潮刺激等が有, 土地独特の漁業, 土地く資源, 土地王師升等に作れる, 土地珍しき話一つは, 土地生えぬきのもの, 土地の郡内, 土地用役人的用役動産用役更に換言, 土地発祥の地, 土地百三十五万町歩有価証券現金三億三千六百万円以上そして一致, 土地のもの, 土地監理案を考え, 土地相川の人, 土地相應に硬い, 土地神主の謂, 土地が生れた, 土地私有限度ニヨリテ一度國家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, 土地秩父香具師の里, 土地称呼であるという, 土地等ニ加ヘテ利益ヲ計, 土地等其者ハ全ク自然, 土地管理が困難, 土地管理人の息子, 土地管理委員としてアピア, 土地管理法の不良, 土地の土地謡, 土地粗生生産物の交換価値, 土地経営に関する農業者, 土地経営者の自然, 土地經濟其次は貨幣經濟, 土地經濟貨幣經濟となつ, 土地繁榮のため, 土地の練達, 土地者同士が顔, 土地耕作地として適当, 土地の土地節, 土地膏腴水多陸, 土地臨機応変の仕方, 土地自体が彼ら, 土地自身の耕作, 土地草分の旧家, 土地草分けのシッソン翁, 土地の物語, 土地衆多なる人民, 土地補償金に非ずし, 土地のチロル帽, 土地要求の叫び, 土地見当りし故今冬, 土地訛りを聞かせなかった, 土地設計を産む, 土地調整法案で地主, 土地調査があり, 土地調査竝に其副産物, 土地の方, 土地豐饒のラーリッサ領, 土地貢税なども武家支配下, 土地貴族としてのユンカートゥム, 土地貴族制ユンカートゥムはもはや, 土地買上に対する小作権, 土地買収が始まった, 土地買収問題が出るだろう, 土地付けの, 土地資本財産ノ調査徴集ニ當ラシム, 土地轉買者等を退, 土地農作を祝福, 土地返還を迫った, 土地通調査部長という人物, 土地選定を慫慂, 土地部分の質, 土地野菜をつくる, 土地鎮静の義, 土地開きをした, 土地開けて以来, 土地開けず文武周公の, 土地開拓に努力, 土地開發會社の社員, 土地関係その他封建的資本主義の国, 土地附家屋で東京, 土地陥没の記録, 土地陰湿にし, 土地隆起の爲, 土地隔絶天恵少く随つて石器時代, 土地靜閑にし, 土地が三尺たたら, 土地面積が広大, 土地革命についての理解, 土地領有が許され, 土地風景に富み, 土地風稼方相覚仮成, 土地飢餓と食糧, 土地餓鬼のあばき合いで, 土地馴れたら帰ることに, 土地馴れねえ者が, 土地馴染のある, 土地高燥これ永生の蝶, 土地高燥江戸川と座生沼, 土地の伸びてる, 土地鼓動してる山嶽