青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「千葉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十字架~ ~十年 十月~ 十郎~ 千~ 千代~
千葉~
千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~ ~半分

「千葉~」 1043, 10ppm, 10660位

▼ 千葉~ (174, 16.7%)

9 方へ 3 方から, 海岸で, 海岸に

2 [11件] お助けジイサン, 借家で, 方の, 松戸で, 水沼に, 海岸へ, 田舎から, 里子の, 野を, 領地から, 領地に

1 [134件] いなかより, おしろうとだんな, おばさん, お土産, お百姓家, お茶屋へ, この教務所長, です, ほうから, ほうへ, もので, ものでございます, ように, ファシスト地下組織は, ファシスト組織の, 中学へ, 二箇所で, 人とは, 人な, 今いる, 介と, 住所を, 佐倉の, 佐倉宗五郎という, 佐倉宗五郎の, 借家に, 借家へ, 借家を, 兄の, 八幡へ, 分院, 別所少年に, 別莊, 勝浦の, 北辰一刀流と, 医者でも, 千葉寺成田の, 厄介に, 友人を, 呆然の, 大原の, 大貫の, 大野の, 天狗岩の, 奉納額を, 女で, 娘は, 家で, 家に, 家へ, 富山に, 寓居も, 小天狗栄次郎殿, 小犬には, 小犬は, 小金町に, 山武郡の, 巻, 市街に, 布佐と, 弟子に, 役人は, 往復も, 御宿から, 御挨拶, 忠藏小泉の, 成田の, 所謂, 方に, 方にも, 方は, 方も, 旅籠屋宛に, 旧主人, 木更津に, 木更津中学へ, 末広農場で, 柏へ, 柴原県令などで, 江場土で, 海こぎ出し船は, 海に, 海岸あたりの, 海岸の, 渡部非, 瀬川氏の, 片田舎に, 物価と, 獄中で, 田舍へ, 田舎などには, 田舎女達が, 町で, 町に, 町の, 町よりも, 町を, 病院に, 病院へ, 療養所へ, 監獄で, 監獄の, 監獄へ, 県会議員に, 県立病院長は, 知合いへ, 知合へ, 知行所に, 稲毛の, 稻毛海岸に, 竹村博士が, 者で, 者である, 背後より, 船橋という, 菊世界紙巻の, 蓮池から, 藤兵衛である, 街へ, 裁判所に, 親類が, 親類に, 道場で, 道場などで, 醫學校の, 里から, 里子に, 里子や, 野ゆ筑波を, 銚子方面へ, 長沼村の, 開墾部落も, 駅へ, 高弟で

▼ 千葉先生~ (89, 8.5%)

8 のところ 5 へ手紙 2 からお, に御, の会, へ行く

1 [68件] から御返事, から早速, から葉書, があった, がお, がおっしゃった, がお家, がこの, がそこ, がそれ, がズーッ, が居られた, が担任, が教科書以外, が熱心, が非凡, であった, です, とやらをお, と堺先生, と河崎なつ先生, と私, にお, にお目にかかった, にお目にかかり, にでごぜ, には何, には好意, には課外, にも御, によく, に云っ, に作楽館, に対しての愛情, に見, に長く, に門, のあの, のお話, の偏見, の十二日会, の印象, の名, の所, の推挙, の教育, の時間, の時間ほか, の歴史, の経験的人生, の道場, は何処, は学問, は教育, は敬愛, は毎朝, は水色メリンス, へなかなか, へも行かれず, へ上った, へ御, へ行こう, もおれ, もそう, より越前老公, をお, を中心, を教壇

▼ 千葉~ (84, 8.1%)

2 の保田, の南部, の方, の某, の海岸, の銚子, の養老川

1 [70件] か, から出, から埼玉, から杉, から茨城県, か栃木県, がも少し, では上総, では内房地方, では果して, と埼玉県, と茨城県, などではコジャ, にいた, にて東京方面, には霖雨, にも不思議, によった, に知り合い, に移転, に至る, のある, の一部, の下志津原, の中, の中学校, の九十九里, の九十九里浜, の佐倉, の大河, の天狗話, の太平洋地帯, の女房, の姉ヶ崎, の安房, の富山, の小高い, の山, の布佐, の布川, の成田, の成田線, の手賀沼, の旧, の暖いところ, の東海岸, の海, の漁師, の田舎, の神崎向こう地, の競馬場, の船橋, の蕨橿堂君, の西端, の農村, の長者町, の霞ヶ浦, の青, の館山湾, の香取神宮, はとりわけ, へゆく, へ入っ, へ往, へ移る, も南, や神奈川県, や群馬県, を横断, を通っ

▼ 千葉~ (45, 4.3%)

4 帰って 3 出張し, 行って, 電話を 2 いっちまうよ

1 [30件] おいも, かえった咲, かえり明日, かけたら三十一日, ひきとること, 一寸帰り, 一晩かえり, 來ます, 出張中だった, 問ひあはせ, 帰つた, 帰つて会社へも, 帰る日, 常州より, 引込むの, 引込んだやう, 往かなくては, 往って, 急行した, 戻るため, 母病気で, 渡れそう, 移された時, 立つそれにしても, 立つと, 行こう, 行つ, 行つて視察する, 訪れて, 追ひ返

▼ 千葉周作~ (42, 4.0%)

2 の講談

1 [40件] があらわれ, がこう, がまだ, が出稽古, が指導, が自分, が道場, だから, だという, だ北辰一刀流, とその, とやる, と争った, と聞い, など劍道, には彼, には限らない, にみせ, に仕込まれた, に斎藤弥九郎, に舌, の名, の家, の廻国日記, の廻國日記, の弟子, の方, の次男栄次郎, の耳, の話, の道場, はこう, はその, は同, は笑い出し, へ次, も夜, をちゃんと, を向こう, を尊敬

▼ 千葉道場~ (28, 2.7%)

2 での上目録, の四天王

1 [24件] でな, での彼, ではその, と知っ, におり, の人たち, の代表, の内弟子, の切り紙, の掟, の田舎者, の規則, はもちろん, は栄えた, へはいった, へは五年前, へやって来た, へゆき, へ入門, よつづい, を呑ん, を訪, を訪ね, を訪ねる

▼ 千葉~ (22, 2.1%)

1 [22件] ある女房, いたの, しては, 三浦環は, 住んでる姉, 劣ると, 向った, 向つて, 太宰を, 実家の, 家を, 居た時, 旅を, 根を, 泊って, 行きし時, 行く事, 行く用事, 親戚が, 赴くも, 送られた, 送られたの

▼ 千葉~ (19, 1.8%)

3 介の 2 介は, 介貞胤

1 [12件] 介から, 介だった, 介と, 介など, 介や, 介小山秀朝, 介小山秀朝の, 介貞胤だの, 介貞胤と, 介貞胤小山秀朝らに, 介高胤二番北畠顕家三番結城宗広, 介高胤由良新左衛門なども

▼ 千葉~ (18, 1.7%)

1 [18件] あつた, やるん, 三年ばかり, 休んで, 初めてそういう, 十五分待っ, 半年間いじめられた, 大地主, 寿に, 拾って, 挫折った, 栗栖との, 楽を, 澤山果らせた, 発覚し, 空襲に, 結婚を, 自殺した

▼ 千葉から~ (16, 1.5%)

2 木更津にかけて

1 [14件] 一寸出たら, 印旛佐原へ, 口入屋の, 少し山手, 広島へ, 御帰り, 戻って, 打ったもの, 来るの, 歸つてゐた, 荷が, 荷物が, 解除に, 退院後一時七里ヶ浜恵風園に

▼ 千葉~ (15, 1.4%)

1 [15件] だんだん本性, どちらに, ドイツまで, 三日休んだ, 何だ, 出入りさせぬ, 寢ぬ, 御恩, 放たれぬ, 東京に, 梅雨で, 江戸における, 甲斐を, 私が, 貴孃泣

▼ 千葉監獄~ (13, 1.2%)

2 に護送

1 [11件] にはいっ, に來, に服役中, に移される, の典獄, へ収監, をまんまと, を出た, を出ました, 在監中, 差出しの

▼ 千葉~ (12, 1.2%)

6 常胤 1 が気さく, が返答, の所, も微酔, 平常胤, 最もこれ

▼ 千葉房枝~ (12, 1.2%)

2 の名誉, を殺し 1 がみずから, がわたし, が彼女, が机, のこと, の純情, の自殺, は頭

▼ 千葉~ (11, 1.1%)

1 [11件] いい, 亡くなつた事, 其子を, 初戀, 寒かるべき, 怖いばっかりに, 樣子を, 組した, 自分と, 郡の, 馬鹿な

▼ 千葉街道~ (11, 1.1%)

1 [11件] からし, に出, に沿, に通じた, の散策, の片, の裏手, の道端, の電柱, までつづい, を驀地

▼ 千葉ウジ~ (10, 1.0%)

1 が手さげカバン, が相当, が相棒, との会見場所, と会い, なる人物, の姿, をとり逃した, をなぐり倒し, を捕える

▼ 千葉~ (9, 0.9%)

1 とおり木下, 出たといふ, 出る時, 動く気, 引き払った銀子たち, 立去る前, 訪れ晴れ, 辭す, 遁げる

▼ 千葉~ (8, 0.8%)

2 小山の 1 よぶの, 呼ぶ, 本千葉との, 東京との, 落付か, 転任した

▼ 千葉秀甫~ (8, 0.8%)

1 がだんだん, がなん, がまた, がドイツ, でした, という名刺, は, は当時羽織ゴロ

▼ 千葉での~ (7, 0.7%)

3 ある日 1 ことだ, 不勉強, 不愉快な, 面会の

▼ 千葉まで~ (7, 0.7%)

1 ゆかずともの, 十里と, 同行し, 来たついで, 買出しに, 買物にとか, 走らずや

▼ 千葉~ (7, 0.7%)

1 九段の, 埼玉へ, 小山らでは, 成田が, 桃井や, 習志野へ, 銚子は

▼ 千葉~ (7, 0.7%)

1 にもそれ, の一党, の女, の如き, の添書, の顔, や宇都宮氏

▼ 千葉~ (6, 0.6%)

1 でそれ, の人達, の月輪, の玄関先, の重臣, を負

▼ 千葉さん~ (5, 0.5%)

1 が私, の前おき, の方, は典型的, も戦時中

▼ 千葉~ (5, 0.5%)

21 かどこ, そうです, もの盆正月の

▼ 千葉小山~ (5, 0.5%)

1 からの連絡, のひきいる, の両家, の二大将, の敵

▼ 千葉~ (5, 0.5%)

2 の夫婦殺し 1 のある, の郊外, へ参った

▼ 千葉県下~ (5, 0.5%)

1 に起つた, に限り, の出来事, の河川, 某村

▼ 千葉~ (5, 0.5%)

1 に渡ろう, の人, の某, の海ぞい, の海岸

▼ 千葉あたり~ (4, 0.4%)

1 じゃ海岸一帯, になる, に住みたい, の小学校

▼ 千葉三郎兵衛~ (4, 0.4%)

1 が坐っ, であった, は五十ぢ, を見た

▼ 千葉先生の~ (4, 0.4%)

1 へかき, を出した, を幾分, を書い

▼ 千葉勝五郎~ (4, 0.4%)

1 がどう, のふところ刀, の方, の縁者

▼ 千葉安良先生~ (4, 0.4%)

1 がある, であった, という一人, は今どこ

▼ 千葉~ (4, 0.4%)

1 と槙沢山, の註, より低い, を別に

▼ 千葉早智子~ (4, 0.4%)

1 がたいへん, ですか, なども住ん, の送別会

▼ 千葉県出身~ (4, 0.4%)

1 だとかいう, で御座いまして, のめしたき, の攻撃

▼ 千葉てる子さん~ (3, 0.3%)

2 へ宛てた 1 が僕

▼ 千葉という~ (3, 0.3%)

1 ように, 家も, 灸点家に

▼ 千葉~ (3, 0.3%)

1 お翳り, 暑くなり, 最初は

▼ 千葉一党~ (3, 0.3%)

1 がおさまらない, が勝った, が宿泊

▼ 千葉亀雄~ (3, 0.3%)

1 がおじさん, の墓標, の遺稿

▼ 千葉亀雄氏~ (3, 0.3%)

1 がいた, が婦人, が批評

▼ 千葉佐倉~ (3, 0.3%)

1 の近傍, をめざし, を經

▼ 千葉周作成政~ (3, 0.3%)

2 であった 1 と申す

▼ 千葉~ (3, 0.3%)

1 だと, の妻, 大巌寺鵜の森

▼ 千葉城址~ (3, 0.3%)

1 から熊本郊外, の屋敷, の高

▼ 千葉方面~ (3, 0.3%)

1 では浦安, へいらっし, まで無料配達

▼ 千葉栄次郎~ (3, 0.3%)

1 と深, は黙っ, を中心

▼ 千葉海岸~ (3, 0.3%)

1 などへ転地, の借家, の方

▼ 千葉県佐倉~ (3, 0.3%)

1 で同地, の鹿島川, への旅行

▼ 千葉県船橋~ (3, 0.3%)

1 の土地, の映画館, の町はずれ

▼ 千葉県長者町~ (3, 0.3%)

2 より 1 に暮し

▼ 千葉~ (3, 0.3%)

3

▼ 千葉胤明翁~ (3, 0.3%)

1 から聞いた, が住ん, を訪ねた

▼ 千葉からは~ (2, 0.2%)

1 二人きりに, 何の

▼ 千葉てる子~ (2, 0.2%)

2 と云う

▼ 千葉では~ (2, 0.2%)

1 そうだった, 僕等が

▼ 千葉でも~ (2, 0.2%)

1 八王子でも, 運動場へ

▼ 千葉より~ (2, 0.2%)

1 印旛沼の, 帰りて

▼ 千葉一門~ (2, 0.2%)

1 の行動, は伊香保温泉

▼ 千葉中學校~ (2, 0.2%)

1 に至り, の校長

▼ 千葉亀雄さん~ (2, 0.2%)

1 から, が親類

▼ 千葉介常胤~ (2, 0.2%)

1 は胤正, も上総介広常

▼ 千葉介貞胤~ (2, 0.2%)

1 で, を相手

▼ 千葉吉造氏~ (2, 0.2%)

1 のとこ, 来る新聞

▼ 千葉地方~ (2, 0.2%)

1 の広い, へ遠足

▼ 千葉~ (2, 0.2%)

1 です, となる

▼ 千葉定吉~ (2, 0.2%)

1 で周作, という人

▼ 千葉~ (2, 0.2%)

1 の図書館, の郊外

▼ 千葉掬香~ (2, 0.2%)

1 がイプセン, の譯

▼ 千葉~ (2, 0.2%)

1 介が, 助などの

▼ 千葉時代~ (2, 0.2%)

2 から見る

▼ 千葉病院~ (2, 0.2%)

1 に入院, へそっと

▼ 千葉県人~ (2, 0.2%)

1 が居りました, の恥辱

▼ 千葉県南部~ (2, 0.2%)

1 などのミアリ正月, の農村

▼ 千葉県銚子~ (2, 0.2%)

1 のさき, の豊里

▼ 千葉秀浦~ (2, 0.2%)

1 が推也納, との関係

▼ 千葉秀輔~ (2, 0.2%)

1 という人, といっ

▼ 千葉系図~ (2, 0.2%)

1 には将門, や相馬系図

▼ 千葉聯隊~ (2, 0.2%)

2 の馬

▼ 千葉茨城二県~ (2, 0.2%)

1 の沼沢地方, の農村

▼ 千葉~ (2, 0.2%)

2 の電車

▼ 千葉鉄道聯隊~ (2, 0.2%)

1 の連中, や世田ヶ谷自動車隊

▼1* [189件]

千葉あたり田舎の家屋, 千葉くんだりへ行かねえ, 千葉一族にとっても, 千葉さんあなたはお, 千葉その他の群臣, 千葉だつたか乃至, 千葉だの三浦だの, 千葉やない, 千葉てる子さん土屋公献先生による成長, 千葉てる子様の二人, 千葉ですつて, 千葉とかいう関東の, 千葉どの早坂どの, 千葉などから働きに, 千葉などはこの例, 千葉なる某という, 千葉において情死の, 千葉について剣を, 千葉にはいささかの, 千葉へでも逃げるつもり, 千葉へは行く由, 千葉はりに, 千葉までしか行かなかった, 千葉とうと, 千葉をば呼立て, 千葉モアリ葩長ク蔕ハツハノヘタノ如ク又アザミ, 千葉一族が味方, 千葉三浦武田伊東河越工藤なども陣, 千葉三郎兵衛間新六, 千葉三郎兵衛間瀬孫九郎中村勘助などの人々, 千葉上総甲信武相ノ諸, 千葉亀雄先生の処, 千葉亀雄土岐善麿矢部謙次郎山根真治郎遅塚麗水の諸氏, 千葉亀雄氏阿部真之助等と知る, 千葉亀雄氏馬場孤蝶氏前田河広一郎氏梅原北明氏戸川貞雄氏藤井真澄氏甲賀三郎氏平林初之輔氏佐藤春夫氏石上是介氏等が直接, 千葉介成胤さまが安, 千葉介成胤法師一人を生, 千葉介殿か誰, 千葉以来の箪笥, 千葉伊東などの東国, 千葉佐々木など誰, 千葉先生その他にお, 千葉先生丈は私, 千葉先生門下の上位者, 千葉八王子に至る, 千葉八雲閣下だった, 千葉六郎など先頃, 千葉出張の獲物, 千葉勘助真柳権, 千葉勘左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 千葉が紙幣, 千葉北方郊外の高燥, 千葉医大の解剖室, 千葉医学校を作った, 千葉十太郎の門人, 千葉千葉と呼ぶ, 千葉印旛郡成田町仲の町三百八十九番地庄司見新吉, 千葉又は万葉の, 千葉名産の蛤, 千葉の好意, 千葉周作先生の門弟, 千葉周作政成の高弟, 千葉周作桃井春蔵それ等の剣道師範, 千葉周作桃井春蔵近藤勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 千葉周作等前後して, 千葉周作高橋蜊河岸の鏡心明智流, 千葉土肥その他の諸, 千葉土肥北条など居あわせた, 千葉坪内両先生, 千葉だと, 千葉埼玉あの大河, 千葉埼玉県に戒厳令, 千葉大介の一勢, 千葉大隅らの兵, 千葉夫人眞山西田両君及び予等夫婦, 千葉宇都宮そのほか戦線, 千葉家四天王の隨一, 千葉富子に負かれ, 千葉小山らの別隊, 千葉小山自分をあわせ, 千葉小野寺踵を次いで, 千葉の二階, 千葉山牛王院山が挙げ, 千葉山袴腰山古礼山等に就, 千葉市警察署長その他各地の警察署長, 千葉常胤などを顧み, 千葉平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 千葉幸喜次とか云, 千葉弥一郎さんから承ります, 千葉心中もこの, 千葉斎藤の三道場, 千葉早坂それに若い, 千葉東京の家, 千葉東京等一円の隣地, 千葉松兵衛氏福沢捨次郎氏古河虎之助氏などは争っ, 千葉栃木群馬の近県, 千葉桃井には及ばない, 千葉殿がご, 千葉氏代々の城址, 千葉海岸あたりに殺到, 千葉海岸飯岡における砲兵学校高射砲隊, 千葉生れの十三, 千葉町大字千葉という類, 千葉町大日寺にある, 千葉町夫婦殺しの犯人, 千葉町民の誇り, 千葉畠山など並居る, 千葉監視隊本部へ, 千葉県あたりの酌婦, 千葉県なにがし村に出没, 千葉県上総の土気辺, 千葉県上総鳥取県因幡のある, 千葉県二三回名古屋一回大阪一回東京に至っ, 千葉県人会よりの帰途, 千葉県令である柴原和, 千葉県佐倉鹿島川の鉄橋, 千葉県佐原の荒, 千葉県側から大利根, 千葉県千葉町の郊外, 千葉県千葉郡千葉町大字千葉という類, 千葉県印旛沼の附近, 千葉県印旛郡でコウジバナ, 千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県の七つ, 千葉県大原町といふ名前, 千葉県大和田へ行った, 千葉県大戸と下総神崎, 千葉県大戸駅へ行く, 千葉県姉ヶ崎にある, 千葉県山武郡片貝村の南方一里足らず, 千葉県巡回中に出逢った, 千葉県市川市からあまり, 千葉県布佐に移住, 千葉県新潟県秋田県と各地, 千葉県木更津にこの, 千葉県東上総方面, 千葉県東葛飾郡埼玉県北葛飾郡東京府南葛飾郡にまで鉱毒, 千葉県浦安町に送っ, 千葉県生まれの少年, 千葉県知事市長成田山の僧正, 千葉県知事折原己一郎氏が以前福岡県知事, 千葉県神崎高校の講堂, 千葉県稲毛に家, 千葉県船橋市に疎開, 千葉県船橋町に転地, 千葉県船橋町泥の海, 千葉県行徳村藤原の徳願寺墓, 千葉県警察の怠慢, 千葉県警察部長の談, 千葉県豊里水戸涸沼のハゼ, 千葉県道に面した, 千葉県長者町江場土中條内より, 千葉県養老川でこの, 千葉県館山湾内沖ノ島附近でカツオ, 千葉県香取郡飯塚村寺本氏の報知, 千葉県香取郡香取町に鎮座, 千葉県鴨川辺ではセグロイワシ, 千葉柳の, 千葉神社の裏手, 千葉稲城子に答, 千葉一の, 千葉総監を囲み, 千葉縣あたりは食, 千葉縣安房郡に渡る, 千葉縣船橋の町, 千葉の刑事, 千葉胤成教授の実験的, 千葉胤明氏の子息, 千葉胤秀剣持章行佐藤一清法道寺善小松鈍斎などいう, 千葉胤秀編となっ, 千葉船橋町の家, 千葉茂原町の演習宿泊拒絶, 千葉葛西等の武總, 千葉行きでしょうもう, 千葉裁判所より召喚状, 千葉警察の者, 千葉警察署より猪股警部補, 千葉貞胤が新田, 千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 千葉のよう, 千葉咲送っ, 千葉近くなった時, 千葉郡上飯山満の林, 千葉郡千葉町大字千葉という類, 千葉郡寒川の白旗八幡前, 千葉重太郎等が共に, 千葉門下の免許取り, 千葉門下三千人第一番, 千葉電話が, 千葉で電報