青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「喜び~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

問題~ 善~ 善い~ 善く~ 善良~ ~喉 喉~ 喋~ 喜~ ~喜び
喜び~
~喜ん 喜ん~ ~喧嘩 喧嘩~ 喫~ 喬~ 單~ ~喰 喰~ 嘗て~

「喜び~」 3825, 41ppm, 2808位

▼ 喜び~ (627, 16.4%)

21 感じた, 感じて 19 もって 8 して 6 した, 感じたの, 感じること 5 感ずること, 皆し 4 与えて, 感じながら, 感じました, 感じる, 述べた, 顔に

3 [14件] おぼえた, しました, 与える, 味わうこと, 味わった, 得るもの, 感じたこと, 感じるの, 抱いて, 持って, 水の泡に, 見出した, 運んで, 頒つ

2 [38件] すると, のべて, わかつため, 与えた, 与えたの, 与えなかった, 与えるもの, 与へ, 人に, 他人に, 何時迄も, 彼女は, 復活させる, 忘れて, 感じなければ, 感ずる, 感ずると共に, 感ずるには, 感ずるの, 感ずるよう, 感ぜざるを, 持つよう, 現わす, 申しに, 知つたのは, 知らないから, 知る, 知ること, 示して, 私に, 表したらよい, 表は, 見せつけて, 見て, 見出して, 覚えた, 語るの, 隠すこと

1 [388件] あかずくり返し, あたえるもの, あまり激しく, あらわした, ありったけ示し, いだいて, いだきながら, えしや, おさえること, おたがいにぶっつけあっ, おぼえて, お与え下さる, お見せ, かくさうとも, かくすこと, かんじた, かんじるので, この本, こめたおどろきだった, さかんに, させて, させるの, さへ, さらに誇張, したこと, しただけに, した幼い, してる自分, しながら, しましたが, しますよ, しみじみと, じっと押し殺し, すべて押し流し, する, するけれども, するところ, するの, そうたやすく, そこなって, そのまま素直, たたえて, ただもう, ただよわせて, だれとともに, つづけて, できるだけ強烈, ともなうもの, どうする, どっとふりまい, ながめて, なし下向, なすって, のべ, はじめて知った, ば神を, ひとりでに思い出し, ひみつに, ふいと, ぶちまけた, まつの, みせて, むき出しに, むさぼるよう, もたせると, もたない大, もたなかった, もたなくては, もたらさんこと, もたらしたの, もたらすもの, もってすら, もってるジャヌカン的, もつ, もてこれ, もて追放その他行末, もはや味わう, よく知っ, よそに, わかちあうの, わかちあおうと, わかちたく思った, わかち合いたいの, わかつ笑顔, わきたたせつつ, わたしらに, 一人で, 一身に, 下界に, 与えられた, 与えられた私, 与えるべき別, 与えるよう, 与え得る人, 与へて, 与へる, 与へること, 主として表し, 主張します, 乱さぬよう, 予想した, 予期し, 云ふ, 互ひ, 享ける, 人は, 人足たちに, 今では, 伝えようと, 伝えんが, 伴うもの, 伴った幸福感, 伴わぬ善, 倶に, 催さして, 傳へる, 僕は, 光に, 全身に, 共にし, 再びかの, 分かたないの, 分かつべきある, 分けて, 分け与えねば, 分け持つこと, 分ちかつ, 分ちたかった, 分ち合って, 分ち給う, 別ちたい, 刺激し, 加へ, 包み切れずに, 友に, 取り戻し自分, 受けいれられる人生, 句に, 合わするとも, 同じくしました, 君は, 吾, 告ぐ, 告さんため神棚に, 味った, 味つ, 味つてゐた, 味ふ, 味わう折, 味わせ建設の, 味わったのち, 味わって, 味わわせて, 味わわない, 喜びと, 喜び彼, 喜ぶまで, 基調として, 報告しよう, 増して, 声に, 大きくし, 大きくする, 失うて, 失つてゐた, 失わぬという, 奔放ならしめ, 奪うであろう, 奪ふであらう, 学の, 寓する, 察したもの, 察するごとく自分, 封ずる佛, 封ぜられた, 少しも, 尻目に, 尽す, 巧みに, 幾度か, 強いて, 得たこと, 得たもの, 得るとき, 得んと, 御察し, 心に, 心の, 忘れること, 思い出して, 思うと, 思えば, 想うとき, 意味する, 意識し, 愛する者, 愛そうと, 感じさ, 感じさえ, 感じさせた, 感じそれ, 感じたので, 感じたよ, 感じた位, 感じた様子, 感じた瞬間, 感じつつ, 感じては, 感じないでも, 感じないのみか, 感じないわけ, 感じない人, 感じなかった, 感じなかったであろう, 感じながらも, 感じます, 感じますからねえ, 感じられなくなる, 感じるけれども, 感じるであろうが, 感じるでしょう, 感じるに, 感じるよ, 感じるらしい, 感じる前, 感じ心臓, 感じ自分, 感ずるであろう, 感ずると, 感ずるという, 感ずるなんて, 感ずるに, 感ずるもの, 感ずるよりも, 感ずる心持, 感ずる生活, 感ずる私, 感ぜしめた, 感ぜしめて, 感ぜずには, 憂う, 投げて, 披露したい, 押えつけた様, 押し殺そうと, 持ちつつ, 持つこと, 持つて, 持とうと, 捧げたいあなた, 授けたまわらんこと, 教えて, 教え計測, 教師達に, 整理し, 文学に, 明らかに, 有ち得た, 有り餘, 楽しむお前自身, 楽しむ俺自身, 歌うたもの, 歌うよう, 歌う訳, 歌って, 歓ぶ, 死の, 殺いで, 求めて, 求めること, 求める力, 求める少年, 求める要, 沁, 浮かべ震える両, 深くするだらう, 深く感じた, 清き霊的, 満ちわたらせ太陽, 満足させた, 満面に, 溢れさせて, 滅ぼして, 漲らせて, 漲らせる, 無理に, 現は, 現わ, 甘く感じた, 生じたです, 用意し, 申しあげます, 申し出たという, 申し述べて, 男らしい様子, 痛切に, 皆した, 益々大きな, 眼ざまさせる, 眼に, 瞳の, 知った, 知ったと, 知って, 知つてゐる, 知らない, 知らなかった, 知らなくなる虞, 知りそして, 知り得ないやう, 知るとともに, 知るに, 示し, 禁じたり, 禁じられなかったの, 禁じ得ない者, 空想した, 節せよだと, 節せよと, 結びつけて, 經驗し得る, 經驗する, 胸一杯に, 自分で, 自分の, 自覺, 與へられ, 與へるであらう, 衝昂げて, 表わした, 表わして, 表わす兆候, 表わす和歌, 裏切られたが, 裏切られた憎らし, 見せたので, 見せて, 見たい為, 見てる魂, 見んと, 見出さなかった, 見出さなくなる, 見出したの, 見出してるかの, 見出すこと, 覚えて, 覚えないわけ, 覚えながら, 覚えるの, 覚え懐中, 言ったの, 言上した, 言葉に, 詠う時, 誇つて, 語ったり, 語って, 読者と, 読者に, 談じ, 貫いて, 赤の, 跡片も, 迎える, 述ぶ, 述べた後, 述べて, 述べると, 述べるの, 述べるやう, 述べ又, 述べ立ててる間, 遺されたもの, 郷里へ, 除いたなら他, 際だたせるため, 隠さなかった, 隠しつつ, 隠し切れないといった, 雨に, 露骨に, 頒ち, 頒った, 額に, 顏一面に, 飾って, 黄昏の, 鼓吹する

▼ 喜び~ (447, 11.7%)

34 声を 20 色が 16 ために 12 色を 6 情を 5 うちに, 中に, 叫びを, 念を, 情が 4 ための, 不安から, 情に, 涙を, 色に, 表情を 3 ふりし, 余りに, 声が, 日を

2 [17件] あまり, ほうが, もつ特殊, ような, 上に, 始めまた, 方が, 時が, 有頂天に, 歌, 涙に, 涙は, 琴は, 聲を, 色は, 表情が, 顔色を

1 [264件] あまりお, あまりき, あまりすぐ, あまりだきついた, あまりにです, あまりにとび起き, あまりに同病相憐ん, あまり互に, あまり今にも, あまり佐々の, あまり張氏の, あまり後の, あまり愕然と, あまり放火犯人の, あまり正勝の, あまり気違いの, あまり燃え, あまり脳溢血を, あまり近頃, あまり部屋じゅうを, あまり鍛冶屋の, あまり震え声で, あまり鼻と, あまり鼻の, あらしが, あること, あるもの, ある所, いよ, いろを, いろ見え, おりにも, お酒, くせに, ことと, ことを, こもった女声高音, こもって, ごあいさつ, さなかに, しるしを, すべてだった, たけを, ため, ためか, ためだ, ためであろう, ためな, ためにしか, ためにと, ためにばかり, つよさ, ないこと, ないもの, ない笑い, ない過度, なかで, ひらめきがジャン, ほえ声, ほかに, ほどは, やうに, 一つで, 一つです, 下に, 不斷, 世にて, 中では, 中には, 似るもの, 余りか, 余りすぐ, 余りである, 余りに大声, 余りに思わず, 余りひどく, 余り俺に, 余り口を, 余り大急ぎで, 余り夫人コジマの, 余り眼に, 余り眼を, 余り短歌十首を, 余り老若七十余人華を, 余り自分の, 余り針金の, 余り音を, 余り飛ん, 使ひだ, 便りを, 光, 光が, 光であり, 光りが, 光景を, 前に, 前には, 勝利が, 勝利汝に, 半分は, 原因を, 反映を, 叫びが, 叫びとを, 叫びや, 叫び声, 叫び声を, 叫を, 叫声を, 呼声を, 唄を, 喚き声, 囁きの, 因と, 基を, 増すによりて, 増すを, 声であった, 声と, 声に, 声もろとも, 多い春, 夜曲を, 大半では, 大半は, 大安心, 大聲, 太陽を, 太鼓の, 奥に, 如くに, 姿で, 宴を以て, 巣は, 席には, 常でない, 幾分とを, 広い分野, 影が, 影は, 影を, 御文, 御様子, 御返事が, 微笑が, 心に, 心の, 念で, 念と, 念に, 恐ろしい叫び, 悲鳴を, 情より, 情をも, 感に, 感動とは, 感情が, 感情と, 態度と, 戦きを, 戦慄を, 手紙を, 日である, 日も, 明るい色, 時には, 曲をと, 最中に, 有様が, 期待に, 極点に, 様に, 様子を, 歌か, 歌が, 歌を, 歌声である, 歌曲, 歌朝の, 気を, 気持が, 氣持ちに, 泉と, 泉よ, 波立つ音, 流観は, 海に, 涙でない, 涙でも, 涙な, 深きとき, 渦の, 源の, 源を, 為めに, 爪を, 爲, 爲にかの, 爲めに, 狼狽であった, 産物であり, 発揚を, 皺を, 盃を, 眼つきを, 眼に, 短さ, 神, 祠と, 福音を, 禮状の, 秋が, 移り映じ, 程度は, 章が, 笑いこれも, 笑いで, 緊張と, 美しくて, 腕を, 舞と, 色ある, 色か, 色さえ, 色さへ, 色とが, 色輝やき, 花に, 芽を, 萌しの, 表情, 表情であった, 表情に, 表現を, 装いを, 裏に, 裡に, 親子, 言葉を, 記念に, 記念行事中校友會員は, 話や, 調べもてうたう, 調べを, 調子と, 調子は, 譽悲しみの, 身振りも, 輝いたの, 輝きに, 近づいて, 返事が, 酒酌み交し居りし, 閃くを, 間隙から, 電氣を, 音ずれだろう, 頌歌を, 頒歌で, 顔を, 餘り, 驚きよりも, 體驗と, 鬨の声を

▼ 喜び~ (433, 11.3%)

19 なって 10 胸を 7 なった 6 輝いた 5 なりました 4 なるかも, なること, 夢中に, 浸って, 溢れて, 輝いて, 顔を 3 あふれて, して, みちて, 喜んで, 堪えない, 興奮し, 身を, 駆られて

2 [22件] なります, なるか, なるから, なるであろう, なるよう, なるわ, なる事, ひたって, みちた手紙, 体が, 先祖の, 喜びました, 堪へない次第, 心を, 打負ける, 気が, 気を, 満ちて, 溢れたる人, 滿ちた, 送りの, 骨まで

1 [290件] あがった歓声, あつた, あひたい, あふれてる中, あふれるとき, いざ取らん, いそ, いそいそと, いそいそとして, おどり上がった, おどり上がる者, おどり上りました, おろおろと, お喜び, お歳暮, お鈴, かがやいた, かがやいて, かがやきだしたばかりか, かきむしられて, きつと, きらめいて, くすぐられたこと, けり, ございます, したロマンチック, しなければ, しばらく身内, しろ他人, すすり泣きたくて, すっかり興奮, その辺, ぞくぞくし, たえきれなくて, たえない, たえないよう, たえません, たえませんこと, つぐ, つけ悲しみ, つけ憂き, とけそう, とりのぼせて, どうきり, なったか, なったかね, なったそう, なったよう, なった御, なってね, ならないこと, ならないもの, ならないよう, ならぬわい, なり, なりいそいそ, なりこの, なりすぐ, なりそして, なりその, なりまして, なりますか, なりますこと, なりますほど, なりますわ, なります妙, なり一同, なり人, なり八, なり易い, なるだろうし, なるでございましょうなど, なるでしょうから, なるでせうよ, なるで御座いましょう, なると, なるといふ, なるならわたし, なるに, なるには, なるの, なるので, なる傾向, なる宮, なる気遣い, なれば, なれるわけ, はっきりと, ひたされた, ひたった, ひたったの, ひたる, ふけるとは, ふるえた, ふるえて, ふるえながら, ふるえる手, ふるへました, ほかならないのに, まさること, また自身, みたされて, みち, みちたやう, みちた研究心, みちみちて, むかつて, もえさせたに, もえて, ゆがんだよう, よく肥った, よく通じ, よみて送りし, よろこび且つ, 一そう強められた, 与るを, 乏しく流露, 乗じながら, 交じって, 伴ふ, 似た喜び, 似た気持, 似て, 住みたくは, 候顧れ, 充ち, 充ちて, 充ち溢れた千鶴子, 充ち溢れて, 入りしこと, 共に心, 出て, 出逢, 到達させ, 加は, 劣らず貴い, 勝るとも, 勝利の, 包まれた, 千鶴子は, 却ってそわそわと, 取逆上, 古き新しきの, 叫んで, 同感した, 君も, 呆然と, 咽びながら, 喜こびまし, 喜びながら, 喜んだ, 堪えず, 堪えずそ, 堪えず爾後生涯, 堪えないかの, 堪えないといった, 堪えないよう, 堪えない暗示, 堪えぬ, 堪えぬところ, 堪へず直に, 堪へられなかつたの, 壓倒され, 声を, 変った, 変った刹那, 変わって, 夢中の, 大急ぎに, 導く, 導くよう, 少しボーツ, 幼年組は, 張られた祝宴, 彼の, 彼は, 御座候, 心の, 恵まれて, 慄え, 慰んで, 我を, 戦いた, 手を, 打たれた, 打たれました, 打たれるらしい声, 接し得られたよ, 故郷に, 敷居の, 於て, 於てか, 會する, 染まって, 死んでも, 比べては, 沸きかえりました, 浮かれて, 浸された, 浸されながら, 浸りつつ, 浸りました, 浸り欺かれた幻覚, 浸る, 深く子細, 湧き立った, 満され, 満たされて, 満たされながら, 満ちたあの, 満ちた眼, 満ちてること, 満ち小川, 満ち溢れた身体, 満ち足らったふう, 満悦し, 源氏は, 溢る, 溢れた器量一杯, 溢れた威勢, 溢れた顔, 煌煌と, 熱狂した, 燃えた, 燃えて, 燃えるの, 物の, 狂わんばかり, 玉太郎は, 生きて, 疲れて, 盈ち溢れつつ, 目を, 相当するらしい, 相違なかっ, 眉毛を, 瞬間棒立ちに, 笑み崩しながら, 終わって, 継ぐ, 耐えられないもの, 耽って, 肌に, 育まれて, 胸ひらく, 苛立って, 落ちつくこと, 行くと, 解け愛, 触れたこと, 變り, 豊かな, 赴いても, 踊りつ, 躍って, 躍ってるよう, 躍り上がって, 躍り立って, 躍る心, 身が, 身も, 身体中の, 転ずるの, 輕る, 輝きつ, 輝きコゼット, 輝き出した反, 輝くの, 通じるところ, 遇ふ, 過ぎなかったの, 過ぎなかったらしい, 達したの, 酔いしれ, 酔うて, 酔ったよう, 酔った蟋蟀, 酔ひ痴れ, 酔わずに, 醉つて彼は, 陶酔しなけれ, 震えて, 震えながら, 震へる手, 震わしつつ, 震撼するだらう, 面を, 顫え, 飛び上がって, 駆られながら

▼ 喜び~ (260, 6.8%)

9 非常な 5 何に 4 申すまでも, 過去生に 3 たとえよう, ない, 大きかった, 少しも

2 [23件] ありません, あるとき, これに, そのとき, それに, どんなだったでしょう, どんなでしたろう, ないと, なかった, また一層, また格別, ドンナでしたろう, 一通りで, 南の, 大きい, 大したもの, 如何ばかり, 恋を, 感傷的に, 私の, 終わりを, 譬えようも, 長くは

1 [180件] あたし自身の, あっても, あり我, あるおそろしい, いうまでも, いかばかりであろう, いずれも, およそ十五分間, かれを, けっして尽きない, ことごとくあまりに早い, これで, こんなふう, ございませんという, しない, しないぞ, しなかったが, しなかったろう, しなかつたが, しましたが, じかに彼, じっと自分ひとり, すべて害された, すべて消え, そのため, それが, それだけ, それの, それを, ただそれ, たちまち一変, たとへ, だから一通り, つまらぬと, どうです, どうなる, どのくらい, どのやう, どんなだったろう, どんなだろう, どんなでしょう, どんなに大きかっ, ないで, ないという, ないもの, なかつた, なくすべて, なくなって, なく何, なく痛い痛い, なけれど, ひとり農民のみ, ほとんど不相応, ほとんど子供, ほとんど抑えきれぬ, またその, また更生, みな偽りでしか, むしろオリヴィエ, もうこの, もちろん姫, もとより私, もはや消え, やがて市価, りっぱな, われわれの, アルキメデスの, 一層大きかっ, 一方では, 一方ならず, 一通りでなかった, 万歳なる, 世の中に, 世界に, 云ふも, 人間の, 他に, 仲, 何だらう, 何だろう, 何と, 何ともいえなかった, 何にも, 何のくらい, 何ん, 何んな, 倍に, 偏に開祖, 光と, 勿論であった, 勿論梶, 卑しいもの, 卒業以上の, 又ドンナ, 口にも, 吾, 吾れ, 味え, 味わえないと, 喜んだが, 喩うる, 喩へる, 四折判ゴシック字体の, 増すべけれと, 夕暮と共に, 大きいと, 大小の, 大變, 如何ばかりぞ, 娘の, 実に非常, 客として, 害されるの, 察する, 影に, 彼女を, 忘れられぬ, 恋愛才能行為など, 悲しみと, 感じない, 感じられず醜, 憂ひ極, 我を, 抑えきれない, 文字通り筆紙に, 既に溢, 日の, 暫くの, 更に大きかっ, 月世界の, 有頂天です, 来たかと, 極みない, 次郎にとって, 殊の, 母が, 汝自らの, 決して一人, 決して影, 決して表現, 法外でした, 泡沫の, 消え失せて, 深かった, 煙の, 物質的に, 特別でした, 現在を, 病気が, 直ぐ苦笑, 眼に, 短い, 短かく, 私たちの, 私に, 競争性自体の, 筆者ばかり, 考えるさえ, 聖徒の, 聖母マリアが, 肉體に, 自分の, 自由の, 若いうち, 覚えたの, 親に, 觀ずるもの, 言ふまで, 試験を, 誘惑の, 誰と, 誰の, 途端に, 過去生に対する, 都会の, 重るわけ, 銭の, 隠して, 非常であった, 高らかに

▼ 喜び~ (255, 6.7%)

6 あつた 5 それを 4 私を 3 帰って

2 [13件] すぐに, そしてたぶん, 一ぱいだった, 一杯でした, 夢中に, 天下一品価値万金なんどと, 帰りました, 目を, 私の, 胸が, 草鞋を, 迎えて, 迎えました

1 [211件] あの空地, あらねば, あれは, いきなり中, いきなり筆, いると, おうち, お家へ, お手紙, お河童の, お父さんや, お礼を, お祭の, お茶の, かあさんを, けたたましく笑い, この冬, この山, この白犬, この計画, これらの, これを, さうし, さっそくヴァン・ダイン, さっそく大, さっそく細君携帯, すぐにも, すべてが, そこへ, そのお, そのまま呉服橋劇場, そのスプレー, そのページ, その二階, その山, その晩, その申し出, その空地, その馬車, その鶏, そんな受取証, ただちに坑外, ただ今いっぱいでございます, てんでん, では, とびつく, どうも有難い, どんどん兎, なぞって, なにか眼, ね, はしゃぎまわり私, はしやぎ柵の, ばあやも, ふくらんで, ふるえたの, ぼんやりと, また新しい, まだ葉子, みんなに, もうこれ, もはや谷中派, ジェイ, タオルや, ノサバリまわっ, 一にも, 一ぱいだつたと言つた, 一ぱいに, 一層光らせ, 一彦の, 一杯だった, 一返, 七倍に, 七百萬兩掛けた, 三粒の, 下へも, 中を, 久方振りの, 今日から, 伯良が, 何が, 何べんその, 使って, 俥を, 先生の, 其禮に, 写真を, 出かけて, 劇場に, 勝負つけよ, 取囲んで, 取引き, 受けますでござんす, 受け取ろうと, 受取りながら, 四辺の, 固く包みまし, 夕日までが, 天狗の, 婿も, 嬉しそう, 家へ, 寄波の, 小川の, 少年と, 居残って, 希望に, 希望にか, 帰つ, 帰る時, 幕合には, 平素より, 幸い客, 引越した, 当家に, 役を, 彼奴が, 御前を, 御酒は, 恋を, 悉く呑, 悪侍, 我を, 戸を, 承諾し, 抱へ, 招かれない四, 拾つてね, 探偵を, 接して, 散々食べ, 新田先生を, 早速その, 早速人工霜, 早速出入り, 早速婚禮, 早速承知, 是から, 是非とも, 最う恨み, 有頂天に, 朝飯を, 本懐の, 東国へ, 松倉さんは, 松年塾へ, 松明片手に, 歓迎しただろう, 正時に, 毎日毎, 気羞しい, 汗を, 泳ぎ出した, 満足し, 準備の, 澤山染め, 無茶先生の, 獨逸語の, 玉太郎の, 番所へ, 皮を, 盗人は, 直ぐに, 眼を, 私が, 種子姉は, 立上った, 篭へ, 粥へ, 約束した, 縛つて行きました, 翁を, 翌朝早く, 習いますとも, 老婆について, 脈搏が, 腰を, 腸詰に, 自分は, 自分も, 興奮し, 草ブドウを, 虎鬚を, 言った, 豆の, 賛成しました, 走って, 赴任した, 跳びたちました, 車で, 迎へて, 退院した, 逃げて, 連れだった, 連れて, 遊びはじめました, 遊んで, 過去の, 都の, 門の, 霞の, 飛び廻って, 飛び起きベーゼ, 飛んで, 飛出しました, 飲みさわぎました, 飽かずあの, 馬場や, 駆けつけて, 鳴りやまないから, 鼠泣きするだろう

▼ 喜び~ (191, 5.0%)

7 して 6 悲しみと 5 する, するところ 4 なった 3 悲しみの, 悲しみを 2 いっては, なって, 悲しみとが, 悲しみとに, 感謝に, 感謝の, 誇りと, 驚きとは

1 [142件] あらゆる望み, いうには, いえば, いったらとても, いったらない, いらだちとの, お布施とは, これから友人ら, させるが, した, したかを, したもの, してるの, してる奴, しないわけ, しますしかし, し悲しみ, するもの, するよう, する善事, する喜び, する心持, する所, する邪悪, その恋, なし傲岸尊大, なりその, なりそれで, なり嘆き, なるあの, なるでは, なるの, なる運命, ひじょうな恐怖とが, ほほえみに, 一方では, 一種の, 一緒に, 不安と, 不安とから, 不安との, 不安に, 不安の, 不撓の, 丹精とで, 云うたら並み大抵, 云うもの, 云う所, 云ったよう, 云ふも, 五十歳であった, 人妻と, 光栄とを, 共鳴の, 初めて私, 力に, 勇気とを, 勇気の, 勇気は, 卒業式の, 同じである, 同時にはるか, 同時に大いなる, 名誉とを, 命との, 和ぎとを, 嘆賞と, 変りは, 大海に, 嬉しさ, 安心とを, 安心の, 安心は, 安心を, 富とを, 希望とを, 希望とを以て, 平和な, 当地市民の, 心強さ, 思いの, 思ひ比べたこと, 恐怖とで, 恐怖の, 悲しみ, 悲しみが, 悲しみとで, 悲しみとを, 悲み, 情熱の, 情緒とを, 愉快が, 愛と, 愛とが, 感じて, 感じなくては, 感激, 感謝とで, 感謝を, 懷し, 散る花, 暑さ, 朗らかな, 期待に, 本能の, 楽しみと, 機智に, 残惜しさ, 沈静とが, 淋しさ, 深いも, 深い苦痛, 満足が, 満足で, 満足とを, 満足の, 無上の, 無限の, 申したの, 祖父の, 美しさ, 考え趣味, 考へ, 胸の, 自分の, 興味を, 茫然自失した, 血潮との, 言えないまでも, 誇りが, 誇りとが, 誇りを, 豊満とは, 賑いに, 赤ちゃんの, 隠して, 騒ぎは, 驚きとが, 驚きとに, 驚きに, 驚愕が, 魂とを

▼ 喜び~ (163, 4.3%)

7 あった 4 ある, 溢れて 3 彼の 2 あつた, あふれて, あるの, これほどの, そこに, 悲しみの, 胸に, 許されて

1 [129件] あえかに, あって, あなたを, あなた方の, あまりに大きく, あらわれて, ありそう, ありましょう, あり忘, あり悲しみ, あり白い, あるから, あるその, あるでしょう, あるので, あるん, ある無, あればこそ, あろう, あろうと, いつまでも, おさ, おりから, かすかに, ここでは, このころ, こみ上げて, こもって, しっとりしみ出, すべて害され, その痛ましい, その老人, とみに勇気, どのよう, どんなであった, ないでも, なくた, なにより, はつきりと, ひとりでにわき出し, ひょっとしたら消え, まずすでに大きかっ, まだ消えず, みなぎって, ゆらぐ, わいた, カラ子を, スペインの, ハッと, ベアトリーチェの, 一切の, 一見報告の, 一首に, 世にあろう, 二日で, 云うに, 人の, 全部でした, 兵馬の, 出て, 出来たに, 力と, 加えられること, 勝って, 叫ばるるごとき強, 台なし, 圓朝の, 声やら, 大きかった, 大きければ, 強く私, 彼を, 彼等の, 得らるる, 復活された, 心に, 心の, 急に, 恥かしい, 想像される, 感じられるが, 感じられるの, 感ぜられた, 映つた, 是れ, 来る, 枯れないで, 沢庵の, 沸, 流れて, 浮んだ, 浮んだが, 浮んだこと, 浮んで, 海の, 減じたこと, 渦巻き立って, 湧いて, 湧きあがって, 漲りました, 父に, 現代にも, 現実に, 生まれて, 生れるの, 生命の, 男子にとっての, 痛みの, 皆の, 真佐子と, 神から, 絶望に, 美くし, 職業に, 腹の, 自分の, 舌に, 萌してるでは, 見境え, 訪れて, 身に, 辷り入るとき, 述べられ御所, 過ぎて, 野村の, 閃いた, 陰性の, 雲の, 響きました

▼ 喜び~ (137, 3.6%)

12 悲しみも 6 した 4 大きかった 3 なかった, 苦しみも 2 あるの, したが, して, し嘆き, せず, なければ, 何も, 悲み

1 [93件] あり何, あり得ないから, あり淋しい, ある, あるには, あれば, あろうが, これに, さること, したこと, しだいに快, しないで, しない事, しなかった, しなければ, しまた, し口, し安心, し悲しみ, するはず, すれば, せずかの, せずまた, せず云, その人, その通り, それに, つぎの, ともにわけ, どこへやら, ない病室, なかなかに, なく, なくぼんやり, なく大きな, なく悲しみ, なく杉茂登, なく生活, なく老人, なし, なにも, なんの, ぬか, ほとんど忘れぬ, また私, 一時の間で, 一通りで, 与へず苦労, 二倍に, 交って, 受けず生活, 喜怒哀楽の, 堯は, 大方消し, 安心も, 少い朝夕, 彼女に, 得為ず唖然たる, 心配も, 忘れたかの, 忘却した, 怒りも, 急に, 悩みも, 愛も, 感ぜず冷静, 憂ひも, 憎悪も, 抱かなかった, 早すぎる, 未来の, 束の間いまは, 束の間おう, 束の間たみは, 束の間で, 束の間であった, 束の間彼女は, 死も, 灰色に, 為や, 無くなっては, 発見出来た, 目当ても, 瞬間, 知らず達磨さん, 知らない生涯, 空しく京吉, 自分の, 著しかった, 記憶に, 述べた, 非常な, 飢渇も

▼ 喜び~ (87, 2.3%)

6 これを 2 アートレ, 閣下に

1 [77件] あとを, いくたび, いと堅き, いふを, おぼし立つ, お前さまも, かほどの, この上, これに, さて時, その姉石長比, その子女, その独子, ませと, またもやパイ一, もの珍しさ, もり育てんと, わが軍勢, わが魂, われらの, アイギス持てる, アカイア軍を, 一つの, 一間の, 之を, 人々の, 他国へ, 他日必ず, 共に河辺, 出迎, 又尊き, 友と, 君に, 寫し歸, 己が, 師に, 強将の, 彼の, 御子は, 御子をば, 徳を, 我が微弱, 戰勝及び, 手を, 折折に, 旧作の, 早々に, 曰く, 曰くこれ真, 曰くわが国都は, 曰くわれ聞く, 曰く一を, 歌ふ, 歌へる, 死するに, 片言交り, 疲勞の, 皇孫に, 皇室万福と, 直ちに咬まん, 直に我, 神恩を, 竊かに, 罵り喚く声, 耳假さむ, 自らわが, 自白せるなり, 船底より, 莫大の, 観る, 許ししなるべく, 語れる夜, 謂えらく, 路を, 迎ふるなら, 迎へ, 食する物

▼ 喜びながら~ (61, 1.6%)

1 [61件] あちこちと, いろいろと, お寺の, お湯の, この暑, じっと陽, その罌粟粒, それには, た, たがいに, ちょうどそこ, まず何, まろび出る, もちよ, ハーキュリーズは, 一々の, 一つ家に, 一両あれ, 不安でならなく思う, 両手で, 両手を, 二人は, 云うの, 互に抱き合う, 入って, 出かけて, 出て, 参上いたします, 命婦は, 問いました, 女房の, 子持ちす, 学校の, 宮の, 家へ, 宿を, 導師を, 後で雑巾がけ, 快活に, 手荷物を, 早く俊夫君, 昼食を, 汗を, 火の, 父の, 牛にも, 狂ふ, 玄関の, 目だたぬふう, 目を, 石子は, 私は, 考えるの, 自分は, 表面は, 言いました, 言った, 賑やかに, 軽くそれ, 飛んで, 駈け出して

▼ 喜び~ (54, 1.4%)

9 悲しみを 4 悲しみの 2 悲しみが, 悲しみに, 悲しみは, 悲しみや

1 [33件] うつたら, その底, 休息の, 力や, 友の, 合理的な, 失望やらが, 好奇心に, 嫉みの, 嬉しさ, 彼が, 彼ら自身の, 心に, 心配と, 悩みが, 悲しみすら, 悲しみそんな, 悲しみと, 悲しみに対して, 悲しみのみに, 悲しみ自分自身の, 悲哀が, 感動の, 楽しみやを, 法悦を, 淋しさ, 生甲斐の, 生甲斐を, 真の, 笑いが, 芸術の, 苦しみを, 苦痛や

▼ 喜び勇ん~ (33, 0.9%)

2 で村

1 [31件] で, でいる, でお家, ですぐ, でそう, でその, で一戦, で主君, で二階, で出かけた, で凾嶺, で嫁入, で家, で小田さん, で帰宅, で感動, で我が, で持参, で搦手, で支倉, で新, で最, で椅子, で毎晩, で煙管, で生き抜かなけれ, で紀伊国屋, で近江屋, で食いおわった, で駆け戻った, で駈けつけ

▼ 喜びそう~ (24, 0.6%)

5 なもの 2 なこと

1 [17件] して, だ, なこみいった事件, な一点, な冒険, な惣菜, な文句, な新しい, な有りふれたもの, な栞, な楽隊, な祝言, な美しい, な色, な話, な食べ物, もない

▼ 喜びとを~ (23, 0.6%)

3 感じた

1 [20件] もつて, 与えて, 予想し, 人に, 他所から, 同時に見せる, 失った時, 岡に, 彼に, 心に, 感じて, 感じました, 感じる, 抱いて, 持って, 捨てて, 禁じ能わなかったの, 胸に, 見失って, 隠すこと

▼ 喜びよう~ (21, 0.5%)

3 といったら 2 というもの

1 [16件] があんまり, が眼, だ, であった, である, です, で寺小屋, で花江, ときたら, とわざわざ, と云ったら, と来たら, には誰, はひどい, は今, も一通り

▼ 喜び~ (21, 0.5%)

3 をし 2 であった

1 [16件] があまり, だ, だった, ったらありませんでした, で彼, で接待, で私, で竜, と言われ, は, はどう, はもう, はもし, は特別, や道, をする

▼ 喜び~ (20, 0.5%)

32 と思う

1 [15件] が事件, が御, が立樹, しノン, ぞ社長, つたが, つたのである, つたのです, というの, とよ, と存じまし, と無邪気そう, 勝どきだ, 大変な, 油絵は

▼ 喜びであり~ (12, 0.3%)

2 誇りで 1 きゅうには, またその, また反抗, もはや身, コルデリアの, 巨人ゴライアスの, 弛緩しきっ, 悲しみである, 感激であった, 考え方によっては

▼ 喜びとも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いいわけ, つかないあわただし, つかない声, つかぬ声, つかぬ表情, なるシンフォニー, なれば, に狂う, 悲しみとも, 感謝とも, 慰藉ともな, 驚きとも

▼ 喜びつつ~ (11, 0.3%)

1 [11件] いでや, しばしば足, 世に妾, 写真機の, 小虫, 怖れ, 手を, 日々出で, 甘い粘っこい, 福井の, 私は

▼ 喜びである~ (11, 0.3%)

1 [11件] か分っ, か分つ, か知れ, そしてその, ぞ, という, とかあるいは, と思っ, どころか今, のだ, やうな

▼ 喜びとは~ (11, 0.3%)

1 [11件] あんな時, どんなだったでしょう, なかった, 何だろう, 察して, 後日にしか, 忽ち底, 思って, 思へぬやう, 想像に, 筆にも

▼ 喜びその~ (10, 0.3%)

1 ボートを, 宝を, 意味で, 憂い誠に, 時東京府の, 楽しみから, 演奏を, 第二, 良い縁, 芸に

▼ 喜びという~ (10, 0.3%)

5 ものは 3 ものを 1 のは, 一言で

▼ 喜びにも~ (10, 0.3%)

2 悲しみにも 1 なりますが, まさって, まさるごとく聞えしめ, われわれは, 似た感情, 悲み, 比ぶべき, 行かなかった

▼ 喜びよりも~ (10, 0.3%)

1 えらいこっ, さらに多く, ずっと大袈裟, その人達, はるかに, むしろある, 更に劇, 此岡つ, 純粋で, 若くして生死

▼ 喜び~ (9, 0.2%)

2 ていた 1 てゐる, て信長, て僕, て居た, て居ります, ながら叫んだ, や否や

▼ 喜びなさる~ (9, 0.2%)

2 にちがいありません, のに 1 かああ, かしれません, からいっ, はずお, わ

▼ 喜び~ (9, 0.2%)

2 へる 1 うる風, ふ, ふるに, ふる処, へてくれる, へて鬼神, へられた

▼ 喜びかつ~ (8, 0.2%)

1 は動悸, 悲しむ自我, 感謝する, 懼るる, 歌わん, 歎じた, 深く露西亜文, 驚きながら

▼ 喜びでは~ (8, 0.2%)

2 ないこと, なかった, なくて 1 ない, ないと

▼ 喜びとに~ (8, 0.2%)

1 その目, もっとも適合, 往来で, 思わず声, 浮かされて, 裏付けられた新しい, 輝やき, 飛び立つよう

▼ 喜びとの~ (8, 0.2%)

1 中に, 交じった一種, 余勢一種の, 生活だけ, 結合従って, 胸騒ぎが, 色を, 融け合ったその

▼ 喜び~ (8, 0.2%)

2 のは, んです 1 せいまし, のだ, のでもござります, んだ

▼ 喜びながらも~ (8, 0.2%)

1 まず気, 一方では, 人の, 反って, 怪しいあこがれ, 時が, 母と, 無言で

▼ 喜びには~ (8, 0.2%)

2 少しも 1 いかなる事, いろ, 別に変わり, 打たれたけれども, 笑ひ, 響きません心

▼ 喜びをも~ (8, 0.2%)

4 感じなかった 1 実に注意深く, 得た, 感得しなけれ, 覚ゆる

▼ 喜びを以て~ (8, 0.2%)

1 いそいそとして, それを, たるみの, 其を, 大佐の, 後から, 現世の, 豫てからの

▼ 喜び~ (7, 0.2%)

5 うな 1 うなるもの, つそく

▼ 喜びそれ~ (7, 0.2%)

1 こそ寝食, と定まる, に事件, は恐らく, を少し, を想像, を拒絶

▼ 喜びとで~ (7, 0.2%)

1 その夜興奮, ぼんやりし, 一ぱいになつて居ります, 人の, 子供の, 定めた住居, 思わず声

▼ 喜び勇む~ (7, 0.2%)

1 ときの, オヂュシュウス神女に, 姫あるいは, 平次の, 無邪氣, 色に, 顏を

▼ 喜び悲しみ~ (7, 0.2%)

1 そういうもの, というもの, と思い, と萬朝, の焔, をわれら, を表わす

▼ 喜び~ (7, 0.2%)

1 ひ, ひながら, ひユダヤ人, ふが, ふべき筋, ふ事, へあゝ

▼ 喜び~ (6, 0.2%)

2 自殺の 1 あるいはひろ子, あるいは今, 感極まった復一, 私には

▼ 喜びかた~ (6, 0.2%)

1 でありましたけれども, である, と云ったら, はたいした, はまた, は大変

▼ 喜びこそ~ (6, 0.2%)

1 すれけっして, すれ何, すれ気振り, すれ決して, 去年の, 彼を

▼ 喜びこれ~ (6, 0.2%)

2 に優る 1 に過, も師匠, より事, をうがち帰れ

▼ 喜びとが~ (6, 0.2%)

1 もつれあって, クリストフの, 一しょに, 幻像と, 溢れて, 生まれ花咲き消え失せる

▼ 喜び且つ~ (6, 0.2%)

2 感謝した 1 は憂え, 恐れ籠, 誇る, 賞めあげました

▼ 喜び~ (6, 0.2%)

1 つた, つたこと, はね, ひは, ふので, ふ姿

▼ 喜び或は~ (6, 0.2%)

2 火裏の 1 得意さは, 怒り或は, 悲しむ, 行動する

▼ 喜び早速~ (6, 0.2%)

2 これを 1 それを, 四方に, 明日から, 残金を

▼ 喜びから~ (5, 0.1%)

1 乱れた心, 彼の, 愛する喜び, 目を, 騒ぎ廻っ

▼ 喜びさうな~ (5, 0.1%)

1 ことを, ところを, 品を, 物を, 話を

▼ 喜びさえ~ (5, 0.1%)

2 すれば 1 かくし勝ち, 気苦しい, 節約し

▼ 喜びだった~ (5, 0.1%)

1 いつも思いがけない, がオトラ婆さん, しこの, ぜ, のです

▼ 喜びでございます~ (5, 0.1%)

1 がそれと, さあ早く, どうかお入り, どうか結納, よりっぱ

▼ 喜びでした~ (5, 0.1%)

1 かしれません, がこれ, が右門, し家内中, よ

▼ 喜びでも~ (5, 0.1%)

1 ありはじ, するかの, ない悲しみ, 与える事, 拾ったよう

▼ 喜びをさえ~ (5, 0.1%)

2 感じた 1 味わって, 感じながら, 感じるの

▼ 喜び迎え~ (5, 0.1%)

2 てやる気 1 て, ておる, て圓太郎

▼ 喜びです~ (4, 0.1%)

21 ね, の

▼ 喜びといふ~ (4, 0.1%)

4 ものは

▼ 喜び~ (4, 0.1%)

1 を南遷, を受, を慕い, を聞き

▼ 喜び勇み~ (4, 0.1%)

1 て死, て走り, ながら出, 配下の

▼ 喜びあるいは~ (3, 0.1%)

1 怒れば, 湿や, 苦しむ心

▼ 喜びいよいよ~ (3, 0.1%)

1 図に, 宮廷に, 神様の

▼ 喜びかぎり~ (3, 0.1%)

3 なし

▼ 喜びこの~ (3, 0.1%)

1 上も, 心持よ, 没入この

▼ 喜びした~ (3, 0.1%)

1 ということ, のでした, のでしょう

▼ 喜びだけが~ (3, 0.1%)

1 この凌霄花, そうしてまた自分, 踊り上つた

▼ 喜びであった~ (3, 0.1%)

1 かと推量, のが, ものばかりが

▼ 喜びでございましょう~ (3, 0.1%)

1 よ, 土岐様を, 関取私は

▼ 喜びとして~ (3, 0.1%)

1 その回復期, それを, 顯はに

▼ 喜びとともに~ (3, 0.1%)

1 その時, 年上の, 憂ひを

▼ 喜びなされ~ (3, 0.1%)

1 ご安心, て, もともとお気にいり

▼ 喜びなされる~ (3, 0.1%)

1 のは, ように, 萱の

▼ 喜びにて~ (3, 0.1%)

1 マア兎も, 幾たびか, 決死隊に

▼ 喜びまた~ (3, 0.1%)

1 まさにあふれん, 有難く思った, 自分達の

▼ 喜びまたは~ (3, 0.1%)

1 呟く, 憂ひを, 生命の

▼ 喜びやう~ (3, 0.1%)

2 です 1 はひどい

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

2 うったらありませんでした 1 警戒しろ

▼ 喜び今日~ (3, 0.1%)

3 より直に

▼ 喜び勇んだ~ (3, 0.1%)

1 兄弟姉妹は, 大受, 有様は

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 た來遊外人, た来遊外人, 誇りと

▼ 喜び又は~ (3, 0.1%)

1 悲しみを, 悲しみ等の, 悲しんで

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 が聞こえた, をかくれ, を聞い

▼ 喜び楽しむ~ (3, 0.1%)

1 ことが, のだ, 代り時勢が

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 の夜, の後, より後

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 きずて, きずとも, きせざる

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 のあと, の憂, も大

▼ 喜び~ (3, 0.1%)

1 大将を, 将を, 臣に

▼ 喜びいさん~ (2, 0.1%)

1 でП, でいる

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 姉え, 貞さんに

▼ 喜びさっそく~ (2, 0.1%)

1 乾雲丸と, 駈落すること

▼ 喜びさて~ (2, 0.1%)

1 これから名高い, 入獄以来の

▼ 喜びだけ~ (2, 0.1%)

1 だったの, では

▼ 喜びだけで~ (2, 0.1%)

1 充満する, 満足せずし

▼ 喜びでさえ~ (2, 0.1%)

1 ある, 今は

▼ 喜びでしょう~ (2, 0.1%)

1 が, な

▼ 喜びでない~ (2, 0.1%)

1 とすれ, 人類の

▼ 喜びとか~ (2, 0.1%)

1 怒りとかという, 楽しさ

▼ 喜びとわ~ (2, 0.1%)

1 に住む, に住め

▼ 喜びなく~ (2, 0.1%)

1 しては, なさる事

▼ 喜びなさるだろう~ (2, 0.1%)

1 と思いました, と思っ

▼ 喜びなさろう~ (2, 0.1%)

1 かそれとも, か夫

▼ 喜びなど~ (2, 0.1%)

1 熱烈な, 語るまでも

▼ 喜びなり~ (2, 0.1%)

1 心遣いなりを, 悲しみなりは

▼ 喜びなる~ (2, 0.1%)

1 彼女の, 神の

▼ 喜びにな~ (2, 0.1%)

1 つて, つて宮に

▼ 喜びに対する~ (2, 0.1%)

1 一切の, 微笑ましい気持

▼ 喜びへの~ (2, 0.1%)

1 あらゆる通路, 合法則的顧み

▼ 喜びほど~ (2, 0.1%)

1 恐るべき姿, 貴い喜び

▼ 喜びもし~ (2, 0.1%)

2 怒りも

▼ 喜びやら~ (2, 0.1%)

1 くるしみやら, 恐縮やら

▼ 喜びより~ (2, 0.1%)

1 あきれはてし與, いまここに

▼ 喜びをしか~ (2, 0.1%)

1 もう感じなかった, 知りは

▼ 喜びをば~ (2, 0.1%)

1 笑えかし, 與へ

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 は姉, は邪魔

▼ 喜び一方~ (2, 0.1%)

1 ならずこの, ならず東京

▼ 喜び世間~ (2, 0.1%)

1 の贅沢附合, もお前

▼ 喜び以上~ (2, 0.1%)

1 の光栄, の新しい

▼ 喜び伯母~ (2, 0.1%)

1 が笑顏, が笑顔

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 かある, にても望む

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

2 爵を

▼ 喜び嘗て~ (2, 0.1%)

2 喜びしもの

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

2 の生

▼ 喜び宮廷的攻略~ (2, 0.1%)

2 に長ずる

▼ 喜び当人~ (2, 0.1%)

2 もその

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 とともに泣く, の悲しみ

▼ 喜び旧劇~ (2, 0.1%)

2 の渋味

▼ 喜び更に~ (2, 0.1%)

1 二の句を, 最近の

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 には悲, に対しては歌う

▼ 喜び期待~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

2 まつて

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 は温み下草, を割らざる

▼ 喜び深く~ (2, 0.1%)

1 感謝する, 眺めて

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 ふ学生等, ふ楽

▼ 喜び申し~ (2, 0.1%)

1 て居ります, 候由くれぐれもよろしく

▼ 喜び直ちに~ (2, 0.1%)

1 その山, 此の

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 三は, 二は

▼ 喜び羽うち御前~ (2, 0.1%)

2 に輪

▼ 喜び舞い~ (2, 0.1%)

2 海幸をば

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

2 や太陽

▼ 喜び若し~ (2, 0.1%)

1 ねらひが, 其の人

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 を擁し, 下度右御

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

2 したり

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 して, を与え

▼ 喜び躍り~ (2, 0.1%)

1 これを, 肉を

▼ 喜び酔生夢死~ (2, 0.1%)

2 に満足

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 から玄関, まで送り出

▼ 喜び限り~ (2, 0.1%)

1 なき處, なし

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 つらや, をした

▼ 喜び~ (2, 0.1%)

1 える懐しき, へた

▼1* [410件]

喜びへり, 喜びああいまどれほどといった, 喜びあるべく此文の, 喜びいいことが, 喜びいさみつつ踊る, 喜びいちどきにこみあげて, 喜びいちばん幸福に, 喜びいつか先生の尻尾, 喜びいと大い, 喜びいや察する, 喜びいわく男子たること疑い, 喜びうめき声を出し, 喜びおいしそうに, 喜びおもむろに話端を, 喜びお気に入りの衣裳, 喜びお笑いになりました, 喜びかと思いたくなる, 喜びかの腹黒きハツバス・ダアダアさ, 喜びかぼちゃを盗まれる, 喜びからは遠い暗さ, 喜びくださることと, 喜びくだされ意外の, 喜びくだされたくこのご, 喜びくつがえりて綺羅, 喜びくらいでは, 喜びけん書を, 喜びころもよし, 喜びこんなにアメリカ人から, 喜びごとあり何, 喜びごと万づ祝ひのばさん, 喜びさうに何時までも貯, 喜びさうに話を持つ, 喜びさながら物に, 喜びしかありませんでした, 喜びしまして表, 喜びしも戀て, 喜びすなわち帝に, 喜びすばらしい感激でしょう, 喜びすべて少しでも, 喜びずして居升, 喜びそうして初めてまじり気, 喜びそこに悲しむ, 喜びそのものであった, 喜びその小さな魂の, 喜びその間に手形, 喜びそれからそれと, 喜びそれでは近々連れ, 喜びそれでもなお詩的, 喜びただちに三枚の, 喜びたまへてなほ, 喜びたりと母は, 喜びたる光栄ある, 喜びだが郵便局にでも, 喜びだけにはとどまらないであろうと, 喜びだけは約束させ, 喜びだけを信じる, 喜びだったでしょうね, 喜びだろうかとまた, 喜びちょうの羽, 喜びってのは, 喜びつくったせいでございます, 喜びつつも殆どこれ, 喜びてっきり旦那が, 喜びての事なるべし, 喜びであって異本, 喜びでありたいと願うだろう, 喜びであればそれ, 喜びでさえもそれを, 喜びといったような, 喜びとかの感情は, 喜びとさえなった, 喜びとしては彼に, 喜びとつて帰す, 喜びとてもございませぬ, 喜びとでもいう瞬間, 喜びとりあえず浜へ, 喜びとんだ掘り出しものを, 喜びと共に一種の, 喜びどころでは, 喜びどころかむしろ呪い, 喜びどんなでしょう, 喜びなさいましてその道, 喜びなさいましたがこの, 喜びなさいますときです, 喜びなさって居られる, 喜びなさるでござりましょう, 喜びなさるであろうと存ずる, 喜びなさるでしょうよ, 喜びなされたかしれません, 喜びなしにということ, 喜びなすつてその他の, 喜びなどというものが, 喜びなどはない, 喜びなどを彼女は, 喜びなりき我こそ, 喜びなんかどこにも, 喜びなんかと云うもの, 喜びなんてどこへ, 喜びにおいてはジュリエットや, 喜びにおいても少しの, 喜びにこそなれお, 喜びについて談話が, 喜びにつけ悲しみに, 喜びにばかりとらわれて, 喜びによってわが恋, 喜びによってよりもそれを, 喜びに関しては少しも, 喜びねえ近いうち, 喜びのみを多く感じる, 喜びはいふまでもありません, 喜びはた悲しみはた, 喜びはりまツせ, 喜びばかりを考えて, 喜びほとんど通常の, 喜びまるで小鳥の, 喜びもうやめられなくなって, 喜びもしまた困る事, 喜びやがて自から, 喜びやをそれの, 喜びよくぞお気, 喜びア, 喜びわが閑中に, 喜びわずか一ヶ月二タ月の, 喜びたり, 喜びをすらもって, 喜びををなさいまして, 喜びアントアネットよ汝, 喜びとうとう追いだされよった, 喜びイ喜びイとうとう追いだされよった, 喜びコッツリと柱, 喜びハリキッてのさばりで, 喜びホッと溜息, 喜びホラチウスが句, 喜びマラソンの激痛, 喜びモスリン紀州ネルに心, 喜び一たびは悲しみ, 喜び一人は慍, 喜び一切の事象, 喜び一同を労, 喜び一團となり, 喜び一度も我, 喜び一時の俗潮, 喜び一言を記し, 喜び丁髷王を感心, 喜び三分の一が怒っ, 喜び上戸に早変わり, 喜び上等ゆえ外出行きにする, 喜び世事を抛ち, 喜び世界の征服, 喜び世評既に定まれり, 喜びには用, 喜び丹波の国, 喜び乍ら手を拡げ, 喜び乙亥十月の書牘, 喜びせるに, 喜びも愈, 喜び二つ返事で承諾, 喜び二三時間ぐらい, 喜び互いに笑い合えり, 喜び從ひ, 喜びは時節, 喜び以外の何者, 喜び任侠を事, 喜び何とかして, 喜び何事にあれ, 喜び作衛の孤独, 喜び侮辱する者ら, 喜び俺達も甘え, 喜びへども又, 喜びも成長, 喜び充ちたり, 喜び充実満足彼はつい, 喜び先ず子供の, 喜び全部が暗い, 喜びに憂ひ, 喜びを整え, 喜び其人のため, 喜び其没後には悉皆, 喜び再三脱帽した, 喜び冷たくなって, 喜び凱旋するや, 喜び凶事を喚起, 喜び松魚に, 喜び初めて世に, 喜び刺戟に生きる, 喜び勇み笑み得意げに, 喜び医者に感謝, 喜び裸体の, 喜び南米行の予備教育, 喜び友人たちにも大いに, 喜び反省などは都, 喜びにもう, 喜び開き, 喜び叫び内の主人, 喜び被下候, 喜び合つたこれこそそもそも, 喜び同心して, 喜び同時に我が新劇団, 喜びひ樂, 喜び善くも書かれ, 喜び喜びつくったせい, 喜び四散して, 喜び因縁を戀, 喜びくれや, 喜びに喜び, 喜びを撒い, 喜び売場へ駈けつけ, 喜びの夕陽, 喜び多大の下され, 喜び大いに勇んで, 喜び大切に育てた, 喜び大部屋に菓子十円買, 喜び天下の人心一朝, 喜び天井知らずじゃ, 喜び天地の不死鳥, 喜び太陽が昇っ, 喜び女史の此上, 喜び如水の言, 喜びを讒訴, 喜び嬢子の言, 喜び子供のよう, 喜び存在し存在, 喜びへ帰り, 喜び安子にはどんな, 喜び安心しました, 喜び宗教というよう, 喜び実は鏡について, 喜びの人たち, 喜び寧ろ彼を, 喜びみ事, 喜び小鳥が囀る, 喜び少なく食べたと, 喜び居り候, 喜び居所さえもなくされ, 喜び居所さへも無くされ, 喜びから木の実, 喜び山岨の道, 喜びの頬, 喜びが喜び, 喜び希望をもつ, 喜びよりも大いなる, 喜び平然として生きる, 喜び幾多の詠吟, 喜び幾度も読返, 喜びも栄える, 喜び座敷へ通し, 喜び廉潔を愛し, 喜びき入れると, 喜びわりました, 喜び弓馬の術, 喜び藩の, 喜び形式だけである, 喜び彼らの苦しみ, 喜び彼等の多く失, 喜び向て, 喜び後これを眞, 喜び得たる時の, 喜びを励ましました, 喜び心樂めばそれで, 喜び忙しい時は, 喜び忽ち下女下男に, 喜び怒り等の表情, 喜び恐れ悲しみなどの激情, 喜び悦楽そういうもの, 喜び悩みをはっきり, 喜び悲しければ手放し, 喜び悲しみ苦しみ楽しむこと, 喜び悲痛の聲, 喜びのため, 喜び愉しみ苦しみ悲しみ, 喜び感喜の涙, 喜び感謝しながらも, 喜び憂いその場, 喜び或いは憂えよもすがら, 喜び戯れるのは, 喜びにもつ, 喜び提灯を点け, 喜び教権の圧力, 喜び教育を受けた, 喜び敬太郎とお, 喜び敬称を用いる, 喜びならぬ私, 喜び文吉も共に, 喜び斥候を放っ, 喜び既往一切の我儘, 喜び日夜その書, 喜びを厭, 喜び早く胸の, 喜び有り一たび鈎を, 喜び有名な才媛クララ, 喜び望む峰に, 喜び材木を負う, 喜び東京へ出発, 喜び果ては涙ぐむこと, 喜び極まり第一夜, 喜び楽しみは断じて, 喜びだった, 喜び様ッてありませんでした, 喜びしむこと, 喜び樂めり, 喜びは眞實, 喜び次第にこのいまわしき, 喜び歎きした, 喜び歎息して, 喜び正月には門口, 喜びを悪, 喜び氏政をさし, 喜び気ままに規則, 喜びに缺けし, 喜び汝等まことに義, 喜び汲む泉の, 喜び泣きの声, 喜び涙ぐむ娘に, 喜び淋しみ, 喜びしたと, 喜び滿足は非常, 喜び激越なる喜び, 喜びにうつり, 喜び狂い手に, 喜び狂うからそれで, 喜びの忍, 喜びらしい諸相, 喜び甚だしく遂に婚姻, 喜び申すべき詞知らぬ, 喜び發散する清らか, 喜び直ぐにも父母, 喜びなお噺, 喜び真理を認むる, 喜び矢継早に此の度, 喜び祝いというもの, 喜び祝ひませう, 喜び祝儀無祝儀盆暮れ, 喜び立って上, 喜びひ泣きそして, 喜び笑うのは, 喜び米国より欧州, 喜びるべくば, 喜び結局今のは天狗様, 喜び給ふところにあらざりし, 喜びを恐るれ, 喜び義弟をつれ, 喜びの感激, 喜び老人もまた, 喜びが聴く, 喜び聞えなほ四方山の, 喜び聴いていた, 喜びがへれ, 喜びから道徳経註二巻, 喜び自分を励まし, 喜び自殺するところ, 喜び自然に嬉しい, 喜び自然それらの歩み出し, 喜び自由である事, 喜び致し皆の, 喜び興ずるを見, 喜びを厭, 喜び苗字を問, 喜び若しくは悲しみを, 喜び苦労をねぎらいあっ, 喜び苦治に疲れ, 喜び苦痛も亦, 喜び莫大な報酬, 喜びをくべ, 喜び藻絵自ら衒い而, 喜び虚名を慕, 喜び行住坐臥に法華経, 喜び行水をし, 喜び見事善根をしたる, 喜び親分だって大, 喜びり感じられる, 喜びを肴, 喜び誇りの全部, 喜び読むところと, 喜び談笑俄に興, 喜びして, 喜び譬えんものも, 喜び讃嘆したもの, 喜び貞ちゃんの熱, 喜び貴下は一日, 喜び趣味の発達, 喜び跫音を忍ばせ, 喜び踊ってるのが, 喜び躍るかのよう, 喜び躍れそは, 喜びを跳ら, 喜び迎えないのである, 喜び迎える賑やかな, 喜び迎えるべきではなかっ, 喜び進んで多く, 喜び遊ばしよいこと, 喜びもない, 喜び遠くに離れ, 喜び遥かに大きい, 喜び選択する間, 喜び部屋の中, 喜び釋迦佛は靈山, 喜びの散歩, 喜びに勧め, 喜び陶方は失望, 喜び隠居して, 喜び難き観念の, 喜びの日, 喜びへてゐます, 喜びも慰められる, 喜びつらや, 喜びいない幸福, 喜び食っている, 喜び馳走を受け, 喜び騒いでいる, 喜び騒ぐ犬の