青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「唱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~唄 唄~ ~唇 唇~ 唐~ ~唯 唯~ ~唯一 唯一~ 唯物~
唱~
唾~ 商~ ~商人 商人~ 商品~ ~商売 商売~ 商業~ ~問 問~

「唱~」 1029, 11ppm, 9760位

▼ 唱~ (391, 38.0%)

3017 言を 14 られて 9 たの 84 たこと, たもの, ぬ口, 出した 3 き, たが, 出した人, 出して, 始めた

2 [25件] ごとを, しめたり, たといふ, たので, たりき而, たるを, たる人なれ, たる如き愚論家, たる黒田伯の, た上, た詞章, つづけて, なされ, ぬ, ました, ませう, られたらしい, られると, られるの, り, 内閣に, 天下を, 給ふ, 自ら閣下に, 自由詩形を

1 [232件] えざりしなるべしされば, かけしが, かけて, かけられた人, かけられた天皇, かけられると, ける, けるが, ごとに, さうで萬葉, させて, させながら, さへ, ざるや, ざる二三十年前に, ざる可から, しづめたのである, しところ, しむるとき, しむる実に, しめき, し徒, ず, ずと, ずとも, そして憤激, そのうる, そのま, たい位である, たかと, たかは, たくなる, たことは, たことば, たつて, たと, たと申傳, たと言, たら何, たると, たるシヨツペンホウヱルも, たジャン, た両, た中臣祓, た事情, た佛教, た傾き, た共産主義, た呪言, た国造, た場合, た多く, た寿詞, た斯, た新聞記者, た方, た時, た景淨, た李攀竜, た様, た秋田, た第, た經世家, た荀子, た身代りさんげ, た青年, だした為, ないで亡くな, ないもの, ない方, なくても, なければ, なさい, なさらなくつちや, なさらぬ, なされとな, なされ居り候, なすつた名誉, なれたるに, ぬ古典的天才, はじむるとき人々は, はじめた, はじめました, まい, ましていよ, まして惟神, まし仏, ませうか, また人気, やう, ようとは, られさ, られしが, られすぎて, られた, られたお方, られたといふ, られたの, られた事, られた先師三矢重松博士, られた処, られた呪詞, られた密語, られた時, られた神, られないやう, られぬ世, られました色々, られよ, られる, られること, られると共に, られる事, られる傍, られる場合, られる折柄, られる時, られる歌, られる毎, られる種々, られる言葉, られる説経用, られ主として, られ儒教, られ古, られ古学, られ各種, られ生存競争, る説経が, パアデレ様と, ベルリン時代の, 万古一統の, 三國通覽圖説海國兵談等を, 上げる祝詞, 且つ君主, 之を, 乍らこれから, 乍ら杖を以て, 事は, 伝へて, 伝へられたもの, 伝へられて, 候事老人いらぬ, 先生が, 其文章通り先祖の, 出された, 出されたの, 出された景教碑, 出したの, 出したもの, 出したる處, 出したキリスト教, 出した一人, 出した家, 出した所, 出した神, 出しつ, 出し又, 出し後, 出す, 出すなり, 出す加特力教, 出す新, 出す男, 出す節, 出づ, 出で, 初めてから, 劇藥を, 南無妙法蓮華経いと, 南無妙法蓮華經, 參詣人引きも, 反閇, 同治十年兩人連銜, 堺が, 始められたるかは, 始められてから, 宗教的統治を, 実技も, 家の, 審さに, 居りし事, 居り候, 幾多慓悍, 往生集を, 後明治三十年頃ユニテリアン教會, 得て, 得るもの, 念ぜよ, 慶永に, 或は夢想, 或は関係, 所々身元宜, 数珠を, 文句を, 日本帝国の, 替への, 末の, 来つたこと, 槍の, 槍を, 正心, 此回顧的退歩的の, 獨人に, 甚だしきは, 畢り, 精霊の, 終つて主よ, 終へてから, 聴かす詞章, 職を, 自然の, 触らし間, 言, 言が, 言し, 言で, 言と, 言の, 言は, 言或は, 言自体の, 詞を, 読書に, 諸大名, 身を, 込んで, 返しても, 遊ばされ候, 遊ばされ梅, 題目を, 飽迄も

▼ 唱へる~ (156, 15.2%)

6 だけで 4 ことに, のが, のと, 声は, 詞が 3 のは, もので, 事が, 事を 2 ことによ, と唱, のである, やうに, 事も, 人が, 前に, 様に

1 [102件] が実は, が寫實主義, きまりで, けれども之, ことが, ことであり, ことにな, ことは, だけの祈祷, とか南路, とか又, ときわしが, と一方, と不可思議, と不思議, と云, と何, と共に其中, と効果, と同時に, と天皇, と數珠, と時間, と最初, と目, と言, と言つた形, には何, のだ, ので, のです, ので訣, のに効果, はずの, ものが, ものであります, ものとては, ものは, やうな, や否, クレイグの, 中に, 中臣の, 事で, 事は, 人々と, 人から, 人でも, 人には, 人によ, 人の, 人は, 人も, 人格は, 人自身の, 人達は, 人間としか, 仲間に, 個処は, 債権者達に, 儀式には, 呪詞には, 場処と, 場合には, 妄説の, 常識説は, 度毎に, 形式を, 所だ, 所は, 手習ひ, 文句が, 文句は, 文言が, 新語が, 時だけは, 時其に, 様である, 歌, 為事だつた, 為事は, 理由が, 祝詞は, 神祕的な, 神秘な, 祭文と, 科白の, 筈な, 者が, 者とが, 者を, 者自身同時に, 聖職から, 處, 言葉が, 言葉である, 詞で, 部分が, 間に, 陰陽師, 際も, 餘地も

▼ 唱へて~ (141, 13.7%)

6 ゐる 3 ゐた, 居た 2 好で, 居ります, 居るが, 第二, 藩閥家を

1 [119件] あげた此頃, あなた方の, おく短章, きた餘力, くれた, これで, これを, しまつて, しまふと, その助け, その意, その背, それから頌, ひきは, まどろまん, みる氣, やること, やるん, より漸く欧洲, ゐたを, ゐた万葉集, ゐた歴史, ゐた祈祷, ゐました, ゐます, ゐるが, ゐるの, ゐるはず, ゐるやう, ゐる地震動, ゐる声, ゐる夢, ゐる様, ゐる間, 世に名, 主上を, 五つを, 些かも, 他の, 以て, 以來餘程の, 以後まだ, 光明遍照十方世界念仏衆生摂取不, 其で, 勘定書の, 十字を, 各々味方, 呪術を, 地の, 奥様は, 実効を, 室や, 家々に, 家に, 寿詞を, 局面一変の, 局面一變の, 居たが, 居たこと, 居た作者, 居り支那, 居る, 居るけれども, 居るに, 居るの, 居る不思議, 居る元, 居る間, 山県内閣と, 山縣内閣と, 廓の, 廻る, 強く打ち続けた, 彼の, 待つと, 後迎へ, 御戸帳, 心理主義を, 愉, 抜足しつ, 日本は, 是は, 暗に佛教, 服従を, 李斯書を, 止まぬところ, 此から, 歩いた, 歩いた一団, 歩いた道行き芸, 歩くの, 死體を, 演技を, 瓶裡の, 當路の, 祓へ, 祓除, 行つた, 見ても, 記實の, 議会でも, 豆木魚には, 貰ひたい, 貰ふ, 貸借を, 辿りさ, 迂儒, 追ひ, 退く, 運動し, 過ぐ, 遣つて, 金色夜叉の, 長上の, 門毎に, 陛下の, 食を, 驅け, 魂を

▼ 唱ふる~ (50, 4.9%)

2 ことある, ものが, ものは, やうに, 者無き, 貸本屋の

1 [38件] ことなかりき, ことによりて, ことを, さま, ときは, ところが, ところなり, ともいかに, と云, にあらざれ, にも食物, によりてつ, に同じ, に至つたの, のは, の非, もの, ものあらず, ものなり, ものに, ものの, もの何を以て, もの大, も唱, も耳, 一派の, 丈は, 人は, 人も, 古歌さ, 實踐派の, 形而上派の, 所で, 所の, 所以なり, 者が, 論を, 輩が

▼ 唱~ (26, 2.5%)

3 私の 2 柚太の

1 [21件] うと, かねがね不平さうだつ, かねがね私, れけり, れるさ, れるの, カスミ網や, 中, 子鴉, 小鳥や, 山鳥の, 憤つとして, 炉端の, 獲物を, 私や, 秣草切りの, 竜巻山の, 脚元の, 蛍を, 見向きも, 集に

▼ 唱へながら~ (17, 1.7%)

1 [17件] おばあ, 世の, 以上の, 何も, 小屋の, 戦く手足, 杜子春と, 水を, 滅多に彼, 直ぐと, 眼を, 立ち去る, 老爺が, 蓋に, 角力を, 雪の, 項を

▼ 唱~ (16, 1.6%)

1 [16件] がい, ごとに, そこには, にはした, のは, やうな, をきかず, 哀婉聞く, 声あり, 折の, 機歌の, 歌詞について, 當人は, 聲を, 船人, 靈遠く

▼ 唱~ (13, 1.3%)

1 [13件] てこそはじめて, ながらおや, ながらそれぞれ, ながらベン, ながら官舍, ながら掃除, ながら松の内, ながら離れ, になつ, になる, ふとあたり, 乍ら彈く, 出づる時一隊の

▼ 唱~ (12, 1.2%)

2 あとを 1 中に, 主は, 句を, 手もとへ, 手当の, 手記に, 歌に, 群は, 群を, 見張りが

▼ 唱~ (11, 1.1%)

1 [11件] たるが, てみる, てもなん, てゐる, て以, て居る, て接待, て措かざる, て誇称, 全員杯を, 私語きあった

▼ 唱する~ (8, 0.8%)

2 のを 1 からにはたしかに, に當, 呪詞の, 所唯, 神人, 神聖なる

▼ 唱ふれ~ (8, 0.8%)

6 ば貴族院 1 ば紛々, ば身たちどころ

▼ 唱~ (7, 0.7%)

1 失へど, 書いた, 案じたが, 歌いつつ, 求むるに, 称揚した, 見ない

▼ 唱~ (6, 0.6%)

1 一しきり済ん, 初夏の, 梯子段を, 疲れたら借して, 行われて, 頼むの

▼ 唱つて~ (6, 0.6%)

2 ゐるの 1 またいづ, みましたの, ゐた, ゐた切髮

▼ 唱~ (6, 0.6%)

1 なつた, なりし我が, 手綱を, 甦らす力, 聞くところ, 雑音が

▼ 唱された~ (5, 0.5%)

2 かを詳らか 1 ものである, ものと, 名馬の

▼ 唱~ (5, 0.5%)

2 てゆく 1 たりし, たりしました, ている

▼ 唱ひ出す~ (5, 0.5%)

2 美登利は 1 といふ, よりずつと以前, 歌の

▼ 唱へたり~ (5, 0.5%)

2 しが 1 して, する時, 腕香と

▼ 唱へた人~ (5, 0.5%)

1 だつた, で其思想, の作, は今日, は阮元

▼ 唱へても~ (5, 0.5%)

1 今の, 善かるべけれ, 殺されます, 精神益, 身みづか

▼ 唱へれ~ (5, 0.5%)

1 ば其処, ば即, ば始めて, ば懺悔, ば自分

▼ 唱~ (5, 0.5%)

1 あれば, 亦從つて隋, 傍から, 柚太も, 此上も

▼ 唱~ (5, 0.5%)

1 のみならず, ものあり, ものに, も身, 者共三都其外国

▼ 唱へた~ (4, 0.4%)

1 からの名, だけで, にした, に違

▼ 唱~ (4, 0.4%)

1 シモ英国, シ所ニシテ, 又竜神社ヲ祭レル, 夫レヨリ漸

▼ 唱~ (3, 0.3%)

1 あの生命力, したためて, 柚太は

▼ 唱はせ~ (3, 0.3%)

2 て彼 1 てあの

▼ 唱はれ~ (3, 0.3%)

1 てゐた, てをります, てをる

▼ 唱ふべき~ (3, 0.3%)

1 名門を, 哀れは, 必要の

▼ 唱へよ~ (3, 0.3%)

1 但しこの, 吾等も, 竈に

▼ 唱され~ (2, 0.2%)

2 て今日

▼ 唱はれし~ (2, 0.2%)

1 一門の, 昔の

▼ 唱はれた~ (2, 0.2%)

1 やうに, 二世松林伯円も

▼ 唱ひし~ (2, 0.2%)

1 ものと, 詞句に

▼ 唱ふる如く~ (2, 0.2%)

1 人に, 科學的なるべし

▼ 唱へたりと~ (2, 0.2%)

2 せば

▼ 唱へつつ~ (2, 0.2%)

1 又倒れかかりぬれ, 心では

▼ 唱へに~ (2, 0.2%)

1 上京した, 來た

▼ 唱へらるべき~ (2, 0.2%)

1 をおも, 主張では

▼ 唱へらるる~ (2, 0.2%)

2 事と

▼ 唱~ (2, 0.2%)

2

▼ 唱合戦~ (2, 0.2%)

1 と云った, はいい

▼ 唱猪野隼~ (2, 0.2%)

2 太勝吉

▼1* [61件]

るとか, 唱されてるのは, 唱されるが, 唱し始められた時代よりは, 唱せらるるに至る, 唱せられて居る, 唱せられ得る特質を, 唱だして学校, 唱だの何だ, 唱つたがそんな, 唱つたためしはございません, 唱つたオネエギンといふ女, 唱つて世間の人人, 唱諧謔を, 唱には雷上動という, 唱によるものと, 唱はれざるはあらざりき, 唱はれたる時代も, 唱はれだして以来廿年, 唱ひたくなつた, 唱ひだしました, 唱ひつけてゐた, 唱ひながらに帰, 唱ひもするの, 唱ひ出したがやつ, 唱ひ出したる一曲は, 唱び硯箱を, 唱ふけれども茶の湯, 唱ふもの, 唱ふるは善し然, 唱ふる如き考えで, 唱へけれども女の, 唱へたきまり文句だつた, 唱へた一種の呪言的, 唱へての意である, 唱へはぢめて, 唱へも敢へ, 唱へをはれば, 唱へんこと, 唱べしと云, 唱柚太を, 唱ば, 唱ウルコト之ナリ, 唱フル諸藩アラバ一擧討伐スベキ準備ヲナシタル先哲, 唱フルモ其原ハ即此時ニ, 唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, 唱フ薄村ニテハ両神山ト唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, 唱ヘズ又骨肉, 唱ヘテ一図ニ飛ビ込ンデ鑓, 唱ヘハ同シ, 唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 唱一語以てわがこの, 唱三歎する者, 唱信奉せられたの, 唱十礼して, 唱廻場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, 唱或は小曲風の, 唱指揮はプリングスハイム, 唱早太, 唱猪隼太などは, 唱連れて越中米