青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「国民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

固く~ 固定~ 固有~ ~国 国~ 国内~ 国境~ ~国家 国家~ ~国民
国民~
国際~ ~國 國~ 圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~ ~土 土~

「国民~」 6623, 72ppm, 1577位

▼ 国民~ (1865, 28.2%)

25 一人として 21 間に 20 大多数, 生活を 14 ために 12 中に 11 富, 生活の 10 一人一人が 8 上に, 友 7 多数が 6 中で, 前に, 大部分, 心を, 生活に, 精神の 5 うちの, 人口の, 為に, 特質なりと, 生活水準を, 総力を, 輿望を

4 [20件] すべてに, すべては, 一人, 富の, 幸福の, 幸福を, 思想を, 意志を, 注目を, 生活が, 生活は, 真の, 神話に, 精神は, 義務として, 胸に, 能力を, 要求を, 負担を, 頭の

3 [40件] うちに, すべてが, ための, 一人一人は, 一部に, 中から, 中には, 中にも, 中の, 人間としての, 元気の, 元気を, 具体的な, 内部に, 利害を, 力を, 名で, 名において, 品位を, 多数は, 心の, 思想と, 怨嗟の, 感情に, 文化の, 文学と, 日々の, 日常生活の, 最大多数の, 歴史に, 気風を, 理想を, 眼に, 義務である, 臍を, 覚悟と, 記憶に, 負担が, 身辺に, 間には

2 [116件] あいだに, すべてを, それぞれの, ためにのみ, ためにも, なかに, ものである, イノチの, 一人一人の, 一員と, 一員として, 一部が, 上には, 不幸は, 九割強は, 事情に, 仏語は, 代表である, 代表者としては, 信を, 信仰の, 信任を, 信頼を, 偏見私情迷想に, 側から, 内に, 前で, 力であります, 力は, 勤労が, 勤労を, 口から, 名に, 品位といふ, 品性道徳を, 嚮導者には, 国民たる, 基本的な, 士気は, 声が, 多数に, 宗教と, 実生活から, 尊敬を, 希望に, 常識からも, 常識で, 常識と, 底力であり, 後援が, 心が, 心は, 心理に, 思うところ, 思想が, 思想に, 思想の, 思想感情を, 性情の, 性格に, 意気は, 意見の, 感情を, 手の, 方は, 最高の, 有つ, 期待に, 楽天性は, 権利, 気風に, 特質と, 狂気の, 理想と, 理想に, 理解し, 生命を, 生活から, 生活と, 生活とは, 生活には, 生活も, 目的は, 真実の, 瞻仰する, 矜り, 精神を, 精神的能力が, 統一を, 総意に, 美質を, 美質をのみ, 義務を, 考えて, 耳に, 職分を, 能率を, 膏血を, 自由な, 自由を, 良心が, 芸術を, 血と, 血液に, 要求と, 記憶より, 記憶を, 責を, 資本または, 輿論を, 進歩を, 運命を, 道義頽廃せりという, 醜処, 間にのみ, 頭を

1 [1195件 抜粋] あいだから, あいだにのみ, あまねくこれ, あらゆる活動, あらゆる階級, いかなる個人, うちでは, うちにはは, おちつき, かなりの, ことごとくが, ことなんて, この告白, この際解決, これら災害に関する, そしてまた国民, それに, ためだ, ためにという, だれもが, なかには, なすべき行為, ひとりひとりが, まねを, みんなが, もつ文学, ものであり, ゆるぎなき, より深い, われわれの, イノチが, エネルギーを, コンモンセンスが, ホントの, ロシア語は, 一つの, 一人としての, 一人一人としての, 一半に, 一大家族性を, 一致協力ほど, 一致団結は, 一般的な, 一部かと, 一部の, 一部はか, 一階層であり, 三大, 上層に, 上層部まで, 下層に対して, 下層階級まで, 不安が, 不幸を, 不易の, 与り知る所, 世界中最, 世論に, 中堅たる, 中枢生活の, 主食を, 之までの, 二三百万の, 人命や, 人文に, 人文をば, 人気を, 他国民, 代表とともに, 代表的な, 代表者たる, 代表者と, 代表者としての, 任務には, 伝承に, 伝統の, 住家に, 体位の, 体力は, 体質改善の, 何れか, 使命に, 保有する, 信仰や, 信仰力に, 信念と, 信望を, 信義に, 偉大であった, 健康が, 健康な, 健康は, 健康問題にも, 儀も, 元気, 元気充溢し, 先導者らは, 全体に, 全力傾注に, 全躰, 全階層, 公式儀礼は, 共鳴を, 具眼者義人に対して, 内部律動が, 再組織, 凡てに, 利害国家の, 利益の, 利益を, 剰余生産物に, 創造的欲求乃至, 力と, 力に, 動乱を, 勢力に, 勤労ぶりに対して, 協力が, 協同によ, 南洋起原説, 友と, 友や, 反省を, 古史神話は, 各社を, 同胞愛の, 名により, 名を, 名代にて, 名誉の, 向ふべき, 味方, 味方だって, 味方と, 和と, 品性に, 品格を, 商業が, 四個の, 困苦や, 国内政策に関する, 国家に対する, 国家意識を, 地に, 基本的人権と, 場合に, 士気に, 士気の, 声は, 多くが, 多数には, 多数も, 夢を, 大勢を, 大導師, 大恩人, 大部は, 大闘牛士, 天地開闢神話に, 天地開闢説としては, 天地開闢説をば, 太古より, 女性観と, 好奇心を, 如きも, 如き場合, 姿として, 姿や, 宇宙創造に関する, 宇宙観中の, 完全に, 宗教的情操は, 実情に, 実生活によって, 実際生活, 家庭生活や, 富に関する, 富強を, 対政府所信も, 専有に, 将来の, 尊崇深き, 尤も悲しむべき, 崇拝的記念建築が, 常識である, 常食が, 平常が, 幸福は, 底力を, 当然抱い, 形体は, 往々ドイツ国民, 後援に対し, 得べきもの, 心もちは, 心構へとか, 心理とが, 心理的及び, 心裏に, 必要である, 忍耐は, 志向する, 念力と, 思想とは, 思想界に, 思考力が, 性情とに, 性格の, 性格皆この, 怨を, 恥辱と, 悠久知るべから, 惨状は, 想像力を, 意志や, 意思表示を, 意気と, 意気宣揚の, 意見という, 意識と, 意識中より, 愛国心の, 愛情に, 感情, 感情は, 感謝は, 慢性の, 成長力を, 或る, 戦争活動に対する, 戦意を, 所得に, 手で, 批判や, 持って, 指導は, 指導者が, 指導者を, 挙国一致に, 支体であっ, 改題で, 政府に従うは, 政治常識を, 政治意識が, 政治的智識の, 救済に, 教化には, 教育である, 教育より, 教養として, 教養節度が, 整理癖に, 敵と, 文化と, 文化は, 文化常識からの, 文化生活の, 文化的教養の, 文化程度を, 文化能力といふ, 文学が, 文学である, 文学は, 文学的製作は, 新しい偉大さ, 新たな, 方で, 方へ, 日常倫理の, 日常生活から, 時代常識であった, 景気の, 智徳の, 智識の, 書棚として, 最も高い, 最大関心事であります, 有つもう, 服装としての, 期待通りでは, 未だ見ざる, 本心を, 本色を, 某大国, 栄養不良なる, 概念を以て, 模範と, 権利の, 機嫌を, 歓喜何ものか, 正直な, 歴史から, 歴史は, 死は, 比較上の, 民主的平和的国家建設の, 民族魂といった, 気力が, 気持を, 気質品性を, 気風も, 決心を, 法を, 活動には, 流言浮説からでも, 消長に関する, 深い力, 潜在的世論をでも, 為め, 烈しき情緒生活, 熟練と, 熱烈な, 父たるよりは, 物腰態度ぐらゐ正確で, 物質生活には, 特性に, 特有の, 特質が, 特質文明の, 犯せし凡, 独特な, 独立は, 現在の, 現実の, 現実的幸福を, 生い立ちを, 生れ育つた時代, 生命としては, 生命の, 生命財産は, 生気は, 生活といふ, 生活や, 生活利益の, 生活力を, 生活安定の, 生活情調に, 生活権を, 生活諸々相を, 生産的建設的企図心を, 産物と, 病を, 癖に, 皆さんどうぞしっかり, 皇室に対する, 目から, 相互の, 真似を, 真情日本を, 眼から, 矜りで, 知性と, 知識が, 知識資産の, 研究心が, 示した態度, 社会的国家説にも, 祈願は, 祖国を, 神話が, 神話は, 神話学に, 神話的詩篇の, 福利を, 私に, 私権を, 称を, 税金で, 突然異変, 窮乏や, 立場に, 競争諸, 精力は, 精神が, 精神力は, 精神生活に, 精神的怠惰と, 精神的生命に, 精神的産物たる, 精神的畸形を, 精粋とでも, 純粋なる, 経済が, 結びつきの, 統一が, 統一なる, 続くあいだ, 緊張節約等は, 総力と, 総意か, 総意を, 総親和, 繁殖力から, 美を, 美質なりと, 義務だ, 義務であり, 習癖とも, 翼賛運動に対して, 耐久的修養の, 耳朶を, 耳目一に, 職業が, 職能といふ, 肩に, 胸は, 胸裡に, 脳裡に, 腹の中を, 臍であり, 自主的創造力が, 自己支配とか, 自然宗教と, 自然純朴なる, 自由に, 自発的な, 自発的要求に, 自覚と, 自覚の, 自負即ち, 至情に対し, 芸術と, 芸術教育殊に, 芸術的至宝を, 苦しむあるも, 蒙を, 血液の, 血税が, 血管を, 血脈中に, 行為によりて, 衛生状挙が, 衣服の, 表現でなかった, 被造者, 要望する, 要求は, 規定は, 覚悟とか, 覚悟の, 観念である, 言語としては, 言語には, 訓練を, 記憶する, 試練の, 詩的産出物伝播の, 誇りと, 誓ひでなけれ, 誰もが, 負担の, 財貨が, 責任といった, 資本は, 資格が, 賛否は, 賞讃を, 購買力が, 趣味も, 趨向に, 足並を, 身体の, 身分が, 輿論に, 輿論の, 農業部分の, 通有性を, 造物者たらずん, 進歩的な, 遊惰を, 運命に, 道といふ, 道徳に, 道徳を以て, 道徳的感受性に対して, 道徳的風儀の, 道念が, 道義は, 選んだ人たち, 選良である, 野蛮性が, 長所を, 間で, 間もしくは, 関心事と, 阿片である, 霊場として, 非常時的覚悟を, 面よごし, 音楽にも, 頗る寒心, 頭が, 頭上を, 顔が, 顧問であり, 風俗は, 食うだけの, 養成を, 骨骼を, 魂が

▼ 国民~ (535, 8.1%)

11 ない 5 いない 4 それを 3 他の, 常にその, 戦争を

2 [32件] お互い様という, それについて, だまされて, ないであろう, ないの, ないやう, なにを, もつと, ガッカリする, 一致協力し, 他に, 何か, 又概ね, 唯だ, 国民の, 国民同志対立し, 少しも, 役人に, 必ずしも恐縮, 必然的に, 挙げて, 政府の, 数年の, 明日の, 法の, 泣いて, 総て勤労の, 貴方が, 軍部に, 非常な, 非常に, 頭に

1 [442件] あと一時間半を, あまりあづからなかつた, あらゆる困苦, あらゆる点, あらゆる犠牲, ありがたい, ある期間国家, いかなること, いさ, いざ裁判所, いずれも, いつたい国家, いつまでも, いは, いやという, うかうかし, えらいです, おそらくその, おのおの自己, かえって益々堕落, かかる一時的利益, かかる際, かくあらね, かくの, かなり統制, かの貧, きっと沸きあがるでしょう, こうした種類, ことごとく天孫民族, このわが帝国, この事実, この命令, この問題, この惨状, この政界, この時局, この点, この精神, この見識, この頃馬鹿, この館, これとは, これほど, これまで, これよりも, これを, こんなに物質的, こんなプロパガンダ, さういふ訓育, すべて個人または, すべて意気地なし, すべて研学の, そういう外来, そういう知識, そこに, そこまで, その一国民たる, その下劣, その人口増加, その国家的理想, その国民各自, その掛声, その支族, その敗戦, その日, その有する, その本国英, その現状, その癖, その緊張, その緯, その肉, その観念, その言, その言葉, その豊か, その貨幣, その都度, その風俗, それぞれかぎを, それだけの, それだけ宗教心, それによ, それに関する, それらの, それ自らに, た, ただ一人, ただ悲しみ, ただ文句, ただ自己, ただ途方, たぶん原爆, だんだん立身, ちつとも, つまりその, とくと知つて, どうすれ, どうなる, どうも論理性, どう思つて, どこかで, どこかに, どんなに感謝, ないで, ないと, ない日本人, なおその, なくしたがって, なく互に, なにもかも政府, なるほど, なる程官憲的, はたしてどれ, ひたすら希つて, ひたすら戦場, ひとりのこらずルゾン号, ほとんど巡査, まだ暢気, まだ迷っ, みずから考えん, みなその, みなひとしく, みな国語を, みな自然に, もがいて, もっと, もっと冷静, やっと水平面, より多数, より弱き, より貧しい, わたしの, ウカウカし, ウッカリし, シナ政府に, チベットの, ハンカチの, フランス人と, プロシヤに対して, ボヤボヤし, ヨーロッパの, 一つの, 一体どの, 一層英領インド, 一度の, 一所懸命には, 一時も, 一致団結熱烈なる, 一面に, 万事に, 不安に, 不幸な, 不思議に, 世界の, 之によって, 之れ, 之を以て, 争って, 二つの, 京都市の, 人間に, 今しばらく, 今は, 今までの, 今や役人, 今や目ざめ, 今や目ざめた, 今何故, 今日ちょうど, 今日尚, 今真剣に, 今祖国の, 仏教を, 付和雷同の, 体格が, 体躯においても, 何が, 何と, 何という, 何よりも, 何らの, 何れも, 何を, 何時でも, 個々の, 個人または, 倒れかけの, 候補者の, 借家から, 働く権利, 元来宗教を, 元来極端, 先ずない, 党中央に, 全くその, 全く不合理, 全く世界無類, 全体から, 全体として, 全体としては, 其が, 再び繁栄, 凡て軍人に, 函館罹災民の, 前線躍進の, 勇敢に, 勢いの, 勿論守っ, 卑野なる, 南洋群島より, 単なる壮丁, 単なる論理, 占領下に, 即物的, 却て, 古来多く, 可能的に, 各々歴史的地理的環境, 各氏の, 同一種族, 同胞の, 向うところ, 否むこと, 喜悦し, 嘘つきに, 四六時中非常時局下に, 国内で, 国家の, 国民だ, 国民的クラシツクの, 国民負担の, 均しくこれ平和, 塗炭の, 増税や, 外に, 夙に早く, 多くの, 多分の, 多分正しく, 大いに哀悼, 大なる, 大国民, 大字典, 大政を, 大統領の, 大陸の, 奮ひ立ちます, 如何さまにか, 始めて, 始めて各国, 始終冷静, 官僚政治や, 実によく吸収, 実に仏教, 実に鈍感, 実はこの, 実はヨーロッパ, 実際上考古学者, 実際的, 家系の, 容易に, 富者の, 寧ろ侯, 対外思想を, 小なる, 少い, 尚其伝承中, 尚武任侠の, 尤も多く, 常にかの, 常に其精神, 常に其耳, 常に活動, 常住不断に, 平和の, 平時よりも, 幼な, 建国二千六百年の, 当然その, 当路責任者の, 当面の, 彼が, 彼とともに, 彼らにたいして, 彼れ, 彼を, 彼等の, 復活し, 心身ともに, 必ずや拠るべき, 必ず政府, 必らず, 忠孝義勇を, 快活楽天の, 怠惰や, 急速に, 恐れか, 恵王陵の, 悉く皆, 感激の, 愧死し, 慢心する, 憲法政治を, 我が記紀, 我が邦, 我慢が, 戦, 戦争以来一般に, 所得倍増の, 所謂, 所謂挙国内閣の, 批判する, 抱くであらう, 支那で, 政府が, 政府と, 政治が, 敗れた結果, 敗北する, 文化動員, 文化外交の, 文化的に, 文学と, 斉しく起つ, 斯く一途, 斯る, 新しく冷酷, 既に挙っ, 既に政治上, 既に衰滅, 日々の, 日夜に, 日本の, 明かに, 昔から, 是が, 是非共羅馬人に, 時代の, 普通の, 更に某, 最も国家, 最も道義的情緒, 有頂天だ, 本来日本国民らしい, 本能的に, 来る四月二十日, 来年の, 東洋にも, 東洋の, 枕を, 果して真に快活楽天, 某大国, 極端に, 欣然それぞれ, 欧州の, 此種の, 此雪を, 武装し, 死んだの, 死滅し, 殊に青年, 毎年その, 毎日二頁の, 民主国家の, 民藝の, 永久に, 永遠の, 決してこの, 決してヒポクリット, 決して喜ばないであろう, 決して幸福, 法律の, 法律師の, 流言浮説的お喋り屋だった, 測ること, 激昂し, 無論政治, 特に謙譲, 特色を, 理想上の, 理論的首尾一貫と, 甚だしく之, 生きたる神, 生きてるの, 生活と, 生活の, 疑いはじめたみずから, 白鼠を, 皆兵隊さんだ, 皆国家社会の, 皆知らぬ, 皇室に対して, 皇室を, 益々昂奮, 盲従し, 相互に, 相次いで, 知つてゐなけれ, 立ちどころにそうする, 立ちどころに呼吸, 立身せしむ, 粛然として, 納得し, 納得する, 総理大臣の, 罪人の, 老若を, 耳を, 自ら力ある, 自ら武器を, 自分たちの, 自分達の, 自国が, 自然に, 自由である, 自身の, 至仁至慈の, 英語に, 襲われたしかし, 見究めねば, 親子の, 認識し, 誰が, 誰の, 誰も, 貧しくなる, 貿易相手国の, 起って, 軍人である, 近来冷血動物の, 進むべき目標, 遂に, 遠からずし, 選ぶこと, 閣下に, 静穏なる, 須からく, 頑として之, 馬鹿な, 高い地歩, 高尚なる

▼ 国民~ (303, 4.6%)

3 一致し, 如何に, 自分の 2 それを, 二千年来この, 十分に, 当時君主を, 悉くこの

1 [284件] あって, あらゆる文明, あらゆる時代, ある, あるでせうか, あると, あるならば, ある年期, ある現象, ある装置, ある限り, いかに器用, いかに急速, いただきうること, いまは, いよいよ小, いろいろな, お嫌い, お待ちし, かくの, かれの, このうえ, この人, この地球上, この大, この如く, この惨禍, この間まで, これからの, これに, これら二つの, さういふ風, さう思ふ以上, すべての, そういうこと, そういう意見, そうだ, そう思っ, そこで, その人口, その実現, その意思表示, その懐, その日々, その生命, その社会的職業, その結果, その職分, その覚悟, その責, そんなこと, ただ概念的, ついて行くといふ, つくったもの, どういうもの, どこであろう, なして, なんの, ひとしく同じ, へんな, まだ具体的, まだ現代国家, みな一様に, めいめいの, もっともの, もっと多く, やり出しても, ようやくその, より多く, ゐないわけ, ゐる筈, ポツダム宣言に, ラジオを以て, ローマ法王の, 一人残らず, 一倍と, 一千万の, 一宿場に, 一方に, 一日を, 一致団結を, 一般に, 三十三カ条の, 不幸な, 不忠の, 之で, 之に, 之を, 乗り切りこの, 乱暴を, 二倍と, 亡国の, 人心を, 今イチガン, 今日において, 今日国家の, 今日求める償いである, 他に, 他の, 他国民, 何らの, 何人かいた, 何年かの, 俄然異種, 偽善者と, 僅かに, 先天的特質なりと, 先生に, 全体で, 八釜しい, 出て, 切望し, 初めて経験, 勇気ある, 卑怯だった, 協力し, 単に穀物, 反省し, 古より, 各, 同じ国民, 同時に出来た, 和合し, 唯一の, 喜ぶ文学, 困る, 国に, 国家の, 国民として, 国王に対する, 国語に, 堅く信頼, 堪へ得られるか, 報国の, 壮健で, 外国の, 外敵に, 多くあった, 多くその, 大いに思慮, 大小二つの, 奢侈贅沢の, 奨励金を, 好戦的に, 学校教育に, 安保条約に対して, 実に汚穢, 少しでも, 尚穴居, 尤も感謝すべき, 尤も進歩したる, 居住し, 希望し, 帰還し, 平均程度の, 平年度, 引き廻されて, 強ひ, 当初の, 彼の, 心配する, 思想上に, 怠惰で, 急に, 急速に, 悪魔の, 意気沮喪し, 慢心し, 戦争の, 戦勝に, 戦火に, 所有する, 打ち負かした民族, 承知しない, 投票する, 持つ特に, 挙つて新しい, 支持したい, 政府へ, 政治を, 敬虔の, 数多の, 文化を, 文明国の, 日常の, 日本国民だ, 早速これ, 昔から, 最近の, 有頂天に, 朝から, 本気で, 条約によって, 根気よく, 植物に, 植物に対して, 歩いて, 死んでも, 殿下の, 気がついて, 求むるところ, 求め国民自身, 汝に, 汝を, 泰西の, 海外に, 消費した, 滅亡しない, 無ければ, 無意識的に, 無用と, 焼打ちを, 熱愛する, 父祖子孫相承け, 牛肉を, 特定の, 特殊の, 生きて, 生れさ, 生活の, 生理的に, 疑いはじめたの, 発揮する, 皆んな揃っ, 皆先生, 直接に, 相互に, 知って, 知らなければ, 知りその, 祖先構わず, 神仏に対して, 神話発生以前より, 種々の, 穀物条例を, 笑う筈, 第一, 第一線決戦主義に対する, 納得できる, 結局世界の, 綜合能力を, 総て統制的に, 総体から, 繁殖し, 翼を, 考えたとき, 胸の, 自ら戦争さえ, 自ら覚る, 自分たちの, 自分等の, 自然法学的素養を, 自覚し, 苟くも精神を, 英国植民地に対して, 荒れ狂うよう, 藩閥政府の, 血を, 衰滅する, 要求する, 認識すれ, 誰も, 負うそういった, 貧乏に, 賛成した, 身命を, 軍人という, 軍人に, 輸出する, 辛抱すれ, 迷惑する, 遭遇した, 野蛮人に, 銘々バラバラに, 闘って, 陸海軍及び, 非常に, 非常時に, 音楽に, 食物と, 餓ゑるか餓ゑないかといふさかひである, 高い文化, 黙って, 鼻と

▼ 国民~ (273, 4.1%)

10 して 6 とつて 5 向って 4 向つて 3 あっては, なると, 一つの, 告ぐ, 比して 2 何の, 取りては, 心性上の, 敬意を, 普遍なる, 犠牲を, 独立の, 範を

1 [217件] あったこと, あふりたてた, あるという, いかなる影響, かえすの, かような, かわって, くらべて, この方面, さう教, さしたる反撥, してかの, すぎません, それを, つたえるため, なった, なったという, なって, なり得ない, なるといふ, なる事, のぞんだと, ひけを, ひと言の, ぶん殴られるに, むかって, もたらす結果, ゆだねられて, よき要求, よりて, グラチアは, 万朝報に, 与えた事, 与えて, 与える必要, 与えんと, 与ふるが, 与へるやう, 与へる影響, 云つ, 享受せしめね, 今の, 仮にも, 伍し, 伝えたい熱望, 伝えもって, 使い分けを, 依って, 依存した, 依頼し, 便益を, 信ぜら, 信ぜられるだけ, 信を, 倦まれたること, 備わって, 元気を, 先だって了解され, 公の, 公示された, 共通で, 共通な, 共通の, 冠らせる, 分からせないよう, 分配した, 加えそのうち, 加える傲慢, 勇武の, 参政権を, 反するの, 取っては, 号令し, 名を, 向かって, 告げる言葉, 味方し, 呼びかけさす手段, 呼びかけるといふ, 命令されました, 固より, 固唾を, 固有する, 国語ある, 基礎を, 多少の, 夢が, 大害, 奇形者や, 奨めたい, 如何に, 如実に, 存すること, 害を, 寄与する, 富んで, 審判せらる, 対せられること, 尤もと, 属目せらる, 引渡せ, 強制する, 強要する, 微笑の, 徴兵制度を, 必要な, 悟らせまして, 悦ばれざる所以, 愛されないの, 愛され人気, 愬ふと, 憲法制定の, 懺悔を, 成り果てるの, 打勝つたけれど, 接近する, 推奨する, 提案し, 支へ, 教えこんだもの, 敬愛され, 敬愛される, 文句は, 新しい時代, 於ける階級, 日本文化の, 明るい前途, 普及させ, 晴の, 書を, 最も健全, 本当の, 柩を, 様々に, 欠くべからざる, 殖産興業を, 比しても, 民主的な, 民間説話が, 気に入るもの, 流れたらそれ, 消化され, 淫逸なる, 深き反省, 瀰漫させる, 無料の, 無用の, 物も, 独自な, 理想上の, 理解せられたなら, 生活安定感を, 目か, 直ぐ伝つて, 相当活動し得る, 眉を, 真の, 知つ, 知らしむべく努力, 知らしめようかしらと, 知らしめん, 知らせねば, 知らせること, 示して, 私は, 答えるべきでは, 約束し, 納得させね, 統治される, 義務として, 耐乏を, 耐乏生活を, 聞かせよと, 聞くべきであったと, 臨まれるの, 臨むが, 至るまで, 若し道義的, 落ちて, 行きわたるべきもの, 行き渡って, 行われて, 見せて, 親しまれて, 親しまれるの, 触れは, 訪われる一物, 訴えその, 訴えまして, 評判の, 詫びよという, 話しかけて, 誇らむとする政友会, 誓は, 説き出しました, 読むこと, 課せられた最も, 謝し, 警戒を, 譲り与えた政治上, 負わすべきもの, 迷惑を, 送り神, 通する, 道徳心が, 適用し, 鉄道を, 開放せられ, 防空の, 雄大な, 難儀を, 非常な, 顔向けならない, 馴致される, 驚きの, 驚くべき大, 麻酔薬を

▼ 国民~ (259, 3.9%)

25 して 7 代表する 6 指導する 5 基礎と 4 指導し 3 挙げて, 支配する, 率ゐ, 荼毒せし, 養成する 2 代表し, 健全に, 征服した, 愛する, 毒すること, 納得させる, 統一する, 貧乏に, 造るの, 驚倒せしめた

1 [177件] かたちづくる青年, ことごとく一視同仁, さす言葉, してか, すこやかに, そのよう, その臣下, たいへんに, どうしよう, びっくりさせる, ほめ上げるきまり文句, また一入, みるに, もれなく平等, やわらかい日光, イネ国人の, 一体と, 一致せし, 不安に, 不幸に, 中心として, 亡ぼして, 他の, 代表した, 代表者として, 伸びやかに, 作らなかつたといふ, 作りあげるの, 作るといふ, 侮辱し, 侮辱した, 信じなければ, 信じ国民, 信用し, 兵籍に, 再組織, 凌ぎ得ない事, 凌辱する, 刻一刻と, 加特力教徒に, 動かした, 動かすに, 動員する, 動員せん, 勝手に, 去った後, 向上させる, 問わず何れ, 嚇して, 困らせること, 圧迫し, 堕落の, 多く殺し, 多少面, 大いに酷い, 大別する, 失い日本, 失望せしむ, 奮起せしめ, 奮起せしめる, 奴隷に, 如何に, 安寧に, 対象として, 専制せざる, 将来の, 導いて, 導きたる者, 峻拒し, 平和静穏の, 強制する, 形造るべき, 征服し, 思うての, 思う至情, 惑わして, 愕かせる, 愚に, 愚弄した, 愚弄する, 愛した君主, 愛せら, 感化せん, 憎み, 成すべき丈, 戦争に, 戦慄させる, 手なづけよう, 抹殺する, 拵えること, 指導す, 指導すべき, 指導訓練する, 挙げての, 挙つて詩化し, 捉へ, 支持する, 支配した, 故ら軽侮, 救い出すもの, 救ひ出さなけれ, 教化せ, 教育しなけれ, 教育し得るだろう, 文学の, 斯かる狭い, 最も不幸, 権力の, 欺いたもの, 欺瞞した, 清から, 満足せしめざる, 無料で, 照らしいわゆる, 煽動する, 率いて, 率ゐん, 王政から, 甘やかす側, 生じ政府, 皆殺しに, 盲目的に, 相手に, 瞞着する, 破滅させた, 私は, 移殖する, 穀物輸入の, 粉砕し, 精神的に, 組成し, 統一し得られる, 絶望に, 総動員したる, 羽育み, 聳動したる, 育てるといふ, 育成する, 自分の, 自滅から, 自滅の, 自由に, 興奮と, 苦しめてまでも, 苦しめるという, 虐げる場合, 裏切るやう, 襲い言わば, 見ずに, 見た人, 観る場合, 解放し, 解放する, 詩化せし, 認めずして, 語る, 誤ること, 説得しよう, 説明する, 読むほどの, 誰が, 起ち上らせこれ, 路頭に, 軽侮し, 軽蔑する, 辱めるよう, 迷惑がらせ, 逆上さし, 通じ凡て, 除く以外, 離れて, 青年訓練所や, 養うの, 養えば, 養成したい, 養成すべき, 駆って

▼ 国民~ (222, 3.4%)

5 というもの, の一部, を描け

2 [13件] が見える, というよう, とは何ぞ, に基づく, の上, の相違, の長所, は, もしくは理想, を描く, を言, 全分, 全躰

1 [181件] および将帥, かそれとも, から出, から説い, から遊離, か国柄, がある, がかかる, がこんな, がそのまま, がどんな, が一番率直, が今度, が出来あ, が古来存在, が唱えられ, が国家統一, が完成, が或, が日本, が最も, が生ずる, が異う, が範疇, だから, だが, であった, である, でなくては, ということ, といふもの, とかいうこと, とかいうべき, とかいうもの, とかさらに, とか国民的精神, とか民族, としてあらゆる, として古典化, とともに万代不易, とは何, とも云, とよばれる, とを攻撃, とを蹂躙, とフランス, と品位, と国情, と戦後, と歴史性, と言, と風土, ないしは文化一般, などいう, において最も, にこの, にたいして嘲り, にも困つた, にも起因, によって型, によって著しく, によるの, によるもの, に依っ, に合, に合致, に基く, に如何なる, に応, に於, に最も, に根ざす, に結びつけ, に触れ, に触れたる, に起因, に適合, に重大, に関係, のうち, のしからし, のすぐれた, のもつ, のよう, の一つ, の一弱点, の一種独得, の一膜, の中核, の会戦指導要領, の何, の全部, の古代, の問題, の圏外, の埒外, の基礎, の差, の差異, の廃絶, の弱点, の強靭さ, の形成, の形跡, の微妙さ, の悩み, の描写, の改善, の本質, の然, の特色, の特質, の現われた, の理論, の癖, の発現, の粗雑, の純真無垢, の美処, の美所, の美点, の美醜, の蔑視, の起つ, の起り, の醜, の陶冶, の隠れた, の頼り, の類似, はうらやむべきである, はこの, はこれから, はその, は一時, は何, は何かと, は決して, は皆, もしくは民族性, も国民, も民族的趣味, も決して, も起つ, や地方性, や将帥, や習慣, わが邦民族, をいくらか, をこういう, をよく, をドイツ化, を云々, を古代, を唱, を失い, を守護, を尊重, を形づくっ, を持ち, を持ち出す, を持っ, を描かざる, を描き, を描きつ, を描写, を擁護, を擺脱, を最も, を現し, を脱却, を解剖, を論ずる, を護る, を通して見た, を通過, を遠い, を陶冶, ノ堅実不撓ナルニアラザレバ, 並びに国民道徳, 即ち国民

▼ 国民生活~ (169, 2.6%)

22 の安定 8 の中 3 のなか, の実体 2 とかの如く, に根, のうち, の上, の利益, の反映, の向上, の現実, の隅々, をさして

1 [113件] から儒教的, がこの, がだ, が世界文明, が偏重, が幸福, が悪く, が生み出した, が目下, だと, という中, としての利害, との相剋関係, との精神, とは全く, と東亜, と結びつい, にとってはそれだけ, に与える, に利, に十分, に害, に対する大衆課税, に欠乏, に滋味, に結びつけ, に調和, に適応, に還元均霑, に闘牛, のあらゆる, のこの, のその, の一切, の一番偽り, の一要素, の事実, の健全, の全, の全体, の全面, の内容, の内部, の再建, の利害, の単なる, の史的唯物論的研究, の各面, の問題, の基礎, の変貌, の安定其他, の実情, の実際, の底力, の強化, の強化運動, の指導推進, の指導部長, の推進力, の文化水準, の文化的側面, の文化的表現, の文化面, の日々, の日常, の最も, の有機的組織, の根, の根本的規範, の根柢, の極度, の様式的統一, の樹, の歴史的発展, の物音, の特色, の現実全体, の理想, の発展的, の真, の破壊, の精神的栄養, の経済的, の綜合的指導訓練, の調整, の豊富化, の部門, の面, は安定, への動き, への拡大, も世界共通, を, をある, をできるだけ, をもつ, を互に, を低く貧しく, を偏重, を向上, を営み併せ, を営ん, を安定, を思ふ, を揺ぎ, を支配, を特に, を眺め, を豊か, を豊富, を高め, 新しい国民

▼ 国民全体~ (139, 2.1%)

2 [15件] がこれ, がし, がその, にある, に属すべき, の, の上, の利益, の協力, の問題, の政治, の生活, の矜, の責任, の間

1 [109件] からえらびだされた, から崇められ, がかうあらね, がこの, がそれぞれ, がそれほど, がそんなに, がた, がだまされた, がひとしく, がふかき, がオリンピツク, が一斉, が一斉平等, が俺みたい, が優秀, が協力, が大, が大政, が平等, が戦争熱, が投票権, が持つ, が日常めいめい, が決して, が浅はか, が激昂, が納得, が衆議院議員, が識, が負う, が部署, という中, としての頭, としては死亡率, としてみれ, として日本人, と言います, にこの, にとって記憶, にぴんと, にアユツイショウ, に十分, に向, に対する審判, に損失, に政治, に是非知つて, に普及, に責任, のかう, のぎり, のこと, のもの, の一人, の人口, の力, の勤務, の心, の心理, の念願, の性情, の意志, の意識, の慶福, の所持, の政治思想, の政治的代表者, の文化的無気力, の文化運動, の文学的教養, の日常履, の日常生活, の暮し, の気風, の無定見, の生活そのもの, の疑心, の福祉, の納得, の考慮, の耳朶, の自覚, の触覚, の負担, の貧乏, の趣味, の足並, の関心, の音楽的生活, の高貴, はなかなか, はもつともつと, は事実, は思ひ, までも両舌, もそれ, も亦, も過去, をこっち, をし, を一人, を代表, を十字架, を富ます, を少く, を指導, を科学教育, 特に青年

▼ 国民学校~ (116, 1.8%)

6 の先生, の子供 5 の校庭 3 の小使室, の講堂

2 [11件] の一年生, の上級生, の教室, の教師, の教科書, の校舎, の訓導, の運動場, へ通つて, を出た, を卒業

1 [71件] から大学, がすべて学業, がない, が焼け残った, が立つ, だったわね, である会場, できよう, での教育方針, では屈する, では教師, で八年, で診療, というもの, とする, となり, と改称, なんかに運んだ, にかよつて, についた, につとめ, になった, になる, にも頼まなけれ, に変え, に子供, に移った, に通っ, に通勤, のそば, の一年生たち, の一教室, の一課目, の三年, の上級児童, の優等生, の先生たち, の六年生, の前, の地下, の子供たち, の対抗リレー, の小さな, の庭, の建物, の教員室, の教壇, の教育, の牛肉屋, の物々しい, の生徒, の男生徒たち, の男生徒女生徒, の真上, の確乎, の職員室, の避難所風景, の重要性, の門, の頃, は爆破, は規模, は階上階下階段, へつとめて病夫, へ勤める, へ移っ, へ通っ, や中等学校, を出る, を知っ, を除き

▼ 国民として~ (88, 1.3%)

2 世界に, 他の, 大を, 言わねば

1 [80件] あらゆる現象, あるいは芸術家, あるまじきこと, いかなる行為, この上, この位, この日本, この祖国, その理想, それぞれの, どれだけの, なし得ること, まことに慶賀, または社会, また江戸ッ子, やはり或, われわれは, 一生この, 不甲斐なき仕儀, 世界の, 世界人としてという, 伊太利を, 何の, 何を, 依然これ, 信用を, 個々の, 全身を, 力強く正しく, 十分なる, 古今東西に, 咎めること, 国体の, 国家に対する, 国法の, 外邦に, 大きな誇り, 守らなければ, 平和デモクラシー自由に, 当然与えられた, 役立つといふ, 彼等に, 御同慶, 心に, 心の, 必要な, 忘るべからざる, 慶賀すべき, 成功せ, 政治に, 敵を, 断じて忍ぶ, 既に戦線, 日々を, 日本の, 日本国民なる, 是非とも, 有為の, 権利の, 欠く可, 民族の, 片手落な, 物を, 特にこの, 生きて, 私の, 絶対に, 考へると, 自ら許し, 自尊し, 若し需め, 蔑視する, 融合した, 行動し, 誇るに, 認められようと, 選挙権を, 鈍い者, 非常の, 頭に

▼ 国民~ (84, 1.3%)

7 国民との 2 為すなき, 言える感情

1 [73件] いい極めて, いえども, いえる藩籬, いえる高等, いっては, いはれるもの, いひ換, この制度, し臣家, する処, そうでない, なしたるもの, なし自他, なっただろう, なったの, なりその, なり大, なり敵国, なり萎縮, なり農業, なるお, なるが, なること, なるの, みえて, ロシヤの, 一体で, 世界とに, 争ひたる, 云えば, 云わなければ, 他の, 偉大なる, 優に競争, 全東亜民族, 共にある, 共和とを, 南洋民族との, 右翼犯人と, 同じよう, 同化する, 同様に, 同様眠らされ, 国土の, 国家との, 国家とは, 国民とが, 国民の, 国民国家と, 国語との, 報知に, 大差ない, 対立する, 帽子の, 役人との, 成て, 提携し, 握手せしめ, 政府との, 日本国民との, 検察当局とへ, 独伊の, 相いだい, 称するもの, 縁の, 見做, 言える事柄, 言える思想, 詩人とは, 読売いろ, 諸王国と, 軍隊之らの, 雨者の

▼ 国民としての~ (79, 1.2%)

3 権利を, 矜り 2 すべての, 意識を, 拭い得ない恥辱, 義務は, 義務を, 自覚, 自覚を, 誇りを, 長い歴史, 青年の

1 [53件] あらゆる権利義務, ほこりを, イギリスは, 一つの, 今日の, 健全な, 健康な, 働きが, 内的生活に, 十分な, 協同自治機関である, 可憐の, 名誉を, 品位を, 嗜みといふ, 存在に, 希望, 幸福を, 当然の, 心持ちは, 性能素質を, 意識の, 感懐を, 成功を, 戦備は, 日本国民の, 日本民族の, 最後の, 本質的な, 根本的教養で, 権利の, 理想を, 生活が, 生活や, 生活感情の, 真の, 真生命, 社会的功績を, 立派な, 経験は, 義務だ, 自尊心は, 自己完成といふ, 自己完成に, 自覚が, 自覚と, 良心の, 覚悟と, 読者諸君の, 課役を, 貢献は, 責任が, 質を

▼ 国民論派~ (61, 0.9%)

3 の発達, は立憲政体 2 の内, の大

1 [51件] が他, とすこぶる, とは欧化時代, とは氷炭相, と他, にあり, に対して理もと, のあえて, のため, のはじめて, の主持, の仏国圧制, の他論派, の代表, の内政旨義, の功績, の大要, の対外旨義, の日本, の本領, の欧化主義, の特色, の第, はあえて, はこの, はすでに, はその, は一国民自身, は一時, は個人, は内, は内部, は内閣, は単に, は国民, は国民的任務, は天皇, は実に, は排外的論派, は日本, は社会百般, は立憲君主政体, は第, は華族, は衆議院, または国粋論派, もまた, を叙, を吟味, を拡張, を略叙

▼ 国民~ (59, 0.9%)

3 亦た 2 そうだろう, 亦同様, 個人も

1 [50件] あるの, かかる大, これを, すくない, その覚悟, その通り富, たくさんある, ただうろうろ, つねにこれ, ねたみ恨み, また一部, また国交回復, また多少, また実によく, また彼ら, また異口同音, みな同腹だった, みんなが, もつと, アハハと, イギリス人の, ジェンナーの, 一婦多, 亦すこぶる, 亦それぞれ, 亦低から, 亦政治屋達, 亦非常, 亦高, 今は, 他国民, 共に損失, 兵士も, 内省すべきである, 半信半疑である, 張り切つて, 折々ある, 政府も, 新しい気持, 日本人に, 日本人ほど, 未だかつて到達, 栄えるから, 次に泥, 永久に, 決してあの, 現代の, 現在の, 考えて, 近き将来

▼ 国民~ (57, 0.9%)

5 なもの 2 でなければ, な特色

1 [48件] だったの, であること, という, となっ, ないかなる, なところ, ならざるもの, ならずして, ならずと, なりや, なり人種的, なる大, なる演劇, なる狭, なる芸術, なん, なナニワ節, な伝記, な作品, な作曲家, な処置, な力, な向上, な基礎, な持物, な点, な物理学, な特質, な示威運動, な祝祭, な神社, な自覚, な要素, な見解, な郷士的, な重大時機, な音楽家, にする, に固有, に見えた, の嗜好, の自慢, の長所, 大スポウツ, 大思想家, 大戦争, 新文化, 新特色

▼ 国民精神~ (55, 0.8%)

3 というもの, の作興 2 の涵養

1 [47件] があり, がある, がハッキリ, が国防精神, が如何, が発生, が稀薄, すなわち愛国心, であり即ち, というの, という特殊性, と云っ, と人格, と同様, と名, に一致, に則り, に反した, に基く, に影響, に悖る, に関する研究題目, の具体化, の内, の勉強, の哲学, の問題, の変, の廃頽, の恩沢, の昂揚, の発展様式, の研究, の開発, の陶冶, は日本的範疇, まで, や農村精神作興, を不具腐敗, を作興, を振起, を明確, を無視, を発揚, を総動員, を表象, 乃至国力

▼ 国民一般~ (49, 0.7%)

2 に就, の注意, の生活, の間

1 [41件] がその, がた, が懦弱, が殊に, が相, が知らず, といふもの, に信じ, に天皇, に学問, に学識, に守る, に家庭, に政治, に普及, に普遍的, に至る, に資産, のもの, の信用, の宗教, の心意, の愛国心, の政治教養, の決意, の特に, の独立心, の知識, の祝日, の習慣, の言葉, の頭, はこの, はその, はだれ, はまだ, はシナ, も政府, も知, を文明開化, 特に要路

▼ 国民~ (46, 0.7%)

3 の服装 2 と市民兵, に見え, の一支隊, の教育召集, の服

1 [33件] があった, がその, が防寨, たるジャン・ヴァルジャン, たる自分, であって, となっ, と下層社会, のある, のしかも, のため, の一将校, の一隊, の勇敢, の募集, の各, の四十以上, の弱, の方, の某, の正, の皮帯, の私, の縦隊, の銃, は列, は銃, までもアルゼリア歩兵, も加わっ, も市民兵, や戦列兵, らしく思われた, 第六連隊

▼ 国民~ (46, 0.7%)

5 をき 3 を着, を着た 2 にゲートル, の僧

1 [31件] がぴつたり似合, が乞食, で味, で恐らく, で風呂敷包, というもの, についても同様, にテーブル, に下駄, に喪章, に手垢, に脚絆, に黄色, のポケツト, の二人連れ, の制定, の単位, の問題, の姿, の少年, の形, の皺, の胸, の脇ポケット, の隠し, は制定, は如何, も何, も出よう, をきめたい, を考え

▼ 国民大衆~ (43, 0.6%)

2 のため, の収入, の大衆財閥, の直接, を導く

1 [33件] がそれぞれ, が事実, が反動勢力, が汗水, すなわち被, だが, とは殆ど交渉, とは違っ, と同, と無縁, と離れた, につたえた, にとっての露骨, にとっては現, に紹介, のほとんど, の一人, の不幸, の云わ, の勤労, の平和, の平均生活以上, の必然的要望, の愛国心, の政治意識, の教養, の眼, の肩, の討議, の輿論, はもはや, を組織化, を自分たち

▼ 国民文学~ (43, 0.6%)

4 の声 2 ということ, というもの, というよう, という声

1 [31件] が単一, であるかという, ではなく, という観念, という言葉, という響, という題目, といふやう, といふ概念, といふ話, として優れた, として成熟期, として立つ, と呼ばれる, と呼ぶ, と朝日文芸, なの, について様々, のあらゆる, のあり, の一変形, の伝統, の声々, の恐らく, の提唱, の翹望, はもはや, はロマンティック, もそれ, をつくれ, を創め

▼ 国民~ (37, 0.6%)

2 から内閣, ということ

1 [33件] から, からだ, から俘虜, から国民, かわからない, そうだろう, ぞ, つたのである, という概括, という観念, といふ, とは分つ, とは思ふ, とは私自身, とも博士, と尊敬, と思います, と思っ, と思ひます, と思ふ, と涙, と称せられる, と聞かされ, と西洋人, と言, と誇っ, などとしきりに, などとは夢にも, のに一旦, よ, ッ, 大切な, 沢庵を

▼ 国民たる~ (35, 0.5%)

3 義務を 2 の分限, 精神の

1 [28件] ことにおいて, の分を, の力, の名誉, の多幸, の権利, の義務, の職分, の表, の資格, ものその, ものなお, ものの, もの一日も, もの枕を, もの赤誠を以て, もの降参せざる, 個人の, 多幸を, 子供さん方皆が, 根本の, 武士と, 男女は, 知識に, 義務が, 自覚は, 資格の, 限りは

▼ 国民自身~ (31, 0.5%)

2 とが同じ

1 [29件] か少なくも, が之, が作り出し, が制定, が極度, が納得, だつたの, にし, によつて, に相談, のつくった, のもの, の不快, の主観的, の他, の代表者, の位地, の内閣, の危機, の尊厳, の平和, の自主的, の責任, の運動, はそういう, も今, も政府当局, やるべきこと, をも救う

▼ 国民である~ (30, 0.5%)

2 がその, ことを, ということ

1 [24件] かてんで, から本来哲学的, から法律, から礼, がそれ, がため, が思いつき, けれども非常, ことが, ことと, ことに, ために, といっ, と云ひたい, と伝えられた, と見出されるであろう, なぞという, のだ, ので, 上に, 今後彼女西欧の, 以上意識せず, 故に孔子, 際でも

▼ 国民~ (30, 0.5%)

232 友に 1 友の, 友文芸倶楽部等, 友新年附録中に, 友紙上に, 有り候

▼ 国民運動~ (30, 0.5%)

1 [30件] および日本, が興るだろう, だの保甲組織, であります, としてあらゆる, として取り, として採り上げ, と日米安保条約体制打破, と日米条約体制打破, などを官僚行政, なの, なるもの, にまで発展, にもまるで, によって労働組合, に力, の一環, の全貌, の提案懇談会, の枠, の社会的実践, への献身, もし, やってた, や新, をおこし, をとくに, を三原則, を展開, 第一

▼ 国民教育~ (27, 0.4%)

2 が普及, の上, を終了

1 [21件] が吟味, というもの, とか何, と政治的理想, について忌憚, に参加, の三単位, の仕上げ, の参考, の名, の基準, の意義, の方法, の根本精神, の立場, の結果, の講演, の起原, の重点, の面, を実施

▼ 国民道徳~ (26, 0.4%)

1 [26件] からいえ, から云っ, か国民的信念, というよう, とか階級道徳, として固定化, に心血, のこと, の亀鑑, の名, の基本, の宣伝教化, の教, の為め, の確乎, の精神, の脅威, の頽廃, は大昔, は理想主義, を主張, を力説, を固定, を発火点, を説かない, を論じた

▼ 国民には~ (24, 0.4%)

1 [24件] いつも貴く, さう, その民族精神, た, ただ印象, まだ早, めでたき国, もはやその, 体力的にも, 何の, 全く判らない, 全然見当, 国民の, 大権を, 容易に, 必ず栄光, 必らず, 普通である, 未だその, 杳として, 権謀術数の, 生きて, 適当でない, 黙否権

▼ 国民酒場~ (24, 0.4%)

6 の行列 3 へ行列 2 ではギャング共, に行列, の抽籤, を占領 1 が開かれた, で私, なるもの, のオヤジ, の配給品, まで駈けつけ, を西

▼ 国民との~ (23, 0.3%)

3 間に 2 交り

1 [18件] それの, 争ひでない, 争ひでは, 交渉接触は, 区別が, 双方に, 取引によって, 悲惨きわまる, 感情的融和を, 相互の, 相互扶助が, 間には, 間の, 関係とか, 関係に, 関係の, 関係は, 関係狭く

▼ 国民に対して~ (22, 0.3%)

2 はかへ

1 [20件] あまり興味, いつも親和, これを, なすべき警衛, もっと親切, 不利な, 何を, 利他を, 合法化する, 吾人は, 圧制政治を, 多少の, 彼らの, 懐く不信, 残忍非道なる, 無暗に, 甘すぎます, 芸娼妓などの, 過去に, 閣下が

▼ 国民的精神~ (22, 0.3%)

2 の発達

1 [20件] この言葉, とかいう場合, とか国民性, と言える, のいか, の変遷, の生きた, の第, は, はここ, はすでに, は世界, は今日, は直ちに, は第, または国民性, をみずから, をもっ, を回復せり, を発揮

▼ 国民皆兵~ (22, 0.3%)

4 の制度

1 [18件] であります, であり整然たる, であり決戦戦争, であるならば, である以上, である如く吾, でも兵数, で誰, なんて漢語, にかえらない, にはなり, にはなり得ない, に復帰, に還らずし, の実, の徹底, の真, を断行

▼ 国民から~ (20, 0.3%)

4 孤立し 2 委託された, 見れば

1 [12件] かの傑, その穀物, まねられる模型的, オルレアンの, 受ける尊敬, 喜ばれたとは, 引きは, 忘られ, 意外に, 欺かれること, 見て, 見直されるであろう

▼ 国民思想~ (20, 0.3%)

8 の研究 2 に影響 1 といったよう, と同化, なの, にひきずる, のエッセンス, の上, の影像, の根柢, や日本精神, を保存

▼ 国民新聞~ (20, 0.3%)

1 [20件] から若干, と合併, と東京朝日新聞, に, にこれ, にのせた, に掲げ, に見え申候茶漬, に載, に連載, の, の今朝, の俳句欄, の坂本氏, の従軍記者, の徳富蘇峰氏, の懸賞小説, の記者, の連載小説, へ出

▼ 国民文化~ (19, 0.3%)

2 の脈搏

1 [17件] といふやう, の中, の向上, の標識, の模倣性, の特質, の発揚, の発達, の粋, の素地, の表現, の豊か, の高い, を創り上げる, を卒, を形成, 新建設

▼ 国民儀礼~ (18, 0.3%)

2 と八紘一宇, のよう, の代り, や八紘一宇 1 が日本, だの服従, という天璽照妙, という奇妙奇怪, といふあの, と称する, と認められ, の蒙昧, をやっ, をやり

▼ 国民歌謡~ (17, 0.3%)

3 のよう 2 だの, にけち 1 が非常, ぐらいで対抗, ぐらいのへだたり, であらう, で流行唄, のラヂオ, は男, も育て上げ, を本当に, を頼まれた

▼ 国民としては~ (16, 0.2%)

1 [16件] ある意味, その不足, その国民性, わずかな, 一方には, 世界無類の, 亡国である, 十分腹を, 国王に対して, 大きな事業, 政治の, 日本人に対して, 極度に, 決して之, 甚だ智慧, 私の

▼ 国民固有~ (16, 0.2%)

3 の思想 2 の, のもの, の信仰 1 の啓発説, の宗教思想, の洪水説話, の特性といはん, の説話, の開闢説, の龍神信仰

▼ 国民では~ (15, 0.2%)

3 ない

1 [12件] あるが, その反対, ないか, ないかという, ないため, ないという, ないの, なかった, 到底文明人, 勿論農民, 新来の, 駄目だ

▼ 国民劇場~ (15, 0.2%)

2 のちらし

1 [13件] だけで上演, だって易々, では三月十四日, で上演, なるもの余, においても, の広告, の楽員, の総見, の総見位, は一体, は改築中, も

▼ 国民~ (15, 0.2%)

1 [15件] という感, なる大きな, にはいっ, に対する宣言, のこと, の出動, の制度, の大砲, の復興, の服, の某, の砲兵, の砲兵隊, は, へ編入

▼ 国民にとって~ (14, 0.2%)

1 [14件] いっそう危険, それ程意味, まことに喜び, 一つの, 不利である, 何を, 十万円の, 名誉ある, 最も不利, 最も苦痛, 有り難い事実, 極めて重要, 緊急かつ, 耐えがたいこと

▼ 国民にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] いかなる境遇, おのずから国民性, その抽象的知識的, なかった, まして本質的, 劣らないのに, 吾邦の, 増して, 多少の, 存すべき, 属さないで, 決して劣らぬ, 社会一般に, 話し得ないという

▼ 国民全部~ (14, 0.2%)

1 [14件] から無制限, がこれ, がこんだ, が法律, が生活水準, が議会, つまり人民, であります, に一つぐらゐづつ, に勤労, に反対, に広い, に行きたわっ, を遂に

▼ 国民的感情~ (14, 0.2%)

1 [14件] が基礎, が昂揚, などの存, に反対, に関係, の挫折, の第, はいかにも, ははじめてふたたび, は少し, を喚起, を喚醒, を嘲る, 或は国民感謝

▼ 国民とは~ (13, 0.2%)

2 日支関係に

1 [11件] なさざるなり, やはり周囲, 云はれない, 別だ, 土着の, 或る, 縁の, 認めず単に, 誠に不思議, 違うという, 隔離した

▼ 国民全般~ (13, 0.2%)

1 [13件] が万葉集, が切望, にこの, にとって重要, にまで浸, に俺達, に思考力, に研究, の奮起, の無知, の精神的栄養, の要望, の趣味

▼ 国民神話学~ (13, 0.2%)

1 [13件] が比較神話学, と比較神話学, と称し, にし, の模範, の研究, の組織, は唯, は宗教学的立脚地, は文芸科学, は比較神話学, を建説, 或は比較神話学

▼ 国民~ (13, 0.2%)

1 [13件] にその, にも遂行, に普及, に暗雲, の不平等, の兄弟相鬩的, の大, の戦争, の狭い, の親愛, の諸, の貴金属, 又は階級間

▼ 国民~ (12, 0.2%)

1 [12件] でも商売, でも最も, にあ, の一部, の国民, の多少, の少数, の最も, の有権者, の零コンマ, より抽出, 最も富める

▼ 国民的統一~ (12, 0.2%)

1 [12件] と封建割拠, と活力, の必然性, の政治的要望, の現実, の精神, への軌道, をなす, を失え, を必然化, を意味, を鼓吹

▼ 国民精神総動員~ (12, 0.2%)

1 [12件] という名, といひ, といふ言葉, とか日本的全体主義, と云っ, と称する, の圧力, の声, の大声, の生活刷新, の話, へと急激

▼ 国民~ (11, 0.2%)

2 日本人が 1 あつた, あらう, あらうと, いいの, すぐには, ね, またどんな, 私の, 観念生活は

▼ 国民に対する~ (11, 0.2%)

1 [11件] 供給と, 同情は, 告示に, 呪文的恐喝に, 声明宣言或は, 天皇の, 政府の, 日本人の, 法典編纂の, 自分の, 関係においては

▼ 国民~ (11, 0.2%)

2 民族の 1 ある民族, フランス語国民の, 兵隊の, 列国を, 日本民族が, 社会の, 社会大衆に対して, 観念の, 諸民族

▼ 国民協会~ (11, 0.2%)

1 [11件] ありき, との関係, の二十名その他, の変形, の解散, は山県侯, は既に, は純然, をも収攬, を組織, を自由党

▼ 国民よりも~ (10, 0.2%)

1 すぐれて, リアリストである, 不道徳か, 仔細に, 女子の, 寧ろ国民中, 急速に, 戦争を, 遙かに, 遥に

▼ 国民生活安定~ (10, 0.2%)

2 との関係 1 ということ, という設題自身, とかいう卒直, としてこの, の代, の代わり, の代償, も加味

▼ 国民的運動~ (10, 0.2%)

2 の首領 1 がどう, であるといふ, の大, の成果, の指導, の目的, の結果, を頑強

▼ 国民~ (9, 0.1%)

5 のである 2 のだ, んだ

▼ 国民信仰~ (9, 0.1%)

1 たる点, とす, と云い, と国民説話, なりと, の中, の発表, の直接, を喚起

▼ 国民兵ら~ (9, 0.1%)

1 が暴動, が銃, が駐屯, の弾薬盒, の武器, の銃火, はあわただしく, はその, は煙

▼ 国民多数~ (9, 0.1%)

2 の冀望, の支持 1 の信用, の幸福, の志望, の意志, の感覚

▼ 国民的性情~ (9, 0.1%)

4 を満足 3 の満足 1 に満足, の蔑視

▼ 国民的自覚~ (9, 0.1%)

1 が勃興, と歓喜, と民族的理想, と言, の勃興, の大, の大小, の現れ, を持っ

▼ 国民経済~ (9, 0.1%)

3 の計画化 1 の根本, の破壊, の破滅, は全く, は然, を新しい

▼ 国民統合~ (9, 0.1%)

7 の象徴 1 のシンボル, の完成

▼ 国民資本~ (9, 0.1%)

4 を土地 1 が啻に, が社会, の減少, は何ら, を犠牲

▼ 国民という~ (8, 0.1%)

2 ものは 1 ことは, ものも, わけで, 以上国家という, 大多数, 言葉を

▼ 国民一人一人~ (8, 0.1%)

1 が目指すべき, の, の中, の心, の眼, の至誠, の苦難, の頭

▼ 国民各自~ (8, 0.1%)

2 の胸 1 の利害, の努力, の医療費, はこの, も全身, をし

▼ 国民皆兵主義~ (8, 0.1%)

1 と混同, に呼応, の実現, の提唱, の提案, の根本思想, の理論, を極端

▼ 国民精神文化研究所~ (8, 0.1%)

1 が出来, という超, なるもの, に大いに, の出店, の感触, は確か, を設け

▼ 国民にとっては~ (7, 0.1%)

1 きわめて迷惑, どうしても納得, 依然として具体的, 少しも, 忘れること, 第二次五カ年計画, 過去の

▼ 国民みずから~ (7, 0.1%)

1 がみずから, の愛, の政治, の生活, の責任, を解放, 省みて

▼ 国民文庫~ (7, 0.1%)

1 が何冊, が届いた, が気に入りました, だの, の, の中, の原稿

▼ 国民的性格~ (7, 0.1%)

1 のなか, の異, は実に, をもった, をもつ, を作品, を反映

▼ 国民相互~ (7, 0.1%)

2 の信頼 1 の憎悪, の横, の自発的協力, の血, の間

▼ 国民議会~ (7, 0.1%)

1 からの感謝文, がギリシア, が召集, なり, に祝辞, の時, の議場

▼ 国民であった~ (6, 0.1%)

2 事を 1 から香港, がかれ, ことを, ということ

▼ 国民であり~ (6, 0.1%)

1 そのイノチ, 坐作進退ことごとく, 折角作り出した, 日本人と, 昨日の, 軍国主義と

▼ 国民なる~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 かといふこと是, が如く見る, ものが, 英人に

▼ 国民において~ (6, 0.1%)

2 最多数 1 かかる妨げ, それは, もっとも憂うべき, 現実の

▼ 国民主義~ (6, 0.1%)

1 と国際主義, と薩摩征伐, に立つ, の一環, を唱うる, を知っ

▼ 国民感情~ (6, 0.1%)

1 がたまらない, と先祖, にゃあ, に少々, のさせる, の紐帯

▼ 国民政府~ (6, 0.1%)

1 と琉球政府, に於, の勢力, の軍事施設, はこの, 乃至蒋介石政権

▼ 国民文庫刊行会~ (6, 0.1%)

31 で出版, という名著, のシリーズ

▼ 国民的政治~ (6, 0.1%)

1 とはこの, とは外, なりとこの, は全, は国民統一, を建つる

▼ 国民神話~ (6, 0.1%)

1 にし, の中, の海洋的分子, の無限, の発生発達, は国民太古

▼ 国民負担~ (6, 0.1%)

2 の均衡 1 による高給, の不, の第, はズット

▼ 国民すべて~ (5, 0.1%)

1 が負, とともに恩寵, の不幸, の心, の胸

▼ 国民そのもの~ (5, 0.1%)

2 とは全く 1 とは縁, はこれ, をさす

▼ 国民にとっても~ (5, 0.1%)

1 ある意味, どのくらい, また賢明, 人ごとでは, 自然科学乃至

▼ 国民ひとしく~ (5, 0.1%)

1 お待ち受け, この御, これを, ほっと安堵, 祝盃を

▼ 国民への~ (5, 0.1%)

1 不信である, 他民族, 任務と, 加害であり, 呼びかけといふ

▼ 国民~ (5, 0.1%)

1 何所に, 国家の, 少しく省みよ, 幼児の, 頑張れ

▼ 国民より~ (5, 0.1%)

1 人として, 優等だ, 秀でて, 賄うべしと, 重い犠牲

▼ 国民士気~ (5, 0.1%)

4 の昂揚 1 の振作

▼ 国民大会~ (5, 0.1%)

1 が開かれ, で徹底的, より, をひらい, をやる

▼ 国民~ (5, 0.1%)

1 の舞台, の見物席, は目下, は解散, を脱

▼ 国民意識~ (5, 0.1%)

2 の鼓吹 1 の最, の表現, の表面

▼ 国民所得~ (5, 0.1%)

1 と国富, の七割, の調整, をもつ, を戦前

▼ 国民楽派~ (5, 0.1%)

2 の五人組 1 に対するモスコー派, の一人, の大

▼ 国民~ (5, 0.1%)

2 農私説 1 堕落優柔淫奔に, 自分の, 血を

▼ 国民精神作興~ (5, 0.1%)

1 とか, と云っ, などというの, の為, の類

▼ 国民組織~ (5, 0.1%)

1 といふ問題, としてこれ, として整備, とは何, を行なわなけれ

▼ 国民音楽~ (5, 0.1%)

2 いまだ起らず 1 だから, とかなん, の祖

▼ 国民たる者~ (4, 0.1%)

3 は一人 1 は国政

▼ 国民といふ~ (4, 0.1%)

1 ことが, もの, ものを, 題目を以て

▼ 国民とが~ (4, 0.1%)

1 それである, もし喧嘩, 自然という, 親しく接触

▼ 国民と共に~ (4, 0.1%)

1 せられた皇室, 万世一系な, 奸譎なる, 永久であり

▼ 国民なら~ (4, 0.1%)

1 おそらく今後, この災害, そういうこと, 長くは

▼ 国民なり~ (4, 0.1%)

1 であるが, 云々, 或る, 社会なりの

▼ 国民によって~ (4, 0.1%)

1 つきあいにくい, 当然な, 決して侵略, 生産される

▼ 国民に対しても~ (4, 0.1%)

1 三十六万の, 公開し, 申し訳ない, 非常に

▼ 国民俗学~ (4, 0.1%)

1 にとっても是, のたまさか, の問題, の方法

▼ 国民~ (4, 0.1%)

1 として大成, と国民劇, の創始者レッシング, の育成

▼ 国民~ (4, 0.1%)

1 されつつ, する, せず官僚, を望み

▼ 国民~ (4, 0.1%)

1 のいろ, のいろいろ, を繙い, を見た

▼ 国民同盟会~ (4, 0.1%)

2 の行動 1 とは其の, を起し

▼ 国民常識~ (4, 0.1%)

1 とかいう怪しげ, とさえなっ, と政治的支配情況, に反する

▼ 国民心理~ (4, 0.1%)

1 に細心, のうち, の把握, への影響力

▼ 国民戦争~ (4, 0.1%)

1 でなかったから, となった, に於, を行

▼ 国民教化~ (4, 0.1%)

2 の活動 1 の基準, の規準

▼ 国民新聞社~ (4, 0.1%)

1 にいた, に勤む, へ宛て, を辞し

▼ 国民殊に~ (4, 0.1%)

1 同種同文の, 文化的教養と, 金持の, 青年を

▼ 国民的信念~ (4, 0.1%)

1 であったという, でおきかえ, というよう, を護る

▼ 国民的目的~ (4, 0.1%)

2 ではあり得ない, は供給

▼ 国民精神教育~ (4, 0.1%)

1 が注目, の戦士, の方針, も知育偏重反対

▼ 国民美術協会~ (4, 0.1%)

1 から, でやった, で大河内正敏氏, の展覧会

▼ 国民自ら~ (4, 0.1%)

2 の手 1 の決意, の責任

▼ 国民自体~ (4, 0.1%)

1 のもの, の戒飭, の欲求, は他

▼ 国民~ (4, 0.1%)

4 の資格

▼ 国民説話~ (4, 0.1%)

1 が普通, と此, の固有, の普通

▼ 国民諸君~ (4, 0.1%)

1 いな全, および全, の一大奮起, も十分沈着元気

▼ 国民軍隊~ (4, 0.1%)

2 となった 1 に帰った, を建設

▼ 国民錬成~ (4, 0.1%)

1 の具, の効果, の基礎, の正しい

▼ 国民こぞって~ (3, 0.0%)

1 この大業, 利害得失を, 文学の

▼ 国民ことごとく~ (3, 0.0%)

1 これを, 兵役に, 詩人たり

▼ 国民たち~ (3, 0.0%)

1 が大人, の一番大切, の沿道

▼ 国民だけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 だろう

▼ 国民でも~ (3, 0.0%)

1 ない, 何でも, 斯様な

▼ 国民としても~ (3, 0.0%)

1 これに対して, 何ら祖国, 自ら悪意や

▼ 国民とに~ (3, 0.0%)

1 深い愛情, 警告を, 通達する

▼ 国民とを~ (3, 0.0%)

1 つなぐ最も, 君臣という, 苦めた

▼ 国民などは~ (3, 0.0%)

1 引込んで, 引込んでを, 戦争以前には

▼ 国民なりの~ (3, 0.0%)

1 側から, 歴史によって, 英領インド政府に対する

▼ 国民にたいして~ (3, 0.0%)

1 なんらの, アメリカが, 絶対の

▼ 国民に対しては~ (3, 0.0%)

1 よってもっ, 殆ど何等の, 自らのみ

▼ 国民ほど~ (3, 0.0%)

1 この運動, 無意識に, 長生きする

▼ 国民をも~ (3, 0.0%)

1 利するもの, 彼等の, 知らなかったので

▼ 国民体位~ (3, 0.0%)

2 の向上 1 の下落

▼ 国民保健~ (3, 0.0%)

1 とくに肺結核, の担当者, 即ち病気

▼ 国民~ (3, 0.0%)

3 組織の

▼ 国民品性~ (3, 0.0%)

2 の極致 1 の特色

▼ 国民外交~ (3, 0.0%)

1 の基, の威力, の特徴

▼ 国民~ (3, 0.0%)

1 なる思想家, の思想, 部分の

▼ 国民学校五年生~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの作業能力, の上, の大吉

▼ 国民感謝~ (3, 0.0%)

3 の情

▼ 国民挙げ~ (3, 0.0%)

1 て共, て国家, て計画

▼ 国民有識階級~ (3, 0.0%)

1 からとかく, の, はなに

▼ 国民的任務~ (3, 0.0%)

1 のある, を分掌, を尽くさん

▼ 国民的信仰~ (3, 0.0%)

1 と宗教的信仰, の表れ, はこれ

▼ 国民的利潤~ (3, 0.0%)

2 の点 1 はより

▼ 国民的富~ (3, 0.0%)

2 に対する何ら 1 に関してはそれ

▼ 国民的思想~ (3, 0.0%)

1 といふ, と謂, や国民的信念

▼ 国民的政治常識~ (3, 0.0%)

1 がなぜ, とは違った, は今

▼ 国民的特性~ (3, 0.0%)

1 がある, が失われ, すなわち歴史上

▼ 国民的特立~ (3, 0.0%)

1 および内, なるもの, を必要

▼ 国民的特色~ (3, 0.0%)

1 がまるで, が弱い, というの

▼ 国民的特質~ (3, 0.0%)

1 なるもの, を描け, を描ける

▼ 国民的生活~ (3, 0.0%)

1 が個人, は本来自然的, を統一

▼ 国民的自負心~ (3, 0.0%)

1 の競争, はけっして, を要用

▼ 国民的観念~ (3, 0.0%)

1 であります, はその, は相対的

▼ 国民~ (3, 0.0%)

1 出陣の, 特攻, 耕作

▼ 国民読本~ (3, 0.0%)

2 と旧約聖書 1 の歴史教育

▼ 国民音楽家~ (3, 0.0%)

2 の一人 1 は永久

▼ 国民~ (3, 0.0%)

1 の研究資料, の課題, をつくり出し

▼ 国民おのおの~ (2, 0.0%)

1 がその, が自分たち

▼ 国民かと~ (2, 0.0%)

1 きいたならぼく, 考えて

▼ 国民その~ (2, 0.0%)

1 日その, 民族自身にとってすら

▼ 国民その道~ (2, 0.0%)

1 に迷, に迷う

▼ 国民だった~ (2, 0.0%)

1 からな, のだ

▼ 国民だって~ (2, 0.0%)

1 それを, 一つは

▼ 国民だろう~ (2, 0.0%)

1 と, とけいべつ

▼ 国民です~ (2, 0.0%)

1 からねえ, がやはり

▼ 国民でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, といわね

▼ 国民とか~ (2, 0.0%)

1 少年園とかいう, 民族とかいう

▼ 国民とかいう~ (2, 0.0%)

1 根本概念, 概念が

▼ 国民とともに~ (2, 0.0%)

1 悲しみうる真, 談りかわすべき

▼ 国民どうし~ (2, 0.0%)

1 とし, の間

▼ 国民なりという~ (2, 0.0%)

1 のは, 命題の

▼ 国民なりといふ~ (2, 0.0%)

1 定義は, 断定と

▼ 国民にたいしては~ (2, 0.0%)

1 そういう暴戻, 法律を

▼ 国民についての~ (2, 0.0%)

1 お考え, 材料が

▼ 国民にとっての~ (2, 0.0%)

1 文化的性能の, 歴史的な

▼ 国民に対し~ (2, 0.0%)

1 外は, 軍部を

▼ 国民はさ~ (2, 0.0%)

2 のみ天皇

▼ 国民みな~ (2, 0.0%)

1 が倶, その兵力富力

▼ 国民を通じて~ (2, 0.0%)

1 同時に最良, 同様なる

▼ 国民~ (2, 0.0%)

1 会議局ヲ, 養成ハ一ニ師表タル者ノ

▼ 国民一個人~ (2, 0.0%)

2 のよく

▼ 国民一同~ (2, 0.0%)

1 が所謂非常時局, とひとしく

▼ 国民一種族~ (2, 0.0%)

1 の習俗, の集合体

▼ 国民一致~ (2, 0.0%)

1 の奉戴, の実相

▼ 国民上下~ (2, 0.0%)

1 の間, 全躰

▼ 国民並びに~ (2, 0.0%)

1 四囲の, 日本が

▼ 国民中央政府~ (2, 0.0%)

2 とからの警告

▼ 国民乃至~ (2, 0.0%)

1 党員以外の, 民衆を

▼ 国民人文~ (2, 0.0%)

1 の発達史上, の進捗発達

▼ 国民代表~ (2, 0.0%)

1 が日本, に可能

▼ 国民会議~ (2, 0.0%)

1 して, を強化

▼ 国民会議派~ (2, 0.0%)

1 の一人, も危いね

▼ 国民健康~ (2, 0.0%)

1 とは少なくとも, を結論的

▼ 国民健康保険~ (2, 0.0%)

1 のモウケ, の係員

▼ 国民共同~ (2, 0.0%)

1 の事業, の祖神

▼ 国民利潤~ (2, 0.0%)

1 である, を評定

▼ 国民動員計画~ (2, 0.0%)

1 と範囲, の中

▼ 国民~ (2, 0.0%)

2 この奥の手

▼ 国民各層~ (2, 0.0%)

1 のなか, や或は

▼ 国民同士~ (2, 0.0%)

1 が相互, は互いに

▼ 国民同志対立~ (2, 0.0%)

2 しより

▼ 国民四千万同胞~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の共有

▼ 国民~ (2, 0.0%)

2 民の

▼ 国民太古~ (2, 0.0%)

1 の状態, の自然宗教

▼ 国民学校一年生~ (2, 0.0%)

1 のやう, は修学院

▼ 国民学校二年生~ (2, 0.0%)

1 が, のモトム

▼ 国民学校六年~ (2, 0.0%)

1 の卒業生, を終った

▼ 国民学校訓導~ (2, 0.0%)

1 の手紙, より

▼ 国民学術協会~ (2, 0.0%)

1 が生れました, の実質的幹部

▼ 国民家計~ (2, 0.0%)

1 が三百円, が三百円黒字

▼ 国民性理論~ (2, 0.0%)

1 によっても反動, は実は

▼ 国民悉く~ (2, 0.0%)

1 が政治, が新しい

▼ 国民或は~ (2, 0.0%)

1 この国, 民族に

▼ 国民戦力~ (2, 0.0%)

2 の基礎

▼ 国民投票~ (2, 0.0%)

1 をもっ, 又は国会

▼ 国民日常~ (2, 0.0%)

1 の戒訓, の食膳

▼ 国民普通~ (2, 0.0%)

1 の権利, の言語

▼ 国民最高~ (2, 0.0%)

1 の機官, の神官

▼ 国民服姿~ (2, 0.0%)

2 の順一

▼ 国民本位~ (2, 0.0%)

1 の生活, の面

▼ 国民本来~ (2, 0.0%)

1 の精神的産物, の風神神話

▼ 国民歓呼~ (2, 0.0%)

1 の声, の間

▼ 国民特に~ (2, 0.0%)

1 その教養, 知識層その

▼ 国民生活そのもの~ (2, 0.0%)

1 に断えざる, の正しい

▼ 国民生活世界生活~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, を建設

▼ 国民生活安定政策~ (2, 0.0%)

1 だけが斧鉞, であるとは

▼ 国民生活安定策~ (2, 0.0%)

1 であったが, の一つ

▼ 国民的事業~ (2, 0.0%)

1 への邁進, を遂行

▼ 国民的伝統~ (2, 0.0%)

1 の上, への表面上

▼ 国民的偏見~ (2, 0.0%)

1 などということ, に累

▼ 国民的利己心~ (2, 0.0%)

1 は祖国, を空威張り

▼ 国民的勢力~ (2, 0.0%)

1 の総べて, の集中

▼ 国民的協力~ (2, 0.0%)

1 を, を示され

▼ 国民的問題~ (2, 0.0%)

1 から離脱, に限らん

▼ 国民的政党~ (2, 0.0%)

1 で他, という性格

▼ 国民的潜在意識~ (2, 0.0%)

1 がにじみ出し, の相違

▼ 国民的産物~ (2, 0.0%)

1 として観察, なりと信じ

▼ 国民的祝典~ (2, 0.0%)

2 は参列者

▼ 国民的結合~ (2, 0.0%)

1 の中心, を固く

▼ 国民的繁栄~ (2, 0.0%)

1 の永続, を生じ得る

▼ 国民的義務~ (2, 0.0%)

1 の負担, を負う

▼ 国民的芸術~ (2, 0.0%)

1 に奉仕, を全く

▼ 国民的英雄~ (2, 0.0%)

1 に関してその, に関する説話伝説

▼ 国民的見地~ (2, 0.0%)

2 からすれ

▼ 国民的訓練~ (2, 0.0%)

1 の不足, の欠如

▼ 国民的説話~ (2, 0.0%)

1 としては大, として之

▼ 国民的資本~ (2, 0.0%)

1 が増加, の比例

▼ 国民的趣味~ (2, 0.0%)

1 から来, を代表

▼ 国民的軍隊~ (2, 0.0%)

1 が生まれ, に帰った

▼ 国民的限定~ (2, 0.0%)

2 を難

▼ 国民科学研究所~ (2, 0.0%)

1 と航空研究顧問委員会, の集会

▼ 国民精神的~ (2, 0.0%)

1 な出版物, な存在

▼ 国民精神的出版物~ (2, 0.0%)

1 に対する発禁, の奨励

▼ 国民精神総動員的~ (2, 0.0%)

1 では, な精神

▼ 国民統一~ (2, 0.0%)

1 の実, をもっ

▼ 国民総動員~ (2, 0.0%)

1 が行われ, 第二強調週間

▼ 国民総意~ (2, 0.0%)

1 のアカシ, の流行

▼ 国民美術なほ~ (2, 0.0%)

2 出でず唯

▼ 国民解放戦争~ (2, 0.0%)

1 があった, にでも際会

▼ 国民~ (2, 0.0%)

1 である, の一部分たる

▼ 国民諸君私~ (2, 0.0%)

2 は諸君

▼ 国民趣味~ (2, 0.0%)

1 に拘泥, に新しい

▼ 国民~ (2, 0.0%)

1 というもの, はいつ

▼ 国民~ (2, 0.0%)

1 のこと, を共に

▼ 国民~ (2, 0.0%)

1 も初めて, よ願

▼ 国民銀行~ (2, 0.0%)

1 は, へいっ

▼ 国民高等学校~ (2, 0.0%)

1 というの, の趣旨

▼1* [463件]

国民あたりのもの, 国民あらずと言う, 国民あるいは臣民たるに, 国民互の, 国民および連合国の, 国民かなと笛を, 国民からは慕われて, 国民くらゐ国語, 国民この二つの, 国民その他の東方, 国民それ自身を威圧, 国民たとえば英蘭人で, 国民たらんとする, 国民たるべきものを, 国民だけの日本に, 国民であって日常起臥, 国民でありまして基督教思潮, 国民でありますけれども諸国相対峙, 国民であれば立派, 国民でございますからなおさら, 国民でさえ困難を, 国民とも開戦の, 国民とりわけ農民諸君が, 国民どころでは, 国民なき国家, 国民なりがチベットの, 国民なりといはざる可, 国民にしか理解されない, 国民について同様に, 国民にて政府の, 国民にとり絶対に, 国民になつてしまつ, 国民にのみ限れるの, 国民に関して明確なる, 国民ばかりでなく如何なる, 国民ひとりひとりの表情, 国民伝播せし, 国民または民族としても, 国民みずから国家のすべて, 国民みんなのため, 国民もがそれぞれ才能の, 国民もしくは一事件の, 国民らしい顔を, 国民わけて巴里ッ子の, 国民を以て赤子と, 国民スポーツと見るべきで, 国民バレー研究所を立て, 国民一人ぶんの戦争責任, 国民一人当り一銭の寄付, 国民一地方民の有史書前, 国民一家の不幸, 国民一致之を動機, 国民一致協力して, 国民一身同体敗戦の苦しみてえ, 国民三分の一位はあるであろう, 国民上下萎縮して, 国民不動の信仰, 国民世界人という三つ, 国民中比較的に最も, 国民主権をめぐる, 国民主義アジア主義東洋主義王道主義其他其他に分裂, 国民の間, 国民互に相信じる, 国民に重, 国民以外の大, 国民会議執行委員三百六十名の中, 国民会館でライオン歯磨主催, 国民伝統文化とかになっ, 国民伝説ほどな, 国民の距離, 国民体育を一層, 国民体育館主催は日本文化聯盟, 国民何千万人が総計延べ時間何億時間, 国民俗学等の別, 国民保健上最低の糖分, 国民保健問題であろうと, 国民健康保険報酬請求書類はほか, 国民健康保険案は現, 国民健康保険病院ができる, 国民健康保険組合である, 国民健康保険養老年金傷害保険その他一年二ヵ月の休暇, 国民儀礼みたいな狐憑き, 国民元気を喪い, 国民元気道義の根源, 国民党員は彼, 国民全体国民全体と言います, 国民六年にもう, 国民は米, 国民共同生活の安全, 国民兵以外の何者, 国民兵召集の太鼓, 国民兵商人の露営, 国民兵国民軍の砲兵隊, 国民兵服をつけ, 国民の不平等, 国民内部の生命, 国民初等科五年生でした, 国民利得でありすなわち, 国民劇塲を観る, 国民動員署といふ厳, 国民勤労は馬鈴薯, 国民協会以外に於ける, 国民協力の運動, 国民協同党と協力, 国民協同親和のため, 国民参加と云え, 国民参政の要求, 国民古代文献学の一分科, 国民古史神話学という, 国民史中里介山の大菩薩峠, 国民各々全力の発揮, 国民各社の記者, 国民同盟で軍部, 国民同胞すべての苦難, 国民向きの上品, 国民品位といふ点, 国民唯一の食品オリヴ油, 国民問題を溶解, 国民嗜好の産物, 国民図書刊行会の広谷君, 国民図書館やアメリカ, 国民国家と国家, 国民国家全体が背負わされなけれ, 国民国語の曙, 国民増加の割合, 国民士気昂揚の問題, 国民夕刊でも賞め, 国民大会代表議員の選挙, 国民大会見物にでも出掛け, 国民大学のよう, 国民大街の端, 国民天賦の任務, 国民もあり, 国民娯楽の研究的調査, 国民学校一棟が楽, 国民学校上級生から中学, 国民学校卒業生の何百万人, 国民学校四年生の一人息子, 国民学校教員となっ, 国民学校教師野中の宅, 国民学校教師野中弥一がひとり, 国民学校教師野中弥一宅の奥, 国民学校教師野中弥一酔歩蹣跚の姿, 国民学校教科書の問題, 国民学校長から提出, 国民学校高学年の教科書, 国民学芸部の記者, 国民実力の進歩, 国民実情に対する透徹, 国民客観性にのみ発育, 国民尊崇の的, 国民小説という赤い, 国民少くとも市井, 国民常識ゆたかな紳士, 国民平等の世界, 国民平衡運動を行ふぐら, 国民年寄りから低い, 国民年金の運営, 国民年金法の問題, 国民であって, 国民従って又, 国民徴用令に応ずる, 国民心理学及び其他, 国民忠誠のあらわれ, 国民思想善導に貢献せん, 国民思想涵養の一端, 国民性そのものの中, 国民性それ自身をも滅亡, 国民性小にし, 国民性時代などに重き, 国民性格を作り, 国民性民族性のどこ, 国民性的ヤセ我慢がこの, 国民性者化して, 国民性論を念頭, 国民怨嗟の的, 国民情趣に叶, 国民意思というもの, 国民感情それ自体が驚くべき, 国民憎悪の的, 国民戦線が送られた, 国民戦隊を編成, 国民指導の位置, 国民挙って巡査, 国民挙つてこれを創り出さなけれ, 国民挙つて議員の歳費, 国民政府内に官僚, 国民政府権力からの独立, 国民政府治下にぞくする, 国民政府的文化政策以外の何もの, 国民政府運動と本来, 国民政治家らしくて, 国民教導の規準, 国民教育青年教育はむこう見ず, 国民教育青年教育総て陸軍の幼年学校教育, 国民教養第一, 国民数世紀の間欧州, 国民文化全体として健全, 国民文化協会なるもの, 国民文化協会宣伝文化協会などといふ団体, 国民文化建設の基礎工作, 国民文化的伝統にぞくする, 国民文化的能力の発露, 国民文化能力が生ずる, 国民文化運動の目標, 国民文学建設を意企, 国民文学的な, 国民文学的血統は日本文学者, 国民文学記者にコンラッド, 国民文学論であろう, 国民文明の一つ, 国民文献学の一分科, 国民文芸会が昨年度, 国民文芸会有志の熱心, 国民文藝会脚本執筆の事, 国民新聞なにかへも寄稿, 国民既に耶蘇教に, 国民旨義を排斥, 国民映画を作り上げるであろう, 国民更生の道, 国民最上の美徳, 国民服みたいなもの, 国民服北さんはモーニング, 国民服明子はわりに, 国民東亜諸民族, 国民栄養の上, 国民栄養部を分離拡張, 国民楽派五人組の最も, 国民の拡張, 国民残らず全部を, 国民毎夕中央東京日日の諸, 国民民族が個性, 国民決死の相貌, 国民治安維持のため, 国民注視の的, 国民をし, 国民派中には比較的, 国民消費としてひっくるめ, 国民演劇なん, 国民特有のいろいろ, 国民狂喜したが, 国民の仁, 国民現在の生活, 国民ヲ以テ念ト為サザルニ, 国民生活一般の諸, 国民生活上和恭勤勉の気風, 国民生活上永久にこれ, 国民生活不安定の是正, 国民生活全般の課題, 国民生活向上の手段, 国民生活安定予算との矛盾, 国民生活安定令として見る, 国民生活安定問題の替玉, 国民生活安定感は観念的, 国民生活安定費に該当, 国民生活指導部長の談話, 国民生活指導部長喜多氏は十三日, 国民生活日々の糧, 国民生活水準が有るべき, 国民生活訓練の道場, 国民発憤の秋, 国民発狂が近づい, 国民的クラシツクの名, 国民的プライドだ, 国民的人文神且つ国家的英雄神, 国民的人文英雄をし, 国民的人気は新しい, 国民的人物国民的性格を作品, 国民的倨傲のうち, 国民的偶像でありその, 国民的傾向を助成, 国民的儀礼に取っ, 国民的光栄をになってる, 国民的利得でありそして, 国民的利益とならない, 国民的功労がある, 国民的努力の結晶, 国民的動員計画について続々, 国民的勤労の大, 国民的反感と恐怖心, 国民的名称の差異, 国民的困難が正当, 国民的基礎の上, 国民的堕落を警告, 国民的天地開闢説とす, 国民的宗教感情に基く, 国民的害悪を生む, 国民的尊敬を集めた, 国民的影響は何ら, 国民的心情など, 国民的思判も生じ, 国民的性格教養を互に, 国民的性質に充ちた, 国民的悪癖はどうしても, 国民的悲報の連続, 国民的悲運を経験, 国民的意識を形づく, 国民的感動とも云うべき, 国民的感激の高調, 国民的感謝の情, 国民的憂鬱無論その, 国民的憤激の前, 国民的憧憬を十分, 国民的損失ではない, 国民的政治たるに至り, 国民的政治家と為る, 国民的教化組織の輪郭, 国民的敬意にたよっ, 国民的文学の精華, 国民的文学者をその, 国民的文豪なりや, 国民的施設である, 国民的本能が見出したがってる, 国民的機関なきが, 国民的歴史とを超越, 国民的民族的なもの, 国民的民族的意識の喪失, 国民的淫佚を覆い隠し, 国民的特徴であり往時, 国民的理想を更に, 国民的理解の上, 国民的生産物に対してなされた, 国民的発生説を唱え, 国民的発達的なもの, 国民的監視が必要, 国民的矜りが, 国民的破産に陥らなけれ, 国民的神話もしくは説話, 国民的祭礼がある, 国民的粉飾でなければ, 国民的結束を種, 国民的統一国体的保存国権的拡張を意味, 国民的統一国家の建設, 国民的緊張を日常生活, 国民的罪悪の害毒, 国民的美が発露, 国民的美術的建築物を壊, 国民的職業的偏見のさなか, 国民的腐敗を目撃, 国民的自尊心におもねる, 国民的自己完成といふ風, 国民的自殺法であ, 国民的自負を満足, 国民的自重心を傷, 国民的色彩が乏しく, 国民的英雄クラルエヴィッチマルコの帰り, 国民的行事のうち, 国民的表現はない, 国民的衰退に加, 国民的要求もよほど, 国民的解放の意義, 国民的討論の中心, 国民的評価と世界的評価, 国民的詠詩及び, 国民的詩人もしくは一客観的詩人, 国民的詩歌なり, 国民的論者たること, 国民的財産とする, 国民的責務を連想, 国民的貯財に対し附加, 国民的資源との明, 国民的軍隊縦隊戦術徴発給養の三素材, 国民的進歩の自然的発達, 国民的邪教の教祖, 国民的邪教性からぬけでなけれ, 国民的音楽家その郷土的, 国民的飛躍が成し遂げられよう, 国民的飲料である処, 国民的驕慢の中, 国民皆兵制度の徹底, 国民皇族相互の関係等, 国民相互間の誤解, 国民知能の結集, 国民知識層一般の与り知らない, 国民社会の国質, 国民社会一般の幸福安寧, 国民社会主義の行動派, 国民社会経済組織と全, 国民祖先の大, 国民神話学者と雖, 国民私刑でやられ, 国民移動演劇隊のため, 国民排外的で, 国民穏和な意味, 国民は立身, 国民精神作興国体明徴思想動員精神動員其の他等々, 国民精神作興国体観念宣伝はついに, 国民精神哲学は, 国民精神団体が一度, 国民精神思想幹部と下級幹部, 国民精神教育国体教育はいつの間にか, 国民精神的文芸挺身隊も出, 国民精神総動員その他に政府嘱託, 国民精神総動員中央連盟が結成, 国民精神総動員運動がおこされた, 国民精神自身は空間, 国民終りに驚くべき, 国民経済学の問題, 国民経済学イリスの経済学提要, 国民経済省の建物, 国民統合者である, 国民絶対の信頼, 国民総体の名, 国民総力の結合, 国民総力振興の具, 国民の講演会, 国民美展へ行く, 国民美術の講演会, 国民美術協会主催のフランス現代美術展覧会, 国民義勇軍の命令, 国民義務教育を終った, 国民職域の一分野, 国民育成の機関, 国民自治の中, 国民自覚の高まった, 国民舞踊である, 国民芸術が生れ, 国民芸術観賞の夕, 国民若し仰ぎて, 国民英学会でマコーレー, 国民英学会国漢文研究所日本大学などを転々, 国民英雄ヘラクレスの生涯, 国民藝展朝鮮工藝展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 国民行為の典範, 国民衛生の問題, 国民衰亡の大, 国民裁判所へ彼女, 国民記者に話した, 国民調査をまかした, 国民講堂で公演, 国民議会市場等における活動, 国民議会議長ヴェルニョー以下二十二名嘗つては革命, 国民讃仰の的, 国民に進歩的生気, 国民財産の価値, 国民資料をも加味, 国民軍フリント支部が非常召集, 国民軍募集のイルミネーション, 国民軍指揮官学士院長国防特別裁判所長総組合長, 国民が次第に, 国民運動会の日, 国民運動団体から是非, 国民運動組織のよう, 国民道場の一段階, 国民道徳みたいなもの, 国民道徳家によって, 国民道徳律や倫理道徳, 国民道徳教育の中, 国民道徳的な法律, 国民道徳的必然性があるで, 国民道徳顕現の源宗, 国民野火の禍中, 国民鎖国の風習, 国民間にあって胆力, 国民集団であると, 国民革命党にしろ, 国民革命軍第五師陣亡将士紀念塔, 国民革命運動ヲ血, 国民音楽協会で演奏, 国民音楽建設のため, 国民音楽院の芸術校長, 国民骨喜店クレップス氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 国民高等小学校の隣