青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「国家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

固~ ~固く 固く~ 固定~ 固有~ ~国 国~ 国内~ 国境~ ~国家
国家~
~国民 国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~ 園~ 圓~ 圖~ 團~

「国家~」 4488, 48ppm, 2407位

▼ 国家~ (1610, 35.9%)

127 ために 15 為に 13 ためだ 9 起源を 7 ためと, 名に, 秩序を 6 ためにも, 利益を, 大事を, 意思と, 為めに, 運命を 5 ためには, 上に, 公民では, 基礎を

4 [12件] ための, 中に, 事業として, 体面を, 公民として, 干城たる, 手に, 権力は, 独立を, 総力を, 起源, 間に

3 [28件] すべての, ためである, ためという, 一員である, 事を, 保護を, 刑罰機関の, 利害と, 前途を, 力で, 危急に, 大事に, 大事の, 威力が, 威力を, 安危を, 干渉を, 形態を, 政治に, 本質を, 権威と, 機密に, 為とか, 独立と, 目的は, 目的を, 経済を, 財政を

2 [103件] すがた, すべてを, ため, ためか, ためです, ため命を, 一大事である, 不幸を, 中へ, 主体性を, 事は, 亡びるその, 代表者として, 体を, 倫理との, 全能力, 公正な, 円満な, 刑罰なる, 刑罰を, 利害を, 利益に, 力が, 危機を, 原素, 収入を, 名において, 名によって, 君主は, 問題に, 大なる, 大事と, 大事は, 大事業, 大問題, 大本に, 大法を, 大礼先祖の, 存亡を, 存在の, 存立といふ, 存立発展の, 安全と, 安全を, 安否を, 安寧を, 対立対立に, 将来は, 建設と, 建設に, 御為, 急に, 急を, 意志と, 意思を, 成立の, 手で, 損失である, 損失を, 政権を, 政治が, 政治は, 政治を, 方が, 方で, 方針が, 服を, 本当の, 柱とも, 柱石たる, 概念と, 権力と, 権力によって, 権力を, 歳計を, 法を, 法律の, 法律までが, 法律を, 滅びるその, 為, 為めにも, 理想を, 生命と, 生命の, 用に, 目指すところ, 秩序が, 秩序も, 組織に, 経済に, 経綸を, 統治者としての, 義務だ, 蝦夷に対する, 見地より, 起源に関する, 進路を, 運命は, 重大事, 重要な, 階級的権力による, 革新を

1 [1031件 抜粋] あらゆる段階, あらゆる資源, ある役所, うける束縛, うちにさえ, お役に立たなく, お役所, かわりに, ことから, ごとく見えながらも, すみずみまで, ためことに, ためその他あらゆる, ためで, ためといふ, ためとは, ためどれだけの, ためなり, ためにという, ためばかり, ためまたは, ため一地方の, ため世界の, ため先生の, ため善良なる, ため実に, ため役に立つ, ため房枝は, ため死を, ため無用の, ため社会の, ため若い, ため貞盛は, ため身命を, と云ことハ, なすべき仕事, ほうが, もとに, ものだ, もんだ, ような, 一つであり, 一体的な, 一員でない, 一員としての, 一大事とも, 一大事について, 一大変と, 一大目的に, 一年位に, 一機関でなけれ, 一機関な, 一節であり, 上将たり, 上記の, 不利また, 不可欠で, 不幸は, 不正行為を, 与うべき報酬, 世界史的使命の, 両者に, 中の, 主宰者社会の, 主権者が, 主要機関の, 予算を, 争覇戦に, 事から, 事のみ, 事より, 事件を, 事業なりとの, 亡びるか, 人民からさえも, 人間には, 今日旧, 仕事として, 代わりに, 休戚に関し, 会議に, 体制に, 体面に, 併合を, 価値と, 保護に, 保護干渉を, 信用を, 俸禄を, 偉大さの, 債権者に, 元勲が, 元気索然として, 元老として, 元老特に, 元首として, 入用を, 全体の, 全機構, 公の, 公問題と, 公民であり, 公民に, 公的な, 公益, 公認した, 公道を, 典形, 再建という, 出現する, 刑罰そのものに対して, 刑罰の, 利害から, 利害に対する, 利得と, 利益, 利益でも, 利益なり, 利益にも, 利益よりも, 制度においても, 前途が, 創作最高指導機関たる, 創立を, 創造の, 力を, 功労者である, 功労者の, 勃興し, 勃興に, 勝手である, 勢力なる, 危急を, 危機とは, 危機に際しては, 危殆を, 危険でも, 厚恩を, 収入が, 取締りも, 叙任を, 号としては, 各種の, 同じ地域, 名としては, 名を, 君主の, 命令とは, 咄し, 問題であり, 問題平和と, 善良な, 困難を, 国民の, 地位に対して, 地歩は, 垣に, 基礎が, 基礎の, 変に, 外壁と, 大きなこと, 大きな行動, 大を以て, 大事が, 大事である, 大事という, 大事な, 大事についても, 大事も, 大人物たる, 大任です, 大勢定り, 大危禍, 大器では, 大官は, 大幸という, 大患という, 大本へ, 大祭日に, 大秘密, 大綱を, 大老と, 大計と, 大計を以て, 大道と, 如何なる大, 姿でも, 威信に関する, 威勢も, 威権の, 子供として, 存在した, 存在を, 存廃には, 学制を, 学殖ある, 安危と, 安危にも, 安危容易ならざる, 安寧社会の, 安寧秩序を, 安泰蒙, 完成と, 宗廟を, 官吏であっ, 官業たる, 定義, 定義は, 宝を, 宝物という, 実情に, 実際の, 害を, 富と, 富力を, 富強を, 審判に, 対立ある, 対立が, 対立を, 将来に, 将来の, 小なる, 尺度, 巣窟と, 常套語でしか, 干城これを, 干城として, 干城に, 干渉が, 平時有時を通じて, 年中行事を, 庇護の, 建設を, 建設及び, 当然の, 形態についての, 役に立つかといふ, 役に立つ人間, 役人達も, 御為命, 御用専門家は, 必要との, 必要なる, 必要によって, 必要上設けられた, 志士仁人たる者は, 忠良息子万歳っ, 急なる, 急敢, 性質を, 恒久的機関を, 恥辱であろう, 恥辱に, 恩典について, 恩沢と, 恩賞を, 患が, 情報網として, 意志であります, 意思として, 意思も, 態を, 慶事である, 慶事みたいに, 憲法の, 成員の, 成立即ち, 戦争準備に対する, 戸籍に, 戸籍面に, 所有物を, 手では, 指導的職能を, 提供する, 損な, 損失では, 損失な, 損耗でも, 支給で, 支配下とな, 支配者と, 政務や, 政権獲得を, 政治には, 政治も, 政治作用を, 政治的推進力と, 政策が, 政策若しくは, 教育政策として, 文化政策と, 文化水準統一に, 文化的基礎を, 文学は, 文明上最も, 新形成, 方よりは, 方針を, 施設を, 日本は, 旧伝, 暗黙の, 最も憂える, 最上である, 最上首長に, 最奥深, 最良の, 有するあらゆる, 有益である, 本質, 本質と, 本質について, 本質は, 枢機に, 柱石たらしめる, 柱石と, 柱石に, 柱石資本主義の, 栄誉の, 根本法という, 棟梁じゃ, 概念に, 構成分子たる, 模範だ, 権利夫から, 権力で, 権力階級にも, 権威も, 樹立以後における, 機能国民の, 機関として, 機関は, 正しい名, 正式の, 歳出に, 歴史として, 段階に, 母さんだ, 民として, 永続に, 治乱興亡の, 治癒力な, 法則とを, 法律あれ, 法律にも, 法律家として, 活力と, 消長とを, 混迷を, 演劇政策への, 為す所, 為なら, 為めだ, 為めには, 為ニて, 無生気, 物である, 特有の, 特殊なる, 特色が, 特質を, 狂暴な, 独立興廃にも, 現われなかったの, 現実が, 理念とに関する, 理想と共に, 理想または, 理想的な, 瑞祥を, 生命は, 生活を, 生産の, 生産能力が, 産業計画に, 由々しき損失, 痛恨事である, 発展といふ, 発展の, 発展を, 発生, 盛衰にも, 盛衰興廃に, 監獄が, 目的い, 目的も, 看視, 研究者たる, 破壊新, 確立という, 礼を以て, 神殿で, 祷りを, 禍いと, 秘事に, 秘密に, 秩序に, 種々の, 積極的参加が, 立場から, 立法機関を以て, 管理社会主義の, 籍帳に, 精神に, 精髄たる, 組織あるいは, 組織は, 経典以上の, 経営を, 経済だ, 経済上から, 経費に対する, 統一および, 統一せられた, 統一に関する, 統一は, 統制が, 統制下に, 統制的構成下に, 統制組織が, 統治とを, 絶対的全体性が, 綜収および, 緊急費に対して, 総力の, 総動員といふ, 繁栄にと, 繁栄は, 罪悪たら, 聖なる祭壇, 背後に, 膨脹が, 膨脹的欲望より, 自ら掌る, 自由だけは, 自由の, 至上命令と, 至宝である, 興亡にも, 興廃に, 興廃存亡は, 良民であります, 萌芽は, 蒙る特有, 藩輔と, 行政の, 装飾と, 補償が, 要求に, 要請とかいう, 要請によって, 要録, 規定は, 観念だ, 計画的, 設計は, 認むる人民が, 誕生, 課税し得る, 談論風発である, 諸経験, 警察力を以て, 議場にも, 負担に, 負荷は, 財源と, 責任で, 責任を, 資本を, 赤坊さ, 起源は, 起源論は, 軍隊の, 軍隊や, 連合などに関する, 連合軍によって, 運命が, 運命とを, 道場と, 遙か, 配慮とは, 重きを, 重任に, 重職に, 重鎮である, 鉄の, 鎮護たるつとめ, 間では, 関係であった, 隆昌に, 隆盛期には, 青年の, 非常時に, 非常費を, 面目を, 頃には, 風俗警察という, 飾りだ

▼ 国家~ (261, 5.8%)

2 [11件] 世界の, 何処までも, 富んで, 従うの, 懐抱する, 教会とか, 独占し, 科学政策を, 組織される, 許して, 許し法律

1 [239件] あったらそれだけ, あらゆる偏見, ありましょうか, あり特に, あると, あるという, ある以上, いたましいやう, いつも出来る, おさまるでしょうか, こうした対立, ことしの, この日本, この点, この重要, これを, さかんに, しかもなおよく, そこに, その, その人物, その全体性, その国, その拠り, その政策, その権力的, その権威, その民主的進展, その発展途上, その税, その種, その貨幣, その防遏, その陣営, それらの, それを, ともかく一定, とりあげること, どう生産, どのよう, ない, なくなること, なく彼ら, はじまる, はじめて諸, ほとんどいずれ, ほとんど不断, みな同, もしある, より以上大切, わざわざ金, ゴタゴタし, ヨーロッパにしか, 一大家族であるなら, 一度これ, 不健全に, 世話すべきだ, 亡びるよう, 享くべき, 人民の, 今ある, 今日まで, 今日世界に, 他の, 代って, 伝統を, 何故, 何程の, 作られたよう, 侵略的野心を, 保存する如く, 保護する, 保護金を, 個人に, 倫理的実体であり, 先づ, 全般的な, 其の子供, 内に, 出して, 出そう, 出来上りました, 初めて歴史, 利益を, 割前を, 創り出した寄生虫的官僚政治, 力強く育ち始める, 勲章の, 危くなれ, 危急に, 各国家, 各自自分の, 君たちに, 君臨する, 吾, 命じて, 固まつて後, 国家でなくなり, 国民生活としての, 国費を, 埋れ木に, 基督教徒に, 外国に, 夙に命じ, 多く成り立っ, 多少の, 大切だの, 天からでも, 如何に, 始まらぬ前, 始めて, 嫉妬深い, 存在した, 実現され, 家族国家である, 家族的精神によって, 専制国家から, 少しも, 崩壊し, 己れ, 帝国主義を, 平和の, 年々ある, 幾つにも, 建設された, 強く富まなけれ, 強制的に, 強大である, 役人に, 彼から, 彼らを, 徐々にパラゲー, 心要と, 必然に, 必要と, 意識せられた, 憲法を, 成立し, 成立って, 成立つの, 我々にとって, 或る, 戦争を, 戦力を, 承知しない, 折角, 拡がるにつれて, 支弁し, 故意又は, 救済し, 教会の, 教育制度を, 文化政策の, 文芸政策の, 新聞記者の, 日本民族を, 映画や, 最大の, 望むと, 未だ天皇, 来って, 栄えれば, 概して小, 権力で, 次第に発達, 殆ん, 民族として, 法律の, 法治主義的に, 法的に, 泰平の, 海賊の, 滅びるか, 滅びると, 無力なら, 無造作に, 狭小な, 現に何, 現に進みつ, 現実に, 現状に, 生れ出た, 生産目標を, 発生し, 百万の, 百万を, 皇室を, 監獄とか, 目下苦しん, 直面し, 真に自覚, 知らぬふう, 社会施設として, 私に, 私を, 私闘を, 科学政策に, 科学研究に, 種々の, 積極的に, 究極において, 窮境に, 立ち行きますまい, 第一次大戦後欧州, 米穀の, 精神的才能の, 紊るる, 統一せられた, 統制とか, 義務として, 育つべきもの, 育児に関する, 膨脹的運動を, 興ったの, 興って, 芸術なんかを, 茲に, 著作権或は, 衝突しよう, 被害者に, 補助し, 計画的に, 認めて, 警察網司法権刑務所の, 豊かに, 負担し, 負担する, 財政的負担を, 貨幣を, 賃銀制その他を, 身の代金保管に関する, 軍備拡張や, 金の, 鋳造料を, 隆昌し, 非常な, 顛覆し, 類に, 高唱され

▼ 国家~ (258, 5.7%)

8 代表する 7 して 4 否定する 3 形成し

2 [18件] うれへ, コンパスで, 代表し, 傾けんと, 単位又は, 媒介と, 学問技芸を, 形作って, 樹て, 殺すなり, 犯して, 理想と, 益すること, 統治せられる, 蔑に, 論じて, 論じる必要, 高めたいと

1 [200件] あやうくしよった, あやつって, うしない又は, うれへるの, きらうふう, ただ現実的, つくって, つくると, どうする, なしたとも, なして, なすべき本質, ほかに, むけようと, パレスタインに, 一人で, 一団と, 世界に, 予想し, 事と, 云々し, 亡滅する, 代表すべき, 代表せん, 作ったとしても, 作り出したの, 作り社会, 作るという, 保つこと, 保護し, 個人の, 光栄と, 再び固, 再建する, 再来いたしまし, 利するの, 利益社会的に, 創り上げて, 創造し, 創造した, 助くる超, 単位と, 危うきに, 危うくする, 危くし, 危くする, 危殆に, 危殆へ, 危険に, 向うへ, 否定し, 呪ひ, 啓蒙しよう, 営んで, 国家として, 土台に, 大きくし, 委ねて, 安んぜよ, 安んぜられるよう, 安んぜんと, 完成しよう, 害すること, 害する腐敗, 富ましめること, 富まし人口, 富強に, 尊重し, 小さくし, 展開する, 幸福で, 建設しよう, 弱め人心, 形づくって, 形づくる一細胞, 形作るには, 形作る所以, 形成する, 形成せね, 形造ろう, 必要と, 忘れるが, 忘れろとは, 思ふ, 思わいでも, 愛しあらゆる, 愛し宮廷, 愛し社会, 愛すると, 愛するは, 愛するもの, 憂いて, 憂うるもの, 憂うる赤誠, 憂えるもの, 憂と, 憂ふるに, 懐うの彼は, 成すこと, 成らしむという, 成らしめん, 手だまにとって, 持たない少数民族, 持つこと, 持つ欲求, 持とうと, 指示する, 排斥し, 推断す, 揮廻し, 操縦した, 支える大黒柱, 支え故, 支配し, 救うつもり, 救ったとも, 整理し, 最高の, 極端まで, 構成し, 標準と, 樹立しなく, 欲し, 殺すが, 毒する大賊, 民族を, 治むる所以を, 治めようと, 治める重任, 治めんや, 泰山の, 無的国家, 無視し, 犠牲に, 理想へ, 異にし, 発明しました, 益し, 目標と, 相手に, 知りそれ, 破り人, 破壊し, 破壊しよう, 破砕から, 社会から, 窮地に, 築きあげる努力, 純封建的搾取体制, 組織する, 組織づける, 経て, 経営しよう, 経営する, 経理せん, 経綸する, 統一し, 統一する, 統制し, 統制指揮する, 統治せず, 維持する, 緊張せしめる, 背負って, 脅かす敵, 自己の, 興復する, 表わすこと, 表わす場合, 表わす義, 要しないもの, 見るに, 見るもの, 計画し, 誤り給わぬ, 調理する, 論じたもの, 論じた方, 論じるなどは, 論じ合ったの, 論ずるつもり, 論ずるの, 論ずるよう, 護るため, 買収し, 蹂躙し, 転覆する, 軽んずるの, 軽視する, 辱か, 辱めるか, 逆境に, 造ったところ, 造るべき分子, 造ろうと, 過つよう, 重視する, 離れて, 食いものに, 飯の

▼ 国家~ (210, 4.7%)

7 充分な 6 於ては 4 とつて, 分れて 3 於て, 枢要な, 枢要なる, 貢献し, 貢献する

2 [12件] 僕婢や, 功労の, 取って, 向って, 奉仕する, 尽すの, 属して, 忠誠を, 有用な, 真理が, 統一せられた, 非ず

1 [150件] あって, あつて, おけると, かくの, かけたかと, かたよって, きびしい法律, して, せよ階級, それを, つかえつつ, つくす義, とりまた, とりより, どれほどの, なったと, ならなければ, なりましてから, なること, なるため, なるの, なれば, なれるの, ふさわしい優秀, まとめ上げて, 一寸の, 一挙飛躍する, 三人, 不吉な, 世界史的使命の, 交付しなく, 仕えて, 仕えるふり, 仕える公職, 代々伝わった, 代って, 伝わる一大秘密, 似て, 何の, 何物をも, 依頼し, 保護される, 信頼する, 偉大な, 僅少の, 入る以上, 其れ, 分たれて, 功あり, 危害を, 危険なり, 危険を, 及び遂に, 反抗した, 収めことごとく, 取りあげ憲法, 取りつかれたよう, 取りて, 合せられる, 向かって, 在つて, 在り, 報じ下, 報ずる時, 報ゆる, 多かれ少なかれ伴う, 多大の, 奉じること, 威厳が, 子供を, 害あり, 害ある, 害を, 寄附し, 寄食する, 尽くす志, 尽した功労, 尽す方法, 属したもの, 属したる人民, 属し自由, 属し郡役所, 属するから, 属するので, 属するもの, 帰着する, 形式主義が, 役立った場合, 役立つ人間, 御奉公, 必要である, 必要と, 必要な, 必要なり, 必要なる, 志ある, 応用した, 指定し, 指導的職能ある, 捧げたるの, 捧げた命, 捧げて, 捧げること, 提供し, 提出する, 支払われるならば, 支払われるもの, 文化政策といふ, 於ける主権者, 於ける又は, 於ける支配的勢力内部, 於ける新聞, 於ける演劇, 於ても, 明示する, 最も必要, 有害と, 有用だ, 有益な, 有益の, 服属した, 望みを, 極度に, 欠くべからざるもの, 没収せられた, 法律が, 特有であり, 発展した, 積極的な, 組織化された, 給を, 統一せられない, 職務を, 表向き間に合わん, 要求すべし, 要求する, 規律なき, 託して, 認められず公民, 警告を, 負ふ, 貢献したる, 貢献しよう, 贈る, 辺事あり, 通常見られる, 隷属し, 隷属する, 非ざる, 非常な

▼ 国家~ (187, 4.2%)

4 これを, 人民の 3 それを, 国家の 2 人民を, 個人の, 全力を, 国民全体の

1 [165件] あぶなくて, あまり遠, あらざるなり, あらゆる機能, あるいは変化, あるまい, いま少し, いよいよ安全, かかる意味, こうした大, ここ数年の, このよう, この吾, この理論, この私有財産, この道, これが, これと, さっさと消えた, そのため, その主要成員, その優れた, その市民, その特質, その独自, その生産物, それだけ衰える, それ自身が, ただ人を, とんでもない, ないほう, なくそれ以後, なくなって, なんとかし, なんの, ふたたび面目, みずから進ん, もはや政治, よし過去, われわれ普通の, ソヴェトが, ビクとも, ブルジョアジーの, プラトンで, 一定の, 一家族の, 一日も, 上に, 世界住民の, 主に, 之れ, 亡びても, 亡びるの, 人形芝居に, 人生目的の, 人間の, 今如何なる, 今蕭何の, 仏法の, 他の, 他国に, 何の, 何よりも, 何時までも, 保護を, 偉くなる, 働く者同士, 先ず国防献金等, 先祖より, 共同体的に, 内国民, 労働者の, 労働者を, 動乱の, 半ば死せる, 単なる政府, 単に個人, 即ち普魯西, 厳密に, 各自世界的使命を, 同時に家族的団体, 国家本来の, 国民の, 夙に演劇, 大切かも, 夫, 子の, 安泰である, 実現されない, 家族とは, 対外的に, 封建国家と, 少なくとも在来, 少数の, 巨額の, 已に不正, 帝国主義で, 常に全体, 平和と, 平等に, 強制的な, 強大でなけれ, 強大天下に, 彼の, 後に, 必ずしも同一, 恰も数学, 悪である, 我敵だ, 戦争, 戦争を, 戸籍を, 戸籍簿から, 支配階級の, 改善されるべきである, 救って, 教会と, 教会を, 数千年来の, 日ましに, 日本民族と, 更に新た, 最高の, 柱石を, 歴史の, 永久的存在である, 永遠かも, 治まらないなどと, 法定率以上を, 法律によ, 法律の, 法秩序の, 滅亡の, 無的, 物資の, 独占的貨幣鋳造権または, 独立する, 理解し愛する, 皆小さい, 直ちに一, 直接に, 矛盾なき, 社会の, 社会的な, 租税によって, 聖書で, 能く, 自国を, 自然に, 菩薩国に, 衰微の, 貧民に, 資本家では, 農業者の, 速かに, 遂に見苦しく, 遅くも, 過去数十年来あれ程, 適者として, 金が, 長い歴史的過程, 陸海軍合わせ, 険悪な, 階級的な, 静止し

▼ 国家~ (119, 2.7%)

5 国家との 4 国家の 3 他の, 個人との 2 いうよりも, いわねば, 云って, 国家とが, 教会とは, 社会との, 見なすの

1 [90件] いいますか, いい法律, いう, いえるもの, お題目を, した, その向う側, その役人, その道, それを, どういう具体的, なし大陸, なったと, ならなければ, なりいくたび, なりさらに, なりそれ, なりつつ, なる, なること, なるため, なるに, なるの, なるまでは, なる事, なる即ち, ひそかに, 一己人の, 世界との, 世界への, 世論とは, 云うもの, 云う形式, 云っても, 云ふ, 交渉を, 人民との, 他人たる, 何んの, 個人の, 全く異, 全体主義国家の, 友好的な, 同一の, 呼ぶも, 国家が, 国家と, 国家民族と, 国民とは, 国民生活との, 基督教て, 宗教は, 家の, 対立する, 平等に, 役人とが, 戦争し, 戦敗的国家との, 教会から, 教会とが, 日本の, 殊ならず, 民族とに, 民衆が, 法律と, 演劇政策, 演劇芸術の, 男性との, 異ならないし, 相容, 相容れざる, 社会とによって, 社会とを, 社会への, 称せられる意味, 結合し, 考へて, 自己の, 自称する, 自称せず, 誇るには, 調和し, 資本と, 資本主義国家との, 鉄の, 関するところ, 関係を, 離れては, 革命, 騒ぎ廻る

▼ 国家~ (89, 2.0%)

2 なもの, なスケール, な問題, な対立感情, に孤立, に省略, 大事業, 超民族的

1 [73件] であった, である以上, でなければ, なるもの, な事変, な事業, な仕事, な保護, な典儀, な国民的, な大, な大変, な大川周明, な存在, な存在者, な宝, な或いは, な損失, な権力, な機能, な正しい, な理想, な瑞兆, な神事, な私, な立場, な統一, な統制秩序, な言辞, な財産, な道徳的協同, な配慮, な重大時局, な集団発狂, な黒幕, に, にみ, にもこの, にもない, にも世界的, にも唯, にも益々, に亡びるであらう, に大切, に強制, に従っ, に最も, に有用, に栄えるであらう, に構成, に発現, に社会的, に膨脹, に行われる, に見, に誇っ, に重い, のもの, の事業, の問題, の大, の精神, の緊張, の衛生問題, の見地, もしくは世界的, 乃至社会的使命, 又社会的, 及び市民的, 大方針, 従って, 若しくは世界的, 非社会的

▼ 国家主義~ (80, 1.8%)

2 すなわち干渉主義, という, の時代

1 [74件] から共産主義, から出, がだんだん, が人類, が勢い, であります, であると, でなければ, でもあり, で押し通す, とから解放, とか民族主義, とにより, との間, とは政府, と単なる, と定まっ, と日本, と社会主義, と絶対主義, と訳した, ないし無, なぞはとても, などはやがて, なりとなす, になっ, にまで豹変, に利用, に危険, に反対, に堕する, に於ける, に私淑, に賛成, に逸脱, のうらがえし, の上, の作家たち, の全盛時代, の反対, の合言葉, の大, の如き, の実行, の影響, の感情, の新聞, の新聞紙, の残骸, の犠牲, の考えかた, の連中, の関係, はかかる, は一, は畢竟, は真, への疑問, も社会主義, や無, を取る, を奨励, を実行, を弥益皮相, を日本, を標榜, を樹立, を知る, を脱した, を表現, を金城鉄壁, を齎, 若しくは社会政策, 言い換

▼ 国家社会~ (61, 1.4%)

8 のため 5 の為 2 の問題, の守護神, の成立

1 [42件] からどれ, が全体, が幻滅, ではありません, において己ら, に取っ, に対する根本的要求, に対する責務, に残す, に真に, のあらゆる, のため相当, の内容, の利益, の制度文物, の将来, の小学教育, の手, の政策, の曲がった, の歴史, の為め, の特質, の理想, の生存発達, の福利, の組織, の繁盛, の進歩, の進歩発展, の運営, の重大問題, はたえざる, は言うまでもなく, ほど健全, もそれだけ, を利する, を危く, を患うる, を組織, 並びに四囲, 及び基督教

▼ 国家という~ (46, 1.0%)

5 ものは 4 ものが 3 ものに 2 ものの

1 [32件] ことばを, ことを, ものと, ものについても, ような, 一人前らし, 一般社会の, 上級の, 全体が, 別個な, 団体に, 大きなもの, 字が, 字を, 宗教を, 実体が, 形態も, 斬新な, 方が, 既定の, 有機体にも, 機構の, 現在の, 範疇さえが, 範疇を, 範疇を通じて, 範疇社会という, 脂肪層の, 観念が, 観念は, 言葉と, 語は

▼ 国家として~ (41, 0.9%)

2 第一

1 [39件] この任務, そして国家, とらるべきだと, まことに危険, ヤマトの, 不可欠の, 今日より, 内外に, 切るテイプ, 前衛的な, 十分の表彰手段を, 取返しの, 国民として, 国際場裡に, 威を以て, 存在した, 存立し, 存立し得ない, 完成し得た, 強大な, 手を, 政治的に, 新発足, 日本の, 日本民族の, 明らかに, 植民地に, 欠くべからざるもの, 永くこれ, 生きるため, 生産上の, 発展の, 目的なし, 真に革命, 知る世界, 立てて, 統一せられ, 集団的に, 非難すべき

▼ 国家権力~ (41, 0.9%)

4 と神道 2 である, というもの, を背景

1 [31件] から導, がある, が或は, が権力, さえなけれ, として自身, と対等, によって行政, によつて禁止, による行政上, に対して何等, のこの, のよう, の命令, の圧迫, の大樹, の実質, の干渉調停, の当事者, の歪曲, の私的複製, の表現, の複製, の鞏固, よりも民主的, をめぐってなされる, をもっ, を善用, を延ばそう, を総動員, を解体

▼ 国家~ (38, 0.8%)

4 社会も 2 ある, ないもの, 亦確立, 個人も

1 [26件] あるし, あるなり, さういふ処, その他の, その値打ち, その国土, そもそも権力闘争, それ相当に, とんだ片腹痛い, ない, なければ, また普通, また法規, 亡ぶと, 亦政策, 保証する, 国々も, 大発展, 役人も, 死滅する, 滅びやすい, 父母も, 独立すべきなり, 産業も, 社会的な, 自国の

▼ 国家~ (33, 0.7%)

4 民族の 2 社会が, 社会の, 社会制度の, 部落の

1 [21件] ファッショ国家の, ローマ帝国は, 世界や, 人生や, 党や, 唯物論国家や, 大資本, 専制国家の, 愛国を, 政治の, 歴史と, 民族が, 民族其の, 法律さえが, 法律や, 社会に, 社会団体が, 科学や, 等族国家, 財界の, 風紀や

▼ 国家としての~ (30, 0.7%)

3 日本が, 面目を 2 国家, 日本は

1 [20件] あらゆる条件, ローマには, 一元的文化政策の, 不可欠の, 全機能, 名称は, 国家な, 大理想, 封建制な, 弱体を, 栄誉を, 歴史が, 活動期である, 発展に, 発達を, 秩序は, 称呼と, 組織を, 道徳的義務が, 重大問題の

▼ 国家から~ (28, 0.6%)

3 その存在

1 [25件] うけた特別, もらう, 一万五千フランの, 何にも, 保証されない, 保護を, 公民として, 動員され, 区別された, 命令し, 報酬を, 存在を, 折角平民, 指導者と, 授与された, 特許権を, 独立した, 発しそして, 立憲国家の, 職務や, 補助を, 見ても, 認められて, 酬いられた人, 金を

▼ 国家意識~ (26, 0.6%)

2 が出, を出しかけた, を破る

1 [20件] が行き, が進む, と最も, と結びつい, に改まりかけ, に眼ざめ, の旺盛, の根柢, の欠乏, の浸潤, の現れた, の盛ん, の行き, をもともと, を叩き覚ます, を喚起, を持つた, を最もよく, を深く, を高め

▼ 国家機関~ (23, 0.5%)

2 としての大学, の機能

1 [19件] である限り多分, で間, とし, としての, としての機能, と云い, に非, の中, の分配上府県道庁, の助け, の基礎, の発動, の線, の行動, はすでに, もあり, も不, を占領, を組織

▼ 国家建設~ (22, 0.5%)

4 の大業 2 とは兵備そのもの

1 [16件] といふ極めて, に一身, のイトグチ, の一区処, の仕事, の体制, の努力, の夢, の理想, の衝, の責任, はたちまち, への新しい, への進路, を企図, を語る

▼ 国家に対する~ (21, 0.5%)

1 [21件] 三分の利子の, 不平反抗, 公念の, 利害関係とは, 功績と, 忠愛の, 忠節も, 最大の, 最高の, 有する利害関係, 服従心とか, 生産性または, 義務が, 義務です, 義務を, 自由との, 誠実と, 誠実や, 負担も, 負担を, 関係を

▼ 国家民族~ (20, 0.4%)

3 が自己 2 が何処, が各自, を否定

1 [11件] が緊密, が自己自身, と民族, と結びつき, の世界的自覚, の各, の消滅, の独自性, の進展, もそれぞれ, も単に

▼ 国家との~ (19, 0.4%)

3 間に 2 間の

1 [14件] 保存を, 分離などを, 利益に, 威信は, 対立と, 対立は, 戦である, 敵であった, 生活を, 衝突の, 資源は, 軍事的施設に, 関係, 関係を

▼ 国家組織~ (19, 0.4%)

3 の中 2 の大体

1 [14件] が次第に, との発達, に関する事項, のこの, のなされる, のまとまる, の中心, の完成, の根底, の理想, の進んだ, の運営, をもつ, を完成

▼ 国家とは~ (18, 0.4%)

1 [18件] いえない, いひ条, この意味, その精神, それぞれ固有の, 一切衆生を, 一藩を, 人間の, 何かという, 傍らへ, 別だ, 国民に, 最高で, 根本的に, 軍は, 軍人の, 較ぶべく, 離れ得ないもの

▼ 国家社会主義~ (17, 0.4%)

1 [17件] かそんな, が如何, すなわち国家専制法, とはどういう, とは何, に対する精神科学的批判, に片づけよう, のやう, の如き, の宣言, の形, の理論的検討, はあれ, はむろん, は労働者, を提唱, 乃至ファシズム

▼ 国家とか~ (16, 0.4%)

3 社会とかいう 2 民族とかいう

1 [11件] 会社銀行とかの, 君の, 国家に対する, 国民とか, 日本とか, 東亜の, 民族とか, 民族とかに, 芸術とか, 議会の, 階級とかいう

▼ 国家なり~ (16, 0.4%)

3 社会なりが 2 有志家なりの, 有志者なりが 1 個人なりが, 有志家なりから, 有志家なりが, 産業組織なりが, 社会なり, 社会なりから, 社会なりの, 自治団体なりに, 詩人も

▼ 国家機構~ (15, 0.3%)

2 の上, の壁

1 [11件] であったの, による宣伝機関, に基い, に於ける, に直面, のすべて, の一要素, の壮大, の解剖, は搾取階級, へ参加

▼ 国家活動~ (15, 0.3%)

2 の重点

1 [13件] が, が今日, が必要, でありその, のあらゆる, の一部, の全体, の原動力, の源泉, の綜合機構, の要点, はあらかじめ, をその

▼ 国家百年~ (15, 0.3%)

7 の計 4 の大計 1 の将来, の文化政策, の経策, の謀

▼ 国家警察局~ (15, 0.3%)

2 の次長, へも都市警察庁

1 [11件] からも都市警察庁, から応援, とても最大, にも都市警察庁, のもの, の手, の次長さん, の腕利きたち, の諒解, へだけは手配, へ電話

▼ 国家~ (15, 0.3%)

2 に持久戦争

1 [13件] では相互, に於ける, に行なわれた, の争い, の全面的, の利害等, の戦争, の武力闘争, の泥仕合的排外主義, の略奪戦争, の緊張, の闘争, の隔意

▼ 国家に対して~ (14, 0.3%)

2 申し訳の

1 [12件] 債権者と, 大臣の, 寸善尺徳を, 御軍役その他, 我々の, 申しわけが, 竭すべき, 義務を, 自覚する, 責任を, 起りたる精神, 軍事上の

▼ 国家にとって~ (13, 0.3%)

1 [13件] その富, より不利, 代わった場合, 何らの, 何ら実益, 利益を, 大きな課題, 少しも, 最も必要, 有用で, 緊急事なる, 重大な, 須要な

▼ 国家への~ (12, 0.3%)

1 [12件] ご奉公, サーヴイスの, 功労としては, 協力を, 反抗だ, 奉仕といふ, 奉公を, 御奉公, 感謝感激の, 捧げもの, 歩みを, 発展と

▼ 国家主義者~ (12, 0.3%)

2 の正義, は大抵 1 か軍国主義者, がゆるんだ, だと, であり王党, である, でね, としてその, はその

▼ 国家問題~ (12, 0.3%)

2 である, になっ 1 だからね, であり社会問題, でございますから, です, については当局, に属す, に昂奮, に関係

▼ 国家目的~ (12, 0.3%)

2 を達成 1 には少なくとも, に副, に応じ, に最も, に結びつけ, に統合, に適合, のため, を実現, を無視

▼ 国家観念~ (12, 0.3%)

1 [12件] がない, とを中心, と近代科学, と道義観念, などは年少, には主要, に拡つて, に燃え, の欠如, も亦, やを通してどれ, より打算

▼ 国家による~ (11, 0.2%)

1 [11件] 信任と, 処の, 出版と, 労働問題対策の, 干渉主義が, 強制からの, 教育という, 法解釈の, 独占形態を以て, 産業統制が, 職務も

▼ 国家国民~ (11, 0.2%)

2 を思う 1 の代表者, の全, の利たる, の名, の将来, の生活安定, の福利, の隆昌, 並びに四囲

▼ 国家生活~ (11, 0.2%)

2 の中 1 というよう, としての力, と結合, に重き, の, の上, の精神, の間, 及び世界的生活

▼ 国家では~ (10, 0.2%)

1 なくて, 処女性母性美容の, 反対に, 各民族軍隊, 国民全部が, 国軍を, 有らゆる努力, 自国内の, 重罪の, 高い出生率

▼ 国家によって~ (10, 0.2%)

1 そこの, どういうもの, 保証された, 公的に, 受領され, 強力な, 担保せらるる, 直接に, 組織された, 裏うちされた

▼ 国家予算~ (10, 0.2%)

1 から直接, が発表, とそれ, と結びつく, によってまかなわれる, によって賄われ, の内容, の分配, の総, 総支出

▼ 国家理論~ (10, 0.2%)

1 さえ見下す, だという, であり之, であるが, とが多少, に, によって社会存在, の有, は国家, やが

▼ 国家~ (10, 0.2%)

2 を基礎 1 などがその, などはその, においても今, に反対, は敗退, や社会契約説, を初め, 乃至民族論

▼ 国家でも~ (9, 0.2%)

1 ある産業, この呼吸, よい, ローマの, 二重国籍という, 国籍の, 民族意識が, 絶対に, 銀行でも

▼ 国家乃至~ (9, 0.2%)

2 国民とかいう 1 共同体という, 共同体による, 政府にとっては, 民族に, 民族理論及び, 民族等々の, 社会が

▼ 国家経済~ (9, 0.2%)

2 のため 1 というもの, とかいっ, なるもの, においても多少, の向かう, の方針, をどう

▼ 国家~ (9, 0.2%)

1 大村父子と, 大村郷左衛門である, 大村郷左衛門の, 大村郷左衛門より, 大村郷左衛門様か, 池田玄蕃殿の, 深尾家が, 福原殿より, 郷左衛門の

▼ 国家には~ (8, 0.2%)

1 あるん, いずれにも, それほどの, なお赫々, 中心と, 外征外冦の, 属すること, 治者と

▼ 国家~ (8, 0.2%)

1 お返しする, 同化する, 忠誠を, 施政上の, 献金すれ, 税金として, 突入し, 電話で

▼ 国家体制~ (8, 0.2%)

2 と日本, の必要 1 についての理解, に即応, に推移, への急

▼ 国家連合~ (8, 0.2%)

7 の時代 1 の理論

▼ 国家そのもの~ (7, 0.2%)

1 がなす, が不要, が人間, が消滅, に関する問題, の破滅, の組織

▼ 国家~ (7, 0.2%)

1 しかもその, その権力者たち, その領土, 保護され, 国史を, 建てた又は, 無政府主義者

▼ 国家である~ (7, 0.2%)

1 か無い, が往昔, ことを, というよう, と主張, と云った, よりも寧ろ

▼ 国家としては~ (7, 0.2%)

1 それぞれの, やむをえないところ, 不統一, 中国が, 忍ぶべきである, 我が国以東に, 軍備を

▼ 国家なる~ (7, 0.2%)

1 ものから, ものが, ものの, ものは, ものを, 一集合体を, 語を

▼ 国家において~ (7, 0.2%)

1 フジワラ氏もしくは, 女権の, 必要な, 戦争によって, 正確なる, 決して安全, 紙幣の

▼ 国家においては~ (7, 0.2%)

1 他の, 任意団体民間機関として, 君主は, 実際の, 極めて異, 粗生, 高利潤

▼ 国家存亡~ (7, 0.2%)

2 の場合, の時 1 の危急, の危機, の際

▼ 国家的自由~ (7, 0.2%)

1 とにより, とは今, とは平等上, なるもの, には反する, の何物たる, は多分

▼ 国家であり~ (6, 0.1%)

1 その文字, 各社会人, 商人や, 或いは之, 日本中国等は, 最初先ず

▼ 国家といふ~ (6, 0.1%)

1 もの, ものは, 大理想, 考へは, 見地から, 観念が

▼ 国家~ (6, 0.1%)

2 のであっ 1 のさ, のだ, ので, のである

▼ 国家主義的~ (6, 0.1%)

1 たらねば, だから, な感情, な立場, にロシア音楽, 乃至民族主義的

▼ 国家保安部~ (6, 0.1%)

1 によって摘発, に捕縛, の制服, の消費組合, の独裁, はいない

▼ 国家全体~ (6, 0.1%)

1 が教会, が背負わされなけれ, の元気, の利益, を包含, を表わす

▼ 国家的事業~ (6, 0.1%)

1 であるから, とする, に対しては当然, に邁進, の一端, を遂げね

▼ 国家的存在~ (6, 0.1%)

2 である 1 だが, であるの, とも言える, の問題

▼ 国家統一~ (6, 0.1%)

1 と国威発揚, のはじめ, の一大時期, の情勢, へ齎す, を再び

▼ 国家総動員法~ (6, 0.1%)

2 による企業整備 1 が全面的, による戦時研究, の受動的, の実現

▼ 国家~ (6, 0.1%)

1 から福祉国家観, が対立, への転換, も人生観, をすでに, を検討

▼ 国家とを~ (5, 0.1%)

1 取りまかなう, 同一たらしめた, 同一体, 同視し, 并立し

▼ 国家を以て~ (5, 0.1%)

1 これを, 一個の, 任じて, 個人の, 最愛の

▼ 国家意思~ (5, 0.1%)

1 というの, の最高, の決定, の遂行, をその

▼ 国家有用~ (5, 0.1%)

3 の材 1 の人物, の才

▼ 国家的意義~ (5, 0.1%)

1 がある如く, が含まれ, においての日本精神, においては日本, は含まれ

▼ 国家的統制~ (5, 0.1%)

1 に服する, の中核, の成案, は彼等, を欲

▼ 国家的見地~ (5, 0.1%)

1 からこれ, からは問題, から見, から見れ, に立っ

▼ 国家~ (5, 0.1%)

3 力戦の 1 力戦とは, 力戦に

▼ 国家~ (5, 0.1%)

1 が入り重っ, と提携, によって羅馬帝国, の確立, は二十余年以来

▼ 国家自身~ (5, 0.1%)

2 が折角 1 にもまた, の政治的文化統制方針, の欠くべからざる

▼ 国家~ (5, 0.1%)

1 となる, にも悪, のほう, はこの, はその

▼ 国家たる~ (4, 0.1%)

1 にとどまっ, に適する, モントニーグロの, 威容を

▼ 国家にと~ (4, 0.1%)

1 つては, つて由々しい, つて致命的な, 云うこと

▼ 国家に対し~ (4, 0.1%)

1 なんの, 及びかかる, 戦災同胞に対して, 私生の

▼ 国家または~ (4, 0.1%)

1 個人の, 公共団体に, 政府を, 民族の

▼ 国家より~ (4, 0.1%)

1 して, 俸禄を, 土地の, 大切である

▼ 国家~ (4, 0.1%)

1 妨甚以不可然, 御為日夜尽力, 進退を, 進退此人ニ預る

▼ 国家事業~ (4, 0.1%)

1 だ, であるから, に使用, は総て税金

▼ 国家以前~ (4, 0.1%)

1 からの状態, から常世神, の先祖, の邑落生活

▼ 国家国家~ (4, 0.1%)

2 と云っ 1 とお題目, と騒ぎ

▼ 国家存立~ (4, 0.1%)

1 には他, の原理, の根本原理, の重大性

▼ 国家学会~ (4, 0.1%)

1 における谷子爵, にて演述, に痛論, の論壇

▼ 国家治教~ (4, 0.1%)

1 とかを目的, などいへる, などとは似, の道

▼ 国家的観念~ (4, 0.1%)

1 がない, との間, など少し, は少なく

▼ 国家社会党~ (4, 0.1%)

1 と日本農民組合, などそれから, の学生層, を結成

▼ 国家経綸~ (4, 0.1%)

2 の大綱 1 の抱負, の施設

▼ 国家総動員~ (4, 0.1%)

1 とか国民精神総動員, の一重要資材, の組織, は国民

▼ 国家計画部~ (4, 0.1%)

2 と最高経済会議 1 が先, は

▼ 国家鎮護~ (4, 0.1%)

1 の大, の役目, の霊域, の霊場

▼ 国家あり~ (3, 0.1%)

1 ての後, て一個, て人民

▼ 国家あるいは~ (3, 0.1%)

1 人類全体という, 国民と, 社会とか

▼ 国家~ (3, 0.1%)

1 からである, という観念, といわね

▼ 国家だの~ (3, 0.1%)

1 さも一大事, 政党だの, 民主主義だの

▼ 国家とかいう~ (3, 0.1%)

1 ことが, ものを, 人間の

▼ 国家としても~ (3, 0.1%)

1 国民の, 独探, 真の

▼ 国家とも~ (3, 0.1%)

1 なれば, みなせる多く, 見る事

▼ 国家なら~ (3, 0.1%)

1 ばその, ば人類, ば国辱

▼ 国家における~ (3, 0.1%)

2 如くに 1 商工業の

▼ 国家にとっても~ (3, 0.1%)

1 だわれわれ, 大きな利益, 種種なる

▼ 国家にとり~ (3, 0.1%)

1 最も危険, 有害である, 無用の

▼ 国家に関する~ (3, 0.1%)

1 凡ゆる, 思想を, 重大な

▼ 国家をも~ (3, 0.1%)

1 国際をも, 社会をも, 転覆しかねなかった

▼ 国家制度~ (3, 0.1%)

1 の形式, の生き, を生かし

▼ 国家多事~ (3, 0.1%)

2 の際 1 の秋

▼ 国家将来~ (3, 0.1%)

1 のため, の大, の廃興存亡

▼ 国家形態~ (3, 0.1%)

1 がわが国, としてのソヴェト権力, によって決定

▼ 国家思想~ (3, 0.1%)

1 に乏しく, に導く, ヲ欠ク

▼ 国家成立~ (3, 0.1%)

2 の要因 1 の原始状態

▼ 国家政府~ (3, 0.1%)

1 で経営, として余程, の相当熱心

▼ 国家機能~ (3, 0.1%)

1 がすべて法治, が法治的, もあらかじめ

▼ 国家的インテレスト~ (3, 0.1%)

2 とか文学者 1 を示し

▼ 国家的保護~ (3, 0.1%)

1 と奨励, に対して多く直観的, 乃至助成

▼ 国家的機関~ (3, 0.1%)

1 が何れ, である, 否世界的機関

▼ 国家的瑞兆~ (3, 0.1%)

1 だと, という三段抜き, に相違

▼ 国家的自覚~ (3, 0.1%)

1 のあら, の執拗さ, の時代

▼ 国家秩序~ (3, 0.1%)

1 がなくなれ, と社会秩序, を作る

▼ 国家管理~ (3, 0.1%)

1 という不手際, にする, の下

▼ 国家統治~ (3, 0.1%)

2 の大権 1 はできない

▼ 国家興亡~ (3, 0.1%)

1 の大戦, の悲劇, の際

▼ 国家観人生観世界観~ (3, 0.1%)

1 がなけれ, によってすべて, は独り理性

▼ 国家非常時~ (3, 0.1%)

1 に際して一掃, のとき, の折

▼ 国家ある~ (2, 0.0%)

1 を知らず, 以上は

▼ 国家および~ (2, 0.0%)

2 法律を

▼ 国家からも~ (2, 0.0%)

1 相当の, 都市からも

▼ 国家であった~ (2, 0.0%)

1 から市民, ため自由精神を

▼ 国家といつて~ (2, 0.0%)

2 も必ずしも

▼ 国家とが~ (2, 0.0%)

1 対立する, 混入し

▼ 国家と共に~ (2, 0.0%)

1 滅亡する, 繁栄する

▼ 国家ないし~ (2, 0.0%)

1 共同体の, 民族である

▼ 国家などと~ (2, 0.0%)

1 云うものの, 小さく翻訳語

▼ 国家なんて~ (2, 0.0%)

1 いうもの, ことも

▼ 国家においても~ (2, 0.0%)

1 この, 不断に

▼ 国家について~ (2, 0.0%)

1 いかにもこの, 説いて

▼ 国家についての~ (2, 0.0%)

1 問題においては, 説明は

▼ 国家にとっては~ (2, 0.0%)

1 無政府, 確かに

▼ 国家のみ~ (2, 0.0%)

1 だれが, ならずフランス

▼ 国家まさに~ (2, 0.0%)

2 亡びんと

▼ 国家までが~ (2, 0.0%)

2 国家の

▼ 国家みずから~ (2, 0.0%)

1 が法律, が進ん

▼ 国家よりも~ (2, 0.0%)

1 大切な, 村の

▼ 国家~ (2, 0.0%)

1 保護ス固, 賊害スルモノ

▼ 国家主義者ら~ (2, 0.0%)

1 がいた, は

▼ 国家人民~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, のため

▼ 国家公共~ (2, 0.0%)

1 の利害横浜市, の独立自由

▼ 国家内部~ (2, 0.0%)

1 に於ける, に横たわっ

▼ 国家及び~ (2, 0.0%)

1 民主主義的国家に, 諸国家

▼ 国家~ (2, 0.0%)

1 に直接連続, も亦

▼ 国家学的~ (2, 0.0%)

1 なカテゴリー, に決定

▼ 国家安泰~ (2, 0.0%)

1 のため, 蒙古

▼ 国家完成~ (2, 0.0%)

1 の不可欠, の時

▼ 国家宗教~ (2, 0.0%)

1 の導者たる, は明治政府

▼ 国家対立~ (2, 0.0%)

1 の解消, を整調

▼ 国家~ (2, 0.0%)

1 に亡びん, に興らん

▼ 国家~ (2, 0.0%)

1 と公益性, を教え

▼ 国家政策~ (2, 0.0%)

1 には廃棄, に適応

▼ 国家時代~ (2, 0.0%)

1 に入, まで又

▼ 国家最上~ (2, 0.0%)

1 の守護神, の祭祀神事

▼ 国家枢要~ (2, 0.0%)

1 の位置, の地位

▼ 国家権威~ (2, 0.0%)

1 の鞏固, を勧請

▼ 国家滅亡~ (2, 0.0%)

1 だ, の時運

▼ 国家生民~ (2, 0.0%)

1 の為め, ノ為ニ図リテ

▼ 国家的事件~ (2, 0.0%)

1 に関して或は, のあった

▼ 国家的偏見~ (2, 0.0%)

1 のない, を超越

▼ 国家的光栄~ (2, 0.0%)

2 を誹謗

▼ 国家的分子~ (2, 0.0%)

1 あり宗教的分子, とはその

▼ 国家的宗教~ (2, 0.0%)

1 だった, の教条

▼ 国家的役割~ (2, 0.0%)

1 をはつきり標榜, を果す

▼ 国家的損失~ (2, 0.0%)

1 であった, を蒙る

▼ 国家的施設~ (2, 0.0%)

1 の必要, の恩沢

▼ 国家的理想~ (2, 0.0%)

1 とその, をそこ

▼ 国家的目的~ (2, 0.0%)

1 に役立たせられ得る, をもつ

▼ 国家的社会~ (2, 0.0%)

1 に連帯生活, の有機的

▼ 国家的祝祭~ (2, 0.0%)

1 の時, を受ける

▼ 国家的統一~ (2, 0.0%)

1 にはこういう, の第一歩

▼ 国家的羅曼主義者~ (2, 0.0%)

2 即ち

▼ 国家統制~ (2, 0.0%)

1 それから満, の下

▼ 国家総動員式~ (2, 0.0%)

2 な戦争

▼ 国家自体~ (2, 0.0%)

1 が文化, すらが嘘言

▼ 国家若しくは~ (2, 0.0%)

1 教会の, 民族に対する

▼ 国家計画~ (2, 0.0%)

1 なるものの, にしたがっ

▼ 国家試験~ (2, 0.0%)

1 になる, をパス

▼ 国家論者~ (2, 0.0%)

1 として認められ, のいう

▼ 国家警察局員~ (2, 0.0%)

1 が固め, の逮捕

▼ 国家財政~ (2, 0.0%)

1 からいっ, は自然科学

▼ 国家道徳~ (2, 0.0%)

1 と相容れない, の矛盾

▼ 国家非常~ (2, 0.0%)

2 の時

▼1* [344件]

国家あらゆる人間の, 国家ありしや吾人これ, 国家何ものぞ, 国家かと云うと, 国家こそ結局教会に, 国家へも労働者, 国家すなわちむしろ政府, 国家そこにはいろんな, 国家そして各個人, 国家その他の公共団体, 国家だったのである, 国家ゅうもんだ, 国家ちょう問題が我々, 国家ふ制限, 国家てえものが, 国家であっても前記, 国家であります民衆の, 国家であればその, 国家でなくなりその代り, 国家とかは主として性格的概念, 国家とかも主体として, 国家としてよりは寧ろ民族, 国家とで勝手に, 国家とともに国家の, 国家とまで進展する, 国家とやらこのおれ, 国家とやらにさうお, 国家などで見ること, 国家などは利益社会に, 国家などを同一平面, 国家なりと誇言, 国家におけるよりもはるかに, 国家にだけ固有の, 国家についてもいろいろあろう, 国家にとっての利益では, 国家にのみ限られて, 国家にまで変質した, 国家にもその勢力, 国家によつてつくられた, 国家にわたって存在できる, 国家に対しての共公心, 国家に対するや其の全力, 国家のの御為, 国家のみが鋳造を, 国家ばかり論じて, 国家ひとたび動いて, 国家へと護り育てようと, 国家ほどの値打ちが, 国家またけっして立つべからず, 国家までも入れて, 国家までをも国民憎悪の, 国家もちで生活, 国家らしい華やかさが, 国家をめぐって存在し, 国家イギリスを盛, 国家ギルド社会主義者は云う, 国家ソヴェト・ロシアに向っ, 国家ソヴェト同盟の確立, 国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, 国家ニ心配仕候人, 国家大禁ニシテ, 国家フィレンツェの人民, 国家一日も安息, 国家一般の鉱業, 国家万能主義を迎合, 国家大諫暁, 国家に学問, 国家主戦家は固, 国家主権の上, 国家主義全盛の時代, 国家主義全盛時代にも言われた, 国家主義反対や議会主義, 国家主義専制的な国家主義, 国家主義権力国家観軍国主義帝国主義独裁的な全体主義, 国家主義的傲慢の大, 国家主義社会政策のごとき, 国家主義者たちはヒットラー, 国家主義者民族対立主義者であって, 国家主義者社会主義者新カトリック主義者, 国家主義論は推断陋劣, 国家主義軍国主義その他極東軍事裁判の法廷, 国家久遠の計, 国家多ければ, 国家五カ年計画の如き, 国家亡びんとす, 国家人民民主主義国家がことし, 国家今や秦晋燕斉梁楚呉, 国家以外のどんな, 国家以後の考へ, 国家保険の法, 国家個人の区別, 国家債権者はその, 国家元老の一人, 国家組織を, 国家公務員としてその, 国家の対立, 国家内外多事の際, 国家再興を企て, 国家刑罰権の恩恵, 国家若松吉郎家沢潟家若, 国家前進の姿, 国家動力委員会のそれぞれ, 国家し法律化, 国家千万年の生命, 国家協力でこれ, 国家単位であったり, 国家危急の秋, 国家収入への転化, 国家古風家も亦, 国家民族が, 国家合唱の半, 国家吹奏裡に, 国家団結の要素, 国家国民全体の慶福, 国家を養う, 国家変革さえ眼, 国家多くの民族, 国家多難の際, 国家にせよ, 国家大同の実, 国家天下の為, 国家企望候頓首, 国家奉仕もこの, 国家奴隷の集団, 国家存在理由にはいつも, 国家学会例会のとき, 国家守護のオマモリ, 国家安康家内安全万人安楽だ, 国家安穏の大願, 国家安逸ならば, 国家宗教その他に一つ一つ, 国家宗教上の神聖, 国家実に多事内, 国家家族私有財産の起源, 国家封印状裁判言論圧迫等のありのまま, 国家封建主義的乃至封建主義的, 国家封建的支配階級の支配技術上, 国家専制法なるもの, 国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の家, 国家干渉排斥がこの, 国家の下, 国家形成の情勢, 国家形成以後と見, 国家待遇上の差別, 国家従ってまた, 国家乏しければ, 国家がうすく, 国家思想鎖国思想と勤皇, 国家意義と狩猟生活, 国家とは闇斎学, 国家愛国の観念, 国家成員のすべて, 国家我が社会に対し, 国家或は階級的社会の, 国家所属の民, 国家擾乱の際, 国家改造の断行, 国家改造断行上奏請願運動なるもの, 国家教育の目的, 国家教育制度を一, 国家文化国家もとんだ, 国家に鞏固, 国家施政上の方針, 国家施設をつくった, 国家日本の基盤, 国家日本建設のかがやかしき, 国家更生の偉大, 国家最初の元首, 国家有焉さ, 国家批准国家が, 国家本来の, 国家条理問題とせられし, 国家概念からいえ, 国家権力そのものを通して上, 国家権力的程度にまでその, 国家機構上に目的意識化, 国家死活の問題, 国家死滅論は極めて, 国家毫も活動する, 国家民人の康福, 国家民衆のため, 国家永久平和の国家, 国家永遠の繁栄, 国家と与, 国家を設け, 国家法度の外, 国家滅亡論として極端, 国家無窮の恩, 国家物理化学的の発明, 国家状態のとき, 国家独立上の妨害, 国家独立権の侮辱, 国家現代の国民生活, 国家理論的な乃至, 国家の科学的研究所, 国家発展的決意を讃え, 国家的ギルドの理想, 国家的スケールにそぐわない, 国家的主義と進取的方針, 国家的代表者の権威, 国家的代表者八代大将閣下も武谷, 国家的任務を自覚, 国家的使命と新しき, 国家的個人的美徳老獪権謀がこの, 国家的公見に, 国家的公共の事業, 国家的公認は娼婦, 国家的利己主義の前, 国家的利己心の根柢, 国家的利益をすら無視, 国家的制約があつ, 国家的勇士としての栄誉, 国家的危機を国民自身, 国家的厄介者とは段式, 国家的反感のため, 国家的唯物資本主義もしくは黄金万能主義, 国家的問題を含める, 国家的団結心に負, 国家的報仕労働, 国家的境遇並に文明, 国家的孤児である, 国家的実業家として国営企業家, 国家的対立ローマとカルバン, 国家的干渉に対して重, 国家的弔意の表示, 国家的思想である, 国家的思潮に冷淡, 国家的感情に動かされる, 国家的抑圧の典型, 国家的掩護を与, 国家的教育方針とを縁, 国家的文化に対する考え, 国家的文明に貢献, 国家的条理の問題, 国家的概念を以て充満, 国家的構想には少し, 国家的民族的の関係, 国家的民族的要求と無関係, 国家的民族的関係を離れ, 国家的犯罪者らしいもの, 国家的独立との主張, 国家的現実とは一致, 国家的理性はそれ, 国家的生産乃至配給, 国家的社会制にあり, 国家的社会的施設がなぜそれほど, 国家的祝典に際しその, 国家的祭典なのに, 国家的秘密機関ゲイ・ペイ・ウの一員, 国家的称号にあらず, 国家的立場より見, 国家的精神を養わなけれ, 国家的経済現象に至っ, 国家的経綸ということ, 国家的統制力の弱小, 国家的統制組織のほか, 国家的義務も恋愛以上, 国家的自爆から免れる, 国家的著作が現在パリ, 国家的行為が真正面, 国家的補助が与へられる, 国家的要求に応じ, 国家的要請でありまして, 国家的観念敵愾的観念外国の侮辱, 国家的譫妄状態の最も, 国家的道徳というもの, 国家的道徳心との復興, 国家的選民宗教の復興, 国家的配慮が何, 国家的難関に遭遇, 国家的非常時であること, 国家目標の明示, 国家確立前から新しく, 国家社会そのものの安危, 国家社会主義的とも呼び得べき, 国家社会主義的政治が現われる, 国家社会主義的経済政策の綱領, 国家社会主義的経済統制を根源, 国家社会主義等をも凡て, 国家社会主義者をもっ, 国家社会人類の, 国家社会制を実践, 国家社会民衆の事, 国家社会的の機関, 国家社会的規模に拡大, 国家神道ですよ, 国家秘密結社党派徒党流派などの暴虐, 国家競争のはげしく, 国家一の, 国家の正しき, 国家精力の他, 国家精神の具現, 国家細胞としての家庭, 国家組織そのものではない, 国家組織以前からの言葉, 国家経済上からの進展大勢, 国家経済会議の中, 国家経費を支払う, 国家統一国体保維国威顕彰の大, 国家統制独占的資本のファッショ化, 国家統制経済ともファシズム, 国家統制経済主義や甚だしい, 国家絶対主義が絶対的, 国家絶対主義者としてのこの, 国家絶対至上主義は種, 国家総力のため, 国家総動員体制に於ける, 国家総動員政綱の経済版, 国家総動員的準備を進むる, 国家総動員計画やその他, 国家老師直が上府, 国家臣民主義がいい, 国家自らの手, 国家自らこれを担当, 国家自ら郵便制度を作つて, 国家自衛のため, 国家至上の道理, 国家至上権と頑愚, 国家至上絶対主義という常識, 国家興隆の大, 国家若し英雄漢あらん, 国家行政の面, 国家衰微の原因, 国家補償案は社会大衆党, 国家補助員と見, 国家要路の大臣, 国家観軍国主義帝国主義独裁的な全体主義, 国家計画部最高経済会議は先ず, 国家論派はこの, 国家議員という肩書, 国家財政学上の議論, 国家財政的規模を通じてこの, 国家資本家地主と三重, 国家資金に頼っ, 国家起源論では満足, 国家連合理論を否定, 国家連合理論等は之, 国家鎮護悪魔調伏の祈祷, 国家開闢より以来, 国家難ニのぞむの, 国家非常時的に物々しい, 国家革新の使命, 国家領域の範囲内, 国家風教の貴き