青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「右~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

可憐~ ~可能 可能~ ~可能性 ~台 台~ ~台所 台所~ 史~ ~右
右~
~右手 右手~ 号~ 司令~ 吃驚~ 各々~ 各地~ 各自~ ~合 合~

「右~」 24284, 241ppm, 404位

▼ 右~ (6798, 28.0%)

300 手を 275 ような 205 手に 138 手で 135 方へ 87 手の 73 方に, 方の 59 ように 49 手が, 手は 45 手には, 腕を 44 頬を 41 足を 39 肩を 32 二つの, 肩から 31 方は 28 方から 27 眼の 25 方を, 耳の 23 ほうへ, 肩に 20 方には, 眼を, 腕に, 頬に 19 眼が 17 次第を, 腕が, 足が 16 端の, 足に 15 様な, 眼は 14 やうな, 方が, 眼に, 肱を, 話を, 足の 13 手にて 12 如くに, 手と, 掌を, 目の, 肩が 11 ことは, ポケットに, 次第で, 目を, 端に, 肘を 10 手では, 手首に, 手首を, 眼へ, 袖を 9 ことが, ことを, ほうに, 手から, 指を, 腕は, 袂を, 足は, 道を 8 目が, 耳に, 肩の, 肩へ, 肩先から, 諸作, 通りに, 隅に

7 [18件] ほうの, ほうを, ポケットから, 奥の, 如きもの, 御手, 手へ, 拳を, 歌を, 端から, 脚を, 表を, 谷へ, 趣を, 通りだ, 通りの, 金子を, 顳

6 [24件] 事実を, 事情を, 如くである, 掌で, 掌に, 方で, 方へと, 方より, 次第にて, 由を, 男は, 眉の, 端を, 耳が, 脇腹を, 脚は, 袂の, 足首に, 通りで, 通りである, 金を, 頬が, 頬の, 頬へ

5 [33件] こめかみに, ごときもの, とおりである, 事を, 事実は, 人差指を, 如き意味, 小指を, 小脇に, 手く, 手のひらを, 手の甲に, 手紙を, 拇指の, 掌の, 様に, 片手を, 目に, 目は, 眼で, 眼と, 窓の, 第二, 耳を, 胸に, 脇腹の, 腕の, 膝に, 膝を, 臂を, 足首を, 金子は, 頸筋を

4 [44件] とおりであった, ズボンの, ポケットを, 事情が, 二の腕を, 人差指と, 句の, 問題の, 外れの, 如くし, 小指に, 平手を, 引き出しに, 御方が, 拳で, 指に, 文に, 方, 書付を, 最後の, 次第である, 歌の, 段を, 片足を, 窓から, 第一, 肩には, 肩口を, 脚に, 腕で, 腕には, 腕へ, 腕も, 表に, 観音を, 言葉を, 話が, 話の, 話は, 貴婦人は, 足で, 通り, 靴の, 頤の

3 [87件] ごとく, さむらい, ところに, ほうが, ほうには, ほかに, ほかにも, ものは, やうに, ポケットの, 一伍一什を, 一文は, 一条を, 一行が, 三人は, 三篇の, 上から, 上の, 下の, 中年僧が, 乳房から, 乳房を, 事実の, 事情に, 二つは, 二の腕に, 二人の, 二通の, 人さし指の, 人差指で, 前肢を, 前脚, 前足の, 前足を, 問答を, 奥歯の, 如き大, 如くなるを以て, 始末を, 婦人が, 定理の, 室は, 尾根へ, 意味に, 手の甲で, 手先が, 手頸を, 手首が, 手首の, 指で, 文章は, 文章を, 方程式の, 方程式を, 樣な, 次第をもって, 片腕が, 片腕を, 男が, 目と, 眼には, 眼も, 結果を, 耳から, 耳朶が, 耳朶に, 耳朶を, 肩, 肩で, 肱掛の, 胸が, 脇に, 腕と, 膝小僧の, 角に, 話に, 諸書, 譯を, 趣きを, 足と, 輪の, 隣に, 頬っ, 顎の, 風土記の, 首筋を, 鼻の

2 [294件] あなたの, うちで, お目, お言葉, ことから, ことで, こぶしが, ごとき, ごとき事実, ごとき伝説, ごとき区別, ごとき推測, ごとき理由, ごとき畸形, ごとき考察, ごとき観察, ごとき言葉, ごとき詠嘆, ごとくただ, ごとく国民, すべての, すみから, すみに, つら, とおりであります, とおりの, とっつきに, はしの, はじに, はずれに, はずれの, はたっく, びんの, へさき, ほうは, コントラストは, ホドである, ポケツトには, マックアーサーの, 一句を, 一点の, 一隅には, 三つの, 三者を, 上に, 上へ, 下に, 下頤, 中, 中の, 乳の, 二品を, 二本の, 二種の, 人さし指で, 人さし指を, 人物は, 仮定に, 仮定においては, 仮定は, 会話を, 例にて, 例の, 個所は, 偏袒と, 偏袒に, 傍に, 入口から, 内, 内で, 内の, 写本を, 出来事の, 出版事業を, 包に, 半面が, 咄を, 品々を, 品が, 品を, 問題について, 問題についての, 四人の, 地震の, 坂を, 壁に, 壁には, 壁の, 外男女の, 大指の, 大金を, 太股へ, 太腿を, 奥歯が, 如き性質, 如くなれば, 如く世界的世界形成的, 如く人間, 如く大, 如く絶対矛盾的自己同一, 如し, 始末で, 始末です, 姿を, 婦人達の, 室には, 寺へ, 小径を, 小指が, 小腕, 小舟は, 小道を, 小鬢に, 尾根を, 山は, 岸に, 帯紙の, 座に, 座へ, 後脚の, 御髻, 怒り肩を, 意味で, 手だけは, 手です, 手とが, 手のひらで, 手のひらの, 手の平で, 手の甲が, 手の甲を, 手を以て, 手首から, 手首へ, 拇指に, 拳の, 拳を以て, 指の, 指先で, 掌が, 掌へ, 掌面で, 掛りに, 推測を, 推理が, 数字に, 文を, 文書に, 斜面に, 新聞の, 方かい, 方からは, 方からも, 方だ, 方です, 方にも, 方へは, 時小栗を, 書を, 木型の, 村, 松林は, 桁より, 樣子を, 横に, 横腹を, 橋詰の, 櫛を, 次第だ, 次第に, 次第に付, 次第は, 次第故, 歌が, 武功者が, 武者修行が, 歯が, 死骸へ, 比率は, 池長植物研究所の, 浪人は, 消息を, 点は, 片腕と, 片膝, 現象の, 理を, 男に, 百兩を, 眉は, 眉毛の, 眼尻の, 眼玉を, 矮鶏を, 私の, 窓を, 端が, 端には, 端は, 紅さ, 経文の, 結果として, 翼だけは, 翼の, 老人の, 者, 者商人の, 耳で, 耳と, 耳には, 耳は, 耳へ, 耳朶から, 耳朶の, 肋骨の, 肘が, 肘で, 股に, 股を, 肩より, 肩下から, 肩下がりの, 肩先に, 肩先を, 肩尖, 肩打て, 肺が, 肺の, 胸の, 胸部が, 脇の下から, 脇腹から, 脇腹へ, 脚の, 腋の下に, 腕一本あれ, 腕左の, 腕首を, 腰の, 腰へ, 腹に, 腹を, 膝が, 膝頭に, 膝頭へ, 臂の, 薬指を, 衣袖を, 表によって, 表の, 表は, 袂にも, 袂は, 袂へ, 袖に, 袖は, 裸男は, 観察によって, 角の, 角へ, 角を, 言葉が, 言葉は, 詩句に, 語に, 論文を, 論点に, 谷は, 資料によって, 足だ, 足には, 足も, 足より, 趾には, 路へ, 通り認め, 連歌の, 障子が, 靴を, 順序を, 頬だ, 頬つ, 頬片を, 頬近く寄せられ, 頸筋で, 額から, 顎を, 類へ, 首を, 首筋から, 騒ぎは, 高股を, 鴨居の, 黒板に

1 [2805件 抜粋] あけびの, いかつい問いかた, いわゆるホトケノザ, うちどの, うち加賀の, うち木俣上申書二通の, うち草案の, おん手に, お婆さんが, お椀, かくしから, が代官浜川, こととは, こめかみにも, ごときいんちきばくちのいかさま師くろうと筋, ごとき使命, ごとき問題, ごとき始末, ごとき巧拙, ごとき批判, ごとき期待, ごとき焦点, ごとき社會發展, ごとき素朴, ごとき覚え書き, ごとき貧弱, ごとくい, ごとくほとんと, ごとく一身, ごとく他, ごとく多く, ごとく我々, ごとく歌そのもの, ごとく第, ごとく解するほか, ごとく軽い, しゃちこばって, ため云々, ちよつかい, とおりで, とおり地牢でなくなった, とほり, はずれあたりが, は右手, ほうから, ほおだ, ほかヒメサユリタケシマユリタツタユリハカタユリカサユリなどの, ほっぺたが, もがりと, ももに, ようなる, をと左足, アッパーカット左の, ア行の, オキナグサの, キタカタゴンズを, グロテスクを, コメカミの, サンキョは, スゲを, ソリスは, ヅボンの, ドラマを, ハツカグサは, パラグラフの, ファウスト考と, ペルシャテウチグルミが, ポッケットに, マゼコゼだ, リンゴカキなどの, 一つの, 一二行によって, 一件に, 一個も, 一句は, 一層高く, 一札を, 一條を, 一番大きな, 一節と, 一軒家の, 七万両を, 三人が, 三名に, 三幕で, 三番目だ, 三種類であっ, 三項は, 上座, 上部の, 下端まで, 不動さまを, 不等式が, 両名, 両派を, 両論文, 中なんすは, 中小里は, 中指に, 中現在開講中の, 久八は, 乞食の, 乳房と, 争議に関しては, 事件に, 事實が, 事情とは, 事故を, 二つが, 二の腕へ, 二件を, 二城とも, 二百兩を, 二者ある, 二首を, 五僧一幅に, 五祖の, 京夫丸から, 人も, 人差し指を, 人物の, 仔細話し居る, 仮定が, 任那には, 伝へが, 佐藤氏で, 例に, 例証は, 価格は, 信長の, 偏袒ぎたる手を, 側面に, 儀御, 先輩の, 全国的なる, 八幡の, 六帖へ, 具体的研究によってこそ, 内に, 内側の, 内面に, 出入口は, 分科表が, 判断に, 利腕を, 前提を, 前足と, 助三郎は, 動的雙關的關係の, 医者から, 十何色の, 半ペラ, 半面焼け爛れ, 南条と, 危險を, 原稿は, 反対論を, 口ひげも, 口碑より, 古詞章, 句より, 同僚諸氏に, 向う脛にも, 命題の, 品々受出し, 品請取と, 唐突な, 問題提出に, 喉笛へ, 四人を, 四節に, 図, 土器殿にも, 地侍の, 地盤に, 坂道へ, 基調の, 報道を, 場合も, 壁際に, 外側に, 外点出せられた, 多汁甘味, 大きな雄ぐま, 大反対論, 大腿部の, 大阪朝日新聞社の, 太股の, 奇怪な, 奥に, 女が, 女人の, 奴ぐらゐ手数の, 如きビルダデ, 如き世界, 如き來歴, 如き労賃, 如き大衆的営業振り, 如き思想, 如き指令, 如き残虐行為, 如き祭儀, 如き結果, 如き説, 如くし三月四月五月, 如くヨブ, 如く人, 如く偉大, 如く再び, 如く吉隆, 如く妻, 如く市中, 如く彼, 如く断定し, 如く権利, 如く発展を, 如く簡単, 如く絶対過去, 如く解したが, 如く諸, 如く風景, 始末, 始末に, 姿は, 婆さんの, 婦人細き, 子熊, 字鏡あり, 孫左衛門は, 完全に, 実が, 宣教師の, 宿城と, 寒行を, 對岸, 小一, 小坊主は, 小指な, 小柄の, 小路に, 小間物屋も, 尺八を, 屋敷を, 山切れには, 岡上八幡の, 岸壁に, 崖を, 差は, 帝室博物館の, 席上で, 平地を, 庇護が, 座の, 延若との, 引き出しを, 引用文で, 影は, 後家さんという, 後足と, 御禮旁, 御金蔵, 心得にて, 怪漢は, 怪賊を, 悪女の, 意見を, 態度も, 成績に, 所に, 手さきが, 手とは, 手について, 手の甲には, 手をも, 手先に, 手紙と, 手袋と, 手附と, 手高く, 拇が, 拙作は, 拳にて, 持論によって, 指端で, 挨拶の, 推定を, 描写は, 敍述から, 敷き布, 文は, 文句を, 文永の, 文章絵画の, 断定が, 方々には, 方で目立つ, 方により, 方三疊程下り若年寄上州館林の, 方城内の, 方程式により, 方遠き, 日子供は, 旦那よりか, 明るい調劑室, 時間の, 書き方で, 書簡は, 有名な, 木彫を, 本廟, 材料は, 条々稚き, 条件の, 松の, 林に, 某君, 栲布が, 桔梗と, 棒の, 榊の, 横丁の, 横顔へ, 樺皮の, 次第お知らせまでに, 次第ゆゑ何卒, 歌から, 歌宝徳三年頃すでに, 武士は, 段々白状致しける依, 段江戸表御, 段連判書付を, 毛は, 江原が, 河勝である, 法令に, 津軽の, 浪士風の, 消息に, 清溪流る, 溜池界隈には, 濱野屋で, 火穴より, 無名指には, 燒打を, 片手の, 片眼, 物件の, 犬歯の, 狩集の, 猟師は, 獄へ, 理由から, 理解とともに, 生老病死を, 由明白に, 男の, 略装で, 疑問は, 痛ましい観念, 白衣観音を, 目尻に, 直参待遇問題を, 眉骨を, 眼か, 眼でした, 眼一つで, 眼瞼を, 睛には, 石は, 砂浜の, 示指にて, 神話は, 秘密室の, 穴から, 穴蔵へ, 空白の, 窓べりで, 端にね, 竹製の, 第一部, 筵席を, 簡単な, 紙片が, 経路によって, 結果で, 統計には, 継娘の, 縁談を, 美少年は, 習慣に関して, 老母病死の, 考えを, 者が, 者不都合の, 耳まで, 肉で, 肘頭が, 肩にかけ, 肩先へ, 肩射, 肩胛を, 肺尖加答兒といふ, 胴下に, 胸を, 脇士の, 脚から, 腋下か, 腕, 腕だけは, 腕のみを, 腕木に, 腰部から, 膝から, 臂で, 船団に, 苗木を, 若い雲水たち, 茂木氏と, 荒い四つ目垣, 葉公と, 葷菜とは, 藏本を, 蛇籠作りが, 蟻の, 行程を, 表現が, 袋中の, 袖下を, 袖口を, 裸の, 襟の, 要求を, 見解から, 視点から, 角が, 解釈は, 言葉から, 計画を, 記事の, 訳である, 評は, 話から, 誓いを, 説が, 説明は, 談の, 論断は, 諸提案そのもの, 諸稿, 講演において, 議論を, 谷底には, 貴公子が, 起請を, 趣前, 足から, 足でつ, 足先を, 趾で, 路を, 車輪より, 軽さ, 近藤の, 逆手に, 通りであった, 通りなりき, 通り位の, 通り御, 通り津浪は, 通り素よりの, 通り足は, 通申上けれ, 過去帳一本の, 違いが, 酔っ払い対手, 金は, 金子二十五兩を, 金見えざれ, 鍋下だ, 長州への, 関守氏は, 陣営だの, 隠しに, 雍也篇の, 青年は, 靴先で, 順序にて, 頬と, 頬辺に, 頸動脈から, 題目の, 顎骨あたりの, 顔面を, 食指で, 首筋, 駕籠側に, 高力本多天野の, 高楼を, 鬢先より, 鶏を

▼ 右衛門~ (3588, 14.8%)

49 の家 29 はその 23 の娘 19 はそれ 15 であった, である, という人, の声 13 と云う 12 が, の方, は, はお 11 の前, の子, の顔, はそう, は眼, や 10 だ, と云, と申す, の手, はこう 9 はまた, は自分 8 との間, の心, の最後, は云った, は何

7 [11件] が云った, というの, といっ, のこと, の名, の妻, の姿, の所, の話, はこの, は刀

6 が何, が自分, のため, のよう, の死, の炉端, の眼, の部屋, はもう

5 [11件] がそう, の, のふたり, の二十一周忌, の妻女, はいよいよ, はそこ, はふと, はまだ, は気, は頭

4 [36件] か, がこの, が持っ, が来, だが, だった, では, という男, という老人, と一緒, と称した, のところ, のやう, の三人, の口, の女房, の次男, の母, の言葉, の邸, の霊, はあわて, はここ, はしかた, はじっと, はすっかり, は先, は小屋, は少し, は斯, は朝, は顔, は黙っ, もさすが, も少し, を殺す

3 [72件] がお, がその, がどう, が家, が文吉, が来た, が死ん, が言う, じゃ, でした, です, という者, といえ, といふ男, とお, と名, と呼ぶ, と袈裟太郎, と言, に, に訊いた, のごとき, のほう, のむす, の両, の二人, の人形, の代, の倅, の屋敷, の店, の弟, の後, の懐中, の死体, の畑, の留守, の耳, の訴状, の身, はある, はこれ, はさすが, はさらに, はしばらく, はすぐ, はやがて, は一, は上, は二人, は云い, は其の, は呻く, は喜兵衛, は声, は小走り, は彼, は手, は文吉, は相手, は穏, は笑った, は膝, は言った, は馬, は驚い, もこの, を先頭, を呼ん, を始め, を見た, を見る

2 [224件] がいう, がいた, がいる, がここ, がそこ, がそれ, がどうして, がどんな, がズルズル, が伝え, が信長, が倒れ, が声, が小次郎, が必死, が怒鳴った, が或, が手, が眼, が私, が立っ, が笑っ, が訊いた, が誰, が足, が鉞, でございます, でその, で脇差, という, というもの, という三人, という侍, という名, という武士, という百姓, とそうして, とその, とて毒蛇, とも心安く, とガラッ, と二人, と云っ, と何, と女房, と幽霊女, と捻じ合いひしめき合う, と改名, と桐五郎, と浜路, と清作, と玄女, と申します, と直, と石井兵助, と紋太郎, と組紐, などである, なの, なる者, にこの, にご, には意外, に代っ, に取っ, に挨拶, に相違, に負, に逢った, に頼ん, に飛びかかった, のあと, のお, のそれ, のひっさげ, の一人娘, の一室, の両家, の二男, の伜, の体, の側, の化粧廻し, の右, の哀訴, の四人, の女, の安否, の小屋, の居間, の屍骸, の後ろ, の忰, の怠け, の所在, の新法, の末, の様子, の歴史, の死んだ, の死後, の父, の甥, の申し立て, の病身, の立ち退いた, の笑い声, の肩, の背中, の背後, の腹の中, の親類, の財産, の身体, の頸部, の養子, の首, の馬, の駕籠, はいつも, はぎょっと, はしかし, はしずか, はそういう, はそこで, はそのまま, はそれでも, はそれほど, はただ, はどこ, はなぜ, はにわかに, ははっと, はひどく, はひらり, はもと, はわざと, はゴクリ, は一本, は不審そう, は不思議, は主人, は云っ, は人, は今, は修理, は先ず, は全く, は切腹, は刑部, は別に, は又, は口, は叩き, は叫びました, は右手, は呟く, は喜ん, は女房, は妻籠, は家, は帰っ, は帳場, は強烈, は待ち兼ね, は怒り, は怒号, は思わず, は恐ろしい, は懐中, は打, は持っ, は早く, は無力, は煙管, は爾来, は真面目, は窩人, は立っ, は笑い, は笑っ, は答えた, は素早く, は総領, は聞い, は腕, は見る, は言葉, は赤坊, は近所, は金持, は鉞, は門, は頷いた, は額, は飛びあがった, は首, は驚いた, は高座, は鼻, もこれ, もそこ, も亦, も子, も思わず, も来い, も身, も首, やわし, や主, や行っ, よ, をする, を伴, を傷つけ, を叩く, を呼び, を手, を指さした, を殺し, を殺した, を討っ, を顧み, 両名

1 [2179件 抜粋] あの乱暴, え江戸見物, お預かり, かの, からは返辞, から今後異論, から因縁, から立ち去らせ, から酒井家目附, か茂右衛門, がかた, がこんな, がそんな, がのたうち, がひっ込ん, がまったく, がやる, が一家, が主, が二十二, が仰, が何ゆえ, が倒れる, が先, が再び, が刀, が十九歳, が取り返そう, が召し捕り, が向, が咄嗟, が城内, が大好き, が女房, が家内, が岩太夫, が帰っ, が引, が怒, が意識的, が手中, が披, が指さし, が控えるだろう, が昨夜, が木刀, が某日, が武蔵, が殉死, が浅草, が父源四郎, が現れ, が発見, が真っ先, が突っ込ん, が立会, が線香, が胴試し, が若く, が蜂須賀隊, が見せた, が訪ねる, が認められる, が足痛, が追いつい, が配役書き, が長治以下, が顔, が駐在所, が麻上下, この二人, じゃまあ, すこしもひるまず, ずかずかと, そこで望遠鏡, その子, それでも命, だけは燕麦, だったとも, だという, だの他, だの誰, だ建築学, で, であり藤原鶏太, でい, ですっ, でなければ, で其頃, で自分, というお方, という一廉, という名札, という大男, という役者, という植木屋, という立派, という郡奉行, といふの, といふ百姓, とかいう下, とかおっしゃる, とが連立つ, としては面, とて丸, とて父親, とでも鹿五郎, となる, との仲, とは他人, とは昔, とは稍晦, とを追っかけ, と不破河内守, と云う摂, と代り合っ, と共通, と初めて, と名づけ, と唱え, と大桝屋弥平次, と対, と弥兵衛, と手分け, と暴動, と林兵左衛門, と無宿, と知り合い, と竹広表, と落伍, と追って, と青年, なぞいう, などが駈けつける, などとともに馬, などには体, などの兵, などの諸, などは一, なども先刻, など六波羅方, ならあれ, なら有難い, なんぞもそれだけ, にこう, にすすめた, にそれ, にとってはこの, になる, にはよく, には何, には尊く, には正, には蚊, には逢わなけれ, にも変, にやる, に一つ, に云いつけ, に付添っ, に出, に向かい合っ, に命じ, に声, に宗三郎, に対して皮肉, に岩太夫, に御貸, に恋し, に手渡せ, に据え, に棄てられた, に百石, に約束, に言いました, に訊い, に譲渡, に返し, に限った, に飛びかかっ, のいう, のかずかず, のことば, のすすめ, のとった, のにいさん, のみぞおち, のオジイサン, の一行, の下手, の中, の二男四郎兵衛, の云い, の仁吉, の仏間, の位牌, の作品, の倅鉄太郎, の兄弟, の出, の初陣, の勝利, の口述書, の呟きなる, の呼吸, の唸き, の堂, の変死, の天資, の妾宅, の娘葉末, の存在, の家の, の寂しい, の尉, の希望, の帰り, の幻影, の店口, の弟子, の心境, の忠義立て, の恋人, の情婦, の態度, の手の者, の手許, の持ち物, の捜索方鍼, の敵, の最期, の松, の横面, の死骸, の湯宿, の為, の熟柿, の率いる, の男, の目, の神経質, の細君, の老爺, の背, の脾腹, の苦悩, の苦衷, の行き, の袖の下, の親切, の言いたい, の訴え, の話し, の足, の跡, の身囲, の運命, の配下, の重ねる, の長男亀蔵, の隊, の頑固, の首級, はあたり近所, はいい出した, はいつ, はうやうやしかっ, はおどおど, はからから, はきわめて, はこんな, はさっさと, はすばやく, はそっち, はたちまち, はちょうど, はつと, はとたんに, はどんな, はなんだか, はにんまり, はふう, はふるえあがった, はほか, はまじめ, はみんな, はむずかしい, はやがてぶらりと, はよもや, はわずか, はギラギラ, はスック, はニヤニヤ, は一家, は一族, は七兵衛, は三十歳, は上野国佐波郡芝根村沼, は不愍さ, は世界中, は二寸余り, は五十七八, は京助, は仁右衛門, は他愛, は伜, は体量四十一貫, は何者, は偶然, は兇悪, は全身, は其壮年時代, は初め, は功労, は包物, は千代, は単身, は取り合わなかった, は叫んだ, は右, は同時に, は呟きおわっ, は喉笛, は四十二三, は四辺, は坐った, は壁, は夜, は大, は奇怪至極, は好, は妻, は子供, は定基, は宿, は小平, は山, は布, は幾たび, は府中落城, は引き上げた, は当時ひとり者, は後ろ, は応接間, は急い, は恐ろしく, は惘然, は愚痴交, は或, は手拭, は手頸, は押黙った, は掛り合い, は改めて, は敵, は旅僧, は早速, は更に, は月, は本, は杓子, は杯, は桂子, は槍, は止める, は死に, は殺されたくなかった, は気力, は江島屋, は決心, は泣き出し, は清江, は潜り戸, は炉側, は烟草, は燭, は狂気, は甚八, は町, は異議, は病気, は皮, は眉間, は睾丸, は確, は穏和, は立, は立派, は紀州徳川家, は組頭, は美男, は考え, は胆, は腸, は自身, は舌打ち, は花色木綿, は若殿, は萎れ返ります, は衣裳, は言, は訪問者, は調子, は貼りかけ, は辛抱づよく, は返事, は追う, は遊廓, は遮りとめ, は酒瓶, は鉄拳, は鎧通, は関口屋, は障子, は静か, は飄然, は馬鹿, は高尚, は黙つ, ばかりは日, ぶるぶると, へ嫁ごう, へ落着, ほどの侍, また邪魔, まで来た, もう帰ろう, もここ, もそば, もなんだか, もほとんど, ももう, も丑松, も二十幾歳, も先代以来, も吃驚, も嘉門次, も大きな, も定めし, も岩太郎, も当麻三郎右衛門, も心から, も慥か, も最初, も次郎みたい, も流石, も玄女, も痛手, も知らない, も脇本陣, も藤原鶏太, も詞, も達人, も顔, やまだ, や兵九郎, や嫡子権兵衛, や浅井玄蕃, や私, や貉, より門番, をここ, をその, をはじめ, をみつめ, をよべ, を一旦, を侍, を助けい, を呼び止め, を好かぬ, を往来, を悪逆無道, を打ち殺し, を担い, を撲れるなら, を最初悪人, を武士, を江戸表, を真ん中, を竪, を脅かし, を褒める, を見つけた, を見守っ, を討った, を誅した, を追いやった, を通じて薩州その他九州, を降, ヘ妙見, 同じく忠太夫, 同大膳, 同英太郎, 寄れ, 強く横首, 従いて, 早く参っ, 目掛けて, 話したり

▼ 右~ (1861, 7.7%)

186 左に 56 折れて 45 見て 28 出るもの, 述べたよう 16 出る者 14 して, 曲って 12 折れると 10 曲ると 9 入って, 切れて 8 あげたよう 7 就いて 6 あり, 出ずるもの, 切れると, 折れ左 5 折れた, 置いて, 走り左

4 [12件] あたりて, 傾いて, 准じ, 同じ, 廻って, 或は左, 曲り左, 立って, 説くよう, 轉じ, 述べた様, 述べた通り

3 [25件] あげた二つ, いうよう, いったよう, しながら, それて, なり左, まがり左, まわって, 仮定した, 出ずる, 出ずること, 出ずる者, 出で, 出でる者, 取って, 大剣, 尾根を, 引用した, 方向を, 曲がり左, 曲った, 行けば, 見ながら, 転じて, 述べたこと

2 [91件] ある, あるいは左, ある打金, いって, いふ兄弟, かたむき左, かわし左, しシルレル, とった, のせたる夜光, ひだりに, まがったり, まがると, ゆき左, 一方は, 下りて, 下女部屋左に, 付御, 体重を, 偏つては, 傾けて, 入り左, 入れば, 分れて, 列挙した, 動き左, 動き左に, 動けば, 合はせる, 向いて, 向かって, 向って, 国上山左に, 坐して, 坐って, 定義した, 寛延○年と, 就て, 居ました, 山腹を, 岐れ, 左にと, 庫裏左に, 廻り込んで, 引いた, 往き左, 往く道, 御台左に, 払い左, 折れたとき, 折れるべき道, 折れれば, 折れ勝平, 折れ曲った, 折れ曲つて, 持つの, 挙げたよう, 提琴を, 曲つて振, 曲りそれから, 曲り車, 曲る, 曳いた尾根, 梅子が, 沿うて, 添って, 申述べた, 畫きたる, 直すけれど, 笠を, 縫い左, 置いた, 聳えて, 落ちて, 行かうか, 行き左, 行く健, 行つても, 見えたり, 見えるの, 見つつ, 見左, 言ったよう, 言及した, 記したよう, 該当する, 谷を, 述べたところ, 進めば, 避け左, 離れて

1 [1075件 抜粋] あげただけでも, あげたわが国, あげた反証, あげた岡山, あげた栄西言行, あげた疑問, あげた諸, あったもの, あつたつ, あらうが, ありたれば, あり怒って, あるじゃ, あるという, ある小さい, ある蘇東坡詩集, いうが, いう念人, いきます, いた顔, いったり, いった如く世界, いった如く既に, いっては, いつたもの, いづるもの, いふ南蘋, いるの, いる男, うごけば, おきいま, おったの, おれ左, かかげた日記ふう, かたむいたかと, かたむけながら, かたよつて出來, かわして, かわる条件, きれた崖上, くだり砂, この轡, さけようと, しかじ, しだれ柳黒幕の, しまた, しやがて, じょあんなおすみ, すきあるごとく見ゆるとき, すべきか, すわらせた, せる一大灣, その他ありとあらゆる, その舌, それもう, それ或は, つかえて, つき去る, つき御, つけられた燦然, つらなる, でる日本人, とばふと, とり左, とれること二囘, ながれて, なった室, なった窈黒, なびき左, ならべて, ねじまわし, のべたやう, のべた原子弾破壊機, ひかえましたる乃木将軍, ひそみ総勢すべて, ひるがえし左, ふった, へだてて, まがったかと, まがつたり, また正面, まわし左, まわれば, みえる人名, むかひて, むかひ少しく, むかひ日, むかふ, むかへるなり, やがて小さき, ゆかば, ゆくを, ゆらり左, よった一角, よれば, わたる, アダム, シナイ山が, ソルボンヌ大学が, ドロールの, ベネディクトと, ムネ・シユリイが, レッジオ左に, 一, 一帯の, 一廻転する, 一歩左に, 一間ばかり, 三, 三尺ばかりの, 三度振る, 三羽左に, 上って, 下り, 下ると, 下る道筋, 不詳一座左に, 並べて, 丹波左に, 乗鞍が, 二人左に, 二本の, 二歩, 云った宿はずれ, 云ふこ, 五六軒往った, 亙せる高原, 付き何, 付同家へ, 付川場迄, 付昨日送籍証一紙受取今日野村方迄, 付為御見舞御, 付而は, 付金三百疋づつ頂戴被, 代えて, 仰ぎたり, 休まば, 似たその, 佇んで, 低く傾ける, 佩いて, 例の, 依って, 俊三そして, 倒れた細い, 偉大なる, 停車場を, 備へ, 傾いた, 傾き左, 傾けながら, 傾むいた, 僕を, 元柳橋, 光る, 入った空地, 入り冬, 入れ違って, 円い頭, 出た者, 出づること能, 出づるものあらん, 出づるものはない, 出づるものはないと云, 出づる者無し, 出でき, 出でしを, 出でる人, 出ると, 出る人, 出刃を, 分業と, 切ったけれど, 切りかえたので, 切れ込んだ角, 別れて, 利根川左に, 加へる, 劣らず重要, 動いたと, 動かして, 動くもの, 北荒川を, 十勝岳あり, 印旛沼の, 反れた, 取つて, 取り元気, 取出した異形文字, 古歌, 台所や, 向いたの, 向うて, 向かわば, 向きて, 向き合って, 向くと, 向けて, 向け長目, 向ひ, 周倉左に, 四つの, 四本の, 回転せよ, 在るは, 地獄谷を, 坐しその, 坐すること, 坐り米軍, 墓場が, 壺を, 外れると, 大きな華表, 大体万葉集から, 大岩の, 大残雪, 天を, 奥山大学の, 女優ヱベエルパウル・ムネシル, 娘その, 定義せられた, 宮川左に, 宿直の, 寄った所, 寄り左, 富士を, 寝かされて, 寝覚, 小さな円い, 小高い土堤, 尖頂を, 就き正木博士, 居て, 屈曲し, 屬し, 山を, 山左に, 岩径を, 川原町左に, 左庭じゅうを, 差したり, 幸福を, 広い道, 廣く, 延びて, 廻した, 廻して, 廻ってから, 廻りて後向, 廻り廻ったかと, 廻る, 廻れば, 引いたある, 引いた尾根, 引いた歎異鈔, 引いた鎌倉時代, 引き上げた緩い, 引っくり, 当たる, 当り左, 往くと, 後ろに, 徳利を, 忍まで, 想像し, 成り左, 扇を, 打ち開けたるところ, 打樹, 抑え更に, 折るれ, 折れたり, 折れた山裾, 折れた道, 折れながら, 折れるの, 折れ十町左, 折れ曲ったところ, 折れ曲り見附, 折れ本家, 折れ真, 折れ雑草, 抱へ, 拾つてゐ, 持ち中腰, 持って, 指摘した, 挙げたる三首, 挙げた三主品, 挙げた二通り以外, 挙げた四論文, 挙げた歌, 挙げた第, 挙げた習慣, 挙げた著書, 挙げた静岡県中部以外, 挙げました実例, 振り左, 捩るか, 捲いたので, 捻ると, 推定した, 掲げたすべて, 掲げた話, 揺こう, 揺れそれから, 携えて, 撥じゃん, 敍述した, 文珠様の, 方嚮を, 日光菩薩左に, 日本海左に, 普賢菩薩であります, 曲がって, 曲がり福建路, 曲げたとたん, 曲し, 曲った処, 曲つたから, 曲つて, 曲つては, 曲つて歩き出した, 曲つて行く, 曲りて, 曲り我々, 曲り込むと, 曲ると共に, 曲る処, 曲る露路, 曳いた斜線, 有磯の, 望みながら, 望んで, 木立を, 杉木立の, 村役場を, 松本山が, 果しなき, 根を, 森先生の, 槭の, 横切って, 次郎左に, 歩いて, 歯朶の, 母屋の, 水兵の, 求め敵前, 沖田刑事が, 沿ふて, 泳がせ左, 流れて, 浅間が, 淀川を, 渋塗りの, 湯尾峠の, 準じて, 潜り左, 炊事場に, 為右衛門左に, 爲右衞門左に, 牡丹を, 現れた三命題, 甲良玉垂神を, 申すごとく特別, 申上げました, 畝傍山, 瘠せこけた蒼白い, 登ると, 白衣の, 百八本の, 目近く南アルプス連峯甲府盆地は, 相応する, 眺めながら, 睨み上野, 矢を, 石川郎女の, 破風形を, 示した場合, 示した根拠, 神子元島の, 禿げた頭, 私は, 移監に, 突き当たる西, 突當り, 立ち父, 立つた私たち, 立並んで, 第六章, 簡略な, 細い田圃道, 続いて, 続く連嶺, 緑檣に, 置きながら, 聞える声, 職由し, 胡麻塩の, 膳を, 致した方, 艦首を, 花子さんは, 落ちても, 薪屋左側に, 藪を, 血刀と, 行かば, 行き或, 行くべき彼, 行くん, 行く路, 行ったもの, 行ったん, 行つた所に, 衝き左, 見えた, 見えたる五個, 見えて, 見えるが, 見える尾根, 見し今, 見た三岐, 見るの, 見る辺り, 見駒形, 視ながら, 觀音崎を, 言うたこと, 言う高坂甚内, 言ったこと, 言つた用語例の, 記したごとく五期, 記したる七, 記した方程式, 記しぬる, 記載した, 認めし條, 説いた戯曲, 説くごとくであるが, 請左り, 論ずる所, 豊凶山を, 走ると, 跪坐する, 蹲るの, 転げ左, 軽く曲っとる, 迂廻し, 近く可なり, 近く小松原を, 述べしが, 述べたごときもの, 述べたごとく修辞学, 述べたとおり, 述べたほど, 述べたる通り, 述べたブルジョア, 述べた三つ, 述べた交換, 述べた公式, 述べた如きもの, 述べた如くである, 述べた工業, 述べた彼, 述べた技芸, 述べた歴史, 述べた社会的, 述べた私, 述べた関係, 述べて, 逃げ左, 通って, 通り越して, 連る, 進み右端, 遠く有名, 避けたいが, 避けようと, 避けるよう, 重層の, 釜石の, 長く尾根, 開いた身体, 開けて, 附けねば, 陥穽の, 随伴する, 雜木の, 霊岸町へ, 青木休七郎が, 順々に, 類す, 類似せる, 飛びちがう取り直して, 馬印と, 高く丸く聳え, 高山右近なく, 鹿島灘へ

▼ 右衞門~ (1798, 7.4%)

33 の家 15 の方 14 に向 13 と云, の女房 11 と申す, の娘 10 は是 9 と申者 8 の宅 7 といふの, の部屋 6 と云う, の言葉, はお 5 が盜, の一件, の所, は, を始め, を殺した

4 [15件] という人, と稱, に引, の妾, の手, の死骸, の顏, はその, は大, は娘, は心, は豫, は首, もさすが, を呼

3 [40件] が, が質物, が身, だ, でした, と娘, と申し, に取, に對, に永, に逢, のこと, のところ, の伜, の内儀, の前, の子, の家内, の後ろ, の旦那, の生立, の聲, の身體, はこの, はさ, はそれ, は元, は全く, は内儀, は又, は平次, は床, は早速, は本, は此事, は氣, は自分, は表, を召捕, を殺す

2 [115件] がお, がその, が出, が向島, が女房, が引, が所持, が才智, が方, が死ぬ, が死ん, が殺された, が江戸, が百兩, が見, が質, でございます, です, といふ人, といふ男, とガラツ八, とツネ, と云者, と内儀, と呼, と唱, と申, と義弟, と言, と錢形平次, なれば, にある, に尋問, に對面, に相談, に罪, に負, に逢つて, のもの, の代り, の兩人, の処, の分家, の口, の句, の名, の喉笛, の外, の妻, の寢間, の屋敷, の幼名, の弟, の後, の御新造, の心情, の忰富五郎, の手代多助, の殺された, の物語り, の相, の眼, の背中, の話, の請求, の邸, の野郎, の門, の首, の驚き, はさすが, はす, はまだ, はゴクリ, はハツ, は久々, は久八, は人, は今度, は何事, は何故, は僅か, は其の, は力, は大いに, は大岡殿, は女房, は如何にも, は妙, は孫娘, は宜, は少し, は幸, は彦三郎, は恐る, は斯ん, は桐棒, は漸, は漸く, は老病, は耳, は苦笑, は藤五郎, は言, は金持, は餘, は驚きまし, へ, へ詫金百兩遣, も何樣, を使者, を捕, を盜賊, を脅かし, を見られ

1 [1189件 抜粋] あの傷, いふ私, かさ, からの傅言, から支配頭, から着物, か林三郎, がきりやう好み, がさ, がどう, がやつ, がやられました, がブラ下, が一代, が一番, が丈夫, が下手人, が世にも, が二階, が井筒屋, が今, が仕業, が來, が再度, が出店, が前, が又, が取し, が名代, が命, が噂, が多助, が夫婦づれ, が妻, が娘, が媒妁人, が宅番, が實, が居る, が店, が彼, が御膳, が思惑, が情, が成敗, が戰歿, が拔身, が斯, が既に, が時々, が松坂, が極刑, が此度, が歿, が江戸本石町二丁目, が流れ, が滿十五歳以上, が煮られし, が狙, が生憎病気, が申立, が留守, が發見, が石川, が答, が聞つけ何事, が脇腹目掛, が苛つて打込脇差, が袂, が計略, が詞, が讓, が貧乏浪人, が赤い, が運, が金, が鎌, が離屋, が馬, たつた一人, だけを拔, だつて出來, であるぞ, でございますが, でなく左母次郎, で京橋弓町, で奥, で木崎, と, という事, という浪人, という百姓, といつた, といふこれ, といふ旅籠屋, といふ浪人者, といへ, とて小間物, とて間口十八間餘番頭手代丁稚五十餘人其外下女下男二十人夫婦, となり, とは全く, とは心安く, とは隣合, とも云, とやらの首, と三軒長屋, と下男, と二人妾, と云人, と云旅籠屋, と今宵, と八五郎, と共に, と同棲, と名前, と善七, と女房, と岡引吉藏案内, と往來, と愈々, と改む, と書い, と法名, と申し合せ, と相談, と称し, と見せかけ, と言つた芭蕉, と註し, と雖, どんとこの, ならずや, なり出, なるぞ, に, にさしたる, にては有, にとつ, になつて, には三十年前家督, には出, には御, には聞かせる, にも解りません, によつて, に不審, に代, に伴, に候天一坊樣益, に助けられ, に執拗, に塗付日來, に寸分違はず餘, に御, に思ひ知らせ, に打向, に押入つた, に改めた, に此趣き, に渡した, に申付, に百兩, に相違, に組付き, に能, に虐げられ, に見附けられ, に話しかけました, に負ん, に身, に逢わせたい, に遣, に間違, に面會, に頼ん, の, のお, のやう, の一件白洲, の三人, の世話, の二人, の人氣, の仏様, の伜圓次郎, の位牌, の使, の傷, の兩人御念, の前身, の取卷き見たいな, の口入, の命, の唇, の塀, の奉公人, の妹, の存, の寢所, の寵愛, の履物, の床, の役, の從妹, の心, の忘れ形見, の忰惣吉, の思ふ, の慈愛, の手代, の手箱, の擧, の敵, の末, の枕元, の正, の死體, の氣, の氣性, の汚い, の深い, の災難, の煙草盆, の爪牙, の獨, の生活態度, の甥世, の申立, の留守中廿五兩, の病間, の白状, の着, の穩, の答, の縁續, の耳, の肋骨, の自適齋眞譽東里威性居士, の苦衷, の蔵, の表座敷, の補助, の見えない, の覺悟, の評判, の豪勢, の質物而已五ヶ月限り, の足, の遺骸, の閨, の頃, の額, の風呂敷包, の鼻, はお玉, はこの同じ, はすぐ, はその後, はたうとう, ははら, はまた, はもと鳥越, はわめく, はツクヅク言, はフト妙, は一塊, は一文二文, は三千石, は三村屋, は下手人, は不思議, は中, は丹後, は二度, は五人張り, は五十三歳, は五十前後, は今, は仕, は仙石家, は佐野喜, は何ん, は促しました, は傳吉, は先代志摩守歿後ドサクサ紛れ, は六十八, は其儘入牢, は冷靜, は出掛けまし, は別に, は勃, は十七八年, は千兩箱, は卑賤者, は即ち, は口惜し, は吉兵衞, は名, は喜び, は嗽, は四十過ぎ, は堪得ず, は増, は大振り, は天保十一年十月二日, は太鼓腹, は女郎, は如何なる, は委細呑込, は学問, は宅, は小僧, は尚も, は屋敷, は年, は幸い, は弱り果て, は待構, は御, は恥, は悉く, は悴甚之助, は惡事露顯, は愚痴交, は愼, は懷ろ, は我が家, は扨, は折, は押返し, は指, は揉み手, は據ころ, は散々人, は文藏, は日々, は明, は時々, は暫らく口, は最, は有難く, は村方一同, は林藏, は栗材, は槍, は次, は此刀, は此時, は此金, は死, は殘金相濟, は気が付き, は水主共, は江戸, は決して, は淋し, は無罪, は状, は猶, は田舍育, は甲府表, は町方預け, は當年五十三歳, は當惑, は病, は病氣, は白眼つけコリヤ新藤氏, は百日, は盜賊, は直, は相手, は眼, は確, は突然, は繩目, は耐忍兼一刀, は聞, は胡麻鹽, は脇腹, は自信, は芝神明前, は苦々し, は茂兵衞方, は薄々, は蘇生, は行方不明, は覺, は覺束, は許し, は講, は身代, は辛くも, は進出昨夜大岡越前守樣御組, は遠縁, は鈴ヶ森, は長八, は雇婆さん, は青く, は頑固, は頼まれた, は風, は養父, は駒込, は驅, は鮟鱇, は點頭其儀, へは三年前, へ八十両, へ十三兩三分, へ尋ね, へ對, へ差紙, へ引渡し, へ御用状, へ百兩, へ言掛り此七右衞門, へ難儀, まで七代, もお, もそれ, も二人, も仕方, も只, も同道, も国元, も大事, も委細承知, も少し, も心中, も心配, も愕然, も早速, も未だ, も気の毒, も猶, も番頭, も程なく, も育つ, も腹, も自害, も近所, も頓, も馬喰町, や元禄六年, や奉公人達, よりは二十, より内々, より年一杯廿五歳, より申立, より金五十兩貰, より長らく, をさし, をみ, をも屋敷, を介抱, を促し, を内儀, を助け, を吟味, を呼出し, を命, を女房, を始め多助, を始め神主樣御醫師樣親方, を引, を怨む, を憫然, を擧げ, を敵, を段々, を物蔭, を町奉行所, を白洲, を瞋む, を絞め殺した, を脅かす, を良く, を見遣, を訪ねました, を語, を責める, を遣つた, を雪隱詰, を顧み, を驚かしました, 丁度この, 又, 同じく吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門, 同留守居役加川, 大いに憤, 大聲, 幸い貴様, 御邊, 恐れながら其儀, 押返しいや, 未, 然あらぬ, 然ば先此方, 爾ぢ, 若い時餘

▼ 右~ (1407, 5.8%)

27 のだんな 23 の目 15 です 13 のまなこ 12 のだんなさま 11 のその, はその 10 の姿 8 はそれ 7 のおじさん, の口, の眼, の顔, はただちに 6 のほう, はすぐ, は黙っ 5 ではない, のこと, のにらんだ, の右門, はいたっ, はまず

4 [19件] がまず, じゃ, でありました, とは右門, と山尾, のことば, の出馬, の名, の明知, の鋭い, はあわて, はここ, はさらに, はまだ, は伝六, は例, は意外, は目, は莞爾

3 [37件] が不審, が違います, たるところ, だ, だか, といわれる, にかぎっ, のいる, のごとき, のそで, の名声, の声, の態度, の手, の手下, の知恵, の責め手, の足, はあくまでも, はいかにも, はいっこうに, はいよいよ, はお, はおもわず, はくすくす, はさっそく, はしかし, はすました, はちょっと, はゆうぜんと, は即座, は声, は思わず, は早く, は自分, は静か, もおもわず

2 [100件] があの, がいった, がお, がこう, がこれ, がずばり, がその, がそれ, がみずから折り紙, がむだ石, が少し, が莞爾, が表, が身, じゃねえ, だが, だよ, だッ, でござる, でした, でなくちゃ, ときい, との企て, とは切っ, と伝六, と申す, なの, ならでは, ならば, にかえり, になった, に発見, のいった, のお, のからだ, のこの, のため, のだんなさ, のところ, のにらんだごとく, のの, のやる, のよう, の前, の家, の少し, の幕下, の心, の慈悲, の慧眼, の第, の耳, の胸, の身辺, の部屋, の面, の駕籠, はあご, はあと, はいっそう, はいつも, はいまさら, はおお, はおどろく, はしばらく, はじっと, はすかさず, はずばり, はそれら, はそんな, はつねに, はどこ, はひとこと, はひとみ, はもう, はもはや, はやっと, はやにわに, はやはり, はやや, はややしばし, は今, は依然, は先, は凛然, は反対, は右門, は少し, は時, は相手, は眼, は突然, は胸, は道, は頭, は駕籠, もその, もはじめて, も伝六, を目ざし

1 [807件 抜粋] か, かッ, があけ, があわて, がいい, がいよいよ, がうそうそ, がうなぎのぼり, がおちついた, がおちつきはらっ, がおなじみ, がおる, がきわめ, がご, がしたたか, がしばしば, がすっくと, がすでにもう, がそう, がそろそろ, がたった, がちゃんと, がどうして, がどこ, がひとたび, がぴいんと胸, がふたり, がまだ, がみ, がむっくり, がむっつり, がめらめら, がやにわに, がゆかしく, がわれ鐘, が一二三, が不審の, が乗りこんだ, が今回, が何, が先, が八丁堀, が再び, が刀, が参った, が参り合わせ, が口, が咳声, が声明, が奉行所, が姿, が屈託顔, が引い, が得意中, が意外, が控え, が日常, が水の上, が涼しい, が溜飲, が珍しく, が生き, が疑い, が突っ, が突然ぽろり, が笑い, が聞き終わる, が胸, が自信, が親もと, が認めた, が近, が近づき, が追っかけ, が違いました, が非常, が黙視, しかと預かり申した, じゃと, じゃねえここ, たあ, たるゆえん, だけのこと, だったの, だったらだいいち, だとよ, であったばかり, である, であろうという, でござるよ, でござんす, でなかったならば, でなく善光寺辰, ではなかっ, でもさしつかえ, でもびっくり右門, でももう少し, で右門, というあっし, ということ, という男, とかいう小, としてはあまり, とても年, とともにわれわれ, とともに伝六, との取り組み, との胸, とは互先, とは反対, とは我が, とも思わぬ, と一対, と五右衛門, と半, と張り合い, と張り合おう, と知っ, と知恵, と罷り越し, と顔, と鶴屋利右衞門, なぞには大, などの駆けだし同心, ならばという, なるものの, にあなご, におまかせ, にことば, にござる, にし, にしかられる, にしなだれかかろう, にとって実に, になっ, にのみ許される, にはそんな, にはまた, にはむしろ, にはよい, には剣, には杉弥, には目, には耳, には長兄, にもたらしました, にも内談, にゃできのいいやつが二つ, によってすっかり, によってほとんど, にわかりました, に一本, に不審, に似合わない, に向かい, に向かっ, に呼びかけました, に対して心, に小田切久之進, に感謝, に気がついた, に生まれ, に相違, に縋, に近寄っ, に迫りました, のあだ名, のあと, のいう, のいつ, のいなくなった, のいぶかしかっ, のうれしい, のおどろいた, のからめ手攻め, のききたい, のぎょっと, のここちよ, のことばつき, のごとく, のしぐさ, のしずく, のすばらしい, のする, のそこ, のただちに, のたのもし, のつぶ, のてがら, のにらんだずぼし, のふたり, のふところ, のゆかし, のわざと, の一行, の乗る, の予想, の二人, の人, の人々, の伝六, の先代, の兩人, の判断, の別, の力, の取り出した, の口辺, の右, の右ほお, の同道, の吟味席, の命じた, の啖呵, の喜び, の坦々, の大喝一声, の太刀, の奥の手, の妻, の幸運, の得意, の心鏡, の性分, の意, の手さばき, の手首, の才腕, の捕物, の捕物秘帳, の捜査方針, の推断, の断じて, の期したる, の栃, の槍先, の気, の浪宅, の烱眼, の特別仕立て, の狂わぬ, の玉手箱, の生地, の申し入れ, の疑惑, の疾風迅雷的, の目ざし向かった, の眸, の眼光, の知恵袋, の空, の細身, の考え, の考え方, の腹芸, の舌, の苦み, の草香流柔術, の落とし子, の行動, の見込み捜査, の視線, の解釈, の許すべき, の誘い, の身まわり, の輩ら玄關指, の遺児, の隠れ家, の驍名, の鼻先, は, はあいかわらず, はあの, はあまりの, はいかに, はいかほど, はいたって, はいるか, はうち, はおそろしく, はおどりたつ, はおもむろに, はおれ, はかくし持っ, はかっ, はかれ, はきわめて, はくるり, はぐいと, はこういう, はことさら, はこともなげに, はこれ, はごく, はごめん, はさっき, はさっさと, はさりげ, はしばし, はすぐさま, はすばらしく, はすまし, はずかずか, はそう, はそこ, はそのまま, はその他, はそれほど, はたたみかけ, はただ, はたったそれだけ, はちっと, はちゅうちょ, はついに, はつかつか, はとうとう, はなす, はなつかしむ, はにやにや, はにやりと, はねむだ責めむだ口, はのっそり, ははげしく, ははたと, ははて, はぱっと, はひとり, はひと目, はふたたび, はふん, はべちゃくちゃ, はほんとう, はまさかに, はまたまた, はまだぶつぶつ, はまったくもう, はみずから, はむろんむっつり, はもうす, はもの, はもより, はよう, はわざとちゃらちゃら雪駄, はわざわざ, はカラカラ, はスルリ, はピタリ, は一つ棟, は一同, は一気に, は一言, は万一, は不審, は不快, は五右衛門, は仕掛け, は伊達, は会心そう, は何, は依然むっつり, は優しく, は元気, は八方, は再び, は別れかけた, は千曲川, は厳, は口, は右, は吟味, は呼びかけた, は夥しい, は天蓋, は女, は姉妹たち, は尋ねました, は小声, は少女, は届け先, は山尾, は左手, は年の瀬, は座敷, は待ち, は微笑, は心, は必死, は忽ち, は急, は怪しん, は息づえをあげさせると, は慇懃, は憎い, は扉, は押え, は押し黙った, は探索, は改まっ, は斬り立てられた, は日, は明知, は期したる, は期する, は東, は歓喜, は残念, は気色ばみ, は江戸, は決して, は烱, は焦心, は猪突, は珍しく, は甚五衛門, は異様以上, は異状, は目ざとく, は石川杉弥, は破牢罪人, は突きのめされた, は突っ, は立ち, は立ち上がる, は立ち止まっ, は笑い, は答えず, は約束, は綽然, は縁側, は聞いた, は脇差し, は腰, は血, は血相, は見守っ, は語, は読み下す, は貧乏, は返事, は返辞, は逆らっ, は逐一, は雪舟, は顔, は飛ん, は馬耳東風, は騒がず, は鳥目, は黒羽二重, は鼻, へその, へ刃, ほどには化けきれなかった, もあっと, もあまり, もおもわず少し, もしたたか, もじっとしばらく, もつい, もなに, もやや, も不審, も事件, も喜ん, も大, も少々, も山尾, も手, も板, も目, も耳, も長居, も頷いた, や山吹, らしい, らしいおくゆかし, らしい皮肉, らしさ, をきめつけました, をしり目, をすわらせる, をとうとう, をもなべ, を信ずる, を右門, を向こう, を呼び招こう, を囲繞, を導き入れ, を払い除け, を抱え, を敵, を獄門, を甘く, を粗略, を言いくるめえたら, を請, 必ずその, 決して成りませぬ

▼ 右~ (1004, 4.1%)

46 左へ 35 折れて 29 右へと 22 曲ると 20 曲って 13 切れて 12 折れると, 行くと 11 曲った 10 左へと, 行けば 7 曲るの, 行ったり 6 右へ, 廻って, 曲がって 5 廻ると, 折れた, 折れたり, 曲る, 横に, 行って

4 [11件] それて, 切れた, 取って, 右から, 寄って, 曲がった, 曲ったり, 行くか, 行くの, 行こうか, 行つ

3 いって, ぐるりと, ついて, まわって, 入ると, 動くよう, 向けた, 回って, 廻わる

2 [58件] お廻わり, とって, のめれば, ひねって, ひろがり同時に, まがると, まわして, むけて, よろめき左, ライン遊園地へ, 入ったところ, 入って, 切れると, 動いたか, 向って, 四つ目九つの, 回ると, 大きくぐらっと, 寄った, 寄ろうと, 少し廻り込む, 延びて, 廻すと, 廻り左へ, 廻る, 廻れば, 廻れ左, 往くと, 折れたところ, 折れようかと, 折れる方, 振ったが, 曲がると, 曲がろうと, 曲ったところ, 曲っても, 曲つて行く, 曲り左, 曲り込み右手奥, 曲る宗助, 書き又次, 書くにも, 突き当って, 突き貫ける, 筋違いに, 行く, 行くん, 行く路, 行け左, 行こうと, 行っても, 貸したから, 進むの, 道を, 避けると, 避け左, 離れて, 顔を

1 [535件 抜粋] あせって, あっちを, あるいは右, あるいは左, いう, いこう, いこうと, いったり, いらっしゃれば, うしろから, おいでに, おさえて, お出でやす, お曲がり, お社, お辞儀, かえったら又, かけたる山々谷, かけて, かしげゆったり, かたむいたり, がらがらと, きゆ, きれると, こちらの, ころげ左, すすんで, すなわち太陽, ずれて, そこを, そらして, そりゃあよく, それから川, それたが, それたならば, それたり, たった一人, たよりない, だっと, だらだら坂, ちょっと巻く, ですか, とんで, なげ尻切れ, ならえ, ならふ, ならへ, にげだしたぞ, ぬけました, ねじって, ねじむけて, はいった佐渡屋, はいって, はいるの, はずして, ひきながら, ひき口, ひとまわりさせた, ひとりは, ひねった, ひねりし, ぶらぶら歩い, まいろう, まがった, まがって, まがりいつも, まがりて, まがりました, まがり又, まがるよ, まがる階段, まがれば, まがれ左, また右, まっすぐに, まはる, まはれ, まわした, まわせという, まわった愛国主義, まわり下, まわり出しましたから, まわれば, まわろうと, やったり, ややひろがった, ゆき左へ, ゆくと, ゆるやかに, よければ, よったかと, よれば, よろめいた, グルグルと, サッとひと, ジリッと, ステップする, ユラリと, 一つもう, 一つ曲る, 一ツずつ, 一人は, 一本と, 一条細道の, 一町ばかり, 一遍と, 一閃, 一頭は, 上るだ, 上ると, 下り小, 下り気味に, 下ると, 下るべきを, 下る坂, 主脈を, 二つ廻せ, 二三度じっと, 二三歩さきまわりし, 二人左へ, 二人附い, 二十代なれ, 互い違いに, 五間ばかり, 人影が, 付いて, 伏見道へ, 伝って, 但馬の, 低くなっ, 倉奉行の, 傾いた, 傾いたり, 傾いて, 傾き出した, 傾き始めたが, 傾く, 傾くと, 傾くは, 傾けて, 傾けるよう, 傾ければ, 僕は, 先斗町へ, 入った土蔵, 入つた, 入つた土藏, 入り木賊山, 出たり, 出て, 出るよう, 出る奴, 出る男の子, 出る者, 出れば, 出張, 分かれて, 分かれる支線, 分れて, 切り刀身, 切れさえ, 切れたところ, 切れるから, 切れる畑道, 別れた, 利用すれ, 刺し貫い, 前川に, 動いて, 動かした丈, 動かすだけ, 動きました, 動き左, 動き左へ, 動く, 動くの, 動けば, 十五六間いった, 十歩譲れ, 半町ばかり, 反したから, 反れた, 反れる, 反れ船, 取っては, 取って返して, 取り六田, 取り舞台, 叩き返され右, 右のを, 司書の, 向いた, 向いては, 向き左, 向く, 向けて, 向けば, 向けまた, 向けるも, 向っては, 吹きつけるん, 四五歩左へ, 四角い窓, 回し戻した, 回っても, 回るなり, 回転するなり, 坐れそち, 売卜者の, 変えて, 外して, 大きく一廻転, 大きく廻つて, 嫋娜と, 寄ったところ, 寄ったり, 寄つた弾痕へ, 寄つて母家の, 寄り, 寄り過ぎたの, 寄ると, 寄るに, 寄れよお, 寝返れば, 小さな横町, 小一郎が, 小手斬り, 少し入, 少し後, 尾根伝いに, 居流れて, 左り, 巻いたが, 巻いて, 巻かねば, 巻けば, 幾曲りし, 延びた方, 廻された, 廻した, 廻したか, 廻したり, 廻すよう, 廻せば, 廻ったの, 廻った辺, 廻つてお, 廻つて思案橋又は, 廻らずに, 廻り, 廻りだした, 廻りて, 廻りまた, 廻り林, 廻り泉水, 廻り縁で, 廻り込むと, 廻り込んで, 廻るあたかも, 廻るか, 廻る行列法, 廻れ, 廻わり出した, 廻転した, 弁天山へ, 引いて, 引き通す際, 引くと, 彼は, 往きそう, 往った, 往って, 御下りなさる, 御料理, 微かな, 急ぐ人, 急な, 急廻転, 急角度, 或は左, 手を, 払った青竜刀, 折れ, 折れこみ森山牧場, 折れずに, 折れずんずん, 折れたが, 折れたの, 折れた一間, 折れた廻廊, 折れた翼, 折れた路次, 折れとある, 折れます, 折れる, 折れること, 折れるところ, 折れるの, 折れるまた, 折れ小林, 折れ左, 折れ曲って, 折れ曲りに, 折れ曲る処, 折れ月明らか, 折れ次, 折曲っ, 抜けしばらく, 抜けようと, 抜け一ツ, 抜け根, 押し戻されました, 拔右を, 指して, 指を, 振った, 振つた, 捩ると, 捻じって, 捻ぢ回し, 捻ると, 揺れた, 数えて, 斜に, 斜めに, 斜左へ, 斬って, 斬られたもの, 旋廻する, 日本から, 時計屋菓子屋と, 暁橋の, 暫く行った, 曲がったところ, 曲がったらしい, 曲がったり, 曲がった時, 曲がり全, 曲がるかも, 曲がるだ, 曲がるだろう, 曲がるの, 曲がるべきか, 曲ぐ, 曲ぐるなり, 曲ぐる事なく, 曲げさせて, 曲げて, 曲げはじめた, 曲げる, 曲ったが, 曲ったところが, 曲ったとっつきの, 曲ったら今度, 曲った右側, 曲った座敷, 曲った狭い, 曲ってからの, 曲つた, 曲つてしばらくまだ, 曲つてまた, 曲つて行つた, 曲らうと, 曲りかけた, 曲りその, 曲りやがて, 曲り羽田沖, 曲り行止り, 曲り踏段, 曲ること, 曲るべしと, 曲るも, 曲るよう, 曲るん, 曲る本通り, 曲る角, 曲る頃, 曲れば, 曲ろうが, 書くの, 本流を, 来たぞよ, 来た一人, 構えれば, 横網辺から, 歩いて, 歪みなりに, 水を, 水平に, 永田町の, 河岸に, 泳ぐの, 流すと, 渡し場の, 濠ばた, 火除け, 片寄せて, 片寄った深い, 片足, 玄徳を, 玄関へ, 登った林, 登った記憶, 登ると, 真直ぐに, 真直に, 秋葉山の, 移して, 移り替る, 移ると, 立て直す, 第五番目, 絶え間なくはげしい, 緩いだらだら, 緩く引上げ, 緩るい, 縦横無尽に, 膨れあがって, 落されて, 落つる水, 行かなければ, 行きくるりくるり, 行きクレムリン, 行き小瀬川, 行き左, 行くかと, 行くし, 行くだその, 行くつもり, 行くところ, 行くね, 行くも, 行く内, 行く様, 行く白壁町, 行け, 行けとも, 行ったか, 行った所, 行つた, 行つたといふ, 行つても, 行つて左へ, 読まして, 谷を, 谷町の, 貫通し, 走ったか, 走ったり, 走って, 走り, 走りして, 走り四面八角縱横無盡, 走り左, 走るという, 走るといふ, 跳ねて, 蹌踉し, 転がれば, 転じて, 転ぜしめて, 轉んだり, 辿つて, 辿ツ, 退きある, 逃げる, 逃げれば, 逃げ左, 這入った所, 這入つて行つて, 這入ると, 通つて行つた, 進み橋廊下, 進み追分, 逸れても, 遶る, 避ければ, 針ノ木川を, 鈎の, 閃くと, 開いて, 附いて, 降りきった一劃, 除け左, 隅田駅への, 階段を, 隔てて, 隣り合って, 離れると, 雪の, 零を, 靡いた頃, 順々に, 飛びヒューッ, 飛び左, 飛び退いた平馬, 飛ぶ, 飛ぶかと, 麥畠の, 麹町の

▼ 右~ (367, 1.5%)

3 有磯海, 西なり

2 [13件] いずれも, これら景仰せられた, 何れも, 例の, 右左は, 同氏の, 大家の, 小生の, 居間と, 山の, 山左は, 風土も, 鳥居の

1 [335件] いかなる御, いずれが, いづれも, うしろに, お回し金, かつて前後日本, こちらを, しまったと, すぐれた科学者, すぐ箱梯子, すべて外国語の, その意, その方, その者, それを, ただ僕, ただ天狗憑, ただ自分, だんだんに, とてもイイ, どちらも, ほぼ時代, むしろ景色画, やや大, やや緩く, るれやと, わたしが, アディソン病患者の, アリコ, ウォルシンガム閣下も, シナ人の, シナ古代の, シャロットへの, マルクスの, 一つには, 一九三〇年十一月ハリコフにおける, 一人の, 一千九百三十二年四月三造京都大学を, 一日の, 一重瞼な, 三丈あまりの, 上下貴, 上方道と, 下り龍, 不容易御事柄, 不思議な, 並木の, 中禪寺湖水, 主として内容, 主人ドン, 乞食が, 亀井邸への, 事実か, 事実でしょう, 二の丸で, 二世圓朝を, 交通甚だ, 人間の, 人間普通の, 今は, 今までに, 今出川住人富田無敵の, 伊予の, 会社に, 低いが, 何んの, 何処までも, 何方も, 信州沢と, 俺には, 僕の, 元氏, 先ごろ上洛後天朝より, 先刻申上し寶珠花屋八五郎娘秀離縁の, 全く同人, 全く髯籠, 八姓の, 八畳の, 其の時, 其一を, 其節見知りの, 内容が, 内蔵助の, 冗談に, 冬枯れの, 別室へ, 到底哲學, 前記の, 前記轟技師の, 加害者の, 勅命を, 動物界全部を, 十五歳次郎高重の, 十幾艘の, 午下の, 単にその, 単に東寺, 即ち中津川, 即ち文鳳, 却って喜ん, 原とも, 厳密な, 去る五月十日午後四時頃, 又適, 古名の, 同弁護士, 同科新任教授正木博士, 名を, 呉一郎本人も, 唯もう茫々, 四人で, 圈の, 土手上の, 地下工事の, 地藏の, 塩田で, 士族と, 外夷御, 夢及夢中遊行なる, 夢想と, 大いなる黄褐色, 大乗院専属の, 大体について, 大体の, 大体契沖の, 大正十一年十一月廿一日鴎外全集購讀者豫約募集の, 大隅太夫の, 天下こぞって, 天神と, 夫伊兵衛川中に, 奈良坂の, 奉行屋敷へ, 如何樣, 妙高の, 姦夫淫婦の, 安養寺左は, 宏い, 實に, 寺, 寺院の, 将監峠へ, 尽く, 局中の, 山で, 山を, 山林遠く, 岡崎総吉と, 峻嶺笠を, 崖っぷちで, 崖路に, 嵐も, 川渡しの, 左よりも, 常に一帶, 干戈を, 平坦だ, 年代を, 幹部一同から, 幽沢山, 当村, 往来を, 後の, 後日を, 必ずや発作, 念仏山の, 急斜面の, 怪しからぬ, 息も, 意を, 意外な, 意気地がの, 愚僧御, 懇切より, 我が邦今日, 我會社にて, 我等養父の, 或る, 手軽く埋葬, 拙作はばかり, 支那全, 政治の, 教授パウル・ミルヨウコフ氏が, 文意で, 新聞記事を, 旅立ちじゃ, 既に三次, 早速調達, 明らかに, 明治六年の, 明治十三年の, 昭和十年に, 普通の, 景色画で, 書院左は, 木曾川漲り流れ, 東京の, 東京者に, 松の, 松並木で, 松前志摩守左は, 松原から, 松平駿河守の, 板壁で, 林町へ, 某新聞, 柔かい, 楽な, 概して山巒, 榠櫨畑その, 橘曙覽の, 止むに, 正面に, 殆ど毎日, 比良比叡の, 水を, 水役の, 水戸浪士について, 汗の, 江戸道と, 決して東山道軍, 汽車が, 沈の, 沢へ, 洗った骨, 海その, 海へ, 海を, 淀川で, 清内路に, 清宮東宝主任が, 清正公の, 湖水の, 湖水を, 溜池左は, 滾, 濠, 濱野繁太郎, 瀧に, 瀬戸物屋左は, 無名指が, 焼跡から, 煉瓦の, 牡牛座で, 狩島右門の, 独身者の, 狭けれども, 生田長江の, 甲府へ, 甲必丹江府の, 畑といふ, 畑らしい, 畑左は, 當時無縁なる, 発見次第御, 白井差に, 白浜温泉であり, 百七十三名の, 百姓, 百姓家の, 皆去年あたり迄の, 直に硝子窓, 真白なれ, 眼の, 矢場であり, 短い激しい瀬, 短歌の, 社会の, 私が, 私し, 稍緩く, 空席一つ是に, 空海上人忌日, 立場と, 笠着た, 築港まで, 米国ワシントンの, 籾倉の, 籾倉左は, 紙に, 絶壁の, 総寧寺, 美しい若い娘, 背に, 腰本, 自分で, 若年より, 落日, 落葉松林左は, 蓋し亨保六年, 藤田伝五伊勢貞興らの, 衝突儀仗の, 西に, 西丸詰めの, 西山一帯の, 見た目が, 請願書の, 諒承せられたい, 谷川岳附近まで, 貧乏人の, 軸にな, 辻番所だ, 近いが, 近重物安博士, 送信用左は, 道一つ隔て, 道中の, 遠く荒天, 遠方の, 酒屋へ, 重四郎, 鉄板, 銘々の, 鍵の, 長庵, 長竜寺で, 阿部君の, 陽子さん左は, 階段状を, 雁坂峠へ, 雄略天皇御製なり, 雑木の, 雑木山左は, 難波と, 雨天に, 電車の, 頗る広汎, 餓死だ, 駄目です, 駈けだして, 駈けて, 高くな, 麦畑左は, 黒板塀で, 黒緒の, 2左は

▼ 右から~ (345, 1.4%)

101 左へ 39 左から 28 左に 14 左へと 5 吹く風, 左と 4 三番目の, 二番目の 3 二番目に, 左には, 左左から

2 [11件] その鏡像, 三ばん目の, 二ばん目の, 二番目は, 出て, 左, 左という, 左の, 左へは, 後ろへ, 手を

1 [114件] お, かかれ, かぞえたり, きたのに, くる支流, なりと, ぬつとは, ひだりおいそれとすぐ, ひだり簡単に, ひだり道具屋なんて, まわって, みるとずつと, わめき左, タカイシ沢の, マツクラという, 一つの, 一径の, 七ばんめのぼっち, 七番目に, 三つめのを, 三人めの, 三人目に, 三番めの, 三番目に, 三番目は, 上から, 下つ, 乗つたが, 乗らなければ, 二つ目の, 二番目, 二番目と, 二番目のを, 二行めは, 伝六が, 何番目かの, 僕の, 先に, 入って, 入つて左, 八番めと, 出ても, 出刃を, 分けて, 取っては, 口を, 合する, 同じ位, 四枚目の, 堅に, 大月玄蕃左から, 始めて, 始め縦の, 小さい沢, 小さい犬, 小沢が, 左からい, 左からと, 左だ, 左との, 左にか, 左のへ, 左へという, 左り, 左イ, 左内輪で, 左左り, 左膳を, 張嶷は, 懐中に, 或は左, 打ち込みさながら, 打つと, 押し出した水, 推想し, 撃つたか, 数えて, 斜左の, 来た一人, 来た電車, 来て, 来る矢, 来れば, 来右, 梅本が, 椅子が, 殴り左, 沢が, 法光寺東泉寺福念寺の, 洗うの, 焼きましょうか, 照り輝いて, 白馬沢が, 盾を, 石の, 突き出した長方形, 突き出して, 続く一葉, 自然に, 落ち合った可, 落下し, 襲い左, 見て, 見ても, 見ると, 見左, 見置いて, 覘って, 読んで, 躍って, 金兵衛が, 面白く飛び出す, 頭部を, 頽れ落つる

▼ 右~ (323, 1.3%)

74 左に 39 左の 25 左とに 23 左へ 22 左と 17 左から 16 左を 7 左が 4 いえば 3 ひだりの, 云えば, 同様の, 左とから, 左とは, 左とを, 左には, 左り, 言えば 2 云へば, 左で, 左との, 左も, 左手頃の, 書くべきところ, 書くべきを

1 [55件] あるの, なりに, なり前, ひだりに, みれば, よく似たる, わめき散らすので, マゼコゼだ, 何に, 全く同様, 全く異, 兩方から, 勘解由の, 反対に, 反対の, 同じ傾向, 同じ意味, 同じ日, 同じ昭和七年, 同じ考え, 同時に人麿, 同様な, 同樣, 同等に, 固定化し, 左, 左だ, 左だけじゃ, 左では, 左といった, 左とちん, 左とで, 左とには, 左とへ, 左な, 左によって, 左はかべ, 左へか, 左ほどの, 後ろ, 心を, 書くべき場合, 汝の, 男に, 相談の, 署名し, 脚を, 言ったもの, 言ったら以後, 言つたら, 言へば, 訳しても, 関係の, 関聯せる, 陳じし

▼ 右馬介~ (316, 1.3%)

4 の手, の方, の柳斎 3 か, はすぐ, は急, も

2 [12件] が, っ, である, と申す, の姿, の眼, の顔, は, は今, は気, は高氏, もまた

1 [268件] からそれ, からつぶさな, から委細, から小, から正成, から聞い, から聞いた, から聞け, から自分, がお供, がここ, がこれ, がさっそく, がそ, がそう, がそこ, がその, がふと, がみえました, がもし, がやがて, がわれ, が倉皇, が十年, が去った, が命ぜられ, が尊氏, が後ろ, が成れの果て, が折, が柳斎, が深い, が立, が色, が親切, が言った, が訪ね, が負っ, が遠い, が陽, が隠れ家, が首, が駒, さえ今日, そうしたわけ, そして一色刑部, そのほか, だけが知っ, だけはとうに, だそれ, だった, だったの, ついに待望, であること, でございまする, でさえこれ, といい, という侍, とこうし, とて今, とて幼少, とて無, とは, とは不知哉丸, とは引き裂かれ, ともうす, と家臣ら, と放免上がり, と高氏, どのはじめ, どの刑部どの, なの, なら待ちかねて, なればこそ, に, にいわれ, にご, にさえその, についてこれ, についてである, にとれ, には彼, にべつ, にむかっ, にもいっ, にもしたい, にも申し, にも第, にゆり起され, に一番, に取らせた, に命じ, に知られ, に訊け, に返り, に預け, のあらわれ, のおび, のこと, のことば, のたじろぎ, のやれやれ, のよう, の一生, の主従, の介添え, の兄, の出生地, の分別顔, の喉輪, の実家, の家, の心, の応え, の怪しみ, の所在, の手紙, の本心, の横面, の河内潜行, の生家, の眸, の筆, の苦悩, の部屋, の隠密情報, の頼み, はあきれた, はあの, はいぜん, はいつ, はいと, はいま, はおい, はかえって, はかろく打消しながら, はこう, はことば, はしめた, はそこ, はそっと, はその, はそれ, はそんな, はたずねた, はといえ, はとっさ, はどう, はどこ, はにやりと, はにらん, はひとまず, はまた, はまったく, はまま, はまもなく, はもちろん, はもてあまし, はやっと, はわざと, はわらじ, はわれ, はキシキシ, は一たん下屋, は一命, は下, は不安, は主, は佐渡, は侍者, は先, は六波羅攻め, は初対面, は十年, は叱られた, は右馬介ひとり, は城, は宿直, は尊氏, は居合せた, は当惑, は当然, は彼, は感動, は桟敷, は機, は正直, は武家奉公, は磯石, は笠, は答えた, は考え, は耳, は腹, は自信, は苦笑, は藤夜叉, は言いつづけ, は言った, は語りつづけた, は退がっ, は鎌倉, は阿, は顔, は馴れぬ, は駈け寄っ, は驚い, は黙った, へお, へこう, へそっと, へその, へは, へむかっ, へも今夜, へも申し, へ完全, へ組みついた, へ酌, まず第, まだしばらくは, もあと, もあれ, もう寝る, もきっと, もすすめられた, もついに, もまだ, もやがて, もやや, もわれ, も人間, も付い, も単にこう, も右馬介, も同様, も存じませんでした, も庫裡, も彼女, も思いうかべた, も振り返った, も明石, も深く, も腹, も行っ, も黙っ, や土岐左近, よく致し, よとありがたい, よの, よほど長く, より聞きとりました, をいざない入れ, をうしろ, をお, をし, をつれ, を供, を前, を呼び, を呼びたて, を宮方, を怪しませた, を訪ね, を通して, 思い出すなあ, 知れたか, 行って

▼ 右~ (286, 1.2%)

36 して 25 見ても 24 見左 13 見たり 11 向いても 8 した, 下に 7 向いて 6 すると 4 向いたり, 見ると 3 向いた, 向くと

2 [11件] さし示したり, しようかと, とるべきか, 向き左, 向く, 左と, 左を, 眺め左, 見て, 見るも, 走る電車

1 [112件] あおぐと, かいて, かならず過, からんで, さえぎりて, し, しかけたが, したり, しました, しようと, し独り, し部屋, するオヂオン座横, そなえ呂布, ちょっと御, ながめ左, はじめ松山榊原それに, ふり仰ぐと, みれば, み左, むき左, むくとも, やられて, やるんで, 一種の, 上る人, 仰ぐと, 伸して, 出して, 切った, 制すると, 取った, 取り進めば, 取るといふ, 向かせた, 向かないの, 向き, 向きひとつ, 向き王, 向くん, 向く暇, 向けと, 向けば, 命じますね, 売るなり, 天狗か, 家来片岡源五右衛門磯貝十郎左衛門と, 少しだらだらと, 左へ, 左り, 差し込んで, 常に外, 廻って, 廻り稍急, 懐手に, 打て, 抜こうと, 押すと, 押せば, 押せ上原, 拂へば, 指さしたり, 指して, 指し一方, 指す, 指す群れ, 捲いて, 斬られる駿河国庵原郡, 曲って, 書いて, 棄てて, 歩いたり, 歩いてるなと, 残して, 求め一節期一節期, 海へ, 狙った筈, 當てる, 登り念, 盻しかど, 眺め, 眺めやつ, 睨みグッグッ, 石切河岸と, 落して, 行くも, 行っても, 衛る, 襲っても, 西方の, 見, 見しなかった, 見た, 見れば, 見廻したらばか, 見廻しました, 見張って, 視後, 認むるようなもの, 證據に, 逆に, 通ったらしい, 通つた奴に, 通り抜けようと, 過ぐ, 選んだ, 遺恨に, 防ぎ候儀, 除けると, 頤に, 頭に, 顧左を

▼ 右~ (150, 0.6%)

28 わの 3 わへ 2 わに, わは, わを, 壁で, 左に, 懐に, 校長閣下の, 運慶尊左が, 醤油を

1 [101件] あればこそ, いけなくなって, いちばん上でき, いつも供米, おかしなこと, しびれ出しこっち, その後から, その生垣, その部屋, それを, ちょい, ひいきで, ひどいし, ほんたうだらう, よくない, わから, わがぱっと, わにぱっと, わにひろい, わにも, わに一つの, わに主人の, わに公孫勝ひだりには, わに夜具を, わに少し, わに見知らぬ, わに踏段が, わも, わや左が, イル・サン・ルイ, タイプライター修繕一軒の, レッドで, 一・五だ, 一年生その, 三つ, 三本左が, 三社権現それから, 下りすぎて, 不埓, 伊那道です, 入って, 八谷誠左が, 前穂高, 勝った, 勝てば, 右京に, 吾妻橋橋と, 四年生で, 多いやう, 太乙殿, 奥羽国境山脈, 女中部屋で, 嫌なら, 存在し, 宗悦の, 小島町で, 居据り, 左には, 庫裏である, 弘法大師左が, 後, 戸田采女左が, 手を, 打ちよう, 断岩の, 旧塾, 明和六年七月十二日宿老の, 星巌左が, 板橋左が, 欠ける, 武家屋敷左が, 殿方左が, 父です, 獅子で, 男の, 痛くなった, 痺れて, 白眼で, 石を, 石川日向宗対馬守なぞの, 私の, 肺だ, 自分すなわち, 臭いと, 茂倉岳左が, 蔵裏で, 評定所, 赤城左は, 迫って, 迫つて来たり, 運慶左が, 遠ざかったり, 遠ざかつたり, 部屋と, 陣取り主, 陰に, 雄ぐま, 鳴ったか, 鳴つたか, 麹町十三丁目の, 3の

▼ 右~ (123, 0.5%)

90 左も 2 左の, 左り, 煩悶左も

1 [27件] あなたお, ことに最後, なければ, なんだか氣味, やった, スラスラ左, 不埓, 二重瞼に, 人波打ち, 人里に, 他人左も, 其方達の, 切に切れぬ, 室突き当りも, 山である, 左もべ, 床しげ, 接伴役の, 柿左も, 桜左も, 検屍の, 為むを, 生垣左も, 畑左も, 眺めず只, 茨, 見ず左

▼ 右源太~ (115, 0.5%)

63 は頭 2 がこう, の前, はそう, は役人, は微笑, は脣, は行手, を見

1 [90件] が, が人, が堤, が立, が立っ, が話し, じゃ, で御座るが, とをじっと, と申します, に, にこう, に反感, の周囲, の家, の左右, の後方, の手許, の横, の背, の袖, の顔, はおっかぶせる, はお歌, はこう, はこの, はさっと, はその, はにやにや, ははっ, ははっきり, はぼこぼこ, は一寸, は一杯目, は両手, は人々, は倒れ, は光, は処置, は刀, は厳粛, は吐出す, は唄い, は喘い, は地下, は壁, は大きい, は大きく, は大声, は山, は微か, は心, は悪人, は扇子, は握っ, は敷居, は曾川, は止めよう, は江戸, は油紙, は生薬屋, は真赤, は眼, は空腹, は絶叫, は縁側, は脚下, は脚絆, は腰, は膝, は茶店, は蒼い, は蒼白, は褒美, は詰所, は誰, は賑やか, は足踏み, は静か, は頷いた, は黙っ, へ眼, も二人, も行く, を乱軍, を平常, を睨み, を見た, を見る, を警戒

▼ 右ヱ門~ (102, 0.4%)

3 の孫, の心, の館 2 になりし, の両家なだれ, の魂, は父子即死

1 [85件] から二字, がいいました, がこんなに, がなる, がのみこめない, が仔牛, が声, が怒りだし, が戻っ, が答えました, でがまん, としもべはやがて, について歩い, にとつ, にはさすが, には好き, には思へました, にぴつたりあふやうなしやうばいは一つ, にわかりました, に家光, に教, に返つた, のため, のやう, の住家, の何より, の使つて, の坊さん, の大好き, の妻, の旦那さま, の生活, の耳, は, はあまり, はいつ, はうまれ, はかう, はかういふ, はきい, はこの, はさつき, はその, はそれでも, はちやう, はときどき, はなかなか, はほ, はまだ, はもつ, はやがて, は今, は坊さん, は坊主, は堤, は大きく, は将軍家光, は弓矢, は御堂, は怒りだしました, は思ひました, は拍子, は正しい, は百姓家, は真黒, は矢, は穴, は立てた, は肩, は船, は船頭, は親方, は足, は金, は釜師, は長い, は顔, もだまつて, やせても, をつれ, をみつめ, をよびとめました, を案内, を見た, を見上げ

▼ 右には~ (101, 0.4%)

3 蠍座の 2 桜若葉の, 針ノ木岳左には

1 [94件] あの有名, いって, いて, ずっと近く大山一名雨降山, づれて地続きの, ひつた, われシビリアを, カンテラを, クラリモンドが, ゴオドが, 一座の, 両角豊後内藤修理が, 久米正雄僕の, 二十前後の, 二千六百米に, 仙人山左には, 低い死体収容所, 侍童が, 其御因縁も, 出張つた小山, 切り立った岩壁, 判官が, 前白根, 十文字峠の, 同じく浅倉屋, 問題の, 噴水が, 多摩川上流の, 大きな油絵, 大幡八町峠の, 大野順平が, 妙見山が, 尖端が, 忍剣左には, 所用看, 抜刀を, 抜身の, 文学だけを, 新聞と, 昨日登った, 書記判事席の, 書類戸棚が, 木の根が, 未だ青き, 机の, 村の, 果しなく, 柑橘が, 染谷の, 槍ヶ岳左には, 樹齢二百年ほどの, 正成の, 武光岩鬼岩蟇岩帽子岩ただ, 母の, 母上あり, 浮洲を, 深い深い底, 父が, 珠数工の, 珠數工の, 生駒金剛山の, 白き大理石, 目ざわりあろう, 相田清祐が, 真白に, 神楽ヶ峰桐, 競馬場が, 笠ヶ岳続い, 米大陸の, 紙巻烟草を, 芋, 花, 若い柳, 落日大, 蕭々たる, 蝎座の, 許, 費す者, 赤城から, 赤城の, 赤膨れ, 造兵廠の, 道志山塊の, 遠州洋杳, 阿蘭陀風の, 雄渾な, 雪の, 青磁色の, 韓当の, 駒ヶ岳の, 高からぬ, 高等学校の, 鹿の子斑に, 黒吹崎突出す

▼ 右~ (98, 0.4%)

4 であるか 3 にある 2 執弓矢

1 [89件] からも甘んじ, にあ, においては思想, にこれ, にはセントアーン山, にはデュマネエ, には北豪州クイーンズランド州, には旧約聖書, には橋本箕山, には音楽堂, にめぐらす, にめぐらせ, にパタゴニア州, に一きゃく, に一帯, に傾い, に入海, に副, に動く, に向けられ, に在す, に在った, に小, に屹立, に廻し, に彎曲, に当たって胸甲騎兵, に心持皺, に文字, に曲がり, に望む, に望見, に温泉岳, に白山, に石碑, に立ち, に立っ, に立った, に立つ, に聳, に聳えた, に腫物, に荒山見え初め, に褌, に豪山, に轉, に進み, に長く, に順次, に飛び, に鳥居, に鹿児島湾, に黄海, のすこし, の力士, の塚, の壇上, の奧, の岩壁, の島, の柱, の栗, の海上, の眼下, の眼尻, の繁み, の老松數株生, の者, の青木, はこの, は主張, は原, は大弐, は女子, は小, は港街, は瓠花, は米山, ばかりへの主要, ばかりへ主要, への運命, へ出されました, へ廻りだした, へ揃え, へ木, へ行く, へ逆戻り, へ這入る, 即ち圈

▼ 右門流~ (90, 0.4%)

22 でした 7 です 3 の吟味方法 2 がもう, が飛び出しました, だったの, のあざやか, の命令, の眼

1 [46件] あるのみ, があい, があります, がずばり, がだんだん, が始まった, が始まりました, が小出し, が飛びだしました, だね, でこんな, ですね, で出かける, で見破っ, というドス, といや, なの, にたたみかけられた, には打ち出の小づち, に取りかかろう, のうち, のえ, のおそろしい, のつりえさ, のむだ石捨て石, の中, の十八番, の巧み, の序の口, の慧眼, の手, の抜き打ち, の明知, の水ぎわ, の細工, の虫干し, の行動, の裁決, の軍学, は人, もここ, をそろそろ, をほのめかしはじめました, を大, を小出し, を思いついた

▼ 右~ (88, 0.4%)

2 [13件] でこれ, という人, の, の方, の案内, の開けた, は二人, は五十, は以ての外, は我慢, は武家, も開いた, やア

1 [62件] か懐かしかっ, がいる, がとやかく, がむずかしい, がむづかしい顏, が今, が兎, が変死, が立ちあがった, が脇, だから, だが, だよ, でございますが, でございますよ, でも多, という御, という武士, という男, という若, といふ人, とが囁き合い, とが立ち, と密通, と睨み合, と睨み合った, と知りません, にいいつけた, に五十金, に別れ, の墓場, の娘, の家, の手伝い, の手傳, の横面, の胸, の道具, はせっかち, はせつ, はハッ, は乳, は如何, は家出, は心, は忠心, は忠義, は涙ぐみ, は漸, は男坂, は百姓, は苦りきっ, は苦りきつ, は見返り, は跡, は震える, は面目, やお前, を鉄砲, 困った事, 困つた事, 得たりと

▼ 右~ (88, 0.4%)

37 の頭 22 之丞 7 之丞樣 6 の頭さま 3 之丞殿 2 どの, 助忠正 1 がお, の允, の允正時, を負かしたら, ノ頭茂時, 之丞殺し, 之助, 助行光, 大允

▼ 右にも~ (86, 0.4%)

65 左にも

1 [21件] いった如く宗教, きこえ左, すでに述べました, なれば, もう一つ, 不平が, 亦左, 仕様が, 同じ戸, 天城山見えそむ, 少々誤字等, 檜の, 滝左にも, 背の, 行くべき道, 見えない, 見えまわりはいちめん, 述べた通り, 這入ったまた, 遠く白砂, 鵜の

▼ 右衛門さん~ (76, 0.3%)

5 が殺される 2 と清作さん

1 [69件] おそい, お上がりください, お久し, からよろしく, から頼まれ, がああ, がいった, がお話し, が倒れ, が死ぬ, が殺されよう, が殺せる, が申した, が立っ, が開い, が高座, この土地, さ, そうじゃあ, その猫眼, それにしても私, だ, ですよ, でも馬籠, という人, という山道, とはよも, とは以前, とは大, とは滅相, と別れた, と大さん, に, にたずねた, に変り事, に持ちかけ, に知らせる, に話さね, に追い付い, に追い付かね, に高座, のお, のおばさん, のこと, の冗談, の口ぶり, の命, の宅, の家, の幽霊, の影, の挨拶, の有, の末子, の横顔, の背中, の隆子さん, はこの, はそう, は仔細, は注文, は相手, は結局, もそう, もそりゃあ, やら山影さん, を妾, を振り捨て, を追う

▼ 右~ (71, 0.3%)

17 之進は 10 之進の 8 五郎は 5 之進が 4 五郎が 2 之進を, 五郎さんも, 五郎でした, 五郎様, 衛門の

1 [17件] 之進から, 之進と, 之進という, 之進に, 之進も, 之進三月目には, 之進様, 之進驚き呆れ, 五郎でなけれ, 五郎様が, 五郎様の, 五郎様は, 衛門, 衛門が, 衛門と, 衛門とか, 衛門千恵蔵などの

▼ 右~ (66, 0.3%)

4 の視力 2 のまぶた, の下, の失明, まっ赤, をめざしつ

1 [52件] から口尻, がつぶれ, がわずか, が二倍, が充血, が利かない, が又, が明, が潰れ, が激烈, が頻りに, だけが盲目, だけをカッ, で睨ん, とし, にうけた, にモノモラヒ, に強烈, に故障, に注意, のうえ, のわるい, の上, の不自由, の傷, の劇烈, の病気, の白内障, の膜, はうつろ, はまっ, は大した, は左眼, は日, は牡蠣, は遂に, は閉じ, へ叩き込んだ, へ矢, まだ真, まだ赤い, も充血, をつぶし, を刳り抜い, を剔出, を失っ, を失った, を手術, を打った, を押し当てる, を突かれ, を襲った

▼ 右さん~ (61, 0.3%)

3 は村 2 の心, はいひました, はそこ

1 [52件] が, がなつかしい, がほん, がゐる, が吊, が射つぶし, が平次, が戸, が托鉢, が矢, でありました, なども実に, にきかせ, になれ, に感謝, に話しました, のま, の好き, の話, の顔, はあちこち, はお, はかうし, はきよろきよろ, はしみじみ, はそこで, はそれ, はたいへん, はどう, はどきつ, はひそか, はぴよくりと体, はめづらし, はもともと, は一歩, は人手, は唐臼, は子供, は子供たち, は少し, は川名, は平次, は庭, は昔, は柊, は耳, は腰, は自分, は道, は重い, もびつくり, をやつれさせ

▼ 右へと~ (56, 0.2%)

4 進んで 2 かしいだ, 取って, 寄るの, 小石の

1 [44件] あわて, いくつかの, おもむろに頭, それるよう, たおれた, つづいて, まがって, むやみに, よろめいたが, ソロソロ見廻, トラヴァースし, 入れ違いに, 別れたの, 制して, 動き廻る, 叫んで, 大身の, 岩に, 崩れ掛かり, 左へと, 巻いたが, 広い角度, 廻し続ける, 廻り込んだ, 廻る, 怒鳴って, 折れ込んだ, 抜け出ると, 旋り出した, 曲がって, 曲って, 曲る角, 爪先上りに, 矢継ぎ早に, 行く, 走つて, 踊り廻る, 迂回し, 通る, 進み菅橋, 避けては, 開いて, 隈なく, 静かな

▼ 右大将家~ (56, 0.2%)

8 の御 3 の声 2 の寝所, の頃

1 [41件] があれ, が何故, が供養, が橋供養, が決して, が病気, が馬, でないと, ではあるまい, ではない, としたなれ, には何, には相模川, にまさる, に於い, のあの, のお, のお歌, のやう, の人, の法華堂, の立て, の第, の覇業, の質素, はお, はさすが, はやつぱり, は官位, は梶原, は病気, もこれ, もよろこび, も御, をあやめない, をひとめ, をま, をも凌ぐ, 再度の, 御壮年, 御挙兵以来

▼ 右~ (55, 0.2%)

3 の男 2 には自分, に坐っ, の方

1 [46件] が空いた, が魚屋, となっ, と裏, にある, にいる, にすわっ, にそびゆる第一生命, にたちまち, には博士, には声楽家, には柳屋, には番頭, に寝, に星巌, に歩い, のスマート, の久吉, の久吉さん, の亜米利加人, の人, の出番, の声楽家, の娘, の室, の家, の山田, の椅子, の画室, の矢並樣御先代伊織樣, の籐椅子, の老人, の舟, の菓子屋, の裁縫, の退職官吏, の邸, の靴店, の魚屋伝吉, はモーターボート, は中学生, は娘, は歯科医院, は農家, は長崎屋幸右衛門, は長崎屋幸右衞門

▼ 右大将~ (54, 0.2%)

2 は常陸守, を兼任

1 [50件] からあちら, からそっと, から産養, が内大臣, が多数, が大納言, が宇治, が庭, が御, が親, が通っ, が高官, だつて, だという, という高位, と応酬, などもあまりに, なども私, にこの, に多く, に官位, に昇進, に結婚, のこと, の入来, の前駆, の勢力, の字, の家, の御, はこの, はこんな, はすばらしい, はそれ, はまだ, は天才, は恋, は羽振り, は自身ら, は若い, は藤壺, は部下, へ贈る, もまいった, も同じ, も昇任, をも加えられた, を始め伯父君たち, を表面, を辞した

▼ 右~ (47, 0.2%)

7 の次第

1 [40件] なわけ, な世界, な事情, な大金, な実例, な次第, な者, な論理, には相成るまじく, に申候共決, に竜, のこと, のものこれ, の事情, の人, の人間, の儀, の勘定書, の厄年, の咄, の始末, の思案, の手紙, の招待, の時, の溯, の爬虫類, の用意, の百事如意, の緩, の者, の能, の話, の譬え, の趣向, の電文, 多き内, 思ひめぐらし, 相成り候ゆえ, 相成り候わば

▼ 右~ (47, 0.2%)

2 の関節

1 [45件] から先, がない, がヒョイ, が出, が太腿, が痙攣, が痛ん, でえいツ, で払った, と共に十分, と左脚, に履い, に打撲傷, に接し, に数箇所, のつけ根, のにえ込む, の上, の入っ, の脛, の膝小僧, の附根, の骨疽, はついに, はなはだしく短くちんば, は分, は膝頭, をあげる, をきりおとした, をけつ, をふくら脛, をもう, を傷めた, を先, を失った, を少し, を屈し, を引込め, を持ち上げる, を捻挫, を支える, を新, を砕いた, を組み合せ, を軽く

▼ 右衛門殿~ (44, 0.2%)

1 [44件] お連れ合い, か, かいか, から五十両, がゆるさない, が重々, だ, であろう一匹, でござるか, という, とても心安く, と六蔵殿, と囁いた, と小林三八郎殿, どうしてここ, なきあと, にさまざま, に訴えた, のこと, の事, の佇みいる, の女房, の娘, の言いおかれた, の霊, は, はいい, はお, はしたないでは, は家代金, は御, は息, は眼, へよろしく, もこの, も待っ, も捕虜, も浜路殿, も行衛不明, より伝授, を千日前, 差出され候処, 御軍令, 物語りに

▼ 右~ (43, 0.2%)

15 左か 7 左かの 4 左かに 3 左かへ, 左に 2 左へ 1 どちらかへ, 同じ左, 左かじぶんのが, 左かといふ, 左かを, 左どっちかの, 左の, 左り, 毛縮緬など

▼ 右~ (43, 0.2%)

11 左に 9 左の 8 左へ 5 左を 4 左や 3 左と 1 左な, 左のを, 左申します

▼ 右衞門方~ (41, 0.2%)

4 へ到り 3 へ參 2 へ御, より貰

1 [30件] から反古, に於, に飼猫, の切戸口, の勝手, の奉公, の手代多助, は毎度申, へと志ざし, へと急ぎ, へ下宿松本理左衞門始め掛役人, へ五六人, へ人出入, へ來, へ到つ, へ妻子, へ娘, へ尋ね到り, へ引取, へ忠義, へ悴倶, へ晝, へ申越候趣, へ罷り, へ行き, へ行先達て, へ言, へ音信, より五ヶ月限り, より吉兵衞方

▼ 右~ (39, 0.2%)

2 外私事訴出候共不, 家に

1 [35件] 一儀に, 下人, 仕合書状も, 内生, 名子, 外無, 大堺, 如之氣質故, 帰路小野毛人墓へ, 御蔭を, 断然と可相止候, 段主人讃岐守より, 段御, 段相心得不, 者共上を, 者共人柄よろしから, 者共奉, 肩より, 蓋石取, 趣不, 趣宜, 軍, 通, 通に, 通り一同相心得申べく, 通り万石以上以下不洩様に, 通り下されその, 通り心當の, 通り慥に, 通り申渡し, 通り相違御座なく, 通年齢にて, 通被, 通雛型築地於屋舖内手職人エ申付爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出, 首尾相濟候儀を

▼ 右~ (38, 0.2%)

1 [38件] この会見, この間は, リュウと, 二葉亭の, 二葉亭は, 二葉亭を, 二階へ, 他の, 体裁は, 何であろう, 出発に, 初めて来た, 土蔵附き, 外国雑誌を, 外見だけは, 多くの, 天禀の, 夫妻の, 島田は, 御恩, 恁うい, 文士劇の, 文明紳士として, 日本の, 春廼舎の, 木の, 来いと, 止むに, 洋楽は, 現に文学, 画家として, 紀州の, 紅葉の, 終に, 自分の, 表面は, 鴎外が, 黒紋付の

▼ 右隣り~ (38, 0.2%)

3 の部屋 2 の席

1 [33件] がおし, が山岸, が糸問屋, が電話, と左, にいた, には兄, にゐた, にゐる, にアウレスキー, に住ん, に居る, に席, に恰好, に私, に譜, のばあさん, のドイツ人, の古, の叩き大工, の富川さん夫婦, の富川十三夫, の張出窓, の泣き声, の男, の畑, の畠, の蓮, はバジリカ, は首実検, へは一面, 即ち街, 山下といふ

▼ 右衞門さん~ (37, 0.2%)

2 が不, と云う, のところ

1 [31件] おあがん, がそれ, が拔, が隱居, だね, であつ, でげす, ですか, ですよ, というお方, という立派, とは仲, と仰, なら芽, にお, にはお, には水街道辺, には評判, に返す, に違えありません, の兄きが, の家, の所, は御家, は甚御氣, は胸, は驚き, を入れ, を叱る, を頼ん, 御苦勞はん

▼ 右衛門町~ (36, 0.1%)

4 の路地 2 の伊勢屋, の佐渡屋, の河岸, の隠居泉屋

1 [24件] から五間堀, から第, で殺されました, と浅草御門, と菊川町, には大, に開業, の医者, の安田松慶氏, の杉野十平次殿, の現場, の福田屋, の自宅, の蕎麦屋, の裏店, の露路裏, へは行かない, へ出た, へ行っ, へ飛びました, までは一, まで女, まで行く, まで行っ

▼ 右~ (35, 0.1%)

4 の儀 3 の事 2 之次第

1 [26件] のほか, の事情, の事総て俗人, の人, の人々, の修行, の内一, の壮士連, の字, の徒, の徒輩, の惡事, の数名, の方法, の次第, の碑文, の話, の趣向, の頗る, の馬蹄形地, は人, は維新前後, を只今爰, 之事, 之儀, 之處宜敷

▼ 右衞門町~ (35, 0.1%)

4 の路地 3 の小唄 2 の伊八, の佐渡屋

1 [24件] で何, で殺されました, に引返しました, に急ぎました, の上總屋伊八, の小町娘, の左官, の忠義酒屋, の忠義酒屋加島屋, の河岸, の現場, の酒屋, の醫者, の隱居泉屋, の隱居泉屋夫婦, は一, へ, へは行かない, へ行つて, へ飛びました, までは一, まで女, まで行く, まで行つて人

▼ 右~ (34, 0.1%)

3 に地図 2 からは青白い, から左下, に図

1 [25件] から斜め, から斜め下, で確保, にある, にうす黒く, にちょこんと, には窓, に厚化粧, に持久戦争, に斜, に白い, に花飾り付き, に貼りつけられ, の位置, の余白, の尾根, の端, の糸切歯, の股, の角, の隅, の鳥籠, へ, へと登路, へと縫う

▼ 右~ (33, 0.1%)

3 にある 2 に見, の隅

1 [26件] からはす, から匍, で小野子山, で眠る, になろう, には伊藤伝右衛門氏, にもかなり, にマリリンモンロー, に共に, に姿, に字, に弟子, に疎開, に聞える, に谷川, に重っ, に鳴り続け, のすみ, のところ, のよう, のベンチ, のポケット, の小文字, の方, の端, の黒子

▼ 右衞門殿~ (33, 0.1%)

2 の恩義, の方

1 [29件] が今日, が夢, が臨終, が身, ならん其邊, には不審, に不孝, に向, に會, に面談, の世話, の位牌, の宅, の枕元, の煙草入, の甥, の證, は一昨年歿, は同姓, は此邊, ばかりゆゑ盜まれ, へも宜しく, へ召捕, へ宜しく, へ平兵衞, へ送つた, より大, を尋, を永

▼ 右からも~ (31, 0.1%)

27 左からも 1 前からも, 吹き左, 眺めて, 走りよった

▼ 右より~ (30, 0.1%)

2 まだ優, 佐藤, 左に

1 [24件] し左, その方, ねらわずに, めぐれば, 上の, 二つ目に, 五番目に, 前列某, 加藤, 大きい, 始め順々に, 宇佐美夫人, 左へ, 左より, 張則民君, 心づき申し候, 来りて, 梅原君, 正月二月と, 登場した, 私には, 襲へば, 見つ左, 誠一さん博士茅野さん

▼ 右~ (30, 0.1%)

2 ではなかっ, の意志

1 [26件] からも熱烈, が思いついた, さえ居なけれ, だな, であった, であったが, とグズ弁, と名乗る, なら金廻り, にし, には飲ませる, のよう, の入獄, の冷静, の勤め先, の奴, の方, の顔色, はもともと, はグズ弁, は屋敷, も邪魔者, を店内, を殺す, を罪人, を逆

▼ 右エ門~ (29, 0.1%)

32 が家, といふもの

1 [22件] がふい, がも少し, といひし, と云, と云はず, にだ, に近づいた, ののど, のむくれ上るく, の仇討, の姿, の左手, の横面, は, は云, は叩き始めた, は白痴, は笑, は答, は誰, も床, を見つめ

▼ 右~ (27, 0.1%)

1 [27件] おくさま, たずねの, 一文を, 主君に, 伝聞未だ, 先小姓御, 出席の, 出詠なさるべく, 半下, 回答申上候, 報告申上候, 報拝捧候, 報道併せ, 心得を, 暇申さんと, 案内まで, 條約御, 様子申上度且又御状一通御届申候ため一筆啓上仕, 祝儀申納度真綿一台進上仕, 米御, 納め下さるべしと, 許し下され, 誤解なき, 通知まで, 願いまで, 願い申しあげます, 願い迄

▼ 右衛門爺さん~ (27, 0.1%)

1 [27件] がある, が八時頃, が同行, が年増, が来, が案内, が蕎麦餅, が行っ, が鉄砲, でありました, であること, であろうと, でございました, というの, なんかが来る, に先, に挨拶, の奇特, の背中, の行く, はそうして, は今年, は此雹, は越中, も我々, や久助さん, を先導

▼ 右衞門樣~ (27, 0.1%)

2 のお, を御

1 [23件] から預, が公儀, が取, が彼樣, が田島屋, が盜賊, とは無二, と云, に何意恨, に御, に海山, に髣髴たる, のところ, の一件片時, の仇, の御事, の御身, の敵, の方, の證人, の連累, はもう, へ

▼ 右~ (26, 0.1%)

9 の儀 2 の事, の御

1 [13件] なる猥, なる説, なる譯, な状態, な説, な譯, に取, の事是, の次第, の渡世, の痕跡, の計略, の金子

▼ 右~ (26, 0.1%)

2 にコバルト色, を下

1 [22件] が此関五郎, と呼んだ, には武田太郎義信様, にひと本, に取り, に差し入れた, に引ッ, に手, に構え, に触れたらしかった, の支那風, の谷, は大将張世爵, へ, へ受け払っ, へ引きつけ, へ捨て, へ来, へ零, をかばっ, を動, を射撃

▼ 右衛門君~ (26, 0.1%)

2 をもっ

1 [24件] が困る, が死んだら, が退校, が頭痛, である, と主人, などが一身上, に, に対して, に軽く, のおやじさん, のため, の哀願, の心行き, の様子, の顔, はただに, はまだ, は中学, は主人, は悄然, は泣き出し, は監督, は突然

▼ 右衛門様~ (26, 0.1%)

1 [26件] から, から五重塔, が, がおいで, が公儀, が戦, とやら小柄拝借, にもそう, に道楽者, のお, のところ, のな, の三人, の分, の御, の驚くまい, は, はナ奴等, は伊藤喜兵衛様, へ, へ告げね, も定めし, も胆, をいっしょ, をしらぬ, をはじめ

▼ 右なる~ (23, 0.1%)

1 [23件] か, に牛七匹, は三百尺, は主峰越前嶽, は現在目的, は白, は聖なる, は花崗岩壁, は越後, は高橋下, ほうの, を方等左, 刀手殺気に, 廻廊の, 方に, 方の, 方を, 日光菩薩は, 槍を, 特別室に, 男は, 雄ぐまはさながら人間では, 雄ぐまは正成公

▼ 右~ (22, 0.1%)

2 の中, の指, の無名指

1 [16件] がガーゼ, が先, だけで, でこの, に対して何, の傷, の小指, や少し, をあげ, をしっかり, を切開, を固く, を拭き, を緊, を胸, を腮

▼ 右半身~ (21, 0.1%)

2 が切られ, に中風性麻痺, は石

1 [15件] がきかなくなり, がまだ, が不自由, が全体, が利かない, が殆, が痺れた, に起こった, の上, の痺れ, の負傷, の麻痺硬直, は小さな, をうつ伏し, を突込ん

▼ 右源次~ (21, 0.1%)

32 が云った, の二人

1 [14件] が大塔宮様, が殺され, が殺された, と呉服, の悲鳴, の方, の死骸, の逆, は不思議, は云った, は殺された, ほ, を, を殺し

▼ 右~ (20, 0.1%)

2 書いても, 茶碗を

1 [16件] こうぬい, ござりました, やり右, 乳の, 何でも, 受けたり, 合は, 大館を, 復り, 指さされた島原, 振込むやつ, 握手し, 書いて, 盃を, 終って, 行うこと

▼ 右へも~ (19, 0.1%)

15 左へも 2 前へも 1 延びて, 行ける

▼ 右衛門どの~ (19, 0.1%)

1 [19件] かまあ, が息, が生き, といふ謡, となにか, とも以前, に, に詫びね, のはなし, の伜, の伜又助どん, の友達, の家, の死んだ, の計画, の霊, へも, を加えられる, を恨む

▼ 右衛門忠明~ (19, 0.1%)

2 の姪

1 [17件] が出奔, が小次郎, が時折, とかえた, と名のり, の, のす, の傍, の姿, の道場, はその, はまだ, はよく, は弟子一同, は日頃, は早く, は発狂

▼ 右~ (19, 0.1%)

1 [19件] から左頬, から顎, には一筋, に小, に氷, に盃, に触れ, の上, の下, の刀痕, の剣創, の小さな, の笑, へあまり, へ拳銃, を斬られ, を殴った, を軽く, ヲ二ツ

▼ 右馬允貞盛~ (19, 0.1%)

1 [19件] が, がとう, が堂上衆, が常陸, が年, が来, が立ち廻っ, でお, ともある, と彼, ならびに公雅, の狡, はそう, はちぬ, は国庁, は途中, を呼ん, を訪い, 次に為憲

▼ 右~ (18, 0.1%)

1 [18件] たり左, て, ていま, てたった, てまた, てもと, ても左, て下宿, て家, て寺, て枯野, て溜息, て私, て総監, て落葉, て軍隊, て過ぎ, 左すれ

▼ 右~ (18, 0.1%)

2 からザザッ, へ向っ, へ曲っ, 遠く高く肩 1 にスタンド, に見え, に階段, の壁, の少し, の方, へ畳, へ行き, を気, を眺めやり

▼ 右衞門様~ (18, 0.1%)

3 のお 2 という人

1 [13件] がお出で, じゃア, とやらあんた, に義理, に違えねえ, の世話, の代, の後添, の御内室, の敵討, は阿部伊豫守様, をお, 御両親

▼ 右~ (17, 0.1%)

4 か左 2 つて完全な

1 [11件] ぞっ, ぞといはれ, つたと, とか左, とすれ, のにそれ, ツて, 少しかがん, 左じゃねえ, 左だの, 左ぢや

▼ 右~ (17, 0.1%)

2 は左

1 [15件] すれば, と, とさしず, となっ, と三方, と大きく, と細い, と船, なら左, には田, に斬り, に移っ, へ音楽, をねめ廻し, 止れ

▼ 右~ (17, 0.1%)

2 になった, に付く

1 [13件] から上原十馬, から声, すこし背後, にあ, にいる, に避け, のほう, の椅子, の物入れ, の破, の長火鉢, へ曲がっ, へ視線

▼ 右~ (17, 0.1%)

1 [17件] が申す, と云者, と深き, と添役, には奇怪, に行儀作法, は, は倦, は取分け, は呆れさせられた, は女, は愈々, は真赤, も臙脂屋, を激動, を見, 申したる旨

▼ 右~ (15, 0.1%)

1 [15件] な二階, にし, になっ, にふりかえっ, に三つ奇, に上り, に向く, に懸っ, に折れ, に横切っ, に流れ, に眼, に見え, に辿っ, へいささか

▼ 右衛門方~ (15, 0.1%)

2 へ帰っ

1 [13件] におもむき, に乗り込み, に今, に引っかかっ, に移居, に縁組, のお, の泊り, はと見る, へ入, へ參, へ托し, を出

▼ 右向け~ (14, 0.1%)

3 をした, 右 1 いって, え右, といえ, といっ, と言, をし, 右ツ, 左向け

▼ 右太吉~ (14, 0.1%)

1 [14件] が聖天堂, が通辭, といふ素姓, といふ野郎, とか言, との嫉妬, とやらを頼ん, と深い, と無二, に逢つた, のこと, は夥しい, は血眼, を搜

▼ 右衞門三五郎~ (14, 0.1%)

4 の兩人 1 の兩人祐, の兩士亂髮, の手, の紀州表, は三藏, は役柄, は改めて, は是, は當御役宅, は顏

▼ 右よう~ (13, 0.1%)

4 のこと 2 の俗説 1 なわけ, にヒロメ, のもの, の所業, の相違, の誤, の迷信

▼ 右~ (13, 0.1%)

1 [13件] からは赤い, か鼻, と鼻, に息, に焼ける, の上, の下, の後上部, は全く, も人なみ, をおさえる, をはじい, を射た

▼ 右~ (13, 0.1%)

2 を折り曲げ

1 [11件] から下, と左腕, に置ける, に食い入った, のうえ, の上, の近く, は将軍家, へスパリ, を立て, を立てた

▼ 右ひだり~ (12, 0.0%)

1 [12件] から彼, から無理, から詰問, にわかれ, にヨロヨロ, に動かし, の胸, の腕, より主人, を白, を眺める, を見まわした

▼ 右京次郎~ (12, 0.0%)

1 [12件] であった, とか云う, どんな風采, の演説, の策, は一種, は声, は膝, は自信, は遮った, も叮嚀, も明日

▼ 右半分~ (12, 0.0%)

2 が鎌倉時代 1 が画面, が見つかり, しか見ない, にこの, の美し, も傷あとだらけ, を剃, を剃り, を占領, を右半球

▼ 右半面~ (12, 0.0%)

2 がお, を見せた 1 のおそろしく, のこめかみ, の好い, の引釣, の石鹸, は左, は左半面, をさっと

▼ 右衛門め~ (12, 0.0%)

1 [12件] が由, じゃ, と押し並べて, の娘, の男振り, は先頃, は奥, より先立たん, を硫黄ヶ滝, を縛り首, を贔屓, 随分つかれたろう

▼ 右衛門督~ (12, 0.0%)

1 [12件] がまだ, がやはり, が出, が左右, が源氏, であった, とこの, にぜひ, の爪音, の病気, は六条院, も始終

▼ 右衞門どん~ (12, 0.0%)

2 の伜 1 が, が是, に何彼と, の乙姫樣, の家, の母様, はい, は死んだ, も旧来, 行って

▼ 右衞門佐~ (12, 0.0%)

3 に逆 1 が叛逆, には逆, の企, の自分, は不調法, は御, は火急, も自分, 逆意云々

▼ 右~ (12, 0.0%)

1 [12件] がぶ, が夜風, でドラム, とは逆, にあたって二, に当っ, に瓢箪形, に突き, はペシャンコ, をひらひら, をブラブラ, を肩

▼ 右馬允~ (12, 0.0%)

2 に昇官 1 という肩書, になり, に任官, に改め, のそば, の乗っ, の官職, の隊, は九艘, は謀反人

▼ 右でも~ (11, 0.0%)

8 左でも 2 ない左 1 器械的に

▼ 右~ (11, 0.0%)

1 [11件] が深く, に大分, に大分浸潤, に結核, に雑音, の下部, の中, の大半, の第, を突いた, を貫き

▼ 右衛門作~ (11, 0.0%)

1 [11件] がひそか, ぐらいに考えられ, という油絵, と申す, なるもの洋画, の描いた, の遺著, はよく, は天草, や脱走, を江戸

▼ 右衛門夫婦~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけだった, に残されました, のひそひそ話, の嗅ぎつけない, の子供, の申す, の短い, の話, は何処, は大きな, を罵りつづけた

▼ 右にて~ (10, 0.0%)

2 カキツバタの 1 インドの, 不便之, 今日を, 初学より, 我に, 汝に, 相尽き申す, 蓬の

▼ 右はじ~ (10, 0.0%)

2 に居た, の子供 1 がいちばんさき, です, にたった, にたつた, に同じく, の一つ

▼ 右~ (10, 0.0%)

7 ふの 1 ふ御, ふ成行ニ候得バ其御心積, 左と

▼ 右大将さま~ (10, 0.0%)

2 の御堂 1 が正治元年正月十三日, そのお, と御, にはお, にもまさつ, にもまさる, もなかなか, 御挙兵以来

▼ 右大弁~ (10, 0.0%)

1 が御, であった忠平, で参議, に昇り, の子, の殿, はときどき, は又, は老人, ノ宰相清忠

▼ 右衛門佐~ (10, 0.0%)

1 が迎え, とは藩主水野家, になっ, に叙, の侍臣, の子, は姉, は家, は驚い, も河内守

▼ 右衛門尉~ (10, 0.0%)

1 が五千騎, が道, この二人, とかいう武家, の冑, の身, は慰め顔, もいよいよ, も池田紀伊守, 重経

▼ 右~ (10, 0.0%)

2 に釜場 1 にある, にいる, にちまちま, には寝台, には成熟, に座りました, に隣室, のテーブル

▼ 右する~ (9, 0.0%)

3 か左 2 ことも, も左 1 は信長, 能は

▼ 右とか~ (9, 0.0%)

5 左とか 1 そんなこと, 左とかに, 左とかの, 私と

▼ 右どの~ (9, 0.0%)

1 からのお, が石川伯耆守, さあお先, だが, のお, の容態, やお, 大目附の, 政孝どの

▼ 右利き~ (9, 0.0%)

2 か左利き 1 かを検, すこしでも, とか左利き, とわかった, のよう, の竜吉, は左利き

▼ 右太五郎~ (9, 0.0%)

4 の家 2 の内儀 1 でもなけれ, の述懐, の述懷

▼ 右~ (9, 0.0%)

2 弁俊基の 1 弁だ, 弁に, 弁俊基で, 弁日野俊基は, 弁源相職よりも, 弁源相職朝臣仰せの, 弁藤原俊基であり

▼ 右~ (9, 0.0%)

2 と左座, の寝床 1 にあぐら, に品, の次, の炉端, は陳老人

▼ 右手首~ (9, 0.0%)

2 を切る 1 がなくなった, のやう, のよう, の動脈, の脈, は中本, は硬い

▼ 右~ (9, 0.0%)

3 を押え 1 か又は, に撃ち込んだ, に注射, を一弾, を打ちし, を突き刺した

▼ 右~ (9, 0.0%)

1 か, が呟い, こういう訳, この筒, その顔, にすぐ, は, 困ったな, 聞くこと

▼ 右衛門氏~ (9, 0.0%)

1 がわざわざ, が客好き, と, にとつぐ, に聞いた, の出資, の家, は筑紫, を訪ねた

▼ 右~ (9, 0.0%)

1 がどの, と戦ハん, に丘福, に徐忠, の癖, の筆蹟, の趙萌, は彼, へ当れ

▼ 右馬頭~ (9, 0.0%)

1 がそちら, が熱心, でもそちら, で平凡, といっ, には言っ, の息子, はその, を派手

▼ 右うし~ (8, 0.0%)

8 てるうち

▼ 右すれ~ (8, 0.0%)

2 ば右 1 ば中仙道, ば山崎天神馬場, ば新道, ば直に, ば神田橋一ツ橋雉子橋下, ば馬坂沢

▼ 右せん~ (8, 0.0%)

6 か左 1 か左答えんか, とすれ

▼ 右~ (8, 0.0%)

3 次第ヲ 1 九人, 四人, 報告ヲ, 御名付ルヨシ, 調和ウンヌンニ深

▼ 右三郎~ (8, 0.0%)

2 と鞍掛宇八郎, の子息砧右之助, は死に 1 このよう, というの

▼ 右京どの~ (8, 0.0%)

1 とはあなた, のこと, の安否, の身, は, はこの, へ申し入れたき, もひとり殿

▼ 右兵衛佐頼朝~ (8, 0.0%)

2 のす 1 という者, に示した, のこと, は, はがく, やその

▼ 右~ (8, 0.0%)

1 がそれ, が唸っ, であり鎌, で肩, を, を延ばし, を斜め, を飛ばせた

▼ 右~ (8, 0.0%)

1 から左向, て今, になった, に横, に直り, よりも左向, を許さず, ケ右ツ前ヘ

▼ 右団次~ (8, 0.0%)

1 そっくりの, の一座, の口跡, の浅川, の菅丞相, の評判, も亡父, を加えたる

▼ 右~ (8, 0.0%)

2 である, りに 1 して, すなわち時計, する衛星, その色紺青

▼ 右胸部~ (8, 0.0%)

2 の刺創 1 にある, につづい, に焼, の上, の傷口, を突く

▼ 右~ (8, 0.0%)

2 の醴泉坊 1 とも云, の布政坊, の延康坊, の義寧坊, は即ち, は商

▼ 右衞門是~ (8, 0.0%)

2 を見 1 はし, は聞えぬ, を受取, を聞, を請取左仲, 迄の處

▼ 右馬助~ (8, 0.0%)

1 がもし, が千葉介貞胤, などよりもずっと, に叙せられた, の数千騎, は気がつい, は渡し, を呼ん

▼ 右~ (7, 0.0%)

1 に, に庭園, に書い, に附したる, の小松, へ行き, をちら

▼ 右団治~ (7, 0.0%)

1 がそんな, が角芝居, だつた, の女房役, の引き立て, の舞台, をつけ

▼ 右~ (7, 0.0%)

1 乘院日記目録は, 将家とも, 將軍依, 將頼朝公にも, 弁その, 臣従一位の, 辨に

▼ 右奥遠く~ (7, 0.0%)

2 でドドド, で何, で微か 1 を眺め

▼ 右~ (7, 0.0%)

5 になっ 1 に寝, に寝返りした

▼ 右~ (7, 0.0%)

1 が弾き, で俊三, には衝動, の折れた, の皮下, は弾丸, を毆

▼ 右衛門大夫~ (7, 0.0%)

1 が蔭, どの武田上野介どの, などの徒, の兵, の寮, は顔, 来って

▼ 右衞門其方~ (7, 0.0%)

1 が申立, に申付, の老母病死, は予, は只今, は文, は空せみ

▼ 右衞門夫婦~ (7, 0.0%)

1 としつくり行かない, に詫, のみ居候, の者共, は大いに, は疾, 其の夜

▼ 右近衛~ (7, 0.0%)

2 の中将 1 のほう, の丞, の尉, の武官, の荒手結

▼ 右門主従~ (7, 0.0%)

1 がこれ, が押し入りました, のいた, のその, もお, をそれ, を見つめ

▼ 右~ (7, 0.0%)

4 の儀 1 の怪我人見當ら, の惡事致, の者

▼ 右すべき~ (6, 0.0%)

5 か左 1 や左

▼ 右について~ (6, 0.0%)

1 お長屋, エリオット教授を, 司法某, 牧野富太郎氏は, 聚楽物語は, 聚楽物語巻之

▼ 右につき~ (6, 0.0%)

1 又一方, 同社より, 年々お, 本社は, 津上氏の, 篤と御

▼ 右へは~ (6, 0.0%)

1 いつて, さき頃の, すぐ塔世坂, ひつた, 出ないで, 右へ

▼ 右まで~ (6, 0.0%)

1 かくの, ご報告, して, 申し上げる次第, 耕介の, 草々頓首

▼ 右下がり~ (6, 0.0%)

2 の筆癖 1 の三角, の下手, の字, の書置き

▼ 右~ (6, 0.0%)

3 の下 1 からすこし, ぶさあまり, へかけ

▼ 右乳下~ (6, 0.0%)

1 には源内, にもあった, に卍, に見える, の卍, へ卍

▼ 右京さま~ (6, 0.0%)

2 の両 1 でございませぬか, とはいぜん, と共に誰, には

▼ 右回り~ (6, 0.0%)

1 である, ですから, でその, に東, の傾向, の回転

▼ 右徃左徃~ (6, 0.0%)

4 して 1 する, するしかし

▼ 右~ (6, 0.0%)

1 一より, 一期の, 一条より, 二の, 二回の, 二枚に

▼ 右~ (6, 0.0%)

1 へ切り返された, へ大きく, へ来た, を斬りかえす, を深く, を頂戴

▼ 右脇腹~ (6, 0.0%)

1 にのこっ, に弾丸, に深々, に開い, は別, へフランネル

▼ 右衛門等~ (6, 0.0%)

1 が之, の届, の言う, はそれ, を口説いた, を添え

▼ 右~ (6, 0.0%)

2 に仕切られる 1 が笠松, の一番下, へ二つ左袂, を短く

▼ 右~ (6, 0.0%)

2 して 1 から左転, しはじめる, たちまち周囲, を鮮

▼ 右金子~ (6, 0.0%)

1 の中, の譯, をもっ, を九助, を取戻せし, を所持

▼ 右馬どの~ (6, 0.0%)

1 ですね, とは自分, なら, には, には何, の故郷

▼ 右馬吉~ (6, 0.0%)

1 でもない, と言つて, の女房, は, もこの, や龜井町

▼ 右どなり~ (5, 0.0%)

1 が戸沢主計頭, です, にいる, の家, は僕

▼ 右のての~ (5, 0.0%)

4 ひら 1 ひらに何

▼ 右ポケット~ (5, 0.0%)

1 から出, から裸, の中, の底穴, をよく

▼ 右下隅~ (5, 0.0%)

1 に向っ, に棚, に鶯横町, の位置, の攻め合い

▼ 右~ (5, 0.0%)

1 ヶ所へ, 三人とらへ, 文書を, 村内に, 港を

▼ 右兩人~ (5, 0.0%)

1 の者, の者共, の者是, を召捕, を討取

▼ 右~ (5, 0.0%)

2 文言 1 斷だ, 樣の, 紀州高野深谷石上多

▼ 右大将米友公~ (5, 0.0%)

2 の御 1 という人形, と言った, を失っ

▼ 右将軍~ (5, 0.0%)

1 が墓, として兵, に任, の惜しまれた, の樊稠

▼ 右小手~ (5, 0.0%)

2 と右肩口 1 のみを得意, の刀傷, の隙

▼ 右巻き~ (5, 0.0%)

1 だという, と左巻き, にし, になっ, の褐色藤本

▼ 右斜め~ (5, 0.0%)

1 に歩い, に歩き, に落ち, に鉾形, の女

▼ 右申す~ (5, 0.0%)

1 がごとき, 国つ, 晋の, 様な, 通りである

▼ 右瞻左瞻~ (5, 0.0%)

31 たが, ながらうかうか

▼ 右衛門さま~ (5, 0.0%)

1 がお, と言え, どうぞ末, の心, は御

▼ 右衛門どん~ (5, 0.0%)

1 が入, の, の乙姫様, の伜又助どん, よ

▼ 右衛門爺さま~ (5, 0.0%)

1 がいわっし, が潜っただ, が胴の間, その時, もそう

▼ 右近衛府~ (5, 0.0%)

2 の将監 1 の下僚, の士官, の溝川

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 でのない, 云ふからどんな, 見して, 言は

▼ 右からは~ (4, 0.0%)

1 二千五百万人の, 古いインテリゲンツィア, 李典左からの, 白峰山脈が

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 へ御, 向いて, 向く間, 行くだ

▼ 右じゃ~ (4, 0.0%)

1 ないか, ないかしら, ない左, ねえか

▼ 右だった~ (4, 0.0%)

1 か妾ア右, か左, けれどもクワルティーラ五八, と思う

▼ 右です~ (4, 0.0%)

31 かそれとも

▼ 右では~ (4, 0.0%)

2 なくて 1 あるまいかと, モーターの

▼ 右という~ (4, 0.0%)

1 のは, 一種の, 名も, 風に

▼ 右によって~ (4, 0.0%)

1 その認識, 宝石山の, 市中の, 知られる如く

▼ 右わき~ (4, 0.0%)

1 にかいこん, に二寸, の襖, 深くへ

▼ 右ダニエル~ (4, 0.0%)

2 の上述, を首手枷

▼ 右上り~ (4, 0.0%)

1 な癇, に一文字, のなぐり書き, の力

▼ 右二種~ (4, 0.0%)

2 の油 1 のチサノキ, の武器

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 の御, の法螺談, ノモノ, 重き御

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 には程普, の真中の, の者, を出

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 かと云, から左, と左, へ右

▼ 右同様~ (4, 0.0%)

1 である, の怪談, の断案, 被成下候旨

▼ 右~ (4, 0.0%)

2 の解説文 1 の如し, はおなじく

▼ 右所論~ (4, 0.0%)

2 のごとく 1 の得失, をもっ

▼ 右方左方~ (4, 0.0%)

2 へと混雑 1 に提灯, へ逃

▼ 右旋回~ (4, 0.0%)

1 した, して, だ, でも左旋回

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 が多く, の姓, の後, を芟除

▼ 右書き~ (4, 0.0%)

1 だから, にしなけれ, の地方文字, 遺し申候也

▼ 右樣申立~ (4, 0.0%)

1 たる者, ると, るに, るは

▼ 右百兩~ (4, 0.0%)

1 の金, の金子, は十七日, は隱居儀竊

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 がこの, とあたし, とは切っ, はそれ

▼ 右衛門たち~ (4, 0.0%)

1 が帰っ, には食べる, に追いついた, の集っ

▼ 右衛門ら~ (4, 0.0%)

1 が徒目付, に八百騎, をかえりみた, 寄り合い故里

▼ 右衛門一豊~ (4, 0.0%)

1 であった, などもよばれ, など多士済々, の手勢

▼ 右衛門丞~ (4, 0.0%)

2 の母 1 がいう, などの人々

▼ 右衛門大夫秀治~ (4, 0.0%)

1 と近臣, はきょう城, はさい, は院内

▼ 右衛門宇平~ (4, 0.0%)

4 の二人

▼ 右衛門等三人~ (4, 0.0%)

1 は口書下書, は河岸, を呼び出した, を引き渡された

▼ 右衞門伴佐十郎~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の人々, の兩人舊來

▼ 右衞門佐十郎~ (4, 0.0%)

2 の兩人 1 の三人, を討取

▼ 右衞門儀~ (4, 0.0%)

1 は今日, は御免, を御, 未だ山田奉行勤役

▼ 右衞門等~ (4, 0.0%)

1 の門人, は牢, また金, を奉行所

▼ 右見左~ (4, 0.0%)

2 見して 1 見, 見打

▼ 右~ (4, 0.0%)

1 から, から誰, と左隊, のほう

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 三儀は, 含みおしの, 部屋様の

▼ 右かと~ (3, 0.0%)

1 いえば, 云へば, 先ず探り合う

▼ 右といふ~ (3, 0.0%)

2 時に堤 1 ことに

▼ 右とに~ (3, 0.0%)

2 およそ三百二十尺 1 同じ様

▼ 右とも~ (3, 0.0%)

3 左とも

▼ 右なら~ (3, 0.0%)

1 ば栄三郎, 右の, 右左なら

▼ 右なり~ (3, 0.0%)

2 左なりに 1 左なりへ

▼ 右にか~ (3, 0.0%)

2 左にか 1 間に

▼ 右にとって~ (3, 0.0%)

1 出町阿久戸と, 往くこと十三里, 登って

▼ 右に対する~ (3, 0.0%)

1 事実調査を, 窃盗放火詐欺強姦致傷殺人被告事件に, 返事

▼ 右に関する~ (3, 0.0%)

1 書類の, 精神科学的観察, 記事の

▼ 右へでも~ (3, 0.0%)

3 左へでも

▼ 右へよけ~ (3, 0.0%)

1 た, ようと, 左へよけて

▼ 右ほお~ (3, 0.0%)

1 にさわっ, に刀傷, をあやうく

▼ 右やう~ (3, 0.0%)

1 にする, のわけ, の次第万事

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 の事, の例, はみな

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 のはずれ, の片, の肩さ当り

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 取敢御返事, 取敢御返事申上候, 敢取報告す

▼ 右中将~ (3, 0.0%)

1 でそっと, に転じた, は年かさ

▼ 右中弁~ (3, 0.0%)

1 が, などが御前, 正経

▼ 右事件~ (3, 0.0%)

1 の動機, の真相, は依然として

▼ 右五人~ (3, 0.0%)

2 に御座候 1 の内

▼ 右五十兩~ (3, 0.0%)

2 の金 1 の中二十五兩

▼ 右京様~ (3, 0.0%)

1 が預かった, の御, は二千五百

▼ 右備え~ (3, 0.0%)

1 も, 丁奉, 内藤諸角の

▼ 右兵衛~ (3, 0.0%)

1 がとらわれた, だいふどの, といっ

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 へおい, へおいツ, への連中

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 も共に, 同隼人, 皆八戸住である

▼ 右半身不随~ (3, 0.0%)

2 になり 1 になっ

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 って呼ぶ, という子, もへん

▼ 右大将家幕府~ (3, 0.0%)

2 御創設 1 御創業

▼ 右太五郎樣~ (3, 0.0%)

1 が格子, の一人息子, はもう

▼ 右少将~ (3, 0.0%)

1 がおとなしく, が即興, は色

▼ 右左右~ (3, 0.0%)

1 という風, と脚, へヨロヨロ

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 でちゃんと, ならば, の尖つた

▼ 右平さん~ (3, 0.0%)

1 が同じ, さえいなけれ, に殺されちゃう

▼ 右当用~ (3, 0.0%)

1 に添, のみ, 迄匆々不一

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 しまた, し左往, も左往

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 の席, の方, を振り

▼ 右~ (3, 0.0%)

2 をもっ 1 に基づけり

▼ 右~ (3, 0.0%)

2 所という 1 所の

▼ 右曲り~ (3, 0.0%)

1 の標識, の矢標, の角

▼ 右書面~ (3, 0.0%)

1 の趣き, を老中方, を老中方一覽

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 に下り, を取らざるべからず, を探り

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 上げたとおり, 上げたやう, 上げました河原

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 で僕, で弾, で敵

▼ 右肩先~ (3, 0.0%)

1 から斜大袈裟, に返り, を深々

▼ 右~ (3, 0.0%)

2 の上 1 をつい

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 にぐっと, にさした, へと流れ落ち

▼ 右衛門お前~ (3, 0.0%)

1 の心持ち, はあ先, は何

▼ 右衛門これ~ (3, 0.0%)

1 に, に仲, は鍵タ

▼ 右衛門それ~ (3, 0.0%)

1 がその, と長井隼人, の西

▼ 右衛門りよ~ (3, 0.0%)

1 に賞美, は, は天保五年二月

▼ 右衛門一人~ (3, 0.0%)

1 だけを供, に被せよう, は浜路

▼ 右衛門介~ (3, 0.0%)

1 がわざわざ, っていうならず, にまで化け込ん

▼ 右衛門店~ (3, 0.0%)

2 にも寄つて 1 を借りた

▼ 右衛門役者~ (3, 0.0%)

1 といふ所, としての素質, とわれ人共

▼ 右衛門忠雄~ (3, 0.0%)

1 が出る, でこれ, と客

▼ 右衛門浜路~ (3, 0.0%)

1 はどう, へお, を包み

▼ 右衛門直之~ (3, 0.0%)

1 はいつか天下, は樫井, は金

▼ 右衛門自身~ (3, 0.0%)

1 が病気, の中, の情

▼ 右衛門親仁~ (3, 0.0%)

1 が担ぎました, や私, を

▼ 右衛門首~ (3, 0.0%)

1 だけこちら, でも縊ら, を延ばした

▼ 右衞門め~ (3, 0.0%)

1 が召捕れな, は年, を引摺來

▼ 右衞門兩人~ (3, 0.0%)

1 が願書, に委細相尋問, を呼出し

▼ 右衞門夫~ (3, 0.0%)

1 なら愈々爾, は, は何故

▼ 右衞門并び~ (3, 0.0%)

1 に久兵衞, に油屋, に陸尺

▼ 右衞門旦那~ (3, 0.0%)

1 でお蔭, に頼み, の書いた

▼ 右衞門聞~ (3, 0.0%)

2 て夫 1 て手附

▼ 右衞門風呂~ (3, 0.0%)

1 で病氣, に入り, の湯

▼ 右近衛権中将~ (3, 0.0%)

1 でこれ, に任じられ, を経

▼ 右近衛権少将~ (3, 0.0%)

1 にせられた, に任, に進み

▼ 右長庵~ (3, 0.0%)

1 に加擔致, に遺恨, 賣主

▼ 右門自身~ (3, 0.0%)

1 が立ち回る, でそして, を思う

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 にいる, には諸角豊後, の劉封

▼ 右~ (3, 0.0%)

1 しつ, し左眄, ゆくへも

▼ 右馬寮~ (3, 0.0%)

1 の人々, の馬, を通じても滝口

▼ 右あがり~ (2, 0.0%)

1 の肩, の速い

▼ 右あるいは~ (2, 0.0%)

1 左と, 左横手より

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 ならえ, ッ

▼ 右がわ~ (2, 0.0%)

1 すれすれに, 木下君は

▼ 右きき~ (2, 0.0%)

1 に直す, の人間

▼ 右くも~ (2, 0.0%)

1 としてこの, として一家

▼ 右した~ (2, 0.0%)

1 ためたる, 彦兵衛は

▼ 右したる~ (2, 0.0%)

1 ことも, 者は

▼ 右せよ~ (2, 0.0%)

1 と, 諾

▼ 右そち~ (2, 0.0%)

1 も怠る, も見ろ

▼ 右その~ (2, 0.0%)

1 六部の, 方どもは

▼ 右ての~ (2, 0.0%)

1 小暗い葦, 谷間を

▼ 右でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばすぐ, ば左

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 のにガラッ, のにガラツ八の

▼ 右などの~ (2, 0.0%)

1 単独かんばんの, 幕僚が

▼ 右にでも~ (2, 0.0%)

2 左にでも

▼ 右にの~ (2, 0.0%)

1 ぶるが, ぶる如き好条件

▼ 右によ~ (2, 0.0%)

1 つておのずから, つて1・プロレタリア童謠は

▼ 右ねじり~ (2, 0.0%)

1 をはじめて, 二番牢は

▼ 右はずれ~ (2, 0.0%)

1 に俯臥, の建物

▼ 右へよ~ (2, 0.0%)

1 ける, けろって

▼ 右まさに~ (2, 0.0%)

1 受け取りそうろうなり, 受け取り候こと実証

▼ 右よりに~ (2, 0.0%)

1 屋根も, 行った処

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 うじまた, 勝りに

▼ 右エ門是等無双~ (2, 0.0%)

2 の大力

▼ 右エ門町~ (2, 0.0%)

1 の六番館, の西明陽軒

▼ 右エ門立石村~ (2, 0.0%)

2 の長兵衛

▼ 右コ左ベン~ (2, 0.0%)

2 全然自分

▼ 右スネ~ (2, 0.0%)

1 でしょう, は上

▼ 右ヱ門妻~ (2, 0.0%)

2 へ米五俵賜

▼ 右ヱ門様~ (2, 0.0%)

1 と仰せられる, なら近郷近在

▼ 右一件~ (2, 0.0%)

1 につき又, の者共總殘ら

▼ 右三つ~ (2, 0.0%)

1 のアイヌ語, の原因

▼ 右三人~ (2, 0.0%)

1 の供人定紋付, の用役

▼ 右三句~ (2, 0.0%)

1 に言, の如き

▼ 右三種類~ (2, 0.0%)

1 のほか, の外

▼ 右上方~ (2, 0.0%)

2 に幽か

▼ 右下り~ (2, 0.0%)

1 のイヤ, の下手

▼ 右両者~ (2, 0.0%)

1 の中庸, の関係

▼ 右之通~ (2, 0.0%)

2 下されその

▼ 右二つ~ (2, 0.0%)

1 の史料, の歌

▼ 右二ツ~ (2, 0.0%)

1 のタイプ, の現象

▼ 右二人~ (2, 0.0%)

1 は初めて, を前記各種事件

▼ 右二氏~ (2, 0.0%)

1 の外, の進退

▼ 右京次郎様~ (2, 0.0%)

1 も立派, を

▼ 右人殺し~ (2, 0.0%)

1 の場所, の本人搜索出し夫

▼ 右今度~ (2, 0.0%)

1 の儀, も右

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 の年号, の歌詞

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 との水源地, を登った

▼ 右借用候事~ (2, 0.0%)

2 しかじ

▼ 右先輩~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ 右八人~ (2, 0.0%)

1 として相, の者共

▼ 右兵衛さま~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 右兵衛佐殿~ (2, 0.0%)

2 の調略

▼ 右兵衛景通~ (2, 0.0%)

1 から四代目, と申候

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 である限り, で何等

▼ 右利きなら~ (2, 0.0%)

1 ば心臓部, 左側の

▼ 右十兵衞~ (2, 0.0%)

1 の兄, の帳面

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 がたいてい, はそれ

▼ 右半四郎~ (2, 0.0%)

1 の親類, より金子廿兩

▼ 右即ち~ (2, 0.0%)

1 北に, 南方に

▼ 右命令~ (2, 0.0%)

1 す, の実行

▼ 右団次上京~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 右団治一座~ (2, 0.0%)

1 に居すわる, の狂言

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 に沿い, を攀ぢ

▼ 右大将殿~ (2, 0.0%)

1 がおいで, の御

▼ 右大将頼朝~ (2, 0.0%)

1 の近臣河辺六郎行秀, は実際それ程

▼ 右宣言~ (2, 0.0%)

2 を受諾

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 に入れられました, を占め

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 の喉笛, は雪解

▼ 右寶澤~ (2, 0.0%)

1 と申す, へ跡

▼ 右将軍徐晃~ (2, 0.0%)

1 が国もと, の旗

▼ 右小書き底本~ (2, 0.0%)

1 では, では欠落

▼ 右小鬢~ (2, 0.0%)

2 の傷

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 で埒, なりといはれ

▼ 右市之丞~ (2, 0.0%)

1 と申者, 尋ね參

▼ 右幕下~ (2, 0.0%)

1 が抑揚, の御

▼ 右序文~ (2, 0.0%)

2 いそぎ此事

▼ 右廻し~ (2, 0.0%)

1 て明軍, を引きつけ

▼ 右廻り~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 は町, は醫科

▼ 右徒党~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者三条小橋縄手

▼ 右御意~ (2, 0.0%)

2 之趣

▼ 右御返事~ (2, 0.0%)

2 まで

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 こもりて, ざしの

▼ 右~ (2, 0.0%)

2 大或

▼ 右手つき当り~ (2, 0.0%)

1 のドア, の鉄格子入り

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 の方, を折っ

▼ 右撚りなら~ (2, 0.0%)

1 今度は, 右撚り

▼ 右数種~ (2, 0.0%)

2 の自動書記

▼ 右文書~ (2, 0.0%)

1 に言う, の中

▼ 右方針~ (2, 0.0%)

1 は日本, は最高司令官

▼ 右書状~ (2, 0.0%)

1 には二十面相, は下田

▼ 右校王~ (2, 0.0%)

1 たる李陵, に任じ

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 ニ御, 三位行権中納言兼右衛門督藤原朝臣隆衡宣

▼ 右正面~ (2, 0.0%)

1 その正面, の裸体美人

▼ 右武大夫~ (2, 0.0%)

1 の曾訥, の郭

▼ 右死骸~ (2, 0.0%)

1 は據ころ, を隱亡

▼ 右決議~ (2, 0.0%)

1 す, する

▼ 右注射使用~ (2, 0.0%)

1 の理由, の理由具体的

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 とありました, は天下一

▼ 右~ (2, 0.0%)

2 御祝儀

▼ 右用事~ (2, 0.0%)

1 のみ草々申上残候, まで申上候

▼ 右盜賊~ (2, 0.0%)

1 の罪, は小間物屋彦兵衞なり

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 もし, もせず

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 のすれすれ, の中

▼ 右真向~ (2, 0.0%)

2 に斬りつける

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 と一緒, は彼女

▼ 右老母~ (2, 0.0%)

1 が實, も死去

▼ 右肩口~ (2, 0.0%)

2 に同時に

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 は野球, を突いた

▼ 右花托~ (2, 0.0%)

1 の硬, 硬変部

▼ 右行っ~ (2, 0.0%)

1 てみよう, て検

▼ 右街門~ (2, 0.0%)

1 とは始め, の眼尻

▼ 右衛門こいつ~ (2, 0.0%)

1 は五十, も恐らく

▼ 右衛門さ~ (2, 0.0%)

1 へ居なけれ, へ柳町

▼ 右衛門なぞ~ (2, 0.0%)

1 に謀られた, はいずれ

▼ 右衛門二人~ (2, 0.0%)

1 が計, の股肱

▼ 右衛門佐義貞~ (2, 0.0%)

1 だった, はいま

▼ 右衛門先生~ (2, 0.0%)

1 の高弟, もちょっとした

▼ 右衛門光忠~ (2, 0.0%)

1 にわたした, は光秀

▼ 右衛門命~ (2, 0.0%)

2 は惜しい

▼ 右衛門喜兵衛~ (2, 0.0%)

1 お花, といふ二人

▼ 右衛門声~ (2, 0.0%)

1 をかけた, をはずませる

▼ 右衛門夫妻~ (2, 0.0%)

1 が鳥, に別れ

▼ 右衛門奴~ (2, 0.0%)

1 ならなぜ, はお願い

▼ 右衛門宗三郎お仙~ (2, 0.0%)

1 などという自分, までひっ攫う

▼ 右衛門宛~ (2, 0.0%)

1 にいたしおき候え, の雲浜書翰

▼ 右衛門家~ (2, 0.0%)

1 に投宿, の裏

▼ 右衛門尉成景~ (2, 0.0%)

1 が再び, というお

▼ 右衛門忠真~ (2, 0.0%)

1 は本, は親類じゅう

▼ 右衛門桜~ (2, 0.0%)

1 あるいはまた駒込吉祥寺, という

▼ 右衛門次郎~ (2, 0.0%)

1 が傍, のそば

▼ 右衛門次郎諏訪三郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 の両

▼ 右衛門沢~ (2, 0.0%)

1 といふ深い, の縁

▼ 右衛門深江~ (2, 0.0%)

1 の勘右衛門以下千二百人, の勘右衛門以下千四百

▼ 右衛門清久~ (2, 0.0%)

1 は会津城, は大崎

▼ 右衛門清長~ (2, 0.0%)

1 といっ, の孫

▼ 右衛門父子~ (2, 0.0%)

1 に対するお, は追放

▼ 右衛門蛇足~ (2, 0.0%)

2 をさそふ

▼ 右衛門親子~ (2, 0.0%)

1 と共謀, は内心修羅

▼ 右衛門親方~ (2, 0.0%)

1 は腰, も行方不明

▼ 右衛門金~ (2, 0.0%)

1 さえ積め, の釣鏡

▼ 右衛門長女さ~ (2, 0.0%)

2

▼ 右衛門長女さだ~ (2, 0.0%)

1 その下, は明らか

▼ 右衛門集~ (2, 0.0%)

1 に三輪, に出

▼ 右衞門ぢ~ (2, 0.0%)

1 やね, や無し

▼ 右衞門一人~ (2, 0.0%)

1 に歸, に被せよう

▼ 右衞門一件~ (2, 0.0%)

1 と呼聲, の者共

▼ 右衞門久七~ (2, 0.0%)

2 の兩人

▼ 右衞門伴佐十郎兩人~ (2, 0.0%)

1 の口書, の家來

▼ 右衞門伴佐十郎建部郷右衞門~ (2, 0.0%)

1 などと申家付, の三人

▼ 右衞門八~ (2, 0.0%)

1 に面會, は知つて

▼ 右衞門切腹~ (2, 0.0%)

1 するの, 致さば

▼ 右衞門吉田三五郎~ (2, 0.0%)

1 の兩人, を呼出し

▼ 右衞門吉田三五郎池田大助~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 右衞門國元~ (2, 0.0%)

1 より來, より持參致

▼ 右衞門在宿~ (2, 0.0%)

1 なれば, に候

▼ 右衞門女房~ (2, 0.0%)

2 お政

▼ 右衞門妻~ (2, 0.0%)

1 の註, へも此段申聞

▼ 右衞門娘~ (2, 0.0%)

1 で筆, の悦び譬

▼ 右衞門小野寺源兵衞~ (2, 0.0%)

1 の二人, 及び附

▼ 右衞門店~ (2, 0.0%)

1 にも駕籠屋仲間, に横山玄柳

▼ 右衞門後~ (2, 0.0%)

1 の稱三左衞門, を取

▼ 右衞門愼~ (2, 0.0%)

1 んで彼, んで恐れ乍ら道十郎

▼ 右衞門氏~ (2, 0.0%)

1 だつたら或は, の女婿

▼ 右衞門汝~ (2, 0.0%)

1 が賣渡したる, れ其節他出

▼ 右衞門申~ (2, 0.0%)

2 けるは

▼ 右衞門百兩~ (2, 0.0%)

1 の盜賊, の金子

▼ 右衞門老人~ (2, 0.0%)

1 は事もなげ, は思はず

▼ 右衞門聲~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を潜め

▼ 右衞門首~ (2, 0.0%)

1 でも縊ら, を傾け

▼ 右衡門~ (2, 0.0%)

1 の一, の姿

▼ 右製作~ (2, 0.0%)

1 のこと, の主任

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 をかかげた, を睨んだ

▼ 右襟首~ (2, 0.0%)

2 の辺

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 とし, 天井の

▼ 右視左視~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 右記事~ (2, 0.0%)

1 の解禁後, を解禁

▼ 右賢王~ (2, 0.0%)

1 を天山, を破り

▼ 右質問~ (2, 0.0%)

2 に及候也

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 之旅人, 御当地

▼ 右近衛中将~ (2, 0.0%)

1 たるべしと, は決して

▼ 右述べた~ (2, 0.0%)

1 ところは, 通り完膚なき

▼ 右逆手~ (2, 0.0%)

1 で切る, に確

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 に, に飛ばし

▼ 右邊左邊~ (2, 0.0%)

2 と位置

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 である, へ腰

▼ 右長沢家~ (2, 0.0%)

1 に対して各, に対し各々

▼ 右門ひとり~ (2, 0.0%)

1 がおら, を見くびる

▼ 右門みずから~ (2, 0.0%)

1 は亭主, は北町奉行

▼ 右門め~ (2, 0.0%)

1 が見落とした, でもがもう

▼ 右門一生~ (2, 0.0%)

1 の思い出, の秘事

▼ 右門党~ (2, 0.0%)

1 になんぞなっ, のうれしく

▼ 右門義春~ (2, 0.0%)

1 にも負け, は現に

▼ 右障子~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 へも大きな, めがけて

▼ 右額部~ (2, 0.0%)

1 に命中, に撃ち込ん

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 に与え, に出た

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 ひの, 書出す

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 は一体, 之挙動有之者

▼ 右類訴~ (2, 0.0%)

2 いたすもの

▼ 右首筋匕首~ (2, 0.0%)

2 か何ん

▼ 右馬介おまえ~ (2, 0.0%)

1 とは幾つちがい, は黙っ

▼ 右馬介そち~ (2, 0.0%)

1 に密偵, はもう

▼ 右馬介どの~ (2, 0.0%)

1 では, のお

▼ 右馬介め~ (2, 0.0%)

1 がこの, は不届き

▼ 右馬介右馬介~ (2, 0.0%)

2

▼ 右馬助池田伊豫守~ (2, 0.0%)

1 の三人, を大将

▼ 右馬頭頼~ (2, 0.0%)

1 之ニ, 之馬上七騎ニテ宮

▼ 右~ (2, 0.0%)

1 に一人, に微傷

▼1* [1708件]

あしをあげ, 右あらあら書きしたためたしだい, 右あらかじめお含み, 右あるひは, 右あれは大切, 右習え, 右いずれも素読, 右いづれも魚沼一郡, 右いふべきで無いと三藏, 右いふ筋有るまじ夫, 右いやいやもっと左, 右および御案内候也, 右おん許し願いたく貴意, 右お前たちゃ頭領, 右お知らせ申し上げ候, 右かい左かい, 右かどに料理店の, 右かね左かね, 右かの眉尻に, 右からとぶっちがい, 右からの波左からの, 右がは通行の, 右きっと申しつくるもの, 右くお美くしい, 右くその頃, 右くにも文部省, 右くもつと読書, 右くも一度会って, 右くも今日文学が職業, 右くも学士は二人切, 右くも成功者であった, 右くも文壇に早稲田派, 右くも時代の大, 右くれぐれもとのお, 右ここに御, 右この旨あい守るべき, 右これ陰陽の差別, 右一閲を, 右ごとき何する, 右させるんだ, 右したら背後から, 右しなければならなくなった, 右しようか左, 右すすめ駈足とまれ, 右すす山道左かんこうじぎょ, 右すでに盲ひぬ, 右すなわち東北の, 右せきも九月廿三日, 右そいつの得物, 右そうもうちっと強くああ, 右そでを焦し, 右だいじん秀頼公の, 右だけふところ手を, 右だけの白い隆起, 右やない, 右側へ, 右左つ, 右つとめ終って後, 右てに小さな閻魔堂, 右てには山をひかえ, 右であり共産党は, 右でなけりゃすぐ左, 右とについても次の, 右とにも松が, 右との関係を, 右とは別に私宅, 右とへ二回まがった, 右とりあへず, 右とりあえず申し入る, 右とりあへず御返事まで, 右とりいそぎあなたの, 右どうかよろしくたのみます, 右どこが左, 右なせばよき, 右なりと思へど, 右についてはかねて御沙汰, 右にても左にても, 右にとゆれながら, 右により両親に, 右にをれて, 右に関し軍船一艘ごとに, 右ねじのソケット, 右のさそらあの, 右のだけが捨てて, 右のなその崖, 右のね何ですっ, 右のみを歩いて, 右のよふ御, 右はしから拾っ, 右ばかりでなく秀次, 右ひだり生きの真鯉, 右びたいから眼の下, 右びっこ身の丈矮く色, 右ふらりふらりと千鳥足, 右四時に, 右へではなくて, 右への順に, 右へまはつて歸, 右ほどにも方向を, 右まきの螺旋形, 右または左へ, 右までをお伝えいたします, 右むけはい左, 右いつも浮かぬ, 右め不具だもん, 右め其処に行つて, 右やと獨り, 右よりの場所を, 右よりは三十餘り, 右ら妖怪御取り調べ相成る, 右ゐるのは, 右をも左をも, 右エナ大学植物学研究室へ御, 右オイチニオイチニ食堂のドア, 右オーライ左オーライ御無理, 右カ左ヘウイービングスルンダケレドエスピノザハ上体ヲグット後ロニ反ラセルノ, 右ガ看護婦ノ部屋, 右コーヒーと砂糖, 右ゴオメの陳述, 右ショウブをアヤメ, 右ジャコウソウモドキは園芸植物, 右ジャコウソウ属すなわちミケル氏, 右スカシユリの原種, 右ダンテの左, 右ツ・ガッチャガチャつてさわぐん, 右ツ前ヘ進メツ, 右同ジ紀州吉野高野, 右同ジ, 右ニモ左ニモ下方ニモ向ケル訳ニ行カナイ, 右ニ付村内ハ不申及近郷近在マデ聞伝エテ群衆ナシ昼夜, 右ニ観音左ニ勢至ノ二脇侍立像ガ侍立シテイテ, 右ニ記如ク上野衆北条ト一味故, 右本療養所患者ニシテ七月三十日ハ其, 右ハ印鑑を以て坂, 右ハ私が論, 右ホソチの古名, 右マテリーとエネルギー, 右リンコルンシャーの伝, 右ヱ門高道治助高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門, 右ヶ所へ為, 右一件本人相分り御死刑仰せ付, 右一件願ひ人赤坂傳馬町二丁目長助店道十郎後家みつ悴道, 右一揆に加担, 右一町餘りに, 右一統いたし候, 右一軸の事申, 右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 右一郎氏に題字及撰文, 右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 右一間は幅, 右一首上総国の歌, 右七人の者共天一坊身分聢, 右七十兩相濟次第四郎右衞門は相, 右七年を経れ, 右七百両あまりよろしから, 右三ヵ条に言う, 右三ヶ国日本と取, 右三ヶ所の地形, 右三代目小さんそれと私, 右三個所を襲った, 右三年の後, 右三日之間令掲示候間猥に取, 右三本の竹, 右三条御遺, 右三種の書, 右三角筋部左前上膊部, 右上がりの広い, 右上五字としてその他, 右上肢及右下肢のあらゆる, 右上顎と同じく, 右下半に曲線, 右下四分の一にだけ邪魔もの, 右下手を打つた, 右下方に位する, 右下直右衛門と云, 右下肢がひき, 右が詩, 右丞摩詰共に王維, 右両人の挙動, 右両人之者聟伊兵衛を父子申合しめ, 右両翼への偏向, 右並びに黒い, 右中将兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 右中弁侍従なども大臣, 右中弁大伴家持の作った, 右中辨兼左衛門権佐豊房は清閑寺家, 右乃井戸より出し事凡三百年, 右久五郎の代々, 右久八の儀, 右久八伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 右之内に墓志有, 右之者先年より島田左兵衛尉, 右之者十一月十七日病死仕候, 右乍御面倒御願申上候御返事旁如此餘拜眉にゆづり申候, 右九助よりの預け金確, 右二か条の儀, 右二カ国を御, 右二カ所にいずれ, 右二ヶ國語に通ずる, 右二ヶ条ハありがたき御, 右二ヶ條の趣き而已, 右二十四年の秋, 右二十段の檢索, 右二口を合計, 右二品を渡邊外記, 右二堂の仏, 右二大難關を如何, 右二様のうち液, 右二派の用, 右二百米のところ, 右二箇条八幡御, 右二通の手紙, 右二通りの犯罪, 右二首の歌, 右五人衆山崎算所に相, 右五十余通の文書, 右五十兩元利共彦兵衞より勘定, 右五十兩并に利息, 右五名及連累者二名は起訴, 右五大洲中八百四十万坪の中, 右井戸流しの, 右些細の事, 右京亮直経, 右京亮八万二千石の城下, 右京亮宗良となのり, 右京亮様南には松平伊賀守様, 右京亮樣南には松平伊賀守樣, 右京亮義継大内備前定綱との同盟軍, 右京亮輝聡の給, 右京次郎これにおる, 右京次郎公卿あがりの, 右京次郎殿は掻い撫で, 右京次郎殿不満でもござろう, 右京次郎殿例によって先達, 右京進が下向, 右人々に御, 右人員ことごとく土着, 右仏左は我と, 右仰向きに空, 右件直次郎ニ御伝, 右伏して奉, 右会社就航船として挙げられた, 右伜助之丞, 右伝達いたし候, 右伴天連の妾, 右伺書え付紙, 右を三椏紙, 右位牌の法名, 右何だいその, 右の事, 右例示したところ, 右例言中の, 右便之節何角, 右係り合の者共一, 右俣左俣の奥, 右俯伏せに倒れ, 右健三三歳のみぎり養子, 右は伊勢与三郎, 右次儀後見, 右傳吉妻專と申者愁訴有, 右傳次方私從弟定五郎, 右傳次方私從弟定五郎と申者江跡式相續爲仕度, 右傾ぎにまた, 右兄弟も親類, 右兇状の女, 右兇行に使用, 右先代志ん生, 右先鋒隊は左, 右光店請人同所清右衞門右家主長助都て掛り合, 右党派軍隊に絶滅, 右身に, 右兩人曼陀羅を證據, 右兩所より訴, 右兩氏の一致, 右八五郎兄なる江戸馬喰町二丁目武藏屋長兵衞方, 右八双だとか, 右六個のダイヤモンド, 右六名のうち, 右六基とも捨てある, 右兵衛ふたりして, 右兵衛介という仁, 右兵衛佐ですが, 右兵衛佐佐理その子, 右兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 右兵衛信茂跡部大炊助勝資等, 右兵衛大夫どのが手, 右兵衛大輔とした, 右兵衛大輔どの野々村又右衛門どの丸毛兵庫守どのなど御, 右兵衛尉に任じた, 右兵衛尉斉明という若者, 右兵衛尉須賀川をば田丸中務, 右兵衛尉須賀川城には田丸中務, 右兵衛督へ任命, 右兵衛督俊実子におくれ, 右兵衛督右大弁で参議, 右兵衞尉といふやう, 右内々に懇, 右内さんのおかみさん, 右内どのが犬死, 右内ゆえ天罰主罰報い来って, 右内一人の方寸, 右内宮道とある, 右円蔵橘之助小, 右写本の文体はか, 右処分を取消す, 右出入の品委曲, 右で彼ら, 右刀ハ曽而後藤も来, 右刃息もつかせぬ, 右の庖丁, 右分けにした, 右分析の義, 右列挙したところ, 右利きだったり浪人者, 右利きだったらすぐさま放免, 右利きで枕許には, 右利きであった事を, 右利きであるという通知, 右利きですよ, 右前方から吹い, 右前方十粁ほどのところ, 右剣一本へ渾身, 右都御, 右助けるぞっ, 右助けんと存じ, 右勘五郎妻兆と申者, 右勘太郎の商, 右勧告書類も女王, 右匆々乍ら此の詩人, 右十三兩餘質物を受出, 右十二月四日長崎本はかた町小曽根英四郎方, 右十人の者共, 右十兵衞事横死致し候場所, 右十軒の者, 右半側に起る, 右半双の右, 右半球の脳, 右博物館内のこの, 右印刷に用, 右即刻内願之通勝手次第被仰, 右参り候ものは, 右ハ左, 右又兵衛儀は自分, 右反面が薄, 右取り急ぎ伝達いたしそうろう, 右取調続行の都合上, 右口上の趣き書面, 右口書爪印致せしからは, 右古名のヤニレ, 右古島家に歴代, 右右門は左, 右同小円朝同円左, 右同断なり, 右同日の未明, 右同氏の書面, 右名主の手代源藏, 右向いてそうそう少し, 右向けえ右, 右向け右の号令一つ, 右向け右前へおい, 右向け左向けを教える, 右向け梢を左, 右向側にとても, 右君臨して, 右告訴及候也という書面, 右周三の意志, 右御戻し, 右品引換に金子, 右品物ハ何卒先生, 右唐書いうところ, 右問題の解決, 右喜内の敵吾助, 右喜内妹花と申者, 右器械を用い候え, 右嚮動欲動意思抔いふもの, 右四ツとなつ, 右四ヶ所の外, 右四人の者, 右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 右四人名前にて借, 右四区警察署第一半日学校, 右四箇条相背候わば, 右四葉などの説, 右団次ワキ役の武田猛, 右団次出勤に就き, 右団次嵐璃寛らも加入, 右団次市川権十郎なども出勤, 右団次贔屓の反感, 右図案は楠公馬上, 右図面ヲ以其県庁, 右国許へまかり越し, 右國粹の貴ぶべき, 右圖中の大, 右土臺下の穴, 右に繁茂, 右地点において敵, 右地蔵鳳凰を越え, 右地震の節, 右執行ノ御, 右堀田原とある, 右報告と捨てぜりふ, 右場中場左のごとき, 右場所に於, 右とし, 右壁ヨーロッパ地図広重の芝増上寺, 右外れの窓際, 右兵衞が, 右大夫へ明石左近, 右大将さまさへたつた, 右大将さんの宇治, 右大将のは, 右大将兼季拍子は左大臣, 右大将大納言定国が四十一歳, 右大将宗盛の上, 右大将定国式部大輔菅根など, 右大将家定公は本, 右大将家結縁し給, 右大将式部大輔左中弁などだけを招い, 右大将征夷大将軍源頼朝公の御子, 右大将様の御, 右大将民部卿などが丁寧, 右大将源頼朝の旗下, 右大将藤原朝臣が奏し, 右大将軍の御, 右大将軍家の法花堂, 右大将道綱の母, 右大将頼朝公の髑髏, 右大弁侍従宰相権中将蔵人兵衛佐などは初め, 右大弁汲安などと威張り出す, 右大弁清忠がいう, 右大弁行隆朝臣をお, 右大沼君の校訂, 右大略批評まで如此候, 右大腿部の内側, 右大膳儀先年神奈川旅籠屋徳右衞門方に於, 右太吉評判はよく, 右夫妻とも判然, 右夫婦の者, 右奥下方を眺める, 右奥屯所の方, 右へ扉, 右が左, 右女どももやっぱり, 右女ハまことにおもしろき, 右女助も若手, 右の肩, 右は左母上, 右の古郷, 右妻儀は五歳, 右を同道, 右学ばせ候は, 右定家の歌, 右敷計らひ, 右実証に候也, 右実験の結果, 右を出る, 右家主長助都て掛り合, 右家屋の権利書, 右宿寺戸田村寶泉寺え相越し, 右富右衞門と申者, 右寒竹が植わっ, 右張飛を, 右将軍張飛だけを両側, 右将軍高翔を大将, 右尋ね当て無事親許, 右小さん喜久太夫山彦師匠各得意, 右小山家から頼まれ, 右小林直八玉井彦三などの旗本精兵, 右小野子は左, 右小鳥より生ぜし, 右少将さまにもうしあげます, 右少将交野左京太夫の三卿, 右少将家康様だ, 右少将徳川家康であった, 右少将徳川家康いつになく, 右少将様からお, 右少将資持らがささげ, 右平の, 右尾根を下り, 右之通相違無, 右屋敷へ乗り込ん, 右山田平市郎谷平助芳野宮内などの旗本, 右岩窟は深く, 右に移る, 右と申す, 右を攀じ, 右崖一欠したる処, 右は骨, 右川学士に依頼, 右川鼎造学士担当約一ヶ年, 右左いずれに偏する, 右左まんなかと疾風迅雷, 右左まん中と三方, 右左前後へといとも, 右左右左と, 右差し出がましき次第ながら, 右巻き左巻きとで四, 右巻左巻の大波小波, 右市太夫先祖代代安喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 右布告す, 右師匠の御, 右幕下頼朝の役, 右平がつけ狙って, 右平がグズ弁を殺す, 右平が二人を殺すであろう, 右平が泥棒でも人殺し, 右平が結婚の申込み, 右平にオレを, 右平兵衞とは兄弟, 右平兵衞儀は豫, 右年甫御祝辞申上度如此, 右年齢と性的生活, 右幸徳傳次郎外二十五名が刑法, 右座談会での私, 右廻廊の奥, 右廻転左廻転プロムナードチロ踵を床, 右廿五兩を煙草盆, 右廿四年の秋, 右弁官の局, 右弍人は掃除御用, 右弐題御出詠可, 右を命ぜられた, 右彦三郎が居, 右彦兵衞が事, 右彦兵衞聞通り勘兵衞へ申渡せし, 右往左往に漕いで, 右往左往炉縁に寄れ, 右待合を開いた, 右後ろを向い, 右後日の為, 右後立山際より罷帰り, 右後醍醐天皇御眞筆, 右徒党一味の者, 右御供致当五月十一日, 右御入銀の, 右御殿女中の一例, 右御用掛無滞, 右御礼のみ草々如斯, 右御願御了承, 右徴質判あり土形, 右心室でここ, 右心當りの, 右志趣者為心中祈願成就円満乃至法界平等利益所, 右忠兵衞を召出したる, 右忠兵衞儀御呼出し, 右忠兵衞證據人に相立此段, 右のため, 右思ひつきたる事, 右いながらも, 右惣内さと兩人, 右惣内名主役勤中押領彼是, 右惣内夫婦何者の爲, 右惣右衞門の方, 右愛せらる, 右慶蔵申立て候処によれ, 右懇願つかまつり候, 右或いは左忽ち, 右或は左と, 右戦争中一度大, 右の把手, 右手前で動い, 右手当向併, 右手首関節の上部, 右で厚い, 右持参之事, 右振り分け髪は左, 右捨場の中, 右捨子の次第, 右掛りに赤毛氈, 右推挙候者なり, 右損害は金三万円, 右撚りに最初, 右支棒は外, 右改作の寫し, 右攻撃の進軍喇叭, 右放火者と認め, 右文右衞門質物を, 右故人の名, 右敵左敵前敵, 右文字に直し, 右斎藤君のお世話, 右斜かい上に五寸, 右斜め向こうに頭, 右斜め後ろから投げかけた, 右斜前方の水平線, 右斜線の上, 右奸之徒吾未だ, 右斬捨て候ものは, 右新藤市之丞, 右方のは土, 右方はるかに煙波渺茫, 右方モンデトゥール街と三方, 右方囑目遠く平, 右方指二本の緑, 右方數町の外, 右方有明海の彼岸, 右方贔負の人々, 右於相背者秋葉大権現摩利支尊天, 右旋性左旋性というもの, 右日報社主で今, 右日本のオキナグサ, 右日野家家來逐電の始末, 右日附の當時, 右日限の通, 右明日仲人佐兵衞を連, 右の花, 右是者大藏一覽はんぎの衆, 右時刻無遅滞, 右時間までに通天閣上, 右曲左折婉退曲進するの, 右曲者の面體君, 右曲馬団員は某, 右は帝国図書館, 右書面認候内又, 右曼陀羅を盜, 右の胴切, 右月賦金は皆済, 右を着, 右期日以後ハ何時爆発スルヤモ計ラレズ, 右本会設立ヲ祝シ, 右本御恵賜被, 右本日受取右月賦金は皆済, 右村近郷御領地村, 右村里の婦女ら, 右条々のごとく, 右条約中に之, 右松五郎は先達て惡漢八五郎, 右板戸の縁辺, 右林藏の手, 右柿内園子ト綿貫栄次郎トハソノ各, 右校王李陵はなに, 右桂谷道と道程標, 右桜衣の模様, 右桝屋へ帰る, 右するも, 右森尻村の皮田, 右様天下衆人之能存候罪状有之者, 右樣之品差送可, 右樣密通など仕, 右樣御尋ねに, 右樣意外の御, 右樣所業致し候哉更, 右樣白状致せしにより, 右樣確固なる證據人, 右樣難相成候, 右権利ノ享有及行使ハ何等方式, 右横丁をはいった, 右横山町地面間口十間奧行十八間の怙劵, 右横町に彼等, 右横顔は加州一円, 右橋掛りから出, 右檢使の書取, 右檢使書取の寫し, 右のそれ, 右次第全く小説, 右次郎吉吟味相済八月十九日引廻し之上, 右歌八重山吹のひと, 右歌謡史に委し, 右正に借用候也, 右して, 右死体は河中, 右残党諸所へ散乱, 右段右衞門を召捕, 右殺害に及候者, 右殿宮アイ子は県立高女在学中, 右母病死仕つり他, 右気焔迄, 右法名共に寫し, 右洋鞍は左, 右活字は安政年間, 右流人元彦を領, 右浅草か赤坂, 右浪人ニ命セバ唯一日ニして, 右浪人共の申分, 右海賊共と一處, 右の大橋, 右淀城と覚しき, 右次に進められ, 右源太夫は寛永, 右源太殿相馬大作をお召, 右源太足を構え, 右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 右源次様が合図, 右源次郎殿の妻, 右源氏坊は全く, 右源氏物語三十冊外祖父寂照軒翁之冷泉家, 右溝口金右の両, 右漬物用の菌, 右煩悩小僧に関しその, 右片双には中年, 右片手です, 右特賞めざして, 右独自の演出, 右玄柳を呼出され, 右玉室を取り落し, 右用件済み次第当方より出頭, 右田中小野の両氏, 右田作なども上京, 右田作時代みんな芸も顔, 右田村氏はかつて, 右甲乙二者に於, 右申し達しましたぞ, 右申上候紙屑屋新藤市之丞, 右申伝山崎といふ所, 右申入度早々, 右申所の姦吏, 右申立は訴訟, 右申請中庄司利喜太郎戸塚新蔵を証人, 右申通りゆゑ今度幸ひ私, 右町役人也部当ト云旅人人馬断所々, 右町役人共一同御呼出し, 右留守居に對, 右ぼ三つ, 右船は, 右発見後に致し, 右百三十石被下置, 右百両の金子, 右的議論がある, 右取られ候金高品数左, 右盲目物語一巻後人作為の如くなれ, 右郷, 右相丞鄭雍の甥, 右相済候は, 右相濟屑屋長八は娘, 右相談の濟, 右眄左顧して, 右眼ハヤリ目といふ, 右眼一つというよう, 右眼上の挫傷, 右眼得三の死体, 右眼爾を礙, 右碇泊いたし候アメリカ船, 右神文にかけて誓約候事, 右禪門の一家, 右秀儀里方へ逃歸, 右科中に英語, 右租税をもっ, 右種子からの仔苗, 右から見下される, 右竹島江日本人相渡候儀無益との事, 右筆頭の満田長右衛門, 右等改革もその, 右筒そでをちぎられた, 右策博士は見事, 右策氏だった, 右策自身が子, 右算用高金お四分ニ割り, 右節事母兆を介抱, 右節藤八とも差立相成候間本人九, 右と申候, 右籠手を, 右糸会所取立三井八郎右衛門始め組合の者, 右紅毛の伴天連ろ, 右紅毛人の足下, 右紅黄草について, 右紋右そちも見ろ, 右え御認被下度希上候, 右結婚したと, 右車盤の, 右絵巻物由来記記入の事, 右継嗣又二郎復, 右総代として校長, 右編輯部に於, 右を辿っ, 右罰金ノ納付方請求有, 右罰金ハ被告人ニ於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, 右翌日に至り, 右翻訳劇の功罪, 右伝の, 右本月二十三日午前十一時五十分出生, 右者下拙儀讃州地方ニ罷越候ニ付, 右者事務室に出頭, 右者五条御代官御役所時之御代官内藤杢左衛門様当時に被, 右者亡父遺言状仮葬之翌日相, 右者京畿ニ於テ錦旗ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, 右者先般御届, 右者六郡の村民一揆強訴, 右者其御山御霊屋御年番御用, 右者名東郡芝原村横付御改, 右者海國兵談を千部仕立候値, 右者頭書被告事件に付, 右者齲歯ニ罹リ易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙, 右耳一尺七寸五分左の片耳一尺八寸, 右耳朶に小, 右聞書の内容, 右肘胸の上, 右をきく, 右肩越しにドス, 右肺切除の手術, 右肺尖カタル左肺浸潤と医者, 右肺尖カタル肺浸潤ラッセルありと, 右すれども, 右にし, 右胸上部に洋剣, 右胸前部の肋骨, 右脇下へ自分, 右脇下打撲痛甚, 右脇大将張世爵以下の一万三千, 右脚爆失以来である路上, 右脚膝関接部の挫折, 右を猛, 右を土壇, 右膝関節打撲微量の内, 右膳權内馬場内にて源三郎七右衞門川越, 右膳殿御申出通り, 右膳汝の所望, 右臀部からの, 右自筆ヲ以テ証明ス, 右自訴之人共何れ, 右へ乗組出帆, 右船乗頭よりも同様交易筋, 右英吉は非, 右山原来, 右菌類図説の再, 右菱山の説, 右蒸汽船発明以来諸方の交易, 右と申談, 右藤兵衞等外二人の行衞, 右藤堂様より伯父, 右藤澤宿大津屋段右衞門と申者, 右蘭軒略伝一部帝国図書館依嘱に応じ, 右號令を傳, 右蛭児尊なり, 右血書を以て謹ん, 右行くえ相知れざる, 右行左行するもの, 右行派である其の, 右術門は, 右衛両氏も延若, 右衛何が不足, 右衛安心をする, 右衛氏のもの, 右衛等を抜い, 右衛行兩人に唐太山丹オロッコ, 右衛門あたりの御, 右衛門あとはみな, 右衛門あれとは刎頸, 右衛門いずれもいずれ, 右衛門おさらばいずれ逢おう, 右衛門おのれは館, 右衛門お仙浜路それから鷺組, 右衛門これ丈見られます, 右衛門さんあいつ等どこ迄も追っかけ, 右衛門さんあたりの手, 右衛門さんそそれは確か, 右衛門さんとこあなんて, 右衛門さん久しぶりで, 右衛門さん今度の御, 右衛門さん以下うるさい連中, 右衛門さん麦は上作, 右衛門そち参るか, 右衛門そっちをうかがった, 右衛門その他が応接, 右衛門その他近習の面々, 右衛門ただ一人板塀を廻っ, 右衛門とりよとを載せる, 右衛門どの剣持与平どのなど四, 右衛門どもの注進, 右衛門どん浜路さんにお, 右衛門なんざ己がベソ, 右衛門はかの女, 右衛門はかぶりを振った, 右衛門はじめ御老中方, 右衛門はじめ家人が起き, 右衛門ひそかに出入, 右衛門まことあわれ千万, 右衛門みたいだ, 右衛門みな一派の特長, 右衛門やいと口々に唱えた, 右衛門やすらはで寝なまし, 右衛門ゆかりの者, 右衛門ら五人が申し合わせ, 右衛門ら五名が家中仕置, 右衛門ら仏間の, 右衛門りよ文吉の三人, 右衛門わしの薙刀, 右衛門ガ娘ヲオレ, 右衛門ガ林町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 右衛門キョトキョトまわりを見まわしました, 右衛門チャリネ買切りの図, 右衛門ッ勝入の首, 右衛門トンと腰掛け, 右衛門ナア貴様も此村, 右衛門ニ向カッテ跳躍スルモノアリ, 右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 右衛門ピクリとまた, 右衛門マチヤス孫兵衛マチヤス太郎右衛門が順次, 右衛門ヲ組伏セ首ヲ取, 右衛門一人それに参与, 右衛門一人なみだよ, 右衛門一人村で養つて, 右衛門一味の者, 右衛門一家と心安く, 右衛門一寸面白し, 右衛門一年前から軽い, 右衛門一座の頭, 右衛門一族に示せよ, 右衛門一時は止めた, 右衛門一豊以下わずかの, 右衛門一貞は知行二百石, 右衛門一身投出して, 右衛門三人機嫌の四平, 右衛門三代の手, 右衛門三十七歳にし, 右衛門三十八歳にし, 右衛門三弥待ち伏せをし, 右衛門三男は次郎太夫, 右衛門上書にあわせ, 右衛門丞安積八弥太など膝, 右衛門丞安積八弥太木南加賀四郎など夜来, 右衛門丞船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 右衛門中幕の下, 右衛門中村文荷斎小島若狭守などが, 右衛門中立庄太夫また中老, 右衛門主従は六月二十八日, 右衛門久次と使者, 右衛門乙川出生の斎藤清左衛門等, 右衛門二十三歳の時, 右衛門二番手に蒲生四郎兵衛, 右衛門二銭ヲ頂戴シテ壱銭, 右衛門五六人の敵, 右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 右衛門京の大高源吾, 右衛門介らが鎮撫, 右衛門仔細らしき理屈顔, 右衛門以下三人の兇徒, 右衛門以下二十五人をし, 右衛門以下十二人の乗組み, 右衛門以下千二百人大矢野の甚兵衛, 右衛門以下千四百寺沢の営, 右衛門以下手負死人二百余に及ん, 右衛門伊右衛門と唱え, 右衛門伜又助なる者, 右衛門佐さまを廃, 右衛門佐光之とが同日, 右衛門佐右衛門佐の子, 右衛門佐忠之は放縦, 右衛門佐義助だった, 右衛門作氏は山田, 右衛門信成金の軍配団扇, 右衛門信盛父子へ下った, 右衛門俯向いて, 右衛門儀武士の意氣地, 右衛門儀百兩の盜賊, 右衛門儀盜賊など仕, 右衛門元辰吉田忠左衛門兼亮というよう, 右衛門兄の手, 右衛門先生様も聞かっせえ, 右衛門光古と名乗る, 右衛門入道とその子, 右衛門入道宗夢の物語, 右衛門六千の兵, 右衛門六郎太夫はなお, 右衛門兵衛と申しまし, 右衛門兼秀で兼秀, 右衛門内藤新五郎松平康次同与一郎, 右衛門出しぬけに膝, 右衛門刀をおさめろ, 右衛門初め一家の者, 右衛門力まかせに押した, 右衛門十八歳黒田吉兵衛長政の十六歳, 右衛門千束善右衛門大江源右衛門森宗意山善左衛門と云う, 右衛門受などいう, 右衛門叫び声を上げた, 右衛門号を観山, 右衛門吉田三五郎の二人, 右衛門吉田三五郎二人の家来, 右衛門吉田六郎太夫こう三人, 右衛門吉田弥惣太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 右衛門同大膳などがいた, 右衛門同様相手にされず, 右衛門同苗治左衛門の兄弟, 右衛門君一人の運命, 右衛門君下を向いたぎり, 右衛門善助重次郎の五人, 右衛門善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 右衛門善聡同百拝立, 右衛門地方役たり, 右衛門型は随所, 右衛門堀道利など組, 右衛門堂守の居る, 右衛門壮年の頃中納言様, 右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 右衛門外池甚左衛門町野主水佑, 右衛門大夫大野木土佐の三臣, 右衛門大夫武田上野介同左馬之助, 右衛門大夫義忠の擁立運動, 右衛門大島へ内使, 右衛門大江源右衛門森宗意山善左衛門と云う, 右衛門大河内三郎右衛門ら五人が申し合わせ, 右衛門大河内三郎右衛門ら五名が家中仕置, 右衛門大目付は大岡佐渡守, 右衛門大童になつ, 右衛門大輔どの清野美作どの朝日奈摂津どの山県三郎兵衛どの, 右衛門大金藤八郎徳永石見守の三人, 右衛門大須賀次郎右衛門山吉新八など上杉家, 右衛門大高源吾武林唯七らの人々, 右衛門大黒の次郎, 右衛門太夫に任じ, 右衛門太夫さまがさる, 右衛門太夫宗仲の館へ着いた, 右衛門太夫源政綱というこれ, 右衛門夫妻近藤六郎兵衛がいた, 右衛門奥は持病, 右衛門好人物で好色, 右衛門始め六百人池田清左衛門千々岩の五郎左衛門, 右衛門始め手代の千代松, 右衛門始め組合の者, 右衛門姿色よりも心, 右衛門宇平文吉の三人, 右衛門宗三郎浜路にお仙, 右衛門宝暦六年の坂本運四郎, 右衛門宮内卿法印などの外交家たち, 右衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 右衛門家来と云う, 右衛門家橘の南郷力丸, 右衛門家次の一族, 右衛門寛保三年同四年, 右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 右衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 右衛門寺門一馬駒井甚三郎喜田川頼母の面々, 右衛門尉どのなどお, 右衛門尉信盛池田庄三郎信輝滝川左近将監一益丹羽長秀なんぞの勇将, 右衛門尉弟惣蔵二十歳であった, 右衛門尉横山備中守金丸伊賀守ら二万余騎である, 右衛門尉河尻肥前守なども席, 右衛門尉石田治部少輔下知, 右衛門尉祐貞を蝦夷, 右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 右衛門尉等が信房, 右衛門尉長盛が秀吉, 右衛門尉長盛石田治部少輔三成, 右衛門小四郎皆無事だ, 右衛門小野寺十内間喜兵衛なぞの領袖株老人連, 右衛門小野寺十内間瀬久太夫などの領袖連, 右衛門居住い直して, 右衛門屋敷というの, 右衛門山吉新八など上杉家, 右衛門山川兄弟などに対, 右衛門山川小七岸九兵衛の三名, 右衛門山影宗三郎島津太郎丸西川正休伊集院五郎烏組のお, 右衛門山本主馬, 右衛門岡本次郎兵衛中黒達弥の三人, 右衛門島子の弥次兵衛以下三千七百人, 右衛門川水は高桑加助, 右衛門左に朗円上人中央, 右衛門左団次の嘉村宇田右衛門, 右衛門平野権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 右衛門年六十五参謀本部を構成, 右衛門広瀬剛三などに取囲まれ, 右衛門庄右衛門恵林寺の慢心, 右衛門底深という, 右衛門店万荒物から酢醤油石油莨, 右衛門店萬荒物から酢醤油石油莨, 右衛門府に各, 右衛門建部令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 右衛門後に男山八幡, 右衛門徒えも, 右衛門従来の知行高, 右衛門得右衛門が養子, 右衛門御徒目附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 右衛門心の底, 右衛門志津女久左衛門の三人, 右衛門忠世を召還, 右衛門忠世どのに御, 右衛門忠久の家, 右衛門忠久近藤石見守秀用鈴木三郎太夫重長麾下に属せざる, 右衛門忠高の家, 右衛門恐怖の声, 右衛門恵林寺の慢心, 右衛門意外に感じたらしい, 右衛門憎しみのマト, 右衛門成川一郎兵衛酒井源右衛門森伝兵衛の四人, 右衛門我を忘れ, 右衛門手を延ばす, 右衛門政綱に沓掛城三千貫, 右衛門政賚の弟, 右衛門教之であった, 右衛門文吉は本多某, 右衛門文太郎常平, 右衛門斎藤徳右衛門らが徒目付, 右衛門新田というよう, 右衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 右衛門日根野備中長井隼人牧村丑之助その他三十余名の側臣, 右衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 右衛門明日もおおかた, 右衛門普請諸入用, 右衛門朝山日乗村井貞勝などを幾たび, 右衛門朝雅さまとささい, 右衛門木下助左衛門弟の勘解由, 右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 右衛門木村弥右衛門石川兵助の三名, 右衛門末子作之助の入, 右衛門来森へ行, 右衛門杯を, 右衛門松本主税といったところ, 右衛門桂川の長, 右衛門案外に思った, 右衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 右衛門桜甚助の兵, 右衛門桜青山梅窓院の拾桜, 右衛門槍を揮っ, 右衛門様伊右衛門様の三人, 右衛門様円道様が連れ, 右衛門橋本大井も亦, 右衛門次郎ひとりがふと, 右衛門此年五十七歳であつ, 右衛門武井夕菴明智十兵衛などの驍将, 右衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 右衛門殿ここに書かれた, 右衛門殿はじめとりどりかけはしる, 右衛門殿わしを殺し, 右衛門殿浜路殿を連れ, 右衛門殿浜路殿此奴らは島津家, 右衛門殿西郷吉之助殿吉井仁左衛門殿大久保一蔵殿罷り出まして, 右衛門殿高崎五郎左衛門殿など, 右衛門水夫八五郎総右衛門, 右衛門水谷庄右衛門志津女久左衛門の三人, 右衛門汝がただ, 右衛門江尻の和助, 右衛門河内弓削村の百姓西村利三郎, 右衛門河岸の通り, 右衛門法は天下, 右衛門派あり大蔵派, 右衛門浅草に店, 右衛門渾名も苦虫, 右衛門湖水へ入る, 右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 右衛門為基の恋愛譚, 右衛門爺様にアノ, 右衛門片桐助作などかれ, 右衛門片目をおさえた, 右衛門牢格子から差し出した, 右衛門牧の喜作, 右衛門猪子兵助福富平左衛門毛利新助, 右衛門猪苗代を蒲生四郎兵衛, 右衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 右衛門町組の一手, 右衛門白柄の薙刀, 右衛門盜賊でなき事, 右衛門直之淡輪六郎兵衛重政等はいずれ, 右衛門督朝忠に勅, 右衛門督藤原忠文を征東大将軍, 右衛門矢代越中守などの諸, 右衛門矢川某の五人, 右衛門短気に声, 右衛門石川兵助の三名, 右衛門磯貝十郎左衛門などの同僚たち, 右衛門神田にある, 右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 右衛門秀長の父, 右衛門穏松明の千吉, 右衛門立停って, 右衛門立会の上, 右衛門立膝になっ, 右衛門笑ひながら, 右衛門篠川兵庫などみな彼, 右衛門紋十郎の著しい, 右衛門素捷く走り, 右衛門義元と云う, 右衛門翁の家庭, 右衛門聞き耳を立て, 右衛門胸を張っ, 右衛門腹には我, 右衛門自ら小腋, 右衛門自ら引卒れて, 右衛門自分の身体, 右衛門船岡へ帰ったら, 右衛門色を天下, 右衛門色鍋島の類い, 右衛門苗字こそ許され, 右衛門茶山の集, 右衛門草履取一人槍持一人があと, 右衛門荒井三郎右衛門ら寄り合い故里, 右衛門荒川熊蔵などという忍術使い, 右衛門荒木摂津守武井夕菴そのほか柴田, 右衛門菊五郎の高市武右衛門, 右衛門菰田仁右衛門などが駈けつける, 右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 右衛門藤田小四郎を始め二十五人, 右衛門行秀林与左衛門正定, 右衛門裏庭での大きい, 右衛門赤鶴重政日氷忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 右衛門身内おなつ, 右衛門辰二郎と並べて, 右衛門近習の島田左京, 右衛門近藤六郎兵衛など云う, 右衛門返しはしまい, 右衛門返辞をしない, 右衛門追手は出したろう, 右衛門通信というもの, 右衛門進出で我日本, 右衛門進藤源四郎などの一行, 右衛門達の方, 右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 右衛門遺族殿という手紙, 右衛門邸へ乗りつけた, 右衛門野口勇三郎であったから, 右衛門金子吉左衛門などが居, 右衛門鈴田重八の両人, 右衛門鈴藤勇次郎測量は小野友五郎, 右衛門鍋島古伊万里は好い, 右衛門長瀬小三次, 右衛門長田三助などの面々, 右衛門長谷川竹の両人, 右衛門階段を下った, 右衛門鞘だけ持っ, 右衛門頭を上げろ, 右衛門顔を上げた, 右衛門風な品, 右衛門養子与茂吉, 右衛門馳セ懸リ, 右衛門高福の次男, 右衛門高豊が編み出した, 右衛門鷺組のお, 右衛門麻布の米屋千倉屋長十郎, 右衝門が居る, 右衝門作は叮嚀, 右衝門千々岩の作左衛門以下千五百人, 右と云, 右衞門お家を狙, 右衞門こいつは五十, 右衞門これは五十前後, 右衞門さへ時々, 右衞門さまでございましょう無尽, 右衞門さんこれで別れましょう, 右衞門さんアは, 右衞門さん此奴の事, 右衞門どんお前さんは年寄, 右衞門どん何うも他, 右衞門なんどいふ連中, 右衞門みたいに駕籠, 右衞門コレ幸藏此治助を連先, 右衞門コレ汝ぢは跡方, 右衞門ハツと平伏し, 右衞門ヘイ明白に申上, 右衞門マア強情も宜, 右衞門一代は兩人, 右衞門一件段々吟味の末下谷車坂町六兵衞店藤助, 右衞門一件落着に餘儀, 右衞門一件關り合山崎町質渡世家持五兵衞并び, 右衞門一同等御呼出し, 右衞門一圓取用ひ呉, 右衞門一家の騷動, 右衞門一座の二枚目, 右衞門一身投出して, 右衞門七十五歳女房お時五十五歳悴, 右衞門三五郎口を揃, 右衞門三五郎寺社奉行差添小林軍次郎奉行遠藤喜助同道にて夜四ツ時, 右衞門三五郎暫待と呼, 右衞門三五郎正座に直り, 右衞門三五郎等歸府なさば此遺言, 右衞門下谷の自身番, 右衞門不便に存じ, 右衞門世話人頭と成, 右衞門久八に向, 右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 右衞門久兵衞の兩人, 右衞門久野外記喜多村緑之丞, 右衞門之を止め, 右衞門事上國三九郎鎗術指南の浪人近松源八上總屋五郎兵衞事相良傳九郎, 右衞門事五兵衞の店, 右衞門事其掛合に質屋, 右衞門事前名畔倉重四郎と呼, 右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 右衞門事此程無實, 右衞門事舊は御家來, 右衞門事質物流れの云譯, 右衞門二度目の中風, 右衞門云樣斯二方樣共首尾能盜み出せし, 右衞門五十二三の脂ぎつた男, 右衞門今此彌十に顏, 右衞門今汝ぢが何樣, 右衞門以下少しでも, 右衞門伊豫國松山の親類, 右衞門佐十郎兩人の其夜逐電, 右衞門佐忠之の出した, 右衞門佐殿が御, 右衞門佐殿公事御勝利, 右衞門佐若年のため, 右衞門何さ天命なれば, 右衞門何んとしても腹の虫, 右衞門何樣文藏と申者當村, 右衞門何穀平を殺した, 右衞門使者に參, 右衞門來りしにより, 右衞門假令如何樣の證據御座候共其儀, 右衞門傳兵衞木祖兵衞親類には千右衞門喜平治金助大八丈右衞門兩隣, 右衞門儀先年捨子を貰, 右衞門儀其方と近日對決申, 右衞門元の名, 右衞門先々と引止下女, 右衞門八五郎は平次, 右衞門八五郎娘のお, 右衞門公事方吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門其外役所へ揃, 右衞門其仔細と申, 右衞門其儀は至極, 右衞門其外役所へ揃, 右衞門其外隱居二男三男等がゐる, 右衞門其方儀は八ヶ年以前右, 右衞門其方儀當時山崎町家主吉兵衞店に罷, 右衞門其方年は何歳, 右衞門其日は宿所, 右衞門其煙草入は去月下旬用, 右衞門其者は私, 右衞門其者儀は長谷川町, 右衞門内儀は五十近く, 右衞門冷笑ひ一旦, 右衞門冷笑つて聞かんとも, 右衞門出來りて, 右衞門出牢仰せ付られ候樣願, 右衞門出迎へ平伏し, 右衞門別莊の邊, 右衞門前名畔倉重四郎一件に付享保十一年十二月右係り合, 右衞門加川新右衞門, 右衞門北ならば, 右衞門北半分を善七, 右衞門十三兩三分程の質物, 右衞門十八人の水主水差都合二十一人, 右衞門千石取の, 右衞門去年十月中に夫婦身延山, 右衞門參向仕つり候, 右衞門口入にて神田小柳町松五郎, 右衞門右家主長助都て掛り合, 右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 右衞門同人手代川崎金右衞門小野寺源兵衞及び附, 右衞門同道にて甲州原澤村, 右衞門吟味方川崎金右衞門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 右衞門周藏忠内七左衞門等入來り座頭, 右衞門善七に頼ん, 右衞門喜兵衞を見られ, 右衞門城内には衣斐伊豫, 右衞門塗物の類, 右衞門外下役二人の者共, 右衞門外村十太夫等先陣に進み, 右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 右衞門天一坊樣御重役山内伊賀亮樣に御, 右衞門天草玄札などという勇士, 右衞門夫婦娘のお, 右衞門夫婦待ちわびしきは, 右衞門奴伜を殺した, 右衞門如才もありません, 右衞門始め一同七右衞門の氣質, 右衞門始め一座の役者囃子方, 右衞門始め三人の頼み, 右衞門始め奉公人達一同た, 右衞門始め手代の千代松, 右衞門孫四郎辰六角右衞門其外多人數入來り九郎兵衞八右衞門久七八内忠七六之助, 右衞門學問なら牧野富太郎博士, 右衞門宅に入, 右衞門尉とか左兵衞尉, 右衞門小野寺源兵衞等江戸へ同道可有, 右衞門山内三右衞門縁側には家來安間平左衞門, 右衞門岡田左衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 右衞門岩戸口には佐谷五郎太夫, 右衞門川越の町, 右衞門左は川岸, 右衞門左右に汝, 右衞門己も鹽原角右衞門, 右衞門平あやまりに, 右衞門平兵衞の兩人, 右衞門平兵衞共に途方, 右衞門店萬荒物から酢醤油石油莨, 右衞門彦三郎も進出權三助十諸共喧すし, 右衞門御所刑に相成, 右衞門心付き伊勢には舞太夫, 右衞門忠内の兩人, 右衞門忠眞の養子, 右衞門惣取締として江戸表, 右衞門我を忘れ, 右衞門我等今は別に, 右衞門所々を聞合, 右衞門所持の煙草入, 右衞門手代鹽原多助と彫り附け, 右衞門承知せず其儘古河, 右衞門拔身を振, 右衞門敗北は大, 右衞門方同居久八右久八伯父六右衞門久八元主人神田三河町伊勢屋五兵衞代金七富澤町甲州屋吉兵衞等なり越前守殿久八, 右衞門旗本の大家, 右衞門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 右衞門暫時考へ文藏儀, 右衞門本木仁太夫から右, 右衞門朱座の淀屋甚太夫, 右衞門松下源助喜多村太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 右衞門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 右衞門松野文之助, 右衞門林藏が歸, 右衞門案内にて私宅, 右衞門榊原家來半右衞門同じく吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門留守居清水十郎左衞門, 右衞門様あんた私に礼, 右衞門様親切に世話, 右衞門樣何成れますと, 右衞門樣何御用にて斯, 右衞門樣先はどうやら, 右衞門樣先刻仰せられしこと, 右衞門樣御先觸參り來月中旬頃, 右衞門樣御歸りあらば, 右衞門橋本九兵衞目付朝比奈七之助徒目付岩本大藏勘定奉行兼郡奉行松本理左衞門代官黒崎又左衞門市田武助町奉行緒方求馬等出席, 右衞門歸りし跡, 右衞門歸宅致しける依て, 右衞門殊勝にも然, 右衞門殺しの下手人, 右衞門殿ゆゑ質屋からは矢, 右衞門殿何あつて, 右衞門殿夫な譯, 右衞門殿御在宿かと申入, 右衞門殿方へ穀代金勘定, 右衞門殿槍挾箱長柄其外引揃へ行列, 右衞門殿次には公用人櫻井文右衞門田村治兵衞此方, 右衞門殿浦井權九郎殿出座あり大岡殿正面端近く, 右衞門殿請取れしや, 右衞門比惠の原, 右衞門水主十八人水差一人都合二十一人にて元日, 右衞門汝ぢは是, 右衞門江戸中の笑, 右衞門池田大助下座敷に平伏す, 右衞門法諡頓譽淨岸居士である, 右衞門泰了の嫡子, 右衞門泰了泰了の子, 右衞門浪宅を探索, 右衞門淨岸で淨岸, 右衞門深山の善三郎, 右衞門清長率鎌倉と云, 右衞門源清澄と書付, 右衞門漣太夫に尋, 右衞門炭屋の下男, 右衞門煙草を呑ん, 右衞門父娘も唐辛子屋, 右衞門玄關に手, 右衞門田村治兵衞此方には川上貞八石川彌兵衞浦野紋兵衞縁側際, 右衞門申やう町奉行大岡越前守使者平石次右衞門天一坊樣御重役山内伊賀亮樣に御, 右衞門申上たる通り二十箇年以前五兵衞方, 右衞門申樣右寶澤の顏立下唇, 右衞門申立る樣昨日, 右衞門町八名川町と八五郎, 右衞門町坂本屋傳右衞門方へ下宿松本理左衞門始め掛役人, 右衞門町小町と言, 右衞門町藏地の家主半兵衞, 右衞門町醫師高岡玄純酒屋, 右衞門留守居加川新右衞門參向, 右衞門留守居清水十郎左衞門と一々, 右衞門番頭三次事木下新助伊丹屋十藏事澤邊十藏酒屋長右衞門事松倉長右衞門町醫師高岡玄, 右衞門盜み取し事, 右衞門盜賊に是, 右衞門石田三成とかう, 右衞門確かに殺されかけた, 右衞門祐貞宇都宮五郎高貞山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 右衞門神田三河町に立退きまし, 右衞門私し儀, 右衞門秋元九兵衞其の他, 右衞門立ち出來り互, 右衞門立合の上, 右衞門竹森新右衞門, 右衞門等證人同樣其席, 右衞門答へて澤, 右衞門米屋六兵衞は藤代要人, 右衞門級の人, 右衞門素は越後家, 右衞門縁側には家來安間平左衞門, 右衞門繩付の儘控, 右衞門老母儀病死致候依て, 右衞門聲高に噪, 右衞門肝を冷し, 右衞門背中を見せた, 右衞門能く承, 右衞門脇差を渡さん, 右衞門腰が低く, 右衞門自筆の, 右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 右衞門親分も散々中, 右衞門親方だけはひどく, 右衞門親爺が多助どん, 右衞門覺え書, 右衞門角屋與兵衞天王寺屋儀兵衞襖屋三右衞門播磨屋五兵衞等を初, 右衞門諏訪右門遠藤彌次六藤代要人等なり先箱二ツ, 右衞門豆を撒い, 右衞門財津大右衞門, 右衞門賊名を負, 右衞門質屋より歸, 右衞門質物を受, 右衞門違いで五右衞門, 右衞門遠藤森右衞門諏訪右門遠藤彌次六藤代要人等なり先箱二ツ, 右衞門郷右衞門佐十郎の三人, 右衞門野口左助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 右衞門金の力, 右衞門金飛脚の彌, 右衞門長助の三人, 右衞門長者は土地, 右衞門門を開けろ, 右衞門雲切仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 右衞門面を正し, 右衞門頭を上夫, 右衞門頸に赤い細, 右衞門養女の由善右衞門, 右衞門養子與茂吉などがをります, 右衞門養父も鹽原角右衞門, 右衞門高間大膳同じく權内藤代要人遠藤東次右衞門等, 右衞門黒田半右衞門, 右にごまかし, 右袈裟に一方, 右被告人より裁判長判事因藤実, 右要用まで, 右見しながら頼母, 右見物ニ暮前ニ出, 右された, 右視左瞻つつ背, 右視暫らく打護り居けるが, 右覗きに一太刀, 右親族決議によって我ら隠宅, 右ふもの, 右言うような, 右言つた酒の上, 右也, 右計らいたる者は, 右記述中にて殊に, 右記録が全部脱稿, 右証明を立つ, 右証書ヲ保管中左, 右詠南洲翁御話, 右試作は室生犀星, 右詫金百兩を其方請取, 右が定, 右認め候て, 右認方全ク其方共, 右説くところと, 右談判相濟候迄御, 右諮問す, 右炭坑には, 右諸家の書, 右謹んで奉願上候, 右議案二月末貴族院を通過, 右議決の旨, 右議院法第四十八條, 右終る時役人立, 右谷蠡王の内紛, 右谷蠡王以下の諸, 右豫審判事は其後本件陰謀, 右貞盛はかつて, 右答早速, 右貴下の功績, 右貴意を得ます, 右貸金はすでに, 右賊艦相廻十四五人上陸いたし候由風聞有, 右賢王左谷蠡王右谷蠡王以下の諸, 右質屋へ預り其値半減, 右質物流れの議前日, 右足跡ばかりの跡, 右足首の関節, 右身延道へ切れ, 右は左, 右車窓に見える, 右車軸を押し歪め, 右車輪にかけ, 右軍一人の存在, 右軍羽柴秀吉は秀勝, 右軍蒲生氏郷を左軍, 右転左転して, 右巷と, 右草々, 右近くに坐った, 右近江のそれ, 右近衛丞で解職, 右近衛中将平維盛を主将, 右近衛大将に任, 右近衛将曹は当然, 右近衛将監を右近太夫, 右近衛少将藤原兼茂藤原俊蔭出羽守藤原経邦兵部少輔良峰, 右近衛権中将蔵人頭に進み, 右返上申候但時々, 右ぶる如き次第, 右述べた如くすこぶる多方面, 右述べました中に, 右述ペルシア同前悪魔, 右述判事が七, 右述西アフリカのバーボー猴, 右の男某, 右過料の御, 右道具屋の請取, 右道十郎お召捕, 右道筋等素絵図一枚相添此段御達申上候, 右道筋見分仕申候, 右遠藤博士の, 右郡中江切切廻り法式, 右都督に昇った, 右都督孫桓は左都督, 右都督陳暉等と力, 右酒屋に到り, 右重々御手数, 右を定次郎, 右金兵衞の子分掃部茂助藤兵衞等三人, 右金吾と大, 右金子借用の者, 右金高は先水死二人, 右釣道具御繕い直し, 右銃ハ元より六丸込ミ, 右になる, 右長崎高等商業学校武藤教授の教示, 右長慶天皇御眞筆, 右門たち三人の姿, 右門とわからばこわう, 右門のぶきみなくらいに, 右門はずぼしが, 右門ひいきの者, 右門一派を訪うた, 右門一流の疾風迅雷的, 右門九番てがら, 右門事件で名人右門, 右門十一番てがら, 右門十番てがら, 右門参候間御聞取奉, 右門好みに例, 右門存生の当時, 右門得意の肩, 右門捕物帖も筆, 右門本来の面目, 右門流中の右門流, 右門流十八番の自慢, 右門流十八番中の十八番, 右門流吟味方法の憲法, 右門特別の慈悲, 右門特有のからめ手, 右門胸にたたん, 右門退散と注進, 右門遠藤屋彌次六との三人, 右關係の者共評定所, 右陣福島市松のところ, 右隊入場著しく疲れ, 右隊登場総て始めのごとし, 右隊足踏みつつ挙手, 右勝りであること, 右雑誌の中, 右をうつ, 右を履く, 右頁左下の如く, 右メ二三, 右預金の殆ど全額, 右領主の所置, 右領主庄家一致シテ違反ナカルベキ旨御上意也, 右頭上八相に構え, 右頭部に長, 右頸動脉の切断, 右頸筋に下, 右頸部から腋窩, 右額門は五十七八, 右願上通御聞届, 右願山と度々出會仕つり至つて別懇, 右願書を讀, 右顛末につき御, 右類似の事件, 右顧左顧頻りに心安から, 右の剣, 右風左風のだんびら, 右養家はそれ, 右馬めをきゅうきゅう, 右馬わしもみなと一しょ, 右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 右馬介あてに来た, 右馬介ここのはもう, 右馬介さまもはや, 右馬介たちが柴採り, 右馬介ひとりの胸, 右馬介らの近習小姓, 右馬介ッてえ, 右馬介一人の胸, 右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 右馬介今日の下, 右馬介以下十人ほどを京, 右馬介土岐左近家臣小姓たちもふたり, 右馬介宛てに来た, 右馬介引田妙源らはべつ, 右馬介旗上げの祝い矢, 右馬介河越喜翁千村民部奈良井主水, 右馬介自身の危急, 右馬介高氏はそんなに, 右馬允さま等のれい, 右馬允任官にまったく, 右馬允嘉隆は時, 右馬允昇進をあんなに, 右馬允時兼等は坂東山償原別所, 右馬允時広が息子金剛丸, 右馬允殿に仰せ付けられ, 右馬允等供奉せしむ皆歌道, 右馬允衣笠因幡大音六左衞門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 右馬允貞盛どのでは, 右馬允貞盛様だ, 右馬允風情が来た, 右馬助人の賄, 右馬助人畜生とこれ, 右馬助家盛に頼朝, 右馬吉石原十蔵舟崎曾兵衛の五人, 右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 右馬寮六衛府の官人ら, 右馬権頭頼茂さまなども京, 右馬買ひの, 右馬車の円太郎, 右馬頭元就正頼, 右馬頭公佐に嫁い, 右馬頭様がお, 右馬頭殿にも秀吉, 右馬頭輝元から秀次公, 右は利根川, 右體非道の働き, 右高瀬川の谷, 右鱗茎は白色, 右黒田殿帰村に付一寸申, 右鼻紙入の紛失