青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「商人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

唐~ ~唯 唯~ ~唯一 唯一~ 唯物~ 唱~ 唾~ 商~ ~商人
商人~
商品~ ~商売 商売~ 商業~ ~問 問~ 問い~ ~問う 問う~ 問屋~

「商人~」 3523, 38ppm, 3048位

▼ 商人~ (684, 19.4%)

12 ような 10 家の 9 家に 8 ところへ, ように 5 やうな, 手に 4 方で

3 [12件] ことを, ほうを, やうに, 娘で, 娘と, 娘に, 家から, 店に, 店先へ, 手で, 方が, 真似を

2 [35件] いうまま, うちに, ことだ, ことで, ことも, すること, そばに, ひとりが, 一人が, 一人は, 中には, 仮声物真似, 仲間入を, 内儀さんが, 利潤を, 前に, 妻に, 姿に, 娘, 子に, 家では, 家へ, 帳場に, 店へ, 往来する, 手から, 手を, 手形を, 方は, 示す種々, 細君連の, 言葉は, 跡取りに, 身ながら, 顔を

1 [517件 抜粋] あとへ, あるもの, ある大きな, いひ畢ら, いわゆる近世, おかみさんといった, おかみさんに, おのが, お神さん, かついで, くせに, ことについては, ことは, ことばと, この有様, ごとく新しい, して, すべてが, すべてへ, すべてを, する掛直, ずるいの, せがれであり, そばへ, たむろ場所が, ためにも, つら構え, ところで, ねばり強いところ, のれんを, ほうに, ほうへと, ほそい指, ほんのしばらく, みんな女房で, ものな, ものの, やり方であります, やること, わざが, を小僧, オシャベリ振りが, キリ札が, ゲオルク・ベンデマンは, シンドバッドという, パリロ氏と, ブロックです, ブーロフの, ベッドに, モットーである, ヤコブであった, ユダ, ユダヤ人であります, ロドルフが, ロドルフは, 一人, 一人で, 一人なる, 一人息子である, 一団が, 一年の, 一粒種だ, 一部分は, 一隊から, 一隊の, 三人づれが, 三谷の, 上には, 下風に, 不徳に, 不徳義を, 不遠慮, 世話に, 中で, 中でも, 中に, 主な, 事件が, 事務所へ, 二人づれが, 二階などが, 二階に, 云うに, 人どす, 人氣取も, 仕事には, 代表として, 代表者であった, 令嬢の, 仮屋が, 仲介で, 仲間でなけれ, 仲間と, 仲間に, 仲間には, 仲間へ, 仲間入も, 仲間入りを, 会社市民の, 会話を, 伜として, 伜めいた, 住む洋館一棟, 余風な, 使う言葉, 使ふも, 便船を, 倉庫だの, 値段の, 値段は, 假寓した, 側に, 僕の, 儲け仕事の, 充分考えね, 公正な, 内儀にも, 内幕なんぞ, 処に, 出であったろう, 出らしい議員, 出ること, 別邸と, 利を, 利害から, 利潤で, 利潤ほど, 利益と, 利益により, 前途を, 功かは, 動勢相場の, 務めは, 勢力が, 勢力の, 勢力を, 勤勉ぶりを, 区別を, 千三屋は, 卑屈さに, 友達である, 反省すべき, 取引は, 取引二言は, 取次に, 取次まで, 口から, 口上である, 叫び声電蓄の, 召使らしい, 吉次が, 吉次などは, 名が, 名を, 名前は, 向ふところ, 吝ったれ, 呻き声, 呼び売りの, 和泉屋の, 和泉皆吉が, 商品がさつぱり捌けなく, 商略から, 喚き声, 嘘, 噂が, 噂も, 土蔵でも, 地位に, 坊子連で, 型とかいふ, 執りもち, 報酬よりも, 場合です, 声が, 売って, 売つてゐる, 売り物に, 外には, 外は, 多い町, 多くは, 多数が, 多數, 多量の, 大きな家, 大なる, 大商隊が, 大学を, 大身代, 大阪は, 奉公人には, 女房が, 女房に, 女房には, 女母, 好みによる, 好みの, 如き下等社会, 如き例, 如く他, 如く戦争目的即ち, 如何に, 妻たちが, 妻でなかった, 妻と, 妻にな, 妻の, 妻は, 妻や, 妻ボロオデル横浜在留の, 妻女の, 妻達は, 妾なんか, 姿が, 姿を, 娘だつた, 娘であった, 娘は, 娘を, 娘堪えかね, 婦女達の, 婿には, 媼さんを, 子, 子じゃ, 子だけ, 子だった, 子の, 子らだった, 子供でさえ, 子十二世紀の, 子弟で, 宅から, 宅へ, 実際を, 宣伝が, 宣伝は, 家で, 家なら, 家には, 家のを, 家は, 家内を, 宿とは, 富は, 寝起, 寡婦カテリーナ・リヴォーヴナの, 小僧そして, 小僧に, 小利小欲, 居城に, 屋号の, 山崎という, 左の, 市兵衞が, 常態である, 平凡な, 年頃の, 幸内に, 店, 店から, 店が, 店と, 店とが, 店などでは, 店にでも, 店には, 店の, 店は, 店を, 店をも, 店先でも, 店先は, 店独得の, 座工人は, 張りつめた土地, 往来などを, 往来も, 後ろから, 従来の, 御用聞き, 徳義心が, 徳義心なき, 応待で, 思惑の, 思惑は, 恒だ, 恥辱なり, 息子で, 息子非, 悪いの, 意, 意識をもって, 愛娘で, 感じである, 態度に, 憐み, 懐ろに, 戦いは, 所です, 所へ, 所持金を, 所有に, 手にでも, 手にや, 手にわ, 手の, 手代と, 手垢で, 手廻しの, 手荷物と, 持ち船, 持つて, 持參金つきなど, 掉尾の, 掛声だけは, 控屋で, 損耗を, 擡頭につれて, 支払を, 支那商人と, 支配人だ, 支離遜だった, 救抜が, 敬語が, 方, 方から, 方よりも, 方を, 方形に, 暴利を, 曳いて, 書画を, 有ります所, 有頂天なあり, 本務は, 来りて, 松倉屋などへ, 某が, 校主は, 楽屋は, 様子を, 横着のみに, 橘屋又, 正面から, 死活問題と, 殺られる者, 母が, 決して為ぬ, 油屋小金と, 油屋小金は, 法律書生の, 洪水が, 深沢洋行には, 清算書で, 滑稽さも, 激減と, 灯が, 為に, 牛乳を, 物品を, 特別情報機関であった, 特質とも, 独占的仲介を, 狹い, 珍の, 現実からの, 生活が, 生活との, 生活ぶりは, 生活を, 産なり, 町すじな, 町田氏が, 番頭か, 盛んに, 真似なぞ, 眼は, 眼力という, 眼玉は, 着るよう, 確執が, 社会関係の, 私買の, 称して, 称も, 税負担を, 種々な, 競争は, 答えは, 筵を, 篤志家ローンツリーなる, 紛失品紺色と, 細君然, 紹介な, 経済事情が, 繭買袋か, 置いて, 群に, 群れ, 群れを, 義務としても, 老舗や, 者と, 者へ, 耳に, 耳には, 耳へは, 耻だ, 職業上當り, 肉体と, 胸に, 脱出の, 腕さ商人は, 自尊心と, 自戒を, 興味と, 船に, 若妻の, 若旦那です, 苦情を, 荷から, 荷を, 荷車寺藪小学校の, 荷駄だの, 蒲亞里, 薄情な, 血が, 血と, 行伴来り, 行列が, 表を, 装飾か, 裾を, 襟首を, 西洋人が, 見識の, 親子が, 言葉づかいでは, 言葉ほど, 詞や, 詩を, 話, 話が, 話なぞも, 話に, 誇だ, 誇りを, 語るところ, 談合の, 豊かな, 財産を, 賄賂ぢや, 資本が, 足許に, 跋扈と, 跡を, 身に, 身代が, 軒先を, 軒店や, 輩に, 近頃の, 通商する, 通訳です, 逢坂屋伝兵衛が, 道に, 道は, 道を, 邸宅が, 邸宅であった, 都で, 都と, 野菜を, 金融金銀為替などを, 金魚屋の, 間だけの, 間でも, 間に, 隠居だった, 隣席に, 集団が, 難有さ, 露営浮浪少年の, 頭の, 類であろう, 風に, 風を, 風上にも, 風態を, 養子と, 養子として, 首を, 馬車が, 駆け引きに, 騾に, 鬼才たる, 魔力まことに, 鼻息が

▼ 商人~ (498, 14.1%)

20 言った 4 それを 3 一国の, 足を

2 [17件] いずれも, いつ失敗, ひどいこと, 一個の, 今度は, 商いの, 妙な, 彼を, 忽ちの, 慌てて, 机を, 気を, 生温い挨拶, 私が, 答へ, 雲集し, 非常に

1 [434件] あいて, あがったり, あくまでほんとう, あの堂々たるビルディング, あやふやには, ありますまいと, ありません, あるの, ある夜紀昌, あんまり客, いい, いうまでも, いうも, いきなり眼, いくらも, いざ買, いそいそと, いち早く遊女屋, いつて, いなかった, いひながら, いよいよ勢, いろいろと, うしろで, うつかり, うなずいた, うなずきさっき, おそらく金もうけ, おびえ上がって, お前の, かう云つて, かう言つて帰つて往, かう言つて後れ毛, かくあるべし, かわいそうに, かんがえた, きいた, ここには, ことにこすかっ, このデパート, この木影, この衝撃, この衰頽都市, これで, これに, こんな駆, さいふ, さかんに, しきりにぺこぺこ, しきりに書類, しばしば英国労働, じきじきその, じれったくなっ, すぐその, すぐに, ずるくて, せめてこどもたち, そこで, そこにも, その俗人中, その娘, その後やっ, その手, その教え, その時分, その本, その翌日家, その聖天樣, その花, その頭, それから, それに, それよりも, ただこう, ためらいながら, ちょっと身じろぎした, てっきり身投げ女, でもこの, とうとう約束, とっくに破産, とても立っ, どこかへ, どしどし貿易, なか, なにしろ肌, なんでも, のどを, ひたすら頭, ひとも, ひどくおそれた, ひどくそれ, ひどく衰え, ひょいと床の間, びっくりし, ふところを, ほっとし, ほんとうに, また笑った, また言った, まだ来, みな不親切に, みんなそんな, むすこたちを, むすめたち, もういちど, もうこの, もし我国, もっとたくさん, もとより親, やう, やえ, やって来る, やや気味悪, ゆつくり, ようやく相手, よからず, わけて, わざと笑った, わたしを, アダを, アリ, オメエ何が, カンテラの, サービスといふ, ジョウゴに, セルギウスを, トモから, トルコ領の, ニッコリ笑いました, ブンブンと, ペーターが, モウ立去った, レーニに, 一〇〇〇磅で, 一人の, 一声叫ぶ, 一応台, 一渡り眼を, 一膝進めた, 一足うしろに, 一銭で, 丁寧に, 三つの, 三人の, 上がったりでございます, 上等の, 世が, 世界の, 主としてイスラム教徒, 乞食の, 事業と, 二パーセントに, 二人の, 亡き人の, 京都から, 今日も, 仏頂面に, 仰山らしく, 仲間の, 伊太利人の, 伊留満が, 何か, 何から, 何だか天, 何も, 何もかも見透し, 何事を, 何処か, 何処へか, 何時までも, 何程宛で, 余りに退屈, 依然卑屈, 信用を, 倉庫に, 儲けさ, 元来私, 先に, 再び云った, 冷笑し, 出かけたとき, 分銅の, 利に, 利益を, 勢いその, 勿論その, 勿論沢山, 医者の, 十露盤を, 卑しい者, 印度の, 卵を, 卸した四角, 反物を, 口に, 口汚なく罵り立てる, 叫び椅子, 叫んだ, 吃驚し, 各自に, 吐き出すやう, 向う先が, 品物を, 唯乞食, 商いで, 商人である, 商人の, 商人教師は, 商人気質の, 商品を, 商売が, 商業を, 嘆息した, 四条派の, 困ったよう, 国ざかいのすぐ近くへ, 声を, 売りこむの, 売れる見こみの, 売れ残りの, 売上高標準で, 夕方の, 外で, 多くここに, 多く法師姿である, 多すぎる, 夜逃げか, 夜間は, 大いに自重, 大いに驚い, 大いに驚き, 大かた境内に, 大きな声, 大そう, 大抵一家, 大阪生れの, 太十, 太政官の, 奥筋, 女に, 妻を, 娘に, 娘の, 実にあかるい, 客に, 客を, 客室の, 宣伝し, 宿へ, 寄り添って, 小腰を, 小農業者や, 小馬, 尽きぬ名残, 居なくなったが, 屋台店を, 工夫等の, 市街の, 平気な, 平然として, 広大な, 店を, 店先で, 度胆を, 引越して, 弾きか, 彼が, 彼らが, 彼れ, 彼等に対して, 後々にな, 得意さうに自分の, 御静謐, 微笑し, 微笑を, 心得て, 忌み憚, 怒って, 思い惑うよう, 思はず顔, 息子が, 悉く調べ, 愁わしげなる, 意志を, 愛想がよ, 感嘆し, 懐中から, 或夜紀昌, 戦争の, 戸外へ, 手にさえ, 手車を, 才の, 持つちや來, 振りかえった, 掌の, 損と, 支拂ひ, 支那で, 支那の, 敵国の, 斯う, 普通に, 景気を, 暗闇の, 暴にな, 最上の, 木陰の, 本当の, 村の, 根性が, 案外正直, 樹も, 次の, 止めなかつた, 正直を, 此娘を, 武具の, 武裝し, 殊に祭, 毘留善麻利耶の, 気が, 気づいて, 気にも, 気に入った, 水へでも, 江戸へ, 決して卑しい, 決して大成, 泣くもの, 涙さへ, 滅多な, 牝牛を, 物貨を, 狡そう, 独逸人でこそ, 琅, 生き馬の, 田舎の, 皆戸を, 皆雪駄を, 目が, 目を, 目下三つの, 目先の, 目笊の, 相手が, 真の, 矢張追, 短い筒袖, 碌々に, 私に, 私の, 私を, 立派な, 笑いながら, 笑い出したが, 笑ひ, 答えた, 答えました, 算盤を, 箱に, 簪を, 米屋でも, 米租界でも, 素晴らしく儲かるで, 終には, 経費の, 続けた, 群集を, 聯隊からの, 肥え庶人, 胡散さうな, 能く, 腹を, 腹立たしげ, 自分ながら, 自分の, 艪の, 苦い顔, 苦り切つた顔, 蕎麦売り, 蝋燭を, 行き掛けて, 表向きの, 襟を, 西は, 覚束ない, 親切と, 言いまた, 言い椅子, 言い考えこむよう, 言い蝋燭, 言い頭, 言う, 言ったが, 言って, 訊いた, 話し出した, 話し好き, 話の, 話を, 語りつづけた, 諾ん, 財布から, 貨幣を, 買いたか, 買手を, 貸金の, 足駄を, 迫らない調子, 逃げ出した, 部屋の, 酒を, 酷く儲け, 重に, 門司佐世保大牟田などの, 開国その, 陰影の, 面と, 鞴の, 頬から, 顔の, 顫え, 飛んだ突, 飽くまでも船長, 首を, 首尾よく, 馬を, 駄目だ, 駕籠で, 鷹揚に, 黄八丈の, 黙って

▼ 商人~ (388, 11.0%)

6 来て 4 あつた, それを, 自分の 3 あった, ある, 出て, 店を, 金を, 非常に

2 [15件] あって, ありました, いた, いて, すぐに, なかったら, 叫んで, 品物を, 商売を, 客を, 彼の, 来た, 来る, 長崎に, 顔を

1 [322件] あきうど, あたりの, あちこちの, あったが, あってね, あつて, あのかた, あの人, あまり早く, あらわれたの, あるから, あるが, ある時, ある晩, いいと, いくらも, いたり, いちばん活, いったん金, いつた, いないでは, います, いますよ, いると, いるので, いるのに, いるん, おめ, およそ羨んだ, お君, かわいそうだ, きいた, きて, くれた横浜土産, ここの, この恐ろしい, この流儀, こまるからって, これも, こんなに骨, すっかり客, すっかり高価, そういう事, そこに, そこへ, そこらに, そでの, その恩寵, その方, その経験, その蒸汽, その貧しい, その資本, その金, それへ, そろそろ荷物, たくさんあった, ただ税金, たちまちに, どれだけ, はいり込んで, はいろうが, ひとり財力を, ふとしたつま, ほんとうは, ぼて, まじめくさって, まずこう言いました, また, またしゃべりはじめた, まるき直す, もっぱらこの, やって来るかも, わたしに, わたしを, われわれの, ゐました, ゐる, アメリカに, カルカッタから, グウグウ鼾を, レーニの, 一ぱい集っ, 一人の, 一人静かに, 一時の, 一番好い, 一頭の, 三人女学生が, 三十ルーブリの, 三百名ばかり, 両側に, 並び屋号, 並んで, 中心で, 中津川へ, 二人こう, 二人ゐる, 二十余の, 云った, 京の, 京都に, 他で, 他の, 休みも, 伝来の, 低い声, 住むよう, 住んで, 何とかし, 何とも, 何もかも買い占め, 使う蝋燭, 來た, 來集居留し, 俄に, 信用を, 俳諧連歌の, 偶然発見した, 債を, 儲けを, 先を, 入って, 入りこんで, 入替り立替り仕事, 八九分で, 出る時分, 出入りした, 出向いて, 出没する, 前後不覚で, 勘定を, 北陸の, 十何人博多長崎大阪京都此大都會から, 十何人堺の, 博奕を, 却て, 取って, 取引する, 各, 啀みあひ, 商売に, 商売物を, 商業に, 商用で, 国へ, 土産に, 地方に, 塩烏賊を, 売って, 売れなくなって, 売捌く非, 多く, 多く假寓, 夜会を, 大きくなる, 大福餅や, 天秤を, 夫婦し, 女の, 妙な, 妾に, 始終出入り, 娘に, 娘の, 嫌いだった, 嫌いであった, 子弟に, 宜いと思ひ込ん, 客に対して, 客寄せに, 家を, 寄つて政府の, 富籤などを, 小さな車, 尺を, 川の, 巧智に, 巨大な, 帰つたあとで, 店借りし, 座敷に, 廻って, 彼女の, 従来の, 従者を, 得る便益, 御宗旨, 御用聞き, 応用せね, 急に, 怪しいと, 怪物で, 懐中の, 手土産なんぞを, 手拭を, 承知しなかつた, 拳を, 拵えた古い, 持つて, 掌握しはじめた, 敢て, 数多おます, 新聞紙に, 日露戦争後の, 日頃の, 時々不可思議千万, 時に上げる, 暗号を, 書くと, 最も多く, 最も恵まれた, 村へ, 村上六郎の, 来たと, 来なければ, 来ましてネ, 来るくらい, 来ると, 来着し, 横浜か, 横浜貿易で, 欲しさうなこと, 此市へ, 残らず買って, 殺され路用, 江戸まで, 沢山あった, 沢山居りました, 泊って, 泊つて居る, 注文欲しげな, 活発に, 海上で, 消えたから, 深更に, 滯在し, 烏の, 無愛想に, 父を, 物貨を, 生魚を, 用を, 男爵の, 百斤四百五十ドルの, 相場か, 着用する, 睨みの, 破り広東, 確かに, 社会の, 社会主義者面, 私に, 私の, 私を, 秤を, 窓に, 立ち行かれるもの, 答えた, 筵を, 算盤を, 紀の, 約二十人, 納品する, 経済界及び, 續出した, 羅刹女の, 羽ぶりが, 考える, 聊意外に, 肝心の, 肩と, 膝を, 臘虎の, 自治體の, 自由に, 船に, 若い娘, 苦痛である, 英国において, 英国市場において, 荒し回った限り, 荷を, 荷物に, 袂を, 裏面で, 言いおるには, 言った, 訊ねるの, 訪ねて, 話した通り, 語って, 豊かに, 貨幣を, 資本を, 赦されないとは, 身許を, 車を, 軒を, 輸出国と, 這入って, 這入つて來, 通りかかると, 進み出で, 運転手を, 邪魔には, 金儲けの, 銅臭を, 長いあいだ, 長い事, 長崎から, 随分群集, 難渋を, 難渋致す, 雨を, 頭ばかり, 首を, 馬市で, 駈けて, 騎馬の, 魚盗人に, 鵜の

▼ 商人~ (255, 7.2%)

4 化けて, 向って 3 して, なって, なつた, なろうと, 扮し, 身を, 逢った 2 しては, なりました, なるため, ゆずり渡して, 仕立てる積り, 売って, 姿を, 對し, 成るが, 養子に

1 [206件] あっちゃ, あつて, あびせかけた底意地, あらざること, あらず実に, あるまじき空想, い, いろ, いろいろ説い, おなりに, おなり遊ばし, お前さんを, かなりまとまった, きいた, きいたが, くれて, したところ, しよう大して, すっかり邪魔, すること, するよう, すわるよう, せよ総じて, その効能, たのみたいもの, だまされたこと, ちがいない, つかまつた, つれて, どれほどの, どんとぶっつかっ, なったり, なってからも, なっても, なつて, ならうて, なりすまして, なりすまし財産, なりついに, なりまして, なりましょう, なりますかな, なり下がるくらい, なり伊勢, なり何割, なるから, なると, なるには, なるの, なるまでは, なる目的, なる筈, なる資格, なれと, なれなんて, なれば, なろうかと, ばけて, ばけました, ぶつかる, やつした目明し, わかれた, イニシャアチブを, ソレゾレ貸付ける, ヒケは, 丁寧な, 三万円近くの, 不適当, 与えた印象, 世話し, 五種あっ, 人望あれ, 人材が, 仕よう, 仕立てて, 仕立てやらんと, 仕立て上流, 付けて, 会って, 似て, 似合わず迂遠, 似合わぬ確り, 似合わぬ風流人, 使われる組, 候やらん, 借りて, 偽物を, 儲けさせない方法, 先づ身, 先を, 公金を, 其殿樣が, 再び身, 出あひました, 出世し, 出來, 出来て, 刺戟せられ, 助けられ人, 助けられ馬, 化けさせて, 化けた四人, 化け備中連島, 化け喜三郎, 卸値で, 取っては, 取つて, 同行し, 向いどうも, 囲われて, 売ったり, 売りこかし満月, 売りつける所以, 売りつけを, 売りました, 売りわたしたの, 売りわたして, 売り歩いて, 売るの, 売ろうと, 売渡す, 変った姿, 変って, 変らなければ, 変装させ, 多量に, 大きな利得, 妻殺しの, 始まりそれで, 嫁いで, 嫁けられ, 嫁し, 小声で, 就いて, 帰ったそう, 引っ張りまわされて, 弾圧を, 徳義心の, 惜しげも, 成りたいと, 成りましても, 成り切ると, 戻ったこの, 戻って, 手わたしする, 手間賃を, 托して, 扮した, 持たせた三蒸籠, 持たせて, 指環を, 握られて, 数々の, 早変りし, 最も多く, 有勝ち, 欠けて, 正体を, 注意を, 注文した, 活命の, 渡して, 牛方なし, 田地や, 監視を, 相違あるまい, 石憲という, 空家探しを, 粧つた友信に, 聞いて, 育てさせ蔭乍ら, 至っては, 船を, 蜂蜜を, 行き遇いその者, 装って, 見つかって, 見染められて, 親切気の, 言いました, 託して, 誘うに, 請け出されて, 譬えて, 譲ったり, 買つて納めさせ, 買収され, 貸した金, 貸しつけて, 貸して, 賣つたもの, 賣りますと, 転業した, 近いよう, 近いネ, 通ぜぬので, 逢つた, 遇って, 重い前借, 鑑定し, 限って, 隅々まで, 頭が, 頼まれて, 頼みこみまして, 顔を

▼ 商人~ (111, 3.2%)

4 なって 3 いえども, なつた 2 なった, なつて, 同じやう, 結託し

1 [93件] いうけれども, いうには, いうべきである, いうより, いえば, いちどだけ, いっても, いわず財力, およそ縁遠く, お百姓, かけ合って, こうしてうちとけ, この機会, しもたやで何ん, その前, それから洋人男女, それに, それを, である, どこかしら, なったの, なった七日町, なにやら笑い, なりて, なり或, なる, なるか, なること, なるとも, なるよりも, ひとしか, ひと口に, ふたりきりに, ふたりの, わたしとは, アメリカの, ヨシ子との, 一しょに, 一所に, 一般庶民階級の, 主人とは, 事を, 云うと, 云う服装, 今一人は, 仲間を, 何ら選ぶ, 共通な, 化して, 区別せられた, 友だちでありました, 取引した, 同じな, 同じコンパアトメント, 同じ尺度, 同様に, 同腹に, 変りが, 妹背の, 娘とは, 娘とを, 宗旨を, 寺番とを, 寺番の, 将棋を, 張り合いお, 彼の, 思ったの, 思って, 思われる男, 愛情を, 日本人の, 未だ鍬鋤, 特別の, 私との, 称する林三平, 競争し得ない, 結托し, 結託してる, 縁を, 職人との, 自分との, 茂之助は, 見えるの, 見れば, 親しい人間, 言い実業家, 言つた感じの, 言つた滅法, 話を, 認むべ, 隙間も, 馴合つてその

▼ 商人~ (98, 2.8%)

2 あった, ある

1 [94件] あくる日は, あの頃, あり久しく, あるが, あるであらう, あるであろう, あると, あるなんて, あれば, いつもより, いるであろうのに, おそらくそれ, こういう人達, さうの, すこしは, そこを, その店先, その雇人, それに, たしなみだからと, どっと入っ, なければ, またその, また官吏, また情誼, また自ら, みな休みで, みな店を, もらう妻籠, やった, やや心, やりきれまいと, ゆくゆくは, 一人二人あった, 一人残らず, 一処に, 一味の, 一手だ, 一時は, 世は, 並んで, 乗りこんで, 二三人交っ, 今日の, 会社員も, 儲からねえ, 充分立っ, 同じ意見, 外の, 大分集まっ, 学生も, 客も, 居り茶わん一ヶ八十銭, 居るであろう, 市場田舎店舗学校渾ての, 幾分かの, 店の, 店を, 弱ったと, 御用聞も, 性命財産が, 悪いの, 慈心も, 我等を, 承知し, 数える程, 沢山ある, 混つてゐた, 物乞ふ, 独言の, 狼狽の, 生糸貿易には, 異人相手に, 百姓も, 皆んな其の, 皆大なる, 相場師も, 知らぬ者, 素子の, 紳士も, 職人も, 腐って, 行くし, 見えずその, 見える, 負けずに, 資産が, 跣足です, 追い追い入り込んで, 通り道中師, 通る, 閉口せし, 青くなっ, 飛びすぎて

▼ 商人~ (95, 2.7%)

6 相手に 3 殺して 2 して, つれて, 呼寄せて, 村へ, 軽蔑し

1 [76件] あまりひどく, いじめては, うしろに, うまく引っ掛け, おどして, けしかけて, その場所, だまして, つれ込み相手, つれ込んで, どこかに, なつかしむの, はじめ諸, 一夜の, 一般に, 一軒一軒二人で, 主体と, 仕立上げね, 代表し, 何かの, 何百人も, 作り敏捷, 使用し, 侮蔑し, 先頭と, 凡そ百人も, 制して, 化成する, 卑しい者, 叱つて, 呼び入れ宝牀褥上, 呼出して, 呼出し諭, 善用した, 国より, 坐らせて, 堺卯で, 夫と, 害すること, 尾と, 幸内幸内と, 当たって, 思い出したが, 憎んで, 手玉に, 援助する, 放逐した, 救うた天馬, 數百人入れ, 最も低き, 村の, 案内に, 殴ったククーシュキン, 殺したこと, 殺したの, 殺した犯人, 狙うの, 目当てに, 眺めたり, 知った, 知って, 移住させた, 突放して, 見た, 見つめた, 見ました, 見付けて, 見向いて, 見殺しに, 訪れると, 賤しめた, 追い廻したりなんか, 追放した, 遇するの, 野球用の, 長くささえる

▼ 商人~ (75, 2.1%)

7 あつた 2 ござりまする, 大身上

1 [64件] お客様の, この両, この朱鞘, この親子, これも, そんな無益, つまり戦争, もう相当女, もとより専門家, わしは, わずかの, ケノフスキーという, ツァ・ルンバ, ボーイは, 一人は, 一俵千円で, 一時は, 世間では, 主としてまだ加工, 主に, 二三百万円の, 休暇を, 公職も, 兼エンジニアだ, 内福の, 出かけた, 医者を, 半分職人の, 同郷なれ, 嚴禁の, 四角い帯, 多四郎と, 奉行辺の, 孫は, 寃罪を, 小間使の, 巴里に, 店の, 彼等アラビア商人は, 徳富氏とは, 志は, 息子の, 文学的には, 時々商用, 時代の, 有ったろうが, 桑原治平と, 極めて裏面的, 橘屋又, 此の節は, 此様な, 永年パリに, 生涯を, 男ふたりは, 私と, 肉の, 英語の, 買うより, 質屋を, 身は, 通って, 遁世した, 醉月も, 金縁眼鏡を

▼ 商人たち~ (65, 1.8%)

2 は私

1 [63件] からくそ, からし, が, がお, がこぼす, が不安, が出, が団体, が定宿, が心配, が眼, が食事兼用談, が高い, であった, ではない, とで市場, とも面白, と一しょ, と値段, と駈, にも人気, にも知れ渡り, に向い, に茶, に見せ, のこと, のつら, のなか, のよう, の商売, の方, の気分, の海賊船隊, の見解, は, はいい, はいぶかしく, はかまわず, はこう, はこういう, はこれ, はそこ, はその, はそれ, はほっと, はみんな景気, はもう, は大学林, は定期市, は島, は平伏, は新店, は肴, は自ら, までがぼく, もかかる, もこれ, もともども, もやって来ました, も店, も来た, より劣る, を打擲

▼ 商人~ (65, 1.8%)

19 の男 5 の者 4 の人 3 な男 2 とも遊び人風, の夫婦づれ, の客

1 [28件] だが, で固めた, で菅笠, で角帯, な小柄, な年輩者, な男女, につくっ, に当, に縞, のやさ男, の一分別, の三十二, の二人, の人達, の堅い, の小, の小柄, の少い, の抜目, の拔目, の服装, の父親, の羽織, の老, の背, の若山牧水, をした

▼ 商人~ (60, 1.7%)

3 職人に 2 百姓や, 職人の

1 [53件] ええ衆等, そいから, その他の, 一輪車に, 事情に, 交通機関の, 俳優や, 公卿貴紳の, 叩き役侍童などとばかり, 商家の, 地主達が, 売子等苟くも読み書きの, 大道易者の, 官吏とも, 官吏の, 家婦が, 寺の, 小農業者の, 工業者や, 市民などの, 店員などの, 従業員が, 御家人安旗本などを, 御用聞き, 政治家に, 旅客は, 旧士族, 朝詣, 株屋を, 武将でさえも, 海員の, 町人どもを, 百姓たちを, 百姓に, 百姓を, 百姓等なども, 総督府あたりの, 羽黒の, 職人が, 職人はさほどの, 職人達が, 職工を, 若い娘, 製造業者の, 貧農達は, 農夫や, 農民たちが, 農民の, 銀行業者の, 門口に, 顔を, 馬方など, 馬買いたちの

▼ 商人らしい~ (60, 1.7%)

6 男が 4 のが 2 一人の, 中年の, 調子で

1 [44件] あきらめを, ことを, ところが, のまでが, のも, へりく, りっぱな, 乗客の, 人々が, 判断であった, 前垂掛で, 半白の, 口の, 四人づれの, 四十ぐらいの, 堅さ, 好みで, 姿に, 弱さ, 恰幅の, 抜け目が, 挨拶です, 支那人が, 早速の, 服装の, 気ばたらきが, 気概は, 氣分と, 物の, 狡猾な, 男に, 男の, 男は, 男を, 男百姓などが, 眼早, 着物に, 達者な, 都会人らしい, 青年が, 面影を, 頭の, 風を, 風俗の

▼ 商人から~ (43, 1.2%)

2 買ったの

1 [41件] ある一人, お民, この都会, して, それを, ひそかに, リンゴオレンジを, 三千元を, 上中下, 人数に, 他の, 借りて, 借り帰朝後僅か, 六万ルーブルも, 出て, 到来の, 却って金, 取ったか, 受けた第, 外で, 大量な, 山門に対する, 徴収し, 怨まれも, 書信の, 東京の, 決して物, 決して贈り物, 紹介状を, 聞かされたもの, 色の, 若紳士, 莫大な, 諸物価, 貰ったん, 貰った金, 阿片を, 頼まれ興福寺, 饗応を, 馬一疋借り, 高く買おう

▼ 商人~ (37, 1.1%)

1 [37件] がもうける, がワクワク, が先, が大きな, が店, が泊まる, が自, が通りかかった, が金, と交っ, と何, に向っ, に対しては極めて, に確かめさせる, に記憶, の云, の居る, の狡猾, はしょっ, はちょうど, はひとりますます, はもう, は云っ, は冬期, は小, は平均七年, は日本, は自分, は藤吉郎, は要之助, は飽, は駅, への軽蔑, よりは大いに, を悩ます, を相手, 小市民連

▼ 商人~ (33, 0.9%)

5

1 [28件] からである, からな政党, からやった, からやつ, からツ, から御, から糸, から軍艦, がなにか, が同じ, けれども金, そんなへん, ということ, という三十八, という亭主, という男, という結論, といふ, とかだ, とは感, と云, と答えたら, な, のに, ものどっちでも, 何の, 賽ころなんか, 遊人なんぞ

▼ 商人宿~ (31, 0.9%)

2 とかい, の一番, はじき

1 [25件] があっ, があった, だつたこと, だもの, で一夜, に入り, に宿, に泊っ, に泊つた, に燻, のたぐい, の上框, の主人, の女中, の泊り客, の看板, の軒下, へは新聞記者, へ泊つた, へ泊る, めいたガサガサ, や達磨茶屋, を兼ね, を指し, を立つた

▼ 商人として~ (28, 0.8%)

1 [28件] いつでも, むしろ軽蔑, 一代に, 世が, 世に, 世を, 中津川や, 住んで, 充分おと, 其の誠実, 大きく働ける, 家に, 慎しむべき, 成功する, 手前にも, 政府の, 最もよき, 欧州へ, 燕京の, 理想と, 生活し, 知られて, 種々の, 過去の, 隣人として, 非常な, 顔向けが, 鳴りひびいた

▼ 商人~ (27, 0.8%)

1 [27件] からし, から取っ, が声, が持ち来ました, が椰子, が結合, つつしみ並びいる, と共に出立, によって自由, に申渡した, の催せる, はお, はこの, はそれ, はそれでも, はむしろ少しく, は半ば, は貿易, は越後, は飛び込ん, も出立, も身, やみて, よ, よ晩餐, をしきりに, 恐れながら外国

▼ 商人には~ (21, 0.6%)

1 [21件] いうまでも, うんと金, お金よりも, かなりに, これを, せいぜいなんぞ, そんなの, なって, なりませんぜ, 入要, 向きさ, 商人の, 商品である, 武士の, 決して出来ない, 珍しい好人物, 背中を, 自分が, 資格が, 障りが, 鮓屋久次郎という

▼ 商人ども~ (19, 0.5%)

1 [19件] が何割引き, が寄っ, が語り, と一緒, に乘, に相違, の交渉, の工事請負, の手, の用, の集っ, はこの, は少し, は忙し, は金札, ばかりぢ, をすっかり, を皆ここ, を相手

▼ 商人にも~ (19, 0.5%)

1 [19件] あい米人フルベッキ, あまり化けたがらず, この見識家, そういっ, そのよう, その日本人, なったん, なれます, なれんし, キリシタンは, 利道が, 変りは, 当てはまる, 意地は, 払い下げて, 気分が, 自分の, 見ること, 變り

▼ 商人とは~ (16, 0.5%)

2 いえあらゆる, 様子が

1 [12件] あまり耳, いえ貿易商, うまが, すこしく異なった, だいぶ違っ, 何んと, 受取れなかった, 同腹でない, 思えなかった, 思われないね, 権右衛門一流の, 見えない

▼ 商人~ (15, 0.4%)

1 [15件] え, それとも職人, そんな人たち, 会社員が, 何か, 何かで, 何ぞなら, 使丁ぐらゐが關の, 小ブルジョア, 小旗本, 役人の, 新聞記者か, 職人か, 職工さんの, 請負師とでも

▼ 商人では~ (15, 0.4%)

4 なかった 2 ない, なくて 1 あったけれど, ありますが, あるけれども, かなり大きい, ございません, ないから, 日本橋大伝馬町の

▼ 商人でも~ (14, 0.4%)

1 [14件] あった, この辺, ないので, なくて, なければ, 人夫でも, 侍の, 半金の, 名を, 宜く, 政事家でも, 皆な, 職人でも, 静かに

▼ 商人とか~ (14, 0.4%)

2 ある官吏

1 [12件] いわれる身の上, そうした階級, で職務, 伊勢崎の, 宗教家とか, 法律家とかから, 申すが, 町人とか, 職工とかは, 自称音楽教師乃至, 色, 請負師とか

▼ 商人という~ (13, 0.4%)

4 ものは 1 ことに, のが, のは, ものの, もの表面より, 名称が, 奴が, 拵えで, 者は

▼ 商人~ (13, 0.4%)

2 のだ, んだ 1 のか, のさ, のじゃ, のである, のでした, のです, のよ, んだろう, んである

▼ 商人らしく~ (13, 0.4%)

2 一瞬の, 少しく派手 1 こう請判, もみ手など, も見える, 勘兵衞は, 地味な, 彼には, 物云ひ, 笑つて軈て, 算盤を

▼ 商人です~ (12, 0.3%)

1 [12件] か, からね, から以上申, が, がそれから, がね, がネ, が一人娘, が奧, が当時, もの, よ

▼ 商人との~ (12, 0.3%)

2 二人の, 取引は, 間に 1 交渉に, 切っても, 取引き, 取引も, 対立である, 話を

▼ 商人である~ (10, 0.3%)

2 と云 1 かといつた, から探, がため, ことを, といふやう, と同時に, 処の, 小樽切っ

▼ 商人~ (10, 0.3%)

1 その間には, どしどし塩, 売りとばしたの, 売るさ, 大阪の, 奉公に, 往って, 捌けて, 無心に, 縁づいたが

▼ 商人根性~ (10, 0.3%)

1 か, があっ, というもの, といへ, とは何, とは元, なの, にならんけれ, に陥れる, も本当に

▼ 商人とも~ (9, 0.3%)

1 つかない男, つかぬよう, つかぬステンカラ, なれば, 他所行, 受取り難し, 紳士とも, 職工とも, 見えず米屋町辺

▼ 商人などの~ (9, 0.3%)

1 こすっ辛さ, ところへは, なかを, ほかに, ような, 一派下宿屋宗教団体学生倶楽部を, 受け取ろうと, 家で, 生産的な

▼ 商人~ (9, 0.3%)

2 を提唱 1 というもの, に外れます, のため, の恒, の真髄, の破壊, や

▼ 商人といふ~ (8, 0.2%)

3 ものは 1 ことに, のは, ものが, ものを, 名も

▼ 商人などは~ (8, 0.2%)

1 そんな手間, どれだけ, どんなに侮辱, チベットから, 准后さまと, 客を, 時々私, 狼狽し

▼ 商人~ (8, 0.2%)

1 で平和的, なお, なおだやか, な企業, な寝床, な徳義, な考え, のやり方

▼ 商人~ (8, 0.2%)

1 が商い, が近在, でありそこ, の定評, はどんなに, はワヤワヤ, は何より, を招い

▼ 商人だった~ (7, 0.2%)

1 からだ, がお, がイギリス, が前もって, のだ, のである, 五条

▼ 商人としての~ (7, 0.2%)

1 価値は, 僕の, 兆民先生は, 態度方針には, 盆暮の, 良心であり, 見地から

▼ 商人~ (7, 0.2%)

1 に抱えられ, の出入り, の惣菜, は掛け, も泊り, や御, や遍路

▼ 商人~ (6, 0.2%)

1 だと, ではどか, でも今に, の前, の軒, もない

▼ 商人気質~ (6, 0.2%)

1 である, の堅い, の父, の鋭さ万能, も脱皮, を代表

▼ 商人~ (6, 0.2%)

1 に売る, の不正行為, の方, は出かけ, は支那人, を乗せる

▼ 商人じゃ~ (5, 0.1%)

2 ありませんか 1 ないと, なし上手, なし会社員

▼ 商人たる~ (5, 0.1%)

1 お身ら, ことを, を以て甘んじ, 価値なき, 忠兵衛の

▼ 商人だの~ (5, 0.1%)

1 つまりあまねく, 但馬越え, 寺証を, 工場主だの, 飲食店の

▼ 商人てい~ (5, 0.1%)

2 の男 1 につくった, の旅人, の異様

▼ 商人であった~ (5, 0.1%)

1 がキャラメル, が総領, その才能, のかも, ものは

▼ 商人としては~ (5, 0.1%)

1 あまりに好人物, かなり妙, エジプトに, 文雅の, 申分の

▼ 商人なども~ (5, 0.1%)

1 いちいち鑑札, よく參, 多数居住する, 持って, 隊伍を

▼ 商人やら~ (5, 0.1%)

2 里人やら 1 伯楽やら, 学生やらを, 腐れ儒者やら

▼ 商人仲間~ (5, 0.1%)

1 が六人づれ七人づれで此処, にも立てられた, のつきあい, の伴, の方

▼ 商人階級~ (5, 0.1%)

1 が勃興, が台頭, に較べ, の中, 小市民

▼ 商人からも~ (4, 0.1%)

1 あるいは岩村, 収得する, 聞いた, 負債を

▼ 商人その~ (4, 0.1%)

1 代々の, 国へ, 女房番頭女中丁稚さ, 訳を

▼ 商人であり~ (4, 0.1%)

1 その行為, 兄が, 大津時代には, 父の

▼ 商人でございます~ (4, 0.1%)

1 からそんな, から御, が今晩, が折々

▼ 商人など~ (4, 0.1%)

1 いう連中, であって, 国家の, 鋤鍬や

▼ 商人について~ (4, 0.1%)

1 その奸曲, どれだけ, 横浜出稼ぎという, 神奈川へ

▼ 商人まで~ (4, 0.1%)

1 そこに, 招ばれ, 自由に, 身分不相応に

▼ 商人コート~ (4, 0.1%)

2 に草履 1 の男, を着た

▼ 商人及び~ (4, 0.1%)

2 製造業者は 1 大阪人の, 給金取りの

▼ 商人~ (4, 0.1%)

2 の二人連 1 に変装, の四十前後

▼ 商人~ (4, 0.1%)

2 が黄金 1 が柳原, に嫁

▼ 商人あるいは~ (3, 0.1%)

1 ネパールから, 手工業者の, 香具師などが

▼ 商人および~ (3, 0.1%)

1 外人に, 小金持, 花剌子模の

▼ 商人だって~ (3, 0.1%)

1 いくぶん人, めったにきた, 果して中小商業者

▼ 商人などと~ (3, 0.1%)

1 全く同じ, 懇意に, 臂を

▼ 商人などに~ (3, 0.1%)

1 ばらまかれる恐れ, 片っぱしから, 聞いて

▼ 商人にて~ (3, 0.1%)

1 年収約, 維新の, 風寒き

▼ 商人にまで~ (3, 0.1%)

1 成つたと, 搜り, 連絡を

▼ 商人ばかり~ (3, 0.1%)

1 だが, でいや, では

▼ 商人ふう~ (3, 0.1%)

3 の男

▼ 商人または~ (3, 0.1%)

1 官庁の, 工人の, 親方工業者に

▼ 商人もしくは~ (3, 0.1%)

2 職人等の 1 商家の

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 が泊り合せ, に彼等, へ相場状

▼ 商人即ち~ (3, 0.1%)

1 いわゆる町人, マホメット教徒は, 現在の

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 が五, では細目, を相手

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 では夜, と異, の弟子

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 と地主派, の巨頭, の方

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 で郡山, にある, らしく活氣

▼ 商人~ (3, 0.1%)

2 の男 1 の若い

▼ 商人~ (3, 0.1%)

1 が弱まります, というもの, の持主

▼ 商人こっち~ (2, 0.1%)

1 は蜂須賀家, も商人

▼ 商人この~ (2, 0.1%)

1 ような, 方式によって

▼ 商人さえ~ (2, 0.1%)

1 店を, 配給員と

▼ 商人さん~ (2, 0.1%)

1 のやう, はそう

▼ 商人だけ~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 商人だけに~ (2, 0.1%)

1 兼松も, 物を

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 やなく, や無し

▼ 商人であれ~ (2, 0.1%)

1 学者であれ, 武士であれ

▼ 商人でない~ (2, 0.1%)

1 ということ, とみ

▼ 商人といった~ (2, 0.1%)

1 ところの, 感じの

▼ 商人とが~ (2, 0.1%)

1 しきりにその間, 差向いで

▼ 商人としか~ (2, 0.1%)

1 見えなかった, 見られないの

▼ 商人とを~ (2, 0.1%)

1 合せて, 除いては

▼ 商人ながら~ (2, 0.1%)

1 堺の, 相応の

▼ 商人なぞは~ (2, 0.1%)

1 引越の, 遊んだ金

▼ 商人などが~ (2, 0.1%)

1 自由には, 黄金の

▼ 商人などに対しても~ (2, 0.1%)

2 いつも丁寧

▼ 商人などを~ (2, 0.1%)

1 いたぶつ, 宿して

▼ 商人にと~ (2, 0.1%)

2 つては

▼ 商人にとっては~ (2, 0.1%)

1 実に恐るべき, 迷惑この

▼ 商人にとっても~ (2, 0.1%)

1 全体が, 必要である

▼ 商人によって~ (2, 0.1%)

1 とりまわされた場合, 催眠術に

▼ 商人ほど~ (2, 0.1%)

1 不埒な, 信用を

▼ 商人までが~ (2, 0.1%)

1 この貧窮組, 一種の

▼ 商人みたい~ (2, 0.1%)

1 な恐ろしく, な稼業

▼ 商人よりは~ (2, 0.1%)

1 却つて宜, 文化人である

▼ 商人らしくない~ (2, 0.1%)

1 不敵な, 神経質な

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 出ラシイガ, 請求書ナドモ忽セニシナイ

▼ 商人万屋安兵衛~ (2, 0.1%)

1 と大和屋李助, の依頼

▼ 商人主従~ (2, 0.1%)

1 に挨拶, は会釈

▼ 商人伏見屋~ (2, 0.1%)

2 てふ

▼ 商人全く~ (2, 0.1%)

2 無学の

▼ 商人其の~ (2, 0.1%)

1 他, 他が

▼ 商人出身~ (2, 0.1%)

1 だから, の実業家

▼ 商人口調~ (2, 0.1%)

1 でひ, でひよこん

▼ 商人向き~ (2, 0.1%)

1 でないよう, の造作

▼ 商人四人~ (2, 0.1%)

1 と共謀, は江戸市中

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 のこの, の外交員

▼ 商人多四郎~ (2, 0.1%)

1 とがしばらく, と窩人

▼ 商人暮し~ (2, 0.1%)

1 がつづいたら, をし

▼ 商人氣質~ (2, 0.1%)

1 でどんな, として自分

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 とし, らず

▼ 商人皆吉~ (2, 0.1%)

1 の申し出, は言

▼ 商人社会~ (2, 0.1%)

1 の人気者, の庇護者

▼ 商人自身~ (2, 0.1%)

1 の返事, も自分

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 が都, の出帆

▼ 商人~ (2, 0.1%)

2 りなの

▼ 商人~ (2, 0.1%)

1 に供餉, に物窮

▼ 商人風の~ (2, 0.1%)

1 が身, とでっぷり

▼1* [297件]

商人ありとせよ, 商人ある金持ちで, 商人あッしの方では, 商人いいえ人違いです, 商人いつわりの説教師たち, 商人いわく汝ら竜の性卒暴, 商人かと思われる三人, 商人かなんかのように, 商人かの妓を, 商人からの反対運動と, 商人からは眼の, 商人がぞく, 商人がのべつに, 商人がはひつて, 商人ことに万屋安兵衛方なぞへは, 商人こんな悪人は, 商人さては扶持取り禄高とりの, 商人じみて來, 商人じみた風采であった, 商人じゃと云う事, 商人じゃねえ職人だ, 商人すすんでのこと, 商人そういう人々が, 商人そこで行長も, 商人その他各方面, 商人その他これ以上特記する必要, 商人それから小さい, 商人それならいっその, 商人それ自身の罪, 商人たち今晩の舞踏会, 商人たち鞠のやう, 商人たらば憲法, 商人たりしはなし, 商人たる者今にし, 商人だがそれにしても何の, 商人だけは一目を, 商人だつたが勝負事, 商人だつたさうですが落目, 商人だらうか, 商人だろうと云っ, 商人ってえなあ, 商人であって横浜, 商人であったらしいが自分, 商人でありましたならそれほど長い, 商人であるらしく彼らは, 商人でいらっしゃるのです, 商人でござんす, 商人でさえこの関門, 商人でさえも先ず宗旨, 商人でしかないで, 商人でしたのではっきり, 商人でしょうこれは, 商人でなければ商, 商人でのご名家, 商人で無ければ背廣, 商人とかいふ男が, 商人とかがやって来て, 商人とからも縁を, 商人ときたらそれどころじゃ, 商人としても僕と, 商人とばかり信じて, 商人とやらが積んで, 商人とやらにちがいない, 商人とやらの身請け話を, 商人と共にマニ教徒も, 商人ども増長いたし困難, 商人ないしは物ずき, 商人なぞが旧正銀買, 商人などから都の, 商人などでは不都合なり, 商人などとは思われない程, 商人なら少しぐらい, 商人ならびに近国近在の, 商人なら有るやうな, 商人なり政府の, 商人なりと云ふ, 商人なんかほんとにいや, 商人なんかに成れなくても, 商人なんてものは, 商人にでも話しかける, 商人にでもと思つた, 商人になつた子には, 商人にやしようと, 商人によつて売り捌かれ, 商人により学者により, 商人に対してこの通り, 商人に対してさえ気を, 商人に対してはきまって何かしら註文, 商人に対する憎悪よりも, 商人のみの口に, 商人はじめ宿の者一統, 商人はつぎのごとく語っ, 商人はな南蛮呂宋福州厦門, 商人ばかりは物貨の, 商人ひとりにある, 商人ひとりきりじゃありません, 商人ぜい, 商人ぶりが旨い, 商人までもお山の, 商人まる出しの, 商人が, 商人めいた丁寧な, 商人めかして出掛けた, 商人めがけて突進, 商人もうこの役, 商人もの堅い勤人と, 商人やの姿が, 商人やむをえず感心の, 商人やを乗せた自転車がわり, 商人支那へ, 商人よくやる手, 商人より出でたること, 商人らしい思い切った気前の, 商人らしき五十ばかりの, 商人らしく成ります形が, 商人らしく撮れてます, 商人ら越後において青, 商人アチミアーノフの息子, 商人イズマイロフのところ, 商人ウヰルソン氏なぞよく, 商人オットマン帝国の土耳古人等, 商人ガハイハイ云ウドウイウ訳ダト云ウカラ右ノ次第, 商人ガ出テ居タソレカラ講中ガ段々来, 商人ガ日本橋近辺ヨリ集マッテ五六十人バカリシテ場ヲ始メタガ, 商人クジミンは勿体らしく, 商人ケノフスキーの能弁, 商人シクス手代ヰッセールそれに羅甸語, 商人トノ有スル大資本ガ米穀, 商人過ギザリキ, 商人ニ化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, 商人ハ皆天ヲ敬シ, 商人ブウルガンの所有, 商人ボリース・チモフェーイチじゃよ, 商人マアシャルおよびクラアク, 商人マニラ人ポルトガル兵士に扮, 商人ライン河と大会堂, 商人リチャアドソン同じ香港, 商人リンピイがひそか, 商人ロパーヒン自身も奇怪, 商人一同迷惑を致し, 商人万屋安兵衛手代嘉吉同じ町, 商人三谷三九郎の邸, 商人下級勤人などのこせついた, 商人もっとも物議, 商人九州炭山株式会社の取締, 商人五百馬を伴, 商人へ出稼ぎ, 商人仁助の肩, 商人今ここへ来る, 商人仲間ぜんたいの前, 商人伊予屋弥右衛門の家, 商人れ行くうち一人放屁, 商人位泡沫銭の儲かる, 商人しても, 商人個人の利潤, 商人が声, 商人僧侶の外, 商人僧侶農夫乞食女も行け, 商人八牛を駆っ, 商人冥利に尽きる, 商人であつ, 商人出稼人山住神社参詣人等々でみんな, 商人加賀屋と云っ, 商人労働者農夫そういった人達, 商人勾玉より小包, 商人はまだ, 商人北方より馬, 商人又は怜悧なる, 商人古道具買せっかく手, 商人の中, 商人史上有名な貯蓄, 商人同士にて話し, 商人和泉屋皆吉を訪ね, 商人商人の取引, 商人善良な市民, 商人四千人余の群集, 商人の希望, 商人地主及び各種, 商人売買値段に応じ, 商人數の, 商人金持と, 商人大宮へ行く, 商人夫婦として簡単, 商人と何ら, 商人女髪結い使い屋の老, 商人始めはいかにも, 商人学生取り交ぜの, 商人学生教員画家牧畜家官吏玄人筋らしい老婆, 商人官吏夜學校の生徒, 商人官庁筋の人たち, 商人実際のお貰い, 商人がにこやか, 商人宿武藏屋へ向, 商人宿石田屋の女中, 商人宿風の店, 商人専用の裏階段, 商人将校らに案内者, 商人ブル低級インテリには, 商人小官吏などの娘, 商人に火, 商人の商権擁護, 商人工藤忠五郎蕃寛の次男蕃徳, 商人にゐる, 商人市井の無頼ら, 商人平家蟹を携, 商人年番肝入り名主の手當, 商人店員は品物, 商人従者は耳, 商人得意ともに森村氏, 商人徳永と一緒, 商人必ずしも非難すべき, 商人恵比須講の方, 商人或は商賣, 商人手代年季の者, 商人を待て, 商人持ちの革財布, 商人擡頭の時代, 商人擡頭期の京大阪, 商人支離遜に, 商人政治家になり, 商人教師は教師, 商人教育が成り立つであらう, 商人曰くこれだけは昨日, 商人杉山杉風の世話, 商人株屋土木請負師興行師に芸人, 商人桑原治平と申します, 商人検挙のこと, 商人殺しの悪もの, 商人毎年数千の馬, 商人がトランク, 商人気質実質主義のオッチョコチョイ, 商人水夫総勢揃つて金銀の鎖, 商人かく快楽, 商人汝彼ら殺さずば, 商人河内屋太郎兵衛と申す, 商人流行らぬ医者や, 商人測らず失うところを, 商人漁夫ら三百餘人を捕, 商人売屋とも, 商人田代氏と共に両替屋, 商人田畑小兵衛で佐々成政, 商人町内の若い, 商人白有功といへるが, 商人白石廉作である, 商人百姓素人衆をもっと, 商人的ユダヤ人的サラリーマン根性的に抱きしめ, 商人的態度をもっ, 商人的落着きが身, 商人的馬鹿ていねいさで卓子, 商人相手に一日, 商人竜女の美貌, 商人竜宮を見る, 商人筋肉労働者の四つ, 商人米国風の背広, 商人糸紙を卸す, 商人納屋小左衞門方へ忍ばせた, 商人速く寝返り, 商人組合の親方, 商人老幼男女領下のもの, 商人職人等の近事, 商人職人農夫等もまた, 商人興隆時代文化の華やか, 商人芸人大名囲われ者, 商人若くは厠役, 商人草鞋掛に紋附羽織, 商人荷物の馬, 商人である, 商人見たような, 商人見たいに人, 商人親戚友人無関係者見知らぬ通行人, 商人藝人聲を, 商人貧しくなり大黒天, 商人資本及び高利貸資本, 商人資本家は国王, 商人質屋などが彼, 商人質屋支配所陣屋などを焼く, 商人趣味であまり, 商人軍人だそう, 商人農夫を保護, 商人辻村氏が遂に, 商人近在の炭薪等, 商人近江屋源八に一俵二十五文, 商人連中はそれ, 商人醜悪な乞食, 商人銀屋の奥, 商人長崎屋なんぞをかたき, 商人阿部長助摂津沢上江村の百姓上田孝太郎, 商人雑掌と記され, 商人離れがし, 商人離車に一牛, 商人青服を着た, 商人あり議員面, 商人風官吏風労働者風その他いろんな型, 商人風江戸の人, 商人飯田行きの塩荷その他, 商人が出来る, 商人香取のこと