青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「圓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

国境~ ~国家 国家~ ~国民 国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~ 園~
圓~
圖~ 團~ ~土 土~ 土人~ ~土地 土地~ 土手~ ~土産 土産~

「圓~」 3535, 38ppm, 3038位

▼ 圓~ (481, 13.6%)

206 の心 5 はこの, は言った 4 のほう, の家, の耳, は肯いた 3 の前, の名, の話術, はこう, はまた, は口, は心, は笑った, は自分, もまた

2 [33件] が時世本位, が洒落, しっかり泳げ, だった, て意気, といえ, ときたらどう, と名, にし, には分らなかった, に落, のトリ, の住居, の名跡, の屋根船, の真, の胸, の芸, の頭, の顔, の鳴物噺, はそれ, はややしばらく, はカーッ, は丁寧, は唇, は小糸, は師匠, は楽屋, は訊ねた, は頭, もお, を声援

1 [333件] あらば, いいえもう, えがく道具立, おい, おい分った, かと路, かなあ, から叱られた, が, がいった, がいよいよ, がとえらい, がほんと, がやさしい, が人情噺, が切磋琢磨, が咎める, が噺五十, が四銭, が席, が御飯, が悟つた, が此様, が演, が眉, が芝居仕立, が萬朝, が行く, が袂, が訊ねた, が顔, だこいつ, だったなるほど, だね, って, ってあの, つくるところ, である, ですお, です私, という人, という大, とただ二人, とは國芳門下, とハッキリ, と別れ, と山岡鐵舟, と禪, どうだ, などでも書物, ならあの, にいった, にでも切れます, にとってはおもいで, にとっては悲し, にとっては生き, にとってもおもいで, にはいちどきに, にはそんな, には目星, にも似合わない, にも私たち, にも解ります, によほど, に一大痛棒, に分っ, に感じられ, に脱帽, に言われた, に詫び, のあるいは, のいでたち, のかかえ, のこうした, のこと, のしなやか, のみを責むるははなはだ, のよ, のアッシャ家, の一声一咳, の上, の人気, の会話, の作, の冴え, の出世, の初, の勤め, の半面, の原作, の叟, の口, の句, の周り, の喜び, の噺, の墓, の墓どころ, の声, の奴, の宅, の巧さはまこ, の希望, の幻術, の後, の忙しい, の態度, の手, の技倆, の教養, の本音, の枕もと, の演, の演出法, の父, の父圓太郎, の独創, の用意, の盛名, の目, の看板ひとつ, の稼ぎ, の細, の耳許, の背中, の腕前, の膝頭, の舌, の花やか, の落語, の落語通り, の藝, の記憶, の賀状, の身体中, の速記, の速記の, の道具噺, の非難, の頬近く, の額, の高座姿, はあなた様, はあわて, はいい, はいっそ, はいつ, はいつか, はいつしか, はいま, はいや, はいよいよ, はおなか, はおびただしい, はおよそ, はお腹, はかねて, はきょう落語家稼業, はこうした, はここ, はこのごろ, はさしぐまれ, はさらに, はしずか, はじっと, はそう, はそうした, はそこ, はそっと, はその, はそのまま, はそれら, はたった, はたまたま, はつかまえ, はつくづく, はでっち上げた, はとうとう, はとつおいつ, はなった, はなつかしかっ, はなにごと, ははるか, ははるばる, はふ, はふさぎ込ん, はふっと, はまた下, はまだ, はむか, はめっきり, はもう, はもと, はもの, はやや, はエイヤッ, はオヤッ, はガッカリ, はジッ, はポカーン, はムカッ, は一石三鳥, は久保本, は二人, は今, は仕方, は他愛, は代地, は以来, は何とも, は傳説, は先方, は再び, は初めてニッコリ, は前人未踏, は勉強, は勢いよく, は半分, は単に, は叫んだ, は可愛く, は台所, は名声, は呼吸, は喋った, は噺, は困っ, は墓石, は声, は奥, は嬉しかっ, は家, は寂しい美しい, は寂しく, は寿亭, は尋ねた, は小勇, は左右, は師匠夫婦, は帯, は廻り, は強く, は微笑ましい, は心ひとすじ馬車馬, は心得た, は感じた, は感じだす, は押し返した, は敢然と, は文楽師匠, は新作噺, は早くから, は森下, は歩いた, は母親, は毎月初代圓生, は汚い, は江戸八百八町, は没前年, は泣きたく, は浅草茅町, は深見家, は無理, は生甲斐, は男泣き, は目, は相手, は眉, は真, は真っ青, は秋風, は穴, は突嗟, は立ち上がっ, は立ち上がった, は笑いだし, は純情小圓太, は考え, は考え込ん, は耐え, は聞き込んだ, は肝, は胸, は腑, は船, は芝居仕立, は萬朝, は落着き, は見, は覚悟, は言葉, は話, は護摩料, は足, は身近, は途方, は避暑, は鏡, は長編小説, は阿, は顔, は飛びだし, は骨董, へとふんわり, への非難, ほどの傑物, またこの, もほんとう, も心, も昨夜, も萬朝, も首, やむか, や寄席, より遅く, らしからぬ冗長至極, をいよいよ, をまじえた, をめぐる, を乗せた, を傳, を自宅, を襲名, を贔屓, を迎える, を飛び込ませ, 使わせて, 全怪談中, 大恩, 急き立てた, 気づいて, 若き日, 遺聞

▼ 圓~ (290, 8.2%)

28 金を 4 中に, 金で, 金は 3 金が, 金の

2 [15件] 前借を, 國庫收入の, 塚と, 小遣ひ, 方に, 月給で, 月給を, 木を, 生活を, 稼ぎを, 純益を, 財産とを, 金も, 金貨が, 香奠を

1 [214件] うちの, お金で, お金は, お雛樣, ことだ, と不, どちらでも, はした金で, はそれ, は本, もの, ものは, ものを, やって, わかる, クレデイツトの, コッテエヂの, コッテエヂは, ダイヤを, 三人会で, 上に, 上にも, 上を, 下宿料を, 不足ある, 不足が, 中なる, 中を, 中心の, 二十圓のて, 代用教員では, 代用教員にな, 俸給は, 借金が, 借金で, 借金を, 値打が, 値踏みが, 働を, 働を以て, 價, 價の, 價を, 償金を, 入場料でも, 公債をも, 内に, 内面, 凹みに, 切りかへと, 判任官ぢや, 利子を以て, 利益が, 利益を, 割, 割合で, 力量も, 勸業債券が, 勸業債券と, 半徑, 南京の, 取引で, 口が, 古墳が, 古墳である, 古墳では, 名トロイアの, 名弟を, 周圍に, 周旋を, 品と, 四六判の, 四分の一, 四疊半の, 國債から, 國債が, 國債を, 國庫及地方の, 國庫收入が, 國立劇場建築費が, 圓太郎に, 在外正貨を, 在外資金を, 地面が, 堤防で, 塚が, 塚でありました, 塚であります, 塚では, 塚を, 増讀韓非子韓非子纂聞等皆學者の, 外債募集に, 大臣, 大評判, 大豫算, 宅地とか, 宅地を, 家を, 家賃が, 家賃で, 寄附金と, 富と, 封鎖は, 年俸を, 幾分を, 張りが, 形を, 征清軍隊慰問使として, 御札に, 御用聞が, 憎まれ者, 懸賞が, 所へ, 所を, 手前目を, 手宛を, 手當, 手金を, 抵當の, 指輪が, 損に, 損失では, 損失を, 支出も, 收入の, 收穫, 整理緊縮を, 方の, 方は, 旅籠料を, 日に, 日拂ひで借りてる, 會費で, 月に, 月俸で, 月給では, 木綿蒲團へ, 枕木一本が, 正貨を, 正金が, 歴史科中等教員たる, 水が, 水源が, 河水赤く, 消費税がか, 減額である, 潤ひ, 物を, 生活費で, 生藥屋, 直徑, 相場で, 相場と, 着物を, 知識をの, 税を, 穴が, 空處に, 立派な, 筆記料の, 筈, 策源地として, 節減を, 節約額を, 米なれ, 純益, 紙幣が, 給料では, 罰金を, 羅紗が, 腰辨當を, 若い男, 若い者, 茶入も, 蓄財を, 處分を, 血の, 親の, 觀覽料を, 評判に, 評判にな, 財産家たる, 財産損失とを, 貨幣は, 貯金を, 貸附金, 費用にて, 資本を, 輪を, 通りに, 通貨が, 遊びに, 遊金を, 金, 金では, 金に, 金を以て, 金刑とを, 金刑處分を, 金實は, 金貨を, 金錢でも, 錢が, 鍛冶屋鑄掛屋を, 鑄型の, 門人, 開きが, 間の, 食料を, 餘にも, 駄菓子を, 高臺, 鰊糟を, 鰻の

▼ 圓太郎~ (162, 4.6%)

3 のほう 2 といっしょ, の代々, の前, の忰, の顔, はもう, はドキマギ, は右手, を襲名, 御師様

1 [139件] いまだ病みし, いよいよ先代写し, から男一人前, がいった, がお座敷三つ分, がこの, がこの間, がひと言, がやがて, がよく, がギッチリ二列三列, がヒョッコリ旅, が上がっ, が主として, が佇ん, が呼びつけられた, が師匠, が枯木, が滝壺, が現役, が頭, たり, だった, だとしても, だの鯉かん, とて遠い, とは比べもの, と師匠, と母, と諷, と謳われ, なんか見た, にし, にすけ, にも事, にわかる, に支払っ, に連れられ, のところ, のよう, の上, の名, の姿, の寄席芸人, の師匠, の忰小圓太, の死後こっち, の素晴らしい, の胸, の言葉, の音曲, の頬, の高座姿, はあの, はいまだ, はいまだに, はがま口, はすこし, はせ, はそう, はそこ, はそんな, はただ, はどうしても, はふてくされ, はもうす, はよろこび, はよろこんだ, はわれ, はクルクル, はコクリ, はシッカリ両手, はジリジリ, はニコリ, はフラリ旅廻り, はペタッ, はホクホク, はホッ, はモロに, は上出来, は丸々, は丸い, は丸顔いっぱい, は出, は口, は呟いた, は固唾, は圓太郎, は平蜘蛛, は得意そう, は心, は振り向き, は文明開化, は新, は有頂天, は東京人, は楽屋, は次郎吉, は武家, は熱演, は玄正, は真一文字, は立ち, は立ち上がった, は答えた, は耐え, は耳, は胸算用, は脱兎, は腕, は自信, は自分, は舌打ち, は芝居噺, は苦笑, は荒神様, は表, は言った, は鉄槌, は間もなく, は頭, は顔色ひとつ, は首, までがそこ, もお辞儀, もド, も口もと, も決して, も満足そう, よりは若く, をおもわせる, をこよなき, をそっくりそのまま, を前, を私たち, を突き退ける, を見, 今輔, 儲かったら俺

▼ 圓~ (155, 4.4%)

43 はお辞儀, は自分

2 [12件] だった, のほう, の噺, の次郎吉, の耳, は, はいった, はしばらく, はその, はまた, は心, を襲

1 [121件] いいの, おいほんとに, おい俺, がいそいそかえって, がいた, がいった, がその後始末, がやり, が演, が看板, だけだ, だよ, ではあった, で前, というプン, という名前, という変り種, とじゃ, とは初代古今亭志, どうも近来, なら師匠, なんかを引き立て, なんて大, なんて由緒, に, にさせ, にとってそれ, にとってはいかにもピタリ, にとってはさびしかっ, にとっては百万力, になれ, には決して, には話, には黄金白金, にまで挨拶, に名前, に命じ, に文楽師匠, に面目, のかよっ, のこと, のとは, のも, のクリッ, の勉強法, の名跡, の提灯, の方, の昔, の行方, の野郎, の顔, はあわて, はいっそう, はいつ, はいまお稽古, はいや, はいよいよ, はおぼえた, はこの, はさすが, はさびしい, はした, はちぢこまった, はつくづく, はつっかかっ, はでる, はひとつお辞儀, はまごつい, はもう, はろくに, はハッキリ, はプイ, はボーッ, は二つ目, は俎板, は切りだし, は前屈み, は口, は唇, は喋りだし, は喜ん, は四谷, は圓朝, は圓生, は土, は夢, は大, は嬉しかっ, は小さな, は引き止めた, は引き返しだした, は思わず, は慄, は振り向いた, は掻巻, は支那人, は文楽師匠, は日暮里, は気, は泳い, は無心, は自ずと, は花, は見る, は訊き返した, は闇, は飛び上がった, へした, へ差し, もつい, も圓太, や蛙, を, をお, をお前さん, を二つ目, を廃, を経, を襲げ, ドキン

▼ 圓~ (121, 3.4%)

5 頭を 3 塚の 2 丘の, 塚で, 塚を, 山の, 顏に

1 [103件] あごの, ずんぐりした, といふ意味, なりの石, のが, ぴら, ニツケルの, 丘が, 丘に, 入江の, 前方後圓の, 十四日の, 喉を, 地球は, 地球儀を, 塔まで, 塚から, 塚が, 塚だ, 塚に, 塚は, 大きな斑, 大きな眼, 大提灯, 天の, 孔を, 字が, 存在で, 實が, 小さな湖, 小さな顏, 小な, 屋根の, 座を, 形の, 形體から, 斑點を, 曲線少し, 月が, 材木の, 材木を, 板の, 枠の, 柔かい顏, 柔な, 棒の, 浴槽で, 灯の, 玉で, 玉葱の, 環が, 目を, 眼が, 眼と, 眼に, 眼は, 眼を, 石や, 石を, 磧石を, 礫が, 穗の, 穴形を, 空間を, 竹の, 紋が, 羽根附き, 肩が, 肩を, 背を, 背中を, 胸は, 胸美しい, 腕の, 臺の, 色の, 葉を, 蠻刀は, 起伏點在する, 足を, 跡が, 軟かな, 輪の, 輪を, 農夫疾う, 部分, 部屋が, 金屬製の, 鈕が, 鏡でありまし, 鏡でなけれ, 面を, 革を, 頤を, 顎も, 顎を, 顏が, 顏は, 顏を, 首筋に, 首筋には, 高塚と, 黒い星座早見

▼ 圓~ (102, 2.9%)

3 こしら, 量らんと 2 一に, 入れると, 出して, 受取つた, 贈らる

1 [86件] あさ, くやらかしわんぼう, くれと, つくり光, とつて, ゑがきつゝ相共に, ゑがきて現, ゑがく諸, 二圓とは, 作つて, 作りまた, 作れる諸, 使用し得る, 保たぬの, 借りて, 借りるのに, 入れて, 出しても, 初號, 削減したる, 割いて, 劃く如く, 取られた, 取り戻さねば, 受取つて佐々木茂索, 告げた, 單位と, 四等分する, 増すこと, 増加せん, 外資に, 失つたさ, 容積等しき, 寄附した, 封じて, 年に, 廻つて髮結床湯屋町醫者と, 引出す, 得る爲め, 惠まる, 成して, 投じて, 拂は, 掛けて, 描いた, 描いた七人, 描いた渚, 描いて, 描き, 描く, 提供し, 改造高平に, 新に, 時價に, 松谷の, 歩き, 母親へ, 毎年消費する, 添へる, 無意味に, 無言で, 現金で, 生命保險に, 畫い, 畫き, 畫け, 痛々しく割い, 積むを, 給し, 荒し廻る辻斬, 荒し廻る辻斬野郎, 見おろして, 見よさらば, 見込むと, 訪ひ, 請求する, 貸與せん, 費さずして, 費ひ棄てた, 贏ち得る, 越えること, 越した, 越して, 越すと, 造りゐたるを, 長さんの

▼ 圓~ (84, 2.4%)

3 して 2 いたりこ, いたるまで, なつた, なつたり, ふえたこと, 内接する, 近い金

1 [67件] あらんこの, あり, あるなり, いたれば, いでしとき, しては, なる, なるかも, なるからと, なるさ, なるだんだん, なるぢ, なると, ふえて, むかはせわが, むかふ, やあなる, わかたる, わかる詩人等, 七升一合三等米七升七合五等米八升七合, 上つた位巨額の, 上りました, 上るといふ, 下りて, 九段から, 人の, 兩替し, 内接せしめられる, 匂ふ, 合は, 土塀が, 定次郎から, 對し, 平次は, 悔ゆ, 於ける勢力, 柏の, 沿ひ, 泳がせましたが, 淨めらる, 減つて居つた, 減り兌換劵, 減る譯, 減額した, 滿てり, 着けるを, 知られた豪家, 罰せらる, 膨れて, 至りハワイ, 蝮の, 謠はれ, 買つ, 買つて行つた, 賣却, 近い本, 通用する, 過ぎません, 達して, 達すると, 達するも, 達せざること, 音する, 響いた好い, 頼まれて, 類燒し, 黄色に

▼ 圓~ (72, 2.0%)

2 のお, の大きな, の弟子, はし, はまた

1 [62件] が, がつい, がなんと, が上がっ, が双手, が山遊亭猿松, が朱, が自分, だった, とあと, と勢朝改め圓楽, と圓楽, と師匠, と自分, なんかとうとう, にぜひ, にはあった, には中入り, のあの, のいる, のおも, のお寺, のところ, のほう, のよう, の住居, の住居中, の内弟子, の受け, の墓参, の墓石, の姿, の寝顔, の手, の次に, の目, の祥月命日, の身振り, は, はいいだした, はいくつ, はここ, はたまらなかっ, はひとりヤキモキ, はガチャン, はキチン, はポックリ, は一種特別, は今月, は在宅, は小, は決して, は烈しく, は相好, は考えた, は茶, は高座, ひと膝, もっぱらこれ, もハッキリ, も柳枝, を宗家

▼ 圓~ (68, 1.9%)

22 云ふ 54 なる 2 すると

1 [35件] いっしょに, おきみ, したそして, したの, すれば, つたのださうである, なつた, なります斯, なる八百四十三萬六千圓, まとまつたかね, まとまつて, 下谷淺草の, 主人から, 云う者, 云ふも, 云ふ取りきめである, 十圓, 号した, 合へる, 呼ばれた, 四角な, 四角を, 外に, 幾干, 強請つて來た, 怯かすより, 時とともに, 書いて, 死んで, 申して, 置いて, 號し, 見て, 計上せられた, 開墾した

▼ 圓~ (65, 1.8%)

2 の墓, の遺徳

1 [61件] から能楽, が一人, が今, が嫌っ, が暴風模様, が茶道, であった, としてはそのまま, と間違う, にだけはそれ, について語る, にも上京, に対する扶助, に譲った, の, のお蔭, のこの, のよう, の上京問題, の人格, の係医, の写真, の凜烈, の名前, の尊, の崇拝者, の後, の心用意, の性格, の曰く, の生涯, の略歴, の真骨頂, の稽古腰, の筆跡, の簡素, の自筆, の至純至誠, の舞台, の苦手, の茶, の茶事, の装束附, の追善能記念事業, の逸事, の逸話, の銅像除幕式, の風格, の高齢, はこの, は一生懸命, は上京, は前記, は極めて, は重い, もこの, よりも高齢, をし, を中心, を促し, を尋ね

▼ 圓滿~ (60, 1.7%)

2 し人, といふ, なる人間, なる意味, な人格, な功徳, な家庭, に發達, に行つて

1 [42件] が今日, せず, せる圓滿, せる智者, である, であると, で美しい, なもの, ならむことを, なる人格, なる教育, なる晩節, なる發現, なる發達, なる調和, なる點, な教, な歌, な男, な發達, な美し, にすべき, になさん, に人々, に咲い, に成就, に成立, に樂, に消毒, に社會, に至り, に落着, に行く, に進ん, に驚く, の數, の相, の相好, を保たざる, を得た, を有する, を缺

▼ 圓~ (56, 1.6%)

3 なつて 2 て幾つ, 跪坐る

1 [49件] かたまって, たわんで, て尻尾, て色, なって, なつた, なつたの, なつて寢, ふとつた顏, 伏せて, 動いた, 口を, 吹きあげて, 圍み, 圍める, 巨石を, 延ばして, 張つて居る, 張り, 張りたる, 成ると, 或は平たき, 描かれた大きな, 擴が, 明けて, 星を, 暮したいと, 汝に, 燒いた, 現はれし, 環にな, 禿げて, 竝んで, 納まるだらうと, 納まるだらう大川, 納まるに, 納めて, 縮こまつて, 肉づいた, 肥えたる, 肥えた大きな, 肥つた眞白い, 輪の, 造りまして, 連なつて, 集つてしまつ, 風で, 飛んで, 黒味勝の

▼ 圓~ (56, 1.6%)

7 あつた 3 拂下げた 2 あつて, 拂下げ, 買つた馬の

1 [40件] この黒砂糖, すみますが, その代り粟八分の飯, もつて, 三日の, 三日買う, 中等の, 乘せ, 人民の, 住み替へ, 何時も, 何程の, 便所通ひ, 兩親が, 其羅紗が, 出來, 千町許り, 半年の, 古い師範出, 地所を, 壹圓の, 家屋敷白井樣に, 戰爭の, 持つて, 掌に, 此兩人に, 淫賣を, 滿足し, 當時の, 直接に, 約束し, 素晴らしい本, 買つたと, 買つたとかいふ, 買つたのだ, 買へる, 賣られたこと, 賣りつけた, 賣り込まうと, 餘りある

▼ 圓~ (49, 1.4%)

2 何の

1 [47件] あつたや, ありますまい, おますやらうな, おろか百圓だ, しえへんいうて, すると, その印, たいしたもの, ちと多, はいる筈, カインに, 一定點から, 一時, 七ヶ月の, 三年經つたら, 京より, 今日の, 何時でも, 僕が, 入りませう然し, 入手できる, 全部お父さん飮んじ, 出さう, 出すだらうと, 出せる, 十六億貳百萬圓とな, 大きい, 大阪屋の, 始めなく終り, 字が, 實は, 實際には, 己が, 市村六之, 必要で, 急なるう, 會合した, 月月の, 磐城に, 神及び, 私の, 私を, 義士伝に, 若い校友達, 莫斯科で, 装束の, 鷺宮から

▼ 圓~ (42, 1.2%)

2 のもの, の列, の盾, を畫

1 [34件] である, なりしならん, なる器, にし, になつ, に延び, に突き出, に組合, に舞, の, のテーブル, の光, の劇場, の厚板, の器, の地帶, の塚, の墓, の大, の天, の孔, の巨大, の星宿, の星座, の白き, の砥石, の硝子窓, の路, や四角形, をつくつた, を描い, を爲, を造り, 又は橢圓形

▼ 圓三郎~ (38, 1.1%)

2 の舌, の話, はお

1 [32件] がゐなき, が氣, が目の敵, ですよ, と一緒, と二人, と何, と口, と相談, に訊い, に間違ひも, のほか, の姿, の容易, の袷, の頬桁, はその, はまさか, は下男部屋, は仲, は僅か, は先代, は喘息, は少し, は日頃, は涙, は自分, は若い, は鼻, までが悟つた, をつかまへました, を庭

▼ 圓~ (35, 1.0%)

4 あれば 2 貯めて

1 [29件] お持ちなさい, お父さんが, かかつたから, かかつて, かけて, すると, するもの, 七百萬圓の, 使つたから, 出して, 出るもの, 取つて, 取られたさうですよ, 取れるの, 四圓も, 夫れ, 建築費に, 支出しなけれ, 春三郎が, 月給の, 月給を, 殘る, 渠の, 滯る, 貯金し, 貰つてゐる, 貸して, 資本が, 金を

▼ 圓~ (28, 0.8%)

2 大楯, 大盾

1 [24件] 乳房の, 器の, 圍の, 大盾うち, 大盾手, 天を, 孔の, 孔を, 岩, 川の, 月瑜伽師地論を, 柱と, 柱に, 柱を, 物にて, 珠の, 盾目がけ, 穴五つあり, 肉色の, 肩銀河を, 部分の, 陰の, 頸を, 高き城壁

▼ 圓~ (28, 0.8%)

1 [28件] がこう, が来, だけは私, という生粋, と私, と難波駅近く, のお, のこの, のみは借金, の一家, の場合, の姓, の小, の忰, の忰分, の無理, の芸, の説明, の豪快味, の門, の門人たち, は, はここ, は佐野槌, は角張り, も先代圓生, 下って, 病みて

▼ 圓といふ~ (27, 0.8%)

1 [27件] ことに, ところだ, のを, 中年女, 事にな, 値段が, 値段で, 値段は, 僅な, 品物の, 大金が, 安直下宿に, 巍然たる, 揚り高, 損失に, 本を, 村内最高額の, 立派な, 約束だ, 約束で, 計算でした, 賃金表が, 金で, 金は, 金出さんずる, 雜作を, 香奠を

▼ 圓~ (25, 0.7%)

5 を殺した 3 を殺し

1 [17件] が今, が引く, が引け, が引出し, が通り掛り, さえなけれ, の墓参り, の墓所, の姿, の家, の荷, はどう, は右, は未だ, は馬, も浮ばれやしない, を邪魔

▼ 圓五十錢~ (24, 0.7%)

2 といふ

1 [22件] か, それで十二疊, だと, であつ, でもいい, で其の, で私, で買つて, といふ疊附, と貰つて, なので, なり十二圓三十錢, にし, にもした, に當, のことでぶツ, の八疊, の收入, の紙包, の金, は成, を出した

▼ 圓~ (22, 0.6%)

2 だった, は

1 [18件] が現れ, だ, だけのこと, には愉快, の住居, の百面相, の話, の逃げた, の速記, の顔, はいっぽう, はたしか, は圓遊, は清親, は高座, までが, もしきりに, もやった

▼ 圓くし~ (21, 0.6%)

32

1 [16件] てそれ, て乘, て二本植ゑた, て急い, て此處, て渠, て直ぐ, て眺めた, て立派, て見, て見せた, て辨當, て閣下, て驚いた, て驚く, 鼻息を

▼ 圓以上~ (21, 0.6%)

3 のもの 2 になるでせう, の金

1 [14件] が物, だ, な値段, にも相, にも通用, に上りし, に思はれた, の仕事, の利息, の在外資金, の節約, の資産, ノ富ハ國有タルベキガ, ノ生産業ガ國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家

▼ 圓~ (21, 0.6%)

5 を一枚 2 が一枚, を見る

1 [12件] が一枚紛失, が二枚, でお, でそれ以下, の十枚, をさ, をだし, を二枚, を出した, を疊, を盜まれ, を顎

▼ 圓~ (21, 0.6%)

2 の上

1 [19件] あり, がない, だつた, とを憶, に蟋蟀, のめぐり, のよう, の一つ, の上部, の並んだ, の大いなる, の如き, の如く, の廊, の蔭, の趺, は黄, を持つた, 同じ型

▼ 圓~ (20, 0.6%)

3 を缺 2 ならし, な進行, にし

1 [11件] なところ, なる變局, な主人博士, な皮肉, に且つ, に使, に動きます, に取り戻す, に行く, に進ん, を來

▼ 圓~ (17, 0.5%)

2 のまんなか, の中, を作つて

1 [11件] が搖れ動き, つくり立ち乍ら力, に向, の一人, の方, の端, の顏, をつくり, をジッ, を作らし, を描きました

▼ 圓山川~ (16, 0.5%)

1 [16件] といふ名, といふ川岸, とともに八千八聲, ともいふ, と呼ん, に灌ぐの, の右岸, の川裾, の洲, の流れ, の灌ぐの, の膚, の面, へ釣, も出石川, を私

▼ 圓でも~ (15, 0.4%)

2 二圓でも

1 [13件] 六圓でも, 出せる人, 出せる側, 利益さへ, 千萬圓でも, 取れば, 孰方でもよ, 有つた, 給料が, 賣買, 金が, 金は, 音樂としては

▼ 圓~ (15, 0.4%)

1 [15件] だから, と順徳院, ならば, につく, のもの, の兌換劵, の損, の笠, はあるだらう, はかかり, は確, は違, もら, ゐの, を召さず

▼ 圓~ (14, 0.4%)

1 [14件] せきの, でた, 三萬圓百萬圓が, 出さ, 助演で, 千萬圓でも, 參百圓でも, 岩代に, 恐ろしく立腹, 死ぬと, 物は, 状袋入の, 私の, 途方も

▼ 圓~ (13, 0.4%)

2 といふ

1 [11件] から三人, けれど何, つて有りやしない, つて死ん, つて都合は, といつた, といふ大した, とさ, と云, と知れ, と言

▼ 圓~ (13, 0.4%)

2 の住職

1 [11件] だ, とでは目, に家, のその, のルリ, の奧, の私, の驛, は可, へ御, へ越す

▼ 圓~ (13, 0.4%)

2 に結つて

1 [11件] でじみ, に珊瑚, の姉さんかぶり, の婦, の情, の漆, の艷, をおくれ毛, をさし寄せ, を結, を見た

▼ 圓~ (12, 0.3%)

1 [12件] かつても, せめて五千圓, そんな評價, ならざる夢, りき, りきこは, りきといへる, 三十圓はか, 二萬圓か, 五十圓か, 八圓の, 十圓づゝでいくらでも

▼ 圓紙幣~ (12, 0.3%)

2 が二枚, であるか 1 が一枚, が七枚, が五枚, が折疊, と交換, をチップ, を一枚女, を出す

▼ 圓~ (12, 0.3%)

1 [12件] が得意, が昔噺, である, となんと, と称えられる, の, のうら, のピリオッド, の噺, の顔, はたしか, を聴いた

▼ 圓から~ (11, 0.3%)

1 [11件] して, とるかも, 二十五錢甚しきは, 二百圓フノリ並に, 二百圓フノリ並びに, 叱られたの, 四十圓の, 四百圓若く, 損や, 最高十三圓と, 芝まで

▼ 圓~ (10, 0.3%)

1 かな岡, かに, で, ないか, 三角だ, 三角の, 二十圓の, 二圓は, 二圓五十錢の, 五十圓に

▼ 圓タク~ (10, 0.3%)

1 がひつきりなし, がガタリ, でお, でも可, にしよう, のやう, も人力車, よりあし, を拾つた, を飛ばした

▼ 圓~ (10, 0.3%)

1 が, が宗悦, の, の場合, の姿, の独擅場, の軽, は二世圓朝, もやった, より私

▼ 圓掛け~ (10, 0.3%)

1 てすれ, て何程, て先非後悔, て八十五間, て出, て十五萬, て口, て塞げない, て麥, 放しでは

▼ 圓次郎~ (10, 0.3%)

2 の家, を殺した 1 が帰らぬ, が引い, が引け, と云っ, な庚申塚, はお前

▼ 圓錐形~ (10, 0.3%)

1 に造る, の偉大, の孔, の寄生火山, の混雜, の灰, の雲, の高山, をし, を想像

▼ 圓だけ~ (9, 0.3%)

1 ある, 使つてし, 入れて, 多くしませう, 少なくなりました, 托送し, 持つてるん, 減つたのを, 送つて來い

▼ 圓~ (9, 0.3%)

2 たの 1 た翼, ておりまし, てつつ伏し, て二本植ゑた, て火鉢, て笑, て障子

▼ 圓~ (9, 0.3%)

1 に仰い, に變つて, の如く懸つ, の裡, の輝い, をいただい, をもつた, を其の, を背負っ

▼ 圓~ (9, 0.3%)

1 には勇ましい, のま, の一勇士, の上, の下, の義團, の騎士, を圍む椅子, を隔て

▼ 圓~ (9, 0.3%)

5 投げの 1 が船, の上, の彼方, 投げを

▼ 圓覺寺~ (9, 0.3%)

1 といふの, と崇元寺, の友人, の惣門, の所在, の森, は木立晝暗, は此, を見

▼ 圓~ (9, 0.3%)

1 であ, であつ, となる, になつ, に上る, りし, りであ, りの, りを

▼ 圓にも~ (8, 0.2%)

2 當る 1 なるからと, 匹敵した, 匹敵する, 普及した, 相當, 通用する

▼ 圓~ (8, 0.2%)

1 といふ楷書, とした, と胸, と觸, の罰金, を出し, を給す, を貰つて私

▼ 圓~ (8, 0.2%)

2 であつ 1 が專ら行, その次ぎ, であ, でありまして, です, ではたいてい

▼ 圓~ (8, 0.2%)

21 から蝶花楼馬楽, が今, は互いに, は代わる, は口, もやる

▼ 圓くら~ (7, 0.2%)

1 ゐするダイヤ, ゐだから, ゐで, ゐならお, ゐに, ゐの, ゐ用意

▼ 圓なる~ (7, 0.2%)

1 は願, 影は, 影朧に, 春の, 望とも, 滄溟濤の, 砂

▼ 圓屋根~ (7, 0.2%)

1 がそ, で蔽, のある, の下, の塔, も決して, 赤くさながら

▼ 圓朝氏~ (7, 0.2%)

3 の技 1 が洋, をし, 固より, 留って

▼ 圓朝自身~ (7, 0.2%)

1 この演出, でこうした, のこと, の少年時, もまた, も芝居噺, も高座

▼ 圓~ (7, 0.2%)

1 した作, した物語作者, した肉體, する筈, せる者, と理想化, なる伊藤侯

▼ 圓しか~ (6, 0.2%)

1 まだ出し, 來ない, 取れぬ, 受取りませんそれで, 掛らない二千九百圓, 無かつ

▼ 圓とは~ (6, 0.2%)

1 いっしょに, いはなかつた, 云はず, 既墾成功地の, 要らなかつた, 驚くべし

▼ 圓ばかり~ (6, 0.2%)

1 だ, で朝毎, 安子には, 持つて, 殘つてゐる, 狂ふ

▼ 圓ばかりの~ (6, 0.2%)

2 品物を 1 仕事を, 財布を, 酒を, 金を

▼ 圓ほど~ (6, 0.2%)

1 借錢, 出させる豫定, 取つて, 殘つてゐた, 貯金を, 飮まう

▼ 圓~ (6, 0.2%)

1 があつ, が人間, に凝, をもつた, を帶びた聲, を持つた

▼ 圓~ (6, 0.2%)

1 所有シ得ルノミナリ, 投ジテ故, 投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ母ハ驚イテ気絶スルダロウ, 有セバ物質的享樂及ビ活動ニ於テ至ラザル所ナシ, 畫キテ支那ヲ, 貯蓄シタル結果ヨリ見

▼ 圓~ (6, 0.2%)

2 も亦 1 と入魂, と間, に示し, の一族

▼ 圓天井~ (6, 0.2%)

1 が造られる, のその, の下, の燈, へ屆, をかぶせ

▼ 圓~ (6, 0.2%)

1 あるは, に覘違はず, の, の下, ひやう, を堅剛

▼ 圓足らず~ (6, 0.2%)

2 の金 1 つぎ込んで, の損失, もつぎ込ませ, より持合せ

▼ 圓錐状~ (6, 0.2%)

2 の火山 1 の影, の陰, の高嶺, を呈し

▼ 圓かな~ (5, 0.1%)

2 光明に, 相好である 1 良縁に

▼ 圓づつ~ (5, 0.1%)

1 の香奠, を此, 伐り出す割, 送つて, 送らなければ

▼ 圓づゝ~ (5, 0.1%)

1 に算, の金刑, も仕送され, を拂, 割いて

▼ 圓~ (5, 0.1%)

1 のだ, のとの, のに長野, 緑の, 顏が

▼ 圓より~ (5, 0.1%)

1 いと急, 七代目圓太郎たり, 上, 圓に, 救へ

▼ 圓五十五錢~ (5, 0.1%)

2 であつ 1 でなければ, で好い, の輸入

▼ 圓内外~ (5, 0.1%)

1 しか出さない, であつ, の札束, の相場, の金

▼ 圓~ (5, 0.1%)

1 がつたえた, に傾倒, のこと, のこの, の演出

▼ 圓太郎馬車~ (5, 0.1%)

1 が南, で夜, に乘, のやう, の名

▼ 圓朝子~ (5, 0.1%)

1 が人情話, が出席, が或, が演ずる, が高座

▼ 圓朝門下~ (5, 0.1%)

1 だった, で圓喬, には俊才, のいろいろ, の大

▼ 圓札一枚~ (5, 0.1%)

1 でみんな, と一圓札二枚, ぬきとられた時, はあきらめ, は貰

▼ 圓次どん~ (5, 0.1%)

1 かえ, が見, が通り掛け, の所, は先

▼ 圓法親王~ (5, 0.1%)

1 が書, の書風, は南朝, は宋朝, 即ち持明院統

▼ 圓~ (5, 0.1%)

1 はかくれ, を取除く, を發見, を聴いた, を道普請

▼ 圓~ (5, 0.1%)

1 はか, 宛金を, 少いの, 盜んで, 節約を

▼ 圓~ (5, 0.1%)

1 から噴水, が先, が取り次ぎ, が愛嬌, を開け

▼ 圓道様~ (5, 0.1%)

2 も爲右衞門様 1 が連れ, にいふ, にも爲右衞門様

▼ 圓頂塔~ (5, 0.1%)

2 が重なり, の上 1 や煙突

▼ 圓その~ (4, 0.1%)

1 うちに, うへ, 内から, 復舊費二千四百餘萬圓を

▼ 圓です~ (4, 0.1%)

1 からだが, とさ, な, よ

▼ 圓では~ (4, 0.1%)

1 どうしても昔, なくて, 何でこ, 迚も

▼ 圓とか~ (4, 0.1%)

1 でほか, 何萬圓とかで, 十圓とかいふ, 手切金を

▼ 圓なり~ (4, 0.1%)

1 かの球, づつ君の, 九圓五十錢なり, 二圓なり

▼ 圓みの~ (4, 0.1%)

1 ある山, ある落着, その高, ない陰氣

▼ 圓二十錢~ (4, 0.1%)

1 で買, といふ奧附, にてなほ四十錢, の金

▼ 圓以下~ (4, 0.1%)

1 ででき, の金, ノ株券, ノ私有財産

▼ 圓先生~ (4, 0.1%)

1 に節, の真似, の遺風, はお

▼ 圓六十錢~ (4, 0.1%)

1 ぐず, で賣つた, に願, はなくなりかけ

▼ 圓出せ~ (4, 0.1%)

1 とか幾千, と言, ば三千圓, ば十五萬圓

▼ 圓卓子~ (4, 0.1%)

1 が中央, につかう, の上, の端

▼ 圓太郎夫婦~ (4, 0.1%)

1 が平, と玄正, の玄正, も義兄玄正

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 で買, の金, は送る, 送る旨

▼ 圓~ (4, 0.1%)

2 の墓原 1 のお, の景色

▼ 圓心禅門~ (4, 0.1%)

2 といふ人 1 といふ文字, と記し

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 のはじめ, の講演旅行, は別, 續出の

▼ 圓生師匠~ (4, 0.1%)

1 からこう, とは事変, のところ, の弟子

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 りに, りの, りは, りも

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 が命令けし, に烈しく, もろ, 或時

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 に辛抱強, に頬髷, のデツプリ肥つた上座, はどこ

▼ 圓~ (4, 0.1%)

1 が一, のゆったり, の無表情, の色

▼ 圓馬夫人~ (4, 0.1%)

1 の媒酌, の手引き, は文士, もまた

▼ 圓あり~ (3, 0.1%)

1 その色三, 一は, 今學に

▼ 圓あれ~ (3, 0.1%)

1 ば大きい, ば小栗風葉先生, ア可んです

▼ 圓いもの~ (3, 0.1%)

1 が一つ, だといふ, と思はれた

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 き向う岡木, くて, くも未

▼ 圓これ~ (3, 0.1%)

1 はルリ, を癩, を苛責

▼ 圓である~ (3, 0.1%)

1 が從來, といふ, 一萬千三百町の

▼ 圓という~ (3, 0.1%)

1 字の, 者は, 金が

▼ 圓にて~ (3, 0.1%)

1 十分なる, 拂ひ下げられ, 金五千圓持參す

▼ 圓には~ (3, 0.1%)

1 有利な, 變と, 賣れるだらう

▼ 圓~ (3, 0.1%)

2 丞の 1 助様と

▼ 圓九十九錢~ (3, 0.1%)

1 だよ, なるに, は分つた

▼ 圓出し~ (3, 0.1%)

1 ておい, て合せ, て呉れた

▼ 圓十錢~ (3, 0.1%)

1 で省線, で買, になる

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 の圓心, をせばめ, を描かう

▼ 圓~ (3, 0.1%)

2 をかく 1 を帶びた口調

▼ 圓増し~ (3, 0.1%)

1 て二十二圓, て出せ, で賣れ行く

▼ 圓太郎お前~ (3, 0.1%)

1 いったいお, は駕籠, ほんとにやる気

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 のと, の手, の開化

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 つて, ふて河, わなけれ

▼ 圓~ (3, 0.1%)

2 あり下 1 に二圓

▼ 圓札二枚~ (3, 0.1%)

1 と銀貨銅貨, をちひさくた, を封入

▼ 圓筒形~ (3, 0.1%)

1 のま, のシーザー, の高い

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 となつ, となり, ばかり

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 せる一致, の哲理, を表

▼ 圓~ (3, 0.1%)

2 に對 1 に向

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 はなく, へりや, へるから

▼ 圓近く~ (3, 0.1%)

1 になる, にはなる, も貯め

▼ 圓鋸機~ (3, 0.1%)

1 とむかし佛蘭西, と自動鉞, のため

▼ 圓~ (3, 0.1%)

1 であ, の痕跡, を殘

▼ 圓あまり~ (2, 0.1%)

1 です, の借金

▼ 圓ある~ (2, 0.1%)

1 から大, とお

▼ 圓いの~ (2, 0.1%)

1 と四角, もある

▼ 圓かで~ (2, 0.1%)

2 落札した

▼ 圓かの~ (2, 0.1%)

1 紙幣が, 金を

▼ 圓からの~ (2, 0.1%)

1 借金を, 價の

▼ 圓かを~ (2, 0.1%)

1 ひそかに, 所有し

▼ 圓ぐらゐの收入~ (2, 0.1%)

2 を以つて

▼ 圓した~ (2, 0.1%)

1 など謠, 柔かな

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 や仲, や出來

▼ 圓とかの~ (2, 0.1%)

1 値段で, 金を

▼ 圓として~ (2, 0.1%)

1 他は, 相助け

▼ 圓とな~ (2, 0.1%)

1 つた, つて一億七千萬圓の

▼ 圓にな~ (2, 0.1%)

1 つたと, つてし

▼ 圓ほどにな~ (2, 0.1%)

1 つたのである, つてゐた

▼ 圓まつ~ (2, 0.1%)

1 てその, て寢込

▼ 圓まで~ (2, 0.1%)

1 ないぢ, 我慢しませう

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 く前, な明るい

▼ 圓を以て~ (2, 0.1%)

1 扱ひ, 賣拂つた

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 アル, 購ウ

▼ 圓ナマコ三四十圓ぐらゐの收入~ (2, 0.1%)

2 を以つて

▼ 圓三十圓~ (2, 0.1%)

1 といふ本, と云

▼ 圓三十錢~ (2, 0.1%)

1 と五厘, なりなどが暫らく續

▼ 圓上人~ (2, 0.1%)

1 とて早く, に見え

▼ 圓二圓~ (2, 0.1%)

1 でも賣, になつて

▼ 圓二百圓~ (2, 0.1%)

1 と云, の金

▼ 圓五十錢位~ (2, 0.1%)

1 で澤山, なもん

▼ 圓何萬圓~ (2, 0.1%)

1 かかつ, の價

▼ 圓借金~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ 圓八十錢~ (2, 0.1%)

1 にお, 賣れた

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 にこれ, に置かれた

▼ 圓出す~ (2, 0.1%)

1 から誰, がそれ

▼ 圓前後~ (2, 0.1%)

1 と思つて, ならぜひ

▼ 圓千圓~ (2, 0.1%)

1 とまとま, もらふより

▼ 圓卓士~ (2, 0.1%)

1 の物語, の義團

▼ 圓即ち~ (2, 0.1%)

1 ジュデッカ詩人等を, 詩人等の

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 のその, の突端

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 の鐘, を過りぬ

▼ 圓太お前~ (2, 0.1%)

1 はな早く, は噺

▼ 圓太郎さん~ (2, 0.1%)

1 てば, なんかと断られ

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 に引つ, をゑがいて

▼ 圓山一帶頂~ (2, 0.1%)

2 が晴れ

▼ 圓山派一門~ (2, 0.1%)

1 の畫, の美術家

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 に高々, をつく

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 が中心たる, にし

▼ 圓掛けれ~ (2, 0.1%)

1 ば二十萬圓以上, ば此堤防

▼ 圓掛る~ (2, 0.1%)

1 と云, 其外田畑宅地立木容易な

▼ 圓明園~ (2, 0.1%)

2 の文源閣

▼ 圓朝さん~ (2, 0.1%)

1 つきあって, の向こう

▼ 圓朝以前~ (2, 0.1%)

1 にもあっ, のもの

▼ 圓朝以来~ (2, 0.1%)

1 の本格話術, の芝居噺

▼ 圓朝圓朝~ (2, 0.1%)

2 しっかり泳げ

▼ 圓朝打倒~ (2, 0.1%)

1 の大旆, の急先鋒

▼ 圓朝物~ (2, 0.1%)

1 としてはおよそ, の挿絵

▼ 圓朝独自~ (2, 0.1%)

1 の働き, の言葉

▼ 圓朝自ら~ (2, 0.1%)

1 おみね, の作句

▼ 圓朝贔屓~ (2, 0.1%)

1 のおんなたち, の大きな

▼ 圓札三枚~ (2, 0.1%)

1 を五圓, を出し

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 の, 遠く飛ぶ

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 この噺, とか文治郎

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 の利益, の安物

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 に打ち, の下

▼ 圓渡す~ (2, 0.1%)

1 から是, 二圓渡す

▼ 圓熟し~ (2, 0.1%)

1 て更に, て目

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 は我が, を憧れ

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 と異なる, にあらずし

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 の先, の端

▼ 圓生の~ (2, 0.1%)

1 にし, はいつも

▼ 圓生門下~ (2, 0.1%)

1 の逸足, の音曲師

▼ 圓程の~ (2, 0.1%)

1 増切符を, 損失に

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 三種の, 二種の

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 を込め, ヲ知ル

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 のよう, の破片

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 計七百五十圓也, 計千五百圓也

▼ 圓翁歿後~ (2, 0.1%)

1 の事, の福岡

▼ 圓翁門下~ (2, 0.1%)

1 の頑固, の高足

▼ 圓~ (2, 0.1%)

1 に, に手

▼ 圓若く~ (2, 0.1%)

1 は一圓, は二百圓

▼ 圓葉柳~ (2, 0.1%)

1 のしげみ, の葉

▼ 圓融無碍~ (2, 0.1%)

1 と書きた, の筆致

▼ 圓貸し~ (2, 0.1%)

1 てくれ, ては下さらん

▼ 圓轉自在~ (2, 0.1%)

1 ならず, の舌

▼ 圓道様爲右衞門様~ (2, 0.1%)

1 から五重塔, の御

▼ 圓道爲右衞門~ (2, 0.1%)

1 に此, 折角僅

▼ 圓野比~ (2, 0.1%)

1 賣の, 賣慚

▼ 圓錘形~ (2, 0.1%)

1 に近い, の小山

▼ 圓馬一家~ (2, 0.1%)

1 との確執, の態度

▼1* [461件]

あつた私共, 圓あづかつたのでさ, 圓いか話し合つて, 圓いところと前, 圓い島だ, 圓い澄んだ月が, 圓および米國製食料品を, 圓かりし一圓五拾錢は, 圓がん送つて, 圓きづきあげるよりも百萬圓, 圓くし乍ら内懷を探, 圓くするのみ, 圓くその底十, 圓くつみ上げ根元, 圓くめぐれる二の, 圓くもして, 圓くれとかでなかつたら, 圓く厚ぽつたい, 圓く振り上げた刀は, 圓く赤い卵が, 圓ぐらゐで賣買, 圓ぐらゐな借家ずま, 圓ぐらゐの利を見, 圓ぐらゐは入れないと, 圓こい鳥が, 圓こんな馬鹿な, 圓さんだつてお, 圓しかも口づか, 圓する去年と, 圓そこそこしか殘つて, 圓それがどうしても, 圓それから最後に, 圓それで僕は, 圓たらずの金, 圓だけが六十億圓の, 圓だけは出すと, 圓だけを渡すから, 圓ちかい金がまと, 圓ぢかくなつて, 圓つかまして歸, 圓つこい岡が, 圓つて權利金がいる, 圓づついただいてずゐぶん, 圓づつだしていづれヨーロッパ, 圓づつとしたつてそりや, 圓づつ與へて死ぬ, 圓づゝでいくらでも搜, 圓づゝ着物の代, 圓でのい二階, 圓で無く十圓でも, 圓とかいふ金額らしい, 圓とかくよく結び合へる, 圓とかで太政官から, 圓としても五百億圓という, 圓とり出して御用, 圓どもしかあり, 圓どりの會社員, 圓ないとその, 圓などといふ馬は, 圓などの布教が, 圓などは問題の, 圓なにがしかあつ, 圓なにがしの値, 圓なら何千圓の, 圓なら賣るといふ, 圓なりし品にて, 圓なりといふ, 圓にしか通用しない, 圓にてはその定住, 圓にとり圍んで, 圓のてそんな相場, 圓のみ相続す, 圓はかかつたらしい, 圓ばかりとなつた, 圓ほうり出してやる, 圓ほどの借金を, 圓ほどを失つて百圓ほどの, 圓ちやの, 圓また別口貳萬圓を, 圓または囘轉, 圓みとうるほひと, 圓め首を外套, 圓もらふより上林さん, 圓ゆで釜並びに, 圓よこせの電報, 圓よりか千萬圓の, 圓よりもまだ遙, 圓かに, 圓ら赤目を我, 圓やかに馬手, 圓タクのがいひました, 圓ダッタラ日本ヘ持ッテ来レバ倍以上ニナルデショウ, 圓こく太つて, 圓ヅヽなり, 圓テブルの上, 圓テーブルを挿, 圓テーブル二三脚の肱掛椅子, 圓トシテ小地主ト小作人トノ存立, 圓ハソノ金ノ一部ナノデアル, 圓パ飮んだかつ, 圓フノリ並びにギンナン草二三十圓, 圓フノリ並にギンナン草二三十圓, 圓ホド助ケテモラエマイカ, 圓一ヶ年の釀造高六千石, 圓一三河を過, 圓一年に掛けれ, 圓一流と云いたい, 圓一萬五千百圓の收入, 圓七十錢でした, 圓と増え, 圓三のち先代圓馬門に投じ, 圓三十五錢はもう, 圓三十五錢拂へと云, 圓三十萬圓と時, 圓三年辛抱すれば, 圓上つて損得なしの, 圓上人中央に坐した, 圓上人木蘭色の無垢, 圓乃至四分の一圓の, 圓九十錢でまあ, 圓九百圓と云, 圓九萬六千圓で何程, 圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 圓也やつぱり一錢を頂いた, 圓也毎月正に難, 圓也綾の友一斤五圓五十銭也, 圓二十五町歩につき四千五百圓也, 圓二十萬圓の金, 圓二十萬圓三十萬圓と時, 圓二枚できて, 圓五十圓と主人, 圓五十銭也などと達者, 圓五十錢敷金は二月分, 圓五十錢許りなさうだが, 圓五圓とお, 圓五拾錢は天利, 圓今日は三人, 圓以下一圓から二十五錢甚しき, 圓伐採期間四十五箇年間一年に一萬圓づつ, 圓位法師は世, 圓位物價の比例, 圓位追加されるだらうと, 圓位集つたらうと, 圓何十錢なりさして, 圓使つて今の谷中村丈, 圓借せと言, 圓借りがある, 圓借財をし, 圓に二千九百圓掛つた, 圓元利共に償却, 圓先づ體の可, 圓光寺の長老, 圓八様ともまた, 圓六十何錢か這入, 圓六十八萬圓九萬六千圓六百五十萬圓合せて, 圓六十錢出して, 圓六千圓と云, 圓六百五十萬圓合せて, 圓其四十八萬兩も公平, 圓内外正味の利益, 圓出さなければ成らない, 圓出費するの, 圓切り搾り, 圓前借りして, 圓へて四十八萬圓, 圓助様と, 圓北海道に斯, 圓十五圓といふの, 圓十五錢許に當, 圓十口坊會計の任, 圓十圓ではなく, 圓十錢づゝなら九百萬圓これを癩, 圓卅錢ばかりにし, 圓半九月の末, 圓卓團の名, 圓卓武士の一人, 圓つたのだ, 圓取られるのださうだ, 圓取れる許り, 圓右のはどう, 圓右先代志ん生, 圓右君臨して, 圓右独自の演出, 圓が言っ, 圓君たちも帰る, 圓君夫妻とその, 圓呉れいうたが今, 圓呉れたさうだ, 圓周上の一點, 圓喬圓太郎圓橋圓馬の門人たち, 圓四五十錢で賣り, 圓四十五錢との貼, 圓四千圓一萬五千百圓の收入, 圓した柔, 圓均一の自動車, 圓城寺さんのこと, 圓城寺天山氏は開戰論者, 圓堂北圓堂境内に今, 圓堂境内に今, 圓堂奉納の武器數, 圓塔下より人, 圓外套二千五百圓と云, 圓多く餘分の, 圓天蓋よりも大きい, 圓太さんあのお, 圓太そこの硯箱, 圓太って, 圓太のての席, 圓太めっかちの圓, 圓太今夜は, 圓太右足を踏み滑らした, 圓太圓生門にある, 圓太宛てにだ, 圓太師匠を真打様, 圓太弟子にした, 圓太恋の心理, 圓太日夜を儚みだした, 圓太様と自分, 圓太真打にし, 圓太真打昇進の話, 圓太節とさえいわれ, 圓太郎さんお前さん春のお, 圓太郎はん上機嫌当たり前や, 圓太郎器用にこしらえられ, 圓太郎圓橋圓馬の門人たち, 圓太郎師匠その人, 圓太郎私アお前に昨日越中島, 圓太郎襲名に相応しい, 圓太郎顔いろを, 圓太郎首を振っ, 圓女房が女中, 圓如何に無能, 圓妙達比丘尼天明七年丁未八月十一日, 圓守るのが, 圓完全に整, 圓宛修繕費が必要, 圓宛徳をし, 圓宛殘して, 圓宛食料を入れる, 圓宜しいです, 圓して, 圓寺邊を走つ, 圓のなか, 圓居士である, 圓山天狗手稻の諸山, 圓山川下流は豐岡川, 圓山應擧の畫, 圓山村同琴仙村, 圓の他, 圓差上げることは, 圓年々十萬圓の費用, 圓高く張り, 圓引出し得べき筈, 圓の損失, 圓強經濟状態や通用價値, 圓形廣場のなか, 圓形橢圓形瓢形等にて一つ, 圓御立換へ願, 圓恩人に背ける, 圓懷中に入れた, 圓或は幾百圓と, 圓の野太刀, 圓拂つて買取つたら自分, 圓持參す, 圓掛けたが效能, 圓掛けなければ安心, 圓掛けましたら宜しい年々二萬圓, 圓掛けると雖, 圓掛つた尤も埼玉縣, 圓掛つて居るそれで, 圓損するとごつう, 圓支出する此金額, 圓文藝春秋から五拾圓, 圓會計の名人, 圓もまた, 圓朝いつになく, 圓朝さんいま考えて, 圓朝さんお前生涯にいっぺん, 圓朝さんみたいな立派, 圓朝さん大事な話, 圓朝それっきり何もいわなくなっ, 圓朝たちは中, 圓朝のは特別, 圓朝はさまで苦しまず, 圓朝ばりであるから, 圓朝イソイソと迎えた, 圓朝ジーッと高座, 圓朝ノホホンとさ, 圓朝ーっ, 圓朝一人を出演, 圓朝三十歳の初夏, 圓朝三十歳明治御一新に際会, 圓朝主従は入っ, 圓朝二十一歳の作品, 圓朝二十九の夏, 圓朝二十六歳の夏, 圓朝二十四歳の秋, 圓朝今尚自分, 圓朝像は上野鈴本演芸場喫煙室内, 圓朝全作中でのかなり, 圓朝全集のにはこの, 圓朝取り立ての師匠, 圓朝叟に耻ざらめ, 圓朝小糸をたしなめた, 圓朝左官の長兵衛, 圓朝師匠は私, 圓朝年忘れのお, 圓朝涙のでる, 圓朝燕枝と並び称された, 圓朝片っ端から気前, 圓朝狂えりといい触らした, 圓朝直門の今, 圓朝稀に見る, 圓朝系の人情噺, 圓朝自身鳴物や道具, 圓朝親子いっしょに今度, 圓朝速記本に拠る, 圓朝門に入り, 圓札五枚をお, 圓束一つ持ち來, 圓楯かざし大音に, 圓楽小山三小はん, 圓橋圓馬の門人たち, 圓橘圓馬しん生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 圓次さんが死ん, 圓次郎さんが養子, 圓可楽, 圓止まりといふやう, 圓此外まだ埼玉縣, 圓法親王のは別派, 圓法親王其人の書風, 圓といふ者, 圓と號, 圓といふ僧侶, 圓溜めたあたしの, 圓滿主義を以つて男爵, 圓滿具足した貴い, 圓滿富貴望むが, 圓滿寺ですが, 圓滿無事を樂しん, 圓滿自己の理想境, 圓火鉢を挿, 圓照幢その妻, 圓照幢等の老, 圓の遺骸, 圓とて唐辛子, 圓珍十兵衞が家, 圓生さんはとんだ, 圓生はじめ三遊派の主立った, 圓生別懇の者, 圓生圓朝親子いっしょに今度, 圓生圓橘圓馬しん生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 圓生圓遊圓喬圓太郎圓橋圓馬の門人たち, 圓生当代文治が睦会, 圓生文楽の二枚看板, 圓生生写しの建築, 圓生門にある, 圓生門人音曲をよくす, 圓生高座で使い, 圓男五人女十人の出面賃, 圓發行後物價依然として低落, 圓百圓の家賃, 圓百萬圓が千萬圓, 圓みそれ, 圓盤上に, 圓盤長鎗投げ飛ばし或は, 圓は氣滿, 圓盾打ち目がけ, 圓花待月思依然, 圓硬貨ばかりで, 圓が百圓, 圓程しかなかつたといふ, 圓種々の飾文, 圓空鑵並びにハンダ, 圓窓コトリと開い, 圓筒状の黒い, 圓箱代並びに荷造り費, 圓經濟力は五千萬圓, 圓維持費の三萬圓, 圓翁のは時間的, 圓翁一人では, 圓翁以外の千代造氏, 圓翁崇拝家であったが, 圓翁旧宅庭前に於, 圓翁肉筆の歌集, 圓翁門下一統の名物, 圓附け, 圓舞曲は遠く, 圓舞臺にし, 圓船津まで十五圓, 圓葉楊の繁み, 圓よ塔, 圓蔵のも聴いた, 圓融無礙の妙諦, 圓融相即の法門, 圓蟲類の中, 圓要ると云, 圓をめぐらし, 圓覺經を僞經, 圓負けてくれた, 圓貰つたが實, 圓貰つて居ると, 圓貳千圓および米國製食料品, 圓ひ眠, 圓貸せちうて來たん, 圓賭けたら下へ, 圓を描い, 圓迄に負けて, 圓近づきたるとき作譜者これにて, 圓追加された, 圓つて貰へ, 圓送つてよこした, 圓の道, 圓通用以來肴屋八百屋店を閉ぢ人皆, 圓遊すててこ談志の釜, 圓遊今の桂文楽君, 圓遊圓喬圓太郎圓橋圓馬の門人たち, 圓運動の如き, 圓道はじめ一山の僧徒, 圓道右に爲右衞門左, 圓道爲右衞門二人が計ら, 圓道言葉おごそかに此度建立, 圓違ひではある, 圓邦人百圓内外の相場, 圓あつた, 圓鋸機帶形鋸機のほとり, 圓錐丘も沼畔, 圓錐型とでも云, 圓錐曲線を描く, 圓鐵板投ぐる男の像等, 圓鑑国師が選んだ, 圓鑑池の中島, 圓門下に似合わない, 圓限度時代に朝, 圓隆寺燒亡于時有此災, 圓隣云々の歌, 圓集めてそれ, 圓のめぐり, 圓の黒鬼, 圓頂けるでせう, 圓頂戴するより, 圓頂緇衣の法體, 圓の花, 圓頓最上乘の禪, 圓の姿, 圓餘朝鮮及臺灣等の分, 圓馬しん生龍生馬生文楽馬石馬六馬黒馬道馬龍馬猿馬丈馬之助, 圓馬三木助春團治染丸音曲噺の圓太郎, 圓馬丸写しにし, 圓馬今の春團治, 圓馬写しに腐心, 圓馬夫人斡旋の家庭, 圓馬夫婦の見立て, 圓馬好みの意気, 圓馬師匠へ無条件, 圓馬盲拝の結果, 圓馬系の噺, 圓馬門に投じ, 圓高いな, 圓髷ゆひ一人, 圓鮭鱒の方