青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「南~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

卒~ ~卒業 卒業~ ~卓 卓~ ~卓子 卓子~ 協会~ 協力~ ~南
南~
南方~ 単なる~ ~単に 単に~ ~単純 単純~ ~博士 博士~ 博物館~ ~占め

「南~」 9682, 93ppm, 1187位

▼ 南~ (2260, 23.3%)

133 方へ 107 方の 58 方に 47 方から 33 国の 29 国へ 28 方は 26 方を 23 風が 21 空に 20 海の 19 方で 16 ほうへ 14 空を 13 端の 11 亭主は 10 ほうの, 家に 9 女房は, 島々の, 方には, 果ての, 風に 8 山の, 島に, 御奉行所, 海に 7 国に, 島々では, 浜へ, 海, 町へ, 裾に 6 お奉行様, ほうから, ほうに, 国, 家へ, 島の, 方へと, 端に, 街

5 [11件] はづれ, タカザワへ, 国を, 山と, 島では, 御殿の, 方まで, 方向に, 海へ, 縁に, 風は

4 [25件] はしに, 丘の, 国から, 國の, 地平線の, 家で, 家の, 家は, 方, 方が, 方も, 方より, 暖かな, 果てに, 枝に, 浜の, 浜作へ, 海から, 海で, 町の, 空から, 空が, 窓からは, 窓の, 隅の

3 [33件] お奉行, かたに, 国が, 国で, 国王は, 女王の, 家から, 家では, 岡の, 岸に, 岸の, 手で, 方だ, 方と, 方角に, 村に, 東, 水平線に, 海っ, 海を, 皇帝が, 空には, 空の, 空は, 窓から, 縁側に, 郊外に, 隅に, 障子に, 障子を, 風, 風の, 麓に

2 [106件] いかだの, おとつ, お役所, はしの, はしまで, はじな, はじに, はずれに, はずれを, はてに, ものだ, ゆふ, イギリス海岸の, 三方は, 二つの, 側に, 六波羅, 十へ, 口の, 唄を, 国からも, 国と, 国につつが, 国イタリアは, 国歌, 国歌を, 地に, 地方を, 城, 城を, 堤防に, 壁の, 大風に, 奉行所から, 奉行所に, 奉行所へ, 奉行所を, 字の, 字を, 小さな島, 山から, 山に, 山は, 山を, 山畑で, 山裾の, 岸は, 岸へ, 峰から, 島々に, 島だ, 島には, 島へ, 市街に, 庇の, 御奉行, 新地に, 方からも, 方でし, 方といふ, 方のは, 方海に, 日あたりを, 景色を, 暖い, 書き役, 村の, 東は, 果てまで, 果の, 森の, 河合へ, 洋食屋, 浦に, 海上の, 海岸, 海辺へ, 湖の, 町奉行所へ, 碇泊所の, 空からは, 空へ, 窓に, 窓には, 窓にも, 窓を, 端まで, 竹川旅館へ, 紅卍字教の, 紺屋へ, 縁側僅か, 肩に, 芝原とを, 荘の, 葉桜の, 行方は, 許へ, 諸地方, 谷へ, 谷も, 門から, 障子へ, 風を, 風吹け, 風呂へ, 鵬翼を

1 [1003件 抜粋] あいて, あの家, ある酒場, いずこ, お係り大岡越前守さま, お奉行大岡忠相, お役宅, お茶屋で, かたへ, かたを, かなたには, がけの, が引き取り, くろずんだ海上, ことから, ことであり, ことは, さつき川, すし屋小, すみに, ずうっと, そうしたたわけた, そう云う, その頓馬, それも, ところから, ならおれ, はじが, はじは, はずれの, はずれ大隅と, はてから, はてには, はるか岡崎へ, は東覚院, ふたりが, ほう, ほうで, ほうなどでは, ほうには, ほう一マイルの, まっくろな, まつ黒な, まどぎわにいたので, まどの, もの, やしの, やつらを, ようだ, よく開いた, アンダルシア地方に, カフェー, ガムベェという, クミ島が, コル零下一〇度, ダラットの, トークォイスの, バアの, バルコンに, ビンや, ペンネームで, ボルネオ群島の, マック・クラウド村から, 一大岬, 一字加はつた, 一峰に, 一方が, 一方を, 一源とで, 一群の, 一角海を, 一軸に, 万花て, 三城門が, 三方面に, 三窓の, 不思議がる, 与力か, 与力だ, 与力でござる, 与力殿とやら, 与力鈴木藤吉郎じゃ, 丘に, 丘辺は, 中の, 中核に, 九の, 事じゃ, 二た, 二大将を, 二見半島から, 五階は, 井筒いう, 交州江南の, 亭主とより, 亭主へ, 人たちの, 人は, 今の, 以前は, 伯母やん, 低地へ, 何処なる, 佳人, 停車場, 側の, 傍で, 儂人飲食美味なし, 先端が, 光線は, 八丈島も, 八重山群島の, 兵隊さんに, 冬の, 処へ, 出外れ万延寺, 劉辟, 劉辟の, 勘とこへ, 北条の, 十二と, 半分も, 南の, 印度で, 反対なる, 口という, 古都は, 吉兆といふ, 同心かの, 同心加山躍, 同心波越八弥を, 名も, 和らかな, 哲学者だの, 喜界島においては, 回帰, 国では, 国は, 国ほど, 国歌であった, 国王も, 國ならでは無しといふ, 土手の, 在留邦人が, 地にて, 地はずれで, 地平, 地方が, 坂で, 坊の, 城へ, 城山の, 堀状の, 境に, 壁にしか, 夕陽は, 外れの, 外洋へ, 外輪山を, 多幸平へ, 夜の, 夢にや, 大出ッ原大, 大和大路一ノ橋から, 大岡様の, 大明湖は, 大正橋の, 大犬座, 大都統, 大饑饉, 天地は, 太左衛門橋筋, 太郎兵衛平カベケ原五郎平もしくは, 夫人に, 奉行か, 奉行は, 奉行大岡越前と, 女房から, 女房の, 女房も, 女王にも, 如き邊裔, 姿を, 孟公威という, 孟建なども, 孤島琉球で, 孫権は, 宇美足国へ, 安南, 官辺から, 客間を, 室の, 宮の, 宮廷用として, 家並で, 宿の, 寝殿に, 寺へ, 小さい一つ, 小山に, 小島を以て, 小島部落が, 小窓, 尾根は, 山, 山すその, 山そばにて, 山の上に, 山の端には, 山以上六郡越後の, 山村の, 山等が, 山間の, 山陽道を, 岡, 岡へ, 岬の, 岬を, 岸にも, 岸を, 岸辺に, 峠一つ越した, 峰を, 島々から, 島々としては, 島々へ, 島から, 島とも, 島にのみ, 島らしく, 島守に, 島町通には, 嶋の, 川尻に, 工場地帶からは, 左近将監にも, 左近将監時益以下は, 市街, 市街の, 平地に, 平野も, 広重といふ, 座敷には, 庭に, 庭へ, 廂傾き, 廊下で, 建康, 役人か, 彼方にも, 御奉行樣, 御役宅, 御方, 御方と, 御方は, 御番所, 心は, 志した国, 恒景という, 悪評を, 戦に, 戸を, 戸袋の, 房には, 手下だ, 押えとして, 捕手たちを, 探題時益にも, 探題時益も, 支那の, 故郷に, 料理屋の, 斜面へ, 新地で, 方い, 方か, 方からは, 方だけ, 方であった, 方でしょう, 方などには, 方にあたる, 方について, 方に当たっては, 方へは, 方アフリカの, 方コンゴー王国に, 方ダリエン湾を, 方一里ばかりに, 方人の, 方何でも, 方信夫郡の, 方前, 方向の, 方呉服橋八重洲橋鍛冶橋数寄屋橋に, 方太平洋に, 方家より, 方折生迫と, 方木津とか, 方様, 方河内の, 方海軍省用地に, 方澎湖島占領の, 方王滝頂上に, 方磐井郡の, 方紀伊の, 方角で, 方角の, 方角を, 方赤石山系を, 方面へ, 方駿信遠, 方麒麟山の, 旅から, 日向大隅薩摩の, 旦那様でございます, 明窓も, 春の, 暖かい方, 暴風が, 最端, 月番であった, 木, 村, 東天井岳から, 松坂屋へ, 松平旅館に, 松林には, 果てから, 果てフォークランドの, 果与那国の, 枝にも, 枯れた柳, 柵外に, 栽園の, 桔梗色に, 森陰に, 楊で, 極まるところ, 樣子を, 欄干に, 歴史を, 気の毒な, 水夫たちの, 永久夏の, 池に, 池尻に, 沖小島は, 河原町辺に, 流ここゆ出, 流行歌を, 浜には, 浜は, 浜辺で, 浦は, 海には, 海北の, 海岸や, 海日にけに, 海洋の, 海端に, 海越え, 海辺で, 海辺の, 海風は, 涯の, 深林から, 渡辺すじ土筆屋和平へ, 港にて, 湖畔に, 溝板の, 潮黒く, 熱い太陽, 燧崎に, 物資を, 猪之頭で, 王である, 王様に, 瑞に, 瓦町通を, 田竝びを, 町との, 町並に, 町外れに, 番所を, 白並という, 百姓女が, 皇帝に, 皇帝宗竜王については, 盛り場で, 盛り場を, 相違に, 眺望が, 眼赤十字星の, 知識も, 矮小民族か, 砦, 磯崎明神では, 程秉であった, 税関へ, 穂高は, 空, 空より, 空地に, 空遠く, 窓が, 窓一面に, 端し, 端でありまし, 端にも, 端までしか, 端れ, 端山川の, 端薩摩の, 簀子へ, 米作地帯から, 納戸の, 終点まで, 縁で, 縁へ, 縁側で, 縣道です, 美女に, 群猿その, 翼紀の, 耳に, 肩の, 能登の, 與力筆頭笹野新三郎を, 船着き場で, 色の, 花壇が, 芳賀郡の, 茘枝は, 荷物の, 藤波が, 藪に, 衆と, 街を, 袂は, 補佐役たる, 西ヴェンメンヘーイに, 記事も, 詩人レオバルヂが, 話を, 諜報部長です, 諸氏を, 護岸工事を, 谷が, 谿谷を, 軒に, 軒先からは, 道院に, 遭遇以来死生の, 郊外には, 郊外へと, 部分では, 郷の, 都だけに, 野へ, 野間の, 鉄格子の, 錦へ, 長目という, 門の, 間の, 関, 関関町とも, 阜へ, 防禦徳州の, 陵墓の, 陽を, 隅が, 隙を, 雀口に, 雪峰の, 青いお, 青い海, 静岡県である, 鞍部は, 順化に, 頼まれたフィルム, 風うらうら, 風で, 風とで, 風よ, 風強かるべし, 風空雲光, 香坂越中島孤島君の, 馬場へ, 驩州方面に, 高い崖みち, 高原に, 高塚山や, 魚屋は, 鳥島中の, 鳴虫, 鵬翼何れの, 鹿児島県の, 麓の

▼ 南~ (806, 8.3%)

20 向いて, 向って 13 向かって 12 面して 10 むかって 8 ある, 北に 6 下って, 向つて 5 寄って, 幾重とも, 折れて 4 出て, 東に

3 [12件] あった, ある町, して, 偏し, 延びて, 当って, 海を, 當る, 走って, 走つて, 進んで, 開けて

2 [43件] あるを, ある山, たゆたひ, なると, はずれて, ひらけて, 下つて, 下りて, 下ると, 下れば, 二つ宛の, 云った, 使し, 入って, 向けて, 向け尾, 向っては, 向ッ, 在って, 在るもの, 城山の, 孫権が, 富士が, 対峙した, 廻ると, 才川と, 曲つた, 流れて, 流れるの, 片紅葉, 狗奴國と, 発源する, 移って, 約半里, 続く大, 縁側が, 行くと, 谷を, 越えて, 陣を, 面した座敷, 頸城郡, 飛ぶ

1 [558件 抜粋] あたります, あたる所, あった大きな, あって, あらはる, あり, ありて, ありと, ありとせる狗奴國, あります, あり一つ, あり云々, あり北又中, あるか, あるから, あるが, あるこの, あると, あるという, あるの, あるもの, あるわが, ある二一九二米, ある光岳, ある劉玄徳, ある千島列島, ある國, ある家, ある小さな, ある小島青ヶ島, ある川, ある約, ある英警備区域内, ある萩, ある谷間, ある阿曼, ある頃, いる婦人, かかって, かりの, この平家史蹟, さが, さがると, した一種, しても, し北利根, する地域, すわると, その全容, そみる, それて, たいざいしてくれるといいとおっしゃっていました, たしかタカザワ, たて籠って, ちぎれ, つ, つたわって, とび機体, ながし, なった外海, なって, ぬれ縁, はしる水, ひとりの, ひらいた山門, ひろがるほぼ, まがって, ませさして, まだ真暗, まっしぐらに, まっ直ぐ, まわる頃, むいて, むかった彼, むかひ, むかふ即ち, むけて, めぐれば, やって, ゆかうと, よって, アペンニノ山脈北に, ガラス戸が, ピルコマヨの, ボーキサイトの, マロツクの, マンガンの, ロストフという, 一きわ高い, 一里ほど, 一顧の, 三河の, 三百五十キロばかり, 三間づゝとならび裏に, 上げ颯と, 上りつめた丘, 下った海, 下つてパナマ海峡, 下つて三湖, 下つて小次郎め, 下り, 下りた鞍部, 下りますと, 下り姿見の池, 下り既に, 下り更に, 下り赤男山, 下る, 下れる, 下傾, 丘陵の, 並ぶ小, 丸沼大尻沼が, 乗鞍御嶽等が, 二つ東に, 二階家が, 五里ほども, 亘り西, 仏蘭西語で, 付いて, 仰いだ小山, 伊木七郎右衛門遠雄渡辺内蔵助糺大谷大学吉胤らが, 伊豆函根の, 伝いて, 似たりという, 位するの, 位する広河原, 低く飛ぶ, 住んで, 使する, 來た, 依りぬ, 倉岳山という, 偏り過ぎて, 元の, 兎岳という, 入りて, 入る, 入る堤町, 八幡神社の, 兵を, 其処は, 出させる譯, 出たところ, 出でて, 出ると, 出仕し, 初対面の, 別れること, 別れるの, 劒岳が, 劒沢の, 勝つや, 北へ, 午後は, 南にと, 南の, 厚くし, 去って, 去つて小名木川, 去ること一里, 及びさらに, 及ぼして, 取って, 古い城下町, 古い墓, 古寺が, 司令部を, 吉野山中に, 向いその, 向いたそこ, 向いたほう, 向いたもの, 向いたり, 向いた俺, 向いた岡, 向いた崎, 向いた畦, 向いた硝子窓, 向いた窓, 向いた縁, 向いた銅, 向いても, 向うた門搆, 向うという, 向うところ, 向うもの, 向うわが, 向かい一匹, 向かった一隊, 向きて, 向けた, 向けると, 向ったの, 向った八畳いっぱい, 向った日だまり, 向った気, 向った水道, 向つた山の, 向つて行く手, 向つて越人征伐, 向つて進軍, 向は, 向へ, 吹き飛ばすから, 和泉北に, 四つと, 四五尺も, 回し奈良, 回ったよう, 回って, 国界の, 在り南軍, 在る, 在る三角点, 在る三角点一八一一・一米, 在る中ノ岳, 在る二千二百米, 在る五色ヶ原, 在る同じ, 在る峰, 在る東沢岳, 在る者, 在る若杉山, 在る荷置場, 在る高原状, 坪庭も, 変ったと, 変ったら一溜り, 変つた, 変ると, 夏至線を, 外れて, 大きい古, 大きな橘, 大山み, 大日向等である, 大曲り, 大沼という, 奔る, 奮ひ起つ, 娘が, 存し, 孫権あり, 宛て, 宛てた長文, 寄ったヴォローネシ県, 寄った村, 寄つた沖合な, 寄りしばらく, 富士を, 富士山を, 富士川は, 寓居し, 對し, 少し離れ, 少し離れた, 居て, 山と, 山を, 山岳が, 岩崖でも, 嵯峨として, 帰ってからも, 帰るとき, 帰るひま, 平原あり, 平野の, 庶民の, 廊下あり, 廬を, 延びその, 延びた尾根上, 建てられる, 建て増された新, 建て増しを, 廻った日, 廻った海, 廻った鈍い, 廻り込むと, 弓野が, 当て大, 当りは, 当りキーチュ河岸, 当り緯度, 当る, 当るの, 当る山腹, 当る村, 往きて, 往った, 往って, 御さすらいなさる, 御朱印船の, 志賀越内山峠与, 急げと, 扼した街道, 投げ出して, 折れそれから, 折れる小路, 折れ三川, 抱いて, 抱く絶壁, 押し出して, 持って, 接して, 搦山横はる, 敵まったく, 方り, 方孝孺あり, 於いて, 於ける六個, 於ては, 日を, 明いたこの, 曲って, 曲つて行つた, 曲るので, 曲るよう, 望まれる, 木曽川天竜川, 木曽川天龍川, 本棚や, 来た, 来るさえ, 来るたび, 果樹園菜園田畑を, 梅川鶴巣野の, 棄てられた女, 横浜真赤に, 殘り, 池北に, 派出され, 派出された, 派遣する, 流れるマブチャ・カンバブ, 流れる水, 流水真, 浮島と, 浮氷に, 涯なく, 渡し中江さん, 渡ったです, 渡りやがて, 渡る鴻, 温泉の, 温泉嶽, 火の, 煙の, 狗奴國あり, 生ず大, 生ぜり, 産しそこ, 男山の, 當て, 発して, 白峯の, 百坪あまりの, 相対する, 真鉄, 真黒な, 眺め東, 着きそれからなお, 知恩院の, 碧水を, 祖父岳北に, 神樂坂上を, 秋は, 移つた, 移り遂に, 移動した, 突き出した六畳, 突き出した六疊, 突き出して, 突き出でたる大, 突き抜けて, 竪川筋に, 筑波町に, 築かれ鸞駕, 続く, 続く五色ヶ原, 続く小峰, 続く峰, 続く甲州街道, 綾小路が, 縦走し, 美しい伝説, 聳えるコンドルセ, 聳え立つ岩塊, 聳ゆる, 肥沃な, 至って, 至つて漸く, 至るまで, 至る全, 航行し, 航路を, 荒れた圃, 菅原神社と, 落つる利根川, 落下し, 藤波友衛北に, 行きて, 行きますと, 行き三ノ瀬, 行くこと二里余, 行けば, 行っただけの, 行ったところ, 行った鱶村, 行つて西側に, 覇を, 見えるの, 見える入道雲, 見える多摩川対岸, 見る崇徳呉爾, 谷口への, 豪農の, 赤倉山東に, 赤石群山を, 走らせて, 走りますと, 走り湯権現の, 走り長大, 走る, 走る一條, 走る事十間余, 赴くや, 越えた処, 趨り, 足を, 身を, 転じて, 転向と, 近い境, 近く尨大な, 返して, 迫った関羽, 迷い彼女, 逃げれば, 通りが, 逢は, 連った, 連なった山々, 連なる島々, 連り, 連亙せる, 進みようやく, 進み一, 進み雲, 進むこと, 進むこと八里, 進むにつれて, 運ばれた, 道を, 遜り古代, 遠き八重山, 遠くは, 遠く安達太郎連山, 遠く焼岳, 避けて, 鏡臺山あり, 長い木造, 長く走っ, 開いたバルコン, 開いた明るい, 開いて, 開けたり, 開けた谷, 降って, 降る線, 限る, 限るそう, 陽を, 隠棲し, 隣って, 隣りいるゆえ, 隣接する謂わ, 離れた八丈島, 雪倉白馬旭猫又劒の, 靡き寂しい, 靡くこと, 面したあたり, 面したところ, 面したよく, 面した八畳, 面した処, 面した岩屋, 面した方, 面した海辺, 面した濱, 面した硝子窓, 面を, 頭を, 飛騨の, 飯坂出雲が, 駐まり, 高く現われた, 高松の, 鳥居峠を

▼ 南~ (691, 7.1%)

50 南へと 16 南へ 13 出て 10 向って 9 行く 8 下って 7 かけて 5 下ると, 向けて, 廻って, 歩いて, 行けば, 行って, 馬を 4 むかって, 行くと, 走って, 越えて 3 いって, 旅を, 渡って, 行くに従って, 走る

2 [45件] かけては, くだって, さして, どろ, ぬけて, むけて, ゆけ, レス産の, 三里余の, 上る御, 下りて, 下りぬらし光, 伸びて, 南から, 去って, 取って, 向かって, 向けるの, 吹いたが, 大路の, 尾根を, 帰って, 幾度と, 延びて, 廻すと, 曳いて, 来て, 東へ, 流れて, 流れるの, 渡り切るまでも, 登る長い, 移って, 移住し, 落ちのびて, 行くほど, 行った, 走つた, 走れば, 辿つて, 進んで, 飛んで, 馳けて, 駛り, 駛る

1 [422件] いかれて, いそいだ御車, いった舟, いやに長い, うごいた, うら, おいでに, およそ一マイル半, おりると, お出でに, かけての, かけ東, かしがって, きたら, きた袁紹, きて, くだりかの, くだりたがいに, くだると, くだる途中, さがって, さぐるよう, さして三日四日, さして立った, さして落ち, さして行く, さらむ, して, すすめて, すべって, ずって, その裏, それて, たどると, つくそう, つっぱなせば, つづいて, つまりドロシイ, てんでに背, でるつもり, とって, ながれるやう, なだれうごい, なだれ降り, のがれたフーラー博士, のぞむすぐ, のぼりつめれば, のぼれば, のり出し銀座会館, はいった東側, はいった松林, はいった西側, はずれローダ, まっすぐに, まつすぐ, むかつて, むかふ, むけ電報, やったが, やって, やりました, やるの, やる赤糸毛, ゆきますと, ゆくと, ゆけば, よく茂り, わずか半, わたる長濱, タクシー吉田バーへ, 一すじの, 一列に, 一町ぐらいの, 一町ばかり, 一筋の, 一里ちかく, 一里の, 一里余を, 一里半幡豆郷乙川小, 七八町ばかり, 三十里, 三十里すれ, 三度東へ, 三角点一一二七附近まで, 三重の, 上陸した, 下がって, 下がっても, 下ったと, 下ったの, 下つて, 下つて稍, 下らずに, 下りニタトロマップ, 下り始めて, 下り本宮, 下り東方, 下り西蔵, 下り鷺町, 下る, 下ること, 下るの, 下る掘割, 下る私共, 下ろうが, 下江し, 乗つて行, 乗出して, 二丁ほど, 二三町下る, 二十日ばかり, 二十本めであん, 二十本めの, 二十町ばかり, 二十里ばかり, 二百キロ伊豆七島の, 二里の, 二里ばかり, 五キロほど, 五六丁ゆけ, 五六里, 五十余里ここの, 五町くらい, 人浪に, 伸びる, 低くな, 傾いても, 僅か十二露里, 六七町いちめんな, 内平野町まで, 出かけました, 出た, 出ただけで, 出たり, 出でよ, 出る, 出ると, 出る岬, 出る道, 出張し, 出掛けた, 出掛けて, 出発すれ, 出発の, 出稼ぎに, 切れ込んだ, 別々に, 動いた, 動くに, 北から, 北へ, 十四里ばかり, 十度ひねっ, 半丁程, 半里, 南の, 南へとか, 去った, 去り雲, 参ること, 反れた, 向いたり, 向いた断崖, 向い歩は, 向うも, 向えば, 向きを, 向けい, 向けた, 向けた以上, 向けると, 向け七丁目, 向っては, 向つて, 向ひ, 商賣, 四丁左に, 国境を, 執って, 変えて, 外れたもの, 大また, 大変な, 奔って, 女影ヶ原広瀬入間川という, 室町通りから, 家を, 寄ったせい, 寄って, 寄つた塀に, 富士河西より, 少しずつ, 岐れる, 川に, 巻くよう, 帆で, 帰った, 帰ったの, 帰つた, 帰る, 帰るか, 帰る便船, 帰る船, 広がって, 延びた尾根, 廻ったから, 廻った太陽, 廻つてから, 廻つて来た, 廻らうとして, 廻り東, 廻り込んだの, 廻る角, 廻れ, 弁天の, 引いて, 引くりかへ, 当たって, 往かないたって, 往こうじゃ, 往った, 忠別岳に, 急いだ, 急ぐの, 戸の, 戻って, 打ち北, 折れた, 折れて, 折れました, 折れるあたり, 折れると, 折れれば, 折れ曽根, 折角の, 抜けて, 拡がるじぐざぐの屏嶺, 振れて, 攻め入っても, 旗を, 春が, 暫くの, 曲った, 曲った端, 曲りました, 曲りトゥクフ, 曲る一筋, 更えて, 更に南, 来たの, 来てよ, 来るにつれて, 来る鴨, 東から, 横切った, 橋詰町迄, 正しい街道, 歩き回って, 比叡山の, 水も, 汽車で, 泳ぎ出す, 洞院下に, 流されて, 流れたら南, 流れるなつかしい, 流れ流れて, 海を, 消え去るわけ, 深く阿, 清水へ, 渉る, 渡した, 渡った, 渡つて東へ, 源八町まで, 滑って, 滑り, 滔々たる, 漕ぎ出した角屋七郎兵衛, 漕ぐ, 潜行を, 火柱が, 生き出ようと, 田川が, 直下すれ, 直径一丁ほどの, 直線コースで, 直行する, 相原道を, 真っ直ぐに, 真直の, 眼を, 着けただちに, 砂煙を, 祭礼の, 私は, 移った, 移ること, 移住する, 突き抜けその, 突き抜けて, 突っ切れば, 突出し, 突出する, 立った, 約二時間, 約八露里, 約十丁, 終点本, 続いてを, 続く二見ヶ浦, 総退却, 緑の, 縁側を, 縦走し, 縫って, 自訴し, 舟を, 航行し, 花を, 落ちて, 著いた, 行かぬうち, 行かねば, 行かんとして, 行きがんりき, 行きそれ, 行きたる処, 行きて, 行きましょう, 行きや, 行き大軍南方, 行くため, 行くという, 行くところ, 行くに, 行くの, 行くも, 行く小, 行く旅客, 行く時, 行く時火災, 行く雲, 行けとか, 行こう, 行こうと, 行ったの, 行ったり, 行った処, 行つた, 行軍し続け, 行進し, 西横堀の, 詑を, 貫いて, 貫きメシナ, 走った, 走ったの, 走つて, 走らした, 走りそれから, 走るの, 走る大通り, 走る薬研堀横町, 赴く途中, 赴任するでしょう, 越えました, 越えれば, 越え渡ったの, 越すと, 越中境の, 路を, 転じると, 農家混り, 農鳥岳広河内岳白河内岳と, 辿って, 迂回すれ, 迂廻したこと, 返りハタハタ, 退いて, 退け, 送った日, 逃げて, 逃げなければ, 逃げ出したところ, 逆流し, 通じて, 通ずるなるが, 通りぬけ, 通る, 連れて, 進みましたが, 進み湖水, 進むうち, 進めた, 進めば, 進もう, 進んだ, 進出し, 進路を, 道を, 都門に, 間断なく, 降りさらに, 降りるの, 降り新宮, 面した一間, 順次に, 須賀橋といふ, 頼んだ, 頼んで, 飛ぶ, 飛ぶ光, 馳せ去りたるあれ, 駆ける闇太郎, 駆け出し北, 駈けこむつもり, 駈ければ, 駈け飛ばして, 高くなっ, 高札場の

▼ 南~ (425, 4.4%)

5 山村北は 4 九州の 3 二条の

2 [22件] こんなこと, その夜, その顔, それに, また廷章, 上州に, 主人の, 九州から, 九州迄, 今の, 北割下水北は, 天正十五年に, 山影暗く, 早く女, 本島アイヌ北は, 栗の, 海に, 田圃に, 縁側梯子でも, 聴いて, 要人に, 赤坂から

1 [369件] あた, あたふたと, あまり見る, いきなりその, いくらなん, うながした, うるむ雪ぐもを, きのうからの, きれいな, こうして紹介, ざらざらの, じっとひとところ, すぐ尊氏, すぐ海, すこしも気, すずしい顔, そうして少女, そう言い言い, そう言っ, そこで, そのままに, その夜門, その後でも, その日, その日かぎり女, その来客, その碧, その肩, その飛沫, それと, た, づれぢいの, づれに, てっきりそうだ, とても家, ともかく北町奉行, どうし, どうだ, どぎまぎした, どちらでございます, なんだかいじらしい, のけぞって, はっと思った, ひらけたトウクォイス, ぼんやりそれ, まあ弘前, また上衣, また富士川口, また少女, また怪訝そう, まだ兵力, まだ暴行掠奪, まったく予期, もう一度荷物, もう廷章, もう近い, ややなだらか, よく蛇, よく螽, アタカマの, アフガニスタンビルマ馬來半島の, アペンニノ山脈東は, クルック・タグの, ゲリジム山北は, サマリヤの, ザラ峠から, ジャバよ, ジャワまで, ソロモン諸島より, タスマニアの, チセヌプリイワタヌシの, チリーに, トルコと, ナチスの, パンタゴニアに, ピカデリイ北は, フィルムの, ブラウエンドラッグまでの, ペリリュウ島に, ムューズの, 一人で, 一度も, 一座も, 一時間位の, 一面の, 七条の, 万一の, 三日おき, 三枚橋湯本箱根石垣山まで, 三河の, 三笠山から, 上野越後の, 不具者ぢや, 不思議に, 不遠, 世持橋北を, 丘陵山また, 並木駒形材木町茶屋町, 主人が, 久しく夷陵, 九州まで, 九州より, 九州四国にまで, 九条にまで, 二万九千尺の, 二十二度の, 云って, 云ってから, 交趾安南北は, 人口も, 人好きの, 今や知識, 今日の, 今望江, 仏伊の, 伊太利ギリシャ埃及から, 余り評判, 依然として詞, 促した, 俯向い, 俺を, 傍に, 兄川を, 全く塩見, 全く變つた人間, 八条通りまでに, 其の夜, 其処に, 内蔵之, 円い鑵, 利根郡と, 勢多郡に, 北伐, 千住この, 千葉佐倉を, 午北は, 南京の, 南山に対し, 南月山北は, 南蛮北は, 即ち茫漠, 即ち西沢北, 厚見加納の, 口実が, 古賀氏の, 台湾の, 台湾まで, 台湾西は, 台湾近海琉球九州四国紀州から, 右手の, 向が, 品川灣也, 商人とは, 喚びさまされて, 四国九州にわたる, 四國の, 四日垣に, 城壁も, 堺から, 外曲輪に, 多摩川を, 大いに叫ん, 大分平である, 大山北は, 大川を, 大川寄りの, 大戸瀬崎まで, 大東の, 大江を, 大空濠を, 太田飯豊笹間, 失望し, 奄美群島の, 奥秩父の, 女と, 孝廉を, 孫権にあたり, 宇治川の, 宝剣前, 実にその, 実に天下, 実際において, 宮古八重山の, 富士の, 富士山から, 対州の, 小佐渡中, 小笠原島から, 少女を, 尾久から, 尾藤氏の, 山で, 山を, 岡寺高取吉野等への, 嶮山重畳の, 川であった, 巨済島巨文島北は, 巴山山脈に, 常夏の, 平戸の, 広々と, 庭さきから, 廊下なし, 廷章に, 廷章の, 強いて, 心に, 思いも, 急いで, 恐れて, 恐ろしいので, 悦んだ, 抱いて, 支那の, 敵地です, 斜に, 新しい長, 新人の, 早く結婚, 明神ヶ嶽東は, 暑いと, 暖に, 曹から, 有名な, 望んで, 木戸山に, 木辻部落の, 本町一丁目片かは, 本社ヶ丸か, 果しも, 案外似, 極力なだめた, 榮子を, 樅沢岳附近に, 標高二八四一米の, 横を, 横浜夕立は, 此年十一月十二日に, 武尊山迄も, 武藏北は, 気が, 気の毒さうにまじまじ, 水の, 江戸川に, 沖縄の, 沖縄八重山の, 浪逆, 海で, 海のみ, 海南島から, 海隅に, 淮泗から, 深い底, 澄まし込んで, 濠で, 濶然と, 無能だ, 煩くその, 熊野の, 熱海の, 父を, 玉川まで, 玉川混, 琉球に, 琉球までの, 瑞泉院の, 甲武信三山即ち, 白い石, 白川を, 目を, 直ぐ湯川, 相模厚木辺まで, 真昼, 真福寺橋下より, 真顔に, 眼で, 眼を, 矢代から, 矢代の, 知らず北, 知られて, 砂村より, 砂漠, 砂町北は, 神城村の, 神田から, 福岡県宮崎県の, 福建に, 福建の, 秩父である, 竜勒水の, 竜喰小金沢雲取, 筑紫の, 筥崎, 粟と, 糸滿から, 紀伊に, 紀州蜜柑の, 細い里道, 緩やかな, 總縁その, 美濃あたりに, 美濃の, 美濃国に, 羽後境の, 羽田の, 老婆の, 聖上河内笊ヶ岳に, 聖岳に, 自分へ, 臺所の, 臺灣まで, 芝と, 芝西は, 草臥れたもん, 荒川の, 葛飾東は, 蒙古語, 薩州にまで, 薩州日置郡伊作村の, 薩摩の, 薩摩北は, 行徳の, 襄邑の, 要人を, 詞を, 詮方なし, 話の, 豊川の, 賤しい, 赤石白峰連嶺中央は, 赤羽の, 赤道を, 起きあがりながら, 越人を, 足柄山を, 近いの, 逢わなかった, 遙に, 遠い南, 遠くペリリュウ島, 遠く北, 遠く呉, 遠慮なく乗り込み, 酒と, 野山漫々として, 野間の, 長命寺の, 長門の, 門口へ, 開けて, 閨房で, 阿里, 雲南を, 青いは, 鞭の, 頭が, 顔を, 首を, 駿河から, 駿河湾まで, 驚いて, 高い粟畑, 魚見崎に, 鳥羽竹田伏見西は, 鷲神社の, 鷹取山西は, 鹿児島から, 黒岳赤岳鷲羽黒部五郎双六槍穂高乗鞍御岳と

▼ 南~ (309, 3.2%)

296 の声 5 の顔, は 4 が手, はそう 3 が叫ん, が首, っ, と庄吉, の講釈, はこう, は両手, も庄吉, を見

2 [29件] が云った, が出, が口, が叫んだ, が小太郎, が立, に, に手, のところ, の住居, の姿, の家, の後方, の手, の方, はいつも, はそれ, は一つ, は力任せ, は尤も, は手, は捕吏, は深雪, は湯, は真面目, は頭, は頷い, は顔, は首

1 [171件] か庄吉, があら, がいつか, がお, がこう, がことこと, がすかし, がそう, がつい, が一つ, が一足, が両手, が乱れかかる, が云っ, が低く, が俯向, が入っ, が入口, が半分, が又, が周章て, が喋っ, が喋る, が囁い, が士, が大きい, が大きな, が妙, が少し, が庄吉, が庭, が廊下, が後方, が御, が戻っ, が扇, が振向い, が曲り角, が来たらしく, が棒, が汗, が湯, が火種, が狭い, が真面目, が石, が笑った, が聞いた, が肩, が舞戻っ, が茶店, が表, が袖, が誰, が顔, が鼻先, たあ, っここ, といやあ, とに通行, と二人, と二人っきり, と古本屋, と小太郎, と深雪, と申し, と申します, と申す, などは仮に, にそこ, に云っ, に似た, に庄吉, に皆, に逢いたい, のいう, のおどけた, の向い側, の大きい, の廻っ, の後, の演じ, の爺, の生活, の立っ, の表, の表口あたり, の袖, の許, の食客, はお, はきょろきょろ, はごそごそ, はじっと, はその, はちゃんと, はもし, は上り口, は二人, は人々, は何ん, は俯向, は其方, は刺身, は勝手口, は口, は台, は同じ, は唄い, は唾, は土間, は大きな, は娘, は小, は小便, は左, は左右, は平然, は張扇, は心, は思案, は戸, は戸口, は戸棚, は手拭, は抱き起そう, は指, は提灯, は楽屋, は深い, は火鉢, は燧石, は狭い, は益満, は石, は立, は立っ, は笑い, は笑っ, は答えない, は節, は縁側, は肥った, は脚, は蒼白, は薄暗く, は行燈, は走り, は跳ね, は踊り, は身体中, は軒下, は返事, は顔中, は麻, は黙っ, へ, へ振向い, へ渡した, へ眼, へ知らし, もその, も上り口, も旅, をすかし, を助け, を振向い, を渡し, を見た, を見る, 頼むぞ

▼ 南から~ (206, 2.1%)

42 北へ 11 北へと 8 西へ 6 北から 5 東へ 3 また西南, 吹いて, 帰って, 西から 2 北に, 北の, 射して, 来て, 来る強い, 西にかけて

1 [110件] あがって, あばれて, かえるとき, かがやく白, きたもの, きた風, くるの, この北岸, する三頭, でなければ, とんで, ふいて, また電光, むかいます, むらなく, やさしい風, よせて, わしは, ソヨ, トロで, 一塊り, 一面に, 三つ目の, 三十六峰の, 三番目の, 上つて来た, 二番目のを, 互に擦れ違う, 互に連絡, 今帰った, 入って, 再吟味, 出ようと, 切通しを, 前線へ, 北からと, 北へか, 北への, 北まで, 北西へ, 南から, 同時に衝く, 吹いたので, 吹いたもの, 吹き始めて, 吹く嵐, 吹く温かい, 吹く風, 吹こうが, 大艦隊, 密使に, 寝しずまった京都, 尾根を, 山を, 帰ったら己, 帰った兵隊, 帰るほどの, 幌馬車で, 幡に, 引揚げる, 或はスマトラ, 暗号電報が, 更に長安, 月が, 望んだよう, 来たか, 来たと, 来たもの, 来た一台, 来た燕, 来た者, 来た自, 来た芸, 来るもの, 来る暖かい, 東から, 東に, 東の, 東へと, 東北に, 歸つたら, 決死隊で, 河北では, 注意を, 流れて, 海を, 登ろうでは, 目的地の, 眺めた姿, 眺めると, 神田にかけての, 笛吹, 緩い傾斜, 舞で, 花田の, 襲い懸って, 襲って, 西の, 西へと, 西西北へと, 連れて, 還った三軍, 野菜を, 隱氣な, 電報が, 順次に, 風が, 風の, 飛んで, 駈け走つて

▼ 南~ (182, 1.9%)

12 向いて, 指して 7 受けて 5 廻って 4 さして, 枕に, 見ると 3 塞がれて, 広く空け, 見ても 2 さして物, 向いた丘, 向けて, 廣く空け, 指すよう, 望むと, 通って, 過ぎ七面岩

1 [109件] あるいて, うかがった, うけた小さい, うけた崖下, うけた青草, うけて, さしてか, さして一直線, さして人力車, さして偃松, さして歩む, さして飛び去りぬ, して, ただ一刀, とおりまだ, ねじれて, ふさがれること, むきて, めざして, フランスから, 一杯受けた, 介抱する, 代表する, 低く渡り, 先に, 別山と, 包んで, 南極と, 去った, 取って, 取り巻く雪堤, 受けたヴェランダ, 受けた斜面, 向いたヴェランダつき, 向いた八畳, 向いた前, 向いた店先, 向きその, 向く, 呼びだすこと, 呼んだ, 囲むこと三月, 図って, 図らむとする日, 図らんと, 図るや, 埋めた, 基地として, 富士山より, 岩尾川という, 左に, 巻くよう, 廻つて西の, 引きあげさせかたがた牛込, 引きずるよう, 強いて紹介, 指さしました, 指した, 指しつつ, 指します, 指す, 指す陸, 振り向いて, 振り返って, 探しハンプステッド, 望み, 望みますと, 東に, 横に, 死刑に, 残して, 水から, 流れる劒沢, 流れキアーシオ, 渡る風, 滔々と, 献じます, 甘く見, 発して, 眺めて, 眺め上扇, 知らず, 知らずと, 知らんの, 私は, 経て, 縫うて, 舞台として, 舞台に, 荏原郡と, 西から, 見て, 見はらして, 見下ろすと, 通じて, 通り七面岩, 通る, 通る汽車, 過ぎて, 限られた子酉川, 限りメキシコ市, 限る, 限るもの, 限る山, 限る崖, 除くすべて, 隱される, 駈けて, 駛って

▼ 南向き~ (162, 1.7%)

14 の窓 6 の座敷 5 の縁, の障子 4 の二階, の庭, の斜面 3 の丘, の六畳, の縁側

2 [11件] である, になっ, に寂しく, に据え, のかれ, のやぶ, の出窓, の山, の広い, の明るい, の部屋

1 [89件] だが, だけが縁, でこちら, です, でなければ, で北, で土地, で嶮崖, で日あたり, で日当り, といふ事, ながら日, なこと, なの, にて日あたり, にどっかと, になった, になつたま, によそ, に坐り込む, に寝, に小, に延び, に建てられ, に母屋, に窓, のあかり障子, のせい, のベランダ, の一番, の二階建て, の人家, の八畳, の八疊, の六疊, の処, の勾欄, の厚い, の塀, の大きな, の室, の家, の小さな, の小屋, の屋敷, の屋根, の山襞, の岩尾根, の広, の広場中, の広間, の廊下, の恰好, の斜平, の日当たり, の日当り, の日暖か, の明り障子, の明る, の書斎, の枝, の枯れ, の横六畳, の段丘, の沢, の温い, の温か, の濡縁, の片側, の狹, の白鳥, の石段, の窓硝子, の箱, の縁さき, の縁側近く, の縁先一間半, の縁座敷, の茶の間, の藪, の谷陰, の長屋窓, の障子窓, の雨戸, の露台, の露臺, の高い, もしくは西向, もしくは西向き

▼ 南さん~ (134, 1.4%)

3 と山根さん, の方

2 [11件] が手, のところ, の服装, の頬, はその, はふらり, は初めて, は夢, は眼, は立, は顔

1 [106件] あ西さん, からさんざん, が再婚, が家, が真剣, が突然, が顔, と二階, と仰しゃる, と向いあっ, と有島さん, にお茶, にした, に囁い, に御願, に昨日, に話し, の一層, の前, の女房, の家計, の心臓, の性慾, の意匠, の憂, の様子, の歩き, の気持, の涙, の畫, の知人, の細君, の膝, の行く先, の話, の返事, の高雅, は, はあと, はいっ, はきょとん, はぐたりと横, はそれ, はただ, はなお, はにこにこ, はにやりと, はひどい, はびっくり, はふい, はふだん, はふと, はほんとに, はまじまじ, はもう, はもううとうと, はよく, はわざわざ, はコーヒー, は一人, は三十七歳, は両, は主張, は二三, は二人, は云われる, は何, は側目, は公言, は凡て, は前後不覚, は大島, は奉職先, は妻, は小首, は少し, は山根さん, は愛想, は普通, は晴れ晴れ, は板塀, は次第に, は正夫, は泣いてる, は煙草, は理想的, は百姓, は相当, は紙片, は背, は腑, は腹, は自ら, は苦笑, は酒, は食事, ひやかしたらあかん, もけろりと, もね, や私, をむりやり, を千疋屋, を寝かし, を待つ, を抱きかかえた, を紹介

▼ 南~ (108, 1.1%)

42 の郎女 10 の姫 5 には惜しい, にも常々, の娘, の横佩右大臣 4 で持つ, と主人, と呼び 3 の嬢子, の権勢 2 の儒者, の出, の孃子, の權勢, の豊成, の豐成 1 で一番, で持っ, と呼び慣わし, の一, の族長太宰, の生れ

▼ 南日君~ (100, 1.0%)

3 と二人 2 が, がいう, が下, と実君, と私, と長次郎, の心配, はと見れ

1 [81件] から呉呉, がひょっこり, が三五郎, が上高地, が慰め顔, が渋々, が生新, が絶崖, が腰, が辷り落ちた, が迎え, で暢気, とで登った, と三人, と三峰, と再び, と初めて, と別れ別れ, と左右, と自分, と赤羽, と雲取山, と顔, に慫め, に聞く, に記載, の一行, の主張, の声, の外, の大嫌い, の如き, の姿, の来る, の汗ばんだ, の渡した, の登った, の背嚢, の言葉, の記行, の話, の這入った, はそれでも, はとうとう, は中村君, は先, は八ヶ岳, は南日君, は夫, は妙, は実君, は左, は後戻り, は得意, は既に, は昼, は柱, は狭間, は確, は股, は近づく, は長い, までが汗, まで出懸け, もとうとう, も三宝山, も今日, も今頃, も同じ, も喜んだ, も堪らなくなった, も此名, も汗, も目, も見る, や吉沢君, や長次郎達, をなだめ, を上げ, を待ち合せ, を駆抜い

▼ 南アルプス~ (97, 1.0%)

4 の山頂 2 のまだ, の中, の山, の山々, の雪, は北アルプス

1 [81件] から八ヶ岳, が東京, が真白, が靄, が駒, ではむら消え, では今, では仙丈岳, では決して, では白い, で最も, とその, とを撮した, と思ふ, と覇, にあっ, にこの, にこれ, にとっては償い, にはその, には三千米以上, には不幸, には乏しい, には例外, には絶え, にも保存, にも北アルプス, に一日, に入り込んだ, に悠揚, に普通, に比し, に登る, に登山者, のこと, の上河内岳, の二, の北岳, の壮大, の壮観, の大, の大井川, の大岳, の大立物, の大観, の展望, の山上, の岩魚, の峻峰, の帝王三千百九十二米, の幾つ, の方, の殆, の渓, の登山口, の白峰, の白峰三山附近, の縦走, の群山, の群嶺, の聖岳, の誇, の黒部川, は何処, は山, は山稜, は望めなかった, は水成岩, は立山, は起伏, は雪, も八ヶ岳, も杓子岳, や槍穂高, や関東山脈, よさらば, をはじめ, をゆく, を旅行, を見よう, 最北

▼ 南~ (94, 1.0%)

12 北の 6 北に 3 東が 2 三津本は, 北, 北と, 北との, 北へ, 東です, 東の, 白で, 西に, 西の

1 [53件] いわず西, し正反対, せるは, なります, 一緒に, 二つあるいう, 二手に, 云ったよう, 何十年分れた, 其の若い, 北が, 北では, 北とは, 北とへ, 北とを, 北は, 北を, 及ぼして, 反対に, 同じよう, 名づく, 呼ばれて, 呼ぶよう, 女を, 対照し, 対立的に, 思われる方, 改称し, 斉斉哈爾とだけへ, 日本の, 書いて, 書くの, 書するが, 東と, 東とに, 東に, 東へ, 東側は, 申します, 真中と, 矢代の, 聞くと, 茶山との, 血眼の, 西と, 西とは, 西とへ, 西は, 西北とが, 西東とを, 読むべきであるが, 違う雄大, 鉢合せし

▼ 南~ (91, 0.9%)

6 の女中 4 の心臓 3 無仏性 2 だ, のボーイ, の巨, の通訳, の運転手, は仏性, また信ず

1 [64件] か, かね支那人, が他, が北, が四人, が擧つて二王, が突ッ, でもいつ, でもトンキン人, というの, となる, との混血児, と仏蘭西人, と同じ, と言っ, と話した, なり, には仏性, に一籌, に頼む, のやう, のよう, の上流, の人氣, の信条, の健全, の兵隊, の助手, の大きな, の大男, の女, の子供等, の宗教, の小船, の林務官, の番人, の精華, の精霊崇拝, の胸, の船頭, の部落そつくり, はあらゆる, はおとなしく, はそう, はどう, はみな乞食, はよく, は一體, は夜, は奢侈懦弱, は富岡, は文華, は概して, は義理, は老, は魏晉, ふたたび反, もし, やときたま, や華僑, らしい白い, を使つて, を貉奴, 不夢駝

▼ 南~ (80, 0.8%)

3 はその, はフ 2 ですが, の唇, はあわて, はこの, はそう, はそんな, はフト, は今

1 [58件] があわて, がその, がとん, その人, その憑かれた, という名前, になっ, に半沢伝次, に外, に抱きあげられた, のところ, のもの, の代, の前, の友人, の収入, の宛, の実行力, の常識, の待っ, の意識, の方, の筆, の腕, の興奮, の記憶, はそれ, はギョッ, はツイ商売気, はハッ, はビルディング, はフラフラ, は万年筆, は世間並, は二階, は何, は動物園, は卓, は夢見る, は弁当, は引け目, は文壇, は極めて, は母親, は物言わぬ, は礼子, は筆, は精一杯, は見た, は言い切りました, は階子段, は黙っ, もいよいよ, もまた, も五階, も幽, を押し戻す, を睨み据えた

▼ 南~ (78, 0.8%)

5 の時 3 の初め, の初期 2 となっ, の光宗, の岳飛, の時代, の莊綽, の袁樞, の趙與時, の鄭樵, の陸游

1 [49件] から元, から元明時代, にかけて福建, になつて, に入, に於, に至り, に起つた, の一世代, の世, の初, の初め戰亂, の初頃, の岳珂, の左圭, の度宗, の庫, の影響, の御, の志盤, の方, の書, の朝廷覆没, の末, の末年, の末期, の末頃, の泰平, の洪邁, の淳煕三年金国, の牧谿, の王應麟, の王遂, の社会, の禅, の稀品, の筆意, の終り, の薛尚功, の行, の費袞, の賈似道, の趙汝, の遺, の頃, は蒙, を亡ぼし, を併せ, を滅ぼし

▼ 南~ (76, 0.8%)

7 わの 6 吹いて 4 開いて 2 狼森で

1 [57件] ああ無能, あいて, あけっぱなし, いいました, いると, きつく吹い, そのわり, ふいて, また何, わだかまり巨大, わだけでも, わに, わに聳え立っ, わは, 一夜の, 一面の, 三十一座北が, 云うと, 低い傾斜, 何んとか, 凪いで, 出て, 北に, 十一見え, 十年前に, 即はえ, 口を, 吹けば, 大川北が, 姿を, 嫌つたのか, 実にふきつける, 富士山を, 御殿である, 必要な, 恋しくなった, 指したの, 明るいから, 月番だった, 正面にも, 河の, 洩す, 満たして, 潛んで, 玄関で, 玄關で, 現われた, 目黒の, 答えました, 結婚しよう, 見かけて, 連れ出されて, 間の, 陽なれ, 雌で, 高い建物, 高くなっ

▼ 南へと~ (76, 0.8%)

3 たどって, 走って 2 下って, 往った, 移動し, 進んで, 道を

1 [60件] あてども, あとも, いうふう, うつして, うねり伸びて, おそろしいはやさ, それ燕の, たど, ほつて, ぼとぼと西大寺村, みな恐ろし, ゆきました, 下がって, 下だり, 下りましょう, 下航, 佃島の, 動いて, 南下し, 喚いて, 夕ぐれの, 富士を, 導いて, 山道を, 廻る時分, 彼等は, 急ぎなせえ, 急ぐ大沢岳, 急ぐ漸く, 急ぐ船影, 押し流れて, 押し進んで, 散歩した, 旅を, 歩いただが, 流れて, 流れる, 焔が, 移って, 粉河までは, 続く漁村, 船は, 船首を, 落ちのびほど, 行かしゃれやがて, 言って, 走つて, 走りつづけます, 逃げまわった, 逆廻り, 連って, 進むの, 進んだ, 遠ざかって, 都の, 降るばかり, 風の, 飛びつづけイエムトランド, 駒を, 駸々と

▼ 南支那~ (76, 0.8%)

3 の開發 2 と北支那, に移轉, の敵, の産, の風氣, 切っての

1 [61件] から勃興, から印度洋, から米穀, から輸入, が米穀, となる, との戸數, との間, とは揚子江, と相, などの旅行ばなし, には之, にも昔, に人, に住ん, に傳はり, に國, に在る, に奉職, に屬, に滯在, に盛ん, に移住, に行, に輸入, に進出, のそれ, の一農夫, の人材, の北部, の十四人, の南部, の四十二人, の大, の天台山等, の婦人, の戸數, の文化, の民間, の民間伝承, の田地, の田業, の範圍, の草木, の豐凶, の阿, の風氣開發, はこの, はその間, は全然, は八百五十萬戸, は六百七十萬戸, は比較的, は約, は蠻夷, への新しい, へも隨分澤山, へ遠, を占領, を壓, を放浪

▼ 南~ (70, 0.7%)

8 の部屋 5 の縁側 3 の障子 2 に葬られ, の小, の座敷, の日あたり, の窓

1 [44件] する地点, でも大きい, で冬暖か, で拭き込んだ, にありふれた, にてすり, に庭, に机, に生延び, に立, に見せ, に附い, のところ, のまわり縁, の一番端, の丘, の二階座敷, の八畳, の国, の室, の室内, の小屋, の居間, の差, の庭, の御, の斜面, の新しい, の書齋, の本堂, の椽側, の濡縁, の玄関, の硝子窓, の縁, の藁屋根, の門, の雨戸, の高い, ふの, へつづい, 八疊に, 北進せしめられ, 斜面を

▼ 南~ (67, 0.7%)

3 の密偵 2 と北軍, と日本軍, の総

1 [58件] がこっち, が優勢, が全力, が八幡, が北京, が散在, が明光, が混み入った, が這入っ, にある, にそなえ, についた, につかん, に加つて陳, に取られ, に属し, に掴まったら, に殺され, に糧餉大, のほう, の一将, の侵入, の兵馬, の参謀, の堀, の大将, の奴, の奴等, の将卒相, の将平安驍勇, の潰, の瞿能父子, の第, の精鋭, の糧五方, の罷れ, の衝突, の貧, の資糧, の遺棄, の顧祝同, の駐屯, は再, は北軍, は橋南, は追, は風, よりも土匪, をし, を憎まない, を率い, 亦荘, 再捷, 即ち織田徳川方, 却って北, 誤って, 遂に乱れ, 飢えたり

▼ 南には~ (54, 0.6%)

2 今も

1 [52件] こんもりと, すぐ南太田小学校, どの階, ニラヤが, 一軒も, 世界一の, 乗鞍御岳へと, 九十九里の, 二月の, 人穴と, 仙人山の, 併合前六ヵ月ほど, 兵庫穂高から, 別山真砂富士の, 前から, 劉, 南月山に, 呉楚の, 地藏ヶ嶽湖を, 塩見岳が, 天草の, 宮古八重山の, 封番人の, 小山田とか, 弟が, 徳本峠, 朝与, 杓子岳が, 松平伊賀守様の, 松平伊賀守樣の, 果しも, 殊に大きい, 毛勝連山が, 池つづき, 海が, 渤海東には, 片桐春一北原稲雄原信好を, 狗奴國あり, 狭くけわしい道, 目ぼしい, 真青な, 秩父の, 稍, 紅卍字会の, 荒川が, 車に, 遠く不二, 長留が, 顕著な, 鳴瀬川の, 鷹取が, 黒い層積雲

▼ 南~ (46, 0.5%)

2 のほう, を出

1 [42件] からし, から入, から営中, から落ちのびた, から這入つ, から飄然, であって, でありも, にいた, には味方, には関羽, に備え, に入り, に着した, に立て, のそ, のところ, のまえ, の一道, の三つ, の三手, の傍, の先登, の前, の外, の守備長, の攻撃, の東, の火の手, の防ぎ, は火, へ出よう, へ回るべきであった, へ立ち, へ走れ, まで来, まで約, も火, より参入, を出る, を死場所, を衝き破り

▼ 南~ (44, 0.5%)

14 の城 2 の太守

1 [28件] あやうしすぐ, から襄陽, だけを目がけ, ともに今, と掎角, にはすでに, には糜芳, に入る, に移り, に通じ, の三要地, の二方面, の境, の奪回, の李翁, の糜芳, はすでに, へも使い, へやった, へ向っ, へ攻略, へ通じ, をお, を取れ, を守っ, を手, を攻め取る, を攻め取ろう

▼ 南~ (41, 0.4%)

2 の銅像

1 [39件] からお, が兵, が北洲, が始め, が実際, が廟堂, が江戸市民, が維新, が自身, が討死, そうした世界的英雄, といふところ, と肝, なり, に勝る, のことば, の人, の偶成七絶, の寃, の建碑, の旧宅, の死, の爲, の真骨頂, の腰, の詩碑仰がむとけふもまた五条阪, の逸題, の遺愛, の風貌, はあらゆる, は最年長, も大き, や甲東, をし, を桜島大根, を知っ, を英雄, を見込ん, 之得

▼ 南アメリカ~ (39, 0.4%)

3 の南端 2 のある

1 [34件] から送られ, などがあり, など遠い, なんか素晴らしい, にすむ, にちがい, に太平洋, に権力, のアマゾン, のアマゾン川, のアンデス地方, のアンデス高原, のエクアドル, のチリー国, のブラジル, の一部, の北岸ダリエン湾以東, の多く, の大, の広漠, の形, の探検, の東北岸, の東岸, の河畔, の温かい, の熱帯地方, の生ける, の秘魯, の耕地, の西岸, の諸, やアフリカ, 特にブラジル

▼ 南~ (38, 0.4%)

4 弗利加の 2 行, 行記

1 [30件] から寄港, から来た, じゃ着物, と東, に入っ, に入った, に向かう, のトランスバアル, の一角, の土人, の地, の奴隷制, の狩猟談, の諸, カナダ, 十二カ国に, 十二州, 南阿仏陀南阿, 尽処郷環, 弗利加から, 弗利加を, 弗利加ダアバンの, 戦争の, 戦争は, 植民地でも, 産の, 第一都, 辺の, 陀南無, 陀無

▼ 南~ (33, 0.3%)

2 あつた, やりま

1 [29件] いいの, やろうが, キャンプ生活を, ドミティアヌスの, バーを, プレンパレーと, ボーキサイトの, 中心よりは, 佐武流山の, 先取した, 全然方角, 別れたきり, 勢多郡の, 喫茶店を, 挽くなあ, 文芸部の, 新刊を, 昔都が, 桜井左吉と, 産る, 病床に, 突然中断, 約束し, 荒川の, 薩将西郷小, 行った日本軍, 逢つた森立名さんが, 食べた西洋料理, 鳴れば

▼ 南~ (32, 0.3%)

2 が前年, と宋朝, と醜, は宋

1 [24件] が再拝, が冠, が目, ではない, には何事, には障, には面白く, に取入る, に記し, に謁見, に逐, に逐われ, の乱倫, の序等, の讒, は, はつとに, は乱倫, は意地, は準, は衛, を刺そう, を殺され, を見る

▼ 南~ (31, 0.3%)

3 北も 2 あけて, 東も

1 [24件] あいて, あの分ぢ, まだ寝台, まだ片づかぬ, みな白人の, もう三十ぢ, やりましたね, 一様に, 亦た疲れ, 厭とは, 参るの, 同様だ, 同車の, 吹荒ん, 唐の, 坐らない訳, 嬪御の, 小さな砂山, 端の, 聞いて, 藤堂も, 行ったし, 表沙汰に, 西も

▼ 南~ (31, 0.3%)

2 で草花, の障子, の雨戸

1 [25件] からそつ, からの陽, から北窓, から板塀, でよく, で日なたぼっこ, に副, に受け, に坐っ, に物の本, に突っ, に立っ, に立つ, に縫い物, の下, の前, の外, の月, の沓, の焦げん, の端, の陽溜り, の高台, の鳴, へ彼

▼ 南朝方~ (30, 0.3%)

1 [30件] がいかに, がこの, が又もや, ではただちに, では一時, でもない, でも一驚, でも信じなかった, にいなくなった, にはその, には恐るべき, には正行, にもついぞ, にも不幸, に無, に降り, のうけた, の全権, の勤王, の多く, の布陣, の御, の手, の畿内, の諸, はもはや, は意外, は次々, への令, へ奔

▼ 南町奉行~ (30, 0.3%)

3 のお 2 から名指し

1 [25件] お配下, きさま, とある, としての自分, としてめざましい, として伊勢山田, にあつまっ, になど何, に捕えられた, のほう, の仮, の任, の同心, の大岡越前, の役宅, の御用, の烙印, の職, の越前守忠相, の重, の顕職, は新, への反抗, まで示達, を余人

▼ 南~ (27, 0.3%)

2 の寿光院

1 [25件] から出る, から迸った, から霧, であって, で長七郎山, なる浮島ヶ原, にありしなるべし, にも児水, に來, に当る, に懸る, に源, に生る, に近づい, のフランケンハウゼン, の広瀬方面, の箕輪町, の高国寺城, は近年, へ向かい, へ向け, より山腹, をまわり, を巡, を通過

▼ 南~ (26, 0.3%)

2 の信任, の姿

1 [22件] からの電報, が今しがた警察, が入っ, が鶴子, といえ, と一緒, に奉る, の墓, の御, の早業, の素, の身上, の陵墓附近, の面, の馴染め, はいかなる, はしきりに, はといえ, は一向に, は寝室, は日本名, は浴室

▼ 南谿~ (26, 0.3%)

63 の東遊記 2 が東遊記, が目のあたり, が記したる

1 [11件] と共に可, と号, の如き, の東遊記西遊記, の松島紀行, の西遊記, は大勢, も, や沢元, よりにごりくる, を今日

▼ 南フランス~ (25, 0.3%)

2 から出

1 [23件] から, からイタリーあたり, かスペイン, であるが, に最近新築, のキャニュー, のクレルモン, のゴオド, のニース, のリヴィエラ, の偉大, の山地, の方, の洞窟, の海岸, の生れ, の田舎, の血, の農民出, の香水会社, へ転地, やスペイン, や北部スペイン

▼ 南より~ (24, 0.2%)

2 北に

1 [22件] やや演, 凱旋いたし, 北へ, 北へと, 吹きくる風, 外ない, 岩を, 我は, 来たり, 来って, 来る小, 来る平川, 東に, 東へ, 比丘尼橋紺屋橋を, 流れわたれる種子ひとつ, 流れ落, 群峰の, 西へ, 見たる連行峰, 見たる陣馬ヶ峰, 迫り東

▼ 南寄り~ (24, 0.2%)

2 に青い

1 [22件] から日, であるが, に一帯, に一廓, に甲府, に石田三成, に聳え, のその, のなぎさ, のカヴタット, の低い, の場所, の大きな, の小高い, の岩, の平地, の所, の方, の東, の武州南葛飾郡金町, の者, 即ち大川

▼ 南老人~ (23, 0.2%)

2 の顔

1 [21件] が懐中電灯, が聞きとがめる, そんな事, でなくとも, ではあるまい, とは反対, と左京, と左京路, にこんな, の声, の後, の手, の方, の耳, は, はけろりと, はそんな, は声, は尋ねます, は語り出しました, へ渡し

▼ 南蠻物~ (23, 0.2%)

3 の毒, の毒藥 2 の大, の毒酒

1 [13件] だ, であらう, でなければ, なら知らないが, にはよく, の夥しい, の恐しい, の新しい, の生, の鐵砲, らしい藥品, を持つ, 及び唐物

▼ 南~ (22, 0.2%)

3 で荷物, の窓 2 の扉

1 [14件] から見える, から運ばれた, でなに, で描かれた, で死んだ, で殺された, で窓, で絵, などにいませんでした, にいた, に戻り, の處, へ行け, を離れず

▼ 南町奉行所~ (22, 0.2%)

2 へ廻り, まで韋駄天走り

1 [18件] から持ち帰った, でこちら, でも躍, で盜まれ, にとっては過去, に属し, に彼, の与力, の与力秋山嘉平次, の内, の捕手, の控同心, の月番, の腰掛, は悪党狩り, は異様, へ出, へ呼び出された

▼ 南~ (21, 0.2%)

4 を脱せん 3 の画家 2 の粗, より入り, を学びし 1 という言葉, とか北宗, の, の水墨山水, の水墨画, の貧しき, は巨勢小石先生, は文人画

▼ 南~ (20, 0.2%)

2 の, の海邊

1 [16件] とは云, に醒め, のこと, のぬれ, の冬, の土佐, の星座, の暖か, の植物, の港, の王, の窓, の花, の風光, は是, を出

▼ 南~ (20, 0.2%)

2 を九十九年間租借, 洲, 鉄道の

1 [14件] の名山, の地, 医科大学の, 各地を, 春来る, 洲に, 洲の, 洲朝鮮山陰京畿と, 洲鉄道の, 洲鉄道株式会社が, 租借権が, 鉄道, 鉄道会社って, 鉄道会社総裁後藤新平と

▼ 南~ (20, 0.2%)

2 の大洲藩

1 [18件] がさき, であつ, で三河国奥殿, で三河國奧殿, に三年, に住まわれた, に可否茶館, の三軒長屋, の列島, の国々, の次郎ちゃんとこ, の気仙, の浪人者, の生垣, の立科山, の迷惑, の阿武隈流域, は島原藩松平

▼ 南ドイツ~ (19, 0.2%)

2 の鉱泉地バーデンヴァイラー

1 [17件] からウィーン, であったか, でドナウ, にあった, にあり, に侵入, に入り, に旅行, の各国, の国境近く, の性質, の旅, の諸小, やアドリヤテイツク, を故国, を逆, 諸小邦

▼ 南~ (19, 0.2%)

2 の演舞場

1 [17件] で隠れ遊び, にいた, に出, に左褄, に相応, のある, の九郎右衛門町, の料理屋, の新, の浜座, の猿, の紅梅亭, の芸妓, の芸者, を並, 第一, 第一人

▼ 南宋時代~ (18, 0.2%)

1 [18件] からである, である, になる, には目録學上, には色々, に及ん, に妻, に政府, に於ける, に通史, に金, の大, の學者, の支那, の蒲姓, は紙幣, を通じて支那, を通じて支那政府

▼ 南海岸~ (17, 0.2%)

1 [17件] から出た, から東海岸, ではそれ, で難破, にある, にも散見, に接見, のうち一部分, のどこ, のネリゲ, のブライトン, のボーンマス, の保養地ボーンマス, は邦土, をもう少し, を逍遥中, を除く

▼ 南~ (17, 0.2%)

1 [17件] から引き上げ, が手, が陰謀, と九州, と北九州北中国, と北日本, にそいつ, には二, には東莱, に侵入, のもの, のもの皆, の各, の四百カ所, の孤島, の挑発, の沿岸

▼ 南~ (16, 0.2%)

6 の薫 2 の薫馥郁 1 がある, がはっと, が散っ, して, の袖, の香, を便, を燻

▼ 南~ (15, 0.2%)

2 の絵

1 [13件] が四谷, との鞍部, と同日, と大, に寄った, の三角測量標, の句, の墓, の岸壁, の弟子, の画, の韓非子全書, 低くなった

▼ 南~ (15, 0.2%)

2 早池峰

1 [13件] から漢口, に, にも見られ, に去る, に彭徳孚, に徒, に来れる, の人, の城, の城市, の者, へ行っ, をのがれ

▼ 南~ (15, 0.2%)

1 [15件] が起る, である, と共に中, と共に北支那, と南方, によつて, の後, の後呉俗, の悲運, の時, の最大意義, の頃, はこの, は支那, を起頭

▼ 南九州~ (14, 0.1%)

1 [14件] で終戦, に大, のセールスマン, の如く, の山, の山中, の数県, の海端, の熊本市, の特徴, の空, の農家, の電源地帯, を旅行

▼ 南~ (14, 0.1%)

3 して 2 すること 1 し三月宿州, すること一千餘里, する舟, せしは, ともにほぼ同様, のスケデュール, の最初, の櫓船, を送り

▼ 南~ (13, 0.1%)

1 [13件] すでに危うく, には今, には呉懿, に使い, の北, の危急, の城, の城下, の太守楊陵, の郡守陳香泉, は著名, は西, へ入城

▼ 南宗寺~ (13, 0.1%)

2 の使い, の者 1 から沢庵さんみたい, という寺, のお, の住持, の南縁, の和尚, へ来, へ身, を本営

▼ 南~ (13, 0.1%)

3 の広州 1 だ仏印, で人魚, の在来, の櫨, へ皇軍慰問, へ行, へ赴い, を巡遊, を見, 至る処

▼ 南~ (13, 0.1%)

2 の中

1 [11件] から洋畫, などに四君子, などに好ん, に描か, の人物, の山水, の數幅, の粉本, の風格, めいた溪山, も大和繪

▼ 南~ (13, 0.1%)

2 から入る

1 [11件] うつらうつらの, から暖かい, だけで, で見, と云う, と対, の下, の外, の小, の風物, 炙背

▼ 南竜軒~ (13, 0.1%)

1 [13件] が苦笑, なるもの, に向い, に挨拶, に立, の手の内, の曰く, はたしかに, はもう, は竹刀, は頭, は首, もばかばかしい

▼ 南印度~ (12, 0.1%)

2 の王 1 から入唐, では龍樹菩薩, に君臨, のパツラ, の國土, の國王, の國王捺羅僧伽補, の東岸, の蠻人, の都邑

▼ 南天竺~ (12, 0.1%)

2 であつ, のある, の國王 1 から支那, に行っ, の人, の國名, の摩頼耶國, の菩提流支

▼ 南洲翁~ (12, 0.1%)

2 の信望一代 1 が慶応年間, が横額, に随, の人格, の墓, の大き, もやや, を始め薩摩隼人, を崇拝, 御話

▼ 南番所~ (12, 0.1%)

2 の組下 1 じゃアなに, と月交代, のほう, のやつら, の並同心, の出役, の戸田重右衛門, の月番, の藤波, へ引きあげられた

▼ 南~ (12, 0.1%)

2 はその 1 が恥し, が昔馴染, に憎まれ, のところ, のやう, の詩作, は今, は大, をとても, を同郷

▼ 南隣り~ (12, 0.1%)

1 [12件] に少林寺, の主人公, の人, の家, の村, の源吉, の空家, はまだ, は地, は大串, は当時空家, は沈澱組

▼ 南伝馬町~ (11, 0.1%)

2 の猿, の稗史出版社 1 から一町, で十五, の幸菱, の旅所, の有隣堂, の紙屋, へ来る

▼ 南~ (11, 0.1%)

1 [11件] に入っ, に入る, に入ろう, の合流点, の合流点附近, の奥, の流, も可, を遡る, 合流点, 有狗奴國

▼ 南~ (11, 0.1%)

2 の方 1 で植民会社, に於ける, に遊ぶ, のある, の宗教, の殖民地, は此, より輸入, 及びフイリツピン群島

▼ 南皇帝~ (11, 0.1%)

3 附き諜報部長宋秀陳 1 と聞く, と語る, の愛妾松谷鶴子, の殺人, はつい, は噴水, は日比谷公園, を東京

▼ 南~ (11, 0.1%)

2 で發掘 1 から越え, にあ, に出掛け, の囘教徒, の山道, の広い, の探, はもう, を書き

▼ 南では~ (10, 0.1%)

1 かなり季節, アジャンターの, イタリー語や, ペルーに, 国師金峰奥千丈大, 桂と, 船に, 荷物を, 藤波が, 養蠶の

▼ 南よりの~ (10, 0.1%)

2 か細い一本, 一本の 1 一つが, 山で, 東風が, 林を, 端れ, 風が

▼ 南ロシア~ (10, 0.1%)

1 から来, で過ごされた, のタルパン, のポルトヴァ, の半, の南方, の方, へ旅行, へ赴き, を殆ど

▼ 南亜米利加~ (10, 0.1%)

1 から巴里, とです, にもあり, に客寓中, に急行, の, の方, の気候, の突端あたり, も土地

▼ 南~ (10, 0.1%)

2 の地方 1 から来た, から東美濃, から濃, の名族, の所々, の漂泊俳人井月, の諸, を出

▼ 南地方~ (10, 0.1%)

2 を巡視 1 にかけて蔓延, にのび, に至る, の, の文化, の日南郡, は政治犯罪者, は黄匪

▼ 南~ (10, 0.1%)

2 に属する 1 でその, と言っ, に比べ, の混血, の血, は同じく, は安易, は専制的

▼ 南~ (10, 0.1%)

3 之俚俗 2 俚俗 1 で女性, の俚俗, 乃俚俗, 宮谷の, 稲毛に

▼ 南~ (10, 0.1%)

2 の客館 1 で拝観, に一枚, に梨花, のご, の中門, の白い, の門, の閣

▼ 南~ (10, 0.1%)

2 に対 1 には当時, に大きな, に床几, の西側, の角, へ登りました, を二三軒西, を道頓堀

▼ 南~ (10, 0.1%)

1 でさ, で唄, で早口, で歌, と仏蘭西語, などいう, も覚え, も達者, を教え, を解し

▼ 南~ (10, 0.1%)

1 からコーカサス, からモスクワ, でチフス, には後, に分散, に訪ね, のコサック生れ, の方, の詩人, へ行っ

▼ 南~ (9, 0.1%)

4 北か 1 うっかり判らなくなる, 北かという, 北かに, 台中か, 東か

▼ 南にも~ (9, 0.1%)

2 北にも 1 あり, かかる迷信, どうしていい, ないという, 一道の, 沿海には, 熊の

▼ 南まで~ (9, 0.1%)

2 行って 1 やって来る, 一週間で, 出た, 出来れば, 大部分, 来掛かつ, 逃げな

▼ 南一光~ (9, 0.1%)

2 のこと 1 が政友会, というの, とともに死刑, と親しい, は南一光, も, も加わっ

▼ 南三復~ (9, 0.1%)

2 の奥さん 1 が殺しました, と関係, に殺されました, の家, の羅刹, はわたくし, は騎

▼ 南~ (9, 0.1%)

2 のダアバン 1 から呼ばれ, の大統領, の海, の海岸, の海岸彼地此地, の突端ケエプ・タウン, も同じ

▼ 南仏蘭西~ (9, 0.1%)

1 のニイス, の寺, の山, の汽車中, の海岸, の海辺, の田舎, の田舎生れ, を遊び

▼ 南~ (9, 0.1%)

1 が, で鳴瀬, とで明月, と四人, と近く, にやらせ, に金, を連れ, 来り松平

▼ 南~ (9, 0.1%)

2 へ行く, 之鵬 1 というところ, といふところ, とは天池, の鵬, は天池也

▼ 南家郎女~ (9, 0.1%)

5 の御 4 の目

▼ 南~ (9, 0.1%)

1 で第, と呉, には大いに, の大軍, の師, の途, の途上, の野心, の際

▼ 南~ (9, 0.1%)

2 の梅花 1 にかけて良き, に巣, に巣くう, のさし, の一つ, の梢, をたより

▼ 南~ (9, 0.1%)

2 仏, 仏南無 1 をささげよう, 三と, 仏あはれよき, 仏恩愛永離の, 阿彌陀佛と

▼ 南蔵院~ (9, 0.1%)

2 という寺 1 と云う, の天井, へ戻り, へ絵, へ長, まで駈け戻っ, を訪れる

▼ 南門外~ (9, 0.1%)

1 におびき出し, にどこ, に壇, に宿っ, の一丘, の古物市場, の迎陽子, の雲南火車站, は一面

▼ 南鮮沿海~ (9, 0.1%)

1 からドン, でドカンドカン, に煮えくり返る, に鉄条網, の到る, の漁民五十万, の鯖, を櫛, を荒しまわる

▼ 南からの~ (8, 0.1%)

1 圧迫を, 帰途には, 強い潮流, 復員船が, 歸途には, 磁力線が, 訃報が, 風は

▼ 南でも~ (8, 0.1%)

1 かなり重要, この日山, 乃至は, 北でも, 東でも, 桜に, 燃えて, 西でも

▼ 南にあたる~ (8, 0.1%)

1 じめじめした, 丘つづきで, 大きな桑, 安国寺の, 尾野間という, 瀬戸内海の, 高い峰, 黄いろな

▼ 南支那人~ (8, 0.1%)

1 が多い, であつ, に對, に比し, の發奮如何, は支那, は殆ど, は餘

▼ 南~ (8, 0.1%)

4 の夢 3 の一夢 1 の一夢春風面

▼ 南~ (8, 0.1%)

1 のダヌンチオあたり, の地, の季節人, の流風, の海, の詩人, の風物, を思はせる

▼ 南独逸~ (8, 0.1%)

1 のバスガスタイン, の半ば以上, の客舎, の山中, の木深い, の画, の精粋, へ入った

▼ 南~ (8, 0.1%)

8 の壺

▼ 南~ (8, 0.1%)

1 から褒州, にたどりついた, の地, の要害, の辺り, へ襲, まで兵, も落城

▼ 南鍋町~ (8, 0.1%)

1 だつた, と浅草公園, にカフエー・パウリスタ, の伊勢勘, の改進党事務所, の若井氏, の若井氏宅, の風月堂

▼ 南~ (8, 0.1%)

3 の堤 2 に入る 1 の七郎, の三, は今

▼ 南鮮側~ (8, 0.1%)

2 とアメリカ側 1 およびアメリカ側, でありアメリカ側, の挑発, またはアメリカ側, を有罪, を非難

▼ 南~ (7, 0.1%)

1 てセイロン, てフロリダ州, て新, て木場, て根津権現, て淮水, 常陸の

▼ 南~ (7, 0.1%)

1 から, からどうも, から謂わ, か方角, がもう, が髪, といふ不思議

▼ 南とは~ (7, 0.1%)

2 よほど親密 1 トタン板正面には, 何時のほどにか, 十二宮により, 唇歯の, 言えない

▼ 南屏山~ (7, 0.1%)

1 から駈けおり, にい, のいただき, の七星壇, の上, へ急がせた, へ迫った

▼ 南~ (7, 0.1%)

1 に出入口, に寝, に聳え, に赤松, の岡, の庭, の控柱

▼ 南日本~ (7, 0.1%)

1 が三百六部, と北日本, に多く, に於, の或, は八點三分, よりも文明

▼ 南~ (7, 0.1%)

1 の別天地, の小, の春天, の秋, を一周, 到処, 新世界

▼ 南~ (7, 0.1%)

21 が後裔, の人, の墓, の墓碑, の家

▼ 南~ (7, 0.1%)

1 ではこれ, にも珍, の商人, の國君, の媚藥, を征伐, 怨むの境遇

▼ 南する~ (6, 0.1%)

1 こと更に, もここ, を疑う, 幕中に, 水は, 程小

▼ 南とを~ (6, 0.1%)

1 十二宮に, 壓迫し, 押し開いた縁側, 擣きくるめ, 見に, 通って

▼ 南なる~ (6, 0.1%)

2 君と 1 かの野, 国の, 樹, 赤道の

▼ 南へも~ (6, 0.1%)

1 僅か三哩ほどしか, 北へも, 幾条も, 延び西, 西へも, 進出できる

▼ 南~ (6, 0.1%)

2 北の 1 中国とは, 北へ, 林邑方面へ, 西が

▼ 南インド~ (6, 0.1%)

2 とセイロン 1 では難産, で孔雀, のタミル語, の尊者トメ派

▼ 南久馬~ (6, 0.1%)

2 か旗本, と三津, と旗本

▼ 南~ (6, 0.1%)

1 が劒銃, だろうか, には多数, に出口, に拉し去られる, のため

▼ 南~ (6, 0.1%)

1 から相, ともみんな五メートル六〇センチ, の三方, の両, の風の神, は匈奴

▼ 南~ (6, 0.1%)

2 の李後主 1 が宋, に仕え, に李, の李後

▼ 南~ (6, 0.1%)

1 に僑寓, の塊, の更紗, の版籍, の風化, を後

▼ 南左衛門~ (6, 0.1%)

1 が江戸, という親方, に売られた, の一座, の軽業小屋, は死罪

▼ 南左衞門~ (6, 0.1%)

1 が江戸, といふ親方, に賣られた, の一座, の輕業小屋, は死罪

▼ 南~ (6, 0.1%)

2 番所は 1 奉行樣, 徒士町と, 町奉行の, 番所へ

▼ 南斜面~ (6, 0.1%)

1 からはるか, だから, の松林, の草山, を形づくつ, を這い登り

▼ 南~ (6, 0.1%)

3 の薫 1 なぞを見る, のかをり, の香

▼ 南~ (6, 0.1%)

1 と橘平楼, に状元以下, に登る, に酒, の月, へ出

▼ 南渓子~ (6, 0.1%)

3 も養軒子 1 という人, の同行, は紀行文

▼ 南~ (6, 0.1%)

3 にあり 1 にあっ, を征伐, 即ち倭國

▼ 南~ (6, 0.1%)

1 が二百六十一町, が出, とは大, のお, の同心, の妓楼

▼ 南~ (6, 0.1%)

2 の一角 1 に二畳, に小, に立つ, の寒紅梅一枝

▼ 南からは~ (5, 0.1%)

1 于禁北からは, 新手の, 白い蛇, 睨まれて, 長嶋の

▼ 南ずし~ (5, 0.1%)

1 で又, で食っ, へ寄り食べる, へ行っ, へ車

▼ 南という~ (5, 0.1%)

2 のは 1 この言葉, 人の, 剽軽な

▼ 南との~ (5, 0.1%)

1 みいつて, 両方から, 住民に, 端では, 関係を

▼ 南における~ (5, 0.1%)

1 あるいは台湾福建, 反皇帝派一味, 既得利権の, 独立運動という, 皇帝派と

▼ 南のや~ (5, 0.1%)

2 ぐらにせまるのです 1 ぐらにちかづき足場を, ぐらの, ぐらの下に

▼ 南への~ (5, 0.1%)

2 して 1 嘲侮であり男, 航路が, 馬場八町には

▼ 南へは~ (5, 0.1%)

1 下らないので, 向わず途中, 唯一本しか, 山ひとこえです, 更に二百レガ進出

▼ 南伊太利~ (5, 0.1%)

1 で有名, には一年, に住ん, のナポリ, の原野

▼ 南先生~ (5, 0.1%)

1 でしょう, で通っ, とは慷堂, の流儀, は日本国民

▼ 南十字~ (5, 0.1%)

4 へ着きます 1 へながれる

▼ 南半分~ (5, 0.1%)

1 が最も, でクジナ, にかけての注意, には教授室, を歩きまわり

▼ 南天堂~ (5, 0.1%)

1 と云う, のひど, の二階, は酔いどれ, へでも行っ

▼ 南奉行所~ (5, 0.1%)

2 に急ぎました 1 づきの, へぞ出, へ罷

▼ 南子夫人~ (5, 0.1%)

2 に挨拶 1 が乗込ん, の乱行, の姿

▼ 南家太政大臣~ (5, 0.1%)

4 には叔母君 1 には叔母様

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 から見初めた, に居た, の傍, の入口, の順

▼ 南小田原町~ (5, 0.1%)

1 から眼, の三河屋, の南, の河岸, へ辿り着い

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 から東, に屯, に高く, の東北端, の添書

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 の潤州, の要害, の軍馬, へ敵前上陸, まで帰った

▼ 南御殿~ (5, 0.1%)

1 の入口, の横, は格子, へ帰った, を去った

▼ 南支那海~ (5, 0.1%)

2 の三角波 1 で海賊船, のビイクトリア島, を南東

▼ 南日さん~ (5, 0.1%)

1 が見え, といへ, のやう, はかう, は日本郵船

▼ 南~ (5, 0.1%)

3 の原 1 というの, へ通っ

▼ 南淵山~ (5, 0.1%)

1 との位置関係, に冠ら, の巌, は高市郡高市村字冬野, を見る

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 である, に波頭白, の塾, の天, の衆水一時

▼ 南滿洲~ (5, 0.1%)

1 から北朝鮮, でありますが, にはやはり, にも古く, の各地

▼ 南町奉行大岡越前守忠相~ (5, 0.1%)

1 だ, である, のお, の役宅, 踏みも

▼ 南禪寺~ (5, 0.1%)

1 で僅, と伴, の山門, の松林, の疏水工事

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 一里ほど, 二十二哩, 二百三十海里, 五百キロの, 十二哩アドリアティコ海濱の

▼ 南~ (5, 0.1%)

3 老仙 1 に出, 其の他

▼ 南走し~ (5, 0.1%)

1 ている, てここ, てゐる, て尾瀬ヶ原, て遠く飛騨国内

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 には住まわせなかった, に於, に賃仕事, の賃仕事, へ行っ

▼ 南郡城~ (5, 0.1%)

1 に入れ, に肉迫, へ使いした, へ向っ, も瀕死

▼ 南~ (5, 0.1%)

1 がでた, のごとき, の岩井, は英雄豪傑, や琴凌

▼ 南あたり~ (4, 0.0%)

1 から本郷, で捕え, の司法官, の舶載品

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 もてにも, もての, 土居外から, 町奉行筒井和泉守様で

▼ 南じゃ~ (4, 0.0%)

1 このごろどんな, アだれ, 朝っぱらから, 靴下いらねえだ

▼ 南とか~ (4, 0.0%)

1 交趾支那あたりが, 学者みたいな, 漢の, 青島とかの

▼ 南とも~ (4, 0.0%)

2 見ゆ 1 一人が, 恋ふ

▼ 南よりに~ (4, 0.0%)

1 やはり筏, 安八百屋, 東へ, 沈むよう

▼ 南下野界~ (4, 0.0%)

4 にあり

▼ 南事変~ (4, 0.0%)

1 が勃発, が私達, たとえばあれ, のため支那全土

▼ 南亜弗利加~ (4, 0.0%)

1 の果, の民間説話, の海上, まで送る

▼ 南八丁堀~ (4, 0.0%)

1 にあつ, のとある, の河岸縁, の湊町辺

▼ 南円堂~ (4, 0.0%)

1 では壁, にはいっ, はその後, を見た

▼ 南勝房法語~ (4, 0.0%)

1 にいう, の如き, の建て前, 並びに覚海伝

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 かだつたら憤つ, である, と言, はいつ

▼ 南~ (4, 0.0%)

2 の風流 1 と北品, の海

▼ 南大西洋~ (4, 0.0%)

1 の孤島, の未知, の波, の真ン中

▼ 南~ (4, 0.0%)

2 と北定 1 というの, といふの

▼ 南家藤原郎女~ (4, 0.0%)

4 の幾度

▼ 南~ (4, 0.0%)

2 の普請 1 に雇, に雇われ

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 であろう, と北峰, に当る, の上

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 に降っ, の後裔, は乱後, を擁し

▼ 南帝国~ (4, 0.0%)

1 の宗主権復光, の宗皇帝, の理事官長, の運命

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 するに, の問題, の時, は父適斎

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 だつたら北枕, で四つ, にせらるべく, に眠る

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 とがそれぞれ相手, の書法, は北派, を退ける

▼ 南~ (4, 0.0%)

2 する小貝川 1 する一川, をやめ

▼ 南渡し~ (4, 0.0%)

2 てからのもの 1 ても漢族, て杭州

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 といふもの, は非常, を敬遠, を輸入

▼ 南皇室~ (4, 0.0%)

2 の秘宝 1 に代々, の財産

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 で繩, に納涼場, の涼み, の納涼場

▼ 南~ (4, 0.0%)

2 して 1 の船上, の途

▼ 南蠻鐵~ (4, 0.0%)

1 の兜, の割棒, の筋金, の腮

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 に渋江塾, の上さん, の木戸, の稲荷

▼ 南~ (4, 0.0%)

3 の障子 1 に虫眼鏡

▼ 南農鳥~ (4, 0.0%)

1 と名づけた, の上, の傾斜, の最高点

▼ 南階段~ (4, 0.0%)

2 の円柱 1 の方, の柱

▼ 南風気~ (4, 0.0%)

2 の風 1 のある, の生温い

▼ 南~ (4, 0.0%)

1 から教わった, とかいった, と云, よりほか

▼ 南からも~ (3, 0.0%)

2 北からも 1 来て

▼ 南がかった~ (3, 0.0%)

1 風が, 風に, 風の

▼ 南すべく~ (3, 0.0%)

3 北すべく

▼ 南といふ~ (3, 0.0%)

1 ものが, 名前を, 男を

▼ 南にかけては~ (3, 0.0%)

1 牛ヶ岳から, 花崗斑岩である, 驚く可

▼ 南むき~ (3, 0.0%)

1 の内庭, の山蔭, の硝子戸

▼ 南らしい~ (3, 0.0%)

1 ね, 方向へと, 植物が

▼ 南アメリカ大陸~ (3, 0.0%)

1 に陣どり, の西, を西

▼ 南カルホルニア~ (3, 0.0%)

1 の平野, の晴れ渡った, の無為

▼ 南ゴリフ~ (3, 0.0%)

1 から出る, と呼ぶ, は確

▼ 南シナ~ (3, 0.0%)

1 については三万, の沿岸, の産

▼ 南バイエルン~ (3, 0.0%)

1 と境, のアルゴイ山中, のアルプス山系

▼ 南ボルネオ~ (3, 0.0%)

1 のバンジャルマシンつてところ, のバンヂャルマシン, の山林

▼ 南ロシヤ~ (3, 0.0%)

1 のヤールタ, の別荘地, の旅行

▼ 南一里~ (3, 0.0%)

1 に聳立, の処, ばかりのテイヤ

▼ 南下り~ (3, 0.0%)

2 になった 1 の沼

▼ 南~ (3, 0.0%)

2 荘の 1 荘のと

▼ 南二條~ (3, 0.0%)

1 に行き, の七丁目, の西一丁目

▼ 南伊勢~ (3, 0.0%)

1 から紀州, へ進路, をざっと

▼ 南佐渡~ (3, 0.0%)

3 の山

▼ 南佛蘭西~ (3, 0.0%)

1 にある, の或, を遊歴

▼ 南傳馬町~ (3, 0.0%)

1 の大, の猿の, まで歩く

▼ 南傾斜~ (3, 0.0%)

1 の暖か, の深い, の胡瓜畠

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 がやってきた, について出, に紅葉

▼ 南割下水~ (3, 0.0%)

1 に住ん, のゆるい, の津軽越中様

▼ 南加大学~ (3, 0.0%)

1 で艇, の教会, の補欠漕手

▼ 南千島~ (3, 0.0%)

1 なる國後, なる色丹島, 及び北海道

▼ 南及び~ (3, 0.0%)

2 東埔塞の 1 北関東地区午前五時二十分空襲警報発令

▼ 南~ (3, 0.0%)

3 とほし

▼ 南圃さん~ (3, 0.0%)

1 が何日, のその, の心

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 がそつ, が馬車, の姿

▼ 南宋画~ (3, 0.0%)

1 が北画, などによく, の精神

▼ 南宗北宗~ (3, 0.0%)

1 から円山四条派, より土佐住吉四条円山, を兼ね修めた

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 に曳馬村, の方, の窓

▼ 南将軍~ (3, 0.0%)

1 がまた, に封じ, の二人

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 にし, の慧, の頂上

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 が, となった, と称し

▼ 南御堂~ (3, 0.0%)

1 の壁, の柱立, より其所

▼ 南日中村~ (3, 0.0%)

3 の二君

▼ 南極洋~ (3, 0.0%)

1 の氷海, の裏, へ彷徨い出た

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 重が, 重に, 重北

▼ 南正面~ (3, 0.0%)

1 なら升田, に屹立, に頗る

▼ 南水域~ (3, 0.0%)

1 で大, に鬼哭啾々, へと出動

▼ 南洲先生~ (3, 0.0%)

1 の風骨, はもう, を眼

▼ 南清地方~ (3, 0.0%)

1 と申しました, に限りません, へ出掛けよう

▼ 南満州鉄道~ (3, 0.0%)

1 の大, の線路, を囲む

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 と言つて, には荒寺, は寧ろ

▼ 南町奉行配下~ (3, 0.0%)

1 の与力鹿間紋十郎, の吟味与力筆頭笹野新三郎, の吟味與力笹野新三郎

▼ 南番場~ (3, 0.0%)

1 で海保寺, の海保寺門前, の辺

▼ 南祖坊~ (3, 0.0%)

1 に逐われ, の堂, の壇

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 と云っ, の中入前, はとっく

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 の國, の記録, の隣国

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 に駢, の地, の珍産

▼ 南蕃人~ (3, 0.0%)

1 といひ, と稱, なりと記し

▼ 南藏院~ (3, 0.0%)

1 と云江戸芝田町, の兩名, は篤と

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 から明清, などの蓮, の偽物

▼ 南蠻渡來~ (3, 0.0%)

1 の人體解剖圖, の毒藥, の白粉

▼ 南蠻祕法~ (3, 0.0%)

1 の大, の毒藥, の銀流し

▼ 南裾野~ (3, 0.0%)

1 といっ, にあたってぼう, へかけ

▼ 南軍大~ (3, 0.0%)

1 に敗れ, に潰え, に衰

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 には及んだらしい, に到着, 乃至福建

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 であつ, の春祭り, は柳河

▼ 南~ (3, 0.0%)

1 にかけて倭國王, の時分, の沈約

▼ 南ある~ (2, 0.0%)

1 ひは, 牡丹かな

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 向えば, 行くよう

▼ 南おも~ (2, 0.0%)

1 てとなり, ては一面

▼ 南さがり~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 南さん自身~ (2, 0.0%)

1 は何, を冷たく

▼ 南せん~ (2, 0.0%)

1 かという最も, かに迷わしめ

▼ 南だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 開いて

▼ 南です~ (2, 0.0%)

1 か, そらあの

▼ 南とが~ (2, 0.0%)

1 主な, 塞がって

▼ 南とでは~ (2, 0.0%)

1 余りちがい過ぎ, 浪花踊り負けない

▼ 南とやらの~ (2, 0.0%)

2 王様を

▼ 南どなり~ (2, 0.0%)

1 の金魚屋, へ知らせ

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 のに長屋, のね

▼ 南なら~ (2, 0.0%)

1 ば南, ば松右衞門

▼ 南にあたって~ (2, 0.0%)

1 火の, 聞えるかと

▼ 南にかけて~ (2, 0.0%)

1 この日本, 晴れた空

▼ 南にと~ (2, 0.0%)

1 取って, 言われたはず

▼ 南ぬけ~ (2, 0.0%)

2 の御名号

▼ 南はい~ (2, 0.0%)

2 づち春の

▼ 南はずれ~ (2, 0.0%)

1 にある, まで行く

▼ 南ばかりを~ (2, 0.0%)

1 そう悪く, 眼ざし

▼ 南へよ~ (2, 0.0%)

1 けろよ, ぢれ

▼ 南むく~ (2, 0.0%)

2 山の

▼ 南イタリイ~ (2, 0.0%)

1 で四年間, とシシリイ島

▼ 南イタリー~ (2, 0.0%)

1 に滞在, の日光

▼ 南インド洋~ (2, 0.0%)

1 の航路, の風波

▼ 南カリフォルニア~ (2, 0.0%)

1 で栽培, のサンチャゴ

▼ 南カロライナ州~ (2, 0.0%)

1 くらいの大き, のチャールストン

▼ 南ケンシントン博物館~ (2, 0.0%)

1 で写真, の嘱託

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 一方劣ニ蓮池, 後ロニアリ片葉

▼ 南メキシコ~ (2, 0.0%)

1 のマヤ人, の片田舎

▼ 南ラヂオ~ (2, 0.0%)

2 の塔

▼ 南一丈~ (2, 0.0%)

1 の処, ばかりは敵

▼ 南一條二條~ (2, 0.0%)

1 の賑やか, を出た

▼ 南七里計妻~ (2, 0.0%)

2 在庄

▼ 南三百里~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 南下がり~ (2, 0.0%)

1 に来, に蜜柑

▼ 南久馬旗本~ (2, 0.0%)

2 の次男

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 のさる家, の要港

▼ 南予枇杷行~ (2, 0.0%)

1 のクライマツクス, の感

▼ 南事件~ (2, 0.0%)

1 について清国, に至る

▼ 南二葉町~ (2, 0.0%)

1 に瀟洒, の自宅

▼ 南五味子~ (2, 0.0%)

1 といっ, のびなんか

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 にやり, は南方

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の岡田, は猫間ヶ淵

▼ 南伊予~ (2, 0.0%)

1 でウシノコトリ, には武将

▼ 南伊太利亜人~ (2, 0.0%)

1 である, を知つて

▼ 南~ (2, 0.0%)

2 の出兵

▼ 南佐久間町~ (2, 0.0%)

1 の方, の通り

▼ 南保護~ (2, 0.0%)

2 の組織

▼ 南信州~ (2, 0.0%)

1 の一部, の一部分

▼ 南信東~ (2, 0.0%)

2 濃地方

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の事蹟, の北

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の士, も枢軸

▼ 南入口付近~ (2, 0.0%)

1 に屯する, の密林中

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 北の, 體に

▼ 南六波羅~ (2, 0.0%)

1 の別院, へ申しやった

▼ 南勾配~ (2, 0.0%)

1 にある, を選っ

▼ 南北朝史~ (2, 0.0%)

1 が講義, の密林

▼ 南北設楽郡~ (2, 0.0%)

2 を中心

▼ 南区内安堂寺町二丁目~ (2, 0.0%)

1 であるが, という所

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の縁側, の縁障子

▼ 南向い~ (2, 0.0%)

1 ている, て席

▼ 南國的~ (2, 0.0%)

1 であるが, な怠惰けた規律

▼ 南坊流~ (2, 0.0%)

1 の始祖南坊禅師, の茶道

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 である, の花

▼ 南太洋~ (2, 0.0%)

1 なる, の或

▼ 南夫婦~ (2, 0.0%)

1 と鏡子, をじ

▼ 南威爾斯~ (2, 0.0%)

1 では人間, のある

▼ 南安城~ (2, 0.0%)

1 の後詰, への攻撃

▼ 南安安定~ (2, 0.0%)

1 の三郡, ノ三郡

▼ 南宋初期~ (2, 0.0%)

2 の蔡絛

▼ 南宋頃~ (2, 0.0%)

1 から南洋, に學問

▼ 南宗派~ (2, 0.0%)

1 かな, は禅

▼ 南宗流乾術~ (2, 0.0%)

2 第一巻九重天

▼ 南宗院~ (2, 0.0%)

1 という寺, の釈迦像

▼ 南家房前~ (2, 0.0%)

2 を北家

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 は白圭, を評し

▼ 南富山~ (2, 0.0%)

1 から千垣, へ着きました

▼ 南市太郎老人~ (2, 0.0%)

1 そんな事, にこう

▼ 南帝国皇帝~ (2, 0.0%)

2 附き諜報部長宋秀陳

▼ 南帝国皇帝宗竜王~ (2, 0.0%)

2 の殺人

▼ 南~ (2, 0.0%)

2 から雪消

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の学堂, を置く

▼ 南座敷~ (2, 0.0%)

1 に佐渡屋平左衛門, に佐渡屋平左衞門

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 に坐する, を東廂

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の口, の小

▼ 南廊閣子庫~ (2, 0.0%)

2 の幕事

▼ 南~ (2, 0.0%)

2 南無弥仏

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 のよう, の人形氏

▼ 南房州~ (2, 0.0%)

1 のほう, の海

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 のへん, 白い衣

▼ 南斗星~ (2, 0.0%)

1 で北側, は生

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 楽の, 金毘羅社の

▼ 南旅行~ (2, 0.0%)

1 のこと, の為

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の二君, の英文解釋法

▼ 南日本海~ (2, 0.0%)

1 で獲れる, に比し

▼ 南昌侯~ (2, 0.0%)

1 という身分, の印綬

▼ 南東方~ (2, 0.0%)

1 に於, へ逃れる

▼ 南枝子~ (2, 0.0%)

1 の手, をつれ

▼ 南柯夢~ (2, 0.0%)

2 を書き

▼ 南樺太~ (2, 0.0%)

1 にもロシヤ, の恵須取山

▼ 南次自身~ (2, 0.0%)

2 の書いた

▼ 南武者~ (2, 0.0%)

2 の小路

▼ 南洋行~ (2, 0.0%)

1 が試みられた, を思い止まらせた

▼ 南渓子養軒子~ (2, 0.0%)

1 はここ, も少々

▼ 南渡一海千餘里~ (2, 0.0%)

2 名曰瀚海

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 といふところ, に寄つて

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 というの, を南天

▼ 南独立党~ (2, 0.0%)

1 にしろ, の連中

▼ 南由布院北由布院~ (2, 0.0%)

1 この湯, と分れ

▼ 南町奉行大岡越前守~ (2, 0.0%)

1 がこの, の役宅

▼ 南町奉行大岡越前守様~ (2, 0.0%)

1 が朝, 御同道

▼ 南町奉行大岡越前守殿~ (2, 0.0%)

1 へ引渡し相濟, へ訴訟出

▼ 南町奉行所直々~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 南町奉行朝倉石見守~ (2, 0.0%)

1 は与力筆頭笹野新三郎, は與力筆頭笹野新三郎

▼ 南町奉行池田甲斐守~ (2, 0.0%)

1 と控同心, と道中警備

▼ 南町奉行直々~ (2, 0.0%)

1 の指図, の指圖

▼ 南畫風~ (2, 0.0%)

1 な高い, の山

▼ 南畫風景~ (2, 0.0%)

1 ともいふべき, の山岳

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 が少い, を寶重

▼ 南~ (2, 0.0%)

2 などにそれぞれ

▼ 南禅相国~ (2, 0.0%)

2 両大寺

▼ 南~ (2, 0.0%)

2 の屈静源

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 にかかつて, に傾き

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 とも称える, をその

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 の地, の習い

▼ 南総督~ (2, 0.0%)

1 からの電報, は東京駐箚仏国大使

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 と同じ, には水上駅

▼ 南背後北左~ (2, 0.0%)

2 は東

▼ 南至投馬國水行二十日官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 しある, とも申し

▼ 南船長崎~ (2, 0.0%)

1 に到着候時, に到着候節

▼ 南茅場町~ (2, 0.0%)

1 の木村道庵, の金山寺味噌問屋八州屋

▼ 南葛城郡~ (2, 0.0%)

1 が中心, の一区域

▼ 南葛飾郡~ (2, 0.0%)

1 にまで鉱毒, の小岩村伊予田

▼ 南葵文庫~ (2, 0.0%)

1 の庭, を公開

▼ 南蒲園~ (2, 0.0%)

1 はわりに, へ子母沢寛

▼ 南薫殿~ (2, 0.0%)

1 といふ處, の原本

▼ 南薫造~ (2, 0.0%)

1 の両君, の諸氏

▼ 南薫造さん~ (2, 0.0%)

1 と有島さん, の作品

▼ 南蛮織~ (2, 0.0%)

1 のあらゆる, のきらびやか

▼ 南蠻人~ (2, 0.0%)

1 からいろ, の商人

▼ 南蠻砂~ (2, 0.0%)

1 とかいふ雲母, をしいた

▼ 南蠻筋~ (2, 0.0%)

1 のもの, の祕法

▼ 南諸島~ (2, 0.0%)

1 の大島, の言語調査

▼ 南谿氏~ (2, 0.0%)

1 の事, もここ

▼ 南豆玉~ (2, 0.0%)

1 のよう, の青い

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 北馳の, 清水観音西北大津道横須賀道と

▼ 南迄の~ (2, 0.0%)

1 して, 海路は

▼ 南近江~ (2, 0.0%)

1 から伊勢, の六角

▼ 南鄭城~ (2, 0.0%)

1 の内, へ引っ

▼ 南鄭関~ (2, 0.0%)

1 へと逃げのび, までひと息

▼ 南鉄道~ (2, 0.0%)

1 の堀, の少壮重役

▼ 南鉄道株式会社~ (2, 0.0%)

1 の経営, はこの

▼ 南露西亜~ (2, 0.0%)

1 の夜, の自然

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 に非ずし, ゆるく蛇皮線

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 に来, は

▼ 南~ (2, 0.0%)

1 と縦走, に取付き午後五時頃絶頂

▼ 南高橋~ (2, 0.0%)

1 がか, をわたり

▼ 南鮮政府~ (2, 0.0%)

1 の挑発, の有罪

▼ 南麓地方~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, は一般

▼ 南龍公~ (2, 0.0%)

1 じゃ, という

▼ 南龍老~ (2, 0.0%)

1 あるばかり, にし

▼1* [949件]

あけはなたれしわが, 南あたり専門の胃膓病院, 南あのゆるやかな, 南あめりか, 南あめりかあたりへ運送, 南あめりか森林地帯で捕獲, 南いま死ぬぞ, 南い曲った思うとこで, 南うけに座, 南うらの小田原町, 南おまえは, 南およそ二マイルの, 南および蜀西山林中に, 南かたぶく天の川, 南かと思えば, 南かというところに, 南かも知れませんて, 南からまで多くの, 南かれは表道, 南つての, 南ふは, 南こと又歩かせ, 南さんあたしを好き, 南さん主人が行方不明, 南さん良人がね巴里, 南さ向けば南, 南すしで食っ, 南すそのへかけ, 南すれば東海, 南せし人, 南それから西北, 南だいたいに下閉伊郡北端, 南だけがひらいて, 南だけに於ても, 南だったら常在寺の, 南だってそうだ, 南だつか北, 南であり台湾の, 南であれ北であれ, 南でございます南三復は, 南ででもあちこちで, 南でないとは容易, 南での領土的野心を, 南とかいう対外問題とは, 南とかいふ書き方でなく, 南とに欄干は, 南とばかり睨んで, 南とへ美しい環, 南なぞへの日, 南なつかし歩を, 南などという輩も, 南などの反ヨーロッパ的叛乱, 南などは家の, 南なども支那の, 南ならうなずけますが, 南なりのこりの, 南なれば, 南においてご対面, 南にかたよれる西, 南にかけひあり岩, 南にかけても亦これ, 南にてかの隅田川と, 南にでも北にでも, 南になつてゐます, 南にばかり向けて, 南にまでわたるおよそ, 南に対して保護関係を, 南のなアメリヤス会社の, 南はごりがんの, 南はと思って, 南はも大野の, 南はるかに亙りつ, 南ばかりあっそう, 南ばかりが障子にな, 南びいきに躍起, 南ふく風静やかに, 南へかへる舟よそ, 南へかはまだ決し, 南へとかけりましたけれども, 南へをれて, 南ん陀佛や, 南また滅びビルマ, 南またすなわち怪鼠病で, 南までを通じての日本アルプスを, 南汝某の, 南よりと崩壊や, 南よりはずっと暗い, 南よりももっと南, 南をとほつて, 南をばそれも, 南丁の, 南ァまァ陀ァ, 南アジアからインド洋島, 南アジア諸島の虎, 南アドリアティコ海濱の町, 南アメリカ人だろうと, 南アメリカ原住民の地震予知, 南アメリカ探検よりも一年, 南アメリカ植民地の通有, 南アルプス其他の高山名山, 南アルプス南方の重鎮, 南アルプス奥秩父奥上州の山々, 南アルプス富士等は薄, 南アルプス山岳の肩, 南アルプス山系の仙丈ヶ岳, 南アルプス御坊山の北側, 南アルプス木曾山脈を中央アルプス, 南アルプス登山旅行に同行, 南アルプス紀行が一枚, 南アルプス連峯甲府盆地は朝靄, 南アルプス連峰も富士山, 南アンデスがその, 南は南無, 南イタリアのクロトン, 南イタリアあたりの植民地, 南イタリア出身だったので, 南イングランドの大, 南インドプルバンデルの諸王, 南インドマドラスの少し, 南インド様式の著しく, 南インド洋七千マイルを横断, 南ウェールス地方の石炭坑夫, 南ウエイルズのペンブローク寺, 南オランダを通過, 南オルコン河の上流, 南カラブリア州にある, 南カリフォルニア工業地帯では今度, 南カリホルニアの発展, 南カリホルニア州にはアメリカ, 南カロライナ州マサチュウセッツ州ニューヨーク州の州議会, 南カロリナ州から南, 南カンボジャ呂宋などという南方地方, 南ガ云ハク十界ニ於テ執心ナキガ故ニ九界, 南クラブといふとこ, 南ケンシントンのハムステッド, 南ゴリウは或は, 南ゴリウ北ゴリウという特異, 南ゴリフ沢と呼ぶ, 南サレイなるノンサッチ離宮, 南シシリー島の火山, 南シナ人である, 南シベリア地方紙ソヴェートスカヤ・シベリアを買う, 南シャムなどには日本, 南シャムルソンマラッカフィリッピンにまで押し渡り, 南ジャンブなどにおいて天上, 南ジョージア湾の捕鯨基地, 南スマトラのパレンバン, 南スラヴ人のサーヘン, 南ダニュウブ沿岸のツイモニイ地方, 南チリへ侵入, 南チリーへ通じ, 南チロオルのある, 南チロルは昔, 南チロル一帯の村, 南テルラチナに至る, 南誤リタルナラン, 南向ヒテ進ミ行クコト二十日, 南ニテ呼ンデ婆羅門参卜為ス, 南ニ一孤丘アリ下ニ小祠, 南ニ流レテ新州, 南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 南ノルサンプトンでは今, 南ノーサンプトンで病室, 南ノールウェーからきた, 南ハ険シク北ヘ長, 南フランス全体の大, 南フランス風景の額, 南ブラジルの岸, 南ヘルス産の黄葡萄酒, 南ペルーに海港, 南ボルネオスマトラ爪哇への旅行許可証, 南ボルネオ占領と同時に, 南マイラブルは今日英領, 南ミンダナオ島のカガヤン, 南ヨリ来ツテ水波紋, 南ヨーロッパに入り, 南ロシアオオストリアドイツスイスが来る, 南ロシア人の血, 南ロシア産の下等, 南ワパッシ街二一二六番の料理店, 南断チテ雁, 南の側, 南一ツ門を過ぎる, 南一丁目の上記須原屋茂兵衛, 南一光わしはわし, 南一光先生は, 南一家のこと, 南一杯日もさす, 南一股を傷折, 南一色村へ立ち帰れ, 南一食堂で食事, 南七十里にあり, 南万丁目へ屋根換え, 南三万里に国, 南三北四東五西二とも申しやす, 南三十マイルの所, 南三十二畳次八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 南三十里ほどの処, 南三十間の距離, 南三哩なるフェルラーラ市, 南三條西七丁目の角, 南三里ばかりの山奥, 南上がりにいささか, 南上知我麻祠の前, 南下田街道にそった, 南両氏がかけ, 南丹州に出, 南乗物町の吉岡書籍店, 南九州特有の軒, 南九條より北, 南予章とあ, 南事件以来の排日, 南二ツ門南一ツ門を過ぎる, 南二七〇レガより始まり, 南二哩にある, 南二条の一軒, 南二條西一丁目の下宿屋鈴木, 南二百余里のところ, 南二里の東山村, 南五本松の浄巌寺, 南五條を横切る, 南五省に産した, 南五花街の遊廓, 南五郎左衛門とシモン竹田五兵衛, 南五郡の北畠, 南井上等又隆景, 南亜南端の港, 南亜弗利加ダアバンの港, 南亜戦争でしたが, 南亜戦争当時でさえも後送距離, 南亜派遣の交渉, 南亜海岸防備船会社の捜索船, 南亜米利加東岸を遡, 南亞弗利加の喜望峯, 南交趾から献上, 南交趾支那の北, 南京子のもとめ, 南京染付の水鉢, 南といふ洋食屋, 南人みんなちが, 南人シャム人支那人南洋人等は何れ, 南人山に入る, 南人淹蔵シテ果品ト作シ或ハ以テ, 南人特有な精悍, 南今川槐庵の亡くなつた, 南今川槐庵及恬同陪先生, 南仏蘭西一帯にかけて生い茂っ, 南仙笑楚満人, 南以太利の沿岸, 南伊太利あたりの風景, 南伊太利むきの料理, 南伊太利ブリンデッシ市の生れ, 南伊太利亜の燃える, 南伊賀町に住ん, 南伊賀町法華宗法蔵寺の墓地内, 南伏見稲荷の孟宗藪, 南伝馬町太刀伊勢屋に徃, 南伝馬町白魚屋敷のあたり, 南に入った, 南は城塞, 南佐久間町何丁目何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 南佐柄木町の弥生, 南の空, 南佛等の地中海沿岸諸市, 南侯水軍大都督, 南信一円甲州のほぼ, 南信地方に多い, 南倶利伽羅の西, 南僑竹川へ泊める, 南僑等と食事, 南先生遺稿之韻, 南党再起の布石, 南を指, 南入り口をはいる, 南入口の砲撃, 南八キロほどのところ, 南八マイル湾の西岸, 南八丈島の彼, 南八丈島研究所へ赴任, 南八町堀の裏町, 南八郎岳の山腹, 南八里の高須藩, 南兵衛のおも, 南ともいふ, 南円和尚がちょうどまた, 南円堂十番が山城宇治, 南冥益軒業に於ける, 南出身の宦官, 南凾頭村の張老, 南分倍河原に関八州, 南利亜諸島なの, 南利渉橋を渡れ, 南加州の各地, 南助松永岡鶴松その他五六名の幹部, 南勝房という坊さん, 南せしめた, 南北中央の五人, 南北五個荘村に分れ, 南北回帰線間の距離, 南北島群の間, 南北朝正潤問題, 南北朝展でも絵画, 南北朝期一連のもの, 南北朝記といっ, 南北洋水師學堂など西洋, 南北海部の五郡, 南北町をひらい, 南北穂高涸沢奥穂高前穂高, 南北端より火, 南北米州を名, 南北西の三方, 南北設楽のあちこち, 南北道図們江沿海州樺太千島オホーツク海白令海アリュウシャン群島に到る, 南北魚沼郡を流れる, 南の奉行, 南区三丁目の沖田, 南区二つ井戸に近い, 南区内安堂寺町二丁目交番を西, 南区木津元の西成郡木津村, 南区船場の口合, 南区難波即元, 南のある, 南十八マイルの江ノ島, 南十度西より北十度東, 南十數町の道, 南十町ほどに在る, 南半分小笠原群島新領土, 南南洋一切を征服, 南博人氏の言葉, 南占城諸國民, 南占領イギリスの印度攻略, 南印度洋の孤島レユニオン島, 南印度洋マルセイユが蘇っ, 南即ち釜谷山の, 南又は南風を, 南及東に面した, 南受けの暖かい, 南受けたる坐敷の, 南台湾の北, 南合衆国の方, 南向いた豚さえも, 南向うの家, 南向き斗満の清流, 南向く白き酒倉, 南向けに通じ, 南向三間半に三間半位, 南向八つ手のかげ, 南向田町堀端の諸, 南吹き雪解は, 南呂宋南支那などの旅行ばなし, 南へ聞え, 南周南いま死ぬぞ, 南味方は北, 南の山岳地帯, 南品甲駅板橋凡そ府内, 南哲檀一雄大江賢次新田潤金達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 南唯次島村信之石岡文七高藤邦松等七人であった, 南と悪, 南四キロ今のスキソ付近, 南四五十里は山谷, 南四千餘里至朱儒國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 南四郡の征途, 南国境の大, 南国民革命党にしろ, 南圃さんくらゐの, 南國中の南國, 南國特有のコバルト色, 南園白梅の花, 南圓堂の鐘, 南圓堂北圓堂境内に今, 南地中海にあり, 南地中海岸より北スカンジナーヴ, 南地北陽に費し, 南地宗右衛門町の富田屋, 南地溝の側, 南地花月北の新地花月, 南から長い, 南坊禅師は茶道, 南坊録を全, 南城下端れ荒川べり, 南と向き合っ, 南墓地の東隣, 南墨西哥を攻め, 南に走り, 南に住, 南壱町許道の右, 南の酒, 南夏漸生雷声送雨晩天晴, 南外れの亀の井, 南喰槍ヶ岳と, 南大井村にあつ, 南大同江の向う岸, 南大和大路からやや, 南大学に学ん, 南大津の三井寺, 南大牟田市を中心, 南大西洋航路およびナポレオン配所, 南天竺世界ははて無く広がっ, 南天竺優禅尼国の王子月婆首那, 南天竺南蛮諸国まで相手, 南天竺国梵志の種, 南天竺弘法利人或遊師子國, 南奇隊参謀に成, 南奈路などというの, 南奉天鎮南浦等に工場, 南奉行御役宅, 南は北, 南妙法蓮華経の百万遍, 南子のは山澤, 南子排斥を企て, 南子風情の要求, 南安永村に進ん, 南宋一代の行在, 南宋人に南宋, 南宋以來の大勢, 南宋以後支那の歴史, 南宋北宋の画風, 南宋書院の主人, 南宋末から元, 南宋派の画法, 南宋画時代を出現, 南宋畫の名手, 南宋百五十年の治世, 南宋的山水の中, 南宋神宗の嘉泰中, 南宗北宗兩派の技法, 南宗北画などによく, 南宗派乾流はそういう, 南宗派乾流九重天第一巻, 南官吏の墓石, 南宮城上武三氏によって心理學研究, 南宮山古鐘, 南寄り東に海, 南寮五番の部屋, 南兪通淵勝聚等皆死す, 南将荘得と戦っ, 南将軍藺欽をつかわし, 南小栗栖へ通じ, 南小田原町荒物商某方へ同居, 南小笠原島の北, 南少しく東寄り, 南尾張や伊勢方面, 南尾張方面の形勢, 南へ遊び, 南山王を稱, 南山腹に見えた, 南山見来れば, 南山辺の松, 南山陽のほう, 南山際の崖, 南という犬, 南岳文鳳二人の, 南峡行吟墨士州米山雲裏隠布島浪間浮, 南島原半島の筑紫富士, 南といふ所, 南嶺北嶺の高き, 南嶺山脈の谿間谿間, 南嶺雪旦の画等, 南州北門郡佳里番子寮の民家, 南州境の古城, 南州新豊郡関廟庄関廟にて, 南州関廟のに非常, 南の野, 南工宿を二日, 南市太郎未だ人, 南市太郎雅号を愛銭堂老人, 南の眞蹟, 南帖論と云, 南帝国外務省二等出仕皇帝附き諜報部長, 南帝国皇帝宗竜王殿下は東京, 南帝国皇帝竜王の殺人, 南聞く者, 南帰して伊勢国度会郡林崎, 南帰した時で, 南常陸にあった, 南常陸方面の那珂, 南幸夫氏の, 南居等生活上の, 南庁北の健児, 南には一芽, 南に牛鍋, 南の建昌県, 南康県付近を往来, 南廟所と称え, 南延君球の陵, 南建業の, 南弥仏阿弥弥無弥陀仏, 南弥六に邪魔, 南張苞関興すべて同意見, 南になった, 南征す一軍皆化し, 南征北伐と軍, 南徐に下り呉侯, 南御室から再び, 南御霊図子の別邸, 南忘南北とし, 南忠清咸竟南北道図們江沿海州樺太千島オホーツク海白令海アリュウシャン群島に到る, 南悠子の演技, 南悠子壊の虞美人, 南惣平の所, 南愛銭堂老人も一ペン, 南慶北沿海の警察, 南戎橋松竹出演中で浪花釣友会会長魚橋信夫氏, 南ひは, 南房地方を旅行, 南にて, 南して, 南挺三氏もその, 南摩ホテルで拒絶, 南支バイアス灣上陸軍に加はり, 南支仏印フィリッピンビルマ戦争らしい戦争, 南支方向へ行く, 南支海南島から佛領印度支那方面, 南支製の粗, 南支那一帯の諸, 南支那人虎を呼ん, 南支那以外には滅多, 南支那併合の機, 南支那台湾から日本, 南支那大陸の九竜半島, 南支那民族研究への一寄与, 南支那臺灣から日本, 南支那辺にある, 南支那邊から直接, 南支那開發の蹟, 南支那風都市として名高かっ, 南攻略の想, 南政庁に密訴, 南敬助とが副将, 南数十歩して, 南数十程暁風残月入華清, 南斗北斗の星, 南斗北斗等百餘廟もあ, 南斗北秤とて南支那, 南新二琴通舎康楽高畠藍泉というよう, 南新二金谷竺仙三遊亭円遊西田菫坡その他で約, 南新堀万屋正兵衛方へ一先落著, 南新堀町の浪花屋, 南新道それとならんだ, 南新郷村を見, 南方面へ転出, 南旅行記の下拵え, 南日ヶ窪とこの, 南日実君も既に, 南日森の二君, 南日窪町町医伊沢信崇方へ寄留, 南日色低平湾, 南日野村西大道の法華宗妙泰寺, 南昌入によって新た, 南昌城の太守, 南昌庵という者, 南昌東根の, 南昌空中に於, 南の新, 南に寇せ, 南に, 南晶山がたいへん, 南暹羅満剌加, 南暹羅あたりまでを総じて, 南月斜めならん, 南朝方はいちばい混乱を大きく, 南木氏とか尊敬, 南本みやけの, 南杉山町といふところ, 南村山郡の高松, 南村山郡滝山村字平清水である, 南条は面をつきつける, 南の側, 南東京占城柬埔塞暹羅太泥等と貿易, 南東兩廂の角, 南東北の敵性連環, 南東西の三方, 南松島の城, 南林坊なるもの, 南枝一輪桃などもそう, 南枝北枝かな, 南枝東枝やたらに, 南枝落北枝開これが宇宙, 南柬埔寨婆羅納暹羅高砂呂宋爪哇満剌加, 南柯吟社の武田桜桃氏等, 南柴田元春が歿, 南桂川ヲ隔テ藤崎村アリ, 南桑田郡吉川村平民菊島市松の妹, 南梁様とか隋様, 南梅吉君等その他多くの有志, 南にうつす, 南楊州あたりに戻っ, 南楚地方で猪, 南楢岡村である, 南極地で飛行滑走場, 南楼北楼を連ね, 南楼橘平楼に係る, 南と名前, 南は遙, 南を西, 南樺太千島の領土権, 南樺太恵須取山の旧, 南次危く三寸の息の根, 南欧州から中国, 南歐諸國は十二世紀, 南歐遊記の一節, 南とおぼえまする, 南正夫はもう, 南多加良島, 南毛利村大字愛甲にも一つ, 南のきぎょ, 南死なん, 南汝日中午にし, 南池上本門寺より程, 南を西, 南河原町まで迎え, 南波止場のところ, 南洋食人族の遺訓, 南洛西方面の様相, 南洞庭に行き, 南洞院にある, 南洲人のやう, 南洲剛厳の大久保ら, 南洲学者として聴こえた, 南洲氏は是, 南洲留魂祠にし, 南洲翁以下の墓, 南洲自書の詩, 南洲自身についていえ, 南洲高杉晋作に比肩, 南流して去る, 南流シテ北原ヨリ牧平ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, 南浙江に居つた, 南浦原郡中の島村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 南海岸ニイスの旅館, 南海軍省用地の北, 南深草の安養院, 南淵山ノマヂカク指向ヒテ見ユル, 南淵書や神道家, 南淵村の間, 南淵氏の人, 南添いに起伏, 南清らなる冷たき, 南の, 南渡した者は, 南渡以來の新, 南渡後隋の統一, 南温泉が湧き出, 南は山, 南湯ヶ野温泉旅館に数年前, 南湾路入濠洲, 南満州鉄道北樺太石油最近借区料問題, 南溟堂へ持っ, 南溟第一関連檣林立幾湾湾晩雷送雨天如洗, 南滋賀町あたりだろうという, 南滿州や更, 南滿州鐵道會社の舊慣調査, 南滿鐵道ガ富豪ニ壟斷サルルノ不義ト危險トハ鑛業省ノ註ニ述ベタルガ如シ, 南滿鐵道等ノ統一, 南漢江に投じ, 南潁川方面まで遠征, 南濠ニ大帝國ヲ築, 南濠州の泥湖様, 南瀘水の秋, 南であり最低地点, 南無きゃらたんのうとらやあ, 南無しではありません, 南無しすなは, 南無水天宮南無不動様, 南があ, 南独バーデンのネッカラウ村, 南独立党バリー支部へ送られる, 南独立資金をうる, 南独立運動の志士潘是漢, 南独逸訛まじりの, 南獨逸のミュンヘン, 南玉さんにも妾ゃ, 南玉の側へ来, 南玉一人でなかった, 南玉爺の, 南王宗竜王に見染められ, 南王宗竜皇帝が倫敦仕立て, 南王族畿外侯彊柢を無情, 南球中に傑出, 南球五万哩余程沐雨, 南球十二勝なり, 南球周遊の途, 南球視察の目的, 南球風物亦多, 南瑞西のモン・フォール, 南産業館陳列の顔水竜氏指導作品, 南といふ名, 南田楽狭間の窪, 南由布へまはりいよ, 南甲州街道と旅人, 南甲賀町の下宿, 南町奉行大岡忠相のお, 南町奉行大岡様のおや, 南町奉行大岡殿の役宅, 南町奉行大岡越前であるぞ, 南町奉行大岡越前守さまと相談, 南町奉行大岡越前守忠相さまのたまもの, 南町奉行大岡越前守忠相様がいらっしゃる, 南町奉行大岡越前守忠相自邸の庭, 南町奉行大岡越前守樣御組中田甚太夫殿の手先, 南町奉行大岡越前守殿出馬あり今, 南町奉行本多信濃守の妹, 南町奉行神尾元勝, 南町奉行筒井和泉守北町奉行榊原主計守二人ながら立派, 南町奉行組下同心相沢半助, 南町奉行與力の筆頭笹野新三郎, 南町奉行越前守大岡忠相の役宅, 南町奉行遠山左衛門尉直々の取調, 南町奉行附与力曾川甚八が足早, 南町奉行隠密まわり同心税所邦之助出張致した, 南町奉行鳥居甲斐守忠燿青毛の馬, 南畆先生が外姑, 南界大川土佐堀川を北界, 南より眺, 南留倍志系に属する, 南略中央にある, 南番所係で大車輪, 南畫中の山岳, 南病棟の上, 南登言家礼婆妹之宮答久, 南は自己, 南白良の渚, 南百ロッドのところ, 南百四五十歩に石, 南百浬のところ, 南皇帝個人の間, 南皇帝宗竜王それ自身だったの, 南の百姓, 南皮一城もここ, 南皮城の八門, 南と北監, 南とも言, 南とし, 南稿, 南瞻部州という名, 南瞻部州閻浮檀金の名, 南瞻部洲下過五百踰繕那乃有地獄, 南裂けて, 南碑南碑が少い, 南禅僧堂の頭陀袋, 南禪寺山門に立ちのぼる, 南禺集の著者, 南秋川上流のヘンボリ, 南秋川沿いの笛吹, 南秋江の, 南秋色転堪, 南移した者が, 南が上部笹原, 南窓下の机, 南窓小庭纔二坪餘頃日青苔殆覆盡余愛其如天鵞絨毎倦書, 南竜公紀州頼宣が虫, 南竜軒ここまで聞い, 南竜軒先生極めて無邪気正直, 南竜軒先生それを聞い, 南竜軒首を振っ, 南竹梅で散財, 南筑紫のますら, 南でありたくさん, 南粂郡の東山村, 南粂郡東山村の隣村, 南純一の風聞録, 南紺屋町の社, 南組三度目が天満組, 南組十一町家数竈数で言, 南緬甸香港澳門も亦, 南縁暄を迎, 南縁錢形平次は日向, 南總外史として現, 南置賜郡広幡村にある, 南から検事局, 南がずっと, 南育ちの人々, 南胃腸病院に入院, 南にある, 南自由党の発生地, 南至交趾北至幽都, 南至交趾孫僕續滿之國, 南至邪馬壹國女王之所都, 南至邪馬臺國女王之所都, 南艦隊とに二分, 南芳庵の冷ややか, 南芳野村大字丹生に鎮座, 南苑識名園を拜見, 南の保養地ボーンマス, 南英國の町, 南茅場町辺の或, 南茶山二先生泛舟墨陀河与源波響木文河釧雲泉川槐庵, 南莞爾氏の告別式, 南華眞經冲虚眞經などと稱, 南華真経を枕, 南華經の言, 南華老人は言, 南葛労働組合の幹部, 南葛城地方にはしばしば, 南葛飾寺島村蓮華寺のうしろ, 南葛飾郡新宿の農家, 南葛飾郡葛西村の船頭音吉, 南葛飾郡葛西村字大島の共同井戸, 南葛飾郡金町の瓦焼惣兵衛, 南の花, 南葵文庫所蔵の書籍, 南古境, 南蔵院さまの前, 南蔵院前まで行く, 南蕃人佛蓮と申す, 南薩摩の甑島, 南蘋流の弘まりたる, 南虐殺事件と言っ, 南螽斯篇のこと, 南蠻仕込みの恐ろしい, 南蠻渡りの毒藥, 南蠻祕法大毒藥は七味唐辛子, 南蠻系統のもの, 南蠻紅毛の國, 南蠻鴃舌の人, 南行三日めの午, 南行中部印度のプーリ, 南広庭, 南裏町十五番地に移り住んだ, 南裏通である, 南裔和尚が笠ヶ岳, 南に源, 南西あらゆる海外, 南西北なら西北, 南西南は安, 南詔以て妖, 南詔国の極めて, 南詩句の裡, 南詰一軒は新町, 南詰東側にあつ, 南諸処方々で戦っ, 南の長津, 南豆長津呂の漁師, 南貴州で暗い, 南貿クラブに落着, 南賀茂川からは東, 南賢豆國の中, 南賢豆沙門達摩笈多も續高僧傳, 南贍部洲とか傲来国, 南走した山は, 南走するを望む, 南越沢には新た, 南趙融の行く, 南足立郡沼田村にある, 南路出土とあ, 南老来漸脱, 南軍め沢山やられとる, 南軍出没して, 南軍勢を生じぬ, 南軍接近の知らせ, 南軍方であって, 南軍相戦わざるを, 南軍秀吉の麾下, 南軍箭を飛ばす, 南軍糧尽きて, 南軒曝背の好, 南輕井澤の方, 南し右側, 南農鳥山の二等三角測量標, 南近江一円の兵力, 南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 南追廻門汐見櫓を包む, 南の志, 南運河をみ, 南道郎の司会, 南遠江守をうしろ, 南遠江守畠山阿波守細川顕氏などは先, 南の二友, 南遷し大里按司の, 南邊迄は及んだらしい, 南郡はかせ頭役仕来, 南郡三ヵ所の城, 南郡地方にいた, 南郡城外十里まで迫っ, 南郡襄陽荊州の三城, 南郭春台蘭亭をはじめ, 南鄭侯であった, 南鄭城内へ引, 南は区内, 南金校の先生, 南金錠を自分, 南釜石から北, 南鉄舟徳済というよう, 南鉄道以外にも幾つ, 南銀河と野, 南錦小路の北, 南鍋町弥生に飲む, 南鍋町辺の裏通り, 南鍋街の一旗亭, 南長江の北, 南門すべて今は突破, 南門並びに相州, 南門内にある, 南門北門三方すべて殺地, 南門柱東を過ぎ, 南門衛少督, 南門黄柏路というところ, 南開きの崖, 南関田町の島田家, 南関西線のガード, 南閣浮提の中, 南閻浮洲が振出し, 南阮有喪雖可悼北堂無恙亦, 南阿かね英領ギニアかね, 南阿仏陀南阿陀, 南阿弥陀阿陀, 南無弥, 南陀仏南阿弥陀阿陀, 南を示し, 南院藤室の僧房, 南にある, 南とを比べたら, 南隅下伊那の旦開村, 南隅場末の地, 南の下, 南随一の紙業地, 南は北, 南雲南諸処にあり, 南露エカテリノスラーフ県なる母方, 南露人の法螺吹き, 南露出身の機械技師, 南露西亞を遍歴, 南に馬, 南風除けのため, 南飛騨の勝景, 南食堂の結局西洋料理, 南飴屋町綿屋町等にも京, 南また山羊, 南馮習はあきれ, 南駿西の農民, 南高地から赤備え, 南高山上に物, 南に進んだ, 南鮮のは翼, 南鮮北鮮のやう, 南鮮方面の原産, 南鮮沿海五十万の普通漁民, 南鮮漁民を助ける, 南は雌, 南鴨河の東, 南鷹ヶ峰の山地, 南麓二千三百米の高所, 南麓浮島沼に近き, 南麓県立女子師範学校の辺, 南麓霽る, 南麼三曼多勃駄喃薩婆勃駄菩提薩恒縛千粟駄耶惹吠奢爾, 南鼠死行一篇を賦, 南とも名, 南龍岡温井里温泉丈けである