青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「四~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

單~ ~喰 喰~ 嘗て~ ~嘘 嘘~ ~噂 噂~ 器~ 器械~
四~
~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~ 回~ 因~ 因果~

「四~」 60108, 649ppm, 141位

▼ 四~ (4686, 7.8%)

74 の者 68 の子供 52 の男 48 の少年 46 の女 37 の子 33 のうち 32 の中 27 のもの 26 の人 25 の武士 21 して 19 の若い, はその 17 の人間, の警官 15 である, の娘, の家族, の眼 14 の顔 13 であった, の子ども 12 のほか 11 の姉妹, の弟子, も五人 10 ある, です, の侍, の客, の方, の男女 9 の前, の名, の姿, の影, の間, の青年, はそれ, は顔 8 が四人, だった, になった, の兄妹, の手, の方々, の死骸, の若者, の長老 7 で, では, の人夫, の他, の代表, の兄弟, の刑事, の声, の子供たち, の登山者

6 [13件] あった, しかいない, だ, でした, の名前, の外人, の女給, の妾, の子供ら, の心, の目, の職員, の部下

5 [29件] いた, になっ, のほう, の人影, の人足, の同志, の大, の女たち, の嫌疑者, の少年たち, の帰化入籍, の日本人, の男たち, の盲人, の老女, の職人, の胸, の若, の証人, はこの, はすぐ, はそこ, は思わず, は暫く, は黙っ, もある, や五人, を連れ, 来て

4 [40件] が, がそれ, が出, そろって, つれて, になつ, のあと, のうち二人, のひと, の人々, の仕立屋, の兵士, の口, の命, の大臣, の女達, の家来, の小さな, の少女, の幼い, の息子, の患者, の権威者, の歌唱, の生命, の男達, の異国人, の誰か, の顏, の黒覆面, はこれ, はまた, は一度, は肩, は足, もいる, も子供, 来た, 残って, 集って

3 [90件] あって, か五人, がその, が一人, が同時に, が手, が連れ立っ, が集まっ, が顔, その一人, だが, であつ, でお, できて, でしょう, でも五人, でトランプ, で相談, で食事, と一緒, と三人, になり, になる, に過ぎなかった, の, のかごかき, のなか, の一行, の不幸, の乗客, の人たち, の人数, の人物, の人達, の仲間, の会員, の供, の力, の博労, の同勢, の壮士, の外, の大学生, の大男, の夫, の女中, の妻, の娘たち, の嫌疑者達, の店員, の弟子たち, の意見, の浪人, の男の子, の科学者たち, の笑い声, の老女たち, の耳, の苦力, の親子, の選者, の頭, の黒い, はある, はいる, はお, はしばらく, はすでに, はそのまま, はだまっ, はますます, はもう, はもう一度, は一列, は先, は初めて, は又, は自分, ほどあった, もあった, も居る, をつれ, を前, を殺した, を見, 並んで, 出て, 生ませて, 連れて, 集まって

2 [302件] あつた, あります, いて, いました, いる, おいて, かたまって, がいずれ, がいた, がいっしょ, がいろいろ, がかたまっ, がこの, がそんな, がただ, がどう, がひとしきり, がみな, が一つ, が一列, が一度, が一緒, が並ん, が交, が何, が出かけ, が刺殺された, が力, が同じ, が坐った, が声, が太田, が完全, が崖, が席, が座, が庭, が思い思い, が東京, が汗, が立ちはだかる, が耳, が肩, が越後獅子, が集っ, が駅, しかない, ずつが一組, ずつの群, ずつ交代, だから, だけでした, だけ渡っ, だけ自分, だと, つ, つ切り, でいずれ, でしかも, でする, でその, でたべ, でやる, で何, で抱き止めよう, で朝, で白馬, で私, で舁く, で行った, で話, で銀座, で離屋, で飲ん, ということ, というの, とお, とか五人, とそれ, となった, となり, との間, ともその, ともだまっ, とも刀, とも判, とも同じ, とも我等, とも皆, とも結束, と一人, と云, と共謀, と別れ, と外, と絶えず, と連れ立たれ, なり, なん, に, にてなす, に人夫, に大, に女中, のお, のお客さま, のお方, のけら, のこと, のす, のすぐ, のその, のその後, のほお, のやつ, のオスカール, の丁稚, の乗組員, の人手, の人等, の体, の兄弟中, の先客, の兵, の兵隊, の内, の内三人, の冒険者, の労働者, の友達, の反響, の叔, の召使, の周囲, の報告, の壮佼, の多き, の大将, の女の子, の女共, の女性, の奴ら, の娘達, の婦人たち, の嬰児, の子供達, の子分, の学者, の學者, の宮女, の小, の小宇宙, の少年探偵, の山売, の年増, の強い, の後, の悪漢, の指導者格, の新しい, の旅人, の暴漢, の村人, の歌舞伎俳優, の武士たち, の死体, の水夫, の水干, の為, の物知り, の生, の男子, の癩病人, の真ン中, の眼前, の知らない, の美女, の美貌, の群れ, の翁, の老練, の聲, の舵取り, の茶, の茶汲女, の襟もと, の視線, の親戚, の話題, の足, の足音, の跫音, の身体, の連中, の運命, の醜い, の野郎, の野郎達, の銃, の青年隊, の駒下駄, の騎士, の魔者, の黒, は, はあたふた, はいた, はいっしょ, はいっせいに, はいま, はおば, はすこし, はそろっ, はたしかに, はつれ, はとても, はふたたび, はまだ, は一人, は一塊, は一緒, は並ん, は二手, は人工説, は何処, は何者, は何處, は先ず, は力, は声, は外, は女中, は少し, は少年, は廊下, は思はず, は急, は手, は早く, は杉, は椅子, は橋, は燕楽軒, は甚, は直ぐ, は立った, は薄暗い, は足音, は踵, は車座, は附近, は雨, は鷹匠, ばかり, までがドキドキ, まで五, まで手, もあつ, もお, もかかえ, もつづい, もてんでに, もの子, も使, も性, も情婦, も控えた, も揃っ, も斬っ, も殺し, も私, よ, よこして, りは, ゐた, をひきつれ, を乗せた, を伴っ, を呼ん, を得, を無理, を率, を目, を相手, を見よう, を討っ, を除く, 休んで, 入って, 共に何, 呆れかえり次に, 呼んで, 多い時, 居た, 居る, 忽ち死亡, 打ち揃って, 打ち連れて, 殺して, 狩り出して, 立って, 薄暗い門口

1 [2449件 抜粋] あったが, あつて, ありき, あるが, あるわ, あれば, いまさらこの世, いるが, え申渡, かつえ, から口, か其始め一人, があつまる, がいかなる, がうごく, がおそい, がお家, がこれ, がそう, がちゃんと, がね, がひとり, がまだ, がゐた, がシャスタ山, がトンネル, がユースタス, が一つ部屋, が一直線, が下り, が二日, が今, が低く, が元日, が六畳, が出た, が勲章, が句切れ, が四十年, が夜, が女装, が小山田佐兵衛信茂, が帰ります, が強制疎開, が悪い, が憚り, が押しこん, が揃っ, が日本人, が枕, が歩き, が決死隊, が浜松, が炬燵, が現在自分, が画家, が私, が答え, が腰かけ, が茶, が裁判所, が躊躇, が野菜, が開基, が集る, が額, が鳰鳥, くらいずつも乗り込む, ぐらいのもの, ぐらい連れ, ごろごろと, しか居なかつた, しきゃ残って, じゃったと, すぐその, ずついた, ずつは船, ずつ参りました, ずつ立っ, そのうち辻川博士, その二十四人, たずねて, だからな, だけが生存, だけで, だけで仲良く, だけの, だけは煙草, だけ拾おう, だただ, だつた, ついて行った, であって, であるところが, でおでん, でぎつしりに成つた, でさびしく, でしょうそうして, でせう, でないか, ではじめて, でやって来, でチャンボウ, でブリッジ, で一個, で一日二升五合, で下総, で五月有楽座案, で何不足, で冬, で出掛けた, で卓子, で四海楼, で夜, で山王, で御飯, で打っ, で撞い, で日比谷公園, で暫く, で橈, で歩い, で派手, で清水, で狙う, で笑う, で腰かけ, で荷, で話しあった, で連立っ, で郷里, で鉄砲, で須田町, で飲む, で鳥鍋, というまことに, という数, とかたまっ, とその, となっ, とは大阪屋, とふたり, ともぐたりと腰, ともそれ, ともぴかぴか, ともよく使, とも一度, とも女, とも帰宅, とも暫く, とも海岸, とも相続い, とも脳, とも著しく, とも足, とも雲, とよそ, と云う, と共に手燭, と取り残され, と女子一人, と山遊び, と殖え, と組ん, と見えなくなる, と順々, ながら戸, ながら面白, ならよい, におよんだ, にくっつい, にすすめてた, につき一カ寺, にて満腹食, にはぐれた, には敵, にひきくらべ, に万遍, に十人, に奇怪, に対して二本, に對, に授, に男の子一人, に色々, に追いつきます, に鋭く, に駕籠, のいましめ, のうち酒飮, のお手伝い, のきょうだいたち, のさんぴんのうしろから, のちいさな, のひとみ, のみか, のゐる, のタイピスト, のヤーフ, の一家族, の上さんたち, の下手人, の中ガッド, の乗員, の乾兒達, の人声, の仏蘭西婦人, の会合, の作, の侍女たち, の俳優, の健康, の兄弟姉妹, の入道頭, の兵たい, の出生, の剋苦, の割合, の勇者達, の博労達, の友人, の取り, の同, の囚人, の在, の壮夫, の大きい, の大尉, の女中達, の女文子, の妃, の姉たち, の子たち, の子持, の学者たち, の実験室, の家臣ら, の射手, の小さい, の少年探偵団員, の島, の工場, の席, の床, の役人, の従卒, の悪漢たち, の戒名, の指紋, の提督, の教師, の文化部員, の新人, の時, の最期, の末子, の正直, の母親, の洋服, の海賊, の演奏者, の猟師, の生徒妓生, の男ども, の画家連, の異母兄たち, の百姓, の看護婦, の社中, の秘書, の端武者, の給仕, の縛め, の老兵, の聞き手, の脇士, の舞人二人づつからみ合, の芸者, の苦痛, の血管, の襟, の親戚たち, の訪客, の話声, の謳者, の貴族, の赤い, の足下, の身分, の軽輩, の遊び, の違った, の酋長, の重立つた, の鉱山, の陳述, の雑役夫, の靜, の顔面, の養育係, の馬鹿者ども, の駕籠かきども, の高い, の鵜飼, はあたり, はあわ, はいっ, はいよいよ, はおのおの, はかならず, はかんじょう, はぐるり, はしきりにいろいろ, はすっかり, はそれつ, はただ, はつい, はとある, はどう, はなんと, はひた走った, はひょろひょろ, はほとんど, はみな逮捕, はもとより, はやぶれた, はよわよわしい, はクララ, はチョコレート, はビール, はロープ, は一旦, は三, は中, は九月九日, は交渉条件, は仕事, は伯爵, は元気, は入ったでしょう, は其広場, は出稽古, は前方, は卓, は口々, は同じ, は四五分間, は土佐, は変, は大きな, は夫, は実験, は小, は居る, は布, は平伏し, は広く, は後, は忠臣, は息, は或は, は手分け, は揃っ, は斬られ, は昨日, は最初みんな, は東西南北, は樂, は武士, は残り, は気忙しい, は洞穴, は深呼吸, は熱い, は狩人広場, は男娼, は皆, は直に, は確か, は穴, は笑い, は綾, は聖アンナ, は膳, は芭蕉, は荷物, は街道口隠し屯所, は訣れ, は警衛, は身軽, は退る, は遠島, は鉤, は陸路, は食事, は駕籠二挺, は黄色人種, ばかりあった, ばかりつき, ばかりの人, ばかり掛っ, ばかり語らいぬ, ほどあと, ほども居つた, ほど堕胎, まえはいるだろうと, まっすぐに, までもほとんど, までも狙, まで人, まで平家物語, まで殺した, みえた頃, もあり, もいない, もが威嚇, もさがっ, もずうっ, もつれて, もの子供, もまあ, もジリジリ, も一足, も伴, も出, も加留多, も同様, も大, も寝, も居たろう, も怖, も散々, も深い, も知らない, も置い, も行く, も身繕, も違つた名前, も默, や八人, より成る, ゐるのよ, をいぶかし, をお召, をしょっぴい, をせき立て, をとりまい, をのぞく, をみんな巧, をメッタ, を上手, を乘, を休ませない, を倩, を内陣, を取りまきおった, を召し, を含ん, を地, を対手, を待っ, を憑, を掘り出さなきゃならなかった, を明日, を残り, を照らし, を疑う, を見かえりました, を討ち取った, を越えず, を除い, を馘首, パラパラと, 丸く坐っ, 付いたな, 併せて, 入候, 動いて, 同じ庵室, 向いあって, 埋まって, 寝の, 居るそう, 引きつれ仁平, 急ぐからと, 押掛け来り電話, 斬ったてよ, 来ました, 欠けて, 死んだ, 殺したとは, 炙串, 程居, 立ち揺り弾くチエロ, 置いて, 見た, 貸して, 連れ立って, 隔てて, 集り三宅君

▼ 四~ (2362, 3.9%)

68 の間 35 になる 31 の夏, の秋 29 の春 27 の後 22 の頃 21 ほど前 19 である 18 の月日, も前 14 で, のこと 13 の時 12 にし, の, の四月 11 の六月 10 の歳月, の生徒 9 になります, のあいだ, の七月, の十二月 8 になっ, にもなる, のころ, の一月, の事, の十一月, の暮, の正月, ばかり前 7 して, に, に生れ, の三月, の冬

6 [12件] この方, に出版, に書いた, に歿, に第, に至る, の今日, の十月, の年月, の昔, まえに, まえの

5 たって, に一度, のとき, の二月, は蘭軒歿後, へかけ, も五年, 振で

4 [17件] から高等学校, このかた, であつ, では, と五年, になった, には, に進級, のもの, の五月, の但馬地震, の作, の八月, の生, の第, も経っ, を経

3 [39件] か, から五年, か五年, であった, であるから, であるが, です, で卒業, といえ, となる, と刻, になつ, には保, にもなります, に上梓, に再び, に出, に當, に終る, に至り, の九月, の二学期, の元旦, の夏休み, の廃藩置県, の教室, の教師, の末, の男の子, の課程, ばかりの間, ばかり以前, も居た, や五年, 働いて, 振で來, 程以前, 程前, 経つて

2 [106件] おくれて, から一高, から七年, から二十五年, から六年, から凡そ五十二年, から受け, が春秋, すなわち明治元年, だ, だから, だった, であったが, でその, でも五年, で一葉柳浪二家, で完成, という年, となっ, と三ヶ月, と三年, ないし一七五六年, にいたる, にしかならない, にした, にその, にはその, にはそれ, には出生, にもなり, にも成る, にエタ非人, にドイツ, に亙る, に京都, に公表, に出た, に十九歳, に卒業, に君, に始まり, に始め, に家, に彼, に於, に東京, に東山天皇, に死す, に死んだ, に母, に水戸城, に生れた, に病死, に発行, に至って, に蘭軒, に表, に農商務省, のあ, のとき白痴, のクリスマス, のフランス, の三月十八日, の久, の五月一日, の今, の初, の初め, の博覧会, の年末, の当事者ら, の政変, の早春, の条, の男の子たち, の経験, の編戸, の翌年, の襟章, の話, の調査, の議会, の質問, の連中, の重, の長い, の間彼, の間殆, はその, まえまでは, までの間, もいた, もたて, も後, も昔, より算すれ, を卅六, 振で突然, 立って, 第三号, 経って, 続けて, 罷められて, 越し世の中, 越し尻尾, 越し江戸中

1 [1283件 抜粋] あまり過ぎた, いました, いらいよりつかなくなっ, かい, かかったそう, かかつ, かかりました, かにしかならず, からその, からの欧州戦争, からはいれるだろう, からひどく, から一二年, から一八三〇年, から三十四年, から二十六年, から仁平二年, から元禄三年, から六百六十三年前, から十年ぐらゐまでである, から十年間, から受持っ, から四十七年余, から天保八年, から数, から昭和八年, から現代文学, から貞享四年, か三年, か無事, が五年, が最初, が過ぎた, くらいい, くらいだ, ぐらいで, ぐらいのとき, この上水べり, ごしご, ごし胸, しくじったけれども, しなかったうち, すなわち今, すなわち西暦八九二年, すれば, それから日露戦争, たったとき, たってから, たつたらまた, だけのこと, だけ寿命, だったでしょう, だつたかな, だと, だろうから, であ, であらう, であること, でない, でもう, でやりとげなけれ, で丁度, で八六年, で十三年, で土産, で師, で抽斎, で由井正雪, で知り合っ, で退学, ということ, というとき, という全, という年代, という時代, という永い, といふものぱつたり, とすれ, とたつ, となつ, となりました, と一九一六年, と一八二一年, と云, と何ヶ月, と定め, と推定, と書かず, と申します, と経ち, と記した, ないし一七七七年, なの, なりきダンテ, なんて欲張らない, にあり, においてさえ男工一〇〇, において出羽, におけるセヴィレ, にかけてのイタリア旅行, にかけてインフレ, にかけて日本, にしかなりません, にせがれ, につづい, にならない, にはさらに, にはわずか, にはカルドー少佐, にはチュクノフスキー, にはノーベル賞, にはモスコウ, にはロシヤ, には七十四歳, には世界, には二月四日, には出羽, には勅命, には向う七ヵ年据置, には四ファネガ, には国会開設, には大阪, には山陽道, には彼, には成る, には教会, には明六社, には本木昌造, には江戸, には瑞長, には第, には翁媼共, には薄田泣菫, には遠藤さと, にま, にまで及んだ, にもあった, にもなった, にもエミシ退治, にも噴火, にも成つて, にわたる彼女, にわたる迂, にイタリアネープル, にキリスト教, にヌウトカ・サウンド, にフラマリオン社, にベルリン學士院會員, にマサチウセッツ州, にメルボルン行, にレーリー, にロンドン, に一度国際的, に一應, に七十, に七十四歳, に三越, に両院, に丹精, に五人扶持, に亙り, に亡くなつた, に今日, に佐佐木信綱博士, に余る, に保さん, に元興寺, に入れたい, に兩商, に六名, に内地, に刊行, に到り, に加藤弘之先生, に北条氏康, に卒去, に台北, に同, に和蘭, に四巻, に地震, に増誉大僧正, に大湫, に孔穎達等, に安, に家督相続, に小姓頭, に山三郎, に差止められた, に帰京, に序文, に廃止, に当り, に徳川家康, に成, に成つた, に我輩, に改訂版, に文部省, に新潮社, に於い, に日米露間, に春陽堂, に更に, に最高会議, に東京大学, に果然世に, に棠, に次男某, に武蔵国埼玉郡, に死亡率, に比べれ, に池田氏, に河原崎座が, に洋行, に無名氏, に片山五郎左衛門, に王滝口, に登山, に矢張り獨逸, に移る, に穢, に編戸, に義竜, に自火, に至った, に至り始め, に若水, に茶山, に著者自らこれ, に薨ぜられた, に製, に西国, に認可, に起きた, に近い, に過ぎなかつた, に遼, に銀座, に長安, に開いた, に開成学校, に風の神, のあいだ苦労, のある, のお話, ののち, のイースタア, のチェルシー, のブルジョア文学, のモルトケ大将, の一学期, の一組, の七月十三日, の三月なかば, の上野, の二回, の二月頃, の五月二十四日, の交年二十歳, の人, の何月, の俳諧, の優婆塞貢進, の兇状, の八月終り, の六月十四日, の六月頃, の再版, の冬二十四歳, の凶作, の出色文字, の初め頃, の別居生活, の刻印, の劈頭, の十一月十八日, の十二月二十八日, の十六娘, の十月十八日, の卒業前, の受持, の四月十五日, の四月斗満, の執筆, の境, の夏陽旱, の多端, の大戦, の太田, の奴, の子供, の学年試験, の寒, の将棋, の市区改正, の年, の序文, の当時三十万人, の後七十, の或, の戦ひ, の文学涸渇, の新春, の日本, の旧, の星霜, の春ベルリン, の春頃, の書牘, の最後, の末期, の東京帝国大学卒業式, の桜, の次男, の正徳三年, の正月終り, の歴史, の永き, の江戸城, の深川, の版本, の生れ, の生涯, の男の子全部, の発表, の百年間, の盆踊り, の眉山, の短い, の秋頃, の紀行, の組, の統計, の耕作, の苦役, の茶山, の西洋歴史, の解放以来, の記録, の詩集, の道徳界, の長き, の間そこ, の間国王, の間女, の間續, の間郵便局, の陸軍大学入校, の音信, の頃北越, の頃足, の飢饉, の饑饉, の騷ぎ, はいただろう, はすでに, はベートーヴェン, は世, は作物, は八月, は勉強, は天保四年, は寝込む, は小杉さん, は広島, は懸るだろう, は既に, は明治五年, は時間的, は正しく, は特筆, は生き延びただろう, は疫病神, は米国, は経った, は過ぎ去りぬ, は長, は隱居, ばかりたちました, ばかりもこんな, ばかりケーテ, ばかり出入り, へ進む, ほどたった, ほどの間, ほどま, ほど住ん, ほど昔, ほど経っ, ほど過ぎた, まえとは, まえ五月, まえ東京, までい, までが終る, までここ, までである, までなお, までの公, までの私, までは労務動員計画, までは学校, までまもられ, まで上下, まで代る, まで合せ, まで存命, まで斷片的, まで続い, まへから, みっしり稽古, もいる, もこれ, もすでに, もたたった, もたち, もたつ, もつづいた, もつらまえ, も一緒, も五年もの間, も住ん, も働い, も勤め, も大学, も待っ, も御, も手, も持ち馴れ, も春去秋来, も決して, も神主, も秋, も経過, も続け, も苦労, も見ない, も連れ, やられた, より一三〇三年, より三七年, より三十年前, より同, より後, より明治二十一年, より条約改正論, より阿部正弘, をいづれ, をへた, を以て終つて, を劃し, を受けもち, を恋, を棒, を終わる, を経過, を費やし, を送る, を過ぎた, を過て, 丁度前田君, 住み古し, 再び大阪, 即ちカント, 即ち彦九, 即ち明治元年正月, 即ち百三十一年前, 又十郎, 及び一八一五年, 同じく七年, 在牢, 居らんければ, 待たせて, 御即位, 手掛けた生徒, 揚げたこと, 新銭座, 早かった, 未三月, 極く, 死に身, 生まれ一七三八年歿, 程御座, 立つて, 第一巻, 第一次世界大戦勃発, 第二回勧業博覧会, 第十二巻, 経ちラプンツェル, 経った今日, 経て, 腐刑, 行って, 越しついぞホッ, 迄, 迄百五十余年, 通いつづけたお蔭, 遂に亡くなった, 遂に大王

▼ 四~ (2116, 3.5%)

58 の朝 43 の夜 34 の晩 23 の間 18 も五日 17 して, のこと 16 の月 15 の日 14 づけの 13 の午後, の夕方, ほど前 12 のお, の後 11 である, に 10 のうち 87 になっ 6 から一週間, であった, に一度, の事, の午前, の新聞, の条, や五日 5 か五日, たって, だった, にし, にはもう, に棠軒, に私, の御

4 [18件] から十七日, すると, だよ, です, と五日, と経つ, にこの, に第, に至っ, のあいだ, の夕, の夜半, の日附, の昼, も前, も家, 経って, 経つと

3 [34件] から二十七日, だ, であつ, でした, ですよ, でも, にその, になった, になる, に一人, に京都, に当る, に東京, に榛軒, に死ん, に江戸, のその, のところ, ののち, の内, の前, の大, の旅, の旅行, の次, の真夜中, の衆議院, ばかりし, ばかり前, もかかっ, もここ, より開場, を経, 曇り

2 [135件] あかぬ別れ, いて, うずめなけぁいけないんだ, か, かかった, から授業, がうまく, この日, すぎた, たっても, たつと, だもの, つづけて, であの, ですから, ですね, では, でもいい, で見つかる, というの, となった, となる, と少し, と経たない, なり, なん, にお, になり, になります, にはきっと, にはじめて, にはすでに, には前日, には夕方, には柏軒, にパリ, に一寸, に七十八歳, に五十五歳, に今, に六十三歳, に出立, に女, に帰っ, に彼, に御, に抽斎, に於, に柏軒, に歿, に立つ, に至, に藤兵衛, に蘭軒, ね, のとき, のひる, のパリ祭, の中, の仏, の余裕, の出来事, の初午, の午後三時頃, の午過ぎ, の夕刊, の夕陽, の年越, の弓, の思ひ, の手紙, の日子, の日記, の早暁, の明け方, の明るい, の明神下, の月夜, の朝刊, の朝奈良, の未, の未明, の来る, の條, の榛軒, の正午, の深夜, の滞在, の独立祭, の真昼, の祭日, の第, の記, の辛抱, の項, の養生, の黄金, は, はご, はちょうど, は姿, は滞在, は私, ばかりも前, ばかり経つ, ほどし, ほどまえ, ほど床, ほど後, までだ, もか, もかかった, もかかる, もすぎ, もつづけ, もまるで, もヒームカさん, も寝, も残っ, も私一人, も経っ, も続い, も続いた, も降りつづいた, も飯, を思い出せ, を費した, を迎えた, 然し沼, 第五日, 経ったある, 経っても, 経つうち, 経つても, 続いて

1 [1219件 抜粋] あまり潜ん, あること, いよいよ上野介, うづめなけぁいけないんだ, おくれたって, および二一日, かかったの, かかっても, かねて, からかかります, からこそ本当に, からひどい, から一週間日本, から三日, から二十二日, から五日, から休暇, から初雪, から十日間, から始まる, から新宿駅, から脚気, から逗留, か二日, か五日路位, か十五日, がかんじん, が勘定日, が始め, が来た, が百姓平次郎, けふ, この朔日, しかたっ, しか私, しか続きませんでした, したら直るでしょう, してから, じゃ, じゃなく, するうち, ずつ見習, その兄, たちますと, たった後, たつうち, たつて, たまたま前島密, だか, だけだったで, だってこちら, だつたが, つ, つづいた, つづきます, づけ, であったが, でありまた, でいよいよ, でご, でさすが, でしょう, ですって, でそれ, でとにかく, でも人, でも餌, で丁度四日, で二百万, で十個, で廓内全焼, で後者, で易々, で済む, で玉無し, で祇園, で舞, で飯田町, とあった, という, というもの, という夏, という短い, といえ, といふ今日, とお, ときまる, とされ, とすぎさりました, とその, とたつ, とつづく, となつ, とはいつ, とは無関係, とナニワ節, と三十日, と二十八日, と八日, と十八分, と定まった, と待ち暮らし, と書かず, と極, と空しく, と経った, と致度就, と迫っ, どうもなかつた, なら五月二十四日, なり五日, にあける, にあたかも, にあっち, にお父さん, にかけての一夜, にしめ切る, にそれぞれ, についても一つ, になつ, にね, にはあわただしく, にはさらに, にはとにかくどんなに, にはもう一度, にはレーニン, には上, には予め, には便船, には全, には六十九歳, には初, には十二所, には参籠, には地球, には大, には奇妙, には官邸, には家康, には寿江子, には島田三郎外五名, には必ず, には日本プロレタリア作家同盟, には更に, には棠軒, には清正公様, には痛烈, には程, には義盛さま, には血, には農商務大臣曽禰荒助, には遠方, には関東切つて, には青年子女, にもう, にもやはり, にも野口春蔵宛, にやり直す, にわたって東山道軍, にアルバート, にスタンレー, にネ, にファラデー, にユリ, にローマ, に一, に七歳, に不可抗力, に中川, に九歳, に二十日ぶり, に五十七歳, に五男専六, に亘っ, に京師, に保, に備後国福山, に光工廠, に六十九歳, に其子懐, に出家, に利章, に千, に去つた, に古, に各, に噂, に四郎左衛門, に国王, に地球, に大在家村天徳院, に婚礼, に宝井其角, に家康, に宿, に寿江子, に岡崎, に岩本, に帝国ホテル, に師池田京水, に帰化, に幻花翁, に弁護士, に後れ, に手紙, に掛る, に政権奉還, に新, に昭和九年十二月末現在, に書, に最終, に来た, に横浜, に次, に殿様, に江戸城本丸, に決行, に津港, に漸く, に現れた, に生れ, に病ん, に白石, に矢, に神辺, に私達, に種痘祭, に笹子, に終, に結婚, に総代, に繁治さん, に老齢, に肥前國松浦郡, に菅谷, に藩, に行われる, に訃, に諸, に足頸, に進駐軍, に酒, に銀一貫五百八十七匁六分, に開かれた, に限る, に陸奥国棚倉, に風呂敷包, に駿府, に鳥羽港, ねこむの, のかけ斗, のさる, のほどを安く, のイ便, のキャトールズ・ジュイエ, のフランス革命, のメルキュール紙, の一時十分前, の一番列車, の上程, の九つ, の予定, の今朝, の倉知, の公判, の公開講演会, の分, の勘定前, の午, の午前中, の午前十一時, の午後二時, の午後十二時, の午後四時頃, の呉服橋劇場, の四つ頃, の夕刻, の夕方同所油, の外, の夜じゅうピエロ帽, の夜モスク, の夜仙臺, の夜八時二十一分, の夜半病死, の夜明け, の大きい, の大雨, の女, の宵宮, の寒い, の小, の後判明, の御用始め, の愛宕, の手負, の拘留體刑, の新報, の方, の旗日, の日暮, の日曜, の早朝発見, の昼頃, の晴天, の暁天, の暮, の暮方, の曙新聞, の朝僕, の朝四時, の朝東京駅発姫路行, の朝江の島, の札幌農学校, の樺太, の水, の海嘯, の物忌, の生活, の祇園, の空襲, の簡牘, の翌日, の航海, の英字紙, の討入, の読売新聞, の議場, の遊び, の長門壇ノ浦, の間対峙, の降灰, の陸軍側公判廷, の雨, の頁, はあと, はかかる, はからり, はすっかり, はそれ, はたしか, はぬぐった, はまず, はゴマ化, は一人, は乗れねえ, は亡き, は何事, は余り風, は先君, は冬至, は利章, は坊さま, は多少, は大事, は好, は幸い, は抽斎, は文化三年六月三日, は日曜日, は昼, は服用, は果敢なく, は渡初め, は熱, は猪, は目, は祭, は置い, は薩州藩, は遊ん, は酷く, は長, は非番, は革命記念祭, は飯島様, ばかりこちら, ばかりたった, ばかりのこと, ばかりもうかうか, ばかり以前, ばかり休ん, ばかり泊った, ばかり滞在, ばかり風邪, ふと出, ほどいた, ほどの徒勞, ほど中休み, ほど経つ, ほど過ぎ, まえだって, また京子, まででありました, までは絶えず, まで一週間, まで前後三日間, まで辛抱, もお, もこれ, もする, もそう, もだまっ, もつづいたひ, もめし, もろくろく, も不眠絶食, も仕事, も休む, も何事, も僕, も出撃, も口, も吸わない, も喰わず, も売切れる, も夜伽, も大雨, も家屋, も帰っ, も延び, も或は, も日, も明けた, も森, も歩きつづけた, も沈吟, も激しい, も穴, も粥, も経つ, も經つて, も締め切り, も置いた, も考えつづけ, も自分, も訪ね, も逗留, も過した, も隠れ, も食物, やった, よりは早, より七月十九日, より五日, より後, より明治四年四月十一日, より溯る, より連日美術館, わかったか, ゐて, をもってワルシャワ, を中心, を以て六十八歳, を以て幸徳, を以て自ら廢刊, を保つ, を吉辰, を持っ, を経っ, を要し, を費したる, を送る, を過ごした, バタバタし, 与諸子, 互いに見合っ, 休んだ, 何と暖たか, 全観測回数九百七十四回, 初めて耕海入道, 即ちチベット, 即ち江戸, 及び同, 同じく, 帰らず或は, 後れ昨夜東京, 御祝言, 打続いての, 措いて, 泊って, 泊ること, 眠れなかったけれど, 立った, 立ってからの, 立つてからの, 経たある, 経った, 経て, 続くと, 置いて, 行かずに, 行くもの, 見えずに, 辛うじてこれ, 迄すこし, 迄に数回, 迄まる, 逢わないので, 遊んで, 過し

▼ 四~ (1333, 2.2%)

14 の方 11 の顔 9 を見た 8 の前 6 とその, の娘, の目, を見 5 が聞いた, だった, の家, はこう, はこの

4 [12件] が, が言った, です, とかん子, に向かっ, のほう, の父, の眼, の耳, は, はその, は檜垣

3 [28件] がお, がその, がそれ, だ, であった, であったが, という人, と云う, のうしろ, のこと, のそば, のところ, のよう, の姿, の寝間, の屍体, の心, の頭, はお, はかう, はそれ, はもう, は声, は急, は恐怖, は手, は東京, は病友

2 [89件] お約束通り, から注意, がある, がかん子, がこの, がこれ, がそう, がまた, が云, が云いました, が云う, が云った, が仰向い, が何, が決心, が笑っ, が答えた, が聞く, が見る, じゃ, てえ, である, でした, でしたが, という武士, という浪人, とお, との関係, と同じ, と申し, と申す, にこう, にすら矢, にはそれ, には小, に何, に聞いた, のため, の一行, の両, の名, の命, の声, の奇蹟, の妻, の存在, の幽霊, の態度, の手, の才能, の横, の死骸, の細君, の肩, の自来, の話, の身, の野郎, はいつも, はこういう, はこれ, はこれ等, はしきりに, はとも角, はまた, は二人, は再び, は刀, は念, は新, は明らか, は机, は正眼, は歩き出した, は聞いた, は自分, は蛍雪館, は部下, は馬鹿, もお, も驚いた, も黙っ, や丹生川平, を助け, を大将, を待ち設けた, を訪, を顧みる, 将平

1 [932件 抜粋] おぬ, からその, からみる, から受取っ, から引放さん, から言いだした, か三男, があくまで, がいい, がいつのまにか, がうしろ, がきょう, がぐう, がこうして, がしぶとく, がすでにもう, がそんな, がちらりと, ができあがっ, がどうして, がどもりどもり, がなぜ, がばつ, がぴしぴし, がまじめ, がまだ, がみずからおのれ, がもしかして, がヌッ, が上方, が不思議, が乗り合わせ, が今年十五歳, が伝六, が何事, が俯伏, が入っ, が勉強, が北陸, が向き嵌っ, が喜惣, が団十郎, が大急ぎ, が天草四郎, が存在, が尋ねたら, が小脇, が居る, が岩角, が平然, が待ち, が必死, が忍ん, が意識, が手がけた, が手配, が押しつける, が新, が来た, が東洋趣味, が柵, が殺された, が江戸, が江戸錦, が父, が現われ, が生まれた, が目星, が礼, が第, が答, が絵, が群衆, が膝, が自分, が草津在, が血, が親分, が言う, が話した, が起っ, が身, が首, この小屋, すぐ走り, そっくりの, その側, だけが, だけで, だつたら飛びか, であつ, であると, でございます, でしたから, でなきゃこんな, ではありませんで, でまた, で依然として, とあの, というやつ, というパン, という十五, という旗本屋敷, という男, という筏乗, という若, という運転士, といった, といふの, といふ日本一, とかいっ, とが一緒, ときけ, として信徒獲得, とそうして, との肉欲世界, とは同時に, とばかり書かれた, とも自然懇意, とも馴染, と一緒, と三男, と二人, と云っ, と刺し, と名乗る, と呼名, と喜惣, と対照的, と彼, と日比谷公園, と松屋松吉, と滝人, と真向かい, と石田, と美禰子, と解, と部下, なぞの窺ひも, などと大, などに敵対行動, などはその, なので, ならで, ならば, なるもの, に, にうしろ頸, にこの, にそんなに, にて御座候, にとってこの, にはある, にはこれ, にはそんな, にはちと, にはとれた, にはよほど, には堪える, には小さん, には確然, には自分, には解け, には金輪際, にもじつは, にもどこ, にもよく, にもわかった, にも四十時間, にも妙, にも考へる, に一礼, に九段, に云い聴かせはじめた, に似合わぬ, に先んじられた, に占, に又, に向け, に妙, に対して咎めたい, に対しましても伯父上, に対する怒り, に当て, に払下げ, に授かった, に止まるなら, に決定, に注意, に現在, に相談, に突然, に美人, に色々, に言う, に言った, に話した, に送っ, に進上, に隣, のあの, のありし, のいう, のいこじ, のうそ, のおかげ, のかたわら, のさらに, のだんな, のとり, ののど輪, のひそん, のジエスチユア, の一人娘, の三人, の世間, の事件, の二つ, の五歳, の人物, の代り, の側, の冷たい, の到底, の剣, の取巻き, の口腔, の向い, の告別式, の執念, の妹, の宅, の宛名, の居ない, の左, の得意げ, の心持, の悪名, の意地悪, の憔悴, の手代甚三郎, の抜群, の挙動, の敵対行為, の明, の書斎, の案内, の様子, の横顔, の武士気質, の死地, の洋服, の現在, の画く, の留守宅, の皮肉, の直筆, の真相, の眼前, の神童, の空想, の笠, の筆蹟, の答, の美貌, の肉体, の胸倉, の腰, の興味, の芝居, の行く, の覚えた, の言葉, の訪問, の語気, の責め折檻, の質問, の足下, の通る, の連, の部下, の配下, の附属品, の隣り, の饒舌, の駆けつけた, の鼓膜, はあらゆる, はいわゆる, はうんざり, はおふくろ, はお辞儀, はかさねて, はからになった, はぐあいが, はこれから, はさらさら, はしめた, はすぐ, はそう, はその後, はそれぎり何処, はただ取り, はだんだん, はつねづね, はともかく, はどう, はなほ平然, ははじめて, はひょんな, はまだ嘗て, はむっと, はもとより, はもろもろ, はよく, はわざと, はわめき叫ぶ, はサッフォー, はトホン, はフォーク, はモデル, は一度, は一時, は与次郎, は主, は予て, は云いつづけた, は京都, は人, は今宵, は今日, は伯母, は何処, は侠客, は八畳敷, は共に, は処置, は別, は勇躍, は南蛮幽霊事件, は参謀山国兵部, は友, は取りあえず, は只今, は吐く, は呟いた, は味見, は咎める, は喝, は嘲ける, は四十時間, は図星, は大, は大力, は大矢野宮津, は夫人, は妙, は始めて, は実に, は宥, は小声, は少し, は屋形船, は師吉井勇, は帰っ, は幸太郎, は床, は引っ返し, は形, は後ろ, は得意, は快く, は思った, は急速, は或, は戦友, は拳, は指導者, は揶揄, は断っ, は易者, は暢気そう, は更にこう, は最初出現, は果して, は機嫌, は歯, は歸つて來, は母親, は気, は気の毒そう, は沛然, は渋々, は焜炉, は煙草, は父, は献立, は生返事, は病氣, は白木綿, は白痴, は皮肉, は眼, は碩寿翁, は立ち, は立った, は笑い, は絶対, は美学, は美禰子, は考える, は自宅, は良い, は苦, は茅野雄, は行っ, は襖, は見送る, は諸方, は走り, は足, は身, は辞去, は追い討ちし, は途中, は逸子, は運動会, は邪慳, は重箱, は鉄弓, は長崎, は障子, は静か, は頭, は風流人, は黒い, は龍, へそう, への励まし, へ行つて, へ静か, めでたいな, もこの, もそう, もつと, もなる, もまた, も一種剛強, も伝六, も同じ, も思い切っ, も死んだ, も病友, も病気, も知っ, も笑い出した, も等しく, も走っ, も飲, や亀山嘉治, や伊達, や馬楽, より, よ盃, をかえりみ, をし, をじろり, をせきたて, をちょっと, をどやしつけた, をながめた, をはじめ, をもっ, を代理, を呼ぶ, を呼んだ, を天帝, を安心, を引っ, を彼, を後ろ, を批判, を拉し, を招きました, を殺さね, を殺害, を生ける, を礼拝, を立てよう, を置い, を罵る, を襲っ, を見る, を認めます, を連れ, を難なく, を鵜飼, 如き者, 揮いましょうぞ, 肯くと

▼ 四五人~ (1132, 1.9%)

34 の男 22 の人 19 の者 13 の男女 11 の人影 10 の若い 9 の乗客, の女 8 の客 7 の人々, の武士, の跫音, 集って 6 の人たち 5 のお客, の仲間, の友達, の声, の男たち, 来て, 集まって

4 [13件] だつたの, と一緒, のもの, の人間, の同勢, の子供, の子供たち, の学生, の手先, の捕手, の足音, 立って, 連れて

3 [17件] いた, がその, して, である, などは上, に月落ち, の中, の事, の友人, の女たち, の女給, の手, の生徒, の男達, の私服, もあった, 出て

2 [66件] あったが, あつまって, いる, かたまって, が, ぐらいは常に, しかいなかった, ずつかたまっ, ついて, どやどやと, にてなす, になり, に過ぎなかった, のお, のでん, の人夫, の人数, の人足, の侍, の兵, の兵士, の刑事, の力, の労働者, の女房, の婦人客, の子, の家臣, の少女, の弟子, の怪人, の怪人たち, の怪我人, の教員, の日本人, の村人, の水夫, の眼, の総代, の群, の職工, の芸者, の若者, の苦学生, の赤前垂, の足軽, の軍人, の雑兵, の顔, の食客, の黒い, は居る, は殺し, は甲高い, へ御託, もありました, もいる, もっともその, も抱え, を出でざるべし, を集め, バラバラと, 入って, 呼んで, 時々野村, 逃げて

1 [693件 抜粋] あって, あつまるだけ, ありスコットランド, ある, ある友達, ある小さな, いたが, いるいないの, いるが, いる給仕女, いろの, おびきだして, かかって, かな, から六七人, から聞いた, か二十人, がかたまっ, がぐるり, がこれから, がそれ, がそれぞれ手, がちらほら, がつるつる, がはいっ, がやがや話し, がやがや遊ん, がわっ, がゐた, がダリア, が一つ, が一ところ, が一度, が先, が先ず, が冷酒, が刀, が創意, が台所, が囁き, が塊つて, が太郎左衛門, が寄つてお茶, が庄兵衛, が待ちあわせ, が後, が怪しん, が懸命, が拙者, が掛かっ, が支那人ボウイ, が水面, が相談, が真個, が立ち働い, が筵, が群, が起臥, が足踏み, が銘々黄表紙, が集つて何, が鬨, が鯛焼, きては, くらいそういう, くらいにし, くらいのもの, くりかえし唱えつつ, ぐらいずつ付い, ぐらいのこと, ぐらいはあった, ぐれえ居りましたっけが, この大部屋, この市, しかいない, しかもその, しか坐れ, しか弟子, しか来, しか無い, すごすごと, ずついた, ずつぞろぞろ, ずつとともにつねに, ずつの浪士, ずつはいり込んだ, ずつやって来, ずつ二組, ずつ仲, ずつ別れ別れ, ずつ槍, ずつ隊, ずらりと立ち列ぶ, そのなか, その周辺, ぞろぞろ随, たずねて, たって, だけお, だけがまた, だけが源氏, だけでした, だけを伴っ, だつたが, だな, つかって, つきしたがいその, で, であと, であること, であるらしくこの, でうち, でお前, でかつい, でがや, でこんな, でございます, でございますな, でずっと, でせつ, でその, でで, でともかく, でどこ, でひそめくも, でぶらぶら, でやる, で一緒, で交, で他, で僕, で勝手, で千明, で同人雑誌, で揚羽蝶, で榾火, で此, で相談, で私, で答, で組, で脅迫, で裁っ, で裁つ, で食事, とある, とともに北方, となり果てた, との名, とカイヨワ, と一, と一しょ, と云う, と他, と何, と往来, と木華里, と町役人, と礫川学校, と苦しまぎれ, と道連, どッ, にあっさり, にて早, にて道, になる, には過ぎない, にも伯父, に一人, に与える, に分つ, に囲まれ, に手傷, に来, に水礼, に過ぎざるべし, ねぢ鉢卷, ねぢ鉢巻, のあら, のいたずら子供, のうち, のお嬢さん, のかなり重大, のこと, のそれ, のつて, のカーキ色, のグループ, のダンス仲間, のマスク, の一団, の一行, の不良, の中老人, の乾児, の乾兒たち, の予科, の人だかり, の人声, の人達, の人集り, の作家, の侍女, の侍女たち, の供, の俳友たち, の傍聴人, の僧, の公事師, の兵隊, の兵隊さん, の出張り, の半, の友, の同人, の同僚, の同志, の同級, の名, の喧嘩相手, の塾生たち, の士姿, の壮漢, の声々, の多き, の大学生, の大家内, の女の子, の女中, の女優, の女給たち, の女連れ, の姐さん達, の姿, の婆さん等, の子分, の子分たち, の子分づれで, の学校仲間, の学生さんたち, の守衛, の宣教師仲間, の家庭, の家族相手, の小, の小児, の小児等, の小娘, の居住者中, の山侍たち, の山手組, の岩魚釣り, の巡査, の常連, の平田門人, の年, の徒弟たち, の従業員, の御, の思い思い, の急ぎ足, の患者, の手下, の抜刀, の抱え, の捕り, の故旧, の散歩客, の敵軍, の新聞記者, の新進作家, の旅行者, の旗本たち, の日本, の旧知, の村, の検屍官一行, の楽壇関係者, の樵夫, の殆ど十二三人, の比較的, の泊まり客, の海軍士官, の清国人, の漁夫, の爺連, の狼藉者, の理科, の甲冑武者, の男力, の男女学生, の男女炉, の百姓, の看守, の真中, の破落戸, の社員組織, の税関吏, の笑い声, の細胞, の紳士達, の綺麗, の老, の老人, の老女, の職人, の職人風, の舊, の舊友, の舞妓, の芸妓, の若者たち, の若者達, の荒くれ男, の荒ら, の街道人足, の被告, の被布姿, の見物, の見習看護婦, の親しい, の記者たち, の証人, の話しあふ, の読者, の警護, の費用三十両, の賢人, の軍卒, の農夫, の近親者達, の逞しい, の連れ, の遊び人風体, の遊蕩児, の道具方, の部下, の部落, の野営, の長い, の間, の陣笠連, の集まり, の雑夫, の靴音, の音楽家, の頭株, の顔役, の飲友達, の高等科, の高股, の黒人, の黒衣, はあの, はいつも, はお, はおります, はその間, はもう, は乗れるであらう, は乗れるであろう, は代る代る, は其後, は切ったげにござりまする, は彼, は必ず, は愚か十人余り, は早く, は有, は本郷, は来るらしい, は楽, は発見, は皆, は給主, は諦めた, は馬, ばかりの女, ばかりの目, ばかりわらわら, ばかり傷, ばかり寄っ, ばかり銀色, ふいに, ぶらぶらと, ほどゐた, ほど後, ほど来たらしい, までの共同制作, まではこの, までわりこん, もあり, もある, もあれ, もい, もいた, もございました, もつい, もの大名, もの後見, もゐれ, も下, も使っ, も倒れ, も切らせるた, も同伴, も固まっ, も土間, も寄り集まっ, も居ました, も居りました, も屯, も引き具し, も手下, も持つ, も数, も窓, も給主, も置い, も見える, も見た, も載っ, も連れ, も銃口, も集まれ, も集め, やって来た, より來, より来, わいわい言い, ゐた, をお, をつれ, をります, を供, を容, を引きずる, を引ッ, を手だま, を拉し, を斬りふせ, を相手, を誘っ, を連れ, を連れた, 下って, 並居たり, 久しく滞留, 乗せて, 休んで, 働いて, 入り込んで, 入れて, 出来テ, 又後, 叩き伏せて, 合わせて, 同じ年齢恰好, 大きな事, 寄れば, 少ない時, 居た, 居ならびつ, 居りました, 居りますばかり, 居るよ, 忍ばせつつ, 急いで, 怪し氣, 或は七八人, 打ちまじって, 斬って, 来あわせて, 歩き廻って, 残ったばかり, 残って, 現われて, 申し合わせ深夜人, 立ち列んで, 立ち止まって, 置き飯代部屋, 見はり, 話しを, 誘いあわせて, 走り出ようと, 追いかけて, 通って, 連れてな, 連立って, 遊んで, 遠く砂浜, 集った時, 集まりきて, 集まりますと, 集ること, 頼んで, 飲んで, 駆けて, 駈けつける, 騙し討ちに

▼ 四~ (1092, 1.8%)

41 五の 16 年に 151312 時に 11109 時から 7 五, 五を 6 年から, 頃から 5 今日まで, 女, 色の, 若い男, 黄金どく 4 句に, 君が, 小娘が, 小娘の, 男の子が, 男は, 目的は, 鍵は

3 [16件] ときに, ものは, 七, 五のは, 今年まで, 場合, 女が, 形態は, 惨劇第, 数を, 春を, 時, 男が, 階級性を, 靈, 青年で

2 [59件] おはま, ころから, つく日, ときだ, 下に, 中学生が, 九, 人は, 公理に, 六, 原因なり, 原因は, 友人から, 句の, 夏が, 女と, 女は, 娘に, 娘には, 学生風の, 小僧が, 小娘であった, 小娘と, 少女が, 少女で, 少年, 少年で, 少年では, 巻の, 年だ, 年の, 弟子が, 弾が, 方で, 方は, 春だった, 春で, 時だ, 時期を, 有力な, 条件は, 歳から, 歳に, 歳の, 水の, 生物各, 秋に, 聖き, 若さ, 華奢な, 詩集を, 部屋には, 関門の, 関門即ち, 震動が, 青年だ, 青白い男, 頃であった, 龕の

1 [716件 抜粋] あざやかなる, ある, うち一五は, うち二が, うらわけえ, おいしいライム, お婆さんひとり, お話, が水仕事, ことを, これは, ころであった, ころに, しらけたる障壁, そして注意, その春, ちょっと凄い, とき, ときであった, ときの, とき前橋中學に, とき当時米国から, とき藤田東湖と, ところから, とし, には豚, はずじゃ, は不安そう, まだ小さい, めくら縞の, ものが, ものに, よく似た, わけえ, をとめ, イス, コルまで, サーベルと, ザンギリ髪の, タイテイの, チョコ, トム公は, パンクの, ラガーに, リュドミラは, 一すくい, 丁稚小僧に, 三八以下, 三角点へ, 三角点を, 不審だ, 不審は, 不幸は, 両島は, 両日に, 両極間を, 中に, 主の, 久松型で, 久松型の, 乙女の, 乙女久田姫は, 事件は, 事件も, 二人の, 二六〇頁参照, 二句も, 二横田氏説, 二首の, 五のと, 五のなんぞと, 五三代書業吉田只次, 五五五, 五百年には, 人が, 人という, 人影が, 人物の, 今日まだ, 令妹の, 会社に, 伝染病が, 作品である, 例に, 俚称赤谷の, 倅と, 候補の, 側に, 元素である, 兄は, 光の, 光景, 党の, 兜率天という, 八百屋だ, 公卿と, 公理, 兵卒, 兵家と, 内親王は, 冊の, 冬まで, 凌統へは, 処女は, 出戻り娘に, 刑法志三, 初めに, 前厄なり, 剣突を, 割合であった, 勉強ざかりを, 化身の, 北側を, 十, 十一, 卦という, 卦は, 友ど, 友を, 友達と, 反省を, 句, 句は, 句へ, 句皆, 可愛ゆい, 可愛らしい少女, 同業者, 名流婦人に, 君と, 君などは, 君四の, 命を, 命題は, 咲き過ぎた年増, 四三三頁に, 団体の, 図書館が, 国防上の, 圈, 圈は, 圈即ち, 圈相合し, 圓恩人に, 土が, 地方教区においては, 地殻の, 地獄に, 地獄にて, 地獄には, 坊やだ, 坎, 堕落では, 堤に, 場処, 場合だ, 場合です, 場合は, 増加だ, 壁を, 壮者だった, 声色を, 夏だつた, 夏の, 夏錦輝館で, 大いなる魂, 大柄な, 大納言は, 太刀は, 夫は, 夫主護に, 女であった, 女なりしかば, 女の子が, 女の子その, 女の子の, 女を, 女中それから, 女弟子, 女盛りで, 好色漢かも, 如く雪, 妙子が, 妻と, 姉が, 姫君は, 姫君先々代の, 娘さんが, 婦人が, 子で, 子どもが, 子供が, 子供だ, 子供だい, 子供であった, 子供であるらしく, 子供の, 子守娘が, 字でございます, 字に, 字の, 学生のみが, 孫娘の, 宝石だけは, 宮あたりには, 宮川橋十禅寺橋を, 宮明神の, 宿屋が, 小がら, 小人が, 小僧でございます, 小僧です, 小僧ッ子にしか, 小売店が, 小娘だ, 小峰は, 小曲なんか, 小氣, 小粋, 小造, 少女であった, 少女の, 少年が, 少年たちに, 少年と, 少年の, 少年少女の, 峰頭を, 川の, 平凡な, 平均週期で, 年その, 年ちょうど, 年でございます, 年まで, 年や, 年並みに, 年叡空上人に, 年増ガラツ八が, 年少武者だった, 年輪を, 年頃で, 序文, 弦四重奏曲, 弱点として, 弾丸が, 彌八, 役僧が, 後続部隊が, 恭吉の, 悲劇の, 惜しい男振り, 惨劇, 慘劇第, 手紙, 批難, 抽斗を, 指紋の, 支店と, 支部準備会とを, 政枝が, 教授方をも, 散在する, 文書と, 文書の, 文書は, 新学制, 新聞で, 方から, 方に, 方法に, 族か, 日, 日ごとに, 日で, 日の, 日七の, 早馬が, 昔話という, 星の, 星も, 星を, 春が, 春ごろから, 春にか, 春には, 春中学は, 春嫁いた, 春迄, 時この, 時すら, 時で, 時であった, 時です, 時なりき, 時には, 時まで, 時やっと, 時佐久間家に, 時先少, 時分には, 時分ひどい, 時初めて, 時年の, 時往生した, 時神戸で, 時腰が, 時豪商の, 暁に, 書生, 月輪の, 木戸までも, 末息子が, 本木昌造傳を, 村の, 杭に, 東歌および, 東歌だけでも, 東歌でも, 松葉を, 枝が, 柱時計が, 樽を, 橋至一の橋, 歌と, 歌とは, 正平十一の, 武士くずれ, 歳でした, 母が, 比例で, 民家と共に, 氣五の, 池の, 池は, 池五の, 池四の, 洋服の, 浪と, 浪人ふうの, 瀑布が, 灯と, 点かつて, 燈火, 爻には, 片, 片より, 犠牲者が, 犧牲者が, 独身の, 狭間が, 理由として, 理由は, 瓶も, 生物, 生物の, 用意としては, 用意は, 田舎豪傑ザンギリ頭の, 男, 男を, 男児である, 男子, 男庭作りの, 留守宅へ, 番号が, 異樣, 疑問は, 病気の, 病閹が, 白けたる高楼, 白壁が, 白旗の, 白雲頭で, 皇子を, 盛りで, 目と, 目盛が, 相違が, 真理は, 真理を, 矢と, 矢の, 矢五の, 石門まで, 砲が, 神社が, 禿の, 秋であった, 秋でございます, 秋までに, 科目の, 種類の, 空間が, 空間へでも, 第十, 策戦を, 範囲内では, 範疇に, 精靈は, 紆濤を, 細そりした, 終局楽章を, 絵は, 緒琴, 罪は, 罪悪に, 美少年が, 美少年は, 翼, 翼あり, 者の, 者は, 職人である, 肋骨が, 背の, 脂ぎった商人体, 臣に, 自然である, 舟は, 船の, 花嫁は, 花梗を, 若い盛り, 若い身, 若樣, 草屋が, 華奢立の, 號舍鱗の, 蛮貊盛りなりし, 行動が, 街を, 袖に, 袖吹浦島の, 裸虫, 角なる, 角より, 話を, 誕生が, 諸葛亮, 識であっ, 護衛, 谷かけ, 豊滿此上も, 賢さ, 足を, 路おのも, 躓きである, 軸って, 軽輩らしい, 農村対策である, 逆数は, 通行者が, 造寺堅固の, 逮捕と, 道である, 部分は, 部分までが, 郵便物の, 重臣も, 鉄絵壺で, 銃士が, 錢が, 錢は, 門に, 間取りが, 間道が, 関門も, 防寨の, 陣屋をも, 陵墓の, 隊率ゆ, 階級性の, 階級性は, 雪白馬が, 霊位を, 青年書生と, 青髯, 非食用種, 音楽的大時代の, 韻脚は, 頃お, 頃からは, 頃でした, 頃の, 頃や, 頃中学校に, 頃初めて, 頃私の, 順序に, 顏に, 顔見知りが, 騒音として, 骸骨, 骸骨です, 鳥刺であった, 黄金の, 黒マントな, 點は, 齢で

▼ 四~ (985, 1.6%)

44 を越し 41 を越した 33 に近い 28 になる 25 の坂 24 になっ 22 にし 12 になった, を越えた, を過ぎ 11 の声 10 に手 9 の上, を越え 8 ばかりの男, を二つ三つ 7 の歳, の顔 6 ぐらいの男, になつ, を越す, 近い女 5 ぐらいで, ちかくに, の男, の賀, ばかりの女, 初惑, 近い年 4 か五十, になつて, になり, の恋, をいくつ, を一つ二つ, を幾つ

3 [16件] から五十, くらいの男, ぐらいの女, という年, となり, にはなつ, に近, に近かっ, に達し, の初恋, ばかり, ばかりで, もある, を少し, を過ぎた, 近い年配

2 [55件] か, から, ぐらいの時, だが, だと, だわかり切つた事, ちかいん, ちかい大, です, で停年, で弁護士, といえ, といふ, との間, にならない, には間, にもなつて, にも五十, にも近い, に間, の一つ, の人, の年, の年月, の手習ひで, の武家屋敷, の私, の部屋, は越し, ばかりになる, ばかりの憐れ, ばかりの日, までの間, までウダツ, もあろう, も五十, や五十, をこえる, をすぎ, を三つ四つ, を五つ六つ, を出, を出た, を越したる, を踰, を過ぎたら, を過ぎる, 越して, 近いでしょう, 近い人, 近い労働者, 近い鼻ヒゲ, 過ぎた世帯, 過ぎて, 過ぎての

1 [418件] あまりと, あまりになる, あるいは五十位, いや百以上, おやしろ, かつこう, かな三十代, かに割った, からが盛り, からそう, からそろそろ, からはぱつとも遊び, から下, から五十代, から五十位, から六十, から四十五, から四十四五, から小説, から後, か五十位, がっこう, がまだ, が入り乱れ, が来, くらいで, くらいであったらしい, くらいであろう, くらいで成し遂げなく, くらいになれ, くらいに見え, くらいのおばさん, くらいの中肉中背, くらいの吹出物だらけ, くらいの女, くらいの女中, くらいの婆さん, くらいの師匠盛り, くらいの年配, くらいの税関吏, くらいの良く, くらいの親爺, くらいまでにその, くらいピン, ぐらいかと思います, ぐらいかと思われます, ぐらいだろう, ぐらいとあれ, ぐらいとする, ぐらいな, ぐらいな年配, ぐらいにしか見えなかった, ぐらいには見えます, ぐらいに成ります, ぐらいのおじさん, ぐらいのお上さん, ぐらいのちょッ, ぐらいのとき, ぐらいの人, ぐらいの刑事巡査, ぐらいの品, ぐらいの商人風, ぐらいの大柄, ぐらいの大男, ぐらいの女中, ぐらいの女神, ぐらいの奴, ぐらいの温和, ぐらいの色, ぐらいの苦味, ぐらいの貧相, ぐらいの面白い, ぐらいまでの男, ぐらい人並, ぐらい名, ぐらい座席, ぐれえで堅気, こした後家, こぞりて, じゃあなた, じゃあね, すぎた例外, すぎた女中, そこそこでしょう, そこそこと, だか, だったっけな, だという, だのに, だろう, だ四十一, ちかいと, ちかいのに, ちかいふとった, ちかいガチャ鉄, ちかい分別, ちかい叔母さん, ちかい四十, ちかい大入道, ちかい女, ちかい横, ちかい連中以上, ちかい重役さん, ちかい陸軍大尉, ちかくなる, ちかくの, ちかく髪の毛, づらさげ, づらの, づらを, で, であつ, であるが, であるのに, でしかも, でした, ですけれども, でときどき, ではまだ, でもあろう, でも気, で倒れ, で山師, で浦和, で足, という声, という声の, という思慮分別, という若, としか思われない, とだけ書き据え, となれ, とはトテモ, とも五十, と三十四, と云, と八ヶ所, と八陣, と幾つ, と攫ん, と数える, と聽, と言え, と銘, ならざるに, なんて云, にかかっ, にかかる, にちかい, になつて子, にならぬ, になりやがった, になれ, にはだいぶま, にはなっ, にはならない, にはなるまい, にはま, にはまだ, には三年, には未だ, にま, にもなっ, にもならっしゃらぬ, にもなり, にもなる, にも上るであろう, にも及び, にも引かれ, にも成つて浅草, にも殖えた, にも足らぬ, にも近く, にゃならない, にゃ二, に上げ, に二つ間, に余る, に余れり, に充たない, に及び, に及んだ, に垂, に寿永三年正月元日伊勢怪異, に尚, に成つて, に手の, に持っ, に満たざりし, に満ちし, に至り, に處, に越え, に足, に足らぬ, に近き美しき, に近づい, に達した, に限定, に面目, の, のうえ, のくるみ, のこの, のとき帰国, のマダム, の三つ, の並んだ, の中途ぐらゐの年頃, の二つ, の五十の, の今日, の働き, の初産, の千両箱, の地下室, の夏うち中みんな赤痢, の女, の学術的称号, の安, の家, の宿儒, の年配, の彼, の御, の惑い, の手習, の方, の時, の櫓船, の汚らしい, の目, の秋, の称, の者, の聲, の萱葺, の賀宴, の金, の院長, の隠居, の隠居奇ッ怪千万, の青春, はおろか三十, はだいぶ, はとったろう, はなぐつた, はまさしく, はもう, は初, は惑い, は既に, ばかりなる知らぬ, ばかりにて形有様美麗, ばかりに成る, ばかりに見える, ばかりのでっぷり, ばかりのチャンタン人, ばかりの一人, ばかりの一見, ばかりの亭主, ばかりの侍, ばかりの僧, ばかりの内儀さん, ばかりの商人体, ばかりの太い, ばかりの女房, ばかりの妾, ばかりの婦人代議員, ばかりの小, ばかりの後家さん, ばかりの武士, ばかりの洋服, ばかりの漢, ばかりの男子, ばかりの病み窶れた, ばかりの神さん, ばかりの細君, ばかりの細君風, ばかりの萎びた, ばかりの蒙, ばかりの赤ら顔, ばかりの醜い, ばかりの音声, ばかり入っ, ばかり外務省, ばかり胡麻白頭, ばかり色, ほどの男女, まえの, までと云う, までのドストエフスキー, までの当時夫, までの途上, までメ, まで振袖, まで種馬役, もあつまりました, もあるべし, もう一二, もはて, もひきだし, もべつ, もよけい, も作った, も多く, も年, も打ちすえられた, も打つ, も積上げ, も若い, も若く, も買った, も過ぎ, や五十人, より能, をこえ, をこえた, をこし, をこした, をこす, をすぎた, をすこし, をずつと過ぎ, をとうに, をとっくに, をほんの, をも越えた, をやっ, をやっと, をやる, をよほど, を一, を一つ, を一寸, を七つ, を三つ, を五つ, を五ツ六ツ, を八十, を十二倍, を受けた, を四つ五つ, を多く, を大分, を幾年, を後, を数え, を普通, を賀, を超え, を超えた, を越, を越えずし, を越えた禿げ, を越したらしい, を越してる, を越しまし, を越せ, を越そう, を過ごし, を過ごしたらしい, を食った, を餘程, 並べて, 前位, 又三, 女らしい強かさ, 女らしい者, 子徳十六, 少し過ぎらしい, 惑うて, 未滿, 甚だ冷静沈黙, 産みます, 相摸, 若くは, 越したぐらいの, 越したら通俗小説, 越した働き者, 載向, 迄とありまし, 迄待つ, 迄生きん, 近いくせ, 近いでつ, 近いの, 近いやう, 近い一人, 近い主人, 近い名前, 近い品, 近い四角い顔, 近い女役者, 近い好い男, 近い婦人, 近い寡黙, 近い小男, 近い年輩, 近い年頃, 近い様, 近い獨, 近い男, 近い痩せ, 近い立派, 近い紳士, 近い脂, 近い色, 近い醜い女, 近い金棒曳, 近かい男, 造られて, 過ぎた分別盛り, 過ぎた島, 過ぎた私, 過ぎてからの, 過ぎとんなはっとじゃけん, 過て一切經

▼ 四~ (885, 1.5%)

10 になっ, になる, の汽車 8 に出, に家 7 から五時, である, に起き, 少し前 6 だった, です, 迄 5 と五時の間, に, にはもう, に近い, のところ, をうつ, をすこし, 過に 4 か五時頃, が鳴る, だ, をうたない, をうたなかった, をすぎ, を打った, を打つ, 少し過ぎ, 迄か

3 [20件] から, から夜, すこし前, だよ, であった, では, という, になった, にはまだ, に終り, に起きた, に迎, に雪, の変化, の自然, までか, を過ぎ, を過ぎる, 近い頃, 過の

2 [56件] からと云, からフィナレ, から五時の間, から六時, から起き, か四時半, か遅く, さつ, だわ, であるのに, と云, なのに, にここ, になつ, になれ, には全く, に出発, に帝国ホテル, に帰った, に東京, に東京駅, に私, に終る, に至っ, に至り, に逝かれた, の, のお, のお便り, のこと, の寒, の循環, の怨霊, の春, の頃, まで, までにどんな, までにはどんな, までに都合十三回, までの間, まで続く, も過ぎ, をうった, をぬかし, を人, を少し, を打つた, を指し, を過る, 煙りを, 近いので, 過から, 過ぎて, 過には, 過まで, 青々と

1 [541件 抜粋] ありて, あるいは三時頃, いつも彼ら, うっすらと, うてば, か, かえる, からでございます, から七時, から九時, から五時半, から井生村楼, から今年, から今朝, から先, から八時, から八時すぎ, から再び, から出れ, から十一時頃, から十二時, から十時, から午前, から午後, から呉服橋畔, から四時間労働, から夜七時, から大, から始まり, から学校, から店, から強いて, から披露式, から私, から舞台けい古, から落日頃, から蓄音機, から行く, から行列, から起き出し, から集, から音楽入り, か五時, か四時半頃, か知らぬ, が, がうつ, がすぎさっ, がぬけ, がぬけた, がココア百五十瓦, が徐ろ, が怖い, が打つ, が来, が来る, が近い, が迫り, が退庁時間, が過ぎ, が関の山, が鳴, が鳴った, が鳴らない, きっかりに, ぐらいまでいる, ぐらいまでのあいだ社交部, この旗, すぎて, すぎる, すぐに, すこしすぎ, すこし過ぎ, そして朝, そのま, それからそれ, だから, だけ鳴らない, ださうです, だったと, だと, だねえ, だもん, だツ, だ愚図愚図, ちかくなっ, ちかく泥, ちょっと前, ってえ, つまり一昼夜五〇浬, であるから, であること, でした, でしたな, ですね, ですもの, ですよ, でもやはり, で余り, で日, とある, というお, ということ, というころ, といえ, といふ時間, とか五時, とし, として粥, となっ, となった, となりました, とに二回, との關係, ともなり, と五時, と書い, と来, と言え, なの, なので, なん, なんて予告, なんて時刻, にあすこ, にあの, におこす, にお巡りさん, にお茶, にこられるでしょう, にです, にとっぷり, になっちまった, になつた, になつて, にならう, にならない, にならね, になりました, になります, にのびた, には, にはじまっ, にはすでに, にはすん, にはつい, にはほ, にはまた, にはまったく, にはオカネ, にはキチン, には二, には二人, には明け方, には楽, には燈火, には皆, には窓, には終わっ, には自動車, には至らず, には起き, には遅く, には銘々, にまた, にアダリン, にストーブ, にチョン, にパーチェ駅, にフランス大使, にホテル, にマックス, に一人, に一回, に一里, に上野, に上野翠松園, に亡くなり, に交代, に伸子, に作業, に信吉, に其お嬢さん, に再び, に出かけ, に出はじめた, に出ます, に出りやい, に出る, に出帆, に前夜, に医者, に十分, に又丸, に口笛, に合わせ, に向こう, に嚠喨, に始まり, に学校, に學校, に定まっ, に寝, に寝る, に山水楼, に巡, に巴里, に帰っ, に帰つた, に帰る, に帰宅, に店, に引ける, に当時, に改められた, に文房堂, に既に, に有, に来た, に来る, に東宝グリル, に東宝ビル, に東宝本社, に歌舞伎座, に歸, に歸つた, に源氏, に爆発, に牛, に田中, に皇帝謁見, に盗難, に監獄, に目醒む, に眼, に着いた, に築地, に簡単, に紋別, に終, に船長, に華族会館, に著, に藤山等, に蜂谷良作, に行く, に計ったら, に誰, に警視庁, に起きる, に迎え, に近く, に退, に退け, に退出, に退却, に銀座, に銀座モナミ, に間, に集合, に離床, に順つて行, に食卓, ね, ねそろそろ, のうち夏, のさまざま, のすがすがしい, ので立つ, のなら, のべつまく, のわたくし, のバス, の三度, の交替, の供物, の列車, の別, の地獄, の変る, の変化はるか, の多く, の天候, の定刻, の巡環, の彼, の指針, の新, の新味, の日, の明, の時計, の景色, の月, の望み, の現象, の番, の発, の眺め, の移り変り, の美観断, の翠色, の茶, の薄, の行楽, の詞, の變遷, の退, の遊客絶え間, の運行, の遷り変り, の間食, の雪, の音, の風光, の風物, の風物何一つ, はすぎた, は又, は夜, は鳴る, ばかりの, まえなんて, まだ前, まであるいは, までかかりました, までぐつすりだつた, までぐつすりと, までここ, までこの, までだった, までとである, までとなっ, までにあと僅か五時間, までにあと十時間足らず, までにあます, までにはあと, までにはあと僅か九時間, までにはかえれる, までにはきっと, までには余す, までには帰る, までには行けるだろう, までにまわる, までにホテル, までに予定, までに僕, までに全員乗船, までに向う, までに帰る, までに無事, までに行かなく, までに親方, までに郵便局, までねち, までねむれた, までのあいだ, までのばした, までの二時間, までの仕事, までの面会時間, まではあます, まではどんなに, までは事務, までは苦しかっ, までぶっ, までまだ, までまったく, までも褥, までよく, までを九州ホテル, までマドリッド, まで一睡, まで二等運転士, まで交番, まで伊佐行乞, まで働く, まで勤め, まで引き続い, まで役所, まで時には, まで普通, まで暗い, まで曳網, まで月給百円, まで玖珂行乞, まで眠つた, まで第, まで行乞, まで起き, まで踊りつくし, まで遊ばし, まで道, まで開門, まで鹿島町行乞, まで麦川行乞, まへ, もう客, もちゃんと, や, よ, よあきれた, より三十分前, より九時, より六時, より向島, より始まりまし, より第, をうて, をさして, をその後三日強行, をもって興安嶺, をり, を一寸, を三十分, を以てニコリスク, を余程, を十五分, を十分, を友, を合図, を報じた, を報ずる, を廻っ, を廻つて, を待った, を打つだろう, を打とう, を數, を期し, を知らず, を聞いた, を越した, を通じてわが, を過ぎた, を過ぎたれ, を過ぎれ, を隔てなけれ, キッカリ, 下り五時前, 不絶, 変らぬ松, 変ること, 小學校, 常にある, 常ニ衰ヘズ, 御同所, 御坐, 怠らず祭, 或はもっと, 明るく暖かくふれる, 最先着者, 漸く来る, 着, 立つ, 第三回洋上句会, 行なわれ百物, 赤い夕日, 起きして, 迄が何かしら社会的, 迄けいこ, 迄しか居ず, 迄すっかり, 迄づー, 迄であり, 迄にわづか, 迄に二カット済み, 迄に五枚, 迄ねた, 迄の心積, 迄ゐ, 迄家, 迄待ちました, 迄書き, 迄書く, 迄液汁, 迄私, 迄続いた, 迄語り論ず, 迄麻雀, 近い, 近いころ, 近いとき, 近い今夜徹宵, 近い汽車, 近い腹, 近かった, 近かつ, 過, 過ぎたかも, 過であった, 過であったかと, 過でなければ, 過る頃, 過即ち, 過左千夫今日, 過帰る, 過著船, 過處, 過遂に

▼ 四五日~ (761, 1.3%)

33 すると 32 の間 26 して 18 の後 16 のうち 12 経って 8 過ぎて 7 してから, たって, のあいだ, まえに 6 すれば, 待って 5 たってから, たつて, のこと, はお, もすれ, も前, 経ってから, 経つて, 経つと 4 たつと, の中, まえから, も続いた

3 [13件] かかって, たったある, というもの, のつもり, は大丈夫, ほど前, もお, もしたら, もたつ, を経, 経ちました, 経った, 置いて

2 [37件] いるうち, か一週間, が間, しても, たちました, たった後, たった或, たった時分, たつても, で治り, で癒, といふもの, にし, の内, の旅, の裡, の頃, はそのまま, はまだ, は姿, は緩, は過ぎた, もかかっ, もここ, も居たなら, も私, も経て, や一週間, 寝て, 立った或, 経った或, 経ってからの, 置きに, 見えなかったが, 遅れて, 遊んで, 過した

1 [402件] あったが, あるもの, いただけ, いても, いなかった間, いや現に, いよいよ荒ん, おいて, おさ, おとずれも, お休みした, お天気続き, お屋敷, お手紙, お来えなさらない, お釜, かかった, かかる道のり, かかれば, かげぼしに, かして, から十六日, から学校, から長く, か一週間位, か一週間後, か一週間旅, があぶない, がすぎた, が今日, が十日, が大事, が如何に, が程, が経った, が過ぎ, くらい秘密, ぐずぐずし, ぐっと冷えた, ぐらいの範囲内, ぐらい保ちます, ぐらい構わない, ぐらい途切れ, こっそりこちら, このかた往来, この方, この辺, さうし, しかありません, しかたっ, しかない, したらそれ, したら小田原, したら帰ると, したら患者, したら牢屋, した夜, しての, しないと, しますと, じっとここ, ずっと受ける, そのままに, その十五円, その歯科医院, たったの, たった日, たってからの, たっても, たつうち, たつた, たつた日, たつた時, たてば, だ, だって, だつたの, だな, ったらことさら, つ, つづいた, つづいて, つづくと, つづけて, であった, であったが, でいきづまった, でこ, でこの, でなおる, でなくなりそう, では, でまた, でも, でも旅, でよい, で三月, で三津, で信雄, で六月, で出来上る, で大分, で帰ります, で帰る, で快癒, で戻る, で来ましょう, で来る, で東京, で癒つて仕舞, で直した, で読ん, で起きた, で食べ終る, とあなた, というつもり, というの, というもの黄蓋, とお, とじこもって, とたたない, と三十日, と云, と云っ, と云ふから, と申します, と見た, どうして出掛け, どころか自宅, どんなにもがいた, などといっ, などと云っ, なんてもう, なんとなく肩, にかけて一足, にしかならない, にでも当たっ, にない, になっ, にはなるだろう, には着きましょう, にもなったら帰ろう, にわたり刈る, にわたるを例, に半減, に埓, に延び, に立ちとうございます, に藤尾, に西下, に迫つた, に過ぎますまい, のざわ, のところ, のどさくさ紛れ, ののち, ののちお父さん, ののち酒屋, のよう, の休養, の別れ, の前, の同居, の同棲, の土曜, の変化, の奥様, の好, の後丁寧, の御, の心勞, の手軽, の旅行, の日, の期日, の材料, の状態, の猶予, の留守, の籠城, の船路, の薪, の記事, の軽い, の逗留, の遠足, の間あれ, の間お前町, の間お待ち, はあの, はおろか一週間, はかかりましょう, はかかりませう, はかかるだろう, はかかるであろう, はこちら, はこの, はその, はち, はつつしん, はどうか, はどうしても, はなん, はまるで, はもう, は一日中粘液, は休息せり, は何事, は例, は便, は保, は保つ, は俺, は冬籠せん旅, は別段, は動作, は外出, は奥, は奴さん, は好い, は孤堂先生, は学校, は家, は寝る, は帰宅, は当地, は彼, は待つ, は徒ら, は徒爾, は手紙, は持ちます, は掌, は掛るであろう, は方角, は日数, は暖かい, は様子, は櫛, は気, は江戸, は無事, は無我夢中, は熱海, は用便, は碇泊, は碌々寐, は肩, は芦ヶ谷, は血便, は見る, は親類, は警察, は起きられまい, は重湯, は間, は雁坂, は静養, は頭, は食べ, は食事, は飲食, ばかりいる, ばかり場所, ばかり待っ, ばかり毎日, ばかり煩い, ひっそりする, ぶらさがって, ほどは疲労, ほどぼんやり, ほどまえ, ほど何, ほど姿, まえにでも, まえまで, まえハッキリ, まえ彦根, まえ急, まえ鎌倉, また東京, までのうち, まで大いに, まるきり帰っ, むっつりと, もい, もう四五日, もお前, もかかる, もし悪けれ, もたって, もたて, もの静養, もはやく, もイワノフ博士, も人, も姿, も居た, も居られる, も床, も抑留, も旅行, も江上, も滞留, も画房, も看病, も経たぬ, も経った, も經, も続け, も續, も聞かない, も通ったら, も遅れ, やがてもう八月, ゆっくり休ん, より大杉栄ほか二名, わずらって, ゐたところ, をかけ, を夢中, を支える, を経過, を見, を送った, を過ぎ, を過ごし, を過ごした, 休みなさいよと, 休みました, 休んで, 住んで, 保たせたの, 働く家, 剃ッテイナイノデ顔ジュウ髯ダラケニナッテイル, 吹き続いた風, 寝たという, 少し私, 居て, 居りまする中, 帰らないかも, 待つて, 御介抱, 御厄介, 御猶, 御米, 忙しいんで, 掛って, 掛るという, 早いらしい, 早く来, 暮さなければ, 暮したら帰, 来なかったの, 泊めて, 泊りこむこと, 着ないの, 立って, 経た午後, 経ち眼鏡, 経ったある, 経った夜, 経った後, 経っての, 経っても, 経つたばかし, 経つた或, 経つた晩, 経つ中, 経てば, 続いた, 続いたのち, 続いたん, 続いて, 繰りかえして, 考えさして, 考えてばかり, 荒っぽい河音, 行かず, 行かないうち, 見えないん, 見えなかつたぢ, 見えぬ, 見えませんね, 見ない間, 見ねえで居たつけ, 貸して, 遅れたの, 過ぎた, 過ぎたが, 過ぎると, 過ると, 遠退い, 酔潰れて, 附け狙, 降ったり, 降つて秋, 降りつづいた, 降りつづいた雨, 預かって, 飼って, 養うという

▼ 四~ (758, 1.3%)

79 の時 46 になる 18 で歿, にし 16 のとき, の頃 12 になっ 11 である, の少年 9 であった, であつ, になった 8 の少女 6 の春, の秋, の青年 5 であったが, になつて, の男の子, の膝 4 になつ, の年, の私

3 [15件] か五歳, だった, であるが, です, では, で戦死, になりました, になります, の今日, の娘, の小, の小児, の折, の暮, の高齢

2 [38件] から六歳, から十七歳, だから, だと, でお, でした, でロマンティック, で世, で亡くなった, で大, で市ヶ谷門外, で死んだ, で結婚, といえ, といふ年齡, になり, にもなる, に成られた, に成る, のころ, のゴーリキイ, の今, の児童, の冬, の分別者, の夏, の女児, の子供, の小僧, の彼女, の御, の母, の現在, の生涯, の血気, までの児童, まで生き, を以て世

1 [325件] いう箱, お春, お若, から七歳, から三十六歳, から二十五歳, から伊豆, から十七, から十六, から四十五歳, から大きい, から死ぬ, から水茶屋, から賊心, から道場, か五つ, か五歳位, か十五歳, がございまする, が本当, くらいの子供みたい, くらいの男, くらいの若, ぐらいな, ぐらいの, ぐらいの女の子, ぐらいの時, ぐらいの色白, じゃあどう, すっかり耄碌, そうして京伝, それでいて礼儀ことば, だ, だが, だけれども, だし, だったね, で, であったそう, であったとも, であったの, であったはず, であった二葉亭, であった二葉亭四迷, であった宗房, であった筈, であって, でありました, である余り, でいられました, でお人好し, でこの世, でご, でございました, でございます, でございますから, でしか, でしたかな, でそれ, ではじめて, でまだ, でわりに, で中, で二十六人, で五百, で亡き人, で亡くなる, で交響曲, で今, で傍輩, で備後, で剃髪, で卒, で卒業, で叙爵, で同じ, で始, で小, で小肥り, で帰朝, で彼等, で従四位上左権中将, で改名, で文政九年, で日野屋, で早まった, で春水, で月, で本丸, で札幌, で来り, で柏軒先生, で次, で死したるかれ, で永眠, で父忠兵衛, で皇位, で稼圃, で第, で臨済, で自邸, で致仕, で落飾, で隠居, で音楽修業, という, という乳児, という事, という女, という年齢期, という男盛り, という若, といふ, といふこと, となっ, となった, となる, とになっ, とはどうしても, と三歳, と二つ, と二十五歳, と云う, と書かれ, と書し, と答える, と言われ, と註し, ないし五歳, ないし十歳, ながら身, などと年齡順, なるべし, なるを以て, なる少壮者, にいたる, にしかなるまい, にしか見えない, にすぎなかった, にて去年, にて逝けり, になれ, にはなっ, にはなる, にもなっ, にもなった, にもなり, にもなります, にもなろう, にも五歳, に候, に母, に相成, に相成ります, に相成りまする, に至る, に見えた, に達し, に達する, のあどけない, のうぶ, のうら若, のお, のおり, のお初, のこと, のとき忠利, のとき母, のとき発明, のぼく, のわたし, のグットネル, のシューマン, のシーボルト画像, のトマス等, のトルストイ, のフロレンス・ナイチンゲール, のブラームス, の三人, の中, の丸顔, の乞食娘, の乳児, の五月, の作, の保吉, の兄, の光雲先生, の児, の八月, の六人, の処女, の初冬, の嘴, の四人, の坊や, の壮年, の壻君, の大学卒業生, の大学卒業間際, の女, の女の子たち, の妹, の妻, の娘マリアン・パアカア, の婦人, の子, の子ども, の子持, の孔明, の学校生徒, の孫娘, の実, の寶龍院, の小さな, の小坊主, の小姓, の少女ペパ, の少年武士, の屈強, の山家, の左中将, の年少多感, の彼, の忠琢, の息子, の慶次郎, の懐之, の折家出, の放, の日本児童, の春ヴィーン, の昭夫, の時伯父, の時分, の時宋, の時父, の時皆傳, の晩年, の晩春, の未婚者, の柏軒, の次, の歳上, の死際, の波響, の男, の男ざかり, の町子さん, の留学生, の皇子, の秋成, の童, の童子, の老父忠琢成器, の老翁, の老齢, の者, の肉体, の自分, の色, の若, の若々しい, の若武者, の若者, の茂太, の茶坊主, の蘭軒, の身空, の鍋丸, の長男, の間, の隆升軒信階, の青春, の顕家, の高, の魂, ばかり, ばかりの小児, ばかりの栗虫, ばかりの男の子, ばかり男, ほどの子, ほどの年上, ほどの童, またはそれ以上, まで, までのわし, までの春秋, までの男女, までの間, までの青年, までを送っ, まで修業, まで八年, まで大人, まで彼, まで育っ, まで長命, まで馬籠, も下, より一刀, より二十七歳, より二十九歳頃, より四十三歳, らしい武家, をわずか, を以て, を以てした, を以て元服, を以て江戸, を以て藩学, を以て韮山, を売, を過ぎ, を頭, ヲ以テ歿ス, 乃至五十一二歳, 初めて新聞, 又享保十八年, 向柳原, 纏まりそう, 若くほぼ, 迄しか住まない, 遅くも

▼ 四~ (751, 1.2%)

35 を見廻した 27 を見廻し 2423 を見た 22 を見廻 18 を見 17 を見廻す 11 を憚, を見る 10 に気, の様子 9 の景色 8 に注意, の光景, は静か, を見まわした 7 に人, に眼, を眺め, を見まわし 6 が暗く 5 に響い, を払った 4 がひっそり, が明るく, が灰色, の人, の寂寞, の空気, の静寂, は真暗, へ眼, を払っ

3 [11件] が急, が静か, に人影, に満ちる, の静けさ, は暗く, をキョロキョロ, を払う, を環視わし, を睥睨, を見まわす

2 [39件] がくすん, がしん, が微, が真暗, であった, には人影, に姿, に散っ, に散った, に満ち, に漂う, に誰, に鋭い, の山, の山々, の暗, の暗い, の様, の闇, の静, の風光, の風気, はもう, は寂然, は明るく, は薄暗い, は闇, へ目, を気, を照らし, を物色, を環視, を真暗, を眺め廻した, を素早く, を見まわします, を見れ, を見渡し, を見渡した

1 [307件] いよいよ静寂, かまわずムッ, かまわない声, かまわぬ高, から聞こえ, から集め, がきれい, がくらく, がしめっ, がしんと, がすっかり, がにわかに, がぼう, がもう, がよく, がザワ, が全く, が分らなくなった, が妙, が暗い, が朦朧, が火, が煙っ, が狭く, が真, が真っ暗, が真昼, が興味深く, が茫, が蔭, が薄暗く, が視, が青白く明るい, が静, が騒がしい, が騒がしく, が騒然, だけをぽっと, でその, とは異, など見廻そう, にあたかも, にうっすら, におぼめく, にかまわない, にかまわぬ, にこだま, にこぼれた, にそれッ位無駄, にただよう, にただようた, にちらちら, にどれ, には, にはいなくなった, にはとても, にはなまぐさい, にはねかえした, には一つ, には一人, には他, には冷めたく冴えた, には厚い, には影, には朝, には松, には森, には様々, には油断, には灰色, には父, には草一本, には青い, には風, にひろ, にも何, に人目, に似ない, に何, に佗, に充, に先刻, に全く, に動き, に厳重, に取り散らされ, に在る, に射拡がる, に小皺, に山, に川, に幸子さん, に弾き飛ばした, に彫られ, に往来, に恩沢, に感ぜられた, に投げた, に折々, に拡がった, に拡がる, に撒き散らし, に放っ, に放牧, に散らし, に散らば, に散乱つて, に棒, に気兼, に水柱, に湧きかえりました, に満ち充ち, に漂っ, に漂った, に漂わし, に灯, に物騒がしい, に用心, に異様, に神さん達, に立ち, に立ちこめ, に立ち迷っ, に立ったる, に紛い, に置き忘れられた, に聞える, に艷, に荊棘, に落下, に薫じ, に見えない, に見ゆる, に身, に迫っ, に迸る, に途絶え, に遠慮, に配, に重砲弾, に際立っ, に霧, に響いた, に響き, に響き返る, に響く, に頻りにどかどか, に飛ばさない, に飛んだ, に馬子, に驚き, の三辺, の下枝, の事情, の人々, の原, の壁, の容子, の寂寥, の山林, の岩, の木, の木々, の木立, の杉木立, の枯葉, の樹木, の殿舎威儀, の沈黙, の淋しい, の物, の狼藉たる, の眺望, の石, の秋色, の空, の立聞, の美し, の自然, の色合, の草, の諸, の野路, の雪, の静か, の静かさ, の鞄, の風物, の風致景物, の騒々し, の騒音, はばからずお, はひしひし, はひっそり, はひつそり, はぴったり, はまた, はシーン, は修羅場, は夕, は寂静, は急, は時, は暗い, は暗かっ, は暮れ, は月, は森, は森閑, は極めて, は次第に, は殆, は水, は淋しく, は真昼, は真白, は瞑, は篠, は色彩, は荒涼と, は蒼白く, は鎮ま, は静, は黒白, は鼠色, へ広がった, へ散乱, へ矢石, へ遠慮, へ開い, へ響き, また濛々, もムシロ, も息, も薄暗, や足もと, よりこの, をうかがい, をき, をきょときょと, をきょろきょろ, をきよろき, をぎよろ, をしきりに, をじっと, をそっと, をつつみ, をとつぷり, をどんより, をひっそり, をぶらつい, をまた, をキョト, をキラキラ, をグルグル, をグルリ, を一面, を回顧, を囲む, を圧し, を忍ぶ, を忙しく, を急い, を憚ら, を払, を探し廻る, を提灯, を暗く, を暗め, を歩きまわり, を気がね, を注意深く, を照, を照せり, を照らした, を甚, を白い凄い, を眺めた, を眺めました, を睨みまわした, を睨み廻した, を窺う, を見た目, を見てる, を見ない, を見ました, を見まわしたら, を見よう, を見わたした, を見亘, を見回しぬ, を見廻された, を見廻しつ, を見廻しました, を見廻します, を見廻し出した, を見廻らす, を見廻わす, を見張っ, を視, を視る, を闇, を顧, を飾る, 構わず, 神さびたる神社, 関わぬ大

▼ 四~ (724, 1.2%)

25 の男 20 の女 14 になる, の少年 11 の娘 10 になっ 9 に見える, の時, の若い 8 の頃 7 の小娘, の少女, の青年 6 の人, の小, の年増 5 のこれ, の婦人, の色 4 の女房

3 [13件] であるが, になった, にもなっ, のそれ, のひと, のまだ, の中年増, の句, の子供, の年増女, の時分, の痩せた, の立派

2 [48件] か, だろう, であったが, でしかない, でせう, でまだ, でもあらう, でもあろう, で初段, で母, で顔付き, としか見えず, としか見えない, にしか見えない, にしか見えなかった, にもなるでせう, にも見える, に受取, に見えた, のちょい, の一人, の一寸, の三月間, の上, の主婦, の人物, の可愛い, の可愛らしい, の大, の大男, の女の子, の娘子, の家臣, の将, の小僧, の小坊主, の少し, の年配, の書生, の男の子, の痩せぎす, の美少年, の若, の苦み, はいの, より以下, らしい, を頭

1 [402件] あったが, あまり賢, かと思う, かと思われる, かと見える, かな, かな私, から, からの娘達, から七八, から三十, から三十八, から上の, から二十歳, から二十歳前, から五本, から十七八, から十七八どまり, から廿歳ぐらゐまでの間, から縫針, か十七八あたり, がある, がこちら, がその, くらいにみえた, ぐらいかと思う, ぐらいでしかない, ぐらいな夫人, ぐらいな奴, ぐらいな子守, ぐらいにしかうつらないでしょう, ぐらいに見える, ぐらいのとき, ぐらいの塩分, ぐらいの女学生三人組, ぐらいの娘さん, ぐらいの婦人社員, ぐらいの少し, ぐらいの幼, ぐらいの若い, ぐらいはペラペラ, しか無, それとも七, だ, だけを紹介, だったわ, だった色白, だつたかな, だのに, だろうが, だろうすべて, だ短い, であったかも, であったと, であったろうか, である, であるにも, であるらしく眼鼻立ち, であろう, であろうお, でこの, でこれ, でごく, でございます, でしたろうか, でしょうか, でしょうよ, です, ですが, でその, でどこ, ではない, ではなく, でも有う, でクラブ, でブリアン型, で世界, で二十貫, で亡くなり, で器量, で年増盛り, で木綿, で武家育ち, で死んだ, で物好き, で男前, で素肌, で美術学生, で色, で若い, で身體, で隣村, で頭, という, という癇癖ざかり, という若い, という電話, といえ, といふ半分, とおのおの, とお送り, としか思はれぬ, としか思へず, となった, となる, とは出, とみえる, とも見えます, とも見える, とよそ, と七歩, と五つ, と僕, と十二三, と推察, と災害, と順に, ないし二五, ないし四六分の一, なるべく, なるべし, なるわらべ, なれば, にしかならん, にしか見えず, にしか見えぬ, にしか見えません, にて色白, になったら, になつ, になつて, になれ, にはなっ, にはなつ, にはなつた, には牧牛児, にもする, にもなったであろう, にもなります, にもまた, にも成り, にも成りましょう, にも成るだらず, にも見え, にも見えた, に渡らせられる, に至る, に見られた, の, のいかにも, のおとなしい, のおば, のかっぷく, のきり, のすっきり, のその, のたいへん, のつる, のでっぷり, のところ, のふっくり, のふてぶてしい, のみすぼらしい, のよい若い, のアイヌ, のオカミサン, のオー, のスラリ, のチョン髷, のチンピラ, のテント, のトゲトゲし, のノーブル, のヒヨロヒヨロ, の一人物, の一青年, の丈夫, の上品, の下手, の両日, の中番頭, の丸髷, の主, の主婦さん, の事實, の二人, の二編, の人々, の人卓, の人影, の人間, の仲平, の会堂, の何處, の作家, の作男, の使僧たち, の働き, の優さ男, の兄, の先生, の共和的王政派, の凄い, の出戻り, の分別, の友人, の友人相, の口, の句上, の品, の商, の問答, の国立劇場, の地方紳士, の坊や, の士分, の壮, の壮佼, の壮六, の壯者, の夫人, の奧樣, の女中, の女盛り, の女童, の如何, の妹, の娘同士, の娘子供, の娘子供ども寢, の婦人党員, の婦人労働者, の子分, の学生, の実直, の客人きり, の家庭, の家来たち, の實例, の小さい, の小づくり, の小役人風, の小柄, の小綺麗, の小麦色, の少, の少女同志, の少年中国兵, の少年少女, の山僧, の平凡, の年, の年ごろ, の年増盛り, の年格好, の年輩, の年頃, の年齢, の幼, の店員十数人, の後で, の後姿, の御, の恐ろしく, の息子, の悪口, の成熟, の技師, の折, の敵, の新進作家, の旅, の旅疲労, の旅疲勞, の旅館, の星宿, の柳生, の根, の桂, の椅子, の欧州風, の正直そう, の武者, の歳, の死骸, の毬栗頭, の民屋, の水兵服, の洋服, の浅黒い, の浪人, の涼し, の渋い, の溌剌, の灯光, の燭台, の爺さん, の状箱, の田舍娘, の男児, の男女, の男性, の病身, の痩せ, の白く, の白刃, の白粉, の百姓, の目立たない, の眉, の確證, の神経質, の福々しい, の稚児髷, の穢い, の筒袖, の細面, の給仕, の絵, の綺麗, の美人, の群, の者, の肌, の肥り, の背, の船客, の良い, の若々しい, の若い衆, の若僧, の若党, の若気, の若者, の苦労, の草臥れた, の見る, の親仁, の記者, の読者, の談片, の論説, の豊滿, の賞, の質素, の近代母性型, の近臣, の遊び, の達者, の野生的, の雑夫, の青白い, の面々, の頑丈, の頭, の頭髪, の顔, の顔色, の飛び離れた, の駅馬車, の髪サン, の髮, の髯, の鬚, の鼠, はい水, は完成, ばかりなる, ばかりに成る, ばかりの女の童, ほど左右, まいぐらい, までには私, までの仕込み時代, までの比, までの色男, まで着られる, まで越せし, まで關東, まで順々, もある, もう一つ二つ年, も列ん, を伴っ, を円く, を挙げた, を擧げる, を添, を越え, 下ガ八三, 人なつかしく, 出さして, 出デテ遊ブ翰墨場, 勝れたる容姿, 名付けて, 喰い大, 実際この, 揃った, 止まりで十人並, 若くも, 間近く寄る, 黙々とつい

▼ 四十面相~ (667, 1.1%)

33 の部下 9 のやつ, はそう 7 だッ, のにせ, はその, はそれ 6 のこと, の変装, の部下たち 5 だったの, です, のからだ

4 [12件] だな, だよ, というやつ, のす, のすみ, のほう, の手下, の自動車, はいったい, はもう, はヘリコプター, をとらえる

3 [15件] がアドバルーン, がヘリコプター, が化け, が屋根, じゃない, だ, と女, のさい, のなか, の顔, はいきなり, はこの, はそこ, はまた, は警官

2 [49件] がいる, がかくれ, がこんな, がそう, がつかまっ, が三人, が化けた, が変装, が宝石, が脱獄, だと, でもこれ, とジャッキー, と名, と呼んだ, と美しい, に面会, のこうもり男, のじゃま, のすみか, のせ, のそば, のため, のほんとう, のみかた, のヘリコプター, の手, の手紙, の独房, の第, の美術館, の頭, の骸骨, はおちつきはらっ, はけっして, はさっき, はすっかり, はすばやく, はついに, はどう, はどこ, はふしぎそう, はふたり, はギョッ, はハッ, は両手, は懐中電灯, や部下, を追っかけ

1 [364件] かその, からコック, から電話, か四十面相, が, があっけ, があなた, があなたがた, があんな, がいくら, がいざ, がうった, がうらみ, がおそろしい, がおどろい, がおもわず, がかくれた, がここ, がこしかけ, がこの, がこわき, がさがしだし, がさっき, がじ, がそ, がそれら, がたまりかね, がつかまった, がつれ, がとなり, がとびおりた, がとびこんだ, がどうか, がどこ, がなぜ, がにせもの, がねらっ, がねんをおす, がはいっ, がはしご, がひきおろされ, がふたり, がぶじ, がほこらし, がまだ, がまちぶせし, がまんまと, がもう, がやってくる, がやっと, がコンクリート塀, がヨシ子ちゃん, がレンブラント, が一本, が一郎さん, が上, が九人, が五郎, が制服警官, が叫びました, が命令, が四十, が塀, が塔, が声, が大きな, が宮永, が席, が帰っ, が床, が強く, が恐ろしい, が懐中電灯, が手, が新聞, が朝, が海, が牢, が着, が神山邸, が縄ばしご, が美術室, が見える, が見やぶった, が警官, が警視庁, が警視総監, が追っかけ, が逃げ, が逃げた, が通信, が電話, が黒, しらないの, だけじゃない, だけでない, だっ, だったと, だったね, だったらきみ, だったらどう, だという, だなどとは, だろう, でした, でしたが, でしょうか, ですから, ですね, でそいつ, ではありません, ではなく, でもこんなに, でも鳥, とあの, というど, というの, という大, といっしょ, といったほう, とうとうほんとう, とおなじ, とこの, とそっくり, とその, となのる, とはちがう, とはながい, とはまるで, とはもの, とは思い, とまるで, ともつれあっ, とよんだ, とわかった, と同じ, と呼ばれた, と呼ん, と少年名探偵, と淡谷さん, と聞い, と運命, などとはなん, なの, なんていや, にあわせ, にかぶせた, にかみつい, にこの, にしばられ, にちがい, につきつける, につづい, にとってはいちばん, にとってはにくいかたき, になった, にねらわれる, にはいつ, によく, に先手, に勝った, に着せ, に脅迫, に近づい, に通信, のあ, のあっけ, のあと, のいう, のいる, のうしろ, のおまわりさん, のかくれ, のき, のさわぎ, のすさまじい, ののぼり, のひたい, のひとつ, のほし, のまわり, のもと, のやる, のわるぢ, のコック, の七つ道具, の三十人, の上半身, の両, の事件, の二十メートル, の二本, の前, の味方, の変装術, の左手, の怪人, の悪念, の新, の服, の消えた, の発明, の着, の知恵, の考え, の肩, の胸, の見おぼえ, の身がわり, の通信係, の部屋, の黒い, の黒シャツ, は, はあ, はあたり, はあらかじめ, はあんな, はいかり, はいそい, はいつのまにか, はいぬ, はいま, はいまビーフステーキ, はおとなしく, はおどろい, はかえ, はかえす, はかくし, はかくれみ, はかわら, はきちがい, はきっと, はくやし, はこう, はこういう, はここ, はこぶし, はこれ, はこれから, はさも, はしゃがん, はずっと, はそ, はそんな, はだれ, はちょっと, はつっ, はていねい, はとうとう, はとっさ, はとびおりるけはいはありません, はどうして, はどの, はなに, はなにか, はなんと, はびっくり, はぶらんこ, はまえもって, はまず, はまだ, はまっ黒, はまわり, はみごと, はむこう, はもうすっかり, はもうどう, はやすやす, はやっき, はやっぱり, はゆうゆう, はりりりりり, はわれわれ, はアドバルーン, はニヤリ, はノメノメ, はハンカチ, はパッ, はヒョイ, はフランス, はレンブラント, は一度, は一郎さん, は三方, は三本, は二十面相, は今夜, は八人, は前回, は原っぱ, は園田さん, は塀, は声, は奇面城, は小林君, は小林少年, は左, は弁護士, は思わず, は恐ろしい, は手, は手だし, は操縦士, は明智, は書生, は気, は気がつかない, は洋服, は洞窟, は淡谷さん, は窓, は笑い, は第, は約束どおり, は縄ばしご, は美術室, は警視庁, は負けおしみ, は負けた, は逃がし, は金色, は顔, ほどのやつ, までいかなく, もあまり, もあわれな, もいよいよ, もうひとつきみ, もこの, もこんど, もそれ, もちょっと, もついに, もとうとう, ももうどう, もサッと, も入れ, も庭, も明智, をぐっと, をこう, をたい, をつかまえる, をとらえ, をとらえたら, をとらえなけれ, をとりかこん, をにらみつけました, をのばなし, をひきとめる, をまちぶせ, をまんまと, を一室, を前, を助け, を助けだし, を手がけ, を縄ばしご, を見うしなわない, を見つけられた, を見はっ, を逃がす, を逮捕

▼ 四~ (456, 0.8%)

28 の足 24 の指 22 の柱, の脚 14 の手 5 の刀 4 の簪, の腕, 立って 3 の木, の鎖

2 [33件] しかなかっ, しか呑めぬ, だった, ともやっぱり, のあし, のしごき, の円柱, の大きな, の常磐木, の手足, の指先, の新しい, の柏, の栗, の棒, の玉幡, の箸, の紐, の線, の肢, の草木, の蝋燭, の青い, の青竹, の馬の脚, の鯨油蝋燭, ばかり一寸位, もある, を用意, 出して, 出て, 握って, 立てて

1 [257件] あって, あります一本, あり両性, ある, あるか, あるの, ある処, ある犬, いっせいに抜い, お祭り, かぞえて, からになっ, が, があたり, がいい, がこう, がそう, がそば, がとつぜん, がとめた, が声, が棚, が階段, が顔, くっきりと, ぐらいずつ残し, こんなこっ, しかない, しか無い, ずつさした, ずつビール, ずつ短, ずばりと, ずらりと欠け, そして昼寝ぐつすり, そろえて, だけが他, だけが光っ, だけを折る, ちふん, で, である, であるけば, でした, でした五人目, です, ですか, ですね, ですむ, でたくさん, でなくても, では, で何やら, で八円, という設計, とか六本, とその, とつまみ物, とはこれ, ともぼこぼこ, ともらっ, ともペッタリ, とも同型, とも悉く, とも皆, とも義手義足, とも足首, と八分通り, と古, と指, と新聞紙, ない, ながら指, ながら紛失, などが入っ, ならあなた, ならべたあいだ, にきまっ, にする, になった, にも五本, にバラ, に止まる, に至り, の, のいう, のうち, のうち一本, のうち三つ, のうち中央, のかわ, のこれ, のさくら, のすぐ, のところ, のふす, のもの, のん, のウイスキー, のコラム, のトタン, のヒマラヤ杉, のヒーター, の一本, の丈, の丈夫, の上, の中, の乱杭歯, の二円棒包み, の低い, の使い古し, の円筒, の前, の剣, の声, の大, の女, の小さな, の後脚, の御, の扇骨木, の手拭, の手紙, の探検灯, の支え, の支持物, の支柱, の数学的智識, の日本刀, の杉, の松火, の枝道, の桁, の桜, の梅, の棒切れ, の棒包み, の楔, の槍さき, の横木, の横皺, の歩脚, の洋酒, の溝, の片腕, の物, の田舎酒, の白髪, の眉, の短, の短い, の短い小さい, の考え, の背中, の脇差, の華奢, の角, の記号, の設備, の話, の踏みつけ, の銅, の鐵, の障子, の雄蕊, の電灯, の電車, の鬮, の鰹節, の麦酒, はおもしろい, はさすが, はまじめ, はみんな, は下, は人間, は大, は大蛇, は対, は早く, は枯れ, は見られる, は部屋, ばかりでい, ばかりグッ, ばかり植ゑ添, ばかり見えた, ひふは, ひろいそして, ぶら下げて, ほど熟し切らない, まっ黄, もつけ, もならべ, ものん, もアリアリ, も並び, も並んでる, も中指, も五本, も五本も造つて, も來たん, も入れ, も列べられた, も屋根, も徳利, も手, も捕れた, も掬い出した, も植え, も相づち, も飲ん, やや不規則, よりありません, わびしそう, をしっかり, をじ, を分け, を取り, を周囲, を天皇, を拾つたの, を接, を袖ごと, 並べたもの, 並んで, 出た, 出るの, 列んだ, 削つて, 含んで, 垂れ下って, 増した, 差し入れて, 恭しげ, 打ちこむ, 折れ拳, 持ち出された, 書いた行乞, 有り, 残って, 無くては, 燃やして, 現われたのみ, 生えてる樹蔭, 突っこんで, 立てた棒, 立ててぞ, 縺れたよう, 落ちたか, 見えた, 見えたり, 見える, 買った, 飲むと, 黒く踏つけ道

▼ 四時間~ (449, 0.7%)

8 の間 7 の労働 6 あれば, のうち, の後 4 である, にし 3 しかない, の行程, もかかっ, もかかった, もかかる

2 [32件] か, が一年半, たって, つづくと, で地球, というもの, ときめ, に一回転, に亙っ, に駛, のあいだ, の中, の内容, の大, の後コロンビア, の指示実験, の政治生活, の睡眠, はかかる, は何, は熟睡, ばかり湯, ぶっ通し, ほど汽車, ほど経った, もする, もぶっ, も五時間, を八時間, 働いて, 煮ます, 置くと

1 [329件] いる, かうし, かかった, かかったの, かかって, かかるかも, かかるだろういくら, かもしくは, から五時間一息, から八時間, から日, か選挙訓示, がすぎ去っ, がたやすく, が目, が私たち, が空費, くらいで, くらいは大丈夫, ぐらいあるでしょ, ぐらいしか眠らぬ, ぐらいたてつけ, ぐらいな, ぐらいにで, ぐらいはもつ, ぐらいは自分, ぐらい黙っ, しかねなかったん, しか寝なかった, すぎた後, すると大, ずつにし, ずつも弾い, ずつ労働, ずつ私, ずつ緯度変化, その辺, たったあと, たてば, たらずで, だか, だから, だが, だけの授業, だけの間, だけ南, だけ自動車, だとか, だよ, ちかく過ぎ, つ, つづくこと, であったから, であろうが, でいまだ, です僕, では, でふたたび, でもいい, でも五時間, でも無, でも飽きず, でやった, で上陸予定地, で人間, で体外, で国境, で場所, で太陽, で帰りつく, で書かれ, で死ん, で発病, で着いた, で自分, で行き着けるある, で西, で見事, で達せられ, という労働, という怨霊, といえ, といふもの一つ, として言いあらわした, とたたない, とちゃんと, となった, とは費さないであろう, とわたし, と三十分, と月曜, どうかする, ながくて, なにかかに, なの, なり, なり又, にくいこん, にすぎない, にその, にて地心, にとって何, になり, になる, にはその, にはそれから, にはソヴェト式, にふやした, にわたるもの, にコップ, に一, に一回地球, に一度, に三石, に二百六十六マイル, に亘り, に何人, に分け, に大阪, に捜しあてなけれ, に百哩, に素子, に縮める, ねむれば, の, のあかるい, のうち二十三時間五十五分, のうち十時間, のおそらくはたいして, のため, のところ, の一日, の上, の人, の仕事, の以上, の休暇, の余, の余裕, の内, の出来事, の周期, の大半, の延着, の料理, の旅, の旅程, の時間, の汽車, の猶予期間, の練習, の船, の違, の長篇ジョイス, の間一食, はかかろう, はかれの, はこ, はぜひとも, はその, はどんな, はまるで, はもつまい, はオレ, は学校, は寸刻, は待つです, は懸る, は掛る, は救援隊, は睡りつづけるだろう, は遅れる, は過ぎた, は過ぎ去っ, は静也, は食物, ばかり, ばかりうとうと, ばかりその, ばかりた, ばかりで, ばかりということ, ばかりの間, ばかり一生懸命, ばかり下っ, ばかり余裕, ばかり山, ばかり待っ, ばかり待った, ばかり後, ばかり気長, ばかり水, ばかり汽車, ばかり煮ます, ばかり経た, ぶっと, ぶっとおし, ほどか, ほどかかった, ほどたった, ほどで尾根, ほどな, ほどのうち, ほどのもの, ほどの時間, ほどの間私, ほどは有難い, ほどふたり, ほども海底, ほど停車, ほど弱い, ほど湯, ほど漬け, ほど眠る, ほど経つ, ほど自分, もあと, もあれ, もう夕がた, もか, もした, もじっと, もすれ, もそこ, もたえず, もたたない, もつづく, もねちねち, もはいっ, もデッサン, も仕事, も十六時間, も吹き曝され, も坐っ, も居られた, も平気, も待たされた, も汽車, も湯, も漕いだ, も無駄, も煮なけれ, も独演, も眠ります, も立った, も經つて, も膳, も話し, も話し込ん, も費やした, も走る, も遅れ, も過ぎた, も遡っ, も飜筋斗, も黙り込ん, やそこ, やっと電線, やれば, よ, より長い, をあたえ, をぶっ, をわけて, をグッ, を三交代, を三人, を何, を余す, を八時間制, を六十時間位, を完全, を或は, を手前勝手, を此無花果樹下, を殆ど仕事, を生かす, を経, を経過, を艇長室, を艦橋, を要す, を要する, を計っ, を費さない, を週期, を過ぎ, を過す, を適当, 保たしめる, 停航, 働きつづけに, 働きづめでして, 入れて, 入れられて, 吹くならば, 寝て, 寝るの, 寝れば, 待って, 待っても, 或る, 持たせるの, 漬けて, 煮て, 煮る中, 煮通して, 生きて, 眠って, 程たて, 程であっ, 程で登れる, 程全く, 立ちど, 立てつづけに, 第二, 第五日, 経たない以前, 経たねば, 経ったその, 続きます, 置いて, 置かなければ, 置きますと, 考へた處, 聞きなれた僕, 話して, 近づくモロー彗星, 違う

▼ 四五年~ (379, 0.6%)

27 の間 19 も前 15 の頃 13 の後 12 になる 5 のうち, の秋 4 して, に一度, の八月十五日, の月日 3 たって, というもの, と云う, にもなる, のころ, の冬, まへ, 経って, 経つと

2 [20件] からのち, このかた, で七十, になります, にはなお, のあいだ, ののち, の八月, の前, の日本, の春, の第, まえに, まで此札幌, もたつた, も以前, も研究, も過ぎ, を経, を過ぎ

1 [200件] いら, お逢いせず, か, かある, かかって, から七八年代, から二三, くわえようじ, こそ電燈, このかたふんぱつ勉強, この方町並, この方自分, したら, した頃, しましてから, すると, たたなくっちゃ, たちました, たちました今, たちましてね, たってから, だらう, つづく不作, であり自分, とあれ, というところ, といえ, といふもの逗子, とは生き, におよん, にしかならない, につくられた, になり, には一対一一八, には下院議員ブラット, には再び, には結婚三, には香港, にほろんだ, にわたる古い, にアメリカ, にカール, にフランス, にローマ教皇インノセント, に亘っ, に創設, に印度, に当る, に東ヨーロッパ, に東京都新聞, に死んだ, に生れ, に組織, に補助スクリュー, のあいだ粥, のおそき, のこと, のその, のところ, のま, の九月, の五月, の八月以来, の六月, の六月十二日, の内, の分, の十二月, の十二月ごろ, の十月帝国芸術院会員, の半ば過ぎ, の変化, の夏, の夏ごろ, の孤独, の実刑, の寿命, の平和, の年月, の後店, の急, の懲役, の日月, の昔, の暮頃, の海上生活, の無条件降伏, の短期間, の私, の良人, の長い, の間ひそか, の間予西インド諸島, の間私, の頃主人, の頃南岳四谷, の頃友人, の頃此, はお, は一年, は仕事, は別に, は少く, は懸る, は我々, は播重, は無事, は経つ, は經過, は遊ん, は過ぎ, ばかり通学, ふと大弓, ほどの間, ほども打ちつづけ, まえから, まえである, まえまで, まえまでの, まえ主任検事級, まえ或, までにはその, までの世界, までの期間, まではなかっ, までもつづい, まで治安維持法, まへに, まへの, みっちり働け, も, もあんな, もい, もかかっ, もする, もずっと, もその, もたちます, もたったらやっ, もたつ, もたて, もつづけ, ものち, もの長い, もふけ, もま, もまえ, ももっと, もやれ, も別れ, も城中, も大原君, も奉公, も妻, も実地, も居れ, も後, も早く, も昔, も欧羅巴, も稼い, も立つ, も経ったら, も經, も經ツ, も続いた, も肺病, より以後, をへだて, を占める, を父親, を経た, を経たない, を経過, を費やし, 乗っただけ, 会わなかった知人, 住んで, 即ち一昨年, 後れて, 持ちこたえた末, 振に, 早かった, 早かつ, 来た事, 欲しいと, 欲しい欲しいと, 満洲, 猶太人豪商オルテヴ・イ・グンドルフ氏, 稼いで, 立った時, 立ってから, 立つうち, 立つと, 経った, 経つうち, 経つてから, 見ないうち, 越し会わなかった友達, 預けて

▼ 四十年~ (351, 0.6%)

18 も前 13 の間 8 ほど前 7 も昔 6 である 5 の後, の秋, ばかり前 4 の昔, の生涯 3 のむかし, の調べ

2 [22件] にし, にもならない, に近い, の, の一月, の余, の功夫, の四月, の年月, の暮, の月日, の末, の條, の秋風, の長, ほど早く, も生き, も逆戻り, を經, を長い, 程前, 立った

1 [226件] あまりかかる, あまり住みなれた, あるひ, いたが, かかったの, かかりました, かかるかも, かのお祝い, からになります, からの彼, から以後, から十年間, から大正初期, か五十年, が寄りで, が祝われた, が衰亡期, くらいまえ, ぐらいは持ち, ぐらい前, このかた, この方, この村, しか隔つて, その部屋, たったからって, たつてから, たまたま世界未曾有, だわしらみたい, ちかい生涯, であるから, ですって, ですよ, でもかけ, で早く, で繰り返し, というの, という日, という美しい, といへ, となる, と後れた, と時, において最も, にかけてこの, にかけて馬鹿馬鹿しい, になっ, になります, になる, には, にはまだ, には保, には千百六十九戸, には廿五年記念祝典, には文展, には約, にもなる, にも近く, にオランダ, にデンマーク, にポルトガル, に一千百六十九戸五千三百六十六人, に一度, に上野, に二十歳, に亙, に亙る, に何樂模氏, に入れ, に処女作, に初めて, に同時に, に岩崎久弥, に教育家, に於い, に朝日新聞, に測量部員, に當つて, に私, に至る, に近く, に近づこう, に進ん, のあいだ, のこと, のこの, のむかしわれ, のパリ, のロシア, の一生, の七月, の上梓, の九月某日, の二月, の五月, の人生, の今日, の修行, の六月, の冬, の出版, の分, の初春, の前, の十二月, の十二月十五日, の夏, の天地, の始, の巴里, の忠勤, の恨み, の意識時間, の文学, の新, の日月, の星霜, の春漱石氏, の歳月, の歳末頃, の歴史, の永い, の無事泰平, の物語, の短い, の社会, の祝祭, の経験, の若い, の苦労, の苦心経営, の荒野, の記念, の詔, の詩作, の調査, の責任感, の贖罪, の過去, の長い, の間アラビヤ, の間一, の間剰余収穫, の間巡礼, の間彼, の間自分, の頃, は先例, は生きる, は短, は立っ, は西洋, ばかり以前, ばかり徳川中期, ばかり昔, ほどたっ, ほどにもなりましょう, ほどの間, ほども過ぎ, ほどを隔て, ほど以前, ほど已前, ほど昔, まえに, までの間, までは殆ど連続的, までは石垣, まで亜米利加, まで営業, もかかつて, もそんな, もたっ, もつづい, もつづけ, もの昔, もの永い, もの間一緒, もぽつぽつ, もまえ, も五十年, も人, も仙臺, も以前, も勉強, も勤め, も勤め上げた, も呑み続け, も帰らぬ, も後, も抛ったら, も掛つて現在, も根氣, も永い, も生きなく, も生きる, も生き延び, も祈りつづけ, も続い, も若返り, も遅れ, も隔て, も飽きなかった, より前, より後, を画し, を経た, を経過, を經過, を費し, を過ぎよう, を過し, 一向にはやらない, 丁度日露戦争, 全世界, 再び仏国協和論, 吸ったと, 或はもつ, 生れて, 程も前, 程以前, 立ったので, 見なれた懐しい, 近い昔, 近い空白, 連れ添うた老爺さま, 過ぎて

▼ 四日目~ (328, 0.5%)

41 の朝 11 の夜, の晩 9 のこと 8 か五日目 7 の夕方 5 だ, になる 4 である, になっ 3 であった, でした, にぞ七里, の午後

2 [13件] という, にお, になつて, にはうんざり, にはきっと, にはバイカル湖, には半蔵, に再び, に猛烈, の午, の午前, の昼ごろ, は降りみ降らず

1 [185件] いつもほど, からは奥, からは監視, から三日目, から彼, から粟一粒, か五日目ぐらゐに絶息, がちょうど, くらいにし, くらいになります, ぐらいから漸く, ぐらいにあの, ぐらいにははや, ぐらいに案内, じゃありません, すなわち十月十五日, だぜ, だと, だ考えて, でありました, である早く, でございましょうか, です, でなくては, で多少, で馘, で駅, とにかく船, とは坂田, と云う, なん, に, においては腸, にかけて越後勢, にきっと, にしかならなかった, にしか創られなかった, にその, にた, につく, にとうとう, にとにかく, になった, になつて十, になつて点呼, になり, になります, になり居り, になろう, にはすでに, にはその, にはまだ, にはもう, には二人, には少し, には屹度, には床, には明神下, には更に, には最, には此ペエテルブルク, には知らない, には自分, には間違ひも, にまったく, にもう, にやつ, にアジト, にザアチャー, に三島, に三輪, に中津川, に二階, に伸子たち, に佛, に兵庫港, に刑事, に医者, に又, に大体入れ替え, に始め, に安芸, に小杉卓二君, に少しよく, に帰っ, に帰京, に店, に引っ, に引出し, に彼宛, に日帰り, に来た, に檀一雄, に泊った, に熱, に片野さん, に百穗氏, に私, に移る, に篠井春子, に緊急市参議会, に能代, に至つて, に返事, に銀行, に阿, に離れた, に雨, に電光石火的, に風雨, に食べる, のけさ, のアルコール注入, の九月二日, の事, の伸子, の出来事, の午前九時ごろ, の午後内藤さん, の午後宿屋, の午過ぎ, の午頃, の同じ, の土曜日, の垢, の夕, の夕がた, の夕方呼出し, の夕景, の夕暮, の夜中, の夜十二時ごろ, の夜更け, の太陽, の宿, の快晴, の披露会, の放免, の日, の日曜, の日没頃, の昼, の昼過ぎ, の昼過ぎ五兵衛さん半死半生, の昼頃, の昼食後, の晝過ぎ, の暁方, の暮れ六ツ過ぎ, の朝九時, の朝照国丸, の朝飯, の正午頃, の泥酔, の深更, の闇夜, の陽, の雨夜, の黄, はいよ, はグランド・キャニョン, はタピオカ, は何, は八十八夜, は六ツ, は定量以下, は抗, は朝, は變, まだ帰っ, までは彼女, までは道, も, も五日目, も信雄卿, も同じ, も真っ黒, も過ぎ, を平土間, を迎, を食べ頃, 初めて色直し, 時としては, 詳しく言, 追いついて

▼ 四~ (321, 0.5%)

8 なって 7 なる娘 5 なった, なったばかり, なります 4 しては, なつた, なるの 3 なりました, なる, なるが, なるまで

2 [22件] いわく, これは, して, それにも, なったの, なったばかりの, なっても, なつたばかり, なるか, なるよう, なる妹娘, なる小僧, なる男の子, なる總領, 之を, 出た東歌, 増加する, 日本は, 白浪の, 私は, 自ら一事を, 述べた所

1 [223件] あげたいの, あたる, あの作, あの芝居, ある, あるもの, ある通り, いづる, いは, おなり, おなりあそばした, おなりに, お前浜一帯, かつて松江鍾山, このヒューマニズム, この範疇組織, これにつれて, させて, すぎない, すべえ, そして最後, その原料, その声, その生産, そんな旅, なったか, なったと, なったらもう, なったら私, なったん, なった伊太郎, なった唖, なった子息, なった年, なった胃病持ち, なった誕生日, なってから, なつたばかりだし, なつて, なりますから, なりますが, なりますけれども, なり十, なり曾祖父, なり野菜, なるぢ, なると, なるなあ, なるはず, なるわけ, なるカテリーナ・フェドセーヴナ, なるコースチャ, なるマリイ・ロスコー, なる乙, なる以上, なる伜, なる倅, なる女の子, なる女給すみ子, なる小, なる小女, なる小娘, なる少年, なる息子, なる悪戯, なる末, なる正雄, なる童, なる筒, なる綾子, なる緋, なる総領, なる美しい, なる老婢, なる艶子, なる芸者, なる訳, なる賢介, なる足かけ九年, なる迄には, なる長女, ねばり強くかつ, みゆるミノス, ん組は, アインシュタインの, ガートンという, ロ氏の, 一定の, 一番新しい, 三人とも, 三人は, 不信任案に, 両半球, 主上疱瘡の, 京町三浦の, 人々相集まり, 人民の, 仏諸, 位するも, 位する都会, 俳優が, 俳優と, 僕の, 入れた紺紙, 入れ代った之, 共に録, 出づるゲラルド, 出づるミノス, 分けるか, 加寿子たちと, 十二月十六日夜地震同, 即事二首篠池作なる, 右の, 吃りに, 合格し, 同様の, 唐寅字は, 喜劇でも, 四を, 四国遍路の, 堂内に, 外国貿易の, 夢中に, 夥しい頭韵, 大工が, 大日經の, 大阪新町太夫の, 女に, 宗教の, 宛て嵌めて, 客の, 對する, 山中寅日自ら虞吏と, 岡崎兵衛, 川路江川らは, 引かれた銭, 当る分量, 往々蒙, 恩師へ, 愉快の, 成るの, 或る, 据へ, 播磨の, 支那人の, 数回これに, 数回重ね, 文学的レトリックからの, 文禄元, 新劇人たちの, 於て, 既成の, 日本の, 時間も, 智の, 曰う, 曰くその, 曰く深, 曰く趣味此四つを, 曰主よ, 曰哀れむ, 曰彼は, 構図と, 止め米国百貨店, 此妻の, 波羅奈国の, 減じて, 満たないであろう, 演奏技術の, 火薬類も, 炊事係りとしては, 牢獄に, 特定の, 犯罪の, 犯罪者と, 犯行者が, 皇極, 相当します, 相成る孫, 礼拝の, 神社合祀は, 禁を, 移て, 空想的な, 竺律, 米の, 系図水津本の, 細分せられ, 考えれば, 能の, 腕っ節という, 自分の, 至って, 至つては, 至つて始め, 至るまで, 至る商船史, 至る賞, 良く売れる, 英国臣民保護には, 藤屋伊左衛門諸国で, 藤山と, 見えるに, 見える小柄, 見え土佐, 見われ, 言った, 記憶力, 記載さる, 貪望, 賀太傅呉郡の, 趙州の, 載せて, 近頃やられた, 過ぎず, 過ぎないこと, 過ぎないの, 金色と, 閣下は, 限ったこと, 音楽や, 駒岳の, 高大之進と

▼ 四~ (312, 0.5%)

6 も五度 5 か五度

2 [19件] か五度目, という大暑, と云う, と重なる, なり, にのぼる, に及びし, の目録, の質問, もあの, も僕, も有りける, も続け, も行った, も転居, も迷惑, 登っても, 食べても, 鳴つた

1 [263件] あった, あったり, ある, いな, お伊勢參, お友達, お貸し, かかった, かかつ, かな, かに過ぎなかつた, かの女, から十五度, から四十五度, か荒々しい, がやっと, が五度, くらいのもの, くりかえして, くり返し手紙, ぐらいずつ手巾, ぐらいなら, ぐらいにおりる, ぐらいまでのぬるい, ぐらいまで温度, このこと, この書, しかありません, しかだれ, しか会った, しか参りませんでした, しか行かなかつた, すれば, ずうっと, ずつの円弧, ずつは往復, ずつは必ず, ずつ入浴, ずつ増す, ずつ彼, ずつ竹, ずつ見廻り, ずつ調べ, そういうこと, そうした罪, そうやっ, そんな偶然, だけ学校, だのに, である, であるが, です, です東京, でなく読んで, でなければ, でもいい, で済む, とあたしはつ, とうまい, とか転んだ, とそれ, となり, となる, とも玄関払い, とも生き返りました, とやっ, とやり, とやりかえす, と会見, と兵隊, と呼んでる, と會, と繰り返し讀ん, と行く, と見, と重なっ, と重なった, と重なり, と震動, と鳴らされ, にあげ, にあり, にある, にいたり, にかあらむ, にくぎっ, にし, にしかならぬ, になる, にも, にもおよんだ, に三度, に上る, に下げ, に及び, に及べる, に向っ, に昇る, に混ぜ, に着く, のあたり, の冬, の恥, の戦勝, の数, の文, の極寒, の歸國, の水銀, の温度, の温湯, の航海, の階級, の音程, の鼈甲眼鏡, はきまつて, は上る, は五度, は何となく, は屍体引取り, は拙者, は欠かさず, は行, は酔, は酔えず吐き下し, は里親, は隣, は雪下ろし, ばかりしたたか, ばかり繰り返す, ふること, ほど繰り返し, ほど鞠, また夕刻帰邸, までのりかえ, までも世, までも留守宅, までも続けざま, まで起こった, まで進航, もあった, もあったら, もある, もあわて, もお, もかけ, もその, もつづい, もつづけ, もひろ子, もまちがえ, もむだ, もめまい, もやつ, もパンク, もヒマ, も云, も代替り, も低い, も催促, も六度, も冬, も出, も出かけ, も十度, も危く爪, も問返し, も太い長い, も山火事, も引繰, も忍び, も息, も我が, も救っ, も数え直す, も書い, も書き直し, も来た, も歓呼, も歩き, も死に直さなけれ, も水, も泥, も父親, も猛烈, も生, も直させられる, も竹光, も素気, も繰かえされ, も繰り返された, も罰金刑, も罹り, も聞い, も聞いた, も自殺未遂, も良沢, も行つたの, も行手, も裏坂, も訂正, も訪れた, も読んだ, も貸し, も越し, も通つて, も都合, も鎌倉, も雨, も駐, も駕屋, やって来た, やまた, やると, よこした, よたしか, を示し, を示す, を過ぎる, 会ったこと, 会って, 出すと, 加わって, 同じこと, 同じ言葉, 呼んで, 壊れたん, 変えたが, 始まった, 寄って, 当てた, 必ず盃, 打ち下ろされたが, 押しこんでから, 指さす方, 擦って, 放れたが, 来たか, 来たこと, 来たという, 来る機会, 死んで, 殺されるやう, 烈しい太刀音, 現われたが, 盗んだ物, 知り合ったに, 続くうち, 繰り返されて, 繰り返すこと, 繰返した頃, 聞き返して, 行って, 見かけました, 見に, 試み勇將, 読みましたが, 読むと, 調べられた, 辛くも倉亭, 逢った, 逢ったばかりの, 飲んで

▼ 四年前~ (308, 0.5%)

15 のこと 4 に, の自分 3 にそれ, になる, の事, の冬, の出来事, の四月, の夏, の秋, まではこの

2 [20件] この村, である, と同じ, にお, に他家, に別れた, に小石川西江戸川端, に拵えた, に来た, に死んだ, に私, に貴方, の, のある, の十二月八日, の小山田筑前, の渠, の竹山, の記憶, の話

1 [218件] あの千早籠城, お京, からそれ, からでした, からパッタリ, から今, から他家, から始まつた, から引き続い, から当, から放埒, から新協劇団, から板屋家, から此家, から毎, から気, から痛ん, から發心, から誠実, から遺族, から陰毛, この作品, この厳粛, この機能化, しばらく滞在, じゃがチャン, そこで端, その境内, だ, だな, であった, です, ですが, でそれから, で男の子, で蛤御門, とあまり, とおなじ, とは全く, とは見違える, にいた, におばあさん, にすぎた, にその, にその小さな, にたった, にちょっと, にといふこと, になくなりました, になぜ, になっ, になつ, になりましょう, にはいった, にはこの, にはじめて, には手, にもやはりこう, にやめた, にわざわざ, にエレディヤ, にマロー, に一寸, に一度乘, に一度行, に一緒, に世, に亡くなり, に亡くなりし, に亡くなりまし, に人夫, に仁和寺, に仲間, に伊吹, に伊太利, に候, に借りた, に備後, に先代, に勇退, に北支, に十三, に半年, に又, に大変コレラ, に嫁, に庭, に当る, に彼, に批判, に拙者, に描いた, に文学士, に春枝夫人, に暇, に書かれ, に此學校, に此方, に死ん, に死んじゃった, に死去, に比する, に沈んだ, に洋医方, に流行, に澄江, に炎上, に片づいた, に生れ, に産んだ, に田舍, に瘧イ, に発明, に祖父, に第, に考, に自らすゝ, に蘇子, に製造中止, に言, に買った, に輿入れ, に近所, に開かれ, に開国, に阿部家, に雪氷永久凍土研究所, のあの, のその, のもの, のスペイン遠征, の一切, の三月十五日, の乙女, の九月, の九月五日, の二隻, の五〇%, の今日, の今月今夜, の保元, の元治元年五月十三日, の入江, の入江家, の八月十五日, の北満, の十九, の千九百二十六年, の卓一, の古い, の囘顧談, の回, の夏休み, の大, の大風雨, の天保六年, の天保四年六月十四日, の天正七年, の天正十五年正月, の妻, の姦淫, の孝謙天皇, の宝永六年, の寒い, の寛永六年, の山水, の幡ヶ谷, の年, の応永二十四年, の恐怖, の恐慌, の戦, の旅, の旅行記, の旧い, の旧知, の明治二十六年一月, の明神樣, の春, の晩春, の正徳五年調査, の正月, の永禄元年, の浅田雪子, の牛, の田舎源氏, の発病以来, の約束, の美しい, の而, の若い, の蟻地獄みたい, の親しみ, の観客, の貴女, はいくら, まだ私, までの彼, までは目黒, までは素晴らしい, まで其家, まで自分, まで舎弟方, やはり秋, よりは別居, よりもっと, よりも父, より少量, を憶, 云い出されたこと, 初めて三語楼, 即ち元治元年, 在武陵, 小生家宅近在, 或寺, 死んだが, 突然アメリカ, 長い旅

▼ 四五日前~ (294, 0.5%)

16 のこと 5 であつ, の晩 4 にこの 3 から私, に, に来た, の事, の夜

2 [21件] からその, からで, から子供, から止む, から泊っ, なり手腕, にある, にお寺, にここ, にどうにも, にも, にもまた, に出た, に彼, に暇, に書いた, に私, に金, の夕方, の新聞, までは不

1 [207件] ある外国, から, からいや, からこの, からさかん, からしきりに, からそこ, からだんだん, からでき, からまた少し, からめっきり, からやっ, からようやく, からコソコソ, からシネマ, から一団, から九十九里, から事業, から二十日鼠, から伜, から佐倉, から何, から何だかソワソワ, から公園, から其処, から再び, から出仕, から前, から参戦, から口, から君子, から喧嘩, から地つづき, から天狗, から奈良, から奥, から妙, から始めた, から家, から宿, から寝こん, から寝込ん, から寢込, から寮, から小田原, から床, から引き, から御, から思つて, から方々, から暑, から杉山, から来, から格子戸, から横堀駅, から止し, から毎日さ, から気, から沈鬱, から用意, から町人百姓, から短い, から神戸, から緑川夫人, から腸, から藥, から行き, から起きられる, から身体, から逗留, から道具, から野菜, から鈴本, から鍋屋さん, から降っ, から風邪, がちょうど, この冬, じゃありません, だったそう, だつた, ちょっとい, であった, である, でございます, でしたか, ですよ, といいました, といえ, とうとう兄, などなんと, にいちど此家, にかの, にきた, にそこ, になっ, になつて, にはビツクリ, には三条, には朝, には本田さん, にもおっしゃった, にもその, にもと, にもひ, にもよそ, にも二人, にも同じ, にも警視庁, にツェレリナ, にモスクワ, に二人, に伯爵邸, に何処, に來, に信州, に僕, に先生, に受け取った, に善く, に土木課, に夢, に大家, に始め, に子供, に安土城, に岩見銀山, に川上さん, に川上糸子, に帰っ, に急, に戸籍調べ, に手, に手紙, に教え, に斬られ, に新しく, に新た, に新子, に杉夫, に某砲臺, に死んだ, に狼村, に白魚河岸, に真っ盛り, に紛失, に聞いた, に背, に舟木さん, に見えた, に見た, に親父, に誰, に買, に赤坊, に足, に近年, に近日, に送り届けれ, に選挙, に鎌倉, に長湯, に降つた, に除隊, に面会, に頼ん, のあはれ, のある, の午後, の地方新聞, の夜半, の夜古泉堂, の夢, の大雪, の市民大会当日, の或, の新聞紙, の晩遇, の晴れた, の暴風雨, の通り, の雨, またもや日本, までという, までは夏, までは毎日, までは確か, まで久しく, まで窓枠, まで船, も姉小路少将, も渠, も知人, も聯合組, も門司, より一大ストライキ, より中風, より天気快晴, より容体, より容態, 丁度奥様, 出た切り, 少し強い, 帰りました, 決って, 突然あ, 突然警察

▼ 四~ (287, 0.5%)

10 這いに 7 に組ん, ん這い 6 か五ツ 5 の鼓 4 の鐘 3 の事件, の国, の手, も五ツ, んばい, ん這, 本喜十郎

2 [18件] と並ん, と折つて, にする, になる, に折れ, に畳ん, に畳んだ, に組んだ, の手足, の時, の朝日, の装飾, の顔, もある, を受ける, 並んで, 売って, 買った

1 [191件] あたかも人, あったところ, あって, あり日, ある, あるが, あるだけの, ある間, おちし村雨, か, かどをで, かの組, からけさ, から幕, か三ツ, か五つ位, か五ツ位, か五ツ宛行列, か五ツ頃, か五歳頃, がきこえる, が四ツお互い同士, が持出され, きらきらとして, くるりと, した, じゃに, だ, つづけさま, でご, でございます, でしかない, でした, ですむ, でコマ, で龍馬, というところ, といえ, となつ, とふけ渡っ, ともここ, とプラチナ, と投げこんだ, にした, にたたまれ, にたたん, になっ, になった, になります, になりまする, には貧乏人, にも見え, に切り, に別け, に取り組ん, に取組ん, に截っ, に折, に折っ, に折った, に斬る, に疊ん, に砕けたる, に組む, に近い, に這い, ね, のとき, のオペラ, のトランク, のハシゴ, のマキゼンシヤ, の上, の不備, の両面四手, の中, の仕掛け鼓, の品物, の唇, の壁, の大きな, の寺院, の小さな, の帽子, の年甲辰四月廿一日, の影, の悪魔, の慾望, の時分, の椅子, の流れ, の火鉢, の灯, の炭車, の焦点, の狆, の皮, の目, の相撲, の眼, の瞳, の空間, の突かれた, の窓, の端, の箇条書き, の肱掛イス, の蒲鉾, の藩, の袖, の車輪, の道具, の髯, の鼓箱, はあるでしょう, は各々, は徹底, は手掛り, ばかり, ばかりで, ばかりの可愛い, ばかりの男, ばかり卵, ばかり叫び声, ふら, へ廻ろう, ほどの年下, ほど吊され, までに出頭, までに数寄屋橋, むくむくと, もあった, もありました, もっとかと, もの各, も並べ, も出来た, も年上, も暗い, も穴, も通り越し, も駢ん, より行末, をおき, をちょっと, を合図, を回っ, を回った, を少し, を廻った, を打ちまし, を撞く, を設, を過ぎ, んば, 伏せて, 余程, 出て, 半下り, 在るの, 小さな顔, 少しまえ, 少し前, 少し手前, 少し過ぎ, 崩れて, 張り飛ばされ両, 打つころ, 打つやう, 折りに, 抜いたん, 数えて, 暗い流し, 残して, 浮いたり, 溜った, 睨みして, 落ちたという, 薄暗き明, 起ったよう, 足りない, 近いという, 近い刻限, 近い夜ふけ, 近かった, 這いには, 這いのみし行き, 運ばせて, 過ぎて, 預けたとて, 食うただけじゃ

▼ 四~ (271, 0.5%)

4 の流れ, もある 3 のところ, ほどの高

2 [21件] ぐらいで, になる, にも足りない, に三尺, に三尺位, に足らぬ, の大, の建仁寺垣, の杖, の空地, の長, の間隔, の雪, ばかりの蛇, ほどのところ, ほど離れ, もあつ, もあらう, もあらん, もあろう, 去女王四千餘里

1 [215件] ああ遂に, あがり時の間, あった, あります, あるので, あるや, から五, から六, くらい, くらいである, くらいで思った, くらいについ, くらいのところ, くらいの小さい, くらいはあった, ぐらいに縮まっ, ぐらいのところ, ぐらいの井筒, ぐらいの小男, ぐらいの黒板, ぐらい奧行, ぐらい諸, しかない, ずつ違う, そこそこそうして, たった五六坪, たらずの, だな, である, であるが, でも, で充分, で光り, ということ, という長柄, といっ, とぐんぐん, とない, とは離れ, と七, と掘り下げ, なりけり, にあまる, にたらぬ, にもなっ, にもなつ, にも達する, に一間, に三丈九尺, に余る, に厚, に満たない, に見いだした, に足らない, に足りねえ, に近い, に達し, に達する, のお, のこと, のもの, のトタン屋根, の上り, の几帳, の厚, の土橋, の大刀, の天地左右, の寂し, の小さな, の床の間, の廊下, の時, の棚, の段, の氷柱, の沙魚, の泥, の深, の溝, の火尾, の点, の由, の石面, の童, の竹垣, の糸, の衣, の距離, の身体, の違い棚, の金屏, の釣竿, の長い, の間, の露次, の高, はあらむ, はたっぷり, はなれ, は二厘柄, は愚か, は離し, は高い, は高かっ, ばかり, ばかりある, ばかりこっち, ばかりしか残っ, ばかりその, ばかりにし, ばかりにもなった, ばかりに土, ばかりのところ, ばかりの丸棒, ばかりの五六本, ばかりの入口, ばかりの塀際, ばかりの大きな, ばかりの広, ばかりの所, ばかりの木, ばかりの杖, ばかりの深, ばかりの石塔, ばかりの祠, ばかりの穴, ばかりの空いてる, ばかりの自然石, ばかりの距離, ばかりま, ばかりもある, ばかりも削った, ばかりを隔てた, ばかり何やら, ばかり余, ばかり小高く, ばかり甲板, ばかり進ん, ばかり離れ, ばかり離れた, ひらりと, ぶすま, ほどある, ほどで, ほどである, ほどで行き当る, ほどな, ほどにし, ほどになっ, ほどのスノコ, ほどの中空, ほどの小さな, ほどの小道, ほどの店, ほどの建仁寺垣, ほどの所, ほどの棒, ほどの細い, ほどの長, ほどの黒樫, ほどもあがっ, ほど上, ほど掘った, ほど積, ほど進んだ, ほど離れた, までの間, もあります, もありませう, もあれ, もポンプ, も五尺, も伸び, も伸びる, も増す, も掘下げ, も有う, も歩い, も深い, も積, も退った, も降り積る, も隆起, も離れた, も雪, も飛んだ, も高く, を一厘五毛柄, を出す, を引い, を越す, を隔て, 仕込む気, 伸びたる女竹, 厚さ, 或は一丈下, 深さ三尺ぐらゐで, 短くする, 短くつける, 程のけち, 程の池, 程の高, 自朱儒東南行船一年, 跳び退いて, 長さ二十尺幅八尺, 長さ五尺幅弐尺, 長さ百八十間, 離れたる所, 高さ, 高さ一丈二, 高さ一尺五寸, 高さ一尺五寸位, 高さ三尺, 高さ五尺九寸

▼ 四~ (265, 0.4%)

10 の窓 8 の屋根 7 にある, の上 64 の自分, の部屋, の高 3 に住ん, の壁, の室, の家

2 [21件] から天, だ, では, で那波, にあった, に在る, の, のアッチック, のクラブ, の大きな, の屋根裏, の展望台, の煉瓦建, の狭い, の表側, の軒窓, の隅, の露台, は三階, へ上がっ, までのぼっ

1 [161件] からも京一さん, から三階, から上, から乗る, から五階, か偶数, ぐらいに当るだろう, そしていちばん上, だから, だったと, だ時計室, である, でございます, です, でまた, でエレヴェーター, で下り, で停め, で十月, で又, で女あるじ, で月給, で本読み, で沢山, で降り, とは不便, とは檢校, とも御, などない, なの, に, にあります, にいる, にし, にしました, になる, にのぼっ, にのぼつ, には, にもなつて, にアパルトマン, に上っ, に住む, に作った, に來, に分っ, に南原杉子, に坐りこむ, に寝, に寝る, に居た, に泊まっ, に移っ, に自分, に葉子, に行つて, に貸間, に越し, に運びあげろ, に開催, に開業, に電燈, に食堂, に馳, のあらゆる, のある, のてっぺん, のところ, のはし, のはじ, のへん, のほか, のヘイマンさんとこ, のメネルー夫妻, の一室, の一廓, の一隅, の人, の人たち, の別館, の塔, の壁側, の天井裏, の夫婦, の小, の小さな, の廊下, の手摺, の新, の新装社長室, の方, の時計塔, の検査室, の殿楼, の演芸部, の眼鏡売場, の窓口, の窓庇, の窓越し, の第, の自室, の裏, の観覧席, の角, の鎧戸, の間, の階段, の雨戸, の青, の高楼, の鳳凰, はまっ暗, は二階, は石垣, は落着, へおり, へと, へとなっ, へとのぼる, への階段, へもの, へ上っ, へ上れ, へ名古屋行, へ四階, へ専務, へ来た, へ来訪, へ樋口, へ皆, へ舁ぎ, へ蝋マッチ, へ行く, へ行つて暫らく間, へ飛びあがっ, までいった, までてくてく, までの屋根, までの廊下, までの部屋, まではふつう, までもう, までも上る, までゆき着いた, まで上っ, まで上る, まで下り, まで昇つて, まで昇降, まで来, まで行く, もあった, もある, もあれ, や三階, よ, より洩れたらしい, を建て, を積ん, を賃借り, を限り

▼ 四~ (261, 0.4%)

7 を入れ 4 の名画, の障子, 書いた, 書く 3 である, の拾円札, の板, の雨戸

2 [15件] で完結, と, と一銭銅貨二枚, に当たる, の信号旗, の寫眞, の板片, の皿, の絵図面, の翅, の襖, の黒板, はいっ, ばかり, 買って

1 [196件] あった, あったが, あらわれた, あるの, あるガラス戸, ある前, ある障子, あわせたほども, お渡し, かいて, かけ四枚, かさねて, かを夕方使, がところ, が犬歯それ, が門歯四枚, きて, きわめて肥えた, ぐらいにまたがってる, ぐらいの値段, ぐらい混, しか出, しか残つて, しか無い, すらすらと, ずつのカード, ずつみんな, ずつ十二ヶ所, ずつ四回, ずつ役人, ずつ手紙, ずつ茎, それからひい, そろったの, たつ入口, だ, だけである, だけを昔, だけ一時間, だけ出, だけ挿画, だった, だつたの, だろうあと三枚, つい立てたる, つけたもの, つづきの, で, です, でそれ, では, で井伏さん, で喜蔵, というの, とこれ, とすこし, とその, とつづけ, とはまた, とは違っ, とめて, とも偽物, とも宵, とも見られ, とること, と二坪, と来る, と毛布, と黄玉, なら四枚, なり, にぎったうえ, に入れた, に包み, に書い, に漆, に私, に見解, の, のあれ, のうち, のお, のこの, のガラス, のジャケツ, のレコオド, の中, の仕切り, の原稿, の原稿紙, の報告書, の夕刊, の夕刊新聞, の大, の大きい, の小, の小品, の屏風, の御, の戸, の所, の扇, の拙稿, の挿画, の掌, の旅日記, の時, の本, の朱盆, の板ガラス, の櫛, の段々畑, の牌, の皺くちゃ, の盆, の着換え, の紙, の素通し硝子, の絵, の絵端書, の美人写真, の聖書, の肖像, の芭蕉布, の花, の花崗岩, の花弁, の萼片, の蒲団, の身, の金貨, の釣銭, の長篇, の黄色い, は, はいつ, はさんで, はって, はどの, はまって, はやはり, は二十四両, は売れ, ばかりの色褪せた, ばかり大体完成, ばかり書いた, ひろげられその, ほしい, ほどの距離, まで書く, もある, もの母さん, もよこした, も五枚, も送っ, やまい, や五枚, をそっくり, をとり出し, をぬすみ取った, をぬすん, を並べ, を加え, を同時に, を呑め, を手, を投げ出しゃ, を敷いた, を書きなぐ, を毎日, を水, を立て, を自分, を追加, 上げて, 並んで, 入って, 入つて, 入るだろうと, 入れたの, 入れて, 写した, 取り出した, 取り出して, 平らげて, 張った小さな, 持って, 揃って, 散らばって, 書いて, 書きなぐるいつも, 残る, 綴じて, 貰ったので, 買い自信, 載せて

▼ 四十分~ (259, 0.4%)

54 にし, にハネ 3 遅れて

2 [18件] から四十五分, して, だ, だね, であった, である, でした, です, ですわね, で行かれる, になっ, は懸る, ばかり, までの間, もたたない, もたつ, を指し, 程し

1 [207件] あります, ありますから, ある, あるの, あれば, おくれて, おそい時, かかったとは, かかって, かかるかも, かかるの, かな, かに品川駅, から, からにしよう, から七時五十分, から二十分, から五十分, から五十分の間, から十二時三十分, か五十分の日中, くらいかかる, くらいしかたたない, くらい前, ぐらいし, ぐらいしかない, ぐらいね, ぐらいはかかっ, ぐらい早い, しかかかりません, しかない, しかなかっ, しか経過, してから, じゃありません, ずつ手, そうすれ, たったら荷物, たって, だった, だつた, だと, ちかく考へ, つまり海老塚医師, て, であったろう, であつ, であること, ですから, です片道, で今日松高山岳部, で十分許, で大阪, で対岸, で店, で往復, で椅子, で深浦, で立ちました, で著い, で行きましょう, で話, で足りる, で達する, で達せられる, で霽, で駒ヶ岳, というもの, という時間, とかの, とたっ, となり, とは懸らなかった, と経たぬ, と見れ, ないし一時間, なり前, にとうとうさしも, になった, にならう, には出懸けられた, には間, にわたって説明演説, にタイタニック号, にリオデジャネイロ経由, に亙り, に仕事, に凡, に出, に出発, に受取った, に古, に只見川, に四人, に多賀ちゃん, に家, に待っ, に汽車, に着いた, に短縮, に立つ, に終る, に著き, に赤坂見附, に過ぎなかったであろう, に頂上, のうち, のこと, の無駄, の紅海横断, の豊橋行, は充分, は地面, ばかりかかった, ばかりし, ばかりであります, ばかりで出発, ばかりで評価, ばかりのところ, ばかりの処, ばかりの後, ばかりの間左舷, ばかりも前, ばかりも時間, ばかりも海岸, ばかり外苑, ばかり延着, ばかり昨夜, ばかり時間, ほどし, ほどしかありません, ほどたった, ほどだ, ほどにもならない, ほどのち, ほど先, ほど前, ほど登る, ほど薄暗く, ほど遅れた, ほど過ぎた, また車中, までこの, までにモンパルナス, までの行動, まで君ら二人, まで待たない, まで待っ, みれば, もあります, もあれ, もかかっ, もかかる, もする, もすれ, もそう, もそんな, もつくねんと, もまちぼう, もやり, も動かなくなった, も外, も待っ, も待つ, も手術, も掛かっ, も揺られた, も立たされ, も立っ, も自在, も身, も逆, も遅れ, も違ってる, も開演, も雑談, やり下加茂, や一時間, や五十分, よでも, より, を打った, を暮すなら, を示し, を経, を要する, を費し, キッカリ, デ京橋ニ着ク, 乃至二十分, 乃至五十分ごろ, 出校, 又カット相談, 大窓裏, 待たされ漸く, 待つた為め, 漸く海抜三千百二十米突, 登れば, 着ハイヤ, 着蒲郡観光ホテル, 短くて, 第六哨赤坂見附, 経った, 迄か, 近し, 遅れたれど, 鳴轟一時

▼ 四~ (252, 0.4%)

9 の者 4 のうち, の男 3 だった, の少年

2 [13件] である, のお, のなか, の人物, の代議士, の兵, の御, の法師, の老, の部下, をひきつれ, を引率, を捕虜

1 [203件] あって, ありました, いただけ, か, から一躍, から成っ, から昭和二年五十万, があたかも, がくわわっ, がこれ, がその, がつい, が一カ月, が上陸, が候補, が大隈農商務大臣, が混乱, が無, が負う, ぐらい眩, しかいない, して, ずつそれぞれ, だが, だったそう, だな, つづいて, であった, であり出発, で当直, で米商館, といういわば, とし, とともに, とともに枕, となる, とはちょうど, とも唖, とも少し, とも揃う, と仮定, と共に冬, と収容所, と宿屋, と平, と数, と童子二名, と表, なり, にこれ, になっ, に一策, に会っ, に傷, に元, に出た, に最後, に減っ, に談合, に過ぎない, のご, のそれ, のどの, のほか, のもの将来, のドミニカン, の一致, の不, の中, の中学生, の中氏名不詳, の主人側, の人々, の作品, の側臣, の兵たち, の兵士, の具足, の内七名, の刑事, の勇士, の口, の同僚, の同志, の坊さん, の坊主, の士官, の多き, の奉行人, の學生, の客, の家族達, の家臣, の少年探偵, の従者, の怪漢, の悪漢, の意, の暦官, の書蔵票, の木曾, の来訪者, の権威者, の水兵, の水夫, の漁師, の男たち, の男女, の男女患者, の監督官, の眼, の端, の総務委員, の總務委員, の罪状, の背なか, の若, の藩士, の藩士たち, の衆, の証人, の警官, の負傷者, の運転手, の遺族, の釈放, の陸戰隊員, の隊員, の隙, の顔, の騎馬, は, はいっしょ, はぎく, はそこ, はどう, はなにげなき, はばくろ町, はひとまず, はふたり, はまた, はやや, はわれわれ, はマスク, は一六二二年, は一団, は今朝, は厚ぼったい, は各自, は喜ん, は四本, は地, は宮, は容易, は当時, は慎吾, は本隊, は案内, は歎息, は洞, は端, は組頭, は赤見沢研究所, は身, は車中, ばかり其寺, ひとしく毅然と, ほど, ほどという者, ほど私, まえは, もおられ, も土, も居並ん, も招きまし, も橋, も無事, も眼, も討った, ゐます, をのせ, を三河一色村, を不可能, を出し, を射殺, を引渡せ, を捕らえ, を救い出す, を斬りすてた, を荒れ出す, を血, を送りだした, を除き, 伏せて, 増して, 小侍, 従えたぐあい, 漸次増加, 連れて, 集まった, 飛び出すと, 駈けて, 高一

▼ 四十歳~ (239, 0.4%)

14 になる 7 にし 6 であつ, になった, を越し 5 に近い, の時, を越した, を過ぎ 3 になっ, になつ, になり, にもなっ, の人

2 [15件] から六十歳, ぐらいの主人, ちかいボーイ, である, にもならぬ, のとき, の分別, の天才, の文士, の比, の間, ばかりになる, をすぎた, を越え, を過ぎた

1 [135件] から五十歳, くらいで, くらいで得た, くらいともまた, くらいの婦人, くらいの才覚, くらいの時, くらいの背広, ぐらいで, ぐらいには見え, ぐらいのがっしり, ぐらいの人物, ぐらいの俳優, ぐらいの年輩, ぐらいの紳士, ぐらいの肩, ぐらいの顔じゅう, ぐらい天香さん, して, だが, だった, であった, であったが, であった西田先生, であるのに, でこの, でご, でその, での留学生生活, でまだ, で始め, で思い切りよく, で方向, で有った, で死刑台, で白髪皺顔, で致仕, といえ, との間, と五十歳, と書し, と聞い, におなり, になつて, になん, にもあまり, にも五十歳, にも六十歳, に及び, に孔子, に満たなかった, に満ち, に至る, に達し, のかれ, のなかば, の人間, の今日, の作家, の保守派, の前後, の境, の年少, の心境, の未亡人, の残り, の洋画家, の淋しき, の父, の牧師さん, の独身, の稍, の筈, の者, の蓬莱和子, の齢, は実際, ばかりな, ばかりになっ, ばかりのごく, ばかりのユダヤ人, ばかりの年増, ばかりの父, ばかりの男, ばかりの逞, ほどな, ほどのデップリ, まだ若, まである, までが特別, までだろう, までの人, までの婦人, までの婦女子, までの家庭教育, までの生活, までの間, までは全然, までは生きたい, までは誰, まで年々駒, まで生き, まで結婚, やそこ, より下, より内, より四十四歳, をいくら, をこえる, をこし, をちよ, をもって初老, をもつ, をよほど, を以て江戸, を出過ぎ, を多く, を幾つ, を待たず, を待たん, を越えざれ, を越えた, を越してる, を越す, を踰, を迫らぬ, を過ぎる, 乃至四十九歳, 多少の, 始めて, 実年齢三十八歳, 迄は修養, 近い女, 近い男, 近い頃

▼ 四~ (218, 0.4%)

14 の道 12 の間 9 もある 4 の山道 3 はなれた, ばかりにし, ばかり離れた

2 [16件] あつた, か五里, にし, の大林, の山, の田舎道, はあるだろう, ほどの道, ほどはなれた, ほども距, ほど離れた, も五里, も距, も離れた, や五里, を歩い

1 [138件] あまり行乞, あるき五里六里行き, うまい十三里, おなじく, かはあるだろう, からある, からの道のり, から背負っ, があいだ, が間, ぐらいの追加, ぐらいの道程, ぐらいは来, ぐれえの, しかない, じゃ一呼吸, そこで川, その中, それに江戸, だね, である, でございますだが, ですが, でも五里, という計数, といっ, といふの, とはない, とは現代, と十三町, と書いた, と聞かされた, と見たら, なり, なりしシヤルル, には不, には近い, にも餘, にわたる, にわたる寄手, に岐, に渡る, に過ぎぬ, の余, の傾斜, の外, の小, の山中, の山越え, の峠路, の峻坂, の嶮, の往復, の森林, の混凝土, の溝渠, の神田, の路, の近く, の進軍, の道すがら, の道のり, の道程, の遠方, の鎌倉, の長い長い, の間渓谷, の雪, の麦生, はありぬべし, はある, は我が, は確, ばかりいく, ばかりで, ばかりの森林, ばかりの道, ばかりも隔, ばかりを隔てた, ばかり三坂峠, ばかり上り, ばかり上る, ばかり原野, ばかり参りまし, ばかり山, ばかり手前, ばかり日和佐, ばかり東, ばかり歩い, ばかり歩いた, ばかり登っ, ばかり行く, ばかり西, ばかり距, ばかり進行, ばかり離れ, ほどある, ほどし, ほどの上流, ほどの地, ほどの距離, ほどの道のり, ほども離れ, ほど先, ほど北の方, ほど山伝い, ほど来た, ほど離れ, までは物の数, も, もいけない, もなく, もの山奥, もの道, も先, も山, も山奧, も差, も歩かせられる, も進んだ, を歩ん, を超え, を進ん, を隔つる家, を隔て, を離れた, 下って, 且つ蒲田温泉, 之処, 半小郡駅, 去靺鞨国三千里, 程なく二升庵, 聞えた加賀, 近い道, 近い長さ, 近く御座ろう, 離れた大野木, 離れた大野木村

▼ 四~ (212, 0.4%)

3 に及んだ

2 [11件] が四回, しか開場, とも全く, にし, の日曜, の氷河期, の爆発, の総会, の興行, もある, も五回

1 [187件] あげて, ある, あるか, ある処, うかがいましたけど, おなじうた, かきます読者, か五回それら, があった, が終わっ, ぐらいずつのせる, ぐらいはここ, ぐらいは繰り返す, ぐらい読ん, この舗石, しかなかっ, しか出, しか見られない, すなわち全体, ずつひと, ずつ発行, つづきで, つづけざま, つづけて, であります, であるが, であるに, でも五回, で会期, で年, で掲載, で毎月, というよう, とたびかさなる, とに詳しく, ともはたして, ともマラリア, とも亜砒酸中毒, とも霧, とゆっくり, とコオス, と定め, と当り興行, と見事, と言っ, と試み, と送っ, と重なる, ないし四, ながめてから, なの, なり, にこういう, にすぎぬ, にはプロシァ国王室, には地方, には推薦, には明治十八九年頃, にわけ, にわたって僭越, にわたって襲撃, にわたるいろいろ, にわたる会合, にわたる浦上崩れ, にわたる講義, に亘る, に及べり, に及ん, に纒め, に過ぎない, のところ, のトルナドー, のポンコツ, の上京, の公判, の公演, の割合, の営業報告, の回転率, の大会, の後, の成功, の戦い, の打撃, の担当者ワイマン, の支倉, の支倉審問, の支払, の改築, の文展, の新, の新年, の時間, の注射, の特殊協議, の発病, の窃盗罪, の筆記中, の美食, の解囲, の訟廷, の訪問, の誕生日, の講義, はこの, はキューバ, はステツプ, は出来る, は双児, は同月十九日, は小, は山崎, は得, は必ず, は裏木戸, は襲来, は逢った, は風邪, ばかりやっ, ほどかきます, ほども宙, ほど警笛, までの大会, までも上演, までも出かけ, まで同じ, まで扱われた, めぐりたり, もおなじ, もかの女, もそう, もつづいた, もでる, もはげしい, も便所, も信仰, も出る, も印刷, も唾, も国立劇場, も座敷, も弁護士試験, も強いた, も往く, も敵, も時間, も歩きまわらない, も演じ, も潜入, も登美子, も続いた, も続け, も繰り返されたでしょう, も繰り返し, も繰り返す, も續, も自分, も苦しむ, も行われ, も金沢表, も雪下ろし, やること, より上, を平気, を草, 乃至五回, 使って, 催された, 全く同文, 同じ病気, 思い立つ, 書いた, 書いて, 滑って, 激しく往来, 着る着物, 稼いで, 繰り返されて, 繰返させるん, 若い男女, 観たの, 読み直したが, 走りても, 迄は採, 過氷洋一度航, 違った箇所, 駆けて

▼ 四時頃~ (202, 0.3%)

12 になっ 8 になる 7 であった 5 であつ 3 かえる, からもう, でありました

2 [14件] か, から眼, であったろう, である, とある町, になつて, にはもう, に二人, に帰っ, に眼, に降り, の時, までなら, まで出ます

1 [133件] あるいは六時頃, うすぼんやり, お帰り, かえってから, かえっては, かえると, かそこら, から, からいねちゃん, からが彼等, からそろそろ, からのつもり, から五時, から井口, から仕度, から同座, から声, から外, から天気, から手許, から揃つて, から来, から湯豆腐, から灯, から起きた, から青く, から麹町, がちょうど, その池, だった, だったか, だったが, だったと, だったろう, だつたらうだいぶ, だつたらう昨夜, だわ, ちょっと気, ついたの, で, であ, であったと, であったろうと, であった中央線, であろう, でしたわ, でもあったであろう, でもあつ, でもう, で御座いましつろうか, とうとう司法主任, と夕方, と推定, と来た, と覚えます, にそこ, になります, にはや, には帰っ, には帰宅, には自分, にぶらりと, にもう少し, にティルボン, に呑め, に帰宅, に悩まし, に成っ, に本田医学士, に正太夫婦, に水, に漸く, に終る, に覚め, に親子五人, に赤坂, に起き, に起きる, ねた, のこと, のつもり, のまだ, のよし, の事, の明るい, の深更, の筈, まだ暗い, まだ真っ暗, まで, までい, までいろいろ, までお待ち, までで日, までには家, までに帰っ, までのあいだ, までの間, まではなんとか, までは大きい, までも飲まし, まで一度, まで休ませ, まで嘉川行乞, まで大学, まで実に, まで目覚め, まで窓, まで約, まで絶えず, まで続く, まで附近行乞, やっと労働係, やっと床, ようやく舞踏室, より三人, より噴煙, 一応私, 何とか云う, 出かけました, 出かけ途中, 出て, 出掛けて, 又来ましょう, 帰るのに, 早退きし, 来て, 漸く鎮定, 着きピーツク・カムツァン, 終ると, 行ったとき, 迄に帰る, 迄打

▼ 四十人~ (201, 0.3%)

3 の騎馬武者

2 [16件] ぐらい, である, という中洲亭, に過ぎず, に過ぎない, のど, の形, の患者, の浴客, の生徒, の群衆, ばかり, も一人, も使っ, も水, 集まって

1 [166件] あわせて, いたその, いや四五十人, いるという, からいたんだ, からいる, からの同勢, からの大, からの群れ, から成る, が一小隊, が七十人, が危急状態, が各, が四組, が島津, が所属, くらいおける, くらいの人数, くらいの名前, ぐらいしかいなかった, ぐらい人口, しかもみな, して, ずつだ, ずつの人足, ずつの卒業生, その産院, その配下, たらずでしたが, たらずという, だけ手, であったかと, で取卷いて, と一隊, と比島, にすぎない, にすぎなかった, には日英博覧会, にも四十人, に成っ, に成つて, に餘, のいる, のうち, のどれ, のひとり, のまったく, のもの, のよう, のアカデミー会員, の上演料, の中, の人, の人員, の人物, の会員組織, の信徒相会, の僧侶, の党員, の兵, の内, の卒, の参会者, の団員, の士, の声, の外国人判事, の女, の子供, の子分, の客, の宮女, の支那学生, の教師, の教授, の教育, の最も, の机, の楽人, の槍組, の武者, の武者輩, の法王, の生命, の盗賊, の眼, の組, の職人仲間, の若い, の覆面少女, の遊女, の郎従, の鉄道首脳者, の門下生, の間, の隊伍, の顔, の鰭箱, の麗しい, の黒, はいるだろう, はうごめい, はすわれよう, はもう, はやられた, は二十七人, は優良, は入ります, は居りませう, は来, は連れ, は音楽, ばかりで, ばかりどっと, ばかりどつと, ばかりの人たち, ばかりの兵, ばかりの同級生, ばかりの土人, ばかりの婦人, ばかりの子供たち, ばかりの学生, ばかりの新聞記者, ばかり今夜アメリカ, ばかり居る, ばかり行儀, ほどある, ほどお召, ほどそこ, ほどの主従, ほどの客, ほどの植木師, ほどの聴き, ほども付い, ほどを櫓, ほど集まっ, もあろう, もいます, もちり, もゐる, も前, も同じ, も寄りあっ, も来れ, も死ん, も泊, も詰めかけ, をのこらず, を入れる, を全部犠牲, を出ない, を埋め, を手兵, を率い, を預つ, 乃至五十人, 多い日, 居る, 蹴破って, 近い, 近い客数, 近い生徒, 近い頬, 集った信仰者達, 集まった会合

▼ 四年間~ (180, 0.3%)

3 の生活 2 に私, の, の世田ヶ谷若林, の各, の思い, の思ひ, の渠, はこの, を根, 勤めた

1 [157件] いいえ私, おりました, かかって, かかつて, かつて, からの収穫, か五年間通学, この椅子, すなわち私, その女, た, たびたびものの, だけでなく, だけのこと, だもの, つとめるわけ, つまり私, であったが, でありますが, でどこ, で日本, で罷んだ, という長い, といふもの, に, にあの, における日本, における日本文学, にこの, にし, にすっかり, にずいぶん, にはわずか, には父, にも亘っ, にわたった, にわたって権力, にわたる最も, にゴーリキイ, に一対二四, に世界文学, に二倍, に二倍以上, に二十七名, に亙った, に亙る, に修めさせよう, に出生, に十五円, に取り, に夏, に女, に教, に方々, に於, に日本, に旧, に肌, に随分, に非常, のあ, のあげく, のこと, のその, のため, のなじみ, のキュリー夫人, のジークブルク居住中, の世, の中学, の中項, の会社勤め, の作品, の修業, の健全, の允成, の出生, の初め, の呉, の外国雑誌, の夢, の平和, の平均, の忙し, の思ひつめた, の成長, の戦争, の戦争中, の文学実験, の日本, の最も, の歳月, の歴史, の水責, の波瀾, の活動, の無駄, の猶予, の疲労, の第, の結婚生活, の自分, の苦しい, の見, の豫定, の責苦, の間, の雑誌, はその, は中, は修練女, は大丈夫, は或, は故, は日蓮, は生れ, は眠る, は私, ばかりの間, ばかり地方, もくらし, もさつきあっ, もわたし, も会わない, も在学, も思ひつめた, も思案, も持ち続けた憤り, も涸らさない, も無沙汰, も続いた, も貞應, も過ぎ, やって, よ, をつとめ, を上京, を自分, を自動車, を諸国, を通じてなるほど, を通じて幾分, を過ごし, 仕込んだので, 働いて, 別れて, 努めに, 即ちわたし, 大衍暦, 居ない留守中, 暮した目白, 暮し無条件降伏, 漸く我慢, 特に一七八九年, 親しくし, 調べたが, 食べる物

▼ 四五年前~ (176, 0.3%)

11 のこと 3 に死ん, の事, の話 2 だけれど, にお, のよう, の夏, の簡閲点呼, の自分, までさる

1 [142件] あの人, ある青年, から, からある, からここ, からこの, からでき, からです, からの女, からの計画, から中津, から中風, から二人, から夫婦, から山の手, から戯曲, から気, から現れ, から發心, から精神, から農林省, から駈出し, この子, この湖, この辺一帯, だったが, であつ, とはたしかに, と少し, に, にあなた, にある, にかけてのこと, にこの, にさる, にその, にたった, にどう, になく, になくなりました, になりましょう, には御, には日露戦争, には法隆寺四天王, には私, にもそんな, にも一度, にも同じ, にも新鋭, にやあ, にやりました, にセイロン島, に一, に一人前, に一册誰か, に一寸, に一度, に不遇, に二円, に京都, に他, に信州, に催眠術, に兄, に先生, に入っ, に北京, に北海道, に土蔵, に夫, に失った, に家格, に左足, に帰省, に思ひ立つ, に承つた, に支那, に日本, に書いた, に有名, に東京, に柳橋, に此店, に死なれ, に死んだ, に比すれ, に比べる, に流行, に消息, に現在, に病気, に神田, に福井県, に福岡市, に私, に肺病, に若い, に見た, に誰, に起こりたる, に較べる, に重き病, のあの, のお, のハリコフ会議, の与謝野家, の五三十事変, の出来事, の十年, の子ども, の当時女, の拙作小説, の日本, の日清戦争, の明治四十年, の春さき, の書生ッ, の江漢, の純, の雑誌, まえの, まだそれ, までお, までこの, までつまり, までのこと, までの城太郎自身, までの女, まではあの, まではよく, までは二等, までは新本, までは相当, までは私, までは街燈, まで両親, まで姑, まで甲斐東方, まで私, めづらしく二册手, よりこの, 見て

▼ 四十男~ (172, 0.3%)

5 ですが 3 だった, であった, です

2 [12件] が一人, だ, でした, に相当, の世, の久さん, の働き者, の巨きい顔, の押, の額口, を雇っ, 同じ御用仲間

1 [134件] あるいは布衣, が, がある, がいた, がすれ, がずっと, がその, がそれだけ, がちらり, がぶつ, がズバズバ, が主人, が何, が出, が四升余り, が女学生, が好事, が小峰右内, が居睡り, が平次, が想像, が村長, が浅黒い, が畳, が眼付き, が秤, が美しくも, が聞い, が腰, が膝, が自分, が運転台, が顔, そのくせ, それで全部, だつたの, であったなら彼, であつ, であまり, である, であるのに, ですがね, ですもの, でずつと, でっぷりふとっ, でひどい, でもう, でヴェルダン, で一見, で主人, で人, で劍術, で押, で日頃平次, で金儲け, とかねてから, とその, とたたい, とひとり, と二人, と十八, にか, の, のいやらし, のお, のお伽噺, のした, のべそ, のみだりがまし, のやう, のよう, のボタン, の主人, の作松, の俺, の傳助, の兼吉, の分別ざかり, の前額, の嫉妬, の安藤, の店, の強かさ, の彼, の徳三郎, の心得た, の性, の恋, の恥, の感傷主義, の文七, の最上清人, の氣, の水呑百姓, の治八郎, の治兵衛, の消防手, の理三郎, の生, の疲れ, の神官, の肩, の背ろ姿, の蒼, の表情, の言う, の貧乏, の跡部滿十郎, の逞, の道中師伊兵衛, の醜, の飯田町, はいい, はお, はきまり, はこう, はこうして, はわけ, は先刻, は左右, は復, は此処, は繰り返した, は雨, もいる, もどうやら, をし, をそんなに, をはじめ, を向, を改めて, を見る, を金五郎, 吝で

▼ 四五歳~ (167, 0.3%)

12 の頃 8 の少年, の時 6 のころ 4 の男の子 3 になった, になる, の女, の少女 2 の子供, の私, の青年, まで生存

1 [109件] おなじく印刷職工, かとも見える, かと思はれる, かと思われる, から三十代, から三十前, から十二, から後, くらいまでの少女, ぐらいになる, ぐらいには見える, ぐらいに見受けまする, ぐらいの女, ぐらいの娘たち, ぐらいまでの思い出, ぐらい迄の間, だから, であ, であったろうか, であり君子, であろう, であろうか, で初段, で師匠, で高段者, といえ, と見受け, などというもの, におなり, にし, になつて, になり, になります, にはなつ, にみえた, にもなつ, にもなる, に至る, に至れ, に見ゆる, に達し, のおり, のきたない, のくっ, のその, のとき, のときトウ, のば, のわたし, の一少年, の上品, の丸髷, の人, の伊那丸, の可愛いい, の四郎, の大, の女の子, の婦人, の小, の小児, の少年助手, の少年少女, の年配, の幼児, の幼年, の店員, の弱々しい, の彼, の後, の支那女工等, の新, の日本人, の武士, の水ぎわ, の男, の白人青年, の白皙明眸, の童僕, の童子, の美青年, の老人, の者, の自動車, の芸人, の若い, の若者, の豊満, の貧乏書生, の間, の青い, の頃五, の髪の毛, はもっと, ばかりな, ばかりの男の子, ほどの乞食, ほどの見る, までのところ, までも生存, も上, も若く, より七, より二十歳前後, 乃至六七歳, 刳袴, 若いが, 若かった, 迄の男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談

▼ 四年生~ (166, 0.3%)

7 になっ 6 になった, のとき 5 の時 4 である 3 でした, になる, の秋, の頃 2 だ, だからね, であつ, です, のころ, の人, の夏, の杉作, の権威, 然し大柄

1 [106件] からです, があるき出す, がい, がずらかっ, が三年生, が主, が主謀者, が加わっ, が国語, ぐらいで力, しか修め, じゃねえ, だから, だったね, だった時, だって, だつたが, だね, だろう, であった時, でありながら, でございますもの, でしたが, でその, でも五年生, でバック, で三年生, で勉強, で四十五歳, で天保八年, で昔, で榛軒, で此年五歳, で真奈ちやん, とか五年生, として一年間在学, と三年生, と五年生, と六年生, ど六年生, なの, なるが, にいる, にし, にだってつまらん, にとどめる, になつて, にはその, にもなっ, にバック, に侮辱, に入学, に匹敵, に取, に弁当, の, のあの, のため, のとき母, の一人, の一人息子, の三人, の中, の保, の修学旅行, の冬, の反感, の妹, の子ども, の子どもら, の少年, の幸一君, の彼, の悦治, の撃剣, の敏江さん, の教室, の時彼, の机, の村田幸一君, の柔道部, の父, の男女, の算術, の級長, の終り頃, の習字, の花組, の誠一, の責任, の賢二少年, の長男, の霧渓, は佐太郎, は六人, は男女, は祖母妹, は綴方, まででした, までやった, まで城北中学, もあり, を卒業, を思う, を愛し, 迄つれ

▼ 四十五六~ (163, 0.3%)

12 の男 6 の女 5 の立派 3 の女房, の少し

2 [12件] でもあろう, になる, のどこ, のまだ, の上さん, の型, の小作り, の小柄, の年配, の武家, の汚らしい, の顔

1 [110件] かな, かなまだ, ぐらいに見える, ぐらいの年かっこう, であ, であつ, であの, であらう, であろう, でせう, でもあったろう, で女房, で白衣, というところが, といふ, とみえる, とも見え, とも見える, とも見ゆる, と思はれます, と思はれる, と思われる, と聽, と見える, と覚しき, になっ, になった, にみえる, にもなっ, にもなります, にもなりませう, にもなるでしょう, に見える, のあぶらぎった, のあまり丈夫さ, のこれ, のひどく, のよく, のデップリ, のバイヤー, の一克者, の一理窟, の一癖, の不, の中婆さん, の主人, の乾し固めた, の亭主, の人柄, の人物, の仁體, の侍, の元, の処女, の分別盛り, の勤め盛り, の古, の品, の善良, の地味, の堅, の壯ん, の奥さん, の婆, の存分, の小さな, の小太り, の岩乗, の巖乘, の年齢, の情夫, の手堅い, の案内者, の水, の浪人者, の父親, の物, の用人, の田舎相撲, の男性的, の番頭, の病身, の痩せた, の癇癖, の眼, の篤実, の紳士, の練達, の職人, の苦味, の華奢, の蜘蛛, の角刈, の軍人, の酒燒, の酒肥り, の醜い, の青白く, の青黒く, の頃, の頭, の顏, の髪, の魁偉, までの女, らしかった, 古い単, 同じ稼業, 小意氣, 早く夫

▼ 四十前後~ (162, 0.3%)

23 の男 13 の女 4 の立派 3 で色, の婦人, の色 2 と覚しき, のそれ, のまだ, の外国人, の小柄, の平凡そのもの, の武士, の顔, 美しさ

1 [95件] おなじく旗本, か衣服大小, さアここ, だらうが, であさ黒い, であったが, であったろうかと, であるらしく髪の毛, でなければ, でまず, でベツトリ, で家, で左, で生平, で頗る, といふところ, と見える, と言, と言つて, には一時, には完全, に最盛期, の, のなかなか, のむづかしい顏, のよく, のヒゲ面, の不, の中年, の中年者, の主人, の乳色, の二人, の人品, の人柄, の人相, の体, の働き盛り, の典型的, の出戻り, の分別, の分別者, の古, の四角, の堅気, の大, の大男, の女中, の女房, の好い, の小男, の屈強, の平凡, の年, の強か, の恐ろしく, の恰幅, の愚かしい, の愛嬌, の房州者, の旅, の旅びとは額, の植木屋夫婦, の極, の狐, の狡, の独身, の町人風, の番頭, の痩せ, の痩せぎす, の痩形, の眼つき, の確り, の精力的, の細面, の紳士, の組合員, の練達, の老女, の者, の肥大漢, の良い, の見, の見識ら, の貴婦人, の醜い, の醫者, の鋼鉄, の頃, の顎鬚, は知識, まだ脂切, 凄まじい青, 少し好人物

▼ 四分の一~ (159, 0.3%)

5 である 4 に過ぎない 3 になる, を占め

2 [11件] か五分の一, が一秋, ぐらいでもあろう, だ, であること, にも値, にも足らぬ, の百万分の一, または三分の一, または五分の一, を斟酌

1 [122件] かあるいは, かそれ以下, か二, か或は, がころがりこむ, がほどを占め, がン, が二重, が徴収, が結婚, が附加, くらいしかエネルギー, くらいで, くらいとして計画, くらいはいっ, ぐらいだろう, ぐらいでしょう, ぐらいな, ぐらいのところ, ぐらいの家賃, ぐらいはほんと, しかない, しか力も無けれ, じゃひどい, すなわち二五%, すなわち約, ずつ減す, だか, だが, だけお, だけを作った, だけ軽く, だけ騰貴, つまり一月, であつ, でありフランス, であり死亡, である二千五百ドル, でも後輩, で千二百五十ドル, で差し上げる, で生産, といういやに, といふ, とした, と牛乳八勺, ないし二八分の一, などと変てこ, なら私, なる全線, にあたる人数, にさ, にした, にすぎんです, にする, にだけ邪魔もの, にだに至らず, になつ, になり, にも当らぬ, にも達し, に三十五回, に下る, に仕切られ, に減らし, に減少, に騰貴, のため, のもっとも, の代価, の価値, の地所, の地点, の大き, の奴, の小さい, の手数, の支払, の斟酌, の構え, の質量, の辺, はあるだろう, はアメリカ人, は北米合衆国, は朝飯, は枝, は硝子張り, は衣食, ばかりの間, ばかりめぐっ, ひどいの, ほどしかなく, ほどのところ, ほども分け与え, ほどウイスキー, ほど切り捨てね, ほど後ろ向, または三分の一不足, または二分の一, または八分の一, もある, ものび, も口, も集め得ないだろう, や三分の一, よねえ, よりさらに, を一掃, を上げる, を削り取られる, を受取らない, を払い得るで, を掌握, を支払った, を經過, を耕され, を諳誦, を通つて, 乃至四十九弗八分の三, 即ち四年, 残って

▼ 四~ (156, 0.3%)

13 を見 5 を見た 4 の空氣 3 は眞

2 [13件] が暗く, にかくれる, には父, の光景, の壁, の山, の景色, の靜, の風景, は寂寞, は靜, を憚, を見廻す

1 [105件] がしんと, がとつぷり, がもう, がシーン, が全く, が妙, が急, が明るい, が陰, が青く, が靜, なる男等, には散りこぼれ, には既に, には渠, には窈冥, に人家, に人目, に同じ, に塵, に夫, に客, に心, に打, に散, に散らばつ, に火災, に盛り, のいと, のものごと, の土, の壁間, の天地, の山々, の山林, の峯, の店頭, の景, の暗, の樹, の樹木, の氣色, の水, の海, の白, の眺め, の眺望, の草木, の部室, の闇, の青葉, の靜寂, の風物, はいくら, はしんと, はす, はひし, はひつそり, はもの, は俄, は夜, は寂然, は實, は山, は恐ろしく, は斷草離離, は森, は次第に, は油, は深々, は空虚, は若葉, は薄暗い, へ散りこぼれ出し, また濛々, をきよ, をぐるぐる, をどんより, をはばかりながら, をば深い, をみ, をキヨロキヨロ搜, を圍, を圍め, を射る, を徘徊, を打ち見やれ, を拂, を數限り, を明るく, を構, を樂, を濡らし, を甚, を眺めし, を眺めた, を睥睨, を見る, を見れ, を見廻, を見廻し, を見廻しました, を響かせ, を香, を驅

▼ 四五名~ (149, 0.2%)

3 にすぎず, の人数, 連れて

2 [12件] が一列, ぞろぞろと, とこれ, と一緒, と何, の兵, の生徒, の芸者, の若者, の足, は連れ, を招待

1 [116件] おとなしく席, お招き, がいう, がよい, が何, が斃, が次々, が次郎, が衆議院, が謀っ, が隊, ございました, しかゐなかつた, して, ずつ順次, であるが, でした, です, で市街, で持ち寄り, で隣村, と大川, と町奉行, と落ち合った, なおその, にすぎす, にすぎない, にすぎなかった, にすぎなかつた, になった, に過ぎざる, に過ぎなかった, に過ぎなかったろう, のラマ, の下役, の中, の人, の会員たち, の供, の児童, の兵がわらわら, の兵員, の労働者, の卒業生, の参謀, の同僚, の同輩, の味方, の哨戒兵, の土匪, の子供, の将校, の巡査, の従者, の忍び, の捕手, の教員, の旅人たち, の日本人, の村民, の武士, の水夫, の漁夫, の潜水隊員, の牢舎, の男女, の町人どうし, の百姓, の者, の職員, の若い, の若者達, の蓑笠, の護衛, の貴婦人, の超人, の酔っ払った, の門人, の防毒面, はある, はここ, はみな郷士ふう, は相手, は義元, まだ士農工商, もあった, もあつまり, もいるだろう, もが自分, もそう, もそれ, も続く, も見, も迎え, やって来たが, をあつめ, をつれ, を従え, を栄吉, を見かけた, を語らっ, 並んで, 出しては, 居りまして, 居ると, 来て, 来り名刺, 流れ出て, 相伴いて, 程の同, 若きあり中年, 送られたし, 通って, 連れたのみ, 集うて, 集まって

▼ 四丁目~ (141, 0.2%)

16 の角 4 の交叉点 3 から電車, のほう, の方

2 [16件] から又, から左, で降り, に八間間口, の五会, の停留場, の四角, の松田, の油倉庫, の湯, の湯屋, の犬, の裏通り, の越前屋, の辻, の通り

1 [80件] かに黒川重平, からシンバシ, から一丁目, から乗った, から五丁目, から八丁目, から数寄屋橋, だ, だよ, でしたが, でないと, でコック風, で一刀流, で彼, で誰, で電車, と出, と横山町三丁目, と相, における如く, には芸妓屋, に一軒, に下宿, に住ん, に帰っ, に戸川, に編入, に至る, に菓子店, に行っ, に貴金属宝石商, のお, のこの, のやぶ, の一角, の三味線太鼓早間, の久保田, の交番氏, の佐野家, の停留所, の処, の北側, の合方, の向う角, の四つ, の夕暮, の大, の太田屋, の守隨彦太郎獨, の旗本佐野将監, の松本, の棒大, の河岸地, の油屋山崎屋與兵衞, の疊屋, の秤座, の編輯局, の蔦屋, の薬店大坂屋, の裏地, の裏町, の軽焼屋, の辺, の頭, の黒門, の鼈甲屋鼈長, へ行つて見てくれ, へ飛ん, までが展開, までの道, までやつて, まで八文字, まで引っ返した, まで来, まで行く, まで行つて, よりの処, を経, を起点, を通ったら

▼ 四~ (139, 0.2%)

2 の小, の所, の穴, の雛形, もございました, を下るまい

1 [127件] ありて, ある, あるが, から三尺, か五寸, くらいしかない, くらいたべたら, くらいの長, ぐらい, ぐらいあっ, ぐらいのアフタヌン, ぐらいの若鮎, ぐらいはあろう, ぐらいもある, ずつ, ずつ喰う, ずつ食, ちと長, である, でご, で一羽, で枯死, で錘, というの, といふ氷柱, となる, と八寸, ないし六, にし, にも余っ, にも足らぬ, に五寸, に六寸, に放たれた, に積り, に肥満性, に育っ, に育った, に達せる, に長, のなが, のびて, のもの, の体躯, の小刀, の尺伸び, の強, の業物, の煙筒, の玉璽, の白栴檀, の空間, の竹, の若々しい, の若鮎, の角材, の距離, の道中差, の金銅坐像, の釘, の鉈薙刀, の長, の間, の間隔, の隙間, の雪, の高, の髪の毛, の鮒二匹, はある, はそのまま, は切っ, は大きい, は我, は生える, ばかりずつに切っ, ばかりづゝ, ばかりな, ばかりの円, ばかりの刀形, ばかりの大き, ばかりの小, ばかりの札, ばかりの楕円石, ばかりの白い, ばかりの銀, ばかりの高, ばかりの魚, ばかりも足りなかった, ばかり動く, ばかり延び, ばかり石, ばかり長い, ばかり高めた, ほどあけ, ほどあった, ほどの小, ほどの小形, ほどの棒, ほどの裏梅, ほどの門札, ほど下がった, ほど右, ほど開い, もあった, もあつ, もある, も五寸, も厚味, も突きぬけ, も長かっ, も高かっ, を着る, を隔て, 伸びただけの, 伸びて, 折れて, 着るしね, 程の刀, 程の支那, 程の緑色, 程の蚰蜒, 程の頭髪, 程切り込んだ, 程同所脇肩, 程横, 離れたところ

▼ 四~ (136, 0.2%)

4 の時 3 の孫, の弟, の時代 2 がかつて, といひたる, の下, の妃, の王冠, の祖, の誓投詞, の銅像, の頃, も前

1 [103件] からうけつい, から十六世ごろ, がはじめて, がほとんど, がテムプル騎士團, がプロシヤ王, が児, が命令, が嬖臣, が死んだ, が自分, が貧しい, が身, それからインド, といえ, といふローマ法皇, とパリ, とルイ十五世, と衝突, にし, について伝説, にまた, に仕え, に嗣い, に売りました, に嫁, に於い, に面謁, のえり飾り, のお, のごとく, のため, のよう, のデカダンス, の主, の住ん, の名, の命, の喜び, の国家統一, の城内, の執事, の場合, の奪略, の女主啓, の妃マリー, の妻エリザベス, の姉妹, の孫雅世, の守役, の寵愛, の廃立, の弥生, の後裔, の御, の悲惨, の意, の戦争終結以後ヨオロッパ, の批准, の朝, の歡心, の歴史, の死, の治下, の法王ボニファキウス八世, の漕刑場, の独白, の画工清長, の白, の皇妃マリアナ, の皇弟, の紋章, の納まる, の罪惡, の許, の軍隊中, の逸話, の閣員中, はこの, はフランス, はベルリン, は一〇七六年, は一人, は侍女, は信階, は吹雪, は国家, は国民バレー研究所, は徐々に, は極めて, は靱負, は髪, へ入籍, もしくはナポレオン, もロベスピエル, もロベスピエール, も棄て, をつぎ, をローマ教会, を刺, を嘲っ, を指す, を示さん

▼ 四~ (131, 0.2%)

10 の理想 53 に分類, のうち, の料理, の新聞 2 ある, か五種, である, に分かつ, のいずれ, のレコード, の兵隊, の悉檀

1 [88件] あったが, あり, ありその間, あるので, か五種レコード, がある, がまた, がゆく, が一時停止, すなわち折衷民権論, だが, だけは写真, だけ随意, であって, であり有部律, で順ぐり, とか五種, となせり, となつ, となる, とりまぜ送り手紙, と書いた, と言う, にかぎられ, についての論, に分かれ, に分けました, に分ける, に分つ, に分れます, に別れ, に區別, に及ぶ, に屬, に統合, に解析, に過ぎない, に類別, のほか, のもの, のヒレ, の仕出し, の伝, の光線, の分子, の呪, の品, の女, の妖怪中, の定義, の意見, の戯曲, の指紋, の歌, の液, の用例, の異本, の病院, の真, の絵具, の罪人, の芝居, の葡萄酒, の親, の説中, の説明中, の論派, の鎮魂儀礼, の階級, の馬, はある, は名前, は携行糧食, ほどの礼服, まで入っ, も山盛り, も駄目, より外, より成っ, ゐる, をかく, を列挙, を同等, を愛蔵, を捧げ, 写し更に, 或は三種, 選んだ

▼ 四時半~ (129, 0.2%)

5 になる 4 に起き 3 にはもう, の汽車 2 から, からです, か五時, になっ, にはモウ共立病院, に出, に四人, まで, までの間, 迄

1 [94件] から五時半頃, から僕原作, から六時半, から勤務, から夜, から後, から目, から続行, から髪結, が近づいた, きっかりに, ぐらいまで昨日, すぎて, すぎても, すると突然, だが, だった, だろう, ていうお, であつ, である, でした, です, でそれ, で五時, という, という約束, となった, なのに, にかえる, にし, にする, になった, にね, にねた, には太陽, には小屋, には弁公引き窓, には起き, には起きた, には野州, にわし, にわたる長い長い, にハネ, にブルゴス, に伸子, に入り, に出かける, に出る, に出発, に大, に始まり, に宿, に届けられた, に帰りました, に座, に役所, に待っ, に日劇, に楽屋入り, に此峰頂, に熊笹, に片付け, に眼, に終る, に起きる, に起き出した, に起床, に辞し, に鳴る, の二回, の新, はまだ, までお話, までしゃべっちまった, までに日本橋, までに行かなく, までに行かね, まではあけぬ, までやった, まで一時間半, まで三荘, やれ小, を打った, を指し, を過ぎ, デアル, デ終ル, 少し過ぎ, 起き座, 迄か, 迄ねた, 迄ゐ, 迄待たされる

▼ 四五本~ (128, 0.2%)

2 [16件] あって, ありまして, あれば, ぐらい蜿, ならんで, ぬき棄てられて, のマッチ, の木立, の檜, の矢, の雑木, ばかりの竹, もありぬべし, 出て, 抜いて, 買って

1 [96件] あった, いっぺんに, いやめん, うわって, がちよ, がカリン, ぐらいずつ紮げ, こんもりと, しかない, ずらりと並ん, そのさやさや, その四五本, たい, つける, でも白く, とどけて, とも皆, と左, なき事, にバター, のあいだ, のそれ, のほつれ毛, のもの, のビール, の作品, の六尺棒, の刀, の十手, の大きな, の小, の嵐, の後れ毛, の春風, の木材, の李, の松, の枯れた, の枯柳, の柳, の梅, の棕櫚, の槍, の樹立, の櫻, の毛, の燃えさし, の白梅, の立った, の竹, の細い, の芒, の花梨, の芽柳, の通風筒, の針, の銀杏樹, の銚子, の鬚, の鶏頭, はある, ばかりうしろ, ばかりの書面, ばかり郵便物, まだ青き, もある, もからになった, もくべ, もの徳利, もへし折っ, も植えた, も茂り覆ひたる如くなる, も買, よろよろとして, を中心, を折り, を移植, を空, 並べば, 乱れて, 乱れ生じて, 傾けた, 出た, 包んだ紙包み, 吸う, 多くて, 打ち込んで, 打った杭, 挿して, 握だが, 欲しいわ, 白いの, 貰うて, 選り出して, 重なり合って, 駈けて

▼ 四~ (128, 0.2%)

3 に活用, の自動詞 2 だそう, に師事, の命令形, の已然形, は新

1 [112件] あり名称, ある, かけあがる, かであった, から第, がこう, が先刻予想, が尻端折, が見, が負け, が雪子, ぐらいも飛び下り, さながら梯子, ずつ一足, ずつ八人, だからなあ, だが, だっていう, であつ, でもこういう, でも五段, という荒武者, という陣形, といふ段位, とか, とか五段, とされた, となります, とびを, と打つ, と碁, などはよく, においては, におれ, にかま, にし, にしつらえた, になっ, になつ, にもこうして, にも塗つた群青, にも活用, にも考へられる, にわけ, にわたって歴史的, にチース, に備え立て, に分かれ, に分け, に分けまし, に分ち, に分つ, に分れた, に区分, に区切られた, に決つて, に決つて了つて, に活かせた, に至る, の, のおいで, のぼる, のもの, のゴロツキ, のミダル, の上り口, の中, の備え, の力量, の動詞, の卒, の学位, の学生, の強い, の形態, の彼, の梯子, の棋士, の棚, の楽譜, の段, の波長, の活用, の活用語尾, の特別記事, の猛者, の発展, の終止, の胸, の腕前, の舷梯, の許し, の連用形, の過程, の雛段式, の青年, の順序, は人, は永久, ばかり階段, ほどとととととよろめいた, も見た, や上田愛桂四段, をまた, をもらつた, を割き, 上って, 南無身延様, 及び第, 程も附い, 降りて, 降りながら

▼ 四~ (128, 0.2%)

3 の所, 離れて 2 か五間, ぐらいの家, しかない, に八間, の家, ばかり離れた, ほどの間, もあろう

1 [106件] あった, おくれて, かの小さな, からりと, から成っ, か五間位, が間, くらいけれども, ぐらいしかない, ぐらいの二階建, ぐらいの土, ぐらい離れ, ぐんぐん押し, しかない狭い, しかなかっ, ずつの段々, ずるずると, つづきを, である, でもよい, で家賃二十八円, で玄関, というところ, という基本, と五間, ならば, なるあり, にしきられ, にちぢまった, になる, に三間, に二間半, に五間, に六十間, に六間, に壱人宛計り, に奥行五間位, に過ぎざれ, に過ぎん, のうち, のところ, のほか, の備え, の外廊, の奥行二間許, の小さな, の山門廊, の広間, の掘, の板廊下, の自然石段, の部屋, の長, はあった, はあり, はなれた, ばかしの小さな, ばかりある, ばかりそれ, ばかりの家うち, ばかりの小さい, ばかりの小さな, ばかりの空地, ばかりの部屋, ばかりの高, ばかり間, ほとんど絢爛, ほどある, ほどしかない, ほどの一番, ほどの小綺麗, ほどの岩組, ほどの幅, ほども付い, ほど打ちぬい, もあらう, もある, もへだてた, も上つて, も五間, も前, も前方, も抜いた, も突き出され, も行きすぎ, も行き過ぎない, も離れ, ゆくと, を出でず, を距, 乃至は, 出ると, 後れたるに, 歩くと, 深さ三尺, 滑るよう, 白くこまかき砂地, 程の間, 続くと, 置きぐらいに, 行き過ぎてから, 長さ十間, 離して, 離れたら無地, 離れた新建, 高さ十数丈

▼ 四~ (123, 0.2%)

10 の家 6 並んで 3 の空家, もあった 2 あり俥, ある, おいて, に過ぎない, の中, の人家, の宿屋, の寺, も懸け

1 [83件] あったが, あつた, あり彼, あるきり, いづれも, お長家, が古着屋, が最も, しかない, ずつ向いあっ, だけ, だけ並ん, だちの尖端, だった森田部落, つづいて, でいずれ, です, で男, というもの, とも明き, とも相当, にあて, にはいずれ, にわけた, に一つ, に減っ, に貼り紙, のみだ, のよそ, のホテル, の二階, の代理店, の古い, の埴生, の女, の女郎屋, の小, の小体, の小作人, の小家, の店, の怪しい, の旅籠屋, の易断所, の芝居茶屋, の茶屋, の藁葺屋根, の貸, の農場, の金物問屋, はあったろう, は變, は転々, ばかりあった, ばかり小ぢんまり, ほども並ん, ぽつりぽつりと, までなら, までならん, まで減じ居りし, まで空家, もま, も出, やけた, を訪れた, 並んだ二階建て, 出て, 寄って, 建てて, 建てる, 廻った, 廻り四軒目, 揃って, 歩いた, 歩いて, 焼きこがして, 焼け肴町, 立って, 薄暗くなる, 行くと, 見て, 見当りました, 飲み歩いた

▼ 四疊半~ (122, 0.2%)

5 の部屋 4 の二 3 にゐる, の入口, の居室 2 で其處, に爐, を指し, を覗く

1 [96件] からたまり兼ねた, から二度, が, が一つ, が二階, が縁側, その外, だから, でお, ですが, ではありません, でも六疊, でも茶, でよく, で休ん, で何ん, で先生, で十日前, で南, で天井, で屋根, で店, で戸, で樂, で此處, とそれ, との二部屋, との二間, とは生活上, と三疊, に, にさ, にはいっ, にはいった, にはいり, には箪笥, には美しい, には遞信省, にゐた, にキリキリ, に三疊, に休ん, に入り, に入れ, に寢, に小道具, に戻つ, に拔, に歸, に火, に病人, に置く, に誘ひ入れました, に身, に通された, に金盥, に飛び込んだ, のたつた, の一, の主人, の二間, の前, の外, の小さな, の居間, の方, の次の間, の片端, の神棚, の肱掛窓, の茶呑臺, の這入, の障子, の雨戸, はひきつけ, は一つ年上, は晝, は物置, は窓際半分, は茶室, は茶室仕立, は血, へぼんやり, へ二人, へ引つ込んだ, へ押し込められた, へ持つ, へ行く, ほどの部屋, ほどの黴臭臭い, らしく廣, を岡田, を市助, を覗い, を覗かなかつた, 多分それ

▼ 四~ (121, 0.2%)

5 なる 3 いふに 2 なりまた, 切れたるを, 第五

1 [107件] 〇・三四ペガスス座の, ある, いい始めたと, いう, いうに, いえること, いふこと, いふの, いふわけ, いわれたが, うしやうは, うしやうニツケルメタル, きまって, さっき胤頼から, しずかに, した, して, し出生, すぐに, するの, する者, それから, つまり短歌の, なす, なったか, ならず二十二, なりそして, なり三, なり十人家族, なり四箇月間, なり百廿八, なるが, なるであろう, なると, なるという, なる人, ほりある, 一との, 一四の, 七つ, 七との, 七とを, 上野を, 九つばかり, 九九の, 二十歳とくらい, 云々辰剋将軍家法花堂より, 云う実に, 云えば, 云ふ如き, 云へば, 五が, 五で, 五の, 今年天正の, 何べ, 判ったこと, 判つた, 割切れないところ, 十まで, 十二と, 十二に, 十二の, 十二髪さげし, 十五, 十五を, 合せば, 吹きかけて, 四つの, 四日は, 四月の, 大きな字, 大体もう一二回, 実に八年目, 引きまわされる, 思われる小柄, 思われる比島, 指を, 推算された, 数えた, 数えようと, 数え始めた, 数学的に, 数珠を, 書いた, 書いて, 歩いて, 死と, 決まって, 測られた藤原山, 無限の, 申しますの, 百と, 第三, 結局目的を, 続いて, 聞き自分, 胸の, 見うけられるが, 見えたが, 見積られて, 言いたいほどの, 計算し, 註して, 読みかけた時拍手, 足數に, 際限も

▼ 四五間~ (121, 0.2%)

4 の距離, も先 3 の間, もある, も離れた 2 しかない, ほど離れた, むこうを, もあり, 歩いて, 行くと, 離れたところ, 離れた処, 離れて

1 [86件] あるき出してから, おくれて, がとこ, がほど前, ぐらいの下流, ずっと上げ, ずつに折れ, ずつ隔て, たどって, である, で行きどまり, とは隔, と進む, なり, にし, に過ぎない, のところ, のへだたり, の処, の川, の板, の植込み, の此方, の殺風景, の浅い, の近く, の長竿, の間隔, はなれ, はなれた, は押流, ばかりかけだし, ばかりなる, ばかりの小石河原, ばかりの縁, ばかり歩き出した, ばかり退却, ほどかけだした, ほどへだ, ほどもあろう, ほども幅, ほどスタスタ, ほど前, ほど小, ほど引下がった, ほど追いかけ, ほど隔てた, ほど飛ばされ, まで行ッ, まで近寄った, も, もあろう, も向う, も手前, も押し戻された, も曳き上げ, も来た, も沢渡道, も澤渡道, も行き, も行き過ぎまい, も走った, も走る, も進ん, も降る, を越え, を距, を隔てた, 乗り出して, 参りますると, 歩いた左側, 歩きかけた, 歩きだしたが, 歩きだして, 歩きますと, 滑って, 登った, 続いて, 行くか, 行っても, 走ったところ, 連立って, 遠のくや, 離れた河岸, 駈け出し再び, 黙って

▼ 四~ (120, 0.2%)

4 もある 3 となっ, になっ

2 [11件] ある事, である, にし, にすれ, になる, の増加, の高価, ほどの広, も, も五倍, 続けるつもり

1 [88件] あっても, あり其の, から五倍, が一日, くらいに上る, くらいの効力, ぐらいありました, ぐらいに拡大, ぐらいの容積, ぐらいやらない, して, しますと, すれば, だったの, だらうと, ちかい仕事, であるから, ですか, ですね, とされ得, とだんだん, となり, とも云うべき, と九四倍, と二割弱, と評価, にされ得る, になり, になります, になれ, には売つた, にもなっ, にもなった, にも出来る, にも力づけた, にも時には, にやや, に当る, に拡張, に膨張, に達した, の五十六, の五百両, の入費, の兵, の兵力, の効力, の多数, の大勢, の文字, の時, の時間, の比率, の熱, の税金, の重, の重量, の量, の長い, の領土, はある, は事実, ほどの額, またはそれ以上, もあった, もあり, もさわがしい, もつい, もの心, もの生活費, もの金, も働いた, も吹っかけた, も増銭, も大き, も復讐心, も重く, も重たい, も長い重い, も食う, も高い, をえた, をそれ, を超過, を養う, 働いても, 大きくなりまし, 書かなくては

▼ 四十円~ (120, 0.2%)

3 のもの, の月給 2 だが, であった, では, という金, の月給とり, の紙幣, の給料, はもとより, もする, を抜き取り

1 [94件] あるから, あると, か, から百円, か四十五円, がとこ, しか全, しか取れなかった, ずつの生活費, ずつ取られます, だせば, だそう, だと, であつ, である, でいい, でこんな, ですからな, でもお父さん, で一家, で入れましょう, で円タク, で十分, で家屋敷白井様, で引, で敷金, で買, で遥々, で飛車, という算盤, とつた所, と云う, などと書いた, なりに辿りつきたい, なんてこんな, にし, になった, になり, になりました, になる, に減っ, のうち, のため, のやつ, のモウケ, の一割, の下級サラリーマン, の予算, の仕込盛り, の借地料, の借家普請, の利子, の半分, の収入, の固定給, の寫眞器, の小切手, の歴史科中等教員, の生活, の稿料, の貸家, の金, はやれないだろう, は光井, は奉納, は莫斯科, は間違い, ばかり, ばかりの勘定, ばかり借りた, ほどという響, ほどと云う, ほどになっ, ほど届け, ほど本, まで譲歩, もあったら, もかかる, もとられる, もらった時, も借りた, も出す, も月給, やっても, をお, を与え, を交付, を借りる, を資本, を超過, を越えた, 程私, 貰って, 送ります

▼ 四~ (119, 0.2%)

6 の山 3 の人, の山水 2 に現に, の事物, の山々, を見まわした, を見廻した

1 [97件] からうるさい, から嘗つて記憶, が妙, が急, が景致, が次第に, が閑静, と人々, にあり, にあるいは, にそそり立つ, にた, にぬきんで, にはた, にはもはや, には冬, には厚, には大地, には様々, には沢山, には澤山, には無数, には窓, に二時間, に人, に刺桐樹, に壁, に戻っ, に板囲い, に母屋, に石垣, に繞, に豊か, に高山, のざわめき, の一方, の中, の人たち, の光景, の吹きとばされ, の土, の壁, の大, の大きな, の大嶺天, の小山, の岸, の崖, の平原, の改善, の景観, の樹林地, の海面, の深山, の清浄, の湖面, の無道, の眺望, の石壁, の磯, の空気, の自然, の装飾, の裡, の農村, の陸地山地, の隣里望み, の雪, はしっかり, は全く, は刻々, は沼沢地, は温和, は火, は荒海, へ極めて, をつつん, をみまわし, を人々, を冷たく, を切り離され, を包囲, を取りまい, を圧し, を守る, を寂然, を憚, を画, を眺め, を立ち歩い, を紫色, を緑, を脅迫, を見, を見れ, を見廻し, を見渡した

▼ 四~ (117, 0.2%)

2 彼れ, 本所深川日本橋京橋下谷浅草等市中繁華の, 本書の

1 [111件] ある方, あんな腑, いわゆる, いわゆる存在論的立場, おのおの対句, かかる国, この小僧, この速度, これある, すぐに, その双方, その音, だよ, だんご鼻の, ちよこ, ウメの, クリスチナロセッティの, シェーゴです, ナイフ, ブリズベーン市, モントーバンの, ユダヤ宗その, ラツァルススタンダール等の, ロマン形式の, ヴァラエティー三には, 一種の, 三益と, 上書の, 不自然的美術こう, 不規則螺線サ此奴が, 享保時代です, 人の, 今の, 今未決監, 休暇ごとに, 佐々木巌柳を, 依然辮髮者, 信仰界を, 俳優の, 倉成竜渚である, 偶然賊の, 僕の, 全巻中最も, 全部古生層から, 八の, 兵家でありまし, 其子の, 利なく, 劇作で, 十二日, 博士の, 即ち我歴史, 同じく十八世紀以来, 器械的の, 囘教徒の, 四角だ, 国体明徴問題について, 地殻の, 外来思想の, 奈々子の, 安政三年, 実験的操作である, 寝台という, 将監峠以東白岩山附近に, 山の, 川島に, 弱い者, 強すぎたる, 形見の, 必ずしも支那学, 意識の, 或る, 摺物なり, 文学と, 文集でありまし, 新劇俳優は, 新性質創造, 旧フランス, 是れ, 本來自然, 次代の, 死と, 死に死, 狡猾にも, 男の, 痛くも, 百だ, 眠息より, 確かに, 第五, 紫式部五は, 編集長の, 習慣によっても, 芸術的小品である, 菊田一夫作の, 街上の, 親が, 試行で, 議会政治の, 豚肉冷製寄物, 貴顕でも, 赤花が, 鐵楯である, 阿Qの, 隱者と, 雷に, 青んぶくれて, 頓死十五夜お, 驚くな, 黄色と, 黒い唇

▼ 四十がらみ~ (116, 0.2%)

16 の男 3 の大男, の女

2 [11件] であるが, のお, の一見, の人相, の侍, の大, の婦人, の武者, の相撲, の相模女, の立派

1 [72件] がう, だが, だったが, であったが, で一目, で蒸気乗り, で薄, の, のしかし, のずんぐり, のその, のちよい, のでつ, のにこやか, のひと, のまだ, のオヤジ, のスーツ, のルバーシカ, の下女, の世帯もち, の世辭, の中老妓, の人, の偉丈夫, の働き盛り, の分別盛り, の前掛け, の労働者, の勤め人風, の勤人風, の和服, の坊主, の堂々, の大きい, の大柄, の媼, の小男, の少し, の年配, の従業員, の技師, の掃除女, の旅, の未亡人, の極めて, の武家, の武家ごろ, の洋装, の浪人, の浪人者, の痩せぎす, の紳士, の総髪, の職人, の背広服, の脂, の船頭, の苦み, の苦味, の見る, の顎, の顔色, の骨太, の骨組み, の髯だらけ, の黒ルバーシカ, の黒髪, の鼠色カラー, の鼻下, みっともないほどの, 両眼

▼ 四~ (115, 0.2%)

6 の金 3 です, 出して 2 だか, に上がっ, の月給, もあれ

1 [95件] いくらか払った, お出しなさい, か, からする, から七八円, か五円, がとこ, が今九円, が痛かっ, くらいにしかつかぬ, ぐらいだ, ぐらいだった, ぐらいキャベツ, さ, じゃろ, ずつしかたまっ, ずつの損害, ずつの金, ずつを出す, ずつ取られた, ずつ夕食手当, だからな, だが, だったの, だつて, だと, であった, であつ, でありましたが, である, であるこれはけ, でこんな, ですから, ですね, で二千俵, で分け, で売っ, で売らなけれ, で売れる, で請合え, で貸し, というの, となれり, とのこと, とはひどい, と数え始めた, なり, なんて僕, にし, になった, になります, になる, に四円四十銭, に売ります, に足らない, に近, のお金, の仕出し, の会費, の働き, の儲け, の六接線, の定食, の家, の小麦粉, の日給, の節約, はかえす, は九州, は大丈夫ぢ, は生糸, ばかりあった, ばかりにしかならなかった, ばかりになる, ほどある, ほど借りた, まきあげられあと, まで, までといふ規則, もし, もする, もとられた, も月給, や五円, よ, をこの, を奮発, を容れた, を母, を貸し, 乃至四円五十銭, 入って, 少しです, 引いた, 払って

▼ 四~ (115, 0.2%)

4 して 3 しかない 2 あった, で, です, と言われた, より一疋, 考へて

1 [96件] あつた, あり, あり折角, ある, あるので, か五分, が彼, が町家, ぐらいで鴨居, ぐらいの厚, ぐらい迄戻りました, した場合, たってから, だけのもの, だそう, だった, であつ, でかえり, でこの, でちゃんと, で北極, で家, で歩ける, で貸し, というところ, というよう, という彼, という極, という点, といふところ, といふところが, といふ時間, といふ程度, とかに交ぜ合わし, とか人足, と五分の無疵, と時間, ならさほど, なり, なれば, にきり, にすぎなかった, につく, には杉戸, には館山通過, に漸く, に発車, に米麦, に豊橋, のところ, のやう, の半, の大, はかかりました, はたしかにたった, は余白, ばかり, ばかりの白, ばかりの長, ばかり出, ほどおくれ, ほどそんなふうに, ほどに延びた, ほどの広, ほどの間, ほどは私の, ほど過ぎる, もある, もう積, もきら, もしない, もたつ, もやはり, をしめて, を一寸, を与える, を占有, を待合, を指し示し, を示し, を藩主, を讀み, 下ると, 乃至一割九分の減給, 乃至六分の輸入關税, 乃至六分下つて, 居たきり, 延びて, 歩きまわった, 着第, 着雪, 程開い, 繰り返される, 考えた, 考へた, 考へる

▼ 四~ (115, 0.2%)

7 の部屋 5 の方 4 の間 3 の室, の押入 2 の二間, の勉強部屋, の細長い, へ行く

1 [85件] か, から出, があっ, があり, が付属, が好かろ, が智恵子, が書物, ぐらいの寄りツキ, たたみが, だったその, でありその, でもこの, で京都, で入ると, で目, で針仕事, との二間続き, との部屋, と三畳, と二畳, と六畳, と台所, にある, には帝釈様, には薄暗い, に入れた, に台所, に夜具包, に寝かされた, に弧, に据ゑた, に来, に縁, に置い, に行つて, に足りない, に通された, のごたごた, のその, のべとべと, のよう, のテーブル, の一室, の中, の二階, の入側, の処, の囲, の寝間, の彼方, の机, の片側, の片隅, の納戸, の縁, は破, は西日, ばかりの座敷, ばかり敷かれる, へテーブル, へ帰っ, へ帰る, へ引き取った, へ籠城, へ置いた, へ蒲団, へ這入っ, ほどのコンクリート, ほどの床の間, ほどの部屋, ほどもあろう, ほどモザイック, を使っ, を出る, を早足, を横切らなけれ, を起き臥し, を通り, を隔て, を隔てた, を隔てた破, 敷いて, 敷き六畳, 程の小さな

▼ 四番目~ (114, 0.2%)

5 の娘 4 だと 3 の子供 2 であるの, ですね, と五番目, に当る, のやつ, の女の子, の子, の手紙, の男, の鹿

1 [82件] お菊, か五番目, であった, である, です, と云つた順序, なの, なり, に, にいた, にお, におこった, におそろしく, になっ, になった, には私, に位する, に値する, に取り調べられた, に呼び出された, に変死, に狂女, に産んだ, に立った, に見込まれた, の, のあるいは, のお嬢さん, のとき, のパラグラフ, のポオちやん, の一枝, の人物, の仮装, の侍者, の叔母, の哀訴, の土人, の土塚, の声, の女房, の妾, の安房, の室, の寝台, の幼児, の廃工場, の息子, の惨劇, の扉, の文句, の文字, の牛, の犠牲者, の猫, の病室, の登場人物, の眼鏡, の短歌, の石ツブテ, の砲, の確証, の窓, の者, の自動車, の註, の話手, の部屋, の鐘, の餌肉, の馬, は, はさ, はワーリャ, は出征中, は御家人伊保木金十郎様, は御家人伊保木金十郎樣, は直, は飛ん, へつづい, もまだ, を強いて

▼ 四~ (112, 0.2%)

2 で書き得る, に釘付け, の中

1 [106件] からひとりでに, から二十五字六字, から察し, から察せられる, から新た, から梅泉, がまるで, が下し, が丸善, が印刷, が呪文, が天, が威圧, が明, が時計, が果して, が用いられ, が眸, が立っ, が過去十数年間, が隠され, が電光, が青銅, しかありませぬ, ずつの漢文, その家, だけは恭一, だけをお答え, だけ認めた, だったの, だつたの, であったかれの, でした, で出来, で書い, という文字, とかいう定まった, となった, なの, ならべたこの, にて済せ, になる, にぱたり, に凡て, に由, に至り, に訂正, に重, に長く, のうち, のもの, のカナ, の上, の下, の中三十九字, の印, の外母音, の方, の為, の秘訣, の組合せ, の長短句, の間, は, はいつも, は光琳, は各, は同じ, は注目, は紙質, は西郷さん, は解し, は遺憾, ばかりだ, まですゝむと, も有名, を, をその, をまず, をようやく, を二十八葉橄欖冠, を二字, を以て定義, を冠した, を刻したる, を半紙, を四徳, を大書, を大書せり, を拈出, を注し, を消した, を田口, を略し, を白眼, を眼目, を紳, を置き換えた, を見る, を記入, を読ん, を鐫, 書いたところ, 最も多く, 第六字, 第十六字

▼ 四日前~ (109, 0.2%)

4 のこと 3 の大, の晩 2 から少し, に共立病院, に橋, の, の夜

1 [89件] あの明神, あの珈琲店, からその, からであります, からな, からはそれ, から入院, から勧進帳, から千世子, から口, から居なくなった, から房州, から時候あたり, から私, から秋ちやん, だった, だね, である, でございます, です, ですね, とはどういう, に, にくらべる, にも娘, にも泳ぎ, にゃよく, によこし, にわざ, にチョッ, にヒスパニオーラ号, に予測, に二人, に入れた, に八十歳, に出しました, に出しやりたる, に台北, に單身こ, に外務当局, に夜一寸芸当, に大事, に帰京, に彼女, に彼自身, に手文庫, に放免, に村, に来た, に東京, に此処, に死ん, に死んだ, に浦和, に溺れ, に畳まれ, に病気, に着き, に私, に突然, に藏, に静岡, に頼みました, に鬼頭清吾, のむしあつかっ, の一月九日, の一番, の事, の内儀, の十五夜, の夕刻, の夕方, の廃屋, の日, の晝過ぎ疊紙, の月, の朝, の桜花, の火事, の話, の酉の市, はお送り, までは師匠, も二人, ようやく京都, 何と冷えたでしょう, 即ち七月十四日, 既に京都, 早いの

▼ 四~ (108, 0.2%)

21 あつた 2 世を, 滅法可愛らしい, 色の

1 [81件] あらうか, あらうがの, いずれお, いづれお, いらせられる, いらつし, おあり, おかくれ, お嫁, お此, この家, これは, ござりまする, さね其時, せうが, せう明後日, そこを, どこかの, なかなか捨てた, なった侍従, はじめて赤襟, はてた, はにかんで, もう先, もう結婚, アムステルダムで, 一切が, 一方の, 上京される, 上京した, 中学に, 九十六文これが, 二人子持ちの, 五までは, 亭主を, 今は, 値引きを, 働き盛り, 先方が, 先生は, 八十点, 其に, 十一度目の, 十万円をもって, 十吾が, 四です, 四十万円だ, 四千人に, 四年前に, 四肢も, 奥さんが, 学校に, 少しぼけ始めた, 尾道の, 年の, 引きとって, 弾けるの, 往生を, 従四位上に, 我が国百貨店の, 早くも, 最早子, 東京から, 此の間死去りました, 死んだ, 江戸城に, 犬が, 独立する, 男優り, 町内でも, 百に, 眼の, 結婚といふ, 聊か傳法, 色白の, 薨じた, 薨去, 見習いに, 身長は, 養子の, 高等一年次ぎ

▼ 四度目~ (107, 0.2%)

4 である 3 の手術, の結婚

2 [12件] であった, にやっと, に又, に来た, の, のお産, の勤め, の夏, の太刀, の女房, の罪, の霜

1 [73件] か, から今日, か五度目, がやって来た, ぐらいだ, ぐらいに, さ, じゃよ, だ, だった, であったか, でご, でございますよ, です, ですよ, に, になれ, にはじめて, にはもう, には気軽く, には知らない, にようやく, にキッピイ, にギロリ, にビール, に一度, に仏出, に傾斜, に出会, に刑務所入り, に唄, に孔明, に家, に市庁坂, に市廳坂, に扉, に最後, に橋, に穴蔵, に自分, に自白, に衛, に黒い, のもの, のデビスカップ戦, の世, の今日, の修正, の冬, の出會い, の刑, の呼出, の宿営地, の将, の急使, の手紙, の投身, の早打, の来, の正月, の産褥, の登壇, の登山, の睨み合い, の移転, の血書, の誕生日, の雪, はもう, はもうけっして, は想い出す, を丹念, を御

▼ 四五町~ (104, 0.2%)

5 の間 4 のところ 3 も来た 2 にし, の距離, の道, もある, も畦道, ゆくかと, 来ると, 行くと

1 [76件] あった, あつた, あるな, いつて橋, か或, がほど, がほどにずらりと, がほどは当, しか距, しか離れ, して, では甚, で相川, と真黒, にいた, にすぎません, にわたっ, にわたりて軒, のあ, のふもと, のぼつ, の先, の処, の前, の峠, の幅, の所, の漁師町, の登り, の裏通り, ばかりだ, ばかりとある, ばかりというもの, ばかりの孔林, ばかりゆく, ばかり彼方, へだたったところ, ほどで地主様, ほどの砂浜, ほどの隔て, ほど下流, ほど先, ほど彼, ほど来た, ほど続いた, ほど隔たっ, もあろう, もはなれ, もへだたっ, も来る, も歩く, も登っ, も登る, も続いた, も行, も行った, も行つて, も走っ, も隔たった, も飛び吹かれた, を隔てたる, を隔てたれ, 下ると, 下れば, 入って, 唯ある, 歩いた, 歩いたと, 歩いてから, 程隔た, 行った頃四辻, 走ると, 遠い丁, 開いただけ, 隔てて, 離れたちょうど

▼ 四日間~ (103, 0.2%)

7 というもの 3 では 2 の出来事

1 [91件] あつしと, が二回半, が過ぎた, くらいしか生き, ぐらいで日本, しか効果, ずっと天気, その事, その儘, たべつづけて, だ, だった, だつた, でとうとう, でコンスタンチノープル, で一日, で主, で二千円台, で仕上げた, で歌劇, といふガルシン, とはあまりに, と約束, にあん, について礼, にやっ, にわたって日本, にクラム, に亘つて踏絵, に亙っ, に私, に起った, に連続四回同文, に限り三倍, に非常, のくらやみ, の労役, の合戦, の所得, の旅, の旅程, の汽車, の海上, の消息, の滞在費, の無駄足, の父, の生活, の航海, の起居感想, の通し, の連続, の雪, の露営, はひろ子, はポンチ, は夢, は大丈夫, は忙し, は朝八時, は短い, は粥汁, は通り過ぎた, は防空演習, ばかりあなた, ばかりをう, ぶっ通し, ほどの道程, ほど労役, ほど滞在, もかかった, も光らしたさうだ, も引張りまわした, も待った, も昼間, も楽屋裏, も溝, をゆ, 休みその間, 休むだけで, 出来るだけ, 実に大, 捜し回って, 書いて, 歩いたの, 照りつけたからと, 産むという, 病んだきり, 続きました, 近頃ニナク活動シ, 飲まないいや

▼ 四五枚~ (102, 0.2%)

2 のもの, の写真, の札, の点数, 立てかけて

1 [92件] あるだけで, お三輪, かきたり, かりそめ, が潤, ぐしゃぐしゃに, ぐらいのところ, それから粗末, それに馬琴, だから, だけ丁寧, ちらばって, とが入っ, とりだして, とりだしました, とフチ, にわたって毒瓦斯製造法, に圧さ, のうち, のレントゲン写真, の下画, の例, の便箋, の地図, の堵物, の封筒, の小判, の山吹色, の書い, の板, の水田, の瀬戸物, の皿, の着換, の着物, の紅葉, の紙, の紙幣, の罫紙, の苫, の葉書, の表紙畫, の銀貨, の長, の障子, の青銅瓦, の黄色い, はあらう, はさ, はさんで, はずさないと, はずして, はりつけられそ, ばさっと, まで書いた, もあった, も堆く, も撮った, も書い, も書いた, より多く, をめくつ, を一つ, を一日, を巻き続け, を書いた, を漸く, を見, パラパラと, ペラペラと, 並べて, 入れたほどの, 写して, 写しましたが, 出来てる, 割れて, 取って, 持って, 散に, 書く, 未だに彼, 残る紅葉, 立つて, 綴じた手紙, 買いすぐ, 這入って, 選び出して, 選り出して, 重なったまま, 重ねたそれ, 釣って, 開けに

▼ 四~ (102, 0.2%)

3 のカール, の小, の生命 2 の人影, の大, の宝石, の穴, の薪束, の陽電気, の黒き

1 [79件] あったがネ, あって, あつた, ずつ行儀, そっくり無くなっ, だけをアスファルト, で小判一枚, という, とが並べられた, とも一つ, とも切っ, に割れ, に減らした, のガラクタ, のチャーチ, のテーブル, の一升桝, の二百燭光, の体系, の切れた, の名, の四角, の土偶, の城砦, の外曲, の女性, の小石, の小鳥, の屍体, の巨大, の座標, の思想, の怪物, の房閣, の星, の時計人形, の未知数, の核, の格言, の櫓, の此, の水素原子, の氷嚢, の漢字, の目標地点, の砲門, の窓, の細胞, の脚, の色さまざま, の花, の花文字, の著しい, の表面, の論文, の蹄, の階級, の集団, の電球, の霊場, は時計, ばかり残っ, までも列んだ, や五個, をうやうやしく, をつくらせた, をもって金一両, をもらつた, を与えられ, を北, を有する, を発見, を釣り, 並ぶ線, 並べつくして, 持って, 掛って, 買って, 飛び落ちて

▼ 四~ (99, 0.2%)

4 です, の買物 3 は高い 2 あるいは四十八銭, の木戸銭, の札, 出して

1 [80件] か三銭五厘, か六銭, か四銭五厘, が今日, が気に入っ, くれて, ぐらいでは余り芸, ぐらいで買えます, しかない, しか無, ずつだ, そして入浴, それから, だ, だつた, だつた明治中世, だとか, であった, ですん, でロース, で乗る, で切らし, で売っ, で換え, で酒, という事, という安い, としても一升四十銭, となり, となります, とはお新香, と云う, と恥しい, と相成りました, と米六合, などと毎日, なら半分, にしかならない, にて売る, になっ, になり, には格別, に一銭五リ, に対して会社五銭, に米一升三合, に致しやす, の, の一種, の丸髷, の円銀, の切手, の割合, の半分, の封緘, の御馳走也, の払い, の時分, の木戸, の送料, の野菜, は会社, は安い, は必要, は明日, は高, ばかりだ, ほどか出, まで落ちた, もって, より, よりやすい, をいただく, をカカン, をタンガー・チク, を唱え, を定価, 取って, 残る, 茹でたら一握り, 足りない

▼ 四ツ目屋~ (97, 0.2%)

39 の新 3 の露地 2 と雲霧, の奥, や雲霧

1 [49件] おめ, から御, が疑い, が立ち上がっ, が連れ立っ, が顔, だ, でしょう, での伊太利珊瑚, という紺のれん, と彼, と聞いた, などにも耳打ち, にも生ける, の, のあった, の一組, の事件, の二人, の兄哥, の兄弟, の兄貴, の声, の帰り, の店, の輩, の野郎, はお, はほめ, は半, は時折, は横町, は身, は鎧, は黙っ, へ向っ, へ売り, へ持っ, へ珊瑚, へ行っ, までびッくり, もか, もその, もまた, も声, も戸, も縁先, も茫然, を張

▼ 四~ (94, 0.2%)

5 の大軍 3 の山口, へ往 2 という大軍, と号, の倉, の方, の筆山, の關善

1 [71件] あるいは一八万スタディア, あるいは三万キロメートル, あれば, から十万円位貯蓄, がすぐ, が方向, が漢中, ずつ二度, だよ, てえ処, では大御, でもいい, でも二週間, で一遍, で買う, とある, という本国勢, という様, という金, といわれた, とか云, とか云う, となっ, とは号する, と号す, と聞える, と聞く, にふえる, に兵粮十万石, に居, に遊ばれた, の乞食, の人口中, の人夫, の全景, の兵, の兵力, の兵士, の古い, の名物首痛枕, の夜, の山口村, の布陣, の怒, の捕虜, の敵, の温泉場, の田村, の読者, の軍勢, の道, の金, の間借り, の闇, の騎兵隊, は吉川, は渓谷, は逃げ込んだ, は銀行, へは行, へ入, へ入らっしゃる, へ行く, へ追掛け, まで出, まで往きます, まで行く, を率い, を越, 儲かること, 程ございました

▼ 四五尺~ (94, 0.2%)

5 もある 4 の高 2 のところ, の処, の大き, の間隔, の陣竹, も離れ, 離れて

1 [71件] あるかと, から一丈あまり, から七, がところ後, しかなかつた, する, ずっと二本, で幹, で横坑, で細長い, と離れ, になった, になり, にも余る, に伸びた, に切つて其, に過ぎない, に達し, のこと, のたけ, の上, の人工, の偉大, の円, の前, の塚, の小, の幅, の所, の正面, の浅い, の深, の点, の積雪, の穴, の空, の空間, の船, の處, の距離, の部分, の長, の間板, の隔て, の雪, はなれ, ばかりの縄十本, ばかりもあった, ばかり先, ばかり飛び上っ, ほどの水量, までの高, もあり, もあろう, も土, も後, も掘った, も積つて, も立, も裾, も離れる, より大, を一厘二毛柄, 程である, 程の高, 辷ったり, 退った, 長さ二間, 離れた処, 高い所, 高くなっ

▼ 四年目~ (94, 0.2%)

4 になる 3 の春, 思ひも 2 である, になり, に天下, の今日, の大祭

1 [74件] から始め, から非常, ぐらいにダンダン世の中, ぐらいに祖父, であった, であつ, です, で始め, で帰る, で最初, で校長, で漸く, で耳, と思ふ, にあたる, にあの, にある, にご, になくなられた, になっ, にはじめてさ, には奈良都, には寺, には酒, には静か, には麻疹, にみた, にも当る, にアラスカ, にスタイン, に一度, に二十九日, に今, に再び, に冬子一人, に初めて, に奉納仕合, に宗介, に宮内, に家, に小倉, に帝国座, に帰朝, に故国, に病気, に発展的解消, に相当, に管學大臣張百熙, に終るべき, に行止り, に長篇, に閏月, に馬子, のこと, の一九三〇年, の万治二年三月八日, の三・一五, の五月, の先生, の冬, の十九, の夏, の天長節, の対面, の建長三年十月二十七日, の慶応二年, の明治四十年, の木下, の末ごろ, の秋, の終り, の終わり, の記念会, よくある

▼ 四~ (94, 0.2%)

3 てがら, てがらです, の, の室, の札 2 と第, の右, の成績, の黒さん, はここ

1 [69件] から二十番, か五番以下, があく, が一番札, が和泉, が大津, が最高, が足りない, だかの, だぞ, でお, です, ですから, でて, ともまかされた, と二十人あまり一しょ, と五番, と数, と順々, などとのべつ, につけ, にはおわ, にはバックハウス, には中院, には六手組, には筧甚五右衛門, にゐた, にキャメル, にタキシ, に拝登, に於知母, のかま猫, のとろ, のひろい, のぼく, のよう, のパッカア果実店, の上り, の人, の介抱, の席, の平田, の操子, の斎藤, の斎藤なぞ, の札所, の札所東寺, の津沢, の監室, の納経所, の薬師堂, の観音, の黄三郎, はない, はもう, は山王町, は東福寺, へかけてん, へ通され, もっと手, もできない, も五番, も立ち, をかけ, を呼び出し, を当り, を打った, を注文, を漕ぎ

▼ 四五寸~ (93, 0.2%)

2 ある沙魚, のもの, の幅, は確か, ばかり捲き返し, もの間左右, 埋めて, 続いては, 開いて

1 [75件] あるから, おびやかすよう, から五, から六, くらいの大き, くらいの小さな, くらいまで育っ, くらい横幅, くらい畳, ぐらいまでのもの, しかない, しか進む, しか離れない, だが, ですね, で俗, で灯籠, にもなる, に伸びた, に過ぎず, の上, の二歳もの, の円すい形, の十手, の小さな, の小切れ, の小太刀, の小笹, の彩色, の手垢, の普通, の植物, の溝, の灌木, の片木, の管, の細身, の老, の草, の鉄, の降雪, の高, はあり, ばかし動かし, ばかりの切, ばかりの小さな, ばかりの雑魚, ばかり抜, ばかり抜く, ばかり音, ばかり飛魚, ほどにゅっと, ほども落ち凹ん, ほど持ちあげる, ほど明ける, ほど開い, ほど障子, もあろう, ものび, もはい, も前, も掘り返せ, も積, も積もった, も距離, を出でず, 余るそれ, 切り込まれるば, 反れた橋板, 大きいもの, 持ち上げ, 揃ったところ, 程も欠け, 開けかけて, 開けたとたん

▼ 四~ (93, 0.2%)

28 では 9 の分 5 のみ 4 より現 2 より現われた

1 [45件] からである, からは, が出版, すなわち一九〇〇年版, すなわち最近, ただし若干, だ五版, である, でかなり, でも踏襲, で削除, で新, で次, とが一致, とでは内容, と第, においてこれ, においては応用論, において修正, において私, における, にて補入, には, にはない, には次, に共通, に再, のこれ, のみに現, の全文, の序, の序文, の文, の用語, の第, は古本屋, は最終版, は第, までも刊行, より再, を世, を重ね, を重ねた, 及び第, 従って以下

▼ 四十年前~ (91, 0.2%)

6 のこと 2 に, のあの, の事, の私, までは決して

1 [75件] から猟師, それから基衡, だと, であったら鳶, ですけれども, でもまた, でツルゲーネフ, と云え, と同じ, にあった, になりましょう, には修道女, には可, には確か, にもなる, にクライン, に一人, に一度, に俳句, に午, に外人, に小説復刻, に嵯峨, に炉辺叢書, に行われたる, に見た, に金博士, に非常, のあいだ, のいわゆる, のこの, のその, のなつかしい, のもの, のアルバイト学生, のデンマーク, の三角形, の亀さん, の事情, の人, の人間, の仙台, の作, の古戦場, の味, の四國遍路, の婦人, の宝塚風景, の宿命, の審査員, の少年時代, の幻像, の志士, の思出, の憐, の新聞社, の日, の春, の東都, の正月, の煙草屋, の田舎, の百五十倍, の盗み, の福澤先生, の自分, の若い, の軍艦, の道慈, の鈴木君, は安永六年丁酉, までは浅草橋場, までは随分, 即ち一八七四年, 親しく知っ

▼ 四次元~ (90, 0.1%)

44 の世界 7 の生物 6 の人 3 の国 2 の物体

1 [28件] が三次元, たる時間, で幻燈, というもの, としての時間軸, として之, とは何, などというへん, に拡張, に移る, に線, の, の並列範疇, の交錯, の別, の宇宙, の寂寥, の未知, の物, の理論, の生活, の直観, の研究, の空間, の第, の表象, もしくは五次元, を必要

▼ 四十九日~ (89, 0.1%)

6 の忌, の間 5 の法事 4 が過ぎる 3 が過ぎ 2 がすんだら, にし, の仏事, の法会, の法要

1 [55件] かには此, があける, がき, がすぎた, がすむ, がもう, が五月五日, が来る, が済みました, が済ん, が済んだ, が濟むと, が濟ん, が過ぎれ, じゃな, でせう, でもすん, でもすんだなら, でもすんだら, という, という日, といふ, となりぬ, どころかまだ, に当, に当っ, に当る, に相当, の供養, の夜, の後, の第, の蒸物, の配物, は十一月十二日, は喪, までのオツトメ, まではこの, までは女御, までは毎日, まで待っ, もたたない, も便り, も済み, も経たねえ, も過ぎ, も過ぎた, も過した, を待ち兼ね, を待つ, 御相当, 短く暮れ, 経たぬうち, 経ちますと, 経ってから

▼ 四十度~ (89, 0.1%)

8 の熱 4 近い熱 2 になる, に上った, に近い, の線, の高熱, も熱, を超える, を越える

1 [61件] あるいは五十度位, から五十度, から四十三四度, から零下七十度, くらいに感ずる, くらいの低温, くらいの厳寒, くらいまでは平気, ぐらいが最も, ぐらいに傾い, ぐらいの高, ぐらいはあろう, そこそこな, ちかい熱, である, で転, という極寒, とか, と百六十度, なりに僅か, なんと云, にし, にもなった, に昇つた, に昇る, のところ, の上, の低温室, の大, の暑, の熱病, の發熱, の視野, の角度, の酷寒, は大, は本当に, は確か, ばかりの角度, ばかり出ました, ばかり南方, ばかり発熱, ほど熱, まで南西, も出しやがっ, をこえる, を上下, を下らない, を示した, を航行中, を超えなけれ, を超過, を越え, を越した, を越す, を防ぐ, 即ち世界, 少しの, 曲げて, 近い発熱, 近クモアッタニ

▼ 四~ (89, 0.1%)

17 の目録 8 の分け 5 に分けた, に分ける 3 に分け, の分類 2 であります, では, の中, の分類法, を書き終えた

1 [38件] あり, から成る, だけの分, であ, となり, とは多少, とをそれぞれ, と一定, と七部, にする, になつ, になつて來, にも據ら, に分けなけれ, に分けました, に分けられ, に分けられた, に分けられる, に分れ, に大別, に立て, に至る, に近い, の, の區別, の各部, の外, の妓人, の弟子みな猟師, の方, の法, の筆, は荀, は隋書經籍志以後, への過渡, も五部, をここ, を書き終っ

▼ 四~ (88, 0.1%)

5 の少女 2 で潰れ, に, になっ, の修理, は

1 [73件] からその, から中田君, から翌年発行, か五号, がほしい, が低い, が包ん, が呼びとめた, が長い, この第, だかに, だったな, でやっと, で呉井嬢次, で廃刊, で永遠, というの, という具合, としてこれ, としるし, と二十五号, なり, にある, にし, にはホテル, には小沢清, に作家論, に出た, に収めた, に橋川正君, に眠る, に羽後平鹿郡, の, のドア, の二つ, の口, の寝台, の屍体, の巻頭, の広告, の林檎, の檻, の男, の空地, の耳, の自画像, の舞姫評中, の茂さん, の蔵経書院蔵, の設置, の誌上, の連中, の配達, の隣, はきみ, はマスク, は完全, は牛, は第, は聞きおわる, は起ち上がっ, へ朝飯, まで, まであり, までだした, もとうとう, もランプ, をみなさま, を持っ, を見よ, ヲ以テ勲等簿冊ニ記入ス, 出て, 起きてるか

▼ 四階級~ (88, 0.1%)

9 の文学 3 の人 2 と現在, に何者, のもの, の事件, の人々, の娘たち, の自覚

1 [62件] から生まれた, から発しない, が与える, が採用, が自分自身, が階級一掃, たる無産者, であるから, であると, という, という他方, とおもに, との関係, とはなんら, とは全く, と云っ, と称せられる, なる生み, な労働者, にとってはあるいは, によって倒される, に与えた, に対しては無縁, に対して異, に対する熱愛, に居る, に属する, に投じ, に融合, に行こう, に触れる, に重心, のうち, のそれ, のため, の世界的勃興, の任意, の偏見, の出身, の同情者, の問題, の多分, の思想, の文芸, の熱愛, の生存, の第, の芸術, の要求, の謂, の賢, はその, はそれ, は他, は以前, は唯一, は殊に, も決して, をいうなら, を取り扱っ, を透し, を除い

▼ 四~ (85, 0.1%)

3 の兵, の法門 2 に近い, の兵士, の毛孔, の眷属, の金

1 [69件] あった, あつて, から五万千ヵ所, から六千, から四千二百, があった, そのうち重, でその, というもの, という共鳴者, とな, と称する, と自分, と騎兵一万二千, ないし五千, につづき, になされた, にのぼつ, にも充たない, に足らぬ, に足りない, の, の仏陀, の兵隊, の出費, の勢, の墺軍, の寄手, の寡兵, の将士, の小作争議, の小勢, の屈強, の敵, の新手, の毛穴, の法薬, の煩悩, の相好, の竈跡, の腕白者, の花片, の虫, の諸, の身の毛, の身の毛竪, の軍, の軍馬, の陰虫, はかぞえられる, はそこ, は戦死, は残っ, ばかりに熊本鎮圧, ばかりに過ぎなかった, もすっ, も喊声, や五千, をいでざる, をかぞえまする, をなんとか, をひっさげ, を加えた, を川尻, を救援, を有し, 出るの, 合わせて, 大劫

▼ 四~ (85, 0.1%)

653 に入れ, の偈, の呪文, は 2 の真言, の詩

1 [58件] から吟味, から新, から起す, が中心, が何と, が刻みつけられ, が生れた, が能, ぐらい組み合せない, で切っ, とが対句, となす, となり, とに重ね, との間, との離れ, と五句, と雖, に, になる, に亘つて, に分れ, に匹敵, に対しての対句, に止まり, に続い, に縷, に至る, に限られ, の, のごとき, のみだった, の中, の五音, の偈中寂滅為楽, の偈等, の前, の對句, の形, の語, の讖文, は原文, は当時渉河, は更に, への移り, への續, への聯絡, ほど拾ふた, まで, までに表現, をどこ, を受け, を読ん, 拾うて, 第五句, 話す, 軽く結句, 隔てた勢多

▼ 四世紀~ (84, 0.1%)

4 の後半 3 から十五世紀, の人, の頃 2 の伊太利, の前半, の前半ごろ, の末葉, の終

1 [61件] からおこりはじめた, から六世紀, から十五世紀頃, から十六世紀, だか, にある, においては五十七年, になる, にもわたる, にわたつ, にロクス尊者, にローマ, に入っ, に入る, に北, に始め, に晋, に生き, に職業組合, に至る, に行われた, の, のお寺, のはじめ, のもの, のエジプト王ナーシル, のドゥオモ, のローマ皇帝, の中頃, の中頃遷化, の初, の初め, の初め穴, の初期, の半ば過ぎ, の塔, の始め, の始めルッカ民黨, の当初オランダ, の彫刻家, の日本人, の木槌暴徒, の末, の末ローマ, の歴史, の独逸, の絵画, の羅馬, の西欧, の間, の頃フィレンツェ, の額面, の高師直, へかけ, まで約, もの高, も戦乱, より新しき, を経た, 初葉, 既にこれ

▼ 四十日~ (82, 0.1%)

5 の間 4 の断食 2 の航海, の間荒野, ほど病ん, 経つと

1 [65件] かかる, が最大期間, くらいで死し, ぐらいのあいだ, たつても, ちかくいつも, である, で大概, というもの, と云, どんな風, なり打ち通すあいだ, にいちど遊牧民, になる, にも五十日, にわたる作業, にわたる荒涼たる我が, に近い, のお, のこと, のすばらしい, ののち昇天, の余, の入獄, の斷食, の旅, の旅行, の監獄生活, の船旅, の軽, の間レイモンド嬢, の間何, の間新聞, は必要, は歩ける, ばかりの後, ばかりの間, ばかり南方, ばかり寝込ん, ばかり暮した, ばかり泊っ, ばかり経つ, ほども経った, もいたら, もすぎ, も埋葬, も持ち越され, も掛っ, も掛り, も留守, も経っ, も船, も要っ, も長く, も雪中斗満, ゐて, を出でざる, を荒野, を費し, 持つでしょう, 経った或, 近い時間, 近く行っ, 過ぎたと, 食わずに

▼ 四十二~ (81, 0.1%)

8 の厄年 7 の男 2 だ, である, で死ん, で死んだ, にもなっ, の二つ子, の前厄, の時

1 [50件] あったからねえ, か, かまア, から, から始まろう, だった, だと, であった, であったが, であつ, であるとは, でここ, です, ですそれから, ですよ, で亡くなつた, で彼那, とある, という歳, といふ, ともなる, になつて, になる, になるだ, に二, に成ります, のお年, のとき, のひと, のヴァイオリン, の一白水星, の今日, の厄, の厄歳, の厄除, の古, の咒文, の寂, の年, の旋毛, の暮, の発電所, の秋, は, は十, や, をもっ, を一期, を中心, 何とかし

▼ 四五十人~ (80, 0.1%)

2 と衝突, の一行, の顔, もいる, を養う

1 [70件] ぐらいしょっぴい, ぐらいも有っ, しかなかっ, して, ずつ手空き, だったと, つまるところから, とのこと, と共に島原, になる, にも達した, に先生, に揃, のお, のお客様, のつもり, の一座, の人, の人々, の人影, の児童庭, の出迎人, の客, の宴会, の徴税使, の泊まり客, の浪人, の者, の自警団, の若者, の被害民, の野武士, の集まり, はある, はおります, は居る, は数えられましょう, は泊, は集まる, ばかり, ばかりだ, ばかりの侍女, ばかりを両わき, ほど老若男女入り交つてみんな, ほど通っ, まるで廂, も, もあっ, もあったでしょう, もい, もくる, もここ, もそこ, もつけ, もつれて, もの生徒, も召, も居る, も押, も死物狂い, も竹やぶ, も遊ん, も雇い, をこえ, をひき, を何とか, を連れた, 居ると, 歩いて, 見かける程度

▼ 四十銭~ (79, 0.1%)

2 ですよ, では, で其処ら, の利子, の旅籠料, の糸

1 [67件] あれば, いろ, かかりましょう, かかること, から一円六十銭, から税, が二十銭, くらいのもの, さつ, しかなかつた, しかま, ずつが支給, ずつで, だ, だったの, だつた, だなんて, であつ, でありますけれど, である, であるが, でした長屋, でちょうど, でよく, で他, で兎, で勤められた, で売っ, で売り出す, で売る, で引越し, で新聞代, で旅, という, とかとられた, と承りました, と活動, と称し, なくては, になり, になる, にはなりました, に価, に価切つた末, に売った, に対して会社十四円六十銭, に相当, に違い, の上, の切符, の原稿料, の収入, の小説, の小銭, の極, の牛乳, の苦力, の見込, ぽちなん, も残れ, よ, より五十銭, を借り, を取出し, を捨て, 但しいずれ, 足りないのよ

▼ 四百年~ (79, 0.1%)

7 の昔, の間 5 ほど前 4 も以前 3 ばかり前 2 の基礎, の星霜

1 [49件] からのもの, からの物, が持ち越した, この方, しかたっ, しか覚える, でなくちや, といえ, といふ説, とも經つて, と溯る, と見る, なんぞはからん, にもなります, にもなる, に三十一音, に四部, に垂んとする, に達し, のとき, の今, の伝統, の古, の天下, の帝業, の感覚, の末期相, の松, の歴史, の治, の間丹精, はかかる, ばかりであります, ばかり以前, ばかり後, へた, またはそれ以上必要, もたつた, もま, も前, も持つた, も昔, も漢室, より古く, を超え, 決して陛下, 程以前, 経った今日, 経って

▼ 四~ (78, 0.1%)

6 行くと 5 も行く 4 の間 3 にし 2 のところ, の廣さ, の水車, ほどしか距, 歩いて

1 [50件] ありやんす, あるから, か五町, しかありません, すなわち七戸, とともに従五位, とはない, と案内者, と言った, どころかもう, にあまる, にて達す, に及ぶ, に過ぎない, ね, の人たち, の処, の城壁, の市街, の幅, の距離, はなれた, は悲田院, ばかり, ばかりの間, ばかり連れ, ほどの間, ほども死骸, ほど距, ほど逃げた, まっすぐに, もあったであろう, もある, もおくれ, もかかった, も來, も入った, も南, も沖合, も駈通し, をうける, をかけ, 来てから, 程入込んだ, 続いた, 近く下る, 通り越した所, 離れた根本, 離れて, 高さ二丈

▼ 四十五分~ (77, 0.1%)

4 たちましたから, であった 3 である 2 です, ですから, 終に金精峠

1 [60件] かかってよ, かかるん, かけて, からラヂオ小説, から十二時, から正午, か五十分ごろ, ぐらい, ぐらいおくれ, しか間, だ, だった, ちょうど時間一杯, であったから, で昼, で来る, で熱海発, で見歩く, とある, とかで十一時, とし, なり, につきます, になっ, には対山館, には必ず, には桜田門, には頂上, にドイツ軍, にハネ, に出, に出発, に動き出した, に近づい, に道筋通り, のところ, はじめて名人, は説教, ばかり話した, ほどおくれ, ほどすぎ, ほどすすめる, ほどのち, ほど経, までボク, もかかっ, もそれぞれ時計, も待っ, も早く, も進めさせる, よ, より, より中継, わが艦隊, をついやした, を報じ, を常, 先ず山砲, 費せば, 起き小林さん

▼ 四十恰好~ (76, 0.1%)

17 の男 4 の女 3 のお 2 の人, の侍, の婦人, の少し, の紳士, の職人風, の髯

1 [38件] と認めた, のおばさん, のお上さん, のかっぷく, のデツプリ, のドコ, の主人, の人柄, の内儀, の医師, の品, の坊さん, の堂々たる, の太った, の女人, の女房, の婀娜っぽい, の小松敏喬, の巌乗, の巖乗, の年増, の浅黒き, の浪人者, の番頭, の眼, の短気, の肥った, の背, の船頭, の色, の苦味, の見る, の親切そう, の貧相, の逞しい, の青い, の頭, の風采

▼ 四斗樽~ (76, 0.1%)

5 のよう 4 の鏡 2 が現れ, ほどの大きな, を据え, 程の白蛇

1 [59件] かう倒, がまだ, が一本, が二つ, が何本, が到着, が幾十, だったが, で四五十本宛, というの, というもの, と買い込ん, には濁つた, に一ぱい半, に二, に刀身, に幾つ, に米, に腰かけ, のあき, のやう, の中, の太, の方, の甘酒, の運命, はたつ, は既に, は杉, は楽々, へ一ぱい色々, ほどあっ, ほどな, ほどの大, ほどの棺桶, ほどの海蛇, ほどの髪, ほどもあった, ほどもある, までを一巡見, まで買いこんだ, もそこ, よりまだ少し, をあける, をころがし, を一つ, を一本寄付, を両手, を持ち上げ, を玄関, を糠味噌桶, を見つけ, を買いこん, を買い込んだ, を買つて, を車力, を輪切, を馬, 程の大蛇

▼ 四~ (74, 0.1%)

4 の本 3 の詩集 2 の書物, は第

1 [63件] あきらめても, あったので, ありその, ありなお, あること, あるだけ, かにし, が一冊, が絶えず, しか出, だけが記念, だけを別に, だけ出来た, だけ配り終った, です, ですからね, で十銭, で破約, とし, として再刊, ないし五冊もの, になっ, に分れ, に過ぎなかった, のかなり, のしかも, の予定, の小説, の序言, の文芸評論集, の画帖, の経文, の評論集, の資料調査報告書, はそれぞれ, は欠かさず, ほどあり, みつけます, もあった, もあつ, も五冊, も借り, も抱え, より成りたる, よんで, をば実隆, をも数える, をマルクス, を一束, を出した, を御覧, を持っ, を棺, 並んで, 借りて, 出しました, 出来た, 求めた, 求め資生堂, 積み重ねて, 買えるの, 買って, 送つて

▼ 四十二年~ (74, 0.1%)

6 の六月十九日 5 の春 4 の夏 2 の九月ごろ, の二月, の二月ごろ, の秋

1 [51件] から四年, すなわち自分, だと, でありますが, である, であるが, という, と四十三年, には自由劇場主事, に上野, に出来た, に出獄, に千駄ヶ谷, に当る, に彼處, に書いた, に書かれた, に正味, に死ん, に熱, に生れた, に石崎光瑶君, に至っ, に遡らなけれ, のやはり, のステンダール, の七月六日, の上諭, の事, の二月十四日, の五月, の五月下旬, の今日, の作, の八月十六日, の初夏, の十月, の十月甲武信岳, の噴火, の変り型, の夏場所, の天満焼けの, の春唖, の暮, の秋八月, の紳士, の露領, の頃, は宿帳, を境, 同四十三年

▼ 四五軒~ (73, 0.1%)

4 の家 2 あって, 並んで

1 [65件] あった, あつた, ありて, から八九軒立, が五番地, ぐらいオサキ, しかありません, しかへだたらない, しかるべき旅館, ずつ長屋, だけのつく, つづいた長屋, で使, にすぎない, にも及び, に挨拶, に渡つた二階建て長屋, に過ぎない, のみ, の八百屋, の古び, の平屋, の店屋, の待合, の料亭, の旅館, の水車小屋, の汚い, の湯宿, の湯屋, の漁師小屋, の紙漉小屋, の茶店, の農家, の遊牧民, の道具屋, ばかりならんだ, ばかり店, ほど, もある, も並ん, も出来, も建ち, も残っ, も行く, も赤屋根, も転がし, も逃げた, も高張提灯, を挨拶, 並んだ新, 乃至六, 出されて, 同じ構, 建つたばかり, 建てましたの, 程片付いた, 蒼白きこの, 行過ぎたる威勢, 見しょう一所, 逃げた, 隣りに, 隣りの, 離れたところ, 離れて

▼ 四~ (72, 0.1%)

4 第六号 3 次に, 第三号 2 の古, を購

1 [58件] あった, が完訳, が闕, そろって, では, で仕舞う, で刊行, で山岳, という著, としてあります, となる, と久保田万太郎氏, と云う, などは読み, にかかる, には, にはいろいろ, にも犬, にわたり掲載, にわたる作者不詳, にスタンレイ・アーサー・クック氏, に亘る, に便宜, に及んだ, に含まれ, に発表, に移る, に載っ, のうち, のプロ・アルテ, の三号, の初め, の原稿, の書, の東歌, の猶, の経文, の著者, は, はその, は八年後, は年代, ばかりの本, までの終り, まで借出し, を二十法, を出した, を刻す, を残し, を編纂, を編輯刊行, を読む, を造らしめられた, 同第五巻, 第七八号, 第二号, 第十六巻, 第四号

▼ 四ヶ月~ (71, 0.1%)

5 の間 2 と申す, の幼年紳士

1 [62件] ある, くらいしか経たなかった, ぐらいでず, ぐらい経過, この院, すると, たっても, たつか, でございました, です, ですから, でやめ, で卒業, で失敗, で馘, といふ處, と云, にて始む, に亘る, のあいだ, のむか, の分と, の少年, の彼女, の懲役, の月日, の歴史, の永い, の求刑, の療養, の長い, の餘, は一人, は見当らなかった, は過, ばかりの後, ばかり経っ, ほど前, ほど経っ, まではよかっ, もする, もつ, も世話, も先, も居たろう, も懲役, も手持ち, も来なかった, も病院, も石, も経つ, も続け, も足りない, を振り, を病院, 待たなければ, 然しウラル, 生きて, 程の間, 遊んだだけの, 過ぎた, 過ぎて

▼ 四十二歳~ (71, 0.1%)

6 になる 5 の時 4 であつ, になっ 2 であった, と註し, の座像, の意味

1 [44件] から四十五歳, こんなに若く, たいへん御, だと, だとか, でありました, でありましたが, で不慮, で亡くなつた人, で去年, で家督, で殺された, で福山, とあ, という信長, という年齢, と解釋, と註せる, なるに, における死亡, にし, にわたらせられる, に到る, に當, のぎん, のとき, のとき生まれ, のとっさ, の二つ子, の人, の今日, の分別盛り, の前後, の厄年, の銀行員, は嘘, まで生き, より四十四歳, をそれとなく, を三十二歳, を享年四十二歳, を以て先づ江戸, を以て卒去, を限り

▼ 四十五歳~ (71, 0.1%)

11 の時 5 になる 2 だと, であつ, で死んだ, にし, になっ, のこの, の老爺

1 [41件] か, ぐらいである, ぐらいに見えました, でした, では, で没した, で焔, で背, と註, なれども, になつ, にもなる, に候, に終る, に至る, の, のあいだ, のブラームス, のベルリオーズ, の分別, の壮者, の定評, の岩太郎, の年, の未亡人, の男, の織物女工, の脂, の花婿岩太郎, の親切, の間, の頃, の髯男, ばかりの年配, までの人, までの男子, まで一度, まで辛うじて, より一生, を一期, 迄の女子

▼ 四馬剣尺~ (71, 0.1%)

3 の正体 2 のこと, のため, の一味, はよたよた

1 [60件] いついかなる, かくし持った懐中電気, がどっかと, がふところ, がやってくる, がデスク, が待っ, が忽然と, が腹, だ, というの, という覆面, とはいったい, のふたり, のダブダブ, のブラ, の不機嫌, の体, の化けの皮, の声, の姿, の張っ, の恐ろしい, の手, の眼, の脚, の部下, の顔, の魔手, はあいかわらず, はいかり, はいつも, はいま, はかねて, はしばらく, はどこ, ははっと, はふい, はゆらりと, はわれ, はギラリ, はヨタヨタ, はヨチヨチ, は三重, は今夜, は六尺, は大きな, は屋根, は甲板, は縄梯子, は脚, は覆面, は逃げ, は重傷, は青竜刀, もあの, や猫女, を向う, を裏切ろう, を頭目

▼ 四十一年~ (70, 0.1%)

5 の秋 4 の春 3 に至り 2 である, になる, の七月, の五月, の頃

1 [48件] から七百八十一年, から三年, から三年間病臥, から大正三年正月, から自由, か二年, だ, だったと, だと, てん, であると, で最初, といへ, になさった, には國木田君, にマドリッド, に再建, に唐, に帰朝, に政友会, に既に, に日仏条約, に死亡, に福島県, に私, に陸軍, のこと, の一月, の七月十五日, の三月, の三月十日, の事, の八月, の六月十二日, の冬, の初め自由劇場, の句, の夏, の新嘗祭, の正月, の正月匆々壊疽, の生涯, の眞夏, の秋以来兄, の秋悶死, の秋西洋, やはり歌舞伎座, 何と息苦しい

▼ 四八年~ (68, 0.1%)

4 に入っ 2 でも同じ, にはこの, の革命, の革命前, を再現

1 [54件] からだった, だと, ついに七〇年, であった, と, といえ, との三度, と一七五六年, ないし一七五四年, に, にし, につくられ, にはそれ, にはだれ, にはペスト, にはペテルスブルグ, にはランス, には五, にもなお, にわたるコマ郡, に人権擁護委員会, に初めて, に手, に撤廃, に終る, に至り, に至る, のなか頃, のはじめ準備会, のオリムピック・ロンドン大会, の一月十日, の一月末, の下半期, の世界, の今日, の共和政府, の十二月, の四月, の大統領選挙, の始め, の後半期, の復活祭, の日本, の日本民主主義文化連盟, の期間, の東京, の秋以後, の革命騷ぎ, の頃, はアロハシャツ, までは壁, まで住んだ, まで何ら, を見送った

▼ 四時ごろ~ (68, 0.1%)

4 になる 3 である, のこと 2 になっ, 帰って

1 [54件] かと思います, からぼつぼつ, から出かけた, から太陽, から小此木先生, から目, から納豆, から雨, きまって変, だ, だつたらう何もかも, であった, であったと, でした, でしたか, です, でもあらう, で空, となっ, となる, と夜, にはイギリス軍, には左衛門町, には用意, には私達, に会社, に再び, に出発, に帰っ, に当っ, に来, に源氏, に焼けない, に老婦, に認, に起き, に閉場, のよう, のカフェー, の体温, の暑い, の烈々, ひめじ釣り, まではじ, まで寝ころん, まで待っ, まで快晴, まで眠っ, やったと, ようやく会見, 伺います, 全く出ませんでした, 出かけたの, 売るの

▼ 四ヵ月~ (67, 0.1%)

7 の有給休暇 6 の間 3 の給料つき休暇 2 のあいだ, を経ざる, を費し

1 [45件] かかったこと, がすぎ, がたち, くれますか, ぐらいの間, ぐらいは冬, して, だけの食糧, つづけたら殆ど, でパリ生活, で四, で廃刊, で死亡, というそこ, という処, になっ, になった, にわたるロオマ, に一度, に余る, の交渉, の休暇期間, の夏, の月給つき休暇, の月給付き, の胎児, の間監禁生活, は味わっ, は掛るだろう, ばかりしか経たない, ばかりで, ほどし, ほどの間, ほど早く, もかかり, もたった, もたつ, もめぐり歩い, も石, やって, を要したる, 暮しましたが, 生きて, 程の間, 程住んだ

▼ 四十五~ (67, 0.1%)

3 だと 2 であつ, ですが, で先妻, の年, の年齢, の項目

1 [52件] が一番, くらいの年, ぐらいで, じゃよ, じゃ人間, だか, でお, でお隠れ, です, ですよ, でなくちや, ではない, で宰相, で後, で様, という, というウダツ, という働きざかり, という少女, という格服, という男盛り, といふ少女, といふ恰幅, ともう, と三日續, と五十五, と答えた, と花, なの, なんて食える, にある, になり, になります, に相成り, に霧渓, のとき, のわけ, の三日間, の両日, の出戻り女, の夢, の女工, の恐ろしく, の木理, の草雲, の達者, ばかりの男, まであの, もある, よ, を数, を越せ

▼ 四十女~ (67, 0.1%)

3 のお 2 が自分, でした, の肉体, の頬, はそれ

1 [54件] がうまく, がブランコ, が乳呑児, が時々, が青く, が黒ずくめ, だが, で, でお, でお嬢さん, でこれ, ですから, でそう, で七八年, で亭主, で人, で口, で自分, ときたら爪, との間, なり, になっ, に克, に見えた, の, のでっぷり, のひたい, のよう, の下女, の仇, の口紅, の常套手段, の強かさ, の情熱, の浅, の淺猿, の痩せた, の癖, の色気, の貧し, の赤い, の赤く, の酔人, の重量, はもう, はハツ, は大家内, は思ひ, は遠慮, は鼻, ほどみじめ, よなし, を殺した, を見れ

▼ 四~ (66, 0.1%)

5 入れて 2 に殖やした, の牛乳, の酒, 飲んだ, 飲んで

1 [51件] あほり, かえた, かさねただけ, がちょうど, たべた, だけれど, だと, ちゅうことがあるけ, とをよく, とを篩っ, と二升, と勝手, と呷る, どころか五杯, なり, にお, に塩, に水, のとこ, のん, のバケツ, の満, の西洋酢, は平らげる, は過ぎる, ばかりのみい, ひっかけて, ほどつづけ, まで米友, もたべ, も代, も平, も食, より食べぬ, を掻っ込み, を独り, を重ね得た, 傾くるところ, 加えて, 吸うん, 呷りつ, 持って, 立てつづけに, 続けさま, 続けて, 食えば, 食おうが, 食べたい時, 飲む, 飲んだ酒, 飲んでも

▼ 四六年~ (65, 0.1%)

4 のはじめ 3 から四七年, の文壇 2 の一月, の春, の第

1 [49件] からのち, から七年, から次, か七年, で一八六〇年, においてあれ, における議会, にこの, にこれ, にし, にはあの, にはなお, にめぐりあった, にカーン大学, に全, に日本, に民族解放, に民間有識人, に王立協会, に用紙割当事務, に盲聾義務教育制, に終る, に組織, に結成, に行う, に農村, に音楽学校長, の下半期, の中頃, の二月, の二月ごろ, の六月, の初め, の初冬, の十月, の夏, の大震災前, の始め頃, の婦人デー, の後半, の文学観, の新しい, の日本, の正月, の総, の頃, はこの, までは太平洋岸, を平均

▼ 四~ (65, 0.1%)

2 が暗く, が森閑, の事情, の山々, の異, を眺め

1 [53件] がしんしん, が不安, が乳色, が平, が急, が稍, が色褪せ, た, と調和, に不吉, に氣, に起伏, に過ぎず, に鬱蒼, のすべて, のひとたち, の事状, の人, の人達, の光景, の地, の山林, の慘苦, の文物, の景物, の氣配, の物, の状况等, の社會状態, の群衆, の翠巒, の自然, の風景, はす, はまるで, はもう, は昏, は暗黒, は珍しく, は眞, は雜草, へ散っ, りは, をみ廻した, をキヨロ, を塞がれつ, を照す, を緑葉, を見, を見た, を見渡す, 悉く水晶とこほり白壁, 悉く髑髏

▼ 四~ (64, 0.1%)

3 に叙せられた, の 2 の位, の侍従, の少, の少将, の時, はその, や五位

1 [44件] から彼, が与えられた, である, です, といへ, とかけち, としか見えない, となし, と云, な小, にある, にあるらしい, においては一町, におなり, にしよう, にて入学, に上下, に思はれん, に転落, に進める, に陞, のとき種痘, の六人, の参議秀吉, の女の子, の年輩者, の役人, の数字, の男の子, の色里, の金, はなかなか, は位田二十町, または第, むろん徳川時代, や赤, をめでたく, を与える, を授けられ, を賜つて, を贈らる, を贈られ, を贈られた, を贈る

▼ 四十三年~ (64, 0.1%)

2 である, に出た, の九月, の八月, の噴火, の夏, の旭川, の正月

1 [48件] いわゆる, から大正七年, その生涯, であると, です, といえ, との日記, と続け, にあった, にあつ, には文藝部長兼社會部長, には福原さく, にチブス, に三十六歳, に亙る, に何, に其地, に出来た, に創刊, に根岸派, の, の一年, の中央公論, の併合, の先生, の八月比, の六月, の冬, の初森上田, の十一月中旬, の四月, の大, の幸徳事件以後, の庚戌, の建築, の撮影, の新山, の晩秋, の暮, の暮春洋画家, の有珠, の條, の生涯, の終り, は千百九十人, は幸徳事件, ほど前, より四十四年

▼ 四~ (64, 0.1%)

11 の馬 2 の恐竜, の熊, の牛, の狆, の豚, を大島町, 遊んで

1 [39件] かたまり馬上, からのはげしい, しかいなかった, だかの, という呼声, とかを取り寄せ, とも投げだした, と緬羊, ならんで, に當, に船, ね, のうち, の大きい, の大きな, の恐竜ども, の月の輪熊, の正覚坊, の毛, の獅子, の白牛, の白馬, の竜, の逞しい, の駅馬, の鯨, は拘わねえ, は荷駄, ばかりいた, もの恐竜, も一斉, も一齊, も居た, を追う, を養ひつ, 出て, 曳きの, 雇い入れて, 飼って

▼ 四号室~ (62, 0.1%)

5 の女 3 の前 2 の中, の鍵

1 [50件] から一号室, から先方, から残り, だった, である, ですどうぞ, で同じ, で自殺, で起った, との間, にて米国帰り, にはその, に一夜, に居られる, に平穏, に昨夜誰, に残っ, に泊っ, に現れ, に約, に置い, に警察, に這入りました, に這入る, に陣取る, のガリバルジ君, のテイラア, の出来事, の女給, の患者, の悲劇, の情婦, の扉, の方, の止宿人, の窓, の自殺, の蓄音器, は丁度, は宮城, へ, へ上っ, へ押し掛け, へ朝飯, へ案内, を出, を千鳥, を泊らない, を警察, 美しい彼女

▼ 四百人~ (62, 0.1%)

2 の兵

1 [60件] か, からの農奴, から二, が一緒, くらいの奴隷, くらいをいるる, くらい就席, その大, つぎつぎに, とこの, と告げ, なり, につき一カ寺, に上っ, に二日分, に向い, に近い, のとき, のコック, のッ, の人造人間部隊, の内, の実業家, の戦死者, の探検隊, の方たち, の準, の生徒, の番頭, の真先ニ進ミ, の総勢, の聴衆, の蛇形陣, の軍人, は加勢, は大, は居るだろう, は霞浦, ばかり堂宇, ほどが首, ほどに達し, ほどの娘, ほどをあと, までは普通, まるで腹, もいる, もいるでしょう, もの丈夫, も人足, も心, も桟敷ヶ岳, も集つて, も集まっ, をいるるべき, をこえ, を一大隊, を二大砲隊十六小隊, を殲, 小市街, 来て

▼ 四ツ本~ (60, 0.1%)

2 が, の前, の後方, は八郎太

1 [52件] いつから, から見える, が一座, が七瀬, が二三人, が人々, が出, が刀, が参っ, が玄関, が襖, が遠く, じゃ, だ, とで調べた, との間, と一緒, と仰し, などと一緒, ならよかろ, に致しまし, に蹤, のすぐ, の上席, の下, の差出した, の後姿, の無法, の物, の腕, の邸, の頬, の頭, の顔, はじ, はすぐ, はそのまま, は一言, は将, は平伏, は激怒, は素早く, は脣, は鋭く, は黙っ, も二人, も蒼白, をやり込める, を睨みつけた, を睨んだ, を見, 斬れるか

▼ 四人目~ (60, 0.1%)

4 の妻 2 がやられました, だ, の下手人, の百姓, の者, は駒形

1 [44件] がかの, がまた, であった, である, でお上さん, ですな, ですね, となっ, にはうるさく, には家中, には老婆, に呼出された, に手代, に楽しく, に殺される, に田, のトメイ次兵衛, の乾児, の人, の人間, の声, の天南, の女, の女房, の妹, の妻五百, の妻君, の妾, の姙娠中, の娘, の席, の彼, の敏子, の比丘尼, の細君, の門弟, は, はその, は熟睡, は空席, は辛うじて, も元, を殺さない, 漸と

▼ 四分の三~ (60, 0.1%)

2 ではなく, の出生, を支配

1 [54件] があけられ, が全く, が十五字詰め, が奴隷ども, くらい狭く, ぐらいのもの, ぐらいの長, ぐらいはポツポツ, ぐらいまで進んだ, すら取り去り, だけ長い, であるから, でなく二七, ということ, と縮め, と見積り得よう, に下, に恋人, のノート, の価値, の全, の月日, の深, の租税, の賛成者, の雨, は到底, は各自, は寝, は必要, は死刑, は無, は現在耕作, は自分, ほどの月日, ほど顔, または三分の二, まで下落, まで廻った, まで打ち負かされた, をあげ, をすら取り去る, をもってすれ, を占むるものさえあり, を占め, を彼女, を戻し, を沒却, を没却, を減じた, を私, 即ち一割一分, 迄は大抵, 迄必ず

▼ 四~ (60, 0.1%)

4 の兵 2 の近衛竜騎兵, の金

1 [52件] か五百, くらいの銭, くれて, ぐらいを四百レース, たらずである, だけは缺, である, でお, でも五百, で四分三十三秒, で買える, という風, とすれ, とみ, と五百, にち, にはなります, に足らなかった, のモスク, の人命, の小, の捨身, の権利金, の異, の病院, の花, の負け, の銭, の銭見世, はこえまい, ばかりある, ばかり著く, ほどな, ほど借り, も取ろう, も握った, も負けた, も閉塞, や五百, をひ, をまとめ, を四分四十三秒, を左右, を泳がせ, を率, を率い, を算, 乃至五百, 準会員四千, 率い殿, 載, 間遠き處

▼ 四~ (60, 0.1%)

2 の今様

1 [58件] あるいは五行, から六行, が一番カンジン, したためた, ずつ書きちらし, だけ残っ, つまりきっちり, つまりきつ, で書き終えられる, で此話, と第, ならば, なん, にては父, になつて, には書き切れまじき, に彫つた, に御, に於, に書かれた, に書し, の, のリフレイン, の句, の場合, の大, の大字, の始め, の小, の文, の文句, の短い, の英語, は六段, は即ち, ばかり書い, ばかり読ん, までは傲慢, までダンテ, まで名, まで天上, まで天使, もの意味, よむと, より第, を一つ, を初め, 乃至十四行宛要領, 明けたまま, 書くため, 第七行第十一行第十三行第十五行第十六行第十七行等, 第六字, 第十七字, 第十三字, 第十二字, 続けると, 読みかけた時, 讀みかけた時

▼ 四七年~ (59, 0.1%)

4 に入っ 3 の夏 2 のメーデー, の文壇

1 [48件] が経過, この地, で九年後, との経済事情, においては社會主義, にかけて日本全国, にし, になっ, には, にはこの, には憲法, には既に, には有史以前, には組合, には蔵原惟人, には院長, にブルジョア民主主義, に上演, に創立, に新聞その他, に東宝オーケストラ, に第, に院長, のおめでとう, のはじめスタッダード博士, のロンドン大会, の一月, の二・一スト, の二月, の二月ごろ, の十月末, の夏ごろ, の夏八月はじめ, の後半, の文学, の日本, の日本インフレーション, の春, の春以来日本民主化, の春頃, の暮, の現代, の當時, の秋, の秋一斉, の頃アンテオケア, は一方, 第三回新日本文学会大会

▼ 四~ (59, 0.1%)

2 とです, の亀, の子猫

1 [53件] いる, おります, か, かな, か五匹, が炉, が籠, ずつ向い合っ, その日, でも構わん, ということ, とも元気, に猫, のみみず, の仔犬, の個性, の子, の寝, の犬, の猛犬, の白い, の蜻蛉, の蠅, の野良犬, の頑丈, の鬼, の黒, の黒つぐみ, の黒鶫, の鼠, はいっ, はひつ, は打ちとめました, は白黒, ばかり長い, ひっかけに, ふなや, ほど待っ, もひきつれ, も五匹, も産む, も相次い, や五匹, よウ, をくわえ込んだ, を三匹, を相手, を調理, 最も自然, 生れて, 繋いで, 逃げ出したぜ, 這って

▼ 四九年~ (58, 0.1%)

2 という年, に入っ, の日本

1 [52件] いらいとりわけ, からケーニヒスベルク, からニューヨーク, から南北統一, が国内的, すなわち嘉永二年, にいたっ, において批評家自身, において民主主義文学者, にかけて基本的人権, にかけ一つ, にこの, にその, になっ, には, にはその, には吉田内閣, にパリー, に職場, に長崎, のある, のこの, のこのごろ, のはげしい, のゴールド, のニューヨーク, の一現象, の七月十五日, の七月頃, の三月, の夏前, の文壇, の春ごろ, の末, の概括, の権力, の民主主義文学, の社会政治現象, の秋, の諸, の鎖国以後, の間独学, はいい, はこの, へその, まで日本, より一八八五年, を, をとおし, を次, を通観, を通過

▼ 四~ (58, 0.1%)

3 の栄華, 続いて

1 [52件] かの承, から続いた, が矩之, だけは明らか, である, となり, と世, と云, になりまする, になる, にわたって三公, にわたって彼等, にわたる世々, にわたる友情, に當, の, のうち, の天子, の天皇仁賢, の天皇仲哀, の奥方, の奧方, の孫, の孫源三位頼政, の将軍, の将軍昭徳院殿, の当, の後胤, の朝, の末, の町奉行, の系図, の縁故, の血脈, の間之, の集, は之, は西村清休居士, まで計算, まで非常, もうちつづい, もうちつづく, もそこ, も五代, も伝わる, も前, も続い, も続いた, も続け, も養子, を通じ, 若返って

▼ 四月頃~ (58, 0.1%)

2 だつた, とおぼえ, になる, の小さい, の岩

1 [48件] いらつし, からでおましたやろ, からは米寿, から九月, から伴藏, から引續, から懐妊, から畑, から笹屋, から蜀帝玄徳, だし, だったろうと, つづきを, と覚ゆ, になりましょう, にはすっかり, にはまだまだ, には立派, には野茨, に何, に先ず, に子, に房, のこと, のよう, の一事件, の初々しい, の太陽, の気候, の船, の花壇, の茶山, の陽気, は可, は東京中, までとけず, までの戦時戦後, まではちよい, までは不断, までも寝, まで一緒, まで世話, まで絶対, まで続いた, もういけない, もまるで, 或る, 来て

▼ 四十位~ (57, 0.1%)

8 の女 3 の男 2 になつ, に見える, のお, のひと, の亡夫

1 [36件] かな, だつたの, だとか, だらうと, だろうか, だろうけれど, であったらしい, でした, で頬, と三十四五, な年配, にしか見えず, にしか見えない, になっ, になる, になるでしょう, には見えますでしょう, に見えるでしょう, のおっさん, のみすぼらしい, の一人, の一婦人, の中尉, の中柄, の商人, の塩瀬, の妾, の小造り, の年頃, の洋服, の漁夫, の百姓, の職人風, の色, の足, ひに

▼ 四~ (57, 0.1%)

3 の軍艦 2 の巡洋艦, を帥

1 [50件] ありまして, がてんでに, が入り, が江戸灣内, が浦賀, が真, ずつ四回, だ, だったが, でそのうち, で大津濱, ともよく, とも即時撃沈, と駆逐艦四隻, どす黒い煙, について浦賀奉行戸田伊豆守, に分乗, に直々, に関する秘密, のカッター端舟, のラガー, の僚艦, の兵船, の大, の小船, の巡洋戦艦, の帆, の待ちかまえ, の怪潜水艦, の恐しい, の戦艦, の手, の潜水艦, の細長い, の船, の軽, の速, の遭難ボート, は一度, は勿論, は同じ, ばかり重なりあう, もいる, も碇泊, を沈めました, を率, を率い, 分捕等, 大巡洋艦, 沈んだ

▼ 四十二三~ (56, 0.1%)

3 の女 2 の中年女, の中年者, の男, の痩せぎす, の立派, の紳士, の色, の色白

1 [37件] かな, すでに所属, であろうか, でございます, でしたよ, ですもの, でもあろう, で立派, といふ年配, としか受け取れなかった, と申します, にはなるだらう, に成っ, のでぶ, のまだ, のスラリ, の世話女房, の円頂, の口髯, の好色家, の如何にも, の小男, の巨男, の年配, の愚痴, の時, の月代, の極めて, の汚, の浪人てい, の淋しい, の町家, の背, の見事, の骨, の骸骨, はたしか

▼ 四百円~ (55, 0.1%)

2 の収入, の損害, の金, もする

1 [47件] あつた, ある, くらいの価, ぐらいしか平均, ぐらいだ, ぐらい取るだろう, たらずで, だつた, であった, であったとは, でしたよ, でね, で米, で譲つて, で身請, ということ, という借金, という風, とつけた, にし, についた, になった, になりました, になります, には恐れ入った, に売れ, のお, の現金, の由, の補助, はかかっ, はどんな, は切符, は安, は西日代, もあったら, もあれ, もうけて, もの見舞金, よりずつと廉いが, をひいた, を僕, を受取, を渡辺均君, 有れば, 送り来る, 這入りました重たい

▼ 四少年~ (53, 0.1%)

2 の大好き, の自動車, はたがい

1 [47件] がここ, がこんな, が来, が火星人, じゃ, だった, と火星人, のいる, のため, の下, の中, の乗っ, の健康, の冒険, の好意, の影法師, の成功, の病状, の胸, の頭上はるか, は, はこれから, はずるずる, はそれ, はびっくり, はまず, はめいめい, はトンネル, はロープ, は例, は傾いた, は屋敷, は山木, は廊下, は思わず, は生命, は瞳, は笑う, は聞きつけ, は褒美, は通りかかった, は重なりあっ, は顔, は飛出し, もあっち, をいつも, を再び

▼ 四時過ぎ~ (53, 0.1%)

4 であった 3 の日光, の日影 2 である, でないと, になる, までに大抵

1 [35件] おそらく五時, が何故か, だ, だった, だつた, であつ, でいつも, でございました, です, ですから, でどこ, でもあろう, といふの, に, になっ, になった, にはとうに, には入港, には清三, にやっと, に古川郁郎, に塩山, に学校, に帰っ, に役所, に敵味方, に新宿, に母, に開成山, の歎, の涼しい, まで仕事, まで継続, やや日蔭, 通る処

▼ 四~ (53, 0.1%)

4 の和助 3 の五郎右衛門, の右門 2 に生れた, の右門義春

1 [39件] が保命, が出生, が勤め, が式部, が風邪, だ, だけはライデン, であ, であった, である, と左大将, に地震學, に生れ, に藤原, の五太夫, の光麻呂, の大, の忠平, の文夫, の文雄, の於次丸, の曹熊, の曹熊君, の柳生右門, の正, の甚松, の甚松さん, の生れた, の義直さま, の鯖丸, はそれ, は八兵衛, は日露戦役, まで, もう一人, も帰っ, やらその, を主として, を嫡男

▼ 四輪車~ (53, 0.1%)

5 の上 2 に乗り, のうえ, はたちまち, を押し

1 [40件] がある, が埃, が押され, が此方, が置き忘れられた, が金鎧鉄甲, すら煙, でし, という物, と同じ, と敷物, にむかい, に乗っ, に押され, のついた, の一柱, の前, の機械力, の行方, の馬, は前部, は推され, は逃げだした, へ向っ, へ拝, よりはこの, をすすめ, をつつん, を倒れん, を囲ん, を守りかため, を押し出し, を押し進め, を操り, を用, を真っ先, を護っ, を進ませ, を駆っ, 軋るはためき

▼ 四五分~ (52, 0.1%)

3 経つと 2 しかつづかなかった, して, のうち

1 [43件] あつた, あるので, ぐらいだった, しか喋らなかつた, しか遅れなかった, すぎたあと, ずつの売買, たった後, たった頃, たって, たつと, では, で一周, で沈みます, で済む, で煙山, で終了, とたたない, となった, とも経たぬ, はすぎた, は要るだろう, ばかりし, ほど切られ, ほど経っ, もする, もそう, もたった, もたつ, もひっきりなしに, もヤケ, も歩行, も経った, も続く, も鳴っ, 互いに止まりました, 強い口渇, 待って, 歩いたところ, 経った後, 経って, 経ってから, 鳴りつづけるオルゴール

▼ 四十四年~ (52, 0.1%)

4 の春 2 である, の夏, の頃

1 [42件] だつた, であるが, には, には保, には有名, にキリスト教, に丁度, に再び, に出版, に刊行, に十二名, に寺内陸軍大臣, に帝劇, に文部省, に於, に日米露間, に春陽堂, に至る, に英國, に落成, に製, に過ぎない, の, の一月, の一月二十五日, の久しい, の五月, の今日, の元日, の六月, の劈頭, の十二月興行, の四月, の四月斗満, の日記中, の永き, の秋, の言葉通り, の道徳界, の長き, まで電燈, を三期

▼ 四時すぎ~ (52, 0.1%)

2 に起き, の汽車, 迄, 迄か

1 [44件] かえって来, から温泉宿, から銀座, すっかり済み, だつた, だね, だのに, つきました, であつ, で早い, にかえる, になり, になる, にねた, には仕事, には夕方, には小古祖, には起きた, によらる, に一回便通, に倉知, に出かける, に出る, に去る, に喫茶店, に家, に楽屋入り, に済む, に烏帽子沢, に終, に終る, まで寝通した, まで対手, まで居りました, まで山岡, まで待たなけれ, やっと帆船, 出て, 着きました, 迄かなり, 迄とろり, 迄下, 迄女房, 迄続ける

▼ 四五回~ (51, 0.1%)

2 撞く

1 [49件] か三, くりかえして, ぐらいのもん, じゃという, ずつ風呂, だったかも, つ, であつい, でまとまる, にし, にわたって徐々に, に一度, に過ぎなかった, の往復振動, の興行, の開場, はある, はくるでしょう, は先生, は少し, は白面, は繰り返し, は降る, ばかり, ぶつかると, ほど門, もあっ, もある, もいらっしゃるでしょう, もお, もぐるぐる, もつづいた, も切りかえられた, も地球, も彼女, も往復, も慎重, も行っ, も誰何, も起りました, コツコツと, 会った, 掘って, 書いて, 続けた結果, 続けると, 繰り返して, 通ったところが, 降るはず

▼ 四~ (51, 0.1%)

2 と突いた, の一手

1 [47件] がいけない, がいけなかつた, がさき, その三角線, それから間髪, だつたの, でる, とこちら, と突い, と突き, と突き進め, と突く, と端, と飛車先, などといふ天馬, にあつ, にどう, に次ぐ, のやう, の二手, の手損, の白金光, はその, は仕掛けさせ, は我, は最初, は私, ばかりを動かした, までき, もまた, ゆるりと, よちよち駆け出し, を突いた, を見, を見た, ウロウロ迷つた末, 同歩, 歩く, 行きカーテン, 行くうち, 近づいて, 進みだした, 進む, 進むという, 進んでは, 遠ざかったとき, 駈けだした

▼ 四五度~ (50, 0.1%)

2 なり, 繰返すうち

1 [46件] いつた, うつくしい盛, ぐらい咳込みます, ぐらい食べ, しか出来なかつた, した, である, では, で大した, なりしが, に上がれり, に下がる, に昇った, の眼鏡, は慥, は手入れ, は通った, ばかり勧め, ほどの相違, まではどうやら, もおいで下, もおよそ, もお便り, もさそはれけり, もしばしば, もみ合って, もよく, も打ち, も燒, も生んだ, も繰り, も職業, も袖, も頼ん, 出掛けた, 叫んだ, 呼びたて, 呼んだが, 尋ねて, 少くも, 廻った, 引っくり, 慌しく鰓, 現われて, 見ました, 馴れると

▼ 四十五年~ (50, 0.1%)

3 の春 2 のその間, の六月, の夏

1 [41件] から昭和十二年, ぐらいのところ, である, でなくて, で昌造ら, で殆ど連続, となつて, に, には出来, には出来上っ, には秋山氏, にヨーロッパ, に態, に故人, に発表, のこと, のセクサゲジマ日曜日, の一月五日, の三月中旬東京警醒社書店, の九月, の人, の初冬, の初夏, の半生, の御代, の春慶應義塾理財科, の春新橋信楽新道, の歳月, の生涯, の説法, の間, は半ば, は明治大帝崩御, は直ぐ, までには三十五年, までを第, も会わない, を経, 住み玉, 即ち大正元年, 御贈位

▼ 四十代~ (50, 0.1%)

3 の男 2 で隠居, になっ, の者

1 [41件] から五十代, から浪, が半分, が最年長者, ただ一度, だ, だったとして, だの三十代, だろうが, である, でいらっしゃいましょう, ですから, でめっきり, で夫, となりまし, と三十代, と二十代, と云, なのに, にしか見えない, にでもなったら, に入, に入った, に見える, の, のもの, の人間, の作家, の優れた, の壮年, の壮者, の多, の女みたい, の婦人, の時, の漱石, の理想主義的, の色, はやがて, は男, は迷い

▼ 四~ (50, 0.1%)

2 かわすが, の水, の酒, も出た, を加え

1 [40件] かな, か五合位, ぐらい這入る, すると, ずつ毎晩逆上薬, である, では, とまでなつ, と小, と登る, どころか全然, につき米利堅粉六合, になつて, に銭四十七銭, のみこの, のん, の白湯, の米, の薬, はある, は這入りましょう, ばかりです, ばかり一升, もらいだめ, も入る, も水, も飲みゃ, を傾けまする, を白水, を置く, を買い入れた, 入つて, 入るうつわ, 入れるとして, 加えて, 同済者皆, 引っぱずして, 注しますが, 貰う, 飲まなくては

▼ 四~ (49, 0.1%)

3 の新聞 2 なので

1 [44件] から百七十五頁, ぐらいは色々, しかない, だった, といううす, とを参照, にある, にいわく, にお, にこの, にその, になります, になる, には一層, には天主教徒白鶏, には尻尾, には欧州, にも似, にも記載, にわたって証明, に多島海人古, に左, に木樵, に限定, の, のところ, の付表, の内容, の四折判, の引札がわり, ばかり書いた, ほどある, まで刻命, よむうち, をごらん, を口, を手ずから, を組みつけ, 刷って, 及びムーア, 及び一六三頁参照, 及び本号, 組み込んだの, 迄は真面目

▼ 四次元世界~ (48, 0.1%)

3 のこと, の生物 2 というもの, を漂流

1 [38件] があっ, がどんな, だけで, だと, ですか, で使っ, というの, とかいうところ, とかいうもの, とこの, となる, との交通, との間, などに踏みこん, なん, なんてどんな, にとり残され, に二次元世界, に住ん, に放りこまれ, に漂う, に第, のもの, の中, の切り口, の物体, の者, はどんな, はもっとはっきり, へいっ, への跳躍術, へはいっ, へ跳躍, をはなれ, をほんとに, をめがけ, を考えましょう, を考える

▼ 四~ (47, 0.1%)

6 のヘリコプター 2 のトラック, のピアノ, の炭車, の荷車, の装甲車, の車

1 [29件] あって, ある中, しばらくは, つらねて, で足りる, とが来る, に積み乗せ, のクレン, のトロッコ, のパト・カー, の人力車, の多段式タービン, の弾機附馬車, の手押ポンプ, の旧式, の消防自動車, の箪笥, の自動車, の週期, の馬橇, ほど据え, まで爆破, も両方, も停め, も爆裂弾, を占領, 並べて, 多くて, 持って

▼ 四には~ (46, 0.1%)

2 まだなりますまい, 悋気深けれ

1 [42件] あのすばらしく, いよいよ場所, こ, これが, これ修業の, はた巖根, はつと, また同じ, セットの, 伊予の, 偶然に, 加賀百万石の, 勤王佐幕など, 単に出来る, 及ばないが, 吉田内閣の, 君が, 国民だ, 地獄なり, 天正十七年四月秀吉初め男子, 天皇に, 学問的研究の, 年が, 弓も, 悪口に対する, 我に, 手裏剣五に, 敵に, 文学を, 海軍第, 滑石が, 物理学者の, 理想的の, 税, 第九節, 自分が, 蝮酒は, 衰弱した, 賊は, 陳武と, 額に, 騎兵である

▼ 四カ月~ (46, 0.1%)

2 が経った, の後, の間

1 [40件] あまりになる, うんと永く, くらいな, くらいの赤子, ぐらいの小さい黄色い, たって, だまって, ちかくの, でアーチ, で永島, とたたぬ, にし, になります, になる, に亙る, のとき, の停学, の新聞紙法違犯, はその, はちっとも, ばかりで, ばかりのわたし, ばかりは艤装, ばかりも前, ばかり前, ほど前, ほど小田原, もおとなしく, もかかっ, ものながい, も五カ月, も前, も海, も経っ, も見, わずらいとおした挙句, ノ御, 程い, 経ってから, 長ければ

▼ 四ツ角~ (46, 0.1%)

3 を曲る 2 でまるで

1 [41件] からでも必ず, から右手, から君, から左, が広く, ちかくまで, であつ, でいたずら子供たち, でさ, でその, ではあり, では帆村, で右, で消えました, で翁, で落ち合っ, なる珈琲店パンテオン, に出, に出る, に小さい, に待たし, に抛り捨て, に点い, に盲, に立っ, に立ている, の安全地帶, の所, の薄暗い, の郵便局, の駕政, は至極, へきた, へ出た, へ出る, へ別, へ向っ, をまがる, を右, を空, を見付ける

▼ 四~ (46, 0.1%)

2 のところ, の間, 来た所, 離れた山

1 [38件] あって, あわせて, があっ, こわいまぎれ, だ, でこの, で三角点, ということ, と思っ, のぼる, のピストル, の上と下, の列樹, の道, の道程, の隔たり, ばかり参っ, ひどい山坂, ほどのあいだ, ほど折れ, ほど歩いた, ほど近く, もありましょう, もある, も来た, も歩かなけれ, も登る, も行, も行く, も離れた, を隔て, 未九月十六日, 未年, 程の此田圃, 蟠廻屈曲, 行きますと, 行けば, 迷い込んで

▼ 四~ (45, 0.1%)

4 を要求 2 の卓子, の粗末, を突張り

1 [35件] あった, ある, あれど, おいて, が取り囲んだ, そして小さな, で豚, にし, に安楽椅子, の, のもの, のベンチ, のマホガニイ, の台, の寝台, の木榻, の椅子, の獣, の短長格, の肘掛椅子, の肱掛け椅子, の肱掛椅子, の蜥蜴イグアナ, の長, の雪見燈籠, は軽く, をもたげ, を具え, を去り, を失う, を失うた, を揃えた, を用い, 持つて, 踏み延ばし

▼ 四~ (45, 0.1%)

2 の主

1 [43件] が五郡四郡, と呼び慣わし, にたっ, には張飛, にわたり武族, に分ち, に半生, に減っ, のうち, の仙台, の伊達家, の内, の地, の太守, の存亡, の守り, の封, の山, の巡視, の征途, の心, の現状, の産物, の秋, の秋風, の郡奉行, の領主, はやがて, は万歳, は彼, も安泰, を, をのん, をわが, を伐り取った, を加, を包む, を父, を経すべて千二百人, を置いた, を置く, を耕田, 望む所

▼ 四~ (45, 0.1%)

4 がある 3 の中 2 あるが, があつ, の歌, の詩, 及び二三

1 [28件] ある, が載せ, である, と題せる, などは殆ど, におとし, になる, の即興歌, の本格, の短歌, は, はどういう, ははじめ, はま, は之, は八代集, は宿題, や五首, よりは遥か, を得た, を採つた, を採録, を擧げ, を読過, を載せ, 半數, 引いて, 載って

▼ 四〇年~ (43, 0.1%)

2 にかかれた

1 [41件] および現行, かにスイス, から今月, から四四年, であるとの, という年, という年代, となっ, ないし一七五〇年, にはさらに, にはふたたび, にはまた, にはカーン, にはサンス, には二・〇, には初め, には小, にやつ, にトラキア, にフリードリッヒ・ウィルヘルム四世, に写生, に切り開かれ, に到りまし, に地震, に東京オリムピック, に死んだ, に結核, のオリンピック, の九月十四日, の冬メエトル夫人, の変り型, の日本, の春ノルウェー, の期間, の秋, の第, の間, は前半, までのソヴェト文化, を目ざし, 迄仕事

▼ 四~ (43, 0.1%)

3 新聞 2 国民の

1 [38件] を響動, 不調は, 倉庫自然に, 分散これを, 分散名, 劇場だけでも, 区十二小区の, 原因の, 基本書簡の, 夜景の, 天王, 天王の, 天王も, 天王下は, 天王転, 奇書と, 奇書の, 学区に, 宝蔵あっ, 巡洋艦を, 工場で, 恩人の, 悲劇の, 文豪と, 文豪以來現在までの, 新聞に, 新聞社が, 無に, 碗と, 社寺へ, 禮は, 要素を, 觀と, 財閥が, 財閥の, 釣りと, 雑誌を, 鬼将

▼ 四~ (43, 0.1%)

3 の銭 2 になる, の木戸

1 [36件] から二百文, から百三十二文, から百三十文位, か三十文, が二十四, しますさかい, ずつの木戸銭, ずつの鮨代金, であった, でございます, でも割返し, でも戴きたい, で濟むところを, で駿河半紙, ということ, となる, とのみ込ん, とは少し, と流し, にし, の大, の木戸錢, の甘酒, の酒, ほきゃア, もした, もしない, もする, も持っ, も貸し, を四方, 出せば, 大鮪片身二百二十四文, 安いが, 払って, 溜めて

▼ 四~ (43, 0.1%)

2 のついた

1 [41件] ある, あるです, がいちどに, ではある, で同様, で速力, という聞く, には黄色, に入る, に文学美術, に旗風, に札, に高札, のうち, のかため, の内外, の十二糎砲, の呉式高角砲, の外郭一帯, の方角, の発射管, の砲身, の陣, はかたく, はまばゆき, はまるで, は積ん, は非常, や堂塔, をとじ, をひらい, を備え, を取り巻い, を塞ぎ取っ, を完全, を幕府, を破っ, を見歩い, を閉じ, を開き, を開け

▼ 四十七~ (42, 0.1%)

2 であった, の中, の違った

1 [36件] あって, あれば, か八くら, が, だから, だったと, だの五十五, つまり, であつ, であります, である, では足りない, で女, と, といふ年, とかあるいは, となり, になっ, になつ, になります, にもなつて, のほか, のクロイツァー・ソナータ, のランプ, の仮名, の内, の区別, の女, の時, の窓, の納屋, は赤穂義士, まで区別, も誰, を擁し, 入って

▼ 四年頃~ (42, 0.1%)

5 のこと 2 の一二年間, の東京

1 [33件] からは年々三月, からは文学的, からひとたび, からようやく, から三年, から自分, から課目, で, であった, であったと, であった二葉亭, でしたろうか, でしょう, で丁度, にあたるでしょう, にいたり, にたとえ, になる, にはパリ, にも盛ん, に機械師メルツェル, の, の何ん, の作, の旧記, の話, はスタンダアル, はソ連, までの樣, まで行, 小国民, 暫く鎌倉姥ヶ谷, 死す

▼ 四ツ目~ (41, 0.1%)

9 の銅八 3 の生き埋め行者, の親分 2 か五ツ目あたり, の間, より太平町

1 [20件] で紋, などのハナショウブ園, に住ん, に勝る, に癲癇, に組んだ, のすこし, のところ, の大坂屋, の提灯, の植文, の水戸屋, の牡丹, の牡丹園, の紋, の辻, の鐘, をパッ, を右折, 崩し松葉蝶々

▼ 四五里~ (41, 0.1%)

3 もある 2 の距離, の道, の間, も離れた

1 [30件] から二十里, しかない, という辺り, とはない, なりしこと, にわたる, にわたる夜営陣, のところ, の果て, の沖あい, の蓼科高原, の違い, は一息, は来た, ばかりの津島, ばかり離れた, ほど, ほどの間, もあり, もあるべく, もいく, も先, も奥, も歩いたら, も歩く, も歩け, も進んだ, を隔て, 離れた処, 離れた親戚

▼ 四~ (41, 0.1%)

2 のお

1 [39件] あるうち, という板壁板床, といふの, とは聞い, なる堂, に仏, に八面, に向き合, に崔嵬繚繞, のもの, のりっぱ, の一室内, の内, の凸所, の堂, の壁, の室, の広い, の根本釈迦堂, の漆喰, の独房, の石塀, の硝子, の磨き, の築, の練技場, の道場, の釈迦堂, の黄色, ほどあっ, もある, より之, より急, を地域, を鎖し, 程の敷石詰め, 程の高地, 見渡す敵, 買取り申す

▼ 四~ (40, 0.1%)

2 見よ

1 [38件] いうの, かきかけて, かく, かぞえる正行, 一所に, 三で, 乗ずると, 信じて, 兄さんに, 六十四度倍加した, 出て, 卒る, 占めて, 合せて, 如何, 履むてふ馬の, 左に, 引きながら, 引くだけの, 御覧, 忌む, 打ち抜いて, 抄録し, 拔き, 数えられた活火山, 数へる, 書きあげ十五, 書くなり, 求める心, 直線形, 見な, 見ると, 見るとも, 説いたの, 越えようと, 開きしに, 青, 頭に

▼ 四万円~ (40, 0.1%)

2 といふ事

1 [38件] おろしに, が野呂, ぐらい物価, すると, ずつ出し, ずつ出した, だっせ, です, で売れた, で購われた, という大, という金, とか一万坪, として使える, と切り出した, にせりあげた, にはなる, のモルガンお雪, の値札, の半分, の身の代金, の金, は, はいれ, は今, は結納金, ばかり当座預金, ひきだすの, ひきだすまで, ほどで, をタダ取り, を取り寄せる, を手交, を手付け, を突然ズラリ, を行李, 出して, 貰って

▼ 四十一~ (40, 0.1%)

3 になる, の年 2 だべ, であった, の前厄, の厄前, の男ざかり, までに持つた

1 [22件] お佐代さん, か七年, が来, だから, だと, だなんて, であつ, でいらっしゃいます, で世, で総領, で親子, とにしてやろう, と云う, と満, にし, になっ, に分つた, の助, の時, の未亡人, の若, まで結婚

▼ 四十七歳~ (40, 0.1%)

4 であつ, の時 2 になつて, のとき

1 [28件] からは何, だそう, で, である, で死なせた, で死去, で歿, という体, となる, と云う, と仮定, にし, になっ, になる, のマリア, の人妻, の人生, の今日, の成熟期, の眼, の肉体, の自分, の蘭軒, の越前守大岡忠相, はや老, までの壮年期, までの男児, を以て歿

▼ 四十五度~ (40, 0.1%)

9 の角度 2 ぐらいの角度

1 [29件] から五十度, から六十度辺, くらいに船首, くらいの角度, ぐらいにし, ぐらいに頭, ずつ廻転, ずつ窓板, と思う, にはめられた, のあいだ, の位置, の体温, の傾き, の大, の敬礼, の方向, の旋回, の線, の転換, ほどななめ, ほど傾いた, もある, も傾けた, より五十五度, 傾いた円筒, 傾くと, 傾けて, 正に寒中

▼ 四十八~ (40, 0.1%)

3 しかない 2 が二十六, の前奏曲

1 [33件] ある, お佐代さん, ござります, さえあれ, せめて六十, だ, だから, だと, で, であった, である, で亡くし, で若い, というよう, といふ, といふ年, といふ本, とか伊呂波歌, におなり, になっ, にもなりまする, にをられた, にをりました, にササユリ, のつぼ, の峠, の所分, の承, の渓谷, の獨, の発音記号, の白鼠, の願

▼ 四~ (40, 0.1%)

3 であるならば, である時, の時 2 から五磅

1 [29件] から一〇磅, から一二磅, から三磅, から二五磅, から四磅八シリング一〇・三分の二ペンス, から四磅四シリング八ペンス, すなわち七二〇磅, すなわち価格, であったならば, であった時, でありフランス, であり従って, であると, であるなら第, であるべきであると, ではなく, で売ろう, という高い, となるであろう, ならしめるならば, ならば, なる同, にしかならぬ, に値し, に売れ, に対する割合, の小麦, の穀物一, または小麦六クヲタア

▼ 四五丁~ (39, 0.1%)

2 の小銃, の距離, ゆくと

1 [33件] しかありません, であるが, です, にし, の処, の川原, の所, の胸突き, の間, はなれた, ほどもついて行く, もきた, もし, も一気に, も上ります, も上る, も歩いた, も歩かね, も泝, も続く, も行つた, ゆけば, 入らねえば, 出て, 来たかと, 歩むと, 程もある, 行きまして, 走って, 跳んで, 隔たりし松林, 離れたところ, 駈け散らして

▼ 四十一歳~ (39, 0.1%)

3 になった 2 であった, であつ, である, で譜代, になっ, の時

1 [24件] お早, から四十四歳, で, であったと, であった迷庵, でこれ, で七年, で亡くなる, で初めて, で初婚, で十四年ぶり, で小, で御, で正, で肥前国唐津, という年齢, にし, になつて, に候, の坂, の安井夫人, の年, の養孫信階, を以て卒し

▼ 四十三~ (39, 0.1%)

3 になる 2 の老, の處女, の鞭

1 [30件] だよ, であつ, で二人, で年, で旦那, とか五, としてある, と答え, と言つて, にし, にて薨去, になつて, にもなつて, に作つて可, のお, の場合, の大人, の娘, の市町村, の年, の欄干, の米国生命保険会社, は混血人種, まだなか, まだなかなか綺麗, までの長, まで生き, も年, も無事, 計四巻

▼ 四十四歳~ (39, 0.1%)

4 の時 3 であつ, で歿 2 である, になっ, の現在

1 [23件] だったね, であった, でございます, ではじめて, でまだ, で剃髪, で第, で落飾, で隠居, といえ, にし, になつ, になる, に至る, の今, の今日, の妻, の男ざかり, の肉体, の間, またはそれ以上, までの間, まで彼

▼ 四~ (39, 0.1%)

2 に居た, の大橋

1 [35件] あって, から第, というの, などまちまち, に, による, によるは蛙, に宿屋, に所謂被害者, に至る, の, のその, のもと, のわが, の人込, の但書, の南座, の吉岡道場, の塵埃, の定理, の山家料理鳴瀬, の改正, の方, の沢屋, の河原, の第, の解釈, の通り, や第, を後妻, 上ったところ, 上るに, 下った東側, 第七条, 第二項

▼ 四十万~ (38, 0.1%)

4 の大軍

1 [34件] かけて, かななにしろ, さすがに, だろうか, であるが, という大軍, と号し, と檻, ないし五十万, なン, になる, にもなっ, にも達した, に減っ, に配当, の党員, の兵力, の呉軍, の図, の地球, の大, の本, の申込み, の相続税, の移民, の紙銭, の軍馬, の野蛮人, の銭, はある, ほど貸し, るーぶりニ達ス, 減って, 猶太人

▼ 四十年配~ (38, 0.1%)

6 の男 2 の分別盛り, の浪人者, の背, の金貸し

1 [24件] だ, で躯, のいちょう, のお, のお方, の中肉中背, の出戻り, の前歯, の勝気, の地味, の太, の夫婦者, の婦人, の少し, の洋装, の眼, の立派, の総髪頭, の老, の者四五人, の豪農, の農夫, の逞, の顏

▼ 四~ (38, 0.1%)

2 は同じ

1 [36件] から十八篇, がそれ, ぐらいずつしか拾い読み, しか作品, だけを選び出し, であ, である, では, には京, のソネット, の中, の作品, の劇詩, の原稿, の如き, の小説, の文, の短篇, はあたかも, はこれ等, はそれ, は僕, は哲学自身, は手習艸紙, は棄て, は言葉, は近代説話物, ばかりかく, また現われた, を予選, を書い, を特に, 第一章, 第五篇, 第八章, 第六章

▼ 四十八歳~ (37, 0.1%)

3 である, の時 2 であつ, のとき, の安二郎

1 [25件] から五十歳, だった詩人ハイネ, では, でりっぱ, で明, で死んだ, で歿, で法然, どつ, なお端麗, などいづれ, にし, になつ, になる, のつら, のゆき遲, の健康, の働き盛り, の光悦, の年, の春肇輯五冊, の比較的, の温厚, の若, の蘭軒

▼ 四十分間~ (37, 0.1%)

6 焼きます 4 煮て 3 弱い火 2 煮ます

1 [22件] かかったが, ですか, でも柔, なら出来ます, に人, に隠し場所, はさほど, ほどもそれ, ほど湯, ほど煮, も弱い, も泡立て, を要, を費す, 強い火, 待つあ, 焼きますが, 煉って, 煮ても, 煮ると, 立つて, 絶えず掻き廻します

▼ 四十里~ (37, 0.1%)

2 のあいだ

1 [35件] たちまちに, である, とはあるまい, にて之, にも近い, にわたって, に及ぶ, に當, に達した, のうち, の区域, の地, の地方, の山河, の歩, の血, の距離, の路, の通遼, の間, ばかり, ばかりにて候, ばかりも離れ, ほどはあった, まで戎克, まで進んだ, も故, も歩い, を歩, を歩み, を通し, を隔てた, 広さ八十里, 歩くとか, 隔たる離落

▼ 四~ (37, 0.1%)

2 となっ, に分類, に曰く, の, は, 及び第

1 [25件] から成る, がたいてい, が印象的, である, として, と相, に, において時に, には新, に分けた, に無, に解説, の一部, の三, の内容, の冒頭, の如き, の近, はもっぱら, は下論中, は義雄, を且, を見よ, を覧, ノ実施ハ来ル明治二十七年十二月三十一日マテ之

▼ 四五歩~ (36, 0.1%)

4 行くと 2 近づいて, 退って

1 [28件] あゆみ寄って, あるいては, しざりながら, して, その方, にし, にじり寄って, にも足らない, の間, の階段, ばかり隔, 下がる, 下る, 先立って, 引返した, 後れて, 歩いて, 歩き出した, 行ったらくたくた, 行って, 走り出す, 退いて, 通り過ぎた時, 進むと, 進んだ後, 遠ざかって, 離れたところ, 飛びさ

▼ 四十三歳~ (36, 0.1%)

4 になっ 3 になる 2 の時

1 [27件] だ一度, であったケーテ, であつ, である, であるべきに, でこの世, ではじめて, で共に, で子供, で歿, で浅草, という男ざかり, となっ, になつ, にもなれ, に至つたの, のとき, のソフィヤ夫人, の五百, の天正四年, の妻常, の平治二年, の年, の政江, の未亡人五百, の男ざかり, の處女

▼ 四十四五~ (36, 0.1%)

2 の年配

1 [34件] だつたかな, だのに, であったが, でしたろうか, でしょうよ, で木綿, で素肌, と推察, にしか見えぬ, になる, に至る, に見える, の, のこれ, のつる, のでっぷり, のオカミサン, のオー, のトゲトゲし, の人, の地方紳士, の壮六, の大男, の女, の女房, の婦人, の小役人風, の年頃, の神経質, の福々しい, の色, の近代母性型, の頭髪, の顔色

▼ 四十年代~ (36, 0.1%)

2 から大正初頭, という時代, の日本, の頃

1 [28件] から大正震災, にかかつて, にかかる, にはい, にはまだ, にフランス, に入った, に入る, に桑田熊蔵工学博士, に進ん, のはじめ, の一部, の事, の初期, の団子坂名物, の思想, の日本人, の明治, の浪漫主義, の色彩, の芝居, の若い, の荷風, の青鞜, はまだ, は昭和年代, や六十年代, 御執筆

▼ 四十年間~ (36, 0.1%)

2 の生活

1 [34件] この不愉快, である, にいろいろ, にこの, にずいぶん, には関東大震災, にわたり続, にわたる大量生産, にマホメット教國内, に二万七千フロリン, に徴募, に急速, に此運動, に當つて, に起つた, の協働, の小麦, の平均価格, の新, の日記, の歳月, の病歴, の舞台的革命, はあまり, は意識, ほどの間, も最も, やかましい小言, を働き, を振り返っ, 帰らざりし男, 最も親愛, 絶えず彼, 闘って

▼ 四~ (36, 0.1%)

2 にわかれ, の客

1 [32件] あって, ありまして, から五組, が六組, が多々良川, ぐらいのパアティ, ずつの男女, でかり, で実に堂々, との廃止なぞ, になつて, に分かれ, に分けました, に分れ, に別れ, のお客, の廻船問屋, の捜索隊, の模様, の男女, の町火消, の眼, の者, の舟子, の踊手, の間借り人, は前後, ほどの他, もあつ, もはじまる, を定め, 固まって

▼ 四五時間~ (35, 0.1%)

3 のうち

1 [32件] かかった, して, たって, だが, でもいい, でも三, で全く, で書き上げた, という所, に及ぶ, に短縮, のもの, の後, の睡眠, の航路, はなれた, ばかり漂った, まえつまり, もあれ, もかかっ, もたった, も塩, も待たされる, も心ゆく, も見えない, も走りつづけた, も遅れたら, も駄法螺, を暮し, を觸, を送った, 聴けるん

▼ 四十六歳~ (35, 0.1%)

3 であつ 2 で歿, の忠相, の時

1 [26件] お冬, で, であった, であれ, です, でロシア, で五人, で大, で常磐会寄宿舎, で死んだ, と云う, なの, にし, になっ, になった, になる, のころ, のさかり, の昭和元年, の砌, の私, の若, の茶山, はあれ, を以て世, を以て終った

▼ 四十枚~ (35, 0.1%)

2 ばかり, をかき

1 [31件] かかる, から五十枚, だけ数え, というの, とその, と一枚, と二行, と書ける, と訳しおわる, にまとめ, に当る, の, のお, の大きな, の小説, の皿, ばかり書き, ばかり見た, ほどのがある, ほどの書き込み, ほどの短い, ほど書き込み, もかい, も書く, も書ける, も貼りつけ, 持って, 敷かれ褥, 程原稿, 要りますけれども, 迄書く

▼ 四千円~ (35, 0.1%)

1 [35件] が丹造, くれと, すぐさま払う, だします, でありますので, である, でたりる, でなければ, で伯爵, で売っ, で払い下げ, で指輪, で頂きまする, で飲ませる, なら会社, なら悪う, のうち千八百円, のため, の事, の俸給, の値打ち, の家, の正札, の生活費, はありますでしょう, は動かなかった, は困った, までは僧侶, も貰いましたろう, も金, をもらう, を投じ, 出しはやく, 取って, 飲んだか

▼ 四年後~ (35, 0.1%)

3 の今日 2 にひかえた, の出生, の手紙

1 [26件] か京都, で芝, にあたる, にあれ, にはヨーロッパ大戦, にはヴィーン, には再, には帝展審査員任命, にわかれた, にソレー, に於ける, に発病, に織田信秀, のきょう偶然発見, のため, のオリンピック, のオリンピック東京招致, のベルリン, の一九二一年, の七二年, の九月, の今日偶然, の明治八年, の東京, の観客, 在洛陽

▼ 四~ (35, 0.1%)

10 の頃 4 に近い 2 に近かっ

1 [19件] かとにかく深々, であった, といっ, ともおぼしい, にかけて秀吉, に兵糧, に発す, に至り, のせい, の丑, の二点, の波, の無音界, の空, の鐘, の闇, まで燈下, を感じる, 起き出でて

▼ 四重奏団~ (35, 0.1%)

4 の演奏 32 とドゥレーパー, のもの, の組合せ

1 [22件] が録音, だ, とケル, とシャンピ, とドリヴェラの, とブッシュ四重奏団, とベリスン, とホブディの, とレナー弦楽四重奏団, とレベルト夫人, のコロムビア・レコード, のモーツァルト, のレコード, の入れた, の明朗寛達, の枯淡, の繊細, はハイドン・ソサエティ, はモーツァルト, は有名, を形成, を挙げ

▼ 四重奏曲~ (35, 0.1%)

2 の形式, 第一番

1 [31件] が一番, で, では, ではベートーヴェン, でスタンダールみたい, という形, とピアノ五重奏曲, に残した, のうち, の一番, の中, の基礎的, の幾つ, の書き直された, の練習, の音楽会, はいろいろ, はハイドン独特, は奇妙, は素人, やのあの, をあまりに, をかたっぱし, をその, を備える, を相当, を続けざま, 第一番ニ長調, 第七番, 第二番, 第六番目

▼ 四十九歳~ (34, 0.1%)

3 であつ 2 で歿, になっ

1 [27件] であったが, でいかにも, でございました, ではじめて, で死んだ, で盛ん, という最盛期, となり, なお二, などを厄年, にし, になつ, に相成ります, に達した, の, のこの, のとき, の今日, の生涯, の秀吉, または五十歳, までの武人生活, を一期, を以てこの世, を以て終った, 若きもの, 迄は子

▼ 四十名~ (34, 0.1%)

1 [34件] いるが, からの人数, が担送患者, が枕頭, ぐらいずつ十段, であったそう, という同勢, となっ, になった, に上る, のみであった, の体重増加率, の侍, の先頭, の内, の定員, の発起人, の者達, の警官, の賛成者, の赤化教授, はいずれ, ばかりありました, ばかりであった, ばかりの者, ほどが若松, も前後, や遽, を出ない, を募集, を呼号, を數, を限定, を雇う

▼ 四宿~ (34, 0.1%)

4 の宿役人 3 の総代 2 への当分

1 [25件] からは贄川, から京都方, から奥筋, から都合四, といい, という, といわれた, と船, にかかった, に網, に連帯責任, の中, の何處, の盛り場, の遊び, の遊び女, はいずれ, へは筑摩郡八十九か村, へ五百人, へ繼立て, も船, を堅め, を始め, を突破, 中三宿

▼ 四斥候隊~ (34, 0.1%)

5 の方 2 か, を呼出し

1 [25件] からの報告, からの始め, からはそう, からは受信, がこっち, が行方不明, が頑張っ, だけが出発以来, とはまだ, とは又, と風間, に連絡, の乗った, の報告, の無事, の行動, の隊長鳥原彦吉以下全員, は, はこっち, はその, はたった今, は火星人, への救援隊, もたった今, を心配

▼ 四人連れ~ (33, 0.1%)

2 の侍

1 [31件] がひょっこり, が後, が来, だった, であった, でお, でしたので, ではる, でわたし, でバス, で其中庵, で千住, で又, で奥多摩, で来, で武蔵, で藤屋, のうち, のひとり, のもの, の一席, の一行, の武家, の男, の男女, の登山者, の若い, の部屋, は伸び, もやはり, や職人

▼ 四~ (33, 0.1%)

18 の駕籠

1 [15件] あるが, だけとい, だったよう, でございました, ですかい, で帰った, と赤坂今井谷, と身, に拳銃, の出刃, の剣付き鉄砲, の山駕籠, の櫓拍子, の装填, の鎌

▼ 四時近く~ (33, 0.1%)

2 ねる, まで起き, 出て, 迄, 迄か

1 [23件] いつと, から, から青路, が一番気温, それでもまだ, であった, である, なった, なった夏, にそこ, になっ, にねた, には明け, に済み, に眠った, ねた, の犯行, を指し, 漸く呼ばれ, 辞して, 迄ゐ, 迄待っ, 迄話した

▼ 四十七八~ (32, 0.1%)

3 でせう 2 の男

1 [27件] あんな老人, かとも見える, だから, だね, でしたが, といったところ, といふ中老, になる, にもなるでしょう, にもなるでせう, のよく, の世馴れた, の内儀, の分別者, の大, の女, の少し, の浪人者, の浪人風, の盲目, の眞四角, の肥えた, の肥った, の臆病, の薄汚い, の血色, の顏

▼ 四~ (32, 0.1%)

4 が, は

1 [24件] がすなわち, である, で二女, で六歳, で秀吉, とし, として生れ, なりグアルドラーダ, なる事, に云, に云う, に當, はさき, は先日女学校, は義雄, をつれあそぶ, をもらっ, を伴っ, を生む, を生ん, を賛, ヲ生, 信匡十六女た, 将平

▼ 四方位~ (32, 0.1%)

5 の大き 2 の大, の室, の小さな, の窓

1 [19件] あるでしょう, しかない狭い, であろうが, な小さな, な掘立小屋, にひ, のお, の四角い, の場所, の大きな, の小さい, の板, の浴槽, の硝子, の穴, の紙, の鉄張り, ゐに, 薄く焦げ

▼ 四~ (32, 0.1%)

5 にも岐, の中, の如き 2 の小者

1 [15件] でも, で交換, となる, に下る, に居る, のパンパン, の商店, の商店街, の小さな, の山水, の玉幡, の雑誌, の音楽家, までの劇場, を好む

▼ 四~ (32, 0.1%)

3 に入りました, の方 2 でその

1 [24件] から出ました, があつ, が智惠子, にかしこ, には當主勘五郎, には薄暗い, には面, には養子, に入, に居る, に薄暗く, に行つて, に額, の二, の外, の大, の灯, の竹格子, の細長い, は田舍家, ばかりの小屋, へ行く, を指さしました, 敷けた

▼ 四~ (32, 0.1%)

5 の手紙

1 [27件] ある, が机, して, しまって, する所, たまって, でも五通, とも同じ, にとどまらない, のお, の中, の中心, の内, の地, の左膳, の發音, の結び文, の質問書, はあるべし, は必ず, ばかりお, ばかりこさえ, も今日, も書く, を提出, を書, を書きおわった

▼ 四ほう~ (31, 0.1%)

5 の壁 2 ほどのごく

1 [24件] からそこ, からその, からとりかこまれ, から人々, から怪盗, から洋館, から老人, から賊, ともあき, にアリ, にガラス, にパッ, に伏せ, のかべは高い, の岩, は二重三重, へバラバラ, ほどの不規則, ほどの大きな, ほど窓, もある, をとりまい, を壁, を観望

▼ 四メートル~ (31, 0.1%)

1 [31件] から一九五一・五メートル, が正確, くらいのもの, ぐらい, ぐらいかも知れぬ, ぐらいである, ぐらいのが, ぐらいの板の間, ぐらいもあり, しかてらしません, ちかくの, ですから, には登りました, のいかだ, のところ, の北側, の砂地, の砂山, の高, はあります, は山, ばかりの伝馬船, ほどあった, ほどのぼる, ほどの杉, ほどもある, もあっ, もあります, もある, も短い, も隆起

▼ 四ヶ所~ (31, 0.1%)

3 の傷

1 [28件] あるだらう, あるでしょう, あるマン圓, だけは検閲官, だけを発見, だけ火傷, で稲, に光体, に及ぶ, に埋めた, に葬った, に門, に集ま, の地所家作, の地面持, の大, の弾痕, の淺, の漁村, の火の手, もで送別会, も弾丸, も所持, も持ち, も持つ, も突き傷, を削除, 見当りました

▼ 四人称~ (31, 0.1%)

3 の私 2 が外国語, が顔, に一つ, に限られ, に限定, の問題, はこれ, は記号, をはぶく, を設ける 1 というよう, という観念, としての常識, と名づけた, の発明工夫, の自我, の設定, を設定

▼ 四十四~ (31, 0.1%)

4 であつ 2 といふ年, となる, にもなる

1 [21件] か五位, が手痛い, が精神病院入院, だけが音, だけの音, だよ, で世, で十一度目, というもの, にある, にもなつて一家, の今日, の時, の歳, の異, の秋, の號舍鱗, は死に, よりなかっ, 第七嚢, 葬巣鴨真性寺

▼ 四千人~ (31, 0.1%)

2 に一人

1 [29件] ありかりに, からの江戸屋敷, からの諸, から三万人, ぐらいはズラリ, しか残っ, であったであろう, である, として正徳, とは云う, と共に行軍, と穀物一万石, にちかい, につき一カ寺, にも上っ, にも達した, にも達する, に分ち, の人々, の勤労者, の多数, の学生, の船客, の行商人, の門下生, はおりましょう, はおろか, ばかりにて上京, を数えた

▼ 四週間~ (31, 0.1%)

1 [31件] かかる, から五週間, か五週間, ぐらい断食, たっても, たつぷり, だけだ, です, ないし五週間, などという本, なりの時日, においては食事給与, にもなっ, にわたって俳句行脚, に一度, のあいだ, のうち, の後, の長途, の間, はかかる, ひるねを, ほど私, もすれ, もその, も発見, も罷工, も餌, を以て終り, を経る, 過ごした

▼ 四~ (30, 0.0%)

2 竝んで

1 [28件] こころもち多く, このたび, このグラン・チャコ, さした, つに, クショ・ホルカンと, ポーレーシューカナペールと, 丁五が, 九であっ, 亭主だ, 保科正之侯, 八百の, 六月四日に, 出た, 厭味を, 張三を, 怪しんで, 手痛い出来事, 残ったり, 漢の, 病気した, 精神病院入院の, 終って, 終つてから, 結婚まで, 胆汁第, 退治する, 開く

▼ 四十めんそう~ (30, 0.0%)

3 はそう

1 [27件] がびっくり, がみょう, がわらいだした, だ, だったとは, のせんこうてい, のもと, のやつ, のゆびさす, のりょう手, の林さん, は, はいきなり, はおまわりさんたち, はこの, はそこ, はたけしくん, はとうとう, はながい, はもう, はりょう手, はペリスコープ, は夜, は思わず, は手, もピストル, をつかまえ

▼ 四十七士~ (30, 0.0%)

6 の墓 2 の墓所

1 [22件] がいささか, が切腹, が君讐, が奮起, が義, ぐらいのヘナヘナ腰, ごときとうてい, で, といはれ, などでも根, のかたき, のよう, の事蹟, の仲間, の助命, の国法, の大志, の年忌, の物語, の討ち入り, の面々, を殺す

▼ 四回目~ (30, 0.0%)

2 の演奏会

1 [28件] か, かの短歌, からは, から平気, ぐらいです, だった, なり, には村民, には母艇ギンネコ号, に当った, に登った, に落ちない, に見た, の, のたしか, のとき往, のポツダム宣言受諾, の十月三十日, の原稿, の塾生活, の奇談クラブ, の数人, の日記, の浦上崩れ, の白洲, の空腹, は三日後, もまた

▼ 四~ (30, 0.0%)

2 の阿波

1 [28件] から陸前, では六千五百尺, では眞宗, でも土佐, と共に支那, などで出る, にお, に分ちたる, に於, に渡り, のある, の伊豫, の六千五百尺以上, の南方, の山, の祖谷山中, の稱, の總稱, の赤シャグマ等, の高松邊, へ移され, まゐり, をいへるなり, を欺, を除け, 中國, 中國あたり, 某寺

▼ 四~ (30, 0.0%)

1 [30件] が四百畳, にする, にもの天然, にも取り巻い, にも搾られてる, にも犯そう, にも貼られ, にも違った, に包囲, に君, に堀, に張っ, に折り曲げ, に監視哨, に通ずべき, に釘, に鉄条網, に黒, のお, の印籠, の屋根, の東北, の棕櫚, の盾, の鉄条網, の関所, の非常線, へ上り五重, までお供, もにのっかっ

▼ 四~ (29, 0.0%)

2 三か, 五ぐらい, 五ぐらいの, 宿の

1 [21件] それとも五六, へりして, わに並ん, ハッキリしない, 五か, 五だ, 五といった, 五とよりは, 五に, 五位で, 何か, 十五, 十五で, 十五に, 十五の, 宿とは, 宿に, 宿への, 條が, 條の, 第五

▼ 四五月~ (29, 0.0%)

4 の頃 3 の交 2 の間

1 [20件] から七, から初夏, から物, が近い, くらいがいい, ぐらいまで作品, だった, だったと, という時節, にかけて水底, のころ, の交二村, の候, の季節, の雪代, の頃信濃川下流, ひらめと, までとけない, より七八月, 経って

▼ 四十以上~ (29, 0.0%)

3 の人, の女 2 の男女

1 [21件] あり然し, だと, であらう, であること, であろう, であろうな, ではない, に見える, に見られます, のまったく, のもの, の人間, の善女, の垢抜け, の大, の年輩, の田舎者, の穏やか, の老妓, の頑丈そう, らしいが

▼ 四~ (29, 0.0%)

2 にも足ら, の庭

1 [25件] か五坪, か五坪位, が四壁, ぐらいの広, たらず紅葉, のもの, の凹地, の土間, の小, の平地, の硝子明取り, は単に, ばかりで, ばかりの小ぢんまり, ばかりの小屋, ばかり地, ほどのところ, ほどの小室, ほどの平地, ほどの狭い, ほどの納屋, ほどの雨, ほど平ら, 程の土間, 程の広

▼ 四~ (29, 0.0%)

2 とも行った, の毒蛇

1 [25件] から八疋, から八疋ぐらゐまで梟, しか居りません, つかまりましたよ, ではない, と他, と尾, ながら棄て, になつて旋転, に車, の中, の犬, の竜, の蜂雀, の豹, の鯡, はいっ, も出, も持つ, も捕, も生れた, も行っ, 孕んで, 産まれたの, 贈られ愛養中二疋

▼ 四~ (28, 0.0%)

3 の金 2 あれば, と二分, の余

1 [19件] か五両, くらいしか貸し, ずつ行渡れ, で買いました, で買う, と併せ, と少し, と若干, どうで, のことぢ, の大, の損, の給料, の給金, ばかりとす, ばかりの金, まで, も入りました, をとどこおり

▼ 四十両~ (28, 0.0%)

3 の一万人 2 の金

1 [23件] かの金, くらいのもの, くれた, であつ, で済ん, ということ, という浄るり, と云う, になっ, にゃ売れるだろう, の五十両の, の借金, の借金家財, の勘定, の支払い, の現金, の端金, はおろか, ほどせしめやがった, も借財, も捲きあげられた, 使い果して, 入れて

▼ 四十余年~ (28, 0.0%)

3 の昔

1 [25件] いまだに広島, だけにし, といえ, にもなっ, のあいだ一度, の半生, の年齢, の後, の月日, の歴史, の生涯, の臥薪嘗胆, の託言, の長い, の間, の間五畿七道, の間継続, の間館, も前, をほとんど, を経た, を通じての人情, を過ぎた, 未顕真実, 老措大

▼ 四年度~ (28, 0.0%)

2 の豫算

1 [26件] におけるブルジョア文学, における文学, における朝鮮, における著しい, には, にははっきり, には凡そ二百三十七万人余, に岩村藩, に握りつぶし, に活動, に至る, に著しい, の, のこと, の加奈陀太平洋会社汽船案内, の四分の一, の奇現象, の實行豫算, の所得額, の提出法案, の文学, の日本文学, の暦, の洋画壇唯一, の臨時議会, を御覧

▼ 四~ (28, 0.0%)

2 に一度, も眠らない

1 [24件] ぐらい起き, です, と続きました, の徹夜, の調べ, の辛労, もいいえ, もこの, もつ, もつきまとわれた, もつづいた, も五晩, も帰らず, も徹宵見張り, も昨夜, も汗, も眠りません, よ, を経過, 借りたってな, 明かして, 泊って, 走りつづけました, 飛び廻つたの

▼ 四~ (28, 0.0%)

2 の中

1 [26件] お米, お酒, お魚, ずつとしましょう, ずつ出る, それから西瓜, である, で有, とそれ, の化粧服, の木綿片, の波, の浅黒い, の菓子, の賤民, の類, を使います, を四瓜子, を用いる, を配した, 出ます, 出ますから, 出来ます, 即ち芭蕉, 取揃えて, 揃った

▼ 四通り~ (28, 0.0%)

3 に分け 2 ある, の葬り

1 [21件] あって, そして黒板, で, である, になっ, に並ん, に使えます, に使える, に分けた, に説明, に配釈, の命名動機, の夢, の意味, の花, の草案, の話, の話し, も作っ, も言語, を分かつ

▼ 四万石~ (27, 0.0%)

3 の城主, の大名 2 の酒井左衛門尉

1 [19件] が欠け, そして彼, でげす, とあった, のお, の城主細川侯, の大, の大名中, の大身, の小, の石田三成, の細川家, の若殿様, まである, を与え, を引, を所領, を領し, を食みました

▼ 四五桂~ (27, 0.0%)

3 は錯覚, を見た 2 に錯覚, の謎, を見

1 [15件] から同棲, が将棋以外, だったん, であると, ではない, とはねた, と同じ, と読んだ, には錯覚, に当る, のつづき, の場合, はそれ, を読んだ, を読んでる

▼ 四代目~ (27, 0.0%)

1 [27件] お葉, である, でトマス, で一日, で先代, とかいった, となる, にあたる, になっ, には登り詰める, にも五代目, の, の傳法大阿闍梨, の先祖, の司馬談, の吉兵衛, の君, の和帝, の坑長, の孫, の孫女, の皇帝, は太平洋岸サンジェゴ, は飼わない, をついだ, を襲いだ, を襲いでよ

▼ 四~ (27, 0.0%)

2 で暮し, は絶対, を占め

1 [21件] から五割, がたえ, たかかった, だした者, とピン, と吃つ, に減っ, のチタン, の利, の配当, は地方, も利益, も徒長, を充, を占める, 又上っ, 減ったも, 減るかな, 若しくは二割, 高いが, 高し

▼ 四十あまり~ (27, 0.0%)

2 の人, の大, の女

1 [21件] ただし頭, であった初め, に見ゆる, のかみさん, のころ, の主婦さん, の士, の大男, の女入り, の好人物, の如何, の小づくり, の春秋, の時銭塘江, の炭, の男, の羽織袴, の腦, の色, の顔, の鼻

▼ 四十年輩~ (27, 0.0%)

4 の男 2 の立派

1 [21件] の体, の侍, の僧侶, の堅氣, の夜会服, の容貌魁偉, の小作り, の小男, の房州者, の技術, の武士, の武家, の氣, の浪人者, の眼, の脂, の船頭, の豪農, の逞, の遠縁, の飛白

▼ 四十過ぎ~ (27, 0.0%)

5 の女

1 [22件] いやヘタ, だが, では, としか見えない, のいつも, のいや, の世帯疲れ, の中婆さん, の中老組, の分別者, の年配, の年配ぢ, の愁い, の獨身, の男, の立ち役, の羊羹色, の逞, の達者, までは何, まで獨, らしく肥えた髯だらけ

▼ 四~ (27, 0.0%)

4 の系統 3 のうち 2 だった

1 [18件] あり毎, がある, がその, というの, につづく, に出, に預けられ, の一人, の位置構造, の大名, の子弟たち, の展覧会, は狼火がわり, へわけ, まで自動車, を出, を合従, を特に

▼ 四文字~ (27, 0.0%)

2 であった, を九文字

1 [23件] あって, か十七文字, がかかげられ, がどんな, が余りに, が文書内, が書い, が書かれ, が記され, だか, だと, である, で出来, で筆, になる, に籠っ, に籠め, の下, の単語, は素石, を後, を書いた, を的

▼ 四日ぶり~ (27, 0.0%)

6 に街 3 に御飯 2 に外出, の外出

1 [14件] ではじめて, で家, で逢う, で陸地, にぬく, に人間, に入浴, に出かける, に燈火, に理髪, に起床, の御飯, の煙, の酒

▼ 四にも~ (26, 0.0%)

8 なって 2 なるまで

1 [16件] あろうという, ことによったら, なったであろう商売人, なったらもう, なった政枝, なった銀子, なってから, なりながら, なりましょうか, なると, なるらしい大きな, なる立派, なる長女, 五にも, 似た話, 及ばず又

▼ 四一年~ (26, 0.0%)

2 の一月, の夏, までその

1 [20件] から四四年, から始, で倍加, と二囘, ないし一七五六年, になくなりました, にはぐるり, には又もや, には情報局, に又もや, に死す, に死ん, に第, の六年間, の初め, の大, の春, の真夏, の秋ナチス軍, までの文芸評論

▼ 四~ (26, 0.0%)

3 の瀑

1 [23件] だ, とし, に減ぜる, に過ぎないであろう, の小, の高, はある, ばかりで, ばかりの滝, ばかりの瀧, ばかり彎曲, もあり, もありましょう, もある, もあるであろう, もあろう, も剥い, を下らず, を照らす, を超え, を遥か, 即ち四十尺, 広さ十八丈

▼ 四五匹~ (26, 0.0%)

1 [26件] あげよう, うようよし, か或は, が死ん, が臨終, ずつは釣っ, とって, とまったまま, にも達し, の牡猫, の猫, の田作, の虻, の蟹, の蠅, の豚, の野良犬, の雀, の青大将, はいっ, ぶらりと下っ, 下さい, 引かせて, 放ったり, 続いて, 飛んで

▼ 四五十~ (26, 0.0%)

1 [26件] あっても, あつめたくらいの, あるいはなお, からの上, しかない, たちまち雪つぶ, と野葡萄一, なるが, になつ, のこと, の蠅, の鼠, はあるだらう, は釣れる, ばかりの女, ばかり空席, ばかり集まった, もあった, もあつ, もあります, も喰, も積む, をひきつれ, を数える, 相接し, 空いて

▼ 四十五十~ (26, 0.0%)

4 になっ 2 になれ

1 [20件] といえ, となった, となつ, ともなれ, と追, にも達し, に成る, に殆ど, のやくざ, の下り坂, の中老, の大人, の小, の年, の齡, まで双, をぶらさげる, 迄分れ, 近い女, 近い女性

▼ 四十間~ (26, 0.0%)

2 その瀬

1 [24件] あったと, あるか, から五十間, ぐらいのもの, ぐらいの距離, でその, という, という大岩, とははなれてない, にわたって海底, の奥行百間, の寝, の広, ばかりにて休息, ばかりの小池, ばかり上手, ばかり離れ, も歩いた, より漸次, を超え, 広い所, 置きに, 行きますと, 行くと

▼ 四年ぶり~ (26, 0.0%)

1 [26件] かでやっと, だ, だもの, であった, である, でこの, です十六年, でニージニ, で以前, で城, で彼女, で逢う, で逢った, で陽, にこの, にようやく, にわし, にメーデー, に仰いだ, に再び, に友達, に左近中将, に馬酔木居, のこと, の子, の対面

▼ 四~ (26, 0.0%)

2 の水禽, の雁, ばかりゆるやか

1 [20件] さも面倒くさ, ずつさし込む, として二四, とも一度, になった, のうち, のカナリヤ, のトビ, の小鳩, の美しい, の雌, の雌鳥, の鳥, の鴉, の鶏, は動脈, は必ず, ばかり口嘴, をりました, 続けて

▼ 四~ (26, 0.0%)

2 の生徒, の連中, を選んだ

1 [20件] から学習院, であった, ではすでに, では私, でもいい, で一般, で行なわれ, と一高, にいた, における長い, に教師, の三年生, の名物西田幾多郎先生, の学生, の学生時代, の教授, の独語教師, は対校試合, は柔道, へ入っ

▼ 四五冊~ (25, 0.0%)

2 のドストエフスキイ, のノート, の古, の本

1 [17件] あつた, あるから, くらいおいた, ずつで二カ月目, ずつ出し, ちらばって, についてブック・レヴュー, のむずかしい, の数学, の書物, の書籍, の草双紙, の雑誌, 下げて, 乗せて, 抛げ, 持って

▼ 四五十年~ (25, 0.0%)

4 の間 3 も前 2 の月日

1 [16件] おくれて, で出, で近世國家, で近世日本, にし, のあいだ, の後, の教育, の経験, ばかり昔, ものあいだ, もむかし, も昔, も経つ, を経る, 遡ること

▼ 四代目クラブ~ (25, 0.0%)

2 のクラブ

1 [23件] から入会, が冷静, が終戦, ではただ, では故, にはあまり, のおしこみ, のひとたち, のひと達, のオール, の万能選手, の会報, の社会連帯心, はあの, はふらふら, は死に絶え, は馬鹿, もお, ももう, も一億, も利巧, も鎌倉組, や鎌倉組

▼ 四~ (25, 0.0%)

2 か五室, しかない

1 [21件] ありて, ある, ある一亭, かそこら, から成る, ございます, すなわち全, で市内唯一, で村, と増す, に区分, に区劃, に屋根裏二階, に過ぎない, のうち, の者, ばかりはことごとく, もある, を借り切つ, を明け, を設けなけれ

▼ 四百両~ (25, 0.0%)

2 からの金, の金, や五百両

1 [19件] か, からの小判, か五百両, その上, では, で話, というの, となにがし, に売った, のお金, のゆくえ, の才覚, の隠し場所, の頭, ばかりで, ばかりの御, ばかり貰, もする, を費した

▼ 四~ (25, 0.0%)

7 五の 5 五第 4 五と 2 五たるべき 1 七嚢を, 三と, 二の, 五という, 五も, 五水兵は, 四は

▼ 四~ (25, 0.0%)

5 に分れ 3 の鎖 2 の廊下, の釣り手, 長く乱れ

1 [11件] が手拭, だか, の刎, の戦ひ, の竪繩, の長い, は昔, もある, も斬りつけ, 刻んだ様, 置いて

▼ 四箇月~ (25, 0.0%)

4 の間 2 が過ぎ, は郷里

1 [17件] くらいしか居ない, したところ, で駄目, という月日, とは気がつかな, なりと, に亙る, に達する, のあいだ, の女児, の細君, の軍事教育, ばかり前, も立った, も経たぬ, も遊ん, を取らざるべからず

▼ 四郎左衛門~ (25, 0.0%)

2 であつ, を追

1 [21件] がきつ, が三宅典膳, が出, が師匠, が捕はれ, が横井, すぐさま馳せ, だった, と申し, と親善, に与, に追, の事, の刀, の潜伏, は十六歳, は明治三年十月十日, を回護, を相手, を知つて, 名告

▼ 四という~ (24, 0.0%)

1 [24件] ことだ, ところ, ところで, ところであろう, ところでしょう, のは, のを, ふうに, ものは, 中途半端な, 大人に, 女の, 年には, 年の, 年は, 年齢に, 春待に, 比率が, 比率で, 洒落に, 男が, 石壁に, 算術は, 謎の

▼ 四フィート~ (24, 0.0%)

2 もある

1 [22件] ある, あるいはそれ以上, あるか, でどこ, というの, という煉瓦づくり, に一フィート, のうち, の一枚石, の倭生松, の全, の木, の深, の窓, の竹, はなれ, ばかりその, ばかりで, ばかりの高, ばかり隔て, 厚さ六フィート, 深さ

▼ 四~ (24, 0.0%)

4 を見廻し 2 を見廻した

1 [18件] がだんだん, には若葉, には草, に人, の光景, の静さ, はひっ, はまた, は汚点, やうやうさわがしく, を, をきょろきょろ, を眺め, を見, を見回し, を視廻し, ガ九三デアッタガ乗車後予ハ明ラカニ興奮シテイルコトヲ密カニ感ジル, 同三年四月十日叙従三位

▼ 四五年頃~ (24, 0.0%)

2 から昭和十年, と推定, までが最も

1 [18件] かに, からド・ブロイ, から心掛け, であるが, と考証, なるらん, に出来た, に古河屋政兵衛, に大, に死んだ, のこと, の小説, の田舎, の秋, は吉田町, は御, までは江戸時代, まで講中

▼ 四五杯~ (24, 0.0%)

2 のん, の酒, も飯

1 [18件] かたむけたあと, たてつづけた, のみました, の盃, の麦酒, はとれる, もあおった, ものむ, もゴクゴク, も引っかけたら, も詰めこん, も飲む, 傾けて, 受けて, 多い時, 置き竝, 飲んだ果ては, 飲んで

▼ 四人組~ (24, 0.0%)

5 の一人 2 の外

1 [17件] がチャン, が勉強, で自宅, になった, に家, のボードビリアン, の動物, の大将分, の惡者, の方, の楽隊, の踊り, はその, はゆうゆう, もひどく, も思い出, 多分ダフ

▼ 四十七人~ (24, 0.0%)

2 の中

1 [22件] が切腹, だけの業, って本当に, という女, なの, なりと, に対する公儀, に爵位, の名, の名前, の娼妓, の家来, の浪人, の浪士, の生命, は, はいなかった, はことごとく, は尽く, は立派, もある, を生ず

▼ 四十何年~ (24, 0.0%)

8 か前 2 と云

1 [14件] かに, かの春, かの洪水, か後, ぐらいの銀座, というん, の年月, の後, の昔, の生涯, も昔, も汗水, を重ね, 遊んで

▼ 四十年後~ (24, 0.0%)

11 の今日 2 に氷河

1 [11件] にスクリイブ, に今, に室, に改選, に至っ, の一九三〇年, の今, の元, の寛永九年, の日, の近ごろ

▼ 四時半頃~ (24, 0.0%)

1 [24件] かえって, だったでしょう, だったと, だという, であった, でもあったろう, でチョン, で御座いましつろうか, で急いだ為, で私, にはもう, にもなりましょう, に会社, に坂田, に帰つて, に式, に木村さん, に洋服, の事, まで約, も出, 出て, 行く, 迄汗

▼ 四~ (24, 0.0%)

2 なり

1 [22件] あって, あるん, その以後, で今, で台, といふ結果, となっ, なれば, について不満, に及び, に要約, の出品, の占める, の気温, の目, の紅, は全く, は類似, をあげた, を合計十八円也, を数えあげた, 黒い形

▼ 四~ (24, 0.0%)

3 のボート 2 の船

1 [19件] あったが, うかんで, から成る, だったの, つないで, に分, の小舟, の快速船, の某, の艀, の軍艦, の鵜舟, の黒船, はすでに, は杭, ほどの汽船, や五艘, を一組, 来て

▼ 四たび~ (23, 0.0%)

1 [23件] おなじしらべ, この名簿, この家, である, では, に開かれる, の試み, はきっと, ほどそれ, まで立ち入り, もこえ, 変って, 変わって, 廻りて, 打った, 書きつけた, 然り, 猛將奮然, 白い齒, 程小次郎, 突き飛ばされて, 繰返したが, 選ばれ遂に

▼ 四~ (23, 0.0%)

32 一, 三, 五ノ

1 [14件] 一七, 一九二深, 二十五二十六という, 六・六九, 六二, 六二五境ツネ子, 六二六頁, 冬マデ檻, 四・九四, 四作品五〇ノ, 徒ッ子ノ, 目的ハソウスル, 目的ヲ, 頃ダッタト思ウ

▼ 四五百人~ (23, 0.0%)

1 [23件] あつた, おりますって, からの人足, くらいも泊, と言う, の乗馬者, の労働者, の宿泊者, の左慈, の生徒, の男たち, の職工, の軍隊, はあった, もぎっしり, もの観客, も同じ, も諸方, も集っ, を勢ぞろい, を容れる, 実際は, 来て

▼ 四十六~ (23, 0.0%)

2 であった, の年

1 [19件] か, か七, だそう, だと, だとか, だよ, っ, であつ, である, です, で五年, といふ, といやがった, なり, になる, にも記載, の隧道, よ, 及びそれ以上

▼ 四十日間~ (23, 0.0%)

1 [23件] ことごとく英領, ときめ, にさがし出さない, に三十六回, に亙り, に見た, の, のいう, の入定, の入院, の宗教季節, の所感, の滞空, の給料, の給料五万円, は飛べる, まんざら遊ん, も地下, も地中, も腐敗, も雪, 小さい箱, 常に英国人

▼ 四十歳前後~ (23, 0.0%)

1 [23件] から仕官, から已に, である, ですが, で死ん, という年, には社会時評, のお方, のこと, のころ, のその, の人々, の年ごろ, の年頃, の成り上がり, の時, の流行小説家たち, の物静か, の男, の相当, の立派, の門人たち, は生憎

▼ 四十近く~ (23, 0.0%)

3 の男 2 なった, の半分炭化

1 [16件] では若旦那, なって, なつて獨, なつて配偶, ならないと, なると, なるまで, なる女, になっ, になつ, のお婆さん, のこれ, の女, の立派, まで処女, 見えたけれど

▼ 四種類~ (23, 0.0%)

2 である, に分けられ

1 [19件] あった, あります, あり洗い髪, あること, がまず, だ, とし, に分れ, に区別, のみそ, のロシア, の人物, の原稿, の木虱, の登場者, の答案中, の蟻, の随筆, はやっ

▼ 四高弟~ (23, 0.0%)

4 の者 2 のうち, は

1 [15件] などは相手, に囲まれた, のほう, のほか, の一人, の人々, の方, の眼, の輩, はここ, はそう, はまず, は円座, は笑った, もそれ

▼ 四マイル~ (22, 0.0%)

3 あり

1 [19件] か五マイル, ぐらいのそば, なり, にし, に及ぶ, に過ぎざる, の中間〇・七マイル, の平坦地, の距離, の路, の速度, ばかり北方, ばかり漕ぎ出した, もぎっしり, や五マイル, を隔てた, 極めて広闊, 行かねば, 近い内陸

▼ 四五円~ (22, 0.0%)

2 くれて

1 [20件] あった, から五六円, から漸次七十円, くらい貰いたい, くれないかと, でしょうね, になっ, になる, のもの, の上り, の価値, の金, はございましょう, はほし, は貸し, まで, まで暴騰, を得る, を貯金, 迄ある

▼ 四五十分~ (22, 0.0%)

1 [22件] すぎて, で戻っ, で藤堂駿平, にて槍肩, に続く, はなれた, ほどかかる, ほど後, まえに, もうたた, もかかる, もたって, もむうち, も下る, も座, も走る, を費す, 程の間軌道, 経って, 進むと, 遅くも, 遊んで

▼ 四五年間~ (22, 0.0%)

2 の事

1 [20件] ずいぶん派手, でせう, における社会情勢, に一度, に大変進歩, に新しく, に行燈, のある, の少年少女, の惨憺, はその, は愛用, は最大, は業績, は殆ど, は比較的, も続け, 会った事, 働かせられて, 大きな比率

▼ 四人分~ (22, 0.0%)

2 の卓, の受領書

1 [18件] ある, でも力, になる, の価値, の弾丸, の桟敷, の洋服, の珈琲, の蓑, の足跡, の路金, の食料, もたべ, も心配, も重ね, も騷い, を貯え, 取ッテオイテ貰ウ

▼ 四~ (22, 0.0%)

3 の米 2

1 [17件] かつがつの, か五俵, つけるところ, で白米一石, とれる田, なんざどうしてもとれべと思つてん, のはず, の俵, の年貢, の飯米, はとれる, も一人, やらかしたん, をタテ, 持って, 盗んで, 運べた若い

▼ 四平街~ (22, 0.0%)

1 [22件] から来られた, から汽車, から百九十哩, では雪, と云え, にすゝめ, に一泊, に著い, の方, の方向, の満, の見物, へ, へ帰れない, へ廻り, までは生面, まで引上げ, まで来ず, まで行つて奥地, を出発, を立つ, を離れ

▼ 四時前~ (22, 0.0%)

2 にすつかり

1 [20件] かえる, から五時, から日暮れ, だ, だつたらうなか, であつ, です, ですよ, で堂屋敷, なのに, にあがった, にここ, にはきっと, には全快, に報告, に本郷, に終る, に起きた, 少し休み, 開く

▼ 四~ (22, 0.0%)

1 [22件] がもの, である, で合格, となった, ともいうべき, にいた, にて合格, には最初, に別, に叙せられ, のデッキ・パセンジア, の勲章, の景品, の有期徒刑, の村田, の種々, の賞, の音, の5, は無料, は5, 測点

▼ 四~ (22, 0.0%)

2 の三輪会館, を出

1 [18件] からの帰り, から新宿, なんかに師匠, に徃, に移住, に行く, に行っ, に飲む, に養子, の堂, の塩町, の大通り, の家, へおいで, へ往く, まで帰っ, を貫く, 見つけで

▼ 四つ折~ (21, 0.0%)

6 にした 2 にし, の手拭, 又は八つ折 1 にかさね, に折った, に折られた, に敷いた, に畳まれ, に綴じ, に綴ぢ, の半紙, の書簡箋

▼ 四五十名~ (21, 0.0%)

2 の侍, の軽装

1 [17件] おのおの奇異, としか触れ出され, と木材会社その他, に討ち減らされた, の一小隊, の人影, の味方, の土匪, の士, の家臣たち, の諸氏, はあるだろう, は用意, もい, もいる, も居ったでございましょう, も峰々

▼ 四~ (21, 0.0%)

2 のもの

1 [19件] から第, が上場, だけが入っ, であった, に対して五十円, に書き卸した, に脚色, の, のあいだ, のあと, のクライマックス, の朝鮮王妃王子ら, の歌劇, の素晴らしい, の終り, の黒谷墓地, より一月後, をとうとう, を書く

▼ 四年以前~ (21, 0.0%)

2 にこの, に私

1 [17件] おそらく日本紀編纂, からよく, から変っ, この町, となり, にお, にくらべ, には穉氣, にネープルス, に御, に我が国, に確か, のあの, の事, の二十年間, の恐ろしき, の諸

▼ 四~ (21, 0.0%)

2 に分け, に移る

1 [17件] あり第, がある, です, で四十フラン, としてこの, としては最, に別, に日伊協定, に移りたる, に至る, の呪言作者, の大, の政論, の政論界, の本, の洪積世, も無配當

▼ 四~ (21, 0.0%)

3 の銀河鉄道 2 の伊藤内閣

1 [16件] と戦, に馬, の世界, の付け句, の召集令, の大将, の往診, の男の子, の総, の芸術, の銀河鐵道, の鎌倉軍, の長い, の関東軍, 現吉田内閣, 第五次

▼ 四~ (21, 0.0%)

2 の深編笠

1 [19件] から成っ, がはじまった, が極, だから, でたいてい, と第, には臍, に人々彼, に引いた, に引用, の前半, の更迭, の氣, の沈靜, はアッ, は二十四節, は天火, は追, ばかり毛垂

▼ 四五十円~ (20, 0.0%)

2 は送っ

1 [18件] でもかっちり, とられたし, に当る, の入費, の反物, の女, の安, はかかる, はとられる, は何, は出し, もあれ, も儲かった, も掛る, も行, も送れる, を給せられ, 稼ぐ人間

▼ 四五月頃~ (20, 0.0%)

2 になる, の気候

1 [16件] から浅草, から父親, から諸所, が一等農民, でしたか, と九十月頃, においてこと, には無, に七, に新宿駅前, の巨文島, の明石だい, の春鯛釣り, の温泉あまり, の産卵, までである

▼ 四~ (20, 0.0%)

3 の一人

1 [17件] が全, が成都, のほか, の一人李, の気数運命, の軍, は, はその, は各々, は本隊, は煽動, は馬, も臍, をもっ, を置いた, を置く, を臨時

▼ 四文錢~ (20, 0.0%)

3 を一枚

1 [17件] がたつた, が一枚, が三つ四つ, が三枚, が二三枚, が五六枚, が少し, が岡浪之進, が續, でやられた, は持つ, は額, ほどの丸い, を三枚貰つて, を勘定, を糸, を釣つた木綿糸

▼ 四~ (20, 0.0%)

3 の, の歌

1 [14件] しか吹けない, に優る, のすばらしい, のほか, のスケルツォ, のヴァイオリン協奏曲, の円舞曲, の独唱会, の練習曲, は, は一曲, 入って, 入れて, 揃って

▼ 四本目~ (20, 0.0%)

2 の徳利

1 [18件] が欲し, だぞ, と五本目, にあたり, になった, の一刀, の今度, の最後, の格子, の桟, の矢, の箭, の芋, の銚子, は, はまだ, までのこと, を求める

▼ 四本足~ (20, 0.0%)

2 の蜘蛛

1 [18件] があります, がやってき, が最も, だろうが, ではなく, では無く, で立つ, のある, のすべて, のフラフラ, は犬, めがけて, もある, も四本, を折り, を採用, を焼, 次に二本足

▼ 四番地~ (20, 0.0%)

1 [20件] だ, というの, にある, にき, にささやか, には養父斎藤紀一先生, にレニエ氏, に住, に住まれ, に住ん, に在り, に沢村ヒサ, に狩野, に立て, に行った, の一間, の吉野屋, はどこ, へ来る, へ転宅

▼ 四~ (20, 0.0%)

1 [20件] ありますから, うった, だ, であるから, と打ち出した, の, のダイナマイト, の一番普通, の大きな, の大型飛行機, の旅客機, の祝砲, の美しい, の銃声, の銃弾, も同じ, を有する, を点火, 続いて, 続けて

▼ 四百年前~ (20, 0.0%)

1 [20件] からの歴史, にある, には専門化, にソクラテス, に伝来, に渡来, に織物都市, のイタリー, の中国食器, の中央アジア, の創建, の古代, の最大, の欧州社会, の歌謡, の生活者, の隠語, まで因, 亡んだ尚徳王, 尚真

▼ 四~ (20, 0.0%)

2 の峰, の高

1 [16件] から一・五米, ぐらい, ぐらいの溝, ぐらいの高, で即ち, で直ぐ, と測られた, の一隆起, の三角点, の大倉山, の小金沢山, の烏帽子山, の高所, 減りました, 程高い, 長さ二十米

▼ 四軒目~ (20, 0.0%)

2 のところ, の家

1 [16件] で一番, で杜氏, で間口, で隣り, にげほう, に住ん, に木, に火, に現れたでしょう, のカフェ, のカフェ・オソメ, のテント, の酒屋, は晩飯, へ放ける, を燒

▼ 四五日目~ (19, 0.0%)

2 のこと

1 [17件] から人事不省, が極, だと, で御座いました四十, にお, になります, になる, にはここ, には一つ, には大, に亡くな, に大根, に少し, に行方不明, に行衛不明, の明け方, の正午頃

▼ 四五羽~ (19, 0.0%)

4 の鶏

1 [15件] いるが, その長い愛らしい, という風, の, の遊離群, の雀, の鳥, の鵞鳥, は射ち落し, もつぶせ, も留っ, 擦り寄り庭, 無氣味, 飛び出て, 飼おうかと

▼ 四円五十銭~ (19, 0.0%)

2 で世間, というの

1 [15件] から四円八十銭, だ, で借りた, で私, で高等師範部, ということ, という金, としても四万五千円, とられたには, と云った, と申す, になる, は成, もとる, を得

▼ 四十フラン~ (19, 0.0%)

2 もする

1 [17件] だ, だったの, ですとさ, ですね, でぼく, という金, にし, にしかならない, になる, の金, も金, をモンフェルメイュ, 出して, 送らなければ, 送れですとさ, 集めなければ, 集めるであろうか

▼ 四十五銭~ (19, 0.0%)

1 [19件] いただくこと, から六十銭位, だ, であった, ですからな, で二円二十五銭, といへ, と云, と呼び, にあがり, にし, に御座候, のお, の収入, の附添食費, はいりました, はきっと, をせしめたなら, 戴きます

▼ 四千万~ (19, 0.0%)

2 の同胞, の愚物

1 [15件] だが, ちかい失業者, てたいした, でありかつ, といふやう, とか何でも, となる, にはなりません, に達し, の利子, の土人, の失業者, の資本, の驀頭, 第三日

▼ 四~ (19, 0.0%)

2 にかたどる

1 [17件] がからみまし, が大勢, で出る, で舁ぐなんていふばあひには, にかつぎ, になっ, に不足, に吊っ, のよう, の下, の棒, の着附, は布袋, もまた, を切っ, を着け, を譲られ

▼ 四年六月~ (19, 0.0%)

2 には三崎座

1 [17件] から二十三年, といえ, には六歳, には石見, には紀伊, にも大, に帰国, に帰朝, に歿, に発表, の事, までは烽烟剣光, まるで乞食, を以て死せり, 入鹿, 出發, 実朝二十五歳

▼ 四~ (19, 0.0%)

3 になる 2 にし

1 [14件] かお, か五才, しかして英三, だった, でもお, でも菊様, で何, で歿, なり, のお, のみの虫少年, の子, の時, より上

▼ 四日五日~ (19, 0.0%)

2 と苛立たしい, に禁廷

1 [15件] その金, とすぎ, とつづい, とまって, とも好成績, と月末, と熱, と経, と過ぎる, のころ, はおろか, は近国, は雨, まで病悩, 乃至七日間

▼ 四本指~ (19, 0.0%)

3 の手, の男 2 の兄貴, の右手 1 がいった, がそそのかした, がニヤリ, である, なんで, の声, の手首, を見せ, を見せまい

▼ 四百米~ (19, 0.0%)

2 の走者

1 [17件] くらいの高, ぐらい垂れ, では勝った, と庭, に近い, のアナウンス, の速力, ほどの丘陵, もある, も低い, も深く, を下りたる, を抜い, を超え, を超えた, 放り投げること, 高いから

▼ 四~ (19, 0.0%)

3 の間 2 しかかかつ, と五秒

1 [12件] かかるという, か五秒, ぐらいでもう, ぐらいの週期, だけ短, つづいたの, と一秒, と出る, と緊張, にも嵩む, も公認, や五秒

▼ 四馬路~ (19, 0.0%)

1 [19件] という道, などの繁華雑沓, に人気, に返し, の夜霧, の大通, の散歩, の方, の杏花楼, の濃い, の緑扇座どころ, の茶楼, の菜館, の賑い, の雑踏, の青, や師孝徳路あたり, をご覧, を散歩

▼ 四二年~ (18, 0.0%)

2 の夏

1 [16件] あるひ, から七〇年, にかけて間歇的, にその, には, にはカール, にコマンドルスキー群島, にゴーゴリ, に一応, に到っ, のこと, の五港開放以後, の十一月十二日, の阿片戰爭, まで兩家, まで調査

▼ 四五日うち~ (18, 0.0%)

1 [18件] に, にあたし, にお目にかかります, にちょっと, にでも, にと云う, にはご用先, には立たなく, にまた, にランハン, に京, に必ず, に新しい, に聞き, に行っ, に返事, 出そうかと, 待つ身

▼ 四五日後~ (18, 0.0%)

4 のこと 2 であった

1 [12件] だった, でした, にはいかに, には神田, に因幡守, に持ちこんだ, に敵, に行われた, に迫つて, の事, の午後, 新介

▼ 四十台~ (18, 0.0%)

2 までを災い

1 [16件] かせいぜい, でございますよ, でともかく, で名, で覇心, にし, になっ, にまたすこし, の今日, の体, の女, の扮装, の清盛, ばかりの荷車, ほどのロケット, 使って

▼ 四十格好~ (18, 0.0%)

2 の人, の男

1 [14件] で気性, のせい, の人品, の克明, の女中, の婦人, の小柄, の役者, の洋服, の無, の痩せ, の脂肪, の脊, の香具師

▼ 四千年~ (18, 0.0%)

2 の昔, 光りは

1 [14件] が三千年, ぐらいは慥, というもの, と見ましょう, などと申します, になつ, の古代, の古典, の史乘, の外交史, の文化, の歴史, も五千年, 程齡

▼ 四日後~ (18, 0.0%)

2 のこと, の事, の日曜日

1 [12件] でなければと, にブラドン, に倫敦, に傳助, に早朝, に死んだ, に迫つた演説會, の今日, の名月, の夜, の朝日, の泥棒

▼ 四~ (18, 0.0%)

2 の方, へ出る

1 [14件] から京極あたり, で見た, に出, の八尾政, の大橋, の小橋, の心, の橋, の河原能, の磧, の箭, の西壬生, を西, 同三百十五條

▼ 四~ (18, 0.0%)

4 と数 2 ばかりぽろぽろ

1 [12件] でやる, で千円, となっ, と分けられた, と毎日, なり取っ, の天地, の天地振分け, の穀物, も五粒, 次に八粒, 飲むと

▼ 四~ (18, 0.0%)

1 [18件] と同じ, と言った, に逢い, のみずから, の存在, の引致, の概括的演繹, の関係, はいずれ, は皆違, を以て其主要, を合し, を目的, を連立っ, 到底, 即ち咬傷, 各其方面, 各其釣合

▼ 四輪馬車~ (18, 0.0%)

2 に乗っ

1 [16件] がゆききし, が必要, が眼, が着い, が私, と軽快, にはサモイレンコ, に乗った, に変りました, に馭者, の一つ, の上, の中, を乗りまわす, を要し, を走らす

▼ 四郎兵衛~ (18, 0.0%)

1 [18件] から云い聞かされ, が日ごと夜ごと, が父, であった, でございます, にささやいた, のうしろ, の世話, の子, の家, は一時, は元, は分別者, もよく, を召し抱えた, を呼び出し, を悩ました, を贔屓

▼ 四である~ (17, 0.0%)

3 ことが 2 からこの, ことを 1 から噂, がみ, が初瀬, が死亡率, という数学的真理, ときには, とすれ, ので巻二十, 場合には, 所の

▼ 四です~ (17, 0.0%)

2 が私たち, よ

1 [13件] か, が抜群, が言う, けど見た, し, ぜと云ったら, って三, つて, ねそれ位, ねん, もの, よやっぱり, よ矢張り先生

▼ 四キロ~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐらいはへいき, ぐらいまでは登れます, であった, の細長い, の道, はベルン高地鉄道, ばかり行った, ふとったの, ふとり六十七, ほどの湖, ほど南, ほど川上, ほど沖合い, ほど離れ, ほど離れた, もふとっ, も上流

▼ 四三年~ (17, 0.0%)

1 [17件] だったか, に, にし, にアメリカ, にニュウ・イングランド, にモスクワ, に三十人, に三千二百七十トン一千馬力, に死す, に終る, のこと, の十一月パリ, の春, の間, の頃, わが天保十三年, 同國ハルレ

▼ 四五十枚~ (17, 0.0%)

3 のもの

1 [14件] から二百枚位, になり, にペン, の写真, の写真全部, の前篇, の原稿, の小説, の短篇小説, の草稿, は執筆, も書きとばし, を取り寄せ知れる, を書い

▼ 四五日中~ (17, 0.0%)

32 にお立ち

1 [12件] だと, にすむ, にそちら, にでもここ, には再び, には東京, にも或, に半金位, に変った, に旅行券, に書類, に行く

▼ 四五百~ (17, 0.0%)

2 の兵

1 [15件] あつた, じゃない, たてこもって, に殖え, に足らない, のかくし, のところ, の一手, の屍, の金, ほどの人数, もありますまい, も遣つた, をあまし, をひきつれ

▼ 四十九~ (17, 0.0%)

1 [17件] が六十, だ, であった, であつ, でござるが, となっ, などと限る, なり, に当る, のとき, の今日, の古, の小, の文献, の時, の物品, もあと幾月

▼ 四十五円~ (17, 0.0%)

2 の貸家

1 [15件] かかる訳, しかなかつた, しか取つ, だ, である, でがすから, ですね, とって, とは何, と云う, と云っ, どうぢ, の収入, の靴, も取

▼ 四十年頃~ (17, 0.0%)

1 [17件] からの漱石氏, でしたが, に宮本武蔵, に日本語, に未熟, に私, の, のこと, のガルリア, の建物, の新, の歌, の百両, の話, までを中心, まで小石川安藤坂上, まで父

▼ 四~ (17, 0.0%)

2 の山巓

1 [15件] にこだま, のうち, の一つ, の上, の冷気, の木々岩石, の木の葉, の眠り, の若葉, の落暉, は蜀兵, へ轟きわたっ, を巡り, を指さし, 之可

▼ 四~ (17, 0.0%)

1 [17件] からのお上りさん, にわたっ, にわたる街道, に分つ, に植民, に満足, の中西北, の兵, の地図, の大侯, の大兵, の精兵百余万, の精猛, はまだ, へわたっ, より集めた, をあわせ

▼ 四年五年~ (17, 0.0%)

2 の月日

1 [15件] が左, では, で卒業, といううち, という歳月, という牢獄, と二年, と経つ, になる, の根気, はて, は分別, は粛然, もしくは七年, 活きて

▼ 四日め~ (17, 0.0%)

1 [17件] からは婿, からもう, から百人長, には名越尾張守高家, にもと, に一つ, に先生, に宿屋, に最後, のこと, のばん, の夕方, の夕暮頃, の夜, の宵, の昼前, の朝

▼ 四~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐらいで非常, しかありません, しか扛げ, だ, でしょう, という重, のブラッセル, の巨躯, の肥大漢, はありました, は楽, ばかりの子供, ほどの鉛, もあらう, もあり, を扛げ, 同じく大関

▼ 四銃士~ (17, 0.0%)

5 の一人

1 [12件] が入っ, にさんざ, にはどんな, のうち, の調査, の面々, はそれ, は心から, は謹直, も一斉, を呼び寄せ, を後

▼ 四~ (16, 0.0%)

2 という

1 [14件] からといふ意味合, か五, がもう, が十一, が色白, これを, つていう, ということ, といふ, とかでこれ, とか五, ともいえる, な, よ

▼ 四五年八月十五日~ (16, 0.0%)

1 [16件] からこん, からのち, から今日, から後, から植民地在住, から次, がくる, が来, が来た, という日, にわれわれ, の日暮れ, は出版界, までにわたし, まで一切, まで日本

▼ 四五年来~ (16, 0.0%)

2 の私, は大分

1 [12件] こういう景色, そのこと, その事, というもの, といふもの, の, のぐるり, の女子教育, の長谷川伸, も投げ放し, 少くとも, 溜めて

▼ 四五種~ (16, 0.0%)

6 ある 2 入って 1 のみ而, の別, の動物, の童謡集, の類話, は持っ, らしい, 知られて

▼ 四位下~ (16, 0.0%)

2 に叙, の少将

1 [12件] が上, で卒, となった, に叙せられた, に進められた, の参議, までになつて, を賜わる, を贈られ, ノ侍従六万千石, 実近, 或は従五位下

▼ 四十三四~ (16, 0.0%)

3 の女 2 の男

1 [11件] であったとか, と判, と判った, にもなったであろう, の壮者, の母, の浪人ふう, の細そり, の脂ぎった, の青, までがとまりである

▼ 四千フラン~ (16, 0.0%)

2 の金貨

1 [14件] あった, だったが, で手放した, で買い戻し, といえ, の借財, の収入, は名, まあ六十万フラン, もそつくり, をマリユス, を二袋, を奮發, を引き

▼ 四千両~ (16, 0.0%)

2 が手, の金, は 1 か, が不意, じゃありません, だ, だ四千両, と引換え, に相当, をぬすみ出した, をぬすみ出しました, を横領

▼ 四~ (16, 0.0%)

1 [16件] か五品, だけ別, だけ選ん, で, である, でお, で七円位, で十八銭, のお, を平らげ, を待合式, を誂, 並べたり, 作る事, 取って, 食べた

▼ 四~ (16, 0.0%)

1 [16件] から十六哩, しかない, その辺, では, の距離, の道程, の長, の黄河, ほど引込んだ, ほど彼方, も散歩, を汽車, を隔てた, 歩きそうして, 程離れた, 離れて

▼ 四~ (16, 0.0%)

2 の大

1 [14件] ならぬは, にて発したる, のたてもの, の壮観, の外, の奥, の屋, の廊下, の建築, の楼, の窓, の貴金属商, もしくは六層, も五層

▼ 四年来~ (16, 0.0%)

1 [16件] その精緻, になかっ, のいろいろ, の塵, の日本, の波瀾, の流行, の繁忙, はさぞ, は一層, は米, 人知れず苦, 捲き起って, 特に私, 苦しんで, 随分特別異常

▼ 四年級~ (16, 0.0%)

2 になっ

1 [14件] だったの, であった, でしたか, にあります, になつて, に上つた春彼, に入学, に進んだ, の夏休み, の時, の者, は, も上, 迄忠實

▼ 四百坪~ (16, 0.0%)

2 にあまっ

1 [14件] からある, になる, に家作, の地面, の狐小舎, の草原, ばかりある, ほどある, ほどの地面, ほどの山芝, もあろう, を今度, を加えます, を加えまする

▼ 四~ (16, 0.0%)

2 だろうか, にすすむ

1 [12件] か五級, ぐらいで, だ, だと, で学年制度, というところ, にはいり, にまでならせた, に入, のそれ, まで卒, もつい

▼ 四~ (16, 0.0%)

1 [16件] となっ, にいわく, において上層, になっ, にも及ぶべし, に異ならずし, に至り, の序説, の比較的, の物語, はどう, までとか云う, まで漕ぎ付けた, も短篇小説, を出した, 第五編

▼ 四~ (16, 0.0%)

6 の中 5 の境 2 の外 1 に分類, に關, の版図

▼ 四から~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぐれたそう, ずっと印刷工場, ページ六一までは, 二十ぐらゐまでの娘たちだつた, 二十四五の, 二十歳過ぎまでの, 人生を, 入った, 六〇年にわたって, 六七まあ, 六七歳の, 十八九迄, 四十までの, 踊りの, 通うて

▼ 四ツ五ツ~ (15, 0.0%)

2 の提灯

1 [13件] つけて, と舶来, のお, のみこん, の子供, の砦, はあります, ばかり羽, まるまると, 入乱れて, 固まって, 若かつ, 飲んで

▼ 四フラン~ (15, 0.0%)

6 の価値 2 では 1 あれば, であって, である, など手帖, に高められるであろう, の減少, もし

▼ 四万温泉~ (15, 0.0%)

1 [15件] から帰っ, に, にも有名, に遊び, のある, の一夜, の丑, の事, の奥, の旅, の眺望, への通路, へ廻ろう, へ旅立った, へ遊んだ

▼ 四五丈~ (15, 0.0%)

4 の瀑 2 もある 1 で岩壁, の絶壁, もあろう, も周囲二町, も落ちたであろう, を下らず, 程の瀑, 高きは, 高き断崖

▼ 四五段~ (15, 0.0%)

1 [15件] あって, ぐらいでとまる, というところ, のぼって, のぼる, の彼方, の石段, の船そこ梯子, ほど浅, もあり, もころげ落ち, も辷り落ち, を抜い, 上ると, 辷り落ちた

▼ 四人兄弟~ (15, 0.0%)

2 だ, だな, のうち, の岩頸 1 が四人づれ, が私一人, だった, という, となっ, の代, ばかりでなく

▼ 四~ (15, 0.0%)

2 の借

1 [13件] であり一八一一年, である, というところ, と七八, には長崎, に中古吉野初瀬詣で, に比, に玉, のガマ, の丁目, を横, を負ける, 及び五〇等

▼ 四十五世~ (15, 0.0%)

2 の名

1 [13件] さ, にお前, にちがい, について城壁, のうしろ, の一団, の下, の声, の左手, の神秘, は自分, もロザレ, を探し出さ

▼ 四十何人~ (15, 0.0%)

2 の人間, の者, は皆んな親類縁者 1 かとその, かの生ける, か全然, とかです, と乗っ, と乘つて, に召使い, の人名表, の席末

▼ 四十米~ (15, 0.0%)

2 の圏

1 [13件] という音, としても, の一峰, の外, の峰, の線以下, の高, も登ったろう, も離れ, をいくら, を下らない, 低いに, 低い峰

▼ 四十起氏~ (15, 0.0%)

2 の跡

1 [13件] が, と一しょ, と暗い, にはこれ, の帰り, の案内, の話, の迷惑, はそれ, は私, は苦笑, を促し, を待つ

▼ 四~ (15, 0.0%)

3 も五囘

1 [12件] あつた, あるが, この男, しか見られない, と囘, と見, に達する, のそれ, のもの, の時間, の移住, の配本

▼ 四四年~ (15, 0.0%)

1 [15件] から一六六〇年, である, における英國勞働階級, にはフランク, には旧, にリオン, に長老, のこと, の第, の言葉, までの間, まで世界大戦, より六〇年, 第二シュレージエン戦争, 遂に大王

▼ 四幕目~ (15, 0.0%)

1 [15件] から石上文麻呂, が終っ, さうし, で人々, で団十郎, になっ, にキニゼイ, に朝鮮, の幸兵衛閑居, の終り, はもつ, は又, は楽屋総出, までを引受ける, を書く

▼ 四~ (15, 0.0%)

3 の数字 2 であるから, になる, の數字 1 しか出せなかった, の数, の數, の間, は実は, も五桁

▼ 四段目~ (15, 0.0%)

32 とは同じ, の, の小間, を見る 1 から五段, から顔, の四数字, をプロレタリア劇

▼ 四議会~ (15, 0.0%)

3 に於 2 に於ける 1 では思想対策決議案, で策動, で調査委員会, と衝突, に入っ, に暴露, に至, の如き, は召集, も幸

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] から一八七〇, が生産, ぐらいに達した, すなわち, であるならば, という日附, にすなわち, にその, に過ぎず, の中, より, 大葡萄園地域, 常念, 支払ったのこり分

▼ 四〇磅~ (14, 0.0%)

2 であろう

1 [12件] が彼, すなわち六四〇磅, であった労働, であろうから, ではなく, で売れる, と七二〇磅, と六八〇磅, に騰貴, の負債, は外国宛, を有

▼ 四へん~ (14, 0.0%)

2 ほど空

1 [12件] ぐらいまで繰り返した, けたたましく鳴った, そらを, だかね, ばかり足, まはす, もつかまっ, もひらひら, も往復, も足, 休んで, 廻ったとき

▼ 四ツ手~ (14, 0.0%)

1 [14件] かな, がつい, が木の下, が駈ける, ですが, に結えられ, に絡ん, の外, の裡, は先, や人通り, をあげ, をすえ, を組む

▼ 四七年度~ (14, 0.0%)

2 の毎日出版文化賞, の注目 1 において欺瞞, に入っ, に起った, のハイライト, の主, の公式リーグ戦, の感銘, の芸術祭, の調査, の選挙

▼ 四人づれ~ (14, 0.0%)

2 の客, の矢代ら 1 が両国橋, だったが, だという, であった, で今, で出, の少年, の日本人以外, の西洋人, は七兵衛

▼ 四人連~ (14, 0.0%)

2 の内, の青年たち 1 が下谷, であった, でその, で電車, に再び, の一行, の方, の紳士, の酔漢, もこっち

▼ 四~ (14, 0.0%)

2 の小判

1 [12件] ずつとして風袋抜き, その頃, で今, としても四貫目, につき金一両, に近い, の千枚, は使用, ばかりを費し, までに純, も宿泊料, 元祿以前

▼ 四十スー~ (14, 0.0%)

3 を盗んだ 2 の銀貨 1 だと, だよ, ですよ, で買った, と決められ, の値打ち, の食事, は二フラン, ほどにてもよろしく

▼ 四十俵~ (14, 0.0%)

1 [14件] から五六十俵取り, すなわち竹, だ, では, に七十俵, のほか, の小普請, の小身, の自暴, の高, は四十俵, も立行かない, を少, 取の

▼ 四十八文字~ (14, 0.0%)

2 でアルファベット, の表 1 が吾等, が描かれ, が滿足, どころかいろは, にご, の三十三番目, をあて, をかきこむ, をみんな, を辨慶

▼ 四十尺~ (14, 0.0%)

1 [14件] に及ぶ, に達し, の巨柱, の辺, の間, の防空壕, ばかりの美事, ばかりの象, も一飛び, も下, も掘れ, 或はそれ以上, 深さ三十五尺, 行く

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] が添加, ぐらいのもん, この代, でまだ, のお, の水, の鬼, ほどを注ぎ込ん, や五升, を少し, を手, 呑みほしたわけ, 呑んだわけ, 少し水

▼ 四~ (14, 0.0%)

3 居百人一首 2 に出た, に同じく 1 からやった, が終る, ずつと通し, である, の幕, の長い, までは一九二九年現在

▼ 四~ (14, 0.0%)

2 の内

1 [12件] が静か, の味方, の守り, の武門, はすべて山, を固める, を圧し, を守衛, を照せり, を見渡す, を覗えり, 悉く山

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, がこれ, である, と生れた, と運搬, の三番目, の婿, の所, の政子十, の政子姉, は八重, やすは, やす五女こと, を挙ぐ

▼ 四対一~ (14, 0.0%)

3 である

1 [11件] でありフランス, であり出生数, であり産児, という, となっ, となる, に維持, の差, の比例, の比率, また死亡

▼ 四年ごろ~ (14, 0.0%)

2 からはその

1 [12件] から, からロシヤ文学, から初, から芥川賞, だった, である, に女, に岡田文部大臣, の創立, の巴里, は市場, は後

▼ 四庫全書~ (14, 0.0%)

2 総目

1 [12件] と命名, と文淵閣, には永樂大典, の二つ, の卷數, の収むる所, の名, の目録, は四通, は大凡竪一尺五部, を作る, を傳

▼ 四文銭~ (14, 0.0%)

2 を六把, を出し 1 が一枚, が世, と十手, と小判, と櫛, や銭形平次, を投ら, を掴み出した, を磨い, を買い占め

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいの収穫, ずつ返す, だるを, であった, とれます, にしか当たらない, になっ, の樽, の餅, ばかりこの, もあった, も実際, を般舟院, 飲んで

▼ 四~ (14, 0.0%)

2 やこの, を喚上げき 1 いほに, というの, なれども, の御子達, の皇神等, ましき, をしらべ, をみ, を喚, を見

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] が残っ, というの, に分裂, に折れ曲がった, に等しく, のパン, の白蓮華, の苞, は勿論, は早く, は白蓮華, を投じ, を細か, 載せて

▼ 四~ (14, 0.0%)

3 のコソ泥 2 もある, を重ね 1 あったん, あり目下, だ, ときまっ, の真々川化助, は四十年矢張窃盗, も重ね

▼ 四社連盟~ (14, 0.0%)

1 [14件] というの, というもの, とはいかなる, によって堂々, による利益, のご, の存在, の張本人たち, の策謀者, の結成, は一つ, は無辜, をあげる, を正当

▼ 四~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぐらいしかない, ぐらいな穴, ぐらいの大き, ぐらいの紙, という, と一手, に切りとった, に曲げ, に竝, のもの, の掘, の枠, の箱, ばかりのスクリーン

▼ 四~ (14, 0.0%)

2 程極めて

1 [12件] か五遍, きいて, ばかりまわっ, ばかり廻りました, もくりかえし, も五遍, も外国, も成功, も見る, 取ったとかいう, 繰り反されて, 見たが

▼ 四かく~ (13, 0.0%)

4 なめがね 3 な切れ目 2 なあな 1 なガラス, な穴, な背嚢, に地面

▼ 四といふ~ (13, 0.0%)

3 年を 1 今漸く, 大差を, 字は, 年齡を, 御幼少, 数に, 立派な, 風に, 齡こそ, 齢こそ

▼ 四ヵ所~ (13, 0.0%)

2 もある

1 [11件] で五百円, で稲, で終日検問, に奉公, に工場, に毒, に現在, のお, の井楼, の陣屋, 張って

▼ 四~ (13, 0.0%)

3 の調 2 の中, または三四 1 か四, に梵授王, に淘汰, の方, を参酌, 非国教宗

▼ 四五人連れ~ (13, 0.0%)

2 でその, で舁い, の神楽師 1 が村境, であつ, で来た, の一人, の侍, の大学生, はいつも

▼ 四五台~ (13, 0.0%)

2 の電車

1 [11件] がところ, ぐらい並ん, のうち, の化粧鏡, の古, の自動車, の飛行機, ばかりも鏡台, を見る, 休んで, 殖やす積り

▼ 四五日内~ (13, 0.0%)

2 には前借り

1 [11件] です, なの, には大抵, にまた, に必ず, に来, に来る, に海外, に用事, に篤と, のニウス

▼ 四五日間~ (13, 0.0%)

1 [13件] かかるであろうと, がある, の調査, は彼女, は待てない, は胸, は飲み続ける, をふつう, を私, 休ませて, 待つこと, 感じた事, 用いた

▼ 四分間~ (13, 0.0%)

2 であるか, は過ぎ 1 この人, だった, でさ, でさえ, にすなわち, に取り換わした, ほど部屋, 掻き廻したもの, 経って

▼ 四十七年~ (13, 0.0%)

2 の歳月

1 [11件] で辞職, とある, と云う, なりと, にはシュレスウィッヒ, には女王狗奴國, にヨーロッパ, の大, ぼんやり暮した, もいる, 勤めて

▼ 四十七文字~ (13, 0.0%)

3 の中 1 がすべて, が大体, では代表, で出来, はその他, よりは一つ, を按ずる, を書く, を知れ, を習い

▼ 四十九年~ (13, 0.0%)

2 の何

1 [11件] になる, にはカラハリ, にバーガンデ, に出でたる, に生れた, のひ, のウラニウム, の事, の悪夢, の非, は明治四十一年

▼ 四十余り~ (13, 0.0%)

2 のでっぷり

1 [11件] その面影, になる, のあの, のお上さん, のかみさん, の丸, の大, の屈強, の慾ばり, の紬, の総髪

▼ 四十八萬圓~ (13, 0.0%)

5 と云 3 の金 1 であ, で人民, で餘, とした, にし

▼ 四十分頃~ (13, 0.0%)

2 まっすぐ帰宅

1 [11件] しか居なかった, それから下, であった, である, にけだ, になつて, に同家, の間, また西沢, までの間, 行ったが

▼ 四十面~ (13, 0.0%)

5 さげても 4 をさげ 1 の女工監督, もあれ, を下げた, 下げたおれ

▼ 四~ (13, 0.0%)

1 [13件] となる, にくはし, にも晉成帝道士王符僞撰, に見えた, の, の一々, の詩集, の青中先生逍遙遊之圖, はその, は葡萄牙語, をまとめ, を代表, を出版

▼ 四~ (13, 0.0%)

2 に示す

1 [11件] というの, とを見よ, と申す, と第, のよう, の写真, は, は予在英中, は新柳橋, を見よ, を載す

▼ 四尺位~ (13, 0.0%)

3 しかない 1 あって, しか無い, でいかにも, で人, で各々十数個, で長, の丈, の横一文字, の竹, の高

▼ 四年八月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から各, にはじめられた, には神祇官, にも宇治猿楽, に大伴家持, に比叡山, に頼朝石橋山, に飛騨, の, の旧, の歴史地理, の運命, より僅か

▼ 四年四月~ (13, 0.0%)

1 [13件] から十五年四月, であつ, である, に出た, に死す, の暴動, の申渡し, またここ, までのあいだ, までの分, より四十五年一月, 即ち皇帝, 第二日曜日

▼ 四日頃~ (13, 0.0%)

2 の月

1 [11件] お訪ねする, からその, からやはり, から私, だった, にあたる, にきまっ, のこと, は月, まで居よう, やっと気が付き

▼ 四時間後~ (13, 0.0%)

1 [13件] が最高, ですか, においてまず, にはこの, にはどんな, にはメリー号, には生きのこった, にもう, に崩壊, に強く, に彼等, に東京, の出来事

▼ 四~ (13, 0.0%)

3 ばかり立っ 1 ともいずれ, と借地二百六十坪, の小舎, の御, ばかり立つ, もあっ, もあった, も建て捨てられ, を避暑客, 焼いて

▼ 四段活用~ (13, 0.0%)

1 [13件] かしら, で, ですと, なの, にうつつ, の一元, の動詞, の様, はすでに, は実は, は終止, ばかりの単純, よりも前

▼ 四百尺~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありと, から五百尺, に比し, のマスト, の深い, の絶頂, の鉄塔, もあらう, もあるべく亙り, もあろう, も下, を少し, 程の高

▼ 四~ (13, 0.0%)

4 と称す 2 に会し, に会す, の所在 1 である, のうち, の一人

▼ 四~ (13, 0.0%)

3 の議論 2 と申します, に關 1 といふもの, に由る, のこと, のやう, を發明, を談

▼ 四~ (13, 0.0%)

1 [13件] がずばり, が指, に戦車, の国, の手, はおさえつける, はかるく, はその, はそれ, はとつぜん, は軽く, は長い, をにらみつけた

▼ 四ひき~ (12, 0.0%)

2 の牝牛 1 がいっしょ, だ, となった, とみんなドア, のなか, のねこ, のねずみ, の子猫, もお出で, を三十ピアスター

▼ 四まで~ (12, 0.0%)

2 動けば 1 二十年の, 位の, 出すてん, 四曲, 多少とも, 学生生活を, 紙にて, 育った生れ故郷, 述立て, 食い了

▼ 四カ所~ (12, 0.0%)

1 [12件] で火, にある, にはうすい, に建設, に打撲傷, に放火, の創, の小学校, もはいっ, を二本, を歴, 負いたが

▼ 四ツ足~ (12, 0.0%)

1 [12件] あなん, だと, であると, で空中, と二本, に至っ, のケダモノ, の人間, の皮, を喰う, を大地, を縛

▼ 四ヶ年~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, だけで, と六ヶ月, に亙る, の契約, の後, の後本年四月二高教授, の月日, の衣糧, の高等小学, はわたくし, 程浪人

▼ 四五六~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいのところ, であった, となる, と三つ, のどれ, の三ヶ月間, の三箇月, の娘たち, の御蔵, の掛け声, の者, また双

▼ 四五十年前~ (12, 0.0%)

2 のもの 1 にもなれ, にも一度, に一, に京都, に利根川, に東京, に聞いた, に芭蕉一派, のフランス, の東京

▼ 四五十間~ (12, 0.0%)

1 [12件] ずつと過ぎる, にし, になる, のところ, の広, ばかりの川形, もあつ, も続い, 下った所, 続くと, 行くに, 隔たって

▼ 四五月ごろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からかきはじめる, から中央公論, となります, になっ, になる, に市場, に現出, の気温, の陽気, の雷雨性, は山火事, までむなしく

▼ 四五間先~ (12, 0.0%)

1 [12件] きから, にゐた, にバクダン, に道, の処, の地上, の砂利置場, へ出でぬ, へ斬りまくし, まで揺れた, を歩い, を荷車

▼ 四十センチ~ (12, 0.0%)

2 ぐらいのかんかく 1 ある或いは, ぐらいあるだろう, ぐらいの短い, の小さい, の巨砲, はある, ほどに大きく, ほどの四角, ほどひらいた, を越す

▼ 四十メートル~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそう, ぐらいの深, だ, でいよいよ, のかなた, の深, の短波装置, ばかりの上, も高い, をながれる, 程毀れた, 走るもの

▼ 四十二人~ (12, 0.0%)

3 の女 1 あると, で将校, といふ澤山, に對, のうち三分の一, の判官, は多, もあり, を裂かしむ

▼ 四十時間~ (12, 0.0%)

1 [12件] と聞い, のとりしらべ, の祈祷, の講義, はちと, ばかりがいちばん, ほどになる, もかかっ, も前後不覚, も経った, 乃至五十時間, 思い続けて

▼ 四十本~ (12, 0.0%)

1 [12件] というところ, のうち, のパイプ, の枝, の葉巻, の銃剣, の錆刀, ばかりこし, ほどの筍, も漕げ, をつくる, 並んで

▼ 四十歳位~ (12, 0.0%)

1 [12件] いだ, です, で余程, で黒い, と思われる, にしか見えない, になります, に見, のところ, の医者, の美しい, 極めて上品

▼ 四千万円~ (12, 0.0%)

1 [12件] であろうと, ということ, という金, のお金, の四十幾パーセント, の金持, ばかりであります, ばかりの収入, をこの, を使う, を日本, 多い

▼ 四合瓶~ (12, 0.0%)

1 [12件] に一杯, に酔, の乱雑, の喇叭, の大, の酒, へ一本, をさげ, をとりだし, を一つ, を明け, を買ひも

▼ 四~ (12, 0.0%)

2 である 1 であった, であり一七八〇年, であること, ないし二八八キログラムメートル, になる, の作品, の比例, へ登った, 同金左, 長忌寸意吉麿

▼ 四大人~ (12, 0.0%)

6 の御霊代 1 と呼ばれ, のうち, の過去, の遺族, の霊号, は其時代

▼ 四年二月~ (12, 0.0%)

1 [12件] いよいよ出家得度, には突然, に自, に至っ, に至り, に逸, の丁日, の中ごろ, の二十八日, の夜風, の頃, 到四十四年十月

▼ 四年五月~ (12, 0.0%)

2 のこと 1 から十一月, か五年四月, に, にはまた, には六〇〇レアルス・ヴェロン, に刊行, に源頼朝, の, の出来事, の或

▼ 四年十月~ (12, 0.0%)

2 遂に上 1 には佐渡, には山城, には東京植物同好会, に中村座, に前の, に書かれ, に濃, の候, の地震, の番附

▼ 四~ (12, 0.0%)

2 あって 1 あるのみ, などの上僧級, のうち, の一大連盟, の中, の境内, の猿楽, の船陣, は春日神社, を数

▼ 四斗俵~ (12, 0.0%)

1 [12件] がかつげる, が縄, ならぬ三斗五升, は片手, をのせ, を一ツ, を七ツ, を二俵, を四俵, を担い, を背負わせられ, を鷲掴み

▼ 四日市~ (12, 0.0%)

2 である 1 い帰る人, であった, など, に着い, に至る, の方, へ泊った, へ行きたい, をたずね, を過ぎた

▼ 四~ (12, 0.0%)

2 の偵察機隊 1 あるいはそれ以上, が攻撃, が翼, におそわれた, の偵察機, は影, まで伊沢, を随行, ヲ発見セリ, 射ちおとされたの

▼ 四次元振動~ (12, 0.0%)

2 の反撥装置 1 か, で海, は一種, をかけ, をもっ, を使っ, を完全, を発生, を自由, を起し

▼ 四~ (12, 0.0%)

5 の料理 1 です, に相違, のお菜, の小料理, の洋食, の華美, 食って

▼ 四福音書~ (12, 0.0%)

2 の中 1 と使徒行伝, と安物, にある, に就い, に至っ, に詳らか, の比, へ出る, を代表, 及び使徒達

▼ 四~ (12, 0.0%)

3 になつ 2 になつて, ひに 1 だが, になっ, になり, の不体裁, ひの

▼ 四階建~ (12, 0.0%)

1 [12件] から六階建, であった, で屋上, で私, に傷み, のとある, のビルディング, の一様, の大きい, の大廈高楼, の洋館, は真暗

▼ 四~ (12, 0.0%)

1 [12件] が問題, で領土保全, なんかはあの, に分け, に略説, の旅費, の申請, の社会政策, の談話中, はいづれ, へ棒, を読ん

▼ 四〇分の一~ (11, 0.0%)

1 [11件] たらしめる如き数, であるが, である場合, ではなく, ではなくし, と仮定, ないし五〇分の一, のブランデンブルグ, まで高まる, よりもかなり, 中項三五分の一

▼ 四すみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] から持ち上げ, では, とは凋落, と入口, に立ってる, に立て, のあいた, の太い, の角, へ立て, をしばった

▼ 四つ折り~ (11, 0.0%)

6 にした 1 にし, の二冊, の日記帳, の白い厚い, の鼻紙

▼ 四~ (11, 0.0%)

10 這いに 1 這いの

▼ 四インチ~ (11, 0.0%)

1 [11件] か五インチ, くらいから五フィート七インチ, であるから, で最大直径, という数字, のすき間, の人像, の薄い, もあり, 厚さ, 離れた所

▼ 四スー~ (11, 0.0%)

1 [11件] だけでございます, です, で昼食, のわり, の不足, までの間, も出せ, を受け取った, 得ること, 足りないぞ, 足りなかったため

▼ 四ページ~ (11, 0.0%)

1 [11件] であった, である, でしかも, で大々的, にする, にその, の夕刊新聞, は消防隊, もめくる, を見, を見給え

▼ 四・一六~ (11, 0.0%)

2 の朝 1 で四年, とならべ, と二・一六, などの後, の前, の奴, の後, の日本共産党, の時

▼ 四・五~ (11, 0.0%)

1 [11件] だから, でしかない, となっ, となり, と二タ月打, と揃った, にしかならない, の二つ, の子供, の音律, は無

▼ 四万人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一せい, が附随, だ, である, の婦人たち, の市民, の技術学生, の新しい, の目撃者, の組合員, を増し

▼ 四乃至~ (11, 0.0%)

10 五幕 1 第何番目

▼ 四五ニズム~ (11, 0.0%)

2 と云 1 が僕達, による表現法, に季, に就い, の表現, の語源, の語義, は衰微, も今

▼ 四五位~ (11, 0.0%)

2 に見える, の可愛い, の頃 1 かとも思う, から私, で所謂, なの, の少年

▼ 四五百円~ (11, 0.0%)

1 [11件] がもの, だつた, になります, になる, にはなる, の余財, の現金, の補助, は, はある, 貸して

▼ 四五行~ (11, 0.0%)

3 の間 1 ぐらいはヤッパリ本物, しかなかっ, に亘る, のところ, までウェルギリウス, まで第, を訳した, 読んだこと

▼ 四五貫~ (11, 0.0%)

1 [11件] の乾草, の石, の肥大漢, の脂肪ぶと, の荷物, の重, の重し, の重量, もあり, もあろう, も目方

▼ 四五通~ (11, 0.0%)

4 の手紙 2 のやや 1 の外文, の書類, をさぐり得, 残らず読ん, 貰ったが

▼ 四五遍~ (11, 0.0%)

2 もございましたらう 1 しか会っ, もくり返し, も崑崙茶, 廻して, 繰り返したの, 繰返したあと, 繰返して, 聞いた, 通り抜けて

▼ 四五頭~ (11, 0.0%)

1 [11件] から十頭, だろうと, のライオン, の中, の乳牛, の熊, の駒, は飼わない, ひきだして, もありましょう, 少くとも

▼ 四六版~ (11, 0.0%)

4 の本 1 から四六倍, でした, に復します, の册子, の小型, の小形, の計画

▼ 四十フィート~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの高, しかなかっ, そのほか, であって, ですと, に二十五フィート, に六十フィート, に達する, の肥った, の高, も飛ん

▼ 四十一度~ (11, 0.0%)

2 にし 1 ある, という恐ろしい, にちよ, になっ, になつ, に近い, まで下った, まで昇つた, を越え

▼ 四十七分~ (11, 0.0%)

2 を示し 1 ありますね, が月, て永い, でありました, である, で一時間, になる, には京都, に着く

▼ 四十余人~ (11, 0.0%)

1 [11件] に及ぶ, の伝, の官職, の幽閉, の後家, の新撰組, も数えられ, も江戸, を出した, を搦め捕っ, 可なり

▼ 四十余名~ (11, 0.0%)

1 [11件] の会者, の作家, の口, の敵首, の猛者, は, はやがて, は中重, を招待, を葬った, を釜山公会堂

▼ 四十坪~ (11, 0.0%)

1 [11件] だという, の世界, の学究, はある, ばかりの土地, ばかりの建坪, ほどの裏, ほどもあろう, もあるでせう, を過ぎまい, 程の質素

▼ 四十年来~ (11, 0.0%)

2 の暑 1 その人, たのみがい, のおくり, の修行, の同情, の知己, の経験, の閲歴, 今に江戸

▼ 四十幾つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] かに見られ, かの上方者, かの太った, かの汲出機, であった, となっ, となれ, と云う, になっ, の女, の身

▼ 四号機~ (11, 0.0%)

1 [11件] がどうして, が飛びあがりました, にはやはり, の後, の方, はおびえた, はとうとう, はまっ, は着水, も水面, を見捨て

▼ 四回め~ (11, 0.0%)

2 に毒 1 が亜砒酸中毒, にはとうとう, に亜砒酸, に亜砒酸中毒, に實, のとき, のみが亜砒酸中毒, の申, の発病

▼ 四~ (11, 0.0%)

2 にし 1 だの, という文句, と同じ, と書いた, と続いた, は世田谷方面, は陰つて, もまた, を氷上

▼ 四寸五分~ (11, 0.0%)

2 なるもの三本 1 しかない, だとか, とかの良く, にて上, のあたりまえ, の正, ほどの一冊本, ほどの大き, 乃至五寸

▼ 四~ (11, 0.0%)

1 [11件] に坐っ, に机, の功, の外題, の屏風, の疏, の終巻, の絵巻, ほどの狭い, を写す, 敷いて

▼ 四年七月~ (11, 0.0%)

1 [11件] いったん第, から九月中旬, から新道, には能登, にも京都, にも安永元年十二月, に到つ, に起った, の, のころ, の同誌

▼ 四年三月~ (11, 0.0%)

2 には信濃 1 お藤, から十五年一月, と残つて, には釧路, に開場, のくだり, の五千四百三十四名, の新富座初演, の末

▼ 四年越し~ (11, 0.0%)

2 の火事, の謎 1 というもの, に借り切つ, のこの, の悪戯, の惡戯, の火事騒ぎ, の火事騷ぎ

▼ 四日月~ (11, 0.0%)

2 はあれども心 1 がよかつ, が紺, のない, のほのめき, のわけ, の光, の白い, はとうに, よりも三日月

▼ 四旬節~ (11, 0.0%)

2 第一日 1 および彼女ら, について申しまする, のすべて, の勤め, の教書, の最終, の精進, の肉食禁制, の間

▼ 四時三十分~ (11, 0.0%)

2 の長岡行 1 か, このはち切れ, だから, で発つ, になる, にはもう, まで下山電車, を指し, 行ったらもう

▼ 四時間以上~ (11, 0.0%)

1 [11件] かかる, つづけざま, にもなる, の間何, はしない, はほとんど, もある, もあるでしょう, も空費, 寝た事, 寝るの

▼ 四時間以内~ (11, 0.0%)

1 [11件] で食いたい, にせよ, には死体, には氷, に三万法, に八万, に問題, に死ぬる, に発生, の出帆, の積込みです

▼ 四~ (11, 0.0%)

1 [11件] から立つ, で石田, には残る, の, は大, ばかりカット, まで夕方, を携え, を書, を書き上げ, 迄立つ

▼ 四~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるのみ, が私, であるが, にくらべる, によって占められ, の名, の編集記事, の著書, は巨勢博士, もおられた, を編集委員

▼ 四百万~ (11, 0.0%)

1 [11件] から五百万, であったという, となり, と称す, に満たない, の人間, の軍隊, または一千五百万, または五百万, を養う, 大きい人口

▼ 四百名~ (11, 0.0%)

1 [11件] たらずです, で成立っ, の人民, の学生, の学生中, の村, の武裝陸戰隊, の男女, の者, ばかり続い, までは欠食児童

▼ 四~ (11, 0.0%)

2 置いて, 置かせて 1 うてる碁, おかせること, おかせる人, おけ, と為し, にいたる, に打ちこまれた

▼ 四~ (11, 0.0%)

2 と十二獣 1 です, と剣, と妙理大菩薩, の像, の違つて, は三十五神, を祀り, を頭, 之御札

▼ 四箇条~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある, からなりたっ, ずつの問題, などはおそらく, に返答, のオルターネティヴ, の誤訳, ほど箇条書き, を削り取った, を基礎, を挙げ

▼ 四這い~ (11, 0.0%)

6 になっ 2 になる 1 に入る, 的奴隷根性を, 的行為が

▼ 四郎旦那~ (11, 0.0%)

2 とお 1 がいう, のよう, の重い, はお, は気, もお, もかえって, やお, や芸妓たち

▼ 四〇年代~ (10, 0.0%)

2 のパリ 1 この第, にその, になる, には自ら文学殺戮, に名ばかり南太平洋岸, の北大西洋, の若い, はロシア解放運動史

▼ 四または~ (10, 0.0%)

2 四・二分の一の 1 七%だけ, 五十五歳をもって, 八〇八三, 十五六の, 四・二分の一対一であるなら, 四・五対一以上では, 四以下対一という, 四四に

▼ 四~ (10, 0.0%)

4 十五の 1 そこい, 五で, 五では, 五に, 五の, 岩見重太郎や

▼ 四ツ橋~ (10, 0.0%)

2 の文楽座 1 で金五十兩拾つたやつ, のプラネタリウム, の天文館, の電気科学館, まで歩き, まで西横堀川, を四つ, を渡り

▼ 四ツ身~ (10, 0.0%)

2 その下, は三ツ, は何尺, を着た 1 から本身, を着

▼ 四ヵ国~ (10, 0.0%)

1 にわたって無事, にわたる往来, のご, のほう, のボーイスカウト, の人力, の大敵, の婦人八千百万人, の山猟師, はいまや

▼ 四並び~ (10, 0.0%)

10 に註參照

▼ 四五十日~ (10, 0.0%)

1 お目, がほどは帰省, たつと, の旅行, の日, ばかり傷療治, ほど前, もしたら, もたつ, も居る

▼ 四五千~ (10, 0.0%)

2 はある 1 ためて, だが, にすぎない, の僧侶, の兵馬, の赤松勢, の軍勢, の都会人士

▼ 四五年以前~ (10, 0.0%)

1 において漸次, にこの, になつた, には円, に現在, のこと, のもの, の事, まで御, 或僧

▼ 四五騎~ (10, 0.0%)

1 があった, がすぐ, が一しょ, のお供衆, の将, の残る, の者, の郷士, ばかりで居た, をつれた

▼ 四人五人~ (10, 0.0%)

1 あ六, おお登っ, だけで, と人相, になる, の男, また一人, もっと多く, 瞬く間, 食べられて

▼ 四人位~ (10, 0.0%)

1 ずつで, でいい, でどうにか, のため, の人手, は泊まれるらしい, は鉦, 居るよう, 持って, 掛らなければ

▼ 四八年六月~ (10, 0.0%)

2 や七一年五月 1 のパリ一揆, の一揆, の反抗, の宿命的, の悲惨, の暴動, は一八三二年六月, は何

▼ 四六時中~ (10, 0.0%)

1 きいて, くだらないおしゃべり, それとなく密偵, ですから, の賑やかさ, 同じ所, 張りきって, 忘れざりしが, 持って, 若い野沢富美子

▼ 四~ (10, 0.0%)

1 ならびになっ, につづい, になっ, になつて, に並べ, の一端, の茶, の虹, 作られて, 或はもつ

▼ 四十八手~ (10, 0.0%)

2 の絵 1 にいたる, のうち, のうら, の伝授, の表, の裏表, の錬磨, 逃げるに

▼ 四十六七~ (10, 0.0%)

1 であった, で信子, といっ, になった, になります, にもなったらしく, の女将, の紳士, の腺病質, やがて五十

▼ 四十六年~ (10, 0.0%)

2 ノ八月 1 である, に長安, の今日, の昔, の歴史, の生涯, の長き, ばかり昔イギリス

▼ 四十臺~ (10, 0.0%)

2 の若 1 だと, ですが, のやう, の働き, の女, の幇間侍, の立派, の馬車

▼ 四千年前~ (10, 0.0%)

2 までは全く 1 だ, とかのもの, と同じ, に消滅, のエジプト, の制度, の壁画, よりもこの

▼ 四千石~ (10, 0.0%)

1 が大切, が飛び出す, となる, とやらのその, に減らされた, の御, の旗本屋敷, の禄米, は惜しい, や五千石

▼ 四尺五寸~ (10, 0.0%)

1 あった, あったの, かネ, といふ大した, になり, の一種, の杖, ほどある, まず一メートル半, もあれ

▼ 四年あまり~ (10, 0.0%)

1 いつもいつも, というもの, といふもの, にもなる, の一の宮, の旅, の飛騨生活, は半蔵, は私, も親

▼ 四庫提要~ (10, 0.0%)

1 で校勘學, にも多い, にも駁し, に載せた, の代表, の凡例, の如く解題, の時, は清朝, を作る

▼ 四明山~ (10, 0.0%)

2 に鉄冠道人, の頂上, へ登る 1 にいた, に棲ん, へ往, へ行った

▼ 四枚目~ (10, 0.0%)

1 がばさばさ, に光丸君, の名, の大, の目録, の隅, は一桁, を用意, を蹴る, を開い

▼ 四百万人~ (10, 0.0%)

1 あります, が聴く, にてさらに, になった, になろう, に分たなけれ, の人間, の労働者, もあった, も近き

▼ 四百五十円~ (10, 0.0%)

1 がきめられた, だの五百円, でその, といわれ, とか請求, になる, はどんなに, ばかり不足, ばかり借りた, を一文

▼ 四~ (10, 0.0%)

4 の軍服 2 の洋服 1 しかなかっ, の上衣, の醜行, は走れ

▼ 四箇所~ (10, 0.0%)

1 あるが, から火, ぐらいはありますです, であ, で同時に, に在, の加番, の工場, の貫通創, 見舞って

▼ 四行詩~ (10, 0.0%)

1 がこの, で詩人好み, に, になった, に附した, のよう, の俗謡, をささげる, を作っ, を唄

▼ 四~ (10, 0.0%)

1 から日本軍, の兵力, の法, は, はこれ, は第, もたちまち, をひきい, を編成, を衝き

▼ 四~ (10, 0.0%)

3 の車 2 の馬車 1 の白い, の荷車, の豪奢, の駒, 染めた様

▼ 四~ (10, 0.0%)

1 と順々, になっ, のご, の兵, は吉川広家, は旗本, へ襲, までを突きくずし, まで突きくずされた, を展

▼ 四馬頭目~ (10, 0.0%)

1 が警官たち, にあった, にちがい, のうしろ, の巨体, の待っ, の正体, の残忍ぶり, もぺちゃんこ, を救いだした

▼ 四〇〇〇フラン~ (9, 0.0%)

1 である, の四分の一, の増加, の残高, の租税, の純, の金額, を二個, を取得

▼ 四シリング~ (9, 0.0%)

1 から百五十五ポンド九シリング, だけ騰貴, になった, の代り, の支払, の身代, の騰貴額, を受取った, を支払うであろう

▼ 四ツン~ (9, 0.0%)

5 這いに 1 ばいに, 匐いに, 這いと, 這いには

▼ 四トン~ (9, 0.0%)

1 から五トン近く, でもし, という巨大船, の, の巨舶, の粉, の荷物, もの堆肥, 破甲地雷弾

▼ 四~ (9, 0.0%)

21 である, と出, ないし四八分の一, に当る, に毎夜野猪往来, に過ぎない, をもってすれ

▼ 四丈八尺~ (9, 0.0%)

2 ですが, の二十分一 1 あった, ある門前, の大, の大き, の巨杉

▼ 四九年度~ (9, 0.0%)

2 の毎日文化賞 1 において全く, にも民主的, に作品, の公安条例, の文学現象, の調査, は三十六万点

▼ 四~ (9, 0.0%)

1 その労働者一七七〇〇人, であり十二, であるから, ですなわち, にタイラギ, の厄, の拍子, は, 近い男鰥

▼ 四五へん~ (9, 0.0%)

2 踏みつけました 1 くりかえして, ぐるぐる引っぱり, ぐるぐる引っぱりまわした, ぐるぐる引っぱりまわしました, ついて, は行っ, 読みかえした

▼ 四五世紀~ (9, 0.0%)

2 の問題, の間 1 が経過, におけるルネッサンス, になる, のころ, をさかのぼる

▼ 四五倍~ (9, 0.0%)

2 もある 1 のもの, の大, の距離, の高, もの勘定, も高く, を差

▼ 四五分間~ (9, 0.0%)

1 して, のこと, の立ち話, はかかった, もそれ, もコゼット, も其所, も彼, も待つ

▼ 四五句~ (9, 0.0%)

2 書き抜く草稿 1 あったよう, が口, だけ, の続き, は僕, もあつ, 読みて

▼ 四五坪~ (9, 0.0%)

2 の狭い 1 ぐらいのもの, の便所, の地代, ばかりの庭一杯, ほどの洋間, もありましょう, を取り入れ

▼ 四五艘~ (9, 0.0%)

1 あるの, いつもより, の商船海上, の小さい, の網船, の舟, の釣船, を数えた, 浮いて

▼ 四人一緒~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 にやりだす, に住ん, に出よう, に帰っ, に旅籠屋, に雪崩込んだ, の誕生日

▼ 四代将軍~ (9, 0.0%)

1 が上洛, が京都, が御, となつ, のところ, の寵, の弟甲州公徳川綱重, の頃, を名乗った

▼ 四~ (9, 0.0%)

1 ありその, にわかち, の名, は九月中, は法世, もお, を上梓, を抱, 重ねられ直ぐ

▼ 四十そこそこ~ (9, 0.0%)

1 で, にしか見えなかった, のがっしり, の人, の女, の浪人者, の麦藁帽子, までといふところ, らしい旅姿

▼ 四十一二~ (9, 0.0%)

1 ぐらいで, ぐらいで御座います, で立派, で精悍, にし, になる, にも成つたらう, の兄さん, の比丘尼一人

▼ 四十万人~ (9, 0.0%)

2 の手 1 が皆, になる, のフランス人, の浪人, ばかりに対して女, を殺し, を越した

▼ 四十五六歳~ (9, 0.0%)

1 かと見ゆる, ぐらいの鼠背広, であろう, のいかにも, の婦人, の小づくり, の男, の筈, の陥穽

▼ 四十五日~ (9, 0.0%)

2 にし 1 たった, ないん, は文化三年七月五日, は永田馬場, をし, を費した, を送った

▼ 四十余~ (9, 0.0%)

2 の男 1 で稼盛り, となり, の処女, の旅館, の細作り, の項目, もあった

▼ 四十八名~ (9, 0.0%)

4 でございます 2 でご 1 が三十七年中, に転落, の乗組員

▼ 四十八年~ (9, 0.0%)

1 かの, くらいで, といふ年, には三階, に至る, のパリ二月革命, の悪夢, の生涯, の革命

▼ 四十八時間~ (9, 0.0%)

1 しかなく, しか留まっ, そして今, だけ過ごされる, ついに判然, なん, にし, のうち十五分, の夜昼

▼ 四十哩~ (9, 0.0%)

1 で自動車, と四十五哩, などはお茶の子サイサイ, の彼方, の速力, の速度, もある, も走らなかった, を走った

▼ 四十圓~ (9, 0.0%)

2 の金 1 で家屋敷白井樣, で持つ, の損, の歴史科中等教員, は莫斯科, も月給, を増す

▼ 四十尋~ (9, 0.0%)

2 のところ, の海底 1 から百尋, くらいの深, なり, より三十尋, 出さねば

▼ 四十年近く~ (9, 0.0%)

1 になるであろう, にもなっ, もこの, もゐる, も前, も地虫, も大事, も詩, も食物商売

▼ 四十秒~ (9, 0.0%)

1 かとにかく, つづいて, のこと, の手持ち, の時, の短い, もた, もひらき, を費し

▼ 四十貫~ (9, 0.0%)

1 ぐらいのミコシ, ずつもある, つまり当時, の上, の巨体, の熊, の銅線, もある, を引き

▼ 四~ (9, 0.0%)

1 から成立つ, だけにコロガリころ, に整, に象った, のうち, の中, の印, の変化, 只是上經説得齊整

▼ 四合壜~ (9, 0.0%)

2 を取り出し 1 を一本, を一本宛晩酌, を提げ, を片手, を独り, を立てらし, を紐

▼ 四~ (9, 0.0%)

1 とかの値段, にわかる, の家, の税, の食料, も出し, も月給, 即ちジュデッカ, 取つたの

▼ 四~ (9, 0.0%)

7 の姥 1 にかかる, の流れ

▼ 四年以後~ (9, 0.0%)

1 であること, には大, の二十年, の武鑑, の福沢諭吉, の雲浜, は明治座, も消耗戦略, 約四百年

▼ 四年以来~ (9, 0.0%)

2 の法度 1 の仲, の作, の如く, 極めて急速, 歩いた事, 殆ど全く中絶, 順次に

▼ 四年版~ (9, 0.0%)

1 であるから, と同じ, と明治二十五年発行, の, のユダヤ美文集一冊, の丹波敬三, の日本地理風俗大系, の東邦社発行, も十五年版

▼ 四日朝~ (9, 0.0%)

1 おめにかかります, かえります, ついて, づけの, のお, までには綜合, より眞山君, 早く立て行く, 着いたら駅

▼ 四本君~ (9, 0.0%)

1 がこの, がそう, がとくい, が抱きかかえ, が自分, のいう, のいった, の話, はとっぴ

▼ 四歳以下~ (9, 0.0%)

4 で死亡 2 の子供 1 の子, の小児, の幼児

▼ 四王天~ (9, 0.0%)

1 か, がひよ, が顔, でくる, というユダヤ退治, に在, の下, は清正, や八艘

▼ 四等国~ (9, 0.0%)

1 が四等国なみ, が超, にも劣っ, に下っ, に落ちた, に落ッこッ, のあ, のしかも, の生活水準

▼ 四~ (9, 0.0%)

4 などの結晶 2 と二花 1 ならば, の古人, の結晶

▼ 四行目~ (9, 0.0%)

2 にうつる 1 から読ん, との間, に, にある, はこう, は他, もし鎭守府司令長官

▼ 四軒長屋~ (9, 0.0%)

1 が二棟, でした, と称えた, には誰, の一区画, の一番はじ, の真暗, の間々, は出世長屋

▼ 四~ (9, 0.0%)

2 で中止, のまま中止 1 と続け, にある, にデュプレ, のふるわなかった, 迄出た

▼ 四~ (9, 0.0%)

1 しか表わさない, だけ多い, であるの, と次第に, にしか啼かなかった, になった, になつ, になる, を区別

▼ 四か月~ (8, 0.0%)

2 にもなる 1 あの人, たって, ほどまえ, もい, も二階, を除け

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 うなずいて, まだ年, 亦人, 人は, 含むこと, 寺田寅彦も, 平素から, 戸の

▼ 四~ (8, 0.0%)

21 であろう, なの, なる天使, は鰥夫寡婦, ノ一, ノ二

▼ 四五メートル~ (8, 0.0%)

1 あった, はらくに, またその, もある, も下った, も雪, らしい, 離れたこの

▼ 四五ヶ月~ (8, 0.0%)

1 ぐらい以前, は全く, ばかりの間, ばかり浜野, もすぎた, も経つ, 漸く雜誌, 経ったころ

▼ 四五十騎~ (8, 0.0%)

1 しか戻っ, と敵, の一隊, の武士, の騎馬武者, はヒソ, ほどの手下, ほど従い

▼ 四五年八月~ (8, 0.0%)

2 からのち 1 からあと, から今日, が来, のあと, までつづいた, まで進歩的

▼ 四五日滞在~ (8, 0.0%)

2 した後 1 したこと, したらなるべく, して, し静養, するよ, の心算

▼ 四五日經つて~ (8, 0.0%)

5 からでした 1 からのこと, から上役, から無論

▼ 四五秒~ (8, 0.0%)

1 ぐらいでした, ぐらい大波, して, たちました, で四百, の間, ほどじっと, ほどと思われる

▼ 四五間さき~ (8, 0.0%)

1 で再び, に水車, の所, の歩み, の流れ, の空気, をゆく, を何事

▼ 四人暮し~ (8, 0.0%)

1 だ, だった, であった, である事, で先ず, で電灯, の世帯, の肉親

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 あり, が刻まれ, ずつ犇, の人形, の仏像, の観音, は水, を労

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 と九十二億, になんなんとす, の人民生活, の民, の民衆, の由, の終戦処理費, の鶏鳥

▼ 四億年~ (8, 0.0%)

2 でないといふ 1 だと, だなんて, といふの, といふ年数, なんて滑稽, の後

▼ 四~ (8, 0.0%)

2 の給金 1 の決め, の約束, の若, の身上ぢ, の金, も入りました

▼ 四六年一月~ (8, 0.0%)

1 から文学雑誌, から日本, で三月, にいち早く, にひらかれた, の天皇, の追放令発表以来, は久しぶり

▼ 四六時~ (8, 0.0%)

2 ちゅう 1 ちゅういじめつけている妻, ちゅう勝手, ちゅう旅, ちゅう眼前, ちゅう行動, ちゅう邪魔神

▼ 四分前~ (8, 0.0%)

2 に至つて, まであんなに 1 ぐらいにここ, だ, であった, である

▼ 四十めん~ (8, 0.0%)

3 そうと 2 そうのす, そうのぶ 1 そうのせ

▼ 四十五人~ (8, 0.0%)

1 いる, ずつの二組, ずつ運べる, となり, に対して溺死者千三十六人, の候補者名, の名, は等しく

▼ 四十何分~ (8, 0.0%)

1 かについて改札, かに上野着, かに発見, かの東京行き, かの汽車, とか, まで大いに, 待って

▼ 四十余年間~ (8, 0.0%)

1 ついに中止, というもの, には少から, に亘れる, に作つた, の日記, の歴史, 依然たる

▼ 四十八人~ (8, 0.0%)

1 が, そのほか, にて斯様, になり, の声, の的持, の血判, を選ん

▼ 四十八字~ (8, 0.0%)

1 ありまして, あるので, のアルファベット, の歌, の組み合わせ, は, より成り, を南無阿弥陀仏

▼ 四十八本~ (8, 0.0%)

3 の色文 1 の手紙, も手紙, も持つ, も温め, 大いに結構

▼ 四十前~ (8, 0.0%)

2 の働者 1 で金, とは思えぬ, に世帶, のよう, の血気旺盛, らしいね

▼ 四十許~ (8, 0.0%)

5 りの 1 の品, の女, の婦人眉

▼ 四千メートル~ (8, 0.0%)

1 から一万五千メートル, から五千メートル, ぐらい上, と同様, に近い, の高度, の高空, を隔て

▼ 四千騎~ (8, 0.0%)

1 か, が殿, たらず縦隊三段, で射れ, の兵, をさずけ, をひっさげ, を加え

▼ 四号活字~ (8, 0.0%)

1 くらいある, で, で印刷, で書かれた, で次, で組まれ, より小さい, を入れ

▼ 四~ (8, 0.0%)

2 の答 1 にてシエクスピイヤ, に逢, のうち二問, ひたる後, をなし, を聽

▼ 四学年~ (8, 0.0%)

2 を卒業 1 であつ, になつて, の時, の生徒, までの合級授業, より辞書

▼ 四寸位~ (8, 0.0%)

2 も削り 1 あるので, から八寸位, ずつすかし, にまで育っ, の可愛らしい, の雪

▼ 四年生れ~ (8, 0.0%)

2 の彼 1 でこの, でカフカ, で文久, の刻印, の女, の藤陰

▼ 四日夜~ (8, 0.0%)

1 にいり, になる, の四つ時, の宮城占領, の宮城占領組, の編集会議, は九時すぎ, また不眠

▼ 四時十分~ (8, 0.0%)

1 から四時卅分, か十五分ごろ, であった, になっ, にハネ, に国師, を指し, 急げば

▼ 四時頃私~ (8, 0.0%)

1 の手, は仕事, は出掛け, は旧友, は突発的, は西日, は銀座通り, は黒い

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 すると, す候, せんか, にし, の空く, の間, は眩, を写生

▼ 四百匁~ (8, 0.0%)

1 から六, くらいが上乗, ちかく太っ, とする, とすれ, のたい, のまだ, のもの

▼ 四百圓~ (8, 0.0%)

1 で住み替, などといふ馬, にふえ, の資本, は七ヶ月, を受取, 程盜, 若くは

▼ 四百枚~ (8, 0.0%)

1 で二貫匁是, にもなっ, の長編, はマア三ヵ月, ほど一ヶ月, もある, も売れ, 書いた

▼ 四百石~ (8, 0.0%)

1 いただいて, ぐらいで, であったのに, とか五百石, と唄, のお, の御, の物頭

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 であった, である, というふう, の一所持, の領主, ひいたら, 最も小さな, 見娘子

▼ 四磅八シリング~ (8, 0.0%)

3 に騰貴 1 で一七〇クヲタア, で一五・四クヲタア, で一八〇クヲタア, で一六〇クヲタア, で一四・五クヲタア

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 に下, に娯楽, のほか, の力, の大兵, の奸物, の為す, の討手

▼ 四~ (8, 0.0%)

4 の家 1 に住む, に出, の, の芥川

▼ 四議會~ (8, 0.0%)

2 に於 1 と衝突, に於ける, に暴露, に至, の如き, も幸

▼ 四~ (8, 0.0%)

2 の戦況 1 には降参, の防ぎ, の魏軍, は, は憂うる, へ出

▼ 四軒茶屋~ (8, 0.0%)

1 あり, から人, というの, に駄ちん馬, のおやじ, のほう, の人, の前

▼ 四連隊~ (8, 0.0%)

1 に入営, の一大隊, の一部隊, の一隊, の煉瓦建て, の軍楽隊, はクールブヴォア, は木葉附近

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 が震うた, に布いた, に拠り, の糧道, の風, は日本, も多, を還し

▼ 四里四方~ (8, 0.0%)

2 の老若男女 1 にもわたる, に門, のニュース, の全部, の敵軍, を毎日

▼ 四~ (8, 0.0%)

1 しか無, でい, にならなかつた, に一錢五厘, に値切, のな, の泊り, の送料

▼ 四階目~ (8, 0.0%)

2 に腰 1 にある, の階段, の露台, へ上つた, へ登り, を上切つた

▼ 四かくい~ (7, 0.0%)

3 あなが 1 あなから, はこの, ふたの, ふたを

▼ 四ぐらいの~ (7, 0.0%)

1 どこか, ものである, ように, テンポで, 女の子が, 年まで, 無学な

▼ 四~ (7, 0.0%)

3 角な 1 五六七っ, 日前に, 角山に, 角山の

▼ 四とか~ (7, 0.0%)

2 聞きましたが 1 云つてゐた, 五とかいふ, 言いましたが, 言ひました, 部屋の

▼ 四~ (7, 0.0%)

3 んです 1 のである, のです, のに十二, のよ

▼ 四ツ目結~ (7, 0.0%)

2 の紋幕 1 とやらである, の幕の内, の旗, の紋, は佐々木党

▼ 四ペンス~ (7, 0.0%)

1 である, で売れたなら, の造幣料, の金, の銀貨, まで上った, を得る

▼ 四万五千~ (7, 0.0%)

1 ぐらいだ, であって, と想定, のフォニックス市, の単位, の組織, を加えれ

▼ 四三調~ (7, 0.0%)

2 の結句 1 で止め, には肯ん, に緊, のもの, の名詞止め

▼ 四世時代~ (7, 0.0%)

1 の, のドイツ人ら, の悲劇, の栄華, の様式, の芝居, を偉大

▼ 四五フィート~ (7, 0.0%)

2 に達する 1 のもの, の柱, もつき出し, を越した, 深さ二フィート

▼ 四五万~ (7, 0.0%)

1 から五十万, が出, と評価, に達し, の大軍, の見当, はとん

▼ 四五人手~ (7, 0.0%)

4 をあげました 2 に手 1 をつない

▼ 四五十両~ (7, 0.0%)

3 の金 1 お筆, しかございません, のもの, の入費

▼ 四五年ごろ~ (7, 0.0%)

2 まであった 1 かもつ, でしたでしょうから, には戸部, は豊隆, までは江戸

▼ 四五町先~ (7, 0.0%)

1 にあっ, の榎, へ神輿, へ行ったら, までやって来た, も覚束, を見当

▼ 四人以上~ (7, 0.0%)

4 の子供 1 に増加, の妻, の画家

▼ 四人共~ (7, 0.0%)

2 その火 1 いぎたなく睡っ, その時, に上げる, 生きた色, 白けて

▼ 四以上~ (7, 0.0%)

1 でなければ, の思想, の数, はニューヨーク州, を引き出し, を超えないらしい, 思うに

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 ではない, とあります, という番号, の附録, までつい, をありがとう, 別にハガキ二枚

▼ 四分の一マイル~ (7, 0.0%)

1 とない, とねえ, にわたって二列, ばかりのところ, ほど通っ, も出, を超えない

▼ 四分一~ (7, 0.0%)

1 か柄, の十万位, の布, の汽力, の煙管, の面積, は居

▼ 四列縦隊~ (7, 0.0%)

1 が出来, で下りゆく, で元気, で前, で改札口, になった, にならんだ

▼ 四十九人~ (7, 0.0%)

1 ぐらいで, だったという, になっ, の一味, の武者, までがこの, を選び

▼ 四十二分~ (7, 0.0%)

1 で止つて, に例, に夜行, に着きます, まで缺測, を示し, 着戸隠

▼ 四十二度~ (7, 0.0%)

1 だった, にと云え, に下る, に過ぎざれ, の所, までの度, まで熱

▼ 四十五度以上~ (7, 0.0%)

2 の角度 1 にも峻嶮, の急斜面, の斜, も横, も離れ

▼ 四十何歳~ (7, 0.0%)

1 かの某, という分別盛り, という血気盛り, とかで初婚, と云う, になり, の未亡人

▼ 四十八巻~ (7, 0.0%)

1 のよう, のウェイヴァリ・ノヴルズ, の一切経, の読誦, を以て有名, を読み, 及び十六羅漢像

▼ 四十匹~ (7, 0.0%)

1 からの蛭, と言う, の二十日鼠, の継立て, の馬, ばかりの仲間, ほどの猫

▼ 四十軒~ (7, 0.0%)

2 ほどある 1 ある, にも殖えた, の余, の家, の捻

▼ 四十銭位~ (7, 0.0%)

2 かかりましょう, で買う 1 だ, であったが, です

▼ 四十錢~ (7, 0.0%)

1 だと, でした長屋, の上, ばかり多い, を二人, を餘, 入れて

▼ 四十騎~ (7, 0.0%)

1 しかなかっ, しか連れ, と共に小, にすぎなかった, はすぐ, ほどに守られ, をもって殿軍

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 が一機, は, 帆, 帆は, 帆二十四挺櫓朱の, 帆船を, 帆苫数八十四枚水夫十六人飲み

▼ 四合目~ (7, 0.0%)

1 から以上, で村山, となる, にがっき, の森林帯, まで出る, まで登れ

▼ 四大河~ (7, 0.0%)

1 が出, というの, というもの, の根源, の水源, の源泉, の発する

▼ 四尺二寸~ (7, 0.0%)

2 の杖 1 だけ未申, で円く軽い, の手, の樫, より低から

▼ 四尺八寸~ (7, 0.0%)

3 のお 1 か九寸, の世にも, の小女, の義枝

▼ 四川路~ (7, 0.0%)

1 にある, のジャウデン・マジソン会社, の新, の東亜ホテル, の森永菓子店, をつなぐ, を歩い

▼ 四布蒲団~ (7, 0.0%)

1 のごとき, の柏餅, をそこ, を一枚, を下, を明石, を真中

▼ 四年九月~ (7, 0.0%)

32 のこと 1 に入っ, に石

▼ 四年制~ (7, 0.0%)

1 だつたので, になっ, の児童六九・五パーセント, の全, の小学, の教育大学設置案, の高等小学

▼ 四年十一月~ (7, 0.0%)

1 から同, にこの世, には天部領小稲荷, には岩代, の, の条, 第二議会

▼ 四年昔~ (7, 0.0%)

1 で前, のにがい, の二銭銅貨, の出来事, の原稿, の約束, をかえりみ

▼ 四年正月~ (7, 0.0%)

1 すでに長州はじめ討幕派陣営, であった, に始まる, に発表, の六日年越し, の条, の歌舞伎座

▼ 四年私~ (7, 0.0%)

1 が中学校三年, の二十二, の二十歳, の五十三才, の外遊中, の祖父, は流離

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 あり, が張裂ける, という人, と云う, に乗り, に分け, を清むる

▼ 四拾円~ (7, 0.0%)

1 くれたと, くれると, でお前, にはとっくに, の金, もその, も下

▼ 四日おき~ (7, 0.0%)

1 にしかいかなくなった, にしかこない, に三四度, に五銭十銭, に廷章, に書き残され, に来れ

▼ 四日年越し~ (7, 0.0%)

2 と小正月, と節分 1 から小正月, と共通, の宵

▼ 四時五十分~ (7, 0.0%)

2 までの間 1 であった, に著い, までの総監, 第一哨桜田門, 鳴轟

▼ 四時十五分~ (7, 0.0%)

2 である 1 ということ, といふ, にすなわち, ようやく大, より文ビル三階

▼ 四時間内~ (7, 0.0%)

1 にたった, にひどく, に二度, に充血, に八時間, に六時間休息, に更め

▼ 四時間半~ (7, 0.0%)

1 かかって, ぐらいな, は時間, ほど間, も休み, も搖, を費やした

▼ 四杯目~ (7, 0.0%)

2 の酒 1 のウイスキイ, のコップ, の御飯, の最後, の水

▼ 四楽章~ (7, 0.0%)

1 からなる, から成る, だけワルター, に入る, のプレスト, の歌曲, の終曲

▼ 四次元空間~ (7, 0.0%)

1 とはどんな, における建築, に於ける, に殿堂, の世界, の芸術, を考える

▼ 四次内閣~ (7, 0.0%)

2 の進行, を組織, を組織せり 1 と数え来れ

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 というよう, に満, の山, の岩石, の水, の静寂, を潤おす

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 あり迦楼羅鳥王, のあいだいずれ, の旅路, の終, の衆生, の道, ニハ柴燈ヲ

▼ 四百メートル~ (7, 0.0%)

1 といいます, のところ, の御, の高度, ほど山, もあっ, もあった

▼ 四百億円~ (7, 0.0%)

1 あれば, ぐらいは在るらしい, という, の夢, の御蔭, の砂金, を待っ

▼ 四百年間~ (7, 0.0%)

1 に三日, の中期頃, の人, は一般性, は我が, もあった, を平安朝

▼ 四~ (7, 0.0%)

2 に相当 1 か五粁位, か五粁程度, の長道中, ほどの湖水, 迄の家

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 に一撥, のこまやか, の変化, の残骸, を一ツぴしゃッ, を奔, 続き絃

▼ 四聲指歸~ (7, 0.0%)

3 と云 1 から全部拔書き, だと, に依, の中

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 ついた櫨, などの説, に殿作り, の灯映り, ひらき霜おき, 摘み取ったの, 読む間

▼ 四部作~ (7, 0.0%)

1 の三回, の大, の楽節, の第, の長篇, はワグナー, や十部作

▼ 四里半~ (7, 0.0%)

1 しかありません, にし, の氷上, ばかりその間, ばかりにし, もありやす, も奥

▼ 四重奏団の~ (7, 0.0%)

1 が, がある, がコロムビア, が入っ, が美しい, もある, を第

▼ 四間先~ (7, 0.0%)

1 きで学生帽, にあります, には死骸, に見えた, の地べた, の廊下, は番太

▼ 四~ (7, 0.0%)

1 からまっ先に, に分つた, は利長, へ夜来, も五隊, も白山林, を作つて整列

▼ 四階五階~ (7, 0.0%)

1 と登っ, のてっぺん, の大衆席, の楼, の洋館櫛比, の高, へ押上げ

▼ 四階級者~ (7, 0.0%)

1 が人間生活, が取り上げた, でなくとも, として立つ, にも資本王国, はかかる, はクロポトキン

▼ 四〇歳~ (6, 0.0%)

1 になれ, のもの, はたしかに, までは誰, まで生存, を越した

▼ 四であり~ (6, 0.0%)

1 そしてこの, 一七八〇年の, 一八一一年には, 山頂附近は, 死亡の, 購買の

▼ 四でも~ (6, 0.0%)

2 あろうか 1 あろう, 割れる二, 未だ若い, 百まで

▼ 四までの~ (6, 0.0%)

1 三畳生活身から, 土塁曲輪を, 場合は, 男の子が, 痕跡を, 隊と

▼ 四カ国~ (6, 0.0%)

1 いわば両, が中心, に共通, のお, の聯合艦隊, をあと

▼ 四キロメートル~ (6, 0.0%)

1 が一里, ないし三十二キロメートル, ばかりのあいだ, ほど西, も測れる, 程の小河

▼ 四ツ過ぎ~ (6, 0.0%)

1 には表, に原宿, に帰っ, に旦那, に清五郎, まで遊ん

▼ 四パーセント~ (6, 0.0%)

1 から五パーセント, から五五パーセント, が過去, しかなかっ, の苛性ソーダ溶液, は労働婦人

▼ 四ヶ月前~ (6, 0.0%)

1 からできない, でございます, に万世橋, に東京, のけなげ, のこと

▼ 四七年四月~ (6, 0.0%)

1 から八年四月, から実行, から発足, に行われた, の地方長官選挙, の選挙

▼ 四三六~ (6, 0.0%)

1 に, には宋, に康定, に服虔曰く, または四〇人, または四〇分の一

▼ 四世紀頃~ (6, 0.0%)

1 ですって, のカルチュアー, の梵本, の者, までは彼等, 専ら酒

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 で近代, と同じ, に, に羊, の日, を乗ずるなら

▼ 四五十頭~ (6, 0.0%)

1 のヤク, の怪物, の牝牛, の群, もいるであろう, もの馬匹

▼ 四五字~ (6, 0.0%)

1 だと, と心得まし, までになる, も書いた, を心得, を忘れぬ

▼ 四五年以来~ (6, 0.0%)

2 いつも親和力 1 しきりに白, の交際, は, 大いに減少

▼ 四五年後~ (6, 0.0%)

2 の今日 1 のこと, の自分, の話, の貞観

▼ 四五日一緒~ (6, 0.0%)

2 に生活 1 でしたが, にい, に伸子, に暮した

▼ 四五日来~ (6, 0.0%)

1 お柏持病脳痛不出来, の彼, の暗雲, の雨, の顔, 生れて

▼ 四五日經~ (6, 0.0%)

3 ちました 1 つと其の, つと林, て瀧口

▼ 四五番~ (6, 0.0%)

1 あったと, のところ, の中, を見た, 見ましたが, 謡いました

▼ 四五百年~ (6, 0.0%)

1 になる, のころ, の星霜, の頃, は個人, も前

▼ 四五百年前~ (6, 0.0%)

1 すでに古瀬戸, に既に, に遡り得る, の春秋時代, の物ニモ, の野武士

▼ 四五脚~ (6, 0.0%)

2 の椅子 1 ある椅子, ならべて, の広告ベンチ, 多少の

▼ 四五輪~ (6, 0.0%)

2 かないし 1 に可, に陰日南, の花, の蕾

▼ 四人一度~ (6, 0.0%)

1 にかかったなら抜けない, に寄り添っ, に自, に覆面, に飛びかかった, に飛び出す

▼ 四人先~ (6, 0.0%)

4 に立つ 1 に木部, に立っ

▼ 四人前~ (6, 0.0%)

1 か, のお菓子, の切符, の費用, の食器, へならえ

▼ 四代前~ (6, 0.0%)

1 からの牧瀬, で本, の不, の主人, の当主, の正

▼ 四以下~ (6, 0.0%)

1 に曰く, の出生, の場合, を与える, 及び二七, 及び地

▼ 四個所~ (6, 0.0%)

1 あって, その次, だけ選び, の傷口, の門, も明い

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 となり, ないし五〇分の一, に, には男山八幡, に竜, を二分

▼ 四六判~ (6, 0.0%)

1 ですな, に改版, のノートブック, の二倍, の洋本, よりも小さく

▼ 四分三十三秒~ (6, 0.0%)

1 がで, が最高, という世界記録, には及びません, の記録, を破らない

▼ 四十すぎ~ (6, 0.0%)

1 だから, の分別男, の大, の独身男, の男, よ

▼ 四十キロ~ (6, 0.0%)

1 のリボン, の地点, の快速, の海底, は一円十銭, ばかりの地点

▼ 四十スー銀貨~ (6, 0.0%)

1 がはいっ, が彼, とを灰, を, を見いだされるでしょう, を返し

▼ 四十一二年~ (6, 0.0%)

4 の頃 1 のころ隅田川, へかけ

▼ 四十一名~ (6, 0.0%)

2 現患者三十六名 1 となった, と簾中上, は旧, もの災死児童

▼ 四十七字~ (6, 0.0%)

2 の中 1 それに, のおのおの, は実際, を用い

▼ 四十二万石~ (6, 0.0%)

3 の大 1 に封ぜられた, の浅野長勲公, を受け

▼ 四十二三歳~ (6, 0.0%)

1 で服装, と推定, に及ん, の内儀, の女, の漁師

▼ 四十人近く~ (6, 0.0%)

1 の人数, の人間, もいっぱい, も詰めかけ, を要する, 乗って

▼ 四十余年前~ (6, 0.0%)

1 に世に, に漠然と, に現れ, の伝五郎, の銀座, までは高原

▼ 四十八九~ (6, 0.0%)

1 だろう成るほど, という女, にし, になる, にもなろう, に見える

▼ 四十八文~ (6, 0.0%)

1 あれば, かかった, から百六十四文, というの, に成ります, ばかり有った

▼ 四十八組~ (6, 0.0%)

1 ありました, の創案, の火消仲間, の頭, もでき, 有って

▼ 四十六人~ (6, 0.0%)

1 である, で俺, の中, の国王, の官吏, の定員

▼ 四十年以上~ (6, 0.0%)

2 の昔, を経 1 も彼, も昔

▼ 四十年以前~ (6, 0.0%)

2 の東京 1 であろう, のこと, のでき, の林田文次

▼ 四十度以上~ (6, 0.0%)

1 に超過, の傾斜地, の急, の熱, の高い, もの熱

▼ 四十文~ (6, 0.0%)

1 さ, ずつ火打袋, であったと, でよろしゅう, で乳下水, の物

▼ 四十歳以上~ (6, 0.0%)

1 と聞い, になる, のおやじみたい, のその, のひと, の大

▼ 四十餘~ (6, 0.0%)

1 で京師, とある, と間, の文字, もあつ, りの

▼ 四千フィート~ (6, 0.0%)

1 あり富士山, くらいからである, に近く, のところ, の高, まで棲む

▼ 四千坪~ (6, 0.0%)

1 からある, になっ, に近く, の大, の年収, 近い所有地

▼ 四千尺~ (6, 0.0%)

1 から前面, が一万六千尺以上, の山上, の高, の高地, ばかりの氷雪

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 で食う, に飲ん, の一家, は禍, も口, 続けて

▼ 四合ビン~ (6, 0.0%)

1 じゃない, に酒, をひ, をもっ, を手ジャク, を持ちあげ

▼ 四回大会~ (6, 0.0%)

2 はこの 1 がもたれた, に際して秩父宮殿下, へ島崎藤村氏, をブェノスアイレス

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 の笑, は皆己, を咸賓, を平らげ, を馭, 諸酋長

▼ 四尺あまり~ (6, 0.0%)

2 の本式 1 の半, の溝, の獣, もある

▼ 四尺七寸~ (6, 0.0%)

2 しかなかっ, である, の小さな

▼ 四尺四方~ (6, 0.0%)

2 もある 1 くらいの大き, の穴, ほどの板敷, もあるらしい

▼ 四年め~ (6, 0.0%)

1 だっていう, にあたっ, になっ, に接見禁止, に故郷, の夏

▼ 四年半~ (6, 0.0%)

2 の持久戦争 1 その長い, の増加, は三十年戦争, も続きました

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 さうさな, そうさ, へもあり, へもある, へ以上, もある

▼ 四抱え~ (6, 0.0%)

2 も五抱え 1 にも余る, ほどの大木, ほどもある, もある

▼ 四文書~ (6, 0.0%)

2 に於 1 に於ける, の原文, の根, は此文書

▼ 四日うち~ (6, 0.0%)

1 にたっ, には帰っ, に元気, に帰る, に書い, のもの

▼ 四時二十分~ (6, 0.0%)

1 って, て云ったら, といふ危, にフェンチャアチ停車場, に東京駅, に此処

▼ 四時半ごろ~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 だつた, についたら, になっ, の有り様

▼ 四歳位~ (6, 0.0%)

1 であらせられた, にてサムライ, になる, のとき, の時, までの作

▼ 四歳頃~ (6, 0.0%)

1 か幼少, のこと, の世, の作, へかけ, 作ったという

▼ 四百フラン~ (6, 0.0%)

1 かした, というの, の増加, ばかりある, も御座いましたら, 遣るから

▼ 四百五十人~ (6, 0.0%)

1 の人間, の兵士, の刑事探偵, の負傷者, までは確か, をいるるべき

▼ 四百五十六字~ (6, 0.0%)

4 の文章 1 という文章, といふ文章

▼ 四百余名~ (6, 0.0%)

1 が枕, その十分の九, の会員, の官人たち, は天川, を加えた

▼ 四百目~ (6, 0.0%)

1 になりぬ, の鳥, の黒ダイ, はわかつ, ほど増し, もある

▼ 四箇年~ (6, 0.0%)

1 と十分の九以下, における平均出生超過, に適用, のあいだ, は五五シリング, は私

▼ 四組み~ (6, 0.0%)

5 の男女 1 の楽しい

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 からはもうかなり, が電, と本隊, はまっ先に, はグッ, を遣わし

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 たっぷりやり, で二千八百, やって, やり五時近く, やり六千何百, やる

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 でありますが, と聞く, の人, の市民, の數, へ行く

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 あること, として, とに依る, は犯人, を採る, 第五説

▼ 四~ (6, 0.0%)

2 あり我 1 あり足, に力, 引きずったが, 歩くと

▼ 四道将軍~ (6, 0.0%)

1 のよう, の一人, の地方巡察, の派遣, をおいた, を派遣

▼ 四里あまり~ (6, 0.0%)

1 にわたっ, のけわしい, のところ, の草, の路, 離れた地点

▼ 四~ (6, 0.0%)

2 のん 1 とのみ出し, のみて眠る, のむ, ほど飲ん

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 に湧出, に配居, の柱, の民, へ並べ, をまとめ

▼ 四階建て~ (6, 0.0%)

1 になっ, の大, の家, の家屋, の新しい, の真四角

▼ 四階級以外~ (6, 0.0%)

4 の階級者 1 の人々, の階級

▼ 四~ (6, 0.0%)

2 にすぎません 1 か五題, ぐらいずつが掲げ, ぐらいを一会場, の中二題

▼ 四~ (6, 0.0%)

1 あります, であろうと, にすぎない, に下落, の収穫, または五%以下

▼ 四〇〇~ (5, 0.0%)

1 ある, であるが, という数, に対して無, を納める

▼ 四〇〇〇磅~ (5, 0.0%)

1 から四二〇〇磅, だけ減少, でなければ, で売り, にすなわち

▼ 四〇年ごろ~ (5, 0.0%)

1 から追いつく, とされ, に書かれた, のファシズム, を中心

▼ 四か所~ (5, 0.0%)

1 ぐらいにふえた, の石階, の砲台, も疵, 出て

▼ 四この~ (5, 0.0%)

2 日は 1 力は, 女の, 火星人の

▼ 四だけ~ (5, 0.0%)

1 だから, 作りこれ, 多くなり, 引き出す事, 空しく費し

▼ 四であった~ (5, 0.0%)

1 がなかなか, が十七, とか申します, 少女の, 若い母親

▼ 四として~ (5, 0.0%)

1 かういふこと, こういうこと, はしつかりした, 他殺が, 茶山の

▼ 四ばんめ~ (5, 0.0%)

1 には残り, のおねえ, の妖女, は台所, をほどくなら

▼ 四ん這~ (5, 0.0%)

1 になった, ひに, ひにでも, ひにな, ひの

▼ 四エンジン室~ (5, 0.0%)

1 でピストル, にかえって, に引張っ, の暗闇中, の騒

▼ 四カット~ (5, 0.0%)

1 あったの, しか進まず, やると, 行った, 進む

▼ 四カ月前~ (5, 0.0%)

2 に発表 1 になぜ, にも米騒動, まだ鐵道

▼ 四カ条~ (5, 0.0%)

1 にわたる被害項目, のうち, の痕跡, は理論上これこれ, を読んだ

▼ 四センチ~ (5, 0.0%)

1 か五センチ, のうすい, ほどの四, をへだて, 高さ

▼ 四ツ手駕籠~ (5, 0.0%)

1 が下り, で刺青だらけ, に復古, に桐油, の中

▼ 四ツ時~ (5, 0.0%)

1 で私, という頃おい, になれ, に彼是, に町奉行

▼ 四ツ頃~ (5, 0.0%)

1 から蚊帳, から雨, でご, のあどけない, 迄にお越し

▼ 四ポンド~ (5, 0.0%)

2 ぐらいの鉄丸 1 だろうね, で売り払っ, の小切手

▼ 四ヵ年~ (5, 0.0%)

21 ちかくかくされた, の教育, の日本

▼ 四一四号~ (5, 0.0%)

4 の少女 1 の屍体

▼ 四万両~ (5, 0.0%)

2 てえ血 1 というもの, の調達方, の黒砂糖

▼ 四万六千日~ (5, 0.0%)

1 だと, である, で半, に浅草, の賽日

▼ 四九九~ (5, 0.0%)

1 が, という数字, と七五〇〇〇, なの, の二十六

▼ 四二頁~ (5, 0.0%)

1 に, にはインド人鼠, に土人, に宮本君, に或

▼ 四五人づれ~ (5, 0.0%)

1 で喋っ, の大, の奇異, の旅客, の郷武者たち

▼ 四五人目~ (5, 0.0%)

1 だな, に来た, の, の前, の祝賀客

▼ 四五十万~ (5, 0.0%)

1 と数えたなら, のもの, はありました, はうごい, を加え

▼ 四五十年あと~ (5, 0.0%)

3 までは唯関 2 までは唯

▼ 四五十本~ (5, 0.0%)

1 というところ, の縫針, の薔薇, ほども並べられし, もあるであろう

▼ 四五十銭~ (5, 0.0%)

1 がまあ, ぐらいは送っ, でしたが, で買った, に売れる

▼ 四五年以後~ (5, 0.0%)

1 にこれら, のこと, の作品, の日本, の民主的文学運動

▼ 四五年八月以後~ (5, 0.0%)

1 この武士道ドラマ, この禁止, の女学生, の混乱期, 第一回

▼ 四五日おき~ (5, 0.0%)

2 に送り来る 1 には必ず, に幾度, に来い

▼ 四五日分~ (5, 0.0%)

2 しかない 1 の弁当, の新聞, の食物

▼ 四五日前彼~ (5, 0.0%)

2 は掏摸 1 が焼酎, はこの, は小田原

▼ 四五日頃~ (5, 0.0%)

2 から十六 1 から春, までいる, までに訪問

▼ 四五歳位~ (5, 0.0%)

1 からの男女, だろうか, にも見える, に見受けまする, の少女

▼ 四五町さき~ (5, 0.0%)

2 の畑 1 の喫茶店, の宿屋, の農家

▼ 四五疋~ (5, 0.0%)

1 うようよと, ずらりと行列, の狼, の鯉, 遊んで

▼ 四五百メートル~ (5, 0.0%)

1 から七, しかない, にまで達する, の間, 恐らくもうそろそろ森

▼ 四五百名~ (5, 0.0%)

1 の兵, の死骸, ほども一鼓六足, もこの, 近い人間

▼ 四五磅~ (5, 0.0%)

1 でありそして, であり他方ポルトガル, で買い, に下落, を費した

▼ 四五篇~ (5, 0.0%)

1 でその, にも及ぶ, に上れり, もたまっ, をのぞく

▼ 四五米~ (5, 0.0%)

1 になり, の余, は高い, 高く大, 高さ

▼ 四五軒先~ (5, 0.0%)

2 の瓦斯燈 1 がボウボウ, に行く, の鍛冶屋

▼ 四人乗り~ (5, 0.0%)

1 だが, の大型飛行艇, の小船, の車, の車室

▼ 四人手~ (5, 0.0%)

1 に, に手, を取り合っ, を捉, 負わせないこと

▼ 四~ (5, 0.0%)

2 を供養 1 が嬉鬘歌舞, とに就, 既に出た

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 である, ともそう, のそれぞれ, まではその, も烟草休

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 にごろごろ, につらなっ, に五つ, の家, 並ぶよう

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 に住む, の, の世界, の座標軸, の銀

▼ 四元素~ (5, 0.0%)

1 から成立つ, から組成, が離合集散, に帰し, の混合関係

▼ 四八年度~ (5, 0.0%)

1 における文学, にどうしても, のソヴェト国家予算, の日本, は二十五万点

▼ 四円八十銭~ (5, 0.0%)

1 では, で事足らす, という札, の卵, の家

▼ 四~ (5, 0.0%)

2 の陣 1 に陣, の陣地, は前

▼ 四分の一哩~ (5, 0.0%)

1 に過ぎず, ばかりのところ, ばかり歩い, ほど前, 程隔たった

▼ 四分位~ (5, 0.0%)

1 である是, となる, に刈揃, の入り, の地点

▼ 四十いくつ~ (5, 0.0%)

1 かある, かの窓, だそう, だという, とかいう事

▼ 四十だい~ (5, 0.0%)

1 となる, になっ, の失敗, ほど危ない, ほど油断

▼ 四十ルーブル~ (5, 0.0%)

1 である, の仕送り, の賞与, や四十五ルーブル, を調達

▼ 四十一石~ (5, 0.0%)

1 か, というところ, の小身, の身上, の高

▼ 四十七名~ (5, 0.0%)

2 の切支丹 1 あり, のうち, の堕落

▼ 四十万円~ (5, 0.0%)

1 だ, です, ですか, の修繕, の収入

▼ 四十万石~ (5, 0.0%)

1 の大名, の家中, の封土, を差しあげ, 引換えにと

▼ 四十三人~ (5, 0.0%)

1 に及んだ, の同志, の男, を見, を陟

▼ 四十三名~ (5, 0.0%)

1 から一挙, だと, に達し, の若き, を獲得

▼ 四十三年八月~ (5, 0.0%)

3 の水害 1 にわが, に起った

▼ 四十九回~ (5, 0.0%)

1 さ, のところ, の治療代, の注射, 始終苦界

▼ 四十二円~ (5, 0.0%)

1 ですの, の罰金, の金, を痩せこけた, を貰った

▼ 四十二年五月~ (5, 0.0%)

31 となっ, の雲取山

▼ 四十人あまり~ (5, 0.0%)

1 そのうち, の小人, の男女, の青年, の顔

▼ 四十余年後~ (5, 0.0%)

2 の安政三年 1 の今日, の今朝, の記憶

▼ 四十余歳~ (5, 0.0%)

1 ですでに, にて鬚, のころ, の今日, の厄年近辺

▼ 四十個~ (5, 0.0%)

2 の檻 1 とか七十個, の電池, まるのみし

▼ 四十八貫目~ (5, 0.0%)

3 では 1 あると, の泥棒

▼ 四十冊~ (5, 0.0%)

2 を選択 1 ぐらい, ばかりの本, を官

▼ 四十分の一~ (5, 0.0%)

1 くらいもある, であり渋沢栄一氏, に評価, に過ぎない, はおろか

▼ 四十分の急行~ (5, 0.0%)

2 に乗れ 1 で出立, で父上, にて出発

▼ 四十分後~ (5, 0.0%)

1 でもう, に敏子, に沈んだ, に濡れ鼠, に皆

▼ 四十卷~ (5, 0.0%)

1 あつた, とした, にも亘る, に見え, を作つて

▼ 四十四五歳~ (5, 0.0%)

1 かと思われる, に至る, に達し, の大, の女

▼ 四十四人~ (5, 0.0%)

1 という, なん, の家臣ら, の放火, の貴族

▼ 四十回~ (5, 0.0%)

1 ばかり休み, まで送っ, も其の, も多く, も面会

▼ 四十島田~ (5, 0.0%)

1 で世間, の恥, はお前さん, をいやがる, をたらしこん

▼ 四十年ぶり~ (5, 0.0%)

1 で呉服, で郷里, とかの暑, に平和, 初めての

▼ 四十年前後~ (5, 0.0%)

1 がそう, に至る, の日本, の時代, まで関西

▼ 四十幾歳~ (5, 0.0%)

1 かの畫, という若, の今, の屈強, まで評定役

▼ 四十戸~ (5, 0.0%)

1 という同一数, にし, の小, ばかりの一族, ばかりの開拓団

▼ 四十日目~ (5, 0.0%)

1 か, には花, に西洋, の惰気, の芸人

▼ 四十歳五十歳~ (5, 0.0%)

1 と精一ぱいあくせく, どうかしたら, になつて, の年, の鰥夫

▼ 四十石~ (5, 0.0%)

1 だった, である, のサムライ, の家柄, 乃至五

▼ 四十羽~ (5, 0.0%)

2 の鴨 1 と群, にのぼるだろう, の鷺

▼ 四十頁~ (5, 0.0%)

1 の御嶽山, も読ん, や五十頁, を最後, を要求

▼ 四十餘年~ (5, 0.0%)

1 たつて, のむかし, の後, ほど前, を經

▼ 四千ルーブル~ (5, 0.0%)

1 あげますよ, ですって, といえ, の金, の金額

▼ 四千七百円~ (5, 0.0%)

1 だすという, で御座います, なんてこと, の品物, の請求

▼ 四千五百ルーブル~ (5, 0.0%)

2 の金 1 だけれど, なくなされたん, のお金

▼ 四千哩~ (5, 0.0%)

1 に比し, の長い, の長いはげしい, もむこう, 隔たった所

▼ 四千弗~ (5, 0.0%)

1 ずつを納める, といふ事, とか払つたつて, の年金, もお

▼ 四半斤~ (5, 0.0%)

4 の中身 1 ずつ食っ

▼ 四合罎~ (5, 0.0%)

2 と三皿 1 から倒, の口, を出し

▼ 四問題~ (5, 0.0%)

2 のうち, をお 1 すなわちわが

▼ 四國町~ (5, 0.0%)

1 か慶應大學, の久保田万太郎邸, の大, の間, へ乘込

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 というの, という四発機, に分類, の外, も五型

▼ 四~ (5, 0.0%)

2 の石塔 1 ある, だけ結ん, に分れ

▼ 四家老~ (5, 0.0%)

2 のひとり 1 というもの, の面, もみな扈従

▼ 四寸角~ (5, 0.0%)

1 の一尺五六寸, の材木, の柱, の穴, 高さ一丈

▼ 四対一〇~ (5, 0.0%)

1 すなわち一三八対一〇〇, でありまたは, であり六八年間, であろう, 及び四二対一〇

▼ 四対一〇〇~ (5, 0.0%)

1 であった, であったが, という, の比率, 及び一三〇対一〇〇

▼ 四対三~ (5, 0.0%)

1 であり死亡率, であると, で勝っ, の比率, または一三・三分の一対一〇

▼ 四尺一寸~ (5, 0.0%)

1 ございました, と看板, なれども, ましき, もお

▼ 四尺七八寸~ (5, 0.0%)

1 ある, の仔鹿, の優形, の棹石, の虫齋村

▼ 四尺以上~ (5, 0.0%)

2 で幅 1 でなかなかよく, の汽船, もある

▼ 四尺足らず~ (5, 0.0%)

2 あるとか, の小兵 1 の精悍

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 で勝負, に負けるだらう, は果して, を失, を失つたあと

▼ 四~ (5, 0.0%)

2 と陝西, 甘肅 1 に於ける

▼ 四師団~ (5, 0.0%)

1 にわたし, に法務官, のある, の優勢, より報告

▼ 四年ごと~ (5, 0.0%)

1 にわずか, に全国, に大統領, に行われます, の選挙

▼ 四年中~ (5, 0.0%)

2 に都下 1 には一度, に樵山, に雑誌編輯

▼ 四年夏~ (5, 0.0%)

1 というの, のある, のこと, の夜, より一九一五年

▼ 四年振り~ (5, 0.0%)

1 である, でしたねえ, でめぐり逢った, で復一, で逢う

▼ 四年目毎~ (5, 0.0%)

1 にそれ, に一日, に三六六日, に各国順番, に行わるる

▼ 四度五度~ (5, 0.0%)

1 とあがっ, とタミ子, と両手, と声, と死

▼ 四擒四縦~ (5, 0.0%)

1 とは面白い, の備え, の手, の謀り, の陣備え

▼ 四日の~ (5, 0.0%)

1 がお金, に比べ, はきのう, はまだ, は七信目

▼ 四日午後~ (5, 0.0%)

2 になる 1 になっ, のお, はじめてカルカッタ府

▼ 四昼夜~ (5, 0.0%)

2 かかって 1 もひ, も頑張っ, を要し

▼ 四時前後~ (5, 0.0%)

1 だろうが, である, におき, には早く, に電燈

▼ 四時四十分~ (5, 0.0%)

1 になっ, に終る, に赤坂見附, の豊橋行, 第六哨赤坂見附

▼ 四時間十三分~ (5, 0.0%)

2 の大 1 が終つたの, も考えた, 考えた

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 あり, ありというも, とやつぱり四五日づゝ, まで取る, を順歴

▼ 四歩突き~ (5, 0.0%)

1 という一手, などという奇想天外, についても木村八段, の一手, も脆い

▼ 四番目の~ (5, 0.0%)

1 には八つ, は, は先生, は普通, も医学士

▼ 四番首~ (5, 0.0%)

1 にした, までは知らぬ, まで討っ, を最後, 挙げて

▼ 四百余人~ (5, 0.0%)

1 が陣, の声, の集団死, はいる, を遠巻き

▼ 四百年後~ (5, 0.0%)

1 であるかも, に起った, の今日, の南宋時代, の東京

▼ 四百法~ (5, 0.0%)

1 だけを今日, でしょう, の, までを限度, を拠金

▼ 四百里~ (5, 0.0%)

1 であると, のこなた, ほど奥, ほど歩いた, 我が四十里餘

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 があっ, が共同利益, が設立, の主, を滅却伐木

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 とは面白い, の備え, の手, の謀り, の陣備え

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 だね, の大型機, の大型飛行機, の飛行機, も運び出され

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 にきた, に吼え, の方, の真中, へ出た

▼ 四~ (5, 0.0%)

1 に溢, に覇, の地, の村, の老木

▼ 四部目録~ (5, 0.0%)

1 があつ, がある, の外, の現在一番, は單

▼ 四重五重~ (5, 0.0%)

1 にも六重, の困難, の廊, の張紙, の関門

▼ 四階梯~ (5, 0.0%)

2 の階級性 1 から区別, に及ばない, の夫

▼ 四頭立~ (5, 0.0%)

2 の馬車 1 で車台, の立派, の馬

▼ 四高足~ (5, 0.0%)

1 といわれる, ともみな口, の中, は色めき立っ, 出淵

▼ 四〇メートル~ (4, 0.0%)

1 から一一八五メートル, くらいの杉林, にきた, ばかりの谷

▼ 四〇年頃~ (4, 0.0%)

1 かかれたもの, に鉛活字, の事, の雅典人

▼ 四〇瓩~ (4, 0.0%)

2 を引く 1 ですね, とこの

▼ 四か村~ (4, 0.0%)

1 から出る, にも及ん, の五人組総代, を指定

▼ 四じゃ~ (4, 0.0%)

1 ないか, アない, 割り切れんぞ, 無えんだ

▼ 四では~ (4, 0.0%)

1 ないかな, なかった, まだ小娘, 今の

▼ 四にしか~ (4, 0.0%)

1 ならないん, ならなかったが, みえませんでした, 見えない

▼ 四にな~ (4, 0.0%)

1 つても, つてゐ, つて女学校へ, つて銀座の

▼ 四はい~ (4, 0.0%)

1 のお茶, をついだ, を飲みつくし, 五は

▼ 四ばかりの~ (4, 0.0%)

1 子供で, 少女が, 愛くるしい娘, 髪の

▼ 四より~ (4, 0.0%)

2 多くの 1 なかった, 酒飲み慣れ

▼ 四エンジン~ (4, 0.0%)

1 の乱調, の持場, は誰, を日本将校カワカミ

▼ 四カ年~ (4, 0.0%)

1 がたった, になった, にわたって行方不明, 近い年月

▼ 四カ月後~ (4, 0.0%)

1 であった, になっ, には完全, には驚天動地

▼ 四クヲタア~ (4, 0.0%)

2 の価値 1 が四磅, となり

▼ 四ツ折~ (4, 0.0%)

1 で粗末, のハンカチ, の半紙十数枚, の誠に

▼ 四ツ時分~ (4, 0.0%)

1 からへえ, から腰掛, だから, には沖

▼ 四ツ目垣~ (4, 0.0%)

1 だの, の外, の薔薇, を向う

▼ 四ヵ月前~ (4, 0.0%)

1 から合計五度, に来た, に種々, まで六年間

▼ 四ヵ条~ (4, 0.0%)

1 の箇条書き, を, を書き記した, を記した

▼ 四・一~ (4, 0.0%)

3 の出生 1 という年結婚

▼ 四・八~ (4, 0.0%)

1 にあり, には各, にも上る, に出

▼ 四・半~ (4, 0.0%)

2 に机 1 で二十九円五十銭, で勉強

▼ 四七分の一~ (4, 0.0%)

1 から一一分の一, から現在一一分の一, であった, というバアトン氏

▼ 四七日~ (4, 0.0%)

1 があり, とつづく, と祈りつづけ, の法事

▼ 四万五千円~ (4, 0.0%)

1 だからな, で犬, の大金, の持ち

▼ 四三〇号~ (4, 0.0%)

1 でジャン, となる, と呼ばれた, 再び現われ

▼ 四世式~ (4, 0.0%)

1 の効果的合成, の帽子, の建築, の百合花模様

▼ 四両二分~ (4, 0.0%)

2 と七百四十八文 1 ばかりしか無い, ばかり炭三両二分

▼ 四九二年~ (4, 0.0%)

1 とが結びつく, に没した, の八月, 即ちコロンブス

▼ 四五たび~ (4, 0.0%)

1 は来る, も引出しました, 両妓, 吹きました

▼ 四五ひき~ (4, 0.0%)

1 うるさくとん, の蜻蛉, の魚, はとん

▼ 四五カ所~ (4, 0.0%)

1 についてここ, に分れ, をたずねる, を云い聞かせる

▼ 四五ヵ月~ (4, 0.0%)

1 から半年, にわたる空白時代, のうち, 支えて

▼ 四五人一度~ (4, 0.0%)

2 に笑 1 に声, に橋

▼ 四五十メートル~ (4, 0.0%)

1 ほど先, ものぼった, も離れる, を隔て

▼ 四五十分間~ (4, 0.0%)

1 ですね, なるべし, は眠ったらしかった, は眠つた

▼ 四五十匁~ (4, 0.0%)

1 から百匁近く, くらいまでのもの, だね, の川鮎

▼ 四五十匹~ (4, 0.0%)

1 ぐらい行く, の馬, もある, も狼

▼ 四五十年間~ (4, 0.0%)

1 にはや, に著しく, の俳句, 始めて

▼ 四五十度~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの角度, の熱, の角度, やるの

▼ 四五十歩~ (4, 0.0%)

1 あるいた頃, に石, も踏んだ, を隔てた

▼ 四五十里~ (4, 0.0%)

1 だと, は山谷, もある, も来ましょう

▼ 四五升~ (4, 0.0%)

1 にも上がり, もやったら, 呑まぬと, 飲む方

▼ 四五尋~ (4, 0.0%)

2 の深 1 から十尋以内, のところ

▼ 四五尾~ (4, 0.0%)

1 ずつ釣った, の魚, 提げて, 釣ったの

▼ 四五年ぶり~ (4, 0.0%)

1 で逢, にて懷中時計, にでも吾家, の植疱瘡

▼ 四五年八月六日~ (4, 0.0%)

2 のバクダン以前 1 のバクダン以後, の朝

▼ 四五年十二月~ (4, 0.0%)

1 から四七年春, には国家権力, に国家権力, に発表

▼ 四五日あと~ (4, 0.0%)

1 にお立ち, になっ, には追, に欧米漫遊

▼ 四五日以前~ (4, 0.0%)

1 ある家, から絶えず, に一升壜, の市塵庵

▼ 四五日逗留~ (4, 0.0%)

2 して 1 の序, の後

▼ 四五本目~ (4, 0.0%)

1 でそれ湯, についた, の古い, の輻

▼ 四五点~ (4, 0.0%)

1 の松火, はおもしろい, も入手, を盗ん

▼ 四五畳~ (4, 0.0%)

1 ただしたたという, の手狭, ばかりの石牀, ほどの大

▼ 四五百匁~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 のところ, はあるであろう

▼ 四五百米~ (4, 0.0%)

1 であるよう, の丘上, の小さな, 離れた地区

▼ 四五粒~ (4, 0.0%)

1 ずつ分け, ほどのお, 出して, 包まれて

▼ 四五葉~ (4, 0.0%)

1 なり, のもの, ひらひら舞わせ, を贈つた

▼ 四五軒さき~ (4, 0.0%)

1 に踊り, の家, の質屋, の魚屋

▼ 四五銭~ (4, 0.0%)

1 がとこ顔, ぐらいの現金, となった, も出せ

▼ 四五間うしろ~ (4, 0.0%)

1 で, におののい, にその, へ押された

▼ 四井街~ (4, 0.0%)

1 に向, の尼寺, の方, の邊

▼ 四人がかり~ (4, 0.0%)

1 でシャツ一枚, でソロソロ, で一俵, の大

▼ 四人きり~ (4, 0.0%)

1 か, である, でやりたい, で解剖

▼ 四人中~ (4, 0.0%)

1 に, には一番, には一番遲, の一人

▼ 四人半~ (4, 0.0%)

1 しかいない, という数, ないし五人, をもっ

▼ 四人男~ (4, 0.0%)

1 じゃねえ, と一人女, の一人, の一人女

▼ 四人組み~ (4, 0.0%)

1 の上さん, の仲間, の悪党, の悪漢

▼ 四位少将~ (4, 0.0%)

1 が昨夜夜ふけ, の位, はそのまま, を迎え

▼ 四個中隊~ (4, 0.0%)

1 とブルンスウィック, と勇敢, の重, は一軍団

▼ 四倍以上~ (4, 0.0%)

1 に上るであろう, に増加, の増加率, の数

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 あったが, の母, をあげた, を持っ

▼ 四八〇磅~ (4, 0.0%)

1 から四四五磅一五シリング, が彼, であるから, の残額

▼ 四八八〇〇〇~ (4, 0.0%)

1 と測定, に対して九, に至る, への増加

▼ 四六年度~ (4, 0.0%)

2 の選挙 1 に軍事費, の記念的作品

▼ 四円七拾銭~ (4, 0.0%)

1 の柱時計, ものお金, もの高い, も出し

▼ 四分の一世紀~ (4, 0.0%)

1 も前, も経っ, をすぎた, をへ

▼ 四分の一位~ (4, 0.0%)

2 に減じ 1 である, になっ

▼ 四分の三拍子~ (4, 0.0%)

1 でさらさら, に変る, に變, をかたみに

▼ 四分ノ一~ (4, 0.0%)

1 にあたる兵, に減じられた, のマラソンコース, まで

▼ 四分目~ (4, 0.0%)

1 ばかり入れ, ばかり湛えられ, ほどは先日, ほど溜ってる

▼ 四切れ~ (4, 0.0%)

1 かに付ける, ずつ食べ, のところ, 入って

▼ 四割八分~ (4, 0.0%)

1 は当選, ほどは当選, を占め, を増し

▼ 四勇士~ (4, 0.0%)

1 の影, はあ, は多宝塔三重, もあッ

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 ぐらい入れ, すなわち四分六, と上酒八勺, ほど

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 から五人づゝ, に分て, のゴミゴミ, の城街

▼ 四十トン~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの船, ぐらいまで, ちかくと, を撒布

▼ 四十パーセント~ (4, 0.0%)

1 があやしい, だった, の不幸, はほんもの

▼ 四十マイル~ (4, 0.0%)

1 あり, で私, にし, 離れた長崎

▼ 四十ミニュート~ (4, 0.0%)

2 で一ツ橋 1 で, で行きつく

▼ 四十一年頃~ (4, 0.0%)

1 から始ま, から翁, の人類学雑誌, の作

▼ 四十一萬圓~ (4, 0.0%)

3 と云 1 の中

▼ 四十万両~ (4, 0.0%)

3 というもの 1 の身上

▼ 四十三分~ (4, 0.0%)

2 です 1 である, とかいうの

▼ 四十三弗四分の三~ (4, 0.0%)

1 に下, は到底, まで下落, 即ち一割一分

▼ 四十三萬六千圓~ (4, 0.0%)

1 となる, と云, の國庫及地方, を失つた

▼ 四十不惑~ (4, 0.0%)

1 という, とか申す, などというの, の語

▼ 四十九個~ (4, 0.0%)

2 の銀錠 1 あった, の紡錘体

▼ 四十九番~ (4, 0.0%)

2 と五十番 1 の席, は石福海

▼ 四十二三年~ (4, 0.0%)

2 の頃 1 の頃鴎外先生, も昔

▼ 四十二枚~ (4, 0.0%)

1 おわる, に二十日, の胴片, を数えられ

▼ 四十二章経~ (4, 0.0%)

1 にも云う, もようやく, を読んだ, 第二

▼ 四十五ノット~ (4, 0.0%)

2 の全速力 1 も出, 出る

▼ 四十五名~ (4, 0.0%)

1 に解傭, の乗組員, の解傭, はアメリカ人

▼ 四十五年前~ (4, 0.0%)

1 にもう, に發表, のプティー・ピクプュス, の学生

▼ 四十五年頃~ (4, 0.0%)

1 から將來留學, の翻訳, より糠, を青年時代

▼ 四十五歳御陵~ (4, 0.0%)

2 は衝田 1 は畝傍山, は畝火山

▼ 四十五秒~ (4, 0.0%)

1 たつと, でした, ののち, も丁度

▼ 四十何年間~ (4, 0.0%)

2 も見馴れた 1 の道徳, をとにかく

▼ 四十八万円~ (4, 0.0%)

2 と云 1 で人民, ばかりの金

▼ 四十八九歳~ (4, 0.0%)

1 という年頃, ともおもわれる, の人, までの仏蘭西人

▼ 四十八度~ (4, 0.0%)

1 ということ, の蒸気, まで下る, も手

▼ 四十八萬兩~ (4, 0.0%)

1 で買, の運動者, の金, を以て人民

▼ 四十八銭~ (4, 0.0%)

1 で買っ, という低率, ないし七十二銭, 最も高い

▼ 四十円位~ (4, 0.0%)

1 に見積る, は毎月, 取るの, 汚い間借り

▼ 四十分ごろ~ (4, 0.0%)

1 でしたわ, にこの, になっ, までのアリバイ

▼ 四十分の後~ (4, 0.0%)

2 には愛妻 1 この文章, である

▼ 四十分の汽車~ (4, 0.0%)

1 がある, で巴里, で帰っ, で立つ

▼ 四十分以上~ (4, 0.0%)

1 の時間, はタップリ, もたった, も平野

▼ 四十分間位~ (4, 0.0%)

1 です, で出来ます, 弱い火, 焼きます

▼ 四十匁~ (4, 0.0%)

1 だから, のもの, の小, の飲料

▼ 四十四五年~ (4, 0.0%)

2 の頃 1 まへの, を経過

▼ 四十四分~ (4, 0.0%)

1 であつ, でこの, で北極, といふ時間

▼ 四十年代以後~ (4, 0.0%)

2 の言葉, の詩

▼ 四十度近く~ (4, 0.0%)

2 の高熱 1 に昇つた, の熱

▼ 四十数名~ (4, 0.0%)

1 が再び, のもの, の選抜隊, はついに

▼ 四十日近く~ (4, 0.0%)

1 いるうち, にもなる, もこちら井戸, 待った甲斐

▼ 四十歩~ (4, 0.0%)

1 ほど行った, ほど進む, も距, を行き

▼ 四十歳近く~ (4, 0.0%)

2 なって 1 で漸近的, の年配

▼ 四十歳頃~ (4, 0.0%)

1 からメキメキ, にはいつたい, にはまだ, に建て直した

▼ 四十番~ (4, 0.0%)

1 が霊岸島, くらいの成績, のカンタータ, よ

▼ 四十種~ (4, 0.0%)

1 あります, あるうち, ばかりになった, を越えざるべし

▼ 四十篇~ (4, 0.0%)

1 が集められ, くらいみんな, の原稿, の詩

▼ 四十行~ (4, 0.0%)

1 に書き縮める, の奴, の短文, ほど書い

▼ 四十門~ (4, 0.0%)

1 の二十糎砲, をならべ, を携え, を有し

▼ 四十餘年前~ (4, 0.0%)

2 の世界 1 に卒業, に西歐

▼ 四千二百石~ (4, 0.0%)

1 では, ほどの館主, を拝領, を食み

▼ 四千余~ (4, 0.0%)

1 が先駆, の死傷, もその, をもって佐久間

▼ 四千米~ (4, 0.0%)

1 の高, は来, ばかりに上げ, ばかりも喰い

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 という大枚, の儲け, より一分五厘, を二尺

▼ 四参謀~ (4, 0.0%)

1 が, が盲腸炎, は下っ, は会議

▼ 四句目~ (4, 0.0%)

1 である, に, にうっかり, に当たる

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 ある, の砲, ばかりの波型, 伸びて

▼ 四國遍路~ (4, 0.0%)

1 に出た, のごとき, の老人, は樂

▼ 四圓五十錢~ (4, 0.0%)

1 だと, で私, で買つて, は成

▼ 四大徳~ (4, 0.0%)

2 即ち思慮 1 の例, の象徴

▼ 四女陸~ (4, 0.0%)

1 がある, が矢川文一郎, で長唄, はこの

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 がいづれ, に別れ, のみこれ, の長所

▼ 四家フユ子~ (4, 0.0%)

1 が赤い, のデコルテ, は英介氏, を呼びだした

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 ある単眼, からできあがっ, の聯結主働輪, の肢

▼ 四対一以上~ (4, 0.0%)

1 であり換言, であるよりは, であろう, の比率

▼ 四尺余~ (4, 0.0%)

1 で四間, の棒, もありました, も降

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 あつた, ずつつながり合っ, ばかり先行, 釣ったの

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 あり阿, の彩光, の雪白水, を繞

▼ 四布蒲團~ (4, 0.0%)

1 が一枚乘, すつぽ, は滿足, を肩

▼ 四年一月~ (4, 0.0%)

1 からいよいよ, この製法, には肥前温泉岳, のこと

▼ 四年代~ (4, 0.0%)

1 にもう, にプロレタリア作家たち, のハイカラー姿, の文壇

▼ 四年以上~ (4, 0.0%)

1 になる, の計り, もそれ, 続いて

▼ 四年八月七日~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 に菅茶山, の書

▼ 四年八月二十八日~ (4, 0.0%)

1 であつ, にエタ非人, に至っ, の宣命案

▼ 四年出版~ (4, 0.0%)

21 した碩学菅茶山, の津田真道先生

▼ 四年十二月~ (4, 0.0%)

1 から一九四五年八月十五日, と同, には銅線, に江戸町奉行

▼ 四年春~ (4, 0.0%)

1 から現在, と昭和三十一年, のこと, の評判記

▼ 四年末~ (4, 0.0%)

1 にまとめ, に病歿, の子, を以て解散

▼ 四年癸巳~ (4, 0.0%)

1 である, には閏月, の歳十二月二十六日, より見れ

▼ 四年秋~ (4, 0.0%)

1 が来た, に支那人, に着手, の蘭軒

▼ 四年近く~ (4, 0.0%)

1 こんだけ, と言, になる, も便り

▼ 四年間日本~ (4, 0.0%)

1 に滞在, の人民, の文学, の民主主義

▼ 四庫全書提要~ (4, 0.0%)

1 には, に爾, の成つた時, の説

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 だと, の紅白紫, の花, の花形

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 と解し, の一, は神意, を具す

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 あり, に蔓延, の柱, も出

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 で印刷, に畳ん, に疊, の厚紙

▼ 四斗五升~ (4, 0.0%)

21 じゃない, もした

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 というお, というよう, という石山御堂, という程

▼ 四~ (4, 0.0%)

2 に大別 1 とは, より成る

▼ 四日中~ (4, 0.0%)

1 にかき出し, には屹度, には屹度歸, に和議

▼ 四日以前~ (4, 0.0%)

1 と殆, にこの, に殺害, までふとした

▼ 四日以来~ (4, 0.0%)

1 ですよ, はじめて雨, 全部隊, 初めてです

▼ 四日分~ (4, 0.0%)

1 ではしのげず, のところ, のパン, の食料

▼ 四日卯時~ (4, 0.0%)

2 に発し 1 に発す, 発す

▼ 四日東京~ (4, 0.0%)

1 で生れ, に達せ, へ戻っ, を発し

▼ 四日許~ (4, 0.0%)

1 り來, り居た, り来ねえでたの, 置いてからも

▼ 四時ころ~ (4, 0.0%)

1 だった, で外出, より天候にわか, 成りけん白皚々

▼ 四時五分前~ (4, 0.0%)

1 だ, だがな, でございます, を指し

▼ 四時五時~ (4, 0.0%)

3 の頃 1 まであるいは

▼ 四時半すぎ~ (4, 0.0%)

1 だつた, であつ, にやっと, やっと大熊さん

▼ 四時間位~ (4, 0.0%)

1 しかたつ, は夢, 強くない, 煮る

▼ 四時間湯~ (4, 0.0%)

3 煮て 1 煮ます

▼ 四時間目~ (4, 0.0%)

1 という, の体操, の数学, も昼過ぎ

▼ 四時雪~ (4, 0.0%)

1 あり, の姿, を戴く, を頂く

▼ 四曲り~ (4, 0.0%)

2 もあつ 1 の峠, もし

▼ 四期分~ (4, 0.0%)

1 になる, の一年分, の借り, は税務署

▼ 四条河原~ (4, 0.0%)

1 にいた, に居まし, の今, 大雲院

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 から矢, のうち, の梢, は鳥

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 に翻訳, に黒い, の世界, の才能

▼ 四次元生物~ (4, 0.0%)

2 の切り口 1 ではない, になれたら

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 はみな, ふ金色夜叉, へば天国, 迄

▼ 四歩前~ (4, 0.0%)

2 にのめっ 1 に出, に金張

▼ 四段連用形~ (4, 0.0%)

3 に用いる 1 に用いられる

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 がある, がきり, にもわかれ, の顔ぶれ

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 のところ, の上流, の所, ほどの沖合

▼ 四版中~ (4, 0.0%)

4 の当該箇所

▼ 四番室~ (4, 0.0%)

1 で遊ん, と云, の内, の前

▼ 四番書記~ (4, 0.0%)

3 のかま猫 1 は竃猫

▼ 四百フィート~ (4, 0.0%)

1 あって, に近く, のところ, もある

▼ 四百マイル~ (4, 0.0%)

1 となせり, にし, の遠距離, を離れ

▼ 四百万円~ (4, 0.0%)

1 だけはらっ, とある, の大, は内務省

▼ 四百五十戸~ (4, 0.0%)

1 ある, ある四百五十戸, ある村, の村

▼ 四百五十枚~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの由, の銅貨, は自分, まで書いた

▼ 四百五百~ (4, 0.0%)

1 あれ, と入り揚げた, ないし千以上, の乾児共

▼ 四百余~ (4, 0.0%)

1 の州, の旗指物, の猿股, の聴衆

▼ 四百兩~ (4, 0.0%)

1 からもかけた, とはえらい, をとつ, を最

▼ 四百円ベース~ (4, 0.0%)

1 になる, には今日, の問題, の家計

▼ 四百噸~ (4, 0.0%)

1 ないし五百噸以下, の巨船, の弦月丸, ばかりの沿岸艇

▼ 四百回~ (4, 0.0%)

1 しかも毎回, の会食, の宴会, をかぞえる

▼ 四百字詰~ (4, 0.0%)

3 の原稿用紙 1 に直し

▼ 四百年来~ (4, 0.0%)

1 この社, の古巣, の変化, の発達

▼ 四百文~ (4, 0.0%)

1 するところ, であるから, 出すの, 新諸白

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 であります, と中国西半, の被害民総代, を除き

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 を分け, を大, を天皇, を御陵

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 だの, のお, の御馳走, を少し

▼ 四磅一〇シリング~ (4, 0.0%)

2 に騰貴 1 ならば, に売れ

▼ 四磅八シリング一〇・三分の二ペンス~ (4, 0.0%)

1 で一八クヲタア, で九クヲタア, に対する割合, に騰貴

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 に経, は触る, は遠, 之助

▼ 四箇月間~ (4, 0.0%)

1 かかって, にあなた, に四・三七, の実験

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 が息せき切, と娘, は丸ノ内, もネラ子

▼ 四級民~ (4, 0.0%)

1 が甚だしく, なるもの, の下, の最初

▼ 四聯隊~ (4, 0.0%)

1 の目標, の軍旗, は十七機, は榴ヶ岡隊

▼ 四誓願~ (4, 0.0%)

2 といっ 1 がそのまま, の一つ

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 の割合, の旗, は彼女, は皆春秋

▼ 四軒め~ (4, 0.0%)

3 の家 1 の小田家

▼ 四辺形~ (4, 0.0%)

2 あるいは電 1 あるひ, の影

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 して, に入る, に白血球減少, の水曜日

▼ 四郎たち~ (4, 0.0%)

1 が追いまわし, に囲まれ, はどう, を見ながめ

▼ 四郎め~ (4, 0.0%)

1 が下手人, が悪い, もあの, をお前

▼ 四郎太夫~ (4, 0.0%)

1 でありました, の一番, はまた, を痛み

▼ 四郎達~ (4, 0.0%)

1 の一団, の眼, は先, は大

▼ 四部合唱~ (4, 0.0%)

1 とが終っ, の, のよう, を歌い始めた

▼ 四里先~ (4, 0.0%)

2 の大野木村 1 のその, の町

▼ 四~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの蒲鉾形, でも九金, と打つ, の小型

▼ 四銭五厘~ (4, 0.0%)

1 だ, で拓く, にし, 御菜

▼ 四階級文学~ (4, 0.0%)

1 が提唱, としてどちら, の特質, の理論

▼ 四頭立て~ (4, 0.0%)

1 の早, の白馬, の馬車, の驢車

▼ 四〇〇〇~ (3, 0.0%)

1 と思われる, と見積られた, に増加

▼ 四〇〇キロメートル~ (3, 0.0%)

1 にし, の割合, の高

▼ 四〇シリング~ (3, 0.0%)

2 に下落 1 で供給

▼ 四〇五メートル~ (3, 0.0%)

1 の火山, もの高, も押し上げられた

▼ 四〇年以後~ (3, 0.0%)

1 だと, に完成, の日本

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 肝試しの, 銀様の, 陽代菅三第

▼ 四か国~ (3, 0.0%)

2 の境 1 とも条約

▼ 四か年~ (3, 0.0%)

1 である, について平均, ほど何

▼ 四くらい~ (3, 0.0%)

1 でしたろうか, で冷飯草履, で離れて

▼ 四さい~ (3, 0.0%)

1 でいらっしゃいましたでしょう, ばかり年, までのもの

▼ 四たび歌よみ~ (3, 0.0%)

2 に与 1 に與

▼ 四たび目~ (3, 0.0%)

1 にゃ言いつけた, に尼提, に巨人

▼ 四つき~ (3, 0.0%)

1 だね, も続く, 言直し心直しもよ

▼ 四であろう~ (3, 0.0%)

1 けれどもどちら, と二, のに新子

▼ 四でございました~ (3, 0.0%)

21 という

▼ 四とおり~ (3, 0.0%)

1 あること, の別名, の種類

▼ 四とせ~ (3, 0.0%)

1 になれ, まへ, 経て

▼ 四とは~ (3, 0.0%)

1 形付けられない, 思えぬ拳, 書きよう

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 くるくると, めの, めも

▼ 四ないし~ (3, 0.0%)

1 二八八キログラムメートルの, 八顆の, 四・五の

▼ 四なる~ (3, 0.0%)

1 は千古, 無空律師万銭, 男の

▼ 四ばかり~ (3, 0.0%)

1 こすと, のが, 行は

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 打つ, 登った, 突いたの

▼ 四カ寺~ (3, 0.0%)

2 を訪う 1 あり

▼ 四シリング八ペンス~ (3, 0.0%)

1 であろう, ならば, に騰貴

▼ 四ツ半~ (3, 0.0%)

1 きっちりに, だという, に成っ

▼ 四ツ手網~ (3, 0.0%)

1 のやう, をかけ, をひろげ

▼ 四ツ竹~ (3, 0.0%)

1 のよう, を持った, を鳴らす

▼ 四ツ這~ (3, 0.0%)

1 に顔, ひに, ひにな

▼ 四パラグラフ~ (3, 0.0%)

1 が第, については本章末尾, は大体

▼ 四ファネガ~ (3, 0.0%)

1 の一荷, の低, の高

▼ 四フィート半~ (3, 0.0%)

1 の一枚石, の木, 深さ二フィート

▼ 四ミリ~ (3, 0.0%)

1 だそう, になり, ほどの褐色

▼ 四ヤード~ (3, 0.0%)

1 の円い, ばかりのぞんざい, 行くと

▼ 四~ (3, 0.0%)

2 這いに 1 這いの

▼ 四ンばい~ (3, 0.0%)

1 につんのめった, になり, をよし

▼ 四ヵ月目~ (3, 0.0%)

1 に二十二歳, に来た, の良人

▼ 四ヵ月近く~ (3, 0.0%)

1 の月日, の間, も寮

▼ 四ヵ月間~ (3, 0.0%)

1 で支払っ, の食料, の鱒

▼ 四ヶ国~ (3, 0.0%)

1 から幕府, の中, の学術協会

▼ 四ヶ年間~ (3, 0.0%)

1 の制作, の断筆苦悩, を要した

▼ 四ヶ月目~ (3, 0.0%)

1 の, の明治三十八年一月二十九日, の赤児

▼ 四ヶ村~ (3, 0.0%)

1 が埋, だ, に借金

▼ 四・七九~ (3, 0.0%)

1 という數, といふ数, 及び註參照

▼ 四・三七~ (3, 0.0%)

1 である, ですか, 即ち二分五厘下落

▼ 四・二分の一~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 という数字

▼ 四・四~ (3, 0.0%)

1 という, との説, にあたる

▼ 四一一~ (3, 0.0%)

1 となり, の写本, 一四等を

▼ 四一頁~ (3, 0.0%)

1 にいわく, にこの, に記した

▼ 四丁鼻先生~ (3, 0.0%)

1 と云い, と合計, など犯人

▼ 四七年七月~ (3, 0.0%)

1 に, には五, の臨時閣議

▼ 四七年八月~ (3, 0.0%)

1 には夏目漱石, に出版, までに一三

▼ 四七番~ (3, 0.0%)

1 の入口, の前, の四階

▼ 四七番地~ (3, 0.0%)

2 のアパルトマン 1 の建物

▼ 四万五千人~ (3, 0.0%)

1 であった筈, に達し, の男子

▼ 四万法~ (3, 0.0%)

1 だ, とを持っ, 渡さねば

▼ 四万騎~ (3, 0.0%)

1 であろうと, をのこした, をもって大友修理大夫義鎮

▼ 四三一~ (3, 0.0%)

1 に, に司農卿揚邁, に后

▼ 四三七~ (3, 0.0%)

1 というところ, に, に斉

▼ 四三八~ (3, 0.0%)

1 に, に王趙方, に竜

▼ 四世薪水~ (3, 0.0%)

2 の大功記 1 が果して

▼ 四中隊~ (3, 0.0%)

1 の下士室, をもつ, を備

▼ 四九分の一~ (3, 0.0%)

1 ということ, と述べられ, にすぎず

▼ 四九頁~ (3, 0.0%)

1 に, になる, 同三巻四一頁

▼ 四二〇〇磅~ (3, 0.0%)

1 から四, でなければ, に引き上げざる

▼ 四二〇シリング~ (3, 0.0%)

3 の銀貨

▼ 四二三~ (3, 0.0%)

2 が六 1 とやる

▼ 四二区~ (3, 0.0%)

1 か, です, の地上

▼ 四二対一〇~ (3, 0.0%)

1 であり中, 及び三二対一〇, 及び三四対一〇

▼ 四五カ月~ (3, 0.0%)

1 の間, ばかり前, も経っ

▼ 四五マイル~ (3, 0.0%)

1 あり, はなれ, も北

▼ 四五ヵ所~ (3, 0.0%)

1 からきこえた, に配置, ばかり途中下車

▼ 四五ヶ月さき~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 には自分

▼ 四五一〇六三~ (3, 0.0%)

1 が一度, であり同じ, という一団

▼ 四五三号室~ (3, 0.0%)

2 のベッド 1 で眼

▼ 四五両~ (3, 0.0%)

1 なら貸して, なん, も上がる

▼ 四五人山~ (3, 0.0%)

1 から降り, のよう, 掘夫四

▼ 四五六七八九~ (3, 0.0%)

1 と増加, のうち, の十手

▼ 四五册~ (3, 0.0%)

1 の參考書, もた, 賣り飛ばしさ

▼ 四五分の一~ (3, 0.0%)

1 である, ではない, 中項三二・五分の一

▼ 四五十ぴき~ (3, 0.0%)

1 の魚, はそろり, もそろり

▼ 四五十グラム~ (3, 0.0%)

1 の催眠薬, はのん, 飲んだかも

▼ 四五十分前~ (3, 0.0%)

1 がよい, に向こう, のこと

▼ 四五十圓~ (3, 0.0%)

2 から二百圓 1 を贏

▼ 四五十戸~ (3, 0.0%)

1 の屋根, の漁村, もあろう

▼ 四五十日間~ (3, 0.0%)

1 に彼, は学校, を足ずり

▼ 四五十歳~ (3, 0.0%)

1 の大人, の女, までの僧侶

▼ 四五十秒~ (3, 0.0%)

1 から一分, は考へる, も歩く

▼ 四五十軒~ (3, 0.0%)

1 をこえ, を算す, 並んで

▼ 四五十錢~ (3, 0.0%)

1 で賣り, とすれ, ばかり茶代

▼ 四五千両~ (3, 0.0%)

1 せしめて, は要るだろう, 巻きおわると

▼ 四五千年前~ (3, 0.0%)

1 のもの, のミイラ, の王樣

▼ 四五品~ (3, 0.0%)

1 ならべると, も附い, 命じると

▼ 四五尺位~ (3, 0.0%)

1 でも構いません, に屋根, の岩

▼ 四五帖~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 四五年あと~ (3, 0.0%)

1 には自分, にやりはじめた, のこと

▼ 四五年以上~ (3, 0.0%)

1 であると, も経た, も経過

▼ 四五年八月十五日以後~ (3, 0.0%)

1 に全, に東久邇, の新しく

▼ 四五年八月十五日日本~ (3, 0.0%)

1 のファシズム権力, の侵略的, の無条件降伏後

▼ 四五年十月~ (3, 0.0%)

1 という日本, に解放, までの十三年間

▼ 四五年振り~ (3, 0.0%)

1 でそこ, に上京, に私

▼ 四五日ごろ~ (3, 0.0%)

1 から春, にでもなれ, をよし

▼ 四五日東京~ (3, 0.0%)

1 だよりの, で休養, に残らなけれ

▼ 四五時間前~ (3, 0.0%)

1 という, に恒夫, の事

▼ 四五条~ (3, 0.0%)

1 に相当, のほとり, 第七百八十八条

▼ 四五株~ (3, 0.0%)

2 しかない 1 の野菜

▼ 四五歳年上~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, の青年

▼ 四五発~ (3, 0.0%)

1 の銃声, ほど打ち出し, 射って

▼ 四五百挺~ (3, 0.0%)

1 の剃刀, の数, の鉄砲組

▼ 四五百騎~ (3, 0.0%)

1 しか余し, にも見えよう, ばかりで

▼ 四五箇月~ (3, 0.0%)

1 のこと, の月日, の間

▼ 四五間向う~ (3, 0.0%)

1 に数羽, に立つ, へ突ン

▼ 四五間手前~ (3, 0.0%)

1 でぱたり, のところ, まで来

▼ 四五階~ (3, 0.0%)

1 が並ん, になっ, には腰弁階級

▼ 四五頁~ (3, 0.0%)

1 にポリサックム, 読んで, 貼りついて

▼ 四人あと~ (3, 0.0%)

1 はみな, は宿, は御

▼ 四人ぐらし~ (3, 0.0%)

1 である, です, で良次

▼ 四人それ~ (3, 0.0%)

1 にかかり, に続い, を囲ん

▼ 四人ぢ~ (3, 0.0%)

1 やない, やん拳, やア物騷

▼ 四人とも~ (3, 0.0%)

1 がみな俊英秀才, に旗本, に粒

▼ 四人め~ (3, 0.0%)

1 には春吉君, の客, は鶴亀

▼ 四人以外~ (3, 0.0%)

1 の他人, の者, の霧

▼ 四人声~ (3, 0.0%)

1 を合わせ, を張り上げ, を立て

▼ 四人子供~ (3, 0.0%)

1 がいた, がいる, が居

▼ 四人暮らし~ (3, 0.0%)

1 である, です, でまず

▼ 四人様~ (3, 0.0%)

1 が不意, のお, はともかく

▼ 四人立~ (3, 0.0%)

1 の駕, 止る砂利, 騒ぐ女

▼ 四人詰~ (3, 0.0%)

1 であったところ, で此處, ばかりの小さい

▼ 四代五代~ (3, 0.0%)

1 とかく奥庭, となっ, の村正作

▼ 四代續~ (3, 0.0%)

2 いて 1 いた老

▼ 四位上~ (3, 0.0%)

1 になった, に叙せられた, まで官

▼ 四位様~ (3, 0.0%)

2 のお 1 を並べたら

▼ 四作目~ (3, 0.0%)

1 が, なの, の

▼ 四使~ (3, 0.0%)

1 と秀吉, はここ, への犒いであった

▼ 四先生~ (3, 0.0%)

1 が中堅, に負う, の原稿

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 だ, とくら, のす

▼ 四入り青梅~ (3, 0.0%)

2 の単 1 の片

▼ 四八分の一~ (3, 0.0%)

1 であるよう, のノルウェイ, をもって疾病流行季

▼ 四八年以後~ (3, 0.0%)

1 における近世産業, にわかに勢い, の米国西海岸

▼ 四公理~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の第, は次

▼ 四六メートル~ (3, 0.0%)

1 の三角点, の塩見岳絶頂, の赤石山脈最高峰東岳

▼ 四六倍~ (3, 0.0%)

1 の大形, の雑誌, 然して紙数

▼ 四六年十一月~ (3, 0.0%)

1 に発表, に第, のパリ会議以後

▼ 四六年四月~ (3, 0.0%)

1 に網野菊, の, の二円五〇銭

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 の闘う, を以て長生王, を厳に

▼ 四円四十銭~ (3, 0.0%)

2 の利子 1 から税

▼ 四分の一廻転~ (3, 0.0%)

1 だけ元, と柱, ほど横向き

▼ 四分体~ (3, 0.0%)

1 がいわゆる, がばらばら, その内部

▼ 四分六分~ (3, 0.0%)

1 とかに合せたごとき, にじっと, の残酷

▼ 四分律~ (3, 0.0%)

1 であるの, であるべき道理, などでは又

▼ 四分発~ (3, 0.0%)

2 の汽車 1 にて長野

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 のパン, の写真, 食った頃

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 には音, の踊り, をまわっ

▼ 四匁七分~ (3, 0.0%)

1 あって, ありますが, あるの

▼ 四十くら~ (3, 0.0%)

1 ゐなら年上, ゐに, ゐの

▼ 四十ノット~ (3, 0.0%)

2 の快 1 に近い

▼ 四十ポンド~ (3, 0.0%)

1 の小麦粉, の金, を投げ出し

▼ 四十一二歳~ (3, 0.0%)

1 でしたでしょう, にて背, の年

▼ 四十一人~ (3, 0.0%)

1 その女子, の王妃, は肥後國天草郡

▼ 四十一年六月~ (3, 0.0%)

21 に茅ヶ崎

▼ 四十一年前~ (3, 0.0%)

1 と限定, にマリア, に溯

▼ 四十一枚~ (3, 0.0%)

2 を書く 1 の短篇

▼ 四十三四年頃~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 にいたり

▼ 四十三四歳~ (3, 0.0%)

1 という年齢期, の作, 乃至五十一二歳

▼ 四十三年四月~ (3, 0.0%)

21 でありこの

▼ 四十九弗八分の三~ (3, 0.0%)

1 であらう, と比較, 迄は騰貴

▼ 四十九弗四分の一~ (3, 0.0%)

1 か或は, に騰貴, 乃至四十九弗八分の三

▼ 四十九日目~ (3, 0.0%)

1 でしたよ, にかえって, にユタ

▼ 四十二万六千石~ (3, 0.0%)

1 という格, も肝腎, 有難え

▼ 四十二名~ (3, 0.0%)

1 がつかまっ, に過ぎません, の判官

▼ 四十二日~ (3, 0.0%)

1 にし, は別に, は文化三年七月二日

▼ 四十二篇~ (3, 0.0%)

1 に, のうち, の文芸評論

▼ 四十二錢~ (3, 0.0%)

1 だつた, といふの, はいる

▼ 四十五万円~ (3, 0.0%)

1 ぐらいを配当, の金, もあっ

▼ 四十五年間~ (3, 0.0%)

1 に出た, に十一家, の努力

▼ 四十五萬六千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 四十五銭位~ (3, 0.0%)

1 かかりましょうか, です, の札

▼ 四十五錢~ (3, 0.0%)

1 との貼, にし, の寫眞

▼ 四十人位~ (3, 0.0%)

1 であったと, の御, 乗れる位

▼ 四十人前~ (3, 0.0%)

2 といふ前 1 もの弁当

▼ 四十何枚~ (3, 0.0%)

1 か皆, を書き, を書了

▼ 四十何銭~ (3, 0.0%)

1 か五十何銭, というキャベジ, 安いな

▼ 四十余ヵ所~ (3, 0.0%)

2 の陣屋 1 の城

▼ 四十余日~ (3, 0.0%)

1 に至る, の後, の間

▼ 四十八ヵ所~ (3, 0.0%)

2 の篝屋 1 にいつも

▼ 四十八九日~ (3, 0.0%)

1 で旅行, になる, を費し

▼ 四十八円~ (3, 0.0%)

1 ずつで, のところ, もシャレた

▼ 四十八年間~ (3, 0.0%)

1 に成就, の光栄, も積んだ

▼ 四十八時間後~ (3, 0.0%)

1 という, には気球, に安治川菊子女史

▼ 四十八条~ (3, 0.0%)

1 だけである, であるという, に

▼ 四十八枚~ (3, 0.0%)

1 そしてそれ, といふもの, 売ったうち

▼ 四十八癖~ (3, 0.0%)

1 というで, という奴, といつ

▼ 四十八貫~ (3, 0.0%)

1 つづいて, の金, の鐵棒

▼ 四十八間~ (3, 0.0%)

1 ある万年橋, とかある, に十二光仏

▼ 四十八音~ (3, 0.0%)

1 から四十七音, ならば, をのべつ

▼ 四十六名~ (3, 0.0%)

1 の者, を提出者, を水野

▼ 四十六本~ (3, 0.0%)

1 が取り囲ん, となる, の白大理石

▼ 四十分のバス~ (3, 0.0%)

1 で, でかえりました, は二十分

▼ 四十分の間~ (3, 0.0%)

1 にどうして, に巨額, に第

▼ 四十分ピクニック~ (3, 0.0%)

1 もいつ, やらないこと, をはじめ

▼ 四十分位~ (3, 0.0%)

1 です, 焼きますが, 蒸して

▼ 四十分発~ (3, 0.0%)

1 にて米原, の夜行, の急行

▼ 四十分許~ (3, 0.0%)

1 り, り向, り対向つて

▼ 四十分間湯煎~ (3, 0.0%)

2 にし 1 に致します

▼ 四十匁蝋燭~ (3, 0.0%)

1 に目, の剰り, は燃え残っ

▼ 四十四万両~ (3, 0.0%)

2 てえ血 1 というもの

▼ 四十四五円~ (3, 0.0%)

1 から漸次七十円, くれて, になっ

▼ 四十四名~ (3, 0.0%)

1 で米商館, と仮定, にこれ

▼ 四十四夜~ (3, 0.0%)

1 だの, という文句, と書いた

▼ 四十四巻~ (3, 0.0%)

1 あった, は八年後, を造らしめられた

▼ 四十四日目~ (3, 0.0%)

2 という 1 は八十八夜

▼ 四十四段~ (3, 0.0%)

1 あり名称, ある, の楽譜

▼ 四十四音~ (3, 0.0%)

1 しか表わさない, と次第に, を区別

▼ 四十尾~ (3, 0.0%)

1 に及び, ほど持っ, を獲ん

▼ 四十年むかし~ (3, 0.0%)

1 に消え去った, に逆戻り, の話

▼ 四十年位~ (3, 0.0%)

1 にしかならぬ, 続いたが, 若くなる

▼ 四十年度~ (3, 0.0%)

2 の新しい 1 に於ける

▼ 四十年振り~ (3, 0.0%)

1 だという, に手紙, の大雪

▼ 四十幾年~ (3, 0.0%)

1 のむかし, の苦労, を過ぎ

▼ 四十幾日~ (3, 0.0%)

1 か目, というの, 長い

▼ 四十幾種類~ (3, 0.0%)

2 の鰍 1 かの

▼ 四十度二分~ (3, 0.0%)

2 に迄昇つて 1 から六度二分

▼ 四十日間雪~ (3, 0.0%)

2 を待っ 1 が降る

▼ 四十歳以下~ (3, 0.0%)

1 という時代, の年齢, の男子

▼ 四十歳余り~ (3, 0.0%)

1 のりっぱ, の女, の男

▼ 四十点~ (3, 0.0%)

1 と手紙類, にも及ん, もあった

▼ 四十男それ~ (3, 0.0%)

1 が張り合う, と家, に番頭

▼ 四十町~ (3, 0.0%)

1 であるが, 作って, 正一位八十町

▼ 四十米突~ (3, 0.0%)

1 の山脊, の辺, を越す

▼ 四十糎~ (3, 0.0%)

1 の列車砲, の大砲, の水銀

▼ 四十艘みな一齊~ (3, 0.0%)

2 に從 1 に隨

▼ 四十隻~ (3, 0.0%)

1 が大阪, であった, の大船

▼ 四十露里~ (3, 0.0%)

1 くらいのもの, ばかり下った, 離れた町

▼ 四十面相の~ (3, 0.0%)

2 かえ 1 とくい

▼ 四十頭~ (3, 0.0%)

1 そのほかパン, を撲殺云々, を斃

▼ 四十餘歳~ (3, 0.0%)

1 で歸つて來, にし, 出づ

▼ 四千キロ~ (3, 0.0%)

1 になり, の横断飛行, もはなれた

▼ 四千トン~ (3, 0.0%)

1 にちかい, の輸送船ブルー, の飛脚船

▼ 四千プ~ (3, 0.0%)

1 とられたの, まける, も負ける

▼ 四千ポンド~ (3, 0.0%)

1 のドライ, の負担, を負担

▼ 四千万人~ (3, 0.0%)

1 と発表, に及ぶ, 近いプロレタリアート

▼ 四千五百~ (3, 0.0%)

1 に池田信輝, は四行目, 運べば

▼ 四千五百石~ (3, 0.0%)

1 といふ, の大身, 取の

▼ 四千以上~ (3, 0.0%)

1 の兵力, も勝つ, 負けて

▼ 四千余り~ (3, 0.0%)

1 で金木町, の兵数, の家鴨

▼ 四千余人~ (3, 0.0%)

1 を数える, を率, を陸奥国胆沢城

▼ 四千名~ (3, 0.0%)

1 その中, というその, の坑夫

▼ 四千年近く~ (3, 0.0%)

1 のながい, の生活, の間

▼ 四千貫文~ (3, 0.0%)

1 を朝廷, を献じ, を献上

▼ 四千里~ (3, 0.0%)

1 なりという, の河南, も遠方

▼ 四半時~ (3, 0.0%)

1 も手古摺っ, も立つ, 出宅

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 素その, 素の, 素及び

▼ 四号君~ (3, 0.0%)

1 がドレ位, が貴女, ですよ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 がぼく, とともに敵, は茸とり

▼ 四~ (3, 0.0%)

2 の橋上 1 にあり

▼ 四四クヲタア~ (3, 0.0%)

1 が四磅, となり, の価値

▼ 四四四~ (3, 0.0%)

2 である 1 であった

▼ 四四頁~ (3, 0.0%)

1 には一層, には尻尾, のところ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 にあり, に界, 即ち懶惰

▼ 四國九州~ (3, 0.0%)

1 から傳習生, の全部, の山

▼ 四~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 四大字~ (3, 0.0%)

1 がその, は東久世通禧公, を以て賜わり

▼ 四大将~ (3, 0.0%)

1 といわれる, はあと, を翠眉廟

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 は二十一, は五ツ, は八つ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 が掘り出したであろう, の中, の孟宗

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 六つ琴三つ妾春三十三榛軒未亡人志保五十八で, 南の, 南王の

▼ 四寸余~ (3, 0.0%)

2 もある 1 の長

▼ 四寸四角~ (3, 0.0%)

1 ぐらいしかない, ぐらいな穴, だから

▼ 四対一以下~ (3, 0.0%)

1 であること, なること, の場合

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 からの深, くらいの上方, ほども沈ん

▼ 四小節~ (3, 0.0%)

1 弾かれたと, 弾き進んで, 戻るぜ

▼ 四層屋~ (3, 0.0%)

1 の窓, の背後, の諸

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 に, の主, はただ

▼ 四布風呂敷~ (3, 0.0%)

1 に包ん, に白い, ほどの大き

▼ 四帖半~ (3, 0.0%)

1 くらいの狭い, で机, の二間

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 とサッキャア・パンジット, まで進行, を千疋

▼ 四幕物~ (3, 0.0%)

1 の現代物, はそういう, を上場

▼ 四年あと~ (3, 0.0%)

1 になります, の八月, の山水

▼ 四年パリ~ (3, 0.0%)

1 の商家, より購入, 大學

▼ 四年リオン~ (3, 0.0%)

2 の宗教會議 1 に死す

▼ 四年丁丑~ (3, 0.0%)

1 で神辺, に始まり, より四十年前

▼ 四年九月十九日~ (3, 0.0%)

1 に家, に致仕, の条

▼ 四年五月二十六日~ (3, 0.0%)

1 に書, の書牘, の菅茶山

▼ 四年以下~ (3, 0.0%)

1 にもひろげる, の会員, の者

▼ 四年余~ (3, 0.0%)

1 が十七歳, が叔父徳富一義, の持久戦争

▼ 四年先輩~ (3, 0.0%)

1 になる, に違, のひと

▼ 四年兵~ (3, 0.0%)

2 と三年兵 1 になる

▼ 四年刊行~ (3, 0.0%)

1 の, の丹波敬三, の新増書籍目録卷二

▼ 四年前私~ (3, 0.0%)

1 が二人, が日出雄少年, と一緒

▼ 四年四月十一日~ (3, 0.0%)

2 の朝 1 に至る

▼ 四年型~ (3, 0.0%)

1 だったと, のクラウン, のシボレー

▼ 四年壬子~ (3, 0.0%)

1 にあたり, に五十五, の後三年

▼ 四年子~ (3, 0.0%)

1 だ四年子, の春, は化ける

▼ 四年年齢~ (3, 0.0%)

1 が七三歳, が五七歳, が五九歳

▼ 四年改進党~ (3, 0.0%)

2 を組織 1 の成立

▼ 四年間私~ (3, 0.0%)

1 はただ, は歌一つ, は親孝行

▼ 四度め~ (3, 0.0%)

1 にか湯治, に襲撃, の航海

▼ 四度位~ (3, 0.0%)

1 しかお, に混ぜ, の割

▼ 四庫全書總目~ (3, 0.0%)

1 に至つて, を作つた時, を作る

▼ 四弁花~ (3, 0.0%)

1 がいま電燈, であった, は弁

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 かを勤める, とか五役, をつとめ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 で売られた, となっ, と書いた

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 に過ぎぬ, の棟割長屋, の百八十二名

▼ 四折本~ (3, 0.0%)

1 であった, の余白, の題

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 や上げ, や五拾, 両の

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 に比べ, に燦然, を頸

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 法, 法です, 法という

▼ 四数字~ (3, 0.0%)

1 のうち, の和, も同じく

▼ 四斗七升~ (3, 0.0%)

1 か, だ, の何の

▼ 四斗樽一本~ (3, 0.0%)

1 でおしまい, を工面, を金四十円

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 のパン, もあっ, をなめた

▼ 四日ごろ~ (3, 0.0%)

1 それから正月, にでも立つ, までは早く

▼ 四日五日六日~ (3, 0.0%)

1 と二晩泊り, にわたる地震, の三日三晩

▼ 四日付~ (3, 0.0%)

1 で原稿, のお, をもっ

▼ 四日以後~ (3, 0.0%)

1 でなければ, に会う, はそちら

▼ 四日位~ (3, 0.0%)

1 から書き出し, で充分, まで続け

▼ 四日床~ (3, 0.0%)

2 に就き切りである 1 について居た

▼ 四日日曜日~ (3, 0.0%)

1 であるにも, でしょう, の朝

▼ 四日曜~ (3, 0.0%)

1 で圓蔵, と来, にはその

▼ 四日条~ (3, 0.0%)

1 に, に祇園, に見える

▼ 四日目位~ (3, 0.0%)

1 からボツ, でございます, 立つてから

▼ 四日祭~ (3, 0.0%)

1 だという, に毎年, の夜

▼ 四日私~ (3, 0.0%)

1 の盆, は丁度, は河沿い

▼ 四日續~ (3, 0.0%)

1 いた, きました, け樣

▼ 四日逗留~ (3, 0.0%)

1 した, して, しました

▼ 四日雨~ (3, 0.0%)

1 が降ります, ふる, 下づまにやどる

▼ 四日風邪~ (3, 0.0%)

2 で臥 1 をひい

▼ 四時の間~ (3, 0.0%)

1 だと, にあの, に着

▼ 四時ビクター~ (3, 0.0%)

1 へ, へ行く, へ行った

▼ 四時位~ (3, 0.0%)

1 しか眠っ, に眼, までずつうす赤い

▼ 四時十五分前~ (3, 0.0%)

1 である, にはそこ, に起き

▼ 四時起床~ (3, 0.0%)

1 まもなくあちらこちら, を決心せり, 明けゆく天地

▼ 四時間ごと~ (3, 0.0%)

1 に注射, に無益, に繰返される

▼ 四時間のち~ (3, 0.0%)

1 だ, という, のこと

▼ 四時間余り~ (3, 0.0%)

1 でやっと, も経った, 眠ったの

▼ 四時間前~ (3, 0.0%)

1 から負かされた, ですから, のこと

▼ 四時間毎~ (3, 0.0%)

2 に呼び 1 に自分

▼ 四時間近く~ (3, 0.0%)

1 かかった, たった頃, になっ

▼ 四時頃家~ (3, 0.0%)

1 のどこ, へ帰っ, を出

▼ 四時頃彼~ (3, 0.0%)

1 がまた, の身近, は空

▼ 四晩目~ (3, 0.0%)

1 にはそんな, に私, の晩

▼ 四月来~ (3, 0.0%)

2 たとき 1 の勤勉

▼ 四有三さん~ (3, 0.0%)

1 から桂子さん, に, の奥さん

▼ 四有三居~ (3, 0.0%)

1 で酒, の句会, を襲う

▼ 四本一杯~ (3, 0.0%)

3 に花

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 とこき進ん, の花, を取

▼ 四杯位~ (3, 0.0%)

1 を一合, 入れたらば, 入れて

▼ 四枚障子~ (3, 0.0%)

1 がはまっ, となつ, の室

▼ 四柱推命~ (3, 0.0%)

1 といふ占, などいう, の占師

▼ 四~ (3, 0.0%)

2 の駕 1 の駕籠

▼ 四條橋畔~ (3, 0.0%)

1 のレストオラン, の明るい, の電氣燈

▼ 四條河原~ (3, 0.0%)

1 で釜茄, の夕涼, の宿

▼ 四條派~ (3, 0.0%)

1 とシュールレアリズム, の應擧, の發祥

▼ 四條通り~ (3, 0.0%)

1 に出た, は京極, を散歩

▼ 四次伊藤内閣~ (3, 0.0%)

2 は斯 1 が成立

▼ 四歳上~ (3, 0.0%)

1 の丁度三十歳, の兄, らしい蛾次郎

▼ 四歳未満~ (3, 0.0%)

2 の娘 1 の児童

▼ 四段抜き~ (3, 0.0%)

1 か何, でこの, でその

▼ 四段階~ (3, 0.0%)

1 に分かれ, の発達, を示した

▼ 四氷河期~ (3, 0.0%)

1 が襲来, でさえ今, は終熄

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 の毒, の毒水, の畔

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 した間, にし, はなんぼ

▼ 四牌樓~ (3, 0.0%)

1 から北, から南, の邊

▼ 四男五女~ (3, 0.0%)

1 あわせて, のその, 合して

▼ 四番め~ (3, 0.0%)

1 の句, の大伴, の玉葉和歌集

▼ 四番原~ (3, 0.0%)

1 の入り口, までのひろい, をななめ

▼ 四番組~ (3, 0.0%)

1 で江戸, のデブ頭, の纏

▼ 四畳敷~ (3, 0.0%)

1 の座敷全体, もあろう, も二間

▼ 四疊半許~ (3, 0.0%)

3 りの

▼ 四百キロ~ (3, 0.0%)

1 ある分銅, である, はある

▼ 四百キロメートル~ (3, 0.0%)

1 という長い, も隔つたドルドオニ河, を観測

▼ 四百ドル~ (3, 0.0%)

1 くらいになる, でひきとった, の小切手

▼ 四百万冊~ (3, 0.0%)

3 の本

▼ 四百三十二人~ (3, 0.0%)

1 ことごとく枕, のうち一割強, の俗名

▼ 四百二十七番~ (3, 0.0%)

1 で表二階, に住ん, の事件

▼ 四百五十メートル~ (3, 0.0%)

2 の高 1 ぐらいの変テツ

▼ 四百五十六萬七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 四百余年~ (3, 0.0%)

1 の基, の昔, の末

▼ 四百余首~ (3, 0.0%)

2 あり千首 1 を得

▼ 四百俵~ (3, 0.0%)

1 あったと, の代官, の収入

▼ 四百個~ (3, 0.0%)

1 が金百両, ばかり買入れた, ほど組合せ

▼ 四百六十餘人~ (3, 0.0%)

1 の檢擧, の諸, を咸陽

▼ 四百十二里~ (3, 0.0%)

1 はヨタ, は飛ばし過ぎる, 去下野国界二百七十四里

▼ 四百年以上~ (3, 0.0%)

1 の昔, 奉崇, 経て

▼ 四百年以前~ (3, 0.0%)

1 からやつ, には疑い, にギユテンベルグ

▼ 四百年近く~ (3, 0.0%)

3 も前

▼ 四百戸~ (3, 0.0%)

1 たらずを, ばかりの町, ほどカラフト移住

▼ 四百種~ (3, 0.0%)

1 あるそう, の香料, を採れる

▼ 四百米以上~ (3, 0.0%)

1 に達し, の高山, 高いから

▼ 四百萬圓~ (3, 0.0%)

1 の大, の節約額, を掛け

▼ 四百騎~ (3, 0.0%)

1 が悉く, もて十余戦, をあるくぼ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 ありいかに, を覚る, 会して

▼ 四磅四シリング八ペンス~ (3, 0.0%)

1 であろう, ならば, に騰貴

▼ 四社協定~ (3, 0.0%)

1 が長続き, というの, というもの

▼ 四神剣~ (3, 0.0%)

1 が飾っ, の四神, の観察

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 はひつ, をかき集め, 出ましたよ

▼ 四窓庵~ (3, 0.0%)

1 というの, という茶室, は庭

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 は立派, を構, を構えた

▼ 四等分~ (3, 0.0%)

1 しその, する二, すれば

▼ 四等地~ (3, 0.0%)

2 が耕作 1 または第

▼ 四等車~ (3, 0.0%)

1 から降り, といふ, の苦力

▼ 四箇年間~ (3, 0.0%)

1 では二, にはわずか, には一二対一〇

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 か五箱, ですって, とパイプ

▼ 四綱領~ (3, 0.0%)

1 の一つ, は武士道, を汚

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 とは地水火風, の和合, を折り曲げ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 で一萬六千四百七十戸其人口九萬八千八百八十人, とも傳, に渉

▼ 四脚門~ (3, 0.0%)

1 のよう, の陰, 見ゆ

▼ 四至説~ (3, 0.0%)

1 たること, に就き, も隨分種類

▼ 四菩薩~ (3, 0.0%)

2 を流出 1 を出し

▼ 四萬温泉~ (3, 0.0%)

1 がある, の事, へ廻らう

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 いった, の多き, 又は五言

▼ 四読本~ (3, 0.0%)

1 からすぐ, と博文館, は少し

▼ 四象限~ (3, 0.0%)

3 へ舵一杯

▼ 四貫目箱~ (3, 0.0%)

1 の重, を加, を加える

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 あった当時, ある東半球, を駢び

▼ 四軍団~ (3, 0.0%)

1 にわかち, をもっ, 第六軍団

▼ 四輌目~ (3, 0.0%)

1 に居りました, の乗客, の車内

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 ばかりつけ, ばかりの無蓋トロッコ, も引き出させた

▼ 四辺一杯~ (3, 0.0%)

1 に拡がっ, に漂っ, に漂わせ

▼ 四迄は~ (3, 0.0%)

2 確かに 1 使い歩き

▼ 四道将軍時代~ (3, 0.0%)

1 の古墳群, の絵, を思わせる

▼ 四道將軍~ (3, 0.0%)

1 の出征, の派遣, を四方

▼ 四邊形~ (3, 0.0%)

1 あるひ, はこれ, は圓

▼ 四郎一人~ (3, 0.0%)

1 だけがついて行った, だけじゃねえ, は空

▼ 四郎右衛門~ (3, 0.0%)

1 と改名, と申します, の老爺

▼ 四郎夫妻~ (3, 0.0%)

1 に住宅, に招かれ, は次の間

▼ 四郎泰長~ (3, 0.0%)

1 は他人行儀, もその, も聞く

▼ 四部屋~ (3, 0.0%)

1 だけが老人夫婦, に別れ, ばかりの家

▼ 四部録~ (3, 0.0%)

1 が今日, と云つて二百卷, の體裁

▼ 四里以上~ (3, 0.0%)

1 ある, あるから, にわたっ

▼ 四里余り~ (3, 0.0%)

1 も東, も通る, 参って

▼ 四里八町~ (3, 0.0%)

1 が間, という, ということ

▼ 四重奏~ (3, 0.0%)

1 がミニュエット, に編曲, の演奏

▼ 四銀行~ (3, 0.0%)

2 の取附け 1 から金

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 二十で, 十順四つで, 忌寸意吉麿

▼ 四間半~ (3, 0.0%)

1 の大, はあるであろう, もあっ

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 とも構造, の四庫全書存在, は天子閲覽

▼ 四頁新聞~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 を毎日曜毎

▼ 四~ (3, 0.0%)

1 に目, に要約, 即ち

▼ 四騎手~ (3, 0.0%)

1 の雑兵, はいず, は血

▼ 四、人~ (2, 0.0%)

1 にはおのおの, には二様

▼ 四、等~ (2, 0.0%)

1 である, を見よ

▼ 四〇〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 が結婚, の男子

▼ 四〇〇〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 であると, と見積った

▼ 四〇〇〇〇〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 から三一, ではなく

▼ 四〇〇〇〇〇タン~ (2, 0.0%)

1 とを消費, の穀物

▼ 四〇〇〇尺~ (2, 0.0%)

1 の山々, よアア御嶽

▼ 四〇〇フラン~ (2, 0.0%)

1 の報償, を受取り

▼ 四〇〇年~ (2, 0.0%)

1 から六〇〇年, の昔

▼ 四〇〇年頃~ (2, 0.0%)

1 だったと, とすれ

▼ 四〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 に下落, に引上げ

▼ 四〇〇米台~ (2, 0.0%)

1 では北, の中

▼ 四〇クヲタア~ (2, 0.0%)

1 すなわち五磅二シリング一〇ペンス, に過ぎない

▼ 四〇パーセント~ (2, 0.0%)

1 が閣僚, の入り

▼ 四〇三五一〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 であれば, と見積られ

▼ 四〇度以上~ (2, 0.0%)

1 にのぼり, に上昇

▼ 四〇米~ (2, 0.0%)

1 の小, 高く鎗ガ岳

▼ 四〇%~ (2, 0.0%)

1 に騰貴, の利潤

▼ 四ああ~ (2, 0.0%)

2 世が

▼ 四い屋~ (2, 0.0%)

1 と八卦屋, になっ

▼ 四および~ (2, 0.0%)

1 その濁音十三, 二十八

▼ 四きり~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 四きれ~ (2, 0.0%)

1 にちぎった, 汁一椀野菜の

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 さと, さを

▼ 四くりかえし~ (2, 0.0%)

1 て来, て読み

▼ 四ぐらい~ (2, 0.0%)

1 だった, であった娘

▼ 四ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 女の子と, 愛くるしい少女

▼ 四ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 しきゃ見えない毎日毎日頭, 見えた

▼ 四その~ (2, 0.0%)

1 ひ, 内儀の

▼ 四それとも~ (2, 0.0%)

1 五六かと, 十五かしら

▼ 四たびめ~ (2, 0.0%)

1 に手, の禅定

▼ 四たび五たび~ (2, 0.0%)

1 としつこく, も遊び

▼ 四たび可決~ (2, 0.0%)

1 されたこの, されたの

▼ 四たび声~ (2, 0.0%)

2 を出した

▼ 四だった~ (2, 0.0%)

1 のに今日, 浩は

▼ 四だつた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 四つつじ~ (2, 0.0%)

1 ですよ, にたたずみ

▼ 四といった~ (2, 0.0%)

1 ぐあいに入り混って, ような

▼ 四とう~ (2, 0.0%)

1 しょうは, しょうニッケルメタル

▼ 四とせ前~ (2, 0.0%)

1 にみまかりぬ, の頃彼

▼ 四との~ (2, 0.0%)

1 両写本, 説あり

▼ 四とも~ (2, 0.0%)

1 見ゆる町人風, 見ゆる若者

▼ 四ねん~ (2, 0.0%)

1 せいです, めあたりから

▼ 四ばかりに~ (2, 0.0%)

1 なる娘, なる歯

▼ 四ほう八~ (2, 0.0%)

1 ぽうから, ぽうに

▼ 四ほど~ (2, 0.0%)

1 つづけざま, 水に

▼ 四ほどの~ (2, 0.0%)

1 夕刊売り, 少年で

▼ 四また~ (2, 0.0%)

1 七日に, 四・五%で

▼ 四までも~ (2, 0.0%)

1 短くない, 育てしや

▼ 四までを~ (2, 0.0%)

1 そだてしや, 育てしや

▼ 四もの~ (2, 0.0%)

1 緑の, 金鉱会社が

▼ 四らしい~ (2, 0.0%)

1 その小僧, やはり半纏姿

▼ 四わが~ (2, 0.0%)

1 党は, 邦現今の

▼ 四インチ四方~ (2, 0.0%)

2 の板

▼ 四インチ釘~ (2, 0.0%)

2 を五

▼ 四オンス~ (2, 0.0%)

1 であった, ふえたに

▼ 四カ日~ (2, 0.0%)

1 に当山, は興照寺

▼ 四カ月半~ (2, 0.0%)

1 ばかりの後, も続き

▼ 四カ月目~ (2, 0.0%)

1 に始め, に懐かしい

▼ 四カ月私~ (2, 0.0%)

1 が色塗り, はずいぶん

▼ 四カ月間~ (2, 0.0%)

1 の瀕死, は黒煙四方

▼ 四カ村~ (2, 0.0%)

1 が契約, の総代

▼ 四キロ近く~ (2, 0.0%)

1 ある, の地域

▼ 四ケ所~ (2, 0.0%)

1 に棟梁, に長

▼ 四ダース~ (2, 0.0%)

1 に附き, は直ぐ

▼ 四~ (2, 0.0%)

2 たり様

▼ 四ッ橋~ (2, 0.0%)

1 のプラネタリュウム, の材木屋

▼ 四ツ上~ (2, 0.0%)

1 か, だし

▼ 四ツ切~ (2, 0.0%)

1 の大きな, 程の大き

▼ 四ツ四ツ~ (2, 0.0%)

2 と折つて

▼ 四ツ岸~ (2, 0.0%)

1 だった, のおお

▼ 四ツ崖~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ 四ツ師置き引き九官~ (2, 0.0%)

2 引き攫浚付

▼ 四ツ年紀~ (2, 0.0%)

1 の長けた, もたけ

▼ 四ツ本氏~ (2, 0.0%)

1 が斬った, と

▼ 四ツ目屋尺~ (2, 0.0%)

1 取なん, 取千束

▼ 四ツ目屋雲霧尺~ (2, 0.0%)

1 取などは, 取先生金右衛門

▼ 四ツ目形~ (2, 0.0%)

2 に井筒形

▼ 四ツ脚~ (2, 0.0%)

1 を伸す, を注意深く

▼ 四ツ菱屋~ (2, 0.0%)

1 っていう揚げ, の二階

▼ 四ツ谺~ (2, 0.0%)

1 といっ, といつ

▼ 四ツ頭~ (2, 0.0%)

2 を下げれ

▼ 四デカリツトル~ (2, 0.0%)

1 の山, の方

▼ 四ペンス銀貨~ (2, 0.0%)

1 をやらなかった, を一枚

▼ 四メートル六~ (2, 0.0%)

1 の山, の標高

▼ 四メートル半~ (2, 0.0%)

1 の大だこ, 毎辺

▼ 四リーグ~ (2, 0.0%)

1 ばかりも来た, ばかり行く

▼ 四ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 との間, 払えるであろう

▼ 四ン匐い~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 四ン這~ (2, 0.0%)

1 に這っ, に這廻

▼ 四ヵ月後~ (2, 0.0%)

1 の一八五六年, の今日

▼ 四ヶ処~ (2, 0.0%)

2 の城

▼ 四ヶ國~ (2, 0.0%)

1 の人, は京都

▼ 四ヶ所盲目突~ (2, 0.0%)

2 に突いた

▼ 四ヶ月あまり~ (2, 0.0%)

1 の日月, も世話

▼ 四ヶ月ぶり~ (2, 0.0%)

1 である, に艇内

▼ 四ヶ月余~ (2, 0.0%)

1 に亘る, の滞留

▼ 四ヶ月分~ (2, 0.0%)

1 もたま, を見出す

▼ 四ヶ月後~ (2, 0.0%)

1 に漸く, の五月

▼ 四ヶ月許~ (2, 0.0%)

2 りで罷めて

▼ 四ヶ月間~ (2, 0.0%)

1 のウクライナ, の精神状態

▼ 四・一%~ (2, 0.0%)

1 が放送, にしか過ぎない

▼ 四・二三~ (2, 0.0%)

1 に, の九五

▼ 四・五センチ~ (2, 0.0%)

1 だ, の口径

▼ 四・五・六項目~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 四・五分の四~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, の中

▼ 四・五対一~ (2, 0.0%)

1 であった, よりやや

▼ 四・五年~ (2, 0.0%)

1 からの八九年間, は生家

▼ 四・五%~ (2, 0.0%)

1 から三七%, で借入れた

▼ 四・四分の一~ (2, 0.0%)

2 を斟酌

▼ 四・四分の一パアセント~ (2, 0.0%)

1 と計算, を示し

▼ 四一人~ (2, 0.0%)

1 の殆ど半数, は十歳

▼ 四一六年~ (2, 0.0%)

1 に始, の投票

▼ 四一年一月~ (2, 0.0%)

1 からはじまった, から一九四五年八月十五日

▼ 四一行~ (2, 0.0%)

1 までベアトリーチェ, まで神人兩性

▼ 四丁目裏~ (2, 0.0%)

1 のカルメン, は早く

▼ 四七パーセント~ (2, 0.0%)

1 の国内的原料, までは農村

▼ 四七七三三~ (2, 0.0%)

1 を奪い, を控除

▼ 四七年三月~ (2, 0.0%)

1 まで, まで全国視学官

▼ 四七年九月~ (2, 0.0%)

1 には十七円五〇銭, の予定的

▼ 四七年六月~ (2, 0.0%)

1 には七〇, に指名

▼ 四七年十二月~ (2, 0.0%)

1 には全国父兄大会, にもたれた

▼ 四七年末~ (2, 0.0%)

1 から四八年初頭, には三

▼ 四七行~ (2, 0.0%)

1 に鳥とい, の

▼ 四七頁~ (2, 0.0%)

1 の図参照, の圖面參照

▼ 四万フラン~ (2, 0.0%)

1 であるとの, になっ

▼ 四万ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 といえ, も積まなきゃなりません

▼ 四万中尉~ (2, 0.0%)

1 が声, は兵員

▼ 四万五万~ (2, 0.0%)

1 と切っ, の献詠者

▼ 四万五千四百坪~ (2, 0.0%)

1 になる, を今度

▼ 四万五千坪~ (2, 0.0%)

1 でございますこれ, は即ち

▼ 四万以上~ (2, 0.0%)

1 の小屋がけ, の生命

▼ 四万余~ (2, 0.0%)

1 の兵, の大金

▼ 四万余名~ (2, 0.0%)

1 の大, もの日本人

▼ 四万余坪~ (2, 0.0%)

1 となり, の境内

▼ 四万八千日~ (2, 0.0%)

1 といふの, の日

▼ 四万六千石~ (2, 0.0%)

1 でもその, という津軽家

▼ 四万噸~ (2, 0.0%)

1 で今年, の一大浮城

▼ 四万四千~ (2, 0.0%)

1 の兵士, の寄手

▼ 四万街道~ (2, 0.0%)

1 は四里, を上つて行

▼ 四丈八尺位~ (2, 0.0%)

2 の高

▼ 四丈許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 四三〇〇〇~ (2, 0.0%)

1 となる, を残し

▼ 四三七六三一三~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 四三号~ (2, 0.0%)

1 の条項, は救貧監督官

▼ 四三頁~ (2, 0.0%)

1 にはこんな, に当時

▼ 四世以来~ (2, 0.0%)

1 のフランス植民政策, 深仇

▼ 四世名人~ (2, 0.0%)

1 が早朝, にこう

▼ 四世大王~ (2, 0.0%)

1 の寵遇, の後裔

▼ 四世彦三郎~ (2, 0.0%)

1 であること, を贔屓

▼ 四世正久~ (2, 0.0%)

1 に至つた後, の庶子

▼ 四世風~ (2, 0.0%)

1 の金ぴか, の金色

▼ 四両一分の工面~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, は付きません

▼ 四主人~ (2, 0.0%)

1 の傍, の遠い

▼ 四九〇~ (2, 0.0%)

1 ですね, とアラビア数字

▼ 四九九号~ (2, 0.0%)

1 の二十六番, 第四十六番

▼ 四九五人~ (2, 0.0%)

1 となり, の女子

▼ 四九番~ (2, 0.0%)

1 だ, のブリストウ

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に逢, は架相

▼ 四二〇磅~ (2, 0.0%)

1 の一〇五, をその

▼ 四二九~ (2, 0.0%)

1 に, に虎骨

▼ 四二五〇磅~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の費用

▼ 四二頁已下~ (2, 0.0%)

1 にいわく, にバシリスク譚

▼ 四二%~ (2, 0.0%)

1 が賞金, そのほか

▼ 四五〇円~ (2, 0.0%)

1 という額, とされた

▼ 四五〇年~ (2, 0.0%)

1 であるから, にも豚

▼ 四五〇米~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの相当, という山塊

▼ 四五そう~ (2, 0.0%)

2 の小舟

▼ 四五の~ (2, 0.0%)

1 と二十七八の, は下女

▼ 四五ペエジ~ (2, 0.0%)

2 の文章

▼ 四五ヶ所~ (2, 0.0%)

1 より出火焔立上り, を選び

▼ 四五・五クヲタア~ (2, 0.0%)

1 と一五四・六クヲタア, と一六三・七クヲタア

▼ 四五一一八七~ (2, 0.0%)

1 であった, でこの

▼ 四五丁先~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, に見つけた

▼ 四五丁距~ (2, 0.0%)

1 てた距離, れて

▼ 四五七人~ (2, 0.0%)

1 であること, の学生

▼ 四五七頁以下~ (2, 0.0%)

1 に詳論, を見よ

▼ 四五万匹~ (2, 0.0%)

2 を下らない

▼ 四五三十二三三十七八~ (2, 0.0%)

1 で手痛い, には手痛い

▼ 四五三種~ (2, 0.0%)

1 の内, 或いはもっと

▼ 四五世~ (2, 0.0%)

1 に伝え, に遺伝

▼ 四五五年~ (2, 0.0%)

1 でその, までに二十九年

▼ 四五人がかり~ (2, 0.0%)

1 でもドウ, で全力

▼ 四五人きり~ (2, 0.0%)

1 です, 乗って

▼ 四五人ばらばら~ (2, 0.0%)

1 と畠, と跳

▼ 四五人ほか~ (2, 0.0%)

2 はみな男

▼ 四五人テエブル~ (2, 0.0%)

2 を囲ん

▼ 四五人一緒~ (2, 0.0%)

1 だった, にやってき

▼ 四五人仲間~ (2, 0.0%)

1 があっ, が来

▼ 四五人会~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 四五人口々~ (2, 0.0%)

1 に動搖, に饒舌

▼ 四五人客~ (2, 0.0%)

1 があった, のいる

▼ 四五人田舎~ (2, 0.0%)

2 わたらひ

▼ 四五人突~ (2, 0.0%)

1 つ立つて, 立って

▼ 四五人連~ (2, 0.0%)

1 が肩, でおいで

▼ 四五人集つて何~ (2, 0.0%)

1 かし, か話し

▼ 四五件~ (2, 0.0%)

1 は必ず, 調べて

▼ 四五俵~ (2, 0.0%)

1 は朝飯前, 得たりとて

▼ 四五八一万一六六九貫目~ (2, 0.0%)

1 にて平均一反歩, をもって一二二万九五〇八石

▼ 四五六七~ (2, 0.0%)

1 さあかずへ, の五日間

▼ 四五六七八~ (2, 0.0%)

1 と五年, もう一遍

▼ 四五六項目~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 四五分の後~ (2, 0.0%)

1 にはまた, に始まるであろう

▼ 四五分の後電話~ (2, 0.0%)

1 に向, に向わなけれ

▼ 四五分の間~ (2, 0.0%)

1 に五歳, を毎日

▼ 四五十フィート~ (2, 0.0%)

1 の高, も高く

▼ 四五十マイル~ (2, 0.0%)

1 ぐらいずつ進み, の内地

▼ 四五十ルピー~ (2, 0.0%)

1 それから食物, ばかりあった

▼ 四五十万円~ (2, 0.0%)

1 にも当る, は儲けた

▼ 四五十万石~ (2, 0.0%)

1 を与え, を与へ

▼ 四五十句~ (2, 0.0%)

2 に過ぎざるべく

▼ 四五十台~ (2, 0.0%)

1 がはいれ, の機械機

▼ 四五十回~ (2, 0.0%)

1 の地震, は続いたらう

▼ 四五十尾~ (2, 0.0%)

1 の岩魚, の鮎

▼ 四五十年代~ (2, 0.0%)

1 によく, の自由主義者

▼ 四五十年以前~ (2, 0.0%)

1 のあの, 失って

▼ 四五十疋~ (2, 0.0%)

1 の驢馬, も居たです

▼ 四五十種~ (2, 0.0%)

1 ぐらいすぐ, もあるらしい

▼ 四五千人~ (2, 0.0%)

1 は完全, も居つた

▼ 四五千騎~ (2, 0.0%)

1 がすでに, をくだっ

▼ 四五回位~ (2, 0.0%)

1 は上京, ゐは

▼ 四五回目~ (2, 0.0%)

1 で丁度, にはもう

▼ 四五圓~ (2, 0.0%)

1 の利益, 頂けるで

▼ 四五婦下戸~ (2, 0.0%)

2 或二三婦

▼ 四五寸位~ (2, 0.0%)

1 のゴム管, もある

▼ 四五寸縦~ (2, 0.0%)

2 が七八寸

▼ 四五尺先~ (2, 0.0%)

1 すら見えぬ, にある

▼ 四五年ころ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の公用

▼ 四五年どこ~ (2, 0.0%)

1 でなに, の女風俗

▼ 四五年七月~ (2, 0.0%)

1 にドレスデン, のある

▼ 四五年九月~ (2, 0.0%)

1 に発表, のリーダーズ・ダイジェスト

▼ 四五年五月~ (2, 0.0%)

1 でありケーテ, はそれ

▼ 四五年以後言論~ (2, 0.0%)

1 と出版, の自由

▼ 四五年八月以後日本~ (2, 0.0%)

1 におけるラジオ, の科学

▼ 四五年八月六日広島~ (2, 0.0%)

1 に九日, の原爆当日

▼ 四五年前私~ (2, 0.0%)

1 は, は五所川原

▼ 四五年生位~ (2, 0.0%)

2 の悪筆

▼ 四五年私~ (2, 0.0%)

1 が二十歳頃, は結婚

▼ 四五挺~ (2, 0.0%)

1 の鉄砲, の駕

▼ 四五文字~ (2, 0.0%)

1 にしかならない, もある

▼ 四五日ここ~ (2, 0.0%)

1 へも帰らなかった, へ泊る

▼ 四五日ぶり~ (2, 0.0%)

2 に一度

▼ 四五日休み~ (2, 0.0%)

1 になった, は続いた

▼ 四五日前明神下~ (2, 0.0%)

2 の俺

▼ 四五日前暇~ (2, 0.0%)

2 をとり

▼ 四五日前東京~ (2, 0.0%)

1 から若い, から遊び

▼ 四五日前自分~ (2, 0.0%)

1 と一, の買っ

▼ 四五日厄介~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ 四五日家~ (2, 0.0%)

1 にいる, に居させ

▼ 四五日我慢~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 四五日旅~ (2, 0.0%)

1 の疲れ, をし

▼ 四五日目位~ (2, 0.0%)

1 からスープ, でちょうど

▼ 四五日雨~ (2, 0.0%)

1 の続いた, 降りつ

▼ 四五時間後~ (2, 0.0%)

1 であるから, のいや

▼ 四五景カット~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 四五本太平洋~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 四五枚許~ (2, 0.0%)

2 り丁寧

▼ 四五梃壁~ (2, 0.0%)

2 にならべられ

▼ 四五歩バッ~ (2, 0.0%)

2 と踏み込む

▼ 四五歩ヒョロヒョロ~ (2, 0.0%)

2 飛込んで

▼ 四五歩先~ (2, 0.0%)

1 の方, をさも

▼ 四五歩前~ (2, 0.0%)

1 でカガト, に出る

▼ 四五歩土間~ (2, 0.0%)

2 から上り

▼ 四五歩後退~ (2, 0.0%)

1 しおもむろに, しながら

▼ 四五歳の~ (2, 0.0%)

1 が二, を頭

▼ 四五歳前後~ (2, 0.0%)

1 のいわゆる, の事

▼ 四五歳稀塩~ (2, 0.0%)

2 散に

▼ 四五歳頃~ (2, 0.0%)

1 から竹刀, になったら

▼ 四五町奥~ (2, 0.0%)

1 の山林, の馬場下

▼ 四五町幅三町~ (2, 0.0%)

2 ほど極めて

▼ 四五町手前~ (2, 0.0%)

1 で自動車, まで来る

▼ 四五町隔~ (2, 0.0%)

1 った所, れて

▼ 四五百両~ (2, 0.0%)

1 ぐらいで, で埒

▼ 四五百圓~ (2, 0.0%)

1 も渠, も貰つて

▼ 四五百首~ (2, 0.0%)

2 の短歌

▼ 四五盃~ (2, 0.0%)

1 ずつウイスキー, を重ね

▼ 四五着~ (2, 0.0%)

1 の背広, はあるだろう

▼ 四五磅一五シリング~ (2, 0.0%)

1 に下落, の利潤

▼ 四五筋~ (2, 0.0%)

1 のほつれ毛, の髪の毛

▼ 四五米突~ (2, 0.0%)

1 ばかりの薄い, も低い

▼ 四五級上~ (2, 0.0%)

1 だから, だつた

▼ 四五組~ (2, 0.0%)

1 あった, の客

▼ 四五臺~ (2, 0.0%)

1 の馬橇, も取卷いた

▼ 四五萬~ (2, 0.0%)

1 の利益, の在家

▼ 四五軒家~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 四五軒手前~ (2, 0.0%)

1 にあった, の荒物屋

▼ 四五軒目~ (2, 0.0%)

1 に着いた, の玄関

▼ 四五軒農家~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 四五週間~ (2, 0.0%)

1 もたつ, も誰一人スパルミエント大佐

▼ 四五錢~ (2, 0.0%)

1 しかしないだらう, のもの

▼ 四五間下~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の方

▼ 四五間前~ (2, 0.0%)

1 に上品, を見る

▼ 四五間四方~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは急激脳震盪, のもの

▼ 四五間左~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 四五隻~ (2, 0.0%)

1 の帆船, も出

▼ 四五題~ (2, 0.0%)

1 を書く, 出すん

▼ 四人いっしょ~ (2, 0.0%)

1 にいる, になっ

▼ 四人これ~ (2, 0.0%)

1 では勝目, に都市警察庁

▼ 四人すべて~ (2, 0.0%)

1 が様様, が樣樣

▼ 四人それぞれ~ (2, 0.0%)

1 に恐怖, の表情

▼ 四人ドス~ (2, 0.0%)

2 を引っこ抜い

▼ 四人一列~ (2, 0.0%)

1 になっ, のところ

▼ 四人一組~ (2, 0.0%)

1 の復員兵たち, の薙刀振り

▼ 四人下~ (2, 0.0%)

1 つ引, へ降り

▼ 四人乘~ (2, 0.0%)

1 せたまま, れるの

▼ 四人今~ (2, 0.0%)

1 も普賢, も見物

▼ 四人伴~ (2, 0.0%)

1 であった, の鵜飼

▼ 四人共同~ (2, 0.0%)

1 で八犬伝, の腰掛

▼ 四人土~ (2, 0.0%)

1 をほっ, をほり居る

▼ 四人塊~ (2, 0.0%)

1 って話, まって

▼ 四人女~ (2, 0.0%)

1 が二人, を呼んだ

▼ 四人女の子~ (2, 0.0%)

2 が五人

▼ 四人家~ (2, 0.0%)

1 の中庭, の者

▼ 四人家族~ (2, 0.0%)

1 であるが, で五千六百円

▼ 四人店先~ (2, 0.0%)

2 に腰掛け

▼ 四人形~ (2, 0.0%)

2 抱いて

▼ 四人扶持~ (2, 0.0%)

1 ずつ岡野, 被下置

▼ 四人有~ (2, 0.0%)

1 て毎日話し相手, 之其餘大工鍛冶心得候者有

▼ 四人束~ (2, 0.0%)

1 となっ, になっ

▼ 四人枕~ (2, 0.0%)

2 を並べ

▼ 四人横臥~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 四人源助さん~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ 四人目恰度私~ (2, 0.0%)

2 と向

▼ 四人目手口~ (2, 0.0%)

2 はそれぞれ

▼ 四人相~ (2, 0.0%)

1 議し鉛製活字版, 顧みて

▼ 四人許~ (2, 0.0%)

1 り捕縛, ゐた

▼ 四人説~ (2, 0.0%)

1 で人麿, で第

▼ 四人輪~ (2, 0.0%)

1 になっ, を作っ

▼ 四人門前寺~ (2, 0.0%)

2 の梁

▼ 四人障子~ (2, 0.0%)

2 を外

▼ 四人顏~ (2, 0.0%)

1 を寄せ, を寄せました

▼ 四人顔~ (2, 0.0%)

1 を見合せ, 見合わせ

▼ 四人麿妻~ (2, 0.0%)

1 が皆, はその

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 からで, までの芝居

▼ 四代剣~ (2, 0.0%)

1 の伝統, を伝える

▼ 四代家綱五代綱吉~ (2, 0.0%)

1 などの霊, の廟

▼ 四代家茂~ (2, 0.0%)

1 などであっ, 同夫人

▼ 四代将軍家綱~ (2, 0.0%)

1 が予定, は何事

▼ 四代後~ (2, 0.0%)

1 の三河権守重兼, の多門房行高

▼ 四代目三津五郎~ (2, 0.0%)

1 と四代目歌右衛門, もよかつ

▼ 四代目団十郎~ (2, 0.0%)

1 の勧進帳, の演じた

▼ 四代目小さん~ (2, 0.0%)

1 も十八番, も知らなかつた

▼ 四代目彦三郎~ (2, 0.0%)

1 の養子, は後

▼ 四代目沢村源之助~ (2, 0.0%)

1 と改む, を襲名

▼ 四会場~ (2, 0.0%)

1 でございます, はこちら

▼ 四位これ~ (2, 0.0%)

1 にたいしてこの, を宮商角徴羽

▼ 四位上左権中将~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ 四位下侍従~ (2, 0.0%)

1 にも進み, に任

▼ 四位下参議~ (2, 0.0%)

2 に補

▼ 四位五位~ (2, 0.0%)

1 が多く, の官人

▼ 四位以下~ (2, 0.0%)

1 には正, は一人

▼ 四個寺~ (2, 0.0%)

1 だけ存在, の一

▼ 四個月~ (2, 0.0%)

1 すると, の間

▼ 四個条~ (2, 0.0%)

1 が出会い放題, を決議

▼ 四億人~ (2, 0.0%)

1 が病気, と称し

▼ 四元術~ (2, 0.0%)

1 は二つ, を記した

▼ 四兄弟~ (2, 0.0%)

1 も一時, を出し

▼ 四入り乱れた~ (2, 0.0%)

2 羽搏き

▼ 四八〇〇〇〇〇〇磅~ (2, 0.0%)

1 から四四, であろう

▼ 四八年一月~ (2, 0.0%)

1 から半年, その草稿

▼ 四八年三月十八日~ (2, 0.0%)

2 を想像

▼ 四八年二月~ (2, 0.0%)

1 の新, の革命以後しだい

▼ 四八歳~ (2, 0.0%)

1 である正味, まで生存

▼ 四八章~ (2, 0.0%)

1 に章魚居処, に韃靼人

▼ 四八等~ (2, 0.0%)

1 にいづ, の諸

▼ 四八頁~ (2, 0.0%)

1 にこんな, にはカルダンダン

▼ 四六〇一号~ (2, 0.0%)

1 であった, より九四三〇号

▼ 四六七~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 四六倍判~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの板, より小さい

▼ 四六分の一~ (2, 0.0%)

1 であり出生, ないし四八分の一

▼ 四六君~ (2, 0.0%)

1 は麹町平川町, も共々

▼ 四六四名~ (2, 0.0%)

2 の代議士

▼ 四六埋葬~ (2, 0.0%)

2 は六四六

▼ 四六年一年間~ (2, 0.0%)

1 の書籍出版用紙割当, の社会

▼ 四六年以後~ (2, 0.0%)

1 久しく行われなかった, 各労働組合

▼ 四六年以来~ (2, 0.0%)

1 いくたりか, 各大学

▼ 四六年六月~ (2, 0.0%)

1 に発表, の

▼ 四六年十二月~ (2, 0.0%)

1 この委員会, になっ

▼ 四六年十月~ (2, 0.0%)

1 から四七年三月, から四七年十月

▼ 四六文~ (2, 0.0%)

1 であ, であるから

▼ 四六結婚~ (2, 0.0%)

2 は三三九

▼ 四円位~ (2, 0.0%)

1 であった, にしとい

▼ 四円余~ (2, 0.0%)

1 ちと高い, と合せ

▼ 四円程度~ (2, 0.0%)

1 であったと, であろう

▼ 四冊本~ (2, 0.0%)

1 が出, の俳文集

▼ 四冊目~ (2, 0.0%)

1 でストップ, は第

▼ 四出生~ (2, 0.0%)

1 の総, は九八

▼ 四分の~ (2, 0.0%)

1 かしら, 小さな大黒さん

▼ 四分の一パアセント~ (2, 0.0%)

1 と計算, を示し

▼ 四分の一世紀間~ (2, 0.0%)

1 に亙る, に日本

▼ 四分の一以上~ (2, 0.0%)

1 は歸化人, も余白

▼ 四分の一吋~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの細い, だとか

▼ 四分の一対一~ (2, 0.0%)

1 であると, ではなく

▼ 四分の三マイル~ (2, 0.0%)

1 ほどもへだたった, もはなれた

▼ 四分の二拍子それ~ (2, 0.0%)

2 が最後

▼ 四分の同乗~ (2, 0.0%)

1 に依っ, に依つ

▼ 四分の好奇心~ (2, 0.0%)

2 とに動かされ

▼ 四分の嫉妬~ (2, 0.0%)

1 が混じっ, が混じつ

▼ 四分の時間~ (2, 0.0%)

2 は電光

▼ 四分の間~ (2, 0.0%)

1 にね, に煙

▼ 四分五分~ (2, 0.0%)

1 ぐらいずつ水, という碁石

▼ 四分五厘~ (2, 0.0%)

1 の低落, 一方ハ二分五厘

▼ 四分今~ (2, 0.0%)

2 迄矢張り不器用

▼ 四分作~ (2, 0.0%)

1 しかとれなかった, とかいう惨憺

▼ 四分八秒出現雲~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 四分八裂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 四分半~ (2, 0.0%)

1 かかり日本, となる

▼ 四分後~ (2, 0.0%)

1 に透明壁, のこと

▼ 四分案~ (2, 0.0%)

1 に対して七厘, に對

▼ 四分通り~ (2, 0.0%)

1 は出来, より下

▼ 四列側面~ (2, 0.0%)

1 の行進, の隊形

▼ 四列縱隊~ (2, 0.0%)

1 は五列, を作つた我我

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 から酉四剋, まで続く

▼ 四割がた~ (2, 0.0%)

1 上るって, 高まるから

▼ 四割七分~ (2, 0.0%)

1 に相当, を占め

▼ 四割五分~ (2, 0.0%)

1 とか, に及ぶ

▼ 四割五割~ (2, 0.0%)

1 に達し, の利益

▼ 四割方~ (2, 0.0%)

1 の増加, は安い

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に亘る, に溢れ

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 せる石壁, の山

▼ 四匹あと~ (2, 0.0%)

1 お君, はお

▼ 四十かい~ (2, 0.0%)

1 では, の男

▼ 四十かっこう~ (2, 0.0%)

1 の市民, の男

▼ 四十か所~ (2, 0.0%)

1 から発火, に作りました

▼ 四十ぢ~ (2, 0.0%)

1 かい, かい小

▼ 四十ぢかい年~ (2, 0.0%)

1 だったが, をし

▼ 四十となり給~ (2, 0.0%)

2 へども

▼ 四十カペーカ~ (2, 0.0%)

1 どころか私, に買っ

▼ 四十キロ五十キロ~ (2, 0.0%)

2 という風

▼ 四十シリング~ (2, 0.0%)

1 というの, の男女行員達

▼ 四十センチ四方~ (2, 0.0%)

1 ほどのまるい, ほどの四角

▼ 四十ノツト~ (2, 0.0%)

1 に至る, までの間

▼ 四十パーセント程度~ (2, 0.0%)

2 に保たれ

▼ 四十ミリ~ (2, 0.0%)

1 から三百九十ミリ, の敵

▼ 四十ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 なんての, に過ぎなかった

▼ 四十一両~ (2, 0.0%)

1 で買った, に上った

▼ 四十一州~ (2, 0.0%)

1 にわたる蜀, は他人

▼ 四十一年十一月~ (2, 0.0%)

1 とおぼえ, に満

▼ 四十一年後~ (2, 0.0%)

1 になっ, の後

▼ 四十一貫~ (2, 0.0%)

1 ありと, その価

▼ 四十一銭~ (2, 0.0%)

1 あります, でがん

▼ 四十一頁~ (2, 0.0%)

1 をたった, 渡して

▼ 四十七トン~ (2, 0.0%)

1 という大船, にし

▼ 四十七万~ (2, 0.0%)

1 であった, という数字

▼ 四十七八昔~ (2, 0.0%)

2 は芳町あたり

▼ 四十七号~ (2, 0.0%)

1 と四十八号, に謫天情僊

▼ 四十七年間~ (2, 0.0%)

1 もの長い, 即ち半

▼ 四十七日間~ (2, 0.0%)

1 しか提琴, を東京監獄

▼ 四十七枚~ (2, 0.0%)

1 と, とぢ

▼ 四十七種~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, は互いに

▼ 四十七道しるべ~ (2, 0.0%)

2 の石碑

▼ 四十七銭~ (2, 0.0%)

1 あるそれ, は惜し

▼ 四十万クヲタア~ (2, 0.0%)

1 の小麦, を獲得

▼ 四十万分一予察図~ (2, 0.0%)

1 にも明記, もまた

▼ 四十万坪~ (2, 0.0%)

1 ありこれ, の中

▼ 四十万弗~ (2, 0.0%)

1 の船, を支出

▼ 四十三ヵ国~ (2, 0.0%)

1 に達した, の婦人たち

▼ 四十三万~ (2, 0.0%)

1 は銀行, ほどある

▼ 四十三十~ (2, 0.0%)

1 の壮年, の壮年者

▼ 四十三号~ (2, 0.0%)

1 というの, まで出し

▼ 四十三年一月~ (2, 0.0%)

1 の, 第九日目

▼ 四十三年九月七日~ (2, 0.0%)

2 の朝

▼ 四十三年五月~ (2, 0.0%)

1 となっ, の作

▼ 四十三戸~ (2, 0.0%)

1 であ, と合せ

▼ 四十三枚~ (2, 0.0%)

2 をかき

▼ 四十三歳後厄~ (2, 0.0%)

2 の大事

▼ 四十三番~ (2, 0.0%)

1 の席, へたびたび

▼ 四十三票~ (2, 0.0%)

1 とわずか, の多数

▼ 四十三秒~ (2, 0.0%)

1 ぐらいで泳い, である結果

▼ 四十九以下~ (2, 0.0%)

1 は全, 無子

▼ 四十九俵~ (2, 0.0%)

1 までを三十俵, までを八十俵

▼ 四十九円~ (2, 0.0%)

1 と二十五銭, なり

▼ 四十九分~ (2, 0.0%)

1 か, 考へて

▼ 四十九年間~ (2, 0.0%)

2 の一切

▼ 四十九日間~ (2, 0.0%)

1 に何事, の外出

▼ 四十九曲~ (2, 0.0%)

1 のうち, りと

▼ 四十九番地~ (2, 0.0%)

1 という表札, に転籍

▼ 四十九聯隊~ (2, 0.0%)

2 の練兵場

▼ 四十九錠~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 四十九首~ (2, 0.0%)

2 の創作今様

▼ 四十二万六千石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 四十二三位~ (2, 0.0%)

1 であったろうか, で延びた五分刈頭

▼ 四十二三年以後~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に在

▼ 四十二三年頃~ (2, 0.0%)

1 だった, は日本

▼ 四十二両~ (2, 0.0%)

1 という買物, と二貫文

▼ 四十二年七月~ (2, 0.0%)

2 にフランス

▼ 四十二年六月十九日~ (2, 0.0%)

2 の生れ

▼ 四十二年六月十九日生れ~ (2, 0.0%)

2 の宿命

▼ 四十二年十一月~ (2, 0.0%)

1 の出来事, を起点

▼ 四十二年文展~ (2, 0.0%)

2 第三回

▼ 四十二年間~ (2, 0.0%)

1 の歴史, 怠けつづけた根性

▼ 四十二座~ (2, 0.0%)

2 の水門

▼ 四十二文~ (2, 0.0%)

1 が不足, もした

▼ 四十二本~ (2, 0.0%)

1 でご, の矢

▼ 四十二杯~ (2, 0.0%)

1 で八十五銭五厘, を平らげ

▼ 四十二歳位~ (2, 0.0%)

1 ででもあ, の時分

▼ 四十二箇月~ (2, 0.0%)

1 すると, の間働き

▼ 四十二軒~ (2, 0.0%)

1 あった附属茶屋, その名前

▼ 四十二銭~ (2, 0.0%)

1 で, です

▼ 四十五ルーブル~ (2, 0.0%)

1 かないしは, どころかじつに

▼ 四十五両~ (2, 0.0%)

1 に売った, ばかりの雇い

▼ 四十五仙~ (2, 0.0%)

1 であるが, とある

▼ 四十五六小作り~ (2, 0.0%)

2 で少し

▼ 四十五六柔和~ (2, 0.0%)

1 ななんら, な何等

▼ 四十五分の汽車~ (2, 0.0%)

1 すぐ寝台, で帰る

▼ 四十五分後~ (2, 0.0%)

1 にはまた, にミルト広場

▼ 四十五十六~ (2, 0.0%)

1 といふ年齡, といふ年齢

▼ 四十五尺~ (2, 0.0%)

1 に達する, の上り

▼ 四十五年七月~ (2, 0.0%)

1 に友人中村清太郎君, の

▼ 四十五年七月一日発行~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 四十五才~ (2, 0.0%)

1 になつ, の木村

▼ 四十五文~ (2, 0.0%)

1 か精, の扇箱

▼ 四十五里~ (2, 0.0%)

1 ほどの道, を尾

▼ 四十人五十人~ (2, 0.0%)

1 と組, の肉親

▼ 四十人以上~ (2, 0.0%)

1 ある, もいる

▼ 四十人許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 四十仙~ (2, 0.0%)

1 で番号札, を貰つて

▼ 四十代以後~ (2, 0.0%)

1 の源之助, の生涯

▼ 四十代前~ (2, 0.0%)

1 に遡, の俺

▼ 四十以後乃ち五世界~ (2, 0.0%)

1 に繁る, に繋る

▼ 四十件~ (2, 0.0%)

1 だけ年齢, の百姓一揆

▼ 四十何円~ (2, 0.0%)

1 かの金, の呵責

▼ 四十何名~ (2, 0.0%)

1 かの学者たち, が殺され

▼ 四十余枚~ (2, 0.0%)

1 の歌, 書いたの

▼ 四十億円~ (2, 0.0%)

1 である, ですむし

▼ 四十八信~ (2, 0.0%)

1 として三十一日, として居りました

▼ 四十八兩~ (2, 0.0%)

1 と書い, ピタリと

▼ 四十八分~ (2, 0.0%)

1 で下呂, に着きます

▼ 四十八分の一~ (2, 0.0%)

1 でありこれ, という数字

▼ 四十八坂~ (2, 0.0%)

1 のあたり, は険阻

▼ 四十八夜~ (2, 0.0%)

1 の別時, の間瓢箪

▼ 四十八尺~ (2, 0.0%)

1 の岩山聳立, 疑は

▼ 四十八年以前~ (2, 0.0%)

2 より禿げ

▼ 四十八年前~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 四十八年目~ (2, 0.0%)

1 に聞かれた, の開帳

▼ 四十八店~ (2, 0.0%)

1 を市内, を開業

▼ 四十八願~ (2, 0.0%)

1 をおこし, を悉く

▼ 四十八願観音~ (2, 0.0%)

1 が煩悩三十三身, の三十三身

▼ 四十六七歳~ (2, 0.0%)

1 でルムフォード伯, の武家

▼ 四十六年七月~ (2, 0.0%)

2 から十一月

▼ 四十六度~ (2, 0.0%)

1 は華氏, ばかりです

▼ 四十六日~ (2, 0.0%)

1 は即ち, 通いつづけましたが

▼ 四十六番~ (2, 0.0%)

1 は常盤町, までの山車

▼ 四十六間~ (2, 0.0%)

1 と申します, の広大

▼ 四十円以上~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ 四十円近く~ (2, 0.0%)

1 たまって, のまれたの

▼ 四十函~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, は授業料

▼ 四十分あまり~ (2, 0.0%)

1 もあつ, 歩いて

▼ 四十分の~ (2, 0.0%)

1 もありました, 長いもの

▼ 四十分の上り~ (2, 0.0%)

1 で佐野, へ乗る

▼ 四十分の交際~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろうとも

▼ 四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 四十分の知己ホン~ (2, 0.0%)

2 の暫時

▼ 四十分の辛抱~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 四十分一時間近く~ (2, 0.0%)

2 も美奈子

▼ 四十分前~ (2, 0.0%)

1 である, に東京駅

▼ 四十分前後~ (2, 0.0%)

1 だと, であったが

▼ 四十分彩雲閣~ (2, 0.0%)

2 の河原

▼ 四十分熱海~ (2, 0.0%)

2 までは五十分

▼ 四十分盛岡~ (2, 0.0%)

2 に着く

▼ 四十分足らず~ (2, 0.0%)

1 で頂上, の距離

▼ 四十分間位湯~ (2, 0.0%)

1 煮なければ, 煮ると

▼ 四十分間水~ (2, 0.0%)

2 へ漬け

▼ 四十呎~ (2, 0.0%)

1 の怪物, ばかり足りない

▼ 四十四匁~ (2, 0.0%)

1 に近い, までに純

▼ 四十四年一月~ (2, 0.0%)

1 からいよいよ, この製法

▼ 四十四年三月~ (2, 0.0%)

1 と残つて, に開場

▼ 四十四年中~ (2, 0.0%)

2 に都下

▼ 四十四本~ (2, 0.0%)

1 の上, の支柱

▼ 四十四番~ (2, 0.0%)

1 に拝登, の札所

▼ 四十四米~ (2, 0.0%)

2 の峰

▼ 四十四粁~ (2, 0.0%)

2 に相当

▼ 四十四銭八厘~ (2, 0.0%)

1 となる, に売れる

▼ 四十四頭~ (2, 0.0%)

1 の月の輪熊, の熊

▼ 四十四首~ (2, 0.0%)

2 及び二三

▼ 四十回分~ (2, 0.0%)

2 でもすでに

▼ 四十圓ぐらゐの收入~ (2, 0.0%)

2 を以つて

▼ 四十夜~ (2, 0.0%)

2 の荒野

▼ 四十女房~ (2, 0.0%)

1 がその, のお

▼ 四十字~ (2, 0.0%)

1 乃至百五十字, 迄はいい

▼ 四十左右~ (2, 0.0%)

1 の眼, の遊人風

▼ 四十幅~ (2, 0.0%)

1 と書い, も拝見

▼ 四十年ごろ~ (2, 0.0%)

1 の写真, の旧

▼ 四十年一月~ (2, 0.0%)

1 と推定, の引分勝負

▼ 四十年七月~ (2, 0.0%)

1 の, の第

▼ 四十年三月~ (2, 0.0%)

1 に先生, のこと

▼ 四十年余り~ (2, 0.0%)

1 しか経っ, の間

▼ 四十年八月~ (2, 0.0%)

1 の函館大火, 新詩社

▼ 四十年前神経質~ (2, 0.0%)

2 な父

▼ 四十年四月~ (2, 0.0%)

1 の四日, の末

▼ 四十年四月一日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 四十年日本詩壇~ (2, 0.0%)

2 では其昔詩

▼ 四十年近く前~ (2, 0.0%)

2 でありその

▼ 四十年間衆生~ (2, 0.0%)

2 を化度

▼ 四十幾分~ (2, 0.0%)

1 かので立つ, になっ

▼ 四十幾枚~ (2, 0.0%)

1 かになっ, の札

▼ 四十度位~ (2, 0.0%)

1 になる, まで下げ

▼ 四十度内外~ (2, 0.0%)

1 のところ, の温度

▼ 四十度東経百五十度附近~ (2, 0.0%)

1 と決った, の海上

▼ 四十度附近~ (2, 0.0%)

1 の時, まで下げる

▼ 四十弗~ (2, 0.0%)

1 でロシア, も払

▼ 四十挺~ (2, 0.0%)

1 でも百挺, の鉄砲方

▼ 四十数年~ (2, 0.0%)

1 も前, を経た

▼ 四十日ぶり~ (2, 0.0%)

1 だわ, の酒

▼ 四十日余り~ (2, 0.0%)

1 せんと, もお

▼ 四十日四十夜~ (2, 0.0%)

2 の荒野

▼ 四十時間あまり~ (2, 0.0%)

1 あった, あつた

▼ 四十時間一睡~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ 四十有二識量~ (2, 0.0%)

2 漸く長

▼ 四十杯~ (2, 0.0%)

1 も取れた, を飲んだ

▼ 四十歳あまり~ (2, 0.0%)

1 でたくましく, の男

▼ 四十歳そこそこ~ (2, 0.0%)

1 であつ, という若い

▼ 四十歳以前~ (2, 0.0%)

1 に其の, の好み

▼ 四十歳台~ (2, 0.0%)

1 で一, のクライスラー

▼ 四十歳女~ (2, 0.0%)

1 は二十九歳, もしかし

▼ 四十法~ (2, 0.0%)

1 が必要, の残余さ

▼ 四十男これ~ (2, 0.0%)

1 は三右衞門, は物

▼ 四十町歩~ (2, 0.0%)

1 の土地, の陸軍演習地

▼ 四十留~ (2, 0.0%)

1 の約束, より

▼ 四十番地~ (2, 0.0%)

1 に一戸, の古ぼけた

▼ 四十畳~ (2, 0.0%)

1 ぐらいもあった, も敷け

▼ 四十疋~ (2, 0.0%)

1 まで群れ, も付き纏う

▼ 四十目~ (2, 0.0%)

1 ですから, は石

▼ 四十程~ (2, 0.0%)

1 の男, も年

▼ 四十種以上~ (2, 0.0%)

1 に分れ, もあるだらう

▼ 四十糎砲~ (2, 0.0%)

1 が二十四門, でもまだ

▼ 四十臂~ (2, 0.0%)

2 ヲ有

▼ 四十艘~ (2, 0.0%)

1 を数え, 附き從

▼ 四十艘彼~ (2, 0.0%)

1 に續, に隨

▼ 四十荷~ (2, 0.0%)

1 の柑子, をはるばる

▼ 四十語~ (2, 0.0%)

1 に陸奥, の電報

▼ 四十足らず~ (2, 0.0%)

1 ある, で目尻

▼ 四十里許~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ 四十里餘~ (2, 0.0%)

1 りの, り隔たつた

▼ 四十金~ (2, 0.0%)

1 を贈った, を贈つた

▼ 四十銭これ~ (2, 0.0%)

1 だけでもこの, で懐

▼ 四十銭也~ (2, 0.0%)

1 であった, の受取切符

▼ 四十錢三十錢~ (2, 0.0%)

1 に賣, に賣れ

▼ 四十間以上~ (2, 0.0%)

1 の所, もあり

▼ 四十間許~ (2, 0.0%)

1 り離れた場所, 離れた高み

▼ 四十階~ (2, 0.0%)

1 のビルディング, の建物

▼ 四千七百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 四千七百尺~ (2, 0.0%)

1 から三千五百尺, の神山

▼ 四千万ドル~ (2, 0.0%)

1 であって, とは別

▼ 四千万メートル~ (2, 0.0%)

1 ある, 即ち地球

▼ 四千万人以上~ (2, 0.0%)

1 の失業者, の餓えた

▼ 四千万同胞~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の共有

▼ 四千三百万ドル~ (2, 0.0%)

1 かけて, は約

▼ 四千三百二年~ (2, 0.0%)

1 なり而, の間

▼ 四千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 四千五十八巻~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ経題, の二部

▼ 四千五百万~ (2, 0.0%)

1 の失業者, の民衆之

▼ 四千五百円~ (2, 0.0%)

1 であるから, とか四千三百円

▼ 四千五百名~ (2, 0.0%)

1 ある, の悲壮

▼ 四千余石~ (2, 0.0%)

1 に改め, の館

▼ 四千兩~ (2, 0.0%)

1 ある筈, は手

▼ 四千八十メートル~ (2, 0.0%)

1 になりました, の向

▼ 四千八百三十人~ (2, 0.0%)

1 のこの, の女

▼ 四千分の一~ (2, 0.0%)

1 ぐらいとなる, の財産

▼ 四千四百万人~ (2, 0.0%)

1 に分たなけれ, の人間

▼ 四千四百三番~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいますか, ですか

▼ 四千四百二俵~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 四千四百尺~ (2, 0.0%)

1 に比し, の絶頂

▼ 四千年後~ (2, 0.0%)

1 の今日發見, の先輩

▼ 四千町~ (2, 0.0%)

1 でございますが, に止らぬ

▼ 四千町歩~ (2, 0.0%)

1 に落ち, を四千圓

▼ 四千百八十石~ (2, 0.0%)

1 のきり, の館主

▼ 四千種~ (2, 0.0%)

1 そして晩年, の光明

▼ 四千箱~ (2, 0.0%)

1 について一万二千円, の倉荷証券

▼ 四千萬ドル~ (2, 0.0%)

1 の金, を借りる

▼ 四千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 四千首~ (2, 0.0%)

2 にのぼり

▼ 四千馬力~ (2, 0.0%)

1 で一時間, で十五噸

▼ 四半軒~ (2, 0.0%)

1 の肩書, までの区別

▼ 四及び~ (2, 0.0%)

1 一五は, 三七葡萄園と

▼ 四友クラブ~ (2, 0.0%)

1 で一荘, で二荘

▼ 四反歩~ (2, 0.0%)

1 の島特有, も作つ

▼ 四号刷~ (2, 0.0%)

1 であった, の半紙十二

▼ 四号飛行場~ (2, 0.0%)

1 から十台, を出発

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 町村を通して, 章に

▼ 四合以上~ (2, 0.0%)

1 ひろふんだ, 呑んでは

▼ 四合位~ (2, 0.0%)

1 入るだろう, 用いて

▼ 四合入~ (2, 0.0%)

2 の瓢箪

▼ 四合晩~ (2, 0.0%)

1 に四合, に四合飮

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 前, 金左

▼ 四同一~ (2, 0.0%)

2 の方針

▼ 四名様~ (2, 0.0%)

1 のうち, を探し歩い

▼ 四名連署~ (2, 0.0%)

1 の老中書付, の誓紙

▼ 四吠陀~ (2, 0.0%)

1 と云, は組織

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 ぐらい, のド

▼ 四周年~ (2, 0.0%)

1 の当日, を迎える

▼ 四品上~ (2, 0.0%)

1 が大中太夫, が正

▼ 四四メートル六~ (2, 0.0%)

1 の山, の標高

▼ 四四五磅一五シリング~ (2, 0.0%)

1 に下落, の利潤

▼ 四四本丸~ (2, 0.0%)

1 のこの, の怪城

▼ 四四番地~ (2, 0.0%)

1 にささやか, に住まれ

▼ 四回内国勧業博覧会~ (2, 0.0%)

1 がありまし, が最初

▼ 四回博覧会~ (2, 0.0%)

1 に出た, の唯一

▼ 四回往復~ (2, 0.0%)

1 した, するの

▼ 四回戦~ (2, 0.0%)

1 が翌々日, は翌々日

▼ 四回連載~ (2, 0.0%)

1 された, された小説

▼ 四回麗人~ (2, 0.0%)

2 の使者

▼ 四図中~ (2, 0.0%)

2

▼ 四國あたり~ (2, 0.0%)

1 にはこの, は未だ

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 やること, やろうと

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 にある, のよう

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 と計, を落し

▼ 四基二つ~ (2, 0.0%)

1 は栄三郎, は榮三郎

▼ 四大別~ (2, 0.0%)

1 がし, の上

▼ 四大國主~ (2, 0.0%)

1 の命, の神

▼ 四大家~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 四大州~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を発見

▼ 四大洲~ (2, 0.0%)

1 のほか, の外

▼ 四女歌子~ (2, 0.0%)

1 が生まれた, との二人

▼ 四女順~ (2, 0.0%)

1 が夭, を喪

▼ 四子供~ (2, 0.0%)

2 が六つ

▼ 四子末っ子~ (2, 0.0%)

2

▼ 四字五字~ (2, 0.0%)

1 というの, の奴

▼ 四字詰め~ (2, 0.0%)

1 が全体, を混じえた

▼ 四季節~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の第

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 があり, が又

▼ 四家夫人~ (2, 0.0%)

1 がラジオ, のやらない

▼ 四寸二分~ (2, 0.0%)

1 ある海音如来, で目方

▼ 四寸四分~ (2, 0.0%)

1 なり, にきり

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 会議区あり, 葉アリ小

▼ 四尺くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐも

▼ 四尺これ~ (2, 0.0%)

1 を四階, を山丈

▼ 四尺七寸五分~ (2, 0.0%)

1 あり東側, だが

▼ 四尺上~ (2, 0.0%)

1 に往, に往きました

▼ 四尺九寸~ (2, 0.0%)

1 の投げ, の樫柄

▼ 四尺五六寸~ (2, 0.0%)

1 しかなく, の家

▼ 四尺五尺四方一丈余~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 四尺余寸~ (2, 0.0%)

1 の戒刀, の鉄杖

▼ 四尺六寸~ (2, 0.0%)

1 という畸形的, の逃入村

▼ 四尺許~ (2, 0.0%)

1 の半紙, りの

▼ 四層五層~ (2, 0.0%)

1 の石屋, 共に瓦斯

▼ 四層楼~ (2, 0.0%)

1 がわが国現代文芸, の梯子

▼ 四巻三号四号~ (2, 0.0%)

1 に収めた, を見よ

▼ 四巻校正~ (2, 0.0%)

1 に忙殺, を終る

▼ 四巻説~ (2, 0.0%)

1 が正しい, とがある

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 と五布, の綿

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 にまみえる, を流し奉った

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 を傍, を摂し

▼ 四年あたり~ (2, 0.0%)

1 まではよかっ, 迄は吾

▼ 四年のち~ (2, 0.0%)

1 のこと, ひさ

▼ 四年エタ非人~ (2, 0.0%)

1 の名称, の称

▼ 四年オランダ~ (2, 0.0%)

1 で出版, に自由貿易

▼ 四年ドイツ~ (2, 0.0%)

1 ではヘルマンバール, のミュンヘン

▼ 四年ベルリン~ (2, 0.0%)

1 でノイハウス博士, で大

▼ 四年リーヂア~ (2, 0.0%)

2 は声楽

▼ 四年一月一日~ (2, 0.0%)

2 より施行

▼ 四年一月十五日~ (2, 0.0%)

1 にわたし, 即ち同

▼ 四年七年~ (2, 0.0%)

1 と経った, 再度の

▼ 四年七月二十九日~ (2, 0.0%)

1 にアンブロン, の記念

▼ 四年七月二十二日~ (2, 0.0%)

1 に御台所, の丑刻

▼ 四年七月号中央公論掲載~ (2, 0.0%)

2

▼ 四年三月二十八日~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 四年三月二日~ (2, 0.0%)

2

▼ 四年九月二十二日~ (2, 0.0%)

1 から三日間, に歿

▼ 四年九月十八日~ (2, 0.0%)

1 の夕, を以つて

▼ 四年二十一歳~ (2, 0.0%)

1 にし, にもなっ

▼ 四年二月十二日~ (2, 0.0%)

1 の午後, は来た

▼ 四年二月富士見町~ (2, 0.0%)

2 の玉子屋

▼ 四年五ヶ月~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 四年五月一日~ (2, 0.0%)

1 にロンドン, に完成

▼ 四年五月七日~ (2, 0.0%)

1 に, にヴィーン

▼ 四年五月二十三日~ (2, 0.0%)

2 の但馬地震

▼ 四年五月十一日~ (2, 0.0%)

1 の午後, の日記

▼ 四年以仁王~ (2, 0.0%)

1 よりの平家討伐, を盟主

▼ 四年以來~ (2, 0.0%)

2 の法度

▼ 四年以前野村~ (2, 0.0%)

2 が初めて

▼ 四年以降~ (2, 0.0%)

1 の劇界, の彼

▼ 四年位~ (2, 0.0%)

1 はその, を要する

▼ 四年倭王復~ (2, 0.0%)

1 遣使大夫伊聲者掖耶, 遣使大夫伊聲耆

▼ 四年僕~ (2, 0.0%)

1 が九つ, が始め

▼ 四年八月十七日~ (2, 0.0%)

1 から七日目, から半月

▼ 四年八月四日~ (2, 0.0%)

2 の朝奈良

▼ 四年六月十五日~ (2, 0.0%)

1 にたけ八丈, に抽斎

▼ 四年六月十四日~ (2, 0.0%)

1 に六十九歳, の条

▼ 四年冬~ (2, 0.0%)

1 の一日, より三年

▼ 四年出品~ (2, 0.0%)

1 の作物, の間に合い

▼ 四年前そこ~ (2, 0.0%)

1 にいた, の汽船会社

▼ 四年前アメリカ~ (2, 0.0%)

1 で亡くなられました, の

▼ 四年前平生~ (2, 0.0%)

2 の自分

▼ 四年十一月二十三日条~ (2, 0.0%)

1 に, にみえ

▼ 四年十三~ (2, 0.0%)

1 で左少将, にてみまかりし

▼ 四年十九歳~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 四年十二月二十八日~ (2, 0.0%)

1 のこと, をもって一切

▼ 四年十二月二十日~ (2, 0.0%)

1 に斬罪, に旅

▼ 四年十二月發行~ (2, 0.0%)

2

▼ 四年十五年~ (2, 0.0%)

1 とつづいた, と此

▼ 四年君~ (2, 0.0%)

1 が旅順, とは少々

▼ 四年大学~ (2, 0.0%)

1 におった, は四年

▼ 四年大隈伯~ (2, 0.0%)

2 と相

▼ 四年天下~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ 四年彼~ (2, 0.0%)

1 が六十歳, は近く

▼ 四年改進黨~ (2, 0.0%)

2 を組織

▼ 四年日本~ (2, 0.0%)

1 にいた, を征せ

▼ 四年日本大衆党~ (2, 0.0%)

1 から公認, の公認

▼ 四年来日本~ (2, 0.0%)

1 の文学, の気候医学

▼ 四年正月十一日~ (2, 0.0%)

1 に歿, のこと

▼ 四年歿九歳~ (2, 0.0%)

1 とあった, とあつ

▼ 四年江戸~ (2, 0.0%)

1 においてす, の将軍謁見

▼ 四年父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 四年版エントホヴェン~ (2, 0.0%)

2

▼ 四年生全体~ (2, 0.0%)

1 がバック, の名

▼ 四年病気~ (2, 0.0%)

2 と闘

▼ 四年称号廃止~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 四年穢~ (2, 0.0%)

1 多非人, 多非人解放

▼ 四年自分~ (2, 0.0%)

1 が七十三, が四歳

▼ 四年足らず~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ 四年辛~ (2, 0.0%)

1 未五月十八日, 未十月下拙

▼ 四年連続~ (2, 0.0%)

2 の豊作

▼ 四年間放擲~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 四年間江戸中~ (2, 0.0%)

2 に火事

▼ 四年雨つゆ~ (2, 0.0%)

2 に打たれ

▼ 四度倍加~ (2, 0.0%)

1 したもの, した麦粒

▼ 四度刷~ (2, 0.0%)

1 と云, に出来る

▼ 四度半~ (2, 0.0%)

1 が手近, に達す

▼ 四度東京~ (2, 0.0%)

2 に送つた

▼ 四度目五度目十度目~ (2, 0.0%)

2 の準備

▼ 四度私~ (2, 0.0%)

1 の室, の所

▼ 四度續~ (2, 0.0%)

1 けて片, け樣

▼ 四度色~ (2, 0.0%)

2 の変る

▼ 四座連盟~ (2, 0.0%)

1 はこうして, は脆く

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に全, も之

▼ 四弘誓願~ (2, 0.0%)

1 は菩薩, を忘

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 は勘次郎, は十二

▼ 四形態~ (2, 0.0%)

1 として特に, と呼ん

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の指揮, は昨日

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 ということ, の一つ

▼ 四~ (2, 0.0%)

2 の隔子

▼ 四手紐~ (2, 0.0%)

1 を節倹, を粗末

▼ 四手駕籠~ (2, 0.0%)

1 の前, へ乗り

▼ 四折判~ (2, 0.0%)

1 で石版図, の本

▼ 四拾何円~ (2, 0.0%)

1 である, の請求

▼ 四拾圓~ (2, 0.0%)

1 です, となる

▼ 四挺艪~ (2, 0.0%)

2 のボオト

▼ 四挺踊子~ (2, 0.0%)

2 は男女

▼ 四教授~ (2, 0.0%)

1 から成立, 及び学生

▼ 四數字~ (2, 0.0%)

1 の和, も同じく

▼ 四文錢六枚~ (2, 0.0%)

1 が助, で足りなかつたら

▼ 四斗樽大~ (2, 0.0%)

1 の喞筒, を備え

▼ 四方形~ (2, 0.0%)

1 で中, に川岸

▼ 四~ (2, 0.0%)

2 の生絹

▼ 四日こちら~ (2, 0.0%)

2 に残る

▼ 四日ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やね

▼ 四日のち~ (2, 0.0%)

1 に三百人, の朝

▼ 四日アメリカ合衆国~ (2, 0.0%)

2 の独立記念日

▼ 四日ベルリン~ (2, 0.0%)

1 で, を占領

▼ 四日一日~ (2, 0.0%)

1 だけ貸し, は空い

▼ 四日三晩~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, ぶっ通し

▼ 四日中川~ (2, 0.0%)

1 で殿様, にて殿様

▼ 四日二十五日~ (2, 0.0%)

1 と四日間, の両日

▼ 四日五日無事~ (2, 0.0%)

2 な日

▼ 四日十三時十三分十三秒~ (2, 0.0%)

1 に地球, のこと

▼ 四日午後二時~ (2, 0.0%)

1 から出羽海部屋, に咯血

▼ 四日午後五時~ (2, 0.0%)

1 に半蔵門停留場, のあの

▼ 四日四晩~ (2, 0.0%)

1 もつきまとわれた, よ

▼ 四日夜歿~ (2, 0.0%)

2 し亡骸

▼ 四日女~ (2, 0.0%)

1 と書きつけた, の脚

▼ 四日山~ (2, 0.0%)

1 の中, は霧

▼ 四日市場~ (2, 0.0%)

1 と云う, に紀州

▼ 四日故郷~ (2, 0.0%)

1 の共同墓地, の越前

▼ 四日春日山~ (2, 0.0%)

1 の城, を雷発

▼ 四日晴~ (2, 0.0%)

1 とある, 暑甚

▼ 四日未明~ (2, 0.0%)

1 の出来事, の空

▼ 四日本~ (2, 0.0%)

1 の姿, をもって来よう

▼ 四日来~ (2, 0.0%)

2 の脳

▼ 四日母~ (2, 0.0%)

1 の館, は側室佐藤氏春

▼ 四日泊つて~ (2, 0.0%)

1 その正, 一寸あつ

▼ 四日深更月~ (2, 0.0%)

2 すさまじく冴え

▼ 四日湯~ (2, 0.0%)

1 にはいらない, の歸

▼ 四日滞在~ (2, 0.0%)

1 しドクタア・ビゲロウ, しミレナ

▼ 四日目ごと~ (2, 0.0%)

1 に来, に鮨屋

▼ 四日目ごろ~ (2, 0.0%)

1 から, の夕方

▼ 四日目五日目~ (2, 0.0%)

1 となる, はドイツ機

▼ 四日目橋場~ (2, 0.0%)

2 の渡し

▼ 四日磐~ (2, 0.0%)

1 が五十七歳, の第

▼ 四日程~ (2, 0.0%)

2 してから

▼ 四日程以前~ (2, 0.0%)

1 から私, この指

▼ 四日程前~ (2, 0.0%)

1 にぶらりと, に家具屋

▼ 四日經つて~ (2, 0.0%)

1 から漸く, も歸ら

▼ 四日自分~ (2, 0.0%)

1 の下宿, は不

▼ 四日行程~ (2, 0.0%)

1 ある, に至る

▼ 四日誰~ (2, 0.0%)

1 からも邪魔, も乗らぬ

▼ 四日路~ (2, 0.0%)

1 か, も離れた

▼ 四日通り~ (2, 0.0%)

1 で捕獲, へ出た

▼ 四日過ぎ~ (2, 0.0%)

1 には各国公使, には少し

▼ 四日間新聞~ (2, 0.0%)

1 ってやつ, に出した

▼ 四日附~ (2, 0.0%)

1 だった, の記事

▼ 四日雛祭~ (2, 0.0%)

1 もいよ, もいよいよ

▼ 四旧教信者~ (2, 0.0%)

2 は百分の三十四

▼ 四旬節祭~ (2, 0.0%)

1 の説教者, の間

▼ 四星霜~ (2, 0.0%)

1 を出羽上ノ山, を閲し得た

▼ 四春秋~ (2, 0.0%)

1 ならしめば, を越

▼ 四時ごろ空~ (2, 0.0%)

1 が晴れた, にはお

▼ 四時すぎカルタ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 四時わたくし~ (2, 0.0%)

2 をいかばかり

▼ 四時ホテル~ (2, 0.0%)

1 のニューグリル, の玄関

▼ 四時不断~ (2, 0.0%)

2 の雪渓

▼ 四時二十何分~ (2, 0.0%)

1 かにここ, に乗る

▼ 四時二十分着~ (2, 0.0%)

2 の上り列車

▼ 四時五分~ (2, 0.0%)

1 に至り, を指し

▼ 四時五時六時~ (2, 0.0%)

1 となり, はまるで

▼ 四時以後~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, は左方

▼ 四時何十分~ (2, 0.0%)

1 とかに出発, までにその

▼ 四時十二分~ (2, 0.0%)

1 にとうとう, に終った

▼ 四時十分ごろ~ (2, 0.0%)

1 だと, です

▼ 四時半ごろ何者~ (2, 0.0%)

1 かによって誘拐, かのため

▼ 四時四分八秒出現雲~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 四時四十二分~ (2, 0.0%)

1 に例, に夜行

▼ 四時家~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 四時幾分~ (2, 0.0%)

2 と聞いた

▼ 四時春~ (2, 0.0%)

1 なる芳園, なン

▼ 四時比~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 四時発~ (2, 0.0%)

1 のバス, の列車

▼ 四時眼~ (2, 0.0%)

1 を楽, を樂

▼ 四時祭式~ (2, 0.0%)

1 には近国, を見

▼ 四時近く家~ (2, 0.0%)

2 を出る

▼ 四時過ぎごろ~ (2, 0.0%)

1 に蒲団, までの間

▼ 四時開演~ (2, 0.0%)

1 の十時前, の座

▼ 四時間あまり~ (2, 0.0%)

1 もあった, を過した

▼ 四時間あまり私達六名~ (2, 0.0%)

2 は暮した

▼ 四時間以~ (2, 0.0%)

2 ないニ

▼ 四時間余~ (2, 0.0%)

1 というもの, に亘る

▼ 四時間労働~ (2, 0.0%)

2 で三〇円

▼ 四時間千四百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 四時間汽車~ (2, 0.0%)

1 でがまん, に乗り

▼ 四時間許~ (2, 0.0%)

1 りで赤湯山, りの

▼ 四時間足らず~ (2, 0.0%)

1 の周期, の睡眠

▼ 四時青々~ (2, 0.0%)

1 として居り, として緑

▼ 四時頃上野公園~ (2, 0.0%)

1 の菊ちゃん, の菊ちやん

▼ 四時頃僕~ (2, 0.0%)

1 の乗っ, の芝居

▼ 四時頃用~ (2, 0.0%)

2 が済んだら

▼ 四時頃眼~ (2, 0.0%)

2 が覚めた

▼ 四時頃自動車~ (2, 0.0%)

1 で出掛け, で街

▼ 四晝夜~ (2, 0.0%)

1 の航海, の間

▼ 四曲屏風~ (2, 0.0%)

1 を立てめぐらし, を背

▼ 四會場~ (2, 0.0%)

1 でございます, はこちら

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に彌, の革命

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の塀, の橋

▼ 四本それ~ (2, 0.0%)

1 もごく, も宜

▼ 四本丸~ (2, 0.0%)

1 のこの, の怪城

▼ 四本位~ (2, 0.0%)

1 を切り倒す, 出して

▼ 四本文~ (2, 0.0%)

2 の考證

▼ 四本檣~ (2, 0.0%)

1 の頗る, も

▼ 四本矛四本~ (2, 0.0%)

1 を分け, を天皇

▼ 四本立て~ (2, 0.0%)

1 とし, よ

▼ 四本脚~ (2, 0.0%)

1 で立っ, の間隔

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の協同, ヲ中牧ト云

▼ 四条隆謌~ (2, 0.0%)

1 に上り, の下

▼ 四杯飮~ (2, 0.0%)

1 み獨, んでひどく

▼ 四枚これ~ (2, 0.0%)

1 を開け, を開けれ

▼ 四枚ほか~ (2, 0.0%)

2 に浴衣

▼ 四枚五枚~ (2, 0.0%)

1 と書い, の隨筆

▼ 四枚六枚~ (2, 0.0%)

2 となっ

▼ 四枚半~ (2, 0.0%)

1 すぎて, の小片

▼ 四枚立~ (2, 0.0%)

2 の襖

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に日, に紙張子

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に過, を代表

▼ 四桁以上~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 を供, 附け人

▼ 四條橋~ (2, 0.0%)

1 の下, を渡る

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 を生じ, 変じて

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 その代金九両也, の紛失

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 には四, を分つた

▼ 四歩あと~ (2, 0.0%)

1 からタッジオ, すざって

▼ 四歳ごろ~ (2, 0.0%)

1 の発明, よくひきつけ

▼ 四歳五歳六歳~ (2, 0.0%)

1 であった, は夢

▼ 四歳天~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 四歳年長~ (2, 0.0%)

1 の兄クリストフ, 又は年少

▼ 四歳槍~ (2, 0.0%)

2 の名人

▼ 四歳自分~ (2, 0.0%)

2 には三歳

▼ 四歳馬~ (2, 0.0%)

1 がつながれ, である

▼ 四段五段~ (2, 0.0%)

1 と隙間, を割いた

▼ 四段動詞~ (2, 0.0%)

1 が諸種, の已然形

▼ 四段已然形~ (2, 0.0%)

1 と同じ, と同類

▼ 四段歩~ (2, 0.0%)

1 ばかりの畠, を加え始めた

▼ 四段活~ (2, 0.0%)

1 なら変格, になつ

▼ 四段目五段目~ (2, 0.0%)

1 と十二段, と順序通り十二段

▼ 四段膨脹機関~ (2, 0.0%)

1 が発明, へタービン

▼ 四流どころ~ (2, 0.0%)

1 だろう彼, の

▼ 四流五流~ (2, 0.0%)

1 ながらヴェートウヴェン, の人間

▼ 四海里~ (2, 0.0%)

1 くらいの速度, も西

▼ 四~ (2, 0.0%)

2 をとざし

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 でその他, を開く

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, の液

▼ 四漢字~ (2, 0.0%)

1 は画, を用

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 ありあるいは, の影

▼ 四王天但馬守~ (2, 0.0%)

1 なの, を知る

▼ 四王天清正~ (2, 0.0%)

2 の立廻り

▼ 四班舞踏~ (2, 0.0%)

1 がはじまる, を踊る

▼ 四町四方~ (2, 0.0%)

1 の地, もあらう

▼ 四番あっち~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 四番隊~ (2, 0.0%)

1 と京, に属する

▼ 四番館~ (2, 0.0%)

1 の路傍, は倫敦市

▼ 四疋位~ (2, 0.0%)

1 の聯合軍, 時にはたつた

▼ 四発目~ (2, 0.0%)

1 に中, に裏山

▼ 四白粉~ (2, 0.0%)

2 をつけぬ

▼ 四百あまり~ (2, 0.0%)

1 の戸數, も詰まった

▼ 四百トン~ (2, 0.0%)

1 くらいの汽船, ばかりの白い

▼ 四百トン余~ (2, 0.0%)

1 にし, のタービン船

▼ 四百ページ~ (2, 0.0%)

1 の大, もある

▼ 四百ルーブル~ (2, 0.0%)

1 の俸給, またはほぼ

▼ 四百レース~ (2, 0.0%)

1 でいつも, のつもり

▼ 四百ヱルスト~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ 四百一番地~ (2, 0.0%)

1 から出, とある

▼ 四百七十三米七~ (2, 0.0%)

1 の峰, の頂

▼ 四百七十三行~ (2, 0.0%)

2 を御覧

▼ 四百万ドル~ (2, 0.0%)

1 の財産, は既に

▼ 四百万石~ (2, 0.0%)

1 で御座ったのう, を越える

▼ 四百三~ (2, 0.0%)

1 か寺, の大

▼ 四百三十万~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのもの, になっ

▼ 四百三十年~ (2, 0.0%)

1 の期間, の歳月

▼ 四百三番~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいますか, ですか

▼ 四百九十三号室~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 四百二三十篇~ (2, 0.0%)

1 の捕物小説, は書い

▼ 四百二俵~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 四百五十ドル~ (2, 0.0%)

1 なら大, の高値

▼ 四百五十円也~ (2, 0.0%)

1 というもの, の上

▼ 四百五十名~ (2, 0.0%)

1 の人民, の発明家

▼ 四百五十哩~ (2, 0.0%)

2 の行程

▼ 四百五十年~ (2, 0.0%)

1 の大, もたつ

▼ 四百人分あまり~ (2, 0.0%)

2 の食事

▼ 四百人近く~ (2, 0.0%)

1 いる女工, の生徒

▼ 四百以上~ (2, 0.0%)

1 もある, 住んで

▼ 四百何十人~ (2, 0.0%)

1 がここ, 約五百名

▼ 四百何十日~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, もお便り

▼ 四百余歳~ (2, 0.0%)

1 とある文等, という福禄寿

▼ 四百余種~ (2, 0.0%)

1 に達し, の妖怪事項

▼ 四百余里~ (2, 0.0%)

1 という道中, もある

▼ 四百倍~ (2, 0.0%)

1 と云います, 甘い薬品

▼ 四百六十五行~ (2, 0.0%)

2 から四百七十三行

▼ 四百内外~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 四百円以上~ (2, 0.0%)

1 の暮し, の月収

▼ 四百十六年~ (2, 0.0%)

1 で大和, ばかり以前

▼ 四百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 四百字~ (2, 0.0%)

1 この繍文, はかなり

▼ 四百数十名~ (2, 0.0%)

1 の婦女子, を郡役所楼上

▼ 四百歳~ (2, 0.0%)

1 の寿, の後

▼ 四百疋~ (2, 0.0%)

1 ばかりある, を布施

▼ 四百篇~ (2, 0.0%)

2 を超える

▼ 四百米前後~ (2, 0.0%)

1 のもの, の榛名山

▼ 四百米近く~ (2, 0.0%)

1 も続け, 高いが

▼ 四百通~ (2, 0.0%)

1 の問い合わせ, ほどの手紙

▼ 四百金~ (2, 0.0%)

2 を承奉

▼ 四百間~ (2, 0.0%)

1 とある, の土手

▼ 四百餘州~ (2, 0.0%)

1 を擧, を蹂躪

▼ 四百餘里とい~ (2, 0.0%)

2 へるは

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に合理的, の合理的

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 がこもった, にしたがい

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 か八監内, は二階

▼ 四省察~ (2, 0.0%)

2 においては我々

▼ 四省察以前~ (2, 0.0%)

1 には証明, には證明

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 また鉄舟, 図に

▼ 四石余~ (2, 0.0%)

1 すなわち約, は今

▼ 四磅一六シリング~ (2, 0.0%)

1 ならば, に騰貴

▼ 四社所属~ (2, 0.0%)

1 の従業員たち, の監督

▼ 四社連盟以外~ (2, 0.0%)

2 の会社

▼ 四神像~ (2, 0.0%)

1 に止らず, は望見

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 で緑色, で鉤刺

▼ 四種五種~ (2, 0.0%)

2 列べて

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 のみを知り, のハモニカ

▼ 四等國民~ (2, 0.0%)

1 ではない, と相成り

▼ 四等属~ (2, 0.0%)

1 に下げね, を甘んじ

▼ 四等船客~ (2, 0.0%)

1 の切符, はない

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 は必ず, 然り

▼ 四箇月振り~ (2, 0.0%)

1 で夫, で寝巻

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 における気候変化, 新層

▼ 四絃琴~ (2, 0.0%)

1 や鐃, を手

▼ 四結婚~ (2, 0.0%)

1 の出生, は一一二

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 とか四, のあるごとく

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 とされ, の歌等

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 だけこの, のチャスター

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に属する, は澱粉食

▼ 四羽卵~ (2, 0.0%)

1 から孵った, をしこたま

▼ 四羽樫鳥~ (2, 0.0%)

2 ゐたり

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 から成る, は地

▼ 四聲論~ (2, 0.0%)

1 と云, の中

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 かえて, 召し上がられました

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 として有名, と云われた

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 來得, 樂婦

▼ 四艘目~ (2, 0.0%)

1 の舟, の船

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 でも五荷, ほど肥料

▼ 四萬太郎~ (2, 0.0%)

1 という忰, と附けました

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の一つ, 巣鴨真性寺

▼ 四蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の姉正宗院, の姉正宗院六十七

▼ 四號活字~ (2, 0.0%)

1 で括弧, の書物

▼ 四行め~ (2, 0.0%)

1 にも意味, の

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 に藩屏, の君長

▼ 四要品~ (2, 0.0%)

1 とされ, を摺写し

▼ 四見かけた~ (2, 0.0%)

1 が新潟, けれども女

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 が五十三四, の死亡

▼ 四言お~ (2, 0.0%)

2 愛想を

▼ 四~ (2, 0.0%)

2 妙微

▼ 四詩集~ (2, 0.0%)

1 である, を出版

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 のリヤ王物語, の六十六頁

▼ 四調~ (2, 0.0%)

1 であるべきだなどとは, や八五調

▼ 四貫二百~ (2, 0.0%)

1 あったわ, の重み

▼ 四貫五百~ (2, 0.0%)

1 あるが, か

▼ 四貫目それ~ (2, 0.0%)

2 に樫

▼ 四軒屋敷~ (2, 0.0%)

1 で生れた, の中

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 して, また五転

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 とか五福, 九月

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 にコングリーヴ, までは初版

▼ 四辺り~ (2, 0.0%)

1 には他, をよく

▼ 四辺寂~ (2, 0.0%)

1 として声, として音

▼ 四辺憚ら~ (2, 0.0%)

1 ず笑い, ぬ高

▼ 四辺近所~ (2, 0.0%)

1 は官員, を物騒がしく

▼ 四辺闃~ (2, 0.0%)

1 として聞こ, として鎮まりかえり

▼ 四辺静~ (2, 0.0%)

1 なれば, になりしか

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 四箇の, 自作で

▼ 四途乱~ (2, 0.0%)

1 になり, に湿へる

▼ 四通五六通~ (2, 0.0%)

1 よりは少し, より少し

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 ずつ打っ, の感傷的

▼ 四週間そこ~ (2, 0.0%)

2 にあった

▼ 四週間位~ (2, 0.0%)

1 で結果, は休ませ

▼ 四週間前~ (2, 0.0%)

1 にサーストン氏, の宵

▼ 四遍目~ (2, 0.0%)

1 の事故, の犠牲者

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の地景, の諸国

▼ 四邊一面~ (2, 0.0%)

1 の光景, の稻田

▼ 四郎そのもの~ (2, 0.0%)

1 であり, の正確

▼ 四郎たち一党~ (2, 0.0%)

1 に気づかれない, の尾行

▼ 四郎だんな~ (2, 0.0%)

1 もそんな, をてこずらせ

▼ 四郎五郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 がまず, に投げ

▼ 四郎先生~ (2, 0.0%)

1 とよん, のところ

▼ 四郎兵衞~ (2, 0.0%)

1 と共謀, や幡隨院長兵衞

▼ 四郎勝頼~ (2, 0.0%)

1 の座, の面上

▼ 四郎少年~ (2, 0.0%)

1 の兄, を殺した

▼ 四郎左~ (2, 0.0%)

1 か, や安間了

▼ 四郎父子~ (2, 0.0%)

1 の出発, を主賓

▼ 四郎配下~ (2, 0.0%)

1 の小者ども, の者

▼ 四郎馬鹿~ (2, 0.0%)

1 と言った, について話し

▼ 四部以外~ (2, 0.0%)

1 に制書類, のもの

▼ 四部会~ (2, 0.0%)

1 は土曜日午後一時, を三日

▼ 四部分~ (2, 0.0%)

1 が土地, を用いる

▼ 四部門~ (2, 0.0%)

1 に分け, に分たれる

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 ばかり繁栄, 悉く金

▼ 四里これ~ (2, 0.0%)

1 は熟路, も亦

▼ 四里位~ (2, 0.0%)

1 しか行かない, だつたね

▼ 四里余~ (2, 0.0%)

1 の道, もある

▼ 四里四方けがれ~ (2, 0.0%)

1 なき平野, のない

▼ 四里程~ (2, 0.0%)

1 で船原温泉, の長

▼ 四里近く~ (2, 0.0%)

1 の道, も打ち

▼ 四重目~ (2, 0.0%)

1 に入る, の家根

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 も香国芳塘, 未浮陽

▼ 四銭五銭それ~ (2, 0.0%)

2 を一日

▼ 四銭位~ (2, 0.0%)

1 から十八九銭, の花かんざし

▼ 四銭八厘~ (2, 0.0%)

1 となる, に売れる

▼ 四銭茂吉~ (2, 0.0%)

2 え遣し

▼ 四門學~ (2, 0.0%)

1 とに分れ, は七品以上

▼ 四間位~ (2, 0.0%)

1 ありました, の大図

▼ 四間左手~ (2, 0.0%)

2 は祠

▼ 四間間口~ (2, 0.0%)

1 の中央, の表店

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 でもう一度, 第五関

▼ 四階だて~ (2, 0.0%)

1 のアパート, の家並

▼ 四階以上~ (2, 0.0%)

1 の者, を一隊

▼ 四階位~ (2, 0.0%)

1 から十六階位, が無色界

▼ 四階級者以外~ (2, 0.0%)

1 の人々, の生活

▼ 四階造~ (2, 0.0%)

1 の真四角, の窓硝子

▼ 四面余~ (2, 0.0%)

1 あります, の高

▼ 四音格~ (2, 0.0%)

1 であるが, の言葉

▼ 四頁以下~ (2, 0.0%)

1 のもの, を見よ

▼ 四項目~ (2, 0.0%)

1 のうち, はやはり

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の夜光, の瑰麗

▼ 四類型~ (2, 0.0%)

1 は国, をあげ

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 のゼニ, の時

▼ 四首中~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 までは車窓, 程手前

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の使番, をこの

▼ 四~ (2, 0.0%)

1 の滯歐作, 殊に最初

▼1* [9747件]

、盗窃が五, 四〇〇〇〇〇〇とある, 四〇〇〇エルレに当る, 四〇〇〇万年の長き, 四〇〇〇年ないし五〇〇〇年前, 四〇〇〇時間を過した, 四〇〇キロメートル以上の深, 四〇〇グラムになった, 四〇〇パーセント増そうと, 四〇〇メートルくらいからスキー, 四〇〇メートル自由型で四分三八秒四, 四〇〇メートル辺でスキー, 四〇〇万年である, 四〇〇人で年額三三万円, 四〇〇冊となる, 四〇〇名であった, 四〇〇四年の正月, 四〇〇年ごろにアメンホテプ四世, 四〇〇年位のもの, 四〇〇年来連綿と続い, 四〇〇田舎の乳母, 四〇〇米以上二五〇〇米以下が六, 四〇〇米以下が九, 四〇カロリーを消費, 四〇キロブルゴスからマドリィ, 四〇シリング以上のいかなる, 四〇スコットランドへ, 四〇パーセント以上を占め, 四〇パーセント専門学校出では四四・三パーセント, 四〇フランを受取り, 四〇プロセントだと, 四〇ユダヤ教の儀式, 四〇ラップ人種の生活状態, 四〇リイグもない, 四〇レアルス・ヴェロンであるが, 四〇・〇〇〇弗で交際費, 四〇・三年であること, 四〇・九二であるから, 四〇・九二分の一の割合, 四〇一四七女子三九二六六すなわち年死亡率, 四〇一年に生れ, 四〇七以下にいづ, 四〇万アルキメデスは三〇万スタディア, 四〇万人の減少, 四〇万位の都市, 四〇万平方キロ一帯の寒い, 四〇三だったのに, 四〇三〇尺兵庫大天井, 四〇三一死亡は三〇六, 四〇九〇尺の三角点, 四〇九五二だけ少く, 四〇九六対一三となり, 四〇二七の, 四〇二号なり, 四〇五とあり, 四〇五人で一家族当り, 四〇五娼妓は八五〇, 四〇五後者のそれ, 四〇五頁以下を見よ, 四〇人につき一人, 四〇人中自由党二五人を擁する, 四〇八となつて, 四〇八年から一人, 四〇六万人でこの, 四〇冊として数える, 四〇分も過ぎ, 四〇分の一出生は三〇分の一, 四〇分の一年結婚率は一対一三九, 四〇分杉田医師来診病状経過を報告, 四〇名が参加, 四〇四だけ多く, 四〇四五五である, 四〇基米と註, 四〇寺院の小集, 四〇封度が以前, 四〇巻には秦, 四〇平方粁に及ん, 四〇年いっぱいといえ, 四〇年いっぱい精力的に執筆, 四〇年のは囲繞溝渠, 四〇年シューマンが三十歳, 四〇年ジョルジュ・サンドによつて, 四〇年ソヴェトで発表, 四〇年ニューヨーク板サウスゲイトの, 四〇年ブロードウエーはトーマス街近く, 四〇年モオリス・ベッツの新, 四〇年ロンドンに生る, 四〇年一七五〇年及び一七五一年, 四〇年一七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 四〇年二月後者は同, 四〇年五月七日鉱山技師の子, 四〇年五月三十一日父王の死, 四〇年五月十日独軍が西方, 四〇年代英国帆船がやっと, 四〇年以前スイスではこの, 四〇年以後ロシヤ人ヤコビ教授以下の人々, 四〇年以来最初の日本人, 四〇年以来被害をうける, 四〇年版ヨハンガストなる一神学者, 四〇年独逸聯邦が騒いだ, 四〇度の熱, 四〇度位の熱, 四〇支払ズミで残金八一・七六, 四〇日本国の名称, 四〇日間旅する, 四〇日齋の始め, 四〇枚ばかり一つ, 四〇歳以上まで生存, 四〇歳以下には未婚, 四〇歳台が一五%, 四〇歳結婚年齢はわずか, 四〇票も出やがった, 四〇秒というよう, 四〇蓋然率は四七, 四〇行のブオンデルモンテ, 四〇選皇帝の光景, 四〇頁程のもの, 四〇題目であった, 四〇%以上も儲け, 四さつて, 四あったが最長, 四あまりの狐, 四あやまったんです, 四あり皆先身瞋恚心曲り端大ならずし, 四あるわけが, 四あるいは十五六歳で, 四あれ見やれ向う, 四いくつもある, 四いたのである, 四いや五六顔は, 四いろに分け, 四いわゆる小股の, 四ねの豌豆, 四おれどねどころと, 四お前が十六, 四お菓子の歴史, 四かせ掛け蚯蚓, 四かどでまって, 四かどと曲がらぬうち, 四かの年の, 四からに成らなくては, 四か年間の平均, 四か所胸にあてがっ, 四か月ぶりです, 四か月半くらいで, 四か月間休講病院も半分閉鎖, 四か条の心得, 四がらみの婦人, 四きのながめ, 四くみ子が十八, 四くらゐに, 四くらいか知ら, 四くらいの青年と, 四くらいまで書くと, 四ぐらいで死んだん, 四ぐらいでもあろうか, 四ぐらいまでの男の子が, 四ぐらゐまで映画だのレビュー, 四ぐらゐを頭に十, 四けん荒物屋だの, 四こくはうみ, 四こまの普通廻転, 四これが君, 四ごろまでただ, 四うした, 四さるをブゥル, 四て行く, 四しか見られない, 四ょう半ほども, 四じゃあないか, 四ぢの, 四ずつを賜わりました, 四せきをひきい, 四そこで筆写, 四それぞれの席, 四それだけのこと, 四たひ日本へ, 四たびつむじ風のごとく, 四たび下りしに, 四たび主をかえた, 四たび五たび訪客は次第に, 四たび其師を更, 四たび其氏を更め, 四たび叫びを立てた, 四たび四たび目に巨人, 四たび地団太を踏んだ, 四たび変つて鬼の顔, 四たび巴里に出, 四たび年を重ねた, 四たび当選した, 四たび拜みて, 四たび泉のほとり來, 四たび登壇して, 四たび礼拝をなすった, 四たび續きて, 四たび赤道をよぎり, 四たび静宜亭, 四だけが音として, 四だけの音が, 四だけを抄する, 四だしたが一旦, 四だろうが, 四だろう痩せた青い顔, 四ちょッと美しい, 四や少し, 四っかち時分には, 四つぶの眼, 四つもりにつもれる, 四つわりを円周, 四つ折判の招待状, 四つ折刷の極めて, 四つ折百八十六丁五号活字二段組でぎっしり, 四であって一, 四であるならばこの, 四でございますはい旦那様, 四でしかないのに, 四でしたが夫, 四でしょうね, 四ですつて別嬪, 四でないことを, 四でやして, 四といふとし果敢なく別れ, 四とおいてとエエ十四, 四とおつしやつ, 四とかの人だ, 四ときほど門司, 四とせぶり君も帰らふ, 四とせ五とせ住みながら, 四となつて居る, 四どこか若々しき, 四どもはっきり見た, 四なおそれだけ, 四などである, 四などということは, 四などの数を, 四なりと云, 四なるべし種々の, 四なんぞに見えは, 四においてセイ氏は, 四における如くならずば, 四については今度だけ, 四にて逝き柴野栗山七十二, 四にはてごめ, 四にはとその美術界, 四にまでなった, 四にもなつて一家の, 四によつて, 四に対し女子卒業者が, 四に対して無配偶者, 四に対する断行説賛成者六十二で, 四ぬき十計り故コロボツクル, 四はと問う, 四ひき五ひきあとからあと, 四ひく十二は, 四ひとりは二十八, 四びんくらいは飲まなけれ, 四ふくその煙, 四ふみ二十一麻布鳥居坂町の宗家, 四へん倍加すると, 四へん廻つたとき大監督, 四へん稲びかりから漂白される, 四へん耳にし, 四ほうコンクリートの壁, 四まいしたためつかわし, 四まさにまさしくべっぴんの, 四またぎでトゥロット, 四までがとまりである, 四までしかない, 四までと思ってたの, 四までながらへた人な, 四までに見ゆ, 四まわると笙歌, 四めじまぐろ鯖鰈いしもち小鯛, 四もう七歳に, 四もし機械の, 四もしくは第五階級, 四もはや豊頬の, 四もらったことが, 四もんと四つ, 四やまとたけるの, 四よりは〇・〇三二だけ, 四わんぼうで暮す, 四をもって西ヶ原邸に, 四んばいになる, 四ん匍ひにな, 四ん軒はぶッ潰れるぞ, 四イクォール八という算術, 四インチ一辺一フートほどの四角, 四インチ位の四角い, 四インチ四分の一といふ, 四インチ幅一インチ深さ一インチ半, 四インチ幅九インチ一枚五ドルするという, 四インチ短径二インチくらい色, 四インドの風景, 四イ百く余州, 四ウィーンの庵室, 四エピクロス五立体幾何学六敷石七果物屋とかう, 四エミイが二十二, 四エンジン係のゼリー中尉以下, 四エンジン室内の電灯, 四エンジン部員襲撃フランク分隊長のてんてこ舞, 四エーカーの土地, 四オンスめの糸, 四カット増して, 四カペイカ也と, 四カラットから中, 四カラット強で従来世界, 四カラートの金, 四カルバン宗の組織, 四カロリー犢のカツレツ, 四カントンの実況, 四カ処もあったらしい, 四カ年以来マリユスが持っ, 四カ年半の持久戦争, 四カ年大学の方, 四カ年目の当り日でご, 四カ年都合大学を出る, 四カ年間ナチス政権は専ら, 四カ年間養育致し, 四カ所これ有り候, 四カ所有楽町の日劇寄り, 四カ所橋の流失十六個, 四カ月ここで働い, 四カ月めには各国各地いずれ, 四カ月以前に当地, 四カ月近くもかかっ, 四カ月間昼夜の別, 四カ月間焦慮に焦慮, 四カ町村の総代数十名, 四キユウ目には失敗, 四キロ今のスキソ付近, 四キロ林野局の駐在所, 四ギリシアの僧坊, 四ギルダアであり一八二四年, 四グラムの塩分, 四グループのブルジョア婦人雑誌, 四ケンタウル祭の夜, 四ケ月前に切られ, 四ケ月目の女, 四ゲレインである, 四ゲレイントロイで則, 四コマと教, 四コーナーはぜひ, 四ゴルフ競技会の前夜, 四サスと, 四シヤボン庫との間, 四シリング九ペンスと一八二二年, 四シリング以下三四十シリングの男女行員達, 四シリング騰貴するならば, 四ジョウにする, 四スコットランドの日曜, 四スタヂオもの, 四スーきり持ち合わせがありません, 四セント払えば, 四セント半をとる, 四タンと見, 四チリ首府サンチアゴの実況, 四ッ手網を枝川, 四ッ橋畔の電気科学館, 四ッ目の牡丹, 四ッ目屋の新, 四ッ肢を縄, 四ツあれこれ胸にたく, 四ツおまけをもらった, 四ツお互い同士関係がある, 四ツころの騒ぎ, 四ツごろごろして, 四ツごろようように仕度, 四ツごろ使屋が封じ, 四ツごろ行灯凧が厩, 四ツごろ金座の川, 四ツそこそこの刻限, 四ツそれをまだ, 四ツところか, 四ツひでりサ, 四ツシカ違ワナイノニモウイヽ加減中年婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, 四ツソノ眼ト並ンデ鼻ガ二ツ, 四ツニ出八ツニ, 四ツニ出ヅ今日長崎譯官本木昌造蒸汽船雛型持出シ御覽アリ, 四ツ一度に宙返り, 四ツ七ツ足駄の歯, 四ツ事件が紛糾, 四ツ五ツ先ですよ, 四ツ五ツ大地を踏み鳴らし, 四ツ五ツ年上であったが, 四ツ五ツ往復ビンタをくらわせた, 四ツ五ツ手をたたく, 四ツ五ツ排列して, 四ツ五ツ揚板をメク, 四ツ五ツ棍棒の乱打, 四ツ五ツ歯ぎしりして, 四ツ五足に一ツ, 四ツ例外はある, 四ツ児を産んだ, 四ツ八時か否, 四ツ切りの黒ずんだ, 四ツ刻とうけたまわった, 四ツ割りにし, 四ツ匐いになっ, 四ツ半時頃なり, 四ツ地に溢れ, 四ツ宛並んだ十二, 四ツ小片のは無数, 四ツ岳の方, 四ツ年がわかけれ, 四ツ年上の年恰好, 四ツ年下ですけれど, 四ツ年少の弟, 四ツ弧形の花床, 四ツ手籠の灯, 四ツ手駕をやり過ごし, 四ツ手駕月の都, 四ツ折くらゐな, 四ツ數へて七ツ八ツ, 四ツ星漁業の支店長花岡さん, 四ツ星漁業会社の出張員, 四ツ時ごろには駕籠, 四ツ時頃迄国中, 四ツ時頃打入り候処一ヶ所は一人, 四ツ時頃高柳使ひ来り則彼, 四ツ本一人を対手, 四ツ本卑怯者っ, 四ツ本氏手前すぐつづきます, 四ツ本汝の支配, 四ツ本藩の名, 四ツ柱に油紙, 四ツ梅の実, 四ツ橋大仏や門前, 四ツ橋電気科学館の星, 四ツ濡るる, 四ツ父親の小説, 四ツ用意がある, 四ツ目あたりに咲き掛けた, 四ツ目ぼくがまた, 四ツ目垣一重隔てたる裏山, 四ツ目小川芋銭さんが四ツ目, 四ツ目尺取なんど, 四ツ目屋ふたりのほか, 四ツ目屋秦野屋雲霧なども人間, 四ツ目屋稲吉にもそれ, 四ツ目屋酒代をくれ, 四ツ目扇の幕屋, 四ツ目殺しという第, 四ツ目籬や, 四ツ目菱それを目あて, 四ツ目行者のほう, 四ツ目麻布の仙花園, 四ツ続けざまにあの, 四ツ聟どのと花嫁, 四ツ膳の並んだ, 四ツ菱屋さまからてまえ, 四ツ行儀よく並べ, 四ツ角五階建名物食堂も真暗, 四ツ足半の足巾, 四ツ足食いの無法者, 四ツ車にのせ, 四ツ辞儀をし, 四ツ過ぎころに富士裏, 四デシメートルとある, 四ドモ五ドモ水ヲクムニユクノ, 四ドル二五となっ, 四ドル半くらい払え, 四ドル靴一足四十五ドル肝心な金, 四ニ相等シイのと同じ, 四ニ達スルマデハ肛門周囲炎ノ手術, 四ノと書いて, 四ノ橋の新劇塲, 四ハイたッ, 四ハイ五ハイと数え, 四ハ海外ニ向テ供給, 四パアセント七を占め, 四ヒステリー性からサジスムス性, 四ピアストルを徴収, 四ピストルのスペイン金貨, 四ファシズムと植民地諸国, 四フィート下で縦, 四フィート四インチくらいから五フィート七インチ, 四フィート尾はそれ, 四フィート幅は二フィート, 四フィート幅三百十五フィートにし, 四フィート舳も船尾, 四フィート長すぎる下, 四フキヌケの窓, 四フラン五十スーで諸君, 四ブラジル国の視察, 四プラス二すなわち一二対六, 四プロセントの倒潰率, 四プロセント弱ぐらいに減じ, 四ヘクトリットルの燕麦, 四ベルリンの墓, 四ペエジだった, 四ペガスス座の第, 四ペンネンネンネンネン・ネネムの安心, 四ページ新聞の雑報記者, 四ページ毎夕発行日本橋の末広ビル, 四ペーヂづゝ飛ばして, 四ボンベイに着し, 四ボートのリレー, 四ポイントいくつだとかいう, 四ポイント七九か, 四ポイント九〇五〇二が五ポイント一八, 四ポイント六八か, 四ポルトガル首府リスボンの実況, 四ポロネーズ作品二六ノ一, 四ポンドユダヤ教に一千五十五ポンド, 四ポンド五志日本金にし, 四マイルリバプールより諸, 四マイル以上も離れた, 四マイル内陸へはいった, 四マイル半の真, 四マイル南の八代, 四マドロンネット監獄においてはたとい, 四マル半ぐらいなら, 四りぐらい, 四ミクロンと答えます, 四ミリメートルに達する, 四ミリメートル位の即製, 四ミリ位あり時には, 四メキシコの実況, 四メトラ測る大き, 四メートル三〇センチで南, 四メートル二の岳, 四メートル作りルイ十八世は五千七百九メートル, 四メートル半砂山の高, 四メートル四方ほどの広, 四メートル峯の南, 四メートル幅ほどのみぞ, 四メートル近くにたっした, 四ヤソ教の僧侶, 四ユダヤ教徒は百分の一, 四ラウンドのハート, 四ランス・ショットであったと, 四リイグを距, 四リバプールよりニューヨーク, 四リーダーと万国史, 四ルターの遺跡, 四ルバックの前, 四ルピー二等は二ルピー, 四ロシア宗の祭日, 四ロッパ若し戦は, 四ロンドンの巨刹, 四ロンドンデリーに遊ぶ, 四ローマの名刹旧所, 四ワイツおよびゲルランド, 四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, 四ヵ寺の神下し, 四ヵ年支払延期の許可, 四ヵ年義務教育実施のため, 四ヵ所以上の土地, 四ヵ所工場がほしい, 四ヵ所目印をつける, 四ヵ所頸一ヵ所メッタ刺しにされ, 四ヵ月ごとにする, 四ヵ月それにかかりっきる, 四ヵ月ぶりでモスク, 四ヵ月休みにされた, 四ヵ月位の旅, 四ヵ月前北海道弁の二人, 四ヵ月戦いの前途, 四ヵ月手当がつい, 四ヵ月足らずであるが, 四ヶ処例の銀, 四ヶ国警官であって, 四ヶ年あとの出水, 四ヶ年振りで江戸表, 四ヶ所候補地を見附けた, 四ヶ所刺しぬかれて, 四ヶ所正面から突かれ, 四ヶ所海員児童ホーム公会堂市役所教員住宅等三十ヶ所に及び, 四ヶ所発見されたの, 四ヶ所胸にあて, 四ヶ所鎗疵を受け, 四ヶ月あまり遠くに走りすぎ, 四ヶ月たち就職口もない, 四ヶ月以前までの苦しみ, 四ヶ月以前ウラスマルは本国, 四ヶ月前縫に先だつ, 四ヶ月半その間に英国, 四ヶ月同年八月にエタ非人解放令, 四ヶ月同棲した時, 四ヶ月四五ヶ月ぐらい以前, 四ヶ月妹は五ヶ月, 四ヶ月後墓から出た, 四ヶ月折柄の月明, 四ヶ月振りの対面, 四ヶ月私が色塗り, 四ヶ月色々の意味, 四ヶ月間大師は西明寺, 四ヶ月間山間の墓, 四ヶ月間欧州諸国を歴遊, 四ヶ月間身につけた, 四ヶ月間雷鳴したり, 四ヶ月養生して, 四ヶ条の仕事, 四ヶ町から成り, 四ヶ處の隆起, 四・〇〇常念, 四・〇〇二五八八・四メートル峯の南, 四・〇ミリという今, 四・〇三二となっ, 四・〇二パアセント第二, 四・一〇三以下同一九, 四・一一の出生, 四・一一一並びに註參照, 四・一三〇以下及び一一・一二七以下參照, 四・一三三以下にいづ, 四・一三六が得られる, 四・一三參照グイードはウェルギリウス, 四・一五に曰く, 四・一六一以下に見, 四・一六事件のこと, 四・一対一すなわち四一対一〇, 四・七に出, 四・七インチ丈が低い, 四・七メートルの牧場, 四・三の中, 四・三〇とあるは, 四・三パーセントとなり, 四・三メートルをひく, 四・三一般百貨店百分の四・四という, 四・三七家族のうち, 四・三三六四或本歌, 四・三光年の距離, 四・三分の二人に過ぎない, 四・三分の二対一である, 四・二という間, 四・二〇に見え, 四・二メートルの俚称三国ヶ山, 四・二九にも見, 四・二五フランまたは二四・五〇フラン, 四・二人世帯の家族, 四・二分の一パアセントである, 四・二分の一パアセント一八一〇年ないし一八二一年, 四・二分の一プラス二すなわち一八対一三, 四・二分の一対一であるならば, 四・五〇フランとなり, 四・五〇大正池取入口, 四・五クヲタアの価値, 四・五メートルを指し, 四・五世紀ころの状態, 四・五世紀ルネッサンスの花, 四・五二以下にては愛, 四・五人ありました, 四・五分の三という結果, 四・五分の四対一である, 四・五坪に二階つき, 四・五対一以上ではない, 四・五年間の一連, 四・五度が七回, 四・五結婚対総人口一対九四, 四・五鏡玉千百六十分の一秒まで利く, 四・八メートルの三角点, 四・八メートル附近は伐採, 四・八一八一一年は一対三五・三, 四・八三度である, 四・八八三で四箇年, 四・六の西, 四・六クヲタアとの差額, 四・六男子出生の女子出生, 四・十四日これで終り, 四・四・五の音律, 四・四五・四七・四八等の諸, 四・四分の一%をほとんど, 四一〇〇〇〇〇すなわち四二〇磅, 四一スイスの医師, 四一メートルの山, 四一ヤソ教今日の実況, 四一・〇一九男女三九・三八五でありそして, 四一・七でそれ, 四一・九である, 四一・四四・四五・四七・四八等の諸, 四一七が残る, 四一七〇〇〇であるかは, 四一七九五年は二四七, 四一万人となり, 四一三二尺もある, 四一三号で, 四一三頁にペンシルヴァニア, 四一並びに註參照, 四一中山とし, 四一九貫二〇〇匁で大した, 四一二八二五六と増加, 四一二年に成った, 四一二年スタンコイッチ一世が登位, 四一二年以来五世紀にわたってスタンコウィッチ家, 四一五六六九となるであろう, 四一五四一七が残る, 四一五年のパリー, 四一五頁にいう, 四一八票で落選, 四一六〇四九二となる, 四一六七七六となるであろう, 四一六頁にインド, 四一円一〇銭という違い, 四一号に出, 四一四・八メートルの三角点, 四一四・八メートル附近は伐採, 四一四四二〇に増加, 四一四頁には欧州, 四一対一〇である, 四一平方当り人口一〇二〇を示し, 四一年プロシア王フリードリッヒ・ウィルヘルム四世はベルリン, 四一年七月紐育を騒がせた, 四一年九月八日昔のボヘミア, 四一年二十三月であった, 四一年六月のある, 四一年六月二二日わたしは紺がすり, 四一年十一月より五ヵ月, 四一年十三月一九四一年十四月エトセトラという, 四一年十二月九日から翌年七月末, 四一年十二月八日が来た, 四一年十二月八日真珠湾の翌日, 四一年十二月太平洋戦争にひき入れられた, 四一年十二月真珠湾の不意打攻撃, 四一年十四月エトセトラという, 四一年即位が一九一〇年, 四一年四月初め突如墺軍, 四一年天応元年が初め, 四一年時雨の死去, 四一年版で十六世紀, 四一斎が四十五, 四一生の間欲心, 四一番地中山とし, 四一種のピラミッド, 四一米のレンゲ岳, 四丁二十七間の丁場, 四丁五丁目中の三丁目, 四丁五十一間に當, 四丁來たところ, 四丁先きの我家まで一氣, 四丁内にギッシリ, 四丁卯の歳創製, 四丁卯弥勒二年丁卯と並べ, 四丁友人もみな, 四丁四十二間大尺, 四丁四方の損害, 四丁手前で自動車, 四丁木屋の瀬, 四丁目あたりの南側, 四丁目一番地の角, 四丁目六二五番地というあたり, 四丁目十六番地に所在, 四丁目千馬三郎兵衛の借宅, 四丁目大丸呉服店所在地の地名, 四丁目帝都百貨店洋酒部ノ, 四丁目新橋駅北口溜池四谷見附九段上小川町呉服橋を経, 四丁目新道の家, 四丁目疊屋彌助のところ, 四丁目竪川に臨ん, 四丁目辻番の手前, 四丁目采女の馬場あたり, 四丁目鹿島明神の近く, 四七〇九となり, 四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七ギルダアであって, 四七シアトルから帰国, 四七スコットランド宗の会議, 四七・九である, 四七・四八等の諸, 四七一一番のオウ・デ・コロン, 四七一四七と出, 四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七万の両, 四七万年というもちろん甚だ, 四七三のうち, 四七三六八八戸あった, 四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七三磅に下落, 四七九万〇五五四円は生糸, 四七九四方里に出でず, 四七九年であると, 四七九年七十四才で歿, 四七二一八一八〇〇年のそれ, 四七二六六九六という人口, 四七二字である, 四七五九のうち, 四七五字でちょうど, 四七五年最も露西亜, 四七以下にいづ, 四七八である, 四七八〇年頃からのこと, 四七八人中二〇人の割合, 四七八六六九死亡総数は四, 四七八年の人, 四七六七九八〇ページ八二からページ八五, 四七六九三一と見積られた, 四七六年の噴出, 四七六試合という長期戦, 四七分の一女子は二九分の一, 四七十九八十八十一の五巻, 四七号の人殺し, 四七四年に製作, 四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四七夜に女子九フィート, 四七女子三九二六六すなわち年死亡率, 四七対一〇〇であった, 四七対二九・二分の一という出生, 四七巻九号の抜刷, 四七年はじめ頃から合同, 四七年ウティカのカトー, 四七年フランス王ルイ七世とともに第, 四七年メキシコにひらかれた, 四七年一月にジャーナリズム, 四七年一月一艘のポルトガル商船, 四七年一月吉田内閣が補強政策, 四七年七月国会に提出, 四七年七月日本に来朝, 四七年七月統計局調査によれ, 四七年三月読売新聞社主催で日本, 四七年三月GHQの覚書, 四七年二月に, 四七年二月一日を期し, 四七年二月用紙入手のため, 四七年五月に金沢医大, 四七年五月三日に施行, 四七年五月頃には十五円, 四七年代になれ, 四七年以前に限られ, 四七年以後は総体, 四七年以来日本民主化の全面, 四七年以来此の家, 四七年八月二十三日日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 四七年八月十五日に進歩党, 四七年八月民間貿易の再開, 四七年八月首相官邸で開かれた, 四七年六月ストックホルムで開かれた, 四七年六月社会党を首班, 四七年出羽の上の山, 四七年十一月ロンドンに開かれた, 四七年十一月号ではエマソン, 四七年十二月二十二日に新, 四七年十月までに四五本, 四七年四月一〇一年の伝統, 四七年四月五日間大阪でひらかれた, 四七年四月議会に教員組合, 四七年国内に信仰, 四七年夏千八百円ベース決定以後購買力は著しく, 四七年実業之日本社より出版, 四七年度国家予算の総, 四七年度大会は東大, 四七年度毎日文化賞として左, 四七年度科学試験研究費一五〇〇万円を適正配分, 四七年度追加予算に四九億三〇〇〇万円, 四七年春まで職業劇団, 四七年最後の訪英, 四七年歌舞伎座でこの, 四七年毎日新聞社主催で出版向上, 四七年秋以後民主的評論家の陣営内, 四七年豊原市に二十人位, 四七年頃生まれ七十四歳, 四七弱となる, 四七日午後よりかさね, 四七曲の玉, 四七比丘尼に具足戒, 四七磅に騰貴, 四七筒の絶好, 四七米の隆起, 四七葉の中, 四万〇五十八ドルになる, 四万アールの散乱質, 四万トンはことごとく, 四万フィートにもおよぶ, 四万ポンドは某, 四万ルーブルずつのお金, 四万一〇〇〇人に上る, 四万一千石をつぐ, 四万七千なれば, 四万七千ルーブルとを一緒, 四万七千人伊太利から八万人, 四万七千石の一侯伯, 四万三千の人馬, 四万三千七百六十七番という由緒, 四万三千七百町余に及ん, 四万三千人のうち, 四万三千石でしたから, 四万三百メートルとなっ, 四万両いや五万両は確か, 四万両そいつを数, 四万主力はサボナ, 四万九千五百両ということ, 四万二〇二三町九反とす, 四万二千七百〇二人で二割八分強, 四万二千三百余に及んだ, 四万二千五百四十九円なり, 四万二千石の大名, 四万二千馬力もの力, 四万五二九二斤の生糸, 四万五六千から乃至, 四万五千メートルつまり高, 四万五千九百二十六匹あり, 四万五千学級が新設, 四万五千斤はそれ, 四万人それらが今, 四万人以上に及ん, 四万人余の選挙人名簿記載, 四万余新旧両市街, 四万余騎で南都, 四万億以上の人間, 四万先生すっかり草津伊香保, 四万八千ぐらいある, 四万八千七百戸のうち, 四万八千両ばかりご, 四万八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 四万八千二十四ポンドユダヤ教に一千五十五ポンド, 四万八千人に上った, 四万八千個に及ぶ, 四万八千匹飼って, 四万八千四百人に上っ, 四万八千石から一躍, 四万六千三百二十八噸甲板の延長五哩, 四万六千五百三十二人を有す, 四万六千余人十三歳までの年, 四万六千戸あります, 四万六千日愛宕の花見幕, 四万六千磅の紙幣束, 四万円即金を頑張る, 四万円経常費は一九〇八年, 四万円許の不渡手形, 四万円貰つた所で書物, 四万冊ありと, 四万分ノ一の大, 四万千五百円也となった, 四万千六百七十四ゲレインである, 四万吉十四歳のお初, 四万名に余る, 四万味方は二三千, 四万哩すなわち地球, 四万四万という様, 四万四五千にすぎない, 四万四千余石に改め, 四万四千六百四十噸である, 四万四千四百四十四貫四十四匁に近い, 四万四千町歩に落ち, 四万四千百五十六マイルの内訳, 四万図幅の大源太山, 四万坪あまりの敷地, 四万尺と繋がっ, 四万川に落, 四万平方キロで現在, 四万年の昔, 四万弗も取れたでしょう, 四万戸を算する, 四万振動ぐらいの超, 四万村まで此, 四万村辺に居よう, 四万次郎は二十一, 四万歳の時倶那含牟尼仏, 四万町の被害地, 四万町五万町というもの, 四万町以上の新規, 四万石それに幕府, 四万石三千万円の割合, 四万石伊豆屋甚兵衛の娘, 四万石有馬の二十一万石, 四万石細川侯の行列, 四万石酒井左衛門尉の国家老, 四万石酒井左衛門尉様のお, 四万石酒井左衞門尉の国家老, 四万結びこま結びてえ事, 四丈三尺すなわち直径一丈三尺余, 四丈丸櫓の高, 四丈五尺の円, 四丈位であるが, 四丈八尺海沫に沾, 四丈幅七間周囲三里の城壁, 四丈横幅は二丈, 四丈物にて一枚, 四丈許其下は二丈あまり, 四丈錦繍の間, 四三〇より西洋礼式, 四三〇〇ポンドを消費, 四三〇シリング銀貨に鋳造, 四三〇両現在は年額二五〇〇〇ドル, 四三〇八女は五, 四三〇年に死す, 四三〇死亡は八二一, 四三シリング九ペンスの開き, 四三ページを参照, 四三・五センチメートルで用紙, 四三一三となっ, 四三一六七七〇円にのぼっ, 四三七三一であった, 四三三年前の西暦一五六五年, 四三三王成の馬, 四三三頁に林魁一君, 四三九に, 四三九一六三一であった, 四三九頁共にプリニウス, 四三二後漢王延寿王孫賦, 四三二ジャワ国の山, 四三二一の義, 四三二名である, 四三二米の三角点附近, 四三人の子供, 四三億円であった, 四三八〇〇キロメートルになる, 四三分の一であり混合年一〇年, 四三十一日六であった, 四三十五章の御, 四三四五五〇五六六八七六という年, 四三寒帯を出で, 四三対一であり換言, 四三対一〇であり六〇箇年間, 四三年イスランドのスカルホルト, 四三年ドメニコ派の僧, 四三年一月に発表, 四三年一月スターリングラードにおいて死守, 四三年三月二十一日土曜日にイタリー, 四三年三月十六日大拷問, 四三年九月わたしが出獄, 四三年六月のこと, 四三年十六世紀ニッポンで申します, 四三年建造のグレート, 四三年彼が死, 四三年永保三年まで約, 四三時間天下の書記長, 四三東洋学流行の一斑, 四三歳まで女子, 四三票で両派, 四三米国の駸々, 四三行の, 四三行以下にいへる, 四三輪の神杉, 四三郎三つ女長十九良十七, 四三酸化鉄即ち磁鉄鉱, 四三首はペルシア語, 四上演目録は新進作家, 四上等の士族, 四下名ガ保管中ノ証書, 四下島先生と御, 四不朽の地, 四不格好な女, 四不浄食に堕せず, 四世フランス王聖ルイの弟, 四世ボニファキウスと相, 四世リシュリユールイ十四世公安委員会などの後継者, 四世万歳も神, 四世三公を経, 四世中の語, 四世五十二年にわたる呉, 四世代の宮廷生活, 四世以来フランス人は空気, 四世信階が一旦, 四世公安委員会などの後継者, 四世円太郎本名石井菊松明治卅一年十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 四世初期のオランダ戦争, 四世吉兵衛正久は武鑑, 四世同居して, 四世呑海和尚の開山, 四世団十郎初代菊之丞ら出でたる宝暦, 四世圓生門下の音曲師, 四世坂東彦三郎がある, 四世多くのフランス人, 四世宗十郎の子, 四世小さんもそれ, 四世帯ずつも居住, 四世彼がグエルフィ黨, 四世朝の宰相, 四世本因坊の名人道策, 四世柳家小さんはその, 四世池田啓である, 四世清元延寿太夫である, 四世矣開井之由, 四世紀ごろの記録, 四世紀ギリシャ教会の神父, 四世紀グウテンベルグの發明, 四世紀ノジョットーニサカノボレバ然ラズ, 四世紀ピカルディーにおける賤民, 四世紀以上の間, 四世紀以前には溯り得ない, 四世紀以後に限ります, 四世紀以来にし, 四世紀以来人知が考え出した, 四世紀以来数百年を費し, 四世紀位の仕事, 四世紀初期の建築, 四世紀前もつい, 四世紀式に戻っ, 四世紀英蘭の言語学者, 四世紀間も戰爭, 四世道陸と改めた, 四世頃の銅版, 四両一分二朱ほど払わね, 四両一歩二朱也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 四両二分三朱村方の損, 四両五両といたぶっ, 四両人して, 四両余を払わね, 四両年に比較, 四両版のみに掲載, 四両秤をつかった, 四両都合百万両ばかり一夏, 四个国の海部, 四个所に出, 四个月しか島, 四中大五〇明大四八法大二六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 四中碗といっ, 四中隊砲兵十四中隊を備, 四久しぶりで娘, 四之橋の東, 四之金といふかといへ, 四に比例, 四九〇年の海賊戦争, 四九いわく仏前生鶏尸馬王たり, 四九プロイセン政府の保護金, 四九・一〇に発表, 四九・一キログラムの肉類, 四九一であった, 四九一七五〇年の, 四九一五万トンに上らず, 四九一人のうち女八八八人, 四九一年なりと, 四九七八名でこれ, 四九七年にリスボン, 四九七種に及び, 四九万人を死なした, 四九三であり同期, 四九三十六品になります, 四九三年三月西羅馬の摂政オドワカル, 四九九九冊以下のもの, 四九二となる, 四九二三五四であり一八一一年, 四九二番とが電話番號, 四九五〇万キロメートルとなる, 四九五〇磅に下落, 四九五磅しか附加, 四九以下同七三, 四九僧侶の収入, 四九億三〇〇〇万円を要求, 四九八三尺の綺麗, 四九八九これは四苦八苦, 四九八六〇とされ, 四九八年の四月, 四九六年より同, 四九分の一以下となろう, 四九図として出, 四九対一〇でありそして, 四九対一〇〇出生対結婚四対一出生対総人口一対二三・二, 四九州地方十七といふ状態, 四九年いっぱい平和を支持, 四九年アメリカに亡命, 四九年三十六歳の時, 四九年九月二十一日から十日間, 四九年二月の処女航路以来非常, 四九年五月十七日に前記, 四九年以前にはよくよく, 四九年八月の終りカール, 四九年八月十五日聖母まりや昇天祭, 四九年十二月に北京, 四九年十月には中華人民共和国, 四九年十月六日の夜, 四九年四月十日の日本, 四九年型花形には青酸, 四九年声変りがし, 四九年島原の乱, 四九年度筋書として極端, 四九年正月ショパンはとうとう, 四九校教職員一二〇〇名を持つ, 四九桂成同王, 四九王五八金同金, 四九磅または四八磅, 四九行よりは地, 四九西洋人必ず日本, 四事不可思議とは世間, 四事件の他, 四事増長す壽, 四二〇に増加, 四二〇七六であった, 四二〇米を超え, 四二これはみな, 四二キロの直通列車, 四二スコットランド宗の歳入, 四二パーセントに当っ, 四二パーセント増しとなっ, 四二・九であるよう, 四二・九パーセントの三九五社, 四二・五倍と見積られ, 四二・八七分の一平均四〇・九二分の一の割合, 四二一キロメートルとなるであろう, 四二一万両と推定, 四二一九八七九ですこの, 四二一号列車の轍, 四二一号室の女, 四二七それから女中, 四二七九これは死, 四二七六であり年平均増加, 四二万人余に減少, 四二三五泉方というの, 四二不夜城を継続, 四二九巻に陳氏義興山中, 四二二〇五でありそして, 四二五年にマルタン, 四二五磅の附加的資本, 四二五馬力冷空ジャガア・エンジン三個により推進, 四二五鶏の条, 四二人とも恐ろしく, 四二人民の正直, 四二倍の価値, 四二八・一四以下に曰く, 四二六ではなく, 四二六〇の歌, 四二六一は異, 四二六四六であり一八一一年, 四二六年だ, 四二六頁アボットの, 四二十五と毎朝十一時, 四二十五二十六二十七と, 四二十五歳と真, 四二十四日六・六二十五日六・五です, 四二号ロード・レーリーアーあの牛乳屋, 四二四万トンはことごとく, 四二子供が三一四人, 四二対一〇〇後の三四年間, 四二年オルランドの研究所, 四二年ゴート人の王トチラ, 四二年フロリダ州のオルランド, 四二年一月のこと, 四二年七月巣鴨拘置所で百合子, 四二年三月巣鴨の未決, 四二年三月検事拘留で巣鴨拘置所, 四二年五月延安で行った, 四二年八月ソヴェト同盟の新聞, 四二年十一月に発表, 四二年四月ベーメンに退却, 四二年巣鴨拘置所で倒れ, 四二年張道陵が蜀, 四二年間に人口, 四二番はボウ・ブラメル, 四二県では減少, 四二磅に値する, 四二磅七シリング六ペンスであろう, 四二票のうち, 四二説教者と学者, 四二連でもかまわない, 四五〇となる, 四五〇〇〇に過ぎぬ, 四五〇〇万カロリーだけずつのエネルギー, 四五〇〇万キロメートルの距離, 四五〇万七四七四町四反四畝一六歩にし, 四五〇八八またはフルトヴェングラー傑作集, 四五〇円厳守と規定, 四五〇年テオドシウス若帝, 四五か所はある, 四五か月のうち, 四五か月前に枢密顧問官シュテファン・フォン・ケリッヒ, 四五ぐらゐに見える, 四五ぐらゐの少年で僕, 四五これは年齡, 四五さいからほんの, 四五たび廃寺の廊下, 四五たび風に吹廻, 四五どまりの少年たち, 四五のちよいと, 四五へん息をし, 四五へん挨拶したぐらい, 四五カラットの大粒, 四五カ処はあっ, 四五カ所以上ツシヤという名詞, 四五キロも沖, 四五クヲタアすなわち, 四五センチもすぐ, 四五センチ先ばかりしか見なかった, 四五ニモ達シタ経験ヲ過去ニ数回持ッテイル予ハ, 四五ハーバード大学学位授与式に列席, 四五フィートあとにしたがう, 四五フィート運河の両側, 四五ページあるから, 四五メートル下のまっ, 四五メートル手前で顔子狗, 四五モモの花, 四五ヤードの距離, 四五ヵ所色ちがいのところ, 四五ヵ月前までまだ, 四五ヵ月前七円五十銭であった本, 四五ヶ国の言葉, 四五ヶ所釣を取っ, 四五ヶ所鼻上耳脇また頭, 四五ヶ月以前に私, 四五ヶ月前に見た, 四五ヶ月支へてくれた, 四五ヶ月會はずにゐた, 四五ヶ月胃腸病院に入院, 四五ヶ月酒か何, 四五・〇〇〇弗和蘭のが五二五・〇〇〇弗, 四五・一〇七以下及び, 四五・四七・四八等の諸, 四五一〇五並びに名曲集, 四五一体の様子, 四五丁そこの鼻寺, 四五丁上にのぼれ, 四五丁下流に当, 四五丁位の処, 四五丁余細い煙突, 四五丁向うにカリガンガー, 四五丁奥の林, 四五丁山角を廻る, 四五丁行つて突當りの, 四五丁餘細い煙突, 四五七合計三二四八〇六八であった, 四五七等の種々, 四五万キロメートルの最大速度, 四五万トンの大, 四五万円を投じ, 四五万円融通して, 四五万尾はいる, 四五万樽も出る, 四五万石の大名, 四五万行って帰っ, 四五三〇結婚は三四, 四五三号の信吉, 四五三年にコンスタンチノープル府, 四五三頁ゴールドバウムの著作権法及ベルヌ条約註釈三〇八頁参照, 四五世紀以後には益, 四五世紀頃のもある, 四五両句に感ぜられる, 四五両月にはまだ, 四五両衣服の料, 四五二年版のグーテンベルク本, 四五五である, 四五五〇五六六八七六という年, 四五五九一四であること, 四五五五六五及び七五, 四五五八方英里の土地, 四五五円六婦人六〇九円である, 四五五年ドイツで發明, 四五人あちこちに散つ, 四五人いずれも俥, 四五人いっしょに一つ, 四五人お客さんをとりまい, 四五人きつねにつままれた, 四五人ぐらゐの文学愛好者が集つて, 四五人こっちを覗い, 四五人これだけで最高, 四五人ごろごろと転がっ, 四五人しのびしのびに三方に埋伏, 四五人そっちこっちのテイブル, 四五人そつちへ, 四五人つれだって髪結い, 四五人づつ横の列, 四五人づれで恐る恐る様子, 四五人づれの人があらわれた, 四五人づれ女をみかけ, 四五人みな今暁息をひきとった, 四五人みな身ぎれいにし, 四五人デスクの前, 四五人一とかたまり, 四五人一列になっ, 四五人一団になっ, 四五人一斉に立った, 四五人一様に手, 四五人一言だも, 四五人三四日後に迫つた演説會, 四五人上陸いたし候由風聞有, 四五人下宿して, 四五人両手をたかく, 四五人中に伊藤朝子, 四五人乗りの大きな, 四五人亀縮むだ手, 四五人五六人という群れ, 四五人人がいる, 四五人仙台の学校, 四五人会合しこの, 四五人会雑誌と称する, 四五人位で米, 四五人來るやう, 四五人例の一瓢, 四五人八時間の働き, 四五人其宿にゆき, 四五人其頃の闇, 四五人出來る, 四五人出迎へた, 四五人分も靴, 四五人列車の前, 四五人別荘を引ぷるって, 四五人前も食べられ, 四五人前途に松原, 四五人加はりて幹部, 四五人卒倒した, 四五人卒倒者があり, 四五人叩っ斬って, 四五人各自の卓, 四五人同乗した, 四五人命を惜しむ, 四五人喫煙と, 四五人営内靴で馳せ下っ, 四五人土足で侵入, 四五人境内をぶらぶら, 四五人声にし, 四五人宛の看護婦達, 四五人家の中, 四五人寄りあつて, 四五人射殺したといふ, 四五人小僧や若僧, 四五人小児の声, 四五人屋根伝いに裏, 四五人屠殺人消毒の人夫, 四五人店前を塞いだ, 四五人徒歩して, 四五人心当りがおま, 四五人怪し気な羽織, 四五人息堰き切って, 四五人成金のお客, 四五人抱え芸者がいた, 四五人押込もう, 四五人採用する筈, 四五人揃つて神樂坂の通り, 四五人提灯をさげ, 四五人斃れた血煙, 四五人早じまいをし, 四五人最後に腕車, 四五人朝早く荷馬車, 四五人木橋の段々, 四五人木遣で曳い, 四五人柱に垢, 四五人極りの惡相, 四五人横に寝, 四五人此位の纔, 四五人汽車の窓, 四五人焚火をし, 四五人狼藉者が出, 四五人生垣のそば, 四五人用のない, 四五人男が取り巻い, 四五人男の子ばかりで来, 四五人相集まりて, 四五人真っ黒に馳, 四五人砂浜に寝転ん, 四五人私たちの周り, 四五人稲葉太郎荒象園の鬼門彼処, 四五人米国人が八, 四五人綱に取り付きました, 四五人綱吉の方, 四五人群を作り, 四五人群集を分け, 四五人羽子板か何, 四五人習いに来てる, 四五人肩をならべ, 四五人胡蝶屋豆八という小柄, 四五人臨時に雇い入れた, 四五人舞台にかけ, 四五人舟で押出, 四五人若者が仕度, 四五人蓆や桶, 四五人蔓巻の大刀, 四五人計も住居, 四五人足早に通り過ぎ, 四五人路地の奥, 四五人逆蜻蛉を打つ, 四五人連松明を挙げ, 四五人遊び人風の人相, 四五人運動部の選手, 四五人遠巻きにあれこれ, 四五人金五郎を遠, 四五人金庫の前, 四五人集まつて, 四五人集つて歌をよむ, 四五人雑談をし, 四五人雪洞の下, 四五人顔を出した, 四五人飴をしゃぶり, 四五代目の太守, 四五位鷺のプロムナアド, 四五体も乗組ん, 四五例だが, 四五俵分作らねば, 四五個らしく手荷車, 四五個所に過ぎぬ, 四五先代の主人總兵衞, 四五先妻にも後妻, 四五兩月がほどかぞへ, 四五八である, 四五八字である, 四五六〇〇〇であるか, 四五六一二三四と実に, 四五六丁の此方, 四五六七人にて充分, 四五六七八九人の子, 四五六七八九月に至る, 四五六七八九条また十条, 四五六七八日あたりまで爆発, 四五六七重八重に剥ぎとられ, 四五六年にモハメッド二世, 四五六年代はイギリス, 四五六年生くらいの子供, 四五六方英里の領地, 四五六日の評議, 四五典型的な若旦那, 四五円位で済む, 四五冊以上読まれて, 四五冊分はあり, 四五冊散乱して, 四五冊新聞の四つ折り, 四五冊買ひ込む, 四五冊足許へ転がり落ち, 四五分の寂しさ, 四五分のあいだ老人はへとへと, 四五分の一サレムで四七分の一, 四五分の一五〇分の一及び五五分の一, 四五分の一五〇分の一六〇分の一六六分の一またははなはだしき, 四五分の停車時間を偸, 四五分の後自動車は大塔宮護良親王, 四五分の時間だった, 四五分の間其寢息を覗つて, 四五分の隙間があい, 四五分ムダ話ののち自転車, 四五分前に総理大臣, 四五分喋つて行く人, 四五分対坐して, 四五分時を経, 四五分時間があります, 四五分許の林檎様, 四五分許ニシテ其本ニ倒卵形乃至匙形, 四五割以内で読書, 四五割個人経営では六七割, 四五匁から二十匁近く, 四五匹そこに寄り集まっ, 四五匹宛入れた奴, 四五匹這ひあがつて, 四五匹雄犬が一匹, 四五匹雪見燈籠の笠, 四五十キロばかりいった, 四五十トンはあったであろう, 四五十ページをあます, 四五十マイルさきの甲山, 四五十メートル上に巨大, 四五十ヤードも進む, 四五十一二の少女, 四五十万タンの輸入, 四五十万円ッて金, 四五十万年前に発足, 四五十丈の滝, 四五十人これに住, 四五十人づつ両方へ立ち分れ, 四五十人位の範囲, 四五十人呂宋兵衛のお流れ, 四五十人検挙された争議団, 四五十人肩に祠, 四五十人足らずであった, 四五十人鮨詰に立っ, 四五十位の小作人, 四五十個の男, 四五十兩入つて居る財布, 四五十円のなら氷一貫目, 四五十円程度のもの, 四五十分ごろ帰宅した, 四五十分のち煙突のまわり, 四五十分の時です, 四五十分の責を終った, 四五十分の道中をてくっ, 四五十分の間は無電連絡, 四五十分ドライヴして, 四五十分後には細雨, 四五十分間予ハ鈴木氏ニ体ヲ預, 四五十反の帆, 四五十合に及んだ, 四五十名ばかりが演壇, 四五十名中等下等を合, 四五十名出没し掠奪, 四五十回掃除して, 四五十尋ですが, 四五十尺もある, 四五十尺幅は三十尺以上四十尺, 四五十年位過った処, 四五十年先に進ん, 四五十年前三好太郎氏話に夏, 四五十年前栃木県に狸, 四五十年前電車も自動車, 四五十年昔の木, 四五十年来何一つ殖えた, 四五十年間変りなくつづけ, 四五十年間彼は招提寺, 四五十年間毎日のよう, 四五十斤位あるけに, 四五十本宛もとれる, 四五十杯も入っ, 四五十機は見えた, 四五十歳位の女, 四五十歳十五六歳のもあった, 四五十浬と離れ, 四五十疊と思はる, 四五十端の布, 四五十篇というところ, 四五十米もあろう, 四五十萬兩にのぼつ, 四五十行の小, 四五十貫はあります, 四五十通以上は書いたろう, 四五十部しかない, 四五十部印刷して, 四五十銭何か買つて, 四五十錠ずつ二十四五日間, 四五十鏈の辺, 四五十間これくらいな, 四五十間上手に寄った, 四五十間北へはいった, 四五十間四方は小田, 四五十間幅の道路, 四五十間隔たつて, 四五十隻残って, 四五十頁のもの, 四五十駄の継立て, 四五十騎みな蓑笠すがたで, 四五千フィートを出ず, 四五千フランはそれ, 四五千メートルまでなら, 四五千メートル以内なら有効, 四五千万の人民, 四五千個の水量, 四五千円拵えようと, 四五千呎までのぼるであらう, 四五千噸の貨物船, 四五千圓もかけ, 四五千圓出費するの, 四五千尺の高, 四五千尺富士山の頂上, 四五千残りの紙幣, 四五千石の旗本, 四五千米にも達した, 四五千萬人ヲ養フベキ, 四五升づつ売って, 四五升位とれました, 四五反歩位は打, 四五句目に現われる, 四五台捕獲して, 四五台朦朧と寂しく, 四五合打ち合, 四五名ここへおい, 四五名のんきそうに舞台, 四五名ラサ府へ特に, 四五名ロンドンへ行っ, 四五名一杯機嫌のおもしろ, 四五名一緒に渡つて, 四五名供をし, 四五名入り交って, 四五名徒士がつい, 四五名手負いは五十名, 四五名盆地に糧秣求め, 四五名突ッかけて, 四五名肩を組んだ, 四五名背広姿がまじっ, 四五呂尚范増, 四五哩の円, 四五商賣人, 四五囘やつた頃, 四五四〇三一死亡は三〇六, 四五四方英里あり, 四五回づゝ集つて飲むこと, 四五回ニ及ンダガ佐々木ガシノミンヲ四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, 四五回ビイビイと口, 四五回分書いて, 四五回子供の時, 四五回書き改めさせたと, 四五回東国勢を悩まさん, 四五回火入れをすれ, 四五回繰返し一郎は矢張り, 四五回遊里に足, 四五回遠雷がかすか, 四五回雪が降る, 四五壇せまり伏す枯尾花, 四五大は三千人, 四五女が十一二, 四五妻其餘或兩或三, 四五子供らしい面立, 四五字八行と見, 四五室もって, 四五家には女房, 四五寸ぐらゐの大きさ, 四五寸ふつうは三寸前後, 四五寸まわり白木の箱, 四五寸丈が一尺三四寸, 四五寸以下でなければ, 四五寸先にどうぞ, 四五寸程な細長い, 四五寸船脚が重い, 四五寸葉の径三尺許, 四五寸計の短刀, 四五寸雪のよう, 四五寸頬ひげ, 四五小柄で細面, 四五尺のですよ, 四五尺下に離れ, 四五尺両側は三尺足らず, 四五尺四方高さ三, 四五尺小なるも, 四五尺手前から真向, 四五尺膝から吹かれ, 四五尺許なる籘, 四五尺身を退いた, 四五尺近くも細か, 四五尺隔れたところ, 四五尾宛ピンセツトでつまんだ, 四五局のマイク, 四五山川の教育, 四五帖分はある, 四五幅裸にし, 四五年あたりからぼく, 四五年いっしょにくらし, 四五年お待ち遊ばして, 四五年がかりで粛正, 四五年ごとに倍加, 四五年ごろ土佐のある, 四五年ごろ菫色のカシミヤ, 四五年そこははっきり, 四五年ウェルゲランが死ぬ, 四五年カルディナレとなり, 四五年パリ板コラン・ド・ブランシーの, 四五年レーモン死せる時, 四五年一月のこと, 四五年一月末日神田と本郷, 四五年七十七歳でこの世, 四五年三月日本全国のラジオ聴取者, 四五年久振りで勤め, 四五年事物が少し, 四五年二月十四日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 四五年代に聖林, 四五年以後創立せる寺院, 四五年以後日本の若い, 四五年以来数へる程, 四五年以来氏はすっかり, 四五年位の時, 四五年來アラビアと支那, 四五年修業を積み, 四五年先輩で料理, 四五年八月ナガサキとヒロシマ, 四五年八月以後すべての学校, 四五年八月以後キリスト教は他, 四五年八月以後仏教の魅力, 四五年八月以後同盟通信社の再, 四五年八月以後戦時中緘口令をしかれ, 四五年八月以後民主主義化が日本, 四五年八月以後軍国主義的宣伝を根絶, 四五年八月以来の民主主義文化運動, 四五年八月以来公職から追放, 四五年八月六日午前八時十五分広島市中央部の上空, 四五年八月六日言語に絶する, 四五年八月十五日以後日本にはそれぞれ, 四五年八月十五日無条件降伏を以てこの, 四五年八月十五日降伏の宣言, 四五年八月戦争が終っ, 四五年共にあった, 四五年冬以後は共産党, 四五年前いまの下六番町, 四五年前それも落第, 四五年前アメリカにはドリユウ, 四五年前ゴムローラーで白米, 四五年前シャガールの插画, 四五年前プロレタリア文学の蒙った, 四五年前マデハソノ爽快味ヲ満喫シテイタノニト思ウト, 四五年前ンで始まる, 四五年前世界一周いたしましたる時, 四五年前乱に遭っ, 四五年前仙臺へ御, 四五年前僕の従姉, 四五年前切支丹のこと, 四五年前北海道札幌発行の, 四五年前大変熱心に勉強, 四五年前大変被害を被, 四五年前富士登山の時, 四五年前日本で民主的, 四五年前日露戦争と云う, 四五年前木津から半, 四五年前東京本所に怪火, 四五年前桔梗河原で福知山方, 四五年前横浜伊勢崎町の劇場, 四五年前流浪中の事, 四五年前浅間山の北麓六里ヶ原, 四五年前父が英国, 四五年前神田の小川亭, 四五年前福本の山, 四五年前結婚した年, 四五年前銀座の裏町, 四五年前雑貨商の妻, 四五年北の空, 四五年十一月に行われた, 四五年十一月二十九日の議会, 四五年十一月六日のこと, 四五年十一月国際民主婦人連盟が各国, 四五年十一月頃から, 四五年十二月民主主義出版同志会が結成, 四五年十月二十二日連合軍総司令部, 四五年十月十四日に解放, 四五年十月日本の支配者たち, 四五年四十四歳にし, 四五年四旬斎前第二日曜の早朝, 四五年姿を見せ, 四五年後演伎座の子供芝居, 四五年急激にかよう, 四五年故郷を省みなかつた, 四五年時分から伸子, 四五年末から一九四六年中ごろ, 四五年来わたくしが郊外, 四五年来一度もなかっ, 四五年来久しぶりに, 四五年来何処からかいつか, 四五年来僕は小説, 四五年来妙になっ, 四五年来妻君はドレスさ, 四五年来家事の加勢, 四五年来帝展を見, 四五年来急に目, 四五年来折に触れ, 四五年来社会事情の変転, 四五年来著るしく随喜者, 四五年来金輸出禁止とか解禁, 四五年東京に出, 四五年板アストレイの, 四五年浦安の釣, 四五年無事にい, 四五年父親から抱い, 四五年版コルリーの, 四五年生ぐらいの子供, 四五年目になる, 四五年米国政府が普通郵便物, 四五年經つて此根が腐つ, 四五年自分の作的境地, 四五年蘇我氏は中大兄皇子, 四五年赤坊までつれ, 四五年長六閣下のところ, 四五年間位は打, 四五年間探索すれども, 四五年間日本の全て, 四五年間私が住ん, 四五年頃ピヤノやヴァイオリン, 四五年頃中村屋に務め, 四五年頃今は故人, 四五年頃寺子屋に行き, 四五年頃死亡出生地は南津輕郡黒石町, 四五年頃私は帝展, 四五幹もそそり立っ, 四五度二三度もしは, 四五度以上同じ物, 四五度以下の時, 四五度位でした, 四五度夫を横切り, 四五度手紙の往復, 四五度温度が高い, 四五度破牢をくわだてました, 四五度私を呼ん, 四五度行馴れて, 四五度足労をし, 四五度針をもった, 四五弁こぼれて, 四五戸の極めて, 四五手拭をかぶり, 四五手間髪を入れず, 四五才の小, 四五把とり出して, 四五振りなぐった, 四五挺一ツずつ消し, 四五文だけの粟, 四五斗も捕れた, 四五日いよやがて馬, 四五日うち二三日のうち, 四五日うろ付いた揚げ句, 四五日おき位にやつ, 四五日おなかがしまっ, 四五日お天気は大丈夫, 四五日ぐらゐの離別には顔, 四五日こっちへとまる, 四五日ごろごろして, 四五日ごろ支払いの分, 四五日さきに録音, 四五日づゝの徹夜, 四五日のちのこと, 四五日ぶんまとめて, 四五日ほかのほう, 四五日ぼんやり屈託して, 四五日ゆつくり泊つて, 四五日わけもなくいそがし, 四五日ダンスを教, 四五日ハルビンへよった, 四五日パーリー・ゾンに引留められ, 四五日フランネルを着る, 四五日一心に思い詰め, 四五日一粒も頂かない, 四五日不快に付, 四五日之内に者, 四五日二時間位しか眠らず, 四五日京洛を歩きまわった, 四五日京都を離れる, 四五日人の心, 四五日今までよりは少しゆっくり, 四五日仕事を続け, 四五日以上は続きませんでした, 四五日以前警察の大がかり, 四五日休刊になつて, 四五日休暇で附近, 四五日位ひお, 四五日位暖い時, 四五日何うか, 四五日何処へ行, 四五日余裕があれ, 四五日傍を離れない, 四五日先に宛て, 四五日先きの当てが無い, 四五日先生を訪う, 四五日入浴しないので, 四五日全体として進歩, 四五日冷凍したよう, 四五日前たよりがあつ, 四五日前オペラでグノー, 四五日前ルリ君と貴島, 四五日前レントゲン療養所へまで行っ, 四五日前一しょに芝居, 四五日前一晩東海道国府津の駅前, 四五日前一晩東海道國府津の驛前, 四五日前一羽の紅雀, 四五日前三越へ行った, 四五日前仕事を始め, 四五日前伊香保に来, 四五日前体量をはかつ, 四五日前何かの小言序, 四五日前作者の言葉, 四五日前僕が貴島, 四五日前冗談にやっ, 四五日前十兩ばかりの大金, 四五日前単身奥利根の方, 四五日前友田の使い, 四五日前古雜誌の整理中, 四五日前図書館で読んだ, 四五日前国の親, 四五日前国男さんの買っ, 四五日前夕食をたべよう, 四五日前夕飯を持っ, 四五日前夜おそく国道, 四五日前大久保へ越した, 四五日前大利根すじへ寒鮒, 四五日前大奥の者, 四五日前岩村田から源次郎さん, 四五日前巣鴨に移っ, 四五日前忘年会の二次会, 四五日前急に暇, 四五日前明かに大谷千尋, 四五日前月船君が訪れ, 四五日前枕元に坐っ, 四五日前栃木あたりの峠, 四五日前横浜の或, 四五日前父に関する思ひ, 四五日前珍らしく鶴井, 四五日前町内の差配人さん, 四五日前病院へ入れ, 四五日前痛感したこと一つ, 四五日前皆さん田舎のほう, 四五日前私は, 四五日前税務所のお, 四五日前竹村書房の大江勲, 四五日前篠島へ嫁い, 四五日前芝神明のセムシ喜左衛門, 四五日前西国の海辺, 四五日前遊びに来, 四五日前鈴木の友人, 四五日前電話をかけ, 四五日半月一月を経る, 四五日向島の寮, 四五日君の処, 四五日呑気な日, 四五日商売を休んだ, 四五日啓ちゃんおあずけしとくんだけど, 四五日国頭へ旅行, 四五日夏も漸く, 四五日大変忙しくって, 四五日奥さんの姿, 四五日姿をかくして, 四五日存分に休みたい, 四五日宿下りして, 四五日山の空気, 四五日山寺に泊った, 四五日山間の静寂, 四五日延期しては, 四五日引籠ってござった, 四五日彼はここ, 四五日後坂本急に新潟, 四五日後折柴と話し, 四五日後食堂ではる子, 四五日急に元気, 四五日懷の中, 四五日手にとっ, 四五日拝借は叶いますまい, 四五日振りの湯上り, 四五日新九郎さんが帰らねえ, 四五日方々の席, 四五日旦那は土蔵, 四五日暇をおくれん, 四五日来あれこれと計画, 四五日来ここの待合室, 四五日来自分達と母, 四五日検察当局の中, 四五日機関が廻っ, 四五日欠勤すると, 四五日此方は見廻り兼ね, 四五日毎晩のよう, 四五日気の付かなかった, 四五日江戸には血, 四五日泊つてゐたこと, 四五日泊つてらつし, 四五日泊りがけに他, 四五日温泉に入, 四五日湯治するも, 四五日滞留して, 四五日火鉢の前, 四五日烏啼きの, 四五日無事に日, 四五日無届欠席をした, 四五日無沙汰をした, 四五日物も言はず, 四五日用足かたがた逗留してから, 四五日甲高な老人, 四五日留守をする, 四五日目それまで無傷, 四五日目毎に見舞っ, 四五日目頃から極めて, 四五日目鳥ならば, 四五日相見ぬ間, 四五日相談しつ, 四五日碇泊食糧など買い入れ, 四五日福岡博多で大, 四五日私は彼, 四五日程苦しい思ひ, 四五日程前でした, 四五日籠居した, 四五日籠城して, 四五日糸を紡ぐ, 四五日経過して, 四五日經つたが豪傑連何, 四五日經つた頃だつた, 四五日經つて一と雨, 四五日經つて八五郎はフラリ, 四五日經つて返書が來, 四五日續いた, 四五日芦の切株, 四五日薔薇の花, 四五日藤尾に逢わぬ, 四五日行方をくらます, 四五日親元代りの大工伊兵衛, 四五日賑かに過した, 四五日返事を待っ, 四五日退屈な日, 四五日進退を考え, 四五日遊びに来なかった, 四五日過ぎかのこと, 四五日酒を止め, 四五日間僕は迷いました, 四五日間支倉の前身, 四五日間気拙い日, 四五日間私はこの, 四五日間説教が開かれた, 四五日限りと断じて, 四五日陽気がほかほか, 四五日青空をみせ, 四五日静かに養生, 四五日風邪でね, 四五時分の愛読書, 四五時間そこで仕事, 四五時間のちだったと, 四五時間ヲ費シテ夕飯前ニ, 四五時間以上かかって, 四五時間僕はこの, 四五時間南下したところ, 四五時間本気の読みもの, 四五時間煮出してスープ, 四五時間経過したらしく策, 四五月ごろ全国の各所, 四五月前後ならば, 四五月頃何度も賞味, 四五月頃太平洋の沖合, 四五月黄花開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食, 四五本くつついて, 四五本ここで試します, 四五本そこにへばりつい, 四五本みどりして, 四五本ケースへ入れ, 四五本スクと刎ねた, 四五本一緒にし, 四五本両手にさげた, 四五本位あるであろうと, 四五本喫ひ新聞, 四五本小杉が並んでる, 四五本川辺へ枝, 四五本懐に入れ, 四五本手烙の中, 四五本手焙の中, 四五本掬ひ取り, 四五本曲つたり, 四五本松の大木, 四五本森をなし, 四五本植って離れ, 四五本次第もなく, 四五本気短く折り捨てたる, 四五本當てる人, 四五本穂をだし, 四五本蚊帳の中, 四五本踏石を分けた, 四五本釘を打つ, 四五杯こいつをお, 四五杯喰て夫, 四五杯熱心なカトリック教徒, 四五杯続けざまに飲んだ, 四五杯飮んだが, 四五枚かき終りました, 四五枚そこへ敷きならべ, 四五枚めに早く, 四五枚ニテ人ヲ飽シムベシ, 四五枚ポケットにしまいこん, 四五枚之を半紙, 四五枚二つ折にし, 四五枚位読みては, 四五枚刃に触っ, 四五枚向うへよろけ, 四五枚画板の中, 四五枚目までとった, 四五枚私を撮した, 四五枚紅のついた, 四五枚絽の中形, 四五枚続きのこれ, 四五枚言託けただけで, 四五枚顔の上, 四五枚麻のかたびら, 四五柔和な女, 四五椀すすり込むと, 四五機もあったろう, 四五武家風の身だしなみ, 四五歩あとから公園, 四五歩ゆき山谿みづ, 四五歩前方に歩んだ, 四五歩前進したとき, 四五歩向こうにじっと, 四五歩宛行ったり, 四五歩宛行つたり, 四五歩左へ三四歩, 四五歩後にさがる, 四五歩船橋の方, 四五歩飛退って, 四五歳ぶつ裂き羽織, 四五歳以上にて漢書, 四五歳以前は武士, 四五歳千崎弥五郎のこしらえ, 四五歳小柄であったが, 四五歳母が十一二歳, 四五歳身長五尺二寸頭髪の濃い, 四五歳長じて, 四五段ぐらゐでとまるやうで名人上手となる, 四五段ぬきの記事, 四五段上つた中途の上下, 四五段抜きで, 四五泊に要する, 四五海里も距つた, 四五滴たまつて居るそれ, 四五片の葉, 四五版にもいたら, 四五町ごとに出逢います, 四五町北小烏瀬川の河隈, 四五町土橋を渡っ, 四五町宿やへ曳かれ, 四五町後の街道, 四五町手まえ寒, 四五町毎に一, 四五町行つたあたりだと, 四五町許り河身, 四五町距つた海岸に降下, 四五町隔つた崖の上, 四五畳敷位と思はるる, 四五疋取巻いて, 四五疋影も靜, 四五疋殺したので, 四五登場一列四壁に沿い, 四五百フィート平方で約, 四五百フィート所々河によって切り込まれ, 四五百ポンドの巨体, 四五百メートル先の草原, 四五百ルーブルですね, 四五百万人もの者, 四五百万円といわれます, 四五百万戸数五六百万の内, 四五百人どまりであった, 四五百体の左慈, 四五百個はあり, 四五百哩はなれ, 四五百坪ある, 四五百尺の普通, 四五百年ぐらゐもつゞいたことは確らしいの, 四五百年以上もし, 四五百年以前のこと, 四五百年來今代に通じ, 四五百年前信長か秀吉時代, 四五百年連綿と続い, 四五百年間続いただけ, 四五百戸もあろう, 四五百森へ城, 四五百石の家柄, 四五百種に上る, 四五百米突の所, 四五百織田は何時の間にか, 四五百艘の軍船, 四五百萬圓にも當, 四五百貫もある, 四五百通の手紙, 四五皺の寄った痩せた, 四五皿それにビール, 四五碼もの向, 四五磅他方の国, 四五社長の親戚, 四五秒後に轟然, 四五秒間は焔, 四五程度の子供, 四五種ぐらゐ少くとも, 四五種ぐらゐあるらしいがどの香, 四五種以上意義の変化, 四五種八犬伝の雄大, 四五種類に見分ける, 四五端にて馬, 四五筋窓硝子に当っ, 四五箇づつ並べて, 四五箇処ばかり怪しい, 四五箇所殘つたむかしの所謂, 四五箱分捕賊徒一人生捕有之候趣, 四五節はあろう, 四五節罪の赦し, 四五篇以上の生産, 四五篇未刊のもの, 四五米先の二階, 四五米彼方で杉, 四五紀の間, 四五羽ちよツちよツと旅人, 四五羽岸の処, 四五羽庭の木立ち, 四五羽烏が啼いた, 四五羽相集め暇さい, 四五脚むき出しの円卓子, 四五自分もこれ, 四五艘いま牡鹿半島の鮎川港, 四五花が車座, 四五荷も汲ん, 四五萬臺を作つたら, 四五藤吉が三十二, 四五行目からの有り難い, 四五許りの, 四五貫目たしかにか, 四五軒いずれも同じ, 四五軒おきによそ, 四五軒それに死傷者, 四五軒どれも片側, 四五軒まばらに並んでる, 四五軒マッチ箱を並べた, 四五軒一叢のうち, 四五軒一目に見渡される, 四五軒佗しい山間, 四五軒先きの食料品問屋を教え, 四五軒北なる大, 四五軒向うの八里半丸焼き, 四五軒宇治の視野, 四五軒東の佐々木, 四五軒河べりに七, 四五軒焼けで済んだ, 四五軒町の形, 四五軒目位の所, 四五軒筋違の向う側, 四五軒行つた向う側に幅, 四五軒軒をつらね, 四五軒顔出しをする, 四五輛の人力車, 四五輯頃から刊本, 四五農学校に教諭, 四五週間前のこと, 四五遍食いに来た, 四五郎とか五五郎, 四五都風に髪, 四五里位なもの, 四五里先の村, 四五里四方は全く, 四五里西北に進む, 四五里隔って居る, 四五金同桂, 四五銭以下では泳がない, 四五銭広告一二銭編輯費二三銭で二十五六七銭, 四五錢づつの剰餘, 四五鏈先はぼうっと, 四五間あとからつい, 四五間かなたに生え, 四五間こちらから白っぽい, 四五間こっちへ来, 四五間七八間と離れ離れ, 四五間上手に大きな, 四五間下つて行つた, 四五間南に行っ, 四五間奥の竪坑, 四五間屋敷小路を出, 四五間幅二間位あるが, 四五間平らな路, 四五間広瀬方面に下る, 四五間後の方, 四五間東に行く, 四五間横の駅, 四五間河の中央, 四五間目で停っ, 四五間真直に見渡す, 四五間背後でした, 四五間行つたかと, 四五間走りまはり候, 四五雲隠才蔵, 四五露里距っている, 四五頁位で以下次號, 四五頁後のところ, 四五頭愉快そうにからだ, 四五首ずつおっしゃいました, 四五首府クリスチャニアよりスウェーデン, 四交代の制, 四京山は七つ, 四人あちこちに滅茶, 四人あまりちらついて, 四人あらはれ鳥すき, 四人いずれも抜き連れた, 四人おいでになった, 四人おききしてきい, 四人お勝手へ來, 四人ぎりの方, 四人くらゐの, 四人ぐらし銀行に預けた, 四人それぞれ自分の前, 四人だらしなく横たわったり, 四人つき従う, 四人つれだって出かける, 四人づつで一ツ列車に八ツ室, 四人づつ腕を組む, 四人づれがとにかく本格, 四人づれでほとんど毎晩, 四人づれでこのごろ披露の手拭, 四人づれでこれも女学校, 四人づれでゴルフやけでもした, 四人づれでパリへ入った, 四人づれで伊勢佐木署へ出頭, 四人づれで勇一君のお, 四人づれで和田宗右衛門の遺志どおり, 四人づれで子供達には仮, 四人づれで市中へ出ました, 四人づれで支那料理をたべ, 四人づれで見物に行った, 四人づれで身の廻り, 四人づれの声であること, 四人づれ神田鍛冶町のおばさん, 四人づゝおりたちて砂なれば, 四人づゝかたまつてうすぐらい夕方, 四人ときまつて, 四人とも立上る, 四人どこやら撲っ, 四人どころじゃない, 四人どの人もここら, 四人どれもこれ, 四人のりの偵察機, 四人ひとかたまりになっ, 四人ひと組になっ, 四人ひと組みがくつわ, 四人ひと集りして, 四人みずから進み出て, 四人みなへんろさん, 四人みな醉へり, 四人みな黄衣を着, 四人みんながくく, 四人みんな同行だ話題, 四人みんな愚劣な人, 四人みんな間師だ間師, 四人め五人めと次々, 四人もろとも正面左右, 四人もろともに田楽刺し, 四人アリ皆剣ヲ帯ビ士官ト, 四人イコール三千三百三十三人と御, 四人ウジャウジャと寝, 四人ガ互イニ欺キ合イナガラモ力ヲ協セテ一ツノ目的ニ向ッテ進ンデイル, 四人キリよ, 四人スコップと十字鍬, 四人スズキを肴, 四人ダンテとかたり, 四人ツーグスピッツェで行方不明, 四人ナインピンスというの, 四人バタバタと家, 四人パリーでかねて, 四人ムードンの丘, 四人ヲ用イテ十石ヲ推載ス, 四人一と群れ, 四人一しょだと, 四人一つ車にのっ, 四人一人も助からねえ, 四人一体となっ, 四人一匹の小勢, 四人一室がすむ, 四人一寸驚ろいた, 四人一座を抜け, 四人一所に聞い, 四人一斉に鶴嘴, 四人一軒の家, 四人一隅の森, 四人七人の同勢, 四人七十歳代十人六十代四人五十代七人四十三十の壮年者, 四人三途の川を渡らせる, 四人下人を数人, 四人下官百五十四人総人数二百六十九人, 四人不思議な暗黒世界, 四人並びのテーブル, 四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, 四人中アメリカ人が二十五人, 四人中男子百十五人女子百三十九人となる, 四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 四人乗ともう, 四人乗り一頭立ち, 四人乗り古風の馬車, 四人乗馬と馬車馬, 四人二人は夫婦, 四人二分を乗じた, 四人二家族はもう, 四人五人三人と得物, 四人五人六人ことごとくの, 四人五人手を擧げ, 四人五人遠くはなれ, 四人五人風にさらわれた, 四人五六人と連立つ, 四人五十代七人四十三十の壮年者, 四人交替に不, 四人人をつかっ, 四人仕丁らがつき添い, 四人仕事をし, 四人仕立のが, 四人以前耶蘇を生み落した, 四人休息して, 四人位太鼓を叩き, 四人何かヒソヒソ, 四人何れも米国人, 四人何処へ潜ん, 四人使つて權三郎と臼井金之輔, 四人俗事役三人の邸宅, 四人保険会社の岩城文子, 四人修業遍路二人巡礼母子二人何だかごみごみごてごて, 四人健康人がつい, 四人僕は識つて, 四人兄妹であったが, 四人兄幸いにこれ, 四人先祖の霊, 四人入れと八人入れ, 四人入れ代り立ち代り這入つて來, 四人全部が折重なっ, 四人八ツの団栗目, 四人六七人位の連中, 四人六人八人と数, 四人六波羅の眼, 四人六畳と二畳, 四人共丈夫だった, 四人共独身者だよ, 四人其れに, 四人内丸西洋軒に集まりました, 四人内密に行うべき, 四人写生十六人が任命, 四人凡てが善人, 四人分いずれも飯, 四人分支那間へ持っ, 四人分用意するよう, 四人切りで外, 四人刺殺の件, 四人前ペロペロと食っ, 四人前後からドカドカッ, 四人前食ひその, 四人十一時の汽車, 四人十六日十二人十七日二十八人以上五十四人古今未だこの, 四人十字架の前, 四人半以上の子, 四人半馬は一疋半, 四人印バンテンがきのう, 四人又五郎方士分小者ともで, 四人口がどうして, 四人古今未だこの, 四人合戦仕ったと, 四人吉野川の上流, 四人同僚の先生, 四人同席の上, 四人同年兵が出, 四人同座の席, 四人同胞その他多くの人々見舞, 四人同舟して, 四人同道で伊勢参宮, 四人名前にて借, 四人四ほうへバラバラ, 四人四人半をもっ, 四人四様に黒い, 四人四重唱団を組織, 四人団結して, 四人囲爐裏の焚火, 四人士官が中尉, 四人外に井口正道, 四人大番百六十二人合計四百二十六人になる, 四人大革鞄に取かかった, 四人失敗すると, 四人女七人の子, 四人女中が十八人, 四人女二人小僧三人それに船頭二人, 四人女四人都合八人の子供, 四人女学生三人五六歳の少女ひとり, 四人姉妹をスケッチ, 四人姫君の付き添い, 四人姫路に四十五人, 四人娘の末っ子, 四人婆サン五子陸子浄吉ノ四人ガ乗ッタ, 四人子どもがいた, 四人学生らしいの, 四人宛の別室, 四人宛一週一回の放, 四人家内だすがな, 四人家来向き諸荷物人足五十二人, 四人寄集まつて, 四人対舞の中世, 四人将棋にも碁, 四人少年がいる, 四人居候という身分, 四人峠の茶屋, 四人左右に遠征軍, 四人巧いフランス語, 四人席を他, 四人帰つて来て, 四人帰りにすし栄, 四人帳簿係の女, 四人平気で冗談, 四人床の上, 四人序に運ん, 四人座役の数名, 四人弁当をひろげ, 四人弁当作りに余念, 四人弁慶橋から四谷, 四人弟一人それに叔母, 四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, 四人彼方此方歩いて, 四人御座候処に命, 四人心中の墓, 四人急に召し上げられました, 四人息子が戦争, 四人悪友が集まっ, 四人悲鳴を上げ, 四人情風俗を害し, 四人手分けをし, 四人手前共の方, 四人手揃いで働いた, 四人手負い七人行くえ, 四人扶持伍長となりまし, 四人押かけて, 四人持ちで大きな, 四人掃除方八人仲間十四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, 四人掛りで仕止めた, 四人揃つて居ちや一人拔け出し, 四人提灯は一つ, 四人摺違いに木戸口, 四人故国へ潜入, 四人數珠繋ぎにし, 四人旅悲しく死んだ, 四人曰迂斎東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 四人曾祖父母が八人, 四人服部須賀田村上もよび, 四人朗らかに笑う, 四人朗読非常によかっ, 四人未婚者六十七人みな上流の紳士令嬢, 四人本舞台へ, 四人来終夜喧噪す, 四人東京で働きたい, 四人松山に六十九人, 四人様達大勢が面白, 四人模倣したらたいがい作者, 四人横隊になつて腕, 四人機関士が五人, 四人次の間に黙っ, 四人歌は歌わぬ, 四人殘つてゐるだらうその, 四人殺害事件の犯人, 四人殺害後冷静に現場, 四人毎夜のよう, 四人毛布と二日分, 四人水いらずの, 四人池の周囲, 四人法に依り, 四人活計で細君, 四人涅槃図を見た, 四人清水坂長吏のため, 四人漬ってるが, 四人灯明と供物, 四人炉端にとぐろ, 四人無駄話がとり, 四人父を先立て, 四人牛を逐, 四人狙つて三人は逸し, 四人狩り集めて, 四人独逸に七人, 四人獨逸に七人, 四人生徒に交つて, 四人申合わせて, 四人病人の小屋, 四人白丁が三人, 四人百姓全部で両, 四人皆して, 四人目の子で十四男参河守斉民, 四人直ぐに来た, 四人真柄に馳, 四人眼をこすっ, 四人矢来の木戸口, 四人知つてゐますよ, 四人石段の下, 四人私をつかむ, 四人私達の住居, 四人称的な, 四人称的人物であって, 四人立ちで万歳楽, 四人立会いのうえ蓋を払いました, 四人立會ひの, 四人竝んですまし, 四人紹介して, 四人組二人組と別れ別れ, 四人組衆四十六人与力十騎同心二十人がゐる, 四人義太郎を見, 四人老人は遊人, 四人肌ぬぎに, 四人肩を組ん, 四人脚を縺れさせ, 四人腰の物を抜いた, 四人自分たちはずいぶん, 四人自身がそれぞれ精巧, 四人舁の椅子, 四人船員二百一人とある, 四人船頭の許, 四人船頭四人併せて, 四人芋虫のよう, 四人茵絨毯の上, 四人萱野夫婦と一枝, 四人蒐りで辛くも, 四人蜜柑や煎餅, 四人血煙の立った, 四人衆から閣老, 四人表に出, 四人裏の丘, 四人裸の人人, 四人解剖衣の青年たち, 四人詰めに上下大島ずくめ, 四人警官たちは賊, 四人跡絶せる深山, 四人路次に入っ, 四人車座に坐, 四人追放令に引っかかっ, 四人退路をふさい, 四人連れ丸山勇仙と仏頂寺弥助, 四人連品川から汽車, 四人連皆洋服でまだ, 四人道路に面した, 四人達れの, 四人遠くにいた, 四人部屋とある, 四人都合八人の子供, 四人都合六人して, 四人酒興ようやく酣, 四人里見十左衛門と伊東七十郎, 四人鑑識課の二三人, 四人長老で囲ん, 四人門のところ, 四人門人録に載せ, 四人門前の人達, 四人附添勘定上下八人徒目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 四人集まつて, 四人集つた話の席, 四人集つてゐた, 四人離屋に入る, 四人霧の中, 四人露骨に云, 四人鞍川の二, 四人頬紅の濃い, 四人頬髯逞しい軍人, 四人額をあつめ, 四人風呂場の中, 四人飯を食っ, 四人馬車のまわり, 四人馳けて来, 四人駕籠をはなれ, 四人高笑いに話してる, 四人鬱金の婆様, 四人麻雀をし, 四仏浄土を描いた, 四の増給, 四代めの子孫, 四代三公の位, 四代三右衞門の覺了院性譽一鎚自聞居士, 四代中絶して, 四代五代将軍時代に輩出, 四代以前の時, 四代以来この分銅, 四代信政の時, 四代光乗が作らしく, 四代初代は石川県人, 四代定五郎となるであらう, 四代家綱五代綱吉八代吉宗十代家治十五代慶喜などが祀っ, 四代将軍家茂の薨去, 四代将軍綱吉の乳母, 四代將軍家綱が豫定, 四代平泉館に住ん, 四代昌程弟祖白, 四代百四年遂に三山統一, 四代目クラブ一同九段坂の灰色, 四代目クラブ以下鎌倉組の英仏派, 四代目中村芝翫死す七十歳, 四代目亀亭を訪れた, 四代目円生とどこ, 四代目助高屋高助名古屋に客死, 四代目喜兵衛として男, 四代目坂東彦三郎蘭丸市川猿蔵であつ, 四代目小さん君はその, 四代目尾上松助と改名, 四代目岩井松之助北海道の旅興行中, 四代目嵐璃寛大阪に死す, 四代目市川小団次に接近, 四代目延寿太夫という, 四代目春風亭柳枝此の人等, 四代目橘家円太郎の墓, 四代目歌右衛門でやつ, 四代目源之助を襲名, 四代目片岡市蔵などもそれぞれ, 四代目璃寛の名跡, 四代目鶴屋南北の作, 四代藩主信政の元禄年間, 四代記にし, 四代集と定家, 四以下対一という出生, 四伊達に伸ばしたらしい, 四会見を申込んだ, 四会議の記事, 四伯林青スロープは, 四位のとは等差, 四位ヨリ以上ヲ望マズ, 四位上侍従になっ, 四位上勲二等の位勲, 四位上宰相松平大隅守として何不足, 四位上少将高家の筆頭, 四位上平好風, 四位下侍従兼肥後守にせられ, 四位下右大辨, 四位下右京大夫となり, 四位下右兵衛督へ任命, 四位下少将まで進んだ, 四位下左権中将になっ, 四位下左近衛少将に任官, 四位下左近衛権中将の昇進, 四位下朝臣の格, 四位下権中将に昇す, 四位何の某, 四位侍従になっ, 四位八十戸に増額, 四位夕刻の一番, 四位少将右中弁などが御前, 四位松陰神社吉田松陰なり, 四位殿上役人などには白い細長, 四位竹内某など云, 四住六の法式, 四佐藤の詩情, 四体雨宿りして, 四かであばれ, 四である, 四作品五〇ノ二, 四作者のわからぬ, 四使中の最年長者, 四使用期限は場合, 四は聖書, 四例サツピラとその, 四も, 四信徒の挙動, 四信念の犯罪, 四など申す, 四修身と企業, 四俳優の質的改善, 四俵ウマにつけ, 四俵不足して, 四俵半数が悪い, 四俵大俵が有るだろう, 四俵鳥取の佐々木さん, 四個おの二個硝薬若干懐中磁石一個毛布数枚ゴム製の舟, 四個それに地球, 四個五個の敵弾, 四個国について富, 四個地球のが一個, 四個大隊であり之, 四個左右に一個宛, 四個師団を梯隊, 四個師団バルカン方面より三個師団, 四個提灯山笠みたいである, 四個月後に受取人死亡, 四個月間に五件, 四個発見した, 四個皿に盛っ, 四個行儀よく前, 四個行列して, 四個銀紙でつくった, 四個院のごとき, 四個食ふ, 四倍ぐらゐの価を云, 四倍ぐらゐの價を云, 四倍一尺になったら, 四倍七分人口に於い, 四倍二分に相当, 四倍五倍という恐ろしい, 四倍五倍六倍といくら, 四倍以下ね, 四倍位には延長, 四倍分を受け取つた, 四倍半になる, 四倍四八〇字とのちょうど, 四倍四十三万五千人余にしよう, 四倍四四八字と一二〇字, 四倍強の多き, 四倍煙草の二割, 四倍許りで十五円, 四側面が内側, 四もあつ, 四億ポンドという沢山, 四億一六〇〇万年の間崩壊, 四億七千万人合計五億人なりと, 四億七千六百ルーブリという巨額, 四億七千六百万ルーブリの工業生産予定, 四億七千六百留を全, 四億九百万ルーブリという金, 四億五千万円になっ, 四億五千萬の人間, 四億以上の人口, 四億円も出, 四億圓の在外資金, 四億数千万の人口, 四億法位の公債, 四億近くの基督信者中, 四優婆夷である, 四元上陸部隊満載のもの, 四元世界の一つ, 四元幾何学的の一点, 四元的のもの, 四元空間中においてある, 四兇器と毒物, 四先生何を感じ, 四先輩に手, 四党代表に向っ, 四党代表者会議の決定, 四青梅の, 四世界の, 四全部と巻二十, 四兩二分の金を持つ, 四八〇〇〇〇〇という数, 四八〇六八であった, 四八〇字とのちょうど, 四八〇年に至る, 四八〇年ウムブリア州のノルチア, 四八〇年大軍を率, 四八〇年寡兵を以てマケドニヤ, 四八〇年頃ローマに生れ, 四八〇瓩を引く, 四八アイルランドの教正, 四八シリングも高かっ, 四八スイスの風光, 四八・七合衆国の三七%, 四八一七四九一七五〇年の, 四八一六三二六四一二八二五六と増加, 四八一六方英里はまったく, 四八七七四一七九五年は二四七, 四八七家族がブルジョア, 四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四八三一七七三年には一, 四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四八並びに註參照, 四八九九であり埋葬, 四八九八七円三二銭九厘この数字, 四八九年に批評, 四八二〇メートルざっと六里, 四八二五四一平方当り人口一〇二〇を示し, 四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四八二年三十歳の時, 四八五年の頃, 四八五等の別, 四八五頁に録, 四八倍の質量, 四八億万ドルにて二億七二五〇万ドル, 四八六〇であり埋葬, 四八六三四等の種々, 四八六等の破, 四八六頁以下及びスカルタッツィニ註參照, 四八分の一増加したに, 四八分の一結婚は一三〇分の一, 四八十六というよう, 四八四〇フランを受取り, 四八四一は鰥夫寡婦, 四八四年の話, 四八四結婚は一一二, 四八字と一二〇字, 四八対一に過ぎない, 四八対一〇〇でありこれ, 四八対一〇〇後の三〇年間, 四八年おまけにユダヤ人, 四八年ごろから日本, 四八年ドイツのバヴァリア, 四八年パリ市中に築いた, 四八年ボノニア板アルドロヴァンズスの, 四八年ヨハンガストの, 四八年七〇年と躍進, 四八年三十歳のツルゲーネフ, 四八年三月に右翼反動団体, 四八年三月下旬であった, 四八年三月頃まで, 四八年二月フランスで二月革命, 四八年二月二十八日中央公職適否審査委員会は文筆家, 四八年二月十日総辞職, 四八年五月三十一日に死んだ, 四八年五月二十四日メールスブルク附近に買いもとめた, 四八年五月十日までに審議終了, 四八年以前のヨーロッパ大陸, 四八年以来国の人口, 四八年以降のスウェーデン, 四八年以降ケルンパリ及びナポリ, 四八年八月のオスロ会議, 四八年初頭にかけてすべて, 四八年十一月カールほか二人の同志, 四八年十二月に東條, 四八年反逆の罪, 四八年度予算でも軍事費, 四八年末から一九四九年, 四八年私の訪問, 四八年頃二十六七歳の若, 四八法大二六早大二六慶大二四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 四八直接および間接, 四八磅に下落, 四八行まで天使創造, 四八酌婦一〇二四女工は一四二七, 四八金上ル七九馬五七金スグ同, 四八銀まで三十八手, 四八飛と廻つた, 四公子の一人, 四六〇メートルハルツの如く, 四六〇一九が得られる, 四六シアトルへ向かう, 四六スコットランドの結婚式, 四六トナラマトルあるいは金星周期, 四六フィートなり, 四六ヲ用ヒ詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, 四六・七年には日本, 四六一一女子一六八三四五七合計三二四八〇六八であった, 四六一六だけ増加, 四六一頁あるから, 四六七メートルを乗越し, 四六七五磅を用いるであろう, 四六万石がその, 四六三七万ルーブリと五ヵ年計画, 四六三年獨逸ノガット, 四六九六八五七でありこれ, 四六九十一なる数, 四六九年には双方各々五百人, 四六二・二メートルの三角点, 四六二倍の大判, 四六二倍大の雜誌, 四六二十四二十五二十六二十七と, 四六五すなわち約, 四六五七である, 四六五年イタリー一四六六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四六人の書生, 四六仙これが填補, 四六倍判十六頁の表紙, 四六全判のロール, 四六全紙一枚ズリとすれ, 四六八その他の偶数, 四六八七八六七一八一一年には五, 四六八四カ日は興照寺, 四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四六六である, 四六六六〇〇〇キロメートルに当る, 四六六年ギリシヤ一四六八年スイス一四七〇年フランス一四七三年オランダ一四七三年ベルギー一四七三年オーストリヤハンガリー一四七四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四六分二二秒とした, 四六判サラサ表紙の橋南堂版, 四六判一四〇頁程のもの, 四六判二百九十余頁に亙る, 四六判函入三三〇頁, 四六判截ぐらいに切った, 四六判本文五百三十頁その装幀, 四六十四の卦, 四六四人の代表, 四六四年に死んだ, 四六型で背中, 四六型五号とし, 四六大学内の神学部, 四六対一〇〇であり出生, 四六巻三八〇頁に出した, 四六年ごろとは非常, 四六年カンニングハム大尉の, 四六年クラカウ一揆を起させた, 四六年シヤルル・ダンジューがプロヴァンス, 四六年バルザック四十七歳の成熟期, 四六年ヘンメル家から頂戴, 四六年一月ジャーナリズムが戦時色, 四六年一月一日に天皇, 四六年一月十一日王制を廃, 四六年一月GHQはラジオ民主化, 四六年三月頃まで, 四六年下半期において割当用紙, 四六年中は戦争, 四六年中ごろまでにも生じた, 四六年九月には五円, 四六年九月五円程度のもの, 四六年二月新憲法, 四六年二月一日共和制をとる, 四六年二月文部省は高等学校令, 四六年五月九日に共和制, 四六年五月戦争目的以外の研究, 四六年以来文化の各, 四六年以来雑誌の企画申請, 四六年以来非常に立体的, 四六年以降に書いた, 四六年六月二日にイタリア, 四六年六月頃までの世界, 四六年十一月廃止された, 四六年十月二十七日に新, 四六年吉田内閣当時に学術組織改組準備委員会, 四六年婦人参政権を与えた, 四六年度一〇五六六人の学生, 四六年日本の民主化, 四六年日米間にあった, 四六年最初の聖譚曲, 四六年来の出版, 四六年板ライトの, 四六年版アストレイの, 四六年秋から次第に, 四六年頃から青年男女, 四六教育の種類, 四六時じゅう栄三郎の心, 四六時中うつつない机, 四六時中お前たちに私, 四六時中ひとり胸の中, 四六時中作用を人間, 四六時中十四頁目のところ, 四六時中君の知力, 四六時中彼を苛ん, 四六時中意識するか, 四六時中離座敷のお, 四六時中頭の中, 四六書院より戯曲集, 四六歩これも二度, 四六歳まで生きる, 四六版アンカト五二五頁部厚で重く, 四六版三十二頁許の雑誌, 四六版三百十二頁に十行, 四六版型ではどうも, 四六版数頁の週刊新聞紙, 四六版時代に今一人画家, 四六版組よりはずっと, 四六版菊半截版などの無数, 四六版菊半裁版などの無数, 四六番に, 四六畳三ヘッツイ家相構わず, 四六磅または四七磅, 四六秒という独逸, 四六等々の大き, 四六篇の論文, 四六細型の美しい, 四六貫六八〇目すなわち六一四万五二九二斤, 四六駢儷體でこの, 四共和國の時代, 四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 四其の題を, 四を取り揃え, 四具足が添, 四内外の相場, 四円いくらのもの, 四円なにがし, 四円なにがしのタクシイ代, 四円七十三銭ってこんな, 四円七十二銭ということ, 四円七十八銭也と書い, 四円七十銭しかもこれ, 四円七十銭高土間三円五十銭平土間二円八十銭であった, 四円三十銭高土間三円二十銭平土間二円三十銭これも勿論, 四円九二銭の奴隷賃金, 四円九州へ送った, 四円也で奉職, 四円二十銭置いて, 四円五円と云え, 四円五十三銭に比べ, 四円五十銭左官が三円以下, 四円五十銭高土間一間三円五十銭平土間一間二円五十銭ほかに敷物代, 四円以上なるあり車中, 四円何がし, 四円六円ではね, 四円六十銭それに野菜, 四円六十銭メートル制の一キロワット昼間用, 四円六十銭也をもっ, 四円六接線すなわちケージー, 四円分位の労働, 四円十五銭に売った, 四円十銭のうち, 四円周率及び円, 四円周率五十位まで計算, 四円四十銭高土間三円三十銭平土間二円四十銭但しいずれ, 四円宛送って, 四円平均一月一人三円五十銭くらいの僅か, 四円弱である, 四円神会の資本, 四円見当でありましたの, 四円貰へるから, 四円近くの代価, 四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 四冊お送りしました, 四冊ぞろいも買った, 四冊ものの黒表紙, 四冊一度に持っ, 四冊一組になっ, 四冊今までの分, 四冊全体で二千頁, 四冊功徳院所蔵の, 四冊後篇三冊に編んだ, 四冊旅行用として買, 四冊物百数十部即ち凡そ二千冊, 四冊表紙には一, 四冊許りの, 四冊貰へり, 四册殘つてゐたと, 四册目の歌集, 四冷菜といっ, 四冷葷が炊白鶏, 四に雲, 四出した莖の, 四出征を續けた, 四の炭車, 四函上層子集部は三千六百函, 四刀さし通したので, 四分うちは, 四分ごとには取り換えられる, 四分さへ無理, 四分たち五分たっても, 四分のちには波, 四分のように思われた, 四分のベルモツトを加味, 四分の一アルハンゲルでは五分の一, 四分の一インチほどの釘身, 四分の一ゴオルスまたはそれ以下, 四分の一ノオサンプトンでは二六・五分の一, 四分の一ノヴゴロドでは三一分の一, 四分の一フィレンツェの金貨, 四分の一ポイント北に寄れる, 四分の一三分の一はなはだしきは, 四分の一世紀以前の百万人, 四分の一世紀前の第, 四分の一二二分の一または二〇分の一, 四分の一以下であること, 四分の一出生率は三一分の一, 四分の一刻これがギリギリ, 四分の一半期には一冊, 四分の一右京はなお, 四分の一哩標が見えなかった, 四分の一回転ほど後ろ向, 四分の一圓の品, 四分の一塊りの, 四分の一弱の兵, 四分の一強であるが, 四分の一承認しても, 四分の一斤位バターを沢山, 四分の一時前とに鳴く, 四分の一時間もすぎ, 四分の一残つてゐると, 四分の一混血児八分の一十六分の一三十二分の一混血児と云う, 四分の一秒もかかりません, 四分の一程度がもっとも, 四分の一航程を残す, 四分の一里の前面, 四分の一錠投与の指示, 四分の一高熱病で三分の一, 四分の一%をほとんど, 四分の一%以上の利子, 四分の三アルシン位ある立派, 四分の三ブッシェルが前, 四分の三下落せしめるであろう, 四分の三世紀の間, 四分の三以上死んだもの, 四分の三以上文書史料の外, 四分の三位の所, 四分の三千の寝床, 四分の三増加されるに, 四分の三後の一年, 四分の三身という仕立, 四分の三里の正面, 四分の上り汽車に乗り, 四分の二と四分の三拍子, 四分の五倍だけに増す, 四分の入りで松竹, 四分の八円そのうち, 四分の利子ということ, 四分の割に致します, 四分の力とみ, 四分の力漕をやっ, 四分の差であるが, 四分の後三人は悄げかえっ, 四分の早業でそう, 四分の汽車で着いた, 四分の海上において十二月, 四分の混合に平麦, 四分の羞六分の笑を含み, 四分の配當をさせた, 四分の開きの中, 四分の開花にて殊に, 四分ニ割り一分ハ大村の村瀬, 四分ノ一弱なんでお返し, 四分ノ三という約束, 四分一世紀これまた注意, 四分一分で口, 四分三八秒四の世界, 四分三分二分と意識, 四分三十二秒六でマーシャル, 四分三十六秒とでもし, 四分三十四五秒で四百, 四分三厘を含む, 四分三厘弱の増加, 四分両方で九匁六分, 四分二十一貫五百の女, 四分二十一貫五百匁が歯力, 四分二十九秒五であります, 四分二厘かいなそれを八厘, 四分五分位づゝ水は高, 四分五厘上つてさうし, 四分以上のもの, 四分以内の配当, 四分以南に流氷圏, 四分体量は十八貫目足らず, 四分儀ブリキの小, 四分八分八分となる, 四分六分の殘酷な小作, 四分六分位の割, 四分六飯に大, 四分内輪の貧乏神, 四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 四分十五秒といふ潜水タイム最高記録, 四分四十三秒ぐらいで泳い, 四分四厘六毛に当たり, 四分大噴火盛に熔岩, 四分弱にしか当っ, 四分後頭部が痛む, 四分手帛を動かした, 四分方他所のもの, 四分武家六分と言われる, 四分気分はい, 四分汽車は沼津, 四分玉の珊瑚珠, 四分珠の金釵, 四分疏五本各十巻, 四分着まで合計九本, 四分線以北くらいへかけ, 四分肉六分の割で混ぜ, 四分許の白き, 四分詰にし, 四分赤道を横断, 四分鑿が消え, 四分音を弾ける, 四分音符や八分音符, 四分音符一〇四の速, 四分麦六分といういわゆる, 四切三十六切七十二切百二十切等の區別, 四列つなぎになっ, 四列プロイセンに於, 四列前の腰掛け, 四列強の国防費, 四列横隊になった, 四列横隊みたいな形, 四列目の右手, 四列目あたりに潜ん, 四列車もあります, 四列騎兵が十六列, 四初めて黛を, 四初陣もすべき, 四であったが, 四刻すぎでもございましょう, 四刻半から明け方, 四刻客はお断り, 四刻時ごろに残っ, 四刻頃でしたが, 四前各号以外ノ, 四前後三回の足跡, 四剣五の剣, 四割がた減却した, 四割七分の軍備費は日本, 四割三分を占め, 四割三分五厘というもの, 四割三分四厘人口総数の二割七分八厘四毛, 四割五分どころでは, 四割五分の代りに一割何分, 四割以上その他あがって, 四割以上増殖する焚き方, 四割位になる, 四割八分弱の数, 四割六分五厘に相当, 四割六分強に当る, 四割効果を減殺, 四割引十時間で六時間分, 四割引反対の闘争, 四割掛値を言っ, 四割提出と密約, 四割減給で採用, 四割現在有権者数の約, 四割高ですから, 四割高箱の内張り, 四を書く, 四加番が播磨安志, 四動作に移す, 四の特長, 四勝一敗すつかり得意, 四勺入りの徳利, 四勺酒六勺醤油五勺白湯五勺葱二本を細長く, 四匁のもあります, 四匁九厘七毛だから, 四匁二分飯米料一匁二分をうく, 四匁今の評價, 四匁含水炭素が五百瓦, 四匁四分両方で九匁六分, 四匁粉薬にし, 四いで競争, 四匐いになっ, 四匹一緒に飛んでる, 四匹五匹と次ぎ, 四匹子供を産みました, 四匹定紋附の大, 四匹年寄りと娘, 四匹産れたピー, 四匹甲板におかれ, 四匹目からは屋根, 四匹花びらにおの, 四匹這つてゐたの, 四区域に水素バクダン, 四区栗田は十五区, 四区警察署第一半日学校, 四十あまり一人は三十前後, 四十あまり剃刀のよう, 四十いく年か前, 四十いやそれ以上に老成, 四十がらみ頭に毛, 四十ぐらゐから女に接する, 四十ぐらゐな年であつ, 四十ぐらゐのと二十ぐらゐの若侍, 四十ぐらゐの背の高い, 四十それらを中納言, 四十なにがしという爺さん, 四十なほ人生の一學生, 四十ばばあの女衒, 四十ぺんくらいになる, 四十ほかの新教諸派, 四十めたば, 四十めんそう手をあげる, 四十もちがったかお, 四十ものちがった顔, 四十エーカー以下の地, 四十カット近くあるの, 四十カペイキでスープ, 四十カペイキ位の公定相場, 四十カロリーというよう, 四十カロリー蓬蓮草が二十五匁, 四十ガラミの男, 四十キロ加里が五十キロ位, 四十シリング位のレムブラント, 四十シリング六ペンスを偸ん, 四十シルリングスの間, 四十スー貨幣なり, 四十センチおきぐらいにむすび, 四十センチ砲の射撃, 四十ドゥカーテンを受け取った, 四十ドルなの, 四十ドル銀貨で十ドル, 四十ニ相成候, 四十ニシテ惑ワズか, 四十ピアストルに引上げ, 四十フィート扇のよう, 四十ペンニヒなくては, 四十ペンニヒ頂戴いたしたいと, 四十ページ近かった, 四十マイルさきからも隊商, 四十メートル三十メートル二十メートルああもう, 四十メートル程度である, 四十ルピーで運ん, 四十ルーブル以上になっ, 四十ヱルストの道, 四十ヶ国四百七十人より成っ, 四十一わたくしは十七, 四十一カ村のうち一つ, 四十一センチ茶褐色巻尾の体型, 四十一ポンドすなわちおよそ, 四十一マイルありと, 四十一マイルダーバンを離, 四十一・二度といふ高熱, 四十一万の家々, 四十一両二分川越の貸座敷大黒屋善六様, 四十一二度の温泉, 四十一二度二時三時でも三十八度, 四十一二頬にも鼻下, 四十一代林通元に至る, 四十一住職を有し, 四十一個所次の年度, 四十一円だ, 四十一分を示しおり, 四十一分ので立っ, 四十一十九の女子大学生, 四十一口の日本刀, 四十一句である, 四十一号から四十八号, 四十一名遺骨二柱と新聞, 四十一哥それでこれ, 四十一四十二四十三計四巻, 四十一回に及ぶ, 四十一地の瓔珞, 四十一女柏六つ柏軒と妻俊, 四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 四十一妻志保四十五女柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 四十一妻柏四十子徳十六, 四十一市街戦記の事, 四十一帙だけ集める, 四十一年ごろですからねえ, 四十一年わたしは海外, 四十一年イギリスのウェールズ, 四十一年ダヌンツィオの, 四十一年一月の, 四十一年七月中旬に水彩風景画家, 四十一年七月十五日から九月一日, 四十一年九月一日からである, 四十一年九月十一日上州松井田の宿, 四十一年二月の日附, 四十一年二月以降の, 四十一年五月と翌, 四十一年五月十九日わたしは刑期, 四十一年代の新聞, 四十一年以下の事, 四十一年以降鏑木清方に就い, 四十一年仲島渡地の娼家, 四十一年八月三十日徳の妻かね, 四十一年六月二十二日東京神田に於, 四十一年六月四日に一人, 四十一年兵として近衛歩兵, 四十一年初夏以降即ち, 四十一年十二月軍隊内務書改正の折, 四十一年十月の末, 四十一年十月以降一年足ずの, 四十一年十月発行の第, 四十一年卅七歳の四月八日, 四十一年四月ハロー市の大火, 四十一年四月一日發行アカネ第壹卷, 四十一年四月二日の昼過ぎ, 四十一年夏以後の作一千余首中, 四十一年大正元年昭和五年の三度捕獲, 四十一年寅季秋の奉, 四十一年成功雜誌に進潮退潮, 四十一年日露戦争が日本, 四十一年昭文堂刊行の, 四十一年歳首に刊行, 四十一年浅間山へのぼる, 四十一年目兄弟が敵討, 四十一年秋の紀念, 四十一年秋僕西洋より帰, 四十一年秋水が翻訳, 四十一年芸術座の女優オリガ・クニッペル, 四十一年間ずっと事故無し, 四十一年頃ロシヤのパンパン, 四十一年首相西園寺公望が文士, 四十一度五分の高熱です, 四十一度十三分北東微北東側第七の大枝髑髏, 四十一度東経百四十度を航行中, 四十一座ということ, 四十一戸です, 四十一文字になり, 四十一日は文化三年七月朔, 四十一曲の交響曲, 四十一榛軒の未亡人志保, 四十一歳このごろは欲しい, 四十一歳ニシテ來朝シ尋デ歸化シ姓名, 四十一歳初老に及ん, 四十一歳女房のお, 四十一歳妻益は三十五歳, 四十一歳子供も五人, 四十一歳子女は榛軒二十, 四十一歳末弟は十一, 四十一歳榮壽軒が三十四歳, 四十一歳泥棒も男ざかり分別ざかり, 四十一歳祖母みよ六十四歳, 四十一歳謙信は三十二歳, 四十一歳額に疵, 四十一海神の怒り, 四十一留と二十哥, 四十一番地四角天主教会にては日曜日, 四十一節の速力, 四十一級を得た, 四十一課の途中, 四十一貫身のたけ六尺八寸, 四十一銭ほうれんそう五十銭莢碗豆八十八銭きゃべつは四十一銭, 四十一錢三厘小端かこつ, 四十七こま九十九世帯あること, 四十七その他に, 四十七カペイキだ, 四十七ポンドなり, 四十七メートルの深, 四十七万二千五百七十三という数, 四十七万二千五百七十三人という夥しい, 四十七万六千エーカーの多き, 四十七丈七尺八寸余も如意嶽, 四十七三千四百十七番と覚え, 四十七中隊騎兵八十四中隊をもつ, 四十七人一人残らず無事, 四十七人中で男, 四十七人主の仇, 四十七人分立派に描写, 四十七人尼一千九百七十五人あり, 四十七件起った警察沙汰, 四十七僕もまだ, 四十七億キロワット時である, 四十七八これも同じ, 四十七八ちよいと良い, 四十七八世帯の苦労, 四十七八伊之助には義理, 四十七八尺はあるだろう, 四十七八年前パリ籠城の輩, 四十七八枚です, 四十七八歳ぐらいの男, 四十七八歳位にはなっ, 四十七八歳農家の女房, 四十七八立派な白鼠, 四十七八綱田屋五郎次郎よりは少し, 四十七円に相当, 四十七分の一であったもの, 四十七分京都着大文字屋へ, 四十七分川棚温泉よ左様, 四十七分着急行で暁葉子, 四十七十四とつまり短歌, 四十七名引揚者十三名一般六名を収容, 四十七哥という, 四十七噸の小さな, 四十七坪のほんの, 四十七坪坪百円だから, 四十七士中の第, 四十七女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 四十七妻志保五十一女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 四十七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 四十七字中の字句, 四十七尺ある鰮鯨, 四十七年七月の上諭, 四十七年余の間, 四十七年前のこと, 四十七年度の日本映画, 四十七年後の一九〇七年, 四十七年忌かなしいさびしい供養, 四十七年目にし, 四十七文とな, 四十七文字中火消しにら, 四十七方マイル人口四千人大陸をさる, 四十七歳並に皆, 四十七歳五百が三十六歳, 四十七歳妻益四十一歳子女は榛軒二十, 四十七歳弟の盛次郎, 四十七歳無一文から現在, 四十七歳玄俊は四十五歳, 四十七歳蜀の建興五年, 四十七浪士に就, 四十七濁音を加えれ, 四十七火あそび四十八死, 四十七町いろは道が見え, 四十七番地の家, 四十七番地鈴木芳吉という湯屋, 四十七社を減じ, 四十七竜神の受持, 四十七粍速射砲十二門機關砲四門あるです, 四十七粍速射砲砲門をならべ, 四十七義士にも時に, 四十七萬圓であつ, 四十七軒で斬罪, 四十七里半あたり, 四十七銀行に勤め, 四十七銭也の財布, 四十七銭均一でいちいち, 四十七銭銀貨を作っ, 四十七隻から成る, 四十七音更に四十四音, 四十七類これを前, 四十七首である, 四十七首中六十二首あるのみ, 四十万きょうだいの一人, 四十万キロメートルの火の玉, 四十万ドルも捲きあげる, 四十万リーブルの年金, 四十万リーヴルの年金, 四十万ルーブリからの金, 四十万余としてエタ一人, 四十万余家の都市, 四十万余家行吟林典街頭月看酔智, 四十万俵平均のところ, 四十万倍もある, 四十万八千人なりと, 四十万六千石であつ, 四十万円百万円の別荘, 四十万冊に近い, 四十万分一予察地質図に拠る, 四十万呉の六十万, 四十万年でもいずれ, 四十万年以上には遡れない, 四十万戸とし, 四十万損害八億一千五百万円に上っ, 四十万法その三分の二, 四十万石加藤式部少輔明成の家士, 四十万石大盤石の如く, 四十万粒要る勘定, 四十万貫を製銅, 四十万近くの建築費, 四十万部の製本, 四十万騎は曹真, 四十三ぢやお前, 四十三カペイカ也と, 四十三カ村でございますよ, 四十三サンチ砲が初めて, 四十三パアセント強約六百三十二万人, 四十三万五千人余にしよう, 四十三万人は北海道内, 四十三万石の地域, 四十三五十二六十一は文政己卯, 四十三五十八六十三八十二でなくては, 四十三五百が三十二, 四十三人それぞれに官位, 四十三代元明天皇の御代, 四十三億三千万キロワット時と計画, 四十三円くらいこさえ, 四十三円女中に三十円, 四十三分の一である, 四十三分三宅坂四時四十五分には桜田門, 四十三分崩御あらせられたと, 四十三四年のころ, 四十三四度ぐらいまでのぬるい, 四十三四歳弟子の山楽, 四十三回ハンケチを指, 四十三回催促に通つた, 四十三天狗の力業, 四十三女柏八つ柏軒と妻俊, 四十三妻志保四十七女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 四十三子女榛軒二十二柏軒十六長十二, 四十三字詰菊版六十五頁にわたる長, 四十三年一月下旬に父, 四十三年一月太刀山対駒ヶ岳の立合, 四十三年七月廿七日第三回登山者, 四十三年三月の出版, 四十三年三月ごろであつ, 四十三年三月二十三日同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 四十三年上野を卒業, 四十三年中に成りたる, 四十三年九十四歳ヲ以テ歿ス, 四十三年九月到四十四年一月, 四十三年九月わたくしは刑期, 四十三年二月三日粕谷草堂の一家, 四十三年二月末郡長その村, 四十三年五月下旬私は東京市内, 四十三年五月下旬長野縣下に於, 四十三年五月発行と書い, 四十三年以来あの一角, 四十三年余が二十六歳, 四十三年修善寺大患後胃腸病院入院中の日記, 四十三年八月二十三日徳の第, 四十三年八月初旬の水害以後, 四十三年六月ごろ基本財産完備せずとも, 四十三年六月一日彼は場河原, 四十三年六月七月東亞之光第五卷第六號第七號, 四十三年十一月二十七日だそう, 四十三年十一月夫婦になりました, 四十三年十一月號の, 四十三年十二月のすえ, 四十三年十二月七日なり, 四十三年十二月二十九日伊豆伊東に於, 四十三年十二月十八日幸徳がその, 四十三年十月二十日朝東京にて, 四十三年十月二十日黒羽町万盛楼の娼妓小万, 四十三年十月十一月十二月史學雜誌第貳拾壹編第拾號第拾壹號, 四十三年十月田島金次郎翁がその, 四十三年千代田書房発兌の山田美妙氏, 四十三年四月二十三日の午前十時ごろ, 四十三年執筆にかかる, 四十三年夏のはじめ, 四十三年恋愛一つせずに, 四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 四十三年秋に至り, 四十三年秋都下洪水の時, 四十三年秋隅田川暴漲の事, 四十三年華族会館で講演, 四十三年説の方, 四十三年貧困と戦い続けた, 四十三年頃に新しく, 四十三年頃帝政の世, 四十三年頃韓国守備中に箕作博士, 四十三度以南に猛烈, 四十三度線以南の概況, 四十三惣吉と松之助, 四十三戸百八十五人ヒラギシには士族平民取り, 四十三斤但隠岐国三十三斤五両凡中男一人輸作物海松五斤志摩国調海松安房国庸海松四百斤云, 四十三日ないし二百六十七日, 四十三日目に条々伏罪, 四十三校が工芸技術学校, 四十三正説元文元年生, 四十三歳丁未の年, 四十三歳劇通寿阿弥は三十七歳, 四十三歳四十四歳またはそれ以上, 四十三歳妻益三十七歳榛軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 四十三歳慊堂は四十七歳, 四十三歳母三十一歳の時, 四十三歳膏ののった, 四十三海に投げ棄てよ, 四十三父が八十三, 四十三牛景先の伝, 四十三番潜水洞へはいれ, 四十三県にわたって県庁所在地, 四十三県ぜんぶにわたって一つ, 四十三石犬尾社は下和田, 四十三種ありて, 四十三箇所あるの, 四十三箇月の後, 四十三箇月目に当っ, 四十三糎という長い, 四十三萬八千七百餘時間を經, 四十三萬六千圓此外まだ埼玉縣, 四十三萬圓ではどうしても, 四十三貫ありしと, 四十三軒の一坪館, 四十三銭に米八合, 四十三銭也帰途お腹が空いた, 四十三錢の値, 四十三頁もよみました, 四十三齢と同じ, 四十世紀の間, 四十両あまりの小判, 四十両バカリ損ヲシテ, 四十両借金がある, 四十両岡野の家, 四十両平の隊員, 四十九それぞれの年, 四十九カ村の町村, 四十九キログラムだったの, 四十九ヵ国八千万人以上の婦人たち, 四十九丈二尺右の画四十七丈七尺八寸, 四十九代の祖虹汀氏, 四十九代光仁天皇の御世, 四十九倍だけよく, 四十九冊計二千五百四十冊, 四十九分十四秒と出る, 四十九分梅田着の上り列車, 四十九号とかいう名前, 四十九名とその後親族雇人同居等, 四十九回忌御幸山大権現祭日, 四十九回目だよ, 四十九子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 四十九字を激, 四十九尺忠別岳が六千四百七十七尺, 四十九巻の大悲呪, 四十九年以前三月上旬の頃兵庫浦, 四十九年前は享保十二年, 四十九度も地震, 四十九度許ある, 四十九弗貰ふといふ, 四十九才だったの, 四十九斤である, 四十九日前に出た, 四十九日百ヶ日と過, 四十九日經つたら親類, 四十九日而七魄具矣一忌而一魄散故七七四十九日而七魄散矣, 四十九日間ブラ下げる事, 四十九日間七日目ごとに来, 四十九本をザラリ, 四十九歳イエニーは五十三, 四十九歳五百三十八歳の時, 四十九歳出世といふ点, 四十九歳定家には七歳上, 四十九歳当時の人々, 四十九歳御陵は畝傍山, 四十九歳思想もますます, 四十九歳抽斎より少き, 四十九段あはせ, 四十九箇村家数二千二百六十二軒の内, 四十九米の附近, 四十九米三の三角点, 四十九米四の三角点, 四十九重の宝宮の内院, 四十九銭なり, 四十九銭五厘持って, 四十九間の長, 四十九間半とあり, 四十九頁の大冊, 四十二カ所新教派小学一千八百八十三カ所, 四十二ニナッテ初メテ人倫, 四十二フィートまで長, 四十二フラン十スーしか得る, 四十二リラのお金, 四十二丁の上宮, 四十二丁目辺で彼女ら, 四十二万のお, 四十二万石後には百万石, 四十二丈ほどの大きな, 四十二三亭主の天童太郎, 四十二三個所に達するであろう, 四十二三全身黒く痩せ, 四十二三大店の支配人, 四十二三女房のお, 四十二三実直な顔, 四十二三才まで獨身, 四十二三面ずれも竹刀だこ, 四十二三頑丈さうな身體, 四十二中隊砲兵六十八中隊を敷い, 四十二五十三という年齢, 四十二人一時に出, 四十二人女百四十一人その女子, 四十二人法老試補十二人, 四十二代千三百五十三年間繼續した, 四十二件の一揆, 四十二個あって, 四十二億圓に上つた位巨額, 四十二円十七銭入って, 四十二円賞与は年末, 四十二分の上りで立つ, 四十二分出発よ, 四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 四十二分博多発十一時四十二分小倉著市中を見物, 四十二分吉田磯吉が指定, 四十二分小倉著市中を見物, 四十二分東京着専務支配人樋口以下揃って, 四十二則で, 四十二呎のひどく, 四十二囘に李逵, 四十二四十三計四巻, 四十二回よくもまあ満員, 四十二国みなデウス如来を拝むによつて, 四十二大隊騎兵二十四中隊砲兵十四中隊を備, 四十二女柏七つ柏軒と妻俊, 四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 四十二妻志保四十六女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 四十二家を廻礼, 四十二尺だとか, 四十二州の大国, 四十二年フロモンヴィルの作, 四十二年一月の引分勝負, 四十二年七月一日発行の第, 四十二年三十五歳から七十余歳, 四十二年三月二十日の日記, 四十二年九月十七日高らかな産聲, 四十二年九月十三日でした, 四十二年二十九歳のとき, 四十二年二月の文章世界, 四十二年五月帰途の船, 四十二年以後の手紙, 四十二年以来は素人, 四十二年八月十二日正午上高地の仙境, 四十二年八月十四日姉川大地震, 四十二年八月江州に大, 四十二年六ヶ月だから, 四十二年六月十九日青森県北津軽郡金木町に生れた, 四十二年前アメリカとヨーロッパ, 四十二年前途の野心, 四十二年十一月七日のには, 四十二年十一月日本新劇史上画期的と称せられる, 四十二年十二月に泡鳴, 四十二年十二月三十日世間では年末, 四十二年十二月小説寄生木が世, 四十二年十月であり私, 四十二年十月二十六日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 四十二年史學科の組織, 四十二年四月に上京, 四十二年小山内薫が初めて, 四十二年後の今日, 四十二年後八十四歳で永眠, 四十二年応用力学研究のため, 四十二年春のこと, 四十二年末少尉任官とともに山形, 四十二年版が焼けのこり, 四十二年発行の, 四十二年間夢にも思わなかった, 四十二年頃から三, 四十二年頃石井山本倉田などの, 四十二度プラスマイナス〇・何度にし, 四十二度以上の熱, 四十二度時節は一月初め, 四十二弗四十仙を貰つて, 四十二弗四十仙位は手, 四十二彼は四十八, 四十二戸であ, 四十二戸ツイシカリに二十四戸, 四十二才になる, 四十二文これは馬籠, 四十二時には十五, 四十二時間も効いた, 四十二枚それには両端, 四十二榛軒の未亡人志保, 四十二機に命令, 四十二歳世子正精侍読, 四十二歳六十一歳を厄年, 四十二歳前後に特別, 四十二歳四十九歳などを厄年, 四十二歳女は三十三歳, 四十二歳妻益は三十六歳, 四十二歳子女は榛軒二十一歳, 四十二歳母縫は三十一歳, 四十二歳縫三十一歳の時, 四十二歳詩藻全く熟しきっ, 四十二段三十三段の石段, 四十二町北組五十九町南組十一町家数竈数で言, 四十二町放牧地と飼料栽培地, 四十二留五十哥だ, 四十二番街でウイ, 四十二石でありその, 四十二磅の加農砲, 四十二磅砲でも向けよう, 四十二社すなわち在, 四十二箇月目といふ, 四十二節に記した如く, 四十二粒の紫金, 四十二級途中にて休憩, 四十二聖油の小, 四十二葉に巨艦大砲, 四十二里私あ太, 四十二銭五十銭の売価, 四十二銭玉子が二十四銭, 四十二間大尺, 四十二間満潮時に一丈前後, 四十五か月分ある, 四十五カ所僧侶三百四十人に過ぎず, 四十五キロ先にある, 四十五サンチ掘ったの, 四十五ドル肝心な金, 四十五パーセントは森林, 四十五フランで時計, 四十五ポンドも体重, 四十五マイルなれば, 四十五万ドル以上もあった, 四十五万フランの損害, 四十五万人近くの百姓達, 四十五万円伐採期間四十五個年間一年に一万円, 四十五万名多い, 四十五万言云々常に一虎, 四十五丈巾數丈と云, 四十五世たちの祈祷場, 四十五世別當尊祐の代, 四十五両余の相, 四十五人広島百九人鳥取百五十五人津和野九十三人福山に六十六人, 四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 四十五代聖武天皇の御代, 四十五以上馬を跳躍, 四十五個の製造家, 四十五個年間一年に一万円, 四十五億に相当, 四十五兩に及び, 四十五六これは鞍打, 四十五六七という時期, 四十五六中肉中背のよく, 四十五六五尺六寸五分もあつ, 四十五六位の正直, 四十五六円を下らぬ, 四十五六分で鹽原, 四十五六呎も違います, 四十五六女は二十八九, 四十五六小肥りに脂, 四十五六年もたった, 四十五六年前の日本橋, 四十五六年前余の十歳前後, 四十五六年輩の男, 四十五六枚の短篇, 四十五六歳ぐらゐの年配で肩, 四十五六歳炉の前, 四十五六洋服の風采堂, 四十五六疋持去られて, 四十五六白布を鉢巻, 四十五六総髪の大, 四十五六繊細な手, 四十五六肚も相当, 四十五六腰に毛皮, 四十五六腹巻で胴, 四十五六鉛色をした, 四十五六頬の思切つて出張ツ, 四十五六頬髯の濃い, 四十五六骨と皮, 四十五円五十五円として十円, 四十五円位のもの, 四十五円参銭それから女持金指輪二個, 四十五冊に書かれた, 四十五分あまりへだ, 四十五分ごろニース市は予期, 四十五分のツバメで帰京, 四十五分の上りで探険, 四十五分の授業時間はたっ, 四十五分の質問になった, 四十五分の通話で一千フラン也, 四十五分ナレイ沢の右岸, 四十五分ピカデリー街に於, 四十五分京宝の小田, 四十五分今から紀念塔, 四十五分以内に出発, 四十五分前に停車場, 四十五分南に向っ, 四十五分南京発上海行の急行, 四十五分右岸に頗る, 四十五分峠の頂上, 四十五分愛宕山上より黒煙噴出, 四十五分支配人が奥, 四十五分新橋発神戸行の直通, 四十五分東京では五日午前零時五十一分, 四十五分母上を新宿駅, 四十五分発にて神戸, 四十五分発信局は大塚, 四十五分発新潟行へ乗る, 四十五分発生せる事変, 四十五分白兀頂上二千三百八十七米の三角点, 四十五分目に汽車, 四十五分着の, 四十五分過ぎであった, 四十五分釜谷山腹の露営地出発, 四十五分間ずっと喋り, 四十五分麹町区第二哨三宅坂, 四十五匁だそれ, 四十五十二百以上も打ちすえた, 四十五十六十七十八十九計九巻, 四十五十六十九日こんなにたまりました, 四十五十六日といそがしい, 四十五十面さげて, 四十五哩との間, 四十五四十六っ, 四十五回の私, 四十五圓も取, 四十五夏蔭が二十四, 四十五女柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 四十五妻志保四十九女柏十四柏軒と妻俊, 四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 四十五州の要所, 四十五州県に広く, 四十五年ここへ坐っ居った, 四十五年めにあたり近年, 四十五年一月まで, 四十五年一月二十二日横浜に帰航, 四十五年七月一日には近代的, 四十五年七月二十三日より二十七日, 四十五年七月二十九日五十一歳病気で歿, 四十五年七月十九日午前八時モルレーに於, 四十五年三月十四日から一週間, 四十五年二月までに前後五囘, 四十五年二月興行には, 四十五年五月博文館發行の, 四十五年十二月二十九日の午前, 四十五年夏夜逃げの旅, 四十五年帝都を離, 四十五年後に手紙, 四十五年新聞社に入る, 四十五年昌造へ御, 四十五年昌造贈位の御沙汰, 四十五年時代の遺物, 四十五年来の眼病, 四十五年著者二十八歳の時, 四十五年西班牙旅行以後のもの, 四十五年間私は古, 四十五年間説法の後, 四十五度くらゐの, 四十五度九十度百二十度などさまざま, 四十五度以上五十度近く傾いて, 四十五度位に傾いた, 四十五度六十度角で人, 四十五度内外のもの, 四十五度右なり左, 四十五度回転がハッキリ, 四十五度目印は水面一寸, 四十五度近く傾いて, 四十五戸の七百九十余人, 四十五数へたから此, 四十五日目のこと, 四十五日間も打ち続け, 四十五条迄書き記し, 四十五枚だと, 四十五榛軒二十四常三郎二十三柏軒十八長十四, 四十五歳トイウ年齢ニ達スルマデソノ間ニハ女児ヲ一人分娩シナガラヨクモソノ皮膚ニ, 四十五歳マリヤが三十六歳, 四十五歳五月生れとはっきり, 四十五歳以上は例外, 四十五歳伯父の留二郎, 四十五歳名前が笹山大作, 四十五歳妻五百三十四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 四十五歳妻益は三十九歳, 四十五歳弟子は五歳, 四十五歳曾參は四十六歳, 四十五段あった, 四十五段目である, 四十五点以上を取つた, 四十五疋最も少ない, 四十五種もございます, 四十五竜神の修行場, 四十五箇国の兵, 四十五箇年間一年に一萬圓づつ, 四十五箇条よりなる, 四十五篇エリザベス朝の古典, 四十五米という風, 四十五米三と測られ, 四十五萬圓の金, 四十五貧窶尤甚多年研究経籍一旦沽却, 四十五貫くくりつけて, 四十五連隊の軍旗, 四十五里波の上, 四十五重吉は丁度三十三, 四十五銭それを敷島六個, 四十五銭五番目の白瓜, 四十五銭余です, 四十五銭六厘ほど, 四十五銭平均ぐらゐの取り高で, 四十五銭茄子が五十六銭, 四十五鏡を見る, 四十五首一纏りの, 四十五首三箇づつを用うれば, 四十人あまり鬼灯提灯をかけ連ねた, 四十人ここにズラリ, 四十人これも武人, 四十人みな内外の官吏紳士, 四十人トットと走っ, 四十人一ときあまり共に踊れり, 四十人与左衛門の部下一斉, 四十人中尻から十六番目, 四十人中等下等七八百人あり, 四十人乗の大型ボート, 四十人体仏の如き, 四十人余ののろく, 四十人余りの白衣, 四十人余り鬼灯提灯をかけ連ねた, 四十人収容できるもの, 四十人太夫もおなじ, 四十人槍や太刀, 四十人羽衣に入り, 四十人芒とそよぐ, 四十人蔦のかけ橋, 四十人足らずの小, 四十人足らず孰れも, 四十仙位は手, 四十代一杯まで, 四十代三十代分類系列苦心サンタン妖怪を描きだし, 四十代五十代以上の人たち, 四十代時分には時々, 四十代自分をつれ, 四十以下には言えぬ, 四十以後に傑出, 四十以後道心日に募り, 四十以来なり, 四十以脚疾不能起坐已三年, 四十件各地を合せる, 四十位一人は五十, 四十何両の金, 四十何人目かに手鈎, 四十何個条かの非常, 四十何分京都着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 四十何分東京って街, 四十何分静岡発大阪へ向, 四十何年ぶりかで手紙, 四十何年エステルハツィ城で老, 四十何年代のもの, 四十何年明治三十年頃には立派, 四十何年無事で今, 四十何年維新の立者多く, 四十何度とか云, 四十何戸百何十人かはここ, 四十何本たらあらつせたげなに, 四十何枚めだかを, 四十何篇かのプロレタリア作品, 四十何貫になっ, 四十余ニハ未だ真実, 四十余万円を削減, 四十余万平方キロの土地, 四十余万石兵数六万姉川に来りし, 四十余人出征して, 四十余人覚悟をきめた, 四十余合さすがに, 四十余声啼いて, 四十余宇で禅坊, 四十余宇焼亡す, 四十余宇禅坊三百余宇とある, 四十余尺の幾度, 四十余巻ありと, 四十余年のちの今日, 四十余年兄弟とも子, 四十余年先生との交際, 四十余年前一九一三年十二月号の, 四十余年前早稲田の学校, 四十余年前長崎に居る, 四十余年幸いに蘆, 四十余年来しばしば繰返し, 四十余年来自分の肩, 四十余戸酒舗また四, 四十余日ぶりに理髪, 四十余日夜もねむらず, 四十余日後の身, 四十余日満蒙各地を巡遊, 四十余日間にぎり飯を腰, 四十余歩広さ, 四十余歳今は仏門, 四十余歳旧教の僧服, 四十余片つなぎ合せて, 四十余町歩を分与, 四十余篇全部の書き出し, 四十余里の屈曲, 四十余面の琵琶, 四十侍に代り合っ, 四十俵高の小身者, 四十個大隊中二十個大隊を大半, 四十倍になっ, 四十倍換算して, 四十倍百千ほども言葉, 四十億光年の直径, 四十元紙幣三百八十元を強奪, 四十先のお, 四十先きの女房の姿, 四十兩も遣, 四十兩殘るが, 四十八サンチ砲をすこし, 四十八センチぐれえの, 四十八ノットと殖え, 四十八パアセントが農業, 四十八マイルですが, 四十八マイル幅十マイルの地帯, 四十八ヶ年以来の習慣方度, 四十八万ペソか, 四十八万両で買, 四十八万九千二十三人の五分の一, 四十八万石しかない, 四十八丈だとか, 四十八中隊砲兵三中隊を以て背水, 四十八中隊騎兵十二中隊を公主嶺方面, 四十八九五十にもならんずらん, 四十八人目と云う, 四十八俵届きました, 四十八個の缶詰, 四十八兩貸金が三千五百兩, 四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 四十八分の下りです, 四十八分の急行だったので, 四十八分の時おくれしむ, 四十八分彼は横浜税関, 四十八分時計をおくれしむ, 四十八分須磨明石の両, 四十八匁の食物, 四十八匁八分を更に, 四十八号に至る, 四十八号二十四冊より成りたる, 四十八号室に居た, 四十八名一室六名ずつの八室, 四十八品と称し, 四十八哩直径およそ三十五哩, 四十八噸の貨物, 四十八囘の大, 四十八回の正月, 四十八回目の誕生日, 四十八圓箱代並びに荷造り費, 四十八士の連判状, 四十八大願を読み返し, 四十八女柏十三柏軒と妻俊, 四十八妖精の世界, 四十八妻志保五十二女柏十七全安, 四十八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 四十八字それだけでもともかく, 四十八字皆切れ字であり閉鎖, 四十八川を渡っ, 四十八巻全部携えて, 四十八年ロンバルトの暴徒蜂起, 四十八年一農夫の偶然, 四十八年欧洲一般の風潮, 四十八年間一般世人が三千三百万, 四十八座中には明らか, 四十八弗二分の一となつ, 四十八弗半まで上つたの, 四十八徳何のとりえ, 四十八手裏表の練習, 四十八文上々醤油一樽が四百四十八文, 四十八文上酒五升で四百三十文, 四十八文字ほかに数字一, 四十八斤あらめ二百六十斤等をもっ, 四十八斤入りよりも高価, 四十八日の念仏, 四十八時間ストについで, 四十八時間以内には立派, 四十八時間勤務をさせられ, 四十八時間熟睡したそう, 四十八時間進駐を延期, 四十八本全部見逃せない作品, 四十八本製作という数字, 四十八枚中わづか, 四十八條に依り, 四十八機よりなる, 四十八歩を数え, 四十八歳五百が三十七歳, 四十八歳大正九年五月九日病死す, 四十八歳女乙女さんは十七歳, 四十八歳富穀の子道悦, 四十八渓を越えぬ, 四十八瀬に日, 四十八瀬川のほとり, 四十八町ヲ廻リ, 四十八番地で, 四十八癖ぼんやりしてる時, 四十八秒完全潛入四時四分八秒出現雲のため, 四十八秒完全潜入四時四分八秒出現雲のため, 四十八種類もある, 四十八箇寺あったという, 四十八箇所から火, 四十八箇瀬で今, 四十八節まで, 四十八米の隆起, 四十八粁距ったここ, 四十八艘を一木, 四十八萬七千五百七十二人の多, 四十八萬兩位で出, 四十八萬兩許りの, 四十八萬圓其四十八萬兩も公平, 四十八蔵あり三四里, 四十八貞子は三十九, 四十八軒まで作らう, 四十八軒立慶河岸の水, 四十八里大阪へ二百三十五里, 四十八銅から五十銅, 四十八錢だつて, 四十八頁の一頁ごと, 四十八首を英訳, 四十八高という, 四十六トンの巨船, 四十六フィートの深き, 四十六フランになる, 四十六ペソにし, 四十六マイルを航進, 四十六七年までに完成, 四十六七日でしか, 四十六万人少い, 四十六万余円これにたいして百九十八万余円, 四十六万円を浮かせ, 四十六両と少し, 四十六人与力十騎同心二十人がゐる, 四十六人皆無事だ, 四十六代孝謙天皇と申し上げ, 四十六位のうち, 四十六円となりました, 四十六分一秒からはじまる, 四十六分伊東行きの列車, 四十六回目のニース, 四十六坊といわれた, 四十六女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 四十六妻志保五十女柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 四十六年バアゼルの出版, 四十六年前といえ, 四十六年前私が東京高等商船学校, 四十六年夏に火星探険, 四十六年目で亡んだ, 四十六年間の酸化, 四十六弗であつ, 四十六枚がいかに, 四十六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 四十六歳ハヴィエル三十一歳であつ, 四十六歳以後はその, 四十六歳妻益四十歳子女は榛軒十九, 四十六歳子張は四十八歳, 四十六歳法諡を釈姓谷響了風, 四十六歳遭難の後九年, 四十六歳鉄砲を取っ, 四十六歳雪堂は一つ上, 四十六歳頭のてっぺん, 四十六法も経済, 四十六番二十六番に非, 四十六番参拝長い橋, 四十六目あるか, 四十六票対百四十三票とわずか, 四十六竜神の生活, 四十六箇所であった, 四十六篇の標題, 四十六米であるが, 四十六米山群の最高峰火打山, 四十六興元元年, 四十六舎枕木を並べた, 四十六詞に曰く, 四十六軒の家作, 四十六部彼れが, 四十六銭じゃ, 四十六銭酒二合十八銭そして煙草, 四十六錢八厘六毛三朱と成る, 四十六錢八厘幾らとか言, 四十六隻舳艫をふくん, 四十円がらみのもん, 四十円どころでなくその, 四十円のもある, 四十円ほか値打ちがない, 四十円みんながみんな払はん, 四十円一丈あったら二百円, 四十円五六十冊の書物, 四十円位月に貰つて, 四十円十日くらい前, 四十円宛で買, 四十円平均よリヤカー一台, 四十円手当十円ぐらい, 四十円無心された, 四十円無駄をした, 四十円百五十円に十円, 四十円見当のもの, 四十分あまり変化をもっ, 四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 四十分ごろ例の山木元吉, 四十分ごろ法医学教室をたずねた, 四十分ごろ私は事務所, 四十分そこそこの横浜, 四十分のあいだタイタニックの甲板上, 四十分のあいだタイタニック号は襲い掛る, 四十分のあいだ甲群から乙群, 四十分のちです, 四十分のマッサージとをきっちり, 四十分の一青春二十六歳多感の一年間, 四十分の伊東行に乗車, 四十分の出来事で当の, 四十分の労働時間中は一分, 四十分の四時間前ですから, 四十分の地点にあり, 四十分の小田原ゆきをめがけ, 四十分の差を利用, 四十分の後膳が出た, 四十分の復員列車であった, 四十分の時報今点つ, 四十分の時間があつ, 四十分の満潮期にはキッ, 四十分の猶予しかなかつた, 四十分の発信になっ, 四十分の距離で小沢岳, 四十分の遅刻であろう, 四十分の長篇澱みなく行っ, 四十分の間一人で喋舌つて, 四十分の間両側は護謨林, 四十分ものにしよう, 四十分タイタニック号は大西洋, 四十分ニースはランピア港, 四十分ユニバーサル機は東京, 四十分レジナ駅発の汽車, 四十分一分の遅刻もなく, 四十分上野発仙台行の列車, 四十分下女のツル, 四十分両船の距離, 四十分予定より少し, 四十分五時二十五分の市況をきけない, 四十分京都を発ち, 四十分今日は中止, 四十分以上一時間位です, 四十分余を費やし, 四十分余りも耽った, 四十分偃松帯に達し, 四十分停車すると, 四十分停車驛だったので, 四十分出発した, 四十分出発剱岳頂上午後零時三十三分着一時出発, 四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 四十分出発弘法小屋八時三十分着十時十分出発, 四十分北上したところ, 四十分大塚から高円寺, 四十分奥羽線上り急行列車が田端駅附近, 四十分島田九時前でした, 四十分念入りに手当て, 四十分我艦隊は当, 四十分文明の有難, 四十分文芸ビルへ行く, 四十分早目三十分早目というよう, 四十分東上急行車の発着, 四十分東京着です, 四十分東沢分校に到着, 四十分校前に記念撮影, 四十分比その汽車, 四十分池ノ平に向っ, 四十分海抜三〇四六メートルの塩見岳絶頂, 四十分湯につかっ, 四十分甲板上にて戴冠式, 四十分目にはまた, 四十分祝砲を発火, 四十分神戸へ二十分の距離, 四十分程のちであった, 四十分至急の出艦, 四十分藤橋十一時五十分着昼食, 四十分観測員は北極星, 四十分談話をとられる, 四十分赤坂見附四時四十三分三宅坂四時四十五分には桜田門, 四十分超過した頃, 四十分近くもかかった, 四十分野原を通り, 四十分野口五郎岳の頂上, 四十分長与発午後一時小浜著柳川屋旅館に投ず, 四十分門番に椅子, 四十分間弱火で煮ます, 四十分間汽車に乗, 四十分間湯煮て, 四十分頃二つさきの山, 四十分頃国際の支配人, 四十分頃大宮町についた, 四十分頃桜田門の停留場, 四十分頃父は二階, 四十分項吾等は再び, 四十分顔を突き合わし, 四十前後といつても大家, 四十前後のはお, 四十前後丹三郎の住ん, 四十前後二ツはめて, 四十前後出戻りの叔母, 四十前後口髭を刈り, 四十前後大家の主人, 四十前後奥さんはお, 四十前後左の頬, 四十前後精力的な感じ, 四十前後色の淺, 四十割に増加, 四十匁位に考へた, 四十匁容易ならぬ一, 四十句作つてゐる, 四十台以後は非常, 四十号のを三枚, 四十号トシテ登録スルコトヲ本会議ハ承認セリ, 四十号分の和紙, 四十号大の半身像, 四十名一と塊, 四十名中一二名まあ, 四十名二十三日に京都郊外壬生, 四十名会場は初め, 四十名合計五十二名の船客, 四十名近く杉本は受け持っ, 四十呎これは前者, 四十品です, 四十哩五十哩出せるだけ, 四十哩以上の速度, 四十噸である, 四十噸昨年の十月, 四十四か村を指定, 四十四キロほどの湖, 四十四ドル二五となっ, 四十四ヵ国の婦人八千百万人, 四十四万といわれた, 四十四万人の新しい, 四十四万円すると, 四十四万四千四百四十四貫四十四匁に近い, 四十四丈広さ十八丈, 四十四両一分二朱ほど払わね, 四十四両余を払わね, 四十四五これは年齡, 四十四五人となり果てた, 四十四五文字もある, 四十四五本たい, 四十四五枚之を半紙, 四十四人イコール三千三百三十三人と御, 四十四円平均一月一人三円五十銭くらいの僅か, 四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 四十四分発にて長野, 四十四分赤道を横断, 四十四列車もあります, 四十四十一と満, 四十四十一四十二四十三計四巻, 四十四十六及びそれ以上, 四十四号からその, 四十四四十五四十六っ, 四十四回ひねり変へた, 四十四回演壇に立った, 四十四国であったが, 四十四天狗の性来, 四十四女柏は九つ, 四十四妻志保四十八女柏十三柏軒と妻俊, 四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 四十四字の中三十九字, 四十四巻仏の教示, 四十四年パリの商家, 四十四年ロダンの彫刻, 四十四年一月二十四日の朝, 四十四年一月十五日即ち同, 四十四年一月四日の夜, 四十四年七月英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 四十四年七月號に, 四十四年三月三十日大臣官房において中村氏, 四十四年三月相州湯河原の山懷, 四十四年三月籾山書店は, 四十四年九月二十二日から三日間, 四十四年九月十一月同四十五年二月, 四十四年九月十四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 四十四年二月到四十四年十月, 四十四年五月一日に完成, 四十四年五月十一日の日記, 四十四年代の文壇, 四十四年以前となり, 四十四年以後は明治座, 四十四年八月二十七日午後五時オルコマ号に駕, 四十四年八月二日北極海観光船を辞し, 四十四年八月末のこと, 四十四年六月十六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 四十四年十一月にこの世, 四十四年十一月○日午前二時大統領私室に於, 四十四年十一月八日に横浜, 四十四年十月には東京植物同好会, 四十四年十月三日私は第, 四十四年十月二十八日朝チリ国バルパライソ港に入, 四十四年十月十二日有名なる詩人テニソン, 四十四年十月興行に, 四十四年四月より四十五年一月, 四十四年四月一日横浜を出航, 四十四年四月九日と記憶, 四十四年夏わたしは呼吸器, 四十四年大阪朝日新聞の懸賞, 四十四年帰朝後工科大学教授に任, 四十四年後に於ける, 四十四年発刊当時の, 四十四年目にはじめてさ, 四十四年秋に支那人, 四十四年間もくらし, 四十四年頃から自分, 四十四度にある, 四十四度白骨島と思われる, 四十四弗八分の一であつ, 四十四戸の百八十二名, 四十四日と書かず, 四十四日ぶりに理髪, 四十四曲りの峠, 四十四条に所謂被害者, 四十四枚の扇, 四十四榛軒二十三常三郎二十二柏軒十七長十三, 四十四歩その三角線, 四十四歩三角線をえがい, 四十四歳保は二十五歳, 四十四歳子游は四十五歳, 四十四歳杜甫の年三十二歳, 四十四歳職位は権中納言参議, 四十四歳長女敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 四十四点となっ, 四十四為重は十四, 四十四町十八町十二町である, 四十四秒にも嵩む, 四十四種中に鼠, 四十四箇所であ, 四十四米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 四十四綴音から出, 四十四編まで漕ぎ付けた, 四十四縣とも傳, 四十四貫同じく大関, 四十四貫四十四匁に近い, 四十四銭に米一升三合, 四十四銭外の入費, 四十四銭腹いつぱいになつた, 四十四點の滯歐作, 四十回転をやる, 四十圓邦人百圓内外の相場, 四十坪ぐらゐの庭にはいろいろ, 四十坪許りの, 四十夜わしのため, 四十夫婦だか, 四十女切髮姿に被布, 四十女後姿のどこ, 四十女柏五つ柏軒と妻俊, 四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 四十妻柏三十九子徳十五, 四十客以上の多く, 四十室ばかりのアパート, 四十家族も包容, 四十寛政四年壬子に五十五, 四十寺へ絹四百疋, 四十対の瞳, 四十封度ある丸い, 四十少しすぎだの, 四十尺ブッ通しの継, 四十島田猫の子十匹, 四十左右連れはまだ, 四十巻完訳のお祝い, 四十平方メートルほどの広い, 四十平方寸ばかりの面積, 四十年あまりのあいだ, 四十年あまり谷中で鉄心, 四十年いくら東京弁になろう, 四十年ぐらゐの京橋區佃島の住吉, 四十年この方流浪して, 四十年ごろ八十からになつて, 四十年さきまでみとおし, 四十年その間ずいぶん人間, 四十年その間一八八八年から一九〇七年, 四十年それらはこの, 四十年もの間毎日毎日蝙蝠傘を持ち, 四十年一パイぐらいの間, 四十年一万四千六百日の間, 四十年一反五畝の土, 四十年一日の如く, 四十年一月二十五日生として記帳, 四十年一月二十八日に至り, 四十年七月与謝野先生北原白秋木下杢太郎平野万里等と九州, 四十年世の中に揉まれ, 四十年九月某の日, 四十年二月二十三日の平民新聞, 四十年二月二十五日徳の第, 四十年二月十七日東京神田錦輝館に於ける, 四十年五二会の競進会, 四十年五十年の長い長い, 四十年五月醉茗君が, 四十年代初期という年代, 四十年代早々に催された, 四十年以上義務教育のある, 四十年以前中国地方のある, 四十年以来互いに父祖, 四十年以降かれは, 四十年余自分はこの, 四十年八月岡麓氏予が請, 四十年六月三十日第十一回目, 四十年六月十一日付で東京音楽学校助教授, 四十年六月十四日に一人, 四十年初期の環境, 四十年前中学校でよんだ, 四十年前伊達秋川両家の事件, 四十年前俳優がマダ小屋者, 四十年前少壮の時, 四十年前尼が盲人, 四十年前政治記者として明治大正, 四十年前横浜に行った, 四十年前自己利益是認の教義, 四十年前菱形であった麦田, 四十年前邪視は今, 四十年前黙阿弥劇に見る, 四十年勝負一本に身体, 四十年十一月の二十二日, 四十年十一月十五日に陸軍, 四十年十月の末, 四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 四十年十月十日の東京新聞, 四十年十月十日始皇の驪山, 四十年四月出版の, 四十年増の手練手管, 四十年年齡二十の頃, 四十年幾多の曲折, 四十年度以降の増加図書, 四十年度以降読衆のため, 四十年式の社会主義者, 四十年形はすなわち, 四十年後ハイデッガーの, 四十年後彼の命, 四十年後私の命, 四十年末から大正初頭, 四十年来わしが参った, 四十年来一度も遊んだ, 四十年来山登りを続け, 四十年来成功して, 四十年来未経験の大暑, 四十年来空想天を舞いあるいた, 四十年東京と小田原, 四十年枚数にし, 四十年此の永久, 四十年比独り判断の出来る, 四十年比私は一度, 四十年波斯に生れ, 四十年為に数十回鳴門, 四十年父は漸く, 四十年獨身で來, 四十年発行の東京市編纂, 四十年目の暑, 四十年矢張窃盗で京都地方裁判所, 四十年祝祭を記念, 四十年紐育より仏蘭西, 四十年聞に約, 四十年苦心経営の末, 四十年見当であらう, 四十年許を經, 四十年足らずの月日, 四十年近い間に運動, 四十年配先代の實弟, 四十年間しだいしだいに情操, 四十年間せつせと, 四十年間アイルランドの王様, 四十年間人生のいろんな, 四十年間十余人の子女, 四十年間十手をとっ, 四十年間奥羽の中央, 四十年間幾万人の日本人, 四十年間役人をし, 四十年間悪名ばかり負っ, 四十年間愛用して, 四十年間此処に住つて, 四十年間殆んど, 四十年間毎朝冷水を浴び, 四十年間私は奴隷, 四十年間荒野にさまよい, 四十年間西太后の信任, 四十年頃八十歳位の人, 四十年頃観潮楼歌会といわれる, 四十年頃青鞜社の時代, 四十年馬車馬のよう, 四十幾干骨格, 四十幾つ探偵として押し, 四十幾つ発表した論文, 四十幾ツの輪奐, 四十幾パーセントかは国防費, 四十幾度とか云う, 四十幾日つてものは芳, 四十幾日ぶりにお母さん, 四十幾日間ものっ, 四十幾時間も睡る, 四十幾本の手, 四十幾本焼酎の二リットル壜, 四十幾歳てっぺんがはげ, 四十幾首より各々, 四十度あまりの発熱, 四十度ぐらゐも傾いて, 四十度五分の熱が二十八日, 四十度以下の寒, 四十度六十度ちかい勾配, 四十度前後であった, 四十度声が聞えたでしょう, 四十度息が出来なくなり, 四十度熱出しましたね, 四十度線あたりから向う, 四十弐銭の市価, 四十張で布一端, 四十戸二百人の旧, 四十戸余の家, 四十戸前もございましょう, 四十戸足らずのうち, 四十才位で大きな, 四十把の楮, 四十折櫃に入れられた, 四十数ヵ所の陣地, 四十数冊であり雑誌, 四十数名監視反小原派, 四十数年前の昔, 四十数年前桑畑の間, 四十数篇あります, 四十数面の琵琶, 四十文二度くりかえして, 四十文人足四十二文これは馬籠, 四十斛ばかりを穫べし, 四十斤に近い, 四十斤入りが青森産, 四十日あまり血筆をとっ, 四十日もの食うや, 四十日九日わが妻, 四十日以内に選挙, 四十日以来の身, 四十日余で成就, 四十日内外にて達する, 四十日分の食料, 四十日四十夜わしのため, 四十日後にやめる, 四十日目あたりのこと, 四十日程の苦し, 四十日程高知市に滯在, 四十日經つた所で王, 四十日過ぎこし方, 四十日間位は確, 四十日間定に入, 四十日間捜索を継続, 四十日間狂言をし, 四十日間降雨なきため, 四十日餘り熱海, 四十時間労働と定めた, 四十時間目に同, 四十曲峠を越え, 四十有余枚書きだした, 四十有余名と言, 四十有余年カンナン辛苦の修業, 四十末社内宮には八十末社, 四十本人衆二三万許り国府越, 四十本以上吸うの, 四十本江戸川の櫻, 四十東京巣鴨真性寺に葬る, 四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 四十枚こいつを小判, 四十枚それに御家流, 四十枚以上の仕事, 四十枚位迄書く, 四十枚余かいて, 四十枚封書六つそれを書く, 四十枚極彩色の絵看板, 四十枚飜訳した, 四十格向で薄, 四十格好大兵肥満顔はという, 四十機種類かの, 四十機翼をはっ, 四十歳くらゐで, 四十歳ごろから腰, 四十歳ごろ一つの変転, 四十歳オヴァーだけで, 四十歳七年前に格, 四十歳以上四十五歳までの人, 四十歳以後になる, 四十歳位のが一人, 四十歳位私より二ツ, 四十歳前後竹本座の手代庄吉, 四十歳女房のお, 四十歳妻益は三十四歳, 四十歳娘のお, 四十歳子女は榛軒十九, 四十歳宿場の遊女, 四十歳景樹が僅, 四十歳景樹二十歳の時, 四十歳未満では窃盗八人, 四十歳臺と沖, 四十歳計りとしか見えない, 四十歳院の仰せ, 四十死体批評会の事, 四十段の勾配, 四十氣凡べて六十歳, 四十浬走らねば, 四十熱湯を入れた, 四十男イガ栗頭の大入道, 四十男エガ栗頭の大入道, 四十男伊勢新の釣, 四十男先年女房に死なれた, 四十男喜介がヒョイ, 四十男外に小夜菊, 四十男澁い好み, 四十男無二の小, 四十男赤ら顏にし, 四十男足がひどく, 四十町七丁目側の石崖, 四十町左右大臣三十町大納言二十町大宰帥十町, 四十町旧道だと, 四十町歩山林七十余町歩藩の, 四十番地所在の家屋, 四十番街を歩い, 四十疋殺し刀, 四十目位を肉挽器械, 四十石あまり買った, 四十石とりのサムライ, 四十石余位田四十石合計百十五石ほどである, 四十石合計百十五石ほどである, 四十石家中の士, 四十石領りました松蔭大之進, 四十碼スクラムからスリークォーター, 四十磅の増税, 四十秒五十秒帆村は動かない, 四十秒後悠然と落ち着き払った, 四十種以外誰にも省みられなくなった, 四十種南インドとセイロン, 四十種類以上あるから, 四十立派な文学者, 四十章で私, 四十箇も數, 四十箇刀剣三百振鎗五百筋, 四十箇所もある, 四十箇村を埋, 四十箱あまりも溜つて, 四十篇東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 四十米以上ありました, 四十粁位の深, 四十粒かかるの, 四十而不惑といった, 四十艘五十艘と港入り, 四十艘彼らと共に, 四十華厳の種本, 四十萬の人, 四十萬戸に對, 四十親仁でこれ, 四十貫目もあります, 四十貫目人足一人持ち五貫目, 四十買つて来ました, 四十起君もその, 四十輌つながるそうして, 四十辺以上繰り返すと, 四十近で笛吹きの, 四十近いでせう, 四十近く与次郎は三十, 四十近く姥桜も散り過ぎた, 四十近く職務のつかれ, 四十通余の文書, 四十遍も言っ, 四十遍律抄を講ずる, 四十過ぎみたいに見える, 四十里お山どめ, 四十里ニシテ足尾銅山アリ其採鉱製銅ノ際ニ生ズル所, 四十里五十里を普通, 四十里余り隔たったおなじ, 四十里余り三晩も泊り, 四十里彼方に蟻, 四十里斗にし, 四十里横二十里の小, 四十里漢陽の荘麗, 四十里烏巣の要害, 四十里相州の馬入村, 四十里衣の長, 四十里近くの南, 四十銭あまり米が三升, 四十銭ピジョン一箱で完全, 四十銭ブリスケが三十五銭, 四十銭三十銭やすと, 四十銭上物八十銭になつ, 四十銭二番目の鰯, 四十銭五十銭と持ち帰る, 四十銭五羽で二円位, 四十銭問屋も驚い, 四十銭四十銭の牛乳, 四十銭平均にもなんめ, 四十銭得をする, 四十銭高土間三円三十銭平土間二円四十銭但しいずれ, 四十銭高土間上等一円七十銭中等一円三十銭平土間上等一円五十銭中等一円十銭と記載, 四十銭鶏一羽十二円牛乳一合六十銭靴一足三十円という, 四十錠買って, 四十間ニなり両方, 四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 四十間五十九歳の人, 四十間五十間もある, 四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 四十間四方に対してあと, 四十間斗と云, 四十間石は皆, 四十間近くはあろう, 四十間通りも隔てた, 四十階急行のエレベーター, 四十隻いずれも逃足, 四十露に気, 四十露里あっちから赤軍分遣隊, 四十面相きみも運, 四十面相ぼくをわすれた, 四十面相下の原っぱ, 四十面相事件のかかり, 四十面相君ぼくの顔, 四十面相君気のどくだ, 四十面相本名は遠藤平吉, 四十頁一頁に大きな, 四十頁前後きっとよん, 四十頃デップリと太り, 四十領ほか具足やら腹巻, 四十頭牡馬まで合せ, 四十餘人の美, 四十餘年交遊の蹤, 四十餘年後の今日, 四十餘年歐洲に於ける, 四十餘年間に亙る, 四十餘戸へ殆ど, 四十餘歳上のかた, 四十餘歳壯快なる, 四十餘營のあと, 四十餘篇素より一, 四十餘萬圓を削減, 四十餘萬石金は六七十萬兩, 四十餘通の孝明天皇, 四十館に達した, 四十馬力の蒸, 四十驚吾老何況明朝又一年, 四十體あつた, 四十體神社に三十六體, 四十點でまあ, 四千うんぬんの金額, 四千くらゐの, 四千ここに二千, 四千ゆくえ不明二十一万焼け出された人口, 四千ドルであった, 四千フラン入りの袋二個, 四千フローリンの年金, 四千ホグスヘッド以上を必要, 四千マイルだけ航路, 四千マルクと月給二百マルク, 四千メートルあまりの走路, 四千メートル余もある, 四千ルウベルと云つたつて, 四千ルーブリで売っ, 四千一百五十尺もある, 四千一百十八斤で最小, 四千一百尺に減じ, 四千七百あるべし, 四千七百メートルか, 四千七百九十四方里の孤島, 四千七百四十一ポンドすなわちおよそ, 四千七百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 四千七百萬圓程節約, 四千万キロメートルのところ, 四千万ルーブリ出した, 四千万以上ということ, 四千万円程度だ, 四千万哩の海域, 四千万大和人種の苗裔, 四千万年の長い, 四千三百万人前後に減り, 四千三百九十二萬町で實, 四千三百二十四マイルリバプールより諸, 四千三百人であった, 四千三百余駄の木租, 四千三百兆大カロリー, 四千三百八十五円ですね, 四千三百円とか余った, 四千両どこにある, 四千九百尺にし, 四千二〇〇哩ある, 四千二十五万六千四百六円七十二銭は今日, 四千二十五万円ばかり入っ, 四千二十余尺気候の暖さ, 四千二百です, 四千二百万キロメートルの往復, 四千二百両の余, 四千二百五十円でしょう, 四千二百四十一年に既に, 四千二百尺の埠頭, 四千二百足らずあるとして, 四千五百くらゐ木造, 四千五百キロの目盛, 四千五百トンからの大船, 四千五百フィートなり, 四千五百フランだった, 四千五百メートルぐらいの高度, 四千五百七十一人なり, 四千五百七十三棟僧侶の数, 四千五百万民衆が足下, 四千五百三十二万二千二百二十二円七十二銭なりか, 四千五百両とは豪勢, 四千五百九十一万六百五十一人が農村居住者, 四千五百人の宦官, 四千五百八十一方マイル, 四千五百六十九件に比する, 四千五百十四人なり, 四千五百尺と測られ, 四千五百尺位のところ, 四千五百尺股沢山ノ東脈ニシテ支脈南荒川北中津川間諸山トナル以上同村ニ属ス, 四千五百有余もあり, 四千五百石持ちということ, 四千五百磅の株券, 四千五百萬人の曾, 四千五百貫目石をひっぱっ, 四千五百里の間, 四千五百首上は天皇, 四千人一隊約三千人一隊, 四千人以上に及んだ, 四千人余の群集, 四千人大陸をさる, 四千人寺院の収入総計, 四千人皆歸國せずに, 四千人高山中川の両, 四千何百トンの艦, 四千何百円かの印税, 四千何百尺かの高, 四千何百年も前, 四千何百戸といふ巣窟, 四千余万の頭脳, 四千余人三十代前の祖先, 四千余円でこの, 四千余尺のこの, 四千余騎が出迎え, 四千余騎粛々として進発, 四千余騎街道をまん中, 四千俵の豫算, 四千個から二万六千個, 四千倍の労働者, 四千偈他日如何擧示人, 四千億光年の大, 四千兩ぢやありません, 四千八百メートルだ, 四千八百万フランを示し, 四千八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 四千八百五人だが, 四千八百五十方マイル人口二千五十人なれば, 四千八百六十六万六千三百二十二人居た事, 四千八百円より高く, 四千八百四メートル作りルイ十八世は五千七百九メートル, 四千八百尺余の高地, 四千八百尺温泉宿の裏山, 四千八百石の旗本, 四千八百鑵に附き, 四千六七百挺といわるる, 四千六百三十万留を算出, 四千六百五十九円なり, 四千六百人の司教, 四千六百余坪に拡大, 四千六百八十粁距ったところ, 四千六百円以上くらいと見積れ, 四千六百四十噸である, 四千六百尺の駒ヶ岳, 四千六百戸でこれ, 四千六百日の間, 四千円これがまあ, 四千円一文切れても, 四千円也で売, 四千円原毛の仕, 四千円近くか, 四千卷を盡, 四千反を頒, 四千句詠じたこと, 四千呎の湖面, 四千哩以上の海面, 四千噸の飛脚船, 四千四百キロメートルという長い, 四千四百万となり, 四千四百万名に達する, 四千四百三十九人なり, 四千四百九十一尺即ち一町, 四千四百九十二マイルあり, 四千四百人家や船, 四千四百俵役金三千両という高い, 四千四百六フィートなり, 四千四百十二人とある, 四千四百十呎の点, 四千四百四十四人なん, 四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 四千四百四十四貫四十四匁に近い, 四千四百字以上の仮名交, 四千回にも及んだらう, 四千圓で拂, 四千圓一萬五千百圓の收入, 四千坪以上周囲にはお, 四千坪土地は高燥, 四千壺の香油, 四千字を知っ, 四千尺位の所, 四千年もの間彼らはかかる, 四千年以上もたつた, 四千年以前よりも現在, 四千年住ミ古シタル支那, 四千年來の長夜, 四千年前バビロニア國のバビロニア人, 四千年来時々人, 四千年間覚えて, 四千年間人食いの歴史, 四千戸に減っ, 四千戸人間にし, 四千戸死傷者三千人を出した, 四千曲の急, 四千本は消え, 四千杯の元気, 四千枚買った何と, 四千歩となる, 四千歳に上り, 四千法ほどすっ, 四千浴八万四千杯の元気, 四千点以上も負け, 四千百キロ飛行時間七十一時間その長い, 四千百七十三首で断然群, 四千百七十三首長歌二百六十二首旋頭歌六十一首という数, 四千百九十四米の高, 四千百五十六マイルの内訳, 四千百人なるべし, 四千百余年以前にバビロン, 四千百八十四人ありしも, 四千百六十二尺と註せられ, 四千石ここにあり, 四千石五千石の旗本, 四千石城持ち赤坂溜池際, 四千石従四位下を賜わる, 四千石木ッ葉みじんに叩きつぶし, 四千磅以上は書, 四千種以上の雪, 四千種板画類一万種に達す, 四千草さんはその, 四千萬の内, 四千萬圓の金, 四千衆生皆発無等々, 四千負傷者十一万五千を出し, 四千載の歴史, 四千輛よりなる, 四千遍の称名, 四千部と読まれた, 四千部夕方までに発送, 四千頭を養っ, 四千餘年の幽魂, 四千餘石に改め, 四千餘里又有, 四千餘里至朱儒國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 四千騎ぢかい奔流, 四升あまりの乳, 四升位普通二升五合位それに準じ, 四升余りを飲み尽くし, 四升余り千住かもん宿, 四升六合で一百文, 四升樽にも劣る, 四升鰒大皿飲めや, 四午年生れは山, 四の部屋, 四半半半分ずつ, 四半半半半半分ずつ, 四半年か半年, 四半年分の給料, 四半時平服に而出仕, 四南アフリカ行より, 四南インド洋の風波, 四印曼荼羅を描いた, 四即ち九票の, 四卷二〇の一四, 四卷作つたが, 四卷半ばかりは昔, 四卷目に引用, 四を凌い, 四厘七毛五朱か爺さんそれぢ, 四厘人口総数の二割七分八厘四毛, 四厘六毛に当たり, 四厘柄までを極太柄, 四原本と別立, 四去年で十五, 四になっ, 四といいます, 四柿舎の, 四反半掛に, 四反復して, 四反歩づつは作つてんだが, 四反覆して, 四取って居る, 四口一家固是客, 四口五眼を逆, 四古典の問題, 四古典的範疇は飜訳, 四句二十六字の小唄, 四句五句のたつた, 四句切りはなされ, 四句力弱し, 四句原文が, 四句拾ふ, 四句目等に及ぼす, 四句詩題韻詩折句詩諷詩歌謡詩などは幾度, 四句集雑草風景の句箋, 四台たむろして, 四台亀ヶ谷の急, 四台目のジープ, 四台目ごとに目立っ, 四台荷物をつんだ, 四号一八頁に一部, 四号以下は千二, 四号位からその, 四号印刷して, 四号地に分つ, 四号室二つの窓, 四号文字はもちろん, 四号校正の為来訪, 四号標題で身元不明, 四号病室は屋根, 四号病舎のかどまで来る, 四号目にはもう, 四号誌上にその, 四号車で前部, 四号錨地へ停めた, 四号館の辺, 四の気, 四ほどわし, 四各国政府に書, 四合あまり功徳を戴いた, 四合づつ御肴代金一朱, 四合ゆゑ湯山の餅, 四合九勺である, 四合五勺が単位, 四合五合という血, 四合今日は銭二銭米五合, 四合六勺あまりは違ふさかいな, 四合六勺なんぼといふもの, 四合分配給すると, 四合十銭の米, 四合半で古道, 四合壜二本を身近く引, 四合徳利を差出す, 四合瓶一本と大きな, 四合皆天には霧, 四合目辺にたなびく, 四合目邊りから, 四合罎ト内証で見せ, 四合罎一本よそから取っ, 四合途中も行乞, 四合飮まなく, 四吋のと, 四吋以上の裝甲軍艦, 四吋八門魚雷発射管は二十一吋四門, 四吋半以上の裝甲, 四吋砲の砲身, 四名ニテ成立ス併シテ是等党員ハ常ニ神士ニ化シ田舎漢ニ化シ, 四名一しょに晩, 四名主に少, 四名五名目撃者の談区々, 四名人を分け, 四名免職をトップ, 四名全滅するところ, 四名和田校長を部長, 四名堂塔三十宇七堂の荘厳, 四名堺山川荒畑なぞもこの, 四名天領御役所, 四名女一名が爆發物, 四名宛の水兵, 四名家も文学者, 四名家畜の斃死千二百余頭, 四名将を味方, 四名年寄役一名都合五名のもの, 四名掃除人一名あり, 四名改進党三十八名これに対し吏党, 四名既決二七名という項目, 四名書類を持っ, 四名本島人二名の多き, 四名現在十二名というよう, 四名眼の前, 四名聴衆は三百名足らず, 四名花売二名合計六十九名だったの, 四名負傷したるは, 四名軽傷者十二名に及び, 四名都合五名の警官, 四名重傷者六名軽傷者数名に及びおる, 四から床, 四君四派にもわかれ, 四吠陀中の阿, 四呎以下に沈んだる, 四呎八階の鋼鉄甲板, 四呎程の幅, 四呎長さ約六十呎, 四周一面頑丈な土壁, 四周山々に囲まれ, 四周敵の重囲下, 四周環視の軍士達, 四周目に及んだ, 四呼んでみた, 四品下が通儀太夫, 四品以下の無品親王, 四品四十町正一位八十町, 四品目もおしつけられる, 四品註えの, 四哩余り乗廻す, 四哩先の地点, 四哩半を騎乗, 四哩足らずを走った, 四商店と日受, 四問シエクスピイヤが理想, 四喜臨門とかいふやう, 四喬岳のある, 四嘆願すれども, 四器一も毀損, 四噴火の模樣, 四の石炭, 四囘づつ發行のこと, 四囘づゝ自作の續稿, 四囘人口調査によれ, 四囘数日間流通界から引去られる, 四囘生ですし, 四囘發表といふやう, 四囘緬羊の群れ, 四囘見に行け, 四四〇にすなわち, 四四〇〇〇〇が結婚, 四四〇〇フランを受取り, 四四〇〇磅に下落, 四四〇四だけ多く, 四四〇年頃に鉛活字, 四四グラムの塩分, 四四スコットランドの日曜, 四四ページである, 四四ミリメートルに達する, 四四リバプールよりニューヨーク, 四四・一%が放送, 四四・三パーセントとなり, 四四・二メートルの俚称三国ヶ山, 四四・四五・四七・四八等の諸, 四四一〇〇〇〇〇すなわち四二〇磅, 四四一年までその, 四四一年天応元年が初め, 四四七〇九となり, 四四七六九三一と見積られた, 四四七年で九年後, 四四三の方, 四四三〇八女は五, 四四三四五五〇五六六八七六という年, 四四並びに註參照, 四四之金といふかといへ, 四四九に, 四四九頁に, 四四二〇に増加, 四四二票のうち, 四四五といふ半分, 四四人の世話人, 四四八に, 四四八字と一二〇字, 四四六篇の論文, 四四分の一であること, 四四分の一出生率は三一分の一, 四四制であったが, 四四十三五十二六十一は文政己卯, 四四十五四十六っ, 四四十六か, 四四千六百円以上くらいと見積れ, 四四名のそれ, 四四回にこういう, 四四対一〇でありまたは, 四四対一〇〇であった, 四四年アーカンソー州のスツットガート市, 四四年オランダで出版, 四四年五月六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 四四年五月十七日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 四四年今から五年前, 四四年八月一部をもってシュレージエン, 四四年即位が一九〇三年, 四四年末に病歿, 四四年版のユダヤ美文集一冊, 四四年版六六六頁に拠れ, 四四年頃どこかの刑務所, 四四度の極寒, 四四歩までき, 四四歩四四同金左, 四四歳の者, 四四番のパッカア果実店, 四四磅となるであろう, 四四箇年未満で人口, 四四米国の美術, 四四西洋発行の仏書, 四四部隊川之上隊です, 四回それを繰返す, 四回ひねり変へた, 四回タブロイド版の新聞, 四回五回六回と蹴合い, 四回以上そのつぎ, 四回以上これを試みざれ, 四回以上断続する光, 四回位廻って, 四回公判の陳述, 四回内国博出品の, 四回内国博覧会が岡崎公園, 四回分載の, 四回前篇終りと, 四回午後に四回, 四回同文の閲覧願, 四回商科大学で語学, 四回国際ペンクラブの大会, 四回国際ペンクラブ大会へ出席, 四回国際眼科学会において, 四回坑外まで運ぶ, 四回宛くり返した, 四回実地授業批評会は十月八日, 四回審問に古, 四回展に華楊, 四回帝国議会開院式の勅語, 四回平和会議の紀念, 四回平均には出なけれ, 四回彼らと顔, 四回徒渉しながら, 四回振動するだけ, 四回改称節ノ賀筵上ニ於テ, 四回文展の, 四回新日本文学会の大会, 四回日本美術院出品の, 四回時ニ同学新ニ, 四回書面で往復, 四回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, 四回氷河期をむかえた, 四回法令は三時間, 四回清水で水洗い, 四回演壇に立った, 四回無駄な骨折りを, 四回発作がありました, 四回発表して, 四回目位です, 四回目内海殺しの状況, 四回矢継早に提出, 四回立候補して, 四回脱獄を企てたる, 四回虎の門, 四回虎ノ門の晩成軒, 四回金剛流の師匠, 四回随って批, 四回頃からロス, 四回養子先と女房, 四因家以求五求之公, 四団八列から鶴翼, 四囲みな彼, 四であったが, 四国民の何れ, 四国民大学のよう, 四国色無双な佳人, 四国語に訳され, 四國中國などは殆ど應仁, 四國九州北海道の四つ, 四國九州朝鮮等に廣, 四國屋から引, 四國山陰山陽北海道青森縣東北北陸全部を能, 四國巡禮のもの, 四國方面に短時日, 四國沖を航海, 四國猿と同じ, 四國祖谷山の山中, 四國紀州邊までに於, 四國者の何とか, 四國街道の養, 四國語に譯, 四國路の高い, 四圓五十錢敷金は二月分, 四圓宛食料を入れる, 四圓貰へるから, 四圓餘りを, 四土曜も行きたい, 四地区に分けられた, 四地区工程八キロの予定, 四の隅々, 四坪半のぬかるみ, 四坪半位の部屋, 四坪四方ほど平ら, 四坪許りの, 四型四発機は滑走路, 四塚作道に達しました, 四塞一物を辨, 四境清平なること, 四境自然の清福, 四境鉄壁の固めかた, 四境閑にし, 四墓地の価, 四と十人, 四士ここに無事再会, 四変化は熟語, 四変格に応ずる, 四大元主なし, 四大国が要塞, 四大家いずれも皆名, 四大家中に数えられた, 四大川によつて涵養, 四大師の伝, 四大戦艦だ, 四大文字がいかにも, 四大本空五陰有に非, 四大海といっ, 四大男ではない, 四大盤といっ, 四大級に分かるる, 四大聖人の画像, 四大脳がその, 四大門上を去らず, 四天下を統一, 四天十二神将の如き, 四天国に行きたけれ, 四天狗の性来, 四天皇打ち天神地祇, 四天門を出, 四太刀まるで血, 四太刀目こそはと振り上げた, 四太閤の, 四太陽年という周期, 四れも, 四夷部倭國の條, 四の一組, 四女とめが家, 四女五女で典侍, 四女優を集め, 四女工は一四二七, 四女柏は九つ, 四女洲三つであつ, 四女紅葉が十月二十二日, 四女長五つ良三つ全安, 四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 四その生む, 四に呼び掛け, 四妙子になる, 四妨害されて, 四を捕え刑せ, 四妻志保三十八女柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 四妻志保四十八女柏十三柏軒と妻俊, 四妻柏三十三子棠助九つ, 四妻柏二十三女長四つ良二つ全安, 四妻益は二十八, 四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 四は御, 四姿はしいて, 四威儀を破る, 四威儀ニ住ス可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, 四や五婚, 四婦ここにおいて妾, 四婦人の碁, 四嫂子は終に, 四嫌わるることに, 四子二女が残った, 四子以下はみな側室, 四子六女を挙げた, 四子勝頼へ信長, 四子容貌偉に, 四子寛五郎は津軽順, 四子平安十紋次郎二つ女長十五良十三, 四子忠吉より義直, 四子棟を郢王, 四子棣を封じ, 四子盛之進を呪殺しよう, 四字あてすべてで四百字, 四字づめを使っ, 四字づゝに分け, 四字之を私たち, 四字二行の遺墨, 四字儒侠文左衛門の面目, 四字分の伏字, 四字十八行詰の原稿紙いっぱい, 四字句とを相互関聯, 四字名を用, 四字茨右近の喧嘩屋, 四字詰かで書いた, 四字詰めのを石川, 四字長短二句の連続, 四字額が掲げ, 四学問は実用, 四学年用のもの, 四学年読方科及び綴字科, 四学校より教師, 四学派以後の捜査法, 四宇津木と岡田, 四宇目四字まですゝむと, 四守護霊との対面, 四安十六柏軒の妾春四十三, 四のハガキ, 四の吹き出し, 四実隆が引退, 四客分くばられて, 四室ぐらゐのさゝやかさであつたが書齋となるべき, 四室二階四室で村, 四宮理学士が姿, 四家剣術が三家, 四家十軒ばかり人家, 四家族と言う, 四家族十名内外の団体一泊旅行, 四家柄だけの婿選, 四家老三宿老それに片倉どの, 四容貌もまんざら, 四宿岡場所まで掃い, 四宿総代の庄屋, 四の乱, 四富者の言, 四寸あまりそれを右手, 四寸がた開いて, 四寸がらみはあろう, 四寸ぐらゐもあつて然しすらり, 四寸ちょッとの素晴らしい, 四寸ちようど笠のところあたり, 四寸ものを塩焼き, 四寸七分深さ一寸三分の箱, 四寸上にある, 四寸九分無銘白鞘の短刀, 四寸二分の如来様だそう, 四寸二分金無垢の海音如来, 四寸五分の大刀を打ち振う, 四寸五分十五貫といえ, 四寸五分板鉛の軽い, 四寸五分順慶長光の太刀, 四寸以上のゆれ, 四寸以上五六寸もある, 四寸以上姿はスラリ, 四寸位づゝすかしてあるに過ぎぬので, 四寸体皆具わるかつて, 四寸六分何れも無銘, 四寸四方ばかりの小, 四寸大にし, 四寸大湾れで錵, 四寸幅ほどの角帯, 四寸幅一尺八寸の潜り戸, 四寸幅九分一厘肉二分という, 四寸末口周り一尺五寸末口直径七寸といふ, 四寸格子のはまった, 四寸横二寸三分鴇色地に桜ン坊, 四寸横五寸余のもの, 四寸横六寸位の小さな, 四寸水につかった, 四寸煙突は外部, 四寸相交つて居る行司, 四寸程度である仕掛け, 四寸積った雪, 四寸空気の中, 四寸腕は鉄, 四寸角二間柱一本ずつを割りあて, 四寸許新枝ハ浮毛, 四寸許弁ノ本, 四寸金銅立像の胎内仏, 四寸髯を垂らした, 四寸鮭のはら, 四寸OPが一尺四寸二分, 四寺院と人口, 四対一出生対総人口一対二三・二, 四対三・三分の一すなわち一二対一〇, 四対六で勝, 四対結婚八という比率, 四対高等甲殻類は五対, 四封度を携え, 四する太陽, 四将二万騎はこの, 四将以下家中悉く参列, 四将蒲生源左衛門蒲生忠右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 四将軍です, 四小学校の最上級, 四小指を五, 四小節先まで一人, 四少かった, 四少年たちも同じ, 四尺ぐらゐの下から出たべい, 四尺ぐらゐの所よ, 四尺づつで茂つた草を掻き分け, 四尺どまりの深, 四尺のと書かなけれ, 四尺ほか上って, 四尺ニ至ル其需用亦彼ニ, 四尺一寸余の竹, 四尺一寸八分の木刀を作った, 四尺一寸八分今その雛形, 四尺七寸ぐらゐの小男で私, 四尺七寸以上周りは一丈三尺余, 四尺三厘柄のテグス, 四尺三寸の太刀, 四尺三寸三分を手帳, 四尺三尺に縮め, 四尺乗組は南蛮人, 四尺九寸位なんてお前, 四尺二三寸の樫, 四尺五寸つまり一坪に足りない, 四尺五寸柄長く造らせたる, 四尺五寸許の高, 四尺五尺と云う, 四尺五尺位の建物, 四尺五尺六尺と漸次, 四尺五間か十間, 四尺以テ傘ニ代テ暴雨ヲ防グ, 四尺位縁の太, 四尺余り吹き出したの, 四尺六七寸かな, 四尺六七寸肩幅が広く, 四尺六寸黄生をし, 四尺内部は三層, 四尺前で睨みつけた, 四尺向うへ開く仕懸, 四尺周囲の円筒部, 四尺四方ぐらゐな四角の枠, 四尺奥へ間, 四尺婦人の手, 四尺宛層をなし, 四尺崖になっ, 四尺巾位の竪幅, 四尺幅くらいにせばまり, 四尺幅三尺程の大幅, 四尺後へ押しのけられた, 四尺根廻りは二丈八尺, 四尺桶へこつ, 四尺横が三尺, 四尺武州不忍, 四尺水面から測るなら, 四尺浸水したという, 四尺直径一尺五寸もある, 四尺直径一尺総体が黒く, 四尺縁には行燈, 四尺計り堀り下げ, 四尺足らず三尺八寸という小柄, 四尺近くもあろう, 四尺長方形の岩室, 四尺顔の真中, 四尺風呂桶の高, 四尾五銭だつた, 四尾酒は幸, 四局五局と差, 四局目であり第, 四屋内にての避難, 四を取り外し, 四は日本, 四層めの一室, 四層冠を戴い, 四層目の廂, 四層立にし, 四層閣が城廓, 四という惨状, 四屯布二十九端庸布百八十常までの特別給与, 四山人というの, 四山四河の中, 四山楼の晩餐, 四する向って, 四の如き, 四岳雪だったろう, 四の谷, 四を繞, 四島下郡吹田村涙池土俗伝えて, 四は海, 四之祀, 四巌間寺の事, 四川料理の支那料理店, 四川路あたりには街路, 四川路底の日本人, 四川雲南の方面, 四川青海北チベットにまたがる, 四州三十万の兵, 四工場を各々, 四巨星が世, 四した箙, 四巳四月十三日御用出府同年六月七日暫御差留同日丸山学問所へ罷出, 四巳年同七申年, 四巻き七巻き半も, 四巻一千十六種の説話, 四巻一号四頁及び本号, 四巻一号四頁七行目の欠字, 四巻一章に十七世紀, 四巻一譚にミネカニエロ翁雄鶏, 四巻予告の小さな, 四巻二九六頁尾佐竹猛氏伊豆新島の話, 四巻五八章にこの, 四巻仏の教示, 四巻以下が没落譚, 四巻作者の筆, 四巻十二号へ載せた, 四巻十章にアルメニア, 四巻四九頁同三巻四一頁, 四巻巻纓の老, 四巻延喜の帝, 四巻校正摺を見る, 四巻附録一巻はすなわち, 四巾布団を取っ, 四に建設, 四市外の実況, 四布布団を敷い, 四帖書写の功, 四帝三十五・六年の間, 四帝八十三回に及べり, 四帝都の美観, 四師団司令部は考える, 四師団司令部発第四〇二号, 四師団附の新聞記者, 四師団附新聞記者の宿舎, 四師団騎兵二師団で兵力, 四かそこ, 四席めにはそぞろ, 四常三郎二十三柏軒十八長十四, 四常三郎十三柏軒八つ長四つ, 四あつた, 四幕めの幕, 四幕もののこと, 四幕オデット姫の助力, 四幕ロデリゴがザラ, 四幕七八場にあまる, 四幕十一場であるが, 四幕十場のグランド, 四幕百枚あまりを書きあげ, 四幕目紋三郎宅の場, 四幕目誘惑の魔, 四四百六十七人に, 四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 四平凡社のもあっ, 四平城の一つ, 四平方インチに過ぎない, 四平方メートルだったから, 四平街沙をし, 四平街附近ばかりでなく, 四平鈎掛升の六之進, 四年あなたが二年, 四年あまり前に故人, 四年あまり彼が飛騨, 四年あまり自分と同棲, 四年お正月某家に於ける, 四年がかりにて俳諧辞書編輯, 四年ぐらゐ平気よ, 四年こっち夫は私, 四年これあり, 四年ころのこれら, 四年ごろ玉泉という者, 四年ごろ石見に疫病, 四年もの間チャント世話を焼い, 四年わたしも全くよく, 四年アメリカのデヴイツド・ブルース, 四年アラゴーナ王ペドロ三世の將ルージアロ・ディ・ラウリア, 四年アーカンソー州のスツットガート市, 四年イシカリ郡トウベツ村に入った, 四年イタリヤの無, 四年エタ非人称号廃止, 四年エタ非人解放当時までも地方, 四年カナダのモントリオル, 四年カフカが出会い, 四年カン・グランデが皇帝, 四年ジェネヴァでのこと, 四年スペイン一四七七年イギリス一四八二年デンマーク一四八三年スエーデンノルウエー一四八七年ポルトガル一五三三年ロシヤそして北米合衆國, 四年スミツザース再板, 四年ダンテ始めて, 四年デンマーク戦争には未だなかなか, 四年ドレスデンに生れた, 四年ナポレオンがライプチヒ, 四年ナポレオン一世がここ, 四年ノルウェイのベルゲン, 四年ハ大キニ心ガユルンダカラ, 四年ハリス江戸に入る, 四年パリーの春, 四年パリ板サントスの, 四年ピエールが四十五歳, 四年ピサの艦隊, 四年フィラデルフィアに於, 四年フィリップ四世に嫁, 四年フラマリオン社から現在流布, 四年フランスに戻らん, 四年フランス語で書かれ, 四年フランチェスコアヴェルノの岩山, 四年ブラク大佐がモレー市, 四年プラートのカルディナレ, 四年プロレタリア全文化運動, 四年ボローニアなるラムベルタッチ家, 四年ボンベイで死んだ, 四年ボンベイ板エントホヴェンの, 四年ボンベイ版エントホヴェンの, 四年ヨリ文永三年ニ至ルマテ凡八十七年間鎌倉幕府, 四年ラストラの役, 四年ルムフォード賞牌を受けた, 四年ロシヤ暦七月二日ブーニンの言葉, 四年ロスタンの, 四年ロダンの彫刻, 四年ロンドンのアルバート, 四年一〇〇に対し女一一五・七, 四年一ヶ月になる, 四年一八五八年に英国, 四年一四五と災害, 四年一回ずつ参詣, 四年一文もムダ, 四年一日のごとく, 四年一月一日ロオペ博士女王の侍医頭, 四年一月九日西賀茂神光院なる覺樹, 四年一月二十八日御届, 四年一月二十八日切支丹国禁外国教師追放を発令, 四年一月二十四日の朝, 四年一月二十日に山城, 四年一月二日の午前十時, 四年一月八日にかかれ, 四年一月冬にし, 四年一月初旬の日記, 四年一月十四日大統領グラントに謁見, 四年一月又一は釧路, 四年一月品川沖に觀艦式, 四年一月四日の夜, 四年一月夏沢温泉から八ヶ岳, 四年一月廿五日予先生を三田, 四年丁丑十二月九日高木轍跡屋敷御用にも無, 四年丁丑四月十七日出生梅津源蔵利春という, 四年丁卯と十年癸酉, 四年丁卯以後と朱書, 四年七つの時, 四年七十六歳で歿, 四年七十四歳の秋成, 四年七年十年等と記し, 四年七月フェルラーラの君, 四年七月一日から所謂メートル法, 四年七月九日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 四年七月二十七日大蔵省の中, 四年七月二十四日午後七時三十分汽車にて上野発, 四年七月二十日アレツツオに生れき, 四年七月作者二十四歳の時, 四年七月八日以後帝国の高貴さ, 四年七月列藩を廃, 四年七月初旬内務次官フォン・デルブリュックは当時ロッテルダム, 四年七月十七日為藤は五十歳, 四年七月十三日の申, 四年七月十三日信治の叔母, 四年七月十六日の年号, 四年七月晦より閏七月一日, 四年七月板垣大佐を総裁官, 四年七月私が法學院, 四年七月維新政府ははじめて一応, 四年七月英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 四年七月號に, 四年七月號中央公論掲載の, 四年七月長春に於ける, 四年三十一歳の時, 四年三善清行の上った, 四年三度渡米ニューヨークに於, 四年三月三十日の夜, 四年三月三十日大臣官房において中村氏, 四年三月三日ロンドンの王子座, 四年三月三日義経鞍馬山ヲ出, 四年三月二十一日に, 四年三月二十九日に歿, 四年三月以後に建てられた, 四年三月佐保の宅, 四年三月八日ニューヨーク市の東区, 四年三月八日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 四年三月六日の事, 四年三月十一日に阿部侯正精, 四年三月十七日に入, 四年三月十二日にその, 四年三月十五日津輕平賀郷に關, 四年三月十八日に書いた, 四年三月十日病気治療のため上京, 四年三月塀和三藏は伊豫尋常中學校, 四年三月己未道昭和尚物化, 四年三月廿九日に生れ, 四年三月発行の第, 四年三月相州湯河原の山懷, 四年三月筆者への書翰, 四年三月籾山書店は, 四年三月謫所で生涯, 四年三月頃まで, 四年下なの, 四年世栄の外, 四年世津子は女学校, 四年丙辰の歳, 四年中ゴルドン将軍伝を書く, 四年中学は四年, 四年中部フランスの貧しい, 四年丸二年半の佐渡, 四年主人の家, 四年乙卯の春, 四年九月一日武州井之頭, 四年九月三十日磐の長子信一, 四年九月九日に十代目眞志屋五郎兵衞, 四年九月予は従来筆記, 四年九月五日善光寺平の原野, 四年九月八日詩人メーリケはス市, 四年九月初旬のこと, 四年九月十一月同四十五年二月, 四年九月十二日に歿, 四年九月十四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 四年九月十日の川中島合戦, 四年九月同社より上梓, 四年九月廿日の條實朝大江廣元, 四年九月東京控訴院に於, 四年九月津軽板柳の大農松山銕次郎氏, 四年九百年九百九年の文書, 四年予の遠江, 四年二十八才の時, 四年二月エルサレムへ旅行, 四年二月一日の日記, 四年二月七日で齢, 四年二月二十九日で信明, 四年二月二十九日様々の奇瑞, 四年二月二十六日に召し捕られ, 四年二月二日だと, 四年二月作家同盟は大衆組織, 四年二月出板大文字楼静江序角海老楼金龍句稲本楼八雲詩松の家露八句其他, 四年二月十三日に江戸両国, 四年二月十五日朝の九時, 四年二月十八日歿す俗名宗清民, 四年二月十六日に安房, 四年二月十四日に六十三歳, 四年二月号で能楽, 四年二月岩波書店から出版, 四年二月廿四日出版八幡楼高尾序川上鼠文序烏有山人筆記娼妓てこ鶴の演説, 四年二月發行の, 四年二月解散するに, 四年二百匁位になる, 四年云々と書き認め, 四年五ヶ月以上になっ, 四年五六年年なしなどと, 四年五十八歳であるべきに, 四年五年ごろは世界館, 四年五年君のこと, 四年五年心配打った甲斐, 四年五月ベンサムは当時ロシア, 四年五月一日六十三歳をもっ, 四年五月一日関東軍司令部で各地, 四年五月三十日に上海, 四年五月下田奉行はハリス, 四年五月中旬のさわやか, 四年五月九日に五十八歳, 四年五月二十三日十一時十分城崎豐岡大地震大火, 四年五月二十二日に三原, 四年五月六日王立協会にてヴィクトリア女皇, 四年五月六月と引き続い, 四年五月十一日滋賀県の巡査津田三蔵, 四年五月十七日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 四年五月十七日政治的にデンマルク, 四年五月十八日の午, 四年五月十日の朝, 四年五月天皇親しく鳥, 四年五月妻は長女, 四年五月東京麹町区飯田町の皇典講究所, 四年五月西国での文芸, 四年五月長門国壇の浦, 四年五月雑誌文芸春秋からはじめて, 四年五月革命の旗, 四年亜墨利加に留学, 四年交代と云う, 四年亥歳九月十三夜に谷中瑞林寺, 四年京都所司代板倉周防守重宗をし, 四年人民は借金, 四年今から五年前, 四年今川氏真署名の文書, 四年仏軍は敵, 四年仙台領の下, 四年以上全部説五年全部説各学級代表説, 四年以來專忠直間右大將軍, 四年以前別後の挨拶, 四年以前御岳山上で試合, 四年以前此の町, 四年以前譲位せし我父, 四年以前陸軍軍楽隊が奏楽, 四年以後五箇年間の出生, 四年以後木曾駒白馬立山御岳乗鞍槍常念, 四年以後死去と見え, 四年以後頓に寂れ, 四年以後飢饉にし, 四年以来いつでも母, 四年以来それを顧みなかった, 四年以来一度も首席, 四年以来一通りならない, 四年以来五十七年の長き, 四年以来今夜が彼, 四年以来全国の人口, 四年以来四倍と二割弱, 四年以来四度の質問, 四年以来奉天と称せられる, 四年以来極東における英国, 四年以来欧州くんだりを遊歴, 四年以来衛生について政府, 四年伝法に育っ, 四年何ヶ月と云, 四年余りの間冬彦先生, 四年作家として猛烈, 四年作者三十一歳の時, 四年來藩閥控制の術數, 四年依田学海翁が男女混合, 四年侯駕に扈, 四年修了のまま, 四年修撰に関して兼載, 四年修業程度しかない, 四年修業者だという, 四年修正同七年発行, 四年健康がすぐれない, 四年傳來説も普通, 四年僕等は社会民主党, 四年元治甲子の六十一, 四年充分に頭, 四年八十一歳で歿, 四年八月アララギの安居會, 四年八月モスクワで第, 四年八月一日に始まった, 四年八月一日二代清三郎建之と刻, 四年八月一部をもってシュレージエン, 四年八月予再び家, 四年八月二十一日にパリ, 四年八月二十七日午後五時オルコマ号に駕, 四年八月二十三日付のゲーテ, 四年八月二十五日に阿部正精, 四年八月二十日後であつ, 四年八月二日この前, 四年八月二日北極海観光船を辞し, 四年八月二日楢戸村御出発, 四年八月二日生で当時十一歳, 四年八月六日渡部長七唱の手記, 四年八月前後の北陸辺, 四年八月十五日の朝, 四年八月十八日頃のモルトケ, 四年八月十六日崩御あらせられて, 四年八月十四日のこと, 四年八月孫栗園と倶, 四年八月当時私が高山町西校校長野村宗男君, 四年八月朔日朝賀の酒宴, 四年八月末のこと, 四年八月死ぬる時, 四年八月私は鉄道省, 四年八月節度使の制, 四年八月頃いよいよ詩, 四年六十七歳の八, 四年六十三歳のハイドン, 四年六月なかばの夕方, 四年六月三人の男, 四年六月三十日から七月一日, 四年六月三十日付大蔵少輔伊藤博文, 四年六月三日宇治橋の戦, 四年六月二十三日だ, 四年六月二十五日法隆寺西園院にて観, 四年六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 四年六月十一日の項, 四年六月十七日に老中, 四年六月十三日に持病糖尿病, 四年六月十九日に沈められる, 四年六月十六日から新, 四年六月十六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 四年六月十日遠州組三人, 四年六月同郷の志賀潔さん, 四年六月崩御せられた, 四年六月新潟今町国上出雲崎各地に遊ぶ, 四年六月日本に亡命, 四年六月明治記念博覧会が名古屋, 四年六月東京文理科大学内に開催, 四年六月江州彭沢の丞, 四年六月発行の白井光太郎博士著, 四年六月皇后崩ぜられし時, 四年六月維新政府はついに, 四年共和といふ, 四年其間何をした, 四年内外の活動, 四年内裡歌合の八番右, 四年内裡歌合せは女房歌合せ, 四年冬十一月九日朝より夜, 四年冬島原攻の御供, 四年冬起草して, 四年処は日本, 四年出家し八十, 四年出版正価一円二十銭の著書, 四年分とれる, 四年初めまでつづき, 四年制あと七年制九年制とある, 四年制七年制九年制とわかれ, 四年制小学校における女児就学率, 四年前あいつが十七歳, 四年前あたりから急, 四年前あなたが訪ね, 四年前いろいろなところ, 四年前おん年三十一で万乗, 四年前それは東京, 四年前クイーン雑誌のコンテスト, 四年前ソヴェト同盟が新しい, 四年前ニハ人もしらぬ, 四年前ハは三年前, 四年前ペテルブルグ大学で開かれた, 四年前一九〇二年の八月, 四年前一八五〇年の数字, 四年前一家を挙げ, 四年前一度居士の宅, 四年前一番終りに重吉, 四年前一緒になる, 四年前二隻の船, 四年前京橋際のビルディング, 四年前位にマックス, 四年前備前之人を頼置候, 四年前僕が玄関, 四年前八月十五日の暁方, 四年前友人等と葛城山, 四年前反対派の大騒ぎ, 四年前夏ごろの出来事, 四年前大阪に居た, 四年前太陽の光線, 四年前妖怪研究の結果, 四年前季節は櫻, 四年前島へ送らせた, 四年前店に入, 四年前彼を訪ね, 四年前彼らの恋愛, 四年前後のこの, 四年前戦地にあれ, 四年前手術の甲斐, 四年前數人の學生, 四年前日夜目にせし, 四年前杪冬の七律, 四年前此処へ最初, 四年前死ということ, 四年前水戸浪士通行の際, 四年前王子を救っ, 四年前節子が品川, 四年前組合の演説會, 四年前自分もその, 四年前蝦夷の室蘭, 四年前表だけを造作, 四年前親く見し, 四年前越後に帰つて, 四年前酒の上, 四年前長女を片づける, 四年前阮東が失踪, 四年前雪子との間, 四年前青年の人生, 四年前非常に面白い, 四年労働者の家, 四年勤続しても, 四年北翼が完成, 四年十一月○日午前二時大統領私室に於, 四年十一月一日に叔母, 四年十一月三日森立之妻, 四年十一月二十一日にお, 四年十一月二十九日には王侯たち, 四年十一月二十九日丸橋忠弥らの処刑, 四年十一月八日に横浜, 四年十一月六日作とあった, 四年十一月十三日寒波しきりに到つ, 四年十一月十三日彼はザンジバル港, 四年十一月十二日こんどは日本政府そのもの, 四年十一月十八日条には, 四年十一月十六日である, 四年十一月十日の事, 四年十一月四日の諸, 四年十一月廿六日第二議会, 四年十一月生の枳園, 四年十一月蘇我赤兄に欺かれ, 四年十一月高師冬大挙して, 四年十二月一日東京神田のキリスト教青年会館, 四年十二月下旬に市ヶ谷刑務所あて, 四年十二月九日とある, 四年十二月二十九日に心臓病, 四年十二月二日興津弥五右衛門景吉は高, 四年十二月十三日に書かれた, 四年十二月十二日とし, 四年十二月十八日代議士田中正造は第, 四年十二月十六日パリを西北, 四年十二月十日第十六議会, 四年十二月号に連載, 四年十二月夏目漱石の門, 四年十二月廿四日ふと出, 四年十二月教授職並に進み, 四年十二月晦日の作, 四年十二月朔に七十二歳, 四年十二月未決におくられ, 四年十二月本員等の質問, 四年十二月東京に生れた, 四年十二月白洲に於, 四年十二月長男幸太郎が七歳, 四年十月三日私は第, 四年十月中旬に歿, 四年十月予また幕末, 四年十月二十七二十八の二日間, 四年十月二十八日の濃, 四年十月二十八日朝チリ国バルパライソ港に入, 四年十月二日同村伊藤イナという人, 四年十月八日生れの四女陸, 四年十月六日のこと, 四年十月十二日の詔, 四年十月十二日有名なる詩人テニソン, 四年十月十五日のこと, 四年十月十六日木村旧軍艦奉行, 四年十月十四日の, 四年十月十日の事, 四年十月四日となつ, 四年十月四日付雲浜から大和五条下辻又七, 四年十月少年の頃世話, 四年十月廿二日だつたこと, 四年十月朔に抽斎, 四年十月興行に, 四年半近くの年月, 四年半間隔であること, 四年南方に出征, 四年単行本として出版, 四年卯月廿九日のころ, 四年即位が一九〇三年, 四年吉崎に坊舍, 四年同門の黒田湖山, 四年和上の滅後六年, 四年和泉前司道経, 四年和蘭で出版, 四年四十二歳で福山, 四年四十六歳で歿, 四年四月一日横浜を出航, 四年四月七十三歳で歿, 四年四月九日と記憶, 四年四月二十九日當時羅馬に滯在, 四年四月二十九日賀名生で崩御, 四年四月二十二日巳刻ごろ俊成が撰集奏覧, 四年四月二十五日であるが, 四年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 四年四月二編は同年六月発兌, 四年四月京城日報社の招き, 四年四月以後に成れる, 四年四月六日に抽斎, 四年四月十七日年五十六で歿, 四年四月十二日に道徳的抑制, 四年四月十二日竹亭は七十九歳, 四年四月十五日であった, 四年四月十八日午前七時半の汽車, 四年四月十八日盛大な国葬, 四年四月十四日に其子懐, 四年四月十四日三丁目の森田座, 四年四月小林に紹介, 四年四月尾張の瀬戸, 四年四月廿三日に歿, 四年四月文学博士重野安繹撰と書けり, 四年四月新潮社發行現代小説全集の芥川龍之介年譜, 四年四月朔に隠居料二人扶持, 四年四月某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 四年四月梓書房によつて, 四年四月猿若町の森田座, 四年四月発行の, 四年回異書多半出三蔵, 四年回顧いたしますれば, 四年国男が来る, 四年土佐高知に生れ, 四年圧倒的に人気, 四年坊主を近日紹介, 四年埃及はナイル河, 四年壬午は享保生, 四年夏わたしは呼吸器, 四年外国へ行っ, 四年外遊の前, 四年大友の恋, 四年大坂若江の合戦, 四年大学部が四年, 四年大安寺の普, 四年大岡越前守等の立案, 四年大戦がヨーロッパ, 四年大正五年大正六年私は閉門生活, 四年大衆のため, 四年大阪朝日新聞の懸賞, 四年天武天皇の時代, 四年天津で生れ, 四年太政官中に商法編纂委員, 四年奉行曾我日向守お畳奉行別所播磨守, 四年奏上の日本紀, 四年女婿秀次の事, 四年女子組の教室, 四年女生の裁縫, 四年妹は同じ, 四年姿を見せず, 四年学校へやれ, 四年室生犀星が郷里, 四年寅年の初冬於鶯谷庵かき, 四年寒川に住ん, 四年対五年の対立, 四年小太郎を産ん, 四年小田原養痾中の写真, 四年尾州守山の陣, 四年岩倉具視の一行, 四年島原の乱, 四年島原征伐の事有, 四年島原耶蘇教の乱, 四年島津氏が百艘, 四年嶋原征伐, 四年川中島合戦には謙信, 四年己酉七月二十五日同十九年壬子十月神祖, 四年己酉七月五日神祖より御朱印, 四年已前に死, 四年市村座の盆興行, 四年帝程済, 四年帝國の首都, 四年師走半ばの十四日, 四年帰府後の作, 四年帰朝後工科大学教授に任, 四年帰朝目下ステージを去っ, 四年年漸く十六, 四年年十七におわしける, 四年幸運はバイエルン国王ルードウィッヒ二世, 四年度ロシアの中学校, 四年度思想界の講評, 四年度訂正として, 四年廃藩のころ, 四年廃藩置県の業, 四年延宝七年に亡くな, 四年廿歳の時, 四年式のぴちぴち, 四年当時の囚人, 四年役人暮しの間, 四年往生の時矢張り奇瑞, 四年後二人の生活, 四年後二十五歳の父, 四年後半より今日, 四年後半上述のよう, 四年後文政元年になつ, 四年後朝鮮から来た, 四年後東京に開催, 四年後醍醐天皇は吉野, 四年御用に立つ, 四年徴が躋寿館, 四年応文は西平侯, 四年感服して, 四年慧鶴は二十三歳, 四年戊辰の年, 四年戦争やなに, 四年損をした, 四年政府変動の後, 四年数ヶ月になる, 四年文化十三年四月及五月である, 四年文展に出品, 四年文政八年十二月十一日に裁, 四年新暦七月十五日南ドイツの鉱泉地バーデンヴァイラー, 四年新版の, 四年早夏号の私, 四年明治改元の前, 四年春二月参宮の時, 四年春以来の朝幕一和, 四年春小田原攻囲中信玄動くと, 四年春帰京高円寺にいた, 四年春期展に, 四年春浪華に, 四年春社会党は第, 四年是れも, 四年晏川と清満, 四年晩秋に高知, 四年普選が成立, 四年普選案が両院, 四年晶子が, 四年暮れに, 四年書をペンシルバニヤ州, 四年書生上がりの我ら夫婦, 四年會はなかつた, 四年有半朝夕先生の謦咳, 四年木剣を持った, 四年末以来ソヴェートに於ける, 四年来ロシヤでもせい, 四年来七カ年の辛苦, 四年来婦人自ら内にある, 四年来文学以外の領野, 四年来物理学の危機, 四年来眼鏡がない, 四年来耳にする, 四年来芥川賞直木賞文芸懇話会賞等々夥しい賞, 四年来藩閥控制の術数, 四年来雑誌分類の台本, 四年来面倒な台所, 四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 四年東京女子医専を卒業, 四年東京帝国大学前のパン店, 四年栃木縣の統計, 四年業大に進ん, 四年極月二十八日であった, 四年榊原氏の臣, 四年横網町の安田家, 四年次男孫六歳にし, 四年歌がうたえる, 四年正四位下で卒, 四年正月下諏訪温泉の亀屋, 四年正月九日北陸道鎮撫総督として高倉永, 四年正月二十七日に生れた, 四年正月二十三日に寿美, 四年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 四年正月二十八日に知行二百石, 四年正月入隊の衛生兵全部, 四年正月号に掲載, 四年正月燕の先鋒李, 四年正月長州貿易交渉を終えた, 四年正造は還暦, 四年此方左前になり, 四年死せるゲスネル, 四年比日本郵船会社の品川丸, 四年永眠の哲学者, 四年江戸市中引廻しのうへ, 四年治世が三年, 四年泥舟が明け, 四年浅草公園裏の吾妻座, 四年浅野内匠頭が腹, 四年海外漫遊に出かけ, 四年淨海が暴虐, 四年清子もいつのまにか, 四年満州事変当初の東亜, 四年滑稽なこと, 四年漢は弐師将軍李, 四年為尹薨去の年, 四年熱帯に住め, 四年版ゲスネルの, 四年版チャプリカの, 四年版パッターソンの, 四年版ピエロッチの, 四年版一九〇頁にいわく, 四年版一二六頁に豕能, 四年版六六六頁に拠れ, 四年物の恠, 四年物質方面の多少, 四年独逸軍はマルヌ, 四年猿若町の中村座, 四年王位に即, 四年王政復古政権統一総て革命的の気焔, 四年珍風景である, 四年現在の職業安定所, 四年生ぐらゐといふものは一般にどんな, 四年生ごろには本式, 四年生たちが笑, 四年生のを借り, 四年生まれの母上, 四年生一組の受持訓導, 四年生五人の裁縫, 四年生以上の組, 四年生全部が博物教室, 四年生国は弘化元年生, 四年生岡山大助君という少年, 四年生総代としてある, 四年生頃の十六七, 四年男子組の子供たち, 四年留守第十六師団長中岡中将, 四年病院から一歩, 四年痘科辨要板木を家元, 四年癸卯に卒す, 四年癸卯十二月二十七日に当る, 四年発刊当時の, 四年発行大浦天主堂とあり, 四年發行の, 四年皇帝の位, 四年目兵馬は十六歳, 四年目四年目に閏月, 四年目思いもかけず, 四年目明治十年四月三日に両国中村楼, 四年目私が二十八, 四年相州逗子に過ごした, 四年矣昨雨窓無聊偶念及之, 四年社会民主党の創立, 四年祇園御霊会の神輿, 四年福亮と同人, 四年秋シベリヤ経由でドイツ, 四年秋東亜連盟協会なるもの成立, 四年秋私の途, 四年秋都新聞へ書かれた, 四年称号廃止当時の数, 四年程度であろうという, 四年筆する所, 四年米人ハリマンに招かれ, 四年米国図書館協会総会においてこの, 四年級ぢやつた, 四年級乙組の三十七人, 四年級用第十五課, 四年素子と二人, 四年經ツた, 四年緒方塾でへんな, 四年續いて, 四年羅馬がまだ, 四年脳を病ん, 四年花月二日の通牒, 四年英国へ帰っ, 四年英国倫敦発刊の某, 四年英船浦賀湾に入る, 四年藩主の駕, 四年行幸のあった, 四年西暦一五〇七年に該当, 四年西蔵人の遊牧者, 四年謫せられて, 四年議会に始め, 四年越の今日, 四年越中気でなくなった事, 四年越間がな隙, 四年軍をボヘミア, 四年辛亥元旦の作, 四年辰年の五月十五日, 四年近辺に製紙工場, 四年道照遷化火葬あり, 四年郊外を歩まず, 四年郡名整理のさい, 四年長田入道が惶懼, 四年門弟を集め, 四年開国以来のこの, 四年開戦の当初, 四年開戦瞬前に起っ, 四年開眼供養の盛儀, 四年閏七月の朔日, 四年閏三月多治比真人鷹主が遣, 四年閏九月十三日のこの, 四年閏五月に駿河, 四年閏六月二十日に七十二, 四年閑古鳥がない, 四年間ひとりの女, 四年間オランダスイスオーストリヤチェコベルギー等を巡業, 四年間コキ使って, 四年間ラジウムを取出す, 四年間レスパネエ夫人に少量, 四年間一日も缺, 四年間一番の席, 四年間京都に留まった, 四年間京都医大附属病院で助産婦見習兼看護婦, 四年間他国に流浪, 四年間先生は文字通り快活, 四年間勞役に從, 四年間同棲した一つ年上, 四年間土曜日ごとに逢っ, 四年間学校へ通った, 四年間実在し第, 四年間彼女の生活, 四年間志願女であって, 四年間戦争をし, 四年間支払猶予され事実上, 四年間朝夕をともに, 四年間朝鮮語を習ひと, 四年間歌一つ作らなかつたけれど, 四年間正午と夕刻, 四年間殆ど俳人としての交通, 四年間毎年堆肥を入れれ, 四年間気違いのよう, 四年間沈黙で押通せる, 四年間澄江をめぐ, 四年間特待生として数々, 四年間独居生活をした, 四年間粒々辛苦の所得, 四年間絵を休ん, 四年間継続の工事, 四年間良人に別れ居りし, 四年間英国中のドイツ人, 四年間血にまみれ, 四年間行雄の一家, 四年間講義をした, 四年間都城を改修, 四年間院政をお, 四年間静坐して, 四年阿波藩の令, 四年阿部家の館, 四年陽春の, 四年隠岐島各村, 四年頃どこかの刑務所, 四年頃ロンドンで法律, 四年頃世界の終焉, 四年頃和歌山市にただ一ヶ所豚, 四年頃牧師コインビャーがふと, 四年頃西久保副會長, 四年頼塾を去り, 四年頼朝追罰, 四年頼朝富士裾野牧狩の時, 四年飛鳥元興寺の僧道照和尚遷化, 四年食物がなく, 四年高安月郊氏がはじめて, 四年魏の嘉平三年, 四年齡七十四で薨去, 四という人, 四幹事の方々, 四幽霊および祟, 四度いやな思ひを, 四度くらゐけれども, 四度くり返した, 四度ここを洗った, 四度づゝは必ず, 四度び繰り返した話, 四度び凄惨な光景, 四度ゆつくり吸, 四度キエフ市の政権, 四度テンカンもちのアブク, 四度ドカドカと大勢, 四度ランプを取り, 四度一緒に飲んだ, 四度七分といふ体温, 四度三十分のところ, 四度二倍したもの, 四度五分であった, 四度五度六度と度重なるだろう, 四度五度帽子を振っ, 四度五度逆上した存八, 四度交際って見た, 四度人の滑つた跡, 四度以下の低温, 四度伺候したこと, 四度位展します, 四度侍女や乳母, 四度修正には女王, 四度僕のところ, 四度刷りもしくは五度刷り, 四度刷り五度ずりの彩色版画, 四度前後の時公魚, 四度前後三百尺ほど下る, 四度半液體の塗り直し, 四度南北は百十七度, 四度吹込み直した, 四度呆気にとられ, 四度喰はなけれ, 四度四度が五度, 四度土をすくいだした, 四度壁を叩きました, 四度大使館専用のスケート場, 四度太刀を振り直し, 四度夫を渡り, 四度失敗したあと, 四度奮然として進む, 四度寮生たちは同じ, 四度小競合いに至っ, 四度幕の上り下り, 四度往き来した, 四度往復十間位のところ, 四度手を換えた, 四度拜禮して, 四度拡張した結果, 四度擴張した結果, 四度日曜がある, 四度智恵子を訪ねた, 四度智惠子を訪ねた, 四度案内を乞う, 四度深呼吸すると, 四度用事があります, 四度白骨島と思われる, 四度祁山へ出, 四度積雪量三尺くらい, 四度積雪量四尺くらい, 四度素帰をした, 四度行つたつて, 四度路で何, 四度辻斬があった, 四度通つてがんばつたが遂に, 四度通つて一人もお客, 四度道で会った, 四度部屋の中, 四度鑑真和上を憶, 四度陳に留まる, 四度雷鳴を聞いた, 四度電話をかけ, 四度青年が振り返っ, 四度鼻を明かした, 四座が残されて, 四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 四座二千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 四座以外の劇場, 四座御祭園神三座などに出で, 四座方に思う, 四庫全書参万六千冊が蔵め, 四庫全書存在する譯, 四庫全書編纂は乾隆帝一代, 四庫全書館でこれ, 四庫簡明目録には鄭樵, 四庫闕書目を作つた, 四庫館の人, 四庫館式の方式, 四が前代, 四弓五馬の六泳ぎ, 四弗八分の一であつ, 四弗四十五仙とある, 四弟平三郎十二姉国二十九安二十一柏軒の妾春四十八, 四の胡弓, 四ばかり吊し, 四書屋と, 四当時無宿江戸浅草孔雀長屋人別紋日の虎五郎娘, 四役人は互に, 四後足に三, 四従卒をし, 四交友名二三, 四御殿など皆槐, 四心身の病魔, 四必要品に対する租税, 四忠久以上四人の名, 四悋気深ければ, 四愁詩に, 四意味不明瞭な嘆声, 四意識の対象, 四愚六とか賢愚五分五分, 四愛憐は, 四慎ンデコレニ負クコトアルナカレ, 四憐互に敵たる, 四成分のみで, 四我が理想, 四我身にとり, 四本歌, 四戦艦は死物狂, 四戯曲六篇という尨大, 四戸バンナグロに三十九戸, 四戸太政大臣においては一町, 四所小学校と名, 四手甲脚絆仕着せはんてん, 四手目ぐらいから顔, 四手駕三挺エイホイ, 四手駕籠一梃見えがくれ, 四才ぐらゐの子であつ, 四才ザンギリ髪といふ異形, 四飲めること, 四打ち血の, 四打電するも, 四技術の哲学, 四と五把, 四把づつも背負つて通つたぢやなえかね, 四把八銭也半分煮て, 四抒情詩人の群れ, 四折判ゴシック字体の非常, 四抱か五抱も, 四担ぎ有つた, 四を減じ, 四拾九歳御陵は畝火山, 四拾何円茶代二十円の女中, 四拾円也とした, 四拾円位は毎月, 四拾四年十二月廿四日ふと出, 四拾年近い交際, 四拾銭の巨額, 四持ってると言っ, 四指のを天虎五指の, 四の太刀, 四挺アルミのコップ, 四挺櫓をたて, 四挺櫓朱の欄干, 四捕虜二八九わが方, 四や五掛, 四掛けゆえ十円売って, 四探偵小説としての, 四撃五撃といつ, 四擔ぎあつたと申す事ぢ, 四支五微六魚, 四支百骸あるが, 四政治上の変遷, 四の欠点, 四とか四維, 四教師が各自, 四教義を授け, 四敵八塞の象, 四敵国対日本国の合意, 四文づつ被成下, 四文のはした, 四文ホホホホだから八さん, 四文二百文に急騰, 四文八文の鮓, 四文十二文てんでん, 四文十六文二十文と騰貴, 四文四文が二十四, 四文字ここから入りました, 四文揚げの天麩羅三百四十, 四文明の進歩, 四文榧の油五合, 四文湯屋は八文, 四文西宮上酒代七十二文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 四文釣銭が足らなかった, 四文錢三枚といふ法, 四斗づゝ返すほどに, 四斗九升以下を門男, 四斗九升以下五石迄を半軒, 四斗五升ぢや無い, 四斗俵一つは余り, 四斗俵二ツぶらさげて, 四斗八升の米俵, 四斗桶がいくつ, 四斗樽くらゐの, 四斗樽ぐらゐ黒く塗り, 四斗樽これがあらかた, 四斗樽みたいなずんぐりもっくりなくせに, 四斗樽ようの物, 四斗樽一挺とは豪勢, 四斗樽二つを得た, 四斗百文に付四合, 四斤入の鑵詰, 四斤半というの, 四斤砲やストロング砲, 四斤砲一発いくらという値, 四斤砲二十八門十二斤砲二門臼砲三十門であった, 四斥候隊あてに無電, 四斥候隊それにまちがい, 四斥候隊報告としてこの, 四違背ある, 四ういつた人達, 四わりましたが, 四方位いの機械油, 四方位どこを掘っ, 四方子ちゃんに玩具, 四方角の平板, 四方角皆三十四になる, 四方面軍と大阪, 四旁皆人ありて, 四旅団半騎兵六師団しか用いなかった, 四旒朝風に吹, 四旒菊花章の紅白, 四日あさの程よりくもる, 四日あたりからそれ, 四日いやな日, 四日おやじの顔, 四日お世話になっ, 四日お話のほか, 四日かぎりで地球, 四日がかりでしたが, 四日きぬ川のほとり, 四日きのふ新宮より七里, 四日きょうは亀戸, 四日ここに寝泊り, 四日これで終り, 四日ごろ久しぶりで会いたい, 四日ごろ立春でしょう, 四日じゅうに厚木, 四日そこに, 四日その間だけ我慢, 四日それも自分, 四日たち十日位は夢, 四日たち風が一度, 四日ちやうど金曜, 四日なか一日置いて, 四日の出遊は岡釣, 四日ひとりで奈良, 四日ぶり敬君ありがたう, 四日ぶり来庵お土産, 四日ぶんまとめて, 四日めごとには島, 四日め頃から氣, 四日ゆうべの雨, 四日イタリー人エロニモ師や嘗て, 四日ウェストミンスタアの僧院長, 四日ウラジーミル太公の葬儀, 四日エルサレムを立ち, 四日オダルを発し, 四日オンム・アルメ街にやってきた, 四日カンディア島に接し, 四日グルーシェンカがその, 四日コーペンヘーゲンでである, 四日ササナミに集合, 四日サント・マルグリット街の角, 四日シローテがその, 四日ダブリンを出帆, 四日ダントン狼理性の勝利, 四日ドレスデンは陥落, 四日ナアヴァスだ, 四日ニュウファウンドランド島の小さな, 四日ニ上陸荷物もあげ, 四日パリを去る, 四日パリ祭の日, 四日フランスの人々, 四日ブラジル首府リオデジャネイロに着, 四日プーチヤチンの軍艦, 四日ホーヘンフリードベルクの会戦, 四日ボヘミヤの首都プラアグ, 四日ボルチウンクラの會堂, 四日ボンベイ発のボンベイ丸, 四日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 四日マナサロワール湖は近い, 四日ミュンヘン府の騒動, 四日メールスブルク附近に買いもとめた, 四日モロー彗星に衝突, 四日リンダのランゲナウ, 四日ロテイはロシユフオオル, 四日ローマに着, 四日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 四日一人でとはゆきません, 四日一島湧出す其翌年七月朔日水中, 四日七十二歳で歿, 四日七十五万人の勤労者, 四日三丁目の森田座, 四日三室戸様に伴われ, 四日上野駅から栃木県, 四日上院で圧倒的多数, 四日上陸より此所, 四日上高地温泉へ七時間, 四日下の関阿弥陀寺, 四日丙午快霽, 四日丙子将軍家山内辺を歴, 四日丙寅広元朝臣今月一日大江姓に遷, 四日丙辰去る八日, 四日中ニニハ御出関, 四日乃木少佐は小倉, 四日之を始め, 四日乗船六日大連着そこで父, 四日乙酉白雪山に満ち, 四日九合目以上に約, 四日九日経過して, 四日予定どおりに行われた, 四日予約申込ズミです, 四日二代目尾上菊次郎大阪に死す, 四日二十七日八月七日十一日と四通, 四日二十五日二十六日二十七日とお, 四日二十歳になる, 四日二条の院, 四日五六日とかかっ, 四日五日これは例, 四日五日めぐらゐ迄は此, 四日五日一週間もたちました, 四日五日六日あたりであったと, 四日五日印之, 四日五日日本の一行, 四日五日私が小屋, 四日亥の時, 四日人影を見なかった, 四日今年は日枝神社, 四日付のを持っ, 四日付伊豆戸田村寶泉寺においての川路對プーチヤチン, 四日付戸田村からで, 四日付雲浜から大和五条下辻又七, 四日仙丈へ往復, 四日以上も白く, 四日以後十六七日ひどく暑うございましたろう, 四日以後本日マデ殆ド痛ミ続ケナノデ日記ヲツケル元気モナカッタ, 四日以後海津の城, 四日以来可成りの, 四日任右兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 四日休暇が出た, 四日位夏なら一晝夜, 四日位續くので, 四日佐渡国丸といふ御, 四日何も喰わず, 四日余は岩礁, 四日信州小諸に移住, 四日信長は発令, 四日信雄としては例外, 四日全国各新聞, 四日兩度老中へ逢候處, 四日六・六二十五日六・五です, 四日再会を約束, 四日処によつて, 四日処刑と決し, 四日出勤して, 四日出帆ときまった, 四日刑場へ引きだされた, 四日初日それだけってこと, 四日初瀬へ行く, 四日前下の四畳半, 四日前何處か一週間, 四日前別所と李, 四日前大事な寶物, 四日前山中で会つた事物, 四日前広徳寺前から跟, 四日前廣徳寺前から跟, 四日前彼は御, 四日前昼食のちょっと, 四日前朝日新聞紙上によんだ, 四日前私は無茶, 四日前銭湯の洗場, 四日勘定の給料, 四日北海道小樽で逢つたの, 四日十二人前の条, 四日十二年ぶりに東京, 四日十五日も逃げくずれる, 四日十五日十六日と連日, 四日十八日二十一日二十五日二十八日と三鷹事件, 四日十八日五月の三日, 四日十八時間を要する, 四日十字架建立の祭日, 四日十日とつづけ, 四日千住骨ヶ原にて手医師何某, 四日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 四日午前三時雨を冒し, 四日午前九時より開場, 四日午前九時絶命せるが, 四日午前何れも自宅, 四日午前八時テラー村に着陸, 四日午前八時大久保利通は麹町, 四日午前六時沼津発東京通過其処より, 四日午前六時沼津發東京通過其處より, 四日午前十一時半から十二時, 四日午後一時から第, 四日午後一時テムズ河口に入る, 四日午後一時以後噴煙は尚, 四日午後一時十三分十三秒のこと, 四日午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 四日午後一時頃釜山公会堂に於, 四日午後七時三十分汽車にて上野発, 四日午後三時にた, 四日午後三時古間木で会う, 四日午後六時出帆定期航路に就く, 四日午後十一時四十分タイタニック号は大西洋, 四日午後四時に至り, 四日半かかりました, 四日半分怒りながら, 四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 四日南京に於ける, 四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 四日原子力管理委員会が国際連合総会, 四日友ちゃんが友人, 四日友人等と會談, 四日叔父がまた, 四日吉良邸討入の当日, 四日君を泊め, 四日呂久川の陣中, 四日周信の失踪捜査願い, 四日呱々の声, 四日喜兵衛が同類四人, 四日嘉与吉が来た, 四日四五日いなかった間, 四日四十九歳にし, 四日四晩あれこれと考えました, 四日四晩それがつづいた, 四日四晩物をいわぬ, 四日四月八日および十日, 四日国会上程という運び, 四日土方は昨夜, 四日土曜午前十一時上野發に乘, 四日地下はお, 四日地震宮殿舍屋を破る, 四日垣に囲われた, 四日城内にある, 四日執政を罷め, 四日墓は市内下寺町, 四日夏なら一晝夜位, 四日夕方平塚さんが見える, 四日夕景から催した, 四日夜一橋寺で食事, 四日夜日暮里にて, 四日夜越前への帰国, 四日夜間の活動, 四日大事な追, 四日大分県別府の温泉客舎, 四日大友は滞留, 四日大東学園病院から帝, 四日大江広元の名, 四日大王はホホキルヒ, 四日大統領グラントに謁見, 四日大阪の牧周左衛門氏, 四日大雷大雨と申こと, 四日大風洪水三に閏八月二十八日, 四日天気好し, 四日天皇は俄, 四日奉行より, 四日妹とし子あすは嫁, 四日妻との夫婦, 四日姉川大地震, 四日嫩会の人々打ち, 四日学校の帰り, 四日安静ヲ保チ, 四日定例閣議の席上, 四日家へかえします, 四日寅の下刻, 四日寢轉んでゐた, 四日将門は, 四日尊氏はひがし, 四日小林一三氏に逢, 四日左のプログラム, 四日己亥晴京都の使者参, 四日己亥晴将軍家聊か御, 四日己酉霽将軍家烟霞の興, 四日師直指揮下, 四日帰宅しないと, 四日帰朝の彼, 四日帶廣を大雨, 四日平壌にあり, 四日平次は回禮, 四日年越からは正月, 四日庚午晴酉剋地震戌剋地震同時に雷鳴, 四日廿五日続て, 四日律師が訪ね, 四日後午後のこと, 四日従三位に叙, 四日御用番久世大和守殿に左, 四日徳の姉良, 四日徳川実記は十月十三日, 四日徹夜しても, 四日心臓麻痺で長逝, 四日急逝なされました, 四日惨禍は大きかっ, 四日愛宕の市, 四日慶喜は更に, 四日戊戌将軍家和田左衛門尉義盛の家, 四日我空を飛び, 四日手当をし, 四日払暁突如ラウ, 四日払暁隠岐の柵, 四日振りに帰っ, 四日据毛本鈔矣, 四日救援の聯合軍, 四日敦賀に入る, 四日敵を攻撃, 四日斃馬一頭あり, 四日斬罪のうえ梟首獄門, 四日旅を長引かした, 四日日の午後, 四日日和が続い, 四日日曜日夏季大學, 四日日曜日空よく晴れ, 四日日蓮在判, 四日早朝へースティングズ, 四日早朝発にて斗満, 四日明くれば, 四日昨日のおなじ所, 四日是非来いと, 四日晴朗な初秋, 四日暁寅時大津御旅館御発駕, 四日暮れ六つ時のこと, 四日曉より雨, 四日曜日ぐらいに来ますでしょう, 四日最後の演説, 四日有罪の判決, 四日有馬表に着陣, 四日服用を中止, 四日朝九州の炭坑, 四日朝亀山城を包囲, 四日朝廷へ奏問, 四日朝関ニ参申候何レ近日拝顔の時ニ, 四日未明シンガポールに着す, 四日本郷一丁目池の端妙月庵, 四日来方々で斬った, 四日来春早々福山表引越, 四日来飛電の驚くべき, 四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 四日某々君同日と列記, 四日桃仔園で戦死, 四日桃澤奥島二氏と安濃津, 四日梅雨のよう, 四日楢橋氏は首相, 四日様子を見る, 四日横に成つた切, 四日正午には新, 四日正造はふたたび, 四日此寺に泊っ, 四日武の家, 四日歸つて來ません, 四日歿といふ事, 四日歿行年五拾八歳とあっ, 四日歿行年八拾三歳とある, 四日毎日食塩注射をする, 四日比からお, 四日水曜春雨がちら, 四日決議案は多数, 四日汽車の旅, 四日沢村小伝次急病にて箱根, 四日河野敏鎌を移し, 四日油津の港, 四日治安維持法が断ち切られ, 四日法廷にはニュース映画, 四日法隆寺を見, 四日流連けて石田, 四日浪華出帆同廿六夕上, 四日海に死す, 四日深夜をことさら, 四日深川の八幡さま, 四日淺間丸に乘, 四日清元梅吉死す五十八歳, 四日清澄の八瀬尾, 四日清盛は死ぬ, 四日温泉嶽を発ち, 四日照子の来訪, 四日牢籠に封じられたる, 四日犯人から第, 四日独軍パリに入城, 四日用心して, 四日由比猪内ヘ過, 四日由良の港, 四日甲午小御所東面, 四日甲午晴亥剋由比浜辺焼亡す南風, 四日甲辰小雨降る古郡左衛門尉兄弟, 四日甲辰相州年来の郎従, 四日男の子が生まれた, 四日留守するからね, 四日病歿す, 四日病歿大伯母富貴の形見タンス中, 四日病気して, 四日病院にかけつけました, 四日病革りて, 四日痢症にて御, 四日癸卯晴将軍家先生の御, 四日発満州旅行の途, 四日発行の, 四日目あたりになる, 四日目お茶の時間, 四日目ぐらゐから爪は次第に, 四日目ぐらゐから空腹に堪へられなくなり, 四日目ころから毎日, 四日目それから五日目, 四日目エの朝, 四日目十一月の十三日, 四日目四日目にきっと, 四日目安城郷太郎の一行, 四日目張松は別れ, 四日目星ばかり気, 四日目最後の決行, 四日目朝からそわそわ, 四日目毎に起る, 四日目私は遊説, 四日目葬式を済ませ, 四日目閉院式の前日, 四日目頃には一兵, 四日石上朝臣宅嗣の家, 四日研究会の集まり, 四日磯原の濱, 四日神戸を出帆, 四日福地桜痴居士死す六十六歳, 四日福浦を出帆, 四日程ヶ谷を発し, 四日程後にカルカッタ, 四日程逗留して, 四日稼ぎに出た, 四日窓に見られなく, 四日立派な念仏往生, 四日等閑にし, 四日筑波を出, 四日粕谷草堂の夫妻, 四日粟津に滞在, 四日經つと麥煎餅, 四日經つたある日, 四日続け様に徹夜, 四日締切一寸ムリ, 四日聖徳太子御直作, 四日聯合軍と共に日本軍, 四日肺結核と確認, 四日自室に籠っ, 四日自由劇場はまたもや, 四日臺が原, 四日芥川の伯母さん, 四日芥川龍之介君の河童忌, 四日花相撲がある, 四日荒川より東岳, 四日蕨氏に導, 四日薬師を乗越し, 四日虜将佐治, 四日西方十一日より十三日, 四日講師馬の餞, 四日議会の最終日, 四日議会最終日の演壇, 四日谷中の蛍沢, 四日越中魚崎の陣, 四日足手摺古木に追っかけ, 四日路手前で雪峰チーセ, 四日路町奉行手附では十日, 四日農山漁村の名, 四日追放されしフィレンツェ, 四日追討に向った, 四日途上皇大神宮御遥拝, 四日連合軍総司令部, 四日遠洋航海の途次, 四日那古の濱, 四日那珂港で小荷駄掛り, 四日金曜日の朝, 四日銀座西八丁目の濠, 四日長崎で調印, 四日長崎本はかた町小曽根英四郎方, 四日長泉寺避暑寺在丸山, 四日長知公は新都東京, 四日開催の第, 四日開設の万国講和協会, 四日閏年でも三百五十五日, 四日間かくの如く開閉, 四日間それはそれ, 四日間とらはれて, 四日間一日として雪渓, 四日間一睡もし, 四日間上場されると, 四日間事務所から追払った, 四日間位毎日産んで, 四日間佐々の病勢, 四日間佐原まで遠, 四日間何をし, 四日間地蔵さまはちっとも, 四日間夜十二時から翌朝, 四日間家をあけた, 四日間巡回した旅行中, 四日間市中一般に休業, 四日間彼は高熱, 四日間放棄せられしもの, 四日間植物の採集会, 四日間活動最も旺盛, 四日間満員一日土がついた, 四日間田の黒土, 四日間私はズブ濡れ, 四日間花月を稼ぐ, 四日間連続して, 四日間銀座西日動画廊で同君, 四日間門外不出カンヅメになる, 四日間麻布鳥居坂の井上外務大臣邸, 四日関氏の遺族八名, 四日閣議決定の発表, 四日防空訓練もいよ, 四日附軍刀の贈, 四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 四日降雪の日, 四日雨降り本陣にて吉左衛門どの一周忌, 四日雲つねに山, 四日静思黙考して, 四日非常に立場, 四日頭から石油, 四日頼朝公には夫人, 四日顔も合わせない, 四日風吹けば, 四日風雪を冒し, 四日養家に引移, 四日駿府城内の御殿, 四日高濱虚子宛のハガキ, 四日鳥居清貞死す五十八歳, 四日鵡川に初, 四自由党た, 四ならん, 四旬祭のモスコー広場, 四旬節中日などに見えない, 四旬節祭前日にクールティーユ, 四明堂といふ床店, 四明峰の南嶺, 四は四大徳, 四星形の微か, 四星相集りて二個, 四映画検閲室で試写, 四の枝, 四時〇九分間放送されて, 四時〇五分の特急つばめに乗る, 四時あとは空腹, 四時いくらつていう, 四時お客さんでいつ, 四時ごろそこを辞し, 四時ごろイギリスの戦線, 四時ごろキャラコさんが山小屋, 四時ごろフィンランドの公爵, 四時ごろ一人はいっ, 四時ごろ一足さきに帰る, 四時ごろ其処を辞去, 四時ごろ初夏真昼間だから, 四時ごろ団子坂の方, 四時ごろ家へかえりました, 四時ごろ居間に引っ込み, 四時ごろ巴里市第十一区三人姉妹街三番地, 四時ごろ彼らは二人きりいっしょ, 四時ごろ散歩にでた, 四時ごろ深川へんを通っ, 四時ごろ深川区森下町より本所林町二丁目, 四時ごろ逗子に滞在, 四時ごろ阿南陸相をだしぬい, 四時ごろ高等学校の横, 四時ごろJOAKから国際放送, 四時すぎごろ重いブックエンド, 四時すぎすしなど食っ, 四時すぎフロから上っ, 四時すぎ一回終る, 四時すぎ夕食が配られ, 四時すぎ家を出, 四時すぎ岩国へつく, 四時すぎ嵐のひく, 四時すぎ帰来よい湯, 四時すぎ昨日もいたずら, 四時すぎ柳と大庭, 四時すぎ案の如く樹明君, 四時すぎ楽屋へ入り, 四時すぎ橘の家, 四時すぎ砧はアガリ, 四時すぎ自然の時間, 四時すぎ車で熱海, 四時すぎ酒匂さんの自動車, 四時すぎ頃でした, 四時そこそこである, 四時それからの一時間, 四時ともに殺生禁斷, 四時の間自由に身, 四時びけの処, 四時わしはまだ, 四時われをまち, 四時アムンセンは五人, 四時グリルへ, 四時ダーバン港に着岸, 四時ツほんとににくらしい, 四時ニ来タ, 四時ニューグランドで母上, 四時フランス大使が帝国ホテル, 四時ペナンに入港, 四時ボンベイに着す, 四時一〇分親戚の小泉医師来訪, 四時一寸廻った頃, 四時一寸すぎに引き上げました, 四時一般焼香を終っ, 四時七分を示し, 四時七分前に逼, 四時三分の汽車で上田, 四時三分四十八秒完全潛入四時四分八秒出現雲のため, 四時三分四十八秒完全潜入四時四分八秒出現雲のため, 四時三十一分臨時列車は佝僂, 四時三十五分の到着がいつ, 四時三十五分内親王殿下御誕生, 四時三十何分に着, 四時三十八分です, 四時三十分ごろに一人, 四時三十分ごろ何者かに誘拐, 四時三十分の汽車がもう, 四時三十分バッサン・アヴァルの岸, 四時三十分頃に西那須驛, 四時下山し殺生小屋, 四時不変の色, 四時不意に抜刀, 四時主の八, 四時九分にし, 四時九分の始発にのる, 四時二三分まえに, 四時二分で鵠沼, 四時二十五分の熱海行き, 四時二十五分前のこと, 四時二十五分発の汽車, 四時二十六分のわけ, 四時二十分ごろ愛妾松谷鶴子の住居, 四時二十分前頃に交換時間, 四時二十分病気のため当地, 四時二十分菅沼北方の千四十米, 四時二十分赤坂山王台アパート有明荘に住む, 四時五十七分総ての荷物, 四時五十五分発横浜行きの列車, 四時五十八分というの, 四時五十分ごろでした, 四時五十分の間に総監殿, 四時五十分可なり急い, 四時五十分部屋でスコット, 四時五十分雪尽きて, 四時五時ごろからその, 四時五時夜の六時ごろ, 四時五時頃から七時頃, 四時人の絶えた, 四時今は午後二時頃, 四時代換するが, 四時何十分の汽車に間に合った, 四時入港の由, 四時八つはその, 四時八分だ, 四時六十人のサモア人, 四時六時の間に五・一五事件以来, 四時冬の日, 四時出港す, 四時出頭するやう, 四時前夜から買い込ん, 四時前後起床月光あまねく万象きよら, 四時前起床朝月のある, 四時十一分頃から始まり五時, 四時十二年ぶりで手錠, 四時十五分前頃から今, 四時十五分東北東に向っ, 四時十五分過ぎであった, 四時十何分に伊東発, 四時十八分發の汽車, 四時十分すぎおそくなっ, 四時十分の不定期急行で京都, 四時十分の列車で御, 四時十分の汽車で京都, 四時十分過ぎくらいな, 四時十分頃になる, 四時卅分ぐらいまでの時間, 四時半ごろ右の狼, 四時半ごろ宿に帰った, 四時半アダリンのみ漸く, 四時半ニナレバ鈴木氏ハ去リ, 四時半ビクターの実演大会けい古場神田教育会館, 四時半マデ鈴木氏, 四時半マデハ可ナリ長クテ辛イガ, 四時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, 四時半モナミで道子, 四時半中泉眼科へ寄り, 四時半予定に後, 四時半京都に着いた, 四時半以後は溜池署, 四時半伊豆山相模屋へ落着, 四時半体温を験す, 四時半出発のバス, 四時半前に一回, 四時半前後であらう, 四時半在宅とのこと, 四時半家を出る, 四時半帰宅入浴して, 四時半明治座へ, 四時半時分に成る, 四時半楽屋入りして, 四時半歌舞伎座へ新派, 四時半滝村未だ来ず, 四時半演舞場の曽我廼家五郎見物, 四時半灯台および陸端, 四時半燕小屋着途中女学生の一隊多数下山, 四時半発の上り列車, 四時半發の上り列車, 四時半稽古終り客, 四時半起床朝食七時勤行八時読書九時散歩十一時それからそれから, 四時半起床雲ってはいる, 四時半近くになっ, 四時半過ぎの汽車, 四時半部屋で山水楼, 四時半開演だ, 四時半隣家の富田洋服店, 四時半露営地を出発, 四時半頃あすこで待ち合せ, 四時半頃他の室, 四時半頃外出する暇, 四時半頃帰つたこと, 四時半頃本を読ん, 四時半頃橘夫妻が風月, 四時半頃眼が醒める, 四時半頃私一人で出発, 四時半頃西練兵のところ, 四時南風やはら, 四時同地を出発, 四時同道して, 四時命によって先ず, 四時唐戸から船, 四時喧鬧の絶える, 四時四分を示し, 四時四十三分三宅坂四時四十五分には桜田門, 四時四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 四時四十五分には桜田門, 四時四十五分ごろニース市は予期, 四時四十五分新橋発神戸行の直通, 四時四十五分白兀頂上二千三百八十七米の三角点, 四時四十五分麹町区第二哨三宅坂, 四時四十分の上りで佐野, 四時四十分東京着です, 四時四十分発の急行, 四時四十分赤坂見附四時四十三分三宅坂四時四十五分には桜田門, 四時四十分頃大宮町についた, 四時四時後九時頃まではよたよた, 四時地位の定まらない, 四時夏危篤の報, 四時外輪山から湧水, 四時大使が拝謁, 四時大分のん, 四時大辻司郎と会, 四時大道到着もう歩きつ, 四時客の絶えぬ, 四時峠を下り切った, 四時市中マヨ街の車馬, 四時市公会堂へ第, 四時帰宅す, 四時庵にて, 四時廿分までに安全確実, 四時強力が燈, 四時彼女の目前, 四時後はようやく, 四時後九時頃まではよたよた, 四時後降雨あり, 四時御旗向地へ御, 四時恆に在る, 四時我々は工場, 四時所は, 四時折々の催し, 四時抜錨す, 四時攝生論などは名, 四時新吉は隣, 四時日劇へ寄っ, 四時日劇四階へ, 四時日木軍艦二隻戴冠式をおえ, 四時曙の鈍い, 四時朝夕眺められる, 四時本船の姉妹船, 四時東京市を爆撃せり, 四時東劇へ新国劇見物, 四時東宝ビルへ, 四時東宝本社へ吉岡社長, 四時校内にて遊泳, 四時梅田着入浴してから, 四時歌舞伎座の新派, 四時気候の変化, 四時浜に集合, 四時清水流れ果樹実を結ぶ, 四時煙を噴く, 四時熔鉱炉のよう, 四時熱退, 四時熱一夜に寢卷三枚づつ必要, 四時爆発ということ, 四時片側は土手, 四時牛馬ヲ屠, 四時生活の条件, 四時留守居役方え御出, 四時疲労が直り, 四時病院の芥溜, 四時目をこすり, 四時眞暗な, 四時真夏の太陽, 四時眼醒時計の快音, 四時着の由, 四時神戸上陸待合室で六時半, 四時私の視野, 四時立ちで帰家, 四時紙を貼りたる, 四時緑なる天, 四時船すでにリンデン湾, 四時船トロムセー港に入る, 四時芦峅に達し, 四時花を見ない, 四時花鳥の環境, 四時芳芬を吐い, 四時若松で乗船, 四時英国南海岸に接見, 四時菊水楼上の京都芸術クラブ, 四時葉色が変らず, 四時蒲田の田中家, 四時藤山と約束, 四時藤山等とアラスカ, 四時蝉は鳴きしきっ, 四時行はれ萬物生育, 四時行く手の雪, 四時起床昼寝一時間ばかりそして, 四時軍監より御, 四時迎へ来り, 四時近くなつたので, 四時近くビクターへ, 四時近く先生の御, 四時近く渡辺来り来月, 四時遊楽の趣向, 四時過ぎお開きとなった, 四時過ぎころより入り来る, 四時過ぎノウォロシースク着馬車でハト場, 四時過ぎ五時にもなる, 四時過ぎ伊東さんが約, 四時過ぎ俺は今, 四時過ぎ出発浜坂に流れ, 四時過ぎ夕烏の声遠近, 四時過ぎ後始末して, 四時過ぎ東京という人口過多, 四時過ぎ相も変わらず肥え, 四時過ぎ秀吉は猿ヶ馬場, 四時過ぎ臺南丸に乘, 四時過ぎ雪まみれになった, 四時過ぎ頃家族一同集まって, 四時郊外に出, 四時長崎に入港, 四時長州馬関へ下, 四時長男が出発, 四時門司に着い, 四時開場の時間, 四時間あとにそこ, 四時間あまり行乞帰庵の途中, 四時間あまり釣つたので, 四時間おきにマダム, 四時間がかりで妻, 四時間ここで暮します, 四時間たっぷりはございますです, 四時間ぶっ続けに試験, 四時間ぶんいびきかく必要, 四時間テレビジョンで放送, 四時間一しょに勉強, 四時間一年に二度, 四時間三〇円という賃銀, 四時間三七分となり, 四時間三十分前と出, 四時間三峰からは五時間, 四時間下り三時間と見, 四時間中の大, 四時間二十分という途方, 四時間二時間となつ, 四時間五時間とたつ, 四時間交代なり, 四時間仕事をしたい, 四時間以上昏睡がつづく, 四時間以下しか労働, 四時間休みなしに, 四時間位すべての電車, 四時間何金に当る, 四時間内外であるから, 四時間制になっ, 四時間前鞄は巴里, 四時間労働制だ, 四時間勤務で一日交代, 四時間十三分の長考ぢや解説, 四時間午後九時三十一分発にて神戸, 四時間半上りは六時間半, 四時間土木業をやっ, 四時間夜も昼, 四時間夜具の中, 四時間宿屋の汚い, 四時間延着だ, 四時間復えりが十時間, 四時間性は主, 四時間手当をつづけ, 四時間打通し十六荘, 四時間放置したの, 四時間暇が取れました, 四時間本の講義, 四時間水を流す, 四時間水中に浸す, 四時間活動しつづけ曳網, 四時間滞留しただけ, 四時間生存して, 四時間目剣道の時間, 四時間眠つて跡で十二時間, 四時間竹輪で三杯, 四時間絶対に水, 四時間自動車はまだ, 四時間諭吉はあるい, 四時間身を隠し得た, 四時間近く馬に揺られなけれ, 四時間途中相当人口, 四時間連続観測をもう, 四時間霧の晴れる, 四時間食物を与えない, 四時霊巌島の出し練物永代橋, 四時青赤白黒の四色, 四時頂上を辞し, 四時頃うちへかえり, 四時頃ここを出発, 四時頃それが済ん, 四時頃エノケンと僕, 四時頃シナイ山らしい山, 四時頃ニ便所ヘ行ッタ, 四時頃フロに入っ, 四時頃ブランデスは, 四時頃ベルリンのフリードリッヒ駅, 四時頃一人の男, 四時頃一寸抜けて, 四時頃一緒に寺島君, 四時頃七時には眼, 四時頃七枚すませ小南, 四時頃下山乗鞍御岳の雄峰前, 四時頃丘の麓, 四時頃二人でаптека, 四時頃今から一時間, 四時頃他のもの, 四時頃伸子が支度, 四時頃例に依り, 四時頃北米合衆国メーヤアイランド軍港附近に於, 四時頃医者へ行き, 四時頃土塀の外, 四時頃地中から太陽, 四時頃夏ならば, 四時頃大森山王の一角, 四時頃大阪ホテル迄平野, 四時頃婆サント陸子ガ這入ッテ, 四時頃学校が引ける, 四時頃宏子が腕時計, 四時頃岡部氏に行き, 四時頃常州第一, 四時頃平林の蛭子屋, 四時頃平気な様子, 四時頃床に入っ, 四時頃役所から帰る, 四時頃徳蔵が巡査, 四時頃急に着いた, 四時頃撮影を切上げ, 四時頃星が出, 四時頃書斎の電話, 四時頃案内を休ませ, 四時頃正面からさす, 四時頃此姉が家, 四時頃汽罐をとめる, 四時頃河野はやって来た, 四時頃湯浅氏を愛国婦人会, 四時頃秋岡という村, 四時頃背中がひ, 四時頃茶碗シヤボン本小刀インキ等を買, 四時頃表へ出, 四時頃警察から来た, 四時頃那波と樋口, 四時頃那覇の港, 四時頃都合よく伊尾木, 四時頃金木の家, 四時頃金起来りければ, 四時頃鋸山の入口, 四時頃電気をつけ, 四時頃風呂へ行っ, 四時頃麓の部落, 四時順り行き万気通, 四時順節人身百八の患, 四時飯田勘之助氏, 四時鳥鳴き花咲き潺湲, 四晩あれこれと考えました, 四晩お前が駈け, 四晩それがつづいた, 四晩以上の徹夜, 四晩婚のせい, 四晩安らかならずという, 四晩江戸から房州, 四晩泊れる, 四晩泊つて十一圓であつ, 四晩物をいわぬ, 四晩読合せに行, 四景あたり以後は全く, 四景祇園を落語本, 四景花柳界のところ, 四暮三のやつ, 四曲りした角に, 四曲全部を歌っ, 四曲狂詩曲二曲スケルツォ一曲インターメッツォ六曲ハンガリー舞曲二曲円舞曲三曲でこの, 四更に至る, 四更傾月に影, 四更月光を見, 四更衆臣もいず, 四書簡の中, 四曼三密の棟梁, 四曼不離の夜毎, 四最も忌むべきこと, 四最後にステンダール, 四月間の地獄, 四月頃ニ完成スレバイヽンダガチットデモ早ク完成サセテ喜ブ顔ガ, 四月頃俄ニ山腹ヨリ烟リ相立初メシカ, 四月頃女工をあつめ, 四月頃江戸では鰹, 四月頃盛に苦行, 四月頃試みに郊外, 四有三君小城さん下関で地橙孫君, 四有三君送別句会に出席, 四有三居訪問番人に誰何, 四はつづけ, 四服する丈だ, 四服殘つて居た, 四服目だ, 四服静かにくゆらした, 四望人なく鬼気肌, 四望眺めもよろしゅう, 四望銀世界の日, 四朝五朝とつづきました, 四期一九三二年後半から一九三四年三月頃, 四期不規則生活による訓練, 四期十月に切っ, 四期成層岩から成り立っ, 四期政論の名称, 四期生で踊, 四期議会以後公は伊藤侯, 四期議會以後公は伊藤侯, 四未来に就, 四末姫は十二歳, 四本お祭の竿幟, 四本ぐらゐづつ残して, 四本これによって両面四手, 四本ぢやありません, 四本づつちらばってゐるだけじつにしぃんとして何ともいへ, 四本のからかみふす, 四本のけものの脚, 四本めの足, 四本ケツネの屁, 四本チョコンと並ん, 四本ヘナヘナして, 四本マストの扇, 四本一せいに若芽, 四本一列に植, 四本一頭に括り合わされた, 四本丈伐らせられた, 四本不吉な輪, 四本二宮の四人, 四本二対になっ, 四本二對になつて, 四本五本とヤケ酒, 四本五本六本そしてた, 四本何も肥料, 四本元締の前, 四本入りのキャメル, 四本出づっぱりと助平, 四本分は責任, 四本剪って置いた, 四本包に入れ, 四本十銭とかく, 四本君六条君あれは何, 四本巨きな, 四本平気な顔, 四本并べて櫛, 四本後へ一本, 四本徳利が空, 四本手四つ顔二つのさらしもの, 四本折つて見せました, 四本掛五本掛の処, 四本普通になっ, 四本杉には, 四本柱によりか, 四本栽えるの, 四本物干竿, 四本用意して, 四本目次の二日目, 四本眞黄に染まつた, 四本竜寺であった, 四本竜寺の前を過ぎ, 四本竹に板, 四本等をもっ, 四本續けて來, 四本肴の鉢, 四本腕五本腕六本腕といくらでも, 四本膳の前, 四本薬味箪笥の抽斗数, 四本襖に物々しく, 四本齒に七八寸, 四を負, 四条ソヴェトの選挙権, 四条乗客手廻り荷物は紛失等これ, 四条以下外国に関係, 四条件にうつろう, 四条公任はいっ, 四条大橋に行っ, 四条天皇は戒厳, 四条柳馬場の角, 四条河原今の大, 四条河原細工と呼ばれ, 四条河原附近には諸種, 四条畷に向った, 四条通りから五条, 四条通り御幸町西へ行った, 四条隆平が任命, 四条隆資が正成, 四条隆資軍に牽制, 四杯たてつけに飲んだ, 四杯たて続けに飲ん, 四杯他のもの, 四杯宛傾ける, 四杯父から続けられる, 四杯續けて飮, 四杯近くもあった, 四杯酒を干し, 四杯食ふ, 四東五西二とも申しやす, 四東北地方九関東地方十二北陸地方七近畿地方五中国地方四九州地方十七といふ状態, 四東宝のその後, 四林四山を指さし, 四林湖に沿える, 四枚あて書いて, 四枚お送り申しあげ候, 四枚ガラスの屋根裏, 四枚スケッチと玩具, 四枚タロ芋百箇焼豚二頭鱶一尾及び大海亀一匹, 四枚ポケットから出し, 四枚一ぺんに買った, 四枚一連の戸, 四枚三時迄か, 四枚二十四枚は二十四両, 四枚五枚六枚そしてこれ等, 四枚五枚六枚七枚おお拾, 四枚今日はよく, 四枚入口に立っ, 四枚六枚八枚のは唯, 四枚刃のあの, 四枚十円札で六十二枚, 四枚半くらゐの, 四枚半やつつけ乍らニュース漫談を書いた, 四枚口絵は, 四枚学校へ来た, 四枚小十郎の前, 四枚平に並ん, 四枚張りで隅, 四枚押つけられて, 四枚書き終る, 四枚月末までにおねがい, 四枚格子の意気造り, 四枚横に並べた, 四枚此も近所, 四枚水で濡らし, 四枚水夫十六人飲み水十五石積, 四枚真正面から書い, 四枚硝子戸を当てる, 四枚程度では書け, 四枚絵をかいた, 四枚続きの画, 四枚續きの, 四枚肩の轎, 四枚肩中へ無理, 四枚舟の表, 四枚落ち散ったので, 四枚講談倶楽部へ一枚, 四枚買つた, 四枚金をまとめ, 四枚金貨をつかみ出し, 四柏軒の子, 四柏軒九つ長五つ, 四柏軒十九長十五, 四柱めの神, 四柱推命學とかいふむづかしい運命判斷, 四校生は飯, 四校目の訂正, 四校舎の間, 四株地面低くこんもり, 四株植ってせま苦しい, 四株自生して, 四で終わり, 四桁数字が出, 四はどうしても, 四梃一度に卸し, 四梃櫓を掛け, 四條ポント町位ニ居て, 四條一丁目の氷峰, 四條八階など, 四條寺町で見た, 四條小橋に升屋喜右衛門, 四條新地の暗い, 四條橋下の河原, 四條西七丁目何番地の有馬勇氏方宛, 四條金吾は鎌倉幕府, 四條附近に限られ, 四梯形鎔岩流冬と銀河鉄道, 四梵志は才智高遠, 四森枳園は二十二, 四行くン, 四軽汗, 四椀目を盛りつ, 四の説, 四に聞こえ, 四楽章形式を定めた, 四楽章構成は決して, 四榛軒の継室, 四榛軒二十三常三郎二十二柏軒十七長十三, 四榛軒未亡人志保五十九であつ, 四樂章からなる, 四標的を見, 四標的凡庸の資質, 四標的取り出し來つて奇無しと雖, 四機肉弾となっ, 四機警戒の飛行, 四と八檻, 四次元座標をとっ, 四次元振動反撥砲に変ぜ, 四次元振動現象の研究, 四次元漂流中の記憶, 四次元物体の切口, 四次元的では, 四次元的芸術と映画, 四次元空間的図形はミンコーフスキー, 四次元跳躍術をコーチ, 四次十字軍なり, 四次延長のなか, 四次感覚は静芸術, 四次方程式は幾何学, 四次第五次の付け句素材, 四次芸術は巨大, 四次貿易協定の完全実施, 四次限のなか, 四款第五款の修正案, 四の如く, 四歩これが決定的, 四歩つきといふ一手, 四歩三角線をえがい, 四歩下流へ足, 四歩五歩と後, 四歩位歩いて, 四歩僕から六七歩, 四歩入口の方, 四歩同様再び坂田, 四歩四四同金左, 四歩左手のところ, 四歩後退りをする, 四歩応接室に入る, 四歩應接室に入る, 四歩横に二歩, 四歩燒跡に踏みこんだ, 四歩目を踏み出そう, 四歩通りの方, 四歳いっぱいになっ, 四歳きよ子嬢が二十二歳, 四歳ぐらゐで死んでしまつたけれど, 四歳これは先代小左衞門, 四歳ごろ次郎が昼寝, 四歳その後は浜松, 四歳それ以下のところ, 四歳一瞬にし, 四歳七男成善二歳の四子二女, 四歳丈は一つ上, 四歳下になっ, 四歳五歳という乗馬用, 四歳今度の御, 四歳以上になっ, 四歳以上教正三十歳以上の規則, 四歳保は二十五歳, 四歳初陣して, 四歳十六も違つて, 四歳四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 四歳国が十三歳, 四歳壬申の年, 四歳大助は堀内惣左衛門, 四歳女ふくは当歳, 四歳妹の方, 四歳子女は榛軒十三歳, 四歳子游は四十五歳, 四歳孫の新次郎利厳, 四歳定枝は三十一歳, 四歳寧子も望ん, 四歳己巳の年, 四歳常は寛政六年生, 四歳常三郎が三歳, 四歳年下であった, 四歳弘化二年生の蒼夫さん, 四歳弟子の山楽, 四歳戸主懐之が二十五歳, 四歳所謂邪宗門事件なり, 四歳手塚律蔵という人, 四歳日本人で北川準一, 四歳明治二十七年の八月, 四歳杜甫の年三十二歳, 四歳次女は一歳, 四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 四歳正宗院は六十三歳, 四歳正治二年の七月十四日, 四歳此処に生命, 四歳武田菱の金具竜頭, 四歳武芸の方, 四歳母上より一つ, 四歳法学士月収三百円係累なし本人来談, 四歳法諡麗樹院がある, 四歳海外に渡航, 四歳父信玄に似, 四歳父信階は五十七歳, 四歳男は十六歳, 四歳矩之十四歳であつ, 四歳祖母上来られ昼食, 四歳程度のもう, 四歳米庵は八十歳, 四歳群右衛門と改称, 四歳職位は権中納言参議, 四歳華士族の子, 四歳越後の辺境, 四歳醇二十二歳の時, 四歳長女敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 四歳長男の方, 四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 四歳雑誌記事のこと, 四歳青天白日の身, 四歳養子信平十三歳であつ, 四歳餘りの, 四歳馬特別競走では1, 四死亡に対して三, 四歿年に八十三, 四段ぬきのミダシ, 四段一元が事実, 四段二畝歩にする, 四段位にし, 四段古川緑波はシガアレツト・ライタア, 四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 四段名手対局輒勝布置謹厳守堅攻鋭且才思敏捷, 四段命令形にはその, 四段構えでそれ, 四段活用その他終止と連体, 四段目二度目の清書, 四段目五段目六段目と演, 四段目五段目六段目九段目の五幕, 四段目福助の判官, 四段立てが常識, 四段膨脹エンジンの性能, 四段言よりも古い, 四段説は別論, 四段論法が最近, 四段變化上二段下二段上一段下一段變化, 四段階芸術の境地実現, 四母曾能は二十八, 四母音ある句, 四にあたれる, 四と書い, 四であったと, 四毬栗頭の事, 四氏ほかに松居君, 四氏共編の, 四氏旧に仍, 四氏舊に仍, 四気圧くらいになる, 四水松の条, 四第五陸, 四江戸のうち, 四江戸大風中竜を見た, 四池水九の三, 四汽笛を鳴らし, 四没収又ハ追徴, 四の中, 四法以上の割増, 四法水はテレーズ人形, 四法諡して, 四のうち, 四洲園で一泊, 四活動のロッパ, 四流し釣って午後, 四流クラスだから, 四流国に比較, 四の境遇, 四浬以上もあり, 四海軍のロッパ, 四海邊の墓, 四の塔, 四涜已備萬民乃有居后稷, 四涜牧龍君にし, 四涯一物の目, 四涼風超特急, 四裂し, 四の徐乾學, 四を眺め, 四湖北に行っ, 四湯原王の歌, 四滝川問題と京大問題, 四滴五滴とつづけ, 四に滿つる, 四火山いづれも, 四炭坑へ通ずる, 四点以下だった, 四点心といっ, 四点自分で願っ, 四為教三十七為相十三である, 四為重は十四, 四烈士の墓, 四烏勘左衛門獣の伉侠, 四無敵艦隊が出現, 四熟考した上, 四そのほか客間, 四片鉢の上, 四版グリフィスとヘンフレイ, 四版一八一七年には第, 四版以下で削除, 四版以後のこと, 四版四一四頁には欧州, 四牌棲を通り過ぎ, 四を殺す, 四牧歌にはサトウルヌス, 四犬士の邂逅, 四狂言は多, 四狩野方より, 四独りで着陸, 四猴棒を執り, 四を馬, 四獅子頭と狛犬, 四玄奘の傳, 四常に来り, 四王おいでになります, 四王天下をお, 四王天馬とって, 四王標である, 四王神社の付近, 四王竜神八部冥官冥衆も驚き騒給ふらん, 四王閻魔帝釈五道冥官司令司録等の許し, 四王院がすでに, 四現住小田原では牧雅雄, 四理想の一, 四瓜子と申します, 四生命を賭し, 四生皆富貴延命を獲させ給え, 四男一女がある, 四男七男八男の三人, 四男三木八が生れた, 四男五太夫の二人, 四男又一君が住ん, 四男右門だ, 四男四女の三番目, 四男坊をいやしめ, 四男幻香同四年十月八日生れ, 四男後に平三郎, 四男忠太は後四郎右衛門景時, 四男於次丸を養子, 四男末男さんが十二月五日, 四男武茂は対馬守, 四男組だア, 四町あとへ引き返し, 四町さきの曲り角, 四町二十一間半下之島の沿海周, 四町先きを, 四町内まで乗附, 四町十八町十二町である, 四町四ほうに伏せ, 四町四方一面に吹き出す, 四町四方石垣の中, 四町四面を地域, 四町国分寺あり, 四町引き上げ網を干し, 四町書肆櫛比す, 四町歩とかちょうど, 四町浸水七百九十五町堤防決潰五カ所破損二十四カ所橋の流失十六個, 四町眞直ぐに突, 四町見附から池田, 四町許行った処, 四町距つてゐた, 四町遠石駅なり, 四の万神, 四界俺の物, 四したん, 四留よこせと云い, 四程買いたした, 四畝一九歩桑葉は三二六貫八〇〇目, 四だけである, 四番さんおみおつけ三つというところ, 四番それと襖一重, 四番上なばかり, 四番五番と立てつづけ, 四番五番六番の五島, 四番人工細胞ではない, 四番以下は第, 四番伊達と信夫, 四番勝吉改勝太郎五番勝四郎六番勝之助改和吉である, 四番地ネ氏の談, 四番地五十二号菅虎雄方に候間, 四番地印度人シャイロック・スパダ氏経営に依る, 四番地福島某の地所, 四番地都は掛値, 四番地間口がせまく, 四番大隊長の桐野利秋, 四番左の, 四番戸に転居, 四番手に備え立てた, 四番手渓の上部, 四番日の車, 四番書記トバスキーとゲンゾスキー, 四番最御崎寺に向, 四番歌結三十四番左の, 四番浴室をサッと, 四番田結の観音寺, 四番盆結構随分おもしろく, 四番目五番目と云, 四番目以後の人, 四番目六番目ともつと, 四番目現在物は破, 四番砲門の下, 四番線の九六列車, 四番草まで続く, 四番菊地鉄平五番遠山六番安立七番芹沢八番斎藤と極めた, 四番街の高架線, 四番街宏壯な五階建て, 四番試合五番試合をいいつのる, 四番鬣美なる馬, 四番鶏も唄, 四畳じきほどの地下室, 四畳一間の離家, 四畳三方正面の布袋, 四畳六畳二間つづきの, 四畳六畳家ねじれて, 四畳北三十二畳南三十二畳次八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 四畳唐紙で区切られた, 四畳板の間つきの客室兼物置, 四畳框を仕切った, 四疊半一と間切り, 四疊半一つにすぎない, 四疊半一室を居室, 四疊半佐七と千之助, 四疊半八五郎の外, 四疊半唯一間の二階半分, 四疊半孫三郎は主人, 四疊半敷にも足りない, 四疊格子の前, 四疋五疋つかまへて, 四疋子を生んだ, 四疋生みながら一, 四疋綿四屯布二十九端庸布百八十常までの特別給与, 四疋這うていて, 四病舎が現われた, 四病院をお, 四発いずれも手, 四発機は滑走路, 四発電所より下流, 四登りやすき, 四登場米搗バッタのやう, 四發續いて, 四といい, 四白い手袋, 四白眼でこちら, 四百〇五年即永楽三年二月の十七日, 四百〇六人である, 四百とおりもあります, 四百どまりである, 四百ぺージもある, 四百めあまりのあめ鱒, 四百エーカーばかりの土地, 四百カロリーはとれない, 四百カ寺あり, 四百ギニーくらい入っ, 四百クロウネで夏, 四百グレンぐらいずつ木綿, 四百ソコソコしか辺り, 四百トン十四哩から十六哩, 四百トン足らずの襤褸船, 四百ドル相場にかえる, 四百ドル黒貝は千ドル, 四百パーセントの満腹, 四百フィート近くまで矢, 四百フラン余りの薬代, 四百ページ中で, 四百ページ余あるの, 四百ポンドの損, 四百マイル余ポートサイドよりマルセイユ, 四百ミりだか, 四百メートルくらゐの, 四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 四百メートル台くらいまで開墾, 四百リラとられました, 四百ルーブリではなかなか, 四百一尺の周囲, 四百一年中のお仕着せ, 四百七八十回の大小, 四百七八十年の間, 四百七十トン百二十馬力の汽船, 四百七十七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 四百七十万字悪金子, 四百七十三人中死亡が三千二百五十五人, 四百七十二マイルあり, 四百七十二三米を下る, 四百七十二人大垣勢千八百二十七人この二藩, 四百七十五所を罷, 四百七十人より成っ, 四百七十八万余円のうち, 四百七十六名という数, 四百七十円の間違い, 四百七十里京都へ二百四十八里, 四百万ルーブリまで高めた, 四百万以上だと, 四百万余円の大, 四百万億阿僧祇の世界, 四百万円あとから二百万円, 四百万円位の不, 四百万名に達する, 四百万増加したと, 四百万度管区第十三区, 四百万日本四十七万であった, 四百万票減るの, 四百万貫の塵芥, 四百三十一キロメートルにし, 四百三十一年に開かれた, 四百三十九人なり, 四百三十二まで, 四百三十二億に, 四百三十五頁ある, 四百三十人で博士, 四百三十余人からの武装, 四百三十八人中婦人サークル員は百四十五人, 四百三十六の印刷工場, 四百三十四円になります, 四百三十四名から昭和二年五十万, 四百三十年見当という見解, 四百三十年近くも後, 四百三十文上白餅米三斗六升で一分, 四百三番地に住ん, 四百三石一斗五升とある, 四百両あまりの金, 四百両五百両をならべ, 四百両余りの現金, 四百両貰たその, 四百九人に対して徳川方, 四百九十一尺即ち一町, 四百九十七年葡萄牙の船, 四百九十三米の地点, 四百九十九俵までを百俵, 四百九十九章中本書に引用, 四百九十二マイルあり, 四百九十二人といふ比例, 四百九十五語でその, 四百九十八年なり, 四百九十八年葡萄牙の有名, 四百九十八首の自筆, 四百九十哩ばかり歩い, 四百九十回です, 四百九十方のみ御, 四百九十目あったと, 四百九十語で書き上げ, 四百九拾尺福島県と群馬県, 四百二三十の捕物小説, 四百二十の暗号, 四百二十一ヶ所の多き, 四百二十一円信徒の寄付, 四百二十一号室の娘, 四百二十三頌あり重複, 四百二十二頌なりこの, 四百二十八条により五十法以上五百法以下, 四百二十六人になる, 四百二十円でこの, 四百二十円合計一万七千三十七円であって, 四百二十円結局合計千二百円が実際, 四百二十四文もする, 四百二十字分を聞かせ, 四百二十巻の大作, 四百二十幾篇を通じて侍, 四百二十磅も勝った, 四百二十萬兩の金銀, 四百二十頁ですつて, 四百五六十輛のライオン戦車, 四百五十キロメートルに達した, 四百五十フランでマリユス, 四百五十七万六千百二十八人は文字, 四百五十万人という勤労動員, 四百五十万円ずつ四ヵ月間, 四百五十万円十一年度以降は約, 四百五十三ルピーばかりありました, 四百五十三号室の信吉, 四百五十二人にも達し, 四百五十二件を計上, 四百五十五マイルあり, 四百五十五分を使, 四百五十八石三斗の力, 四百五十円カストリ一杯三十五円ぢやねえか, 四百五十円位にあたります, 四百五十円女子は百五十円, 四百五十円女子百五十円と発表, 四百五十四方マイルあり, 四百五十回腹を立てた, 四百五十年後の元, 四百五十年忌がいとなまれ, 四百五十斤の小判, 四百五十日四人にて彫, 四百五十本淺草公園の櫻, 四百五十枚都合四円五十銭という金, 四百五十法は今日以来八人, 四百五十海里なり, 四百五十町歩の地積, 四百五十町歩足らずなの, 四百五十疋で買い入れた, 四百五十疋分だ, 四百五十石荻田甚五兵衛寄合五百石平左衛門使番大番頭五百石多賀一学, 四百五十石頂戴致した稻垣小左衞門, 四百五十米ぐらいの姿, 四百五十米寒暖計六十二度ここで大宮口, 四百五十米突の大菩薩嶺, 四百五十粁で一万八千粁, 四百五十萬蜀の口數, 四百五十馬力のブリストルジュピタア発動機, 四百五米の隆起, 四百人以上にもなった, 四百人位は泊, 四百人余り意気颯爽として進ん, 四百人前後の日本人, 四百人只今城下まで参っ, 四百人家や船, 四百人弓矢を帯び, 四百人甲浦には三百五十余人, 四百何人がことごとく, 四百何十円かをせびった, 四百何十種と出来, 四百何十頁か, 四百何年間生きて, 四百余そうをくだっ, 四百余体の悪像, 四百余名天川とマニラ, 四百余坪に上る, 四百余字の漢文体, 四百余年前コロンブスの脳中, 四百余年私の境涯, 四百余枚を嵌めさせた, 四百余歩の所, 四百余頭平均して, 四百俵役金三千両という高い, 四百八匁二分かどう, 四百八十一の工場主, 四百八十一門軍旗五十流朝鮮兵の生命二百五十, 四百八十七日目だった, 四百八十三万千八百十五人ということ, 四百八十三人までは女子, 四百八十九年東羅馬帝の命, 四百八十二マイルの内地, 四百八十五万円見当である, 四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 四百八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 四百八十八です, 四百八十八マイルあり, 四百八十六軒二千六十四人が明治四十年, 四百八十四人とある, 四百八十寺甍青苔にうるおえ, 四百八十尺に達する, 四百八十平方マイルの地域内, 四百八十目伏見屋の井戸, 四百八十米の等高線, 四百八十里の大き, 四百六フィートなり, 四百六七十字前後あるいは三百二, 四百六円七十二銭は今日, 四百六十一人に比する, 四百六十一人三等千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 四百六十七人に戯れた, 四百六十七文であった, 四百六十三マイルありて, 四百六十九番です, 四百六十二メートルだ, 四百六十五小教区, 四百六十何枚を選ん, 四百六十余頁の大, 四百六十八名を商工奨励館, 四百六十八米と測られた, 四百六十八米六の木賊山, 四百六十六人参議院のほう, 四百六十回にわたって連載, 四百六十巻其他を将, 四百六十日逢へども可, 四百六十枚に過ぎなかった, 四百六十目桝田屋の井戸, 四百六十米を超え, 四百六十耗前後にし, 四百六十頭の訴え, 四百六尺のユンクフラウヨッホ, 四百円お金を出せ, 四百円がた悪いという, 四百円ベース案を政府, 四百円三間ならば, 四百円前後といふ思はぬ, 四百円大島紬氏は卒業前, 四百円天刎ねて, 四百円強となる, 四百円才覚をし, 四百円損したから, 四百円近くになる, 四百分の一である, 四百匁二十年目で二尺五寸余一貫八百匁, 四百匁五百匁というところ, 四百匁位までの小物, 四百匁前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 四百匹いづれも, 四百匹いずれもプログラム, 四百十一円受取った, 四百十七の, 四百十七回の地震, 四百十七番と覚え, 四百十七篇を書かれ, 四百十三社あり, 四百十九に見, 四百十九メートルといわれる, 四百十九貫三百二十八匁を下るまい, 四百十二人とある, 四百十五人の婦人客, 四百十八番の席, 四百十六戸田畑の流没二十一町, 四百十六石の大名, 四百十呎の点, 四百十四人の同, 四百十四号の少女, 四百十尺旭岳の方, 四百十歳なり, 四百十米の峰, 四百卅間ござります, 四百卷金鍬一萬挺下さると, 四百名中先日の大火, 四百名位だという, 四百名内外である, 四百名屋上に体操場, 四百哩を隔てた, 四百噸足らずの襤褸船, 四百四十ポンドを投げ出し, 四百四十七トンという大船, 四百四十七ポンドなり, 四百四十七年とある, 四百四十九年にバーガンデ, 四百四十九米の附近, 四百四十五年で昌造ら, 四百四十八文上酒五升で四百三十文, 四百四十六法も経済, 四百四十六米山群の最高峰火打山, 四百四十円ばかりの勘定, 四百四十四万四千四百四十四貫四十四匁に近い, 四百四十四人なん, 四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 四百四十四回ひねり変へた, 四百四十四貫四十四匁に近い, 四百四十枚の大きな, 四百四十氣凡べて六十歳, 四百四十番よ, 四百四十馬力の蒸, 四百四本薬味箪笥の抽斗数, 四百圓ぐらゐで賣買, 四百坪長屋が一棟, 四百字以上の仮名交, 四百字原稿で百枚, 四百字詰三枚ぐらいのもの, 四百字詰九枚程の長, 四百字詰原稿十五枚前後内容はリアル, 四百字詰青罫のを用い, 四百寺沢の営, 四百尺昔貴き聖, 四百年その間の治乱, 四百年五百年の間一定, 四百年五百年後であるかも, 四百年以後に出来ました, 四百年伝統の風流, 四百年位と見積られ, 四百年余りでさして, 四百年前ゴート人やヴァンダル人, 四百年前中央集権を行った, 四百年前南宋の費袞, 四百年前彼女の守護霊, 四百年前朝鮮において数多く, 四百年前西洋に親鸞上人, 四百年十七代桀王に及ん, 四百年教権の広大, 四百年来代々漢室の大, 四百年来漢室の禄, 四百年殉教の血, 四百年祭を見る, 四百年西紀前一世紀頃, 四百年間掛つて段々と, 四百年間政治の中心, 四百年餘の間, 四百幾文五百に足りない, 四百廿三匁二分だからな, 四百廿壱篇を撰ん, 四百弐十尺埋蔵量拾億噸その砿区, 四百徒士の郎党, 四百戦車一万二千騎卒ありと, 四百把ずつ刈れ, 四百数十キロの道程, 四百数十年ごろ門人の門人たち, 四百数十町歩を小作人, 四百文それに宿銭, 四百文替えに相談, 四百斤と材木置場, 四百日はかかる, 四百本青野へ杉苗百本, 四百枚余を製, 四百枚北浜の, 四百枚小説をのせる, 四百枚袂懐中こいつは持てない, 四百歩ばかり離れた, 四百歩許熟視すれば, 四百浬以上もあった, 四百点になっ, 四百町歩から作っ, 四百畳五重が百畳敷, 四百目以上七八百目から一貫目, 四百目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 四百目許りなるを, 四百石取りで, 四百石当時小普請入りのお, 四百石戸川安清五百石佐野政美六百石大沢康哲二千六百石であつ, 四百石日置流の弓, 四百碼の有, 四百社の内, 四百種内外の品種数, 四百種肉筆画四千種板画類一万種に達す, 四百竃の草分, 四百篇以上も書いた, 四百篇餘を暗記, 四百米リレーでもマクレン, 四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 四百米四六秒という独逸, 四百米突にも及ん, 四百米突高地の南, 四百編位であったと, 四百萬圓位物價の比例, 四百萬坪とし, 四百萬石ほど南支那, 四百萬餘圓の大, 四百貫くらい毎年, 四百貫その他の肥料三十貫, 四百足らずの敗兵, 四百近くもある, 四百部ほど市場, 四百里外に王, 四百金十ヶ月の期限ニ, 四百隻からなる, 四百頁の大団円, 四百頁余の長篇, 四百頭を鹵獲, 四百頭余を所有, 四百頭分にすぎなかった, 四百餘の村民, 四百餘年が距, 四百餘年前の建築, 四百餘萬圓を入れる, 四百餘里土地山險多深林, 四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 四百馬力というところ, 四皇子安徳帝の西海, 四皇子後鳥羽天皇がご, 四皇帝養老於太學の項, 四皿目は日本風, 四あるこれ, 四の内, 四監下は五監, 四目四鼻孔云々の法, 四直径の数字上, 四相声明を公表, 四から安, 四省会議を開き, 四の鮮かな目附, 四県ニ其害を及ぼす, 四県下にわたり面積, 四県五県中の沿岸, 四眞理研究第五人格修養, 四相応大, 四真理研究第五人格修養, 四着分生産されること, 四を免れず, 四知ってる者が, 四石づつ出して, 四石一御合力金弐両, 四石三人扶持御料理人頭, 四石九斗九升より弐石五斗, 四石余特別給与四十石余位田四十石合計百十五石ほどである, 四石十六石十八石二十石とそこ, 四石四斗ばかりこの, 四石塔の字, 四研究室員七名が研究中, 四砲塔のうしろ, 四破れた恋, 四破裂當時の概況, 四磅づつ払つて, 四磅一〇シリング〇ペンスに騰貴, 四磅一一シリング三ペンス以上の利子, 四磅五シリングに騰貴, 四磅以下にはなり得ない, 四磅四シリング騰貴するならば, 四磅対四磅四シリング八ペンスであろう, 四磐安二十一平三郎九つ孫祐七つ姉国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 四社会政策の実施, 四社会的分子或は人事的分子, 四社公称資本二億二千万円の大, 四の無, 四祖呑海及び其弟子, 四祖大医であって, 四祖大師に参じ, 四神相応の地, 四神足を得べし, 四票その他民政党連中はほとんど, 四票賛成でもなく, 四に遇, 四福音を逆, 四福音宣伝師か十二使徒, 四福音書仏教経典などはすべて語録, 四秒五秒と破る, 四と云, 四種イタリア語の分, 四種ドイツ語八種英語六種その他ロシア語スウェーデン語トルコ語等なりという, 四種中に鼠, 四種以下にはならん, 四種位しかその, 四種写真を撮る, 四種宛を含む, 四種木像金像とも三十四種, 四種目あるが, 四種米国に二種, 四種線に絡まっ, 四種調査致候処悉く銅, 四種都合三十八種あり, 四種電線とは全然, 四種類以上に増加, 四種類位いで尽き, 四空蒼茫丹波路から江州その他, 四空軍は今, 四空間表象という特別, 四を過ぎ, 四立方センチメートルだけ一リットル, 四立退きを迫られ, 四竜王地中を守護, 四章もと寸璧のかがやき, 四章二十三節にもある, 四章五節以下であって, 四章其二に曰く, 四章末尾の本, 四章近代社会の特徴, 四童一老が自動車, 四に聳え, 四端反り夕凪にある, 四落して, 四等いずれにしよう, 四等ときの声を出し, 四等三角点を建設, 四等以上にも出たる, 四等出仕を命ぜられた, 四等国なみの軍備, 四等国五等国の位置, 四等國民以下の文字, 四等客車に収まっ, 四等室位まで移る, 四等席をつくっ, 四等易春秋礼記で五等, 四等格五十俵御足四十俵, 四等賞のこと, 四等運転士だったが, 四筋六筋七筋青白く思案, 四筋梢には羅, 四を注射, 四答弁に立たせ, 四を踏みつぶした, 四箇国に跨が, 四箇国語のほか, 四箇年未満で人口, 四箇所憺父と書, 四箇月ぶりで彼, 四箇月ナリ死因ハ未ダ詳カナラザレド中毒死ト認ム, 四箇月以前サンデイ毎日に出, 四箇月余りを過ぎた, 四箇月家畜を放牧, 四箇月目に三井君, 四箇月遅延しても, 四箇月餘りを, 四箇条相背候わば, 四箇條ある, 四箇程は実に, 四算哲とウイチグス呪法, 四管頓情消失奴若有, 四の序, 四節三項を分ち, 四節毛あり, 四節西行の処, 四節西行論は全体, 四範疇であった, 四篇二十四個の論文, 四篇人物論大小合せて, 四篇位ひしか, 四米ぐらゐの溝は飛びこす, 四米七の峰, 四米二と測られ, 四米先へ投げ出された, 四米四方の部屋, 四米国の美術, 四米国人民の階級, 四米湯ノ湖に較べ, 四米留盆の落陽, 四米突の一峰, 四米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 四粁余り叫ぼうにも, 四粍位もあり, 四粒中なると, 四粒五粒と飲ん, 四粒指で, 四精読しそれ, 四も水垢, 四糎位に型, 四糎砲が敵, 四糎砲弾を波, 四級ぐらゐで白痴にならなけれ, 四級員は第, 四級生にてあり, 四絃一撥の琴, 四絃一撥蕭然として曲, 四組一筋に垂れる, 四組七人乾魚一枚麩の味噌汁一杯, 四組五組と適当, 四組十人ばかり二, 四組江戸で十組, 四組舞踏を踊った, 四組評判記といふ風, 四組踊りに来, 四にも禁断, 四経和語抄に掲げました, 四結婚者一六すなわち出生二四対結婚八, 四わずか二十字, 四綴音から出, 四編五編を読ん, 四編十二冊しかも口絵, 四編隊と第, 四縦五行の九字, 四繰りかへし, 四繰返えし, 四に担っ, 四置き去りが三六九・八パーセント増加, 四署長の探偵, 四美人じゃない, 四美妙斎は余りに, 四群臣は礼, 四羽五羽飛び大, 四羽位お買いなさい, 四羽憤怒の皷翼, 四羽村をすて, 四羽電線の上, 四羽高調子で互に, 四は性, 四あり, 四老以下重臣をあつめ, 四老臣のうち, 四にも価する, 四者間でそう, 四をなした, 四聯隊除隊後は玉井組, 四聲法を嚴重, 四の閣老すべて, 四職以上の盲人, 四肉交したため, 四肋骨のへん, 四脚一組になっ, 四脚両翼を具, 四脚人は直立, 四脚皆用いず腹, 四脚香炉と燭台一対, 四か五腹, 四臂六臂の佛像, 四臆病なり, 四自動車にとびつく, 四至八道という対陣, 四至等の事項, 四臺續いて, 四舊律では男女, 四舎営ノ夜半ニ筆, 四航海の話, 四航空隊の司令, 四を知る, 四艇身半の開き, 四艘一組となり, 四艘交易のため渡来, 四艘人員二千人足らずであったが, 四艘小堀の中, 四艘小舟共は数, 四艘故郷の港, 四艘長崎表へオロシャ船四艘交易, 四艦隊から報告, 四十二柏軒の, 四色それだけを食べ, 四色和蘭風にし, 四色四中碗といっ, 四色四大盤といっ, 四色四点心といっ, 四色手製のお菓子, 四色牛肉と鶏肉, 四色菓物の煮た, 四色豚のお, 四色野菜を四色, 四花八裂をなし, 四花弁がある, 四芸術祭にフレッドさん, 四芸術祭七月十四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 四若い女が, 四若しこの人生, 四を見, 四英マイル時代に依っ, 四英国の国会議員, 四英国ロンドン紀行の部, 四英国教宗と旧教との区別, 四英国諸宗の礼拝, 四英雄時代ト云フノ他ハ皆金屬, 四茎日に蒸され, 四荷リヤカアに積み, 四菩薩折伏ヲ現, 四萬それに續, 四萬三千日草市盂蘭盆会も瞬間, 四萬三千石の龜井樣, 四萬二千三百あまりなむありける, 四萬二千册とも見, 四萬五千石の城主, 四萬人で支那, 四萬先生すつかり草津伊香保, 四萬八千の毛穴, 四萬六千日は八月, 四萬六千石ぐらゐなものでその上, 四萬四千餘石に改め, 四萬圓伐採期間四十五箇年間一年に一萬圓づつ, 四萬餘騎餘五將軍の遺, 四萼片と共に花, 四落城から死, 四藩二奉行所から出動, 四藩駿河の三藩, 四を捕えた, 四虚辞儀をさし, 四號くらゐの, 四蛇崇拝の条等, 四蠹之を害すれ, 四に恭敬, 四衆吾於過去無量劫中求法華経無有, 四行あたり何か人間, 四行づゝの電報, 四行のをかく, 四行五節の新体詩, 四行五行に大きく, 四行十四宇目四字まですゝむと, 四行半抹消されて, 四行句や対連句, 四行四聯から成る, 四行宛要領の得, 四行抹消されて, 四行詩春にという感傷的, 四衛府兵をし, 四衛星がある, 四衣物住は十誦律, 四に張る, 四が例, 四袋白麺麭の百個ぐらゐも貰, 四裁判所へ呼出され, 四装甲巡洋艦九対二の比率, 四補助金は各, 四襲位之事, 四西側二十九を算, 四西洋婦人の髪, 四西洋発行の仏書, 四親王がまだ, 四観スレバ但ダ茫然, 四角ばった一様な姿勢, 四角位に截った, 四角天主教会にては日曜日, 四角張つたことを云, 四角軍がどこ, 四があった, 四言ことばを交え, 四言三十首を作り, 四言十二句を書し, 四言葉スウェーデンやトルコ, 四言詩の中, 四言話をする, 四ほどの註, 四記述稗海第三函等, 四になる, 四及び淨, 四評定役のあいだ, 四詩人を読む, 四詩人ヤコブセン及び畫家スロアガ, 四です, 四話毛生動物, 四誓偈を誦ん, 四語尾としての, 四誦わたくしはその, 四課リヤ王物語リヤ王はもう, 四を了, 四論争に勇, 四論文の第, 四諸事倹約と申す, 四諸侯と登場, 四謂うべし簡に, 四に述べた, 四譬而有八毛三栗中上不来, 四譯館に保存, 四議会将に召集, 四議會將に召集, 四谷くんだりまでも出向い, 四既に陳す, 四豹一が六つ, 四貨殖に汲汲, 四貫七百というの, 四貫三百五十目あったと, 四貫五十目あった, 四貫五百五十目あったの, 四貫俵三十銭二十五銭になっ, 四貫八百五十九匁の鉛, 四貫八百目の体, 四貫六百四十匁の飲料, 四貫匁ずつ位積み, 四貫四十四匁に近い, 四貫四百文替えに相談, 四貫目なるもの, 四貫目風袋を加える, 四買い一本について, 四賢良妻なりなどと, 四しまったく, 四足すつきり伸び, 四足前へよろめいた, 四足行儀よく並んだ, 四趾ト第五趾ガ, 四趾切斷十二年の一月四日, 四趾後肢に三趾, 四跋二十九書二記二考一墓誌三雑二でその, 四路進攻の大計, 四身長も同じ, 四とも平安時代, 四がなおも, 四軍等を集結, 四軒たびやがあった, 四軒二十三十無之, 四軒五軒と廻る, 四軒五軒六軒目の家, 四軒他の家, 四軒位ずつちょっとした, 四軒先の煙草屋, 四軒先きの石屋のかみさん, 四軒右側の二軒, 四軒名ばかりの机, 四軒宿屋がある, 四軒寺町と呼ばれ, 四軒建て兼ねたの, 四軒片着けたり, 四軒稲葉家の隣家, 四軒茶屋旅籠のございました, 四軒蕎麥屋が二軒, 四軒蕎麦屋が二軒, 四軒野の畠, 四軒隔っていた, 四軒骨董商を見, 四輌目客車内に人事不省, 四といつ, 四輛立続けに, 四輛編成で食堂車, 四輛連結して, 四あり, 四輪ともに最低, 四輪トラックをたのんだ, 四輪箱馬車は騒がしい, 四輪輾リ去ル者ハ華族ナリ, 四輪馬車代とや, 四輪馬車代駅馬車代及び教区巡回, 四輪駆動でないと, 四辛亥元旦与塾中諸子, 四辛亥十月廿四日与立夫魯直酔梅家弟柏軒, 四辛巳の詩中, 四辛未の年, 四辺シンカンとしてシジマ, 四辺人なきの, 四辺寂々寥々とし, 四辺寂寞として静か, 四辺憚からぬ澄んだ, 四辺朦朧と小暗く, 四辺構はず高い声, 四辺構はず狎戯る妙, 四辺泉の湧く, 四辺皆なこれ危険, 四辺蕭然となっ, 四辺闃寂人影無シ, 四辺隈なく穿索, 四目に, 四返している, 四返事はまだ, 四返目だたださえ, 四返繰り返したが四, 四返繰返されたが毛布, 四途路筋斗の海賊船, 四通りカットカットして, 四通り黒百合がある, 四通中二通計三通分, 四通前からすっかり, 四通勤による工員, 四通目の電報, 四通話で合計高平均七通話, 四連発の大砲, 四連邦の小島, 四連音符をつ, 四週年の当日, 四週日の金曜日, 四週間あと三重県の数ヶ村, 四週間あまりたたないと, 四週間たっぷりの絶対安静, 四週間以内にととのえ, 四週間分だけは只, 四週間前お前の学校友達, 四週間日本にい, 四週間暗室の独房, 四週間目にグスタアフ・フォン・アッシェンバッハ, 四週間置放しに, 四進士を除き, 四運隊の凡そ二千余, 四遍共全く同じその, 四遍共調査なさった結果, 四遍小便しに, 四遍往復して, 四遍横まわりをした, 四道五道となり, 四道交通の要衝, 四道八通の利, 四道巴蜀へ通ずる, 四遺伝単位説となっ, 四邊ニ漸スルノ理ニテ, 四邊八方投附けるかも, 四邊四五間四方位ゐに, 四邊寂として音響, 四邊憚からぬ澄んだ, 四邊構はず高い聲, 四邊構はずワツと泣き, 四邊構はず狎戲る妙, 四邊皆山である, 四邊蒼茫將に夜, 四邊闇夜の如く, 四郎さへも自分, 四郎そつくりだ, 四郎その他の者, 四郎はじめ三人の者, 四郎ほか数名を三条河原, 四郎みたいに身体, 四郎みなごろしに, 四郎一期のお願い, 四郎二郎国長の矢さき, 四郎以下みなひざまずかずに, 四郎体を反らし, 四郎何が起った, 四郎使を来らしむ, 四郎側のほう, 四郎兄は他日, 四郎兄弟は陥穽, 四郎兵衛夢の市郎兵衛, 四郎兵衛尉をし, 四郎兵衞町奴のこし, 四郎利家の二千人, 四郎利家どのが討手, 四郎利長等を始め, 四郎助磯矢頼母の三人, 四郎勝頼土屋惣蔵は云う, 四郎千五百を率い, 四郎右衞門と稱, 四郎四月二十九日を以て征途, 四郎四郎と云っ, 四郎夫婦の居間, 四郎始め番頭手代達にも逢つて, 四郎学習院出身で美学, 四郎安藤太郎左衛門たちの手, 四郎将平そのほか六郎, 四郎将平たちは叔父, 四郎工左衛門寿朝等いづれも, 四郎左天命を全う, 四郎左衛門尉この人, 四郎左衛門高直など, 四郎座についた, 四郎得意の責め手, 四郎心中はなはだ気味, 四郎忠常南条の小次郎, 四郎成田小三郎らのあいだ, 四郎時貞は相津玄察, 四郎晩酌を一本, 四郎泰長出雲からきた, 四郎流の火縄, 四郎独身で居, 四郎等と先生ともども, 四郎節のねんぶつ, 四郎自称青年政事家で某, 四郎芝鶴勘五郎がよしや, 四郎貴方はそこ, 四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 四郎重氏黄瓦毛の太く逞しき, 四郎野本與次郎の兩人來, 四郎長茂が都, 四郎駒場御猟, 四郎高崎次兵衛などはそれ, 四郎高真の陣所, 四郎高綱も池, 四郎鬼の首, 四郎鹿子木孟郎二氏の, 四郡立図書館に各, 四郡越後に属した, 四部井汲がそれぞれ各部編集責任者, 四部公開法廷に出廷, 四部分類法の擡頭, 四部各区隊の完全, 四部合奏曲を奏し, 四部屋位しかなかつた, 四部工芸品部には日本刀, 四部曲の野蛮, 四部書の目録, 四部書目録及び七志, 四部隊の一部千何百名, 四部隊川之上隊です, 四部隊杉部隊の浜島茂, 四郵便法の進歩これ, 四鄭和伝には成祖, 四の湫隘, 四鄰昼の中, 四の酔い, 四里それを一日, 四里ぢやから三四十二里, 四里一路松の山温泉, 四里下流の群馬県佐波郡芝根村大字下, 四里久賀本郷駅なり, 四里乗合の馬車, 四里二日市町わたや, 四里今津駅なり, 四里信州白骨へ通ずる, 四里八町夜道には少し, 四里八町横は三里, 四里八重櫻相連なりて, 四里内外その熱心, 四里半南北はごく, 四里半手土一万石立花出雲守の城下, 四里南の海邊, 四里南北五里に及び, 四里向うの村, 四里四方一軒の人家, 四里四方人気のない, 四里四方刀斧入らざる深山, 四里四方瓦がとび, 四里四町見附から池田, 四里太古に氾濫, 四里奥へ這入り込んだ, 四里山が川, 四里山中人跡稀なり, 四里川下の庄原, 四里川中島から東南, 四里川口在善根宿, 四里府中町へ買った, 四里往復ほどの道, 四里徒歩で三里, 四里所得は十弐銭, 四里手前に湾入, 四里本庄町さぬき, 四里松崎双之介居, 四里甲府の停車場, 四里荒川の左岸, 四里行つても相, 四里計只見川原中ヲ流, 四里道は多く, 四里酔が醒め, 四里間に家, 四里馬車にて二時間, 四里高山の町, 四重あたりで寄手, 四重ぐらゐ壁越に琴, 四重五重六重と上, 四重印籠を二組, 四重大事五切紙之上口伝, 四重奏曲ピアノ協奏曲などを聴く, 四重奏曲五重奏曲はそれ自体, 四重奏曲作品第百三十番, 四重層から櫓下, 四重張りの怪物, 四量半に閉じこもっ, 四金四四歩四四同金左, 四も縫う, 四ばかりの檜葉, 四鉢大輪の朝顏, 四銀五六銀とノータイム, 四銀行三共のオリザニン, 四銃士氏は巧妙, 四と算せられた, 四銭なでしこ四銭木綿針五本で一銭, 四銭ハガキ二銭そしてなでしこ四銭, 四銭バターその外, 四銭一志がざっと, 四銭也助かつた, 四銭五厘合計四十九銭五厘持って, 四銭五厘藁も村, 四銭佃煮にし, 四銭位のです, 四銭余計にかけて三十五銭, 四銭切手封入日日気附で手紙, 四銭南瓜が四十五銭, 四銭塩が五銭, 四銭外の入費, 四銭大根一本五銭落ちついて, 四銭払ふ, 四銭抵当として端書三枚, 四銭木綿針五本で一銭, 四銭根はおろし, 四銭殺虫剤が買, 四銭米七合いた, 四銭米五合頂戴して, 四銭米六合戴いた仁淀川橋, 四銭米四合あまり功徳を戴いた, 四銭米四合今日は銭二銭米五合, 四銭腹いつぱいになつた, 四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, 四錠ズツ一日ニ三四回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, 四錠ズツ日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 四錢白銅貨一つにて一錢餘, 四の節度使, 四長二短の大, 四長兄のドミトリイ, 四長女は五つ, 四門七と永井, 四門三十六糎砲が百三十六門, 四門盡く鐵關下り, 四門辻などを固める, 四間あとのところ, 四間ぐらゐの棟の低い, 四間さきの枯れた, 四間七尺五分あった, 四間三尺の上, 四間三尺二寸七分あるから, 四間以上もある, 四間前の草原, 四間前栽も何, 四間半小口三尺まはり四角, 四間半小口三尺まわり四角な樟, 四間南北が四十間, 四間向うの左手, 四間四方の溜井戸, 四間四面の広い, 四間坂の下手, 四間奥行は十間余り, 四間幅に於, 四間東西は八角形, 四間道路が新しく, 四間頭から尻尾, 四間餘り隔て, 四関大一九立大一六東大一三計二九六名, 四関門を通過, 四閣中自分の見たる, 四闘士と十人, 四とその, 四陣上下挙つて将門を拝, 四陣地の東方, 四陣大野木大和守などの兵, 四陣太史慈呂蒙第, 四隊以下は我ら, 四隊楽進なり, 四階あたりを指した, 四階つぎは屋上, 四階のが一つ, 四階みんなまるい鉄, 四階ヨーヨーをし, 四階レストランデンツーの招待日, 四階三階屋上などをぶらつい, 四階事務所へ行く, 四階五階六階と登っ, 四階会議室へ行き, 四階位は種民天といふ種民天, 四階分の梯子段, 四階十六官七十三刻と定められ, 四階屋の各室, 四階屋上の露台, 四階左手の褐色, 四階席からも捲き起った, 四階建洋館の真暗, 四階手巾が乾し, 四階東宝劇団となっ, 四階東洋興業株式会社に出頭, 四階楽屋で, 四階段にもわけ, 四階私の作陶展覧会場, 四階稽古場へ, 四階立てのかまえな, 四階級中最高の地位, 四階級政治的には官僚, 四階級文学理論の中, 四階級的作品を製造, 四階級的論文を発表, 四階級自身の意志, 四階絹織物銘仙羽二重御座います, 四階裏の一隅, 四階西館で催された, 四階間の上下, 四階魚鳥グリルへ行く, 四障も開け払い香を, 四のうち, 四隣人無きが, 四隻しずかにうかん, 四隻仏艦三隻米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 四隻汽船三隻を帥, 四隻海軍兵員およそ二千百余人, 四隻縦陣をつくっ, 四雄南唯次島村信之石岡文七高藤邦松等七人であった, 四雄蕊がある, 四集二十七枚あるが, 四集団は既に, 四離し散滅し, 四雷薄は瑯, 四雷電中竜の金色, 四電話が懸っ, 四霞亭の墓, 四露里も走った, 四に庭, 四面位でその, 四面体の感触, 四面体聚形の一人, 四面佛ハ必要デナイ, 四面全部というの, 四面堵を成し, 四面山影を見ず, 四面広闊として山岳, 四面強國に限らる, 四面暗黒となり, 四面皆雪という雪中, 四面目に入っ, 四面竪横蟻の這いい, 四面総体から云え, 四面縦貫十里なるを, 四面雲晴れ明月天, 四音ウネメノは稍不安, 四音五音六音の連鎖, 四音六音でこしらえた, 四音声であるという, 四の長, 四頁コラン・ド・プランシーの, 四頁一九二三年板エヴァンスの, 四頁七行目の欠字, 四頁上段に曰く, 四頁久高島の結婚, 四頁六頁という本式, 四頁十四行十四宇目四字まですゝむと, 四頁目のところ, 四なりや, 四頃絵が大変, 四項式との二種, 四項更につきつめた, 四頭これはあおむけ, 四頭ぬきだ, 四頭引きの馬車, 四頭早や前, 四頭曳の竜, 四頭牝馬二百四十頭牡馬まで合せ, 四頭立馬車で市はずれ, 四頭選び取り之, 四頭鬣を鳴らし, 四頸椎に圧迫, 四題ぐらゐづつが掲げて, 四題ぐらゐを一會場とする, 四顏色は淺, 四だちも, 四に分ちたる, 四顧瞑漠百歩の外, 四風車地点を巡察, 四飄亭曰く募集句は鳴雪子規, 四についで, 四飛びに飛ん, 四飛横歩を払, 四飛行聯隊の主力, 四食分持って, 四の欠, 四飯時と茶時, 四首顕昭は一首, 四馬剣尺様だ, 四馬剣尺頭目が命令, 四馬曹又は群臣宴, 四馬路あたりに人力車, 四馬路等を見た, 四に負, 四駅上りに寄つた私, 四駅前で下車, 四駅目の田舎, 四駿足兵車も共に, 四騎兵軍団並びに後続, 四騎士はこれ, 四驛目で湯谷, 四體合葬した形跡, 四高等中学校と改まる, 四高等二年六年三年三年と並ん, 四高等学校を卒業, 四の司人等, 四鬼神が秘か, 四ありと, 四魔五眷屬此眞言以魔字爲體即是大空, 四に附ける, 四の目的, 四鶴舞公園の裏手, 四鹹菜といっ, 四麿の従者, 四黒死館既往変死事件について, 四黒球百二十五ついにこの, 四點煮染んだ, 四鼎斎が十八, 四鼻孔云々の法, 四