青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「土~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土
土~
土人~ ~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間 土間~ ~圧迫

「土~」 11330, 122ppm, 861位

▼ 土~ (2489, 22.0%)

294 上に 117 中に 66 上を 60 上へ 56 中から 48 ように 41 中へ 32 下に 30 上で 27 上には 23 中の 22 下から 19 中で, 香を 17 匂いが 15 ような 14 上の, 香が 13 うえに 12 色の 11 色が 10 なかに, 塊を, 牢に 9 下で, 底に, 色を, 香の 8 底から 7 なかから, 下へ, 色も 6 においが, ぬかるみよりの, 上から, 仕事が, 匂いを, 塊が, 肌を 5 ために, やうな, 中には, 塊り, 壁を, 香と

4 [14件] かたまりを, やうに, 上では, 上にも, 中へでも, 匂いの, 匂ひ, 壁に, 山が, 牢の, 生活の, 肥料に, 色は, 香は

3 [35件] くずれが, ついたスリッパ, なかで, にほひ, ようだった, 上が, 上や, 下には, 下を, 中にも, 壁が, 壁で, 家を, 山の, 山を, 底で, 底へ, 底まで, 底深く, 洗礼を, 溝渠が, 生活に, 神, 神の, 粒を, 肌の, 臭いが, 臭いを, 臭を, 色と, 踏み心地, 鈴, 間に, 香, 香も

2 [136件] あやめ咲きに, いろも, お宮は, かたまりが, かをり息づく, くずれる音, こ, こびりついて, こぼれて, こわれを, ごとく, しめって, しめりと, そこここに, ついた大根, ところで, ところどころに, ところには, なかには, なかへ, なじまぬ土, においを, ひろびろと, へに, ほけ, やわらかいところ, 上でも, 上において, 上は, 下, 下か, 下じきに, 下にも, 下の, 下も, 中からばかり, 中では, 中は, 中より, 中を, 乾いたところ, 人なる, 人形が, 仕事に, 体柳の, 作行が, 冷たさ, 凍きびし, 凹みに, 割れ目に, 匂いは, 匂が, 匂も, 匂や, 厚みを, 古墓, 名を, 吐息も, 和れない, 囁き, 団子を, 塀は, 塀を, 塊でしか, 壁にも, 壕が, 外に, 如く, 如くに, 如く蒼く, 字の, 家の, 小田よ, 層の, 床に, 底と, 廊下が, 廊下を, 張り乾きか, 影響を, 御祖, 怨霊から, 所有権と, 新しいの, 板が, 柔かいところ, 柔かい畑, 根がたへ, 段は, 段を, 湯槽の, 濕り, 火山灰飛ばす, 煙りが, 牢は, 畑つ, 痩せて, 瘧を, 盛りあがった処, 盛り上った, 相を, 着いた重い, 石膏の, 穴を, 窪みに, 端の, 粒子の, 粒子を, 精, 精気を, 肌も, 膚乾く, 臭いとも, 臭気が, 臭気を, 舟は, 船, 芋, 莊嚴を, 虫だ, 虫に, 表面が, 表面に, 裏口を, 道路に, 道路の, 重さ, 間から, 間の, 階段が, 顔を, 餅を, 首は, 香りが, 香りと, 香立つ

1 [939件 抜粋] あいだから, あとは, あらぶる, あらわれた街道, あるいは赤き, あるところ, ある様子, いっぱい入った, いろの, いろ月, うえを, うちへ, うねり, おかげで, おとづれ, お宮に, お面, かげの, かたさ, かたまりか, かたまるの, かびた土間, からたちが, かをりが, きわめて痩せた, くずれて, ことか, ことさ, ことを, こぼれたの, こわいよう, ごとき類, ごとく変るの, ごとく恐怖, ごとく芥, さまや, したで, したでは, しめりですこしも, しめりを, すぐれて, すゞしい, そこひの, ちかくに, ついたさ, ついたの, ついた両手, ついた地下足袋, ついた日和下駄, ついた濁り淀んだ黒灰色, ついた着物, ついた草履, ついた足, ついた雑草, ついた雪駄, ついて, つかない一足, つくばかり, でこぼこである, ところの, どの部分, なかでは, なかの, なだれである, においしたる, においなどを, においの, にほひか, にほふ, ぬくもれば, はげた壁, ひだが, ひび, ふかさ, ほうな, ほとぼりが, ま, まぶされた黒い, ままの, まわりに, みちと, もつ深い, ものも, やすけさを, やわらかい孟宗竹, ようで, ようである, よごれを, よろしさ, ガンコさで, スープと, ピラミッド, 一かけを, 一塊が, 一部分だろう, 万象を, 上かわを, 上っ面を, 上でなく, 上とかに, 上にて, 上も, 上層建築が, 上彼は, 上私共の, 下にて, 下三尺下りゃ, 下土の, 不足も, 世界だつた, 世界の, 世界へ, 丘が, 中, 中からでも, 中からも, 中でうたつてる, 中という, 中同様に, 中深く, 乾いた庭, 争を, 五形を, 亡民は, 人々も, 人に, 人形か, 人形と, 仕事の, 仕事を, 付いた儘, 代りに, 低い杭, 低さ, 作行を, 保安の, 保護者であれ, 側壁へ, 傾斜ふやけた, 光つてゐる, 児らなりき, 八幡だの, 兼松を, 内地へ, 冬を, 冷えの, 凍て, 凍結を, 凸凹が, 凹凸や, 分析に, 割け目, 割れる音, 割目に, 力と, 力の, 勝利という, 匂いがむ, 匂いとが, 匂いや, 匂いッて, 匂い日, 匂い裸足で, 匂ひも淡, 匂を, 匂押しつめられた, 化物とも, 十車は, 単味, 厚い壁, 友達が, 口碑に, 右側に, 名, 名門, 味は, 味わいは, 味を, 命である, 哲学, 器に, 囁きを, 四厄を, 四葬の, 固りであり, 土が, 土の, 土間に, 地肌が, 埋高き, 堅く凍った, 堆積も, 塀か, 塀と, 塀の, 塊りだ, 塔を, 墓を, 墻と, 壁の, 壺が, 壺及び, 外で, 外には, 外も, 大公爵, 大萱, 奧に, 女, 奴隷だ, 如, 如くこまやか, 如くなるが, 如く喰, 如く落ち, 如く鈍如した, 如何に, 子が, 子だ, 子の, 子一片の, 季節を, 安火, 家へ, 家群の, 家部落を, 寺の, 小さい塚, 小さな休憩所, 小径を, 少しうご, 層から, 山くさった, 山と, 山に, 山より, 崩れかけた築山, 崩れた壁, 崩れの, 崩れる音, 崩れ落ちないよう, 崩壞し, 巣を, 工合までが, 工合を, 差が, 床だけが, 床の, 床も, 床を, 底, 底という, 底は, 底までも, 廊下です, 廊下の, 建物だけが, 強い妙, 強情さ外見従順で, 当り具合が, 形に, 往生をと, 従順なる, 御恩, 心の, 急勾配, 性質が, 性質肥料や, 恩, 息, 息の, 愛により, 感じ灌木の, 慣習は, 戦債を, 戸が, 扉までも, 抱擁と, 持つ限り, 掩ほふ, 效き, 文学とか, 文学を, 文明を, 新らしく, 方向へ, 春の, 景色ばかり, 智慧から, 暴賊だ, 更紗が, 最も多く, 朧に, 材料を, 東国などよりは, 柔いところに, 柔かそう, 柔く, 棒と, 森では, 極小の, 標本を, 樣子でも, 橋かかり, 櫓や, 歌, 歴史で, 殆ど時々刻々洗, 段々に, 民に, 民衆と, 民間仏教が, 気息に, 水烟を, 池を, 流れたること五百年ぶり, 流れの, 流れを, 深さ, 混ぜあわせ方, 温気が, 温氣が, 湿りに, 湿りを, 湿り気は, 溝渠等マンガン鉱山の, 濡れた上, 灰色に, 焜炉や, 焼けた草いきれ, 熱いムレッ返し, 片隅に, 版籍に, 牢から, 牢だった, 牢へ, 牢をば, 牢屋に, 牢獄, 物理学などと, 狂炎だった, 猛者は, 玄関を, 玉の, 球の, 生々しさ, 生むもの, 産物でなけれ, 産物み, 田舎なりけり, 畑で, 異なるにつれ, 痩土に, 白い道, 百姓が, 皿や, 盛られた土饅頭, 盛られて, 盛りようを, 盛り上つた心持をも, 盛上った, 真ん, 着いた手, 知識を, 研究を, 碁石丁々といふ, 神あり, 神と, 神木の, 神等グノオメン, 神靈, 移動量の, 積堆, 穴に, 空地が, 空洞の, 窪みだけを, 窪んだところ, 竈に, 竈流し, 端に, 粗剛, 粗密の, 精で, 精は, 精気で, 精霊を, 紫海の, 経済の, 罎が, 美しく, 義より, 老人たちが, 聲だ, 肌が, 肌ざわりを感じ合っ, 肌に, 肥ぞ, 背地の, 胸の, 膚すさめる, 膠質的性質に, 自然詩である, 臭いと, 臭いの, 臭味の, 臭気は, 舟を, 船頭衆から, 色さへ, 色そこから, 色とも, 色などは, 色なり, 色に, 色よみが, 色何も, 色畔の, 色調よ, 色鼠に, 若者は, 茶釜が, 荒れたの, 荷物と, 落ちて, 蔭に, 處が, 蚊いぶし, 血から, 表面には, 表面は, 表面も, 裂け目に, 褥の, 見えて, 見えない岩, 覗いて, 観念を, 言葉とも, 詩であり, 話を, 論が, 謡が, 賠償金四百兩を, 質などを, 質も, 赤肌を, 赭い, 起原を, 路に, 車を, 辺を, 通路を, 道に, 達磨, 達磨は, 選擇に, 重量を, 鈴三号旅と, 長い壁, 間より, 關まで, 附いたま, 附かぬやう, 附きたるは, 陰で, 陰木の, 隅に, 雷が, 霊を, 面から, 音などが, 音楽家, 風に, 風俗, 飛ぶの, 餅つく, 館門を, 香しめやかに, 香だった, 香である, 香ひす, 香や, 香りなどまでが, 香りを, 香気を, 香薫じ, 香高し, 馬でありました, 騷ぎを, 高くなった, 魂は, 鳩ほろこほろこと吹きし, 鳴る音, 黒い小さな, 黒い部分, 黒い里道, 黒ずんだ一坪, 黒み来, 黴臭い呼吸

▼ 土~ (1879, 16.6%)

65 踏んで 41 掘って 17 かけて 13 踏むこと 11 かぶせて, 払って, 掘つて 10 踏んだ, 運んで 9 ふんで, 踏むと, 蹴って 8 掘るの 7 入れて, 持って, 離れて 6 もって, 積んで, 踏んだこと 5 捏ねて, 掘りて, 掘り下げて, 搬び入れる, 踏みしめて, 踏んだの

4 [19件] いぢつて, ほって, まいて, 手で, 持つて, 掘ったり, 掘りながら, 掘る, 掘るところ, 採って, 掴んで, 掻いて, 掻き分けて, 盛って, 破って, 耕して, 踏みながら, 踏む, 踏むの

3 [38件] いじって, かけた, かけられて, かついで, くずして, こねて, すくって, つかめと, つかんで, はらって, ひっかいた, ほじくって, もりあげて, 削って, 取って, 叩いて, 崩して, 払いながら, 掘りかえして, 掘り起して, 掘り返して, 掻いた, 掻つ掃い, 撒いて, 水に, 耕や, 舐めんばかりに, 落して, 被せて, 見せて, 見た, 見て, 起して, 踏まずに, 踏むよう, 踏む音, 踏めば, 踏んだ時

2 [109件] あるいて, いぢ, かき狂, かけたり, かけるの, かためて, かれの, こえて, たたいたら, つかむこと, つかむ地頭, つかめという, つけて, できるだけ高く, どこの, のけて, のせて, ばたばた落し, ふんだの, ぶちまける, ほり返すと, もとに, もり上げました, 上から, 二三尺離れ, 五六寸離れ, 凝視めて, 初めて踏んだ, 取り寄せて, 噛みつつ, 噛んだ首, 四角に, 塗つてを, 塗り固めたお, 墾り, 少し掘っ, 弄ったり, 後へ, 愛する農家, 所有し, 手の, 払うと, 払った, 払ひ落し, 担いだり, 拾って, 掌に, 掘ったの, 掘っても, 掘りました, 掘り石, 掘り返した, 掘り返したり, 掘ること, 掘ると, 掘るもの, 掛けて, 措いて, 握って, 摺って, 撒きかけて, 斥し, 棒切れで, 水で, 流して, 爪で, 片付けさせると, 盗んで, 相手に, 破つて, 破りて, 私有しなくなる, 積み上げた物蔭, 積む, 積んだ後, 穿って, 築いたり, 置いた板橋, 置いて, 草鞋の, 落した, 装り, 觀念する, 言ひ, 譬喩的に, 起し始めた, 踏まざる考, 踏ませて, 踏まないこと五十日, 踏まなかった, 踏み澄んだ水, 踏むといふ, 踏むや, 踏む事, 踏もうと, 踏んだからと, 踏んだ人間, 踏んでから, 蹴立てて, 返して, 運んだり, 運搬する, 隠す程, 集めて, 飛ばして, 食うの, 食って, 食べて, 高くし

1 [1178件 抜粋] あいてに, あけるところ, あさりながら, あなの, あらいおとしてからに, いじるとか, いじッ, いでて, うしろに, うすくしかも, うつ, うつの, うなう, おいて, おしあげて, おとしおとしして, かいだり, かいで, かきこんで, かきのけて, かき分けて, かき分け墓石, かくして, かけ, かけたばかり, かけねば, かけるもの, かけ小松菜, かつぎ土, かつぎ石工, かぶせさらに, かぶせたの, かぶせる, かぶせ簑, かぶったかと, かぶるつもり, きせ市, くずしはじめたから, くっつけ衣裳, くはへ, くわえて, けずりながら, けずりません, けみして, こえ一斉, こすった, ことことと, こまかに, さかんに, さくつて餘勢, しとねの, しめらしただけ, じゃまに, すくいだして, すくうたび, すくっただけで, すこし押し入れ, せせって, そのままに, その所, そばから, たがやしました, たがやす土民, たたいたの, ただちに寂光土, つかうという, つかみながら, つくって, つけないため門, つまんで, つめる, とおして, とばし石塊, とりのけて, どういう方法, どけた, どこぞへ, どんどんかぶせた, なでる乱髪, なめながら, ならした畑, ならし一間, ならし水, ぬらし林, ぬりました, のぞきこんだ, はこびだしたら交替, はこべよ, はこんだり, はたきながら, はなれる瞬間, はねかけるよう, はねながら, はね上げる火山, はみ出して, ばらばらとは, ひっかくよう, ひと握り紙に, ふきとばし黒煙, ふまず大小, ふみしめて, ふみ農家, ふむこと, ふむと, ふるいにかけ, ふるい木, ふるわせて, ふんだこの, ふんだと, ぶっかけられたんで, ぶつけただけで, ほごす音, ほじくつて, ほじくること, ほっても, ほりそこ, ほりながら, ほり箱, まいただけ, まいた日, まく, まくという, まくらに, まもるため, みつめて, むしり木, めつる人, もくもくもたげ, もちあげて, もち上げ, もった袋, もりあがらせて, やぶって, やわらげて, よそへは, わが踏め, わけてもあの, わって, ザグザグ踏み, スコップで, 一か, 一つかみ掌に, 一杯もった, 一歩でも, 一足一足突きさし, 丁寧に, 上げて, 下へ, 久しぶりで, 乘せ, 二つ重ねた, 亡ぼすこと, 人間の, 仕込まねえじゃと, 以つて造る, 低く這つて, 偃ひたる, 元通りかぶせる, 克明に, 入れた, 入れたん, 入れた菓子, 入れ賢者, 円く盛り上げ, 円形に, 凍らしトタン屋根, 分つ數多, 切って, 刎ね, 削つた跡, 割つて, 加茂川の, 動かした部分, 勵まし, 包圍す, 半紙に, 原頭集め, 去りたるもの, 取った赭土, 取りあげて, 取りたがって, 取りに, 取り払いたるため, 取り除けるだけ, 取寄せて, 叩きながら, 叩くよう, 吟味いたしました, 吸って, 呑む事, 和き, 喰うの, 喰べ, 嗅ぎまわりつつ, 嗅ぎ嗅ぎ静か, 嘗めて, 噛みつら, 噛みもう, 噛んだ爪先, 固く掴ん, 土台に, 地上へ, 均らした, 型に, 培うため, 堀る, 堅めて, 塗った壁, 塗ってなかったと, 塗り又, 売ること, 外套の, 大和の, 失つて再び, 奪われ土, 守り樹木, 封じた松平正直, 小さな指先, 少しだけ, 少し取寄せ, 少し掘りました, 崩した, 崩し込んで, 巡拝し, 平げて, 平らし, 平均一尺八寸だけ, 建物の, 引き止めたので, 引っ掻いた, 彩どって, 征服し, 後方へ, 復た掘返した, 思わせるよう, 悉く取りかたづけなけれ, 想い慕って, 愛し田舎, 手足で, 打つこと三たび, 打つと, 払い落して, 払ったの, 投げたん, 投げつける一方, 抜いて, 押えても, 抽ずる笋の, 拂ひ, 担がせる事, 担ぐも, 担げ, 拓こうと, 拭って, 拾いながら, 指して, 指先で, 捨てて, 掃き出して, 掃くという, 掘ぢ, 掘ったこと, 掘ったら金, 掘った炉穴, 掘ってこそ, 掘つたり, 掘つて炭火, 掘つて鉢ごと花, 掘らせ給う, 掘りおこす, 掘りかえしそうして, 掘りかえした処, 掘りくりかえしたり, 掘りそして, 掘りだすだろうから, 掘りに, 掘りのけた, 掘り上げる, 掘り五尺, 掘り回ったり, 掘り抜くと, 掘り木の根, 掘り穿ちも, 掘り起し, 掘り返しその, 掘り返し岩, 掘り返すと, 掘り返す鋤, 掘るか, 掘るなど, 掘る力, 掘る寒い, 掘る音, 掘れば, 掛けました, 採った跡, 探し求めると, 接吻する, 掩うて, 掬い上げて, 掬うて, 掬ったり, 掴んだり, 掻い込むよう, 掻きさ, 掻きよせただけで, 掻き出して, 掻き掻き少し, 掻き起して, 掻くと, 掻く土, 揉みほぐしたり, 揺り据えたよう, 携えて, 撞げかかっ, 撫でた藤吉, 擡げて, 敲いて, 敷いて, 更に白く, 有ちたい, 木と, 枯れ草へ, 森と, 次第につん, 歩きました, 残して, 気まかせ, 求めたい, 求め水, 汝の, 洗い耳, 洗って, 洗ふ, 活かす職業, 浄めてから, 浚った溝渠, 浴びて, 浴びる場所, 清めたま, 清淨と, 測ろうと, 漁り歩いた, 潤か, 濡らして, 焼いた磚, 照臨し, 狸が, 生ずる道理, 生れて, 用いれば, 白い二本緒, 百姓修業し, 盛つた, 盛つて隱さう, 盛りあげた塚, 盛りかぶせ一方, 盛りさえ, 盛りそれ, 盛り七草, 盛り上げたところ, 盛り上げたるが, 盛り上げた新しい, 盛る, 直ぐに, 眺めること, 知り土, 研究した, 破り紫, 示すとは, 私有しなくなったら, 移し土, 積み固めて, 積んだトロツコ, 穿くりながら, 穿ち根, 立ち退き候, 築き鍛冶道具, 篩にかけて, 累ね, 練つてゐた, 練り回す必要, 縫った, 置けば, 耕しては, 耕しに, 耕し培, 耕し春, 耕し茨, 耕すこと, 耕す農具, 耕す鍬, 肥やさんため, 背負って, 舐めて, 舞いあげながら, 芥川の, 莚に, 落し一緒, 落としました, 蒸して, 蘭を, 行く, 被せかけて, 被せ棺, 覆って, 見ざる男, 見せない, 見たもの, 見ないかも, 見る, 見れば, 見限って, 觀じた, 詰めこんだ, 讃美し, 負わすべからずわが, 越して, 足の, 路の, 跳ねながら, 跳ね除けて, 踏ぬ, 踏ませましょうと, 踏ませること, 踏ませる法, 踏まないなという, 踏まない気持, 踏まなかつたかも, 踏まぬと, 踏まんと, 踏みくずして, 踏みしめたり, 踏みしめ踏みしめ平ら, 踏みたいとは, 踏みたがること, 踏みながらも, 踏みまして, 踏みやぶるよう, 踏み侘び, 踏み固めて, 踏み女房子, 踏み崩して, 踏み村, 踏み漠然と, 踏み荒した跡, 踏むため, 踏むでゐたから, 踏むべきに, 踏むフェルト草履, 踏む前, 踏む足音, 踏む面倒, 踏めり, 踏んだとき, 踏んだので, 踏んだもの, 踏んだわけ, 踏んだ初心, 踏んだ旅行家, 踏んだ白雲, 踏んだ頃, 蹈まさず, 蹴ちらして, 蹴つた, 蹴て, 蹴り走った走った一散, 蹴るやいなや, 蹴散らす, 載せて, 載せ野菜, 退けはじめた, 這う虫, 連びだしたり盛土を, 遊ばすは, 運ばせ丘, 運びましたが, 運び出して, 運び草, 運ぶ蚯蚓, 運んだあと, 運搬けた, 遠く持ちだす, 鋤く事, 開いたといふ, 附けたまま薦, 除くと, 除去しなけれ, 集めさせて, 離れず, 離れた大根, 離れると, 雨らし, 食いたがる者, 食い水, 食う, 飽くこと, 馬蹄に, 高く持ち上げた, 黒くうる

▼ 土~ (1078, 9.5%)

16 まみれて, 埋めて 14 なって 10 手を 8 して 6 なること, 頭を 5 うずまって, うずめて, 根を, 落ちて 4 なっても, 坐って, 往生する, 生れて, 縁が

3 [12件] うずもれて, なるの, まぶれ, 埋もれて, 帰って, 接吻したい, 流れて, 置く霜, 親しみ郷土, 親しんで, 足を, 額を

2 [74件] うもれて, かきはじめぬ, かくれし石屑, こぼれて, しがみついて, しづけき花びら, ちりて, つくまで, つけて, とどまって, なりたいという, なるん, なる事, ひざまずいて, まぜて, まみれた, まみれた石ころ, まみれた肩, もぐって, よごれぬ, 付けて, 付けるやう, 佇ちつくしつつ, 働いて, 働く土, 凍みて, 化して, 口を, 向って, 噛りつい, 坐つて, 埋めたり, 埋めよ, 埋められて, 埋め或は, 埋れて, 寝る, 帰す, 帰るこれ, 帰れと, 当るわけ, 指を, 挿し込んで, 接して, 播いて, 擦れる下駄, 散つて, 昂然として, 根ざした独自性, 歸る, 水を, 没め冥途の, 添へば, 相違の, 穴を, 突きさ, 立つた, 箒目を, 籾殻を, 置いて, 脱いで, 花びらしろき, 草の, 落ちたれど, 落葉の, 血の, 親しむこと, 親んで, 還ると共に, 鍬を, 額ずいた, 額押しあて, 顔を, 饐えつつ

1 [778件 抜粋] あしらって, あるまま, あるもの, ある幾多, いけた鉢, いさ, いたるという, いて, いながら, うけた生命, うつして, うつる自分, うづめぬ, うづめる, うめた, うもれようと, おりようと, おろした, おろして, かえって, かえる, かくして, かくれて, かじりついて, かじりついても, かりもがり, きしる病室, くちづけ, くっついて, くつ, けずらせ, こすりつけて, この久しく, こひ伏, こぼれ流れる, こもって, こやしを, ころがって, ころがり落ちた, さしこみ他, さしたまま, さし前の, さす習慣, さらしたくないの, さらりと, しっかりと, しとしとと染み込む, しぶき流れ降積り, しみる, しむ間, し咲きて, じかにい, すえて, すがって, すりつけて, すわせたアゲク, すわって, せっせと種, その各々, それを, たけびをあげられずにしまうた事を, だかせる, ちょうど金屏風, ついて, つきさ, つくか, つけそこで, つけた, つけとったん, つつまれて, とどきそう, とどまる, なく虫, なじまなかつたの, なじむため, なずますに, なった, なったらあまた, なったらなおさら, なった彼女, なってから, ならして, なり, なりたい, なりたし, なります, なるそう, なるに, なるまで, なるやも, なる気, なれないで, なれ始む, のぼって, のめるばかり, はらば, ひざまずいた時等, ひざを, ひそむ敵愾心, ひれ伏して, ふととまどい, ふりそそいで, ふれると, ぶっつかる音, へたばって, へばりつきながら, ほろ, ぼんやりあらわれ, まさらず年, まぶして, まみれたまっくろ, まみれたる十字架, まみれた姿, まみれた気味悪く, まみれた若い, まみれゆく草, まみれる臓腑, まみれ汗, まみれ碑頭, まみれ落ちて, まろび竹垣を, むかって, めりこんだと, めりこんだ瀬戸物, めり込み八五郎, もう一つ段一パイ, もぐりました, もぐる, や, ようやくささえられ, よく交ぜ, よごれて, よごれ少々, ハッキリつい, メリ込ん, 三つ四つころげ, 下りて, 下りると, 下駄が, 二三尺の, 交つて出, 交つて塀の, 仕えた, 他念の, 付いた所, 仰反, 仰向いて, 住みたり, 住み一性分, 住んで, 何か, 來ても, 倒して, 倒れたの, 働くこと, 僑寓し, 入って, 入らずば, 入ります古き, 入ります君, 入るの, 入れば, 冷かに, 凍てついたか, 処を, 刃を, 分布し, 力足を, 功力を, 労苦する, 匍ってばかり, 化したよう, 化する, 化る, 半輪を, 印された夥しい, 印した熊, 反るが, 叩きつけて, 向かって, 向けて, 吸い取らせて, 吸い込まれたの, 吸われるよう, 和えて, 咬みついたまま, 咲かし得よう, 善く適ふから, 喰い付いても, 喰い付き草, 喰い入る, 喰い込む鍬, 喰ひ込ん, 噛じり付い, 噛り着い, 囓りつい, 圧されて, 坐り込み両手, 坐り込んで, 埋ってるよう, 埋まった石, 埋まつて藪, 埋むる, 埋めその, 埋めた, 埋めた様, 埋めます, 埋められたところ, 埋められとにかく, 埋められながらも, 埋められるの, 埋めるが, 埋めるの, 埋める様, 埋め込んだ水甕, 埋もれた福太郎, 埋もれよう, 埋れたの, 埋れ去るの, 執着すれ, 執著, 塗みれ, 塗れた千兩箱, 塗れた着物, 塗れて, 填めて, 外套を, 多く生, 大の字なり, 大量の, 委しては, 子らかき坐り夏おそし, 寄せたので, 富み水分, 寝せて, 寝るが, 寝ろ, 射し掛けて, 對し, 小石を, 小膝を, 居ついて, 席を, 帰して, 帰すこれ, 帰すべきであると, 帰ったの, 帰つたそして, 帰り霊魂, 帰るか, 帰るの, 帰るやっぱり, 帰る人, 帰る時, 帰る秋雨, 幾らでも, 庭木は, 往かんと, 往きての, 心地よく下駄, 性慾を, 息づいて, 慣れるという, 憩う乞食, 成しぬ風, 成つて了ふ, 成りに, 戦争の, 戻って, 手が, 打ちこんだ形, 打ち込む, 打っ附, 投げつけて, 投げ出されたお, 押し附けた獣, 拠って, 挑んで, 据えつけて, 掌を, 掘りこみたる道, 接吻し, 接吻したかつた, 接吻する, 掬いあげたの, 描いて, 摺つけ, 摺付けられ, 支えられて, 散らぬまえに, 散る, 敷くお, 敷乱れた, 於ては, 映じて, 映りよろし, 映る影, 春の, 曳いて, 曳き尋, 書いて, 来て, 染みた髪, 染みた髮, 柳の, 根差した資料, 根生ひ, 棄てられに, 棒を, 横たわって, 止つた, 歸した, 歸つ, 死ぬ自作農, 残して, 残って, 氣を, 水, 汚れたシヤツ一つ, 汚れた手の甲, 汚れた父, 汚れた自分, 汚れて, 沁みこみ山葵, 沁みつき, 沁み込み, 沁み込んで, 沈むまで, 没して, 注がれた, 注がれた愛, 活動し, 浸みこむ斑雪, 浸透する, 消ゆ, 涎し, 深く型, 深く押, 渇き望んで, 溜まって, 滅り, 滲み入るよう, 滴らしながら, 潜伏し, 濺いだ, 無性矢鱈に, 無礼な, 爪を, 牡丹の, 特産する, 生いなむ, 生えて, 生きて, 生きる民, 生ずる諸, 生ませて, 生れたその, 生れたり, 生れ合せた者ども, 生気を, 生活を, 留まるとか, 留め永く, 疎ら生えし, 盛り線, 直立し, 眠って, 眠る, 眼を, 着かないから, 着くやう, 着け, 瞑して, 砕け宙, 移したりも, 種える, 種子を, 穴掘っ, 突いたまま, 突っ立っ, 突っ込んだかと, 突當つてそこには, 突立った, 突込ん, 立ちて, 立ち前, 立って, 立つて, 立てこつちの方, 筵しき, 籠る青味, 米英仏の, 紙屑や, 結びつかれて, 絡んで, 縁の, 縋りて, 繋がる, 織り出して, 置きまだ, 耕しその, 育ったの, 育った小さい, 育まれ五體, 脱いだ, 腰を, 腹這つて泳ぐ, 膝から, 臥し粗食, 自分の, 花びらが, 芽生えた花, 若い力, 茄子は, 草鞋を, 荒れたお, 荒れた手, 菰が, 落して, 落ちたもの, 落ちるとき, 落ちる左右, 落として, 葬むら, 葬られる時, 葬られる葬式, 葬ること, 葬るため, 蒔かれもし, 蔽はれ, 薫の, 藹々たる, 蘭麝の, 蟠崛, 行くこと, 覆われた石, 見つつ, 覗き入り蒔いた, 親しき物, 親しく臥し, 親しみ独特, 親しみ穴, 親しむこの, 親しむよう, 親しめ, 親しもう, 親み, 触れて, 触れぬうち, 觸れ, 誤り書く者, 護謨の, 起き臥しこ, 起つ, 足あとつけ, 足がかりを, 跳ね豆蟹, 踏み入るれば, 踏むの, 踞へる周辺, 身を, 身近くいる, 輝く山際, 輸入され, 近いだろ, 近づいたところ, 近づくほど, 返った訳, 返って, 返るとき, 這い付いて, 這う虫, 通じチ, 遊んだ, 還って, 還つたぜ, 還つて, 還らむ, 還る, 還るであらう, 還れば, 還附, 門と, 降って, 降りては, 限りが, 限るの, 雑ぜて, 離れては, 霜柱の, 青鵐来, 音たて, 響いて, 順ふ, 飛びついたまま, 食い入るにぶい, 食はれた, 飲ませて, 鳴らしながら, 黒く長くななめ

▼ 土~ (531, 4.7%)

8 乾いて 7 ついて, 落ちて 5 黒ずみやがて 4 あると, おちて, くずれて, 凍って, 出て, 崩れて, 柔かで 3 あらわれて, ある, かわいて, 見えて, 足の

2 [28件] あつて, うづ, しめって, すって, とけて, ぱらぱらと, ほぐれて, ほろほろと, やわらかで, ゆるんで, 一面に, 乾き切って, 凍つて, 出た, 刎ね, 壊れて, 彼の, 抉られて, 散乱し, 昔の, 水に, 流れて, 無いため, 落ちたん, 落ちると, 落ち地震, 附いて, 雪より

1 [405件] あがって, あたたかくなっ, あたたかに, あったから, あって, あらはれその, あり, あり何萬年後, あり忘れられたか, あり手摺, あるか, あるかという, あるさ, あるの, あるん, あれを, いいから, いうの, いくらも, いっぱいに, うきポコポコ, うごいて, うずたかく外, うつしだされて, うんとある, おいて, おかしいって, おかしいなら, おちたとき, おちること, おちるの, おとされると, おまへん, おりしも通りかかった, お化けに, かかると, かけられて, かたいから, かたく平ら, かたまり人々, かぶさって, かぶせて, かぶせられる, かぶせられ塚, がっちりと, がらがらと, きれいで, くいこんで, くずれおちて, くずれるかも, くずれ小鳥, くずれ足, こいしゅうなる, この時浮き, この雪の下, こびりついて, こぼれて, こぼれる, こぼれ落ちるでは, ごそっと取れ, ごまかされて, ざあっと崩れ, ざあっと崩れる, しかも開い, しっとりと, しつとり, しら, じめじめと, すっかり元, その根, それな, それを, それ吹く, だんだんと, だんだん崩れ, ちょっとした作り方, ぢく, ついた, ついたまで, ついたもの, ついたら起き上つて, ついてるじや, ついに敵軍, つまったり, でこぼこに, でて, ところどころに, ところ禿げし, とばなくなって, とべば, どういうわけ, どうしてあんなにの, どうして月島, どしゃりとくずれた, どじょうな, なくちや, なくなると, なぜ月島, なだれ落ち, なつかしく晴れた, なんじゃ, にわかに崩れ落ち, ぬかるむほど, のせて, はね返され傷つけられた樹根, ひびわれて, ひょこり, ふくれ上って, ふみとうござる, ふめなくな, ぶつけて, へこんで, へばり着いて, ほかほかと, ほんとに禍, ぼろぼろと, ぼろぼろに, ぽかつい, まじつてを, まじらぬよう, またもや崩れ落ちた, またドサ, また轉, まだかわき, まだじくじくと, まだそれなりの, まだ乾かぬ, まだ妙, まだ振り向き, まるで粉雪, むきだしに, むき出して, むくみ出しそれ, むらむらと, めっきり黒く, もうもうとたっ, もられその, やっぱり懐かしかっ, やわらかい, やわらかい匂, よくて, よく乾い, わけも, ガラガラと, キチンと, グショグショし, サラサラッと, ザラザラする, ジャリッ, ズブズブに, バラバラと, ホトホトと, ムクムクと, 一ぱい苫の, 一匁いくらとかで, 一杯に, 上から, 不規則な, 久方ぶりに, 乘馬を, 乾ききつ, 乾き民家, 乾き草, 乾くと, 二十九日まで, 二尺ばかり, 人間の, 人間を, 今では, 今は, 今年は, 何より薬, 保有すべき, 健かである, 先生に, 光って, 入った, 入って, 入用で寄ん, 八つ半からの, 其のま, 其處だけ, 冷えて, 冷やり, 凍ること, 凍ると, 凍る心配, 処々に, 出たぞ, 刳ぐられたように, 勢込ん, 匂ふ, 午後ずつと, 厚さ五尺, 口を, 古びて, 合わない, 向うに, 固っ, 固まらない, 土手の, 地崩れの, 埃を, 埋めかけて, 埋めて, 堅くつ, 堤の, 塗りつけて, 填まって, 壺の, 多い上, 天井から, 天地の, 妙に, 定まれば, 寸隙も, 小さい山, 小さく区分, 小林君の, 小高くなつ, 少し濕つて, 少ない, 山河が, 岩層の, 崩れたの, 崩れないよう, 崩れると, 崩れ落ちた洞穴, 崩れ足許, 左岸に, 干して, 平にならされ, 弾ねた, 後に大村書店, 後れて, 復た, 徹宵さう, 忽ち背戸, 恋しくなった, 悪かった, 投げ出されると, 担げるかと, 掘り出され運び, 掘り返されて, 掘れたり, 掘れるかよ, 掘れると, 掘取つたやう, 掘起されその, 撒き水, 擦れて, 散亂, 新しくな, 新しくなっ, 新しく掘り返された, 日光を, 早く流れ, 暖かい日光, 暴露し, 曲者な, 最上, 月島から, 来たよ, 来ると, 柔かくって, 柔かくて, 柔かくな, 柔らかいから, 柔らかな, 柔らかなら, 柱が, 棺の, 極く, 極めて脆く, 横に, 欠けて, 次の, 歩一歩飛, 残って, 沈む, 沈着し, 洗われて, 流れ込んで, 浄土であり, 浅いと, 海辺に, 混って, 清潔に, 渓谷性金剛石土な, 温かくなっ, 温かで, 温め汝, 満ちると, 溜った, 溜まり流れて, 漸く水中, 潔癖に, 瀧なす雨に, 焔硝の, 煙る, 照り返す, 熱気と, 物を, 物言うた, 珍しいから, 珍らしく, 珍らしく踏む, 生々しく平ら, 生きて, 生んだ将門, 生んだ最も, 痩せて, 白い, 白い色, 白くポカポカ, 白く光っ, 皆振動, 盛って, 盛られた, 盛られて, 盛り上げて, 盛り上って, 盛り出されて, 盛上っ, 相當, 真直に, 眼を, 石と, 砂利を, 砥に, 砥の粉の, 積もって, 積んで, 空へ, 窪みましたので, 窪んだので, 簾越しに, 耐らなく寂しい, 耳の, 膝まで, 至極の, 良くもし, 草と, 草鞋について, 落ちかけて, 落ちこんで, 落ちついて, 薄気味悪く足, 血の, 被せかけて, 被せて, 裂けた話, 裏口に, 要る, 見えた, 見えない, 見えぬ程玉蜀黍, 見えるだけ, 見え出した, 解け餌, 詰って, 詰つて居る, 豊かでありたい, 貧しいという, 赤かった, 足裏に, 踏みたかつた, 踏みたければ, 踏めましょうか, 踏める, 踏めるかも, 踏めるなら, 車体の, 軟かくずぶずぶ, 載せて, 載って, 輝いた, 農場の, 適わぬところ, 重いので, 重くなり, 重く冠, 長く取廻し, 降て, 震源地である, 霜柱を, 露出し, 非常に, 顔を, 飛ぶ, 飛ぶ霜, 飛んで, 餘り, 香炉と, 馬鹿に, 鶉か, 黄褐色な, 黒くつまった, 黒くて, 黒く柔かくなっ, 黒く湿, 黒く湿っ, 黙って, 鼻の, 齎したの

▼ 土~ (471, 4.2%)

70 の中 25 の前 21 の二階 16 の間 8 の入口, の屋根 7 の土臺下, の鍵 6 の戸, の戸前 5 と土藏, の壁, の方 4 のあたり, の側, の庇, の扉, の窓, の離屋, へ入, を開け 3 から御, が二, の下, の外, の大, の後ろ, の蔭, の裏

2 [23件] から金, があつ, があり, について石段, に押込め, に穴, の三階, の二階窓, の大戸, の板敷, の横, の横手, の祕密, の軒, の軒下, の隅, の隱, は小さい, へ入る, へ案内, へ運ぶ, やぶり, を離屋

1 [180件] からパツ, から一番先, から何ん, から出, から出され, から出す, から出た, から出ました, から千兩箱, から大きな, から家, から引き出された, から引離し, から死骸, から母屋, から滑り出し, から綾野, から金箱, から離れなかつた, から飛出した, か穴藏, がありました, が一, が三つ額, が二三軒ぶつ, が店, が棟, が無い, が燒, が開きました, が雜誌, でさすが, でした, で一方, とか納戸, とは誰, と同じ, と塀, と店, と接した, と母家, と母屋, と炭小屋, と物置, と鎧板, と隱居, なぞがご, などの殘骸, ならば, にかし, につれ込み, には各, には大事, には小道具, には年, にも座敷牢, にハネ, に一番, に並ん, に仕掛けた, に何萬兩, に取込み, に封じた, に居, に忍び込み, に忍び込みました, に忍び込ん, に案内, に添う, に潜り込んだ, に續, に蚊帳, に通, に閉ぢ籠め, に隱, の, のうち, のごく, のところ, のなか, のカギ, のツイ側, の一方, の下四五尺, の修, の修復, の修繕, の八千兩, の周圍, の土壁, の土臺石, の外鍵, の奧, の庇合, の庇合ひで, の庇合ひと, の庇間, の床下, の座敷牢, の廂間, の建つた, の息拔きの上, の普請, の板戸, の梁, の梯子, の槍, の横腹, の段々, の海鼠壁, の漆喰, の片隅, の番, の白壁, の石, の石垣, の石段, の穴, の突き當, の腰, の腰張り, の腰板, の臺石, の薄暗い, の虎, の裏手, の裏木戸, の闇, の隅々, はこれ, は主人, は二, は全く, は切褄形, は敷地一パイ, は母屋, は至つて手輕, は金藏, は開けられました, は頑固, へおびき出し, へはろくな, へは入れない, へは短, へやつ, へ入れ, へ入れる, へ押入つて, へ穴, へ續, へ行く, へ行つて仕事, へ通ずる, へ隱, まである, まで床下天井, まで念入り, も一つ, も少く, も掘つ, も物置, も自然, やら滅多, や太い, をあけ, をあて, を二度, を後に, を後ろ, を持つ, を指す, を搜, を改め, を直した, を破, を移した, を置いたる, を脱出, を開ける, 又は密室

▼ 土~ (346, 3.1%)

4 乾いて, 爾の

2 [21件] おれたちの, しめやぎて, ぬれて, よき土, よく均され, よく肥え, 乾き切つて, 光と, 凝りて, 彼の, 我々の, 朝に, 柔い, 母の, 浄化せられよう, 濡れて, 犁の, 白く乾い, 見るに, 開闢この, 黒くしめり

1 [296件] あかく焼け, いくらか濕つて, いつも埋れ, いま, いまだ払はず, おかしくない, おとなく, お社, お色, かたく荒れ, かたで, ぐちゃぐちゃだった, けずれるか, こういう土壌, ここから, この国, こびに, こびを, こび少年隊, これを, ござらぬ, さながら腐爛物, ざらざら手, しめりを, じくじくと, じめじめし, すぐにも, すぐ停車場前, すっかり凍っ, すつかり, すべる, ずぶずぶと, そう言い, そこい, そのあたり, その収穫, その球根, その衣, その賄係り, そばに, それを, た, ただの, だいぶ泥濘ん, つくつて, つねにじめじめと, つやを, ところどころ穴, ところどころ落ちくぼん, とぶよう, どうなる, どこから, どっちも, どっちを, どんどん後方, どんなに手入, どんな地質, どんな腕, なかば乾い, なるべく細かく, ひろびろと, ふわ, ふわふわと, ほこりっぽく, ほとんど外国語, ぼろぼろ落ちる, まず錐, また左, まだくす, まだ乾かない, まっ白に, まるで人肌みたい, もうぽくぽく, もう殆, もっとかけがえ, もつとか, やがてぞ, やがて沈澱, やはり常世, やわらかいし, やわらかい白い光, よく踏, アルカリが, トラックで, ホコリッぽく, ボロボロに, ポカ, 一丈も, 一度も, 一歩も, 一種の, 一足も, 一足一足毎に, 丁寧に, 上へ, 丹の, 九州の, 乾ききって, 乾き切って, 乾き樹木, 予め掘り起し, 京, 人間と, 今に, 今一つ宗教家や, 今朝見た, 低地の, 何の, 依然として土, 倭宮廷の, 僕に, 全く珍しい, 其一塊も, 具合よく, 内部へ, 冷く, 冷たく濡れ, 冷やり, 凍って, 凍つて石, 凍て, 凍らない, 凍りけり, 凍りて, 凡てを, 出なかった, 初めて富農, 削り取り低い, 削り落とされて, 勿論硬い, 午後七時から, 厚い土壁, 只冷たく, 固まるの, 土塊は, 地下の, 地下戦車の, 垢の, 堅く石, 声なき声上げ, 大地震, 大抵その, 大抵集め, 妙に, 子供を, 完全に, 寒い日影, 尊や, 少しも, 少し生, 山の, 岩石の, 崩れ落ちるばかり, 崩れ落ちるよう, 常に六尺以上, 平らに, 彼らの, 彼等の, 往昔生物の, 復た, 必ずしも大, 思ったより, 戦車の, 所謂地久而し, 担いで, 持って, 指で, 掘り返り陽, 掘返された, 散々に, 数十万の, 新らしく, 方棟の, 日本國中何處の, 明るくなっ, 春の, 暖かく彼, 更に何者, 月島から, 朝の, 朝早くから, 未だ去りやらぬ, 東から, 枇杷いろ, 柔かいな, 柔かく軽そう, 柔く, 柔らかくそこ, 極く近い, 武田製薬の, 水に, 水は, 水無瀬, 汝の, 沈んで, 流れて, 流れ候, 深くなれ, 渓の, 温順な, 湿って, 湿つて, 湿り気が, 溶けた霜柱, 漂蕩として, 火を, 灰の, 灰色黄ぐすり, 無感覚の, 焦がる飲まんと, 焼けて, 熱い黄ばんだ, 燒け, 物云わず, 珍しく全体, 生きて, 男達の, 畢の, 痩せ耕地, 白くホコホコ, 白く乾きあがっ, 白っぽくカサカサ, 百姓侍で, 盛り上がって, 直ぐ塵, 眞土ならね, 眞赤に, 眞黒ぢや, 眞黒ゆえ, 真土ならね, 真白く木, 短い青芝, 石コロが, 石灰色を, 破れ果て御, 神土である, 移動させる, 程よく靴, 穴の, 穴を, 空中高く, 笑って, 米麦も, 素朴で, 紫に, 終古, 綺麗に, 美しい黄, 老人の, 肥えて, 肥え草, 胸の, 自分が, 自分の, 荒れて, 荒川岸の, 薔薇色空には, 血である, 袂屑の, 裏手の, 見る事, 誓って, 赤土さ, 赤土です, 赤土と, 足で, 足駄の, 踏むまいと, 踏めないの, 踏めまいが, 軟に, 重吉の, 鉢植えにさえ, 長年の, 開墾される, 附けたり, 陸と, 陽炎を, 離れぬことわり, 雨で, 雨に, 雪解の, 震うよう, 震へど, 露じ, 非常に, 鞍に, 顕われ, 驟雨の, 鮮人人夫が, 黄粉の, 黒い雪, 黒くつめたい, 黒くて, 黒谷の, 點

▼ 土~ (271, 2.4%)

6 一緒に, 兵隊 4 ならうよ, なる, 化して, 水と, 藁の 3 いっしょに, なって, なりて, 人の, 同じよう, 水との 2 なりその, なろうとも, 人, 八時, 太陽の, 木と, 水とが, 皇孫領らす, 禪との, 農民との

1 [201件] いっても, いはれる土, いひなんと, おなじ色, かかる身分, かびの, かぶせて, これも, して, し鼻, するという, せば, そうしてその, そこに, その土, その地下構造, たたかい四隣, どういう関係, なった, なったという, なったもの, なつて, ならうお寺, ならなければ, なられた崇徳上皇, ならん, なりたいばかり, なりたさ, なりに, なりました, なりましょうとも, なりよわき, なり一つ, なり果てむ, なるつもり, なるというも, なるところ, なるとの, なるとも, なるの, なるべき友, なるまで, なるまでの, なるやら, なるよりは, なる秋, なれ, はげしく磨り合った, ほこりでございます, ほこりに, ロクロと共に, 一しょに, 一つに, 一帶に, 一所に, 一棟の, 乾いた馬糞, 云って, 云ふ, 交った小石, 交渉を, 人とが, 人との, 人間の, 他の, 信楽の, 兵隊を, 出勤も, 別れる私, 化さねば, 化したらその, 化し去ったの, 化し木, 化し烟華, 化する, 化せしもの, 化せる, 化るべく, 十五坪の, 合つ, 合戦の, 同じ温度, 同じ灰褐色, 同じ色, 同じ顔色, 同色で, 名づけたわけ, 呼ばれて, 土とが, 土の, 垢で, 埃とを, 塵埃と, 外出も, 天候とは, 女の, 女性の, 奴隷層, 媒埃り, 実現不能で, 家に, 家屋に, 密接なる, 小石と, 岩石ばかり, 崩れかかった壁, 常に新緑, 平行する, 志野陶土の, 念流とが, 思つた日には, 成りたいから, 成りたいと, 成了らんことの, 擦れ擦れに, 新しい草, 日光と, 日光とに, 日光を, 書かれて, 書くの, 木彫の, 朽ちじ, 朽ちなん, 朽ちに, 朽ち果て候うとも, 朽つ, 朽葉の, 松の, 植物が, 植物の, 樹と, 橋欄とに, 此国との, 水とを, 水に, 水の, 汗と, 汗とに, 汗に, 汗の, 浄土とを, 消えた人々, 混合し, 濡れたる沼, 熱を, 瓦と, 生活の, 直角の, 相接し, 石, 石しか, 石で, 石の, 石垣の, 砂利と, 砂利を, 禪とを, 禪宗との, 空と, 空とに, 空との, 空気とに, 竹の, 等しく埋, 紙で, 結ばれて, 結び付いて, 緑と, 緑の, 老とを, 聞く音, 自然とを, 花と, 花とを以て, 苔と, 草からは, 草とに, 草の, 落葉の, 蜘蛛の, 血と, 血とに, 血との, 血に, 血を, 見える, 親しみつ, 言い人格的, 言ふ, 轆轤と, 農民という, 農民といふ, 違って, 遠く相, 鉄気の, 鉱に, 関係が, 闘った, 隔絶し, 馬糞とを

▼ 土~ (271, 2.4%)

39 の上 8 のよう 4 の下, の中 3 の斜面, の方, の枯草, へ出

2 [19件] から下, が少し, でその, になっ, に腰, のほう, の前, の夕暮紅, の左右, の根元, の秋, の芝草, の陰, へ上っ, へ姿, へ漕ぎつけ, へ登る, を一里, を上った

1 [166件] からころがりおちる, からその, から今度, から川水, から河辺, から生垣, から畑, か何, があっ, があったでしょう, がつ, が二三ヶ所, が續, が長い, だかの, であった, でこないだ, では観衆, で乱闘, で二人, で何等, で余念, で先輩, で初めて, で時次郎, で時節柄一面, で路, という堤, とで急速, との三百メートル, との短くはかない, と四方, と応援船, と畑, などで花, などにてわる, などにも見られる, などを歩く, に, にある, にかがん, になつて, にのぼる, にはあまり, にはなく, には晩春, によじ登る, に並ん, に凭, に出, に呼び出す, に咲い, に帰りつく, に平, に捨てられた, に来る, に桜並木, に沿う, に添つて舞, に直し, に舵, に踏段, のかげ, のかなた, のくび根, のした, のそば, のとき, のやう, の下草, の中途, の側面, の冬, の半, の右側, の右手, の向う, の土, の夏, の外側, の小, の小径, の尽きる, の左側, の形, の彼方, の悌, の春, の木影, の柳, の桑, の桜, の横っ腹, の端, の細い, の縁, の芝生, の花, の草, の草むら, の蔭, の西, の遠く, の頂, はこぼれ, はすぐ, へあがっ, へあがった, へいっ, へかけ, へは出ない, へべッ, へゆき, へ上げられた, へ上った, へ上り, へ上り端, へ上る, へ出た, へ出よう, へ出る, へ羊, へ行け, へ駆けだし, ほどの大き, まで來い, まで出, も半ば, や松, や裸, よりは一段と, をこしらえさせました, をさして, をさらに, をその, をのぼつ, を一心に, を一散, を上, を上っ, を下り, を下りきらない, を下る, を中, を乗り越そう, を仰ぎ, を作っ, を右, を固めん, を埋め, を家, を川上, を左, を庭, を掛け, を池, を猶も, を登っ, を短距離競走, を築く, を走る, を超えた, を通ろう, を馳廻, を駈け登りました, を高く

▼ 土~ (131, 1.2%)

4 の方, の祠, はしばらく, はそれ, はまるで, は俄, は少し, は自分

2 [44件] がまるで, がゆっくりゆっくり, だ, ですね, で一人, にからだ, に挨拶, に起っ, のこと, の居る, の形, の手, の来る, の棲ん, はいかにも, はいきなり, はいろいろ, はうしろ, はこんど, はさっき, はその, はたまらな, はひとり, はまた, はむらむら, はもう, は一羽, は今度, は何とも, は右手, は大きく, は大声, は心, は日光, は樺の木, は歯, は泣い, は繰り返し, は胸, は草, は起き直っ, は進ん, は遠く, は頭

1 [11件] との交合, に伊勢津彦, の化生, はしずか, はしづか, はほん, はほんとう, は川菜, を生, を阿蘇都彦, 生れて

▼ 土から~ (126, 1.1%)

4 生えて 3 出て, 生れて

2 [11件] 上の, 二三寸芽を, 健康な, 出るの, 喰み出し, 得て, 拾ふ, 生へて, 生まれて, 赤い毒きのこ, 離れて

1 [94件] うまれた生き物, おどりでて, この関八州, とった物, べつな, もう草, モヤモヤ湯気, 三四寸離れた, 世の中の, 作られた人形, 俄かに, 僅か二尺, 僅に, 凝集つて居た, 出た三寸ぐらゐの, 出づる物, 出る所, 出来ねえもの, 出来るもの, 分離し, 刈つて行く, 前後し, 化生した, 反射する, 取って, 受取る時, 咲いて, 喰み, 土闇から, 地いきれ, 外へ, 大多和までは, 奮然として, 庭木へまで, 引き放すこと, 彼等の, 徐々に頭, 微に, 抜きとれるよう, 持つ, 掘り出さなければ, 掘り出されるおり, 掘れである, 掘起して, 摘立てのを, 新羅, 曳き出されたが, 木や, 来たの, 柔かい双葉, 根を, 求めて, 沁み出して, 火薬を, 熱気が, 生えたもの, 生えたよう, 生えた尻, 生えた根, 生えた灌木, 生えた蔦, 生え出たよう, 生きが, 生ずるもの, 生へたツクシンボウ, 生まれ出た, 生れたものの, 生れた詩人, 生れる, 生れる地方, 生れ倏忽, 発する勇ましい, 直ちにライスカレー, 真つ, 真赤に, 立派に, 純文學, 芽生えるもの, 草から, 葉つ, 蕗が, 蚯蚓が, 起きあがって, 起きて, 追われた時, 遠くしよう, 選り分けて, 離れまいと, 青々と, 青い芽, 顔を, 飛びだしはすまいかと, 首を, 麦が

▼ 土~ (122, 1.1%)

3 あつた, 埋めて 2 できたお, 塗って, 拵へ

1 [110件] うめて, お別れ, かためたパオ, こういう, こすって, これで, ござりまし, ざらざらに, その外, それが, それ等を, だんだんが, できた道化師, できた重い, できて, できてるよう, ひねって, ひねつた陶, ふさがれて, まるを, もし壺, もつて, よく詰め, よごれきって, ベンチが, 一つ炭竈を, 一杯に, 両岸, 乾くと, 今の, 作ったライオン, 作った人形, 作った物, 作つた, 作つた人形や, 作つた人間などの, 作つた家の, 作つた筒形の, 作られたから, 作り上げて, 作ること, 信じ行, 出來, 出来たところ, 出来た焼物, 出来るん, 勅使橋が, 勅使橋がか, 化粧させ, 原型を, 同じ窯, 同じ肥料, 善い作物, 団めて, 囲まれた五十畳, 固めそれ, 固めた低い, 固めた塀, 埋ずめ, 埋めかく, 埋められて, 埋め立てを, 塗った家, 塗りかためられた穹窿形, 塗りつぶして, 大方埋まっ, 客人の, 形を, 彩色を, 彼らは, 心ゆくばかりの, 想い出すこと, 或る, 戸を, 拡大し, 拵えたもん, 拵えて, 描いた南画, 教育しなけれ, 新しい塚, 東京附近でも, 根を, 桃林だの, 死體の, 汚れて, 汚れるの, 焼いたか, 焼いた祠, 猫の, 田圃の, 穴にか, 穴を, 竈を, 立派に, 育てられるの, 蔽える筈, 血の池を, 見事に, 詰め廻しと, 身体を, 造った物, 造った門, 造って, 造つた, 造つた人間や, 造つた像を, 造られた小屋, 釈迦の, 重ねその, 餘つ

▼ 土~ (117, 1.0%)

5 まだ踏み 4 見ぬ花 2 ついて, 岩も, 掘るだらう, 木も, 空も, 草も

1 [96件] あかるい, あらく風, あらはに, ある, あんまり使わず, いくらか夕湿り, かけ終って, ぐるメンコン蛙眼ばかりを, しぼって, ずっと霜, ただ真っ白, どうやらあぶな, ないし, ないもん, ない旅, ない漂う, ない石畳, ぬれた草, ねえ土地, ふやけ切って, ほぼ一色, また泣き出し, また自分, また香し, まだ乾い, まだ乾かない, まだ柔, みな真っ白に, よろこばむ, ろとも, われわれに, 一杯です, 一緒に, 不足してる, 乾かないうち, 乾かぬうち, 乾きかけて, 人膚の, 今にや, 今日の, 全部集められた, 兵力を, 同じことぢ, 同じ薬, 同然であった, 小判も, 崩れがち, 幅一尺で, 建設も, 彼の, 捨てて, 掘り返されなど, 掬って, 新嘉坡, 木の, 来るの, 枯れて, 枯れ水, 残らず渡して, 洗い晒されて, 洗われる感覚, 海も, 無くものの, 燃えるよう, 生きて, 異國, 白く燃えあがっ, 白っぽく乾い, 皆美くしく, 眞新しい, 真黒に, 石も, 粗い風, 縁の, 美しい好き, 美しい山, 耕土だ, 聞け山, 肥やし樹, 草木も, 草葉も, 落ちつき石にも, 落葉も, 見えません, 見ない, 見ること, 踏まずに, 踏めませぬが, 踏んで, 踏んでは, 適度に, 鋤鍬の, 附けば, 雨に, 高い, 黒くて

▼ 土~ (94, 0.8%)

14 の下 9 の中 3 の上 2 から出た, が見え, に何, に隱, の側, の前, の土

1 [54件] ありて, からはさかん, からゾロゾロ, から取出した, から陽炎, か風呂, か風呂場, があっ, がある, が一角, が今しがた, が崩れ, が築い, が見える, だって堅炭, で燒, で釜, と七輪, と風呂場, にかけたる, にもたれる, に火, のさき, のパット, の中ぢ, の仕掛, の仕掛け, の埃, の尻, の新設, の横, の横腹, の火, の穴, の蔭, の裏, の角, の金, の陰, は三つ, は大きな, は年代もの, へは誰, へ眼, も伊八, をどけ, を丸太, を力任せ, を拵え, を据えた, を据ゑた場所, を搜, を焚付, を燻し

▼ 土~ (93, 0.8%)

5 の作品 4 の絵, はその, や桂華 3 の色感 2 といふ作家, にせよ, の動作, の場合, の行事, を立て

1 [61件] がこ, が何故, が大家, が果して, が超, で持ち, といふ雅号, とはち, とは反対, と桂華, には一種特別, に面会, のやう, の一投足, の人間, の仕事, の作品的価値, の処, の単, の忍耐, の性格的頑張り, の最近, の本質, の欠け, の玄関先, の生活, の画風的突離, の真骨頂, の神品性, の神様化, の突離, の色, の色彩, の認識, の遅筆, の頑張, は, はす, はシンボリズム, は下手, は卑怯, は嫌, は嫌々, は形式, は恨まれる, は注文, は現在, は画商, は相当筆, は知らない, は遅筆, をすぐれた, をたつ, を世に, を何故, を作っ, を立つる, を立てた, を老, を論ずる, を造り

▼ 土~ (84, 0.7%)

4 草の 2 泥に, 石の, 禪と, 空気や

1 [72件] あたりの, きの盃あり, ぐらたたきうちこぼち日に, こぼれるやつ, ごみが, はらかく, または敝, まだ鎌, み, ゆるぎなき, コンクリートじゃ, ペンキを, 光に, 土留めを, 城は, 大國土, 小石が, 小石の, 岩と共に, 岩や, 岩石は, 岩石を, 布の, 日あたりの, 日月星辰風雨霜雪と, 木の, 木の葉に, 木の葉の, 木や, 樹木や, 水と, 水へ, 水や, 水を, 氷の, 漆茶碗などと, 灰を, 焼刃, 生き物の, 白緑や, 知って, 石ころが, 石ころを, 石で, 石を, 石塊, 石崩れが, 砂は, 砂や, 砂を, 砂利などを, 砂礫の, 礫に対して, 空気の, 腐つた木, 船上の, 苔の, 草が, 草とも, 草に, 草を, 草木が, 荊棘の, 菰の, 落葉の, 蒼々した, 虫を, 追ひぬけ, 雑草を, 風なぞ, 馬などと, 髪の毛や

▼ 土~ (82, 0.7%)

9 の上 8 にし 2 となつ, になつ, の杙

1 [59件] から先, から新た, から直し, が昨年, が緩ん, が腐つ, ごく仕, つまりません, であ, とし, としてゐる, としてアイノ, として何だか, として作つた所, として其上, として宗教史, として居る, として御, として自然, となる, と屋根, と支柱, にした, にしなけれ, にすれ, になつて, になる, に人血, に全く, に埋めた, に家運, に濺, に濺ぐこともある, に穴, に築かれたる, のあたり, のしつかりした, の下, の仕事, の石, の石垣, の高い, は同じく, は科學的批評, へ一, もうこんぐらかっ, をなす, をめぐらし, を作らずし, を吟味, を失, を据ゑ, を据ゑる時, を掘り, を掘り起され, を直させ, を築く, 下らない人間, 固まらず由

▼ 土~ (77, 0.7%)

3 手を 2 穴を, 鍬を

1 [70件] うちこみうちこむ, うめて, おりて, かえったお, ぐつと深く, こやしを, しつかりと, じかにおいて, じかにである, じかに膝行袴, すりつけた後, すりつけて, たかる, つかない足, まいて, むまれんとおもい, ゆくため, ルシングフォウスまで, 一体何, 下したばかりの, 下りて, 下駄の, 入って, 入ると, 入る望み, 出た娘, 判こで, 刺さったの, 取りつけ, 向ったまま, 向って, 埋めても, 尿する, 崩折れた, 引かうと, 引き取つて, 引こうと, 当る雨, 恐怖で, 投げつけ縁, 押しあてて, 掘って, 接吻した, 更に水, 来て, 来る人, 歸つて來ます, 活けたり, 深く突っ, 猫の, 着くや, 稀に, 突きました, 突き込む, 紙を, 腰が, 膝を, 自分で, 舟形に, 落すどころか, 触れさせた, 話しかけた, 踏みこんでは, 転んだり, 輪を, 遺物を, 還って, 附けたの, 霜柱が, 響くやう

▼ 土~ (75, 0.7%)

3 を繞 2 の中, を落し

1 [68件] ががらがら, が今にも, が向う, が黒, が龜裂, で何者, で土間, で衛, とし, との地下城, との間, とを取除かれた, なの, ならば, にあたる, にささえられ, には大根, にぶす, にゆらゆら, にタタキ, に倚, に小, に段, に深く, に瓦屋根, に立掛けた, に縋り付いた, に腰掛けた, に足場, の, のところ, のない, のもの, の傍, の内, の内部, の切窓, の匂ひがし, の向う, の向側, の土台, の塀, の外側, の奥, の屋形門, の窓, の職, の色, の部, の隅, はからくり仕掛け, は一, は暗く, は青葉, へジャック, やぎりぎり, や石, や築, より成る, をめぐらした, を以て内城, を凝視, を匍, を塗りたる, を損し, を照, を禁止, 築土

▼ 土くれ~ (56, 0.5%)

3 の蔭 2 と看破り, のよう, の上, を拾っ

1 [45件] から土, がはね, が陽炎, が飛び, ぞ, だの蛙, で著しく, となる, と共にゾロゾロ, と松落葉, などが交じっ, にけつま, にしがみつい, になっ, にも春, に過ぎない, のかげ, のたぐい, のや, のやう, の一つ, の一片, の分子, の匂い, の如く, の存在, の色, の苔一重, へと踏みつけ踏みつけ, もみな自然, も一ぺん, や唐黍, や枯草, や汚い, をおじいさん, をつかん, をひとつ, を取り上げ, を濡らします, を砕いた, を落とし, を踏む, 人掘りか, 男を, 苔の

▼ 土~ (49, 0.4%)

10 古風呂 7 古美人 2 古更紗, 古珈琲

1 [28件] 其の天子, 其の昔譚, 其の紛紜, 其の語, 古公使館, 古大使, 古娘, 古婦人, 古宮廷, 古宮廷妾, 古巻, 古帝, 古帝宮中, 古帽子, 古民族, 古煙草, 古珠色, 古瓜, 古産まれ, 古皇帝, 古皇帝鍾愛, 古系統, 古行進曲, 古赤, 古軍艦, 古辺, 古銀, 古青色

▼ 土には~ (47, 0.4%)

2 絶えず水

1 [45件] かすかに, きれいな, ちらり, とどかない, なかなかなじまう, なんらかの便利, のたうちながら, ぽつ, まざまざと, またもっと, まるでそれ, もう春, やりきれまい, 古くから, 合わなかったの, 土の, 土龍の, 待つ間, 必ず開墾, 掌を, 散りて, 日が, 日本と, 樹影黒, 水草が, 泥濘を, 濃厚な, 無上の, 物の, 石や, 禄な, 箱か, 米も, 縁起を, 苔の, 茶褐色の, 草が, 親猪, 触らねえ事, 長く潜伏, 陽が, 雛罌粟の, 雨が, 音が, 高い細い蔓草

▼ 土~ (47, 0.4%)

2 へ往

1 [45件] が出, が占領, が政権, が誇る, では谷, でも思う, でも越前, で固め, で扱わね, で郡奉行, とかの身分卑, とか勤王党, と薩州, など世の中, ならびに紀州, にご, には深尾主人殿, には親しむ, に信州, に先, に向っ, に差出す, の内使, の勧誘, の吉村, の坂本等, の坂本龍馬, の士, の奴等, の小隊長, の山内容堂公, の方, の直接管理, の立志社, の総督, の者, の諸, の足軽位, の軍隊, の雄藩秋元, は右, への御沙汰, へ出発, も続々, を初

▼ 土~ (46, 0.4%)

14 のよう 5 のやう 3 の目 2 の穴

1 [22件] が第, のみち, の仕業, の作業場, の古, の如くうずくまっ, の姿, の形, の掘りちらした, の様, の死にし, の毛, の眞, の這つた跡, はまたたく, は元, は大判, は暮し, は驚いたらしく, を嚇す, を捉え, 抜けに

▼ 土耳古~ (43, 0.4%)

3 の伯爵, の女 2 のアンカラ, の帽

1 [33件] が商工業, で買っ, と戦端, なら知らぬこと, に女房, に対する侵畧主義, に這入る, の, のある, のやつら, のよう, のカラギョス劇, のサルタン, の僧正, の国土, の国旗, の天子, の将軍, の山河風俗, の拳銃, の民族, の片田舎, の王, の皇后, の空, の詩人, の金持, の長, の鼻, へでも押し, を征, を敵視, ヲ復活セシメ

▼ 土~ (36, 0.3%)

4 の上 2 のあたり

1 [30件] で, であの, でいつか, でお目にかかった, でピエールさん, で休ん, で何, で海, で飯, とも八寒地獄, と礎, にすえた, にたたみあげ, に向った, に坐る, に埋め, に当て, に持ち出された, に据え, に立っ, に立てられた, に膝, のまわり, の椅子, の端, へ出, や巻藁, を中心, を切る, を飛び越し

▼ 土~ (35, 0.3%)

3 の上

1 [32件] から平家, から生え, があつ, が柔, が黒く, である, ではなく, では勤勉, というもの, となっ, となつ, と接觸, にうけいれられた, にどんな, には科學者, に罪びとは, に自分, に驅, のどんな, のほか, のアルカリ分酸分, の地, の宿命, の最, の植物, の養分, は明治大正, もじつは, より, をうるおし, を接したれ, を潤せ

▼ 土まみれ~ (33, 0.3%)

7 になっ 3 になった 2 にし

1 [21件] となっ, となり, な中, な侍, な新九郎, な男, になつ, になつて横, に真白, のまま, のまま合掌, のボロ, の大きな, の手, の木枠, の生活そのもの, の生活ともども, の甲羅, の経帷子, の顔, の髑髏

▼ 土~ (33, 0.3%)

4 の場合 2 に於, の布教僧

1 [25件] から始, が傳はり, が布教上大, にて戒律, にも禪宗, に比べ, のみならず, の主, の事, の人, の人々, の侵略, の坊さん, の學者, の感化, の日本海岸, の最も, の東國, の非常, の風化, は此, は論ずる, や淨土眞宗, 及び禪宗, 大學

▼ 土~ (28, 0.2%)

4 といふの, を築き 3 の処々, を択 2 の處, を引き, を引き廻さう, を擇, 築土垣 1 というの, を引き廻そう, を築きまわしまし, 又築

▼ 土~ (28, 0.2%)

1 [28件] こういう訳, だ, という三名, と云った, に子供, に長子, に長男, の体, の分家以前, の声, の姿, の子供, の後妻, の顔, の顔色, はいかにも, はなお, はにわかに, はまだ, は左手, は玉, は益, は胡散, は転がる, は顔, も糸路, や文彦, を溺愛

▼ 土~ (28, 0.2%)

5 のよう 3 のやう 2 の雄

1 [18件] ありて, がちよろちよろ, がもりあげた, が一つ, が出る, が道士, が食い耽る飽く, にでも生れ変っ, には誰, に化し, の一族, の塚, の如くなる, の宮守, の手下, の源太, の雌, までが這

▼ 土耳古人~ (26, 0.2%)

1 [26件] からは古代, が出刃, が勢威, が狙っ, が穿い, が頤, だけさ, でございました, というよう, との混血児, と戦つた, と猶, にお, にもせ, に与した, のこういう, の帽子, の捕虜, の過ぎたる, の障害物, は向う, もある, もせ, もクリミヤ人, もセルビヤ人, や韃靼人

▼ 土けむり~ (25, 0.2%)

4 をあげ 3 の中

1 [18件] があがり, が此方, が立ち始め, と雄たけび, につつまれた, にはためい, に交じる, の外, の群れ, は昼, をごらん, をとおし, を上げ, を揚げた, を曳いた, を浴び, を蹴立て, 玉散る

▼ 土~ (25, 0.2%)

2 の歸

1 [23件] が實, すら影, と云, と改, と稱, に國木田君, の一員, の名, の塒, の忘年會, の會員, の會場, の機構, の終幕, の諸氏, はこの, はもともと, は當時, は謂, もある, もか, も最早, を神輿

▼ 土だらけ~ (24, 0.2%)

3 になっ 2 にし, の手

1 [17件] な草鞋, な足, な黒い, になつ, のゴツホ, のゴボウ, の仕事着, の大根, の太い, の手の平, の汚い, の短い, の腐った, の腐つた, の足, の里芋, の頭

▼ 土でも~ (24, 0.2%)

2 乾燥の

1 [22件] あつた, そこに, たとへば現代, ない, ないつまり, ないと, なく水, コンクリートでも, 助けようと, 合わなかったかな, 堀つて埋めた, 崩れるよう, 急に, 掘って, 掘り起すらしい音, 木でも, 構わねえ陸, 自分の, 芸術家が, 踏んで, 霜柱は, 食べて

▼ 土にも~ (23, 0.2%)

2 まさるいのち, 彫れる牡丹

1 [19件] ここの, さかまく波, しとしとともみじ, まみれずに, 中門の, 反りようは, 埋まって, 快よく, 恐ろしい地, 昔から, 松並木にも, 潤ひ, 産地が, 相似たり, 足跡は, 金その, 金に, 離れ恋しい, 霊境を

▼ 土部三斎~ (23, 0.2%)

2 の住居, の娘

1 [19件] が出, で一ぱい, という駿河守隠居名, と当時, と長崎以来, どの, に対する第, のじじい, のむす, の一行, の隠宅, はこれ, は奥まった, は立派, も愕きの色, や日本橋, や横山, を始め, を密室

▼ 土~ (21, 0.2%)

2 とそれ, の上, をし

1 [15件] からいきれた, が陰鬱, にね, に惜しげ, に惜しみ, に鑿, のため, へめり込ん, へめり込んでしまつた, へツン, やそれら全体, をむき出し, を洗い流す, を見せ, を露

▼ 土~ (20, 0.2%)

2 つぎの, 石の

1 [16件] つぎと, つぎも, つぎや, づく黄, ふや, またその, 何か, 木です, 木の, 氷か, 泥を, 灰か, 灰かの, 砂の, 空間かを, 肉か

▼ 土~ (20, 0.2%)

3 にある 2 の中屋敷, の今, の家

1 [11件] である, といふ, といへ, と一町, に居, に甲州出, の沼間家, の脇田医院, の近藤氏, の閑静, の龍土軒

▼ 土より~ (19, 0.2%)

1 [19件] いでし人, さまざまの, ほかに, 之を, 人間を, 作らるるは, 冷たく凍てかえっ, 出たる, 出づる枯野, 君を, 成りこの, 成り其骨, 柔く, 生い立てる, 生ず, 生れいでた人間, 赭黒く, 音哭きし, 齎し来りしもの

▼ 土ほこり~ (18, 0.2%)

1 [18件] がたっ, がたった, が戸ごと, が深く, が立つ, が舞っ, が飛ん, が黄いろい, で気持, には閉口, に白い, の中, の強い, の立つ, はその, をはたき, を浴びた, を立て

▼ 土まで~ (18, 0.2%)

2 枯れるし

1 [16件] こほつた, 一と, 喰って, 払って, 掘って, 掘つて, 来ると, 気を, 氷って, 用意され, 真っ青な, 眼前で, 篩にかけて, 落ちて, 落ちない先, 黄色く見える

▼ 土~ (18, 0.2%)

2 の白壁, をしめて

1 [14件] がしまっ, がひきあけられ, が僅か, が閉まり, に手, のほう, をお, をしめ, をしめます, をしめる, をたたき, をはげしく, を押しあけ, を開閉

▼ 土~ (18, 0.2%)

4 の方 3 の中 2 にでも入 1 から出, であった, には不, に釀, の天井, の片隅, の近く, は此奧, をわざわざ

▼ 土くさい~ (16, 0.1%)

1 [16件] のみの田舎武者, ものに, ような, 感じだつた, 新開地的な, 様子を, 権力型の, 浴衣がけの, 田舎に, 田舎ものの, 画を, 百姓の, 空気が, 色黒男には, 野人今の, 青年とは

▼ 土~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] か, か分らない, が踏み荒らした, といった, といふ, と云, と公それ, と思っ, と泥土, と考え, と落し, のが, もので, んご

▼ 土では~ (16, 0.1%)

4 なく大

1 [12件] ありましたが, こんにゃくも, ない, ないぞ, ないよう, なかった, なほさらである, 十余年も, 根つい, 深山または, 神奈川の, 駄目だ

▼ 土と共に~ (16, 0.1%)

3 生長した

1 [13件] かき集めて, 下に, 切り取って, 埋めた, 埋めました, 山の, 持ち上って, 持ち上つて, 掘り出された, 生きる人々, 腐って, 草の, 親しいもの

▼ 土~ (16, 0.1%)

2 や拒馬

1 [14件] が黒, にまわっ, の上, の外, の彼方, の築法, の蔭, の陰, も築き終った, や竹楯, を構築, を築き, を見かえし, を高く

▼ 土臺下~ (16, 0.1%)

2 の穴

1 [14件] に又, に掘つた, に移し, に穴, に鼬, の一角, は少し, へ入れ, へ置かせた, を掘, を掘つ, を掘つた, を掘られた, を掘る

▼ 土八幡~ (15, 0.1%)

3 の家

1 [12件] につづく, に家, に近い, の前, の喬, の屋敷, の拙宅, の片, の自宅, の近く, へ廻っ, 角筈

▼ 土崩瓦解~ (15, 0.1%)

2 して, せざる可, の虞 1 しそう, し初め, するかも, するを, せしめ又は, せし後, である, に成功, の運命

▼ 土左衞門~ (15, 0.1%)

3 になつ, になつて 1 でも拾つて來, になつたん, になつて大川橋, になつて百本杭, になりかけた, になる, は何, は變, をせつつく

▼ 土~ (15, 0.1%)

8 の中 1 と同様, にはゾット, に蔵, に閉ぢ籠, のなか, の口, へかこふ

▼ 土という~ (14, 0.1%)

4 ものは 2 字だ 1 ことに, のは, ものが, 場処で, 字だろう, 字は, 字へ, 組み合わせで

▼ 土さえ~ (13, 0.1%)

3 あれば 1 ないこと, まったく踏んだ, やがて間もなく数十億年, 埋けて, 外へ, 無いからこそ, 燃えそう, 見れば, 踏まで, 踏めば

▼ 土~ (13, 0.1%)

1 [13件] から見送っ, があっ, で崖崩れ, に立っ, のうねり, の上, の前, の向う側, の墨味, の彼方, の染め, の縁, へ匍

▼ 土~ (13, 0.1%)

2 の飴

1 [11件] だ, だった, だの, だ土平, でござんす, の前後左右, の唄, の声, の道化, は近頃, 自慢の

▼ 土耳其帽~ (13, 0.1%)

3 の藤沢 1 に見せる, のよう, の上, は俊助, をかぶった, をしゃくっ, を冠, を横ちよ, を被, を頂いた

▼ 土~ (13, 0.1%)

1 [13件] からホヤホヤ, との境, と水平, にじかに, について居る, のよう, の上, の下, の消息裡, は附黒子, をきちきち, をツッツ, を見あき

▼ 土~ (12, 0.1%)

11 ぢり 1 ぢりさへ

▼ 土ばかり~ (12, 0.1%)

2 なる何 1 さっぱりと, だから, だった, だったが, だったの, です, でなん, では, 四畳半の, 眺めて

▼ 土一升金一升~ (12, 0.1%)

3 の土地 1 お江戸, というくれ, と言う, にやった, のまんなか, の下町, の日本橋あたり, の江戸, の相場

▼ 土~ (12, 0.1%)

2 っ骨 1 であること, で自分, とある, のところ, の地, の実習, の方, の調査, もすっかり, を調べ

▼ 土~ (12, 0.1%)

1 [12件] があった, でなければ映画館, ときまった, とはゆかず, と出つづけでした, の夕方, はいや, はどうも, は客種, は東京, は言われなく, よ

▼ 土~ (12, 0.1%)

1 [12件] が成立, ではありません, といふもの, となった, となる, になつ, には加わらなかった, にゐなかつたなら, のつながり, の後期, の殆, は大正四年

▼ 土穀祠~ (12, 0.1%)

2 に入った, に帰っ, に帰り, の中 1 の前, の宮, の彼, を囲み

▼ 土~ (12, 0.1%)

2 の主人 1 がこの, では少し, で開かれた, と云, のこと, の女, の最初, の玉突場, は先代夫婦, へ行き

▼ 土とも~ (11, 0.1%)

1 [11件] つかないあつい, つかなくなって, なり得ずに, 云ふべき, 分らない道, 名づけるじゃ, 名づけるぢゃ, 白いとも, 苔とも, 草とも, 蝋とも

▼ 土~ (11, 0.1%)

1 [11件] にて最も, に外面, の中, の容量, の底面, の形状中, の形状紋樣, の破片出, の製造, も數種, を比較

▼ 土~ (11, 0.1%)

1 [11件] に人, 師に, 師へ, 数種を, 法竜僧正から, 法竜大僧正など, 法竜師, 法竜師に, 法竜師の, 法龍師見えられ, 禾稻麻紵蠶桑知織

▼ 土~ (11, 0.1%)

1 [11件] が出, が長く, に手, のざしき, のついた, の外, の深く, の長い, を出し, を打つ, を斜

▼ 土とは~ (10, 0.1%)

1 ちがった土, つまりエビ蔵, 一体なり, 全く違, 別な, 思われないでは, 新に, 最大の, 門の, 非常に

▼ 土~ (10, 0.1%)

1 が乱, が襲っ, に苦め, のため, の一群, の出没, の徒, の来る, の群, の群れ

▼ 土左舟~ (10, 0.1%)

1 が右, であろうと, でした, で運ん, に近づく, のうち, の詮議, はつごう, はまた, を借り

▼ 土とに~ (9, 0.1%)

1 したしむこと, まぶれ, 依りて, 埋れて, 塗れて, 心を, 成りはてよ, 荒された澁紙色, 親みの

▼ 土との~ (9, 0.1%)

2 間に 1 たたかいである, 利を, 怪奇な, 戦闘である, 臭が, 間を, 関係の

▼ 土への~ (9, 0.1%)

2 愛着による 1 あこがれ沈黙って, おまえの, 執着と, 執着や, 感謝祭を, 新たな, 運動は

▼ 土~ (9, 0.1%)

3 いの 2 っつい 1 いに, いを, い黒, っついで御飯

▼ 土~ (9, 0.1%)

1 が問題, が竣工, だから, ではない, との区別, は一朝, を築かなかった, を築き, を築け

▼ 土~ (9, 0.1%)

21 が好い, である, にちがい, には年, に臨ん, の暗い, を通っ

▼ 土眞宗~ (9, 0.1%)

2 に屬 1 から始め, にたいする惜, に對立, に至, の宗教家, の鐘, を町

▼ 土耳古玉~ (9, 0.1%)

5 のそら 1 だ, のやう, の天末, の指環

▼ 土~ (9, 0.1%)

2 のよう 1 が, が小石, が花粉だらけ, の如く, の羽音, はそれ, も甲虫

▼ 土~ (9, 0.1%)

41 に襲撃, の来襲, の蜂起, を平らげ給う, を誘い給わん

▼ 土部家~ (9, 0.1%)

1 としてはどうしても, の客用乗物, の席, の機密, の歓待, の言わば, へ戻そう, へ訴え出ぬ, を助けよう

▼ 土からも~ (8, 0.1%)

3 川床の 2 靄にな 1 むづ, 湧けば, 草の

▼ 土とを~ (8, 0.1%)

2 混ぜて 1 根気よく, 濡らして, 終日見, 見て, 踏むこと, 餌として

▼ 土に対する~ (8, 0.1%)

1 伝統の, 執着の, 愛着から, 感情も, 本当の, 見解を, 親しい感じ, 農の

▼ 土まんじゅう~ (8, 0.1%)

1 があった, が怪しい, が盛られ, にさして, にせよ, の上, へ向っ, を発掘

▼ 土堤道~ (8, 0.1%)

1 が白く, だけが足もと, につったっ, のある, のつきる, の杉, をあと, をさき

▼ 土左船~ (8, 0.1%)

2 なの 1 がたしか, がろべそ, でごぜ, に出会う, の者, の者達

▼ 土深く~ (8, 0.1%)

2 鍬を 1 うずめたに, 埋めても, 埋もれし精霊, 埋もれて, 横はる, 納めさせた

▼ 土耳古帽~ (8, 0.1%)

1 が櫓, で帽子, に黄色い, のせた, の蛍, は堤畔, をかぶっ, を取っ

▼ 土臺石~ (8, 0.1%)

1 から凍り切つた, につき當つて, には大した, に頭, の下, の殘つたの, を圍, を埋め

▼ 土~ (8, 0.1%)

1 か宝珠, にひとしい, に委する, に帰せん, に等しく, のご, のごとくみなす, の如く

▼ 土~ (8, 0.1%)

1 が船, が董荼奴, が豹, でさ, の劫掠, の生殖器, の群れ, の者

▼ 土~ (8, 0.1%)

3 の御 1 から, さまあ, どのこれ, の一味, をのぞけ

▼ 土部さま~ (8, 0.1%)

1 から, からはね, と申せ, などは御殿, のお, の御, 御一同, 御一行

▼ 土金水~ (8, 0.1%)

1 といふの, と有形物, にあらざる, にし, の五つ, の五種, の五行, の外

▼ 土といふ~ (7, 0.1%)

1 ことにな, のは, ものに対して, ものも, やつは, より石, 稀有な

▼ 土とで~ (7, 0.1%)

1 その温床, 丁寧に, 井戸を, 作られたの, 作ろうか, 濁された, 築いた水戸邸

▼ 土について~ (7, 0.1%)

1 いない, こう言った, ゐない如く全く, 居た, 居る, 居る爾, 居流れた

▼ 土よりも~ (7, 0.1%)

1 この白い, もっと高い, 多い, 脆きなり, 蒼い顔, 軽きが, 重いの

▼ 土ビン~ (7, 0.1%)

3 と茶ワン 1 が傾い, に水, のお茶, や茶ワン

▼ 土~ (7, 0.1%)

2 が鳴っ, の間 1 が鳴る, はすでに, をあいず

▼ 土堤下~ (7, 0.1%)

1 から畑, で三人, に沿うた, の菜種畑, の藁屋根, の道, の遠い

▼ 土小屋~ (7, 0.1%)

1 か, が両側, が見え, に煙, の一つ, は忽ち, へ逃げこみ

▼ 土州軍~ (7, 0.1%)

1 からはこの, に向っ, に対し憚, はこれ, は久万山, は前, への申込み

▼ 土煙り~ (7, 0.1%)

1 が朦々, が見えるでしょう, その中, に暫く, のほか, を見なおした, 葉煙り

▼ 土牛氏~ (7, 0.1%)

1 がどうして, に何, に関しては非常, の作品, の絵, の芸術観, はその

▼ 土~ (7, 0.1%)

1 がある, がない, を厭, を去, を去っ, を去り, を吸いとった

▼ 土~ (7, 0.1%)

2 に乗る 1 が乞丐, で送られた, で運ばれ, にうち, の運転

▼ 土~ (7, 0.1%)

1 がある, ながら育てた, に少し, に植え, に植えた, に蒔きつけた, をならべたる

▼ 土つかず~ (6, 0.1%)

1 が大きい, の処, の割合, の日本, は服部, を持った

▼ 土とが~ (6, 0.1%)

1 また, 春の, 渦を, 滝と, 直ったか, 相反撥

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 のだ, のであろう, ので土城, ので居ります, のを, んだ

▼ 土を以て~ (6, 0.1%)

1 した呪咀, 塗り塞ぎ御子達を, 棺を, 諸門, 谷を, 高さ二尺計り

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 持来リ奉納セリ, 穿テ出ヅルコト猶, 耕ストハ事変リ前人未開ノ, 請持ユキテ田畑ヘホドコセバ必五穀豊熟スト云又, 這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ又, 除去スル其三ナリ

▼ 土一升~ (6, 0.1%)

6 に金一升

▼ 土一揆~ (6, 0.1%)

2 や宗教一揆 1 の爲め, はあるいは, は彼, を以て正に

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 に出た, に坐し, に座し, に戻る, に欧羅巴, に現れ

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 であったか, では酒, というもの, という会合, の時, はすべて

▼ 土佛攝受經~ (6, 0.1%)

2 を千部, を姫, を寫しはじめた

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 といふ, といふこと, に依, を剥き出し, を多分, を實

▼ 土団子~ (6, 0.1%)

1 じゃあるめえし, じゃあるめえしと, でねえに, のよう, をこし, をこしらえ

▼ 土崩れ~ (6, 0.1%)

1 が出来, のする, のよう, を生じ, 岩墜ち, 水出で

▼ 土工夫~ (6, 0.1%)

1 の一行, の群, は小樽, は確, は逃げだした, は飯場

▼ 土氣色~ (6, 0.1%)

1 した顏, にし, になつ, に變つて, の顏, をし

▼ 土焼き~ (6, 0.1%)

2 の豚 1 ですから, にし, のお, の銚子

▼ 土耳其~ (6, 0.1%)

1 から帰つた, から着いた, であ, には面白い, は殆ど, へ渡つて聖書

▼ 土~ (6, 0.1%)

2 などが横たわっ 1 というわけ, という体, のよう, の乗合

▼ 土~ (6, 0.1%)

1 といいました, というもの, に売られる, をどうしても, を割い, を奉らない

▼ 土からは~ (5, 0.0%)

1 かすかに, ほか, 埋めた頭髪, 来年さく, 長い手

▼ 土です~ (5, 0.0%)

1 からあいつ, からなんと, から大変, ねおじさん, よ

▼ 土とともに~ (5, 0.0%)

1 ながめて, ゴロゴロと, 切って, 彼の, 新聞紙で

▼ 土のみ~ (5, 0.0%)

3 一丈も 1 このとき白星, ならず絵付け

▼ 土をも~ (5, 0.0%)

1 家屋をも, 捏ねて, 掘らん汗, 掴め, 金をも

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 上ヘ, 如ク投ウチ棄テヽ狼藉タリ, 生ジタルナリ, 神から, 神の

▼ 土八幡樣~ (5, 0.0%)

3 へお 1 に廻る, の境内

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 にまでこれ, に命じ, に苦しめられつ, に迫られ, に追

▼ 土~ (5, 0.0%)

2 は硝子 1 と我と, は今朝, を蓋

▼ 土掘り~ (5, 0.0%)

1 だけでもたいへん, の名人, の手伝い, をし, トロの

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 の, の信仰萌し, の影響, の釀, もなほ貴族的

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 の玄関前, の疑獄事件, の肩越し, は或, を冷かす

▼ 土濁り~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 土~ (5, 0.0%)

2 へ火 1 と茶碗, に火, をおい

▼ 土細工~ (5, 0.0%)

1 の人形, の犬, の茶碗, の鳩笛, の龍

▼ 土耳古帽氏~ (5, 0.0%)

1 が真鍮刀, にわたされた, は堤下の田, は復び畠, も同じくそう

▼ 土耳古風~ (5, 0.0%)

1 から出, にあぐら, のサーベル, の極, の淹

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 には力士, に役者, に驚かされ, のやう, の称

▼ 土部駿河守~ (5, 0.0%)

1 というの, の名, の屋敷, の後身, の麾下

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 だの釋迦堂, の庭, は當山, へゆく, を訪

▼ 土~ (5, 0.0%)

1 が抜けきらぬ, で裁判長, は用いない, を発揮, を追いかける

▼ 土いきれ~ (4, 0.0%)

1 がこの, にぐつたりと頭, に凋んだ, は殊に

▼ 土~ (4, 0.0%)

2 色に, 色の

▼ 土だけは~ (4, 0.0%)

1 あると, 亜米利加から, 平らで, 必ず酒

▼ 土なる~ (4, 0.0%)

2 や大き 1 かな, を示す

▼ 土にて~ (4, 0.0%)

1 これを, わが子を, 銭の, 鍋鉢を

▼ 土によって~ (4, 0.0%)

1 吸収させれ, 太陽熱を, 成り立つ成形上, 規定される

▼ 土びん~ (4, 0.0%)

1 が忘れ, と持っ, にはこれ, に移し

▼ 土ふまず~ (4, 0.0%)

1 の浅い, の深い, へヒタヒタ, もある

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 びれで, びれの, んぢゆうに, んぢゆうの

▼ 土らしい~ (4, 0.0%)

1 じゃない, のに数日, ものが, 物に

▼ 土ヘン~ (4, 0.0%)

1 いずれでも, だけで一目, の坂, の壇

▼ 土塗れ~ (4, 0.0%)

2 の手 1 になつ, の玉葱

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 なし, の起つ, はまき, をもの

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 の段ごと, の頂上, は下, を露出

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 えて塞がり, に至り, の上, まできた

▼ 土州侯~ (4, 0.0%)

1 が恭, の人入れ, の行列, は腰

▼ 土州藩~ (4, 0.0%)

1 と改め, の勧誘位, は有名, は起て

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 がそれ, などはおそらく, の國, を

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 で子供, の家, を, を作ろう

▼ 土~ (4, 0.0%)

3 の君 1 に上宮

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 が現われる, と変わっ, の噂, は枯野

▼ 土戦争~ (4, 0.0%)

1 に参加, の例, の始まっ, の悲壮

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 が締, のところ, の次, は微塵

▼ 土泥竈~ (4, 0.0%)

1 があり, にせい, の前, の肩

▼ 土牛桂華二人展~ (4, 0.0%)

1 でもよく, のとき, は老, ほど私

▼ 土~ (4, 0.0%)

2 の文, も大和一國

▼ 土耳古形~ (4, 0.0%)

2 の帽 1 のよう, の毛帽子

▼ 土~ (4, 0.0%)

4 に水戸

▼ 土落ち~ (4, 0.0%)

2 たまりて 1 に備え, の加減

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 の久しい, の人, の代官, の神

▼ 土藏相模~ (4, 0.0%)

1 で一, で遊ん, の仲間, の思ひ

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 で肥張, と同一やう, の細君, をとりだす

▼ 土角造り~ (4, 0.0%)

1 が生活程度, の家, の民家, の長所

▼ 土變相圖~ (4, 0.0%)

2 としての條件, に近づい

▼ 土~ (4, 0.0%)

2 の合図 1 の忍術, の術

▼ 土青麟~ (4, 0.0%)

1 か, だ, だよ, の許

▼ 土~ (4, 0.0%)

1 と取り, に劣る, の破片等, の間

▼ 土あるいは~ (3, 0.0%)

1 岩石の, 木脂を, 飛石を

▼ 土いろ~ (3, 0.0%)

1 の冷, の顔, をし

▼ 土くずれ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, の下じき, の音

▼ 土こそ~ (3, 0.0%)

1 大吉よ, 彼の, 薬こそ

▼ 土この~ (3, 0.0%)

2 殿の 1 民を

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 しの樹, もり蛙, もれかも

▼ 土じゃ~ (3, 0.0%)

1 こまるだろうし, ない, ないか

▼ 土そのもの~ (3, 0.0%)

1 に生産能力, に連綿伝来, を母胎

▼ 土だけ~ (3, 0.0%)

1 だつた, である, 被せて

▼ 土ちゃん~ (3, 0.0%)

1 とは違います, にも疵, に限った

▼ 土であった~ (3, 0.0%)

1 が彼, と出, ものが

▼ 土である~ (3, 0.0%)

1 あの時, かそれとも, 綿々たる

▼ 土とか~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 煤とか, 石とかに

▼ 土などを~ (3, 0.0%)

1 念入りに, 扱う店, 指すの

▼ 土にな~ (3, 0.0%)

2 つた流場の 1 つて畑中に

▼ 土にまで~ (3, 0.0%)

1 吸い込まれて, 日当りの, 流れた血

▼ 土ふかく~ (3, 0.0%)

2 蛇は 1 秘められて

▼ 土べた~ (3, 0.0%)

1 に出, に横坐り, の上

▼ 土をば~ (3, 0.0%)

1 不蹈人, 耕してる, 見て

▼ 土グモ~ (3, 0.0%)

1 が住みつい, とかとまるで, の子孫

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 をし, 助の, 助根岸兎角

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 に唐, に応神帝降誕, に昔ノーヅツ

▼ 土右衛門~ (3, 0.0%)

1 という月代, も槌, や貉

▼ 土堤内~ (3, 0.0%)

1 の用水池, の田, の田間

▼ 土州人~ (3, 0.0%)

1 で夙に, の安岡珍麿, の本山茂任氏

▼ 土州兵~ (3, 0.0%)

2 のため 1 を流罪

▼ 土州長州~ (3, 0.0%)

1 の両, へ対し, 両軍

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 において第, における三願転入, には道綽

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 から女, から掘り出された, 深く下り

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 にし, に當, の神

▼ 土手ぎわ~ (3, 0.0%)

1 でお, に大きな, を上

▼ 土捏ね~ (3, 0.0%)

2 をし 1 を長い

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 と籠, の刃, や木鋏

▼ 土摺臼~ (3, 0.0%)

1 が落ち, とであった, は戸

▼ 土旋風~ (3, 0.0%)

1 でも駈ける, の運ん, 巻く

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 でなかつたと, の市場, を追え

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 で出来, をふりかけた, を捲き

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 が一方, にし去り, を用意

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 が立ち上る, が立つ, を蹴立て

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 と云, には長方形, の出所

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 はヒラ, もある, 投げを

▼ 土~ (3, 0.0%)

2 焚きつぐこの 1 掻きほけくらす人

▼ 土耳其人~ (3, 0.0%)

1 だつて馬鹿, に聞け, はアリ父子

▼ 土耳古石~ (3, 0.0%)

2 の指環 1 を捧げ

▼ 土耳格人~ (3, 0.0%)

1 あらゆる外國人, などの彩衣, めきたれど

▼ 土芥視~ (3, 0.0%)

1 して, しもしくは, するの

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 が女, が現時, と難

▼ 土藏造~ (3, 0.0%)

1 で床, の内, の部屋

▼ 土~ (3, 0.0%)

2 みなすなり 1 まずで

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 の出没, や足利勢, を慴伏

▼ 土運び~ (3, 0.0%)

1 などで足もと, にはこれ, をし

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 だと, の後, を打た

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 の神, 居り左, 居り左足

▼ 土~ (3, 0.0%)

1 に屬, の中, を主要品

▼ 土~ (3, 0.0%)

2 に罅 1 の歌舞

▼ 土ぁ凍み~ (2, 0.0%)

1 だじゃ, だぢゃぃ

▼ 土いで~ (2, 0.0%)

2 て蛙

▼ 土および~ (2, 0.0%)

1 供物の, 諸草木

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 づれし鳥羽殿の, づれと思はれる

▼ 土くさく~ (2, 0.0%)

1 なくて, 善良に

▼ 土くれだ~ (2, 0.0%)

1 ごらんの, ということ

▼ 土ぐらい~ (2, 0.0%)

2 鼠が

▼ 土けぶり~ (2, 0.0%)

1 を蹴立て, 後に

▼ 土こごり~ (2, 0.0%)

2 きびしき霜

▼ 土こごりき~ (2, 0.0%)

2 びしくなりにけり球根を

▼ 土しみみ掻きたる~ (2, 0.0%)

2 種床に

▼ 土たる~ (2, 0.0%)

1 こと云う, は不潔

▼ 土だけが~ (2, 0.0%)

1 残りました, 水を

▼ 土だった~ (2, 0.0%)

1 がこんど, 黒土

▼ 土だの~ (2, 0.0%)

1 屋根だ, 床だ

▼ 土であり~ (2, 0.0%)

1 命であり, 石ころであり

▼ 土でさえ~ (2, 0.0%)

1 次第に流され, 舗装の

▼ 土とから~ (2, 0.0%)

1 なる非情, 成る非情

▼ 土とても~ (2, 0.0%)

1 なく草, 轆轤に

▼ 土ながら~ (2, 0.0%)

1 さながら世, 根を

▼ 土など~ (2, 0.0%)

1 一溜りも, 高うなり

▼ 土なら~ (2, 0.0%)

1 さあどう, ば知らぬ

▼ 土にか~ (2, 0.0%)

2 へりぬ

▼ 土にかへ~ (2, 0.0%)

1 して, りけり

▼ 土にでも~ (2, 0.0%)

1 こっそり潜っ, 埋もれて

▼ 土によってのみ~ (2, 0.0%)

1 性格を, 規定される

▼ 土ひた乾く~ (2, 0.0%)

2 から小

▼ 土ほてり闌け~ (2, 0.0%)

2 つつもある

▼ 土までが~ (2, 0.0%)

1 しっとり湿っ, 夜眼にも

▼ 土までは~ (2, 0.0%)

1 長い道, 高くて

▼ 土まんじゅうみたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 おん母よ, 汝何ぞ

▼ 土よろしき~ (2, 0.0%)

1 ゆえに, ゆゑに

▼ 土をと~ (2, 0.0%)

1 つては, つて見た

▼ 土をのみ~ (2, 0.0%)

2 君は

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 中を, 百姓の

▼ 土ん中~ (2, 0.0%)

1 の棺桶, の穴

▼ 土ン百姓~ (2, 0.0%)

1 とはちがう, の子

▼ 土一揆衆~ (2, 0.0%)

2 の乱妨

▼ 土三藩~ (2, 0.0%)

1 が朝廷, の

▼ 土以外~ (2, 0.0%)

1 に生物, のこれら

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのもの, をまるで

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 でした, などに近づく

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 と同, と同じ

▼ 土入り~ (2, 0.0%)

2 の薄い

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 ク旱天, 體の

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の一族, を名のり

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 の此

▼ 土功会~ (2, 0.0%)

1 でなした, というもの

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 浄土と, 浄土一珠わ

▼ 土味がち~ (2, 0.0%)

1 がひ, がふ

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 に片, 曲り来て

▼ 土土用~ (2, 0.0%)

2 が過ぎ

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ 土坡口~ (2, 0.0%)

1 へ鏘, まで見送り

▼ 土堤上~ (2, 0.0%)

1 に現われた, の道

▼ 土堤沿い~ (2, 0.0%)

1 に行っ, の大きい

▼ 土堤評~ (2, 0.0%)

1 というもの, による

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 は城塞め, をめぐらした

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 がすこし, を内

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 く土, に吉

▼ 土夫主~ (2, 0.0%)

2 の軍人

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 もある, を少しく

▼ 土州因州~ (2, 0.0%)

1 それから彦根, の兵

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 が深く, を深く

▼ 土弄り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 土性ッ骨~ (2, 0.0%)

1 の太い, を割り下げる

▼ 土性調査~ (2, 0.0%)

1 の実習, をたのまれ

▼ 土成しあけくれ~ (2, 0.0%)

2 の噂

▼ 土時世周圍~ (2, 0.0%)

2 の状態等

▼ 土曼陀羅風~ (2, 0.0%)

2 といへ

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 と勝栗勝こんぶ, の祝い酒

▼ 土毘古~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の因果, の水管車

▼ 土河内村~ (2, 0.0%)

1 なり谷, を訪う

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 としいへ, に入り

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 のよう, は吾妻山

▼ 土瀝青~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 土火木土~ (2, 0.0%)

2 と八時

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 ゆる水

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の壺, は攝氏千度以下

▼ 土牛自身~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の感懐

▼ 土玻璃~ (2, 0.0%)

1 の欠片, の缺片

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 土生木~ (2, 0.0%)

1 といわざるや, ともいう

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 土移り~ (2, 0.0%)

2 する花びら

▼ 土窟内~ (2, 0.0%)

1 にも三人分, に住ん

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 にも

▼ 土耳古人等~ (2, 0.0%)

1 と夜食, に交っ

▼ 土耳古型~ (2, 0.0%)

1 の素晴らしい, の美貌

▼ 土耳古製~ (2, 0.0%)

1 の短, らしい偃月刀

▼ 土肥っ~ (2, 0.0%)

1 横着者の, 頭が

▼ 土自体~ (2, 0.0%)

2 には発育

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 土著し~ (2, 0.0%)

1 おわるに従って, たりしならん

▼ 土藏づくり~ (2, 0.0%)

1 の朽ち, の鐵格子窓

▼ 土藏造り~ (2, 0.0%)

1 のやう, の豐田さん

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 がジジジー, まさにその

▼ 土蜂の巣~ (2, 0.0%)

1 のよう, をならべた

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の巣なす家, の足

▼ 土製品~ (2, 0.0%)

1 で前, は極めて

▼ 土見れ~ (2, 0.0%)

2 ば土

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 がある, を見る

▼ 土~ (2, 0.0%)

2 として山越し像

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 に対して彼ら, を吸い合う

▼ 土賊ども~ (2, 0.0%)

1 と斬りむすぶ, を

▼ 土賊ばら~ (2, 0.0%)

1 が手先, のため

▼ 土踏み鳴らし~ (2, 0.0%)

1 眞裸足に, 真裸足

▼ 土軒主人~ (2, 0.0%)

1 はこれ, もまた

▼ 土軒發見~ (2, 0.0%)

1 といへ, の由來

▼ 土造り~ (2, 0.0%)

1 で立っ, の平屋

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 にながれだした, を北

▼ 土部一家~ (2, 0.0%)

1 に祟らね, の権柄

▼ 土部一族~ (2, 0.0%)

1 だ, に使われ

▼ 土部三斎さま~ (2, 0.0%)

1 に渡らせられる, の名

▼ 土部三斎屋敷~ (2, 0.0%)

1 の方角, を言っ

▼ 土部屋敷~ (2, 0.0%)

1 と知っ, にいざなわれ

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 來だ, 來を

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 の両, の幅

▼ 土鈍重~ (2, 0.0%)

2 な冬

▼ 土~ (2, 0.0%)

1 はその, はぬる

▼ 土音方言~ (2, 0.0%)

1 がわからない, をもっ

▼ 土黄色~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ 土龍井守蝮蛇~ (2, 0.0%)

2 の血

▼1* [666件]

肥やすし, 土あさましく頑石叢棘の, 土あたたかし冬籠七十五歳陶後, 土あって私, 土あらい風あらあらした, 土あらしもやわか, 土あるのが, 土いちごは蛇苺, 土いちめんにこぼれ, 土かけしたからきょう, 土かたになり, 土かぶりなめこなどの, 土かへおきたる十坪, 土かむるいまだ幼き, 土からにょっきりと立て, 土からの儲けを, 土からももやに, 土かをるれば, 土がね家へ, 土がはひつて, 土がまでたいて, 土くささと, 土くさい力強いぼってりした, 土くさき田舎暮しでは, 土くれであつて, 土くれですが肥料, 土くれはねかへり, 土ころが彼女, 土こんもりとした, 土さけて水, 土されてプラタナス, 土さんよく来, 土しか見えない, 土しばし抽き, 土しみみ附き見ゆ, 土しょうがをいれ, 土すべりがちなる, 土ウッと, 土そして狆を, 土その気候は, 土それは金, 土それから昔の, 土それ自体にかじかんだ, 土たく家のくさき, 土たたら踏み飛べや, 土たちを追撃, 土たちまち裂けて, 土たらしめるだろうからである, 土たりともおれ, 土だけで出来て, 土だけでもなさそう, 土だけになって, 土だけを上へ, 土だって汗と, 土くさいお話, 土つきて冷や, 土つきし靴の, 土つけてき, 土つづきの都大路, 土つむじの下, 土であって何, 土でないことも, 土でなければならん, 土での事か, 土ところどころに埋れ木, 土としてルポルタージュが, 土としての自然である, 土とだけで生活し, 土とどろき蒸して, 土とる穴の, 土とを以て火を, 土めを, 土どころじゃねえ, 土なお乾かぬ地方, 土なく樹なく, 土なしの虚言, 土などが私利を, 土などで原型を, 土などといふ取留めも, 土などに頤で, 土などの中に, 土なども破れがちに, 土なにものか残り, 土ならねば水, 土なり高祖之に, 土なれば土, 土なんか払は, 土にあたる音を, 土において賞用せられた, 土における木材が, 土にくひ込み, 土にけづらせ, 土にさえ信頼と, 土にしか立たないもの, 土にぞうちつけら, 土にだっていつかは, 土につけそのきら, 土にても造るを, 土にのこりて, 土にのみ脚を, 土にばかり飽きずに, 土に当たって粉砕し, 土のくづるるごとし, 土のけむりはいっさんにあがる, 土のみに天命を, 土のみのぼうぼうと, 土のわづかばかり, 土はやはらかで, 土ばかりのところを, 土ばかりは変りませぬ, 土ひたに覆へる見れ, 土ひとつつかなかったもの, 土びんお盆というよう, 土びん薬袋手紙鉛筆が雑然と, 土ふかき蟾蜍の, 土ふるいの小童, 土へもたやすくは, 土ほこりトラックとどろき兵, 土ほじくりする間に, 土ほじりも遣らせよう, 土ほど正直な, 土まじりの枯草, 土までの遠さ, 土までもぽかぽか温, 土までもがしたたか食べ, 土みたいな色, 土もちて塗り, 土もて塗り塞いだ, 土ものいわぬ山河までが, 土もろともスッポリ, 土やせて石, 土やら積み重なって, 土やらをかぶせて, 土らしき土を, 土をけだものみたい, 土をだに着けず, 土をやはらかに, 土アルプスなどは殊に, 土ケズリだろうが, 土ゴムの女工さん, 土凡テ土ニ就テ生ズルモノヲ形容シテ土ト云ツタ例シハ頓医抄ニ, 土ハ土デ凡テ土ニ就テ生ズルモノヲ形容シテ土ト云ツタ例シハ頓医抄ニ, 土ハ有ヲ貢シテ, 土パラピンではさえぎられる, 土フマズに火, 土ヨウ日ニ小サイオヂサント, 土ンなかにゐた, 土・日と行っ, 土一キロについてはじめ, 土一万石立花出雲守の城下, 土一升千万金の凉, 土一塊牡丹生けたるその, 土一如の信者, 土一揆民衆の強要, 土一皮下に人声, 土一般もその, 土一面ですが, 土上門やら芦垣, 土坐を, 土不二の意, 土不規則な石垣, 土のサルポセルカ, 土に流水, 土乾き居る秋日かな, 土の襲撃, 土の国境近く, 土二人我が胎, 土二十とせの, 土二千六百餘年のあ, 土香ばし, 土人間には殊に, 土仕事をあの, 土他力の教, 土伯三目虎首その身牛, 土低い普通の, 土じゃがお, 土信楽には信楽, 土の山, 土們嶺で見た, 土們嶺一帯の山脈, 土們嶺梅蘭芳の舞ぎぬ, 土僧禪僧も皆, 土入れをする, 土全体を変更, 土八幡さまへひたすら, 土八幡四谷の須賀神社, 土八幡宮に参詣, 土八幡町である, 土公園の中, 土公神はという, 土六尺同一処, 土兵五千人を率い, 土其他の都合九個, 土冏然の漢文, 土の竹槍, 土と相, 土冦的なもの, 土処々に侘しく, 土刈馬方が寄りつかない, 土剋水とは水, 土を加え, 土して, 土十車代等千円である, 土取り火入れまで, 土取り場でいま, 土取り故障なくさて, 土取締りの隊士達, 土取締りなぞと血腥, 土であるの, 土名コン・トランその脂, 土味斯うした, 土です, 土商会の者壱人, 土噐唇に觸, 土噐片骨器の刺さりたる, 土噛つてもそんな, 土四大の厄, 土四年回異書多半出三蔵, 土四種あり, 土四足門唐門などの御, 土囲もあらは, 土固まらずユキユキと, 土国王交通の事, 土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, 土國王より生口, 土と志野陶土, 土土土と志野陶土, 土土足でよ, 土に莚, 土兵の, 土埋めにされ, 土培ったような, 土と関聯, 土堆く積もり居しを, 土を以てす, 土堤いっぱいに涼しい, 土堤うえの道路, 土堤ばたに, 土堤八丁とか浅草田圃, 土堤寺宮の境内, 土堤山畑の縁, 土堤幾度築ても, 土堤桑畑荒壁の土蔵, 土堤状を呈し, 土堤続きの柵, 土塁土孔土房土窓築くに従って, 土塁曲輪を形成, 土塗りの盲扉, 土塵埃にまかれ, 土はあと, 土壁土塁土孔土房土窓築くに従って, 土壁塗として半永久的, 土壁柿の梢, 土壇払いというあたり, 土壇近くの焔, 土で土地, 土をひっくり返した, 土壤培養力の減失, 土は重く, 土は恐らく, 土大きい梅の, 土大小五本の茎, 土大根二三本をさげ, 土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 土天井は手, 土女共が味, 土女學校の寄宿舍, 土孔土房土窓築くに従って, 土宗と眞宗とに, 土宗と比較すれば, 土宗全書第十卷, 土宗日蓮宗淨土眞宗時宗それに教外別傳, 土寇作戦の指揮, 土寇輩が襲, 土小さいちゃぼひば美しく, 土小屋七八立てるのみ, 土小屋五六其額に巣, 土小舎を引きあげ, 土がボロボロ前掛け, 土層以下に流る, 土崩れ石露われたり, 土崩瓦壊した, 土崩瓦壞に至らん, 土州あたりを牽制, 土州めもわが, 土州イロハ丸かり受候, 土州公なぞがいくらやきもき, 土州兵らの処刑, 土州出身であるその, 土州勢と三百人余, 土州因州あたりは旧, 土州因州その他大義に志, 土州因州薩州の兵三千, 土州屋さんもご存じ, 土州屋さんこれはあたし, 土州屋さん年に一度, 土州屋伝兵衛引連れて, 土州屋敷の上, 土州山まさかにた, 土州山内容堂公の持っ, 土州山此二人もいた, 土州様も薩州様, 土州橋の交番, 土州民権論者は大久保参議, 土州総督へも十分, 土州芸州越前四藩のほか, 土州軍総督の深尾左馬, 土州軍艦へ乗, 土州雲州讃州などの諸, 土州面目にご, 土工事に際して三党, 土工夫らはいつも, 土工夫仲間では脱走, 土工業が約, 土左右衛門が血まみれ, 土左国之時歌三首並短歌の中, 土左的宜しくという, 土左船水死人はどんな, 土左衞門姿なんか見, 土の小さな, 土常に湿へ, 土平があっ気に取られ, 土平らにて歩む, 土平絵師は春信, 土座する乞食の, 土へ往, 土廣大なるため, 土建築と同, 土の川狩, 土弄りでもし, 土弓場また奥山見世物場等, 土帰概此類で, 土形娘子を泊瀬山, 土彦両名の子供, 土彦夫妻の陰謀, 土彦夫婦は風守, 土彩色の一もん雛, 土往来の泥, 土往生疑ひな, 土得ぬ玉造, 土御門幾つもの大, 土思想の發生, 土性ッ骨ヒッ挫かれねエ, 土が踏む, 土房土窓築くに従って, 土に書く, 土手続でこれから, 土投げ唄, 土持ちをし, 土持ちしてくれた, 土を被る, 土揚機の, 土の中, 土掘り作業こそ後, 土採り場や植木屋, 土採り山や薪山, 土掻き納めたり, 土む, 土ぶ車, 土支那語の稽古, 土のこころ, 土日ごとに黒く, 土日曜にかかっ, 土日月の朝, 土日本の偉大, 土明神のお蔭, 土明神裏手の坂, 土の樹木, 土時世並に四圍, 土時代に用, 土會といつても誰, 土會自體の樣子, 土月水と行っ, 土未だ乾かずして, 土材木などの問屋, 土だの試験紙, 土東門に向, 土かに苔潤, 土といふ星形, 土栗子新鄭山野, 土根一代の前, 土根沙土根一代の前, 土の窓, 土楼土壁土塁土孔土房土窓築くに従って, 土を以て蓋, 土などから半身, 土止めの石垣, 土を切り破つ, 土段場に臨ん, 土殻中に包蔵, 土として献上, 土氏こと山木勘九郎氏邸の前, 土気づいた色を, 土気候そういうもの, 土気温の場所, 土とぼしい岩, 土水木各々をその, 土水火風もて造る, 土を容, 土洋々たる海, 土はれて, 土津公羽州最上にあらせられし, 土洲橋のほとり, 土洲長岡郡に奇異, 土浪人あぶれ者野士百姓町人ならず者都合その勢四千人, 土浸みとほり, 土りの, 土湯村に聖徳太子, 土湯阿部治助作といふ, 土溜りの広い, 土りの, 土濡れ落葉濕れり, 土瀝青張りに出, 土瀝青色の疲れた, 土灰中に沒, 土烟霞連海気神田草樹映城雲, 土焦げたる地に, 土煉瓦のかげ, 土煙りで雲の, 土燒燒しめ石燒位, 土燒類など最も, 土と瓜, 土と巨木, 土片町のほう, 土牛さんの柿, 土牛批評と私, 土牛桂華神泉といつた, 土牛氏以上に商品的数量, 土牛神格化の半面, 土牛童子の像, 土牛評をした, 土牛論は一つ, 土のみ, 土か梅花翅, 土の岡, 土生み成さむ, 土生れた故郷当然, 土甲山を経, 土町自分は新, 土町辺に住ん, 土の土, 土畑鉱山倶楽部の写真絵はがき, 土畑鉱山従業員居住地の写真絵はがき, 土を荷, 土皇天の国, 土を黙然と, 土が一夜, 土をいう, 土眞宗時宗それに教外別傳, 土短い草の, 土砂ぼこりを揚げ, 土砂等の固形, 土礎石一つ無い, 土に等しき, 土社以前には当時矢張り銀座, 土社成立彼之れ, 土社諸般の面倒, 土祖宗の明霊, 土神八幡の祠, 土神埴山姫神は又, 土と同, 土称林崎という部落, 土移しがたし君, 土移る桜の, 土穀崇拝が日本, 土といっ, 土穂餅またはミヨセ団子, 土は暗澹, 土空気火及び水, 土空虚となら, 土の趣き, 土築くに従って, 土窟中の住民, 土窟住居には似合わしからぬ, 土竈くらゐは, 土竈バケツ焚物用の枯枝, 土竈坂を降りる, 土竈炭を袂, 土の近く, 土端場で踏みとどまった, 土や禾虫, 土に, 土に入れられてる, 土籠りをし, 土精骨のない, 土糞のにほひ, 土の詩人, 土紙鼠とかげがまひるいもり, 土經營をはじめた, 土練りの手伝ひも, 土のワンピース, 土を得, 土と一所, 土老侯も三月十五日, 土耳其亞非利加等のスンニ派徒, 土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 土耳其女および風俗, 土耳其煙草とは調和, 土耳其美人の群, 土耳其軍へ数隻, 土耳其領内遊歴の折修繕, 土耳其高地の研究, 土耳古アフガニスタン等であると, 土耳古人たちはみんな, 土耳古人どもと渡り, 土耳古人みたいな顔, 土耳古人波蘭人等から有無, 土耳古刀を磨きはじめた, 土耳古埃及などの西洋, 土耳古族の家国, 土耳古族それらの幾人, 土耳古玉由縁ある宝冠, 土耳古玉製玲瓏のつぎ目, 土耳古王は子供, 土耳古語で, 土耳古軍には十人, 土耳古飯即ちペラオ, 土耳斯形の帽子, 土耳舌帽氏も恐れ入った, 土の馬鈴薯, 土肥えてよく, 土肥料となる, 土肥筑前筑後の諸, 土く諸物, 土膏水潤を得, 土臺ごと掘り捨てたつて, 土臺工事と只今, 土臺工事これが確り, 土臺數十丁一寸厚の松板幾十枚, 土臺木つ葉旗本, 土臺迄も傾いた, 土臺間違つた話でこれ, 土臺間違つて居る, 土興隆の時代, 土もあら, 土芋みたいにのつ, 土芥同然に取り扱う, 土が芭蕉, 土芳云翁曰学ぶ事, 土芸会等の各, 土の如く, 土荒れした頑固な, 土萌えかすみつつ, 土えかすみ, 土落しによん, 土著したので, 土をし, 土藏ぢやて, 土藏ん所け置いた, 土藏ナマコ壁古風な瓦屋根, 土藏一つだけ殘つて, 土藏一パイに照らし出した, 土藏三戸前の繩張り, 土藏代りの板圍, 土藏側の二階, 土藏内の品物, 土藏時のま, 土藏米倉小屋その他の建物, 土藏納屋の中, 土藏裏に追, 土蘭人の常食, 土のよう, 土蛛蜘の巨人, 土蜂の巣みたいな土小屋, 土蜘味という種族, 土蟹蛙水鶏の声, 土行事の田植え囃子, 土から少し, 土褐色で草木, 土西印度の空想, 土乍湯家吾が, 土畫という, 土神に, 土護謨工場へ通っ, 土豪傑連は裸, 土詩和之, 土く汀, 土越しに恐ろしい, 土踏める馬の, 土踏んだ事も, 土蹈マズニ唇ヲ着, 土蹈マズニ移ル部分ノ継ギ目ガナカ, 土蹴る音は, 土軟かな床, 土の川狩, 土農工商がせき留められ, 土辺鄙に居た, 土の穀物納屋, 土遁どろどろどろすいとんだって, 土遊びをし, 土運び機械の断続, 土運ぶ手が, 土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 土は人々, 土部一味の目, 土部一族強敵に相違, 土部一派横山浜川の手の者, 土部一門の見物, 土部三斎さまあ, 土部三斎どののため, 土部三斎様といえ, 土部三斎隠居して, 土部三斎隠居屋敷通用門の潜り, 土部三斎駿河守の昔, 土部奉行や浜川, 土部父子に軽く, 土部駿河守家中のため, 土部駿河守父三斎隠居の身, 土郷風物がすべて後ろ, 土で政宗, 土重く附き前足, 土重来の隠, 土野郎か, 土金相兼という吉相, 土金神さんのお, 土釘木片といふ物質, 土というの, 土針カラ解イテ見ヨウ, 土針ガ何故れんげさ, 土針ト呼ンダノデアラウ又常, 土針ハ今云フれんげさ, 土針ハイヨイヨれんげさうデアルコトガ首肯サル, 土針ハ花モ美クシクシテ人ノ注意, 土針心従も想, 土が微か, 土鋤機を欲, 土長く地上に, 土開闢者として考へられる, 土から闇, 土の国境, 土附近で斬り, 土陶工芸が何故一向に, 土陽新聞の余白, 土陽炎がもえ, 土や花茨, 土階三等もって安し, 土階三等茅茨剪らず, 土障子そのとっつき, 土隣接して, 土集地之霊神, 土零陵香ニ当ルヨシ, 土面している, 土音拗音でよく, 土音雑音を発揮, 土領ジョルジアに達すれ, 土を先頭, 土類元素の研究, 土風俗などを知る, 土食する一ツ穴の, 土馬車を待つ, 土ければ, 土語る可, 土魯番で私達, 土黄ばんだ竹の, 土黒い土ばかり, 土鼠土を掘る, 土鼠小僧だア, 土鼠打ちでこれ, 土鼠穴は十分, 土龍ぢやありません, 土龍作戦がだいぶ, 土龍式がいい, 土龍戦法が犠牲, 土龍戦術ともいえる, 土龍除の呪法, 土龍隊をつかっ