青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「善~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

商業~ ~問 問~ 問い~ ~問う 問う~ 問屋~ 問答~ ~問題 問題~
善~
善い~ 善く~ 善良~ ~喉 喉~ 喋~ 喜~ ~喜び 喜び~ ~喜ん

「善~」 3883, 42ppm, 2771位

▼ 善~ (298, 7.7%)

35 研究 9 ために 4 人が, 綱 3 仮門, 火の

2 [19件] イデアを, 一種である, 代りに, 力が, 友塩田良三は, 咽喉に, 善なる, 小字三吉である, 料理も, 方へ, 時代と, 果, 理想が, 理想を, 皮肉に, 花, 裸の, 観念は, 首を

1 [202件] あとを, ありかは, いわゆるおとなし, こってりした, ことばを, つとめと, つとめなく, ひとは, ふるえる指先, まさに養うべき, まだことごとく展開, ものです, わが身に, センスとが, 一側を, 一時の, 世話を, 中これを, 主張を, 事なら, 事は, 事を, 五人であった, 五人に, 人々の, 人でない, 人も, 今日の, 何ものなる, 使徒であった, 修行中その, 兄である, 兄専六は, 内君は, 内容を, 前へ, 創造力を, 勝利に, 原則たり, 原理が, 去った翌年, 又弟子日圓が, 友に, 友の, 名が, 名は, 名を, 君であった, 君徳の, 善たるを, 善にか, 嗣子と, 基と, 基礎を, 塊の, 声は, 多きに, 夥伴に, 大会を, 大素経, 奉仕の, 女将が, 妻に, 妻鉄を, 姉壻に, 始まりかつ, 姿は, 姿を, 姿勢が, 威厳に, 娘である, 子長を, 存立の, 学業に, 完きものた, 完全なる, 定義は, 宝玉を, 実現, 実行を, 害悪とも, 小売りを, 屍体に, 屍体の, 屍体は, 屍体を, 廻転に, 徳は, 心弱きか, 思想と, 性だけが, 恩恵との, 恩惠の, 悪に, 惡に, 感覚が, 感覚と, 態度には, 所在は, 扉を, 手を, 手足に, 扼痕に, 指は, 敵である, 料理に, 料理徃時の, 方は, 方よりも, 方面と, 方面ほどに, 旧師には, 昏倒と, 時には, 時代が, 暖簾を, 暗示に, 未定稿が, 未来の, 本末なる, 板場が, 栄ゆる, 根本に, 梵妻が, 極致だ, 極致である, 極致としての, 概念の, 権化だった, 欠如でない, 歴史は, 死因に, 死因に関する, 氣の, 法則に, 津田は, 源なる, 滿たす如く, 特に優秀, 玉の, 理想, 理想と, 理想ばかり, 生れたの, 生れた時, 生命, 生長善の, 異名, 痕跡を, 発するは, 目前に, 目的の, 眼に, 社会組織を, 神が, 移った緑町, 種の, 空想を, 範囲に, 精神の, 素質が, 絵の, 総計よりも, 考えが, 背後には, 胎たるべし, 胞衣を, 臣である, 芽を, 行為には, 行為に対する, 行為を, 裏な, 襟に, 西なる, 要求の, 要請であった, 親許から, 観念が, 観念なども, 角を, 註が, 身に, 身には, 身の, 身の上である, 身体が, 轎に, 追求を, 道に, 道を, 道徳的行為を, 部屋に, 部屋を, 長子が, 長男である, 関心鈍き, 面, 養父矢島玄碩の, 首である, 骨董商時代は, 魂が

▼ 善~ (260, 6.7%)

8 行ふ 4 して 3 なすこと, なすもの, 勧め悪, 尽し美, 求めて

2 [14件] しようと, なしたいという, なすの, なす者, もって, 欲する, 欲せば, 為すの, 行なって, 行ひ, 誇張し, 責むるの, 賞し悪, 選ぶこと

1 [205件] あまり有難く, あらは, いうこと, いうの, いたし候, いたせば, おこなおうと, お望み, くつがえそうと, したいという, し度, すすめ悪, する人, する機会, すれば, そこなう荘厳, つきえ, つくし美, とって, とらないの, なさせん, なさないの, なさんが, なさんと, なした, なしたいこと, なしたが, なしたこと, なしたという, なして, なし得たとしても, なし得るの, なし悪, なすため, なすという, なすは, なすより, なす場合, なせば, のべ邪, ひき出すと, みだすもの, もて汝等, シャルルの, 不愉快な, 事と, 体験し, 作さざる者, 作すこと, 作すべし, 作品の, 促進する, 信じなかったが, 修めて, 修め悪, 助けぬ外道魔道, 動そうと, 勧めて, 勧めよ, 勧め徒, 勸め惡を, 去れば, 取り, 取る意志, 受くる, 受けて, 受入れんには, 呼び起こそうと, 呼んで, 善と, 善として, 善なりと, 喜ぶの, 囲って, 圧しかくして, 報いなければ, 多くの, 夢想し, 失ひその, 奉行し, 奬めるよりも, 好し悪, 好み悪, 官費生たらしめよう, 実行し, 實現する, 尊び悪, 尽くし美, 尽さず宜しく, 尽し出るに, 尽す, 山田の, 帰らせた, 庵主が, 引き出すと, 彼は, 忘れず, 忘れる, 思うなく身, 思はずば, 思ひ誠實, 思わずいずくんぞ悪, 悪として, 愛し道, 愛するその, 愛する者, 成し美, 成すべし悪人, 扶掖した, 捨てて, 排斥す, 排斥せん, 掘り出さんが, 採用せね, 探求すべき, 推重し, 揚げ復勗むる, 放ち遣ること, 教育する, 施こす, 施し社寺, 施すが, 施すとともに, 昌忠と, 期したもの, 期して, 楽しむよい, 構わない荘厳, 標榜し, 求むるという, 求むる我等, 求めること, 求める心, 求め美, 為さんと, 為したる者, 為す也, 為す善, 為す彼力, 為す惟日, 爲さんと, 爲すとも, 爲すの, 獎勵す, 現は, 生んだという, 盡し, 盡した, 直と, 県の, 県令に, 知らざると共に, 知る, 祈り求めねば, 私に, 積みて, 積み仁, 積み悪, 絶対の, 美しき言葉, 脱せず無為恬淡, 行い徳, 行うという, 行うに, 行うよう, 行っても, 行つたといふ, 行ない, 行ないもろもろ, 行ない功徳, 行ない自他, 行なうに, 行なおうとしても, 行はんと, 行わしめるよう, 行わんが, 褒められても, 見すべし, 見ずして, 見ては, 見るによりて, 見れば, 親む, 訪うと, 誇らないとか, 認めて, 語る魂, 諸君にも, 豊かに, 責めるにも, 超越し, 踏みしき悖れるを, 輕ん, 輕信しない, 輕信する, 追いさだめの, 追い悪, 退くなり, 送るもの, 選ぶ自由, 鉄に, 除く外, 隔たる一歩, 面責し, 音楽の

▼ 善~ (254, 6.5%)

15 急げと 10 急げで 8 急げだ 4 急げじゃ 3 いそげと, 急げ 2 急げという, 急げの, 悪に, 悪の, 早くも, 本所緑町の, 頭の

1 [197件] あまりに狭く, ありは, あること, いそげこの, いそげだ, いそげだ早速, いそげとばかりに, いそげ御意, いわゆる心打, かねよし, この夏, この女, この年二月二十八日, この年十月朔, この時矢島氏, この金, これらの, しげよしで, しばしばその, するが, その善, その後に, その悪, その間人間最大の, それぞれ科学政策道徳の, た, つねよし, どうした, どうなる, ない, なにゆえに, ほど遠からぬ, また善く, まだ四歳, まだ少年, まだ幼い, もし幽霊, やすよし, われ知らずに, ハタと, 一の, 一喝を, 一悪を, 一方では, 七月十七日に, 七歳で, 丈太郎の, 三十三歳であった, 不信の, 不行跡の, 久しぶりに, 二十一歳に, 二十七歳養子周禎は, 二十四歳で, 二十歳に, 二年前から, 人を, 人間の, 今は, 今年四十一歳で, 伝手を, 何を, 何んと, 克子に, 八月十八日を以て, 再び汝等, 冷たい岩, 凡ゆる, 分明に, 初午の, 前年の, 前年以来矢島氏を, 医として, 医者と, 医者の, 十二月四日を以て, 十五歳五百は, 可哀そうだ, 吉原の, 同家に, 名を, 君たるの, 唐の, 善なる, 四月に, 四月七日に, 四月二十二日に, 多く偽善たる, 大伴家の, 天で, 天来の, 太田南畝が, 妹の, 妻鉄を, 学問では, 実に彼, 実は今日, 宴会を, 家禄を, 寒々と, 寝て, 少時放恣佚楽の, 屏風岩の, 山田の, 山田昌栄の, 己が, 常に保護, 常に虚僞, 廉い, 弘前に, 張昭にも, 当時三十六歳で, 心せわしく, 念の, 思ったん, 急いで, 急ぐべしと, 急げこれから早速, 急げだから, 急げだが, 急げだ手當, 急げだ髪, 急げちゅうことがあるけんなあ, 急げでございます, 急げです, 急げとか, 急げ一刻, 急げ直ぐ, 急ごうじゃ, 悪と, 悪ならず, 悪を, 悲痛の, 戮力を, 抗告を, 抽斎全, 改めてその, 書を, 最も内容, 最初に, 月の, 朝の, 東京を, 松川飛蝶と, 枕辺に, 根岸の, 母に, 母を, 法衣の, 浦和県の, 涙を, 渋江一族の, 無垢ならざるべからず, 父の, 珠数を, 発見した, 目が, 真っ暗な, 矢島氏の, 矢島氏を, 破格であった, 私費を以て, 等を, 等外一等出仕宮本半蔵に, 経史を, 絶対です, 纔に, 美で, 美より, 美よりも, 聴かなかった, 腹痛を, 自ら雪を, 自己が, 自己の, 艫に, 英語を, 藩学の, 蘭軒の, 蝙蝠傘と, 行い難い, 西館を, 要なく, 諸方の, 身動きも, 近習小姓の, 遂に素行, 部屋を, 鉄を, 長い戈, 長大息し, 門を, 陸が, 頗る廻転, 頼遷で, 馬鹿, 龍之

▼ 善~ (189, 4.9%)

5 はすぐ, は答えた 4 と松吉, は云った 3 が来た, を介抱

2 [12件] が召し捕り, が待っ, が来, が進ん, であった, というの, と幸次郎, の報告, はささやいた, は顔, をつれ, を出し

1 [141件] おめ, がこんな, がす, がそこら, がそれ, がそれでは, がひどく, がぼんやり, がもう少し, が代, が代らなかつたら, が先ず, が内, が出かけ, が大, が小, が戸, が持っ, が糸, が腰かけ, が茅町, が見付け, が追って, この三人, だけが内, でございますよ, でも呼ん, でも喜六, という子分, と一緒, と三人, と亀吉, と入れ替つた, と娘, と差し, と手わけ, と手分け, と相談, と知つて, と顔, にささやいた, にさんざん, にはまことに, にわかれ, に云いつけ, に交渉, に注意, に着せる, に訊いた, に追われ, に頼む, に風呂敷, のこと, の三代, の娘, の所業, の方, の死, の気持, の気風, の眼, の縄, の膝, はあと, はあやうく, はあるき, はうなずいた, はお, はかれの, はここ, はすこし, はつかつか, はまた, はまだ, は一々, は万歳, は予定, は云い出した, は井戸端, は伝蔵, は俄, は冷えた, は又, は友蔵, は口唇, は大工, は小声, は少し, は少しく, は帰っ, は帰った, は干潟, は床, は心得顔, は手, は折り重なっ, は生き返った, は疑う, は眼, は空, は立ち寄っ, は考え, は肩, は自分, は藤屋さん, は訊いた, は話しつづけた, は説明, は請け合った, は軽蔑, は還し, は靴, は飛んだ, もうけたる大金, もうなずいた, もお, もおどろい, もつづい, もまじめ, も一緒, も同様, も廻っ, も怱々, も無言, も知らなかつたらしい, も笑った, も黙っ, をおびやかす, を一番先, を促し, を呼び, を呼んだ, を害め, を折伏, を案内者, を殺し, を殺した, を突きのけ, を見せ, を貴様ら, を鯨幕越し

▼ 善~ (172, 4.4%)

21 悪との 7 悪とは, 悪とを 4 悪とが, 悪とに, 美と 3 信じて, 悪, 福との, 美との 2 いい悪, いへども, し真, すれば, 云ひ, 呼ばるべき, 思ふ目的, 結合しなかった, 美とを, 美の

1 [93件] ありますが, あれば, いい難し, いえば, いひ慣れざる物, いふ, きめて, されて, されないならお父さん, されるの, します, し悪, し給, し退化, す, すと, すべし, なく悪, なし, なすしかるに, なりある, なりその, なる, なること, みなし目上, 一しよ, 与に, 云い悪, 云う事, 云う僧侶, 云ふ, 他の, 信じる習慣, 倶に, 到底一致, 名づけ顔容端正人, 呼ばれるの, 塩田氏とが, 多くの, 妻鉄とを, 幸福とは, 幸福に, 悪が, 悪たる, 悪である, 悪という, 悪といった, 悪の, 悪は, 悪呪咀と, 悪存在者相互の, 悪得と, 悪正と, 惡, 惡と, 愛と, 愛の, 支配者にとって, 書き留めて, 書き留められて, 書き留められない, 書き留められないから, 正義との, 正義の, 正義への, 正義観といふ, 民衆の, 相並ん, 矢島氏を, 知りつ, 福とは, 称して, 称し難い, 称す, 美とが, 美とに対して, 美に, 美も, 見えて, 見たもう, 見る判断の, 解釈する, 言うの, 言ひ, 言われたもの, 言ッちゃ, 認めら, 調和とを, 謂ひ, 貫一は, 鉄との, 雖も, 青いネオン

▼ 善~ (125, 3.2%)

8 して 3 向ふ 2 しろ悪, しろ惡, せよ悪, まれ悪に, 捷ちおおせる, 赴かしめる所以, 赴く

1 [100件] あらざるか, あらざれば, あらず, あり善い, あれ悪, いそしむ心持ち, かえり悔悟, この上, しろそれ, しろ悪い, せよ後世, そむけて, つけそれ, なったの, なり迷えば, なるなどと, なれば, ましまし萬物, まします故に, また善行, むかはしめ, むかはせあしき, ゆかしむる, よく似た, 与し悪, 与するところ, 之か, 伴つてゐる, 似ざら, 傾向する, 充たされた世界, 兼て, 冷やかな, 出でしむることが必要, 励みます, 勝つかという, 勤料三人扶持を, 化けた狐, 匹敵し得る, 医者降, 協ひ, 協ふ, 及ぶまでの, 向います, 向かって, 向はしむるなり, 向はしむる積極的教訓, 命じた名, 命ずるに, 善にと, 喩へ, 回へ, 執する者, 変じ善, 女装させた, 宛てて, 對する, 導かんと, 導きしかして, 導き社会, 導く方法, 就かねば, 就く義務, 属すもの, 帰せしむるの策, 帰せしめなければ, 帰って, 庶民の, 従う者, 志そうと, 急げ惡, 感じ悪, 或ひ, 手を, 改めたとて, 油断も, 献じたいと, 福し, 福す, 移りゆく, 移るの, 移る事, 立ち返った者, 紹介せられ, 至っても, 薦められて, 行き鯛料理, 誇って, 誇らず労, 赴いたもの, 赴かしめん, 起請文を, 趨り, 転じ善, 逢って, 進み入る, 遇うたもの, 違いない, 遭ふ, 高められかく

▼ 善~ (119, 3.1%)

4 生れた 3 東京に 2 あるの, これに

1 [108件] あつた, あり悪, ある, ある故, いちばん幸福である, いった, いづれもたゞ己, この令, この鉄, この頃母五百, すべて偽物であった, その出, その時, その駕籠, ために, なり立たないよう, ひどく犬, まだ寝ない, ゆうべから, ゆうべこの, ゆくえ不明に, 一方の, 七月二十六日を以て, 二十七歳で, 二十三歳で, 二十六歳で, 五十四歳で, 代理で, 住む, 住職に, 何かと求めさし, 俗名の, 保さんの, 儒と, 克子さんを, 共に受け, 共立学舎に, 内意を, 出掛けて, 勝つと, 十七歳で, 台所町の, 埼玉県出仕に, 夢殿の, 失神し, 失踪した, 始て, 実は一人, 実家に, 宰領し, 家を, 尊いの, 山田椿庭の, 川口に, 庶務局詰に, 引いて, 弘前で, 後王皎崔元が, 従学し, 従学した, 必ず悪, 悪に, 悶を, 懐から, 戈を, 我等に, 所有する, 持出した蔵書, 改悛の, 新に, 既に十歳, 時として之, 書いた, 栄えると, 歿した, 母と, 江戸でも, 沈む時, 津軽承, 活花の, 浜町中屋敷詰の, 海保の, 渋江の, 滅びるという, 父兄と, 病んで, 相識の, 眞理と, 真理と, 筆札の, 耀くの, 莫大小の, 薄弱な, 藩主津軽順承, 行末の, 裏である, 見附けて, 諸種の, 責任ある, 身上の, 輸入される, 近習小姓を, 隠居させられた, 隠居の, 雪中に, 養子に, 養父の, 駅を

▼ 善兵衛~ (92, 2.4%)

2 がいった, というの, と名, の家, の屋敷, の葬式, の親爺さん, の親爺様

1 [76件] からゆき子, がお, がちょうど, がどなる, がまた, が入, が娘, が弟政吉, が折, が暖簾, であった善兵衛, である, といい, というもの, というやつ, という老人, と云, と茶道, などが舌鋒, にいった, には罪, に持たせ, に斯く, に比べる, に聞く, のところ, の仕業, の娘ゆき子, の探知, の最後, の歎, の気, の申立て, の蜘蛛, の親爺, の説明, はあした, はあの, はいった, はいよいよ, はいろいろ, はこと, はなに, はやはり, はバンザイ, は一, は不平, は五番目, は先刻, は半, は叔父, は各, は大, は容易, は彼, は忌々し, は手錠, は漸く, は激怒, は相手, は知らなかった, は自分, は若い, は苦り切っ, は莫迦莫迦, は警察, は足もと, も上がっ, も吟味, も色, も驚い, や妻, や村井河内守, を呼出し, を探す, 之墓

▼ 善~ (90, 2.3%)

2 と典膳, の剣, はひどく, を見る

1 [82件] か, があった, がうむ, がじっと, が一統, が典膳, が呶, が憎く, が自慢ばなし, が薄々, すなわち護法神, である, でございますが, というの, とかいう弟子, としてはつけ入る, となる, とはなしたい, とは依然, と五兵衛, と仏, と結ぶ, なの, にあり, にその, になる, には強, に向っ, のす, のどこ, のハゲ頭, の再来, の如く, の影, の我意, の政敵, の敵, の罪, の肥肉, の胸, の蔭口, の藩, の血相, の面, の顔半分, の髪の毛一すじ, はいよいよ, はそう, はそっぽ, はその, はたまりかね, はなお, はばッ, はよく, はよほど, はカミナリ大臣, はヨロイ, は五鬼, は何, は兄弟子, は典膳, は喋舌, は大股, は懐中, は時折, は桑名, は正直者, は牙, は革襷, は風呂場, へ云い渡した, もかねがね, もすでに, もよろこん, も土間, や五兵衛, よゆるせ, よりずっと, をしげしげと, を仆, を思いだした, を斬った

▼ 善~ (87, 2.2%)

4 の標準, は兎, を知る 3 にし, の差別, の混淆 2 なき女房共, の, の別, の觀念, は兔, は別, も其瞬間, を測る

1 [50件] がある, さだめたま, とか好, と云, と言, なしと, などは問題, によつて, により上, に關, のいづれ, のわからない, の何れ, の區別, の名, の問題ぢやあ, の報い, の奮鬪爭鬩, の情熱, の應報, の行, の行爲すべて愛, の記録, の追求, はその, は云, は我等, は明瞭, は暫らく擱, は更に, は確か, は迷妄, や正, よりも感覺, をも忘れ, をわかち, を判ずる, を判斷, を別, を味, を問, を問うた, を定, を洞察, を洞見, を知らない, を言, を論ずれ, を超越, を選

▼ 善兵衞~ (65, 1.7%)

3 の死骸

1 [62件] から引出せた, が下, が千兩箱, が折, が暖簾, が死ね, が死ん, が自分, が自殺, ですよ, と一緒, と名, と言つて, には中風, には罪, にも頭, に助けられ, に取, に怨み, に比べる, に見出され, の亂行, の二人及奧宮健之, の夜, の家, の惡辣, の日頃, の最後, の歎, の氣, の煮え切らない, の甥, の福徳, の部屋, の鍾愛, の非難, はあの, はいよ, はこと, はさ, はその, はまだ, はもと, は一季半季, は五番目, は先刻, は半, は四十八, は御, は念, は梁, は漸く, は聲, は自分, は藏, も娘, も番頭, よりは確り, をうんと, を一番, を忘れられ, を怨ん

▼ 善~ (53, 1.4%)

13 悪も 5 ない悪 3 ない 2 惡も, 美も

1 [28件] あり不善, あり惡, あるなく, あるの, およぶこと, これらの, その通り善悪, なく悪, なし, なし得ない者, 丈太郎も, 不仕, 不善又は, 壮も, 悪もみ, 戸主だ, 投げ悪, 敗北し, 来て, 無ければ, 神も, 結局は, 自ら行なう, 良三も, 要に, 跡に, 隆光も, 黙って

▼ 善なる~ (51, 1.3%)

5 ものを 3 ものは 2 が故に, ことを, ものが, ものと, もの美なる

1 [33件] かぎり, かぎり知らる, か善, こと, なつかしいもの, にあらざる, もとより論, ものだ, ものである, ものに, もののみしか, ものグニャグニャし, もの惡なる, もの正なる, もの無垢なる, もの調和ある, も善し, も理, ゆえに, よりよし, を疑ふ, 人間として, 天力に対する, 女性, 建設への, 意志に, 意志の, 神の, 立場等々は, 第一, 者なし, 者は, 行為である

▼ 善さん~ (49, 1.3%)

3 なるもの 2 じゃねえ

1 [44件] おまつ等, お用いなさい, がどんなに, が南京袋, が可愛い, が憎らしく, が推摩居士, が覗い, しッ, じゃねえだろ, じゃねえ善さん, たア比較物, だか, だッ, でしたか, でしたよ, ですよ, でも, と一しょ, と云う, と今, と新, どうなす, なんぞも当分, にゃ気の毒, のこと, の奮っ, の姿勢, の採訪, の死因, はあられ, はあんなに, はまじまじ, は一時, は二十六歳, は明治四十年頃, は来, もお客, も一つ頂戴, も気の毒, や, を吉里さん, 御返杯, 早くお

▼ 善~ (49, 1.3%)

5 の家 2 の伯父, の方, はカラカラ

1 [38件] からせ, から毎夜, から狸穴辺, が性, でも, で寢, という新発意ただ一人, にある, にはねおれ, に住ん, に出, に置い, の伯父隈井九郎右衛門, の千代子, の大興善寺等, の泥鰌屋, の皿, の窪, の細い, の繼母, の辺, の追いせまる, の通り, はイマイマ, は大, は息, は海津城, は涙, は舌なめずり, は詮方, は食べ終る, へ出かける, へ出させた, へ歸つて來, も五皿目, をも泣かし, を下, を出た

▼ 善~ (48, 1.2%)

4 はさらに

1 [44件] いつもながら, である, とともに見知らぬ, との間, とはややしばし, なり, なりき, なること, につれ, にも告げず, の耳, はうるさ, はことに, はそのまま, はなお, はまた, はわれ, は一, は一時, は二つ返事, は初めて, は大いに, は席, は待ち構えたるごとく, は息継ぎ, は手, は振り向きぬ, は早, は朝まだき, は烈火, は独り中, は競い立ち, は笑い, は笑い出せ, は見, は起き直り, は足音, は身, は酔い, は頭, またその, も笑い出す, を人知れず, 農士が

▼ 善ニョムさん~ (43, 1.1%)

2 の身体, はまた, は寝床, は息子達夫婦, は首

1 [33件] が擲, の子供, の眼前, の頬冠, の鼻孔, はそう, はその, はびっくり, はまったく, はもう, はわからなかった, はケロリ, はソロソロ, はハッ, はヨロ, はリュウマチ, は今朝, は充分, は天秤棒, は子供, は小作, は幸福, は感心, は気がつい, は泣声, は片手, は老人, は腰, は頭, もブルブル, を寝かした, を寝床, を睨んだ

▼ 善五郎~ (38, 1.0%)

5 を殺した 4 の首 2 の恐怖, は武家

1 [25件] が溜め込んだ, が飼犬, とは何ん, と堀幸次, と拙者, と關係, には何より, に愛想, の亂, の奉公人, の幽, の死體, の殺された, の舊惡, の裕福さ, の許, の隱, はさ, は五十, は恐怖, は昨夕, は殺された, は氣, は藩金, は金錢上

▼ 善である~ (32, 0.8%)

2 かを明晰, ことを, しまた, 私が

1 [24件] かということ, かはこの, からだ, からよしや少しく, かを彼ら, かを諄々, か何, が善, ということ, といったご, ところへ迄も, とはいえません, と主張, と信じ, と思い直す, と考える, と言, と言われ, と錯覚, なぜならこれ, にしろ, またその, 然るに何故に, 美である

▼ 善とは~ (31, 0.8%)

10 何かという 4 何か

1 [17件] いわない, いわれない事件, ちがったもっと, なんである, 両立せね, 人格の, 何かと懐疑, 何かと私, 何ぞや, 優善が, 全体としての, 善悪その他の, 屍体の, 榛軒の, 科學的條件の, 親善で, 違う

▼ 善右衞門~ (31, 0.8%)

3 の宅 2 の所, の手代多助

1 [24件] から炭, から着物, が, が一番大, が得心, が見, が遅く, でこれ, という炭問屋, と申す, に助けられ, に預け置きまし, の二人, の嫡子善之進, の家, は五十三歳, は大, は宅, は案外, は百日, へ八十両, を命, を始め多助, 大きに気力

▼ 善~ (28, 0.7%)

4 の声 2 がびっくり, が又, が叫び, です, とその, のお母さん, の家, は又, もしばらく, も一杯 1 がいいました, が云, が答, が答えました

▼ 善~ (28, 0.7%)

2 の蔭

1 [26件] さえ無い, である, であるから, であるの, と争う, と同じく, と同一, と崇め, などいう, ならぬも, なりと云う, に使役, ののりと, のもの, の列, の力, の勝利, の名, の声, の慈愛, の所為, の考, の道, は供物, を云, を扶

▼ 善~ (27, 0.7%)

10 悪か 2 ッた, 何が, 惡か

1 [11件] つた池袋駅に, つた行乞中は, りき, ッたかい, 不善か, 悪かという, 悪かを, 惡かの, 惡かを, 極悪か, 誰が

▼ 善知識~ (27, 0.7%)

1 [27件] が生, そのお, ぞや誠, だ, だと, だろうと, であったかも, である, として修業, として髻, となれる, とも名僧, と伝えられた, と称し, なくその, なり説, になる, に召され, に遇う, のもと, の引導, の為め, も煎じ詰めれ, をへめぐっ, を一人, を天下, を見ざる

▼ 善~ (24, 0.6%)

32 はまだ

1 [19件] がその, といちど, などに飯島様, に嫁, に板橋, に送られ, の女, の暗示的, はお, はきつ, はその, は奥, まだか, や大急ぎ, や手前, や玄関, や誰か門, 寝惚, 居ないか

▼ 善かつ~ (22, 0.6%)

3 たが 2 た, たと, たので, た為

1 [11件] たかも, たから, たからと, たせい, たねえ, たの, たもの, たやう, たわし等, たんべ, た兄妹達

▼ 善でも~ (21, 0.5%)

5 悪でも 2 ない悪, なく悪, なければ 1 あれば, ない, ないある, ない中間, ない惡, 仕とげなければ, 浸しものに, 無ければ, 美でも, 腹を

▼ 善にも~ (21, 0.5%)

5 あれ悪 2 強しと

1 [14件] あらずまた, 向くべきその, 強い, 強いが, 強いという, 強くなる, 強ければ, 強しの, 悪にも, 愛せられた, 早く立, 移らないし, 聞いたさ, 行動これが

▼ 善~ (21, 0.5%)

1 [21件] が八十八賀, が着物, だぞ, だってあれ, っての, という人物, という存在, とちっとも, とのあいだ, と看板娘, なんて名, の作者, の言葉, はたしかに, もそれ, も娘, を勤める, を演じる, を見せる, を観た, を訪い

▼ 善ちゃん~ (20, 0.5%)

2 の意見

1 [18件] あの犬, がいいました, がたずねた, がポケット, が笑いました, が答えました, が自分, だけはお父さん, だったので, という男の子, の手, の顔, は都立, もほめた, や勇ちゃん, や勇ちゃんたち, を抱きかかえ, 危ないッ

▼ 善~ (19, 0.5%)

2 さうな顏

1 [17件] が恥ずかしく, さうなもの, さうなものぢ, さうなやり, さうな四國遍路, さうな顔, さうに, さうに声, という川柳, とその, は卑俗, も美し, をみつけ出す, を呼び, を失はず, を感じ, 悪さ

▼ 善~ (19, 0.5%)

2 の死骸

1 [17件] が支配, といふことに, とか言つた, とすつかり, と仲直り, にくツ, に附屬, に頼ん, の仕業, の家, の手下, の方, の血統, の行李, の部屋, の配下, の黒い

▼ 善作さん~ (19, 0.5%)

4 の家

1 [15件] が帰つて, にその, に二人, に宛て, に抱きついた, に詫びついた, のかみさん, の手, はかみさん, は事情, は云, は唯, は我が, は私, も強

▼ 善性坊~ (19, 0.5%)

1 [19件] がそれ, がひとみ, が身, が面, ではない, というもの, といえ, とやらをこれ, と大野木土佐守, なるもの, の首, はいよいよ, はどうして, は横山, は縄目, は面, は黙, も一笑, も顔

▼ 善~ (18, 0.5%)

2 がある, の人

1 [14件] というもの, と兇悪, と悪性, など受けつけたくない, にかえり, にむすびつく, の屈伏力, もある, をあらわした, を傷つけ, を向けた, を失つた, を昂め, を生れつき

▼ 善さそう~ (17, 0.4%)

1 [17件] だが, だと, なこと, なこの, なん, な人, な品, な声, な奴, な爺さん連, な眼, な眼付き, な笑顔, な陶器師, な顔, に笑った, に見える

▼ 善~ (17, 0.4%)

3 何が 2 あらうと

1 [12件] あつて, あらんが, あり得るなり, そうでない, はもう, また私ども, 三年前辛亥に, 何方が, 呪うこと, 悪だ, 裏は, 誰が

▼ 善とか~ (17, 0.4%)

4 悪とか, 悪とかいう 2 惡とか 1 はり純潔, 云う概念, 悪は, 新橋の, 美とか, 言う他, 言ふ

▼ 善~ (15, 0.4%)

2 の持ち居る

1 [13件] が手前, が誰, つかまると, と三平, に賭事, の右, の手品, の髻, よくつかまつ, をこれ, を背負, 来て, 真似を

▼ 善~ (15, 0.4%)

4 の感じ

1 [11件] といふ言葉, ともに, なら悪, に関はり, の区別, の意識, の法則, の言葉, はしん, もそれら, 以外に

▼ 善~ (15, 0.4%)

8 畏三藏 3 畏三蔵鈔 2 畏が 1 畏, 畏の

▼ 善~ (15, 0.4%)

2 して, によつて

1 [11件] が直に, したといふ, した場合, する, するに, する第, の場合, の際, は先づ身體状態, も惡變, より及ぼし

▼ 善~ (15, 0.4%)

2 がいった, がさけんだ, と伊孫 1 がいう, がまじめ, が不安そう, が心配そう, が毛布, と伊孫その他最年少組, のやつ, はおずおず, は大

▼ 善という~ (14, 0.4%)

1 [14件] ことであったろう, ことと, のが, のは, ものが, ものを, ような, ように, わけに, 固定した, 性格において, 派手な, 袋物屋へ, 観念は

▼ 善~ (14, 0.4%)

1 [14件] あり, というの, と云う, に一樹, に弟子入, に納める, のそば, の住職, の客僧, の話, は養家斎藤氏, へ私, へ粥河様, をことほぎする

▼ 善であり~ (13, 0.3%)

1 [13件] その反対, 之に, 乍ら他人を, 力こそは, 寿であり, 彼等に, 悪であり, 悪である, 真である, 知的に, 美であり, 芸術の, 解放は

▼ 善~ (13, 0.3%)

1 [13件] 人の, 善を, 悪や, 意圖のみの, 紀伊守橘公廉の, 美が, 美しき意圖, 美に対する, 美や, 美やの, 美を, 自分の, 芸術家の

▼ 善~ (13, 0.3%)

2 というもの

1 [11件] が即, といった, と京水, と姪京水, の京水, の廃せられた, の条, は京水, を信郷, を出す, 因戸田氏之

▼ 善~ (13, 0.3%)

2 第一日想観, 第一日想觀 1 が来, が来る, が籔内, が結婚, が頭, のところ, の許婚, よりはある, を教える

▼ 善~ (12, 0.3%)

1 [12件] かしらぬ, じゃった, でもある, というの, に, に伴, に習, のやう, も善友, も悪友, を侶, 第一

▼ 善かりし~ (11, 0.3%)

61 なり, に, を証する, 人彼の, 某姉

▼ 善との~ (11, 0.3%)

1 [11件] うちに, 一致を, 世界を, 兄優善は, 峰は, 教をも, 根拠を, 根據を, 発動は, 結合であった, 靄の

▼ 善より~ (11, 0.3%)

2 これに 1 するも, まされる善, 悪に, 悪へ, 惡に, 未だ離れし, 滴るもの, 重大である, 重大な

▼ 善~ (11, 0.3%)

1 [11件] が夏草, が来ます, という下部, にて, のはら, はご, はもと, は狩衣す, は眼, は近々, を手

▼ 善~ (11, 0.3%)

1 [11件] があり, というの, とは顔見知り, と云, と初めて, に向い, に呼び出され, に米味噌其他, は初子, は相模屋, は知り

▼ 善~ (11, 0.3%)

1 [11件] があった, であること, となる, の対象, は, をする, をせね, を修し, を積む, を絶えず, を行なっ

▼ 善なりと~ (10, 0.3%)

1 しその, して, し不徳, ほめられ最も, まあよろしい, 云ひ, 信ずるに, 大掴みに, 断定する, 認めたる支那

▼ 善への~ (10, 0.3%)

2 関心が, 関心の 1 不正より, 人間の, 到達の, 憧憬が, 模索, 願いと

▼ 善三郎~ (10, 0.3%)

1 が付い, が迷惑そう, と家康, にただし, に会いたかった, に挨拶, は善七, は無礼, を最後, 洗い方藤八

▼ 善太夫~ (10, 0.3%)

1 が本邸詰, ではない, という者, に一瞥, のいた, のほう, は両手, は口ごもった, は答えなかった, は顔

▼ 善~ (10, 0.3%)

2 律, 律の, 律毘婆沙第 1 律には, 律は, 律毘婆沙は, 毘婆沙律

▼ 善財童子~ (10, 0.3%)

2 の求道譚 1 がこの, が五十三人, のよう, の住ん, の跡, は命令, は文殊菩薩, は道

▼ 善から~ (9, 0.2%)

2 ざるに 1 ざるの, ざる名の, して, め, 区別された, 區別された, 生ずるもの

▼ 善~ (9, 0.2%)

2 か悪 1 し親, というで, のと, やら何, やら惡, 悪だ, 愁うの人

▼ 善とも~ (9, 0.2%)

3 悪とも 1 なり悪とも, 名づけられねば, 悪ともい, 知らず悪し, 美とも, 言われ悪

▼ 善~ (9, 0.2%)

2 の人 1 であつ, の子, の家, の聞, も亦, を以て聞えた, を口

▼ 善~ (9, 0.2%)

1 が文珠, に伝える, の形, の旅, の求道, はついに, は彌勒, は求道者, を見出させる

▼ 善には~ (8, 0.2%)

1 ならない, 善報あり, 塩田良三という, 屁の, 必ず悪, 悪罪と, 母を, 至り難い

▼ 善~ (8, 0.2%)

1 ではない, と娶, と申します, どんと無駄話, に力, に娶合せよう, は善人, は立上がりました

▼ 善~ (8, 0.2%)

3 を滅す 1 ありて, の生ずる, を修する, を行う, を退失せる

▼ 善~ (8, 0.2%)

1 であるよう, です, でない, にもならない, の如何, をお, を容, を示し

▼ 善~ (8, 0.2%)

2 と云, の四聲指歸 1 の一番下, の本, の經字, の著述

▼ 善~ (8, 0.2%)

2 の上, の理想 1 というよう, なるもの, の形式, はまた

▼ 善~ (8, 0.2%)

2 というの 1 と申される, と申す, に侘住居, に相違, をたずねる, 蔵するところ

▼ 善~ (8, 0.2%)

3 と悪魔 1 がゐる, である, で矮魔, に, は私

▼ 善~ (7, 0.2%)

2 は一切 1 である, と云う, の互に, は, 聰慧者

▼ 善尽し~ (7, 0.2%)

3 美尽し, 美尽した 1 美尽せり

▼ 善~ (7, 0.2%)

1 の働, の共鳴作用, の結果, よりも共鳴作用, を保たん, を生ずる, を發

▼ 善~ (6, 0.2%)

1 ことも, だとも, だの惡, もんだ, 女だ, 處だ

▼ 善~ (6, 0.2%)

3 来た, 来たな

▼ 善なら~ (6, 0.2%)

1 そんな善, んか, 事なかれ, 俺は, 善悪なら, 無事であれ

▼ 善九郎~ (6, 0.2%)

1 そのほか五, というお, という人, という者, と申す, をつれ

▼ 善十郎~ (6, 0.2%)

1 から鉄砲, の指図, は少し, は決して, へ著, を迎えました

▼ 善~ (6, 0.2%)

1 が死んだ, というの, という坊主, という若い, の部屋, は船橋在

▼ 善~ (6, 0.2%)

1 は善報, を修め, を得, を結べ, を養い, 異なれば

▼ 善書堂~ (6, 0.2%)

1 が今, といふ本屋, のこと, の主人, の軒先, は古本

▼ 善~ (6, 0.2%)

1 から申されました, が収集, が私, が筆, の仲介, の話

▼ 善かるべく~ (5, 0.1%)

3 と御 1 又, 經濟家として

▼ 善どん~ (5, 0.1%)

1 さえいつも, なぜうまく, などがいた, に追っかけられた, は眉毛

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 向いつつ, 導こうという, 行ったの, 行つて見たら, 進まんと

▼ 善をも~ (5, 0.1%)

1 修せざる者, 愛せないもの, 支えたもう, 知ろうとは, 願わず南無阿弥陀仏

▼ 善五郎樣~ (5, 0.1%)

1 が生前そつ, とは御, の厄介, は五十, は昨夜人手

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 しつかりしろ, なんかに呑ませ, にも勘太, をつれ, を龜澤

▼ 善即ち~ (5, 0.1%)

1 かれら, 價値である, 生を, 神こそ, 金子善兵衛方です

▼ 善~ (5, 0.1%)

2 の, の報告 1 も引き続き

▼ 善因善果悪因悪果~ (5, 0.1%)

1 と申し, と申します, の規則, 悔い改めよの, 早く絞首台

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 ありという, があり, が義人, を受け, を受ける

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 であらう, とは所謂桜川善好, は客, は榛軒, は甚好

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 がした, が奇術的, は戒律厳重, は重量, を扼殺

▼ 善惡共~ (5, 0.1%)

1 に永井家, に滅茶滅茶, に盲從, に語つて, に默つて聽

▼ 善惡眞僞~ (5, 0.1%)

3 の標凖 1 の二元, の客觀的標凖

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 とを信じよう, の材, は無意識的善夢, や良心, を結び

▼ 善男子~ (5, 0.1%)

1 に化けこん, の恋愛, よかく, よ恐怖, 若し遊ん

▼ 善美壮~ (5, 0.1%)

1 に対する情操, の四面, の考, の解釈, を叙

▼ 善覚寺~ (5, 0.1%)

2 という寺 1 で明かす, に納め, の若僧

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 が寛政九年三月五日, が居宅, は自ら京都, より賜る, 専ら痘科

▼ 善~ (5, 0.1%)

1 から如信, しばらく立った, はよく, を見, を見る

▼ 善すぎる~ (4, 0.1%)

1 からいけない, ために, やうな, わ

▼ 善とを~ (4, 0.1%)

1 一つに, 他人に, 愛した, 確信する

▼ 善なり~ (4, 0.1%)

1 慈なり, 斯る, 絶対的尊貴, 絶對的尊

▼ 善によって~ (4, 0.1%)

1 女性の, 往生を, 抱擁される, 発展させられ煽られ

▼ 善を以て~ (4, 0.1%)

1 するは, 不善に, 宝と, 此を

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 があ, が猫, は一生懸命, は青い

▼ 善兵衛さん~ (4, 0.1%)

1 に手伝っ, はどう, は名, は焼けな

▼ 善右衞門方~ (4, 0.1%)

1 の奉公, の手代多助, は毎度申, へ忠義

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 に一夜, は眼, をたずね, を訪ね

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 とかえ, を結ぶ, を見れ, ヲ見

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 な四つ, な方便, に是, に處理

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 であ, と麾下, の一環, を現し

▼ 善~ (4, 0.1%)

1 たると, に, の感化, 鎮まり雨

▼ 善あり~ (3, 0.1%)

3 悪あり

▼ 善かり~ (3, 0.1%)

2 さうなもの 1 そうな

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 く, ないこと, ないッ

▼ 善だの~ (3, 0.1%)

1 悪だ, 惡だ, 惡だの

▼ 善といふ~ (3, 0.1%)

2 名の 1 善みな汝の

▼ 善とが~ (3, 0.1%)

1 塾頭に, 家族で, 遺って

▼ 善として~ (3, 0.1%)

1 帳面へ, 機密に, 行なって

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 の, のである, 所も

▼ 善なく~ (3, 0.1%)

1 して, 悪なし, 悪無し

▼ 善ならず~ (3, 0.1%)

2 悪ならず 1 しかるにこの

▼ 善に対して~ (3, 0.1%)

1 である, やさしき心, 善を

▼ 善よりも~ (3, 0.1%)

1 他の, 悪が, 惡に

▼ 善万行~ (3, 0.1%)

1 によって往生, の力, を廃

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 というの, と申します, の物語

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 という二十一歳, も寺男, も本山派

▼ 善六さん~ (3, 0.1%)

1 が知らせ, さらばでござん, の前

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 される手, しあるいは, する

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 と云, は初代瑞仙, を書した

▼ 善右衛門~ (3, 0.1%)

1 の親類, 両名, 同庄兵衛

▼ 善周さん~ (3, 0.1%)

2 のお 1 という人

▼ 善報厚酬~ (3, 0.1%)

1 をも得度, を得度, を得度い

▼ 善奉行~ (3, 0.1%)

1 のお, を衆, 諸惡莫作

▼ 善巧方便~ (3, 0.1%)

2 とは畢竟 1 を以て弘誓

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 が道庵先生, だと, は悪い

▼ 善思想~ (3, 0.1%)

1 という積極内容, と仮定, へ強制

▼ 善惡邪正~ (3, 0.1%)

1 が鏡, の何たる, は兎

▼ 善業悪業~ (3, 0.1%)

1 あるじゃ, あるぢゃ, が相剋

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 などは本書, に, に見え

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 が現れるであらう, とある, は習

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 であるか, をもっ, を結ぼう

▼ 善縄大屋子~ (3, 0.1%)

1 の一例, の様, の話

▼ 善~ (3, 0.1%)

2 の寂靜 1 と云う

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 も亦, を見る, を語

▼ 善~ (3, 0.1%)

1 に至る, の示された, は三国伝来

▼ 善~ (3, 0.1%)

2 と五兵衛 1 の息

▼ 善かという~ (2, 0.1%)

1 ことを, ような

▼ 善かるべし~ (2, 0.1%)

1 との考, と思ふ

▼ 善ござんす~ (2, 0.1%)

2

▼ 善さん私~ (2, 0.1%)

1 しに, もね本統

▼ 善さ相~ (2, 0.1%)

1 な温和, な顔

▼ 善たる~ (2, 0.1%)

1 や否, を知り

▼ 善であった~ (2, 0.1%)

1 かと老, のを

▼ 善であれ~ (2, 0.1%)

1 ば皆神道, 惡であれ

▼ 善であろう~ (2, 0.1%)

1 か愛, か然様

▼ 善です~ (2, 0.1%)

1 か, ねしかし

▼ 善でないなら~ (2, 0.1%)

2 美たる

▼ 善とから~ (2, 0.1%)

2 逸脱し

▼ 善とに~ (2, 0.1%)

1 身を, 驚き求め悩むの

▼ 善なき~ (2, 0.1%)

1 ゆへに, を表

▼ 善などは~ (2, 0.1%)

1 どうでも, よく用い

▼ 善なりとか~ (2, 0.1%)

2 美なりと

▼ 善なれ~ (2, 0.1%)

1 ば仕損じますまい, ば後

▼ 善に対する~ (2, 0.1%)

2 責任を

▼ 善ばかりを~ (2, 0.1%)

1 固執し, 彼らには

▼ 善へも~ (2, 0.1%)

2 悪へも

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 づよく神恩と, づ神意を

▼ 善または~ (2, 0.1%)

1 正義である, 至善という

▼ 善~ (2, 0.1%)

2 また必ず

▼ 善よりは~ (2, 0.1%)

1 少きこと二歳, 遙かに

▼ 善~ (2, 0.1%)

2 悪トナイゾ

▼ 善ト云フモ~ (2, 0.1%)

2 悪ニ対スルホドニ善ト

▼ 善三郎等~ (2, 0.1%)

1 の険しい, 去る

▼ 善不屈美~ (2, 0.1%)

1 と名づけられる, と名づけられるべき

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 は跡, を養

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 です, らしい感じ

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 とある, はきわめて

▼ 善八氏~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ 善兵衛おじいさん~ (2, 0.1%)

1 が張っ, が股

▼ 善兵衛老人~ (2, 0.1%)

1 も自業自得, を援助

▼ 善兵衞夫婦~ (2, 0.1%)

1 に合せる, もなにやら

▼ 善凡夫~ (2, 0.1%)

1 なを, を傍

▼ 善卿総領池田瑞英善直母~ (2, 0.1%)

2 は家女

▼ 善卿通称~ (2, 0.1%)

1 は善司, は瑞仙

▼ 善友悪友~ (2, 0.1%)

1 がわれ, のおも

▼ 善友浄土~ (2, 0.1%)

2 の同行

▼ 善右衛門さん~ (2, 0.1%)

1 からよろしく, のおばさん

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 が少く, には出

▼ 善因善果~ (2, 0.1%)

1 の規則, の解決

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 に対する情操, の四種

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 なればとて, 六と

▼ 善如竜王~ (2, 0.1%)

1 が憤っ, をこの

▼ 善尺徳~ (2, 0.1%)

1 をなしたる, を施したる

▼ 善居士~ (2, 0.1%)

2 の額

▼ 善平に~ (2, 0.1%)

1 反りを, 紹介されたる

▼ 善平等~ (2, 0.1%)

2 な知的天分

▼ 善恵上人~ (2, 0.1%)

1 の両, の肖像

▼ 善恵房~ (2, 0.1%)

1 に尋ねた, を頼ん

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 の事業, の場合

▼ 善惡とも~ (2, 0.1%)

1 になほ, に分け

▼ 善惡混淆~ (2, 0.1%)

1 の人生觀, の度

▼ 善慶里~ (2, 0.1%)

1 に至り, に至りた

▼ 善或は~ (2, 0.1%)

1 悪或は, 愛彼等の

▼ 善搏虎~ (2, 0.1%)

1 と伴, は

▼ 善料理~ (2, 0.1%)

1 の今, の粋

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 は何方, へ来

▼ 善法律寺~ (2, 0.1%)

1 では俗, に前夜

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 は遂に, も漢使一行

▼ 善直母~ (2, 0.1%)

2 は家女

▼ 善神社~ (2, 0.1%)

1 に参拝, は本堂

▼ 善義さん~ (2, 0.1%)

1 と菊地氏, は少し

▼ 善義十三観~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 善義十三觀~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 にも悪者, はなし

▼ 善胎学~ (2, 0.1%)

1 とか唱うる, のという事今日

▼ 善良き~ (2, 0.1%)

1 ものや, 日かな

▼ 善若く~ (2, 0.1%)

2 は美

▼ 善藏氏~ (2, 0.1%)

1 に多く, の紹介

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 しそれ, すれば

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 しなんじを, し常に

▼ 善訓蒙~ (2, 0.1%)

1 なる書, に非ずし

▼ 善~ (2, 0.1%)

2 を求め

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 に生じ, に生る

▼ 善車王~ (2, 0.1%)

1 など槌, も槌

▼ 善逝か~ (2, 0.1%)

2 ら来

▼ 善過ぎる~ (2, 0.1%)

1 が何より, ために

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 と信念, もこの

▼ 善長女純次男優善~ (2, 0.1%)

2 の五人

▼ 善~ (2, 0.1%)

1 がほしい, 出る所以

▼ 善鸞浅香~ (2, 0.1%)

1 とかえ, に気がつかず

▼ 善麻利耶~ (2, 0.1%)

1 の前, の加護

▼1* [419件]

ありし所に, 善あれども与する, 善いずれが悪, 善えんだなおとつ, 善かさもない, 善かねえけ, 善からむにかく, 善からも美からも, 善かりしかど結べる, 善かるべけれど常識, 善かんべなあそれ, 善くさう申しますが, 善こそ或は低く, 善これも同じ, 善さんお前さんどうなさる, 善さんとこ聞いて, 善さんコロリはどう, 善さん勘忍して, 善さん本統なん, 善しき心ならじ, 善せしむとあるは兎中の, 善そのものは父, 善だけ上である, 善だったと云う, 善だって漫才だって, 善だにこそ往生すれ, 善ちゃんべいごまのこと, 善つくし美を尽さね, 善であっても必ずしも, 善であるべきならこれは, 善でさえも悪に, 善でしたが或, 善でなければならぬ, 善ではない, 善というもの以外には, 善とはなんぞや, 善どうしようぞ, 善どんと小僧とっきり, 善など云ふ, 善などでお目にかかって, 善ならざれども其事, 善ならぬ人なり, 善なりという愛の, 善なりとの信条, 善なんぞ門を, 善において價値において, 善においても悪においても, 善にかへりて, 善について述べられた, 善にて盈つ, 善にてと態, 善にと導いて, 善になつてゐた, 善にのみ与したま, 善にまで高められもしくは, 善に対してもまたいかなる, 善のみでは, 善のみと宣べ, 善ばかりでない, 善ばかりも行わねば, 善ばれた煙草だ, 善が詰まらねえひやかし, 善ぱと違って, 善ぱと手分けをし, 善ほど他人を, 善みなこのうち, 善みな汝のうち, 善よい智慧を, 善をしかなし得ないメフィスト, 善をのみなつかしむの, 善だネー, 善罵リ, 善クスト雖モ而モ敝衣襤褸ナラバ西子モ亦以テ容, 善クスルコト能ハザルノ一例ニ他ナラズ, 善ク発達スルモノ之ヲ強壮, 善ク転旋シ直達スル者ニ非ザルナリ, 善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 善シ乃チ入テ, 善ニョムさん達はこの, 善急ゲッテ云イマスカラネ, 善一切の悪, 善七どん任せの, 善七郎から, 善万徳を映す, 善三十四歳の六人, 善三郎代々木の久兵衞, 善三郎外に隆西堂, 善上人にたのん, 善不善を更に, 善不善凡非凡人間としての信長, 善丘衞が丁度, 善中郎將掖邪狗等二十人送政等, 善中郎將牛利爲率善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 善主以登か, 善主義のよう, 善主麿おおら, 善主麿今日を祈, 善九郎さんたちとともども, 善也様は立派, 善也氏の厳父, 善二人肩へ手, 善二十四歳四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 善二歳の四子二女, 善と低, 善五郎天王寺屋五兵衛平野屋五兵衛等の大, 善五郎殺害事件などは考へ, 善人間の美徳, 善以外には卓越, 善以為えらく魚目, 善伊沢徳安などが居合せた, 善のもの, 善作さん一家に厚く, 善作学長の辞職勧告, 善ヲ求メテ沽ラン哉, 善信重在側聞, 善傲慢に訊, 善優善成善の名, 善党荘厳党は指, 善八ひとりでたくさん, 善八主筆は須崎默堂, 善八殺しの下手人, 善八老だった, 善八親分に街, 善六さん極りを云っ, 善六めではござりませぬ, 善六殿だ, 善六的感覚と今, 善六自身としては決して, 善六郎市五郎寒風沢の左太夫, 善顧其生口財物若, 善ての, 善兵井上清の両君, 善兵君がパリー, 善兵島公靖その他の人々, 善兵術大塚源十郎山田友次郎等が正造, 善兵衛さん貧窮組が納まっ, 善兵衛夫婦に合せる, 善兵衛店で偶然ライフル, 善兵衛御徒目付土田半右衛門, 善兵衛方ですから, 善兵衛自身はこう, 善兵衞三木佐助の三氏, 善兵衞三途の川で渡し守, 善兵衞大年寺住職龍門の三名, 善兵衞女房は何れ, 善兵衞幸徳傳次郎管野すが大石誠四郎, 善兵衞新田融東京に於, 善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 善兵衡の勤倹貯金, 善其外明空性信西念唯信, 善別号は竹里, 善則拳拳服膺而弗失之矣, 善が惡, 善十二歳母五百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 善十郎思いの外細かいところ, 善卿撰の先祖書, 善卿母は錦橋, 善卿錦橋は其号, 善又は民衆の, 善及び叔父晴高が, 善友恩愛離れ枉害信, 善友氏の客, 善友輪王寺の執, 善の手, 善右衛門大江源右衛門森宗意山善左衛門と云う, 善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 善右衞門さんという立派, 善右衞門手代鹽原多助と彫り附け, 善右衞門様親切に世話, 善号抽斎道純其字也, 善であつ, 善吉原の兼子, 善は遷, 善の漢方医, 善と書き留め, 善の栗陰, 善因善果惡因惡果の如き, 善因業を生ずる, 善因殿は消防隊, 善国民学校で診療, 善に往き, 善國寺の境内, 善坊谷上宮内省御用邸裏の石垣, 善という, 善塩田良三の二人, 善塩田良三等の茶番, 善せるに, 善大姉三回忌仏事献立控の廿四日十二人前, 善大将悪大将, 善天狗なり, 善太坊が泣い, 善太夫赤岡村に足田市太夫, 善夫婦陸水木の六人, 善女子は家, 善好みの京, 善と愛馬, 善は道純, 善は還り, 善学校の講堂, 善せよ, 善の四男, 善宗流の沖鈎, 善宝寺などは祈祷盛昌, 善室英証大姉と云つて, 善と, 善寸悪といえ, 善寺丸の甘い, 善寺尼智首その他二人の尼, 善寺村の棟付帳, 善の家臣武藤五郎七郎, 善にならん, 善小松鈍斎などいう, 善尽くし美尽くした, 善尽せる建築は, 善峯寺から信州善光寺, 善左手の火焔太鼓, 善巧太子はみずから釈迦, 善平が恩人乃木将軍の部下, 善平清川長青柳等の料理屋, 善平等慈悲平和私はこれら, 善幸福へ向っ, 善当時の矢島, 善すべきをもって, 善徳安の二人, 善与を, 善性了海等である中, 善性半ばはこれら馬鬼, 善性坊木下重堅の二将, 善性坊汝をはじめ, 善性瑞相ありと, 善性竜王同様土地の守護神, 善の肖像, 善恵房澄空は入道加賀権守親季朝臣, 善悪偽真宮殿内の血痕, 善情涙には誰, 善惠以後に於ける, 善惡ニ對シテ應答ヲ免除サレンコトヲ期ス, 善惡一切の經過, 善惡中間に變, 善惡二の愛, 善惡二途の知識, 善惡可否巧拙と評する, 善惡宿曜經を見れ, 善惡是非を問, 善惡正邪の總ざらい, 善惡正邪信疑空有, 善惡混ずるの説, 善惡無差別を主張, 善惡等を以て爭, 善惡美醜の普遍的標凖, 善惡美醜正邪曲直皆互性, 善惡美醜高下を甄別, 善慈心をもっ, 善成善の名, 善したらしい, 善按排だ, 善と号, 善政体なること, 善教寺という寺, 善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 善の南洲, 善旡畏等の諸, 善既に戮力を, 善日像の弟子日源等, 善日麿とよんだ, 善明らかにし, 善時代尼寺で行い, 善書世亦直, 善校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 善業おのづから, 善業人の推服, 善業悪業ともに白紙, 善歳万歳の声, 善比丘尼を犯し, 善比良野氏の出馬場玄玖妻長女純, 善比良野氏出の長女純, 善であり人中, 善氣吉氣が潜沒, 善氣喜氣等は其の, 善法みな断じ出世間, 善法比丘てふ, 善法比丘無言で立ち去った, 善法浄行の報い, 善法院境内の庭, 善よりもすべて, 善浄院を会場, 善清川安策わたくしなどの青年, 善源因ヲ施シ, 善と姓, 善牙獅の蹤, 善牙獅子善搏虎と伴, 善牙獅毎も, 善牙虎の児, 善物質理性絶對者などはこの, 善有りと, 善男女を宛て込ん, 善男女たちとわかれ, 善男子善女人よ, 善男子善女子は家, 善男子正法を護持せん者, 善男子汝が夢見る, 善を以て聞え, 善界坊から来た, 善界草でこれ, 善病院へつれ, 善的働きの源, 善し美盡, 善直才敏而好学多病而不能継其業以其門人直卿為嗣, 善直方へ購, 善だろうか, 善相公と同, 善なもの, 善知善能の金, 善知識たるの器, 善知識故と説かれ侍る, 善知識達を侮辱, 善神威を加, 善祥坊徳善院玄以僧正中村式部少輔一氏, 善祥坊法印前田徳善院僧正増田右衛門尉長盛石田治部少輔三成, 善祥坊福原直高浅野長政諸人が関白, 善禍淫の説, 善をさずけたで, 善福池などより流れ出で, 善種学を人間, 善立夫は枳園立, 善立氏は福建, 善竜院という寺, 善童出生し不, 善童悪童たちはひとしきり, 善の人, 善という貧乏画家, 善結果ヲ招キ, 善縁悪縁にかかわらず, 善縄大屋子海亀に噛まれ, 善罰悪の権, 善美至極の中道, 善の示す, 善同百拝立, 善聴その他を合わせ, 善の金, 善臣五人あれば, 善臣翁は私, 善が十月二十八日, 善萬物の福, 善藏コレ善藏何をぐる, 善藏何をぐる, 善藏君としても震災以來, 善處せんとするなら, 善行為と云, 善衞君のお母さん, 善見城なるべし, 善の妹姫, 善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 善解する人である, 善記四年で武烈天皇, 善註五臣註だけが殘, 善註文選杜氏通典だに今に, 善詩人は即, 善詩善画を以て聞え, 善誘懇導ニ勉メタル苦心ノ一斑, 善せらるる方, 善談話をもっ, 善の美, 善諸悪の源, 善謀忠武の群臣, 善謀農商の生産, 善謀鬼略の打出の小槌, 善變中形而下状態の善變, 善變惡變不善不惡變, 善財歴訪の途次, 善趣味と悪, 善の総, 善て此, 善通称は千蔵, 善逝涅槃を説く, 善した, 善遇せられぬので名, 善ぎるからしかとはいはれぬが大事を, 善過ぎてかへつて, 善過ぎたから人, 善というもの, 善達吉田焼打の悲愁嗚咽, 善が牛乳, 善郷一の名, 善郷居を京, 善郷年十五なり未, 善郷江戸に至る, 善郷養て兄弟二人, 善の誼しみ, 善金伊孫ドールコスターの幼年組, 善金伊孫ドールコスター次郎の幼年組, 善金伊孫次郎ドールコスターはモコウ, 善長女純二男優善とが家族, 善長等の考え設けたる, 善防奮戦を祈る, 善院寄留の青嵐居士, 善院様の時代, 善院様其他の墓参等, 善隆光父子も, 善霊峰の下, 善須川隆白と同じく, 善を示さん, 善馬鹿という白痴, 善鬼たちが特に, 善鬼ら反対派の者ども, 善鬼以来こんな当るべからざる, 善鬼兄弟子として世上, 善鬼垣内という地名, 善鬼悪鬼美鬼醜鬼, 善鬼様などと称し, 善鬼総理典六みんな壁際にい, 善がそこ, 善鰻屋の島金, 善鸞勝信門に馳せ入る, 善鸞法善など云, 善鸞遊興の場, 善鸞黙って考え