青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「可~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん 叫ん~ ~叫んだ 叫んだ~ 召使~ ~可
可~
可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~ 可愛らしい~ 可憐~ ~可能 可能~ ~可能性

「可~」 7671, 76ppm, 1485位

▼ 可~ (1259, 16.4%)

28 のみ 19 に非 1513 事を 12 乎, 筈の 10 ことを 9 性質の 8 ことは, や否や, 所に, 筈である 7 や, 者に 6 ことが, を信ず, 也, 道は 5 ことで, ことなり, にあらず, を知り, 事, 程の, 者で, 者は

4 [16件] ことに, のみならず, は何人, は無論, は自然, を信じ, を信ずる, 内閣は, 所は, 時に, 点を, 現象に, 筈なる, 筈は, 謂れなき, 運命ある

3 [21件] ところは, ところを, なし, や否, を知つて, 事だ, 事で, 事には, 事の, 事は, 処に, 唯一の, 所の, 海底戰鬪艇の, 理である, 程に, 筈だ, 者なり, 者也, 處に, 速力を

2 [88件] かと云々, かな, かに就い, かは一個, かを學ん, ことあり, ことである, ことでした, ことなれ, ことも, ぢや, ところなれ, ところの, にあらざれ, に於, のみである, の不幸, の由, はその, は亦, は必然, は我輩, は決して, も個々, も其主要, も若し, をや, を以てし, を以てす, を以てなり, を信ぜ, 事が, 事である, 事と, 事なり, 事も, 事柄で, 事柄では, 人を, 何物をも, 何等の, 保守的反動を, 傾向を, 光栄ある, 内閣の, 勢力を, 場合でない, 場所ある, 大政治家, 大美質, 女が, 女の, 好首領, 小ユーゴー, 悲劇に, 意義を, 態度を, 成功なり, 所が, 所で, 所なれ, 所以を, 時機ある, 望みある, 様に, 模範なりと, 殺人事件が, 無限の, 煤煙を, 現象を, 程である, 第二, 筈が, 筈で, 筈です, 筈なれ, 罪人が, 者と, 自然の, 色も, 記者の, 貴族を, 途を, 進歩である, 運命あらむ乃ち我輩は, 過渡時代の, 道を, 重要な

1 [728件 抜粋] あまりならずや, ある也, かが教えられる, かと, かと突詰め, かどう, かな敬, かに付い, かに就, かの先決問題, かは人間, かは容易, かは至難, かを教, かを知らない, かを知る, かを考へた, か之, か伝播, か侮辱, か其の, か如何, か姑, か孰, か尤も, か彼, か惟, か慰む, か曰く否, か東大寺供養, か目科, か若しくは, ことか, ことであった, ことなし, ことには, ことを以て, この作, この小, そして奇妙, その憐れ, ぞ, でせう, といふ問題, ところが, ところな, ところなき, ところならず, ところ無し, と云う, と存, と心, にも非, に似たれ, に左, に水, に独り和尚, に非ら, のみとする, のみには非, のみ其果, の趣, は, はクーン, は云う, は勿論, は唯, は寝床, は察, は島子, は後, は恐らくは, は戸締り, は操觚, は殆ど十年以來, は殆ど十年以来, は海賊船, は第, は色, は血膏, は言うまでもなき, は開化民族, ほどで, まで著しく, もそ, も亦, も其の, も其変局, も其形式, も其變局, も其骨子, も内服薬, も山県侯, も山縣侯, も憲政黨, も斯, も植物精霊信仰, も独り善悪, も行政体統, も行政體統, やこれ决, やとは今, やと言う, や乙, や余, や或は, や迄甚深, をお, を予想, を他, を以てその, を仮初, を勉む可, を弁えず, を形容, を思つた最初, を教, を為さず, を看, を知らざりし, を知らず, を知らずし, を約す, を聴かず, を覚ゆ, を言わず, を誓, を説かざる, を豫想, クラリモンドは, トルストイ獨特の, ヤタテを, 一つの, 一個の, 一切の, 一生は, 一種の, 一節あり, 三窓続きの, 不幸の, 世では, 中岐沢, 主張である, 主要の, 乎余は, 乎況むや帝国党は, 予等の, 事あら, 事でも, 事な, 事なれ, 事や, 事件に, 事但し, 事実が, 事実であろう, 事実を, 事柄で無い, 事爲すべき, 二千八十米の, 二大, 人あり, 人の, 人は, 人生が, 人相にも, 人間の, 仏像が, 伊太利の, 体の, 何物かを, 何物も, 余の, 余地も, 作品である, 作品の, 作家の, 修養に, 俺の, 傾向は, 僧侶による, 充足理由が, 先覺, 光と, 光景な, 其の感覺, 内容だ, 内容を, 冷酷な, 凋落の, 刑罰で, 列に, 創作であった, 効果を, 動物と, 勝利は, 勢なり, 北アルプスの, 北沢新次郎教授が, 南に, 印象的描寫の, 厭あな声である, 厳粛な, 口も, 古い木造, 只此方, 同姓の, 名作であった, 名瀑たる, 名物だった, 名譽, 名辞, 品で, 哉己より, 問題では, 善人だ, 喜劇なる, 四角い樫, 土地が, 地である, 地位に, 地形を, 基礎を, 報怨を, 場合だろう, 場合をも, 場所, 場所に, 場所へ, 場所を, 壮士なりと, 多くの, 大井川は, 大人物, 大噴煙, 大山脈, 大敵は, 大海賊, 大犯罪人, 大發明, 大膽, 大規模, 大雪田, 奇観を, 奇觀を, 契點あらざる, 女です, 女は, 女主人公, 奴は, 奸賊では, 好意では, 妙年女子の, 娼婦野鶏諸, 季節で, 孤独な, 実質を, 家が, 家族も, 實質を, 小さな智慧, 履歴書を, 山が, 山は, 山岳である, 山村を, 岡村家の, 峰頭に, 崩岩の, 巡礼の, 巨い, 巨額の, 席を, 幇助者の, 平ヶ岳や, 平林氏は, 廉の, 建造物の, 形状を, 彼の, 後立山山脈の, 御沙汰, 微光を, 徳義を, 思想とは, 性質, 性質を, 悪党味は, 悪化を, 意想であり, 慟哭にも, 懐中物などを, 我大, 戸すらも, 所なし, 所も, 所ろ思ひ, 所更に, 技巧で, 折も, 担保として, 持久力は, 敵に, 敵は, 數な, 文壇で, 新の, 方向である, 方向へ, 旋廻圓鋸機の, 日でなけれ, 日の, 日は, 日章旗を, 旨寄り寄り, 旨申し聞け, 早速目科, 時である, 時の, 時を, 時間が, 時間の, 景色である, 景色を, 最も含蓄, 最大証拠では, 最後を, 有ゆる, 有様に, 有益の, 朝日新聞記者の, 本も, 本能を, 椅子と, 業を, 様で, 様も, 樹木の, 機會に, 次第でない, 歌学, 正しき途, 此新しい, 残雪の, 汎神論的世界観の, 汽車は, 法律に, 洪量の, 海底戰鬪艇は, 海底戰鬪艇も, 海賊船の, 淋しさ, 測量部出版の, 湯と, 滿潮である, 瀬戸内海へ, 点なき, 点は, 爾農夫, 物が, 物で, 物は, 物十ありと, 特徴を, 特殊の, 特色は, 犯罪である, 犯罪者の, 状態である, 猛勇の, 現時の, 現象である, 理が, 理なし, 理拠は, 理由も, 用も, 由は, 由も, 疑問は, 目的が, 目的地に, 目科の, 相應, 眞の, 真の, 真価を, 石油燈を, 破壊作用を, 破綻を, 社會に, 社會的必要の, 神として, 神祕の, 福を, 秘密の, 程淺薄低級, 程鮮, 種の, 空気的の, 立山の, 竹條葭幹等を, 笛の, 筈でした, 筈で無い, 筈なりし, 筈も, 算當に, 箸墓説話を, 粗末な, 約束の, 素早さ, 細工が, 結果が, 經驗の, 經驗は, 罪悪を, 美しさ, 義務を, 老人が, 考古學者の, 者ある, 者あれ, 者なら, 者をば, 能楽家只圓翁が, 自己辯護を, 自覺, 舞台では, 花に, 芸当は, 莫迦者だ, 著述, 藥液は, 處です, 處では, 處を, 處置を, 装置である, 裏切者が, 観を, 言の葉とても, 記事で, 訳も, 試煉と, 話では, 話術の, 誘惑を, 誤りを, 譯である, 譯は, 豹變たり, 貝の, 財物を, 資料が, 資料の, 賤民は, 趣判然致し, 路では, 身に, 軍歌の, 辛抱でした, 退屈なる, 途が, 運命を, 運命境遇に, 運輸の, 道徳の, 道理ござらぬ, 道理なる, 道理は, 適切な, 部分であっ, 醗酵で, 重要なる, 野蠻人の, 金や, 鍵を, 間際まで, 闖入者が, 限りに, 陰謀が, 隈も, 雄大なる, 雑な, 霜柱を, 頁が, 順なれ, 類に, 類似は, 類似を, 風変りな, 風習の, 馬を, 馬鹿な, 高原の, 高峰ある, 魅力に, 魔術の, 鼠色外套に

▼ 可なり~ (1214, 15.8%)

17 ある 14 酔って 11 である 9 危険な, 重大な 7 あつた, 多くの, 立派な 6 多い 5 真剣な

4 [13件] 不安に, 前から, 古い時代, 古くからの, 困難な, 廣く, 忠実に, 急き込んで, 熱心な, 良心の, 複雑な, 贅沢な, 重要な

3 [16件] 不快に, 克明に, 古くから, 多數, 大きなもの, 広い庭園, 急な, 意外に, 極端な, 正確に, 気が, 水量の, 異った, 疲れて, 自由な, 長い間

2 [122件] あるには, あるの, あるよう, であるが, な雄弁家, みじめに, よく調べ, イヤな, ギゴチない, グダ, ハッキリした, ヒドイ惨害を, ビク, 上手だ, 不快な, 不満です, 之が, 以前から, 余裕を以て, 信一郎を, 傷けた, 傷けられ, 優秀な, 元気に, 其の老骨, 内閣は, 冷静に, 出来た, 動かされた, 勢力を, 勾配の, 卑しいと, 危かしい, 厳粛な, 古いもの, 同乗する, 嚴重な, 因襲も, 変に, 多かった, 大きい傷, 大きい禍, 大きな家, 大きな駭, 大人気ない, 大切な, 奥まで, 嬉しかった, 宏壮な, 寒い, 寛大である, 幅を, 年配の, 広い, 強い因縁, 強い日光, 強い速力, 当惑した, 得意らしく, 心の, 心苦しかった, 急である, 意義の, 慎重な, 懸命に, 振盪した, 是れ, 暑いの, 曖昧である, 根本的な, 欣んだ, 止めるの, 気に, 気の毒に, 注意し, 浮いて, 淋しいもの, 深いらしいです, 深い痛手, 激しい叱責, 激しい失望, 激しい嫉妬, 激しい感動, 激しい議論, 激しい音, 激して, 濃厚に, 瀟洒たる, 独歩を, 異る, 異様に, 真面目で, 着々と, 私の, 精緻な, 聴くの, 自信に, 自由に, 興奮し, 興奮した, 苟くも之, 親しい間柄, 親しく交際, 親しみ近づける事, 親切な, 貴族的に, 距離が, 近いもの, 近しい方, 遅れて, 鄭重に, 酔っ払って, 酷い脂肪心, 重々しい口調, 重態らしい, 鋭い洋刀, 長いもの, 長い間橋, 面倒な, 馬鹿らしいこと, 駭い, 高い樹

1 [778件 抜粋] あが, あの人たち, あり, ありますから, あるし, あるという, あるので, ある道, あわてて, いわんや出, うるさがっ, かゆい処, こたえる, これは, しかしその, したので, しばしば, すたれたが, その人, その苦痛, それが, たって, たってから, つらい辛抱, でありますお, とし, なるに, な厚味, はずんで, はっきりつく, ひどいと, ひどい胃ケイレン, ひろが, ふざけも, ほてつて, ほんきな, まとまった金額, みじめだつた, むつかしい仕事, もう酔いかけ, やるせないもの, ゆきづまった, ゆっくりした, よくわかる, よく了解, よく似合つて, よく拵え, よく捉えられ, よく普及, よく知つて, よく蒐集, よく融和, よく解る, よく語つて, アグレシヴな, オリジナルな, ガヤガヤ賑って, キツパリと, コンヴエンシヨナルな, タヂ, デスペレートにな, ハッキリし, ハッキリと, ハッキリ分る, ハツキリ分る, ピッタリと, フアルス可なり, ルヴイユウ可なり, ルーズな, ロマンティストらしい, 一生懸命らし, 一生懸命らしかった, 丁寧に, 上ずツ, 上って, 上手に, 上背の, 不つり, 不可避な, 不安で, 不当だ, 不快だつた, 不思議な, 不愉快だった, 不消化です, 不確定, 久しい以前, 久しい間, 乱雑な, 予等を, 二妾三妾随時随意に, 人目を, 今や學界, 伸びられさ, 但し其産額前二者, 低地に, 俯し, 傷つけられた, 働き, 其人の, 其形式を, 其昔の, 円滑に, 写実劇可なり, 冷淡だった, 冷淡に, 出かけたよう, 出來, 判ったらしかった, 別な, 別嬪に, 劣るが, 助かるからな, 動かされて, 動かしたや, 勝気の, 十分な, 単純に, 危っかしい, 危険である, 厄介でした, 厄介な, 厚いと, 厚い本, 厳粛で, 厳粛であった, 參考の, 収入の, 受けたとは, 受け取れますね, 古い, 古い姿, 古い家, 古い言い伝え, 古代からの, 古代的な, 史劇可なり, 同じゅうしている, 呑気な, 味方の, 唐に, 喜ばれたらしく作物, 嗜み日常, 困って, 困難で, 困難である, 困難の, 垢ぬけした, 執拗に, 堅固の, 売ったが, 変化した, 多いの, 多いらし, 多忙で, 多忙でありました, 多数に, 多量に, 多額の, 夜が, 夢幻劇可なり, 大きいの, 大きい川, 大きい方, 大きい檜葉, 大きい欣びだつた, 大きい立派, 大きい錐孔, 大きかった, 大きそう, 大きな不平, 大きな丼, 大きな功績, 大きな声, 大きな店, 大きな建物, 大きな椿, 大きな池, 大きな物價, 大きな真宗, 大きな石, 大きな草, 大きな雪渓, 大きな音, 大きな風呂敷包み, 大きな鳥, 大なる, 大切である, 大多数, 大胆な, 大規模, 太い蔓, 奇麗なる, 奥深い沢, 好遇, 如何を, 妻から, 威勢よく, 威張るもの, 宅も, 安易な, 実物に, 客の, 家族あらざれ, 容易であり, 寛大な, 小綺麗に, 少なかった, 居るので, 居交易, 岩壁を, 峻厳だ, 巨きな, 巨大な, 年増な, 年月の, 年月も, 幼稚だ, 幼稚の, 広いその, 広いらしい, 広い境内, 広い家, 広い平地, 広い横町, 広い温室, 広い部屋, 広範な, 廣く持つ, 廣汎に, 引入れられるやう, 引込んで, 弱かった, 強い地震, 強い言葉, 強い風, 強い風雨, 強かつ, 強気であった, 当を, 役立つ史的叙述, 彼女にとって, 後先ゆきあ, 御変り, 心力を, 心理劇可なり, 心細いもの, 心身共に, 心配した, 必然的な, 忙が, 念入の, 思いきったこと, 思ひ切つて, 思ふ様, 急いだけれども, 急いでも, 急に, 急傾斜, 性質の, 恥かしい, 恥かしく思つてゐます, 悩まされて, 悪質な, 悲しいこと, 悲喜劇可なり, 悲惨だった, 悲惨だつた, 愉快であった, 意外の, 意識的に, 慣れて, 懇意で, 懇意に, 懲りたらしい, 我の, 我儘だ, 或はその, 才ばしつて, 才走つた會話, 持ちおもり, 持って, 支那に, 敍事詩時代の, 散文劇可なり, 文学的な, 新しいこと, 斷髮が, 旧い邸宅, 旺盛なる, 明らかである, 普通に, 普通的に, 暗かつ, 暗示に, 暫らくの, 曖昧と, 曖昧な, 更に浪漫劇可, 最近まで, 有る, 有力だった, 有效, 有難い額, 杏花楼と, 柔櫓声中夢を, 根本的に, 樂に, 権威ある, 機敏だった, 欠けて, 正されて, 正体が, 正気の, 歩いたが, 歩いたと, 歩いた積り, 殖えて, 毫も恐るる, 気を, 永い間, 汝今, 法律家の, 活発な, 流行って, 淋しい曲, 淫蕩な, 深い凹字形, 深い因縁, 深い注意, 深い理智, 深かつ, 深刻に, 深遠とも, 湧き出して, 滑稽に, 激しい自責, 激しくなった, 濶い, 濶く, 烈しい嫉妬, 烈しい芸術的, 烈しい迫害, 無批判, 無理な, 無造作に, 無関係な, 焦って, 焦つて, 熱心に, 狭かった, 狭かつ, 現実的な, 甘い点, 異り, 疑ひを, 疑問である, 疲れたの, 痛いこと, 発見する, 登ってから, 皮肉な, 盛だ, 直接な, 相互に, 真相を, 真面目だった, 真面目であるらし, 真面目に, 矣, 知つて居る, 研究が, 確だった, 確だつた, 神秘劇可なり, 私を, 稀薄に, 空費し, 突つ込んだ, 立廻り劇可なり, 立派なる, 立派に, 笑劇可なり, 粗野な, 精細である, 精細な, 細長い部屋, 経つてから, 続いて, 綺麗に, 緑屋また, 緩漫, 繁華な, 群衆の, 翻訳劇可なり, 考えに, 耳に, 職業を, 肺を, 自慢に, 自然な, 自由主義の, 興味を, 興味深い問題, 色褪せて, 苦しいアナロジー, 苦しい対立, 苦しい思い, 苦しかつ, 苦しめられて, 苦しんで, 草臥れて, 薄くなっ, 表現派劇可なり, 衰えた, 複雜なる, 褒められた語, 要点を, 要領よく, 親しくつき合っ, 詩劇可なり, 話すの, 詳しい手紙, 誠実な, 諷刺劇可なり, 謹厳な, 變改され, 豊富な, 財産の, 賑合い, 贅沢で, 贅澤と, 贅澤な, 身を, 身軽く, 載って, 辛い自責感, 辻褄の, 迷ふ, 逓信省は, 進むと, 進んだらしく一緒, 進んだ時期, 進んだ知識, 進んでること, 進んでる時, 遅いらしかった, 過激な, 道行も, 違つた方角へ, 違つた気持だつた, 遞信省は, 遠いこと, 遠かった, 遠かつ, 遠くの, 適切に, 遺憾と, 酔った, 酔つ, 重いもの, 重い神経系統, 重そう, 野暮な, 釣れます, 銘酊し, 鋭いもの, 長い手紙, 長い期間, 降つた世, 限られて, 隔たって, 隔たつて, 雄大である, 離れた処, 離れた地, 雪は, 露悪的な, 青鞜社でも, 面倒だ, 面白いこと, 面白いもの, 面目を, 響くこと, 頻繁に, 顫え, 顫へを, 風景には, 飛, 香雪軒可なり, 驚かされました, 骨董好きは, 高いよう, 高い人, 高い山, 高い絶崖, 高まるわけ, 高慢で, 魅力の, 鮮やかに

▼ 可から~ (926, 12.1%)

28548 ずと 35 ざるを 25 うと 24 ざるの, ざるもの 1817 ざるなり, ざるは 10 ざるに 9 ざるか 8 ざるが, ざるものあり, ざれば, ず是 7 ざることである, ざるものである, ず而 6 ず又, ず顧 5 ざると, ず唯

4 [14件] ざらむや, ざりしなり, ざるも, ざるものを, ざる事である, ざる事を, ざる所以, ずさりながら, ずして, ず我輩, ず斯く, ず然るに, ず葢, ず閣下

3 うけれど, うといふ, ざることを, ざるところ, ざるものが, ざる也, ざる理由, ざる苦痛, ず候, ず然

2 [39件] うか, うぢ, う可, ざりし所以, ざるある, ざるものたり, ざるものと, ざるものは, ざる乾屎, ざる事は, ざる事実なり, ざる人に, ざる千古の, ざる如し, ざる汚名, ざる状態, ざる誤謬, ざる道理, しむる, じ, じ見よ自治制度, ずである, ずという, ずとの, ずば, ず不良青年, ず世, ず乃ち閣下, ず但, ず况ん, ず大石正巳氏, ず宗教法案, ず彼, ず捉, ず曾, ず案ずるに, ず知らず大隈伯, ず若し, ず試

1 [175件] うかと思つて, うが, うさあ, うそり, うそれ, うぞ, うなどと, う何, う其處, う左, う悔悟, う私, う自分, ざらむか, ざらんや, ざる, ざること, ざることで, ざることに, ざることは, ざるとを, ざるのみ, ざるものあらん, ざるもので, ざるもので無い, ざるものに, ざるものの, ざるものをも, ざるや, ざるやと, ざるを以て, ざるミステイカル, ざる一なり, ざる一問題と, ざる一歩を, ざる一要素である, ざる一貫の, ざる三なり, ざる不名誉を, ざる不幸に, ざる乎, ざる事これ類似の, ざる事でない, ざる事なり, ざる事の, ざる事也, ざる事実であり, ざる事実である, ざる事実なる, ざる事実なるべし, ざる事実に, ざる事實である, ざる事實なり, ざる二なり, ざる二個の, ざる人格, ざる仕事で, ざる他界に対する, ざる光り, ざる内容, ざる処, ざる勵精, ざる原, ざる品である, ざる問題に, ざる困難や, ざる壊膿, ざる壞膿, ざる多, ざる大, ざる奇気, ざる威容, ざる定め, ざる對照, ざる幸福を, ざる弱性と, ざる彼, ざる必要な, ざる怪しい, ざる恋女房, ざる感慨, ざる懶, ざる我が, ざる所では, ざる抗, ざる敬畏, ざる旨, ざる明烱, ざる時に, ざる此時代の, ざる殻, ざる水, ざる決定である, ざる深谷の, ざる点なし, ざる物なり, ざる物のみが, ざる独自の, ざる現, ざる生活と, ざる用事, ざる異臭, ざる目的, ざる相違の, ざる真, ざる真率あり, ざる空想では, ざる精勵, ざる精霊, ざる結論から, ざる結論とを, ざる罪悪, ざる者あり, ざる者ある, ざる者たるに, ざる者の, ざる者三簒臣也賊后也夷狄也と, ざる者燕王に, ざる茶碗, ざる處, ざる要件, ざる要素, ざる語だらう, ざる運命, ざる醜, ざる関係を, ざる關係, ざる階段, ざる障壁, ざる隣人, ざる静さ, ずいで先づ掌, ずこれ, ずその, ずだ, ずとな, ずとまで, ずの, ずまた, ずや, ずハイカラー, ず争, ず二者意相似, ず以, ず侠客, ず刮目, ず君子人, ず安く, ず密, ず広, ず彼橋, ず或は, ず手觸, ず抑, ず探偵, ず撓む可, ず早く, ず更に, ず本艦在役, ず消す可, ず涙香子探偵小説, ず空間, ず笑, ず貧しき, ず進歩, ず遂に, ず部屋, ず量るべからざる, ず関東, ぬは, ん, んのみ, 早く帰つて, 此儘で, 死骸でも

▼ 可~ (428, 5.6%)

275 ッて

2 [28件] これ等の, ッてよ, 一方に, 之を, 以て, 侯は, 其の内閣, 其の外交, 其背に, 則ち, 又其の, 将た, 將た, 彼は, 後に, 従て, 急激なる, 憲政は, 歌ふ, 此の, 汽車の, 第一期, 簡単に, 而し, 藩閥の, 解散を, 身分の, 近づかない算段

1 [340件] あの異人, いふ事柄を, かの, かのブリューバード, この信仰, そうだ, その他の, その形式, その成分, そんな酒, とぞんじ, と奉行, ない, ね, のぞき込んで, はありません, はない, は再び, は秩序, は読み返し, ば実母, ば設けたくない, また希伯来神話, また言語学的比較神話学者, もしたつ, やって来た, ゆるい傾斜, ゴルテルの, チャンスを, フリツチイが, ユートピアを, 一々其名, 一吹の, 一部分の, 七時頃迄, 万葉詩人が, 下等な, 且, 世界大, 世間との, 両者の, 中空の, 主要な, 之に, 之によりて, 予め之, 云ふ, 些の, 交互に, 人を, 人生の, 人目に, 人間の, 人類学的比較神話学は, 今日の, 他の, 他れ, 他界の, 仮令面前, 企らんだ, 何事も, 余は, 余りにねむく, 余りに弱い, 作者の, 例えば, 候の, 候ふ, 候へば, 候や, 候事, 候事上意の, 候是だけ, 候私の, 偶, 備は, 元の, 先は, 全力を, 全躰, 其の区別, 其下水田を, 其他の, 其他言語風習儀式典礼の, 其従属に, 其記憶の, 其間に, 其間には, 其骨は, 其髪は, 决し, 冷い, 凡ての, 凡て物の, 凡ゆる, 処女地らしい, 出発した, 分離の, 別して伴天連, 努める間, 労力を, 北亜米利加にも, 単に政権, 印度に, 原作の, 厳密に, 又お, 又この, 又実に, 又實, 又渡し舟, 口数を, 口誦伝承に, 古曲, 史的事実の, 同情す, 品川から, 唯此点, 唯湖名, 喉仏の, 單に, 嗤う, 嘆ずべし, 国会開設より, 國會開設より, 土地を, 土鬼語る, 外の, 夙く出発した, 夙く起きた, 多くの, 多く世に, 多く肥料に, 多く舊政友を, 多少の, 大なる, 大斗能地, 大道より, 天地と, 天然を, 女子に, 女柄の, 妻の, 妻子を, 始めから, 姿は, 存じ候, 孰れ, 完全なる, 室見川の, 家の, 容器を, 寄席に, 實に, 實社會との, 尊敬す, 小児は, 左右に, 差し図し, 平民的に, 年寄を, 広成, 廣く, 引上げを, 強要された, 当方より, 彼の, 彼れ, 彼女に, 往って, 後代常に, 従って之, 従って信用, 従って険悪, 御藩, 必然的に, 思想発達の, 悲しむ可, 悼む可, 惜むべきである, 愍む可きものである, 感傷す, 憐む可く, 懼る, 我が心, 戒む可し, 或はまた人類, 或は四憐互, 或は感知, 或は更に, 或は豺, 或場合, 或時代, 或点, 扇子は, 手短に, 手觸る, 承知した, 招聘された, 指物師の, 換言すれ, 支那神話の, 故意の, 数日滞在し, 敵艦若し, 新井白石の, 旅舍の, 既にこの, 既に光明, 日本に, 是に, 是方を, 更に他, 書かないやう, 未開民族の, 本土へ, 條分縷拆し, 権利づけられ, 歎ず可, 此処から, 此意義に, 此等の, 歴史が, 歴史的源泉の, 殊に, 殊に言語史学, 殺生石は, 比較神話学の, 気軽な, 氣も, 決って, 決心し, 沈着に, 油断を, 況や霞, 泣く可, 海洋的分子の, 淡紅色の, 準備し, 為に, 無料で, 無言で, 無遠慮な, 爾すれ, 物腰やさしく, 特に屋敷, 独り, 独りツウラ沼のみに, 猶太神話, 珍らしい, 現今の, 用ひぬ, 登山の, 省いて, 眼を, 睫毛は, 砂利に, 神人間の, 神話の, 禁則の, 私を, 程を, 穏かに, 突撃隊を, 立てた, 竿を, 笑ふ, 第九世紀, 第四, 米国の, 粗末な, 粗茶進上仕度候という, 精神的に, 精細に, 純粋の, 絶滅させない, 罪悪贖罪呪咀等一般の, 考う, 背は, 腰を, 膝を, 自分を, 船首から, 色彩も, 若し利平茶屋, 若し本来, 若し然ら, 若し社会, 苦心した, 苦心を, 藻屑を, 蛇神崇拝の, 要するに一個, 要求された, 見えし, 觸る, 言つた語です, 言葉短かに, 詩人の, 話の, 読まないやう, 誰にも, 誰の, 諫めたり, 路は, 身を, 近くの, 違つた香水を, 遠賀は, 避けて, 避けるよう, 部屋の, 部落の, 郵税一切払っ, 重耳一たび, 量は, 金は, 金肥を, 長持ちの, 長生を, 閑静な, 間接に, 関係しない, 陰に, 随って, 随つて立憲政友会に, 随分要心堅固, 隨つて立憲政友會に, 隨分要心堅固に, 雪を, 霹靂神祭は, 青山街道から, 音楽的な, 頭を, 風習宗教及び, 食つた, 馭者は, 駒之助は, 驚く可, 高級神話の

▼ 可~ (363, 4.7%)

25 と雖 1211 可し 8 と言う 7 と云々 6 とする 5 といふ, と云, と信ずる 4 と主張, 然れ, 而し 3 と思は, と言

2 [28件] さりとて閣下, といひ, との奇論, と云う, と信じたる, と信ぜり, と唱, と思ふ, と想はん, と為す, と爲, と謂はん, と雖ども, 且閣下が, 其の宣言及綱領, 又何ぞ, 唯だ, 夫れ, 宜しく漫, 就ては, 志郎と, 我れ, 是れ, 此に, 汝が, 目科は, 議論は, 閣下は

1 [205件] いずれも, おお可, お光, ここで, この樣子, こんなもの, さあ何, さそれも, さる必用, されど吾人, その心, そりゃこう, それも, ぢや, て認むる牒, で飛鳥, とあり, という, といふ気組, とし, としてこれ, とせし, となし, との契約, との想像, との意味, との神託, との説, とは信ず, とは如何, とは思い寄ろう, とは是, とも彼, とも思われず, とも覺, と云時又此方, と何れ, と勧告, と勸告, と口, と告ぐる人, と女, と存候, と尋, と庭口, と後悔, と心得, と思い, と思える, と思ひぬ, と思ひ廻せ, と思へ, と思へる, と悄々, と教, と早計, と早速, と期待, と汗, と決心, と特に, と疑い, と痛感, と眞正, と確信, と考, と要求, と見, と言い, と説ける, と述べ, と雪, の一句, また一月, また例, また抜足, よく聞け, アイヌは, コレ金庄兵衞の, ネロちゃんかや, 一人は, 一年の, 一所に, 下女下男にも, 且つ彌太郎方, 中形の, 乃ち憲政党内閣が, 乃ち憲政黨内閣が, 之を, 云々と, 些變りたる, 以て, 仮令ば, 仮初にも, 但しその, 併別に, 信濃守行光奉行として, 倉子は, 偖細末の, 元益, 先年一種の, 光は, 兎に, 入口が, 其の外鯣, 其費用の, 其金にて, 凡そ汝, 勤る, 単に立法部, 又此所, 又花, 又謀叛, 又輕, 古墨, 只だ, 名前は, 吾人は, 唄に, 善良謹直の, 單に, 因て, 多数政治の, 多數政治, 夜伽と, 大倫, 大節, 大藤武左衞門娘みつ事は, 夫では, 夫にて, 夫も, 夫若し, 女の, 婆を, 婿さんは, 小児の, 小父が, 居丈に, 年齡まだ, 形も, 怒り怨む, 悉く水, 悪しだ, 想膸を, 我も, 政党の, 政治的営利を, 政治的營利を, 政黨の, 文三は, 斯う, 斯て, 日本の, 早咲, 是にて, 是も, 是を, 是等を, 晩成先生嚢中自, 東向きのだら, 梅の, 森主水は, 槍にて, 欲しいと, 此男テーブル越に, 此神話も, 此通り幾曲り, 此附近二町許の, 此静愛なる, 殊に御感, 殘の, 汝の, 決して死ぬ, 清明の, 渠庄兵衞は, 然して此上, 然も, 父は, 父母長者の, 独り分離の, 玄関へ, 皆純, 直ぐ帰る, 相撲にゃ, 矣, 神仏も, 私あ, 私が, 私にも, 筆を, 老婆も, 而も, 背低く, 自から作, 船が, 茲に, 荻沢への, 蓋し女性, 親子の, 谷間から, 貴殿盍ぞ, 都て, 風も, 高級神話の, 鯰なら

▼ 可成り~ (260, 3.4%)

3 の額 2 だらしが, の時間, 熱心に, 遠くの, 醉つてゐた, 長い間

1 [245件] あつた, あの男, がつかりした, こんな恋愛観念, そういう事, そうです, つらい厭, つらかった, ながい間手紙, な廣さ, にあつ, にお, にかけ放れた, にち, にちぐはぐ, にはげしく, にひろし, に僕, に切迫, に剣戟, に困憊, に大きな, に大阪, に富ん, に広く深く, に張られ, に異, に空想的, に興, に都会流, に面倒, のよろこび, のホーム・シツク, の中毒患者, の借金, の力作, の努力, の勇気, の勢力, の同情, の変質者, の專門家, の川, の市街, の慰め, の抵抗, の教室, の数, の断崖, の楽しみ, の水量, の無理, の痛手, の目方, の眺望, の科学知識, の程度, の美人, の美少年, の財産, の貧困, の資産家, の距離, の迷惑, の速, の進展, の道程, の重荷, の重要人物, の間それ, の頭痛, はつきりと, ひどかったらしく, ひろくし, むづかしいしその, ケチ臭く, ハッキリ出, ハッキリ区別, 上機嫌に, 上等らしい, 下まで, 不規則な, 世話を, 世間を, 久しい前, 亂れ, 仰山に, 低い水面, 保険も, 僕の, 充分に, 先生から, 克服し, 全盛に, 前故郷を, 努力し, 危険性が, 厭な, 古いお, 名士の, 国語にも, 多かった, 多くの, 大きい兄さん, 大きい家, 大きい檻, 大きい金子, 大きくな, 大きくなり, 大きな一種, 大きな家, 大きな屋敷, 大きな建物, 大きな新聞社, 大きな温室, 大きな金額, 大なる, 大に, 大事な, 女にも, 好きで, 嬉しかつ, 嬉しがらせた, 孤獨の, 専門的に, 小次郎への, 少数である, 広いの, 広い区域, 広い池, 広く取っ, 底冷えが, 廣い, 強い後悔, 強い水流, 強い誘惑, 強靭な, 彼を, 彼女の, 後悔しかけ, 後方に, 得意の, 怯か, 悉しく話した, 意外だったろう, 感動し, 成功した, 我慢し, 改良された, 整頓し, 文化の, 是迄は, 時刻が, 暑かった, 月次調の, 有力な, 有名な, 本年は, 東京見物も, 楽でした, 正直に, 歩いた事も, 残念な, 残酷なし, 氏の, 氣の, 水量は, 永生きの, 沈着な, 注意が, 注意した, 洒脱の, 派手な, 深いこの, 深い所, 深くな, 滑稽な, 激しく降り出した, 濛々と, 烈しい困惑, 烈しく聞え, 無理し, 無理な, 田地を, 痛く響いた, 発送止めに, 盛り澤山で, 神秘感を, 秋成に, 空頼めな, 純粹, 繁昌せし, 繊細である, 美しかつ, 美味いから, 自由な, 自由に, 興味を, 規矩男に, 親しかった, 詳細に, 豊富に, 賑い, 賑つてゐた, 贅沢に, 足労れ, 足早に, 足跡が, 距って, 距離は, 辛いからね, 辛い方, 近いこと, 遊戯的であっ, 遠い作品, 遠くまで, 酔つてゐた, 酷い目, 醜い男, 重いそれ, 重大な, 鋭い発見力, 長い, 長いお話, 長いはつきり, 長い手紙, 長かつ, 長くそうして, 長く上, 長く保つ, 長く埋まっ, 長く笑, 長し, 隆盛に, 雲が, 露骨な, 面白い風景, 面白く見た, 骨を, 高い一つ, 高い崖, 高くな, 高く枝, 鬱屈した, 鮮かに

▼ 可~ (225, 2.9%)

8129 ずと 13 ずとは 7 ざるもの 4 ざること, ざる事実 3 ざれば 2 ざる也, ざる事, ざる位地, ざる大, ざる悲哀, す, ずとて, ず今や, ず又, ず葢

1 [64件] ざるタイム, ざる不徳, ざる主, ざる事實, ざる働手, ざる哲理, ざる境地, ざる妖艶, ざる布置按配, ざる惡, ざる暴行, ざる武器, ざる沒分曉漢, ざる満足, ざる生命, ざる痴愚, ざる目前, ざる禍機, ざる紀念, ざる罪害, ざる義務, ざる行為, ざる証左, ざる運命, ざる鬼気, ずて, ずという, ずなどと, ず一毫, ず不行儀, ず事急, ず云々, ず人, ず他, ず但し, ず何, ず全く, ず其, ず其才不才, ず即ち, ず大義名分, ず夫婦辛苦, ず如何なる, ず妄り, ず宮殿新設, ず寧ろ, ず小, ず尚, ず左右, ず差出がましく, ず彼, ず忠, ず急ぎ路, ず我輩, ず正月節句, ず気随, ず無遠慮, ず物, ず疑わしき, ず社会, ず筆以, ず苦, ず衣服飲食, ず詰り自分一人

▼ 可なりの~ (216, 2.8%)

6 時間を 5 金を 3 程度に, 程度にまで, 金額を

2 [18件] 分量が, 困難を, 大川深く, 大部分, 年配だ, 必然性を以て, 感激を以て, 暴風雨と, 生活を, 論, 距り, 距離が, 距離に, 身代で, 進歩を, 部分を, 重傷である, 飛躍が

1 [160件] お婆さんである, ご馳走を, さびしみを, ものは, ザディズムスの, センセーションを, ナンセンスに, ニユアンスが, ロクで, 不正請負の, 事件に, 人が, 人出が, 人数は, 人類が, 仲買店を, 体系を, 余裕が, 作だ, 修業を, 偏極は, 傷を, 傾斜を, 内容を, 冒険だろう, 冒険であった, 処の, 出這入り, 分量の, 利益に, 助力に, 動力と, 動揺と, 勢力を, 博徒は, 厚みが, 同情を, 商人の, 問題を, 嘲笑を, 地面を, 基金を, 場合反動的日本主義乃至, 多数は, 夜深し, 大きな字, 大さ, 大部数, 天体観測鏡を, 好転を, 嫌気が, 寄席ほどに, 寛大を, 寺でした, 小屋が, 山にな, 嵩に, 年月を, 年輩だった, 年配の, 広さ, 広範さと, 庭が, 役を, 彼方に, 急流を, 成功を, 成績で, 打撃だった, 打撃を, 抵抗を, 数まで, 旧家が, 昂奮と, 時日を, 時間と, 期待を, 枝まで, 根據が, 根本から, 欠陥が, 歪みは, 残雪が, 池が, 決意と, 沢が, 波瀾を, 注意を, 注目を, 満足を, 瀑が, 爆撃力を, 田邑を, 町である, 町並に, 畸人で, 疑問を, 發達を, 盛会で, 目方が, 程度に迄, 程度の, 程度まで, 空間と, 繁昌が, 美人だったらしい, 美人では, 美貌だった, 肺浸潤が, 自信とを, 自由を, 苦痛で, 苦痛に, 荷物と, 蔵書を, 街道で, 衝激を, 補助を, 親類も, 豪家らしく, 財産と, 費用の, 資材が, 資産家で, 贅澤品に, 距離を, 路が, 辛棒と, 迷惑を, 通俗味が, 速力で, 進境なかるべからざる, 違算な, 遠方まで, 部分が, 部分そうした, 部分は, 部分特に, 酒を, 重大さを, 重症患者の, 量の, 金額である, 鋭さ, 間が, 間何やら, 間左手で, 間彼の, 間黙り込ん, 闘将だ, 隔たりを, 雑貨商に, 雨と, 零落であった, 面積ある, 頁数を, 類似を, 高さ, 高を, 魅惑を

▼ 可~ (146, 1.9%)

25 ない 16 ませんよ 15 ません 7 ぬと 5 ないの, ないよ 4 ませんぞ, ません可 3 ないから, ない可, ませんから, ませんね 2 ないからと, ないぞ, ないと, ないん, ませんねえ

1 [43件] そうも, ないかい, ないが, ないこの, ないこれ, ないぜと, ないその, ないって, ないという, ないねえ, ないので, ないもの, ないやう, ないわ, ないツ, ない友達, ない良い薬, なくな, なくッ, なけりゃ天, なけりゃ皆, ぬ, ぬとて, ぬとの, ぬなど, ぬ併, ぬ急げば, ふこそ, まいかと, ますまい, ますまいそれ, ませんか, ませんが, ませんこれ, ませんその, ませんでした, ませんな, ませんナ, ませんヤット, ません中ったら一遍, ません私, ません茲, ません貴方

▼ 可~ (120, 1.6%)

84 下候 4 成候 2 下と, 下候也, 仰附, 致候間

1 [24件] 下候以上閏七月廿四日松平土佐守, 下候先は, 下候右御, 下候就ては, 下候草々, 下度候, 下置段申上ける, 仕候, 催進之, 思召候已上, 成また, 成下候, 成候吉利支丹に, 成候天人の, 成御, 成御座奉, 渡也, 為候尤も御霊屋御用御, 為在, 爲有義萬, 申候且又連印役向, 相達候, 致存候, 遣之由

▼ 可恐い~ (116, 1.5%)

4 ものが, んです 3 よ, 大な

2 [14件] ので, のは, もの見た, もんです, んだ, 且つ力, 事が, 処だ, 吹雪の, 夢を, 雲の, 雷が, 面の, 顔を

1 [74件] から兄さん, から廃め, ぜ, ぞ, ため町に, でしょう, とは思わなかった, ともまた, とも可, と思う, な, の, のか, のである, のでご, のと, のも, のを, はまだ, ものか, もので, ものに, ものの, ものを, やうな, ような, よって, らしい, わね, わねぞっと, わ旦那さん, んで, 下心でも, 事ちょっと, 云うて, 兀斑の, 光るの, 処でありました, 処と, 化方は, 可怪い, 呪詛の, 変化に, 夕立雲の, 夕立雲は, 夢から, 大河よ, 奴なんぞに, 嫉妬の, 山の, 島で, 思いを, 思を, 意気がりで, 気が, 洪水した, 海を, 滅亡の, 猫の, 猫好きで, 猿が, 獣の, 真暗です, 蚤嫌ひで唯一匹にも, 裾長で, 誘惑でした, 雲を, 電, 面, 響は, 顔に, 顔は, 黄金蛇の, 黒雲が

▼ 可怪しい~ (101, 1.3%)

64 が, じゃありません, じゃない, ぞ, ぢや 3 では, と思いました, と思っ, と思った, のは, 人だ 2 ことばかり, ぜ八, という噂, と思ひました, よ, んだ

1 [45件] お粂, が一体, が何, ことです, し疑, ぜ, ぜ讀ん, という, というの, としらべ, とは思った, ともいえる, と云う, と云え, と思, と思いません, と思い思い, と思ってる, と思はなかつた, と思ひません, と思わなかった, と思われる, と感じた, と気がつきました, どうも不思議, なア, な八, ねえ, のかも, まるで友達扱い, ものは, や, ようだ, ようである, ような, わねえ, んで, んでしょう, んでせっかく, 不思議な, 何か, 工合に, 恋人でも, 扮裝だ, 突っ込んで

▼ 可~ (93, 1.2%)

12 ろう 4 あない, なくつて 3 つた, つたと, ろうと思う, アありません 2 あありません, ないか, ろうが, ろうと, ろうとか, ろうとの, ろうに, 怎か, 支那人から

1 [43件] あねえ, あねえだ, ありませんか, お前好な, さあござらつせ, ず, ず腹, それでも今, つけな, つたに, つたのである, つたわねありがたい, つた左樣か, つた然, つた隨分久しぶりだつた, ない, ないからと, ないという, ないよ, ないん, ない事, ぬ, ぬそれで, ぬ其の, ろうから, ろうって, ろうで, ろうとおっしゃる, ろうと注意した, ろうと湯治の, ろうと答えた, ろうなどと, ろうなんて, ろう合した, ろう左り, ろう翌日にも, ろう自分を, ろう銀流でも, ッ, 解らないの, 解らない位, 解らん, 解りませんけれど

▼ 可なりに~ (93, 1.2%)

2 ある, やりこなし申候, 多い, 美しい繁華

1 [85件] あつた, なる, ひねくれた心, むずかしいの, ヒステリックな, 不満の, 似通って, 修驗の, 健全であり, 別な, 勉強家といふ, 古いらしい, 古い物, 困難であるだろう, 執拗な, 夥しい, 大きい, 大きい寺, 大きな身体, 大袈裟な, 太く老い, 存し, 寂しいもの, 寒い, 常識に, 広いあき地, 広い店, 広い庭, 広い空地, 広い領野, 強い喜び, 強い恐怖, 強い降り, 強く悩まされた, 彼の, 御迷惑, 愉快な, 手当を, 技術的な, 日本資本主義にとって, 明かるく, 暮して, 暮し一度, 束縛を, 正しい併, 気が, 気味の, 沢山あります, 沢山お, 深い森林, 男との, 男の, 疲労し, 白けれ頬骨, 相近い, 確実な, 精緻な, 純数学的, 縁遠いこと, 繁昌し, 羨しがらせた, 自信に, 自由な, 興味を, 苦しかろう, 草ぶかい, 荒れて, 落付の, 衰弱し, 諸人の, 豊富で, 進んで, 遅く帰宅, 違つてゐる, 遠いで, 酔って, 重苦しく不快, 長い時間, 難儀であった, 頑固な, 頻繁で, 高い山, 高く噴きあげる, 高すぎた, 高も

▼ 可恐し~ (82, 1.1%)

164 さに 3 いもの 2 い響, き入道雲, げな

1 [53件] いせい, いでサッサ, いと, いという, いところ, いへの, いもんだねえ, いや, いよう, いような, い人, い冬, い処, い唸じゃな, い夢, い大, い子供, い崖崩れ, い影, い御, い思, い悪党, い惨, い故郷, い早, い時代, い気前, い洪水, い焦, い病毒, い目, い罪, い荒海, い豪傑, い軍艦, い長い, い面, い顔, い魔法, がる能職三十九歳, げなる, げに蹲り, げは, さ, さと, さと言っ, さにも, さの, とも夢, と念, や事, 可恐し, 素裸の

▼ 可いと~ (71, 0.9%)

4 思って 3 言ふ

2 [16件] いふので, いふ性で, 思うて, 思うん, 思った, 思つた, 思へば, 教へ, 覚悟した, 言うん, 言つた, 言つたのに, 言つた事が, 言つた調子だ, 許して, 願つた吉野を

1 [32件] いふこと, いふ事, わたくしも, 云ひました, 存じますよ, 忠告致しました, 思う, 思ったという, 思っての, 思つ, 思つてから, 思つてゐた, 思つて居る, 思つて遠い, 思はないで, 思ふな, 思ふね, 思わないで, 愛嬌の, 昔気質の, 柳眉星眼火, 深切に, 父から, 留めた儘, 考えた, 考えますが, 親切に, 言うこと, 言つた様で, 言つた樣で, 言つてゐた, 言ひ

▼ 可~ (66, 0.9%)

3 する 2 した, す, する者

1 [57件] いふに, お頼み申, しいずれ, し以後, し濃, すされど, すその, すと, すどこ, するか, するが, するとき, するもの, するを, するスカルタッツィニ不可, する以上, する俳優技芸論, する章句, する者六十一, する者百二十三, すれど, す即ち, す惡行, す此, す然, す爲, せられて, せり, せん余, ぞんじ候えども, ぞんじ奉り候, なったら風邪, マア私だけは, 三人申合せ, 不可とに対する, 云に, 云ひ, 云ゆゑ文右衞門は, 云を, 仮名しおる, 呼ばずに, 和かに, 変名し, 存候, 座を, 思うて, 思ったらしい, 悦びて, 打込んで, 申さる, 申候, 相談一決せし, 称す, 言うに, 言て, 言ひやした, 願書を

▼ 可かった~ (56, 0.7%)

3 ね, のに 2 と思っ, んだ, んです

1 [44件] か今, が, がいかに, がこりゃお, がたちまち, がねへ, が一件, が同時に, が持参金, が泳ぎ, けれど抵, こと, そうでない, で, ですれ, という後悔, とこう, と奴, と後で, と思い出した, と思う, と思うであろう, と息, なあ彼奴, ねえ, ねえそれ, ねえほんとう, のです, のについ, のにね, のにねえ, のに早い, のに湯, のね, のねえ, のも, もの, ものの, ものを, わ, 事を, 先生は, 奥も, 怪我を

▼ 可~ (55, 0.7%)

5 ぢや 4 のだ, んだらう 3 のか 2 のである, ンだ

1 [35件] かも知れない, けれど, けれど大, けれど病気, ことで, さ, じゃあありません, じゃありません, だらう, てこと, とさう, どうだ, のだらう, のだろう, のでございましょう, のでございます, のでございませう, ので御座いませう, のに, のを, ようで, 事が, 事は, 位だ, 位の, 加減な, 加減にでも, 寒いと, 幸に, 所で, 文の, 椅子へ, 樣だつた, 証人だ, 鹽梅に

▼ 可なる~ (52, 0.7%)

4 ものあり 2 ものである, ものは, を知らず, 位である, 者と

1 [38件] かの如く, が如し, ことが, ことに, ことは, ところを, に似たれ, ので, ほどである, ほどなり, ほどの最年少者, ものが, ものであろう, ものと, ものほとんど, ものまた, ものザラザラ, も事, も其実, も新, も若し, やう思ひ, やは更に, やを俄かに, ゆえんを, をもって幽霊, を主張せり, を證明, 場合は, 所以を, 有様なり, 程なれ, 程大なる, 程目醒しい, 者は, 訳だ, 譯である, 關係に

▼ 可なら~ (51, 0.7%)

12 んか 11 んや 7 んと 32 むのみ, むや, ん

1 [12件] ざるも, んかと, んとて, んのみ, んも, んを, ん乎, ん仮令, ん哉, ん哉乃ち商工省特許局発行の, ん歟, ん而し

▼ 可~ (42, 0.5%)

18 がす 4 ござんす 3 ごす 2 がしょう, ござります, ごすかい

1 [11件] がした, がすか, がんす, ござす, ござつた, ござりますやろ, ごす軍鶏, ないが, ないわいの, やら突破, 御坐んす

▼ 可懐し~ (39, 0.5%)

10 そうに 2 かつた, げに, さが, さと, さに, さも

1 [17件] がる布施, げな, げに差寄り, さ, さうに是方を, さうに眺めた, さうに見送つた, さうに駈出し, さとの, さの, さを, さ言わん, そうな, と思う, と見る, の殿, やと心

▼ 可~ (33, 0.4%)

3 か諸君, ですか 2 が, が黒馬, だ, 工夫してる

1 [19件] か, かその, から言う, か無, し姿, そんな高利, ですがただそう, でば, でヤ, で喫ん, ども, に, の, のですだ, やうに, やない, よ, 最早乃父, 関うもん

▼ 可いんです~ (32, 0.4%)

642 がね, けれど, わ

1 [16件] お心, か会社, が, が其奴, が矢張り三日頃, が矢張三日頃, けれどそういう, けれどちっとも, けれども, けれども中, けれど我儘, し名, それだけです, よ構, よ私, 今夜あたり

▼ 可~ (32, 0.4%)

19 なく不可 6 なし不可 2 不可も 1 人智なり, 可児郡兼山の, 否も, 河尻秀隆も, 無く不可

▼ 可懐しい~ (31, 0.4%)

3 故郷の 2 やうな

1 [26件] お方だ, お茶屋から, がどう, という眼付, として文金, とも思はん, のでご, ものであった, ものに, ものは, ような, わずかに, 信州に, 古巣だった, 名だ, 土地だ, 天神下は, 姿些と, 少年時代を, 御身の, 感じの, 感想を, 気が, 胸を, 顔と, 香の

▼ 可~ (31, 0.4%)

6

1 [25件] かと存候, き御, き挨拶, き親族知己, などと申候, ものも, トテ其ヨリ境, 之氏族等但, 候云々, 儀者大方致吟味国司江申入置申候前, 先生なり, 公共的の, 哉之旨申聞候に, 哉否於左大将殿可宜, 奉公在付も, 奉存候, 存候間其旨申答了, 御儀, 御差圖被成可, 御断り下さる, 御風語被, 挨拶を, 旨玄, 此段申進候, 被思召候

▼ 可うございます~ (29, 0.4%)

52

1 [22件] かその, から取, から早く, から私, から貫一さん, か顕然, がね, が彼奴等人, けれどもねえ, けれども私, ぜとさか, と, とも行っ, ね, のね周囲, よお, わ, 御親友, 私の, 私は, 袴を, 身が

▼ 可怪い~ (27, 0.4%)

3 と思つた, なア 2

1 [19件] お粂, じゃア, ぜ, ぞ, とは思った, とも思わぬ, とも言う, と云う, と思いました, なあ, のでお前, ので声, よ, ようにも, んです, 事で, 伝説が, 喬木の, 目を

▼ 可らざる~ (25, 0.3%)

2 なり, のみならず

1 [21件] か, か我輩, のみか末段, のみか自, の事実, の凄, の所望, の時, の道理, は今日, は劇界, は是, は朝, は独り女, は自然, は言うまでもなき, も此名, よりも甚, を, を争う, を知り

▼ 可いんだ~ (23, 0.3%)

4 から 32

1 [14件] かお前さん, からこれ, からそれ, から私, が, けれども町内, けれどやっぱり, けれど何, けれど姉さん, けれど学校, けれど度, ね, ねえ, よ可

▼ 可きで~ (23, 0.3%)

10 はない 3 は無い 1 あつた, あつたの, あつて, はあるまい, オエタの, 三山同時に, 仲には, 其処に, 真に温泉, 貴方から

▼ 可けれ~ (23, 0.3%)

6 ばなり

1 [17件] なまじ緋, ばこの, ばと云, ばと言っ, ば人類学派, ば今日, ば元, ば参りやしょう, ば必ず, ば私の, ば買っ, ば買つて, 三月四月に, 二月こそ, 又一方, 嘴の, 故に婚姻

▼ 可~ (23, 0.3%)

2 か向, か正々堂々

1 [19件] か, かしらん, ことで, だからいっ, だからいつ, ですが, 不言の, 二隊こそ, 大クロ星, 失敗に, 容体は, 所鈴ヶ森に, 時の, 晴れたん, 気もちなどが, 海人は, 竹である, 英語で, 血書の

▼ 可~ (23, 0.3%)

52 と可

1 [16件] と存候, と存居候處, もし又, 体無, 侯, 候に, 候処公私, 候右の, 候唐墨の, 候所引越公私の, 候敬具, 心得に, 旨, 最も安全, 水府も, 義には

▼ 可いわ~ (22, 0.3%)

43

1 [15件] お話しなさい, そんなら, そんな事言つて, で薄, もうちっと, もう泊っ, よ智恵子さん, よ智惠子さん, 佃町を, 其主も, 内の, 可いわ, 狭山さん, 私が, 私は

▼ 可なりと~ (21, 0.3%)

4 いえども 2 主張し, 雖も

1 [13件] いひ王翦, いふ, した人, する, すること, する社会善, せん, なし然, 信じます, 信じ居るならば, 信ず, 古びて, 言はれし

▼ 可ならざる~ (17, 0.2%)

2 はない, はなしと, ものありし

1 [11件] なきそち, なき底, なき才, なき才女, なき才気, なき抜群, なく晩年, なしである, に非, はなし, はなしで

▼ 可怪しく~ (17, 0.2%)

3 なって, はない 2 なったの 1 させ, ないか, ないこと, なつて, 左樣あり, 思いながら, 思はれて, 思われるよう, 胸に

▼ 可うござん~ (16, 0.2%)

76 すか 1 すから銑さん, すか可, すか旦那

▼ 可きもの~ (15, 0.2%)

4 である 2 あり, なきを, なり, 少なからず 1 であること, 実際に, 足れりと

▼ 可怖い~ (15, 0.2%)

1 [15件] から行っ, ことは, でしょう, ながら疑い, わ, 只中に, 学生らしい, 方だ, 物見た, 目見る, 眼で, 眼の, 眼を, 程な, 顔を

▼ 可~ (15, 0.2%)

2 之事, 之候, 御坐 1 之候也, 之右, 之向, 之奉, 之已来右躰, 之旨其筋, 之此段及御答候也, 之遙想, 御心得候

▼ 可~ (15, 0.2%)

2 くて

1 [13件] からず泊り, かりき, き盃盞こと, く, くこっち, く思, く感じたが, く暮し, く走り出, なもの, な三, な話, や滅理絶義

▼ 可う御座います~ (14, 0.2%)

3 か, よ 2 とも, わ 1 ね, 右の, 私は, 貴様に

▼ 可~ (14, 0.2%)

3 さうだ 2 さうぢ 1 い犬, さうだと, さうだねえ, さうで, さうですよ, さうでは, さうな様, さうみたい, や

▼ 可かろう~ (13, 0.2%)

2 と云う

1 [11件] かとも申します, という事, という声, と云い出した, と云おう, と思います, と思った, なあ迚, ね, ねえ, やら

▼ 可ござん~ (13, 0.2%)

9 すか 2 すとも 1 す, すか分りました

▼ 可怪し~ (13, 0.2%)

3 なこと 2 う御座います, な娘 1 な夢, な奴, な憂鬱病患者, な様子, な気, な言葉

▼ 可懐い~ (13, 0.2%)

1 [13件] おとなしやかな, のね, のは, までほんのり, わ若旦那, 亡き母, 姉は, 思出が, 恋しい嬉しいそれに, 折から, 気が, 白山に, 薫に

▼ 可成りな~ (13, 0.2%)

1 [13件] 不満を, 尊敬を, 心身の, 我儘と, 所まで, 注意を, 生活難に, 疑惑的否定的な, 苦心努力にも, 藝術味を, 重さ, 金を, 金子を

▼ 可羨し~ (13, 0.2%)

31 いあんな大きな, いくらゐ, いと思います, いな, いほど, いような, いネ, げに眺め, さが, そうに

▼ 可いか~ (12, 0.2%)

2 え, 困つてると, 解らなくつて 1 しないと, 些と, 何う, 方角が, 知れやしない, 解らぬので

▼ 可がべ~ (12, 0.2%)

42 え, えどら, す老爺, せア

▼ 可きである~ (12, 0.2%)

2 か, ことを 1 がいつしか, が世, が其名, が土人, が此辺, が白馬岳, こと譬へば, と共に登山

▼ 可~ (12, 0.2%)

2 文学通に 1 こころでは, ものである, ものと, りくづほれめいりこん, 外国通に, 女に, 文学論か, 理会を, 考への, 通人ぶりや

▼ 可~ (12, 0.2%)

1 [12件] すぐ立っ, すなわち可, ひとまず後続軍, ぽろりと, 三十一文字だ, 仮名に, 御徒町の, 日夜無念の, 礼三拝後依, 私です, 討死した, 起きかけた

▼ 可恐き~ (11, 0.1%)

2 やうにも 1 は狂人, までに益す, までに色, ものに, やうに, 夕暮の, 夜道ならん, 大薩摩ヶ嶽の, 星の

▼ 可~ (10, 0.1%)

4 出処足痛に 2 出之 1 出様子無, 在事, 越趣, 越趣堀副

▼ 可~ (9, 0.1%)

1 さうな様子, だろう, だわね, で御座います, と思った, な事, な臭気, な蒸暑, に澄まし

▼ 可懐しく~ (9, 0.1%)

1 おもい出させた, ふらふらと, 尋ね寄り用, 思った, 思ったこと, 思ふに, 思出させる, 感じたこの, 身に

▼ 可~ (9, 0.1%)

2 齋の, 齋は 1 齋と, 齋も, 齋押返し愚僧態, 齋樣と, 齋聞て

▼ 可いこ~ (8, 0.1%)

1 と, とそれなり, とね, とはあるまい, とはございません, とはござりません, とは無え, と聴いた

▼ 可いのです~ (8, 0.1%)

1 か, から, から全, が小学校, が御, が流石, けれどもねえ, 尤もこれ

▼ 可~ (8, 0.1%)

2 さうに煙草 1 さうに喰, さうに喰つて, さうに舌打, さうに舌鼓, さうに飯, しお

▼ 可恐く~ (8, 0.1%)

1 ないよ, なって, なり今, 成りまして, 月夜は, 気の, 氣前が, 胸の

▼ 可~ (7, 0.1%)

3 せう 2 せうと 1 あらう, せうね

▼ 可なれ~ (7, 0.1%)

1 ども, ども古, ども社会, ど党員, ど又, ど外國語, ど黨員

▼ 可恐しく~ (7, 0.1%)

2 はない 1 ないよう, 思って, 見勝手, 謙遜する, 陰気に

▼ 可愛しい~ (7, 0.1%)

5 おれの 1 と思われた, 者は

▼ 可愛想~ (7, 0.1%)

3 とも思ふ 2 なの 1 だが, だわよ

▼ 可細い~ (7, 0.1%)

1 喉の, 堀田の, 声で, 声を, 煙を, 腕しか, 逆光線に

▼ 可しと~ (6, 0.1%)

1 て切歯慷慨, て小川町, て当時, て持参, て興行はじむる時, て養子

▼ 可なりさり~ (6, 0.1%)

4 ながら此 2 ながら閣下

▼ 可懐く~ (6, 0.1%)

1 いそいそ寄る, もあり, 妹恋しく, 斜めに, 熟と, 麓を

▼ 可~ (6, 0.1%)

1 に与え, のため, の母房氏, は一向, も名, を生ん

▼ 可訝しい~ (6, 0.1%)

1 いや可, がね腰掛同然, ぜ, と云, ね, 絵が

▼ 可いとも~ (5, 0.1%)

1 なう安心, ねえ愛吉, の, 代もの, 大川へ

▼ 可いん~ (5, 0.1%)

2 でせう 1 じゃあ, でさ, でサ

▼ 可う御座ん~ (5, 0.1%)

2 すか, すが 1

▼ 可きなれ~ (5, 0.1%)

1 ども他家, ども僅, ども其勉強, ども扨, ば仮令

▼ 可くっ~ (5, 0.1%)

32 てよ

▼ 可けれど~ (5, 0.1%)

1 お酒, こ, 吾儕は, 廉や, 腹の中では

▼ 可なりという~ (5, 0.1%)

1 ことほぼ, のと, のは, 但書付で, 程で

▼ 可~ (5, 0.1%)

1 して, 付領内にて, 処すこと, 山陽が, 斯る

▼ 可~ (5, 0.1%)

1 ね, ねお前, 其儀は, 否やを, 笠を

▼ 可分割性~ (5, 0.1%)

2 を否定 1 が肯定, を承認, を許す

▼ 可~ (5, 0.1%)

1 えこと, えもん, えやう, え人, も

▼ 可~ (5, 0.1%)

1 が間もなく, な嵩, の年齢, は去年, 大きな家族

▼ 可~ (5, 0.1%)

21 といふ稱號, の心, の心持

▼ 可畏い~ (5, 0.1%)

1 とも思っ, と言, ものは, 事を, 阿爺

▼ 可畏し~ (5, 0.1%)

1 いもの, いやう, い影, い波, げな

▼ 可いよう~ (4, 0.1%)

1 なその, な寒々しい, な無意識, わざと女共

▼ 可う御座んす~ (4, 0.1%)

21 よたんと, よ其の

▼ 可かつ~ (4, 0.1%)

31 たもの

▼ 可~ (4, 0.1%)

1 功に, 古御所, 因果と, 犬山の

▼ 可くむ~ (4, 0.1%)

2 ば公 1 ば初期議会, ば初期議會

▼ 可く早く~ (4, 0.1%)

1 おかえりに, 其の人, 切り上げて, 済まして

▼ 可けん~ (4, 0.1%)

21 まさに江, やだ

▼ 可さそう~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 な, なもん

▼ 可との~ (4, 0.1%)

1 事なれ, 尊命を, 御意なりと, 御意なれ

▼ 可なりあった~ (4, 0.1%)

1 がみな, しよく, し説かない, のは

▼ 可なりです~ (4, 0.1%)

2 が演劇, よ

▼ 可~ (4, 0.1%)

1 且言昨日偶臨于大學同期卒業生之, 古伎夜みこ, 布江に, 等伊倍

▼ 可~ (4, 0.1%)

1 と存さし上, と存候得共, と突, 詰りの

▼ 可羨い~ (4, 0.1%)

1 だらう, とは更に, のでこの, わ

▼ 可いが~ (3, 0.0%)

1 と思ひ, ね, 全く斯

▼ 可いっ~ (3, 0.0%)

1 ていうもん, て事, て嬉しい

▼ 可いわい~ (3, 0.0%)

1 なうそれぢ, のさあ, 一ツぐらい

▼ 可うござんす~ (3, 0.0%)

1 けれど刺, のに出張り, よさあ

▼ 可かん~ (3, 0.0%)

1 から話, て僕, ので

▼ 可きであらう~ (3, 0.0%)

1 か, かどう, と私

▼ 可きであり~ (3, 0.0%)

1 創作探偵小説界に, 時少く, 男女子供猫犬鶏も

▼ 可くなら~ (3, 0.0%)

1 卒直に, 原稿は, 食物の

▼ 可くん~ (3, 0.0%)

2 ば則 1 ば即ち

▼ 可けれども~ (3, 0.0%)

1 元來學者, 唯學者, 道中松並木で

▼ 可ござんす~ (3, 0.0%)

1 かい, のに, よ可ご

▼ 可とも~ (3, 0.0%)

1 不可とも, 否とも, 思われる

▼ 可なりとして~ (3, 0.0%)

1 ゐる, 居た茶入, 居るが

▼ 可~ (3, 0.0%)

1 だから, ですつて, ですツ

▼ 可完全化性~ (3, 0.0%)

1 である, または退化, を主張

▼ 可怖く~ (3, 0.0%)

2 ないね 1 つて仕

▼ 可恐かっ~ (3, 0.0%)

1 たので, たわ, たん

▼ 可恥しい~ (3, 0.0%)

1 じゃない, ような, 自分の

▼ 可愛し~ (3, 0.0%)

1 とは思はざり, とは思ひ, と思う

▼ 可煩く~ (3, 0.0%)

1 て持余, なりましたら面倒, はいらっしゃいません

▼ 可~ (3, 0.0%)

3 載其餘旁國

▼ 可笑い~ (3, 0.0%)

1 のよあの, わ, 方です

▼ 可~ (3, 0.0%)

1 と御供觸, と決心候節, 別段之思召

▼ 可いたっ~ (2, 0.0%)

1 てそんな, て憚りながら

▼ 可いで~ (2, 0.0%)

2

▼ 可いでせう~ (2, 0.0%)

1 けれどね, ね私

▼ 可いに~ (2, 0.0%)

1 この貧乏くじ, ねえ

▼ 可いま一ツ~ (2, 0.0%)

2 の手段

▼ 可いもの~ (2, 0.0%)

2 か怎

▼ 可いや~ (2, 0.0%)

1 ね勝手, 素晴しいん

▼ 可いよ僕~ (2, 0.0%)

2 に任し

▼ 可うございましょう~ (2, 0.0%)

1 とも, ね

▼ 可かったら~ (2, 0.0%)

1 そうおし, 貴所の

▼ 可かったろう~ (2, 0.0%)

1 とつくづく, に

▼ 可かの~ (2, 0.0%)

1 一イ二ウ三イで, 生命の

▼ 可かも~ (2, 0.0%)

2 知れぬなどと

▼ 可かりし~ (2, 0.0%)

1 宗教的儀式の, 演説が

▼ 可かるべし~ (2, 0.0%)

1 と思ひしか, と思ふ

▼ 可きだ~ (2, 0.0%)

1 と余, と思います

▼ 可きでした~ (2, 0.0%)

1 が子, が溝口屋鐘五郎

▼ 可きでない~ (2, 0.0%)

1 と諭した, 事を

▼ 可きな~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 可きなり~ (2, 0.0%)

2 と云々

▼ 可きもの紛々~ (2, 0.0%)

1 として舞台, として舞臺

▼ 可きや~ (2, 0.0%)

1 に関して一場, は因果的結合其もの

▼ 可き濁~ (2, 0.0%)

2 浪を

▼ 可き無き~ (2, 0.0%)

1 を憾む, 所以なり

▼ 可くし~ (2, 0.0%)

1 て憎むべき, なかつたし

▼ 可く余儀なく~ (2, 0.0%)

1 された運命, されるので

▼ 可これ~ (2, 0.0%)

1 を沈むる, を用

▼ 可しか~ (2, 0.0%)

1 桟敷は, 酒も

▼ 可しさり~ (2, 0.0%)

2 ながら閣下

▼ 可しといひたれ~ (2, 0.0%)

2 ども啻に

▼ 可し去れ~ (2, 0.0%)

1 ど其眼, ど谷間田

▼ 可じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないかね

▼ 可すぎる~ (2, 0.0%)

2 位だ

▼ 可である~ (2, 0.0%)

1 が自然圈内, としてゐる

▼ 可として~ (2, 0.0%)

1 三段に, 釧路の

▼ 可どの~ (2, 0.0%)

1 にも信濃四郡, へ

▼ 可ならず~ (2, 0.0%)

1 やである, やと

▼ 可ならむか~ (2, 0.0%)

2 其第一次の

▼ 可なりいける~ (2, 0.0%)

2 方だった

▼ 可なりいら立たせ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 可なりとは~ (2, 0.0%)

1 よく其精神, 思わぬ

▼ 可なり脅かした~ (2, 0.0%)

1 やうにも, ようにも

▼ 可にと~ (2, 0.0%)

2 思つた

▼ 可には~ (2, 0.0%)

1 じれったいの, 信濃四郡を

▼ 可ません~ (2, 0.0%)

2

▼ 可むしろ~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 お上り, 旦那が

▼ 可らざる所~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, のもの

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 そんなら, 小母さん

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 二祖と, 殺風景に

▼ 可キハ~ (2, 0.0%)

1 無シト雖ドモ, 第一

▼ 可キ者~ (2, 0.0%)

1 ノ我国ニ欠損シテ而シテ, 亦嵐光峰影

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 又能ク, 又酔フ可ク

▼ 可三百里~ (2, 0.0%)

2 多竹木叢林

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 の瞋, をし

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 と称し, に付

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 厭なら下げる, 里之

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 かなど考候, 御沙汰に

▼ 可弱い~ (2, 0.0%)

1 女に, 気分は

▼ 可御座んす~ (2, 0.0%)

1 どうせ貴所, よ

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 しく夜陰, しさ

▼ 可怪く~ (2, 0.0%)

1 はない, 思つた

▼ 可怪しゅう~ (2, 0.0%)

2 ございます

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 さが, さと

▼ 可恐う~ (2, 0.0%)

1 ございましたわ, ございますからね

▼ 可恐がっ~ (2, 0.0%)

1 てお, て近づかぬ

▼ 可恐がる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 事は

▼ 可恐くっ~ (2, 0.0%)

1 て私, て遁げ

▼ 可愛しゅう~ (2, 0.0%)

1 て, て可

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 い金剛石, になる

▼ 可憎し~ (2, 0.0%)

1 いッ, ゅうございますねえでも

▼ 可懐き~ (2, 0.0%)

1 友の, 拳に

▼ 可懐さ~ (2, 0.0%)

1 に窓, を存ずる

▼ 可懐しかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 可成り酔っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 可成り離れ~ (2, 0.0%)

2 てゐ

▼ 可改めて~ (2, 0.0%)

1 いへ名, 謂え名

▼ 可~ (2, 0.0%)

2 と場合

▼ 可煩い~ (2, 0.0%)

1 と抱主, なまあ

▼ 可煩き~ (2, 0.0%)

1 に悩乱せり, 満枝

▼ 可畏き~ (2, 0.0%)

2 無人相

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 殺, 殺と

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 の機, の義

▼ 可相勤体~ (2, 0.0%)

1 無御, 無御座候

▼ 可相成~ (2, 0.0%)

1 と榮, 奉拝賀候

▼ 可知的~ (2, 0.0%)

1 の体, の範囲内

▼ 可細く~ (2, 0.0%)

1 呟いで, 芝居沁み

▼ 可羨く~ (2, 0.0%)

1 もある, 朝夕の

▼ 可~ (2, 0.0%)

1 ならば, にし

▼ 可~ (2, 0.0%)

2 哉難計

▼1* [391件]

あるいは不可と, 可いお積です, 可いくらゐの, 可いけんども, 可いじやア, 可いですね, 可いとおつ母さんが, 可いとも沢山そうやって, 可いなァ, 可いわではござんせん, 可いわ放すから遁げ, 可いんでしょうどう, 可うござんしたね, 可うござんすかい私は, 可う御座いませんから, 可かざる一条に, 可かせようといふ, 可かったっちゃあない, 可かったでしょうに, 可かったですよ, 可かったらつけてくん, 可かったら開けて下さい, 可かめれとバイスクリイム, 可かりさうなもの, 可かるで一時間, 可かれと祈る, 可かれずば則, 可かれないといふこと, 可きか全, 可きかなれども其品, 可きだったがこの, 可きであったが名, 可きであろうと思う, 可きでなく最し, 可きで有るが叔父, 可きなく唯あきれ, 可きの士なりと浩歎, 可きの由宣下上卿三条中納言即ち清範朝臣, 可きもの實際に出現, 可き往き方で, 可き恐る可き, 可き澄んだ眼が, 可き遺傳などが, 可くお聽きなさい, 可くかう貧しい余り, 可くない批評癖は, 可く依而そういう, 可く多く旧政友, 可く大人しいお可愛らしい, 可く尊う可き, 可く思い出さないように, 可く愛す可き, 可く止むを得ずし, 可く深い訓練を, 可く狭いちつぽ, 可く短い時間の, 可く緩りするという, 可く蹲んで後に, 可く遅くと希, 可く長かれと祈っ, 可く集まって来, 可く題して, 可く驚く可く, 可けないやうだつ, 可けもしない事, 可けれ依て元, 可けれ聞くも可, 可けんやと息巻, 可ここで燐寸, 可さうなもの, 可ささうぢや, 可しかれはこの世, 可しなる可し, 可し与え恵む可き, 可し参る可し, 可し打つも可, 可し有れば傍, 可し死ぬと思, 可し笑う者は, 可し買うも可, 可し選び定むることは, 可し黙って聞こう, 可ちょいと珈琲, 可ついでにお, 可てんぷらよかろう, 可であり又其の, 可でしやう, 可といふことが, 可とは武蔵が, 可ないと言つたの, 可ならざる無き才人伊藤松雄氏などは, 可ならずして経済, 可ならずやと云う, 可なりあったらしい現に, 可なりきつと結ばれ, 可なりだしそれからまた, 可なりだつたんぢや, 可なりでげす, 可なりとてその語気凜, 可なりにはやれるつて程度, 可なりやといふ, 可なりやっている, 可なり合って居る, 可なり役立つて居る, 可なり得たものが, 可なり得るところが, 可なり鑑みざるべけん, 可なるべき事なる, 可なるべし此事件に, 可なんて申しますもん, 可な悟り方だの, 可にもやはり軍医, 可のに到頭, 可ひたし物の嫁菜, 可また何処へも, 可までが御諾否, 可ままよなる, 可にご, 可もしくは四半可を, 可ものを無理, 可やと云に, 可らさると其理相, 可らざらんや, 可らざる者がある, 可廣い, 可ば委陀, 可しい而, 可われわれが貴様, 可カラザル大錯誤ヲナシテ彼, 可カラザルナリ是レ洋籍ノ結構, 可カラズトイヘドモ信仰ハ自由也, 可カラズ並ニ酒家ニ入ルマジキ事, 可程ノモノトテハ, 可キガ若キ者ハ世ニ其匹, 可キコト亦鮮ナカラズ, 可キナリ各國有爲, 可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 可キモ亦カノ, 可キ旨同船長ヨリ, 可キ様無ケレバ, 可キ物ヲ曝スゾ善ケレ, 可キ理無キヲ熟考セ, 可キ限リニ非ザル也, 可ク更ニ斯ク頑迷移サザル者, 可ク登テ樂ム可キガ若キ者ハ世ニ其匹, 可ザルモノニシテ之ニ忍耐, 可今ヨリ以後, 可シ乞食嗚呼自分, 可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, 可トンカツ可中国料理可てんぷらよかろう, 可ナリ若シ年, 可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 可ナリ屁ト云フモ亦可, 可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 可ナリ香ノ高, 可マツチのペーパ, 可ラザルノ良法ヲ採用セズ, 可ラザルノ説ヲ信ジテ以テ悉ク己, 可ラザルハ勿論, 可ラザル所ニシテ当ニ務テ, 可ラザル者ノ如ク, 可ラザル者アルニ似タリ, 可ラス故ニ世界無比, 可ラズ誤未, 可ラズト云フ意ニハ非ズ, 可ラズ書ヲ読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖, 可上和気金谷を経, 可不可を論ずる, 可中国料理可てんぷらよかろう, 可今夜は蛇, 可仕やと書状, 可の人形, 可令扶助条可有其心得候, 可可感候, 可の第, 可何とでも, 可何ともない, 可何処か茶店, 可が降り, 可候え共今日, 可より祝物, 可込義迚も, 可という男, 可ちえ, 可凄くも又, 可別にそれにも, 可加減におし, 可動体なるメロディアス, 可となる, 可十萬其俗殺人強盜及姦皆死盜者計贓酬物, 可行, 可受験者の好む, 可味いもん喰, 可哀さうにお前の母アさん, 可哀さうに病気のため, 可哀しとあるは, 可哀しく哀れと, 可唯若し涙の, 可四百餘里土地山險多深林, 可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 可四郎は戦友, 可型性を有する, 可母不, 可塩焼き付け焼きともに可, 可不在, 可大丈夫だ, 可差上事, 可女小児の手前, 可好くはない, 可学校も照陽女学校, 可小倉豊前守, 可から東条方面, 可差進之旨被下院宣已訖, 可が自由, 可席次十三だった, 可延牟物能等可牟, 可当方に違えある, 可坐して, 可御座んすサ, 可御茶屋之普請, 可もこれ, 可心地であらう, 可心掛之命有, 可怖い四角い眼だ, 可怖かったわ, 可怖から厭だ, 可怖がったりする, 可怖がられたりし, 可怖しい繁殖, 可怨しそうに, 可怪しき鐘の, 可恐い悪い病が流行つて先に, 可恐い高い屋根裏に, 可恐がるだろうと思っ, 可恐しく広いやと小宮山, 可恐ながる事は, 可恐ねえことは, 可恥いほど行届かない, 可恥き迄に皆, 可恥くてなりません, 可恥しさに, 可恥しく腹立しかった, 可恥しゅうございます, 可恨くも又或, 可悪い偉大な, 可の歴史たる, 可悲しさは, 可惜しいもの出, 可惜しかった, 可惜忠義の身世, 可惜青年一人此處にかく, 可感的な実在, 可しそう, 可慨しそうに, 可憎き人の, 可懐いんです床いんだ, 可懐げにも見え, 可懐しい恋しいに年齢, 可懐しい恋しいいとおしい嬉しい情を, 可懐しき明神の, 可懐しければ其細君, 可懐しゅうござんしたでしょう, 可懷さうに絡つて來る, 可成りあるので, 可成りいたくスワの, 可成りたつぷり物に, 可成りだそうな, 可成りつながっていました, 可成り似ている, 可成り信じて可, 可成り取揚も, 可成り困つて胸, 可成り垢抜けしたところまで, 可成り思ひを寄せ, 可成り悩まされたけれども杉江, 可成り憎まれて居ります, 可成り打ち溶けてゐる, 可成り持っている, 可成り持つてゐる, 可成り整っている, 可成り更けてゐた, 可成り更けた時ヒョッコリ酒場へ, 可成り流行ったものである, 可成り牽くことな, 可成り疲れてゐる, 可成り痩せて蒼白い, 可成り目立った傾向でした, 可成り穿つて描かれ, 可成り老けた顏した, 可成り考えて, 可成り草臥れても居た, 可成り違うものな, 可成緊張して, 可にも非ら, 可の人, 可トノコト, 可性と, 可有候せんちよ坊, 可有候島中に此状, 可有由仰出され志太遠江守, 可木下藤吉郎秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 可とんだ気の毒, 可と角舘町, 可楽三遊亭圓生もっぱらこれ, 可は森甚平, 可殿は御, 可気味だと, 可清葉さんが嫌った, 可にしろ, 可的の, 可測斬蛇潭, 可煩うございましょうのについ, 可煩しと例, 可熊手屋二円五十銭は分った, 可敝奈里, 可玉燕女等と署, 可申上之処, 可申上ト存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, 可申上候予は取, 可申上候哉如何一寸御命じ, 可申上嬉きやう, 可申付哉御伺, 可申候や, 可申候委細は筆紙, 可申候間左様ニ可, 可申候間先生御紹介可, 可申入候条抛筆候, 可申實に氣, 可申心底之処, 可申旨被仰, 可申歟とも存候, 可申茎は其許さま, 可申體に相, 可疎き声に, 可疎しの吾子, 可疑き婦人の, 可しいやう, 可痛しの嵐, 可相成義出來可申哉と深く, 可相止候依之横目中, 可相立旨被仰, 可相越候間得其意早々下田港, 可と七兵衛, 可稽古事也国を治む文武二道, 可立夫婦の孝貞, 可立帰若又, 可笑いぢやありません, 可笑い事がある, 可笑い処へ自分主人, 可笑みの落話, 可なれども, 可く露, 可羨ければお前さん, 可羨しく思われぬでも, 可考道有皆隠医, 可者也依而, 可臭いと田舎, 可臭くなつて, 可致之処差合に付為名代, 可致候やと御, 可致候末文に今一語申添たき, 可致候間御遠慮なく, 可致旨安策より申越候, 可致様且又出府大儀に被, 可苟亦人也則何心処之亦, 可若し躊躇する, 可蘇東坡などによつて, 可衛さんでしたか, 可の事實, 可物体の, 可討留物ヲ残リ, 可訝いな, 可訝しな絵, 可訝しくはない, 可訴出候ワバ疑敷心附候趣, 可之土矣, 可謂唯酒無量不及乱, 可謝詞もなく, 可貴殿にも御, 可でした, 可賀島に移る, 可を低く, 可輝く五六歳ばかりも, 可辻堂祠でも構はん, 可速度的な, 可と云う, 可候折角, 可は可, 可酔ってる時の, 可難しげに眉, 可の雜草