青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

吸~ ~吹い 吹い~ 吹き~ ~吹く 吹く~ ~吾 吾~ 吾輩~ 呂~
呉~
~呉れ 呉れ~ ~呉れた 呉れた~ ~呉れる 呉れる~ ~告げ 告げ~ ~告げた ~告白

「呉~」 3655, 38ppm, 3056位

▼ 呉~ (650, 17.8%)

11 ために 7 呂蒙, 孫権は 6 国の 5 孫権が 4 国に, 国へ, 国を, 諸将, 陣中に, 陸遜

3 [13件] 兵は, 兵を, 国では, 国家は, 地方へ, 大都督周瑜, 孫権の, 孫策が, 徳王, 船は, 諸大将, 陣へ, 陣を

2 [42件] ほうで, 丁奉, 世子に, 人は, 使いの, 使者として, 兵船は, 兵馬を, 名誉も, 周泰が, 国が, 土を, 基業を, 境へ, 大宰, 大将は, 大将朱然, 大将潘璋の, 大軍が, 大軍は, 孫堅が, 孫権から, 孫権である, 孫権と, 孫権とは, 孫権に, 孫権も, 孫策は, 孫策へ, 家の, 強大と, 徐盛が, 民は, 甘寧, 精猛が, 興亡を, 軍勢は, 都へ, 陣に, 陣中から, 陣営の, 陸

1 [467件] うかがうもの, うけた衝動, うごきが, うごきでありましょう, うごきに, ことで, さきに, ためだ, ためであるなら, ためでも, とき徐光という, ほうにも, ものと, ホームラン, 一体一色とは, 一将, 一将に, 一将大事な, 一進一退は, 丁奉が一軍を, 万民の, 三分の一ぐらいな, 三国の, 三大陸の, 三軍は, 三軍を, 上賓として, 不利と, 不幸を, 中軍に, 中軍には, 中軍地域に, 主と, 主力は, 主君までが, 主孫権, 主都, 人々が, 人々の, 人々は, 人から, 人物や, 代表を, 伝統と, 位置です, 使いが, 使いは, 使節として, 侵掠を, 侵略を, 修交使節として, 偉材だ, 健児が, 傑物いささか, 備えは, 僻地に, 優勢を, 元年に, 元年より, 先主孫策と, 先主孫策の, 先鋒の, 全土を, 全将士, 全面的崩壊を, 六十万ひとりも, 六郡と, 兵が, 兵に, 兵力は, 兵力を, 兵士は, 兵数の, 兵糧武具など, 兵糧軍需品を, 兵船兵糧の, 兵船数百艘が, 兵船陸兵など, 兵馬軍船も, 内情や, 内情を, 内部から, 凌統これに, 凌統も, 凌統周泰韓当などが, 凌統董襲潘璋なども, 処に, 出先の, 出師は, 前線諸, 劉綱その, 力は, 功臣だ, 功臣魯粛が, 動静を, 勝利を, 勢に, 勢を, 勢力下です, 包囲の, 北岸に, 北岸へ, 北端柴桑郡を, 半数しか, 南徐, 南徐まで, 印綬を, 参謀, 参謀であり, 参謀孫権が, 参謀官, 名は, 名医華陀が, 名家である, 名花だ, 向背こそ, 向背や, 君臣に, 君臣を, 周泰を, 周泰軍に, 周瑜が, 周瑜に, 周瑜の, 周瑜は, 周瑜程普に, 周魴が, 周魴に, 周魴の, 国から, 国と, 国には, 国にも, 国へとも, 国主です, 国使として, 国元へ, 国八十一州の, 国力が, 国力の, 国史に, 国外にまで, 国威とは, 国威を, 国柱と, 国業は, 国業も, 国界は, 国策であった, 国興っ, 国都には, 国防力には, 土民が, 地が, 地に, 地方には, 地方五百里を以て, 堅陣に対して, 報告を, 境から, 境に, 境まで, 境を, 士気は, 外交, 外交官の, 外郭に, 外郭を, 大勝も, 大国たる, 大害, 大将か, 大将たちは, 大将どもに, 大将丁奉, 大将呂蒙, 大将周泰の, 大将太史慈, 大将孫桓も, 大将徐盛が, 大将潘璋だ, 大将軍たる, 大将韓当は, 大将馬忠は, 大才, 大才魯粛, 大捷を, 大方向, 大方針, 大水軍建設, 大船陣も, 大船隊, 大艦船, 大賢と, 大軍であった, 大軍を, 大進出, 大都督, 太史慈, 奇襲艦隊の, 奉行を, 奴隷に, 奸智たる, 如きは, 始めから, 婦道か, 嫁さんが, 字を, 季札が, 孫休の, 孫堅へ, 孫子だ, 孫桓は, 孫桓も, 孫桓を, 孫権たりと, 孫權或, 孫策から, 孫策の, 孫策周瑜が, 孫策度々, 孫策死す, 孫策船手を, 守りは, 安全を, 宋謙, 宝ぞと, 客を, 宮中に, 宮中へ, 家へ, 宿将として, 宿将元老ことごとく, 宿将張昭は, 宿将程, 対魏問題も, 将も, 将士から, 将士とは, 将士に, 将士は, 将士も, 将朱桓という, 将来に, 将来の, 将来も, 将来を, 将軍の, 将軍甘, 左翼たる, 市中に, 帝業を, 帥が, 師を, 帷幕に, 床箆子の, 建国以来治乱の, 建業から, 建業では, 建業へ, 建業も, 建業以来の, 建業城中を, 弱さ, 張挙訟え, 強さ, 征旗を, 徐盛軍だった, 得意と, 徳王が, 徳王の, 忠臣見殺しは, 怒りを, 恥では, 恩では, 情熱, 意は, 意中を, 感抑え, 態勢は, 態度の, 態度を, 戦場へ, 戦端が, 戸数を, 手に, 抑えとして, 掌に, 掌の, 推移蜀破滅そして, 擬装船団は, 攻略も, 新城秣陵の, 新鋭に, 方針は, 旗を, 旗艦らしい, 旗色は, 旧地, 旺な, 時に, 時代からの, 時支那へ, 智嚢と, 末に, 末臨海の, 本営である, 本営へ, 本国へ, 本城へ, 朱桓は, 来るの, 東府に, 某といふ, 柱とも, 柴桑山から, 権力は, 正臣と, 武人である, 武将が, 死も, 死命を, 殺に, 気勢を, 水寨へ, 水軍, 水軍と, 水軍に, 水軍も, 水軍を, 水軍提督たる, 水軍総, 水軍都督周瑜は, 水陸軍が, 求めに, 沃土を, 沿岸は, 泰伯の, 海軍工廠で, 海軍書記生を, 深謀も, 滔々たる, 潘璋の, 濡須に, 濡須まで, 無事なる, 燕王の, 爲に, 物見は, 特使が, 犬に, 王国を, 甘寧将軍, 産か, 用に, 発展は, 督軍参謀で, 禍いに, 福建は, 秣陵へ, 空へ, 空を, 第一, 粛公, 精鋭大将は, 糧財奉行すなわち, 綾倭文, 総帥として, 総帥陸遜, 総軍, 総退却, 繁栄とを, 群臣の, 翼下に, 老臣張昭が, 耳にも, 肚は, 脆弱面を, 臣です, 臣に, 臣下に, 臣下は, 至宝そう, 至宝である, 舟艇一気に, 船を, 船列を, 船団が, 船待てっ, 船手は, 良臣伍子胥の, 苦境に, 英傑ばかり, 蒋欽, 蒋欽周泰の, 藩論を, 衷心を, 親族らは, 計に, 計略では, 計略という, 討手を, 詐術を, 諜報機関は, 諸君は, 諸臣, 譎詐に, 財を, 賀将軍山賊を, 赤烏三年句章の, 走舸, 軍が, 軍は, 軍を, 軍事は, 軍勢が, 軍勢を, 輩, 返事を, 追手は, 退散を, 逆賊どもを, 進出を, 運命を, 道俗漸く, 都府は, 都建業に, 都督徐盛も, 都門へ, 重臣, 重臣な, 重臣を, 銅像式, 長史, 長沙, 開戦は, 附帯条件も, 陣は, 陣中では, 陣中へ, 陣前で, 陣前に, 陣営にも, 陣営も, 陣地へ, 陣所へ, 陣線の, 陣門へ, 陳武だった, 陸績や, 面目も, 韓当, 韓当であった, 領一帯に, 領土まで, 領土を, 領地も, 顔を, 風格は, 首であった, 首を, 驚異です, 鹵獲は, 黄蓋が, 黄蓋と, 黄蓋字は, 黙殺により

▼ 呉一郎~ (278, 7.6%)

10 の心理遺伝 6 の頭 5 の第 4 の夢中遊行, の姿, の手 3 が生まれた, としての過去, とモヨ子, と瓜二つ, のうしろ姿, はその, を発狂

2 [14件] がその, が覚醒後, と同, と申す, の, の心理, の発狂, の眼, の精神状態, の精神鑑定, の覚醒後, は, は平気, は鍬

1 [196件] かどちら, か僕, が, がいる, がかかる, がサナガラ, が一個月, が一回, が万一, が事件当夜一時五分前後, が二人, が人見知り屋, が凝視, が同夜, が君自身, が壁, が外出後, が帰省, が悪夢, が或, が斯様, が死人同様, が熟睡, が現われた, が発狂以後今日, が福岡市, が私生児, が突, が純粋, が結婚式, が絵巻物, が自分, が茫然, が被害者, が軌道, が返り, が這入っ, が過っ, が降り来りたる, じゃない, だって, でなければ, では, と, とこの, としての君, としての自分, として覚醒, とは双生児, とは思えない, とは瓜二つ, と入れ違っ, と全然, と双生児, と同名, と同時に, と名乗る, と君, と呉青秀, と思い込ませ得る, と思う, と申しまし, と認めさし, と認めさせ, と認めさせよう, と認める, ならば, に, にこんな, に与えた, に依っ, に催眠術, に到っ, に及ぶ, に暗示, に相違, に組み付い, に絵巻物, に肉迫, に見せた, に見せる, に覚られない, に間違い, に面会, のその, のもの, の両, の両手, の今日, の伯母, の何, の作業振り, の全身, の前後二回, の呉青秀, の告白, の唇, の夢中遊行状態中, の夢中遊行発作, の夢遊病, の女性絞殺行為後, の存在, の帰り, の年齢, の当夜, の形, の心理遺伝事件, の性格, の悪夢, の懐, の本当, の朴歯, の横頬, の母, の母親, の毎日, の気持ち, の治療順序, の狂うた姿, の現実, の生年月日, の生所, の発作顛末, の発病, の立っ, の精神異状, の結婚式, の背後, の花嫁, の血液, の行動, の覚醒, の記憶回復後, の談話, の談話中, の過去, の遺伝性, の鍬, の鼻, はあそこ, はこう, はさも, はそのまま, はそれでも, はふり向き, はやがて, はやがて何やら, はやはり, はスッカリ昂奮, はチットモ, はハッ, は一千年後, は両手, は初めて, は別段, は前記, は又, は呉一郎, は喘ぎ喘ぎうなずいた, は回復, は姪の浜, は家中, は当時, は忽ち, は愕然, は昨夜, は時間, は最早, は気まり, は真正面, は第, は答えなかった, は美事, は考える, は自己, は若林博士, は驚い, は麻酔, は黴毒, みたよう, もイザ, も初めて, も呉青秀, も最初, も相, も鍬, をこの, をふり返る, を初め, を呼び止め, を実験材料, を支配, を昏迷, を母親, を発見, を釈放

▼ 呉~ (196, 5.4%)

3 そのほか, のことば, は, は言った

2 [16件] がその, である, と劉唐, のさし, の口, の案, はその, はやがて, は他, は宋江, は彼, は苦笑, へ向っ, もいま, もまた, や公孫勝

1 [152件] からし, から梁山泊, があらい, があらゆる, があんなに, がいう, がさい, がそば, がたちどころに, がはっと, が一策, が三寸, が出向い, が参謀, が参陣, が口, が壁, が変, が大きく, が大手, が宋江, が左, が手, が提案, が来た, が楊柳, が横ヤリ, が皆, が総統, が誘いだし, が顔, すらがあぶなく, すらまた, だった, であった, であり雷横, で道号加亮, とがあ, とその, とともにその, とにお, とはそれッ, とはついに, とは無事, とは茶炉, とは高, と公孫勝, と宋江, と官, と戴宗, と晁蓋, と林冲, と赤髪鬼, と関勝, と雷横, にある, には世話, にむかい, にむかっ, にも千慮, によろしく, にわけ, に胸, に諮っ, のいる, のとりなし, のどんな, のひきとめ, のひとみ, のほう, の三名, の位置, の体, の八陣, の前, の命, の大物, の学識, の左右, の後ろ, の思う, の指揮一つ, の物語る, の痛嘆, の眼, の耳, の落度, の誤りじゃった, の部屋, の順, の顔, はあわて, はいつも, はこういう, はここ, はさっき, はどこ, はなぐさめ, はのっけ, はほっと, はまず, はまた, はハタ, は一たん家, は一小隊, は仲間, は命じ, は大, は客殿, は巽, は心ひそか, は愕然, は最上, は沈痛, は泊中, は白地, は盧俊儀, は目ざとく, は目的, は自分, は見, は見抜いた, は親しみ, は酒, は金, は銀子一両, は陣中, は香炉台, へヒタ, までみな瞼, もここ, もそれゆえ止め, もまったく, も哀哭, も宋江, も寨, も晁統領, も李逵, も林冲, も聞い, も言い, や晁蓋, や朱武たち, をかしら, をさす, をのせ, を初め, を承知, を観れ, を請, を軍奉行, を迎えた

▼ 呉~ (176, 4.8%)

5 はかう 4 に言 3 にはそれ, の眼, はそれ, は今, は心配

2 [14件] が何, この身, との間, にし, の手, はさ, はその, はもど, はわざと, は何と, は呉葉, は問うた, は言, も流石

1 [124件] お互に, か, がいつも, がつ, がにこにこ, がもど, がやつ, がゐなかつたら, が來, が入, が始め, が慌, が抱き寄せ, が立つ, が茶椀, が行縢姿, が訊く, この花の, さう, で二人, で意味, とはそこら, とはその, とは再び, と三人, と二人, と倶, と常葉, と顏, などがやつ, などと一緒, に, にかけた, にきかせた, にはその, にはまだこ, には心配, にまで持つ, にもさう, にもたせ, にも思ひ出された, にも氣持, にも飮, に向, に見せる, に話しかけた, のあと, の侍, の前, の國, の姿, の心配, の慰藉, の持つ, の指さす, の方, の耳, の聲, の胸, の頻りに, はある, はいくらか, はかしこ, はこんな, はじっと, はその後, はつくづく, はまた, はわくわく, は一年後, は丁寧, は主, は何年, は俄, は入, は別, は唯オドオド, は外, は布, は常葉, は幼い, は急い, は昔, は橋, は次第に, は涙, は瓜, は眼, は窕子, は笑, は笑つて, は經, は聲, は自分, は藤, は行つて來, は見ぬ, は間, は頭, は願はず, は飛ん, は點頭, ばかりで, までそんな, も, もいろいろ, もした, もじつ, もそ, もそれ, も入, も唾, も後, も心配, も窕子, も笑つた, も笑つて, も見よ, も通り, や拭く, よりも先, をつれ, を振り返つ, を見詰めた

▼ 呉~ (127, 3.5%)

2 それを, 南に, 大江の, 言った

1 [119件] あくる日上陸し, いかにし, いま伐つべからずです, いよいよ大, いよいよ魏軍, うごきません, おろか当代何処にも, ここに, この好餌, この序戦, これを, さらに大きな, すぐに, すすんで, そういっ, そこで, そのし, その上, その不思議, その後どういう, ただ呉, たちまち出, たちまち玄徳, ついに亡んだ, でたらめに, ないも, なお変, なだめるよう, ひそかに, ほつと, ほんとうの, また口, みずから臣孫権と, もっぱら虚, もとより蜀, 一たん喪色の, 三江の, 主将孫権の, 二十七八歳姪は, 二十二歳の, 亡ぶと, 今こそ, 何らの, 信義の, 倶に, 出かけに, 出発した, 初めて魏, 南徐の, 南方の, 南方は, 危急存亡の, 同知, 呉に, 国中喪に, 国防に, 土龍の, 大きな宿望, 大軍を, 天の, 姑の, 孫将軍が, 安楽椅子に, 富強では, 富強に, 寝台に, 左の, 平気で, 強い蜀, 当然どういう, 急に, 急激に, 恃み, 戦うべきか, 手を, 敗るる, 敗れたり, 数万の, 新しく鋳, 新興の, 朗らかに, 朝鮮語で, 果たしてこれ, 歯を, 江南富饒の, 満腔の, 王の, 理由を, 用いずに, 用事に, 盛んに, 破虜将軍, 禍いを, 立ち所に四分五裂, 笑って, 第三者の, 絶対に, 胸を, 自国が, 自然に, 至極平和, 若いとき, 蜀と, 蜀の, 蜀を, 謝礼として, 赦されて, 起ったのに, 遠く曹, 重大な, 鋭気日頃に, 長江の, 関羽の, 面会し, 驕り誇っ, 魏が, 魏の, 魏へ, 黄武元年と

▼ 呉~ (121, 3.3%)

5 使いに 3 下って, 向って 2 参って, 向けて, 帰った, 帰って, 送るもの, 降って

1 [98件] お下りください, お伴れし, お出でなさい, お出でに, お返しあるべきでしょう, お還し給わる, お還り, かえさない算段, かえす肚, かえって予, かえって同志, かえって連環, かからば, まぎれ込んで, もどられよ, やって来たわけ, やると, 上陸った, 下った, 下ったの, 下る, 下ること, 仇を, 使いされたら, 使いし周瑜, 入るとも, 入れるという, 出兵せよ, 前進し, 南下し, 向った, 向わんか, 味方する, 呼び返すなど, 売りふたたび, 売り出すこと, 大軍を, 奔り, 奔る, 密偵に, 帰さないこと, 帰ったら周瑜, 帰らんなどとは, 帰りありのまま, 帰るくらい, 帰る面目, 引き揚げて, 当り難く, 後詰を, 急使を, 戦いを, 投じて, 投降し, 押襲せ, 招いて, 攻め下ったという, 攻め下って, 攻め入り給う, 攻め行くであろう, 書簡を, 来たならなぜ, 来るなどは, 檄を, 渡して, 渡って, 渡り蔡兄弟, 申し入れまた, 着く前, 突きつけて, 突入し, 立ち帰った, 立ち帰れ, 聞えて, 行くこと, 行くという, 行って, 襲って, 要請し, 討ち入ったもの, 試みること, 護送され, 賀使を, 赴かせた, 返しかつ, 返す, 返そうかとまで, 返上申す, 迫って, 送って, 運ばれて, 還さんとは, 還して, 還します, 還し給え, 開け渡すという, 降るなどという, 降伏を, 震いかかって

▼ 呉~ (105, 2.9%)

5 仕えて 3 使し, 向って 2 人なし

1 [92件] あり, あるもの, ある兄, いた者, いた頃, いて, いますわが, います母公, いらっしゃいますならば, いるでは, お力を, お帰り, かえるぞ, きて, この報復, して, そなえた, やぶれたこと, 一敗を, 下って, 与するなら断然, 之き, 人質を, 仇を, 仕えその, 仕えませんか, 仕えよ, 仕えよと, 仕えるが, 仕えるべきであると, 仕え弟, 仕え忠節, 仕へて, 以後の, 依って, 修交を, 備え北, 内通し, 利さなかったと, 剣なし, 勝ち目は, 勝つこと, 勢威を, 協力させまする, 協力しよう, 占領された, 去つて, 合流せん, 告げたは, 在ったこと三十余年, 害を, 寓居し, 属さねば, 属して, 帰って, 帰るつもり, 年々の, 幾度も, 彼あり, 従兄弟の, 悴の, 戦わせその後, 打つ手一つだ, 振う, 援けを, 敗れた黄祖, 服して, 残って, 比して, 求めるなれば, 漏れて, 甘寧, 生ず, 生れたもの, 生れた一人, 立て呉, 討入る, 託されい, 訴えた, 説けば, 謁す, 譲ること, 較べて, 遣わし給うた時, 還ること, 間隙が, 降って, 降伏し, 降参し, 面して, 面会を, 馬あり

▼ 呉~ (96, 2.6%)

3 して, 破りて 2 呑んで, 打破ること, 討ち魏, 説いて

1 [82件] うかがって, うごかし両川, うごかすこと, お攻め, けしかけたの, そむいて, やぶる計, 一挙に, 亡ぼさずには, 亡ぼさぬうち, 亡ぼし以, 亡ぼすの, 亡ぼす太, 仆す, 伐たんかと, 伐たんの, 伐ち取らんか, 伐った時, 伐つこと, 伐つため, 伐つであろう, 伐つも, 余して, 侵すこと, 侵すとき, 侵すには, 信じて, 先に, 前に, 加えて, 加え坂田, 助けずに, 去って, 去るお, 取るとき, 向うに, 呑み水路, 呑むごとき気概, 呼びに, 図らんと, 如何に, 平げたあかつき, 征し, 怖れ, 怨んだが, 恃みましょう, 恨む念, 打ち敗, 扶ける, 探りに, 措いては, 握り奪ったも, 援け, 撃滅し尽さなけれ, 攻めよと, 攻め併せて, 曹操に, 滅ぼさんは, 牢獄に, 破り外, 破ること, 突くべし, 結んで, 脱した, 脱走し, 興したまいいまや, 興した英主孫策, 興すほど, 苦しめた楊州, 裏切って, 討たねば, 討ち関羽, 討った後, 討つが, 説かんと, 説こうと, 論じ併せて, 謀ったから, 負って, 踏みつぶすかの, 離れたこと, 顧みるに

▼ 呉青秀~ (86, 2.4%)

4 の忠志, の悪霊 3 の子孫, はこの 2 がこの, と同じ, の心理, の心理状態, の心理遺伝

1 [62件] がなおも, が一千年前, が一番おしまい, が乗りかかっ, が懐, が痴呆状態, であった, という十七八歳, とがどんな, と黛芬姉妹, にモーション, に命じ, に相違, に絞め殺された, に迫っ, の, のこうした, のスバラシイ忠君愛国精神, の全身, の動作, の呪い, の変態性慾, の学力, の心理的要素, の忠勇義烈, の忠君愛国, の怨霊, の慾求, の手, の気持ち, の熱烈, の狼狽, の筆力, の胤, の血, の超, の跡, の風釆, はこうして, はこれ, はその, はやがて, はやはり, はよろしい, はスッカリ面, は一年振り, は何とも, は僅か, は又, は喟然, は大, は天子, は彼, は海, は芬子さん, は蝋燭, は長恨悲泣, は黛夫人, もやっぱり, も君, も支那, も気付かず

▼ 呉~ (76, 2.1%)

6 のお 5 の御 4 のご 3 の命 2 の前, の妹, の肚

1 [52件] からこの, からのご, からの拝領物, からの礼物, から荊州, がご, がその, が許すまい, でおわす, とてお, と彼, にお, にちと, にまみえよう, に代っ, に会っ, に取次ぐ, に対して皇叔, に復命, のため, のほう, のもと, の仰せ, の先代孫策, の共鳴, の厳命, の嫡子, の旗下勢, の直, の老母, の耳, の胸, の臣, の袖, の追手, はそれ, はまだ, はわが, は人, は呂, は大酔, へおすすめ, への国際証書, へ手紙, へ返せ, もどう, も実に, も日頃, を始め呉, を辱めた, を頼む, 見参っ

▼ 呉~ (73, 2.0%)

2 のほう, の中

1 [69件] からお, があり, がある, がうごかない, が何事, が城下, が夜半, が荊州, が莫大, が迫る, が退路, だった, だったので, であれば, でないもの, というの, とむすびあい, に一泡, に企図, に保護, に備える, に加え, に囲まれ, に聞えた, のあいだ, のため, のなか, の一将, の一部, の先鋒, の内輪, の北上, の営内, の夜襲, の将士, の引揚げ, の手, の損害, の真只中, の総, の誇り, の蹂躙, の軍粮総司, の陣見舞い, は, はあわてふためいた, はこれ, はその, はまた, は今日, は勢い, は大, は待ち構え, は急, は新手, は漢水方面, は潰走, は色, は長江, は骨抜き, へ騙っ, もそれ, も合, をひきい, を招い, を殲滅, を破っ, を破り尽す, 大都督

▼ 呉~ (64, 1.8%)

2 がまだ

1 [62件] がこれ, がひとりヒョウ, が人, が勝つ, が大変, が夫人, が浴室, が深く, が約束, が警察, が起き, です, で一人, という同, とともに母公, とのあいだ, とは早くから, にこの, に八子, に呼び起され, に嫁, のところ, のクセ, の信頼, の八巻本, の場合, の大石, の妹, の姓, の宿, の宿所, の心境, の応援, の承諾, の方, の生き甲斐, の立場, の腹, の起きた, の身, の食膳, はあくまで, はおそく, はビワ, は何, は岩本本因坊, は片手, は現れた, は私, は読売, は貞賢, もほめ, も今日, も神様, も羽織, を尊敬, を攻め, キッと, 慌てふためきこれ, 本補, 立ったま, 良しという

▼ 呉~ (52, 1.4%)

2 来ないので, 荊州を

1 [48件] うごき出したの, おびただしい代償, かねての, きめて, ここに, これに, それを, わが国の, 今寝返りを, 何を, 再び来た, 凝つて, 動かないかも, 十五歳に, 合, 呼応する, 天下に, 奥の手と, 女に, 女の, 妻を, 寝台の, 帰ってから, 帰らうと, 態度を, 接受すべき, 攻め入ったか, 曹操に, 来た, 玄徳を, 率先挺身しなけれ, 盟約を, 直接蜀を, 矛を, 禍いを, 蜀と, 蜀に, 蜀へ, 蜀軍に, 送って, 進んで, 遊びに, 酔って, 降伏する, 降参し, 陳を, 離脱せん, 魏廷に

▼ 呉夫人~ (43, 1.2%)

2 が櫓

1 [41件] から命ぜられた, がおそろいで, がどんなに, が命じる, が大病, が心配, が手, が遮つ, が隣, が革命後, であった, である, と三尺, と劉夫人, と好い, に会っ, のうしろ, の出し, の前, の妹, の子, の生死, の耳, の船, の靴, は, はけげん, はさっそく, はまだ, はもと北京, は前, は叔父, は哭き出した, は私達, は自ら, も呉姫, も微笑んだ, も悲しみ, も甥, を聯想, を訪れ

▼ 呉~ (42, 1.1%)

2 のお, の位

1 [38件] からこの, から賜った, が人民, としてもそんな, となす, と尊称, と称し, に代っ, に奏し, に封ぜられた, に謁, のため, の七国, の世子, の位置, の前, の封爵, の徳, の意中, の教授揚応能, の無道, の甥君, の神像, の神鴉, の虜, の許し, はこの, は江南, は親しく, は魚, へ献じなけれ, もあきれ果てた, もあれ, も正しい, も見えなく, を初め建業城中, を覘, を難

▼ 呉~ (41, 1.1%)

7 の血統 2 の中興, の人達, の系図

1 [28件] と劉家, にはモヨ子, に仕え, に伝統的, に到り, に絡わる不思議, の人, の代々, の先祖代々, の名跡, の固有, の土蔵, の宝物, の常雇い, の幸福, の当主夫妻, の後, の御, の悪, の物, の男, の祖先なにがし, の精神病系統, の運命, の長女, の門, も或は, を呪いつくす

▼ 呉~ (36, 1.0%)

4 荊州とは 2 なく女中奉公, 玄徳との, 越と, 魏の

1 [24件] いえど, いえば, なく世話, 云ひ残し, 倶に, 別れて, 対しても, 往来し, 従者は, 戦わざるを, 日月を, 楚の, 相談し, 称した例, 結びたがって, 致すこと何人, 藤沢が, 藤沢の, 蜀とが, 蜀との, 蜀とは, 郭と, 隣接し, 魏との

▼ 呉羽さん~ (32, 0.9%)

1 [32件] から, から聞いた, から良い, が僕, が出発, が理由, とが支配人, と二人, と同じ, と言い争った, なんか尚更, にお返し, に一パイ, に会わし, のお話, のアト, の二人, の前身, の命令, の天才, の腕, の興行, の芸, の身上話, はお, はこうして, はそれ, はアンマリ, はエライ女, は今晩一晩, を好き, を脅迫

▼ 呉郎さん~ (32, 0.9%)

4 を訪

1 [28件] から握飯, から本三冊, から知らされ, が更け, が親切, が顔, といつ, とは軌道, とビール, と下, と共に川, にいたはられた, につい, に連れ出され, の手, の袂銭, はもう, もまた, もやつ, も来訪, よんで, を呼び出し, を招く, を訪ね, を訪ねた, を訪ねる, 再出現, 約の

▼ 呉~ (28, 0.8%)

4 のため 2 の域

1 [22件] から一掃, でも常勝軍, との友好, に留まらせた, の人々, の医たる, の在りし, の女, の孫権, の懐柔, の本土, の武士, の為, の諸道, はいよいよ, へ下り, へ帰れよう, へ引き揚げた, をお, を強いて, 建って, 第一

▼ 呉侯孫権~ (26, 0.7%)

2 だった, にまみえ

1 [22件] から一書, から錦, が曹操, にたいしては, にまぎれ, に拝賀, のいる, のご, の弟孫瑜, の怒り, の怒り方, の直属, の素姓, の陣, の鬱憤, は, は寄手, は諸, へ次, も入城, も畏敬, をはじめ

▼ 呉~ (26, 0.7%)

3 蘭も 2 の兵書, 蘭などの

1 [19件] が出, が武候, が見, とかいふもの, にはこういう, にも並ぶ, にも勝りましょう, の兵法図国編, の神髄, は我, もおそらく, を此後, を知らん, 胥も, 胥や, 蘭, 蘭の, 蘭を, 蘭呉碩

▼ 呉八段~ (24, 0.7%)

2 は神様

1 [22件] がつとめ, がもらひ下げ, が天璽照妙, が最近, が現れない, が神, この独創的, と彼, に勝味, に対する神様, に行く, の下宿先, の世話係, の勝, の対局料, はそれら, はヨレヨレ, は入門, は八時, は国民服, は私, も今度例

▼ 呉茱萸~ (22, 0.6%)

2 の, の主品

1 [18件] が主品, が今, である, であるか, でその, では無い, でも食茱萸, といい, との間, と呼び, と呼ぶ, と呼んだ, には二品, には南品, の図, の形状性質, の生, の生薬

▼ 呉子さん~ (21, 0.6%)

2 を迎え

1 [19件] から受ける, が早, では, との関係, と僕, に何くれ, に説明, のため, の口, の姿, の襟脚, の許, はこの, は柿丘, は野獣的, も僕, を慰めた, を援, を麻布

▼ 呉~ (20, 0.5%)

7 孫権の 3 孫権は 1 すでに三世, の孫權, を扶, 孫権から, 孫権からも, 孫権である, 孫権と, 孫権に, 孫権にも, 孫権も

▼ 呉~ (19, 0.5%)

1 [19件] あるいは応挙, から明治, だつて迚, と応挙, にたった, にもこんな, のこと, の墓, の小品, は, はしやれ, はだるい, は人, は偽物, は困った, は死のう, は若い, は透きとおる, は酒

▼ 呉~ (17, 0.5%)

1 [17件] がイソイソ, とも親しく, の祈っ, はもう, はやがて, はイヨイヨ長椅子, はニッコリ, はホッ, は中, は切株, は又, は慌てず騒がず, は突然, は長い, も調子, を脅, 哭いて

▼ 呉先生~ (16, 0.4%)

1 [16件] がいまだ, がおい, が一味, だけは私, との精神上芸術上, に対する一種, の処, の名, の帰朝, の欧洲留学, の著書, の門, はその, や晁蓋, を欽慕, を祝いまつる会

▼ 呉~ (16, 0.4%)

1 [16件] が陣, が黄蓋, だ, だっ, と化し, には戦え, の一将隊, の急追, の死屍, の胆, はことごとく, はすぐ, は水上, をようやく, を蹴ちらし, ヲシテ

▼ 呉~ (16, 0.4%)

2 の観

1 [14件] という, の人, の兵, の地, の客, の宿怨, の差, の敵, の民衆, の真ン中, の道, はない, も兄弟, も助け合うべき

▼ 呉~ (15, 0.4%)

1 [15件] いうまでも, いまや自信満々, これを, その総力, ついに火事泥的, またわれわれ, 其事に, 呉です, 張蘊を, 救わずただ, 早く東南, 脱落した, 越も, 難し, 雷同し

▼ 呉学人~ (15, 0.4%)

1 [15件] から声, が案文, である, とも呉用先生, の影, の思う, は, はうなずいた, はふたたび, は一気に, は兄弟三人, は彼ら, へ向っ, も黙考, を先

▼ 呉~ (15, 0.4%)

1 [15件] が新た, その人, なども一人一人枕頭, には趙雲, の赴任, の軍, の輩, は, はいう, はここ, はその, は彼, をとどめ, をひっさげ, を案内

▼ 呉から~ (14, 0.4%)

1 [14件] うけた一敗, 使いに, 使者が, 周瑜を, 四時間ほど, 妃を, 帰って, 扶持され, 提示し, 来て, 棄権した, 禄も, 舶載し, 逃げて

▼ 呉~ (14, 0.4%)

7 御は 3 御の 2 御に 1 御が, 御という

▼ 呉~ (14, 0.4%)

1 [14件] うれしい緊張, にお, におかれ, には自分, にもお待ちかね, にも申しのべよう, に接し, に確たる, のお, の厚恩, の命, の胸中, は自分, を始め

▼ 呉~ (14, 0.4%)

1 [14件] に入っ, に入れる, の土牢, の宮中, の当主, の楽園, の灯, の禁獄, の門, の高, へは告げない, へ後退, へ迫った, を圧し

▼ 呉王廟~ (14, 0.4%)

5 の廊下 2 は三国時代 1 にいる, に参詣, に立ち寄っ, の中, の神様, の神烏, へ参詣

▼ 呉~ (14, 0.4%)

2 の太守, の陸 1 に帰り, の一地方, の休穆, の大, の孫堅, の朱桓, の無, の陸績, の顧旃, へ馳

▼ 呉~ (13, 0.4%)

71 えおめ, って云, つちつたの, と嘆願, と申す, と言つて

▼ 呉井嬢次~ (13, 0.4%)

1 [13件] が壁, でございます, とどんな, と印刷, と名乗る, と思召, と称する, ならば, の功績, の怪手腕, の説明, の讐討ちの助太刀, を捕える

▼ 呉~ (13, 0.4%)

2 は知らじ

1 [11件] が渡つて參, と記し, の国際観, の様子, の青二才ども, の魏国認識, はつねに, は水上, を呉, を盲, を置きました

▼ 呉妹君~ (13, 0.4%)

2 のお, はお 1 といわれ, との婚礼, との結婚, との縁談, におわす, には一たん良人, に実は, の婚縁, をもと

▼ 呉清輝~ (13, 0.4%)

2 と田川

1 [11件] にきいた, のごとき, はうたれた, は一方, は呟いた, は実際, は小鼻でくッ, は田川, は腹, は警戒兵, は部屋

▼ 呉用先生~ (13, 0.4%)

1 [13件] およびその, から天下, がお, がすばやく, がとつぜん, が書いた, だって, だ先生, でもおいそれと, ともよばれ, のいい, のお, の智網

▼ 呉モヨ子~ (11, 0.3%)

1 [11件] が仮死状態, と, という少女, とこの, と名付, と申します, に相違, のモデル, の眼鼻立ち, の身代り, は芬夫人

▼ 呉~ (11, 0.3%)

2 を脱し 1 から馳, において父子, に献ぜん, の岸, はまるで, へ案内, へ迫った, もそれ, 第一

▼ 呉~ (10, 0.3%)

5 と蜂 3 を咋 1 がいつ, 多かりし

▼ 呉~ (10, 0.3%)

1 がいかなる, が段々, だという, と同一, にまで溯つ, はすでに, は西, は西域楽, を問題, を家業

▼ 呉には~ (9, 0.2%)

1 三江の, 今孔明が, 勝てんが, 孫堅, 幸いにも, 美人が, 豪傑も, 陸遜, 魏にも

▼ 呉~ (9, 0.2%)

1 の鞋底, はしばらく, はどこ, はひた, はまだ, は趙家, を引張り出し, を発見, を見る

▼ 呉用学人~ (9, 0.2%)

1 そのほか二, であったの, とが声, のはかり, の添え, はいま, は老い, は颯爽, ほどな

▼ 呉~ (8, 0.2%)

2 やべか, やるべが 1 投獄された, 挙げれば, 有名な, 知らない者

▼ 呉では~ (8, 0.2%)

1 この交渉, むしろ期し, 一流級の, 周瑜の, 温州柑子四十荷を, 誰か, 超然とあきらめ, 足頸を

▼ 呉という~ (8, 0.2%)

1 えらい先生, ものが, 大将が, 姓じゃ, 役人の, 男が, 者が, 胡の

▼ 呉との~ (8, 0.2%)

1 境でも, 境に, 境には, 対戦なら, 差は, 死闘に, 衝突を, 軍事同盟を

▼ 呉~ (8, 0.2%)

2 のとは, のは 1 と云, のです, 事を, 人は

▼ 呉~ (8, 0.2%)

2 真榊 1 にいまし, にいます, にましまし, にましましき, にませ, を立て

▼ 呉~ (8, 0.2%)

1 から沙市, で碇泊, に這入りかけたら, に達せし, の河口, へ出, を出帆, を取り

▼ 呉~ (8, 0.2%)

1 がはなし, と校尉, などとあっ, のふたり, の三名, の二人, の四人, は

▼ 呉~ (8, 0.2%)

4 の上 2 を一枚 1 の敷き, を敷い

▼ 呉さん~ (7, 0.2%)

2 の処 1 ですって, という事, のいった, のお家, の手

▼ 呉~ (7, 0.2%)

2 の城, の賓館 1 に連なり, の本城, を守らせ

▼ 呉俊陞~ (7, 0.2%)

1 が乳牛, が五万, と義兄弟, の一行, の若い, の邸, も殪

▼ 呉俊陞氏~ (7, 0.2%)

1 に愛重, の第, の脂ぎつた身体, の顔, はいつ, は不思議さうに赤塚氏, は瘠せた

▼ 呉~ (7, 0.2%)

2 の第, 第一峰 1 に之, に老朽, の珍味

▼ 呉王孫権~ (7, 0.2%)

1 が可愛, が戯れ, との決戦, に報じられる, は宿年, へ上, 手ずから剣

▼ 呉~ (7, 0.2%)

1 であり関興, という者, とともに朕, などがまず, の手勢, の蜀兵, もついに

▼ 呉にも~ (6, 0.2%)

1 なお後備, 備えが, 分って, 曹操の, 眼あきは, 神戸にも

▼ 呉~ (6, 0.2%)

1 には一通, の新旧, の諸, の質屋, 一と, 梅雨の

▼ 呉~ (6, 0.2%)

1 の中, の名だたる, の肺腑, の韓当, を送り, 程普

▼ 呉~ (6, 0.2%)

1 が廃れ, との色, と鉄砂, の材料, の色, や飴

▼ 呉軍師~ (6, 0.2%)

1 が書いた, そのほか, だ, のご, の急, の謀計

▼ 呉~ (5, 0.1%)

2 で御座, べすか 1 べかな

▼ 呉でも~ (5, 0.1%)

1 なく魏, 智ある, 有名な, 長者の, 随一と

▼ 呉学究~ (5, 0.1%)

1 あの呉用学人, との旧交, なので, の呉用, 第三

▼ 呉~ (5, 0.1%)

1 の内外, の正殿, の殿堂, へこの, へささげさせた

▼ 呉押獄~ (5, 0.1%)

1 がそこ, はあっと, はその, は罪, へ授けた

▼ 呉用智~ (5, 0.1%)

5 多星

▼ 呉~ (5, 0.1%)

1 の六月, の地方, の章苟, の農夫, へ行った

▼ 呉~ (5, 0.1%)

1 と雷同, の軽, の陣中, は敗走, を馬上

▼ 呉~ (5, 0.1%)

2 の周丹泉 1 という処, のなにがし, まで逃げ

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 ので早速, のなら, 人が, 所が

▼ 呉にとって~ (4, 0.1%)

1 なお恐るべき, もっとも枢要, 重大な, 重要な

▼ 呉一郎殿~ (4, 0.1%)

1 が真, のお, の実, の御

▼ 呉一郎自身~ (4, 0.1%)

1 かそれとも又, と認められ, にとってはどちら, に属する

▼ 呉七段~ (4, 0.1%)

1 だの秀策, の所へま, の解説, の読違ひといふ結論

▼ 呉使~ (4, 0.1%)

1 が引き揚げる, が来, が都, を引見

▼ 呉劉二夫人~ (4, 0.1%)

1 が自動車, と劉氏, の水色, の白い

▼ 呉~ (4, 0.1%)

2 の家 1 に家, も買う

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 と別れ去っ, のご, は生れつき剛毅, を娶る

▼ 呉~ (4, 0.1%)

2 が延焼 1 などから較べれ, のある

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 などである, の方, は洪将軍, も燈籠

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 が楊州, だとも, と銭塘, のこと

▼ 呉用宋江~ (4, 0.1%)

1 そのほか, などのほか, のめがね, の二大将

▼ 呉用軍師~ (4, 0.1%)

1 にもありのまま, のお, の神算鬼謀, もここ

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 とが米, と云, のお, は甚だ

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 に召され, のまわり, の陣列, 来るを

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 が来, といっしょ, の家, は二晩

▼ 呉~ (4, 0.1%)

1 秀から, 秀に関する, 秀を, 秀二十有五歳

▼ 呉~ (3, 0.1%)

2 越か 1 あるいは越

▼ 呉とは~ (3, 0.1%)

1 もとより何, 元と, 決して対曹操

▼ 呉~ (3, 0.1%)

2 はんか 1

▼ 呉にとっては~ (3, 0.1%)

1 脅威でしょう, 致命的な, 興亡の

▼ 呉に対して~ (3, 0.1%)

1 いよいよ報復, いよいよ必勝, 抱いたであろうこと

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 そのほか, 楚の, 越の

▼ 呉より~ (3, 0.1%)

1 乗ること, 佐世保に, 船にて

▼ 呉りや~ (3, 0.1%)

21 はりますやろ

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 なすったか, なすって, なったら

▼ 呉井嬢次様~ (3, 0.1%)

1 でございます, とわたくし, と一緒

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 というもの, にあらず, の死

▼ 呉佩孚~ (3, 0.1%)

1 が又, とが戰つて, に対して中国労働者

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 にし, に贈る, を殺さん

▼ 呉公蜂~ (3, 0.1%)

2 のひれ 1 の比礼

▼ 呉其濬~ (3, 0.1%)

3

▼ 呉博士~ (3, 0.1%)

1 である, と往復, を訪う

▼ 呉工廠~ (3, 0.1%)

1 から廻, でこしらえる, のクズ鉄

▼ 呉懿呉班~ (3, 0.1%)

1 などがまず, の手勢, の蜀兵

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 などの兵, の輩, をはじめ

▼ 呉~ (3, 0.1%)

3 のお家

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 の邑丞鞏徳, の黄渓, を出

▼ 呉王さま~ (3, 0.1%)

1 から言いつかった, のお, の情深い

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 文織, 服織, 綾織から

▼ 呉~ (3, 0.1%)

1 とか唐桟, の帯, の袖口

▼ 呉蘭雷同~ (3, 0.1%)

2 の二将軍 1 の二将

▼ 呉虹汀~ (3, 0.1%)

1 に因んだ, の手, の美登利屋坪太郎

▼ 呉道子~ (3, 0.1%)

1 でも拜, の人物, の観音さま

▼ 呉郎さん十郎さん~ (3, 0.1%)

1 うち連れて, が酒, 某郎さん大挙

▼ 呉えらば~ (2, 0.1%)

2 呉え

▼ 呉える~ (2, 0.1%)

2 人にや

▼ 呉えれ~ (2, 0.1%)

2 ば夫婦

▼ 呉からも~ (2, 0.1%)

1 持ち込んで, 曹操の

▼ 呉たる~ (2, 0.1%)

1 嬉しさ今, 礼をも

▼ 呉としては~ (2, 0.1%)

1 呂蒙, 間諜を

▼ 呉とも~ (2, 0.1%)

1 和戦両様の, 比較に

▼ 呉なん~ (2, 0.1%)

2 しよや

▼ 呉にとっても~ (2, 0.1%)

1 大慶です, 重大な

▼ 呉への~ (2, 0.1%)

1 侵寇を, 報復に

▼ 呉へも~ (2, 0.1%)

1 聞えて, 行って

▼ 呉るれ~ (2, 0.1%)

1 から, ばそれで

▼ 呉ろう~ (2, 0.1%)

1 つと俺, の何

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 か, なと云う

▼ 呉一郎少年~ (2, 0.1%)

1 の心理遺伝, は殺人狂

▼ 呉一郎母子~ (2, 0.1%)

1 と塾生, と女塾生

▼ 呉両国~ (2, 0.1%)

1 に境, は慾望

▼ 呉両国間~ (2, 0.1%)

1 に秘密外交, の機微

▼ 呉使華欽~ (2, 0.1%)

1 に伝え, に大

▼ 呉傑平安~ (2, 0.1%)

1 は盛庸, をし

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 というの, といふ

▼ 呉君孫権~ (2, 0.1%)

1 からお, には先頃

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 の戦乱, へ首

▼ 呉妹夫人~ (2, 0.1%)

1 ももと, をもう

▼ 呉娑娑宇山~ (2, 0.1%)

1 がう, がうずくまっ

▼ 呉将軍~ (2, 0.1%)

1 たりと, の閣下

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 に奏した, は待ちわび

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 のやう, も云っ

▼ 呉政策~ (2, 0.1%)

1 に乗り出した, の一歩

▼ 呉昌蹟~ (2, 0.1%)

2 の木蓮

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 という監官, は鮑

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 であって, で朝鮮語原

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 の聲, を呑まん

▼ 呉氏応援~ (2, 0.1%)

1 に上京, のため上京

▼ 呉淞砲台~ (2, 0.1%)

1 のよう, の沖

▼ 呉淞路~ (2, 0.1%)

1 の二十号, を過ぎ

▼ 呉班呉懿~ (2, 0.1%)

1 の軍, の輩

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 の如き, は之

▼ 呉秀三~ (2, 0.1%)

2

▼ 呉秀三氏~ (2, 0.1%)

1 の, はこの

▼ 呉茱萸一~ (2, 0.1%)

2 は食茱萸

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, の国交回復

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 の亂, の兵書

▼ 呉越王妃黄氏~ (2, 0.1%)

2 の建立

▼ 呉越相~ (2, 0.1%)

2 容れざるの

▼ 呉越軍談~ (2, 0.1%)

1 あの伍子胥, が贔屓

▼ 呉軍全体~ (2, 0.1%)

1 の得意, は破竹

▼ 呉軍十万~ (2, 0.1%)

1 の圧力, は長江

▼ 呉軍港~ (2, 0.1%)

1 に料理店, をおさえる

▼ 呉郎さん兄弟~ (2, 0.1%)

1 といつ, と共に泳ぐ

▼ 呉郎さん十郎さん来訪~ (2, 0.1%)

1 そしてその, 寝たり

▼ 呉郎さん来訪やあさん~ (2, 0.1%)

1 また来訪, も

▼ 呉郎さん来訪昨日~ (2, 0.1%)

1 の事, の話

▼ 呉門寺~ (2, 0.1%)

1 に止まった, に置い

▼ 呉防禦~ (2, 0.1%)

1 という富豪, の家

▼ 呉院長~ (2, 0.1%)

1 は患者, を説得

▼ 呉霊壁~ (2, 0.1%)

2 のあまり

▼ 呉青秀自身~ (2, 0.1%)

1 になり切っ, の男ぶり

▼ 呉~ (2, 0.1%)

1 の戦場, 両軍

▼1* [332件]

あたりに帰るらしい, 呉いまだ信ぜず, 呉かに接触する, 呉ここに亡ぶ, 呉しかありません, 呉すでに荊州を, 呉たけの根岸, 呉っての打てないん, 呉やる珠運, 呉ですが玄徳, 呉とか燕とかの, 呉とわが劉予州, 呉なかったから, 呉などの中原を, 呉においても前王孫権, 呉にこそ風雲も, 呉にのみ見られる壮観, 呉ので貞之進, 呉ねえだもの, 呉ねば可ません, 呉のみは独りほとんど, 呉はかの剣, 呉はつねに盟国, 呉へは帰りません, 呉まいかとの意味, 呉ませんか大体, 呉まで来る間, 呉ようじゃ無い, 呉よう知つてるの, 呉よりも改めて一使, 呉つし, 呉ら風どうと, 呉りやはつた, 呉りょうというの, 呉りょう運というもの, 呉るるも一興, 呉れいと云つて, 呉をも侵さんとして, 呉イマダ兵ヲ起サズ, 呉積極ニ出デ, 呉ハ虎ヲ得, 呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 呉レタトコロソノ後ニ久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, 呉レテガ無イカラ, 呉レトイウカラソレハナゼダト云ッタラ女ノウチヘ私ガ参ッテ是非トモ貰イマスカラ, 呉レナイモ尤モダト思ッタソレカラ普請ガ大破故武州相州, 呉扶ケ曹ヲ, 呉ヲシテ蜀ヲ取, 呉一因という男, 呉一郎その他の犠牲, 呉一郎その他一切の人物, 呉一郎モヨ子八代子と次, 呉一郎伯母八代子の談話, 呉一郎本人も然かく, 呉三代の主君, 呉三国の利害, 呉三國鼎立の姿, 呉三桂につぐ, 呉三江を継がれた, 呉不可侵条約ならびに軍事同盟, 呉中長鳴鶏, 呉主として立った孫権, 呉主恵氏の経営, 呉に珍寶, 呉乙女さんで私, 呉九段六分藤沢九段四分といふところが, 呉二子の如き, 呉井嬢次対狭山九郎太の個人, 呉人ヲシテ洛陽ニ入ラシム, 呉人園囿中および士大夫家, 呉人越人同邦, 呉以来側近くかしずい, 呉任臣の注, 呉会ニ兵ヲ観, 呉佐世保三軍港のどれ, 呉佐世保神戸の船渠, 呉作戦については叡帝親征, 呉佩孚某と某, 呉使大儀であった, 呉侯呉妹のご, 呉侯自身はこの, 呉俊陞さんの奥さん, 呉もっとも盛ん, 呉べきかと, 呉候者御座無候節, 呉候處肩並胸抔之痛も少く, 呉は真, 呉傑平安兵を発し, 呉傑徐凱等と与, 呉傑江陰侯呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 呉傑盛庸平安の衆, 呉傑等軍六十万を合し, 呉光子さんと呉乙女さん, 呉全軍は遂に何ら, 呉八代の養子, 呉八代子の談話概要, 呉八段石を握る, 呉公多にあり, 呉公多かり, 呉六郡をつかね, 呉兵どもを蹴ちらし, 呉則信手招来少仮思索, 呉勉学の刻, 呉は一騎, 呉北方の魏, 呉も, 呉十余万の兵, 呉伐の, 呉友好をむすん, 呉知方に, 呉同体となっ, 呉喜大臣云々といふ書出し, 呉国三代まだ他国, 呉国孫策の勢力, 呉国色をここ, 呉国討伐を果たそう, 呉の使者秦旦, 呉の綾, 呉城全体があやしく, 呉艦隊は, 呉に雪, 呉太伯が後, 呉夫人自身もそれ, 呉も兪美人, 呉子夫人を己, 呉子女王の胸, 呉子孫子をそらんじ, 呉子文は聖賢, 呉子蘭は小生, 呉孟子と呼ん, 呉学人公孫勝阮の三兄弟, 呉学究どのがお, 呉学究加亮先生でございましたか, 呉の夫人, 呉客周瑜を生捕り, 呉宮の内へ召され, 呉宮城内に満, 呉家四十九代の祖虹汀氏, 呉家祖先の冥福, 呉将潘璋はやがて, 呉へ向っ, 呉工廠横須賀工廠神戸川崎造船所長崎三菱造船所の四, 呉帝孫権真の蠅, 呉幾先嘗て言, 呉のみ, 呉床座の, 呉底族の侵入, 呉建国以来の名将, 呉式十五糎砲で射っ, 呉式電気魚雷はびりびり, 呉式高角砲は天, 呉と嘆, 呉形勾玉二箇出雲石のもの一箇, 呉に見え, 呉志孫權傳黄龍二年に權, 呉忠雄と命名, 呉の, 呉懿らの軍, 呉懿二万余騎をひきい, 呉懿厳顔の輩, 呉懿呉班廖化なども招い, 呉懿裏からは馬岱, 呉懿馬忠張嶷の順, 呉戯れに靈鋸, 呉所属の巡洋艦, 呉才老などの叶音説, 呉恩だ, 呉押獄魏王のご, 呉支謙とが共, 呉旗呉兵と化し, 呉春なみの畫家, 呉春なんどの画, 呉春の画は一向に, 呉春らの及ぶ, 呉春張りの四条風, 呉春等の及ぶ, 呉春蘆雪源埼その他の弟子達, 呉景どのは今, 呉景濂氏に会った, 呉曰くくれずば, 呉木谷ら新人の活躍, 呉本第二鮑本第, 呉に語り, 呉松江とが相, 呉之山, 呉林塘という人, 呉梅村詩という四文字, 呉第幾橋, 呉楚東南にはしり, 呉楚間説盤古氏夫妻陰陽之始也, 呉楚齊魯の間, 呉楽西域楽仮面の伝統, 呉榮光の, 呉死闘の大戦, 呉氏らリュックサックをかつぎ, 呉氏今日は半袖ワイシャツ, 呉氏先番の対局, 呉氏目をとじ, 呉氏言葉は静か, 呉氏記録係りに向い, 呉氏邸には予てから, 呉氏食卓へ現れる, 呉のため, 呉の字, 呉ノ第, 呉の許, 呉海呉山の珍味, 呉海軍工廠が試験的, 呉淞クリイクを背景, 呉に働い, 呉の綾, 呉元至, 呉の喘ぎ, 呉牛月に喘ぐ, 呉が殺せし, 呉を打ち殺ししまった, 呉王之を許す, 呉王夫差越を破る, 呉王自身馬をとばし, 呉王闔閭の女, 呉班呉懿らの軍, 呉班呉懿裏からは馬岱, 呉班呉懿馬忠張嶷の順, 呉班廖化なども招い, 呉と云, 呉用らの顔, 呉用一代の失策, 呉用一存で出来る, 呉用一流の弁, 呉用以下われらすべての望み, 呉用公孫勝などもみな居, 呉用公孫勝らの出迎え, 呉用公孫勝関勝呼延灼朱同など水陸七千人, 呉用劉唐公孫勝らの四名, 呉用四位公孫勝とすらすら, 呉用大人と先ごろ梁山泊, 呉用学人公孫勝劉唐の三名, 呉用宋江ほかあまたの領袖たち, 呉用宋江らの並び, 呉用宋江林冲などもみな眉, 呉用戴宗秦明林冲みな大きくうなずいた, 呉用晁蓋も共々, 呉用晁蓋らの賊首, 呉用朱同李応, 呉用賊の大将宋江, 呉用雷横朱同の三人, 呉用雷横黒旋風の三名, 呉白金十両を酬, 呉皇帝の即位, 呉省蘭本で嘉慶中, 呉では鼠, 呉碩たちも眉, 呉碩呉子蘭, 呉の暴勇, 呉祖以来三代の君, 呉祖孫堅以来仕えて, 呉祥瑞の銘, 呉秀三さんは医史, 呉秀三先生の大学教授莅職二十五年祝賀会, 呉秀三博士の, 呉の恥, 呉暉だの, 呉が一部徒歩連絡, 呉に朝日, 呉羽さん大好きです, 呉もどんなに, 呉として貴公, 呉臣張蘊があらためて, 呉自身の浮沈, 呉興六月水泉温なり, 呉興題識遜元章, 呉若しくは越の, 呉の六種, 呉茱萸食茱萸の二種, 呉葉この間もそち, 呉葉たちの手, 呉葉一方の車, 呉葉來て見や, 呉葉達を困らせた, 呉蔡兩氏は無, 呉というの, 呉蘭任双の兵, 呉蘭将軍雷同将軍なども加わっ, 呉蘭雷同音に聞えた, 呉蘭馬超などがいつのまにか, 呉蜀両帝国の共栄, 呉蜀魏の三つ, 呉の, 呉虞五吾悟後, 呉之などといふ明清, 呉貴国も大軍, 呉と北, 呉賀雀を指し, 呉というかた, 呉起が秦を討ち, 呉起ツトイエドモソノ規ヲ定, 呉起将軍が口, 呉越いずれが治め, 呉越どころじゃありません, 呉越方面へ放浪, 呉軍五万は宜, 呉軍内の情報, 呉近所で働こう, 呉進駐で列車, 呉道子あたりかも知れない, 呉道子地獄變相の圖, 呉郎さん十郎を誘つて昼飯, 呉郎さん十郎さん来訪三人ぶら, 呉郎さん寝床で長大息, 呉郎さん来訪ビール氷干魚, 呉郎さん来訪夕餉頃まで雑談, 呉郎さん来訪酒と下物, 呉郎君やあさんそして山翁, 呉郡ニ移リ住ム呉派ノ第, 呉郡余杭の人, 呉郡富春に英傑, 呉郷文庫が主として, 呉へ帰った, 呉都秣陵の西方, 呉錫麒が澄懐園消夏襍詩, 呉門雑詩に云, 呉随一の戦上手, 呉青秀以下の代々, 呉青秀先生自分の全部, 呉青秀半分は呉一郎, 呉静軒韓人洪鐘宇邦人和田延太郎とともに上海, 呉を食わせ, 呉を永平, 呉高都指揮使楊文と与, 呉高都督都指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 呉魏決戦の火ぶた, 呉黄石と云う