青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「團~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

国家~ ~国民 国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~ 園~ 圓~ 圖~
團~
~土 土~ 土人~ ~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~ 土蔵~ ~土間

「團~」 1537, 17ppm, 6840位

▼ 團~ (334, 21.7%)

46 上に 24 中に 22 上へ 9 下に 8 中で 7 中へ 6 上から 4 上で, 端を 3 やうな, 下へ, 中から, 綿を

2 [15件] なかに, やうに, 下で, 中でも, 中も, 亂に, 人たちが, 側に, 方へ, 端に, 綿は, 裾に, 裾の, 襟に, 襟を

1 [162件] あたりを, うちから, お古だ, かたへ, かはり, ことなどを, ごときは, したに, したへ, その上, そばに, た, つまれたあたり, ところへ, ない疊, なかには, なかにも, はいつたお, はてまで, まま寢臺の, ような, メンバーだ, ルリ子つて子だろ, 一人が, 一人として, 一員で, 一枚を, 一正員とも, 一端が, 一角と, 上お, 上には, 上の, 上へも, 上も, 下から, 下なぞ, 下などに, 下の, 中だ, 中にて, 中にも, 中の, 中は, 中尉寄生木の, 主席の, 亂の, 事も, 事務も, 事務所へ, 人の, 人數が, 人間は, 低氣壓四大門上, 側まで, 傍まで, 兄弟達と, 入れ場所, 兵力が, 動くの, 動力機械だ, 勢力に, 勢力甚だ, 去つたあと, 可愛ゆい, 右左を, 名簿には, 名聲, 和氣を以て, 嘉氣たらし, 四隅を, 塵を, 士官水兵等が, 外に, 多くの, 多くも, 多收, 天鵞絨の, 女優に, 女優募集の, 將校は, 小林が, 少年が, 少年は, 山塊が, 崩れ内儀, 巡禮所の, 常備軍が, 床を, 引ツ張り合ひ, 心よ, 愁雲忽ち, 意見と, 意識の, 慘憺たる, 捕虜に, 援助を, 擴大と共に, 方で, 方は, 暗雲あつ, 服を, 柄から, 染めた蒲團皮, 模樣を, 檢擧にあたり, 權威を, 殘り, 殘餘又は, 氣一國の, 氣一階級間の, 水兵が, 水兵は, 水兵等は, 水夫等は, 煙しづかに, 理事も, 生徒等は, 男の, 盜伐者に, 盡力によ, 移動だ, 端から, 端だけに, 端へ, 粗製濫造ぶりも, 綴糸を, 練兵場を, 美しい群, 者たちが, 肩先を, 色が, 色を, 花は, 花叢を, 芻秣を, 葉が, 蜂起する, 行動を, 袖に, 裏も, 裏を, 裾から, 裾へ, 裾を, 褐色なし, 襟から, 襟は, 襲撃する, 要素として, 諸隊長, 貴女神士, 賤劣なる, 贅は, 赤い切, 足の, 運命が, 集會の, 雲がか, 體操を, 黒煙に, 黒煙を

▼ 團~ (227, 14.8%)

9 敷いて 8 出して 6 かけて 5 掛けて, 被つて 4 持つて 3 冠つて寢て, 枕に, 蹴つて 2 かけた, た, なして, 丁寧に, 干して, 引寄せ, 敷く, 直して, 貰ひ, 運んで

1 [161件] あげて, あげぬか, うら返しに, お着なさい, かいや, かたづけながら, かぶりて, かぶり眠りかけむとせしに, かぶる, ころがりだしたから, さう贅澤, さへ, しいて, すゝめた, すゝめる, すゝめ乍らお, ずり下げ上半身, たづさへ, とつた, とつぷり蓋した, なしその, なすに, のべて, はいで, はね飛ばして, ひいて, ひきながら, みちびくなり, やめたと, やめて, やめるわけ, チュウデーデース襲ひ討ち, ハネのけ, 一枚か, 一枚こし, 一枚だけ, 一枚出し, 一組買ひ, 三枚冠つて半日寢込んだ, 三藏の, 下に, 下へ, 二三枚疊んだ, 二枚上座らしい, 二枚肩に, 二枚通す, 二枚黒焦, 伯父の, 何とやら, 作つた國, 作り乍ら樂, 借ること, 借出して, 入れ換, 冠せて, 冠せられて, 冠つて居りました, 凸凹の, 出さうと, 出したり, 出たいという, 出て, 剥いで, 剥ぎとられると, 剥つた, 勸める, 包む萠黄, 匍ひいだ, 十枚抱へて, 半分ばかり, 半分敷い, 取つて, 取つて洋書棚近く, 取り出しぽか, 取り圍, 取出した, 叩く奴, 吊つた, 噛みなど, 四つに, 學問黨と, 展べ, 崩して, 布いた机, 干しながら, 床の間の, 延べた, 延べて, 建て, 引き出して, 引つか, 引ツ被, 引冠つて寢て, 引出して, 引出すと, 引出すより, 引張ると, 引被つて向うを, 惠まる, 手堤と, 押して, 持ち出します, 持出したり, 持出して, 指す, 捲つて與吉, 擴げて, 整然と始末, 敷いたの, 敷きますが, 敷き蒲團, 敷き藥, 方づけ, 書いた, 柏餅に, 棄てて, 欄の, 氣に, 水に, 涼しく配らせ, 深く冠つて寢, 深く被, 温め乍ら言, 滅茶, 滑らして, 滑り落ちた新三郎, 濕す, 爲した, 片づけて, 率ゐ, 畳んで, 疊まう, 疊んで, 直したり, 積んで, 組織し, 肩の, 脊負つて遠方の, 脹らませ枕, 被いだ, 被つた儘, 被つて寢, 被つて畢, 被つて終日八疊, 被りました, 被り千登世, 見付けて, 評して, 贈らる, 足の, 蹴つて外, 蹴て, 蹴とばした芳ちやん, 蹶つて, 載せて, 辷り出て, 運轉さす, 重ねて, 頭から, 頼みに, 飛出した

▼ 團~ (110, 7.2%)

4 である 3 の財政 2 が出, でその, の農村, 若くは

1 [95件] から人民, から種々, があつ, がございまし, がそここ, がやつ, が來, が十時頃遲, が國際的, が年, が強力, が形成, が揉み, が社會, だと, であつ, であると, でなければ, では, では成るべく, で初め, で村, で行かなく, といふもの, としても戰爭, としても自己保全, として理想團, との連絡係, とは餘程, と一二, と別れ, と合同, と連絡, なども澤山, なるもの, にいささか, においては自己, にでも命じ, によつて, に傳令, に内訌, に加はる, に加盟, に寄贈, に手渡し, に於, に至る, に關係, の代表者, の合同, の名, の團體歌, の大, の學則等, の小作人, の展覽會, の形, の接觸, の書記局員, の決議, の活動, の活動範圍, の爲, の狡猾, の私有物, の科學的連絡調整, の自由合意, の醫術, の靜, は今, は後世中, は擧げました, は日本, は東洋, は社會主義, ほど信頼, もあ, も利用, も存, や個人, や學, や教育家團體, をなし, を以て特別, を作つたの, を作り, を形作, を形成, を成し, を控, を歡迎, を歴訪, を組織, を訪問, 取りしまりが

▼ 團~ (83, 5.4%)

6 くるまつて 4 なつて 2 くるまつた, 寢か, 寢る, 顏を

1 [65件] かけたので, くるまつたが, くるまつた小さな, くるまる樣, して, つかまつた, なしぬ, なつた, ぶつたふれて, もぐつて, もぐり込んで, もどりたくないと, ゆつくり, 倚り, 入つて何, 入つて來, 入るだらう, 入團, 刃向う, 加はつた, 加はるを, 加入いたしました, 包んで, 包圍され, 及ぼすからとの, 及ぼす恐, 向つて, 喧嘩を, 坐つた奧樣, 坐わ, 堅くな, 填めて, 寢た, 寢て, 就いて, 居たいとは, 居るより, 屬する, 復歸する, 悠然と坐, 成つたと, 成つて足と, 押し堅め, 文化の, 於ける兄弟, 於ける英國, 永く居る, 汚れは, 池へ, 神の, 移つたが, 縁故の, 肌を, 腹這ひ, 蓆そい, 行火を, 身を, 近くまで, 這ひ込んだ, 這入つたの, 這入つたま, 這入つた儘, 非ず, 飛び込んで, 高く賣りつけよう

▼ 團~ (65, 4.2%)

2 あるだけ, 二枚その

1 [61件] あつた, あつて, ある, あるの, あるわけぢ, かけて, なくなると, めくられたかと, 一と, 一枚あります, 一枚と, 一枚どうか, 一枚乘せ, 一枚載せ, 一致し, 不氣味, 不足する, 並び母, 二つ平次が, 二ツ食卓の, 二枚いつでも, 五つに, 交流混合した, 何枚か, 來演した, 信州の, 僕の, 出來, 北陸の, 同じ方向, 夜警を, 存ずるの, 存在する, 宿の, 少しもち上げられた, 延べて, 形造つてゐた, 御座いませんの, 怒鳴つたり, 恐ろしく見えるであらう, 押入の, 控へて, 敷いて, 最も尊敬, 村の, 清朝の, 温かさうに, 滅茶, 無くなり火鉢, 狹い, 疊んだ, 相當, 竝んで, 置かれて, 解散すれ, 運ばれた, 重いと, 銘々に, 長く敷い, 青い家, 風の

▼ 團~ (64, 4.2%)

4 のやう 2 ぢや, と配り歩く, をあげ, をこし, を喰

1 [50件] がある, が堆く, が招く, が貰ひたい, が配られ, だけは堆く, だと, つ鼻, である, と言, にされ, にし, にする, にも燒餅, に化つて, のよう, の串, の模樣, の盆, の色づく, の黍, は, は何處, は茶屋, は附燒, も賣る, をつまん, をのがれけり, を一串小指, を一皿くつ, を下さい, を並べた, を丸めよう, を大福帳, を平たく, を拵, を拵ら, を描い, を猫がく, を盜, を腰, を買, を食べた, を飾つて遲くま, 否酒, 四つを, 招くな, 捏ねたあ, 腹が, 鼻に

▼ 團~ (61, 4.0%)

5 の風 2 づかひするか, であ, を取, を持つた

1 [48件] か何, が無, それから素足, だらうか, づかひしながら, でちよい, では憎らしい, でば, でばさばさ, でぱさぱさ, でぱたぱた裸, で客, で小間使, で煽い, で蛾, で裾, で雛妓, で風, に幽, のよう, の仲立, の氣, の繪, は粗製, ばかりは新しい, やあ, やア, や手拭, や海苔, や紙片, をかり, をつかつ, をつかひ, をば, をばツ, をもつ, を二枚, を使, を叩い, を手, を把つて, を拍, を持つ, を挾ん, を腰, を蔽, を賣る, を額

▼ 團~ (45, 2.9%)

1 [45件] ありますよ, あわてて, うすくとも, から紙の, ぐつしよりだ, そこを, まくつて後, 一と, 不思議な, 今, 個々の, 借りさせて, 入江を, 六十餘艘の, 其處の, 助兵衞, 厚いし, 史料の, 四世紀に, 大に, 彈壓され, 忽ち氷解, 早く既に, 早川の, 最うこれ, 會議などに, 板ツ端見, 次第に大きく, 此文を, 毎日午前十一時から, 氣を, 滿足に, 潮汐の, 濕つた路上に, 片付けられて, 物靜かで, 王の, 着なくとも, 等しく帽, 要らないの, 要らん, 赤や, 返さなくつちやなん, 隊また, 雲を

▼ 團~ (29, 1.9%)

2 くるまつて, 乘れ, 何う

1 [23件] くるまつ, くるまつた, くるまつた方, くるまつて日, くるまると, そつと, ねて, もぐつて尼, もぐり込んだま, もぐり込んで, 乘せた, 仕事かたがた顏出しを, 入るつもり, 寢かせた, 寢た, 手を, 疊へ, 移らねば, 腰を, 起き直, 載つけなさいよ, 通るほど, 頬摺りし

▼ 團~ (27, 1.8%)

4 して 3 せよ, だ

1 [17件] あり西郷侯, から見る, が可能, が絶えず, させること, した行動, する傾向, としてま, と一致, のため, の思想, は大, は極めて, を作つて, を固く, を號乎, ヲ以テ終ニ天皇

▼ 團~ (25, 1.6%)

1 [25件] あつた, あれば, これに, なかつた, なくて, なくボロ毛布, なく坐つて, 一所に, 出さない, 出ようにさ, 出來, 始めて, 娘らしく, 持てら, 敷かず火鉢, 板も, 枕も, 漸く衰亡, 火鉢も, 疊も, 皺一つなく, 眞心には, 立派に, 重い, 雜巾の

▼ 團から~ (23, 1.5%)

3 ずり出して 2 上半身を, 顏を

1 [16件] すこし身體, のけられて, 三角に, 乘出し, 出させた, 匍ひ出た, 半身を, 右手を, 成立つて, 拔け, 放逐せられ, 直ぐ停車場, 縁先に, 膝が, 起さなかつた, 首を

▼ 團~ (21, 1.4%)

2 なつて, なりて

1 [17件] ならべて, なり, なり急進者, 一と, 再び同じ, 敷き蒲團, 机を, 温かなる, 煙草盆を, 爲さんと, 生活とに, 疊の, 白い看護服, 結托する, 言つても, 誰が, 雜物を

▼ 團~ (18, 1.2%)

2 あつた

1 [16件] あつたらう, くるんだ赤ン坊, その口, その顏, 他の, 包んで, 卷いた枕, 卷かれて, 口を, 押へ, 押へて, 昂布卷に, 無頼漢の, 私は, 蒸しても, 蒸し殺して

▼ 團七郎~ (18, 1.2%)

4 といふ浪人者 2 の顏

1 [12件] だ, といふ名前, といふ弱い, といふ浪人, とか言, などといふ浪人, に化ける, に向け, の方, の素姓, を知つて, を見た

▼ 團~ (18, 1.2%)

4 して

1 [14件] がたまらなく, したすき掛け, し休息, する大人, に入れた, に暮らし, に美くし, に餓ゑた, の景情, の最中, の灯, は平和, をし, を離れ

▼ 團十郎~ (17, 1.1%)

1 [17件] が父君, が狸, が致した, とか菊五郎, にすっぱり, には是非, に比せん, の摺物, の澁味, の芝居, はニコライ, は亡くなりました, は新富劇, は言つた, もうまい, 再度場, 大層面白い

▼ 團~ (15, 1.0%)

1 [15件] が, でも必ず, と金語楼君以外, の, のあの, の一種, の多彩, の福團治, の高座高座, はまた, は平常, もまた, も借金, らしい色, 青白い美男子

▼ 團三郎~ (11, 0.7%)

1 [11件] が豫め加州, さう, だか, だつた, であると, とある, と言, の方, の細君, はそれでは, は妖術

▼ 團~ (10, 0.7%)

2 の仕事 1 から議員, だけのこと, です, になっ, にもその, のこと, の議会, は國

▼ 團子屋~ (10, 0.7%)

2 の頓馬 1 であるから, で雜煮, の前, の奧庭, の屋臺, の看板, の老爺さま, の背高

▼ 團~ (10, 0.7%)

3 を踏む 2 を踏ん 1 ふんで, を踏みました, 踏みます, 踏んだところ, 踏んで

▼ 團~ (9, 0.6%)

1 を踏み, を踏みたい, を踏みます, を踏む, を踏ん, 踏みましたが, 踏みましたよ, 踏むやら, 踏んで

▼ 團~ (8, 0.5%)

1 である, となつた, などは問題, になつ, になる, に平次, を告げた, 近づきたるとき

▼ 團にな~ (7, 0.5%)

1 つて, つて平次の, つて戻, つて神樂坂へ, つて障子際に, つて飛込む, つて馳け

▼ 團~ (6, 0.4%)

2 の忰 1 にまで行つて, の今, の長男, へ返した

▼ 團にも~ (5, 0.3%)

1 ぐつてゐたのだつた, たれて, 出入りし, 出入りした, 制限されず

▼ 團まで~ (5, 0.3%)

1 剥がれた上, 善く見える, 着せられて, 載せて, 通つたのは

▼ 團一枚~ (5, 0.3%)

1 ありの, とつた處, に古, の身上, を剥い

▼ 團~ (5, 0.3%)

2 體に, 體の 1 體と

▼ 團右衞門~ (5, 0.3%)

1 とは隣合, の御新造, の方, の贔屓, の邸

▼ 團子坂~ (5, 0.3%)

2 の菊人形 1 に赴く, の出店, の菊

▼ 團~ (5, 0.3%)

2 の實 1 が其の, に異ならずで, の如く尖つた

▼ 團~ (5, 0.3%)

1 が扇子, といふの, に以下身分, の姿, をし

▼ 團には~ (4, 0.3%)

1 さすがに, 白い毛布, 糞が, 純然と

▼ 團をか~ (4, 0.3%)

4 ぶつて

▼ 團治君~ (4, 0.3%)

1 がそっくり, が招かれた, と私, の救世軍

▼ 團體客~ (4, 0.3%)

1 が到着, が續, が食後, の豫約

▼ 團~ (3, 0.2%)

2 ぶつて 1 何んか

▼ 團~ (3, 0.2%)

1 くるまつて, へ上げなかつた, へ不足勝ち

▼ 團だけ~ (3, 0.2%)

1 ぢや, では, 流石に

▼ 團でも~ (3, 0.2%)

1 出るの, 引つ剥したら古い, 掛けたら越せないこと

▼ 團として~ (3, 0.2%)

1 動き始めると, 國家を, 存在せしめ

▼ 團~ (3, 0.2%)

1 アチャラカ劇團なんかに, 煙草盆や, 行李を

▼ 團やの~ (3, 0.2%)

2 源七といふ 1 時代から

▼ 團~ (3, 0.2%)

2 と組 1 と揃

▼ 團栗眼~ (3, 0.2%)

1 がキヨロリ, と廣, はクル

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 つて洗濯する, よ八

▼ 團だけは~ (2, 0.1%)

1 持つて, 美しいの

▼ 團である~ (2, 0.1%)

1 かなどの問題, に反し

▼ 團とか~ (2, 0.1%)

1 云ふも, 掻卷とか

▼ 團とが~ (2, 0.1%)

1 已に運ばれ, 蔽はれた

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 のすみ, の腕

▼ 團匪事件~ (2, 0.1%)

1 の勃發, の賠償金

▼ 團十郎刈~ (2, 0.1%)

1 が宜, と云う

▼ 團及び~ (2, 0.1%)

1 この集團, 彼等と

▼ 團右衞門方~ (2, 0.1%)

1 に飼猫, の切戸口

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 に戰災者, の出席

▼ 團平船~ (2, 0.1%)

1 がある, の集團

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 の場所, の樂

▼ 團法人理化學研究所~ (2, 0.1%)

1 に關, は大正6年創立

▼ 團生活~ (2, 0.1%)

1 にとり, にはいる

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 などに使用, なる新高臺

▼ 團長格~ (2, 0.1%)

1 で行つた, にされ

▼ 團~ (2, 0.1%)

1 として天幕, のやう

▼ 團體力~ (2, 0.1%)

1 は支那人, を壞

▼ 團體的政治的經濟的鬪爭~ (2, 0.1%)

2 を目標

▼ 團體的行動~ (2, 0.1%)

1 の一例, の間

▼ 團體的訓練~ (2, 0.1%)

1 の爲, はほか

▼1* [139件]

がと言つた方が, 團ぐらゐもう吐きたく, 團この複雜で, 團ごとに嚴存, 團され生産機關は, 團さ顏つけて, 團すつぽり, 團すべてこれに相, 團するため, 團そして内儀の, 團その次ぎが, 團それが町人, 團だけが部屋の, 團だのヘンてこな, 團でしたが二, 團という字が, 團といふものが, 團とともにその形, 團となつて落下せん, 團とまでば行かずとも, 團と共にアキリュウスは, 團ア表出し, 團なく食ふ, 團なして迫り行き, 團などのことは, 團などはザクザクする, 團などを直して, 團ならむ何か, 團なりイタリア各市の, 團なる社會に, 團なんかに出入りし, 團なんぞに居た女, 團なんぞも風呂敷へ, 團にかへてすや, 團によつて國民が, 團のうへから輕く, 團のうへに横た, 團のみに止めたる實例, 團ひとしく倒れしめ, 團また騎兵團, 團までも突き拔けて, 團むしにされた, 團より出現せむこ, 團よりは居心がよ, 團をよけて坐る, 團トリケーの, 團テラ茶器の, 團ナキヲ以テ國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, 團ナル好適ノ機關ナク, 團ビーズ細工を飾りつけた, 團一つ一つの卓, 團七八人の水兵等, 團三郎貉であるか, 團ヨリ任命ス, 團事件の大立物, 團二枚長火鉢が一つ, 團互に顏を, 團五・一五事件の公判, 團代りの古い, 團は敷い, 團來道當時の事情, 團全員の出席, 團を拵, 團の蔓延, 團匪賠償金によつて出來, 團十團であった, 團十郎氏が近古歴史中, 團十郎菊五郎の名, 團員たちの生活, 團が徐徐に, 團のもの, 團子坂下から肴町, 團子坂巣鴨などに縱横, 團子坂日暮里は好き, 團子持つたなりに額, 團子汁をつくつ, 團子海の素麺, 團子風景よりも料理, 團を引, 團の方, 團の弟子, 團平次はそれ, 團引き被りてのみ, 團彫出された樣に, 團彼處に一團, 團成立の最初, 團扇使ひを, 團扇扇子など商, 團扇手提籠の類, 團抱卷持出で, 團招魂祭があつ, 團掻卷の朱鷺色, 團栗眼間伸びのした, 團欒時のマダム, 團は大層, 團次どこの役, 團を作つた, 團治みなみな落語家, 團治九里丸とあんた, 團治席につく, 團治染丸音曲噺の圓太郎, 團治立花家花橘などがその, 團治花柳芳兵衛に転じ, 團法人を株式會社, 團洲子とともに或, 團は今, 團の強, 團的組織である, 團はあれ, 團て臥, 團二十五聯隊の, 團結力を頼み, 團結是等は皆必要缺ぐ可, 團結訓練と直接行動, 團綿やら襤褸屑, 團縮緬の寢卷, 團聚力トハ無シト, 團茣蓙が手近, 團つて寢むか, 團諸君の盡力, 團講演會が東京, 團も顏, 團蹴立てて起きあがり, 團の太く, 團隊的競技にまで進め, 團の上, 團體ハ大戰, 團體具體的に云, 團體利害の問題, 團體又は學者, 團體客百二十人が到着, 團體或は諸, 團體歌ピオニールの種々, 團體生活が熟し, 團體的ニ興味付ケタル者トシ從來ノ直, 團體的形式のもの, 團體社會といふもの, 團體遊覽者と見え, 團黒雲五人男の跳梁