青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「單~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喋~ 喜~ ~喜び 喜び~ ~喜ん 喜ん~ ~喧嘩 喧嘩~ 喫~ 喬~
單~
~喰 喰~ 嘗て~ ~嘘 嘘~ ~噂 噂~ 器~ 器械~ 四~

「單~」 1132, 12ppm, 8978位

▼ 單~ (901, 79.6%)

6 私の 5 此の 4 それの, 一つの, 之を, 空間的な, 自分の, 言葉の 3 主觀的, 思惟する, 支那の, 書籍の, 本の, 私が, 論理的な

2 [58件] いは, このこと, この點, これを, それが, それだけ, それのみ, ユウモラスな, 一の, 一時の, 一箇の, 人の, 他である, 他の, 假名遣, 僕の, 内閣の, 卜筮を, 在るもの, 大日經の, 客觀的に, 實體の, 役目の, 彼れ, 從來の, 思惟の, 悟性によ, 我々の, 我等の, 或る, 抽象的に, 支那人の, 昔からの, 普通の, 書物の, 歴史上の, 死の, 然か, 特殊的な, 理論的に, 生の, 皮相の, 目録の, 私どもの, 精神の, 精神的な, 缺乏, 自然的生の, 舊習を, 藩閥の, 表象された, 認識の, 論理的に, 諸表象, 議院政略に, 貴族の, 閣下の, 食を

1 [729件 抜粋] あなたの, あなた一人における, おつくりそのもの, お嫁め入り, かくの, このやう, この實體, この小娘, この解釋, これだけにても, これのみ, これのみを以ては, これは, これらのみ, これを以て, さういふ名裁判, すぐれたマルクス主義者, そこへ, その一つ, その場, その子ロベルト, その實, その手慣れたる, その觀念, その通用的便宜, それだけの, それのみによ, そればかり, それ自身において, それ自身の, ひとつの, ひとり靜かに, イギリス譯から, イデオロギーの, トルストイ翁の, ドストイェフスキイばかり, フイクジヨン作りの, ボーア流の, ポリグロツトな, ユートピアを, ヲートルローの, 一あ, 一と, 一個の, 一個人の, 一所に, 一新聞社の, 一日, 一時代の, 一時間許り, 一期や, 一箇所の, 一行一句が, 一身上の, 一部分に, 七數を, 三卷の, 三國時代の, 三年六月乙卯と, 三郎と, 上元, 不向, 不思議と, 世界で, 主權者, 之れ, 九十三日の, 事柄を, 二月十九日とのみ, 亡び行く世, 交友的な, 京都のみ, 人と, 人を, 人民同士大衆同士の, 人相同じ, 人道主義といふ, 人間の, 人間相互の, 今しがたの, 今年度の, 今思ひ出す, 伊勢國度會郡の, 伊藤と, 伊藤攻撃の, 佛手柑の, 佛法僧といふ, 侯を, 信仰に, 修辭家に, 個人の, 個體として, 倭人を, 偶然の, 偶然的な, 働いて, 僞古文を, 儀式とは, 元老たるの, 全く見た, 公孫弘が, 公家の, 六家の, 其の主義, 其の先出, 其の制度, 其の感覺, 其の法律, 其の猫, 其の補助, 其ばかり, 其物象だけに, 其當時史料たるに, 内容のみと, 内面的である, 出來合, 分析だけ, 別である, 到着點或ひ, 前人の, 前代の, 力, 勇氣と, 動くこと, 北海道の, 北碑に, 區別し, 卓子の, 南方の, 卜筮によ, 卷數から, 収入と, 受動的な, 可能的である, 可能的な, 可能的自己である, 史籍の, 各國家, 各民族, 同じ對象, 同一内容, 吾人自身の, 味覺を, 善處すれ, 器械として, 噴煙上にて, 困難である, 國内的な, 地の, 地方志を, 地震波の, 地鳴りとして, 外來のみ, 外圍の, 外的感覺の, 外部の, 外部より, 外面的即ち, 外面的政治的關係に, 夢とばかり, 大小を, 天寶陛下と, 天然を, 太陽神を, 夫に, 女だ, 女中に, 奴の, 如此き, 始也に, 子供らしい, 子無しと, 季節のせゐだ, 孤立的の, 安樂, 宋學といふ, 宗教, 宗教として, 定律詩形の, 客觀的な, 客體の, 客體面に, 家族主義的と, 實際の, 寫眞を, 對立せしめる, 少いばかり, 屋根瓦と, 山陽のみ, 巴里コンミユンと, 帝乙といふ, 帝國黨を, 席上の, 常識に, 平調である, 平面的に, 幻想の, 幻覺に, 廣區域に, 弱きのみ, 彈丸だけ, 形式ばかり, 形式以上の, 形式的な, 形式的の, 形式論理的に, 形状のみを, 役所の, 彼が, 彼海録に, 彼自身を, 徳川時代のみに, 心に, 心理的な, 心理的作用のみ, 快哉と, 思想上から, 恩人なり, 悲觀的の, 情念の, 惡病患者視してる, 想像と, 意味ばかり, 意見として, 意識的自己に, 感じに, 感覺の, 懷中鏡を, 我等に, 戲曲といはむ, 所謂全, 所謂簿録の, 手段として, 打算から, 抑制する, 拍子の, 拍節上の, 捺羅僧伽跋摩と, 推定する, 推測で, 攝理に, 支那より, 支那古代婚姻は, 支那藝術に, 收藏の, 攻撃的動作を, 政府に, 政權に, 政治道徳上の, 政略的關係若く, 教育の, 數ヶ月の, 數時間の, 文字だけで, 文字の, 文章といふ, 文藝を, 新唐書, 新陳代謝の, 旅人を, 日出時の, 日本や, 日本民族に, 昔の, 時代思想の, 時計だけの, 普遍的自我に, 景色がい, 暗示され, 暴力革命によ, 書名を, 書籍により, 會話の, 有限なる, 望氣の, 杉村の, 東北や, 根底の, 梗概だけが, 條約, 植福と, 機械的でなく, 權力の, 正四位, 此一點から, 此方の, 此現象を, 此等の, 此處に, 此軍艇を, 死者の, 毆打する, 民族の, 民族を, 氣おくれ, 氣を, 水雷方位盤を, 求むる光, 決して過たない, 法文上の, 注げり, 海といへ, 海道の, 消費的享受的な, 涙の, 温度のみより, 測定の, 滑稽の, 漂民の, 火者と, 無政府主義者, 無數, 無限なる, 無限定, 營利である, 父の, 片假名, 物憂かつ, 王と, 王室の, 現在に, 現在のみより, 現實, 現状の, 現象であるであらう, 理論的な, 生命を, 田舍の, 甲乙丙丁で, 略本の, 畫かれたる, 異なつた形, 異聞を, 當爲として, 病から, 痕趾丈けにな, 發音の, 百姓の, 目前に, 目録學としては, 直線的と, 眼に, 知性の, 知的な, 知識として, 知識慾の, 知識或は, 社交を, 社會の, 神の, 神話中の, 禪宗の, 禹に, 私と, 私は, 私自身から, 私言ひ, 科學的に, 移りゆく世, 程度上の, 空想する, 空虚放, 立法部たる, 競馬の, 策學の, 簿録でない, 簿録部居を, 籠手調べに, 精神では, 精神によ, 精神的つながりのみを, 約めて, 紙幣のみを, 索引を, 結果として, 統計の, 經書に, 綿を, 編纂した, 缺陷である, 置き場所, 罵つた位, 美しい藤娘, 美といふ, 翁が, 考へられた關係, 肆意的な, 肉體の, 肯定的であり, 腐敗物の, 臆測に, 自らを, 自分にばかり, 自分自身迷惑した, 自動車の, 自己の, 自己自身によ, 自然に, 自然の, 自然界の, 自然的な, 自覺, 與へ, 船幽, 色彩を, 芝居といふ, 荒栲即ち, 葬儀や, 蒸氣瓦斯又は, 蓋然性を, 藝術的方面から, 藥劑に, 處刑者の, 虚榮である, 行爲を, 表といふ, 表象し, 表象と, 表象的な, 裝飾的道具に, 裸かな, 製本した, 西歐への, 要求だけで, 見ること, 親に, 覺悟の, 觀劇料ばかり, 觀念そのものを, 觀念的なる, 解釋に, 言語を以て, 記録である, 許諾を, 詩人みづからし, 話し合つた, 認識論的なる, 課せられたもの, 論理的なる, 論理的意味において, 謠本を, 譯文として, 議會の, 豫報ばかりで, 財産居住を, 賢明な, 質朴で, 走つたから, 超越的に, 足輕が, 身體の, 軍陣の, 輯佚を, 辯證法を, 近世派の, 近代と, 迷路が, 退屈まぎれ, 通辯である, 通鑑の, 連續的な, 進歩派の, 過去及現在のみ, 道徳として, 道徳的萬物の, 遙かな, 遙かに, 遠さ, 遷年四十二歳と, 部分的否定即ち, 部落的の, 都合よき, 鄭樵の, 里數を, 金澤と, 鎌倉に, 鎌倉時代の, 長上に, 長生きを, 門ぼ, 間に合せの, 關と, 陸海軍兩省の, 隋代の, 隋書の, 隱れたる, 雜誌出版の, 雪の, 靈魂が, 青葉若葉と, 靜か, 音樂の, 音調上の, 順信とのみ, 顯家卿忠孝の, 食ふ, 飮み嗜む, 黒鴉白鷺の, 鼓肺運血の, 龜と

▼ 單なる~ (178, 15.7%)

2 お話では, 自然でなく, 過去は

1 [172件] エキゾティック趣味の, ペダントリ乃至, 一つの, 一國でしか, 一家言に, 一文人に, 一時的な, 一箇の, 一行では, 主觀的考察, 事件の, 事實そのものは, 事實としての, 事實性實在, 事柄の, 人々の, 人形も, 倦怠の, 傍觀者では, 備忘録では, 像を, 僕の, 先條約, 共在, 内容として, 冗談では, 出發點たるに, 分析で, 分析的抽象作用の, 功名心では, 卑屈感だけ, 印象主義の, 味覺のみの, 噂では, 因果論によ, 地べたには, 地べたを, 報告書に, 塵芥かね, 外でない, 夢とは, 奇人的な, 契機しかも, 好奇心な, 娯樂の, 子供としては, 存在でなく, 存在の, 客觀的存在者として, 客體としては, 家族主義が, 實體でなく, 對他性對外性の, 對症療法に, 對立に, 帝國主義の, 帳面づけ, 建物の, 形容以上に, 形式を, 形體上の, 徒刑の, 快樂, 思惟に, 思惟の, 思惟活動としての, 思想上の, 想像で, 意見では, 意識では, 感傷に, 應用では, 手段に, 打算の, 拍節によ, 拍節の, 接觸でも, 握手には, 政治上及び, 政治學説でも, 政治家あ, 敬意だけに, 方法として, 既定的事實で, 時の, 時間性が, 時間的連續では, 時間的連續を, 智識上の, 朗讀の, 模寫説でない, 模造碑, 機械の, 殘滓では, 段階であるべきである, 比喩では, 民族主義とを, 民族主義は, 治療だけ, 消閑の, 清ちやんの, 熟練は, 片鱗では, 物慾と, 理解に, 理論家でなく, 理論的態度と, 生活の, 生活力を, 生活慾, 生産器具と, 生産器具としての, 生産物と, 男の子の, 病氣の, 發動の, 眞理で, 空想の, 空想上の, 空文では, 窮策に, 簿録では, 簿録に, 精神でも, 精神は, 精神病學の, 絹に, 經驗から, 經驗家の, 繼續を, 美しさ, 考察から, 聯合に, 職業婦人では, 肉體的な, 自己主張自己實現の, 自己實現に, 自敍傳, 自然であり, 英語の, 藝術の, 蘭書の, 虚榮である, 虚構に, 表象的思惟的活動の, 表象的自己では, 補助である, 裝飾でなく, 規定では, 視聽の, 言語上の, 認識の, 認識論的構成物に, 語學者音樂家で, 論理的反省が, 諦觀では, 豪族とな, 起居注では, 身體でも, 身體の, 迷信の, 迷信上の, 連續單なる繰返, 遁辭で, 遊戲や, 運動の, 道樂では, 關係でも, 關係乃至, 隙つぶしの, 類推に, 風景の

▼ 單~ (5, 0.4%)

1 剥ぎましたが, 引つ張つて, 掛けたま, 着掛つて, 襲ね

▼ 單~ (4, 0.4%)

2 鈕を 1 代に, 品目に

▼ 單調子~ (4, 0.4%)

1 な, な海岸, になつ, の天然

▼ 單~ (2, 0.2%)

1 剥がれました, 聊城に

▼ 單~ (2, 0.2%)

1 一の, 何れの

▼ 單より~ (2, 0.2%)

1 複に, 複易より

▼ 單ニ是等~ (2, 0.2%)

1 ノ地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事, ヲノミ視ルモ一利ニ對シテ千百害アルコト阿片輸入

▼1* [32件]

こればかりでなく, 單そればかりでない, 單草花を, 單なりしも今二重と, 單なる引掻き傷を, 單なる思ひ附きの言葉, 單なる憎みに轉, 單なる憧れの性格, 單なる疑ひで實は, 單なる繰返へしで, 單にがむしやらなる獨斷, 單羽織と, 單へを袷せ, 單中の, 單ナル休戰條約トシテ調印セラレタリ, 單ナル占有者ニ奪ハル, 單ナル地圖上ノ彩色, 單ナル我利私欲ニ非ザルコトハ, 單ナル推定ニ非ズ, 單ナル行政上ノ目的ニ出デシト信ズ, 單ニ一人種中最モ, 單ニ分科的價値ヲ有, 單ニ國内ノ地主對小作人ノミ, 單ニ國家ノ統一ト國民, 單ニ手數料ノ徴収ニ止ム, 單ニ手足ヲ動カシ器具ニ依頼シ散歩遠足, 單ニ自己ガ問題外ナル傭兵制ナリト云フノ理由ヲ以テ, 單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, 單な一元的理念, 單細胞動物であ, 單羽織を細り, 單雙子葉顯花植物類等にも發光