青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「回~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

器~ 器械~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~
回~
因~ 因果~ ~因縁 因縁~ 団~ 団体~ ~困っ 困っ~ ~困った 困った~

「回~」 6164, 67ppm, 1707位

▼ 回~ (1033, 16.8%)

11 終りに 8 拷問を 5 使用を, 興行は, 興行を 4 公判が, 地震の, 爆発を, 総会は, 訊問を, 訪問は, 誕生日を

3 [11件] ときには, ときは, 割合で, 大地震, 戦争に, 発作, 私の, 総選挙, 訪問を, 誕生日である, 間に

2 [78件] うちに, お集まり, ために, ところに, はじめに, マタドルは, 一節は, 主宰神は, 乗換を, 事件の, 休みを, 会見を, 会議を, 便りも, 入学生として, 入浴を, 公判を, 公演に, 公演を, 公開演奏会が, 割で, 勝負は, 原稿を, 取調べの, 夜行を, 大会の, 失敗を, 展覧会は, 往復振動に, 後に, 悲劇の, 拷問が, 挫折を, 捕物帳を, 掃除と, 探検旅行の, 操作で, 攻撃に, 放火は, 数行を, 文展に, 時でした, 時には, 時の, 時は, 普選に, 書初めに, 正月を, 注射を, 洗礼を, 烈震が, 爆発が, 犯罪を, 瓢耶蘇の, 発作の, 発作は, 発行で, 登山を, 終り, 終りが, 終り頃には, 総攻撃, 興行に, 航海に, 被害が, 覚醒の, 訊問の, 詠なりと, 試みは, 試演を, 試験を, 誕生日, 誕生日が, 遣米使節, 選挙が, 音信も, 食事を, 驟雨が

1 [782件 抜粋] あとは, いっせい射撃, うちで, うち四五回に, うち第, おわり, お休み, が激しい, こころもちが, ことが, この会議, この経験, ご来訪, すゑの, そのバス, その度, とき, ときとは, ときに, ときより, ときよりも, ところで, ところでは, なかでの, ほかには, ような, んだ, アボットは, インフルエンザの, カケ金だけで, キスを, コンサートの, ストライキ以来平穏に, セキストンの, タダメシの, テーマに, トルナドーに, ヒルトン, ファイナルで, メーデーが, メーデーを, モウケを, ラジオ, ラジオ放送と, レコードを, ロケットの, ロンドン大会に, 万国平和会議, 三分の一ぐらいは, 上も, 上京も, 上演だけに, 上演で, 上願書の, 下付金が, 下痢が, 世界大戦すら, 世界悲劇は, 中ごろからは, 中第, 中間報告の, 中音音が, 主宰神なり, 乗換さへ, 乗換で, 乾杯を, 予定であった, 予約配本に, 予防注射は, 事件すなわち, 事件では, 事情聴取を, 五分利国庫, 交替だ, 仏前の, 仕事故, 休息も, 休息を, 休暇を, 会合では, 会合に, 会合を, 会戦をも, 会戦中敗北三回で, 会議で, 会議の, 体操を, 体験で, 余震に, 例会を, 俳句欄の, 値上げで, 催能当流第, 働き振り前代未聞と, 入り七八分, 入学生は, 入浴料最低は, 全員定休日の, 八犬具足で, 公判で, 公判でした, 公判は, 公判廷において, 公判廷には, 公演しかも, 公演として, 公演は, 公証人に, 冒険は, 冒険を, 処で, 凶作が, 凶作に, 出征が, 出戦に, 出来事である, 出演料は, 出現は, 分で, 分に, 割である, 割合いで, 割合にも, 割合を, 加賀様の, 努力が, 効果が, 勝利を, 勝負の, 午前中十名ばかりの, 半ばに, 卒業生, 卒業生を, 卒業論文中の, 博覧会が, 博覧会の, 原稿だけは, 原稿料その, 取り調べの, 受賞者は, 受験は, 吉原遊行を, 名も, 吟味を, 吸引力は, 呼出状が, 呼声にて, 営業報告に, 嘔吐が, 噴出によりて, 噴火を, 嚏は, 回転率に, 国勢調査は, 国名地名は, 地方長官会議の, 地震が, 基金募集の, 報告が, 報道価値を, 場合と, 塾生募集が, 塾生募集を, 塾生活を, 墓参日に, 声は, 変死事件から, 変色は, 夏休みと, 外出も, 多きに, 多数に, 夜間空襲は, 大円を, 大小の, 大敗報, 大楓子注射, 大芝居見物, 大調和展, 天災人害は, 太刀打に, 失った恋, 失踪が, 失踪と, 失踪の, 失踪を, 契約が, 始まりなり, 季節で, 定日を, 定期の, 実例を, 実施の, 実験は, 実験を, 宴会は, 宵を, 實彈が, 対面も, 封切りが, 小見出しである, 小試験, 少雨あり, 屈曲を, 展覧会の, 巡視によって, 巡視も, 帝国議会に, 帰国を, 平均なり, 廻診である, 強震が, 当選十回は, 往復に, 後とうとう, 後岩屋の, 徒渉だ, 徒渉を, 御前会議は, 微震を, 徴収であった, 応募原稿を, 応召の, 応答信号も, 念仏講を, 恒例昇給にも, 患期が, 悲劇以来藤枝は, 慘劇の, 懇親的会合の, 成功を, 成功以来目に, 戦いは, 戦い始まりぬ, 戦争劇を, 手紙を, 手術の, 打撃を, 払暁時の, 担当者ワイマンは, 拷問で, 指揮者ランナウ君の, 挫折は, 挿圖のみを, 挿絵に, 捜査会議が, 排英大会に, 掠奪の, 探検には, 探検による, 探検隊とも, 撮影が, 撮影に, 操作が, 支倉の, 支払に, 支部図書館準備会の, 改竄も, 攻勢が, 攻撃の, 攻撃を, 放火についても, 放談を, 政綱の, 敵前上陸は, 文化擁護の, 文化擁護国際作家大会は, 文展出品当時某々批評家等が, 文通が, 斬髪料上等四円以上なるあり, 新レコード, 新粧を, 方は, 旅行にか, 旅行費だけでも, 日たむろは, 日曜や, 日本一たちは, 日記つまり, 昇給の, 春を, 時が, 時に, 時よりも, 時評が, 晩餐にも, 晩餐会は, 暗黒公使事件に, 暴風に, 書画会を, 最後の, 月番役を, 本白洲, 板坂たづ子さんと, 校正来る, 検査の, 椿事によって, 歸國を, 死に, 殺人を, 殺人事件の, 殺害に, 比律賓攻略, 水泳と, 水浴とを, 氷河期の, 決定は, 決戦が, 注射が, 注射では, 洪水と, 渡米を, 測量地点から, 準備の, 準備会を, 滞在期間約, 演奏会で, 演説は, 演説を, 潮と, 烈震以来その後千数百回の, 爆撃が, 爆発の, 特別附録の, 特集号を, 犯人と, 犯罪は, 犯罪事件に, 犯行に, 珈琲事件の, 現在清盛は, 用命も, 用役を, 病に, 病ひ, 発作に, 発作に関する, 発作を, 発作全般に, 発作参照, 発病からは, 発病が, 発病には, 発病の, 発見は, 登場ぶりが, 登校の, 直通列車が, 相談会が, 真砂にも, 短篇で, 研究会が, 砲撃を, 破産である, 祈祷を, 祈祷料五両それだけ, 禊ぎの, 秋の, 移民船香港丸が, 稽古をも, 空襲を, 窃盗罪を, 立合の, 競馬では, 第一, 筈早目に, 管弦楽試演をも, 米櫃の, 約束が, 細君矯正の, 終り入浴, 終り又, 終りPCL, 終る頃, 組に, 結果に, 給与であった, 網に, 総会が, 総合研究会を, 總會を, 繰り返しを, 美術学校卒業生は, 習慣という, 聖徳太子奉賛会の, 聴取を, 能を, 脅迫状を, 腕試しよ, 興行あわせ, 興行である, 興行ともに, 舞台で, 舞台出演料が, 航空写真測量が, 船長捜索から, 芝居が, 花盛り, 芸術労働者大会が, 苦行が, 茶山の, 茶話会に, 葉子の, 藤さんと, 術を, 表口の, 裁判には, 見事な, 見参という, 見返しの, 覚醒なる, 観劇会が, 観劇会と, 観測と, 角力を, 解囲と, 訊問に, 訊問は, 記念日に, 記念日を, 記録を, 訟廷は, 訪問の, 証人喚問を, 試みか, 試作品である, 試合は, 試演に, 試演の, 試運転を, 誕生日だ, 誕生日で, 誕生日なら, 誕生日自, 誕生祝賀の, 誕辰を, 説諭を, 調査にも, 調査を, 諫使も, 謂に, 講演を, 講演会が, 講義について, 講義の, 讃美を, 質問を, 赤十字慈善興行なんかに, 起点へ, 超可聴周波, 踊りに, 踊りによ, 転居である, 輸入が, 退学だった, 通信を, 通告に, 連絡さえ, 連絡を, 連鎖劇が, 運動が, 運動時間を, 選挙で, 選挙に, 選挙には, 部分に, 郵便配達が, 郵便配達で, 都落ちを, 配達の, 野球試合の, 釣遊に, 鍬入れが, 閉塞の, 開場である, 開塾式の, 開業式に, 閲読にも, 降雪の, 降雪を, 陳列替, 集りに, 離陸が, 雨天と, 雪下ろしの, 電車の, 震動が, 震災の, 霊祭の, 面会は, 面接と, 面識者を, 頬は, 飛行を, 食事の, 食事以後現在では, 飲料である, 馬市に, 魚雷発射に, 鼓拍を

▼ 回~ (428, 6.9%)

8 何回も 6 繰り返して 3 それを, ないの, 往復する, 私の, 自分に, 足を, 重ねて

2 [26件] あった, あったこと, あること, くりかえして, くり返して, ぐるぐると, つづいた, なかった, やったこと, やれば, 三回も, 五回も, 便所に, 幾回も, 康子が, 廻って, 徒渉し, 書き出したの, 無かった, 空襲警報が, 繰返して, 續い, 行って, 行幸に, 訪問する, 通って

1 [341件] あったの, あったソレ, あって, あつた, あらうとは, ありません, ありゃせん, あるの, ある又, あれば, いくよう, いったんだ, いねむりをしたんだ, いらっしゃるでしょうかね, うがい, うたいました, うたいましたが, うたたね, うたって, おなじ失敗, お坊さん, お泊り, お目, お目出度, お礼を, お見え, お訪ね下され, お預けを, かかるの, かけ足, くぐったこと, くりかえされたので, くりかえす移植, くる, このお, この伊勢守, この娑婆, この揚州, この村, この自信, これを, ころんだ, こんなくだらない, させられるの, した最後, しましたが, すぱすぱやり, そういった, そうした経験, そのため, その危険, その翌日, その花, それが, それツばつかり, つづく場合, つづけた後, つづけて, でくわしたもの, でる, でるという, ない, ない様子, のむよう, はげしい発作, ふるえた溜め息, またしばらく, まわったり, やった, やったし, やったもの, やった使者, やって, やってくる支店長代理, やつてる, やめず曳, やらないのに, やられるん, やり直したが, よこした, よみ暗記, クロに, グルグル巻い, ダンスを, バスの, プラス無し三万符近く負け込ん, ペンを, ボートに, リヨン市の, 一日に, 上がったり下りたり, 下るの, 下読, 乗り飽いてる, 乗降し, 二回も, 二百回も, 云って, 五十回も, 京吉が, 人中で, 他へ, 伊吹山方面へ, 休止する, 会つた, 会議が, 例の, 便所へ, 信仰が, 俺に, 停車せず, 入った, 入る, 八千代サンを, 八回も, 公使館の, 六回も, 其の余, 内乱が, 写し直したり, 出かけて, 出て, 出られると, 出ると, 出席する, 切りかえられた, 刑務所へ, 勅使を, 勅修が, 動かした, 勝利を, 十回も, 印刷した, 受けたのよ, 受験に, 叩かなければ, 吉田へ, 同じ事, 同じ意味, 同一の, 吐いた, 唱えられたに, 唾を, 噴火した, 四回も, 国立劇場を, 地上近い, 地球へ, 地震の, 堤が, 壮途らしい, 変ったが, 外へ, 多く花見, 委員会に, 客が, 宴席を, 寇家へ, 対したという, 小群に, 小野川に, 屈折し, 屋根から, 川を, 左側湿性肋膜炎を, 幾回もつ, 座敷を, 座談会に, 延期, 廻ったが, 廻る, 廻るやう, 弁護士試験を, 強いた, 当然なぐられ, 彼に, 彼女は, 往き来し, 往くので, 往復し, 怪飛行機の, 慎重に, 我々の, 戸を, 手を, 打ちつづけられると, 打ちは, 打ったこと, 打つよう, 招かれて, 振動し, 採れるかね, 掻き廻されて, 搾り上げられて, 攀じ登って, 放火を, 数字を, 敵の, 斬られずとも, 断られたり, 断続する, 旋回し, 昼間では, 時間を, 書いたこと, 書き改められて, 朝迄に, 木彫りの, 本部に, 村へ, 来て, 来ました, 欠席する, 欺してやる, 歩いて, 歩きまわらないうち, 歩き慣れた道, 殺人の, 求めて, 泣た, 泣ぬ, 演じて, 演ぜられるやう, 潜入を, 火事に, 火箸で, 烏が, 無い, 煙を, 熔岩が, 牢屋に, 犯行を, 独艇の, 発着する, 登山した, 登美子へ, 百五十回も, 監獄に, 盲目的恋愛に, 着いた, 祖母の, 神田邸へ, 福州に, 私が, 私達全校の, 突きつけられた人, 立続け, 筆写し, 糸を, 経験せざる, 給仕の, 続いたの, 続くの, 続けて, 続けまた, 続け様に, 縄暖簾を, 繰りかえして, 繰り返されたでしょう, 繰り返されて, 繰り返されること, 繰り返されるわけ, 繰り返されるモティイフ, 繰り返したが, 繰り返すの, 繰返え, 繰返されるほどの, 繰返したの, 續いた, 罪名論行つまらざる, 翻刻された, 聞いたこと, 聞かざりしは, 聴きたい, 背後を, 腸出血が, 苦しむという, 英国を, 虐待され, 螫された, 行った, 行ったの, 行われて, 裁判所の, 見たこと, 見た覚え, 見なかつた私, 親子喧嘩らしい, 解放治療場に, 記録する, 註文を, 試みたが, 試吟せし, 話して, 話しを, 話を, 読みこなして, 読んだり, 誰何を, 調べ医者, 講義を, 負けこんど, 負けつづけひと頃, 走らせられるん, 走らせれば, 起らず米軍側, 起らなかった事, 起りました, 跡を, 踝の, 蹴りつけて, 載らないうち, 載れば, 通いなれた路, 通りながら, 逢って, 連絡を, 道夫について, 重病を, 野宿しなかつた, 金沢表へ, 鍬を, 開かれて, 開館する, 關西方面に, 集会が, 雑録随想で, 雪下ろしを, 雪中を, 電話の, 霧の, 非常警報の, 面会に, 面識を, 音信が, 頼みました, 颱風が, 高座へ, 髪を, 魚類や, 鳴らすので

▼ 回~ (427, 6.9%)

87 の誕生日 5 の事件, の時 4 だ, である, の手紙, の日記, をやる 3 の冒険, の大, の探偵小説, の訊問

2 [28件] かの上演, だが, だった, ですが, になる, には自分, に登った, のもの, の元日, の公演, の分, の召喚, の審問, の怪放送, の患者收容, の戦, の春, の演奏会, の白洲, の矢文, の知らせ, の砲撃, の終り, の訪問, の証言, の誕生, の金策訪問, の飛沫

1 [314件] か, かしら同じ, かで彼, かで書く, かに今, かに通り, かの, かのキック, かのジャム, かの上映, かの作業, かの十年計画, かの対決中, かの彼, かの汗疣, かの発芽, かの相, かの短歌, かの見学, かの訪問の, かの食事, かは知らない, からうごめく, からし, からは, からはもう, からは中之島, からは二千人, からは夫, からは染吉, からは案内, からは道頓堀, から中, から平気, から満員, から登場, がすむ, が二回目, が五時, が始まる, が掲載, が最上, が神経, が終つて, が終る, ぐらいから新しい, ぐらいです, ぐらいのとき, ぐらいの唱歌, じゃけ民政党, じゃない, すみ, だからな, だけよく, だぜ, だったかの, だったかも, だよ, だ海, であった, であったから, であったこと, であって, であります, であれば, です, ですよ, でその, で一, で一つ, で一番目, で丁度, で作者自身, で土用, で木村, で話し, とかになる, とかまたは, としてそれ, とてもよく入ってる, となった, となる, と出向く, なの, なり, なん, なんとかなんとか, にすらすら, にその, になっ, になりました, になります, になるでしょう, にはいった, にはすでに, にはもう, にはやりとげる, には僕, には彼, には村民, には母艇ギンネコ号, には穴, には第, には義雄, には考え直し, には鈴本, にみた, にアトリエ社, にホテル, に中学校, に五百メートル, に会った, に例, に先生, に十一月三日, に十六か村, に参ります, に受ける, に叩いた, に当った, に恵端, に描いた, に敵, に日向, に日本, に時計, に発掘, に矢, に落ちない, に見た, に見る, のお, のこと, のたしか, のとき往, のカード, のクール, のサノサ節, のトラック, のニース, のフィナーレ, のフレッシュ, のホテル, のポツダム宣言受諾, のマントー反応, のメーデー, のラウンド, の一, の一度, の三・四, の三人会見, の上京, の上使, の上演, の中途半端, の乗組, の予告, の予言, の享保十一年, の人形, の人民, の仮定, の元服, の入院, の公判, の公開状, の冒頭, の冗弁, の出陣, の劇, の助, の勝負, の十月三十日, の午後三時すぎ, の半ば, の原稿, の厠, の反, の命日, の品物, の問題, の嘆願書, の国書, の地球脱出ロケット隊, の場合, の塾生活, の変, の変色, の多門, の奇談クラブ, の妻, の宝探し, の実演, の実行, の密書, の封筒, の岐, の峻厳, の巡拝, の巴里祭, の帰朝, の廻集, の心霊実験会, の恋, の惨劇, の戦争, の打方, の採, の数人, の文藝講演會, の新年, の方, の普通, の暗殺, の暗殺団, の書き出し, の最初一度, の朝, の本日門, の欧洲戦乱, の歌, の殺人, の水, の氷責, の注射, の浦上崩れ, の渡航, の測量, の演説, の演説会, の爆発, の犯人, の犯行, の狂乱的, の狙, の王仁殺し, の生活, の発作, の登場, の空腹, の終り客席, の終る, の結婚式, の総監, の練魚, の繰り返し, の脳溢血, の興行中, の航海, の荒れ, の襲撃, の計画, の誕生日以来, の警告, の辻, の返った, の金, の金策, の長考, の開塾, の開塾以来, の開塾式, の雪下ろし, の音, はあなた, はこれ, はどう, はどれ, はみんな, はオグ王, はギッシリ大入り, はダメ, はモーゼ, は三日後, は二日後, は例, は前述, は大入, は完全, は客稍, は少々, は序カット, は昨年, は玄関, は肋膜, は超, は鎌倉, は関節炎, も, もまた, も六回目, も同じ, も四回目, も札止め, やっぱり客, よりは三回目, よりは二回目, をやっ, をオトコビル, を付けた, を書きあげた, を終えた, を終える, を試みよう, を開場, を防ぐ, デアルト云ウガ, ノ時ハ丹那トンネルヲ通リ抜ケテモマダ用ガ済マナイ, 大満員, 恥ずかしいこと, 故ダレ, 来らず昨日通り, 終ったの, 終る頃

▼ 回~ (256, 4.2%)

12 して 10 及んだ 6 分けて, 及ぶ, 及んで 5 亙って 4 及べり 3 なった, わけて, 及んだが, 品物を

2 [12件] くらべると, すぎなかった, なる, 上って, 亘って, 亙つて, 恐れて, 於て, 此の, 渡って, 牽くと, 至る毎回

1 [171件] あまり熱心, いって, いでし, いる, いわれて, およびました, およぶ激戦, およんだとき, きかなかったわよ, くわしく, こういう一節, されて, した, すぎぬ, するの, せよ二単位, たった一度, ちかい引越し, なったと, なった時小男, なり, なりさらに, なりやがて一度, なりフヌケみたい, なるか, のぼって, のぼり社, ひくこと, ひろがったら大した, まず撃攘, わけても, わけどう, わたったと, わたるべき私, わたれば, チョイト噂を, 一ぺんだ, 一回くらいは, 一回は, 一度くらい, 一度くらいは, 一度位は, 一時間ずつ, 一本より, 三十人だけ, 三条入れなけれ, 三百円借り, 与えられた亜砒酸, 事よせ, 二ツの, 二卵を, 二百七十円の, 互角の, 五十人や, 亘つて攻撃した, 亘つて薬液体の, 亘りて, 亘りもっともっと, 亘り例, 亘り戸坂, 亘る呼び声, 亘る放火, 亘る科学者虐殺事件, 亘る記事, 亙り帝国, 亙る電気殺人, 仕入れた荷, 伐りますかな, 何人か, 余る下痢, 入った時, 入営させ, 六匹の, 凡そどの, 出た千曲川, 出て, 出られた時, 分けたレース, 分け一度分金十七両, 分ち, 分れて, 分乗する, 切って, 別れて, 制限した, 勝てる自信, 区切って, 十五日も, 十本の, 千五百円ぐらいずつ, 半ギニー, 印です, 又恋人同士, 及びそれ, 及びたり, 及びたれば, 及びぬ, 及びました, 及び新聞その他, 及び欧羅巴, 及ぶと, 及ぶとき, 及ぶも, 及べば, 及んだお方, 受取ったと, 同君の, 呑んで, 嚔を, 四合瓶一本づつ, 増して, 多いとき, 天子様が, 寿永三年の, 射精する, 幼弱の, 延して, 必ず物品, 戻して, 払ったの, 探査し, 搭載し得た, 於いて, 書いた, 書かれて, 梅若丸然, 止まらず, 歴遊せし, 比して, 決して二つ, 注射する, 渉って, 渉り, 渉る, 減じた, 減らされ棄て鐘, 渡つてぐる, 渡る交渉, 渡る政府, 用いたの, 留まらない, 直方で, 精霊が, 約二十万円, 紹介した, 終らず数回, 結びつけずに, 続き私, 纒め上げる, 至って, 至ってから, 至ってこの, 至っては, 致死量を, 行った時, 行はれた, 行われるの, 衝突した, 語られて, 語るの, 近い, 通計十ヵ月ちかい, 進む, 過ぎず, 過ぎないこと, 過ぎないと, 過ぎなかったと, 過ぎませんので, 限られた僅か, 限られて, 限る

▼ 回~ (252, 4.1%)

5 なくその 4 なく繰り返し 3 なくそれ, なく繰り返され, なく繰り返した

2 [17件] す, なく, なくくり, なくくりかえし, なくこの, なくやった, なくやつ, なく往復, なく往返, なく機会, なく気, なく繰り返す, なく繰返される, なく頼ん, 子路との, 第二回, 辛抱し

1 [200件] いいため, いうを, いえども, いえば, いふから, きまってるん, ぐるぐる廻っ, しこの, したこと, したので, しなければ, たびかさなるにつれて, つづけた検査, ない微弱, なくあきず, なくある, なくうたった, なくお開き, なくきめつける, なくくりかえした, なくくり返し, なくたたきつけられた, なくひ, なくゲリゾン注射, なくヒラリヒラリ, なくファラデー, なく上京, なく丘田医師, なく並山, なく二ツ, なく交代, なく人人, なく企てられました, なく伝わった, なく再生, なく写真, なく出現, なく初志, なく剣, なく勅使, なく危機, なく原稿, なく双方, なく各所, なく同じ, なく呼んだ, なく困難, なく土匪, なく地震, なく執拗, なく変相, なく外務省, なく大小, なく奔走, なく始めて, なく孟母三遷, なく実験, なく宮城, なく屋根裏, なく山麓, なく嵐, なく干潟, なく廻し, なく引き越し, なく引っ張り, なく形, なく彼方, なく往きつ戻りつし, なく往き来, なく徒渉, なく思, なく息, なく手がけた, なく打たなけれ, なく接し, なく描き尽され, なく提出, なく料理店, なく時計, なく暴力革命云々, なく杓子, なく歩いた, なく死に損ねた, なく水風呂, なく求むる, なく汽車, なく海浜, なく演じ, なく無数, なく物語られ, なく生々滅, なく発せられ, なく発作, なく皇帝, なく目, なく私, なく空想, なく線路工夫, なく縁側, なく繰り返された, なく繰り返される, なく繰返さなけれ, なく聞かされ, なく聞こえ, なく脱落, なく腕, なく自動車, なく落涙, なく蜀兵, なく血, なく行き来, なく見た, なく見世物, なく親爺, なく言っ, なく証人, なく読みかえした, なく負けた負けた, なく貨車, なく起伏, なく近よって, なく長, なく闘わせた, なく隠れこん, なく隧道, なく集まっ, なく集会, なく霊達, なく静, なく頭, なく顔, なく馬籠, なく馬鹿, なった, なったのに, なっても, なり三回, なり顕治, なるか, なるわけ, なる勘定, なれば, ゆっくり散歩, オルガスムに, オルゴールは, コオスを, 一本か, 三まで, 二で, 二回とは, 云ふ, 云へば, 似たり, 似合わない問題, 催すもの, 全く同じ, 六回は, 十二回で, 午後に, 同一人, 四回とに, 四回は, 大会を, 孰れ, 定めて, 対面した, 少し, 当り興行を, 書かして, 書き続けた, 最後の, 来ました, 殆ど同じ, 漸次に, 版木に, 用いること, 目標を, 眼に, 私が, 第三回, 終日話し, 続いて, 続くうち, 続けたのに, 繰り返して, 繰返し其日夕刻, 美人画が, 船に, 見るたび, 見事に, 言って, 言ってるが, 試みて, 負けた相手, 蹴合いは, 送って, 重なるに, 重ぬる, 重ねて, 限られたる此貴重

▼ 回~ (224, 3.6%)

3 一回より, 小ベルモンテ, 必ずやって来る 2 一を, 単なるマラリア, 繰り返して, 臣が

1 [207件] あちらこちらと, あった, あります, ある, あるさ, あんな風, いないかの, いやでも, おちついて, おっしゃって, かかさずに, かかろうかと, かならずやってくる, かならず開く, きっと十数メートル, きっと見えます, きまって午後外出, きまって彼女, くるでしょう, この十一月三十日, ございますが, したが, すぐ孔子, そこでした, その中, その午後, その序幕, その点, その発端, たいてい逢ってる, ちょうどそれ, ちょっとした饗応, どうなった, どうにかこうにか, にやけた風, はずかしがっ, ふきあげる, もうだいぶ紙数, もっと多く, よかった, オルテガ, キューバ昨年の, ステツプを, ノア, ビュルゲルの, ヴァン・ダインの, 一ノ谷合戦から, 一回ごとに, 一回よりも, 一日話し, 一瓢の, 三児を, 三十六年の, 三時前後二度目は, 三月三十一日に, 上京後も, 上野の, 九月十六日で, 二十八年二月はじめの, 五月二十七日に, 京都の, 人が, 今年の, 今撮影中, 以前から, 余の, 優勢の, 先生に, 光太郎氏宅他は, 八月の, 六月の, 共に四月上旬, 其の楽しみ, 出来るの, 勝ち易い, 勝ち角力である, 勝利を, 十一月二十一日から, 十月二十一日で, 十月十六日に, 午後十二時から, 午後十時三十分から, 去年の, 双児を, 合奏し, 吉田口から, 同年, 同月十九日で, 和蘭第, 喀血を, 回転しない, 城内に, 大原満の, 大宮口から, 大正三年十二月十一日より, 失敗に, 好かれ三回, 孔子が, 実に難事, 家政婦を, 家族と, 實に, 少し勝手, 山崎岡林氏の, 巧く, 引揚げる, 得を, 徹夜し, 必ずこれ, 必ずさ, 必ずしも悪い, 必ず出かけ, 必ず切り取らなけれ, 必ず国内, 必ず御, 必ず田原さん, 必ず甲板, 必ず町, 必ず見, 必らず, 慎重に, 成功し, 成功する, 手違ひ, 持って, 掬ぶ, 日本棋院や, 日本橋の, 明治三十五年十一月より, 明治二十一年に, 明治二十一年六月より, 明治四十四年四月より, 昼八時から, 智利第, 更に邇, 朝から, 朝両親と, 朝食と, 本人の, 村の, 栃木県の, 案外の, 欠かさない常, 歌舞伎座で, 死んだ, 母からの, 池の, 浅草程, 浦粕座で, 清の, 清盛の, 渡った, 父が, 特別休暇が, 玄人は, 現に彼, 瑞西と, 病気で, 白木の, 白耳義第, 白面で, 相当面白く, 眺めたこと, 矢張板挟みの, 確か明治三十五六年の, 秀吉方として, 私も, 窓から, 立ったまま, 第二回, 続いたらうと, 美事に, 美妙の, 習慣たる, 聞くこと, 聞取書, 聴講したらしい, 腰を, 自分が, 自分の, 著しい優勢, 行われる, 被害者の, 裏木戸から, 襲来する, 規則に従って, 読み直させられて, 読み返したはず, 読者と共に, 誰でも, 貧に, 買いかぶり過ぎたん, 辛い, 逢ったけれど, 郷土史家三原良吉君天江富彌, 酒井や, 酔っ払って, 鈎先から, 鋏で, 閣令休暇が, 降るよう, 青木酔っ, 頼三樹三郎橋本左内飯泉喜内の, 風邪を, 首尾よく, 馬鹿に, 麹町の

▼ 回~ (102, 1.7%)

2 三四回しか, 四回の, 眺めて

1 [96件] あった, あったやう, あった位, あの若月, ある, ある亥, いいました, うちおろし, おきみ, くるくるひっくりかえっ, こういう危機, ここに, これに, されるよう, そちらを, それを, そんなこと, つい友達, めぐりては, わからない, ゲームを, ドライブし, 丁度衛生, 七回くらいも, 三四回の, 三回僕は, 三回別荘へ, 三回実に, 不思議に, 二回か, 二回かの, 二回くらゐ, 二回だった, 二回だって, 二回で, 二回の, 二回はね, 二回夜にな, 二回折った, 二回行く, 互の, 五回かは, 五回それらの, 人力車が, 代金を, 何万回か, 何百回か, 作品を, 使って, 六回か, 六回の, 十二回振動すれ, 半年に, 博士の, 右に, 四五回の, 四回で, 四回は, 回したこと, 土蔵から, 学校に, 宙に, 往復する, 後ろを, 必ず盆, 意識が, 曲折を, 書き足して, 東京で, 東京朝日新聞に, 業を, 浅い徒渉, 渡欧した, 病床に, 発せられし, 発表した, 知れないほど, 神経質そうな, 私との, 私の, 繰り返す, 繰り返すといふ, 繰返すと, 背後を, 行った, 行って, 行なって, 見物し, 言われて, 話を, 走水の, 踊つた, 転換し, 連絡の, 運ばれた熱い, 鑑別されつづけ

▼ 回~ (96, 1.6%)

3 まとめると 2 うち切っ, おしまいに, はなく

1 [87件] あついところ, あつて, い, いい月賦, いつか満, うち切ります, かけたが, こと足りたという, しかも大, すぐ役に立つ, その二回, その内, それも, たくさんだ, どうなり浮く, はきかなく, はたと絶えた, はない, はなかっ, は踝, まとまる由, やっと一時間, やっと二時間, やっと終わった, やはり笞打, やめた, よす積もりであったが, 一点ずつ, 七十五万法, 三万五千名の, 三万五千法か, 三万六千円だ, 三冊目は, 三十分おくれ, 三十銭外に, 三百五十万法, 二万六千円に, 五月と, 五銭, 会期は, 其の余, 冬場所は, 十三年十六年と, 十八九と, 十円くれる, 十回の, 半ギニー, 古い方, 四冊目は, 四十五円かかる, 四百円, 大して珍, 大団円と, 大阪中を, 完了した, 完了する, 完成の, 屋島が, 帰れるので, 年に, 広島県の, 弾条の, 成功しよう, 掲載満, 支へて, 日中は, 明治十七年の, 春は, 最後まで, 東宝大, 楽に, 止みまして, 毎月欠かさず, 満会に, 焼き捨てるべきだとさえ, 特選と, 穴に, 筆を, 終りますそしたら, 終る, 終る一念, 結末に, 結末を, 羞恥という, 読者と, 述べたよう, 運んで

▼ 回~ (86, 1.4%)

9 重ねて 2 重ねるに, 重ねるに従って

1 [73件] いまは, かいて, かさねること, かぞえること, かなりよくやっ, かねて, こえた, この春友部, すませ文芸ビル, つとめ終ったところ, はじめ子路閔子騫冉伯牛といった, もらうこと, やり, やる, 休演川口, 催した, 割いて, 受持ったアダムス, 小説定休日と, 帝劇で, 平気で, 序曲として, 愛するに, 掲載した, 改めたが, 改めて伺いましょう, 書いた時, 書いて, 書かせて, 書くば, 望まん回, 決行し得た, 演じ候, 犯人の, 筆間茶話と, 築地の, 累ね, 終つた, 終りました, 終るまでは, 草し, 見て, 見物に, 試みて, 試みること, 讃められる, 貴老, 費やした源平, 趁って, 載せ始めたおととし, 近似的に, 返した, 追うごと, 追って, 追って筋, 追ふ, 通じて, 過ぎてからは, 重ぬる, 重ねたとき, 重ねた後, 重ねた揚句, 重ねること, 重ねることここ, 重ねるごと, 重ねるにつれて, 重ねるに従い, 開いたが, 開いたり, 開き殆毎日, 開くこと, 開演する, 除けば

▼ 回教徒~ (54, 0.9%)

2 のアラビア人

1 [52件] がもっとも, がラマダン, が三十日もの間毎日十二時間, が何, が入込ん, が夕日, が聖地, が聞き誤った, だから, であるが, です, ではない, でもない, で鉄砲製造, としてメッカ, とちがった, との接触, とバラモン教徒, と警官, についての部分, にならっ, になりかねない, になる, に依っ, に輪廻, に連絡, のため, のサイド, のサルタン, のモスク, の信ずる, の兵, の円座, の厳峻, の志望者, の怒号, の意, の文明, の新婚紀事, の激しい, の王マハーラージヤ, の礼拝, の祈祷, の習慣, の聖地巡礼, の解放独立, の騒乱, はキリスト教徒, は皆毛, もキリスト教徒, も是, 伝うらく回祖天

▼ 回大会~ (47, 0.8%)

3 がもたれた, はこの 2 の決議

1 [39件] が解散, で, では再, では日本, でドイツ, でプレハーノフ, で作家同盟, で内容的, で報告提案, で決定, で理論部, で行われた, で運動, においてはオランダ代表, にも云われた, に向っ, に当っ, に文学サークル協議会, に有島生馬氏, に際して秩父宮殿下, のとき七十余ヵ国, の会場, の写真, の小説部会, の年, の時, の眼目, はその, はもり, は民主的作品, は自身独特, へのメッセージ, へは選挙, へ島崎藤村氏, をバルセロナ, をパリ, をブェノスアイレス, を開い, を開く

▼ 回~ (46, 0.7%)

2 出て, 四回とも, 重なるに

1 [40件] あった, すむと, のって, ほんの五分, 三回とも, 三回右門と, 二三回に, 二日も, 今月の, 八十マイルの, 出来たの, 四時に, 夭くして, 慣例である, 掲載された, 救い納めです, 普通であろう, 最も苦痛, 浮んで, 済んだの, 生きて, 生活を, 発表されはじめた, 終った, 終って, 終りかけたところ, 終ると, 終わって, 自分としては, 行き止りである, 載った五年前, 進んだ一対一, 重複し, 金星の, 開かれた, 開かれた時, 開かれるまでの, 開かれ一九三六年六月, 関の山さ, 関の山で

▼ 回ずつ~ (45, 0.7%)

1 [45件] あの人, くり返されました, ここへ, ひとところ, ギリギリに, コンポ河へ, 一時間や, 三日か, 上から, 二十町, 午前中に, 参詣あり, 向島から, 呶鳴り散らし, 噴出し, 執筆しかけた, 執筆した, 変って, 大きくなっ, 平和な, 教えに, 書いた訣, 書いて, 書く, 来て, 東京へ, 流れ走って, 漢詩の, 特別な, 発熱衰弱三人中の, 発行の, 相会した, 破産し, 繰り返せよと, 行われる幕府, 見世物に, 載る童話, 遭遇する, 釣通信を, 開廷され, 隆吉の, 集ること, 風呂に, 飲ましたが, 髭を

▼ 回つて~ (45, 0.7%)

6 ゐた 3 来ると 2 ゐたの, 来た

1 [32件] お米, それから揚場, どうにか欺, ばたり, もまだ, も一向, も山, も温み, やがて目, ゐず戸障子, ゐたもの, ゐると, ゐるので, ゐるらしく急, ゐるんぢ, ゐるカロル, ゐる光景, ゐる弟, ゐる方, ゐる水車, ゐる水車場, をる, 呉れ, 思へ, 恰も体格検査, 来た彼, 来て, 来る時分, 歩いて, 歩く女小間物屋, 直ぐに, 考へた

▼ 回だけ~ (44, 0.7%)

3 です 2 であった, 書かなければ

1 [37件] いいます, お辞儀を, この匿名, ごらんに, だった, だったの, であったと, であったならば, であったよう, である, であるが, であるの, でした, でない, やったもの, やって, トロットを, 使えば, 午前中と, 同衾が, 大会戦, 奥へ, 時を, 書いたら行こうと, 来て, 石膏を, 私が, 箱の, 致しました, 艇は, 苦しませしかるのち致死量, 藤井博士から, 辛抱を, 送る, 重々しい祭, 重ねないで, 順次に

▼ 回以上~ (39, 0.6%)

2 の烈震, 役立つすべて, 鳴るところ

1 [33件] がダイダイ色, が薄ミドリ, が黄色, したもの, そのつぎ, になる, にも及ん, に上っ, に喋った, の公演, の割, の観劇, の訂正, の鯨飲馬食, は全く, は堪えられない, は自然, もまあ, もサンプリス修道女, も積重ねられ, も繰りかえし, も職, も行っ, も見物, やったが, 同じもの, 多いの, 廻れる自信, 役立つ物, 書かせたの, 用いられるか, 繰り返して, 読んだこと

▼ 回しか~ (37, 0.6%)

3 なかった 2 ないという, ないの, 開場しない

1 [28件] その便, 上演されない, 使は, 使用せられない, 催されない云, 出て, 出會, 取らないに, 同行出来なかつた, 役立たないから, 役立たないすべて, 役立たない物, 役立たない財, 機会が, 用いられないか, 繰り返さない歴史的事実, 肉類の, 見られない大きな, 言わなかった, 訪れたこと, 話を, 読まなかつた, 講義を, 起らない時間, 通らないバス, 逢ったこと, 運転し, 配達は

▼ 回でも~ (37, 0.6%)

2 聾と

1 [35件] あつた, くり返す傾向, この順序, そんなこと, はね返すこと, ものを, 万回でも, 五回でも, 人びとに, 休むと, 僕を, 出て, 十を, 反覆し, 取った配当, 取つた配當, 召喚し, 四回でも, 多く新聞, 審問を, 投げこんで, 拝みに, 拷問を, 来るつもり, 柔らかくし, 猫の, 繰り返す, 繰り返すこと, 繰返し繰返し使用, 繰返すの, 襲撃を, 言って, 返事を, 送りつけるん, 黙想せよ

▼ 回ほど~ (37, 0.6%)

1 [37件] あったろう, ある課業, かきます, それを, はげしく搏動, まわったかという, まわって, まわると, めぐった時, わしが, バスが, ブダペストへ, 信長は, 徹底的に, 戦争を, 春を, 書面これあり, 木の実を, 注射し, 清書し直し, 甲斐守自身が, 空を, 縁談が, 繰返されたが, 行き逢って, 行われて, 見たこと, 見て, 講演を, 警笛を, 釜の, 門の, 阪井の, 雛を, 面会に, 食堂へ, 食道鏡を

▼ 回終っ~ (37, 0.6%)

5 てすぐ 3 て次 2 て入浴, て表

1 [25件] てから食物, てみやこ, てアラスカ, てエンボツ, てプランタン, てレインボー, てワンタンめん, て七時半, て上海亭, て中西, て事務所, て先づビックリ, て卵, て又, て外, て大辻, て工業倶楽部, て新, て来, て東, て涼し, て社長, て菊田, て配役, て食事

▼ 回には~ (33, 0.5%)

1 [33件] それが, ちと無理, はじめから, やはり玉琴, プロシァ国王室の, 三角点測量標を, 上院の, 下院の, 参加しない, 参議院の, 及ばない, 国王と, 地方の, 大臣の, 大臣責任の, 弟の, 憲法の, 憲法を, 推薦, 政党の, 日本の, 明治十八九年頃の, 木下杢太郎氏の, 海浜の, 相当の, 県制の, 知名の, 素裸の, 船中徒然を, 行政権の, 説明が, 選挙法の, 顔を

▼ 回とも~ (31, 0.5%)

1 [31件] ここからは, そのなす, とれる, とれるし, なく眺めた, にポリッジ, に大当り, に打ち負かされた, に景気, はたして同じ, ギッシリ, ブレシントンが, ペチャンコな, マラリアが, 乗った値段, 云ふべき, 五月中旬に, 亜砒酸中毒だ, 人が, 僕が, 全く違った, 全く違つた手, 地鶏の, 大体五月中旬という, 急所を, 毎日二つ描い, 毘盧遮那佛の, 的を, 節穴から, 負けるとは, 霧の

▼ 回にわたって~ (28, 0.5%)

1 [28件] うちあげられ附近, この辺一帯, セントラル, 中村屋の, 僭越とは, 十二坪から, 十二坪半から, 徐々に彼女, 挙げられた, 昭和十七年公一父子殺害の, 書いて, 書きすすめながらも, 木曾義仲の, 私の, 繰り返されこの, 繰り返したから, 船外に, 茶碗に, 行なわれ第, 襲撃を, 見て, 試みましたが, 謀議が, 載って, 連載された, 連載した, 鈴木特別弁護人の, 雑誌

▼ 回~ (28, 0.5%)

2 ひの, 怖

1 [24件] あったの, ある, しか聞えない, しか通わない, ずつ, ずつ定時, で施肥, で終るべき, なので, のもの, の月評, の発行, は上京, は内地, は欠かさず, は舞台, は行く, は隆吉, やったけれど, ゐは, ゐ手紙, 廻って, 採れるん, 申しましたらうね

▼ 回という~ (27, 0.4%)

3 風に 2 者ありき

1 [22件] ことである, ことに, ことを, のが, のは, ような, ように, わけで, 人物が, 人間は, 僅な, 古来の, 同志だった, 火災数の, 状態であった, 経験が, 者あり, 若者を, 記録を, 設計変更を, 輝かしい記録, 青年が

▼ 回公演~ (26, 0.4%)

2 の久保田万太郎氏, を最後

1 [22件] では, で六代目, として, としては出し物, には坪内逍遙先生, に先だつ, に選ばれた, の, のしかも, のモルナアル, のルナアル, の内村直也氏, の批評, の私, はどう, はロマンティック運動, は森鴎外, をたしかに, を歌舞伎座, を行, を見る, を観

▼ 回終る~ (24, 0.4%)

2 と山水楼

1 [22件] とぐったり, とすぐ, とアラスカ, とデリケッセン, とニューグランド, とビクター, と二科, と五月, と何, と入浴, と公会堂, と又, と吸入, と明治製菓, と柳, と菊田, と藤山一郎, と銀座, 何とも元気, 何とも憂鬱, 雨ひどく, 頃森岩雄氏来り

▼ 回ばかり~ (23, 0.4%)

1 [23件] つづいて, で労, で声, ひろばを, やって, コツンコツンやった, トロットを, 休みなし, 例の, 全く無, 出席した, 出来て, 吉村氏を, 同じこと, 富岡の, 新聞に, 測って, 焼いて, 物を, 瞬いて, 空転の, 続けざまに, 足を

▼ 回~ (22, 0.4%)

3 の発病 2 に毒

1 [17件] かの, かの沈下, が亜砒酸中毒, すなわち七月二十七日, だね, にはとうとう, に亜砒酸, に亜砒酸中毒, に實, に心臓, のとき, のみが亜砒酸中毒, の功名争い, の対面, の捕物, の申, の誕生日

▼ 回きり~ (20, 0.3%)

3 だった

1 [17件] しかも本名, しか記され, だ, であったこと, である, でその後, でそれ, でつぎ, でふだん, で解らない, で途切れた, にとほり過ぎる, になつてしまつた様, のつもり, のバス, の歌, 出て

▼ 回にも~ (20, 0.3%)

3 わたって

1 [17件] なるかも, やはり十円, わたり東山道, 上るが, 亙って, 優る猛烈, 十円払う, 及びたり, 及ぶ我執, 及んだらうが, 及んで, 同じ方法, 女兒が, 残りの, 漬かるよう, 行われるので, 贈り物を

▼ 回~ (20, 0.3%)

4 二回で, 二回の

1 [12件] その楽, つてみ, つてゐる, 一箪の, 七回は, 三回でない, 三回は, 二十回に, 二回負けた, 五回は, 十回の, 子路ほど

▼ 回鶻人~ (20, 0.3%)

3 という奴

1 [17件] が国家, が猛獣, が生き, じゃ, でございますって, ですって, と云っ, のあの, の一大国家, の埋没, の後裔, の後裔達, は吾ら羅布人, は国家, は土耳, を取り囲み, を見る

▼ 回往復~ (19, 0.3%)

5 した 3 して

1 [11件] ができる, される間, しそれ, したが, した四条, するけれども, すると, するとして, するの, する程度, せるもの

▼ 回終り~ (18, 0.3%)

3 スコットの

1 [15件] すぐに, にアラスカ, にホテル, に名物食堂, に徳山, に菊池氏, ハヤシライスで, プランタンの, ホテ・グリへ, リズムの, 上海亭で, 宿の, 徳山高尾を, 腹具合が, 部屋で

▼ 回ぐらい~ (17, 0.3%)

1 [17件] おこなわれました, このへん, であるの, まわっても, まわるの, やったの, 一週間なり, 伸縮を, 健康診断を, 同じ投書, 彼を, 文展に, 正当でない, 沐浴できる, 行ったん, 読んで, 面接する

▼ 回から~ (16, 0.3%)

1 [16件] えらい満員, ご診察, 中村又五郎が, 主要人物として, 九回あつめね, 二千回に, 今日まで, 十二回までは, 十回ぐらいの, 声が, 撞き続けて, 新人たちが, 次回, 百三回までの, 第三十一回, 通じて

▼ 回~ (16, 0.3%)

2 かのエッセイ

1 [14件] かの博覧会, かの捕物まつり, から整列, か二回目, か第, が凡そ, つた内, つてそんな, といふ, とてそんな, と立札, と言, と記憶, 龍介は

▼ 回まで~ (16, 0.3%)

1 [16件] 上告し, 会つた, 取り替ゆると, 受け五両, 叫び声を, 同じ人, 年六百円を, 延したん, 延せば, 張り通したら, 扱われた地域, 数えました, 起こった幼児, 送って, 長助チームは, 開催された

▼ 回にわたる~ (15, 0.2%)

2 講義を

1 [13件] いろいろの, こんな五月雨紀行, 不思議とも, 不景気が, 世紀的上演が, 交易が, 会合が, 公判廷で, 殺人事件は, 浦上崩れという, 爆発により, 発表, 記録が

▼ 回かの~ (14, 0.2%)

1 [14件] ごく軽い, フランス美術展覧会に, 争の, 休憩を, 入獄に, 勝負が, 失敗に, 容易ならぬ, 査問中ある, 立読みを, 襲撃の, 評定を, 話は, 調査の

▼ 回あった~ (13, 0.2%)

2 ようだ

1 [11件] かを気温, か判らない, が先生, が其の, が男声の, が白昼, が随分, そうである, として三百回以上同一進路, と云う, のでその

▼ 回ごと~ (13, 0.2%)

1 [13件] になべ, にますます, にミス, にヤマ, に三〇万枚, に作者, に前, に向上, に場処, に嫌い, に審査員室, に扉, の交渉

▼ 回なる~ (13, 0.2%)

8 を知らず 1 が故に, をもってこの, を知らざる, を知らぬ, を認めた

▼ 回公判~ (13, 0.2%)

2 が開かれた

1 [11件] となり, に於, の如き, の陳述, はこの, は十一月二十一日, は私, は裁判長以下成規, をひかえ, をひかえた, を開いた

▼ 回~ (13, 0.2%)

5 なもの 2 なるもの 1 だ, であり文叢, なる事件, な完了物, な確実度, の事件

▼ 回~ (13, 0.2%)

1 [13件] した, して, するものの, するやう, するを, する興行物, その中心, も刻々時々, も那樣, よ, を了, を始むる, を止めた

▼ 回~ (12, 0.2%)

2 三回と, 三回の 1 一流の, 三回, 二回ごろの, 二回と, 二回目の, 二村木液で, 八回及び, 四回と

▼ 回この~ (11, 0.2%)

1 [11件] わずか十三ページ, 分岐溝へ, 動作を, 山に, 方日報社にと, 林を, 植物を, 老看守, 舗石の, 記録は, 金で

▼ 回より~ (11, 0.2%)

2 第十六回 1 うまく行, せぬこと, 三回の, 上は, 九年目に, 勝負を, 増えて, 多く使用, 激烈なる

▼ 回鶻語~ (11, 0.2%)

2 の学者 1 が読める, じゃ, で記された, で記した, の初歩, の暗示, を, をどうして, を博士

▼ 回ある~ (10, 0.2%)

1 かない, からである, が, きりです, ことと, のみ, ピアノの, 処も, 晦日という, 筈だ

▼ 回とか~ (10, 0.2%)

1 あるよう, ならば, 三十回と, 二回とか, 五十回とか, 五日に, 会合を, 明暗を, 百二十回とか, 聞いて

▼ 回やっ~ (10, 0.2%)

2 ている, て見た 1 てすぐ, てみよう, てもその, て一時帰宅, て休ん, て腕足類

▼ 回三回~ (10, 0.2%)

2 と辛抱 1 とぐるぐる, とつづけた, とも毎日二つ, と似, と催す, と対面, と続い, のうち

▼ 回会合~ (10, 0.2%)

4 して 1 が新, すること, は四月, は明後日あたり, を持たれる, を開いた

▼ 回興行~ (10, 0.2%)

1 である, で開ける, として開場, と決まっ, には紫紅君, に過ぎなかった, の, のうち昼, は, を明治座

▼ 回これ~ (9, 0.1%)

1 が東京, ですっかり, で七回, にも先生達数人, に動揺, も交代, を受取った, を行う, を見た

▼ 回その~ (9, 0.1%)

1 つぎが, ほかは, 伝令と, 入学試験を, 参事官たる, 家の, 次の, 老法印, 辺を

▼ 回までも~ (9, 0.1%)

1 この問題, 上演し, 出かけしかも, 堪え通したの, 或る, 攘夷の, 東京郊外を, 版を, 破壊され

▼ 回~ (9, 0.1%)

2 ソヴェト同盟作家大会が 1 ソユーズ, ソヴェト作家大会報告, ソ作家大会の, 同盟マルクス, 連邦ソヴェト作家大会で, 連邦ソヴェト作家大会の, 連邦作家大会の

▼ 回~ (9, 0.1%)

1 があり, で特に, には, に出品, に岸田組, に華楊, の, をひらく, を京橋角

▼ 回~ (9, 0.1%)

1 に, にお, にますます, に切り棄てる, に加速度, に自分, に薄れ, に重く, に頭

▼ 回総会~ (9, 0.1%)

1 が一九四七年四月, が開かれた, では運営, で長岡半太郎博士, に対して日本, に招かれた, に於, は十一月十一日日比谷東洋軒, は十月二十九日

▼ 回くらい~ (8, 0.1%)

2 出るよう 1 つかまえられれば, づゝ其処に, 往復する, 戦争が, 日本の, 集まった

▼ 回~ (8, 0.1%)

1 ぐらい走ります, だから, で三, といふこと, にまとい, の割合, ギニー, 即ち

▼ 回同じ~ (8, 0.1%)

2 ことを, ような 1 ものを, 実験を, 病気に, 講義を

▼ 回~ (8, 0.1%)

1 したと, すること, するに, せんと, に対して敢, の恐れ, の途, ふだけ

▼ 回ぐらいの~ (7, 0.1%)

1 ものだった, ものであった, もんだ, 割合で, 校正は, 水で, 見物は

▼ 回する~ (7, 0.1%)

1 ことに, のも, は実, も猶且つ, を得べく, 事より, 鵜にしも

▼ 回ずつの~ (7, 0.1%)

1 下痢胃は, 催しを, 入院費の, 割合いで, 梗概を, 注射を, 送り迎えの

▼ 回にわたり~ (7, 0.1%)

1 その研究, 五千円宛の, 六ヵ月を, 午前八時迄, 姉弟の, 実地測, 松原三夫氏の

▼ 回作品~ (7, 0.1%)

2 のシナリオ 1 は, は十年前, をあれ, を準備中, を見

▼ 回四回~ (7, 0.1%)

1 とゆっくり, と当り興行, と見事, と試み, と送っ, と重なる, も繰り返し

▼ 回~ (7, 0.1%)

1 がだ, も少く, も頗る, を一イ, を夢中, を搭乘, を記録

▼ 回~ (7, 0.1%)

2 はそれ 1 の宅, はベーカー夫人, は彼女, は彼等, は部屋代

▼ 回繰り返し~ (7, 0.1%)

1 それから御題目, ても仮定, てゐる, て弾いた, て漸く, て経験, 実験し

▼ 回あつ~ (6, 0.1%)

21 たが, たきり, たやう, ちこつち廻つて來

▼ 回それ~ (6, 0.1%)

1 が改修, だけが公休, もほんの, も夜更け, を六回, を繰返す

▼ 回つづけ~ (6, 0.1%)

1 ざまに, て一息, て出る, て勝て, て花岡家, て見事

▼ 回である~ (6, 0.1%)

1 がこう, が南京虫, が昨日, とする, に反し, 十二時すぎ楽屋入り

▼ 回わし~ (6, 0.1%)

1 ていけないだろう, ていられる, てその, て唾液, にしたら, にしようで

▼ 回上演~ (6, 0.1%)

1 したが, したの, した記録, という世界記録, のプリマドンナ生活, 出来たの

▼ 回二回~ (6, 0.1%)

1 とオルゴール, と書かし, と眼, と重ね, は自分, もしくは数回腸

▼ 回回教~ (6, 0.1%)

2 のため 1 にも仏教, のお寺, の寺院, の未来

▼ 回平和会議~ (6, 0.1%)

1 の召集, の条約, の紀念, の結果, をワシントン, を召集

▼ 回配本~ (6, 0.1%)

1 が出た, が出ました, に間に合わす, の分, を了, を手

▼ 回錦図巻~ (6, 0.1%)

1 があまり, ともう, と狂女, に惚れこんだれ, の模写, を模写

▼ 回ぐらいずつ~ (5, 0.1%)

1 この青年, のせること, 先生の, 毛色の, 繰り返される鋭い

▼ 回した~ (5, 0.1%)

1 そうである, と思ったら, 事が, 後また, 所が

▼ 回だけは~ (5, 0.1%)

1 ぜひ帰る, 彼は, 必ずこれら, 断わろうという, 防げるとしても

▼ 回まわっ~ (5, 0.1%)

1 てからそれ, てきた, て敵弾, て来た, て来る

▼ 回もしくは~ (5, 0.1%)

1 二三回ロンドンパリに, 二回会合する, 半年に, 数回腸を, 毎月一回各

▼ 回もの~ (5, 0.1%)

1 こういうこと, カンフル注射が, 侵略や, 大, 海底噴火が

▼ 回一回~ (5, 0.1%)

1 で読者, と船, と重, の効果, 不當

▼ 回以来~ (5, 0.1%)

1 かれは, のしきたり, の修了者たち, の芥川賞詮考委員, 少しも

▼ 回内国勧業博覧会~ (5, 0.1%)

1 がありまし, が最初, に, に松年先生, の審査員

▼ 回~ (5, 0.1%)

1 からはクリスマス, に遇った, の所, は米, は頭

▼ 回~ (5, 0.1%)

1 に私, のそれ, をその, をそのまま, を物質

▼ 回続け~ (5, 0.1%)

1 てやつ, てピョコピョコ, て其婦人, て当った, て素

▼ 回繰返し~ (5, 0.1%)

1 て, ている, て最早, て言っ, て鳴った

▼ 回聞いた~ (5, 0.1%)

1 きり相馬御風氏が, ことが, だけで, だけらしい, 事が

▼ 回あっ~ (4, 0.1%)

1 たり例, ている, て江戸, て苦しい

▼ 回あるいは~ (4, 0.1%)

1 おそらくは何億回, 五里一回短い, 四回の, 数回強く

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 もちやに, 一人五百円の, 千代は, 関所の

▼ 回かぎり~ (4, 0.1%)

1 で同座, で立去っ, で立消え, のこと

▼ 回かは~ (4, 0.1%)

1 廊下に, 必ず聴く, 撤廃を, 烈しい嵐

▼ 回くりかえした~ (4, 0.1%)

1 あげくまるで, がやがて, 上彼に, 事か

▼ 回くり返し~ (4, 0.1%)

1 てもシワ, ても更に, てトン, て漸く

▼ 回たり~ (4, 0.1%)

1 ともコンミッション, ともモデル料, とも見た, とも音

▼ 回だった~ (4, 0.1%)

2 のが 1 かも知れない, し私

▼ 回だって~ (4, 0.1%)

1 まわって, 掘ります, 澄した, 真実の

▼ 回つた~ (4, 0.1%)

1 がどうして, と云, なら皆, んだ

▼ 回では~ (4, 0.1%)

1 まだ法住寺殿焼打, まだ読者, 宮本百合子と, 後白河法皇

▼ 回として~ (4, 0.1%)

1 一年分まとめ, 二十回二十年に, 五十回と, 来年一月で

▼ 回とは~ (4, 0.1%)

1 もたなかったかも, 占領軍総, 反対で, 大いに容子

▼ 回において~ (4, 0.1%)

1 古市加十なる, 奥の, 私の, 黙々は

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 し, すに, すべから, す事に

▼ 回ほども~ (4, 0.1%)

1 おじぎを, ザンゲし, 宙に, 頭を

▼ 回までの~ (4, 0.1%)

1 ところを, 大会でも, 構造の, 骨ぐみを

▼ 回やり~ (4, 0.1%)

1 北米合衆国の, 宿へ, 帰宅, 酒の

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 されて, されるの, す宗教的意識, せり

▼ 回ロシア共産党大会~ (4, 0.1%)

1 が終った, で最近二年間, のあった, を迎えた

▼ 回一円~ (4, 0.1%)

1 ずつお, ずつで買いたい, であるが, は却

▼ 回予選~ (4, 0.1%)

1 にパス, のコース, のタイム, の成績

▼ 回会議~ (4, 0.1%)

1 を持った, を聴聞, を設け, を開き

▼ 回光返照~ (4, 0.1%)

1 おちつけ, すべし退いて, の境地, の雨

▼ 回全国大会~ (4, 0.1%)

1 が築地小劇場, に各国, の大事, の節

▼ 回六回~ (4, 0.1%)

1 という設計変更, と続く, と蹴合い, におよんだ

▼ 回前後~ (4, 0.1%)

1 で一きり, で半歳, に動かし, のところ

▼ 回博覧会~ (4, 0.1%)

1 に出た, に出品, の唯一, へ出品

▼ 回~ (4, 0.1%)

4 剰筆

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 あった事, やらされる, 出て, 通す

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 に在, に遭わ, はよく, 多く帖木児

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 教授を, 登山を, 試験が, 譲位後一回

▼ 回手紙~ (4, 0.1%)

1 や電報, をくれる, をもらった, をやり取り

▼ 回書い~ (4, 0.1%)

2 ても新聞小説 1 てゐる, て送つた

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 たる, ても二百回, ても鉱毒, て私

▼ 回汽船~ (4, 0.1%)

1 にて汽車, に逢う, に逢遇, を見る

▼ 回目あたり~ (4, 0.1%)

1 からベーア, が一番, で彼女, は恐ろしい

▼ 回~ (4, 0.1%)

2 選挙の 1 選挙を, 選挙以来の

▼ 回訊問~ (4, 0.1%)

1 の行われる, を受けた, を行っ, 即ち電車

▼ 回試演~ (4, 0.1%)

1 として山根邦夫君作, にはもう少し, を催す, を行ふつ

▼ 回近く~ (4, 0.1%)

1 までがそれ, もお, もよばれれ, も転宅

▼ 回限り~ (4, 0.1%)

2 で絶え 1 のもの, の事

▼ 回~ (4, 0.1%)

1 して, の上, を撫でました, を終わっ

▼ 回あまり~ (3, 0.0%)

1 も休んだ, も繰り返した, 踊るだけの

▼ 回からは~ (3, 0.0%)

1 その時, もっと奮発, 治承

▼ 回くらいは~ (3, 0.0%)

1 読み返すこと, 顔を, 風船に

▼ 回ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 ここへ, 欠かさずに, 繰り返す

▼ 回ここ~ (3, 0.0%)

1 で歓迎会, へ戻っ, を往復

▼ 回しかも~ (3, 0.0%)

1 一回だに, 毎回数十分出る, 毎回欠かさず

▼ 回すん~ (3, 0.0%)

1 でねころぶ, で大隈講堂, で食

▼ 回ずつしか~ (3, 0.0%)

1 なかった, 発信受信を, 許されない手紙

▼ 回だけの~ (3, 0.0%)

1 チャンスでは, 事實でも, 数は

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 たり演説, てしまふ, てみた

▼ 回としては~ (3, 0.0%)

1 成功した, 成功だ, 頗る気持

▼ 回のみ~ (3, 0.0%)

1 あれが, であった, である

▼ 回ひい~ (3, 0.0%)

1 てからまた, て貰, て貰っ

▼ 回やる~ (3, 0.0%)

1 か, ことに, 中に

▼ 回よりも~ (3, 0.0%)

1 そうした出迎え, むしろ子, 更に多く

▼ 回七志~ (3, 0.0%)

1 ぐらいで纏った, じゃどう, の割

▼ 回乃至~ (3, 0.0%)

1 五回の, 十回の, 数回与

▼ 回二十銭~ (3, 0.0%)

1 ずつの食券, の料金, を三十銭

▼ 回会っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, ており

▼ 回何千回~ (3, 0.0%)

1 くりかえした事, となく, 繰りかえしたこと

▼ 回党大会~ (3, 0.0%)

1 で同志ヤーコヴレフ, の席上, は終った

▼ 回内国博覧会~ (3, 0.0%)

1 が岡崎公園, の開会式, はいつ

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 てい, てみた, て来る

▼ 回出す~ (3, 0.0%)

1 ことに, のである, 由

▼ 回勧業博覧会~ (3, 0.0%)

1 に出品, に同氏, は東京

▼ 回及び~ (3, 0.0%)

1 最終の, 第七回参照, 警部の

▼ 回回教徒~ (3, 0.0%)

1 です, で鉄砲製造, の習慣

▼ 回回転~ (3, 0.0%)

2 の後 1 して

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 になつて, に幾回, の往来

▼ 回審問~ (3, 0.0%)

1 に古, は三日目, は二十三日

▼ 回帝国議会~ (3, 0.0%)

1 において商法実施延期問題, において頭山満氏ほか数氏, に提出

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 に投げられた, をうち, をうちたる

▼ 回彼女~ (3, 0.0%)

1 に接見, の家, はこんな

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 からのみでなく, しげき荊棘, の深淵

▼ 回~ (3, 0.0%)

2 して 1 を脱し

▼ 回文化擁護国際作家大会~ (3, 0.0%)

1 がひらかれた, がもたれた, の議事録

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 にその, を費す, を違えず

▼ 回目の~ (3, 0.0%)

1 は七月十八日, は今, は本盤

▼ 回~ (3, 0.0%)

1 したの, す, せしとき

▼ 回終った~ (3, 0.0%)

3 のが

▼ 回聴いた~ (3, 0.0%)

1 ことが, というの, のと

▼ 回芝居~ (3, 0.0%)

1 に馴れ, はつく, をやり

▼ 回行く~ (3, 0.0%)

1 か知れない, その用件, だけだ

▼ 回行った~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことの, だけであなた

▼ 回見た~ (3, 0.0%)

1 ことが, というの, 社会とは

▼ 回講演会~ (3, 0.0%)

1 に於ける, を保険協会, を本郷区仏教青年会館

▼ 回連続~ (3, 0.0%)

1 して, の放送, の話

▼ 回連載~ (3, 0.0%)

1 された, された小説, で書かせ

▼ 回長い~ (3, 0.0%)

2 消息を 1 竹の

▼ 回開催~ (3, 0.0%)

1 された, し来った研究会, するという

▼ 回あの~ (2, 0.0%)

1 塑像に, 塔に

▼ 回あり~ (2, 0.0%)

1 その日, 其震動は

▼ 回いつも~ (2, 0.0%)

1 同じあて名, 悦子が

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 回かに~ (2, 0.0%)

1 それを, 渡つて自分の

▼ 回からの~ (2, 0.0%)

1 特技で, 私の

▼ 回きまって~ (2, 0.0%)

1 本郷の, 東京から

▼ 回くら~ (2, 0.0%)

1 ゐは, ゐ各自

▼ 回くらいも~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 見たよう

▼ 回くり~ (2, 0.0%)

1 返すの, 返せども

▼ 回ぐるぐる~ (2, 0.0%)

1 と渦, まはり

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 て広い

▼ 回すなわち~ (2, 0.0%)

1 全体の, 昨夜の

▼ 回ずつは~ (2, 0.0%)

1 士分徒士に, 草を

▼ 回そこ~ (2, 0.0%)

1 へ寄っ, へ行った

▼ 回そして~ (2, 0.0%)

1 そこには, その間に

▼ 回だけしか~ (2, 0.0%)

1 無かつ, 行は

▼ 回つたの~ (2, 0.0%)

1 かな東京, でしたから

▼ 回つづく~ (2, 0.0%)

1 かわからない, か何十回

▼ 回つて來~ (2, 0.0%)

1 るの, る時分

▼ 回づつ~ (2, 0.0%)

1 出て, 巡ると

▼ 回といふ~ (2, 0.0%)

1 ことに, 程其馬糞を

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 のである, のも

▼ 回ないし~ (2, 0.0%)

1 二日に, 四五回の

▼ 回につき~ (2, 0.0%)

1 何秒かも, 金三十円なり

▼ 回にわ~ (2, 0.0%)

1 たつたので, たつて

▼ 回に対する~ (2, 0.0%)

1 愛情を, 批評の

▼ 回ねじる~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 回ほどに~ (2, 0.0%)

1 なる, 貧富に

▼ 回ほどの~ (2, 0.0%)

1 経験を, 航海の

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 はし, はつた

▼ 回までに~ (2, 0.0%)

1 五点とられた, 全力が

▼ 回までは~ (2, 0.0%)

1 小杉さんは, 村社が

▼ 回めぐり~ (2, 0.0%)

1 たり四回, たり而

▼ 回やった~ (2, 0.0%)

1 がまだ, が陽

▼ 回やれ~ (2, 0.0%)

1 ば済ん, ば自分の

▼ 回わる~ (2, 0.0%)

1 ように, ピチピチと

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 て, てまた

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 亙リ事, 順次行ウヲ以テ塩

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 失敗モナク成功シテイルカラ私ナラ大丈夫出来ルト云ウ確信ヲ, 排尿ニ時間ガカヽリ劇場

▼ 回メーデー~ (2, 0.0%)

1 のあの, はそれ

▼ 回ライスカレー~ (2, 0.0%)

1 なる洋食, にありつく

▼ 回一年~ (2, 0.0%)

1 だけ書記長, に一回

▼ 回七回~ (2, 0.0%)

1 くり返しても, の多き

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 けは彼女, する損

▼ 回三円~ (2, 0.0%)

1 かかる注射, として百五十円

▼ 回三枚~ (2, 0.0%)

1 だ, という分量

▼ 回上陸希望者~ (2, 0.0%)

1 はボート, をつのった

▼ 回世界~ (2, 0.0%)

1 無産婦人デー, 無産婦人デー万歳

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 がサー・ベヴィス・オブ・ハムプタウン, とする

▼ 回乗っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て若い

▼ 回九銭~ (2, 0.0%)

2 で見物

▼ 回二十回~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの割合, と繰返し

▼ 回休み~ (2, 0.0%)

1 があり, 都会議員を

▼ 回休ん~ (2, 0.0%)

1 でマーカス・ショウ, で腰

▼ 回休んだ~ (2, 0.0%)

1 が殆ど, が続けよう

▼ 回会った~ (2, 0.0%)

1 きりの, くらいで

▼ 回会見~ (2, 0.0%)

1 のとき, の大広間

▼ 回体験~ (2, 0.0%)

1 した, したとき

▼ 回余計~ (2, 0.0%)

1 の足跡, の食

▼ 回僅か~ (2, 0.0%)

1 ずつの金高, に二合

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 がやる, は帝

▼ 回入っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てくる

▼ 回入浴~ (2, 0.0%)

1 したきり, する人

▼ 回公判廷~ (2, 0.0%)

1 において自分, にはひとしお

▼ 回其の~ (2, 0.0%)

1 都度何かしら身辺に, 間或は

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 を採み

▼ 回出し~ (2, 0.0%)

1 て二回とも, て糧

▼ 回出した~ (2, 0.0%)

1 けれど何時, 後あの

▼ 回出入~ (2, 0.0%)

1 して, しても

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 として作者, として至急三

▼ 回勝て~ (2, 0.0%)

1 ば三万五千法, ば三百五十法

▼ 回午後~ (2, 0.0%)

1 に四回, に訪問

▼ 回卒業生~ (2, 0.0%)

1 の校長先生, は百八十四名

▼ 回受けた~ (2, 0.0%)

1 がいずれ, きりで

▼ 回古参者~ (2, 0.0%)

1 から始め, から順々

▼ 回国際ペンクラブ~ (2, 0.0%)

2 の大会

▼ 回国際眼科学会~ (2, 0.0%)

1 が開かれまし, において

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 の上, をはこびだしたら

▼ 回報告~ (2, 0.0%)

1 では新聞調査, として

▼ 回多い~ (2, 0.0%)

1 ときには, 位な

▼ 回大便~ (2, 0.0%)

1 は出ず, を捨て

▼ 回失踪~ (2, 0.0%)

1 との間, と第

▼ 回尊敬~ (2, 0.0%)

1 が見いだされる, に対比

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 汽船に, 生々涯最早

▼ 回小回転~ (2, 0.0%)

1 ののち, の後

▼ 回小汽船~ (2, 0.0%)

1 がその, に逢遇

▼ 回左右~ (2, 0.0%)

2 に叩き付けられた

▼ 回巻紙~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 回廻った~ (2, 0.0%)

2 末左手への

▼ 回廻る~ (2, 0.0%)

1 ごとに, のだ

▼ 回強く~ (2, 0.0%)

1 枯草を, 鼓動し

▼ 回必ず~ (2, 0.0%)

1 テストが, ポストを

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 ではなくっ, を機

▼ 回応募~ (2, 0.0%)

1 があった, した

▼ 回応報~ (2, 0.0%)

1 して, という事

▼ 回打っ~ (2, 0.0%)

1 てはやめ, てもらう

▼ 回打製類~ (2, 0.0%)

1 の條, 及び磨製類考説

▼ 回招集状~ (2, 0.0%)

2 の村会

▼ 回振動~ (2, 0.0%)

1 するだけ, すれば

▼ 回教徒頭巾~ (2, 0.0%)

2 を頭

▼ 回数えなかった~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 回數券~ (2, 0.0%)

2 を取出した

▼ 回文展~ (2, 0.0%)

1 で, の

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ 回新宿駅~ (2, 0.0%)

1 で東北沢行き, で買う

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 談に, 談にのみ

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 のこと, へたり

▼ 回書く~ (2, 0.0%)

1 のに, のにも

▼ 回月給~ (2, 0.0%)

1 の十割, を貰っ

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 するに, はどう

▼ 回東京~ (2, 0.0%)

1 より来, をはなれ

▼ 回欠席~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 の年

▼ 回民主主義文化会議~ (2, 0.0%)

1 に出席, の折

▼ 回演出作品~ (2, 0.0%)

1 であるが, に素人

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 の健康診断

▼ 回牽く~ (2, 0.0%)

1 つもりであった, 積で

▼ 回獣医~ (2, 0.0%)

1 に診断, の診断

▼ 回王滝川~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡る

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 を爲

▼ 回発表~ (2, 0.0%)

1 されたし, して

▼ 回登山~ (2, 0.0%)

1 とを試みた, を企て

▼ 回登攀~ (2, 0.0%)

1 して, の際

▼ 回盗まれた~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 見た, 重なり数世相

▼ 回礼拝~ (2, 0.0%)

1 の節これ, を行う

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 檢束された, 海岸と

▼ 回立候補~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 の角, の遠い

▼ 回繰り返され~ (2, 0.0%)

1 ている, 一百人あまりの

▼ 回繰返され~ (2, 0.0%)

1 ても飽きない, てゐる

▼ 回聞えた~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ 回自動車~ (2, 0.0%)

1 で往復, へ乗せた

▼ 回行っ~ (2, 0.0%)

1 たり来, て見た

▼ 回見たる~ (2, 0.0%)

1 とを記憶, と医師

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 するに, する所

▼ 回観測~ (2, 0.0%)

1 されたが, すること

▼ 回訪問~ (2, 0.0%)

1 したこと, しただけ

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 りで聲, り負けたこと

▼ 回試験~ (2, 0.0%)

2 を施したる

▼ 回誕生日~ (2, 0.0%)

1 に子供等, の記念文字

▼ 回読ん~ (2, 0.0%)

1 でなお, で漱石

▼ 回負けた~ (2, 0.0%)

1 ってたいした, のみと言

▼ 回走れ~ (2, 0.0%)

1 ば厩人, ば釈かる

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を運ん

▼ 回踊り~ (2, 0.0%)

1 終ると, 脚を

▼ 回蹴飛ばし~ (2, 0.0%)

2 てから自分

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 及び現, 敵刄を

▼ 回迄の~ (2, 0.0%)

1 対戦を, 陳述の

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 はされた

▼ 回通っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ても容易

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 と雑居, の民

▼ 回配達~ (2, 0.0%)

1 される郵便物, する普通小包丈

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 に四十枚, をおい

▼ 回集っ~ (2, 0.0%)

1 たりした, て祈り

▼ 回集会~ (2, 0.0%)

1 にあつまった, に森戸文相

▼ 回~ (2, 0.0%)

2 が降る

▼ 回面会~ (2, 0.0%)

1 し一八〇一年二月十六日, を重ね

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 からロス, のもの

▼ 回~ (2, 0.0%)

1 をさらし, を合せた

▼ 回麗人~ (2, 0.0%)

2 の使者

▼1* [1212件]

〇・〇〇二に当る, 回あげて四人, 回あごをしゃくっ, 回あたりからは自分, 回あつめねばならない, 回あなたに手紙, 回あまり当日は算, 回あまり踊つてから休憩, 回あらわれている, 回ありしかどだれ, 回あれば千回, 回いいのを, 回いかなる連句を, 回いねむりをしてその間考えたり, 回いまぞはじめて, 回いままで誰にも, 回いらしてお, 回いわれたのでこの, 回うかがいましたけど, 回うち二度は貞盛, 回うどん屋へ二回, 回おこうと云う, 回おとずれて来た, 回おなかをふくらませ, 回おなじうたを, 回および総会百回に, 回お小休みを, 回お父さんの御用, 回かう言ふ, 回かかりて二十八字, 回かかる事あった, 回かきます読者だけ, 回かくきる鰊, 回かけて乾かし, 回かこんだが二度, 回かさういふ処へ, 回かと思ふと, 回かならず一回は, 回かにわたつて, 回からずつと愛読し, 回からでも頼政の, 回からも読者は, 回かわりましたがその, 回きいた覚えが, 回きまった日に, 回きめられた日に, 回きり往復しない, 回ぎりであった, 回ぎりだからヨソの人相見, 回ぎりでその後再び注文, 回くらいずつ発行した, 回くらいにしようと, 回くらいにも達した, 回くりかえしている, 回くりかえすうちに, 回くるくる廻し海藻, 回ぐって来たの, 回ぐってびったりと素の位置, 回ぐらいで一応まとまり, 回ぐらいになる, 回ぐらいまでには一応高氏, 回ぐらゐ繰り返したやう, 回ぐらゐづつお邪魔に参上, 回ぐらゐな新聞小説にかい, 回ぐらゐのものであるからさう, 回ぐらゐの割合で自殺, 回ぐらゐギブスを変, 回ぐらゐ五六枚のもの, 回ぐらゐ爆發し山側, 回こいつをやる, 回こらえねばならない, 回これから第三回目, 回ごろの対峙ごろ, 回しきや食べない, 回しないと田舎, 回心の, 回じゃというがだの, 回すべすべしたたんす, 回すませアンマを, 回すむと軍人会館, 回すればおの, 回ずつか必ず行商, 回ずつとある, 回せいぜい二回も, 回せられたのである, 回そうすると, 回そのうち吉田茂氏が, 回その道にあたるすべて, 回それから二人目くらいまで, 回それだけしかない, 回それらの敵, 回五十余人を, 回たいへん下手で, 回たて続けに打たれた, 回たとえ僅かたりとて, 回だけで十分だ, 回だけに石川達三の, 回だったろうか, 回だに自分の, 回だろう俺ん, 回だんだん山深く, 回ちかい引越しは, 回ついには甥, 回つたせゐか徳ちやん, 回つた時も同じ, 回つた許であつ, 回つた頃から急, 回つた黄と黒, 回つづきで, 回つづけたきりです, 回つてもとの藤棚, 回つて五六間の距離, 回つて今のに似た, 回つて刻下の経済, 回つて危く大王の膝, 回つて妾がお, 回つて平岡に近づいた, 回つて戦争の演習, 回つて来たり戸, 回つて椽側から入る, 回つて滑稽な凄味, 回つて炎えたつ, 回つて煙草にしよ, 回つて相手が, 回つて紅色の花, 回つて縁側に腰, 回つて行つて倒れた宗十郎, 回つて裏側の道, 回つて言つた, 回つて鍛冶橋を丸の内, 回づつ日本風に酒, 回づつ根気よく攻め続け, 回づつ研究会が持たれる, 回づつ行ふ, 回づゝおそろしい運動をしない, 回づゝ主にその, 回づゝ潮は張る, 回づゝ集つて飲むこと, 回であって午前, 回であったが今度, 回でしたから私たち, 回ですがそう, 回でない条理も, 回ではははアと, 回でもってその全部, 回とおったのです, 回とだけあとは, 回とに詳しく紹介, 回とを同一視し, 回どういう速度で, 回どころでは, 回ながめてから十吉, 回なされるのである, 回など馬鹿正直に, 回などという, 回などという怪しからん料簡方, 回などにぼくは, 回などの時に, 回なめると腹, 回ならしめたるに, 回ならず二度までも, 回ならずあったのだ, 回なりすくなくとも年, 回なりしか是等の, 回なりしもついに敵, 回なんてまわりやしませんわ, 回にしかないはず, 回について人夫賃運転手ガソリン代其他雑費諸掛りを, 回についてのこの感情, 回にて完結に, 回にまでわたって, 回にわたりて閣下に, 回にわたるなど沙汰の, 回に対して負けないと, 回のだってあるからね, 回のまでに五時間ばかり, 回のみにあらず数回, 回はいりそこら辺当, 回ばかりと思ふ時, 回ばかりに及んで, 回ばかりの診察を, 回ばかりも診察を, 回ばたばたと扇, 回ひくのだ, 回ひっくりかえったか分らない, 回ひどいのは, 回ひねり変へた, 回ひょっくり階子段の, 回ひらかれましたが陛下, 回ひらひらあおぐと, 回ふと思い出したよう, 回ふらんすの, 回ぶつかってみた, 回ぶつかると錠, 回へると町, 回ほとんど所持せる, 回ほどでだいぶ良く, 回ほどは死傷者を, 回まいただけで, 回まえを擽, 回まがった富士見町の, 回まきあげられたか, 回まぐれあたりか怪力線, 回また一回鳴き, 回まわす間に, 回まわったんです, 回まわる自信が, 回まわればよい, 回てよく, 回みただけで, 回みんなが集ま, 回み行きし棚無し小舟, 回む小舟粟島を背向, 回む舟は釣, 回めぐってから老人, 回もう一回と, 回もかの女と, 回もつッついた, 回もともとそれに, 回やかましく云へば, 回やってきたのでこの, 回やって来てヒョッ, 回やって来るのだ, 回やつたさうぢ, 回やはりお子さんの, 回やめれば買える, 回やらせてみよう, 回やる入りがい, 回顔回よ, 回ようやく阿, 回よくねて, 回よくもまあ満員を, 回よその内, 回よんでガラス戸, 回らさんともせず, 回らし天下を, 回わが邦で, 回わし微吟に興, 回わすのが, 回わられていた, 回わりに向こう側, 回わり道する必要, 回われらの考え, 回をと言葉を, 回を以て終始するなら, 回アジア学会会員の招き, 回アホられる, 回アースキンの受持ち, 回イエンス・アンナセン赤十字社長の令嬢, 回エーテルを入れ替へる, 回オリンピック選手としてアメリカ, 回カクテール・パーテーを催す, 回カツラというもの, 回カンフル三回滋養腸注一回, 回カ三回ハ起キルガソノタメニ寝ソビレテ眼ガ冴エルナンテコトハ一度モナイ, 回ガチャンガチャンと鳴らした, 回クラブから出, 回コオスを引い, 回コッキリで書く, 回コツコツと行っ, 回シナリオである, 回シャン・ゼリゼーにいっ, 回シャーマン号事件の米国調査隊, 回スキーに行った, 回ソーシャブルと称し, 回タイプライターをた, 回タブロイド版の新聞, 回ダンス教師をし, 回たか, 回ヅヽ先生の宅, 回テーゼは劈頭, 回トス賞表ヲ有, 回トナクコノ注射ヲシテルンデスガ血管ニ触レタコトハ一度モナイノニ, 回トン子に善い, 回ドイツ社会学会では, 回ニ及ンダガ佐々木ガシノミンヲ四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, 回ハンケチを指, 回ハ起キルガソノタメニ寝ソビレテ眼ガ冴エルナンテコトハ一度モナイ, 回ビイビイと口, 回ピオニェール大会がありました, 回フワフワとぎつこんばつたんをした, 回ブダペスト市へ出, 回プロがき, 回プロムナアド・デッキを歩い, 回プロレタリア美術展は出品点数二百十七, 回プロ美術展から第, 回ホテルまで持っ, 回マリヤンから便り, 回モウパア警部は直通電話, 回モンスーンの来襲, 回ラジウムを取り出し, 回ラボールに寄港, 回リンクの縁, 回レッスンに来, 回ロンドンパリに遊びたる, 回ロンドン大会にマルクス, 回ローソクの火, 回ロード・スタアで, 回一万円もする, 回一二円の出費, 回一人当たり生鰊が半身, 回一円五十銭三十回で四十五円, 回一同は夜色, 回一回大便を捨て, 回一回局面を変化, 回一回活字になった, 回一圓の罰金, 回一度も野猪, 回一日分何円とかかる, 回一時間を要する, 回一月下旬の決算期, 回一緒に飲食, 回一週間ずつの公演, 回一週間づつの公演, 回一銭しか受取らないきめ, 回一錠と書かれた, 回一顆の智玉, 回の日, 回七十回と来ました, 回七時すぎ東日主催の, 回七月二十四日にそれぞれ, 回万国平和会議は千八百九十九年五月十八日, 回万国自動車展覧会会場へ来る, 回万国自動車展覧会場の入口, 回万彦がやって来る, 回の日, 回三千八百円程度になる, 回三千円は上る, 回三四十銭の小説, 回三回一同は夜色, 回三回分裂して, 回三回四回とゆっくり, 回三回数時間の後, 回三回數時間の後, 回三回行列して, 回三圓で淫賣, 回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 回三枚半で一月, 回三百円ときまっ, 回三百回と繰り返し, 回三越に行く, 回上げますから今夜, 回上京して, 回上演目録に正宗白鳥氏作, 回下痢した, 回當な, 回不能外に夢精二回, 回へなけれ, 回世界ピオニェール大会のこと, 回世界ペン大会に出席, 回世界大会の日本, 回世界平和擁護大会が開かれた, 回両家のあいだ, 回を過, 回中央委員会に提出, 回中新民法の事, 回主として米大根魚等の, 回為人也択乎中庸得一善則拳拳服膺而弗失之, 回乗るごとに, 回だの, 回は酒, 回事故休み何回病気休み何回は規則, 回二三百もうなり, 回二十カペイカの出張教授, 回二十円取られて, 回二十四五日と云ふから, 回二十年に一回, 回二升までで毎日二升, 回二単位の講義, 回二回三回とぐるぐる, 回二回三回一同は夜色, 回二回共気乗りせず, 回二時半カラ四時半マデ鈴木氏, 回二時間ずつある, 回二時間位の部長会議, 回二百五十円を支給, 回二百円もらつて, 回二階から降り, 回なるが, 回互不回互なるが, 回五六枚も書い, 回五円だった, 回五十円はつらい, 回五回六回と蹴合い, 回五百ドルくらいとられる, 回亡きあとに, 回京都の宮廷, 回今みたいな手あら, 回今度こそはよう, 回今日もむなしく, 回仏蘭西人某氏の家, 回仕入れてその, 回仕入れた原料が, 回仕合して, 回以上これを試みざれ, 回以上同一進路に当った, 回以上回転する即ち, 回以上手足をぶるぶる, 回以上支払いに役立つ, 回以上断続する光, 回以上明滅するちらつきには, 回以上百回近くも転宅, 回以上腹を立てた, 回以上集会して, 回以上雷の鳴る, 回以下は明日午後四時半, 回以外にたっ, 回以後その壇ノ浦, 回以来幾人かの作家たち, 回休み休み到頭四階まで, 回休業のすり紙, 回の流れ, 回会うことも, 回会つたばかりである, 回会員の家, 回伺っただけでした, 回但しいつもだいぶ遠方, 回位一回ごとに三〇万枚, 回位午後三時からの講義, 回位家中の家族, 回位痰の出た, 回何万回という経験, 回何処かの寄席, 回何十回とした, 回何百回も繰り返し, 回何行という短文, 回も続け, 回余計通へる勘定, 回作ったとしても, 回使ってあり, 回使用すべき注意, 回便通があった, 回促されたり, 回修身を教, 回倒れんとし, 回停車する, 回催促に通つた, 回僅か五ドルの原稿料, 回先づ青軒翁が紹介状, 回光信号を交換, 回光機は五秒毎, 回光録を贈っ, 回党会議は次, 回の共同態, 回入札に二千三百八十九円, 回入江を往復, 回全く同文の, 回全体会議の第, 回全国を周遊, 回全編を読ん, 回全部を覆し, 回八十神に欺かれ, 回八回が金星, 回公判以来被告等はすべて, 回公判調書に記載, 回公判調書記載と同一, 回公演期日を大正三年四月一日, 回公衆に同社, 回公開演奏会を行った, 回六七十年つづけて, 回六十三回回を重ねる, 回六秒ぐらいで, 回共気乗りせず, 回兵助の屋敷, 回其體重を量る, 回内国博出品の, 回内外の地震, 回出ようものなら, 回出るような, 回出世地蔵の縁日, 回出会つた, 回出入りさせると, 回出張して, 回出征の時, 回出来よんで見れ, 回出演して, 回分けて彼, 回分裂して, 回切りで止める, 回刊行される校友会, 回別々の人間, 回別荘へくる, 回ち閏年, 回前篇終りと, 回労働者大会議, 回のジャンケン, 回勝ったことに, 回勝つてしまはう, 回勝負がすすんだ, 回化粧乘をし, 回は東京, 回医者が約, 回十五・五度が十回, 回十五六枚ずつにて半箇年間, 回十五分位それから飼料, 回十五度から十六度, 回十五日に研究会, 回十五枚ずつで, 回十円も安く, 回十四回頃からロス, 回十字軍としてエルサレム, 回十日間程この, 回十月に一回, 回千リラなの, 回千円の契約, 回千登世は内儀さん, 回卅分はかかります, 回午前中に一回, 回午後一時に食事, 回午後三回毎日やるん, 回午後三時に行われる, 回半あと昼夜二回そしてその間, 回半入りはパッ, 回卒業であるが, 回卒業同窓会であろうと, 回博士になつて, 回危うく浴構内の, 回即ち最後の, 回参考人として洋服裁縫職, 回参詣をしなけれ, 回床へ, 回又は三回ひどい, 回友釣りを試み, 回反動をつけ, 回反復の後, 回反復熟読せしめた, 回反覆するだけの, 回反逆を企てた, 回受賞者は中河氏, 回受験して, 回口笛を吹いた, 回句会を開催, 回楽の, 回右門と張り合い, 回寺院の, 回合わせて二週間, 回同好のもの, 回同文の閲覧願, 回向島の堤, 回に送った, 回吸い暫く空, 回周平は夫人, 回呼んで見た, 回和蘭の書物, 回唱うるときは, 回唱えて寝, 回商科大学で語学, 回喀血したでしょう, 回営業報告とある, 回嘔気一回カンフル三回滋養腸注一回, 回噛むことだ, 回四枚ほしい, 回四百リラとられました, 回四錠ズツ日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 回を重ねる, 回回った後すべてに, 回回教寺院である清真寺, 回回教徒らはヤク, 回国王に依っ, 回国際パンクラブ総会が開かれた, 回国際ペンクラブ大会へ出席, 回国際会議への召集状, 回国際大会をもっ, 回国際連合総会に於ける, 回国際革命作家大会がソヴェト革命, 回の財政, 回を画き, 回圖中に頭部, 回地球は自分, 回地質旅行に行っ, 回地震があった, 回坑外まで運ぶ, 回執行委員会総会でブハーリン, 回報告書が公, 回塗布され足, 回塘夕微暑, 回墨書しさらに, 回と赤煉瓦, 回をたてた, 回売ることが, 回変ったがどの, 回夕方一度苦労性のモウパア警部, 回夕食後先生の宅, 回外れても九回, 回多く取るまね, 回夜あけに一回, 回夜中に夢, 回演習を, 回大きい徒渉を, 回大会二ヵ月後のこと, 回大会以来今日でもまだ, 回大会報告となっ, 回大会日本招致は日本代表, 回大会決議が極力, 回大会満州国代表参加問題の歴史, 回大会議あり, 回大嘗祭にも, 回大学で談話会, 回大水災大風災おのおの一回, 回大洪水がある, 回大演習をやるです, 回大調和展覧会に出品, 回夫婦の行事, 回奇夢の事実, 回を着, 回になる, 回女塾の場面, 回妊娠をする, 回妖怪屋敷に宿泊, 回始終苦界さ, 回姙娠して, 回は橋, 回婦人労働組合会議が行われた, 回婦人委員会を開いた, 回子供の時, 回子供たちの同じ, 回季節がくる, 回を好みし, 回学友と飲め, 回学術体制刷新委員会が一九四七年八月首相官邸, 回完全に満員, 回を回った, 回定期航空便がある, 回宛くり返した, 回宛出版する小, 回宛十回ほど注射, 回宛村上彦四郎氏邸やその他, 回宛繪のたすけ, 回宛高貴な香油, 回実に好い上品, 回実地授業批評会は十月八日, 回実戦の経験, 回実質的には第, 回室内音楽会が催され, 回家中の各, 回容器考説の中程, 回寄せ合った合戦の, 回寄付金としたい, 回寄合っての怪談会, 回寄宿舎の記念日, 回富士のお山, 回富士見東京間を往復, 回の夕食, 回寺内神父の特別講義, 回サラジンが, 回尋ねて来, 回小一郎の不, 回小川女史から御, 回局面を変化, 回展覧会を繰り返す, 回展開催中御用命, 回山岳部講演会兼展覧会をやった, 回を越し, 回川上機関大尉に出くわし, 回工業化株券のこと, 回工業博覧会へ来た, 回のごとく唱うる, 回左様な事, 回巻きつけたもので, 回市内外の同, 回市民無料招待の慰問ショウ, 回市街で人, 回帝国美術院の出品, 回帝国議会開院式の勅語, 回帝大内山上集会所で開いた, 回を聘し, 回帰りみち冬村君を訪ね, 回常会を開こう, 回干戈のあいだ, 回平均には出なけれ, 回平均居所を変, 回平野水を一口, 回の終り, 回幸田節三の妾宅, 回幾千回斯うした, 回幾百回かう言, 回床屋が出張, 回廻すと箱, 回廻ってやる, 回廻らねばならぬ, 回廻るべき角は, 回続いて, 回引っぱったが我々, 回引越しましたよ, 回当選都会議員当選一回というわけ, 回彫刻競技会を開き, 回彼らと顔, 回彼島に渡れり, 回ったこと, 回徒歩で往復, 回徒渉しながら, 回御覧があった, 回徳次にとつて, 回必驟雨来るが, 回忘年会を開催, 回忠告した, 回意外な事実, 回感じたが計器, 回我が中村屋でも, 回或は一二回ぐらゐづつお邪魔に, 回手先きを, 回手術をうけた, 回打撃の練習, 回払えばいい, 回投げ込むだけのもの, 回投票というもの, 回折った一枚の, 回押入れなぞ改めて, 回担当のヒューズ, 回きに, 回拭っている, 回指一本で軽く, 回按摩をとった, 回挑戦試合が五回, 回振り仰いで, 回捲き上り捲き降り, 回捲きつけ皮帯の, 回掃除して, 回授賞問題をめぐって佐藤春夫, 回排出される, 回掘ってみる, 回戻さなければ, 回接吻をした, 回控室で暗誦, 回掲げられたことが, 回揺れた後で, 回をする, 回撮影す, 回支出金額を決定, 回支那ヲ漫遊シタコトガアルガ, 回支那西域タクラマカンの荒野, 回改称節ノ賀筵上ニ於テ, 回攻撃された文章, 回放送しいつどこ, 回政務の余暇, 回政府の役人, 回教えも受けた, 回教われば直ぐ, 回教徒あんたは食べたい, 回教徒らはヤク, 回教徒工作がありました, 回教徒遥拝所なりと案内者, 回教誨堂とかいう阿弥陀様, 回散歩すること, 回数えてもだめ, 回数えたんなら, 回数人の知人, 回数時間の後, 回の損害, 回數時間の後, 回文字を書かせる, 回文展出品作で大正四年, 回斥候としてあらゆる, 回美術人協会展の, 回新しいのと, 回新已向虚空付此身出本, 回新日本文学会の大会, 回新日本文学会大会にあらわれた, 回新進作家の目星, 回旅行せられて, 回旅順攻撃の時負傷, 回の誕生, 回日本で今, 回日本アンデパンダン展覧会を見, 回日本山岳会小集会, 回日本美術院出品の, 回日比谷公園の傍, 回旭川美術協会展覧会は旧, 回昇給するその, 回明り窓からぎら, 回明日吹込である, 回明治神宮外苑の日本青年館, 回春木少年はお, 回是正を行, 回の部, 回時ニ同学新ニ, 回時一鳥鳴, 回時歳末に際して予期, 回時間の長短, 回にあつまっ, 回暢びりした気持, 回曲っていた, 回書き改めさせたと, 回書きためたりし, 回書き出してから文化部長, 回書けば百回, 回書記長もたった, 回書面で往復, 回最上の慰安, 回月曜日と金曜日, 回有明荘なる松谷鶴子, 回服用オ蔭デ痛, 回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, 回望気何雄竺海波高貿易風夕日沈時雲漸散, 回朝九時から十時, 回が出来上がりました, 回本屋の二階, 回へ呼べる, 回来たことも, 回来り見るところから, 回来泊して, 回来診ヲ乞ウタコトガアリ顔, 回東京公演に際しその, 回東京放送局の時報, 回東京爆撃に向おう, 回東京都宝くじの抽せん, 回東国勢を悩まさん, 回果敢なきこの児戯, 回柏木氏を訪れた, 回校正のため徹夜, 回植木屋が見回り, 回植物質器具考説を見よ, 回検べたところでは明, 回極東大会参加に決し, 回極東選手権大会円卓会議に始まる, 回榜ぐ熊野舟つきめづらしく懸け, 回標的にあてる, 回横浜を出帆, 回檢事の調べ, 回欧米各国を周遊, 回歌って三回目の, 回此処へ来, 回此智此徳を捨てた, 回歴史家の間, 回歴遊を重ねし, 回死にそこなったかしれない, 回殺人罪の下, 回母五十回忌の法事, 回毎日やるん, 回毛鈎を打っ, 回民藝協会全国協議会が京都, 回民藝協会全国大会が青森県, 回した, 回を渉, 回水薬粉薬取交ぜて, 回水風呂につかった, 回を飲んだ, 回氷河期をむかえた, 回汎太平洋仏教青年大会に対して満州国代表, 回汽車の往復, 回沖縄舞踊の紹介, 回沖縄訪問の収穫, 回河口に行っ, 回法令は三時間, 回法廷に立たね, 回注射して, 回泳いで来た, 回洋上句会がある, 回洗濯したが, 回洞庭にゆく, 回津軽海峡へ曳網旅行, 回活字になった, 回流そうとかまわなかった, 回浴びるともいった, 回浴湯するのみ, 回へで, 回海軍兵学校を一回, 回深夜に一回, 回清水で水洗い, 回済ませて生駒, 回済むといよいよ, 回済んで表, 回渡米から帰り立て, 回測るという風, 回游魚の習性, 回湯島の孔子, 回満塁二死2ストライク3ボールを想像, 回準備委員会をひらき, 回滋養腸注一回, 回滑って両足, 回滑り落巌石の道, 回演出は失敗, 回演壇に立った, 回演能の由申, 回演説会を開い, 回激しく往来する, 回瀾事業の必要, 回火入れをすれ, 回灯籠の影絵, 回無駄な骨折りを, 回無駄足を踏ませた, 回焼き捨てるのである, 回照器がいつ, 回熱海ヲ通過スルマデニ, 回爆撃を蒙っ, 回にし, 回を食い, 回特選され数多, 回出さない内, 回牽き出さない内に, 回独唱会という忙しい, 回猛士とか僭し, 回をロケット, 回理科なら三回, 回環らすを得べく, 回生徒なぞにもいうた, 回甲板上にて礼拝式, 回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, 回異書多半出三蔵, 回病気休み何回は規則, 回病院へ通っ, 回癒し腎臓の, 回癒した魂の, 回発作がありました, 回発行される校友会誌, 回登ったことが, 回登山者と忙しく, 回白い散薬を, 回的事件としての資格, 回盈欠する中, 回盗まれていた, 回目だつたかには, 回目ラクにし, 回目三回目はギッシリ大入り, 回目位です, 回目内海殺しの状況, 回目冒頭でかなでられた, 回目客ます, 回目弘化三年が二千六百九十万七千六百二十五人, 回目発声映画が封切, 回目百回目とかまたは, 回目編笠茶屋を過ぎ, 回目走りおわると, 回直吉の旧, 回相互に無関係, 回慊堂先生与, 回看して, 回看すればあたかも, 回県展といふもの, 回県庁で催される, 回真綿の目標, 回着せたものであった, 回着る着物が, 回瞬いて言った, 回矢継早に提出, 回短い所は, 回短時間休んだばかり, 回の舞い込んだ, 回破裂して, 回礼拝式がある, 回社会の事情, 回社會研究會があり, 回の鉄棺, 回祖天に登る, 回の矢, 回神職講習会における講義, 回を行, 回禄以後鹿相成家居, 回福引を済ました, 回も一段落, 回の月, 回秋川さだ子殿木沢先生御処方, 回移動演劇及び映画, 回には三回, 回稀有のこと, 回程の窄胸術を, 回程を促して, 回程度に受持ち, 回稼いでゐる, 回稽古をした, 回空襲の敵機, 回立ちましたがあの, 回競馬を見物, 回筑後守新井白石のきびしい, 回築き直されたにも拘らず, 回築地明石町の場, 回を波, 回糸掛け石の條, 回紀念日に一人, 回紅葉館で例会, 回素早く下に, 回紹介されたこと, 回終ったら浜田捷彦来り, 回終り大阪ずしで食事, 回経験して, 回給桑を終, 回継続されて, 回続いたあとで, 回続きの不運, 回続きましたが美術思想, 回続けた結果動悸は, 回続けたい希望を, 回続けるとす, 回総会後に於, 回総監の腕, 回編輯会議を開く, 回縁者である, 回總會はメキシコシチー, 回繰りかえしたことであろう, 回繰り返された後に, 回繰返させるんだ, 回繰返した上で, 回繰返し一郎は矢張り, 回罹災した火事, 回美術院同人展出品の, 回美術院試作展に大智氏, 回考えてもつながれてる, 回聞けば則, 回職業占師の眼光, 回肉親のもと, 回の薬, 回脱獄を企てたる, 回腕時計を見た, 回を断ち, 回を立てた, 回臨んでみ, 回臨時に出かけた, 回自殺をこころみ, 回興業に山姥, 回舞って来た, 回舞台を踏んだ, 回航海すれば, 回また横動, 回艸土社の展覧会, 回芥川賞の時, 回の咲く, 回花野氏から電話, 回若い男女が, 回若しくばそれ以上, 回苦慮したであろう, 回英国婦人が英語, 回落ち会った, 回落合った偶然の, 回落選東京市会議員は四回立候補, 回葬り去られたか解らぬ, 回をさした, 回藩主の代理, 回の門, 回虎ノ門の晩成軒, 回蝋山氏高橋氏の臨席, 回蝋燭の芯, 回血尿とあり, 回の熟達, 回行うように, 回行きめぐる鴨すらに, 回行われこの早朝, 回行われたばかりでした, 回行われることに, 回行列して, 回を巡視, 回衝突の危険, 回衣服原料の條, 回被害地を往来, 回から梯子, 回襲い来たる, 回襲来しそれ, 回に行き, 回見るにもこの, 回見合いをした, 回見回ってきた, 回見廻ることも, 回見本を出し, 回視むは最, 回覚醒と夢中遊行, 回観たのである, 回覽雜誌で, 回角器牙器考説の終り, 回訊問後彼の自殺, 回討伐に出た, 回記念日について書い, 回記載されたの, 回しが, 回訪れただけである, 回評議をかさね, 回詣でたのであつ, 回試みても出来なかつた, 回詩花会という詩文, 回詮議に来た, 回誕生日形影共に悲しむ, 回説クモ益無ク終日聴クモ利, 回説明を聞いた, 回読み切りの雑誌, 回読み直したが未だ, 回読み返したものも, 回読むんだ, 回読んだのう, 回読者の忍耐, 回調べたらあるいはほん, 回談話を交換, 回講学上の疑, 回講演をした, 回講義を引き受けた, 回講話会を催しまし, 回の稽古, 回警告文だった, 回警察へ出頭, 回議員に選ばれる, 回護せむとして, 回豹一の肩, 回貝殼器の條, 回貝殼器考説の末, 回負けて二回目, 回負け越しになつ, 回販賣店協議會は去る, 回貸しがある, 回赤飯を食べ, 回走りても何とも, 回起きて寝室, 回起こることあり, 回起すより夕張, 回跳ねさせることは, 回踊つてそこを出る, 回でグル, 回身上旧青春, 回身体に穴, 回車輪が回る, 回転かして, 回転落ののち, 回軽く咳込むと, 回輸出映画を選定, 回轉生や因果應報, 回轉運動のため, 回迄は採収, 回近く職場を変えた, 回近所の大山園, 回近郊の写生旅行, 回返事をくれた, 回送ってくだされ, 回送られるわずかな, 回通してチョン, 回通ったところがさして, 回通つた揚句一年のびたとか, 回通つて居た, 回通つて娘とも口, 回通信する電報料, 回逢ったきりだ, 回逢つたのみである, 回遂に会議の, 回遊びに行かれた, 回遊んだがこれら, 回遊里に足, 回運行する期間, 回運転手に叱られ, 回違うのが, 回違った箇所に, 回クノ日本便所ヘ, 回遠路を召喚, 回遠雷がかすか, 回遣り損ない指を, 回選挙に立候補, 回邂逅った, 回郊外のセエヴル, 回都合三十六回に渡っ, 回都合四回養子先と女房, 回重なればもう, 回重ぬるも任意, 回重ねてこれ, 回野口英世のそれ, 回金剛流の師匠, 回金曜の晩専門的, 回金曜日にしかも, 回鈴木派の合同, 回銀座あたりで会, 回銅片一文を取っ, 回銭湯は五, 回鎌倉へ出かけ, 回鐘塔に還っ, 回にぶつかっ, 回閉塞運動広瀬中佐の壮烈, 回開かれた委員会の, 回開き一ヶ年四回で, 回開くのが, 回開会せられつつ, 回間違いびっくりきづいて, 回関西俳句大会に出席, 回降るはずで, 回限り而も或, 回院展の, 回陳列するほか, 回と命名, 回陽丸に乗じ, 回隆吉の質問, 回階段に頭, 回って批, 回雑詠選を終りたる, 回雪枝さんの方, 回青楓氏の仮寓, 回青橙という名, 回革命作家国際会議がモスクワ, 回革命記念日の数日前, 回がし, 回音信したの, 回擦したり, 回頷きて, 回頼朝討伐の, 回風小艇自横斜, 回飛行機がやって来た, 回食う日も, 回食べるだけの分量, 回食物は栄養, 回飢饅一回大水災大風災おのおの一回, 回飲みにでかけた, 回養子に行き, 回養子先と女房, 回して, 回首ッて観る, 回首九原月在天, 回首二十七正是臥竜始起時, 回首当時豈堪, 回首志業一無成, 回をかえ, 回駆けてやる, 回驟雨を送り来たる, 回骸子を振る, 回が上がった, 回魏玉卿が學生中, 回鮒釣りに連れ, 回鳴き夜中には, 回鳴くに要する, 回鳴門を渡りたる, 回鶻辺に拡がっ, 回を清め