青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~図 図~ 図書館~ ~固 固~ ~固く 固く~ 固定~ 固有~ ~国
国~
国内~ 国境~ ~国家 国家~ ~国民 国民~ 国際~ ~國 國~ 圍~

「国~」 24343, 263ppm, 360位

▼ 国~ (7239, 29.7%)

140 ために 48 方へ 35 方の 28 方に 27 方で 23 言葉を 22 人の, 人は 21 ように 20 独立を 18 人が 17 人々の 16 人々が, 言葉で 15 名を 14 中で, 人々は, 富を, 話を 13 ことを, ものは, 人たちは, 文化が, 文化の 12 人間は, 方から 11 人口を, 王様の, 言葉が 10 ためだ, 土を, 女は, 家を, 政治を, 為に

9 [11件] ことは, もので, 中に, 女を, 宮の, 文化を, 方は, 玉璽を, 白骨の, 運命を, 間に

8 ごときは, ためにも, ものが, 人民は, 文明は, 文明を, 生活を, 資本が

7 [14件] ことで, ため, ためには, 中の, 人口が, 人口の, 人口は, 人間の, 兵は, 内外の, 労働の, 王様が, 者は, 食物の

6 [33件] ためを, ような, アリス, 事を, 人たちと, 人たちの, 人と, 人も, 人を, 人口に, 人口に対する, 人民が, 人民の, 体面を, 内外に, 土地と, 土地及び, 境に, 境を, 宮を, 富の, 富は, 岬, 歴史に, 歴史の, 殿様に, 独立は, 王さまが, 生産物を, 秘密を, 話に, 資源が, 首府に

5 [24件] ことばで, ためと, ほうが, ものを, 事情に, 人である, 人民に, 人間が, 仕置を, 住民の, 土人に, 女王に, 政治に, 政治の, 最初の, 本は, 特殊な, 玉璽が, 王であった, 生産を, 皇帝が, 言葉に, 言葉の, 運命は

4 [56件] あゆみ, うちで, ことだ, ない国, ものに, やうに, 一切の, 人で, 人とは, 人に, 人には, 人間だ, 信仰の, 兵の, 前途は, 力といふ, 名は, 名誉を, 土に, 境の, 女でも, 家屋は, 将来を, 山を, 或る, 手に, 政治は, 文化に, 文化は, 文明が, 東西を, 歌を, 法律の, 海岸に, 港に, 為めに, 王さまの, 王と, 王子です, 王様に, 生産物が, 相印, 社会状態を, 神で, 神の, 純収入, 船だ, 言葉は, 資本と, 資本は, 都の, 難波の, 革命の, 領主の, 風景は, 食物は

3 [138件] ある地方, ある村, うちに, こととて, ことについて, さか, すべての, と違っ, はじまり天, はてまで, ほかに, ものと, ものの, 一つである, 一つの, 三輪の, 上に, 中でも, 中を, 中央の, 乱れを, 事は, 事情を, 人, 人々には, 人たちが, 人民から, 人民を, 人達が, 人達は, 人間か, 人間と, 人間に, 人間も, 今日の, 住人泉小次郎親, 住民と, 住民は, 何時の, 使に, 元首では, 全土を, 兵を, 兵士は, 兵隊が, 兵馬を, 内閣に, 利益は, 前途に, 前途を, 力が, 力で, 力と, 北の, 名で, 名と, 呉の, 国民の, 多くの, 大事を, 大切な, 大寺と, 大部分, 大関, 女の, 女子に, 女王と, 守が, 宝と, 宝を, 宮に, 宮へ, 宰相の, 家が, 家の, 富と, 富及び, 山奥に, 年々の, 恋人第, 悲しさ, 情勢を, 政を, 政治が, 文化といふ, 文学の, 文学は, 文学を, 文明の, 新聞に, 方が, 日本へ, 昔の, 有名な, 有様を, 歌の, 歴史や, 歴史を, 殿様から, 民族の, 民衆の, 水の, 法律も, 海岸を, 滅びたの, 為めだ, 物産は, 王さまだ, 王さまに, 王は, 王子が, 王子に, 王様を, 生活に, 生産力を, 生産物の, 男子たちには, 真実の, 社会の, 穀物及び, 精神に, 純生産物, 美しさ, 者と, 自然に, 船か, 船が, 語で, 財政を, 軍隊が, 軍隊を, 通貨の, 運命が, 隅々まで, 領地は, 食物を, 首府としての, 首都に

2 [471件] あること, あるもの, あわれ, おきてを, お世話には, お伽噺の, ことだろう, ことと, ことに, ことばを, この方面, そとで, その時代, それぞれの, ためとは, ための, ためばかり, ためまた, ため世の, ため家の, ため念ひ痩せつる, だれが, どうぶつ, どこかに, どこかの, どこにも, どこの, なかで, はじめから, ふしぎな, ほうは, ほうへ, まつりごとである, まほろ, みやげに, ものである, ものであろう, ものな, ものも, やき物, りくら山に, ブルジョアジーに, プログラムも, プロレタリアの, ヤーフどもの, 一時代の, 一流の, 一番の, 一部, 上で, 上下を, 上流社会に, 不為を, 与謝に, 中には, 中にも, 中学校を, 主たらん, 主と, 主に, 主都, 事か, 事として, 事七国の, 事嗚呼, 事情が, 事情は, 二宮金次郎という, 人々から, 人々を, 人から, 人たちを, 人だ, 人であった, 人です, 人でも, 人とも, 人よりも, 人口と, 人口増加に, 人間です, 人間では, 今の, 仕事の, 他の, 伝統に, 住人, 住人が, 住人だ, 住民たちの, 住民たちは, 住民を, 作である, 作家は, 俤は, 個人が, 個人の, 偉大な, 優雅さが, 元首である, 元首と, 元首に, 光だ, 光栄を, 全人口, 全貌を, 全資本, 公債は, 公正なる, 兵が, 兵士たちは, 兵士を, 内では, 内に, 内地に, 内部で, 冬の, 出来事の, 出雲では, 力を, 力即ち, 動物園の, 勤労の, 半分と, 南の, 南端に, 南部に, 博物館に, 参謀本部の, 収入の, 古い掟, 古伝承, 同氏に, 名であっ, 名であった, 名でも, 名も, 君と, 君主に, 味方と, 命を, 唯一の, 商人は, 四方を, 国境で, 国境を, 国守とも, 国是の, 国民として, 国王と, 国風といふ, 土地が, 土地に, 土地も, 地名, 地図を, 地理を, 城下の, 城主の, 場合には, 境界は, 夏の, 外に, 外は, 大きさ, 大なる, 大事か, 大事の, 大学は, 大将は, 大砲を, 女が, 女大使ゴールド女史, 女王の, 姿が, 姿に, 威光を, 婦女子の, 子供も, 字で, 存在を, 孤児も, 学問の, 学校を, 学者の, 守の, 守護と, 安全を, 安危に, 安危を, 宗教の, 宝ぢやで, 実現を, 宮からは, 宮では, 宮廷の, 家とは, 家は, 家柄で, 密集団を, 富に関する, 寒村では, 将来に, 将来の, 少年が, 山に, 山の, 山越えて, 崩壊, 嶮を, 川の, 巡査は, 帝王が, 常として, 平和を, 平均生産物が, 幸福と, 広さ, 強さ, 形が, 形勢を, 役に, 役に立って, 恥である, 恥辱であり, 恥辱と, 戦後の, 戸籍の, 所在を, 所得は, 扉の, 手で, 手間の, 掟だ, 掟の, 支那の, 政, 政といふ, 政は, 政事が, 政事を, 政府から, 政府が, 政府の, 政府は, 政治という, 政治には, 政治も, 政治家は, 教育とは, 教育は, 敵である, 文化と, 文化水準や, 文字だ, 文学に, 文明, 文明に, 文明果して, 新聞を, 方からは, 方です, 方な, 方には, 方へは, 旗が, 日本に, 日本空襲部隊は, 春は, 曾ての, 最上位, 最高の, 未来の, 本だ, 本と, 村の, 杜に, 条に, 検閲よりも, 樹林が, 橘の, 機を, 機械工業の, 歌, 武庫の, 歴史が, 歴史と, 歴史は, 歴史も, 歴史上に, 死刑は, 殿様も, 母から, 母が, 母の, 民く, 民の, 民心を, 民法に, 民衆は, 河童の, 法を, 法律では, 法律に, 法律までが, 法律や, 法王へ, 海に, 海岸の, 温度は, 滅亡に, 炉の, 為と, 為には, 父から, 片田舎に, 版図の, 独逸人だ, 猫は, 獰猛な, 玉璽である, 玉璽です, 玉璽をも, 王から, 王が, 王に, 王よ, 王冠でした, 王女の, 王子ご, 王子だ, 王子と, 王子を, 王様や, 現情, 琵琶の, 生んだ音楽家中, 生産に, 生産物は, 産で, 産業を, 田舎では, 田舎に, 男の, 男女は, 町, 町の, 界で, 界に, 異同を, 皇子に, 皇帝に, 盛衰を, 監視船に, 真の, 知識階級の, 社会に, 神様, 科学の, 秘密の, 秘密探偵, 穀物の, 立て方, 端々に, 端々には, 第一流, 粗生生産物, 精神を, 精神病院に, 純所得, 組織, 経済を, 統治権者で, 維持が, 綺麗な, 総理大臣が, 総理大臣に, 繁栄の, 美術館に, 習いで, 者が, 者だ, 者で, 者の, 耕作の, 肥の, 胆吹山の, 自慢を, 自然価格によっても, 自由詩と, 興亡が, 興亡は, 興亡を, 船だろう, 船であろう, 船とも, 艦隊を, 芸術遺産として, 若き作家, 若さ, 若者たちは, 英雄の, 莫大な, 菓物は, 華, 藝術または, 見生王, 親が, 言葉だ, 言葉とも, 詩人の, 詩壇は, 話でも, 話なら, 誰よりも, 諸事情, 諺に, 象徴である, 負担する, 負担を, 財政の, 財源である, 貨幣が, 資本の, 資源の, 趣を, 軍勢を, 軍艦が, 軍隊は, 輸出が, 農業に対し, 追手が, 連中も, 進歩は, 運命に, 運命には, 過去に, 過去の, 都を, 都会の, 都市を, 野心を, 金貨だ, 鈴鹿峠の, 鎮めと, 阿具沼, 隅, 隅々にまで, 難を, 需要は, 霊と, 霊の, 面白い話, 面目としても, 面積と, 音楽が, 領主に, 領域内に, 風に, 飛行機, 飛行機でも, 飛行機な, 首が, 首は, 首府から, 首相が, 首相に, 馬は, 高等女学校を, 魔法という, 鮎が

1 [4374件 抜粋] あいだがらは, あらう筈, ありさま, ある学者, ある風景, いちばん美しい, いろんな公園, うち六国が, おきての, おやじに, お医者, お手盛建設で, お祝, かまぼこを, こういった, ことでなく, ことをでも, ごときその, さびれとは, すっぽんを, その中, ためだい, ためとも, ため世の中の, ため天下の, ため貴重な, ちがうという, とりこ, どなた様で, ない者, ならわしでも, はなしだった, ひとやには, ほこりの, まほらの, もっとも尊い, ものだって, もよう, ゆたかで, りくら山, アメリカなどが, エジソンさまも, カザック兵制度に, ガスコン族の, シュレージエン回復計画の, ジヤン・バチスト・セエ, スパイじゃ, タンボは, トウール普国の, ヒツギの, フェルミ教授の, プリンセス, プロレタリア解放の, メナム河の, ラテン大, 一の宮に, 一区劃をも, 一得さ, 一景物である, 一番北はずれに, 一般人の, 一隅において, 三保の松原とで, 三輪が, 上田在中の, 不利益横浜市の, 不破の, 両方に, 中では, 中央アジア経綸に, 中心の, 主であった, 主松山, 主要なる, 久米の, 乙女の, 乳製品は, 事なんぞは, 事件で, 事斗り話し, 五条という, 亡民には, 人々たちが, 人々も, 人たちにとっては, 人なり, 人傑にも, 人口真実の, 人民あたかも, 人民に対しても, 人物と, 人達に, 人間として, 仁徳ある, 介と, 代の, 代表的な, 仮面を, 伊那佐という, 伝統的な, 住人である, 住人山口松雲の, 住人福井庄の, 住民よりは, 何れの, 余呉湖という, 使と, 使臣である, 価値額を, 信仰が, 信田の, 停車場は, 備えが, 優越を, 元老にも, 先の, 光をも, 全事情, 全権が, 八十国より, 公使館であった, 兵と, 兵威に, 内だけで, 内乱として, 内政に, 内陰陽, 出来上つたのは, 刀我野という, 初まり以来農業, 利益が, 前例などよりは, 力そのものといふ, 加治木に, 労働階級は, 勝に, 勤労階級の, 北方に, 医学者を, 南に, 博士達が, 危機に, 参謀首脳部は, 反ソヴェト・カンパニア, 受話器を, 古い都篠山, 古代に, 古芸術, 史歌である, 合意と, 同窓会が, 名に対して, 名流は, 名誉ある, 君たる, 含月荘へ, 味方を, 和蘭人が, 哲学者等に, 商業人口と, 四分五裂する, 図に, 国主斎藤義竜の, 国力は, 国境に, 国旗は, 国王並びに, 国防と, 土台と, 地上に, 地位を, 地方色の, 地震である, 型かも, 城壁かと, 基礎を, 塩山の, 境や, 墺区なら, 変で, 外まで, 外務大臣ムラヴィウフ伯は, 大きな損失, 大事には, 大化元年に, 大外交家, 大将でも, 大新聞, 大発展, 大童らが, 大臣たる, 大陸には, 天子様の, 天野酒聞いた, 太守が, 奇貨なる, 女たちも, 女奇麗かい, 女性に対する, 女王さまが, 女王様だ, 奴等は, 如く歴史, 始めは, 威信にも, 娘は, 婦人参政権あれと, 子供らが, 存亡も, 学問だ, 学生たちに, 学術研究が, 守護職横山庄以下の, 安寧を, 宗教に, 官吏の, 宝への, 実業家の, 宮で, 宰相なら, 家人に, 寂寥に, 富が, 富強が, 寵児として, 将来如何, 小さい割合, 小石の, 小金ヶ原という, 少年や, 屋根に, 山ざくら花と, 山奥から, 山蟹は, 峠の, 川沿いの, 左記男女公民に, 市などに, 希臘民族と, 師波婆利に, 常陸の, 平取あたりに, 平民社会を, 幸福を, 府中の, 建てなおしを, 引正王に, 当初から, 役には, 役人を, 御両親, 御家人津戸三郎為守は, 御楯, 御領主, 心臓にも, 思想が, 急激な, 怪飛行機が, 悪友達, 情態に, 愛子に, 慣わしと, 成立, 戦と, 戦備は, 手を, 技術力経済力の, 持つ文化, 掟で, 損は, 支配下の, 支配者は, 政事には, 政府によって, 政治と, 政治向きを, 政治経済宗教地方の, 政道明らかな, 敗退を, 教育を, 敵と, 文化にも, 文化水準を, 文壇には, 文学よりも, 文学芸術に関する, 文献の, 文豪ゴンクウルの, 斥候が, 新旧にも, 新聞紙へ, 方まで, 方面だろう, 旅館も, 日の, 日本民主化方策について, 旧蔵, 是からの, 景色は, 暴騰を, 書目は, 最善の, 最高権威として, 有らゆる時代, 有難さ, 木な, 本国では, 村会町会市会県会国会等いう, 東南部で, 果であります, 某学者, 栄誉を, 梅や, 椰子の, 様子も, 権力そのものによって, 樹陰で, 檀那親方を, 歓楽に, 武器庫を, 歴代の, 死命を, 殿様の, 民である, 民を, 民族は, 気で, 水兵は, 永続的繁栄にとっても, 汽車の, 治安を, 法との, 法律で, 泥を, 流麗艶美の, 海の, 消息を, 添上の, 港でありました, 滅亡だ, 演劇として, 潜水艦隊は, 為とだけ, 為世界万国の, 無辜の, 燐寸の, 父祖は, 物で, 物語りの, 特殊事情の, 犠牲としては, 狩人である, 独立保全日満, 猟師の, 玉璽は, 王であるなら, 王城にも, 王妃に, 王子は, 王族の, 王者によって, 現状においては, 甘い汁, 生れやら, 生活すら, 生物は, 生産計画は, 産業に, 用を, 男女と, 画家たちみたいに, 異名に, 発達とか, 百姓じゃ, 皇帝の, 目の, 相場は, 真率かつ, 知的指導者たちの, 研究に, 礦山に, 社会生活を, 神と, 神官で, 禍実に, 福神です, 科学理論研究の, 科学者たる, 稲の, 空気には, 立場を, 端々の, 第一党政党, 管轄区域を, 紅毛人と, 紙幣日を, 組織が, 結合の, 統一は, 絵図であった, 総人口, 総理として, 総社に, 繁華を, 羅馬旧教の, 美点は, 義として, 習慣なんて, 考え方も, 者です, 耕作を, 聯隊が, 能率を, 臣, 自慢の, 自然的進歩において, 臭が, 興味から, 船では, 艦だ, 色町の, 芸術を, 若君様今は, 英雄わしは, 草草と, 華為り, 蓄積能力は, 藤甲軍は, 蛇使いであろう, 行く末に, 街はずれに, 裁判官は, 西大陸攻撃, 見ゆ, 親類で, 角右衞門殿の, 言葉こそ, 言語であっ, 記憶すなわち, 訛を, 詩人が, 話で, 誇る大, 誰かで, 論は, 諸道から, 護りとして, 象徴という, 財貨を, 責務, 貿易相手国に対する, 資源には, 赤ん坊の, 踊りの, 軍人は, 軍艦は, 軽蔑を, 農村の, 農業者及び, 迎えが, 迷信を, 連れ子の, 進歩に, 運命の, 道の, 遣り方, 郡長さんより, 都会では, 重大な, 野心ある, 金銀その他の, 鉄道敷設を, 鍔が, 長上者や, 長者美麗な, 間では, 関所の, 陣営は, 隅々には, 雑誌上で, 雰囲気に, 露天商人, 面目上官公立の, 革命をまで, 領主とまで, 領土の, 顕われん, 風俗として, 風土習慣を, 風習に, 飛行隊でありましょう, 飾とでも, 首府だ, 首府ミレンドウを, 首都としての, 首領, 高名な, 高麗人一千七百九十九人, 魔共なら, 麻生まで

▼ 国~ (2071, 8.5%)

24 して 21 住んで 17 来て 15 なって, 帰って 14 於て 11 生れて, 道が 10 於ては, 行って 8 残って 7 あるもの, 渡って 6 あって, 残して, 行っても 5 いて, いる時分, 一人の, 入ること, 居て, 於ても, 生まれて

4 [13件] あっては, あらず, いること, するため, なると, なるの, 侵入し, 入る, 向って, 存在し, 属して, 帰ること, 来たの

3 [25件] いた時, いながら, いるの, いるもの, いるよう, おけると, したいと, しても, なります, なる, 一の, 下って, 入って, 在ては, 多くの, 居られる貴い, 帰ったの, 帰りて, 帰るの, 比べて, 滞在し, 特有な, 生きて, 留まって, 美し女

2 [120件] あった話, あっても, ありて, あり得べからざる卑俗低劣, ある不自然, ある毛皮, いたの, いって, いつまでも, いても, いようと, いら, いるとき, かわって, きて, この戦争, さすらえて, さよばひ, しようと, つかわした, つれて, とりては, なつて, ならなければ, なりますと, なるかも, なるよう, なる筈, ひとりの, ほどこせ, またがって, よると, わかれて, 三年の, 上陸した, 不思議な, 二人の, 五婦人あり, 人間の, 住まつて, 住みながら, 住む人々, 依存する, 入ったの, 入つて, 入ります, 入りますと, 入るは, 入るを, 入れば, 出かけて, 勝って, 参いでよ, 叛き, 向おうと, 固有な, 報ずるの, 報ぜんと, 大地震, 大変な, 女房も, 尽くした人, 尽そうと, 居た父, 居た頃, 居る時, 居る時分, 居る頃, 居れば, 居候時も, 帰った後, 帰つたら, 帰つて来た, 帰て, 帰ると, 帰れること, 情に, 戻される道, 捧げて, 散在する, 文化の, 於いて, 於る, 旅し, 有利な, 本当の, 来たとき, 来たよう, 案内し, 比して, 比するに, 比較し, 決戦戦争を, 流された, 流されたの, 流されます, 渡りて, 渡来した, 渡航し, 特有の, 生じたよりも, 生れた者, 盗賊家に, 置いて, 臨んで, 蟠踞し, 行かれても, 行くこと, 行けば, 行つてゐる, 許し死生, 足を, 較べて, 追い籠め, 通じて, 通常見られる, 連れて, 遊びたいという, 過ぎない, 高い運命

1 [1481件 抜粋] あこがれて, あたらしい国守, あったと, あってたがい, あつて, あなた阿, あまりない, あらずなど, あらず耶蘇教国独り徳国, あらゆる民族, ありては, ありながら, あり爾時竜子仏法, あるか, あること, あるだけの, あるところ, ある以上, ある工場農村, ある男, ある諺, あれほど, あろうと, いくと, いたかと, いたって, いたので, いたら阿片吸飲者, いた俺ら, いた時分鮎釣, いた頃, いでますは, いなかったから, いますはや, いられなくなったという, いると, いるほう, いる僕, いる年, いる悪魔, いる羅, いれば, うつし高麗郡, おいかぶさり, おいでだ, おこった必然, おまつられ, おりまする, お入れある, お前尼じゃ, お生まれ, お降り遊ばされ, かえりますと, かぎらず詩作, かけて, くらべて, ぐずぐずし, こうした優秀, この依, この趣味存, こんな造船所, ささげます, さまよ, さらにすぐれ, したか, しては, しましても, しろ余所, じっとし, すぎなくなって, すっかり恋愛, するといふ, せっかく地球人類, そういう国家機関, そのよう, そんな死人, たむける意味, だつて, ちかいところ, ついでその, つきました, とどまった, とどまらんや, とどまり時日, とどめて, とりに, どんなご, ない作方, ながく生き, なった, なったの, なっても, ならって, ならないで, なりたいと, なるため, なる事, なろうとして, のんびり生き, はいったの, はじめて仏さま, ひとつの, ふさわしいこと, ほぼ同一, まけないで, みなぎって, むかし生れた, もしかかる, もどりなさい, やって来たと, やられたの, ゆくそして, よくの, よりて, わが師, われと, ゐた時, ゐた父, ゐること, ゐるやう, コンボという, プロレタリアの, ヤソ教の, 一つの, 一人しっかり, 一大不利益を, 一日縦横四十里の, 一番よく, 一般であり, 一陣の, 三ヵ月間滞在しました, 下がって, 下り舌, 不思議にも, 与えるの, 並ぶもの, 乞食の, 亀が, 事物の, 二葉亭の, 亙って, 亡ぼされた筈, 人の, 人材これ有るべき, 仇を, 今まで, 仕えさせた, 仕上げて, 代って, 伝うる組合せ式, 伝はると, 伝へられて, 伝わるたくさん, 伝来し, 似合わぬ実に, 住まおうと, 住みこみました, 住みもっとも, 住む人, 住む者, 住わせたい, 何か, 何の, 使いしその, 使し, 供者も, 侵入する, 値ひ, 健全なる, 働いて, 優れた劇作家, 先だってできた, 入った, 入ったこと, 入っては, 入りこんだよう, 入りに, 入り岡山, 入り漸次, 入り込んだの, 入るただ死, 入るの, 入るべし, 入る界, 入れられたソンツァン・ガムボ, 入城させる, 共通した, 兵を, 出で, 出来た麦, 刀鍛冶の, 分れ住む陰陽, 別を, 到らんと, 到り客死, 到着した, 力が, 北方民族が, 十分な, 占領される, 原料を, 及びませんが, 反抗する, 古い意味, 古生層が, 史籍あり, 向いた方, 向う門出, 向つて出発, 君臨するであろう, 吸収される, 呟くこと, 喩えれば, 噂が, 団子二串に, 土着せる, 在りし時, 在る, 在る多, 在勤せし, 堕すに, 報いんと, 報じ職分, 報ぜんこと, 報知し, 売って, 変容せし, 外従五位下を, 多くを, 多額の, 大きな精霊, 大切な, 大往生, 大秀, 天降りする, 奥様も, 女房子を, 始めて, 嫁ぎたるもの, 安らい給うしるし, 安綱, 定着し, 家移りする, 寄って, 寡婦さんを, 対抗し, 専ら流行, 小判が, 小説が, 就いた諸, 就いても, 尽すは, 居た時, 居つたが, 居らむ, 居られると, 居ると, 居るの, 居る人, 居る父母, 居候し, 属します, 属する著作者, 崛起せし, 帰すこと, 帰ったこと, 帰った時母, 帰ってからの, 帰つた, 帰つても, 帰つて国で, 帰りし後, 帰りたいの, 帰り候, 帰る, 帰るべきなり, 帰るよう, 帰る塾中無人, 帰れとでも, 帰れるより, 帰ろうと, 帰属せしめられる, 年々溢れ, 幸し, 建て日本, 引っ込んで, 役だつ人, 往くこと, 往つた, 徂徠する, 御兄, 御領土, 必要と, 忠ならず, 忠義だ, 恋愛の, 恢復る, 惚れて, 愛想を, 戦争にかけては, 戻つて, 手足の, 抗議する, 拘らず国民, 拡張普及し, 指を, 捧ぐと, 捧げ君, 探ねて, 攻め入る者, 散歩する, 数多い陰陽師, 文芸を, 新らしき, 於けるある, 於けるファシズム, 於ける代表的, 於ける暴風雨襲来, 於ける監獄, 於てしか, 旅しました, 日々の, 昔から, 晴さんこの, 暮しながら, 有する一代社交, 有るといふ, 有害である, 朽ちて, 来たすこと, 来たもん, 来てから, 来ようとも, 来られて, 果して, 栖みわびぬれば, 森槐南とか, 権力を, 樹木著しく少なく, 止つてゐたかつた, 止まること, 正しい道, 武尊捕虜の, 死ぬこと, 殆ど足を, 残したまま叔母, 残る妻子眷族, 殺生を, 比すべき戸口, 比丘と, 水晶の, 永らく育てられた, 求めれば, 法あり, 洞爺湖という, 流されたと, 流され姫山, 流布した, 流行ると, 渡つてから, 渡りその, 渡来する, 溢れ返りも, 漂泊し, 照り一ツ, 特に著しい, 独り者の, 王様が, 現在の, 生きその, 生じた全, 生ずる以上, 生まれたの, 生まれたトツク, 生まれた罪, 生まれなかったこと, 生れここ, 生れしめば, 生れたこと, 生れたという, 生れたので, 生れたる文家, 生れたフランツ, 生れた吾, 生れた日本, 生れながら, 生れれば, 生れ候私, 生れ遊ばした, 産せぬから, 用いようと, 由らず由来最も, 留まること, 留学する, 異いない, 発向せり, 百済人が, 目立った相違, 着いたか, 着いたところ, 知れて, 石が, 神様は, 移したる後, 移り住んだ大昔, 稻村屋源助という, 立つ煙, 籍を, 絡んだ歌, 綿を, 織田氏ある, 羊羔あり, 羽化登仙し, 育ったが, 臨みご, 自分は, 至っては, 興味を, 英国と, 落ちて, 蒲桃すなわち, 藤原玄明と, 蛇ほど, 蠢めく, 行かせ糸子, 行かれた間, 行かんと, 行きて, 行きまた, 行く, 行くので, 行く気, 行ったよう, 行ってか, 行つてし, 行なわるれば, 行われて, 行幸せられた, 見えるの, 見られるかも疑問, 見るよう, 見出されようとは, 観音様の, 討入り, 許すは, 誘うたもの, 謀臣無き, 豊富に, 貨幣を, 貸したもの, 賦を, 赴いた, 赴く其勢五百騎, 起ったお伽噺, 起る利益, 跨って, 踏み込むため, 軍初り, 較べるだけの, 迎えられて, 近い所, 近づかうと, 近藤勇薩州に, 迫られて, 追いつきなお, 送つた, 送り返すの, 逃れた後, 通ずる, 造が, 進入し, 遊びける夏, 遊びに, 遊ぶの, 遊んで, 運び入れたの, 過ぎないので, 道徳の, 遣りて, 適合せる, 適用し得よう, 還らしめぬ, 都し, 配置せられた, 金持ちの, 針の, 長く住ん, 開成山へでも, 降りたるを, 降臨し給いし, 限つていふいやで, 限られた貨幣価値, 限られるならば, 随っては, 集って, 非常に, 頼って, 飛行機が, 高等学校が, 鳴り二十歳

▼ 国~ (1693, 7.0%)

32 して, 出て 21 挙げて 16 あげて, 出る時 12 出てから 10 去って 9 奪ふ, 離れて 7 あげての, 取りに, 挙げての, 支配する 6 指して 5 取って, 安国と, 治めて, 異にする, 開いて 4 なして, もって, 危くする, 売って, 愛して, 愛すること, 攻めほろぼして, 見て

3 [27件] きたらせたまえ, 出たの, 出たもの, 分け取りに, 奪る, 守って, 守らせよと, 建てた, 征服し, 想像し, 愛するが, 憂えて, 持って, 攻める, 文明に, 旅行し, 旅行した, 治めること, 治め民, 焦土と, 異にし, 経て, 背負って, 自分の, 訪ねて, 誤るの, 領し

2 [103件] うか, おもふ, お愛し, お治めなさる, この世に, さして, しばしの, すてて, たずねて, つくつて, とって, ながめて, ひらいて, ひらくこと, めぐる山々, わが物, 三足であるいた, 与へる約束, 亡した, 亡ぼして, 亡ぼすこと, 代表し, 代表する, 作るの, 保つため, 保つ者, 偉大に, 僕は, 出たからは, 出た当時, 出でて, 出るころ, 半分と, 半分わけ, 占領し, 去らなくては, 去りたいと, 去るの, 司るほどの, 固くせ, 売るの, 売るよう, 夢みて, 失って, 如何に, 守るの, 安らかに, 富まし政治, 幾分でも, 広げて, 建てること, 建設し, 廻って, 強うする, 強くし, 征伐する, 征服した, 征服する, 後に, 忘れること, 思うこと深切, 愛するか, 愛する心, 憂いて, 憂うるもの, 成して, 挙って, 攻めよ, 救うため, 横断し, 治めよ, 治めるのに, 滅ぼした, 滅茶苦茶に, 焦土に, 留守に, 疑って, 相手に, 立つ時, 立てて, 粗末に, 統治する, 考へて, 股に, 興隆させる, 見に, 見ると, 訪れて, 譲って, 護るため, 賭して, 逃げ出して, 逃げ出す途, 逐はれた, 通過した, 造って, 鎖して, 開きて, 開くか, 開く日, 開て, 離れること, 領した

1 [1158件 抜粋] あこがれる, あておこの, あらわす, あんなに分割, いっぺんに滅ぼす, いわなん, うしなったチェコ人, うち建てんとの, おこしたもの, おさめるよう, おどろかしたの, おもわせたの, お手, かう云, かかる状態, かすめて, こ, こしらえても, こぞり極まる涙しづか, これからせめても, これより, さ, さして帰っ, さして帰ろう, さして江戸, さして逃れ, さながら移した, さまよ, さまよい歩くの, さ迷って, しばしば支配, すこしずつ, すっかり征服, すッ, たしなめるよう, たたきつけて, たつるもの, つくって, つくるべく押寄せた, つの, とじて, とられて, とりに, とる国, なが, なすの, にぎられて, ねらう敵艦隊, のぞくほか, はじめとして, ひっくり返して, ひらきたくない考え, ひッくり, ぶっ壊す, ほろぼしたん, ほろぼそうと, まわって, みつけました, もった, もらったもらったと, ゆすれる時, よくしよう, よく知る, わが本国, わざわざ彼, イギリスと, ミルキが, ロシアの, 一つ離れ, 一歩だけ, 一重隔てた, 下さると, 与うるが, 与えること, 与へるどころか, 中心に, 乗っとり丸太づくり, 乱さないよう, 二十ほど, 亡し給う, 亡った, 亡ぼさずして, 亡ぼしその, 亡ぼしたよう, 亡ぼす, 亡ぼそうと, 人類生存競争の, 他人に, 仮借なく, 任せられるもの, 住家に, 何百里と, 作って, 作りかためて, 作り開いて, 併せ領せられ候, 併呑せん, 侵奪せんと, 保つこと, 保つ事, 修理せよ, 傾くるの, 傾けるという, 克ち獲る時代, 全く屈伏, 全体の, 全滅せし, 内つ, 再生の, 凌駕する, 出た時, 出てからの, 出と, 出ます時, 出るときゃ玉, 出るまで, 出る時子供, 出外れて, 出奔する, 出発した, 出立する, 分け与うべしと, 分て人為, 切り従えて, 刑するの, 判断する, 刺戟し, 削るや, 創造せし, 包含し, 匡し, 医すと, 南北に, 占領され, 危険視するなら, 去つて, 去つて薩摩同志, 去て, 去られた, 去りかねたの, 去りこの, 去りました目的, 去りますよ, 去り昨, 去ること, 去るとき, 去るよう, 去る事, 取ったら荊州, 取て, 取らんと, 取りにでも, 取り十州二十州, 取り返すの, 取るも, 取ろうという, 司りわが輩, 同じくする, 向うに, 君と, 吹く風の音, 呼んで, 問わず国民, 善くする, 囲めるその, 固くお, 固むるに外, 地図の, 基地として, 売った不, 売り兵難, 売り民, 売る張作霖, 外国から, 夜見足国と, 夢みたが, 大きくする, 大空に, 天地日月の, 失いし第, 失いついに, 失い家, 失う必要, 失わなかつた, 夷狄視する, 奪い取ろうと, 奪うという, 奪うの, 奪うわけ, 奪って, 奪ひ取ら, 奪へる, 奪われたの, 好むか, 始めます時, 守りたまえ, 守り将来, 守るに, 守護っ, 安堵し, 宛行わん間如何にと, 害した人間, 害するに, 容れなかつた時代, 富まして, 富ましめ文化, 富まし民, 富ますこと, 富ますべからず, 富ます工業, 富ませ兵, 封建的な, 尋ねても, 島と, 巡邏され, 平げて, 平げん, 平らげ給うた結果, 幾つも, 建つ, 建てしかも, 建てた当初, 建てなおそうとして, 建てるという, 建設したかった, 引っ提げた阿波守, 引当てんかな, 強いて滅亡, 強くせい, 強襲し, 形成し, 彼の, 征したるの, 征むるは, 征伐いたすべきや, 征服したい, 御平定, 御所望, 御身が, 念頭に, 思いいだされその, 思い主家, 思い民, 思うの, 思う志, 思う真心, 思はん者, 思ひ寝られざる夜, 思ふとき, 思わせました, 思わなければ, 恃んで, 患うること身, 患うるを, 悪魔の, 想像の, 意味し, 愛さなくては, 愛し国民主義, 愛す, 愛すること熱烈, 愛するとともに, 愛する事, 愛する士, 愛する者, 愛す心, 愛せよという, 慕ひ哭く, 憂い世, 憂うるに, 憂うる人々, 憂うる英雄, 憂えるところ, 憂える政治家, 憂ひ郷土, 憂ふるといふ, 憂ふる赤心, 憎む際, 懐しんで, 所有する, 打ち破り得るか, 承知し, 抜け出して, 持たぬ寂し, 持ち天皇, 指示し, 挟撃しよう, 挽回した, 捨て猿猴, 掌握した, 探しに, 探るため, 接して, 援け, 撃つか, 擾が, 支える力, 支配した, 改良しよう, 改造した, 攻めに, 攻め取らぬという, 攻略しよう, 救いました, 救う者, 救ったし, 救わせたから, 敵として, 旅し, 旅行する, 旺に, 更に音楽的, 望めるもの, 望んだ眺め, 来らせ給, 極東の, 構へて, 横切りつつ, 欲しがる, 正当に, 武蔵と, 歩み出したその, 残して, 殺したかが, 殺して, 母について, 比較の, 求めむとおぼす, 没収せられた, 治む, 治むるには礼を, 治むる者の, 治む王の, 治めました, 治めるならば, 治めるの, 治める原則, 治める局, 治め天子是, 治る者, 泥濘と, 流れて, 浄め次に, 海底から, 渡さなくても, 滅され, 滅した, 滅ぼしたるその, 滅ぼすこと, 漸次愉快, 爆破する, 独立させる, 独立せしめ, 生ませられたの, 生むには, 産まんと, 甲州街道にとって, 発して, 発見せん, 皆遣っ, 盗んだ一代目, 盗んだ祖先, 盛んに, 目のあたり見る, 相手としても, 眺めやった, 知ってるかい, 知らない時代, 知らぬ者, 知るの, 破るの, 礼儀の, 私は, 空しゅうし, 突破し, 立ち去って, 立ち去ると, 立ち自分ともども, 立って, 立つるあたわず, 立つるは, 立つ前, 立てたという, 立てようと, 立て位, 立去らざるを, 立派な, 立退いて, 紊し, 経営する, 経行した, 結ぶよう, 統治し, 統轄する, 維持し, 維持せざるべから, 繞る, 羨みその, 考える時, 考へ出したの, 背景に, 脱走する, 自分が, 興したが, 興すの, 荒れに, 荒廃に, 藩屏と, 表わす場合, 裂きはなして, 襲いそして, 襲った金融恐慌, 覆さんと, 見せるため, 見たいです, 見たやう, 見ましても, 見るよう, 見一見更に, 見物する, 覘って, 観て, 解散すべき, 訪づれることによつてこの世の, 訪ねた時, 訪る, 訪れたすべて, 訪れなければ, 訪れる, 誇り民を, 誤ったもの, 説いて, 論ぜずなんら, 謀るも, 譲りたいやう, 護つて行く, 護る, 護る仕事, 護る者, 負って, 資本主義世界に, 賜った, 走ったその, 越えて, 越して, 踏みにじらせては, 踏台として, 蹂躙せよ, 軍事基地化し, 辞して, 迷わし唱えてや, 追いました, 追われたぐらい, 追われて, 退去するであろう, 逃出し, 逐われ家, 通って, 通り過し, 通過し, 造ったかは, 連れて, 遁がれ女敵討ちに, 遍歴する, 過ぎると, 遜りたる建文四年六月, 遣るの, 避け飛車, 郡県の, 配すべき少年, 鎖すこと, 鎮静させる, 開いたところ, 開いた今日, 開き東, 開くに当たって, 開くも, 防ぎ候, 限ったドナウ, 除きては, 隔って, 隠れ里と, 離れがたく, 離れたこの, 離れてからは, 離れるの, 離れ織田家, 震愕, 非常に, 預け置き傍, 頒ち, 領するとも, 領する様, 頼めて, 顧望し, 飛び出して, 養ふために, 驚倒させた, 高天原に, 鳥瞰し

▼ 国~ (1262, 5.2%)

9 ない 8 どちらです 6 どこにも, どちらで, ないと 5 ありません, その資本, 戦争に 4 どこだ, 近づけり

3 [13件] いつまでも, どこ, ないの, 一般に, 上州でございます, 不思議な, 今まで, 他に, 急に, 明かに, 昔から, 私の, 非常に

2 [56件] あるまい, いいところ, ここに, この頃, これで, さかんに, さすがに, その人口, その晩, その美し, それに, どこだろう, どんなところ, なるほど食物, ほとんどない, ほろびて, ゆうべから, アメリカのみ, 乙の, 云った, 亡びて, 亡ぶという, 人口が, 人間の, 今その, 今は, 他には, 何に, 何処だ, 何処にも, 半分割いた, 取られ田, 唐津の, 存在し, 富強に, 少しも, 山国で, 当時の, 日本では, 日本の, 昔は, 望まないけれど, 此の, 気候的に, 満洲, 滅びて, 由来さ, 疑いも, 眼を, 神国と, 神国なり, 自国の, 訊いた, 農業国ほど, 高麗の, 黙って

1 [1053件 抜粋] ああいう, あなたの, あまり大きな, ありませんわ, ありやしない, あるまいと, あれど, あんな馬鹿, いかなる種類, いかに面積, いずれの, いちばんはじめそち, いつたい何時, いつの間にかこの, いつもサービス, いつも静か, いまの, いまも, いやだ, いよいよ事務所, いよいよ躍起, おおせの, おそらく世界中, おそらく質, おろかウイッタンバーグの, おろか津々浦々いかなる, お菓子の, かうして, かくて, かのペートル大帝, こういういなごみたい, こちらの, ことし二十三の, このよう, この勇猛, この国, この広い, この明らか, この点, この租税引上方法, この美しい, この貨物, これは, これら諸国が, こんなにも平和, さかえたという, しばらくする, じっと考え込ん, じつにすばらしい, すこし不安, すこし顔, すなわち勝利国, ずいぶん遠く, そういう志願, そこが, そちらの, そのとき, その切りとり, その原点, その大きな岩, その実際, その工業生産物, その意味, その文学, その異常, その目指す, その穀物, その負債, それだけの, それでもと, それほどの, そんなにすぐれ, ただ二国, たちまちに, たとえバアクリイ僧正, ちがっても, ちょいちょい外, ともあれ独立, どういう加減, どうしてあんな, どうであろう, どうなるだろう, どうやら非常, どこかに, どこだい, どこでも, どこに, どちら, どんなに苦しい, ないからな, ないもの, なおいつ, なお一人, なかなかよろしい, なくなるの, なつかしきかな, なんといふ, はたしてどうなるだろう, はなはだ強大, びっくりし, ほとんど一つ, ほろびても, ますますさかん, またとないの, また必ず, また漆器, また近江商人, まだなかなかそこ, まだ何やら寝ぼけ声, まったく彼, みだれだす, みな富強なりという, もう一度猪口, もう三年来, もう実力, もちろんほめ, もちろん出産結婚死亡, もちろん見えない, もともとよ, もとより山城南部, もはや戦, やがて独自, やはり西国大名, よいところ, より富み, わがヨーロッパ, わずかに, わたしとの, アフガニスタン等と, アメリカとは, イタリアであっ, インドエジプトブラジル及び, エライ国である, オランダメリケン国に, ガリバーの, キチンと, コートを, シナを, シャルンホルストグナイゼナウの, ジロジロその, ソビエト政府を, ツイかっと, ドイツが, ドコだ言え言え, ニュージランドの, ハプスブルグ家の, フランスでした, ボヘミアの, ポルトガル語その他は, ヤソ新教の, ヨーロッパの, リシアと, 一つあった, 一めんの, 一体どういう, 一体何処, 一帯の, 一方口, 一番上席に, 一般的憤激を, 丈夫な, 三人の, 三十一日までという, 三十年も, 三十年前ボリビアペルー両国と, 三味庄の, 不幸である, 世渡りの, 世界で, 世界の, 世界一統に, 世界中もっとも, 世界第, 両主義, 中里に, 久留米の, 二つに, 二十二三の, 二十日ごろ帰っ, 亜米利加と, 亡びましょう, 亡ぶ, 人の, 人口に関して, 今でも, 今や死活, 今日においては, 今猶, 今言う, 仏教が, 仏教国である, 他国と, 他方よりも, 代る代る太陽, 仲裁裁判の, 伐り取れるぞ, 低い声, 何んの, 何処かに, 何処でございます, 何処な, 何処に, 何故, 作れません, 供給の, 侠客や, 信州で, 俺達の, 偉人の, 兄弟を, 全く将門, 全国を, 八ヶ嶽そこだけに, 公使の, 再びイタリア, 出生死亡結婚の, 別に竹細工, 制度にのみ, 前記二事件にたいする, 労働の, 勤労を, 北偏の, 十二年から, 十州に, 十日か, 南佐久の, 南米中の, 危し, 又その, 取って, 口の, 古くは, 可愛さうな位, 右がは, 各大同, 同じ専制国, 同一量の, 同等なる, 名に, 名物男一人を, 君臣上下怠慢し, 和蘭一州に, 哀れな, 唯朝霧, 啻に富ん, 四つの, 四国の, 四等国に, 国で, 国を, 国境で, 国際的犯罪の, 地理学的の, 地震計りと, 坂東の, 変っても, 外に対しては, 外国穀物の, 多くは, 多年の, 夜討ちの, 大きな利益, 大きな火, 大に, 大和の, 大嘗祭が, 大変な, 大気の, 大空の, 天国と, 天皇に, 夫れ亡びん, 契約の, 奥の, 女の, 如何と, 妙で, 子孫なから, 季孫, 宇和島とか, 宇都宮だった, 安曇の, 安泰福禄長寿, 実に奇妙, 実に美しい, 実は名, 室町三丁目の, 富まねば, 富山の, 寒いだろう, 寝衣, 寿の, 専ら独逸, 小さく民, 小国ながらも, 小首を, 少いの, 尽く破損, 山, 山国だけ, 嶮しい, 嶮相な, 常に多数, 常世と, 常世国であり, 平和を, 平家の, 年々に, 幸か, 広くと, 広さ, 広大富貴の, 度会郡山田の, 強国晋と, 当然に, 彼が, 彼らにとって, 後の, 御身が, 徳島という, 必ずや平年, 必ず滅びる, 必らず, 忽ち亡, 思わず声, 恐らく世界中, 恒星や, 情勢の, 意義を, 感情的だ, 懈そう, 成り立っては, 我々の, 戦争を, 手の, 手形を, 承知でも, 持たない, 持てぬ独立, 攻められて, 敗れた, 敵国の, 文治二年九月十五日難を, 料理の, 斯様, 新吉, 新吉に, 新潟県です, 新羅, 日が, 日本および, 日本で, 日本と, 日本ばかり, 日本一を, 日本人民の, 日本以外には, 日本国の, 日頃封鎖的生活です, 早晩も, 春から, 昨秋以来経済界に, 時々凶年, 晋一国と, 服装だけは, 本つ, 本当何処な, 札幌, 来月初旬かえるでしょう, 東洋の, 果たして立派, 栄えるはず, 栗の, 植木屋の, 極めて少数者, 次第にその, 次第に近世, 武力で, 歴史の, 死者の, 段々太つて, 毛利左京亮府中五万石に, 気が, 永い間非常, 永続し, 江戸だ, 決してかかる, 決して無人, 沢山ある, 治らさず, 泣き声に, 洋燈を, 浜松の, 淀みなく, 淀江村の, 清七に, 温泉の, 満蒙新, 滅亡しよう, 火星じゃ, 無いの, 無政府, 熊蔵を, 父の, 物を, 特に資本, 独り離れ, 独立以来わずか, 狼の, 率先し, 現在確かに, 田舎の, 申すに, 異邦に, 痛ましい経験, 白ブラジル西班牙ウルグワイ瑞典チェッコ・スロバキヤと, 盆踊の, 目を, 眉の, 知って, 砂糖を, 社会的の, 祝福を, 私たちの, 秦から, 種々の, 穀物及び, 空の, 笹山から, 答えた, 糧米の, 紫陽花色に, 結合した, 絶えず近隣, 絶対的の, 継娘の, 総て勢が, 美作で, 義の, 腕車で, 自分の, 自由党の, 苦痛の, 英と, 英雄の, 茶屋奉公に, 荒れ財, 荷物もっ, 著しく富める, 葱嶺の, 藤次郎に対して, 衰える, 衰亡を, 西に, 西域の, 西洋に, 西蒲原郡と, 見れば, 角兵衛と, 言い出した, 言ったが, 記入してない, 誰が, 諸君も, 譬えば主人, 貧困に, 貴下に, 赤い胴着, 越前だ, 身なりも, 農業に対し, 近くなる, 近所の, 退去命令が, 通称七兵衛である, 連合軍によって, 遂に去つ, 遠いかい, 遠く東北, 遠慮し, 野も, 野心を, 金持ちだ, 鉄を, 鉱山から, 鋸山に, 長君に, 長煙管, 長野県と, 関東地方に, 附加的貨幣租税を, 雪で, 電報を, 露人自身が, 風土に従って, 飲み友達, 駄目に, 高道祖で, 黄金で, 鼠が

▼ 国~ (1195, 4.9%)

73 帰って 25 行って 23 来て 15 帰ること 13 帰ると 12 お帰り, 渡って 11 いって 10 帰っても, 帰るの 9 つれて, 持って 8 帰れば, 来たの 7 帰る時, 連れて 6 帰った, 帰らなければ, 帰りたいと, 来たよう, 行くの 5 帰ったの, 帰る

4 [13件] かえって, むかって, 帰ってから, 帰りました, 帰る途中, 帰れ, 帰ろうと, 戻って, 行くと, 行くという, 逃げて, 逆戻りを, 飛んで

3 [15件] お使い, きたよう, きて, 帰して, 帰ったよう, 帰るが, 往った, 手紙を, 行かうと, 行きます, 行ったって, 行っても, 行つ, 足を, 遊びに

2 [62件] かえってお, かえりましょう, かえると, でかけて, まいって, ゆくこと, 不法越境し, 交易に, 侵入し, 侵入した, 入って, 出かけて, 出て, 向ったこと, 売られて, 工場を, 帰える, 帰ったと, 帰ったという, 帰ったらこれ, 帰った時, 帰ってからも, 帰つた, 帰つてから, 帰らせて, 帰りましたが, 帰り家, 帰り立派, 帰るか, 帰るという, 帰るに, 帰るので, 帰る事, 帰る前, 帰る連中, 帰れるよう, 帰れるん, 引揚げる, 往って, 戻っても, 持ち帰って, 来た三月目, 来た後, 来た者, 来てから, 流された, 流れて, 漂着する, 生まれて, 着いた, 立ち帰って, 立って, 行きて, 行こうという, 行つた, 行つたと, 転がりこむ, 転げ落ちて, 近づいて, 送って, 逆戻りする, 連れられて

1 [682件 抜粋] あなたを, あんないいたします, いきますが, いくの, いくので, いったもの, いったよう, いつ帰れる, いらっしゃいよ, うかび上がって, おいで, おくりだしに, おくわけ, おつかわし, おのぼり, おまわり, お伴れしたい, お使, お出でなされませ, お出でに, お出で下さい, お持ち帰り, お渡り, お渡りあっ, お着き, お立ち帰りあれ, お越え, お連れ, お進み, かえして, かえったその, かえったほう, かえったらおじさん, かえったらこれ, かえっておられます, かえって居た, かえって都合, かえらせなければ, かえります, かえりますが, かえること, かえるすこし, かえるに, かえるん, かえれば, かえろうと, きたアリス, きてから, きました, こぎ出して, ことづけ物, この通り, この釈迦牟尼仏, ご案内, さして別れ去る, さまよいゆくみなし子, さまよって, さらりと, そう云っ, そう言っ, たずねた, たって, だつこそ, ついたの, ついた西洋人, つれこし, とうじんぼうを, とくだって, なだれ込むん, はいった, はいったからには, はいって, はいるつもり, ばてれん, ひとりぽ, ふいに, まいること, まいれば, ましな, もう一度私, もぐりこんだ密航者, もちかへ, やって, やってきたの, やって来ます, やって来るだろう, やっとたどり着きました, やりたくは, やるか, ゆかないさ, ゆきまた, ゆく, ゆくと, ゆくの, ゆく唯一, ゆけば, ゆこう, ゆこうと, よくいらっしゃいました, よくご, よめ入, わたるが, イギリスや, スイスへ, 一度帰る, 一度母親の, 一遍いっ, 上って, 上つた婦人客の, 上陸した, 下ったが, 下った時, 下つて三十余日也, 下りて, 下りようという, 下ろうとして, 下向し, 不時着した, 乱入しよう, 人を, 伝播され, 伴れ, 住居する, 使者が, 先に, 入っちゃ, 入つた, 入りこんで, 入り込んだの, 入ること, 入ると, 入る道, 入れるよう王様, 入ろうとして, 出されるの, 出すやう, 出で, 出ますと, 出ようと, 出ると, 出るの, 出る所, 出掛けた訳, 出発させる, 出稼ぎに, 分け入る, 原子弾の, 参って, 参りがけ, 参りとうございます, 参りますて, 参り慶長六年, 参るが, 向かって, 向って, 否応なしに私, 味方し, 国へ, 報じる忠臣, 報知すれ, 塩を, 墜落し, 外人を, 外国人が, 夜光の, 夜込乱入を, 大志を, 奔って, 妾自身出かけ, 子供たちは, 安全に, 安着の, 密簡を, 寺から, 対して, 小野妹子という, 少し送りましょう, 山部連小楯という, 帰しやしないから, 帰すこと, 帰そうと, 帰ったか, 帰ったかと, 帰ったぎり今日, 帰ったため, 帰ったとか, 帰ったらすぐ, 帰ったらちゃんと, 帰ったらどう, 帰った方, 帰った頃, 帰ってる間, 帰つ, 帰つたぎり, 帰つた国国とは, 帰つた時に, 帰つて差支なく, 帰つて父の, 帰つて田地も, 帰つて田地を, 帰つて見ます, 帰つて親ご, 帰らうにも, 帰らすか, 帰らずに, 帰らせた方, 帰らないなどと, 帰らないの, 帰られたら陛下, 帰られる, 帰られると, 帰りさえ, 帰りたい帰りたい, 帰りたくてね, 帰りたくないという, 帰りたくなった, 帰りて, 帰りてえよ, 帰りは, 帰りましょう, 帰りますの, 帰りません, 帰り一旦, 帰り地, 帰り孫策, 帰り岡, 帰り是, 帰り行く船, 帰り養家, 帰り鹽原, 帰るその, 帰るたび, 帰るって, 帰るとき一緒, 帰るところ, 帰るとも, 帰るなり, 帰るについて, 帰るのに, 帰るべ, 帰るほど, 帰るまでには, 帰るもの, 帰るよう, 帰るを, 帰るん, 帰る時京都, 帰る様, 帰る相談, 帰る船賃, 帰る誰, 帰る路用, 帰れと, 帰れますけれど, 帰れよう, 帰れ故郷, 帰ろう, 帰ろうという, 帰滅し, 帰省し, 建てずに, 引きあげ去ったの, 引きもどすの, 引き揚げよと, 引き揚げる手筈, 引き渡す, 引っ越しなすっ, 引っ込もうという, 引込みました, 引込んだと, 引込んで, 引返すん, 当てはめて, 往く事, 往っても, 往つた, 往つても, 征伐に, 後詰の, 御奉公, 御派遣, 志した, 思い捨てた, 急いだ, 急ぐ楽し, 憧憬の, 戻ったとしても, 戻ったらしいが, 戻りまして, 戻る娘たち, 戻れ, 戻れるの, 手向かいするゆえ, 抜け出して, 押し寄せ太閤殿下, 押し流す, 押込める積, 招かれて, 持ち帰ること, 指して, 指も, 掃って, 探り入る, 攻めこむほどの, 攻めこんで, 攻め入る計画, 攻め入ればとて, 数々の, 新時代, 旅し, 旅だつが, 旅を, 旅立つ, 旅立つの, 旅行する, 早馬を, 春いなむ, 書き送って, 朝貢する, 杉苗を, 村中入植した, 来たか, 来たこと, 来たので, 来たもの, 来たらなるべく, 来たんだい, 来た感, 来た方, 来ては, 来なさらないん, 来ました, 来ると, 来るまで, 来るまでの, 来るよう, 来る時, 案内し, 案内します, 案内する, 残して, 泣訴し, 派遣される, 流されたの, 流された者, 流されること, 流される途中, 流しやられること, 流れ込もうという, 流罪, 渡ったよう, 渡つた, 渡つた流され, 渡らぬ先, 渡来した, 渡海いたし, 滞留罷, 漂い着いて, 漂って, 漂流いたし, 漂着し, 漂着しました, 燕渡る, 物々しく送られ, 特使として, 留まりますでは, 留めるよう, 留学する, 発せられた, 発たせたが, 直ちに帰れ, 相馬小次郎郎党を, 着いたの, 着いてから, 着いては, 知れて, 祭った, 私は, 移したる後, 移して, 移り住んだ, 移住した, 移住しろ, 移住する, 立つつもり, 立つ前, 米や, 線路伝いに, 繋ぎ止め, 罷り越した相良惣三ら, 罷下り, 罷越, 自分を, 自由が, 自由に, 興った非常, 芽出度帰れる, 蛮族の, 行かう, 行かないの, 行かなければ, 行かねば, 行かれず, 行きたいいや, 行きたいなあ, 行きたくなって, 行きながら, 行きました, 行きましょう, 行きましょうよ, 行き喜六, 行くから, 行くことそう, 行くつて, 行くには, 行くはず, 行くばかり, 行くん, 行く三等切符, 行く途中, 行く道, 行け, 行けるだけは, 行けるん, 行こう, 行った, 行ったとて, 行ったよう, 行ったらいい, 行ったり, 行つたの, 行つたら, 行つてうんと, 行つてもう, 行つてる, 行つてゐる, 行つて実際, 行つて橙の, 行つて自分の, 衝き落さんでは, 見えられたか, 言つて遣る, 討入の, 訪ねて, 誘う夢, 誘って, 謫せられ給いし, 走しつて, 走ったの, 走るか, 赴き秋山某, 越の, 踏み迷, 蹴落して, 身を, 輸出される, 轟と, 辿りついて, 近づくやう, 返されて, 返されるの, 返送し, 迷いこんで, 追いかえして, 追い返されると, 追ひやられ, 追わる, 送った, 送られて, 送りこまれるらしい, 送りつけそして, 送り出して, 送り植えて, 送る分, 逃げこんで, 逃げ失せて, 逃げ行きましょうや, 這入ると, 通う広い, 通う街道, 逝つてしまつ, 連れ去つて, 進発した, 遊説し, 運んでも, 達し候後同志, 遠流の, 還された, 還ると, 都を, 都市から, 降りて, 雑多な, 難を, 鞍代えし, 頼って, 飛ぶの, 飛んだ, 馬売り, 馳せ下ったが

▼ 国~ (815, 3.3%)

10 ある 8 あって, あるの 4 あること, あると, その人口 3 いつまでも, その国, ない, 乱れて, 他国に, 勝つため, 日本の, 治まって

2 [33件] あったと, あったの, あつて, ありますか, あるなどとは, あるなら必ずや, あるん, あれば, あろう, いなくなると, かかる大胆, それに, はじまって, ひらかれて, 一国を, 世界に, 亡びても, 亡びないの, 他国の, 出て, 出来ても, 安南, 帰って, 文明に, 治まり民, 滅びて, 独立出来る, 現在の, 穀物を, 裂かれるの, 負けて, 開けたの, 養い得る以上

1 [687件 抜粋] ああなったん, あくまでガンコ, あったとしても, あったならば, あったら一年, あっても, あつた, あの方, あの洋館, ありその, ありましょうか, あります, ありますよ, あり君主, あり君主専制, あるあいだ, あるかい, あるかという, あるが, あるそう, あるそこ, あるため, あるでしょう, あるなど, あるならここ, あるやう, あるらしいな, ある事, ある年, あろうとは, いかに広大, いかに顛覆, いくらそんな, いくら強く, いっそ後腹, いつたい外国, いて, えとなった, おこるという, お前さんの, かくの, かくも, かならず強い, こういう調子, ここな, このま, この不利益, この地, この実際, この岩, この戦, この海続き, この秘密, この種, これでは, これほど, これまた, これを, こんな取引, こんな小さな島国, こんな相談, ございまして, ござりやす, さわいで, しても, しばしば同じ, すでに傾かん, すべての, ずっと住ん, そうだ, そうだった, そして世界, そのいかなる部分, その人口増加, その代表者, その位地, その全部, その土地, その増加資本, その朝, その注意, その目的, それが, それぞれの, それぞれ具体的な, それ自身に対して, そんな状態, たくさんあった, たとい多少の, たまたま最大, ちやんと, ついには, できあがったので, できた, できて, でて, どういう働き, どうした, どうなる, どこか, どこから, どこへ, どなりつけた, どんなところ, どんな国, ないこと, なかった, なくなるの, なじみで, なつかしくなった, ならんで, ひとを, ひどく乱脈, ひらけて, ほ, ほかに, ほとんどない, まだいる, まだできあがらない, みなしあわせに, みなスッポリ海へ, みんな滑稽な, めいめい自分の, もちません, もって, もはや新, やや進歩, やるだろうか, ようも, よく以後, わかりました, アッサリ政府の, アメリカだ, キリスト教国に, ギリギリの, コンスタンチノープルに, スペイン国王と, ソヴェートであった, チベットへ, トルコの, ドイツに対する, ピタリと, フェニキア文化の, プロレタリア独裁の, ラサ府に, 一つより, 一体何, 一寸帰っ, 一息に, 一本出来し, 一歩京洛へ, 一番優れ, 一緒に, 一般に, 三十三方里という, 三十二国加盟を, 三十年の, 三角点に, 上国だ, 不作の, 与えるという, 与へ, 世がわり代がわりの, 世界で, 世界の, 世界一の, 世界中に, 世界中を, 中国に, 主として農業国, 九月には, 九百万ないし, 乱れると, 争乱の, 二十一方, 二十五日に, 互いに協力, 互いに相, 亡びましょう, 亡びる, 亡びると, 亡びる運命, 亡びんと, 亡ぶるという, 亡んで, 京畿の, 人民から, 仆れ, 今において, 今度いよいよ, 今西に, 他の, 何という, 何処か, 何時でも, 使節を, 侵略し, 保障する, 倒れたり, 偉いの, 優れて, 充分に, 光明化した, 全くの, 全く同じ, 全体として, 全体に, 全滅する, 兵火に, 其を, 円満に, 再び開戦, 凌駕せらるる, 出来上り藍丸という, 出現する, 刀を, 初め豊島屋から, 勝ちつづけて, 勝つの, 十三国で, 十三歳で, 十分養い得る, 千葉の, 半分空の, 卑劣であり, 協力しなかった, 南であれ, 南下の, 単に熟練, 危ういという, 危くなる, 原子力の, 取れやしないよし, 口を, 古今東西無比の, 古来から, 各一名, 同盟し, 向きあって, 吾, 唯一の, 商工業によって, 善昌を, 四条磧で, 四等国なみの, 困るの, 困窮せしめられる, 国交断絶敵対関係に, 国際間に, 土・日と, 地上的な, 地球上第, 境する, 外国ことに, 外国の, 多い, 多少勢い, 多数に, 多量の, 大いに喜ぶ, 大きいと, 大きくなり, 大きくなる, 大きく強い, 大そう, 大なる, 大国の, 大社の, 天下に, 天領であっ, 失いし多く, 奪われても, 奪われ財力, 女中お, 好きな, 好んで, 如何に同一, 妙な, 始って, 始めたもの, 嬉しくて, 守備に, 完全に, 実は中心, 実現される, 家の, 密, 富みその, 富み栄えるなどとは, 富むため, 富んで, 富士の, 対馬を, 小さい, 小さいので, 小さくな, 居りましたから, 居りますそして, 岩山の, 帝国と, 帰るだろうからとか, 常世国で, 帽子を, 干渉し, 平和の, 平年に, 平氏の, 広いから, 広いため, 廃頽する, 建ち文化, 建国以来の, 引続き人口, 弱かった, 弱ったから, 強いの, 強く戦争, 征服し, 必要だろう, 必要と, 思想の, 急に, 惰弱に, 我々の, 我が国へ, 戦争では, 戦争と, 戦争の, 戦前の, 打撃を, 承諾する, 抜き差しの, 持ち出した剃刀, 持てない出来ること, 持てぬ, 指を, 摂津国尼崎に, 敗けたこと, 敗けたつて, 敗戦国を, 敵たるだけ, 文明の, 断然ベルサイユ条約, 日本において, 日本よりは, 旭日の, 明確に, 昔の, 昼に, 暖かだ, 暗くなる, 暴力的原因によって, 最も進歩, 最初に, 最近の, 本場で, 本当に御, 来たらお, 来て, 来るため, 東洋に, 東洋根拠地と, 東清鉄道を, 栄え人, 根元地という, 欧洲戦争に, 正体も, 正反対に, 此よ, 此世にも, 武器を, 殊に幕府, 残って, 母国と, 毛唐の, 氏の, 気がつくよ, 気にいらなかったらどこ, 永いあ, 油断し, 治って, 治まらないどころか, 浮びあがって, 海の, 清七, 清潔や, 済州島における, 滅ぼうとも, 火元な, 火鉢に, 無数に, 煙たさ故, 特別な, 特定貨物の, 独立した, 猛烈なる, 現われたの, 現在そうした, 現在よりも, 現実に, 生きるも, 生まれて, 生み出すもの, 生れた, 生れるの, 生産力と, 用の, 用事で, 異教国の, 疾病によって, 病気で, 盛んに, 目前に, 真にその, 着手しました, 破産する, 示しつつ, 穀物の, 穀物価格の, 立たぬゆえ, 立ちますか, 立ちゆかないといふ, 立行かぬよう, 竜の, 終るという, 絶えず私, 絶対的な, 絹または, 締結した, 繁栄し, 考えられて, 考へられて, 自分の, 自己の, 自己を, 自然的に, 自然的規則的に, 自由な, 至るところ, 致命的な, 興亡し, 芸能史上大きな, 若干ある, 英国の, 英国や, 英国よりも, 荒れ人, 荒野に, 葡萄酒を, 蒙って, 蒙る一時的租税, 行くなら, 表へ, 表町, 衷心一致し, 裏を, 見えた, 見えます, 見たいの, 設置せられ, 許し得るところ, 話して, 誠にめでたく, 誠に気楽, 諸君の, 豊かに, 豊富に, 負けた諸国, 貧しかった, 貧しく饑餓, 貧乏に, 貧窮化する, 起った時, 起るに, 超, 農業によって, 迎へて, 近づく航海者たち, 連合し, 過去において, 違ふ, 遠いだけに, 遠いネ, 適当の, 酒や, 野も, 金主について, 金持ちに, 鋭意その, 鎖国的態度を, 開成山に, 降伏し, 陥った末期, 隣合つてゐた, 露清銀行の, 静止的か, 飛行根拠地を, 食堂に, 首めの, 魏志に

▼ 国~ (610, 2.5%)

47 国との 20 国とが 11 国とは 10 言ふ 7 なった 6 一緒に, 国とを 5 いえば, いって, いっても, 五平, 戦争を 4 その義, 力と, 同じよう, 国の 3 いうが, いえども, 国とで, 思って, 戦いを, 戦って, 比べて, 見て

2 [30件] されて, そうでない, つぎつぎに, なすに, なる, 上州の, 並んで, 主義とに, 二人で, 云って, 云ふ, 人とを, 同じ世界, 同等の, 呼んで, 呼んでも, 国が, 墺国とは, 戦争が, 日本の, 界し, 称した地方豪族, 称するも, 考へて, 考へられて, 見えて, 言うたの, 言われて, 財力に, 雖も

1 [378件] あまり違つた, あるという, あるの, あるもの, いいラマすべて, いい匈奴, いい北, いい南, いい又は, いい大庭景親, いい西, いう, いうからには, いうけれども, いうと, いうべきか, いうものの, いうよりも, いずれが, いつたらその, いひつ, いふ, いふ事, いふ使ひ, いへども, いへば, いわれたアメリカ, いわれた信州, いわれるだけ, いわれるの, いわれ地理的, おっしゃいましたその, お三, お舟, くら, この加賀, この国, したの, し互, し人民, し或は, すと, すると, するもの, すれば, そこに, その境界犬牙相, その正しき, その点, それよりは, ちがって, つぎから, となりの, どういう相談, どこの, どっちが, どつ, どの国, どんなに根本的, なさしむるにあり, なさんと, なし万機公論, なし永久, なすべきかな, なすも, なったこと, なったドイツ, なった当時, なった最初, なって, なってから, なつた, なつて, ならざるべからずと, ならしむる時, ならねば, ならむことを, なりたるが, なり世界, なり天皇, なり平和, なり日, なり礼節, なること, なるその, なるため, なるでありましょう, なるに, なるので, なるべきこと, なるべき世界, なるべき事, なるべき方向, なるべしまた, なるべし生産機関, なれり, なろうとして, ひそかに, ひとつものに, ほかより, ほとんど同じ, むすぶが, やらんに, よその, よばれ八面玲瓏, よぶに, よぶ国, よほど似, わかつべし, わりない仲, アメリカの, クメール国即ち, チベットとの, ドイツ側と, バルニバービとは, ペルー国なり, レヴァントで, ワラカエ国が, 一しょに, 一変した, 一葦帯水の, 三人で, 下女だけ, 世界一の, 中国とが, 中華民国, 乙の, 争つて無辜の, 二人二時頃まで, 云いまして, 云うの, 云った, 云は, 云はれ, 云ひました, 云へ, 云わざるを, 云われる国, 云われる国々, 交戦状態に, 交渉する, 交際し, 人とに, 人の, 人を, 人体と, 仕事とに, 仕事に, 代えようと, 仰ぐのみにて, 伯耆の, 伴蔵ばかり, 侠で, 信じて, 全く同じ, 全欧州, 共産主義や, 共産国と, 共通の, 兵を, 其の義, 出会って, 利害関係を, 劉予州であった, 化した, 化して, 北の, 即かず離れず, 取引が, 口碑に, 号ばれたる, 合戦を, 合衆国との, 同い年の, 同じく男の子, 同じく祭政分離, 同じぐらいの, 同じで, 同じと, 同じレベル, 同じ事, 同一とは, 同一の, 同位に, 同盟する, 同盟せず, 名づく, 名づくる, 名づけこう, 名づけた, 名を, 名乗る国がら, 呼ばれし紀伊, 呼ばれる所以, 呼ばれ得る国, 呼びました, 呼ぶべし, 呼んだ, 唐の, 商売が, 問うても, 喚ばなかつたには, 嘲り物の数, 固定し, 国だって, 国とも, 国互いに, 国人種と, 国民とに, 国民とは, 国民族と, 境を, 多くの, 女, 女中が, 宗教ぬきで, 家とを, 対照する, 対等の, 寿とは, 専制国と, 小ぜ, 小僧の, 山と, 左太松に, 己とが, 平年の, 当主の, 彫って, 心中し, 心中したる, 思われる, 恋し男神, 悲惨な, 成すべき法, 成そうと, 成る可, 戦うつもり, 戦ったの, 戦を, 戦争の, 戦勝国との, 戦端が, 戦端を, 手を, 手伝って, 持たざる国, 持てる国, 指差しながら, 接した国境, 新吉とは, 日本との, 日本とは, 日本国とは, 日高見川, 時代これも, 時代とを, 時代の, 曰ふ, 書たり, 本貫, 来ては, 来る, 枕を, 柴田是真との, 根の国とが, 格段に, 歌舞伎座です, 比較し, 民の, 民主国との, 気まずいこと, 汎米連邦の, 清七が, 清七の, 清国とが, 滄海原と, 為す, 父母の, 片輪者, 獣人国と, 環境を, 甲子太郎が, 申され候, 申しても, 申します, 申し上げれば, 申し今, 申す者, 異なり百年, 皇帝に, 相伍, 相接, 相見る, 相談し, 知れ, 知れず住職, 社会主義国との, 禊ぎの, 私と, 私とは, 私むかい合っ, 称えて, 称されるほどに, 称しおるに, 称し面積, 称すべき者, 称する欧米諸国, 称す可, 称せられ芸術味, 称ぶ, 紛れやすい, 紛れ易い, 結ばなければ, 絶交し, 考えて, 考えらるべき, 考へたの, 考へられないうち, 考へられる, 耶馬台の, 聞きますから, 自然との, 苦戦し, 英国との, 英国の, 英蘭の, 荷兮の, 蔡の, 行き来する, 西海道及び, 見えますな, 見える, 見たから, 見た処, 見なして, 親しんだもの, 言い一村, 言う, 言うて, 言うと, 言う人, 言って, 言っても, 言ひ, 言ふと, 言へば, 言われまた, 言われる国, 言われる国々, 言葉を, 詳しく書い, 誇称すれ, 認められた東北地方, 諸帝国, 謂はれ, 謂ふ, 講和の, 財宝と, 越後国に, 軍備の, 近く且つ, 近く其の, 近よ, 違う世界, 違った強い強い, 違って, 郡とは, 酒が, 金の, 長曾我部家は, 開成山へ, 関係甚だ, 関聯し, 階級職業と, 青海原と, 音訳した, 領地を

▼ 国から~ (529, 2.2%)

32 出て 17 持って 8 来て 6 来たもの 5 帰って 4 一人の, 生捕りました, 送って, 連れて 3 きたの, 国へ, 国へと, 来る神, 遙

2 [27件] お便りが, それを, はるばる海, やってきたの, 一人は, 仏さまの, 仕送りを, 他の, 出そうとも, 妹を, 帰つて来た, 急に, 来た, 来たん, 来た男, 来る物音, 母親が, 汐の, 発見された, 登って, 移住し, 蛙の, 起って, 輸出国に, 金を, 飛んで, 香具師が

1 [376件] あの仏御前, ある国, いろんな草, うまくチベット, おいだして, おむがしき東, お主, お出, お呼, お姫さまを, お客が, お客様が, お得, お新, お還り, かかる有利, かすめ取った貴い, きこえて, きたどこ, きたので, きた人, きた使者, きて, こうしてこの, ここまで, こしらえて, こちらの, この口, この地球, この島, この江戸, この石, この館, これらの, ごく僅かの, さまざまな, さらに東, して, すっぽんが, すつかり, そこに, その代表的作家, その誰, それが, そんなに沢山, ただ一人, たった一艘, たびたび電報, ちょうさんが, つばめが, ともかくも, どこかへ, なかなかすぐった, はじめてきた, はじめてみかん, はるばるやってきた, はるばる出, はるばる渡っ, またこの, まだ二十里あまり, まったく駆逐, みれば, もっと暖, やって, やってきたのに, やってきました, やって来たお, やって来たの, やって来た男, やって来て, やはりいい, よぶこと, わざ, わざわざゲロン・リンボチェ, わざわざ持っ, ウスイ峠を, シナの, チベットへ, 一万里, 一人も, 一人宛選り抜かれ, 一夜ひそかに, 一掃し, 一日も, 一時に, 一緒に, 一足飛びに, 三年前に, 三戸の, 上がりました, 上って, 与えられたもの, 世界を, 両親が, 乳母は, 五百万ポンド借りたい, 五百円都合し, 亡命し, 人が, 人間の, 人馴れた, 仏を, 仕入れた物, 他国に, 伝来の, 伴ひ, 伸子の, 佐渡ヶ島へ, 使いが, 供給され, 侮辱や, 便りあ, 便りは, 信州の, 俳諧的モンタージュの, 借りる相談, 偸み来た, 催促を, 傷めずに, 兄弟達が, 入り込んで, 入れて, 八十一そうの, 其主神が, 出ただけの, 出たて, 出た出雲屋, 出た口, 出た年, 出た弁信, 出た方, 出た池田氏兄弟, 出た英雄豪傑, 出た角兵衛獅子, 出なさった奥山さん, 出ねば, 出られるよう, 出ると, 出掛けて, 出雲国への, 初春毎に, 到来した, 到来の, 加賀へ, 勲章も, 匈奴の, 十四万七千人伊太利から, 南は, 南蛮へまで, 反物を, 叔母が, 取り寄せた馬, 取り寄せて, 取り寄せれば, 取り除かれたと, 取れば, 取寄せて, 取得され得る, 召しだされた税代り, 可愛い息子, 同じ性質, 吹き上げる風, 呼びたいと, 呼ぶん, 和睦を, 四足の, 国山から, 坊さんが, 外へ, 大人国ラピュタ馬の, 大人国ラピユタ馬の, 大嘗祭に, 大坂へ, 大槻斎宮が, 奥さまが, 奥さんを, 奪って, 妖精の, 妻と, 妻に, 妻の, 妻子を, 始めます, 委細の, 季の, 学ばれた官僚制度, 実はここ, 客, 客が, 富士と, 小包が, 少し纏まった, 届きましたからと, 届くはず, 山陽道に, 巨人らが, 帯びせられた政治家, 帰つた当座の, 帰ること, 帰るまで, 帰朝後以前の, 年齢八百歳という, 幾度も, 引き上げて, 引揚げ, 征服される, 得られる三条西家, 御機嫌伺ひ, 御身を, 志を, 急病人, 急行し, 慾を, 成って, 成立って, 成立つので, 成長液の, 我が国へ, 或郡司, 手紙が, 抜け出して, 招聘した, 持ち出して, 持てる国, 支那の, 放たれました, 敗戦国へ, 教へ, 旅費を, 日本に, 日本へ, 早く送っ, 更に移り住んだ, 未萌, 村を, 来たおれ, 来たと, 来たの, 来たらしい二人, 来たカンガルウ, 来たレモン, 来た三人, 来た不具神, 来た二匹, 来た五万, 来た人, 来た人間, 来た使者, 来た僕等, 来た友達, 来た小さい, 来た恵慈, 来た来り人, 来た渡り鳥, 来た知らない人, 来た者, 来た航海者, 来た若い, 来た葡萄酒, 来た親類, 来た養子, 来てると, 来てるもの, 来ると, 来る危篤, 来る西洋酒, 来る金, 来客が, 来臨する, 東下し, 東下りを, 東海道を, 森槐南という, 正式に, 此の, 此国土へ, 此心を, 母を, 毎年二十万円位の, 江戸へ, 津軽海峡を, 浮き上った微妙, 海を, 涌谷さまが, 渡ったの, 渡って, 渡つて来た, 湖へ, 溢れ出, 漂着した, 炭焼さんも, 為替を, 熟練勤労及び, 特別養生費を, 現れたもの, 現実界へ, 甚大の, 生きたまま, 生れた島崎藤村氏, 生れながらに, 生捕つた, 生獲りました, 用意し, 登山した, 相武, 神が, 穀物を, 突然鷲, 米麦あるいは, 紙, 綿を, 罷り上ったくせ者, 胆振の, 脱出する, 興って, 色々の, 芸術家を, 苦心し, 英雄豪傑を, 薬売り, 蠅を, 見えに, 見くびられまいと, 見給う神, 親を, 親切に, 観た外国語, 解纜した, 訪ねて, 訪れて, 講和の, 貨幣を, 貰えば, 買いに, 購買する, 走せまいり安房, 越の, 迎へる, 返事が, 追い出された哀れ, 追放せられた, 送つて, 送られて, 送る学費, 逃げて, 逃げ出す工夫, 逃げ出せませんですかね, 逃出す, 逐われて, 通貨を, 連れが, 連れ帰って, 連帰った, 運輸され, 遠く指す, 遠く来た, 遣わされて, 遮られて, 選り抜いた美しい賢い, 金が, 鐘の, 院長が, 集って, 集つて一廓を, 集まって, 雑誌や, 離れ度, 離脱した, 電報が, 電報以来初めて, 非常の, 飛脚を, 高慢げに, 魯に, 鷲に, 黄金を

▼ 国では~ (496, 2.0%)

10 ない 4 ありません, それが, 非常に 3 ないの, なくて

2 [23件] あるが, この問題, そんなこと, どうしても山の端, よくある, ビールよし, 一様に, 三年に, 世界の, 人が, 出生は, 已むを, 本を, 本土決戦が, 毎朝新聞を, 決して発売禁止, 突然赤褌ひとつ, 絞罪, 罪人を, 見られない図, 警視総監が, 醜聞です, 馬が

1 [422件] あとまで, あなたの, あなたを, あらゆる種類, ありませぬ, ありませぬか, ありまた, あるか, あるまいし, ある程度事実, あれを, いかに思想上価値, いったい何歳, おさむ, おそらくこういう, お低頭, お前さん気の, かくの, かなり進ん, きっと低い, くらを, こ, この一団, この放心, この比率, この町, この社会的, この種, この身分, この飛行島, これから立直る, これが, これくらい, これに, これまで, ごく少数, さうだつ, さすが地震学, さよならを, しばしば最も激しい, すべてが, すべての, すべてを, すべて加工貨物の, ずいぶん勢い, せぬこと, ぜひも, そういう場合, そうした文化, その人口, その年, その段階, その穀物貿易, それぞれの, それぞれ産別の, それで結構, それに関する, それらの, そんな争い, そんな人, そんな馬鹿馬鹿しい, ただいま音楽浴中, ちっと人間, ちょうど十八時, ちょっと想像, とうとう私, とかげという, どういう御, どうかという, どうして召, どうだ, どうも少しむずかしい, どこでも, どこの, どこへ, どの家, どの木, どんなこと, どんな言葉, ないか, ないかしらん, ないかの, ないから, ないだろう, ないという, ない我が, なかった, なかなか軽から, なかろうかと, なくなって, なく王, なんともしよう, にぎやかに, はじめての, はなはだ有名, まことにゆ, まずこの, まず中農以上, またはその他, まだあまり露骨, まだ冬, まだ巫女, まだ歴史, まつり, めったに見る, もっとうすい, もはや今日, やっぱしフウイヌム, やはり女, より長い, わるい伝染病, アメリカでも, エライ身分の, オシャベリを, ガボリオボアコベらが, ゲエゼル, サア・ジョオジ・コウブルックに, シリンダーの, タケニ草を, タンポであった, パンに, パン以外の, ファシズムの, フウイヌムの, モウ雪まじり, ヤーフが, ラヂウム元帥に, 一人の, 一人一人の, 一冊や, 一台の, 一回の, 一流の, 一番大きな, 一般化され, 一般的凶作の, 丁度何月何日, 三尺の, 三歳の, 上諏訪から, 不思議がる, 不景気が, 両々覇を, 両者の, 並びの, 久留米を, 九クヲタアに, 九月一日に, 予防的妨げは, 五十年前から, 五大節の, 五本の, 人々が, 人から, 人口が, 人口増加が, 人間の, 今度ばかりは, 仏国風に, 他に, 仲間たちは, 伊達郡山舟生や, 伯母さん夫婦の, 住民数に対する, 何かという, 何もかもお金次第, 何もかも同じ, 何処にも, 余りな, 俗に, 僧侶及び, 優れた歌, 元来人を, 先ず大宰府天満宮, 党の, 全く通用, 八十歳が, 其処に, 凡ての, 出生の, 出生も, 初めて二隻, 到る処, 劇作家が, 劇壇に, 動物という, 十二物で, 十五世紀に, 半数よりも, 南陽房の, 取ること, 各自が, 名うての, 名を, 吾, 和紙は, 善悪の, 営利事業を, 嘘を, 四年ごとに, 国の, 国境に, 国民精神の, 地上の, 地熱発電に, 地熱発電よりも, 地球は, 地面が, 夏に, 夏の, 外交文書を, 多くの, 多分そんな, 夜が, 夜に, 大不承知, 大変な, 大宮の, 大衆も, 大詩人, 天文学は, 天気という, 夫が, 奥様や, 女が, 女の子に, 女は, 好い気, 妥協が, 姫君が, 嬉しいにつけ, 子供の, 字を, 存外三千年に, 学問も, 実に必要, 実際あまりあり, 室町時代の, 宮廷の, 家名が, 寂として, 寝た儘, 小身ながら, 少しずつ, 岡崎地方で, 左程, 常に裏切り, 常に需要, 平均一か月に, 平均一箇月に, 年に, 年の, 年死亡は, 幼い子ども, 幼稚園ぐらいの, 広々と, 庭先に, 弟切草の, 強い地震, 彼岸花と, 思いも, 恁うし, 恋人の, 恐らく名誉, 息が, 恵蘇郡の, 我儘という, 戦が出来ません, 戦さが, 戯曲では, 才能が, 才能より, 支那の, 文明国だ, 斬首人は, 日が, 日本人は, 日本軍の, 早かれおそかれ君主, 早くから各種, 早くから領内, 早く磨滅, 昔から, 春が, 是を, 昼間鳴く, 時間器械による, 晴れて, 最悪の, 有名な, 朝は, 本の, 村の, 村道づたいに二十五里も, 板来だ, 林檎や, 架空の, 案の, 正月の, 正道の, 死亡率の, 殆最初の, 毎週三人の, 毎週水曜日が, 氏神と, 民具の, 民権自由が, 気狂いには, 水に, 水の, 永遠の, 江戸を, 決してその, 決してみられない, 決して見る, 沢山の, 浅井の, 浜松高工の, 源八栗の, 滋養分に, 滔々たる, 演劇が, 演劇に, 火という, 無かった, 焼物の, 父権は, 牛犬と, 特別の, 犬山に, 王も, 王族の, 珍らしい, 現在従事し, 現在青年群に, 生じ得ずまた, 産児の, 用いられまい, 用うる, 田地を, 病人が, 白人が, 皆心配し, 皆様お, 盗みよりも, 盛んに, 直接の, 相馬郡の, 真庭の, 社会の, 社会主義的リアリズムという, 神より, 私が, 私は, 稲穂を, 穀物は, 積極的妨げは, 窯場として, 第一等, 結婚の, 絶えず眼, 絹なんぞは, 美しいぶ, 聖徳太子が, 肉よりも, 自動車や, 自然を, 花は, 花梗のみ, 若い娘, 華族の, 蒲原獅子と, 蒲鉾が, 藍絵染附は, 蛇を, 蝮が, 蟹, 衣服では, 被告は, 裁判手続きは, 見かけないもの, 記録簿における, 許さないつもり, 誰も, 誰れ, 謡曲が, 謡曲や, 豊年は, 貴族しか, 貴族と, 賞も, 贈物という, 身もち看護婦の, 軍閥という, 輸送の, 逆賊朝敵と, 通用する, 違うん, 金山に, 長くしなけれ, 闇の, 防ぐこと, 阿父さん, 阿蘭陀人と, 陸軍海軍の, 離婚の, 雷獣とも, 非常な, 革命が, 音楽浴後一時間という, 領域内の, 風も, 飯石神社の, 馬に, 高い位, 高山に, 高死亡率, 高田を, 鬼でも, 鬼組と, 黒人を, 鼠の

▼ 国~ (489, 2.0%)

14 あつた 7 あつて 3 これを, それが, 生まれた人間

2 [17件] あなたと, あらう, こんなこと, 一番不幸な, 人が, 作ったもの, 多くの, 安心し, 小壺狩, 工業機械に, 悪戦苦闘し, 有名な, 果てるか, 流した涙, 私が, 私は, 蛙だ

1 [425件] あたらしい学問, あとの, あの女, あらうか, あらうと, あらしめるため, あらねば, あり得ると, あれだけの, いう一番違い, いう道楽者, いう雑仕婦, いちばんあなたが, いちばんうつくしい, いちばん勇ましい, いちばん声の, いちばん物知りという, いったい何, いつか姉さんの, いつ頃, いふならアベエル・ガンス, いまたいへんよく, うし飼うま飼に, おかくれ, おこなわれる制度, おそらく慢心和尚, おそろしく豊富, お知己, かくめい, がすで, きくこと, ぐずぐずし, こういう歌, こういう酒席, こちらが, こっちが, こっちの, この役目, これが, これだ, これだけ, これほど, こんな様々, さお金, さかんに, さすがに, さへ, しかも多量, すって, すらつねに, すらもまだ, すら戦争, すら食物, ずっとながく, せう耳, そこの, そしてどちら, そして多大, そのソコ, その大, その宗廟, その消費, その皇帝, それから, それと, それを, そんな事, ただ一度, たった一人, だれが, だれ一人, つくられたこと, つくられた宇宙艦, できたもの, とくに西半分, とてもこんな, とれる米, どうしても要るだ, どこからも, どこに, どれだけの, どんな高貴, なら一艦隊, なら充分, なり御覧, ねこれから, はねトルコ人, ひそかに, ほとんど同時に起った, ほぼ中央, まちがって, まよい子, みんなで, むしろ自由, めったな, もさう古い, もっともにぎやか, ものを, やったと, やって, やってるよう, よく行われる, よんだなか, わが, わがままいっぱいな, わたしは, イソホという, サルトルが, ストリップといふ, バスや, パルチザン共が, フィリップ尊者忌の, プロレタリアートが, ロシャドポーランドで, 一とか, 一人暮しの, 一円の, 一所に, 一旦こうと, 一時は, 一番あぶない, 一番いい, 一番いやな, 一番えらい, 一番の, 一番上手な, 一番大きい, 一番大きな, 一番幸福者が, 一番芽出度い, 一番重要な, 一番面白い, 一番高い, 一種変った, 一等えらい, 一般に, 一郎と, 三つの, 三花の, 並ぶもの, 中央アジアから, 中部および, 主人を, 亀山の, 争って, 二人が, 云ふ, 云われて, 五月の, 亡き人に, 人の, 人民の, 人道の, 人間と, 今も, 今イノコ, 今日婦人の, 今迄, 仏前生に, 住民は, 何, 何が, 何と, 何といふ, 何度修め, 余所の, 作って, 作らねば, 使うけれども, 使うレール, 使えるぐらいの, 使用される, 保証しない, 信心し, 修業およそ, 働こう, 兄弟が, 八百万の, 共産党の, 兵を, 写したの, 冬咲の, 出たベロアルド・ド・ヴェルヴィユ, 出会いいよいよ, 出来たの, 出来たもの, 出来た奇妙, 出生が, 出生の, 別にいじめられた, 別れて, 労働者が, 勤労し, 北に, 医学が, 医者と, 十分な, 卒業し, 南アルプスは, 南方は, 卿の, 原人が, 受けた運命, 同盟国も, 名誉の, 名高い女, 向火著, 唯物史観が, 善いもの, 善昌は, 喰うこと, 四年制の, 坊やの, 塩の, 夏姫を, 多数の, 多過ぎる, 夜が, 大たい五世紀ごろ, 大国主の, 大統領が, 大総帥, 女と, 女の子と, 女房に, 始めて, 孔子の, 孔子を, 学んだほう, 学者たちに, 学者と, 宇治山田の, 安国寺という, 官名は, 寂しい老後, 少しでも, 少しは, 少なくとも英領インド国, 左翼の, 巻く精巧, 平生身体の, 年を, 幸にも, 廉の, 式を, 当分暮す, 彼が, 彼女と, 御手許不如意に, 復活節に, 必ず回天, 想像し, 想像の, 懲りて, 我々と, 我が九州, 戦を, 戦乱が, 戦争に, 手に, 承りました胆吹山, 拝まれるの, 捕らえられたこの, 採集せね, 敗戦後八年目には, 教科書編纂の, 文庫が, 文物と, 斬られ興世王, 新しい文化, 新に, 日が, 日本語を, 旭日の, 昔, 昔は, 時々こうして, 暮しが, 暮らして, 暮らすこと, 書かれた本, 最もその, 最も強く, 最も有難から, 最初に, 最高の, 有力なる, 朝子が, 林檎を, 桜や, 棄てたこと, 森の, 様々な, 正当な, 死ぬの, 気に, 気短かで, 水を, 水資源を, 池田氏が, 油断は, 法律が, 法治国で, 流行ります地神盲僧, 深田寺の, 清の, 温度は, 湯泉場に, 滅びなかった国, 漆器を, 無し, 無事に, 無双の, 無理にも, 無線電送の, 特筆され, 特筆しなけれ, 特色の, 狂人を, 獲た若菜, 現にやつ, 現在見られる, 生まれたの, 生まれた学制, 生れたの, 生れて, 生れ慶長十二年二月二日, 生命を, 生活し, 生産され得る, 産する, 登録を, 白木の, 百年の, 皆心配し, 知って, 知人に, 石占山と, 研究し, 神の, 私の, 科学的精神の, 稼いでは, 空には, 窮屈な, 第一, 第一番, 第一等, 米国大統領は, 紙の, 紡いで, 結婚年齢の, 絶対に, 継母や, 美妙が, 美留女姫と, 美術も, 而も, 耕作運搬の, 聞いたこと, 聞いて, 育った均平, 自分たちを, 自分らの, 自然の, 色々神代, 色色と, 芸者を, 芸術的の, 若い女, 草深く埋もれ, 荒れ狂う海, 荷前を, 蔵合に, 衆人の, 行はれた, 行われて, 行われる一切, 行われる政策上, 裕福に, 補給し得る, 見たマッチ, 見た者, 見て, 見られない程, 見られる, 見られるよりも, 観察され, 言下に, 言語も, 詠んだかずかずの, 試験した, 語られた言葉, 調べた結果, 諷刺文学が, 貧乏な, 貫いて, 資材は, 質屋を, 起ったならば, 起って, 起つたこと, 足ります, 農夫は, 這入って, 通用する, 逢った人, 逢った筈, 過ごすこと, 酒一升銭十九文から, 野法図に, 野蛮人どもの, 陸海軍の, 階級と, 集めた珍しい, 露国風に, 青あおと, 非常に, 音楽は, 食事する, 養女の, 馬肉を, 魚市は, 鯉を, 麻薬を

▼ 国~ (372, 1.5%)

10 の人 8 の人民 5 の人々 4 で一番, にお, の人間 3 に宮, に臨, に鳴る, の人間ども, の何処, の為, は国, 残る隈, 第一

2 [12件] で評判, に, に在る, に布告, のどこ, のクチナシ, の人民一人, の者, は貧乏, を探し, を遍歴, 到る処

1 [286件] いいえ唐, いたる所, いらざる処, うって, およそ三千万人, からばくち, から穴内川, から退散, がこの, がすっかり, がだ, が一つ, が乱れない, が何かと, が大分, が寛, が引っ繰り返っ, が朝鮮, が海, が統一, が荒れ, が飢饉, ことごとく黒い, ことごとく黒けれ, この中山, この矢追村, この難局, こんな美しい, すぐった大, その勢い, その責, ついて, でいちばん, では, でも葛城, でも違う, で一番上手, で一番物価, で公判開始以来, で地, で外ニハ, で子ども, で捜そう, で最, で桃太郎, で民政, で無類, で祭典, で見よう, で離婚数, どうなる, にあり, にある, にいなくなっ, にいま, において封建, におき, におひろめ, にお前, にかぐわしく, にその, にそれ, にただ一人, にち, にて明治, にどの, にどれ, になお, にはどこ, には将軍殿下, にひろがっ, にひろがり, にひろまっ, にふれ, にもあるまい, にもてはやされる, にも呪い, にも洋学, にも満ち満ち, にキリスト教, にヤマノイモ, にライフル, に一ぱいになつて, に二つ, に人, に仕合せ, に令, に伝染病, に充ちた, に内乱, に十二殿, に及ぶ, に反響, に同心, に命令, に大きな, に子, に宗弘, に寄食, に専制, に小学, に帳合法流行, に幾多, に広く, に広まりました, に愛, に慶應義塾, に散在, に於, に施し, に施した, に普及, に此奴一人, に残つて, に法, に満たし, に漲, に点在, に監禁, に知れ渡っ, に福澤, に穏, に而ハ鬼神, に聞こえる, に芳一, に荒, に行き渡る, に行われ, に触れしめた, に触れ廻り, に設け, に諭告, に通ずる, に限る, に雨, のあらゆる, のおのおの, のさわぎ, のため, の万民, の人口三千四, の人気者, の人物, の仕置, の何十万人, の佳, の公田, の兵, の刀, の労働, の同流, の名医, の名望, の図書館, の地面, の塾生, の士族, の士論, の大, の大名, の大小神祇, の女子長七尺以上, の好き, の婦人, の学校, の学者先生, の学者達, の少年達, の山, の山奥, の山家, の山村, の山谷, の幕の内, の悪人, の日本, の最も, の最大都, の有名, の有識, の有野村, の材木, の村, の毎, の民, の民数戸籍, の漢学者, の片田舎, の牢人, の男女, の神社, の立場, の罪, の罪悪罪過, の習慣, の虚, の蛇, の蛙, の製材所, の評判, の諸, の財産, の貴, の踊り, の車夫, の輿論, の金, の鈍い, の鍛冶屋, の門並み, の隅々, の霊地, の風俗習慣, の騎兵守備隊, の騒動, の鬼神, はその, はもちろん, ひょうばんのきりょうよしであった, へ入っ, へ売りさばく, へ漏れた, へ知れ渡った, へ蜘蛛, ほとんど一般, ますます教師, も平穏, より躍, を, をあちこち, をあるき廻っ, をうろつい, をこの, をし, を一, を修行, を周遊, を唸らせる, を廻っ, を廻つて, を彩色, を悩ます, を悲嘆, を指し, を挙げ, を探したら, を探し回った, を探す, を放浪, を敵, を方々修行, を旅, を旅行, を流れ歩い, を漂泊, を漂遊, を火, を焦土, を狩りつくし, を皆殺し, を相手, を経, を荒しまわっ, を行脚, を西行, を訪ね, を調べ, を走り廻る, を顧, ノ兵糧ハ知レタモノナリ, 何一つ御, 到る所, 定めて, 悉く漢学, 挙って, 捌いてる知事, 捜して, 数えきれぬほどの, 湧き立って, 穿たざる女, 第六位, 自惚, 至るところ, 至る処, 至る所, 苟も書

▼ 国には~ (287, 1.2%)

4 いって, 海嘯が

2 [15件] その国, ない, なっても, 世間一般に, 妻も, 尼に, 戦が, 日を, 昔から, 沢山の, 満ちて, 癩が, 罪悪が, 自から, 食えるよう

1 [249件] ああいう, あきあきしたよ, あなたさまの, あなたや, あの雲雀, あるが, あるの, あるまいだろうかと, あるん, あんなめずらしい, あんな大きな灸, いいだろう, いっそうその, いないもの, いること, いるの, いるよう, うるさい批評, おられませんの, お金は, かえって振るわず, かくばかり, きみたちの, こ, ここ十五分ほど, この事, この国, この木, この種, これから数年, これが, こんな非道, すでに蘭学, ぜったい見る, そういう, その国体, その宝石, その政体, それぞれ国の, たいそうかしこい, ただ父親, たった一ヵ所, どこに, どこにでも, どこにも, どんな動物, ないから, ないでしょう, ない印度, なかった, なかなか知恵者, なかろうと, なったけれど, なんの, ひること, ほかに, まず私, またつと, またよく, また異, まだうんと遊ん, まだ憲法, まだ映画館, みられぬもの, もうお母さん, もう一人大井子, もちろん想像, もったいないほどの, やがて春, タカマガ原だの, フウイヌムは, マルキシズムという, 一つかみも, 一つの, 一つ特別な, 一人の, 一国として, 一時的な, 一神教が, 三百の, 不変的死亡秩序が, 中等民族あらず, 二百円も, 人間以外の, 人間界の, 人魚が, 他の, 伊東修善寺熱海伊豆山を, 住まないで, 住めど, 例外なく, 偉大なる, 僕たちの, 僧統一系の, 入らぬが, 共和政治と, 冬という, 到底成立, 到底手, 加答児に, 友蔵という, 古くから, 名ある, 名人が, 和紙も, 喧嘩も, 嘉永年代より, 固より, 国家以前から, 土中の, 多いの, 夜と, 大きな磁器, 大そうピッタリ, 大男が, 天照皇大神宮外宮には, 夫, 女房子が, 妻子が, 婦女閉居し, 子が, 孔子という, 存在する, 宗教は, 実際そのままに, 実際上, 容易ならぬ, 富の, 富士山が, 少なくない, 少許, 山が, 山にも, 山も, 崇徳上皇の, 己が, 帰すまいぞ, 帰らずに, 常に多く, 常に年々青春期, 常刑, 年始にばかり, 幾本もの, 彼を, 従来犬神と, 必ず弘法大師三鈷, 必ず此, 必ず白馬, 必要が, 急に, 恋とは, 悪魔という, 我輩の, 所々方々に, 政府と, 故人の, 敬神思想を, 文字という, 文学武備富国強兵医術も, 族制, 日が, 明かに, 明けること, 昔からの, 昔ながらの, 木綿は, 未だ真実, 東京に, 極く, 楽書の, 権力政府戦争法律刑罰などという, 欠かれない存在, 止どまり兼ねる, 止まらぬが, 死刑は, 死刑以外の, 毎度弱りました, 汝の, 決してない, 泥棒も, 活気が, 湖や, 潮が, 火山などは, 無い, 無いかも, 無いと, 無いね, 無かった, 独身生活を, 獅子の, 王寺という, 王者が, 珍しい現象, 現われず大, 生まれなかったはず, 生活と, 甲の, 男が, 男の子が, 盗人家に, 相違ない, 知られぬよう, 知人ひとりある, 石造の, 神ながらの, 神様に, 科学の, 窯場が, 立憲政躰の, 米の, 紅毛という, 縁も, 置かず一しょ, 耶蘇の, 聞えてな, 肉で, 肺病が, 芸術らしい, 英雄などという, 虎祭り, 見かけないもの, 見ない, 見られなかった覇気闘志, 見られぬこの, 見逃して, 諦めを, 豺狼虎豹を, 財が, 貴方が, 賞という, 赤いそり, 近世に, 遠い親類, 適用し得ない, 金は, 阿母さん, 雪が, 非ず, 非常な, 非常に, 面白くない, 額の, 類の, 饒舌家が, 鯉が, 麻が, 鼠という, 鼠を

▼ 国でも~ (219, 0.9%)

3 いつの, そういう字 2 ある, 同じこと, 同じだ, 喜んで, 市民に, 戦争などの, 未開国, 第四階級, 醜聞には

1 [195件] ああいう, あの革命同然, あるが, あること, あるよう, ある様子, いちばん人気が, からくりの, こういう小さい, こうした日, こしら, ことに目, この動き, この種類, この運動, こんなざんこくなことは, こんな人ごろ, すぐ様社会観, そういう危険, そういったの, そうであります, その人口, その名, その工合, その心事, その支配階級, その発展, その社会, その通り, だいぶ盛ん, どの人でも, どんなに扱われ, ない, ないとにかく, ないの, ない場所, ない日本人, なくここ, ほかの, ほとんど前代未聞, ほんとに働い, みんな白ばかり, みんな飢餓の, もっとも馬鹿気, やはり礼儀, ゆきづまった資本家ども, よほど位, わが上州, イ列と, タマゲタ市で, ドイツの, 一九二〇年代の, 一夜に, 一定の, 一番近い, 一般の, 一頭地を, 万国赤十字を通じて, 三百石の, 下の, 下界に, 中国でも, 中流以上の, 二と, 人が, 人民男女と, 人種的に, 人間が, 今年から, 似たり, 似たりよったりだ, 余りつらい, 作って, 作家の, 先祖は, 兎角気, 全く迷信, 全部小, 共同の, 内部は, 円満に, 出来て, 劇作家は, 動揺してる, 千万ボルト以上の, 原子爆弾が, 古いもの, 同じな, 同じもの, 同じよう, 同じ事, 同じ人, 同様の, 名分の, 名前だけは, 吾, 商売に, 商工業の, 土や, 地方は, 多かれ少なかれ見受けられる, 多少は, 多年その, 多数の, 大体昔から, 大学に, 大将軍は, 大差ない, 失礼に, 女と, 女に対しては, 婆さんは, 学名は, 宗教が, 宗教家といふ, 実にし, 家庭料理に, 少数より, 常勝軍と, 度々繰り返され, 得がたい好, 得易から, 必ず正月十四日, 必要に, 恋愛物語で, 恐らくは日本, 悪人という, 悪源太義平公, 戦争を, 戦時は, 技術家の, 指折りの, 挨拶の, 採用され, 播種面は, 支配者の, 政府は, 政治の, 政治放送は, 数種の, 文化の, 文壇の, 文学者や, 新しい女, 日本に対して, 日本の, 昔から, 昔は, 時代の, 時期を, 最早その, 未だ弘, 格別けむたがっ, 桜ん坊や, 正確な, 歩くよう, 民衆は, 満足しおる, 無い, 特殊な, 狂わぬという, 猫を, 王様が, 現に権力, 現世の, 田野の, 申しますが, 皆油, 祖先崇拝の, 禁止し, 竜は, 竜猛烈に, 第一等, 第三流位, 継続する, 群衆は, 老人は, 著しく横行, 蕪と, 蛇が, 行なって, 表が, 豆は, 近代の, 通用する, 造られたよう, 都会人口よりは, 重水の, 野次馬は, 鎌倉にも, 長篇名作は, 雛鳥を, 静かであり, 非常に, 食器の

▼ 国~ (217, 0.9%)

6 ある 3 ない 2 あるの, それを, 同じこと, 国家的に, 家も, 彼らの, 忘れて

1 [194件] あったが, あったよう, あぶないこと, ありました, ありましたが, ありますまい, あるし, あるもの, あれば, いい, いつしか通り, いや世界, うつかりする, うれしいところ, きのうきょうは, くずれて, こっちの, この鞄, しその, すこしは, すっかり身拵え, すべて一信長や, すべて全部の, そうな, そう考える, そのうち, そのとおり, その人, その特殊事情, その通り, それぞれに, それに, ただ名義上, だんだん寒く, ちがうわれわれ, つづいて, とつぜんおそろしい, ともに貧弱, どこの, どの国, ないこと, ないわ, ない地図, ない若さ, なくゲルマン, なく拠る, ひじょうにあぶないせとぎわにたたされていました, ほっこくに, ほろびたか, またあるべからず, またかく, またこの, またその, またと, また人間, また少い, また彼得帝以来不断西欧, また然, まだやった, まだ出兵, まだ存在, まづしく民, みな亡び去っ, めんどうな, もんとが, やっと昔, やっぱり暴力, やりかけたん, ようよう納得, よほど進んだ, アメリカであった, ドメスティックな, 万国地図に, 三だけは, 与次郎殺しの, 中に, 中国の, 之に, 二つ言葉の, 亡びそう, 亡びるね, 亦た, 亦今, 人も, 人口の, 今から, 任せては, 伊賀だ, 供奉の, 個人も, 候よくよく, 傾く女魔, 全くね, 分らなくなると, 危急存亡の, 取り得ざるが, 取り得ざるは, 吉野川の, 同じけれ, 同じだ, 同じよう, 同ん, 善昌も, 困ったもの, 在宅で, 地底の, 増殖力が, 多事で, 天の, 天下も, 奥で, 子守唄は, 家々も, 家の, 富まさざるべからず, 富も, 山河も, 希望に, 常世の国と, 常世の国も, 平気で, 広いよう, 彼以上の, 思わしくないと, 思わず袖, 思案に, 息子の, 悪くは, 意外だった, 戦争放棄だ, 技術家の, 持てないこと, 救われるの, 文化的な, 新聞も, 日本を, 春に, 暖い, 暴れ出して, 有難い国, 格が, 棄てよう木曽, 森も, 次八も, 欧米文明の, 死ぬ, 泥棒の, 浅草に, 消え失せて, 物見高で, 特別に, 独立した, 珍しいであろう, 珍らしいでありましょう, 生産物の, 産まなかった独自, 田舎に, 皆交際, 真夏の, 矢代は, 石鐵県と, 社会主義国も, 立たず天下, 精が, 紙漉場を, 素直に, 絶えず努め, 羅馬, 自分たち王族の, 自分を, 至る所, 良人父として, 英語でなけれ, 茶の, 虎を, 西洋の, 見えるから, 見る見る彼女, 言わなければ, 谷の, 軍律不行届かくの, 輸入しない, 輸出しない, 迷雲中に, 遊ばせては, 違って, 遠くなっ, 郡も, 閣下も, 陸海軍を, 電車や, 騒ぎ出すよ, 驚いて, 鼠を

▼ 国~ (157, 0.6%)

7 ということ 3 と云う, と思う, と思った, よ 2 そうです, といっ, と思っ, と聞い, な, ね, もの

1 [124件] から, からおまえ, からこういう, からさう, からぜひ, からそう, からそれ, からそれだけ, からだ, からであります, からでございます, からとてさ, からなあ, からやはり, から中, から云々, から取られる, から宮廷, から工場, から忽ち, から日, から殊にそう, から毎日車, から率, から立派, から紀, から英領インド政府, から要心, から訣, から赤い, から那様, から酒場, から順に, か分らない, か分らん, か教, が, がお, がそれでも, が多く, が日本人, が景色, くらいのこと, こと, ぜ, そうだ, そうである, その夏, そんな遠い, ぞ, ぞなど, つたと, つたのかと, つて, つて梗概を, と, とある, というよう, という事, という処, という感じ, という証拠, という風, といえない, といったふう, といふ, とおっしゃっ, とおもう, とかいうこと, とか今日, とか子供, とか或は, とか日本人, とか礼儀, とか謂れ, とこの, としか思われない, とすぐ, とすれ, とつくづく, とは思つて, と云, と云い出す, と云われ, と云われた, と信じ, と思, と思い, と思いました, と思つて, と思ふ, と思わない, と思われ, と思われる, と文句, と甚, と確信, と私, と称し, と自慢, と言, と言った, と驚いた, なあ, なあ支那, なんぞと言い, なんてそれ, なア日本, ねえ, のに, のへ, むしろ自分, わいと思っ, んべ, 世界で, 九時すぎ, 外国の, 大きさ, 支那と, 日本人も, 未開国, 血の気が, 言葉に, 頼朝信長秀吉は

▼ 国にも~ (136, 0.6%)

2 あらましを, ある, あること, 戦争は, 教会だの, 断つて

1 [124件] あったの, あって, あつた, あつて, ありさ, ありません, あるあたりまえ, あるが, あるの, あるはず, あるもの, ある中, ある人売稼業, ある所, ある矢張コヒステフワガナハ, ある話, いられなくなって, いる, おのずからある, おふくろの, かくの, かなり研究機関, こういう不思議, この取りつき, こんな大きい, すぐれた物, せよ百人, そういう字, そのほう, その作品, それ相応に, ときには暗黒, ないかも, ない自然, なる筈, ひけを, ひそかに, ふさは, まして民主化, まま見かけます, まれには, みられぬ性質, もう滅多, やはり仏教, ややこの, ロア・デ・リボー, 一人や, 一方には, 三等国にも, 不況が, 人さわがせ, 伝統が, 似たよう, 余り親戚頼り, 例が, 例の, 優って, 優り候御国, 入ること, 入れ代わって, 初耳であった, 劣って, 勝てない, 勝り候, 勝れたる国, 反感を, 古ければ, 古来蛇蜥蜴などを, 君主が, 告げて, 城が, 増して, 天道様は, 失業者は, 失踪なんて, 子供が, 存するが, 存するや, 存在し得よう, 度しがたい馬鹿, 当てはまること, 役立つの, 復讐なる, 心霊研究と, 思想にも, 恩も, 恵みは, 戦争が, 手の, 拮抗し, 持って, 断って, 斯くまで, 昔から, 極端は, 沢山ある, 流行し, 温泉らしい, 猿の, 珍しくない, 珍らしい, 現にこういう, 甚内の, 産するなるべし, 甲斐の, 男子の, 発達する, 稀に, 立身する, 紛擾が, 考えが, 自動器械流行し, 良い馬, 行われて, 表が, 見られぬ歴史的事実, 語部の, 譲らずして, 負けない頑固, 負けません, 足らず其の, 迷信が, 運命が, 類例は

▼ 国においては~ (120, 0.5%)

2 これらの, 他国よりも, 価格は, 土地の, 死亡率は, 粗生, 貧民は, 資本が

1 [104件] かえって単に, かかること, かかる土地, かかる紙幣, かかる結婚, かくの, この原因, この生活必要品, この種, これらに対する, すべてかかる, すべて食物は, そうである, その力, その国, それに, それは, それほどかかる, ただ一国, つねに宣戦中, ないはず, ほとんど実行不可能, ほんのつまらぬ, まず相当と, まだまだ断言, アーリヤ語系に, カンピイヌの, 一種の, 不健康な, 不可能な, 予防的妨げと, 事情は, 二〇歳ないし, 五〇磅である, 人口は, 人民の, 人民は, 他の, 共謀同盟その他合同し, 出生者は, 出生者を, 利潤と, 労働の, 労働者は, 同時的死亡は, 商工業主義に, 商業は, 商業人口が, 啻に悪習, 四五磅他方の, 国の, 国内の, 土地が, 地主に, 増加し, 増加よりは, 大いなる島, 大いに反対, 奴隷を, 富者が, 少しも, 工業に, 平均寿命すなわち, 年死亡が, 年結婚の, 年結婚率は, 強い一刺戟, 後者の, 文字が, 新しい職業, 既に人口, 時代による, 最も重大, 極めてその, 死亡こそが, 流入による, 浦, 特にその, 異り, 知られないギリシャ人, 社会の, 稀少または, 立法者は, 紙幣発行権は, 結婚と, 結婚は, 結婚年齢は, 絶えず移住, 総純生産物, 美と, 英仏露伊葡諸国の, 著しい人口増加, 表は, 貨幣においては, 資本の, 資本は, 輸入制度を, 農業に, 農業者が, 通貨の, 金持階級と, 食物が, 食物の, 麦産国におけるよりも

▼ 国である~ (119, 0.5%)

5 ことを, ということ 4 ことが 2 か, ことは, というよう, といふこと, のか, 世間に, 現在の

1 [91件] かお, かということ, かと驚く, かも知れません, かやつぱり知つて, から, からこの, からそこ, からそれだけ, からた, からだらう, からである, からとても, からもし, からよろしく, からデンマーク, から世界, から仏像, から偽り, から坤輿, から日本人, から自分, から自然, から近代, かを反省, かを知りません, か歴史, が, がいっぽう, がここ, がどういう, がなるほど, が人民, が内, が故に, が日本, けれどもまず, けれどもパリ, けれども一体, ことから, ことと, ことの, しかるにかからん, ぞ, だけに其工業, という, ということこれ, という感じ, という熱狂的, とされ, とするなら, と云, と云っ, と信じなけれ, と共に魂, と切言, と強く, と思いこむ, と思い込ん, と思っ, と思ふ, と申します, と称した, と考え, と解釈, と謳われ, にかかわらず, のが, のである, のに今, のに最近外国, のも, のを, やうに, ような, フランスの, 今日の, 以上一寸おかしい, 以上言うまでもなかろ, 大きな死亡率, 日本において, 日本の, 日本は, 日本までが, 日盛りの, 未だ曾, 欧州においての, 真実の, 私の, 筈だ, 讃岐国へ

▼ 国において~ (116, 0.5%)

2 それが, 罪深いもの

1 [112件] あらゆる物, ある時, ある程度において, かかる有料, かくの, これらの, これを, そして土地, その一方, その人口, その例, その悪影響, その理由趣旨, その自然価格, その自然価格以下, それから, それは, なされるよう, ほとんど限り, より多量, より少い, より少く, より高い, ホルトガル人イスパニア人を, 一大疑獄事件が, 一対四であるなら, 主たる死亡, 九クヲタアの, 二三年まとめ, 人が, 人口が, 人口に対する, 人口増加が, 人類の, 今を, 低減した, 何らの, 個人は, 値するよりも, 内国市場は, 再婚及び, 凶年に, 初めてふさわしい, 初めて和歌, 労働の, 労働者の, 労働階級が, 各人が, 同時に起る, 同様に, 同義語であり, 同義語である, 名声を, 土地に, 売られる価格, 外国穀物の, 妥当なる, 学者と, 実現される, 富の, 富及び, 小さな者, 平価以外には, 年出生と, 幽斎公に, 微々たる勢力, 必ずしもより, 承認せられ, 抑止され, 政府が, 最も速, 最大な, 極めて大, 極めて異, 極めて長期間, 機械と, 正確に, 死亡による, 毛織布を, 決して同一, 然る, 生ずる時, 生産され, 生産される, 用いられ得ない資本, 用いられ得る貨幣, 相対価値において, 私が, 種々なる, 穀物の, 算題が, 精神文化の, 経済的生産の, 結ばれて, 継続しなけれ, 自分の, 自由市民と, 蒙る部分的変動, 蓄積される, 行われて, 裏打ちし, 見ら, 見られるよう, 誇らしげに, 誤れる政策観念, 説かれましたキリスト教, 貧困の, 貨幣価値の, 貴族社会の, 資本が, 農業利潤が, 進行中の

▼ 国との~ (97, 0.4%)

11 間に 6 間には 4 間の 3 戦争は 2 戦争に, 戦争へ, 戦争も, 間も, 関係は

1 [63件] さかいに, 世界の, 両極端に, 中の, 争いという, 争いは, 交渉には, 兵火も, 出会時日は, 劣等感から, 勢力範囲が, 協同大, 即ち日本, 友好を, 友情を, 双方に, 同盟などは, 名前を, 和議が, 問題にも, 国境を, 境に, 境白骨の, 大相撲が, 対立が, 対立であっ, 差だ, 平和と, 戦などでは, 戦争が, 戦争と, 戦争においては, 戦闘において, 戦闘は, 戦闘経過をの, 手紙の, 接する運動, 新聞や, 新航路開通, 時間の, 曲直の, 比較に, 煙火師が, 空間的対立の, 競争に, 競争も, 精神的接触が, 約条, 複数が, 話を, 貿易は, 通商を, 連合同盟など, 道徳に, 開戦に, 開戦を, 間で, 間にはか, 間にも, 間柄を, 関係が, 関係にまで, 闘いの

▼ 国~ (93, 0.4%)

5 の子 3 の書状 2 の葬儀, や良兼, や良正

1 [79件] からいんぎん, からの書状, から使者, から添え, から藤原忠平, がいちばん上, がおれ, がよびとめた, が世話, が口, が将門, が旅, が殺された, が貞盛, といい, としては田邑, と護, などという末端吏, なりの一まき, に似, に及んだ, のせがれ, のたくみ, のよう, の同胞, の名, の嫡子貞盛, の家, の居館, の属僚中, の弟, の忰, の息子, の横死, の死, の死した, の添え, の状, の田領, の総領, の肚ぐろい遠謀, の邸宅地, の郎党佗田真樹, の麾下, は下, は出来, は従五位上, は戦死, は既に, は朝, は死に, は源家, は私, は風邪ぎみ, は館, へ早, もこれ, もほか, もむずかしい, も亦, も常, も見, も護, や前, や叔父, や将門, や小, や水守, や良兼たち, や良正あたり, や護, よりも低い, をころした, を中心, を強, を心底, を攻めた, を殺す, を討たれ

▼ 国という~ (85, 0.3%)

10 のは 4 ものは, ものを 3 ことに, ものが 2 のが, ような, 名が, 国は, 女が, 感が

1 [49件] ことで, ことを, こびとばかりの, しかして国人みな, たところ, ところに, ところは, ところを, ふうに, ものに, んだ, イヤに, 事に, 人が, 人は, 名称は, 名詞が, 団体の, 国が, 国の, 大力者が, 大将が, 天孫降臨に, 女と, 女に, 女の, 女も, 女髪結だ, 女髪結で, 字を, 後添いは, 悪い妾, 意味だった, 意味で, 意味の, 意味を, 感じさえ, 所だ, 批評は, 新らしい, 方の, 日本の, 有機体の, 死んだ人, 砲身の, 者が, 若後家, 観念位は, 順である

▼ 国における~ (75, 0.3%)

5 穀物の 3 労働の 2 多数人の, 大なる, 粗生生産物の, 貨幣の, 金穀物及び

1 [57件] かかる進転逆転, これらの, その生産, その自然価格, それらの, ように, 一つの, 一般利潤率を, 一般物価を, 二つの, 五年または, 人口の, 僧侶中の, 労働者の, 同じ種類, 唯物論哲学界について, 商人の, 国内輸送の, 外国穀物の, 大衆読み物の, 女の, 如き大きな, 婦人の, 平均寿命の, 平均寿命を, 平均身長平均寿命という, 恋愛の, 戦争は, 改良は, 新田足利間の, 方が, 日本の, 植民地経営の, 歴史と, 比較的貨幣価値, 汽船トン数の, 為替は, 生産の, 真の, 穀価の, 穀物栽培者の, 競争と, 罪悪及び, 聖徳太子往生の, 製造業の, 財貨の, 貨幣価値に, 貨幣価値は, 貨物の, 農業に, 進歩的な, 過剰の, 金の, 銀の, 銀価の, 食物の, 高等専門学校学生の

▼ 国もと~ (68, 0.3%)

32 にある, の方

1 [61件] からお, からおこし, からも一団, から出, から出府, から取りよせた, から取り寄せ, から呼び寄せられまし, から大坂, から姿, から持っ, から母上, から連れ, から長安, から高氏, でその, ではすでに, でやがて, で抗ら, で近所, で雪, なりの国, にいる, におりました, にこの, には国もと, に措い, に美しい, に近い, のほう, のようす, の人たち, の伊丹城, の大事, の妻子, の家, の年, の殿様, の海岸防禦, の越前, の農家, の隣国間, へお, へおいてる, へそう, へのこし, へは帰らないだろう, へも聞こえ, へ君, へ国もと, へ帰され, へ帰った, へ帰ったらしい, へ早飛脚, へ立ち, へ行っ, へ送金, まで運ぶ, をさして, を出, 預けという

▼ 国さん~ (67, 0.3%)

4 のとこ 32 がいかなけれ, と上女中, のお, の一緒

1 [52件] お遊び, が, がい, がおなじ, が体, が帰っ, が手, が持つ, が行け, だとは, という可憐, という髪結さん, といふ女の子, とばかり遊ん, とやらが悪性男, と一緒, と友達, と手のひら, と歳, と遊ん, に, にその, のこと, のところ, のはその, の家, の櫛, の誕生日, の隣, はいっ, はお, はかくれんぼ, はこう, はたしか, はなに, はひどい, はまた, はまったく, は両手, は人, は出, は前髪, は午後四時頃, は四谷, は子供同士, は家, は容貌, は御苦労, は浅黒く, は玄関, は隅, を御覧

▼ 国として~ (67, 0.3%)

1 [67件] いい気持, しかもつよく, そういう教育, その位置, やっとる, ロシアが, 不老長生の, 世界でも, 今において, 再建設, 出発した, 半封建, 単にその, 原子爆弾の, 双方国境を, 取り扱おうと, 古き伝統, 君主の, 国際的処罰を, 国際間の, 存在を, 宣伝し, 対等の, 居る, 従来やって来た, 御選び, 恋慕の, 恥が, 成人した, 我国から, 持って, 掲出する, 描かれて, 故郷は, 教えこまれた, 既に帝国主義的段階, 日本も, 景気が, 最も重要, 最大切, 栄辱の, 此類の, 残りつつ, 民主的世界によって, 気候は, 王権の, 現われて, 現在の, 登場する, 皇室に, 眠って, 知られた日本, 知られて, 考えられて, 考へれば, 自分の, 西欧資本主義の, 見るなら鍬, 見るよう, 親密な, 詫びる筋, 認めて, 資本主義国の, 迎える態度, 遂行し, 霊山を, 高名ならしめた

▼ 国より~ (63, 0.3%)

2 帰来りし, 金を

1 [59件] ある地理書, して, そこの, によりに観, イタリアへ, シベリアに, シヤールゲランの, 上に, 下り候, 世界的の, 事態の, 仏法習ひ伝へん, 以て, 信濃国に, 出し人ニ戦ニて, 出家修業の, 参上す, 召上せ, 商売を, 善くしたい, 堯に, 外へ, 大きくって, 大心衆生, 天上の, 帰りて, 帰り始めて, 帰れる時, 帰航の, 帰著の, 広告心理学の, 得来りたる, 御か, 惨めに, 攻撃せらるる, 来て, 来れる一人, 来朝せる, 檳榔子の, 欧州に, 気候の, 物し, 献ずなる事旧例也是, 玉六十八枚金銀装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御, 盛だ, 移り来たる, 筆を, 胆太に, 舟こそ, 船乗し, 蒙古, 蛇に, 豊富に, 越中へ, 軍艦を, 輸入せりと, 輸出し, 追放せられ, 逃げ来ったを

▼ 国とは~ (60, 0.2%)

2 いうものの, いつも戦い, ないはず, 分れ心, 利害相反し

1 [50件] いえここ, いえない, いえ国際間, いえ総領, いえ随分, おれたちの, こういう国, ことごとく敵同士, その人物, その意気, それ以前から, ちがいますか, なしぬ, また遠国, まるで別, まるで往来, わずかに, 一体何処, 云つても, 互いに戈, 交際国である, 人の, 余程よい, 全く違った, 全然違う, 勢力対立し, 召し上り, 同等なれ, 天皇の, 平左衛門が, 思えぬくらい, 思わなかったよ, 文化交換を, 本当の, 比らべも, 海を, 犬と, 申しますが, 絶えず行き来, 群島国の, 見ない, 親密に, 言えないという, 語は, 辞令は, 違いすべて木造, 違う, 遠く離れ, 音信不通東京には, 鳴門の

▼ 国~ (58, 0.2%)

12 のである 8 のだ, んだ 3 ことを, のか, のです 2 の, のだろう, のを, 事を

1 [13件] のかと, のかも, のじゃ, のだらう, のであつ, のに, のに漁村生活, んでしょう, んです, 人だ, 人間で, 気性で, 自恃と

▼ 国~ (58, 0.2%)

2 のこと, はそう, は時

1 [52件] から平中, がし, が常に, が御簾, が恋慕, が自ら庭, が袂, が見る, が酔い, が顔, とし, との間, とはまさしく, と平中, と顔, なの, にし, には滋幹, に取っ, に袂, のよう, の取り乱し, の妻, の島, の弟, の胤, の邸, の館, はこ, はそこ, はその頃, はそんな, はぞっと, はやおら, は五十歳, は今宵, は先達, は八十一歳, は北の方, は又, は急, は昨夜, は次の間, は畏まっ, は直ぐ, は突然, は簾, は顔, は鸚鵡返し, ほどで, や平中, を驚喜

▼ 国~ (56, 0.2%)

5 の内 2 の兵, の印, を占領

1 [45件] から都, では吏務, で日時, にたて籠っ, にはそんな, には先頃, には異変, にむかえ, に予定, に入り, に勤め, に折々, に於, のある, の兵火, の内部, の奪取, の広, の広場, の役人たち, の所在地, の損失, の方, の早馬, の本営, の権, の焼け跡, の直接管理, の記録, は城塞, は焼け落ち, は蜂の巣, へ参っ, へ御, まで行っ, よりさき, をおびやかし, を中心, を焼い, を焼かれた, を焼き, を焼き立て, を荒し, を荒らし, を領する

▼ 国への~ (50, 0.2%)

5 お歳暮, 土産に 2 仕送りも, 土産ばなしに, 感謝国に, 江戸土産に, 送金は

1 [30件] みやげ物を, みやげ話に, 一つの, 先着者である, 反逆者を, 国境の, 土産には, 土産の, 引渡事務に, 憧れ畸形的, 戻りに, 招きの, 旅を, 旅立なれ, 献上画, 租税教会への, 第一歩は, 聞こえもござりまする, 職業の, 貨幣の, 路で, 追放と, 通信を, 通路として, 通路の, 遍歴を, 道を, 道案内に, 音信に, 音楽の

▼ 国~ (50, 0.2%)

1 [50件] お友だち, さんこれから, その地方, またある, シベリヤまたは, モデナ公国や, 三井寺を, 三国の, 二国は, 今の, 以後の, 信濃の, 勢力は, 半開人種の, 半開国, 名は, 命を, 四国の, 四等国にも, 土佐国で, 大人国の, 大金藤八郎などの, 奉公人達から, 家によ, 家へ, 家族の, 市場の, 年月日などが, 按察大納言父子など, 旅行について, 早やうら, 時代によっての, 朝鮮とは, 氏, 民族を, 無からん, 特定地に, 生活資料の, 米国などに, 米国に, 蘚苔の, 財産を, 辺陬の, 近くなる, 追ふ, 野州や, 野蛮国の, 金, 長州の, 雪を

▼ 国よりも~ (44, 0.2%)

2 人口が, 多くの, 遥かに

1 [38件] いっそう山, おそらく損害, こうした性行, この国, この日本, その生活資料, その穀物, それぞれの, それを, もっと不思議, やすい労働賃銀, ゆたかに, よほど理解, 一家の, 一番いい, 先に, 先んじて, 公平に, 内乱外寇から, 勝って, 多く保護, 多く行われ, 安くその, 富国において, 小である, 少いよう, 強い天然, 急速であった, 愛国と, 早く成層圏, 父母よりも, 総人口, 英国においては, 週期的伝染病に, 進歩した, 逸早くこの, 野蛮人の, 騰貴せしめ

▼ 国~ (43, 0.2%)

2 の発表

1 [41件] から拍手喝采, で日本, と独逸側, にちょい, にとつ, にも或, にも連合国側, に供給, に偉大, に加わっ, に参加, に参戦, に於い, に渡すまい, のこの, の人民, の代表者, の兵力増加, の受けた, の各, の命令, の商船, の奇襲, の委員, の婦人, の態度, の方式, の旅行者, の日本社会, の正式回答, の砲弾, の船舶, の軍備, は大, への, へもはっきり, へも枢軸国側, ほど豊富, も軍事上政治上, も連合国側, 主として大

▼ 国~ (42, 0.2%)

5 罪と 4 神の, 罪 3 御神, 神と, 罪の 2 神名を

1 [18件] やしろの, 物たかく, 物足らずなりな, 社と, 社の, 社を, 神, 神よ, 神を以て, 神号は, 神同化の, 神空に, 罪といふ, 罪は, 罪を, 聖いま顕れよ, 胆, 胆我が

▼ 国自慢~ (42, 0.2%)

3 の会, をする 2 の鮎

1 [34件] があっ, がしたくなる, がはじまつた, が自然そこ, だの, であり自分, であろう, でもなん, で奥州武士, というもの, といえ, といふこと, となり, と皆, になっ, に耳, に誘われ, のイギリス人, の一能楽ファン, の人, の仕方, の南部, の献立, の英国人, の詩, は旅, は鮎, ばかりとは言えない, もよく, よ, をし, をした, をしゃべりかけ, を恥じない

▼ 国であり~ (41, 0.2%)

1 [41件] うつらうつらと, おたがい, これに対して, しかも同時に, そして貨幣, その大きな部分, その文明, つまりは, ながらしかも, ながらまた, ながらわれわれ, ながら一歩地方, ながら世, ながら先代, ながら同国人中, ながら山水美, ながら支那, ながら梵語辞典, ながら王, ながら秋田県, ながら見るべき, ねのかたす, またそれ, バターや, 且東海の, 世界に, 今日伝わる, 個人としては, 単なる商工業主義, 厳正中立を, 哲人の, 哲学は, 地図に, 天然資源の, 強大国である, 新教の, 社会主義の, 第二, 自分たちの, 芸術においては, 若い女

▼ 国ヶ嶽~ (41, 0.2%)

5 の頂上 3 のふもと 2 の猿, の麓

1 [29件] から下り, から帰った, から帰宅, から藤屋, で, でいう, でその, で会おう, で大次郎, で師匠法外先生, のお, のお山, のお花畑以来, のす, のすぐ, の三国神社, の下, の会合, の山上, の月, の登山ぐち, の絶項, へお, へのぼろう, へ往, へ来なかった, へ登る, を下山, を背

▼ 国まで~ (40, 0.2%)

2 お出かけに

1 [38件] いきました, いちめんに, おちのびて, お使い, お竹, たずねて, でなかったであろうから, はいったこと, やって来ても, やって来ました, ゆく, わざと歩い, 下りて, 付いて, 使いに, 到達する, 尋ねて, 帰る事, 引きかえさせるべし, 引くが, 手紙を, 来たん, 来た時, 来ると, 来る間, 歩くと, 泳げもすまい, 生命がけ, 米や, 続いて, 見えます, 越えうずる, 送って, 逃げて, 通し馬に, 連れて, 飛んで, 魔手を

▼ 国です~ (38, 0.2%)

5 か, よ 42 からな, からね

1 [20件] かと訊かれた, からいつ, からそんなに, からなア, からやはり, からオペラ, から云わ, から兄弟銘々, から少し, から私, から道, か国, か私等, がさる, が世界, が人, けれどもしかし, こと, ぞ, よへッ

▼ 国全体~ (38, 0.2%)

3 の力 2 の富, の文化, を軍隊化

1 [29件] がサギ, が働く, が公園, が神ガカリ, が花, が衰, が高い, では四千万人以上, としての覚醒, として変, として夜襲, として見れ, にとっては不利益, にとって最も, に及ばぬ, に感化, に産, のこと, の人望, の商工業, の大勢, の学事, の帝室, の所有, の面目, へ行き渡っ, を代表, を正しく, を蔽うた

▼ 国たる~ (37, 0.2%)

3 ゆえんなり 2 にもかかわらず, を得る, 日本の

1 [28件] ことを, この国, ためには, に係らず, の境遇, はずの, イギリスでは, エジプトの, オランダ及び, カナダにおいては, スペイン及び, ロシアでは, 以上は, 保障を, 南方の, 南欧に, 周囲みな海に, 埃及へ, 山陰諸国へ, 所以を, 支那は, 日本では, 日本に, 独国の, 米国に, 英仏に, 隣邦白耳義に, 露国を

▼ 国においても~ (36, 0.1%)

2 それが, 人民の

1 [32件] うるさいの, この人民, これらの, すべての, その粗生原料, ただ一年だけ, ダライラマの, プロレタリアートの, 一七五七年に, 人間関係方面での, 他国人では, 仮に封建時代, 入用である, 善良な, 娼婦や, 思い通りの, 成功し得ない, 時として一部, 最も多く, 本質的には, 植林の, 次の, 決してこの, 理解する, 生み出されるの, 至高の, 英国宛または, 茅屋の, 財産の, 通常利潤率を, 静止的な, 音楽と

▼ 国じゅう~ (34, 0.1%)

7 でだれ

1 [27件] あるかせて, がわき立った, が大きき, でならぶ, でも最も, で王, で生きた, には私ども二人, にまわしました, にもこれ, に伝わり広まった, に平和, に知らせました, に行き通う, の, のいろいろ, のどこ, の人, の大きな, の妖女, の武士, へ知れ渡った, を半分, を探し, を歩く, を流し, を駈けまわっ

▼ 国日本~ (34, 0.1%)

2 という国

1 [32件] が中国人民, が今, である, では特に, というもの, とおなじ, としてのブルジョア民主化, にどうして, には誰一人, に入っ, に教養, に於, に生き, に生まれた, に生れた, の光り, の刑務所, の常套手段, の忠実, の政府, の文化水準, の生んだ, の痛切, の真価, の矜持, の破壊, の船, はこの, は急, へということ, を一日, を再建

▼ 国麿~ (34, 0.1%)

1 [34件] が門, という旧, なり, に従いぬ, の交, の傍, の叫び, の引, の弟, の手, はいま, はじりりと, はと想う, はものあり, はヌト, は不満, は仰ぎ見, は冷, は危き, は嘲笑えり, は太い, は太き, は快, は振返り, は擬勢, は早, は目, は眉, は眼, は背, は苦笑, は赤く, は路, を流眄

▼ 国なる~ (33, 0.1%)

2 ものを, 千種園にて

1 [29件] か, かな首, からの名, がゆえなる, ことを, とともに大, と同時に, にもかかわらず, に対してこの, はいかん, ものは, もの必ずしも, も近来旧教, やと疑ふも, をもって歴史上, シッキムと, 一個の, 三人の, 南の, 哉, 小野木縫殿介とともに, 岩国に, 我がロシア帝国, 或河辺, 日本僧侶であっ, 松山にて, 瀋陽の, 邪馬台国の, 関の

▼ 国~ (32, 0.1%)

6 の一刀 2 の刀

1 [24件] から眼, が見えない, と称する, に乗りうつ, に風, の大刀, の太刀, の抜刀, の烈閃, の短刀, の脇差し, の血糊, の逸作, の鍔際, の鯉口, は縁側, ひと腰, もお父さん, をスラリ, を侮辱, を妾, を拾っ, を握りしめた, を渡し

▼ 国へは~ (31, 0.1%)

2 帰って, 帰れないという

1 [27件] いつたやう, いまさら帰っ, いらうと, いる時, お帰り, こうと, こないつもり, まいるつもり, 再び行く, 十六七日頃立つ, 参られたな, 奔走中と, 帰らない, 帰らないで, 帰る日, 帰れないと, 手紙で, 昨夜ついた, 来なかつた筈, 涼しい秋, 渡って, 滅多に, 無沙汰に, 留学する, 直ぐさう, 籾種が, 行く気

▼ 国~ (31, 0.1%)

23 一の 2 二の 1 一位を, 一勝の, 一山, 一等の, 三に, 四十四番の

▼ 国とが~ (30, 0.1%)

2 どこに, 利害を, 戦争する, 隔てられ人

1 [22件] ある, あるという, そういう状態, たがいに, とうとう大変, はげしい戦争, 三つ巴に, 争うこと, 争っても, 互いに対立, 交わる以上, 交際を, 仲好しに, 北支に対して, 同盟すれ, 戦争を, 暮し表側全部, 激烈な, 相争う, 紛争を, 連合する, 隣り合って

▼ 国艦隊~ (30, 0.1%)

32 はわが, は全滅

1 [23件] が, が太平洋, が東京湾, が逃げ, だ, と出あった, と日本艦隊, には負色, の優勢, の力, の姿, の最後, の根拠地, はじれったく, はそれ, はもっと, は小笠原島占領, は逃げた, は逃げる, は青く, らしい影, をにらみつける, を襲撃

▼ 国からの~ (26, 0.1%)

2 お馴染, 帰りに, 帰りには, 帰航では

1 [18件] 人夫を, 便りじゃ, 便りと, 便りも, 借りもの, 借物だ, 参詣者の, 取っつきであります, 孤客の, 小包や, 手紙だ, 旅人の, 最初の, 母の, 渡り者か, 補助を, 貴賓を, 鎌倉街道は

▼ 国にて~ (25, 0.1%)

2 白雲居の, 禁じられたるもの, 聞ゆる

1 [19件] なすところ, フリードリヒ大王ナポレオン乃至, 一人の, 世を, 今日より, 作れる歌四首, 作歌四首の, 冠婚葬祭何事にも, 古来義士の, 外人を, 学問致し, 御話, 政府が, 死せる, 眠るより, 祖父今安太郎左衛門の, 聞いたその, 証明せられし, 讃州境に

▼ 国~ (23, 0.1%)

1 [23件] かどこ, かな, が多, が眼, じゃねえ, だ, だな, だ事, で, であった, であった事, であること, でしたから, でも無し, で感情, という, に屋根, に逢っ, に馬鹿, の侍, の声, はみんな帰, わけてお

▼ 国~ (23, 0.1%)

4 の董 2 のお, のご

1 [15件] がお, この後, さらに説い, たるを以て, という容易, とも稀, とよばるる, にはあの, には今日, に縄, のあいだ, は天子, へ賜わった, もお供, 安ん

▼ 国~ (23, 0.1%)

5 の一節 4 の条, の説話 2 の名刀 1 に異ら, のかの, の刀, の刀一口, の段, の神話, の計画, はその

▼ 国革命~ (23, 0.1%)

3 の際

1 [20件] が民衆, と同一視, におけるモンテスキュー, に依っ, に依り, に投じた, に現われでる, のごとき, のとき, のルーソー, の威力, の張本人, の当時物好き, の恐怖時代, の立者, の血, はきわめて, まで持久戦争, も正味, 前帝室歌劇部

▼ 国であった~ (22, 0.1%)

1 [22件] か帝国, がしかし, がその, がなぜ, が今, が国, が意気, ことの, ことは, この東北地方, という, とし, としてもその, と思われる, と申し, にちがいありません, にもかかわらず, ようです, イギリス生れの, 唐代の, 東国の, 賜物である

▼ 国とも~ (22, 0.1%)

1 [22件] いうが, いうべきもの, いえましょう, いって, おさらばだ, お別れ, たよりを, ちがう襞, 云える, 云ふべき, 友好関係を, 同じ三月八日, 同じ事, 同じ食卓, 城とも, 大分遠い, 平等に, 思へないでは, 申して, 睨みあわせて, 称えて, 謂って

▼ 国へと~ (21, 0.1%)

2 おもむいた, 再び帰る

1 [17件] いうので, しきりと, その面目, リストの, 失せぬ, 引返した, 思うよう, 急ぐこと, 押出した, 旅を, 海を, 言って, 貨物が, 進出せしめる, 運び去り流し去る, 運び去る, 鳴り響いて

▼ 国仙和尚~ (21, 0.1%)

2 の眼, は良寛さん

1 [17件] から米, があなた, がもう, が仙桂和尚, が口, です, に見せた, のところ, の前, の室, はあなた, はしばらく, はそれだけ, は仙桂和尚, は思, は手紙, は開い

▼ 国~ (20, 0.1%)

1 [20件] タメ, 人, 人多, 元老朕ガ至親タリ, 制度ヲ, 古物家ニ日本, 名誉ノ, 国法ヲ, 守護長崎孫四郎左衛門すぐさま, 弟ナリ, 徒党ハ云フニ及バズ諸, 掟ヲ, 暴政ヲ, 柱幢ヲ, 棟梁ナリ予ヲ, 相印, 臣ヲ, 襟度ヲ, 逆ヲ誅シ, 風習ニテ泰西諸国

▼ 国~ (20, 0.1%)

1 [20件] から委細, がその, が応対, が玄関, だのこの, にも解せなかった, に封ぜ, に封ぜられました, に差図, の世話, の先, は先生, は律義, は慣れた, より通商, をも召, を伴っ, を呼ぶ, を贈られ, 起きて

▼ 国公使~ (20, 0.1%)

2 のグラクス君

1 [18件] からは五か条, が調停, とならん, とも前後, と貴方, に対して行なわれた, のうち, のクラキン, の勧め, の厚意, の意見, の手, の挙動, の答, の通路, も待っ, や普国公使, を顧み

▼ 国~ (19, 0.1%)

2 知らないが

1 [17件] このくらいの, ずぢ, その風景, ただ一人, であろう, どこの, どちらかを, わからぬが, イワンの, 四国に, 地方かから, 寒い国, 来て, 畜生, 皆目弁えぬ, 知れないが, 雲の

▼ 国としての~ (19, 0.1%)

1 [19件] ヤマトには, ロシアの, 事情から, 人倫的組織の, 共通の, 図書館の, 平素の, 彼らの, 必要が, 支那が, 日本の, 武装は, 法王権に, 特質が, 理想郷でありました, 矜持を, 誇負, 責任を, 賠償総額は

▼ 国へも~ (19, 0.1%)

1 [19件] つづいて, どつて, やはり同じ, ガムシャラに, マホメット教が, 一つずつ, 一足飛びに, 他国から, 商人衆や, 家へも, 尻の, 帰らず刀, 帰らず店, 帰れませんし, 従いその後所々, 是非行つてみたい, 蚤の, 追い返されないで, 飛び込まずに

▼ 国~ (19, 0.1%)

1 [19件] がお出まし, が呼ぶ, であったから, といい, ならびにその, に殉死, のお召, のこと, の二子, の保護, の名代, の妻, の服, の権利, はピアノ, や大夫, を廃, を強要, を聖明

▼ 国~ (19, 0.1%)

2 の方

1 [17件] から見る, とどつち, にせよ, にも同じ, に出品, の会場, の作家, の名物, の梅原龍三郎, の絵画, の良, の選外, はその, はつまらない, は仲, は観, を真に

▼ 国政府~ (19, 0.1%)

2 はこれ

1 [17件] が純粋, ではその, との間, と前, にその, に労農政府, に露清特約, の出納, の命, の意, の書記官, の顧問官, は昨日ホノルヽ, は沢山金, へ改めて, も実行, より公然

▼ 国にとって~ (18, 0.1%)

2 なぜ手, 最大の

1 [14件] あまり香しい, いかなる利益, その資本, より多く, 一つの, 何らかの利益, 実は農民, 忘れ難い, 技術が, 持ちおもり, 絶対的に, 適当である, 銃後という, 非常に

▼ 国に対する~ (18, 0.1%)

2 義務なら, 義務ならざるべからず

1 [14件] 利害関係は, 利益の, 外交策は, 恐れが, 悪感情は, 感謝の, 戦争の, 戦争勃発の, 敗残の, 最も緊要, 知識を, 私の, 衰亡の, 閣下の

▼ 国~ (18, 0.1%)

3 のため 2 を報ずべき, を感謝

1 [11件] との万一, にお, に報ずる, に報ぜん, に背く, のありがたき, の万々分, の万分の一, を受け, を知らざれ, を蔑ろ

▼ 国がら~ (17, 0.1%)

2 なので

1 [15件] かまた, からすれ, だつう, です, ではあった, としては流伝, とて貧しい, なの, についてその, にのみ人間, にもただ, に育った, の然, は少し, まことに大

▼ 国とを~ (17, 0.1%)

2 比較し, 結びは, 近づけるの

1 [11件] お治め, 一つに, 合せ今, 同じよう, 同列に, 安寧に, 建設した, 征服しよう, 服属させたらしい, 繋いで, 繋ぐ道路

▼ 国へでも~ (17, 0.1%)

2 行ったよう

1 [15件] まよいこんだの, まよいこんだよう, 入るよう, 向って, 尋ねて, 往つたら, 来たよう, 来た思い, 流れついたよう, 行かなければ, 行かれるやう, 行きたいなどと, 行つて暮し, 這入って, 連れて

▼ 国だけ~ (16, 0.1%)

5 あって 3 では 2 である 1 ありさえ, だが, であろう, でなく三河, でなく今, でなく蜀

▼ 国だけに~ (16, 0.1%)

1 [16件] あった特殊, いつの, こういう人, こうした田面, その呪法, とめて, わが国からの, 一層に, 何もかもが, 凡てが, 厳めしい, 同じこと, 幾つかの, 百万人の, 鉄路は, 閉じこめて

▼ 国での~ (16, 0.1%)

2 ように

1 [14件] ことで, その外, その自然価格, 一番の, 事であります, 二人の, 個人営業の, 問題を, 智慧者なら, 有名な, 止むない因果, 立派な, 紙幣の, 革命社会主義生産への

▼ 国といふ~ (16, 0.1%)

3 のは

1 [13件] やうに, 事に, 原稿, 国が, 大へん, 彼岸の, 意にも, 意味だ, 点で, 考へも, 言葉は, 語とでは, 語に

▼ 国によって~ (16, 0.1%)

2 対立し

1 [14件] いくらか時間, そうそうちがう, みんな具体的な, 人民戦線という, 代表せらるる, 供給されないなら, 充分現われ, 多少の, 多少文学, 完全に, 採用された, 用いられるであろう, 管理され, 阻害され

▼ 国に対して~ (16, 0.1%)

1 [16件] しつこい偏見, どうと, めんも, 何らの, 何を, 個人を, 外交政略を, 宣戦の, 対抗しなけれ, 対照の, 戦勝を, 文明の, 法典編纂を, 私は, 第三国が, 迅速に

▼ 国時代~ (16, 0.1%)

2 の呉

1 [14件] すでにもうはやらなかった, などを反映, に訳された, に鍾, のこと, の人, の呉国, の支那, の英雄, の蜀, の袁紹, は戦争, 後漢, 更にその

▼ 国であっ~ (15, 0.1%)

2 て商工業

1 [13件] てお, てこそはじめて, てこの, てその, てなお, てもその, ても秦漢, ても食物, て一つ, て国産, て日本, て理論, て私

▼ 国目付~ (15, 0.1%)

1 [15件] から将軍家墨印, が五月二十五日ころ仙台, が到着, が来る, が着く, に訴状, の招き, の着く, は, は幕府使番, は接待役, は津田平左衛門, へまいっ, や老中, を出迎えた

▼ 国だって~ (14, 0.1%)

1 [14件] あすこから, おとなしく原子弾, さしあたり行く, ずいぶん十六, それは, まさかそんな, 冬蛇が, 同じです, 同様に, 奇麗な, 必ずどこ, 悪いのよ, 熊襲だ, 隣づき

▼ 国なら~ (14, 0.1%)

2 罪は

1 [12件] どこの, ば, ばどんな, ば何れ, ば国, ば往き, ば明, ば死ぬ, ば簡単, 一家心中ムリ心中も, 極寒の, 衰亡する

▼ 国にては~ (14, 0.1%)

2 親の

1 [12件] シナ人自ら日本人と, 人が, 余り見ぬ, 同国製造の, 戦争利なく, 数回これを, 文明の, 既に非常, 東の, 罪人を, 能く, 近頃物数奇者間にて

▼ 国にとっては~ (14, 0.1%)

1 [14件] ひじょうに大切, ほとんど問題, やはりその, 恐ろしいお方, 故国を, 最も深い, 比較的に, 毛織布と, 汽船と, 相当手強い, 穀物を, 自ら工業を, 致命的である, 苦手な

▼ 国により~ (14, 0.1%)

2 これを

1 [12件] いかなるとき, また製作者, アカネカズラとも, グイミと, ラシャノリと, 土地によって, 多少事情, 時によって, 時代によって, 時代により, 渡りくる鬼, 異なること

▼ 国皇帝~ (14, 0.1%)

1 [14件] が彼, が果して, が第, それから国際聯盟, に対しても政策上, のお, のところ, の仲裁, の命令, の溥儀執政時代, の皇妹, はすなわち, をし, 御来訪

▼ 国破れ~ (14, 0.1%)

11 て山河 1 て, ても山河, て洋酒

▼ 国じゃ~ (13, 0.1%)

3 ないか 1 そうな, で悪魔, どうだ, どこの, ないですか, ないよ, ない本, ねえん, もう今頃, 帰るだけでも

▼ 国ちゃん~ (13, 0.1%)

1 [13件] おそくなる, お菰, かなんだい, がとけたら迎え, がガラス, が迎え, が離れ, だ, に何, のいい, はあたし, 一寸胸, 珍しく送っ

▼ 国固有~ (13, 0.1%)

3 のもの 2 の学 1 のヤソ教, の古い, の学問, の暦, の神道, の美風, の言語, の諸

▼ 国~ (13, 0.1%)

1 [13件] が中助, が他, が聖武天皇, だと, とか聖武天皇, にその, に会つて, の伝, の出, の名, の娘, の家, は憤然

▼ 国独立~ (13, 0.1%)

1 [13件] して, し一国独立, すること, するとは, と之, の上, の大義, の思想, の承認, の権義, の気風, の為め, の風

▼ 国越え~ (13, 0.1%)

4 をし 1 から潮, の三国連山, の時, は枕一つ, をする, を彼, を経, を試むるか, 清水峠渋峠などから

▼ 国亡び~ (12, 0.0%)

6 て山河 1 てクルーゲル今, て山河永, て後, て栄えた, なんに, 家破れん

▼ 国すなわち~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの世の, アメリカにおける, ロシアトルコの, 女王を, 安楽浄土の, 我が日本, 日本の, 桃源郷という, 欧米九ヵ国が, 泥棒の, 父祖の

▼ 国としては~ (11, 0.0%)

1 [11件] あまり国際関係, やむを得ないかも, 世界第, 免れ難き, 名誉である, 大問題, 日本の, 異例の, 相変らず, 第三位, 追捕

▼ 国なり~ (11, 0.0%)

3 わが国は 1 ここより, その宗教, まして産物, ロンドンに, 又阿弥陀浄土, 宮廷なりの, 必らず, 而し

▼ 国について~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらゆる事, その全, なにも, ほんのすこし, みれば, 人に, 何の, 各々首府, 多くの, 日本に, 見れば

▼ 国ほど~ (11, 0.0%)

2 多数の 1 いいところ, な相違, はっきりした, 勝味が, 憎い恐しい, 景色の, 生活を, 盛んだって, 領内に

▼ 国~ (11, 0.0%)

1 [11件] おりし頃ニハ, かへり, てすこし, て和気清麻呂, て安田順蔵さん, て薩生両人周旋, 到レバ神崎蟹島等, 向テ其親戚朋友, 向フ, 在ルガ, 相成其節英国軍艦

▼ 国姓爺~ (11, 0.0%)

1 [11件] か, が虎狩, とかさまざま, などを勤めいたる, の人形芝居, の狂言, の芝居, の虎狩, の評判, を上演, を勤める

▼ 国~ (11, 0.0%)

5 議会の 1 憲法を, 議会も, 議会を, 議会員だ, 議会員の, 議会員ら

▼ 国~ (11, 0.0%)

1 [11件] に於ける, の取引, の和平そのもの, の平和そのもの, の戦い, の条約, の物, の矛盾, の自動車専用有料道路, の貿易, の通法

▼ 国あり~ (10, 0.0%)

1 あるいは蛮野未開, て人民豊楽, て其国, という, とすれ, と聞け, 不死の, 云々妻を, 其の国人男女並, 新聞なかるべからず

▼ 国にても~ (10, 0.0%)

1 今日の, 古書の, 同一なる, 同名, 唱うるところ, 宗教の, 家にても, 御国と, 政府の, 歴代あらざる

▼ 国~ (10, 0.0%)

3 にし 1 すること, にいたしまし, にする, に書き上げ, に由つて特別, に色, に見る

▼ 国大使~ (10, 0.0%)

3 の乗った 2 が伺候 1 が東京駅, として日本, に出会, に右, も要らなくなる

▼ 国干渉~ (10, 0.0%)

1 があった, だの, というよう, などいふ, に到る, のうわさ, のとき, の時, の首謀者, は朧

▼ 国神社~ (10, 0.0%)

1 から三つ, というの, のお告げ, のまえ, の前, の古びた, の境内, の木下闇, の檐, へ集まる

▼ 国維会~ (10, 0.0%)

1 がファシズム, が出来, という官僚, とかいう退行解体, なるもの, の最も, の陰謀云々, は表面上解散, は解散, 新官僚

▼ 国からは~ (9, 0.0%)

1 一切の, 一切追放しなけれ, 国民の, 国衙公用の, 弱国の, 更に条件, 毎年三人の, 薬品香料陶磁金襴図書その他広汎な, 遠いところ

▼ 国そのもの~ (9, 0.0%)

1 が保てる, が優秀, が半, が山間, が英国, のため, のイノチ, の富強その他物質的方面, の態勢

▼ 国であろう~ (9, 0.0%)

2 か, とも人間 1 か白い, とこの, と半, と考えた, 土地の

▼ 国なりと~ (9, 0.0%)

2 誤解し 1 いうが, いわんと, するの説, 云うこと, 信ぜしも, 思わしむる, 推測せらる

▼ 国なれ~ (9, 0.0%)

1 ども, ばこそ隣家次男坊宮部源次郎, ばこそ駭, ばその, ば人間, ば投薬, ば自然, ば路傍, ば鮒

▼ 国~ (9, 0.0%)

1 不覊独立, 亡ボス, 全クスルヲ上ト為シ, 出ル時, 出ル時ハ, 建ルノ時ニ至テハ其建国スル所以, 歩イテ何ゾアッタラ切死ヲシヨウト覚悟デ, 破ル是ニ次グ, 超エタリ

▼ 国~ (9, 0.0%)

1 のある, の兆し, の始め, をさえ呼ん, をし, をしずめる, をなす, を払い鎮め, を醸す

▼ 国劇壇~ (9, 0.0%)

1 に大, に於, に重要, の中堅作家, の傾向, の先駆的傾向, は前, は将, を騒がした

▼ 国~ (9, 0.0%)

1 で土佐, という寺, と云う, に土州兵ら, に属する, に詣る, の蘇鉄, の財宝, へ行こう

▼ 国~ (9, 0.0%)

2 ともいうべき 1 じゃで, であるから, として絶倫, の太い, も今, をここ, を伝

▼ 国~ (9, 0.0%)

1 にはこれ, に着きました, の名, の地名, の遺跡, は一時, へついた, を宿場, を衝かれた

▼ 国その~ (8, 0.0%)

1 おみや, から衣, ひと私女中さんという, 上に, 国民の, 夜丁度, 市の, 物と

▼ 国って~ (8, 0.0%)

1 あるの, あんなところ, どこさ, どこに, どちらの, どんなところ, どんな国, 立て前

▼ 国でない~ (8, 0.0%)

2 ことは 1 から残念, だけに大きく, と仮に, と出来ない, 宇宙に, 身を

▼ 国にまで~ (8, 0.0%)

1 この音, 及びます, 吹かれて, 押し渡って, 昇華し, 海嘯と, 蔓延し, 響いて

▼ 国をも~ (8, 0.0%)

1 合併し, 売る輩, 当時の, 我が神力, 投げ出すん, 持たぬという, 滅すの, 訪れました

▼ 国一番~ (8, 0.0%)

1 この通り, とかいうもの凄い, の学者, の守護神三吉大明神, の手品使, の智慧者, の重罪人, 若いお

▼ 国~ (8, 0.0%)

1 が出窓, が坐り, の作, はさかん, は独力, は藤崎専造, も五郎, も珍重

▼ 国寺さん~ (8, 0.0%)

2 は饂飩 1 という曹洞宗, に上げない, の前, はほとんど, は主人, は羊羹

▼ 国海軍~ (8, 0.0%)

1 が自慢, だからね, のブルータル, の侵入, の士官, の歴史, は一大根拠地, は降伏

▼ 国~ (8, 0.0%)

1 も亡び失せた, をとりだし, を亡, を創る, を恵尺, を焼いた, を編まれ, 各氏族

▼ 国~ (8, 0.0%)

1 が卜定, に其非違, のごとき, の境, をムザムザ手, を名乗る, を奪った, 第一

▼ 国~ (8, 0.0%)

4 と言 1 があっ, が存在, の神, よりも遥

▼ 国~ (7, 0.0%)

3 もてへ 2 もての 1 どらする, 舟の

▼ 国からも~ (7, 0.0%)

1 おわれて, こんな使者, なにか名物, また海, 南の, 左翼が, 移動する

▼ 国この~ (7, 0.0%)

1 国, 土地の, 地上においての, 惨たる, 楽しい社会, 生の, 都を

▼ 国でなけれ~ (7, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ばなりません, ば尊敬, ば帝王, ば見られない, ば適用

▼ 国とか~ (7, 0.0%)

1 あるいはこの, あんなもの, 云うそこ, 小城や, 日本武士道とかいう, 社会とか, 社会とかいう

▼ 国にでも~ (7, 0.0%)

1 ある与太学者, かくの, 人間が, 文化文芸の, 此の, 遊んだほう, 遊んで

▼ 国にとり~ (7, 0.0%)

2 有利な 1 いっそう適切, 人口が, 最大の, 極めて有利, 真に最も便宜

▼ 国に対し~ (7, 0.0%)

1 亦世, 宣戦の, 無条件降伏の, 社会に対し, 訳も, 逆となるであろう, 通常以上の

▼ 国のみ~ (7, 0.0%)

2 であると 1 だれです, でなくまた, ならず世界, ならず新教国, 中ゆ

▼ 国ばかり~ (7, 0.0%)

1 でなくこの, でなくほか, でなく何処, なのね, なん, 取りたがるもの, 取ること

▼ 国へか~ (7, 0.0%)

1 へらす, へらすち, へらせなければ, へらなければ, へりました, へると, へるん

▼ 国までも~ (7, 0.0%)

1 のぼって, 供し, 入って, 出稼ぎに, 恐れて, 晒すやう, 足を

▼ 国らしい~ (7, 0.0%)

1 ものすごいけしき, カアナバルの, プログラムの, 振舞いでは, 演芸的発声法が, 風物の, 飛躍を

▼ 国アメリカ~ (7, 0.0%)

2 にどんな 1 がその, では図書館, における私, のその, より五倍

▼ 国五郎~ (7, 0.0%)

4 の人形芝居 1 は人気, や伊三郎, や西川伊三郎

▼ 国使~ (7, 0.0%)

2 にしたがっ 1 として参った, に宣せられる, に抗, の一行, を差向け

▼ 国助さん~ (7, 0.0%)

1 が所蔵, が頃日其蔵儲, の, のわたくし, の所蔵, の考証, は藤陰

▼ 国及び~ (7, 0.0%)

1 すべての, その属領, 世界の, 人が, 個々人は, 外国の, 英国へ

▼ 国~ (7, 0.0%)

1 の乏しき, より多く, を憂うなら, を濫糜, を給する, 乏しきに, 漸く足らず

▼ 国~ (7, 0.0%)

1 と略称, の中, の範囲, は, へ入っ, へ就業, をはじめ

▼ 国あたり~ (6, 0.0%)

1 ですら, では其, と白眼ん, に負け, の方言, まで行け

▼ 国ある~ (6, 0.0%)

1 のみ, のみの赤心, のみ国家, を忘れ, を知らずし, 土地においては

▼ 国おも~ (6, 0.0%)

2 ふこころ 1 てから使, てより, て柳生藩, ふ歌

▼ 国および~ (6, 0.0%)

1 チリ国にては, 北蔵寒境, 大帝国, 日本国民の, 日本国民統合の, 日本国民自身の

▼ 国~ (6, 0.0%)

1 でと未だ, で見せたい, の国定忠次, へ奴隷, を弾い, 此の

▼ 国だった~ (6, 0.0%)

2 んです 1 からしかた, のかと, のだ, のでせう

▼ 国だろう~ (6, 0.0%)

21 かというよう, から何とか, と思います, と思う

▼ 国なく~ (6, 0.0%)

1 して, 一の, 家なく, 王宮も, 自滅の, 食なく

▼ 国に関する~ (6, 0.0%)

1 あらゆる事例, 万人共通の, 古記古文書が, 外交上及び, 恋慕の, 限り他

▼ 国または~ (6, 0.0%)

1 かかる国, アンダの, ドイツの, 信州の, 少くとも, 教区の

▼ 国ツ神~ (6, 0.0%)

1 で名, とよばれ, と天ツ神, に仕立て, を祭った, 亡びた豪族

▼ 国人民~ (6, 0.0%)

1 として自国自家, にし, の性質, の祭日, の貧富, ははたして

▼ 国~ (6, 0.0%)

1 の康煕, の頃, まつて, 以前から, 有名の, 混沌の

▼ 国同盟~ (6, 0.0%)

1 して, の信義, の歌, の盟主, の精神, をつくっ

▼ 国特有~ (6, 0.0%)

1 の信濃撫子, の問題, の奇妙, の宗派, の畚, の美しき

▼ 国訳漢文大成~ (6, 0.0%)

1 では自, に収められ, の文学部, の蘇東坡詩集, を出来る, を見る

▼ 国~ (6, 0.0%)

1 の幾分, の記録, は民, を濫費, を費やし, を靡

▼ 国~ (6, 0.0%)

3 の大刀 1 と金剛兵衛盛高, の銘刀, を静か

▼ 国~ (6, 0.0%)

1 にては武備城普請, にて文武, に帰, の古い, の君, の神人

▼ 国香どの~ (6, 0.0%)

1 といい, のお, の由縁, へは知れぬ, も亡くなられ, を御存知

▼ 国たらし~ (5, 0.0%)

2 むることは確かに 1 むる, むるには, むるは

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 うから, やハンドル, や何, や寒い, ゆうで

▼ 国であります~ (5, 0.0%)

1 から植物, から竹, が, よ, 理想の

▼ 国におけるよりも~ (5, 0.0%)

1 このより, スペインにおいて, 貧しいもの, 貨幣は, 貿易上の

▼ 国については~ (5, 0.0%)

2 事情は 1 この二国, 先史考古学者や, 大正元年十一月の

▼ 国に対しては~ (5, 0.0%)

1 なんらの, 不利益に, 何の, 折が, 私たちは

▼ 国みたい~ (5, 0.0%)

1 では, な風景, に子供, に箇人箇人, ねえ

▼ 国を以て~ (5, 0.0%)

1 これに, 一闘犬と, 其と, 直ちにその, 許す国々

▼ 国イネ州~ (5, 0.0%)

1 と名づけられた, の大, の首都オハン市, への攻撃戦, 駐剳

▼ 国ソヴェト同盟~ (5, 0.0%)

1 ではこういう, では国庫全額負担, と支那ソヴェト地方, の暮し, の根本的

▼ 国フランス~ (5, 0.0%)

1 にいる, にはとても, に於ける, の怠慢, よ

▼ 国一時代~ (5, 0.0%)

1 の文化相, の文学活動, の民族的活動, の要求, の風俗

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 といふ御, など江戸市井, の作, の蹴鞠, へ乗つ

▼ 国公使ロセス~ (5, 0.0%)

1 であった, とオランダ代理公使ブロック, と駿河, の建言, を見る

▼ 国勝手~ (5, 0.0%)

3 の議 1 の命令, を許され

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 と民政, の清瀬一郎, の軍部, や政友会, 無所属等の

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 で色色, とは一体, に愛情, の, も矢代

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 である, といふ木賃, といふ木賃宿, に居る, の亭主

▼ 国山脈~ (5, 0.0%)

1 この山脈, とも称し, をこえ, を東, を越え

▼ 国~ (5, 0.0%)

2 である 1 が腰, であった, はおそるおそる

▼ 国意識~ (5, 0.0%)

1 が日本主義, が現実性, の主体, は, を支持

▼ 国或は~ (5, 0.0%)

1 十余所に, 或村, 氏の, 版図に対しては, 異国

▼ 国持ち~ (5, 0.0%)

1 じゃと手枷首枷, ども一人, 城持ちの, 大名だ, 領主どもより

▼ 国曼荼羅~ (5, 0.0%)

1 とともに太子薨去当時, の由来, は太子, も華麗, や金堂釈迦如来

▼ 国東洋艦隊~ (5, 0.0%)

1 に属, は急, は昨日争闘中日本水兵, をのぞむ, 亦本国政府

▼ 国~ (5, 0.0%)

2 とし 1 となっ, と仰がれた, の神前

▼ 国柳生~ (5, 0.0%)

3 の里 1 の庄, の者

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 だ, とまで理想, は破, も孫皓, を興す

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 がおりました, と土蜘蛛, のこと, の条下, は

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 のはし桁, の畔, の舟橋, を南, を渡っ

▼ 国淀江村~ (5, 0.0%)

1 の, のあの, の百姓, の身, まで出かけ

▼ 国自身~ (5, 0.0%)

2 にとってはすぐ 1 の内, は壇ノ浦, は貧乏

▼ 国~ (5, 0.0%)

1 に乗っ, に出かけ, の一等船客, や独逸船, 将ピレックス

▼ 国警本部~ (5, 0.0%)

1 から八時半頃, が事件, の方針, へと電話, へ入った

▼ 国領事~ (5, 0.0%)

1 などもその, に伝え, に引き渡す, の雇い人, を見

▼ 国いずれ~ (4, 0.0%)

2 の時 1 の大名, の時代

▼ 国かけ~ (4, 0.0%)

2 て八面 1 てなかに, て一望

▼ 国こそ~ (4, 0.0%)

1 ちがうが, 倒れない力, 希臘なれ, 楽土安民の

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 ゅうでじぶんがいちばんうつくしい女に, ゅうにおふれをまわしてたれ, ゅうのけがれをすっかりなくしておしまいになりました, ゅうのこらずのたからをあげるからと

▼ 国ぜんたい~ (4, 0.0%)

1 がノル, も私, を廃墟, を洗

▼ 国たり~ (4, 0.0%)

1 し埃及時代, し精神, し遺風, 親友たる

▼ 国だけで~ (4, 0.0%)

1 それほどにも, 世界の, 使うという, 言へば

▼ 国だけの~ (4, 0.0%)

1 ものと, 地侍の, 現象であるなら, 論

▼ 国とかいう~ (4, 0.0%)

1 のが, ものが, ような, 女髪結が

▼ 国とともに~ (4, 0.0%)

1 ある不壊, 喪失し, 第二次世界戦争, 資本主義国全体では

▼ 国などは~ (4, 0.0%)

1 ちっとも見えないで, 万葉にも, 手ご, 盲人を

▼ 国にだって~ (4, 0.0%)

1 ありゃしないからね, 松だ, 空も, 負けないよ

▼ 国によっては~ (4, 0.0%)

1 なお足洗, またクグ, 日車の, 穴熊を

▼ 国へかへ~ (4, 0.0%)

1 しちや, つたはう, つてから, つて都合の

▼ 国よりは~ (4, 0.0%)

1 女振りが, 小さくし, 遥かに, 雛菊の

▼ 国ロシア~ (4, 0.0%)

1 という世界国家, の話, をふみにじっ, を敵

▼ 国一つ~ (4, 0.0%)

1 でも自分, を平げ, 越して, 長三十一

▼ 国一国~ (4, 0.0%)

1 が国境, にはそれぞれ国, に分け, の政事

▼ 国乱れ~ (4, 0.0%)

3 て忠臣 1 て乱臣

▼ 国佐倉~ (4, 0.0%)

1 に徙, の城主堀田相模守正愛家来大目附百石岩田十大夫女百合, の城主堀田相模守正順, の郷士

▼ 国作り~ (4, 0.0%)

2 の伝説 1 の形, の神話

▼ 国~ (4, 0.0%)

21 四十五, 図なども

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 が不利, の全滅, はしずん, 暴かに

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 の前, 及俗事役壱人来リ, 壱人此家に, 弁護人も

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 がこっち, と一緒, はちがう, は国府津

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 八洲に, 源太仙, 溝に, 緩慢国なる

▼ 国大統領~ (4, 0.0%)

1 となり, の特別, は人望, は四年交代

▼ 国小倉~ (4, 0.0%)

1 から舟, の城主細川忠興, へ参り, へ来る

▼ 国幸医学士~ (4, 0.0%)

2 がこの, のやう

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 および旧, にも全, は外套, 及び旧

▼ 国建設~ (4, 0.0%)

1 のため, の地, の指揮, の第

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 一己の, 検地ありしか, 討伐のみ, 重役も

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 によるに貞任, に武蔵, の記, を採りたる

▼ 国思想~ (4, 0.0%)

1 の変遷, の感化, は一辺, は遂に

▼ 国~ (4, 0.0%)

2 に適合 1 と両立, と欧洲立憲制

▼ 国探検~ (4, 0.0%)

1 でありました, の日, はインチキ, も今日

▼ 国換え~ (4, 0.0%)

1 があっ, になっ, をされた, を命じられた

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 で菜萸, で藤九郎, には二三名, に皮田村

▼ 国最大~ (4, 0.0%)

1 の劇作家, の歴史家ナブ・シャリム・シュヌ誌す所, の都会, 最貴

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 が五たび, で世に, と成りぬ, の古典

▼ 国~ (4, 0.0%)

3 尼寺の 1 村に

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 であって, はだんだん, は支配者, は螺旋椅子

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 に煮た, の殖民政治家, の礼儀作法, の観念主義者

▼ 国滅亡~ (4, 0.0%)

3 の日 1 の三十周年

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 の先生, の吉川先生, の老, も受けた

▼ 国漢文~ (4, 0.0%)

1 の先生, の秩序的教育, の課題文章, をよく

▼ 国熊本~ (4, 0.0%)

2 の城主細川越中守斉護 1 の城主, までもこの

▼ 国白骨~ (4, 0.0%)

4 の温泉

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 とか国際的, な処世術, な役割, な本質

▼ 国~ (4, 0.0%)

2 を使う 1 で大声, を使うだろう

▼ 国~ (4, 0.0%)

1 たる和歌, の格調, の起元, 即ち和歌

▼ 国譲り~ (4, 0.0%)

1 の問題, の際, やクーデタ, を迫った

▼ 国~ (4, 0.0%)

2 の里 1 の在所, の宿

▼ 国高岡郡佐川町~ (4, 0.0%)

1 この町, では女陰, で旧家, における酒造家

▼ 国高田~ (4, 0.0%)

2 の城主榊原式部 1 に出, に赴き

▼ 国かの~ (3, 0.0%)

1 お婆さんと, 語に, 高志の

▼ 国からでも~ (3, 0.0%)

1 出て, 渡って, 祈願を

▼ 国ことに~ (3, 0.0%)

1 シナイと, 日本の, 秋の

▼ 国これ~ (3, 0.0%)

1 が弦, なく候間, 有り加薩仙肥

▼ 国それ~ (3, 0.0%)

1 が私達, も海, を想像

▼ 国たらしめ~ (3, 0.0%)

1 ている, 平民国たらし, 輸送国たらしめる

▼ 国だけが~ (3, 0.0%)

1 一風変っ, 偽善者の, 単独に

▼ 国だけは~ (3, 0.0%)

1 一度も, 始中, 断然攘夷戦勝国

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 ふ観念 1 どこな

▼ 国でございます~ (3, 0.0%)

1 からその, からむろん, 大洋の

▼ 国でさえ~ (3, 0.0%)

1 あります, 内乱の, 自分達の

▼ 国としても~ (3, 0.0%)

1 人としても, 南北に, 道義は

▼ 国とで~ (3, 0.0%)

2 対立し 1 相争う

▼ 国とでも~ (3, 0.0%)

1 いいましょうか, いうの, いう感じ

▼ 国とり囲む~ (3, 0.0%)

3 青垣山では

▼ 国どの~ (3, 0.0%)

1 とは年来, 国民にとっても, 辺りでも

▼ 国などが~ (3, 0.0%)

1 あった, その代表, 老躯を

▼ 国などで~ (3, 0.0%)

1 こういう死んだ, 俳諧が, 女の

▼ 国などでは~ (3, 0.0%)

1 なりもの, 盲人が, 股権とて

▼ 国なんて~ (3, 0.0%)

1 いうの, 始めから, 馬鹿な

▼ 国にか~ (3, 0.0%)

1 へり蔵, へる時, 他人の

▼ 国にとっても~ (3, 0.0%)

1 その残虐, その過剰人口, 相当期間適当

▼ 国にのみ~ (3, 0.0%)

1 此種の, 生まれ出ずる運命を, 起った所

▼ 国のみが~ (3, 0.0%)

1 ガンコに, 一般に, 知っただけ

▼ 国ばかりの~ (3, 0.0%)

1 ことで, 政事が, 物で

▼ 国びいき~ (3, 0.0%)

1 の感情, もある, もかぶと

▼ 国ぶり~ (3, 0.0%)

1 と相, にそぐわぬ, に復帰

▼ 国へまで~ (3, 0.0%)

1 さかのぼるもの, 手を, 送金どころか

▼ 国また~ (3, 0.0%)

1 その虚, ダクの, 常世郷の

▼ 国までの~ (3, 0.0%)

1 したの, やうで, 騒ぎに

▼ 国もの~ (3, 0.0%)

1 が誰, では, 同志で

▼ 国よりの~ (3, 0.0%)

1 侵入容易なる, 和銅献上に, 帰途福州に

▼ 国をば~ (3, 0.0%)

1 たずねても, 内屯倉, 富ます

▼ 国一人~ (3, 0.0%)

1 で協電社, に限る, のみなる

▼ 国一家~ (3, 0.0%)

2 の大事 1 も変り

▼ 国三輪~ (3, 0.0%)

2 の里 1 の町

▼ 国中部~ (3, 0.0%)

1 の古都ツウル, の田舎, の田舎あたり

▼ 国主義的~ (3, 0.0%)

2 な支配様式 1 な法治的

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 を中国, 元気に, 正士

▼ 国以上~ (3, 0.0%)

1 において短期間, の組成, も

▼ 国以下~ (3, 0.0%)

1 ではない, との間, の科学力

▼ 国入り~ (3, 0.0%)

1 がやや, というの, よく候

▼ 国全般~ (3, 0.0%)

1 から一般基金, に適用, の司

▼ 国八木~ (3, 0.0%)

2 の宿 1 の里

▼ 国公使館~ (3, 0.0%)

1 と白地, の壁, の秋山

▼ 国出兵~ (3, 0.0%)

1 の主張, を主張, を発表

▼ 国十津川~ (3, 0.0%)

1 というところ, のあの, まで名乗っ

▼ 国半分~ (3, 0.0%)

2 だけ戴く 1 に拡がっ

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 青銅器時代の 1 小谷へ

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 の兵士, の時支那, を措い

▼ 国太平洋艦隊~ (3, 0.0%)

1 の根拠地, の陣ぞろい, は堂々

▼ 国学士院~ (3, 0.0%)

1 のブーケ・ド・ラグリー氏, の報告, の報告中

▼ 国官吏~ (3, 0.0%)

1 の口, は無論, を採用

▼ 国官憲~ (3, 0.0%)

1 がわが, との緊密, に取次いだ

▼ 国対立~ (3, 0.0%)

1 のため, の形, は支那全土

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 女郎 1 佐川といふ

▼ 国少年バクスター~ (3, 0.0%)

1 に一任, の口, はだまっ

▼ 国山形~ (3, 0.0%)

1 の七日町, の藩士, より江戸

▼ 国常に~ (3, 0.0%)

2 亡ぶで 1 逢ひ

▼ 国征伐~ (3, 0.0%)

1 に決心, の暴挙, を断行

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 と排日, も大事, を念

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 の秋, は倭寇, を根絶

▼ 国或いは~ (3, 0.0%)

1 数国の, 数国を, 虚見

▼ 国戯曲史~ (3, 0.0%)

1 から少く, の一頁, の巻頭

▼ 国支那~ (3, 0.0%)

1 に於ける, に来た, の公認

▼ 国文化~ (3, 0.0%)

1 の問題, の建設, の注入者

▼ 国文明~ (3, 0.0%)

1 のため, の徴, の進歩

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 風土記 1 らしい光明

▼ 国最後~ (3, 0.0%)

1 の二人, の目的, の運命

▼ 国柱会~ (3, 0.0%)

1 の人々, の信行員, の同志

▼ 国歌舞伎~ (3, 0.0%)

2 の図 1 の芝居

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 の江の浦 1 清く野

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 遠白し朝 1 長し山みな

▼ 国河内~ (3, 0.0%)

1 にとっては河内, にとつて, の国

▼ 国浜松~ (3, 0.0%)

1 に往, まで帰った, より棚倉

▼ 国清澄~ (3, 0.0%)

2 の山 1 の茂太郎

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 は塩, は玉, は美女

▼ 国独特~ (3, 0.0%)

1 のもの, の力瘤, の歩兵部隊

▼ 国独逸~ (3, 0.0%)

1 にあらずや, の文学, の新

▼ 国現代~ (3, 0.0%)

1 における大学者, の戯曲家, の文芸界

▼ 国画会~ (3, 0.0%)

1 の南風原朝光, の審査日, の評

▼ 国的屋~ (3, 0.0%)

1 にをり, に帰つた, の医師道有

▼ 国皇太子~ (3, 0.0%)

1 が二十七頭, と共に猟, に切り付けた

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 といっ, となった, を観る

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 と謂った, の差別撤却, を定め

▼ 国社会主義~ (3, 0.0%)

1 のイデオロギー, の可能, 迄しか知らん

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 のそれ, の余徳, の旧

▼ 国祭日~ (3, 0.0%)

1 で大学, として主張, の夢

▼ 国禅師~ (3, 0.0%)

1 の法脈, の禅門, は善財

▼ 国福山~ (3, 0.0%)

2 の城主阿部伊勢守正倫 1 の城主阿部伊予守正寧

▼ 国福岡~ (3, 0.0%)

1 の城主松平筑前守治之, の城主黒田家, の領主黒田家

▼ 国穴馬谷~ (3, 0.0%)

1 という村, に落ち込ん, の名

▼ 国舅あなた~ (3, 0.0%)

1 にもお, は何故, は先日

▼ 国街道~ (3, 0.0%)

1 が走つ, の入口, を離れ

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 からはなし, などを語る, の中

▼ 国~ (3, 0.0%)

2 領に 1 蕃依

▼ 国越し~ (3, 0.0%)

2 をし 1 に口説いた

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 との関係, なりと云, を一定

▼ 国近代劇~ (3, 0.0%)

1 の史的研究, の姿, の著しい

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 だよ, てふ, の許

▼ 国露西亜~ (3, 0.0%)

1 に対して堂々, の仇敵, の宝

▼ 国~ (3, 0.0%)

1 の, の相通, の類似

▼ 国音相~ (3, 0.0%)

1 近きを以て, 通ずるところ, 通ずるより

▼ 国領土~ (3, 0.0%)

2 に侵入 1 であった

▼ 国香殿~ (3, 0.0%)

1 でも, のない, の御

▼ 国高岡~ (3, 0.0%)

1 の城主, の城主井上筑後守正滝, の大工町

▼ 国高崎~ (3, 0.0%)

1 の城主松平右京亮輝延, の城主松平右京亮輝聡, をさして

▼ 国あら~ (2, 0.0%)

1 ばこれ, ば之

▼ 国いで~ (2, 0.0%)

1 てすでに, て遠く

▼ 国うまし~ (2, 0.0%)

2 この家

▼ 国かと~ (2, 0.0%)

1 思う或, 思った

▼ 国かは~ (2, 0.0%)

1 知らず若し, 知らんけれども

▼ 国ぐに~ (2, 0.0%)

1 に名づけた, まで見

▼ 国さえ~ (2, 0.0%)

1 奴隷の, 除けば

▼ 国さえも~ (2, 0.0%)

1 こわして, 認められては

▼ 国さんたち~ (2, 0.0%)

1 の遊んでる, はいつも

▼ 国ざかいを~ (2, 0.0%)

1 越えると, 過ぎても

▼ 国しろす~ (2, 0.0%)

1 天皇, 天皇な

▼ 国じゅうだれ~ (2, 0.0%)

1 でも考え, ひとり知らない

▼ 国する~ (2, 0.0%)

1 がの国, 中で

▼ 国そこ~ (2, 0.0%)

1 には主, に住ん

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 かし, やまと島根は

▼ 国たらしめる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものは

▼ 国だの~ (2, 0.0%)

1 あのよう, 町だ

▼ 国だらう~ (2, 0.0%)

1 と思つて, なんといふ

▼ 国であったら~ (2, 0.0%)

1 などと儚い, 平気で

▼ 国であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばこう, ばその

▼ 国であれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ば勤労階級

▼ 国でこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ皇居, 政治放送が

▼ 国とっ~ (2, 0.0%)

1 て, ておき

▼ 国とに~ (2, 0.0%)

1 でかけて, 事えようという

▼ 国とのみ~ (2, 0.0%)

1 では, 考へた時代

▼ 国など~ (2, 0.0%)

1 毎度これが, 鯨の

▼ 国などに~ (2, 0.0%)

1 むやみに, 命じ

▼ 国なみ~ (2, 0.0%)

1 にあがっ, の軍備

▼ 国ならず~ (2, 0.0%)

1 あさましきこと, や二郎

▼ 国なら知らぬ~ (2, 0.0%)

1 ことおらが, 事文明の

▼ 国なりとの~ (2, 0.0%)

1 外定義は, 理由の

▼ 国においてのみ~ (2, 0.0%)

2 ならず更に

▼ 国においてよりも~ (2, 0.0%)

1 富国において, 深く強くヒューマニティー

▼ 国にさえ~ (2, 0.0%)

1 及んで, 最も非

▼ 国にしか~ (2, 0.0%)

1 いないもの, ない他

▼ 国にたいして~ (2, 0.0%)

1 愛情を, 親しみを

▼ 国にたいしては~ (2, 0.0%)

1 厳として, 常に重き

▼ 国についても~ (2, 0.0%)

1 かくの, 言い得よう

▼ 国につれ~ (2, 0.0%)

1 帰り申候, 帰ろうと

▼ 国にとっての~ (2, 0.0%)

1 この条約, 大功と

▼ 国にな~ (2, 0.0%)

1 かりせば, つて沢山な

▼ 国にゃ~ (2, 0.0%)

1 ア領主にも, 蜜柑を

▼ 国による~ (2, 0.0%)

1 とその, 人情風俗の

▼ 国にわたって~ (2, 0.0%)

1 動こうという, 神仙から

▼ 国に対しても~ (2, 0.0%)

1 同様な, 見事な

▼ 国のみを~ (2, 0.0%)

1 化すこれ, 固めるよう

▼ 国はじまっ~ (2, 0.0%)

1 ていらい, て以来

▼ 国ばかりに~ (2, 0.0%)

1 日が, 日は

▼ 国ばなし~ (2, 0.0%)

1 はそういう, をあえて

▼ 国ふり~ (2, 0.0%)

1 のふり, の歌

▼ 国~ (2, 0.0%)

2 めの

▼ 国までが~ (2, 0.0%)

1 かたずを, 石塊の

▼ 国までは~ (2, 0.0%)

1 余りに遠い, 遮るもの

▼ 国やぶれ~ (2, 0.0%)

2 て山河

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 あなた, お年玉

▼ 国よく~ (2, 0.0%)

1 わが国を, 働いて

▼ 国らしく~ (2, 0.0%)

1 そして封建, 壁の

▼ 国イギリス~ (2, 0.0%)

1 のよう, の息の根

▼ 国イタリア~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ 国インド~ (2, 0.0%)

1 から組織, で普及

▼ 国ドイツ~ (2, 0.0%)

1 に対しナチス政権確立後僅, の技術

▼ 国マザガン港~ (2, 0.0%)

1 の桟橋, より一種異様

▼ 国マドリッド市~ (2, 0.0%)

1 の闘牛場, まで来た

▼ 国ヶ山~ (2, 0.0%)

1 は大, へ登っ

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 じょうのおんあるじ, と聴い

▼ 国一地方~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 国一朝~ (2, 0.0%)

1 にし, 淡路を

▼ 国一社会~ (2, 0.0%)

1 を成し, を成す

▼ 国一藩~ (2, 0.0%)

1 が救われ, の休戚

▼ 国三代~ (2, 0.0%)

1 の帝王, まだ他国

▼ 国三味庄~ (2, 0.0%)

1 の領家, の領家雑掌

▼ 国三島郡~ (2, 0.0%)

1 と伊勢国多気郡, にある

▼ 国三河~ (2, 0.0%)

1 で下々, との提結

▼ 国三等国~ (2, 0.0%)

1 あるいは四等国五等国, と言われる

▼ 国不破~ (2, 0.0%)

2 の郡

▼ 国不破郡~ (2, 0.0%)

2 の南宮神社

▼ 国中どこ~ (2, 0.0%)

1 でも大, へも行き

▼ 国中津々浦々~ (2, 0.0%)

1 までも伝わっ, まで響け

▼ 国丸岡~ (2, 0.0%)

1 の配所, へ遣られた

▼ 国主義~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の影響

▼ 国乙訓郡~ (2, 0.0%)

1 にあっ, にある

▼ 国争い~ (2, 0.0%)

1 に余念, をも苦々しき

▼ 国五十鈴川~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の上

▼ 国亡ぶ~ (2, 0.0%)

1 とも平和, 国

▼ 国交際~ (2, 0.0%)

1 の談判, 之儀

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 として抑留, の住める

▼ 国今日~ (2, 0.0%)

1 の健児たち, の富

▼ 国代表~ (2, 0.0%)

1 が出席, の参加

▼ 国代表選手~ (2, 0.0%)

1 のジャケット, を出場

▼ 国以外~ (2, 0.0%)

1 で京都, にはない

▼ 国伊北庄~ (2, 0.0%)

1 に在り, に御

▼ 国佐川町~ (2, 0.0%)

2 に残し

▼ 国佐野~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 国何れ~ (2, 0.0%)

1 の世にも, の時代

▼ 国何処~ (2, 0.0%)

1 です, の誰

▼ 国何時~ (2, 0.0%)

1 の世, の時代

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 として麦藁, となろう

▼ 国先生~ (2, 0.0%)

1 がずかずか, はダラダラ

▼ 国児玉郡~ (2, 0.0%)

1 の人, へ入っ

▼ 国全土~ (2, 0.0%)

1 を崩壊, を捧げ

▼ 国八女郡~ (2, 0.0%)

1 でありまして, の地

▼ 国公徐輝祖~ (2, 0.0%)

1 をし, 屈せず師

▼ 国共通~ (2, 0.0%)

1 の学問, の風景

▼ 国勢力~ (2, 0.0%)

1 に誇大的訴え, を感受

▼ 国十八世紀~ (2, 0.0%)

1 の貴族名媛及女優, の追慕者

▼ 国十郎~ (2, 0.0%)

1 が金歯, は軽く

▼ 国南魚沼郡~ (2, 0.0%)

1 の国境, 浅貝付近

▼ 国印象派~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の画論

▼ 国即ち~ (2, 0.0%)

1 カムボチャとの, 天然に

▼ 国~ (2, 0.0%)

2 漢の

▼ 国古市~ (2, 0.0%)

1 から内宮, において一人

▼ 国吹く~ (2, 0.0%)

2 風よ

▼ 国周智郡~ (2, 0.0%)

2 の山住神社

▼ 国国境委員会設置案~ (2, 0.0%)

2 を具体化

▼ 国地方~ (2, 0.0%)

1 では上下共, で水田

▼ 国坂田郡~ (2, 0.0%)

1 にも産所村, の水田二十町

▼ 国~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 国大野郡岡~ (2, 0.0%)

1 の城主中川修理大夫久貞, の城主中川修理大夫久貴

▼ 国天竺~ (2, 0.0%)

2 には現実

▼ 国姓爺合戦~ (2, 0.0%)

1 と筆太, の角書き

▼ 国委員~ (2, 0.0%)

1 に照会, は当時仏国憲法改正案

▼ 国姿~ (2, 0.0%)

1 はかえって, もただ

▼ 国安蘇郡飛駒村~ (2, 0.0%)

1 に吉田八右衞門, の炭荷主八右衞門

▼ 国室津~ (2, 0.0%)

1 に着いた, の沖

▼ 国宮廷~ (2, 0.0%)

1 と上流社会, の生活

▼ 国富士郡~ (2, 0.0%)

1 に下向, の片田舎

▼ 国射水郡高岡~ (2, 0.0%)

1 と云う, の大工町

▼ 国小金ヶ原~ (2, 0.0%)

1 ではこのごろ妙, の一月寺

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 から山, の狸

▼ 国山城~ (2, 0.0%)

1 とか紀伊, の国

▼ 国山越郡八雲地方~ (2, 0.0%)

1 では明治, では秋

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 のそば, の下

▼ 国岩国~ (2, 0.0%)

1 に足, の永興寺

▼ 国岩村~ (2, 0.0%)

1 の城主松平能登守乗保, の城主遠山勘太郎

▼ 国岩瀬郡~ (2, 0.0%)

2 に配流

▼ 国島原~ (2, 0.0%)

1 に渡った, の人

▼ 国川越~ (2, 0.0%)

1 の人中村太十, の人某

▼ 国巡り~ (2, 0.0%)

1 に大師さん, は下界

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 など書いた, を俗

▼ 国巴里~ (2, 0.0%)

1 に起こった, の真中

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 禅師, 立神の

▼ 国幣小社~ (2, 0.0%)

1 なる水無神社, の社格

▼ 国平和~ (2, 0.0%)

1 な国日本, の国

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 という絵かき, や芳幾

▼ 国幸氏~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 国庵原郡~ (2, 0.0%)

1 と書いた, へ出る

▼ 国徳山~ (2, 0.0%)

2 なる照幢

▼ 国徳川家~ (2, 0.0%)

1 では海, の急

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 しも平和, しも幸福

▼ 国必ず~ (2, 0.0%)

1 永く栄える, 破ると

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 と, の言

▼ 国恩金~ (2, 0.0%)

1 のこと, の上納

▼ 国憲法~ (2, 0.0%)

1 第五十一条, 第八十八条

▼ 国憲章~ (2, 0.0%)

1 が出来, にもとづい

▼ 国我汝~ (2, 0.0%)

1 とともに闘う, と共に闘う

▼ 国承認~ (2, 0.0%)

1 の日, よりも私

▼ 国挙げ~ (2, 0.0%)

1 て事, て許した

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 の史書, の神話

▼ 国文壇~ (2, 0.0%)

1 に於ける, のセンセイシヨン

▼ 国春日山~ (2, 0.0%)

2 の城主

▼ 国未だ~ (2, 0.0%)

1 作り竟, 作り竟ら

▼ 国未曾有~ (2, 0.0%)

1 の一大変革, の仏法

▼ 国松山~ (2, 0.0%)

1 に向, の柳井柳仙

▼ 国果樹~ (2, 0.0%)

2 の園

▼ 国柳ヶ浦~ (2, 0.0%)

1 から遙, を流れる

▼ 国桜井~ (2, 0.0%)

1 にいる, へかえる

▼ 国植民地~ (2, 0.0%)

1 とする, 半植民地

▼ 国樔人~ (2, 0.0%)

1 の住ん, は言うまでもなく

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 の社会, の近辺

▼ 国武田~ (2, 0.0%)

1 の家臣, よりも古い

▼ 国~ (2, 0.0%)

2 再除

▼ 国歴史~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 国毛糸~ (2, 0.0%)

2 の靴下

▼ 国汚す~ (2, 0.0%)

2 奴あら

▼ 国汽船~ (2, 0.0%)

1 でマルセエユ, で港

▼ 国河村~ (2, 0.0%)

1 という処, へ下っ

▼ 国海岸~ (2, 0.0%)

1 に漂流, を占領

▼ 国海辺~ (2, 0.0%)

1 の怒, の旃陀羅

▼ 国清澄山~ (2, 0.0%)

1 からはじめて, から出

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 の白銀屋何某, の酒井

▼ 国源次郎~ (2, 0.0%)

1 は私, を我が

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 り, り峰

▼ 国滅び~ (2, 0.0%)

1 これが, て山河

▼ 国漢文中等教員検定試験~ (2, 0.0%)

1 の勉強中, を受け

▼ 国犬上郡彦根藩三十五万石~ (2, 0.0%)

2 の城主

▼ 国独自~ (2, 0.0%)

1 なもの, な希臘研究

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 といい, を憎悪

▼ 国玉島~ (2, 0.0%)

1 は瀬戸内海, へいく

▼ 国玖珂郡通津浦の人~ (2, 0.0%)

1 である, にし

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 という者, と云う

▼ 国現代作家~ (2, 0.0%)

1 として一様, の作品

▼ 国琵琶湖~ (2, 0.0%)

1 の岸, の西

▼ 国甲府~ (2, 0.0%)

1 の土地, の城

▼ 国発展~ (2, 0.0%)

1 のため, の途上

▼ 国白川郡棚倉~ (2, 0.0%)

2 の城主松平周防守康爵

▼ 国的色容~ (2, 0.0%)

1 を帯, を帯び

▼ 国皇室~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 国目付衆~ (2, 0.0%)

1 が下向, は二十七日

▼ 国相府~ (2, 0.0%)

1 なお命脈, の定

▼ 国石和~ (2, 0.0%)

1 に於, の小林氏

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 は万代, を牢くせ

▼ 国社会党~ (2, 0.0%)

1 に与える, に与ふる

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 を共に, を増進

▼ 国福慈岳~ (2, 0.0%)

1 とある, に到る

▼ 国秩父郡~ (2, 0.0%)

1 の三峰神社, より和銅

▼ 国程の~ (2, 0.0%)

1 ものだろう, 広さ

▼ 国稚く~ (2, 0.0%)

1 浮脂なす, 浮脂の

▼ 国空軍~ (2, 0.0%)

1 の三機, の強襲

▼ 国立川~ (2, 0.0%)

2 というところ

▼ 国竜神村~ (2, 0.0%)

1 の山, の温泉場

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 の山々, れで

▼ 国竹岡~ (2, 0.0%)

1 の漁師, へ遠征

▼ 国筑紫~ (2, 0.0%)

1 この土我, の女王白蓮

▼ 国維新~ (2, 0.0%)

2 の途上

▼ 国総体~ (2, 0.0%)

1 の上, の学問

▼ 国美濃~ (2, 0.0%)

1 の国, の恩

▼ 国美馬郡~ (2, 0.0%)

2

▼ 国育ち~ (2, 0.0%)

1 そうきい, で知りません

▼ 国舅董~ (2, 0.0%)

1 承などの, 承の

▼ 国興り~ (2, 0.0%)

1 これが, 将た滅び

▼ 国興津~ (2, 0.0%)

1 に参り, に生れ

▼ 国色無双~ (2, 0.0%)

1 な佳人, の浅井

▼ 国苅田郡高福寺~ (2, 0.0%)

1 なる甲冑堂, なる甲胄堂

▼ 国葛飾郡小松川村~ (2, 0.0%)

1 の医師, の医師佐藤氏

▼ 国薦野~ (2, 0.0%)

1 の人, の人黒沢退蔵

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 に入らず, に入り

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 でノッペラ棒, のレモン石鹸

▼ 国西~ (2, 0.0%)

1 と東, に汎米連邦

▼ 国西班牙~ (2, 0.0%)

1 でも衆道流行, の魔法

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 の写した, は必ず

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 を決す, 民生念慮に

▼ 国諏訪~ (2, 0.0%)

1 の地名, の神職

▼ 国諏訪郡~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 から電話, に電話

▼ 国~ (2, 0.0%)

1 は先帝劉玄徳, は国防

▼ 国象潟~ (2, 0.0%)

1 という所, の町

▼ 国貨幣~ (2, 0.0%)

1 に換算, の二円二十銭

▼ 国連山~ (2, 0.0%)

1 から西, の初雪

▼ 国連邦~ (2, 0.0%)

1 として之, における現在

▼ 国遠く~ (2, 0.0%)

1 住むとも, 地は

▼ 国選手~ (2, 0.0%)

1 が余裕, の参加出場

▼ 国郡制定以後~ (2, 0.0%)

2 の国

▼ 国野氏~ (2, 0.0%)

1 が邸内, を訪はず

▼ 国野為也~ (2, 0.0%)

1 か, の

▼ 国鈴鹿~ (2, 0.0%)

1 などの尾甲山脈, の山

▼ 国間諜団~ (2, 0.0%)

1 の使命, の巣窟

▼ 国関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 という名, の原頭

▼ 国阿蘇~ (2, 0.0%)

1 の宮, の連峰猫嶽

▼ 国限り~ (2, 0.0%)

1 の永い, の種族

▼ 国雑志~ (2, 0.0%)

1 でも静岡附近, という書物

▼ 国革命後~ (2, 0.0%)

1 の所謂モダーン・チャイナ, も日本

▼ 国領土内~ (2, 0.0%)

2 で発生

▼ 国風土記~ (2, 0.0%)

1 にも明徴, の賀毛郡雲潤里

▼ 国館林~ (2, 0.0%)

1 に茂林寺, の領主

▼ 国駆逐艦~ (2, 0.0%)

1 が猟犬, はむちゃくちゃ

▼ 国高松~ (2, 0.0%)

1 で玄猪, に丸亀屋

▼ 国高知~ (2, 0.0%)

1 に著船, の城主松平土佐守豊資

▼ 国鳥取~ (2, 0.0%)

1 の城主松平因幡守斉訓, の城主松平氏

▼ 国鼎立~ (2, 0.0%)

1 の大勢, の実現

▼1* [1827件]

СССРにどんな, 国つての, 国あすは西, 国あって国々, 国あまた巡りありきし, 国あらず而し, 国あらゆる時代の, 国ありき綿津見の, 国あるいは四等国五等国の, 国いいところで, 国いかなる所ぞと, 国いずこの地方, 国いたって富みその, 国いちばんはこれ, 国いつの世にも賢い, 国いつの世でも新しい, 国いづれの立場, 国いままで曹操, 国いまだ人住まざりし, 国いまのは誰, 国いわば火事場です, 国い出ねえば命, 国をぬ, 国うち給ひし御, 国おのおのの内, 国およそ何事も, 国おろしが過ぎる, 国かえって来ます, 国かということは, 国かとかなんの, 国かもしれない, 国からかでもあるよう, 国からともなくこの, 国かを知るため, 国がでける, 国がら女の呼, 国がんりきお絹, 国きっての逸材, 国くればう, 国ぐにには森も畑, 国ぐらいがそれも, 国ぐらいまでは航ける, 国ぐらゐで猿の下風, 国ぞつて丹後, 国こうして馬とともに, 国こそがまさに出産性, 国ことごと震亨れりと, 国ことばをまる, 国さして御進発, 国さて置き, 国さま先達ては誠に, 国さま秀康さまいづれも, 国さんおやまさんあれうち, 国さん風邪で事務所, 国さ茶摘みに行く, 国ざかいこの山, 国ざかいがここ小さな三角点, 国ざかいのすぐ近くへ住まっ, 国ざかいの大事な城, 国ざかいふきんのくわしい図面でした, 国ざかいも平穏で女真, 国ざかい杉坂へ向っ, 国ざかひで涼しい風, 国ざかひに感じ易いもの, 国ざかひの湖で大, 国ざかひの野原に繰り出された, 国ざむらい全く以, 国て孝子孝女, 国しかもそれが, 国した東晋以下南朝諸国のみの, 国しつた時に, 国しらす峻嶺は, 国じつは死の, 国じゃがどなたに, 国じゃァござんせん, 国じゅう一面が海, 国じゅう真剣なのに, 国すさキと申港, 国すべての神, 国すらどんな国, 国すらも数千年前に, 国ずっといて, 国そういうように, 国そうして伊勢の, 国それに周防など, 国ぞっとしないし, 国ぞという熾烈なる, 国ましゐ, 国たちまち滅びるという, 国たらしめたこと三十万の, 国たらしめようと望ん, 国たらんことを, 国たりとも京都奈良の, 国たるべく吾人は, 国たろうとする, 国だいじ忠義の, 国だけじゃない世界, 国だけにて年々パリに, 国だけには兵船を, 国だけにも自分は, 国だけを見て, 国ださうだがな, 国だっただろうか, 国だったらどんなにいい, 国ちゃん堪忍おし, 国ちゃん達を呼ん, 国っかかあが, 国っていうのが, 国つくりを助ける, 国つづいて六朝, 国つぶり節句の, 国つぶり揺りおもしろき田, 国つまりドイツの, 国つるがご, 国づくしができ上ります, 国づつを人望, 国でありましたからみんな, 国であり食うことと, 国でございましてね御, 国でさえも互いに平和, 国でして服装, 国でだけ栄えて, 国でだけしか起り得ない出来事, 国でなくなり西蔵だけが, 国でなど育てられて, 国でのみ可能な, 国というしかありませんが, 国といったが早判り, 国といふかとまれ人一人, 国とうとう血祭りの, 国とかいふ大きな場所, 国とかから渡ったもの, 国ときまつたの, 国とくに昭和, 国としか扱って, 国としてとこよは, 国としましてはおそらくどんな, 国とぞあこがれぬ, 国とだけでは, 国とて緑の, 国とてはこれなき, 国とに対しては文化交換を, 国とまでにしたの, 国とやらへ流されて, 国とより思えないの, 国とを以て本来別国なりと, 国と共に近所の, 国どこです, 国どんな民族が, 国なかの平野, 国なかば菜の花さきぬ富士をあなた, 国ながら畏怖の, 国ながらも愛想が, 国なきごとく外国, 国なしこれを, 国なぞでは, 国などから長く帰れなかった, 国などと自慢する, 国などという面倒な, 国などにても朝鮮人参を, 国などにも家具の, 国などをご下問, 国なにがしの郡, 国なほ愛すべし, 国ならいう必要の, 国なりという定義と, 国なりにある年, 国なりの頭に, 国なんかの眼に, 国なんぞでは, 国なんというところ, 国なんとか言ってた, 国にあたる沃野が, 国においてさえも今日では, 国においてすらこの増加, 国においてだって共産主義の, 国にかへすか又は, 国にかも来し, 国にけふび, 国にぞ参りたる, 国にたいする深い愛情, 国についての話も, 国につつがあらすな, 国になんか寄って, 国にばかりあって, 国にまでも聞えて, 国によつては, 国にをるの, 国に対するの戦端開け, 国に関し種種の, 国に関しては比較される, 国フランスって, 国のこらずの王さま, 国のみかどの誕生, 国のみにて毎年約, 国のみの生産物であり, 国はじまつて以来, 国はと問えば, 国はなんて天気の, 国はねヴィクトルいっさいの, 国ひっちょ, 国ばかりかほかの, 国ばかりが見えて, 国ばかりじゃない個人, 国ばかりを書いたもの, 国ひとりが知っ, 国ひと役でも団十郎, 国ひろしハルビンの, 国びとの忠誠, 国びとかその男, 国びととしての務は精一杯, 国びとは心直なり梧桐, 国ぶり直接にひたる, 国へとか申しまして, 国へともない切に, 国へもの笑い, 国ほとんど同じよう, 国ほどのところへ, 国ほろびて山河, 国ほんとうに夢, 国はりの, 国まだ帰らないのよ, 国みだるるも, 国みだれ民安から, 国みなデウス如来を拝むによつて, 国みれば, 国めざして, 国もし平和の, 国もしくは一地方が, 国もずつと北寄りの, 国もっとも小なる, 国もと以来の長い, 国もと伊賀へも人, 国もと住居と, 国もと勤めを願えませんでしょう, 国もと新発田の溝口藩, 国もと柳生の庄, 国もと柳生藩にも伝わっ, 国もと溝口藩をご, 国もと預けになった, 国もので少しも, 国もやッぱり人並の, 国やで働いて, 国やら皆目見当, 国ゆくあかつきの, 国ゆずり事変の, 国よといったの, 国よなど密かに, 国よみの国, 国よりともなく忽然と, 国よろしく承知し, 国らしくないあぶなかし, 国をこそ慕え, 国をと考え侵略, 国をまで眼前に, 国をめぐってパリーへ, 国アジアアフリカ両大陸, 国アッシリヤは今や, 国アバシリ郡ビホロ町日下ユキさんから更科源蔵氏採集, 国アミアンの僧正, 国アメリカ黒人に対する私刑, 国アラビアの一年, 国アリゾナからこの, 国アリマスただ芸事, 国アリマス芸事できない芸事, 国アルゼンチン国およびチリ国, 国イスラム教国等の源泉, 国イスラム王国の文化, 国インド等における霊跡, 国エジプトはナイル河畔, 国エチオピアの王位, 国エチオピア帝国に嫁, 国オジンの座, 国オランダの三公使, 国オランダ等の諸, 国オート・ヴィエンヌ州リモオジュ町バビロン新道そこが岸本, 国カンボジャスマトラ安南, 国ガイマスの地, 国ガラデアツテミレバタマタマ私ガ少シクライ畠チガイノコトニ口出シヲシタトコロデメツタニ苦情ヲイワレル筋合イハナイハズデアル, 国キリスト教に化した, 国ギリシア宗の出張, 国ギリシャの或, 国クロポトキンきん玉マカローフ褌しめた, 国グレノーブル辺では, 国コマ郡コマ村とコマ神社, 国コロネル港内に入り, 国サリナクルスに着岸, 国セエヌ河畔の峡谷, 国セヂの豊か, 国セラ大寺のジェ・ターサン, 国ゼルセスのギリシア征伐, 国ソビエット・ロシヤを誰, 国ソビエト連邦の密使, 国ソヴェト・ロシアは昔, 国ソ連にとっても大敵, 国ツウロン港の例, 国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 国トノ交易通商ハ最早ヤ断乎トシテ, 国ト為リタルガ故ニ, 国ト越中国トノ界ハ山深ク嶮岨ナル, 国ドイツ人形の国ドイツ, 国ドイツ私は玩具人形, 国ドルドオニ県に土民生活, 国ドレフューの大, 国ニもつがふ, 国ニテハ大椹峠, 国ニハナク遠ク渡リ来ル水鳥ガ時, 国ニ下リ諸国を遊ビ, 国ニ嫌疑相掛候而度々前件, 国ニ残ツテ独リ召サレ直チニ東京ニ赴ク, 国ニ矢鱈ニ見付カルモノデハナイ現ニ, 国ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之ヲ禦グベシト, 国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, 国ニ遊びし頃, 国ニ限リ唯努メテ北人固有, 国ノアの洪水, 国ノーベル賞受賞者が幾人, 国眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, 国ハそふだんニおふじ候得, 国ハ一新の起歩相見, 国ハ幕の役, 国バスから雪子, 国バルパライソ港に入, 国ピカ一の科学者, 国フヰンランドに留学, 国ブリヴ邑の若, 国プロレタリア独裁のソヴェト政権, 国来ルコトアリシト云伝ヘタルハ, 国ベツレヘムいうところ, 国ベルリンの大学, 国ベルリン府の大, 国ベルン府において該大学校五十年祭, 国ベレンの里, 国ホンベツ町字チエトイ清川ネウサルモン婆さんから更科源蔵氏採集, 国ボルドオに移り住ん, 国ボーフォールに生れた, 国ポケント突立って, 国マニラ国へとおもむいた, 国マルセーユにおいて, 国ミニストルひとまず軍艦ウエスト, 国メサジュリイ・マリチイム会社に属する, 国ユウフツ郡ムカワ町字チン部落片山カシンデアシ翁から更科源蔵氏採集, 国ヨリ伝ヘシニヤ朝鮮ハ我国ヘ近, 国ラピュタ馬の国, 国ラピユタ馬の国, 国ラ・ロシェルに立て籠った, 国リヒヤルトストラウスがツアラツストラ, 国リリプートが私, 国ロックリンの生れ, 国ローマにある, 国ローマ宗の支会, 国ローマ教の害毒, 国ワルソウの人, 国ヶ岳もあんな, 国ヶ峠ヲ越テハ坂戸山樺沢城, 国ヶ嶽国境の石, 国ヶ嶽山上の七年目, 国一個人の気質品性, 国一党の独裁党, 国一円近年はこと, 国一切恩沢を蒙った, 国一千五百七十九市町村に達し申し, 国一命免すもの, 国一家一人を分け, 国一家君民一体の大, 国一市をし, 国一手で引き受け, 国一旦降りて, 国一条ヶ谷朝倉左衛門尉義景十八人の侍大将, 国一杯に荒, 国一票で議決, 国一等の評, 国一般の基準, 国一色村の郷党, 国一身田の人, 国一郡をも治め, 国一郡知行されたほどの, 国一郭のうち, 国一都の人, 国一都市の勃興, 国七つ柏軒の妾春二十六, 国三さの阿呆, 国三さお前そうしてポカン, 国三すくみの一時的, 国三つ其他長は三十三, 国三ヶ国ニ跨リ, 国三井田の里, 国三冬草已青瑞山八月雲猶白, 国三分の二に過ぎ, 国三十余ヶ国スデニ半国ヲ超, 国三十妹安二十二柏軒の継室春四十九, 国三千万の人々, 国三国と領地, 国三国ハそふだんニおふじ候得, 国三女北の一子三女, 国三女北次男磐四女やす五女こと, 国三巴遠, 国三教人はいずれ, 国三次郡布努村に稲生平太郎, 国三浦半島から今, 国三瓶山のふもと, 国三男大納言民部卿皇大皇后宮大夫源俊明, 国三角岳へ向かった, 国三輪大明神の社家植田丹後守, 国三郷村立野の龍田神社, 国上北郡坪村の千曳, 国上根本村の百姓, 国上等の国飛び切り, 国上道郡浮田村の里正, 国上郷の生れ, 国上都賀郡足尾に於, 国上都賀郡足尾銅山より流出, 国上野国三ヶ国ニ跨リ, 国上野町の城代藤堂家, 国上院に於ける, 国下セエヌ州にある, 国下層社会の生活, 国下市村の男, 国下田の近郷, 国下谷で, 国下道郡邇磨郷の実際, 国下関に舟, 国不安の一大原因, 国不思議なる国, 国不知火や筑紫潟, 国不破郡関ヶ原に対陣, 国並びにその輸入国, 国並みに大使, 国中そこにもここ, 国中イギリスフランスドイツロシアアメリカは富強, 国中一ばんの智恵者, 国中何処ともなう或, 国中全体に此組織, 国中十に七つ破損, 国中喪に服し, 国中国で資本主義以前, 国中塩攻めになった, 国中夜のこと, 国中天下よりたばこ, 国中学問の社会, 国中志築村の太田六助, 国中数十個所の唱門, 国中方々でおっ, 国中最大の出血, 国中最高の町, 国中泉で小学校訓導, 国中津々浦々どこに寄っ, 国中海防軍備の話, 国中無辜の小, 国中確かに一般, 国中蘭学社会の人, 国中陸地に於い, 国丸亀に着いた, 国丹波の国, 国丹生郡天津村の風巻, 国主たるとき境内東西五十三間南北百七十間に, 国主義国家主義で押し通す, 国久慈郡の人, 国久慈郡西金の地先, 国久慈郡諸富村の産, 国久米の南条稲岡庄, 国九つ安一つ, 国也大臣の大, 国也汝国之上還有, 国亀山に往, 国亀田の城主岩城伊予守隆喜, 国ひに, 国争覇そのものも万事, 国二つ蘭軒の女長三十二, 国二人旋風の如く出立, 国二十ヵ国に新進, 国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 国二十九安二十一柏軒の妾春四十八, 国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 国二十八安二十柏軒の妾春四十七, 国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 国二国に過ぎない, 国二等駆逐艦二隻現ル, 国二階堂時綱小笠原政長上杉朝定同朝房, 国互いに睦み合うは, 国五つ蘭軒の女長三十五, 国五浦の浜で珍しい, 国五百重につもる, 国五等国の位置, 国五郎太夫は綾瀬, 国五郎等がある, 国五郎米五郎小半次三太郎島蔵の侍等, 国五郎西川伊三郎を始め, 国井伊谷に至り, 国亡びた後の, 国亡びれば我ら, 国亡ぶるに至る, 国亡ぶれば山河, 国亡んで嫡子, 国亡命の歌劇団, 国京来派の名工, 国京洛祇園の精舎, 国亭南の地, 国人口の極めて, 国人数千戦死しかつ, 国人智と機械力, 国人民たる者の分限, 国人海東にあり, 国人相与畔, 国人種と人種, 国人馬を養う, 国正寺, 国今津の奥, 国介平良兼数千の兵, 国の国, 国仏蘭西に例, 国仏蘭西国英国と言った, 国他国に破られ, 国仙北より水無銀山阿仁, 国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 国代表参加問題の歴史, 国を奉ず, 国令軍法刑法などの条令, 国て宝, 国以来の皇謨, 国以来一体となつ, 国以来厳然と定, 国以来駸々として国力, 国伊丹に歿, 国伊吹山下の里人, 国伊太利亜である, 国伊治城に置く, 国伊良虞島之時人哀傷作歌, 国伊達郡梁川の城主, 国伊那郡の福智郷, 国伊都郡なる, 国伏見町に市郎兵衛, 国会議に列する, 国伯州雲州へも構え, 国伴蔵の女房, 国低きかれば, 国住の江の遠里小野, 国住人泰衡等梟心性を稟, 国佐伯郡観音寺村林小六所蔵文書弾右衛門支配下の四十八座, 国佐伯郡高庭駅で病死, 国佐治地方で出来る, 国佐波善四郎を討つ, 国佐波郡島地村は, 国佐波郡芝根村沼之上の産, 国佐賀関に着いた, 国何ぞ賊徒の, 国何某といふ剣術名誉之人, 国何都何村の何某, 国何鹿郡安国寺の住持梅垣謙道師, 国何鹿郡東八田村安国寺の住職梅垣謙道和尚, 国余佐郡管川の人, 国余市郡余市町内にもこの, 国作り始め給いき, 国作家としてマルセル・アシャアル, 国使等の作った, 国使節をヨーロッパ, 国使節レザノット長崎に来り, 国例えばネパールは, 国俊錆拭きがわり, 国俗三月三日木を刻ん, 国俗狐を射干, 国俗諺の領分, 国信仰の国, 国修善寺に下向, 国俳優チャーレー・テーラー一座の西洋演劇, 国を掠奪, 国個別の要求, 国はけっして, 国儀仗兵左側に清国儀仗兵, 国元年わたしが初めて, 国免田記に, 国兎原の山下, 国児湯郡三納の盆踊り, 国全く盗賊なき, 国全権ロセスに面会, 国全権公使ロセス伊国特派全権公使トゥール普国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 国全部を一大国, 国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 国八ヶ岳立科山との谿合, 国八代の城下, 国八十一州の百姓庶民, 国八尾町から二, 国八戸の城主南部, 国公さんに気取られない, 国公ならず者をみんな, 国公主に尚, 国公使あてに持参, 国公使サバリーに対し皮肉, 国公使レオン・ロセツにし, 国公使参内のうわさ, 国公使宛のもの, 国公使無法に威張る, 国公使館付きの二人, 国公使館外に暴言, 国公使館書記官ステッセル博士の請, 国公園内の雪隠, 国公徐輝祖曹国公李景隆をし, 国公徐輝祖獄に下さるれ, 国公文公之神位, 国公様を以てする, 国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 国六个郡之鎮守, 国六人部雅楽福羽美静らの平田派, 国六千月の歴史, 国六年の冬, 国兵法の採用, 国がくる, 国冬がれし山, 国の悲し, 国出たわけで, 国出づと母の御, 国出石の産, 国出雲崎で歿, 国分けの筆頭, 国分立時代に三人, 国切っての函作り, 国別比較法と人種, 国利尻島の利尻山, 国利根の庄藤原, 国利根郡水上村の境界, 国利根郡片品村大字東小川村の地内, 国到る処に, 国整うと, 国の御前, 国割拠の乱世, 国割拠お互いに気まずく, 国まって, 国創始以来の文運隆盛時代, 国功業を重んぜし, 国加佐郡の大川神社, 国加月庄の人, 国加治木に長, 国加瀬の荘, 国加盟を招請, 国加茂郡挙母に福尾荘右衛門, 国助側ニ在ル, 国助等甚ダ我を憐む事面外ニ, 国助脇差には包保, 国助色を正し, 国勝尾寺に暫く, 国勝山の御, 国へおもむく, 国北安曇郡ニ跨ル, 国北安琴の順序, 国北支の状況上, 国北海艦隊は緊急出港, 国北秋田郡荒瀬村という所, 国北高来郡湯江村やまだ色々, 国北魚沼郡折立村及ビ同郡藤原村ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳, 国北魚沼郡湯之谷村と群馬県上野国利根郡水上村, 国安二つ, 国十一安三つ, 国十七安九つ, 国十七世紀の悲劇, 国十三安五つ, 国十三年の調査, 国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 国十二安四つ, 国十二種黄菊花十両と載せ, 国十五安七つ, 国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 国十六安八つ, 国十四安六つ, 国十郎氏はちょっと, 国十郎沢村嘉右衛門坂東市松坂田門之助染川文七最高幹部が一様, 国十郡のその, 国十郡以下の小国, 国千忠平であつ, 国千歳のどこ, 国千歳町内千歳川第四発電所, 国千田庄の領家, 国千葉郡寒川の白旗八幡前, 国である, 国半ばといふ強い, 国半ば菜の花咲きぬ富士, 国卑湿の地, 国協和論を生ずる, 国は大山, 国南下の実情, 国南会津郡檜枝岐村ト尾瀬沼過半ヲ遮, 国南桑田郡吉川村平民菊島市松の妹, 国南洋に大, 国南津軽郡大鰐という所, 国南蒲原郡下保内村で十歳, 国南蛮西夷の国々, 国南部で燕, 国南魚沼の山地, 国南魚沼郡浦佐村地先の魚野川, 国は薛, 国印度支那政庁に都合, 国印旛の郡, 国印象派勃興との関係, 国卿皐月より葉月, 国厳島に遷, 国又は世界の, 国その植民地, 国取って我儘, 国取り小荷駄取り, 国きたれども, 国と箱根口, 国口調のお, 国古い港に, 国古くして, 国古来の政法, 国古河の城主土井大炊頭, 国司令部にその, 国各々自国の発明, 国各地の間, 国各州の都市古蹟, 国吉城郡神宝の山奥, 国吉田庄一帯ではこの, 国吉野郡の国樔村, 国吉野郡十津川の玉置神社, 国吉野郡南芳野村大字丹生に鎮座, 国吉野郡国栖村へ尋ね, 国吉野郡白銀村白銀尋常小学校というの, 国同じ郡の, 国同士のつき合い, 国同志の間, 国同盟条約の欠点, 国名取郡をたま, 国君上長に仕える, 国君国主の為め, 国君子国であると, 国君官吏たる者も自, 国君殿下に書, 国君津郡貞元村の湯江, 国君臣鬼神を崇信, 国君自ら貴きあたわず, 国全世界, 国呂宋暹羅などにわたる亜細亜, 国周智郡犬居村百四十九番地に転籍, 国周防大内家へ行った, 国味白檮岡の言八十禍津日前, 国味真野の里, 国を受け, 国和平斡旋の働きかけ, 国和泉の国, 国和泉郡意賀美ノ神社, 国和田に住んだ, 国咲がまとまれるし, 国咲パリからついた, 国咲太郎一連隊が出発, 国咲太郎私従弟の紀, 国咲父タウス息子門の前, 国咲私と三人, 国を取, 国唐津の城主小笠原主殿頭長昌, 国商務館をた, 国商業国としての彼ら, 国なり何ぞ, 国四つであつ, 国四十一州は他人, 国四千万の驀頭, 国四明ヶ岳の含月荘, 国四県であります, 国図製作大小名, 国固く請うて, 国国々に伝はる, 国国会においてビスマルク公, 国国師の墳墓, 国国府を去っ, 国国民として御, 国国民議会なり, 国国里里命を失ふ, 国国防完成のため, 国圧制に反動, 国在陣之間敵味方閧死軍兵皆令入仏道也, 国在陣之間敵味方鬨死軍兵皆令入仏道也, 国なりとせ, 国地上の楽園, 国をくだった, 国坂田郡伊吹山護国寺を定額, 国垂井の宿, 国埃及の王宮, 国の細長く, 国埴科郡松代からもう, 国基督教会孰れも, 国埼玉郡の普, 国埼玉郡越谷住井出権蔵の子, 国を御, 国塚原の産, 国塩沢に生れた, 国塩谷郡塩原村の郷士鹽原角右衞門, 国塩飽の地頭, 国墨大隊の軍楽隊, 国墨磨川の水上, 国の浦, 国士官と協議, 国に死, 国外れの海, 国外交の硬化, 国外相のタレーラン, 国多く善馬出る, 国多学の人, 国多気郡とにあり, 国夜業から十時すぎ, 国大き出水の, 国大使はやにはにそば, 国大使ゴールド女史の居間, 国大使チャメロスが加納五兵衛, 国大使マレウイチの来任, 国大使館員と生田流, 国大分の本屋忠文堂, 国大家コントの教会ポジティビスト, 国大平山にこもった, 国大庭御厨の内, 国大洲の城主加藤遠江守泰済, 国大統領ホウル・クルーゲル歿す, 国大菅吉太郎氏の報, 国大貫村にお里, 国大里郡と横見郡, 国大野三万八千石の百姓何万人, 国大野吉城益田の三郡共有地, 国大野郡国幣小社水無神社俗に一の宮, 国大野郡大野の城主土井利恒, 国大野郡辺りにてこのごろ流行, 国大阪に出, 国天下をば撫で, 国天城山南湯ヶ野温泉旅館に数年前, 国天皇と称せられ, 国天皇家に直接, 国太宰府の町, 国太田の城, 国なき妻, 国失われず大夫に, 国夷隅郡総元村に現存, 国奄芸郡に一人, 国奈賀郡駒場駅の人, 国奉幣の例, 国奥山明神に参籠, 国奥殿の領主松平左七郎乗, 国かなり贅沢, 国女王マリア・テレジヤの反抗, 国如き手ぬるい禍, 国始まって以来, 国姐さんとお, 国姫路の城主酒井雅楽頭忠知, 国の班長, 国婦人子供国有論が生れる, 国子供三人その他二人, 国存亡のとき, 国学派尊王論に由来, 国学生ヲ目的トスルモノニシテ, 国孫策の勢力, 国孱士の茶香古器, 国宇佐八幡宮を拝, 国宇土の半島, 国宇治山田といえ, 国宇都宮より徙, 国宇都山に於い, 国宇阪の荘, 国守るほどはあっ, 国安しとあり, 国安倍郡豊田村曲金の素封家海野寿作, 国安倍野といふ村, 国安岐の城主, 国安心の国, 国安来の人, 国安濃郡津の城主, 国安積郡今の福島県安積郡日和田町, 国安蘇郡佐野の浪人尾島忠助, 国安蘇郡田沼の土豪, 国宗と俺とで, 国宗教の幻象, 国官吏八坂直光の妻, 国宝飯郡国府町に著い, 国実国綴方生活工程国研をはじめ, 国宣教師の行動, 国宣言となっ, 国宮島へ渡った, 国宮崎郡清武村に二段八畝, 国宮市に二日, 国の人々, 国寂光土また譬, 国密約の内容, 国富み民栄え, 国富めばもっ, 国富田林の石, 国寺前橘町東懸所前, 国寺城を預かる, 国寺本に住ん, 国寺門前に南蛮, 国はまた, 国将校を討ち取る, 国尊王の大義, 国尊王二致無かりしなり, 国小判の国, 国小山から参加, 国小川の市, 国小川村なる中江藤樹, 国小松で豊か, 国小浜御坊のおん, 国小湊の浜, 国小田原の城主大久保加賀守忠真, 国小田村の古墳調査, 国小谷の浅井久政, 国小馬田の小, 国少年のサービス, 国少年ガーネットは幼年組, 国尼崎に敗れた, 国尽くしに挙げ, 国尾鈴山の北側, 国展出品者に共通, 国展春陽会を見, 国展独立自由美術などの画家, 国展的なリアリスト, 国山下村農家の主人, 国山代温泉のこの, 国山口には大内義興, 国山梨の県, 国山梨村大竜寺の長老, 国山田某が明治二十年十月二十九日郵送, 国山田荘を横領, 国山辺郡朝和村にも起こった, 国山鹿郡箸人郷というの, 国山鹿郡荒爪の山, 国岡寺の薬屋源太郎, 国岡山を経, 国岡山表具師幸吉というもの, 国岡田郡羽生村であった, 国岩城山の神と云, 国岩屋の浦, 国岩戸山霊巌洞の不動, 国岩瀬郡鏡沼の南辺, 国岩船郡村上町の友人, 国峰如削成直聳属天, 国の八十島, 国島原産の志士中村貞太郎, 国島田の宿, 国島田駅の素封家, 国崇拝の排撃, 国崩しと呼ばれた, 国巡遊になぞら, 国巣昔より久受, 国巨摩郡と書いた, 国巴里市場に於, 国巴里府ルーモルグに在る如き, 国市原郡高根村に生れた, 国市原郡鶴舞に徙, 国市川町に住ん, 国市民の名, 国希有の珍木, 国に対し兵, 国帝国主義の侵略, 国帝室付舞踏師で革命後上海, 国帝政の東方侵畧主義, 国帰りは九月上旬, 国常世に行く, 国常立尊の如き, 国常立尊国狭槌尊, 国幌別郡幌別村に伝承, 国幌別郡幌別町内に富岸, 国幕府これがみな, 国幣中社たるもの, 国幣中社大物忌神社同雄勝郡大沢, 国幣中社安仁神社の禰宜太美万彦, 国幣大社であるが, 国幣小社水無神社はどの, 国幣小社水無神社俗に一の宮, 国干渉式のもの, 国干渉遼東還附, 国の赤井岳, 国平らけく, 国平均の沙汰, 国平戸の城主松浦肥前守, 国幹及旧兵隊の者随行致候間, 国幹平清基など東国, 国幾万の百姓, 国庁時代からの櫛比, 国広島国泰寺裏門前杉木小路, 国府中の生まれ, 国度会郡山田岩淵町の人中西用亮, 国度会郡林崎に駐, 国庭木の産, 国には舜天王, 国廟国幕府これがみな, 国建って以来, 国建国と皇帝, 国建国以来の歴史的, 国建福寺の鎮守馬, 国建立の一人, 国の頑固, 国かはた, 国引き神話に近づい, 国引くと引き, 国彦山に, 国当代の名優リュシャン・ギイトリイ, 国当局の後援, 国彼杵郡浦上村の産, 国往生院で四十八日, 国をもっ, 国後藤原に転ず, 国り賦, 国従って凶作の, 国従来の精神, 国得志が帰らん, 国御前近う参る, 国の発揚, 国徳川へ弓, 国の人竹内作左衛門, 国志ニ見ユ, 国志巻七十六に見え, 国志相郡岩鍋の地, 国志貴山の地, 国忠使帰るに, 国忠曰くこれけだし夫婦相念, 国思いにつけぬ, 国思ふ心は, 国思慕の華, 国怡土郡と界す, 国性爺合戦これらは現在, 国性爺段四郎の甘, 国の御国, 国レ山の, 国恵美郡中野方村山田氏より昨年, 国恵那郡岩村の城主松平, 国に闇, 国悉皆の有様, 国患いま除くべし, 国を担, 国愛宕郡貴船村の貴船神社, 国愛宕郡高野村の猪口徳右衛門, 国愛甲郡毛利から起っ, 国愛知の郡, 国愛知郡阿伊智, 国愛知郡作良郷現在熱田の東南方, 国愛知郡北蚊野村に宇野うめ, 国憲兵五六人佩剣を鳴らし, 国憲法改正案の討議, 国すべしの, 国両宮往古年中行事, 国成りき綿津見の, 国成田山不動尊深川永代寺に於, 国成羽の医岡伯庵, 国でなかったらいかに, 国戦い疲れるを, 国戦艦隊にとどめ, 国戦車隊には日本武士, 国戸田左門氏鉄の槍術指南役, 国の刀, 国と名前, 国所名前をそこで, 国所用で出かけた, 国扱いなの, 国批評家の文, 国承認記念日に陸相板垣中将, 国抱けるが如, 国押部という処, 国挙る大事の, 国掌管の祝典, 国掛川に宿した, 国探検隊長となっ, 国探見記, 国探険者たる一代, 国への時節, 国換え断絶削封, 国摩耶山の絵葉書, 国撃破後英国を屈し得た, 国播磨国へとく, 国支配階級への攻撃, 国攻略の海戦, 国攻略軍を指揮, 国政治上の妨害, 国敗れて何, 国教師の言, 国教育の事, 国敦賀の城主酒井右京亮忠, 国敷智郡都築の人, 国敷知郡地方では, 国文脈との間, 国料理の魚羹, 国かる幾重, 国新井方村の水呑百姓, 国新冠川の上流, 国新得町字屈足に十勝川, 国新潟の産, 国新石下村とある, 国新聞の最近情報, 国新見町横山兵蔵様と書い, 国旗亭ダリコントの部屋, 国日光山のその, 国日出づる所に近き, 国日本人以外の国民, 国日本人全体のため, 国日本女性の講和問題, 国日本県と言う, 国日田の天領, 国日置郡伊作や肥前国北高来郡湯江村, 国日高郡に道成寺, 国昆陽の宿, 国昔話集にある, 国映画に出る, 国春日井郡の覚明行者, 国春日井郡庄内川の岸, 国昨夜十一時に開成山, 国昵懇を重ねた, 国のアメリカ人, 国の諸王, 国普国の公使ら, 国遠千世丸等, 国と民力, 国智臣摩啅羅その王, 国暖かい海の, 国曳きの神話, 国更にいわゆる世界, 国書生等は不治悔過, 国書記官メルメット・カションが日本執政, 国曾我村生の曾我岩蔵, 国最下の賎民, 国最高の政務, 国最高司令官と米代表, 国最高司令官ミズーリ艦上で五本, 国最高最大の貴族, 国月ヶ瀬の梅, 国有識階級ニ於テハ華国ハ眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, 国朝六家詩鈔の初, 国朝夷郡真門村で由緒, 国朝政記未落成, 国朝日山の信寂房, 国朝来郡の生れ, 国朝沈万三富天下に甲, 国朝鮮連合軍の首, 国木下半右衛門, 国木喰観海上人の弟子, 国の流用はく, 国の門輩, 国村岡の市, 国条約と云う, 国東京の満, 国東京市に於ける, 国東口の追貝村, 国東国よりも西国, 国東境城北天祠の前, 国東洋艦隊それである三色旗, 国東洋艦隊司令官は今や, 国東牟婁郡の海岸, 国東諸県郡の本庄, 国松林伯円がある, 国松江の大橋, 国板野郡田上郷の戸籍残簡, 国板野郡神宅村の夫役帳, 国へ行き, 国枠主義のカリカチュール, 国枠主義者の観念, 国某氏の実際, 国柳生道場の武骨もの, 国栄え山河朗々である, 国栗原郡勝鹿というところ, 国栗太郡草津の人宇野杢右衛門, 国桐生の人村岡善左衛門常信, 国桑名で南宮大湫, 国梵志の種, 国棚倉より徙, 国植物学大家ジュシューいわくいわゆる植物羔, 国植田駅から御, 国南の, 国極度の食料不足, 国榛原郡小山の城, 国様似町内西様似の海岸, 国樔村は関西, 国の三角石, 国標槌と鎌, 国標鎚と鎌, 国権現のお宮, 国横浜の友達, 国横須賀の城主西尾隠岐守忠善, 国橋上下新利根川下流幸田橋上下水郷上の島狢塚戸指川などである, 国橋豊玉橋朝日橋三原橋木挽橋出雲橋等の下, 国は水色, 国檜隈郡に居つた, 国歌劇一座最終の演奏, 国武国廟国幕府これがみな, 国武官の監督, 国歴史家の手, 国に筑波山, 国殖民政策の弊害, 国殺しで処刑, 国は秦氏, 国母上が急, 国に国分寺, 国毎度水の中, 国比企郡の低い, 国比叡山のふもと, 国比婆郡庄原町の仕事, 国毛利庄の宮崎八幡宮, 国氏説について考え, 国民族と民族, 国気仙郡今の猪川村, 国気仙郡矢作村という, 国気仙郡花輪村の竹駒, 国水橋といふ小さな, 国氷上郡佐治近くの大, 国永浜某氏の報道, 国江田の旗, 国池上の右衛門太夫宗仲の館, 国池田より相州鎌倉, 国池田地方は山間, 国沙流山道の駅亭, 国沙流郡富川町はもと, 国沙流郡平取村キソオマップの附近, 国沙流郡平取村字荷菜の平目カレピア婆さん, 国沙流郡平取部落で, 国沙流郡新平賀村で, 国河内郡今泉の興福寺, 国河内郡阿波村の大杉明神, 国河合村の広瀬神社, 国河曲郡の大木神社, 国治まりがたくなも, 国治めてゐる, 国治る人である, 国沼田の産, 国泉寺の寺記, 国泉寺記にこの, 国法務大臣徐洪範はかつて, 国の末, 国波左可延牟物能等可牟, 国波木井の郷, 国泰かに人楽しみ災除かれ福, 国津々浦々へ行き渡っ, 国津山の御, 国津高郡井原村土井敬一これをもらい受け, 国洲崎浜の駒井甚三郎, 国洲本に生る, 国がまだ, 国見埼, 国浄土であり天寿国, 国浄瑠璃寺吉祥天のお, 国浄飯王のお子様, 国浅井郡の産, 国浅口郡に間人郷, 国浅野長政の次女, 国浅間大神と一神, 国浦戸港にマニラ, 国のほとり, 国海上郡に出た, 国海松五十斤参河国海松一百斤紀伊国海松四十斤同書巻, 国海禁未だ除かれず, 国海軍司令部のコミサール, 国海辺旃陀羅が子, 国海部郡多良村御蔵穢多棟付, 国深安郡八尋村に生まれた, 国深安郡加茂村粟根の人, 国深津郡福山の城主阿部伊勢守正倫, 国清い霊魂の, 国清水の港, 国清洲在の郷士, 国渋川郡大蓮寺村の伯父, 国渟田の佐伯部, 国渡りて海北, 国渡洋進攻艦隊の運命, 国渡辺からわざわざ, 国渥美郡田原町の青年, 国温泉の街, 国温泉嶽の下, 国湯殿山黄金堂玄良坊佐久間お竹大日如来, 国滅びたるは賢人, 国滅ビテ山河在リ矣, 国演劇文化の本流, 国漢文中等教員の検定試験, 国漢文研究所日本大学などを転々, 国漢英仏独の文学科, 国漢英数だけはよく, 国漫画の大家ドーミエー, 国漫遊の際, 国濱口梧陵翁の愛護, 国火打岳ヨリ神風ヲ起シ, 国無事安穏のこと, 国熊取村五門に徙つて, 国熊野の有馬村, 国熊野浦長島外町の漁師, 国熱田神領の, 国爆撃機隊は太平洋上, 国爾帰而足羽御社神司馬来田主, 国爾波山河乎比呂美安都美等多弖麻豆流御調宝波, 国輪の, 国片側は少く, 国にも, 国牡鹿郡折の浜, 国を阿弥陀寺町, 国物語無可有郷物語, 国特に大都会, 国特別の扱い, 国特派全権公使トゥール普国代理公使ブランドオランダ公務代理総領事ブロックそれに米国弁理公使ファルケンボルグ, 国特種の音楽, 国牽き神話に, 国犬上郡の不知哉川, 国犬山の城主石川貞清, 国狛島に船, 国狩太農場四百数十町歩を小作人, 国狩野の庄, 国独り徳国にあらず, 国独得の文化, 国槌尊豊斟渟尊大, 国狭霧尊の化生, 国猪苗代亀の城, 国猿神生贄を止むる, 国王道融泰土を廊, 国玖珂の鞠生, 国玖珂郡玖珂郷の戸籍残簡, 国玖珂郡通津村に住ん, 国珠洲ヶ岬へ吹, 国入間郡コマ村の, 国現代式装飾だなと, 国現在に主義, 国現在書目ありと, 国理一君外務省の板倉君, 国理論の国, 国琵琶湖畔堅田の北村祐庵, 国の世, 国瓦解の前提, 国甘南備の郷字矢佐利, 国生え抜きの土着, 国生みをする, 国生れの宗彭沢庵, 国生れ育った国に, 国生活の必要, 国生駒郡今の奈良市, 国産品村の出生, 国用ここに富み, 国用方を命ぜられた, 国用歳出に対するの警戒, 国田沼の郷, 国田辺城を攻められ, 国田野浦部崎の方, 国甲賀郡信楽の窯, 国は江戸, 国又二郎町, 国画創作会の甲斐荘楠音, 国画創作協会を組織, 国画展の方, 国留萌郡留萌町であろうが, 国病院へよった, 国発展本隊に部署, 国白子から江戸, 国白糠町にある, 国白老郡白老町字虎杖浜のオソ, 国白耳竜あり毎, 国に叛, 国皇別に依, 国皇后の女官ナジーヤ・スコロフ, 国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 国皇太后が音頭取り, 国皇太子フェルジナンド大公夫妻がボスニヤ, 国皇妹をめとり損なった, 国皇孫領らす, 国皇帝其人なれ, 国皇帝陛下御滞在中, 国益城郡に大伴君熊, 国益城郡柴垣氏の報知, 国なり英国, 国盛んなるは, 国盟約を結ばせた, 国目付今年は天野弥五左衛門どの, 国目付接待のため, 国相仇とし, 国相模の国, 国相漠河の橋数ヶ間, 国相良郡箱崎八幡祭礼の場, 国真人五百国という者, 国真尾林には来りし, 国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 国真鶴港外の三ツ石付近, 国矢津の城主浮田直家, 国矢田郡に分れ住んだ, 国知らさむ君, 国知らさむと五百つ, 国知らさまし島の, 国石和川まで, 国石川郡松任の駅, 国石橋山の古戦場, 国石鹸玉の都, 国砂煙の国, 国破れ人はさすらふ, 国磐城平の城主安藤家, 国磐田郡袋井駅に勤務, 国磯城郡纏向村近傍に蜘蛛火, 国磯輸上秀真国或いは虚, 国社会主義者達から始め, 国社会党首領クロポトキン翁の大著, 国社会状態に反感, 国社神の昇格, 国祖以来三代の功臣, 国祖孫堅将軍以来重恩をこうむっ, 国が覆ろう, 国神梛木村に鍬形惣助, 国神石郡の田植唄, 国神野郡に昔高僧, 国神門郡須佐神社では八月十五日, 国の壁, 国りの, 国禅月国狭霧尊の化生, 国福井の城主松平越前守慶永, 国福地を給う, 国のたい, 国秋山といふ強力, 国秋田から米, 国秋田領白沢宿まで出向いた, 国科学界の第一人者フーラー博士, 国秦寺の樟, 国秩父小沢口の住人逸見太四郎義利, 国のウーダン, 国稲荷山をうつし, 国穂別部落では, 国穴済穴海和武尊悪神を殺戮, 国て航海, 国空っ風でお, 国空軍数百機が東京, 国竜神の奥, 国はどこ, 国竹野郡にも同じ, 国笠原庄のさくら, 国笠縫の里, 国第一歩の魔法, 国の関港, 国の源泉, 国筑摩郡松本の城主松平丹波守光行, 国筑波山の麓, 国の美術省, 国箸尾村の土豪, 国篠崎の故郷, 国米国の風, 国米国オランダ暹羅中国の諸国, 国粂郡に皿山, 国糟谷権守盛久などはその, 国は編纂, 国紀臣連伴造国造百八十部並に公民等, 国素大略虜掠, 国細々村の, 国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 国終ること有らざるべし, 国経卿その比, 国経卿歎き給, 国経史にあり, 国経大納言の室, 国経朝臣の家, 国経済の議論, 国経済建設はこれ, 国経老人が詠んだ, 国が漸く, 国統治者たる名誉, 国絵画の評論三巻, 国維会的新官僚, 国維納に開かれし, 国綴喜の郡, 国綴喜郡多賀郷のタカ, 国綴喜郡田辺の里, 国綴方生活工程国研をはじめ, 国司令部との, 国総ての地頭, 国総督の不満, 国の講義, 国に命じ, 国繍帳にいう, 国羅曼的文学の先鋒, 国美幌部落で使う, 国美濃近江加賀能登越前肥後の熊本, 国美濃郡に高橋魯庵, 国群馬県のなか, 国羽生村と申す, 国翰林院学士に当選, 国者同士が江戸, 国者堺是広大地亦緬, 国聯盟の枝隊, 国聯邦参事院の一員, 国ると共に, 国胆沢城に配置, 国を存する, 国膺懲の建白書, 国自まんも恐ろしき, 国自分国府津へ来る, 国自慢みたいなもの, 国自慢世界一を自慢, 国自慢兵法話に夢中, 国自慢奥羽は奥羽, 国自治国を包含, 国自由の国, 国自由平等の国, 国自転車でとり, 国臼杵の稲葉家, 国舅これは予, 国舅ひとりお顔, 国舅以下のあえない, 国興ってここ, 国興仁もの是也西郷南洲氏は是, 国興廃の大事, 国興隆の策, 国船井郡新荘村船枝の船枝神社, 国船岡山の西麓, 国艦隊ニ対シテ攻撃ヲ加エントシ, 国艦隊司令長官に告ぐ, 国艦隊司令長官スタール大将はかねてから, 国色東京のもの, 国色花神などの名, 国は謡曲, 国をいちいち, 国苅屋の人, 国苗木領の二つ森山, 国苦しみ少ない国, 国英スエ子私市次郎出磬山, 国英仏が戦後, 国英仏その他を現に, 国英吉利を相手, 国英国と言った, 国英国皇帝の御, 国英寿江子さん達を御飯, 国英数自然研究の簡単, 国英田郡字宮本と云う, 国茨曾根の人関根氏, 国茶筅共と我々共, 国草津の宿, 国荒れに揉まれ抜い, 国菅原寺の住僧, 国菅野のん子等, 国華やかな身構, 国の城主三十六万九千石毛利大膳大夫様, 国萩藩の留守居, 国葛城を望む, 国葛城山の麓, 国葛野郡に現在梅津, 国葛野郡宇太野に都, 国葛飾郡の今, 国葛飾郡流山在の郷士, 国葡萄の美酒, 国葦北郡水俣から戸籍, 国葦原中国玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 国蒲原郡何村の産, 国蒲原郡新発田の城主, 国蒲原郡見附在小栗山村真言宗不動院, 国蓮華寺の禅勝房, 国蔵相ココフツォフの一行, 国藤堂家の城下, 国藤津郡多良峯を蔽, 国蘆屋里人越野守任のもと, 国虚無党の謀図, 国に染めし, 国衆人の名代, 国衆夷六十六国の民衆, 国行以前と其, 国行平作の大, 国行徳地先から舟, 国行徳村からざっと, 国行燈の町, 国行脚ですけど, 国衰えて忠臣, 国衰える時は, 国西北に蛇磧, 国西北条郡津山の城主松平家, 国西多摩郡霞村字今井吉田兼吉氏所蔵のもの, 国西彼杵郡高島村吉本氏より報知, 国西成郡木津村の百姓, 国西成郡舳淵荘盛福寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 国西方に傾く, 国西比利亜の流竄者, 国西洋のため, 国西航已二旬洋中風色日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 国西蒲原郡砂子塚または西川桜林村, 国西衆夷を服する, 国西軍には大内政弘, 国西頸城郡市振村というところ, 国見るも限, 国見物ですね, 国親子地蔵の因縁, 国親愛なるこの, 国による, 国言相通ず, 国討伐を果たそう, 国訪問の時, 国へ向っ, 国訳されただけで, 国訳一切経は続け, 国訳本を必要, 国訳漢文大系本戦国策を読む, 国詩人等の存在, 国詩壇の革新者コンスタンチン, 国詩革新のこゑ, 国詫間の配所, 国の引き写し, 国誌ようなもの, 国誌常套手段の城門, 国認識が足らなかった, 国を主張, 国諏訪大明神御贄, 国諸事由来記その他に伝へ, 国諸事由来記其他を見, 国諸書に勝る, 国警公安委大会の決議, 国警大村警察の調べ, 国警察の頑丈, 国警署長は, 国警長官の進退, 国警青森県本部と小湊地区署, 国議会に於ける, 国讃美・人讃美が呪詞, 国讃良という処, 国豆戦艦グラーフ・シュペー号上で安泰, 国に千日, 国豊山無縁寺回向院と名づけしめ, 国豊田郡竹原に遷, 国豊葦原瑞穂国葦原中国玉墻内国細戈千足国磯輸上秀真国或いは虚, 国象徴派詩人の考え, 国財日々乏しかりし, 国にし, 国貧しく民窮する, 国貧ニシテ兵弱シツトメザル可ケンヤ, 国貴族と自称, 国貿易と云う, 国賀茂郡松崎村の鰹船, 国賜緋魚袋閭丘胤と申す, 国だという, 国贔屓の人達, 国赤松入道円心の息女, 国赤磐郡太田村大字万富小字梅という処, 国湯山に, 国起こるにおよび, 国超重爆撃機の, 国をしよう, 国越後のお話, 国越後国上野国三ヶ国ニ跨リ, 国越智郡大三島にある, 国足すもよ七つき八つき, 国足らす畑つ, 国足利の名主, 国足利郡吾妻村大字小羽田は関東, 国足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 国足柄山の山奥, 国踏むここちする, 国躑躅ヶ崎の古屋敷, 国身延山に去った, 国軍人の盲従, 国軍機大臣より更に, 国軍部といえ, 国軍隊の無条件降伏, 国が言った, 国軸丸笙という笙, 国軽井沢の宿, 国の錦絵, 国農業の状態, 国近う参れ相談, 国近世の抒情詩, 国近江の国, 国迦陵頻伽の笑声睦, 国逗留中はイギリス製, 国通信機関の秩序, 国通商の国, 国速見郡鶴見山嶺に在り, 国速見郷鶴見山嶺に在り, 国逢坂山のが一番, 国連盟して, 国遊学後自分の郷里, 国運送船隊は九十九里浜, 国道男が行った, 国道私丈になっ, 国遠いところからの, 国遠し常は, 国遠田郡を賜りました, 国邇摩郡の石見銀山, 国邇翁御許邇在来時汝奈何伝此事不勤, 国邑久郡朝日村の飯盛神社, 国邑名の冠する, 国邑智郡粕淵に至, 国那珂郡の住人弥次郎入道, 国那珂郡櫛梨村の人, 国那賀郡桑野村の富人某方, 国那賀郡角野本郷今西岸寺ノ前井上道益ト申ス医者, 国那須の下蛭田村, 国那須郡大田原の城主, 国郡上越前国大野三万八千石の百姓何万人, 国郡卜定と言う, 国郡司以下及び雑色人等, 国郡名に適用, 国郡山に移した, 国郡村まできめ, 国郡等司此の事, 国郡郷里の名, 国郡騒動して, 国郵船の事務所, 国郵船会社の巨船ポルトス号, 国に帰し, 国都マイカ市上の八四二区, 国都ラサ府に這込, 国都江戸に到着, 国都留郡の福地郷, 国醇会の一行, 国里里命を失ふ, 国野ツて国野為也, 国野先生はこの, 国野基を右団次, 国野明位より外, 国野為也氏方の書生, 国野蛮アリマスこう吐, 国金光明四天王護国寺に二十僧, 国金剛山の西, 国金沢といふ浦, 国釜石の港, 国鈴鹿峠の坂の下, 国銀三弗十五銭を持参, 国を尽し, 国錐大明神と念じ, 国鎌倉の人, 国長尾村の人小野櫟翁, 国長崎のお方, 国間謀の手, 国関川へ出, 国関東総督アレキシーフと盛京将軍増祺, 国関町の土地唄, 国闇かき昏す恐しい, 国防衛の第, 国阿漕ヶ浦に流れ寄り, 国阿賀郡村尾村一向宗穢多寺永宝寺と申, 国を布く, 国陸軍の兵士たち, 国陸軍少佐は従者, 国陸軍爆撃機の生意気, 国陸軍省の金庫, 国隅田川の渡し守, 国随一の幽寂界, 国之の五字, 国隣りに津軽藩, 国離れ来て, 国の程度, 国雪山の白牛, 国霧積山から前触れ, 国静内町にいわゆる, 国革命党員とも交際, 国革命初期以来数十年ぶりの現象, 国革命史を仏語, 国革命後三十数年たってのこと, 国革命政府の眼, 国革命時代に行, 国革命派続々逃, 国革命進行中だったこと, 国革命運動に関する記録, 国を発した, 国韓国島津に対する九州, 国韮山の某, 国音嘘に通ず, 国音家令は鰈, 国頸城郡姫川の流れ, 国頸城郡林泉寺村真日山林泉寺に馬頭観音, 国頸城郡高田へ国替, 国額田郡伊田村の獅子舞塚, 国高く眉蹙, 国風土記云々明石駅家駒手の御井, 国風土記云々昔し棟木一株郡家, 国風土記曰夫常陸国者堺是広大地亦緬, 国が過ぎる, 国飛び切りの国, 国飛行の神通, 国飛行家の操縦, 国飛行機は母艦, 国飛行隊の名誉, 国飛騨が含まれます, 国飛鳥井雅賢などというよう, 国飢渇して, 国飫肥の人, 国飫肥領の山中, 国飯山へ連れ, 国飯高郡の民, 国飾東郡姫路の城主酒井雅楽頭忠実, 国養父郡市場の養父神社, 国館山の里見義弘, 国首府ハリコフで行われた, 国首府ブエノスアイレス市に向かう, 国首府モンテビデオ港に着す, 国首府リオデジャネイロ港に入船, 国首相やエ国皇帝, 国首相レイノーによつて殆ど罵倒, 国香さまじゃ, 国香亡き後は一族, 国香以来おれを亡き, 国香叔父良正良兼また源護, 国香取郡万歳の後山, 国香取郡東荘を領, 国香取郡香取村に遊びし, 国香本名良望は蓋し, 国香様のお, 国香死亡記事の本文, 国香父子の態度, 国香等が返さなかつた, 国香羽鳥の上総介良兼, 国香良兼等が伯父さん風, 国香良兼良正の三名, 国香良正たちはそれ, 国香良正等は之, 国馬鹿なこと, 国馭謨郡の海上屋久島, 国駅館川の産, 国剳大使館一等書記官として, 国駐箚日本公使は急, 国駿東郡そして北, 国駿東郡佐野駅の駅長助役, 国駿東郡原駅で生れた, 国高名のお話, 国高地人の笛, 国高尾山の奥院, 国高山の町, 国高岡郡の佐川町, 国高島郡石橋を通っ, 国高師ガ原を採集, 国高座郷堤村の浄, 国高砂の浦, 国高良山の麓, 国高角辺に住, 国高遠の城主, 国高鍋の観音, 国高須郡内の山間, 国高麗天竺南蛮までの恥さらし, 国魂時代に女性国魂, 国魂神と同じ, 国魂郡魂という類, 国魚沼の僻地, 国鯖江の城主間部下総守詮勝, 国鶏冠井の法華堂, 国鶴崎で刺客, 国鷹巣山に入り, 国が, 国鹿児島を知らぬ, 国鹿島大神宮の事触れ, 国鹿瀬の荘, 国麻耶郡猪苗代の城, 国黄賊の大軍, 国黒壁は金沢市, 国鼎立策にも大陸統合