青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嘗て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喜び~ ~喜ん 喜ん~ ~喧嘩 喧嘩~ 喫~ 喬~ 單~ ~喰 喰~
嘗て~
~嘘 嘘~ ~噂 噂~ 器~ 器械~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人

「嘗て~」 1621, 18ppm, 6516位

▼ 嘗て~ (86, 5.3%)

2 ひだるい悲しい怒り, 原始的状態に, 大新聞, 姿を, 小新聞, 日の

1 [74件] やうな, オホノトシは, ストック物資の, スムールイとは, プロテスタントの, プロレタリア評論家たちが, 三葉葵の, 三高の, 不満は, 世で, 乏しい経験, 乱酔者たる, 亭主を, 人道主義時代を, 人類は, 仲介である, 兵士は, 勉強が, 友人や, 吉原もちろん, 同志救助に, 噂が, 堀江亭の, 夜の, 如き虚栄一点張, 如何なる時代, 媒妁人宇治博士を, 密月の, 川合が, 工部局時代右の, 市村座の, 御用作家達の, 快い酔, 怠け者共は, 愛情が, 放浪癖が, 文壇人を, 文学青年に, 新劇愛好者を, 新感覚派, 新生活運動, 日彼等こそ, 日本の, 日本一健康児たちは, 日本人は, 日露戦争時代に, 昭和研究会の, 時代に, 時代は, 暗黒の, 求婚者の, 熱意に, 環境が, 生蕃工作の, 田辺元, 痩せ衰えた, 私の, 空襲の, 総国分寺, 老婢たちの, 脅迫状によっても, 自分は, 自由劇場式職業俳優団の, 良人の, 要素に, 親友の, 訪問を, 試験官の, 豊富さで, 軒低く, 邦楽座がピカデリイ劇場の, 防空壕が, 頃の, 高輪の

▼ 嘗て~ (82, 5.1%)

2 あんなにも, 私と, 自らナポレオンを以て

1 [76件] あつた, あの少年達, あれほど, このやう, この東京, そう云った, そこに, その, そのものであった, その例, その滞貨, その辺, それぞれの, それを, はえないしも, ゆたかに, わが世界, われわれに, ソ満, ニュウ・フェイスとして, 世にも恐ろしい, 五奉行の, 人が, 人間の, 人類を, 他界から, 住んで, 住心地の, 何れの, 兄弟より, 其庇護を, 千五百石を, 口癖に, 喜んで, 夢中に, 宮の, 實に, 師事し, 強盗を, 彼の, 彼も, 急進的であった, 怨みが, 恋の, 恋愛を, 惑星的存在として, 愛情を, 或る, 戦争の, 新聞の, 日本であった, 日本橋あたりの, 時代が, 晴れの, 正造も, 此処で, 気の, 江戸随一の, 燃えたつやう, 球の, 矜り, 私も, 立身出世の, 粗末な, 自分が, 自分の, 自分も, 西國筋の, 親だ, 誰かの, 誰の, 資本主義制度の, 身の, 農村が, 錢形平次の, 鯖の

▼ 嘗て~ (41, 2.5%)

2 が, の父, はそれ

1 [35件] が信じた, が支那, が眞, が見た, が訳した, には無, に恋, に教, に解きあかした, に語, の, の中, の住ん, の傍, の恋しい, の時計, の演出, の狂愚, の眼, の説いた, はある, はいつたい, はかいた, はこの, はひとなみ, は中学校, は偽悪家, は僞惡家, は政治, は敗北, は暗黒, は死, は聞かざる, も幾度, を変態的

▼ 嘗て一度~ (25, 1.5%)

1 [25件] この山, さへ, でも涙, でも美術家, は都會, も, もいさかい, もこの, もなかっ, もわたくし, も互, も人間, も他, も先生, も否, も問うた, も悲しみ, も承, も有意味, も煙, も目撃, も與, も贊成, 彼の, 訪ねたこと

▼ 嘗て見た~ (25, 1.5%)

6 ことが 5 ことの, ことも 2 事が 1 ことは, ことを, どの雀, 事の, 俳優によ, 彼女が, 最大の

▼ 嘗て自分~ (24, 1.5%)

2 は一途

1 [22件] が主, が佃, が害, が懐い, が知合, が見た, が通っ, で想像, の五等親, の全, の名, の学んだ, の家, の心内, の恋, の田舍, の經過, の雑文集, の魂, はさう, を不幸, を中心

▼ 嘗てその~ (22, 1.4%)

1 [22件] いかにも山の手, 二三を, 仲間に, 可憐な, 可能性に, 婚約時代に, 実現を, 惡差別見, 拷問には, 正体を, 沒理想を, 目標と, 相続者に, 舟の, 良心の, 著名なる, 辯護士の, 近傍にと, 遊びの, 遊び仲間と共に, 運動に, 門人の

▼ 嘗て~ (20, 1.2%)

2 が不

1 [18件] がもつとも, が抱いた, が父, の, のため, の原稿, の幼い, の村, の為め, の組織, の足, はトルストイ, は安易, は小説, は立小便, も約した, を脅した, を見し

▼ 嘗て~ (18, 1.1%)

3 る人

1 [15件] る処, る卒業式, る大官, る女, る家庭, る恋愛, る時期, る男, る知名, る私立大学, る脱獄囚, る處, る詩人的小説家, 学生の, 腕の

▼ 嘗てない~ (16, 1.0%)

2 ことで

1 [14件] ことでした, ことな, だらうと, のであります, のです, ほどたくさん, 二人の, 人間に, 勉強の, 憤怒と, 楽しみだ, 現実性を, 現象です, 程度に

▼ 嘗てこの~ (14, 0.9%)

1 [14件] 中学の, 問題を, 地上で, 場所で, 室で, 拙吟, 持主の, 病院の, 種の, 絵巻物を, 背中を, 見地の, 詠が, 遊里に

▼ 嘗てそんな~ (12, 0.7%)

2 ことを, 筑波山は 1 ことは, 夫を, 思いを, 憂ひは, 格構の, 気分精神状態に, 甘さ, 話を

▼ 嘗て経験~ (11, 0.7%)

7 したこと 2 した事 1 しなかった一喜一憂, のため

▼ 嘗て彼女~ (10, 0.6%)

1 にたいへん, に二人, に対して経験, の写真, の夫, はこういう, は誰, も恋愛, をスカール, を恋し

▼ 嘗て~ (9, 0.6%)

1 あり貧困, と相, に対して言うべからざる, に打明けた, に相談, に答へた作, に謂, のせぬ, の手

▼ 嘗てこれ~ (8, 0.5%)

1 あらず皆西域, が本当, ほど愉悦, ほど痛切, も座談, をもて, を聞きたる, を見き

▼ 嘗てそれ~ (7, 0.4%)

1 に似た, に吠えついた, を公言, を実際, を指摘, を現在日本, を見た

▼ 嘗て~ (7, 0.4%)

2 に友情 1 と舞, にも告白, の世界国尽し, の父, も私

▼ 嘗てある~ (6, 0.4%)

1 かと問, フランスの, 人が, 小説の, 武官から, 霊能者の

▼ 嘗て~ (6, 0.4%)

1 が彼, として不如意, に向, の口, の場合, の通夜過ぎ

▼ 嘗てなかっ~ (5, 0.3%)

31 たこと, た小説

▼ 嘗て人間~ (5, 0.3%)

1 の中, の体内, の幸, の身体, の達しなかった

▼ 嘗て存在~ (5, 0.3%)

1 したこと, したといふ, しなかつたと, しなかつたに, もしない

▼ 嘗て彼等~ (5, 0.3%)

1 が地下, が夷狄, が平和, に起った, に關

▼ 嘗て書いた~ (5, 0.3%)

1 がそれ, ことが, ことの, ことも, のは

▼ 嘗て~ (5, 0.3%)

2 れに 1 の如き, の隧道, れで稍滿足

▼ 嘗て知らない~ (5, 0.3%)

1 不思議な, 新鮮な, 楽しみであった, 苦労にも, 魅惑を

▼ 嘗て見ない~ (5, 0.3%)

1 ほどの惨害, ほど上機嫌, 盛況を, 盛観である, 程詳細

▼ 嘗てあった~ (4, 0.2%)

1 ことだけは, ことである, ことに, 生活の

▼ 嘗てした~ (4, 0.2%)

1 ことが, ことの, わたくしたちでも, 同じ行い

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

1 かの, かの挿画, かの本, か悪い

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

2 ったこと, つたこと

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

1 と喧嘩別れ, の品行, の母, を喚び寄せる

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

1 に対してかの, の神ニスロク, を苦しめし, を苦しめたる

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

1 に恩惠, に誇り示したる, に語る, を伴

▼ 嘗て日本~ (4, 0.2%)

1 では此無頼漢, に於ける, の現代生活, の美術学校

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

1 した覚え, に狂うた, ほしげ, を言った

▼ 嘗て筆者~ (4, 0.2%)

1 にかく, に言った, は彼, は数寄屋橋

▼ 嘗て~ (4, 0.2%)

2 にした, に馴れない

▼ 嘗てあつ~ (3, 0.2%)

1 たであらうか, たらうか, た力

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

2 脇を 1 光が

▼ 嘗てかう~ (3, 0.2%)

1 いふ文章を, いふ論法の, 想像した

▼ 嘗てそれら~ (3, 0.2%)

1 の人, の批評, の花

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 云つた如く, 現在も, 辛いといった

▼ 嘗てわたくし~ (3, 0.2%)

1 と池上, に柏軒, のため

▼ 嘗て一人~ (3, 0.2%)

1 か二人, の不徳義, の少年

▼ 嘗て上海~ (3, 0.2%)

1 で秦啓源, で観た, にいた

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 にて彼等, に公, に知られなかつた

▼ 嘗て中国~ (3, 0.2%)

1 でお, に旅行, の現在

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 が為, と学術, を二つ

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 が住む, が手, を訪ね

▼ 嘗て喜びし~ (3, 0.2%)

2 ものを 1 ものに

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 にも知らなかった, に描い, の爲

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 現せられざりし新生面, 現せられたるもの, 現せられたる民族的特質

▼ 嘗て屡々~ (3, 0.2%)

1 くりかえされて, この祖母, 口に

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

2 主君は 1 関係に

▼ 嘗て想像~ (3, 0.2%)

1 しつ, すること, で描き

▼ 嘗て感じた~ (3, 0.2%)

1 ことの, ことも, 事の

▼ 嘗て支那~ (3, 0.2%)

1 に傳道, の, の随筆

▼ 嘗て最も~ (3, 0.2%)

2 あざやかに 1 潔癖に

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 の筵, 公館が, 博士の

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 が我, にあらはせる, に海

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

3 かつた

▼ 嘗て私達~ (3, 0.2%)

1 の中谷孝雄, の互に, の幸福

▼ 嘗て築地小劇場~ (3, 0.2%)

1 でもやり, の上演目録, の首脳部

▼ 嘗て經驗~ (3, 0.2%)

1 したこと, したる崇高, した事

▼ 嘗て聞いた~ (3, 0.2%)

1 ことは, ことも, 事の

▼ 嘗て茶山~ (3, 0.2%)

1 が蘭軒, に, に何物

▼ 嘗て蘭軒~ (3, 0.2%)

1 に猪牙舟, の姉幾勢, の集

▼ 嘗て見し~ (3, 0.2%)

1 ことあらず, によりてその, 人の

▼ 嘗て覚え~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, のない

▼ 嘗て~ (3, 0.2%)

1 つたやう, はなかつた, ふ参寥

▼ 嘗て読んだ~ (3, 0.2%)

1 ことの, 外国の, 書物の

▼ 嘗てあなた~ (2, 0.1%)

1 の得意, は若し

▼ 嘗ていつ~ (2, 0.1%)

1 の時代, 在っただろうか

▼ 嘗ていろいろ~ (2, 0.1%)

1 な人, 云われたとき

▼ 嘗ていろんな~ (2, 0.1%)

1 人が, 男が

▼ 嘗てお立ち~ (2, 0.1%)

1 なされたと, になった

▼ 嘗てここ~ (2, 0.1%)

1 が無数, に人間

▼ 嘗てこんな~ (2, 0.1%)

1 意味の, 空想を

▼ 嘗てこんなに~ (2, 0.1%)

1 怒ったこと, 長い三分間

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

2 ういふ

▼ 嘗てさう~ (2, 0.1%)

2 であつ

▼ 嘗てそこ~ (2, 0.1%)

1 に松井源水, を経過

▼ 嘗てたしかに~ (2, 0.1%)

1 あったと, あつた

▼ 嘗てなかつた~ (2, 0.1%)

1 ことである, 卯平の

▼ 嘗てはさ~ (2, 0.1%)

1 ういふ, ほど印象

▼ 嘗てわたし~ (2, 0.1%)

1 と浮名, は丸の内

▼ 嘗てフランス~ (2, 0.1%)

1 の詩人, の詩人ジャン・コクトオ

▼ 嘗てプロレタリア文学運動~ (2, 0.1%)

1 が文学, に従った

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 とくさり, とたび隠退

▼ 嘗て一年~ (2, 0.1%)

1 の巡環, ばかり結婚生活

▼ 嘗て一緒~ (2, 0.1%)

1 にヨーロッパ大陸, に放蕩

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ 嘗て世界~ (2, 0.1%)

1 のどこ, を欺き

▼ 嘗て人類~ (2, 0.1%)

1 が未だ, の運命

▼ 嘗て仏蘭西~ (2, 0.1%)

1 の舞踊批評家, の芝居

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 が愛したる, の行為

▼ 嘗て使~ (2, 0.1%)

2 ひ慣れたその

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 は生物, を

▼ 嘗て先生~ (2, 0.1%)

1 に卑怯, はその

▼ 嘗て八幡村~ (2, 0.1%)

1 で佗, で侘しい

▼ 嘗て十三歳~ (2, 0.1%)

2 の春

▼ 嘗て受けし~ (2, 0.1%)

1 や, 教と

▼ 嘗て同様~ (2, 0.1%)

2 の信仰

▼ 嘗て吾人~ (2, 0.1%)

1 に語り, の論ぜし

▼ 嘗て夢想~ (2, 0.1%)

1 だに及ばなかつた, にも聞く

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 の前, は民族

▼ 嘗て如何なる~ (2, 0.1%)

1 文化も, 画に対しても

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 が病死, の福慈

▼ 嘗て学校~ (2, 0.1%)

1 で教, で見た

▼ 嘗て官吏~ (2, 0.1%)

1 と為る, と爲

▼ 嘗て小学校~ (2, 0.1%)

1 に教鞭, の運動会

▼ 嘗て市内~ (2, 0.1%)

1 でその, の天然記念木指定

▼ 嘗て帝劇~ (2, 0.1%)

1 が出来, に属する

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 だったところ, だつたところ

▼ 嘗て引いた~ (2, 0.1%)

1 山陽の, 蘭の

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 大学の, 大学創立の

▼ 嘗て我が~ (2, 0.1%)

1 國の, 心に

▼ 嘗て政治運動~ (2, 0.1%)

1 に関係, に關係

▼ 嘗て文部省~ (2, 0.1%)

1 に仕, は天下

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 う云うた事, う云ふた事

▼ 嘗て日露戦争後~ (2, 0.1%)

1 の一つ時, の一時

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 の日, は金箔

▼ 嘗て東京~ (2, 0.1%)

1 で暴力団, で酔ってた

▼ 嘗て柳行李~ (2, 0.1%)

2 のなか

▼ 嘗て森氏~ (2, 0.1%)

1 が友達, 旧蔵

▼ 嘗て森田思軒~ (2, 0.1%)

1 の引いた, の引用

▼ 嘗て正造~ (2, 0.1%)

1 が, が自ら予言

▼ 嘗て此時計~ (2, 0.1%)

2

▼ 嘗て民衆~ (2, 0.1%)

1 に対してどの, の文学

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 に膨らむだ, を呑まん

▼ 嘗て無かっ~ (2, 0.1%)

1 ただろう, たとさえ

▼ 嘗て照ちやん~ (2, 0.1%)

2 の病氣

▼ 嘗て熱海~ (2, 0.1%)

1 にも両, にも兩三度入湯

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 をねむ, を第

▼ 嘗て純文学~ (2, 0.1%)

1 の精神, は対象

▼ 嘗て結婚~ (2, 0.1%)

1 したこと, のこと

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 しかりしコゲ茶色, は凡て

▼ 嘗て自分等~ (2, 0.1%)

2 の村

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 んだ, 學生で

▼ 嘗て見ざる~ (2, 0.1%)

1 ところぞとの, 統一と

▼ 嘗て親しく~ (2, 0.1%)

2 目撃した

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 えたこと, えなかつた平和

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 をはさみ込んだ, を書い

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 かが皮肉った, よりも早く

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 堂に, 州金竺長官司羅永菴の

▼ 嘗て~ (2, 0.1%)

1 を入れた, 繁く通つたバア

▼ 嘗て遭遇~ (2, 0.1%)

2 したこと

▼ 嘗て都下~ (2, 0.1%)

1 の劇場, の第

▼ 嘗て采女~ (2, 0.1%)

1 として仕えた, をつとめた

▼ 嘗て重大~ (2, 0.1%)

1 なる意義, な位置

▼ 嘗て長崎~ (2, 0.1%)

1 においてレザノフ, に於ける

▼ 嘗て雑誌~ (2, 0.1%)

1 に発表, の古

▼ 嘗て青年~ (2, 0.1%)

1 で幇間, との間

▼ 嘗て青春~ (2, 0.1%)

1 の夢, の日

▼ 嘗て魔界~ (2, 0.1%)

2 の一とき

▼ 嘗て魯迅~ (2, 0.1%)

1 が住ん, と親交

▼1* [816件]

嘗てあなた達はこういう, 嘗てあのように, 嘗てあやまりて人, 嘗てあらゆる経験の, 嘗てありしところの, 嘗てあれほどわたくし, 嘗てあんなにも恋い焦れ, 嘗ていた人の, 嘗ていはなくに思ひ堪へね, 嘗てうち捨てられていた, 嘗ておぼえたことの, 嘗ておまへの摘んだ, 嘗ておん身を娶りし, 嘗てお前と一緒, 嘗てお菓子を嗅い, 嘗てやうな, 嘗てかういふことを, 嘗てきいていた, 嘗てこの世に存在, 嘗てこんなにも強烈な, 嘗てすべつてころんだ所, 嘗てそうした恥辱を, 嘗てその道を阻ん, 嘗てぞっとする不気味さ, 嘗てだれであつ, 嘗てつかったことの, 嘗て私は, 嘗てとらはれて, 嘗てとることも, 嘗てどういふ意味, 嘗てない激しい口い, 嘗てなでしこをみず, 嘗てにんじんのは撮った, 嘗てのもう一人の, 嘗てはいたことは, 嘗てはっきり頭に, 嘗てひとたび在つたところ, 嘗てへーゲルほど, 嘗てぼくの童貞, 嘗てまともに他, 嘗てまど子さんの, 嘗てものに記し, 嘗てやや独断的に, 嘗てわが国に於, 嘗てゐた久留米の, 嘗てゐなかつたのである, 嘗てアイリスの家, 嘗てアツシジの聖人フランシス, 嘗てアヌンチヤタの爲, 嘗てアメリカの, 嘗てアルタフォルテの主, 嘗てアンゴラ種の猫, 嘗てアントワアヌが自分, 嘗てイカヅチは厳槌, 嘗てイタリーへ旅行, 嘗てイプセンの邦訳, 嘗てウドン屋でお, 嘗てエデンから追放, 嘗てエリトネの命, 嘗てエルクレにその, 嘗てオートバイで疾走, 嘗てカッフェへ招いた, 嘗てキルションに観察, 嘗てグエルフイ黨と戰, 嘗てゴツトシヤルが詩學, 嘗てゴルドン・クレイグがルウシェ, 嘗てゴーリキーが人足, 嘗てシャン・ゼリゼエの舞台, 嘗てシュアレスを知る, 嘗てスエーデンの植物学者, 嘗てスコラ哲学の時代, 嘗てスタアル夫人が, 嘗てスピークの探検, 嘗てダニーロが打ち明け, 嘗てダンテの詩, 嘗てテルラチナに來, 嘗てトワンヌのなか, 嘗てナオミに逃げられた, 嘗てナポリに在りし, 嘗てノウスカットに雇われた, 嘗てヒットラー・ユーゲントの一員, 嘗てビアーズレーエーツ等の詩人, 嘗てプロレタリア作家が少なから, 嘗てヘゲタレとは耳, 嘗てヘーゲルに就い, 嘗てヘーゲル哲学体系の崩壊直後, 嘗てベルリンでそういう, 嘗てボズさんと辨當, 嘗てポオプを論ぜし, 嘗てマリイ夫人を見, 嘗てミューラーに次, 嘗てメディチーナに赴き, 嘗てモオリス・ラヴェルがこの, 嘗てラピチ人の王, 嘗てランケは云つた, 嘗てロクロワ氏が文部大臣在職当時, 嘗てロゴスと共に始まった, 嘗てロシヤ人ガロウニンより口授, 嘗てロダンに學びし, 嘗てロデンバックの短篇集, 嘗てロマンチシズム時代の青年, 嘗て一たびも恋, 嘗て一たび我性命を救, 嘗て一たび柏の所生, 嘗て一たび池田両分家, 嘗て一たび相對なる衆理想, 嘗て一たび秋の芒, 嘗て一たび蘭方を用, 嘗て一つの創作, 嘗て一ト度善蔵氏に少しく, 嘗て一児を孕みたる, 嘗て一古寺に遊ぶ, 嘗て一回もない, 嘗て一度びこの信仰, 嘗て一度び此恐ろしき風習, 嘗て一度目の失敗, 嘗て一村院を過ぎり, 嘗て一派の言語学的比較神話学者, 嘗て一男子の歿, 嘗て一瞥したこと, 嘗て一篇の新体詩, 嘗て一言の偽, 嘗て一評家は露國, 嘗て一身を賭し, 嘗て一遍も重吉, 嘗て一部に流行, 嘗て一青年路にてペイシストラトス, 嘗て丈夫の譽, 嘗て三年前に何, 嘗て三河三奉行の一人, 嘗て三津の埠頭, 嘗て三浦方に捕はれた, 嘗て三田文学誌上に掲載, 嘗て三色旗を陣頭, 嘗て上林温泉に遊ばれた, 嘗て上海城南の某, 嘗て上野動物園鉄檻中の虎, 嘗て下したところに, 嘗て確定性原理が, 嘗て不正な町医者, 嘗ての崇拝, 嘗て中島健蔵君や私, 嘗て中納言と共に此, 嘗て丸ビルの靴磨き, 嘗て丹念につけた, 嘗てに東北塞外種族, 嘗て久坂に序, 嘗て久米正雄氏が純, 嘗て乗合船の中, 嘗て九円の月俸, 嘗て九圓の月俸, 嘗て九州陣巌石の城攻, 嘗て予期しない所, 嘗て二度ほどタカ, 嘗て二百年前に私達, 嘗て二階に桂介, 嘗て五人の子供, 嘗て五十嵐と一緒, 嘗て五學の模範, 嘗て亜黎子未亡人の処, 嘗て亡びざるの国, 嘗てに住む, 嘗て人性に第, 嘗て人生の脈搏, 嘗て人生記録が尊重, 嘗て人見廣介と名, 嘗て日程自分が, 嘗て今日われわれが, 嘗て称せられたこと, 嘗て他人の用, 嘗て代って見たい, 嘗て代議士ミルランが議会, 嘗て伊沢良子刀自を訪う, 嘗て伊藤晴雨画伯より聞かされた, 嘗て伊藤痴遊も云つて, 嘗て伊豆に流され, 嘗て会員によって推薦, 嘗てから, 嘗て佇んだろう人影が, 嘗て住んだ家丘の, 嘗て佐佐木博士東雄の歌, 嘗ての眠った, 嘗て何とかといふ文芸同人雑誌, 嘗て何一つ買って, 嘗て何人も完全, 嘗て何処かで見た, 嘗て何度かした, 嘗て何等か責任, 嘗て何處かで見た, 嘗て作り出した原因のみが, 嘗て侫臣が暴君, 嘗て便宜上貰ったと, 嘗て修學旅行をした, 嘗て俳優がその, 嘗ては此, 嘗てのもっ, 嘗て倭一座の重鎮, 嘗て偉い王樣が, 嘗て偉大なる業績, 嘗て催した尚歯会が, 嘗て傷寒論排簡を著し, 嘗て僕等が昔, 嘗て似雲, 嘗て僧某のこれ, 嘗て僧院として存在, 嘗て優れたる人は, 嘗てを蔽, 嘗て全力をあげ, 嘗て八・一三事件後文化界救亡協会というの, 嘗てにせられなかつた, 嘗てに習い, 嘗て其不幸を悲, 嘗て其友篠崎承弼, 嘗て其国民が当初, 嘗て其家に下女奉公, 嘗て其羽を脱ぎ卸し, 嘗て其處を歩いた, 嘗て内山が無理算段, 嘗て内村先生の爲, 嘗て再び京水を, 嘗て出して以, 嘗て出処なきは, 嘗て初めて彼が, 嘗て初夏の夕, 嘗てな分野, 嘗て別れたまま消息不明に, 嘗て制度未だ備わらずし, 嘗て刹那の, 嘗て前例がない, 嘗て加藤博士が国会, 嘗て動き流れて, 嘗て勤めて居た, 嘗て北支の旅行, 嘗て北白川宮殿下御通行, 嘗て北米西海岸の新開, 嘗て十何匹行水盥に伏せた, 嘗て十六世紀初頭にヴエニス, 嘗て十年の昔, 嘗て十数人の職人, 嘗て十餘尺も深く, 嘗て千九百十年に此, 嘗て千里の壮遊, 嘗て千金方より鈔出, 嘗て博士自身もそう, 嘗て博覧会にも飾られた, 嘗て即興詩人として劇場, 嘗てに異姓, 嘗て原隼人に話した, 嘗てひしもの, 嘗て厭味に思つて, 嘗て受けたことの, 嘗て受取つたすべてのもの, 嘗てにした, 嘗ての信徒, 嘗て古代の民族, 嘗て叫ばれそしてその後発達, 嘗て召し給うた御声, 嘗て台湾に旅, 嘗て史海の批評, 嘗て同名の戯曲, 嘗て同家の藏品搜索, 嘗て同校設置の際, 嘗ても聞いた, 嘗て今も, 嘗て呉賀と北, 嘗て味つた事がない, 嘗て和蘭医から貰った, 嘗て和蘭在留中学び得たる航海術, 嘗て品川の所謂ステンショ, 嘗て品川弥二郎に与うる, 嘗て哲學はフランス革命, 嘗て問題にせず, 嘗て善からずば, 嘗て喰われた事が, 嘗てされて, 嘗て器物愛好があつ, 嘗て囁き交わしたこと, 嘗て四ヶ月間山間の墓, 嘗て土屋元作君が橋本宗吉, 嘗て北京の, 嘗て在校時代には小生, 嘗て地上では聞いた, 嘗て坪内博士が, 嘗て城ヶ沼の縁, 嘗て境内の裏手, 嘗て墨汁一滴か何, 嘗て墺国の首都ウィーン, 嘗て夕ぐれ野路を辿り, 嘗て外國人ありて, 嘗て外来文化の侵略, 嘗て外来物を論じ, 嘗て多年の間, 嘗て夢裡に呑みつる, 嘗て夢遊病の事, 嘗て大倉氏の集古館, 嘗て大阪の贔負, 嘗て大阪大學に助教授, 嘗て天皇の行幸, 嘗て原で, 嘗て太后や皇帝, 嘗て太宰権帥に任じ, 嘗て太祖に随, 嘗て太陽が吾, 嘗て夫人が女優, 嘗て奈良原翁は酒, 嘗て契約によりてカープロナ, 嘗て奥州江刺県の属吏, 嘗てと言い争う, 嘗て女人を解せず, 嘗て女国を以てこれ, 嘗て女形の喉, 嘗て女賊の隠れ家, 嘗てなパンフレット, 嘗てが里子, 嘗て婦人問題について諸家, 嘗て嫌って居た, 嘗て学問の性格, 嘗て珍を, 嘗て安井小太郎さんに石経山房, 嘗て宗教を求め, 嘗て宗濂に謂っ, 嘗て定家の流, 嘗て実地を離, 嘗て実弾の祝砲, 嘗て実見した押収品, 嘗てを見し, 嘗て宮部を評し, 嘗て宮部鼎蔵と相伴い, 嘗てのある, 嘗て家庭というもの, 嘗て密接な関係, 嘗て密教の翻經, 嘗て寛延板が, 嘗て寫眞で見, 嘗て将軍家より拝領, 嘗て尊敬というもの, 嘗て蛇蟲けらを, 嘗て小学校卒業の年, 嘗て小石川の豊阪, 嘗て小説に及ばざりき, 嘗て少年を喜ばした, 嘗て尼寺に入ら, 嘗て居った下宿に, 嘗て居住して, 嘗て居士の生前, 嘗て述べたやう, 嘗て山形藩随一の使い手, 嘗て山片蟠桃, 嘗て島木健作が緊張, 嘗て崇拝の対象, 嘗て巌本君が青年一揆, 嘗てういふ懸念, 嘗て左翼の文学, 嘗て左翼文学が盛ん, 嘗て巴里で名, 嘗て巴里滞在中国際聯盟の仕事, 嘗て市俄高大學の聘, 嘗て市川一門の末流位, 嘗て市長が荘太玄, 嘗て帝展に出品, 嘗て帰附せざるもの, 嘗て常に欧洲の, 嘗て常陸の山, 嘗て平八郎が江戸, 嘗て平和論者の會議, 嘗て平戸に遊ぶ, 嘗て平民社の有力者, 嘗て年寄許りの, 嘗て幼年学校で机, 嘗て囹の, 嘗て幾夜となくうす暗い, 嘗て幾島が同じ, 嘗て広島にあ, 嘗て式部卿敦実親王, 嘗て弓張りぬ, 嘗て弟子を持った, 嘗て張文潜に従う, 嘗て当時独乙にいた, 嘗て当時茶山の詩, 嘗て形而上学と全く, 嘗て影響を与えた, 嘗て彼自ら子供らしい無, 嘗て徒党を組ん, 嘗て得た感動は, 嘗て得なかったものそして, 嘗て御身に禍, 嘗てを知らず, 嘗ての面, 嘗て心棒であった先妻, 嘗て心理を論じ, 嘗て必要になった, 嘗て必要以外の金, 嘗てはぬ, 嘗て怒ったことの, 嘗て思ひもかけなかつた, 嘗て思ひ掛けなかつたからである, 嘗て思ひ設けなかつた数々の, 嘗て思へり日本開化小史の, 嘗てらしい経験, 嘗て恋した, 嘗て恋人がほんとに, 嘗て恋愛の気持ち, 嘗て悪い事を, 嘗て悪漢の巣窟, 嘗てを感じた, 嘗て愛されてゐた, 嘗て愛読した探偵小説, 嘗て愛讀したん, 嘗て愛郷心なるもの, 嘗てを知らざる, 嘗て憲法国の民, 嘗て懐之が怙, 嘗て懷徳堂で講演, 嘗て成都に至らざる, 嘗て成都幕府を以て来り, 嘗て我々の祖先たち, 嘗て我才の戲場, 嘗て我生徒たりし, 嘗てを横, 嘗て戦陣でいろいろ, 嘗て戯曲は詩, 嘗て戯曲作家の第, 嘗て所謂比較神話学派の勃興, 嘗てにだ, 嘗て打撃を加えた, 嘗て批評に就い, 嘗て抱いていた, 嘗て抱き慰めし姫君は, 嘗て抽斎伝に辯, 嘗て訳, 嘗て拵えてやる, 嘗て持つてゐた, 嘗て持つたことが, 嘗て挫折したこと, 嘗て排斥したところ, 嘗て接したことは, 嘗て控訴院の法廷, 嘗て提唱された能動精神, 嘗て支倉六右衛門をローマ, 嘗て攻め落されないあるいは和睦, 嘗て学せざるなり, 嘗て放火はいたしませぬ, 嘗て政宗に代っ, 嘗て政治家として一方, 嘗て政談演説会にも記録, 嘗て故人はこの, 嘗てはつた通り, 嘗ててせざりし, 嘗て数百数千の雀, 嘗てとなりし, 嘗て敵対行為を取っ, 嘗てを學ぶ, 嘗て文人対社会のコントラバーシー, 嘗て文壇で小説, 嘗て文壇外に孤立, 嘗て文太郎が東京, 嘗て文学の虚構, 嘗て文学的自由主義と呼んだ, 嘗て文學を利器, 嘗て文展に能, 嘗て文彦らに王父, 嘗て文明開化の象徴, 嘗て斯んな種類, 嘗て羅の, 嘗て新井白石を称讃, 嘗て新聞で見た, 嘗て方法が対象, 嘗てなど想像, 嘗て旅客を濡らさぬ, 嘗て旅行もした, 嘗て既往の歴史中, 嘗て日下部鳴鶴翁, 嘗て日夏耿之介氏が指摘, 嘗て日支両国語の卓上演説, 嘗て日清及び日露, 嘗て日記にフォックス, 嘗て稻田文學の, 嘗て早稲田大学に入, 嘗て明るみのうち, 嘗て明史を読み, 嘗て明治流血史というもの, 嘗て春水と相識, 嘗てを以て支那, 嘗て時間や約束, 嘗て晩餐式ありしとき, 嘗て智恵子の平常着, 嘗て智惠子の平常着, 嘗てへり我, 嘗て曰く西北の辺務, 嘗て曲亭馬琴に告げ, 嘗て曲者の姿, 嘗て書かうと思つた小説, 嘗て書かれた氏の, 嘗て書斎に閉じこもっ, 嘗て曾能子刀自に聞く, 嘗て機体の, 嘗て有らなかつたといふこと, 嘗て有島武郎に, 嘗て朝夕の散策, 嘗て朝廷に対して念仏宗, 嘗て木下さんの柏木, 嘗て木曾三千の健児, 嘗て未決監に居た, 嘗て誌上に, 嘗て本紙に出た, 嘗て本郷なる何某, 嘗て李永泰なる人物, 嘗て杏春即京水, 嘗て東北地方を旅行, 嘗て東山東海北陸の三道, 嘗て東洋は東洋, 嘗てを枯らす, 嘗て松永久秀が多聞城, 嘗て松葉屋の營業, 嘗て柏崎工場の如き, 嘗て柱掛の鏡, 嘗て柳田国男先生は彼, 嘗て桑港のホテル, 嘗て梅雨あらず惟, 嘗てに入り, 嘗て森田節斎の, 嘗て森鴎外が豊前小倉, 嘗て概念と性格, 嘗て榛軒に告げ, 嘗てになる, 嘗て横光利一が文学, 嘗て横浜の海岸, 嘗て櫟林の川上, 嘗ての如き, 嘗て欧陽修が夜半, 嘗て欺くことは, 嘗てを作つた, 嘗て歌うて曰く, 嘗て正堂の一号, 嘗て此処に教授, 嘗て此地に來, 嘗て此宝を見た, 嘗て此民族が現今, 嘗て此縁故あるが, 嘗て此衣食問題は春三郎, 嘗て武当の諸, 嘗て武者小路氏が云, 嘗て歩いたろう人影や, 嘗て歿くなった, 嘗て殿様のお, 嘗て母親のよう, 嘗て比較神話学者の発見, 嘗て水野好美佐藤歳三ら新派俳優が上演, 嘗て求めるに怯懦, 嘗て汝等を知らず, 嘗て江戸に住, 嘗て江戸大奥へ献ずる, 嘗て江戸派の元老俳人, 嘗て沒却理想を論ずる, 嘗て沙翁の芝居見物, 嘗て河内山の邸宅, 嘗て河岸の箱, 嘗て河陽の金谷, 嘗てを榛軒, 嘗て沽らず, 嘗て注意した如く緊密, 嘗て洋装をしてた, 嘗て洗つた事のない, 嘗て洛中に住む, 嘗て流行して, 嘗て浮浪児たりし, 嘗て海外に遊ん, 嘗て海濱に置きたる, 嘗て海舟勝翁に聞く, 嘗てを見せた, 嘗て淨土を見ざり, 嘗て深夜の散歩, 嘗て渋江抽斎の伝, 嘗て渋江氏板成斎正楷, 嘗て湘水亭に一泊, 嘗て源兵衛佐の卓識, 嘗て滋幹は幼少, 嘗てからあまり, 嘗て滝田君とお茶屋, 嘗て演ぜられたことを, 嘗て演劇美の本質, 嘗て演説できき, 嘗ての病室, 嘗て瀬戸内海の船, 嘗てを挽き, 嘗て無造作に投げ込ん, 嘗てを吐いてた, 嘗てもせる, 嘗て燕王に従い, 嘗てさざること, 嘗て牙牌報班斉と云, 嘗て牛医と錯, 嘗て牛込の奧, 嘗て牢獄に行く, 嘗て犠牲を払い, 嘗て犧牲的な感じ, 嘗てを飼った, 嘗て独り立てり, 嘗て猟奇の心, 嘗て獲たことの, 嘗て獵場にあり, 嘗てはれて, 嘗て現れないやうであり, 嘗て生ける屍と, 嘗て生じ得るならば私, 嘗て生れやがてまた生る, 嘗て生家と謂わ, 嘗て異人館のコック, 嘗て疑獄を断じて, 嘗て疼痛の考, 嘗て病気を知らない, 嘗て発売禁止にもならず, 嘗て發表したる所, 嘗て皇子尊の此世, 嘗て相州の某, 嘗てにし, 嘗て知らざりしその, 嘗て知らざる大恐怖, 嘗て知らなかった遙かな, 嘗て知識や理性, 嘗て石川から聞い, 嘗て石川県北安田に其寺, 嘗て石田治部少輔, 嘗て壞せしめる, 嘗て磨滅したこと, 嘗て磯部というところ, 嘗て示したる一面といふ, 嘗て示し得なかつた一つの, 嘗て祖母から聞いた, 嘗ての我靈魂, 嘗て神田伯龍は私, 嘗て秀吉に鎗先, 嘗て秦啓源を訪れ, 嘗て突き拔いた瞬間, 嘗て二十二囘に, 嘗ての銘, 嘗て築地の舞台, 嘗て純粋演劇の問題, 嘗ての銘, 嘗て素顔君に肩, 嘗て素顔追悼号を出した, 嘗て紡績機械は外國品萬能, 嘗て維新革命前の故老, 嘗て総論の処, 嘗て罪悪の意識, 嘗て罹災者などに分ち, 嘗て美しい夫人を, 嘗て美術の革命, 嘗て義仲の為, 嘗て義務を知らない, 嘗て義太夫の定席, 嘗て羽柴筑前守秀吉がそれ, 嘗ては, 嘗て翼賛会が指令, 嘗て大納言の, 嘗て考へてゐた, 嘗て考へたことも, 嘗て考へた如く日本に, 嘗て聞かないがその, 嘗て聞く所に, 嘗て聞けるも軍旅, 嘗て聞知れる渠, 嘗て聴いた乞食の, 嘗て職業としての本格的, 嘗て肋膜を病み, 嘗て肺病患者と知ら, 嘗て胃腸を少しく, 嘗て背後より人, 嘗てく人, 嘗てあるひ, 嘗ても崩そう, 嘗て自らした伯樂, 嘗て自ら之を身, 嘗て自ら守旧派と号, 嘗て自ら笑仙と号, 嘗て自分たちが天保人, 嘗て自然から歴史, 嘗て自由民権の時代, 嘗て舞台に上, 嘗て良心の良, 嘗て芝新堀の願人坊主, 嘗て芥子園画伝に傚, 嘗てが, 嘗て芸妓と余りに公然, 嘗て芸術家たらんとして, 嘗てを吹かう, 嘗て苦々しさを, 嘗て英国の国歌, 嘗て莫哀山荘に御, 嘗て萩城下林某の宅, 嘗て落款の場所, 嘗て落花を見, 嘗て蒲原氏の詩, 嘗て薬師寺弾正政高が此, 嘗て藤壺に通じ, 嘗て藤田東湖が幕府, 嘗て藥山に上つて禪學, 嘗て藩学の医風, 嘗て蘇我氏が皇室, 嘗て蛤位の大き, 嘗て蝶ちゃんに需め, 嘗て衣絵さんが婿君とこ, 嘗てを負い, 嘗て裕佐にかう, 嘗て西湖に遊ん, 嘗て西部アメリカの話, 嘗て西郷南洲の人, 嘗て見ゆることを, 嘗て見られぬところであつ, 嘗て見ろと云ったで, 嘗て見当を外した, 嘗て見知らぬ場所で, 嘗て見苦しいほど物, 嘗て見識らぬ愚鈍, 嘗て覚えたことも, 嘗て親しかった知人, 嘗て親友のレニン, 嘗て觀戲の際, 嘗て角田老人が見せ, 嘗て触れられなかった心の, 嘗て言つた如く演劇, 嘗て言語学的神話学者が太陽神話, 嘗て試みた處である, 嘗て試みなかった血液流通法を, 嘗て試みられなかつたやうな, 嘗て詩人の歌, 嘗て詳しく書いたこと, 嘗てを恵みし, 嘗てつた生活を, 嘗て誤れる一の, 嘗て論ぜし如く未開種族は, 嘗て論證したと, 嘗て科学の, 嘗て諸種の療法, 嘗て謀反もし, 嘗てふ古, 嘗て講読したり, 嘗て警視庁の巡査, 嘗て議会で足尾鉱毒事件, 嘗て議會を開いた, 嘗て讀んだ大町桂月氏の, 嘗て讃岐介の妻, 嘗てが絵, 嘗てを捐, 嘗て費した労力を, 嘗てりしもの, 嘗てしたまえる詩, 嘗て赤坂の一角, 嘗て蹈海失敗の余勇, 嘗て躋寿館にゐ, 嘗て身一つに, 嘗て軍医として活躍, 嘗て近所の女房たち, 嘗て近江より買, 嘗て透谷の如く, 嘗て途上で見た, 嘗て逢ったことも, 嘗て逢つた様な近づき易き, 嘗て逢つた樣な近づき易い, 嘗て進歩的意義に輝い, 嘗て逸したことが, 嘗て遊んだ人いつでも, 嘗て遊里を讚賞, 嘗て運動の他, 嘗て過ち得るやうには, 嘗て過去に痛々しい, 嘗て過去十何年間になかっ, 嘗て道士席応真を師, 嘗て道子の父親, 嘗て部下の壮, 嘗て酒杯をつづけ, 嘗て酔ひて帰りし, 嘗て酸鼻と醜, 嘗て金五郎が斬られた, 嘗て金物商の息子, 嘗て釣りの道, 嘗て鈴木君に冗談半分, 嘗て鉄砲の匂い, 嘗て鉄道事故のため負傷, 嘗て長き試みに, 嘗て長らく日本に, 嘗て関東大震災で経験, 嘗て阿媽港呂宋を征, 嘗て陥った魔界の, 嘗て陥落した海, 嘗てに蔽, 嘗て陳慧君が太沽, 嘗て陳楚二国を擾, 嘗て陶淵明幽居, 嘗て陸軍当局が一年志願兵制廃止, 嘗て集めてみよう, 嘗てのふる, 嘗て雪子さんの死体, 嘗て零したことの, 嘗て電信柱に啖, 嘗て震災前に加藤一夫等, 嘗て露見した験, 嘗て青山胤通博士が先生, 嘗て青楼などにあ, 嘗て非常に貧乏, 嘗てり査列斯四世, 嘗て面識のない, 嘗て音楽について, 嘗て頭山翁が持っ, 嘗て頽廃的な自暴自棄, 嘗て飛騨の山中, 嘗てを彼等, 嘗て騎兵の陣, 嘗て驕慢に募れり, 嘗て驚嘆して, 嘗て高山樗牛は菅公論, 嘗て高石老人が側近, 嘗て高等学校の寄宿寮, 嘗て高邁を称えた, 嘗て黄河に橋, 嘗て黒船の図