青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「和尚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~ ~命令 命令~ 咄嗟~ 和~
和尚~
和歌~ 咲~ ~咲い 咲い~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~ ~哀れ

「和尚~」 2924, 32ppm, 3716位

▼ 和尚さん~ (645, 22.1%)

12 の所 96 の居間 5 がお, の聲, の足 4 が, が留守, のお, の眼, はその, は私

3 [12件] のお供, の前, の子, の方, の温言, はそれ, はまだ, はもう, は人, は猫, は顔, ももう

2 [50件] がその, がどんな, が帰っ, が怪しい, が旅, でした, でしょう, では, でも, ときたら, と小さな, と酒, にお, にその, にぢ, に上げ, に会っ, に頼ん, のこと, の側, の声, の姿, の手, の病気, の顔, はいい, はいつも, はいひました, はおこっ, はここ, はしばらく, はなか, はなんと, はびっくり, はまた, は台, は大, は大きな, は小僧, は左, は庫裡, は用事, は眼, は老人, は自分, は言った, は黙, も, もそして, も遠く

1 [443件] あの鯉一尾, あはははは, え, え和尚さん, お留守, お頼み, からいいつけられ, からおいしい, からこの, からもそれとなく, から少々, から描い, から種々, から立換, から聞いた, から詰問, から貰つた, がありました, がいくら, がいひました, がお寺, がぐづぐづ, がつい, がびっくり, がまた, がもう, がやって来た, がわし, が三味線, が丸々, が乗, が仲間, が住ん, が何, が例, が僕, が其後, が出, が出かけ, が割当米, が壇, が夜, が大事さうに庖丁, が大切, が大好き, が女子, が学校, が帰る, が庭掃除, が念, が思ひ出した, が抱い, が教, が早稲田, が有難く, が朝, が村, が来, が来たら, が気にいれ, が水, が烏谷, が玄関, が米初穂, が自分, が言い御座ったろう, が話, が説示, が贋紙幣, が這入っ, が酒, が門, が関係, が顔, が首, が鶏卵, ごめん下さい, さあ一つ, すみませんが, そんなこと, そんな無茶, ただいま, だ, だってうつくしい, だで, だなと, だの田舎, だろう, てば, で, であって, であらう, であるが, でいつ, でしたわ, でねえか, で有, で檀家, と, とあの, とか納所, とがこうした, とそれ, とは平生, とも知らず, とも談判, と同じ, と御, と望月, と狸, と白米, と茶, と話した, と豆小僧, と長話, どうした, どうぞ大, などは随分, なら惡, なるもの, に, にあずけ, にいわれる, におじぎ, にお目にかかりたい, にかしずく, にききました, にこの, にさし上げたい, にたのん, について参禅, について庫裏, になっ, にはばち, には兎, にひどく, に万事, に別れ, に助けられた, に勝つ, に叱られ, に叱られたろう, に向かっ, に告げ口, に問うた, に怒鳴りつけられた, に手, に手伝っ, に挨拶, に教はるの, に教わる, に斬りかかっ, に暗, に渡した, に渡す, に用, に融通, に見, に見つかった, に言, に言い伏せられ, に言った, に話した, に負ける, に買われ, に返金, に逢, に逢わし, に遺物, に頼, に頼んだ, のあと, のそば, のたいじなお湯飲み, のつる, のは抽象的, のほう, のほか, のまずい, のまね, のやう, のよう, の一人, の一件, の下, の不思議, の世話, の今, の住む, の出した, の声みたい, の大切, の太, の姪, の左うしろ, の帰った, の後, の御, の意地わる, の手許, の故郷, の枯木, の様子, の深切, の炉, の片足, の癖, の着物, の種, の立換, の落ちた, の行った, の褒め, の視線, の言, の言葉, の記念碑, の話, の読経, の足袋, の身, の身體, の重み, の頼んだ, の顏, の驚き, の鶴, の鼻ツ先, の鼾, はあれ以来, はいったん, はいつ, はいつか僧衣, はいる, はいろいろ, はおいで, はおどろい, はかつて, はきいた, はきっと, はげ, はこう, はここら, はこの, はころ, はさっそく, はその後, はそば, はたいそう, はたずねました, はためいき, はだしぬけ, はちつ, はつまらな, はどう, はなさる, はなはだすみません, はのうあなた, はびつくり, はぴんぴん, はふり, はま, はまず, はまだなかなか, はまつたく, はみやげ, はゆ, はよくも, はよそ, はよそながら, はわかれました, はわけ, はエライ人, はビール, は二月, は二本榎, は五里, は人力ひき, は人力車, は仕合せ, は仰し, は伏見, は何處, は優しい, は入り口, は冷, は力, は勧めた, は十年前, は厳重, は可, は和尚さん, は噴き出した, は地蔵さん, は垣, は大きい, は大変, は太い, は子供, は寺, は小さい, は少し, は山陽, は帰っ, は廂髪, は待て, は後ろ, は御, は御灯, は微笑ん, は微笑んだ, は忙し, は怒, は思はず, は思われた, は戦地, は承知, は教, は数珠, は昼寝, は普通, は本堂, は机, は東京, は柴, は横手, は檀家, は永禪, は清三, は澄まし切つ, は無愛想, は熊蜂, は物, は珠数, は白, は白い, は白餡入り, は百姓, は目, は眠, は眠い, は矢ツ張り笑, は笑った, は答, は紫, は考え, は荷物, は菊次さん, は袂, は西京, は言, は話し, は話した, は誰, は警察, は谷, は足, は車, は遠慮, は酒, は隙, は障子, は静か, は鼻, は齒, へ暇乞い, へ返金, まかせ, また必ずしも, もいっしょ, もいつも, もいれ, もうかれ, もこの間, もさつき, もしばらく, もすぐれた, もそう, もつと, もね彼病気さ, もまた, もやがて, もわし, もスツカリそれ, もダイコクさん, も一人身, も其処, も原, も喜ん, も嘆, も大方, も寺子朋輩, も小僧さんたち, も少なから, も彼年齢, も微苦笑, も思つて, も時々, も最早, も朋輩, も本気, も死んだ, も法話, も淋し, も満足, も片足ひき, も白米, も真実, も真面目, も笑, も笑っ, も自分, も興, も若者たち, も蒼く, も言った, も貧地, も長い, も顔色, も鼠, やわ, や寺, よまことに, をおがみました, をにらめました, を信じ, を悪く, を招き, を独り, を相手, を襲う, を見, を訪ね, 助けて, 又は葬式屋さん, 呆れかえった唐変木, 呼んで, 少しやろう, 御一緒, 持って, 掃いて, 近いうち, 返しとくな

▼ 和尚~ (517, 17.7%)

10 顔を 7 ような, 前に 6 前へ 5 ところへ 4 ように, 姿を, 弟子に, 面を 3 ことを, 名は, 声が, 声は, 手に, 死骸を, 眼は, 話は

2 [29件] あとを, ことだ, それとは, ものに, 侍者が, 処へ, 前で, 口眞似, 名を, 姿が, 媒介で, 室を, 寺の, 弟子が, 所へ, 方が, 方に, 方へ, 法燈は, 注意も, 痛罵を, 肩を, 自若たる, 袖を, 言うこと, 言葉を, 許に, 説経を, 面は

1 [384件] あた, あなたが, あること, いうこと, いうには, いた寺, いったよう, うちでも, おことば, おせっかいも, お力にでも, お告げは, お噂, お師匠, お弟子, お眼, お耳, お談義, かみさんだ, ことから, ことが, ことに, ことばは, こと故に, この人千人, ごときは, ごときも, ごとくなり, すがた, その言葉, そりゃ当人, それは, それも, そんな凄腕, たくらみに, ために, でっぷり肥った, とこへ, ところに, はすこし, は若, めった打ちに, もとへは, もとを, ものと, もの眼鏡だけは, よろこびは, ゐる寺, オホホという, 一切経の, 一喝によって, 一喝を, 一行が, 一行は, 一行を, 三人へは, 三八九府に, 三十棒で, 上足として, 不便を, 不敬を, 与へ, 与八に対する, 世間から, 丹精から, 主導の, 事で, 事は, 云う言葉, 云ったよう, 云った通り西, 人を, 人柄が, 人柄を, 人格のみ, 仕立てて, 付き添いで, 会下である, 会下に, 伝を, 伝手で, 伴を, 住んで, 体が, 体は, 作として, 使いで, 使いに, 使ひ残したる, 信用を, 借着か, 偈である, 偈辞が, 傍へ, 傳記に, 像といふ, 像を, 先に, 入つて, 入唐あそばし, 典座だ, 処へも, 出まかせ, 出身地は, 出鱈目を, 刻んだ捻華微笑, 前を, 創始された, 力にも, 力の, 力量こそ, 助言は, 包み隠しの, 医力が, 半身が, 印象を, 去りゆく影, 取持, 口から, 口は, 口吻を, 可厭, 叱責を, 合掌を, 同門の, 名で, 命が, 命に, 咳でありました, 哄笑いする, 唇皮禅に, 唐詩の, 問が, 啓蒙を, 喝に, 噂を, 在世中に, 坊主頭が, 報告どおり南部名物くまの, 墓に, 墓の, 声に, 大きな圖體, 大きな影, 大人気ない, 妙な, 姪にて, 姪芸者の, 姿で, 姿とは, 姿に, 学房へ, 室に, 室は, 室へ, 家に, 家庭しづかであた, 寄託に, 寝て, 寺が, 寺まで, 対話に, 居間で, 居間は, 居間へ, 屍体に, 差し出した蝋燭, 巻十六道庵と, 帰ったあと, 帰京の, 庵室な, 庵室の, 弟子と, 弟子の, 役目であります, 後姿に, 従者で, 心づかいと, 心に, 心にも, 心の, 心は, 心も, 忌日とて, 志の, 情に, 意匠に, 態度の, 態度は, 慶長二年の, 所へは, 手から, 手が, 手ず, 手もとに, 手を, 手中の, 手玉に, 手紙を, 拳は, 挙動或いは, 撰文が, 撰文に, 教えに従い, 教えも, 方は, 方へも, 方丈に, 旅館に, 日ごろの, 旧蹟酬恩庵が, 春風の, 智識なる, 書を, 書軸を, 書院だ, 最期の, 木像やが, 本心は, 机の, 杖昔なら, 枕元なる, 様子が, 様子に, 機嫌を, 款待ぶりも, 歌に, 死は, 気に入るか, 気もちの, 沈着な, 法弟であった, 法衣は, 法衣を, 法達と, 法達という, 法達は, 注意の, 浮気で, 海尊に, 温情そのものだ, 温情を, 点ずる茶, 無一物の, 熟睡を, 物すごい眼尻, 物凄さ, 物腰体の, 生活の, 用向きも, 申す真, 留守を, 盗み蓄めにや, 目の, 眉が, 眼である, 眼に, 眼には, 眼にも, 眼を, 着物を, 祈祷を, 禅室でござった, 禅室の, 禅機から, 禅機を, 称名の, 種子でなく, 種子を, 立つの, 筆致を, 答へは, 紹介は, 経が, 縄張り内に, 老體, 肩と, 肩の, 肩相は, 背中の, 背中を, 背後に, 背後には, 背後より, 背後方丈に, 胴間声が, 胸を, 胸板を, 腕が, 腕を, 腕前, 腹だった, 膝を, 膝下で, 膝下に, 自由な, 著とも, 著わ, 薬缶頭が, 虎の巻で, 血相忽然と, 行動は, 袖から, 見える日, 言い草じゃ, 言うに, 言葉が, 言葉と, 言葉に, 言葉は, 言葉も, 言葉よりも, 計らい, 訓育と, 許へ, 詞で, 詠としては, 話に, 話によって, 話やらを, 説教が, 説教に, 説教は, 説明する, 説明は, 説法めい, 談義じゃ, 負けに, 賛が, 賛だけは, 贈物は, 足音が, 足音は, 身にと, 身の, 身体に, 身辺は, 轎が, 返事は, 逗留中に, 通る沿道, 造った庭, 逸話をも, 運らした, 道を, 道力と, 達磨の, 遠良天釜, 遷化し, 遺蹟めぐり, 遺蹟を, 部屋に, 郷国とは, 釈迦堂の, 鉄鎚によっても, 鉄雲は, 長い読経, 門弟であり, 門弟子だ, 開山, 関捩, 雲水は, 面, 面つきが, 面の, 面も, 面目に, 頓智ばなしを, 頭は, 頭を, 額を, 顔にも, 顔は, 顔も, 顔色が, 顔色は, 顔色も, 食餌へ, 首と, 首に, 首実検に, 高名を, 黄色がかった, 鼻先へ

▼ 和尚~ (512, 17.5%)

7 それを 4 法衣の 3 例の

2 [23件] いきなり禅杖, いった, この時, さも当惑, てれて, 一人で, 人に, 六十歳から, 和尚だけの, 大きな声, 女を, 川の, 檀家へ, 毎晩の, 眼を, 立派な, 腕組を, 自分の, 舟の, 良寛さんの, 親切だ, 訊ねた, 首を

1 [452件] あとの, あなたに, ある相客, あれから, いかにも回向, いきなり奥, いきなり手, いきなり鞭, いたずらを, うしろを, うどん切りを, うなずいて, お梅はん, お経, お通夜の, かかる場合, かねて, からからと, からだの, きいた, きっと相手, きっぱりと, きつぱり言, ぎゅッと, けろりとし, こういっ, こう言っ, ここの, この捨児, この日本的, この界隈, この老人, この話, これに, これまで, こんな苦しい, さうい, さすがに, さつきいよいよ, さとすよう, さも嬉し, しばらくき, じろりと尻目, すぐ余, すぐ去った, すこし首, すでに旅, すばやく人ごみ, そなた, そのお, そのお礼, そのエタ, その円い, その名, その妙, その姓名, その家, その宿屋, その度毎, その拳, その方丈, その日, その時, その棒, その檀家, その眼, その評判, その話, それから, それが, それだけいふ, それによって, それも, たいへんな, たちまち余, たびたび私, ちらと金包, つかつかと, つくづく聞い, つねにその, ない, なかなか豪い, なつかしい人, なつかしい人間, なんという, はたと掌, ぱふりぱふりと煙草を, ふご, ふと風, ふり上げた腕, ほとんど腕力, ほとんど門番, まじりと, またこんな, またそう, また前, また半, また微笑んだ, また黙々, まるい頭, まるい顔, もう一度繰り返した, もう一度首, もう随分, もしや備後尾道, もとの, もともと同, もと高野山より, やはりいなかった, やはりこれ, やや荒く, やるかも, ゆうべ停車場裏の, よく記憶, よも一筋縄, わざと突っ放す, わざと聞えない, わしに, わずかに, われらの, アトリヱに, エライ和尚でない, ガランドウの, ガンマ星という, ギックリとして, クビを, シミジミ骨壺を, ソノ子を, ヂツと, トンチャクしなかった, ニヤリニヤリと, ハチスの, ヒドク怒っ, ビックリし, モウ眼を, モーズレーの, ロナルドと, 一同に, 一層青く, 一拝した, 一日野原を, 一法語を, 一禅師の, 一言言つた, 万福寺の, 万福寺建立以来の, 上手投げ, 不思議さうに若い, 与八の, 世間の, 世間を, 両掛け, 中, 予期した, 二つの, 二勇士についての, 五度も, 京都の, 人から, 人も, 今一休と, 今別の, 今川家に, 今日は, 今日甲州の, 今朝の, 仕方が, 他の, 仙桂和尚の, 以前の, 何か, 何が, 何処までも, 何心なく, 何思った, 何處までも, 侍僧を, 俗人の, 俗名相馬四郎義元と, 俗姓を, 信長の, 傍の, 僧堂において, 元は, 先へ, 入り口の, 全く発狂, 六十一歳に, 六日先んじ, 兵馬の, 其姓名を, 内職に, 再び歩き出した, 再び笑いました, 凡夫に, 出がち, 別に, 前の, 勝手を, 勿論又, 千代田城に, 半蔵が, 半蔵の, 単純な, 即座に, 厭な, 又いはく, 又眼, 叡山の, 口を, 古木の, 右の, 向き合うて, 向側に, 吾吉と, 和尚らしく, 和歌俳諧を, 唐の, 唯の, 喜んで, 喫驚し, 噪げる, 四五羽の, 回向を, 囲炉裡の, 在庵, 坊さんの, 執事を, 墓地の, 外ヶ浜の, 多くの, 夜に, 夢中に, 大いに感心, 大いに狼狽, 大きな腹, 大二郎よりも, 大寒の, 天正四年の, 夫人を, 奇行多く, 妙な, 媼さんの, 子供であり, 宇津木兵馬から, 守鶴に, 守鶴の, 守鶴少年の, 官人の, 定つたやう, 容易に, 富岡鉄斎の, 小僧に, 小城さんと, 少し考える, 席から, 常に愚, 平伏して, 年五十五歳道心堅固の, 年六十六歳に, 年来入, 年甲斐も, 幾度か, 幾度と, 広い庭, 庫裏から, 庫裏で, 引きとめたが, 引き続いて, 弟子どもが, 弱い足元, 彼である, 待ち兼ねて, 後方を, 御経, 御身の, 微笑んだ, 思つた, 思わず大声, 急に, 怪しゅうござんすね, 恭しく尊敬, 恵林寺の, 恵林寺へ, 悪魔の, 感心した, 慈愛に, 憤慨に, 或いは産業, 或る, 手に, 手提の, 手槍を, 手燭の, 手紙を, 承知し, 拘留処分を, 拳骨の, 指を, 捌けた坊主, 掌面を, 探偵趣味も, 提唱した, 支那にも, 数年前に, 斎稼ぎに, 新三郎, 既に萩原, 日ごろ修養, 早くも, 早く顋, 暫しの, 更に老婆心, 木の, 木綿の, 未だは, 本堂の, 朱筆に, 朱骨の, 机にも, 来なかった, 来るたびごと, 柏の, 柱に, 橘仙氏の, 次に時文評論, 欣んで, 武蔵の, 死んだ, 殿様に, 母方の, 毎日お, 毎晩しけ込ん, 毒喰わ, 気違いの, 水溜の, 決してそんな, 泥の, 注意を, 浅葱木綿の, 海辺を, 清和天皇の, 漬物石の, 灸の, 無類の, 焦燥を, 然し一つ, 熊本から, 珠数を, 用意し, 画の, 疾より, 癪に, 白翁堂とは, 盛んに, 相手の, 眉を, 真面目でありました, 真面目な, 着物を, 知らず塔, 知らせの, 知りあいの, 石鑿を, 禅を, 私に, 私達には, 空しく熊本, 空中習字を, 突然あらたまった, 突然亢奮, 立ちどまつて池, 立ち上がった, 立ち帰って, 笏を, 笑いながら, 笑つていつた, 笑ひ, 第二, 答へ, 約束した, 素人だ, 絶えず描く, 続けさま, 線路へ, 群がって, 老齡, 考えた, 聞きおわって, 肝腎の, 肩の, 脱け, 腰の, 腹痛を, 自ら, 自坊, 自身わざ, 船の, 良助の, 色々な, 茶箪笥から, 落ち着き払って, 虎の, 行きは, 衰えた松, 言った, 話頭を, 説教の, 誰にでも, 諸国行脚の, 講義を, 謹慎の, 谷中の, 起ち上り, 足を, 身の, 身を, 身近な, 車の, 軽々とその, 近郷近在の, 返答する, 透かさず, 途方に, 道楽に, 遣りとも, 錫杖を, 開いて, 開き直って, 開口一番放屁の, 関羽鬚を, 随分奇抜, 隠して, 難行道を, 電気に, 面白そう, 頭から, 頭を, 額に, 顔も, 顔を, 駕籠の, 駕籠を, 驚ろき, 骨壺に, 骨壺を, 鳩の, 黒旋風の, 黙々として, 黙つて, 鼾を, 龍造寺主計という

▼ 和尚~ (244, 8.3%)

3 ある

2 [12件] あなたは, いた, ちらと, 出て, 受取って, 業体で, 烏を, 用たし, 私の, 筍を, 聞いて, 藤屋の

1 [217件] ああし, あの事, あるとも, あるのみ, ある日, ある時, ある時食後, あれほど, いうこと, いずれも, いたが, いちいち見立て, いった, いったことば, いっち先に, いつかな, いつごろお作りに, いつなんら, いまも, いやな, おくる餞別, おられるの, おるから, お梅, お粥, お経, かつぎ出した木柱, きかせて, こう言いました, こたえて, こつちを, ことに心, この國, この駕籠, ござる, そうであった, そこに, その帳面, その諸, そばへ, そんなこと, そんなごど, ちょうどまたよい, どこへ, なんだい, なんの, にこにこ笑っ, ねんごろ, はじめて口, はじめて駕籠, ふらりと, まだ大徳寺, まだ若い, もう何, やきもち, よくいった, よく呑, ソノ子の, ホロホロと, 一人ある, 一山の, 一番暢気な, 上京し, 不在なれ, 不在の, 不機嫌そうに, 与八の, 世棄人過ぎた, 中学生らしい, 丹精し, 争議中な, 二三百年この, 云った, 京に, 京都から, 京都へ, 仙桂和尚の, 代って, 伴僧を, 便所へでも, 保存し, 催促する, 傲慢な, 僧智現の, 六年も, 其の頃脩行中, 出たから, 割って, 勝重らを, 勧めるまま, 化笑を, 南都西大寺から, 又もやガタガタ, 双手を, 双肌脱ぎ, 口を, 合掌し, 同年という, 向座敷, 呼んだ, 咳払ひした, 回って, 壇上に, 声の, 多くの, 大切に, 大喝一声とも, 妻室を, 始めて, 子供に, 子供の, 宇津木兵馬を, 寺小屋を, 尋ねますと, 小倉から, 少童, 居た, 居丈高に, 山水畫册中の, 川渡りでも, 常にも, 常に彼, 幼心へ, 幾らか屈み, 庫裡から, 引導した, 形見の, 彫刻に, 待って, 御奉公, 忍んで, 念仏を, 意識を, 慢心和尚と, 手ずから刻んだ, 手を, 抑えて, 探しまわって, 教えたには, 教えて, 最後に, 月の, 来て, 来合わせて, 梯子段を, 植えひろげて, 橋渡しを, 正月に, 武田信玄から, 武蔵の, 死ぬとき, 死んだと, 水面を, 浄土宗を, 浮かない顔, 海清寺から, 熊本を, 熟, 燻したてる, 瓦灌寺雪の, 生まれたよう, 申されたこと, 申した通り, 病氣にな, 眼を, 確かに, 立ち上って, 笑って, 笠ヶ岳に, 筆に, 答へ, 胃病患者だ, 自分を, 自嘲の, 若い時代, 苦手らしく, 茶を, 薄々知っ, 衣の, 裏街道を, 見えた, 見えないの, 見えると, 見え釈迦堂, 見つかれば, 言うたげな, 言った, 言ったよう, 言つた, 訪ねて, 詠んだ通り一切衆生迷途, 語って, 説明し, 貼り紙おばの, 赤松林に, 躄りながら, 軽く身, 逃げたので, 途轍も, 道楽を, 道楽和尚で, 遺言を, 長い頭巾, 開いたと, 間借を, 雲水を, 顔を, 風邪を, 養老元年夢に, 首を, 香染の, 馬祖大師に, 馬鹿に, 髪を, 鳥籠の, 鳥籠を, 黙山

▼ 和尚~ (140, 4.8%)

2 いわせると, たずねた, 似て, 向って, 告げた, 就いて, 抱き留められて, 相見, 話して, 頼んで

1 [120件] あげたいと, あつく礼, あひま, いはれると, いわくが, お会いなされます, お梅, くれて, ござります, しては, しても, しましても, すがること, その手紙, ただして, ただしまた, つづけて, つれられたお, なつてる, なるさ, なると, なれると, やって来る七十, 一片の, 仏事を, 会うて, 会わす顔, 伝へろ, 伴われて, 似たよう, 何用が, 依頼の, 借りねえ, 借金も, 初相見, 初見参, 化けて, 匹敵する, 卒塔婆を, 協力する, 原文を, 参しお, 參じ, 取り入って, 叩き出された兵馬, 向かって, 呈す, 呉れて, 告げ口を, 告げ青山小竹両家, 問うた, 委すという, 実を, 対面し, 将棋を, 尋ねた, 尋ねて, 導かれた禅, 帰戒を, 引ッくく, 径山に従って, 御約束有, 御逢被成候, 微動も, 惚れた訳, 戒められたからと, 打って, 抱きとめられて, 撰号の, 救はれし, 教は, 教へ, 書を, 無尽無, 無理頼みを, 物を, 献じて, 献す, 相見した, 相談を, 祈祷を, 私は, 立ち会って, 縁が, 聞かして, 胆力を, 腕を, 自分の, 蝋燭の, 見せた, 見咎められては, 言は, 言われたこと, 訊いて, 訊ねた, 訊ねて, 訊ねると, 話すと, 話を, 語りよく, 請じ, 辞も, 追い出されて, 送られて, 逢う用事, 逢った相変わらず, 逢って, 逢つて, 進上せられ, 遭ふた時である, 邂逅いまし, 難ぜさせ折衷, 非ず, 面会を, 頓着なく, 頭を, 頼みました, 頼み今, 頼んだ, 頼んだの

▼ 和尚~ (132, 4.5%)

4 のお, の御, は 2 が御, にお, に告げ, に胡麻, はお寺, は京都

1 [108件] お聴, からのお, から殺生, がお湯, がこれ, がどこ, がよく, が出, が前, が帰つて, が廻つて, が復習, が払子, が来, が気の毒, が無縁, が薪割, が見えました, が詳しく, こんな所, だと, だ何, ですか, で中, で御座います, で永禪さん, とは親類づきあい, ともお目にかかる, と申そう, と自分, どうぞ一寸お, なんぼ馬鹿, においで, にはよい, にも一度, に云われた, に小言, に打たれる, に済まない, に訊く, に話したら, に逢う, に願い, に黙っ, のお側, のお菜ッ, のじんじん端折, のよう, の事, の前, の回向, の塩加減, の所, の突い, の言, の言いなさる, の食事, はあの, はところどころ, はどこ, はにこにこ, はひよつこり, はべら, はまた, はまア, はわたくし, はキチン, は一木, は今日, は何, は其の, は別間, は又, は嘘, は帰つて, は復習, は心安く, は愚助, は持つ, は村, は氣, は留守, は私, は笑っ, は筆, は考へ, は腹, は語りだされるで, は預かってる, へ押付, ほんとに口惜しくっ, ほんの聊か, も入, も来, も段々, も現在, も驚きました, よりこの, をお送り, を呼ん, を尋ね, を送っ, 助けて, 帰って, 御食事, 悪い女, 暫くお待ち, 語られしが

▼ 和尚~ (94, 3.2%)

3 小僧 2 お梅, 一緒だ, 九紋龍女湯の, 呼ばれただけ, 婆さんと, 小坊主の, 御一緒, 晩成先生と

1 [75件] いい妙香院, いうけれども, いうて, いうと, いえる諢名, いつて, いふが, おっしゃるお, お会いある, お館, きいたから, その弟子, その洗耳房, その部下, つけられました, どういう旧縁, なったそれ, なり狐, テッド隊長の, 不義を, 与八と, 与八の, 云うの, 云う人, 云う者, 云つた, 云へる, 京都の, 伊織の, 再度生, 分って, 号し, 同じよう, 同様に, 同行し, 名を, 呼ぶの, 呼ぶもの, 呼んで, 囁きながら, 声を, 変名し, 対座し, 小僧とが, 小僧とに関してのみ, 差向いに, 引いて, 強い握手, 彼とは, 折衷之, 握手し, 摺違うた, 昔ばなしに, 星城子君と, 村の, 汝は, 活きた布袋, 無縁の, 熊本の, 特別の, 用い僧正義淵, 申しますので, 相識の, 私通し, 継母お, 自分と, 自分の, 良助を, 見えて, 言うたらしく, 言っても, 言つた, 言ひ, 間男を, 雅俗折衷之

▼ 和尚~ (69, 2.4%)

2 尋ねて, 認めると

1 [65件] おどしつけて, かえりみた, この庵, じっと見た, たずねて, たたき起こせと, たたき起こそうと, はじめ参詣人を, はじめ旧, はじめ老臣の, はじめ雲水や, もう一度呼ん, 一筆に, 信仰する, 倅と, 先に, 初め私も, 助けて, 呼び迎えた, 呼んだだ, 呼んで, 天王寺畔に, 寺外へ, 少しおかしく, 屈請し, 弟子に, 待ち受ける心, 思はせるやう, 思わせるよう, 招じ, 拝んだ, 描いたもの, 揺起し, 攻撃した, 敬慕する, 斎ぎ小さな, 気の毒さうに思ひ浮べた, 番になんぞ, 相国寺に, 相手に, 知らない人, 突つく, 突退け, 見た人, 見ると, 見送りながら, 訪う事, 訪ねて, 訪ねるといふ, 訪ねる不在, 訪ふ, 説き婚礼, 請じ, 讃美し, 負かさぬよう, 踏み潰して, 追いかけて, 追出すこと, 連れて, 過信した, 道場の, 遠ざけるの, 鎌倉へ, 隔てた隣りで熱さうに, 驚喜せしめた

▼ 和尚~ (56, 1.9%)

2 いまいましくて, 不愍に, 時, 若僧も

1 [48件] あります, あると, いさ, この獣, これは, しばらくは, すでに五十, ずいぶん悪事, その他の, ついて, なかなか罪, なかなか苦労, なくただ, ねえが, また諸侯, よくいう, よく存じ上げ, よろこぶだろうと, ゐたらしいん, ゐるには, 一旦は, 上来雖説定散, 二三年し, 出て, 口では, 同じところ, 安心私も, 小僧も, 巡礼の, 左右の, 待って, 心配し, 志に, 揮毫を, 最う是, 松雲に, 死んだ, 然りじゃ, 着るもの, 矢代は, 臨場せられ, 自分は, 芝生の, 苔むしたかと, 著者から, 衣食既に, 道力堅固を以て, 青年たちの

▼ 和尚さま~ (55, 1.9%)

2 に相談, の衣, は

1 [49件] あれさ仏, お経, から勘当, が, が来た, が真実, が禅僧, が買っ, が買つておいで, が飛び出し, こそ常陸坊海尊, そういうあなた, だ, だと, と一ぴき, と来たら, と犬, どうかおじ, どうぞ勘弁, なるもの, にしかられる, に差し上げたい, に掛合います, に訊く, のあげる, のいう, のお, のやう, の厚意, の話, はある, はずいぶん, はどんな, はなん, はまだ, はわたくし, は別間, は和尚さま, は枕, は毎日御堂, は気の毒そう, は池, は静か, もお, も俗名, も御存じ, も犬, らしいこと, 聞きますと

▼ 和尚から~ (45, 1.5%)

2 うれしい手紙, である

1 [41件] いただいて, お手本を, お経, この一通り, この相談, これを, して, そして緑平老, その禅義, でありつまり, ヱハガキと, 与八殿が, 九台の, 五両もろう, 借りて, 再三の, 大悟の, 引き受けた梅毒, 捧げられると, 授けられて, 旨を, 月見の, 机を, 番僧の, 眼薬を, 米を, 絵葉書と, 緑平老から, 聞いて, 聞かされた, 茶を, 草稿を, 薪作務の, 貰ったもの, 貰った小豆餅, 貰つた力でも, 金兵衛に, 附けて, 頼まれて, 飛脚が, 魔除の

▼ 和尚という~ (23, 0.8%)

3 のが 2 のは, 坊主を

1 [16件] えらい坊さんがい, お方が, ものが, もので, ような, 一箇寺の, 人が, 人も, 坊主が, 奴が, 山師坊主の, 徳の, 渾名の, 禅僧が, 老僧, 豪傑坊主が

▼ 和尚にも~ (11, 0.4%)

1 [11件] その不気味さ, ちゃんと頼んだ, もう五年, わかったの, 一人相応な, 会われますまい, 前夜の, 参じて, 左門町の, 御健, 斎を

▼ 和尚~ (11, 0.4%)

1 [11件] その人形師, つて來よ, ハイロ君の, 与八が, 元康らが, 四五の, 安房殿などから, 寺男が, 御使僧, 蕗屋を, 西明寺の

▼ 和尚には~ (10, 0.3%)

1 そうばかりとも, やらずに, やらなかった, わかるまい, 一つの, 何事か, 信玄の, 宗旨違いでも, 育てられて, 親を

▼ 和尚~ (9, 0.3%)

2 の金 1 がこれ, がそう, が私, に付い, の沈めた, も申しました, も縛り上げられ

▼ 和尚~ (8, 0.3%)

1 かがその, がそういう, がもう少し, つた私は, つて雲水だ, というの, と呟き, 清丸さんも

▼ 和尚魯智~ (8, 0.3%)

2 深と, 深の 1 深という, 深との, 深も, 深馬上

▼ 和尚~ (7, 0.2%)

1 あつた, あらう, はござりませぬか, ぶる, 今は, 俺の, 名は

▼ 和尚などは~ (7, 0.2%)

2 もと儒教 1 元禄三年に, 寒月氏が, 必ずしもみずから, 百七つまで, 面白いと

▼ 和尚とは~ (6, 0.2%)

1 いったいどういう, この人, 叡山の, 性情に, 犬猿な, 話も

▼ 和尚について~ (6, 0.2%)

2 参禅し 1 よく訊かれる, 和讃だの, 学問を, 走りました

▼ 和尚といふ~ (5, 0.2%)

1 のが, 偉い坊主, 坊さんが, 年と, 有名な

▼ 和尚との~ (5, 0.2%)

1 あいだの, 交友が, 師弟関係だ, 間に, 関係に

▼ 和尚どの~ (5, 0.2%)

1 がすぐ, が覚え, と同じ, を親元, 形朦朧として

▼ 和尚からの~ (4, 0.1%)

1 ハガキ一枚それが, 御紹介の, 来信に, 直伝である

▼ 和尚なれ~ (4, 0.1%)

1 ばこそ, ばこそこの, ばこそだ, ばこそどう

▼ 和尚~ (3, 0.1%)

1 否かが, 知ら, 誰かが

▼ 和尚この~ (3, 0.1%)

1 一喝の, 人は, 時の

▼ 和尚たち~ (3, 0.1%)

1 が心置き, の命令, はこれ

▼ 和尚~ (3, 0.1%)

1 や, やが, やない

▼ 和尚です~ (3, 0.1%)

1 か, すかさず一首, わい

▼ 和尚では~ (3, 0.1%)

1 なくて, なくユウチュウ和尚, 無いから

▼ 和尚として~ (3, 0.1%)

1 儼乎たる, 円戒を, 知られて

▼ 和尚によって~ (3, 0.1%)

1 またエタ, 喝破され, 始めて実行

▼ 和尚~ (3, 0.1%)

2 より灸 1 より

▼ 和尚~ (3, 0.1%)

1 が, が拂子, にも褒められました

▼ 和尚あり~ (2, 0.1%)

1 有名, 鎌倉瑞泉寺の

▼ 和尚こそ~ (2, 0.1%)

1 まさにその, 怪星ガンの

▼ 和尚さんわし~ (2, 0.1%)

1 に負ぶさ, はさつき

▼ 和尚さん何~ (2, 0.1%)

1 も言, をぐずぐず

▼ 和尚だけの~ (2, 0.1%)

1 こころざしを, 回向を

▼ 和尚だけは~ (2, 0.1%)

1 好きに, 自若と

▼ 和尚であった~ (2, 0.1%)

1 からあたかも, ことを

▼ 和尚であろう~ (2, 0.1%)

1 か, とは

▼ 和尚でも~ (2, 0.1%)

1 ない筈, 弘法大師でも

▼ 和尚とか~ (2, 0.1%)

1 比丘尼とか, 泉南の

▼ 和尚とも~ (2, 0.1%)

1 いった, 親しく自然

▼ 和尚と共に~ (2, 0.1%)

1 かたばかりの, 葬られて

▼ 和尚~ (2, 0.1%)

1 のです, んだ

▼ 和尚なども~ (2, 0.1%)

1 お松の, 要するに野狐禪的

▼ 和尚なんか~ (2, 0.1%)

1 はね, はね仏

▼ 和尚まで~ (2, 0.1%)

1 一所に, 立ち会わせるという

▼ 和尚みたい~ (2, 0.1%)

1 ですね, な人

▼ 和尚~ (2, 0.1%)

1 ふるえて, よい匂

▼ 和尚より~ (2, 0.1%)

1 秀でた戒師, 習ひ覚えし

▼ 和尚よりは~ (2, 0.1%)

2

▼ 和尚来れ~ (2, 0.1%)

2 ば和尚

▼ 和尚様おいで~ (2, 0.1%)

2 なさい

▼ 和尚様何~ (2, 0.1%)

1 か御用, でも結構

▼ 和尚自身~ (2, 0.1%)

1 が慢心, が看経

▼ 和尚誤れり~ (2, 0.1%)

1 と, 和尚誤れり

▼ 和尚道恩~ (2, 0.1%)

1 が尽く, と申しまし

▼ 和尚~ (2, 0.1%)

2 は俗界

▼1* [202件]

和尚あの勢で, 和尚いったいどこへ, 和尚うつしの地蔵和讃, 和尚竹の, 和尚かつて曹源寺の, 和尚からからと笑いながら, 和尚がをられるの, 和尚これが賛, 和尚さながらの大入道, 和尚さまお願いでございます, 和尚さまそれは嘘, 和尚さま何して, 和尚さま和尚さまお願いでございます, 和尚さま後生ですどうか, 和尚さま経済より割出し, 和尚さま經濟より割出し, 和尚さんあなたには御, 和尚さんこちらは大層, 和尚さんこれは人間, 和尚さんごらんなさい, 和尚さんたちにはこうした, 和尚さんだつても眼, 和尚さんなんですか, 和尚さんみたいに猫, 和尚さんわたしを鐘つき, 和尚さん久しぶりに帰山, 和尚さん些と海, 和尚さん人間もさまざま, 和尚さん今夜は泊め, 和尚さん今日は御, 和尚さん八卦かなんか, 和尚さん和尚さんこちらは大層, 和尚さん和尚さん思禅法師のお, 和尚さん奴もそれ, 和尚さん娑婆気だな, 和尚さん専門家がいつか, 和尚さん小僧には内証, 和尚さん思禅法師のお, 和尚さん慈厳とお, 和尚さん戰がある, 和尚さん方に質問, 和尚さん最前なア, 和尚さん来談とりとめも, 和尚さん来談蚊に喰, 和尚さん梅の青葉, 和尚さん相手ではどうにも, 和尚さん私は千駄木, 和尚さん綺麗だん, 和尚さん自分でこつ, 和尚さん菓子はいかが, 和尚さん足はまだ, 和尚さん障子をしめ, 和尚さん飯野さん清丸さんたちに送られ, 和尚その人の, 和尚そのままだ, 和尚だつたらその位, 和尚だの信田の, 和尚であるという, 和尚でございますよ, 和尚でないだけ好き, 和尚といへる諢名, 和尚とかいう人の, 和尚としては年も, 和尚とてもあんまり商売に, 和尚とともに念仏を, 和尚とやらの手許の, 和尚どうしましたぞ, 和尚どこへゆく, 和尚どんこ和尚の家庭, 和尚ないしは常陸坊, 和尚なぞの置い, 和尚などが座に, 和尚などといふ彼を, 和尚なにか因縁が, 和尚ならばぜひ, 和尚にだけは久左衛門も, 和尚にやあらん, 和尚に対しては申訳が, 和尚に対する情熱は, 和尚に関するものだの, 和尚はじつとそれ, 和尚はじめ生き残りの長老たち, 和尚はときいた, 和尚はよかつた, 和尚はをられますか, 和尚ばかりであって, 和尚へは光春みずから返書を, 和尚べつの名, 和尚ほどになれば, 和尚またしても, 和尚めとんでもないか, 和尚め一日二日米を食はず, 和尚め誰か死ね, 和尚め顫へてゐた, 和尚よりのお指図, 和尚の道歌, 和尚らしい人が, 和尚らしくなくて, 和尚わが首を, 和尚われに問う, 和尚をもなおせがれ, 和尚サンにもよく, 和尚サント懇意ダモンデスカラコナイダ聞イテ見タンデスガ, 和尚テイデン和尚と言, 和尚思ひに, 和尚一人の生活, 和尚一向にそんな覚え, 和尚一思いに火, 和尚一流のズボラ, 和尚一転語ヲカエテ, 和尚上洛中と聞いた, 和尚肌を, 和尚主董鍋島家旧別邸, 和尚亮信や宝幢院, 和尚は既に, 和尚仕方がない, 和尚以下の主将, 和尚以下七ヶ寺の番僧, 和尚以来おれにはちっとも, 和尚任せでなんとなく, 和尚という, 和尚來朝の時, 和尚修業の地, 和尚元寛君の厚意, 和尚先生から教わった, 和尚宋を, 和尚冷嚴から訊くべき, 和尚凡ソ参ズルツイデ一老人アリ常ニ衆ニシタガッテ法, 和尚勝手にて向う鉢巻, 和尚十五年忌など村方, 和尚南禅寺妙心寺天竜寺相国寺建仁寺東福寺並びに南都興福寺, 和尚単独にする, 和尚即ち例の, 和尚嘉永元年戊申八月二十九日と書し, 和尚四十六歳のころ, 和尚を告げ, 和尚に感じた, 和尚奴今宵は酩酊, 和尚奴横目でちらつと, 和尚奴自身大工の心得, 和尚如何だナ, 和尚妙念顕わる, 和尚子供のよう, 和尚は春浪なり, 和尚孝志君緑平老敬治坊, 和尚尋ねて曰く, 和尚布袋にし, 和尚帰山まで行乞, 和尚年來の素志, 和尚を寛げ, 和尚引錐自刺, 和尚の川口, 和尚後年生死代謝の際, 和尚冗談を, 和尚川か, 和尚の遺恨, 和尚獣の, 和尚悪事露顕のお話, 和尚慈海ツて言, 和尚慌ててで, 和尚喜ぶ事, 和尚文集を読みつ, 和尚日本に去ら, 和尚春山と武蔵, 和尚時に九十余齢なり, 和尚来庵真言坊主としては豁達明朗, 和尚の長い, 和尚栗原の火葬, 和尚様おらあこの, 和尚様お前は出家, 和尚様お母さんは居りません, 和尚様これをお, 和尚様ア因果経というお, 和尚様五百両と申しました, 和尚様御免下さいまし, 和尚様承知さっしゃりましねえだ, 和尚様方を頼む, 和尚様狂犬が飛び込みました, 和尚様達も他, 和尚様随喜の涙, 和尚様隣村に法事, 和尚なば, 和尚がちがった, 和尚泰然として平気, 和尚浮津真海とこ, 和尚渋茶にあらぬ, 和尚独特の結び方, 和尚美人来れば, 和尚歌合, 和尚苦味生君いつもあた, 和尚菅井胡堂氏がお, 和尚親切に幾日, 和尚観明房の已講理真, 和尚讃州旅行の節, 和尚豆大将おまえさんそれでも息, 和尚賀茂眞淵服部南郭の墓, 和尚贔屓の門番, 和尚辨阿上人崇徹礎念證阿向阿, 和尚遷化して, 和尚鄭重にあしらい, 和尚重ねて問う, 和尚でも化けた