青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「受け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~ 受~ ~受け
受け~
~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~ ~口 口~ 口々~ 口実~ 口惜し~

「受け~」 7976, 79ppm, 1417位

▼ 受け~ (5076, 63.6%)

109 いた 107 いる, いるの 45 いたの 38 ゐる 37 いるよう 34 ゐた 25 いるので, 居る 23 いたが, ゐるの 21 いること 19 いると 18 それを 16 いるから, 居るの 15 いるもの, ゐるやう 14 いて, いない, ゐると 13 いるという, おいでに 12 来たの 11 いたもの, いました, 下さい, 自分の 10 いたので, おります, 来て 9 しまった, それが 8 いたこと, いながら, います, いるん, これを, しまったの, ゐたので, ゐるので, 來た 7 いるか, いる事, くれ, ゐない, 彼の, 来た 6 いないの, いなかった, いるが, いるし, みると, 居た, 居るから, 私は

5 [18件] いたから, いても, いるうち, いるに, いるわけ, いる人, くれと, くれるか, ゐたこと, ゐたの, 出て, 姫は, 居ること, 物の, 見ると, 輝いて, 金色に, 頂けば

4 [28件] いたよう, いなかったの, いましたが, いるかという, いるところ, いるのに, いる時, いる最中, いる者, おったの, おりました, きらつく水面, くれますか, みた, みろ, ゐたが, ゐて, ゐます, ゐること, ゐるもの, キラキラと, 下さいませんか, 始めて, 居たの, 居ります, 居る事, 居れば, 燦然と

3 [63件] いいか, いたため, いたと, いたという, いた時, いないから, いますから, いるだけ, いるらしい, いる国, いる場合, いる点, おいて, おりながら, おるの, おれば, きた, きて, きらきらと, くれたので, ここへ, しまうの, すぐに, そこに, それから, ゐたやう, ゐないから, ゐないの, ゐないもの, ゐるが, ギラギラと, 一時は, 下に, 二人の, 云った, 仄かに, 今日に, 何か, 合格しました, 嫌や, 子供の, 居るか, 居るに, 居る人, 居る者, 帰って, 座敷へ, 急に, 来たと, 来たところ, 水に, 汝の, 燦然として, 聞けば, 膨らんで, 輝やい, 針の, 顔を, 飛んで, 馳け, 高等学校へ, 黙って, 鼻の

2 [267件] あなたの, ある夜縄手道, いたか, いたかが, いたかの, いたけれども, いたらしい, いたん, いた人々, いた神尾喬, いては, いないこと, いないし, いないと, いない事, いない人々, いなかったこと, いなかったので, いなければ, いましたので, いますからね, いません, いられるの, いるお, いるかが, いるかも, いるこの, いるため, いるでは, いるとは, いるならば, いる人民, いる可憐, いる待遇, いる感じ, いる故, いる様子, いる男, いる身, いる身体, いる部分, いる間, おいた, おくが, おった, おらず物, おらぬ, おられる, おりますから, お久美さん, お絹, かがやいて, かすかに, きたが, きたの, きました, きょうの, きらきら光っ, きらりと, くださるの, くれい, くれたまえ, くれて, こ, これから任地, これに, これは, こんどは, さうし, さらさらと, しまいました, しまうん, しまったが, しまつ, そこから, その時, その濃い, その足, そよいで, それは, それらの, そんなこと, たまるもの, つかわさい, ひとり尖れり, また大急ぎ, まるで燃える, みい, みよ, みようと, みろッ, もらいたいもの, やった, やっと光る, やつて, よいか, ゐたから, ゐたと, ゐられないほど, ゐるかを, ゐるし, ゐるといふ, ゐるなど, ゐるらしい, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる所, ゐる父母, ゐる筈, パッと, 一旦は, 一時に, 三方から, 下さるであろうか, 下さる事, 世の中へ, 世を, 互に囁き合っ, 人の, 今日まで, 他とは, 以来の, 以来わたしは, 例の, 僕は, 光って, 全快した, 内閣を, 凄まじき絶叫, 出来たもの, 出現する, 初めは, 勝つ自信, 勿体らしくひねくりはじめた, 十五まで, 即座に, 去った, 口を, 吾, 呑みほし, 咲いて, 唇に, 囁き始めた, 困って, 地上に, 垢の, 堤を, 大に, 大名屋敷へ, 大正五年だ, 失踪帰りの, 妻と, 安らかに, 安南地方, 尚又, 居さ, 居たので, 居った, 居りました, 居りますから, 居ると, 居るので, 居るもの, 居るやう, 居るん, 席に, 帰る, 常に過去, 彼は, 彼らの, 彼を, 彼女は, 後に, 後退し, 微な, 微妙な, 悦んで, 我にも, 斜めに, 日本の, 是れ, 暮らして, 曾て, 有頂天にまで, 木の, 本郷へ, 来たため, 来たので, 来た人たち, 来れば, 東京へ, 松さんと, 椅子から, 模糊と, 次第に相, 武蔵野の, 歴史科中等教員の, 死ぬかも, 死んだ, 死んで, 殆ど完膚なき, 殺されるよう, 母の, 水の, 江戸へ, 渠は, 為方が, 燃え上るごとくに, 爲方が, 犬馬の, 狼狽し, 生きて, 生れたの, 生長した, 異様に, 白, 白く光つて, 皆冷汗をか, 真から, 真実らし, 真赤に, 眼の, 磔刑柱を, 神の, 私が, 私も, 秋の, 窓格子に, 立った, 立つという, 立派に, 第二, 粛然と, 精神病院へ, 紅宝玉を, 結局自分の, 置いた, 腋の下から, 自ら内閣を, 自ら現, 自分が, 自害し, 自由の, 苦しんで, 萎びて, 落第した, 蒼く輝き出した, 行ったもの, 袖の, 見よ, 見ようと, 見ろ, 起ち上がりました, 起り今や, 迎へに, 鉛色に, 銀色に, 長く苦労, 開くと, 闇の, 離れ座敷, 青くなっ, 静かな, 非常に, 顕微鏡で, 飲んだ, 鮮かに

1 [3124件 抜粋] ああなるん, あげて, あっという間に安定, あぶなく殺される, ある形, いいと, いくらかの, いたせい, いただける範囲, いたのに, いたジェー・ジェー・タムソン, いた人たち, いた命令, いた彼, いた期間, いた程, いた電話, いつもより, いないとは, いないらしいの, いない叔母, いない職業, いなかったよ, いましたよ, いま小石川第, いらっしゃい, いられるか, いるかを, いるせい, いるだろう, いるとでも, いるばかり, いるらしいこと, いるらしい女中, いるわずか, いる人間, いる写真ニュース, いる右, いる圧力, いる川手氏自身, いる御用聞, いる手品, いる月光, いる特配, いる純一君, いる自由, いる親堅, いる際, いる頁, いろんなこと, おいたあの, おきますほう, おったかと, おまへを, おらぬと, おられるお方, おりましたので, おりますものの, おります近く扶持, おるなと, お前さんに, お払い箱に, お置き下さる, かかる山中, かつてない, かれの, きたでは, きた少年, きらきら光つて, くださらぬ, くれず皮肉られそう, くれません本, くれるであろう, くれ給え, こういう訓, こっちハルトゥリナ通りの, このよう, この化物屋敷, この寒空, この箱梯子, この門内, これが, これらと, ごらんなさい, さっぱり振, しかもそれ, しかるべき教師, しばしばカメーネ, しまうまでは, しまって, しまふの, すぐ宿屋, すること, そう単調, そつちの方に, そのままに, そのドサクサ, その儘, その国, その子孫, その庵室, その捜査, その栄耀, その緑, その誤り, その金策, それからなお二三杯, それで顔, そんな乱暴, ただちにその, たんじゃ, ちらと, ついに同等, つくねんとうずくま, ところどころで, どこの, なかなかの, なみなみと注がせ, にわかに色めき立った, はなやかな, ひとまず城門, ひびくまで, ふと思いついた, ほとんど淡紅色, ぼつぼつ旅, ぽっと赤らん, まさしく進歩, まず広小路, また大, まだ寒い, まぶしそう, みずから自分の, みたら通らなくっても, みるか, みんこと, もう一度それ, もらえば, やがて馬, やましい報酬, やらねえん, ゆるやかに, ようよう入れた, よりはや二日, りんなど, ゐたかは, ゐたらあと, ゐた待遇, ゐた談話, ゐないわが, ゐるうち, ゐるせゐか, ゐるちよ, ゐるのに, ゐるらしいアデェル, ゐる事, ゐる処, ゐる幸福, ゐる東町奉行, ゐる翁さん姨さん, んです, アメリカや, キラキラかがやい, クッキリと, ショックで, ヂーンと, ニッコリしました, バラ色に, フラ, マリアと, ヨセフと, 一は, 一口飮んで, 一宿し, 一日中を, 一生お側に, 一等客が, 一週間前よりも, 丁半ちょぼ一の, 三人の, 三日とは, 上方に, 下さいな, 下さりませせっかく, 下さるやう, 下顎, 不意に, 世の中で, 並んで, 主観客観の, 乙姓の, 了はれる, 二ヵ月経った, 二返, 五色の, 亡くなられたが, 京都の, 人並よりも, 今では, 今まで, 今日が, 仕舞いましょうよ, 以来三年間彼は, 以来放射線の, 仲の町の, 住む気, 何も, 何事に, 何杯かを, 作った美事, 使用し, 倒れたの, 停車場を, 充分感謝, 光らぬと, 光榮だ, 入學, 八方へ, 其処にも, 其邸中に, 内海達郎は, 再び駈けつける, 凝然と, 出るので, 出来たよう, 切腹しました, 初めて成仏, 刻り, 副詞句に, 効果は, 動き停った, 勤務にも, 北海丸は, 十月二十六日稿本を, 卒業する, 危機は, 去れり, 友達甲斐に, 古い好いもの, 召仕に, 右樣な, 同じく南太平洋水域, 同時に顧みなき, 君に, 呉れるので, 命を, 咲くので, 啓発されてる, 喜ぶの, 器用に, 回るうち, 国立劇場を, 土葬に, 地獄の, 堀木の, 境外へ, 声も, 夜に, 夢心地に, 大びら, 大勇猛心, 大學, 大身と, 天文に, 夫人は, 奧さんだけでも, 如石と共に, 娑婆に, 子持の, 学校や, 安南, 宗像博士が, 宛も, 客の, 家に, 寄宿した, 寝そべって, 封じられたる忍術, 小梅の, 小高くここ, 居ず藤三, 居た新聞社, 居つた日本國王, 居ながら, 居らないと, 居りましたので, 居るかの, 居るであろうか, 居るんで, 居る倒, 居る時分, 居る男, 居る身體, 屠蘇の, 山田は, 左様いう, 師弟再会を, 帰つた, 帰る途中, 幕府の, 年の, 庄屋側から, 廻るの, 引込み思案にのみ, 弱るの, 弾丸の, 影に, 彼方に, 後ち, 得意然, 微笑みつつ, 心の, 応じたこと, 思ふさま山, 恐縮でした, 息も, 悪い場合, 惟光は, 感ずる方, 憮然と, 或は大事, 戦死, 所持し, 手織りの, 打首という, 披露に, 指先で, 掌を, 摺り上げようと, 支那へ, 敵に, 斉に, 新たに, 新聞に, 日夜責め問われ, 日本艦隊の, 早く越前屋, 明るく燃え, 昏倒した, 時々カッと, 普門院さ, 暖い, 書直し, 最後の, 有卦に, 本当にそうなっ, 来させた, 来たにも, 来たらしい餞別, 来た十代, 来た捕手たち, 来た様, 来た非行, 来るの, 来春には, 東北の, 枕だ, 柔く, 梯子を, 構思し, 欄干ごし, 止むを, 此心をだに, 歩行困難を, 死ぬ, 死んだあの, 殆ど毎回, 殺されようと, 毒蛇の, 永くその, 決心する, 法流を, 泣き続けた, 流る, 浮橋が, 消えくすぶった火熱, 深いすぐれた, 清廉潔白の, 湖水の, 満足する, 滋味は, 漢学者で, 火柱高く, 点々として, 無気味な, 然るべきもの, 煌めく耳環, 燒金の, 牢屋住まいをも, 物干しが, 独りで, 玄関から, 現に祖國亡命中, 生きた心地, 生まれて, 生命を, 生活を, 甲乙相共に, 番頭は, 病魔の, 白いテイブル・クロオス, 白く見える, 百枚の, 皮衣と, 監獄に, 直ぐ俯向, 眞新しい, 真綿の, 眩くきらり, 眼前の, 知識の, 磨ぎすましたやう, 祖國を, 私たちの, 稍幕医柴田氏の, 立ちすくむかと, 立ち向った, 立つ位置, 立派な, 答へ, 築地本願寺の, 精一ぱい照りかえす, 紅玉の, 素気なく, 終に公, 続くとも, 縁臺に, 置くという, 美しくなれる, 考えつづけて, 肉の, 背に, 腹が, 自ら寿阿弥と, 自己の, 自由民権の, 興奮した, 船の, 色深く, 若い技師, 苦しんだので, 茶色に, 莞爾に, 葬いの, 薄緑, 虫の息に, 蟄居を, 行くという, 行く事, 行つた時に, 衰微に, 要は吸い物椀, 見たいもの, 見た事, 見られい, 見る見る輝き, 見込まれたもの, 解党を, 記念にも, 読む毎, 謡う, 財政を, 貴女と, 赤いの, 走りながら, 起つたもの, 跡形も, 身の, 軍職を, 輝き立って, 辛うじて露命, 近所の, 退いた, 退院し, 通行の, 遊びに, 遣繰って, 都合により, 酒五樽を, 釘抜藤吉は, 鈴子は, 銃を, 鍔元競り合い, 長春ハルピン間を, 間も, 関白職に, 陰謀を, 隠居料五人扶持に, 雫に, 靈藥を, 静に, 音を, 頭中将が, 願書は, 飮んだ, 首に, 馴れた樣子, 高く叫ぶ, 魂魄を, 黒い上袖, 鼈四郎は

▼ 受け~ (248, 3.1%)

9 なって 7 なること, 来て 6 ならなければ, 来た 5 来たの, 来ました, 行くの 4 行った 3 なりました, なるの, 行くと, 行って

2 [18件] いつた, かよって, なったの, ならないでも, ならないの, なりましたか, なりましたが, なるので, 來た, 出て, 差し上げて, 来るとの, 東京に, 江波まで, 立ちて, 行くこと, 行くよう, 連れて

1 [146件] いった, いって, お生れ, お茶も, きたよりも, きて, きました, くるよう, くる新, こっそり名刺, した, して, でかけなければ, なった, なったあなた, なったお方, なったか, なったくせ, なっただけ, なったん, なった侮辱, なった印象, なった幾つ, なった方, なっては, なっても, なつた, なつたま, ならないどうして, ならない大臣, ならなかった, ならなかったん, ならんの, なりご, なりは, なりましたとき, なりましたので, なります, なりますか, なりますからね, なりませんそうですね, なりませんでしたただ人, なり御, なり首都, なるお, なるが, なるそう, なるだろうという, なると, なるという, なるとかいふ, なるほか, なるよう, なる不幸, なる光景, なる方, なる譏りも, なる院, なれば, ゃあならねえ, やって来るにも, やれるだろうこと, ゆく外, 上京し, 上京した, 二人の, 京都へ, 伺った次第, 來たい, 出かけないと, 出ること, 出ると, 出向いたという, 出向いたといふ, 利別から, 割振られるもの, 参られよ, 参りました, 参りました次第, 受けた, 受けたものの, 受けちゃったんで, 受けて, 受ける, 受けると, 受けるん, 名物の, 好きだった, 妻と, 寄越したが, 廻されて, 弟上人の, 往くであらう, 往くところ, 手を, 持って, 旅券と, 昨日山を, 時たま通つたの, 来たかと, 来たよう, 来た人, 来た患者, 来た浜屋, 来た清三, 来た甥, 来た者, 来ないの, 来る, 来ること, 来るの, 来るもの, 来る二, 来る少年, 来る正客, 来る者, 来合せて, 海事部へ, 福島まで, 行きし芸者, 行き引き續, 行き髪結い, 行くお, 行くから, 行くため, 行くん, 行くイルマン三人, 行く日, 行く時, 行く橋, 行けば, 行こうと, 行ったが, 行ったついで, 行ったとき, 行ったところ, 行ったり, 行った小島, 行った帰道, 行つてゐ, 行つて居た, 見えます, 誰かに, 近所に, 進んだ時, 階下の

▼ 受けながら~ (197, 2.5%)

2 その恩, それを, 何を, 尚彼女, 指先で, 根よく, 横死した, 社会に

1 [181件] あたかも自分, あなたを, いったん姿, おれの, お内儀さん, お報い, お茶子の, お話を, お高, こういっ, こっちを, この教育, こんなこと, ざわざわ風に, しかも夕日, しきりに用人たち, じっと立っ, じょうずに, そのまま成長, そのよう, その意志, その癖, それに対して, それより, それらの, た, ただ苦痛, ぢつと, つちや, とぐろを, ともかくその, なおもっ, なお変化, なお尼, なほ哲學の, なほ飽くまでも, はいって, ひろびろと, ふと廂, へんに, まつ暗, まるでえらい, やさしく, やや急い, サツと, シナの, チュウとも, トウルゲネフの, パーテル・カフェーの, パーヴェル・パーヴロヴィチの, フラスコの, 一条の, 下の, 不圖廂, 丸ビルに, 丸田の, 主税は, 乃木を, 九州の, 二人が, 二人だけで, 何か, 何度も, 例の, 働くこと, 僕は, 共鳴を, 其のお, 内輪揉めさえ, 別に気, 到底抵抗, 前に, 勇敢に, 北流する, 千種は, 卒業し, 厭に, 口笛を, 命がけで, 和服で, 問うた, 嘉吉は, 四月に, 坐つて, 坐ると, 声高に, 変遷し, 外へ, 外出の, 夜の, 大きく頤, 大岩の, 妙に, 妾が, 学事を, 学統としては, 學事を, 実に貞淑, 室町に, 家から, 将校たちは, 差出人の, 己れ, 市ノ瀬牧人が, 彼は, 応戦も, 思はず口, 思へば, 怪訝そうに, 恋文ばかり, 悠々と, 悠々として, 感じた歓喜, 戸崎町の, 手を, 技師の, 持つて, 指示した, 数年前に, 新子の, 新子は, 新着の, 既に二年, 日本へ, 杯洗で, 正勝を, 死んだの, 死んで, 毅然として, 水の, 江戸表へ, 涙を, 渠と, 漁業をも, 特別な取り, 猶も二三間, 猶且慊ら, 現代の, 生き耻, 畳の, 白く侘しそう, 目を, 相輪に, 真夜中よりも, 眼を, 瞑想に, 研究に, 神戸の, 私が, 私は, 穏かな, 立って, 笠の, 素直に, 線路伝いに, 背後は, 自分は, 自身を, 葬式彦兵衛が, 蒼ざめて連って, 行儀よく, 見ると, 見るとも, 言つた, 記者は, 調子付いて, 走りあるいは, 輪郭の, 辛抱づよく我慢した, 近藤は, 返事も, 進んで, 遠藤喜右衛門が, 重ねて, 重吉は, 関東北条家の, 顔を, 飄然として, 飲みつづけて, 駿介が, 黒く聳え

▼ 受けても~ (140, 1.8%)

32 しかたが, どこかを, 心の, 生命惜し, 私には, 苦しくない

1 [125件] あなたがたや, あの畑, いいじゃ, いいよう, いるし, いるの, おたき, おれは, こうは, これは, しかたの, すぐまず教室, すこしも心配, せいぜい新奇, その人柄, その顔色, それでこの, それでも, それに, それにたいする, それは, それほど恐ろしく, それほど気, ただ琴, ただ神, ただ顔を, つまらないと, つまりませぬゆゑ, どうも面倒臭い, どっちに, どのよう, なお二仏, なお巍然, なお足りなかった, なんらの, のめ, のめのめ面, へら, ほとんどこれ, まず, まだ白状, まだ辛抱強く, もうだめ, やめなかった, よい様, らへ, ゐた, ゐないのに, ゐる, ゐるの, ジッと, 一から, 不思議は, 今受け, 仕方が, 仕様が, 何ともない, 使えば, 俺は, 倒れるよう, 全く気, 再び事, 出征する, 利七は, 剛情に, 化膿も, 参りません, 取りっぱなし, 受けねえでも, 同じこと, 品物が, 喜んで, 安部君の, 完全に, 少しも, 居られたらうもの, 居ると, 差支えない, 差支えないという, 差支へ, 帰村を, 平気で, 当局は, 彼は, 御用商人的な, 忽ちにし, 恐らく江戸文学, 恩である, 意味の, 感じなかった, 我が國, 最初は, 木像の, 構は, 死なん哉, 死骸の, 殆ん, 殺されても, 殺剣, 決して所信, 決して決して怨み, 犯した罪, 田原一家の, 知らないよ, 私は, 積極的に, 立派な, 綜合の, 耐えきれず殆, 耐えきれず殆ど, 聞えぬふり, 自分は, 自分も, 自尊心は, 若い者, 苦痛でなく, 薄板金, 虎を, 袖の, 辛抱します, 辞しても, 顔の, 駄目だった, 魏叔子や, 鱠に

▼ 受けては~ (102, 1.3%)

6 いない 4 ゐる, ゐるが 2 いなかったにも, いませんでした, さすがに, ならないと, ならぬという, ゐない, 困ります, 姿を

1 [72件] いかな, いけませんよ, いた, いたが, いたけれど, いないで, いないもの, いなかった, いなかったの, いなかったもん, いよいよ面倒, いるが, いるし, うしろへ, かえって困る, くださらないん, この小, すみません, たまったもの, たまらない, たまらぬ大切, だらしなく, つと干し, どうか, どうしてもこの, どうしよう, どうだ, ならない, ならない三銭, ならない人, ならない依田, ならない定め, ならぬと, ならんぞ, またクルリ, また揚げる, やはりなり物, ゐないかといふ, ゐなかつたが, ゐませんでした, トテモ僕は, 再び社会, 到底今, 勝ち目の, 勝家も, 勿躰ない, 叶は, 困ったもの, 困るけれど, 地下の, 座に, 御先祖樣, 恨めしく思わせる, 愈, 投げ上げて, 探し出して, 文部省も, 栄之, 武士の, 溜まりません, 然諾せり, 相を, 神官たる, 私実に, 突と, 聞かなかつた, 茶屋に対する, 見たが, 覗いて, 許すこと, 返事も, 駄目よ

▼ 受けたり~ (91, 1.1%)

15 して 4 した 3 すること 2 したが, しに, します, する事, 与えたり

1 [59件] あるいはときには, お前が, こっちから, したため, したの, したもの, した例, しなくても, しようという, すると, するの, するよう, するよりも, するん, する位, する垣間見ただけの, する種々, ずっと後, そのほか, できるわけ, やったり, ようやく彼, 世に誚, 何という, 保存の, 其家臣, 又は伝統, 又は生活上, 受けたり, 受けなかったり, 問ひ, 富有な, 左へ, 後日に, 御神籤, 或は學び, 手軽に, 摺り外し, 撥で, 更に弦上, 机を, 死んだり, 死体の, 毎日の, 氣ま, 求めたり, 激怒し, 男子と, 病魔が, 相談に, 神経を, 笠を, 米や, 絶えず反省, 自分の, 華々しくやっ, 議論を, 起訴され, 迷惑を

▼ 受け~ (63, 0.8%)

4 受けたものの, 受けても 3 したが, しないかと, せざりしが 2 しなかった, すまいかと, するが, せぬか, どうでした, よかった, 受けたが

1 [32件] あまりよく, したけれど, したものの, したよう, しないかという, しないかといふ, しないじゃ, しないだろうか, しないん, しなかったし, しなかったに, しながら, しまいかと, しまいかなどと, しましたが, しますが, しますまい, しませんか, すまい渡辺, せぬかと, できないん, よい, よくなる, 予の, 何となく好く, 取れるもの, 塩でも, 悪くなく, 悪くなった, 致さぬ, 致しますものの, 良いの

▼ 受け~ (62, 0.8%)

12 して 9 した 2 買いに

1 [39件] いたしました真平, いとなんで, させたの, させるもの, したそう, したため, したの, しない訳, しなかった, しなかったはず, しようだが, し内, する, すること, する事, とり都, なさいました, なさいましたの, やり戦中, り候こと, 下に, 交渉し, 勤める清原武衡, 差出された由, 待って, 持って, 持つて, 捧げて, 策動し, 置いたデスク, 聞きたく思つて, 自分の, 致したわけ, 致して, 致しました, 見て, 躊躇した, 頼みこむつもり, 頼んだ

▼ 受け~ (52, 0.7%)

3 つては, つてゐた 2 つた, つたのである, つたのは, つてから, ッた

1 [36件] し醜態, つたと, つたとか, つたの, つたのが, つたのだつた, つたもう, つた上句で, つた人々が, つた妻の, つた寝床に, つた暗示を, つた無数の, つた紙ぎれを, つた紙片を, つた者は, つた記憶が, つた邑落或は, つて, つていひました, つてこの, つてさ, つてその, つてもらふ, つてゐ, つてを, つてポケツトへ, つて佐太郎は, つて封筒を, つて居た, つて御覧なさい, つて生活する, つて端つこ, つて被り, つて読みにか, つて貰へる

▼ 受けその~ (50, 0.6%)

3 ために 2 上で, 画の

1 [43件] うへ, ことが, とき栽培法をも, 仕事の, 代表者は, 六月に, 収賄たるに, 命令が, 唇を, 地方の, 場で, 夜の, 夜は, 大半は, 天才を, 子弟を, 学統の, 席で, 意に, 教名を, 方で, 時から, 時代の, 歌を, 無理解, 爲に, 珍蔵する, 生活の, 画題を, 疵を, 礼を, 種類と, 種類を, 紅玉釉薬の, 紹介で, 結果大熱を, 結果財産を, 耳学問に, 速度を, 酒に, 醜い大, 防禦に, 食物を

▼ 受けつつ~ (50, 0.6%)

3 あること, あると, あるの 2 ある, ある人, 滑つて出

1 [35件] あったか, あった年頃, あった際, あります, あるとの, あるは, あるジルベール, ある三四郎, ある火星人, ある苦痛, いつも若き, しかも自ら, どうっと, ヴェネチアに, 一冊十五銭ぐらいの, 一意専心思いを, 七二歳の, 上層階級の, 五年ぶりで, 今日の, 傾く, 入って, 別棟の, 卓犖たる, 堂々と, 工夫の, 惠み, 扉を, 最も苦痛, 民族的矜持を, 海の, 眺めた景色, 稿を, 西へ, 車体を

▼ 受け~ (49, 0.6%)

6 よかった 2 よくない, 良いか, 良い方

1 [37件] あつた, ありますな, いいという, ございません, したが, しないで, だいぶ違う, できません, よい, よいかと, よいそう, よいもの, よくなりました, よくなる, よく一座, よく神, 全市の, 善くて, 大切です, 好いそう, 好い是, 好かった, 好く全, 宜い, 宜かろう, 悪いから, 悪いじゃ, 悪いよう, 悪い人間, 悪くあらゆる, 悪く一時, 悪く天皇家, 悪なる, 惡い, 惡く, 決して悪く, 眼立っ

▼ 受けてから~ (47, 0.6%)

2 それを, 一寸の, 心待に

1 [41件] しばらくがやがや手分け, すっかり能, ずっとよく, その批評, その部屋, そばへ, たつた三日, だが, だもの, であつ, でなけりゃいかんぞ, まもなく私, もう半年, ホボーケンへ, 一時間ほど, 三日を, 五日目午後二時過ぎ東京駅前に, 今日で, 何かしら決心し, 六年の, 初めて僧侶, 北支の, 四十幾日か, 四年の, 国へ, 地所の, 夫の, 始めて, 小作人も, 師匠を, 往くの, 後は, 懲りて, 懼れ, 投函する, 断頭台に, 曲舞に, 病気や, 翻譯した, 身体の, 飯田町の

▼ 受け~ (45, 0.6%)

2 宜い, 笊を

1 [41件] いいわり, いい万兵衛, いい人物, ことばは, しないこと, するもの, するやう, ためにと, ほかなく, もので, よいよう, よい奴, よさ, 一角が, 上に, 上へ, 丸い中心, 仕事は, 仕事を, 休みで, 元祖として, 可い勢, 子供は, 小さな男, 悪いくらいは, 折衝を, 暖かい土地, 水盤を, 溝を, 由を, 盆を, 秘訣色師たる者の, 穴から, 米友な, 糧までも, 翼を, 腐れ水を, 良いの, 良い妾, 芸当を, 金の

▼ 受けとつ~ (33, 0.4%)

135 たこと 4 てゐる

1 [11件] たから, たが, たといふ, たとき, たとしても, たもの, たやう, た名高い, た弥生, た時, た瞬間

▼ 受け~ (33, 0.4%)

3 しないが, するかと

1 [27件] いいです, いいはず, して, しなかったが, しましょうが, しません, し客, する, せずに, せず希望, せず易々, せず横, せぬが, めでたいという, やせん, よかった, よくて, よく台所, よく愛嬌者, よし新聞社, よろしゅうない, 好くなく, 宜く, 家老共の, 極めて, 至極でした, 調所の

▼ 受けそれ~ (29, 0.4%)

2 に役目, を機会

1 [25件] から一そう, がどんな, が内部的, が済む, が縁, と祝, に乗じ, に向つた奥村圭吉, に堪えなく, に屈従, に砂糖少量, は無理, より徒歩, より江戸, をくりかえし, をまた, を口, を土産, を大切, を弁明, を撃退, を称える, を終え, を誇り, を飛行機

▼ 受けついで~ (26, 0.3%)

1 [26件] いかにもそれ, いつぱし物, いるでは, いるの, いるよう, からまだ, その枠, どう展開, の物真似, まいるから, ゐると, ゐるので, ゐるもの, 優れたもの, 劣った者, 去る3月1日, 呉れる, 居るかの, 思うが, 愛して, 来た古来, 来た武士, 渡して, 生れた達也自身, 聞くと, 軽く諧謔

▼ 受け~ (26, 0.3%)

4 をした 3 をし 2 へをし, もなし, をする

1 [13件] いに, の出来る, へが出来ません, へし, へした, へする, へた, へて, へて茶色, へはどちら, へはまことにハキハキ, へも出, へをする

▼ 受けまた~ (25, 0.3%)

2 は与えられる

1 [23件] ある時, こういった, この時代色, その助け, それに, は与える, 一方では, 俳談も, 僕と, 前年日本へ, 即日建業城中に, 国学者某氏に, 奉行職たちを, 幸福を, 悪人は, 或る, 欧洲と, 王父が, 究迫さるる, 絶えず歴史的, 自然である, 西洋の, 診察台に

▼ 受けそう~ (23, 0.3%)

2 な気, になっ, もない

1 [17件] だ, であった境遇, であります, でなりません, な人, な唯一, な子供, な心あたり, な眉, な話, にお, になり, になる, に思われる, もなかっ, もなく, もなし

▼ 受け~ (21, 0.3%)

4 つた

1 [17件] つたが, つたり, なかった, はれないで, はれないの, はれない梅雨半ば, はれませぬ竹ちやん, はれるから, ひかねるね, ひして, ひである, ひです, ふもの, ふ必要, へばいい, へば構, れたが

▼ 受け~ (19, 0.2%)

4 うな 3 へすれ 2 うして, うだ 1 うであり例へば, うである, うです, うで死ぬほど, してやらうといふ, してやろうという, つさ, やうな

▼ 受けながらも~ (17, 0.2%)

1 [17件] お藤, この人, この教室, やはり固有, わたしの, 何となく私, 兎に, 初め情婦として, 別派を, 大川は, 彼の, 歌ばかり, 死ぬる時, 物静かで, 猶お, 百万以上の, 直接その

▼ 受け~ (17, 0.2%)

4 れて, れよ 2 れず, れは, れること 1 るべき租税, れた, れる心

▼ 受け易い~ (14, 0.2%)

3 人に 2 ことも 1 と向島, どうも盗み, のに違, ものは, 位置に, 僕一人に, 層に, 性質から, 言葉を

▼ 受けての~ (13, 0.2%)

2 後も

1 [11件] こと何も, その食い, もので, 事が, 事だろう, 使者でござる, 強談に, 思想の, 恐怖が, 提議な, 猛練習

▼ 受けやすい~ (13, 0.2%)

1 [13件] しそう, そのいっさい, ものである, ものでしょう, わけである, 事情に, 外見を, 心理状態に, 時代に, 条件を, 民族は, 皮膚であれ, 花の

▼ 受け~ (13, 0.2%)

2 るるもの, るるよう 1 あという, あ後ろ, りゃしないぜ, る, るべし, るることになつ, るる前, るる時, るる筈

▼ 受け~ (12, 0.2%)

1 [12件] いだ, いだ人達, いだ花, いでくれること, いでわし, いでゐる, いでゐるの, いでゐるもの, いで今日, がれ, がれた, ぎして

▼ 受け応え~ (11, 0.1%)

1 [11件] が出来ず, する, と共に首筋, に困る, の仕様, の挨拶, ばかりし, も自然, をし, をしてる, をするで

▼ 受け~ (11, 0.1%)

2 がつい, に飽かし, の中 1 とカンヌキ, にはまっ, にはまらない, を守る, を沢山

▼ 受けこれ~ (10, 0.1%)

2 をその 1 と合体, に対して何時, に欺かれ, は懇篤, は東京以上, へ参る, を利用, を恥

▼ 受けてを~ (10, 0.1%)

4 ります 1 られたかといふ, られるだらうと, りました第, りません, り純粋, る

▼ 受けよう~ (10, 0.1%)

2 はありません 1 がない, ではない, にも受け止め, のない, はない, も知らない, も知らなかった, も知れぬ

▼ 受け~ (10, 0.1%)

1 これを, その上, も文武天皇, ゆうべの, 寺務所に, 意外な, 捕はれて, 時には弊害, 白氏は, 禪學を

▼ 受け自分~ (10, 0.1%)

2 の皿, の著述活動 1 なども非常識, に導かれ, の中, の助手, はそれ, もいささか

▼ 受けこの~ (9, 0.1%)

1 分なら, 切符なく, 文字の, 日ごろの, 根岸の, 聞き難い, 船を, 蛇は, 道を

▼ 受け~ (9, 0.1%)

21 いぬ, はざる, ひ, ふので, へ, へといふ, へり

▼ 受けしかも~ (8, 0.1%)

2 それが, 聞くに 1 余りに豊富, 恋人は, 演劇といふ, 純粋の

▼ 受けそして~ (8, 0.1%)

1 その後には, だれからも, 人口に対する, 侮辱を, 微笑んだ, 損害を, 病人の, 秋一粒千倍の

▼ 受けたりと~ (8, 0.1%)

2 雖も 1 いいますと, せよこれ, 偽称し, 称し神, 被仰, 覺しき許多の

▼ 受けちゃ~ (8, 0.1%)

1 いけないよ, いないん, たまらない, アたまらない, 大変だ, 少しぐらい, 行かないわけ, 間尺に

▼ 受けてか~ (8, 0.1%)

2 あたりが 1 かつてゐた, その性分, ひくひくと, 昨今の, 更に蒼白かっ, 順吉は

▼ 受けやう~ (8, 0.1%)

2 とする 1 といふ身, とそんな, とは全く, とは存じませぬ, と予期, と云

▼ 受け~ (8, 0.1%)

1 なる勢力, なる恥辱, 學部文科の, 拍手, 日本に, 烏は, 破損の, 隊長以下ほとんど

▼ 受け~ (8, 0.1%)

1 へです, へに困, へに困る, への口, への發火點, へをし, へをする, へをするで

▼ 受けそれから~ (7, 0.1%)

1 エンゼル島へ, 全欧にわたる, 医師は, 同家へ, 東町奉行所に, 私の, 郷里なる

▼ 受けつぎ~ (7, 0.1%)

1 ということ, をじっと, 更にそれ, 更に子々孫々, 楽しんで, 生かすの, 生かすもの

▼ 受けもち~ (7, 0.1%)

2 の生徒 1 である部署, の先生, の客, は, よこんど

▼ 受け~ (7, 0.1%)

1 が童女, ですが, で鼻, になった整った, になつ, のあどけな, の方

▼ 受けさえ~ (6, 0.1%)

3 すれば 1 したの, しなかったならば, 致せば

▼ 受けしも~ (6, 0.1%)

1 丘未だ, 全く同一, 實際に, 民間には, 遂にこの, 高橋勝作と

▼ 受け~ (6, 0.1%)

1 と思ふ, 安きねむり, 心づかひも, 正しくクロニオーン, 荒されむ, 贈られし

▼ 受け~ (6, 0.1%)

1 からされる, が四十名, なき陶界, にも授けた, の慈善, をし

▼ 受け~ (6, 0.1%)

1 があった, へし, へでただ, への渋滞, へもない, へをし

▼ 受け~ (6, 0.1%)

1 がここ, が中学, はしんそこ, はもうすっかり, は嬉し, をし

▼ 受けそうして~ (5, 0.1%)

1 あの恐ろしい, これからも, 今は, 初夏の, 翌日帰っ

▼ 受けてとも~ (5, 0.1%)

4 言ひ 1 言い又

▼ 受けでも~ (5, 0.1%)

3 したやう 1 したよう, するよう

▼ 受けには~ (5, 0.1%)

1 パンの, 決して手, 結構な, 行くが, 鮨を

▼ 受け同じ~ (5, 0.1%)

2 社の 1 ような, 答えを, 道服を

▼ 受け~ (5, 0.1%)

1 られたかと, る, るべきこと, るる丈, るれば

▼ 受け~ (5, 0.1%)

1 にはヨーロッパ, には仁和寺, 下総の, 其子を, 藤原鎌足の

▼ 受け~ (5, 0.1%)

2 本尊を 1 介抱に, 手當金百兩と, 暇に

▼ 受け或は~ (5, 0.1%)

1 その機会, 不意の, 業に, 特に依頼, 飛箭に

▼ 受け遂に~ (5, 0.1%)

1 はそれ, はマジャール族, 出家し, 彼女が, 辞表を

▼ 受け難い~ (5, 0.1%)

1 からかかる, が和睦, ものだ, 人身を, 話であった

▼ 受けかつ~ (4, 0.1%)

1 これを, 価格が, 秀吉自身の, 謝金をも

▼ 受けつつも~ (4, 0.1%)

1 制御を, 感情が, 救世観音も, 結局日本人の

▼ 受けわたし~ (4, 0.1%)

1 されたの, するはず, は所長, をすませ

▼ 受け乍ら~ (4, 0.1%)

1 も見事, 思い切って, 涼しい川風, 猶中性

▼ 受け~ (4, 0.1%)

1 に借金, の子供たち, の階級, 日買戻

▼ 受け~ (4, 0.1%)

1 かを云い, か思いがけない, か新た, がしか

▼ 受け~ (4, 0.1%)

1 が来, の方, の藁家, の顔

▼ 受け~ (4, 0.1%)

1 が手前, が附けられた, は取附けられた, 挾みにな

▼ 受けあるいは~ (3, 0.0%)

1 その寃, それが, 苛酷に

▼ 受けかく~ (3, 0.0%)

1 て用役, は寄り寄り, まで十分

▼ 受けたま~ (3, 0.0%)

3

▼ 受けついに~ (3, 0.0%)

1 心神耗弱したる, 起工し, 達磨大師以来六代の

▼ 受け~ (3, 0.0%)

1 ラサ府の, 安心此の分なら, 校外に

▼ 受けながし~ (3, 0.0%)

1 じっと本, 弾丸が, 江原の

▼ 受けなど~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 受けにも~ (3, 0.0%)

1 上つて来た, 店の, 渡しにも

▼ 受けまるで~ (3, 0.0%)

1 夢の, 火事の, 腹心の

▼ 受けやがて~ (3, 0.0%)

1 孤りで, 欄干擬宝珠の, 牛津を

▼ 受け且つ~ (3, 0.0%)

1 停止せられ, 堀り, 学ばねば

▼ 受け~ (3, 0.0%)

1 では自分, でも坐, は又

▼ 受け今日~ (3, 0.0%)

1 に及びまし, に至, の形勢

▼ 受け切支丹~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 となつ

▼ 受け初めて~ (3, 0.0%)

1 からようやく, 原子核構造を, 完全な

▼ 受け合つて~ (3, 0.0%)

1 どうにも處置, ゐた柏岡伝七, 見たい慾徳

▼ 受け合ひだ~ (3, 0.0%)

1 がこの, がやっつけな, 果して今日

▼ 受け同時に~ (3, 0.0%)

1 早処女, 私は, 篠川小四郎に

▼ 受け易く~ (3, 0.0%)

1 共に生活, 天使達の, 自分の

▼ 受け民衆~ (3, 0.0%)

2 はその 1 の伝統的嗜好

▼ 受け父母~ (3, 0.0%)

2 にも告げ 1 とはらから

▼ 受け申し~ (3, 0.0%)

1 てはならぬ, ては御, て又

▼ 受け~ (3, 0.0%)

1 が出陣, の小頭, やキンチャク網

▼ 受け~ (3, 0.0%)

2 して 1 も相撲

▼ 受け~ (3, 0.0%)

1 を伝う, を伝うる, を得

▼ 受けある~ (2, 0.0%)

1 ところでは, 人は

▼ 受けいよいよ~ (2, 0.0%)

1 正式に, 郷里へ

▼ 受けいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なおもしろい, 激励を

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 ぬるに, へす球

▼ 受けかた~ (2, 0.0%)

1 その適応, です私

▼ 受けがち~ (2, 0.0%)

1 であるが, な尊大不遜

▼ 受けくだ~ (2, 0.0%)

2 さりませ

▼ 受けこの世~ (2, 0.0%)

1 に女, の全

▼ 受けさすが~ (2, 0.0%)

1 にもう, の陣十郎

▼ 受けさらに~ (2, 0.0%)

1 その一部, 評定役から

▼ 受けざら~ (2, 0.0%)

1 しめん, ばわが

▼ 受けしかして~ (2, 0.0%)

1 後に, 必要なる

▼ 受けそこ~ (2, 0.0%)

1 なった数, にいならぶ

▼ 受けその後後~ (2, 0.0%)

2 の摂津

▼ 受けそれで~ (2, 0.0%)

1 その為, ようよう乗船

▼ 受けそれ等~ (2, 0.0%)

1 の文句, の諸

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 がね, 地方は

▼ 受けだった~ (2, 0.0%)

1 があと, っけ

▼ 受けちや~ (2, 0.0%)

1 いけないよ, 少しぐらゐ水

▼ 受けつい~ (2, 0.0%)

1 だからといって何, できた玄療院

▼ 受けつつましく~ (2, 0.0%)

2 生活し

▼ 受けつら~ (2, 0.0%)

2

▼ 受けてからは~ (2, 0.0%)

1 ほとんどこの, 私は

▼ 受けてでも~ (2, 0.0%)

1 いるが, 願ってでも

▼ 受けてばかり~ (2, 0.0%)

1 いて, ゐて

▼ 受けである~ (2, 0.0%)

1 こっちも, よく此

▼ 受けとうとう~ (2, 0.0%)

1 それが, 床の

▼ 受けなし~ (2, 0.0%)

1 の片手, は驚く

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 さむ, じい侮辱を

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 えが, や

▼ 受けもし~ (2, 0.0%)

1 棄つれ, 防ぎも

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 アしない, 攻撃を

▼ 受けやや~ (2, 0.0%)

1 小康を, 強い風

▼ 受け三日目~ (2, 0.0%)

1 に正, に正気

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 惜福者が, 惜福者は

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 に反作用, を販賣

▼ 受け二年前~ (2, 0.0%)

1 に跡, に跡取り

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 から東, へ急い

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 とも今, ひぬ

▼ 受け候上~ (2, 0.0%)

1 は最早, 結構なる

▼ 受け候事~ (2, 0.0%)

1 かと悲, とて切に

▼ 受け其の~ (2, 0.0%)

1 夜は, 官職を

▼ 受け其激烈~ (2, 0.0%)

2 なる反感

▼ 受け内外~ (2, 0.0%)

2 の重大

▼ 受け再び~ (2, 0.0%)

1 取引せん, 飛びあがるの

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 じゃ, と共に習い

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 を初代楊庵, を躋寿館

▼ 受け危険~ (2, 0.0%)

1 に陥った, 極まりなきに

▼ 受け~ (2, 0.0%)

2 が過ぎたら

▼ 受け反感~ (2, 0.0%)

1 を招き, を招く

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 この薬, 霊場へ

▼ 受け合つたの~ (2, 0.0%)

1 が出, は少し

▼ 受け同じく~ (2, 0.0%)

1 改善を, 角帽の

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 って行こう, わねばならぬ

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 があっ, がクルリ

▼ 受け土地~ (2, 0.0%)

2 の御用聞大塚

▼ 受け夜半~ (2, 0.0%)

1 に肉, まで神

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 から支那, に対して純

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 がちゃんと, なの

▼ 受け少し~ (2, 0.0%)

1 弛る, 気力を

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 いと言われた, い旨

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 として八五郎, にし

▼ 受け得ら~ (2, 0.0%)

1 るるの, るれども

▼ 受け思わず~ (2, 0.0%)

1 もやり, ピョンとばかり

▼ 受け悉く~ (2, 0.0%)

1 家財を, 烏有に

▼ 受け我名~ (2, 0.0%)

2 を成さ

▼ 受け或いは~ (2, 0.0%)

1 竿を, 身を

▼ 受け戦争~ (2, 0.0%)

2 を自主的

▼ 受け批評家~ (2, 0.0%)

1 にいじめられ, の賞讃

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 に霧, を凹くし

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 う, う処

▼ 受け新しい~ (2, 0.0%)

1 事を, 思想を

▼ 受け日本~ (2, 0.0%)

1 の女, の実業界

▼ 受け早朝~ (2, 0.0%)

2 の天日

▼ 受け明治八年領土交換~ (2, 0.0%)

1 の後, の後本邦

▼ 受け更に~ (2, 0.0%)

1 三十部自弁し, 晋永機に

▼ 受け最初~ (2, 0.0%)

1 の晩君江, は鐵三郎

▼ 受け最後~ (2, 0.0%)

1 に左, に戎克

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 なんて御前, にも日本

▼ 受け殊に~ (2, 0.0%)

1 市舶同樣の, 笠神博士には

▼ 受け決して~ (2, 0.0%)

1 余計な, 地に

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 の明文, を枉げ

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 と斉, も多大

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 に入っ, も眩む

▼ 受け直ちに~ (2, 0.0%)

1 出でたり, 火山の

▼ 受け研究~ (2, 0.0%)

1 の方向, を続け

▼ 受け精神的~ (2, 0.0%)

1 には対等, に大

▼ 受け紛争和解~ (2, 0.0%)

2 のため中国

▼ 受け繼ぎ~ (2, 0.0%)

1 その上, 受け繼

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 の帆, は漕ぎ返る

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 なり仲介者, 兄弟全部を

▼ 受け親殺し~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 しか何, の序

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 畜生を, 算家の

▼ 受け身体~ (2, 0.0%)

1 がくるくる, も丈夫

▼ 受け難き~ (2, 0.0%)

1 人身を, 法王の

▼ 受け非常~ (2, 0.0%)

1 なる圧迫, な叱責

▼ 受け食事~ (2, 0.0%)

2 もし

▼ 受け~ (2, 0.0%)

1 の折れる, をひしがれましょう

▼1* [792件]

受けあごの細, 受けあそばした宮様です, 受けあとの五, 受けあなたの膝, 受けいい気持ちに, 受けいっそう自分は, 受けいっぱしの貧窮人, 受けいまは父, 受けうやうやしく一覧する, 受けおかげさまにて幾分, 受けおのれの好奇心, 受けおめおめ引き退って, 受けお前には大事, 受けお祓いをし, 受けお詫びとなさむ, 受けかくして統治者即ち, 受けかねての約, 受けかぼちゃの蔓, 受けからコトリと, 受けからだの弱, 受けがよかつた, 受けぐっと一息に, 受けぐんぐんよしと, 受けけなげに力戦苦闘, 受けこうやって, 受けここに一個, 受けことごとく農民すなわち, 受けことにその分娩, 受けこんな悲惨な, 受けさうな気が, 受けさっそく出席と, 受けさて長者に, 受けざらしめしもの, 受けしかねるよう, 受けしばらく考えて, 受けしまするよう, 受けすぐにも自分, 受けすこぶる憤慨し, 受けすべてを経験, 受けそいつを不安げ, 受けその他二本立骨は折れない, 受けその他多くの古老, 受けその奇しき力の, 受けその後もゆく, 受けそれだけに勃発の, 受けそれっきり何もわからなくなっ, 受けそれでも笑って, 受けそれ丈け價格, 受けただちにポオジョン病院に, 受けたったいちど逢った, 受けたりとの吉報を, 受けたりとは申せ山川遥, 受けたりはしない, 受けたりもする, 受けだが安倍の, 受けだけはよい人, 受けだつたね, 受けっとかなんとかぬかし, 受けっぷりもいい, 受けついでこれまでに変った, 受けついでそればかりかその, 受けついで作つてゐます, 受けついで來て後々, 受けついで君臨して, 受けついで大原に復讐, 受けついで完成したの, 受けついで後から來, 受けついで正作の兄, 受けついで蓄音器となる, 受けついで言つた, 受けついで間もない, 受けつぎ宮中を無視, 受けつぎ手である演出者土方与志, 受けつぎ王室尊崇の念, 受けつまり俺は, 受けてかかへつこぼれ, 受けてからと云ふも, 受けてからのことだ, 受けてからもしよぼ, 受けてこを集む, 受けてこそこの世に, 受けてさえ楽には, 受けてさえも忍び難い, 受けてとにもかくにも, 受けてに其ま, 受けてね傷です, 受けてのみいて, 受けてまで命乞いを, 受けてもをりませう, 受けであったろうと思っ, 受けという地紙なりの, 受けとにもかくにも, 受けとのみ思いの, 受けどうあろうと, 受けどうやら人並の, 受けさそうな, 受けなお補助の, 受けなかなか旺んに, 受けながらの友人の, 受けなんかの質問, 受けなんとなく憂鬱に, 受けにくいということ, 受けになつてから, 受けにゃならぬ, 受けのちよくその, 受けはつきりとどの, 受けばかりねらひこの, 受けばく大な収入, 受けひとりの酒, 受けぺしゃんこに踏みにじられ, 受けほっとして, 受けまあ生活は, 受けますます戦死し, 受けまたはふしぎの, 受けむとする二個の獨立, 受けむとする野心家あるか, 受けむと今日今日と飛鳥, 受けむには餓, 受けむまでも此人に誠, 受けむやうは, 受けむ我は知る, 受けむ汝はとこし, 受けめいめいの身, 受けめいめい供養すべき物, 受けもう再び犬は, 受けもしくは病気等いう, 受けもち先生のよう, 受けもち教師に引率, 受けもよかつたし, 受けやう理由もなく, 受けやすかったの, 受けやすく裏川は, 受けやはりこのまま, 受けより以上, 受けらりやしないぜ, 受けらりょうかいかに, 受けわけて明智光秀は, 受けわけても関白秀吉の, 受けわたくしは桜田治助, 受けアウステルリッツでは右, 受けアシジピサミラノデュセルドルフ等を經, 受けイエナでは左, 受けイギリスのロンドン, 受けシェイクスピア風の戯曲, 受けシャルルに説き, 受けジョウが去っ, 受けスーッと袖, 受けセンチメンタルにならぬ, 受けナポレオン戦争に参加, 受けバルブを開け, 受けバヴァリヤの士官, 受けピカッと眼, 受けフィナレの, 受けフリートラントでは銃剣, 受けプロタシヨとなった, 受けヘロデさえ彼, 受けペンキ塗の緑, 受けヤソ会は日本布教, 受けヨーロッパ社交界に鳴る, 受けルーツェンでは榴弾, 受け向専修, 受け一〇〇〇〇フランを支出, 受け一つ干して, 受け一七七三年には機動演習, 受け一七九四年以後は陽, 受け一三二七年死す, 受け一人の背広, 受け一同安心して, 受け一夜のうち, 受け一年と経ぬ, 受け一廬を結び, 受け一方は本陣問屋庄屋三役青山吉左衛門忰, 受け一旦の懺悔, 受け一昨日その方面, 受け一時停滯, 受け一時釣を休めし, 受け一歩一歩夜の進み来る, 受け一生ほとんど難局, 受け一目眇として人少な, 受け一種の治外法權, 受け一緒に薄暗い, 受け一般文壇的にも此作, 受け一讀して, 受け一高文科に入学, 受け三〇〇〇フランを支出, 受け三好は矢, 受け三島まで出張りおっ, 受け三浦三崎から勤労動員, 受け三週間ほど甲府, 受け上告中に脱獄, 受け下男とともに一泊, 受け不自由なくは, 受け不軌の心, 受け且遥かに氏, 受け世話を受ける, 受け世間からは憎まれた, 受け中尉に累, 受け中年から貸元, 受け主として文芸方面の, 受け主人が独り, 受け主人熊谷三郎兵衛始め三十人の客人, 受け主客五人京橋区の, 受け久しぶりで逢いたい, 受け乍ら受信が続々, 受け乍ら綾子は右, 受け九叔も話, 受け九年に江戸, 受け九月に帰朝, 受け事実をすっかり, 受け二十越したばかりの, 受け二十年頃以後はドイツ哲学, 受け二十歳前後の頃, 受け二十騎ばかりの伴, 受け二千円という金, 受け二字を奉り, 受け二年の間これ, 受け二日の早朝, 受け互いに相輔, 受け五つ所紋のついた, 受け五両が百二十五両, 受け五年という期限付き, 受け五日大石は令状, 受け人生は次第に, 受け人種的の憎悪, 受け人間の影身, 受け今これを受, 受け今にも死ぬほどの, 受け今仕込み最中のちょっと, 受け今年の春, 受け今度のチーフ・ジャスティス, 受け今暁午前三時五十分から四時五十分の間, 受け仕事に忙しく, 受け他人より多く, 受け他方純情の点, 受け仙台に出, 受け代表者立花博士はその, 受け仰向けに床, 受け会堂を建設, 受けへなけれ, 受け佐保に家, 受け何とも滑稽味の, 受け何事か約束, 受け余暇の多き, 受け作劇上の霊感, 受ける二十五日拂曉, 受け來つて居る人, 受けの白根村事件, 受け保証をさせる, 受け信長の激怒, 受け修道僧として出発, 受け候弾創にて今朝, 受け偉人は多少, 受け側医者の格, 受け傍輩に羨まれ, 受け催促に會つて, 受け傳吉に添, 受け先づ安心した, 受け免状までも頂戴, 受け入道は志し, 受け入道休無となっ, 受け全盛するを, 受け全速力をもつ, 受け八方巻雲の剣法, 受け公儀御手當, 受け六〇〇〇フランを支出, 受け其儘クルクルと, 受け其功徳に依り, 受け具合を物理的, 受ける程, 受け内心狂うほどの, 受け内部は焼け, 受け三通讀致しました, 受け処刑されて, 受け出来ないように, 受け刀創を受け, 受け切死をする, 受け初めて多少物質上の, 受け初め重病室に入室, 受け判行ふアカイア, 受け到底実現し, 受け制裁を加, 受け前後を忘, 受け創作戯曲と称する, 受け劇場出入は三日間, 受け動智により, 受け動水中にある, 受けのもの, 受け十七八歳の頃, 受け十七年の間相摸國御殿場村, 受け十二日正午から軍研反対, 受け十二時四十五分終了もちろん全身麻酔, 受け十八日の間, 受け十六歳で早く, 受け十字架につけられ, 受け十年来の自説, 受け十文字の鎗, 受け十月には相州小田原, 受け十秒以内くらいに写真, 受け午前に限っ, 受け午後五時半リヨンに着す, 受け半年もかかっ, 受け半年足らず原隊で人殺し, 受け博学多識, 受け博學多識, 受け印綬を賜わった, 受け却つて心あるもの, 受け厭世思想をいだき, 受け参上したという, 受け又は繼承した, 受け友らは慰められ, 受け友情の代り, 受け反対の場合, 受け収入の全額, 受け収入減少したため, 受け口移しに水, 受けのこと, 受け合つたそして心から, 受け合つた經驗もあり, 受け合ひもこの有, 受け合格した, 受け吉備眞備は正, 受け同地の守兵, 受け同氏から民藝館, 受け同町四の五三代書業吉田只次, 受け譽まで, 受け否応なしに処刑され, 受け和主を今宵, 受け和歌の道, 受け和歌点茶有職故実の類いも, 受け唇黒ダイヤのよう, 受け黙って, 受けに遇うた, 受け喉頭結核と判明, 受けに王室, 受け国民の義務, 受けは義元, 受け地獄を経歴, 受け坂下まで猟師, 受けを退出, 受け城壁のよう, 受け報道の範囲, 受けまでまるで, 受け塩詰にした, 受けだから, 受け夕方帰路につきました, 受けには家庭, 受け外套と帽子, 受け夜分は不用心, 受けで見る, 受け大切に内, 受け大型機の速度増加, 受け大島小學校, 受け大村喜前は逸早く, 受け大正の資本主義時代, 受け大正十年三月下旬から同年七月上旬, 受け大海の中, 受け大藏少輔, 受け大谷は煙草, 受けの, 受け天朝の尊, 受け天照大神を生み給い, 受け天竺国大雷音寺に大乗三蔵, 受け夫人は母, 受け奇蹟を行, 受け奏上したこと, 受け契りの程, 受けと共に他, 受け女子音楽隊を設ける, 受け女給のヘヤ・ピン, 受け如何なる契約によるにも, 受け婚約のある, 受け婦妻の遠征, 受け嬰児を抱いた, 受け反は, 受け子供ごころにその, 受け孝行息子かせぐ夫, 受け学問をする, 受け学年試験もそのまま, 受け学校を去っ, 受け孫たちをつれ, 受け宇野浩二氏の批評, 受け宗像探偵事務所の木島助手変死, 受け宝石を取り出す, 受け室内の光景, 受け室津明石兵庫に寄っ, 受け宮中に入り, 受けへとん, 受け家名断絶などとなっ, 受け家名斷絶などとなつて, 受け家庭の団欒, 受け家康と親しく, 受け家族や友人, 受け家業をやる, 受け家財一切を没収, 受け寂照という青道心, 受け寄宿舎では監督, 受け富者は経, 受け寧ろ少からぬ, 受け対談の時, 受け小型の仮綴, 受け小西屋へ行きし, 受けずつ啜り, 受け少女期を過ごした, 受けからざる裨益, 受け山城守の招請状, 受け岩角によりかかり, 受け岩魚や熊, 受け左右の隣家, 受け左様なこと, 受け巴里王室控訴院に上訴, 受け市長金庫の立会開扉, 受けの口伝, 受け師弟の関係, 受け師父として敬った, 受け師範学校において教育家, 受け帰朝後も暫く, 受け帰郷せんと, 受けをしらべ, 受け常にこれを, 受け幕府からこの, 受け幕府天文方の総帥, 受け平次が預つ, 受け若くし, 受けに一家, 受け幸い合格は, 受け幾度の変化, 受け幾百年幾千年の逆戻り, 受け広場の真ん中, 受け広大な領分, 受け府関査察のいる, 受け度々検事に, 受け度いなどとは以ての外, 受け廃人となつ, 受けに従ってすーっ, 受け弾薬糧食を空中, 受け裁判所へ, 受け当代の宗教, 受け彼女の血, 受け彼自身の作文, 受け後事を託された, 受け後半の受ける, 受けかに吸いおわり, 受け徐に開いて, 受け徒に生まれ徒に, 受け従ってまた著しく, 受け御岳山中へ分け行った, 受けにもない, 受け心身ともに疲労困憊, 受け必ずいくぶんか誇張, 受け応接するに, 受け快活で自由, 受けれて, 受け思案に餘つて, 受け性質も聊か, 受け恐らくたのむ男, 受け恨みを呑む, 受けに感じ, 受けなくし, 受け悪いものは, 受け悪因は悪報, 受け惰弱な, 受け意これを精, 受け意外なこと, 受け意思の主宰, 受け意識的にその, 受け愛し愛さるる良人, 受け感興を与へられ, 受け慈覚以来の古, 受け憲兵隊に挙げられた, 受け憲宗の時西暦八百五年, 受け我々は午後九時, 受け我国ではこの, 受け戒名がつけられた, 受け或はまた社会の, 受け戦況不利になった, 受け所謂通俗小説と紅毛人, 受け手術に立会い, 受け手首から切断, 受け技師が設計費, 受け辯の, 受け折ふし其船が貿易港, 受け損つたと云, 受け損失を蒙る, 受け摩尼珠および諸, 受けに永定陵, 受けへられ, 受け支度をし, 受け收むべし, 受け故郷を出た, 受け敗者即ち最後, 受け教えを聴こう, 受け教導を受ける, 受け数多の分派, 受け数日は休養, 受けと恋, 受け文字は幾分, 受け文章徳業天下の仰望, 受け斯くして, 受けらしい機運, 受け新聞などへ書かれる, 受け新興日本の基礎, 受け既に危いところを, 受けが暮れたら, 受け日ごろ父の, 受け日吉の神馬, 受け日本人の心, 受け日比谷の神明, 受け日限を定め, 受け日頃の狂疾, 受け旧幕時代以上の威福, 受け早速その準備, 受け昆虫館を探しあてよう, 受け明日は役人, 受け明朝払暁マノノへ向け, 受け昨夜の雪, 受けとすれ, 受け時々にんにくを, 受け時に死罪に, 受け時代の波, 受け晩年富士山下に隠棲, 受け晴政と名, 受け暗い学問を, 受け暗雲が垂れ, 受け暫らくオデッサあたりに転地, 受け暹羅はその, 受け書斎の高い, 受け書面を貰う, 受け最もよく神を, 受け最高最上の人文神, 受け有難く存じて, 受け服從を期待, 受け朝子は非常, 受け本人の写真, 受け本位の芸術, 受け村岡軍司令官斎藤参謀長水町袈裟六独立守備隊司令官らも相つい, 受けの窓, 受け東京へ送られ, 受け東人と成りおわりたる, 受け松本良順なんていう, 受けの中, 受け柴山をみつめ, 受け根本より木末, 受け格別の御, 受け案内者は白衣, 受け森林の中, 受け検査官一名及び同僚巡査一名, 受けを湧かし, 受け極貧から生ずる, 受け榊原氏の藩邸, 受けを變, 受けして, 受けで異様, 受け次いで上海から, 受け欧州主義を通して来た, 受け正式の馬術, 受け正教の駕, 受けの本, 受け此奴を成敗, 受け此根岸の寮, 受け武士の面目, 受け歸郷せんとするなり, 受けの苦悶, 受け死刑を宣告, 受け殉教者として死, 受けに敬服, 受け残念ながら羨ましく, 受け毎晩細君に腰, 受けを失っ, 受け気持がよかっ, 受け氣位高くゐられた, 受け水戸邸に調進, 受け水責梯子責の拷問, 受け汝ら先往きて, 受け江戸の風物, 受け江戸両国橋で小熊, 受け治療を受ける, 受け法号を賜る, 受け法悦に浸り, 受け法華宗の寺院, 受けにおくられる, 受けがし, 受けは静か, 受け浪花節は予定, 受け消費者に対しては生産物, 受けを流し, 受け添寝をし, 受けしい目, 受け渡世のたずき, 受け渾身の熱く, 受け演習に参加, 受けの印綬, 受け潰瘍を作る, 受け火葬いたし骨, 受け災難を蒙り, 受け無視されること, 受けらざる, 受け熱心な信者, 受け熱烈な皇室中心主義者, 受けきたる咽, 受け爆死でもした, 受け爾来九十郎諸国を, 受け頬に, 受けの中, 受け特に樹木の, 受け特別の使命, 受け猛獣的に強く, 受けに囚われ, 受け玄蕃はドン, 受け王子の乳母, 受け現代文学の思潮, 受け理論化学を専攻, 受け甚だしい神経質と, 受け甚だしきは祠官, 受け生死無量なること, 受け田原坂攻撃の策戦, 受け田畠を荒す, 受け甲源一刀流では使い手, 受け男女同権と題し, 受け男子と同等, 受け留むる刹那股を開け, 受け當分は毎日, 受け當初はさ, 受け當然退屈して, 受け白紙に包んだ, 受け盛岡へ下向, 受けの中, 受け直ぐ牢に, 受け當の, 受け相当の見識, 受け相摸國御殿場村百姓條七世話に相成, 受けの看護婦, 受け真中に荷重, 受け真綿にくるみ白木, 受けの前, 受け瞬間止まったよう, 受け知識は変らぬ, 受け知識階級がさう, 受け短い詩ばかり, 受けにて撃, 受け石三つくらゐ盥形, 受け石村商事を開い, 受け砲身が曲, 受け硝子の破片創, 受け祈祷卜筮などをもっ, 受け祖先の勤功, 受け禅定に遊ぶ, 受け秀吉の命, 受け私一人しか合格, 受けには産婆, 受け種々大なる災い, 受け竜一たちを遊び仲間, 受けの簀子, 受け一次の, 受け筑前は多血質, 受け筑前山門の城主田中吉政, 受け精これを神, 受け精神病院の施療室, 受け糞尿汲取事業を開始, 受け紋也はしだいに, 受け紋太夫は元気, 受け粹の, 受けを披, 受け素樸勇悍の風, 受け紫縮緬の夜具, 受け終戦の年, 受け終生陽の, 受け終身禁錮の苦刑中, 受け組織が熱変化, 受け結局は南海, 受け結局離婚といふこと, 受け絨毯のうえ, 受け絶対に喝采, 受け維新前国禁, 受け総督の称号, 受け緒方洪庵青木周弼と名, 受け繼いだが, 受け繼ぐ岩下先生の手, 受け繼げます, 受けかしさ, 受け二十二日に, 受け翌年入府した, 受け翌朝は先ず, 受けの目, 受け老人らしく眩し, 受け聖人でも夢, 受けのまわり, 受けをナイフ, 受け臨時汽車にてロンドン, 受け自己の民族内, 受け自由人の一夫多妻, 受けに挽かれる, 受けふるに, 受け船底にかき込まるる, 受け芝居最中ズボンがスル, 受け花やかなみ, 受け花田中尉のもと, 受け苗葉忽ち枯れ損じた, 受け苛酷な無, 受け英軍は本国, 受け茶味以外の味, 受け莚敷きのゆかの上, 受け蒲団にくるまった, 受け蓄電池製作を開始, 受け薫陶を受けた, 受けを貰う, 受け藩中並ぶ者, 受け蝦夷移住を命ぜられた, 受け血潮のため, 受け行手が小暗く, 受け袈裟をたもちたい, 受け裁判も受けなく, 受け西園寺家と相談, 受け西洋風の遠近法, 受け要塞の構築, 受け見舞いにやって来ました, 受け親切の代り, 受け親子の間柄, 受けひ解きやう, 受け言葉が間々, 受け詩人としてはロマンティック運動, 受け誤謬を訂正, 受け読み書きさえも教えられなかった, 受け読者も笠井さん, 受け諸方の人々, 受け警固や雑役, 受け警視庁に収容, 受け譬えば大樹の, 受け象山軍議官を以て軍, 受け貧しい人も, 受け貨幣を与える, 受けに何, 受けに参った, 受け赤銅色に燃え立っ, 受け足掛け十八年ばかり支那, 受け跡職を得取らずし, 受け躑躅の花, 受けを屈め, 受けを足, 受け輿論によってもそれ, 受け辛うじて敵を, 受け近代人らしい知性, 受け退去命令を発せられ, 受け退院すると, 受け進退まったく谷まった, 受け遊ばしたことわずか, 受け遊芸を事, 受け邪劇大当りだ, 受けへ通知, 受け郷土における最後, 受け都市生活の片鱗, 受け重蔵も千浪, 受け重要な個所, 受け重要記録の書寫, 受けを巻い, 受け金印を賜わった, 受け金錢財物を得る, 受けじて, 受け長い間話し合った, 受け長保四年愈々出発渡宋, 受け長春の近状, 受け関所の引き渡し, 受け附け方を, 受け附近にいた, 受け陪審員たるを承諾, 受け随分元気に, 受けがあれ, 受け難かった, 受け霊界との交渉, 受けに枯れ, 受け青年團の行動, 受け青空に浮いた, 受け非難されました, 受け音楽および音楽数育, 受けに当った, 受け頽雪の状態, 受けに捧げ, 受けひつくやう, 受け食堂もしばらく, 受け養母殺しの罪人, 受け餘儀なく靜止, 受け首尾よく牢, 受け香炉のよう, 受けの楼上, 受け駕籠が一丁, 受け驚異を感じ, 受け高慢の鼻挫, 受けをおどろ, 受けを空想, 受け魚肉の厄, 受け麻雀が若者, 受け黒くよごれた布片, 受け鼎石という字