青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「四方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嘘~ ~噂 噂~ 器~ 器械~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方
四方~
四月~ 四角~ 回~ 因~ 因果~ ~因縁 因縁~ 団~ 団体~ ~困っ

「四方~」 3565, 39ppm, 3015位

▼ 四方~ (760, 21.3%)

21 壁に 16 景色を 14 壁を 10 壁は 8 壁も 7 壁には, 壁の, 山々の, 山から 6 壁から, 壁と, 山を 5 壁が, 山々を, 山の 4 地を, 壁にも, 村, 空気が 3 山々に, 戸を, 樣子を, 海を, 空に, 空を, 空間が, 門を

2 [48件] かべに大小さまざま, ものが, 上に, 中央, 人に, 剣客と, 勇士を, 四角な, 地平を, 地盤を, 壁という, 大慶, 家が, 山々は, 山が, 山は, 山も, 山河を, 広大な, 床の, 庵室を, 往還は, 景色も, 暗を, 木立の, 板壁には, 柱千年万年動ぐなと祈り, 桟敷に, 海の, 物見櫓は, 獣すら, 眺望を, 空氣の, 空氣を, 窓が, 窓の, 窓を, 竹矢来を, 草の, 荒れ果てた愛宕神社, 赤良が, 門は, 隅々だけを, 雨戸も, 雲眺めます, 露路から, 風に, 風景に

1 [494件] あか, あかりとりが, あらゆる山々, うすぐらい箱, うち一方だけは, お化けが, お物語り, お話しついでに, かがみに, かべにぐるり, かべの前, かべはお, かべはかたい, かべは全部ガラス張り, かべは天井, かべは赤レンガ, かべもてんじょう, かべも半分, かべをたたきまわり, かべをグルッ, さまとを, さまも, さま全く, しづもり, すだれ, たる木という, とばり, どこからも, ながめが, はなしの, ます鏡, まどを, ものに, ものを, やみに, やみを, ガラス板の, コンクリート壁に, テレビジョン映写幕いっぱいに, ニュースは, 一室に, 不平不満が, 丘濃い, 中に, 事を, 五つの, 交際も, 人, 人々から, 人々の, 人の, 人来り食う, 人間が, 人間どもが, 低い石壁, 侮りが, 側面も, 兇徒を, 入口からは, 全部の, 兵火を, 内では, 凄まじい情景, 凹所に, 出火の, 分銅を, 切れた谷, 剣客に, 匂ひ, 北向きに, 区画を, 厚い首枷, 原は, 原形を, 叢や, 口が, 同情者から, 名称を, 君子寡君と, 呉軍が, 呼び込み口, 問題だ, 四隅に, 囲炉裡には, 囲炉裡を, 国々から, 国々で, 国々の, 国々を, 国を, 国境には, 国持ち, 国東国よりも, 國を, 土地の, 地わが, 地勢とを, 地平から, 地平線に, 地所が, 均整を, 坑を, 垣根沿いに, 城壁で, 城壁はが, 城立ち, 堀を, 塗籠窓にも, 壁からは, 壁とより, 壁にかけ, 壁ばかり, 壁へ, 壁や, 壁をも, 壁一パイに, 壁二つの, 壁間に, 壁際ぐるり, 壁面は, 士に, 士を, 夕闇から, 外は, 外夷我に, 夜の, 大きさ, 大きな森, 大人の, 大光明, 大家に, 大建築, 大森林, 大河江頭を, 大観を, 大評判, 大門に対して, 天雲地に, 天鵞絨に, 太柱, 学徒その, 学者も, 学者悉く, 官軍が, 室なら, 家に, 家具や, 家家も, 寺地を, 小さい土藏, 小さい窓, 小さい部室, 小さな建物, 小さな鉄碪, 小丘, 小地主, 小窓, 小道から, 小鳥ども一斉に, 展望に, 山々いよいよ, 山々から, 山々奥深い, 山々眺むれ, 山なみの, 山に, 山には, 山へ, 山また, 山や, 山上から, 山岳を, 山川まで, 山川草木を通して, 山沢みな鼓を, 山能く, 山腹を, 山辺を, 山野を, 岡の, 岩に, 岩壁に, 峰々冬寂び, 峰から, 峰は, 崖の, 嵐ぞ, 嵐に, 嵐気が, 工場の, 巨木から, 帷を, 幕の, 平地や, 平静が, 広間と, 庭に, 庭園が, 廣さが, 建具が, 建物が, 張紙は, 御門の, 志あり, 志士青年を, 怨嗟を, 息抜の, 情勢を, 情景は, 惨憺たるあり, 愛嬌よき, 戸に, 戸の, 扉からも, 扉へ, 持ちくち, 損害でした, 摩天樓でも, 放射状に, 政治に, 敵軍は, 方形に, 旅, 旅籠の, 明りは, 明暗に, 景気, 景色いと, 景色から, 景色でございました, 景色の, 景色は, 景色田舎町の, 景色見渡す, 暗くな, 暗に訴える, 暗黒を, 暴賊は, 書割には, 書肆文人来貢す, 木を, 木立が, 木蔭などから, 木陰から, 本堂仁王門を, 杉戸も, 村立つ, 板からは, 板が, 板で, 板を, 板壁と, 板張りの, 枚が, 果てまで, 枝の, 枯草の, 柱に, 梢の, 棚の, 森の, 森林や, 森林山岳までが, 森閑たる, 様子だけは, 様子に, 様子を, 模様は, 樣子と, 樣子の, 樣子は, 樣子や, 樹の, 樹林を, 櫓から, 欄間には, 正方形に, 残兵を, 殺風景さに, 毛皮の, 水が, 水を, 水声は, 水田が, 氷の, 汚いの, 波風靜に, 洞主や, 浪人の, 浪人らが, 海いと, 海から, 海さへ, 海と, 海洋から, 海浪の, 海皆, 涯から, 涯は, 混濁と, 湖の, 湖面に, 湯槽の, 溜井戸が, 溝の, 滝水一升二百文なり, 澤の, 火が, 火口を, 炉を, 焼跡で, 焼野原, 煉瓦塀や, 物の, 物まったく, 物語に, 状況も, 狭い中, 狭間へ, 猫が, 田にあたる, 町家から, 番所や, 白雪皚々たる, 盤上に, 真っ四角, 真下の, 真中に, 真白に, 眺めを, 眺望が, 眺望に, 眺望は, 眺望ひらけたれ, 眺望開け, 石が, 石垣が, 石壁の, 石床が, 硝子が, 碧落を, 神仏へ, 禿山を, 程度に, 穴を, 空いず, 空が, 空の, 空はや, 空も, 空地と, 空地は, 空気からも, 空気を, 空氣まで, 空氣も, 空間をも, 窓から, 窓より, 窓壁を, 端々まで, 笹むらや, 箱に, 簡素さに, 紙片と, 経略天下の, 緩い傾斜, 繩張りを, 群集へ, 老若男女悪風来たりと, 老若男女悪風来り, 者が, 聖徒達を, 聴く耳, 聽く, 腰が, 舞台は, 船を, 船牢に, 花に, 若い者, 英哲許多相集未曾有之, 英才俊髦一時に, 英雄に, 草叢から, 荒壁の, 薄暗い中, 薄暗さ, 蘆の, 蛙が, 蟲の, 街が, 街路へ, 衝立に, 襖に, 襖を, 見えないもの, 見ら, 見る目, 見張りに, 見物席は, 視野が, 視野を, 観棚の, 角を, 話しが, 話などを, 話を, 説に, 調度の, 調度も, 調度や, 諸城, 谷の, 谷間や, 豪傑を, 豪勢さも, 豪族に, 豪華な, 贅澤な, 足から, 辻で, 辻立ちや, 連山を, 遊ばせて, 道程は, 遠望が, 遠望を, 部屋が, 部屋の, 部屋を, 野辺の, 金主は, 鉄板が, 鎮めと, 鎮も, 鏡に, 鏡の, 長屋のみ, 長押から, 門から, 門と, 門に, 門にも, 開豁なる, 間の, 間道の, 関所を, 闇に対して, 闇へ, 闇を, 陣が, 陣屋より, 陣門から, 陰惨な, 陰慘な, 陰鬱な, 陸と, 陸を, 隅々まで, 隅から, 隅を, 障壁には, 障子は, 雑草は, 雨と, 雨も, 雨戸を, 雪に, 雪峰に, 雪景色が, 雪景色を, 雲ひた, 霊魂が, 露地や, 青い小布, 青白い天末, 静かな, 静けさを, 静寂を, 靜まる, 面とに, 面積にわたって, 風の音を, 風は, 風光に, 風景が, 風景の, 風景を, 風物を, 食卓から, 黒い土, 黒い壁, 黒木の

▼ 四方~ (634, 17.8%)

9 眼を 7 向かって 5 氣を, 立って 4 枝を, 気を, 目を, 窓の

3 [11件] わかれて, 並べて, 奔走し, 広がって, 拡がって, 拡げて, 散った, 散乱し, 聳ゆる, 蚤の, 起る

2 [37件] ついて, ひろが, ひろがって, ひろがる, めぐらした板塀, パッと, 人も, 出たいくつ, 分れて, 別れて, 割拠し, 及ぶを, 及んで, 向って, 四窟を, 展かれた, 廻らして, 恐ろしい爆音, 手を, 散じて, 散って, 浮いてる家棟, 火炎ほとばしり, 発射し, 発展し, 罩め青い, 聞ゆる, 蔓引する, 薪を, 起ると, 配して, 配って, 開けて, 雲が, 電話を, 飛んで, 馳せ感応寺建立

1 [485件] あたる, あった, あったばかり, あつた, あつまる蟻, あらけぬ, あり, ありました, あるだけ, あるもの, ある小, ある白い, いる越前, うかびゐたるが, うち続いて, うねり出る有様, おちること, お触, かがみが, かけあるいて, かなり高い, がっちりと, きこえるとか, くらく, こしかけて, こだまし, こもれど, これに, これ程の, さげた日本, さし伸べて, しめ繩を, すだけるむら, たぎるの, たち返り, たてぬき共, たて十四ぬき十計り故, ちぎれて, ちらばって, ちりある, つ, とびちる手足, とびのいて, とび散ったという, とび散りながら, とんだ, とんだの, どうした, なげちらしました, なって, はい出したあの, はなたれる必要, はねかしながら, はびこりその, ぱっと散っ, ひびきわたって, ひろい濠, ひろがったと, ひろがりて, ひろがり人, ひろげて, へんぽんたり, まんべんなく, むかって, めぐらされて, めぐらした杉林, よい空気, アンマ一軒, キッツイモンは, ゴリアスファリアスフィニアスムリアスの, ジャジャやり, ベールを, ロープを, 一か所ずつ, 一つ宛懸ける, 一の, 一様に, 一軒以外は, 七宝荘厳の, 万国旗を, 丘陵や, 並ぶ, 並べし胡麻燈油, 並べられて, 並んで, 乱れたり, 乱れて, 乱れ飛ぶ世界, 乱れ飛ぶ痛快, 亙ると, 交を, 人影も, 人材を, 仁政を, 令し地震, 伝わった, 伝わって, 伝播し, 伝播する, 伝播せられた, 伸して, 低き楼, 何哩と, 余音が, 使いして, 使し, 使ひし, 備えて, 傳はるに, 傳る, 充ちわたった, 充ちわたツ, 入り乱れてる群集, 六七十も, 六門を, 其火焔あまねく, 其火焔吹き捲き飛ばす, 出して, 出た枝, 出で, 出る枝, 出来て, 分かれ五つ, 分れ布く諸人, 分散, 分散し, 切り取られて, 切れて, 割拠する, 匂ったと, 匂つたと, 厳重に, 及ぶので, 及んだという, 反撥は, 受けて, 受け恐るる色, 叫喚を, 同じ形, 名は, 吐き散らしながら, 吹きすさぶ, 吹き廻れり, 周遊し, 咲いて, 喧伝し, 噂立ち, 噴出する, 噴泉が, 四郎時貞を, 囲う葉, 在って, 垂り, 垂れて, 垂れ下りて, 垣根を, 城門あり, 基地も, 壁が, 大きな榛の木, 大きな絵蝋燭, 大した汚れ, 奔走せし, 姿も, 実際を, 客遊し, 宣布し, 密集し, 寸断されてる, 封じて, 射下, 射出し, 小さな瀑, 小歇, 居る人達, 展けて, 山が, 山と, 山を, 岩の, 巡幸した, 布かむ, 帆布を, 幣を, 広がりその, 広がりて, 広がりました, 広げるもの, 広まりますと, 広まるにつけ, 座を, 延びて, 建物が, 廻りましょう, 廻縁の, 引っぱって, 張って, 張つた結果その, 張つてその, 張られて, 張りその, 張りたる尾, 張りめぐらした, 張り繞らし, 張ろうとして, 彷徨はむ, 心を, 志あっ, 恐ろしい眼付, 感じた, 憚つて小さく, 憚る, 懸けた神鏡, 手廻しし, 投げた人影, 投げつけ踏みつけ女中達, 投げ散らされて, 押しのけられて, 押し固めたもの, 拡がりそれ, 拡がりました, 拡がり出, 拡がり常緑, 拡がり梢, 拡がり渡り, 拡がろうとして, 拡げ日当り, 拡げ柔かく, 拡散した, 拡散する, 振向け, 掘り埋めたと, 揚ること, 撒きちらかされた, 撒きちらしたの, 擴まる, 放たしめたるは, 放ちたる像, 放った太陽, 放射し, 放散しました, 放散する, 敗れ小山田信茂, 散々に, 散じ, 散ずると, 散ったんで, 散つて, 散らかッ, 散らばる火, 散りました, 散ります, 散り失せて, 散り行きぬ, 散り足, 散ると, 散乱した, 散在し, 散立, 散開する, 数十人の, 敵の, 敵を, 敵対しなけれ, 斉整した, 方屋を, 暮色が, 東南とか, 板を, 林を, 枝の, 柱を, 柴を, 植えられて, 植物も, 楊の, 横行した, 段々を, 毛氈を, 水が, 水を, 求めさせた, 求めら, 沼あり, 注き, 派して, 派せられた, 派遣せられける, 流れて, 流れるという, 流れ出て, 流れ我, 流寓, 流行し, 流離顛沛させ, 浮き出して, 海が, 海老茶色の, 消えぬ内, 渦を, 湖水が, 湧き起る, 湧起る, 満ちた, 満ちて, 溢るる, 溢れ出づる如, 滿ち, 潜んで, 潰乱した, 潰走し, 激しい煽り, 火が, 火の, 火を, 炎の, 煽つて, 燿かしたる, 燿かすも, 犇めく氣合, 獨立割據した, 班ち, 現われて, 用いたる知る可, 用意した, 発して, 白雲を, 盛なり, 相雄飛, 石畳を, 破ったとき, 積みながら, 積み立て折, 積み重ねられた柴, 積んだ, 積んだ枯柴, 突き出で, 突拔けに, 窓が, 窪地を, 立ちこめこれ, 立ちこめて, 立ち並ぶ旗, 立ち並んで, 立ち込んで, 立つ四つ, 立てた碑文, 立て一刻, 竹を, 笑声が, 築墻, 簇出す, 糸を, 紅葉し, 組を, 縮まったかと, 繞らした, 美しく発達, 美味を, 群がりて, 翔けて, 聞えた, 聞えたり, 聞こえるぐらいの, 聳えて, 聳え立つラケダイモーン, 聳つ, 聳立した, 聽い, 肘を, 良い吏人, 落ちてるのみ, 落ち散る娘, 蔓こり, 蔓って, 蔓り, 蕃殖した, 薪や, 薫じつ, 薫じます, 薫じ箇々, 薫す, 蜂起する, 蜿蜒と, 蟠か, 行き渡り身, 見えるよう, 見おろす高台, 見て, 見ながら, 見渡せる地点, 角楼が, 訪問記者を, 貨り出した, 走った, 走ったが, 走らして, 起こり獅子, 起った, 起って, 起りつつ, 起りて, 起り一同, 起れり師, 足らないこれ, 足らぬ部屋, 足場が, 踏み石が, 蹌踉し, 転じる, 輝きて, 輝煥し, 辛夷の, 近い石, 迫る御用, 追い散らして, 追散し, 逃げながら, 逃げました, 逃げ散んず, 通じあるいは, 通って, 連絡され, 遊びて, 遊説し, 運ばれて, 遍く諸州, 過ぎぬ田池, 達すと, 遠く放つ, 遠ざかって, 遠慮が, 遮りはるか, 遮り終日日影, 遶り, 配つて見る, 配ります, 配る, 配るならば, 配置し, 配置した, 鋪道が, 錐で, 門, 開き百目蝋燭, 開け放してあつ, 關東八州を, 隈なく, 隠れて, 離れ支, 離散し, 離散する, 電報を, 電車が, 震ひ, 霊域を, 青い隈, 響いた, 響き渡つた, 響くに, 響くよう, 頭を, 飛ばして, 飛び急電, 飛び散った, 飛び散って, 飛び散り跡片, 飛び跳ねた, 飛ぶ, 飛んだ, 飛んだの, 飛散し, 飛散する, 飛散って, 飛騰する見る, 馳す, 馳せて, 馳せ廻わり, 駈けまわって, 騰り, 高く客席, 高さ九尺, 鷲を, 黒い薄物, 點を

▼ 四方~ (619, 17.4%)

42 見廻しました 20 見廻して 14 見廻しましたが 12 見ると 11 見廻した 10 見廻します 8 見廻すと 7 眺めて, 眺めました, 見廻すの 6 見ました, 見廻したが, 見廻わ 5 グルリと, 眺めた, 見て, 見ま, 見廻しながら, 見廻し乍ら 4 かこまれて, 睥睨し, 睥睨する, 見, 見た, 見まわして, 見回した, 見廻す, 見渡すと 3 囲んで, 見廻わす

2 [38件] かこめる大沼, ながめると, キョロキョロ見廻, キヨロキヨロ見廻しました, 俯瞰し, 取り巻いて, 取囲んで, 取巻いて, 山に, 平らげて, 憚って, 憚る, 探しましたが, 照し, 物色し, 眺むれ, 眺めながら, 眺望し, 睨め廻します, 石で, 籠めて, 見てから, 見ても, 見ましたが, 見まわした, 見る, 見るが, 見るに, 見廻し, 見廻したけれども, 見廻した後, 見廻しても, 見廻し三たび, 見廻は, 見渡した, 見渡したが, 見渡しますと, 見渡すに

1 [315件] いちいちさし, いまだにカッキリ, うかがって, おおって, おごそかにとり, かけ, かこまれその, かこまれたあの, かこむは, かこんだ窪, きちんと圍, きっと見廻, ぐいぐいと, ぐるりと, こめて, こめます, こめると, さがして, さがし歩いたが, すかして, そっくり自分, つった縄, とざされて, とりかこんで, とりまいて, とりまいてる測り知られぬ断崖, とりまかれて, とり囲みながら, とり圍, ながめた景色, ながめながら, ながめますと, ながめまわして, ながめる, ながめること, にらみまわして, にらみ手, にらんで, ねめ廻す八五郎, のび上がって, はるばると, ほしいまま, めぐる剣, ゆるがしても, ガラスで, キョロキョロ眺め, キョロキョロ見廻しました, キヨトキヨト見, キヨロキヨロするで, キヨロキヨロ見廻します, グルグル廻らせられた, グルリとばかりに, ジロジロ見廻, 一つに, 一と, 一望すれ, 上知せしめ, 不思議そうに, 丸く明け, 仕切って, 他の, 代官原と, 仰ぐと, 偃松に, 包んだ灰, 包んだ船, 包んで, 包囲された, 占領した, 取かこんで, 取りかこったに, 取りまいた官軍, 取りまわして, 取り圍, 取り巻いた山々, 取り巻いてる山々, 取り巻かれ西川, 取り巻く雲海, 取卷く群衆信徒, 嘗めるやう, 噛みつくやう, 囲い白檜, 囲った石垣, 囲まれて, 囲まれながら, 囲まれ走り, 囲み針金, 囲む山, 囲む樹, 囲んだ広い, 囲繞く, 固める, 圧した, 圧して, 圧し経済雑誌界, 圧倒し, 埋めて, 城砦で, 塞いで, 壁に, 壓する, 多神教の, 大きな壁, 威壓する, 守って, 守る四人, 定める力, 射ると, 展望し, 展望した, 展望する, 嶮しい, 巡って, 巡回し, 巡游, 巡行し, 幕府に, 幾度も, 庭園で, 廃墟と, 廻りながら, 張り改め床の間, 征伐し, 征服し, 御拝, 御覽, 忍ぶ樣子, 忙しく見廻した, 念入りに, 憚かり, 憚かる, 憚りながらも, 憚り乍らお, 戒めて, 手軽に, 払った乗物, 払って, 折ったり, 拂ひます, 拝すといふ, 拝せず, 拝むぐらい, 拝んで, 拭き廻す, 掘り深, 探るやう, 撫でまわして, 撫で廻した刷毛ついで, 攻略し, 攻略する, 明るくし, 明るく幸福, 暗くし, 望みしが, 望んで, 木々に, 本箱と, 板で, 板囲いに, 森林に, 檢した, 歌い込んで, 毎日たずねあるい, 氣に, 汽車に, 注意深く見廻す, 注文される, 活溌な, 海と, 深い木立, 清浄に, 焼いたの, 照せり, 照らした, 照らし佇んで, 照らす幾十, 物好きそうな, 田に, 盗み見ましたけれど, 看まわした, 眺むるに, 眺むる處より, 眺め, 眺めたとき, 眺めてを, 眺める, 眺めるの, 眺めるばかり, 眺めるよう, 眺め廻して, 睥睨しつ, 睨み廻した, 睨み廻わし, 睨めまわして, 睨め廻した, 睨め廻して, 睨め廻しました, 睨んだが, 硝子で, 祭の, 立て罩め, 紙で, 経営し, 締め切って, 縄張りと, 脾睨し, 船かよ, 苛, 蚕食し, 見い見い囁く鹿の子, 見おろした湖水, 見たが, 見はって, 見はらせた, 見ますと, 見ません, 見まわしながら, 見まわしました, 見まわしますと, 見まわし萎え麻, 見まわせしが, 見まわせば, 見ようとも, 見るの, 見れども, 見れば, 見わたすと, 見下せば, 見回して, 見回しました, 見回すと, 見回すの, 見回らせること, 見廻させる力, 見廻したお, 見廻したけれど, 見廻した南, 見廻した時, 見廻した菊弥, 見廻した面, 見廻しますならば, 見廻しまた, 見廻し乍ら續, 見廻すには, 見廻す寿美子, 見廻す後ろ, 見廻って, 見廻わし, 見張って, 見張らす, 見張らすと, 見晴, 見晴らして, 見晴らす, 見晴らすと, 見晴らす東山, 見渡されるよう, 見渡した時, 見渡して, 見渡しても, 見渡しながら, 見渡しました, 見渡すうち, 見渡す態度, 見渡たして, 見物し, 見返した米友, 見透すこと, 視るに, 覗く, 観て, 観望し, 討手の, 調べ始めました, 警めて, 警固させた, 警戒させ, 護らせら, 走つたあと, 越えた大, 遊説し, 遍歴した, 遠く眺めやる, 遮られた行燈, 邸内に, 銀色に, 鎧い陽, 鎮す, 鏡で, 閉ざされて, 閉ざして, 開いて, 開け放ち皆樣, 隈なく, 隈取った, 雑多な, 雲に, 震駭し, 霧が, 靡せ, 鞭撻せん, 顧みましたが, 顧望し, 飾るやう, 馳せ廻る, 駈けめぐって, 駈け廻つて孤児, 驅け, 高い山, 高い山々, 高い建物, 鹿の子まだ, 黒木の, 黒装束の, 黒裝束の

▼ 四方から~ (375, 10.5%)

8 火を 7 迫って, 集って 5 集まって 4 押し寄せて 3 これを, ドッと, 囲んで, 彼を, 雷の, 飛んで

2 [17件] それに, よく中る, 包んで, 取り巻いて, 受けて, 喝采が, 寄せて, 拍手が, 栃のだ, 水を, 火が, 聞えて, 聞こえて, 自分の, 見て, 起って, 飛出したの

1 [292件] あらゆる方面, いろいろ意見, いろんな人, うじゃうじゃと, おしよせて, おっとり囲み, おっ取り, おびただしい女, お敏, かいて, かけよって, かこいいよいよ, かこまれた五百坪, かしらん, こちらへ, この墓, ざあとこぼれている何という, じっと隙, すゝめたてる, そこへ, その石, その跡, だった, だん, つついて, とびついて, とりかこむん, どんどん飛びつどっ, のぞいて, のぞきこむ, のぞきこむので, のぞきこんで, のびて, のぼって, のぼる焔, はさまれること, ばったり暮れた, ばらばら集まっ, まくれあがって, また匍, また喊, やかましく饒舌, わきあがった, わたしの, わらわらと, ウーゴモンラ・エー・サントパプロットプランスノアなどから, カメラの, キャラコさんを, クリストフを, ゴーデルヴィルの, サラサラ, テープや, パツと, ヒシヒシと, フランスに, ワアーッと, ワイワイと, ワッと, 一升徳利を, 一度に, 一時に, 丁度た, 丑松に, 両立しない, 二人を, 五六寸位い, 五寸位い, 人が, 仔細に, 令嬢を, 何時とも, 何者か, 作りあげて, 僕の, 光って, 入会を, 公衆電話に, 六個の, 其水が, 其薪へ, 出て, 切り離した独立, 刻々に, 包まれて, 包みサッサッ, 包むで, 包囲された, 半畳が, 厳重に, 参詣人が, 反射する, 反響と, 取りかこまれおさえつけられて, 取り囲んだ闇, 取り巻かれて, 取り椀, 取囲むと, 取囲んで, 受け集めた気詰り, 吹き起こる, 吾が身, 咲き下す, 咳き入る先生, 喊声が, 囲われて, 囲んだ狼, 土を, 圧逼せられず, 墓ばかりに, 壓する, 声が, 大匙, 大濤, 太刀川に, 奇面城めがけ, 好奇な, 子供たちが, 宗介様を, 家の, 寄って, 小次郎を, 小鳥が, 山といふ, 山ほど, 崩れる様, 崩れる樣, 川へ, 工夫を, 左門へ, 差し出して, 己の, 平太夫, 幾人と, 廃屋の, 廊下が, 引揚げ, 彼の, 忽ち二十人, 思う存分嘲った, 急に, 急流を, 恐ろしい力, 戻って, 打ち寄せて, 抉り取られた細い, 投げかける電燈, 投げ掛け恐れ入って, 抛りつけるそれ, 押えつけて, 押さえつけられた, 押しつけられて, 押しつつ, 押しよせときどき, 押し寄せた数万, 押寄せて, 押被さっ, 招いて, 挑みかかる躍りかかる, 推戴の, 攻めかかれるが, 攻撃した, 放つ鋭い, 数を, 斬って, 新蔵の, 早口に, 暗い煙, 書物の, 望見される, 杉や, 来ない, 来る匂, 杯が, 松明の, 楠の, 檐を, 正一君の, 此廃園を, 殺到し, 毎日の, 毎日送っ, 水野さんを, 波が, 注ぎました, 流れよって, 深く鎖され, 湖に, 湧いて, 湧き上がって, 湧き起こった, 湧き起った, 湧き起ると, 漂って, 漕ぎ寄せた, 火の手に, 点の, 焔, 焚火に, 焼きたてました, 焼き立てられた炎, 焼打ちを, 物凄いほどに, 犬にとり, 犬を, 犯人を, 狐火が, 狭められたよう, 王子へ, 現われた, 発散し, 白刃の, 盃が, 盃を, 益満を, 監視され, 監視されてる, 真っ赤な, 眺めうる人, 石が, 私どもを, 私に, 私の, 空虚が, 窓や, 箱の, 群がって, 義観の, 老人を, 聚つて鬱陶しい, 自分自身を, 自転車の, 荷物に, 荷箱同様の, 菓子の, 葺きあげて, 蒸し殺し, 蝟集し, 蠣殻町一円を, 袋の, 襲いかかったばかりか, 襲いかかって, 見られるから, 覗き込む, 詰めよって, 詰め寄せる, 賢士剣客の, 質問を, 走つて, 起きた, 起こった, 起こって, 起つた, 起る, 近々と迫っ, 近づいて, 返って, 追って, 逃げだして, 遠い道, 遠巻きに, 采女を, 野を, 金をは, 鉄の, 鉄壁で, 鉄砲が, 閉じ込めて, 閉じ込められて, 降りか, 隙間も, 集った中央, 集つて来た, 雪を, 雪崩の, 雲集した, 雷鳴を, 霧が, 風の, 風呂敷で, 飛びかかって, 飛びついて, 飛びつかれじやれつかれて, 食卓に, 餅で, 首領を, 馬どもが, 馳け, 馳せ参じ無慮, 馳せ參, 馳せ集ったため, 駈けつけて, 騒音が

▼ 四方~ (209, 5.9%)

7 眼を 6 散った, 散って 4 出るの 2 ちらけ, ひろがって, 一度に, 反響し, 広がって, 散つた, 走って, 逃げ散った

1 [170件] あふれて, お使者, さまよう視線, ずらりと居流れ, たれたり, たれ下がって, ちって, ちつて, ちらばった, とびちったの, のばした, はねました, はやうま, ばつと, ぺこぺこおじぎ, まわって, まわらなくとも, やって, ゆれて, バラバラに, ピリピリと, 七八人配りました, 上り口を, 並べて, 丸形に, 乱れ飛んだ, 伝わりわれ, 伝播し, 伝播しない, 伸ばし千本万本数, 伸びた, 作り日本橋, 使いを, 傘状に, 出かけそこ, 出して, 出て, 出張候形勢に, 別れたが, 力一ぱい撒いた, 叱咤する, 向かって, 告げると, 因縁を, 地下植物の, 垂れさ, 垂れた吹き貫き, 堆く掻き上げられ, 大きく呼んだ, 大なる, 大ランプ, 大砲を, 大篝, 奔走し, 寄附かう, 富士形に, 広がった, 広く展し, 延びて, 延びてるし, 延び拡がって, 廻して, 廻って, 引張った綱, 引張つた綱, 弦を, 張って, 弾け飛ぶの, 彷徨い出, 憎しみの, 打ち込み縄, 投げた, 投げて, 投げられて, 投げ出す強い, 拡がって, 拡がつて, 拡がるのみ, 拡がる事, 拡げて, 援けを, 撒きちらして, 撒き散された形, 放って, 放つて, 放射し, 放射した, 散じて, 散つて行, 散らばせると, 散らばる, 散りました, 散り乱れたけれども, 散り後, 散り紙帳, 散る, 散れば, 散乱し, 散乱した, 散乱する, 数百片延び尽し, 枝を, 波の, 注意を, 流れ下るあらゆる, 流れ落ちて, 流れ落ちるの, 流浪し, 浮き出して, 溢れ出しました, 漂うて, 漂泊し, 燃え広がりました, 燃え拡がって, 片づいて, 目を, 石段を, 石油を, 破片を, 種々雑多, 積んだ, 耕作の, 艶めかしい, 草の, 行かなければ, 行き前方, 行くのに, 行く電車, 褫られ, 視線を, 覚束ない, 走らせて, 走らせました, 走る峠, 跳ねあげて, 踏み出しさえ, 追散し, 逃げかけた, 逃げの, 逃げはじめました, 逃げ出したという, 逃げ散りました, 逃げ散るお, 進み出る, 遠のいて, 配った, 配りながら, 開いた, 開いて, 開いてるもの, 開く気味, 闊達に, 陰々と, 離散し, 響きを, 響渡った, 飛ばした下, 飛ばすの, 飛びましたの, 飛び去り夕べ, 飛び散りました, 飛ぶ, 飛んで, 飛火した, 馳せた, 髪を, 鬼氣を, 鮮血が, 鳴りひびいた, 黒い布

▼ 四方~ (116, 3.3%)

3 すつかり 2 よく見えました, 塗り潰したよう, 照渡り, 真の, 血の, 避けて

1 [101件] ありますぜ, あろうか, いっぱいに, いつの, かがやく風景画, きりたつ岩, きわめて静か, すっかり明るく, すつかり見, すべて厚い, すべて沢なり, ただ広, ただ雲, つめたい石, とりかこまれ昼なほ, またまっ, もうすっかりと, もうすっかり暗く, もうすつかり暮れて, もう暗かっ, もう真夜中, もう薄暗く, もはや完全, クワツと, グルッと, シンと, 一ぱいの, 一面の, 下っ引, 二尺くらいずつの, 仲よくジュズツナギ, 住民が, 全き, 全く匪, 全く猛, 削り立った岩面, 土天井は, 壮大な, 夜晝妙な, 天井の, 家屋も, 小田を, 山ばかり, 山岳だ, 岩と, 峨々たる, 幸ひ, 幽翠, 急に, 愚な, 明るかった, 明地で, 昼の, 晝間も, 暗かつ, 暗くなっ, 暗くなつ, 暗くなり, 曠濶たる, 東京の, 松原で, 板壁で, 板張りである, 森閑として, 次第に明るく, 死に, 残らず目, 氷に, 深い木立, 滔々たる, 漆の, 漫漫たる, 灌木や, 火の, 白たへの, 皆緑色に, 皆雪山を, 相当やかましい, 相當, 眞の, 真つ, 真暗く, 真暗と, 真暗に, 真黒だ, 私が, 粘土まじり, 荊棘のみ, 荒壁で, 蓆張りで, 薄暗くな, 薄暗くなりました, 薄暗くなる, 見通しだ, 金属の, 金粉を, 開け放たれここ, 靜かな, 馥郁として, 鬱蒼と, 黒の

▼ 四方~ (88, 2.5%)

3 急に, 雀色に 2 すつかり, パッと, 海だ, 火の, 眞つ, 真っ暗に

1 [70件] すつかり建て込ん, その一郭, だだっ広く大きな, だん, なんだか面白く, にわかに薄暗く, ひらいた然し, ひらけて, ほのぼのと, ぼうとして, めでたく納まった, よく見渡せた, アパートだの, カッと, 一つ一つすべてきれいには, 何んの, 全く暮れ, 凡て釘付に, 四方でした, 四方とも, 塗りこめられて, 塞がったから, 大分薄暗く, 妙に, 宵の, 封じられて, 少し騷, 山です, 山に, 征服された, 懸崖絶壁に, 明け開きで, 明るくなっ, 明るくなる, 明るく暈け, 暈されたよう, 暗いから, 暗いのよ, 暗くな, 暗くなっ, 暗くなった, 森閑と, 油紙の, 満月の, 無事に, 白けて, 真っ白な, 真暗に, 真黒に, 紙クズだらけで, 自由に, 花崗岩の, 落莫として, 薄暗くなりました, 見渡される, 足音と, 道に, 金網張りで, 開いて, 開けて, 隆夫に, 隙き, 露われる, 静に, 靜か, 靜まり返つた, 非常な, 首を, 騒がしくなっ, 騒がしくなった

▼ 四方~ (63, 1.8%)

9 あるよう 5 ある大きな 3 あろうかと 2 あるの, あろうと

1 [42件] あったであろうか, あったでしょうか, あった甲斐, あらうかと, あらうと, ありさうな, ありそう, ありませうか, あり手鼓, あるかと, あるその, あるだだっ広い, あるだろうか, あるであろうか, あると, あるやう, あるらしい黒塗り, あるらしく四方, ある向日葵, ある大, ある大作, ある宏大, ある広い, ある広い広い, ある旗, ある焚火, ある荒涼, ある軽焼, ある鉄網作り, あろうか, あろうという, つづく満開, ふきとばされその, まだ薄暗い, 利くという, 堀を, 揃って, 無いじゃ, 無いぢ, 焼け野に, 物静かで, 色を

▼ 四方ほどの~ (58, 1.6%)

3 四角な 2 広さ

1 [53件] あげぶた, ところに, ところを, ふかい地下室, ほの, まるい穴, ギザギザの, パラフィン紙で, 一枚の, 一枚巌全く, 三ツの, 低い物置, 嚴重な, 四かくな, 四角い穴, 囲炉裡が, 地面が, 堂が, 堂と, 塔の, 壁が, 大きさ, 大きな鏡, 大地が, 大広間で, 大穴が, 字で, 小さい紙片, 小さい鏡, 小さな穴, 小さな窓, 小屋が, 小窓, 岩礁の, 平らな, 広間に, 広間を, 板敷の, 極めて小さい, 洞が, 眞ん中に, 穴が, 箱の, 紙を, 茅ぶきの, 薄い銅板, 鉄の, 鉄扉に対して, 鋸が, 鏡が, 頑丈な, 高い塀, 黒の

▼ 四方より~ (42, 1.2%)

2 花吹き入れ

1 [40件] おしかけて, かかるとも, かの寺院, この聖歌, その地, われ一人を, ベルリンに, 仰ぎ見るべき喬木, 光風和風吹き, 入りくる悪魔, 取囲み其謀, 吹く風, 圍める, 報知あり, 多量の, 孤客に, 客を, 引く點, 得たる事実, 手をか, 攻め寄するさま, 攻寄するさま, 敵に, 桜の, 歸れり, 注ぎ入る大海, 温める, 皆中央の, 禍難つづい, 藁灰を, 起つて, 輝やき集まる, 近づく多く, 闇を, 集まりその, 集まりて, 集まり來, 集り数月, 雲集し, 雲集す

▼ 四方には~ (41, 1.2%)

2 何の

1 [39件] うす紫, まだ四疋, ザポロージェ人の, ドッシリした, ホンモノの, 一つづつの, 人も, 人らしい, 人間の, 何も, 厳重の, 古金屋らしく, 土人の, 壁の, 夕方の, 大小の, 宿屋が, 山らしい, 戸が, 明るく窓, 景色の, 木小屋を, 桟敷が, 歴史で, 注連を, 渦が, 火の手が, 生色ある, 男が, 眼を, 竹矢来を, 笹竹を, 蔓延せぬ, 虫の, 行くべき学校, 見當, 車道が, 通へ, 麗な

▼ 四方~ (30, 0.8%)

2 の嫁, の息子, の身上

1 [24件] といふの, にだけでも二十年, に二十年, の下女, の先, の家族, の家風, の方, の旦那, の老, の良, の若, の藏, の跡, の身寄り, の離屋, はこんな大きな, はさすが, は東叡山數十ヶ寺, は萬, へ嫁入り, をぬく, を乘取つた, を引取つたの

▼ 四方ばかりの~ (26, 0.7%)

2 炉を

1 [24件] 俗に, 冬の, 口を, 土壌が, 墓原が, 奇妙な, 姿見が, 小窓, 小袱紗, 思いも, 手摺を, 日が, 板張りの, 白いハンカチ, 穴から, 空地に, 緋縮緬の, 肘掛窓からは, 茶色な, 荒布にて, 部屋である, 鉄の, 間扇の, 額ぶちがか

▼ 四方ぐらいの~ (25, 0.7%)

2 大きさ, 穴を

1 [21件] お堂, きたない板の間, ふかい井戸, カブトの, 呉羽嬢の, 地面です, 坑道に, 奴は, 室内に, 小さな部屋, 小窓, 広さ, 板が, 水溜りな, 真四角な, 穴に, 空地の, 空間に, 部分を, 部屋であった, 金の

▼ 四方とも~ (19, 0.5%)

1 [19件] に林檎畑, よく見晴らされた, コンクリートの, 二尺がたは, 低い陸地, 充分に, 厚いコンクリート, 四角に, 垂れるよう, 塞がれて, 壁に, 壁ばかり, 広々と, 廊下に, 水平線の, 真黒の, 縁側の, 美しい枠, 黒い油紙

▼ 四方程の~ (15, 0.4%)

1 [15件] のし板の, 大きな彫刻, 大さ, 小さいもの, 小さい実験室, 小さい離屋, 広さ, 明るく開けた, 真赤な, 穴が, 穴を, 箱包を, 臆病窓が, 薄葉, 頭痛膏が

▼ 四方ほど~ (13, 0.4%)

1 [13件] ひらきて, パタンと, 下に, 平らに, 床板を, 新しい土, 新しい板, 木の, 柱の, 植ゑこんでまん中に, 樹木が, 鋭利な, 食いちぎられて

▼ 四方にも~ (11, 0.3%)

2 ひ, 及んで 1 わたる白雨, 上にも, 冷たい濃い鼠色, 及びそう, 及ぶで, 及ぶなだらか, 足りない土間

▼ 四方木田鶴子~ (9, 0.3%)

1 があの, が去る, だったん, という女性, との交際, の動静, は妖婦, へ注目, を信ずる

▼ 四方くらいの~ (8, 0.2%)

2 大きさ, 穴を 1 もので, 小さい包, 間白色を, 面積だ

▼ 四方~ (8, 0.2%)

1 その中, 啼いて, 四十カペイキ, 声が, 彼家では, 薄い白木, 迷惑した, 騒がしくひっきりなし

▼ 四方ばかり~ (8, 0.2%)

1 あつて, そこだけ, な羽目板, ベットリと, ベツトリと, 水溜が, 眞四角に, 粗末ながら

▼ 四方八面~ (8, 0.2%)

1 ただ大海, に事端, に吹き垂れる, に敵, に門戸, の浮世, へ自在, 這入口

▼ 四方ぐらい~ (7, 0.2%)

1 その茴香, だった, で能率, なこと, まん中に, 切り取って, 畑土が

▼ 四方~ (6, 0.2%)

2 海皇孫領らす, 神の 1 国皇孫領らす, 國皇孫領らす

▼ 四方~ (6, 0.2%)

2 もまあ 1 がほめた, でも此點, と読ませ, は

▼ 四方~ (5, 0.1%)

1 で出入り口, に取り巻かれた, に囲まれてる, の室, の牢獄

▼ 四方~ (4, 0.1%)

1 また一面, 云ひ, 落ちた髪道具, 言うの

▼ 四方への~ (4, 0.1%)

1 して, 分岐塹壕の, 別離であった, 離散と

▼ 四方上下~ (4, 0.1%)

1 からその, から真黒, から自分, を囲繞

▼ 四方構はず~ (4, 0.1%)

1 張り上げました, 張り上げるの, 怒鳴るの, 響き渡ります

▼ 四方~ (4, 0.1%)

2 の小 1 りの, り血

▼ 四方くら~ (3, 0.1%)

2 ゐの 1 ゐ穴

▼ 四方とを~ (3, 0.1%)

1 全面ガラス張りと, 賞味される, 食うという

▼ 四方みな~ (3, 0.1%)

2 好いに 1 その徳

▼ 四方以内~ (3, 0.1%)

1 で, に於, は距離

▼ 四方厚い~ (3, 0.1%)

1 壁で, 壁や, 石壁で

▼ 四方~ (3, 0.1%)

1 にかこまれた, ばかりに囲まれた, また山

▼ 四方波風~ (3, 0.1%)

21 たたずともあれ

▼ 四方~ (3, 0.1%)

1 にかこまれた, に囲まれ, をめぐらす

▼ 四方転び~ (3, 0.1%)

1 になった, の縁台, の腰掛

▼ 四方お構い~ (2, 0.1%)

1 に相成りおる, の孫平治

▼ 四方からの~ (2, 0.1%)

1 反射で, 非難攻撃に

▼ 四方ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 急激脳震盪を, 背骨が

▼ 四方ぐらゐの~ (2, 0.1%)

2 小さな水槽

▼ 四方けがれ~ (2, 0.1%)

1 なき平野, のない

▼ 四方ほどを~ (2, 0.1%)

1 残して, 真紅に

▼ 四方みな嶮岨~ (2, 0.1%)

1 で容易, といえ

▼ 四方マイル~ (2, 0.1%)

1 あり, にし

▼ 四方一丈余~ (2, 0.1%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 というの, は小

▼ 四方勇治~ (2, 0.1%)

1 がそば, が猛然と

▼ 四方~ (2, 0.1%)

2 も無い

▼ 四方太先生~ (2, 0.1%)

1 いよいよ文章論, は議論

▼ 四方太氏~ (2, 0.1%)

1 が自分, のこと

▼ 四方~ (2, 0.1%)

2 濶に

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 の俎, よか安い

▼ 四方板壁~ (2, 0.1%)

1 でかこまれた, でのぞき

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 が何本, の一つ

▼ 四方森林~ (2, 0.1%)

1 にとりかこまれ, に囲まれた

▼ 四方~ (2, 0.1%)

2 はぬ

▼ 四方流れ~ (2, 0.1%)

2 の屋根

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 につつまれ, にとりかこまれた

▼ 四方硝子~ (2, 0.1%)

1 の戸棚, の箱

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 から中原, の方

▼ 四方~ (2, 0.1%)

2 の色

▼ 四方見通し~ (2, 0.1%)

1 のきく, の庭

▼ 四方見開き~ (2, 0.1%)

1 の塔, の手摺

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 に出でず, の孤島

▼ 四方金具~ (2, 0.1%)

1 の厳重, の嚴重

▼ 四方閉ざされた~ (2, 0.1%)

1 庭の, 正しい楕円形

▼ 四方開け放し~ (2, 0.1%)

1 の小屋, の日本家屋

▼ 四方雅客~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 四方~ (2, 0.1%)

1 さ一メートル三十センチほどの, さ三四尺ばかりに

▼1* [243件]

四方あけ放しの, 四方あたかも漆の, 四方あったにし, 四方あまりの空地, 四方あるという向, 四方いくらの値打ち, 四方いづれより行く, 四方かなり広い範囲, 四方かまはぬ, 四方かまわずふざけ噪いでいる, 四方からどつとあ, 四方くらいな氷塊, 四方くらいは何でも, 四方ぐらいが朧げに, 四方ぐらいな口を, 四方ぐらゐな四角の枠, 四方この海に, 四方ころびになつた四脚の台, 四方しか持って, 四方すべて高く切り立っ, 四方すべて滑らかにし, 四方すべて霧にかくれ, 四方ずつにでも区切って, 四方ふぞ, 四方からちょうど, 四方だけとかおかぶ, 四方つて囲つてゐるん, 四方ていねいに拭かせ, 四方でありますか, 四方でしたから引窓, 四方ですから隨分, 四方ではなかろうから, 四方でも表現できる, 四方というフロ場, 四方といつても誇張, 四方とざされ自由に, 四方として動いて, 四方どこにでも居る, 四方なだらかな山, 四方にあたって鬨の声が, 四方につき百二十キログラムです, 四方になだれた裾野, 四方にわたって深さ六フィート, 四方にわたり試みて, 四方に対してあとは, 四方のけだものすら, 四方ばかりだけが私の, 四方ばかりな一枚石が, 四方ばかりに仕切って, 四方ばかりは草も, 四方ふさがってる庭園付きの, 四方ふさがれた小さな世界, 四方へか次第に放散, 四方ほどな何か, 四方まで御控, 四方までがぼくにも, 四方みとおしの原, 四方もの青田の, 四方まの, 四方よいように, 四方をかへり見る, 四方をば柔かな, 四方カラリと吹き払われ, 四方ガラスの箱, 四方グルリと低い, 四方ニ使シテ君命ヲ辱メズ, 四方ニ氾濫シ毒屑ノ浸潤スルノ処茨城, 四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, 四方控制スルニ便ナルヲ以テ鎮府ヲココニ建テ分散紛擾, 四方一円位だそう, 四方一帯に晴れ, 四方一帯春昼の埃, 四方一帶の地勢, 四方一方に砂, 四方一束に貼りあわせ, 四方一様に樫, 四方一樣に樫, 四方一軒の人家, 四方一門も遁, 四方一面に吹き出す, 四方一面天地をこめ, 四方一面深紅となった, 四方万世無税家康湯の島へ入湯, 四方三里四方というよう, 四方は栗材, 四方人ほし, 四方九十里にわたって河北, 四方五六里内外徒歩して, 四方五十余里まるで敵, 四方五十里の内, 四方京内十六町の地域, 四方人家のない, 四方人気のない, 四方介同姓甚左衛門すなわち越中先方衆, 四方以上の大きな, 四方何れも寺, 四方何両という装束, 四方を線, 四方便利の地, 四方俾祭地震神とある, 四方全く草木の, 四方八方のこと, 四方八方槍ばかりです, 四方八面敵味方の境, 四方八面炎と化した, 四方共頑丈な建物, 四方円く納まる, 四方刀斧入らざる深山, 四方切石の壁, 四方前後左右の逆転, 四方十字の要路, 四方千里人烟を絶, 四方ハ一寸四方ナルヲイフ, 四方及び中央に, 四方取放しの竹轎, 四方嘱の, 四方同じ肉色の, 四方吹きさらしである, 四方吹き払いの小, 四方味方との聯絡, 四方でも作っ, 四方だ杉, 四方商舗が和洋酒類罐詰, 四方で固め, 四方四個所の門, 四方四十八間に十二光仏, 四方四隅に配居, 四方四面に向き合, 四方国爾波山河乎比呂美安都美等多弖麻豆流御調宝波, 四方も無い, 四方境内一万六千余坪の寺内, 四方氣に, 四方太さんの所, 四方太君も居った, 四方太品川に船, 四方妖氣が棚引い, 四方密閉したやう, 四方寒山の眺望, 四方尊敬ばかりし, 四方小さいのは, 四方小丘の起伏, 四方屋根は厚い, 四方屋根千本廂垂木勾欄の外型, 四方山脈に取卷かれ, 四方岩壁であった, 四方岩石に囲繞, 四方というもの, 四方平原で人家, 四方干と, 四方底平らかになり, 四方である, 四方形峠の辻堂, 四方從遊のもの, 四方と唐人, 四方たいこと, 四方所刻率誤本, 四方に附け, 四方の式, 四方攻めに押し揉め, 四方敬服せざるを, 四方数マイルにわたって喧嘩, 四方数里の丘, 四方數百間の大, 四方斜面に群落, 四方日本の上下, 四方明け放しの草原, 四方らさで, 四方木屋の壁, 四方木田鶴子さんの姿, 四方べいで囲まれ, 四方板塀で圍まれ隅, 四方柵門のない, 四方梅彦がある, 四方森閑と締め, 四方榛名は六里四方, 四方構はず何んか言, 四方構はず聲を張り上げます, 四方構わず存分な, 四方構わずわめき散らすのでした, 四方構わず泣き出して了, 四方構わぬ大声を, 四方様方に伏し, 四方の上, 四方浮き上がっている, 四方さ一フィート強で, 四方清しき宮霧に, 四方満々の水, 四方濛々として山, 四方灰色を以て塗る, 四方壁の, 四方獻令といふもの, 四方玻璃窓の待合室, 四方がとび, 四方の星兜, 四方白い小さいタイル張りの, 四方白木の道場, 四方百八十八町歩にみなぎる, 四方赤い松, 四方真暗眼玉を白黒, 四方眺めて敵陣, 四方瞬く明かる, 四方石垣の中, 四方硝子張の待合室, 四方硝子張りの戸棚, 四方程に拡大され, 四方の葉, 四方策応して, 四方経営を隆ん, 四方絶壁のうち, 四方締切りの茶室, 四方縁茶室好みの水口, 四方翠紗の籠屏, 四方英里あり, 四方菰張りの小屋, 四方葺きでなく切妻と, 四方で囲っ, 四方から竹河岸あたり, 四方薫ずるこれぞ現世極楽, 四方行き詰まりで新しい, 四方行止まりのない, 四方見わたして, 四方見当なき鉄砲, 四方見晴しに, 四方見晴らしの展望台, 四方規則正しく並んで, 四方赤城は十里四方, 四方追手にふさがれた, 四方送って下, 四方造りの独特, 四方連環の敵, 四方つ, 四方金網で張り廻, 四方閉ざされ海老錠と, 四方閉め切ったその部屋, 四方開いてゐ, 四方開けっぱなしの建物, 四方闇黒にとざされた, 四方隣国も皆, 四方隣国八方へ大波, 四方雨戸をとざし, 四方面白くなくて, 四方鬱悶の苦しみ, 四方鬱蒼に囲まれた