青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「哀れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

和歌~ 咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~ ~哀れ
哀れ~
~品 品~ 品川~ ~品物 品物~ 員~ 哲~ ~哲学 哲学~ ~唄

「哀れ~」 2521, 27ppm, 4293位

▼ 哀れ~ (1054, 41.8%)

16 声で 11 声を 10 姿を 8 女の 7 ものは, ような 6 ものだ, 気持ちに, 男の 5 ものである, ものです, ものに, 人間の, 姿です, 子供を, 気が, 男は 4 ことだ, のは, もので, 境遇に, 姿で, 状態に, 生活を

3 [23件] ことに, ものだった, 乞食の, 人々の, 人の, 人を, 人間を, 僕の, 声が, 女が, 女を, 姿でした, 子供の, 少年は, 有様を, 母親は, 気の, 男を, 私は, 者に, 話を, 身の上話を, 音を

2 [66件] あざらしは, お気持ち, からす, ことで, ことである, ことと, さまを, その日, のだ, ふうに, ものであった, ものであります, アカーキイ・アカーキエウィッチは, ブランカは, ペトゥローの, 下僕は, 下男は, 事で, 二人の, 人が, 人と, 人間が, 人間だ, 人間です, 唖の, 女は, 奴め, 奴等の, 妾の, 姉は, 姿だった, 姿であった, 姿と, 子家鴨, 存在だ, 存在も, 小妻, 小屋の, 少女が, 少女は, 心の, 思いを, 悲鳴を, 感じが, 歌が, 死刑囚の, 気の毒な, 気分に, 父親の, 物語も, 犠牲者の, 状態を, 生物を, 男が, 男だ, 男に, 私の, 自己をのみ, 話だ, 話では, 話も, 調子で, 譫言を, 青年が, 顔を, 魂を

1 [708件 抜粋] あざらしに, あたしを, おじいさんに, おばあさんにな, おれを, お君, お婆さんだった, お話も, かっこうで, か弱い女性, がんが, くらいに血の気, こころは, こちょうに, ことだった, ことであった, ことには, このヴィクトル, この五体, さびしさ, さまと, じいさんの, せせこましいけち, その老, ちやる, ちょうは, ところも, なんだか共感, ので, のにその, のら猫の, ばかりうろたえ, ふうを, ほどに貧弱, ほどより貯え, ほど腰, ほど若い, みじめさが, ものさ, ものじゃ, ものでございました, ものでございます, ものと, ものとは, ものにも, ものみじめな, ものよ, もんです, もんや, やうな, やら嬉しい, やら悔しい, ようすを, ようだった, ように, より所, わが娘, アカーキイ・アカーキエウィッチが, アクロン号の, アナキネは, インドの, エリスを, オールライフ, オーレンカを, ギラ・コシサンは, クリーニング氏が, クリーニング氏よ, サア・ロオジャーを, シャクに, ジャップだ, セルロイド職工の, ソヴェトの, トゥーケ法を, トンマ先生, パーシウスを, ボースンよ, マルガレートが, マルガレートだけは, マルガレートの, ヤーフです, ヨハネスが, 一ツの, 一人旅に, 一少年の, 一幅である, 一本の, 一種の, 一裁縫女でしか, 万寿丸の, 三つの, 三四千曲の, 下僕の, 下男が, 不具な, 不安や, 世の, 世の中だ, 中宮の, 中根は, 丸太小舎へと, 乞食で, 乞食とを, 乞食は, 事と, 事を, 亡者じゃ, 亡骸は, 人々が, 人々だ, 人々にとって, 人々を, 人たちに, 人であった, 人である, 人という, 人工だけの, 人形の, 人間たちの, 人間であります, 人間性の, 今村に, 仕事を, 位萎れ込ん, 低能を, 例の, 俘虜を, 信心気ちがいに対する, 傀儡であった, 傷を, 僧を, 優しい溜息, 優しい牝蛸, 先生悲しい, 光景であった, 出来そこない, 切り株に, 労働者と, 労働者は, 動機と, 勞働者は, 勢力と, 千恵造なれ, 半平だった, 印度の, 友だちの, 友だちを, 友は, 友人の, 叛逆者は, 叫びと, 右腕を, 同胞に対する, 告白を, 哀れな, 喜劇の, 因縁である, 国民を, 地球冷えきつ, 境涯に, 境遇が, 売名心に, 夕方の, 大きなその眼, 大小説家, 夫だった, 夫婦に, 夫婦の, 失恋の, 奇妙な, 女でございます, 女です, 女に, 女の子の, 女みづか, 女よ, 女性が, 女性でも, 女気の毒な, 女王がたを, 奴だ, 奴らに, 奴らの, 奴隷の, 妹の, 妻を, 姉を, 姉妹から, 姪の, 姫君の, 姿が, 姿だ, 姿だろう, 娘, 娘であったろう, 娘を, 娼婦の, 子の, 子供に, 子供は, 存在です, 存在では, 存在に, 存在の, 孝行娘の, 孤児の, 孤独な, 定めである, 宝石商は, 家庭へ, 宿屋に, 寂しい細い澄んだ, 対照だろう, 対照でしょう, 小さい愚か者, 小さい箱舟, 小さい魂, 小供, 小僧さんを, 小兎, 小判売り, 小心者では, 小猫, 小駅, 少女, 少女千葉房枝の, 少年と, 少年の, 少年猪之, 山吹の, 山男は, 巡礼の, 己れ, 幼女の, 建てざまにて, 弱小感に, 弱者として, 形とは, 影が, 影を, 彼が, 彼女らは, 彼等の, 後姿を, 後宮に, 御父さん, 復員姿を, 心に, 心持ちに, 心持に, 心根に, 忍従の, 志も, 忙は, 性質が, 恋女は, 悟浄よ, 悦びを, 悪魔は, 悲しい姿, 悲鳴に, 情熱家である, 感情に, 態を, 慕わしげ, 戀心で, 或物, 所が, 所を, 所得な, 折柄で, 捕虜は, 政江の, 故郷を, 敗徳者として, 敗残の, 敗残者と, 数学者で, 文士仲間と, 旅びとふたりを火葬に, 旅人たちは, 旅楽師の, 旅行者が, 日々の, 日本民族は, 旧友を, 時に, 時は, 智子を, 暴徒の, 最後だ, 最期だった, 有り様を, 有力者は, 有様で, 有様でした, 有樣, 朗かさを, 木の芽は, 木の芽を, 木立は, 末路を, 村長の, 枝は, 格好に, 格好を, 森源, 様だった, 様子で, 様子である, 様子でしょう, 様子に, 様子を, 樣にも, 橘媛の, 歌にも, 歌を, 歌調を, 此小仮説をと, 武夫少年の, 死を, 死者等は, 残留民が, 殘骸を, 母の, 母親が, 母親には, 気持が, 気持ちが, 気持ちを, 気高い若人, 江戸ツ子の, 活動に, 海豹は, 淋しいみすぼらしい私, 淋しい心持, 渠の, 漁村の, 焼け出されも, 父が, 父の, 父を, 片輪者, 牛には, 物語, 物語といふ, 物語には, 物語や, 物語りを, 犠牲だ, 犠牲に, 犠牲者と, 犢に, 犧牲者へ, 犬の, 状を, 状態であった, 狂女が, 狂女は, 狂者が, 独断家で, 現代の, 現実だった, 生きものは, 生き物は, 生まず, 生活が, 生活に, 申込者が, 男, 男では, 男でも, 男と, 男やもめに, 異邦の, 病者を, 痛々しい鶏, 百姓にも, 盲を, 盲人どもに, 眼に, 瞳が, 矛盾を, 祐吉は, 祖母よ, 神だ, 神棚に, 神経衰弱患者にな, 私よ, 科学者の, 空想は, 空虚な, 笑つた事の, 節を, 粟や, 細い声, 細君が, 給仕女よ, 緋牡丹姫の, 罪人が, 罪人にと, 美しいまた, 美しい死骸, 美より, 老人の, 老人を, 老人孤獨で, 老婦人, 老爺が, 者であります, 者です, 聲で, 聲を, 職人が, 肝臓が, 胸いっぱいの, 胸を, 脆さ, 脳は, 腕を, 臨時雇の, 自分の, 自分を, 自己陶酔と, 自慰を, 自爆に, 芥川の, 花の, 芸術の, 若者な, 若草を, 葬儀人夫の, 蕾とを, 虫けらである, 蜃気楼として, 街子は, 衛門督であった, 表情であった, 被造物, 裏長屋が, 裸姿に, 見物人である, 見知らぬ老婆, 親じ, 親娘, 訓練中の, 試合の, 話は, 誰からも, 調子とを, 貧しい生活, 賢い男, 賤しげ, 赤ん坊の, 趣, 身の上ぢや, 身の上に, 身の上の, 車夫が, 農民の, 農民は, 返事が, 逸話が, 遊楽の, 運命を, 運命をに, 道具立てによって, 遺子たちに, 遺言を, 醜い独身者, 醜い男, 野を, 野良犬は, 野良犬同様だった, 釣臺が, 鈴の, 鉢を, 長い戦争, 長二の, 闇市見物だった, 限りである, 雄の, 霊魂を, 青年を, 面持で, 響を, 風情が, 風情でした, 養父の, 餓死に, 饒舌が, 馬が, 馬について, 馬は, 鳥か, 鳥や, 鳴き声の, 鳴き声を, 黒い毛, 黒ねこは, 龍よりも

▼ 哀れ~ (329, 13.1%)

17 思って 16 思った 10 なって 9 思われて 6 お思い, 見えた 4 お思われ, 思ったの, 感じて 3 なった, なつて, 思う, 思ふ, 思召した, 感じた

2 [17件] さへ, なつた, なる, 小さく見すぼらしい, 思うの, 思えて, 思ったが, 思つた, 思われた, 思われます, 思召し, 感じたものの, 痩て, 耳に, 聞えた, 見えて, 見て

1 [201件] あらざらんや, あらわれて, いじらしい, いたずらに, いやしく飢え果て, いよいよ寂しく, うちくだかれた, おぼしめして, かなし, かなしくそして, かなしくそれゆえ, かんじた, きこえた, きこえます, ございます, させた, さびしいフィナーレ, さびしくこの世, した, して, しぼんだやう, それを, たへざりしごとく, ないて, なった心持ち, なつかしいとも, なつかしいやう, なりました, なりますよ, なりもはや, なり太陽, なり小鼻, なるの, なるわ, なる嘔吐, なる程, また末頼しき心地, みえた, みえる, みじめったらしく, みじめである, もつ, わが子を, 云って, 偲ばせた春日, 優しい名, 優しき瀧口, 写す力, 動かされると, 印象に, 叫んで, 向はん刃なし, 唏きいる, 唱うを, 唸って, 堪えないよう, 堪兼ねて, 壮烈だ, 変わった面影, 夢見る如き心持, 嬉しく心元, 小さくなる, 小っぽ, 弓矢の, 引き比べて, 御覧に, 心を, 思い, 思いお, 思いその, 思いながらも, 思いやられた, 思いやられて, 思い三千円, 思い出されること, 思い出して, 思い合った, 思い死骸, 思うこと, 思うた, 思うた背, 思うと, 思うなどは, 思うよりも, 思う心, 思う薫, 思えた, 思えばこそ, 思える, 思えると, 思し召しそこ, 思ったか, 思った鉱山主, 思っては, 思つ, 思ひいつそ, 思ひ出されも, 思ひ出される, 思ひ浮ぶ, 思ふ一面, 思へた, 思へて, 思わずには, 思われない姫君, 思われました, 思われますほど, 思われるの, 思われ又, 思召す, 恐ろしいほど, 悲しい夢, 悲しい歌, 悲しき聲, 悲しく見える, 愚かしいもの, 愛らしいもの, 感じさせた, 感じさせました, 感じたの, 感じてや, 感じやすく, 感じられたり, 感じられるという, 感じるその, 感じ人, 感ぜられた, 感ぜり, 或る, 打叩く, 拝見し, 映ります, 普門品を, 暗い一面, 書いて, 此の, 気がかりに, 気の, 気の毒に, 気を, 泣いて, 泣き止まぬ犬, 消えたま, 淋しい尺八, 淋しき気, 淋しき氣, 滑稽と, 点いた, 物悲しこれ恋, 生きて, 痩せし心地, 痩せた若い, 白したそがれ, 目を, 目立つ戦災風景, 眺められた, 笛を, 細長く垣根, 絞り千, 美しかつ, 美しきこの, 聞いた, 聞いて, 聞えて, 聞える, 聞えるので, 聞える淋しい, 聞こえたの, 聞こえて, 自分が, 華やいで, 萎れてぞ, 萎縮し, 表情せられ, 衰えて, 見えたこと, 見えるその, 見えるの, 見えるので, 見える佐助, 見える方, 見え流れ, 見た, 見ながら, 見ゆ, 見られた, 見られました, 詠歎した, 誘われた, 誘われて, 語られたこと, 貧困な, 赤茶けて, 趣深, 院は, 響いて, 響く今日, 頼りなげなもの, 顫え, 鳴いてるの, 鳴って, 鼻を

▼ 哀れ~ (180, 7.1%)

12 とどめたの 5 感じた 3 催して, 感じて, 覚えて

2 [12件] かけて, 乞うよう, 催し, 催した, 催したが, 催しました, 思ひ知る十月, 感じました, 止めたの, 添ふる, 覚えた, 身に

1 [130件] かくすとも, かんじた, こむるまなじりに, さそわれました, しみじみと, しらぬ征服者, そそります, そめたり, とどめたは, とどめた一人, とどめて, とめご, とめること, はじめて見出しました, ふくみました, ほんとうに, もよおしいったん, 一つに, 一層沁み入らせる, 一様に, 一樣に, 三尺の, 乞うもの, 乞う手, 乞ひ, 二重に, 今も, 伝えて, 傘に, 催させた, 催させたの, 催させるの, 催さない筈, 催しそこで, 催したか, 催したと, 催したの, 催します, 催し彼ら, 催し挨拶, 催すお金, 催すてえの, 催すの, 催すばかり, 催すもの, 催すよう, 含みし言葉, 含めたる心, 囁く, 増しますの, 帯びたもの, 引いたろう, 強いる嫌, 強ふる, 忍ばせはては, 思ひ知りに, 思へば, 悟る今宵, 想ふ, 感じさせた, 感じさせました, 感じさせるの, 感じさせ夜毎, 感じずには, 感じたから, 感じたと, 感じたよう, 感じても, 感じないわけ, 感じ侍る, 感じ易い, 感ずる, 感ずるお, 感ずること, 感ずるの, 感ずる程, 感ぜしめる, 慰むる鳥, 最も悲しく, 東海の, 止むるが, 止むるのみなるも改まる, 止むる馬士歌, 止めて, 殘さざらんも, 泣くなくは, 添える, 添えること, 物語らんとは, 留めて, 知らせるの, 知らない悪, 知り仁, 知り初めるという, 知る, 知るも, 知る頃, 籠めた, 籠めたるや, 籠めて, 籠めても, 置きし事, 聞くの人, 見んこと, 覚えさせられること, 覚えしむる単調, 覚えます, 覚えるいと, 覚えわれ, 覺え, 覺えました, 訴えた, 誘い出された, 誘った, 誘ったであろう手紙, 誘って, 誘われた, 誘われて, 誘われると, 語りつと, 語り合つた, 讚ずる俳諧趣味とは, 起さしめる, 返さぬ事, 返す何處, 送る夕まぐれ, 通りこし, 通り越して, 隱し得ず, 面白げなる

▼ 哀れ~ (102, 4.0%)

54 よ疲れ, 寂しさ 3 の増 2 がある, である, です, をそそる, を見

1 [76件] があっ, があり, がここ, がただよっ, がつくづく, がをかしく, が先立っ, が増した, が救えない, が暴露, が漂っ, が漠然と, が男二人, が目, が聞い, が苦しく, だ, だもの, であった, であつ, であるけれども, で眺めた, とある, というもの, とがあった, と同時に, と思う, と腹立たし, と言うたら, と貴, なりやが, にはいつか伸子自身, にまさつ, にト胸, に伝手, に堪らなくなり, に引移, に打たれ, に東西変り, に毒気, に溢れ, に私, に身ぶるい, に韃靼国, の一つ, の極まり, の深まる, は何, は光匂, は冷, は当代, は木崎, は浦上, は知らなかつた, は美しい, またはゆくりなく, もまた, も不便さ, も何時, やみじめさ, を, を同じく, を思う, を思わせ, を恋愛, を感じ, を感じさせられる, を感じた, を知りぬいた, を胸, を見せ, を覚えよう, を輕蔑, オドオドした, 何とも云えぬ, 汚さ

▼ 哀れなる~ (95, 3.8%)

4 ものひもじき 3 夜なり 2 かな, ものよ, 中に, 寡婦に, 少年の, 臨終の

1 [76件] かな大事, かな激烈, かな瀬戸の, ことには, ことを, ぞ, たい焼き屋, とある, に, に松虫すゞ虫, はあらじ, は氏, は狸, ものでありました, わが姿, クラリモンド, 一つの, 一夜を, 事も, 事件が, 二十六歳の, 二郎われらまた, 亡国の, 亡國の, 亡霊の, 人間よ, 信号手に, 労働者を, 動物は, 哉これが, 哉イカルスが, 喜びをしか, 囚人は, 垂死の, 声を, 声張上げ, 天才の, 天才を, 奥州, 女よ, 女達の, 姿を, 娘の, 小犬の, 少女あり, 少女よと, 弁信は, 弱き子の, 彼女では, 御述懷, 心ばえのほどを, 愛犬の, 我心, 抒情歌集を, 旅の, 朱と, 沖仲仕の, 流浪の, 烏啼天駆, 物思ひ, 物語, 物語に, 物語の, 獣等の, 男が, 竜胆の, 老人二人が, 者たちを, 者の, 者よ, 者を, 聲戸を, 話に, 金魚たちは, 長屋である, 鳩一羽くわえ

▼ 哀れにも~ (61, 2.4%)

2 笑止千万にも

1 [59件] あんまり気, いまに, おかしげな, おもしろかつ, お思われ, くつがえされるの, つらかりし思ひの, はかなく消え, まざまざと, またおそろし, また不気味, また美しくも, もれて, やつれはてた人, スゴスゴと, ポケットから, ユーモアに, 不思議にも, 又不, 可憐らしく見えた, 可笑しく見える, 売られて, 変テコな, 大きなもの, 小さく退化, 尼の, 川上機関大尉の, 幼年時代を, 彼女は, 思いまた, 思い自身, 恐ろしい運命, 息を, 悄然と, 惨めで, 敗残の, 有り恐ろしく, 木美子は, 枝を, 浅間しかり, 浅間しき限りなれ, 甚だ打算的, 疲れ果てた吾等人間, 痛々しい姿, 眺められる, 神楽坂署員に, 罪も, 美しい眉目, 美しゅう思えました, 聞ゆる, 腹立たしき次第, 華やかな, 虐待された, 見え, 覚えけ, 醜い自分自身, 震えおののいて, 靜かな, 風流である

▼ 哀れ~ (56, 2.2%)

3 思って, 思ふて 2 いえば, おぼさずや, お思い, 思ったか, 思ったの, 見たま

1 [38件] おかしみとは, きくも, しめやかな, よりほか言いよう, 云うも, 夕暮れに, 安息が, 心に, 思いしまいに, 思いどうぞ, 思い買いとりて, 思う, 思うからと, 思うた, 思う時, 思して, 思し召すでしょうし, 思ったが, 思つた様子で, 思はざるはな, 思ひ恨めし, 思ふらん三とせ, 思へば, 思わずに, 思召し, 思召せ, 聞くやう頼み, 見しかども, 見そ, 見た, 見て, 見ながらも, 見ぬ人, 見るの, 観じたり, 言うも, 言うよりも, 言ふも

▼ 哀れ~ (54, 2.1%)

4 あつた 3 ならない 2 しかない, ならなかった, ならなかつた

1 [41件] あつたさうだ, いたいたしかった, しめっぽい気分, しんぼうの, たまらず, たまらないよう, だから人, ならないと, ならなくなって, ならぬ, はない, また児童, 一夜がかりで, 云われない, 仙七と, 何だか一日此方, 例の, 兵部卿の, 困りますが, 子供に, 富岡は, 小侍従, 彼女の, 恋愛的な, 悄然と, 悲しくて, 情味を, 敗将の, 泣いた, 浅間しい, 涙が, 清らかでした, 源氏の, 源氏は, 為方が, 立小便などを, 群集の, 腹立たしいの, 自分にまで, 見て, 高槻の

▼ 哀れっぽい~ (46, 1.8%)

8 声を 3 声で, 調子で

1 [32件] くせに, ふうを, ものであった, ものでございましょう, ものの, ものばかり, ような, パーヴェル・パーヴロヴィチの, 一種の, 乾からびた, 人間である, 処が, 声, 子です, 宥り, 容姿を, 弱気は, 微かな, 様子を, 歌を, 涙ばっかり, 痩せた小さな, 節を, 花です, 表情を, 話は, 調子に, 調子の, 調子を, 述懐に, 部屋の, 鳴き声を

▼ 哀れ~ (32, 1.3%)

4 音を 2 深さ, 至り

1 [24件] 中の, 人である, 君よと, 妻なれ, 姿は, 娘の, 寡婦よ, 寡婦を, 少女よと, 影と, 感が, 我が心一つ, 數, 有様とぞ, 歌枕でも, 深い, 深いそのかみ, 深い処, 深い物語, 痕も, 至りで, 身の上であります, 身一つを, 骸は

▼ 哀れ~ (32, 1.3%)

3 知られけり 2 これよりぞ, 日に日に深く

1 [25件] かけよか, かけよ撫子, ここに, しられけり鴫立沢, なかなかに, 一入吾が, 一入深く, 一入深し, 中, 五月雨の, 同じ片思い, 夢の, 思はず入道相國, 感じさせた, 感じられる, 我れ, 此秋よりも, 此處にも, 深からぬ, 湯島の, 知れり, 秋の, 見えず荷葉, 見えねども, 覚えないでも

▼ 哀れ~ (26, 1.0%)

3 な声

1 [23件] な, なる光景, なる聲, なチャルメラ, な元気, な呻き, な小, な昔語, な暮らし, な父, な爺さん, に仰, に声, に子役, に悲しん, に拡げた, に求める, に着, に見えた, に見える, に訴, のなくなる, を催し

▼ 哀れ深い~ (25, 1.0%)

5 姿です

1 [20件] うちにも, がもと, とも言え, ものが, ものさへ, ものだった, ものでした, 品々だ, 姿でした, 姿を, 情景を, 曲を, 様子を, 物語を, 生活が, 繩付きの, 話です, 調べが, 遺書を, 風情でした

▼ 哀れ~ (22, 0.9%)

2 まなぶらん

1 [20件] いつ建つ, おそし, この道庵, やっと起き直っ, チャンド君は, 分って, 宿業の, 属官の, 時頼未だ, 殘り, 瀧口世を, 男は, 紅花緑葉の, 色さまざまの, 蔕ぐされて落ちた如く, 逃場を, 過ぎたるは, 道庵は, 駒は, 鬼王丸血煙り立て

▼ 哀れ~ (21, 0.8%)

2 ぽい声, ぽさ

1 [17件] ぽいもの, ぽいやう, ぽい姿, ぽい引かれ者, ぽい心持, ぽい気, ぽい氣持, ぽい爺さん, ぽい眼つき, ぽい身の上話, ぽい金切聲, ぽくて, ぽくなりました, ぽくも, ぽく懷, ぽく自分たち, ぽく訴

▼ 哀れ~ (19, 0.8%)

3 深い

1 [16件] ある, あるの, こもって, そくそくと, だれもの, つて時々, つて自分の, ともな, なんの, 加わるだけでも, 又有ろう, 大事に, 東洋芸術の, 深いが, 深くあった, 深くそこ

▼ 哀れでも~ (17, 0.7%)

2 あった, あつた, 不憫でも

1 [11件] あったの, ありおかしく, ありおもしろく, ありまだ, ありミソ, あり実に, あり物凄く, あり苦々しく, ある, あると, なく不潔

▼ 哀れ~ (16, 0.6%)

2 と思っ

1 [14件] から何とか, から放し, から細面, がもし, つたつて, といい伝えられ, とお, とか気の毒, と云, と同情, と近所, な, なあ, わよ

▼ 哀れ~ (16, 0.6%)

1 [16件] あるよう, なし, ひとしおの, まさる庭木立, 一しほ, 一入深草, 宿さず人, 感じて, 是れ, 極れり, 深い, 深いし, 深くこの, 深く此時節, 湧く, 知らん梅

▼ 哀れである~ (14, 0.6%)

1 [14件] からいっそ, から私, がいたし方, がこの, がしかし, がシブト, が見, し二人, だけにさき, とだけでも言っ, と共にお, と帝, などとこんな, に違い

▼ 哀れとも~ (14, 0.6%)

2 思わなかったの

1 [12件] 二人は, 云うべくまた, 問ふ, 思った, 思わずそれ, 思わぬか, 愚かとも, 残念とも, 滑稽とも, 無残とも, 聞く, 言ふべき

▼ 哀れっぽく~ (13, 0.5%)

2 なって

1 [11件] なったよう, 出して, 哀願的に, 持ちかけるなど, 持ちかけるんでね, 持ちだすなど, 見えて, 見えること, 言いたいから, 言うの, 黙首

▼ 哀れです~ (11, 0.4%)

31 から, からね, がことに, がすぐれた, がクワツ, が昼, が晝, ね

▼ 哀れ深く~ (11, 0.4%)

1 [11件] も美しい, も色, 云った, 思いやられた, 書いて, 歸つて行きました, 続きます, 綴った文句, 聴こえました, 見えて, 見ただけの

▼ 哀れなり~ (9, 0.4%)

1 ける, けれ, とし, と思う, なにと, 云々, 人間が, 広場の, 沙に

▼ 哀れ吾が~ (6, 0.2%)

6 世の

▼ 哀れ深き~ (6, 0.2%)

1 シンフォニー, 劇的感動を, 境地である, 夜曲の, 御物語, 旅の

▼ 哀れであった~ (5, 0.2%)

1 ある日, がそれ, が夕方国元, しまた, 中にも

▼ 哀れという~ (5, 0.2%)

1 こわい気, のも, ものが, ものを, ような

▼ 哀れ~ (5, 0.2%)

2 ぽい声 1 ぽい一節切, ぽい事, ぽい詭弁

▼ 哀れとは~ (4, 0.2%)

1 こんな感じ, 思さずか, 思わぬか, 見き

▼ 哀れなれ~ (4, 0.2%)

1 こまかき雨, ば然, 元禄の, 月を

▼ 哀れ~ (4, 0.2%)

1 かい, かいとも, かい趣, かくやるせない

▼ 哀れサンタン~ (4, 0.2%)

1 たるこの, たる思想的貧困, たる戯画, たる有様

▼ 哀れさ家~ (3, 0.1%)

3 には父

▼ 哀れその~ (3, 0.1%)

1 姿は, 母は, 空に

▼ 哀れとぞ~ (3, 0.1%)

1 思ふ, 思ふ武蔵野, 知らぬ顏

▼ 哀れにて~ (3, 0.1%)

1 げに恋する, 思ひ出だせし, 果子など

▼ 哀れはかない~ (3, 0.1%)

1 処に, 始末です, 運命の

▼ 哀れふかい~ (3, 0.1%)

1 ところが, ところも, 趣の

▼ 哀れよりも~ (3, 0.1%)

1 むしろ痛々しかっ, 弥さらに, 醜さ

▼ 哀れをも~ (3, 0.1%)

1 いかに知り, よく知っ, 物思ふ

▼ 哀れ~ (3, 0.1%)

1 ぽいところ, ぽいやう, ぽく身

▼ 哀れ果敢なき~ (3, 0.1%)

2 葬列の 1 一生を

▼ 哀れ~ (2, 0.1%)

1 ずくの, ぢらし

▼ 哀れだった~ (2, 0.1%)

1 が夕方国元, のかも

▼ 哀れでない~ (2, 0.1%)

1 ことも, という話

▼ 哀れでは~ (2, 0.1%)

2 あったが

▼ 哀れとか~ (2, 0.1%)

1 悲壮な, 気の毒とか

▼ 哀れとや~ (2, 0.1%)

1 思いけん, 言わん

▼ 哀れな死に~ (2, 0.1%)

2 ようを

▼ 哀れな老いぼれた~ (2, 0.1%)

1 絶望した, 青年の

▼ 哀れみじめ~ (2, 0.1%)

1 な者, の爪

▼ 哀れをか~ (2, 0.1%)

2 くる人

▼ 哀れ四十二~ (2, 0.1%)

2 の前厄

▼ 哀れ~ (2, 0.1%)

1 の灰, ばかり余りに

▼ 哀れ明日~ (2, 0.1%)

1 もまた, も亦

▼ 哀れ気の毒~ (2, 0.1%)

1 な先生, に見え

▼ 哀れ深くやるせない~ (2, 0.1%)

2 姿を

▼1* [143件]

哀れあらぬ谷に, 哀れさそのものになっ, 哀れさみじめさのみ漂う, 哀れさんざんの不入り, 哀れさ不憫さの愛, 哀れさ僕は敢, 哀れさ目もあてられず, 哀れしる人に, 哀れじみて聴, 哀れすべてを忘れ切る, 哀れは三十路女, 哀れそうであッ, 哀れちいさなものな, 哀れっぽい甘い感じに, 哀れっぽく悲しくって何, 哀れふ常, 哀れであったろうさ, 哀れであり痛々しいと, 哀れでございましていっしょ, 哀れでして, 哀れでなくなる時が, 哀れで堪まりません, 哀れというもおろかな, 哀れとおもひ, 哀れとこそ思え決して, 哀れとて手を, 哀れとを水夫たちは, 哀れなありさまを, 哀れなおきぬの話, 哀れなちつぽけな, 哀れなひびきの中, 哀れなみなし子, 哀れならざるべきされど恋, 哀れなりし人類よ, 哀れなりと言わざるべからず, 哀れなる悶えの子, 哀れな呟きにすぎなかった, 哀れな啼き声を, 哀れな嗄れ声で, 哀れな富める主人は, 哀れな巡禮の, 哀れな思いつめた望みを, 哀れな悩める人類に, 哀れな成り上り根性の, 哀れな曲がった枝に, 哀れな死んだ人たちを, 哀れな疲れ切った意識は, 哀れな病める蚕は, 哀れな老いざるはしかし, 哀れな老いた彼では, 哀れな背いた女を, 哀れな見る者の, 哀れな話して下さる, 哀れな附け焼刃, 哀れな鳴声の, 哀れにさえ感じられた, 哀れにぞする, 哀れになつて来た, 哀れには存じ候へども, 哀れにまで優しき風情, 哀れはかなきその身, 哀れはかなく見えた時, 哀ればかりは聞きわけどこ, 哀ればかりを問ふからに, 哀れぽい物悲しい心持ちが, 哀れまざまざと浮立っ, 哀れまずしい話である, 哀れまたひとつ星見, 哀れみな悩み入る夏, 哀れやめたまえ臥せる牛は, 哀れオレは, 哀れわたくしも不憫, 哀れをかはせ人知れず, 哀れアイヌを亡ぼした, 哀れビン然たるも, 哀れビンゼンたる手法, 哀れ一平は帆村, 哀れ三突きめの鋭い, 哀れ不びんや女, 哀れ且つ何か, 哀れ今一度御意度得存候然者, 哀れ今日もまた, 哀れ何れ戀ならぬは, 哀れ六尺の丈夫, 哀れ其の運命を, 哀れ冷汗びっしょりで, 哀れ刑場の露, 哀れ腹立たしかった, 哀れ呆れ果てた空疎さ世に, 哀れ哀れあらぬ谷, 哀れ哀れ棚の上, 哀れ執念の盲鬼, 哀れ奇怪な重役ども, 哀れに支えられ, 哀れの哀れ, 哀れ御身を落葉, 哀れ悲しく無気力で, 哀れ悲しむべき俗物的潔癖性である, 哀れたる食べ物, 哀れ惨憺たるその, 哀れ憫然たる男, 哀れの鴆毒, 哀れ我ら近代邪宗門の徒, 哀れ手向の花一枝, 哀れいざと, 哀れ散々の不覚, 哀れ文子は四苦八苦, 哀れ旅順の水, 哀れの日, 哀れは無き, 哀れ板ばさみに成り, 哀れ果敢い処, 哀れ果敢なく六つの, 哀れの上, 哀れる罪人, 哀れ榮華十年の遺物, 哀れに行こう, 哀れ気の毒千万なる男, 哀れな聲, 哀れ承の, 哀れ深うて土, 哀れ深かった, 哀れ深く優しい娘でした, 哀れ深く美しい歌だ, 哀れ深しや, 哀れ火星着陸の声, 哀れ無常なる亡骸, 哀れは餓え, 哀れ犀星よ汝, 哀れ玉緒のたえだ, 哀れ疎開の運命, 哀れ知らるる声々に, 哀れ知る心は, 哀れ神様及びその, 哀れ福助は永い, 哀れ竹童組打ちならまだしも, 哀れなす草, 哀れなき鯉, 哀れ老いても女子, 哀れ自ら催されて, 哀れ賑やかであると, 哀れ過ぎるのだ, 哀れを失った