青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「召使~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

只今~ ~叫び 叫び~ 叫び声~ ~叫ぶ 叫ぶ~ ~叫ん 叫ん~ ~叫んだ 叫んだ~
召使~
~可 可~ 可哀そう~ ~可愛 可愛~ ~可愛い 可愛い~ 可愛らしい~ 可憐~ ~可能

「召使~」 1189, 12ppm, 9224位

▼ 召使~ (237, 19.9%)

7 一人が 6 者が, 者に 5 ように 4 男を 3 前にて, 女に, 女の, 数も, 者であろう, 者の

2 [11件] お江野, ような, ユアンに, 八重と, 前に, 大部分, 手に, 男が, 男女が, 男女の, 男女を

1 [169件] おますという, お君, お房, お杉, お茂與, かげ口半分, ことばでは, すすめる蒲団, ために, つかれ顔, ところへ, ない屋敷, ひとりで, ほうが, ほかいる, ほかに, ほかには, ほか幼児一名ある, ものたち, ものの, やうに, アシルが, アシルは, ジェームス, モルジアナに, ヤーフが, ユアンも, 一人だ, 一人として, 一人に, 一人の, 一人を, 一人一人を, 一番強い, 中でも, 中に, 主だった, 主人に対する, 二三十人も, 二人は, 人々は, 人数も, 人達にも, 人達を, 仕事という, 仕事を, 位置を, 何を, 出て, 出入りなき, 分限だ, 制度では, 取次に, 口から, 台所へ, 同居が, 君と, 國と, 園丁が, 声を, 外には, 女お, 女が, 女それは, 女たちなど, 女たちに, 女たちや, 女たちを, 女たち三百八十余人は, 女です, 女などが, 女は, 女も, 女中に, 女共が, 女子たちの, 姿も, 婆さんが, 婆やに, 婆やの, 婢が, 婢に, 室へ, 家に, 家人たちへ, 将来も, 小侍, 小童に, 少女と, 居た室, 幾人かは, 庄十郎は, 弟橘媛は, 影と, 役割を, 悪鬼だ, 手から, 手を, 捲きつけたナプキン, 控え目さを, 数が, 数に, 斎藤老人に, 方なり, 方達も, 月毛が, 月毛の, 月毛を, 服装を, 東助, 案内で, 涙の, 爺が, 物さえも, 猪之吉でございます, 田舎を, 男たちも, 男である, 男の, 男は, 男や, 男児を, 男女など, 百姓上りの, 目が, 童女やらが, 童子として, 端にまで, 端まで, 節度を, 給料を, 給金をも, 老女が, 老婆が, 老婆と, 老婆の, 老媼に, 者から, 者からも, 者どもが, 者なども, 者にまで, 者や, 者を, 者亂心と, 者十三人ひとりのこらず, 者等も, 背後に, 若党へ, 菊という, 菊を, 血と, 行為から, 言葉に, 訊問を, 証言によって, 誰や, 足跡これ丈け, 身分でございます, 身分として, 身分には, 迎えも, 迎児を, 部屋と, 間に, 関係に, 頭とかが, 馬に, 馬鹿さ加減を

▼ 召使たち~ (125, 10.5%)

3 の証言 2 といっしょ, なりに渡さず, に顔, の口占, の声, は私

1 [110件] から一部, から聞いた, から聞かされる, から陰口, がお, がこんな, がじろじろ, がとん, がやってきました, がグランド, が一ぺん, が三, が全部, が大騒ぎ, が寝, が帰っ, が手, が日本, が消え, が満足, が私, が笑え, が駆けつけ, が駈け付け, すら近寄る, とも顔馴染, と一緒, にかしずかれ, についてお嬢さんたち, には今, には全部一晩, には絶対, には顔, にまで西洋風, にまるで, にもひと口, にもひどく, にも逸早く, にも隠し, に厳命, に叫び, に向っ, に囲繞, に家, に投げ出し, に知らせ, に絶対, に親し, に部屋, の一人一人, の一顰一笑, の先頭, の制度, の右往左往, の嗚咽, の大半, の始末, の手前, の改革, の溜り部屋, の視線, の調べ, の足音, の部屋, の間, はあんなに, はいない, はすごすご, はその, はまた, は一人, は信用, は当惑, は彼ら, は彼女, は時, は木, は減らさなけれ, は絹, は起き, は近所, は遊び, へ, へいくばく, へも憚り, へ暇, までがみな客, までハッキリ, もこぞって, もさっさと, もそんな, もスッカリ眠り, も一向, も不審, も何, も同様, も数える, も知りぬい, も自分たち, も訊問, や馭者たち, をお, をもう一度, をもっ, を呼び, を呼び集める, を四方, を寝させ, を督, を野卑

▼ 召使~ (89, 7.5%)

3 入って 2 また出, 一通の, 二人で, 先に, 出て, 食事を

1 [74件] ありましたこれ, ある, いなくなると, いますけれど, いますこれ, うっかりし, おとも, お入用, さっそく朝食, ずらりと頭, その家, それを, ついて, どんな達者, ふたりだけ, ふたりやってき, みな藁草履を, われも, ゴオランベリイの, ズラリと, マデーラの, 一人うしろの, 三人これだけの, 三人で, 三人ばかりも, 主人に対して, 主人の, 二人が, 二人がかりで, 二人それだけが, 二人私に, 何人いよう, 出はいりして, 前に, 十八人, 半時間, 壮麗な, 多過ぎる, 大きな袋, 子供たちの, 幾人も, 式台に, 彼に, 彼の, 待兼ね, 急病をでも, 戸を, 扉を, 持参した, 未だ何人, 未来の, 死体を, 泣き倒れて, 灯を, 炉に, 玄関を, 男も, 私に, 突き落された, 立って, 立派な, 答えた, 老幼の, 聴いたの, 聴き噛, 背に, 胚子付けした, 膝を, 話すの, 誤って, 追っかけて, 運び入れて, 閾の, 面通しの

▼ 召使~ (74, 6.2%)

2 かしづかれ, 化けて, 命じると, 言いつけました

1 [66件] いいつけた, いいつけて, いたるまで, かしずかれながら, きくと, こう命じ, この事, させたいとか, なった, なって, なつた, なると, なるの, まかせっきり, ものを, チヨツカイを, ランプを, 与える説明書, 世話させる, 云いつけたの, 伝言した, 住み込み軍事探偵, 何か, 侍かれ, 出来心を, 取らせるの, 向って, 向つて, 命じて, 囲繞せられ, 子供たちの, 室の, 寄こせと, 導かれて, 心ままに, 悪口を, 手を, 持たせて, 持ち広い, 暇を, 案内され, 燭台を, 物を, 眼が, 穀類を, 糺せば, 聞いて, 膳を, 臭くなった, 致すため, 色々の, 茶を, 荷か, 要する費用, 言いつけて, 言った, 言葉を, 訊いて, 訊ねた, 詞でも, 買いに, 身を, 追わせたの, 過ぎないと, 馬を, 馬車を

▼ 召使~ (69, 5.8%)

2 供につれて, 叱り飛ばしながら, 呼ぶにも, 呼んだが, 呼んで, 除いた外

1 [57件] いれた家計, かう言, たくさんに, たくさん使っ, つかった, つけて, つれて, のこらず庭, みな遠ざけた, もって, よこしたので, よび, よんで, 一人そばに, 一人雇入れる, 代えたいからとの, 伴った私服, 伴って, 使って, 労わる道を, 叩き起して, 叱つたこと, 叱りつけた, 呼ばれるの, 呼びさえ, 呼ぶだけに, 呼ぶに, 呼んだ, 噛むなぞ, 困りながら, 妻に, 家へ, 小声に, 引きつれて, 急がせた, 憚りながら法水, 懇, 手討に, 打ちますか, 投おり込ん, 招き寄せて, 指図し, 擁して, 残らず集めて, 王樣として, 相手の, 立ち去らせたの, 縛りあげて, 見ると, 買収し, 連れ, 遠ざけて, 除く五人, 雇い入れその, 雇い農産品, 雇い高尚優雅, 養いまた

▼ 召使~ (66, 5.6%)

3 の婢女ども 2 たちは, たちも, のお, 共の, 達は

1 [53件] が云, が先生, が出, が必要, が病氣, が茶果, が静か, たちから, たちが, たちとも, たちの, ながら最上先生, にあと, にしか見えない, に優しき, に澤, に相応, の, のやう, の三五郎飛, の人々心, の人たち, の女中, の寄せる依, の年, の役目, の数, の男女, の者, の者出入, の誰か, はたまりません, は一人, は廊下, や馬車, 久八の, 久兵衞へ, 以下です, 候事有之, 候夕霧と, 候旨御, 千太郎身持放埓に, 同様に, 居候下女は, 度いと, 待遇これも, 等に, 置し, 達が, 達と, 達はずつと, 達や, 風の

▼ 召使~ (55, 4.6%)

2 そんなこと, たびたび出

1 [51件] あっても, いったそして, いないかと, おらぬの, お汝, このへん, じきに, すこしむっつりし, すっかり驚き, そういうもの, そのけたたましい, その通り, それらの, たくさんいました, ほんのふたつ三つ, むとて一昨年の, わたしに, ヒンドバッドの, フランスや, 一人も, 一封の, 三ヵ月間は, 下女一人に, 丸太小屋の, 二人に, 云う, 信じがたい, 僕の, 全部で, 勿論家族, 厳重に, 客人の, 彼が, 我が召使, 日本語で, 来ず電話架線, 来ない, 梯子を, 極度の, 武家の, 気がつかないらしく同じ, 知ったらしく鶴子, 結婚を, 聞えない音, 自己の, 見えませぬ, 見られるべきもの, 話しました, 誰も, 返されましたか, 郷の

▼ 召使~ (54, 4.5%)

2 が口, の為

1 [50件] がオドオド, が主人, が多く, が幾人, が彼女, が往, が御, が手分け, が燈火, が裏山, が静, が顔色, が飛出し, と一つ大釜, と一緒, にその, にどこ, に一人一人質問, に事情, に安い, に聞かれる, のよく, の中, の乗った, の乗つた自動車, の廣間, の群, の言語表情, の足音, の部屋, の黒い, はあの, は一寸, は勝手元, は半, は徐和, は星田さん, は漏れなく入っ, は陛下, も, もとっくに, も三谷, も引続き, も思ひ出した, も青く, を引きつれ, を笑, を笑わせた, を退け, 残らずの

▼ 召使~ (35, 2.9%)

1 [35件] いつの間にか昨夜, いない様子, いなかった, おり家具, かれの, こんな清らか, ずいぶん多かっ, その後は, たくさん使っ, なんら不審, また豊田, みな鋤鍬を, みな離れ, ゐないでは, 二十人くらいは, 作法を, 同様でした, 同様の, 呼ばず一室, 大勢でございましょう, 大勢居た, 家来も, 居り奧, 居れば, 彼の, 彼女の, 持ったからには, 時折に, 混じって, 私共, 置いて, 連れずたった, 連れずたつた一人, 遠く去つ, 遠ざけたの

▼ 召使って~ (27, 2.3%)

2 いる, いるもの

1 [23件] いた, いたけれども, いたの, いたものの, いた弁蔵, いた忠実, いられますから, いるが, いるだけ, いる下女, いる僮僕, いる奉公人, いる女中たち, いる私, おけ, おりました, くれるよう, やる, やろうと, 来たあの, 遣わすほどに, 遣わそうが, 静かに

▼ 召使~ (19, 1.6%)

1 [19件] いうには, いうより, いつた樣子, お嬢さんが, たった三人毎夜, なって, 主人とは, 争い隣人, 二人で, 二人の, 云うばっかりの, 合せて, 同じこと, 私自身とは, 立派に, 職工は, 若様の, 言う名, 通謀し

▼ 召使ども~ (18, 1.5%)

1 [18件] から一つ, が残っ, が眠らう, について言う, にはスペイン革, にも感染, にやらせ, に聞かれ, に見られ, のみを捕え, の中, の前, の歎, の言う, は遠ざけ, は驚い, も多い, を訊問

▼ 召使~ (18, 1.5%)

2 運転手や

1 [16件] おまへん, すべての, 乳母に, 交友の, 出入りの, 友人たちも, 古い女房, 奥さまや, 家族や, 昔の, 犬などを, 職工が, 近所の, 重傷を, 附近の, 雇い人夫

▼ 召使~ (14, 1.2%)

2 が答えた, が言った 1 が叫んだ, が彼, であり料理人, について実験室, のプール, の顔, はひどく, は私, は言葉, は顔色

▼ 召使~ (12, 1.0%)

2 者の 1 ことに, てくれ, とも婦人たる者, は随分, ばかりか贔屓, 女たちへも, 者どもが, 者に, 若侍, 身分にても

▼ 召使われ~ (12, 1.0%)

8 ている 2 ていた 1 ておりましたれ, てこの

▼ 召使~ (9, 0.8%)

1 がよい, ことに, には及ばざるべし, 下女に, 下女下男に, 子女一人のみ, 老婆あり, 者なれ, 腰元澤の

▼ 召使には~ (8, 0.7%)

1 すぐ分る, みな暇を, よく見張る, 丁寧だ, 不似合, 毫末の, 見えるよう, 違ひない

▼ 召使~ (7, 0.6%)

1 いけないつてわけ, おとといの, 一人は, 常時日出雄少年の, 彼の, 旦那様の, 無理に

▼ 召使では~ (7, 0.6%)

1 ありません, ない, ないが, ない玄関番, なくて, なく家付, なく船島

▼ 召使でも~ (7, 0.6%)

1 ありません, あるやう, これを, ないので, なく探偵達, 付けて, 置き忘れたもの

▼ 召使として~ (7, 0.6%)

1 やとって, 仕えて, 使います, 利用し, 取り扱いほとんどなんら, 残した, 理性の

▼ 召使~ (7, 0.6%)

1 にたいして高慢ちき, に向かっ, に対しても宗冬, に用, のまん中, の間, も来

▼ 召使らしい~ (7, 0.6%)

2 女が, 美しい娘, 風を 1 りっぱな

▼ 召使~ (7, 0.6%)

1 が少々, にかこわれ, の気質, の煩い, の蔭口, はこの, はそれ

▼ 召使から~ (6, 0.5%)

2 聞いて 1 告げ知らされた, 時折この, 案内された, 邸外の

▼ 召使~ (6, 0.5%)

1 の, のか, のだ, のでさすが, のでへい, んだ

▼ 召使などの~ (6, 0.5%)

2 中に 1 その方, 器械的な, 手前あなたの, 総じて目下

▼ 召使にも~ (6, 0.5%)

1 云い残さない, 出会わずたどりついたの, 愛想を, 手伝わせて, 無言の, 見離され足

▼ 召使~ (5, 0.4%)

1 ぞ, つたのだ, という点, と仰, の

▼ 召使~ (4, 0.3%)

1 さよ婆さんが, せいという, せいといふ, 滝

▼ 召使である~ (4, 0.3%)

1 ことが, ともあまり顔, 事を, 子供の

▼ 召使という~ (4, 0.3%)

1 のが, のは, 召使が, 名義に

▼ 召使なども~ (4, 0.3%)

1 すっかり顔, 凡て暇を, 寝て, 決してこんな

▼ 召使はれ~ (4, 0.3%)

2 てゐた 1 てゐる, の者

▼ 召使~ (4, 0.3%)

1 と人, の称呼, は部屋, をハシタモノ

▼ 召使~ (4, 0.3%)

1 は主人, は寝, は皆廣間, まで万歳

▼ 召使部屋~ (4, 0.3%)

1 から呼びだされ, から聞え, がまだ, で祝つて

▼ 召使~ (3, 0.3%)

1 それとも姉弟たち, わけの, 何かの

▼ 召使とは~ (3, 0.3%)

2 見えぬ美しい 1 思えなかった

▼ 召使とも~ (3, 0.3%)

2 見える采女 1 万の

▼ 召使ばかり~ (3, 0.3%)

1 であった, 大勢いました, 居て

▼ 召使ひし~ (3, 0.3%)

1 喜八と, 直八, 者の

▼ 召使ひたる~ (3, 0.3%)

1 お房, 仲間に, 老婆しん病死せし

▼ 召使った~ (2, 0.2%)

1 老官女, 飼犬に

▼ 召使であった~ (2, 0.2%)

1 が拙者, のだ

▼ 召使と共に~ (2, 0.2%)

1 寧子も, 群盜を

▼ 召使ひで~ (2, 0.2%)

1 あつた, 御座います

▼ 召使ひも~ (2, 0.2%)

2 ゐる

▼ 召使~ (2, 0.2%)

1 いって, そっと包みらしい

▼ 召使までが~ (2, 0.2%)

1 その夜, 蔭口を

▼ 召使われた~ (2, 0.2%)

1 ものは, 男や

▼ 召使われる~ (2, 0.2%)

1 事に, 身と

▼ 召使~ (2, 0.2%)

1 がいる, は鎧戸

▼ 召使十日目~ (2, 0.2%)

2 には駕籠

▼ 召使同様~ (2, 0.2%)

1 でした, に取り扱われた

▼ 召使女中~ (2, 0.2%)

2 には御

▼ 召使~ (2, 0.2%)

2 で居る

▼ 召使自身~ (2, 0.2%)

1 はポーランド人, も解せぬらしい

▼1* [90件]

召使いたもう文字の, 召使うてやって下され, 召使お玉に扮, 召使さては細君に, 召使じゃありません, 召使すら迎えないの, 召使たしとの事, 召使たちぢやあこの, 召使たち全部には朝八時, 召使たち環視の中, 召使たるべき者である, 召使だった靴型工の, 召使だって一番強い, 召使だのほとんど彼, 召使てやる, 召使であり奴隷でありました, 召使であるらしいことは, 召使でござるか, 召使でなくて私, 召使といった風に, 召使といふ名義に, 召使とかには努めても, 召使とがある関係, 召使としてはこれ程理想的, 召使とで食膳を, 召使とでも云った様, 召使とにかしずかれ眉, 召使との間に, 召使などというものは, 召使などに知れ渡って, 召使なら身分素姓を, 召使にたいするよりもひどい態度, 召使にでも仰しゃるようなお口ぶり, 召使になどされる下層社会, 召使によって判明した, 召使のみである, 召使のみで賑かな, 召使はんと堅く, 召使ばかりかよその, 召使ばかりが重宝に, 召使ひだつて私の肩, 召使ひとの中間, 召使ひといふ名儀だが, 召使ひと稱する, 召使ひなの, 召使ひによつて彼, 召使ひも駄目なの, 召使ひよりもない, 召使ふうの小女, 召使ふてもゐますれ, 召使ふものの, 召使または警護の, 召使までみんなが, 召使までもまた太閤, 召使やら馬を, 召使やらも多くゆたか, 召使やらを加えますと, 召使より早く起き, 召使よりも達人の, 召使りゅう雇女駒と申す, 召使るること, 召使われましたのが, 召使一人だって寄せ付ける, 召使一同にも命じ, 召使一同階下の客間, 召使三五郎を鍬頭, 召使三十有余人を一家, 召使三州藤川在岩井村百姓久左衞門悴當時本石町二丁目甚兵衞店六右衞門方同居久八二十九歳, 召使にお, 召使中当夜客席に出, 召使二人とともに過去, 召使人どもにハイド氏, 召使は夫, 召使と二つ, 召使医者などをのせた, 召使又は側室など, 召使同士の馴染, 召使と不義姦通, 召使奴隷の主人, 召使家来などが結合, 召使御用商人親戚友人無関係者見知らぬ通行人, 召使助同道, 召使根性のよう, 召使用昇降機のなか, 召使の身分, 召使美しいベスさんを, 召使であると, 召使の接待, 召使や給仕, 召使風情が腰