青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「同志~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

吉原~ 吉田~ 吉野~ 同じ~ ~同じく 同じく~ ~同一 同一~ 同僚~ 同士~
同志~
~同情 同情~ ~同意 同意~ ~同時に 同時に~ ~同様 同様~ 同盟~ 同行~

「同志~」 3046, 32ppm, 3717位

▼ 同志~ (903, 29.6%)

21 間に 20 ように 10 者に, 者は 8 人々, 者が 7 間では 6 者を, 間で 5 ことを, 一人で, 中の, 人々は, 前に, 名を, 話は 4 やうに, ような, 中でも, 人に, 喧嘩は, 者も, 間でも, 間にも, 間の

3 [12件] ことだ, やうな, 一人に, 一人の, 一人は, 中には, 人たちは, 様に, 間における, 間には, 関係に, 顔を

2 [56件] あいだには, あの隔て, うちで, うちでも, うちに, ことで, ことは, なかに, はずだ, ものが, ものを, 一人と, 一人として, 一人なる, 中から, 中で, 中村が, 事だ, 事を, 人々と, 人々の, 人々も, 人々を, 入獄中に, 初対面の, 前で, 協力を, 口を, 名は, 喧嘩の, 士は, 婦女を, 家の, 家を, 微妙な, 愛を, 手に, 手を, 挨拶を, 撰びたる墓碑銘, 方々と, 方々は, 方が, 民族も, 男の, 盟約を, 相合傘といふ, 相抱い, 瞳は, 者たちは, 者と, 者の, 血を, 誰れ, 集団な, 顔

1 [588件 抜粋] あいだで, あいだに, あいだにのみ, ある人々, いい笑い草, いつまでも, いろんな厄介, うえに, うごきが, うち小泉主膳は, おきまり, おのおのと, お友達, お辭儀, ぎごちな, こと, ことである, ことなど, この二人, すがた, する事, する暗号, ただ一人にだけ, たましい, ために, だれが, つかみ合, つきあいでありたい, つきあいに, つき合, ところへ, と憑, はなし, ひいきも, ひとりが, ひとりを, ひとり三原隼人が, ふと不用意, ほかに, ほめ合, また階級層間, ままわざわざ, もの, ものである, ものと, ものに対して, ものは, ものも, もの數人と, やさしい慰さめ, やる事, エロティシズムだ, カジリヤイにて, ケンカで, ケンカなどは, トンチンカンな, ドイツスパイが, ファレイロも, ブロックが, マサツが, 一人からは, 一人が, 一人だった, 一人である, 一人であろう, 一人でも, 一人前原伊助の, 一人大石瀬左衛門の, 一人大高源吾は, 一兵卒に, 一名後藤右衛門と共に, 一種の, 一騎討ち, 三人まで, 上に, 上にも, 上へ, 不品行を, 不滿, 世界に, 世話の, 中では, 中に, 中へ, 主張に, 争いという, 争いに, 争いほど, 争いよりも, 争ひ, 事でございます, 二三人と, 二三人の, 二人が, 交際は, 人々からも, 人々が, 人々でさえ, 人々に, 人々にも, 人たちに, 人なり, 人にも, 人の, 人は, 人を, 人達は, 仇討です, 仔が, 仕事について, 仕掛けた爆弾, 仲には, 仲違ひ, 仲間に, 仲間割れらしく, 会合は, 会話だ, 会話には, 会話は, 会話を, 低い會話, 住居だった, 体面を, 何物でも, 余興づくしと, 作って, 健在な, 健気の, 僧と, 公卿や, 公私の, 六名か, 共同戦線かな, 兵卒としての, 内から, 内で, 内証話という, 写真も, 切り合いらしい, 制裁の, 前は, 前へ, 前へも, 前原伊助であった, 劇団な, 力を, 助けによって, 助け合ひといふ, 励みに, 労を, 卑しむ, 協力と, 協力の, 協同の, 友には, 友は, 友情であった, 友情とは, 友情の, 友達が, 友達なんて, 友達の, 反目の, 取引き, 叫合に, 合戦は, 同性愛問題で, 同棲者に, 名に, 名簿が, 命を, 品隲教員の, 啀み, 問題だろう, 善く秘密, 喧嘩が, 喧嘩に, 喧嘩を, 噂さで, 団体の, 報告によりて, 場合, 場合には, 場合特にそう, 境涯ほど, 士として, 士に, 士栄辱に, 声, 声が, 声の, 夜戦の, 大乱闘, 大部分, 夫婦仲, 奢侈と, 女と, 好奇心が, 如きも, 妹が, 妹に, 姿を, 婦人達を, 嫉妬心が, 子供だ, 子供仲間として, 実情から, 実戦に, 宮崎と, 家で, 家へ, 家庭で, 家族の, 宿や, 寄合でござん, 寄合な, 密盟と, 対立しか, 対立によって, 対話は, 対話を, 小葛藤, 小集り, 少数を以て, 屍を, 帆立介次と, 干り知らぬもの, 平和な, 座談会を, 弱碁, 張り合いじゃあ, 役に立つとは, 往來が, 待遇を, 後を, 後進生と, 従属感に, 復讐を, 心づくしに, 心に, 心は, 心や, 心情を, 心持とは, 心遣いらしい, 思いやりで, 思わくが, 思慮には, 怨恨を, 恋よりも, 恋愛ごっこの, 恋愛で, 恋文, 悪党を, 悪口を, 悽惨な, 情を, 情誼と, 意にも, 意志を, 感情の, 感情上の, 感覚や, 態度は, 態度を, 憚りからか, 懇談会が, 懲戒裁判に, 懲戒裁判を, 我利と, 戦争である, 戰死者岩崎彌助以下五十三名を, 手と, 手には, 手前これまで, 手前平気を, 批判は, 批判を, 技術の, 折合い第, 拡張する, 拮抗や, 挨拶, 挨拶が, 挨拶さへ, 挨拶な, 挨拶の, 掛声によ, 揚げる笑, 援助によって, 数氏と, 文学論や, 文章を, 文通といふ, 新妻と, 新郎新婦の, 新顔が, 方々には, 方々へ, 方に, 方の, 旅の, 時代には, 暗闘や, 朋友が, 朋友なく, 本家争いや, 村木という, 来たこと, 林田橋二から, 森為吉であった, 楽しい平和, 機械的な, 歌で, 歩いて, 死体が, 死面を, 殊にみなりや, 殴り合いなら, 気まずい心持, 気分に, 気持が, 法科の, 浅間しい, 漁場の, 激昂漸く, 無事出獄を, 無政府主義者, 無理解, 無造作な, 熱狂的昂奮によって, 爭いに, 爭ひ, 獄に, 獄中で, 理解の, 生命は, 生存競争や, 生活から, 生活に, 生活も, 男が, 男女関係を, 男達の, 白石正一郎様の, 皮と, 盟約と, 相互扶助的な, 相愛とを, 相談が, 知らない, 破滅を, 破獄の, 確かなる, 祕密出版其他の, 票を, 私が, 立合いなら, 競争が, 競争でござる, 競争は, 符牒の, 糾合に, 糾合を, 約束だ, 紹介で, 紺屋の, 経歴を, 結び目を, 結合である, 結婚すら, 結婚である, 綜合であり, 縁が, 罵り合, 老人達が, 者から, 者で, 者ばかり, 者へ, 者らは, 者八人斗も, 者達と, 耳に, 背を, 胸には, 腕は, 腹芸な, 膏の, 良平は, 芝居の, 若い料理教師, 苦慮する, 英雄的闘争は, 草山の, 藤井右門殿でなけれ, 虚々実々の, 血闘として, 行く処, 行動を, 親しきにても, 親しみと, 親しみも, 親に, 親友という, 親善を, 親子も, 親密な, 親密なる, 親密を, 親睦の, 角力を, 言葉に, 言葉を, 計の, 試合に, 詩人スウィンバーンと, 話, 話で, 話であっ, 話に, 話よりは, 話合ひでやつと, 誓いよりは, 誓言これらの, 説が, 説とは, 説明を, 誰かを, 調べを, 談話が, 諍ひで相手の, 論爭に, 諸新聞, 諸氏の, 赤毛布を, 赤羽巌穴が, 足溜りの, 距離間隔も, 身が, 身にとっては, 身体検査を, 身分の, 軍用金は, 近しい仲, 逃げ帰ったこと, 逐鹿を, 連中も, 連合会を, 連帯責任である, 連絡も, 連絡を, 連関が, 連関を, 運命の, 過失, 道徳である, 選択から, 酒席で, 醜い秘密, 金子重輔であった, 間が, 間がらだけに, 間だけ, 間つて随分, 間であっ, 間でしか, 間でのみ, 間においても, 間柄, 間柄じゃ, 間柄だ, 間柄だけに, 間柄ぢや, 間柄でも, 関係で, 関係では, 関係には, 関係は, 関係を, 闘も, 集会でも, 集会に, 集会の, 集會や, 雑談を, 面々だ, 面々である, 面々は, 韋晃と, 韋晃は, 頭から, 顔が, 顔に, 顔の, 顔は, 食い合いだ, 馴れ合, 鹿島立ちの, 黄興や

▼ 同志~ (289, 9.5%)

3 ある, 喧嘩を

2 [17件] お互いに, お互に, どうして何時, 三人ある, 出て, 同じ汽車, 外部の, 夫婦に, 手を, 抑制し, 新らしき, 自分の, 良いの, 話を, 集って, 集まった, 集まって

1 [249件] ああいう, あったはず, あります, あるもの, ある映画, あれば, いたずらに, いて, いふん, いました, いる, おりて, おろうと, お互いの, かうして, かち合って, きょうの, こうして珈琲店, ここで, この地方, ござってな, そのひたむき, その心霊研究会, その氣, それでも小, それに, それを, そんな時, ために, つかみ合, つくつた場所, できた, とう, どうばらばら, なかよく並ん, ひとり帰っ, ひとり歸つて來た, ふえて, ほかに, まず病人世界, みんな死ん, めぐり合つた, もたらして, やって, やってきて, やりとりした, ゆるされて, より集っ, ゐると, キャンプで, スレ違った時, スレ違った程度, ボストンの, 一つの, 一人顔を, 一塊とな, 一年に, 一方は, 一緒に, 一緒にな, 三万人から, 三四人は, 不思議には, 不連続という, 世間態は, 丹前の, 主義主張の, 久々に, 争うこと, 事情を, 二三人ガヤガヤ何か, 二人の, 二本の, 二言三言立ち話を, 互いに監視, 互いに黙認, 互に世, 互に身, 互に顔色, 互の, 五人から, 人馴れた, 今は, 今まで, 仲間どうしらしく, 会うとき, 会は, 会合し, 何を, 何方にも, 余計出にゃ, 偽らず飾らずに, 傷つけあい, 先生方の, 出あう前, 出合うわけ, 出席した, 出府し, 出来たなら最後, 出来て, 出発した, 切り合ったでは, 初めて出会った, 初対面を, 別れる夕方, 別家する, 前後し, 協力し, 却つて實際に, 友だちじゃ, 友達の, 双手を, 反動派の, 右から, 各自に, 合点合点を, 同じ一人, 同志討ち, 同胞愛で, 名乗って, 名乗り合う厳粛, 向き合った如く誠吾, 向き合つた如く, 告げると, 囁き合ひ, 四名増し, 土牛の, 境内の, 多かった, 多人数落ち合つて待合は, 夜あかしに, 夜討ちと, 大喧嘩, 奪ひ, 奪われて, 好いた仲, 好いて, 好いよ, 好き合つてゐたら, 如何に, 妥協し, 姉妹でし, 実によく, 寄って, 寄付し, 寝るさ, 少数で, 尾い, 巣から, 帰って, 広間に, 彼処で, 得心であら, 得心でない, 心を, 急いで, 恋仲に, 恐れ合って, 悉く死ん, 惚れ合った仲, 手分し, 打たれたと, 打ちとけて, 投げ合うの, 投獄され, 抱き合ったの, 持つ特別, 接吻する, 支那に, 政府の, 数名い, 敵でも, 敵味方である, 敵味方に, 新撰組へ, 新發足, 日を, 春の, 是非添わし, 暗闇の, 来たので, 枕を, 殊に肉親, 殺し合うこと, 江東方面で, 決して人目, 沖で, 沢山でき, 活きた世界, 浮びあがるやう, 潜伏し, 無上の, 牝を, 物珍しくて, 獄中で, 發狂した, 皆集らぬ, 相会した, 相會, 相誘う, 相談の, 相隣つて, 相集っ, 真実の, 眩しくて, 知り合いに, 石塘嘴の, 私に, 稍震え声で, 組んづほぐれつして, 組織し, 結びついて, 結婚し, 結婚した, 結婚間際で, 続々と, 腕を, 自分一個の, 興奮し, 苦しんで, 落ち合ったり, 落合つた折自然話は, 衝突した, 表われ, 要るの, 見付からないん, 親しかった, 言葉を, 言論集會出版の, 訪ねて, 話しあふやう, 話し合, 話し合つて, 話すほど, 語るよう, 誰一人僕の, 諸方から, 赤い脛巾, 身動きも, 鎬をけ, 隣りの, 集つて, 集つて来ました, 集つて芝居を, 集団として, 面と, 面会する, 頻々と, 騎虎の

▼ 同志~ (189, 6.2%)

20 糾合し 7 集めて 6 天下に 3 率いて 2 代表し, 作って, 募って, 得た, 糾合しよう, 糾合する, 語らつて, 頼りとして

1 [137件] あつめた, あつめて, かきわけて, かく論議, けしかけて, して, つくるも, つのって, つのり朝廷, つのるため, つのるよ, とおしては, どう農民労働党, どんなに印象, ひっぱって, まるで流れ, むざむざ裏切る, もって, ハウスキーパアだの, 一時に, 二隊に, 仲間を, 伴いて, 伴の, 作りに, 促して, 制しながら, 制裁する, 募つて, 募りその, 募りて, 募りはじめた, 募り公然, 募り安政大獄, 募り最初, 募るため, 募集し, 匿まえる, 口説いて, 叫合する, 向はせる, 吹き飛ばす位, 呼び集めるの, 売った者, 売つた, 売ること, 売るもの, 売る貴下様, 奪還した, 守って, 守るもの, 官界に, 平和に, 庇護しよう, 引て, 彼は, 待って, 得たいと, 得たこと, 得たという, 得共に, 怒らないで, 恨むの念, 意気づける, 慈しみ合う, 打ち殺すイギリス兵士, 打ち殺す砲弾, 押しつけ合せる, 押し合い又, 指導し, 捜し出しその他必要, 掛けあはせて, 掛けあわせて, 探しに, 救い出せと, 救うん, 教え, 教えると, 敵と, 早く, 星に, 欺いたこと, 欺かねば, 欺くこと, 欺くため, 欺くの仮面, 欺く苦肉, 殴りあばれて, 母親として, 比較した, 求めて, 沙汰し, 獲得する, 率い京都, 率ゐ, 疑い合うであろう, 発見した, 發見し得なかつた, 知って, 知つてゐた, 穴埋めに, 糾合した, 結びつけ忠孝節義, 結び一挙, 置き去りに, 背に, 落しちゃ, 虐殺する, 裏切ったと, 裏切るのに, 裏切るよう, 裏切る気, 見るの, 訪ねた, 訪ねて, 訪ね意外, 誘って, 語らいひそか, 語らい復讐, 賣つた, 迎へ, 追って参ったであろう, 遇する法, 運んだ車, 除くぞ, 階級付ける, 集め, 集め小さい, 集め東京, 集め水夫, 集め産児制限, 集め素読, 集め素讀, 集め結局醵金, 集め鬱然, 鳩合し, 鼓舞し

▼ 同志~ (166, 5.4%)

2 悉く脣, 手ひどい精神的打撃, 疑ひ深い, 肩を

1 [158件] あっちの, いうも, いくらも, いっこう面白く, いつの, いよいよ仲好し, かねての, がたがたと, ここに, この刺客隊, この秋, したしくする, じっとそれ, すぐにも, すぐ帰った, すぐ様, すでにその, すべて生, そういう意味, そのなか, そのツナガリ, その両方, その女, その当然, それぞれ袂を, それとばかりに, それにやっと, それを, そんなにいまい, たえず離合自在, ただじっと, ただ一瞥一語, ちゃんと向う, つねに親しみ, とっくに気, どんなにし, どんな人, どんな場合, どんな書類, ないであろう, ないと, なお更, なんでも, にわかに先生, はっきりと, はなれ易い, ほとんど一人, ほとんど援, またちよツ, みんないい, みんなで, もとより妻女, よほど読物, わずかに, アジトを, キット俺の, ハッと, ボックスに, ポリスを, 一つの, 一寸顔を, 一応思い思いの, 一掃され, 一緒に, 二分され, 云い交して, 云うまでも, 云った, 互いに食物, 互に打解け, 互に離れきらず, 交通する, 人目を, 今から, 今ごろ俺, 他の, 住んで, 何んと, 何処にでも, 例の, 僕の, 先生の, 六名と, 出来まい, 切腹した, 勝安房守の, 勿論ひっくるめ, 協力し, 友達に, 取調べに対しては, 口々に, 各所に, 同志では, 同志小林の, 同時に自己, 同類に, 君側の, 大きい方, 大つ, 大変悲観を, 大抵監獄, 失望し, 奇妙な, 如何様の, 妙に, 家庭へ, 寂として, 少数であり, 工場に, 幾人か, 彼自身の, 徒党的な, 御互に, 心からなる, 必要だった, 懇意と, 我が国の, 手を, 手荷物の, 捕獲され, 攻撃の, 日ならずし, 最後の, 月島署へ, 未来とともに, 案外相互, 極めて親し, 檻の, 死んで, 気の毒そうな, 濡手拭で, 無言で, 無類に, 皆んな検束され, 皆トルコ人や, 皆伯を, 皆自刃し, 直に一緒, 直接ブルジョア的地盤を, 私と, 私達の, 突合って, 窓から, 立会の, 経験の, 自分では, 自分と, 花以上に, 若い者同志, 話した, 誓て, 誰一人その, 越す先々, 重宝な, 重寶, 銃殺され, 随分粒, 首を

▼ 同志~ (155, 5.1%)

2 あつた, 内地の, 勝手に, 喧嘩を, 相談した, 話を, 顔を

1 [141件] あちこち顔を, あんたの, いつし, いづれも, おない, おわるでしょう, お縫, かなりもみあった, きめたこと, このまま, こんなにくっつき合っ, さア, すら, つけ合った綽名, なア, びんと, みんなに, むやみに, やって, やってたん, ゆつくり, よしょっちゅうヒソヒソ, シャム兄弟の, フランス語だの, 三公の, 両方とも, 予期せざる, 互いに相, 今宵は, 仲よい, 会社を, 何だか私語, 何処か, 何故こう行為, 作って, 使つては, 充分に, 出して, 出会うと, 列の, 助け合つて, 医師を, 取っても, 同じ年頃, 同じ部屋, 喋らないこと, 喧嘩が, 喧嘩した, 喧嘩も, 国詞を, 大目に, 夫の, 夫婦に, 好き合った, 姦通を, 嫉妬に, 安重根の, 寄集る, 小さな諍い, 小学校の, 幾組も, 座席の, 廻覧雑誌を, 彼の, 後輩なる, 心情を, 思ふ存分, 恋し合つて, 悪口を, 惚れ合ったって, 惻隠も, 感ずる窮屈, 憎い奴, 戦う唯一, 戰かつて, 救い合ったらどう, 散々オモチャに, 斯う, 新思想, 旨く成っ, 暮さう, 暮らすと, 最後の, 枕元で, 此の, 死生を, 殴りあい, 殺しあうなんて, 殺し合うよりも, 殺すの, 殿下の, 毎日お, 永久に, 湯治に, 濡れて, 生地を, 町内を, 盛大な, 相互扶養を, 相談し, 相談も, 着物の, 磨きあうの, 私に, 私を, 競争し, 第一, 終るべき宿命, 結ばれて, 義理の, 背中合は, 自分の, 自発的に, 舞台へ, 舞台を, 苦しむだけ, 茲で, 表は, 解決の, 話し合った, 話し合つて, 話つきない, 語りながら, 負担する取り極めであった如くである, 踊って, 踊つてゐる, 踊るとき, 軽蔑し合った, 輪講会読も, 追跡し, 遊ぶの, 遊んで, 運よく, 遠慮なく語ら, 酒席の, 鉢合せすら, 非常に, 非軍備運動, 顏が, 飮みあかさう, 飯を

▼ 同志~ (112, 3.7%)

4 告ぐる書 2 して, なっても, 向って, 背き之

1 [100件] ああした, あすの, あっても, ある会合, えらびお, お互いの, きいて, ございます, しめして, そういった種類, その流行, つけようッて, なった挨拶かたがた, なって, なつたら, なりかけて, なるか, なるの, なれば, まもられ, イニシアチヴを, ケンカを, 一本でも, 不服の, 与うべく牛肉, 与えたその, 今度の, 代って, 代りて, 会えたらパン位, 会って, 似た和らぎを, 個人的に, 候とて, 共通した, 出会いことに, 別れて, 加は, 危機が, 及ぼさぬとの, 取って, 同情し, 向い簡単, 向かって, 告げる書, 呼びかけ対抗策, 土浦まで, 守られて, 宛てたハガキ一枚, 巡り会って, 引き入れた, 影を, 御投与, 心の, 恥かしい思ひ, 抱きこんで, 招待状を, 指令を, 握手を, 書物を, 會つた時の, 望むところ, 望むの, 望んで, 案内され, 此の, 死刑, 殺し合わせ又は, 済まない, 濟ま, 無理に, 燒えつちやつたから, 牧の, 示したはず, 票を, 結びつける中央, 結婚の, 縁の, 背を, 行列を, 見えて, 見送られて, 解りきつ, 言われて, 話しかけて, 話して, 読み合せて, 謀るに, 謹で, 質して, 迎へ, 送られて, 送り皇室中心主義, 透かし合いつつ, 逢わざるべきを, 連絡を, 違いない, 違ひない, 隠れて, 馳せ

▼ 同志小林~ (94, 3.1%)

7 の業績 3 の作品, は 2 がその, の不撓, の小説, の英雄的殉難, は作家, を殺し

1 [69件] が, がこの, がたゆまず倦まず, がどんなに正しく, が不屈, が作家, が全力, が初めて, が前衛, が卓抜, が女, が実践, が宮島氏ら, が常に, が敵, が書記長, が最近十ヵ月間, が残虐, が殺された, が行った, こそ最も, にあっ, についての追想, によって最近執筆, に加えられた, に新た, に関するこれ, に関する諸, の, のため, のゆるがぬ, のプロレタリア作家, の不屈, の不断, の不滅, の克己, の全貌, の創作活動, の功績, の卓抜, の受難, の当然, の復讐, の性格, の指導的批判, の指導的理論家, の日和見主義, の殉難, の理論家, の発展, の虐殺, の輝, の追想記中, の長篇小説, の闘争, はこの, はごく, はすでに, はとりあげ, はプロレタリア文学, は僅か, は日和見主義発生, は最も, は確固たる, は複雑, は論文, を真, を虐殺, を高く

▼ 同志~ (75, 2.5%)

3 一緒に 2 思って, 江戸に, 相談し, 語りまた

1 [64件] いうべき人々, いうものの, いうより, かいて, する, すれちがって, せるか, でなければ, なって, なり互に, なんとかし, よばれるもの, わけ合うだけの, パリの, ホンの, レムブルグ美容院の, 一しよ, 不和を, 与に, 云うよりも, 云う関係上, 云ふ, 会って, 会合し, 倶に, 偕に, 共々今回江戸, 共同生活を, 共同経営を, 円山重阿弥の, 別れること, 協議し, 反復論弁す, 同じく, 同席の, 呼ばるべき, 呼ぶこと, 呼べる貧農, 呼応し, 妾のみ, 家族に, 打ち合せを, 政治上の, 日本美術院を, 昨夜十二時頃仕事を, 會合したる, 朋友同志とを, 為る弟子たち, 申自訴者は, 異性とは, 相提携, 相策応, 称する者, 稱すべき, 稱する, 紀州路へ, 與に, 言うもの, 言っても, 謀って, 謀り深, 謀ること, 議し苟くも二, 逢い帰京後京都

▼ 同志たち~ (72, 2.4%)

1 [72件] がここ, がすぐ, がほんと, が事理, が実に, が彼等, が日本プロレタリア文化連盟, が検挙, が次々, が肩車, が膝, が解放, が長い, が隠れ, が額, との連絡, とはこういう, とは日本, と共に懸命, と営庭, と少し, と語り, と語り合った, と謄写版刷り, には何, にももっとも, に交っ, に対してと同様, に御馳走, のうち, のこと, の不撓, の中, の主, の声, の奔走, の姿, の家庭, の往き来いも, の後, の惨憺, の手, の批判, の消息, の立場, の結果, の聲, の至誠, の行動, の間, はいずれ, はこの, はそんな, はひそか, はまた, はトルストイ, は一人, は何, は分離公判, は本所割り下水, は次々, は治安維持法撤廃, は結婚, は近く, もいっしょ, も幸福, も手, よりも或, よ機械, をその, を先頭, を誹謗

▼ 同志~ (41, 1.3%)

1 [41件] からこれ以上, からそう, からという理由, からとにかく, からね, から人, から人ベン, から卒, から夫婦, から朝夕往来, から烏啼, から目隠し, から萌黄縅, から衝突, か知らなかった, ぜそれ, ぞ佐幕派, つたに, つたのだ, つたのである, とああ, という, ということ, という多数, という感情, とさつき, とむやみ, とわれわれみたい, と云った, と何故ああ, と反, と思, と時々, と気付く, と言, のが, もの, よ, わ, 何だか分った, 可愛さ

▼ 同志~ (38, 1.2%)

2 あの人, 世間を

1 [34件] ある, います, げらげら笑っ, これには, すぐまた, それには, たびたびひどく, たびたびひどくぶつつかり合, どうやら気に入り合ってる, ないため, なく家康, へちまも, やはり模倣, よくこんな, 一度実業, 互に親しい, 仕事っぷりも, 僕に, 前後し, 同志では, 和田巌が, 喜んで, 多く安全, 大きな声, 宛には, 屁ばかり, 惘れて, 支那の, 最後に, 朝鮮の, 歯の, 親しくなり, 言葉を, 遊びますの

▼ 同志では~ (36, 1.2%)

4 なかった 3 ない 2 ないか

1 [27件] あった, あつた, ありふられた同志, ありましょう, ありませんか, あるにも, お互いに, からまし合いは, ございませんか, てんで意味, ないといふ, ないに, ないの, ないのに, ないむしろ, ない交遊, なくなって, ニツクネームを, 云ひ, 仕やう, 嘸困った, 歯が, 深刻な, 無かった, 自由自在に, 袖を, 見られないよう

▼ 同志でも~ (28, 0.9%)

2 雌の

1 [26件] あった, あつた, あり宿役人同志, ある, ある二人, お前達位仲が, どうにかこうにか, なく先輩, なく全く, まさかに氷川神社, まるっきり違った, もつと, 一二度ほんの, 不思議がっ, 体質と, 八王子は, 同じでござろう, 嘘の, 大洋と, 妹の, 来たの, 歩いて, 生きて, 言へ, 話を, 近くに

▼ 同志として~ (28, 0.9%)

1 [28件] いくらなん, いまから, しんに, それぞれの, なら何誰, みんなに, わたくし以上に, ドミトリーの, 云うが, 互に手, 先づ紹介, 平静な, 御交際, 握手する, 教授に, 新たに, 来た, 相許し, 私と, 経営する, 結ばれて, 考え得る, 行動する, 話して, 起つだろう, 軽輩として, 迎えかく, 重井と

▼ 同志である~ (27, 0.9%)

3 ことを 2 ということ, といふこと, 蕪木君の

1 [18件] から多少, が一面, が仕方, が殆, ことは, この二人, し何事, といふ事, なんていふ, にし, ものを, やうに, ように, 事が, 其精霊の, 場合には, 堺君等が, 妻の

▼ 同志~ (21, 0.7%)

2 の, の右翼的逸脱, の才能

1 [15件] がおそらく最も, がプロレタリア文学運動, が同志小林多喜二, とともにかりに, と小林, にあっ, によって小林, に対してこれ, に追随, の全く, の文学的活動, は, はもちろん, は十年, は直接

▼ 同志小林多喜二~ (19, 0.6%)

3 の業績

1 [16件] がボルシェヴィキ, が一つ, が創作, が宮島氏等, が日本, ぐらい理論活動, にあっ, について, のプロレタリア作家, の作品, の全国的労農葬, の虐殺, は当時支配階級, は日本, は非合法生活, ほど全面的

▼ 同志と共に~ (16, 0.5%)

2 伊藤首相に

1 [14件] この仕事, しばしば公使館, 停車場まで, 其の法, 創立した, 嘆き共に, 将曹, 山下新太郎氏の, 水上飛行機ラタム号に, 犬と, 袖を, 詩作に, 音楽雑誌を, 髮結の

▼ 同志~ (16, 0.5%)

2 は亦

1 [14件] と共に同じ, と共に海路江戸, と言, に使, の一半, の中, の反感, の第, の結合, の骨折り, は揃つて名告, は皆, もまた, をこの

▼ 同志諸君~ (16, 0.5%)

4 によろしく

1 [12件] および近所, からも毎日平均二通, ことに深尾, と共に此書, にも爾来, に報じ, に對, の貴重, の驥尾, はどう, は進ん, より寄せられた

▼ 同志から~ (15, 0.5%)

1 [15件] のは, 僕と, 受けまいもの, 大衆から, 彼に, 惜しまれるの, 推されて, 旦那と, 来た印度総督攻撃, 特に選ばれずし, 疑いの, 裏切者として, 遮断する, 除名され, 電報が

▼ 同志には~ (14, 0.5%)

2 容易に

1 [12件] この秘密, たといどんな, どうしても人目, なれぬ, なんにもわかつ, 事変前から, 交通が, 済まないが, 相違ない, 祕密でした, 訣る, 話合いも

▼ 同志~ (14, 0.5%)

2 の胃の腑

1 [12件] が結成, が露国膺懲, すなわち役場派, とかいうところ, に加入, に属し, のため, の幹事, の潰裂, の結成, は東京, をしょっ

▼ 同志との~ (13, 0.4%)

2 連絡を

1 [11件] しかもこんど, つきあいも, 交通も, 悪縁これに, 最後の, 盟約を, 話にも, 連絡といふ, 連絡の, 連絡は, 間に

▼ 同志~ (13, 0.4%)

2

1 [11件] から打合せ, がこ, に充分, に号令, に笑われ, の血潮, はどうせ, はややもすれば, は或は, は皆, もついに

▼ 同志~ (12, 0.4%)

2 親爺や 1 ないか, なんかよりも, 乾児が, 乾児の, 同情者の, 恋人同志が, 知友にも, 私などが, 親爺には, 農村に

▼ 同志藤森~ (12, 0.4%)

21 が日本, が調停派, が論文中, と林, においては自身, は, は二月号同誌, は作家同盟指導部, は同志林, も林

▼ 同志~ (11, 0.4%)

31 が互いに, と平民新聞, に, の提案, の確執, は最初, を始め, を訪ね廻っ

▼ 同志討ち~ (11, 0.4%)

2 をし 1 いずれの, がはじまった, が始まろう, が随所, のお, の危険, の大, の戦闘, を演じ

▼ 同志打ち~ (10, 0.3%)

1 が始ま, で何とか, なら同志打ち, の危険, はよく, はよせ, をした, をしない, をやる, を行っ

▼ 同志なら~ (9, 0.3%)

1 ちょうどよかろ, ばとにかく, ば徒一年, 一丁来い, 二の次三の, 何を, 何者と, 元々喧嘩, 私目を

▼ 同志~ (9, 0.3%)

2 か, な結合 1 でよく, なその, な呼びかけを, な誓いを, な雰囲気

▼ 同志としての~ (8, 0.3%)

1 インガの, 小山内先生の, 強い結合, 彼女を, 待遇を, 激しい競争者, 結合そういう, 親しみが

▼ 同志であり~ (7, 0.2%)

1 この底辺, そういう二人, ながらどうしてかつて, ながら両方, 先輩である, 同時に普通, 自他ともに

▼ 同志という~ (7, 0.2%)

3 ものは 1 のが, ような, 縁故で, 諺を

▼ 同志とともに~ (7, 0.2%)

1 そのため, ウイッテと, 一日千秋の, 卒業式の, 熱心之を, 翌年七月六角獄で, 脱藩し

▼ 同志~ (7, 0.2%)

5 んだ 1 のか, んです

▼ 同志への~ (7, 0.2%)

1 こんな惡戲, 使に, 信頼の, 書簡及び, 最後の, 誓約を, 音沙汰が

▼ 同志~ (7, 0.2%)

1 が死なん, に, の, の叫び, の顧みくるる, よよく, 今や酒宴

▼ 同志神近~ (7, 0.2%)

21 はその, は中條, は作家同盟, は自身, も

▼ 同志~ (7, 0.2%)

2 の運動 1 でもお互い, の危険, の往復書類, の往来, の連絡

▼ 同志じゃ~ (6, 0.2%)

3 ないか 1 ありませんか, あんまり信用, そうな

▼ 同志~ (6, 0.2%)

2 われの 1 俺達は, 吾輩の, 固く結べ, 暗黒の

▼ 同志一二~ (6, 0.2%)

1 および前場, および青年独立党員四五十人, に渡す, の一団, はそれ, をはじめ多勢窓

▼ 同志帆立~ (6, 0.2%)

1 とは酔漢, に脇腹, の脇腹, はプログラム片手, は押入, も飛鳥

▼ 同志~ (6, 0.2%)

2 は困る 1 がここ, になる, までが始まる, をする

▼ 同志だけ~ (5, 0.2%)

1 であくまで, では, で他, で先づ事, 初めから

▼ 同志~ (5, 0.2%)

2 やあるまい 1 やええ, やこれ, やない

▼ 同志でなけれ~ (5, 0.2%)

2 ば通用 1 ばした, ばわれわれ, ば見られない

▼ 同志にも~ (5, 0.2%)

1 いつもそんな, 殊更に, 解らなくなって, 語りませぬが, 謀らずして

▼ 同志~ (5, 0.2%)

1 云った, 伊那丸の, 廻せとでも, 書き送った歌, 通牒を

▼ 同志より~ (5, 0.2%)

1 あつまって, つどい先生, 十人が, 未だなんとも音信これ, 集まって

▼ 同志林田~ (5, 0.2%)

1 が天井裏, が活動, と共に上海, の手, の指摘

▼ 同志です~ (4, 0.1%)

1 からその, けに浪, ね, わ

▼ 同志といふ~ (4, 0.1%)

1 ものは, 呼び名を, 呼び方, 言葉を

▼ 同志なる~ (4, 0.1%)

1 ことを, 独逸系智利人たちの, 石塚重平氏来り, 程ね

▼ 同志に対する~ (4, 0.1%)

1 口実が, 愛着の, 熱情は, 観賞の

▼ 同志~ (4, 0.1%)

1 の元老, の或, よりさらに, 特に徳義

▼ 同志対立~ (4, 0.1%)

2 しより 1 しもっと, しもつと

▼ 同志岡田良造~ (4, 0.1%)

1 に逢った, に逢つたの, の捕はれ, の捕われ

▼ 同志蔵原~ (4, 0.1%)

1 の実践, は, はプロレタリア文化闘争, をはじめ

▼ 同志~ (3, 0.1%)

1 互に愛し合う, 互に看護, 互の

▼ 同志からの~ (3, 0.1%)

2 通信が 1 紹介状を

▼ 同志からは~ (3, 0.1%)

1 とてもベルリン, 先輩の, 全然除けもの

▼ 同志だけの~ (3, 0.1%)

1 ことさ, 庭園だ, 水入らずの

▼ 同志だって~ (3, 0.1%)

1 似て, 汝が, 結局仲直りの

▼ 同志であっ~ (3, 0.1%)

1 てみれ, て同輩, て春

▼ 同志であった~ (3, 0.1%)

1 かどう, けれども星田, 妻の

▼ 同志でございます~ (3, 0.1%)

1 から, の, よ

▼ 同志といった~ (3, 0.1%)

1 ふうであった, ほうが, 方が

▼ 同志とは~ (3, 0.1%)

1 いい条, 気がつかない, 知らない

▼ 同志とを~ (3, 0.1%)

1 一列に, 区別する, 叛逆罪として

▼ 同志らしい~ (3, 0.1%)

1 けれども双方, 二人連の, 未知の

▼ 同志リャザーノフ~ (3, 0.1%)

1 がわれわれ, に挨拶, の光栄

▼ 同志二人~ (3, 0.1%)

1 とゆうべ亀山口, の学生, の連名

▼ 同志五人~ (3, 0.1%)

1 が帽子, であります, である

▼ 同志今野~ (3, 0.1%)

1 がそのまま, がどうも, は去る

▼ 同志藤森林~ (3, 0.1%)

1 などの批判, によって腹癒せ風, の批判

▼ 同志貴司~ (3, 0.1%)

2 は同志小林 1

▼ 同志うち~ (2, 0.1%)

1 だ, 寄って

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 女同志が, 言葉を

▼ 同志かが~ (2, 0.1%)

1 必ずその, 早晩必ず

▼ 同志からも~ (2, 0.1%)

1 一切忘られ, 要領を

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 しむかい, へ信用

▼ 同志さえ~ (2, 0.1%)

1 俺は, 知ること

▼ 同志たる~ (2, 0.1%)

1 岩田氏の, 政党は

▼ 同志だった~ (2, 0.1%)

1 ので与四郎, 改進党の

▼ 同志であり愛する~ (2, 0.1%)

1 妻で, 妻であった

▼ 同志に対しても~ (2, 0.1%)

1 ひどく不機嫌, 以前の

▼ 同志ばかり~ (2, 0.1%)

1 だった, である

▼ 同志みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, にわかれる

▼ 同志よと~ (2, 0.1%)

2 叫ぶ友達

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 て人, 之ヲ報告セ

▼ 同志ヤーコヴレフ~ (2, 0.1%)

1 がいみじくも, は僕

▼ 同志リリナ~ (2, 0.1%)

1 にお, を訪ねた

▼ 同志一人~ (2, 0.1%)

2 と一人

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 士に, 由を

▼ 同志之者~ (2, 0.1%)

1 にて去年来, も御

▼ 同志九人~ (2, 0.1%)

1 その多く, を率

▼ 同志~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 同志互いに~ (2, 0.1%)

1 抱き合うの, 持ちまえの

▼ 同志今野大力~ (2, 0.1%)

1 が来, が現在白テロ

▼ 同志以外~ (2, 0.1%)

1 に倶, の者

▼ 同志伊藤~ (2, 0.1%)

1 は今男, や笠原

▼ 同志六名~ (2, 0.1%)

1 と共に三重県監獄, は嗽

▼ 同志四五人命~ (2, 0.1%)

2 を惜しむ

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 の友達同志, はどうしても

▼ 同志殺し合う~ (2, 0.1%)

1 し火, のである

▼ 同志百七十一人~ (2, 0.1%)

1 の生命, の許

▼ 同志的制裁~ (2, 0.1%)

2 を加える

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 募り遠足遊山, 集まりて

▼ 同志相伴っ~ (2, 0.1%)

2 て用いられ

▼ 同志細田~ (2, 0.1%)

1 はプロレタリアート, は不幸

▼ 同志結婚~ (2, 0.1%)

1 したり, した不倫

▼ 同志繋い~ (2, 0.1%)

1 で眞中, で真中

▼ 同志袴田~ (2, 0.1%)

1 です, の妻

▼ 同志裁判~ (2, 0.1%)

1 にかけられた, をやろう

▼ 同志~ (2, 0.1%)

1 をしよう, をする

▼ 同志貴司山治~ (2, 0.1%)

1 が, は

▼ 同志遊び~ (2, 0.1%)

1 たわむれて, に往

▼ 同志須井一~ (2, 0.1%)

1 のこと, は

▼1* [263件]

同志あるいは同国人のみの, 同志いひなづけの約, 同志いまやわずかに生き残りいる, 同志お互いに溢れる, 同志かのように, 同志がべっかんこ, 同志くらゐで, 同志こつちはお, 同志この苦しいこと, 同志こんなことを, 同志ゃあるめえしそう, 同志そうしてこの寂しい, 同志そう一つところへ集っ, 同志そのくらいな, 同志その他の種々, 同志だけがよりまして, 同志だけで話が, 同志だつたやうに, 同志だの鉄砲で, 同志ってそんなこと, 同志であったらここで, 同志でありましょうともた, 同志であろうかと葉子, 同志でさえ誰が, 同志でない以上仲の, 同志でなくっちゃ話し, 同志とか女同志とかが, 同志とかが多いじゃ, 同志としか映らなかった, 同志としては異端者である, 同志とすら言葉を, 同志とていつしか二人, 同志ともつかぬ異様, 同志どころかあッちと, 同志どちらも推理小説, 同志なども追放に, 同志などを思いに, 同志ならさう怖い筈, 同志なら勝った方が, 同志なら違った言葉遣いが, 同志なり今の, 同志なれど山陽, 同志なんて問題じゃ, 同志においても一代の, 同志にこにこしながら, 同志についてうたった, 同志にてありし楢崎某, 同志にても見よ彼, 同志にでも突然抜身, 同志にとって嬉しい小さな, 同志にとってはしゃべるという, 同志になつてどちらも, 同志にに住んで, 同志にのみ物理學を, 同志によつて試みられた, 同志によって批難されるだろう, 同志に対して俺自身に, 同志はけふ私を, 同志ばかりか単なる, 同志ばかりがどんなに人, 同志ひやかし合ったり口喧嘩, 同志ぶつかり合う音を, 同志また庄屋同志で, 同志みんなの気持, 同志むつまじく話し戯れて, 同志ゆえ夫婦にしたら睦ましかろう, 同志よなんて若い女優, 同志よもみっともないこと, 同志よりは背徳者として, 同志らしく行動した, 同志らしく振る舞つてゐれ, 同志を以て途, 同志を通じて僕の, 同志グプタの両, 同志ケンカをしたがる, 同志ゲッセン・等の最近, 同志コロメルからだ, 同志ゴーリキイは彼, 同志サッコとヴァンセッティ, 同志スターリンは曾, 同志チュダコフの強力, 同志ドミトロフにつれられ, 同志ナリトモ國際的對立ヨリ見テ彼等ガ, 同志ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, 同志ラコルデエルは遂に, 同志ラブする事, 同志ロンドンの中央部, 同志と二, 同志一二青年ら一団になだれ込ん, 同志一同が集まつた, 同志一緒に身, 同志三人とともに渡良瀬川, 同志三十余人を糾合, 同志上村と戀愛關係, 同志下司と彼, 同志並べて置く, 同志中尉の棺, 同志中西氏の健在, 同志丹野せつその他の前衛婦人, 同志丹野その他の前衛, 同志争ってはならぬ, 同志争った例が, 同志二つがよく, 同志二人共同で床店, 同志五人それに戸倉老人, 同志五十五名とかぞえられ, 同志交渉をつけ, 同志享楽したり, 同志人目を忍ん, 同志の讐敵, 同志他人のため, 同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 同志伊達徹之助, 同志会専属のもの, 同志会案は事実, 同志会総理加藤高明男が南海遊説, 同志会館の舞台以外, 同志佐野学は立っ, 同志悪かろう, 同志何十人何百人もの生命, 同志先輩とソリ, 同志て来, 同志勝手に話, 同志北村此助も品川藤兵衞, 同志十一人と放り込んだ, 同志十三人の死屍縦横, 同志十三名がこれ, 同志協力者を包括, 同志印度人のアムリ, 同志即ち女の, 同志与ニ, 同志厭気のさす, 同志なれど, 同志友人がここ, 同志合して四百人, 同志吉田君はやられた, 同志同じ浪人組の, 同志同感互に目的, 同志同行と稱, 同志同難諸人の, 同志の心, 同志まで賭けた, 同志へ始めよう, 同志喧嘩をさし, 同志四五人が立ち働い, 同志四人はモウ先刻, 同志四十七名の一年半, 同志堀田昇一が, 同志壺井繁治の家, 同志多数今や村中混乱, 同志大和田忠太郎君のところ, 同志大宅立野貴司らによって執筆, 同志女の子は女の子同志, 同志女同志の話, 同志女同志ぢやこれ, 同志安らかに団, 同志寄ッて飛鳥山, 同志将棋の好き, 同志小林はまことに共産主義作家, 同志小林労農葬のビラ, 同志小林自身の実感, 同志山口と李英朴, 同志山口孤劍君と一, 同志川口浩徳永橋本貴司などが引致, 同志川口鈴木黒島などを引き合い, 同志帆立介次の掌, 同志座一味が脱退, 同志引つれ今長崎, 同志張繼の所在, 同志張飛その他二百余の有為, 同志形影相憐むとはいう, 同志後先変わらないの, 同志愛し合うでござろうよ, 同志憐れみ合い助け合うように, 同志或いは労働者を, 同志戸台は日本プロレタリア文化連盟, 同志を取り合わなけれ, 同志打ちすな, 同志打ち的な暴力, 同志揃って吉良邸, 同志握らせてゐる, 同志を始め, 同志攻めあい殺しあいしている, 同志救助に敢然と, 同志数人のみ, 同志数十人はその, 同志数名が集っ, 同志数輩へあて, 同志數人と共に迎, 同志數名と共に和美會雜誌經文學等發行, 同志日本人同志だけの庭園, 同志智恵を持ちよる, 同志有りもせぬ, 同志来栖勘兵衛からは, 同志松山坂井の論文, 同志林神近などによってプロレタリア文学運動, 同志桔梗様と小一郎, 同志武田のたえず, 同志死んで身, 同志に五銭, 同志気心が合っ, 同志江口が白い, 同志浪人の面目, 同志渡邊政太郎君と共に深夜, 同志無関係にわめき立てる, 同志片隅に集っ, 同志玉井君君が弾圧, 同志生活におびやかされる, 同志疑いあっている, 同志百七十一名の生命, 同志百三十余人伴類二百人ことごとく召しとられ, 同志的つながりの感情, 同志的批判をどう, 同志的気持が成立, 同志的結合は街, 同志的連帯性もほとんど, 同志相寄って連合映画社, 同志相期許焉先生時猶在, 同志知っていた, 同志慶どのの, 同志石原と中村, 同志神近市子は, 同志秋穂左馬之介, 同志窃かに此処, 同志窪川が捕えられた, 同志糾合は二, 同志四十名を, 同志細田民樹の, 同志群れてゐる, 同志群れる中を, 同志義理ある姉, 同志者トナリケレバ人呼ンデ彼等, 同志致し天下の, 同志良人若い父親, 同志英語の手紙, 同志のこと二段, 同志蔵原惟人におくる, 同志藤森林須井は同伴者的作家, 同志藤森須井を初め, 同志せざら, 同志親しい口を, 同志親しみ合ふの, 同志親戚以上に親しく, 同志角突き合いもせず, 同志討これを好める, 同志話しながら煙草, 同志諸君読者諸君に於, 同志諸君諸君も内部, 同志諸子相とも, 同志蹴合いをする, 同志逢つてゐたら案外, 同志配電盤を配電盤, 同志酒場へ行かう, 同志野坂を迎, 同志野坂新たに帰る, 同志金原忠蔵に率いられ, 同志鈴木清が, 同志集つた時私はこの, 同志集合によってあがっ, 同志の如く, 同志須井の, 同志を見合せ, 同志食ったり食われ