青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「咲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~ 和尚~ 和歌~
咲~
~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~ ~哀れ 哀れ~ ~品

「咲~」 1151, 12ppm, 8827位

▼ 咲耶子~ (253, 22.0%)

10 の身 6 のす 5 と竹童 4 のからだ 3 である, の声, はまた

2 [11件] がふった, のいる, のまえ, の胡蝶, は, はこの, はにわかに, はピシリッ, は笛, も一しょ, を救いだす

1 [197件] あの絶倫, か, がかねて, がここ, がさ, がたくみ, がただ, がとりで, がにわかに, がふと, がやや, がわれとわ, が仕返し, が右, が好き, が悶々, が斬られた, が欄, が気がつきました, が空ん, が腰, が腹背, が野武士, じゃ, そうほう, その者, たッ, であった, ではない, でもこの, というの, というもの, という不敵, という女, という意外, とそこ, とである, とともに力, とに手当, とはいつのまにか, ともうし, とやらの, とやらもう, と余一, と力, と知っ, どのその呂宋兵衛, などがあらためて, などがきびしく, などが烏合, なるぞ, なる女, にあわぬ, にいたる, にささやいた, にそう, につづい, にとっては敵, には胡蝶, にもささやい, に向ける, に討たせ, のうごき, のおさない, のかげ, のし, のしろい, のため, のはたらいた, のやさしい, のやつめ, のゆくえ, の一指一揮, の一身, の五人, の前, の前後, の味方, の咽首, の報告, の声いっぱい, の怜悧, の挙動, の笛, の肩, の胸, の腕首, の薙刀, の行動, の返辞, の運命, の駒, の黒髪, はあつまった, はあと, はあやうく, はいきなり, はいずれ, はいそい, はいったい, はいま, はうちしおれ, はおく, はこっち, はさらに, はぜひ, はその, はたがい, はたのもしい, はとうとう, はともあれ, はどう, はねじ, はひたすら, はひらり, はふしぎ, はふたたび, はやや, はゆうべ, はよみがえった, はチラ, はバラバラ, は不安, は口, は夜来, は妙, は帯, は心, は手ばやく, は欄, は武者, は熱心, は知らなかった, は砂塵, は竿立ち, は縄つき, は罪人, は美しい, は耳ざとく, は胆, は薙刀, は裾野, は西, は足, は近, は返辞, への助太刀, へ向け, へ槍, までが筋金入り, も, もい, もいま, もういかにもがい, もかれ, もしばし, もすわらず, もそう, もその, もともに, もみすみす, もみな一家, も四勇士, も塔, も心づよく, も民部, も覆面, や小, や山県蔦, をうつべき, をうばい, をお, をおどろかせた, をこの, をしのび, をすくい, をすくいださなけれ, をすくいだす, をすくいだそう, をただしはじめた, をてんぐ, をとられた, をとりで, をにがし, をひとめ, をわたせ, を先, を助けだそう, を山, を手, を持っ, を渡し, を渡す, を無難, を生けどり, を申しうけよう, を道

▼ 咲~ (153, 13.3%)

3 桜が

2 [12件] それに, ものは, 啜泣き, 姉, 婿に, 桜の, 病気は, 花, 薄雲, 親類といふ, 部屋の, 顔を

1 [126件] あとを, いないとき, おぽん, ことや, こと本当に, この涙, すがた, すること, ところへ, まま萎れん, ものが, ものだ, ものも, を十キロ, パッと, 一輪二輪かすかに, 上にも, 上野の, 下に, 伯父で, 伯父といふ, 体に, 体工合の, 兄, 兄が, 兄姉従弟, 全生命, 唇に, 大輪なんぞは, 女の, 姉よ, 嫁入りの, 実家へ, 家に, 容態を, 容貌が, 山桜の, 工合も, 布團の, 帰国の, 帰国は, 床の, 弱りきった体, 後へ, 心くばりで, 心には, 心を, 恢復に, 愛情は, 懐から, 所番地を, 手に, 手足は, 方からは, 方が, 方は, 曼珠沙華を, 最初の, 来て, 枕元に, 桔梗が, 桜とともに, 桜を, 梅が, 梅だの, 梅花が, 椿の, 正気の, 死は, 死んだの, 殺された現場, 泣き声が, 泣声が, 泣声は, 無邪氣さ, 牡丹が, 牡丹がか, 牡丹である, 狂乱した, 病床に, 白つつじが, 目には, 目前には, 真紅の, 眼の, 知合の, 石竹を, 秋の, 秋草が, 紅い椿, 義兄, 者で, 耳を, 肩を, 船着き場の, 良人, 色を, 花が, 花に, 花紙や, 草花の, 菊を, 菖蒲を, 菫や, 萩が, 萩二枝を, 葬式が, 薔薇の, 蛇の目菊なる, 蛇の目菊曰くシヽデンキウモン也, 親類と, 言伝という, 詰問する, 買って, 足もとから, 身じろぐ音, 迎に, 部屋で, 部屋に, 部屋へ, 頭の, 顔が, 顔は, 顔も, 食事の, 黄薔薇は

▼ 咲~ (120, 10.4%)

2 昔よく, 気が, 泣きながら, 目の, 茶の, 茶椀の

1 [108件] ああいう, あまり工合, いつの間にか啜り, いろ, いろいろ微妙, お咲, きっとわたし, こういうよう, こちら様に, このごろに, すぐ傍, ずいぶん助かった, それが, ちがうの, ちょっとも, つづけた, どんなに情けない, なお唇, なんにも, ほんとに安心, またあまりに, また別れ話, まるで見違える, もうすこしいなく, もう当分, よくよくこの, よく話し, ジッとして, ハッと, 一つ年下よ, 一日か, 両手で, 予定では, 人並みでない, 今まで, 今晩來て, 低い驚き, 何か, 何心なく, 何處へ, 俯向い, 全くえり, 八五郎の, 六ヵ月の, 出かけた, 半夢中, 口惜し涙, 咲き立ての, 咲二を, 国へ, 国府津へ, 堅い一方, 声を, 大金を, 天にも, 太郎の, 太郎を, 妙に, 平家名じゃ, 平気で, 思い廻らした, 思わず地声, 急に, 息子に対しても, 息子の, 悲しい思い, 感じた, 昔馴染でも, 月一杯は, 有難かった, 本所の, 本郷の, 東京の, 毎日毎日の, 気を, 水を, 浦粕の, 淋しく訊ねた, 漸く戸, 火曜日には, 焼けたところ, 熱と, 狂気の, 盛に, 直覚的に, 眠つて居た, 知らなかった, 砧を, 神田の, 神経衰弱を, 突っかかって, 紙やの, 苦しまぎれに, 蘇生の, 裏から, 誰にとも, 請人に, 起きて, 近頃嫉妬, 逗留した, 道傍の, 道端の, 遠島女房の, 部屋の, 長いこと, 隠しなく, 頭から, 顔が

▼ 咲~ (71, 6.2%)

3 来て 2 いて, 一緒に, 出て, 私の, 自転車で

1 [58件] あっこお, あっちで, いるの, いるので, おおお嬢様, おみやさん, こちらを, こっちへ, せくせ, そういう点, そのまま海, その方, ともした明り, どうしてあんなに遑, はいはいはいと, まさか絶対責任, また泣きはじめる, やって, よみたがって, 一面大事な, 上京し, 下町へ, 前よりも, 十七日頃来る, 十六の, 台所で, 大鳴動, 奉行所へ, 子を, 宿を, 小さい平手, 帰って, 帰るので, 彩って, 時折実家へ, 来ます, 来ますまで, 来られなければ, 来ると, 東京に, 歸つたのは, 殺されたとでも, 江戸に, 火の, 疲れて, 知つてる, 知らせて, 立つので, 胡麻の, 自分で, 自分の, 薄紫に, 薄雲時代, 行って, 見つけたの, 誰かに, 開けて, 離別という

▼ 咲~ (63, 5.5%)

4 のこと 2 が壁土, の声, の顔

1 [53件] がうなされ, がすべて, が可哀そう, が変, が変則, が恐れ, が昏倒, が来, が混, が生れ, だけは動かない, と並ん, にそう, について親, にも会われず, に優しい, に呼び出し, に触ろう, の, の前, の叫び声, の奇癖, の姿, の小さい, の平常着, の心, の手, の指, の目, の静まる, は, はお, はこの, はどうにか, はむりやり, は人さし指, は家中, は息もつけなかった, は涙, は自分, は見た, も体, も何時の間にか, をねかしつける, を人, を人並み, を会わせない, を慰める, を押えつけ, を異常, を眠らせる, を縁, を見た

▼ 咲~ (35, 3.0%)

3 殺したの 2 殺した下手人, 見て

1 [28件] おどかした遺り口, きびしく叱った, しるして, そこに, それも, つれて, みかえして, ソッと, 働かせお, 入れて, 刈つてし, 労わっ, 可愛いばかりに, 呼出した, 始め死んだたくさん, 帯で, 平次は, 待つたの, 御覧に, 殺した後, 殺した翌, 殺して, 殺すはず, 突き飛ばした, 見ると, 見るに, 見るの, 読んだり

▼ 咲ける~ (25, 2.2%)

2 のみ, 垣根に

1 [21件] このやま, さ百合の, に心づき, は其の, ひやしんすの, ほど炉, みぎはに, を見る, を露, 君が, 桔梗かな, 桜は, 海岸に, 皆濃き, 緋文字の, 罪の, 花あやめ, 花とや, 萍の, 野に, 鎌倉

▼ 咲さん~ (24, 2.1%)

3 のところ 2

1 [19件] がお, が世帯, が戻, というの, といったね, にいいつけられまし, にお, に弟, に村, の昔, はお, はそれ, はつば, はやはり, は焼跡, は確か, は近所, も来た, をただ

▼ 咲~ (19, 1.7%)

1 [19件] 一平がどこに, 一緒, 一緒に, 云う小さい, 云って, 健之助が, 寿とが, 寿とは, 滝三の, 瀧三の, 牡丹の, 申す者, 私, 私は, 紙屋の, 言つてこの, 言つて二十歳妹は, 話したのよ, 順八は

▼ 咲~ (19, 1.7%)

1 [19件] いつもお送り, けりさ, しろ私, 云うのよ, 他の, 命じて, 妙な, 持つこと, 男の, 町会へ, 着くたんび, 着くなり, 知らせなかったら後, 與へた作が, 見向きも, 言はせる, 貰って, 限って, 頼んで

▼ 咲~ (17, 1.5%)

1 [17件] いず, その他周囲の, のびやからしく, もう死ぬ, 乳呑児を, 可哀想ね, 同行した, 咲たり, 国も, 急に, 息子を, 懐剣を, 気を, 決して楽, 浩に, 自分の, 良くなる

▼ 咲ちゃ~ (14, 1.2%)

2 は善い

1 [12件] が泣く, だけが, だけよ, の母ちゃん, はええ, はキイキ, は何処, は食べたくない, を取る, 吉坊が, 私が, 私は

▼ 咲~ (10, 0.9%)

2 あるに, 石うつしたる 1 いたそう, いるの, いるのよ, 居ます, 居る, 活人は

▼ 咲耶媛~ (10, 0.9%)

2 をお 1 だけをおとめ, とご, と申す, にわざわざ, に姉, は, はそう, はまもなく

▼ 咲耶子さま~ (8, 0.7%)

1 がまた, が捕らわれた, でございましたか, のお, のかわいがっ, をお, をはじめ忍剣, を取りかえし

▼ 咲かむ~ (7, 0.6%)

2 ぞ, 水無月に 1 と雑草, 夜な, 限り此の

▼ 咲という~ (7, 0.6%)

1 おはぐ, のは, 今年十七の, 使いは, 女が, 女を, 小さい女の子

▼ 咲~ (7, 0.6%)

1 何かが, 原始的な, 国の, 子供たちは, 孝之進などに, 從兄の, 梅作の

▼ 咲~ (7, 0.6%)

1 が来ねえで, だって赤く, と誰, にやる, のこと, の顔, は近頃

▼ 咲くらむ~ (6, 0.5%)

2 山吹の 1 のさくらが, 寿くにさくらむ, 山の, 山振

▼ 咲満ちた~ (6, 0.5%)

2 枝を 1 ままゆらゆら, ように, 花の, 雲の

▼ 咲~ (5, 0.4%)

1 それが, は無, 下船した, 父親が, 珍う御座いました

▼ 咲~ (5, 0.4%)

1 という男, という若い, と云わない, の殺された, を締め殺し

▼ 咲殺し~ (5, 0.4%)

3 の下手人 1 の一番不思議, の疑ひから免れよう

▼ 咲~ (4, 0.3%)

1 ざらむ, まくは, 牡丹種ぐらい, 返り花

▼ 咲ちゃん~ (4, 0.3%)

21 に代っ, のこと

▼ 咲といふ~ (4, 0.3%)

2 のは 1 下女が, 美しいの

▼ 咲残った~ (4, 0.3%)

1 のであった, のも, 一叢の, 撫子にも

▼ 咲~ (4, 0.3%)

2 りの 1 りたり, り山藤松

▼ 咲耶子さん~ (4, 0.3%)

31 にちがい

▼ 咲~ (3, 0.3%)

1 な, ね, よ

▼ 咲っていう~ (3, 0.3%)

1 乳母によ, 昔の, 者の

▼ 咲~ (3, 0.3%)

1 れた暖, れて, れてを

▼ 咲~ (3, 0.3%)

1 る, る四季, る豆

▼ 咲出した~ (3, 0.3%)

1 ため遂に, のも, 裏庭を

▼ 咲~ (3, 0.3%)

1 つた, ふやう, へる葩

▼ 咲耶さん~ (3, 0.3%)

1 が鉄砲, です, です咲耶さん

▼ 咲親子~ (3, 0.3%)

1 がこちら, が行った, を扶養

▼ 咲から~ (2, 0.2%)

1 ききました, 思いがけない寺男

▼ 咲けり~ (2, 0.2%)

1 この花, と見る

▼ 咲けるき~ (2, 0.2%)

2 さらぎはものぞおちゐぬわれのこころに

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 おもかげ, て恰も

▼ 咲でも~ (2, 0.2%)

1 ゆい子, 作って

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 のだろう, ので御座います

▼ 咲にとっては~ (2, 0.2%)

1 それが, 小さいなりに

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 ぞ, 可し

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 戻された, 貝を

▼ 咲以外~ (2, 0.2%)

2 の他

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 でたり, でぬ

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 と歌舞伎座, まだ帰らない

▼ 咲埋めたる~ (2, 0.2%)

2 あかき色

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 博士が, 博士九大の

▼ 咲揃っ~ (2, 0.2%)

1 てゐる, て中

▼ 咲残る~ (2, 0.2%)

1 秋草の, 野菊の

▼ 咲殿~ (2, 0.2%)

1 そのほう, は帰る

▼ 咲満ち~ (2, 0.2%)

1 て春たけなわ, て真白

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 と三人, 大体皆

▼ 咲~ (2, 0.2%)

1 ふた花, ふ中

▼ 咲耶さま~ (2, 0.2%)

1 です, 早く

▼ 咲耶姫~ (2, 0.2%)

1 だと, に対した

▼ 咲耶子咲耶子~ (2, 0.2%)

1 の笛, もういかにもがい

▼ 咲自身~ (2, 0.2%)

1 にも退院, も気

▼ 咲誇る~ (2, 0.2%)

1 向日葵よりも, 桜の

▼ 咲込めたる~ (2, 0.2%)

2 空の

▼ 咲込んだ映~ (2, 0.2%)

2 山紅に

▼1* [153件]

可き, 咲えたぞ白坊主, 咲えてたじゃねえ, 咲咲, 咲おそざきのちがいがはげしい, 咲かざらんはなこそ, 咲かな紙屋の, 咲かなとふと思ひ, 咲からの使ひでした, 咲からはあなたへ, 咲かわってその, 咲がまとまれるし, 咲きいでにけり, 咲きぬ鮎ものぼりぬ, 咲くさうびかな, 咲くるい咲と, 咲けどもわが, 咲ける見てけふも, 咲けれど山を, 咲これは和助, 咲うだね, 咲さ酷似の顔, 咲しい戯れの名, 咲しょうと西洋窓, 咲せたのは, 咲せたい源助が, 咲それでは困る, 咲後に, 咲たちが国府津, 咲たり桃の, 咲だけが蓮から, 咲だったのでわたし, 咲ちゃんお前は母さん, 咲ちゃん母さんが死んじゃったら, 咲ちやん表, 咲つてゐる, 咲てるよ, 咲ですよ, 咲として泰子に, 咲としては御亭主, 咲とともに左手へ, 咲とは似も, 咲とへ事情を, 咲どんいう女子衆, 咲などというのが, 咲なんか話しかた話題, 咲にはその無一物, 咲にも怪し何處, 咲に対して圧迫する, 咲に対しては惨めすぎる, 咲ばかり忙しい, 咲樂ぶ, 咲ひさしぶりでしたろう, 咲ひとりで留守, 咲ふかあはれ瞼の邊, 咲たん, 咲まで口が, 咲まひがほ, 咲榮え, 咲み割れるような, 咲む茶山花の香ほのか, 咲めぐる賤が, 咲らしい強情さで, 咲なでしこ, 咲イタ花コノ花ビラハ煮テモ食エナイ, 咲ク時分ニハ一層賑カデスシ, 咲スエ自分外套さがしに, 咲チョッと泣, 咲パリからついた, 咲る, 咲二の足につかまっ, 咲交じった花も, 咲交ってい, 咲仲働のお, 咲れたという, 咲出すのである, 咲出づる頃である, 咲出でて故里, 咲出る頃または, 咲る心, 咲初めた莟である, 咲初めたるも自ら怠り勝, 咲へる鳥居, 咲匂うて馥郁, 咲国二人旋風の如く出立, 咲国子供三人その他二人, 咲国病院へよった, 咲太郎をつれ, 咲太郎一連隊が出発, 咲太郎来かえりに, 咲太郎私従弟の紀, 咲して, 咲小雨が降る, 咲平等の農学, 咲平黒田正夫の各, 咲念入に土鉢, 咲ッた, 咲掛る凌霄の, 咲揃いたる紅白瑠璃, 咲揃うこれに, 咲揃うた白い山梔木, 咲揃った畑が, 咲揃つた眞晝の芍藥, 咲揃つてゐたが, 咲撓めたる風情にて, 咲昇る葵を, 咲かえる, 咲梵字の真, 咲残つて居る, 咲残りの秋, 咲残り帯紫色の鐘状花蛍袋, 咲殘つてゐる, 咲殿そなたも, 咲てる上, 咲満ちたる中に, 咲父タウス息子門の前, 咲産室に入った, 咲白花を着け, 咲りけり, 咲盛つた頃には一二丁, 咲盛つてゐた柘榴, 咲盡くせる, 咲紅梅の蕾, 咲は井出曙覽, 咲どのもう, 咲耶予の頬, 咲耶子さまア, 咲耶子さまここは竹童, 咲耶子どのの笛, 咲耶子ひとりだけが柱, 咲耶子右のしだいゆえ, 咲耶子呂宋兵衛めはいずれ, 咲耶子心をゆるすまい, 咲耶子蔦之助, 咲自家用にのっ, 咲蔽うその長坂, 咲をたいそう, 咲誇ってい, 咲誇ったテーベの, 咲誇れるを斜, 咲買物のかえり, 咲へてなほ衰, 咲躑躅の茂, 咲遅れたる花の, 咲ぎたらんやうの蕭衰を, 咲重って白き, 咲重なる木槿の, 咲重りつつ屋根ぐるみ引, 咲のやう, 咲静まったのは, 咲をパーマネント, 咲も鳴く, 咲黄菊を眺め