青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「問屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

商人~ 商品~ ~商売 商売~ 商業~ ~問 問~ 問い~ ~問う 問う~
問屋~
問答~ ~問題 問題~ 善~ 善い~ 善く~ 善良~ ~喉 喉~ 喋~

「問屋~」 1219, 13ppm, 8387位

▼ 問屋~ (390, 32.0%)

9 主人は 7 前に 6 主人が 5 三役を 4 主人の, 若主人 3 仕事を, 娘の, 旦那が

2 [23件] ことは, 一人として, 主人かなんぞ, 主人を, 九太夫が, 九太夫年寄役の, 人たちが, 仕事は, 俵松に, 前あたり, 多いところ, 娘が, 娘さんか, 家を, 小林太郎左衛門の, 店の, 店は, 庭に, 息子が, 払いや, 番頭が, 番頭で, 若い者

1 [300件] あること, うかがい知るところ, おぬひ, およしさんその他, お婆さんが, お嫁御, お嬢様で, お嬢様を, お役人, お爺ちゃん, お神, かまど, この手, たった二人, つけとどけ, つづいた堀留あたり, である, はしくれ米が, ほうで, ほうへ, ものは, やうな, やうに, やう御, ような, オヤヂや, シルシが, シルシを, セリ声物売の, ハツピー・フリガンが, ハンちゃん四名の, フオードが, フオードよりは, フオード自動車に, ホワイト, ワカメ束ねだの, 一家が, 一軒だった, 丁子屋その, 万屋へ, 三島である, 三男坊で, 三谷が, 三郎さんなど, 三郎さんに, 三郎さんは, 三郎さんを, 下男で, 下辻又七肥後の, 主人から, 主人だ, 主人だけの, 主人で, 主人である, 主人と, 主人にも, 主人へ, 主人よりも, 主人らしき, 主人一人が, 主人下田長造は, 主人九郎兵衛をも, 主人長造は, 主婦の, 主小林太郎左衛門は, 九太夫であった, 九太夫と, 九太夫とが, 九太夫にも, 九太夫は, 九太夫を, 九太夫をも, 九太夫答える, 九郎兵衛その他の, 九郎兵衛だ, 九郎兵衛でも, 九郎兵衛と共に, 九郎兵衛に, 九郎兵衛を, 九郎兵衛馬籠の, 二宮家へ, 二番息子の, 二番目娘だった, 二階に, 二階へ, 人に, 仕入, 仕入れの, 仕分けも, 仙太郎さんと, 令孃が, 伊勢屋村松町の, 会計係八谷某, 伜清二郎に, 使いが, 借りも, 公子で, 公子と, 公子も, 兵庫屋が, 内儀たちも, 内部を, 別荘で, 制度は, 前などを, 前まで, 前を, 労働は, 古い暖簾, 吉田屋で, 和泉屋の, 商標が, 商賣, 土間へ, 地下室から, 地下室では, 地味な, 坊ちゃんで, 坊ぼんである, 外殆ど他の, 多いの, 多い河岸, 大元締, 大将だ, 大尽が, 大店, 大蔵が, 大金持, 大黒屋徳右衞門といふ, 太郎左衛門の, 女だの, 女房その, 妹で, 妹娘で, 妻女の, 娘さんで, 娘だって, 娘っていう, 娘であった, 娘は, 娘を, 婆あ, 子息だ, 子息であった, 子息と, 子息の, 子息を, 宅に, 客間に, 家などへ, 家の, 小僧さんが, 小僧さんなどに, 小僧さん長吉を, 屋根であった, 山仁の, 山善は, 師走業, 帳付けとか, 帳付などに, 帳場が, 帳場に, 帳場は, 帳面にも, 幅で, 店さきで, 店で, 店に, 店を, 店頭まで, 庫が, 庭で, 廃止および, 廃止会所の, 廃止御, 弊害は, 影も, 役人が, 役人に, 役人は, 後室で, 後家さんが, 後家な, 御新造で, 応接の, 忰で, 息で, 息子さんに, 息子だった, 息子で, 息子に, 息子には, 息子の, 情夫に, 慰安会に, 戸の, 戸は, 手を, 手管にしかと, 払いに, 払いを, 持長屋に, 提灯が, 支配人を, 新造夫婦揃つて塵も, 方で, 方の, 方は, 方を, 旦那さんの, 旦那だ, 旦那であった, 旦那とか, 旦那の, 旦那衆の, 末っ子, 末娘で, 本妻である, 板倉屋を, 根津, 業は, 楽隠居が, 次女である, 次男とでも, 次男坊で, 次男坊の, 決算を, 河西屋伝兵衛が, 洋行帰りの, 灯が, 燈火影長く, 燈籠の, 爺さんからも, 爺を, 生れで, 生活の, 用という, 番頭さんから, 番頭さんに, 番頭だ, 番頭だった, 番頭と, 番頭に, 番頭は, 発送荷造人に, 発送部員とか, 盛って, 相当な, 看板にばかり, 知合が, 知合ひ, 知己が, 石垣の, 磨きあげた黒塗り, 祖母さんと, 種切れ, 突堤を, 端の, 糶台, 繁昌は, 者たちから, 者に, 者も, 者を, 職を, 自動車は, 若い衆であるらしく, 若い衆達が, 若主人清水屋伝二郎, 若旦那を, 若旦那様に, 草分日本橋石町の, 荷揚場らしい, 荷蔵の, 菎蒻ぢや, 蔭へ, 裏小屋の, 親方さんの, 親爺であった, 註文に, 註文の, 註文取, 詩や, 買い出しに, 資産家へ, 越前屋さんへ, 足下に, 身上を, 近与, 通い番頭さんの, 運転手に, 采配を, 間に, 間の, 隠居が, 隠居を, 隱居で, 離れ家を, 青塗りの, 頭には

▼ 問屋~ (84, 6.9%)

3 卸さない 2 おろさない, おろさねえ, 主人の, 卸さなかった, 卸して, 卸しませんよ, 右が, 名主役を, 私は, 諸藩

1 [61件] おろさねえぜ, おろさねえとき, おろしませんや, お母さんは, ござります, そこの, そして大した, まず相当, また十人衆, もさうは, よろしく取り計らっ, サイと, 万兩分限の, 三四代續いた, 三年や, 下ろさない, 人足を, 値の, 傍目も, 出立の, 卸さないから, 卸さないこ, 卸さぬ, 卸さねえぞ, 卸しちゃ, 卸しません, 原宿の, 口幅つたい, 土地の, 土蔵は, 大した身上, 大坂屋という, 大蔵という, 大貿易商, 女工募集を, 家は, 常陸屋久左衞門が, 庄屋を, 店構から, 当時江戸長者番付の, 後に, 御本丸, 思わぬ暇, 払った駄賃, 支那や, 新川の, 日常勉強する, 栄えて, 極彩色の, 江戸分限番附の, 父親が, 男三郎君という, 當時江戸長者番附の, 相当な, 磯野は, 神田で, 聞えた老鋪, 華やかな, 言い値で, 買つて貰つてゐた, 逃げられたがんりき

▼ 問屋~ (72, 5.9%)

5 あって, ある 3 あつた 2 あった, おろさん, 卸さないよ, 軒を

1 [51件] あったの, あったり, ありました, ありまして, あるから, あるが, あるん, いたところ, いまだにあった, おろさないこと, おろさねえ, おろさねえや, おろさんと, おろさんわ, おろしませんよ, そう旨く, まえの, めざましく揚々, ゆるさない, 並んで, 人家の, 公儀の, 別荘に, 半蔵に, 卸さない, 卸さないや, 卸さないん, 卸さぬ, 卸さねえ, 卸さんぜ, 卸さんぞ, 卸さんな, 卸しませんよ, 卸ろさぬ, 古代の, 多いので, 多くあっ, 多すぎる, 手を, 日頃の, 殆ど唯一, 灰屋紹由で, 現今でも, 粗末な, 糧秣品を, 続きますね, 考えて, 製造家を, 角並に, 門並だ, 黒光りの

▼ 問屋~ (60, 4.9%)

8 して 5 やって 2 いとなんで, 捨て庄屋, 相手と

1 [41件] お払箱, しくじって, でた編笠, はじめたわけ, はじめ宿役人から, みんな探し, もって, やつたり, やめさせられたか, 一軒, 一軒ごとに, 仲に, 兼ねた大きな, 兼ねた彼, 兼ねるくらいの, 出して, 出て, 名誉職としか, 商売とは, 営みおりまする駿河屋太七, 営んで, 嗅ぎ出すの, 奪り返し, 引き受けるなぞ, 引受けてなんぞ, 恨み函館廻送, 打ちすえました, 持つ五, 探して, 教えて, 業と, 歴訪す, 營んで, 片っ端から, 相手に, 立ちまわって, 立てること, 訪うて, 郡上平八は, 首に, 駆けずり回されて

▼ 問屋~ (56, 4.6%)

2 勤めて, 奉公し, 電話を

1 [50件] あたる, あてたもの, あらざる者, いた頃, いよいよ勤める, いるとか, かえしに, するの, その旨通告, つとめて, なった四ツ岸, なって, なれるかも, 一泊ソレから, 七八年の, 人を, 仕事に, 伍し, 住み込む事, 出始めた冬物, 務める事, 半蔵は, 厄介に, 向って, 命じて, 売る値段, 変り鶏買い, 奉公しました, 奉公する, 委せて, 屆けず, 屯し, 持ちこむの, 持込みわずか, 旦那が, 此事を, 渡して, 照会した, 生れた岡見, 荷が, 足を, 身寄が, 輝く百燭光, 這入った, 運ぶ時, 過ぎず校長, 青年は, 面会に, 預けて, 頼みたいその

▼ 問屋~ (54, 4.4%)

3 奉公に 2 持って, 行って

1 [47件] ちょっと寄っ, とどけお金, はいって, チンコッきりに, 二重に, 五人組の, 些とべい預けた, 仕入れに, 仕切られたよう, 住み込む事, 依頼する, 入ったという, 入れるだけ, 共に年期奉公, 出かける前, 即賣した, 卸す仕組, 参るに, 売って, 大風が, 奉公へ, 奉公を, 女まじり, 嫁に, 嫁入らせ, 寄って, 小僧に, 帰った, 帳付けに, 引きかえしたん, 往っての, 急ぐおかみさん, 持つて, 相談に, 礼に, 移った, 荷役に, 薬種を, 行き頼んで, 行くの呉服屋, 行ったこと, 行つてお, 送って, 運ぶ荷物, 雇われたが, 預け参るから, 頼んで

▼ 問屋から~ (38, 3.1%)

1 [38件] ある特別, いいくるめられてばっかり, しばしばやって来る, しばしばやつ, つけとどけ, とって, とらないこと, テリアル種の, 二十ばかりの, 今渡の, 仕入れそれを, 仕入れた値, 仕入れた鶏, 借りて, 借金を, 出は, 別に, 別に一, 千両という, 口を, 品物の, 器量好みで, 大名方の, 安いポマード, 届けるの, 店の, 心付を, 日々注文の, 来たの, 武家の, 歩合や, 番頭が, 纒めて, 荷物を, 請けて, 贈られるいわゆる, 針を, 銭を

▼ 問屋~ (34, 2.8%)

2 案外大きい

1 [32件] いうに, いずれも, いつも右門, ことごとく焼失, この離れ, そうは, その他金巾や, だんだん殖え, どれだろう, みんな景気が, 一切の, 一切外出を, 一手に, 中間搾取を, 何の, 何を, 何処に, 先祖伝来の, 兼ねずしたがって, 冬帽を, 別にある, 厩橋の, 変わる最中, 多年の, 断わりたい, 旧幕時代から, 疾うに潰れ, 皆馴染で, 皆馴染でのう, 石炭問屋に, 芸者に, 貸さなかったん

▼ 問屋~ (25, 2.1%)

1 [25件] いい庄屋, いえば, なり出精, なり数万, なるまで, 一緒に, 下駄屋との, 云って, 伏見屋の, 取引の, 口論に, 同じよう, 対い合った, 小さく書い, 峠の, 庄屋を, 店員の, 濱町の, 直き, 舟宿との, 裏合せに, 言うべきのみ, 質屋に, 酒問屋を, 銀座が

▼ 問屋~ (20, 1.6%)

1 [20件] が遊女屋町吉原, であった, で伊勢八, というの, にすむ, にとりまかれ, の前, の北国屋, の家庭, の屋上, の往来, の方, の日本橋區内, の裏側, の裏通り, の青物市場, の風船屋, は旧慣墨守, を彼, を軒づたいに

▼ 問屋庄屋~ (15, 1.2%)

7 の三役 1 としての仕事, との関係, なぞの位置, の仕事, の側, の父, の雑務, を勤めあげた

▼ 問屋~ (14, 1.1%)

1 [14件] が表, のかたぎ, の信用, の借, の多い, の廻し者, の払い, の拂, の旦那, の旦那衆, への払い, への拂, も商売大事さ, を一軒殘ら

▼ 問屋~ (13, 1.1%)

2 会所も

1 [11件] あった, ある, やって, 会社との, 安くは, 少なくなかった, 御廃止, 混って, 無えの, 醤油屋の, 驚いて

▼ 問屋でも~ (11, 0.9%)

1 [11件] いざと, して, そこは, なし店, 一二と, 一番の, 今渡, 卸すめえさ, 始めると, 米が, 芝居でも

▼ 問屋~ (11, 0.9%)

1 [11件] かんづめ工場などに, 仲買の, 会所を, 名主を, 呉服屋や, 小売商人からの, 工場や, 漁師の, 素人の, 荷主に, 銀行などに

▼ 問屋九郎兵衛~ (8, 0.7%)

2 の家 1 のごとき, の二人, の言い草, は峠, をはじめ, 旧年寄役桝田屋小左衛門

▼ 問屋には~ (7, 0.6%)

1 それでも一年あまり, 大分借りが, 数人の, 相違ありません, 自分の, 送り状の, 雲助の

▼ 問屋さん~ (6, 0.5%)

1 があります, がいい, だった, です, に奉公, のぱりぱり

▼ 問屋仲間~ (6, 0.5%)

2 を廻る 1 が特権, でも荷主, で徳川慶喜征討令, を相手

▼ 問屋じゃ~ (5, 0.4%)

2 おろさない 1 そうは, ねえか, 卸さねえ

▼ 問屋~ (5, 0.4%)

1 から衣服, がそれ, が間違, つたのが, と聞い

▼ 問屋としては~ (5, 0.4%)

2 九州地方の, 諸街道 1 兎に

▼ 問屋九太夫~ (5, 0.4%)

2 の家 1 の, らしい, をはじめ

▼ 問屋近江屋~ (5, 0.4%)

1 がお年玉, といふの, の前, の嫁, へ使い

▼ 問屋という~ (4, 0.3%)

1 ことも, のが, ものは, ものを

▼ 問屋ばかりが~ (4, 0.3%)

3 続いて 1 何十年にも

▼ 問屋時代~ (4, 0.3%)

1 と同じ, に宿場, の番頭さん, の貸し

▼ 問屋たる~ (3, 0.2%)

1 に煩い, 国, 国々だ

▼ 問屋であり~ (3, 0.2%)

1 村の, 父親の, 資産家である

▼ 問屋です~ (3, 0.2%)

2 が主人 1 から血

▼ 問屋では~ (3, 0.2%)

1 ありませんほか, 九郎兵衛その他の, 雑穀で

▼ 問屋といふ~ (3, 0.2%)

1 ことだ, ことは, 商売柄その

▼ 問屋としての~ (3, 0.2%)

1 半蔵が, 半蔵の, 華やかな

▼ 問屋にも~ (3, 0.2%)

1 あるまじき泣きごと, 出すという, 名物の

▼ 問屋ばかり~ (3, 0.2%)

1 並んだ横町, 並んで, 火鉢ばかりの

▼ 問屋まで~ (3, 0.2%)

1 幾俵かの, 行く途中, 駄菓子を

▼ 問屋らしい~ (3, 0.2%)

2 商家の 1 構えに

▼ 問屋下田長造~ (3, 0.2%)

1 の三男, の妹娘, の長男

▼ 問屋制度~ (3, 0.2%)

1 が如何, に昔, の弊害

▼ 問屋小林太郎左衛門~ (3, 0.2%)

2 の家 1 の店

▼ 問屋後見~ (3, 0.2%)

1 としてわたし, として彼, を兼ね

▼ 問屋からの~ (2, 0.2%)

1 ツケ届けによって, 註文は

▼ 問屋だった~ (2, 0.2%)

1 が古, のだ

▼ 問屋である~ (2, 0.2%)

1 この辺, と聞い

▼ 問屋として~ (2, 0.2%)

1 數代知られた, 諸国の

▼ 問屋としても~ (2, 0.2%)

1 あの郷里, 絶えず心

▼ 問屋とも~ (2, 0.2%)

1 いうべき英京ロンバード街, 相談の

▼ 問屋など~ (2, 0.2%)

1 いずれも, して

▼ 問屋へは~ (2, 0.2%)

1 なんとも言っ, 飯田方面から

▼ 問屋へも~ (2, 0.2%)

1 払うて, 海老屋へも

▼ 問屋~ (2, 0.2%)

1 寄ッテ水戸ノ, 行ッテ雨

▼ 問屋九郎兵衛なぞ~ (2, 0.2%)

1 が事, を助け

▼ 問屋九郎兵衛方~ (2, 0.2%)

1 で取り扱っ, へ譲りたい

▼ 問屋~ (2, 0.2%)

1 松屋又蔵の, 町人は

▼ 問屋大山~ (2, 0.2%)

1 と契約, のこと

▼ 問屋山一~ (2, 0.2%)

1 の女, の女くみ

▼ 問屋平野屋~ (2, 0.2%)

2 の女

▼ 問屋庄屋組頭~ (2, 0.2%)

1 の廃止, の末

▼ 問屋役人~ (2, 0.2%)

1 から酒肴, の眼

▼ 問屋春木屋~ (2, 0.2%)

1 の主人治兵衞, の裏口

▼ 問屋本陣~ (2, 0.2%)

1 なるもの, の家柄

▼ 問屋橘屋~ (2, 0.2%)

1 の若旦那, の若旦那徳太郎

▼ 問屋石川佐兵衛~ (2, 0.2%)

1 だった, の店

▼ 問屋角屋十兵衛~ (2, 0.2%)

1 の店, を相手

▼1* [170件]

問屋あたりの老, 問屋あること知らん, 問屋でなければ百姓町人, 問屋からは原料が, 問屋がと余談に, 問屋これは旦那様, 問屋しっかりした留守居役, 問屋すじではびくびく, 問屋それが私, 問屋だってあなた地方地方によって, 問屋だつたが生き, 問屋ってあの町, 問屋ってなあどこ, 問屋つづいて大丸, 問屋つまりこの二, 問屋であっていま, 問屋でございましたへエ, 問屋でございますがわずか, 問屋といつてもよかつ, 問屋とか浅草猿屋町の, 問屋とかで買って, 問屋とかの制度の, 問屋とが東美濃から, 問屋とでもいったらよい, 問屋とを兼ねた最後, 問屋彼処へ, 問屋などでは売上げの, 問屋などの出迎いを, 問屋なりし由, 問屋なりとして東山道軍の, 問屋なるものは, 問屋に対して要求する, 問屋ばかりをやって, 問屋ほど派手で, 問屋まちに肩, 問屋もしくは閑雅な, 問屋やら見当が, 問屋よりも強欲すぎる, 問屋をやッつけろ, 問屋チヂミ屋の娘小花, 問屋ババカーエフの材木置場, 問屋一家はやはり, 問屋丁吟からのれん, 問屋三島の店, 問屋三役の事務, 問屋三文字屋の大, 問屋三芳屋彦兵衞の甥, 問屋三軒皆な戸, 問屋上庄の内儀, 問屋下辻又七とも盟友, 問屋下辻又七らと雲浜貿易, 問屋丸八にて帯地, 問屋丸屋六兵衛はとうとう, 問屋丸屋六兵衞は到頭, 問屋丸福商店だった, 問屋主人を訪, 問屋九郎兵衛年寄役伏見屋伊之助同役桝田屋小左衛門同じく梅屋五助, 問屋九郎兵衛組頭庄助同じく平兵衛, 問屋事務所に立寄, 問屋二葉屋安兵衞その他親類の人達, 問屋和と, 問屋伊吹屋源兵衛の家, 問屋伊豆屋の若旦那, 問屋伏見屋の前, 問屋会所に仮に, 問屋会津屋宗右衛門方の通番頭, 問屋佐右衛門方へ托し, 問屋にある, 問屋全部が懸命, 問屋八州屋の女, 問屋へ申, 問屋分担の九太夫, 問屋加賀屋というの, 問屋加賀屋吉右衛門から頼まれ, 問屋勝山重助の一粒種, 問屋医者もしくは百姓, 問屋医者なぞと同じ, 問屋半兵衞の娘, 問屋卸しとなっ, 問屋吉原では彦太楼尾張, 問屋吉徳山田徳兵衞氏を訪, 問屋吉田屋の内儀, 問屋の番頭, 問屋和泉屋の香蔵, 問屋和泉屋市兵衛の宅, 問屋四名年寄役一名都合五名のもの, 問屋増田屋惣兵衛の娘, 問屋多ければ筏, 問屋大丸の債権者大山, 問屋大丸その他へおろし, 問屋大川屋甚兵衛の寮, 問屋太物問屋が門並, 問屋如き者の, 問屋小屋へ帰, 問屋小西屋寿徳の次男, 問屋山内忠兵衛妹五百が来り, 問屋山善へはいった, 問屋左近右衛門と云う, 問屋市場へ運ぶ, 問屋市田の方, 問屋年寄などは多く, 問屋年寄伝馬役定歩行役, 問屋庄屋三役青山吉左衛門忰一方は年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰, 問屋庄屋年寄の諸, 問屋庄屋時代から長い, 問屋庄屋組頭それから五人組, 問屋が並び, 問屋廃止なぞを問題, 問屋の傘, 問屋から離れ, 問屋役人中へあてた, 問屋役廃止以来おれもしょんぼり日, 問屋役廃止以来本陣役廃止庄屋役廃止とあの, 問屋役時代から持ち伝えた, 問屋後見役小竹金兵衛忰として付き添い二人, 問屋恵比寿屋吉兵衛さんの所, 問屋播磨屋の当主千六, 問屋新井屋半七というもの, 問屋新田善兵衛の娘ゆき子, 問屋日野屋忠兵衛方には年給百両, 問屋材料を納める, 問屋東海堂書店の発送部, 問屋松浦屋清左衛門程の男, 問屋板倉屋萬兵衞土藏の修, 問屋林幸と読める, 問屋桔梗屋安兵衛の娘, 問屋植甚というの, 問屋にある, 問屋橘屋徳兵衛の若旦那徳太郎, 問屋江戸本家八州屋という看板, 問屋浪花屋の奉公人, 問屋港屋太蔵の妻, 問屋港屋太蔵方へ嫁, 問屋湊屋の主人, 問屋漬物屋砂糖屋その外一, 問屋煙管の羅宇問屋, 問屋煙草店菓子店というよう, 問屋を運搬, 問屋田村の前, 問屋町片側は直接河, 問屋町西バッキンガムに至る, 問屋町辺の町人生活, 問屋にてその, 問屋石川屋に瓦解, 問屋石川屋佐兵衛の妻女, 問屋神田の丁子屋商店, 問屋経済の基盤, 問屋苦力及車夫の取締, 問屋茶中の手, 問屋荷主に不安, 問屋蒲鉾屋などが軒, 問屋蓬莱屋左に伏見屋, 問屋蔦屋重三郎の帳面, 問屋藤屋七兵衞と申す, 問屋街道をへだて, 問屋角十に対抗, 問屋り並んで, 問屋越前屋の大, 問屋越前屋治兵衞の内儀, 問屋運送店等にも至極, 問屋金座屋の物, 問屋金星の庭口, 問屋金谷善蔵という人, 問屋鈴木徳五郎商店の専属船, 問屋長兵衛の狂気, 問屋長尾宗右衛門に嫁, 問屋長崎屋藤十郎の妹娘, 問屋雄介宅を初め十軒餘押込道具疊建物, 問屋預けということ, 問屋鹿野屋文五郎の控家