青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「周~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~呉れる 呉れる~ ~告げ 告げ~ ~告げた ~告白 告白~ ~呑ん 呑ん~ ~呟いた
周~
~周囲 周囲~ 呪~ ~味 味~ 味噌~ ~味方 味方~ 呼~ ~呼ばれ

「周~」 3787, 39ppm, 2960位

▼ 周~ (686, 18.1%)

15 を見 8 の者 7 にある, の人, の人々 6 に對, を, を一, を廻る, を見る 5 の空氣, を見た, を見廻した 4 にゐる, に立つ, の中, の事情, の人たち

3 [12件] にはこの, に在る, に起つ, のすべて, の壁, の壓迫, の山々, の林, の物, をぐるり, を廻つて, を有し

2 [34件] から, がそんな, と中央, にはいつも, には花, にゐ, にゐた, に地球, に平たく, に無, に鐵條網, に集つて, のこと, のどこ, のなか, の光景, の刺戟, の土地, の情勢, の景色, の樹木, の状態等, の緑, の蜀黍, の闇, の騷, は血だらけ, をめぐり, をめぐれり, を取り卷い, を取卷い, を取卷いた, を實着, を繞

1 [473件] いかばかり廣, いたる所, から何, から何物, から出まし, から反響, から受ける, から呻く, から壓迫, から大切, から悉皆, から立去つ, から聚, から誘はれ, から説, から諦めさせられた, から起つた, から足下, から遮り止めよう, がしん, がすべて眞ツ, がすべて華やか, がそれ焦び, がシーン, が何で, が俄, が切れ, が十町以上, が堤防, が寂しい, が惡, が捲れ始め, が暗く, が淋しく, が白い, が皆, が眞, が自分, が靜, だけが妙, だけ變, であります大師, で舌, で躁宴, で遊び戲, とに無頓着, との調和, とはとても, とを通じてどんな, と反撥, と戰, と手, と私, と調和, などには昔, なる, なる一切, なる事々物々, に, にあつ, にいろんな, にこれ, にさういふ, にしつかり固めよう, にすばらしい, にその, にそれから, にどんな, にはいろ, にはいろいろ, にはすでに, にはない, にはまだ, にはむだ, にはよく, にはエホバ, にはプロ, には一人, には一切心, には一種, には七五三繩, には二三, には二人, には人, には以前, には何枚, には動搖, には多く, には夜氣, には大人, には寂, には恐るべき, には批評家, には材料室, には柵, には此, には殘ら, には渡良瀬川思川, には渡邊君, には漂つて, には漸く, には灌木, には然, には珍, には病毒, には皮張り, には神火, には私, には若い, には蠑螺, には見出し, には誰, には陪塚, には飯, には高い, にひよつ, にほこり, にまで迫らず, にむらがる, にも亦, にも混亂, にも途, にも青春, にやつ, にゐない, にウヨウヨ, にジヤズ, にズシン, に一つ, に一團, に一畝づつに作つた蜀黍, に二ヶ所, に二三軒, に些, に人, に他人, に低い, に何事, に作られ, に來, に俺, に冴えた, に吊され, に同じく, に向, に和氣祥光, に唾, に喚び集め, に四五軒農家, に四本, に圓, に土手, に在, に坐せり, に坐らせ, に城壁, に夕ぐれ, に天鵞絨, に孔, に寄附者, に密接, に寫したる, に居る, に居列んだ, に山吹, に幾つ, に張り渡された, に徒ら, に恐ろしい, に憚, に戰慄, に押寄せ, に持ち, に掘り上げた, に攻め返し, に散つた, に散在, に日, に月, に柱, に横, に次第に, に氣, に氣兼, に沿, に注意, に流れ出した, に添, に清新, に滿, に牙, に環, に發散, に眼前, に破, に立てる, に立て居る, に競爭者, に紐, に細い, に結ばれ, に纏つて來, に群, に聞え, に花畑, に蒔かれた, に蠢く, に見え, に見た, に見出した, に見出す, に話した, に誇つ, に誤, に變化, に負ける, に走, に走せ, に起つた, に起りました, に輝いた, に近い, に迫つて, に迫つて來, に逆行氣流, に銃, に長壁, に開けた, に陪塚, に隱, に集つた當年, に集ま, に集め, に集り, に集る, に雜然, に霧, に青い, に風, に飽きる, に高い, に點, のいと, のざわつく, のもの, の一切, の一廓, の事, の人事, の人達, の人間, の人間社會, の他, の何者, の何處, の健康, の全部, の冷淡, の凡て, の列, の勢力, の十字架, の友人, の喧噪, の喬木, の單調, の四人, の國, の圓形, の土, の堀, の境遇, の墓, の大, の大竹藪, の女, の子供等, の學生, の學生群, の客, の容子, の少し, の山, の山林, の岩, の巨人たち, の常春藤, の平ら, の幽, の廊下, の廣さ, の張三李四, の形勢及水面, の影響, の愚人, の愚夫愚婦, の慫慂, の批評, の敷地, の數人, の日本人, の明る, の景氣, の有象無象, の木の葉, の村落, の板壁, の棚, の樹, の樹林, の樹立, の水, の汚れた, の泥, の海, の淋びしさを掲焉, の混雜收, の清らか, の炎, の爲め, の物音, の状態, の状況, の獨善主義者, の環境, の生き生き, の田, の男たち, の眼, の砂, の繋累, の耕地, の自然, の臺地, の若い, の草の根, の草地一ぱいふり, の莚, の菜園, の萬物皆, の襖, の見物人, の誰, の調和配合, の邊, の關係, の陰鬱, の雜木林, の雜沓, の雰圍氣, の青, の青草, の風景, の騒々しい, の點線, はいくらか, はいつたい, はからり, はすべて竹林, はそんなに, はた, はつねに, はほ, はまさしく, は丸く, は二三丈, は今, は依然, は全部岩石, は凡て, は廣, は悉く, は掃き清められた, は暗, は有閑階級, は杉, は泣き止んだ, は深き, は皆讎敵, は約半, ばかりを殘, への救援, へ別して, へ唾, へ集つて來, へ集つて暖, へ集る, もだ, もつとも廣, もみな, も穢い, も解らない, も黒, やまた, や世間一般, や顏, より多く, より缺, わづか, をかぢ, をぐる, をさ, をしみじみ, をしらべまわつた, をとりまく, をながめる, をなした, をのみ擧げたる, をふり, をまた, をめぐ, をめぐらむ, をめぐりたれ, をめぐる, をめまぐるしく, をも器, をも掃きつけ, をクル, を一羽, を二萬四百マイル, を偃, を包ん, を卷く, を取, を取り卷く, を取り捲いた, を取廻いた, を叢擁, を可, を吹き, を嗅ぎ, を囘轉, を塗り塞ぐ, を廻りたれ, を廻りました, を念入り, を憚つて, を探し, を探し廻つた, を探る, を掻き, を明るく, を樹林, を欄干づたひ, を歩き, を殘ら, を深く, を照す, を白く, を眺め始めた, を細き, を縮める, を舐つ, を舞, を蛸樹, を見廻したくなる, を見廻す, を見廻すで, を視, を記し, を跳びはね, を轉, を迂路, を逃げ歩いた, を逃れ走る, を運動, を閉ざす, を電離, を音樂, を顧慮, を飽く, を鳴き續, 及び手先

▼ 周~ (460, 12.1%)

7 はなお 5 のことば, は, は笑っ 4 の身, はその 3 に向っ, の心, の耳, はいよいよ, はそれ, はまた, は聞く, もすぐ, も魯粛

2 [28件] が, が自身, のため, の体, の死, の考え, の胸, はいった, はかさね, はこの, は仰天, は剣, は勃然, は呉, は孔明, は家, は手, は気, は自分, は蒋幹, は衣, は辞, は馬, もさすが, もそれ, をし, を囲ん, を説い

1 [347件] ありとは, か, からこういう, からたちまち, からの書簡, からはこう, から先, から呉侯, から密命, から長文, から預かっ, か孔明, がいう, がいんぎん, がおまえ方, がここ, がすぐ, がすすめた, がその, がそれ, がたくみ, がたずねる, が三萬, が二女, が今日, が何, が八, が問う, が嘆息, が坐乗, が孫策, が寝返り, が席, が手, が指揮, が掌中, が敵, が死んだ, が水軍, が独り, が絶叫, が軍令, が金創, こころよく出, そんな人, たるもの, である, です, ですが, ではない, といえ, としてはその, とのあいだ, との雑談, とはさながら, とは同郷, とは郷里, ともある, とをくらべたら, と人物, と会った, と余り, と呉, と孔明, と密談, と対談, と親交, と話し, と話しこん, と語った, などの将, などの重臣, などは良い, などより一段上, なら決して, にさずけ, にさとられぬ, にちがい, にはいささか, にはかれと, には底意地, にもその, に一言, に会い, に会釈, に伝えた, に伝える, に南郡, に問え, に報じ, に娶合わせ, に害意, に対して抗弁, に当る, に心から, に教え, に気どられる, に示した, に耳打ち, に計るべし, に追われ, に通達, に降伏, に降参, のあ, のいい, のうしろ, のかたわら, のごとき, のす, のところ, のふたり, のよう, の下, の中軍, の人物, の侍医, の喜色, の器量, の大軍, の夫人, の妻, の官邸, の容態, の寝室, の寝顔, の座, の得意, の心中, の心事, の怒り, の急追, の意中, の意見, の愚, の態度, の才, の指, の掌, の援軍, の故郷, の智, の智謀, の本心, の本陣, の柩, の浅才, の無情, の猛, の献策, の病気, の病状, の瘡, の着く, の矢瘡, の祭壇, の秘策, の策, の腹心, の船, の言, の計, の謀略, の軽, の遠謀, の遺書, の遺言, の部下, の降伏, の陣, の陣営奥, の面, の面前, の顔, の驚きかた, の麾下, はあたり, はあやしん, はいつも, はいまそこ, はうしろ, はうなずい, はかたく, はからから, はからく, はきっと, はくわっと, はこう, はこおどり, はここ, はさっき, はすぐ, はすでに, はそこ, はその後, はたたみかけ, はたちまち, はつづい, はつねに, はとみれ, はひきうけ, はひそか, はひと休み, はふたたび, はまず, はまだ, はみずから先手, はもう, はやっと, はゆうべ孔明, はゆがめ, はようやく, は一大秘策, は一杯, は一睡, は一笑, は一読, は上座, は上陸, は二度, は会心, は俄然, は偽らず, は先主孫策, は兵一万, は再び, は冗談, は出, は初めて, は剛気, は力弁, は十分, は南郡, は即座, は厳か, は反問, は取巻かれ, は命, は唇もと, は営中, は噛ん, は城門, は声, は大きく, は大勢, は孫乾, は容れ, は尊大, は帷幕, は待っ, は得々, は快く, は怒った, は怪しん, は恨み, は恨気胸, は愕, は愕然, は憤然, は故人, は未明, は杯, は江上, は泣かん, は生き, は番兵, は病, は瘡, は眉, は眼, は瞼, は童子たち, は答え, は老, は膝, は自軍, は舌打ち, は評議, は諸, は赤壁, は起っ, は起立, は足もと, は身ぶるい, は軍中, は重ね重ね, は金瘡, は門, は陣後, は陣鼓, は随員, は雑談, は音楽, は顔色, ばかりでなく, ばかり怖, へいった, へ告げ, へ告げた, へ報告, へ渡し, へ紹介, もいささか, もかくれなき, もその, もともに, もにわかに, ももとより, も一方, も今, も仰天, も倉皇, も共に, も四十二座, も孔明, も小声, も意識的, も感情家, も気軽, も考えこん, も腹, も首, や謀士, や魯粛, をうごかし, をころせ, をどう, をはずせ, を使い, を励まし, を南郡, を召し, を地上, を変心, を大, を引い, を恐れ, を抱き止め, を斬っ, を止め, を生け捕り, を生捕り, を目がけ, を訪ね, を説かん, を陸地, 共に大将

▼ 周~ (443, 11.7%)

8 と一角 7 のやつ 6 とお, はお 5 の眼, や一角 4 である, という男, も一角 3 だ, であった, と孫兵衛, の姿, の影, の手紙, の筆跡, やお, や孫兵衛

2 [27件] がこう, がそこ, が代っ, が家探し, が帰っ, が断崖, という者, とかいう奴, と三位卿, のふところ, の口, の声, の手, の潜伏, の話, の顔, は, はあわて, はいまいまし, はといえ, はまた, は何, は少し, は相手, もお, もそれ, も孫兵衛

1 [313件] いかにも恍呆けた返辞, いつもの, お十夜, お十夜孫兵衛, か, かでなければ, からの飛脚, から伊太夫, が, があっ, があの, があぶな, がいかがわしい, がいきなり, がいちどに, がいった, がからかう, がしきりに, がその, がそれ, がな, がぬけ, がもう少し, がやっと, がよろよろ, がアア落ちつき, が上, が中座, が会田屋, が優柔不断, が入れ代り, が入念, が可愛, が吹ッ, が大事, が小, が小才, が後, が念入り, が戻っ, が折れ, が抜け目, が敷台口, が椀, が横, が歪んだ, が狼狽, が疾駆, が秘帖, が虚空, が見送っ, が言葉, が責める, が貴様, が身, さえ龍耳老人, その三人, その時, その者, だか, だけが側, だけで, だけは割合, だった, だっていずれ, だろう, だッ, ちょっと待ち, でござろう, でなくお, でもここ, でもそこ, でも一角, で何, で此の度火急, と, というお, というふたり, という浪人, とおれ, とか申し, とくすぐったがり, とて腕, とでも面, とは江戸表以来, と一緒, と偽名, と剣山, と同様, と同腹, と名, と天堂一角, と知らず, と顔, ならその, なるもの, なン, におくれ, にちょっと, についてそこ, にとっ, にとってはまったく, にとってまことに, にとってまた, にとりまた, にはお, にはその, には責任, には邪智, にひきあわせる, にもすすめる, にも耳打ち, にゆずる, に仇, に呪われ, に打ち明ける, に押し込められ, に相違, に襟, のいねえ, のこと, のこめかみ, のため, のにきびだらけ, のふたり, のふと, のまわり, のみならず, の三人組, の五人, の体, の元結, の出立, の刀, の卑劣, の奴, の奸策, の妻, の実質, の小手, の居間, の左, の恋仇, の戻り, の手先, の抜いた, の抱き, の敵, の方, の来る, の横顔, の横鬢, の死骸, の気持, の気負った, の浮き腰, の狡い, の独り言, の猥ら, の現われぬ, の白刃, の目, の相槌, の相談, の眉間, の空表情, の胸, の脅威, の腕, の舌, の舟, の行く先, の行動, の訪れ, の足元, の身, の身辺, の軽薄, の野郎め, の門標, の風采, の首, の黒い, の鼻ッ先, はあの, はいっこう, はいつのまにか, はいつも, はいない, はおれ, はかえって, はす, はすぐ, はそこで, はその, はそれ, はたえず, はちょッ, はとにかく, はどう, はひとり, はふと, はやっと, はイヤ, はソッ, はニキビ, はニンマリ, はパッ, はヒラリ, は一そう, は一蹴, は事態, は人, は今, は位置, は先, は冗談, は初めて, は堀切, は大丈夫, は孫兵衛, は宵, は対手, は山門, は帰っ, は度, は弦, は徳利, は必死, は怖, は思いがけなく, は思わず, は急, は悪く, は意地, は手, は打つ手, は斬り, は時々, は枝豆, は物, は笠, は羨まし, は義理, は耳, は胸, は自分, は色, は茶店, は荒屋敷, は起き上がった, は身辺, は退屈, は運, は重, は鏡下, は頭, は駕, は驚き, は黙っ, は黙然と, は鼻, ばかりかお, ふたたび韋駄天, へまいる, へ残し, へ渡した, また逃げ腰, まだよろこぶ, もいよいよ, もここ, もさる者, もすぐ, もつりこまれ, もどてら, もふりあおい, もまた, もッ, も一時, も前, も寝しずまった, も少し, も敬服, も旅, も槍, も笑っ, も驚いた, も黙っ, やぶれかぶれ, よりは二里, らしい, らしい機智, らしい者, をうまく, をすて, をそんなに, をつれ, をののしり, を先, を待つ, を打った, を江戸, を無事, を皮相, を目がけ, を見る, を追, を追い越し, を追おう, 悪賢い目, 指さして, 白いの, 重ねて

▼ 周~ (289, 7.6%)

6 文化を 5 武王が, 粟を 4 家の, 末から, 武王は 3 世に, 定王, 山が, 弟は, 文王は, 末頃から

2 [22件] 世と, 世の, 世宗の, 主權者, 初めの, 山に, 山を, 山水が, 弟が, 成王の, 戰國時代最後の, 敬王の, 昭王の, 時は, 時代に, 時代は, 無実の, 眼が, 祖先の, 統を, 談を, 頃の

1 [199件] いうこと, ざわめきに, すゑ秦の, せわに, ヘーヴン, 一切の, 一将軍趙氏が, 一方は, 三代にかけて, 三代も, 世が, 世を, 世以来しきりに, 世八百年を, 中に, 事に, 事物に, 事物には, 人たちをずつと, 人として, 人に, 人の, 人も, 人達を, 代に, 代の, 仲間である, 位置に, 俗に, 先祖后稷ここに, 光景は, 全盛を, 八珍と, 八百六十年の, 冕を, 冠舜の, 初と, 初に, 初には, 初め周公を, 初め迄の, 初め頃で, 初め頃に, 制度を, 反感な, 古法, 史官であった, 史官であり, 名を, 吹きとばされなぎ倒された家々, 問題である, 問題の, 圓心が, 土を, 壁を, 夢に, 大きな御社, 大山岳, 大嶺天を, 天下なり, 天子の, 天子之を, 天子諸侯大夫と, 太公望といふ, 太公望は, 太公望漢の, 太史, 姜, 子が, 定王頃に, 家と, 家へ, 容刀, 容貌は, 寓言にも, 封建の, 小さな胸, 小山に, 居室に, 山々に, 山々は, 山の, 山水を, 岸高く, 崖の, 平原の, 徳は, 徳を, 思想たる, 意を, 意見が, 意見は, 憤慨は, 所に, 所へ, 手を, 擠陥讒誣による, 支那人が, 改善の, 文化が, 文化である, 文化として, 文化に, 文化の, 文化は, 文化も, 文化や, 文王, 文王が, 文王たれ, 文王に, 文王よりも, 方が, 方で, 時も, 時亥宮に, 時代から, 時代では, 時代と, 時代の, 時元, 時十二支に, 景観に, 最後の, 樹林地の, 武士が, 武帝とか, 武帝も, 武帝近くは, 武帝鶏卵を, 武王に, 武王の, 武王を, 洛邑に, 洛邑へ, 海面に, 深山の, 清浄な, 温泉場に, 湖面を, 火徳に, 無道に対して, 王を, 王室が, 王室の, 王朝は, 甄鸞これを, 町, 病気の, 盛代には, 眺望を, 着物を, 石壁は, 石鼓の, 研究室でも, 磯は, 礼が, 祖后稷は, 禮を, 穆王が, 空気から, 第二十, 第五, 細君が, 細君を, 終りから, 終り頃に, 終り頃の, 繹商の, 罪を, 考えは, 聖王の, 聖賢すら, 臣たる, 自然に, 舊に, 裁判が, 装飾に, 裡に, 襄王は, 跡は, 農村, 連れについては, 道安已に, 遺制あるなり, 部屋に, 都から, 銅器にだけ, 銅器の, 陸地山地まで, 隣里望み見, 雪だけが, 革命に, 頃すでに, 頃には, 頃土地開けず, 顔が, 鼎の, 鼎宋の

▼ 周さん~ (273, 7.2%)

7 はその 5 と私, の姿 4 は私 3 のお, は素直

2 [16件] がひとり, と逢っ, のなつかしい, の下宿, の事, の発見, の顔, はあの, はへん, は俺, は卓子, は立ち上っ, は藤野先生, は言った, も俺, をし

1 [214件] あれ本当, からくわしく, から聞い, が, があんなに, がいった, がこのごろ医学, がさき, がどうしてもそう, がのち, がやたら, がスパイ, がノオト, が一週間, が仙台, が何, が入った, が六十番, が可哀想, が夏休み, が悪い, が或, が日本, が日本人, が次第に, が泣く, が病気, が私, が立っ, が褒める, が見えました, が話した, が頭, だ, だけでも私, だと, という人, とこの, との出会, との問答, との親交, とばかり附, とまもなく, ともう, とも一人, と一ばん仲, と一緒, と仲良く, と別れなけれ, と別れる, と同一, と向き合っ, と日支比較論議, と短い, と話, と話し, と逢いたくなっ, と違っ, と附き合う, どんなに苦しい, などはヤソ, なら家, に, にさえ特徴, にとっては当然, にはいま, にはこの, には憤り, にまで私たち, に何, に先生, に半分, に対した, に対してあんな, に尋ねた, に渡した, に独逸語, に直し, に相, に聞えない, に負けず, に逢い, に逢う, のおかげ, のお気, のかね, のため, のノオト, の一味, の不, の仙台引上げ, の傍, の前, の勉強, の医学, の医学救国, の口, の同国人, の大きい, の弟さん, の後, の心, の態度, の打, の故郷, の方, の来訪, の気持, の潔白, の疑問, の病気, の相手, の眼, の肩, の背後, の胸中, の荒町, の藤浦氏, の言葉, の話, の語彙, の述懐, の隣り, の鞄, の顔色, はいくらか, はいなく, はいろいろ, はうつむい, はおかげ, はお父さん, はきょう学校, はきょとん, はけげん, はこの, はさらに, はそれ, はそんな, はだいたい, ははにかみ, はべらべら, はまじめ, はまた, はむっくり, はよく, はジャケツ, は一人, は何, は僕, は先生, は即座, は口, は妙, は家, は宿, は小さな, は少から, は帰った, は幽か, は廊下, は微笑ん, は急, は悲しん, は振り, は支那, は敏感, は数歩, は更に, は有り合せ, は木箱, は本当に, は東京, は校庭, は涙, は溜息, は眼, は突然, は立ち止った, は笑い, は腰, は自分, は苦笑, は裏, は裏口, は近代文明, は静か, は頓狂, は風景, は鶴嘴, ひとたび怒ら, ほど痛切, もあと, もいる, もまた, ももう, もやはり, もれい, も一緒, も何, も僕, も眼, も立ち止った, も見やった, をいたわっ, をかえって, をしばしば, をなつかしんだ, をゆるし, をよく, を呼び, を応援, を最も, を私, を荒町

▼ 周~ (131, 3.5%)

3 そこで, 成の 2 いった, それを, ふしぎに, グラスを, 火の, 蝶と, 話した

1 [111件] あきれて, いつぞやお, いよいよ驚い, うとうとした, おどろいて, お蔭で, しっかりし, すかさず飛びこん, すでに無実, そこで成, そこへ, その垣, その夜, その故, その継, それでも聴かず, つづけざま, とうとう意, なおいろいろ, なにか嬉し, なんだかぞっとした, はじめて夢, はじめて尋ねた, ひどくふしぎ, びっくりし, ますます怒っ, もうすでに獄裏, もう土地, もと髭, 一度刑名律, 上清宮の, 上策を, 不思議で, 二人の, 使を, 全くの, 全く各, 刻々に, 労山に, 北村の, 半病人, 同窓の, 吐きすてるよう, 問うた, 喜んで, 坐って, 大いに喜ん, 大声で, 始めて, 安心した, 家の, 少し間, 尾高に, 居間で, 席を, 帰りたくなったので, 弟に, 弟の, 後に, 従者らと, 忿が, 愕い, 憤慨し, 成が, 成に, 成を, 手を, 握手を, 放たれて, 曖昧な, 東京での, 果して上策, 楽しそう, 殷に, 沼沢地らしく見えた, 泊めて, 温和な, 火徳を, 生れて, 石を, 窓を, 立身し, 笑いだした, 笑いながら, 笑い菅原, 細君を, 耳に, 臨賀という, 自分が, 船橋在の, 若い後妻, 荒海, 菅原の, 菅原を, 褒, 西方から, 訴状を, 責め殺されて, 起きて, 途方も, 進退に, 酒を, 鏡を, 電話に, 飢餓の, 馬を, 駭い, 驚いて, 驚き懼れ, 高らかに, 黒田家の

▼ 周~ (86, 2.3%)

6 に關係 5 の作 4 に關 3 の成王 2 に至る, のこと, の道

1 [62件] が作, が周國, が大成, が如何なる, が成王, が武王, が祭られ, が管蔡, が魯公, すら野心, だとて, である, でも滿足, といふ聖人, と隆, などを理想, にならい, によって基礎, に歸, に比し, に至つて大成, のとき, の世, の再, の制度, の勲, の呪文, の夢, の子, の子孫, の御, の所謂聖人, の施爲, の時どころ, の智力, の服, の法, の禮政, の精神, の胤, の言辭, の超, の集め, はもとより, は一飯, は后稜, ほどの完璧, も呂望, や何, よりも大, よりも生ける, をし, をや夢みられ, を中心, を仰いだ, を夢, を夢みる, を尊び, を聖人, を見ず, を見なく, を集め

▼ 周都督~ (52, 1.4%)

5 のお 2 の本陣

1 [45件] からとんだ, から怨まれ, から油断, があなた, がご, がわざと, が工人ども, が肚, ときては, としてまことに, ならそう, にはご, にふくむ, にもご, に仕返し, に付する, に報じ, に対する反感, に逆らえり, のお召, のご, のほう, の一言, の人物, の叡智, の命令, の客, の形相, の愚将, の才智, の旧友, の病, は呉, は軍, へは必ず, へもどうか, へ私, へ約した, へ賀, もそれ, も心から, より一大事, をうらん, を半, を気

▼ 周~ (51, 1.3%)

1 [51件] ありては, あり幸福, あるいは尖塔, ある昔, ある木陰, すすめた, そそり立つあらゆる, た, ついで新しい, なつた, なるといふ, ぬきんでて, はた床上, むかって, 下された大きな, 二時間にわたる, 亡び契丹, 人の, 仕へた, 代って, 八人の, 刺桐樹を, 勝つたなど, 南方の, 向い, 壁を, 声を, 尋ねた, 従わん, 從はんと, 戻って, 於ては, 旅装を, 板囲いを, 植った, 母屋も, 現に始まっ, 現に始まつ, 目を, 石垣が, 繞って, 至つては, 行ったという, 見せた, 見なれて, 豊かな, 這入った, 遜らん, 飲食を, 養はれ, 高山を

▼ 周~ (51, 1.3%)

2 見廻した

1 [49件] こすったの, こすつたの, この東方, せばめて, つつんで, とりまいた黒煙, みまわして, 人々が, 伴れ, 其方こっち廻っ, 其望み通り和泉守に, 冷たく浸す, 出世させよう, 切り離されて, 包囲し, 取りまいて, 取り燕, 圧して, 太史に, 守る防空飛行隊, 寂然たる, 年數に, 庇護し, 憚る, 拭くので, 捕縛し, 描かう, 殺そうと, 爲さんかと, 爲さんと, 爲すの, 画って, 眺めて, 立ち歩いて, 筆頭と, 紫色や, 緑濃い, 脅迫する, 見て, 見ま, 見まわした, 見まわしたが, 見れば, 見廻して, 見渡した, 訪ねたので, 赤裸に, 退けて, 連れて

▼ 周~ (43, 1.1%)

3 のふたり 2 の二将

1 [38件] がすこし, がすすん, がそれ, がまた, が地, である, などの十三将, などもみな勇躍, などを先, など老練, のお, の傷, の前, の功, の弟周平, の瘡, の背, の舟, は, はここ, はこれ, はその, はふたたび, は云った, は刀, は喰っ, は大勢, は帰っ, は想像以上, は憤然, は敵, は江南, は病都督, は第, は舷, をつけ, を療治, 第三

▼ 周~ (36, 1.0%)

2 の失踪

1 [34件] から脅迫状, がそれ, がたった, が二度目, が失踪, が奥, が寮, が手紙, が現れない, が睨みつけた, という人, とも知りあい, と小花, と恋, にたびたび, の失踪捜査願い, の御, の怒気, の手, の睨み, の脅迫, の顔色, はいまいまし, はその, は中, は小花, は指, は積み荷, は考えこん, は逃げよう, への手紙, へ依頼状, ほどの悪党, も姿

▼ 周~ (31, 0.8%)

2 の事, の色

1 [27件] からの令, から支那人間, から此, には入墨, には愈, には父, には男三十, の世界, の制度, の国家, の封建制度, の封建的宗族国家, の州名, の忠実, の文化, の文獻, の書物, の朝廷及諸侯, の末期, の民, の皮, の社会機構, の粟, の考え方, の衣, の賢婦人, を経

▼ 周~ (29, 0.8%)

1 [29件] からてまえ, がいう, が主人, が亭, が寄せた, が桃園, が行くなら, だまれっ, であったこと, です, という人物, といわれる, などを伴っ, に持たせ, に昵懇, のそば, のまえ, はなおのこと, はひとり関羽, は哭かん, は彼, は本望, は気転, は立った, は面, も自ら首, をしたがえ, を呼ん, を見つけ

▼ 周~ (23, 0.6%)

2 に交渉

1 [21件] があずかる, が当然, が方, が琴瑟, が矢島氏, のよう, の一家, の一族, の外, の妻, の許, はひどく, は同じ, は嗣子周策, は容易, は文化十四年生, は素眼科, は表, は霊岸島, を推薦, を矢島氏

▼ 周~ (21, 0.6%)

3 の顏

1 [18件] とても其, とても遉, には他, には此, に取, に種々, のモデル, の心, の意志, の手, の方, の胸, の膝, の自殺體, の覗ツ, の頭, へ何, へ言

▼ 周~ (20, 0.5%)

3 の親友

1 [17件] か, が学校, だけでなく, とも大いに, と和解, と相談, にもっと, に意地悪, に興味, に言っ, のこのごろ, の下宿, の解剖学, はあれ, はこのごろ, はこのごろ元気, をなぐさめ

▼ 周時代~ (20, 0.5%)

1 [20件] からかかる, からし, からの主義, から唐宋時代, から宗法, から實行, から支那, すら夏, である, でも漢族, には一字, には已に, には諸侯, にも三千, に實行, に正しく, の例, の刑罰, の喪服, まで泝ら

▼ 周~ (19, 0.5%)

3 と申す 2 という医者

1 [14件] が側, が知っ, が駈け, という無骨者, と云う, に長治, の調合, は中, は恭しく, は結納, は駈付け, へ此, までも実に, を斬る

▼ 周~ (18, 0.5%)

1 [18件] うえであった, やっと不器用, 取り寄せたウォートカ, 失敗者である, 妙に, 家を, 幕命によって, 急に, 恋に, 景致に, 最も人材, 次第に暗く, 死んだ前日, 表を, 訴状を, 閑静な, 静かに, 顕微鏡の

▼ 周~ (18, 0.5%)

3 の職方氏 2 の九貢

1 [13件] に云, に出, の中, の作者, の器, の方, の考工記, の賦, の鄭注, は漢書藝文志以前, を引い, 爾雅, 若しくは説文

▼ 周~ (18, 0.5%)

1 [18件] が何となく, にかつ, にてエルザ, には四阿屋, には病院, に中心, に切り目, に孔, に退ける, に阿部, に集る, の話, は何時, へ表, をかこむ, をめぐる, をも探らん, を日輪

▼ 周~ (18, 0.5%)

1 [18件] が初め, が見えない, と会見, にあざむかれ, にこう, のことば, の反, の反間, の巧み, の言, の詭計, はかねてから, はやにわに, は呉, は肩, は長い, も, も家中

▼ 周易参~ (17, 0.4%)

15 同契 1 同契分章通義, 同契釈

▼ 周~ (14, 0.4%)

1 [14件] がきたら, その二頭目の下, という者, と名, のほう, の前ぶれ, はすうっ, はひざまずい, は悄, は手さぐり, は柳, も根ッ, を伴っ, を納得

▼ 周~ (13, 0.3%)

1 [13件] が戈, どうしよう, なれば, のことば, の首, は, はどう, は伝手, は張昭, は艫, は諸方, は長い, よい智慧

▼ 周~ (13, 0.3%)

1 [13件] だの雪舟, ですかな, とか當時, とか芸阿弥, とか蕭伯, の山水, の徳, の軸, は応永ごろ, も兆殿司, も赤脚子, も雪舟, を最第

▼ 周~ (12, 0.3%)

1 [12件] うけついで, おなじよう, なったの, なるとを, 丞相たる者は, 人々を, 北村とは, 呼んだ時代, 国朝が, 本堂と, 秦, 雖之を

▼ 周には~ (12, 0.3%)

1 [12件] またそれぞれ, もはや霧, 何と善人, 冬の, 厚さ五六尺, 大地の, 年と, 様々の, 沢山咲い, 澤山咲い, 無数の, 窓や

▼ 周~ (12, 0.3%)

4 仕は, 仕家 2 仕が, 仕の

▼ 周志淵~ (12, 0.3%)

1 [12件] から東京, から貰った, が放任主義, が日本, が近い, が逃亡, と親しく, の家, の生命, は俺, は浙江財閥, を逮捕

▼ 周公孔子~ (11, 0.3%)

2 の教 1 といふは皆依託, のもって, の四大聖人, の如き, の徳教, の道, は死し, を云々, 之道

▼ 周利槃特~ (11, 0.3%)

2 の物語 1 が, という人, のよう, の前身, はついに, は真面目, は答えまし, は箒, を侮り

▼ 周~ (11, 0.3%)

1 [11件] になる, にも狐, に朱, のむかし, の名家加藤左伝次, の看板, の算木, の革卦, をかり, を仮り, を究め

▼ 周~ (11, 0.3%)

2 に及んだ 1 だったタカムラ, にさらさぬ, には音, に強い, に這入った, に速力, の半ばごろ, の決勝点, も亦

▼ 周ちゃん~ (10, 0.3%)

2 のところ 1 てっちゃ, にしろ, に似, のその, の店, もよんだら, をよぶ, を送っ

▼ 周丹泉~ (10, 0.3%)

2 が倣造, が唐太常, の立派 1 という人, といふ人, の造った, の造つた模品

▼ 周伍文~ (10, 0.3%)

1 であり側, によく, のお, のこの, のところ, の不在, の唯一, の店, は考え, を脅迫

▼ 周~ (10, 0.3%)

1 にも, に曰く, に關, に類し, の中, の前, の大, の王會解, 大誥, 異記云文

▼ 周~ (10, 0.3%)

1 が家, が未だ, が洋行, などの持つ, の哲學, の父, の男爵, は元, も亦, を擧げ

▼ 周~ (10, 0.3%)

1 し有名, し禽, す, と云, の子, の果て, の画いた, の能, は狭斜, を終っ

▼ 周~ (10, 0.3%)

1 が拙者, の体, の働き, の現職, の背, はしょせん, は三矢, は不服, は口, は無念そう

▼ 周~ (9, 0.2%)

1 が全く, に結ばれ, の同族, の政治, の法典制度, の諸, はすっかり, は微, は更に

▼ 周~ (9, 0.2%)

1 がざあつと水面, がカンカン, が二十四, が二階, が冷たく, が暑い, が蚊帳, へ手紙, を眺め

▼ 周という~ (8, 0.2%)

1 のは, 人が, 坊主で, 姓の, 家に, 家の, 少年俳優が, 若い坊主

▼ 周信さん~ (8, 0.2%)

1 から承, が土蔵, が明朝, が言い争った, とが奥, の言い争っ, の訪問, の話

▼ 周~ (8, 0.2%)

31 で病床, に向, の室, は襄邑, よ汝

▼ 周~ (8, 0.2%)

1 が木曽, が江戸, といえ, と夫婦, なの, の研究, は真面目, を愛し

▼ 周~ (8, 0.2%)

1 から届いた, から阮家, に書生, の主人, の令嬢素英, の娘, の客間, を出

▼ 周~ (8, 0.2%)

2 をし 1 が嗣子, は已に, は後生徒, もまた, を保, を連れ

▼ 周組南~ (8, 0.2%)

1 が現われた, だから, とか学者みたい, とも一人, に向っ, に宛てた, の世話, は俺

▼ 周~ (8, 0.2%)

1 がある, が三世玄益成美, とは均しく, と称し, の名, は奥医師, は学, は馬屋原成美

▼ 周って~ (7, 0.2%)

1 いるの, 末遂げ, 歩いて, 細いが, 行く, 見る, 顔だけ

▼ 周~ (7, 0.2%)

2 して 1 また自分, よすこと, 二言なく, 彼女を, 菅原も

▼ 周~ (7, 0.2%)

5 した中 1 した小さな, せる屋根

▼ 周らし~ (7, 0.2%)

5 池の 1 てある, 山鳩の

▼ 周~ (7, 0.2%)

1 ことに, つもりです, つもりと, といい, ように, 事を, 短篇は

▼ 周二居~ (7, 0.2%)

1 で壺, についた, に誘はれ, はしづか, へ出かける, を訪ねる, を驚かす

▼ 周~ (7, 0.2%)

1 と, という今年十四歳, という奴, には下駄屋, の家, はあと, はふところ

▼ 周文圭~ (7, 0.2%)

1 がいた, とそれ, に話した, のこと, の面影, の頸飾, は殺されず

▼ 周~ (7, 0.2%)

1 が忠三郎, であった, という十五六, のいたずら, の白状, は単に, は正直

▼ 周から~ (6, 0.2%)

1 うるさい事, 受けたとの, 嘗つて記憶に, 學んで, 漢の, 相談を

▼ 周~ (6, 0.2%)

1 が白額虎, という不良少年, の顔, は俄然, は南山, 少い時乱暴

▼ 周~ (6, 0.2%)

1 に於ける, の文明施爲, の文治, の道徳, の郁, の銅器

▼ 周~ (6, 0.2%)

1 がため, には僕, に送った, の病, の許, の養子

▼ 周三代~ (5, 0.1%)

1 に関する革命, の君, の君主, の間, の革命

▼ 周夫妻~ (5, 0.1%)

2 の住居 1 がゆったり, に見せた, は目配せ

▼ 周~ (5, 0.1%)

1 から, に至つて, のもの, の詩人, の諸子

▼ 周樹人~ (5, 0.1%)

1 といわれた, の仙臺, はたいへん, もまた, を正しく

▼ 周~ (5, 0.1%)

1 された寺院, したの, した時代, した際, する魚群

▼ 周~ (5, 0.1%)

1 が東, となし, に跨, を京師, を執

▼ 周馬様~ (5, 0.1%)

1 がお, それ程の, で, の奥方, の隠密術

▼ 周~ (4, 0.1%)

1 心他事に, 採用されてる, 知るところ, 認められて

▼ 周~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て我, て私, て長

▼ 周した~ (4, 0.1%)

1 か覚え, がこの, のだ, ものだ

▼ 周左衞門~ (4, 0.1%)

1 が年, の色好み, は丁度, は五十

▼ 周復俊~ (4, 0.1%)

1 の咏, の芳草萋時花壓谷, の鞦韆咏, は弱力

▼ 周~ (4, 0.1%)

2 の國 1 に屬, の沙磨

▼ 周~ (4, 0.1%)

21 しその, に当る

▼ 周する~ (3, 0.1%)

1 ほどだ, もの六期を, を得

▼ 周ちや~ (3, 0.1%)

1 んいくら, んレオ, ん私

▼ 周~ (3, 0.1%)

1 尺平方ほどの, 極めて細い, 火事の

▼ 周~ (3, 0.1%)

1 から伝授, で懇, はこう

▼ 周作成政~ (3, 0.1%)

2 であった 1 と申す

▼ 周信氏~ (3, 0.1%)

1 に関係, の大, の宣言

▼ 周先生~ (3, 0.1%)

2 の如く 1 の説

▼ 周公旦~ (3, 0.1%)

1 が祭っ, の如き, の定めた

▼ 周副官~ (3, 0.1%)

1 が吉報, に会った, のところ

▼ 周~ (3, 0.1%)

2 と陳平 1 に報いた

▼ 周南町~ (3, 0.1%)

1 とはなっ, と改名, になった

▼ 周~ (3, 0.1%)

2 の教え 1 の儒者

▼ 周~ (3, 0.1%)

1 差出候所, 差出候段, 差出申候

▼ 周~ (3, 0.1%)

1 に本, に見え, の法度

▼ 周泰韓当~ (3, 0.1%)

1 などがわれ, などの諸, を退け

▼ 周流し~ (3, 0.1%)

1 てあらざる, て形勢, て活動発展

▼ 周瑜程普~ (3, 0.1%)

1 に伝えます, の乗りこんだ, の二将

▼ 周瑜都督~ (3, 0.1%)

1 お気の毒, が示された, にこの

▼ 周禮職方氏~ (3, 0.1%)

1 とかと相違, など, に九州

▼ 周~ (3, 0.1%)

1 たる新, と呼ん, と持てはやし

▼ 周馬ずれ~ (3, 0.1%)

1 に, の恥, の悪党

▼ 周さんたち~ (2, 0.1%)

1 は船, は革命思想

▼ 周だの~ (2, 0.1%)

1 中川淳庵だ, 西村の

▼ 周つて~ (2, 0.1%)

1 居る, 行く

▼ 周といふ~ (2, 0.1%)

1 三代に, 先生の

▼ 周とは~ (2, 0.1%)

1 同じよう, 手に

▼ 周なる~ (2, 0.1%)

1 を知らず, 樹樹の

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 く山中, く見聞

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 その得意先, 馬琴なんぞは

▼ 周より~ (2, 0.1%)

1 はじまつたもの, 漢唐宋明を

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 助の, 助も

▼ 周二代~ (2, 0.1%)

1 に決められた, の禮

▼ 周以前~ (2, 0.1%)

1 に於, に楷書

▼ 周以後~ (2, 0.1%)

1 であるが, の銅器

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 からボツボツ, でやれ

▼ 周信これ~ (2, 0.1%)

1 が立派, はマズイ

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 では父, を是

▼ 周圍状態~ (2, 0.1%)

1 には不均衡, に比例

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 は士, は孟昌

▼ 周定王~ (2, 0.1%)

1 の, の子

▼ 周提督~ (2, 0.1%)

1 のお, はすでに

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 の政治, の確立

▼ 周梨槃特~ (2, 0.1%)

1 が行, 好もしげ

▼ 周櫟園~ (2, 0.1%)

1 が書影, の父

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 がその, の紂

▼ 周殿~ (2, 0.1%)

1 に御願申上, もお

▼ 周玄さん~ (2, 0.1%)

1 が, というお

▼ 周王太子~ (2, 0.1%)

1 などいずれ, 宜臼

▼ 周瑜魯粛~ (2, 0.1%)

1 などの宿将, にも勝る

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 という男, は成生

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 とこの, は生得不調法

▼ 周~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 が呼び出され, に王

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 という医者, は二人

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 から聴聞, をば実隆

▼ 周茂叔連~ (2, 0.1%)

1 と称えた, にも逐次

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 なり, の首

▼ 周迪成美~ (2, 0.1%)

1 であつ, の伯孝

▼ 周遍し~ (2, 0.1%)

1 て存, 以て

▼ 周~ (2, 0.1%)

1 といえ, に限らず

▼ 周馬の足~ (2, 0.1%)

1 はハッ, は軽い

▼ 周馬一角~ (2, 0.1%)

1 お十夜, をふりかえっ

▼ 周馬手~ (2, 0.1%)

1 をつかえ, を貸せ

▼ 周~ (2, 0.1%)

2 の両

▼ 周鳳様~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 周鼎漢彝玉器~ (2, 0.1%)

2 の類

▼1* [347件]

うもその筈, 周をえんた, 周くせぬの, 周く尽さざるなし仁寿年中此山, 周く知られた事実である, 周ぐれる祖先の, 周ごとに先登, 周さんみんな立って, 周さん自ら称して, 周さん薬が沸, 周さん頭が痛む, 周さん鳥が来た, 周すれば福, 周のという, 周だけは何の, 周つたらさすが興味, 周つた自家の家庭, 周すら太平, 周といったあんばいに, 周との開祖の, 周などをにわかにあつめ, 周なり周の, 周にたいして彼の, 周について歌道を, 周については有名な, 周になつて來た, 周にも俳優を, 周に対して残虐な, 周わりを取巻い, 周ニ重刑ヲ課スルモ幾寓人, 周リニキシロカインヲ注射スルソウスレバ手ノ痛, 周リモ気味悪クベト, 周一存を以て諸, 周一等と行き, 周一面頑丈な土壁, 周三のは些, 周三等の所謂大根, 周の一點, 周中三年生として下関, 周之後何爲殿彼不殿此耶, 周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 周二十フィート牛豕羊を食い, 周二居訪問いつもの, 周五里岸は皆懸崖, 周が乱, 周の言葉, 周人鼠のいまだ, 周今日は秦, 周仏海氏は日本, 周代以後は龜卜, 周代八百年の基, 周以來南朝輕綺の文體, 周以来粛慎扶余渤海等に属し, 周以覇統繼帝王變之極也, 周という人, 周といふ者, 周伯埼などを平江, 周信さんたちが凄い, 周信さん一人なん, 周信め妹めと何, 周信め小娘をあやつる, 周信自身が現れた, 周倉一名をつれ, 周倉左に関平, 周倉廖化糜芳などをあと, 周倉関平などみな杯, 周個人の研究室, 周な試験, 周を闕, 周八支里の城壁, 周公モ及バザルコト遠シ, 周公之後自魯外, 周公以上に富ん, 周公伊尹を氣取つて, 周公伝の一節, 周公恐懼流言日とはそれ, 周公流言を聞き, 周公獨りであるが, 周公自らも自分, 周の開戰不可避論, 周六氏の祕書, 周面積などの, 周凡五六丁と聞, 周初成王康王當時のもの, 周加藤弘之森有礼その他のうち, 周加藤弘之津田真道等という顔ぶれ, 周加藤弘之箕作麟祥の四先生, 周十五六間と云, 周十八インチ頭扁く濶, 周十周もし, 周南いま死ぬぞ, 周南先生の流儀, 周南周南いま死ぬぞ, 周南汝死なん, 周南汝日中午にし, 周南町上島田より, 周南螽斯篇のこと, 周南詩句の裡, 周召之遺與, 周君たちがせっかく, 周君ト相識リシハ初メテ蕃書調所教授手伝並タリシ日ニアリ, 周吾宅へも仕掛, 周咨録とか使職文獻通編, 周囘五十三里の佐渡, 周四五寸葉の径三尺許, 周の成立つ, 周圍一切の事情, 周圍一里の圓形, 周圍七里の一大湖, 周圍三丈長さ十餘丈, 周圍二十里面積三萬三千二百十町歩放牧區域七十二區各區, 周圍二十里面積三萬三千二百町歩放牧區域七十二區各區, 周圍二尺斗なるもの, 周圍五十三里の自然, 周圍五十里一十四町二十一間半下之島の沿海周, 周圍八里小沼を合せ, 周圍凡十六り許, 周圍十六里といへり, 周圍四十七粁でまるで, 周圍四十里とする, 周圍四里近いこの, 周圍戸屋根等に鋸挽, 周圍數里六十八峰天を刺し, 周圍構はぬ, 周圍關係を攻撃, 周圏波動の法則, 周の, 周浚の, 周圭字は羽山, 周にもとむ, 周壽昌の如き, 周に胡蝶, 周受に, 周大人がこらしめ, 周太常趙弟以下誰一人として帝, 周夷王所賜錦三百端と, 周孔以外の異教, 周に詩書禮樂, 周孫等はこれ, 周宣王に殺された, 周室衰へ春秋, 周少佐に面会, 周山々に囲まれ, 周崩解して, 周左衛門氏の宅, 周がやっ, 周平がそうした, 周平が一人で思い惑ってる, 周平が山崎が藤堂, 周の歸つた後, 周庵前田安貞高井元養等, 周庵清川安策雨宮良通三好泰令等であつ, 周建人をよび, 周廻三里五町というの, 周廻六里はあった, 周廻寛さ畝ばかりなるべし, 周廻幾ばかりもあらぬ, 周廻百里の舞台, 周さを, 周は二四万, 周得氏がどう, 周思想と特に, 周の重囲下, 周文あたりがこんな, 周文三阿弥それから狩野家, 周文化の中心地帯, 周文崋山蕭伯直入木庵蹄斎雅邦寛畝玉章熊沢蕃山の手紙, 周文雪舟啓書記秋月雪村また古, 周文霊彩啓書記雪舟秋月などの巨匠, 周斎老人は江戸, 周施屋から来た, 周旋已まざれば, 周易一家言曰く読書五十年この五部, 周易其実は爻象, 周易判断金亀堂という金文字, 周易尚書毛詩春秋左傳春秋三傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 周易尚書詩三禮三傳論語それから諸子, 周易活断績善堂加藤左伝次と記され, 周の久しき, 周あり名士, 周景初降る, 周曰年唐虞曰載とあり, 周書四十篇東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 周書隋書北史などに依ります, 周末戦国の時宋王, 周末戦国時代において今, 周末秦初七雄, 周本紀に, 周でつれ, 周を透い, 周といふ牛肉屋, 周樹人君と交際, 周樹人殿としてある, 周武王爲天子其後世貶帝號號爲王とあるの, 周し佐野天徳寺, 周殿石川玄常殿, 周という易者, 周とは全く, 周泰どのには甲, 周泰左の渓流, 周泰徐盛丁奉など, 周泰蒋欽呂蒙潘璋, 周泰軍に捕捉, 周泰陳武徐盛董襲なんどの雄, 周津田真道森有礼等に因り, 周流シ病者ニ応ジ薬ヲ売リ償ヲ取, 周なること, 周淮郡上丁物部竜の作, 周游中にさる, 周游中食盡きた時, 周游性を利用, 周游運動にもぐりこむのであつた, 周は甲辰, 周濂溪張横渠程明道程伊川これらの学説, 周玄これへ, 周玄さんお前なんざア是迄さんざ, 周玄先生という斯, 周玄黄八丈に黒縮緬, 周玉明だ, 周玉明少佐殿でありますか, 周王斉王湘王代王, 周王朝の政治組織, 周王湘王代王斉王をし, 周瑜あたりから云い出された, 周瑜これほどな, 周瑜らが帰った, 周瑜五万の先陣, 周瑜公となし, 周瑜大都督の下知, 周瑜孔明の首, 周瑜字を公瑾, 周瑜来らば, 周瑜死せりと噂, 周瑜汝ごときは, 周瑜自身の狭量, 周環視の軍士達, 周記により, 周に会っ, 周皆岩壁にし, 周皇帝のご, 周碩次男周策三男三蔵四男玄四郎が即ち, 周の中, 周祖武王をたすけ, 周神田孝平の諸, 周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 周禮大宗伯の疏, 周禮正義には劉敞, 周禮盡在魯矣, 周禮舊文也といつ, 周秦本紀あたりまでは彼, 周秦漢と代, 周穆王の八駿, 周穆王南征す一軍皆化, 周策三男三蔵四男玄四郎が即ち, 周として彬彬, 周組南一家のこと, 周し而, 周美成と正に, 周而外楚爲重黎祝融之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 周自身の心境, 周興嗣次韵の千字文, 周芳豊前に反抗事件, 周若くは其前, 周茂叔は彼, 周が胡蝶, 周行らの諸, 周行字は潭明, 周行往還出來る筈, 周が病死, 周衣氏は煙, 周西では, 周西伊南伊北庁南庁北の健児, 周西方面まで遠征, 周規律を諳記, 周視一巡以祓除不祥初生小児将渠含至獅子口中, 周訓黄帝力牧捷子曹羽郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 周に祖甲, 周諸君位のもの, 周走らされそれが, 周起し障塞漏, 周趙王の女玉姨, 周軒竜門寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 周軒魚住左衛門尉を先頭, 周軒黒坂備中守などの錚, 周で蘭軒, 周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, 周通称は昌太郎, 周する白象, 周道如砥とかや言, 周達夫である, 周達観の, 周郎ニ困メラレシトコロニアラズヤ, 周郎周郎と持てはやし, 周都洛陽にお, 周都督何しに, 周都督火攻めはどう, 周鐸等の陰事, 周長等王の急, 周に過ず, 周閣下も陸戦, 周は輪, 周の次に, 周頌魯頌あたりまでは爾, 周顕徳中遣使齎金, 周から外務省, 周馬あとへも退かず, 周馬おれはここ, 周馬お前はその, 周馬こんどは先頃手紙, 周馬めでご, 周馬め秘帖をつかん, 周馬ギラリと一刀, 周馬ゲタゲタ笑って, 周馬ニキビへ来る, 周馬バラバラッと表二階, 周馬ムクムクと身, 周馬一個人の立場, 周馬万吉と切ッ, 周馬三の木戸, 周馬五六寸ほど後ずさりし, 周馬今夜はおれ, 周馬以外に思いあたる, 周馬先生どど堂島, 周馬四分の力とみ, 周馬夢中で走ったかと, 周馬大手をひろげ, 周馬天堂一角そしておれ自身, 周馬孫兵衛の三人, 周馬引金をひいたら, 周馬御存じの牧仲太郎, 周馬悪党のくせ, 周馬感服しましたわい, 周馬有村の四人, 周馬無情な平手, 周馬目をねむっ, 周馬秘密の渦路, 周馬総髪で納まっ, 周馬腕に器量, 周馬腰から鍵, 周馬舌うちを鳴らし, 周馬血達磨のよう, 周馬隙を狙っ, 周して, 周魴以下数十人が皆, 周あり文正, 周の在る, 周齊曾がある