青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「唇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

品川~ ~品物 品物~ 員~ 哲~ ~哲学 哲学~ ~唄 唄~ ~唇
唇~
唐~ ~唯 唯~ ~唯一 唯一~ 唯物~ 唱~ 唾~ 商~ ~商人

「唇~」 7313, 79ppm, 1422位

▼ 唇~ (2884, 39.4%)

167 噛んで 110 噛んだ 48 かんで 43 かんだ 28 かみしめて 25 動かして, 噛みました, 結んで 24 噛みながら 23 噛みしめて, 歪めて 20 つけて, 動かした 18 ゆがめて 17 むすんで 14 かみしめた, つけた 13 反らして 12 歪めた 11 持って, 曲げて, 血の 10 噛んだまま, 噛んだり, 押しあてた 9 噛みしめた, 尖らせて, 突き出して 8 あてた, かみしめながら, きっと結ん, なめて, 噛みしめながら, 閉じて, 震わした 7 かすかに, きっと結び, して, ふるわせた, ふるわせて, 噛むの, 噛んだが, 固く結ん, 開いた, 開いて

6 [12件] うごかして, なめながら, ふるわして, ふるわせながら, キッと, ワナワナと, 噛み締めて, 噛み締めながら, 尖らして, 舐めた, 見て, 鳴らした

5 [21件] ついて, とがらして, とがらせて, ひらいた, ぶるぶるふるわせ, もって, わなわなと, ブル, 噛みます, 寄せて, 曲げた, 洩れた詞, 突出し, 紫に, 紫色に, 舐めて, 衝いて, 開けて, 震は, 震わしながら, 顫は

4 [29件] あてて, あてました, かむよう, なめた, ぬらした, ゆがめながら, わななかした, わななかして, ギュッと, ペロリと, ムズムズと, 咬んで, 噛むと, 噛むばかり, 噛むよう, 尖らせた, 当てて, 彼の, 押しつけた, 洩れた, 痙攣させ, 結んだ, 舌で, 見つめて, 見ると, 開くと, 震はせて, 震わして, 震わせて

3 [47件] あてる, かみながら, かんだが, しめして, ちろと, つぼめて, なめる癖, ひん曲げて, もぐもぐさせ, ゆがめた, わななかせながら, グッと, シッカリと, ポカンと, ワナワナふるわせ, 乾かして, 動かしかけたが, 動かしたが, 動かしました, 反らしながら, 反らせて, 咥え, 咬みぬ, 嘗めた, 噛み, 噛む, 少し歪め, 幽かに, 慄わせた, 押しあて, 押しあてて, 撫でながら, 歪めたが, 漏れて, 白くし, 白くした, 破って, 突き出しながら, 舐めあげて, 舐めながら, 見ながら, 見詰めて, 触れた, 閉ぢて, 顫わして, 顫わせて, 鳴らして

2 [152件] あけて, あてながら, かみしめました, かみつつ, かみぬ, かみ眼, かめば, きっと結んだ, ぎゅっと歪めた, ぐっと噛みしめ, しっかりと, しめて, すぼめて, そっくり返し, そと, そらして, そらせて, だらりと, ちょっと曲げ, つきだして, つき出しながら, つまんで, とおして, とがらした, とがらせ, なめずりながら, なめたいところ, なめなめ, なめるの, ぬすみ見しますが, はなして, ぱくぱくさせ, ひらくと, ひろげて, ふるはせて, ふるわし色, ふれた, ぶるぶると, ぺろりと, ほころばして, まげた, まげて, みつめて, むすんだ, むすんだまま, もとめるので, もとめ私, ゆがめるよう, よせて, わななかせつつ, わなわなさせ, ギユツと, ギリギリと, ブルブル顫わせ, 一文字に, 三回盗まれた, 上下に, 乾いた舌, 二三度動かした, 二三度噛んだ, 付けながら, 何か, 兎も, 円くし, 出して, 前歯で, 動かさないで, 動かしながら, 口の, 合すばかりの, 合せて, 吸おうと, 吸って, 味噌煮, 咬みて, 噛まうと, 噛みしめたまま, 噛みしめても, 噛み拳, 噛み破られて, 噛むこと, 噛んだ怨み, 噤んだ, 固く結んだ, 固く閉じ, 大事そうに, 封じて, 少し開い, 尖がらして, 尖らした, 尖らせました, 屹と, 左の, 引きしめて, 御噛み, 思い出させた, 押しつけて, 押し当てて, 拭きながら, 拭って, 持った不良青年, 持つて, 指で, 曲げながら, 横に, 歪めたり, 求めた, 求めようと, 洩る, 洩れたのに, 洩れると, 洩れると共に, 浸して, 湿した, 漏れた, 激しく震, 濃く玉虫色, 甜め廻す癖, 痙攣的に, 痛いほど, 眺めて, 着けようと, 移して, 突き出した, 突き出しに, 突き出すと, 突出した, 窄めて, 紫いろに, 細めて, 結びて, 締めて, 自分の, 舐めまわした, 蕾だ, 血だらけに, 見た, 見たです, 触れた武士, 軽く噛ん, 輕く, 開き, 間近く寄せ, 離した時, 震わしたが, 震わせながら, 静かに, 顫はせ, 顫わせながら, 鳴し, 鳴した, 鳴らしながら

1 [1261件 抜粋] あえがして, あけ加減, あつる, あてると, あて舌, あまりひどく, いく度も, いやに, うけた, うごかした, うごかしますと, うるおして, うるほし, おくれ毛が, おさえると, おどけものらしく, お受けする, かくすほど, かく時, かたく引き, かねちゃ, かみしめたが, かみしめまばたきする以外, かみしめ伸子, かみしめ打たれそう, かみつけること, かみました, かみわって, かみ合い, かみ眦, かむ, かむと, かるくかん, かるく噛ん, かんだま, かんだり, きっとかみ, きっと噛みしめた, きっと結んだなり, きゅっとまげ, きゅっと歪め, きゆ, きッ, ぎゅっとかみ締めた, ぎゅっと噛んだ, くっきりさせ, ぐっとへの, けいれんさした, こすつたり, さがした, さしあて, さしよせて, さもさげすむ, した, したその, した大柄, しっかりかん, しぼめて, しめした, しめたまま微笑, じっとねめつけ, じっと眺めた, すこしあけた, すぼめるよう, すりつけた, そっくり返らして, そっとつぼめ, そっと閉じ, その, その唇, そらした美和子, そらし合って, そらそうと, それでも心持ち, たたきながら, ちっとそらせ, ちょっと尖らし, ちよつと, つきだします, つきだし早口, つき出すよう, つぐみ合って, つけずに, つけたかった, つけたまま, つけつつ, つけるころ, つける者, つたつてたらたら, つぼませて, つよくかんだ, つよく拭いた, でるただ, とがらし登勢, とざして, とじて, とらえた, とんがらせて, どす蒼く, なかば開いた, なめくじが, なめずるよう, なめなめ云うの, なめるとき, なめ廻して, ぬぐった, ぬらして, のせたり, はずすと, ひきしめた, ひきむすんで, ひっぺがすのが, ひらいたまま, ひらかないほほえみを, ひらき大きな, ひんまげるの, びくびくさせ, ぴくぴく痙攣, ぴったりと, ぴりぴりふるわせ, ふくらまして, ふさぐすべ, ふるはして, ふるはせながら, ふるわせ, ふるわせた一刹那, ふるわせるだけ, ふれそして, ふれようと, ふれ合うこと, ぶるぶるふるわせた, ぷーっと, ぺちゃぺちゃと舐め, ほぐしとうとう, ほころばせかけたが, ほころばせながら, ぽかんと開い, まくり挙げて, まげたあの, まるめて, みまもった, むさぼった, むすびじっと, むすぶ, むすんだきり, むちやむちや動かし, むッと, もぐもぐさしてゐる, もぐもぐと, もぐもぐ動かし, もちあげて, もってる熱情的, もつその, もとめた, もれし詞, もれた言葉, もれなかったので, やきそう, やっと開い, やや弛め, ゆがめた時, ゆがめなど, ゆがめ少尉, ゆるすところ, ゆるめて, よせた, わざと青黒く, わずかに, わななかし咽喉, わななかす間もなく, わなわなふるわし, アーンと, ガーゼで, キツと, キリ, キンチャクの, グッとへの, ジイと, ソッと, チョッと, ナプキンで, パクリと, ヒン曲げ, ビクビクふるわせ, ピク, ブチこわし, ブルブルふるわせる, ペろぺろと舌で, ポッと, ムツムツさし, モグモグさせ, ユの, ワナワナ慄わせて, 一寸とがらせ, 一寸歪める, 一応処理, 一番高い, 上へ, 上唇下, 与えた, 中心と, 丸めて, 二つに, 二度も, 交わしては, 仰向けに, 伸して, 何遍も, 僅かに, 全く働かせなくなった, 冷やかに, 凝と, 出ると, 切りそう, 利用した, 刺すヒラクチ, 剥いて, 割り日, 動かしかけて, 動かしたよう, 動かしましたその, 動かしやがて, 動かす, 動かせて, 半ば開いた, 半分噛んだ, 卑し気, 反すとは, 口惜しそう, 合せてから, 合せようと, 合わせて, 君に, 吸いこんで, 吸う, 呆れて, 味わいながら, 咬みたり, 咬みつつ, 咬み締めて, 咬緊めつつ, 喋々と, 喰いしめたまま暫らく無言, 喰絞り, 喰縛って, 嗽ぎ氣の, 嘗めながら, 嘗めまわしながら, 嘗め廻した, 噛ませる程, 噛みがたがた, 噛みしだきながらも, 噛みしめたまひ, 噛みしめつつ, 噛みしめる機会, 噛みしめ一念, 噛み一歩一歩, 噛み両, 噛み出す, 噛み切って, 噛み合, 噛み恨めし, 噛み果, 噛み汗, 噛み眼, 噛み破って, 噛み緊め乍ら, 噛み締めたなり, 噛み締めるだけ, 噛み締め噛み締めは, 噛み見るも, 噛み身體, 噛むお, 噛むのみ, 噛むやう, 噛んだか, 噛んだの, 噛んだもの, 噛んだらしく少し, 噛んだ若, 噛んだ虚無僧, 噛んでは, 噛締め, 噛締め眉を, 四方に, 固く閉じた, 圧しつけさせた, 垂れたの, 垂れ蔽える鼻, 堅く噛ん, 堅く結ん, 塗りつぶすの, 塞がれた時, 壓し, 外らした, 女の, 安心し, 宛てかの, 寄せました, 寄せ合, 封じた様, 小さくし, 少しあけ, 少し動かし, 少し歪めた, 少し震わせ, 尖げ, 尖らせたまま, 尖らせ平次仕込, 尖らせ眼, 差しだして, 差し出して, 己の, 幾たびも, 引き締めた, 引き離して, 引結び, 引絞め, 強く噛み, 当てがっ, 当てた, 彼女の, 待ち構えた, 微笑に, 心持上へ, 怖ろし, 思いッ切り, 思うさま曲げ, 思わせるよう, 感じたまま, 感じながら, 慄は, 慄わせて, 懐紙で, 我額に, 戰かせた, 手で, 打ちふるはして, 打つけた, 押えそんな, 押えたまま, 押しあてたかったの, 押しつけ再び, 押しひろげて, 押し開き用意, 押へる, 拭いた紙, 拭うと, 拭き取つて一應犯跡, 拭こうと, 持った美少年, 指から, 指へ, 挟むんで, 捩じ曲げて, 捩るよう, 捺したもの, 捻曲げて, 掠め去った, 接した, 接吻する, 描きはで, 擦りつ, 敬二郎の, 時々癖, 曲げるの, 有して, 染めて, 染めるらしい, 横すじかいに, 横舐めずっ, 此方では, 歪み加減に, 歪めた表情, 歪めます, 歪めるよう, 歪め嘲笑うよう, 歪め玲子, 歯で, 毒々しく反らし, 求め, 求めること, 求める時, 沾し, 泉に, 洩るスチーム, 洩る鮮血, 洩れたと, 洩れるもの, 洩れる言葉, 深く噛み締め, 深く噛ん, 湿して, 滴々と, 漏れました, 潤した, 濕さう, 濡そう, 濡らしました, 灯に, 焼いたあと, 熱でも, 片頬, 甜めて, 男の, 痙攣させた, 白い白い真珠, 盗まれただけ, 盗んだ下手人, 真っ白に, 真一文字に, 眺めた, 着けて, 知らなかった二人, 破りそう, 私の, 突きだして, 突き出しポロポロ, 突き出し鼻, 突らせ, 窓ガラスに, 笛の, 糸切歯へ, 紅くぬっ, 結び王, 結べるま, 結んだま, 絞めて, 綻ばして, 緊めて, 締め身じろぎを, 縦に, 美しく歪め, 翻す将来, 耳元に, 自在に, 舌の, 舐めたの, 舐めふるえながら, 舐め廻して, 良人に, 若い娘, 蔽いながら, 蕾めたお, 蛸の, 袂に, 裂いてから, 裏が, 見せた, 見せてに, 見つめては, 見まもって, 見給, 覗き込んで, 触れそうして, 触れたでは, 触れないうち, 触れんばかりに, 觸れ, 記憶し, 許したあの, 許して, 許す位自分, 買って, 起して, 軽く上下, 辷り出た, 近づけました, 連想させる, 醜くゆがめた, 金魚の, 閉じしばらく, 閉じた, 閉ぢた, 開いたとき, 開かうとも, 開かないこと, 開かんずる, 開き顔, 開けさ, 開けた, 開けば, 隈取っ, 隠しながら, 離さなかった, 離した少女, 離れて, 離れようと, 震わしただけ, 震わしつつ, 震わすの, 震わせた, 顫わ, 顫わせ, 食いしばって, 食いそらした, 食べるやう, 鯉の, 鳴らし手綱, 鳴らすんで

▼ 唇~ (1081, 14.8%)

41 間から 34 上に 30 ない男 24 色まで 21 端を 20 色が 19 あたりに 15 色を 14 ない怪物, 色も 12 端に 11 あたりを 9 色は 8 ところへ, はしに, 両端を, 動くの, 間に 7 両端が, 紅さ, 辺に, 隅に 6 ない奴, ように, 下に, 合せ方が, 端から

5 [12件] あいだから, あたりが, はしを, ほとりに, まわりを, わななき, 上で, 上へ, 動きを, 紅を, 赤さ, 隅を

4 [13件] あいだに, あたりには, やうに, 上の, 中に, 方へ, 曲線が, 紅が, 色の, 色までが, 血を, 譜, 雨を

3 [20件] ところに, ところまで, ない顔, まわりに, まわりの, 上には, 両端から, 両端に, 先で, 厚いその, 右の, 奥に, 泡を, 皮を, 真赤な, 端で, 跡が, 跡を, 運動が, 隅で

2 [56件] あたりの, いろを, うちで, ことに, そばに, ところで, はじに, ふるえを, へんに, ような, 下から, 下の, 両隅, 先へ, 切れ目の, 厚い久さん, 厚い口, 厚ぼつたい, 右下に, 周りへ, 周囲が, 周囲に, 周囲を, 外に, 奥で, 左右が, 左右に, 捺し形, 捺形と, 格好から, 渇きを, 片端を, 片隅から, 皮が, 端が, 端には, 紅と, 紅なる, 紅の, 紅は, 線が, 縁を, 色だけが, 薄い割, 薄い女, 薔薇の, 角を, 跡な, 輪郭が, 辺りが, 辺りに, 間へ, 隅には, 隅は, 顫え, 魅力など

1 [435件] あいだ, あいだで, あたりで, あたりと, あたりへ, あたり額の, あつたかみ, あどけなさ, ありどころ等々, ある皺, ある美しい, あれに, いと, いや堪ふまじき, いろが, うえに, うごきで分る, うごきや, うごき手真似, おくから, おくに, おしつけあいに, おの, かげに, かすかな, かたちも, きりつと, ぐるりだけ, この様, この青年, しずくを, しびれるばかり, しまり好み, すぐそば, すみからは, すみが, その口付, そばの, ために, たるみを, ちょっとしたゆがめ, つき出たその, どこから, ないいつも, ないお, ないろう仮面, ない人物, ない仮面, ない口, ない怪賊, ない悪魔, ない歯, ない殺人鬼, ない清玄, ない畑柳庄蔵, ない赤い粘膜そのもの, ない赤はげ, なかから, なかには, なかへ, はしから, はしが, はしで, はたが, はたらきが, ひびも, ふちが, ふちに, ふるえ, ふるえるの, ふるへ方, ぶる, へんには, へんを, ほうへ, ほか血の, まわりが, まわりだけ, まわりには, まわりや, まん中へ, みずみずしさ, ものいうごとき, ものいふ如き, やうな, やや寂しい, ようである, ようにも, よく締つた, わきには, わざとらしく色めい, わななく, カツトの, キリリと, ツバが, ベルナルドオの, ホンの, ワナワナと, 一つ一つを, 一端さえも, 一角には, 一部に, 七種を, 三角な, 上にも, 上や, 上下を, 上向きの, 下で, 下のと, 下へ, 下を, 下唇, 下端には, 下縁, 不思議な, 不良青年が, 不隨意筋, 両わき, 両端にあたる, 両端の, 両脇, 両角, 両角の, 中から, 中には, 中へ, 中程には, 中頃に, 久さんは, 乾いたという, 乾きを, 五十余りの, 仇気ない, 何に, 何処が, 側に, 傍に, 傍へ, 傷は, 働きが, 先が, 先だけ, 先に, 先生が, 其上に, 内側が, 内側を, 処に, 処へ, 出た口元, 出た口尻, 出で, 出方の, 切り込みの, 切れるやう, 切れ込みとの, 刎調子, 初々しい顫, 刺青は, 前に, 前一寸, 前後の, 剥げ掛かつ, 動かしかた, 動き, 動きそして, 動きその, 動きに, 動きは, 動きや, 動きように, 動き工合からでも, 動き方で, 動き方を, 動くさま, 動く間, 動こうと, 厚い, 厚い事, 厚い兵卒, 厚い半, 厚い夥しく醜い女, 厚い大, 厚い女, 厚い白っぽい主人, 厚い目色, 厚い真赤, 厚い給仕女, 厚い老人, 厚い鉤鼻, 厚い首, 厚さ, 反り蛾眉, 取れた奴, 取れた齒, 只中に, 右か, 右下の, 合さった両角, 合せ目を, 周りに, 周囲には, 周囲の, 味を, 固く結ぼれた, 圧力と, 型が, 埃を, 外には, 外へ, 大い, 大きいの, 大きい見た, 大きくて, 大きなそして, 奇か, 奧に, 女房と, 姿なぞ取り取り様々の, 寒かるべき, 封臘を, 小さな押花, 少し尖った, 少女といふ, 尖で圓太郎, 左へ, 左右へ, 左方に, 干いた歯, 幽冥の, 引き締め方, 引緊った, 弧線も, 彎む毎に, 形です, 形に, 形は, 形指の, 後ろで, 微な, 微に, 微動を, 微笑には, 微笑を, 心持ち厚い, 恰好は, 恰好を, 感じなどは, 感じも, 感触は, 感触を, 慄ふ, 態であった, 戦きほか言葉, 戦くまで, 手形を, 揺れるよう, 方が, 方で, 方を, 暖き, 曲げよう煙草, 曲げ方, 曲線と, 曲線の, 曲線も, 曲線を, 木の葉を, 未だ曾, 朱の, 柔らかな, 横っちょで, 正面に, 武士は, 歪めかた, 火傷の, 無念そうな, 熱さ, 燃ゆる, 爛れたあの, 片端は, 片隅に, 片隅を, 特徴, 特長などを, 生々と, 男が, 異常に, 皮は, 皺一つの, 皺眼手上品な痩せ, 目立つて, 真中に, 真向きの, 突き出て, 端だけ, 端っこで, 端は, 端まで, 端光なく, 笑いを, 筋肉は, 精力的の, 紅い, 紅いの, 紅い三十二, 紅い人, 紅い切れ, 紅い女, 紅い妙, 紅い髪, 紅さったらありませんでした, 紅にて, 紅も, 素晴らしい曲線, 細かい産毛, 結構な, 絵が, 絵を, 綻びた微笑, 線の, 線は, 線や, 線を, 線鼻筋の, 緩やかな, 縁が, 繊細な, 罠に, 美しい曲線, 肉あつく, 肉が, 肉付を, 肉色其白い, 脅えきった少女, 脅えきつ, 腫れあがった, 臙脂や, 臭を, 色だけ, 色で, 色にも, 色はとこなつの, 色までも, 色變り, 色青く, 色頸筋の, 艶は, 艶や, 艷, 花が, 花に, 蓋を, 薄いやや, 薄い五十前後, 薄い口元, 薄い彼女, 薄い歯, 薄い眉毛, 薄い鉢, 薄い頬, 薄く大きい支那金魚, 薄皮を, 薄笑, 血の気が, 血の気まで, 衣笠は, 表情が, 表情に, 裂けたシャカバク, 裂けるかと, 裏に, 裏を, 裸の, 褪せて, 角から, 角がた, 角に, 触ったばかり, 触るるごと, 触れたところ, 触管, 赤いこと, 赤いちよい, 赤い女, 赤い娘, 赤い沈黙, 赤い洋装, 赤い美男子, 赤い鼻, 赧い, 跳ねた皮肉, 軽い皺, 輪廓の, 輪郭とには, 辺が, 辺で, 辺には, 辺へ, 辺りには, 辺りにも, 辺りを, 近くで, 近くに, 邊にも, 部厚, 醜怪, 鉄漿へ, 長蔵さんなどは, 開きは, 開きを, 開き工合の, 間からも, 間が, 間で, 陶酔とは, 隅が, 隅がた, 隅の, 隅へ, 隙にも, 雨, 震えてるの, 震える顔, 音であった, 音と, 顫かかる, 馬鹿げて, 高慢な, 高貴さと, 鳴るの, 黒きを, 黒子が, 黒赭いよう

▼ 唇~ (627, 8.6%)

12 あてて 11 持って 10 指を 8 接吻した 5 あて, 上って, 微笑を, 持つて, 接吻し, 接吻を, 浮べて 4 あてると, 当てて, 浮んで, 自分の, 血が, 触れて 3 あてながら, つけて, つける, のぼって, もって, 力を, 咥へ, 接吻すれ, 浮べながら, 絶えぬは

2 [34件] あてがって, あてた, あてたり, あてたるが, たまった泡, のぼった, キスを, 一種の, 上つた, 上る, 冷笑が, 出て, 味品が, 噛んだ, 噛んで, 寐息を, 当てが, 当てた, 手を, 指さきを, 浮べた, 當て, 皺を, 私は, 笑いを, 笑を, 紅, 紅は, 耳を, 胡瓜の, 觸る, 觸れ, 請けた, 運んで

1 [429件] あつ, あてがった, あてがわれた, あてたままそこ, あてたビイル, あてた一口, あてた杯, あてはるかふもと, あてました, あてる, あてんと, あはせた, あるの, あるはいやしく, いかにも乙, いくらか, いはば, うかばしむかく, うかぶかすか, うかぶその, うかぶ唾液, うかべるの, うかんだが, うすく唾液, うすむらさき, おし當, かざして, かすかに, かすがい膏打よう, かつて意地悪, かみしめながら, からび附いて, からみついて, くわえたまま, くわえて, くわえながら, くわえ木の葉笛, くわえ煙た, くわへて, こぼすと, ごく微か, さした嚥脂, さしなおして, さし出した, さてはわが, さは, さんご, しかけた杯, したの, して, しまり, しまりが, しみじみ山, しめして, すすって, すすり泣けり, すると, するよう, そっとキッス, たたえて, ただの, ためら, ちょっと寂しい, ちらと, ちらりと微笑, ついたタバコ, つうんと, つけた, つけただけで, つけた処, つけた時, つけだした, つけながら, つけようと, つけるなど, つけ黙って, とまりまた, ながして, なった整った顔, なって, なつた, のせて, のぼさずに, のぼせて, のぼらないの, のぼらない訣, のぼります, のぼり来るを, のぼる, はこんだ, はさむ, はさんで, はりついてる髪の毛, ばらばらと, ひきつけられて, ひっかかった茶かす, ひとすじ紅が, ひとりひとりが, ひろがった, ふくませまた, ふくまれた時, ふくんだ, ふれなば, ぶんぶんと, べらべらと, ほころばせて, ほとばしらせながら, ほのかな, ほのめいて, ほほえみを, ぼったりと, まだ涙, むすび自分, むすんで, むっとした, もう罪, もう薄く, もったの, もつれるの, よごされて, よせられました白い, わななかせ涙, キスした, グイグイと, タンジーの, チョと, ツイと, ニジミ出した, ヒステレックな, ヒヤリと, 一切衆生皆, 一刷毛の, 一寸した, 一寸墨の, 一死を, 上せなかった, 上せました, 上りしが, 上りし微笑, 上りました, 上りません, 上ると, 上るの, 不平を, 不斷, 不自然な, 両手を, 乗つた, 二本の, 人さし指を, 人の, 人指し指を, 仏のみ, 代へ, 伝は, 伝わりしおからい, 何か, 何かを, 俯向きざまに, 偽装し, 傳はりまた, 傷が, 充分満足, 入れた, 其の唇, 冷いと, 冷かに, 冷笑を, 出来た粟粒, 分けて, 別に, 加へたり, 動きしが, 動く欷歔, 受けたと, 受けて, 口紅の, 可憐とも, 含ませて, 含まれた微笑, 含みて, 含む嬌態, 含んで, 吸う, 吹矢の, 呪詛を, 呼べば, 咥え, 咥へて, 唇を, 啣えた, 喰いそれ, 喰い入ったまま彼, 噛みしめ噛みしめだんだん, 噛みつぶして, 噛みながら, 噛むといふ, 圧されて, 垂れさ, 塗りたくつて, 塗り或, 塗ると, 壮助は, 妙な, 宛てる, 宛てるとき, 寄せて, 寄せます, 寄せ来る, 寄って, 封印され, 對し, 小皺が, 小粒な, 少しばかりの, 少しばかりも, 巻煙草を, 幸福な, 幽に, 弄しはじめた, 弄ばれる短い, 引きつけらるる, 引きつけられて, 張りきって, 強く押し当て, 強く接吻, 当つるとき, 当てがって, 当てしきりと, 当てたの, 当てたま, 当てたまま, 当てつ, 当てながら, 当てると, 当て中, 当て素肌, 当るグラス, 彼は, 彼自らの, 微かな, 微笑い, 微笑が, 微笑むで, 微笑んで, 悲調を, 情熱の, 惹き付けられること, 意味あり, 感じた葉子, 感じはじめる, 感ぜられた, 懼れられ, 押しあて, 押しあてた, 押しあてるので, 押しつけて, 押しつけては, 押し当て, 押し当てて, 押し当てられた, 押し當てつ, 挾んだ, 接吻しました, 接吻する, 接吻胸に, 接近し, 揶揄嘲笑を, 敏捷に, 新しい乳, 施して, 星の, 時々ちら, 曲折り, 最初の, 杯を, 柔かい座褥, 止めたまま, 残して, 残ったかと, 残った紅, 殘つた紙を, 毒ある, 気を, 水を, 永劫変らない, 沁みついて, 泛べ, 泛べながら, 泛んだ, 注がれて, 注ぎぬ, 洩れたこと, 流れこむ血, 流れぬ, 浮かべながら, 浮かべり, 浮かんだ言葉, 浮かんで, 浮ぶ頼り, 浮べさせたり, 浮んだと, 浮んだ微笑, 浸みる辛い, 涎を, 清冽な, 湿して, 湿を, 滲んだ艶, 漂って, 漂は, 漂わせて, 漂わせるほか, 激しい接吻, 濃く塗りこんだ, 濡れたること, 濡れた相手, 火を, 火傷を, 点滴らなけれ, 無数の, 焼けつくよう, 熱い珈琲, 燃ゆる, 物優しい, 玉子を, 現れた微笑, 現われた痙攣, 生色が, 當てた, 當てたり, 痙攣を, 痛く響い, 癖の, 白い歯, 皮肉なく, 真赤に, 眼を, 示し合って, 移して, 笑みを, 笛を, 紅芙蓉が, 緋桃を, 脂肪を, 與へ, 艶, 艶が, 苔むされて, 苦笑を, 茶碗を, 蓋を, 薄い皮肉, 薄い笑, 薄い笑み, 薄桃色, 薄笑いが, 薄紅, 蜂蜜を, 蟹の, 蠅が, 血の, 血の気が, 血着いた, 血色が, 裂傷を, 見えた, 見えた膨らんだ鼻腔, 見せながら, 見せるあれ, 見ること, 見るよう, 触ったの, 触って, 触つた, 触るる時, 触れ, 触れたかったの, 触れたく思, 触れたとき彼女, 触れたら酸漿, 触れたり, 触れた時, 触れた瞬間, 触れては, 触れると, 触れるに, 触れるまでの, 触れるマンゴスチン, 触れる瞬間, 觸れず, 觸れよ, 觸れる, 請けて, 警告の, 貼りつく, 躾を, 軽くはさまれ, 辛うじて持ち耐え, 込めて, 近づけた, 近づけながら, 近づけるの, 近付ける, 近附けた, 迫るまで, 追放者らしい, 通った鼻, 過去の, 遺って, 釘打たれたる, 銀歯が, 銜える時, 銜へ, 障ると, 隠れて, 震う, 霊の, 食事の, 食物を, 馴れた, 骨を, 鮮やかに, 鳴らしながら, 黒い皺, 黒子が, 黒子の, 黒子も, 齎らした

▼ 唇~ (580, 7.9%)

6 かすかに, 微かに, 震えて 5 わなわなと, ワナワナと 4 ふるえて, 乾いて, 歪んで, 開いて 3 うごいて, ぶる, ぶるぶると, 動いて, 薄くて

2 [31件] ある, かさかさに, この時急, だらりと, ぴくぴくと, ぷるぷる震え, わなないて, ピクピク動い, ピリピリと, 上下に, 今は, 何か, 厚くて, 少し突き出, 届かない, 彼女の, 朝顔の, 殆ん, 物を, 眼に, 眼の, 破れた処, 私の, 突き出して, 紙の, 見えた, 触れたであろう, 震えた, 静かに, 頬に, 顫えた

1 [459件] あた, あった, あった筈, あって, あまり厚, あらわれたの, あり, ありありと, あり彼女, あると, いい眼もと, いきなり濡れ, いくらか引つ, いっしょくたになって, いつに, いやに, うかんで, うごいた, うごいたかと, うすい, うすく軽薄, おかしさ, おのずと動き出しまし, おののきます, きっと結ばれ, きれて, ぎゅっとへの, ぐっと引き歪んだ, こう愕, この時始, この額, こんなに赤い, しだいに形, すくむの, すこし慄, すぼまるの, せつなげ, そっと深山, そのとき, そのまま引きしまり, その下, その口紅, その色, その辺縁, それの, たしかに, たちまち変じ, たるんで, だらしなく開き, だらしも, ちよろり, ちらついて, ぢき, つんとひん, でれりと, とがりひょうきん, とび込んで, どいた, どうの, ない, ないから, ないの, ないのよ, なかった, なくなると, なんと蒼ざめてくっきりしていることか, ぬれて, はげしくふるえた, ひからびて, ひきつるので, ひどく厚い, ひやと, ひやひやで, ひらいたり, ひッ, ひツ, びくびく動いた, ぴく, ぴくぴくし, ぴくぴく引き吊つた, ぴりぴりと, ぴりぴりッ, ぴりぴり顫, ふくみかけたとき, ふつと, ふるえその, ふるえたが, ふるえただけ, ふるえたり, ふるえましたけれど, ふるえるばかり, ふるえ額, ふるへた, ふるへて, ふれたかと, ふれ合った, へんに, べろ, ほころびそう, ほとんど合おう, ほとんど黒紫色, ほどけなかつた, ほのかに, まがるもん, まくれ紫, まざ, また綻び, また隻頬, まだ固く, まっかに, まっ赤, むすばれ琴, むずむずと, むッと, もごもごと, もしこの, ものを, やっと語られはじめた, やや上弦, やや受け口, ゆき子には, ゆるやかに, わざと彼, わしの, わたしの, わたしのを, わななきかけたが, わななき眼, わなわなふるえる, わめいた, われにも, をの, アア唇が, カサカサに, カサカサ慄えた, キラキラと, キリリとして, グツと, サラサラと, ダラリと, チラチラ白い, ニヤニヤと, ハッキリと, ヒョットコの, ピクピクと, ピクピクひきつっ, ピリ, ピリッと, ピリリと, ブルブルし, ブルブルと, ブルブル顫, ボッと, ポッと, ムズムズと, ムックリ, メアリゴウルドの, ワクワクと, ワナ, 一刻も, 一寸引緊, 一層赤く, 一度に, 上の, 上のよりも, 上唇より, 上唇を, 不器用な, 不意に, 不気味に, 両方の, 中で, 乾くの, 乾くので, 乾く爲め, 交された, 今日は, 伸子の, 何だかパサパサする, 余りに紅い, 余りに複雑, 信二の, 僅かに, 僅か二十銭, 僅か動い, 僕の, 先生の, 冷淡だった, 凍てて, 出張つてズキズキ, 出来る, 分厚かった, 分厚く大きくて, 割れ唾液, 力味を, 動いた, 動いたが, 動いたと, 動いたので, 動いた程度, 動かなくなるの, 動きました, 動き出すの, 動くこと, 動くだけで, 動くにつれて, 動くの, 動くまま, 匙で, 十分に, 半ば開いた, 半分開い, 厚いゑくぼもあるにはあるが, 厚くいつも, 厚くそして, 厚く口, 厚く目鼻, 厚手に, 参木の, 反り返って, 右の, 右へ, 合い切れない様, 合うべきもの, 合は, 吸うべきもの, 嘲笑を, 噛まれた, 四枚も, 土気色, 土気色に, 垂れた儘, 垂れて, 堅く結ん, 声を, 夜露を, 大きかった, 大土堤を, 女性的な, 好きだ, 妖怪らしく, 娘を, 娘時代の, 小さくそして, 小さく咲い, 少しお喋り, 少しく反り返っ, 少しく紫色, 少しつき出, 少しづつ, 少し出, 少し前, 少し動く, 少し歪ん, 少し突き出た, 少し蒼ざめます, 少し震え, 少年の, 己に, 幽かに, 弁に, 引きつるやう, 引っ攣, 強張っ, 彼の, 彼等に, 徒に, 微笑し, 心持ち歪ん, 心持ち顫へてを, 心持ふくらん, 心持ほころび, 心持歪みます, 性急に, 恋しくなる, 恐ろしい話しぶり, 恐ろしく誘惑的, 意識された, 感じられた, 慄え, 拵えたよう, 新吉の, 明かに, 映って, 暗紫色に, 曲りさうに, 朱い, 枯葉の, 柘榴の, 横に, 欠けて, 次第次第に, 歌う微か, 歪み彼女, 歪む, 歯に, 毛蟲に, 気に入らないん, 汚れて, 波打ったため, 泣いて, 洩らしたもの, 流れて, 海鼠を, 涸き, 淫が, 渇く舌, 溶けるよう, 滅法婀娜めい, 滅法阿, 激情に, 濡れて, 濡れました, 火傷し, 烈しくワナワナ慄, 無いよう, 無くなって, 無心の, 無性に震えた, 熱っぽく息づき, 熱を, 爛れたよう, 片方へ, 狭く渋い表情, 狼の, 獨りで, 玉虫色に, 珊瑚色で, 瓣に, 生き生きと, 生身の, 男の, 異様に, 痙攣的に, 痛くなる, 痺れて, 癇の, 癒着し, 発言の, 白くなり, 白くなる, 白っぽく息, 白味が, 白昼の, 白痴の, 皆一様に, 皮膚にも, 相当に, 相触れ, 眉とともに, 眞つ, 真青に, 真黒だった, 真黒に, 眠る大きい, 破れて, 硬直し, 磯巾着の, 神体に, 私を, 稍安心と, 突出し, 突然微笑, 童女の, 笑いを, 紅くて, 紅で, 紫で, 紫に, 紫色してる, 細かく慄, 細かく震, 綻びそう, 綻びた, 綻びたかと, 綻ろびます, 締つていかにも, 締て, 締めくくりその, 縹色に, 美しい潤い, 耳たぶに, 耳の, 耳朶へ, 腫み, 腫上る, 膨れて, 自分には, 自分の, 自然に, 色褪せて, 艶, 花の, 苺みたいだ, 荒れ出した, 蒼ざめた, 蒼ざめて死人の, 薄く, 薄くくっきり, 薄く動い, 薄く細そり, 薄く開い, 薄らいで, 薄気味悪くゆがん, 藤波金三郎の, 蛇鱗の, 蜂蜜でも, 血の, 血を, 見えそこらじゅう, 見えるでは, 見えるほど, 見て, 見る見る弛んで, 覗きます, 解けて, 触ったか, 触つたやう, 触れた, 触れた時, 触れる, 触れ合おうとして, 訴へ, 赤くはれ, 赤ん坊の, 赭く, 身じろぎも, 軽く動き出しました, 近くて, 迫つて来た, 重なった, 長く反, 閉じたり, 開いたと, 開いた時, 開かれた, 開きかかると, 開き歯, 開き白い, 開く毎, 際立って, 離れた後, 難しく大きく緊, 電気でも, 震えるよう, 震へて, 霞の, 青くな, 青ざめて, 青紫, 顫い, 顫えました, 顫動する, 飛び出たその, 馬鹿に, 驚異の, 魚の, 鳴るの, 黒人の

▼ 唇~ (488, 6.7%)

6 乾いて 5 どこかへ, 血の 4 かすかに, わなわなと, 人喰ふ, 紫色に 3 微かに, 紅を, 色を, 震えて

2 [36件] いまにも, かしこみ, この女性, ささやいた, とにかくとして, わな, ワナワナと, 上唇に, 丹の, 何か, 例の, 僅かに, 刻一刻紫色に, 動いて, 動きますが, 嬰児の, 容易に, 寒さ, 彫像の, 彼女の, 思いきり爛れ, 悩ましきまでに, 歪みます, 無限の, 男の, 白く乾い, 確として, 笑ひ, 耳まで, 聲の, 臙脂を, 花の, 苺の, 酒を, 雁皮紙の, 顫えた

1 [372件] あつく前方, あのボワツ, あれきつ, あを, いかにも愛らしく, いじらしくも, いつにも, いつも乾, うごいたが, おごそかに, おのずから言葉, おののいて, おまけに, かさ, かるく濡い, かるく開い, かわきタジ, きちっと結ばれ, きっと結ばれた, きっと結ん, きつく結ばれ, ぎらぎらと, こうふん, こっちの, さしあてしかな, さっき光の, さほど安価, しかつめらしい声, すこし開い, すっかり蒼ざめているのである, その時却つて, その晩, その毒, その能面, それも, た, たしかに何, たしかに集っ, たれ下がって, ちやうど, ちょうど私, とがって, どうしても, どう考え, どちらかと, どの客, なお動い, なかばひらかれた, なんだか青く, ねじゆがん, はれたよう, ひきしまつ, ひきつった, ひどく痛々しそう, ひらいて, ぴくぴく震えだした, ふるい物, ふるえた, ふるえて, ぷりぷりと, へんに, ほとんど触れ合っ, ほのかに, ほほえみつぶった双眼, ほほえんで, ほんのちょっぴり, ますます固く大きく, ますます深く, まだ動かない, まだ燃え, まだ脅え, まどろみの, まるで一疋, まるで大, まるで薔薇, みにくいと, みるみる慄, むくれて, もうかなた, もう今, もう紫色, もったいぶって, もとの, ものいはん, ものすごい笑い, ものを, やはり前, やぶれ鼻, やや厚く, やや左右, ゆき子の, よく熟れた, わななき眼, わなわな顫, われにも, ガザガザに, キッと, キリリと, グッと, サツと, セルリーの, ダラリと, ドス黒く, ビリビリと, ピリッと, ブルブルと, ペラペラと, ヤンを, 一点の, 三つに, 下腹から, 不意で, 丹く, 乳飲み子の, 乾いた啜り泣きでふるえた, 乾ききって, 二倍も, 二本の, 二枚の, 何かずつと, 何とも形容, 何ものかを, 何やらわななきます, 何を, 偽善の, 全く触れ, 兵士たちの, 冷やッこく, 出ない乳首, 利かん気, 刻薄に, 動いたが, 動かして, 千度百度けがされよう, 半ば優しく, 半分開い, 厚くその, 厚くどす黒い, 厚くふくれ, 厚く太く顎, 厚く鼻, 厳恪に, 反動的に, 反対で, 受け唇, 口いっぱいに, 可哀, 呟いた, 味気なげ, 唇を, 喀血の, 噛まれ上唇, 四十前後の, 四角い形, 固く, 固くつぐまれ, 固く結ばれ, 土気色, 地獄の, 執拗に, 堅く結ばれ, 壮者の, 変に, 外側にだけ, 大きい, 大きいし, 大きくむすん, 女形の, 妖婦の, 妖魅の, 妙に, 嫌悪と, 嫌惡と, 子供の, 定まらぬ考え, 寒子の, 尋常よりも, 小さく綻びた, 小さく莓, 少しく紫, 少したれ下がり, 少し厚かっ, 少し厚く, 少し尖ります, 少ないとの, 少年の, 尚うす赤く, 常になく紅い, 幽里子, 幾たびも, 引きしまり再び, 強情な, 当てず私, 彼の, 徐かに, 微に, 微動し, 微動だ, 微笑みながら, 微笑めど神女の, 微笑んで, 微苦笑を, 心と, 心の, 怒りの, 思ひきり, 悲しそう, 意志の, 感覚的に, 慄え, 憂いを, 我手背に, 手負の, 打顫, 改まって, 敏感で, 敢て, 敬二郎の, 春風の, 暗紫色を, 暫く塩, 曾て, 最後まで, 有つて, 木の実の, 朱く, 朱の, 朱を, 椿の, 正に紅, 此の, 此方へ, 此運動に, 歪み舌, 歪んで, 歯並の, 比較的に, 水面へ, 氷で, 汝が, 決意に, 泡を, 泥の, 泥を, 活き活きと, 海の, 清淨なり, 漸くほぐれました, 激情に, 火の, 無心に, 無音ながら, 煙草を, 熱い息気, 熱い接吻, 熱烈な, 片隅に, 牙を, 物を, 物言いたげに, 珊瑚の, 生の, 生まれの, 異樣, 病的に, 痙攣し, 痛々しくも, 癇持ちの, 白い, 白く, 白く戦く, 白く目, 白く透き, 直接に, 相変らず, 相触れ, 眞ツ赤に, 真赤だ, 石の, 破れて, 硬いさ, 神経的に, 私の, 笑って, 笑つてゐるらし, 笑ふ, 笛, 笛の, 紅くとりわけ, 紅く顎, 紅でも, 紅の, 紫いろを, 紫の, 紫色だった, 細かくふるえ, 細きを, 結ばれて, 絶えずぶるぶると, 絶大の, 綻びこの, 緊張まり風雨雪霜に, 繃帶の, 耳に, 耳の, 肉が, 肉づき, 脂肪も, 腐色, 膿に, 自分の, 自然に, 自由に, 色うすく, 芙蓉の, 苦く前歯, 苦笑する, 茄子の, 草履の, 荒れて, 蒼く見える, 蒼ざめて厚ぼったく, 蒼ざめて彼は, 薄くなく, 薄くやや, 薄く病的, 蛙の, 蝮の, 血に, 血の気が, 表情の, 褪せないで, 西洋人形の, 見るま, 見る見るうち, 触れ合った, 言ひたい, 言葉を, 謎の, 貝の, 赤くさえ, 赤兒の, 軽い微笑, 逃げて, 逞しい敵愾心, 造え, 遠慮なくひらかれ, 醜い, 醜い貝殼, 醜く引吊つて, 重ねられた, 野葡萄の, 金輪際開き, 鉛色であった, 鉛色に, 鏡の, 閉じるとも, 閉ぢても, 開いたま, 開いたまま, 開き生, 間もなくサン・クルウ, 隙間なく, 震えた, 震え頬, 順に前方, 頬は, 頻つて, 顫え, 飯のか, 鬼灯を, 黒く渇い

▼ 唇から~ (265, 3.6%)

6 血が 4 洩れた, 血を 3 付いたん, 出て, 泡を, 洩れて 2 たらたらと, 出た言葉, 出る血, 快活な, 洩れるの, 流れる血, 血の

1 [225件] あんなにも, うじて, うめくよう, かすかな, くるので, こぼれて, しきりに煙草, しめやかに, すうっと, すべり出す外国語, すべり出て, すらすらと, そうした詞, そっと半紙, その刹那, たらたらとよ, ちらちら覗いてる, である, とびだした, なるたけ歩く, はきだす糸, はじまつて, はなしたパイプ, はなして, はなれる動機, ひそやかに, びっくりする, ふくみ針を, ふと横笛, ほとばしった, ほとばしり出た正義, ほのかに, むき出た白い, もうさっき, もう御, もれた, もれたの, もれたよう, もれて, もれる, もれる話, やっとかすれた, ガラツ八の, キスを, キレイな, サツと, ジラジラした, セイセイ漏らす, ゼイゼイ漏らす, チョビ安いい気な, ビロードの, プルプルと, 上の, 交互に, 今書こう, 付いたんぢ, 低い微か, 全身へ, 冷笑が, 出かかったの, 出た, 出たとき, 出た愛, 出るの, 出るほんとう, 出るも, 出る笑い, 出る自分, 切抜き記憶の, 初めて御用, 前歯を, 力なく, 匕首の, 口笛が, 口紅が, 口重に, 吐き出すの, 呟かれます, 呼ばれるの, 呼吸の, 唇へと, 唱えて, 唸く, 唾を, 喰いしばった歯, 営中のも, 嗄れたうめき声, 土部駿河守の, 外した, 外へ, 大きな赤黒い, 寝息でも, 常に離れなかった, 幾月聞かなかった, 当時を, 彼女なりに, 彼女の, 彼女は, 微かに, 思わずほとばしる, 思わず日本語, 悲鳴が, 慄え, 抜けた歯, 揃った前歯, 放した, 放して, 放すを, 明日の, 暖かい言葉, 最初の, 柘榴の, 極く, 歌が, 正真の, 死身に, 気に, 気違いの, 水の, 水を, 汚れた歯, 決して洩れ, 洩されるよう, 洩らした, 洩らしたが, 洩れずして, 洩れたもの, 洩れた一言, 洩れた同情, 洩れた時, 洩れようと, 洩れるであろうか, 洩れるや, 洩れる名号, 洩れる言葉, 洩れる金歯, 洩れる静か, 洩れ初めると, 洩れ喰いつきそう, 洩れ横手, 流れた, 流れて, 流れ出して, 流れ出す言葉, 流れ出た, 流れ出たの, 消えて, 消え去りました, 漏れた, 漏れたその, 漏れた河原者, 漏れて, 漏れる余地, 漏れる吐息, 漏れ肩, 濡れた紙巻, 無意識に, 煙を, 煙草の, 爪先までも, 物を, 特異な, 生血が, 病院の, 発した日, 発せられた声, 白々しい嘘, 白い歯, 眞珠色の, 真っ白い歯, 真珠色の, 破裂した, 私の, 突き出された舌, 突き出して, 笑み割って, 笛を, 粘いガラス色, 糸の, 糸を, 耳へまで, 聞いて, 聞くも, 聞けないと, 聴く話, 自分の, 自己弁護の, 舌が, 舌を, 芽を, 血潮が, 衝いて, 見える歯, 見え透く歯並, 見せて, 覗いてる真白い, 覗き出して, 観音経を, 言葉が, 言葉に, 語られた証言, 読みとれた, 豊かな, 赤い唾, 走るの, 起こりました, 辷り出た, 迸しりました, 迸り出た, 迸る言葉, 閃いて, 離した, 離して, 離すと, 離れた, 離れないの, 露れる, 青い汁, 静は, 響いて, 顎にかけて, 飛び出して, 驚喜の, 黒い血, 鼻を

▼ 唇~ (117, 1.6%)

12 持って 4 かけて, 指を 3 もって, 手を, 持つて 2 あてて, かけての, 当てて, 移して

1 [80件] あてが, あてがって, あてながら, あて息, いれて, かかった, きしんで, くわえて, それから額, ちょっと当て短い, つけて, つけると, つづく人中, ひとさし指を, ふくまれた, むりにそれを押しつけ, もつて, やい歯, フッと, 一人の, 入れた酢みたい, 入れながら, 入れる気, 冷たく触れる, 前歯が, 口渡しに, 咽び出すの, 唇を, 喰附い, 垂らして, 塗つてやつた, 塗りつけた, 大きな栓, 差した余り, 強いるよう, 当てが, 当てがっ, 当てた, 当てたかと, 当てながら, 当てようと, 当てようとして, 押しつけて, 押しつけるよう, 押当て, 接吻しかけた, 接吻したで, 摺ると, 武蔵が, 歯を, 水を, 水薬の, 注ぎ込まれた, 流れ込んだ血, 涙を, 漂って, 点ける, 熔鉄の, 爪を, 甘く濡れました, 白蛇は, 笛を, 紅を, 肉の, 肘へ, 自分の, 舌なめずりを, 蜜柑の, 触った孫兵衛, 触りは, 赤味が, 近づく, 運び眼, 運んだ, 運んで, 酒を, 酸味の, 飲ませたり, 飲ませて, 香水を

▼ 唇~ (102, 1.4%)

4 舌とを 3 唇とが 2 唇との, 心とを, 頬と, 頬の

1 [87件] いい対象, いい顔色, おだやかな, くらア, すれすれに, そこから, そのまわり, その尻, ちぢれて, なめたが, なめまわした, のこぎりの, ほぼ似た, ぽかんと開けた, やせて, 一しょに, 一皮目の, 不安な, 両手は, 乾ききった舌, 云い人間, 倉皇と, 分厚な, 口角の, 呼吸と, 咽喉とに, 唇, 唇が, 唇と, 唇とは, 唇とを, 喉笛とを, 好奇的な, 小さき眼, 小さな白い, 尤異き, 強い対照, 恐ろしい対照, 情緒を, 手と, 手を, 抱擁とを, 拳を, 指と, 放心を, 曇りとを, 来たらまつたく, 来たら鉛色, 歯ぐきの, 歯とで, 歯には, 歯の, 涙とを, 白い歯, 眼で, 眼と, 眼とに, 眼尻に, 瞼とが, 神々しいくらい, 私の, 耳朶の, 肌の, 股とを, 腕と, 腕との, 舌が, 舌それらの, 舌とが, 舌との, 裳の, 鉄漿染の, 頑丈に, 頬とに, 頬とを, 頬ペタを, 頬骨とが, 顎とが, 顎とに, 鹿みたいに, 黒いヴェネツィア笹絹, 黒い眼, 黒い腹帯, 鼻柱と, 鼻翼に, 鼻腔が, 齒とを

▼ 唇~ (101, 1.4%)

4 笑った 3 息を 2 ヒステリカルに, 笑って

1 [90件] いつまでも, いまにもその, うすく笑った, うまそう, うろ覚えの, おさえながら, かえ, きいきい叫び, きっと引き結んだ, ぐうっと引っかける, しないだろうこと, しなかったこと, せせりながら, そんなこと, たずねるの, ためした, ちゅっちゅっと, つぶやいた, ていねいに, とぎれとぎれに, とって, なで回した, なぶりながら, なぶるうち, にやりと気味悪く, ひつたり, ぴたりと, ぺらぺらしゃべり出し, まりを, むしろあ, もって, やかましく音, わずかに, ギリギリ噛ん, ニヤニヤ笑い, ニヤリと, ボソボソ呟き, 一つずつ, 低く言っ, 何か, 何度も, 吸いついた, 吸うの, 吹いて, 唄つ, 嘆願する, 嘗め濡, 噛みしめた, 噛留め, 囁いた, 大袈裟に, 嬉しさうに, 子供の, 封を, 少女の, 山蜂の, 巧に, 引きつめて, 強く囁き, 彼女は, 微笑し, 情深げ, 手を, 押えて, 拾って, 春の, 濡らしながら, 父祖の, 生意気な, 男の, 登勢の, 私の, 秋田訛を, 空しく消えた, 立てた音, 笑いごく, 笑う, 答えた, 紙へ, 自分に, 薄く笑った, 言い放ったの, 言葉を, 軽くやや, 遮断され, 酸つ, 面自, 頬笑みかける, 鯉の, 鼻の

▼ 唇~ (97, 1.3%)

2 乾いて, 動かさなければ, 歯も, 結ばれ帽子

1 [89件] あまり街では, あんまり厚く, うごかないの, うごかなかった, おなじよう, おののいて, かすかに, がさ, きけなかつた, きっと溶け, この乙女, こんなに薄く, さびた紅, しずくに, しめさずに, すき透る, すこし殺げた, そんなに動かさず, つけないで, つやつやし, どんな罪惡, ないのっぺらぼう, ない顔, なか, なんとなく年齢, はつきりし, ほっそりし, また拳, むろん昼, わな, わりに厚く, アルコールくさかっ, クリーム色の, 一つ一つそれだけで, 一様に, 何か, 冷く, 冷たく凍っ, 削げた頬, 動いた, 動かさずに, 動かさず云った, 動かして, 動かなくなりました, 吹け, 嗽が, 大きな野太刀, 大理石の, 女盛りの, 妙に, 小さく赤く光っ, 少し殺げた, 左の, 弾力を, 意識させない, 慄え, 拘攣, 横町へ, 汚らしかろう, 深い悲しみ, 男の, 痙撃し, 白く乾い, 白けて, 白珠の, 目も, 相当な, 稍黒ずん, 稲妻の, 紫色し, 紫色です, 紫色に, 肉体の, 腫れあがって, 腫れ上がって, 薄くすべて, 解けて, 言葉も, 許す心算, 赤, 赤くて, 青ざめて, 青澄んだ, 頬も, 額も, 顎も, 顫え, 風雪に, 馥郁たる

▼ 唇には~ (88, 1.2%)

2 届かでなむ, 幸福な, 微笑が, 微笑の, 明らかに, 紅が, 血が, 血の気が

1 [72件] あとで, いつも人, いつも寂しい, いつも微か, おはぐろ, かすかな, この唇, ただ無関心, だらけた弛み, なおしまり, ひとりでに微笑, ぶくぶくと, ほとんど血の気, ほのかに, ほほえみを, まだ微か, もう嘲笑, もう血の気, やはり血泡, キセルが, ブランデーの, ポツチリ墨が, 一種ずる, 上野の, 中央に, 京の, 何か, 何の, 公園の, 冷か, 冷かな, 刀刃の, 反って, 反つて人, 命を, 土が, 女性の, 好意とも, 如何程強い, 嫉いという, 屈託の, 底意地の, 微笑を, 思慕の, 怪しげな, 怪我を, 恐ろしき微笑, 意味の, 愛想の, 憧れを, 普通人に, 淡い淋しい笑, 激げしい, 濃め, 濃過ぎる, 珊瑚の, 痍が, 白い唾, 真っ赤に, 真紅のべ, 確かに, 紅を, 縦に, 苦い淋しい微笑, 苦しそう, 菊の, 著る, 薄笑いが, 蜂蜜ほどの, 血の気の, 足らん男, 青く紅

▼ 唇~ (59, 0.8%)

3 頬に 2 白き透き通る, 糜爛の, 頬の, 鼻の

1 [48件] ぎょろ, すべてが, そして白い, その唇, またその, やせた頬, 伸び切った四肢, 円くしまった, 喉が, 小野小町を, 手の, 昨夕食つた西洋菓子, 木綿の, 歯ぐきの, 歯の, 死骸を, 洞な, 涙だけ, 滑かな, 白い顎, 皮膚の, 目や, 眉の, 眼など, 眼を, 耳に, 耳の, 腹部の, 舌が, 舌で, 舌の, 蘭麝の, 蜂蜜の, 足の, 頤に, 頬, 頬が, 頬には, 頬や, 頬を, 頭の, 顎の, 顔つきには, 顔や, 髪や, 鼻から, 鼻で, 鼻や

▼ 唇もと~ (37, 0.5%)

2 が動きだす, を見まもった

1 [33件] から一笑, が好ましい, が道誉, だった, だのそんな, に, にあつめられ, にきっと, につりこまれ, に冷笑, に春, に杯, に笑みこぼし, に見えない, の夢みる, の微笑, はたえず, はただ, へ持つ, へ眼, へ頼み, またひ, までが蝦夷萩, も屈托, をねめつけ, をむすび, をむすん, をゆがめ, を仰い, を睨みつけ, を睨めすえた, を見つめ, を見つめた

▼ 唇にも~ (30, 0.4%)

2 また所有者, 溢れます

1 [26件] うかがわれた, かかわらずその, しない, つくろは, とうに血の気, ほのかな, 一点の, 何の, 可愛い黒子, 呪いの, 唇を以て, 妙に, 幽かな, 懸命の, 明白と, 暗澹と, 歯にも, 毒々しい蝶, 浮かびたり, 漲って, 生彩が, 紅い血, 綺麗な湿い, 舌にも, 触れたの, 青んだ細い

▼ 唇まで~ (30, 0.4%)

4 持って 2 乾いて, 持つて, 白くなった

1 [20件] はっきり見える, まっしろに, まっ蒼, まッ, 出かかった, 出しかかって, 動いて, 土気色を, 墨汁で, 白くなっ, 白っぽく変っ, 真蒼, 真青に, 紫色に, 蒼くなっ, 蒼めながら, 血の気を, 震えだした, 青くし, 顫わせて

▼ 唇~ (25, 0.3%)

1 [25件] から見せ, だけにあった, だけを見せ, で, でつぶやいた, で準之助, と心, にただよっ, にながし, には一業, にも何やら, にも漂い出した, に下品, に吸いよせた, に和らぎ, に浮べた, に笑靨, の微か, へそそがれた, へ手, も見せない, や背, を怖い, を温い, を見

▼ 唇からは~ (23, 0.3%)

2 血が

1 [21件] あたかもその, いたましく血泡, いまにも鮮血, だらしなげ, クラクラと, クワツと, 全く血の気, 勝誇ったよう, 夢幻的な, 寝室いっぱいに, 微笑と, 殆ど生きた, 水が, 火の, 煮魚, 笑いが, 絲を, 罵倒と, 血の気が, 青竹を, 齒の

▼ 唇とを~ (19, 0.3%)

2 もって

1 [17件] まざまざと, もつた, キッと, 一心に見, 一生懸命に, 丁寧に, 三ツに, 合せた, 嘗めて, 失って, 感じました, 持った能面, 持って, 持つ緑色, 殺がれた松永, 見た, 見つけた

▼ 唇とが~ (18, 0.2%)

2 ある, まざまざと

1 [14件] あざやかに, ありました彼, ついて, われわれに, 兜の, 変に, 折れ重, 未だ少しく離れ, 私の, 見えて, 見えるだけ, 触れあったとき, 触れ合う瞬間, 顔全体の

▼ 唇をへの~ (18, 0.2%)

15 字に 2 字なりに 1 字の

▼ 唇~ (18, 0.2%)

6 の関係 2 の交わり, の誼 1 のお, の仲, の国交, の好誼, の家がら, の提携, の親, の誼みと

▼ 唇~ (18, 0.2%)

1 [18件] からは日本, から溢れ, にかすか, には笑, に上, に上せ, に上らざる, に上り来る, に嘲笑, に浮べ, に溢れん, に漂わせ, は矢張り, へあてがっ, まで出たれ, を動さん, を洩れ, を洩れた

▼ 唇だけが~ (17, 0.2%)

2 ほのかに, 平次の, 珠玉の

1 [11件] ぐいと強, ぐいと強く, やたらに, わななく, 不自然に, 冷え冷えし, 妙に, 波打つだけ, 生々しくなっ, 紅を, 際立つて

▼ 唇~ (17, 0.2%)

2 を籠め

1 [15件] でくすくす, によく, に会心, に冷やか, に可, に寄せ, に泛, に浮び, に浮べた, に漂わす, に笑い, の定石以外, の薄笑い, を引き歪め, を掩

▼ 唇だけを~ (10, 0.1%)

2 動かした 1 いそが, うごかして, きゅっと左, きゆ, 動かして, 朱紅に, 烏の, 蜜の

▼ 唇より~ (9, 0.1%)

1 洩れたる, 洩れて, 流れ出でたり, 白き歯, 真白き歯, 紅い口紅, 自分の, 迸り出づる, 酬われた

▼ 唇~ (9, 0.1%)

1 とは口, ならん, に似, の事, は耳輪, も有るなら, も身体, を着くる, を着けたる

▼ 唇そして~ (8, 0.1%)

1 いつも櫛の, それらが, まだ陽, 四角に, 小さなすみきつた, 張り物の, 形の, 白つつじを

▼ 唇など~ (8, 0.1%)

1 どう見, 何んと, 少し病的, 更年期の, 江戸っ子らしい, 物馴れた, 艶が, 見る者

▼ 唇~ (7, 0.1%)

1 かその, がミドリ, が鼻, と正, なと思, なと思った, の

▼ 唇との~ (7, 0.1%)

2 間で 1 うつくしいそして, 交渉に, 対照を, 接吻を, 見わけ

▼ 唇ばかり~ (7, 0.1%)

1 わなないて, 動し, 卑しく厚い仲居, 埋め果てぬ雪, 毒々しく塗り立て, 毒々しく赤い異相, 突き出て

▼ 唇までも~ (7, 0.1%)

1 塩で, 手伝いに, 真っ蒼, 見る見るうち, 這いあがって, 青ざめて, 青みたり

▼ 唇からも~ (6, 0.1%)

2 汚い液 1 うかがわれたの, 洩れて, 聞く事, 血を

▼ 唇その~ (6, 0.1%)

1 あいだから, 上に, 上片脚という, 価五百金千金に, 口辺に, 眞黒な

▼ 唇一つ~ (6, 0.1%)

2 動かしません 1 に合し, の工合, 動かさず廻転, 動かせない無力

▼ 唇~ (6, 0.1%)

1 で少し, とを比べ, と比べ, と百番目, の花, の蒐集

▼ 唇薄く~ (6, 0.1%)

1 そこから, その色, やや三白眼, 一眼盲い, 満面紅く, 臙脂を

▼ 唇~ (5, 0.1%)

1 てくれ, てしまった, てみせよう, 彼女の, 海といふ

▼ 唇それ~ (5, 0.1%)

2 はまさに 1 に手織, に背後, を追

▼ 唇では~ (5, 0.1%)

2 あるが 1 それを, なかった, 言葉の

▼ 唇でも~ (5, 0.1%)

1 なくこの, 噛み切ったか, 推古式彫像においては, 武蔵には, 足でも

▼ 唇とは~ (5, 0.1%)

1 あらゆる舞台面上工作, 互いに空気, 恐ろしく肉感的, 私に, 見るからに

▼ 唇などを~ (5, 0.1%)

1 きっと食っ, 刻み出す細かい, 微笑し, 思い浮べて, 見ると

▼ 唇をも~ (5, 0.1%)

1 いちど前へ, 任せ給, 動かさず口, 眦をも, 肌をも

▼ 唇形科~ (5, 0.1%)

2 のホトケノザ 1 に属し, に属する, の仏

▼ 唇~ (5, 0.1%)

1 にはわり, へコツプ, へ持つ, をもつ, を見つめた

▼ 唇~ (4, 0.1%)

2 わきて 1 わからないほど, 瞼か

▼ 唇した~ (4, 0.1%)

1 かなどとは要するに, ということ, のだろう, ばかりの彼女

▼ 唇だけ~ (4, 0.1%)

1 である, です, で薄く, 丁度赤い

▼ 唇づけ~ (4, 0.1%)

1 あつて, でいつも, をした, をする

▼ 唇とで~ (4, 0.1%)

1 笑った, 絶えず山田, 震えた耳, 静かな

▼ 唇とに~ (4, 0.1%)

1 何かしら堅固な, 堰かれながら, 纏綿たる, 見せた

▼ 唇と共に~ (4, 0.1%)

1 どんな者, 何か, 固く閉じ, 恐ろしく印象的

▼ 唇へと~ (4, 0.1%)

1 接近せしめた, 漁り歩く浅ましい, 近づいて, 近づけながら

▼ 唇~ (4, 0.1%)

4 ひやかに

▼ 唇厚く~ (4, 0.1%)

1 ニキビ面などと, 真赤で, 眦垂れ, 鬚薄く

▼ 唇~ (4, 0.1%)

1 のついた, の濃い, も濃く, をさした

▼ 唇~ (4, 0.1%)

2 は彼女 1 の深まり, を横

▼ 唇~ (4, 0.1%)

1 の動く, の間, を以て西天, を動かす

▼ 唇さえ~ (3, 0.0%)

1 動かさなかった, 接したこと, 熱く赤

▼ 唇などは~ (3, 0.0%)

1 いかにも自然, 今しも, 椿の

▼ 唇にかけて~ (3, 0.0%)

1 割き開き腮, 小さい浮草, 熱いもの

▼ 唇にまで~ (3, 0.0%)

1 恐ろしく深刻, 流れこむ雨量, 霧は

▼ 唇ばかりが~ (3, 0.0%)

1 生々しく赤かった, 益々赤く, 見えます

▼ 唇ばかりを~ (3, 0.0%)

1 ひりひりと, ポッカリと, 動かせたり

▼ 唇までが~ (3, 0.0%)

1 引き攣って, 蒼くなり, 黒くなっ

▼ 唇をと~ (3, 0.0%)

1 ぢた, 唱ふる, 思ったの

▼ 唇~ (3, 0.0%)

1 コーラル, 当テ, 着ケル

▼ 唇付き~ (3, 0.0%)

1 そっくりだ, でございますこと, もいい

▼ 唇太い~ (3, 0.0%)

1 聲, 頸筋長い, 首眉の

▼ 唇~ (3, 0.0%)

1 そして眼, の肉, や顎

▼ 唇いかにも~ (2, 0.0%)

2 自我の

▼ 唇いっぱい~ (2, 0.0%)

1 につけ, にふりかかり

▼ 唇うつし~ (2, 0.0%)

2 にのませ

▼ 唇かと~ (2, 0.0%)

2 僕は

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 へが海, へ何となく

▼ 唇する~ (2, 0.0%)

1 のです, 時に

▼ 唇それら~ (2, 0.0%)

1 のあまり, のもの

▼ 唇だけで~ (2, 0.0%)

1 彼の, 怺える

▼ 唇だけは~ (2, 0.0%)

1 かすかに, 朝の

▼ 唇だった~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, のです

▼ 唇です~ (2, 0.0%)

1 か, が知的

▼ 唇とかに~ (2, 0.0%)

1 あり余る償, あり余る償いを

▼ 唇などが~ (2, 0.0%)

1 妨げられること, 絶え間なく

▼ 唇などに~ (2, 0.0%)

1 見せて, 附くと

▼ 唇なども~ (2, 0.0%)

1 上唇の, 鮮かに

▼ 唇にすらも~ (2, 0.0%)

1 しばしば上る, 屡々上る

▼ 唇について~ (2, 0.0%)

1 居心地が, 言えば

▼ 唇にの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 唇のうへで~ (2, 0.0%)

1 妙に, 消えて

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 たに, たの

▼ 唇ふるい~ (2, 0.0%)

1 て苦痛, 嗚咽は

▼ 唇ふれ~ (2, 0.0%)

1 て泣き, て見れ

▼ 唇まげ~ (2, 0.0%)

1 ながら吸, ながら吸い干し

▼ 唇をば~ (2, 0.0%)

2 くりと

▼ 唇カラ~ (2, 0.0%)

2 洩レテ

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 吸ッタ, 触ラセルダケダモノ

▼ 唇亡び~ (2, 0.0%)

2 て歯

▼ 唇寒き~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ 唇寒し~ (2, 0.0%)

1 のあの, の感

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 がいやしく, には少し

▼ 唇形科品~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 唇~ (2, 0.0%)

2 い艶

▼ 唇~ (2, 0.0%)

2 の緊

▼ 唇紅く~ (2, 0.0%)

1 小鼻の, 鼻高く

▼ 唇緩やか~ (2, 0.0%)

1 な顎, に垂れた

▼ 唇芙蓉~ (2, 0.0%)

1 の眉, の眦

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 といっ, の花

▼ 唇触るる~ (2, 0.0%)

2 とき隅の

▼ 唇赤く~ (2, 0.0%)

1 パッと, 細面で

▼ 唇鋭く~ (2, 0.0%)

1 て輝いた, ない鼻

▼ 唇~ (2, 0.0%)

1 に瘤, に触れ

▼ 唇顔全体~ (2, 0.0%)

2 を包ん

▼ 唇~ (2, 0.0%)

2 の關係

▼1* [233件]

あせて, 唇あてて, 唇あまりりすつき放しつつ, 唇あれたり, 唇いかで触れむや, 唇いつぱいに, 唇通の, 唇お前見覚えがある, 唇かえし謎の, 唇かとぞ見る, 唇かみしめて胸, 唇からともなく, 唇きゃしゃで痩せぎす, 唇ぐらいは触れて, 唇これだけを見, 唇さえも女には, 唇さし寄せて, 唇しかもかの老人, 唇したかったから接唇, 唇したたる露の, 唇しました彼等です, 唇すべて生きて, 唇すべて毒死によく, 唇すんなりした両手, 唇さみ, 唇そうして痙攣し, 唇そりかへり, 唇それ丈けでも充分, 唇だけと言ふ, 唇だけに何か, 唇っていう奴を, 唇つけられてたまる, 唇づけすると私, 唇であって淫蕩, 唇であるとかそう, 唇でうよ, 唇でかくしたまま, 唇でだけ笑ったん, 唇とか額とかに, 唇とから一面に, 唇とだけだった, 唇とではなかった, 唇とも見られるで, 唇どっちかという, 唇どもは壁, 唇のでした, 唇なぞが受け持つ役, 唇なぞを眺めて, 唇などの言葉を, 唇なり軟なる, 唇なんか動かしたり, 唇なんかも念入りに, 唇なんというの, 唇にから揚の, 唇にくはへ絲, 唇にすらまだ触れ, 唇にだけはふれて, 唇につけやうと, 唇にな當て, 唇にのみ注ぎたり, 唇にばかりでは, 唇にべにさし, 唇にべにを塗りながら, 唇ぬっくりと, 唇のうへになほも, 唇のべにが私, 唇のみづ, 唇はいちように紫色, 唇はといふと, 唇はどつちか, 唇ばら色の頬, 唇ひとつうごかすこと, 唇ふくみながらたいへん, 唇ぶ厚い耳朶ちょっと, 唇へではなく彼女, 唇へは濃すぎる, 唇へまで跳びこんで, 唇へもかわらけの, 唇ほのかな微笑, 唇ほろびて歯, 唇づい顏, 唇またしても, 唇までに達して, 唇までをわななかせた, 唇みぞおちの斑點, 唇みたいに真直, 唇むき出した歯黒い, 唇むせ返へるやうな, 唇もうそれで, 唇もて野面を, 唇ものいいたさを, 唇やぶれて歯, 唇やへうきん, 唇ゆがめて静か, 唇よく肥つた頬などから, 唇よせて, 唇よりの髭と, 唇穏やかに, 唇わずかに動きつ, 唇わたしが画家, 唇わななき四辺を, 唇をほどかしたり, 唇を以て愛撫を, 唇カラ出タコノ一語ハ妙ニ予, 唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, 唇クネクネと肩, 唇ダケデナクッテモイヽ舌ヲ着, 唇ドリアンは泪, 唇ニッとほほ笑む, 唇ノルージュモ同様デアル, 唇ハッキリと見ひらかれた, 唇ポロリと落し, 唇ヴァン・ダイク風に先, 唇一パイにさした, 唇一生懸命な瞳, 唇上着の間, 唇二つによってあの, 唇二重頤短い首, 唇で吹き出し, 唇か毒々しい, 唇個々に見れ, 唇偉大な体躯, 唇僅カ一糎短カケレバ美人ト化スト云ッタ塩梅デアル, 唇元気な頑丈, 唇元襟元の白, 唇切ないあえぎなどを, 唇剃りあとの, 唇へ突き出た, 唇匂いやかに, 唇厚きがわが, 唇厚味を持った, 唇反りのいい, 唇反り返るとあるの, 唇可愛い恰好に, 唇合わせねど涙, 唇などとひと通り, 唇噛んで見送り, 唇囓切て女々しから, 唇固く息を, 唇多少脹れた顔, 唇大きく鼻秀で, 唇大丈夫なの, 唇大砲が走る, 唇太く逞しい頸筋から, 唇奴等もつと, 唇寄せにもなお, 唇小さく赤い京風の, 唇屡々動きたるも, 唇左半面ベッタリと, 唇左右に長く, 唇形花を茎梢葉腋, 唇も彼女, 唇怒れる鼻や, 唇惜氣もなく, 唇懊悩と勇躍, 唇微笑みつつ, 唇持って行きました, 唇敏活な変わりやすい, 唇に偏り, 唇斜めに氷柱, 唇明眸であるが, 唇明眸中肉の美少年, 唇欠くために, 唇歪めて苦笑, 唇歯相依る, 唇歯相扶け輔車相倚, 唇の手, 唇源一はこの, 唇さう, 唇潤すも彼, 唇無知のつつしみ, 唇の如く, 唇猪口に觸, 唇現代娘の愛くるし, 唇町娘らしく折, 唇へ突いた, 唇痙攣して, 唇痛し秋の, 唇白い喉碧い, 唇白歯にくいしばり, 唇皮禅に敬服, 唇真似して, 唇真赤に血走った, 唇は半眼, 唇さうな眼, 唇移しにふくませ, 唇笑う度に, 唇精悍無比の若者, 唇紅う莞爾し, 唇紅き美少年に, 唇締まりを知性, 唇美しい頬の, 唇耳腹股踵などについ, 唇の上, 唇自ずからふるえ手足, 唇舌これに伴い, 唇苦しさに, 唇の畳帯, 唇蓬ろなす髪, 唇薄き群臣どもは, 唇血の気がありません, 唇裂けて鉄漿, 唇に花心, 唇裾八口の色, 唇の微, 唇触れてみる, 唇触れればまま, 唇れあ, 唇の地, 唇な頬, 唇豊かな頬, 唇貧血した顔色, 唇赤き少年か, 唇赤き弱々しげの, 唇の中, 唇近くに来た, 唇にうす, 唇重く頭痛み, 唇のよう, 唇鉄漿をつけた, 唇鋭い眼それには, 唇開かんとしては縁側, 唇開きもならず, 唇青空の如く, 唇に微笑み, 唇両頬, 唇額目という風, 唇へてたへ, 唇よき唇, 唇を切り取り, 唇黒ダイヤのよう, 唇齒相倚る間柄, 唇齒輔車相倚るべき國