青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「句~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

古い~ ~古く 古く~ 古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~ 古風~ ~句
句~
~叩い 叩い~ 叩き~ ~叩く 叩く~ ~只 只~ 只今~ ~叫び 叫び~

「句~」 7098, 70ppm, 1618位

▼ 句~ (1327, 18.7%)

20 作って 18 読んで 16 見て 15 読むと 14 書いて 13 作ること 9 得て 8 作る 7 もって, 作った, 評して 6 切って, 引いて, 徴され, 拾ふ, 挙げて, 見ると 5 作るの, 切った, 選んで 4 作ったの, 口に, 得た, 得たり, 挙ぐれ, 残して, 見ても, 見ること, 誦して

3 [19件] つくつて, とって, 乞はれ, 作ったこと, 作つたり, 作りました, 作るという, 作る人, 作る者, 切つて, 吐くに, 得ること, 思い出す, 書して, 見れば, 解釈する, 読むこと, 読む方, 読んだ時

2 [76件] あんじながら, うけて, して, つくること, つけて, なすに, 乞ふ, 人に, 何の, 作らず, 作りあげること, 作るよう, 作る事, 作れと, 作れば, 作ろうと, 作曲する, 使ふ, 借りて, 入れた, 入れて, 出で, 切つた, 切つて一寸, 切つて堅く, 列記し, 利用した, 刻し, 反芻し, 取りて, 口ずさんで, 吐いて, 味う, 好みしは, 巻頭に, 引くまでも, 引用し, 引用した, 得れば, 徴さる, 思い出した, 思い出して, 思出し, 思出す, 成しがたし, 成す, 成すを, 探り出だすに, 推敲し, 改めて, 案じて, 構成する, 比較し, 比較する, 比較せんに, 活動せしめ, 熱望します, 発見した, 示すべし, 示せとならば, 繰り返して, 置かねば, 苟もせずし, 見よ, 覚えて, 解する, 解する上, 誦すると, 読む人, 調べて, 逐うて, 鑑賞する, 閃めく, 隔て, 離れて, 題し更に

1 [897件 抜粋] あげましょう, ある時誰, いうので, いかにもほん, いってから, うむに, おも, おもい出しながら, おもひだ, お書き, かいたり, かき入れたの, かつて昔, かりて, ききとつ, くちずさむ, くり返して, くり返し柔らか, ここに, こしらえ上げた, こしらえ出した, この詩集, さへ, しかくうたう, しずかに, したの, じっと見つめ, すぐれたもの, すべて通覧し, そのままかっぽ, その儘, それぞれの, ぞっとする, ただ聞かせる, たとえば, だして, つ, つがせなかつたが, つくった, つくつたこと, つくられたが, つくりたくなる, つくり詩, つけた者, つけるといふ, つづりて, つなぎ合わせ, つまらぬという, ところどころに, とむ虫, とらず, どこかの, なさずに, なした, なし多く, ならべて, なるほどと, のみこんだ, はじめすべてその, はじめに, はたらかせる言葉, はばかり気, ひき終えた, ひとり考え, ひねろうという, ふと矢代, ふらふらと, まとめる, みると, もじりて, もってすら, もとは, よみ所謂写生文流行時代, よんで, わたくしに, ボンベイなる, ラテン語で, 一々批評, 一つ読んだ, 一括する, 一生の, 一聯し, 一誦し, 三つ四つ, 三誦する, 三読五読百読千読し, 不図憶, 与えて, 並べたてて, 並べたとて, 並べた様, 並べて口ずさん, 中心と, 二つないし, 二つ三つ尋ね, 二つ三つ拾つた, 二三句抜き出し, 二子に, 云々する, 五句で, 五文字ばかり, 人ごとならず口ずさんだ, 今一度と, 付けて, 伴れ, 体言化する, 何枚も, 作ったという, 作ったもの, 作っても, 作つた, 作つたと, 作つた去, 作つてゐます, 作つて居つた, 作らう, 作らうよねん, 作らすという, 作らせた, 作らせた明け方, 作らせる近来, 作らなければ, 作りさらに, 作りたい, 作りたいそれ, 作りて, 作りもって, 作り侍りし, 作り得る人, 作り歌, 作ると, 作るに, 作るは, 作るべしと, 作るまた, 作るよい, 作るよろこびに, 作る技術上, 作れ山頭火, 併観する, 使用し, 例証に, 信ずるならそれ, 修飾する, 借りれば, 優しい句, 先き, 入れるも, 全紙に, 八字に, 冒頭に, 凡兆の, 出して, 出すと, 出ること, 切ったら, 切った女, 切らないうち, 切る, 列ねたるなり, 列挙し, 別に, 刻みたる碑, 削りその, 削り去り議論, 割って, 剽竊である, 加えたくなった, 加へ, 十四歳頃作った, 卑俗には, 反対に, 反覆しつ, 反覆する, 取って, 取り出して, 取り虚子, 取る, 取るの, 受けて, 口ずさみながら, 口ずさんだ, 口吟む若山の, 口誦んだ, 各州に, 吐いた平沼騏一郎, 吐いても, 吐かれたが, 吐き出, 吐くの, 君の, 含む, 呟いた年, 味わうこと, 味わった後, 咏じ, 咏んで, 咏出する, 唄ひ連れ, 唱えるの, 唱へて, 問ふ, 善解する, 噛んで, 図らずも, 基本と, 大臣は, 天下に, 好まざるも, 好みたりと, 好む時, 妙と, 始めとして, 子規が, 存録する, 守る, 寄す, 寄せて, 対照し, 少し記しおくべし, 尚白, 尽く暗記, 工夫せずし, 幾度も, 引事に, 引合に, 引用させ, 形づくるの, 彼は, 待つて, 従に, 得がたきは, 得たの, 得たもの, 得べしと, 得ようと, 得るまでの, 微吟し, 心に, 忘れること, 思いだしたから, 思いひそか, 思い出しこの, 思ひだして, 思ひ出したり, 思ひ出し昔遼東, 思ひ出す, 思ひ起さしめるが, 悄然として, 惟然の, 想起し, 愛す, 愛せしは, 愛誦し, 成さずして, 成さずに, 成すこと, 所望せられ, 打ち忘れ居たるを, 批判的にのみ, 批評したる, 批評せよ, 投げ入るる, 抛棄し, 抜きたるなり, 抜き出したの, 抜載し, 抱擁し, 拈し, 拔き出した, 拝読した, 拾うの, 拾つて来なさい, 拾ふたりする, 持出した, 指したもの, 按じあるいは, 挿んで, 捧げて, 捨てて, 据ゑることも一方である, 掌に, 探るに, 提出しよう, 提出する, 換骨奪胎した, 摘んだ, 摘んで, 撰さる, 撰ばずただ, 故人の, 教えて, 教ふ, 整理した, 整理する, 日を, 明かに, 更えた, 書いた, 書いたの, 書かう, 書きたいと, 書きつけたり, 書きつけて, 書きつけ書きつけして, 書きもし, 書き足した, 書くこと, 書くのみ, 書く為め, 書けとこそ, 書したの, 最初に, 月並調と, 有名だ, 朗読し終る, 朝見たら, 未來の, 本体として, 東漢の, 染めぬいたもの, 案じるであろう, 案出しよう, 棄てたくないまで, 楠緒さんの, 次ぐ様, 歌う, 残しそして, 残した, 殘した, 殺さねば, 求むるには, 求めければ, 求めそれでも, 求めよう, 求め漸次, 流露させる, 添えた, 添える, 渡されて, 澤山聞く, 炎天に, 点検し, 為し時に, 無用に, 特に自分, 獨り, 獲たるが, 玉と, 現在と, 現実に, 理解できた, 生かして, 生み出し得ないで, 生んだとしか, 用いたの, 用い予, 用ゐ, 留めた王, 発した後, 皆, 盗んで, 直ぐ, 省いたか, 真の, 知って, 知りおる人, 短く歌, 研究しなけれ, 碧梧桐が, 示されました, 示して, 示しまして, 私は, 積みて, 筆太に, 糸瓜仏に, 累ぬる, 組立てようと, 継いだ, 続ぎ, 維新前の, 綴り章, 編んだもの, 練りつつ, 繰り返え, 繰り返しこの, 繰返して, 置いて, 置き最後, 考え考え腹, 聞いた時, 聞かした, 聞きて, 聯ね, 聴くは, 胸の, 舌頭に, 苦吟する, 英語に, 蒐集し, 蕉風の, 蜜の, 見いだし得るもの, 見ずに, 見せたら何, 見せて, 見た時, 見つけて, 見る, 見るに, 見るの, 見るは, 見出して, 見出せなかった, 覚えられないので, 親友に, 観る故に, 覺える, 解すること, 解すること能はず, 解するの, 解する参考, 訂正した, 記憶し, 記憶せず, 詠じて, 詠み放しだけ, 詠んだ芭蕉, 試みて, 試みんとして, 誇張を, 認めてから, 誘うた, 語る呂竹さん, 誤り伝えたもの, 誦した, 誦し且つ, 誦むたびいつも, 説き古, 説くに, 読まねば, 読みはじめた, 読み入れた新作, 読み続けた方, 読み通した後, 読むもの, 読んだらすぐ, 読んだ場合, 談ずる者, 請はれ, 請ふ, 論じあつ, 諳んじて, 講じた時, 讀んだ時, 象徴の, 貰つてわかれた, 賛として, 賛語に, 贈つた旅, 足柄下郡の, 跨つて, 軽蔑しました, 載せその, 農夫の, 追っての, 逆に, 通読し, 連ねたもの, 連ねるもの, 違えず文字通り判, 選ぶもの, 選みどうか, 選み出し, 選むこ, 選んだのに, 遺して, 重ねて, 重ね同じ, 重複し, 鉛筆で, 録する, 間違えやり直し, 間違え鍵, 附けたこと, 附ける, 除き, 除きたるは, 集めたるには, 集めた和綴, 雑誌, 順々に, 頭に, 題した中, 題す, 題に, 飽かず眺めた, 飽くこと, 高吟し

▼ 句~ (954, 13.4%)

24 中に 16 上に 12 如きは 11 方が 9 眼目は 8 方は 7 うちに, 中から, 場合は, 意味は 6 ような, 下に, 意味を, 眼目である 5 あるの, ように, 中には, 作者は, 如きも, 表は, 間に

4 [13件] うちには, うちにも, ごときは, やうに, 価値を, 偈を, 弁, 意味が, 特色が, 生命は, 興味は, 表面に, 複雑なる

3 [19件] あること, ごとき, なかに, 一つである, 上には, 中にも, 作者の, 内を, 内容は, 呪文は, 形を, 意味から, 特色は, 眼目であろう, 表には, 裏に, 趣は, 間の, 面白味は

2 [56件] あつた, うち, うちで, うちでは, うちにて, ことを, ごときも, もつ感銘, 一つも, 上にも, 世界に, 中でも, 中七字を, 主眼は, 俗了し, 内容に, 出来ないの, 味は, 味を, 善悪は, 場合, 字は, 季題は, 巧妙に, 平民的ならざりし, 感じは, 批評を, 持つて, 揚州銅器多の, 散在せる, 方に, 末の, 歴史的関係を, 源は, 源流を, 理想と, 用ゐ, 眼目であり, 終りに, 終わりを, 絵画的なる, 美しさ, 表に, 表現する, 表面には, 表面の, 裏には, 裏面には, 解釈の, 言葉を, 詩を, 詩情し, 説明に, 趣を, 面白さ, 面白味を

1 [566件 抜粋] ありと, ある, ある一書, ある帳面, ある白楽天, ある童謡, いろはは, おかげで, おのおのに, おほ, か, かがやきと, ことで, ことなどは, この味, この変わった, ごときそして, ごときなん, ごときもの, ごとくおりおりは, しまりたるところ半ば客観的, しまりたる所, しまりたる所半ば客觀的, すえまで, すがた, それと, それらの, とおりな, ところ, ところが, ところで, どの句, のび, はうは, はそう, は或は, ほかに, ほとんど全, まん中であろう, めでたいの, めでたさ, もとに, ものは, やうである, やうな, やや平凡, ようだ, ようで, よしあしは, よし悪, をさまつ, イメージが, イメージの, スケルツォの, スピードの, ヒヤラシャ・ナダラシャが, モチーヴである, 一つと, 一つ一つは, 一である, 一を, 一例は, 一半は, 一句である, 一特長とも, 三たび魔女の, 三四を, 上から, 上で, 上と下とへ, 上の, 上五字を, 下句を, 下駄穿い, 不平も, 不思議な, 世界が, 世界と, 世界とは, 世界へ, 中からは, 中で, 中にでも, 中の, 中心は, 中心を, 中渇く, 中途で, 主人公も, 主眼が, 主眼であり, 主眼である, 主眼であろう, 主眼でなけれ, 主題し, 五割以上を, 五音を, 人麿の, 他にも, 付け方であっ, 代りに, 代わりに, 代表である, 余韻を, 作あり, 作者も, 作者を, 作者木節で, 佳否に, 使い方置き, 例に, 例の, 価値は, 俗なる, 修辞から, 俳諧は, 倒置, 偈中寂滅為楽の, 傍に, 傾向の, 僅かばかり, 僅な, 働きで, 働きは, 働だ, 元である, 充満し, 入集, 全体に, 全部である, 八景といふ, 内, 内に, 内容たる, 写生である, 処女は, 出たころ, 出るたび, 出来た元禄時分, 出来る人, 出水地区は, 初午という, 制作過程は, 刻まれて, 刻んで, 前に, 前には, 前の, 前提として, 前書には, 力である, 力は, 努力や, 動向に, 区切りごとに, 十七字には, 印象から, 原語は, 去来の, 参老, 及びがたい, 収穫は, 取捨推敲に, 叙述でありません, 句としては, 句意である, 含蓄ある, 味い, 味が, 咏嘆し, 品格において, 善悪よりも, 嘆息し, 噂なども, 四句, 固定した, 垂柳を, 場合で, 場合に, 場所は, 塁を, 壁の, 変化が, 変化場面の, 外に, 外は, 外観上の, 多いの, 多きを, 多くが, 多くは, 多く出で, 多數, 天の, 天言それも, 奥底に, 如きもの, 如きやや, 如き千鈞, 如き固, 如く上五字, 如く東西, 如く脱ぎ捨てた, 如く自然, 妄想あるいは, 妙味が, 妙味である, 妙味は, 始めに, 姿も, 字余りとは, 字余りなどでも, 字余りは, 存在は, 季に, 季題や, 定石であろう, 尊さ, 對句を, 小柳は, 少からぬ, 属対を, 山である, 山なせる, 工夫に, 巧いという, 巧が, 巧なる, 巧拙は, 差に, 師匠の, 常として, 常套に, 幾つかを, 序, 弁慶の, 弁解作家にとっては, 張りが, 強味は, 形の, 形を以て, 影には, 後に, 後の, 心を, 心境にも, 心得も, 心持には, 必然を, 性質に, 情味は, 情感が, 情操する, 情操には, 意は, 意を, 意味あるいは, 意味だけは, 意味で, 意味に, 意味よりも, 意味後, 意義を, 感じを, 感慨を, 所には, 手ほどきを, 手柄は, 手紙も, 扱って, 技量から, 抒情は, 拙きを, 持つ抽象性, 持つ詩情, 捨げ遣り, 排列と, 採否も, 接ぎ目で, 接続は, 接触によって, 推敲に, 推敲を, 推移の, 描いて, 數も, 文字に, 文学趣味として, 文学趣味の, 斡旋次第で, 断片を, 新奇を, 方で, 方を, 早梅, 明らかな, 明るく享楽的, 明細な, 時は, 景より, 景象し, 暗示に, 書かれた横, 書き様は, 最後の, 未節, 末に, 末にも, 果てに, 果てもう, 構想を, 様に, 模倣なども, 欠字を, 欠点なり, 次を, 歌と, 歌の, 歌詠むべからず, 正確な, 殆ど過半数を, 残りを, 比較を, 気紛れな, 水声には, 江戸の, 津々たる興味, 活動による, 流行や, 深さ, 添削を, 清浄な, 澤氣晝體に, 点綴さるる, 無造作なる, 爽快な, 牡牛関は, 物二三取り集むるというは, 特異性は, 特色である, 特色なり, 特色を, 独立傾向の, 独立性の, 独立性は, 琴平町は, 瑕疵も, 生れた大正四年, 生命が, 用いて, 病と, 発達は, 登高は, 目的に, 相異, 真価を, 真意には, 真相に, 真言の, 真言は, 眼目に, 短いもの, 短冊が, 短歌の, 石は, 研究にも, 碑, 磊落な, 神は, 秀れた, 穉拙愛すべき, 立脚地を, 章じゃあねえ, 章だ, 端などに, 端にも, 粽は, 精靈の, 素材だけについての, 終りには, 終わりの, 結びの, 絵画的の, 継続が, 続きの, 続けがら, 緊張は, 緊張ぶりである, 線香は, 繁りの, 繋りが, 續き, 羅列で, 美くし, 美を, 義と, 翻訳である, 肩に, 背後に, 背景で, 背景を, 脇の, 腹中に, 自然な, 自然なる, 舞台に, 苧がら苧がらは, 著作権は, 虹は, 表からは, 表現には, 表現は, 表現法は, 表象する, 裏を, 裏面から, 裏面に, 複雑な, 褒め手, 見つけどころ, 見附から, 解釈には, 解釈は, 解釋に, 言い様も, 言葉も, 訂正が, 訂正も, 記号に, 註脚と, 詞書だ, 詩が, 詩境が, 詩境には, 詩情が, 詩情する, 詩情を, 詩趣とは, 話が, 話じゃ, 話やつぱり句の, 認めて, 誓ひも歓語も, 語は, 語を, 誤訳をも, 説明を, 調は, 調べの, 調子が, 諳誦と, 讖文は, 豚を, 貝は, 貧困を, 責任からも, 賛ある, 趣が, 趣の, 跡見は, 身心脱落である, 転倒する, 転置の, 近辺一帯の, 退屈なる, 通りである, 通りに, 通り人を, 通り縁から, 通り鳴り, 造句法には, 連句を, 連想の, 連歌ありし, 連絡を, 連続であり, 連続でなく, 選択の, 部分へ, 部分を, 酸鼻が, 里坊と, 重大さに, 鑑賞には, 長さ, 間にと, 間には, 間違いも, 間隙に, 陰に, 雉子は, 面に, 面白味が, 面白味である, 順序や, 頭に, 頭文字と, 題目が, 首尾に, 驕慢は

▼ 句~ (940, 13.2%)

4 月並調に, 私の, 芭蕉に, 雪の

3 [12件] すらりと, それを, 万葉に, 夏の, 感情を, 春に, 極めて拙き, 次の, 秋の, 自分の, 蕪村の, 贅物に

2 [49件] いずれも, この時, これに, これを, その先蹤, それに, できたの, できない, どうかと, どこにも, まれまれなり, むしろ, やや奇, 一つも, 一句にても, 人を, 人事を, 今でも, 作者の, 元禄の, 出来るの, 則ち, 固より, 埋没し, 堅くしまり, 多すぎる, 天成の, 左の, 忘れたが, 悉く飛び散る, 我々に, 文学者として, 明に, 春の, 時雨の, 標準を, 理窟なり, 生れない, 皆ふるし, 第二版, 芭蕉これあれ, 芭蕉の, 蕪村よりも, 蕪村以前の, 蕪村集中の, 複雑なり, 言葉の, 誰の, 足引の

1 [790件 抜粋] あっても, あなたの, あの, あまり見た, ありますまい, いくらでも, いくら出来た, いつまでも, いのちを, いふまでも, うつくしくて, うまくて, おおかた大, おもしろいと, お前も, かつてホトトギス, こういう方面, ここに, ことごとく効果, この, この作者月渓, この前置, この外, この時代, この秋, この集, これだけを, さうたう見うける, さすがに, さほど私たち, しっかりし, すこぶる激越, そういう主観, そういう場合, そういう小, そういう感じ, そういう虫, そういう趣向, そういう類, そういう麦蒔, そう注意, そこまで, そこを, そのころ, その俊寛, その光景, その声, その実情, その少い一例, その後村上霽月君にも, その明るい, その籾, その葉, その趣, その釣瓶, それぞれには, それと, それほどはっきりし, それほど恐し, たくさんあります, たしか, たしかになってるだろう, ただ山桜そのもの, ただ自然, ただ親しい, だいぶ出来た, ちとひど, ちょっと不意打ち, ついに俳句, つまり, できないだろうと, できませんでしたが, どう, どういう事, どういふ, どうしても出来ない, どうしても空想, どことなく落ち着き, どんなで, ないこと, ないにも, ない苦, なかつたかしら, なかなか世間並, なかなか佳句, なからう, なるべくこれ, なんとし, はじめて魂, ほんた, まことに働き, まごう方, ますます重く, まず無難, まだ, まだわかっ, まだ作れる, まだ出来ない, まづい, まるで無根, むしろ実況, むつかしいと, むつかしいとりわけ, むつかしい蛇足, もう作らない, もっと真実味, もとよりこの, もの足りなく思う, やはり, やはりこおろぎ, やはり一首, やはり大した, やはり現在, ややもすれば罰点, やや擬人的, やらずには, よい人, よくわかっ, よく人情, われわれが, ガラス戸の, ジャン・ヴァルジャンの, ナイシヨウ, ネルチンスキイの, マルクス主義的評價に, 一々句意, 一つとして, 一事物を以て, 一体に, 一句も, 一向何だかわからない, 一方において, 一概にそう断ずる, 一番初めに, 一見この, 一面に, 万葉には, 万葉にも, 上に, 上十二字が, 上四句に対しての, 上手でも, 下手でも, 不賛成に, 世を, 世間にて, 主観の, 主観を, 乙二調だ, 争ふて, 事実感想その, 二三句しか, 二三日来の, 二星に, 五七五の, 五月雨に, 五百偈本に, 亭主に, 人事描写ともに, 人口に, 人情本の, 人里遠い, 今も, 今晩抜く, 他に, 以前の, 伏見の, 似たれど, 何であった, 何度くり返され, 何様も, 何百人何千人という, 作らなかつたそれ, 作りたくない, 作れそう, 作者が, 佳い句, 例によって, 俄然として, 偶然その, 僅に, 僕は, 元禄七年頃の, 元禄期の, 先祖を, 全く同, 全く没交渉, 全然無意味, 其角, 写生の, 冬の, 冬枯の, 冬籠だけに, 凡聖一如の, 出なかつた真摯, 出来ないけれど, 出来なかつたけれど, 出来ぬな, 出来ましたか, 出来るこんなに, 切実なる, 初心の, 初雪の, 別の, 別物に, 前書が, 前述の, 動的であり, 北枝の, 北枝のと, 十に, 十一年の, 十二点入り第, 十年あまりの, 単に一茶調, 印度支那神仙説を, 印象の, 即ち何, 即興詩や, 原文, 去年の, 去来の, 叙する, 古い, 古今共頗る, 古例, 古来どの, 古池を, 句としては, 句以外に, 右の, 各人の, 同じ傾向, 同じ元禄時代, 同型同, 吐かなかった, 唯これ平地, 啻に寂び, 嘉永元年正月朔の, 垣根の, 増田よりも, 変った場合, 変化した, 夏爐冬扇の, 夕方の, 外にも, 多くの, 多分, 夜霧か, 大いに意義, 大名などの, 大正も, 大正六年の, 天地の, 天明調と, 失敗であり, 奇において, 女性の, 好まなかった, 妙なり, 婢妾の, 嫌でも, 季題に, 完結しない, 実にこの, 実桜, 実際袂, 家を, 實に, 小人の, 少数に, 少陵, 居士の, 岸の上としても, 川狩を, 己を, 巻十, 常に主観的, 干潟に, 幾万と, 広く渉, 座頭が, 引くこと, 弘化四年十二月晦日の, 強く純粋, 当らんな, 形式的な, 彩色の, 彼も, 後にも, 後を, 後述する, 従来あまり, 心の, 必ずしも文字, 忘れましたが, 悉く, 悉く十七音, 悉く皆凡句, 悪い調子, 情を, 慥に, 應用する, 成立しない, 我が庵, 或家, 或趣向, 打出されない, 技巧的に, 折々思い出し, 推理川柳として, 描いて, 擬人法を, 教室の, 文化的生の, 文章上の, 新に, 新畳, 旅宿で, 日記の, 旧訓ヒビクナリ, 旨い事, 明方に, 明治における, 明白に, 春挙氏が, 時利あらず, 時節形色であっ, 時間的に, 更に分らぬ, 書いて, 曾良が, 最も簡単, 最初は, 朝草を, 未だ日本橋, 机上種浸, 材料から, 東野と, 板庇に, 枕詞に, 柳子厚による, 柳田氏が, 植物の, 櫛で, 正徳二年の, 此一句に, 此地方の, 此歌以前に, 此老の, 武器でなく, 殆ど相, 殊に名高い, 水, 水鳥が, 江戸川柳の, 決してそうで, 決して元禄, 決して居士, 沢山ある, 洒堂の, 洛北の, 活動館の, 浮ばず只, 海に, 深く物, 渋いです, 湯が, 滑稽味が, 演劇の, 灑脱の, 火燵における, 無いが, 無くかう, 無礼尊大である, 無論サク, 無造作で, 燭を, 父性愛の, 牡丹桜そのものの, 物を, 独り人物の, 猶更, 玉泉老人から, 現在の, 現在三枚ある, 現在雨が, 現実に, 生れないけれど, 由来散る, 町家の, 白日の, 皆佳い, 皆駄目だ, 盖し, 目に, 目を, 直ちにもっ, 直ちに支倉, 相変わらず主観, 真昼間でない, 知って, 知れて, 石女の, 確かに, 私から, 私が, 私を, 秋らしい, 秋季である, 空なり, 空想から, 突然と, 竹を, 第一, 第二, 第四版, 筆を, 純客観, 細心で, 終に俳句, 結局一つの, 絵踏を, 総て赤だの, 罵詈の, 美麗と, 翁が, 老僧, 老懸, 耳から, 聊か現今, 臨済録の, 自ら踊の, 自分が, 自己流に, 自然の, 舊師臼田亞浪が, 良いよ, 芭蕉が, 花を, 花堤夜色淡, 英譯され, 茅屋より, 菊は, 華やかな, 萩の, 葦べを, 蓋し実景, 蕪村俳句の, 薄暮たま, 蚊帳を, 蛙が, 蝶を, 螺錐の, 蟹の, 袂ながらに, 西鶴の, 見えない, 視覚聴覚味覚を, 観察の, 試に, 誇張した, 読んだまでの, 誰が, 調子から, 諳誦し, 諸士, 豪宕磊落太祇の, 越の, 近代写生の, 近来の, 近江の, 退場する, 造花の, 配合物を, 酒と共に, 酒飲みの, 里坊が, 金玉の, 鈴木信太郎訳ボオドレエル, 鋏する, 長き夜, 長門峡とか, 陸軍将校某の, 隠れた意味, 雄和尚, 雨が, 雨催の, 電車の, 非常な, 非常に, 韓退, 音を, 風が, 飽くまでも客観, 飽くまで推敲, 魂なり, 魚荷が, 鳴雪子規代る代る, 鳴雪翁の

▼ 句~ (716, 10.1%)

104 ある 20 あった 10 あつた, あるが 8 あります 7 あつて 5 ありますが, あるの, 目に 4 あったと, あると, 出て, 出來, 沢山ある 3 あるから, あるため, これを, ついて, まじりては, 入って, 入る, 出来るの, 疵にて, 胸に

2 [25件] あったこと, あったの, あって, この歌, そのレタアペイパア, ないの, 二つ亡妻への, 五十銭づつの, 作れないの, 入ったり, 入つて, 出来た, 出来たの, 出来るやう, 口を, 多いよう, 彼女の, 書いて, 浮んだので, 浮んで, 理窟なる, 理解出来る, 生れたの, 私の, 非常に

1 [442件] あったか, あったが, あったじゃ, あったので, あっては, あつて病蘭軒, あとから, あの聡明, あまり見当らぬ, ありました, ありましたが, ありますか, ありまするから, ありまた, あり一九一四年, あり南部, あり又, あり同じ, あり断梅, あり暑, あり老人, あり脳髄, あり西鶴, あり附合, あるかぎり, あるくらい, あるごとくに, あるでしょ, あるでせう, あるのみ, あるべきであるそして, あるよ, あるよし, あるらしい, あるを, あるん, ある以上, ある酒, ある重き, いいこの, いい句, いくつも, いくらでも, いつでも, いつも目, いり乱れたがい, うかばず, うかび出すの, うかぶ, うたてだけを, うまく適度, うまれさ, うまれる祝祷, おのずから胸中, おのづか, お出来, お秀, かれの, かわり番に, きたなく書き散らし, ぐっと活き, ございまして, ございますその, ございます聞達, ごた, さうであるやう, して, しばしば, すぐあった, すつかり, ずいぶん多い, その時わたくし, それを, それ自身には, そんなに多かっ, たくさんある, たくさん出来た, たくさん落ち, ただぼく, たった一つ頭, だいじであれば, だん, ちぎれ, ちょっとこの, ちよつと, つぎ, つげなかったかれは, つげませんでした, つまらないわけ, できあがって, できあがるべきはず, できて, できるでしょうか, できるもの, できる場合, とても有難い, とりわけ煩, どこぞで, どれほど価値, どんなに俺, ない, なかった, なかつたならば, はさんで, ひとりでにできた, ひどく気に入つ, ひるが, ふきの, ふと念頭, まけて, また七音, また彼, まるで甘い, みごとに, みんな絵に, もし, やはり同じ, やはり殘つて, やめられないと, やや力, やや明瞭, よく実況, わからなかつた, わけは, エロイカの, クラスの, チヤンポンに, トリプチコンを, ハッキリ耳, ホントウの, 一つ出ました, 一ばんいい, 一二句載っ, 一句も, 一字でも, 一方にも, 一時流行した, 一番近い, 一等に, 一般に, 一見平凡, 七部集の, 七音第, 上に, 下手に, 不分明, 不首尾で, 与へる感じ, 丑松の, 世に流行, 中で, 中心から, 中心である, 二つ三つ在る, 二三は, 二十ばかり, 二度くり返され, 五音二番めの, 京には, 人の, 人口に, 人間臭ふんぷんたる所以である, 今でも, 今も, 伝わって, 何と読む, 何の, 何処かに, 何故か頻りに愛誦, 作られつつ, 作りたいと, 作れた, 作れなくなつ, 作れること, 作れるやう, 俚耳に, 修飾部の, 俳諧の, 倒置せられ, 僕の, 元は, 元禄時代に, 光らう句の, 入れて, 全く抽象, 全然異, 其の中, 具体的で生き, 冷たく光っ, 凡人の, 出なくなりました, 出来すぎて, 出来すぎるほどの, 出来たら, 出来た時分, 出来て, 出来ないから, 出来ないそれ, 出来ないと, 出来ない俳人山頭火, 出来なくな, 出来ぬか, 出来ましたら拝見, 出来ません, 出来る, 出来るので, 出来るもの, 出来るわけ, 出来る自分, 出来上り自分で, 切れたから, 切れると, 別に二句以上結合, 刻みつけられて, 刻んで, 前々句に対して, 前後に, 前述の, 力が, 北海道で, 十通りに, 半ば以上を, 又一つ, 収められたと, 口から, 口ずさまる, 口に, 口の, 句を, 可なり, 同じく, 向いの, 君の, 嘲の, 四種の, 四音に, 固定した, 場所がら切に, 多い, 多いから, 多いという, 多いの, 多いのに, 多いやう, 多うございました, 多くならね, 多くの, 多少変つて, 多賀杓子の, 夜嵐や, 大部分, 失せますと, 奈何結句が, 好きじゃ, 如何に, 如何にも痛切, 嫌な, 字眼である, 完全に, 宗因時代の, 実に生き生きと, 実感を, 実景であった, 客觀趣味に, 容易に, 対句に, 少からず除かれた, 少し気にいった, 少し面倒, 少ないの, 少なくて, 層, 山桜に, 巧妙でも, 常に多数, 常に繰返し, 平凡を, 幾つも, 幾分曖昧, 幾度か, 幾度と, 幾通りの, 引いて, 引かれて, 弦楽器であれ, 弱いの, 当時に, 彼等の, 往々に, 心に, 心を, 快い涼風, 念頭に, 思いあたる, 思ひ出される, 思ひ出されるほど, 思ひ当り, 悉く一情景, 悉く生, 悪くないなら, 懸って, 或程度, 抜き書き, 抜けたほど, 択ばれて, 拾いだせないので, 描いて, 故人を, 散見される, 散見する, 断, 既に写象, 早速に, 昔の, 春雨と, 普通教育の, 暗示するだらう, 書かれて, 書き入れて, 書き添えて, 最も力, 最も神妙, 最も自然, 最も高潮, 有ったが, 有ったとしても, 有り, 有るが, 本当なりと, 来たから, 棄てがたい, 極めて尠, 次々に, 次の, 次第に単純化, 歌中に, 此歌では, 此歌の, 死との, 殆どすべて, 殆ど大, 殆ん, 残ってるきり, 残るだらうか, 殖えて, 比較的離れ得た, 気に入らなく力, 活動し, 活字と, 浮かんだ, 浮かんだが, 浮んだ, 海に, 海上尖峰若, 添へ, 無関心, 片々に, 物狂おしいばかりの, 特色である, 独立し, 独立した, 玉成され, 現れそれからまた, 現れて, 現れるという, 現われて, 理屈なる, 甚だ多い, 生れたは, 生れるか, 直ちに, 直に大きな, 看られた, 確実性を, 秀逸である, 私に, 秋の, 突然彼女, 第一聯, 第三楽章, 第四, 純客觀的, 絵画的描写に, 継げないで, 継げなかった, 続きません, 続くと, 繰り返されて, 繼げなかつた, 能く, 自然な, 芭蕉の, 芭蕉翁の, 若かった, 英語で, 落ちつかぬの, 落ちて, 蕭条たる, 蚊取線香で, 表わして, 見えた, 見える, 見つかつ, 見込み外れが, 解しきれなかったの, 記されて, 記憶の, 詩情し, 認めて, 読みあげられて, 読みあげられると, 諺の, 讀まれたと, 貴方の, 賛には, 載せられて, 連歌よりも, 過半数を, 遠い国, 選ばれたこと, 醗酵し, 重な, 重複し, 錯雑し, 長い時間, 間々ある, 附きませぬ, 隠れて, 集められて, 雑誌を, 雜誌を, 難渋云々と, 面白いの, 面白くなけりゃ, 頗る多い, 頭に, 頭脳に, 頭腦に, 飛び出して, 高まって, 魂に, 鶯の

▼ 句~ (526, 7.4%)

13 しても, なると 10 して 7 なって 6 したの 5 就て, 比して, 比べると 4 したもの, なつて, 似て 3 つきて, 入れ最後, 力を, 耳を, 至って, 至りて

2 [35件] あったの, あって, あっては, あらざるなし, あらわれたよう, ある, ある通り, しようと, たらず覚ゆ, なったの, なつた, ならない, ならぬので, なりますと, なるの, 万葉語の, 呪詞なり, 外ならず, 少きのみ, 就いて, 微笑し, 心を, 於て, 曰く, 注意を, 私は, 続いて, 自家の, 至っては, 至ると, 興味を, 過ぎざるべく中, 過ぎざるべし, 過ぎず, 非常に

1 [362件] あっても, あらず, あらずやと, あらずんば, あらず一意, あり, ありますが, あるが, あるごとくすべて, あるその, あるので, あるべくその, あるよう, ある楠, いいあらわされて, いろいろな, うつつを, おさわ, おそれと, お点, かう云つて, かう言, かざりも, こういう句, こめられた顕家, さしかかると, しおりの, したいと, したが, したたか右門, したところ, したので, したものの, した者, しては, しようという, しようとして, しろ一句, しろ猫, し得ぬところ, すでに旋律, する, するが, すること, するとか, するとかいう, するの, するよりも, する場合, すれば, せよ病中, そう必要, その中心點, その考え, それを, ちが, ちがいない, ちなみ私, つき, つきこれ, つきての, つく序歌, つけ加えて, つまづい, つまり困難, どこか, どんなもの, なずんで, なったかと, ならないま, ならなかつた気分, ならなんだの, ならぬ, ならぬそこで, ならぬもの, ならぬ末, ならん何とか, なりさ, なりますまいか, なりやすい, なりやすき, なる, なるでしょう, なるところ, なるね, なるもの, なるよう, なろうとも, にじんで, のこすが, はじまり, はじまる江戸, はつと, ひらめいて, ふさわしいよう, ふさわしくない, ぶつ, まさって, みちびかれて, みるよう, みる如き溌溂, もっとも近い, もとづいて, やつと, やはり女性, よいところ, よらなければ, よりて, わたらう, テーマの, ヒドク共鳴し, 一転化を, 一面滑稽味を, 三つの, 与えたの, 両極端が, 並列し, 中心感情が, 主眼を, 主題され, 二つ面白い, 二頭と, 云う, 云ふ, 亘つて長い, 亞いで, 仕立てる, 付けて, 付け合わせようという, 似たがる傾向, 似たもの, 似寄ったの, 何か, 何らの, 作て, 作られて, 作者の, 使ったの, 依ると, 依るべく桂子, 傾くこと, 優るとも, 入って, 入りて, 全神経, 出会った時, 出合いまして, 出合つた時この, 分れて, 分家伊沢の, 分解し, 利くなり, 到りて, 到ると, 勝りたるだけ, 匹敵する, 印を, 及ばない, 及ばぬもっと, 及ぶ人, 及ぶ詩, 収めて, 収められて, 取りかかった, 取りたるにて, 取りついて, 取入れられること, 合作し, 同韻を, 名高き, 吟じて, 含むいろいろ, 含むそれら, 含蓄深く, 味を, 哀韻が, 因めるに, 基く動作, 填め込んで, 声の, 変に, 夏の, 多く見る, 多分な, 多少ある, 夜もすがら秋風きく, 女子供, 始まる祈祷, 子規居士の, 季あり, 学術的な, 富み佳句, 対したので, 少し色, 就いては, 屈折, 属すべき者, 屡々遭遇, 巧な, 引っかかって, 当たるの, 御座いますね, 徹しよう, 心ひかれ, 必要な, 愕然と, 感ぜし事, 感ぜられるその, 感心し, 感心した, 感慨の, 感謝してる, 慊らず, 慰藉を, 成ると, 我が一風, 我が家は, 我一風を, 或情味, 或生, 拘泥し, 据えたもの, 据ゑたものと考へ, 据ゑて十数首の, 接して, 接するな, 接するに, 揺落を, 擒と, 擬したるもの, 放り出されれば, 旋る, 時代の, 曰く信濃路や, 曰く揚杯祝願無, 曰く病院の, 曰く苦節伯夷を, 更に坂道, 最も強く, 極めて類似, 楼字を, 次の, 止つても, 止まり第, 比しても, 比すれば, 比べたら太祇, 比較し, 氏の, 沁むもの, 法水は, 注意なさい, 注目する, 流行の, 深い感慨, 深遠なる, 漲るかく, 無限の, 熱し詩, 特殊性を, 現はせ, 現れた通り, 現れて, 現れるところ, 現れるよう, 現わ, 現われて, 生きるより, 用いた, 用いられて, 田舎の, 百韻千句の, 真の, 眼を, 短なりし, 示されて, 私が, 私と, 私の, 移した, 窺は, 節物が, 籠つてゐ, 続くため, 続くと, 綜合せられたれ, 縷の, 纏まるもの, 纒めよと, 罪を, 置かば, 置かれ, 置きて, 置き休止, 置くの, 聞き入って, 肩を, 自己の, 至つて一つの, 至りては, 至りぬ, 至り全く, 至るまでの, 至るまでを, 興ずるごときもの, 花を, 苦しい沈黙, 血が, 見えたヨメ, 見えるが, 見つけること, 見られなかった異例, 見られるやう, 親しみが, 親炙する, 言ひ尽され, 詠じた通り, 詠むには, 詠むべきに, 詠んで, 該当すべき, 認め難い, 象徴せられ, 貞之進は, 踊るもの, 躍, 身を, 身内の, 転回させよう, 辞世ならざる, 近いであろう, 近いもの, 近くて, 追加したる, 送られて, 逢へば, 逢着した, 逢著する, 遊ぶ私, 過ぎない, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 過ぐ, 達し五十句, 達し百句, 達する, 遜るかと, 重きを, 附き過ぎる, 限った, 限ったわけ, 限られて, 限り字餘り, 雅な, 非ず, 非ずして, 非れ, 額より, 顔あからめる如き, 飽きたる我ら, 鬱勃たるを, 鼻の

▼ 句~ (230, 3.2%)

13 ある 2 あるから, なく特別, なく苦, また春夏, やはりこの, 作った, 同様に, 夢も, 少くない

1 [199件] あたかもこの, あった, あつた, あつたらう, あまたあり, あり, ありました, あります, ありますけれど, あり其角集中, あり導痰丸, あるが, あるけれど, あるけれども, あるこの, あるし, あるじゃ, あるの, あるよう, あるわ, いくつか, いずれに, うまいが, うまれるといふ, かかるもの静か, くさい, こうなる, この, この意味, この芭蕉, この辺, これと, これを, こんな時, そうである, その一, その一例, その旅行, その条件, その野寺, それから暗示, そんなこと, だいぶ出来た, つくれません, できるおも, ともに泛ん, ない, ないほど, ないノンキ, ない一日, なかった, なかなかいい, なくただ, なくと, なく原, のって, はっきりと, ほぼ似た, ほぼ同じ, ほぼ同様, またこれ, また一読, また名句, また子ら, また涼しい, また荒削り, また蕪村, もう狐火, もう覚え, もとめずとも, やはりそうした, やはりその, やはり前の, やはり同じ, よく下句, よく思い出せない, スイフロで, 一応意味, 一緒に, 七種の, 不明だ, 両者共, 中には, 二つ拾つた樹明君から, 云わさない解散, 云わせなかった点, 交じって, 今度は, 今日だったら, 他人に, 余り旨く, 作らなければ, 作り歌, 作るので, 作れない今日, 作れなかつたらうし, 作れぬばかり, 偲ばれて, 僕は, 全く京風, 其だ, 其角が, 其頃作った, 出て, 出でばこそ, 出なくなるの, 出來, 出来ず投げた, 出来ないそして, 出来ない出来るの, 出来るが, 出来ると, 利くの, 利くので, 前句, 動物の, 単に心, 同じくどんよりした, 同じ年, 吐かない, 唯の, 場合に, 多い, 多からう, 多少この, 夢義仲や, 大同小異位に, 大方は, 大部分, 天保前後の, 好いし, 妙に, 客人の, 尋常に, 幾つか, 幾らか緊, 彼が, 彼は, 忍藻の, 忘れた, 忽かに, 思いだされて, 思わずに, 想ひ, 或心理的変化, 或朧月夜, 才気が, 抹殺する, 拾ふた, 既にあった, 明るくて, 時雨に, 曰はず何ら, 月並宗匠の, 期せずして, 歌も, 沢山に, 洗ひだした, 洩らした覚, 活溌には, 混って, 無論寺, 独立した, 現にその, 現れて, 生まれて, 生れない, 白という, 皆変に, 皆我句, 目に, 矢張り横着で, 祭の, 等間看過, 素人並みに, 続かぬよう, 繊細な, 聞きもらさじと, 聞きもらすまいと, 聞き落とすまいと, 自然と, 蛙の, 表現が, 見落す事, 詩の, 詩も, 詩人美妙の, 認めてないの, 語らなくても, 語れなかった, 読みあげ死人, 載って, 重陽では, 釣れないで, 銚子の, 随分沢山ある, 類想であり, 鯉に, 鶯が

▼ 句~ (198, 2.8%)

4 句との 3 いえども, 第四句

2 [16件] いいこの, いうべきであろう, いえば, いって, くらべて, なつて, 付け句とは, 同様, 対照し, 比較し, 画の, 相通ずる, 称されて, 結句の, 趣を, 酒と

1 [156件] いい初秋, いい自然, いうでも, いうと, いうべからざる, いうべきである, いえましょうかな, いっても, いわなければ, おもうが, この原, この背景, したためるのに, したもの, し章, すべきである, する, するならば, するなり, するに, すれば, せられて, その付け句, たいした相違, なしたる処, なす, なすよう, なったの, なって, なつた, なり花, なること, なるの, なる事, なる前, なれり, まさに傷み, よい句, ハヤシ言葉の, マラルメあたりの, ヨタとで, 一般難, 七七との, 三・四句とが, 三句以下の, 下の, 下句と, 下句との, 並べて見る, 五の, 五句との, 仕事の, 付け句と, 付け句との, 以後の, 伝えるもの, 似たよう, 併看の, 全然同じ, 共通し, 分からぬと, 切々たる名文, 判じて, 前に, 前句, 原句とを, 句と, 句の, 合して, 合わせて, 合わない, 同じく人間生活, 同じく或, 同じく春, 同じく極端, 同じく遠い, 同じである, 同じよう, 同一分類に, 同様の, 同様景色そのまま, 同等もしくは, 呼ぶの, 和歌とで, 四句との, 四部作の, 多くは, 大差ない, 好詩, 定家の, 対比し, 對照する, 尾句とを, 彼の, 後句との, 後句とは, 後句とも, 後句に, 後句の, 思いますが, 思はず否, 思はる, 想像し, 成りを, 成り了らん, 指斥する, 接続させる, 揚げ句即ち, 敬軒の, 斉しく, 旋律とを以て, 明治の, 書と, 末句との, 歌とだけを, 死を, 殆ど同じ, 比較する, 淨めらる, 目さるべき, 目せられしならば, 短い句, 短句だけ, 稱すべき, 稱へたり, 第五句, 第六句, 篇末の, 結句である, 結句とに, 背景の, 脈絡相屬せざる, 花発い, 見えたもの, 見るの, 見るべきである, 見るべきであろうか, 見るべし, 見立てて, 覚ゆれ, 言うても, 訳を, 評されて, 詩に, 詩は, 誇張幽, 誤解せらるる, 躑躅と, 違うけれども, 違う文字, 酒だ, 重複し, 鏈の, 限ったわけ, 随筆類との, 雖も

▼ 句~ (114, 1.6%)

5 あつた 3 結んで 2 あらう, なしに, 受けるの, 自分の

1 [98件] あつたらう, あつたらしい, あれ程の, うち返す, かっきりと, こういった, この寺, さへ, されど彼, しかも可憐, その神話, その邪魔, それだけまた, たとえば, ちょうど春, とても机上, どこまでも, なくして, はあばれ, はじまります, はなるべく, は落葉, まさにその, もと海, りん女, 一, 一言云ひ忘れた, 不明瞭な, 之も, 井華集にも, 今の, 今わかっ, 今更ここ, 他に, 何も, 作者の, 佳句が, 來る, 例の, 出版者側に, 切って, 前代の, 去來, 句は, 同じ句, 名高い, 喚き立て, 囲おうと, 埋まって, 奮起を, 始まるの, 始まる七言古詩, 始まる十数行, 安身, 宗匠を, 家持の, 小休止, 序詞に, 弁じて, 当時も, 形容した, 形式の, 彼の, 待たむ, 忘られない, 既にわかり切っ, 景色が, 最後の, 月が, 末梢神経的な, 橇に, 次のは, 止めて, 清厳の, 済まして, 燭の, 現はれ, 私の, 私は, 私を, 秋風の, 立続け, 答えた, 答えたが, 簡浄の, 結んだところ, 続いて, 蕪村は, 行くん, 見苦しくない, 討入の, 説き明かして, 転ずるの, 錢が, 鎌倉に, 雲の, 風格を, 高貴の

▼ 句には~ (105, 1.5%)

2 あらねど, あらねどこ, それが, 何も, 氷峰は, 現れて

1 [93件] いかなる人, いって, いろいろある, おのずから元禄, こういう世界, こうした裏町, このほか, この外, これが, そういう寓意, その絵, それだけの, それほどの, それほど曲折, そんな因縁, ただ恐れ入る, ちょっと女, とても好き, どこか, どことなく深み, なお元禄, なって, ならざりしが, ならなかつた, ならぬ, なるよ, ほとんど川柳, またこの, まだ一幅, もちろん次々の, 一つの, 二個の, 二十九歳に, 何が, 俗な, 其角の, 到っては, 前の, 前句, 前書が, 前置, 厄介な, 原句相当, 去来の, 古往今来紛々たる, 右の, 哲学が, 国の, 執しても, 多少これ, 多少の, 妖気などは, 子の, 季が, 実際景象, 少しも, 局外から, 彼独特の, 往々かう, 心の, 感官的に, 或る, 春夏秋冬四季の, 月と, 極めて多い, 極めて少い, 此頃の, 泣声尖, 洋画風の, 深い山, 湖水の, 無論及ばぬ, 理窟めきた, 理窟を, 秀吟が, 種々の, 織り込まれて, 罪は, 聊か頼もしい, 芭蕉の, 誤りが, 誤りは, 謝金どころか, 警戒された, 軽み, 軽薄な, 近代感が, 過ぎず, 過ず, 違ひない, 長い前書, 陳腐な, 鶯の

▼ 句でも~ (54, 0.8%)

5 ないが 2 それを, 必ずそれ, 自分には

1 [43件] あったろう, あつた, ありません, ある, これを, すべて蕪村の, その奥底, どことなく重厚, ないし, ない句, なにか親鸞さん, ふるさとの, みな活き活きと, よく穿鑿, 二の, 二句でも, 作ること, 作れと, 価値の, 凡手の, 前の, 叙述三句続い, 叙述二句でも, 口に, 吐いて, 吟誦し, 寂しい扱い方, 巫女の, 当時の, 散る氣, 昔は, 暑さ, 案ずるらしくゆきつ戻りつする大, 無かった, 生れたら嘘, 研究し, 若いころ, 見たか, 言わないほう, 詩は, 詰りさ, 進んで, 釣り得てから

▼ 句である~ (52, 0.7%)

3 が, がその 2 がそれ, がまったく, といふ, と思う

1 [38件] かも知らない, からその, から二つ, がいづれ, がこの, がこれ, がわざわざ, が今日, が単に, が印象, が外国, が天, が完全, が山, が幟, が特に, が誠心誠意, けれど, けれどその, けれども餘所, ことに, ことは, ことも, ことを, そうな, という, という事, とかあの, とかいうよう, とまでは知らないらしく, ともいっ, と思わるる, と言っ, と軽蔑, にかかわらず, やうに, 事だけを, 様に

▼ 句調~ (50, 0.7%)

32 で云った, で吹聴, は五七五調

1 [41件] あしく口, から出る, がはじめてズバリ, がスッカリ, が私, だけれども, であしらう, であった, であつ, でお前, でたずねた, では物, でぽつりぽつり, でわざと, で受け, で命令, で変, で神意, で落着き払っ, で言, で言つて, で語, とを懷, と態度, と趣向, と軍隊的戦術的, ながらまんざら全く, ながら暗く, なりし, になり, には大分私, に和合, のあしき, の善惡, の平滑, や其他, を捨て, を改めない, を整, を爲, を爲す

▼ 句としては~ (47, 0.7%)

2 むしろ平凡, 特色ある

1 [43件] いい句, いささか単純, いささか異色, かえってつまらぬ, かなりしっかりした, この句, この程度, ちょっと変った, つまらないけれども, むしろ品格, むしろ陳腐, やはり, やや奇道, 一の, 上乗の, 不自然な, 似つかわしくない, 余意と, 凡兆の, 名句かも, 変った種類, 多少の, 好句, 完全なれ, 少しく変った, 尚白, 巧である, 巧な, 従来余りに, 慥に, 新らしかった, 旨くない, 最も客観的, 注目に, 特に見る, 珍しいもの, 珍しい方, 珍しい題材, 皆振った, 相当印象的, 破格の, 蕪村の, 蕪村のほど

▼ 句から~ (46, 0.6%)

2 出來

1 [44件] みると, われわれは, 五十句, 俊成の, 出て, 十五句, 取つたので, 取り離して, 受けるやう, 受ける表面的, 吟味し, 察すると, 当然帰結, 得た感じ, 思いついたいわゆる, 急に, 想像する, 感じるやう, 感ずるもの, 成って, 成立し, 抜く, 推して, 新しく同じ, 新に, 歌の, 滲みでる哀傷, 独立し, 生れたもの, 直ちに日本, 直に新場, 窺い得るよう, 第三句, 第二十四句, 第十句, 脱化した, 菅原継長が, 見ても, 見られるの, 見ると, 起す手法, 銀の, 鍵の, 隔離し

▼ 句~ (43, 0.6%)

3 である 2 はこう, はその, はまず, らしい, を説明

1 [30件] が分らう, が異, であって, なの, に溢れ, の上, の説明, はある, はきわめて, はた, は一人, は下部, は人里, は元日, は初午, は別に, は前, は前章, は改めて, は春, は時候, は格別説明, は梅, は百姓, は隠れた, も良雄, らしく思われる, を補う, を解釈, 殊に哀れ

▼ 句~ (41, 0.6%)

2 といっ, といつ, と訊く, よ

1 [33件] から, からそれ, からそんな, から大体, が, がいま, がそれ, がね, がひとり, がまだ, が平家, が簡潔, けれど磨いたなら, しかなり, たしかに, ということ, というわけ, という人, といふ, としてそれで, とする, とは思わぬ, とも感じなかった, と主張, と思います, と思う, と矢代, と自, と解釈, と言われ, のと, ほんとうの, ウソは

▼ 句にも~ (36, 0.5%)

2 狐狸を

1 [34件] あるん, ある金物問屋, いう, ぐつぐつ煮える, こういう傾向, この鈍重, それぞれの, どこか, ならないが, ならない微苦笑, ゆっくりと, 下二句, 仰ぎ觀, 何か, 勿論価値, 千蛾老人の, 及ばず上野, 名月や, 咏ま, 大分見る, 干渉する, 思想上明かに, 恩を, 捨てがたい, 敬服せぬ, 気怯が, 氷峰は, 深味が, 現れ, 甚だ苦しみ, 私は, 聞える, 見え近く, 随分厭味

▼ 句では~ (32, 0.5%)

7 ない 4 あるが, ないが 2 ないか

1 [15件] ありません, しずくの, ない日記, ない線, なからう, なくて, なく伊勢, なく何人, 夢という, 季題が, 或る, 戸外に, 梅の, 虹が, 鍵が

▼ 句稿~ (29, 0.4%)

6 を整理

1 [23件] からは先生, が私, といっしょ, とで大, と出雲, などを送る, など整理, には短評, は六月, をおくる, をまとめ, をまとめあげた, を受取つて例, を封入, を層雲社, を左, を後, を投函, を書き, を水落露石氏, を送, を送っ, を頭陀袋

▼ 句との~ (28, 0.4%)

7 間に 2 連続に, 間の

1 [17件] あいだに, 中間に, 交渉が, 付きぐあいから見, 付け合わせを, 修辞上の, 優劣論を, 列り, 取合せによ, 接続には, 相異, 相違が, 続けに, 間には, 関係による, 関係は, 離れが

▼ 句として~ (27, 0.4%)

1 [27件] これを, それを, だして, もとよりこの, 一風変った, 人に, 価値を, 働きが, 勝れて, 孤立し, 引用され, 後世に, 成功し, 抽出するなら, 挙げたの, 最も人口, 有名な, 注目に, 示したもの, 置く, 芭蕉の, 表現した, 表現したい, 観る価値, 解すべきである, 記録に, 面白くも

▼ 句とは~ (27, 0.4%)

2 いへ

1 [25件] そういう挨拶, やや異なる, よく合っ, 一致し, 二つの, 全く揆, 別な, 前に, 多少の, 大分勝手の, 大分異, 大変に, 居士の, 心像の, 必ず季, 思わぬが, 思想感情の, 挨拶である, 王荊公唐百家詩選の, 言はれじ, 言わばそれぞれ, 言われじ, 詮方ない, 釋尊の, 関係の

▼ 句という~ (22, 0.3%)

5 ものは 3 ものを 2 のには, わけで, 意味である 1 ことが, ことを, のが, ので, のでない, ものが, ような, 間には

▼ 句ある~ (21, 0.3%)

2 がため, のみなれ, を見る, 所以である

1 [13件] か戦線句, ため一首活き, のみ, は半ば偶然, をふつ, を信ずるなり, を思い得, を思ふべし, を見るべし, を見れ, を除い, 岡本綺堂先生には, 歌も

▼ 句について~ (21, 0.3%)

1 [21件] いいますと, いうと, いたして, この山, すでに他人, だいぶいろいろ論じ合った, みないと, もう少し研究, もっと知りたかった, 一言, 一言しよう, 余は, 吟味し, 嘗て私, 坂下也奈貴君は, 季題が, 思い出すの, 考へそして, 自解, 見ても, 説明しない

▼ 句より~ (21, 0.3%)

2 するも

1 [19件] かえって親しく, こうした句, ずっと感じ, はるかに, やや高級, 一轉し, 他は, 外は, 平面的でない, 引緊って, 悟入する, 成る一千偈, 成る一千言, 成る百偈, 推して, 更に人, 第四句, 胚胎し来たれる, 胚胎し来れる

▼ 句~ (21, 0.3%)

2 である, にも遠い

1 [17件] から抜け出したい, が一歩深入り, が樂天的, とを打開, と似, に一転向, の如く, の打開, の気持ち, は万葉集, は冬木, は打開, も一転, も剽窃, も打開, を持つ, を自然

▼ 句~ (19, 0.3%)

3 歌を

1 [16件] いやな, この句, すて女, 偈などが, 多からん, 対連句を, 尾句に, 我ものと, 文章であっ, 文章の, 文章を, 歌に, 母堂の, 聯語, 言葉に, 言葉を

▼ 句を以て~ (19, 0.3%)

1 [19件] この自叙伝, したの, して, するを, 俳句と, 俳句中の, 俳句変遷の, 出来たもの, 日本人の, 盛唐諸家の, 祖国を, 結んで, 自家の, 自家集中第, 芭蕉が, 芭蕉の, 茶の, 起るマラルメ, 題と

▼ 句~ (19, 0.3%)

2 に取入れ, の趣

1 [15件] から次, に, にしばしば, につかっ, にはいま昔, にも公平, に存す, に灯, に点じない, に現さぬ, のどこ, の二句, の優, の浄尼, 甚だ新

▼ 句~ (18, 0.3%)

2 に, に当たる

1 [14件] である, で一字, にある, にうっかり, に現われる, に至っ, のへん, の名利, の故, の自, の自分, は低い, は此連作, までは定

▼ 句讀訓詁~ (15, 0.2%)

3 の學, を事 1 なぞはと豪語, なぞは何樣, に沒頭, に通ずる, に通ぜずし, の學なぞ, の師たる, を全然, を顧みざる

▼ 句とも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あまり変りが, いへるとにかく, また, また部分的, よく続く, 句割が, 同一の, 始めて, 思われません, 申されます, 皆通用, 絶えず物事, 駄作では

▼ 句ばかり~ (13, 0.2%)

2 では

1 [11件] いやギリシア語, だ, つづけさま, である, で大鉈, 作ろうと, 便箋に, 出来る私, 列挙し, 抜き書きし, 玉斧を

▼ 句よりも~ (13, 0.2%)

2 いい句, 客観的佳句多し 1 いっそう前, この句, さらに客観的, もっと前, 京都に, 佳作一句だ, 客觀的佳句多し, 悪いとは, 更に客観的

▼ 句であっ~ (12, 0.2%)

2 てもその 1 てそれ, てもなお, ても一句, ても心理的科学者, てポエジイ, て主観, て他, て時間, て極めて, て近時

▼ 句なども~ (12, 0.2%)

1 [12件] あって, たくさんあった, ちょっと俳人以外, やはり同じ, 一陽来復という, 元禄の, 女貞と, 当り前の, 拍子は, 早速持出すべき, 老いたる山伏, 製造した

▼ 句ほど~ (12, 0.2%)

1 [12件] つづいたよう, 下手な, 客観的で, 拾ひあげた, 拾ふたが, 柳に, 柳を, 気が, 浮れた, 続いて, 面倒な, 高遠雄大に

▼ 句あり~ (11, 0.2%)

5 曰く 1 かの瓦, また曲亭馬琴, ラヂオも, 云ふ, 月並調に, 狂文ありといつた

▼ 句とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] くらべて, しみじみ読み味わっ, ひらうても, 各同じ, 対照すれ, 拾つて戻つた, 書かうと, 比較し, 記した掌大, 誦して, 読み続けると

▼ 句などは~ (11, 0.2%)

1 [11件] その人, ない, 両時期, 俳句に, 出来る柄, 日本の, 比較的単純率直, 注目すべき, 知らず訓導, 私たちも, 誇張や

▼ 句において~ (11, 0.2%)

2 蕪村は 1 こうした蕪村, それが, 今まで, 作者の, 単に実質的内容, 多少の, 意見合したるは, 特筆すべき, 見るべきは

▼ 句その~ (10, 0.1%)

2 影響を 1 ことには, ま, まんま私は, マルサス人口論を, 儘に, 方が, 書を, 音声までも

▼ 句だけ~ (10, 0.1%)

3 では 1 だ, であったから, である, でよい, 一気呵成に, 出来た, 拾つた

▼ 句です~ (10, 0.1%)

21 がね, が空気, ともそれ, な, ね云々, ね類句, のよ, よ

▼ 句~ (10, 0.1%)

3 のだ 1 あれは, ので, のであります, のである, ので斯, ので興ざめである, んだ

▼ 句なる~ (10, 0.1%)

2 か否, ことなり 1 が如く, が故に, ことは, こと問はずとも, こと幻住庵は, 者が

▼ 句をも~ (10, 0.1%)

1 のしても, のす, 二三認めた, 審に, 持たせ掛くべきでありかくして, 聞き落すまいと, 著け, 評する, 諳んじて, 選んで

▼ 句~ (9, 0.1%)

1 しからざれば, 二句で, 二句の, 知らないが, 知らないの, 自嘲一句か, 譬喩の, 近句, 連続し

▼ 句によって~ (9, 0.1%)

1 その賑かさ, はじめて合点, よく想像, よび起こされた観念世界, 一の, 不思議に, 初めて俳句, 日本の, 限り無き

▼ 句~ (9, 0.1%)

2 も二十首 1 から言つて, こそ沢山, は三百, は二千, は僅, は厳格, も極めて

▼ 句ごと~ (8, 0.1%)

1 におもしろかっ, に拾, に文ごと, に言ごと, に讃美, に辞儀, の推敲, の聯絡

▼ 句とが~ (8, 0.1%)

1 あつた, 一つに, 一致し, 交互に, 対句の, 往々に, 添えて, 辛うじて私

▼ 句だった~ (7, 0.1%)

2 かな 1 がよく, が冬薔薇, が結局もの, と思います, 筈で

▼ 句であった~ (7, 0.1%)

1 か, かと記憶, が, がこれ, が故に, ことだけは, ということ

▼ 句なら~ (7, 0.1%)

1 ばこういう, ばとにかく, ば翻訳, ば長句, んか, 古来無数に, 長句が

▼ 句における~ (7, 0.1%)

1 ほととぎすは, 主人公で, 季題, 季題の, 春の, 蜩の, 重大な

▼ 句に対して~ (7, 0.1%)

1 いかに応接, なしとげたよう, やって, 付き過ぎに, 何等の, 特別な, 示さない

▼ 句のみ~ (7, 0.1%)

2 残りたる 1 だが, だった, ならず, ならんか, 口に

▼ 句~ (7, 0.1%)

1 それから, 一気に続い, 三の, 繰り下げるといふ, 読み続けた方, 連想の, 順々に

▼ 句また~ (7, 0.1%)

2 この語, これに 1 まさに牡丹, 将に, 悪句

▼ 句以下~ (7, 0.1%)

1 になる, にり, の二つ, の宜し, は一・二句, は皆明治四十一年, 第四句

▼ 句~ (7, 0.1%)

61 ふや

▼ 句たる~ (6, 0.1%)

2 ことを 1 とを問はず, と新, を失わぬ, 羅甸語の

▼ 句であり~ (6, 0.1%)

1 これが, ながらも余程, ながらやはり, ながら非常, 単純な, 遠賀の

▼ 句など~ (6, 0.1%)

2 書いたり 1 ほんとうに, 作れも, 夫人の, 後世難解至極の

▼ 句以外~ (6, 0.1%)

1 にも, にもよく, に三言四言六言八言九言, に久慈, に見当らない, に風姿

▼ 句~ (6, 0.1%)

1 しかない, であ, に到達, に延し, は作る, 作れますか

▼ 句~ (6, 0.1%)

2 をこめ, を入れ 1 の句, 弱し

▼ 句~ (6, 0.1%)

1 に余念, に耽った, に耽らせよう, の眼, の頭, を試み

▼ 句稿整理~ (6, 0.1%)

1 すること, といふ, どうやらかう, 書かねば, 第六句集孤寒抄出版, 第六句集孤寒抄刊行

▼ 句こそ~ (5, 0.1%)

1 つね日ごろ愛誦し, まこと, 去来が, 多かるべき, 少数なれ

▼ 句だけを~ (5, 0.1%)

1 とり出して, 投げるよう, 独立させ, 見て, 解釈し

▼ 句であります~ (5, 0.1%)

1 からまず, がこの, がこれ, けれども駄洒落, ところから

▼ 句などを~ (5, 0.1%)

1 口ずさんで, 好まなかった, 引いて, 試みたこと, 誦する時

▼ 句については~ (5, 0.1%)

1 もっと詳しく, 其角が, 前にも, 子規居士が, 小宮豊隆君が

▼ 句に対する~ (5, 0.1%)

1 同情が, 味覚を, 居士の, 感情は, 興味は

▼ 句ばかりを~ (5, 0.1%)

2 見る者 1 作った, 愛せしは, 続けた人

▼ 句への~ (5, 0.1%)

1 移り方, 移動の, 続き工合, 續き, 聯絡の

▼ 句まで~ (5, 0.1%)

1 ずうつ, 書きかけたところ, 歌ひ, 続けたいもの, 譬喩

▼ 句までは~ (5, 0.1%)

1 序詞だ, 序詞で, 極めて平凡, 現実だ, 非常に

▼ 句らしい~ (5, 0.1%)

1 ものを, キタナイ洒落を, 特色が, 短冊が, 自然の

▼ 句切れ~ (5, 0.1%)

2 を見出した 1 に囃子, の一字一字, の頭

▼ 句多く~ (5, 0.1%)

2 新奇なる, 理窟に 1 なりたるが

▼ 句~ (5, 0.1%)

1 と題し, の所詮, は全部頌文, は單刀直入的, 即ち波梨所傳

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 ほしこれ曲, 作りなさいと, 勢の, 猫さんは

▼ 句さえ~ (4, 0.1%)

1 あった, 付け加えたかも, 満足に, 見れば

▼ 句しか~ (4, 0.1%)

1 なかった, 作らず, 得られぬと, 拾へ

▼ 句そのもの~ (4, 0.1%)

1 の価値, の働き, の力, の説明

▼ 句であろう~ (4, 0.1%)

3 と思う 1 かわたくし

▼ 句でない~ (4, 0.1%)

1 ことは, ことも, それは, と気がついた

▼ 句でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない, ば本当に

▼ 句としても~ (4, 0.1%)

1 之等は, 単純に, 差支ない, 慥に

▼ 句と共に~ (4, 0.1%)

1 並べられた名前, 句賛の, 感得せし, 蕪村の

▼ 句などと~ (4, 0.1%)

2 くらべて 1 いろいろに, 随分沢山作

▼ 句なれ~ (4, 0.1%)

2 どもその 1 ども其一直線, ば名古屋あたり

▼ 句にて~ (4, 0.1%)

1 上四句に, 味わい得たところ, 畑打と, 腹を

▼ 句によ~ (4, 0.1%)

1 つて何に, つて当初の, つて恐らく, つて悟入され

▼ 句やら~ (4, 0.1%)

1 一読し, 別の, 書体やらについて, 書體やらに

▼ 句よりは~ (4, 0.1%)

1 いくらかマシ, せめて一歩先, 善いよう, 大分複雑な

▼ 句全く~ (4, 0.1%)

3 役に立ち不 1 尽る

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 の句, の如き, の掛行燈, の題

▼ 句同一~ (4, 0.1%)

2 なり, なりその

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 がありまし, の建てられた, までがその, も雪

▼ 句~ (4, 0.1%)

2 に置く 1 の, のみを繰返し

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 から, とを無理, と日記, に記録

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 がそろい, が定まり, の低い, めいた調子

▼ 句~ (4, 0.1%)

2 に送りました 1 の句, は

▼ 句~ (4, 0.1%)

1 の民, の農夫楊度, は作者, を短く

▼ 句複雑~ (4, 0.1%)

2 なる趣 1 という, といふほどにはあらね

▼ 句讀點~ (4, 0.1%)

1 が長い, であるが, や語勢, 返り點

▼ 句違わない~ (4, 0.1%)

1 から面白い, ことを, といっ, 講演を

▼ 句あるいは~ (3, 0.0%)

1 時として月並調, 短句である, 短句の

▼ 句あれ~ (3, 0.0%)

2 ば爆竹 1

▼ 句からも~ (3, 0.0%)

1 つと遡つ, 十分受取る, 窺うこと

▼ 句この~ (3, 0.0%)

1 二つは, 少年の, 歌の

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 ういふ句, へありしか, へ思ひ出され

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 たり自由, てもしかるべきで, 大指で

▼ 句ずつ~ (3, 0.0%)

1 俳句を, 区切り区切り脳裡に, 句切って

▼ 句つづき~ (3, 0.0%)

1 がのこっ, が次第に, は本来それ

▼ 句でありまし~ (3, 0.0%)

1 て, てその, て蚊帳

▼ 句でなく~ (3, 0.0%)

1 まつたう, 写生の, 句を

▼ 句といふ~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ことに

▼ 句とう~ (3, 0.0%)

1 点が, 点には, 点の

▼ 句ながら~ (3, 0.0%)

2 成語なれ 1 同字

▼ 句なき~ (3, 0.0%)

2 にあらざり 1 を甘んずべし

▼ 句なし~ (3, 0.0%)

1 それも, もとより銭, 彼の

▼ 句などが~ (3, 0.0%)

1 お気に, 俑を, 出来る

▼ 句などに~ (3, 0.0%)

1 影響された, 見るよう, 非ずや

▼ 句にのみ~ (3, 0.0%)

3 力を

▼ 句ばかりの~ (3, 0.0%)

1 俳句が, 後にも, 長篇で

▼ 句をば~ (3, 0.0%)

2 実に巧いもの 1 実際あじ鴨

▼ 句を通じて~ (3, 0.0%)

1 ここに, さうし, 自ら窺われる

▼ 句一つ~ (3, 0.0%)

1 の色, をそれぞれ, 読みたれども

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 に排列, に続き, の苦心

▼ 句並列~ (3, 0.0%)

1 であったもの, になっ, の四行詩

▼ 句全体~ (3, 0.0%)

1 の調子, をひいた, を見渡した

▼ 句出来た~ (3, 0.0%)

1 どうせ瓦礫みたい, 事が, 多少今

▼ 句切り~ (3, 0.0%)

1 はなされ, をとる, を測っ

▼ 句~ (3, 0.0%)

2 にたるみ 1 に霄壌

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 が出, はまだ, もあり

▼ 句多し~ (3, 0.0%)

2 と信じ 1 と信じ居候え

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 と同, の位置, の項

▼ 句~ (3, 0.0%)

2 は湧い 1 と置き

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 の網目, をとらえた, を練る

▼ 句或は~ (3, 0.0%)

1 単語に, 敬を, 短文に

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 に行つたの, の一つ, の時

▼ 句極めて~ (3, 0.0%)

1 少きを, 重要な, 面白しと

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 にストーン氏, に或は, の頭

▼ 句狂君~ (3, 0.0%)

1 があり, は一坑夫, は鷲

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 の前, の文, の頭

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 三句は, 五句と, 五句なども

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 に際してのみ之, の口調, は私等

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 の課題, はいくぶん, を催される

▼ 句~ (3, 0.0%)

2 りである 1 り非常

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 は愉快, やら読経, をする

▼ 句軽く~ (3, 0.0%)

1 して, 瓢を, 結句は

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 がこのごろ先生, の一つ, の跋

▼ 句重く~ (3, 0.0%)

2 下二句 1 第四句

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 じ得ず何等, という星, は大帝

▼ 句~ (3, 0.0%)

1 の上, の不注意, もなけれ

▼ 句あつ~ (2, 0.0%)

1 たか, た反動

▼ 句いずれ~ (2, 0.0%)

1 なりとも, も重吉

▼ 句かく~ (2, 0.0%)

1 ていよ, のごとき

▼ 句かと~ (2, 0.0%)

1 思ふが, 覚えるの

▼ 句ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもの, 組み合せないとも

▼ 句ことごとく~ (2, 0.0%)

1 みな辞世である, 佳句なる

▼ 句した~ (2, 0.0%)

1 ものお, 者が

▼ 句じゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ねえかと

▼ 句すら~ (2, 0.0%)

1 まつたく思ひ出せないのに, 忌まれて

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 とおも, 御袖片

▼ 句たり~ (2, 0.0%)

1 とも人間, と自分

▼ 句だけが~ (2, 0.0%)

1 いくらか凋ん, 唯一の

▼ 句だけで~ (2, 0.0%)

1 解ったと, 説明しました

▼ 句だの~ (2, 0.0%)

1 偈だ, 畳句だ

▼ 句だろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と首

▼ 句でしょう~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, が俳諧

▼ 句としての~ (2, 0.0%)

1 価値の, 恋人で

▼ 句とともに~ (2, 0.0%)

1 原句以上の, 絶えず頭

▼ 句とに~ (2, 0.0%)

1 注目する, 重ね用

▼ 句なぞ~ (2, 0.0%)

1 知十君の, 頗るいやしい

▼ 句などこそ~ (2, 0.0%)

2 古人も

▼ 句などには~ (2, 0.0%)

1 支那の, 最も誠實

▼ 句なり~ (2, 0.0%)

1 其心は, 詩なりに

▼ 句なりに~ (2, 0.0%)

1 ぶつかると, 勢力を

▼ 句にでも~ (2, 0.0%)

1 云い換えると, 多少東西

▼ 句のみにて~ (2, 0.0%)

2 よきと

▼ 句のみを~ (2, 0.0%)

1 残せば, 見て

▼ 句または~ (2, 0.0%)

1 人によって, 前

▼ 句までに~ (2, 0.0%)

1 終えるの, 表現され

▼ 句もの~ (2, 0.0%)

2 に見えざれ

▼ 句やや~ (2, 0.0%)

2 力強けれど

▼ 句をさえ~ (2, 0.0%)

1 ハッキリ記憶, 試みて

▼ 句一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 とはまた, の律動

▼ 句一句~ (2, 0.0%)

1 についてもう少し, に学術的

▼ 句三句~ (2, 0.0%)

1 と判じ, ぶち抜き

▼ 句世間容易~ (2, 0.0%)

2 にする

▼ 句並べ~ (2, 0.0%)

1 てみ, て見る

▼ 句九字~ (2, 0.0%)

2 にしたる

▼ 句二つ~ (2, 0.0%)

1 について, を掲げ

▼ 句二首~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 句似あ~ (2, 0.0%)

2 はしからず

▼ 句先輩~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 句共に~ (2, 0.0%)

1 大同小異である, 月並調に

▼ 句其他~ (2, 0.0%)

1 の修辞法, の題詞

▼ 句割れ~ (2, 0.0%)

1 であるし, などいう

▼ 句十字~ (2, 0.0%)

2 の長句

▼ 句即ち~ (2, 0.0%)

1 第一, 第三句

▼ 句句廼馳~ (2, 0.0%)

1 と号す, を生む

▼ 句同前~ (2, 0.0%)

1 なり, 也

▼ 句善し~ (2, 0.0%)

1 といひ, といふ

▼ 句四句~ (2, 0.0%)

1 となり, への移り

▼ 句多から~ (2, 0.0%)

2 ずと

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 の例句, を取り出し

▼ 句尽く~ (2, 0.0%)

1 佳句なる, 皆この

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 であ, を開いた

▼ 句廼馳~ (2, 0.0%)

1 と号す, を生む

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 はととのっ, をもっ

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 の生活, の耳

▼ 句必ず~ (2, 0.0%)

2 四三または

▼ 句~ (2, 0.0%)

2 句には

▼ 句我酔堕渺莽~ (2, 0.0%)

1 と, の方

▼ 句投げつける~ (2, 0.0%)

1 じゃない, その声

▼ 句~ (2, 0.0%)

2 歌の

▼ 句新奇~ (2, 0.0%)

1 ならざるもの, ならざる者

▼ 句旋已忘~ (2, 0.0%)

1 と, といふ句

▼ 句~ (2, 0.0%)

2 に譬喩

▼ 句書い~ (2, 0.0%)

1 てあった, てみた

▼ 句書き抜く~ (2, 0.0%)

2 草稿へ

▼ 句最も~ (2, 0.0%)

2 多し

▼ 句~ (2, 0.0%)

2 の死

▼ 句独吟~ (2, 0.0%)

2 之俳諧

▼ 句甚だ~ (2, 0.0%)

1 多し, 珍重に

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 などを畫, の用

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 一気呵成的にも, 面白く俳句会衰

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 があった, の間

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 の石碑, の碑

▼ 句続い~ (2, 0.0%)

1 ても叙述, て来る

▼ 句自身~ (2, 0.0%)

1 と其配置, の中

▼ 句観音経~ (2, 0.0%)

1 の声, まで散らし

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 で述べた, を反駁

▼ 句許六~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ 句読み~ (2, 0.0%)

1 てその, てはむせびた

▼ 句調惡~ (2, 0.0%)

1 しく口, しとか

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 として四句, の三句

▼ 句鋭い~ (2, 0.0%)

2 匕首の

▼ 句~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼1* [443件]

あさはかな迷信だ, 句あったようだ, 句あとをつけるでしょう, 句あまりそれをさらに, 句あやまちなし, 句ありたる由を, 句ありていよいよ, 句あるべくして一句, 句いかさま当時は, 句いたものが, 句いつ果つべし, 句いづれなりとも辞世, 句いとめづらし, 句うたふ句, 句おとしていつた, 句お作りやした, 句かの語を, 句かは知りませんが, 句かも知れぬが, 句かを隔て, 句がか其の講明, 句がらや書体, 句ぎってそのたび, 句ぎってつぶやきながらそっと眼, 句ぐらいの簡単な, 句こせこせした現代離れ, 句ことに下品の, 句これだけの仕度, 句これ一句春風駘蕩たる野道, 句ござったがこの, 句ごと節ごとに溢れ, 句さながらに昔, 句さらば御無事で, 句してやらんと思ふ, 句しらみつぶしに, 句しるしあり, 句すなわち全体の, 句すらも諳誦し得ない, 句ずつで話が, 句ずつに切って, 句ずつは落葉とか, 句ずつを考えて, 句そして何が, 句そのうち私の, 句そのままくり返した, 句それに王問, 句たがえず清書すれ, 句ただ顔面のみを極力, 句だけとして, 句だけに尋常の, 句だけの写真が, 句だけは覚えて, 句だけへ棒を, 句ださうで一向詰らない, 句だに他人の, 句だらけの繪馬, 句ってどんなの, 句づつ載りし人, 句づつの句のなか, 句づつ雑詠に載る, 句であったらこの馬, 句であったろうか, 句である歩いて歩い, 句でさえなければ, 句でさえも取って, 句というは論語に, 句といつてもよから, 句とおもふ, 句とかを八萬遍繰返し, 句とでもいったふう, 句となつて形を, 句とによって考えると, 句とのみ思ひそれ, 句どうぢやを, 句どころか言語の, 句ないよ, 句なかりしは果して, 句なくして, 句なぞが毛唐に, 句なぞに突き當つてあまりの, 句などからも出て, 句などで有名である, 句などという多作を, 句などとの間に, 句などとはやはり大同小異, 句などによりて見れば, 句などの出来るはず, 句などほどにも季重なり, 句などよりもさらにいっそう重大, 句なりしは偶然, 句なりと宣へ, 句なりとは言はず芭蕉の, 句なりとまで思へり, 句なりを作らせて, 句なんどは全然, 句についての論が, 句にては面白からず, 句になつてを, 句にまで挿話の, 句によっては上司の, 句によりて知るを, 句に対しての対句な, 句に対してはこの訳, 句あなたのには, 句はさのみすぐれた, 句はっきり思い出された, 句はと申しますと, 句ばかりに作り変えること, 句ぶち抜きに, 句ほんたうの句, 句まあそんな景色, 句まだこの方, 句までが静粛に, 句までとしたので, 句までの平凡な, 句までもずうつ, 句までを抜き書き, 句みだりにも笑わず, 句みなやり句, 句みな遺言の句, 句むだのない, 句に置く, 句めいたものを, 句めぐんでくれた, 句もしくは節もしくは, 句もって人心, 句もって誦すべし, 句やは俳句という, 句よくもいひ出, 句しからざる内容, 句わが詩である, 句を通して背後には, 句カツとして飛び出した, 句ダグラスの, 句トバカリ信ジテ居タ今日フト此句ヲ思ヒ出シテツクヾヽト考, 句ノヤウニ思フタノデ今日迄古今有数, 句ハソレニ依テ細民, 句ハッキリと句切り, 句ハ佞人ナドノ官ニ在テ君, 句ミダレドモは古点ミダルトモ, 句ヨハンが胸, 句に, 句一つ短句一つをそれぞれ, 句一七九四年となつ, 句一句間を置い, 句一挙一動の極, 句一生懸命になつ, 句一長句でも散る, 句一首の魂, 句万句尽く皆, 句万葉の引用, 句三十八ばかりを書き抜い, 句三様の変化, 句三番めの句, 句三種の, 句下五字に擬人的作意, 句下殺人の意, 句不思議な短, 句不異空といつては, 句篇皆な, 句にその, 句中一番此句が熱, 句中二三句づつ雑詠に載る, 句中余の愛誦, 句中枚挙に堪へぬ, 句の手柄, 句乃剪数茎奉贈係以詩, 句乃至文章だ, 句前後を, 句二三ある, 句二十もある, 句二十六字の小唄, 句二句を掲げ, 句二句重畳して, 句二義に解すべく, 句二萬句を吐い, 句云ったばかりで, 句五十句と鏈, 句五句のたつた, 句へ手紙, 句人のも自分の, 句人君は旅行中, 句だにおぼえ, 句今に新たなる, 句仙波さんに, 句以上の高所, 句以上結合して, 句以前の俳諧史, 句会話などもわたくし, 句実実記, 句位出來たい, 句が悪く, 句んすれ, 句何ぞ其妙なる, 句余さずに精読, 句余りの中, 句作ってみた, 句作ったけれどあれ, 句作る間に, 句俗句に非ずし, 句俚語を用, 句信仰して, 句修行の峻嶮, 句があつ, 句の薩都刺, 句先進の人, 句公案は参ずる, 句其当時としては佳句, 句兼松にかかる, 句几董の句集, 句でざる, 句出入り三十音の律語, 句出来そうじゃの, 句出来たら私が, 句出来ましたか, 句出来ませんかな, 句分つてもらへるだらう, 句いったいへの, 句初めは感ぜざりし, 句初心まねよき, 句初心まねよきゆえ, 句初茸は目, 句に花, 句がなく, 句せられたの, 句十七を列記, 句十八の中, 句十数列の後, 句十篇を一度, 句単的な描写, 句原文が, 句厭味の頂上, 句又は短い文章, 句反乱の癖, 句に出す, 句でもあ, 句句句でもあ, 句句数はちようどころ, 句叫び得ぬ古来, 句叫ぶ句呟く, 句節は, 句吐き出すその言葉, 句吟じ侍れど取べき, 句吾輩を指し, 句呈上いたし候, 句呉将の肺腑, 句呟く句, 句ひ多し, 句品遙に師翁, 句唐辛子百五十句などと随分, 句問いつめられて行く, 句噛みしめるように, 句四つ戴いた, 句四句五句のたつた, 句国内の耳, 句境涯も生きゆく, 句は変らう, 句壮士が深く, 句を張っ, 句変化に富ん, 句夢にも見ざる故, 句奥歯で噛み切る, 句の口, 句如来である, 句字余り故に面白く, 句字余りゆえに面白く, 句字餘り故, 句のない, 句対偶を成せる, 句対名家成転遅, 句寿司などを取寄せ, 句小歌の笑顔, 句少からず, 句少くなりて, 句少しなりとも, 句がどうか, 句緩く, 句山栂原山ヤケノソリエンマノトヤ等の諸山, 句山頭火の句, 句にて或, 句を配っ, 句も半紙, 句幼い子を, 句広告ばかりにてものせた, 句採用に, 句忽ち成る, 句情さへ身近, 句想像の語, 句意味なしとは, 句感想解放の句, 句手料理も大き, 句才気ほとばしり当時, 句が来た, 句抄二冊とが来た, 句抄以後数年身を放たず, 句投書の中, 句抜き出してき, 句句の, 句を堅め, 句拾うて戻, 句拾った中で, 句指示する, 句挙げて, 句数はちようどころ, 句数何百そのうち, 句数句を作る, 句数篇を掲出, 句数首をまとめた, 句に限り, 句數句あること, 句文章を暗誦, 句既に化生説話に, 句日本書紀に, 句板本, 句明瞭に飛込ん, 句時としては六句, 句書いたものが, 句書くというぐあい, 句て何心, 句最大の効果, 句有り曰く, 句望遠鏡を購, 句朝鮮のうわさ, 句古人霊妙の, 句本物のきりぎりす, 句は随時随処, 句来会ほんたうに親しみ, 句は余り, 句歌った後彼は, 句の如き, 句に第, 句残らず暗記し, 句のやう, 句というの, 句に住む, 句活字になった, 句浮べる者も, 句浮華軽佻ならぬ性格, 句を滾し, 句清婉なれども, 句清方の絵, 句清書ならん, 句游離の形, 句烈しい憎みを, 句句, 句燕王に召出されし, 句分折毫毛, 句父草居にて, 句だ, 句玄関番の悪, 句理会の上, 句用語等は主として, 句異同甚だ多し, 句異様の言葉, 句痛烈こんな生, 句につけ加える, 句皆今は枕詞, 句皆仏祖の暖か, 句皆涙で僕, 句目四句目にうっかり, 句目四句目等に及ぼす, 句目等に及ぼす, 句相当の価値, 句相手の耳, 句真実に相違, 句短句に分解, 句示さるる指触れあひ, 句種々の説, 句稿二篇書きあげるさ, 句稿二篇やうやく書きあげて, 句稿整理完成ほつと, 句稿整理私にはまだ, 句稿料が届いた, 句稿時代の私, 句稿書信など整理, 句突然に出, 句立ち所に出來, 句筆者の表情, 句へを求め, 句筵半にし, 句を書く, 句籠勝に言ッ, 句素材までが一分間, 句終に四日の, 句続け様に滑らか, 句縦し幾多の, 句繰り返して味, 句先生眼裏の, 句聊か平俗調に, 句聞きのが, 句自分の気に入った, 句自分自らを市長, 句自分達の芸術, 句若しくは作者の, 句荘重を極め, 句落ちてゐた, 句蒼ざめた顔色を等分, 句にし, 句蜘蛛の糸, 句複雜なる趣, 句覚えている, 句解大成といふ書, 句評してさよなら, 句詠じたことが, 句試題此光景乱山堆裏一船奔, 句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 句詩題韻詩折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 句話しであったのだ, 句謡会七宝会合併にて催, 句は謄寫, 句讀次第でどうにも, 句賞めてくだ, 句がかかっ, 句載っていた, 句迄は序詞で, 句近しおんみ, 句述べる句うたふ, 句退学したかといふ, 句逓友への随筆, 句連歌には無い, 句遂に斯んな, 句へず, 句違わず二時間かかっ, 句選ばれた今度は, 句鄭重に四年, 句にも, 句は肉体, 句重みを量る, 句重畳して, 句鎧櫃の在所, 句長句はそれぞれ, 句の連結, 句であつ, 句隔てた勢多の, 句隨分危く讀み返して, 句頗る多く, 句頻りに目に, 句颯爽悦ぶ可, 句に窮すれ, 句飽くまでも注意深く小川, 句に用, 句駄洒落また駄洒落, 句が死し