青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「固有~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~困難 困難~ ~図 図~ 図書館~ ~固 固~ ~固く 固く~ 固定~
固有~
~国 国~ 国内~ 国境~ ~国家 国家~ ~国民 国民~ 国際~ ~國

「固有~」 1178, 13ppm, 8643位

▼ 固有~ (633, 53.7%)

9 もので 7 ものである, ものと, 語を 6 ものが, ものとして, ものを, 文化は 5 文化を 4 ものであっ, 性質を, 意味を, 文化が, 物を, 美しさ 3 信仰の, 力によ, 姿が, 宗教を, 思想には, 語にて, 運動を, 面白さ

2 [46件] ものであり, ものでない, ものに, 伝統と, 価値を, 処が, 力によって, 力を, 勢力を, 原理を, 名を, 名称が, 学を, 学問を, 審美的趣味より, 専制的精神の, 属性に, 形を, 性質は, 意味において, 意味の, 感情を, 文化と, 文化の, 文明が, 文明を, 日本人でない, 服装を, 権利を, 活動に, 活動を, 物に, 発作が, 発達を, 精神が, 精神を, 美が, 美や, 能力に, 自然観の, 諸学, 道徳を, 面目を, 風では, 風を, 魂が

1 [434件] あの寂然, あらゆる機才, うまみを, おとぎ話に, おるべき環境, かたちが, きわめて顕著, こころもちとが, この一つ, ざはめきになれ, ざわめきに, しかも現代日本, ふりである, ものか, ものから, ものだ, ものであります, ものとは, ものなり, ものなる, ものなれ, ものは, ものもしくは, ものよりかも, ものよりも, もの以上の, やり方では, よさ, ヤソ教あり, 一番みじめな, 上帝天帝の, 世界が, 世界観を, 事実で, 事物は, 人情という, 人間の, 仏教を, 仙宮の, 代表的哲学, 仮説を, 仮面の, 伝統, 位置を, 使は, 信仰は, 信仰も, 俳人気質を, 俳諧連句を, 個人的経験から, 假説を, 偉大さを, 偉大なる, 傾向である, 働を, 價値を, 儀禮に, 優しい歌物話, 優れた文化, 元始的な, 元資, 光の, 内在的価格, 写真術が, 利権を, 力に, 功利的価値を, 効果を, 動きが, 勢力と, 勢力に, 印銘を, 原則的制限で, 受け身の, 古い食物, 古名らしく, 古神思想, 句法をも, 名称で, 名称を, 名詞で, 味が, 和歌には, 品が, 品物を, 品行を, 哲学と, 哲学史学文学, 唄も, 啓発説と, 国体と, 国性と, 国民思想を, 国民性が, 国民的精神または, 国風でも, 国風を, 国風文明を, 国風民情を, 國性と, 國語が, 國語である, 圧力を, 地名を, 型と, 基礎の, 場所であった, 変態性慾的, 多神教礼拝を, 大切な, 大和言葉が, 大根の, 大祓へ, 天地の, 天然林を, 奇術が, 好奇心から, 妖怪に, 妖怪の, 妙味の, 妙所を, 始原および, 姓たとえば, 姿を, 存在については, 存在を, 学, 学と, 学は, 学問あり, 學問と, 學術は, 安定した, 宗教ある, 宗教思想或は, 家族制度, 容貌並に, 宿命に, 寂しく驕慢, 寂寥と, 實力已に, 實在, 対象であった, 専売物を, 對象を, 山野の, 常数である, 平民文学において, 平静さを, 幾何学的性質に, 幾何学的組織に, 建築の, 形で, 形に, 形の, 形式と, 形式に, 形式を, 徳が, 心理遺伝の, 心生活の, 忠孝の, 快感が, 思想と, 思想なる, 思想に, 思想は, 思想家として, 性に, 性格を, 性質に, 悟性の, 情熱でも, 情緒を, 情趣を, 意味においては, 意味における, 意味にまで, 意欲を, 意義に, 意義を, 意見の, 意識性を, 感じ方が, 感覚と, 慣習に, 所生や, 手振, 持味や, 挙止を, 政治の, 政治思想の, 敗徳と, 教えは, 文化, 文化とか, 文化や, 文化若く, 文字に, 文字を, 文学美術が, 文言通り吹け, 斎忌制においても, 料理法や, 方法が, 方法と, 方法を, 方術を, 方言かと, 日本人の, 日本人を, 日本性を, 日本文化が, 日本独特の, 日本画よりも, 日本的範疇が, 日本語は, 旧文化破壊, 時間性即ち, 景色を, 智力その, 暦を, 服装が, 服装で, 服装に, 本性と, 本能が, 本能殊に, 本質を, 本質的の, 材幹が, 条件と, 染料たり, 柔道の, 棚機つ, 植物と, 概念物の, 構造を, 様式が, 権利では, 権威を, 歌を, 武士道による, 歴史的限界に, 残忍非道な, 民俗さへ, 民族的精神の, 民衆思想との, 民謡を, 気候風土と, 気風も, 氣質は, 法なる, 法則に, 法式に, 洪水説話が, 活動において, 活動における, 浪漫趣味とが, 海洋観を, 涼しさ, 演劇の, 演劇形式であります, 演劇的伝統が, 物で, 特別な, 特宜, 特徴が, 特徴と, 特性といはんよりも, 特色が, 特色などは, 特色も, 特質を, 犯罪風習に, 状態を, 狂言や, 狂言を, 独特な, 狭い意味, 理由が, 理論的勢力を, 甚句や, 生々主義を, 生き方態度思想そういう, 生命を, 生活に, 生活を, 産を, 画風は, 疾疼に, 病も, 病理現象, 発想法で, 発達であり, 発達であろう, 発達と, 発達に, 発達の, 目的計画ある, 直観力と, 真理は, 研究所を, 社会的制限も, 祓への, 神でない, 神女, 神祇崇拝との, 神道の, 祭文様式を, 秘密結社の, 秘戯画に対して, 種が, 空気であり, 空気と, 立派な, 符号は, 筆法を以て, 範疇論理を, 粽が, 精神とが, 精神障礙が, 純潔を, 紙を, 細みと, 經典を, 線の, 美を, 美人風俗画を, 美徳ありし, 美徳純情の, 美的表示を, 美術に, 美術工芸を, 美術心より, 美術表現に, 美質を, 美風だ, 美風である, 美風良俗が, 習俗と, 習慣を, 習慣性によりて, 考え方を, 背水癖で, 能力を, 脅迫観念が, 脳髄の, 膚の, 自然美を, 自然観を, 至宝を, 舞踏である, 舟では, 舟と, 良心の, 色が, 色は, 色を, 色彩を, 芝居踊唄を, 芸術に, 草地を, 藍色の, 虚偽や, 衣服を, 表出を, 表現法から, 観念を, 言葉, 言葉が, 言葉として, 言語は, 言語及び, 言語歴史宗教および, 言語歴史宗教を, 言語殊に, 計量の, 詞章に, 詩形の, 説話と, 謡を, 財産として, 貴重なる, 趣味から, 趣味と, 趣味とまで, 趣味の, 跡を, 軽妙滑稽の, 輻射を, 迷信物だ, 遊戯その, 遊戯である, 運命の, 運命を, 道具を, 道徳は, 道徳や, 道教儒教と, 達成の, 邦語または, 部分は, 重量と, 長所が, 開闢説を, 陰陽五行論をも, 陰陽術かな, 陰陽説と, 雅味が, 雌鳥の, 難病と, 面影を, 音律を, 領域は, 領域を, 領域内で, 風俗, 風俗とか, 風俗として, 風俗を, 風俗俚謡児戯笑譚祭儀伝説等あり, 風俗習慣を, 風景に, 風景を, 風景美を, 風習だ, 風習で, 風習を, 食生活精神といふ, 鹿舞に, 鹿舞系の, 鹿踊へ, 龍神信仰と

▼ 固有~ (300, 25.5%)

6 もので 5 ものである 4 意味における 3 ものと, ものの, 性質である, 感覚乃至, 日本の, 特色は

2 [23件] ことであり, ものだ, ものであっ, ものは, 一種の, 切線の, 制限を, 変化との, 形の, 快活さを, 性質, 性質であった, 意味においては, 感覚を, 或る, 手懸りが, 活動に, 特殊の, 特色を, 精神では, 経験を, 美しさ, 道義本位の

1 [221件] いわば先天的, ことである, この原理, そして或は高等, その平然さ, それでなけれ, それと共に, なんらかの文化的, においを, ので, のであり, のである, のは, ひとり文芸にだけ, もの, ものが, ものたらしめる, ものだろう, ものであり, ものであるまい, ものでなかった, ものでなけれ, ものな, ものに, ものには, ものを, アクセントである, イデオロギーたる, オッポチュニズムという, スペクトルが, センスが, センスと, テーマである, ファシズム形態が, 一定の, 一義的な, 一般化は, 且つ十分, 世界で, 主観性に, 五と, 人世観世界観の, 人民戦線の, 人物の, 人知れぬ, 体液を, 作用範囲の, 価値である, 信仰や, 傾向や, 内部的構造を, 内部的論理的構造を, 分析であっ, 効果を, 動的テレオロギーな, 否プロレタリア, 和服が, 品が, 哲学という, 問題と, 問題として, 問題にまで, 問題は, 因循極まる, 因縁ある, 土産植物では, 土着の, 夫, 契機は, 女としての, 如何にも事実, 姿は, 姿を, 学問らしい, 学問性によって, 学問性を, 実在の, 実践性故に, 客観的事情からこそ, 封建的残存勢力, 幻想力によって, 幾何学的な, 弁証法は, 弁証法的運動は, 弱点を, 当面性, 従って又, 従って批評性, 徳から, 思惟方法は, 思想が, 思考に, 性格として, 性質だ, 性質であり, 性質では, 性質に, 性質によって, 性質は, 性質を, 悪徳を, 悪意の, 意味で, 意味での, 意識形態が, 感度という, 感覚が, 感覚とも, 慣例はとに, 懐疑, 所有に, 手仕事を, 手段によって, 手続きにも, 承認もしくは, 技術的範疇は, 政策である, 故郷を, 文化, 文化の, 文字に, 文学的ジャンルであり, 文明が, 新しい詩, 方法を, 方法乃至, 方法概念の, 日本品を, 日本的特色をば, 普遍妥当性として, 普遍性, 暮しぶりや, 本能だ, 根本性質だ, 根本特色な, 根本的な, 極大量の, 様式と, 様式の, 模写という, 樹の, 歌とは, 歴史であります, 歴史を, 歴史学や, 歴史学的乃至, 歴史性は, 歴史的, 歴史的一形態である, 歴史的社会的構造と, 民族的記憶で, 法則, 法則が, 浮薄さを, 滲透性について, 火山現象の, 物理的測定の, 特別な, 特徴が, 特徴として, 特徴を, 特殊事情が, 特異性だ, 特色から, 特色が, 特色であっ, 特質である, 現実に, 現実性に, 現物的な, 現象である, 生理的効果すなわち, 異質性と, 発展の, 目で, 直接的利用とは, 直観が, 直観的イメージを, 知識構成は, 社会文化理論に, 社会科学が, 神聖なる, 禁足制度を, 科学が, 立場で, 筈である, 範囲に, 範疇と, 精神である, 精神の, 紙だ, 素質, 美しい日本, 考え方で, 聖人の, 肯定否定の, 自然の, 色で, 表現様式の, 要素である, 規定でなけれ, 規定を, 視角に, 言葉の, 調和と, 諸主体, 諸根本概念, 貴重な, 質的特色を, 趣が, 運動によって, 運動の, 配置に, 配置によって, 鋭い直観, 長所である, 関係, 関係である, 静けさと, 音楽が, 領域は

▼ 固有~ (27, 2.3%)

2 がある, はすべて, を創造, を認知

1 [19件] あるいは性質, あるひ, がす, がすなわち, でなくそれ, となるべし, とを問わず, と異なる, と通有性, において現, によって幾何学的空間, に於, の直接, はた, はたとい, を不当, を基礎, を論証, を論證

▼ 固有~ (26, 2.2%)

8 幾何学的な 2 して

1 [16件] あるもの, あれだけの, 制限された, 属する驚異的, 成り立ったもの, 文化的な, 文学的な, 日本的な, 有余不足あらん, 歴史的な, 歴史的なる, 決定する, 発達した, 社会的な, 稀薄な, 緊密な

▼ 固有なる~ (24, 2.0%)

2 もの最も, 客體面の

1 [20件] それらの, は其整合的調和, 一事態が, 事實から, 作物と, 地盤が, 快感を, 性質として, 悪習毒気は, 意味に, 意味において, 成立の, 構造は, 機能は, 歴史概念では, 歴史的意識を, 濃霧は, 神祇の, 自己主張を, 語を

▼ 固有~ (13, 1.1%)

1 [13件] の問題, の尊重, は斷然, は日本流, は最も, は矢張り尊重, は神聖, は絶對性, を二つ, を形づくり, を形づくる, を普通名, 殊に地名

▼ 固有~ (10, 0.8%)

5 ている 2 て居た 1 てい, てその, てゐた

▼ 固有する~ (10, 0.8%)

1 ということ, 一種特別の, 他者性の, 先天的良心の, 処の, 品行の, 所に, 才能そのものが, 瘠我慢の, 良心の

▼ 固有である~ (10, 0.8%)

1 から分類概念, か見当, が盆, というよう, という主張, と云う, と考えられた, ので, ように, 之に

▼ 固有文化~ (10, 0.8%)

1 が発育, に関する研究, に関心, の保存, の精粋, は外国人, は決定的, への無, を形成, を消化

▼ 固有~ (9, 0.8%)

2 に屬 1 と此派, なりといふとき, にては甲人, に屬せり, の死したる, は事, 又主事派

▼ 固有であり~ (8, 0.7%)

2 内なる, 独特であっ 1 ながらそれ, 後者は, 従って本格的, 従って物質

▼ 固有運動~ (7, 0.6%)

1 から算定, から計算, すなわち角速度, だと, と称する, について言え, は二つ

▼ 固有法則~ (6, 0.5%)

1 があっ, に合致, の側面, をよく, を持つ, を理解

▼ 固有せる~ (5, 0.4%)

1 ものが, 勢力も, 大勢力, 種々の, 色彩は

▼ 固有振動~ (5, 0.4%)

1 にも関係, の検出, の週期, を発見, を起こし

▼ 固有であっ~ (4, 0.3%)

2 て他 1 て事実そのもの, て決して

▼ 固有~ (4, 0.3%)

1 いうべきもの, 云ひ, 考えられる構成, 考へた民譚

▼ 固有宗教~ (4, 0.3%)

2 の弱味 1 の一つ, の教理

▼ 固有信仰~ (3, 0.3%)

1 がこれ, の純, の進ん

▼ 固有折衷人間~ (3, 0.3%)

2 の三目 1 の三派

▼ 固有~ (2, 0.2%)

1 という一部, と信じられ

▼ 固有であるべき~ (2, 0.2%)

1 否定, 直観的

▼ 固有でない~ (2, 0.2%)

1 ような, 環境に

▼ 固有でなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 固有性質~ (2, 0.2%)

1 が却って愈々, は本質的

▼ 固有意識~ (2, 0.2%)

2 としての時間体験

▼ 固有振動週期~ (2, 0.2%)

1 だという, を示す

▼ 固有特色~ (2, 0.2%)

1 なの, の快楽場

▼ 固有~ (2, 0.2%)

1 ではない, のガクアジサイ

▼ 固有~ (2, 0.2%)

1 では無い, と違つた意味

▼ 固有芸術~ (2, 0.2%)

1 の中, は影

▼ 固有~ (2, 0.2%)

1 とも見るべき, を承け

▼1* [33件]

固有輸入か, 固有すなわちいつの, 固有せられてゐ, 固有せられたことは, 固有だった論理性の, 固有必然な, 固有であったそして歴史科学, 固有であるらしく見えるもので, 固有なひみつととけ合っ, 固有なりとは学者の, 固有な活きた連関を, 固有類想なり, 固有らしい特色の, 固有意味する, 固有剛健ニ恃ム, 固有価値ではなくし, 固有原則はこの, 固有原理らしいもの, 固有名称を取り去る, 固有専属す, 固有形態を持った, 固有思想と五行等, 固有振動数というもの, 固有日本の夢, 固有日本人の財産, 固有日本語のこれ, 固有様式で説明, 固有法則性は生命, 固有派個想の折衷派, 固有と関係, 固有種子なる事, 固有純粋なるもの, 固有能力を発達