青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「厭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

原則~ ~原因 原因~ 原始~ 原子~ ~原理 原理~ ~原稿 原稿~ ~厭
厭~
厳~ ~厳重 厳重~ 去~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る

「厭~」 6897, 66ppm, 1714位

▼ 厭~ (1889, 27.4%)

123 顔を 72 気が 33 んだ 32 の, 奴だ 28 心持が 25 顔も 24 ことを, 事を 23 気持に 22 のだ, 思いを 20 んです 18 ものだ, ものを, 気持が 17 ものは 16 顏を 14 ことだ 12 ような, 心持に 9 のである 8 事は, 人ね, 女だ 7 事だ, 人だ, 夢を, 言葉だ, 野郎だ, 音が 6 ことが, のです, ものが, もんだ, んでしょう, 事が, 厭な, 奴, 感じが, 音を 5 ことで, 処だ, 心持も, 心持を, 気持ちが, 眼を, 笑ひ, 色だ

4 [22件] ことでも, ことは, ことばかし, ことも, ところを, のか, ので, のは, のよ, のを, ものに, んだろう, 事で, 匂いが, 声で, 奴が, 心持で, 心持の, 気持だ, 気持ちだった, 気持を, 顔し

3 [41件] こつた, こと, ことでした, ことばかり, のだろう, のであった, のでせう, ので自分, のと, のなら, もので, ものと, やつだ, んじゃ, 人, 人ねえ, 匂の, 噂を, 女でも, 子だ, 心持, 思を, 方です, 日だ, 日と, 気の, 気も, 気を, 気分に, 気持ちだつた, 気持で, 気持の, 氣が, 犬だ, 男に, 臭いの, 臭気が, 色の, 表情を, 話を, 顏も

2 [109件] お方でございます, かたね, ことだった, ことだつた, ことに, こと延喜でも, こッた, ところが, にほひ, のあなた, のかい, ので私, ものさ, ものじゃ, ものである, ものであろう, ものです, ものなら, ものの, もんです, やうな, ように, わけは, んでございます, んでせう, コロロホルムの, ンだ, 一夜を, 不愉快な, 予感が, 事の, 事も, 人は, 処苦しい, 匂いだ, 味が, 味だった, 商売を, 噂が, 型の, 墨汁を, 壮佼で, 声, 声が, 声だ, 声を, 夢, 夢だ, 夢の, 奴だらう, 奴と, 奴に, 奴ばかり, 妖婆の, 姿が, 子供だ, 客に, 小父さん, 役目を, 心持じゃ, 心持だ, 心持ちの, 心持でした, 心持は, 思い出が, 思い出の, 想いを, 想を, 感じ, 感じである, 感じは, 感じも, 態度と, 所だ, 方ね, 日が, 晩だ, 来客を, 気に, 気味の, 気持ちだ, 気持ちに, 気持であった, 気持でした, 気持な, 物を, 犬であった, 男で, 病気ほど, 眼つきを, 稔さんだ, 空想が, 笑方を, 色に, 色を, 苦い後感, 言葉を, 話だ, 部類に, 重くるしい衝動, 雲あり, 額縁が, 顔, 顔だ, 顔でも, 顔は, 顔一つも, 顔附だ, 黒い服

1 [680件 抜粋] あいかわらずね, おとを, お上さんて, お人, お伯母さん, お婆さんで, お孃樣, お心持, お方と, お母さん, お父さんだらう, お父つぁん, お父様, お菅ちゃん, お通夜は, お顔, がっかりした, きずなを, ぎいぎいいふ井戸車の, くらい酷く, こつた要らねえ, こつた馬鹿, こという, ことさへ, ことそんな, ことだらけな, ことである, ことでしょう, ことです, ことな, ことばかりが, こと口が, こと言う, こと雑誌の, この人, じじいが, その臭気, そぶりを, そんな忌わしい, だけで, ところがまるで, ところと, ところな, ところは, と思う, どうしてこんなに雲脂, においも, におい腐敗した, にやり, のじゃ, のじゃが, のであります, のでこのごろ, のでこんな, のでさ, のでそれ, のでね, のでわざと, のでゐ, ので不参, ので二階, ので傘, ので勤め, ので引き返し, ので戻らない, ので泣き, ので豊か, のどうせ, のよもっと, の叔父さん, ばかりでなく, ひとだ, ひとね, ひとねえ, ふうを, ほど好き, ほど気, もの, ものかね, ものがね, ものこわい, ものたらし, ものであったろう, ものであるです, ものでございます, ものには, ものね, ものサ, もんで, もン, ようで, ようであり, んかい, んだら, んで, んでげしょう, んでッ, んで努め, んなら, パパ, ビール飲み, ピアノの, マニヤックな, ヤーフ族から, 一昼夜を, 上目を, 下界を, 不吉な, 不快を, 不気味な, 世の中なら, 世話をも, 中にも, 予感だ, 事, 事だけが, 事でございます, 事に, 事ばかり, 事をも, 事云ふわね, 事実では, 事実を, 事恐ろしい, 事柄の, 事許り, 井筒屋を, 亭主野郎から, 人から, 人が, 人って, 人つい, 人どころで, 人な, 人の, 人ばかりと, 人形の, 人影が, 人舌打なんか, 人間が, 人間だ, 人間に, 人間の, 仕事から, 仕事だ, 仕事を, 位だつた, 位牌を, 住居だ, 兄さん, 先生, 先生乾してん, 内にも, 内幕も, 内輪ばなしなどに, 冷かな, 冷淡さが, 処, 処じゃ, 処へは, 凸坊キスした, 出来事ばかり, 出来事を, 別れを, 刺戟を, 動揺の, 動物だ, 勘次へ, 匂いである, 印象が, 印象を, 名だ, 名前を, 名所臭の, 呪わしい来客, 味だ, 味の, 咳を, 唸り声を, 商売でしょう, 喧騒を, 噂は, 土地も, 土蜘蛛見た, 堀田さんね, 塔が, 墓の, 声である, 声ね, 声も, 変な, 夜明けが, 夢でした, 夢な, 夢に, 夢ね, 大蜘蛛, 天候だ, 天気だ, 天氣だ, 女が, 女でしょう, 女な, 女に, 女も, 奴ちんと, 奴で, 奴でも, 奴とは, 奴の, 奴また, 奴らしい, 奴らだ, 奴善玉と, 奴思いがけない, 奴等だ, 姉さん, 姙婦氣取りの, 姿, 姿は, 婆あ, 婆と, 媽, 子な, 子供に, 学校の, 学生が, 客も, 客人には, 客衆の, 寒い顔, 寒い風, 寝床だ, 小暗さ, 小母さん, 幇間で, 幇間でしょう, 年寄, 度合が, 廻り合せだろう, 弱いところ, 形相の, 影の, 役を, 役目で, 彼の, 御顔, 心で, 心にも, 心地だった, 心地にな, 心地は, 心持ちが, 心持ちで, 心持ちでは, 心持と, 忍び笑いが, 思いであった, 思いに, 思いは, 思い出も, 性質で, 性質を, 恐ろしい歌, 恐ろしい濠端, 恫, 恰好じゃ, 悪い手, 悲しい主題, 想ひ, 想像を, 感じしか, 感じだ, 感じだの, 感じの, 感じを, 感の, 感情を, 感覚に, 感銘を, 或る, 戦争が, 所でありました, 所へ, 所を, 手つきだ, 手よ, 手紙ばかり, 手風琴を, 批難を, 挙動で, 捕物だった, 提燈だ, 支那人の, 斯様声で, 新聞で, 日々が, 日だった, 日は, 易筮だ, 時が, 時代だった, 時候に, 時期であった, 時間は, 晩でございました, 晩でございます, 智慧だ, 智慧を, 暗い性, 暗い陰気, 暗合だ, 書物と, 月日を, 有様で, 期間を, 東京だ, 東京語ばかり, 根性の, 様々な, 様な, 様子に, 様子を, 樂しくもない, 機械の, 歌, 歌だ, 武雄と, 死骸の, 殘骸から, 気は, 気ばかり, 気もちに, 気分が, 気分で, 気味合の, 気持から, 気持しか, 気持ちで, 気持ちな, 気持である, 気持ね, 気持は, 気質を, 氣に, 氣分に, 氣持が, 氣持ちだつた, 氣持ちは, 氣持な, 氣持に, 氣持は, 汚れを, 沈黙を, 泥酔の, 渇きを, 温かさ, 災難が, 無心を, 煙が, 牛乳なんか, 物から, 物が, 狂言を, 狡猾な, 狭い暗い顔, 猶恐ろしい, 獣だ, 獸が, 甘ったるい, 用事は, 田舎へ, 田部さん私ぞっと, 男では, 男と, 男とか, 男とは, 男の, 番頭さんだ, 疑念が, 病気だ, 痛み方な, 癖だ, 癖に, 癖の, 目つきで, 目にまで, 目を, 目色, 目附を, 真似を, 眼付で, 眼付は, 眼付を, 穢い國, 穢らは, 空気はとも, 笑い方を, 笑顔で, 筈なし, 筋肉の, 籠から, 紛失もの, 素振, 結論を, 美しさ, 老爺に, 者で, 者に, 者は, 聯想に, 聯想を, 聲が, 聲である, 腕環ね, 膚合ぷつりと切った, 臭が, 臭さえ, 臭よ, 臭味が, 臭気こそ, 色か, 芸者にでも, 芸術に, 苦しい病気, 苦笑を, 苦虫を, 菊子の, 菜が, 蒸暑さ, 虫など, 蛇だ, 血など, 表情で, 見知らぬ男, 言ばかり, 言種だ, 言葉が, 記憶しか, 記憶と, 記憶に, 許嫁では, 試験方法です, 詫証文だ, 話題に, 赤道無風帯に, 辛いこと, 連中と, 連想を, 運命を, 遺伝で, 邪慳らしい, 部屋の, 部類の, 都会であろう, 酒を, 醜い人形, 重苦しい建物, 重苦しい蟠り, 野郎が, 野郎ぢや, 野郎と, 野郎な, 野郎め, 金の, 鐸の, 陰気さが, 陽気で, 雇い人から, 雨だ, 電気が, 面も, 面を, 面白くも, 音ちやん, 音で, 音ねえ, 響きが, 響の, 響を, 顏し, 顏一つしない, 顔せず, 顔つきも, 顔つきを, 顔なんて, 顔に, 顔ばかりを, 顔や, 顔一つしなかった, 顔色ちと, 顫動を, 風が, 風説が, 養蟲園を, 餓鬼, 鳥の, 鳴き声だ, 鴉が, 點の

▼ 厭~ (929, 13.5%)

118 なって 82 なつて 80 なった 51 なつた 27 なる 16 なったの 14 なりました 13 なつち 9 なったから, なったので, なると, なるほど 6 なるん 5 なったよ, なったん, なっちまう, なるの 4 なったこと, なっちまうな, なっちゃった, なるもの, なれば 3 なったと, なったという, なっても, なります, なるまで, なるよ, なる位, はつきりと

2 [34件] こだ, せよ記臆, なったが, なったらいつ, なったら引きあげる, なっちまうね, なっちゃうね, なつちやつた, なりその, なりましたから, なりまして, なりますね, なりますよ, なること, なるし, なるな, なる事, なる時, なッ, トゲトゲと, 人を, 勿体振, 勿体振つた, 度強く, 思えて, 横柄な, 気を, 落ちついて, 落着いた, 負が, 邸内を, 陰気な, 露骨で, 黙つて

1 [354件] あかりが, あたしを, あだ, いがらつぽく, いんぎんな, うすぐらい, おなりなさいます, おひゃらかす, お客さんぶってる, お思いなさる, お澄しだっ, きまって, くつきりと, しめっぽい空気, しゃあしゃあし, なったからと, なったからね, なったころ, なっただけ, なったって, なったなどという, なったなんて, なったに, なったばかり, なったふつ, なったもっとみっちり, なったよう, なったらさっぱり, なったらそれッきり, なったらまた, なったらオサラバ, なったら三日, なったら帰れって, なったら遠慮なく, なったり, なったろう, なったわ, なったニヒリスト, なった坊主頭, なった大事, なった女, なった嫌い, なった帰って, なった時の, なった立身出世, なった素振り, なった結果, なった訳, なっだ, なっちまいますよ, なっちまうこと, なっちまうと, なっちまうなあ, なっちまうよ, なっちまうわ, なっちまう時, なっちまったん, なっちまったんでさ, なっちまった俺, なっちゃうわ, なっちゃうわね, なっちゃったがね, なっちゃったの, なってと, なっとるん, なつたかし, なつたの, なつたら, なつたら何時でも, なつたら出, なつたり, なつたんか, なつたんであるまい, なつたんです, なつちまう, なつちまつた, なつちやつたああああ, なつちやつたな, なつちやつたわ, なつちやふ, なつてる, なつて自殺, なつ了ひました, ならざるを, ならした, ならない, ならないの, なりあつ, なりいま, なりいまだに, なりかけた, なりかけたの, なりかけて, なりかけましたが, なりさえ, なりそう, なりだした, なりつつ, なりと, なりぬ, なりぬとて, なりましたな, なりましたよ, なりましたわ, なりやしねえか, なり何事, なり候, なり内弟子, なり出した, なり十年振り, なり古道具屋, なり心中, なるか, なるが, なるじゃろう, なるぜ, なるだけ, なるだろう, なるだろうから, なるって, なるといふ, なると共に, なるなあ, なるねえ, なるばかしか, なるまでは, なるやう, なるらしい, なる人, なる借住居, なる僞善, なる性分, なる様, なる次第, なる気, なる理由, なる程, なる精神過敏, なろ, なろう, なんかならない, なんかなりやしない, なんかなる, なんなさったかも, のろ, ひっそりし, ひとの, ひねくれたさ, ふうわりと, ふっとその, ほめて, ぼんやりし, またこの, むずかしい顔, むつちりと, やり悪く, よそよそして, ガクガクする, キンキラ顔を, ギリギリと, ゲラゲラと, スマートな, ソワソワし, ニヤニヤし, ブテ, ペン先が, ヲダハラばかり, 丁寧な, 上品振つ, 不機嫌で, 世間の, 人に, 仕て, 仰山で, 仰山に, 似た気もち, 体が, 何時までも, 侘しい建物, 俺達に, 偉がる, 傲然と, 光つた袴など, 光沢の, 内証, 冴え冴え, 分かれさらに, 刺戟的だつた, 力を, 勢急に, 勿体を, 匂が, 十字架に, 収まつた顔, 取り済して, 古いもの, 叮嚀な, 叮嚀に, 含羞むだらし, 品を, 圧迫し, 執拗に, 堕ちるの, 大きいばかり, 大きな舌ざはりだ, 大げさな, 大人振, 大袈裟に, 太, 太い声, 威嚇する, 嫂さんの, 孤独で, 容子を, 寂しい, 寒い晩, 小兼, 小心だ, 尖つて, 尤もらしい, 嶮しく, 平べ, 得意らしく, 御懇, 御迷惑, 快活に, 思いお嬢様, 思うが, 思うの, 思つた, 思つた事は, 思つてゐた, 思つて居る, 思はれた, 思はれたの, 思はれるこの世, 思ひ返された, 悄気て, 意味あり, 意地が, 愛くるしく見え, 愛想よく, 感じたの, 感じた過去, 感じられる, 感心した, 感心する, 慌て, 成った, 成って, 成つたら引返さう, 成つて了つた, 成りだすと, 成り終, 成ッて, 拗ねた花, 景気好, 東京を, 武張つてゐ, 気むづかしさうな振る, 気取った云い方, 気取って, 気取つた奴ぢ, 沁, 派手つ, 浅間しく, 深刻気な, 滅入って, 滅入つた聲, 澄まして, 澄ましてや, 灰じ, 煩く笛, 燻んだ色, 片目を, 物々しく見る, 生な, 生真面目に, 癖んだ, 白々しい怪し気, 白い, 白けて, 相違なかっ, 相違は, 真に迫つて, 真面目な, 神妙にが, 神経的に, 神経質な, 科白が, 突っか, 突ンが, 突込ん, 窮屈で, 笑いました, 絡んで, 耳ざわりな, 聞えます, 聞えるの, 肥った女, 肩で, 肩を, 背いが, 胡散な, 胸が, 胸の, 色眼を, 落付い, 落付いてる, 落着い, 落着き払つて傾け, 蒸し暑くなつた, 蒸すねえ, 蒸暑いな, 蒸暑くさせる, 蒸熱い, 蒼白い, 行きしも, 西洋かぶれなんか, 見えた顔, 見えて, 見えますね, 見える様, 見える樣, 規頂面だつた, 角々しく云, 角張って, 言葉に, 議論ばかり, 豪壮がる, 赤ちゃけた出がらしの, 赭かつ, 軽蔑した, 違ない, 遠慮深, 鈴木の, 鉢が, 長いもの, 長閑に, 間の, 陰氣な, 陰鬱で, 隠蔽さんから, 面白さうに, 頭髪を, 顔ばかり, 首を, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しく苦吟, 馴, 馴れ馴れしく押付けがましく切り込ん, 騒々しく大きな, 黙り込んで, 鼻息が

▼ 厭~ (923, 13.4%)

5044 厭だ 333220 と云う 18 と云 13 といふ, と言う 11 といっ, と云つて, と言 10 ぜ, なあ, ね 9 と云っ, ア 8 という, なア 7 と思う, と言つて 6 といった 5 というなら, と思ふ, ねえ, よう 4 というよう, というん, という気持, といつ, と思っ, わ私, 私

3 [15件] から, から文学, ということ, といつた, と主張, と云った, と思, と思い, と思った, と見える, と言った, よお, よ僕, わねえ, 可厭

2 [38件] からここ, からだ, からで, からである, からね, から強いて, から此方, が伊藤さん, けれどもこんなに, こと, し, つたのだ, つたのは, つて仕方が, てえ, とあれ, というの, といえ, といふ風, とかぶり, と云ったら, と仰し, と思いました, と言います, と言うなら, と言っ, ようお, よこの, よそんな, よどこ, よツ, よ誰, わあなた, わ厭, わ妾, 今度は, 俺は, 私は

1 [414件] あ, あ俺ら, あ私, お宅, からあやまつた, からあれ, からいいたく, からいわなく, からお, からおれ, からお前, からぐるり, からこの, からこんな, からさ, からそっくり, からそりゃ, からそれで, からそんな, からであろう, からというご, からという理由, からといった, からと素気, からと頼みこん, からなるべく, からなんて出つち, からな聞くまい, からやめ, からよ, からり, から今夜一緒, から今夜泊つて, から今日, から他, から何とも, から修繕, から俺ら土噛つて, から出す, から出なかつた, から力ずく, から厭, から可, から始終, から己, から懐, から放火, から断つ, から是非, から有体, から朝帰り, から来, から滅多, から知らせず, から知らん振り, から絶交, から肉体関係, から良, から苦, から行つて, から謝, から追, から金, から隠れ, から頼む, から黙っ, か知れません, がお前, がこれ, がな, がなぶられぬ, が何, が新聞社, が行っ, けどお互い, けど自分, けれど, けれどさりとて, けれどもこれ, けれども仕方, けれども何, けれども正しい, けれども自分, けれども茂之助, けれども表向き, けれど仕方, けれど切り, けれど少, けれど復讐, けれど此, けれど美, こうなった, ここで, この追分, これが, さ, さあ云えだ, しどこ, しリヤカア, し五人組, し春, し泣き, し相, し私, し聞かなけれ, ぜおいら虫, ぜと云い, そうだ, そんな怖い, ぞ, ぞう, ぞえ, つけな, つたから, つたの, つた勉強しない, つた娑婆世界に, つて, つていふ, つていふの, つてさア, つてね, つてば, つてもの, つてものは, つて云つたぢや, つて云ひ出す, つて云ふ, つて今一遍云つて見ろ, つて看護婦さんさへ, とあら, といい, といいまする, というとる, というもの, という厭, という形, という心持, という意味, という我慢, という抗弁, という氣持, という菱山, という身, という風, といったところ, といったの, といったふう, といふのよ, といふ仲間, といふ殊勝, といふ高慢さ, とお, とおっしゃるなら, とお前さんさ, とか蛇, とこと, としたら, としてもし, とっても詰まんない, とと云っ, となぜ, となら, とはいいかねた, とはいわない, とはお, とはっきり, とは云, とは云わない, とは思っ, とは是, とは言, とは言いません, とは言いやしない, とは言うまい, とは言わせられない, とは言われません, とばかり思った, とも, とも思っ, とも思はず, とも思わない, とも考える, とも言, とも言えなかった, とも言えまい, と一度, と不, と云いとおした, と云いました, と云います, と云うでしょう, と云え, と云っとい, と云つたつて駄目, と云つたの, と云つた心, と云つて今, と云つて半分, と云つて如何, と云つて承知, と云わなかった, と云われる, と人, と仰, と仰有る, と僕, と動く, と吐かし, と城, と夢中, と妾, と宣明, と強情, と心配, と思います, と思い出す, と思え, と思つた, と思つて, と思ひ続け, と斯, と申します, と神妙, と秀子さん, と私, と答, と答えた, と答えたら, と答える, と考え, と被, と見え, と親, と言いだす, と言い出した, と言い張った, と言ったら, と言ってる, と言つて柱際, と言つて田舎, と言われ, と言ッ, と謂う, と謝ってる, と頭, と駄々, どうしても死にたくない, どうぞ後生, なあおいら, なあ今, なあ臭い, なと思い, などとよもや, なんていつた, なんていふ, なんてこと, なんてそんな, なんて云, なんて云う, なんて云われ, なんて勿体ない, なんて吐かしや, なんて強請れ, なんて言っ, な山, な本当に, な面白く, によってかソレそれ, によって大分気, ねえ内々, ねえ恐ろしい, ねえ運送屋, ねそんな, ねちと, ねつて, ねどう, ね俺, ね妾, ね男, ね眠らし, ね限り, のて, の違う, はじめて気, ふつ, べい, まだしも行長, もし自分, もの, ものそんな, もので, もやしを, もんだ, もんで, もんです, よええ, よおふくろ, よおれ, よお前さき, よお前さん, よきっと, よこんな, よだ, よなんて真紅, よわし, よシト何, よ三八さん, よ串戯, よ些, よ俺, よ俺ら, よ俺らさ, よ兄弟, よ厭, よ大丈夫, よ姉さん, よ婆ア, よ幾度, よ待つ, よ枕元, よ白坊主ツ, よ私, よ立つ, よ血だらけ, よ酔, わあんな, わお父さん, わこの, わこんな, わそれ, わそんな, わそんなに, わそン, わためし, わという恰好, わなん, わね, わねえ困っちまう, わねえ死んだ, わね鶴村さん, わまだ, わよちっとも, わア, わ不意, わ何だか, わ平穏無事, わ聞かさなくっ, んべ, アあつ, アあゝ, アつてぬかし, アね, アよ, ア冗談でしょ, ア喰ひ, ア直ぐ, ッ, ネー御, 事, 人の, 人柱には, 人間は, 今年は, 何うし, 何んという, 俺も, 俺ら, 僕は, 兄弟の, 別居し, 厭だ別れる, 厭だ助け, 厭だ葬る, 厭で, 厭な, 君が, 君等が, 大嫌, 女と, 好きだ, 小母さん, 小父さん, 小笊, 己れ, 御用聞を, 怕い, 恥ずかしいこと, 断然酒, 斯んな, 是非とも僕, 欲しない, 此処に, 毎年の, 気が, 温泉か, 溜息と, 父子で, 物見遊山は, 盗賊の, 真闇, 神さまへ, 私死ん, 糸が, 終ひ, 花見は, 若い女, 虫の, 虫部屋へは, 誰か, 誰が, 誰に, 身ぶるひする, 馬鹿な

▼ 厭~ (205, 3.0%)

24 厭で 22 あつた 8 たまらなかった, はない 6 ござります, ござりまする 5 たまらない, たまらないん 3 仕方が, 厭でならぬ 2 せうし, たまらないの, はなかっ, はなかつた, 好い, 私は, 私を, 默つて讀まず

1 [99件] あつたり, あつた音楽, あッた, いい, いいて, いっぱいに, いつも灰色, いやで, うっかりする, うるさいという, かまや, がすかん, がんす, さあ, さうい, さんざん泣いた, さア, しかたなかった, しようがない, せう, せうから, そのお金, それの, ただ氷, たまらないこの, たまらない生きもの, たまらなくて, たまらなくな, たまらなくなりました, たまらなくは, たまらなく今にも, つい, どうしても一緒, どうしても子供, どこ迄も, ねそれ, はあ, はあった, はあります, はあろう, はございません, はござんせん, はとても, はなく, はなくなった, もやらね, もよい, も立入らね, も行き渡らね, よしと, わざと荒あらしく, わざわざ粗暴, サ, ジャズなんか, 不潔で, 且つ怖, 且辛かつ, 仕様が, 何うかし, 何となく待たるる, 候, 其様な, 出所は, 厭でたまりません, 厭でならない, 厭でならなかつた, 厭で堪らない, 厭で堪らなかった, 厭で死にたくなる, 可厭, 外の, 宜う, 実に邪見, 己も, 幸いと, 彼の, 心配だ, 恥かしくつて堪らなかつた, 手紙は, 早く東京, 来ませんでしたよ, 東京で, 東洋思想に, 毎日顏を, 毎日顔を, 気羞かしくて, 決して声, 深田に, 港町の, 無い一文菓子, 父が, 目を, 知らん振りし, 耐らなかっ, 膝を, 苦しかった, 鄭寧に, 間に, 鵜殿新一の

▼ 厭~ (174, 2.5%)

8 ですよ, 厭や 5 だと, なれば, な事 4 だ, だぜ, なこと, な氣持 3 です, と思へ, と身, なの, なもの, な感じ, な正太さん, な顔

2 [12件] がらせも, だ己, である, でお客樣, とて更に, な仕事, な女, な気持, な物, な音, ン, 大人に

1 [79件] かい, がったと, がらせでは, がらせに, がられず愛された, がり父母も, がるもの, がるん, がる風, さに, さを, しお寺, しまへん, そんなに茶化し, だからね, だが, ださうだ, だす, だったと, だつた, だつたので, だという, だとは, だな, だね, だらう, だわ, だん, でお客様, ですね, ですわねえ, でない, で仕方, で何, といふさては, といわず, とかぶり, とは云, とは言われません, と云, な, なのに, ならば, なればと, なア, な人, な子, な後悔, な心持ち, な戯言, な戲言, な暑い, な気分, な気持ち, な源太郎さん, な猫, な男, な眼附, な部類, な重圧, な陰鬱, な顏, な顏色, にしん猫を, ねえ私, よ, よ厭, よ姉さん, よ泣こ, わ六番目, アね, ーで, 云うて, 否定の, 味なく, 味を, 慚愧の, 歩き續けて, 行田へ

▼ 厭~ (170, 2.5%)

6 しさ 5 しい, しいほど, ない, なかつた 4 しいもの, ないが 3 ないで, ないの 2 ざるなり, しい事, しい記憶, しきは, しき怖, しくな, しく思つて, しと, ないとは, ぬと

1 [110件] ざりしこと, ざりし也, ざること, ざるに, ざるべきこと, ざるを, ざる吾妻鏡, しいこと, しいの, しいやう, しいソーンフィールド莊, しいヰッテムベルヒ, しい一日, しい場合, しい姿, しい宗教状態, しい家, しい強い, しい心, しい思ひで, しい惡魔, しい日, しい気, しい氣, しい涯, しい痛, しい發見, しい祕密, しい言動, しい詳細, しい迄に, しい醜婦, しう覺, しからず特に, しきさまに, しきもの, しきを, しき世の中なりと, しき人ながらも, しき人は, しき儘夜中われと, しき心地し, しき無意味, しき物煩しき物に, しき罰は, しくあの, しくさ, しくなりぬ, しくなるの, しくなるもの, しくなれるぞ, しくばかり, しくわが, しく且つ, しく嫌, しく心ざま, しく思, しく思はれた, しく思はれ都会, しく思ひぬ, しく思ふ時, しく思へり, しく感じた, しく感ぜられた, しく態と, しく汗, しく車, しけれど, しければ, しげに, しとも, しないだらうと, しむる者, しや, じ, じと, じな, す, せられたりしも, せ給, で, でかつ, で唯, で此彼, ないかと, ないさ, ないそれ, ないといつた性, ないといふ, ない働き抜い, ない情なさ, ない程, ない自分達, なかつたが, なかつたの, なかつたら世の中, ぬ, ぬか, ぬの, ぬもの, ぬ農民, ねば, ねばいけ, れんと, れん時ならぬ, 云は, 云わせまじくまた, 何故だ, 動物の, 御座らぬと

▼ 厭です~ (141, 2.0%)

401395 から, もの 4 よそんな, わね 3 か, ねえ, よ私 2 からあなた方, こと, ことねえ, よほほ, わねえ

1 [42件] あの方, かちょっと, からこ, からその, からどうぞ, からなあ, からね, から僕, から私, から越し, か其の, がおちたら, が自分, けれどでも, ぜ, って, て, とて最う, ねまあ, ね指井, のお, よあなた, よあれ, よお, よと云った, よオホヽヽヽヽ, よ厭, よ旦那, よ民ちゃん, よ縁起, わね好いた, わブルジヨウア, わママ, わ嚇, わ殿方, わ蒼蠅, ネエお, ワだ, 好きに, 宜いと截然有, 寐か, 昨日ダイヤを

▼ 厭らしい~ (128, 1.9%)

3 ことばかり, もので 2 ことを, こと恐い, ところは, 不思議が, 事を, 沈黙の, 装置だ, 踊りに, 長い頸, 黄色な

1 [102件] お顔, が併, くらい黄色, ことさへ, ことだろう, ことで, ことでも, ことまで, じゃありません, そんな事, だけさ, だらだらした, といふ, ところも, とも思, と云う, ねえ, ねえよしゃ, のと, のねえ, までに能弁, までの色気, ものに, やうにも, ような, わ, んだ, ッたら, 不快な, 事くらい, 人間ば, 人間ばっかり, 其臭と, 出来事が, 口ぶりで, 声で, 声平素聞きなれてる, 夢まで, 奇怪きわまる, 女ねえ, 女の, 奴ぢや, 奴つたら有りません, 奴で, 奴や, 好奇心とでも, 存在だ, 存在として, 実感的な, 客を, 延喜の, 強い力, 思い出だの, 恐怖です, 想念ときたら, 憎悪に, 文句は, 暗合の, 業つく, 様子も, 母を, 気が, 浅ましい姿, 淫猥な, 温泉マークみたいな, 澁面ばかり, 点は, 甚助らしい, 生よりは, 男だろう, 目だの, 目つきだらう, 目つきだろう, 目付を, 真似を, 眼配せ, 祈願には, 穢い好色, 穢ならしい, 笑い声が, 笑い顔を, 細長い眼付, 美しさ, 美男子は, 聲し, 腕環を, 處に, 行ひ, 表情を, 裁判所に, 話は, 諺だ, 重荷であった, 野暮な, 顔つきを, 顔では, 顔を, 顔付きでしょう, 風は, 風俗, 馬飼の, 魔力が

▼ 厭がる~ (119, 1.7%)

7 ものを 5 のを 4 のは, ような, ように 3 のも, もんだ, 者を 2 女を, 妻を, 様子も, 色が

1 [78件] お前を, お梅, お蘭, お金持, かのやう, からさ, からじゃ, からなお, からね, から困る, から如何なる, がよい, けれど, ことも, ことを, こと土の, こと用も, ぢや, といけない, と云う, と全く, には何, のが, のだろう, のであつ, のであらう, のであろう, のと, ほどだった, ほど巧み, ほど評判, ものです, も厭, やうに, やつを, ようだ, ようにまで, わたくし共を, んだ, んです, ステッキを, 事を, 二人を, 人が, 他人様から, 僕を, 其の厭, 千太郎の, 口に, 夫人を, 女に, 女の, 学科である, 家から, 弟の, 彼の, 必要の, 森の, 樣に, 樣子も, 父兄は, 皇后を, 程屡, 綾子を, 義太郎を, 胸を, 荘六の, 薬を, 虫を, 蚊を, 言葉を, 豎剣文, 醜い傴僂, 間は, 頭飾は, 風だった, 麦僊氏を, 黒坊誰が

▼ 厭~ (113, 1.6%)

11 やうに 6 可き 3 にあらず, 事かは, 大和の, 是れ 2 なかれ, にはゆる, に暇, の念, 可く, 心持が, 方樣も, 者は, 隣家寒

1 [66件] が科学慢侮, ことが, ことと, ことの, その間に, どころかある, なかれわが, にはあらね, にもあらざれ, にもあらで, によせ, に先, ので, のである, ので煙草, ので稍, のみである, の甚だしき, の軽佻者流, の輕佻者流, は攘夷とい, をたけ, をも知らぬなるべし, ハートの, 事を, 二人連, 人の, 人も, 余りにその, 余りに其の, 傾向から, 冬さへ, 処に, 危きに, 可らざるのみ, 名をだに, 威力の, 峠の, 心も, 心持ちの, 怠惰とが, 恋こそ, 所, 所で, 所も, 支那人は, 故に, 方様も, 日本式の, 業病を, 様な, 樣な, 気も, 気持は, 氣持で, 氣持にな, 理由には, 破綻といふ, 程である, 者が, 角袖外套の, 詞二つまだ, 踊子を, 身には, 養母は, 黒髮と

▼ 厭なら~ (112, 1.6%)

7 厭で 4 厭と 3 いいわ, 仕方が 2 ばお, 厭だ, 図書室の

1 [89件] あくまでも殺人犯人, あの蒲團, おいらが, およしなさい, おらが, おれの, お前も, お可厭, お捨, お止しだ, お金は, これから帰っ, これだ, しようが, すぐ帰る, せめて一遍, そのうち折, そのままで, それにも, たって差し上げよう, どうかする, どこへでも, ばその, ばだ, ば何, ひとまず東京, もう猫, もっと判然, よく稼い, よろしい, わが仕事, わしの, 一人お, 一人で, 一応私, 二度三度も, 仕方がねえ, 仕様が, 他国せい, 何も, 俺は, 俺ひとりで, 僕に, 別でも, 厭じゃと, 厭でなくなる, 厭でも, 厭で黙っ, 厭な, 厭嫌ひなら嫌ひで嫂さまと, 君は, 圖書館にでも, 外から, 学校の, 宜しいが, 実力接収と, 寮へ, 少々略しましょう, 少し寄附, 希望と, 御前は, 心配無く, 我が仕事, 手切金のと, 普通の, 此処へ, 此家を, 泥を, 温柔しく待っ, 無理に, 男らしく自分, 病院を, 真面目な, 私が, 私だけ, 私は, 突き殺す, 舎しましょう, 蝦蛄の, 血を, 貴方は, 買薬でも, 身上を, 遠慮なくいう, 遼東ホテルへでも, 金を, 銀座を, 離縁だ, 馬車を

▼ 厭~ (105, 1.5%)

27 がさして 13 がさし 10 がさした 7 が差し 3 のさし 2 がさ, がさす, さすばかり, になっ, のさした, のさす, を催し

1 [31件] がさしたでしょう, がさしたら, がさし始め, がさすであろう, がさすでしょう, がし, がした, が差した, が注し, ざさずに, ざしたら我慢, ざして, というも実は, とをいっしょ, になつ, になり, になッ, に襲われる, のささない, のぞっと, のぞつと, までがし, も差した, をおぼえ, をさす, を催した, を見せず, を覚ゆる, を起こさせられてた, を起こし, を露骨

▼ 厭でも~ (102, 1.5%)

13 応でも 4 あろうが, 應でも 2 あらうが, なさそう, 昇に, 金剛石を

1 [73件] あったが, あつた, あなたが, あるが, あるの, ある事, いいの, ここは, この部屋, ございましょうけれども, しかたが, しまいまで, します, そこまで, その時代, それは, それを, ないだろう, ないの, なかつたが, なく面白, ぼくたちは, マ然, 一寸上っ, 中有に, 乗りかけた船, 何でも, 僕に, 出て, 前列の, 厭な, 向うから, 向うに, 吸は, 周作が, 大多数, 天下が, 太刀は, 宙に, 小酒井不木氏森下雨村氏松本泰氏こういう, 彼女の, 往って, 御養子, 応で, 或る, 捨なけれ, 撲るぞ, 放課後六時半までは, 日頃の, 早く即, 有ろうけれども, 来るに, 正しい方, 死ななければ, 死ねば, 灰に, 独りで, 痛い目, 相手は, 眼を, 知った振を, 秘密の, 美しい景色, 耳を, 聴かせられた, 自然顔を, 茲を, 見聞させられる, 話しかけずに, 諾いて, 鏡中の, 開く鉢, 随分美しい

▼ 厭~ (66, 1.0%)

9 いうほど 3 云えば 2 おっしゃっても, 云うこと, 云うの, 云ふ

1 [46件] あらば, あれば, いうに, いって, いはれぬやう, いわれたこと, いわれるの, おいやるなら強い, おっしゃいよ, おっしゃるか, お言い, その女, なり結局道徳的, はせ給, 不満足とを, 事が, 云いきりたかったが, 云うたら何, 云うだろう, 云うて, 云うでも, 云うよう, 云ったら用捨, 云った後, 云はれ, 云へ, 云ッた, 仰しゃっては, 仰有るだけで, 冠を, 名づけんか, 孤独の, 思うの, 思った学生, 思へば, 思わないという, 恐怖とを, 憎悪とが, 憐愍とに, 申されるか, 複雑な, 見える, 言つて呉れ, 言はれない, 言ふ, 言や

▼ 厭~ (59, 0.9%)

7 厭よ 3 ッ, 私 2 私は

1 [44件] あたし, お起きなさい, こんな心配, こんな深い, さう, そんな事云, ねえあなた, またこないだみたい, もう貫一さん, やくの, よく見物, ジエィン, ツ, ヘレン, 主税さん地方へ, 何さ, 何だか怖く, 俊男さん, 俺れ, 兄様, 兄樣, 別れるの, 厭です, 厭よう, 可厭, 可厭よう, 唸つて, 塀和さん, 姉さん, 小母さん私両方とも, 後生, 恥かしい, 放しちゃ, 斯んな, 日常さう, 睡っては, 私こんな, 私厭よ, 若旦那が, 許して, 負けるに, 道時の, 酷いわ, 髪が

▼ 厭がっ~ (56, 0.8%)

12 ていた 10 ている 2 ていました, て早く, て飲まない

1 [28件] たりしたら泣い, たりする, て, ていつか, ていらした, ていらっしゃる, ているだろう, ているなら, ておらるる, てきらい, てそれ, てちっとも, てときどきうっとり, てはいない, てみんな方々, ても聞え, てやらせまい, てハネ, てヒンヒン, て何だか, て厭, て参りません, て居た, て居られた, て年, て時には, て誰, て逃げッ

▼ 厭~ (55, 0.8%)

3 父母をも 2 て之, て我, て林, 身を

1 [44件] あるいは君, かへりみ, その政府, て, てか暫し, てなるべし, てはこ, てやラプラタ川, て不自然, て事実, て宵, て家居, て寂, て尾, て石, て細, て美, て肱さし, て記さず, て誠, て重, て飛ぶごとく, ながらも生き, になる, の聟入, ははてじ, は致さね, は致しませぬ, もしくは世, 何を, 加之, 同時に暴力, 外出を, 怖れ, 患へ, 正しと, 殊にその, 無くて, 給はずば, 給ふまじき, 聞達を, 自ら縊れ死したる, 被成候やう, 近代主義者たるべく

▼ 厭~ (51, 0.7%)

8 つた 6 つてゐる 4 つてゐた 3 応でも, 来て 2 つては

1 [25件] つたから, つたが, つたことが, つたのは, つたのを, つたばかり, つたものです, つたり, つてしない, つてみのるは, つても, つてよほど, つてるやう, つて主人の, つて善く, つて居ました, つて手に, つて申込まなかつた, つて裏の, つて見舞に, つて鍔広の, ないは, わいて, わくの, 上の

▼ 厭がらせ~ (48, 0.7%)

2 のつもり, をした, を浴せた, を言, を試み

1 [38件] うるさがらせた, だけのこと, てやつ, てやれ, であつ, でしかも, でせう, でもなん, でも云, と判つて, にそこ, に来た, に来る, のため, のとばっちり, のやう, の散々ッ腹, の皮肉, の目的, はした, ばっかりいう, をいい, をやつ, を与へた, を云, を云い, を云っ, を云つて, を交, を交え, を仰, を受けた, を存分, を彼, を浴せられ, を言う, を言つて, を言われ

▼ 厭~ (40, 0.6%)

2 に一散, に番傘, に終日何

1 [34件] うに, があつ, が他人ごと, が昂じ, にあまり, にいつ, にいろいろ, にその, にとても, にほんの, にまた, にわざと, にアリョーシカ, にヴェルダン, に今日, に他人, に何, に何時, に催促, に同感, に商売, に始終, に小野田, に心弱く, に急い, に敷島, に歴史家, に百方手, に落す, もちろん, を無理, 憎らしさ, 聞くだけ, 若い娘

▼ 厭だった~ (39, 0.6%)

3 のは 2 のだ

1 [34件] からしなかった, からだ, からで, からである, からネ, が外, が押し, が矢田津世子, が酒杯, けど言わない, けれどもそこ, けれども仕方, けれど大, しあなた, しおまけ, し姑, し孫娘, ためでございます, というの, なあ, に違い, ので, のである, のでいっそ, のですぐ, のでそんな, のでただ, ので彼女, ので紀久子, ので総理大臣, よ, んなら, 姿が, 思いは

▼ 厭~ (38, 0.6%)

3 の情 2 するものの, と憤懣, の念, をもっ, を感じ

1 [25件] が, させるに, すべき蠢動, するの, するも, せざるも, で見, とかいう感情, とでとつぜん, ともつかぬ, と不安, と多少, と恐怖, な心地, に堪えざる, のおもい, の眸, は益々, をさえ感じ, を奈何, を感じさせた, を感ずる, を招いた, を覚えず, 働いて

▼ 厭ふべき~ (35, 0.5%)

3 身ならず 2 ものに対する

1 [30件] こと征戰の, は熱, ものも, も無し, 世の, 事で, 人生の, 俗気を, 匂が, 句を, 変性動物に, 姿の, 彼等が, 慣例を, 成上り者の, 摸樣は, 時ならね, 未來を, 民族なる, 無智, 理由は, 破壊と, 習慣であります, 者こ, 者を, 肉食なし, 蛇喰を, 變性動物に, 頭の, 點無しと

▼ 厭やに~ (34, 0.5%)

3 なって, なつた, 成つたで, 成つたので, 成つたのです, 成つたら私 2 なったん, 成つた貴

1 [12件] なつたり, なります, なる, なるから, なると, なるの, 成つた貴様が, 眼ま, 落ち着いた著い, 蒸すぢ, 赤い山本, 默りこんでしまつた

▼ 厭じゃ~ (31, 0.4%)

4 ありませんか, ないが 2 ないか, ないかね, ないと

1 [17件] ありませんけれども, いと, い父様, が黙っちゃおられん, ない, ないけれどさ, ないでしょう, ないの, ないらしいのよ, ないわ, ないん, また折, アない, ッた, 仕方が, 何んの, 厭じゃ

▼ 厭でございます~ (26, 0.4%)

32 が荘田, ね, ねえ, の

1 [15件] か, からね, から何, こと, これは, と云わなけれ, ねえ若様, ねえ貴方, よ奥さん, よ日出男さん, よ旦那様, よ私, よ若旦那様, わね, 直ぐ三行半

▼ 厭~ (26, 0.4%)

5 情を 2 情は

1 [19件] と言, ないこと, ようだ, 不安から, 中に, 何のと, 念が, 念と, 念は, 性質である, 情か, 情が, 情を以て, 感情に, 或理由, 氣持さへ, 甚し, 目を, 色が

▼ 厭らしく~ (26, 0.4%)

2 化粧した, 蜘蛛の

1 [22件] うんざりした, つてならない, てうんざり, てならない, ても生き, て仕方, て勝負, て穢, も思えた, も穢, 三白眼を, 凄く不思議, 動物的な, 変に, 女の, 小次郎を, 恐ろしく見える, 憎々しく笑った, 穢ならしく, 穢ならしく思われます, 紅い色, 首の

▼ 厭~ (24, 0.3%)

2 なもの, ね

1 [20件] だな, なお婆さん, なこと, なところ, な予感, な人, な奴, な感じ, な方, な気, な気持, な気持ち, な氣持, な物, な笑声, よこんな, よそんな大きな, よと若い, よジエィンさん, よ狂

▼ 厭だって~ (21, 0.3%)

4 仕方が

1 [17件] いうのに, いうん, いわれなかったかい, ことは, しかたが, んだ, 云い出す段, 云う, 云うん, 云ったじゃ, 云ったん, 危いもの, 抜かしやがる, 言うけど, 誰も, 返事する, 飲みませんし

▼ 厭らし~ (20, 0.3%)

7 さを 5 さに 2 さが 1 かつた, さだ, さと, さとを, さ浅まし, な

▼ 厭だつた~ (19, 0.3%)

3 ので

1 [16件] がそんな, が一寸, が急, が折角, が柱時計, が矢田津世子, が細君, けど一人行つて, けど一人行つて來, なあ, のですぐ, のでその, のでイヽ加減, ので白線, ので知人, わをとつ

▼ 厭はず~ (19, 0.3%)

1 [19件] ある髪結師, この村社, しばしばこれ, たどり行, になるべく, に働く, に目, ば爲, もろ共, 再び白米五升, 出歩行, 勤め一人, 同じこと, 幅広き襟飾斜, 急ぎ武州埼玉郡杉戸宿名主太郎左衞門方, 特に讀者, 細く長く素足, 通るなり, 駆け出さんと

▼ 厭な思ひ~ (17, 0.2%)

3 をし 2 がする, をした 1 が起る, や厭, をさせ, をさせた, をさせない, をさせられた, をしなけれ, をしました, をする, 出を

▼ 厭~ (16, 0.2%)

5 やい, やない 1 や, やありません, やあるまい, やとは仮令, やなかつた, やなかつたら

▼ 厭~ (15, 0.2%)

2 え, 応か

1 [11件] それとも応, どうか, どうかと, 僕と, 僕も, 寒いか, 明瞭云い, 爺婆が, 相川は, 聞きたくねえか, 返事を

▼ 厭がった~ (15, 0.2%)

1 [15件] が出家, が遂に, けれども文面, ことであろう, じゃない, っけ, ので閉口, のは, のを, ものだ, ものであった, ものと, ものに, 拵えものの, 昔に

▼ 厭といふ~ (15, 0.2%)

2 程相手の

1 [13件] ことなく, ことは, やうな分らぬ, 程きつく, 程でも, 程中野氏の, 程主人の, 程叩し付ける, 程娘に, 程尻つ, 程柄の, 程私の, 程耳を

▼ 厭~ (15, 0.2%)

2 味つただけ

1 [13件] あらわした眼付, おぼえて, 催させた, 催して, 感じさせるばかりに, 感じて, 感じない人々, 感じる, 感じ反撥, 憎悪の, 招きて, 明言し, 無意味に

▼ 厭がられ~ (14, 0.2%)

2 ている

1 [12件] ていたでしょう, ています, ても仕方, ても兄, ても縋りつく, ても誰, てゐ, て居, て行つた形, もしなかつた, もせず, 彼等だけの

▼ 厭とは~ (14, 0.2%)

1 [14件] いえますまい, いへ, 云いますまい, 云えないし, 云へ, 云わさんが, 云わない, 思わなかった, 拒みは, 申すまい, 胴欲な, 言えなかった, 言えまい, 言わないだろう

▼ 厭がり~ (13, 0.2%)

2 もしない

1 [11件] あれ程, そうな, になります, はしない, はしません, はじめ芸術も, もしないらしい, 江戸に, 無理に, 男などが, 色んな口実

▼ 厭~ (13, 0.2%)

1 [13件] あの人, あんな男, お照さん, どうした, まだ本当に別れ, アノ人は, ベニちゃんは, ヱ, 何だか私, 切るなんて, 別に贅沢, 力を, 私たち

▼ 厭~ (13, 0.2%)

3 なつち 2 だ, なっちゃうね 1 だって言った, なったらその, なっちまうぜ, なっちゃうぜ, なっちゃうわね, なつちまう

▼ 厭がらせる~ (12, 0.2%)

3 ために 1 がそれ, つもりらしい, のです, ような, 事が, 事は, 為に, 積極的な, 道具か

▼ 厭はれ~ (12, 0.2%)

3 て別, ながらも毛虫眉毛 1 てゐる, て吉野, む, もした, 無かつ, 隔離せられた

▼ 厭~ (12, 0.2%)

5 應も 4 応も 1 ないもん, 好きも, 憎しみも

▼ 厭だろう~ (11, 0.2%)

3 と思っ 1 が私, けれどもまアお, けれど此処, じゃ有りません, と云う, と思います, と思う, ネ

▼ 厭であった~ (11, 0.2%)

1 [11件] からおもしろく, がしかし, がそのうえぐずぐず, がそのまま, がやはり, が他人, けれどそうしっかと, けれどもそれでも, というけだし, ので特別室, 津田は

▼ 厭である~ (10, 0.1%)

2 が相 1 から叫んだ, から女, がされ, し人, とその, に違い, 又結婚, 聞き苦しい

▼ 厭といふほど~ (10, 0.1%)

2 背中を 1 つね, ひつぱたいた, アクセントを, 僕の, 思ひ知, 意識せず, 打ちのめされる思ひが, 衝突した

▼ 厭とも~ (10, 0.1%)

1 いえない, いえない内心, いわなかった, 云へ, 云わないの, 云われず娘, 何とも思つて, 思わず, 思わなかった, 言へ

▼ 厭なり~ (10, 0.1%)

2 これも 1 で二時間, で気, とかぶり振る, ゃどうしてもできませぬ親方一人で, や何, や出来ませぬ, 留まるも, 表に

▼ 厭ふて~ (10, 0.1%)

3 鼻緒を 2 煩らは 1 か三郎, 他船, 幾多の, 様々の, 閑に

▼ 厭~ (10, 0.1%)

3 の情 2 の念 1 し亞細亞, すべきもの, で有, と不安, に堪へざる

▼ 厭~ (9, 0.1%)

2 だあ 1 だあんな, だよ, ね, ねえそんな, ねお, よ, よ上の空

▼ 厭~ (9, 0.1%)

2 の術 1 が出来た, したの, というなる, には相違, のため兎, の力, を行い

▼ 厭~ (9, 0.1%)

5 なしに 1 なくあの, なしだ, なしです, なし持っ

▼ 厭じゃと~ (8, 0.1%)

1 いうて, いうならこっち, 仰せられたら拙者宥免状, 家出を, 断るもの, 最初から, 申した時, 申しました

▼ 厭ふと~ (8, 0.1%)

2 いふの 1 いふ話, するは, 云ふ, 云へ, 石の, 言ひ

▼ 厭がられる~ (7, 0.1%)

2 ように 1 ために, つてお前そんな, ということ, なさけないと, ような

▼ 厭がります~ (7, 0.1%)

2 ねなどと取りすまし 1 からそこで, から河北, が少し, し私, 空屋敷じゃ

▼ 厭~ (7, 0.1%)

1 げに, ていた, ております, て害, 壽を, 學問を, 故此

▼ 厭そう~ (7, 0.1%)

1 である, な顔, にお, に下, に云う, に云った, に動いた

▼ 厭でない~ (7, 0.1%)

1 と云う, と答えた, にした, までも多少, んだ, 様子であった, 誘惑の

▼ 厭という~ (7, 0.1%)

1 のを, ような, ような分らぬ, 事も, 理由が, 程ブン撲られた, 程五つ打ちや

▼ 厭ふも~ (7, 0.1%)

2 のは 1 の, のが, のである, のに, のを以て

▼ 厭~ (7, 0.1%)

1 とは何, を云, を言つて, ッたらしい, 口を, 日, 蛇に

▼ 厭~ (7, 0.1%)

1 が来た, て下谷山崎町, と苦痛, の情, を招くなるべし, を来した, を生じ

▼ 厭~ (6, 0.1%)

2 柱の 1 參り, 客が, 深切にも, 蓑笠に

▼ 厭ひし~ (6, 0.1%)

1 か我, に, のがれき, ものを, もアヌンチヤタ, 窓も

▼ 厭ふこ~ (6, 0.1%)

1 とによつ, とは出, とまた, ともあつ, とも勝手, と甚

▼ 厭がらない~ (5, 0.1%)

1 で一所, のでしょう, ばかりかむしろ, も言, 事であった

▼ 厭だったら~ (5, 0.1%)

1 もう行かなく, 初めっ, 動坂へ, 決して無理, 私が

▼ 厭つて~ (5, 0.1%)

1 など居られない, はゐました, ゐたが, ゐるお, ゐるといふ

▼ 厭でした~ (5, 0.1%)

1 か, から俥, から賑やか, から遂, がこうして

▼ 厭でしょう~ (5, 0.1%)

2 かあなた 1 が私, とニヤリ, と思っ

▼ 厭でならなかった~ (5, 0.1%)

1 のであった, のである, のは, 健三は, 旦那の

▼ 厭ねえ~ (5, 0.1%)

1 この子, 二三年, 恩に, 気味の, 貴下は

▼ 厭はしか~ (5, 0.1%)

3 つた 1 つたが, つたと

▼ 厭はじ~ (5, 0.1%)

1 と早速, と覺ゆ, の覚悟, 人も, 我れ

▼ 厭はずし~ (5, 0.1%)

1 てこの, て一般に, て下, て八面応酬, て八面應酬

▼ 厭ひなく~ (5, 0.1%)

1 ば假令此上何時, ば其所, 御来車, 是より, 通ひしか

▼ 厭へる~ (5, 0.1%)

1 もの破壊的思想に, 妻が, 故にとや, 貴族や, 部下を

▼ 厭~ (5, 0.1%)

1 なあ今, になった, になつた, になる, よ

▼ 厭悪し~ (5, 0.1%)

2 すでに一念解脱 1 た, た唯一, ている

▼ 厭~ (5, 0.1%)

2 がさして 1 がさし先づ, の出づる, を抱かざる

▼ 厭いなく~ (4, 0.1%)

21 ばと云っ, ば物事

▼ 厭がってる~ (4, 0.1%)

1 ことを, とは思, ものを, んで

▼ 厭しい~ (4, 0.1%)

1 お客が, など, 親戚の, 身の

▼ 厭でならぬ~ (4, 0.1%)

1 けれど詮方, のだ, ので知らぬ, ものと

▼ 厭にも~ (4, 0.1%)

1 ならずに, ならず自分, 思いませんでした, 思わなかった家内

▼ 厭ひも~ (4, 0.1%)

3 あへず 1 あへずし

▼ 厭やで~ (4, 0.1%)

1 たまらぬ, ならなかつた, 構いやせんから, 臆劫で

▼ 厭やら~ (4, 0.1%)

3 しき物なり 1 しき心み

▼ 厭~ (4, 0.1%)

1 いや, ですよ, もうお話, よ

▼ 厭がらせた~ (3, 0.0%)

1 が私, 揚句に, 皮肉も

▼ 厭する~ (3, 0.0%)

1 の法, ような, 意と

▼ 厭たる~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 ころとて

▼ 厭だい~ (3, 0.0%)

1 おりようと, どうしても降りない, 往こうなに

▼ 厭だったろう~ (3, 0.0%)

1 と思っ, と思われる, 全く気

▼ 厭だつたら~ (3, 0.0%)

1 何処へでも, 直に帰ります, 自分こそ

▼ 厭だら~ (3, 0.0%)

1 後から, 構あ, 錢出せよ

▼ 厭で堪らない~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 心持が

▼ 厭なこった~ (3, 0.0%)

1 こんな田舎, わ, 良人が

▼ 厭~ (3, 0.0%)

21 ど逃れえぬ

▼ 厭へば~ (3, 0.0%)

1 おのづか, 勝手ばたらき, 夜に

▼ 厭やでし~ (3, 0.0%)

3 ようが

▼ 厭やにな~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つて仕舞ふ

▼ 厭やは~ (3, 0.0%)

3 仰せらるまじ

▼ 厭やらしい~ (3, 0.0%)

2 景物 1 背中の

▼ 厭らしい笑い~ (3, 0.0%)

3 方を

▼ 厭~ (3, 0.0%)

2 をし 1 ってどんな

▼ 厭先生~ (3, 0.0%)

1 が花柳, という年, にかえる

▼ 厭~ (3, 0.0%)

1 厭, 厭な, 厭可

▼ 厭~ (3, 0.0%)

1 が五分, するの, の感情

▼ 厭應言~ (3, 0.0%)

3 はさず

▼ 厭~ (3, 0.0%)

2 を感じる 1 を感じ

▼ 厭~ (3, 0.0%)

1 である悪い, で人, とは蠱毒

▼ 厭あな気~ (2, 0.0%)

1 がする, になっ

▼ 厭あに~ (2, 0.0%)

1 なったが, 眼に

▼ 厭いも~ (2, 0.0%)

1 なく夜, なく遠方

▼ 厭かい~ (2, 0.0%)

2 これでは

▼ 厭かと~ (2, 0.0%)

1 聞かれた, 言うに

▼ 厭かネ~ (2, 0.0%)

1 オホホホホホ, ナニ厭な

▼ 厭がらせな~ (2, 0.0%)

2 責も

▼ 厭がりました~ (2, 0.0%)

1 ものであります, 第一

▼ 厭さうな~ (2, 0.0%)

1 様子も, 竹丸を

▼ 厭される~ (2, 0.0%)

1 がこの, 容子だった

▼ 厭しき移香~ (2, 0.0%)

1 を払, を払う

▼ 厭そんな~ (2, 0.0%)

1 こと, ことを

▼ 厭だす~ (2, 0.0%)

2 がな

▼ 厭だの~ (2, 0.0%)

1 ヤそんな, 手玉に

▼ 厭だ別れる~ (2, 0.0%)

1 なんて厭, のは

▼ 厭つた~ (2, 0.0%)

1 もので, 大爭鬪

▼ 厭~ (2, 0.0%)

2 丸太など

▼ 厭であり~ (2, 0.0%)

1 んす, 峯打ちぐらいで

▼ 厭であろう~ (2, 0.0%)

1 か, が応

▼ 厭でございましょう~ (2, 0.0%)

1 けれども可愛, それで新吉さん

▼ 厭でなかった~ (2, 0.0%)

1 のかも, ばかりか常に

▼ 厭でなく~ (2, 0.0%)

1 ば召, ば引取

▼ 厭でならない~ (2, 0.0%)

1 のだ, のにどうして

▼ 厭で起き~ (2, 0.0%)

2 て朝飯

▼ 厭なら止す~ (2, 0.0%)

1 がい, がいい

▼ 厭なら用立てた~ (2, 0.0%)

1 金子百五十両三年間の, 金子百五十兩三年間の

▼ 厭なる~ (2, 0.0%)

2 ところも

▼ 厭には~ (2, 0.0%)

1 厭だ, 思って

▼ 厭はし~ (2, 0.0%)

1 とし, として去り

▼ 厭はず驅~ (2, 0.0%)

2 け出さん

▼ 厭はせ~ (2, 0.0%)

1 給はずは, 給ひなば

▼ 厭はむ~ (2, 0.0%)

2 秋萩の

▼ 厭ばかり~ (2, 0.0%)

1 である, では

▼ 厭ひそめ~ (2, 0.0%)

2 にき

▼ 厭ひたり~ (2, 0.0%)

2 とも野末

▼ 厭ひだ~ (2, 0.0%)

1 し寄席, わ

▼ 厭ひな~ (2, 0.0%)

1 さうである, され建暦二年

▼ 厭ふところ~ (2, 0.0%)

1 なるが, にあらず

▼ 厭ふなら~ (2, 0.0%)

1 この地球面, ば其人

▼ 厭ふべし~ (2, 0.0%)

1 我れつら, 然れ

▼ 厭ふ思ひ~ (2, 0.0%)

1 に落ちる, を強める

▼ 厭へども~ (2, 0.0%)

1 いつかこの世を, なほ鈴虫の

▼ 厭むべ~ (2, 0.0%)

1 きものと, き時代

▼ 厭やが~ (2, 0.0%)

1 つて村長の, つて裏の

▼ 厭やさう~ (2, 0.0%)

2 な顏

▼ 厭やせぬ~ (2, 0.0%)

1 という, と来た

▼ 厭~ (2, 0.0%)

2 しそう

▼ 厭らしき~ (2, 0.0%)

1 ものなり, 氣もちの

▼ 厭~ (2, 0.0%)

1 あんな事, あんな本

▼ 厭ヒ佛~ (2, 0.0%)

2 ヲ供養シテゾ光陰

▼ 厭~ (2, 0.0%)

1 か変った, は厭

▼ 厭~ (2, 0.0%)

1 から他, の裡

▼ 厭悪厭離~ (2, 0.0%)

2 すべきもの

▼ 厭悪感~ (2, 0.0%)

1 でそうした, を感じ

▼ 厭悪畏怖艱難~ (2, 0.0%)

2 なる労苦

▼ 厭浪華市井~ (2, 0.0%)

2 之囂塵

▼ 厭生思想者~ (2, 0.0%)

2 であり神祕的

▼ 厭生的~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 厭~ (2, 0.0%)

1 は, 嚇すの

▼ 厭~ (2, 0.0%)

1 ふ者, を言う

▼1* [352件]

あな声である実に, 厭あな心持がした, 厭あな気持で黙っ, 厭あな顔をし, 厭あろうとは, 厭いなく拭き取ったり何, 厭いなすッて, 厭いやあなたが, 厭うたではない, 厭うまいと昨日, 厭える笠の, 厭浦も, 厭おしうなって, 厭おしいのでそういう, 厭おじさんは, 厭かな返辞が, 厭かは知らねど, 厭かもしれないが, 厭から進んで, 厭がってたのだ, 厭がらした, 厭がらずあれこれと, 厭がらせようとおっしゃる, 厭がらなかつたが性急, 厭がらなくともよから, 厭がられあんすかんね, 厭がられずに直接品物, 厭がられ出て行け, 厭がられ切ってる癖に, 厭がられ抜かれていた, 厭がられ見捨てられると困る, 厭がり認めようとせず, 厭がるならそのよう, 厭がる如く書生上がりの, 厭がれば厭, 厭きちやつた, 厭きっちまうとこいつ, 厭これも厭, 厭ござるので, 厭さ加減は臭い, 厭しきものより, 厭じゃあねえか恐しい, 厭じゃい厭じゃ, 厭じゃとのう葉山を, 厭じゃとはたとえば真底, 厭じゃとばかり仰せられて, 厭と為す, 厭すべき近親相姦者は, 厭すべしと, 厭する遣る瀬ない, 厭給はず御, 厭せしめ一層義務, 厭せられるか将, 厭り, 厭それを若し, 厭そんなそんなものを, 厭だいびっくりさして, 厭だい厭だいどうしても降りない, 厭だい厭だいびっくりさして, 厭だかんね, 厭だけんども, 厭だったら帰って行く, 厭だった褒めそやす母は, 厭だつちんだら, 厭だつちから俺ら管, 厭だつちつたらどうすんだん, 厭だつてえのに, 厭だつまらぬくだらぬ馬鹿馬鹿しいぐずぐず, 厭だなぞってそんな, 厭だにもなんにも, 厭だみせてはいらない, 厭だよせ虫持じゃ, 厭だ休む位なら, 厭だ助けてくれ, 厭だ渇しても盗, 厭だ総毛立つ内へ, 厭だ葬るなんて, 厭だ診るわけには, 厭ぢゃないのだと私は思ひました, 厭ったらしい虫が, 厭っぽい私には, 厭て遂に, 厭つたのでない波, 厭つた私たちの自動車, 厭つて女中や書生, 厭つて曹操は多く, 厭つて湯本街道の中途, 厭つて真先きに, 厭つて荷風君と少し, 厭つといふほど, 厭てえものを, 厭てん天之を, 厭であったろうだがよく, 厭であるらしい容子であった, 厭でいきり出す矢鱈に, 厭でいる気は, 厭でございましたが良人, 厭でございましたらそれへ, 厭でござるかな, 厭でござんした故ここに, 厭でしたら何時でもわ, 厭です殺されては困ります, 厭でたまらず腹が, 厭でたまらなかつた継母の, 厭でたまらぬという, 厭でたまりませんよ, 厭でとめて置く, 厭でなかつたばかりに更に, 厭でなかつたらいらつしやいません, 厭でなきゃ鉄道の, 厭でなくっても断りかねない, 厭でなくなるまでいつ, 厭でなけりゃこれから二人, 厭でなければ夫婦, 厭でならずそうなる, 厭でなりませんの, 厭でなりやしねえよ明日, 厭でぶんなぐりたい気持が, 厭で別れたなかぢや, 厭で助けましたか, 厭で堪らなかつた商売が, 厭で堪らなくなつて來, 厭で歩くと左, 厭で死にたくなる時が, 厭で装うた無頓着さが, 厭で見て居られぬ, 厭で逃げて来ただ, 厭で逃げたくらいなん, 厭で黙って読まず, 厭とおもふ, 厭とか將た, 厭として彼の, 厭とて更に何方, 厭とをそしてまた無邪気, 厭どうしましょうと, 厭どころでは, 厭どしたら朝まで, 厭なおもひを, 厭なきもちで, 厭なにやけた奴だ, 厭ならくだらぬ世間咄し, 厭ならやめるまでじゃ, 厭ならよすがい, 厭なら下げると, 厭なら下らぬ世間咄し, 厭なら云い換えよう薬草だ, 厭なら云わなくてもいい, 厭なら仕樣が, 厭なら出ていき, 厭なら参ろうとは申しません, 厭なら帰っておくれ, 厭なら手伝ってやろう, 厭なら断るのが, 厭なら来ないがいい, 厭なら止せ私どうせ, 厭なら止めてもよい, 厭なら蒔いたような, 厭なら見て見ぬ, 厭なら触らねえよジョン, 厭なら飲まなくってもいい, 厭なりで思案の, 厭なれば何卒, 厭なんぞ発した穏, 厭な云い廻しだ, 厭な啼き声だ, 厭な尖つた頤を, 厭な思ひせずと食う, 厭な思ひであるかも知れない, 厭な懸声がよ, 厭な掻くような, 厭な気取のない, 厭な痩せこけづらを, 厭な破目へ, 厭な窘めようで叔母の, 厭な笑うべき病状を, 厭な腐れた匂いが, 厭な返辭を, 厭な阿母, 厭な魘され声でございました, 厭にて寧斷然目通りも, 厭にでも成つたんぢ, 厭よ, 厭はいでこの沙漠, 厭はうと外界, 厭はずなほ長く従軍, 厭はず三人して, 厭はず三年が間, 厭はず三河町なる山口惣右衞門, 厭はず人歩を増, 厭はず却りて, 厭はず參詣なし裏門, 厭はず土足の儘, 厭はず夕申刻過より, 厭はず夜を日, 厭はず奧州くんだりまで下向, 厭はず好奇心で張り切つ, 厭はず孝行盡し候段幼年, 厭はず宿まで來, 厭はず幾帖となく, 厭はず彼の許, 厭はず待居たり, 厭はず所々尋ね廻り候處漸, 厭はず旅をつ, 厭はず是より, 厭はず晝夜を掛, 厭はず曾て君, 厭はず朝はしらむ, 厭はず未明より起, 厭はず毎日やつた, 厭はず看病に献身, 厭はず神戸から百溪光子さん, 厭はず自身に夕申刻, 厭はず藤屋彌太郎を引き起しました, 厭はず購入するといふ, 厭はず酒を飮, 厭はず面倒を見, 厭はず項も背, 厭はず風は幽, 厭はず麓へ出, 厭はむ手放すをと何やら, 厭はれし昔に, 厭はれた所以だ, 厭はれるものを, 厭ひきて世, 厭ひたまはず, 厭ひつべきを, 厭ひであつて, 厭ひでしたから, 厭ひなさらぬかへ自分, 厭ひなさるべく候昨日受取り, 厭ひなため性来音楽好きでありながら, 厭ひな人をハツキリ, 厭ひは為ない, 厭ひませんが, 厭ひ去ると謂, 厭ひ憎むといふこと, 厭ひ憎めるにあらずや, 厭ひ捨て玉ひつる, 厭ひ申さねば何卒, 厭ふいわし雲かな, 厭ふかのやう, 厭ふか町の塵, 厭ふたところの, 厭ふだらうか, 厭ふてゐるが内心, 厭ふて哮るかや, 厭ふて居るかと知つて, 厭ふて省きたものであらふ, 厭ふときなしあやめぐさ, 厭ふべき凝滯は, 厭ふべく苦むべ, 厭ふべく忌むべきものと, 厭ふべく憎むべきことが, 厭ふやふになつ, 厭ましがる心持は, 厭まして捨てるの, 厭まで惡口を, 厭まれて秋田, 厭まれ滄州の流刑地, 厭まわしい物を, 厭みしがこれぞ, 厭み嫌う人間の, 厭み嫌ったために, 厭む人が多い, 厭む人たちが男女相殺, 厭む大名もある, 厭もうお話は, 厭やあねえあなた, 厭やしませんが何, 厭やったら僕と, 厭やでも眼に, 厭やらしさだつた, 厭やを言は, 厭ようつかまえられるよう, 厭よと云いながら, 厭よりいつの, 厭らしいしかめ面を, 厭らしいたくらみが潜ん, 厭らしい光りを落し, 厭らしくなっている, 厭らしく堪え難いもの, 厭らしく思はれてしまふ, 厭らしく掻き廻している, 厭らしく見えたことは, 厭をさえ感じさせるよう, 厭を以て趣と, 厭んじたてまつるなどの者, 厭んでゐた, 厭ァあだバカ, 厭アよう斯んなに, 厭ガッテイルトコロノ悪戯ノ数々, 厭サ厭サ誰があんな, 厭サ誰があんな, 厭てほど咳, 厭てえほど, 厭ハズ深ク森林ニ, 厭フ輩モ無キニ, 厭ヤせんサけどが, 厭些とばかり, 厭ヨと言って, 厭なっちゃうまったく, 厭乍ら世話を見, 厭以上のこと, 厭倦果て居, 厭いからいけないと, 厭のバルコン, 厭勝つのだ, 厭勝のと種々, 厭十兵衛が仕事, 厭十兵衞が仕事, 厭して, 厭厭乍ら世話を見, 厭味気が無, 厭の酒場勤め, 厭なく, 厭好きな人, 厭嫌ひなら嫌ひで嫂さまと正式, 厭寂しいと勿体至極, 厭尽す紛々たる, 厭応無しに睫毛, 厭恐怖を説明, 厭を抱かしめる, 厭捨てられるのも, 厭服せんとすれ, 厭果てた五月雨の, 厭の念, 厭気他の事, 厭気疲労行動や苦痛, 厭を附け, 厭を埋めた, 厭に, 厭生哲學の書物, 厭生派の修辞学徒, 厭町家の相当, 厭痛いわ, 厭に眉, 厭や巫術, 厭繁ちゃんは, 厭自分の破滅, 厭も前日, 厭行っちゃ, 厭の念, 厭貧的強迫観念に囚われ, 厭とて名, 厭足らず傳吉を謀り, 厭曇りの, 厭金彦とか何, 厭離したる男女が, 厭露病になった, 厭たらしい, 厭驚かしちゃ, 厭魅咒咀して