青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「因~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

器械~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~ 回~
因~
因果~ ~因縁 因縁~ 団~ 団体~ ~困っ 困っ~ ~困った 困った~ ~困る

「因~」 1332, 14ppm, 7748位

▼ 因~ (164, 12.3%)

15 云ふ 9 なって 4 いう, なったの 3 なつた, 云う 2 いうが, いふ, した像, なったので, なると, なるん, 翁の, 自信が, 言ふ, 認められるのに

1 [106件] あらざるもの, いうここ, いふ伊万里, いふ平湯, いふ後, こうした景趣, この, この句, この時, この無線電話, この画, この行き方, この頃, して, しるす, しるす南岳, その伜, その怪人集団, その時, その診察, とうにその, なった, なったかも, なったと, なった夏姫, なっても, ならない, なりは, なりました, なりましたが, なりますよ, なりまする, なりやすい, なり得た, なるかも, なるが, なるとも, なる例, なる路用, なろう, ハスミッタとは, 九州では, 云うに, 云う古, 云う後世近畿地方, 云う谷蟆, 云ひ, 五つある, 仮説が, 依って, 俊が, 前記の, 去る二月頃, 右殿宮アイ子は, 同嬢, 同校長, 同氏は, 同銅像, 向かう, 因て, 因るかを, 奈美殿の, 奈良原翁は, 小錦, 山で, 平ヶ岳は, 弟の, 弟は, 彼, 彼は, 彼舳羅島の, 徴すれば, 抄擧し, 挿絵第, 採ること, 書いて, 朝鮮では, 木津の, 本件は, 本誌第, 果名を, 此断裂の, 水野氏は, 海賊王デルマは, 焼失したる, 特別な, 猶一度飮食, 申しまする, 男子の, 相違御座いません, 紫といふ, 縊死した, 翻訳家としての, 考ふべき, 自動車で, 蕪村は, 言, 言かきつばたといふ, 記す右, 該主力は, 謂ふ, 転々化し来りたる, 轟九蔵氏の, 述べて, 金博士の, 集中の

▼ 因~ (145, 10.9%)

17 なして 8 なしたの 3 成して, 為して 2 なす, なすもの, 外に, 求める, 知って, 説き蒙を

1 [102件] お作りに, その食物, た, ただせば, つくったと, つくって, どうする, なした, なしたあの, なしたという, なしたとは, なしたには, なしたので, なすこと, なすの, なすばかり, なす蓑田胸喜氏, なせしこと明らか, なせる謀略, ぬぐひ去り給, 一つに, 云へば, 今深く, 他に, 体内から, 作ったこと, 作ろう, 併せたもの, 修めて, 公衆一般は, 其が, 及ぼして, 引き出さうと, 引き出そうと, 得て, 御存知ない, 思うに, 思はせる契約, 想像した, 感じ, 成したと, 成し収まつて, 成就せん, 扶けて, 招くばかりと, 持つもの, 捨てては, 探つて, 推し錦橋瑞仙, 掴むこと, 教師の, 断たしむることなく, 明らかに, 晴るけん, 極めなければ, 極めるの, 段々探っ, 求むること, 求む可, 求めざる可ら, 求めるの, 求め聞いて, 洗えば, 爲す, 生ずる, 生み因, 田の, 発して, 発し今日, 発見した, 瞼の, 知らんと, 知り源因, 社會組織の, 科学的に, 秘めかくして, 究むるの学にて, 究め結果, 突止めて, 結べば, 缺い, 考えて, 自分の, 若い弁護人, 蒔いて, 虚偽に, 補ひ得, 見よ, 見出して, 見更に, 言えば, 言ふなり, 訪ねた時, 話さないで, 話して, 贖物に, 追求し, 追究し, 遺したよう, 闡明した, 除けと, 養い道徳

▼ 因~ (107, 8.0%)

4 之を 2 以て, 化る, 思ふに, 暫く京都

1 [95件] ここに, この意, これらの, その事, その幸, それは, なほ川崎屋に, 一人他人を, 一銭切といふ, 丙寅二號五葉裏の, 予は, 云々と, 交換された, 今度板刻の, 余輩は, 併せ称して, 俗に, 先づ善直を, 其名を, 其大意を, 其詩想を, 出京せる, 出來た, 危險を, 又もや穴, 取りて, 台命を, 吉岡忠一は, 名づく, 名付けたよう, 吟じて, 唱へ, 四人同舟し, 回復し, 固く編まれた, 塚穴をも, 威光を, 定められたりと, 幸いに, 彼は, 彼等に対する, 忠一は, 思うに, 急に, 成りませる神, 成るべく端折って, 我々の, 我等自身も, 我譯家肇て, 擧げら, 昨今少しく, 景色の, 更に一歩, 朝に, 東都の, 案ずるに, 次の, 此名あり, 母と, 波斯人は, 派遣された, 深くわれ, 溢る, 無駄に, 父子兄弟の, 猿か, 獨り去, 疑ふ月, 病と, 発行し来りし, 直ちに出, 県庁から, 知られん, 私は, 私も, 結果を, 線を, 考えると, 考る, 聊か篇末, 臣勇を, 船をよ, 船木と, 范曄は, 袂を, 谷口氏を, 賄には, 起る, 起るに, 身体の, 遂に神避, 重蔵は, 金貸の, 除掃す, 顔一面を

▼ 因~ (75, 5.6%)

6 なって 5 なつて 4 なつた 2 し事, なす, なったの, なりて, なり果, なる, なるという, なるもの

1 [44件] ある流石, いおうか, し, した, するところ, その結果, なった, なったけれども, なったこけ猿, なったこと, なった青果類, ならぬ限り, ならんとは, なりともかく, なります, なり医, なり客果, なり治療, なり献身, なり男子側, なり種子, なるとの, なるなり, なるの, なるらしい, なれるなるべし, 云うの, 其結果が, 同じもの, 思い当たるよう, 断定する, 果とに, 果との, 申したが, 相なろう, 経過と, 縁との, 縁を, 考へるだけ, 認めべき或, 説き運命, 連係候故, 関聯し, 雲および

▼ 因~ (67, 5.0%)

2 あつた, 一家離散を, 父君が

1 [61件] あつて, あらう, あらうと, いつか糜竺糜芳の, おさよ, お鶴, この嫉, この建築費, こんな病気, そうなった, そこから, その娘, それから本物, それきりどっと, たうとう, とんでもない, またラター, まだ総帥, アクザモクザ罵った, エテ物は, ダンネベルグ夫人は, ベルグラアドの, マラリヤといふ, 事の, 亡くなられたと, 人が, 人を, 今度の, 今迄は, 伸子を, 何れが, 俵屋の, 六週間も, 到頭不幸, 十五年この, 千浪と, 反目しあっ, 右手に, 奥州の, 左様な, 怪しい咳, 感情を, 有るから, 果して皿数, 歯槽膿, 死によつた, 父っ, 発したから, 相手が, 罪を, 考へた彼, 肺炎を, 舞台を, 諸多の, 起った悲劇, 起る一種, 近頃は, 酷算段を, 金港堂が, 鏡, 鵜飼の

▼ 因~ (57, 4.3%)

3 人間の 2 成立する

1 [52件] お胸, この無分別, すべてそれだ, そこから, そこに, そのまま及ん, その行これ, それでは, とうぜん現在, とにかく見たい, どんなもの, まさにこの, やっとつかむ, やつと, 一様で, 一面後宮の, 事に, 二つあります, 亞細亞に, 他に, 何である, 何も, 全く考えつかない, 八房に, 内省に, 勿論その, 単に事がら, 即ち広, 同様に, 善報を, 地震の, 太祖の, 如何に, 小事小患に, 庭に, 彼に, 彼の, 後の, 昔の, 本そのもの, 果を, 様々なれ, 漬物に, 父母たる者又, 男子に, 私ならぬ, 私にも, 運動物体の, 遠い, 遠く前々代五代将軍, 遠く四十年前に, 陰性なる

▼ 因れる~ (51, 3.8%)

2 堤防の, 榮養補足費の

1 [47件] こと多し, ものと, 不動産の, 什器家具の, 共有井水浚渫費の, 共有地の, 共有家屋建物の, 兵丁合格者の, 國力の, 國庫收入の, 國庫補助の, 國有地の, 國有家屋建物の, 國民教育の, 土壤培養力の, 土木費の, 土砂流失河底埋, 地價の, 大氣呼吸, 家宅倉庫の, 家畜家禽の, 家畜飼料及び, 床下土砂の, 所有權の, 收穫, 救恤費の, 水源山林の, 水脈の, 治水費の, 漁業の, 犯罪者の, 用水路の, 税源の, 穀菜其他飮食物の, 筋骨過, 肥料増加, 自治權の, 舟楫往來の, 茅葭の, 衣食住の, 身體榮養の, 道路及び, 選擧權の, 郵便電信の, 面積の, 飮料の, 飼料及び

▼ 因~ (49, 3.7%)

5 島の 3 島行きの 2 一つは, 島へ, 島行きが, 電気が

1 [33件] いかんに, この失策, この宝, つまるつまらない, とがすべて, ほかに, もたらす尊, もとに, ものには, ように, 一つであるらしい, 一を, 不足及び, 中に, 写影たるに, 多い国柄, 大部分, 字が, 存するもの, 存在に, 島まで, 島付近である, 微分的変化に対して, 微分的差違が, 満潮を, 然らし, 第一段階, 第三段階, 第二段階, 素直な, 絶頂に, 解らぬ莫大, 道化でございます

▼ 因~ (46, 3.5%)

5 ある 2 あるの, 判然し, 為恭の

1 [35件] あつた, あつて, ありそれ, あるか, あればこそ, かえって僕, その寺院, その肉体, そもそもでは, ちゃんと解るべき, はたして内部, ハツキリ頭に, 不憫な, 不明で, 分からない, 分からないと, 判って, 判然分りさえ, 創造に, 古臭くて, 吉川夫人に, 存するので, 思ひ当らぬの, 捉へ, 明記してない, 果と, 果に, 果を, 歴然と存在, 洗われたという, 深いと, 無いに, 自分一人に, 解らなか, 許多の

▼ 因する~ (40, 3.0%)

3 もので, ものであっ, ものと 2 ものである

1 [29件] かという問題, かといふ問題, かも今, かを指摘, が芸術家, ことで, ことと, という事, という迷信, ところ多し, ところ寡し, とした, と考えられる, にあらず, のであっ, のである, のであろう, のは, ものか, ものならざるべからず, ものなり, ものなる, や幾多, ようである, ように, を知る, 事いふ, 傾向の, 種々の

▼ 因つて~ (39, 2.9%)

3 来るところ

1 [36件] お目, ごまかして, その大要, であらう, であるか, なること, のみ事物, まだ実行, 之れ, 其の一代, 其の事業, 前定, 変る筈, 定まること, 少も, 思へば, 或は地方間, 或は田, 揚り政治家, 時としては, 更に又, 書かれしもの, 来たるところ, 来た所, 甚だしく高低大小, 生ず見ずし, 異なり, 相當, 知らる能, 立てる写実, 美しいとも, 苦しむ猶, 起ること, 起るところ, 起る喜び, 阿姥明神社

▼ 因~ (24, 1.8%)

4 の家中

1 [20件] から一人, が起つ, それから彦根, です, での話, と呼び, なぞの女中方, には天狗巌, に八木良蔵, の不良少年白井權八, の儒者佐善元立, の八小隊, の兵, の分家, の女中方, の武士, の池田侯, の起つ, も別に, も芸州広島

▼ 因~ (14, 1.1%)

2 の家, の甘い, はこれ, はまるで, は大, もかね 1 という相当, といふ相当

▼ 因~ (11, 0.8%)

4 てゐる 3 ている 1 ていた, て表現, 従つて演劇人たるの, 爾来厳然たる

▼ 因~ (10, 0.8%)

1 という, ということ, という話, とか, とかめよ, とすれ, となす, と指, と論じた, よ

▼ 因~ (10, 0.8%)

1 あらねど, ありまた, それと, ないのに, なにも, またこれ, 我なりし, 無い者, 理由も, 縁も

▼ 因~ (9, 0.7%)

1 がその, が存する, が絶対, となっ, となる, と並ん, にゆづる場合, の影響, はその

▼ 因である~ (8, 0.6%)

2 ことも 1 から忽ち, が酔, この歌, といふ噂, と考え, と観る

▼ 因たる~ (6, 0.5%)

1 はいう, は疑うべからず, ヘレネー女今一つから, 蒐剣狂愛の, 資料の, 資料不足に

▼ 因では~ (6, 0.5%)

2 ないか 1 ありませんか, あるが, あるまいか, ない

▼ 因にも~ (6, 0.5%)

1 なつたの, なりましょう, なります, なり双方, 何にも, 蒲鉾不

▼ 因より~ (6, 0.5%)

1 して, ちゃんとお, 一の, 果に, 正當, 起こると

▼ 因~ (6, 0.5%)

1 だが, で貰, になる, の深い, よりもまだ, をつけ

▼ 因縁果~ (6, 0.5%)

1 から成り立つ, で出来た, と描き分け, によって変化, の紐, の関係

▼ 因から~ (5, 0.4%)

2 して, 起る野蛮程度 1 沈没し

▼ 因という~ (5, 0.4%)

2 ものだ 1 ことを, わけで, 言語は

▼ 因善果悪因悪果~ (5, 0.4%)

1 と申し, と申します, の規則, 悔い改めよの, 早く絞首台

▼ 因藤裁判長殿~ (5, 0.4%)

1 の手許, はこの, はつきつけた, は神楽坂, を忌避

▼ 因ある~ (4, 0.3%)

1 ことや, ことを, を要する, 花子の

▼ 因~ (4, 0.3%)

1 のだろう, のである, のでございます, んだ

▼ 因について~ (4, 0.3%)

1 ある暗示, ですか, 求めば, 種々の

▼ 因~ (4, 0.3%)

1 播キ印度其者ヨリハ何等ノ, 施シ惡源因ヲ, 施セバ他ノ, 避ケ而テ未來ニ於テ善結果ヲ

▼ 因~ (4, 0.3%)

4

▼ 因縁づき~ (4, 0.3%)

2 のお 1 の相手, は

▼ 因藤裁判長~ (4, 0.3%)

1 が庄司利喜太郎, は折角, は支倉, を忌避

▼ 因あり~ (3, 0.2%)

3 果あり

▼ 因~ (3, 0.2%)

2 これ 1 どうかは

▼ 因つて來~ (3, 0.2%)

2 る所 1 る根本

▼ 因づく~ (3, 0.2%)

1 がすでに, と思われる, のでそれ

▼ 因であった~ (3, 0.2%)

1 と観る, と言っ, 先君の

▼ 因として~ (3, 0.2%)

1 機械という, 海水が, 籾が

▼ 因とも~ (3, 0.2%)

1 いふべきもの, ならんと, なり縁

▼ 因なり~ (3, 0.2%)

1 今の, 仕事の, 伏線なり

▼ 因によって~ (3, 0.2%)

1 得た興味, 早くなっ, 達磨を

▼ 因~ (3, 0.2%)

1 今国字, 愈々練熟, 約ニ命ジテ

▼ 因~ (3, 0.2%)

1 在ルヲ知リ, 在ルヲ知ルガ如キ, 遡ル性アリ

▼ 因~ (3, 0.2%)

1 という心, と手記, の精神障碍

▼ 因結果~ (3, 0.2%)

2 の理法 1 の発展

▼ 因縁づく~ (3, 0.2%)

1 とでもまあ, と思ひ諦め, の秋子を

▼ 因陀羅~ (3, 0.2%)

1 か梁楷, というよう, の一名

▼ 因~ (3, 0.2%)

1 だつた, なの, な中

▼ 因かと~ (2, 0.2%)

2 思われまする

▼ 因した~ (2, 0.2%)

1 かを推定, ものであろう

▼ 因じゃ~ (2, 0.2%)

1 て, よ

▼ 因~ (2, 0.2%)

1 となす, と為し

▼ 因せずん~ (2, 0.2%)

2 ばあらず

▼ 因つた~ (2, 0.2%)

2 ものである

▼ 因つて以~ (2, 0.2%)

1 て其声, て帝業

▼ 因つて体~ (2, 0.2%)

1 を成し, を成す

▼ 因つて形~ (2, 0.2%)

1 が變, を顯

▼ 因つて能~ (2, 0.2%)

1 く衆苦, く諸

▼ 因ては~ (2, 0.2%)

1 仙人とも, 迂濶冗談

▼ 因であり~ (2, 0.2%)

1 愛や, 欲望の

▼ 因ねん~ (2, 0.2%)

1 でございましょうとも, 事が

▼ 因を以て~ (2, 0.2%)

1 能く, 見れば

▼ 因善果~ (2, 0.2%)

1 の規則, の解決

▼ 因~ (2, 0.2%)

1 の修行, 微逝皮

▼ 因~ (2, 0.2%)

1 の前, の文瀾閣これ

▼ 因州鳥取~ (2, 0.2%)

1 にやすつ, に移され

▼ 因~ (2, 0.2%)

1 で移つて, の知識

▼ 因滅する~ (2, 0.2%)

1 がゆえ, がゆえに

▼ 因~ (2, 0.2%)

1 号茶山, 果自業自得也

▼ 因陀羅網~ (2, 0.2%)

1 に見え, の珠玉

▼1* [230件]

て作意, 因いかにつたなしと, 因いたし候, 因えた不安と, 因えられてその, 因したるものに, 因し無き災いは, 因じゃと申すの, 因するごとし秋の, 因するならん, 因て人知れず, 因せざるか, 因せし者なれ, 因せずとせん, 因せるならん, 因たらざるは, 因たらしめたのであろう, 因たり果たる, 因たろうとし, 因つてここに一言, 因つてこれを施し, 因つて世人は汎, 因つて世人追剥を略し, 因つて之を得ざるなり, 因つて了ふですア, 因つて京都の市中, 因つて人の受, 因つて今朝つくらんと, 因つて仕舞ふの, 因つて代表された軍国主義, 因つて何方にも取れる, 因つて佛法を信じ, 因つて佳なる詩歌, 因つて傳はらむ, 因つて其法を説いた, 因つて其犬の四足, 因つて切株の僧正, 因つて区別するか, 因つて友人に托し, 因つて吾人は如何, 因つて命を失ふ, 因つて地割れを起す, 因つて堀池の僧正, 因つて大成して, 因つて天利といふ, 因つて天和三年三月二十八日に十六歳, 因つて天地を解釈, 因つて左の訓言, 因つて希臘人のスキラツキス, 因つて後家倒しと, 因つて従つて学ぶ, 因つて惑はされた, 因つて意の一大轉回, 因つて愛護されるので, 因つて我知らず弛みきつて, 因つて星占者を召し, 因つて晩に少し, 因つて正誤かたがたこれを載せ併せ, 因つて死或ひ, 因つて毎歳受用する所三十金, 因つて無意味になつ, 因つて独り歌麿のみならず, 因つて生と死, 因つて略ぼ想像, 因つて發信者が發, 因つて相談して, 因つて私が後見助言, 因つて而して, 因つて聖劣を分たん, 因つて自ら容されたん, 因つて自分の此, 因つて茲にこの, 因つて藝術家の擇ん, 因つて處理されて, 因つて裂け目を生じ, 因つて贈答に労倦, 因つて起草したもの, 因つて通過されたと, 因つて造化も亦, 因つて道士は又, 因つて音もなく, 因つて餘り不思議, 因つて首は終に, 因づくもつれなるか, 因てなも其地を, 因であって本人, 因でありますから家族, 因での刄傷じゃ, 因でもなからう, 因とが相合し, 因とに分てば, 因との相交渉, 因とはなり申すまいか, 因なかりしかば海, 因ならざるはあらず, 因ならびにこれによる, 因なること, 因については全く無, 因になつてしまつた, 因にはならぬが, 因により羽翼の, 因によることな, 因ねんと言うかなあ, 因のう勘匹夫の, 因はといえば, 因はれたとある, 因はれ居た罪人の, 因への自分の, 因らしいものを, 因れる浸害物喫食の, 因れる賣買實價の, 因ツテ第二, 因ツテ之ヲ仮, 因ツテ伍相ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, 因ツテ名ヲ得, 因ツテ民屋ハ兵火ニ罹リ, 因ツテ海浪ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, 因テノ故ニ, 因テ日本武尊当郡最高, 因テ紫陽花ヲ以テ, 因ト結果トヲ相結合スル所以ヲ知リ, 因ナル作用ト次ナル結果ナル效驗トヲ相結合スル上ニ, 因ニナッテドンナ大喧嘩ニナルカモ知レナイ, 因ニハ云々ノ結果アリト云フコトニテ, 因ニ從事スレバ未來ニ惡果ヲ招クコト避クベカラザルノ勢ニテ, 因ニ由リ寒キ結果ハ雪, 因ニ由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 因リソノ刑ヲ減, 因リテ之ヲ記ス, 因リ父林吉松本喜一ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 因リ訴追ヲ必要トセザルトキハ公訴, 因不明であって, 因不足の信, 因主人金子君之發意, 因乞一株八月十三日静宜亭宿題, 因也今之因後, 因事泥之, 因自号焉, 因人以求八因代以求といふ, 因人馬車に同車, 因と苟安, 因仔細記之, 因代以求といふ, 因伯昔話に採録, 因の説法, 因の果, 因何処に在り, 因依して教威, 因となつ, 因修是又天下, 因の腰抜け, 因僧都という人, 因冒譴責坐北遷, 因る, 因動機に至り, 因千浪に意地, 因ですね, 因及び結果に, 因善果惡因惡果の如き, 因地以求四因家以求五求之公, 因多くは同, 因果を, 因如是縁と繰返し, 因如是縁今また袈裟念珠, 因如是縁如是因如是縁と繰返し, 因家以求五求之公, 因寄衣而侑以詩曰情同牛女隔天河, 因就学の有様, 因州あたりは旧, 因州その他大義に志, 因州作州播磨四ヵ国にわたる往来, 因州侯の藩中, 因州備前の二侯, 因州勢八百人余は中軍, 因州土州に信州, 因州境の志戸坂, 因州家え台問有, 因州新田の領主, 因州様などになります, 因州薩州の兵三千, 因州藩の御, 因州訛のある, 因州軍でも捨て, 因州鳥取あたりにその, 因州鳥取三十二万五千石の城主, 因州鳥取三十二万石の城主, 因の不徳, 因のめぐる, 因之果也, 因念つきぢやありません, 因念事は一層, 因を主, 因或は古くから, 因戸田氏之恵, 因提婆達多善知識故, 因撰昌平志廿巻献之幕府大有恩賜云, 因數十里の沖合, 因テカ一度, 因業報業感等と申し, 因様々なる中, 因の縁, 因殿は消防隊, 因無からん, 因異なればその, 因瓣免風撩, 因のそれ, 因窃録先生之言行及字学医学, 因窮時の考慮, 因というもの, 因芳野之, 因縁性相體, 因而御答相頼乍然雨天なれば, 因茲也朋友無益討果主君ヘ志, 因藤実に対し偏頗, 因となっ, 因祷祭, 因臺獻上男女生口三十人貢白珠五千孔, 因までを数える, 因賦一絶為贈, 因辺留濃の, 因追究慾が満足, 因能因旧址松林庵, 因達兵主神のある, 因輪下, 因重ねて輪, 因陀羅牧谿などの画品, 因陀羅神が或, 因餽酒遣千手及工藤祐經佐之, 因高大礼乎那利等を遣わし