青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「噂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喧嘩~ 喫~ 喬~ 單~ ~喰 喰~ 嘗て~ ~嘘 嘘~ ~噂
噂~
器~ 器械~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~

「噂~」 7561, 82ppm, 1364位

▼ 噂~ (1774, 23.5%)

262 して 116 聞いて 59 耳に 45 した 33 すれば 29 聞いた 24 聞くと 20 きいて 14 するの 13 する者 9 きいたこと, したり, 聞いたこと, 聞くたび 8 かき集めて, きいた, されて, する時, 立てられて, 聞いたの, 聞きました, 聴いて 7 聞いたが, 聽いた 6 きいたの, しながら, するもの, 始めた, 生んで, 聞いても, 聞き伝えて, 集めて

5 [18件] お聞き, きいたとき, しました, はじめた, 小耳に, 手一杯に, 掻き集めて, 極めて早く, 知って, 立てた, 立てて, 立てられるの, 立てる者, 聞いたか, 聞いたり, 聞かない, 聞きまして, 聞けば

4 [14件] きくと, する, すると, たてられて, 気に, 申して, 聞いたので, 聞いたもの, 聞いた事, 聞いては, 聞かされて, 聞きましたが, 聽い, 致して

3 [17件] したこと, しない日, しましたが, するやう, する客, たてて, 伝へ, 信じて, 私は, 立てられては, 綜合し, 聞きますが, 聞き込んで, 聞くこと, 聞くの, 聞く事, 聴いた

2 [71件] あさりましたが, いつまでも, うけたまわって, お聞き申しました, されると, されるの, されるよう, したが, したがるもの, したそう, したの, したもの, したん, した事, しても, しなくな, しはじめた, します, し合った, するので, するものの, するよう, する事, なんと思う, チラリと, 伝えたり, 伝えられて, 伝えると, 伝え聞いて, 作り受取りまた, 信じないよう, 否認した, 始めたの, 始めた縮れ毛, 平次は, 彼女は, 思い出して, 思ひ出したの, 承わっ, 振りまいて, 掻き集めに, 氣に, 種に, 立てた本人, 立てます, 立てられても, 立てるの, 立てるよう, 立てる連中, 聞いたから, 聞いただけ, 聞いた時, 聞いてから, 聞かせて, 聞きつけて, 聞きながら, 聞きに, 聞きましたから, 聞きますと, 聞き合う位, 聞き込みましたよ, 聞くに, 聞くよう, 聞た, 聴いたこと, 聴いたの, 聴いた時, 聴きながら, 聴くたび, 聴くと, 馬琴も

1 [658件 抜粋] あさつ, あさるので, あなたに, あんまりした, いいふらすもの, いう位, いたして, いたす者, いっさい否定した, うかがいましたもの, うかがいましたもん, うかがうこと, えたり, おきき, おりおり聞されたり, お聞きでしょう, お聞き申す, かきあつめに, かき集めたらすぐ, かき集めた八五郎, かき集めました, き, きいたあちこち, きいたが, きいただけ, きいたので, きいたまま, きいた城中, きいた折, きいても, きかされるが, きかない, きかぬか, きかば, ききつけると, ききつたえた附近, ききつたえて, ききましたが, ききます, ききフグ, きき猟銃, きくこと, きくさえ, きくに, きくもの, きくやう, くりかえして, こまごまと, これ迄, さけるため, させて, されたけれど, されたそう, された位, された用人, されようとも, されること, されるほどの, される女房, しあいながら, しあった, しあふ, しかかわり合い, しその, したい心, したか, したがね, したがるもん, したという, したら先生, したら父, した伯耆, した痩せぎす, した相, してたとこ, してたの, してたん, しては, してるか, してるという, してを, しないよう, しなくても, しなくなつ, しはじめ, しましたよ, しまして, しましてね, しようって, しるすのみ, しんみりと, し出した, し合います, し合う時, し合つて, し始めた, し始めると, し淡青い, し総理大臣, すぐに, するお, するが, するぐらゐで, するそれ, するだけ, するだけでも, するだらうて, するなつかし, するのに, するばかりで, するやつ, するん, する人, する何, する処, する方, する處, する静岡, せずに, そのまま記す, たくさんに, たずねたら彼, たてましたが, たてられたのでね, たてられた時, たてられるでしょう, たのしんだ, たよりに, ちっと聞い, ちょいちょい聞く, ちょいと, ちょっとよそ, ちらちら耳, ちらと, つたえ聞いて, とりあげも, とりあつめると, どこで, なさつた, なされて, なされますゆえ, なして, ぬかしやがるんで, のこして, はじめは, はじめました, はじめる, はじめると, ひろげて, ひろめた話, ひろめて, ひろめるの, ふと思い出し, ふと耳, ほのめかされて, まいた張本人みたい, まきちらした, またもしました, また聞きした, もした, もたらそう等, もち出し, もって, よう知る, よく耳, よく聞いた, よそから, クリストフに, チョイ, バラ撒い, 一々お上, 一しきり私, 一つでも, 世間の, 中心として, 中心に, 二重に, 云うて, 亡き父, 今迄, 代表し, 伏せて, 伝えた人, 伝えて, 伝えられたもの, 伝えられるという, 伺いました, 伺ったもの, 伺つてを, 何度か, 何度も, 作りだしたん, 作るかが, 侍女の, 信じ母上, 信ずるもの, 信ずる者, 俺は, 個人的に, 偶然小耳に, 傳へ, 先に, 光子も, 全く聞かぬ, 兵たちは, 出來, 助長させる, 北山自身敢て, 叔母が, 取次ぎますが, 受取るに, 否定し, 否定する, 吹き込んだに, 告げると, 喋る必要, 嗅ぎつけて, 噂だ, 噂だけに, 噂として, 増す道理, 大事件, 好いたらしくする, 始めたので, 始めとして, 始めぬ, 始める, 子供の, 存じて, 宛に, 少々した, 少し陰気, 屡伝へる, 広めて, 度々私, 廣げる, 弘めた張本人, 弘めるの, 当の相州さま, 得たよりも, 御きき, 御存知か, 御話しました, 思いだして, 思い出した, 思い出したの, 思ひ出した, 思ひ出しました, 恐れる必要, 憚つて祝言は, 打消したやう, 打消すため, 承ったこと, 承はつ, 承まわって, 承りましたが, 承りまして, 承るのみ, 抱えの, 拵へた相です, 拾い集めて, 拾ひ集め, 持ち出したが, 持ち出した安井, 持ち出して, 持ち出すの, 持って, 持つて, 振り撒いたの, 捏造し, 捏造した, 探らせて, 探りおったもの, 掻き集めさせ八五郎一人, 撒かれながら, 撒きちらしたの, 撒きちらすとは, 撒き散らして, 撒き散らしました, 新聞で, 方々へ, 日本人倶楽部で, 昔中学の, 時たま聞く, 最後に, 本当にしない, 本当に全部, 本當, 材料に, 松江は, 案じ合って, 森本が, 止めて, 比較し, 沢山お, 流すころ, 消して, 消しなさいよ, 深くは, 深沢深は, 為ばかり, 無関心, 生じ直義, 生むので, 生んだ, 生んだに, 生聴き, 産むの, 産んだ, 申しあげて, 申したところ, 申しました望月様, 申上げない, 町では, 疑がった者, 百瀬から, 皆聞い, 皮切に, 盛んに, 真に受け, 知ったので, 知ったらしい, 知つて居りやす, 知らないかネ, 知らない百姓, 知る者, 確める, 秦王に, 突きとめたそれ以上, 突然思い出した, 窕子は, 立て, 立てさすまいという, 立てさせたくなかったから, 立てさせ事, 立てさせ嘘, 立てそれ, 立てそれから, 立てたがるもの, 立てたの, 立てたもの, 立てないもの, 立ては, 立てやがる, 立てられたほど, 立てられたもの, 立てられたらその, 立てられた事, 立てられた人物, 立てられた女, 立てられちゃ, 立てられてから, 立てられてからは, 立てられましたの, 立てられます根本, 立てられるだけでも, 立てられると, 立てられるので, 立てられるやら, 立てられるより, 立てられ京, 立てられ今度, 立てられ易い, 立てる, 立てるので, 立てる人, 立て不平不逞, 立て人, 立て易い, 笑い楽しむ如くである, 節子に, 精一杯かき集め, 絶対に, 続けた, 綜合する, 聞いたぞ, 聞いただけでも, 聞いたっけ, 聞いたまた, 聞いたもん, 聞いたよう, 聞いたらどう, 聞いた世間, 聞いた日, 聞いた村人, 聞いた老父, 聞いた銭形, 聞いてさえ, 聞かされたので, 聞かされては, 聞かされること, 聞かされる度, 聞かされる誰, 聞かすの, 聞かずに, 聞かせますと, 聞かせられた, 聞かないうち, 聞かないだけでも, 聞かないだろうな, 聞かないという, 聞かなかったか, 聞かなかったかね, 聞かなかったですか, 聞かなかつたかね, 聞かなくなった, 聞かなくなったかも, 聞かぬは, 聞きたがる, 聞きつけると, 聞きましたかな, 聞きましただけの, 聞きましたのでなあ, 聞きましても, 聞きます, 聞きますだけ, 聞きますので, 聞きません, 聞きませんか, 聞きませんでしたが, 聞き伝へた, 聞き伝へ近隣諸国, 聞き傳へた, 聞き出した, 聞き出すと, 聞き出すの, 聞き始めると, 聞き怒って, 聞き毫, 聞き知, 聞き知って, 聞き而, 聞き込みここら, 聞き込みました, 聞き込みまして, 聞き込み早速, 聞き込んだん, 聞き集めて, 聞く, 聞くきり, 聞くため, 聞くたより, 聞くだけで, 聞くだろう, 聞くにつけ, 聞く例, 聞く市子, 聞く様, 聞せられるの, 聞出したから, 聞込んだので, 聴いたと, 聴いたよう, 聴いた下村観山氏, 聴いた事, 聴かされたので, 聴きたくしたの, 聴き込んで, 聴くごと, 聴くにつけ, 聴く度毎, 聽か, 聽き出させ, 聽き集めた, 聽く, 致しいる女, 致しましたが, 致します何卒, 色々と, 葬つてし, 薄々小耳, 見て, 覚えて, 触れ歩くからには, 訊いて, 訊くと, 話して, 話題に, 語って, 諸地方, 路傍で, 踏みに, 軽々しく口外, 近所で, 近来あまり, 迷惑がっ, 途中で, 通じそれとなく, 逢うごと, 道中で, 避けて, 重吉に, 開き今, 院が, 集めさせました, 集めたもの, 集めること, 集めると, 集め續, 高め思うつぼ

▼ 噂~ (1310, 17.3%)

32 立った 31 ある, 立って 20 出た 17 あった 16 あつた 15 あるの, 立ちました, 耳に 14 伝えられた 13 あるが, それから, 伝わって 12 出て 10 立つて 9 あって, 出ると 8 世間に, 伝わった 7 立つと 6 ありました, パッと, 立つの 5 あったが, あるので, 京, 伝えられて, 年一年と, 春風に

4 [17件] あつて, ありますが, あるから, あるん, たった, ひろまった, まことし, パツと, 出る, 始まった, 拡まっ, 拡まった, 私の, 立つた, 聞えた, 聞えて, 高かった

3 [31件] あったり, あります, ありますよ, あるそう, あると, きこえて, きれぎれ, つたわって, 世上に, 事実に, 人々の, 伝は, 伝わったの, 伝わると, 傳は, 傳はつた, 出たの, 出るたび, 拡まる, 残って, 毎日の, 町に, 立ったの, 立ったので, 立ったり, 立つ, 立てられて, 風の, 飛んで, 高い, 高かつ

2 [79件] あったから, あったそう, あったに, あったの, あってから, あつたさうです, あつたり, ありましたが, ありましたね, あるもの, いっぱいに, いつとは, うるさい, お玉さん一家の, きこえた, ここまで, この屋敷, ござります, さちよの, それからそれ, たちました, たったの, たって, たつこと, たつて, たつ頃, とんで, どこからとも, ぱっと立った, ひろが, ひろがって, ひろまって, また世間, まちまちであった, 一円に, 一度や, 一番多う, 世間へ, 京中に, 人気を, 伝えられた頃, 伝へられた, 何か, 傳へられた, 出たか, 出たとき, 出た時, 出ました, 出るよう, 前から, 噂を, 四方に, 始まる, 広まって, 恰も今度源助さん, 拡がって, 新聞で, 村中に, 立ちまして, 立ち始めた, 立ったが, 立ったと, 繰り返されて, 耳には, 色々と, 行われて, 誰いう, 誰からとも, 誰の, 起った, 近所に, 頭に, 頻に, 頻りと, 飛んだ, 飛んだ凄まじい, 高くなった, 高くなり, 高まつ

1 [635件 抜粋] あちらこちらで, あったという, あったなお, あったので, あったばかり, あったよう, あった時, あった頃, あっても, あと, あなたの, あの辺, あまり高く, ありましたよ, ありまして, ありますか, ありますから, ありますぜ, ありますね, ありますばい, ありませんでした, ありよるですよ, あり伸子, あり出雲の神様, あり贓品, あるかと, あるがと, あるさ, あるぜ, あるとか, あるには, あるね, あるもん, あるやう, ある以上, ある本当, ある現に, いいかげんの, いったいどこ, いつと, いつの間にか子供, いつの間にか相当, いつの間にか石屋, いとぐち, いよいよ高く, いろ, うるさいから, うるさくて, おげん, おこなはれる, お兼, お城, お増, お松の, かなりひろく, かまびすしくなる, かもし出されて, きこえると, こ, ここへも, ここらまで, この彫刻家, この頃, ございまして, ござりません, されて, され出して, さわがしいので, しきりに出る, しばしば繰返された, すぐ岸野農場, そうだ, そこらの, そっちにも, その仲間, その日, その辺, それほど筋, そんなに長い, たかかった, たたなければ, ただ愛人, たちます, たちまちに, たちヘボ倶楽部, たち一九一八年, たち警察, たったこと, たってると, たって居, たつた, たつても, たつの, たびたび伝えられた, たびたび続く, だんだん確か, だんだん高く, ちょいちょい話題, ちらちらある, ちらほら私, ちらりあたし, つたえられた, つたわるほど, つたわるよう, つづいた, でただけ, でて, でても, とんでるだろうが, どうして世上, どことなく耳寄り, どことも, どこまでも, どのよう, ないこと, ないで, ないでも, なかなか高い, なくなって, にわかに広まった, のぼる頃, はずんだ, はやくも, ぱっとひろがった, ぱっとひろがり, ぱっと四方, ぱっと拡がった, ぱっと村中, ひろがりそれ, ひろまったから, ひろまったの, ひろまったよう, ひろまってからは, ひろまつた, ひろまり又, ひろまり板倉殿, ぴったりと, ほんたうらしくなりました, ほんとうらしくない, まいこんで, ますます高く, またパッ, また伝わっ, また立っ, また繰り出された, また聞えた, また聞こえた, また近所, まだやまない, まだ消えない, みえる, みんな別々です, もう, もう一つ, もちあがって, もっぱらである, もっぱらよ, もっぱら評判, やがて藩, やはり中心, よいよう, ようやく問題, よく出た, よく耳, わたくしを, ジーグフリードの, チョイチョイ耳に, チラリと, ニュースの, ホテルの, ボツボツ聞え, ポツポツ聞え, 一と, 一世の, 一層誇張, 一層高く, 一時村の, 一時立ちました, 一段と高まった, 一段落着いた, 一番眞實し, 一箇処一口で, 一般的に, 一転し, 一部貴族富豪階級の, 一面に, 下火に, 世上へ, 世間の, 両岸, 両親の, 事実あった, 事実と, 二人の, 交わされて, 今にまで, 今もっ, 今日も, 付け加えられて, 伝えられたもの, 伝えられるよう, 伝えられ出した, 伝つて来た, 伝はつた, 伝はつて, 伝はり居た, 伝わったとき, 伝わったので, 伝わったもの, 伝わった時, 伝わってのう, 伝わっては, 伝わりだした, 伝わりましたの, 伝研ゆきの, 伝説の, 伯父の, 何となく意, 何の, 何処から, 何処からとも, 何處からとも, 例の, 信ぜられて, 俺の, 偶然オリムピックの, 傳つた時は, 傳つて來た, 傳はる, 僕等にも, 入ったの, 入って, 全市に, 全校へ, 八方から, 八方へ, 出たので, 出たり, 出たん, 出ないこと, 出ないの, 出ない所, 出ぬこと, 出ましてね, 出ますやう, 出ますよう, 出ること, 出るの, 出る君, 出る度, 出る程, 到るところ, 前々から, 前部から, 勿体なくも, 区々で, 千之, 単にお, 又ひとつ, 又ひろまっ, 又もや町内, 取り取り, 口に, 各中隊, 同地方, 唯一人キスと, 嘘か, 嘘だ, 嘘である, 囁かれてるの, 困るでないか, 基で, 塾の, 多かった, 大変だ, 大石村から, 天下に, 天地を, 女工の, 好きで居る, 如何に, 姫子沢へ, 官に, 宮中に, 家主の, 宿に, 専らであった, 専らである, 専らでした, 専らと, 専ら伝えられた, 小助六, 少年の, 市中い, 年のうちに, 広まつ, 広まりかけて, 広まりはじめますし, 広まると, 序開きで, 度々あった, 度々あつ, 廓にまで, 廣がりました, 廻り廻っ, 引出されて, 弘まった, 弘まる, 弟子の, 当時或, 彼らの, 彼方にも, 彼方此方に, 後生ねがい, 後詰の, 御台所, 御簾中, 必ず起こり, 忽ちぱっと拡がっ, 忽ち拡がった, 愈々拡がる, 戸田村は, 拡がったの, 拡がりました, 拡がると, 拡まつた, 持ちあがるなんて, 持ち上った, 擴が, 支那人や, 新宿から, 新聞に, 日々市中を, 早くも, 明るい朝, 昔から, 昼頃伝わっ, 暗示と, 暫く絶え, 有るぢ, 本国の, 本當, 村じゅうに, 村を, 村中一杯に, 村人の, 東京の, 東部日本の, 松坂から, 林の, 枝に, 根も, 次第に根強い, 次第に激しく, 殆ど別, 残ってるよ, 母親なる, 気に, 江戸つ, 江戸を, 江戸中に, 決して嘘, 洩れた, 流れはじめた, 流れ始めた, 流布された, 流布し, 消えるわけ, 深川へも, 清次郎の, 溌と, 源氏の, 滿更嘘ぢや, 漸, 炉畔の, 為たいん, 生み出されたの, 生み出されて, 生れた, 生徒たちの, 田舎にまで, 町中に, 町内に, 癪で, 皆の, 盛に, 盛んに, 相当に, 真実な, 真実なら, 知れますと, 確かな, 神田辺に, 私たちの, 私どもの, 程遠からぬ, 種々なされ, 立たないとも, 立たなかつたところ, 立ちそれ, 立ちにくい, 立ちはじめたの, 立ちはじめた時分, 立ちはじめました, 立ちはじめる, 立ちましたから, 立ちますが, 立ちセンセンキョーキョー, 立ち不身持, 立ち始めました, 立ち或, 立ち毛髪, 立ち現に, 立ったとき, 立ったに, 立ったほど, 立ったもの, 立っちゃあ, 立ってから, 立っては, 立ってるので, 立つし, 立つたがな, 立つたこと, 立つたさうでございますが, 立つたので, 立つたらその, 立つたら重ね重ね, 立つに従って, 立つもの, 立つわけ, 立つ気づかいは, 立てられた, 立てられました, 立てられ始めました, 立とうもの, 箕輪の, 絶えず聞かれ, 絶えない, 絶えませんでしたが, 絶え間が, 繰返された, 纒わりつい, 義雄兄と, 耳から, 耳ざとい女中達, 耳の, 聞えては, 聞えるやう, 聞え出して, 聞かれた, 自分を, 自然に, 船内に, 藤堂様の, 行く春, 行はれ, 街に, 親友たる, 言いふらされて, 話題に, 語り合ったもの, 誰が, 誰れ, 誰云う, 諸人の, 諸国の, 諸州, 賑っ, 起こった, 起ったの, 起つたもの, 載って, 遠ざかって, 都じゅうに, 都まで, 長屋じゅうから, 間もなく甦った, 陣中に, 隈も, 隣り町, 霧の, 静まらないうち, 響いて, 頻りにあつ, 風に, 飛んだ位, 飛んでも, 高いよ, 高うございました, 高うござる, 高くなっ, 高くなる, 高く一時, 高く成りまする, 高く泥棒, 高ければ, 高まった, 高まって, 龍介の

▼ 噂~ (715, 9.5%)

71 よると 46 よれば 32 聞いて 20 なって 15 聞けば 11 聞くと 10 よりますと 9 依れば, 耳を 6 きいて, のぼって, 上った 5 上って, 上るよう, 移って, 聽いた 4 して, なつた, なると

3 [13件] きくと, きけば, しても, のぼった, 上ると, 上るの, 上るやう, 依ると, 怯えて, 拠れば, 聞いた通り, 聞きますと, 花が

2 [29件] かかるよう, さへ, とどめて, なった, なる, なること, のぼる, のぼるよう, ふたたび花, 上った頃, 口を, 嫉妬交り, 就いて, 掩はれ, 時を, 残って, 気を, 火が, 立てる, 聞いた, 聞いたこと, 聞いた閻魔大王, 聞きましたが, 聞くところ, 聴いて, 脅えて, 落ちて, 違ひない, 驚いた人達

1 [345件] あるよう, あんなハア, いう, いわれる男, おざれ, おどろきまして, おびえて, おびえ切って, おびやかされて, きいた超, きいた通り, きいては, ききましたところ, きくイギリス, きく山田氏ツーさん等, きく電話, きまって居る, ござります, ござりまする, さえ上, されたくないと, すぎない, すぎまい, せよひと, せよ何, その青年, たかい物語, たかい磁力砲, たがは, たがわずなるほど, たがわず堂々たる, たがわず実に, たがわぬ人物, たがわぬ幸村, たがわぬ幽霊, たがわぬ怪奇, つれまして, ないこと, なったので, なったり, なった名誉, ならないはず, ならぬこと, ならぬやう, ならぬよう, ならねえやう, ならねば, なりその, なりだして, なりました, なりましたっけが, なりまして, なり後日本国, なり怪しまれも, なり警察, なるであろう陛下, なるの, なるほう, なるほどの, なるもの, なるやう, なるよう, なれば, のぼせたがるもの, のぼったところ, のぼったので, のぼった椋島技師, のぼった角兵衛, のぼっては, のぼらなかった, のぼりいずれ, のぼりお, のぼりまた, のぼり汽車, のぼるから, のぼるであらう, のぼるであろう, のぼるらしいが, のぼる人々, のぼる人気者, のぼる宮本武蔵, ふと思い起した, ふれそれとなく, また花, もちきって, 三右衛門も, 上される, 上せたがりそう, 上ったこと, 上ったこの, 上ったり, 上った二階, 上った局員課員, 上つた, 上つたとの, 上つた仲ださうだ, 上つた湯浅吉郎氏が, 上つた隣の, 上つてこの, 上つてゐる, 上つて居る, 上ぼる, 上らない筈, 上らなかった人, 上らなかつた, 上らなかつたからと, 上りがちな, 上りつつ, 上りながら, 上りました, 上りますからね, 上り各, 上り大身, 上るその, 上るほど, 上るもの, 上るレコード, 上る事, 上る好色, 上る清岡進, 上る頃, 不利益な, 乗るやう, 亢奮し, 京都で, 人一倍憤慨, 仕合に, 伝わりあと, 伝わる宝, 依りますと, 候, 偽は, 傳は, 僞り, 優る人品骨柄, 入るの, 入れた牢司, 其名の, 出たこと, 出たし, 出た紋十郎, 出るくらいの, 出るだろうが, 出る紫, 勝って, 半日を, 及びそれとなく, 及んで, 反抗し出す, 取巻かれた草川巡査, 味方の, 嘘は, 囚われて, 増して, 夜を, 夢中に, 大層働き, 始まった叔母, 安心し, 尚身, 就いても, 尾鰭も, 山口屋善右衞門方の, 川口には, 巻き込まれるの, 広がって, 建業に, 弱って, 彼らの, 従えば, 心から苛ら, 心が, 思い及んだ, 怯えたの, 恐怖し, 悩まされた, 手古奈が, 手頃の, 打興じ, 承った南蛮, 承わっ, 押されて, 持ちきりの, 於ける限り, 昭和二十年が, 枝葉が, 某家の, 案じて, 横町の, 横笛轟く, 歌われるよう, 止って, 残つてゐない, 残る程, 残る鶴, 注意し, 流れた, 浮き立って, 浮足たっ, 湧き返って, 激情を, 熱狂した, 猛り立った父親, 眉を, 神経を, 私の, 移った, 移ったが, 移り支那, 突き当られ落胆, 立ちまじる考, 立って, 立つた, 立つと, 立つよう, 立てられた, 立てられた家, 立てられること, 細川ガラシャは, 聞いたお, 聞いたかも, 聞いたから, 聞いただけで, 聞いたと, 聞いたところ, 聞いたどころ, 聞いたよう, 聞いたよりも, 聞いたり, 聞いたる大賊, 聞いたシュレーカー, 聞いた二銭団洲, 聞いた人, 聞いた令嬢, 聞いた位, 聞いた信州, 聞いた堂, 聞いた境, 聞いた大蛇, 聞いた家主, 聞いた小, 聞いた幾, 聞いた当時, 聞いた新お, 聞いた水死人, 聞いた猿面冠者, 聞いた程船, 聞いた竹矢来, 聞いた薄, 聞いた身分, 聞いた道, 聞いた錢形, 聞いた鯉, 聞いての, 聞いては, 聞え渡って, 聞かぬでも, 聞きしは, 聞きし靈妙, 聞きその, 聞きつらん, 聞き及ぶ御嶽冠者, 聞き及んだ湖心亭, 聞く, 聞くお客様, 聞くこと, 聞くだけで, 聞くに, 聞くの, 聞くのみ, 聞くばかりの, 聞くチエッコ機関銃, 聞く地底機関車, 聞く大家, 聞く天狗, 聞く木曽義明, 聞く街娼, 聞く許, 聞ける藻西太郎, 聞た, 聞ました, 聴いたよりも, 聴いた鹿, 聽い, 聽きました, 聽け, 脅されて, 脆くも, 興が, 花を, 花子が, 言いわけ, 誤りが, 警戒する, 迷わされるの, 追はれ, 追われて, 逆襲を, 過ぎないであろうが, 過ぎないん, 過ぎなかったの, 過ぎなかったらしい, 過ぎなかつたん, 過ぎなくて, 過ぎぬの, 過ぎません, 違いなかった, 違はず実際, 違はず家具調度の, 違はず横笛とやらの, 違わざりけりと, 違わず, 違わず三匹, 違わず影, 違わず御嶽冠者, 違わず忠利公, 違わず素晴らしい, 違わないと, 違わぬ姥桜, 遺って, 釣り込まれて, 長いこと我慢, 閉口し, 關する, 雪江お, 頓着なく, 餓えかつえて, 驚かされて, 高い, 高いは, 高い乞食, 高い伝説, 高い奇畜, 高い洛中洛外, 高い清僧たち, 高い辻斬り強盗, 高い金箱, 高い鉄仮面, 高い間諜, 高い鼓賊, 高い鼠小僧, 高き二俵伯爵, 高き女, 高めた, 鬼の

▼ 噂~ (618, 8.2%)

16 聞いて 10 それから, 噂を 5 きいて, すぐに, その日 4 えて供, だんだんに, なかった 3 かねて, それだけ, 噂として, 早くも, 耳に

2 [46件] あっても, あつた, あらゆる情念, ありますが, あれど, いよいよ高く, かかるもの, して, たいへんだった, つねに我々, なかつたの, なかなか高かっ, まちまちで, みな知っ, もう村中, フィクションである, 一つも, 一度も, 一般に, 不安定な, 他處, 兼, 前から, 原初的な, 嘘だ, 噂だけに, 大方か, 忽ち拡がった, 本当だ, 本質的に, 根無し草では, 歴史に, 物が, 私も, 私を, 立つこと, 絶えなかったが, 聞かねえか, 聽い, 薄々聴い, 評判として, 誰の, 運命では, 過去も, 金棒引の, 馬琴も

1 [448件] あたりま, あったが, あったけれども, あつたや, あてに, あの三月, あまりきこえませんで, ありましたが, ある, あるが, ある一部, いけませんぞ, いつかひろまっ, いつか伝わっ, いつどの, いつも彼, いつも支那側, いつも海辺, いつ消える, いやか, いやが, いよいよ大きく, いよいよ密, うけたま, うそじゃ, お前さん何んで, お君, お噂, お清, かえって拡がるらしく, かき集めたこと, かつて聞えた, かなり遠い, きいた, きこえなかった, きっと悪く, こうして尾鰭, このごろエルシノア王城に, このへん, このエルシノア, この地方十里, この決心, この辺, こりご, これだけに, これで, これも, これ一ツ, ご存知で, さほど気, さまざま先こそ, しかし必ずしも, しじゅう良人, しなかった, しなくな, しばしば聞い, すぐその, すぐぱっと世間, すぐ家中いっぱい, すぐ広まります, すぐ日本国中, すぐ近所, すでに世間, すべてひろがる, すべて甚だしく, するもの, せぬ礼儀, その問題, それからそれ, それから弘, そろそろ聞え, そんなこと, そんななまやさしい, そんなに惡, たしかだつたわね, たしかに俺, たちまち全, たちまち拡がっ, たちまち拡がった, たちまち村, たちまち村中, たちまち町中, たつし, だん, だんだん活気づい, だんだん高く, ちらと, ちらほら聞え, ついぞなかっ, ついぞまだ聞かなかった, とうから伺っ, とうの, とかく大きく, とかく絶える, とどかなかったし, どうだ, どうも間違, どこからとも, どこにも, どれも, どんなふう, ないが, ないの, なかなかに, なかりしが, なく単に, なく悪い, なにか事実, ねえの, のぼらなかった, ばったり二, ぱっと立った, ひとときは, ひろがってたこと, ひろがるばかり, ひろまり世間, まあ噂, まことで, まことにさんざん, まことに宜しい, まことに散々, ますますほんとう, ますます評判, ますます高く, まずこの, まだおそらく届い, まちまちであった, まるで嘘, まんざらで, みな一致し, みな根も, みんな嘘で, むろん次郎, もういい, もうきかなくなった, もう世間, もう近所, もっぱらだった, やう, やがてカヌー, やがて事実, やっぱりお, やはり消えない, やはり無遠慮, よく出た, よく聞い, よく聞く, わたくしも, わたしが, エセックスの, カパディアから, チラリと, パッと, ラザルスについて, 一ツに, 一人の, 一向にきこえない, 一層その, 一度でも, 一日の, 一時かなり, 一時さまざまだった, 一時その, 七十五日といは, 上らなかつた, 下火に, 不思議な, 世の中に, 予, 予て静子さん, 事実あり得ない, 事実であった, 事実でございました, 事実です, 事実の, 二つで, 二つとも, 二三ある, 二人とも, 五六年前にも, 井戸端で, 京橋の, 人々の, 今に, 今も, 他処, 以前から, 伊那の, 伝わった, 伝わって, 伺いませんでしたね, 伺いやしたが, 何か, 何人云う, 何処から, 何処ら辺までが, 何時の間にか知人, 保吉さえも, 信じて, 信じない, 信じなかったが, 信じられなかった, 信ずること, 元々当, 兄弟を, 入って, 全く事実, 全く噂, 全く聞かない, 全部デタラメな, 八方に, 公儀の, 公儀へ, 再び近村界隈, 出ない, 出なかった, 出なかつた, 出來, 初めは, 別な, 前置, 千里を, 単なる噂, 和上は, 喧しかった, 喧しくなりました, 嘘だった, 嘘です, 嘘でない, 嘘でなかった, 嘘では, 嘘に, 噂だ, 噂だけの, 噂と, 噂以上だ, 四方へ, 国中に, 城の, 城下一般に, 大きくなる, 大きなニュース, 大作の, 大層でした, 大菩薩峠を, 大變, 大部分事実, 大野ばかり, 失張り事実である, 女の, 如何にも真実, 始終母, 始終耳, 学校に, 安宅先生の, 実に大, 容易に, 寄れば, 専らである, 尽きなかった, 尽きなかつた, 尾鰭が, 岡から, 島にも, 巌本撫象から, 已にきい, 常にタブー, 常に頻繁, 常識で, 平次も, 広くも, 広く町, 広まって, 当時隠れも, 影が, 彼が, 彼の, 彼らの, 彼女が, 忽ちにし, 忽ちの, 忽ち人, 忽ち八方, 忽ち城下, 忽ち村ぢうに, 忽ち此, 忽ち漁村, 忽ち街, 意外な, 我々にと, 我々にとって, 我れ, 或は隠れた, 承って, 承わって, 拡まる, 接待委員から, 擴がらなかつた, 放二, 散々で, 新市長, 既に以前, 日が, 日ましに, 明子の, 明日にも, 昨晩芸者の, 時々し, 時が, 更に尾鰭, 更に広く深く, 曾て, 月日の, 本当だった, 本当であり, 本当な, 本当らしい, 村から, 村の, 村一杯に, 村中に, 東洋を, 松代から, 果して事実, 案外ほんとう, 次第に拡がっ, 次第に高く, 残党狩りで, 毎日北川さんから, 毎日大きく, 永続する, 永續する, 求婚の, 江戸の, 決して嘘, 決して我が, 決定的な, 汽車の, 波野幸子も, 流れ拡がるに, 浦幌の, 消えるわけ, 消え去つたが, 消されて, 清武一郷に, 湖畔に, 滅多に, 滋幹の, 爾来どこ, 猶さら広がり, 現在の, 瓦版でも, 申すまでも, 男性的力を, 町内で, 界隈に, 疾くより, 皆実正なり, 益々ひどく, 益々近県, 直に根津, 相變ら, 眉つば物だ, 真偽も, 知らぬが, 破牢者の, 確かに, 社会的な, 社會的な, 神田までは, 禁物だ, 私なども, 私にとって, 秋に, 移動性が, 種々出, 立った, 立てられたくないと, 立てられたそう, 立消えに, 竹内から, 節子の, 絶えない, 綜合する, 聞いたかい, 聞いたが, 聞いたこと, 聞えたが, 聞かない, 聞かなかった, 聞かなかったかな, 聞かなかったぜ, 聞かなかったの, 聞かぬ, 聞かぬか, 聞かれたでしょうね, 聞かれなくなった, 聞きましたが, 聞きませんでした, 聞きませんよ, 聞くが, 聞くの, 聴いて, 聽いてる, 聽きました, 能く, 能くしますが, 自から, 自然と, 自然に, 自然八五郎の, 至る処, 至極迷惑, 興味を, 船中に, 藤沢は, 蛇の, 行人や, 見る見る擴, 親分も, 詩人たちが, 誰いう, 誰も, 諸将, 豫て, 賀川さんの, 近ごろいや, 近郷に, 近頃の, 途, 造兵廠が, 連日の, 道子が, 遠からず, 遥か彼方, 里恵に, 金棒引きの, 長くは, 門徒の, 間もなく江戸中, 附近の, 雛吉が, 非常な, 風の, 香ばしくない, 駅長の, 高うござる, 鳰鳥の

▼ 噂~ (483, 6.4%)

24 ある 13 あった 12 出た 11 あったが, ありましたが, 聞いて 8 あるが 7 あつた 6 ありました, なかった, 聞いた 5 ありますが, あるし, 聞かれた 4 伝えられた, 聞きました 3 あって, あります, あるん, 七十五日という, 出ましたよ, 聞いたが, 聞えまするけれど

2 [33件] ありましたので, ありますよ, あり且, あるくらい, ある位, きこえたが, きこえて, する, とんで, ない, ないと, なかつた, まんざらの, 一つは, 七十五日, 七十五日で, 七十五日と, 下火に, 伝わって, 出ず成しが, 出たかも, 決して火, 消えて, 知って, 絶えて, 耳に, 聞いたこと, 聞かない, 聞かなかった, 聞きましたが, 聞きましたよ, 遠のいて, 長くやがて

1 [258件] あったその, あったので, あった薩州, あつたさうだ, あまり香ばしい, あり, ありましたけど, ありましたし, ありましたよう, ありますけれど, ありまた, あり八幡, あり末, あり顔, あるお気, あるかと, あること, あるさ, あるしね, あるじゃあねえか, あるだけに, あるので, あるもん, あるやう, あるわ, ある人, ある際, あれば, あろうと, いつか半七の, いつか止んだ, いつとは, いつのまにか消えた, うすらいだ, うるさ, お聞きした, かき集めるん, きいた, きいて, きかないから, きかないで, きこえた, きこえない人間, きこえなかった, きのふと, こうなる, ここには, これま, ございましたが, ございます, ござります, さっぱり消えかけ, されて, されるでしょう, した, して, するであらう, するでしょう, せず世間話, そのうち, その耳, たかい, たちましょうわい, たつた, だんだんに, だんだん聞く, ちょいちょい聞く, ちょくちょく聞く, ちらとは, ちらほら耳, でて, とくより, とんとお, どうやら立消え, ないが, ないし, ないで, ないん, なかなかであった, なくかげ, なくなったが, なくなったという, なくなって, なくは, なく極めて, なく過し, ならぬぞ, ねえの, ねえよう, ひろまって, ほどなく消え, ほんのり聞いた, まだ無い, まだ無かっ, まだ耳新しい, まだ聞かない, まちまちである, まったく絶え, まんざら嘘, やみました, ようやくこの, よく隠密, チラリと, 一掃され, 一時で, 一致し, 七十五日あれまでに, 七十五日といふ, 七十五日ッて, 中止と, 事実であった, 二箇月だ, 云はんな, 仄聞致し居り, 他の, 伝はつて, 伝わった, 佐太郎には, 何も, 余りいたしませんでしたの, 余り聞かなくなった, 傳はりました, 全く絶え, 兼, 冷めようし, 出たの, 出たり, 出よう, 出るの, 出來, 出鱈目なこし, 初めの, 効果が, 勢いを, 北原君らの, 区々で, 卒業の, 危険なる, 厶りました, 吉田首相は, 噂では, 好いもの, 始めは, 実はこの, 容易でなく, 寒風の, 小次郎は, 少しく下火, 己の, 平次の, 幾度か, 底を, 影さえ, 彼の, 彼等の, 御座いますが, 御息所を, 承って, 折助どもや, 撒かれたが, 文学の, 時々上京, 時折持ち出されました, 有った, 有らあ, 有るぜ, 有之, 根強く確か, 案外ばか, 構わずに, 気に, 流布された, 消えた様, 消えない四日目, 消えるので, 深井少年は, 滿更嘘では, 演伎座の, 漸く忘れられ, 無いよう, 無い平凡官吏, 無かった, 無し今, 無し心中, 煩いし, 理会ります, 生じいずれ, 生まれた, 生み出されたの, 申出候, 町まで, 知らなかつた隧道, 稀にしか, 立たないで, 立たなくなって, 立ちいつか, 立ちかけた以上, 立ちました, 立ちましたが, 立ちましょうし, 立ちませんでした, 立ち吉岡, 立った, 立ったが, 立って, 立つ, 立つこと, 立つた位, 立つて, 立つてを, 立つまた, 立つん, 立てられた, 立てられて, 立てられましたが, 立消えと, 立消えに, 精一杯集め, 絶えた, 考へられた, 耳には, 聞いたなあ, 聞いた事, 聞いてたもん, 聞いては, 聞えぬ, 聞えませぬ, 聞かずそこ, 聞かずそんな, 聞かず殊に, 聞かないが, 聞かないそれで, 聞かないのに, 聞かなかつたの, 聞かねえよう, 聞きさては, 聞きますので, 聞きませぬ, 聞きませんでしたから, 聞き及んだ事, 聞くが, 聞く事, 聴かないが, 色々ある, 論談風発という, 起こったが, 起って, 起つたやう, 近所に, 近頃平次, 遂に聞かず, 遠い国, 避けがたい, 隠れないもの, 集めて, 飛んで, 飽きて, 高い学匠

▼ 噂~ (464, 6.1%)

16 種に 14 種と 13 あつた 8 あること 7 種を 6 中の 5 ために, ように, 主の, 高かった 4 ある人, ような, 中に 3 ある女, 方が, 根元を, 真偽を, 種で, 種の

2 [23件] あったよう, ある家, うちに, ことを, やうに, 上に, 中から, 中心に, 主が, 出所は, 問題は, 実否を, 対象に, 時にも, 根源が, 立ちました起り, 立って, 花を, 通りに, 通りの, 通り縊死, 高いその, 高い男

1 [304件] あったある, あったの, あったほど, あった下廻り役者, あった事, あった人間, あった或, あった神田, あった秀次一家, あった節子, あった頃, あって, あとへ, あるおじさん, あること自身, あるご時世, あるたび, あるところ, あるの, あるのに, あるやう, あるクラス, ある人物, ある修理大夫, ある加藤清正, ある娘, ある媚薬, ある屋敷, ある巡査, ある御, ある抱一, ある旅籠, ある有望力士, ある村岡柳子, ある松原, ある淵, ある渋沢栄一, ある矢さき, ある義男, ある老人, ある自分, ある芸者, ある貴, ある通り, ある道楽者, ある開かずの, ある隠居, あろうはず, うちで, うちには, おかげで, おこりはと, お濱, お立ちに, かき集めに, かけらも, かずかずに, こと, ことそれから, こと率直に, ごとき殿, ごとく何ら, ごとく外出, しょっちゅう絶えた, その人, その後は, たえない人物, たかい上方, たてっぱなしで, たねに, たねらしい, とおりだった, とおりな, とおりに, とおり四馬剣尺の, とおり少し, とおり文芸懇話会が, とおり賛之, とおり門は, ときも, ないこと, ないといふ, なかつたところ, なかに, なかを, ぬしは, ひろま, ひろまるの, ほうが, ほうは, ほかには, ま, まだ消えない, まま, まま話した, もとにな, やうな, ようである, ようなら, よしあしを, よそより, エドワード夫人が, ヘンリー事大津弘雄は, 一つくらいには, 一つにな, 一人きりの, 一重彼方では, 中には, 中より, 中心が, 中心だ, 中心と, 主という, 主は, 主を, 主人細川越中守は, 主今は, 事ばかり, 人の, 代行を, 仲間入りを, 伝播力は, 傳播を, 傳達が, 元はと, 元を, 先を, 全部でした, 八右衞門様が, 内容を, 出た新入生, 出た時, 出で, 出どころは, 出るの, 出る姉, 出る毎, 出処が, 出所も, 出所を, 劉予州様と, 十分の一も, 千種十次郎でした, 原子爆弾という, 取り巻いて, 取締りに, 嘘でない, 噂程度の, 圏内から, 土地に, 多田刑事が, 大半は, 大渦, 天狗だろう, 女で, 好きな, 如くポルト・サン・マルタン座, 如く今夜, 如く彼等二十六人, 如く折れる, 如く珍しき, 如く異, 如く異様, 如く調伏であった, 安兵衛が, 実現の, 尾に, 広まったころ, 弁解は, 弘法大師の, 彦太郎が, 彼は, 心持には, 惠之, 手紙なんか, 拡がって, 拡る, 擴がる, 方から, 方へ, 時などは, 最初が, 有た, 有つた其人, 木乃伊なる, 根は, 樣でなく, 正次郎, 消えた時分, 消えないうち, 淋しい處, 清君来訪, 火の手は, 火の手を, 火元は, 火焔を, 焦点に, 焦点を, 焦點, 男であった, 疾風が, 発生とは, 発祥地, 的と, 的に, 相手である, 真価を, 真偽が, 真偽さえ, 真偽などは, 真偽の, 真否を, 移り方, 程度を, 種が, 種では, 種なるべし, 種にな, 種にの, 種には, 種にも, 種は, 種も, 種子に, 立ちはじめて, 立ったころ, 立ったの, 立ったもの, 立った時, 立った男, 立つこと, 立つたの, 立つた時, 立つの, 立つスピード, 立つ前, 立つ毎, 立てられる不名誉, 端も, 筆を, 絶えたの, 絶えた頃, 絶えないお, 絶えぬあいだ, 絶え間が, 耳に, 耳には, 聞えた日頃, 聞えて, 聞こえて, 聞書, 聞書である, 聞覚えや, 花は, 花川戸, 若い儒者, 虚実は, 虚実を, 行き亘らぬ吉原方面, 言葉終らざる, 記録である, 賭け試合に, 起りは, 趙雲は, 辰之助自身, 通りお, 通りだ, 通りで, 通りと, 通り人の, 通り以前は, 通り何処にか, 通り彼女には, 通り米友は, 通り良い, 通り魔が, 金太が, 間々に, 間に, 間違いでしょう, 限度を, 雨夜かな, 雨夜哉, 類は, 風が, 高い, 高いお, 高いアルマ・グルツクさん, 高いエロ, 高いダヴィデ演奏会, 高い土平, 高い新奇, 高い新米, 高い日本, 高い某, 高い玉藻, 高い男ゆえ, 高い華族中, 高い速水, 高い阿媽港甚内, 高い黒仮面船, 高え, 高かつ, 高札斬り

▼ 噂~ (154, 2.0%)

12 あつた 5 持ち切って 4 持ちきって 3 ござりまする, もちきりだった, 持切った, 聽いた 2 ね, もちきりで, 持ちきつ, 持ち切った, 持切って, 持切りで, 持切りであります, 気を, 聞いて, 聞きました

1 [101件] あなたの, あの晩何ん, あれから, いつぱいになつたくらゐである, いま町じゅうが, おまえも, お宅, お杉ばば, かれは, この待望, これを, ござります, すでにそれら, すでに知っ, それも, どこでも, どっちが, ひどく流行りだした, ふっとこの, ぽつりぽつり浮きたつ, またひとしきり, もうよく心得, もちきった, もちきって, もちきりです, ザワめい, ソロソロ春らしく浮き立っ, チラリと, ビックリした, 一時もちきり, 上州から, 人つ, 人の, 何の, 信越線もに, 初めて気, 動揺し, 夕暮からは, 外に, 夜を, 夜中に, 夢中でした, 大騒ぎだ, 大騒ぎなり, 大體, 天狗の, 学校どころじゃ, 小三郎の, 川越の, 店中の, 彼が, 御中年, 思い当った, 手も, 承知し, 折りおりに, 持ちきった日, 持ちきつて, 持ちきりだ, 持ちきりだった, 持ちきりでございました, 持ちきりという, 持ちきりなの, 持ちきるよう, 持ちっきり, 持ち切りだつたらう, 持ち切りで, 持ち切りの, 持ち切り人心恟々, 持切つて, 持切りだった, 持切りでありました, 持切りでした, 日を, 時々に, 母子二の, 気の, 江戸川氏本人から, 活況を, 湧いて, 由雄を, 男衆が, 真相では, 私と, 符徴まじり, 聞いただけ, 聞いたっけ, 聞いたところ, 聞きましたな, 聞き及び居ります, 聞くと, 聞くほう, 聞けば, 賑か, 賑わって, 道具屋仲間でも, 遠征久しき, 酒宴の, 長崎屋の, 顏が, 馬鹿を

▼ 噂~ (140, 1.9%)

31 ていた 29 ている 8 てゐた 6 てゐる 5 合つた 4 ていました 3 ています, て居ります 2 たりし, ておりました, ております, てゐました, て居た, て居る, 合へ

1 [37件] あつて, その居間, そんな大金, たりする, ていないでございましょう, ていましたら, てお, ておいで, ておる, ておるだろう, てしまった, てたがい, てました, てゆく, てよかっ, てゐ, てゐるで, てん, て一層, て不安, て居, て居ました, て居られました, て居りやす, て悦ん, て独り暮し, て褒めた, て通った, て過ぎし, ながら一同, 三十一日爆弾の, 乍ら二階で, 初めた, 合つてゐた, 合ふ, 居つた彼の, 彼女の

▼ 噂~ (104, 1.4%)

5 をし 2 に耳, に花, のよう, をする, をでもし, を同乗, を種, を耳, を聞い

1 [81件] がある, がどの, がパッ, が一片, が中間部屋, が交され, が何, が何となく, が大好き, が始まった, が聞きたいでしょう, が記憶, しにすぎないかを, だけであった, だったかも, だつたの, で, であろう, でなくて, でもあるいは, で夢中, で婆さん連, で必ずしも, で耳, となり, ともつかない, などが出る, などを何, などを述べ立てる, なので, にすぎない, になった, にもそんな, にもなった, によって知った, に余念, に廢嫡問題, に漫然と, に過ぎなかつた, のうち, のひとつ, のやう, の一つ, の中心, の好き, の如く, の発する, の種, は, はどの, はまるで, は一篇, は全く, は誰彼, ばかりでなく, ばかり横行, もいっしょ, もきかされ, も伝っ, も打消される, も流布, や, や雑談, をいかにも, をきくらしく, をくり返し, をさせ, をはじめ, をよろこん, を仄聞, を得意, を掻き集める, を書いた, を由吉, を私, を聞いた, を聞かせ, を聞きたがっ, を聴いた, を間抜け, を間拔

▼ 噂~ (96, 1.3%)

4 である 32 がどこ, が立っ, にのぼつ, へあつ, をし, を立てさせ, を立てさせる, を聞い

1 [73件] があった, がぱツ, が乘客, が伝つた時, が先, が出, が専ら, が房子, が日毎, が村, が某, しげければ, だけの空鐵砲, だの, だの私, ではしばらく, では原っぱ, では過日国立博物館, で持ちきりだつた, で持切, で最後, で渠, と共に彼女, などで彼ら, などをする, になつて, になります, による, にビク, に上った, に刺されました, に名, に混つて, に聞いた, に自ら, に集中, のない, のよう, の主, の令孃, の名, の種, の高い, はどう, は不愉快, は聞い, は聞かぬ, は覗きカラクリ, ばかりさ, へありし, へもありました, へ立つた, へ聞かれ, へ諸方, へ起つた, へ高, ほどにも思つて, もありました, も嘘, も戦争, も父, やら歯医者, や憶測, をしあっ, をする, をなさいました, をふりまいた, を他場事, を休め, を嗅, を工場中, を聞く, を致し

▼ 噂では~ (91, 1.2%)

4 なかった 3 何でも 2 この冬, これは, 二度目の, 藤野さんの

1 [76件] あったが, あなたは, あの妹, ありません, いよいよ公方, お前と, お浜様, けがらわしいリスト調製, このお寺さん, この伯母たち, この店, ござらぬか, ご舎弟泰家さま, しめえ, そうです, そのあんた, そのばら屋さん, その卒塔婆, その正儀, その高僧, それを, ちょいちょいどこ, ない, ないか, ないと, ないらしい, なくて, なく本, なんでも, ひょっとすると, もう六十, オヤジは, 主人の, 二足の, 伊東甲子太郎が, 何んで, 先生は, 兼家は, 勿論そうした, 十兵衛も, 十兵衞も, 十津川筋で, 商売を, 喜兵衛様の, 四郎の, 士官の, 夜な夜な男, 大判小判が, 大変な, 大槻は, 奇瑞が, 女から, 姉妹以上の, 娘からの, 娘の, 婢も, 嫁入りさきが, 孔乙己は, 寺僧の, 少し低能, 彼は, 御寂しい, 恥を, 持山の, 日清戦争頃に, 殿には, 毒を, 父由之が, 百姓一揆が, 省作が, 私が, 芸者だった, 近ごろは, 近ごろ二番目息子の, 随分性質, 非常に

▼ 噂~ (90, 1.2%)

1165 がの, ぜ 3 から保証 2 から保證, な, よ

1 [54件] からその, からどの, からな, からねうまい, から多分, から当て, から懐, から私, から虚実, があいつ, があんな, がお前, がこいつ, がこの, がしかし, がすでに, がそれ, がそれら, がそんな, がそんなに, がとにかく, がと思, がと思った, がなかなか, がなるほど, がほんと, がほんとう, がまさかに, がわし, が僕, が其方, が噂, が成, が気, が私, が聖書, が遠い, が門, しお, つたと, とし, としたなら, として聞き流す, とばかりはいえなかった, と思いました, と思っ, なと嬉しく, などと話し, ね, ね文楽, のを, 人には, 本当かい, 毛唐を

▼ 噂され~ (73, 1.0%)

22 ている 20 ていた 4 てゐた 3 てゐる 2 ていました, て居ります

1 [20件] あるいは新聞雑誌, これに, それに, たりした, つつ内輪, ていや, ておりまする, てはなるまい, ては口惜しい, ては心外, てもいた, てもきまり, ても未だに, て僅か, て居た, て居る, て来た, ながらもお, 異人の, 秀次の

▼ 噂ばかり~ (71, 0.9%)

19 して 7 致して 2 いたして, では, 申して

1 [39件] してね, しましたっけ, するもん, する者, だ, だから, だった, だッ, つづきましたから, で, であって, である, でお前さん, でございます此の度, でした, でその, でなく事実それ, でなく目, でなく誠, でなん, でね, でほんとう, でまだ, で人心, で延び, で御座います, で町全体, で稀, で誰, まだか, イワンデミトリチは, 不愍とやら, 世に, 有ります所, 続くので, 耳に, 聞いて, 致しまして, 高い時節

▼ 噂する~ (66, 0.9%)

5 が其 3 こと出世は, のを, ような 2 のである, やうな, やうに, 者が, 者さえ, 者は

1 [40件] からである, からと言つて, がいい, がそんな, くらいな, ことなどは, ことを, せいか, つもり, とかなら, ところに, ともなく, と犬千代, には春, にも敬語, のが, のだった, のであった, のでございましょう, ほどであった, ほど弱々しかっ, ものが, ものと, ものも, もんあった, ように, わ, を聞い, を聞く, を聴きたる, 人が, 度毎に, 態度は, 時誰にでも, 程指揮が, 筋書きどおりの, 言葉から, 通りその, 金箱が, 陰口は

▼ 噂には~ (58, 0.8%)

13 聞いて 4 聞いたが 2 おまけが, 誰も

1 [37件] あなたが, あなたは, あれは, いろいろの, おかまいなく, この頃, ずいぶんつまらぬ, そのため, なるもの, のぼって, ほほ笑んで, もとこの辺, 一切おかまい, 一切耳を, 一族郎党ほとんど, 上がらないが, 上りません, 伺って, 余り興味, 出たが, 四五年前に, 山田申楽の, 承わって, 承知し, 折々川上, 根拠が, 止まるが, 毎度承, 毎度承知いたし, 気を, 江州大津の, 江都の, 無感覚に, 絶えず耳, 聞いては, 聽い, 誰ひとり耳を

▼ 噂~ (55, 0.7%)

5 なって 2 なると, なる場合

1 [46件] いうと, いうほどの, いうよりは, いえば, おころ, おっしゃったので, きまって, この二つ, して, その恐し, ちょうどこの, なった, なってるある, なつた, なりし小名木川, なりて, なり二たび, なり人知れず, なること, もしび, わかって, 事ちがっ, 云うもの, 云えば, 六角塔が, 別に本社, 同じよう, 同時に魏, 同様に, 夢がたりに, 実験との, 新聞紙上を, 朝顔屋敷の, 殿様の, 照らし合わせて, 父の, 相俟, 称して, 聞いて, 聞き流して, 自分の, 言われて, 證據を, 違つて一向, 遠目の, 院の

▼ 噂でも~ (53, 0.7%)

3 して, するやう, 聞いて 2 あるの, 出ると, 聞いた時

1 [38件] あつた, あるが, あること, あれば, いたし, したの, すると, たったり, ないかも, なければ, わかるし, 何う, 出たと, 始めたらしく小声, 孔子が, 師匠さんは, 平気な, 影でも, 彼女の, 流れてはと, 為て, 立って, 立つこと, 立てられるやう, 立てられる様, 立てると, 聞いたで, 聞いたであろう御, 聞いたの, 聞いたら何, 聞きこんだな, 聞くやう, 聞伝えて, 聽い, 茶ばなしに, 話して, 起りそう, 近所の

▼ 噂です~ (50, 0.7%)

1263 がね 2 から怨み, な

1 [25件] からどうにか, からどこ, からね, からよく, から真偽, から確か, から貴女, がそう, がな, がね小判, がほんとう, がト, が多分まだ, が武芸, が近頃, けれどそれでも, けれども色々, けれど婦長さん, けれど少し, ぜ, と労働運動, ね私, ばい, もの飛でも, わね

▼ 噂~ (46, 0.6%)

1 [46件] いろんな話, お喋りに, かげぐち, がほんと, けげんがる, ここらの, その婆さん, それからそれ, それから近年, それが, どれも, ないし, なにかでは, なにかを, わざと大声, ガラッ八, ガラツ八が, 中学校女学校下級生たちの, 事実を, 伝説が, 伝説を, 何かも, 俳優の, 八五郎の, 又聞きに, 取沙汰に, 台湾から, 品評が, 囁きに, 子分たちの, 左団次の, 巴里の, 息子の, 投書で, 火事が, 田舎出の, 考えには, 自分の, 蔭口も, 言葉に, 評判という, 評判を, 誤聞を, 金棒引きの, 長唄の, 露領の

▼ 噂などを~ (42, 0.6%)

4 して 3 しながら 2 耳に, 聞いて

1 [31件] いたして, お島, しきり, してから, する場合, する娘, よく知っ, 一應漁つて見ろ, 主人の, 口まめに, 吐き出して, 始めた, 宗易が, 思ひ出して, 探らせて, 新たな, 根掘り, 添えて, 知らないの, 立てられますと, 総合し, 聞いたこと, 聞いては, 聞きたくも, 聞くと, 聞くにつけ, 聴いた, 話した, 話しながら, 語るので, 集めました

▼ 噂にも~ (36, 0.5%)

2 御出世, 龍華寺では

1 [32件] いうが, きき目撃, しない平気, しろ, それ相応の, なりそう, のぼって, のぼらなかった, のぼり朋輩たち, よりけりさ, よるよ, 上って, 上ってること, 上らずに, 上らなかったなぜ, 上りしこと, 上りますので, 働きなし, 全身の, 出る高氏, 彼は, 承るが, 毎日の, 稀には, 立ちて, 聞いたこと, 聞いたろうが, 聞いた事, 聞かぬ沙汰, 聞く牧谿, 頓着しなかった, 高い六波羅殿

▼ 噂だけ~ (28, 0.4%)

7 では 2 であって

1 [19件] きいて, だとしても, でしょうだって, ですがね, でそれほど, でそんな, でなにごと, ではっきり, で今, で当時事実, で真実, で確か, で行方, で誰, で返つて気抜け, ならどんな, らしかつ, 振り撒いて, 聞いた庶民

▼ 噂された~ (27, 0.4%)

2 のも

1 [25件] お万, お萬, がその, がマリア, が実際, が小波氏, が義和團, という事, とおりに, のであった, のは, ばかりの恵慶, ほどそこ, ほどです, ほどの大, ほど眉目, ものだ, ものである, ものの妻, 事も, 人だ, 佐次郎の, 守鶴という, 楠山氏が, 程の

▼ 噂~ (27, 0.4%)

5 のだ, んだ 4 のである, んです 2 のだった, のです 1 の, のじゃ, のでこのごろ, ので勝家以下, んでご

▼ 噂さえ~ (22, 0.3%)

3 立って 2 あった, ある

1 [15件] あったくらい, あったほど, ありました, ありまして, あるじゃ, きくほど, わしは, 伝えられて, 出れば, 大鏡, 残って, 立ち始めました, 立ったほど, 鎌倉から, 頻りである

▼ 噂した~ (22, 0.3%)

4 所の 3 のは

1 [15件] くらいです, ことで, ことも, というの, のであります, ものでしょう, ものな, マヌエラ嬢だった, 事で, 広海屋, 後で, 有野といふ, 程大きい, 葉之, 袈裟で

▼ 噂から~ (21, 0.3%)

4 神話への

1 [17件] うつかり, おぬいさん, お耳, ぐづ, この坊さん, だったの, わずかな, 復た, 手繰り出したの, 拾った各国, 探りを, 洩れること, 申上げる, 竃の, 自己催眠にか, 言っても, 過去の

▼ 噂まで~ (20, 0.3%)

1 [20件] あった, あったお, あつた, ある, して, し出して, たてて, まことし, 出た後, 小耳に, 来ると, 立った, 立ったが, 立ったので, 立ったほど, 立って, 立つに, 立つよう, 耳に, 製造された

▼ 噂される~ (19, 0.3%)

4 ように

1 [15件] ことによ, ことによって, ということ, という双六谷, のである, ので今度, のを, ほどな, ほどの容姿, ほど勝気で, やうに, ような, 位で御座いました, 心外な, 氏の

▼ 噂という~ (19, 0.3%)

6 のは 5 ものは 1 この荒々しい, のを, ものが, ものの, ものも, やつは, 奴は, 更に気紛れ

▼ 噂など~ (19, 0.3%)

3 して 2 した

1 [14件] いつもより, かつて聞いた, されると, するの, そう多く, そんな下らない, つまらない話, チラチラ小耳, 出たとて, 出ますけれど, 始めた, 気に, 致したもの, 誰も

▼ 噂なぞ~ (16, 0.2%)

2 を土地

1 [14件] かしましき事, がありました, が耳, で持切つて, どうだって, に触れかける, はわし, も, もさ, もし, をし, をした, を始め, 聞えて

▼ 噂として~ (15, 0.2%)

6 存在する 1 ききたくない潜在意識, きくように, その噂, 今後の, 受取られないで, 受取られないであろう, 聞いたこと, 聞いて, 聞流す女性

▼ 噂などが~ (14, 0.2%)

2 出た

1 [12件] ある, ある為, お耳, されて, はずみぼく, 二つ三つ出た, 出そう, 出た折, 出る, 娯楽雑誌や, 済んで, 立つが

▼ 噂なども~ (14, 0.2%)

2 瑠璃子は

1 [12件] した, ちょいちょい耳, ついぞ聞いた, とくより, ないのに, やがては, 交わされながら, 仕尽くして, 伝わって, 出た, 靜かな, 高かった

▼ 噂ばなし~ (14, 0.2%)

1 [14件] かもしれない, が洩れた, だった, で笑, なぞで更かし, などをし, に, にのぼっ, に時, の一端, をし, をしきりに, をした, を小耳

▼ 噂じゃ~ (13, 0.2%)

2 ありませんか

1 [11件] あの女, が嘘, このごろ大分金が, ないか, なかったん, なんでも, ねえか, の, 何でも, 女学校に, 小藤次

▼ 噂である~ (13, 0.2%)

1 [13件] かはかれ, から心, が, がこうした, がこの, がそして, がそれ, がわし, が六十, が来, だけ岸本, とお, 場合には

▼ 噂などは~ (13, 0.2%)

2 甚だ稀, 自然に 1 おくびにも, お留守居役, なかった, 一つも, 付き合い憎い, 全部流言と, 勿論なかっ, 大臣の, 微塵も

▼ 噂ある~ (12, 0.2%)

2 のん 1 ことは, しかもそれ, そうや, も信ずべき, も右, 与四郎が, 有名なる, 生活ぶりへの, 由を, 者に

▼ 噂だった~ (12, 0.2%)

3 のです 1 お袖たち一連, があれ, がそれでも, が十太夫, が実状, が田町, その家, というの, な

▼ 噂~ (11, 0.1%)

4 やが 31 やありません, やない, や何, や八十郎

▼ 噂であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, からそこで, がその, がその後, がそれ, が主人, が初, が学生課, が戦争後, が私, 貧しいが

▼ 噂とは~ (11, 0.1%)

2 思うて 1 ことかわり, なんだ, なんだい, 全然性質, 別にどこ, 大分相違し, 考えられぬの, 言いながら, 違って

▼ 噂し合っ~ (10, 0.1%)

4 ていた, ている 1 て気味, て誰

▼ 噂だけは~ (8, 0.1%)

1 あるん, まんざら存ぜぬ, ゆるせなかった, 国もと柳生藩にも, 容易に, 聞いた, 聞いたん, 聞いて

▼ 噂好き~ (8, 0.1%)

3 な人達 1 な商家, な地方, な町, な町会議員, な連中

▼ 噂通り~ (8, 0.1%)

1 あの松浦, その場, でまつたく恐れ入りました, に判らず, に大変, に湯, の名剣, 極めて冷

▼ 噂だけに~ (7, 0.1%)

2 して 1 しろ何しろ, とどまった, とどまって, 止ど, 聞いて

▼ 噂でした~ (7, 0.1%)

2 がそれ 1 から, からね, がしばらく, がなにしろ, ちょうどお伽噺

▼ 噂にな~ (7, 0.1%)

4 つてこの 1 つてゐた, つてを, つて居ります

▼ 噂やら~ (7, 0.1%)

1 上方の, 希望的観測からの, 弟子どもが, 弟子共が, 文平の, 臆測やら, 落首やら

▼ 噂にさえ~ (6, 0.1%)

1 される方, なって, 居所を, 申しませぬ, 聞かずに, 聞くこと

▼ 噂にのみ~ (6, 0.1%)

4 聞いて 1 でつひぞまだ, 聞きし南蛮

▼ 噂ほど~ (6, 0.1%)

1 でなかったの, 不確実, 不親切な, 船客の, 金は, 長途を

▼ 噂~ (5, 0.1%)

2 本当か 1 事実か, 何か, 何かを

▼ 噂し合った~ (5, 0.1%)

1 がそれ, が真相, ことでした, ものであった, 玄竜である

▼ 噂だけで~ (5, 0.1%)

1 人は, 再生の, 大いに覚え, 影も, 米の

▼ 噂だけでも~ (5, 0.1%)

1 基経は, 実に大変, 斯う, 死刑といふ, 面目ない

▼ 噂でございます~ (5, 0.1%)

2 から確, よ 1

▼ 噂と共に~ (5, 0.1%)

2 底冷の 1 大坂中に, 彼の, 暫らくは

▼ 噂どおり~ (5, 0.1%)

1 な天狗, にはなやか, に空気, に荒々しい, のもの

▼ 噂なら~ (5, 0.1%)

1 この爺, だが営業者間, ばその他, ばまだ, 青木を

▼ 噂にまで~ (5, 0.1%)

1 のぼった二人, 上って, 上つたさうだ, 先走りて, 話は

▼ 噂による~ (5, 0.1%)

3 時は 1 とある事件, とこの

▼ 噂のみ~ (5, 0.1%)

2 多い中 1 いたして, でありました, でその

▼ 噂以上~ (5, 0.1%)

1 だわ, だ哩, に嘉門, の悪者, の素晴らしい

▼ 噂~ (4, 0.1%)

1 下屋敷も, 俊の, 染にとっては, 縫は

▼ 噂し合う~ (4, 0.1%)

1 のを, ように, 云云, 位で

▼ 噂じゃあ~ (4, 0.1%)

1 お師匠さん, 旗本の, 氷川の, 相当に

▼ 噂すら~ (4, 0.1%)

2 聞いたこと 1 あった, 知らなかった

▼ 噂だけの~ (4, 0.1%)

1 ことじゃ, ものか, 書物が, 美しい女

▼ 噂だけを~ (4, 0.1%)

2 聞いて 1 信じて, 気に

▼ 噂だの~ (4, 0.1%)

1 映画の, 東京と, 留守居の, 親類の

▼ 噂とりどり~ (4, 0.1%)

1 であった, である, なりとぞ, の最中

▼ 噂立った~ (4, 0.1%)

1 のん, もんや, 時分光子さんかて, 貞奴対福沢さんの

▼ 噂致し~ (4, 0.1%)

3 て居りました 1 て居ります

▼ 噂ありし~ (3, 0.0%)

1 がどう, 所へ, 時も

▼ 噂いたし~ (3, 0.0%)

2 ておった 1 ていた

▼ 噂さえも~ (3, 0.0%)

1 デュパンと, 滅多に, 聞いたこと

▼ 噂しますまい~ (3, 0.0%)

3 故離縁

▼ 噂せられ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ている

▼ 噂せられる~ (3, 0.0%)

1 さへ, のを, ほどのこと

▼ 噂それ~ (3, 0.0%)

1 もお, より其女, を丑松

▼ 噂だけが~ (3, 0.0%)

1 今日の, 聞えて, 高くなる

▼ 噂だつた~ (3, 0.0%)

1 から, がやがて, が調べ

▼ 噂といふ~ (3, 0.0%)

1 この荒々しい, ものは, 更に氣紛れ

▼ 噂とか~ (3, 0.0%)

1 何とかいう, 当局の, 新刊小説の

▼ 噂としては~ (3, 0.0%)

1 イブン・サウドは, 別に, 当時から

▼ 噂などに~ (3, 0.0%)

1 しばらく時, すぐうごかされ, 返った

▼ 噂なんか~ (3, 0.0%)

1 しないひと, 立てられたくないのよ, 立てられたら一生

▼ 噂なんぞ~ (3, 0.0%)

1 する者, ちっとも無い, 言い出そうという

▼ 噂にだけは~ (3, 0.0%)

3 聞いて

▼ 噂ばかりが~ (3, 0.0%)

1 お耳, したくて, ヤタラに

▼ 噂~ (3, 0.0%)

2 して 1 するだ今に

▼ 噂~ (3, 0.0%)

1 にはきいた, ひされたつて, 聞いて

▼ 噂聞え~ (3, 0.0%)

3 初た

▼ 噂評判~ (3, 0.0%)

1 というよう, の源, を知る

▼ 噂ぐらい~ (2, 0.0%)

1 でわれ, アテに

▼ 噂ぐらいに~ (2, 0.0%)

2 上らないはず

▼ 噂さ話~ (2, 0.0%)

1 がある, はまた

▼ 噂しあった~ (2, 0.0%)

1 ことが, ということ

▼ 噂したる~ (2, 0.0%)

1 かの阿, 養親の

▼ 噂しよう~ (2, 0.0%)

1 ともしなかった, と思へ

▼ 噂すれ~ (2, 0.0%)

1 ば叱られる, ば彼

▼ 噂せられた~ (2, 0.0%)

1 律師は, 後だ

▼ 噂だったら~ (2, 0.0%)

1 わしは, 蛸の

▼ 噂だろう~ (2, 0.0%)

1 が本当, と思った

▼ 噂でございました~ (2, 0.0%)

1 が, なと信助

▼ 噂でし~ (2, 0.0%)

1 てなチチコフ, てね

▼ 噂でなかった~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, 証拠には

▼ 噂でなく~ (2, 0.0%)

1 とも又, 事実に

▼ 噂とて~ (2, 0.0%)

1 なかなか洩れ, 一つも

▼ 噂とを~ (2, 0.0%)

1 手古奈の, 結びつけて

▼ 噂などで~ (2, 0.0%)

1 さのみ, しばらくぼそぼそと

▼ 噂などの~ (2, 0.0%)

1 出る画家, 末に

▼ 噂なら聞い~ (2, 0.0%)

1 ている, ておる

▼ 噂なり~ (2, 0.0%)

1 とぞ, とも左様

▼ 噂なる~ (2, 0.0%)

1 ものも, らむ麒麟氏が

▼ 噂なんど~ (2, 0.0%)

2 老衲

▼ 噂にでも~ (2, 0.0%)

1 お聞き, 夢中に

▼ 噂にのみは~ (2, 0.0%)

1 年久しく, 聞いたこと

▼ 噂によ~ (2, 0.0%)

1 つても, つて不快に

▼ 噂に対する~ (2, 0.0%)

1 抗議を, 申訳に

▼ 噂のみが~ (2, 0.0%)

1 そこに, 駅路筋に

▼ 噂のみは~ (2, 0.0%)

1 いと高し, このあたり

▼ 噂ばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 げにご, 駿河守様も

▼ 噂ばかりの~ (2, 0.0%)

1 憲兵連が, 日本橋の

▼ 噂ばかりを~ (2, 0.0%)

2 耳に

▼ 噂ばっかり~ (2, 0.0%)

1 して, してたの

▼ 噂ほどにも~ (2, 0.0%)

1 ない小さな, 無い男

▼ 噂まちまち~ (2, 0.0%)

1 であった, で変

▼ 噂までが~ (2, 0.0%)

1 会堂の, 愈が

▼ 噂までも~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 伝わった

▼ 噂までを~ (2, 0.0%)

1 細心に, 鎌倉の

▼ 噂むなしから~ (2, 0.0%)

1 ずいずれ, ずいづれも

▼ 噂よりも~ (2, 0.0%)

2 有力な

▼ 噂をさえ~ (2, 0.0%)

1 きくこと, 耳に

▼ 噂を以て~ (2, 0.0%)

1 朝の, 話頭が

▼ 噂~ (2, 0.0%)

1 し, はわが

▼ 噂~ (2, 0.0%)

2 の噂

▼ 噂朝太郎~ (2, 0.0%)

1 から承, から承っ

▼ 噂~ (2, 0.0%)

1 しける, 上げるの

▼ 噂申し上げ~ (2, 0.0%)

1 ておりました, て居りました

▼ 噂真に~ (2, 0.0%)

1 罪なき, 罪無き

▼ 噂立ち~ (2, 0.0%)

1 たり, 皆いわく果して

▼ 噂立っ~ (2, 0.0%)

1 ておりました, てなあ

▼ 噂立つ~ (2, 0.0%)

1 はずおま, より同性愛

▼ 噂笹野新三郎~ (2, 0.0%)

2 の督励

▼ 噂~ (2, 0.0%)

1 をし, を綜合

▼ 噂職工共~ (2, 0.0%)

2 の紛擾

▼ 噂自己~ (2, 0.0%)

2 が仮

▼ 噂高く~ (2, 0.0%)

1 して, なりましたの

▼1* [226件]

あったりした, 噂あったのん, 噂ありたるこけ猿は, 噂ありますねんけど, 噂あれをポローニヤス, 噂いい触らしたの, 噂いうもん早い, 噂いたされては後日, 噂いと喧し, 噂いや鬱勃たる, 噂か, 噂うけたまわって居ります, 噂うそや, 噂おばさんも暢気, 噂かな恐しく手間, 噂がまはりまはつて浜尾総長, 噂きいてゐた, 噂こそ耳よりの, 噂こそは後藤君から, 噂ことに高津屋勘三郎, 噂これと下女, 噂ご存知でござろうな, 噂さされている, 噂さされた龍土會の, 噂さし合っている, 噂さするものが, 噂さするであらうましてや親方様, 噂さするであろうましてや親方様, 噂させられたが実際, 噂さもなくば, 噂さるるは我と, 噂されしのみで, 噂されたらそれこそ, 噂されぬやうに, 噂されましたが事実, 噂されるだろうし誰, 噂され出し或る, 噂され出したのは, 噂され始めたのであった, 噂さ蔭乍ら承り居り候, 噂しあうてゐる, 噂しかできない海外遊学生, 噂しじゅうして, 噂し合えばまして, 噂し連れて五十稻荷, 噂じゃというから, 噂せしが虎蔵, 噂せぬ中に, 噂せられたまいし面影更に, 噂せる其人なるべし, 噂そいつを逃がした, 噂そうでなければ, 噂そのものの真偽, 噂そんな悪罵, 噂たつ名みやび男の心, 噂だい言って, 噂だけかそれとも誠, 噂だけかも知れないけれども, 噂だけとしても容易な, 噂だけには聞いて, 噂だって六箇月経ったら忘れられます, 噂だってやがらヤイ覚えとけ, 噂だんだん聞いて, 噂ちらと耳, 噂ってのは, 噂つまり芸者に, 噂でありましたので私, 噂でこそ兼, 噂でしたらねえ, 噂でへツ, 噂で御座いましたが, 噂としてだけならあるいは, 噂とでこの夢, 噂とともに右大将家は, 噂どおり選挙違犯の嫌疑, 噂どころじゃあない, 噂どなたからお, 噂どんな辻斬で, 噂なさいますあの薙刀, 噂などから義雄叔父の, 噂などと人を, 噂などにも自身は, 噂などよりもズット正確な, 噂ならぬは無, 噂なら信じられるが鰐, 噂なら存じて居ります, 噂なりしと聞出したる, 噂なるべしと思へ, 噂なんぞに心動かさない, 噂なんぞはそのまま本気, 噂なんてみんなこれぐらい, 噂にかけはいたしません, 噂にしか過ぎない, 噂にたいしては女丈夫であった, 噂について日夜耳を, 噂にては倉子の, 噂にばかり聞いて, 噂にゃ日本左衛門の, 噂によって噂に, 噂によってだけ存在する, 噂によっても大分お, 噂によつておれ, 噂によりますると, 噂に対して激怒し, 噂に対しても自分から, 噂に関する限り見過し, 噂ぬからずに, 噂百姓な, 噂のみのようであった, 噂ばかしして, 噂ばかりに留まったが, 噂ばっかりが便りじゃけになあ, 噂ばっかりで持切って, 噂ばなしあれ程お, 噂ばなし竹村様のお嬢様, 噂ひとつきかなかったし, 噂ひとつ親爺の耳, 噂ひどく女などは, 噂ひろがって行っ, 噂ひろまり欅が, 噂ひろまるように, 噂びくびくして, 噂移る, 噂ほどじゃないなあ, 噂ほどのものは, 噂もちょっとごぜえましたがねでもそれ, 噂やらが今更の, 噂やらの中を, 噂やらをやって, 噂ゆえ百姓達が殺気立っ, 噂ようしきたそいつを, 噂よく有ること, 噂より先に, 噂り交した時当の, 噂わけても番頭幸七の, 噂わたしは残らず聞きました, 噂をでもするよう, 噂をはぢめる, 噂をも何もかも葬っ, 噂も有る, 噂一々身に, 噂一つ立てられた事, 噂一際高まりたる折節, 噂世間の出来事, 噂云い触らすにきまったある, 噂の口裏, 噂仕合へばまして, 噂付近に高く, 噂以外のどんな, 噂以来紅子は帰らなかつた, 噂伝はり伝はりて事, 噂個人の周囲, 噂へられて, 噂で候, 噂分らぬものである, 噂取りどりに致し, 噂取り交ぜて告げ, 噂取締との議論, 噂台湾の方, 噂吉原の出来事, 噂まし, 噂をすれ, 噂噂噂をすれ, 噂噂噂噂をすれ, 噂なお婆さん, 噂にいただいた, 噂学校の話, 噂の娘ら, 噂広まりゆき昨今は, 噂弱ったもの, 噂承はり私は, 噂承りてあまり, 噂授業の話, 噂文壇のゴシップ, 噂料理の通, 噂新聞の報道, 噂旧友の消息, 噂早くも伝, 噂から世挙つて引三味線, 噂春風の消息, 噂の一欄, 噂朋輩の口, 噂来年は海外視察, 噂次第に高まり来り, 噂死神巴旦杏の実, 噂段々きいて, 噂江戸へ聞え, 噂消息をあつめ, 噂煤煙禁止の問題, 噂生活の事, 噂申しあげておりますでございます, 噂申しませぬゆえ此の, 噂申出兎角駿河, 噂百貨店の品定め, 噂眞鶴近海の魚漁談等, 噂程度の引例, 噂を複雑, 噂立ちましたことは, 噂立ちません時分には, 噂立てられたのん, 噂紅露の比較, 噂素人に判る, 噂に附, 噂聞いてなさる, 噂聞いたが君, 噂聞かぬか, 噂聞きてはなぜ, 噂聞きたがるは小説家, 噂聞き捜して, 噂聞き込みたればその, 噂聞く胸と, 噂自分の娘, 噂舊友の消息, 噂触れ廻るのん, 噂計りイワンデミトリチは, 噂話これだけで, 噂話し一日は, 噂話其他によりまた, 噂話好奇の眼, 噂話等を聞き込む, 噂生の, 噂通り結構なところ, 噂ぐ時雨の, 噂頻々たり, 噂高き高谷千代子, 噂高まりければ