青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「問~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

唱~ 唾~ 商~ ~商人 商人~ 商品~ ~商売 商売~ 商業~ ~問
問~
問い~ ~問う 問う~ 問屋~ 問答~ ~問題 問題~ 善~ 善い~ 善く~

「問~」 4809, 52ppm, 2240位

▼ 問~ (531, 11.0%)

26 に答 23 に對 14 は唐突 13 て曰はく 7 て曰 6 たまへば, を持出しました 5 に, は妙, は平凡 4 は次第に, を挾みました, を變, 給ひしか, 給ふ

3 [14件] には答, に應, に遣つた, はせん, は當然, は露骨, を投げかけました, を挾みます, を発した, を續, を進めました, 給へ, 訊し, 訊す

2 [41件] たまへ, て, ていふ, てのりたまはく, て久しく, て我, て曰く, になる, にはいろ, に入りました, に彼女, に応じ, に誰, はかなり, は不思議, は又, は嚴重, は定石通り, は少し, は常識的, は恐ろしく, は極めて, は益々, は相, は第, は豫想外, をかけました, をごまかした, を引, を待たずし, を投げかけた, を発し, を発する, を發, 折に, 方を, 給ふこ, 自ら答へて, 訊しました, 返しも, 顏に

1 [277件] いつ時騒然と, お高さまお前さま, かたを, がある, がいかに, が余り, が娘, が次第に, が残る, が突, が途切れる, けれども敢, けれども絶え, そのきのふ留守, その一オムベルト・アルドブランデスコ, その教, たまは, たり, つつ駕籠, つるに, ていはく世を, ていひける, てこ, てましかたりてまし, てみる, て一々, て今, て市, て後, て朱, て漸く, て知るべく, て言, て詔, て鬼, ながらも眼, などには頓着, にお, にかけられ, にこたへる, につれ, になつ, にはじめて, にはちよ, には取り, には國松, には容易, には少なから, には彼, には激しい, には隙間, には頓着, にまごつき, にもあまり, にもろくに, にもキッパリ, にもハキハキ, にも行かない, にも足, によこされた, にろくな, にガタガタ顫, に久良山三五郎, に似, に初瀬, に含まれた, に哀れ, に困つた, に堀内氏, に堀周吉, に対して, に対してええ, に対しては答, に対しても先験的, に対してハツキリ, に対して十分説得的, に対して彼等, に対して思ふつぼ, に対して次, に対して答, に平次, に弱らされた, に往く, に掛ける, に暫く, に格別, に氣, に清水氏, に無造作, に直に, に私, に答えた, に素子, に素直, に翁, に觸, に誘はれ, に誘導, に貫太, に追, に遣, に集配人, に面喰つて, のか, のねんごろ, の前, の反響, の嚴, の對象, の意味, の次第に, の氣, の物, の物凄い, の眞意, の途方, の馬鹿, はあまりに, はあんまり, はいかにも, はいきなり, はいよ, はかうでした, はかなり六兵衞, はこんな, はさすが, はずゐ, はそれで, はひどく, はまことに, はヒタヒタ, は一髮, は假借, は先, は冷たく, は凡そ, は垣間見る, は定石的, は容赦, は尤も, は峻烈, は思ひ, は急, は斯, は方向, は染五郎, は核心, は死, は殘酷, は無遠慮, は爆撃的, は牢番與力配下, は直ちに, は直截, は祝詞, は穩, は至極, は行屆, は要領, は誰, は變, は途方, は飛躍, わたしが, をいろいろ, をかけ, をかけた, をかける, をすゝめ, をなす, をもて, を下, を予期, を伴, を出します, を出す, を出来る, を取, を取次ぐ, を受ける, を向けました, を封じる, を幾度, を引取つて答, を待つ, を忘れませんでした, を想, を投, を投げ, を投げかけ, を投げました, を投げ出しました, を持つ, を持出し, を持出します, を挾み, を挾む, を改めました, を改めます, を早口, を母親, を浴びせられた, を浴びせるなら, を用意, を発しました, を真向, を積み重ね, を続けた, を考へ, を肯定, を訝る, を設け, を説明, を豫期, を路傍, を轉, を進めます, アルゴス族の, ダンテ答ふ, 上手に, 仏蘭西の, 何日に, 其國の, 又特に, 又諸, 合せが, 合せの, 合せを, 合は, 合はせ, 合はせる, 問はれ致し, 寺僧は, 尋ぬる, 己が, 心に, 我を, 我答ふる, 振りで, 方が, 方だ, 方には, 方に対して, 方や, 書に, 此答ふる, 然うし, 片哥, 独り嘆じ, 玉ふ, 玉へ, 相な, 答へ, 糺さで, 給ひし, 給ひしが, 給ひぬ, 給ふかな, 給へは, 續け, 肚に, 自から, 自分に, 艱難相救ふ, 落しで, 葉問ひする, 訊された, 訊すに, 訪づれは, 試み給へ, 詰つたに, 詰むるに, 詰めづに, 詰め突然, 詳しく目的, 賜ひき, 露骨に

▼ 問~ (452, 9.4%)

9 発した 8 する人 6 かけて, して, 掛けた, 発して, 發した 5 掛けて 4 かけた, しなければ, 出して, 歴史的に 3 かけました, かける, すること, すると, すれば, 出しました, 持出しました, 発したの, 發する, 設けて

2 [22件] するため, するの, するのに, する者, 代表する, 出された時, 出されて, 受けて, 待って, 意外に, 打ち消した, 抛りつけた, 改めた, 無視し, 無視した, 発すること, 研究する, 繰り返しますが, 繰返した時, 繰返して, 訊いたり, 起して

1 [310件] あらためて法眼, いやしくも夫, うけると, うけ記憶, うつかり発する, うるさく掛ける, おこせる時汝, お時, かけたら婆さん, かけた僕, かけた生徒, かけても, かけますと, かけられたので, かけられると, かけると共に, かけるの, かけるや, きいて, くり返します, くり返すの, さけること, さしたが, さして貰, させた筈, させるとか, さへ, されたこと, したお蔭, したつて腹, したといふ, したの, したので, したひと, したもの, したら宜, した人達, した人間, した家, しないでも, しない人, しなくては, しようと, すこし無作法, すすめました, するなど, するには, するにも, するもの, する場所, する必要, する時代, する時分, する爲, する積り, せざるを, せず, せなん, せぬもの, せよと, たびたび受けた, だした, つ, つづけること, なさむとする人, なさる方, なしていはく, なし支那, なし遂に, はなった, ひびかせる, ほかの, また繰り返さなけれ, みんなが, めざして, もう忘れ, もって, やつて, やりましても, やりますのに, やり通して, やるといふ, やるよう, 一貫した, 三囲神社の, 下した, 下女に, 丸寫し, 主として居る, 予期し, 今日の, 代々傳へて, 作り出したならば, 修め商業, 修め更に, 修め段々, 傳へる, 全く聞き流し, 八方へ, 六科に, 其儘聞き流し, 其見習士官が, 再び繰返した, 出された女, 出した, 出したところ, 出したの, 出した子供, 出す, 出すの, 別に妙, 反覆した, 受けたが, 受けたユゴオ, 受けた人々, 受けた古, 受けた時, 受ける, 受け又, 口で, 可能に, 君に, 否むあたはず, 呈するので, 呈すオホホホ, 呈出した, 啓發する, 囁いた, 國家の, 基礎として, 増した樣子, 変えた, 変じ, 外した, 外して, 大變尊敬, 大體, 奬勵し, 始めた人, 媒介と, 嫌厭し, 學んで, 學問的に, 家業と, 專攻する, 常に懐い, 常に懷, 平民に, 弄ぶの, 引いた, 引いたの, 彼は, 待たずして, 待たんや, 待つて, 待構えた, 待構へ, 後から, 得ず, 御米, 復興し, 復興した, 徹底する, 徹底的に, 心から発したい, 必要なり, 急に, 怪む中に, 怪む如くに, 應用した, 打捨て, 承けたので, 投げかけたの, 投げかけました, 投げつけるの, 抽き出し, 拒否し, 持ちかけました, 持って, 授けても, 排したの, 掛けたり, 掛けた生徒, 掛けるその, 提出し, 擁護する, 支那で, 改めました, 教は, 教へる, 教授させた, 敬太郎は, 敬遠し, 方法論の, 日本語に, 日本譯で, 暗示した, 替て, 有ち, 有つて居る, 根柢として, 根気よく, 棄て自ら, 植ゆべし, 極度に, 構えて, 樹立する, 正しく捉, 正しく捉えよう, 死から, 求める學術, 決し兼ねる, 浴せられたこと, 浴せる, 浴びせるの, 為べし, 無用に, 爲込まれる, 爲遂げられる, 片づけると, 物理學倫理學及び, 特別に, 生み問答, 用意する, 発し, 発したと, 発したので, 発した跡, 発してから, 発しました, 発しまた, 発し同じ, 発するか, 発するでしょう, 発するの, 発する時, 発せざらん, 発せられたる, 発せるなり, 発見した, 發さしめたる, 發しなかつた, 發しました, 發すを, 皆繼續し, 目的として, 真に受けなかった, 知らうと, 知れば, 研かぬほどは, 研究し, 研究しろ, 祕密に, 私に, 移した, 稽古した, 立てないの, 筆答する, 紀州の, 終まで, 統一しない, 絶たなかった, 継子に, 總括, 總括し, 總括した, 總括する, 繰り返した, 繰り返す, 繰返さないうち, 繰返したかの, 考える事, 考へて, 考へる立派, 聞いた千代子, 聞いた時, 聞かないやう, 聞きますと, 聽かむ, 芽ぐませる木鋏, 蔵し, 觀る, 解かざるべからず, 解くの, 解釈したらしい, 設け国法, 試みて, 認めて, 論じて, 變へ, 起したがる年頃, 起したらん, 起しましたから, 起しゐたり, 起す, 起せるなり, 起せるに, 輕蔑し, 迎へ, 通じ打つべき手, 連発し, 進めて, 進めました, 進めます, 選べそれ, 重ねた, 重ねて, 隔いた, 顔色で, 鼓吹した

▼ 問~ (402, 8.4%)

12 しければ 8 ない 5 ざるも, なかつた 4 うと, ば, れなければ, れるま

3 [11件] ざるさき, ざるを, ざる可から, したま, しむ, ないで, ないと, ぬこと, ぬ色桃, ねば, れること

2 [33件] うにも, しめたま, しめたまひ, しめ給ふ, しめ給ふと, じ, せども, ないでも, ないの, なくとも, ぬ, ぬ木, まくは, まほしき, むとしたりしに非, むとするの意向を, るるまま, るる事, れるの, れるまま, れる事, 人を, 八五郎でした, 妙に, 実に意表, 幸にも, 当然でした, 我々を, 次第に核心, 無いの, 美奈子が, 荒みぬ, 貴族の

1 [257件] あつた, あらかじめ論理的, あり分別, あるかも, いよ, う, うとしがち, えたれ, えらい何, えらからう, おほ, かくの, かなり突っ込んだ, かの賊, ここでは, この各派, この場合, これだ, ざらむや, ざりきさい, ざりしは, ざるが, ざることを, ざるならず, ざるなりけり, ざるなれ, ざるに, ざるのみか, ざるべからず, ざるべけれ, ざるべし, ざるや, ざる也, ざる人の, したまひ神掃, して, しに, しむる, しめた, しめたの, しめた処, しめない, しめ蘭医方, す平等一樣, す苟も, せたところ, そこ迄, その功利さ, その國家, その大きな希望, その希望, それ自身において, たしかに疑, でありき星, であるべきに, であれ, でも椿事, で止む能, で程, とくにそうであった, どこまでも, どんなになつ, ないこと, ないでもよ, ないとも, ないにも, ない一つ, ない事, ない所, ない筈, ない若い同志, ない誰, ない通り一遍, なかつたが, なかつたで, なかつたの, なくては, なくば, なく皆京都, なし碁, なむぬばたまの, ぬが, ぬが可, ぬに, ぬにも, ぬをもなどかと, ぬ夢, ぬ血氣一偏, はなはだ簡単, ばいかが, ばいかに, ばや, ばやと, ひどく深くする, まく思ふ心, まし, ましいかに, ましを, まし如何, ませば, まだ十分, まだ興りません, まったく千吉, まほし, まほしけれ, むとす, むとするものに遭遇し, むとせばそは, むとはせざるべし, むよしもなくその, むよしもなけれど比量智生の, もう一人, もはや次第にその, やっぱりそれ, よけいに, るるが, るること, るることにな, るるなら, るるには, るるの, るる巨勢君, るる愛子, るれば, れずんば, れつし, れるたび, れるため, れるとき, れるん, れる人, れる儘, れる折, れる日, わりに簡単, ゑらからうとも何う, スポーツの, 一般國民の, 三論法相の, 不思議です, 不意に, 中, 久しく祖述, 予想外です, 京都から, 人格を, 人間が, 今までも, 以上述べた, 伊達には, 何等の, 僧侶の, 光を, 全くの, 八五郎を, 其の家, 前にも, 前より, 口から, 史學そのものである, 史學で, 右の, 含蓄の, 哲學が, 唐突で, 唐突でき, 商賣, 士人以上の, 夕方からの, 多くは, 多く漢學に, 大體哲學的, 始終忠義, 委細構はずお, 學問商業は, 官の, 定石通りに, 実に甘, 実に痛い, 尤もすぎる, 岸本を, 平凡そのものです, 度重る, 彼が, 御免だ, 御蔭にて, 心が, 必ずしもその, 忽ち十, 急に, 或る, 房枝を, 掃蕩されつくしたるごとく, 支倉に, 政治の, 斯うでした, 日に, 日曜の, 最小限の, 枯木に, 極度に, 次第に現, 歐洲でも, 歸化人の, 死物だ, 残酷な, 氣が, 決して功利的, 活きた學問, 清原家では, 漢唐以來の, 漸く核心, 無いと, 無かつ, 獄中之, 率直で, 理論の, 甚だ解放, 疑いを, 發生的と, 目的と, 相手の, 相當, 確實である, 福澤先生に, 私の, 突如と, 第二段, 節子を, 絶えて, 絶えない, 絶對に, 自分に, 色々の, 苦しいもの, 英語教師の, 螢雪の, 行届きます, 西洋人の, 言葉に, 訓解之, 記憶が, 誠につまらない, 豫想を, 辛いもの, 遂に知る, 醫者が, 金飾丹題綵作繩と, 露骨です, 非常に, 面白い道樂, 面白くなかつた, 飜って, 飜つて何處から, 骨を, 高臺, 鵺學問と

▼ 問~ (300, 6.2%)

104 ある人, 仕方を, 源流に, 獨立 3 方が

2 [21件] うちに, ことに, すすめ, 上に, 中で, 中に, 全體, 基礎を, 家業が, 根本に, 構造, 源流を, 目的は, 目的を, 真意を, 立場より, 系統を, 詩に, 變遷を, 趣味を, 造詣は

1 [229件] あたりへ, あって, あるもの, ある尼僧, ある若い, ある譯, いかなるもの, うち二問だけを, お使い, かたじけなさ, さり氣, すべての, たである, ために, つけたる, ない然, なかには, なくて, ほうへ, ほとりにも, やうに, やり方でありました, を苦笑, 一つだ, 一つの, 一に, 一統を, 一部分として, 一部分のみを, 上からは, 上では, 上にも, 不熟, 中では, 中には, 中帝鬚の, 中心である, 中心は, 人でした, 仕方が, 仕方は, 仕方も, 仕方殊に, 代りに, 何物たるを, 余りに厳格, 使いは, 使せり, 使に, 使命に, 使者を, 修業に, 傳來を, 僭越を, 價値といふ, 優劣商賣, 光は, 内國學の, 出來た, 分化は, 分類と, 前には, 前の, 力が, 力によ, 力は, 十分の一も, 原理は, 反動と, 嗜もあ, 団子を, 外に, 大意だ, 大略が, 大系は, 大系を, 大體, 如何なる筋道, 始めて, 專門を, 尊いこと, 小智は, 岐路に, 岡あたりまで, 岡に, 師匠で, 平凡さに, 度を, 弊として, 役立つか, 彼に, 御造詣, 心掛が, 必要を, 悪口を, 情熱, 意味さえ, 意味の, 意味を, 意義も, 或章, 手前を, 拙さ, 攻究眞理の, 教ふる, 方から, 方に, 方は, 方へ, 方法としては, 方法を, 方針は, 曲角で, 最大且つ, 最大目的だ, 最大目的は, 最大要用な, 最後の, 本に, 本意なりき, 東風桃李鬪芳辰城邊陌上啼鶯新といふ, 根を, 根底を, 根柢が, 根柢を, 桟橋には, 極めて盛ん, 權威を, 歴史的發展の, 殆ど皆鵜呑みで, 殘, 比量界に, 水上に, 沿革を, 派が, 流れに, 流儀として, 流別といふ, 流別沿革を, 深い人, 淵叢たる, 淵源は, 渡しを, 渡船場あたりで, 源流と, 源流の, 爭がくツ附い, 爲とか, 爲に, 特色を, 獨立といふ, 獨立も, 獨立を, 獨立的講義である, 生きて, 由來を, 甲斐は, 發展が, 發達文明の, 盛なりし, 目的であり, 目的と, 目的として, 相當, 相續, 眞を, 眞個の, 眞面目なり, 研究が, 研究に, 研究には, 研究を, 程は, 筋道が, 筋道の, 筋道を, 答えを, 答へ, 答案を, 範圍知識の, 系統である, 系統も, 終るか, 組立が, 組立てを, 組織が, 組織系統の, 總括された, 總知識を, 總論を, 續く, 舌巻く, 艇庫の, 荒み衰, 著あり, 衰へを, 見方から, 規則に, 解釈として, 解釈第, 記号, 設立として, 詞を, 詩には, 話でなく, 認識は, 誤写であろう, 變化による, 起る前, 趨進は, 近くの, 近くまで, 近所で, 退歩である, 進歩と, 進歩の, 道に, 道にも, 道も, 選擇を, 邪魔を, 部落で, 關係を, 階級性の, 鞦韆行に, 項に, 領域に, 風で, 高尚深遠に

▼ 問~ (298, 6.2%)

23 對し 20 答へ 13 答えて 10 答へる 9 応じて 8 答へて 5 對する, 答えた, 答ふる 4 於て 3 入りました, 凝つて, 就ては, 御熱心, 於ては, 有之, 答うる, 答えるの, 答ふ

2 [14件] なつた, 信一郎は, 就ても, 応ぜられるよう, 来た時, 母が, 答えないで, 答えなかった, 答えること, 答える前, 答える必要, 逢ひ, 關する, 驚き

1 [141件] あつた, いったいどう答えたら, うなづくと, おどろいたらしいが, お袖, ことごとく答, すぐ続い, そつくりだ, ちょっとまごついた, つれて, とつて, どう答えた, どの程度, なって, ならない, ならぬといふ, なる, なるやう, なる一つ, はっきりお答え, もう真っ青, やっぱり重大, よりて, ジャン・ヴァルジャンが, ムツとして, 一人の, 一度は, 下すべき答, 二人の, 仮令女, 何と答, 何と答えた, 何故なら, 何故玉子, 何等の, 促されて, 偏し, 價値は, 入つて來, 全く古, 出齒, 劉は, 力め隨分著述, 區別が, 卒直な, 及んだの, 反對, 取かかりました, 司馬遷の, 合ても, 向つて提起, 君子は, 咄嗟には, 品川です, 因て, 大いなる關係, 失笑した, 女中は, 家法を, 帆村が, 当たろうが, 影響し, 從ひ, 心深, 心身を, 応えて, 応じた諸家, 応じ得る人, 応ずべき経験, 応ずるよう, 忠實の, 思い悩んで, 應じ, 押並ての, 掛けましたが, 接しおぼえず, 接したる時, 接した場合, 敗余の, 斯う, 於いては, 明白な, 曰く丈夫死すべき, 曰く僕今日如何し, 曰近来娼婦型の, 最もよく答, 有るのみ, 歴史的根據を, 比しては, 気を, 海老塚は, 溝渠が, 独仏間の, 生かされ従って, 疑つて, 直ちに答, 眞顏にて, 秀吉は, 第九番目, 答え, 答えさせる, 答えさせること, 答えず, 答えず何度, 答えたこの, 答えたの, 答えたり, 答えなければ, 答えましょう, 答えようと, 答えるため, 答えると, 答えるもの, 答える豹一, 答え一家, 答を, 縁の, 美奈子は, 耐える力, 自ら答える, 自分で, 花子は, 落ちた, 落ちなかった, 藤三郎が, 行かうと, 貢獻した, 返事を, 逢った時, 逢って, 進歩した, 配して, 配すれば, 重きを, 關係の, 限りますが, 隱れた, 類似し, 驚かされて, 驚かされぬ, 骨を

▼ 問~ (297, 6.2%)

12 ことを 8 人も 7 のであつ, のである 6 ことが 5 のだ 4 がま, な, 勿れ 3 に良人, 二人より, 人あり, 所では

2 [21件] いや何處, に, に保守主義, に先だつ, に未だ, に知らず, に落ちず, ので, のは, もししから, やうに, をやめよ, を見る, 世上滔々たる, 事の, 人あら, 人の, 人は, 公等は, 水汲共には, 者あら

1 [186件] あゝいかん, いや何処, が日沒, ことである, ことに, この度, その後また, ぞ悲し, だけの淡々たる, つもりだ, なただ, などといふ意味, な名, な説く, にあらず, にいと, におちず語る, にかの, にく, にこの, にそれ, にの, には足ら無い, にも及ばない, にわが, にわれ, にマリア, に一向, に乙女, に事, に人, に伊沢, に何事, に僕, に凡そ, に又, に及ばず, に及ばず急げ, に及ばぬで, に友, に口々, に塩原山中, に売り, に大隅, に小人數, に左, に幼女, に当, に彼, に成, に我, に此, に此あるじ, に此一件, に源太, に當, に皆知らず, に眉, に答, に聲, に至りたる, に落ちずし, に貴人, に逍遙子, に連れ, に遑, に金之介, に面白から, に黄金丸, のが, のださうだ, のであらう, のでありました, のでまだ, ので成甫, ので持つ, ので有, のにあけたつ, のに答, のみ, のよりも, のを, の前, の必要, の要, はいくた, はその, はなべて, は主人, は愚, べかりし, ほどのこと言, までなんて自分, ままに, や, やみづか, や自ら, や芭蕉答, や誰, をい, をいい, を待たず, を待たない, を止め, を聞く, を要せざる, を許されじ, を門前, を須, ダンテ答へ, 事が, 事に対しては, 人あれ, 人が, 人なけれ, 人なら, 人には, 人のみ, 人を, 人可笑しく, 仏蘭西の, 何の, 何故に, 余之に, 儘に, 兵庫には, 処ありし, 処から, 刻限, 可し, 可笑しさ, 場合に, 外は, 奴も, 姿面影に, 寧き, 対局である, 將ヘクト, 形に, 心は, 應へ, 我等が, 所でない, 所に, 所神必ず, 所謂自然に, 敵への, 斯人に, 方では, 方に, 時に, 時は, 時マリアは, 暇無く, 更に何れ, 書中往々, 枝離れたる, 様式で, 樣子なりし, 機会が, 機會あるべき, 機関が, 気色さへ, 氣では, 決心を, 湯の, 為である, 玉江に, 甲胄堂の, 病間あら, 秋の, 童の, 者なく, 者には, 者の, 者は, 能は, 處でない, 語が, 謂ふ, 車夫の, 迄もない, 野心などは, 間が, 限り過去の, 鹿こそ

▼ 問へば~ (139, 2.9%)

3 いや遠慮, どうで, 御存じで, 母親は, 言下に 2 あゝ能, いや最う, いゑ, とんでも無い, 何うござんしよう, 夫れ, 嫌や, 碌な, 芋掘りに

1 [106件] ああ能, いえ別段, いつも今頃, いや, いやもう, お命令, かくこそ, かしここ, きのふも, きのふ立ち退き, この人, この地, これなん卯つ, これ各, しばし黙然, そこらに, それも, それ程淵瀬様, とんでもない, どうござんしよう, なしと, まだと, むむ美登利さんは, むゝ美登利さんは, アルフオンソオと, ウムやられた, ブラン堂は, 一人の, 一人前が, 七十二歳なり, 不動沢と, 中の橋の, 主人の, 久保と, 二町に, 今宿舎, 今日の, 何とも言はず, 何方へか, 備前島町河内屋八五郎の, 僅に, 僧は, 兄弟は, 先程已に, 八王子に, 其妾を, 凡そ天下, 十五分間には, 即ち対, 同氏頷き, 呻きて, 唯, 天地顛倒こり, 家に, 寛の, 寧ろ武勇, 尋ぬる, 年ごとに, 戀しき時に, 戎人の, 故郷は, 斯, 昨夜歸り, 曰く五十文なり, 木の, 松籟むなしく, 概ね未来, 正確な, 此国苗木城西二里許水晶が, 海の, 漁は, 牛は, 猶一里, 猶三里, 生意気ざかりの, 田樂と, 病人には, 相違なき, 眞直に, 石工は, 稚子, 笑つて名を, 答へ, 答へは, 自ら詞も, 自己も, 舟子笑つて曰く大丈夫なれ, 茱萸といふ, 草津なり, 莞爾し, 袖もて, 谷間の, 趣の, 趣も, 足りる, 身邊の, 酉の市なりと, 重景, 鋸草なりと, 長崎郊外浦上の, 隅ごとに, 雨ふりつ, 飽くまで熱心, 鷲郎は, 麥の, 黄金丸は

▼ 問~ (122, 2.5%)

7 出來 5 あつた 3 盛んに 2 あつて, 余りに唐突, 好きで, 馬鹿気て

1 [99件] あまりに迂, あまりに迂闊, ありと, ありましても, あり演説, あるとか, ある私, あれば, お好き, かけて, きらひな, し度, その長所, ついに許される, どの程度, ないから, なくなると, ひどく矢留瀬苗子, まだ充分發達, われらの, 一の, 一種の, 一般に, 一般民衆の, 不意だった, 主と, 亡びたの, 今では, 余りむづかし, 傳はつた, 傳授で, 僕の, 全く進歩, 出た, 出て, 出る, 分るの, 初めて建設, 北宋に, 即ち史學, 口火に, 同じ言葉, 唐突な, 四人の, 固く結ばれた, 地下に迄, 墮落した, 大いに興る, 大阪に, 大阪の, 好きと, 好きに, 嫌ひだつ, 學問を, 官職から, 家業と, 平民の, 引いて, 彼を, 必要だ, 快くなかった, 應仁の, 或る, 支那に, 昔より, 最後の, 根底と, 次第に興つて色々, 正道を, 源流を, 滑らかだった, 無いから, 無いの, 無いん, 現はれ, 現出し, 生れて, 疑は, 發達し, 盛に, 盛んでありました, 突然だつた, 紐育の, 純粹, 續いた, 聞えないよう, 能く, 自然の, 興らずに, 行はれまし, 衰へ, 要る, 解らないの, 起らうが, 趣味に, 違えば, 開けて, 間外れに, 非常に

▼ 問はれ~ (100, 2.1%)

9 て私 53 てはあ, てゐる, て何, て名, て答, て貴君 2 て免職, て其次, て此樣, むとするの状なき, 町奉行所で

1 [58件] うす笑, それを, たる木樵り, てお, てかう, てこの, てこんな, てその, てどんな, ては困る, ては實, てまさかに, てみる, ても, てもそれ, てもただ, ても惡, ても爲方, ても皆言, ても言, ても頑として, ても顧み, てアンドレイ, て修善寺, て冷汗, て困, て困る, て太宰員外帥, て室内, て富岡, て居ないらしい, て心弱く, て我, て棄市, て正太顏, て正太顔, て活溌, て獄, て生きてる, て稍, て考へる, て薊, て行乞, て訳, て送金, て面染め, ば同じく, もしない, もせぬ, やうと, やがて談, 何を, 又其社, 年を, 方といふ, 無いもの, 發行禁止の, 重懲役三年六ヶ月罰金百二十圓

▼ 問はず~ (92, 1.9%)

7 語り 3 に友だち 2 其の能, 均しく之, 均しく内外, 常に人民, 絶えず其効果

1 [72件] あの物々しい, ある年齢以上, いつも同じ, いづれも, かけめぐつて, がたり, がたりとなす, がたり草稿, この, この世の中, この際, その又, その崇拜, その所, その言, その雰囲気, た, ただ人間, たとへば小室翠雲, て衣, とぢ蓋, とも底, とも知るべし, と知れし, に, には居られない, にゐられぬ, にゐる, に單, に少, に本, ひとしく対敵行動, ほんとに僅少, またその, まづはその, まづ観潮楼偶記, もつともつと心身, やり出したらとも, わが日本, 優れし計, 其の存在, 再びイプセン, 凡そ近代, 又必ずしも, 又物, 各なにがし, 同じ原因, 同じ洋學, 如何なるもの, 如何なる言葉, 寝られぬ旅, 尽く之, 屡画趣, 常に真, 常に神聖, 常に純然, 広い花笠, 悉く何等, 悉く危険視, 悉く彼等, 悉く皆, 新しいそして, 替へらる逆心弥止, 本國, 殆ど何等, 比較的近い, 生來, 畢竟一, 相提携, 聞かず敵, 親しさうに, 語り書評

▼ 問はれた~ (48, 1.0%)

2 お方様, お方樣が, ことも, のに對, 時に, 時には

1 [36件] お千代, から実は, が自分, ことが, ことだけは, ことには, さう, だけの事, とき, とき今猶, とき口から, と不思議, ので, のであつ, のである, ので一寸口, ので僕等, ので謝禮, のには, ほんとの, ま, ものも, りき成りたら, わけだ, 人々は, 場合はつきりと, 方の, 時, 時とは, 時わたしは, 時例の, 時次の, 紳士は, 罪の, 罪は, 若い女

▼ 問~ (47, 1.0%)

7 云ふも 3 云ふ 2 なつて, 商賣

1 [33件] いはず藝術, いはれた位, いひ教育, いふた處, いふべきもの, いへば, かけ離れて, ことが, した, せずに, なるため, なるの, はいふが, 云ふと, 人柄には, 人格とは, 判じたん, 同じおずおず, 同一なる, 呼ぶも, 實用との, 少くとも, 日々の, 智惠は, 理窟で, 生理窟, 看做されること, 答とでは, 答の, 言ひ, 趣味と, 難経, 霊枢と

▼ 問~ (47, 1.0%)

2 武藝も

1 [45件] あつた, あつて, あまりはなばなしく, ありいろんな, あり地位, あり殊に, あり藝術, あるさ, したの, する商業, せず使用人, なく, なく人生, なく千鶴子, なく東京, また近代, やはり五つ, ワクモンと, 一と, 何も, 使用人の, 其處で, 出し得ず, 劣つた, 國相應といふ, 大したもの, 大なまくら, 學問に, 才智も, 打ち出でず, 支那の, 文字も, 既に當時, 智慧も, 書かないうち, 書物が, 根柢から, 無いし, 皆古, 腹も, 自分より, 藝術も, 誠によく出, 進んで, 韓非子の

▼ 問ひた~ (46, 1.0%)

13 まはく 11 まふ 7 まひき 5 まひしかば 4 まひしく 1 づねるのを少し, づね又, まひけれ, まふか, まふこ, まへる

▼ 問ふと~ (42, 0.9%)

2 いふ法は, 夫人は, 彼は, 言ふ

1 [34件] いふこと, おすゑ, かう言, その女, たつた千兩, もなく, マダムは, ムネ・シユリイは, 一斉に, 先に, 力彌, 同様で, 名を, 国の, 大佐は, 大理牙, 天神は, 女の子たちは, 少年は, 平八郎は, 幸にも, 弟せん, 弟は, 日本画である, 榛軒は, 此町の, 片方の, 王は, 番兵は, 矢にはに, 納屋を, 読む必要, 雖また, 青年駅夫は

▼ 問~ (42, 0.9%)

982 ばに, ば小學校なりと

1 [21件] かしわれ, ど人, ど君, ばいへる, ばかぶりふる, ばどの, ばにこにこと, ば一人の, ば下田港なり, ば冷笑ひ, ば咳嗽の, ば数語を以て, ば有らず, ば泣き出し, ば生意氣ざかりの, ば苦い, ました, れ, 憐み, 新堀あたりの, 来いとの

▼ 問には~ (38, 0.8%)

4 答えないで 3 答へ 2 赤面し

1 [29件] おどろいて, この外, すぐには, そこ迄の, なかなか答えなかった, ならない, わざと答えず, ハッキリと, ハツキリと, 三吉は, 何とも答, 何とも答えなかった, 何の, 冒すべからざる強味, 叶ひません, 岸本も, 支倉も, 新しい觀察, 滿足しない, 申すまでも, 窮極が, 章學誠は, 答えずそのまま, 答えずに, 答えない, 節子は, 耳を, 誰もが, 野も

▼ 問に対して~ (36, 0.7%)

2 青年たちは

1 [34件] あなたは, いずれも, お村, それに, 三秒か, 世にもたのもし, 世界が, 伯爵は, 何と, 先生の, 全国民, 助役の, 岸田直介の, 彼女は, 思いの外ハキハキ, 文字通りの, 明確なる, 林田が, 次の, 正直に, 母子は, 石本君が, 私の, 答えたの, 答えると, 簡単な, 素子は, 結局今までの, 藤枝は, 言下に, 訳なく, 過去に, 長く大声, 黒川医師は

▼ 問一答~ (34, 0.7%)

2 に小さい, の形式

1 [30件] が聞え, してやろう下手, である, ですっかり, で行く, と云え, には汗, により完結, のあいだ, のため, の中, の内容, の裁判記録, はこれ, はにが, はやがて, は次, を, をかね, をさえ試み, をし, をした, をしよう, をつづける, をやっ, をやる, を繰りかえした, を見れ, を試み, を読め

▼ 問注所~ (28, 0.6%)

2 の対決, へ突き出す

1 [24件] から突っ返され, から高氏, でございました, でなした, ではあくまで, などという役所, にて怯み, にて配所, に坐った, に關係, のある, のそうした, の一郭, の人々, の取調べ, の対決以来, の控え屋敷, の方, の朝, の白洲, は幕政下, へ出頭, を柳営外, ノ査問

▼ 問ひかける~ (27, 0.6%)

6 のです 3 に年季 2 に仰

1 [16件] ことも, と, とテレェズ, とバカ, と大佐, と娘, と此一言, と池, には隨分突, のでした, のに, のは, やうな, 声が, 必要も, 自分の

▼ 問ひかけ~ (26, 0.5%)

4 て居た 3 てみる 2 てゐた

1 [17件] てくれ, てなか, てみた, てみまし, てゐる, て居られた, て来る, て私, て空, て答, て行, て見た, て陳んじ, にたちまち, の文句, はこんな, 乍ら不意に

▼ 問ひし~ (26, 0.5%)

2 にさる, に否, 君はも

1 [20件] かを疑ふも, がその, が孔子, けむ云々, ことなし, にお, におぼえある, にこれ, に一人, に主人頭, に僕, に其男, に友, に唯, に娘等, に少女答, に近頃, も可笑しき, 事は, 君と

▼ 問~ (25, 0.5%)

4 あつた, あつて

1 [17件] あつて氣象學, あてること, あらうが, これでも, せうが, それには, ただならぬ久兵衛, 劉氏も, 家學である, 小僧を, 捏ちあげた, 漢人師法の, 答歌は, 腹は, 言ふ, 詩を, 追いかけた

▼ 問~ (24, 0.5%)

2 では

1 [22件] からいふ, から色々, にあきらめ得たる, においても革新, において新, における一つ, には關係, に於, に於ける, に研究, のお話, のこと, の功績, の參考, の復古思想, の意味, の意見, の研究方法, の自説, の葛藤, の術語, の議論

▼ 問ふこ~ (22, 0.5%)

5 となく, と勿

1 [12件] と, とあら, となし, との多き, との無き, とは唯物史觀, とは我我, とも我, とよろしく, と多き, と度重なり, と能

▼ 問合わせ~ (21, 0.4%)

3 てみる 2 て見る, である

1 [14件] があった, があり, すぐいたします, たりまた, たり区役所, てきた, てみた, てやる, であった, の手紙, の結晶, はこの, を出し, 糸崎で

▼ 問~ (21, 0.4%)

2 な方法

1 [19件] でよい, ならん, な思想, な意味, な知識, な考, な言葉, になつ, にもこの, に最も, に發掘物, に研究, に純, に言, に調ら, に體系的, の意味, の部分, もしくは哲學的意識

▼ 問ふところ~ (18, 0.4%)

5 でない 3 ではない, にあらず 1 ありしに, でないと, でなかつたの, となりぬ, にあらね, の事みな, は

▼ 問へる~ (18, 0.4%)

4 に答

1 [14件] なり, に, にあらずしてた, にいと, にソロモンこれ, もこ, も汝, や, や恋, をしり, 哨兵われ説かむ, 時しも, 者またいひける, 馴染の

▼ 問~ (18, 0.4%)

4 藝術の

1 [14件] うらなり先生, はりました, アせん, アラムハラドの, 三囲の, 何か, 叫声が, 學制を, 所感を, 研究は, 種々の, 藝術や, 霊枢でも, 靈樞でも

▼ 問~ (18, 0.4%)

3 の方 2 の袂

1 [13件] から遊び仲間, が出来, が架けられ, にせよ, の上, の横, の灯, の際, や吾妻橋, をぬけ, を初め, を渡る, を自動車

▼ 問はむ~ (17, 0.4%)

2 とし, 侯は

1 [13件] か, とき, と刺, と存じ候折, と新宿通, と石橋先生, に何人, ウインネツケよ, 一掬の, 世の, 人さへ, 状は, 諸子が

▼ 問ひも~ (17, 0.4%)

2 せで

1 [15件] かねたる, しつ幽界, しないのに, し語り, せじ語り, せずはた, せず結局, せぬけれど, せぬに, せぬ人, ならず心, スラスラと, 寄らで観音堂, 少し愚問, 待たずに

▼ 問はずし~ (16, 0.3%)

2 て一, て之, て然諾 1 て, てその, て何事, て名園, て唯, て彼, て新喜楽, て明らか, て知るべき, て親しまん

▼ 問はれる~ (16, 0.3%)

3 と, にい 2 と私 1 かと云, から僕, が勿論, であらう, とお, とおれ, と能, やうな

▼ 問ふも~ (16, 0.3%)

2 の, のあらば余, のが 1 のあら, のあり, のか, のであつ, のと, のに, のの, のも, 亦た, 蝶の

▼ 問にも~ (15, 0.3%)

1 [15件] たしなみ淺, だいぶ痛い, 促されて, 思いの外丁寧に, 最初は, 滿足な, 然り, 答えずてんで, 答える事, 答へて, 簡単に, 良寛さんは, 詳しい人, 響いて, 餘程骨を

▼ 問ふて~ (15, 0.3%)

1 [15件] は下, もわれわれ, も見まし, よきやら, 予戒令, 云く, 其下知に, 其教に, 曰く, 曰くこの, 曰く然, 曰く綱目を, 曰く色情の, 曰ひける, 自から

▼ 問から~ (14, 0.3%)

1 [14件] 一般の, 上に, 云へば, 來た, 出て, 更に進ん, 橋場小梅へ, 浅草までへは, 渡しに, 神を, 竹屋の, 答えて, 答へ, 考へれば

▼ 問~ (14, 0.3%)

1 [14件] その妻, て, ていた, ている, てつかわす, てゐる, て來, て居る, につか, に目科, ニ百里ナリと, 商業する, 時盲者察し年頃, 終に天下

▼ 問といふ~ (14, 0.3%)

8 ものは 1 ことに, ことは, のは, ものが, ものに, 柄か

▼ 問はん~ (14, 0.3%)

2 とする, とすれ, とて左 1 とし, とするなり, とて, とてしばらく, と欲する, と欲するなり, と自ら出迎, わが後

▼ 問はず語り~ (12, 0.2%)

1 [12件] から綜合, にいふ, に聞かせ, に自分, に色々, に言つて, に訊いた, に話し出した, に身の上話, の文句, の書評, の雑談

▼ 問ひ返す~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことを, つもりである, といや, ところだつた, とそれ, と堀田, と意外, と灯台, のであつ, までもなく, ものが, 暇も

▼ 問ふまで~ (12, 0.2%)

6 もなく 2 もなし, も無く 1 もない, もなき

▼ 問~ (12, 0.2%)

2 に答 1 が言葉, に利, に答え, の方, は, はこの, は誰々, もこう, も変り, 無きに

▼ 問として~ (11, 0.2%)

1 [11件] 傳へ, 取扱つたのは, 名著が, 哲學を, 扱つた, 歴史を, 獨立する, 組立てること, 考へたもの, 考へられ其の, 認められるやう

▼ 問はば~ (11, 0.2%)

2 第一 1 かくのみ, 似たる者, 吾人答へて, 明月水中に, 朝日に, 朝日にに, 瞽の, 答へ, 赤ゑり赭熊に

▼ 問ふべき~ (11, 0.2%)

2 事は 1 いとまもなく或, か, ことに, は何, 件, 余地をも, 機縁も, 要も, 譯あり

▼ 問である~ (10, 0.2%)

1 から私, けれどもその, ことが, ことも, とし, と私, 以上頭から, 學問である, 限りその, 限り哲學の

▼ 問では~ (10, 0.2%)

2 ない 1 あるが, ないこと, ないと, なかった, なく豐臣, 出來, 団子の, 無い自分

▼ 問ひます~ (10, 0.2%)

31 から斯く, ともう, と未だ, と私, な, な夢, な柱

▼ 問ひ合せ~ (10, 0.2%)

1 たり聞き合せ, てとう, てみる, ても返事, てよこした, て一應身許, て見ます, て見る, て貰つた, て道人

▼ 問団子~ (10, 0.2%)

2 を売る 1 が隅田川, に休ん, に小豆, の主人, の前, の製餅場, はいま西洋料理屋, をたべ

▼ 問に対しては~ (9, 0.2%)

1 いつでも, そのいずれ, まだ何, むしろ不賛成, 何人も, 例の, 具体的の, 我々の, 百姓は

▼ 問する~ (8, 0.2%)

1 ことは, ところの, と云, と私, には根氣, のが, ものが, 事は

▼ 問とは~ (8, 0.2%)

3 何か 1 さう, 人格を, 何かといふ, 模倣の, 言へ

▼ 問はれたる~ (8, 0.2%)

2 ときは, 時の 1 媼の, 放免の, 旅法師の, 法師の

▼ 問ふた~ (8, 0.2%)

1 ので鷄肉, るに, 一詩人が, 兒玉の, 明治末葉, 次第である, 自分の, 貴婦人が

▼ 問~ (8, 0.2%)

1 だそれ, にいつた, の游竜, の趣領承, はさね, はせて, はせなさいまし, はせましたれ

▼ 問はれし~ (7, 0.1%)

1 があれ, がそ, 事も, 春ひねもす, 時, 時汝は, 魂その

▼ 問ひ返し~ (7, 0.1%)

2 てゐる, て其返事 1 てすぐ, ても三百, て見た

▼ 問藝術~ (7, 0.1%)

1 で言, に多大, に關係, の上, の爲め, をする, を手段

▼ 問に対する~ (6, 0.1%)

1 情熱が, 答えであった, 答えは, 答と, 答は, 答を

▼ 問ひけれ~ (6, 0.1%)

21 ばか, ばそこ, ば彼者申やう, ば東禅寺裡

▼ 問ひつめ~ (6, 0.1%)

1 たつて, てくる, てはて, てゐる, て聞いた, て見れ

▼ 問ひ質し~ (6, 0.1%)

1 てつねに, てやつ, てゐない, て見よう, などされた, もせず

▼ 問まで~ (6, 0.1%)

1 する餘裕, 外らして, 戻って, 戻つて, 行くつもり, 辿りつきました

▼ 問~ (6, 0.1%)

2 不慮の 1 ても別段, て思切, て白地, て貞之進

▼ 問~ (5, 0.1%)

3 んご 1 つて三年の, と私

▼ 問でも~ (5, 0.1%)

1 いくらかづつ深入り, 歡迎を, 著き警察官, 藝術でも, 迚も

▼ 問としては~ (5, 0.1%)

1 不確かである, 全く此, 全く特別扱, 勿論七略別録, 校勘學に

▼ 問において~ (5, 0.1%)

1 と同樣, 尊いの, 或る, 眞理を, 近代における

▼ 問はれれ~ (5, 0.1%)

2 ば俺 1 ばちよ, ば憂き, ば私

▼ 問ひかくれ~ (5, 0.1%)

3 ば男 1 ば清吉, ば聞

▼ 問ひかけた~ (5, 0.1%)

2 時は 1 が満足, ことが, は

▼ 問ひかけられ~ (5, 0.1%)

3 て親父 1 てお, 余儀なくこう

▼ 問ひ返した~ (5, 0.1%)

1 がだらう, が彼女, といふ事, は, 言葉の

▼ 問へども~ (5, 0.1%)

2 未だ期 1 婆諱み, 答も, 能く

▼ 問合す~ (5, 0.1%)

1 と古川橋, と家, と年老いてる, より道, 向きも

▼ 問好き~ (5, 0.1%)

1 だけに母親, で, であつ, で働き, を承け

▼ 問~ (5, 0.1%)

1 が門田朴斎, せしめた二十余人, で其末, のため, を被

▼ 問~ (5, 0.1%)

2 と工夫坐禅 1 し工夫坐禅, するにも, の責

▼ 問~ (5, 0.1%)

1 の場, の床, の次第, は明日, 衆の

▼ 問ある~ (4, 0.1%)

1 とあらゆる, を信ずる, 人勇力ある, 町人の

▼ 問した~ (4, 0.1%)

1 か, が彼, が遂に, 答によっては

▼ 問です~ (4, 0.1%)

1 か, がそれとも, よ, よ親分

▼ 問としての~ (4, 0.1%)

1 歴史は, 特殊の, 目録學は, 老子とか

▼ 問~ (4, 0.1%)

1 てやった, て置いた, て見ない, 男の

▼ 問はう~ (4, 0.1%)

1 としてゐた, と云つて, と思つて, より自分

▼ 問はれたら~ (4, 0.1%)

1 どうしよう, 何と云, 僕は, 返事には

▼ 問ひか~ (4, 0.1%)

3 へした 1 へしつ

▼ 問ひしか~ (4, 0.1%)

3 ば答 1 ば少女答

▼ 問ひしと~ (4, 0.1%)

1 き孔子, き露, き鴎外, ころの

▼ 問ひたい~ (4, 0.1%)

2 と思つて 1 ことが, のは

▼ 問ひただし~ (4, 0.1%)

1 ては母親, てみよう, ても母, て見た

▼ 問ひよる~ (4, 0.1%)

4 念者ぶり

▼ 問ひ糺し~ (4, 0.1%)

1 てみよう, てみる, て見, 候へば

▼ 問ひ詰められる~ (4, 0.1%)

1 と, と勝彦, と誰, 迄もなく

▼ 問へど~ (4, 0.1%)

1 こ, 更にわからず, 老女は, 花子は

▼ 問~ (4, 0.1%)

1 を引由, 土人云是師, 山内子, 有

▼ 問注所衆~ (4, 0.1%)

1 と, の列座, の座席, の面々

▼ 問糺し~ (4, 0.1%)

1 てなるべく, て見よう, て貰う, をなさる

▼ 問いたもう~ (3, 0.1%)

1 か通り, な, に皆馬皇后

▼ 問~ (3, 0.1%)

2 くれば 1 かけた

▼ 問こそ~ (3, 0.1%)

1 こっちから, わが測り知る, 猶心

▼ 問であり~ (3, 0.1%)

1 史學が, 史記も, 新注

▼ 問であります~ (3, 0.1%)

1 がこの, が前, 其の學問

▼ 問とか~ (3, 0.1%)

1 商業とか, 文學とかで, 藝術とかの

▼ 問などは~ (3, 0.1%)

1 しないでも, 修め度く, 神慮に

▼ 問などを~ (3, 0.1%)

1 修めた人々, 或は六年, 研究した

▼ 問なら~ (3, 0.1%)

1 ば諸道, ば高僧, 牧野富太郎博士電氣屋の

▼ 問においても~ (3, 0.1%)

2 人生において 1 單に

▼ 問にて~ (3, 0.1%)

2 シエクスピイヤが 1 人物の

▼ 問にのみ~ (3, 0.1%)

2 精進し 1 心を

▼ 問に対し~ (3, 0.1%)

1 いるらしうご, 姥は, 野蛮にも

▼ 問のみ~ (3, 0.1%)

1 ならずこれ, ならず新しい, 志したから

▼ 問はで~ (3, 0.1%)

1 叶は, 告ぐそ, 黙して

▼ 問はれぬ~ (3, 0.1%)

1 ことも, ねをのみぞ, 先に

▼ 問ひあはせ~ (3, 0.1%)

1 てみ, て來, の文面

▼ 問ひける~ (3, 0.1%)

1 にその, に箸, 折

▼ 問ひたげ~ (3, 0.1%)

2 に愁 1 にきよ

▼ 問ひたげな~ (3, 0.1%)

1 眼が, 眼ざし, 顏を

▼ 問ひたる~ (3, 0.1%)

1 ものに, 後に, 言葉なりき

▼ 問ひつめられ~ (3, 0.1%)

1 ては多少, ても, て梨枝子

▼ 問ひました~ (3, 0.1%)

1 がお, が万作, が張繼

▼ 問ひ慰め~ (3, 0.1%)

2 て後 1 て恰も

▼ 問ひ詰め~ (3, 0.1%)

1 てもニヤリニヤリ, ても無駄, て來

▼ 問ひ詰められ~ (3, 0.1%)

1 ては間, て娘, て美奈子

▼ 問ひ質す~ (3, 0.1%)

1 と何, 必要が, 機会を

▼ 問ひ返~ (3, 0.1%)

2 さる 1 へした

▼ 問ひ進む~ (3, 0.1%)

1 と, のでした, のです

▼ 問または~ (3, 0.1%)

1 哲學によ, 智識ある, 牢問いと

▼ 問を以て~ (3, 0.1%)

1 したり, 教と, 答と

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 のため, のもの, のよう

▼ 問~ (3, 0.1%)

2 體の 1 體に

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 といふの, の時, の禮

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 が訊いた, はふふふ, は時

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 とか問注所, にあり, を觀

▼ 問目二十七条~ (3, 0.1%)

2 を撰 1 を呈し

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 に一章, の二章其文理, は變禮

▼ 問註所~ (3, 0.1%)

2 の善信入道さま 1 の入道さま

▼ 問~ (3, 0.1%)

1 と呼ん, と非, の別れる

▼ 問あり~ (2, 0.0%)

1 て識, 品格ある

▼ 問いたもうた~ (2, 0.0%)

1 ので寂照, 御製だ

▼ 問うた~ (2, 0.0%)

1 での前, にも答え

▼ 問~ (2, 0.0%)

1 にも居, 大方は

▼ 問だった~ (2, 0.0%)

1 から口, ので昌作

▼ 問でない~ (2, 0.0%)

1 とかう考へた, ハガキ回答が

▼ 問~ (2, 0.0%)

1 のである, ので何

▼ 問なさる~ (2, 0.0%)

1 なと厳しく, のは

▼ 問など~ (2, 0.0%)

1 何う, 隅田川の

▼ 問なんか~ (2, 0.0%)

1 すると, 嫌ひだまた

▼ 問における~ (2, 0.0%)

1 あらゆる難問, と同樣

▼ 問ねる~ (2, 0.0%)

1 と今朝, のである

▼ 問はずこれ~ (2, 0.0%)

1 だけでも羨し, を上演目録中

▼ 問はずそれ~ (2, 0.0%)

1 が単なる, 自から

▼ 問はず僕~ (2, 0.0%)

1 と同じ, はこの

▼ 問はず兎~ (2, 0.0%)

1 に角, も角

▼ 問はず唯~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 問はず善政~ (2, 0.0%)

2 を行

▼ 問はず時~ (2, 0.0%)

1 の古今, の新旧

▼ 問はず東西~ (2, 0.0%)

1 を問はず, を論ぜず

▼ 問はず狸~ (2, 0.0%)

2 に贔屓

▼ 問はず皆公~ (2, 0.0%)

2 の入閣

▼ 問はず老若男女~ (2, 0.0%)

2 を問はず

▼ 問はず詩~ (2, 0.0%)

1 が欲しく, の用途

▼ 問はず買~ (2, 0.0%)

1 ひ込んで, ふらしい人

▼ 問はるべき~ (2, 0.0%)

1 ことである, 人に

▼ 問はれたなら~ (2, 0.0%)

1 ばやはり, 私は

▼ 問ばかり~ (2, 0.0%)

1 採つて夫, 潜ったとき

▼ 問ひくる~ (2, 0.0%)

1 もうるさく, ものとては

▼ 問ひする~ (2, 0.0%)

1 に一々, 必要を

▼ 問ひつめられた~ (2, 0.0%)

1 とき先生が, とき彼らは

▼ 問ひつめる~ (2, 0.0%)

1 のだ, のであつ

▼ 問ひで~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ 問ひな~ (2, 0.0%)

1 された時, どしつこの

▼ 問ひま~ (2, 0.0%)

1 つりき, ゐら

▼ 問ひよれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば垂れ

▼ 問ひ合し~ (2, 0.0%)

1 てから来た, ても返事

▼ 問ひ合せた~ (2, 0.0%)

1 がそこ, が明答

▼ 問ひ合せる~ (2, 0.0%)

1 とお, と書物

▼ 問ひ寄る~ (2, 0.0%)

1 のです, を應

▼ 問ひ糺さう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ 問ひ糺す~ (2, 0.0%)

1 のも, 必要も

▼ 問ひ試み~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て私

▼ 問ひ詰める~ (2, 0.0%)

1 と, のも

▼ 問ひ質さず~ (2, 0.0%)

1 に自分勝手, に驀地

▼ 問ひ返され~ (2, 0.0%)

1 ちや困つち, て酔払

▼ 問ひ返される~ (2, 0.0%)

1 ことが, と何

▼ 問ふて呉れる~ (2, 0.0%)

2 人も

▼ 問ふて居る~ (2, 0.0%)

1 のでない, 隨分重き罪と

▼ 問ふと暫し~ (2, 0.0%)

2 沈吟し

▼ 問ふなら~ (2, 0.0%)

1 ば或は, ば私

▼ 問ふべからざる~ (2, 0.0%)

1 こと化學の, 事實と

▼ 問ふべし~ (2, 0.0%)

1 快く彼, 我が信

▼ 問へよ~ (2, 0.0%)

2 今に

▼ 問ます~ (2, 0.0%)

1 と其様, と彼

▼ 問より~ (2, 0.0%)

1 問, 經濟向きの

▼ 問れた~ (2, 0.0%)

1 心の, 父の

▼ 問をも~ (2, 0.0%)

1 充分に, 設けたるなり

▼ 問~ (2, 0.0%)

1 とする, と小山

▼ 問シエクスピイヤ~ (2, 0.0%)

2 が理想

▼ 問~ (2, 0.0%)

2 淵源ヲ

▼ 問一答記事~ (2, 0.0%)

1 が掲載, の中

▼ 問以上~ (2, 0.0%)

1 が確実, の人間修業

▼ 問~ (2, 0.0%)

1 でぬ, でんも

▼ 問即ち~ (2, 0.0%)

1 この場合所謂精神科學, 所謂科學の

▼ 問合した~ (2, 0.0%)

1 がやはり, 事が

▼ 問合わせた~ (2, 0.0%)

1 ところ折返し, ところ旅行中一週間ほど

▼ 問懸け~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 問懸ける~ (2, 0.0%)

1 とそれ, を秋元

▼ 問政治等~ (2, 0.0%)

1 を調べ, ノ事ハ識アリテ能

▼ 問~ (2, 0.0%)

1 では云うまい, をする

▼ 問武藝~ (2, 0.0%)

1 いづれも, も仕込み

▼ 問津館~ (2, 0.0%)

1 にあ, の主人

▼ 問王知道~ (2, 0.0%)

1 の二篇, の二篇以外

▼ 問的意識~ (2, 0.0%)

1 であつ, に於

▼ 問的認識~ (2, 0.0%)

1 が神學, のうち

▼ 問糺す~ (2, 0.0%)

1 丈の, 事を

▼ 問~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 問足下~ (2, 0.0%)

1 は尚, は日本

▼ 問通り~ (2, 0.0%)

1 にある, の間

▼ 問道篇~ (2, 0.0%)

2

▼ 問霊枢~ (2, 0.0%)

1 である, を柏軒

▼1* [564件]

あたりにもみやこ鳥, 問ありしほど神威, 問あるいは学に, 問あわしてみた, 問いしのみ, 問いそそこに人, 問いたさは, 問いまだしき感の, 問うた者が周章て, 問かかるに今, 問ぎらひで父の在世中, 問くらゐ, 問これがため, 問るるはず, 問さえ発っせられなかった, 問させられ其から, 問ざまが悪, 問ざるも先, 問しかば先生さも, 問しけるに王, 問してない奴は, 問し如く敵の, 問じっと静かに, 問すべての著述, 問すら出來, 問すれば, 問す可しと, 問せざること久し, 問せられてゐる, 問せんという, 問その物が, 問そのものに認識, 問のは, 問たる哲學の, 問だけはわけなく出来た, 問だけをまるで芋虫, 問つたとしてもバアナアド・シヨウ, 問つてやりたい心持ち, 問曰く汝は, 問ていうよう, 問ていはく聖人の申す, 問であったことを, 問でありまして其の, 問であるべきであるがそれ, 問でなくてはならぬ, 問でなければならない, 問といつては些, 問とてはなかつたけれども, 問となつてを, 問との關係について, 問とも云ふべき, 問と共にプツと, 問なく分別なき, 問などが特別に, 問なども是は, 問などよりも遙に, 問なり道徳なり, 問なるが本邦, 問なれされば我, 問にかひどく老成, 問にさえ笑顔を, 問にたいして帆村荘六は, 問にたいする答が, 問についてその意義, 問については豫て, 問にでも実に丁寧, 問にばかり凝つて, 問によつて明に, 問により社會的の, 問に対しても敬太郎は, 問に従って主人の, 問先に, 問ねたが自分, 問ねた吉里の声, 問ねた時廊下を急ぎ足, 問ねましたとき童子は, 問ねますと, 問はじといふも科學的手段, 問はじ汝が名, 問はずいはゆる, 問はずおのづから一つ, 問はずかくの如き, 問はずここに恋, 問はずすべてのお伽話, 問はずすべて寺院に屬, 問はずすべて牧者の保護, 問はずそつちへ, 問はずどちらもさ, 問はずわれぞ数かく, 問はずわれわれも亦, 問はずニイチエの, 問はずフイリツプはかう, 問はずベツドの位置, 問はず一人として此自然, 問はず一個の文化表象, 問はず一切の対局, 問はず一様に提唱, 問はず一特長ある詩, 問はず一般に歓迎, 問はず一面にはそれ, 問はず一齊に災害防止, 問はず万世一系の帝室, 問はず上世には消極的美, 問はず世に出るべき, 問はず世界の智識, 問はず両親の意志, 問はず予が知れる, 問はず事の僕, 問はず事件そのものが兔, 問はず五拾圓と云, 問はず人間の, 問はず人間能力の可能, 問はず人類が主として, 問はず他人の作, 問はず伝統あつて, 問はず低廉無此或, 問はず何びとも多少, 問はず何んな読者, 問はず余を辞し, 問はず作者がかう, 問はず催馬楽も平家物語, 問はず僕等現代の日本人, 問はず共通の送迎, 問はず其熱心と根氣, 問はず凌遲の刑, 問はず凡人の真面目さ, 問はず前者をちよ, 問はず午食後に中橋, 問はず口論憶測談笑等の彼等, 問はず古来の女子参政権論者, 問はず只管我國の風, 問はず各人が暗黙, 問はず同一の待遇, 問はず多く皆辮髮をし, 問はず夢は常に, 問はず大体人間の正体, 問はず大抵は思想界, 問はず天下萬邦と袂, 問はず天明以後の俳人たち, 問はず子供たちの住む, 問はず学校当局は由来, 問はず學校朋輩にも聞きませんでした, 問はず官民の区別, 問はず客の何処, 問はず宴会といふもの, 問はず山中未成氏の書いた, 問はず師匠を厚く, 問はず席に復, 問はず平衡を失し, 問はず幾多の文人墨客, 問はず彼等の詩的生涯, 問はず後人の為, 問はず後代に残る, 問はず後進の僕, 問はず必らず善, 問はず忠之に背き, 問はず我々の自由, 問はず我我は皆, 問はず所謂国策に沿, 問はず手當り次第に, 問はず振り香炉の香, 問はず支那社會の隅々, 問はず政治法律と道徳, 問はず日本人であること, 問はず日本全国中国満洲, 問はず時代の思考, 問はず普遍的自我を生かす, 問はず暴にこれ, 問はず最後に彼, 問はず木立のある, 問はず架空の幸福, 問はず校内に知れ亙, 問はず欣然と敵, 問はず此度の災厄, 問はず武力なき平和時代, 問はず殆んど, 問はず汝の父, 問はず江戸的デカダンス思想の最後, 問はず洋の東西, 問はず活動が文化的, 問はず深編笠を着, 問はず演つたなら俺, 問はず独立に美醜, 問はず男女を択ばず, 問はず當時の貿易船, 問はず疾病無しに終始, 問はず盡く一律, 問はず相手が現れる, 問はず確かに恋愛, 問はず籠に閉ぢ, 問はず精力絶倫な男性, 問はず紋服そのものの感じ, 問はず絶対に嫌ひで, 問はず締め切り日を前, 問はず職業の如何, 問はず舞台上のフアンテジイ, 問はず船中にゐる, 問はず良質なもの, 問はず若干の好奇心, 問はず裸体にて人, 問はず訪問して, 問はず評すること, 問はず話好きで且つ, 問はず誰人でも之, 問はず負担である, 問はず輕くせられます, 問はず近代の英米文学中, 問はず運命を開拓, 問はず隣国たる支那人, 問はず飲食店さへある, 問はず黒人は存外, 問はず齊衰三年と云, 問はせ給へば, 問はせる霍公鳥しぬぬ, 問はちよつと判らなかつたらしい, 問はでもしるし茶屋, 問はとは言へ, 問はねど明かなり, 問はねどしるき與, 問はれたら名乗るのが, 問はれなばそれ, 問はれましたが本町, 問はれるでもあらう, 問はれ致し候, 問はんため身をめぐらせる, 問はん太陽の熱, 問はん漁史は結果, 問はん百歳の老翁, 問はん都鳥わが思ふ, 問はん都鳥我思ふ人, 問拙く語ら, 問ばかりか外典は, 問ひあきらむることを果さ, 問ひかかるをかし, 問ひかけたる少年こそは, 問ひかけられたので彼, 問ひかたがあつ, 問ひかつ請へ, 問ひかへすとさう, 問ひきかせるやう, 問ひささやくやすみ世に, 問ひされるのを, 問ひし如きまたこの, 問ひすてて都, 問ひそ寂しきもの, 問ひたい位であつ, 問ひたい女に對, 問ひたかつたがやめた, 問ひただしたことが, 問ひただすでもなく, 問ひたらば何と, 問ひたらましかば我, 問ひたれど教, 問ひつめたところがさる, 問ひつめましたがイワン, 問ひつめられると一言, 問ひつめれば理, 問ひつめ狼狽させたの, 問ひつ問はれつ, 問ひであることを, 問ひでした先刻から, 問ひで月をさした, 問ひとは凡そ, 問ひとつに尽き, 問ひまつりしに, 問ひも答へも何ん, 問ひも辨次郎を驚かす, 問ひよされば, 問ひよくわが願, 問ひよく我に證, 問ひ交しの歌, 問ひ併せて支那語, 問ひ反して対手, 問ひ反すと, 問ひ合せたら今度は, 問ひ合せないのも, 問ひ奉りしに神託, 問ひ尋ねたりする, 問ひ尋ねたは, 問ひ尋ね置きたりしかば直ちに, 問ひ慰めんと口, 問ひ掛くるにその, 問ひ掛け給へば, 問ひ掛けしに子供心, 問ひ掛けられて我, 問ひ掛けると彼, 問ひ明らめる事の, 問ひ来なむ恋ふる里人, 問ひ来るぞあれ, 問ひ知れるだけは知らう, 問ひ窮めようともせぬ, 問ひ糺したが年弱, 問ひ糾すが中, 問ひ給えば茂頼, 問ひ置かんと原, 問ひ落してどうしても, 問ひ試みました娘の, 問ひ詰めたら何を, 問ひ詰めないで下さい, 問ひ詰めますから豆小僧, 問ひ詰められた時の, 問ひ詰りしに馬十かた, 問ひ質した秀と, 問ひ返せばホヽ, 問ひ重ねることは, 問ひ驚かすべき法の, 問ふいかなれ, 問ふお小夜の, 問ふかも知れぬ, 問ふからに誓, 問ふから否と云, 問ふごとくなせるにあらず, 問ふさへ痛々しい, 問ふたことがあつ, 問ふためではなく, 問ふたらこれは斯, 問ふたら己れの, 問ふたら彼は, 問ふたら昔し本多佐渡守様, 問ふたら答へるには, 問ふたり聞ひたり, 問ふた事も無けれ, 問ふた實は私, 問ふた時にはそれ, 問ふてくれた父に, 問ふてくれる人も, 問ふてみようといふ計画, 問ふてみると和蘭語, 問ふてゐた長髪の, 問ふてゐるので, 問ふて疑を決する, 問ふて見てはじめて, 問ふて見とくんなはれ, 問ふときは里恵, 問ふと別に仔細は, 問ふなり緯を, 問ふべきであつた, 問ふべくわれを, 問ふべく書かれた作品では, 問ふむね白石, 問ふもうれたし己, 問ふ到島田問, 問へと發展擴充を, 問へとは実にこの, 問へるなり總て, 問へる如く記せしなるべしと, 問ほどある英文, 問ましたら自分は, 問また我々の, 問までは渡し, 問む青あらし, 問よりも商業で, 問らしいものが, 問らしくなつたの, 問らしく忘れてしまう, 問るるにも仰ぎ視ざるなりけり, 問れしを思, 問わるべきものである, 問わるべきではない, 問わんも汽車, 問を通じて間接に, 問イ謀ヲ求ム, 問ウノデコレ, 問ウ何ノ意ゾ碧山ニ棲ムト, 問ウ古人アヤマッテ一転語ヲ祗対シテ, 問エバ此陵ハ諸葛武侯ガ造ル所ノモノナリト曰ウ, 問えば, 問しニ, 問テ曰ク何スレゾ其レ然ルヤ, 問非ズシテ, 問ニテ練熟スルモ藝術ニテ練熟スルモ畢竟皆此理性, 問ハス今日ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, 問ハズ当ニ一, 問ハズ専門学校卒業又ハ, 問ヒシニ皆戊辰ノ変, 問ヒタイ蓋シ本年ハ不忍池, 問ヒ合サレタク毎年三月下旬ヨリ十月下旬マデ旅費二三等何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, 問フテ曰ク我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, 問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 問フノ要ナシ, 問フノ外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, 問フ所ロニ非ズ, 問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 問フ者踵ヲ接ス其状權貴モ如カザルモノアリ漱石, 問ヶ岡と称し, 問三十項に対する答, 問三昧に暮し, 問上偏狹になつ, 問上古天真論の, 問上非常に意味, 問世界事業世界のいづれ, 問世話になり, 問に佛教, 問並びに書籍の, 問中七問以上が確実, 問乗掛見れば士一人床机, 問あらば, 問二十四回にし, 問如何やう, 問云何亦在, 問に後, 問人死魂魄便散否, 問是何世, 問他人に道, 問以外に他, 問以外一歩も出ない, 問例へば數學の, 問修行をば塵芥, 問倭王であるべき筈, 問の待遇, 問先生が戲曲, 問全く畢り, 問其の精ならん, 問其頃は四書五經, 問経霊枢次に, 問出るごとに, 問半端にし, 問せり, 問取せず仏性の, 問取るに足らず, 問古今集に空, 問合さず突然に, 問合されるが好い, 問合わさせると華族会館, 問合わされる在り来りの, 問合わして来ました, 問合わしたところ一同大, 問合わせたる処正午近き, 問合わせる迄もない, 問合状を発する, 問合読なすとて, 問名人の眸, 問名納吉納徴請期の五儀, 問としてある, 問商業は商業, 問あり, 問堂等の号, 問場裡に彼我併立, 問夫子作春秋不以初哉首基爲始何, 問奇石看異, 問奉らく云々, 問で用, 問の人, 問孔篇及迷庵師の論語数条, 問の流弊, 問学者であつ, 問安した, 問へ記名, 問い事, 問考への, 問思想もある, 問の名, 問慰めてやった, 問慰めるとようよう, 問懸くれば銀平, 問懸けた一言に, 問成されば分ります, 問技藝の傳つた起源, 問技藝其他あらゆる文化, 問押並ての戲曲, 問掛るに藻西太郎, 問子曰, 問の場面, 問教育の根本方針, 問文藝の逸話, 問に精緻, 問日本の文學, 問曰人宅遥遠海底人乏誰人忽来, 問曰何如斯可謂之土矣, 問向何處, 問を得, 問秘抄, 問會社經營生産政治になお, 問て但し, 問未だ上達せず, 問を送った, 問独樹老, 問橋左の方, 問欧天不異故郷天, 問正して見よう, 問歸期未有期, 問に文學, 問法作善に油断, 問注所執事以下の奉行人七, 問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 問注所裁きの結果, 問不知伏乞恩喚取慕闍親, 問界藝術界に地位, 問答離の, 問疾品において文殊, 問疾邂逅于藝藩頼千祺観其餞辛島伯彜還西肥之作, 問なる評, 問発句を取りあつめ, 問的使用に耐, 問的傾向があつたらしく, 問的加工に這入, 問的思索に耽る, 問的意識哲學的意識であ, 問的批評でも一つ, 問的教養をもたぬ, 問的方法の原理, 問的用語としての價値, 問的考察においてはそれ, 問的訓練が階梯的, 問的論究乃至原理的省察, 問かは仙臺, 問直そうと山, 問直答のならわしである, 問知識の無い, 問研究の原則, 問神篇に, 問十四, 問篇孔子管仲の仁, 問ならざる時, 問精密なること, 問糺さず無闇に, 問糺されては堪るまい, 問に集る, 問の戒法, 問へば北の方, 問給うに伐る, 問絶えず賢者は, 問者一人に答者一人, 問者答者二人分に分けた, 問者論医之源, 問聴訴追捕, 問臣等事意及諸教法知其人有如此之藝能, 問自在なる可, 問自説と翻, 問自身の幼稚, 問落せば何, 問著述の成生, 問藝術其他のもの, 問行きしなり是だけにて, 問計りやつて, 問訊礼拝等は衰微, 問註所入道さまのお, 問註所入道さま大官令さま武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, 問評判の高, 問むれど, 問詩文とも一代, 問詰ったが石, 問詰むれば極めて, 問詰る所なる, 問詰るならんと, 問識見を吸收長育, 問識霊枢識に編, 問讀書細心精緻を缺, 問質した後判事は, 問質すのであった, 問贈遺をなし, 問隨の, 問通りそこにいかにも, 問進む目, 問進歩を辿る, 問道樂を奬勵, 問に, 問随答欄に弁じたる, 問にあらず, 問霊枢法華経普門品は註する, 問にかけて後, 問題すぐできるぢやないか, 問風情には可, 問同歎夕陽斜