青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「図~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

団体~ ~困っ 困っ~ ~困った 困った~ ~困る 困る~ ~困難 困難~ ~図
図~
図書館~ ~固 固~ ~固く 固く~ 固定~ 固有~ ~国 国~ 国内~

「図~」 4559, 49ppm, 2357位

▼ 図~ (740, 16.2%)

27 した 16 描いて 15 して 10 見て, 見ると 9 かいて 8 すると 7 作って, 出して, 見せて 5 しました, 引いて, 見るよう 4 待って, 描くこと, 見るに, 見れば 3 したり, する, すれば, もって, 写して, 出す, 拡げて

2 [39件] ここに, ご覧に, された通り, したので, したもの, しながら, しますと, つくり兼ねて, なして, はずすな, ひいた, ひく時, ふところに, 作り山紫水明楼上, 作る, 先き, 受けて, 引いたり, 形づくって, 手に, 指しながら, 振った, 採りて, 描いたの, 描いたり, 描く, 描くの, 描く事, 教えて, 画いて, 画かれたが, 移して, 蔵し, 見ても, 見ますと, 見よ, 載せ, 送って, 開いて

1 [494件] あけた, あると, いくとおり, いくども, いたした次第, いつ何者, うけろの, うつしたり, うばいかえしたいという, えがいた塗り扉, おしげも, おぼろに, お前に, お譲り願っ, かかせて, かきかけて, かきだした, かく家並, かけて, かわし陪席判事ら, きかない上, くり拡げました, こいつに, ごく内々, ごらんなさい, ご本陣, ご自分, さし出した, されて, しさえ, しそして, したが, したの, したらば, したら多勢, したレオパルジ, した奴, した時, しだした, してるらしかった, しましたが, します, しようとは, し二艘, し次に, し毎週一回シャン・ゼリゼー, じっと思いえがい, すでに二度, するから, するそういう, するの, するので, するまで, するよう, するらしい, するん, せられそう, そえて, たどつて, たよりに, ちらりと見て取った, ちらりと見る, つかって, つくったわけ, つくりあげて, つくるには, つけて, とりだし主人勝家, とりだすの, どうした, どんどん書きました, ながめたり, なさると, のみよく, はずさずどこ, はずさずに, はずすなと, はずすまいと, ひいたらば, ひいたり, ひいて, ひとめ見, ひらいて, ひろげ, ひろげて, ひろげると, また担ぎだし, まんまとフリッツ大尉, みせて, みること, もう二度引直, やろう, よく見かける, よく見れ, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチに, スケッチした, バサリと, バリバリ音, パノラマ式に, ブリキ屋へ, ミズスギすなわち, 一の, 一列に, 一度作っ, 一掃に, 一枚一セントで, 一枚一枚調べ, 一枚加えた, 一枚得た, 一目見る, 一見し, 一見する, 上の, 与えるのに, 与えるばかり, 与え初め, 与え目科, 並べた, 並べて, 並べる机, 了解し, 二人から, 二枚とも, 人民に, 仔細に, 他日の, 以前の, 仰がるること, 仰ぐの, 何か, 何と読ん, 何年に, 何枚と, 作った, 作ったと, 作ったので, 作つた, 作つて, 作つてゐた, 作らんと, 作りはじめました, 作り灌漑方法, 作ること, 作るため, 作るに, 作る外, 作る際, 使って, 使わなければ, 信ずるは, 借りて, 偲ばうならば, 側へ, 偶然書きおいた, 僕の, 僕は, 入れて, 入れなければ, 入れ以, 公に, 再び出, 再び看る, 写した, 写し著, 写生的に, 写真に, 出さず, 出した, 出したの, 出し確か指, 出すこの, 出せるも, 出だし径高, 出だすと, 出てからは, 利用し, 利用しない, 創意し, 参照されたい, 参照すべし, 参考と, 収めかつ, 取り出した, 取り出した奴, 取り出して, 取り返して, 取り返す用事, 取出して, 受けた願人坊主, 受けようとも, 受けると, 受けわたくし, 叩きながら, 合は, 同書から, 同藩, 名も, 名前は, 吟味しまし, 吟味所の, 含んで, 吹こうと, 図案化し, 基礎と, 塗り潰したもの, 外さずに, 外さずわざと, 外さず全, 外さず藤吉郎, 外されて, 多少なりとも成就, 大急ぎで, 太い線, 奉ったが, 奥深く掛け, 好む, 始め須弥山図, 宇宙自然界の, 完成した, 寄する, 封じこめ屋敷, 小包に, 展開する, 工藤の, 巻いて, 巻き上げられて, 広げて, 廻って, 廻つて日本人が, 弄りまわすこと, 引いたの, 引かないん, 引きて, 引きは, 引くこと, 引くため, 引くとか, 引くの, 引く時, 引く為, 引く腰弁, 引け, 引用する, 彩りしめす, 彩りはじめた, 彫ったもの, 待ちうけました, 待ちました, 待ち申すべく候, 待つ積り, 待て, 得て, 微塵に, 徴するも, 必死に, 必要と, 忘れずに, 思いついたの, 思い出した, 思い出します, 思い出す, 思い描きひとり手出し, 思い描くと, 思ひ出す, 息苦しいまでに, 恵んで, 惜し気, 想像し, 想像した, 想像する, 想起します, 愛するよう, 感知なされ, 憶い出し, 憶い出す, 懐き偉業, 懐中に, 懸けさせました, 成したもの, 所持の, 批評する, 投げつけること, 投げて, 抜かさずうてや, 披い, 披て, 抱えて, 押し戴いて, 拝見したい, 拡げた, 拡張する, 拵えて, 持って, 指し示した, 按じた結果, 捉えたいと, 掛けて, 採ったわけ, 探すと, 探幽, 掲げいわく, 掲げかつ, 掲げその, 掲げて, 掲げ当時, 描いた, 描いたが, 描いたとき, 描いたとも, 描いたよう, 描いた三世紀以前, 描いた二枚, 描いた二枚折, 描いた屏風, 描いた彼, 描いた竜蓋寺, 描かせるについても, 描かせ奉書刷り, 描きさらに, 描きその, 描きながら, 描きました, 描きました時, 描きまた, 描き上げて, 描き二代目, 描き出して, 描き出す, 描き出せしより, 描き魔法典焚書, 描くならすぐ, 描くに, 描くので, 描く時, 描く為, 描成せり, 提げて, 撮った写真, 教えよ, 日日の, 日本中に, 日本海軍へ, 日本的に, 暫く眺め, 書いた, 書いて, 書きとりました, 書きながら, 書くこと, 書くと, 有して, 枕の, 案ずるに, 検すれば, 極めて敵, 極彩色で, 構想し, 残したなり, 沢山挿入, 注文した, 浦島が, 浮彫に, 添付す, 渉猟し, 熱心に, 父に, 片双, 献じに, 玄白に, 申訳だけに, 画いたもの, 画いたよう, 画いたり, 画いた衝立, 画きて, 画き稀有, 発表し, 白痴の, 皆, 皆憶える, 盗み出したも, 盗んだは, 盗んで, 目に, 直ぐ探し出せる, 相待ち居候, 相関させた, 眺めながら, 眺めるので, 眺める容子, 眼の, 睨みながら, 瞼に, 知って, 知らざるの, 研究し, 研究した, 示しこれ, 示してから, 示す, 示すと, 秘伝致す, 笑ったので, 第9図, 等身大に, 粉砕一七九七年二月二日までに, 紙に, 組み立てて, 組み立てに, 絵い, 縦横から, 繍って, 織りだした精巧, 繰って, 羨んだ, 背に, 背景に, 胡魔化し, 胸に, 脳裏に, 自分の, 致しますから, 色々と, 蔵む, 行った, 裏から, 製し之, 見かけるの, 見せたり, 見せられましたな, 見せると, 見せるならば, 見た, 見たかと, 見たから, 見ただけでも, 見たとき, 見たの, 見たよう, 見たるもの, 見た事, 見た悪魔, 見た時, 見た記憶, 見つけた, 見なくっては, 見に, 見られたの, 見られちゃった, 見る, 見るが, 見ること, 見るの, 見るもの, 見る人, 見る様, 見直したの, 見落したの, 視ながら, 観, 観せて, 観たこと, 観て, 詠んだ歌, 詳しく調べつづけ, 認めたとき, 課長の, 諜し合したら, 諷したもの, 譲って, 貼込んであるの, 転載し, 載すと, 載せた日本最古, 返した様子, 返す気, 送りました, 道で, 部隊長殿に, 配布した, 野放図な, 金押しした, 開き見よ, 関係の, 閲覧する, 附加し, 隠したの, 隠した隠し場所, 集めた本, 集めて, 電流で, 靴底に, 頭の, 額ぶちに

▼ 図~ (696, 15.3%)

100 乗って 27 のって 10 して 9 乗つて 8 なって, 当って 7 中って 6 あたった, 信じて, 示すよう 5 しても 4 中った, 描いて, 物に, 示すが

3 [13件] あたったの, あたって, あるよう, ある通り, なる, よると, 乗っては, 乗て, 乗り, 在り, 於て, 示す如くである, 見入りました

2 [39件] かくと, したもの, つきては, のりすぎて, のるな, ふれると, よりて, 世の中の, 乗せられて, 乗った人間, 乗り狼藉, 乗り過ぎて, 傲岸な, 写して, 出たもの, 出て, 嘔吐を, 宛てて, 山の端を, 当った, 当りましたね, 思い込んで, 思ひ込んで, 拠りて, 拠ると, 拠れば, 於ても, 比べると, 比べれば, 物を, 示す, 示すもの, 示す通り, 私を, 舞台ばかりに, 見えて, 見られるよう, 近づいて, 題して

1 [371件] あげる如くで今, あたったぞ, あたったとばかり, あたったよう, あたったらそれ, あたりと, あたりましょう, あたります, あたるかも, あたれば, あたれり, あたれりと, あのうち, ありそう, ありても, ある, あるの, あるもの, あるやう, あるドス, あるネックレブ, ある舞台前方, いいの, いたっては, お前の, お急ぎ, かいたの, かいて, かかって, かかりましたら良斎先生, かなりよく表現, こっちの, この大岩, さう思つたの, してもが, しないため, しなくとも, じっと思っ, する必要, すれば, そうも, そう思い込ん, そっくりだ, その特徴, その画賛, その結果, その道へ, それと, それを, そんな洞界, ちょっと動かした, つきて, つき論じて, とりかかりました, なったり, なりましてねえ, なりやすかっ, なると, なるよう, なる気質, にょろにょろと, のせて, のったこの, のった張飛, のった悪魔, のるの, はしゃぎまわった, まぎれも, みんなどっと, よって, よれば, わたくしは, アヽ悪い, ベールを, 一つも, 一心に, 一男一女が, 不合, 中ったかたち, 中ったと, 中ったの, 中る芸, 中れば, 主人大事と, 乗せて, 乗せてと, 乗せないで, 乗ったお, 乗った前髪, 乗った口, 乗った口調, 乗った猿, 乗った藤勝, 乗っていう, 乗ってるとも, 乗つたの, 乗つた明軍, 乗つて了つて, 乗つて余り書き, 乗つて其, 乗つて書物, 乗らせて, 乗らせること, 乗らせるばかり, 乗りすぎたと, 乗りすぎたよう, 乗りすぎた秀吉, 乗りついに, 乗りて, 乗りてか, 乗りながら, 乗りまわらぬ舌, 乗りやがって, 乗り喋舌, 乗り過ぎましたからね, 乗ること, 乗ると, 乗るの, 乗るばかりが, 乗るほど, 乗るまい, 乗る位, 乗る敵, 乗る汚, 乗気味に, 乗過ぎて, 今の, 他の, 仰っしゃるものではない, 任せお次, 任せて, 伊之助を, 伝候得者其上にては, 似いた, 似たもの, 似た梢, 似た脊柱, 似て, 何か, 何かの, 何と秘密, 何の, 余戸の, 作中人物が, 使ふ, 依って, 依て, 信を, 俳句に, 俳句を, 停車場へ, 働き遂に, 僕の, 僕も, 兄さんの, 先へ, 入れて, 写しとって, 出したインド, 分かって, 切なかりし, 別室へ, 剛健なる, 勤めて, 又寝る, 及ぶ, 口惜しいやら, 名作が, 向って, 向ひ, 善後策を, 善意にのみ, 嘘だ, 四人が, 執着し, 外側の, 夜は, 失恋の, 妾と, 嬉しいので, 嬢様の, 小供, 少しばかり, 就て, 巧みで, 帰しその, 幼な, 幾年の, 引合せて, 当たって, 当たりかね, 当たりその, 当たり予想, 当ったこと, 当ったぞ, 当ったの, 当ったので, 当ったよう, 当ったらしいの, 当ったん, 当った策略, 当った馬鹿囃子, 当つた, 当つて楽, 当つて素晴, 当てて, 当りな, 当りひろ子, 当りました, 当り一同, 当るとは, 当れりと, 彼は, 彼を, 後先も, 従うと, 従えた故, 従えば, 従ひ, 徳義的に, 心の, 心を, 怒らんでも, 思いこんで, 思いつめうらめし, 思いつめた調子, 思いつめて, 思い定めて, 思い詰めた少年, 思い込みこの, 思い込む京姫, 思って, 悪い事, 我が子, 戯曲に, 戻つて, 打ち込んで, 拠り約, 振舞った苦い, 描いた, 揮発性を, 撮影った, 散兵壕, 於いて, 於る, 日の, 星の, 昨夜の, 曙の, 書いて, 書き入れて, 書き記した賛, 最う女房, 有がた, 来つて, 栄耀栄華の, 次ぐこと, 歌川豊国が, 正宗院の, 歩いて, 死なして, 比すべきもの, 比べりゃ腐った袢纏, 水長沢と, 求める不合理, 決してさて, 泊めたくないの, 波を, 注釈の, 浮ぶ, 淡彩を, 湧いた, 点線で, 照之助は, 狎戯け散らす, 玉蕉女史は, 現す時, 現れて, 現わし, 現われたよう, 現われて, 現われる女, 甚だ似, 用意致せ, 画くと, 発音ばかり, 目を, 目的を, 直道を, 相当する, 真実と, 真暗三宝駆け出した, 眩めく, 眺め合わせ彼, 眼を, 着色し, 矢印で, 知られない半, 示さば, 示されたもの, 示されて, 示したもの, 示したよう, 示した型, 示した形, 示して, 示すごとき土筆, 示すは, 示すロリス, 示す如く段々, 示す彼, 示す様, 示せば, 示せるが, 種子が, 立ち帰らなければ, 符合する, 等高線が, 算所村高四百三石一斗五升と, 細君の, 絡んで, 続いて, 義光と, 考えるの, 耽る弟, 育つたお, 自分の, 至つては, 色別して, 苛, 若衆大勢夕立に, 莫迦らしい, 薄情と, 蝙蝠の, 血気に, 見える林泉, 見つけるほどの, 見て, 見るところ, 見るよう, 見惚れて, 解釈した, 記入され, 記入しおける, 記名し, 認めて, 赤安山と, 走け, 載せましたゆえ, 載つて, 輝いて, 辞退し得ず, 近, 近衛信尹の, 迫つて涙が, 追かけ, 過ぎない, 過ぎなかったの, 違いは, 選んだ, 都会の, 配するに, 鍋島光茂の, 随行し, 雛を, 静思し, 題した, 題す, 題する詩, 顕れたる奥上州, 顕れて

▼ 図~ (472, 10.4%)

32 ような 26 ように 14 中に 11 上に 6 如きは 4 やうな, やうに, 上から, 上で, 中の, 方が, 線の 3 写真は, 半葉, 大部分

2 [19件] ごとく内部, ものは, 上半部を, 下に, 代りに, 価値は, 信じ得可, 古朴, 名手として, 成立史を, 火を, 笛を, 結晶が, 考察, 背景の, 要素たる, 解説文底本では, 解説文終わり, 部の

1 [308件] あきへ, あの, あるという, あるの, いろはの, うえで, うえに, うえを, うち戦前刊行の, おくさん, おさよ, おぼえ書, お前の, お方で, お父さんは, かけたの, かたへに, ことなど, ことなどは, ことなり, ことについては, ことばは, ことを, こなし方に, ごときも, ごとき人面, ごとき幻影, ごとき松花堂, ごとく, ごとくイロハニホ, ごとく下, ごとく亡霊, ごとく変ぜざるを, ごとく物心二元, ごとく甲乙丙丁四個, ごとく真に, ごとく見えた, ごとく豕, する, そばに, たたんだもの十八枚, ために, つそり, とおりに, とは富士山, と第, どの山, ないこと, ない人, なんと本末, ひいたの, ほうで, ほかに, まえを, むこうに, ものじゃァ, やり直しを, ウフクラ山と, キャプション, テーブルの, パノラマに, プロトタイプも, ベルと共に, ルートを, 一つに, 一家だ, 一巻は, 一幅を, 三つです, 三つを, 三河びな, 上での, 上の, 上を, 上方に, 下側の, 下方に, 下部を, 世界国ノアの, 両図, 中で, 中へ, 中へな, 中を, 中央に, 中程に, 中緞帳が, 予言の, 事なり, 事は, 二三が, 二枚は, 五色ガラスから, 人と, 人間である, 余白に, 例と, 例においては, 信用は, 儘に, 入り違いは, 共立社と, 典故は, 写真では, 写真という, 出来事の, 前で, 前に, 前につれて, 半分であります, 南北よりの, 印刷した, 原理には, 原理を, 取方, 古い壁画, 只見川以西の, 右, 右と, 右の, 右傍に, 右端に, 右端の, 号砲を, 各顕微鏡写真, 名を, 向つて左, 周囲に, 咄を, 問題から, 啓示を, 四枚ある, 四縁を, 図読と, 地形と, 基礎に, 場合と, 壁絵, 壮年に, 変化に, 多いの, 多くは, 大いなるを, 大掲図, 大江山は, 天然雪とを, 太鼓が, 失敗だ, 如きこれ, 如きも, 如きを, 如き一見先づ日本ら, 如き妖怪, 如き或は, 如き長崎絵, 如き雪, 如くしばしば, 如くである, 如くなる, 如く定紋, 如く得意, 如く教師, 如く立て, 如く蛇の目傘, 如し, 姿が, 姿勢に, 嫡子道秀富穀は, 学者なり, 実演を, 実現の, 家に, 家の, 射撃を, 小黒圏は, 少しも, 少数を, 尾瀬沼, 屏風なども, 山名が, 山名の, 山名は, 左, 左半は, 左端, 布局を, 幽ノ沢山は, 形象が, 御飯焚お, 心変を, 心棒が, 急な, 恩恵を, 意をも, 意味についても, 我々に, 手前の, 指示する, 掛け軸を, 描かれたの, 散漫を, 数例に, 断片と, 断片らしく, 新機軸, 方法では, 方角を, 旅の, 日光図幅にも, 日誌を, 景鶴山と, 曾孫の, 有所を, 有所解った, 本流が, 本質が, 条に, 枝の, 構成を, 様が, 様な, 横軸の, 歌を, 歌手は, 正面を, 死者の, 毘沙門山に, 活動は, 浅草橋の, 温泉への, 点景には, 煙草の, 状に, 用を, 男の, 男を, 画を, 痕は, 発行され, 発見に, 百四十米の, 真だ, 真中に, 矛盾の, 知られてない半, 知れない半, 破れを, 破片が, 示すより, 神趣に, 立派な, 笛が, 笛も, 等高線と, 箱も, 箱を, 素朴性は, 結晶も, 絵草紙的薄弱さとは, 維摩の, 縦軸は, 縫い取りが, 縫取, 署名には, 翻刻と, 背景を, 色調は, 花火が, 行列であっ, 被害者なら, 装置よりも, 襖を, 見本を, 訪古志である, 話は, 誤であって, 誤は, 読み方を, 調製を, 貯えたの, 赤鞍岳, 身振りを, 軸を, 軸物を, 迷とは, 通りに, 逸趣に, 金蒔絵が, 鈴の, 錫ヶ岳に, 鐘です, 門内に, 間違って, 阿父さん, 限りを, 雲の, 霊妙を, 額が, 顔は, 顔を, 首すじを, 馬車の, 驚きを, 鬼怒沼山に, 鶴ヶ岳の, 黒三角が, 黒煙を, 234の

▼ 図~ (282, 6.2%)

2 [12件] この角板, これも, その特徴, それを, 余が, 出来て, 前に, 唯の, 後に, 省略, 真作でなく, 非常に

1 [258件] あったの, あまり色気, あれど, あわれでないか, いかにもその, いかにもわびしかっ, いつも正直, いま目の, いろは牛肉店の, おなじくマグレゴア氏, およそこんな, お転婆で, かくの, かなり多く, きょう供を, こちらの, この一線, この法敵, この羊歯状, この雲粒付結晶, これの, ざらに, しまいましょ汝一人, すぐには, すぐ人, すこし将来, すなわちオカメザサ, すべて事務室の, すべて元, そうおもしろい, そこで, その乗鞍, その意匠殊, その木橋, その枝, その花叢, その輪郭, たしかに拝見, たちこめる煙, たまりませんね, ぢめて, できぬ, とうに君, どうも私, どう見, どんなもの, なおいっそう, なんです, なんともうれしく有難く, はじめから, ひそかに, ひろ, まことに, まことに良い, まるで弁慶, みっともない, むかし堀江大, むしろ醜悪, むろん最上徳内, もう此頃, もし間違い, もちろん絵虚事, やはり無事, よく見, よく読みぬい, よほど人工的, わたくしどもの, わるいけど, キリスト教的歴史哲学の, ゴカイの, スズダケ一名ミスズの, デリンガーの, デンマーク国古, ナイル河に, バカバカしい, マグレゴア氏の, マスペロの, モール博士の, ラクロアの, ヴェニスの, 一体論中の, 一六〇〇年パリ版フランシスコ・コルムナの, 一変した, 一種の, 丁度通りかかった, 七色を以てなど, 三角原が, 上げ潮の, 中央に, 予在英中写し取った, 二十七八から, 亦私, 人を, 人像の, 人品いやしからぬ, 人間の, 今でも, 仕舞ひまし, 以上の, 任せて, 伝写の, 何事じゃ, 何処を, 余の, 余り吹き過ぎた, 作りながら, 僕が, 先づ武家屋敷長屋の, 先年藤懸教授が, 八十枚程, 六角板の, 其が, 冀州城に, 再び世, 再び角板, 凄惨冷酷な, 出て, 出でて, 出板当時, 前にも, 加納一郎氏所蔵原本より, 勿論索引, 南アフリカ産ヒラクス・カベンシス, 単独に, 原本と, 厳酷な, 双方の, 取って, 受けない, 受けませぬ, 只今ちょっと, 右に, 四条の, 国ざかいふきんのくわしい図面でした, 土佐派古画の, 墨絵の, 壁紙模様の, 外れぬ, 外人斉しく, 大川橋の, 大抵精緻, 大規模, 天皇軍を, 奇妙な, 子供を, 完全に, 完全樹枝状の, 宜しくない, 実に恐し, 実は摸写図, 実物の, 実物大, 宿屋に, 寧ろ私, 小字を, 少しの, 山田長左衛門さんと, 左から, 左図の, 布袋である, 平次にとっては, 広幅の, 広幅樹枝と, 床に, 弓を, 強気で, 当時浮絵と, 彼が, 得た, 御主人, 心性内包論なり, 忠実に, 急に, 悉く皆実物, 想像し, 愛嬌も, 我々が, 掘割の, 摸写図と, 敵の, 文金高髷の, 断じて敗戦, 新柳橋に, 日ごろから, 日蓮が, 早解り, 昔一たび煙客翁が, 未だ世, 本文書翰で, 札幌の, 杉本画伯に, 梵語の, 極めて詳細正確, 横に, 横軸に, 橋詰の, 橘の, 次に起立, 次の, 次第に高く, 正に之, 比較的珍しい, 湯槽の, 滅多に, 滑稽ならん, 無いでも, 無常の, 牛肉店, 物心接合したる, 物心相離れたる, 独り銅版画として, 画工の, 画法を, 皆着色画で, 確かに, 祖師像, 神道の, 私の, 稀にしか, 稀薄であり, 童児二人紙鳶を, 第一一〇, 第一図, 箕面の, 簡明に, 経典に, 結晶が, 絵画が, 絶えて, 縮写し, 羊歯状の, 羊歯状結晶の, 美人が, 老木や, 肉感の, 自分の, 舟の, 船ばた, 良好である, 英国や, 英国征服史である, 蓋しトウダイグサ科, 薄い油紙, 袁譚へ, 装幀としても, 西洋の, 誰が, 誰だって, 誰も, 野干, 長嘆した, 雪なき, 順序正しく, 頭巾冠りし, 高野山, 鯉の, 鱗雲に, 黄色と

▼ 図~ (228, 5.0%)

17 出て 12 ある 6 描かれて 5 描いて 4 あった, かかって 3 入って, 見えて

2 [14件] あつた, あつて, あり又, あるが, あるの, いつまでも, ましいこと, 何だ, 入用である, 出品されました, 彼の, 掛けて, 書かれて, 非常に

1 [146件] あったの, あったので, あったり, あって, あっても, あらわされて, あらわれた, ありましたが, ありまして, ありますから, ありますが, あり上松, あるし, あるという, あるばかりか, あるまで, うまいこと, かかげられて, かかる, かくも, かけられた, このよう, すこぶる気に入らなかった, すでに小, そこここに, そこに, たくさんある, ちゃんと描い, ついて, つぎつぎに, できあがると, できる, でき上がりました時, どういう曲線, ないに, なかなか八釜, はずかしめられたの, はっきり残っ, はっきり浮ん, はなはだしく歪められ, はまり切れなくなりました, ひいて, ひどく間違っ, ほしいとか, ましい事, よかったら, よく見られた, アップ・ツ・デートでない, 一つある, 一つ描き忘れ, 一番手取早い, 三百七図入っ, 不思議な, 世にも頼み甲斐, 之を, 二ツ出, 二十三枚入っ, 二枚ある, 今にも聞こえぬ, 今は, 今考えた, 仕上がるの, 何事も, 光って, 入れて, 八十歳で, 出して, 出品された, 出来たの, 出来れば, 出来上るの, 刊行され, 刻って, 動き出したよう, 口を, 含まれたこと, 多い, 多いの, 定められて, 展じ, 差し入れて, 張氏の, 当る, 彫刻られ, 徹底され, 必要な, 必要に, 想定された, 憶出された, 懸けて, 我々の, 戦わぬ前, 扉の, 手に, 手元に, 描かれなければ, 描かれまた, 描きにくい, 放射型の, 散乱し, 春信の, 時々彼, 普通の, 本当の, 架けて, 格上に, 極めて細密, 欲しかつ, 正確である, 波と, 浮ぶ, 潜んで, 猶健, 王の, 現れて, 百枚も, 盗まれて, 盛って, 目に, 硫黄ヶ滝には, 示すよう, 私の, 納めて, 細密に, 繰り展, 羅列し, 耳に, 肝腎の, 致仕し, 落ちて, 落書が, 見える, 見たかった訳, 見て, 見られること, 許されるわけ, 詩品にも, 貼りつけられて, 載せて, 載って, 載つて, 通じたの, 道具方に, 霧粒を, 額に, 黄色い色彩

▼ 図~ (92, 2.0%)

2 なって, 云うの, 今の, 似て, 御迎講, 設計図とが

1 [80件] いうを, いったが, いっても, お秋, お鶴, くらべて, さも似たる, した事, した動機, その直ぐ次に, それに, たしかに別, である, なったの, ならざるを, なり文字, なる, びっくりした, ぴったり一致, めぐり合いました, ボーリングの, 下り松遺跡の, 二人の, 二枚の, 人物の, 保険会社の, 倶に, 写真との, 取りました, 合せて, 同じよう, 同じ原理, 同年に, 同様に, 名前の, 大仏殿炎上と, 寸分の, 尺牘とに, 左から, 座つた, 彫り書きの, 思い較べた, 承わり又, 捉り, 推定し, 星の, 時計とを, 東洲斎写楽が, 次の, 比べば, 比例し, 比較せよ, 照しあわせ, 現場の, 現実の, 甚だ似, 申しまして, 申すところ, 異なり, 目録とでも, 私が, 称するもの, 第二図, 第五五図, 第四図, 組み付いたの, 自分の, 菊とを, 見せて, 見比べて, 言えば, 財宝が, 財産が, 違って, 題するが, 顕微鏡写真とが, 顕微鏡写真との, 首っ引きで, 骨骼及び, 鳥羽絵の

▼ 図~ (85, 1.9%)

2 あつた, いま西の, いわゆる夕顔棚, 見ると, 見るよう, 見れば

1 [73件] あなた方も, あらわして, いえば, いかにも貧血的, いへば, おす, お知らせした, この絵, これは, しめし明智探偵事務所, せう, てんてこ舞を, なしに, はござりますか, みんなが, みんな絵草紙屋の, むろん基督教, もつて, インキを, シャヴァンヌの, 一見し, 一隊の, 三十六句選の, 中央に, 争いました, 佐田やす子が, 何やら包ん, 働かせて, 入ったの, 分るでしょう, 初めて知った, 別々に, 北町裏の, 同行または, 善良な, 外が, 夜が, 子供ながらにも, 屋敷では, 岩が, 工夫の, 感情が, 描かれて, 描く方, 点線は, 版画に, 狩野探, 玄宗と, 登山には, 相談し, 着物だ, 示して, 示す, 示すこと, 私は, 脚下に, 自分の, 色彩の, 花の, 葡萄酒を, 蟇が, 表して, 見える通り, 見ますと, 見るほど, 迯る, 集合の, 零度の, 静坐に, 面白いと, 風俗から, 風袋一文字が, 1は

▼ 図~ (57, 1.3%)

2 ない物語, 今は, 写して

1 [51件] あった, あったが, あったり, あります, ある, あるいはマジニー一片, ある由, これらの, じつは坪井伊助氏著, せずに, その本, ないの, ない声, なく唇, なく裾, また鶴ヶ岳, みんななくなった, よくした, よくわからないらしかった, わかって, 一葉も, 今日の, 例の, 入れて, 入れ索引, 出なくなった, 反古同様でなけれ, 受けねば, 号令も, 同じく肉眼, 問うところ, 四十七入っ, 大部分, 実に点, 引いて, 成りければ, 成りたれば, 描き詳細無比, 支那に, 極めて精密完全, 添えて, 清純な, 炎であった, 無理遣り, 絵空ごととは, 見たとおり, 見た併, 見た鬼, 見っとも, 見るが, 角倉なにがしの

▼ 図した~ (49, 1.1%)

4 事から 3 事で, 機会から 2 ものである, ハズミで

1 [35件] が彼, ことから, ことで, のは, はずみで, ものに, ものは, ハズミでなけれ, ハズミによ, 上で, 不行跡に, 事が, 事にて, 事件の, 些細な, 出来心から, 出来心で, 動機から, 心の, 思い付きで, 感冒が, 慾に, 手頃の, 折に, 拍子に, 機会に, 災難が, 病気から, 縁で, 言葉が, 記事また, 身の, 転機から, 過失からの, 風邪が

▼ 図~ (41, 0.9%)

4 に拠れ 2 がまだ, が出版

1 [33件] が手許, が拳, である, なりとす, には中岳, には只見川以西, には明, には現に, にも地質調査所, に二八一二米, に二千五百九十一米八, に二千四百六十八米, に原, に収め, に大烏帽子山, に奥仙丈山, に東沢, に無間, に記し, に鶴ヶ岳, の両神山, の千八百六十米, の大源太山, の左, の正確, の無名, の猫又山, の駒ヶ岳, も参照せり, を出し, を参照, を拡げ, を見る

▼ 図~ (40, 0.9%)

2 たりし, てある, ている, て下さい

1 [32件] て, ておい, てズンズン駕籠, て世, て之, て予, て作った, て兵糧, て大砲, て居る, て帰し, て彼奴, て拵えさした, て撃たれ, て是, て相手, て示し, て竜, て荷物, て蓮華王院, て車輪, て開かさし, て静か, て魔法瓶, ながらまつ先, に行った, 周旋し, 奉納の, 市内二十幾箇所の, 猩々の, 立ちん坊連に, 裳を

▼ 図では~ (39, 0.9%)

8 ない 4 ありません, なかった

1 [23件] あったが, あるけれども, この特殊構造, ずいぶん苦労, ないか, ないから, ないが, ないぜ, ないぞ, ないに, ないよう, 三国山の, 何故あの, 分らないこと, 別々に, 天王が, 小枝, 板の, 白根山の, 行の, 金星の, 間に合わなくなって, 鷺雁などが

▼ 図~ (32, 0.7%)

1 [32件] が振り返る, が眼, が見る, には面白く, に訊ねる, の目, の眼, の耳, の足, の足音, の顔, の魂, はこの, はそう, はそんな, は今, は吾, は妙, は山, は得体, は思った, は急, は憂へ, は斯ん, は眉, は眼, は私, は窓, は総身, は背後, もぐでりんの名前, を冷

▼ 図には~ (31, 0.7%)

1 [31件] ある程度の, これらの, その点, ただ一つ, なるまいと, もっともっと多く, 一瞥だ, 一里, 出て, 利根勢多二郡及下野との, 北万田山中真田山東間田山と, 多分に, 実物の, 従えど, 意を, 春さきから, 果して根利村, 次の, 気も, 珠形が, 私は, 立派に, 細くな, 統一の, 色刷も, 見飽かなかった, 記して, 誤って, 雁木坂峠の, 雁木峠と, 鶴ヶ岳の

▼ 図~ (31, 0.7%)

1 [31件] お世話には, それから講師, それに, ウィスキーの, カケモノに, 一番右端に, 一般民衆向きの, 写真を, 古地誌, 地理学者の, 埋樋, 密航船の, 文章を, 断面図を, 日蔭のかず, 明治二十二年発行の, 明治十二年に, 曲面の, 書類が, 本生図には, 武鑑を, 気象図などが, 浮嵐図に, 焚出しなどを, 線や, 縺れ解けぬ片糸, 自寿図, 薬師寺の, 財産を, 違い棚の, 電車内の

▼ 図~ (29, 0.6%)

5 のである 2 うちに, 所は

1 [20件] がむる空, ことでございます, のでした, んざアよっぽど, んざ藪蚊が, 天性で, 平凡人という, 彼は, 彼を, 心配も, 愛情ばかりが, 愛情を, 欲求を, 気性に, 気持ちが, 点も, 絶叫, 考えを, 若さ, 魂を

▼ 図~ (27, 0.6%)

82

1 [17件] その冠たるもの, その瓦, にある, には明かな, には痩, に見る, に配当, のぎざぎざ, のもの, の人, の夢, の文字, の旅僧, の細線, の風俗並, 細々と, 細い毛

▼ 図~ (21, 0.5%)

6 がつく 2 が付い, が付いた, が付く, のついた 1 がさした, がのっ, が付, が変っ, が附き, をかえ, 附いたは

▼ 図~ (20, 0.4%)

4

1 [16件] あの渓, あアハハハ, から手, があの, がことごとく, が厭気, が渺茫, ぜ, という, というん, とか, とかを何枚, ともいえよう, とわかつ, と思う, のという

▼ 図引き~ (20, 0.4%)

5 のなか 2 の蓋

1 [13件] から離れ, がどう, とは同じ, と呼ばれ, にはめこみ, のはじ, の内部, はエッゲ, はベッド, もそれぞれ附属, を動かす, を圧しつけた, を見上げた

▼ 図から~ (19, 0.4%)

2 眼を

1 [17件] またここ, 僕等の, 出た女気, 出発し, 分るよう, 受ける印象, 抜けて, 抜け出した悪鬼, 推して, 有名な, 横顔を, 犯人を, 目も, 第三図, 見て, 転載し, 顔を

▼ 図そんな~ (18, 0.4%)

11 ことを 1 ことが, 大それた, 気持に, 疑惑が, 空想に, 考が, 馬鹿な思ひ

▼ 図にも~ (18, 0.4%)

1 [18件] ありそう, その特徴, それが, ないよう, なって, 似てない, 八日見山との, 出て, 十分その, 孔雀が, 小瀬又は, 市場の, 所謂四窟は, 明記し, 見ら, 記載してない, 載って, 鷺の

▼ 図~ (18, 0.4%)

3 を醒す 2 を醒し

1 [13件] がさめる, が覚めた, が醒め, に付いた, の中, の前, をあく, をあげる, を挙げた, を落す, を覚し, を覚まし, を醒ます

▼ 図という~ (17, 0.4%)

3 のは, のを, ものは 1 ことに, のに, ものを, やつで, 不思議な, 大きな絵, 字でありまし, 画ばかりは

▼ 図にあたって~ (17, 0.4%)

2 あいつも, 彼は

1 [13件] それだけの, 一旦は, 呉を, 娘は, 役人どもは, 彼女は, 急に, 怪漢は, 新富座では, 村の, 来た, 槍の, 駕籠を

▼ 図する~ (15, 0.3%)

2 様に

1 [13件] ために, とは聊か, とアレ, と俺, と同時に, に於, の政治家, 丈で, 中に, 事の, 慾望から, 方法では, 権利が

▼ 図自分~ (14, 0.3%)

1 [14件] がおかしく, が平生, が思わず, だつて, にそそがれ, に返っ, のこの, の住居, の前面, の手巾, の枕元, の立場, の部屋, の顔

▼ 図見る~ (14, 0.3%)

1 [14件] といつの間に, と交番所, と例, と呀此処, と地蔵様, と富士, と心願成就, と机, と村, と検閲, と白髯, と眼, と細川幽斎, 処は

▼ 図でも~ (13, 0.3%)

1 [13件] あったと共に, するよう, その点, なかった, よしこの, 入れて, 判る通り, 専門家の, 布袋図でも, 掛けて, 期し難い, 武蔵の, 見るよう

▼ 図~ (13, 0.3%)

1 [13件] があまり, ともう, と狂女, などが遺され, に向っ, に惚れこんだれ, の上, の模写, の記, や山居図巻, を展, を模写, を見れ

▼ 図~ (13, 0.3%)

2 のまわり

1 [11件] につい, のあたり, のけい, のむこう, へ戻っ, まで同じ, をとりあげた, をもっ, をもった, をゆっくり, を持っ

▼ 図気がつい~ (13, 0.3%)

7 て見る 1 てあたり, てテーブル, て云った, て懐中, て眼, て顔

▼ 図~ (12, 0.3%)

2 を上げ 1 がさめた, がさめたら, が覚め, にとまった, に付いた, をあけたら, をあげる, をさます, を覚し, を覚まし

▼ 図じゃ~ (11, 0.2%)

2 ないぜ 1 ありませんでしたね, あるまい間抜けめ, ござんせんか, ないが, なかったよ, ねえかよ, ねえぞ, アありませんでした, アない

▼ 図である~ (11, 0.2%)

1 [11件] がお前, がこの, がこれ, がその, が今日, ことなどは, とみえ, と言う, と道化者ども, 所の, 細雨と

▼ 図など~ (11, 0.2%)

1 [11件] あって, かけし様, する者, であろう, はせない全く, 取り出して, 書けるもの, 添えて, 見たこと, 見て, 諭吉は

▼ 図その~ (10, 0.2%)

1 ことに, ことばかりが, ことを, 友達が, 時帷の, 村で, 様子を, 白昼夢から, 科白を, 線路の

▼ 図~ (10, 0.2%)

1 が生前痔疾, が私, に或, の, の女, の嬢様, の懐ろ, は不思議, は藤井, をかへり見

▼ 図~ (9, 0.2%)

1 え, きだ図が, この断片, それとも自分, なんかし, モオゼが, 仁王様が, 君は, 察しを

▼ 図です~ (9, 0.2%)

31 がこんな, これも, な, ね, よ, ネと既に

▼ 図とは~ (9, 0.2%)

1 それが, ちがいます, まるで違, まるで違う, まるで違っ, 主として徳川時代, 御老体, 思われぬが, 本所御

▼ 図なども~ (9, 0.2%)

2 あったが 1 その間に, オダイシ様だ, 一目見, 多いの, 御覧に, 旅を, 純粋に

▼ 図について~ (9, 0.2%)

1 いふべきは, これを, ヘトハチリの, 報告せよ, 比較し, 見て, 見るに, 詳しく説明, 説明を

▼ 図まで~ (9, 0.2%)

2 黒板に 1 ここの, 入って, 入れそれ, 引いて, 彼女に, 添えて, 露軍を

▼ 図~ (9, 0.2%)

1 かにけつまずい, か叫んだ, か思い出した, か思ひついたらしく, か思出, か憶出, か斯, か知ら人, を見出した

▼ 図~ (9, 0.2%)

2 が第 1 と定めた, の方, の書, の版下, は第, を続, 第六集

▼ 図などが~ (8, 0.2%)

2 多かった 1 ひどく私, 入って, 掲げて, 新聞に, 染出された木綿, 活

▼ 図などは~ (8, 0.2%)

1 おもしろいが, ずッしり鉄, ない, なかなかに, 今も, 実に高い, 空想すぎる, 見し事

▼ 図とを~ (7, 0.2%)

1 並べたところ, 合せて, 抄出し, 比較した, 見よ, 賭博者たちは, 較べて

▼ 図などに~ (7, 0.2%)

1 くらべて, 場所を, 徴し, 描かれて, 眼を, 見るごとく竜, 賛を

▼ 図などを~ (7, 0.2%)

1 あてに, こまごまと, そこで描かせ, 手に, 描いて, 見た, 見れば

▼ 図ぬけ~ (7, 0.2%)

2 にはずん 1 ていい, て大きく, て大きな, て好かっ, て背

▼ 図~ (7, 0.2%)

1 作ル, 施シテ怠, 示シテソノ図ノヨウニ線彫, 緯トシ以テ遂ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須ノ, 蔵ス筆法雋頴墨色沈酣阿, 見ヨ, 観ル

▼ 図~ (7, 0.2%)

2 付いて 1 つた, つたこと, つたら, 付いた, 出せば

▼ 図思いつい~ (7, 0.2%)

1 ていつか, てその, て少し, て彼, て彼女, て狭い, て縫いはじめた

▼ 図~ (7, 0.2%)

2 二図第 1 三図と, 三図の, 三図を, 三師団兵士屍体発掘の, 八巻の

▼ 図ある~ (6, 0.1%)

1 ことを, ひは, を見, 一点を, 種牛を, 者は

▼ 図がら~ (6, 0.1%)

1 から, だが, にあらわし, にはまた, は男, もまた

▼ 図この~ (6, 0.1%)

1 お婆さんが, 新勢力, 椿子を, 祖母が, 霜降りの, 頃珍らしい

▼ 図とか~ (6, 0.1%)

1 あるいは椅子, 云ふ, 法律の, 色々裸, 見積もり書とか, 達磨の

▼ 図との~ (6, 0.1%)

2 関聯来迎図と 1 一致は, 異同も, 目録で, 類似は

▼ 図に対して~ (6, 0.1%)

1 何の, 正しくなっ, 正しくなり, 立って, 立つて, 赤い玩具

▼ 図をも~ (6, 0.1%)

1 入れ索引, 多く描きぬ, 翫んだ, 自分に, 蒐集し, 集めて

▼ 図一つ~ (6, 0.1%)

1 にいまや, の事実, の呼鈴, の策略, の霊感, の驚異的

▼ 図~ (6, 0.1%)

1 に左, の耳, の跫音, はそれ, は彼, は苦笑

▼ 図入り~ (6, 0.1%)

1 でその, で出, で新, で説明, のもの, の書

▼ 図~ (6, 0.1%)

3 の鵬翼 1 の翼, の鵬翼いずれ, の鵬翼何れ

▼ 図~ (6, 0.1%)

1 るもの, る一種, る事, る道, る面白い, 宿屋へ

▼ 図~ (6, 0.1%)

1 だったの, とでも関係, なん, のよう, の下, の形

▼ 図~ (6, 0.1%)

1 に浮かん, に浮ぶ, に浮んだ, のうち, の中, の震え

▼ 図これ~ (5, 0.1%)

2 なり 1 は悪魔, までの心持, まで思い

▼ 図こんな~ (5, 0.1%)

2 ことを, 事を 1 言葉が

▼ 図どり~ (5, 0.1%)

1 が中, の上, の掛けぢ, はどういう, も日本

▼ 図において~ (5, 0.1%)

1 区別せられ, 易介の, 橋上の, 殊に顕著, 直ちに幸福

▼ 図にの~ (5, 0.1%)

4 ッて 1 つて母の

▼ 図傍ら~ (5, 0.1%)

1 からジミー, の土塊, の手鏡, の立札, を見る

▼ 図~ (5, 0.1%)

3 に出す 1 に火縄, に附す

▼ 図思いついた~ (5, 0.1%)

2 のです 1 ことは, ように, 事が

▼ 図模様~ (5, 0.1%)

1 で飾られた, としての美しい, としての鷹, の一部分, の裡

▼ 図気づい~ (5, 0.1%)

2 て, て見る 1 てその

▼ 図~ (5, 0.1%)

1 いづれも, が描かれ, においてこれ, に至つて, を描きたる

▼ 図通り~ (5, 0.1%)

1 すぐに, に乗物, に取, に横, の配列

▼ 図~ (5, 0.1%)

1 が見えなく, の中, をひねつた, を上げた, を廻し

▼ 図あの~ (4, 0.1%)

1 医者は, 可哀相な, 囃子方を, 言葉を

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 もひ出, 政は, 祖父様の, 種は

▼ 図さえ~ (4, 0.1%)

1 すれば, 作って, 残して, 私は

▼ 図したら~ (4, 0.1%)

1 アノモ一人の, 今日締切後に, 彼奴も, 猟銃を

▼ 図そう~ (4, 0.1%)

1 呟いて, 思って, 私に, 腹案を

▼ 図であった~ (4, 0.1%)

1 かよ, がセエヌ, が後者, とする

▼ 図なし~ (4, 0.1%)

1 でこれ, で説述, と言われる, にぐすりぐすり泣いてる

▼ 図によって~ (4, 0.1%)

1 先祖の, 垣のぞき, 米友は, 草木花卉を

▼ 図また~ (4, 0.1%)

1 この白痴, 悟空の, 或る, 眼を

▼ 図ウ体~ (4, 0.1%)

1 をながめあい, をみずから大地, を不器用, を持てあまし

▼ 図其処~ (4, 0.1%)

1 に一条, に樽野, の壁, へ妹娘

▼ 図屏風~ (4, 0.1%)

1 というもの, にしろ, は初めて, は遺墨展

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 城下, 災難で, 自分の, 贔負を

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 に浮ぶ, の奥, 惹かれ惹かれた迄は, 着いたらしく調子

▼ 図思い出した~ (4, 0.1%)

1 という風, のです, ように, 事が

▼ 図気がついた~ (4, 0.1%)

2 のは 1 ことだ, ときには

▼ 図気づく~ (4, 0.1%)

1 と, ともはや, と帽子, と私

▼ 図洛書~ (4, 0.1%)

1 のこと, の思想, の説, を引い

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 止って, 止まり些, 止まり何, 聞して

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 にした, に入った, に入る, を澄ます

▼ 図~ (4, 0.1%)

4 図迂しい

▼ 図迂しい~ (4, 0.1%)

1 ことが, のに少しく, 人間であった, 奴忌々しい

▼ 図~ (4, 0.1%)

1 をあげ, をあげる, を上げ, を上げる

▼ 図うしろ~ (3, 0.1%)

1 をふり向いた, をふり返る, を振り返つ

▼ 図それ~ (3, 0.1%)

1 に気がつい, を感じ, を憶

▼ 図だけは~ (3, 0.1%)

1 どうもただ, 作つてゐた, 航海記に

▼ 図だった~ (3, 0.1%)

1 から, のであります, ので私

▼ 図つた~ (3, 0.1%)

1 ことと, とは云, と云

▼ 図でした~ (3, 0.1%)

1 がその, がやはり, 是が

▼ 図とが~ (3, 0.1%)

1 あるなら出して, ついて, 出て

▼ 図として~ (3, 0.1%)

1 世界最初の, 作ったの, 出て

▼ 図としては~ (3, 0.1%)

2 最も精巧 1 はなはだ幼稚杜撰

▼ 図とも~ (3, 0.1%)

1 いって, 南方指掌図とも, 等しかった

▼ 図などの~ (3, 0.1%)

1 コッテリした, 幽玄思想を, 記憶が

▼ 図なる~ (3, 0.1%)

2 ことを 1 ものには

▼ 図なんて~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 えもの

▼ 図にあたり~ (3, 0.1%)

1 さすがに, みなもう, 弓手は

▼ 図においては~ (3, 0.1%)

1 地上に, 私は, 黄色と

▼ 図における~ (3, 0.1%)

1 ア行の, 同じ行, 符号と

▼ 図ばかり~ (3, 0.1%)

1 で説, 何枚と, 見せつけられて

▼ 図みかえる~ (3, 0.1%)

1 とあたかも, と男, と頬かむり

▼ 図もう~ (3, 0.1%)

1 一遍肉桂の, 水汲に, 羽織も

▼ 図より~ (3, 0.1%)

3 はずうっ

▼ 図を以て~ (3, 0.1%)

1 押止り其所に, 示せば, 館主多紀安良が

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 の右, の左, の部屋

▼ 図丑松~ (3, 0.1%)

1 が思ひ着いた, のこと, はお

▼ 図以外~ (3, 0.1%)

1 には何, に色々, のもの

▼ 図前方~ (3, 0.1%)

1 をみれ, を見たら, を見る

▼ 図及び~ (3, 0.1%)

2 第十六図 1 第十二図これ

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 は新聞, までしました, を写し

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 がまず, が全然, を導き出した

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 な事, な音, に新し

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 が羅馬, と同じ, と相

▼ 図彼女~ (3, 0.1%)

1 から顔, が箸, は珍

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 の記, を著すべき, ヲ著

▼ 図思い出し~ (3, 0.1%)

1 て云っ, て見た, 二里あるいた

▼ 図思ひ出した~ (3, 0.1%)

2 やうに 1 ので

▼ 図板の間~ (3, 0.1%)

1 をぶらぶら, を歩い, を歩きはじめた

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 のページ, の句, の様

▼ 図気付い~ (3, 0.1%)

1 て, てこの, て中

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 の下, の向, の縁

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 という本, など最も, へ附いた

▼ 図考え~ (3, 0.1%)

1 てねあなた, て私, 山を

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 の背後, は実に, は緯度

▼ 図見れ~ (3, 0.1%)

2 ば先 1 ばこの

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 の下, の爪, を停めた

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 に思いついた, も自然, をきめる

▼ 図~ (3, 0.1%)

1 と興安駅, を問題, を過ぎた

▼ 図あった~ (2, 0.0%)

1 が貝原氏, 筈

▼ 図いた~ (2, 0.0%)

1 し仏像仏器, づらに

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 体の, 体を

▼ 図ここ~ (2, 0.0%)

1 で追いつめられたら, へ来る

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 うせずには, で

▼ 図さう~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 思出したら

▼ 図され~ (2, 0.0%)

1 ては堪らない, ながらもなかなか

▼ 図すら~ (2, 0.0%)

1 まだほとんどでき, 当時は

▼ 図そっくり~ (2, 0.0%)

2

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 ぢろいでし, アどなたさまに

▼ 図だけ~ (2, 0.0%)

1 分けて, 描いて

▼ 図だの~ (2, 0.0%)

1 岩佐勝以の, 涅槃像だの

▼ 図であり~ (2, 0.0%)

1 そのうえそれ, 日本は

▼ 図であります~ (2, 0.0%)

1 からこれ, があの

▼ 図としての~ (2, 0.0%)

2 条件を

▼ 図とともに~ (2, 0.0%)

1 報告された, 転載する

▼ 図と共に~ (2, 0.0%)

1 ある程度まで, 立烏帽子に

▼ 図どりで~ (2, 0.0%)

1 あつた, はない

▼ 図なき~ (2, 0.0%)

1 にしかず, を慨し

▼ 図についての~ (2, 0.0%)

1 思い出し咄, 思ひ出し咄

▼ 図によ~ (2, 0.0%)

1 つて東西及南北に, つて私は

▼ 図により~ (2, 0.0%)

1 次第によら, 附近の

▼ 図に従い~ (2, 0.0%)

1 一々左右, 病気を

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 対って, 盛んに

▼ 図ぼし~ (2, 0.0%)

1 をさした, を指す

▼ 図みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, な山道

▼ 図よりも~ (2, 0.0%)

1 おそらくは下位, 頼りに

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 に示す, の通り鶏冠

▼ 図ダヌンチオ~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 から十五, で黒

▼ 図一枚~ (2, 0.0%)

1 の絵画, 現われは

▼ 図中内~ (2, 0.0%)

1 は有機身体中, を論ずる

▼ 図二三~ (2, 0.0%)

1 をここ, を選ばしめ

▼ 図二三日前新聞~ (2, 0.0%)

2 で見た

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 思ひついた鉄瓶, 迄漠然と

▼ 図今日~ (2, 0.0%)

1 初めて逢つた信吾, 御面会

▼ 図以来背景~ (2, 0.0%)

2 の大和絵風

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 の時計, 見を

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の露店

▼ 図兵野~ (2, 0.0%)

1 がその, は左

▼ 図其中~ (2, 0.0%)

1 に黒い, の一軒

▼ 図其事~ (2, 0.0%)

1 を思い出した, を言

▼ 図~ (2, 0.0%)

2 する所

▼ 図出で~ (2, 0.0%)

1 てより, て地形

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 な事, な全く

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 叔母の, 文三の

▼ 図堀口~ (2, 0.0%)

1 に出, に対する積

▼ 図外れ~ (2, 0.0%)

2 に大きな

▼ 図大柄~ (2, 0.0%)

2

▼ 図天上~ (2, 0.0%)

1 の枝, を仰い

▼ 図太鼓~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 の奴, は僕

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 に壱人, の別邸

▼ 図室内~ (2, 0.0%)

1 に人, を見入れたれ

▼ 図富穀~ (2, 0.0%)

1 であらう, の父子

▼ 図審配~ (2, 0.0%)

1 などの強硬派, の二大将

▼ 図巻末~ (2, 0.0%)

1 に出す, に附

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 の上, を見る

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 が来た, に廻ります

▼ 図心づき~ (2, 0.0%)

1 て明日, 何か

▼ 図思い~ (2, 0.0%)

1 浮べた, 浮べたの

▼ 図思出~ (2, 0.0%)

1 したよう, した事

▼ 図悪心~ (2, 0.0%)

1 を起し, を起した

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 を放し, を止め

▼ 図~ (2, 0.0%)

2 て余り

▼ 図振り向い~ (2, 0.0%)

1 て見, て見る

▼ 図振り返つ~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 図斯ん~ (2, 0.0%)

1 な事, な場合

▼ 図~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 図江戸~ (2, 0.0%)

1 から連れ, に行きたくなりました

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 が出た, が溜

▼ 図無し~ (2, 0.0%)

2 を穿いた

▼ 図~ (2, 0.0%)

2 の入っ

▼ 図~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 なども心, の中

▼ 図考えた~ (2, 0.0%)

2 のであった

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 へのがれ, を向

▼ 図腰屋根~ (2, 0.0%)

1 の地割, の地割り

▼ 図自動車~ (2, 0.0%)

1 や行李, を見た

▼ 図行手~ (2, 0.0%)

1 を眺める, を見る

▼ 図製作~ (2, 0.0%)

1 に従事, 大小名

▼ 図見た~ (2, 0.0%)

1 のであります, 所が

▼ 図視線~ (2, 0.0%)

1 が合った, を避け

▼ 図~ (2, 0.0%)

1 が断れた, が画

▼ 図誰か~ (2, 0.0%)

1 が耳, に自分

▼ 図途中~ (2, 0.0%)

1 で一人, で学校

▼ 図遠く~ (2, 0.0%)

1 の方, の留守宅

▼ 図離れ~ (2, 0.0%)

2 の感じられる

▼ 図1家~ (2, 0.0%)

1 の間取り, の間取り図

▼1* [562件]

あきらめたように, 図あたかも上の, 図あたしはそんな, 図あたりを見回す, 図ありその図断崖, 図あるいは大仏開眼までの, 図うけんわい, 図おそろしい魔が, 図かとのお尋ねが, 図かも知れないが, 図かれらの, 図かんがえてこの, 図かんがえ付いたのである, 図かんがえ直して故郷, 図がのつてゐる, 図きよ子が石段, 図きりしたん, 図くずれ原画を, 図ぐらいにすこぶる珍, 図こそ笑止なれ, 図このあいだの晩, 図これらの師匠, 図さっき便所の隅, 図さながらに罪, 図さるべきはずは, 図された部屋まで, 図したることより, 図してるのも, 図しろよ, 図じゃあないよ, 図じゃァねえッて, 図じ果てて, 図朝光の, 図すこぶる花驢に, 図すなわちこれなり, 図する如き惨憺悲愴の, 図ずつ握りしめた, 図せしむ広元朝臣献覧の, 図せしめ越の, 図せんとする, 図なたの, 図そつくりであつ, 図そのままな冬木立, 図その他があり, 図それ等のもの, 図ぞと知らざる故に, 図たつた今さつき落した, 図だけの中に, 図だけを渡して, 図だって今に, 図だつたが私, 図だ投げるなら投げてみろ, 図や, 図つた男には見えなかつた, 図つてやつた, 図つて三階の病室, 図つて忠なる斯く, 図であって彼, 図であったろうと思う, 図でございませうランプを, 図でさえ秋山図の, 図でないところを, 図でなければなるまい, 図といったような, 図とまでなって, 図とりをすすめた, 図忘れすること, 図どおりのフリーメーソンABC, 図どこかでめぐり合った, 図ない議論それは, 図なか子の方, 図なく口を, 図なさるお方, 図なぞ持って, 図なぞですっかり汚され, 図なぞのかわりに, 図なぞも懐古園附近の, 図なぞを老公の, 図などで現わす, 図などと題するに, 図などとは較べもの, 図なら描いてもさしつかえない, 図なんか書けるもん, 図なんぞはあんまりみっ, 図にあたりまして三四年の, 図については正の, 図についても自身いろいろ説明を, 図にて厩舎の, 図にのみ執着した, 図にまで描いて, 図によつたのであつ, 図に対する面倒な, 図に従って一斉に, 図に関するような, 図ねる前に, 図のだけは二見浦の, 図のみを必要とは, 図はずれに大きく, 図はと言えば, 図はともすれば, 図ははああいつ, 図抜けて, 図ばかりを引いて, 図ばっかり描いて, 図ひらかれた頁に, 図ふところに顔, 図ぶとい人, 図ぶりで飛ん, 図ほど固くなった, 図まつたくそんな気, 図までも引いて, 図みどりと松山, 図みるとひとり, 図めいた事を云う, 図もとより木の, 図やら発明の, 図ゆうべの富蔵, 図よい考えが, 図よりはさらに数倍, 図らいにちがい, 図わが家の情景, 図わきを見る, 図わたくしを呼ぶ, 図わたしはやはり, 図われにかえって, 図をば一個人の, 図アヽ私ヤ恋してる, 図イエファンエンプウルトの牢獄, 図イロイロナ形状ニ四肢ヲ歪曲サセ彎屈サセ, 図オリオン座の環状圏, 図ガマ口の蓋, 図シテ取締方万事口入レシテ, 図セシメザルヲ得ズ是レ大ニ易シトスル所ニ, 図テレ臭さ, 図アル, 図ドリアンが坂, 図ニ云ク芝草ハ常ニ六月, 図ニ飛ビ込ンデ鑓, 図ノヨウニ線彫リサセル, 図パセティックな調子, 図ヒラコテリウムは欧州, 図フロラが, 図ベニの事, 図ボーラズは一, 図ミサ子は思い出した, 図ラズモ予ノ希望ハ叶エラレタガ, 図ラズモ幼年ノ頃, 図ラントスレバ先ズ味方ヲ図レ, 図ランヤ彼女ハソノ頃ハイヤヲ走ラシテ伊丹ニ, 図などという格言, 図に示す, 図ヲ製スル能ハザル者ハ毎ニ他人ヲ倩テ, 図一つ講演の速記, 図一人の女, 図一家のため, 図一幀わが養母, 図一幀巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 図一幀愛石の柳陰呼渡図一幀, 図一幀等あれども, 図一杯の珈琲, 図一策を思い付いた, 図一葉を購, 図一見して, 図七郎の頭, 図を出し, 図三囲の堤, 図三枚続は, 図三葉をも譲られた, 図下方は平面図, 図下総の塚前村, 図不安を感じ, 図不審に思った, 図不眠症に犯され, 図丑之助がよく, 図中三重に橋, 図中二女を載せたる, 図中人物が筋肉, 図中本文では比較的, 図中植物の姿, 図中物生心の三, 図中自ら出語, 図中頼朝の坐像, 図中鳥形の左, 図中6の数字, 図主水は考えつき, 図久入の寝, 図事新しく自分を, 図ある, 図二三日前三田の露路裏, 図二三間先に闇, 図二町とは離れぬ, 図二白七まで, 図二百六十七図が納め, 図二階の窓, 図云い交すように, 図五八〇円と落札値, 図五尺の床の間, 図五幅ありみなヤソ教, 図井伏君の家, 図し袁譚亡, 図仁王のやう, 図今し方戸外へ出た, 図今年は自分, 図今頃は多分, 図伴藏を見, 図佃島の図, 図何心なく眼, 図何所からともなし, 図信じなければならない, 図は気がついた, 図們江沿海州樺太千島オホーツク海白令海アリュウシャン群島に到る, 図い出して, 図優しい虫の, 図先日オウトジヤイロが初めて, 図光永寺の事, 図入っている, 図八幡太郎一代記の絵草紙, 図八幡宮境内で邂逅, 図八重に訊ねる, 図六義園の庭, 図其のシヽデンの, 図其友達が装束, 図其奴が鼻, 図其方を見る, 図其時迄下, 図其時編笠を冠, 図円山の高, 図出会うと中国もの, 図出兵の用意, 図出合てあれ, 図出遇ふと何, 図切支丹ころびに関する, 図前面を見渡す, 図助手が振り返, 図南米塵深処, 図南西覇の基点, 図な考え, 図又は普通の, 図双幅をおくった, 図の先, 図口走つた次の, 図古銭は抽斎, 図可憐なる家族図, 図台所の方, 図の事柄, 図右手の崖下, 図合期せざりしと, 図同じ彩色です, 図同封御撰定のうえ, 図向うの野原, 図が近々, 図に返る, 図味方にとっては致命的, 図啓吉が目, 図のあたり, 図嘉吉と死ん, 図四十年前に金博士, 図国編の講義, 図土手の上, 図地機の好い, 図地質図や一般民衆向き, 図垣笑顔から始まった, 図執りあげたものに, 図堀田は兵野, 図場所移動えびす駅付近へ立派, 図墓地に入った, 図の月, 図外れたことばかり, 図多くドイツの, 図多吉は思, 図天井を見た, 図の姿, 図女優などの顔, 図はいま, 図の後, 図の手, 図子供の時分, 図学士包という者, 図家出を致しました, 図寛子と所帯, 図寿司を買, 図供らの, 図小宮洋服店の事, 図小虎の方, 図尾張紡績会社破壊の図, 図屏風一双が博物館, 図の宿, 図山道で其の, 図岸本の胸, 図う気づく, 図左手に立てられた古びた, 図左様思つた其途端其夜汝の家, 図を奪, 図幽鬼神霊の説, 図廊下の向, 図弘雄は窓下, 図強く頭へ, 図という見聞録, 図彙時代すなわち弘前, 図彼等の写真, 図後前を見廻し, 図後方を振向く, 図得体の知れぬ, 図心付た, 図心付けば其処, 図心変りがし, 図心得たりと七人, 図忘れていらっし, 図応接室の戸, 図忠志君の姿, 図ろしい, 図思いだしたように, 図思い入ったように, 図思い返したように, 図思い違いをいたしました, 図思う東京の, 図思ってね, 図思ひよりたま, 図思ひついた事が, 図思ひついて雛段, 図思ひついたやうに, 図思ひ出されるのは, 図思ひ出してゐた, 図思ひ出したら一昨年の, 図思ひ出すと斯ん, 図思ひ浮かびましてネ其, 図思ひ直すと彼, 図思ひ立ちてキリスト, 図思付て是, 図思起してや, 図に辞儀, 図へきれぬ, 図恋人を見出す, 図恐ろしき一つの, 図悟入したの, 図悪い了簡を, 図悲しさうに眼蓋を, 図に屏風, 図意外な気, 図愕然として思いあたる, 図愛知病院負傷者救護の図, 図感染した風邪, 図い出した, 図懸念したり, 図我眼の前, 図戸外で, 図戸敲きに眼, 図のダイアル, 図手近かに在, 図手配する海人, 図技けた牛のやう, 図指先きを, 図指揮の事, 図を立つる如く, 図按家になつ, 図振りかえて見る, 図振り返ったら一軒置い, 図振り返つたら一軒置い, 図振返つて其処から, 図擦れちがったのだった, 図放った帆村の, 図政信の墨刷り, 図散々知人の間, 図斜いの離れ, 図断崖の上, 図断片中の美人, 図ういふ, 図新吉が顔, 図新聞の一面, 図日光図幅には中岳, 図昇つて行くエレベーター, 図明るい一つの, 図の人間, 図昨夕と同じ, 図昨夜青眼老人が机, 図昨日来た巫女, 図時刻を知つて, 図智恵子は今日一日, 図書きかけの手紙, 図最前お父さんが, 図に附す, 図本能図可憐なる家族図, 図本願寺の門, 図杉本画伯のスケッチ, 図の空, 図森野が振り向く, 図に木菟, 図横手の町家, 図横目で見る, 図止まったのでございます, 図正面の湯アガリ, 図此の間飯島のお, 図此事に及び, 図此原に迷い出した, 図此方を向き, 図の谷, 図に訊ね, 図母親の処, 図毫も本邦に, 図気がつけば車中, 図気が付きますと黒く, 図気づいたのです, 図気づき公衆電話箱に, 図水夫は思ひ直し, 図氷嚢の下, 図池部が妹, 図泣き歇んだの, 図がどう, 図浮び出たものが, 図浮んできた, 図海路平安とだけ刻まれた, 図深い中に, 図を覚えた, 図は諸, 図満江の鮭, 図満里子君は顔, 図滝本はそんな, 図に叛, 図紅姫は, 図灌木状を成し, 図災難を被せ, 図炊事係りの私, 図無意味に近く, 図煩いついて三月頃, 図煩いついたのが, 図熱い耳に, 図の言葉, 図と眺め直す, 図独語した, 図獣皮につつん, 図王旗の領地, 図村の, 図田中氏は二十年前, 図は殻, 図留めて広々, 図番号をうっ, 図異様な感じ, 図つたのである, 図疑問を感じたらしく, 図疑惑の想, 図疳癪を起し, 図気付きましたによって, 図病気になっ, 図白木の鳥居, 図百合子が誰, 図的解法などをも説いた, 図然り, 図の全部, 図の上, 図目ざめけるに隈, 図目金と玉, 図相場と云, 図省吾から来た, 図の城市, 図眼蓋の裏, 図砂地の大岩, 図破抜けたあなたの, 図硝子窓から見る, 図神奈川県津久井郡千木良村に伝わる, 図私達に聴かれ, 図立ち停った案内人が, 図立ち停まって封筒, 図立体図の名, 図立止りて四辺, 図竜宮風の城砦, 図童子の着物, 図紅型を見られよ, 図組みはそっくり, 図継母の呼声, 図る所, 図綺麗な松落葉, 図編者の目的, 図縁先を黒い, 図考えついたことが, 図考え付いてお, 図考へて見, 図考巻三に左, 図聖アントニオの誘惑, 図を伸し, 図背後で何, 図自分等の小さい, 図自殺を思ひ立つた, 図致していた, 図致したのじゃ, 図花鳥図では鷺, 図芳子は, 図苦笑を覚えた, 図落ついたのでそれにしても, 図蓮太郎のこと, 図薬師後背仏永享七年銘の鉄鉢, 図行方知れずな, 図が軽く, 図西の方, 図にゆけ, 図見かえると入口, 図見たる目には, 図見とり図の, 図見ますとおき, 図見当がつかぬ, 図見直すとヴエール, 図視るとトム, 図覗いて見, 図観相術の本, 図解剖諸事は白沢保美著, 図言義を論ぜず, 図言葉に漏らし, 図して, 図訪れて来た, 図話頭を転じ, 図で準備, 図説明文彫刻縦書き横書き斜め書きペン鉛筆小刀爪名文あり警句, 図といい, 図読売新聞を開い, 図読法はとうてい, 図および余, 図買いなどの行わるる, 図起きて洪願寺様, 図起き上り旅荷を, 図のま, 図軍人志願の心, 図やかしたり, 図辛うじて一台の, 図辛評の二名, 図近くの枝, 図近頃の自分, 図途上で坪田譲治氏, 図を右, 図邂逅うこと, 図から醒め, 図の手, 図鉄道馬車の窓, 図鍋川第八, 図門脇のモロコシ畑, 図放養天和, 図間ぢかに見る, 図間近の席, 図母が, 図附近に人, 図隣りの仔蠅, 図であった, 図難産して, 図が漏らなくなった, 図の上, 図青眼先生は屋敷, 図静子は, 図ると, 図を引いた, 図食膳の蔭, 図を傾けた, 図馬頭観世音とあっ, 図騒ぎを消し, 図を捻つ, 図の鳴, 図黙庵の四, 図1眼底の図, 図1花マルのよう, 図1~図3は右, 図2手書き右下がりの三角, 図2花マルのよう, 図は右, 図3草の絵, 図4花の絵