青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「善く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

問~ 問い~ ~問う 問う~ 問屋~ 問答~ ~問題 問題~ 善~ 善い~
善く~
善良~ ~喉 喉~ 喋~ 喜~ ~喜び 喜び~ ~喜ん 喜ん~ ~喧嘩

「善く~」 1002, 11ppm, 9981位

▼ 善くない~ (70, 7.0%)

3 事だ 2 からだ, と思う, んです, 一つの, 事である

1 [57件] からです, からな君, から今日, から刺, から取りかえ, から矢張逢つて, が泥, くらいの事, ことが, ことです, ことの, ぞ, ため遂に, てや, ということ, という克己心, という御, といった社, といふ位, とか何とか, と云う, と僕, と思った, ね, のだ, ので大抵, のは, のよ, ものが, ものとを, ものゆえ, よと云った, んだ, ヨ, 上に, 事か, 事が, 事で, 事ばかり, 事を, 人だ, 処が, 商人が, 善くない, 噂を, 女で, 女とは, 奴と, 左れ, 己の, 方で, 気候が, 点が, 然うい, 者が, 自分にも, 近所の

▼ 善くする~ (68, 6.8%)

9 ことが 6 ことに, ことによ 3 の道 2 ことを, のを, 能は

1 [38件] ことだ, ことである, ことなし, ことは, ために, といふその, と云え, にあります, に足る, のだ, のでした, の一事, の望み, はずは, もので, ものに, ものは, もの延園りきゆふ, ように, を以, を知っ, 事ならず, 事に, 事邦人に, 所に, 所以であり, 所以では, 故に, 某の, 為だ, 理義を, 者ある, 者であった, 者の, 者また, 者を, 自信を, 途である

▼ 善く~ (61, 6.1%)

32 ていた, て行く, 書を, 曾て

1 [50件] その著作今, たりけれ, たりし, てあげる, ていかなる, ていく, ていけない, ていける, ている, てくれた, てくれたら, てくれる, てくれるだろう, てやりたい, てゆく, て一時, て下, て下さる, て助け合, て多く文人墨客, て往きたいです, て文集五十巻, て柔和, て正, て死にたいで, て貰いたい, て野猪, まりが, 他人を, 力加減も, 千里は, 又是, 又畫, 図画奕棋営造音律何にも, 天性の, 契丹の, 小倉百人一首で, 或は先天的運命, 日本の, 棕軒と, 此世を, 画も, 章斎と, 筆札を, 給ふ, 絵画を, 自分の, 賢くしたら, 酷だ, 露西亜最近の

▼ 善く~ (27, 2.7%)

7 悪くも 2 より幸福, 悪しくも, 量らず直ちにうべ

1 [14件] あれ悪しく, するもの, とれるし, なくまた, なり悪く, わからぬ癖, 分らないが, 書かれたり, 無し悪くも, 燃えず, 狂言し, 考へないで, 聞くを, 鳴らぬ小さな

▼ 善く~ (23, 2.3%)

10 れを 5 を思念 2 を用 1 に堪へ, を圧服, を壓服, を容れ, を蔵, を視せしむ

▼ 善く~ (19, 1.9%)

3 ない 2 知らないの

1 [14件] ありません阿父さん, え読まぬ, え讀まぬ, ないかと, ないよ, なかった, なからう, ならないもの, 云えない, 住みかねる, 分からない, 思いませんばかり, 知らない人, 見えないが

▼ 善くなる~ (16, 1.6%)

2 なんて生涯駄目, 人も

1 [12件] かそれ等, ことをも, ということ, とはきまっ, と一切何, と云, に従って私, のも, ばかりであろう, よ, 場合も, 筈が

▼ 善くした~ (14, 1.4%)

1 [14件] からしかいう, が平生, ことが, ことで, ことは, それじゃ, とか言, と云, ので或, ばかりで, もう, もので, 時他の, 證據として

▼ 善くなろう~ (11, 1.1%)

8 とする 1 とし, と思う, 善くなろう

▼ 善くこれ~ (10, 1.0%)

5 を思念 1 に從, を模, を状, を現したる, を開発

▼ 善く~ (9, 0.9%)

1 この徒歩旅行, その後また, なにが, 何が, 学生時代から, 学資に, 寄ると, 浮き浮きする, 返つて

▼ 善く~ (9, 0.9%)

2 へば風流 1 つて, はれたるかな, ひて, ふを, へば新聞記者的, へば水, へば活気

▼ 善くせん~ (8, 0.8%)

3 とする 2 とて 1 とてこ, や, やその

▼ 善くその~ (8, 0.8%)

2 著作に 1 勤めを, 妻と, 意匠を, 未來の, 淫褻俗を, 難に

▼ 善くある~ (7, 0.7%)

2 眼の, 習で 1 ことは, ひは, 事は

▼ 善くしたい~ (7, 0.7%)

1 ということ, という強い, という心理, といふ欲望, と希, と思う, のは

▼ 善く~ (7, 0.7%)

1 といはれ, といひ, といふ, 傳不詳, 精を, 臨終に, 諸竜中

▼ 善く~ (7, 0.7%)

1 そうとして, て愉快, 來て, 來ない, 來なかつた, 來ぬ, 來る

▼ 善く~ (7, 0.7%)

2 と語る, れの 1 に適する, の姿, を目

▼ 善く覚え~ (6, 0.6%)

2 ている, てゐる 1 ていない, てお

▼ 善く醒め~ (6, 0.6%)

6 て覺

▼ 善くても~ (5, 0.5%)

4 悪くても 1 並んで

▼ 善く~ (5, 0.5%)

1 と親しみアキレウス, にじゃれつく, に憑, の知悉, を用

▼ 善く働く~ (5, 0.5%)

1 と彼, と私, と称, と稱, 作を

▼ 善く射る~ (5, 0.5%)

1 ものなり, ものは, 出猟し, 勇士程, 者は

▼ 善くしよう~ (4, 0.4%)

1 とすれ, と望ん, と腐心, と言

▼ 善くなっ~ (4, 0.4%)

1 てゆく, て来た, て来る, て生々

▼ 善く且つ~ (4, 0.4%)

2 高貴に 1 より惡, 正しいなら

▼ 善く~ (4, 0.4%)

1 と推しうつりたらまし, に処, に処する, の道理力

▼ 善く~ (4, 0.4%)

2 ている 1 てをる, て居る

▼ 善く出来た~ (4, 0.4%)

1 が中, とか小道具, と信ずる, 人間は

▼ 善く相似~ (4, 0.4%)

4 たるかと

▼ 善く知らない~ (4, 0.4%)

2 のである 1 がまさか, んだ

▼ 善く~ (4, 0.4%)

1 く, く人, く者, く者心

▼ 善く見る~ (4, 0.4%)

31 と大道具

▼ 善く調和~ (4, 0.4%)

2 し得るの 1 したるやう, して

▼ 善く適合~ (4, 0.4%)

2 して 1 したるとの, すること

▼ 善くこそ~ (3, 0.3%)

1 しつれ, 宣ひたれ, 我を

▼ 善くすれ~ (3, 0.3%)

1 どもか, ば先生, ば旦那さま

▼ 善く~ (3, 0.3%)

1 帰り来, 歌ひしと, 歸り

▼ 善くとも~ (3, 0.3%)

2 悪くとも 1 悪しくとも

▼ 善く~ (3, 0.3%)

1 つても, つてよ, んだらう

▼ 善くなかつた~ (3, 0.3%)

1 といつ, 勘次との, 形迹が

▼ 善くなり~ (3, 0.3%)

2 自分は 1 完成した

▼ 善くねえ~ (3, 0.3%)

1 ぜ, 事し, 野良狐か

▼ 善く分る~ (3, 0.3%)

2 やうに 1 ように

▼ 善く~ (3, 0.3%)

2 ひ申候 1 い申候

▼ 善く~ (3, 0.3%)

1 が技, を知れり, を調め

▼ 善く~ (3, 0.3%)

2 の過渡 1 の時代

▼ 善く現れ~ (3, 0.3%)

3 申候

▼ 善く知つて~ (3, 0.3%)

1 ゐまさね, 居た, 居るから

▼ 善く言え~ (3, 0.3%)

1 ども禽獣, ば和気藹々, ば蕭散

▼ 善く話し~ (3, 0.3%)

2 に来た 1 て善く

▼ 善く~ (3, 0.3%)

1 るらん人, る者, れるもの

▼ 善くありません~ (2, 0.2%)

1 で, ね

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 射中, 島の

▼ 善くこの~ (2, 0.2%)

1 教へを, 術を

▼ 善くこんなに~ (2, 0.2%)

2 冷たいもの

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 むとする願ひ, む若し

▼ 善くせしめ~ (2, 0.2%)

2 以て

▼ 善くでき~ (2, 0.2%)

1 ていない, ている

▼ 善くならう~ (2, 0.2%)

1 とする, 善くならう

▼ 善くなります~ (2, 0.2%)

1 かな, ようにと

▼ 善くより~ (2, 0.2%)

1 幸福に, 深く愛せね

▼ 善くより正しく~ (2, 0.2%)

1 ならなければ, 革まるの

▼ 善くわかる~ (2, 0.2%)

1 のです, ので譬へば

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 てたる, れるを

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 を爲, を解する

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 ひ悪く, へば阿蘭陀

▼ 善く人民~ (2, 0.2%)

2 の希望

▼ 善く代表~ (2, 0.2%)

1 した尤も, して

▼ 善く~ (2, 0.2%)

2 を識

▼ 善く似たる~ (2, 0.2%)

1 は同じ, 俳句が

▼ 善く使用~ (2, 0.2%)

2 せず私

▼ 善く~ (2, 0.2%)

2 の指導

▼ 善く其の~ (2, 0.2%)

1 姿を, 飯を

▼ 善く写したる~ (2, 0.2%)

2 ものは

▼ 善く動く~ (2, 0.2%)

2 ので代

▼ 善く各種~ (2, 0.2%)

2 の意見

▼ 善く存じ~ (2, 0.2%)

1 ております, てゐます

▼ 善く~ (2, 0.2%)

2 に接し

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐる

▼ 善く心得~ (2, 0.2%)

1 ている, て置く

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 たお, たと

▼ 善く慷慨~ (2, 0.2%)

2 すれども

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 を導けり, を遇

▼ 善く承知~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 善く教育~ (2, 0.2%)

1 された者, できると

▼ 善く散ずる~ (2, 0.2%)

2 の道

▼ 善く時代精神~ (2, 0.2%)

1 を摂取, を攝取

▼ 善く書いた~ (2, 0.2%)

1 し画, のです

▼ 善く桂内閣~ (2, 0.2%)

2 を屈服

▼ 善く機宜~ (2, 0.2%)

2 に適する

▼ 善く正義~ (2, 0.2%)

2 を笑

▼ 善く~ (2, 0.2%)

2 に事

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 の理學, を守り

▼ 善く法典~ (2, 0.2%)

2 を諳

▼ 善く活ける~ (2, 0.2%)

2 主人公の

▼ 善く無い~ (2, 0.2%)

1 ヨ何だか, 人でも

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 はし, はれて

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 かれし梶棒, かれし楫使

▼ 善く生活~ (2, 0.2%)

1 して, するを以て

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 を治む, を看る

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 ゐざるを, ゐんと

▼ 善く皇上~ (2, 0.2%)

2 の御

▼ 善く相識~ (2, 0.2%)

2 るに

▼ 善く~ (2, 0.2%)

2 て善く

▼ 善く考え~ (2, 0.2%)

1 てから日, てみる

▼ 善く考へ~ (2, 0.2%)

1 て御覧, て見る

▼ 善く自家~ (2, 0.2%)

1 の拠る, の據

▼ 善く蕪村~ (2, 0.2%)

1 の特色, を写し

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 はれて, はれ新陳代謝

▼ 善く見え~ (2, 0.2%)

1 たりする, たり人

▼ 善く言つて~ (2, 0.2%)

1 聞かして, 聞せて

▼ 善く討論~ (2, 0.2%)

2 を指導

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 をした, を為

▼ 善く読める~ (2, 0.2%)

2 人の

▼ 善く調め~ (2, 0.2%)

1 て而, ぬれば

▼ 善く謀り~ (2, 0.2%)

2 善く働く

▼ 善く議場~ (2, 0.2%)

2 を整理

▼ 善く貴族~ (2, 0.2%)

2 と平民

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 を償う, を改むる

▼ 善く~ (2, 0.2%)

1 を醸す, を飲みました

▼ 善く馬車~ (2, 0.2%)

2 を飛ばし

▼1* [343件]

善くあつた彼女, 善くあらはれたり, 善くあり得そうも, 善くいえば勇猛果敢, 善くいたし候趣意に, 善くいたしましたのでお, 善くいはない勿論悪く, 善くいはるる人も, 善くいへば物質的文明, 善くうつくしい時流という, 善く悪くかは, 善くかぎりなき歎, 善くかくも美しい, 善くかくさんためかしこに, 善くかくするが悪い, 善くさんねえ, 善くしたい救いたい化度したい, 善くしたければ筋骨, 善くしたならば幸運, 善くしたらよさそう, 善くしなかつた相だ, 善くしましたのでお, 善くし呼んでいう, 善くし得ず亂槍彼を, 善くせざるゆゑ通訳に, 善くせしむるに, 善くせぬにその, 善くせよとの前提, 善くそして静かに, 善くつてね爺婆げつて, 善くつてどこからどこ, 善くつて足と足, 善くつて餘り厭, 善くときには悪く用い, 善くない帰るということ, 善くなく思われたりする, 善くなしてゆく, 善くなったとは言えない, 善くなったらこんな所, 善くならしめることが, 善くならなければならない, 善くなりすぎるのだった, 善くなりより惡く, 善くなり過ぎてゐる, 善くなるだろうなどと噂, 善くその産地, 善くもう学校から, 善くものいふ目を, 善くやつて貰え, 善くよりも悪くでき上がってる, 善くわが信を, 善くカロルを踊らう, 善くキリストの心, 善くてこれから, 善くハガキ運動について考へ, 善くパトロクロスに説き, 善くボローニアの事, 善くリラの琴, 善く一処に暮しませう, 善く一変し得可, 善く一緒に歩い, 善く一變し得可, 善く放逸なる, 善く世の中が治つて, 善く世人に問はる, 善く主人を視る, 善く久しく立つを, 善く了解せん, 善くの堪へ得, 善く事えるが気, 善く云えば喜撰, 善く云った何う, 善く云われようが此方, 善くり易い, 善く交譲し善く, 善く交讓し善く, 善く人事に処し, 善く人選をした, 善く仕えて, 善く似あふと人, 善く似あうと人, 善く似た犬の, 善く似とると思ったら, 善く似合ひたり, 善く似合いますね, 善く似合うのね, 善く何故に彼等, 善く作られたるに, 善く作るので暗に, 善く使うつもりだった, 善くを遇, 善く保たれたのである, 善く修養すれば, 善くするゆえ猴, 善く働いてみせた, 善く兄さんを呑み込んだ, 善く其弊害を鑿, 善く再々彼女の宅, 善く出来ている, 善く出来ました試験の, 善く出来るものである, 善く分かつたと言, 善く分って来ます, 善く制し内を, 善く助け合つて参りますつていふ意味, 善く効くし直ぐに, 善く勉めたりといふ, 善く勝つ者は, 善く勤めて身, 善く勤勞に服すれ, 善く半分頒合つて食べる程, 善く今より, 善く叙述された事, 善くゆる犬, 善くはふも, 善くれるに, 善く善く其の姿, 善く喋舌り合って, 善く嘯く蓬髪勝を, 善くを耕し, 善く売りました第一, 善くへ出, 善く天然を写し得たる, 善くする者, 善くの一念, 善く始められし事も, 善く宋濂にも推奨, 善く宮さん考へて, 善く寝る男だ, 善く寫したる者は, 善く導きて名, 善く導くということ, 善く年季が勤まった, 善く廻っている, 善く弓矢を用ゆ, 善く張った切は, 善く張る氣の, 善く弾けたと思いました, 善く彼女操を保てり, 善く待遇したもの, 善く後者は人, 善く承知で, 善く忍び得る所に, 善くへた, 善く思われたい茲で, 善く悪しき事は, 善く愛し善く望み, 善く感化しこれ, 善くみて, 善く懐いてゐる, 善く成つちやつたつけぞ, 善く成り掛けたので今, 善く成熟したもの, 善く我病に中れり, 善く戦いましたがしかし, 善く戦い敵の短剣, 善く戦ったということ, 善く戦ふ者は, 善く戰術に通じたる, 善く拾つて喰べました, 善く接待せよと, 善くひ滑り, 善く描く者です, 善く政友会の利害, 善く政友會の利害, 善くる, 善く教練して, 善く散財したもの, 善く整つてゐて, 善く整頓して, 善く斷ずる政治家であつ, 善く日當で遊ん, 善く明快に見る, 善く映つて居ない, 善く映るのである, 善くに適した, 善く是丈の日本品, 善く昼寝をし, 善くせると, 善く暮してくれろ, 善く暮す事は, 善くを読んだ, 善く書かずに見せよう, 善く書く沼田芸平と, 善く書けさうだ, 善く書けるものである, 善く朋友と交, 善く望みかつ信ずる, 善く染むるものは, 善く梵行を修す, 善く楽しげに, 善く標置すと, 善く歌い女端正好く, 善くむれども, 善く正しかりき, 善く正しいものだ, 善く此主義を捉, 善く此特色を現し, 善く此理想を代表, 善く歩いてゐました, 善く歩けるやうに, 善く死ぬ死ぬと言っ, 善く殺戮の技, 善くを着け, 善く汝等のいふ, 善く治めるメネラスに, 善く注意します, 善くひ晒, 善く活躍して, 善く浩然の氣, 善く浸込むからと云, 善く漕ぐ水練は, 善く炙り炙りて火, 善く為し得るところの, 善く煮たんだ, 善くに肖, 善く牡牛のごとく鳴く, 善く特性を集め, 善くを知らざりし, 善く王宮に暮しました, 善く理めると, 善く理解しその, 善くを鼓, 善く生きむとする意志を, 善く申すじゃ御座いません, 善く画いたが素人画, 善く画きました其後独逸へ, 善くく就中人, 善くる, 善く當つて居つて, 善く病める枕頭に, 善く発達して, 善くを察す, 善く相談して, 善く眠らうと心, 善く知る者同志の, 善く知れば老, 善く知れれど他, 善く知んぬ恩愛の, 善く磨かれし車の, 善く社會の状態, 善くに仕ふる, 善くを惜め, 善く秘密を守つて, 善くふ男, 善く笑うだけは止め, 善く精選せられたる, 善く緻密にし, 善く罵り人を, 善く罵りしのみに, 善く美しく消化された, 善く美しゅう真個の, 善く考えると福相, 善く考へたと納得, 善くかも堅實, 善く耕すことは, 善く傾けよ, 善くゆるに, 善く聞えて一回, 善く聞け畜類の, 善く聰く正しくあれ, 善く聴いて戴き, 善く聴きなれている, 善く聴き取れなかったが声, 善く聴き取れなかつたが声, 善くをすりあ, 善く育て上げよう育て上げようと力めた, 善く自分の製作, 善く色彩畫家のカン, 善く芝居の切符, 善く菜物を識, 善くはれて, 善く行かずに苦情, 善く行き渡ることも, 善く行つた所がドストエフスキイ, 善くは悪き, 善く複雑なる事実, 善く複雜なる事實, 善くの志, 善く見える處などは, 善く見せたいさもしい心もち, 善く見れば鬼灯提灯, 善く見極めたり, 善く見直し醜聞として, 善く視ると虎, 善く視れば人, 善く観ずに殺した, 善くず汝, 善くするか, 善く解して呉れる, 善く解らないが要するに, 善く解るやうな, 善く言っていた, 善く言わせるのも, 善く言わぬのだ, 善く言行に罪, 善く詩句を融, 善く話されその敏活, 善く誘導するという, 善く語るのでおかげ, 善く説きがたし眞, 善く調べて置い, 善くじた, 善く論ずるを心, 善くじて, 善くの戒, 善く謀る者は, 善く譚ずる人なり, 善く讀むものはか, 善くを理, 善くふ訳, 善く貸し善く歛, 善く走り稲を, 善く走ると, 善くをしる, 善く踊ったがその, 善く踊り虚言を, 善く越する, 善くを処する, 善く軍馬を御する, 善く造られてゐる, 善く逢うね, 善く遊ぶことが, 善く適ふからと云つて, 善く適合せりといふ事, 善く避けんため端を, 善く釣り得るが父上弟, 善く鎗刀を用い, 善くする者, 善く隠れる者は, 善くれる者, 善く響きをり, 善く響けば響く, 善く領解した, 善く飲み善く談, 善くはるれ, 善く馴らされていた, 善く馴らされし牝犬とともに, 善く馴らされたる馬の, 善くり馬上, 善く鳴く奴で, 善く麗しい緑で, 善くをとる