青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「哲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~咽喉 咽喉~ ~哀れ 哀れ~ ~品 品~ 品川~ ~品物 品物~ 員~
哲~
~哲学 哲学~ ~唄 唄~ ~唇 唇~ 唐~ ~唯 唯~ ~唯一

「哲~」 1341, 14ppm, 7705位

▼ 哲~ (680, 50.7%)

7 がむつかしい, である, と宗教, に於 6 に對 5 の歴史, の研究, はこの, はその, を勉強 4 が, に於ける, のむつかしい, の勉強, の場合, の研究者, はむつかしい, を説く

3 [17件] がある, すること, では, にとつ, にとつて, によつて, のうち, の上, の本質, の祕密, の立場, は學問, は科學, や自己, をほのめかさう, を學ぶ, を研究

2 [47件] いまだ實, があつ, がそれ, がコンヂニヤル, が對象, であ, です, でも, といふもの, との交渉, と共通, になる, に入らう, に入る, に屬, に關, の一つ, の中心, の傳統, の基礎, の對象, の影響, の書物, の根本問題, の理念, の眞, の端初, の精神, の觀點, の諸, の開祖, の體系, は, はかくして, はそれ, は人間, は何, は實, は虚僞, や宗教, や概念, をむつかしく, をやらう, をわかり易く, を構成, を讀めといはむ, 小辭典

1 [444件] からいひます, からはちつ, からソクラテス, から生じた, から胎出, があり, がこの, がその, がない, がほん, がまた, がむつかしく, がもつ, が一時, が他, が信仰, が八五郎, が其の, が可能, が哲學者仲間, が如何, が存在, が將來, が少し, が彼, が從來, が或, が根本, が永遠性, が流行, が生物學, が科學, が自己, が自然的, が藝術, されると, した, して, し物, じみた講義, そして即自, たる所以, だから, だけが怠け者, だつたの, であつ, でありましたから, であるかの, であると, である科學, でもやれ, でも政治學, でも考へうる, で今日, で村中, で申します, で育てられ, で醫學上, とあまりに, といつた, といふの, といふやう, といふ堂々たる, といふ立脚地, とかその他習慣, とか宗教, とした, として置い, とに縁, との對立, との橋渡し, との間, とはまさに, とは何, とは全く, とは果して, とを合致, とを離し, とキリスト教, とダンテ, と云, と共に古く, と其の, と同じく, と對比, と日本的宗教, と科學, と結び, と自然學, と近代科學, と雖, なしと, などはその, などはた, などはどう, などを論じた, など云, なるもの, に, にある, において, においていきなり, においてこれ, においてはすべて, においてはイデア, においては往々, においては思想, においては概論書, においては殆ど, においては無, においては論理的, においてひとつ, においても必要, において再び, において問題, において大, において大切, において定式化, において支配的, において既に, において最も, において求める, において注目, において特に, において相, において要求, において見る, において認められる, において認識, において重要, において飽く迄, におきましては雙方, におきましても他, における乃至, における思想, における注意, における純, における藝術家的, における認識, におもむく, にそれ固有, についての省察, について眞, にとつて唯一, には何, には傳統的, には含まれ, には深, には深い, には理論的要素, にもあらず, にもその, にも亙つ, によつて到達, によつて媒介, によつて洞見, によつて論證, に亘つて, に付, に來, に依, に倣つて, に傾い, に傾け, に反, に取り, に向, に執着, に基, に好, に就き, に引き入れられた, に從つて, に從つて人間, に心, に接近, に本質, に殘, に深く, に現, に至る, に近い, に近づい, に通ぜり, に關心, のある, のむつかし, のやう, のわかり易く, のイデオロギー, の一學徒, の一統, の世界, の中, の主要問題, の事, の亞流, の任務, の企て, の信念, の個々, の内部, の出發點, の前提, の劃期的, の助力, の原理, の哲學, の唯一, の問題, の地盤, の基本的, の好き, の如き, の如くなり, の如し, の宗教, の實踐的, の實際, の必要, の慰め, の或, の抽象性, の效果, の方向, の方法, の方面, の旨義, の書, の最も, の最後, の期, の本筋, の核心, の根本前提, の根本原理, の根本思想, の根本的前提, の根本的要求, の概念, の模倣, の樣, の歴史的發展, の歸結, の母胎, の比量界, の永遠觀, の汎神論的前提, の源泉, の爲, の父, の特色, の理論的要素, の生れ, の發展, の目的, の程度, の範圍内, の系統, の總, の聲, の萌芽, の規則立つ, の話, の課題, の講義, の議論, の道, の部門, の領分, はい, はかやう, はつねに, はどう, はない, はほんとに, はまことに, はむしろ, はむつかしく, はもちろん, はもつ, はウンド, はスピノザ, はドイツ, はフランス革命, はヘーゲル, はポリス的教養人, はヨーロッパ, は一言, は不要, は主, は之, は云, は今, は今日, は何ん, は出, は各, は哲學, は哲學史, は多かれ少なかれ, は實體性, は廣, は形相, は必ず, は必要, は意識, は我々, は普遍性, は普遍的, は暖, は最後妥當的, は概念, は概念的, は此上, は歴史, は死, は殆, は殆ど, は殆ど全く, は氣候, は決して, は深い, は無い, は物質, は特に, は現代, は理, は生きる, は相, は神學, は究極, は絶えず, は經驗, は觀念的存在者そのもの, は言, は逆, は遂に, への入門, への唯一, への道, への關心, へもつ, へ來, または當爲, また哲學, また馬券, もおよそ, もなう, もひとつ, もまたさうで, も亦, も他, も其の, も十分, も學ばせた, も學問, も宗教, も形, も必ず, も秩序, も英文學, も藝術, や主義, や倫理, や宗教思想, や數學, や標榜, よりも完全, よりも眞理, より見たる, らしいこと, をし, をしよう, をする, をすれ, をその, をなく, をばわかり易い, をば全然, をほのめかさない, をもつ, をやる, をわかる, を一つ, を以て名, を以て近世, を作る, を修する, を僻典視, を全能, を出, を土臺, を失ふ, を始點, を學ばう, を學ん, を容, を專攻, を帳中, を御, を心得, を態度, を成す, を打ち, を抽象的, を持ち込ん, を捨て, を擧げる, を攻究, を有, を模倣, を殘, を求めた, を無意味, を爲, を理解, を生物主義, を空耳, を立てよう, を絶對化, を聞き, を自分, を藏, を表明, を誤謬, を講ぜ, を讀め, を述べました, を通じて甚だ, を鈔録, を限定, を除い, を風靡, を體現, 乃至形而上學, 半宗教, 及びこれ, 及び倫理學等, 及び宗教, 及び藝術, 或ひ, 特にデカルト, 若くは

▼ 哲學者~ (120, 8.9%)

4 の書いた 2 なり道徳論者, に對, のうち, のやう, の如く, の著作

1 [104件] かなんかのやう, がお, が云つて, が信ずる如く, が印度, が實證的歴史的研究, が巧妙, が彼等, が想像, が教, が書かれた, が物體, が自由, が觀得, その師レウキッボス, たるべき人, だなどと, でありますけれども, であり畫家, であり神學者, であるさ, でさ, ですか, でない故, でもある, でも何, でも劃期的, でも無い, でも藝術家, で同時に, といふき, としてみんな, として有名, として甚だ, となつ, とのごとき, と交感, と歟いふ者, と雖, と音樂者, なく新聞記者, なり, なりが自然, なりといふ傳不詳, なりと笑, においてであらう, において多少, にし, にとつ, になる, には時代, にもあらず, によつて注意, に於, に限られ, のいふ意識, のマツグ君, の唱道, の基礎觀念, の妹, の心, の抽象, の提説, の比量, の無, の科學論, の立脚點, の自若, の言, の言葉, の語, はある, はた, は世界, は人, は個性, は兎角, は哲學的良心, は四大, は多く, は敢, は文學者, は未來, は此弊, は物, は特有, は經驗, は經驗則, は自己, は逍遙子, は造化有理想, めいた小説, や宗教家, や心理學者たち, らしく之, を其範圍, を擇, を生じ, を非, 乃至審美學者, 大藝術家タルカハ, 小アジア, 或ひ, 自稱哲學者

▼ 哲~ (37, 2.8%)

1 [37件] うなずいた, おそくな, きれいに, それを, ぶつけられた所, また畳廊下, よろける, 上の, 下の, 下唇, 助十, 又よろける, 呼び迎, 哲で, 商賣, 喜んで, 土間から, 夏羽織を, 大骨, 学校に, 学校の, 彦三郎を, 思案し, 慌てて, 指さした, 更に説明, 木乃伊の, 權三の, 熟練した, 父王より, 笑ひ, 聲を, 腑に, 自分の, 與助に, 身支度を, 駕籠を

▼ 哲學的~ (31, 2.3%)

4 に云 2 な愛

1 [25件] および一般理想的見地, である, であるが, である同時に, といふこと, となる, と思はれる, なすがた, な分析, な思惟, な思索, な欲求, な精神, な見方, に形作り上げられた, に思索, に解釋, に言, に論じたなら, に重要, の意味, の洞察, の面白い, よりはむしろ, 超時間性

▼ 哲~ (30, 2.2%)

2 寺の

1 [28件] あたま集むる蚊帳, 一行が, 二人も, 仕事であった, 修業も, 地内に, 手に, 教えだ, 教授よ, 文典訓を, 方へ, 方を, 梵語の, 氣焔は, 眞似, 真塗り向, 編輯で, 自信は, 菰の, 言葉は, 遺書を, 金言父が, 随一と, 随一人として, 随一人彦四郎貞宗じゃと, 額光る, 顔へ, 鼻の

▼ 哲學上~ (25, 1.9%)

3 の所見 2 の問題

1 [20件] などの偉人, に多少, に於, に社會, の原理, の厭世主義, の厭世樂天なんど, の否定, の感化, の概念, の用語, の用語例, の種々, の立場, の術語, の論戰, の議論, の非, ノ見解ナキ時ハ, 若くは

▼ 哲~ (23, 1.7%)

2 が, が死んだ, を

1 [17件] がいる, が死ぬ, が無事, が立て, とを亡くした, の命, の臥, の苦しい, の苦悶, は, はいつも, は必ず, へよろしく, も虎寿丸, を偽っ, を守る, を殺す

▼ 哲學上所見~ (22, 1.6%)

4 の沒却 2 の義, 若くは

1 [14件] とその, と其實感, なり, にし, のあら, のみにあらず, の審美的, の現出, はその, は到底, は既に, は比量智, をあら, を詩中

▼ 哲~ (19, 1.4%)

2 先に

1 [17件] ある, うすいもの, この戦勝, ちょっとほか, インドの, ヒヨイヒヨイと, 一寸眼, 八朔の, 力三と, 小掻巻, 少くとも, 教えたもの, 熊谷さんが, 返事を, 鋤や, 顔の, 首相であった

▼ 哲~ (19, 1.4%)

4 願哲は 2 云ふ, 小坊主の

1 [11件] お妻, インドの, 云う坊主, 号し天正十七年九十七歳, 同住, 定吉が, 與助に, 願哲が, 願哲を, 願哲出づ, 顧哲は

▼ 哲~ (10, 0.7%)

1 はじめ長屋の, よびとめて, 例の, 先に, 抱いて, 見つけて, 見分ける事, 追い立てて, 首班と, 駈下りる時

▼ 哲~ (10, 0.7%)

4 軍は 2 だという, 氏は, 軍を

▼ 哲丸様~ (9, 0.7%)

2 が御 1 が, がお, が又, のお, も亡くなった, も島津, を死なし

▼ 哲~ (8, 0.6%)

2 添寝を 1 ふさわしき振舞い, 云い付けられたが, 取すがつたの, 大音楽師, 番を, 結縁し

▼ 哲學史~ (8, 0.6%)

1 であるといふ, として特色, に依らね, に就い, はそのもの, を一呑, を見よう, を顧みなけれ

▼ 哲學概論~ (8, 0.6%)

2 と稱 1 といふもの, と共にわが, と名, についていつた, の講義, は何

▼ 哲學的精神~ (8, 0.6%)

3 に觸 1 がある, が失はれ, であると, の啓蒙, を掴む

▼ 哲學系~ (8, 0.6%)

1 といふ評論, の世界究竟, の斥, の立てたる, は皆是, をことごとく, を容れ, を方便

▼ 哲~ (7, 0.5%)

1 仰せに, 可愛が, 呼び入れて, 家の, 手伝いまして, 渋りながら, 相手の

▼ 哲學書~ (7, 0.5%)

1 に讀みふけり, の上, はわかり易い, は千六百五十六年, も次第に, を著し, を難解

▼ 哲學そのもの~ (6, 0.4%)

1 が抹殺, が直, の啓蒙, の本質, の發展, は彼

▼ 哲~ (6, 0.4%)

1 が大, が本誌, といえ, について戦争中人民, は首相, を選んだ

▼ 哲願哲~ (6, 0.4%)

1 が先, の二人, は上, は下, は助, をはじめ長屋

▼ 哲學科~ (4, 0.3%)

1 といふもの, の講義, の高山, を出

▼ 哲學等~ (4, 0.3%)

1 と同じく, に關, の廣汎, の指導者

▼ 哲學系統~ (4, 0.3%)

1 なくし, を有する, を立つる, を立てし

▼ 哲學者たち~ (4, 0.3%)

1 が好ん, においても身體, にかの人々, は普通

▼ 哲~ (4, 0.3%)

2 を自由 1 がある, のテツ

▼ 哲という~ (3, 0.2%)

1 人であります, 人は, 納所坊主こいつも

▼ 哲学会~ (3, 0.2%)

1 において演説, のカント・アーベントあたり, の公開講演会

▼ 哲學史上~ (3, 0.2%)

2 に於 1 には新

▼ 哲學思想~ (3, 0.2%)

1 に大きな, の方面, を與

▼ 哲學的基礎~ (3, 0.2%)

1 などと命名, の把握, を與

▼ 哲學的立場~ (3, 0.2%)

1 からフランス思想, より即ち, を名

▼ 哲學的考察~ (3, 0.2%)

1 がひとつ, に聯關, の心持

▼ 哲學的良心~ (3, 0.2%)

1 と調和, に據, を代表

▼ 哲學的要求~ (3, 0.2%)

3 である

▼ 哲學統~ (3, 0.2%)

1 といはれ, なる世界, をば

▼ 哲これ~ (2, 0.1%)

1 が初, を伝

▼ 哲~ (2, 0.1%)

1 片輪者, 細面の

▼ 哲カント~ (2, 0.1%)

1 のよう, やヘーゲル

▼ 哲世界~ (2, 0.1%)

2 と実

▼ 哲~ (2, 0.1%)

1 が駈けこん, その雲往き

▼ 哲博士~ (2, 0.1%)

1 が先頃心理學會, の現象

▼ 哲~ (2, 0.1%)

2 雄金剛宝土

▼ 哲學上倫理上~ (2, 0.1%)

2 の議論

▼ 哲學宗教~ (2, 0.1%)

1 にも云, は教育

▼ 哲學文學~ (2, 0.1%)

1 に通じ, の諸

▼ 哲學的傾向~ (2, 0.1%)

1 が物, と調和

▼ 哲學的思辨~ (2, 0.1%)

1 に於い, に耽る

▼ 哲學的意識~ (2, 0.1%)

1 であ, によつて

▼ 哲學的練習~ (2, 0.1%)

1 に身, をなす

▼ 哲學的認識~ (2, 0.1%)

1 の全, は一定

▼ 哲學的體系~ (2, 0.1%)

1 に於, 即ちヘーゲル

▼ 哲學研究者~ (2, 0.1%)

1 に獨創的, は獨創

▼ 哲學者政治家等~ (2, 0.1%)

1 に分化, の個性型

▼ 哲~ (2, 0.1%)

1 の中, 第二十七册以下

▼ 哲里木盟~ (2, 0.1%)

1 の内, の札薩克図王旗

▼1* [144件]

へも奴隷, 哲ちゃんが往来, 哲ちやんて子, 哲でも居ると, 哲とか十大, 哲として有楽斎と, 哲とによって一同に, 哲などという印度人が, 哲来て, 哲がその, 哲アルベルトス・マグヌスの著書, 哲スピノザ少壮にし, 哲丸一人だけは残し, 哲二千六百石であつ, 哲五郎には特別, 哲五郎先生に昨日, 哲人種特有の體臭, 哲兼通兼雄を経, 哲別らがロシア, 哲別参謀長忽必来箭筒士長速不台, 哲が内閣総理大臣, 哲に於い, 哲四郎大岡育造の人々, 哲學トナリ印度其者ニ跡ヲ絶チ, 哲學ニ立脚シタルガ故ニ, 哲學フィヒテシェリングヘーゲルなどのい, 哲學一般とその, 哲學上乃至形而上論上に見る, 哲學上所見及其實感を尋ね出さむこ, 哲學上種々の名目, 哲學上藝術上の思想, 哲學人らしかつ, 哲學以來のもの, 哲學倫理宗教と云, 哲學史中の一段, 哲學史的教養を豫想, 哲學國といはれ, 哲學宗教以外の藝術, 哲學宗教史專攻の人々, 哲學宗教哲學等々について私, 哲學家の論究, 哲學思想藝術を集大成, 哲學政治法律は常に, 哲學書一卷を讀破, 哲學書出版に時代, 哲學書宗教書科學書和漢英獨佛等の字引き, 哲學書院といふ書店, 哲學會で, 哲學派の立脚點, 哲學界全體, 哲學的エロースの思想, 哲學的人生觀とを以つて, 哲學的個人主義的なるプルウドン, 哲學的偏見が支配, 哲學的共産主義が有, 哲學的分析がそれ, 哲學的前提を吟味, 哲學的原理的論究より遠ざける, 哲學的問題に突き當, 哲學的啓蒙の特殊, 哲學的學科のうち, 哲學的宗教はこれ, 哲學的形而上學にいふ, 哲學的心境がよく, 哲學的心理的宗教的經驗的の四類, 哲學的思索はこれ, 哲學的思索ト宗教的信仰トニヨリ發現セシメタル古來一貫, 哲學的想像は例へば, 哲學的意味をつける, 哲學的態度は根本的, 哲學的政治的法律的の諸, 哲學的教養を受けた, 哲學的文章におけるパウゼ, 哲學的根據ヲ缺如シタル民本主義トナリテ輸入サレツツアル, 哲學的永遠性即ち無, 哲學的理解の事柄, 哲學的用語をフランス, 哲學的用語法に於ける, 哲學的發展の綜合, 哲學的知識には端初, 哲學的空想の雲霧, 哲學的素質を持つ, 哲學的見解ほど有害, 哲學的議論には立ち入らない, 哲學的飛躍を爲, 哲學的駄辯を書いた, 哲學眞正社會主義, 哲學研究にも心理學, 哲學社會哲學藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 哲學科出身の文學士, 哲學科學及歴史がそれ, 哲學等々について私, 哲學系皆是なり皆, 哲學統裡に收め, 哲學者みたいな引込み思案, 哲學者アリストテレスの註疏, 哲學者エピクロス學派を起せる, 哲學者シュリューテルとシュッキング, 哲學者シヨペンハワーと云, 哲學者ストア學派を起せる, 哲學者ダンテ善くその, 哲學者ピタゴラスといふ人, 哲學者中に求むれ, 哲學者中古の人これ, 哲學者仲間だけのあ, 哲學者兼神學者の一, 哲學者及審美學者が用, 哲學者審美家の用語例, 哲學者氣取りでゐます, 哲學者理論家なんどにも亦, 哲學者畫家彫刻家建築家文學者音樂者等の名, 哲學者等は立派, 哲學者紀元四八〇年頃ローマに生れ, 哲學者肌の人, 哲學者自身が反省, 哲學言語學などあらゆる, 哲學説としての懷疑論, 哲學論で札幌, 哲學論文を作る, 哲學辭典がある, 哲學近世のライプニツ, 哲學道徳の四者, 哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 哲學道徳宗教を排し, 哲學雜誌の第, 哲學風潮なるべし, 哲學館に入, 哲學體系を組織, 哲の元, 哲少きより文辞, 哲徳山の臣, 哲心肝于一堂鎔大地精英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 哲横山錦柵が生命, 哲檀一雄大江賢次新田潤金達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 哲歸化僧明極等は主として, 哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 哲を開ききたら, 哲も一緒, 哲老子の母, 哲菊江夫人その他一行七人が旅費, 哲許多相集未曾有之盛事, 哲長身の至つて物静か, 哲麻生久三輪寿壮の諸氏, 哲黒戸盛夫木村潮騒など劇評