青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「圖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~国家 国家~ ~国民 国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~ 園~ 圓~
圖~
團~ ~土 土~ 土人~ ~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~ 土蔵~

「圖~」 1264, 14ppm, 8125位

▼ 圖~ (326, 25.8%)

53 して 12 すると 5 擴げて 4 した, 受けて, 引いて, 披い, 描く 3 したり, しました, する, ひろげて, みて, 畫く, 見ると, 送つて 2 してを, なして, 交して, 出して, 待つて, 持つて, 按じて, 見て, 隱し

1 [194件] あそばして, あは, ありありと, いたせ早速, おくりしこと, かくの, きくと, こしら, ご覽, された, されたの, しきりにぐるぐるま, したが, したところが, したの, したもの, した人, してけ, しては, しても, してやらう, しながら, しなな, します, し又は, し合つて, するから, するだけ, するの, するので, するやう, するん, する上, する者, そこへ, たたみ, つけて, どこかで, なすつた, なすつて, ひらきよみふけり, ひろげ厭きては, まつて, みても, みないで, もたぬ人間同志, もつて, 交したとき, 交し合つた昔, 人に, 今日の, 仕候物, 仰いだ, 何枚と, 作らせ其建築費, 作りその, 作りて, 作り遠景, 作る, 作るやう, 使用し, 偲び眼前, 入れて, 出し黒白, 出世や, 出品し, 出申し又, 北極圈まで, 取り入れなかつたの, 取るといふ, 取出して, 受けるやう, 受取つた昔の, 合せしありしも, 呑込んだ, 奪ひ取つ, 存し, 定め相手, 家中引つ, 寫したる幕, 展げて, 展べた樣に, 工夫し, 工夫する, 店中で, 座右に, 引いた建物, 引き出して, 引くとか, 引分け, 彫物に, 必要と, 忖度し, 憚る, 懷に, 成したり, 成し死して, 披き, 披きたる, 抱いて, 抱きながら, 抱き乍ら, 抱くを, 押擴げ具さに, 拓きその, 拵えて, 拵へて, 持ち出して, 持出した, 持參龍之, 指しました, 揃へて, 描いて, 描かうと, 描きながら, 描きました時, 描く爲, 搜し, 搜し出し, 搜らう, 携へて, 書いて, 書きその, 書き將軍道, 有した爲め, 檢分した, 殘し, 比べると, 求めて, 深めて, 現ぜしむべき因縁, 番頭に, 畫い, 畫けり, 眺めて, 知つ, 知つてゐる, 知る筈, 研究し, 碧童に, 示しその, 示した, 示して, 示せり, 空に, 簡單に, 繰りひろげつ, 考へると, 聽い, 聽け, 背中に, 與へ, 著して, 著書中に, 見せられて, 見たの, 見たやう, 見ても, 見ながら, 見るでも, 見るに, 見るの, 見れば, 見地球儀, 見棚, 覗き込んで, 觀し, 觀る, 記し給, 語るもの, 説く, 調べたり, 請うた, 變へ, 買ふ, 貼け, 躊躇した, 述べたてて, 送つたんで, 送りました, 送りませんでした, 送るつもり, 造らしむ圖, 遠方まで, 都合三枚みる, 重んじ藏書印, 開いて, 開かれたならアフリカ, 閲しつ, 除く筈, 陳べ立て, 頼むぜ, 高橋らに, 黒板に

▼ 圖~ (123, 9.7%)

7 上に 6 やうに 3 上で

2 [11件] ま, ように, 上から, 上では, 下の, 中なる, 前に, 古朴, 成立史を, 要素たる, 隱し

1 [85件] あるもの, うちには, ことが, ことも, ことを, ごとく私, する, なかつた僧家, なきお, もとに, やうな, やうにも, ような, 一つに, 三部は, 上にて, 上の, 上を, 上邊に, 下に, 中でも, 中に, 中にも, 人を, 仕事が, 仕事も, 他には, 作り方に, 作成など, 儘に, 全部から, 全面を, 前へも, 北方山戎之戯と, 區域に, 反對, 善惡等を以て, 大部分, 如きもの, 如き者, 如くすれ, 如くで, 如くに, 如く劃つて, 如く物凄く, 彊大に, 彩色には, 後だ, 懸けられて, 戸を, 扉を, 手拭か, 新しいの, 方から, 旗である, 旗を, 模寫で, 樣な, 檢分を, 歌を, 涯にも, 矢は, 示す通り, 立派な, 笛, 笛の, 結果として, 繩を, 美は, 落書が, 藝術を, 表面に, 表面には, 西南部即ち, 見られること, 誤であること, 諸美術, 譯が, 通じたるを, 部に, 隱した, 面が, 面に, 音が, 餅では

▼ 圖~ (115, 9.1%)

2 しても, 出たもの, 山の端を, 示された通り, 示したよう, 近づいて

1 [103件] あるよう, いたつて忘却, したが, したの, して, その畫賛, つれて, なりますね, みても, よる, よると, よれば, 一應神田へ, 一聲勇ましく, 一致する, 乘つて又, 乘つて大きく, 乘つて妖怪を, 乘つて或, 乘り, 乘りくさつたな, 乘る, 乘氣味に, 五人で, 任せ, 使つたのだらう, 傳へて, 兩國橋の, 内匠樣に, 列し漢族, 制限され, 勉強した, 右から, 合したもの, 向つて熱心, 呼寄せたの, 外ならない, 大體黒髮山, 委し, 宿へ, 寮の, 寶掘りが, 對し, 小金を, 就て, 屬せし, 山脈や, 平次は, 座席に, 從つた, 從つてつくつた, 從つてもう少し, 從つて約束の, 從は, 從ふ, 念じて, 思ひ詰め, 怪しい哀れさ, 憎々しくなつた, 我を, 打拂候而, 描いて, 描いてない位, 據り, 據る, 據れ, 收められ, 於て, 時間を, 歸した, 歸る, 湧いた, 照し, 物の, 猿屋町に, 用ゐたれ, 由つた, 當り, 矢印などを, 示す所, 示す物, 空白が, 窓の, 筆を, 簔笠糧を, 背くこと, 舟は, 良い新造, 表戸, 見付の, 見入りました, 記入し, 誘はれて, 載らないやう, 迫つて涙が, 醫師の, 關係した, 非る, 順八さんを, 題す, 鬼の, 點線で, 龜澤町を

▼ 圖~ (67, 5.3%)

2 唯の, 眞作でなく

1 [63件] あてに, いつの間にか紡績工場, いわゆる若, ここで, そこに, その反, その氣, そりや, たまりませんね, どういふ, どうした, どうな, どこで, ないで, なか, なすまじき縁, はつきりと, ナポレオンの, ネアンデルタールから, ラフアエロの, 九枚いづれ, 二枚あ, 個人が, 入口が, 全く大した, 八五郎を, 凄かつ, 出けんけど, 出來, 千九百六年の, 受けぬわい, 大規模, 女の, 安永の, 實に, 少しばかり, 屏風の, 平次に, 彼が, 御寺, 惡くありません, 想像も, 意氣な, 我等の, 所謂, 持つて, 明治四十二年八月十四日姉川大, 東洋畫の, 次ぎ, 歐洲人の, 正に之, 殘酷で, 永洗の, 滅多に, 無事でした, 矢取, 空前に, 考へられないぢ, 見覺, 近頃見た, 郷土研究には, 青銅の, 鴻の

▼ 圖~ (59, 4.7%)

5 見ると 3 せう 2 あつた, これは, 見ても

1 [45件] あつしと, お千勢, お紋, しらべた, しらべて, みると, みれば, もつて, ガラツ八は, 一見する, 下女の, 低能な, 八五郎が, 同心が, 吾等の, 呼出したり, 呼出したん, 奉公人達は, 平次と, 庭に, 彼方でも, 心得た八五郎, 擧げた七十八人, 擧げて, 松山の, 母屋の, 用意した, 略上の, 知つてゐた, 知り自分, 私と, 米搗き男が, 與力堀江又五郎が, 若殿樣を, 草摺の, 菊之助が, 葛籠などは, 融通の, 見て, 見るソムマ, 見れば, 路地の, 踊が, 錢形平次は, 馬鹿で

▼ 圖~ (52, 4.1%)

4 あると 3 あつた, 出來 2 あり又

1 [40件] あつたら飛出す, あつてびつくり, ありますが, ありませんよ, ある, あるが, あるといふ, あるの, あれば, なければ, はつきりと, ましい事, ましい顏, やはり墨, よりはつきり, 下つて, 今日殘る, 何んの, 何處に, 何處まで, 出て, 判ると, 同じ年代, 向うの, 多く出, 少し殘つて, 幾度か, 幾點か, 感じられます, 擴げられる, 模寫説に, 港の, 知れんわい, 符録と, 自然的な, 行屆く, 見付かれば, 違ふ, 間違つてゐた, 露骨に

▼ 圖~ (37, 2.9%)

23 ずも 2 うと, ずに 1 ざりきおん身, ざりき急かずに, ざりき我が, ざりき逍遙子, ずこ, ず帽, ず花, ず迷信家, ず願, ねば

▼ 圖~ (35, 2.8%)

6 てゐる 2 て居た, て居る

1 [25件] さに, たりした, たりとて其屍, てお勝手, てから握手, てはゐられない, てゐた, てをります, て十手, て各, て嚴重, て家, て居つ, て居ります, て引き取らせた, て番頭, て益々, て近所, て酒肴, て長い, て門前, て雷, ながら町, 乍ら兎にも, 是の

▼ 圖~ (34, 2.7%)

2 ことが, ことと, には先づ日本人

1 [28件] か外國, が如き, ことである, ことは, といふ有, といふ樣, とか著, とか趣旨, と云, と同時に, と揚言, にあつ, のが, のでこの, のでその, のを, の必要, の計, ものありき, も亦, 人に, 惡意を, 意味である, 方針で, 樣に, 爲には, 者の, 而も

▼ 圖~ (29, 2.3%)

2 ガラツ八が, 御迎講

1 [25件] あるは, くると, し, しジェーリオネ, それを, なす, なつた, わたしは, 二萬分一の, 云うても, 云ふも, 來ちや, 其の平面圖, 其位置全く, 寶骨像由來記を, 思ひ込みやつ, 擇むこ, 書いて, 爲し, 聞いて, 腕時計とを, 藝術的野心を, 讀んでも, 長崎條約, 首つ引きし

▼ 圖する~ (22, 1.7%)

2 やうな, 上に, 處は

1 [16件] かの如く目, ところは, ところも, とアレ, とガラツ八, と俺, と八五郎, と内儀, と直ぐ, に於, のだ, の政治家, ものは, 事も, 童謠の, 間も

▼ 圖~ (15, 1.2%)

1 [15件] いかでか, ない奴, ない聲, なく冗談, なく欄間, なく表, なく買, もたない私船, 僅か五年, 出て, 卷きあげて, 夢物語に, 好し, 欽明天皇の, 無い男

▼ 圖した~ (14, 1.1%)

2 ことから, ものである, 事から 1 と云つて, 上手筈の, 人間とか, 拍子に, 機會から, 氣紛では, 言葉が, 轉機から

▼ 圖には~ (11, 0.9%)

1 [11件] すべてヂパングといふ, 何も, 出て, 實際以上に, 川中の, 應ふる, 新大陸及び, 甲斐源氏として, 當てられ, 篠山と, 見る事

▼ 圖~ (10, 0.8%)

2 つたのさ 1 が昨日, つたと, つたな, つたのか, つたのです, と觀, なんて言, よ

▼ 圖では~ (10, 0.8%)

1 ありません, あるまい, これを, ない, なかつたらうか, 安永七年生れ, 插話的な, 本木二世, 移住の, 第七世

▼ 圖~ (9, 0.7%)

2 お袋は 1 ので, のです, んざたまらねえ, んざ八五郎に, んで, 氣の, 聲で

▼ 圖~ (8, 0.6%)

3 やない 2 やありません 1 や, やあねエ, やなかつた

▼ 圖~ (8, 0.6%)

1 しも遂に, て事, ながらも亦, 世界の, 同年九月グィリエルモ・ディ・ノガレット及び, 外國に, 彌が, 長幼を

▼ 圖太い~ (8, 0.6%)

2 奴めが 1 僕は, 女です, 氣が, 聲, 聲で, 調べである

▼ 圖らん~ (7, 0.6%)

1 とする, やこの, やの行動, や世界, や日本, や私自身, よりは寧ろ

▼ 圖まで~ (6, 0.5%)

2 立派に 1 出して, 出來, 書いて, 畫い

▼ 圖です~ (5, 0.4%)

1 がこれ, が本, が高く, ね, よ

▼ 圖一つ~ (5, 0.4%)

1 すると, でお, で呼, で飛出し, の方法

▼ 圖太く~ (5, 0.4%)

1 かまえて, て風, なられるか, なり切れぬ小心, 構へて

▼ 圖である~ (4, 0.3%)

1 がこれ, がそれ, ともいふ, 筈は

▼ 圖でも~ (4, 0.3%)

1 ございません皆んなぼんやり, して, なきや, 持つて

▼ 圖として~ (4, 0.3%)

1 傳はる所との, 兩, 廣き, 痩馬を

▼ 圖など~ (4, 0.3%)

1 いふもの, らしい, 披い, 熱心に

▼ 圖なんて~ (4, 0.3%)

4 ものは

▼ 圖にも~ (4, 0.3%)

1 そのやう, ないん, みえて, 出て

▼ 圖思ひ出した~ (4, 0.3%)

1 のは, やうに, 事が, 樣に

▼ 圖したら~ (3, 0.2%)

1 アノモ一人の, 今日締切後に, 彼奴も

▼ 圖すれ~ (3, 0.2%)

1 ば彌, ば彦三郎, ば手先

▼ 圖つたの~ (3, 0.2%)

1 である, であるけれども, も半ば曲學

▼ 圖やら~ (3, 0.2%)

1 いろ, アイノの, 繪葉書やら

▼ 圖~ (3, 0.2%)

1 ば幾分, ば此度, ば畢竟

▼ 圖をと~ (3, 0.2%)

1 ほして, 與之, 見かう見して

▼ 圖を以て~ (3, 0.2%)

1 始めと, 編んで, 英國ケムブリッヂの

▼ 圖始末~ (3, 0.2%)

1 であらう, を簡單, を芥川

▼ 圖見る~ (3, 0.2%)

2 處は 1 と廊下

▼ 圖ある~ (2, 0.2%)

1 が如く人, 鞠問所を

▼ 圖~ (2, 0.2%)

1 何かを, 何んかで

▼ 圖から~ (2, 0.2%)

1 この小説, 拔け

▼ 圖された~ (2, 0.2%)

1 つて不足は, もので

▼ 圖だつた~ (2, 0.2%)

1 ものか, よ

▼ 圖つて貰~ (2, 0.2%)

1 ふこと, ふ者

▼ 圖といふ~ (2, 0.2%)

1 ので, やうな

▼ 圖としての~ (2, 0.2%)

2 條件を

▼ 圖との~ (2, 0.2%)

2 關聯來迎圖と

▼ 圖どりで~ (2, 0.2%)

2 あつた

▼ 圖なし~ (2, 0.2%)

1 つ, には公

▼ 圖などが~ (2, 0.2%)

1 出來, 繼ぎ足され

▼ 圖なども~ (2, 0.2%)

1 史記の, 御覽

▼ 圖なんか~ (2, 0.2%)

1 して, 受けて

▼ 圖についての~ (2, 0.2%)

2 思ひ出し咄

▼ 圖によ~ (2, 0.2%)

1 つてその, つて屡

▼ 圖また~ (2, 0.2%)

1 奧を, 考が

▼ 圖めいた~ (2, 0.2%)

1 ことを, ものは

▼ 圖~ (2, 0.2%)

1 動物解剖の, 百鬼夜行繪に

▼ 圖より~ (2, 0.2%)

1 はずうつ, 下した主

▼ 圖をかは~ (2, 0.2%)

1 して, す手段

▼ 圖をも~ (2, 0.2%)

1 受けず京橋, 合せて

▼ 圖~ (2, 0.2%)

2 鋭利ナル全

▼ 圖~ (2, 0.2%)

1 披キ太平洋ニ於ル我カ帝國ノ, 求ム可ラザルハ勿論

▼ 圖~ (2, 0.2%)

1 かに驚く, か知ら人

▼ 圖先刻~ (2, 0.2%)

1 のやう, の三臺

▼ 圖其處~ (2, 0.2%)

1 が京都, へ妹娘

▼ 圖出合~ (2, 0.2%)

2 てあれ

▼ 圖及び~ (2, 0.2%)

1 其の講説, 寶骨像御

▼ 圖取り~ (2, 0.2%)

1 から似, だけしか出

▼ 圖思ひ付い~ (2, 0.2%)

1 て十丁, て聞い

▼ 圖離れ~ (2, 0.2%)

2 の感じられる

▼1* [125件]

ありしも果さ, 圖いま思ひ出した, 圖うしろを振返, 圖かんがへた, 圖がかかつてゐました, 圖がずつと並べて掛け, 圖がのつて居た, 圖くして見つめ, 圖ぐらゐは君にするだらう, 圖この勝浦の, 圖この世に生, 圖これ等は皆, 圖さういふ心に, 圖さがしを頼んだ, 圖されて重い, 圖しか待つて, 圖したるは土瓶形土器, 圖しない後世の, 圖しなさい母さんは, 圖しようとする, 圖せず直ぐ執行, 圖せられた用途を, 圖そんなことを, 圖ツた, 圖だけは知つてゐます, 圖だらうと思はれた, 圖だ頼んだよ, 圖ったに違い, 圖っていること, 圖ついてゐたら, 圖つたらしい, 圖つたればこそ佛教, 圖つた云々は素人, 圖つた經驗が多く, 圖つて行くこと, 圖つて合理的に且つ, 圖であれば何處, 圖でございますよ, 圖でしたよ, 圖でなくてまことに, 圖とか系譜などを, 圖としては是非必要, 圖とに出ること, 圖とは違つた一種清快, 圖とを見較べて, 圖などで應擧の, 圖などの他には, 圖などは矢張り率意書風の, 圖などを申しやりて, 圖なら私だ, 圖なりや否やを, 圖なんかが出來, 圖なんかは付き合ひきれねえ, 圖にて他の, 圖のみの美しさ, 圖ぼしをさ, 圖まねかれて盡力, 圖みかへりて, 圖もう水汲に, 圖らすも人, 圖らむとする新古典主義, 圖られたり, 圖らん原因ではなく, 圖りたいと云, 圖りたるは之, 圖るべきもの即ち, 圖るべくわれわれの, 圖る如き都市村落の, 圖れり身の丈三尺五六寸胸廓手足之に, 圖をばフラア・マルチノなし, 圖ウ圖しさ, 圖カンテラの薄, 圖ダヌンチオと云, 圖ヲ用ヰ書法ヲ説キ明シテ塗板, 圖三卷の存, 圖丑之助がよく, 圖中央を見よ, 圖久し振りな柔らかい, 圖事業熱に取, 圖二町とは離れぬ, 圖五尺の床の間, 圖今日初めて逢つた信吾, 圖入りの歐洲戰爭記, 圖兩者の間, 圖内容にあつ, 圖な全く, 圖十七卷の山吹, 圖十八卷の盃, 圖十四卷の青中先生逍遙遊之圖, 圖古圖, 圖可憐なる家族圖, 圖同郷の人, 圖女郎でも宜, 圖室町末期の日本全土, 圖忠志君の姿, 圖思ひ出してあゝ, 圖思ひ附いたやうに, 圖思考の表, 圖感じた物思ひ, 圖旅人は面白い, 圖日本の俳句, 圖明るい瓦斯の, 圖昔徹男とドライヴ, 圖時刻を知つて, 圖本能圖可憐なる家族圖, 圖東京の今川橋, 圖洗濯をしたく, 圖洛出書と類し, 圖海外持出し事件, 圖淋しい心持が, 圖無いうちは, 圖生れ村の父親, 圖留めて廣, 圖碎けぬ波あらく, 圖は生れ, 圖立ち停ると, 圖立ち停つた案内人が, 圖聞きつけた松風の, 圖て急, 圖見れば渠, 圖許婚の自分, 圖近頃結婚した内山, 圖通りに一生懸命, 圖通り服從して, 圖題詩贈人